青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中将~ 中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~ 中野~ 中間~
丸~
丸い~ 丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公

「丸~」 8182, 81ppm, 1375位

▼ 丸~ (1379, 16.9%)

14 中に 13 丸彦は 10 ような, ように, 甲板に 9 すがた, 顔を 8 甲板の, 身を 6 声が, 姿は, 手を 5 手に, 船長は

4 [11件] ことを, ほうへ, 中で, 中へ, 前へ, 姿が, 方が, 田圃の, 甲板から, 船員が, 運命は

3 [28件] ぐうりんだいのぽんぽこぴいぽんぽこなの長久命の, ことで, ために, なかに, まわりを, 乗組員の, 事務長の, 入港を, 前に, 受話器に, 国の, 声は, 後を, 手が, 方へ, 沈沒と共に, 秘密を, 舷側に, 舷側を, 船員は, 船室の, 船室を, 船長が, 船長の, 荷役の, 行方を, 言葉の, 頭上を

2 [104件] あとを, うえに, からだを, ことが, ことには, ところへ, ままの, やうな, ようすを, よだれかけに, 一件だ, 一党が, 一部を, 上で, 上に, 中には, 丸彦が, 丸彦に, 二度目の, 人たちに, 側へ, 元服を, 入港つたのは, 危急を, 名はか, 名を, 命令一下に, 声である, 声と共に, 太刀を, 姿を, 字を, 家へ, 幕下でも, 御殿は, 御能, 心の, 必死の, 態度は, 所在を, 手の, 手へ, 手廻りの, 新調のよ, 最後, 村越の, 柄を, 様子を, 水夫であり, 水夫は, 沈んで, 沈沒, 沈沒の, 沈沒を, 法螺は, 無電室は, 父である, 物より, 甲板で, 甲板には, 甲板を, 甲板上を, 白状, 真似を, 眼は, 眼を, 紙箱を, 縄を, 老父が, 者なら知っ, 背を, 胸へ, 脇差を, 臂を, 舳先には, 船上に, 船体が, 船影は, 船長で, 船長と, 船長を, 荷役に, 荷役を, 袖を, 言葉が, 言葉を, 身は, 身辺に, 連中が, 部屋にも, 金塊ひきあげ, 長谷川船長は, 面を, 頭の, 額の, 顔が, 顔に, 顔へ, 首は, 首を, 香炉は, 香爐は, 駕籠を, 鼻の

