青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人種~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人民 人民~ ~人気 人気~ ~人物 人物~ ~人生 人生~ 人目~ 人相~
人種~
人足~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇

「人種~」 1292, 14ppm, 7969位

▼ 人種~ (327, 25.3%)

6 ように 4 中に, 間に 3 ために, ような, 中でも, 方が

2 [14件] うちに, 世に, 中から, 中で, 中にも, 区別も, 口の, 問題とは, 掠奪結婚を, 改善に, 文明に, 生活を, 皮膚の, 血が

1 [273件] あいだに, あいだには, あこがれを, あること, うかがい知るべきもの, うちでも, うちには, お互いに, お初穂でございまし, くせに, ことから, ことで, ことである, ことについて, ことは, それで, ため白色人種が, ちがう彼, ちがった特別, もので, ものであった, やうで, やうである, やうな, やうに, やや似寄り, ようには, アメリカ人の, ダイヤル族の, バラックが, パリパリだった, 一ツでは, 一人だった, 一番恐るべき, 上から, 上に, 上にも, 不道徳を, 世界の, 中では, 中な, 争闘は, 事までも, 今日と, 代表者, 仲間に, 企及すべき, 伝統が, 伝統に, 余風と, 保存せる, 個性は, 偉人が, 偏執といふ, 偏執には, 偏見である, 儀式皆これを, 優越の, 元來性質, 先達と, 入り込みし処, 出入によって, 分岐した, 分派である, 別と, 前に, 勢力が, 区別なく, 区別を, 区別等について, 區別に, 區別を, 博覧会と, 口が, 古く移民, 古來有, 吾, 問題が, 国々は, 国が, 国である, 国と, 国としか, 國である, 土俗品を, 坩堝, 壁が, 壓迫に, 壮烈な, 多いの, 多くの, 大同團結を, 大國, 大多数, 好みに, 好みによる, 好むよう, 好標本, 威厳の, 婦人に, 子供らは, 子孫, 子孫だ, 存在については, 宗教と, 宗教的儀式を, 定型が, 居る処, 居住も, 展覧会の, 差から, 差別である, 帰化をも, 常で, 建てた國, 弱身, 影も, 後継として, 得意跋扈時代で, 心の, 心理的特徴をも, 思想の, 性質に, 性質を, 恃むに, 恋悩みに, 悲しさ, 情婦を, 想像しあたわざる, 感情の, 憎悪といふ, 戦争だ, 戦争なり, 戦争に, 戦争尤も多, 戯曲家モリエエルの, 所持品などが, 所有である, 持つ特有, 支那傳來の, 改善を, 改良を, 文学, 方に, 旅客を, 最もよい, 最もよき, 最優秀者に, 朋友を, 末路を, 極めて少ない, 様に, 標識は, 欠点のみを, 歌である, 武士道的理想は, 歴史未だ, 殖民地である, 民間に, 気象は, 氣一世の, 治下に, 海の, 混合が, 混雑せる, 滅亡も, 無法なる, 煩いは, 煮炊, 特に待, 特徴が, 特色である, 特色と, 特色を, 犠牲において, 生活に, 生活状態, 生首を, 由来などが, 男女に, 男女を, 異った, 異つた吾等, 異なるが, 異なる者, 異る, 異人種, 異同に, 疾病がも, 発明した, 発達と共に, 発音に, 登場によって, 白さ, 皮膚は, 相接触, 相異なる, 相違は, 相違道徳の, 眼の, 研究では, 祖先たるに, 祖国は, 神について, 私にとっては, 私ひとりが, 私達なんかが, 秩序的なる, 移住を, 移動を, 立場から, 立場に, 競争, 等しき事, 等級を, 系統は, 純粋なる, 綜合体である, 者らが, 肌が, 芸術に, 苗裔が, 若者などとは, 落着く, 血液を, 血肉は, 血脈に, 衝突か, 複雑した, 西洋人に, 見当は, 見本を, 親子観念そのものは, 話の, 赫々たる, 身長だの, 近親関係または, 進歩などと, 運動と, 道義としては, 違うところ, 違うよう, 違うアイヌ, 違う人, 違う国, 違ったところ, 違って, 違つた昔の, 違ふ, 部落に, 酒呑みだ, 鍛冶が, 長が, 間から, 間であろう, 間には, 間の, 間も, 間を, 関係が, 関係で, 関係を, 雄大なる, 集落に, 雜種が, 面影は, 音が, 顔, 顔が, 顔つきや, 顔にも, 顔付きを, 鼻であります

