青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人影 人影~ 人心~ 人情~ ~人数 人数~ ~人格 人格~ 人殺し~ ~人民
人民~
~人気 人気~ ~人物 人物~ ~人生 人生~ 人目~ 人相~ 人種~ 人足~

「人民~」 4383, 47ppm, 2465位

▼ 人民~ (1451, 33.1%)

28 ために 20 間に 14 生活を 11 生活の 10 幸福を, 手に 9 中に, 幸福の, 歴史の 8 ための, 文学の 7 心を, 習慣の 6 ことを 5 あいだに, 代表者と, 権利を, 生活は 4 中から, 境遇は, 大多数, 大部分, 心に, 敵, 文学, 生活に, 自由と, 自由を

3 [34件] うちに, 一般の, 上に, 世界に, 中には, 中へ, 代表者たる, 信仰の, 利益と, 力によって, 厚い信頼, 友, 反ファッショ的戦線, 幸福と, 意志, 意思を, 政は, 文化の, 歴史を, 民主化の, 民主化を, 民主的な, 爲に, 理性の, 生活が, 生活と, 精神の, 自治を, 自由に, 苦痛と, 苦痛を, 解放の, 財産を, 間では

2 [104件] うらみの, ものとして, ものとしての, 一人として, 一部として, 不平が, 不幸を, 中で, 中へという, 交通を, 代表者, 代表者たるを, 代表者として, 代表者を, 仲間に, 信頼を, 健康が, 側における, 内から, 利益, 前に, 力による, 労働を, 勝利の, 反射なり, 口に, 命を, 営める皮細工, 地位に, 声を, 多数を, 大衆が, 大衆は, 子供は, 希望と, 平和と, 年々の, 役人に対する, 心と, 心には, 心の, 思想に, 思想感情が, 思想感情を, 怨嗟は, 意志の, 意志を, 意志党の, 感情と, 感情を, 懷に, 所有地を, 所有權を, 手で, 持つて, 支持なし, 敵であった, 文学としての, 方から, 方が, 方で, 方に, 方へ, 智愚に, 望むところ, 権利が, 権利だの, 権利という, 權利を, 民主主義社会の, 無智, 生命が, 生命に, 生命を, 生命財産を, 生存の, 生活から, 生活条件の, 真の, 眼から, 社会を, 祭日である, 禍福とに, 立場で, 統一戦線を, 群が, 義務で, 義務である, 習慣を, 耳目を, 膏血を, 自主的な, 自由が, 自由の, 自由は, 苦しみは, 運命の, 運命を, 道義の, 金で, 間には, 間にも, 頭と, 風俗は

1 [925件 抜粋] あらゆる層, あるもの, いる国家, うち一人は, うち過半は, おかれた, こころは, ごとく遅鈍, すべてにとって, すべては, それと, たたかいは, ためだ, ためという, ためを, ため大, つくる委員会, つつましい日暮し, つよい支持, なかで, なすところ, ひとくちに, ほうが, まもりて, ものじゃ, ゆたかさに, ような, よろこびの, インタナショナルに, オルガニザチヨンは, シジムという, ソヴェト国家だ, 一人が, 一人一人を, 一例に, 一揆的運動と, 一部を, 一部分じゃあ, 一階級より, 三つの, 三分の一以上が, 下に, 不幸です, 不満も, 不足と, 不足は, 世界, 中からの, 中の, 主人であった, 主人と, 之に, 乞いを, 事ならざる, 事業あらん, 交際に, 人口比率を, 人格は, 人間的権利についての, 人間的自主性を, 代表者だ, 代表者への, 伝承の, 位地も, 位地を, 住んで, 体貌衣服等は, 使える金, 例に, 侵入を, 便不便を, 便宜に, 信を, 信仰に, 信教は, 信用を, 健康に対し, 側から, 側において, 傷みは, 儀表すなわち, 先祖は, 党と, 全戦列, 全的移住が, 公事訴訟を, 公器である, 公的な, 公議輿論を, 共和国が, 内に, 内面生活から, 出金一人前百文に, 切なる, 判断を, 利害は, 利害存亡に, 利益とは, 利益は, 前には, 前衛である, 創意から, 力に, 力は, 助言をば, 動揺する, 勝利, 勝利を, 半分だけを, 半分を, 半数を, 単なる錯覚, 參政權を, 反ファシズム闘争, 反乱同, 取るに, 召使である, 可憐なる, 各種の, 合唱として, 合議の, 名において, 名代と, 名称と, 君主, 味方である, 味方の, 哀号と, 哲学そのものの, 問屋も, 問題として, 善意が, 喜び天地, 困窮は, 国を, 国際的協力の, 土下座した, 土地所有の, 地位の, 地文化は, 基本的人権さえも, 堕落と, 境遇の, 増加は, 墳墓を, 声々を, 声にも, 声は, 多くは, 多数から, 多数の, 多数は, 大会が, 大半ローマ宗を, 大群を, 失望と, 奇峰怪石を, 奏合する, 女であり, 女性としての, 好みを, 好んで, 姿が, 子らの, 子供が, 学制によって, 学校なり, 安からぬ, 宝として, 実利実益と, 実情実利を, 実感と, 実行力が, 害を, 家などは, 家を, 寺院に, 專ら義務思想を, 少いの, 居りしは, 居住が, 崇敬によ, 希望に, 師表たるべき, 師表として, 平和への, 平和を, 平和的自由を, 年貢を, 幸福が, 幸福は, 幸福への, 建設事業に, 当然の, 役目では, 従順さ, 徳性を, 徳義今日よりも, 心は, 心得を, 心理に, 志願に, 快活に, 思わくを, 思想が, 性質が, 怨嗟と, 悉くが, 悲劇を, 情態と, 惑溺に, 惨苦への, 愉楽と, 意味に, 意志が, 意志党員として, 意思に, 意思によって, 意思表示と, 意氣地の, 愚な, 愛顧を, 態度は, 慾望性質等に, 憤りを, 懐から, 懐中以外に, 戦争責任者追及は, 戦線は, 所に, 所有者の, 所業に, 所爲に, 所見わずか, 手の, 扶助金を, 批判を, 抵抗として, 指導者でした, 掃き溜めより, 損害に対しては, 支出が, 政と, 政事には, 政党, 政党によっても, 政府では, 政権として, 政治家としての, 政治思想を, 政治的文化的発言の, 教導を, 教育の, 敬仰する, 敵で, 敵を, 文化とは, 文化を, 文化的な, 文化運動が, 文学という, 文学を, 文学民主的文学の, 新しいモラル, 新しい社会生活, 方には, 方は, 旗を, 日常生活に, 日常生活安定を, 日本なんか, 旧思想, 時代である, 智力発達する, 智識は, 最低欲求以上の, 最後の, 有する主権, 有様は, 有樣, 期待に, 本能の, 業績の, 様に, 標準と, 権利と, 権利の, 権利をも, 権利幸福の, 権力いよいよ, 権理通義を, 権義を, 權力を, 正しいこと, 正義が, 正義感は, 歴史そのものの, 歴史によって, 民主主義に, 民主主義人民の, 民主化に, 民主生活が, 民主的可能性を, 民主的能力の, 民主的自覚が, 民主革命も, 気力は, 気持だけは, 気風は, 汗と, 注意に, 漸次に, 無権利, 熱望し, 熱狂にまで, 爲めの, 物を, 物品の, 特種な, 犠牲だ, 犠牲に, 状態には, 独立に関する, 独立や, 猛志, 現実である, 現状, 現状は, 理性が, 理性として, 甘心を, 生き血を, 生命と, 生命財産が, 生存が, 生存を, 生活とを, 生活について, 生活や, 生活エネルギーの, 生活問題の, 生活安定と, 生活安定の, 生活必需品を, 生活意識が, 生活機構から, 生活程度を, 生産力を, 産業に, 用材に, 男女の, 男女老人子供たちが, 異様な, 疾苦下の, 発展の, 発言は, 盗伐などは, 盗伐にも, 相互担保によって, 真実な, 眼にも, 知識と, 知識を, 破れたる, 破滅の, 社会には, 社会生活と, 社会的な, 社会的感覚が, 祖国であり, 祖国と, 祖国独立への, 神経へは, 福利などは, 福祉などは, 私に, 私有地たり, 私有禁止班田収授の, 租税などを, 移住が, 空しく死屍, 窮乏に, 立場から, 立場は, 立派な, 節を, 範たる, 精神との, 精神において, 精神教育に, 精神的苦痛を, 経済, 経済活動の, 経済生活は, 経験を, 結合力に, 統一戦線は, 統一行動を, 総代として, 総代表者, 繁栄なる, 繁栄及び, 義務であった, 習慣における, 習慣により, 習慣や, 習慣及び, 者が, 聲の, 職分として, 職分なり, 職業と, 職業は, 胸に, 能力に, 膏血で, 自らの, 自主と, 自然との, 自由でなけれ, 自由平和を, 良心と, 良心を, 若々しい槌, 苦き諸, 苦悩が, 苦痛の, 血と, 血統を, 行為が, 行為に対しては, 行状は, 行進の, 衣住を, 裸体を, 要求の, 見解とが, 見解を, 角面堡は, 解放運動資金を, 言うところ, 言葉と, 言路を, 訴えごとを, 訴えであり, 訴訟を, 請いを, 請願も, 諸問題, 議論つねに, 議論と, 負傷の, 負担として, 負担を, 財物を, 貧しいの, 貧富不, 貧富生徒の, 貧窮の, 責任を, 資力の, 資格を, 踊の, 身の上に, 身体が, 輿論を, 辛苦と, 農業に, 迷惑に, 迷惑一通りでない, 通論なりとの, 運命が, 運命には, 運命に関して, 過半数を, 道徳が, 道徳品行と, 遺物なりと, 部落存在せりとは, 重大な, 金を, 間から, 間にあっても, 間にまで, 関係, 階級, 階級的能動性に, 集めたもの, 集合によって, 集合体, 集團に, 難渋する, 革命的方向からは, 頭, 頭へ, 願いを, 風習に, 食ふ, 食物獲得能力が, 食糧管理という

