青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「事情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~事 事~ ~事件 事件~ 事務~ 事務所~ ~事実 事実~ ~事實 ~事情
事情~
~事柄 事柄~ ~事業 事業~ ~事物 事物~ ~二 二~ ~二つ 二つ~

「事情~」 8423, 87ppm, 1274位

▼ 事情~ (2054, 24.4%)

78 話して 60 知って 43 聞いて 23 話した 18 きいて 17 察して 16 打ち明けて, 説明し 15 打明けて 13 訴えて 12 異にし, 知ること, 述べて 11 よく知っ, 綜合し, 話すと 10 明らかに, 考えて, 聞くと, 説明する 9 説明した 8 明かに, 聞けば 7 持って, 異にする, 聴いて 6 告げて, 承知し, 知つてゐる, 考えると, 聞いた 5 もって, よく知らない, 反映し, 考慮に, 聞くこと

4 [11件] お聞き, よく説明, 察する, 打ち明けた, 知らないから, 知らない者, 聞いた上, 話しその, 話せば, 詳細に, 語って

3 [45件] いう, いって, お話し, お話しくだされ, つまびらかに, のべて, のみこんで, よく御存じ, よく考え, 了解し, 報告した, 心得て, 想像し, 持つて, 明かして, 明して, 書いて, 次の, 真面目に, 知ったの, 知らずに, 知らない, 知らないの, 知らないもの, 知ると, 知るもの, 簡単に, 考えても, 考え合せて, 考へて, 考慮し, 聞きに, 聞くに, 見て, 見るに, 見れば, 訊いて, 記して, 話すが, 詳しく知らない, 語った, 語るもの, 説いて, 調べて, 酌量し

2 [128件] あかして, ありのままに, いうなり, いろいろと, うち明け, お話しすれ, かいつまんで, かんがえると, き, きいた, きいたと, ききに, きき自身幾何学, きくと, きこうと, くわしく調査, こ, ここに, ことにし, ご存じない, さぐると, たずねて, ただして, なんにも知らない, みれば, よく知ってる, 一切うちあけ, 一緒に, 了解した, 云って, 伴わぬであろう, 別に, 参考する, 反映する, 含んで, 告白した, 圧倒する, 報告し, 委しく聞い, 委しく話した, 完全に, 察したの, 察したもの, 察すること, 少しも, 彼に, 御訴, 忘れて, 悟った, 想像する, 意味する, 手短かに, 打ちあけて, 打ち明けると, 打ち明ける事, 打明けた, 持つ人, 推定し, 教えて, 斟酌し, 斟酌する, 明白に, 照らしあわせて, 特に経済, 申上げれ, 知ったので, 知ったもの, 知つてゐた, 知らした, 知らせて, 知らないが, 知らないで, 知らない人, 知らない方, 知らぬこと, 知りたいの, 知りながら, 知るに, 知るには, 知るの, 知る私, 知る者, 確かめて, 累積する, 総合し, 総括する, 考うる, 考へると, 考慮した, 聞いたが, 聞いたの, 聞いた時, 聞いた父親, 聞いてから, 聞かせて, 聞きたい, 聞きて, 聞きとると, 背景として, 言って, 言や, 訊く方, 訴えた, 訴えても, 話し, 話した後, 話しました, 話し僕, 話し更に, 話すこと, 詳かに, 詳しく然, 詳しく聞き得た, 詳しく話す, 詳述した, 語り乗った通船, 説て, 諒解し, 負うて, 転ぜねば, 述ぶる, 述べた, 述べれば, 酌んで, 醸し出したの, 釀し出した, 長吉は, 領解する

1 [1110件 抜粋] あかすこと, あてはめると, あなたが, あらわして, ある程度のりこえ, あわせて, いうて, いくらかは, いつまでも, いまは, いろいろきい, うかが, うけたまわるが, うすうす知っ, うちあけお, うちあけた上, うち明けさした, うまく云いまわせ, おききとり下されませ, おつ, お庄, お聞きとり, お聞き申し, お話しさあ, お話しなかつた, お話し下さる, お話し申し上げたい, かえりみずもう一度, かえるもの, かんがえたら特に, きいても, きかされるまでも, ききだそうにも, きき外国, きくなり, くわしく教え, くわしく申し上げる, くわしく話そう, けとばしたよう, ここにも, これで, さぐって, さとった, さとり多分, さのみ, しらべに, しらべ相談, すぐそのまま反映, すっかり打ち明け, すっかり話し, すつかり忘れて, すべて閑却し, せんさくせずし, そっくりうちあけた, その日, たしかめも, たずねましたところ, つぶさに見聞, つまびらかには, できるだけ, とくと考え, どうしても健全, なほ腑に, にわかに追求, のべた, のみこむこと, はっきりさせ, はっきりと, はっきり物語った, はつきり彼女に, はなれて, ひろ子は, ほのめかして, まず詫びました, みて, めんめんと, もたらしたから, もっとはっきり僕ら, もっと確かめる, もつと, よくする, よく含ん, よく御存知, よく承知, よく理解, よく知らないらしかった, よく知りました, よく聞きまし, よく言つて, よく話す, よく頭, より願わしい, わけて, わしに, ロマンティシズムの, 一つに, 一党の, 一向弁えぬ, 一変させた, 一婦人作家として, 一撃の, 一通りお話し致します, 上奏する, 下から, 了解する, 二番めの, 云い表わして, 云は, 云わなければ, 人伝に, 今更ながら, 以って, 伝へて, 伺おうなどとは, 住職に, 何もかも打ち明け, 信吉は, 僞つて語らせた, 先づ察しなけれ, 全部率直に, 具し, 具備し, 再演した, 分けて, 判断し, 利用し, 利用する, 前書きする, 加え生産物, 匂わした, 十分参酌しなく, 十分理解しない, 単純な, 原因に, 参照し, 双方の, 取調べると, 叙する, 右の, 含め係長, 告げ, 告げなければ, 告げると, 告げ玉環, 呑み込ませとかく, 呑み込んだ, 呑み込んだよう, 呑込みます, 問いただされたとい, 問いただした, 問いただして, 問う, 問うとき, 嗅ぎつけて, 国外からの, 基として, 報告させた, 変ぜしめたの, 夢にも, 大目に, 失って, 如何とも, 委しく聞きたい, 委しく語りたい, 存ぜぬもの, 宜い, 家主から, 察した原大佐, 察し又, 察すべく大方三成, 察する手がかり, 審かに, 寿子は, 尋ねて, 導き入れて, 少しばかり, 少し好意的, 屍体を, 巡察し, 帝へ, 当の真名古, 当時東宮であった, 彼女へ, 得心ゆくまで, 御仲人様, 御存知でしょう, 御話し致します, 御賢察, 忘れるならば, 忘却せしめよう, 怜悧な, 思い合わせて, 思うに, 思って, 怪まず, 恥を, 悉く頭, 悟ったエセックス, 悟るなり, 悲しむだけの, 想像し得る, 惹き起すに, 感じて, 慎九郎は, 懺悔したら, 我々に, 手紙に, 打ちあけなされまして, 打ち明けしかも, 打ち明けたという, 打ち明けたらこっち, 打ち明けないと, 打ち明けようと, 打ち明けるの, 打ち明ける譯, 打ち明け薬品, 打明けました, 打明ければ, 打破ツて, 打開け, 批評せる, 承知で, 抜きに, 拵へて, 持つ国, 捕えて, 排し父宗円, 探つて, 探らねば, 探り出した, 探訪し, 推察できる, 推測する, 措いて, 支配し, 文学作品の, 斟酌せずし, 既知の, 早く物語ろう, 明かし手, 明し合った, 明快に, 明示し, 春子さんが, 曲尽し, 書いたもの, 書かせれば, 書けば, 最もよく示し, 最も正当, 朝廷に, 本当に明らか, 松前藩でも, 検べても, 極端に, 止揚せね, 正当に, 殊に, 母親も, 江戸に, 決して見逃がさぬであらう, 洩れ聞いて, 混同させ, 準備する, 漸く理解, 無視し, 物語る一つ, 現わし, 甘く見ず, 生みだした, 産む, 申しあげます, 申しやった, 申し上げてな, 申し上げます, 申し述べたいと, 申せば, 申上げね, 申立て, 異にせる, 目のあたり見, 直ちに看破, 直視し, 看破し, 真に人民, 眺めて, 知った, 知ったらしく, 知った和子, 知った時, 知った被告, 知ってからは, 知ってる友人間, 知っときたい, 知つてこちらを, 知つて居た, 知つて芥川の, 知らざるによるのみ, 知らすがい, 知らずただ, 知らず家, 知らせたいと, 知らせる者, 知らないながらも, 知らないのに, 知らないふり, 知らないん, 知らない乍ら, 知らない人たち, 知らない健三, 知らない妻, 知らない弓之進, 知らない私, 知らない西班牙, 知らない警官, 知らなかった, 知らぬもの, 知らぬ人たち, 知らぬ伝吉, 知らぬ婆さん, 知らぬ東京, 知らぬ私, 知らんから, 知らん人, 知らん者, 知りたがるの, 知りませず今, 知り国, 知り度い, 知り得るという, 知り給わずして, 知り過ぎる程よく, 知る, 知るとき, 知るべき機会, 知るわけ, 知る由, 知れり維新以来, 知ろうはず, 研究される, 研究した, 研究すれ, 確かめた, 示したもの, 社会的な, 私に, 科学的と, 科學の, 究明する, 窺い知る端緒, 篤と見届け, 糾した, 細々と, 紹介し, 組織的に, 経験し, 綜括し, 縷々と, 繕わなくても, 繰返し繰返して, 考うれ, 考えあわせると, 考え乍ら, 考え合わすと, 考え合わせば, 考え母, 考察した, 考慮する, 考量の, 聞いたお, 聞いたその, 聞いたマガリャンス, 聞いた彼, 聞いた竜, 聞いた船中, 聞いても, 聞かされた時, 聞かされると, 聞かれると, 聞きただすより, 聞きました, 聞きましたもの, 聞き取った上, 聞き取って, 聞き合わせて, 聞き知った後, 聞き訊, 聞くなり, 聞こうじゃ, 聞取ると, 聴かされた時, 聴きまた, 聴き取って, 聴取いたし, 聴取しはじめた, 聴取する, 聽か, 聽き, 能く, 自分の, 舎人から, 葉石に, 薄々知っ, 要するかの, 見いだし得るであろう, 見ては, 見ないという, 見ますと, 見ようと, 見ると, 見わけ, 見抜く眼, 観察し, 観察する, 解しかねたが, 解し得た時, 解釈し, 言い尽したもの, 訊いた私, 訊きただしたが, 訊き糺さねば, 訊こう, 訊ねて, 訊ねました, 訊ねると, 記する, 訴えたところ, 訴える, 訴えるため, 訴えるより, 訴へて, 話さした, 話されたその, 話しお前, 話しそれから, 話したらいい, 話した末, 話してな, 話しますと, 話し中, 話し出したが, 話し奉公, 話し江戸, 話し留置場, 話すと共に, 話せ, 詳しくお伝え, 詳しく打明け, 詳しく聞, 詳しく見, 詳しく話し, 詳しく語, 詳しく述べました, 認めて, 語つて置きたかつた, 語つて見た, 語りあい官兵衛, 語りましたところ, 語り伝えて, 語り母, 語ること, 語るには, 誤解し, 説きて, 説き療養所, 説く物語, 説明し始めました, 調べたの, 調べた上, 調べるの, 調査させた, 談した, 諒解した, 論明し, 識覚せざる, 質問し, 迂闊に, 述べこの, 述べたて, 述べまことに, 述べると, 述べる前, 述べる自由, 述べ万年筆, 述べ殊に, 逐一聞き, 通知せられた, 進めねば, 過大に, 酌んでも, 重んじ郷土精神, 野々宮に, 陳べて, 陳述する, 隠して, 隠すよう, 非常に, 顧みないで, 顧慮する, 鴎外は