▼ 人種~ (136, 10.5%)

3 ある 2 あった, 住んで, 住居し, 存在する, 棲んで, 生存競争の, 違うよう, 違っては, 違ふ, 集まって

1 [113件] あって, あつて, あつまりパンパン, あるか, あるなどは, いくら石鹸, いつダブるか, いるが, いるの, いるよりは, いる或いは, おったか, この二大陸, さまざまな, たくさんおります, ちがうという, ちがうもの, ちがったね, ちがって, ちがっても, でき上がって, とびだして, どう聴く, どれほどいた, どんな生活, なくなるだろう, なんである, なんといおう, ほかに, まるで別, もっとも優美, ケルト人種における, スラブ人種における, ダブッて, チュートン人種における, プラタナスの, ラテンもしくは, 一変する, 世界の, 中国民, 主であった, 五十年の, 交趾に, 介在する, 住んでを, 何よりの, 優勝劣敗を, 六十幾つの, 出入りする, 単に好戦的, 各, 各自の, 同じでない, 含まれて, 喫煙に, 在来の, 増殖した, 多数だ, 大将では, 大統領に, 天孫民族と, 奴隷に, 実際に, 尤も進歩したる, 尽きたに, 尽きて, 尽きると, 彼等の, 悪いの, 我々大和民族と, 所有すべき, 数ある, 文化の, 旅行を, 日本の, 旧く入り込ん, 有色人種を, 来でも, 標準に, 歴史に, 毒木矢もて, 氷の, 河水の, 混り, 無くなるぞ, 無数に, 生活し, 異うほど, 異る, 登場し, 白種に, 盡きる, 相集まっ, 籠つてゐる, 自分の, 苦鬪中の, 行く行く白人種, 襲来し, 西方に, 西方より, 違う, 違うから, 違うと, 違うの, 違うん, 違ひ, 違ふと, 遺したもの, 陰翳と, 雄大を, 集って, 集つた, 齎した散文的実利的

▼ 人種~ (92, 7.1%)

2 ないの, 卑劣だ

1 [88件] いったいどんな, いつたいに, いない, いないに, いないの, うまいこと, かわって, こうした仏教, ここ五十年程, ことによったら, これを, ざっと十種, すなわちこれ, そういうこと, そこに, そのスパイ, たしかに遠慮, ただ驚嘆, どれも, ないが, もちろん現在, よくわからない, よろしくその, ジャーナリズムで, バイカルから, パリイには, 一人, 世界には, 仰天の, 住んでを, 何が, 何時人を, 信用せられ, 全く違っ, 劣等人種です, 北極に, 千日前や, 原則として, 右の, 同じで, 同じであっ, 和すべく異, 土人では, 土地や, 地方官に, 地球の, 少い, 少いの, 尽きるだろう, 平次に, 平等である, 忍耐力を, 性懲りも, 悲惨である, 意地の, 我々と, 排すべしと, 政治的性格には, 文化の, 既に全部, 日本中どこへ, 日本人によって, 暴動の, 木の, 本来聖賢の, 果して何者, 死に, 波濤の, 滅びて, 漢代初期から, 物質文化の, 犬猫同然に, 甞て, 病気に, 白川の, 白樺の, 白色人でも, 相交, 知りませんな, 確かに, 神話の, 粘りつよ, 結婚で, 絶滅し終るであろう, 腸の, 蕃人特有の, 赤道アフリカの, 黄色人種たる

▼ 人種~ (79, 6.1%)

