青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

世紀~ ~世話 世話~ 世辞~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞 丞~
両~
両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親

「両~」 5850, 56ppm, 2060位

▼ 両~ (1826, 31.2%)

230 金を 60 金が 45 手を 39 拳を 36 手に 35 金は 33 大金を 24 小判を 20 金の 19 手で 17 頬に 16 腕を, 金子を 14 御用金, 眼が 13 掌に, 掌を 12 眼を 11 小判が 10 眼は, 金も 9 手が, 拳で, 袂を, 隠し場所を, 頬を 8 お夢, お金を, 掌で, 腕に 7 小判の, 手は, 肩を, 足を, 金と 6 お金が, 手の, 拳が, 目は

5 [12件] 大金が, 封金を, 小判は, 掌の, 現金を, 眉が, 眼に, 耳を, 行方が, 褒美を, 金子が, 銀を

4 [22件] お礼を, こぶしを, 乳房を, 大身代, 大金は, 工面が, 手のひらに, 損を, 眼玉は, 給金を, 耳に, 腕が, 腕の, 袂で, 袂に, 袖を, 身代を, 金, 金で, 金に, 金まで, 頬には

3 [25件] うちから, 一万人として, 乳房は, 事は, 代りに, 値打ちは, 小判と, 小判に, 工面も, 才覚は, 無尽の, 無心を, 眼には, 瞼が, 翼を, 肘を, 肩へ, 腿で, 膝が, 臂は, 荷を, 角を, 軍用金を, 金さえ, 顳

2 [85件] お金は, かたに, ために, 中から, 乳を, 仕事を, 会費であったら, 余を, 価値が, 借金で, 内の, 内股は, 利腕を, 刺身を, 包を, 合力を, 夢を, 大金と, 始末を, 寄進に, 富に, 小脇に, 小鬢の, 工面に, 御手, 手には, 手金を, 手首が, 手首に, 拳に, 拳もて, 掌には, 掌は, 支度金で, 支度金まで, 支度金を, 現金は, 盗人の, 盗人は, 目から, 目に, 目を, 相場は, 眉は, 眉を, 眼の, 眼ほどの, 眼玉が, 眼縁が, 瞳の, 礼金を, 祠堂金を, 端た, 紛失は, 給金は, 肩で, 腕で, 腕は, 膝を, 茶碗五十両の, 行方は, 袖で, 袖に, 見舞金を, 調達を, 賞を, 足で, 足の, 身上を, 身代が, 金にも, 金包を, 金故に, 釣台は, 銀子を, 銀貨であった, 隠しに, 隠し場所が, 頬の, 高慢税を, 鬢と, 鬢に, 鶉を, 黄金は, 黄金を

1 [610件 抜粋] あがりは, あぐらの, いきさつだけは, うちこれだけしか, うちの, うち一万両だけは, うち二万両が, うち小口の, おり場所がね, おろそかでない, お仕度金, お夢さん, お宝を, お形見, お手元金, お手当, お眼, お話でしょう, お金あなた様の, お金さ, お金と, お釣りを, かいなで, かかとを, かたは, かねでは, ことで, ことでも, ことも, ことを, ご寄進, ご褒美, たなごころに, つばさに, つもりに, とりたて, と使い果し, にせ金, へそくりを, ほかに, まとまった金, まなこが, まなこは, まぶたで, ものを, やけ費いも華やかだった, ゆくえは, ように, チップを, ポケットに, ポケットや, モミ上げは, 一件だ, 一割なら, 一番札が, 万和の, 三十両のという, 上へ, 下宿代を, 下廻りから, 下駄を, 不足じゃ, 世界は, 丘陵は, 中九十両までが, 中四拾両ほど, 乳の, 乳房の, 乳房も, 予算を, 事だけは, 二倍や, 二輪馬車が, 五十両のと, 享保小判の, 仕事か, 仕事だ, 仕事です, 仕事に, 仕事には, 仕度金を, 他に, 代に, 代物だ, 代物を, 件でも, 件を, 余であった, 余です, 余に, 使い賃を, 使用方法についてで, 価は, 借りという, 借用証書が, 借用証書を, 借金あれ, 借金が, 借金に, 借金の, 借金家財を, 値うちが, 値が, 値打ちが, 値打直訳し, 儲けは, 儲けを, 入費を, 公平なる, 内に, 内八百両貴殿に, 内少し, 出所を, 出札高に, 分配を, 切りもち包みを, 利を, 利得を, 利息で, 利息の, 前借を, 前足を, 割で, 割りまえ, 割合で, 労賃を, 勘定を, 包が, 包みこれ, 包みを, 包み金表書には, 包み金音羽も, 半ぶん, 半分, 半分なんて, 半金を, 半額を, 収入と, 受取証文を, 古金を, 古金銀, 台に, 合力も, 名を, 唇で, 唐櫃は, 商売に, 問題は, 土産を, 墨田川という, 売り代, 売上げが, 多きに, 夢も, 大分限者, 大判小判が, 大穴が, 大金の, 大金差込み有之, 大金豆州の, 天目茶碗を, 太政官札を, 始末は, 媚を, 宝, 宝が, 実の, 客だ, 家作料と, 寄進が, 富が, 富籤に, 寝ごこち, 封を, 封金, 封金二ツあんな, 小判で, 小判には, 小判も, 小判や, 小判折から, 小柄を, 小遣にも, 小鰭, 山分けの, 工面は, 工面を, 平均を以て, 形見分けを, 御用金泥捧, 御褒美, 情は, 惜しさ, 意味だった, 懸賞, 懸賞を, 扉が, 手く, 手のひらで, 手のひらには, 手の甲に, 手へ, 手まで, 手を以て, 手付け金を, 手付を, 手先きがドクドク震え, 手先を, 手切れで, 手切れを, 手前馬公でも, 手土産を, 手綱を, 手足で, 手足の, 手金だけ, 手間を, 手間賃に, 手頸を, 手首と, 手首の, 手首を, 才覚が, 才覚である, 打撃で, 抵当に, 拳でじ, 拳には, 拳の, 拳は, 拳もてしか, 拳握りしめ, 持ち合わせが, 持参金付きを, 持参金附でという, 指に, 挙を, 描いて, 損だ, 損害の, 支度金と, 支払いを, 数さえ, 料理を, 旅費だけ, 日当, 日当に, 有金を, 本資, 札が, 村を, 枝を, 柱に, 槙をも, 横槍を, 毛臑を, 決めと, 為換を, 為替に, 無尽にも, 無尽を, 無心の, 片らを, 物を, 献金をさえ, 現金これ以上に, 生糸を, 用金を, 白いもの, 盗み出し手を, 盗人だ, 盗賊さあ, 目が, 目の, 目腐れ金で, 目蓋のうへに, 目録包みを, 目録包を, 相場, 相場も, 眉根に, 眉毛を, 看板を, 眦を, 眼から, 眼とに, 眼とを, 眼も, 眼宛然血の, 眼球が, 眼球だけは, 睫毛に, 瞳が, 瞳に, 瞼で, 瞼に, 礼を, 祝儀を, 福運に, 福運の, 程度であったろう, 穴に, 穴を, 端下金で, 端唄じゃ, 端唄を, 端金で, 筒袖には, 箱が, 簾を, 約束で, 約束でございました, 紋つまり, 紙を, 紙包を, 紛失と, 結納が, 結納は, 結納を, 結納金を, 給料の, 給金から, 給金すらも, 給金で, 給金では, 給金の, 給金取りが, 線香の, 縁が, 纏まった資本, 翼が, 翼で, 翼と, 翼の, 者の, 耳が, 耳の, 耳は, 耳蔽ふ蒙, 股の, 股も, 肩が, 肩その, 肩に, 肩夢想で, 肩怒りて, 肱と, 肱を, 胴巻ぐるみ懐ろへ, 胴巻を, 胸を, 脇を, 脇下より, 脚などを, 脚を, 脚首が, 腕, 腕とも, 膚を, 膝で, 膝へ, 膝頭が, 臂を, 舷側に, 花籤が, 茶入, 茶道具を, 草鞋銭で, 荷から, 莫大な, 薫風に, 行方, 行方を, 行方御, 袂の, 袖から, 袖が, 袖には, 袖にも, 袖の, 袖口に, 袴を, 裸代を, 褒美が, 褒美だ, 見当にあたり, 見積を以て, 親指と, 親指の, 調達は, 調達方を, 謎を, 謎六本の, 謝礼との, 負債まで, 財宝を, 財布を, 財布取, 財産とかを, 財産を, 貯えも, 貯蓄を, 買い物を, 貸借は, 費い, 費用が, 資本で, 賞金を, 賦金を, 質に, 賭は, 賭を, 足から, 足だけを, 足まで, 足をの, 足首を, 踵で, 踵とを, 身上なりと, 身代だった, 軍用金で, 軍用金は, 軍資金を, 通番頭二人が, 運転には, 道具まさかに, 違約金を, 遺産を, 郡の, 金あれ, 金え, 金それも, 金だ, 金だけ, 金でも, 金とが, 金とても, 金には, 金をと, 金今の, 金僅かに, 金全額と, 金包と, 金包みを, 金子じゃ, 金子で, 金子と, 金子は, 金子取られねえで, 金子紛失の, 金持なる, 金数は, 金目だ, 金策に, 金貰っ, 金金が, 金銀思いがけない, 金魚は, 釣台が, 釣竿で, 銀が, 銀子まで, 銀子一錠と, 銭に, 鋳造で, 鐚銭で, 長者様だ, 間表通りへ, 隆起の, 隠し場所は, 雲麾の, 非常準備金が, 非常準備金も, 頬その, 頬っ, 頬にに, 頬は, 頬まで, 頬顎の, 頼母子講を, 額に, 顎骨を, 願いが, 風流に, 飲み方, 養育料を, 餌が, 餌なんぞに, 馬鹿網と, 馬鹿高い, 駒が, 鳴物さらに, 鶉が, 黄金と, 黒目が, 黒砂糖を, 鼈甲が, 鼻グスリを, 鼻翼の

▼ 両~ (366, 6.3%)

12 持って 6 出して 3 盗んで, 給した

2 [20件] こえて, ふところに, 一人占めに, 俺が, 半価に, 取って, 取出して, 受け取って, 受取って, 奪られ, 懐中に, 手に, 払って, 持ち出して, 捜し出して, 携えて, 男の, 目あてに, 見つけて, 越えて