▼ 事情~ (1523, 18.1%)

97 あって 43 あるの 42 ある 31 あったの 26 あつた 23 あつて 18 あるに 16 あるん 14 あった 13 あるので 12 あると 11 あっても 10 あるから 9 ありそう, わかって, 変って, 違って 8 ありまして, あるかも, それを 7 あるか, あること, なければ, ひそんで 6 ちがって, なくては, 判って, 潜んで, 許すならば, 許せば 5 あったから, あったに, あったもの, あるもの, あるよう, ございまして, 事情だ, 分った, 同一であっ, 起って

4 [11件] あったので, あってね, ありました, あれば, おあり, なかったなら, わかった, わかると, 明白に, 書いて, 解った

3 [23件] あったと, あったん, あっての, あります, ありますの, あるが, あるため, あるらしい, あろうとも, ちがう, できて, はっきりし, わかれば, 事情だった, 事情である, 出来て, 分りました, 判明し, 存在し, 揃って, 無ければ, 私に, 自分の

2 [84件] あったが, あったこと, あったって, あったばかり, あらうと, あらうとも, ありさうに, ありましてね, ありましても, ありましょうとも, ありますから, ありますので, あるなら商量, あるには, あるらしいが, あるらしいこと, あろう, いろいろに, お有りな, からみ合って, この通り, これを, そういうわけ, そこに, ない限り, なくとも, はつきりする, また事細か, もとにな, わからないから, 一変し, 一方に, 不明だった, 今の, 今日の, 伏在し, 伏在する, 伴って, 僕達の, 全くちがっ, 全く同じ, 分つて, 分れば, 分明し, 切迫し, 判明した, 判明しない, 別な, 変化し, 変化した, 察せられる, 少しも, 幽霊の, 悪化し, 明らかに, 有って, 有つて, 極めてディアレクティクマン, 無い限り, 発生し, 発生する, 私を, 窮迫し, 継起する, 纏綿し, 自然と, 自然に, 複雑に, 解ると共に, 許さないから, 許さないばかり, 許さなかった, 許しそう, 許したら側, 許すなら私, 起きた, 起ったの, 起つた, 起つたにも, 身辺に, 迫つては, 違う, 違ふと, 非常に

1 [712件 抜粋] あったか, あったからこそ, あったかを, あったけれど, あったとしか, あったはず, あったらしいと, あったらしいの, あったろう, あったろうと, あったわけ, あった場合, あってさ, あつて世話, あつて先, あつて追跡, あの大田, あの女, あまりに錯綜, あらうけれども, あらゆる職能, あらわれます, ありえやう筈, ありそして, ありその, ありましたので, ありましたもの, ありましょうが, ありやしたんで, あり我々, あるからと, あるからの, あるし, あるそう, あるそれ, あるだろう, あるだろうと, あるところ, あるとは, あるならば, あるなら審理, あるなら私, あるによって, あるにより, あるはず, あるも, あるやう, あるらしいじゃ, あるらしいね, あるらしいのでね, あるらしいよ, あるらしく住所, あるらしく思えたので, ある以上, ある様, ある樣, ある限り, あればの, あろうにも, いっこう腑, いっそう憂鬱, いりくんで, いろいろからん, いろいろわかっ, うなずかれたの, おありな, おありなさいまするなら, おありなさる, おこって, おこつたの, おそらく結婚, おのずからそうなっ, おれの, おわかり, おわかりだったら, お前なんぞに, お庄, お有り, お萩の, お雪, かえって後世, かかる悲境, かくの, かくは, からみあって, からんで, ききたくて, こういうふう, こういう工合, この世に, この二三年間, この目的, これからキツ, これだけ, こんがらかったとき, ございましたならあの, ございましょうとも, ございます, ござらば, ござる, ごたごた入りこん, さうであるならば, さうならなけれ, すぐ分つた, すこしずつ, すこし違っ, すこし違つて, すこぶる同一, すっかりと, すっかり変化, すつかり, すべてを, そうさせた, そうである, そうなれ, そのこと, そのとき, そのよう, その動機, その原因, その無理, その錯綜推進, それであつ, それと, そんな具合, たいへん苦しい, たくさんに, ただ作家, だいぶ変っ, ちがうわけ, ちつとも, とうてい暖かい, とくに強い, どうあった, どうかわっ, どうであれ, どう変ろう, どう変化, どっさりおこった, どれほど文化, どんなであろう, どんなに決定的, ないかぎり, なかったら, なかなか多かっ, なくても, のみこめて, のみこめると, はっきりわかった, はっきり分っ, ぼくの, まざまざと, まず解説, まだ, まだそれ程険悪, まだ夫, まつわって, まるで別, まるで正反対, むずかしいとは, めぐって, もし日本, やがて多少とも, やがて帰っ, ややよくなっ, やや趣, ゆるさない, ゆるせば, ゆるせばといふ, よかった, よくうかがえる, よくなったら, よくなる, よくのみこめない, よく了解, よく備わっ, よく分つ, よく分らない, よく分りました, よく解りました, よほど変わっ, わかったの, わかったよう, わかった時, わかつたとき, わかつたもん, わからない, わからないけれど, わからないので, わからなかつた, わからぬまま, わかりさ, わかりさえ, わかりましたので, わかりませんが, わかり御, わかり新出, わかるだろうと, わかるでありましょう, わかるであろう, わかる筈, わざわいし, わだかまって, わるかったろう, アラカタわかる, コンな, コンガラガッていなく, ハッキリした, ハッキリする, 一つの, 一つも, 一つ一つ起る, 一向わからず, 一変いたしました, 一変しました, 一大破綻への, 一層はっきりした, 一層私共, 一度に, 上の, 不利な, 世の中に, 事情だけに, 事情で, 事情ゆえ特別を以て, 二人を, 人為的に, 今までよりも, 他面対立的な, 以上の, 伴なわなかったら, 似て, 何うなる, 何とかなれ, 何も, 倭文子の, 停頓的な, 偶然にも, 充分ある, 充分に, 入り用で, 全くちがった, 全く反対, 全く違つて, 全然ちがう, 共に働い, 其の人, 内に, 内外に, 出来しない限り, 出来するとき, 出来する時, 出来たであるまいの, 出来たの, 分かったよう, 分からぬ, 分かる, 分ったかい, 分って, 分つた, 分つてないやう, 分らなかった, 分りましょう, 分ると, 分るの, 分るまいとしても, 分る分れば, 分明に, 切迫する, 判ったんだい, 判った上, 判ると, 判明しました, 判明って, 判然せぬ, 到底許さない, 刻々に, 前に, 加つて来ぬ, 加わって, 助けたの, 却って私たち, 反対だったら, 反映し, 古い昔, 右説く, 各自に, 同じくない, 同一で, 同一なら, 同一に, 同時に明, 君に, 君の, 呑みこめたと, 呑み込めぬ, 唯一の, 問題と, 單に, 在っての, 埋伏し, 変ずれば, 変ったから, 変ったこと, 変つてゐる, 変らず自分, 変りましたから, 変りましたが, 変るかしら, 変るに従って, 変れば, 変わるとともに, 変遷する, 多かった, 多くて, 多少わかっ, 大いに異, 大きいプラス, 大きな変化, 大体に, 大変納得の, 大変面倒で, 女主人公, 好く向う, 如何に, 学園に, 學者に, 実にうまく, 実に細かく, 実現された, 家庭に, 容易に, 察せられよう, 対手を, 少しちがっ, 常に天然痘, 平戸の, 引続き存在, 当時あった, 彼には, 彼ら以外の, 彼女に, 彼女にとっては, 彼女の, 徐々にいろいろと, 御座いまして, 忍んで, 急変した, 恒例の, 悟れた, 悪いわけ, 悪くて, 悪くなった, 悪化した, 想像された, 戯曲や, 手に, 打開される, 掌を, 推察され得る, 救って, 文学との, 文学を, 既に耳, 日本の, 明かに, 明らかであった, 明白な, 暴露する, 書かれるよう, 最もハッキリし, 最も有利, 最近に, 有う, 有ったと, 有ったので, 有りましてネ, 有ろうとも, 朝日に, 根本から, 様々に, 次から, 次第にわかっ, 武士の, 母としての, 母の, 気に入らぬからと, 氷解する, 決定する, 沢山あった, 洩れた, 浮び出て, 潜んでるの, 無いと, 無くても, 特に日本, 理會される, 理解され, 甚だ多く, 生じた, 生じなかったの, 生じる, 生ずるの, 生れる, 生んだ, 異なって, 畳まっ, 発生した, 発生しなけれ, 皆あなたを, 盡せない, 直ぐに, 真に公, 知られる, 知悉され, 短歌の, 確かに, 秀子に, 私には, 私達を, 秘められて, 精しく分っ, 紛糾し, 素子を, 経済的と, 結合し, 絡みあ, 絡んで, 続いて, 総て秀子を, 縺れ合って, 聊かで, 聞きたけりやあ, 色々に, 色々加, 若者の, 著しく違う, 蔵せられて, 要求に, 見たくも, 見られるの, 解ったので, 解つて來る, 訊いて, 許さず取り纏まったもの, 許さないこと, 許さないの, 許さなかったの, 許さなかつた, 許さぬところ, 許したら少し, 許しますまい江戸, 許しません, 許すあいだ本職, 許すならもう一度, 話されて, 認識論における, 読めて, 起きて, 起こりましたため, 起ったとしても, 起ったん, 起らない限り, 起りました, 起ると, 起るならば, 起れば, 転じて, 輻輳し, 近頃わるく, 迫って, 通用する, 造り出される, 進むに従って, 逼迫し, 運命を, 違うて, 違うところ, 違えば, 違つてゐた, 違つて居る, 違つて篠田と, 違て, 違ひます, 違ふ, 醸されたので, 重なってるよう, 重なり合って, 錯綜し, 長く本拠, 間に, 関係し, 除かるるならば, 陽子を, 集団間の, 面白くなかった, 頓と, 顔回の, 飲みこめませんでしたが, 餘程違つて來て

▼ 事情~ (834, 9.9%)