3 して, なって 2 されて, 違いない, 適せず, 隔絶し

1 [65件] あらざれば, あらず彼等, あるという, いるべきもの, かえて, かかわらずそれぞれ, くらべて, ちがいありません, できて, でるの, なつた, なり切って, なり西蔵, なる, なるほど, よく似, 代りは, 伝染する, 係け, 係る, 先だってどれほど, 出来上, 出来上ってる, 区別を, 反抗せしめ, 取扱い見られるの, 囲まれて, 固有な, 圧倒せらるる, 對し, 就いて, 属しないサンタレン人, 属しながら, 属し後者, 属するあんまりニヤニヤ, 属するか, 属すると, 属するので, 属するもの, 屬し, 序開きを, 彼らの, 日本人も, 普通なる, 本質的の, 由つては, 異らざりし, 破天荒なる, 立ち帰って, 絶無と, 至るまで, 見えた, 見えて, 見えるから, 見える程, 見立て易い, 許すに, 近い二人, 逢わぬこと, 違いなかろ, 限って, 食ひ, 飼われざる以上, 馴れる馴れ方, 駆使せられ

▼ 人種~ (72, 5.6%)

7 異にし 5 異にする 2 区別する, 同じくし, 同じくする, 超越した

1 [52件] あつめつくして, あるまま, いうの, して, とらえては, もって, 一つの, 交へ, 交へて, 京都では, 今の, 分類し, 列擧する, 包含し, 区別す, 口惜しがらせ, 問わず狩りあつめられて, 壓倒すべし, 変へて, 好むという, 幾人か, 征服する, 思いさまたたきつける, 感じさせるほど, 憎みます, 手玉に, 抜き出して, 持つ家, 排斥した, 排斥する, 描くこと, 支配する, 改造する, 次の, 殊に, 比較の, 決してブルジヨア, 生じ白, 生み出すこと, 異にしそ, 異にした, 眺めて, 知って, 私たちは, 私達は, 等しう, 統一し, 統治指導する, 絶やして, 虐待せし, 見ざりし地, 超え国籍

▼ 人種~ (51, 3.9%)

4 人種との 3 人種の 2 自分を, 高調と

1 [40件] いうべきであろう, いえば, たたかって, なすも, なり果てたの, まったく同じ, 云い民族, 云って, 交通せぬ, 優等の, 入れまじって, 合して, 同じ様, 名づける区別, 国境と, 国籍に, 座席を, 形式を, 思って, 新しく分れた, 時代とを, 有るも, 有色人種との, 混同され, 男女と, 白人との, 知力の, 神話とは, 称して, 結婚したがる, 美しい罪, 良い社会, 蒙古, 見做, 解すべきである, 違って, 階級で, 階級の, 階級は, 非マスク人種

▼ 人種~ (34, 2.6%)

3 と思っ 2 から, と思う, な

1 [25件] かも解りませんでした, からである, からとはいえ, からね, からねえ, から火, から義雄, かわからなくなっ, しさ, つたのです, ということ, というの, という評判, といふ, といふやう, と云, と云い得る, と自惚れる, と言, と言った, などとは云えなくなる, ね, のという, のには, 行商人の

▼ 人種~ (24, 1.9%)

3 あれば

1 [21件] あって, ありどうしても, ありましょう又は, あるの, いつか法外な, いますよ, いるから, それに対して, また少い, 一目で, 全く違い, 同樣, 多いから, 多かった, 大革新, 少くない, 尽きるであろう, 後には, 恩を, 民族も, 異様である

▼ 人種である~ (23, 1.8%)

2 ことを, ということ

1 [19件] かその, かといふこと, かのよう, からすべて西洋, から平気, か大体, ことから, というの, という事, と力説, と思ふ, と私, のだ, ので七ヶ月間ブラツセル, のなら, 一人の, 上に, 琉球人たる, 関係から

▼ 人種~ (20, 1.5%)

2 あつた

1 [18件] そして油絵, その他の, それについては, でも, ときどきに, ねさすが, 其中には, 十ぺんぐらい, 十ぺんぐらゐ代議士に, 國際上白人種の, 慕い寄られる素質, 支那人を, 最初から, 植民され, 無くて, 理非善悪を, 石で, 馬と

▼ 人種~ (16, 1.2%)