▼ 人民~ (488, 11.1%)

7 自分たちの 5 非常に 4 それに, 法律を, 自分の 3 人民の, 塗炭の, 政府を, 教育を

2 [24件] おのずから善, この武士, この第, これに, その結果, それを, たまらない, はたしてこれ, ほとんど知らない, よい人民, 一種の, 今日の, 働くこと, 働く権利, 国の, 国家に, 天皇の, 天空の, 安ん, 帰服し, 政府の, 皆な, 租税を, 航海の

1 [404件] あざむかれたの, あずからない, あなたを, あらゆる種類, ある将来, いかにおろか, いかに雄, いたく窮乏, いつまで, おのずから仁心, おのずから浮薄, お互いに, かくの, かつてこれ, かれこれ喙, こう云われ, こぞって文明, このよう, この地位, この山, この徴兵, この時, この法理, この租税, この自然的遺産, この間に, これによって, これに対して, これまでに, これまでよ, これを, これ狼が, こんなに生活, こんなふう, ごく詰らない, ご政下, しごく狡猾, しばしば森林, しぼられっぱなし, すでに一国, すなわち政府, すなわち貧困, すみやかに, せめてここ, せめて最後, そこに, そのため, そのままに, そのめぐみ, その人, その何, その利害得失, その地位, その後決して, その徳, その心, その必要, その戦争, その所属, その文明, その業, その死體, それが, それほど無, そんな事, ただかの, ただより, ただ上からの, ただ政府, ただ義元一人, たぶらかされて, だれ一人, ついて, とうてい日本, ともかく日本以外, どうか知らない, どうして居つ, どのよう, どれだけの, どんなにもがいた, どんなに絶対従順, どんな日常, なお外物, なお社中, なにが, なんといっ, はじめて権力, はじめは, はなはだ貧乏, はらったの, ひたすらこの, ひとり自家の, ふえる, ほとんど死に絶え, ほとんど総て, まことに行儀, ますますこれ, またもや自分, まるでそろ, みな帰服した, みな生まれながら, みんな熱心に, もう十分, もし彼ら自身, もはや泣寝入り, やっとこのごろ, やはりそういう, よく浴湯, よどみなく, アフリカアメリカ等の, ウクライナの, カイゼルの, マヤコフスキー一派の, ムッソリーニを, ヤソ教人民に, ヤソ教国の, ヨーロッパでも, ラヂオも, 一つの, 一ポンドの, 一九五一年度は, 一人も, 一人残らず, 一切の, 一国の, 一言も, 一隅に, 上制下服を, 不安で, 不安なれ, 不平であった, 不滅である, 不潔の, 不自由を, 久しい前, 久しい絶対主義, 事実を, 事情によっては, 事物を, 二の次三の, 二千九百圓で, 二重の, 人民こそ, 人民生活を, 人間と, 人頭税を, 今いつにも, 今に, 今の, 今日に, 今日において, 他に, 付いて, 以前にも, 何う, 何でも, 何の, 何一つ言, 何時も, 何社でも, 何者なりしか, 依然たる, 借金が, 偽を, 入ること, 六萬圓以上の, 共同謀議によって, 共和なんか, 共和党を, 共和政体を, 其塩を, 其村に, 初めてここ, 初めてこれ, 利用された, 前進し, 勝手気儘に, 北条氏に, 十億にも, 十年鑛毒を, 半封建的, 印度の, 又二條, 可なり苦ん, 可哀そうだ, 各種各様の, 同等に, 喜んで, 嘆き兵, 四方に, 四方へ, 困つて來, 困窮の, 国内国外の, 国司の, 国家に対して, 国家の, 国政に, 国法を, 国王を, 国祖の, 土地に, 地方官に, 外に, 多数の, 大半インドの, 大喜だ, 大喜び, 大抵避難, 天皇と, 天皇に, 女も, 奴隷と, 奴隷の, 如何に, 学ぶべきであると, 完全な, 実に有難がっ, 実際上, 家元なり, 容を, 容喙し, 容易に, 富み榮, 富んで, 寺に, 将軍家のみ, 居りました, 居馴れた村, 己れ, 常に警戒, 平等に, 年々歳々いくばく, 幸福を, 強制され, 当時の, 彼について, 彼の, 彼らに, 彼女を, 従わざるを, 従順で, 從つ, 復讐の, 心服いたします, 心服いたしません, 必ずこの, 忌みきらって, 忠誠に, 快く義務, 恐らく一人, 恟々と, 息が, 悦服し, 悪政に, 憲法の, 戦争の, 戦争を, 戦争中短波放送の, 戦争挑発を, 戦争遂行という, 捨てて, 搾取された, 政府に, 敗戦という, 教えられたろう, 教祖ヤソは, 敬意を, 敬服しない, 数千年来太平の, 数百年と, 文明の, 文明人として, 文明圏において, 新しき村, 新らしい, 新帝定まり給う, 旗を, 既に竹槍蓆旗, 日に日に枯渇, 日本に, 旧時代, 明山の, 明白に, 是れ, 智慧と, 曖昧な, 最も増殖力, 最初からの, 最初で, 最大の, 服従すべし, 朝夕目に, 東條時代を通じて, 桓, 極貧に, 樂しんで, 樅の, 欠乏に, 次第に興奮, 正しい社会科学, 正確な, 歩き終せるだけの, 歴史の, 死し国家, 水の, 氷を, 永久に, 決してつれ, 決して自由, 治者階級に, 法律の, 法王政府の, 活溌進取の, 海上の, 海上を, 清廉潔白な, 漸次に, 無條件, 無権利, 牧畜的風習と, 独立自治もっ, 獣の, 理解すべきである, 生きた人間, 生き働きそうして, 生命も, 發狂した如くな, 皆, 皆兵士である, 皆其種其奴たるのみ, 皆喜ん, 皆王の, 皆白晝でも, 皆腐敗し, 皇, 皇室に対しては, 皇家を, 目に, 目を, 眠れるとも, 知らず識ら, 石にて, 社会を, 私が, 科学的な, 窮屈の, 竿頭を, 細長い島, 組織を, 給料と, 統合せられる, 絶望に, 美味として, 老幼男女を, 腹を, 自から, 自らを, 自主の, 自分たち兄弟親類縁者の, 自然に, 良識を, 色々學者, 苛斂誅求新しい, 苦しい, 英政府の, 蒲生勢を, 蕗の, 被虐病者では, 要するに人民, 見ざる聞かざる云わざる奴隷, 見抜く必要, 調査の, 警戒しなけれ, 負擔, 貴族の, 貴族全, 貴重な, 賃銀を, 身の, 軍隊世界の, 迚も, 逃げ出すの, 逃亡し, 逃避し, 這ふ, 造物主の, 重い税, 重要な, 野口を, 金貨の, 階級に, 隣人の, 非人間的権力, 非暴力, 頽廢的氣象にな, 飛び付くやう, 食べるもの, 食物に, 馬鹿野郎ばかり, 騒ぎ出さないか, 騙されないぞ, 騷ぎ出さない, 鳥銃製造の