97 下に 53 下においては 41 ために 38 もとに 34 下において 16 許す限り 13 下で, 為に 12 下では, 中で 11 下においても 8 あること, 中に 7 ない限り, もとで 6 なかに 5 上に 4 なかで, 下には, 変化が, 如何に, 爲に, 異る, 許すかぎり 3 あるの, 変化によって, 変化を, 方が, 裡で, 裡に, 複雑な

2 [33件] ある女, ある者, うちで, うちに, うちには, ためつい, ところへ, ままに, ゆるすかぎり, 一端を, 上から, 下でも, 下における, 下にか, 中でも, 内に, 切迫し, 変移は, 外形を, 存在した, 容易ならぬ, 悪化は, 悪化を, 消失したる, 為めに, 然らし, 爲めに, 真相を, 第一番, 許に, 調査を, 過去または, 錯綜の

1 [338件] あうて, あったこと, あったため, あったの, あまりによく自分, あらゆる不利, ありさ, ありそう, あるこの, あるらしいこと, あるらしく考えられた, ある事, ある人, ある人々, ある場合, ある所, いかんは, いけに, うちの, お話に, かわるよう, こぐらかった, ことで, ご浪人, すべてか, するなりに, せいか, せいであろう, ためさながら, ためそんな, ためだ, ためであっ, ためである, ためとか, ためとかで, ためとのみは, ためヒカク的家に, ため久しい, ため具体化せずし, ため古河に, ため実家に, ため断然, ため極秘に, ため池の, ため生活の, ため自分に, ため解散した, ため認知されない, ため関係は, ため領事が, つめたさ, ときは, ところでは, ところは, ないかぎりそれ, ないもの, ない者, ない限り殆ど, ほうが, ほかに, ままでは, もつ客観的, もとでだけ, もとにも, もので, やうでございました, やうな, ゆるす限り自然発生的, ようである, ように, よく分らぬ, よりよい, わかる時, ゴタゴタが, テムポに, 一つと, 一つの, 一つは, 一切を, 一家と, 一方からの, 一端には, 一般は, 一般的悪化の, 一部始終が, 三つの, 上申書を, 下においてこそ, 下にも, 下平凡, 不可思議なる, 中から, 中では, 中へ, 之を, 二つの, 二三を, 交錯発生する, 今日の, 他の, 伏在する, 似たもの, 似た事件, 何かは, 価値によって, 係でなく, 値うちを, 全く異, 全く違うた, 公正な, 其間に, 具体的な, 分かって, 分る訳, 分析とともに, 分析も, 分析を, 切迫から, 判らない一同, 判ろう筈, 判明した, 別に, 別の, 力だ, 力で, 動きを, 勢に, 区別, 十中七八を, 十全な, 危なさ, 厳粛さを, 取合せに, 可哀そうな, 同時的な, 吾に, 問題では, 困難を, 場合が, 場合だけ, 変ったいま, 変って, 変り目に, 変動から, 変化で, 変化と共に, 変化も, 変化殊に, 変調を, 変転とともに, 変転によって, 変遷につれ, 変遷を, 変遷人民戦線の, 外に, 外は, 外間に, 多端錯雑変幻極まりなき, 大変動, 大所高所から, 大方は, 大略は, 奈何に, 奥底までは, 如きも, 如何による, 如何を, 妙な, 存するあり, 存すること, 存在の, 存在を, 実際を, 少しが, 少しも, 展開に, 差が, 帰国に, 底に, 廻り合わせで, 引き続きによりて, 強調と, 後に, 必然性に, 忘れられた後代, 急な, 急調な, 成行きで, 持ち込み所に, 掣肘を, 推移そのものから, 推移と, 推移につれて, 推移によって, 推移の, 推移は, 改善なし, 改善を, 故である, 文明国らしくない, 新しい収穫, 新奇進歩せる, 方から, 日本特有な, 明らかに, 時である, 時でも, 時は, 暗示を, 最も悪かっ, 最悪な, 本当の, 本質や, 本質を, 本質的な, 果に, 根本特色を, 極めて初歩的, 極めて複雑, 極度の, 概略を, 次々の, 正しい説明, 歴史的推移の, 民主的解決が, 決まるの, 法外さ自分達の, 浮び出て, 深い影響, 深さ, 湊合の, 湧いて, 滑稽さを, 激変する, 為この, 為とは, 為め人殺しの, 為此隔離が, 爲その, 爲め歐洲へ, 爲先例そのものの, 特色は, 現われること, 現実そのものは, 現実によって, 現実の, 現実は, 現実身分関係隷属と, 生き字引を, 生じた時, 生じない限り無理, 生みだす醜い, 異れる, 異同とに, 異同は, 異常さも, 相似た, 相異, 相談相手にまで, 相違あり, 相違が, 相違点について, 相違酌量の, 眼の, 矛盾から, 知らぬ人たち, 研究を, 究明に, 紛紜を, 紹介や, 組み合せは, 経緯を, 結果として, 綾の, 緊迫に, 縺れから, 者で, 者も, 聴取なども, 聴取を, 胸に, 良好化が, 萌芽は, 表われ, 複合した, 複雑さ, 複雑さについて, 複雑さにつれて, 見るべきもの, 解りよう, 許さないの, 許さないもの, 許すかぎり特別, 許す場合, 許す最大, 許す範囲内, 許す限り一般国民資料, 許す限り之, 許す限り宗教, 許す限り徒歩主義, 許す限り控, 許す限り海, 許す限り物, 許る, 詳細を, 認識を, 誤解に, 説明は, 説明も, 調査に, 講師でも, 變る, 起こるは, 起った瞬間, 起らない限り, 跡を, 進みとは, 進展との, 進展に, 逼迫し, 違いようが, 違うこと, 違う日本, 違う西洋, 違ふうた, 違ふところで, 重みに, 錯綜と, 錯綜を, 錯雑と, 間で, 間の, 関する限り, 闡明や, 難易なく, 面白さ, 類でない, 飛躍とともに

▼ 事情~ (787, 9.3%)

5 よく判らない, わからないが, 少しも 4 これを, 一変し, 私が 3 これと, すっかり変っ, わかりました, 他の, 多くの, 知って

2 [47件] あつた, あるの, あれども, おそらく一変, かかるもの, こうであった, こうな, すべての, その晩最後, ともかくも, どうなっ, はつきりと, もう一つ, もちろん判らない, よくは, よくわかりました, よく分らない, わかって, わかりませんが, 一変する, 一瞬の, 人の, 何も, 依然として発展, 分る, 切迫し, 判明した, 右の, 変化する, 察して, 後に, 急に, 急速に, 殆ど変らない, 異る, 疑いも, 皆無解らない, 相俟, 知らなかった, 知らぬが, 私の, 私も, 聞いて, 聞いても, 色々に, 解らなかったが, 運転手から

1 [648件 抜粋] あった, あったであろうが, あなたの, あまり公式, あまり変わっ, あらかじめ知る, あらまし聞かされた, ありあり見え透い, あること, あるので, あるもん, あるん, あんまりひどい, いいこと, いかん, いくらか違つて, いちいち知る, いっこう認めてない, いっさい不明である, いつまで, いまは, いろ, うすうす聞い, うちあけないで, おそらくあなた, おそらく右, およそわかります, お互さま, お互に, お島, お母さんに, お話し申せ, お鈴, かえって欧州各国, かえって献身的, かかること, かなり険悪, かれら, きかせて, けだし和算, こういうわけ, こういう文化, こういう理由, こうだ, こうだった, こちらの, ことに実地, このこと, このよう, この事業, この国, この島国, この折角, この知識, この程度, この記述, この謎, この返事, こみ入, こみ入って, こんに, ござりまする, ご存じでない, さつぱりわからないんですが, さらけだされめいめい, さらに知る, すぐ解った, すこしも, すこぶるこれ, すこぶるはっきりし, すっかり判りやした, すっかり解, すでに序文, すべてすぐ, せめて小林監督, そういう人々, そうな, そこまで, そのくらい, そのこと, そのまま存続, その人間的, その否定, その要求, それだ, それで, それより, それを, それ自身自然の, そんなに素朴簡明, たいへんあなた, たださえ, ただ一つきり, たぶん故人, だんだん切迫, ちがいますわ, ちがった形, ちっとも云わなかった, ちっとも分らない, ちっとも存じません, ついに見られなかった, つねに我, つぶさにせぬ, つぶさに聞きとった, ですよ, とても十分, とにかく心づもり二十そこ, ともかくとして, ともかくとしても, とりどりだ, どうあろう, どういうの, どうかと, どうであった, どうな, どう発展, ないであろう, なお恭しく, なかなかややこしい, なかなか興味, のみこめたろう, はじめぼんやりと, はっきりとは, はなはだいりこん, ひきつづき一九四一年十二月太平洋戦争, ひそかに, ほとんど変わっ, ほぼ此, ますます悪く, また審さ, また飲酒, まだ大して変らなかった, まだ知らなかった, まだ諸, まったくおなじ, まったく切迫, まったく違っ, まつたく例外的, むしろそれ, むろん子供, もうこの, もう明白, もう猶予, もしウォルシンガム, もちろんその他欧米諸国, もちろん豹吉, もっと簡単, もつれあって, もとより, もとより強力, もはやあいまい, やはり多賀子, やむを得ないもの, やや異なっ, よくのみこめません, よくもわかりません, よくわかっ, よく分っ, よく分て, よく分らぬ, よく判つて, よく取り調べなけれ, よく彼ら, よく承知, よく解ります, よく解んない, よく調べ, よほど変っ, より切実, より多数, わからない, わからぬが, わかりかねましたが, わかりましたが, わたくしには, わるかった, アリストテレスが, インテリ自身にとって, ガラリと, ガロウニンが, クラブの, シェーラーなどには, ノルウェイの, バックの, バテレンからの, ロシヤの, 一も, 一九三二年の, 一切聞かない, 一向改善, 一変した, 一応女, 一応考慮, 一應措く, 一挙に, 一色家の, 万吉から, 上申書にも, 不可能であろう, 不問の, 不思議な, 不明の, 世界に, 世界的である, 中国の, 主としてここ, 之を, 予を, 二つながら芸術作品, 二八年三月十五日の, 二女が, 二葉亭の, 云うまでも, 些とも, 人に, 人間らしく生きる, 今まで, 今より, 今日では, 今日でも, 今日と, 今日の, 今自分, 他に, 以前の, 何か, 何であっ, 何と, 何もかも知りぬい, 何一つなかつた, 何一つ知らし, 何人も, 余りわきまえぬ, 余り深く, 依然として哀れ, 俗界の, 信ずべきもの, 個人的な, 僕には, 先刻申し上げた, 兎も, 全くちがっ, 全く以上, 全く変っ, 全く我々, 全く自然, 全然我々, 八月二日に, 共に自然的, 其れ, 内外じつに, 内外財界の, 凡そ推察, 出来た事情, 分からなかったという, 分からなかつたし, 分って, 分らず自殺, 分らなかつたけれど, 分らぬが, 分りませんけれども, 分明した, 判ったの, 判るであろう, 判断した, 判明しない, 別な, 別にアブノルマル, 別項, 刻々険悪, 前とは, 前に, 労働の, 勢い民衆, 勿論わからない, 勿論南方, 区々で, 十三歳頃の, 十分察しられる, 半七, 却って欠くべからざる, 厳密に, 又其の, 古も, 右に, 各々その, 同じだったであろう, 同じで, 同じであった, 同時に所謂純文学, 同様であり, 呑みこめなかつた, 唯物論か, 善八も, 固有名詞や, 国内的には, 変りほとんど, 変わって, 変化し, 外延利用と, 多少異, 多少異なっ, 多數, 大いに察すべきである, 大いに空中, 大が, 大体分りました, 大変化し, 大変簡単じゃあ, 大抵わかりました, 大概分っ, 夫, 奇妙である, 女としての, 好いの, 好く分からない, 好都合だった, 如何ようにても, 妾は, 姑く, 存じませぬが, 存在したで, 実に地方, 実証的に, 実際その, 実際を, 家庭生活の, 封建の, 尋ねて, 尋常を, 少しく冷静, 少し別, 少し異, 少なくとも一部分, 展開する, 岡目で, 岩瀬肥後の, 左の, 差しせまつて, 已に私, 庄吉の, 引くに, 当時の, 形式的に, 彦太の, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女たちの, 彼等を, 後でゆっくり話す, 後で君, 後にな, 御推察, 必ずしもそういう, 必然会の, 急変した, 恐らく悪く, 息づまるほど, 悉くその, 悪しき作, 情報課長から, 愈, 戦争によって, 推察する, 推移し, 改善されぬ, 文化接触に, 文学の, 文芸復興を, 新聞で, 旅をも, 日本に, 日本の, 日本語の, 旧市内, 早婚に対する, 明かに, 明らかでない, 明治, 明治の, 明瞭だった, 映画企業に, 昨今まことに, 普通ブルジョア社会科学者や, 普遍的だ, 景教碑の, 更に知れず, 更に険悪, 書状に, 書紀に, 最悪である, 有た, 有つて, 未開時代と, 東北人を, 松島さんの, 根本的に, 案外に, 業種別勤労者賃銀表と, 樽屋が, 次第に変わっ, 正しいとは, 正しくその, 殆ん, 段々と, 段々独立, 決して単に外的, 決して爾, 洞察された, 消えて, 渡辺九郎左衛門の, 滑稽だった, 漠として, 無論きかされなかつた, 父の, 特に今, 独り社会科学関係に, 生産技術家インテリにとって, 産別宣伝部で, 申されませんが, 異って, 病人を, 病気の, 皮肉にも, 益々きり, 目に, 目まぐるしく前進, 相合し, 相談ずくで, 矢の, 知らないが, 知らない源伯, 知らぬ, 知らぬけれども, 知らんの, 知りませんが, 知り得なくても, 確かでない, 社会現象が, 祝詞などを, 私は, 科学の, 科学論にとって, 種々様々, 立川景子は, 立退き以前, 第一, 篤と見, 簡単であり, 終戦後どう, 終戦後の, 絶対的であっ, 継続し, 続日本紀, 考え得られるいかなる, 聞かなかった, 聞かなかったむろんおよそ, 脳の, 自ら異って, 自分が, 自分でも, 至つて簡單に, 色々で, 蜂谷良作には, 複雑で, 複雑であり, 複雑ながら, 西洋印刷術を, 要するに今日, 見方に, 解らなかった, 解りまして, 計量し得られる, 詳しくは, 語らない母親, 語り残したけれども, 説話として, 誰に, 議論の, 豫め調査しない, 貸付農場の, 述べるから, 逆であった, 逆転し, 進展し, 遂に予, 過去の, 違いますが, 都会の, 都合よく, 金の, 間もなく判明, 間氏から, 附近一帯の, 際限なく, 雅量に, 電光の, 非常に, 鹿児島人には