1 [302件] あずけて, あっさりと, あなた様の, あの儘, ありの, うけ取って, おうように, おまえに, お下げ金として, お取り立てくださる, お届け, お贈り, かっさらい, くだる畑ぢ, こしらえようと, こっちへ, このわし, この彦兵衛, この蔵, さきに, さらって, すっかり一分金, そえて, そこへ, そっとお, その日, たばかり, だまされて, つかまして, つくり都合六百十四両, つつんで, とどけて, とどこおりなく, とりそろえ, とり出して, どうかしなけれ, どうしよう, どうする, どう工面, どこへ, なげ出して, ならべて, ぬすみ出したので, ぬすみ出して, ぬすみ出しました, ひと包み, ぽんぽんと, まきあげて, まき上げました, もらって, やはり尽く為替, やろうと, よそへ, わが身の, わける約束, わずかに, 一屯と, 万一の, 三つに, 三井寺僧千人に, 三千五百両に, 三度に, 上げますから, 上納しました, 下すった, 与えさて, 与えて, 与えまた, 与えるので, 与え地獄, 丸取りに, 乗で, 了見よろしから, 二十年ほど, 二度ぬすみ出し, 二百に, 二百両さらに, 亭主に, 今あらためて, 仏様の, 他人に, 佐兵衛の, 借りそれ, 借りた, 借りる, 借り僅, 借ること, 借受けた宇津木兵馬, 借用する, 儲けた話, 儲け得たり, 元の, 先に, 先取する, 入れた胴巻, 入れた財布, 入れて, 円と, 出したそう, 出す, 出すこと, 出せと, 出ない, 切餅として, 前において, 加えた二十三両一分, 加えて, 勘定する, 包み重三郎, 包んで, 十両に, 十枚出した, 半分ずつ, 半分に, 卓に, 即金で, 又蔵, 取りに, 取り上げて, 取り出し外, 取り次ぎのみならずその, 取り立てて, 取り返したの, 取戻して, 叩いて, 叩き返して, 合わせ紙, 呉れなにか, 味噌久へ, 咽喉へ, 国の, 埋め置くもの也, 壺へ, 夜更けに, 天引きに, 奪った泥棒, 女と, 実隆に, 家内の, 寄進する, 寄附し, 封金に, 小僧に, 小粒と, 小銭に, 少しくずし, 山分けに, 岡見に, 島伝に, 崩して, 工面し, 巻きあげようと, 巻き上げて, 希望し, 帳消し同様に, 幕府に, 平次の, 年造に, 広江寺の, 延津弥の, 引き妻子下女ら, 引出して, 強奪した, 強盗し, 彼に, 得これ, 得たので, 得べしと, 得る, 得るは, 御用立て申しましょう, 懐に, 懐中から, 我物と, 所持せり, 手入らずに, 手金に, 打つ力, 払わせようと, 投げ出すというについては, 投じた, 投じて, 投出して, 抜かれたばかりに, 押しつけられるとは, 持ち出したの, 持ち出したもの, 持った若, 持出したこと, 持出して, 持参いたした, 挙げて, 捜せ, 捲上げられるよう, 掠め去るその, 掻き集めて, 掻き集めようと, 提供し, 携へて, 攫われて, 改めて己, 故郷の, 散じさえ, 数え終わって, 晁蓋が, 朝廷に, 極秘で, 横取りした, 横取り喧嘩仕掛けで, 横領する, 水戸様へ, 河内屋へ, 添えて, 渡しかねるから, 渡した, 渡しただけ, 渡して, 渡しまして, 無理から, 父の, 狙った野郎, 献上し, 献上した, 現在の, 用だてたの, 用立てたこと, 用立てて, 百両に, 盗ったの, 盗った曲者, 盗ませたの, 盗まれたと, 盗みに, 盗み出したと, 盗み溜めそれ, 盗らずに, 着服し, 私うて, 稼いだので, 積んだ馬, 積立てた, 窃み出し, 結納金に, 綺麗に, 纏めそっと, 置いて, 肌身に, 背中に, 草鞋銭に, 要した, 見せて, 見せびらかしあたしたち, 見付けたそう, 見覚え置き, 調達し, 請け取ったとか, 貧しい者, 貧乏に, 貰い平次, 貰って, 貸したが, 貸して, 貸与し, 貸付け, 費い果し, 費したそう, 費やしたる内乱, 資本に, 賞し伯爵, 賭けたり, 賭場で, 贈った, 贈って, 贈ること, 超えて, 超えるだろうと, 越したという, 載せた釣台, 返せと, 返済する, 送って, 送る誇り, 進上しよう, 運び込んだらしいと, 酬う, 醵出する, 里人に, 釣台に, 銀四十匁位に, 附けて, 附けるまでよ, 隠しおおせる気, 隠したお, 隠したので, 隠し場所から, 隠すなんて, 頂戴いたし, 預かりそれ, 飲み食い, 餌に, 駕屋に, 黙って

▼ 両~ (245, 4.2%)

7 どこへ 4 どこから, 大金だ 3 いって, 確かに 2 あります, 今, 仲間の, 右から, 安いところ, 綺麗に, 貰って

1 [210件] あとで, あの通り用意, あまり多, ある, あるだろう, あるだろうと, あるでしょう, あるでしょう差当り, あると, いつもらえる, いらねえたつた廿両, おけないから, おやすい, おれが, おろかたった, おろか七千両でも, おろか三両の, おろか三両二分も, おろか三千両でも, おろか十両の, おろか千両箱を, おろか差迫っ, おろか近頃は, お前が, お安い, お旗本, お関さん, お鳥, かかって, かからなかったとしても, かかる, かたじけないと, きれいに, こいつが, ここを, こたえます, こっちの, こっちへ, この新, この重箱, こんに, ございます, さし上げること, さておいて, ざっと四匁, すぐに, そちらで, そっくりこっち, そっくりそのまま久兵衛, そのま, そのまま伯父, それが, それっきり行方も, それらの, たしかに受取った, だね, ちと多, ちと大業, ちゃんと手, てめえの, どうした, どうしても調え, どうして下さる, どうせ今, どうでござる, どうやら掻きあつめ, どこで, どこに, なんでも, ひどい, ぴったりと, ほんのお, ぼろい儲け, またたくうち, まだ授からねえ, みんな飛ん, むずかしい, もし最終, もともと自分, ゆうにあるだろう, わたくしが, わたしが, 一両だ, 一体どうする, 一体どこ, 一時の, 三百石に, 下らなかったでしょう, 与しのみ, 九牛の, 事実は, 二つ分け, 二百両に, 五百両に, 今の, 今朝清松が, 何う, 何と, 借財を, 備中の, 僅かに, 入りやせん此奴, 全然寒, 其方様に, 冥加金として, 別として, 利息でございます, 前代未聞の, 動かないところ, 動かぬという, 十両で, 十五万石の, 十日を, 去年の, 叔父の, 口止めに, 可成, 四郎兵衛の, 堀の内の, 堅いもの, 増屋へ, 変な, 多くは, 夢おろか穴あき, 夢の, 大きいね, 大丈夫だ, 大川へ, 大金で, 大金です, 奥方の, 安いもの, 安い資本, 宿賃を, 寺の, 小石川の, 小粒か, 少し桁, 少ないわけ, 巧く, 巾着切りに, 帳消しに, 平次の, 建築の, 当座の, 恵みましたが, 惜しいけれども, 愚かの, 愚か十両の, 愚か鐚銭一枚その, 慥に, 戴きません, 所持致す, 手に, 按摩を, 掛ったと, 掛ると, 握らしたに, 損って, 日本の, 早速に, 朝の, 朝飯前という, 樹上に, 次の, 残したはず, 残って, 残念ながら, 江島屋へ, 法外である, 浜町河岸の, 消えて, 溜めて, 無論に, 痛むもの, 盗めそう, 目の, 目腐れ金だ, 矢張りその, 確かだ, 確かだろう, 結納代り, 自分が, 自分の, 行きがけの, 要らねえ, 要ります, 要るだろう, 要るはず, 見事この, 誰が, 財布に, 貸すから, 贋金です, 身共も, 迚も, 違う, 遠く持, 郡兵衛が, 都合に, 重いよ, 鈴文さんに, 面白可笑しく, 飛ぶんで, 飛んでもねえ, 飛騨の, 首尾よく, 馬の, 高くは, 鼻紙代にも

▼ 両~ (231, 3.9%)

11 いえば 8 纏まった金 5 聞いて 4 いうと, いへば 3 云う金, 云ふ, 言えば 2 いやァ, 二分だ, 云うの, 云う大金, 云えば, 云っては, 少しばかり, 早くも, 書いて

1 [172件] あるから, あるに, いうより, いこうじゃ, いたぶって, いたるところ, いったら大した, いっても, いひたいが, いやあっしらにゃ, いや大金だ, いわねば, いわれた褒美, いわれても, お礼の, お稲, お艶, しますと, すくなくもない, するそして, するにゃ, すれば, それぞれ箱入りに, それに, それを, ちょっとあった, ちょっとそれで, ちょっとだったでしょ, ちょっと残っ, ちょっと預け, つけられて, なくバラ, なく取込んだ, なにがしと, なると, なるので, なれば, ねだったこと, はずまないまでも, まとまりますと, めいめいが, 一分に, 一分の, 一分を, 一分二朱六十八文じゃ, 一口に, 七, 三両纏った, 三分, 主人に, 二人扶持を, 二分おれに, 二分二朱, 二度目の, 二貫文と, 云いたかったの, 云う, 云うもの, 云う可, 云う途方, 云ふなら, 云や, 五両二度に, 交換され, 仰しゃっても, 併せて, 兵馬に, 出して, 切出した者, 十両は, 千五百両の, 吐き出させたと, 吹かけて, 吹っ掛けて, 四五たびも, 四貫だ, 多くも, 夜着三十領を, 大口に, 大書した, 奢んで, 女衒が, 娘の, 宝物を, 小粒で, 小粒を, 小袖を, 少しこいつ, 少しだった, 少しなり, 少しの, 少しは, 布施を, 年賦で, 廉く, 引換えに, 彦四郎貞宗の, 御家の, 心中に, 思ったの, 思って, 悉しく, 持って, 推定され, 教会へ, 施を, 明日本郷の, 書いた酉の市, 書くの, 来ちゃ, 植え替えた, 溜めて, 溜め込み金, 溜りましたが, 爆弾とを, 申して, 申しましたところ, 申しますこと, 申すと, 百八十両を, 百八十両江戸時代では, 盗みやがて, 相場さえ, 着物を, 祈ったの, 秘蔵の, 稼いだの, 積つても, 米一斗で, 米十俵ずつとを, 糶り上げ与八, 絞られたの, 纏った金, 纏まったもの, 纏まった口, 纏まった給料, 纏まれば, 纒った, 纒まっ, 聴いた七助, 聴いて, 能役者から, 致しますと, 若干に, 表向きの, 見せかけその, 覚えて, 言いてえところ, 言うから, 言ったそう, 言われその, 言われた江戸一番, 言われた眼, 言われた美し, 言われる神田三河町, 計上した, 謂はれた, 謂われた役者, 豪華のほどを, 負けて, 負けとくさ, 踏んで, 転げ込むん, 載せて, 酒肴を, 銀貨が, 銭数千緡が, 閑山が, 順々に, 頒け, 頼母の, 鰻上りの