▼ 人民~ (421, 9.6%)

40 して 7 あざむいて 4 保護する, 幸福に, 挙げて, 私有し 3 支配する, 相手に

2 [24件] もつこと, 代表し, 代表する, 保護しない, 奴隷として, 安ん, 悩ますから, 悩ますの, 戦争に, 指して, 放逐し, 教導する, 治めた, 狂亂させた, 略す, 移すと, 統御する, 苦しめた諸, 苦しめるの, 虐めたり, 解放し, 解放しよう, 迫害する, 駆って

1 [304件] あざむいたもの, あざむいた亡国, あざむき, あざむきある, あざむき世界, あざむき人民, あざむくよう, あずかって, あまりに, いれて, おさえつけた, おそれ, お定め, けしかける者, このひどい, こめるアジア, さらッて, したがわせたの, すなわちその, すなわち人民, そっくり他, ただ納税義務者, つくるため, どうさしたら, どうして愛さない, ながめ人民, なぐる權利, ば網羅し, ぶち殺す, ほかに, まよわし無益, まるで奴隷, みな殺しに, もって, よく教え導く, より豊か, よろこばしたりも, わなに, アザムク者何ぞ, ヤソ教に, 乙へ, 争闘せし, 亡ぼして, 人口の, 他へ, 何と云, 作るには, 使用し, 保つと, 保つ程度, 保護し, 保護しなけれ, 保護すれ, 保護せざる, 保護せん, 信じないこと, 催して, 傭兵として, 傷つけたくない, 充分強健, 克服し, 全部お呼び集めに, 全部仮死させる, 全部宮廷に, 其処へ, 凌轢せ, 利したりと, 利したるもの, 利するいいかえると, 利用し, 利用する, 制圧せん, 助けるため, 劫掠す, 励ましまた, 勇気づけ且つ, 動かすの, 勾誘し, 十人ずつ, 取締る, 呼び上げて, 呼ぶに, 呼ぶ假, 啓発し, 善導し, 喜ばせあらゆる, 四方に, 四方へ, 四方八方に, 困しめその, 困らせて, 国民と, 土州に, 圧倒し, 圧制する, 圧迫し, 堕落せしめ, 塗炭に, 塗炭の, 夭折せしめ, 奪つた, 奪つたよう, 奴隷あつかい, 奴隷の, 奴隷化する, 威嚇する, 子供の, 子孫に, 守る国家機関, 守ろうと, 安んずるの六字, 安んずるを以て, 安んずる君主, 安堵させ, 害すること, 害すると, 寄附させ, 導かれたという, 導きえたの, 小鳥か, 帰服させる, 平均したる, 幸福なる, 度外に, 引き出だし, 引き渡せと, 征服させた, 待つこと, 後ろに, 得るも, 御所有, 心から喜ばし, 心服せし, 恐怖せしめざる, 悉く欺き, 悉く皇室, 愚に, 愚弄し, 愛して, 愛しますいえ愛そうと, 愛するもの, 愛撫されました, 慰藉する, 憐れまず被害民, 或は傷害, 戦争目的に, 戦慄させる, 手なず, 手なずける, 打殴っ, 打殺する等, 抑圧した, 押えつけて, 押領する, 持つて, 指導し, 指導する, 指揮し, 捕まへて, 損耗せし, 搾り取り頤, 撫育し, 撲ち殺す程, 撲殺す, 支配し, 支配搾取し, 救い出して, 救うには, 救う何, 救う神様, 救っただけに, 救ったもの, 救ふ, 救わなければ, 救濟した, 教化し, 教唆し, 教育し, 教育する, 教育せん, 敵視し, 斬るとは, 最低度の, 有するも, 服すること, 服従の, 服従主義の, 欠乏と, 欺いて, 欺きて, 欺き以, 正しくお, 正しく導き得た, 正當, 武装蜂起に, 死傷せしめ, 殺したり, 殺し日本, 殺す, 殺すに, 殺すは, 水責に, 水責兵糧攻に, 沈黙させ, 治めたとは, 温和に, 満足せし, 滿足させる, 無き者, 無力に, 無差別の, 煙に, 煽動し, 牛羊の, 犠牲と, 犠牲として, 狂わせ敵軍, 狂乱させ, 狂亂させ, 狩りたてて, 率いて, 畏服せしめし, 略すとも, 監獄に, 砲撃する, 破滅的な, 確保しなけれ, 神と, 私有した, 私有する, 窘げ年貢の, 窘し, 窘め散して, 窮屈に, 籠絡し, 籠絡する, 籠絡せんと, 統制する, 網羅した, 網羅するごとき, 置いて, 罰したり, 胡麻化そうと, 脅迫し, 自分の, 與へられた, 良民と, 艱ました, 苦しみにつき, 苦しめその, 苦しめた, 苦しめため, 苦しめたり, 苦しめた上, 苦しめて, 苦しめないで, 苦しめぬいた旧, 苦しめること, 苦しめるだけの, 苦める, 荼毒し, 蒙古, 虐げるという, 虐げる大, 虐待せし, 虚偽の, 融和せしめ, 裏切って, 裏切る国賊, 見る, 見廻るよう, 見捨てないこと, 規則の, 訊問し, 訓導せざる, 誘うを, 誤解し居る, 諭すよう, 警めたこと, 責め付けて, 貴族の, 買收事務所へ, 踏みつけに, 迷は, 迷わしたの, 追出して, 連れて, 酷遇せ, 間接直接に, 隷従させる, 集めて, 鞭撻し, 領有し, 頼むこと, 養う, 養って, 養つて行く, 餘所へ, 駆り社会, 騒がせて, 騙かし始めた, 騷が, 驅り, 驚倒せしめ

▼ 人民~ (357, 8.1%)