1 [924件 抜粋] あいだの, あの座敷, あの賑わい, ある煙草, いおうと, いたましい姿, うえまで, うしろから, うしろへ, うちと, うちという, おどろきは, お気にいりで, かこども, からだは, ことこっちの, ことは, ことばは, ことも, ころがりだけが, しゃれた形, すぐそば, すぐ手前, するどい切ッさき, そうした言葉, その時, そばの, そばを, ちいさな影, ついた文字, ついてる一種, とき舷側を, どこに, のめりに, はすに, ひとみに, ひょうばんは, ひらめきが, ふたりであった, ほうに, ほこりは, まえに, まえへ, まえまで, まきあげ機, ままよく, ままテンピの, まま一羽の, まま三つ許り転がされ, まま今の, まま入れ, まま塩を, まま皮を, まんなかには, ものだった, もののみ, ものらしい, やつばらが, やつらが, ゆくえを, ゆるしが, ようすは, ような光り, よろず大人び, サルンの, セーラーが, デッキさえも, ハイボール, ボート, ボートだろう, マストの, ヨソイキの, 一刀を, 一喝, 一条ヘチヤモクレ御, 一流の, 一番痛い, 一等船客たちの, 一等船室から, 一羽雁であった, 一角を, 七歳の, 万両分限村越峰右衛門様, 万兩分限村越峰右衞門の, 三字さえ, 三等運轉士たり, 上であれ, 上の, 上を, 下で, 下船者を, 不幸であった, 中にも, 中を, 中央に, 中毒事件が, 丸彦か, 丸彦とは, 丹下左膳, 主従が, 主従は, 乗ったあと, 乗員で, 乗客バード, 乗組員たちが, 乗組員です, 乗組員は, 乗組員を, 事件, 事務長は, 二十三人が, 二回目の, 二等料理人の, 人々が, 仕事としては, 仕事に, 仕事の, 仕業に, 伝馬も, 住む岩石ヶ城, 体へ, 作にて, 使の, 例も, 保険金で, 修理成っ, 側面前方約, 偽沈没, 像や, 儘の, 兄で, 光であった, 入港しない, 兵は, 内命であっ, 再生と, 冒険奇譚には, 冷光をよ, 処に, 出帆の, 出立こそは, 出迎えに, 出這入り, 刀である, 刀に, 刀包みであろう, 刀身から, 分地も, 切ッさきが, 切ッ先に, 切先で, 前へで, 前甲板, 剣身に, 効き目が, 勇気を, 包みを, 千人斬り, 危険を, 原料として, 友なる, 取り戻し方, 口から, 口吻であろう, 古跡です, 右手は, 右舷に, 合せ目まで, 合印の, 同情に対し, 名に, 名刀が, 名刀を, 呼吸を, 命を, 命乞いに, 唇へも, 啖呵は, 器量を, 四ツで, 図体が, 国旗の, 場内放送エンタツ, 塚の, 声で, 声にて, 声音に, 外が, 外に, 多い日, 夢を, 大刀, 大得意, 大樹の, 太刀に, 太刀足を, 奴は, 好奇心は, 妹の, 姿であった, 姿も, 子は, 字なし, 字の, 守り刀, 安否や, 実験室が, 客室に, 客室係を, 家は, 宿命も, 寢る, 小さい影, 小紋を, 小袖の, 居るのに, 左方を, 左舷船尾の, 巨体が, 幕の, 幕下小幡民部また, 幼立から, 広告に, 広縁の, 建造や, 引力により, 形勢などを, 役を, 後姿が, 後甲板, 御佩刀を, 心と, 心を, 忠実な, 怖, 急変を, 恥辱でしょう, 悲鳴する, 惰力が, 意識は, 態度を, 憂いを, 所在も, 扇の, 手によって, 手下に, 手勢が, 手勢は, 手紙を, 持った血染め, 指して, 指図で, 探照燈, 提灯を, 揚げた爆發信號, 支配下に, 故か, 故障の, 数を, 方に, 方も, 旗本, 旗誌を, 旧宅と, 明察に, 昔から, 晃刀梁の, 晴子を, 最後の, 最高速度を, 望みは, 木山船長は, 本身たる, 本陣へ, 本陣雨ヶ岳を, 村越峰右衞門の, 