▼ 両~ (183, 3.1%)

6 なって 4 して, もとむべし又 3 なった, 売った, 売って

2 [16件] しても, なるが, なるの, なるん, なれば, 売られて, 岐れ, 目が, 相当する, 米三俵を, 纏めた金, 負けて, 買けり, 買って, 近い大金, 過ぎず

1 [128件] あたったの, あたって, きまって, さしつかえるとは, しとけ, し百両, するつもり, せよとか, つくとか, どうだ, なったから, なったという, なったの, なったらそれ, なったら百両, ならぬもの, ならねえと, なりました, なりゃあ, なり三年目, なる, なるかな, なるから, なるそんな, なるだろうと, なるって, なるでしょうお, なるという, なるとは, なるはず, なるもの, なる今ここ, なろうとも, ねがいましたの, のぼって, へり五百両, ほぼ近く, まけたなんで, まとめ病床, ゃおつけなさりやしまいよ, 一升した, 上った, 上らない場合, 上らなかった, 下ったん, 二三人づゝ引のせ奉る, 二十五両を, 二斗の, 五斗, 付一斗二升小売百文に, 付一斗二升百文に, 付三斗二升と, 付三斗四合である, 付二石で, 付二石一斗八升と, 付四斗百文に, 付銀六十皿之, 件の, 何升どこは, 何斤くる, 何片くる, 余る金, 価を, 値切って, 分れまして, 別に小出し, 利息を, 化けるなんて, 十倍の, 十年間の, 及び七十三刻, 及んだ, 口説かれたとでも, 四升ぐらいの, 四升の, 四斗五升も, 増して, 売ったの, 売ったん, 売られること, 売り払いたいという, 売り込めば, 売り込もうと, 売れた, 売ろうと, 売付けた鎌, 変ったの, 大小を, 小袖が, 当る, 当るという, 成るよう, 換えては, 替えて, 棒を, 決めて, 添手紙一封, 減ず, 減って, 減らすし, 減りましたが, 熨斗を, 相当します, 立退, 節約し, 米が, 纏めお, 纏め番頭, 裏を, 見積って, 負けさせその, 負けさせて, 負けようとまで, 負けろと, 買いに, 買い上げたの, 買た, 買入る, 足らぬ小, 足りない金, 身を, 近いだろう, 近い軍用金, 過ぎない, 過ぎぬ, 釣られたん, 間違いが, 魂を

▼ 両という~ (178, 3.0%)

30 大金を 17 金を 6 のは, 大金の 4 大身代, 金の, 金は 3 ものが, ものを 2 ことに, ところまで, 借金が, 大金が, 大金に, 小判が, 小判を, 身上を, 金に

1 [83件] いたずらを, お金が, お金も, お金を, こっちゃ, ことだった, ことであった, ことです, ご主人, その大金, ところかな, ところで, なかなかの, にせ金, のだ, のである, のです, ものハなけれ, もの融通を, もの補助が, ように, わけだ, 亀安自慢の, 仕あわせでは, 借用証文は, 値の, 儲けが, 勘定に, 口留料を, 品が, 品ものを, 品を, 多額な, 夢の, 大きい商い, 大仕事, 大借金, 大枚な, 大穴が, 大穴だ, 大穴を, 大賭博, 大金だ, 大金だった, 大金です, 大金は, 大金持参の, 天晃竜の, 女房の, 巨額でした, 手切れの, 手当で, 支度金を, 数字が, 時魔が, 桁外れに, 法外な, 浄るりが, 画料では, 相場が, 相場で, 耳の, 莫大な, 装束を, 計算に, 買物を, 贋造小判を, 身上だ, 身金つきで, 送葬料, 運動費を, 金が, 金で, 金子を, 金星を, 金額が, 金額に対して, 金額も, 額に, 額も, 高い給料, 高い給金, 黄金を

▼ 両~ (175, 3.0%)

4 あつた, 絎けて 3 売って, 帯を 2 いいな, よかった, 取引が, 手に, 買いましょう, 買って

1 [149件] あずけて, あの四人, いい, いいとか, いい一両, いつでも, おとなしく黙っ, お前に, お売りなすった, お買い, これは, さえ持てあまし, せめて雨戸, そっくり河岸, その仏像, その鷹, それを, とうとう子供ふたり, はある, はいかが, はきくまい, はちと, はどこ, はない, はなく, はなくし, は安, は少しどう, は行くまい, は足りねえ, みんな済んだ, も取らぬ, やる積り, よろしゅうございます, わが輩の, ヒイ, 一年の, 上げたいと, 事が, 二両一分ずつの, 二十両に, 人の, 人ひとり, 仕上げその, 仕上りますもの, 仕切られて, 仕切れと, 八の, 六斗だ, 六貫四百文する, 内済に, 出来たがね, 利欲に, 句切ろうと, 命を, 嘘も, 困るほどに, 埒を, 堅気に, 売ったと, 売っちゃ, 売っても, 売りまして, 売り渡したイスカリヲテ, 売り込んで, 売るという, 売る筈, 売れる仏像, 多すぎる, 大兵庫屋, 婿に, 宜いのかえ, 宜かろう, 家を, 岡っ, 帯買う, 帰して, 幕府が, 平然と買っ, 引取っ, 引取りたい, 形を, 役者を, 彼の, 息を, 我慢しましょう, 我慢する, 手を, 承知し, 折り合って, 抱き込みいうも, 此難をも, 死ぬ身, 江戸の, 沢山です, 沢山な, 済みますが, 済むが, 済めば, 済んで, 片を, 百五十貫だ, 神様に, 立派な, 競り落とし, 篏めた, 約束が, 縁を, 聟に, 自分を, 臼杵藩に, 若主人, 茶碗を, 親許に, 話が, 諸方の, 譲って, 貴方の, 買いとつ, 買いましたの, 買いましょうと, 買い上げられるという, 買うが, 買うたの, 買うなんて, 買うの, 買えたから, 買えるよう, 買おう, 買おうて, 買ったが, 買ったとか, 買ったほりだしもの, 買ったもの, 買った故, 買ってな, 買つたと, 買ひ潰す, 買ふ, 買取られたと, 身請けが, 身請けの, 身請話の, 追っ払おうとは, 追っ払われて, 逃出した, 通るが, 連判帳を, 金は

▼ 両~ (141, 2.4%)

10 わには, わの 6 ものは 4 手に 3 ところは, わから, わに高い 2 わに, わに大きな, わに長い, わは, 千両でも, 程も, 紛失し

1 [88件] こ, この女, ころげ込むかも, そっくりある, たしかにあの, でございますか, とこ, とこあり, とこお, とこで, ところを, ところ払つて買つた小, とこを, とこ仕事を, とこ奪, とこ慥え, とこ拾った, とこ稼え, とこ貸し, なくば, なんの, びた一文欠け, ふいに, もんだね, わが大木, わにあわせ, わにいすが, わにいろいろな, わにきりたった, わにずらりと, わにたくさんの, わにたてに, わにとりつけ, わに人は, わに塀の, わに塀ばかり, わに畑や, わに見物し, わに鉄棒の, 一と, 一斤です, 七十両でも, 上田城主松平伊賀守, 不意に, 並べられた, 二分でも, 二十両でも, 先月いっぱいに, 切れるかという, 包も, 包んで, 品川の, 夜逃げでも, 大したもの, 好餌であった, 小笠原石見守, 平吉の, 庄内藩主酒井左衛門尉, 惜しいわけ, 惜しくなった, 懐中から, 投じられるか, 明日請負の, 東海道を, 欲しけりゃどこ, 欲しさ, 残り惜しくって, 渡されたが, 牧野伊勢守など, 物は, 物アあらア, 百両お, 百二十五両に, 盗まれて, 目当てだった, 程の, 程は, 精いっぱいで, 纏まらないと, 羽が, 芸妓に, 蔵の, 詫びるよう, 還りさえ, 関の山だ, 関の山な, 関の山の, 高梁藩主板倉伊賀守

▼ 両~ (133, 2.3%)

5 持って 2 あれば, かけて, ないと, 五百両も, 有れば

1 [118件] あったという, あったらいい, あった日, あらうかと, ありこの, ありましょうか, ありゃあ, あるだろうと, あろうと, おツ, お遣んなさい, かかる, かかること, かけたの, かけりゃ山, かければ, かせいだこと, かわいいお, くれたという, くれて, くれなん, ございましょうか, ございません, したと, したもの, するだから, するだろう, するて, すると, するので, する古, する名, する品, する安, する小, する平, する莨入れ, する訳, する金銀象眼, つければ, とうに喧嘩, なけれバ, のこづけえ, はいつて, はずんだの, みすみす強奪, みなさんお, もっと高く, 一度にとり, 三千両も, 三百両も, 上がる臼, 下さるの, 与えたらよが, 二両も, 二百両も, 五両も, 余計な, 借てるもん, 借り込んで, 借財が, 儲かったら眼, 儲けさせる事, 入ったらまた, 入りましたから, 六両も, 出さなきゃ私, 出したって, 出した代物, 出そう, 千両も, 半分以上は, 厭だ, 同じよう, 小遣いを, 左太松に, 強請って, 悪くねえ, 投り込む, 持ってるから, 持ってるくせ, 持出させたの, 持出して, 捲きあげられたん, 掛けたと, 握らせるよう, 支出した, 有ったろう, 有りは, 有ろうと, 棄て, 棄てて, 残らぬこと, 無事に, 盗んで, 私に, 稼いだ娘, 稼いで, 積まなければ, 積んで, 突き戻されて, 米を, 絞られるよう, 若旦那へ, 衣裳を, 貯めて, 貰った方, 貸すか, 貸そう, 貸付けたら, 費ひ込んだ, 遣いこまれたうえ, 遣いこみ殿さまお気にいり, 遣って, 金の, 金を, 隠して, 首尾よく

▼ 両二分~ (75, 1.3%)