6 自分たちの 5 人民の 3 自身の

2 [12件] 今回の, 卑屈で, 命脈にも, 堵列し, 塗炭に, 平和と, 平和の, 日本の, 理不尽な, 繁殖しません, 自分の, 貧困に

1 [319件] あったが, ありますし, いうとき, いかなるもの, いかによい, いかに困, いたに, いやがって, いわゆる野蛮国, おもな, おります, こうむる難儀, ことごとく公平, ことごとく服, このアッピール, この商業, この感動, この社会, この納税, これただちに, これほど, これを, こんなで, こんに, すでに自由, すでに著しい, すなわち国, すべて強権と, すべて糊口の, そいつを, そこに, その共通, その命, その国, その実力, その悪法, その悲惨, その生活, その石田村, その辺, その野蛮, それほど窮乏, それを, ただの, だん, だんだんふえ, つくりだしたもの, つくる力, でて, どうして自分達, どうなろう, どうにも, どのよう, どんなに基本的人権, どんなに無, どんな意見, どんな風, なくなるという, はじめて公然と, はじめて幾重, ふむこんな, へること, ほとんど盡, みとめて, みんな自分たちで, よく心服, よく描かれ, わけて, ウラーを, ナチス侵略に, ファシズム権力に, ムッソリニなどと, 一層の, 一抔の, 一挙手, 一歩を, 一般に讀み, 三カ年請願を, 三十余万殺戮せられる, 三年間の, 三度めの, 上に, 上を, 上官から, 不人情に, 不届きにも, 世界を, 主である, 之を, 乱を, 争つてこの, 事実上に, 云ふ, 互に国境, 亡んで, 享受し得られる, 人民による, 人民自身に, 人間と, 今や自分, 今日その, 今日の, 今日其土地に, 仏国の, 付属し, 伏すまいし, 伐木と, 住んで, 何かに対して, 何も, 何故たつた, 何故に, 余程勤勉, 偉いか, 働くこと, 働くもの, 八十九年に, 八月十五日の, 兵を, 内乱を, 写真ず, 制服を, 割出して, 動揺し, 動揺を, 勞働したくない, 十万も, 又さらにそれ, 収入の, 可哀そうだ, 司政者に, 各自その, 向うの, 喜ぶよう, 困って, 困るから, 国旗を, 土地の, 執り来たった, 塗炭の, 外の, 外国人を, 多く存, 多年の, 大いに困難, 大いに心, 大事か, 大量に, 天上界に, 天皇に, 天皇によって, 天皇の, 奪い合ったよう, 如何に, 婦人が, 安ん, 安堵する, 安心した, 安心する, 富んだと, 尊敬し, 小さな国家, 少しも, 居た, 居たと, 居って, 居るか, 居る蒔いた麥, 山に, 山木と共に, 帰服しなけれ, 平和を, 引続き知識, 彼等自身の, 待ち受けて, 従前非常に, 得るところ, 心から戦争, 心得ちがいで, 心服するだろう, 必らず, 快く喜ん, 怒って, 思うて, 急に, 怨みよう, 悉く二十錢三十錢, 悉皆竪穴, 悦んで, 悦服すれ, 悪夢の, 意氣地の, 憐むへき境遇に, 憤激し, 或は畏, 戦争に, 所々に, 掠められ家畜, 支那や, 支配に, 支配者な, 政府に対して, 政府を, 政治という, 数多くなる, 文盲撲滅運動で, 新帝を, 旧穢多, 明治二十七八年の, 是非此土地を, 時により, 暗黒の, 木租を, 来年五月を, 松本辺の, 柔弱な, 棲息し, 植民地としての, 植民地人としての, 榮え, 榮えるであろう, 権力によって, 機械ずきな, 歌を, 歴史における, 歴史的に, 殆ど一戸一戸から, 殆ん, 残暴を, 殖えて, 段々と, 段々積立て, 比較的驚かず, 民主社会を, 沢山いる, 沢山住ん, 泣きながら, 流亡に, 激しい二年間, 然う, 焼野の, 煉瓦づくりの, 物の, 特にかかる, 王を, 現在日本政府は, 生活に, 生活危機によって, 生活安定を, 生計の, 疎開し, 発する詰問, 発狂する, 發狂する, 皆これを, 皆来, 皆神の, 皇室を, 県庁へ, 眞心を以て, 知らずにおったの, 知識階級をも, 立ち行きかねるから, 笑いを, 第一, 紅花染の, 純朴で, 結合し, 結婚した, 結婚する, 結婚式を, 統一せられる, 統合せられる, 統治される, 罪悪に, 置かれた立場, 考えなければ, 耳輪を, 自分たちが, 自分たちで, 自分で, 自分ら人民の, 自由に, 苦しく圧, 苦しんだとおり, 苦しんだとおり日本, 苦しんで, 虐政に, 虚誕妄説を, 行ふ, 要求する, 見切りを, 言い立てるなら山林, 課役を, 請願しよう, 讙呼し, 谷中村と, 農業や, 進んで, 進歩し, 遠方に, 酋長に, 重大な, 鍋釜さえも, 鎌倉時代末において, 長い列, 長き年月, 隷属させられる, 隷属の, 集った結果, 集まって, 震動し, 面して, 革命に, 食べられるよう, 食糧を, 餓えたり, 餓死しかけ, 騷ぐ分は

▼ 人民~ (316, 7.2%)

16 して 7 むかって 6 豊富な 5 向って, 独立の 4 向かって, 對し, 押しつけること 3 幸福を

2 [12件] あるの, 主権が, 人気が, 割肝, 向かっては, 害を, 對する, 強要し, 気力なき, 自主自由の, 要求する, 遵法の

1 [238件] あたるにゃ, あったらきっと, あてて, あてはめられて, あまり行, あらずと, あらず夫, あり, ありと, ありという, ある, あるという, ある国, いるの, おおせつけに, およんだもの, お目見得を, かぞえられたの, きらわれないこと, くらべて, こくごとく, この非, こまごまと, したわれた威徳, しめして, すぎないこと, それを, たいし, つたえず終戦連絡事務局, つらくあたる, どんな犠牲, なつて, なりすまして, なるん, のぞんだが, ひろく知らされた, まかせよう, めぐみを, わかち与えること, わかり易い文句, サーベルを, ファシズム戦争の, ポツダム宣言を, 一言一度の, 丈夫な, 下げ渡されたいとの, 下附, 不平の, 与えられて, 与える社会主義者, 与え白木五千駄, 五つの, 人民たる, 人民たるの, 人民の, 人間的あこがれを, 人類の, 仁徳を, 仕事を, 代は, 仲間われを, 任せて, 伝えたりと, 伝はりました, 似たりとの, 使はれる, 依て, 傳播し, 充分余る, 共通な, 其法律を, 分ち与えるこれ, 分るもの, 別れを, 利するもの, 功徳ある, 功徳の, 努力の, 勇が, 募りたるもの, 勤勉と, 勧告し, 勧説する, 印象づけられて, 及ぼして, 及ぼす感化力, 収入すなわち, 取っては, 取締らせ, 向い高尚, 向かいて, 告げた新帝, 告げら, 告げる, 呼びおこさせること, 命じて, 命令すべきである, 命令せらるべし, 土地を, 在ると, 報道し, 声を, 外国を, 大なる, 大打撃, 女と, 委托し, 媚びた, 学問や, 安堵と, 宗教の, 宣伝し, 宣言され, 対って, 尊敬されてる, 就て, 属するエアリイオイ, 差し伸べ雨傘, 布きこれ, 布教する, 帰せしむる, 帰属せしめる, 平和と, 廣く, 強いた不幸, 強いた殺人, 応援を, 愛され貴ばれる本質, 慕われて, 戦争の, 押し売りした, 接し専制政治, 接する者, 推し及ぼし今日, 損亡を, 政治を, 教うる, 教え小弱, 教え後, 教え込むこと, 教示した, 斯の, 施すの, 施術を, 日用の, 普通なる, 暗誦させられ, 服従せられ, 服従を, 本當, 棍棒の, 植えつけた戦争観, 極東派遣軍の, 権利が, 権力の, 次の, 比較する, 民主的感覚が, 法律を, 法禁を, 無限の, 現在の, 理性的な, 生まれながらその, 異ならず, 疑問を, 知らしむべきである, 知らしめ人民, 知らしめ廃関以来不平, 知られたもの, 示しては, 示しまた, 科学を, 移つたのである, 税金を, 立ち退きを, 竹槍蓆旗に, 約したり, 約束する, 絶対服従を, 羅馬の, 義務を, 聲を, 臨まなけりゃ駄目, 臨まなければ, 臨み毫も, 臨むこれ, 臨むの雅量, 自分の, 自分を, 自治自制する, 自由独立の, 至るまで, 與へる, 良心を, 行き渡って, 行渡って, 見えるから, 見せる外見, 親切でも, 言ひつけ, 許された白木六千駄, 許されないこと, 許し与えた, 認めて, 誓われた五つ, 誠意を, 説いた, 説諭し, 説諭する, 読み聞かせその, 請うあり, 請願書に, 諭す縣廳, 謝罪を, 譲与したる, 負は, 負担いたさせます, 責任が, 貸して, 贈る書, 贈物を, 軛を, 迷信を, 迷惑を, 逆輸出, 通達する, 過ぎず, 過ぎない, 道徳堅固の, 適せざる, 金を, 長い講話, 開いて, 關する, 難儀を, 霊魂の, 非道を