▼ 事情~ (740, 8.8%)

27 よりて 24 通じて 16 なって 15 応じて 13 おかれて 11 して 10 精通し 6 ある, あるの, 於て 5 制せられて, 変りは, 立って, 置かれて 4 於ては

3 [17件] あっては, あること, あるので, ある国, なつた, よる, 依って, 妨げられて, 就いて, 就いては, 就て, 照し, 照らして, 相応し, 至つては, 通じた者, 通暁した

2 [47件] あった, あって, あつた, あらずや, あるから, あるところ, ある人間, おかれた, おかれては, くわしいので, なつて, ふれて, まけて, よく通じ, よりてのみ, 余儀なくされ, 依つて, 全然変化, 原因し, 同じけれ, 在る, 基いて, 基くもの, 對し, 就ては, 帰着せしめた, 慣れないもの, 押されて, 支配され, 支配される, 明るい人, 明るい人間, 暗い, 比べますと, 比べれば, 照せ, 照応する, 由って, 由来する, 疎い人, 直面し, 私たちを, 精通した, 迫られた時, 通暁し, 適応する, 遮られて

1 [437件] あったという, あったの, あったもの, あった小野家, ありました, あります為, あるお, あるかなども, あるが, あるため, あると, あるという, あるとの, あるならば, あるはず, あるもの, あるゆえ, あるを以て, ある前線, ある前衛的性格, ある国家, ある子連れ, ある当今, ある日本, ある男, ある科学, あればこそ, あわない箇所, いっそう嫌疑, うといこと, うといところ, うといもの, うとい中央, うとい人, うとい人たち, うとい大臣, うとい父, うとく作者, おかれたイギリス社会, おかれた若い, おかれた評論家, おかれつまり, かかわらず一九四六年以来雑誌, かこまれながら, からまる感情, からんで, くわしいこれら, くわしいん, くわしい二人, くわしい人, くわしくない, ござりまし, さし迫ったの, さまたげられて, しても, しばられて, しばられなさぬ仲, すぐ安値, せまられて, せまられての, せめられて, せよ外国, そういうもの, たけた人, ただ引, ちょうど振向いた, つきその, つきて, つき御, つけ込んで, つれて, とどまらず業者, とりまかれて, どう処し, どこかで, ない国, なった, なったかと, なったこと, なったとは, なったらぜひ, なってるので, なりましたから, なりましたので, なりまして, なるし, なるというくらいの, なるやう, なる人, なる諸家, なろうと, はなみ一通りならぬ, ふさわしい範囲, ふれること, ふれる機会, ぶつかった, ぶつかっても, まだよく馴れず, もすつかり疎く, もっとよく通じ, もとづき同国, もとづくとも, もとづくの, もとづくもの, やや胸, よく通じない, よったの, よったロパーヒン, よっちゃ, よりては, よります, よりより以上, より以上, よるから, よるであろうか, よるので, よるもの, よれば, 一寸とも, 一年や, 一般的に, 主な, 云わば, 今さらいら立たし, 他の, 伴なう, 何等の, 余儀なくせられ, 依り或は, 依り翼, 依る, 依存しなけれ, 依存する, 促された變化, 促進され, 共通する, 出あわぬから, 出くわしつづけて, 到って, 制せられたの, 制せられるかも, 制約され, 加えて, 加へて, 動かされまたはただ, 即して, 即しながら, 即応し, 及ぶと, 反し仏像, 反するよう, 各箇, 合わせれば, 同情し, 向っての, 呼応する, 囚はれ過ぎた, 因って, 因るの, 土地の, 在りそして, 在りと, 在る者, 基き熟考, 基く, 基くこと, 基くという, 基くところ, 基くの, 基くを以て, 基く地方的分業, 基けば, 基づいて, 基づく, 基づくもの, 変わりは, 変化が, 変化を, 外ならず, 多く通じた, 好奇心を, 嫌気が, 対応し, 對する, 導き入れて, 導くならそこ, 少しでも, 少しも, 少し通じ, 就いての, 尽きて, 左右され, 左右せられ, 幻惑され, 幾分でも, 幾度と, 強いられたよう, 強いられて, 強ひられ, 強要されない, 当て箝, 影響され, 従て, 従へば, 心を, 応ずるとは, 応合せざる, 思い合せると, 思ひやりを, 思ひ合, 恵まれて, 應し, 打ち委せて, 押されながらに, 押し流されて, 拘わらず一円, 拠るの, 捉われ, 接するであろうが, 接するとき, 接觸し, 接近する, 擬すること, 敏感で, 敬意を, 於いて, 於ける民衆, 於ても, 日本の, 明るいという, 明るいところ, 明るい人たち, 明るい先輩, 明るい者, 明るい陳登, 明るくなく, 明るく多く, 暗いもの, 暗い事, 暗い人, 暗い子, 暗い異国人, 暗い私, 暗い者, 暗い貴公子, 暗かった, 暗かつ, 暗き有志, 暗くし, 暗く余, 暗く生, 最も忠実, 本づく, 本質的な, 村それ自身が, 構はず八五郎に, 構わず八五郎, 比すれば, 比べればね, 比較し, 比較的馴れ, 民主主義と, 気がつかず商売, 決定的に, 沿うて, 注意しなかった, 注目しない, 深き関係, 無知な, 照すに, 照らし合わせて, 照応し, 特に留意, 甚大な, 生きて, 生きるなか, 生活する, 由つて凝る, 由て, 由りて, 由り教育, 由るという, 由るので, 疎いもの, 疎い僕, 疎い外国, 疎い彼, 疎く一方, 疎く品目, 相応する, 相應, 眞暗, 真暗だ, 着目し, 着目した, 礙げられ, 私たちは, 移って, 積極の, 立たされた, 立ちかえるが, 立ち入るほど, 立ち到った次第, 立ち到つたもの, 立ち到りましたならば, 立ち至ったの, 立ち至るの, 立った, 立つから, 立脚し, 立至ったこと, 端を, 精しいその, 精通されない, 精通したる, 精通しなけれ, 精通しよう, 精通する, 精通せりなど, 絆されて, 絡んで, 縛られながら, 罪を, 置かれた人, 置かれた国, 考へること, 耐えなかったの, 耐えようとして, 耐えるよりも, 耳を, 聞こえるから, 聞こえるからと, 胚胎し, 自らを, 自分を, 至っては, 至りては, 至り或は, 著しい変化, 行かないうち, 見さかい, 見当が, 計画を, 該当する, 詳しいな, 詳しい人, 詳しい口ぶり, 詳しい守人, 詳しい渡邊君, 詳しい男, 詳しい者, 認識を, 誤られて, 起因する, 迂く人, 迂遠な, 迂闊なる, 迫って, 迫られて, 迫られ無理, 逐われて, 通じさ, 通じその, 通じたとき, 通じたの, 通じたひと, 通じたもの, 通じたゼスス会, 通じた一般官吏, 通じた人, 通じた人びと, 通じた人人, 通じた人民, 通じた左内, 通じた時分, 通じた気, 通じても, 通じてる人, 通じないから, 通じない人, 通じない伸子, 通じない日本, 通じない者, 通じない見物, 通じまた, 通じる境涯, 通じ人, 通じ人間学, 通じ民心, 通じ白石一家, 通ずるとき, 通ずるの, 通ずるので, 通ずるを, 通ずる人々, 通ずる者, 通ぜざる日本人, 通ぜざれば, 通ぜずまた, 通ぜぬと, 通ぜぬには, 通ぜぬ限り, 通ぜられる人達, 通暁する, 通曉し, 逢うも, 逼って, 達する日, 遠いもの, 遡らねば, 適した立法, 適するもの, 適する方法, 適せざる, 適せずし, 適せる, 適切な, 適合しない, 適合し過ぎた, 適合する, 適応させ, 適応した, 酷似し, 鑑みると, 門外漢である, 関係し, 關する, 陥りその, 陥りました, 陥りよって, 面したとき, 順応さえ, 類したもの, 類同するなり, 餘儀なく, 馴れ過ぎたの, 駆られて