2 で買った, と七百四十八文, と六十八文

1 [69件] あった, ある, あるよう, か, か何, ぐらいな, ございますわ, しか入っ, ずつの臨時税, だけれども, だってさほんと, だと, だという, てえば, で, ですか, でもあれ, で売り払って, で貸しました, で越後, とかいうン, とかかった, とか五十六人, とか村, と二百五六十文, と少し, と思, と書類, と決め, と穴, と証文, などいう, にし, にて売っ, になった, にも三両, に典, に相成ります, に端, に負け, はああ, はその, は三ヶ日, は大した, は旦那, ばかりあと, ばかりしか無い, ばかりに殺し, ばかりの金, ばかり大根漬一両三分, ばかり炭三両二分, ばかり醤二両一分, ほどずつ受け, ほどで, まではいい, もあつ, もどこ, も覚束, をとどこおり, を受けとっ, を差出せ, を此処, 借りたの, 入れた財布, 出した物, 出して, 差し上げる, 死んでからでも, 残して

▼ 両~ (54, 0.9%)

4 三両の 3 十両の 2 三両ずつは, 三十両の, 五両じゃ, 五両で, 五百両で, 十両で

1 [35件] いうや, そこらの, つて置く, ろう, 七十両で, 三万両には, 三両くすね, 三両で, 三両は, 三両位は, 三両恵ん, 三十両が, 三十両なら, 三十両には, 二両は, 二十両じゃ, 二十両の, 二百両は, 二百両右から, 五万両は, 五両なら, 五両の, 五両は, 五十両じゃ, 八両は, 十両, 十両じゃあ, 十両は, 和蘭陀カルタで, 四千両じゃ, 四百両の, 百両の, 百両は, 百五十両は, 百貫で

▼ 両ばかり~ (53, 0.9%)

2 貸して

1 [51件] あったとかいう, あらあ, ある, あれば, お中元, ござりまする, すべて十一両余を, ため上げた, だ, でございますが, で一切, で国, もって, 一夏に, 使い切りました, 借りて, 借り出して, 先代の, 入って, 入れた儘, 出せと, 出来たから, 取ったん, 取って, 少ねえ, 工面し, 拝借し, 拵えそれ, 拵えて, 持たして, 持って, 残って, 溜めて, 無断で, 用だって, 盗めと, 盗られたの, 盗られたん, 私が, 薪四両二分ばかり, 薪炭等壱両, 要ること, 貰た, 買うが, 貸したが, 踏んだくって, 農具の, 返した切, 這入って, 遣ろう, 金を

▼ 両でも~ (52, 0.9%)

2 一ぺんに, 三百両でも, 二十両でも, 百両でも

1 [44件] いいん, お好み, くれて, この時節, やられ方, オンの, 七十両でも, 七百両でも, 三両でも, 二千両でも, 二百両でも, 余るでしょう, 余ると, 八両でも, 出して, 出しますよ, 出しません, 出すが, 出すわ, 十両でも, 千両でも, 取れたの, 堪まったもの, 安いくらい, 安いよ, 宜いという, 御の字だろう, 御辞退, 悦んで, 承知しなかった, 旨く取出せ, 無心を, 無条件に, 用心の, 私は, 素直に, 譲れる品, 貰って, 買うが, 買えません, 買って, 這入りそう, 金を, 金子を

▼ 両~ (48, 0.8%)

3 とさ, のと, よ 2 ぞ, と菊太郎君

1 [35件] かて大金, からそれ, かわかりません, か二十両, か二千両, か二百両, か勘定, が, があんまり, がこれ, がその, が後, これを, ぜ親分, そこい, つたと, つて煙草の, と, とあの, といたします, とえ, とか小判, となりゃ, と吹っかけ, と申しやす, な, なんて, なんてあんまり, なんてとんでも, ね今日, よってやがら, よとりあえず, 四千両だ, 早く金, 詳しく話し

▼ 両~ (39, 0.7%)

2 三両の, 十両の

1 [35件] え, たったそれ, 七両が, 三両しか, 三両と, 二十両だけ, 二十両で, 二十両に, 二十両の, 二百両の, 五両ぐらいから, 五両だって, 五両と, 五両には, 五両の, 五両も, 五両を, 五両良い, 五十両でまとめよう, 五十両大きい, 五百両, 五百両も, 八両だ, 六両の, 十両でしょう, 十両を, 十五両の, 千両, 千両も, 四両くらいしか, 四十両の, 安いもの, 廿両も, 百両の, 百五十両持て居た

▼ 両ずつ~ (39, 0.7%)

3 稼いで

1 [36件] くれったっけなァ, くれて, ご祝儀, さあやる, それも, たしかに引きうけた, であるかも, ばらりばらりと, まんまとふところ, やった, やると, 三人で, 上納させ, 下女と, 与えられた, 与え上将たち, 二た, 二度も, 入って, 出し合って, 出すよ, 出せと, 分けて, 分けるなら物事, 包んで, 呉れるという, 差しあげますが, 手代へ, 才吉は, 行渡れば, 誰か, 貰うはず, 貰える, 返しても, 遣わすべし, 遣わそうぞ

▼ 両持っ~ (34, 0.6%)

4 ている 3 ていた, て来 2 てます, て居る, て来い, て来た, て来る

1 [14件] て, ております, ておりますでございます, てきた, てこさせ, てこよう, てはいる, てまいりました, て出る, て帰っ, て木場, て来よう, て男, て行っ

▼ 両だけ~ (31, 0.5%)

2 偉い, 用達て

1 [27件] おめ, お借り申し, できたの, 丈助に, 主に, 借りて, 借りました, 分けて, 取って, 取るが, 受け取りまして, 国に, 御寄進, 御才覚, 損し, 明日遅く, 消えうせて, 減って, 盗みだせるわけ, 紙に, 負けましょう, 貧乏人に, 貨車を, 貸して, 返金いたした, 都合でき申した, 都合を

▼ 両ほど~ (30, 0.5%)

2 持って

1 [28件] あると, あれば, くすねたり, ご用立てねがいたい, せしめて, せしめやがった, だとさ, で, でございます, でヘエ, な厚み, な金, ぼろに, 借りだしたが, 借りて, 出て, 卓の, 取出し残り五十両, 引っさらっ, 彼に, 拝借しました, 時借し, 江戸の, 無心し, 紛失した, 置くと, 負けて, 黙って

▼ 両分限~ (30, 0.5%)

3 の一人

1 [27件] だ, で神田一番, と言われた, のする, の一, の万三郎, の主人, の佐野屋正兵衛, の地主, の大, の女, の威力, の娘, の支配人, の材木屋, の栄華, の瓢, の甲州屋万兵衛, の相続者, の筆頭, の箱入り娘, の跡取り, の身上, の隠居所, の養い, は最期, もこう

▼ 両とか~ (29, 0.5%)

3 二百両とか 2 二十両とかの

1 [24件] 三両とか, 三十両とか, 三十金とかいう, 三百両と, 二両とか, 二両二分とかいう, 云われて, 五万両とかの, 五十両とか, 五千両とかの, 五百両とかに, 五百両の, 些と, 千両と, 千両とかいう, 吃驚する, 吹っ掛けて, 懸賞で, 持参金附き, 捲き上げたそう, 束に, 百両とか, 相当の, 貸せと

▼ 両ばかりの~ (28, 0.5%)

6 金を 3 金が

1 [19件] お金の, はした金に, イキサツが, ハシタ金で, 借りを, 大金を, 奉公人の, 小判の, 御用金, 正金を, 端た, 端金を, 英辞書一部を, 証文と, 貸しが, 金じゃ, 金で, 金と, 雇い賃

▼ 両以上~ (25, 0.4%)

4 の金 2 にいたる

1 [19件] あるらしかった, が三件, するシロモノ, だ, という富, のもの, の品, の品物, の喜捨, の大金, の所得, の損, の費用, の金銀, の金高, もあった, も稼いだ, も絞られました, 盗んだもの

▼ 両一分~ (20, 0.3%)

1 [20件] ある, か, から十両一分, ずつの売買, で御用達, で融通, で貸し, で貸そう, というの, と見, なんという, にし, になった, に十八両, に替えた, ばかり油三両, また三分二朱位, を払っ, を足し, 入って

▼ 両あまり~ (18, 0.3%)

5 の金

1 [13件] あったん, あります, すくなくなっ, と定めた, になっ, の小判, の日当, の銀, よろしからざる, を伏見, を探し出し, 下されるん, 何しろ意地

▼ 両から~ (18, 0.3%)

2 上の

1 [16件] こうなる, ちょっとまし, 一万両までの, 一両に, 一分に, 上棚だ, 下では, 五両までの, 五十両三十両の, 五千両ない, 入って, 四十五両に, 多いとき, 少なくも百両二百両, 有るやう, 見れば

▼ 両ある~ (17, 0.3%)

2 からこれ, んだ

1 [13件] か, から持っ, か百両, か知らん, が必要, これを, ぞばば, と思い, のだ, ので清吉, のを, はずだ, よ

▼ 両にも~ (17, 0.3%)

2 なるん

1 [15件] あたる, ならないとも, なる, なるだろうが, なると, なる品物, なる箪笥, 事欠く源十郎, 二百両にも, 五百両にも, 余ろうと, 程遠いから, 買い求めるもの, 足りない手切れ金, 近い装飾

▼ 両~ (17, 0.3%)

2 の金

1 [15件] あれど是, がほどを三回, が宿方, である, というもの, に充つべし, の不足, の不足積り, の入用, の相, をお, を引き, を払わね, を用, を費すべし

▼ 両やる~ (16, 0.3%)

2 からこれ

1 [14件] からその, から縁切状, から見, が乗らない, と, とかいう約束, とか冗談半分, とか歌った, とか百両, と言い出しました, よ, 積りだ, 約束だった, 約束で

▼ 両~ (16, 0.3%)

2 が四つ, と覚しい, を一つ, を二つ 1 が五つ, の小判, をただ, を三つ, を出し, を切餅, を取出し, を投げ出し

▼ 両~ (16, 0.3%)

1 [16件] がここ, が代っ, が官, が被害者, が陣, にて北国, の党関係者, の後, の者, は固く, は曹操, は詐, も兄貴, をはじめ一同, を射殺, 大トラ

▼ 両貸し~ (16, 0.3%)

4 てくれ

1 [12件] あたえた, がある, てある, てお, てくん, てもそなた, てもらいたい, てもらえまい, て上げる, て下せえ, て呉んなさい, て月

▼ 両ぐらい~ (14, 0.2%)