▼ 人民生活~ (77, 1.8%)

3 の向上, の安定 2 の文学

1 [69件] がどんなに, がより, が不安, が坂, が民主的, としてのひろがり, とのブルジョア文学, と対比, と文学, と結びついた, にそこ, について現実的, にほんと, にまじっ, に砂糖, のこころ, のごまかしよう, のすべて, のなか, のもつ, のゆく, の不如意, の価値, の傷, の全般, の全面, の全面的, の公安, の前, の収奪, の実感, の底, の惨状, の擁護, の改善, の民主的, の物, の犠牲, の現実, の発酵力, の破壊, の破壊力, の破綻, の確立, の自然, の荒廃, の表現, の諸, はこん, はそれ, はつよく, は根本, は極限, は自主的, は苦しく, への破壊力, をかみやぶりはじめました, をその, をつくり, をもまた, をわ, を今日, を再建, を危機, を圧し, を安定, を建て直す, を犠牲, を破壊

▼ 人民~ (73, 1.7%)

3 政府と 2 いえども, 云ふも, 同様に, 政府との

1 [62件] あえて区別, いえるの, いわず, おなじに, その作家, その指導者, その文化, その文学, ちがうどんな, なすあたわざる, なって, なつた, ならなければ, なりうべくも, なりて, なんの, みなして, もっとも多く, 一所に, 中共から, 主権者とを, 交際を, 人民が, 人民とが, 人種の, 他の, 何ら区別, 共存しうる, 同じ世界, 同一の, 同時に掘り返された, 同等なる, 呼ばれ民衆, 国家との, 土地との, 婦人の, 官憲との, 憲兵巡査との, 接して, 最下族の, 権力との, 死を, 深いつながり, 混って, 独墺側の, 王との, 直接に, 相分れ, 相尊敬, 相敬重, 相遠ざかる, 神, 競争し, 答ふ, 結婚する, 自分達とを, 言へ, 調和し, 謂ふ, 軍隊との, 雑って, 雖も

▼ 人民たち~ (64, 1.5%)

3 はイワン 2 はエキモス, は何でもかでも, は将軍, は言いました, は野獣

1 [51件] から兵隊, から男, が, がとびこん, がのこらず, がみんな皇子, がやってきました, が先, が安心, が炊い, が裁判, が顔, であった, と違っ, にか, にこと, に教える, に敬, に暗, に殺し合い, に聞きました, に言われる, のこと, のなか, は, はあつまっ, はあんしん, はいいました, はいたく, はかれ, はこの, はすべて兵隊, はただ, はとうとい, はとどこ, はどうしても, はびっくり, はまったく, はみんな, は一日, は何, は残らず, は皆, は目ざめます, は紳士, は言う, は誰一人タラス王, は金, は門, は集まっ, を呼びました

▼ 人民~ (59, 1.3%)

2 政府も, 知って

1 [55件] あり, あり種々, いません, おし潰し, おのずからその, ことごとくわが国, この重豪, こんな恐ろしい, しこの, し反射, し暴政, そうである, そこへ, その子孫, その意, それ今に, ともに戦闘員, どんどん裕福, また卑怯, また聖人, また言うべし, やかましくいった, やはり自分, やや権利, アイヌと, 一般に, 久しく太平文化, 亦政治的用語, 個人なるべし, 全くひどい, 北海道に, 外国の, 多くは, 多少とも, 大へん私, 実は充分, 抗議を, 政府予算の, 数学と, 日本の, 有れば, 朝廷へ, 本能から, 民族の, 民衆も, 沢山ある, 溺れたあの, 物を, 生産を, 皆自分, 相当に, 知つて居つた, 自ら鳥獣を, 過大なる, 騙されなん

▼ 人民~ (54, 1.2%)

13 な民主主義 2 な勢力, な文化, な歴史, な民主主義革命, な生産様式, な立場, な自由

1 [27件] であり戦争, である, なつよい, なひろい, なもの, なオーケストラ, な事件, な人格, な作家, な内容, な協力, な基礎, な実感性, な意味, な文化建設, な本質, な歌集, な民主主義社会, な民主勢力, な民族主義, な組織労働者, な職業, な自立, な諸, な資力, な階級性, になり

▼ 人民から~ (37, 0.8%)

2 税を, 追い去られて

1 [33件] あまりに多く, いかに愛されてる, そういう協力者, 受けると, 失政者として, 奪って, 妻を, 容認され, 寄付金を, 崇拝された, 年貢を, 強奪強姦し, 徴収される, 徴収する, 忌わしく思われ, 怨みを, 愛されるが, 捲き上げるの, 排斥され, 搾り取るもの, 搾るもの, 支持され, 敬慕され, 旧領主, 深く尊敬, 確認される, 衆議院議長に, 覆うため, 見られて, 言いましても, 金を, 除外される, 集めた国防献金

▼ 人民との~ (30, 0.7%)

8 間に 2 関係の, 関係は

1 [18件] あいだには, 一致し, 中間の, 別なる, 区別が, 問題であった, 約束なり, 約束を, 群像でしか, 衝突に, 間柄に, 間柄は, 関係から, 関係これを, 関係と, 関係に, 関係を, 關係此人民の

▼ 人民大衆~ (30, 0.7%)

1 [30件] がより, が受容, が最も, が警察, による抵抗そのもの, に反抗, に対してほんの, に対して冷淡, に対する冷淡, のため, の一種, の側, の境遇, の惰性, の意志, の支配, の政治的結成, の社会的発言, の間, はこの, は一人, は便利品, は全く, は命, は迷惑, は非常, をし, を全く, を犠牲, を観衆

▼ 人民としての~ (28, 0.6%)

2 生活の

1 [26件] ブルジョアジーを, 人民的世界性を, 人生を, 個々の, 国際性から, 女性の, 奴隷の, 屈辱から, 恥辱だ, 批判を, 政治的要素階級文学としての, 日常生活の, 権利, 洞察と, 独立と, 生存の, 生活と, 知慧も, 社会保護が, 精神が, 自信と, 自分たちの, 要求を, 連帯感と, 階級的な, 階級連帯の