▼ 事情~ (323, 3.8%)

4 私は 3 あつた, それが, それを 2 あらうと, かれら, できないこと, わたしの, 幾たびかの, 手を, 早く結婚

1 [296件] ああなったという, あなたと, あの娘, あまり芝居, いくらかでも, いろんな稽古事, うちきりと, おいでに, おくれたの, おせき, おっかさん達は, お七, お止め, かねて成り, か学校, か盛岡師範, こうしておいで, こちらに, このよう, このわたし, この一年, この婦人, この希望, この幾山河, この言葉, この青磁, ござりまし, ござります, ご自分, さう, させられないで, しかも能楽草創期, しばらく中絶, しばらく戯曲, すぐに, すぐ証明, すでにここ, そうされた, そうして主として, そこに, そこも, その会, その娘さん, その希望, その後津村は, その方角, その時, その本籍地, その村, その編戸, それぎりとなったが緑雨と, それぞれ女の, それまでは, たかだか一〇ヘクトリットル, だんだん激しく, ついに自分, つい戯曲, でさ, ともかく作品, とりあげられて, どうしてもこの, どうしても学校, どうしても泊る, どうにも滞在, どこの, どんなもの, なお一両年稼業, なお触れなかった, なかなか逢えなくなっ, ならだれ, なるべく広く, なるべく当時, なんの, ぬけて, のろのろと, はたしていかになる, はたして楽, はやりにくい, ひどくしらけた, ふつうの, もう少し閑靜, もしすこし永く, もとよりそれどころ, わたくしには, わたしは, われら素人の, イクラ骨を, イタリアまで, エンタシスの, カフエーの, 一〇ヘクトリットルしか, 一つの, 一家の, 一年でなく, 一年ばかり, 一時家庭を, 一部あるいは, 不満な, 中止に, 中退した, 久しく鎌, 二三週間家に, 二十年も, 五千円の, 人々の, 人間性が, 今すぐ, 今まで, 今度の, 今我々の, 今日まで, 仕事が, 他に, 仲の, 会いそびれて, 伯父の, 住んで, 余裕が, 作品を, 八五郎に, 八千兩の, 再勤, 出て, 出京, 初めから, 前に, 動かされるよう, 十分な, 卒業論文銓衡の, 友情と, 取入れること, 同じ語, 問わずとも, 善光寺を, 嘉門に, 四国の, 土地の, 堂々と, 変るん, 外の, 外出の, 外部との, 多計代, 大いに世, 大芝居, 失われたの, 失望し, 女衒の, 女郎屋にと, 嫁に, 安く借り受け, 宗春は, 寺へ, 小奴, 少なからず, 尼に, 帰りは, 帰郷する, 平凡な, 年老いた両親, 延引した, 建ちぐされのままになっていた空き屋敷, 建ちぐされのままになっていた空屋敷, 引受けなければ, 当分あなたにも, 当分あゝ, 当分同居し, 従来最高な, 急に, 急養子, 恐るべき経験, 息子と, 悉く売却, 愚図, 戀心が, 我国は, 或日彼, 散々に, 斬ったという, 断然やめ, 既成作家の, 早く兄, 早く壞, 早速の, 明治政府から, 暮せないのよ, 最も強い, 最初自分が, 最後の, 月々の, 望めなかつたの, 本の, 東京へ, 東海道を, 桂子と, 権門へ, 樺太へ, 次第次第に, 正確な, 此処に, 此方に, 此様な, 死ぬ人間, 残つてゐる, 殲滅戦略の, 江戸焼き打ちは, 河へ, 満州建国の, 濃くなっ, 無期延期と, 父の, 父は, 犬にも, 犬は, 独立した, 甚だお金, 甚だしく拷問, 甚五は, 生まれて, 生別した, 生家から, 當分あ, 疾病を, 療養所を, 発心し, 発表する, 皆それぞれに, 盛大に, 目ざすところ, 目撃者を, 矢代家を, 私が, 私に, 私を, 移住し, 稽古が, 稽古は, 窓を, 結び付けられるの, 結婚し, 結婚の, 綺麗に, 考えては, 考え違いを, 考へたこと, 育てられて, 自分に, 自分の, 自然消滅と, 自発的に, 良民の, 花見にも, 菊五郎は, 落伍者と, 行かれなかったもん, 行方知れず, 行進には, 見つかったの, 見物する, 親しく令嬢, 親と, 諸葛一家, 警察へ, 豪家の, 貴女は, 路頭に, 輦輿が, 近いうち, 追払, 退学した, 退校させる, 連れて, 連判から, 遅刻し, 運べば, 遣り繰りに, 酷く難儀, 野山の, 長くは, 門弟の, 隣りに, 隨分よく, 離れて, 離別された, 離縁され, 青楓氏は, 面白くない, 領主の, 飛びだしたと, 飛行機の, 首尾よく, 馬の, 駄目に, 駿太郎の, 魯に, 鰻が

▼ 事情~ (317, 3.8%)

9 あって 6 あつた 5 あったの, あるので, あろう 4 あろうが 3 あります, ありまた, ある, あるが, あるの, あるよう

2 [18件] あった, あったが, ありますので, あり新潟鉄工所, あるし, おありでしょう, ございますが, ないの, よくわかりません, よく解り, わかつて, 判ったの, 呑込めない, 変って, 変化した, 後に, 手伝って, 顧みないで

1 [229件] あったと, あったので, あったもの, あったよう, あったり, あったろうしさ, あったろうに, あったわけ, あってか, あつて, あらう, あらうと, あらざるに, ありたとい, ありました, ありまして, ありましょうが, ありましょうよ, ありますが, あり公, あり現代ヒューマニズム, あり矢代, あり絆, あるけれども, あること, あるだろうから, あるだろうが, あるであろう, あると, あるべし, あるらしく迷惑, あるん, ある安定, ある様, あれば, あれや, あろうと, いかなる複雑, いくらか違っ, いく分日増しによくなっ, いつまでも, うすうす友人, おありで御座いませう, おこった, おのずから影響, お互いに, お聞き致さず, お話しし, かけて, きかずに, きれぎれではあるが, ここでは, ここ一先ず, この主張, この人, ございまして, ご存知の, すこしは, そこに, それぞれどこにも, それを, だいたいお, ちがいますから, ちがうロンドン, つまりは, どうやら今日, どちらも, ない, ないこと, ないし, ないで, ないので, なかつたとは, なさそう, なんだ, なんにも, なんにも聞かない, はじめは, はっきり知る, ひそんで, ほぼ分った, ほぼ呑みこめ, また日本人自身, また風俗壊乱, まだ充分, まるでお, まるで違, まるで違つて, むずかしかった, むずかしく俄, よくわかっ, よくわからん, よくわかりました, よく分っ, よく分りました, よく判らなかった, よく半蔵, よく弁え, よく知っ, わかって, わからぬうち, わからぬ先, わかりませんが, アラカタ察し, ハハアなるほど, 一切無い, 一変した, 一変する, 一応考慮, 不得要領だ, 之に従って, 事情だ, 事情です, 人間も, 代表的な, 伏在し, 伴って, 似て, 何も, 作用し, 併せ聞いたの, 共に一新, 具申しなけれ, 分かるでしょうに, 分ったよう, 分ったらそれほど, 分つたが, 分つたらそれほど, 判って, 判らずに, 判らず外国人, 判りました, 割合に, 加わり一旦, 区々であったろう, 参酌し, 可有, 各家, 同じからざれ, 君へ, 含まれて, 呂蒙, 呑み込み云, 地境も, 変化し, 大いにあった, 大いにあつ, 大いに想像, 存するという, 安定し, 察して, 察しられた, 察せられないこと, 審らかに, 必要と, 忘れさせるの, 忘れさせるので, 忘れては, 忘れ更に, 想像する, 我国における, 或意味, 打ちあけた, 推察が, 改善し得る, 文化の, 斟酌せなけれ, 新しいもの, 明らかに, 有らうし, 本人へ, 本人を, 条件も, 正確に, 気もちも, 気持も, 沢山有りましょう, 潜在し, 無いのに, 無いよう, 生ずるといふ, 異り, 疾く聞こ, 知らずに, 知らず格太郎, 知らず自分, 知らでただ, 知らないまま, 知らぬでは, 知らぬので, 知らぬ男, 知りません, 私は, 種種考え直し, 糺さず一途, 絆わっ, 考へられる, 聞いたが, 聞いて, 聞かねえで無, 聴こうでは, 肯ける, 能く, 色恋ばかり, 複雑した, 見えて, 親父は, 親身に, 解いて, 解って, 解めて, 解らなかつた, 解りしが, 話さないで, 話した, 語らず夫人, 誠意と, 變り, 通じかねること, 通じがたいもどかし, 進んで, 違いますけれども, 違い娘の, 違うが, 違ったの, 遣る瀬, 酌量された, 頷けて, 顧みずに

▼ 事情から~ (313, 3.7%)

14 して 9 考えて 8 考えると 6 推して 4 見ても 3 推すと, 見て

2 [20件] かんがえると, しても, である, では, ふっとその, むかしの, 云って, 多くの, 察して, 平生以上の, 彼は, 推察し, 男ふたりを, 知己に, 自然に, 見れば, 解脱する, 言っても, 許りでなく, 買入れました此方