1 [14件] あるよ, お礼を, お金を, こっちへ, しなければのう, でそっと, ならどうか, なら何とか, 何とか調わん, 使わないと, 儲けまいもの, 出しゃ分けられねえこと, 取ったろうこう, 掛ろうと

▼ 両とは~ (14, 0.2%)

1 [14件] しねえだろう, どうだ, ナールこいつ高え, 些と, 何だ, 何事だ, 使ひ申さず, 売れも, 大きいな, 小せ, 是どう, 纏まらなかったので, 聞きずて, 豪勢な

▼ 両なら~ (14, 0.2%)

2 五万両に

1 [12件] しと見, ともかく二, どうだ, ば廉いもの, ば引替え, ば買い取っ, 三両の, 増村の, 大金の, 本役の, 百両其処へ, 私は

▼ 両~ (13, 0.2%)

1 [13件] つりが, 内儀さんが, 出しに, 出しよ, 取りに, 取んなすったので, 呉んなさい, 呉んなさいその, 恵み下さいまし, 払いくだされたく伏して, 持ちなすって, 筆は, 貸しなすっ

▼ 両です~ (13, 0.2%)

2 がそれ

1 [11件] か, かい, から, からまだ少し, から小, から恟, がありゃ, が炭材代, って, とさ, よ親分

▼ 両からの~ (12, 0.2%)

6 金を 1 出費で, 包み金を, 小判を, 祝儀金を, 背負い切れないほどの, 金子を

▼ 両ぐらいの~ (12, 0.2%)

2 小判は 1 ことなら, ことは, ところかな, ものそれが, 価値は, 価格は, 償金は, 通用の, 金が, 金を

▼ 両しか~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありゃア, ございませんから, ござらぬが, ない, ない金, のこんね, 下げては, 手に, 手許に, 持合せが, 無かった, 貰わねえのに

▼ 両とも~ (12, 0.2%)

2 知れぬ大判小判 1 いう, 云うほどの, 五両とも, 幾万両とも, 知れず, 知れない, 知れないほど, 知れない大判, 知れぬ小判, 踏まれるところ

▼ 両ほどの~ (12, 0.2%)

5 金を 1 お蘭どの, 内済金を, 恩施が, 持金を, 立て替えが, 金が, 金子を

▼ 両あれ~ (11, 0.2%)

2 ばお前 1 は御, ば, ばかなり, ば先ず, ば商, ば喰う, ば御家人, ば買え, をいったいどう

▼ 両それ~ (11, 0.2%)

1 [11件] から三両, から五両, がたった, に利息, に建前, に明日, は番頭, も出入り, をこれから, を十層倍, を持っ

▼ 両なんて~ (11, 0.2%)

2 金は 1 えらい話, え大金, え金, 大金は, 大金を, 戴く訳, 誰が, 踏めるシロモノ, 魂消た怖

▼ 両借り~ (11, 0.2%)

2 て行った 1 がある, てきた, てしまいました, てやっと, て刀, て坂下, て戻つた, て暮, て来る

▼ 両出す~ (11, 0.2%)

2 のが 1 か出さねえ, ことだ, という約束, ところを, と女, なに大丈夫だ, のも, よ五十両, 金主が

▼ 両出し~ (10, 0.2%)

21 てくれやした, てやりました, て主, て妖怪, て彼女, て石, て自分, て船頭

▼ 両包み~ (10, 0.2%)

1 が三つ, が封, であった, に手, の出どころ詮議, の切餅, をふところ, を三つ, を出し, を河内山

▼ 両~ (10, 0.2%)

1 である, と伯母さん, と借り切っ, にはまだ, に二つ, に釣った, の後, は休ん, は吹屋, ゆっくり遊ばせたら

▼ 両じゃ~ (9, 0.2%)

1 ありませんが, あるまいと, あるまいという, きかねえ, ないでしょう, ないん, 売れる道理, 安いです, 遠慮のう

▼ 両ずつの~ (9, 0.2%)

1 内済金を, 年賦は, 御手当, 所得, 拝借を, 軍用金の, 酒代を, 金が, 金を

▼ 両~ (9, 0.2%)

3 んだ, んていう 1 の, のだ, んという

▼ 両余り~ (9, 0.2%)

2 の金 1 と少し, の借り, の品, の現, の現金, 入った主人, 多いや

▼ 両には~ (8, 0.1%)

2 なるもの 1 なるだろうと, なるはず, なるよって, なろう, 確かに, 足らなかった

▼ 両より~ (8, 0.1%)

1 しかたが, 三十三両斗かと, 二人の, 十四五両までの, 安くは, 尊といお礼と, 尊とい返礼を, 後で仇

▼ 両~ (8, 0.1%)

3 そうと 2 そうという 1 そうそうしたら, てみる, て来ました

▼ 両取り~ (8, 0.1%)

1 というの, という新手, の型, の手, の新手, の無尽, わしの, 今では

▼ 両小判~ (8, 0.1%)

1 が一枚, が七万枚, ですぜ, で千枚, で受取った, は今, を一枚二朱, を入れた

▼ 両三分~ (7, 0.1%)

1 だと, であった, で百五十五個半, で買った, と定めたい, ばかり菜蔬, までに買い入れ

▼ 両二百両~ (7, 0.1%)

1 というの, と云, と纏まった, のまとまった, はおろか, も盗ん, を巻き上げ

▼ 両五両~ (7, 0.1%)

1 から多い, といたぶっ, となる, と四, と順々, の小遣, を延津弥

▼ 両盗った~ (7, 0.1%)

1 という晩, 上十四に, 上手向いする, 内から, 曲者も, 泥棒は, 野郎を

▼ 両~ (7, 0.1%)

1 お貸し, 取り寄せても, 懐中致し, 持って, 用意し, 置いて, 集りましたの

▼ 両~ (7, 0.1%)

1 があったら, さえ所持, の無心, は幸い手, を出す, を貸せ, ヲ出

▼ 両ありゃ~ (6, 0.1%)

1 ずいぶん一年, ア二十両己に, ア結構だ, 一年や, 当分の, 角の

▼ 両ぐらいは~ (6, 0.1%)

3 サラサラと 1 ある気, どうにでも, 直ぐかから

▼ 両これ~ (6, 0.1%)

1 がお, でも不足, におきます, は型, は旅人, を二百五十年賦

▼ 両その~ (6, 0.1%)

1 ほか太鼓判の, 上は, 時には, 時の, 時は, 残りの

▼ 両だけは~ (6, 0.1%)

1 別よ, 威張って, 安兵衞が, 小粒に, 見付け出しましたが, 預かって

▼ 両にでも~ (6, 0.1%)

2 三百両にでも 1 た, なれば, 五百両にでも, 頂戴致します

▼ 両三人扶持~ (6, 0.1%)

1 というわけ, とは大藩, の小禄, の徒士, の軽輩, を頂い

▼ 両二十両~ (6, 0.1%)

1 というよう, という品もの, とも云う, と盗み, と纒, は朝飯前

▼ 両積んだ~ (6, 0.1%)

1 っておいそれと, って売れやしません, とて億両, とて卑しい, 傍らへ, 和蘭船が

▼ 両あと~ (5, 0.1%)

1 の二百八十二両, の千両, の奉公人, の金, は店

▼ 両かの~ (5, 0.1%)

2 金を 1 大財産の, 献上金を, 金は

▼ 両だけを~ (5, 0.1%)

1 お大, ひとまず償っ, 伊八に, 取って, 渡して

▼ 両だって~ (5, 0.1%)

1 いいから, いうじゃ, いやあがる, 決して相手, 煙草の

▼ 両とかの~ (5, 0.1%)

1 値打が, 値打ちが, 大金は, 金の, 金銀を

▼ 両につき~ (5, 0.1%)

1 一両三分までに, 一斗四五升にも, 三俵替えという, 三俵替えの, 年貢金納値段よりも

▼ 両まで~ (5, 0.1%)

1 せり上げた, 其処に, 取って, 持ち出して, 糶り上げましょう

▼ 両までに~ (5, 0.1%)

1 なったが, 相場を, 負けて, 買いあげて, 買い上げると

▼ 両~ (5, 0.1%)

1 からあと, にある, につながっ, につながれ, の貨車

▼ 両一分二朱~ (5, 0.1%)

1 が五つ, と五百六十文, と六十八文, ほど払わね, 騙られたとは

▼ 両三両~ (5, 0.1%)

1 ずつ貰う, という金, と兵馬, と出し, の商売

▼ 両三百両~ (5, 0.1%)

1 じゃあ出来ねえ, と主人, などいう, の纏まった, は今朝清松

▼ 両~ (5, 0.1%)

1 すったよ, で埒, ということ, のお, は切りすて

▼ 両二分の金~ (5, 0.1%)

1 をねだられた, を取出します, を巻き上げられた, を懐, を持っ

▼ 両五粒~ (5, 0.1%)

1 がもの, だが, だッ, で買った, の馬

▼ 両~ (5, 0.1%)

1 たやすく並べる, にぶん, の手切れ, はすける, 浮く事

▼ 両入っ~ (5, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ておる

▼ 両出せ~ (5, 0.1%)

1 というの, と云う, と言っ, と迫った, ば許し

▼ 両十両~ (5, 0.1%)

1 そんな大金, といたる, などと云う, の仕事, の馬鹿

▼ 両~ (5, 0.1%)

2 に鍋臍灰 1 の減配, もらって, 被成下

▼ 両百貫~ (5, 0.1%)

1 するもん, という計算, とでもいっ, とでもいわれた, のよう

▼ 両~ (5, 0.1%)

1 りあるから, りじゃ, りザラ, り其の, り踏

▼ 両~ (5, 0.1%)

1 でなくっちゃ, でもしてやる, でも十両賭, をした, をしてやろう

▼ 両あった~ (4, 0.1%)

1 からその, そうです, ということ, のでさすが

▼ 両くらい~ (4, 0.1%)

2 あれば 1 なお入用, なもん

▼ 両くれろ~ (4, 0.1%)

1 と云っ, と云われ, と大きく, と掛け合った

▼ 両ぐれえ~ (4, 0.1%)

1 のが, の九一金, の相場, は分け

▼ 両じゃあ~ (4, 0.1%)

1 しようがない, 出来ねえん, 国へ, 食えねえよう

▼ 両ずつを~ (4, 0.1%)

1 下し置かれると, 二か年度の, 分けて, 貸し渡されるよう

▼ 両って~ (4, 0.1%)

1 えじゃ, おっしゃいましたよ, とこだった, ところかしらね

▼ 両~ (4, 0.1%)

1 ながらいよいよ, ながら奇絶, ながら滅, ながら非

▼ 両である~ (4, 0.1%)