来島運転士を, 枕許から, 枕頭の, 梅模様だった, 検疫が, 楽屋べや, 横ッ腹を, 機嫌の, 機密を, 機関部という, 檣の, 檣上檣下船首船尾右舷左舷に, 櫓も, 歌と, 武士の, 武士を, 歯の, 死の, 母の, 毒の, 水夫たちは, 水夫へ, 水夫を, 水夫達は, 水夫長が, 水夫頭が, 沈んだの, 沈んだ跡, 沈沒に, 沈沒以來十數日間は, 沈沒當時の, 沈没と共に, 沈没は, 法蓮房は, 法螺でない, 法螺の, 泣いて, 洋杖で, 消息を, 深い巧計, 漁を, 漁屋の, 灯も, 炉辺に, 焚料炭三百トン積込み, 無心な, 無電室から, 煙筒を, 爆沈事件の, 父でござる, 父では, 父の, 父親は, 物に, 特別三等船室に, 犯人探し, 独り勝手な, 独唱が, 現場で, 甘い実, 生国に, 用達を, 甲板では, 甲板にて, 甲板も, 留守に, 発見した, 白髪首を, 皎身に, 盃には, 目には, 目は, 目方は, 看板を, 真向より, 真面目が, 眷族の, 眼が, 眼には, 着く埠頭, 着物を, 知らせを, 短剣だ, 砦は, 砲手死んだ, 破片とともに, 祖母, 祭礼へ, 立ち去った後, 童僕ふたりに, 竹下船長は, 笑いは, 筆者葉山嘉樹君に, 素振, 細君が, 縁に, 美麗なる, 耳に, 聲で, 股を, 肩へ, 背後へ, 胴の間へ, 胸に, 胸板へ, 脇船へは, 腕から, 腰について, 腹に, 膝下に, 臥床の, 舞姿に, 航海には, 航海数は, 舵を, 舷に, 舷側へ, 舷梯へ, 船ばた, 船上には, 船内には, 船出ゆえに, 船員と, 船員を, 船客と, 船客も, 船室に, 船尾の, 船底へ, 船影を, 船橋には, 船腹では, 船腹は, 船腹近く漕ぎつけ, 船長, 船長から, 船長さ, 船長だった, 船長でなきゃ考え出せねえ, 船長や, 船長室な, 船長竹内氏の, 船階子を, 船頭が, 船頭として, 船首は, 艦材を, 若者なかなか, 苦悶する, 草鞋の, 荷役も, 菩提を, 落とす雪, 蒲團に, 血書の, 血流しを, 血管の, 行方について, 製造工場に, 襟もとへ, 覗いたの, 言葉で, 言葉は, 許しを, 評判は, 詮議見たい, 話と, 話を, 語り物を, 語調は, 諜者に, 足が, 足音である, 踊りが, 身がらは, 身に, 身には, 身や, 身内木隠, 軍は, 軍勢の, 返辞たる, 返辞に, 退治三代田村の, 進航しつ, 運転士来島とが, 遭難は, 遭難事件の, 遺物と, 重要な, 野郎へ, 金塊が, 金塊を, 銘刀を, 鏡身を, 長沙, 閃鋩眼前三寸の, 間者が, 附け紐, 陣した, 陣地を, 除り, 隠れ家に, 難破し, 面体を, 鞘を, 頬を, 頭を, 顏に, 顏を, 顔の, 類の, 飛閃, 養育に, 首が, 首と, 首の, 香炉, 香爐至つて小さい, 駄弁を, 駕籠の, 高級船員だった, 鬼一法眼であった, 魯鈍そうな

▼ 丸~ (1052, 12.9%)

10 綱手の 9 眼を 6 刀を 4 微笑し, 身を, 鍵の

3 [11件] それを, だかに, よろめいた, 沈没し, 牛の, 私の, 自分の, 草の, 顔を, 首を, 驚いて

2 [50件] いよいよふしぎ, うなずいて, かれの, しきりに小さな, しずかに, しばしば飛ん, そう思い, そう決心, だか, てんぐの, ひたすら北, ひとりで, 上機嫌で, 二の, 今は, 何かしら, 僕の, 元来た, 千代松に, 右手に, 哄笑した, 喜んで, 四辺を, 声も, 夜の, 太刀を, 少し大きく, 少し小さく, 後を, 心の, 手を, 打喜び, 新造の, 日本海に, 木像の, 歩いて, 父の, 町で, 神の, 秀吉に, 綱手を, 肩を, 蒼白な, 親分も, 近江の, 都へ, 鏡を, 静かな, 鷲郎と, 黙って