1 [226件] いうても, いっても, いなくなって, いまは, いわゆる商売気, おすと, お葉, お貞さん, かくの, きたこと, この二日, この夏, この女, この湖畔, こんな珍しい, しだいに気持, するも, するもの, そうやすやすと, そう呼ばれ, そう変化, そのまま預り育て, その天国化, その差別観, その数, その本来的, その現代化, その頃, それが, それを, ただ利を, ついに今日, つい先ごろ, であったか, であっただろう, であろうと, でございます, でしょう, です, ですわ, で決して, とても芝居覗きどころ, にじみ出したもの, はなはだ遠い, ひどく實利的, ぼくの, まつたく知識階級, みて, みても, もたらされて, もっと広い, やむを得ない罪, よほど理解, わたしは, アンジェリカが, クリストフは, コロンブスは, スパイの, メエトル夫人とも, ルソン島へ, 一日も, 一緒に, 両家は, 中断する, 事実以上に, 云えば, 云つても, 互いと, 人馬の, 今では, 何という, 何らの, 余儀なくされる, 來た, 健吉くんは, 充分に, 全面の, 兩親始め祖父までが, 出版が, 出発し, 刑事巡査が, 初めてわかった, 判断し, 判断を, 別れねば, 利用される, 単行本に, 反對, 受ける制約, 困難と, 困難なる, 国臣の, 圧迫を, 在来の, 壁や, 大方此島を, 女性は, 始まったかと, 完全に, 官費で, 宝石商人の, 家に, 容易に, 察する, 崩壊した, 差し出すこと, 引退を, 強いられて, 彼に, 彼らは, 彼女が, 彼女も, 復一には, 心配を, 必然と, 必然的に, 思ひ見ること, 思ふ半分, 急変し, 惹き出すだろう, 愚かな, 慶長四年である, 成り立たなかった, 戸籍上の, 所謂, 押して, 推察される, 推察する, 播州人ことに, 改めて検事局, 文学の, 文章語が, 新しく強められ, 日々新しい, 明らかだった, 明瞭に, 映画の, 暇を, 朝から, 本当に何, 本当の, 来て, 来る, 来ると, 来る結婚不能者, 桐沢氏は, 止むを, 正しく察せられる, 此家へ, 武士という, 歴史が, 殺人罪を, 氏子の, 気の, 水沢は, 江戸に, 決定され, 泰文の, 消極な, 湧いて, 湧き上って, 火の, 然らし, 独特の, 独立した, 現代人は, 現在が, 生じたこと, 生活方針の, 由来する, 甲州街道を, 申しますと, 発する雑多, 発せられたの, 発生し, 発生した, 益々紛糾, 相談が, 知って, 祐慶も, 私の, 立たしめて, 第二, 米友の, 精神の, 紙が, 素姓の, 経済力も, 結婚を, 絵画が, 総死刑, 考えても, 考えられなかった, 考え合せて, 考へ, 耕作の, 職業を, 脚本を, 自分が, 蒙昧生活の, 見きわめて, 見たらどう, 見ると, 親類の, 言へば, 詩の, 話して, 誘致された, 誤った工藝, 貧乏鬮を, 起こるに, 起ったの, 足下は, 農業国は, 遂に一年後, 過失による, 醸されて, 釀され, 重に, 長女の, 閉店した, 関係が, 頼母子側で, 高氏さまは, 鼓虫の, M子の

▼ 事情~ (151, 1.8%)

4 内界の 3 結びついて 2 あれば, それを, 云うもの, 似て, 其人の, 朝廷武家対立の, 現在の, 相俟

1 [128件] ありのままに, あわせ考えるとき, いうに, いうのに, いきさつで, いつたもの, いろ, お分り下さるでしょう, お察し, かけ離れた形式, からみあって, こうした教育, このさし, この一計, この曲線, すぐれた決意, すべての, するの, そうでない, そのこと, その予想, その国民, その時刻, その経済事情, その臆測, それから犯人, それに, それにつれて, ちょうど殺人, てらし合わせて, とりわけ, なった, なったかも, なって, なると, もう一つ, 一致した, 一般の, 云うには, 云うの, 云う口実, 云ったら要するに, 云った方, 云つても, 云ふ, 互いに応接感動, 今日までの, 代々の, 何か, 作戦の, 僕が, 党の, 全く無関係, 公的な, 切りはなせぬと, 南方の, 博士夫人の, 印刷發達事情との, 原因が, 各版, 同じやう, 名分とを以て, 君の, 和解させ, 境遇が, 境遇の, 外国市場の, 多忙だ, 密接な, 察しられます, 實際とを, 対比した, 対比する, 對外關係の, 己の, 年齢の, 強いられた環境, 彼女の, 彼等青年の, 思うの, 思想から, 性格と, 性格を, 感情とに, 改悛の, 政治観念との, 文物に, 斯る, 旧版の, 時局国民精神総動員の, 時間の, 條件との, 正反対の, 殊にその, 比べれば, 比考し, 比較せず, 民主主義と, 理由が, 環境とを, 生き合う血相, 申しますの, 異なりその, 目的の, 知らねえもん, 社会関係は, 社會生活の, 積極的に, 符合致す, 経過とを, 結合し, 考えなければ, 自殺を, 航海の, 色感との, 行為と, 複合し, 西洋の, 見て, 見ること, 言うの, 計算を, 訊問し, 長崎通詞の, 間違った推量, 関係の, 関連し, 階級的の

▼ 事情によって~ (97, 1.2%)

2 社会の

1 [95件] あるいは傲慢, かもし出された, このお嬢さん, このよう, さらに次々の, そうなった, そのままには, その人口, その行方, それぞれの, それは, とつぜんこの, どうかわかっ, まさに記録簿, やや理解, ゆとりが, ディレッタント風な, プロレタリア文学が, 一も, 一種陰険な, 三四年前とは, 予定を, 二つの, 五十を, 人口増加に, 今は, 例外する, 健吉くんが, 允男が, 分化する, 判断する, 判断すれ, 加減される, 助けられた, 半月形の, 反抗する, 同じこと, 命が, 問題は, 善とも, 国際間の, 変化を, 外国貿易が, 多少でも, 大いに修正, 大いに増加, 妨げられるお, 婦人の, 定まるであろう, 実を, 察すれ, 小学校さえ, 左右されうるであろう, 平均人口に, 影響を, 必ずしも順調, 想像する, 惹き起されたかと, 惹き起された苦痛, 我知らず偽善的に, 或は素朴, 支配され, 日本の, 早く皇化, 暴行罪に, 最も悪質, 最低の, 様々の, 武力の, 民衆の, 父親が, 理論的に, 生ずる人類, 百合子の, 皇位の, 皇室は, 社会意識の, 神経衰弱に, 科学を, 突き崩され, 米友の, 絶えず動かされ, 綜合し, 繁閑が, 自分は, 自我的傾向を, 自由に, 苦役が, 著しく限定, 見得るはず, 資本を, 起る現象, 身に, 都会人の, 面に

▼ 事情~ (57, 0.7%)

2 何かで, 境遇の, 森家の, 理由の

1 [49件] あの家, こちらでの, こまかい意思なぞ, その他の, それは, なにも, または自分, ツツシミを, 人と, 人格や, 収入や, 同君の, 周圍が, 嘆願の, 土着民の, 場合は, 外国の, 大勢は, 娘の, 実家からさえも, 年代に, 当時の, 形は, 径路が, 心靈研究會や, 思惑や, 性格という, 感情が, 拘束も, 政局の, 政治的行動の, 日本全体の, 歴史が, 理由も, 環境に, 甲賀世阿弥の, 知識と, 砲術にかけて, 社交の, 私心に, 空気が, 経緯に, 自分の, 自然的条件に, 行懸り, 裏面に, 輿地誌略の, 道子の, 音楽界の

▼ 事情にも~ (46, 0.5%)

4 通じて 2 よるの

1 [40件] あった, あてはめられる, かかわらずその, かなりよく通じ, かなり通じ, せよ店主, なりますもの, ほだされたので, また諒察, よるが, よるだろうと, 一般学術的常識にも, 人物にも, 何ら冷たい, 依るが, 助けられて, 及ぼして, 向けられて, 因づく, 差異を, 帰すべしと, 拘らず唐, 支配され, 明らかな, 明るいので, 暗くなります, 気の毒な, 無理も, 精通し, 耳を, 詳しいし, 詳しかった, 通じいろいろ, 通じたる人なれども, 通じたる所有, 通じた天下, 通ぜられたので, 通達し, 遙かに, 関係が

▼ 事情という~ (45, 0.5%)

15 のは 11 ものは 5 ものが 3 のが 2 のを 1 おもわぬ沍, こと, のはね, ものに, ものの, ようなかんた, 事情は, 判事の, 奴が

▼ 事情について~ (36, 0.4%)

2 豊かな

1 [34件] お話しなけれ, お話の, お話を, こ, さらに新しい, はっきり見た, ひと通りの, またこの, やはりまだ劉青年, よい参考, より科学的, モーロアの, 一言せざるべからず, 何ら知る, 作家たちの, 全く気がつい, 共同関係でも, 大亀の, 安心せよ, 彼は, 心当りに, 思いを, 探りうる限り, 新しい人間性, 来るロシア人, 直ちにステートメント発表, 知って, 研究した, 私の, 種々と, 考えて, 語る今日, 説明を, 質問を

▼ 事情~ (31, 0.4%)

2 かも知れねえ, からまだ, とすれ

1 [25件] からこういう, からせっかく, からたよっ, からだ, からであった, からタコスケ, から來年, から僕, から唄, から少し, から猶予, か僕, か理解, がそれ, しこう, しその後, し不, つたのだ, という, とすっかり, と思う, と指し, なあ, ね, のを

▼ 事情では~ (31, 0.4%)

3 ない 2 ないの

1 [26件] ありませんか, あるが, こういう本, この感情, この結果, ぜんぜんそれ, そのよう, とうていこれ以上, とても画家, ないが, ないん, なかった, なかったろうか, なくて, なく彼自ら, まんざらどうでも, わたし丈別箇の, ソヴェト政権が, 一向ジャーナリスト, 何れを, 内務省としても, 出席不可能です, 南さんや, 新しい劇場, 私は, 金に

▼ 事情である~ (30, 0.4%)

2 からお, ように

1 [26件] からこそ幾何学, からそう, から並木先生, から十万円, から千差万別, から和算, から和算家, から弥, から方, から死刑, から當時, から自分, から西洋, から誤殺, から颱風, が, がこの, がわし, がヤジロー, ことを, という点, として真に, と分った, にもかかわらず, 其二三を, 故職能

▼ 事情~ (27, 0.3%)

4 のだ, のである 3 んです 2 のか, のだろう, ので, のです, んだ 1 のであろう, ので他, ものです, もんだ, んで, んでさ

▼ 事情には~ (27, 0.3%)

2 通じて

1 [25件] あてはまらぬ, いまの, いろいろ順序, うとくなっ, この遣り, これまで, よくよくの, よく通じ, わかりにくい, 何らの, 何ら関係, 十分理解すべき, 同情する, 同情は, 大分に, 尚も高, 思い到らなかった, 戦争を, 改善の, 気が, 盲な, 立至らなかったこと, 精通し, 触れないよう, 通じ過ぎて

▼ 事情ある~ (26, 0.3%)

2 かは知らざれ, をもって三, 乎

1 [20件] か, がため, がゆえなり, ことを, にあらざる, にもかかわらず, によりてコックリ, によりてコックリ様, に拘らず出す, ものおよび, も今日, も劇場, も縁組, ように, より父兄茲, を以て美術, を見ず, を見る, を見るべし, 者は

▼ 事情により~ (24, 0.3%)

1 [24件] この國民, その国, その変動, われ知らず表面へ, ゴッセンと, 一方に, 人性に, 単身越年を, 商工業に, 大体の, 工業に, 当分休塾する, 彼らが, 性格により, 慣習による, 時と, 決定される, 生活の, 痛切に, 薬品を, 貧民の, 農業資本を, 近似し, 體格風俗等に