1 が, があと, がその, もうひと息

▼ 両といふ~ (4, 0.1%)

1 ことだつた, ものに, 纏まつた, 要求に

▼ 両などという~ (4, 0.1%)

1 お金は, 大枚な, 大金を, 細目が

▼ 両なり~ (4, 0.1%)

1 それを, という, 三百両なりの, 十両なり

▼ 両~ (4, 0.1%)

3 えの 1 いの

▼ 両ほども~ (4, 0.1%)

1 撒き散らす, 有之, 買って, 遣う

▼ 両やら~ (4, 0.1%)

1 それとも八十五両, とにかく八, ア, 八千万両やら

▼ 両千両~ (4, 0.1%)

1 という大, のかね, はきれい, は別

▼ 両取った~ (4, 0.1%)

1 が, が彼, なんぞとそんな, んだ

▼ 両取る~ (4, 0.1%)

1 か, べえと, よ然, 気に

▼ 両拝借~ (4, 0.1%)

1 ともきりだしかね, と書いた, 仰せ付けられたく御, 致し度

▼ 両盗ん~ (4, 0.1%)

1 でも命, でも首, で五両, で逐電

▼ 両盗んだ~ (4, 0.1%)

3 大泥棒 1 奴も

▼ 両紛失事件~ (4, 0.1%)

1 が降っ, はこれ, はそれっきり迷宮入, も人さらい事件

▼ 両貰っ~ (4, 0.1%)

1 ても九両, ても格別, て堅気, て来た

▼ 両貰った~ (4, 0.1%)

1 かと思っ, そうです, だけで, 廉が

▼ 両近い~ (4, 0.1%)

3 金が 1 身上を

▼ 両かかっ~ (3, 0.1%)

1 ちゃあ大変, てもいい, ても十両

▼ 両かかった~ (3, 0.1%)

1 そうだ, とかその, ものが

▼ 両からは~ (3, 0.1%)

2 笠の 1 首の

▼ 両くれ~ (3, 0.1%)

1 てやった, てやりました, て行っち

▼ 両くれる~ (3, 0.1%)

1 か, って一番, と言った

▼ 両こしらえ~ (3, 0.1%)

1 てくれろ, てやる, て私

▼ 両する~ (3, 0.1%)

1 ものなら, んです, 所へ

▼ 両だけの~ (3, 0.1%)

1 値打しか, 始末の, 荷を

▼ 両ちかい~ (3, 0.1%)

2 金が 1 前借を

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 やからな, やどう, やね

▼ 両とかいう~ (3, 0.1%)

1 相場が, 話, 金を

▼ 両とを~ (3, 0.1%)

1 持って, 胴巻に, 貰って

▼ 両どう~ (3, 0.1%)

1 だ, だい姐御, でえ

▼ 両なけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならん, ば二両, ば十分

▼ 両などと~ (3, 0.1%)

1 云うの, 汝が, 申す大金

▼ 両なにがし~ (3, 0.1%)

1 という借, という借金, の不足

▼ 両ほどを~ (3, 0.1%)

1 お貸しくだ, たくわえて, 窃み出し

▼ 両までの~ (3, 0.1%)

1 値段なりし, 御用金, 金を

▼ 両みんな~ (3, 0.1%)

1 か元, 置いて, 隠して

▼ 両もの~ (3, 0.1%)

1 大金を, 大金積ん, 金を

▼ 両よこせ~ (3, 0.1%)

1 さもなければお, と云い出した, などと大きく

▼ 両を以て~ (3, 0.1%)

1 一時妾を, 一朝有事, 家を

▼ 両三分二朱~ (3, 0.1%)

1 だ, と四百六十七文, は現今

▼ 両乃至~ (3, 0.1%)

1 二十両という, 二十両平均一人につき, 五百両の

▼ 両二両~ (3, 0.1%)

1 とすれ, の工面, の端

▼ 両二歩~ (3, 0.1%)

1 と云っ, の銀, を借り出した

▼ 両使っ~ (3, 0.1%)

1 たってへる, ている, てみよう

▼ 両入った~ (3, 0.1%)

1 なり有った, のは, のを

▼ 両入り~ (3, 0.1%)

2 の財布 1 の栄三郎

▼ 両内外~ (3, 0.1%)

1 であるのに, で上, まで膝

▼ 両取っ~ (3, 0.1%)

1 ても合, て帰る, て置い

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 には過ぎず, には過ず, に感ぜられる

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 に三歩手数料, に地所, に貸金

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 に跋扈, の人, の界

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 差し向け下され慥, 目附が, 目附は

▼ 両恵ん~ (3, 0.1%)

1 でしまった, で好い, で義賊面

▼ 両持出す~ (3, 0.1%)

1 からそれ, 相談には, 話へ

▼ 両渡し~ (3, 0.1%)

1 てある, ている, て事情

▼ 両溜める~ (3, 0.1%)

1 わけはねえとは, 人間も, 辛抱人が

▼ 両百両~ (3, 0.1%)

1 といったよう, と布施, と施

▼ 両~ (3, 0.1%)

1 から心持, におくれ, にくれ

▼ 両程の~ (3, 0.1%)

1 分限にて, 品に, 金を

▼ 両置い~ (3, 0.1%)

1 てさっと, てッ, て来た

▼ 両貸した~ (3, 0.1%)

1 のか, のは, 処が

▼ 両貸せ~ (3, 0.1%)

1 てえ, とはどういう, なんてエ強迫

▼ 両連結~ (3, 0.1%)

1 だったという, の貨物, の貨物列車

▼ 両遣る~ (3, 0.1%)

1 があたるまい, とよう, べえ

▼ 両ありし~ (2, 0.0%)

2 とき

▼ 両あります~ (2, 0.0%)

1 これを, よ親分

▼ 両あわせ~ (2, 0.0%)

1 て二十両, て二百両

▼ 両いや~ (2, 0.0%)

1 三両くらい, 悪くない

▼ 両おい~ (2, 0.0%)

1 てこよう, て行く

▼ 両かかる~ (2, 0.0%)

1 と言う, のじゃ

▼ 両かたり~ (2, 0.0%)

1 とって, 取られたと

▼ 両くだ~ (2, 0.0%)

1 さらば一生口, すったから

▼ 両くださる~ (2, 0.0%)

1 っていうン, と見せかけ

▼ 両くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものか, 金子は

▼ 両くれた~ (2, 0.0%)

1 って有難く, んだ

▼ 両ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 どうにか上げよう, 結婚なんて

▼ 両ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なります, 当りその

▼ 両ここ~ (2, 0.0%)

1 で百両, へ並べ

▼ 両この~ (2, 0.0%)

1 座蒲団の, 浪人の

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 ざりまするから, ざりまするが

▼ 両ございます~ (2, 0.0%)

1 からもう, な

▼ 両さらに~ (2, 0.0%)

1 三百両とまで, 書類袋の

▼ 両しよう~ (2, 0.0%)

1 とおかしな, と五両

▼ 両ずつは~ (2, 0.0%)

2 すける積り

▼ 両ずつも~ (2, 0.0%)

1 呉れて, 持って

▼ 両せしめ~ (2, 0.0%)

1 て来る, て行った

▼ 両それだけ~ (2, 0.0%)

1 あれば, の大金

▼ 両そんな~ (2, 0.0%)

1 値段も, 大金さえ

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 ァ大束, ア有難

▼ 両たしかに~ (2, 0.0%)

1 あります, これに

▼ 両だけが~ (2, 0.0%)

1 一つの, 消えて

▼ 両だった~ (2, 0.0%)

1 が八兵衛, ばっかりにちょうど

▼ 両だの~ (2, 0.0%)

1 二十五万ドルだの, 二百両だ

▼ 両ちかく~ (2, 0.0%)

1 取られてから, 費消し

▼ 両つつん~ (2, 0.0%)

1 で寄こした, で来ました

▼ 両てえ~ (2, 0.0%)

2 血の

▼ 両でございます~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 両でなく~ (2, 0.0%)

1 て五両連結, とも五十両

▼ 両といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 方が

▼ 両とかに~ (2, 0.0%)

1 なったそう, なれば

▼ 両としても~ (2, 0.0%)

1 五千両二両と, 十坪ぢや

▼ 両との~ (2, 0.0%)

1 ことなり, 有難い仰せ

▼ 両にしか~ (2, 0.0%)

1 ならない, ならなかった

▼ 両にゃ~ (2, 0.0%)

1 売れるだろう, 売れるだろうから

▼ 両ふところ~ (2, 0.0%)

1 にありました, に持っ

▼ 両ほどずつ~ (2, 0.0%)

1 一人の, 用意し

▼ 両ほどに~ (2, 0.0%)

1 ござります, なりました

▼ 両やすい~ (2, 0.0%)

2 ものだ

▼ 両やっ~ (2, 0.0%)

1 てそっと, て下さい

▼ 両やった~ (2, 0.0%)

1 とかいう話, 事も

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 借金ガ出来ルカラソノ上ニ元, 持参デ

▼ 両一ぺん~ (2, 0.0%)

1 にやった, に二十両

▼ 両一万両~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ箱入り, と大口

▼ 両一人占め~ (2, 0.0%)

1 にした, にする

▼ 両一人扶持~ (2, 0.0%)

1 をいただく, を出せ

▼ 両一分の工面~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, は付きません

▼ 両一歩~ (2, 0.0%)

1 の利子, 入ってるの

▼ 両七貫~ (2, 0.0%)

1 だぜ, とは一円七十銭

▼ 両三分三朱~ (2, 0.0%)

1 くらいは儲かる, と銭五貫二百文

▼ 両三十両~ (2, 0.0%)

1 の福運, 少ないの

▼ 両上げる~ (2, 0.0%)

1 から百両, よ

▼ 両事件~ (2, 0.0%)

1 を先, を切り出しました

▼ 両二分の収入~ (2, 0.0%)

1 である, では多

▼ 両二分三朱~ (2, 0.0%)

1 で求めた, は相当

▼ 両二千両~ (2, 0.0%)

1 の箱, 用立てるの

▼ 両二度目~ (2, 0.0%)

1 に十両, は百八十両

▼ 両二朱~ (2, 0.0%)

1 ぐらいには商い, ほどお

▼ 両五千両~ (2, 0.0%)

1 で困る, と頒

▼ 両五百両~ (2, 0.0%)

1 と鰻上り, をならべ

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 うしても, も不審

▼ 両何某奉行所~ (2, 0.0%)

1 へはこれこれ, へ臨時予算

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 リテ女郎ヲ, リ出シテイロイロ入用ノ

▼ 両借りた~ (2, 0.0%)