1 [882件 抜粋] あえてもとめよ, あたかも大手, あの四角い, あぶみ, ある時, あれに, あわてて, あッと, いかにも嬉し, いかに彼, いそいで, いった, いつか殺されよう, いつもの, いまこそ, いましも, いまやっと, いよ, いろ, うなだれて, おさなくし, おづ, おり, お駒, かくして桟橋, かんがえた, きげん, きらびやかな, くやしげ, ぐんぐんと, けんめいに, こうして時々, こう丁寧, ここから, ことし十三歳, この叔父さん, この港湾, この至誠, これが, ころころと, さらに心情, したたか鉄斎, しばらく物, しんしんと, じっと深雪, じっと腕組, すぐ口輪, すべるよう, そうして最後, そう叫ぶ, そのおり露西亜政府, そのまえ, そのままオイオイ, そのまま海賊, そのまま緊張, その一本, その下あたり, その刀, その哀れ, その子孫, その島々, その時, その時刻, その腹の中, その船体, その説明, その辻木, その電文, それからのち, それが, それでも足, それまで, そんな愚か, たいまつの, たしかに渡しました, だかだの, だかと, ちょッと, ちらっと横, ちりほども, つい何処, とうとう沈ん, とっさに, どうして何, どうする, どこまでも, ないぞ, ないの, なおも四, なぜか, なるべく多く, なんに, なんの, にべも, にわかに立ちあがった, はからずも手, はじめて口, はっとした, ひたすら帰途, ひと晩の, ひどく熱, ふたりきりに, ふたりを, ほんぜんと, ほッ, まえから, まず慇懃, まず見廻した, またここ, またも, また外洋, まだちょっぴりしか, まだ死なぬ, まだ若年, まったく夢, まるで浮腫, みるみる悲惨, めずらしく苦い色, もうとっくの, もう一度根気, もう甲州攻め, もつと, やって来たが, やにわにガバと, ややあっ, やや暁, やられた, やんごとない殿上人, よい風, よかったです, よくお, よく雪隱, よろこぶ色, わざと刀, わずか四分のち, わたしの, われのみ, アデン灣を, ウラジオ港を, ガックリと, ガロウニンの, グ, ググッと, グツと, コマ皇子の, シク, ジタジタと, スルスルと, ソロリソロリと, ツカツカ書棚の, ドイツ在留の, ドンと, ニッコリし, ニューヨークといった, ハッタと, ハンブルク行の, ホノルルを, ボルドーに, ヨナ, ヨナを, 一と, 一同に, 一時左膳の, 一晩港外に, 一生を, 一藩の, 丁ど, 丁度岸壁, 七十二囘の, 七日には, 三井寺山の, 三千三十噸の, 三回も, 三百余名を, 下座に, 不安そうな, 不審し, 不平らしい, 不意に, 中世風な, 丹波に, 主人の, 主家に, 久しい前, 乗客が, 乗客の, 九ノットの, 乱刀の, 二人で, 二階の, 云った, 云つた, 五十メートルほど, 五日ばかり, 些少驚いた, 京都の, 今ごろ何処, 今や我が, 今や立浪跳つて海水淺, 今年十二で, 今朝四時に, 休み場所黒丸は, 伝馬船と, 佇んだまま, 低く鋭く云った, 何ういう, 何か, 何の, 何んだ, 何時の間にか父, 何時の間にか甲板, 例の, 俄に, 信ぜられないかの, 信長一鉄の, 俯向きながら, 健気に, 優美な, 兎も, 入ってねえ, 全身に, 六年前に, 兵道家の子として, 其の修驗者, 再び独眼片腕, 刀の, 切りに, 初陣を, 別に錨, 前には, 動かなかった, 勝手に, 北緯五十一度五分の所まで, 十六反の, 千トンあまりの, 千葉県の, 半兵衛重治に, 占守島と, 原来, 又そいつ, 反射的に, 口が, 叫びを, 同じく吉竹船長, 同時に無籍丸, 周囲を, 呵々と, 呼吸を, 唯にこにこ笑つて, 四方から, 埠頭を, 境江角間を, 声の, 声を, 夢かと, 大きな声, 大きな腹, 大きな葡萄, 大口開け, 大沸かし, 大袈裟な, 天下知名の, 失望した, 女の, 完全に, 実に巧, 室浜の, 宵からの, 寛永十二年七月従四位下侍従に, 審し, 対面無用といった, 小さい声, 小さい矢, 小ひ, 小半町も, 小太郎に, 小太郎へ, 小学中学からの, 小幡民部と, 小袖の, 左手を, 巨船の, 己の, 帯を, 年下の, 広田湾と, 庄吉の, 庄吉を, 床几を, 廊下に, 当地を, 影も, 後をも, 後藤庄次郎引受くれ, 徐々として, 得意気に, 御殿女中一本の, 心からよろこばし, 心ひそかに, 心中感心した, 心細さ, 怒鳴りつけた, 思い切って, 思った, 思つてゐた, 思ひ出した, 思わずおおきな, 思わず腕, 急に, 恙なく, 悠々と, 悪魔の, 悲しい呪わしい叡山, 意外に, 感じた, 感心した, 感激した, 慄然として, 憑かれた人, 或る, 手ぶらで, 才智に, 技術の, 折れた帆柱, 撃沈されなけれ, 擽つたさうな, 政界の, 敵艦に, 斯る, 日ならぬ, 日本外史が, 旦那の, 早や, 早速のり, 明に, 明日の, 暗礁に, 暫く人々, 暴れまわる, 最早叶はじ, 有名で, 朝早く, 木へ, 本部島の, 来なかった, 松島の, 板の間に, 某の, 桟橋へ, 森徹馬へと, 森源三郎が, 横浜へ, 横浜港外に, 機関の, 欝陵島の, 欲に, 歩み来て, 死んで, 残念な, 母と共に, 比類の, 気づかわしそう, 水にも, 水産講習所, 沈みますし, 沈没した, 沈没の, 沖合ひ, 波を, 浜松の, 浮藻を, 海そうめん若布などの, 海図に, 深く点頭い, 深雪を, 清坊と, 港内には, 滑らかに, 潮, 灯を, 無事に, 無念に, 無気味に, 父ににて, 片手を, 牙を, 物珍らしい, 狡猾な, 独りで, 狭い暗黒, 王子である, 生きて, 用事あり, 男の, 畳へ, 疲労と, 発動機を, 発見されなかった, 百姓上りの, 盗ッ人仲間の, 目的の, 直ちに警戒, 直線的に, 眉目を, 眞ともに, 真顔に, 眺めやりて, 矢の, 石灰を, 破鐘の, 私たちを, 穴山の, 空馬の, 穿つたこと, 窪地の, 立ち上がり野路, 立ち上ったが, 竹童かえる, 笑いながら, 答えないで, 紀州の, 絶叫し, 続けさま, 綱手と, 綱手も, 罐詰を, 美保の, 老師の, 考え込んだ, 聞いて, 聞くと, 背中を, 胴の間に, 脇差を, 腕組を, 腰の, 腹掛を, 膝も, 臺所の, 舟の, 舳先に, 船員全体の, 色も, 芦の, 苦々しそう, 茲に, 荷役を, 萬山の, 落胆した, 血刀を, 衛兵一百人と, 衣裳を, 袖を, 褒めるの, 西東だに, 見る見る大きく, 見取図を, 覺えず叫ん, 諏訪栄三郎の, 謡曲としても, 谷の, 豚の, 貨物を, 貪慾な, 賈家濟世老店より, 走りつづけて, 趙雲の, 躓いて, 躱して, 返辞を, 逓信省命令航路の, 遂に徐々, 遅いなあ, 遊びざかり下は, 遠くへ, 野獣の, 鋭く叫ぶ, 鋭く庄吉, 鏡の, 陸に, 隆ちゃん達ちゃんに, 雀躍し, 雑木を, 雪に, 静かに, 音も, 頑是ない, 頬へ, 頭を, 頷いた, 顔いろ, 風呂場へ, 飲食店半, 馬から, 馬の背に, 高架桟橋の, 鳳輦の, 鷲郎に, 鷹揚に, 黙然と威