▼ 事情による~ (23, 0.3%)

3 ものである 2 ものであり, ものなり

1 [16件] ことだ, ことは, こと最も, ところが, のだろう, のであり, のである, のでない, ものか, ものな, ものに, 一つの, 一種異様な, 不運に, 分化とを, 迫られた苦しい

▼ 事情あり~ (21, 0.2%)

2 てはじめて

1 [19件] げで, げにも, さ, てこれ, てその, て主人, て予, て十年来鴫沢, て必ずしも, て断片, て無, て然, て起こる, とも他, とも必日本, と弁解きた, また多少, や否や, 即ち甲

▼ 事情とは~ (20, 0.2%)

2 根本が

1 [18件] あはれの, かくも, すなわち道具, どのくらい, ならない, もう終り, 二十年の, 人間の, 何ぞ保元, 全く無縁, 大に, 将軍家帰城と共に, 必要と, 抑も, 日本人が, 薄暮夜中の, 言いながら, 身体の

▼ 事情によっては~ (18, 0.2%)

1 [18件] あいつらを, お咎め, かよいでなく入所, この変動, すすんで, どうしても避けられない, 一人の, 修正の, 小児科病院へも, 年々経常費の, 彼らの, 或いは無罪, 搏ちか, 文学的才能を, 無料で, 異常な, 複数であるであろう, 許されも

▼ 事情聴取~ (18, 0.2%)

3 を受ける

1 [15件] なんか受けなけれ, なんていう, のあいだ, のじゃま, の緊張, はその, はなる, も紳士荘, をあまりに, をおかみ, をし, をやっ, を受けない, を同時に, を自分

▼ 事情~ (17, 0.2%)

2 判らぬが, 知らないが

1 [13件] しらぬが, ちっとも知りません, わからないが, 二ヶ月に, 何も, 君が, 梅子は, 横佩家へ, 理由が, 知らぬが, 知りませんが, 話して, 障碍が

▼ 事情でも~ (17, 0.2%)

2 出来たの

1 [15件] あったの, あったので, あって, あつて, あつて家出, あらうと, ありそう, ありは, あるならほか, あるの, なかつたらこの, 全くかの, 明らかである, 生じたもの, 訴えて

▼ 事情との~ (16, 0.2%)

2 間に

1 [14件] ために, 二つは, 力が, 接触摩擦克服の, 日常的な, 時間的一致は, 状態に関しては, 相互的な, 相互関係から, 相関関係についての, 連関なし, 連関に, 関係は, 関係も

▼ 事情より~ (16, 0.2%)

2 推して

1 [14件] ただちに発する, 妄見幻覚する, 察しても, 察すれば, 念ひ到, 推すも, 推するに, 此弊未だ, 生ずるも, 突出したる, 考へまた, 自然未熟なる, 見ると, 言ふも

▼ 事情さえ~ (15, 0.2%)

3 わかれば

1 [12件] あったの, こんなこと, すこしも通信, 分って, 意識できない, 推察し得なかった, 明暸に, 許しますなら, 許すならば, 許せば, 話して, 説明し

▼ 事情などを~ (14, 0.2%)

1 [14件] いつまでも, 了解する, 打ち明けて, 知ったり, 知るといふ, 聞いて, 聞かせられる機会, 訊いたが, 訊ねて, 訴へ, 話して, 話合つてみたいと, 詳しく詮議, 調べて

▼ 事情によ~ (14, 0.2%)

2 つては

1 [12件] つて冷酷な, つて外國貿易船と, つて多少, つて大枚三千円といふ, つて婚姻を, つて家族制度が, つて屡々, つて殆ん, つて残つた, つて特に, つて第, つて輸出國も

▼ 事情をも~ (14, 0.2%)

1 [14件] うすうす知っ, 一度訊く, 多少知つて, 打ち忘れて, 異にし, 知って, 稍細に, 翁は, 考えはっきり, 考へて, 考へない議論, 見聞する, 超えて, 酌量し

▼ 事情あっ~ (13, 0.2%)

2 て一命

1 [11件] てその後, て事, て原籍地, て在学中, て妖怪屋敷, て娘, て引, て拙者, て祖母, て郷里, て都

▼ 事情については~ (13, 0.2%)

2 後に

1 [11件] だんだんあきらか, はなはだ粗漏, ほとんど語らなかつた, デンマルクの, 一々ここ, 世話役らしい, 単一でありません, 梶さんは, 私なりの, 語らなかった, 黙って

▼ 事情です~ (12, 0.1%)

1 [12件] かな, からこの, から何とか, から小, から折角, から私, から誰, から警察, が何, ね, よ, 沢山の

▼ 事情として~ (12, 0.1%)

1 [12件] アルコールに関する, 一生に, 今二つ, 信じた, 地方的団結の, 念頭において, 意識される, 普通で, 横わっ, 現われる, 自然重きを, 都合が

▼ 事情だった~ (11, 0.1%)

2 のである 1 からその, が今, とはいえ, のか, のです, ので又, ので怒り, ので絶えず, んです

▼ 事情などは~ (11, 0.1%)

2 なんにも 1 あまり顧慮, どれも, まだ正確, ろくろく考え, 全然思ひやらず, 少しも, 歴史でも, 知らないし, 蟻田博士以外に

▼ 事情であった~ (10, 0.1%)

1 かも知れぬ, から法学部, か同じ, ことは, ことを, そうな, という, とも考えられる, のです, 所謂ファシズム

▼ 事情とが~ (10, 0.1%)

1 ある, いつもこの, この古い, その原因, マッチしないです, 一時の, 何だか離す, 否みやう, 戯曲とか, 結合し

▼ 事情など~ (9, 0.1%)

1 いろいろな, とうてい思い, どうであろう, ひととおり述べた, 少しも, 御下問, 虫好く, 話しながら, 静かに

▼ 事情なら~ (9, 0.1%)

1 お払い, このお方, これ以上割り切れない, ずいぶん抜け道, なおさら本, なおのこと打明け, 仕方が, 申上げましょう, 養生所へ

▼ 事情において~ (9, 0.1%)

1 ことに田舎, それらの, であった, もっとも重なる, 一変し, 今日私どもの, 少々の, 持って, 闘いながら

▼ 事情に対して~ (9, 0.1%)

1 なおまだ, なすべき格闘, 出来得る限り, 如何云, 寛容の, 新鮮な, 正当な, 殆ど無, 金に

▼ 事情すなわち~ (8, 0.1%)

1 いかなる原因, コックリの, 企業における, 労働に対する, 手と, 父母と, 社会的役割によって, 船賃及び

▼ 事情といふ~ (8, 0.1%)

2 ものが, ものは 1 ことが, のは, 奴を, 妾達にと

▼ 事情に従って~ (8, 0.1%)

1 ひとには, 作られた輸出奨励金, 全部平均を, 十一月までは, 家屋の, 次第に低俗, 民族自立の, 生滅変遷し

▼ 事情をば~ (8, 0.1%)

2 全くアテ 1 再びくど, 再びくどくどしく繰返した, 包むところ, 吾, 問わずして, 御考慮

▼ 事情~ (8, 0.1%)

1 がこんな, だった, であったこと, である, であること, なら柵家, の紹介, もなく

▼ 事情そのもの~ (7, 0.1%)

1 から生じ, であった, である処, に外, の中, を分析, 及びその

▼ 事情なども~ (7, 0.1%)

1 お銀, よく知っ, よく知りあった, 前の, 取り上げられましたが, 知って, 考慮に

▼ 事情とを~ (6, 0.1%)

1 き, わかって, 比較し, 研究すれ, 考えて, 考慮し

▼ 事情なる~ (6, 0.1%)

3 ものが 1 ものの, ものは, を知るべし

▼ 事情まで~ (6, 0.1%)

1 ある, ちゃんと知って, 打ち明けたこと抔, 洩らしたが, 研究し, 語って

▼ 事情やら~ (6, 0.1%)

1 その他万端の, でこんな, また実地, 外国船の, 気象風土など, 玄徳と

▼ 事情~ (6, 0.1%)

1 あらわれて, がどんなに, が発現, は別段, を参酌, を通信

▼ 事情とに~ (5, 0.1%)

1 よりて, 制約され, 因する, 尽きる, 驅られ

▼ 事情においては~ (5, 0.1%)

1 これを, 一つの, 思い出深い遺品, 極めて異, 被害者も

▼ 事情についても~ (5, 0.1%)

1 はっきり見, よく研究, 伸子は, 充分に, 正しい認識

▼ 事情にまで~ (5, 0.1%)

1 つっこんで, 広く多岐, 拡大し, 来た, 連綿として

▼ 事情に関する~ (5, 0.1%)

1 物件など, 知識が, 知識を, 紹介書だ, 限りの

▼ 事情やむを得ない~ (5, 0.1%)

1 からだ, から解散, ことで, のであろう, ので成る

▼ 事情からは~ (4, 0.0%)

1 些か霞, 反対物と, 意味の, 青シャツ隊に

▼ 事情からも~ (4, 0.0%)

1 年齢関係その他からも, 禍される, 筒井は, 自衛の

▼ 事情すでに~ (4, 0.0%)

2 かくの, しかるなり

▼ 事情とか~ (4, 0.0%)

1 そこから, 不和とか, 利益問題とかいう, 憐憫戀愛反抗なぞの

▼ 事情とから~ (4, 0.0%)

2 して 1 大連以外の, 起って

▼ 事情なき~ (4, 0.0%)

1 限りは, 限り子孫は, 限り自分の, 限り赤安山の

▼ 事情なんか~ (4, 0.0%)

1 どうだって, ない, 僕は, 聞かなくても

▼ 事情なんて~ (4, 0.0%)

2 事が 1 ありやしない, 的に

▼ 事情についての~ (4, 0.0%)

1 正直な, 理解や, 私たちの, 考慮によって

▼ 事情にて~ (4, 0.0%)

1 捗どりかね候所, 死せりと, 脳中の, 起こること

▼ 事情に関して~ (4, 0.0%)

1 ひどく無知, 少々手前味噌, 思わぬ知識, 知るところ

▼ 事情次第~ (4, 0.0%)

2 だが 1 でどう, ではむろん

▼ 事情いかん~ (3, 0.0%)

2 にかかわらず 1 によってその

▼ 事情からの~ (3, 0.0%)

1 正当な, 覚悟であっ, 関係も

▼ 事情じゃ~ (3, 0.0%)

1 でとくと, ないか, なかろうほれてるから

▼ 事情その他~ (3, 0.0%)

1 の理由, の環境, よくわかってる

▼ 事情それ~ (3, 0.0%)

1 が民衆, こそ, はのち

▼ 事情であります~ (3, 0.0%)

1 からこの, が特に, ので単に

▼ 事情であろう~ (3, 0.0%)

1 ということ, とも花, と思う

▼ 事情でございます~ (3, 0.0%)

1 からあと, のでもし, ものどれだけ

▼ 事情としては~ (3, 0.0%)

1 何の, 月々医療費を, 私も

▼ 事情とも~ (3, 0.0%)