1 きりに, のか

▼ 両借りたい~ (2, 0.0%)

1 が袈裟文庫, という申込み

▼ 両借金~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ 両入る~ (2, 0.0%)

1 からいよいよ, という

▼ 両入れ~ (2, 0.0%)

1 ておいた, て返さなけれ

▼ 両入用~ (2, 0.0%)

1 かな, に付い

▼ 両切餅~ (2, 0.0%)

1 の封, を十二

▼ 両包ん~ (2, 0.0%)

1 で出した, で登

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 の高地, 程の低地

▼ 両十人扶持~ (2, 0.0%)

1 を付け, 似合うであろうがな

▼ 両取れたら~ (2, 0.0%)

1 半分は, 百両礼を

▼ 両受取っ~ (2, 0.0%)

1 て参りました, て急

▼ 両受取った~ (2, 0.0%)

1 という文面, に違い

▼ 両呉れた~ (2, 0.0%)

1 と思った, は宜

▼ 両四百両~ (2, 0.0%)

1 で話, というの

▼ 両家猫児妻~ (2, 0.0%)

1 を呼び, を呼妻

▼ 両年中~ (2, 0.0%)

1 には着手, に織田徳川

▼ 両年間~ (2, 0.0%)

1 にその, の手紙

▼ 両張り~ (2, 0.0%)

1 二百両三百両と, 百両張り

▼ 両持出し~ (2, 0.0%)

1 て町人, て身請け

▼ 両持出した~ (2, 0.0%)

1 ところを, 様子が

▼ 両持出そう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ 両捲き上げられた~ (2, 0.0%)

1 が持った, ときそれを

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 金千両その, 金千両別に

▼ 両有る~ (2, 0.0%)

1 からこれ, これを

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 が高く, と言われる

▼ 両欲しい~ (2, 0.0%)

1 と言った, ねえ

▼ 両泥棒~ (2, 0.0%)

1 のお, の付け届け

▼ 両渡した~ (2, 0.0%)

1 がかの, と云う

▼ 両溜め~ (2, 0.0%)

1 て百万両, て百万両神

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 に掲載, のみに掲載

▼ 両皆んな~ (2, 0.0%)

1 さらって, やっちまえこいつ

▼ 両盗っ~ (2, 0.0%)

2 て十両

▼ 両盗む~ (2, 0.0%)

1 と首, よりも五十両

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 の一等車, の三等車

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 をつかえ, をつかった

▼ 両紛失~ (2, 0.0%)

1 して, の場合

▼ 両~ (2, 0.0%)

2 を九両

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 のチョボ一, は潰れる

▼ 両~ (2, 0.0%)

1 かに盗まれ, に渡し

▼ 両貰う~ (2, 0.0%)

1 て来た, 約束で

▼ 両足らず~ (2, 0.0%)

1 だな, の金

▼ 両近く~ (2, 0.0%)

1 になる, の大金

▼ 両返す~ (2, 0.0%)

1 のだ, ようじゃ

▼ 両都合~ (2, 0.0%)

1 して, 出来ないか

▼ 両隠し~ (2, 0.0%)

1 てあった, てありました

▼1* [665件]