4 民族の

1 [12件] アイノ人種は, スラヴ人種等の, 兒耳曼人種や, 凡て具象的な, 子供の, 拉典人種や, 朝鮮人種が, 樹木鳥獣文化芸術人の, 民族や, 民族を, 血の, 血統の

▼ 人種~ (14, 1.1%)

2 なり, にも言語的 1 ならしめ大, ならすし, な貧弱さ, にも思えた, にも経済的, に憎ん, に統一, の差別, の憎悪, もしくは国家的反感

▼ 人種との~ (13, 1.0%)

1 [13件] 争いであり, 争いな, 交際に, 如何については, 存在する, 混血児に, 異様な, 衝突でなく, 軋轢が, 間に, 間の, 關係上世界の, 雑種が

▼ 人種~ (13, 1.0%)

2 の偏見

1 [11件] に伝われる, に於, に行, の反目, の戦争, の柵, の混血児, の生存競争, の競争, の結婚, ノ問題ナルガ

▼ 人種とは~ (9, 0.7%)

1 ちがい至って生来, まるきり違, 恋愛に対して, 更らに, 比較を, 比較的新しい, 異って, 素性が, 違ふんだ

▼ 人種たる~ (8, 0.6%)

1 を問わず, を失わない, 仏人と, 拙者一人のみ, 独人との, 英人と, 諸君も, 露人との

▼ 人種では~ (8, 0.6%)

2 ない 1 ありますまい, ある, あるまいし, ないと, ないの, ないよう

▼ 人種~ (8, 0.6%)

4 のだ 2 のであった 1 のか, んです

▼ 人種~ (8, 0.6%)

1 からもまた, との国際都市, にも文化上, に及ぼす, に於, の争奪, の形躰, の関係

▼ 人種にも~ (7, 0.5%)

1 なお及ぶ, 他人種, 抽くべ, 是あるなり, 美しいところ, 美しい処, 逢わなかった

▼ 人種として~ (6, 0.5%)

1 半ば幇間的な, 取り扱いいたわって, 同種族, 尚武的である, 本質的に, 蔑視され

▼ 人種としての~ (6, 0.5%)

2 制限は 1 その淡, 共同の, 尊大何くにか, 軽蔑

▼ 人種的差別~ (6, 0.5%)

1 がある, が甚, の撤廃, の撤廃その他, を云々, を重んぜず

▼ 人種でも~ (5, 0.4%)

1 ある, やはり胃病, 亦ない, 英国人のは, 違う様

▼ 人種によって~ (5, 0.4%)

1 アラビヤ風に, 唱導された, 待遇を, 組織され, 造られその間

▼ 人種問題~ (5, 0.4%)

1 ともつれ, などを漠然と, も起らない, を思い出す, ノ範圍ニ

▼ 人種改良~ (5, 0.4%)

1 で疾病, とか善胎学, の偏見, の善胎学, の速成法

▼ 人種から~ (4, 0.3%)

1 なる十三万人, 成る海, 戦勝の, 東洋哲学を

▼ 人種です~ (4, 0.3%)

1 か, ね, よ, よご

▼ 人種とか~ (4, 0.3%)

1 亜細亜人種とかいう, 亜非, 天孫民族とかいう, 欧羅巴人種とか

▼ 人種なる~ (4, 0.3%)

1 か, かはた, がごとき, 芸術家は

▼ 人種における~ (4, 0.3%)

1 その運動, スラブ人種が, タタール人種が, チュートン人種が

▼ 人種に対して~ (4, 0.3%)

1 勝を, 又世界, 淡々として, 迷信が

▼ 人種~ (4, 0.3%)

1 がこの, の教科書, の研究, や土俗学等

▼ 人種特有~ (4, 0.3%)

1 の嘆き, の陰険, の體臭, の高い

▼ 人種~ (4, 0.3%)

2 宗教の 1 民族ノ, 民族ハ十年間居住ノ

▼ 人種的偏見~ (4, 0.3%)

1 がうち, と軍人, のかなり, への闘争

▼ 人種系統~ (4, 0.3%)