▼ 人民ども~ (23, 0.5%)

1 [23件] が埓, でしょう, にたゆむ, になした, にはすべて卵, に塗炭, に対してわたくし, に見える, のため, のほう, の欲しい, はみなあなた, は案外, は金, もおそらく, も金, よいっては, よ聞い, よ見, を救済, を許し, を誑ら, を集

▼ 人民には~ (23, 0.5%)

1 [23件] こよなく怖れられ, これなく, そうした事実, その年, とうていこれ, ないの, はなはだしき酒客, まさしく一段, まだその, まったく秘密, みせて, パイヤスが, 主権が, 何ら恐るべき, 判らないこと, 參拜を, 基本人権は, 感服せし, 憲法改正を, 政体の, 税金を, 立憲的に, 許さなかった地方

▼ 人民とは~ (19, 0.4%)

1 [19件] いえない, この日, もと骨肉, 上州に, 他人の, 全く別, 全然別個, 単に王, 即ちコロボックル, 君と, 女出入りなどに, 宗支父子の, 家臣達の, 思われないほど, 無関係な, 生活が, 相持, 競争者と, 親子の

▼ 人民として~ (18, 0.4%)

1 [18件] わたしたちは, 世界に, 余が, 共通に, 刑を, 大いに洞察, 婦人が, 平等の, 必然に, 忘れること, 生きて, 自主的に, 自国自家の, 自然な, 規定し, 軽ん, 農以下に, 黙って

▼ 人民にとって~ (18, 0.4%)

1 [18件] こういう風, この世紀, つまり人民, もはや忍び, 世界ファシズムに, 人間的に, 人間的生存の, 仁は, 幸福な, 新しい建設, 時間の, 決して軽く, 深い関心事, 特別意義が, 直接生命の, 記念すべき, 誠実な, 非常に

▼ 人民解放~ (18, 0.4%)

9 のため 2 の歴史 1 と民族, にのぞむ, のひと, の全線, の勝利, の日, の課題

▼ 人民~ (16, 0.4%)

2 に於

1 [14件] が女王, が路, と相談, のいう, の世界, の安堵, の迷信, の騒ぎ, は偶, は孔子, は彼等, は耳, も安心, を睨みつけ

▼ 人民~ (16, 0.4%)

1 [16件] がおもっ, である間, とのより, にすっかり, のプロレタリア化, の中, の多様さ, の意見, の民主的意欲, の生活, の生活難, の社会的位置づけ, はインテリゲンツィア, は労働者階級, は戦争, は破産

▼ 人民一般~ (13, 0.3%)

1 [13件] が奪われ, に不誠実, に施し得た如く, に物質的快楽, のため, の希望, の生活, の知能水準, の脳髄, の苦境, の風俗, はさせられた, は田

▼ 人民に対して~ (12, 0.3%)

1 [12件] 一軍人ほどの, 兇徒嘯集などという, 威張り腐ること, 慇懃を, 慈恵を, 横柄であり, 死を以て, 無上の, 猛威を, 相すまざること, 相済まざる, 行使する

▼ 人民たる~ (11, 0.3%)

1 [11件] の権利, もの, ものすでにようやく, われわれは, 吾人は, 大人の, 権利が, 権利と, 真情によって, 自分を, 青年よ

▼ 人民である~ (11, 0.3%)

1 [11件] かそれ, から何, から是非とも, から益々, から自由自在, と云う, 婦人の, 男も, 自分たちの, 読者として, 限り到底

▼ 人民~ (11, 0.3%)

1 [11件] すでに姦徒輩出, その主義, その知徳, には今, には多少, には此, に勢力, に自治的, に行われる, の人民, の悧巧

▼ 人民という~ (10, 0.2%)

2 ものは 1 ことにも, のは, ものの, わけだ, 人民は, 観念も, 言葉さえ, 言葉を

▼ 人民に対する~ (10, 0.2%)

1 ことは, のも, 仕事が, 憐愍の, 抑圧と, 敗北の, 最大の, 罪が, 酋長の, 食物供給の

▼ 人民全体~ (10, 0.2%)

1 から税, がどう, がもし, が扱われ, が既成, に課する, のよろこび, の生活課題, を戦場, を最も

▼ 人民委員~ (10, 0.2%)

1 がその, が大衆, にとられ, にミャーコフ, のいざこざにつれてどういういきさつからかそれに荷担, のミャーコフ, はバルザック, よりも伸子たち, をかくまっ, をした

▼ 人民管理~ (10, 0.2%)

2 を主張, を叫ん 1 の必然, の方法, の潮先, への関心, をよし, を要求

▼ 人民によって~ (9, 0.2%)

1 おこなわるべきもの, 作成され, 実行され, 支払われそして, 支払われないならば, 用いられて, 立つもの, 肯定せられ, 選ばれた有力者

▼ 人民自身~ (9, 0.2%)

1 がつくる, が作る, が日本, が行政, にあっ, のため, の幸福, の生存, は世界

▼ 人民これ~ (8, 0.2%)

1 がため, なり, によりて幸福, に帰服, を一国文明, を何とも, を崇敬, を認め

▼ 人民~ (8, 0.2%)

1 あつた, あつたなら, もと身分, 世界の, 充ち満ちて, 巨大な, 殊に猜疑心, 經濟の

▼ 人民では~ (8, 0.2%)

1 ないと, ない証拠, なくしかも, なくして, 天の, 気の毒ながら, 無いか, 語感が

▼ 人民~ (8, 0.2%)

1 から非常, が犬, の執拗, はその, はどっち, は多数, は王, は皆日本兵

▼ 人民より~ (7, 0.2%)

1 劣りは, 呑滅せらるる, 政府へ, 正当なる, 沢山な, 甚だしき区別, 養わるるもの

▼ 人民階級~ (7, 0.2%)

1 がその, に, の文学, の歴史的達成, の独裁, の能力, はともかく

▼ 人民であり~ (6, 0.1%)

1 その殺戮, 人民の, 国は, 大衆である, 最も生活期間, 生産者であり

▼ 人民とが~ (6, 0.1%)

1 いかに無関係, それぞれの, 互に敵味方, 父子であった, 相敬重, 近接し

▼ 人民に対し~ (6, 0.1%)

1 その保護, 仏教を, 何らの, 何ら直接税, 初めて弓弭, 抑圧なる

▼ 人民~ (6, 0.1%)

1 あてたもの, 仰せ付けられるよう, 伝えられねば, 横文左行の, 給与せられた, 過不及なき

▼ 人民~ (6, 0.1%)

2 窮苦ニ堪 1 如何ニ分布シ居リシカト云フ事ト, 棲息スル事有リ得ベカラザル事ニハアラザルナリ, 棲息セシ地ニ家屋ヲ, 議論ヲ

▼ 人民解放運動~ (6, 0.1%)

2 のため 1 とその, とをあんなに, の前哨, への参加

▼ 人民~ (5, 0.1%)

1 がフランス人, に音楽, は敬愛, は貪食症, も死

▼ 人民保護~ (5, 0.1%)

1 という原則, の実行, の巡査, の警官, の責任者

▼ 人民男女~ (5, 0.1%)

1 たるわたしたち, として男女, とその, の生活, の良心

▼ 人民的民主主義~ (5, 0.1%)

1 という新しい, のため, の全, の方向, へ急速

▼ 人民革命~ (5, 0.1%)

1 が問題, の, の勝利, の成功, の歴史的意義

▼ 人民こそ~ (4, 0.1%)

1 世界の, 戦争の, 新しい歴史, 純真無垢に

▼ 人民たる者~ (4, 0.1%)

1 あにその, が一国, の分限, は平生

▼ 人民でも~ (4, 0.1%)