つても, 両あげたじゃありません, 両あげますから, 両あずけまして大晦日, 両あっても気強い, 両あったらちょいと, 両あてにし, 両あてお下げ渡しくださるならわし, 両あなた様より御, 両あの後藤彫, 両あまり詰めには寛永銭, 両あまるないか, 両あらば充分, 両あらためて受け取って, 両ありましたよ, 両ありゃあ私は, 両ありゃはっぱ者なら, 両あるだ是ア少し, 両あろうと見た, 両いただきましたとこう, 両いたぶったのは, 両いや五万両は確か, 両うろんなの, 両魂消たねえ, 両おいそらと云っ, 両おくんなすった, 両おくれ私ゃア別に, 両おれに四十両, 両お上げなすったもう, 両お下げ渡しありたる後, 両お金は惜しい, 両かいあの薄, 両かけたとしたら, 両かけるよソーントン, 両かさねえかな, 両かせいでごらん, 両かで売付けたこと, 両かに売り払って, 両からとなると, 両からになると, 両がとこの路銀, 両がな取られやした, 両がほどもするかね, 両くすねてそれ, 両くらいしか貸しては, 両くらいに売り付けその後, 両くらいはあるだろう, 両くれますか, 両ぐらいから相場を, 両ぐらいにはなれそう, 両ぐらえは貸すよ, 両ぐらゐなら私も買, 両ぐれえ出るに違えねえ, 両こいつはもう少し, 両こういうばか儲け, 両こしらえましてな一人, 両この間から始まった, 両こりゃ如何したら, 両ころがりこむかも知れぬ, 両ございましょうそっくり小判, 両ございまするがこれ, 両ござるから早速, 両さえ納めれば, 両さしあげやっぱりおこもりにつかわしましたのでござります, 両さしあげるとこんなに, 両さしあげるでござります, 両ざらっと往来, 両したッて, 両してやられてゐる, 両しとっても困っとった, 両しぼり出しに行った, 両じゃということじゃ, 両すら出来る的, 両ずつで売って, 両ずつとすると, 両ずつなんて稼いだこと, 両ずつに買って, 両え出せ, 両せしめる気に, 両そいつを数, 両そうだったな, 両そこそこのもの, 両そしらぬ振りし, 両そのままそっくり持って, 両それで都合二両取り, 両それでは何うにも, 両それでも只みたいな, 両そろえて返し, 両答へ, 両たしかずらな, 両ただ貰いです, 両たまったんだ, 両たらずかと思う, 両だけでも御迷惑, 両だしても買, 両だれからともなく, 両だ驚いて気, 両ちとお高う, 両っていうご身代, 両つけて仮, 両つなぎの列車, 両つるにひばり, 両づつみ二包みずつ掏, 両づゝやるから亀は今, 両てのひらに載せ, 両てもよき眺めぢ, 両であったが太政官札, 両であったら売ってもよい, 両でありましたが問屋, 両でしたが早速, 両でしょうが品物, 両でといえば, 両でまとめようと骨, 両で事足りるか, 両で売て其, 両で売た福澤は, 両で売つたらドウだ, 両で括けて括, 両とえそんな事, 両とかを受取って, 両ところで此金を, 両として千両, 両とったがもとより, 両とでも唸つて, 両とどけて来た, 両とまでわれから, 両とものして, 両とやら纏まった金, 両とらせようか, 両とをてまえ托, 両どうかしたら十万両, 両どうにか拵えて, 両どこにある, 両どころかしだいによっては, 両どっちへ転ん, 両どれ銭湯へでも行っ, 両ないと越せませんでした, 両なくちゃ新米, 両なくっては追, 両なげだした大事な, 両なげ出してスタスタ, 両なぞという大金は, 両なぞを私に, 両などいうは, 両などにこだはらなく, 両なら出来るじゃア, 両なら行こうじゃない, 両なら貸してやる, 両なりの纏まった金, 両なんとか工面を, 両について四貫四百文替えに, 両に対して百両を, 両もし鎌, 両のという大それた, 両のみならずこちら, 両はずみますから連れ, 両はずむが鮮やか, 両はずんで寝棺, 両ばかかつてゐる, 両ばかし自分の, 両ばかりじゃねえやい, 両ばかりとす, 両ばかりとして総ては, 両ばかりになつた, 両ばかりへえってるが, 両ばかりを出させ, 両ひっこめ少し考え, 両ひとりでせしめたら, 両ふんだくってやった, 両ふんぱつしようでねえか, 両ふん奪られて, 両落ちあげく, 両へそくりがあったら, 両へっ到れり尽く, 両ほかにお初さん, 両ほしいと思わぬ, 両ほどがとこ重みが, 両ほどしか無かつ, 両んさく, 両まえの二等車, 両まき上げさせようとした, 両までがやれ借財, 両まとまって欲しい, 両まとまったあのズシリ, 両まんまと騙り取ろうと, 両みすみす損を, 両みなつかわそうかといった, 両みな兄に罪, 両みんな八郎兵衛どのにつかわす, 両みんな封金でそいつ, 両もうけて三人, 両もうけたとて何, 両もって来, 両もらえるという, 両もらっていました, 両もろうた, 両ゆすり取りやがっ, 両よりはお筆, 両わけがあっ, 両をもって孔生に, 両シカ無カッタ, 両チョロリと横取り, 両てんでげす, 両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 両ノアビセデ三州ヘ行キオッタガ, 両ハ竹行の為ニ, 両バカリ借ガアル, 両バカリアル故コラエガ馬鹿, 両バカリイッテソレカライロイロ家作モ大破ダカラ弐百両半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 両バカリハ貸シタ, 両バカリ呉レタトコロソノ後ニ久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, 両バカリ損ヲシテ, 両バクチ故ニ, 両ピタリと合っ, 両フイになる, 両ホドカカルト云ッタカラ同人ガオレニ咄ス故, 両ホド借金出来テ家来モ六ツカシク大心配ヲシテ, 両ホド勝ッタ故オレガ, 両ボロ葛籠の, 両一ト資本と云う, 両一分の施主はここ, 両一分一朱と銭五百三十三匁受取, 両一分二朱六十八文の金, 両一分二百石八人扶持の矢島, 両一分五両一分なんという, 両一度におもらい申した, 両一歩二朱也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 両一歩二朱焼酎入りの徳利二本, 両一石数百両なぞという, 両七人扶持こういう俸給, 両万一にも相違, 両けの御, 両三万両という大金, 両三両五両十両といたる, 両三億万両の富, 両三分の金を持て, 両三分酒一升二百三十二文豆腐一丁四十二文もした, 両三分銀十匁五分ずつ毎年谷中, 両三年間の利, 両三歩という嫌, 両三歩也そーめん六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 両三歩二朱で買った, 両三百両五百両と鰻上り, 両三百石となれ, 両下さるより今, 両下されば幸, 両下されますよう, 両不足して, 両中間八人の給金二十両, 両主人に渡し, 両九錫彫の, 両と書い, 両也メリヤス上下共十五通その代金二十四両一歩二朱也, 両也狐皮五十枚その代金五十両也, 両也端唄と書け, 両と次第, 両二分おまけに証文, 両二分の稼ぎ小屋代, 両二分の件を切出し兼ね, 両二分の借金に鼻糞, 両二分の米が今日, 両二分の給金を取る, 両二分の高値にも引き上げた, 両二分イヤサ御主人, 両二分一と月分, 両二分三年前に借りました, 両二分三朱村方の損, 両二分二朱と二匁二分五厘, 両二分余親属故旧, 両二分余春を迎え, 両二分冬七里役一両三分と定めたい, 両二分四人扶持ずつ岡野, 両二分夏七里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 両二分外に二朱銀, 両二分川越の貸座敷大黒屋善六様, 両二分徂徠の書, 両二分運賃四十貫を引き, 両二十貫四百目になりぬ, 両二封をもあわせ贈っ, 両二度にやっ, 両二枚目でここ, 両二歩也青染と黒モジリ, 両二百三十両と年賦, 両二百両三百両などいう, 両二百両袖に入れ, 両二貫が何高値い, 両五万両どうかしたら, 両五両十両といたる, 両五人扶持と云った, 両五人扶持肝煎というの, 両五十両という品, 両五十人で都合二千五百両, 両五千両一万両とそれぞれ箱入り, 両五百両八百両とめいめい, 両でいう, 両仕立ての袢纏, 両に刀剣, 両付けて帰し, 両以下は死刑, 両以来返金すること, 両伊集院から取った, 両伝六太鼓がいっしょ, 両位ハいり申候, 両住職がつましい, 両何とまア余り小, 両何のその岩崎三井にも少々, 両何万両となく, 両何千両の金, 両何千貫とも見当, 両何家かで家尻, 両余り寺の灯籠, 両余日雇賃一両二分余親属故旧, 両使い果して二分, 両使い込みただし両, 両使い込んだに不思議, 両の調和者, 両借りる約束を, 両傷つけられ殺された人も, 両儲かりゃあ世の中, 両儲かるか一両, 両先刻も申しました, 両入るだから貸し, 両八枚足りない分, 両八百両とめいめい, 両六人扶持を受けた, 両六人扶持取締りになっ, 両六貫三百六十八文になり, 両其の外荷主様に, 両其処へ金子, 両出さずばぶった切る, 両出されるかな, 両出しかけて一両, 両出したら二度目も, 両出しますか, 両出すなら呉れてもやろう, 両出たという話, 両出セとのこと也, 両を又, 両分け前をやる, 両分限伊丹屋駒次郎の嫁, 両分限佐野屋正兵衛が親身, 両分限村越峰右衛門の家, 両分限越後屋佐兵衛の跡取り娘, 両分限長崎屋の土蔵, 両判山下の一両金, 両別に一分の太鼓判若干との, 両前後の月給, 両剽盗に取られた, 両勤メト入用ガ急ニ林町ニテ出来タトテ, 両包むはず, 両包一ツえらそう, 両包二個を手拭, 両十両二十両というよう, 両十五両の礼, 両十貫にすりゃ, 両千両等とある, 両千枚の一万両, 両半アルカラ女郎ヲ買ッタト思ッテ金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 両半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 両半モカカル故弐千両, 両半他には一切, 両半神力を以て百味, 両南天の実, 両南蛮縄簾の水指三百両, 両追, 両又は一町で, 両取ったら堪忍し, 両取らそう, 両取られたのであった, 両取られだそれでスッカリ柔術, 両取り出して, 両取り返してくれた, 両取れりゃあ気息, 両取出したに相違, 両受け取ってくれ, 両受け取るべく喜び勇ん, 両受取りに出かけた, 両二朱金八百十二万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と, 両古金二分延金慶長金十匁三朱太鼓判竹流しなんと, 両から左, 両合せて五十五両, 両合わせて六十二三両, 両合計一四二一万両と推定, 両吉原楊枝夜半の茶漬, 両名士が聯合軍, 両名目録の名, 両のかくし芸, 両るなら遣附けやしょう, 両呉れましたがそれ, 両呉れろと云う, 両味噌一両二分ばかり醤二両一分, 両四人扶持伍長となりまし, 両四分の三千の寝床, 両四匁ずつとして風袋抜き, 両四百個が金百両, 両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 両地所や家作, 両地所二十五両である, 両埋めて有る, 両城下の町人, 両の夜, 両多くなって, 両大きい家では, 両大福餅を買ったら, 両大黒柱が二抱え, 両天城屋の千両, 両夫人細細, 両失うお湯に, 両奉納の一埒, 両奉行所へだした, 両られちま, 両奪って逃出, 両から男, 両宇津谷峠に差しかかった, 両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 両歩行役一両二分夏七里役一両二分冬七里役一両三分と, 両宛貯金筒に投げ込ん, 両宛金を貰っ, 両のまま, 両藤次へ, 両小売百文に付二合五勺, 両小遣を遣ったら, 両少き者は, 両少ないのは, 両少なきは十五両, 両居候の鞍掛蔵人, 両山分けでは少し, 両岡野の家, 両差入れたものが, 両にくれる, 両已下御拝賀料, 両巻きおわると犬, 両巻樹下読ンデ喃々, 両帛紗にのせ, 両帷子五十を祝儀, 両常盤橋外で車ごと, 両の隊員, 両平均一人につき二十五両, 両年の内には討死, 両年来芝公園を万国博覧会, 両年間貿易輸出入の不, 両年間輸出入の不, 両幾らという大尽遊び, 両の大, 両引出してこれ, 両引出したのは, 両強請たと, 両当ったんです, 両当の分配であった, 両当るに極, 両は吃驚, 両から三両それ, 両徳山ト一所ニトッタソレヨリ十二十位ハ幾度モ取ッタコトガアル, 両心得たと金吾, 両に渡し, 両思いがけないもうけなれ, 両惚れたしるしに, 両慥かに受取り, 両懐中致して, 両程是, 両成功すれば, 両戴かなくっても宜, 両手当の駄三一, 両払ってやり, 両払わずに済む, 両扶持で暮す, 両り込んだの, 両投げ出して先代, 両投出て七蔵, 両と相手, 両抜いたのは, 両抵当流れになった, 両押しつけるとは御, 両拵えてくれた, 両拵えるから, 両拾ったなら判るが香具師, 両持たして連れ, 両持ち出して女, 両持ち出したとか, 両持ち逃げしたとは, 両持ってるがこれ, 両持つてゐた, 両持て居たからこの, 両持て来れば釣, 両持ッテ来テ是デ牧野様ガ, 両持出させた晩竹竿で, 両持出された方は, 両持参金にしよう, 両捜させようなんて太い, 両掬ったよ, 両掻き集めたのが, 両揚がったんです, 両握らしてやった, 両撥ねようと約束通り世間, 両支払はなけれ, 両支払いさきほどわし, 両数百両もかかる, 両敷金が済んでる, 両かと存候, 両旅団をし, 両旅用の金, 両日本中を敵, 両春徳寺で盗まれた, 両普請の料六, 両有りましたから恟, 両有れば山中, 両朝寝万両の寝, 両本当に己ア金運が, 両へ二両, 両札一枚出して, 両来た役所へ, 両枝趣深く活けたる, 両棺桶の中, 両横取りした奴, 両欠けただけ聞いた, 両阿弥へ, 両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 両の出入り, 両残っている, 両残りそうだ, 両残るがこれ, 両と共に鰍沢, 両気質が千両, 両江島屋からは確か, 両江戸時代では大金, 両添えて出した, 両渡しましたら栄三郎様も, 両渡すある時期, 両溜つてゐたさ, 両溜めたら京都へ, 両瀬山サンヘモ礼ヲスル約束故ニ, 両無くなって下男, 両無くなったのは, 両ッぱしから, 両牧渓が一幀五百両, 両の見事, 両献金したら倍, 両王姫を御す, 両現在は年額二五〇〇〇ドル, 両現金直ぐに, 両に入れ, 両用立てるのは, 両は二十八両, 両町役人に預け, 両番頭が千疋, 両百両二百両三百両などいう, 両百枚の千両, 両盗まれた上また, 両盗まれましたから訴える, 両盗みだして出た, 両盗みました位の, 両盗み出して腹, 両盗み出すつもりだった, 両盗み取ったる金子の, 両盗めば首, 両盗られてもまだ, 両盗られると後, 両盲目に在っ, 両渡すべきもの, 両相違なく差上, 両をする, 両のため, 両祥瑞の香盒二百両, 両程に及んだだらうと, 両稼ぐうちには, 両突戻して吾当世, 両立て換えてもらっ, 両立て替えてくれ, 両二は, 両米九千石の歳費, 両に包んだ, 両紙包は少し, 両細川越中守一分二朱といつた, 両給料は二十両, 両給金八九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 両綱七の棺, 両緞子千匹を贈るであろう, 両を併せ贈らう, 両編成の特別列車, 両纏った穀の, 両纏まらなきゃ主人の, 両纏めるのには, 両置くと云った, 両をそろえ, 両背負ってゆうべどこ, 両から預かっ, 両の名, 両良い品に, 両花鳥から十両, 両に手当, 両落したのを, 両落ちる金は, 両落っことした, 両融通して, 両衣服の料, 両に入れ, 両褒美をくれる, 両要るから前, 両見事に奪い取られた, 両見付かったのか, 両見付かりゃひと身上, 両見付けそれを, 両親分の前, 両ひにくく, 両誤魔化す方に, 両に大, 両請取たこと, 両を取り立て, 両負いおると言う, 両負うた者だ, 両貯えて置いた, 両貯めてから帰る, 両貯めてる親分も, 両たその, 両貰い受け支度, 両貰ってるから残り, 両貴様に貸, 両貴殿にお, 両シタラ返, 両貸しつけようとし, 両貸しゃさませと云うたら, 両貸す事かの, 両貸金は三千五百両, 両い十両, 両賜いしを女死, 両賭けてもいい, 両越後屋へ夏冬, 両足しますとなたっぷり, 両足りないのだ, 両返して貰え, 両返しゃ徳之助も, 両返却のため, 両逃がさずにおい, 両這入っていた, 両進上しようじゃ, 両はす, 両遣ったのでございます, 両遣ろうというの, 両遣わせば小増, 両遣わそうぞ, 両遺って有る, 両共に善い, 両都合百万両ばかり一夏, 両都合百両余を費すべし, 両重いけれど愚庵, 両金なんどという大金, 両金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 両金露一両古金二分延金慶長金十匁三朱太鼓判竹流しなんと, 両銀六十匁銭六貫五百文の比例, 両銀十八匁を以てすれ, 両銭三貫二百四十二文が不足, 両鐚一代の大望成就, 両長兵衛に貸し与え, 両長者の一人息子, 両頂くよりも何, 両頂戴に参りました, 両預けて参りました, 両顔役のひとり, 両食う奴が, 両餞別に進ぜよう, 両馬一疋秣代九両を与え, 両馬二疋預所分金五両, 両馬緞子などの品々, 両騙り取られた源右衛門, 両をおさえた