1 の寄り合所帯, の心理遺伝, の特徴, を代表

▼ 人種あり~ (3, 0.2%)

1 ドラヴヰタス人種あり, ハイペルボレアン人種あり, マレー人種あり

▼ 人種~ (3, 0.2%)

1 それは, どうか, 九郎義経とは

▼ 人種であり~ (3, 0.2%)

1 それ故, 好ましい東洋精神, 異端であった

▼ 人種でなけれ~ (3, 0.2%)

2 ば不可能 1 ばならぬ

▼ 人種という~ (3, 0.2%)

2 ものは 1 別の

▼ 人種なら~ (3, 0.2%)

2 いざ知らず 1 ば亜細亜人種同士

▼ 人種には~ (3, 0.2%)

1 この二種, 歐米人種の, 臍が

▼ 人種よりも~ (3, 0.2%)

1 優秀である, 天文の, 遙かに

▼ 人種~ (3, 0.2%)

1 に黒奴, ノ最, 最モ

▼ 人種展覧会~ (3, 0.2%)

1 である, のよう, の観

▼ 人種差別撤廃~ (3, 0.2%)

1 とか申す, を世界, を呼号

▼ 人種~ (3, 0.2%)

1 の凹み, の隠遁的, の頭

▼ 人種的特質~ (3, 0.2%)

1 がそのまま, の影響, を改造

▼ 人種かと~ (2, 0.2%)

1 御紹介, 舌を

▼ 人種~ (2, 0.2%)

1 はるべからずといふ, へ変り

▼ 人種その~ (2, 0.2%)

1 中で, 秘訣を

▼ 人種であっ~ (2, 0.2%)

1 て人種間, て英国

▼ 人種であった~ (2, 0.2%)

1 かも知れない, のだ

▼ 人種といふ~ (2, 0.2%)

1 のは, ものは

▼ 人種とかいう~ (2, 0.2%)

1 ものは, 茫漠たる

▼ 人種とを~ (2, 0.2%)

1 くらべて, どうしても胡麻

▼ 人種ども~ (2, 0.2%)

1 である, の腐爛

▼ 人種などという~ (2, 0.2%)

1 ものから, ものは

▼ 人種などの~ (2, 0.2%)

1 区別も, 食人種族の

▼ 人種により~ (2, 0.2%)

1 いかなる国, 古今により

▼ 人種のみ~ (2, 0.2%)

1 である, ならず亞細亞

▼ 人種ばかり~ (2, 0.2%)

1 です, 金髪を

▼ 人種みたい~ (2, 0.2%)

2 じゃない

▼ 人種学的~ (2, 0.2%)

1 にはコプト人, に観察

▼ 人種~ (2, 0.2%)

1 とか云はる, とか心理學

▼ 人種差別~ (2, 0.2%)

1 とをすてる, の撤廃

▼ 人種排斥~ (2, 0.2%)

1 という日本人, のため

▼ 人種歴史地理~ (2, 0.2%)

1 の異同, を顧慮

▼ 人種~ (2, 0.2%)

1 異なるや, 集まりその間

▼ 人種競争~ (2, 0.2%)

1 の止む, の避

▼ 人種結社~ (2, 0.2%)

2 から派遣

▼ 人種~ (2, 0.2%)

1 といふもの, と自然

▼ 人種風俗言語~ (2, 0.2%)

2 に於

▼1* [159件]