▼ 丸~ (490, 6.0%)

4 手に, 書いて 3 こしらえて, つくって, 取りあげた, 呼んで, 描いて, 秀吉の, 見た, 連れて

2 [21件] きッ, つれて, はじめ幕下の, 中心に, 入れて, 帯し, 引きつけて, 撃沈し, 書こうと, 殺して, 沈没させた, 狙って, 目掛けて, 睨んで, 見て, 見ると, 調べた, 迎へる, 附けて, 顧みて, 首に

1 [416件] あずかって, あっぱくする, いつも切らさず, いふ, いれて, うけそれ, うけとった岩下, うけ左の, うった見出し, うばいとって, うばわれたこと, おいた襖, おさめるつもり, おとりに, おのれの, おもふ, お所持, お手, お手もと, かいた, かいた男, かくまって, かしらに, からめて, ぐるっととりまい, げんじゅうな, こしらえられて, こめおきたるなり, こめて, こもごも抛, ごてって, ご陣屋, さがしださずに, さがしだそうと, さげたまま, さしなおして, さすに, さらって, しごく間, しずめようと, したてて, しばりあげた, すぐ打首, すこしずつ, すゑました, せんとうに, そうやすやすと, そこへ, その一カイリ沖, そばに, それへ, たすけて, たすけなければ, たすけに, たずさえて, つかませても, つかまへて, つかんで, つけたある, つけたり線を, つけて, つとめ養父菊五郎, つなぐ曳索, つれてさえ, とらえて, とりまいて, どうした, どう思う, どこに, なかに, にくんで, にらみかえして, のこして, のもうと, はじめあまたの, はじめあまりの, はじめその他の, はじめと, はじめ他の, はじめ忍剣も, はじめ苦境の, はなれた, はらいつけたの, ひかえさせた, ひきだした, ひきよせて, ひき抜いたが, ひだりの, ひっつかまえるよう, ひっつかんで, ひねった紙包, ひろい果心居士, ふりかぶったまま, ぶっちがえ, まりの, まン中, みなと, むかえて, めがけて, めぐる, もつ隻眼隻手, やること, よこして, わが背, わたして, わたしに, わたすもの, シーナイフで, チャーターし, 一体どこに, 一室へ, 一撃の, 一時こうして, 三發までも, 下さつたこの, 中心と, 久子は, 乗り切る事, 乗棄てた, 事もなげに, 二番に, 亡き者, 仔細に, 付け, 付けた, 伊賀から, 伴れ, 何者かに, 作った, 作って, 作つて見せ, 作らせいざ, 作り上げたの, 作る時分, 佩し, 佩受した, 使いに, 使用する, 供に, 偽って, 傷つけること, 元祖と, 入手しよう, 出して, 出て, 刑した, 力まかせに, 助けること, 勇士猛夫の, 千粒ほど, 半分信じ, 去ったばかり, 収め得たもの, 取って, 取りあげんもの, 取りなおした, 取りに, 取り出しこれ, 取り戻して, 口に, 叱つた, 呑まずに, 呑む勿, 呑んだり, 呑んで, 味方につけ, 呼び出した, 呼ぶといつて, 呼ぶ声, 呼べと, 呼んだという, 啖って, 啖つて路傍に, 喜多六平太氏方の, 喰い渇するとき, 喰って, 嘲弄つ, 嚇しつけて, 地上に, 埋めたり, 売った, 売って, 失ひし事, 失敗っては, 奪い去られた栄三郎, 奪い取った, 奪い返したのち, 奪おうと, 奪還し, 奪還しよう, 妾の, 守って, 守る者, 宮の, 宮内の, 射つべしという, 射殺せし, 射込もう策戦, 将と, 小手招き, 岩かげに, 左手に, 左膳に, 差した栄三郎, 帯びた一, 平泉まで, 幾つも, 庇って, 庇ふ, 建造し, 弄する, 弄びゐたるがその, 引き抜いて, 引き留めようと, 引っさげて, 引出さうと, 弟子に, 強く振り, 強姦した, 彼處の, 待って, 徴發し, 心の, 思わすよう, 悉く信用, 惜しまず木石, 所持し, 打ち首, 投げたり, 抛りこんだ, 抜きはらって, 抱きこもうという, 抱き上げて, 抱き起し耳, 押し売りされ, 招じた, 持ちなおして, 持ち出したこと, 持ち出したな, 持ち出して, 持ち込むこと, 持って, 指揮せん, 挟み後向き, 捕えたと, 捕縛した, 捜す探偵, 掃き居たり, 掌に, 掘り出して, 掘り出し夜泣き, 探さうと, 探して, 描いた, 描いたり, 撃沈され, 擲つ如し, 擲てり, 放つこと雨, 救わないの, 斃した, 斬ったとか, 斬って, 斬る太刀とり役, 明けわたし, 暗闇を, 曳船し, 書いた, 書いたの, 書いたり, 書かなければ, 書き頼宣の, 最後に, 本部島の, 村中し, 染めたダブダブ, 染め抜いた更紗蒲団, 栄三郎からは, 根こそぎ巻きあげ, 桶に, 梅雪入道の, 棄てて, 棒で, 棒と, 検番に, 構えて, 横たえて, 横奪, 樹下に, 次から, 正行と, 此港に, 残して, 殺さないまでも, 殺した対手, 殺す何, 母の, 池の, 沈めに, 浮かべるに, 浴びるたび, 源十郎の, 漸く三発, 火事装束の, 為造に, 無断で, 無法な, 狙つて居る, 獲たこと, 現はせる, 産んで, 用いたこと, 用いられたの, 申し受けるが, 目がけて, 目標に, 相手に, 眺めて, 眼に, 睨み付けた, 確と, 磨いた, 磨かないん, 私の, 秘して, 移しまた, 種に, 突き上げるといふ, 突き出した左膳, 突き刺した脇差, 突くの, 窓の, 笑顏で, 籠めて, 粉韲したる, 納めの, 組んだだけの, 緒に, 縛って, 繰返へ, 置いたという, 置いた国旗, 背負わせるとの, 膝近くまねき, 膝近く引きつけ, 苛めに, 苦しめたくなかった, 苦しめたくは, 苦しめた妄想, 蒼海で, 蔵し, 裁く, 裁縫稽古場に, 襲撃し, 見たと, 見つ, 見つめた, 見つめて, 見るよりも, 見上げて, 見上げながら, 見事に, 見捨てた, 見送り入港, 見逃しちまったの, 覗き込んで, 親船へ, 解約し, 討ったあかつき, 討って, 討つ, 討取ったぞ, 訪問する, 試運転の, 誘惑し, 説くくだり, 買って, 越して, 蹴りまた, 蹴上げて, 転がし出す, 較べて, 轟沈した, 込みいた確証, 迎へ, 迎へて, 返して, 返すと, 逃がすな, 造るもの, 連れ出した, 遣し, 遣わされた, 選んで, 鈴川庭内の, 鈴川邸内の, 鎖に, 長い間, 長門沖まで, 附けた, 降した, 除かんとして, 集注する, 雨あられと, 雷撃した, 鞘ぐるみふりあげる, 鞘に, 飜弄した, 食ふべし, 飲みたいと, 養子として, 養子にとは, 驚かした軍艦, 黄に, 龍太郎に, 龍巻の