1 それで一通り, そんな目, ない, 神と

▼ 人民とを~ (4, 0.1%)

1 この位置, 対等に, 愛する心, 粗末に

▼ 人民なる~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 がごとし, もその

▼ 人民をば~ (4, 0.1%)

1 みな結構, 勝手に, 土を, 裸体と

▼ 人民共和国~ (4, 0.1%)

1 があります, が見えます, となった, になった

▼ 人民委員会~ (4, 0.1%)

2 の顧問 1 の内部, の演劇部議長

▼ 人民抑圧~ (4, 0.1%)

1 によって出世, のファシズム, の手柄, の政策

▼ 人民政府~ (4, 0.1%)

1 に依らね, の命, の眼, をわれら

▼ 人民文化委員会~ (4, 0.1%)

2 の芸術部 1 が調整, の芸術部等

▼ 人民民主主義~ (4, 0.1%)

1 に対するよりもずっと, の社会, への源泉, を否定

▼ 人民~ (4, 0.1%)

1 な覆滅, 不同等, 十字架を, 城壁に

▼ 人民社会~ (4, 0.1%)

1 において憲章, に不, の建設, を建設

▼ 人民裁判所~ (4, 0.1%)

1 っての, というの, という字, やプロレタリア独裁政権

▼ 人民あり~ (3, 0.1%)

1 てこの, て国家, て黄赤黒白

▼ 人民からは~ (3, 0.1%)

1 さまざまの, どのよう, 離れさられ学問

▼ 人民~ (3, 0.1%)

1 からそれ, よ, 人民こそ

▼ 人民としては~ (3, 0.1%)

1 いわゆる天井, それは, 戦争を

▼ 人民なれ~ (3, 0.1%)

1 どもいずれ, どもこ, ばここ

▼ 人民にたいして~ (3, 0.1%)

1 三年の, 宣伝した, 責任が

▼ 人民にたいする~ (3, 0.1%)

1 はなはだしい悪政, スポークスマンの, 恐怖と

▼ 人民にも~ (3, 0.1%)

1 禍いを, 程の, 随分あるです

▼ 人民みな~ (3, 0.1%)

1 この禁令, その知徳とも, それともに

▼ 人民~ (3, 0.1%)

1 前時代, 快樂少ク, 無邪氣ニシテ

▼ 人民~ (3, 0.1%)

1 印度, 目的ト為シテ強奪ヲ, 通ジテ石器時代ハ今

▼ 人民三分の二~ (3, 0.1%)

2 は皆是 1 は是

▼ 人民国家~ (3, 0.1%)

1 があらゆる, の一員, の諸

▼ 人民悉皆~ (3, 0.1%)

1 学者たるべき, 政を, 政治家たるべき

▼ 人民投票~ (3, 0.1%)

1 に依る, をさせよう, をやっ

▼ 人民日本~ (3, 0.1%)

1 の下知法度, の人, ノ大

▼ 人民~ (3, 0.1%)

1 を失ひ, ヲ失イ, ヲ失イ業ニ離レ飢テ食ナク病テ薬ナク

▼ 人民裁判~ (3, 0.1%)

1 ですわ, にかける, によって裁かれるであろう

▼ 人民および~ (2, 0.0%)

1 召集された, 政府は

▼ 人民からも~ (2, 0.0%)

1 歓迎せられた, 自然彼らが

▼ 人民ことごとく~ (2, 0.0%)

1 仏教に, 焼き殺すぞ

▼ 人民この~ (2, 0.0%)

1 大仙も, 館を

▼ 人民すなわち~ (2, 0.0%)

1 憲法を, 農民という

▼ 人民すべて~ (2, 0.0%)

1 が世界, のための

▼ 人民そのもの~ (2, 0.0%)

1 のうち, の無

▼ 人民です~ (2, 0.0%)

1 からひとたび, と

▼ 人民でない~ (2, 0.0%)

1 か斯, 誰が

▼ 人民とか~ (2, 0.0%)

1 いえば, 云っても

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 のだった, んていう

▼ 人民なら~ (2, 0.0%)

1 ここの, ば法律

▼ 人民なり~ (2, 0.0%)

1 しかしその, 政府は

▼ 人民にとっては~ (2, 0.0%)

1 それは, 最も幸福

▼ 人民による~ (2, 0.0%)

1 人民の, 選挙と

▼ 人民ばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 人民への~ (2, 0.0%)

1 その贈り物, 限りない

▼ 人民までが~ (2, 0.0%)

1 奢侈にのみ, 政權に

▼ 人民みな独立~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 労働者という, 絶えざる境遇逆転

▼ 人民よりも~ (2, 0.0%)

1 支配者たちが, 譯が

▼ 人民を以て~ (2, 0.0%)

1 其目的を, 政治を

▼ 人民ナルノ~ (2, 0.0%)

1 故ヲ以テ甲ト乙トハ, 故ヲ以テ甲ハ乙

▼ 人民プロレタリアート~ (2, 0.0%)

1 がとても, のため

▼ 人民一人~ (2, 0.0%)

2 も残らず

▼ 人民主義者~ (2, 0.0%)

1 のロマーシ, のロマーシン

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 天雨不, 尚ほ存す

▼ 人民代表法~ (2, 0.0%)

1 で三十歳以上, で婦人

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 一二名を, 王国もしくは

▼ 人民各自~ (2, 0.0%)

1 の人格, の相互契約

▼ 人民同士~ (2, 0.0%)

2 が互に

▼ 人民同等~ (2, 0.0%)

1 のよう, 無尊卑

▼ 人民外交学会~ (2, 0.0%)

1 の要請, をはじめ

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 悦し, 部分の

▼ 人民委員長~ (2, 0.0%)

1 という海軍大臣, をし

▼ 人民忽ち~ (2, 0.0%)

2 これに

▼ 人民挙っ~ (2, 0.0%)

1 てにくむ, て笑う

▼ 人民文化委員会芸術部~ (2, 0.0%)

1 が巨額, との協力

▼ 人民民主主義革命~ (2, 0.0%)

1 は勝利, への道

▼ 人民永世不朽~ (2, 0.0%)

2 の和親

▼ 人民~ (2, 0.0%)

2 散流血積骨

▼ 人民的文化~ (2, 0.0%)

1 の下地, の質

▼ 人民的生活~ (2, 0.0%)

1 とその, の進歩

▼ 人民的立場~ (2, 0.0%)

1 についての, に生きる

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 の欲する, は曰く

▼ 人民管理委員会~ (2, 0.0%)

1 というもの, に負わされる

▼ 人民自治~ (2, 0.0%)

1 の実質, の領分

▼ 人民血統~ (2, 0.0%)

1 を重んずる, を重んぜし

▼ 人民解放委員会~ (2, 0.0%)

1 の中, の委員長

▼ 人民~ (2, 0.0%)

1 には出来なかった, に行

▼ 人民階層~ (2, 0.0%)

1 のどんな, の間

▼ 人民~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 人民食糧委員会~ (2, 0.0%)

1 が新しく, に管理

▼1* [294件]