人種あり蒙古人種, 人種あるを知らずや, 人種たる樹, 人種および重罪犯などを, 人種かもしれないが, 人種がでも違ったものの, 人種さえ行ったこと, 人種さまざまの人種, 人種じゃないです, 人種じゃったら新聞紙から, 人種すなわちスペイン人と, 人種すらこれに, 人種それからアフリカあたりの, 人種それぞれに共通, 人種だけなの, 人種だけに江戸思想中には, 人種だけは常にその, 人種だったのです, 人種だったらはなはだ不都合, 人種だの有色人種だ, 人種ちがいの何, 人種である蒙古人が, 人種であろうか, 人種でございますよ, 人種でないという限り, 人種でもが住んで, 人種というも過言に, 人種とがある, 人種としては到底日本人, 人種とでも名付くべき, 人種とも見て, 人種どの民族でも, 人種なぞを物の数にも, 人種などと言われるもの, 人種などに引けを, 人種なりと町奴的見栄を, 人種にとってはまことにあっけなく, 人種に対する研究心を, 人種または時代を, 人種めいた顔つき痩せ, 人種もしくは修養なき, 人種もと蝦夷人種に係る, 人種もをると, 人種より論ずるも, 人種らしいと私, 人種らしき親しみを, 人種をもいやしくも野蛮, 人種ザンギバール人種マホメダ人種さまざまの人種, 人種スラブ人種などの区別, 人種ダイヤル族は噂, 人種トヲ統一シ以テ東西文明ノ融合, 人種ニ由ル如ク見エ, 人種ニ責ムルハ敢テ望ム所ニ非ズト雖ドモ, 人種開化未, 人種ハ其心既ニ適宜ニ組織シタル事ニサヘモ相應スルコト能ハズ, 人種ハ却テ之ヲ能ク成セリ, 人種マキリ人種などの食人種族, 人種マホメダ人種さまざまの人種, 人種ヨーロッパやアメリカ, 人種ラテン人種スラブ人種などの区別, 人種異ニセルニ對シテ, 人種下等ノ國ニテハ, 人種中最高の民族, 人種互に敵視する, 人種五分の二は黒赤人種, 人種人類學上の研究, 人種以外には白昼, 人種体質も異なる, 人種信条性別社会的地位又は門地, 人種信条性別社会的身分又は門地, 人種偏見から解放, 人種優良の現, 人種がそれ, 人種共通の, 人種あれども, 人種別比較法との二種, 人種労働者として二重, 人種博物館の観, 人種博物館中にもインド, 人種家系各, 人種同じ教えの, 人種同士は比較的, 人種同志が持つ, 人種固有の能力, 人種国家の如何, 人種土地教理名称等の相違, 人種地理の區分, 人種地理歴史恩讐の別, 人種多くはこれ生え抜き, 人種学平塚学士の物理学輓近, 人種学民族学また宗教学上, 人種学的人類学的の研究, 人種学的研究は大, 人種実験的な解決, 人種展覧会みたいな奇観, 人種差別問題をいつ, 人種差別撤廢問題ノ中, 人種だ, 人種市場の如き, 人種平等の問題, 人種平等論の為, 人種従って言語が, 人種我々よりももっと, 人種戦争です, 人種打倒とヨアン四世, 人種扱いにされ, 人種支那民族ヲ迎, 人種改良学が試みん, 人種改良論であった, 人種改良論者は多く, 人種文明地理上の區分, 人種日本人にはこうした, 人種殊に英米人の, 人種民俗そのほか, 人種滅亡の真, 人種が遺, 人種百分の四十三は混血人種, 人種的偏見位い邪魔, 人種的偏見場面血シブキの飛散, 人種的優越感を以て臨む, 人種的分裂と物質, 人種的區別を顧慮, 人種的同一類に属し, 人種的基本は實, 人種的嫉爭の狹隘界, 人種的差別アル者ニ非ズ, 人種的市街戦がはじまる, 人種的排外主義の理論的根拠, 人種的文明的政治的意義を賦與, 人種的検討もしませんでした, 人種的民族的要素の出所, 人種的決定は案外, 人種的特色の影響, 人種的理想の評論, 人種的結成躰にあらず, 人種的軽蔑を示す, 人種的迫害の事情, 人種的関係に就, 人種相似たりと云, 人種相殺し尽した後出, 人種の聞い, 人種移動の埋もれ果てたる, 人種の高架索人種, 人種の大きな, 人種血族的にも經濟的, 人種崩れ人種では, 人種言語宗教などが重視, 人種誌学的な研究, 人種誌学者や東洋語, 人種調査ニ要スル順序, 人種論的社会理論である, 人種民族中において, 人種起源論は土地土地, 人種運動の歴史, 人種違いの蛆虫同様, 人種雑居せる実例, 人種風俗などをく, 人種風景の裸, 人種来人種