▼ 丸~ (479, 5.9%)

8 違って 6 忘れて 5 別な, 夢の, 子供の 4 違ふ 3 人間が, 分らなかつた, 反對, 忘れた樣, 日本へ, 違つてゐる

2 [23件] あつた, これは, ござります, 一則も, 別々の, 別世界の, 別人の, 北海道に, 変って, 女が, 常識の, 御人, 意味が, 沖へ, 消えて, 狐に, 眼中に, 知らずに, 知らなかつた, 神戸を, 要領を, 違った何とも, 違つてゐ

1 [382件] あなたに, あなたの, あの山, いて, いよいよ彼, お乳, お国表, お忘れ, お馬鹿さん, こちらの, このニーナ, この阿波, これまでのと, さかんに, さア, しろ物, その名, その船長, その趣, ちが, ちがう, ちがった人, つかない, とんでもない, どれが, はたの, ほんとにあの, まだ広場, め, めちや苦茶にな, ゆるんで, わやに, アメリカから, アラスカの, イルミネーションみたいに, ゴムの, バチルスの, ピッタリ足, ヨーロッパへ, ロウソウ見た, 一丁字も, 一寸と, 一番強力だった, 三千代と, 上げた儘, 不吊, 不明に, 両国目付の, 之を, 乞食も, 二十二三の, 五卿から, 交通が, 人が, 人さんとは, 人には, 人種違いの, 今までの, 今世, 他の, 他人の, 代言人の, 休んで, 似も, 何か, 何にも, 何も, 何人の, 何等の, 倫敦の, 儂が, 兄弟でも, 其生命を, 内にばかり, 内容が, 出なかつたが, 出來, 出来て, 出来ないので, 出發, 分かりませんなあ, 分らない, 初て, 初對面, 判らなかったが, 判らぬ私, 別の, 別人間, 別府へ, 到着し, 前の, 力が, 動かないよう, 十年も, 南玉の, 印度洋を, 反対だ, 反対な, 反対の, 取り合, 取れなかったもの, 取付端が, 口へは, 只の, 同じで, 向を, 呑み, 呟きの, 呼吸が, 命を, 品等を, 唖の, 唖者みた, 問題に, 喧嘩だ, 嘘の, 嘘の皮で, 嘘を, 嘘見たいな, 器械の, 地下八尺の, 地獄だ, 坊主頭の, 堪らない嘲笑, 塵埃同様に, 売り出した年, 変つ, 夢を, 夢中に, 大きい蛾, 大きな石像, 大きな造り庭, 大病を, 大阪奇人伝中の, 失ひ, 失敗の, 女の, 妹でも, 姿が, 娑婆で, 嫩い, 子供ぢや, 存在し, 安達ヶ原に, 宴会場だ, 小僧つ, 帆前船と, 帯でも, 帰って, 帰るという, 帰任する, 幕府からの, 幼穉園の, 度外視せられ, 弁天小僧見た, 彫刻製作される, 後廻しとして, 忘れたやう, 忘れる訳, 急に, 性質の, 恋を, 悄然かへ, 意気地が, 感じずに, 態度が, 戦地の, 戦死した, 手が, 手では, 手品です, 打って, 持つて, 擂鉢の, 新しいやう, 斷る, 方角の, 日影が, 日本と, 明家の, 春の, 是れ, 時間を, 暖簾の, 書いて, 書いてないの, 書けないの, 朋友の, 朝鮮人見た, 未知の, 本島に, 村長が, 枯れて, 格段の, 棄てられて, 構つてはくりや, 様子の, 正反対, 此方の, 武の, 歩行の, 歯牙に, 死人の, 死人も, 段が, 比較に, 毛唐人の, 気が, 気狂いの, 気違ひじみた, 気違ひだ, 氣が, 氣に, 氣持ちが, 氷で, 江戸へ, 没交渉で, 洪水の, 海水浴の, 消滅し, 湖水の, 濁つて, 火事の, 火事場泥棒も, 灰色の, 烟に, 無かつ, 無住の, 無意味に, 無沙汰だ, 無能力に, 無関心な, 無關係, 無頓着で, 無頓着な, 煮たの, 煮て, 物事に, 犬でも, 狂気の, 猫で, 獣と, 獣に, 理由なし, 生きて, 生れかわったよう, 田舍です, 田舎ま, 男の, 男めかけが, 町人の, 畜生も, 百姓の, 相手ぢや, 相手にも, 相撲取でも, 省けるとか, 真木を, 着いたん, 知って, 知らないもん, 知らなかつたが, 知己に, 神戸に, 私の, 私を, 私達は, 種類の, 穢多の, 空に, 空気に, 空虚で, 筋の, 篠薄です, 米国に, 粉な, 精巧な, 約束を, 絵の, 經驗の, 罪人を, 罷めて, 考えないで, 考えなかったので, 考へが, 耻さらし, 聯想が, 育ち梵天丸, 育てられ片倉, 脅迫手段だ, 腐つて, 自分で, 自分の, 航海を, 船頭か, 色氣違ひ, 芝居の, 苦痛を, 英子の, 蒸されるよう, 虚の, 袋の, 補助と, 裸体の, 西洋酢の, 見えません, 見せ物でも, 見れば, 見当が, 見當, 見違える位, 解らなかつた, 言は, 言葉が, 記憶しない, 話が, 話したくなかつた, 説が, 調子の, 貴方と, 赤坊の, 趣きが, 趣を, 足を, 足下の, 跡形も, 身許調でも, 転がるよう, 迷宮の, 途方に, 通じなかつたが, 進物の, 道楽息子の, 違った低い, 違った光景, 違った口調, 違った妙, 違った底意地, 違った波, 違った表面的, 違ってしも, 違つ, 違つた, 違つた世界を, 違つた心持が, 違つた服装を, 違つた顏で, 違つてゐた, 違つて居た, 違つて居る, 違つて物凄い, 違てた, 違は, 違ふさ, 遷り, 酒に, 重きを, 野良猫みたいに, 銀座通りでも, 銃身の, 錢湯の, 鎖国の, 長政の, 門野と, 開始された, 附けて, 附文の, 雄大な, 電光か, 音楽の, 音沙汰が, 預算, 頭が, 頭の, 頭を, 食も, 餓ゑた獣の, 饑饉の, 駄目だ, 駄目に, 骨董屋が, 默つても

▼ 丸~ (441, 5.4%)

4 眼を 3 あったり, 入って, 無電で

2 [21件] いるのに, かいて, 云う, 入れて, 出て, 大三角, 天狗と, 左膳の, 帰って, 手に, 来て, 民弥の, 沈んだ時, 沈没した, 無事に, 窓から, 蜂須賀小六の, 錨を, 難破した, 飛んで, 駿河湾で