1 ぴつたり合う, 御存じなく, 絡んで

▼ 事情ない~ (3, 0.0%)

3 事とも

▼ 事情なれ~ (3, 0.0%)

2 ば此方 1 ばなり

▼ 事情~ (3, 0.0%)

1 持って, 能動的に, 頭を

▼ 事情~ (3, 0.0%)

1 やむを得ないこと, 実際やむをえなかっ, 当然の

▼ 事情全部~ (3, 0.0%)

3 を知らせ

▼ 事情~ (3, 0.0%)

1 その暫く, 当人も, 閉口ね

▼ 事情止む~ (3, 0.0%)

1 を得ない, を得なかった, を得なかつた

▼ 事情あくまで~ (2, 0.0%)

1 推察し, 知りぬきながら

▼ 事情および~ (2, 0.0%)

1 これを, 時日の

▼ 事情かく~ (2, 0.0%)

2 のごとくなる

▼ 事情かで~ (2, 0.0%)

1 その手, 自発的に

▼ 事情かと~ (2, 0.0%)

1 判断を, 訊いて

▼ 事情かは~ (2, 0.0%)

2 わからないが

▼ 事情からに~ (2, 0.0%)

1 しろ糸, せよ現在

▼ 事情がら~ (2, 0.0%)

1 のある, を先

▼ 事情その~ (2, 0.0%)

1 以後の, 劣悪さから

▼ 事情だけに~ (2, 0.0%)

1 お君さん, とらわれて

▼ 事情だけは~ (2, 0.0%)

1 一応書きつくしました, 話して

▼ 事情って~ (2, 0.0%)

1 たとえば, 面白いもの

▼ 事情~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ 事情であっ~ (2, 0.0%)

1 て決して, て見れ

▼ 事情であり~ (2, 0.0%)

1 ほんとにお, 条件である

▼ 事情とかを~ (2, 0.0%)

1 書いたいろいろ, 聞かされほんの

▼ 事情とはなんぞ~ (2, 0.0%)

2

▼ 事情なぞ~ (2, 0.0%)

1 ききませんでしたわ, 判っては

▼ 事情なぞとは~ (2, 0.0%)

2 無関係に

▼ 事情なぞは~ (2, 0.0%)

1 まるっきりわからない, 尋ねようとも

▼ 事情などで~ (2, 0.0%)

1 やむを得ず営業時間, 産れ

▼ 事情などについては~ (2, 0.0%)

1 もとより知る, 私らの

▼ 事情などには~ (2, 0.0%)

1 まるで無, 沈黙し

▼ 事情においても~ (2, 0.0%)

1 おそらくそうであったであろう, 彼には

▼ 事情にすら~ (2, 0.0%)

2 疎かった

▼ 事情にとっては~ (2, 0.0%)

1 まことに誇大妄想的拡大, 広すぎる

▼ 事情にな~ (2, 0.0%)

1 つても, つて来た

▼ 事情によっても~ (2, 0.0%)

1 想像される, 非常に

▼ 事情に従い~ (2, 0.0%)

1 適用の, 階級的な

▼ 事情のみを~ (2, 0.0%)

1 あげるならば, 尋ねたがわ

▼ 事情ばかり~ (2, 0.0%)

1 かえって以前, では

▼ 事情への~ (2, 0.0%)

1 劬りで, 希望として

▼ 事情また~ (2, 0.0%)

1 不承認を, 官庫の

▼ 事情やむを得ず~ (2, 0.0%)

1 この小舟, 御前さんを

▼ 事情やむを得ずひとりでにそう~ (2, 0.0%)

2 なった

▼ 事情やむを得ぬ~ (2, 0.0%)

1 ことに, として君

▼ 事情を以て~ (2, 0.0%)

1 するとも, 下士の

▼ 事情其の~ (2, 0.0%)

1 他から, 他も

▼ 事情判明~ (2, 0.0%)

1 したが, して

▼ 事情即ち~ (2, 0.0%)

1 上下議院の, 空間は

▼ 事情~ (2, 0.0%)

1 に同じ, に異なり

▼ 事情~ (2, 0.0%)

2 せざるは

▼ 事情幾重にも~ (2, 0.0%)

2 御推察

▼ 事情探索~ (2, 0.0%)

1 の上, の胸算夫

▼ 事情~ (2, 0.0%)

2 合して

▼ 事情通覧~ (2, 0.0%)

1 である, にも書い

▼ 事情関係~ (2, 0.0%)

1 です, によりて進化

▼1* [246件]

事情ああその事情, 事情あたかも火を, 事情あつて私, 事情あらざるや否や, 事情あらんや, 事情ありしが故に, 事情ありましてあの, 事情あれどジアン・クリストフ, 事情いづれも定か, 事情いやむしろ証拠, 事情いろいろな条件, 事情うらぎり者の, 事情運び下さる, 事情お話しくだされますよう, 事情かにより依然残存, 事情かのうちに, 事情からか安ければ, 事情からこそその理論的分析, 事情からだけ起りうること, 事情からばかりでは, 事情がははアと, 事情きくとそら, 事情こそ實に, 事情こそが時として大きな, 事情この人生の, 事情こまごまとしかも, 事情ござって当, 事情ている, 事情しからしめた故に, 事情しらせとでも云っ, 事情すべての証拠, 事情そこに動い, 事情それぞれの事情, 事情それらのもの, 事情どんな事情, 事情だけで即ち, 事情だけから考えると, 事情だけが切迫し, 事情だけできめられるの, 事情だけをきかせて, 事情だったらしいのでございます, 事情だつたので自殺, 事情だの母の, 事情だろうと結婚, 事情やない, 事情つてどんな事情, 事情つてものがある, 事情つぶさに言上し, 事情つまり何人かの, 事情でありましたら私は, 事情であるならば然, 事情であれば尚更, 事情でございましたので事件, 事情でさえある, 事情でしょうか, 事情でないことは, 事情でなくなって来, 事情でなければならない, 事情とかがわかる氣, 事情とかの制限が, 事情とて又一方, 事情とでこのごろの, 事情とともに書籍の, 事情とによっていくらか違うであろう, 事情とりわけ家族その他の, 事情と共に私には, 事情どうも万吉の, 事情どちらもよく, 事情なかんずく晩婚の, 事情なくして, 事情なぞを私が, 事情などからどんな必然, 事情などについても別段隠す, 事情などの為に, 事情ならびに社会思潮に, 事情なら聞かなくてもいい, 事情なり生活なりを, 事情なりがなければ, 事情なりの環境とかいう, 事情なりを書くの, 事情なんかも聞いて, 事情なんぞ出版の, 事情についてのみは語ること, 事情にばかりさう心, 事情によってか腕相撲で, 事情によってかは私には, 事情によってのみ存在させられつけ, 事情によるかはこれより, 事情によるはもちろんその他種々, 事情によるばかりでなく概して, 事情に対する準備が, 事情に従っての現実的な, 事情に迄及ぶどんな, 事情のほどまた御, 事情のみでは, 事情のみから歸納した, 事情のみに基くの, 事情はわちきたち, 事情ばかりが凡ての, 事情ばかりもあろうが, 事情ひいて諸国, 事情ほどかかる生産, 事情まことにやむを得ません, 事情まさしくわが国の, 事情まったくやむを得ないと, 事情までは分って, 事情までもわかりやすい, 事情ままにならない, 事情もって見るべからずや, 事情やなんかでどうしても, 事情やみ難く幕府, 事情やむなく書き残して, 事情やむをえずと認める, 事情やむをえないことでした, 事情やむをえんから処決, 事情やも日本の, 事情やらの爲に, 事情やらを話し出した, 事情ゆえその罪悪, 事情ゆえ特別を以て何卒, 事情よりか忍耐と, 事情よりはある一定, 事情よりも一大事だ, 事情わけて叱りつけ, 事情をこそ讃歎し, 事情を通じて事件を, 事情ガ背徳ニセヨ又, 事情ヨリ推察スルニ怪施設ハ大部分完備ニ, 事情一つを考え, 事情一切を忘れ, 事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 事情一般が切迫, 事情万端数ヵ月のうち, 事情三冊を読んだ, 事情上お断りするより, 事情上下二卷の出版, 事情におけるアイヌ, 事情相分に, 事情不明のためストライク・ブレーキング, 事情不案内な外国, 事情に隠れ, 事情世界国尽しの如き, 事情には全然, 事情二三の時日, 事情二二%は意外と, 事情互いに相助け, 事情亡命老家庭教師, 事情交通の便否, 事情人心の帰趨, 事情人間らしくないすべて, 事情仕事の氾濫, 事情の理由, 事情て知るべし, 事情以外にも何で, 事情以後の著, 事情伝統的習俗の上, 事情ひは, 事情何卒あしからず御承知, 事情健康状態を考慮, 事情充分あり, 事情其他あらゆるもの, 事情再びロンドンに, 事情切迫につき, 事情利根河畔の衝突, 事情反乱の下, 事情の如く, 事情合いには精通, 事情同一なるよう, 事情周囲の風潮, 事情因習に対する断乎, 事情困難をそれ, 事情国内的国際的関係によって, 事情境遇心理を有, 事情変化を考, 事情如何によつて, 事情の女王, 事情嫁姑の問題, 事情学校の不平, 事情学閥などについて知り, 事情実にかくの, 事情宮家にお知らせ, 事情の事情, 事情容貌風采ことごとくを, 事情審査の上人民, 事情対策が論ぜられます, 事情屋島平家の背景, 事情を得ない, 事情已むを得ざる, 事情庶民の生業, 事情従来のプロレタリア文学, 事情諒承ねがいます, 事情御存知ないの, 事情心情如何にあろう, 事情悉皆聞いたわ, 事情憐むべきものがある, 事情或は条件の, 事情あけて, 事情打ち明けても許し, 事情推定による嫌疑者, 事情文化のあり, 事情文学の機運, 事情斟酌の上, 事情既にかくの, 事情明々白々なりいかにも, 事情明かならざれば辭退, 事情是非のない, 事情普通の営利主義, 事情本人の趣味, 事情条件というすじ, 事情の如くなれ, 事情歴史的諸事情, 事情んど, 事情殊に英吉利の, 事情のきびし, 事情法制関係政治事情は夫, 事情混乱して, 事情状態がもとより, 事情環境の異, 事情生存感情の推移, 事情異国の事情, 事情疑いを挟む, 事情発病のため, 事情百般を唯, 事情知っててくれる, 事情知らずのその, 事情知らせて進ぜる, 事情知らぬ人の, 事情研究の史料, 事情種々複合し, 事情空間表象の根源性, 事情紛紜に際し幕府, 事情紹介の本, 事情経済事情がまだ, 事情自分が店, 事情自由な空気, 事情自白に至る, 事情衣食住女性の生活, 事情複雑であって, 事情解禁の經濟界, 事情話して著, 事情説明の文章, 事情責め問いいたしましたるところ, 事情起る等にて, 事情足利家としてあらわ, 事情通縦横の文藻, 事情風物をも責めず