人民あたかもその文明, 人民あらざればなり, 人民あるのみ, 人民いまだ外国へ, 人民いやしくも害の, 人民いよいよ多きを, 人民おのおの一個の長者, 人民からさえも世紀の, 人民からの問い合わせには, 人民こそは最もあざむき, 人民こつちは役人, 人民ことに商人は, 人民すでに自国の, 人民すらいまだ一人, 人民それ自身の手, 人民ただちにアラビアインド等の, 人民ただ山に拠っ, 人民ただ政府の貴き, 人民たち誰もかれ, 人民たらしめようとする, 人民だけで満足しません, 人民であってかれこれ, 人民であったからで, 人民でありますから以前, 人民であるならば, 人民であれば無, 人民であろうとし, 人民でがすから, 人民といふものを, 人民とかいうような, 人民とてその家族親戚, 人民とでありました, 人民とともに在ること, 人民とみに旧套を, 人民と共に朕の, 人民どもだれのあ, 人民なきをもっ, 人民などから出来て, 人民などというものが, 人民などはこれについて, 人民なりしとは諸, 人民なんていうもの, 人民において世界を, 人民にさえそう言われ, 人民にたいしての誓いでは, 人民にて議会に, 人民にゃホントの, 人民によってのみ推しすすめられる, 人民に対しては却って威張っ, 人民に対しても原子兵器を, 人民に関することは, 人民はさなくても, 人民はじめて自由に, 人民はたしてなんの, 人民ばかりというわけで, 人民へは汝らこの, 人民ほど艱いものは, 人民ますます血統を, 人民また神威を, 人民または政府が, 人民までそれこそ, 人民までも議院の, 人民みずからがこの, 人民みずから知らずして, 人民みずから自家の政, 人民みな兵士なり兵士, 人民みな学問に志し, 人民みな平等に自由, 人民みんながその, 人民むけ報道の, 人民もしことごとくロシア国教宗を, 人民もろともそっくりそのまま, 人民わが将来, 人民ようやく向かうところ, 人民よりは間接に, 人民をばかり大向に, 人民をも濟度する, 人民を通じて一日一人の, 人民ガ住居セシ跡ナル事是等ノ中, 人民ガ法ヲ議シテ非道, 人民ガ食余ノ貝殼, 人民ああん, 人民トノ人格的覺醒ニヨリテ各ソノ君主タル將軍, 人民トヲ救済スベク其ノ請願運動, 人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, 人民ト云フヲ以テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, 人民ニモ注意セザルニ非ラズ, 人民ニ於テハ甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, 人民ニ關スル研究ノ結果ハ廣ク人類學, 人民ハ亞米利加舊來ノ石器使用人民, 人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 人民ハ是れ四海同胞, 人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, 人民メダカの精神, 人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ嘗テ之ガ為メ正論, 人民ヤソ教を奉, 人民ヲシテ国法ヲ会議セシムルノ通義, 人民同狼狽, 人民一たび戰に敗, 人民一個のため, 人民一切入るべからずと, 人民一同の言い分, 人民一同前後を熟考, 人民一般普通の心得, 人民上下の別, 人民不実の悪例, 人民中二十五万以上は女子, 人民中今日なおかく, 人民中其例少しと, 人民中妻妾を蓄, 人民中宗旨を定めざる, 人民中自らヤソ教の信徒, 人民主客の二様, 人民乃至民衆の, 人民五郎を擧げ, 人民交親を旨, 人民村へ, 人民仲間に向けられた, 人民住居の村落, 人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, 人民保養委員会のレストラン, 人民のため, 人民入るべからずの官有林, 人民全般の悲傷, 人民全部であったらば, 人民八十四万七千なれば, 人民八千万人こそアジア, 人民共和の政府, 人民其下に小, 人民其利害を一, 人民出京紛擾の情况, 人民別専門別職域別都会対地方とセクト的, 人民勝利の姿, 人民十中九分はまた, 人民即ちコロボックルの, 人民参政の権利, 人民及将来の災厄, 人民友子に対する誤解, 人民収奪を援助, 人民取締り精神というもの, 人民各層の文学的発言, 人民合祀を好ん, 人民同士大衆同士の戰ひで, 人民同様に国会議員, 人民同権の説, 人民は志, 人民四万町の被害地, 人民困窮するけれども, 人民多くは淳樸, 人民多数の愉快, 人民大いに喜びて, 人民大会でとらえられた, 人民好んでこれ, 人民如何に困憊, 人民委員会議の議長, 人民婦人達こそ日本, 人民を知る, 人民安からず去年, 人民安しといえ, 人民安泰で何, 人民にやって来た, 人民宿泊便宜組合莫斯科支部第何区所属, 人民富み榮え, 人民富めりとおもほし, 人民實際の所爲, 人民少なからず, 人民少なく事業多く, 人民ホ石器, 人民居廬罕有全者, 人民年中垢の, 人民広場に集った, 人民強圧の方法, 人民に対する待望, 人民性歴史性その階級性, 人民の産, 人民感情そのものの中, 人民憲法を作る, 人民戦争の共同活動, 人民所得額は戦前, 人民所有の権, 人民を拍, 人民手足を措く, 人民投票準備期間を一箇年, 人民政権として独自, 人民政治協商会議第一回全体会議, 人民救済の宗教, 人民教化のため, 人民教育の手引, 人民数千百年専制の政治, 人民数多及び不信心, 人民文化の仕事, 人民文化委員会芸術部コム・アカデミイの芸術部, 人民新聞といふの, 人民を着る, 人民栄養労働組合員も見た, 人民栄養労働組合員達は労力, 人民栄養労働者が彼ら, 人民えなむ, 人民欺瞞である, 人民殆ど肉食をせぬ, 人民殘らず善い, 人民殺戮に対する抗議, 人民殺戮事件をどんな, 人民民主主義国家がことし, 人民民主主義政権が確立, 人民民衆が如何, 人民決してこれを, 人民海辺の村里, 人民溝壑に轉ずる時, 人民滿足之取, 人民智無法なる, 人民無量の幸福, 人民然るにあらず土佐人, 人民犯すところの, 人民独立の気力, 人民王侯を威壓, 人民を弁じ, 人民生活そのものに対する破壊力, 人民生活全体のお, 人民生活市民生活への奉仕, 人民生計は赤字, 人民申し合わせて一国, 人民疾苦の種, 人民百姓は手, 人民的センスであり抵抗, 人民的リアリズム論者そのものをふくめ, 人民的世代のため, 人民的世界性を見失わない, 人民的世論というもの, 人民的任務を果す, 人民的勢力のすべて, 人民的可能性の高まり, 人民的国際関係についての常識, 人民的基盤をもっ, 人民的悲惨のどんな, 人民的成果は羽, 人民的政治の表現, 人民的権力に対して譲歩的, 人民的権威がとり, 人民的民主主義革命の課題, 人民的民主化の意欲, 人民的環境と行動, 人民的生存の要求, 人民的社会的なもの, 人民的祖国ドイツの独立, 人民的自己というもの, 人民的自殺です, 人民的自由をアメリカ, 人民的自立再燃するファシズム, 人民的複数の, 人民的規模において男女共通, 人民的階級の根拠, 人民的階級文化の下地, 人民皆王の前身舌二枚, 人民きなむ, 人民直接の問題, 人民議して, 人民相分れて, 人民社中の日暦, 人民私有の山地, 人民経済の事情, 人民経済生活の具体的解決, 人民結合の象徴, 人民総代として半蔵ら, 人民ゆれば, 人民職業のいかん, 人民ラ女酋ヲ, 人民自ら利とする, 人民自ら呈供するほど, 人民自主のため, 人民自治自治して, 人民自由のため, 人民自身たちであること, 人民苦痛の真相, 人民被害のため, 人民西洋人の風, 人民解放史と文学史, 人民りでも, 人民誠意不朽の親睦, 人民課役を避けん, 人民論理に明, 人民税収歛の, 人民豊楽礼儀敦厚なりと聞き, 人民豊楽礼義敦く行, 人民吝驕奢, 人民身みずからその身, 人民都市の文化施設, 人民酒場と書いた, 人民金屬器ヲ使用スル時, 人民に誌, 人民階級中にも広がっ, 人民露命をつなぐ, 人民領土及び最高一般, 人民風俗を別