1 [386件] あせっても, あった, あり直冬, あわてて, いい, いい放った, いたします, いちばん近く, いつか, いつも竹太郎, いでまして, いないん, いまでは, いまモザンビイクには, いる, いるの, おしこめられて, かえ, かくして, かくまで, かた手, きく, きたか, くだけて, ここに, ここまで, このおき, この山, こんなに錆びてる, こんな下人, ごあんな, さけんだ, さびしげな声, しきりと, じっと二人, じっと自分, じろ, そのため, その与之助, その後で, その怪無電, その日海峡, その桟橋, その櫛, その海岸, その糸口, その製造, それだった, それに対して, たが, たすかるよう, たずさえて, たずねて, ただうむ, ちょうどここ, つけて, できて, でて, とつぜん矢来, とらえられたか, とんだ, どうしてもSOS, どかんと, どこから, どんと当身, ないもの, なんと云っ, はっきりと, ひどくたどたどしい足どり, ふといいだした, また静か, まだ快, まだ新品, まばゆいばかりの, まるでけんとう, むかえに, もう一度云った, やって来そう, やや少し斜め先, やられたとき, よい見せしめ, わずかな, ゐた, イヤに, オオといった, ジブラルタルで, スコタラ沖で, テレた, ドロンを, ハラハラと, パッチリコと, ヒョイと, ホノルルを, マニラへ, ロンドンへ, ワの, 一日早く, 一杯つまってる, 一番でした, 一番先き, 一粒一粒の, 七番でした, 三つか, 三番で, 三藏加藤平田を, 上がって, 上って, 上つて來た, 上人の, 上方から, 下りたよう, 不意に, 不良少年の, 中ノ島横を, 九番でした, 事件の, 云ったので, 五番でした, 京都から, 京都の, 京都へ, 人穴の, 人間の, 今これへ, 今宵からは, 今迄に, 伊豆へ, 伝わって, 住んで, 何かの, 何んの, 何処かへ, 何用あっ, 來て, 來ない, 倶不戴天の, 傍に, 僅か百八十噸, 元の, 先生の, 先頃の, 入つて來, 入港し, 入港した, 入港する, 六人の, 兵庫に, 出ないよう, 出る, 出るという, 出るまでに, 出る迄は, 刀を, 刻一刻と, 剥き出した歯, 力を, 十六に, 十四に, 半身を, 南の, 危えっ, 去年の, 口を, 口穢く, 口笛で, 叫んだ時, 右手で, 右手を, 各自一振りずつ, 合図する, 同盟する, 向かったの, 君江に, 吠えるよう, 呂宋兵衛の, 呟いた, 呟いて, 呼吸を, 啾々乎として, 善人にも, 喝破した, 四日市へ, 団扇を, 声を, 夜具の, 大坂城へ, 大好評, 大旦那, 大貿易港神戸, 大連の, 大酔を, 大阪を, 大阪港から, 太刀を, 太股を, 姿を, 子供聲を, 孤愁を, 安治川に, 家の, 寝返って, 将門を, 將に, 小太郎の, 小太郎山へ, 尽きさ, 属する北海炭山会社, 山の, 左入身に, 左手で, 布を, 帯の, 帰来を, 帰着を, 幕下の, 幸若舞を, 強奪され, 彼の, 彼を, 後を, 心持仄めかす, 忍剣に, 思ったより, 悲慘なる, 意外そうな, 意外にも, 意見を, 愚かしくいった, 愚かしく訊いた, 愛欲の, 感じた刹那, 慄え, 慓悍な, 我弦月丸の, 手を, 打って, 押えて, 指したほう, 指して, 振向いて, 捕らえられたこと, 掲げし, 握られて, 撃沈せられ, 故意に, 敦賀の, 新しい万国旗, 日本に, 日本へ, 早速食い付い, 明日は, 明石の, 時, 最高速度で, 来たので, 来た来た, 来なかったと, 松火を, 枕に, 枕辺にて, 植通公を, 楓の, 横づけ, 横浜の, 横浜を, 機雷に, 正にその, 正面から, 歩きながら, 死ぬとは, 死んだと, 死んだという, 死骸なれ, 残して, 残りたれバ此御船, 水ぎわまで, 沁, 沈むの, 沈沒した, 沈没し, 沈没する, 沈着を, 洞海湾の, 深雪の, 深雪へ, 港外に, 源頼光様に, 激浪に, 無数に, 無難で, 煙筒からは, 爆沈した, 爆沈せられた, 父母や, 牙に, 特有の, 狂めき返っ, 狼狽し, 現世の, 甚藏が, 生れたの, 生涯の, 用事ありと, 申しました貴女, 疲れきった船体, 病に, 発見かるだろう, 発見した, 白虎青竜玄武朱雀の, 百二十五名の, 目つき凡ならず, 真面目な, 眷族を, 着て, 睨め付し眼, 知らずに, 砦を, 秀衡を, 私を, 私達を, 秋口の, 空氣銃の, 竊かに, 立って, 立てば, 立上る, 竹を, 笛に, 素早く電報, 美保の, 自分に, 航行中受取った, 舳を, 舷側に, 船渠を, 艫を, 良い訳, 花嫁の, 草叢の, 葛袴, 藺笠の, 行くその後, 行ってる, 表面は, 裸體の, 見えああ, 見えたによって, 見えますよ, 見える, 見たかったの, 訝しめ, 試運転を, 貰えるの, 身体を, 軍師小幡民部と, 込めて, 近づくと, 逃げだしたに, 這入るの, 通話口に, 連れられて, 連絡が, 遠くなる, 遥かな, 遭難し, 遺児僕及び, 遺児黄金丸といふ, 重要な, 鎖を, 陣刀一閃又, 難なく本間某, 電報を, 静かに, 鞍馬山で, 頭山満を, 頷いた, 顔を, 風雨の, 飛出して, 飛出すん, 養女に, 養親牡牛文角なりける, 香港から, 馬に, 馬鹿じゃ, 馳け

▼ 丸~ (388, 4.7%)

10 乗って 9 ワの 7 鷹の 6 して 5 二つ引の 4 乗せて, 立波の, 蔦の 3 三つ引の, 乗つて, 十の, 十字の, 向かって, 火を

2 [18件] いの, なって, のって, むかつて, 一の, 三ツ引の, 乗った, 乗り移った, 乗り組んで, 乗込んだ, 二つ引御, 勘の, 向つて, 四角あれを, 横づけ, 源氏の, 相会し, 調子を

1 [285件] あるとおり, いたとき, いへるやう, いろいろ必要, いわせて, うち向, おくりとどけた, かえって怪物, かぎらず北日本, かくの, かこみて, これらへ, ござります, さよならを, しちゃあ, しても, すがる, そういない, そういなかった, そちたちの, そなえて, それだけの, たじたじと, だんだん近づき, ちかづくもの, ちがいない, ついた, つたえました, つんで, とどいた, とどめを, とられて, とりついだ, どんなわけ, なつて, ならなかったろう, ならなかつたらう, なりたいの, なり将軍さま, なるか, なるの, なるはうか, なるほう, のりこんだの, ひかせて, ひかれての, ふら, ふらふらと, まといつかれる時, ゃもうあきたからなあ今度は, やって来ては, シテヤラレた, チョイと, トム公は, 一礼する, 一策を, 一身上の, 丁と言う, 丁の, 三つ引が, 三つ引きの, 三つ引じゃ, 三つ引ぢや, 三つ引と, 三つ引ゆゑはてな羽織の, 三つ柏の, 三つ鱗は, 三つ鱗を, 三の, 中たり, 中って, 中ても, 中りしと, 中り重傷, 乗じて, 乗じ海路江戸, 乗ったとき, 乗った時, 乗ってから, 乗ってたの, 乗っては, 乗っとると, 乗つて帰途, 乗つて沼津, 乗つて航海, 乗らなかったの, 乗りこんだの, 乗りても, 乗りました, 乗り付けデッキ, 乗り組むこと, 乗り込み今頃, 乗り込み翌朝四時出港, 乗り込む, 乗り込むと, 乗り込む日, 乗り込んで, 乗ると, 乗る事, 乗る海港風景, 乗船し, 乗船しました, 乗込むと, 乗込んだ元来, 乗込んで, 乘つて出征した, 乘つて行け, 乘り, 乘り込む, 乘り込んだ, 乘れといつ, 乘組む, 乘組んだ, 乘船した, 乘船する, 乘込む, 二つ引だ, 二ツ引きだ, 二引きの, 二引の, 二引両の, 二本筋である, 云いながら, 井桁に, 付置かれた, 仙太という, 代って, 会へば, 何んとか, 余の, 侮られるより, 便を, 便乗させ, 便乗した, 便乘を, 偽装した, 備えて, 入乗, 八の, 六棟の, 兵燹を, 其北の, 再会せぬ, 出会した, 出逢, 分銅の, 別れられること, 刺して, 剣法を, 剣片食です, 十分の, 十文字を, 危機の, 口輪を, 吉の, 同船した, 向かったならよも, 向けて, 向って, 向ふ, 君んと, 味方し, 呼びかけるので, 呼び醒まされて, 命じて, 四つ目の, 塔乗し, 変り柏, 太い一本筋, 好意を, 始まって, 安全な, 室が, 寄つたのは, 寄り懸るよう, 導かれこの, 導かれて, 小屋を, 小手招きなぞ, 小舟さもらふ, 届けろ, 山を, 岩見重太郎が, 帆村の, 帰って, 帰ってから, 帰るん, 引かれた小船, 強い視線, 当って, 御取用い, 御礼儀, 心を, 志を, 念仏を, 恩義を, 戻つて, 手水を, 打向ひ, 打明けたくて, 抱き明, 持たせて, 持ち込んだばかりか, 指も, 接す, 掴みかかるを, 握られて, 搭載し, 救い上げられたん, 敵が, 最も大切, 最後の, 柏の, 橘, 毒を, 比較し, 気づいたの, 水, 水夫に, 泊めて, 添えて, 清坊を, 渡した, 漕ぎつけたとき, 漕ぎよせた, 澤山の, 澤瀉の, 無電で, 照國丸は, 産所を, 目鼻を, 眼で, 眼を, 着いたの, 知らせて, 禍の, 積み込んで, 積込まれた, 立波そう, 立波としか, 立波は, 立葵, 美の, 肩を, 背を, 胸を, 船室を, 荷物炭二七〇〇トンを, 華やぐ日, 行書の, 角力を, 言つてお, 言つて眼配せ, 計った, 訊いたの, 訊くと, 許婚が, 訳を, 語った, 追いかけられ処女造庭境, 追いまくられて, 逃げられて, 逢いたくなった母常盤, 逢いました, 逢うの, 逢ひし, 逢ひました, 逢わなん, 違いございません, 違いない, 違ひございません, 違ひない, 邪心の, 配置し, 金の, 間に合ったの, 附けて, 限って, 隠れて, 隠居した, 頼んだ夜釣り, 風を, 食糧と, 鹿の, 龍太郎だ

▼ 丸~ (239, 2.9%)

4 云ふ 3 いうに, いって, 云って, 別れる決心, 小幡民部の, 言って

2 [21件] いう, いうと, いっしょに, ちがって, ガラガラを, 一党の, 二の, 云うの, 同じよう, 呼ばれて, 咲耶子の, 坤竜丸, 坤竜丸を, 妻とを, 忍剣が, 忍剣龍太郎の, 権太郎が, 民弥は, 申す者, 称ふ, 言ふ

1 [175件] ありまして, あんたで, いい今, いい呂宋兵衛, いい夢更, いい麦松, いい黄門どの, いうんで, いえば, いつた, いつた砦, いやしねえ, かいへる海賊船, きたひ, きまり東京, ささやいて, そうして小次郎, そして納屋, その二人, その他二人, その佩刀者, ちがわあ, どんな関係, なし馬, なったもの, なって, ほぼ同じ, まだこれから三軒, みてとるや, よばれて, よぶそれ, よんだの, わかって, ミセス, 一処に, 一所に, 一緒に, 一騎討ち, 三郎の, 三郎丸を, 丹下の, 久しぶりに, 二人の, 二人手を, 云うやつ, 云う丸薬, 云う古ぼけた千五百噸位, 云う台湾航路, 云う名, 云う名高い, 云う船, 云う薬, 互に契り, 五人の, 仰有, 似て, 何かが, 侠勇勃々たる, 六部の, 切れようと, 別々の, 別れま, 別れる気, 別れる覚悟, 割無き, 勝則との, 号し六千二百六十トン, 同じく一流, 同じく昨夜, 同じやう, 同じ日, 名づけたもの, 名づけられた船, 名づけられ美童, 名の, 呉清源の, 呼ばれた頃, 呼びそれ, 呼びぬ, 呼び換えられた, 呼ぶ例, 呼んだ, 呼んで, 咲耶子が, 咲耶子そう, 咲耶子と, 咲耶子とに, 咲耶子は, 咲耶子を, 四天王とが, 四角を, 園部一学が, 坤竜丸が, 坤竜丸とが, 外輪山が, 女勘助との, 姫との, 娘御, 子春丸の, 孔雀丸とが, 孔雀丸とに, 家康の, 寸分違わぬ, 岡崎藩の, 左膳の, 平行し, 弁慶とが, 弁慶の, 従臣の, 得心が, 御坂山脈の, 御旗楯無の, 徳川勢との, 忍剣と, 我が弦月丸, 戦闘的食餌を, 所を, 改めていた, 改名され, 梅鉢屋の, 母は, 民弥との, 民弥とを, 民弥に, 民弥を, 永島丸と, 浮木である, 浮藻との, 海老団治と, 灰色の, 猪十郎, 瑠璃光丸とは, 申しまする, 申すは, 申す名, 申す童子武者, 申上げた, 申船が, 称する洗顔用, 筑前が, 結婚する, 綽名を, 聞いた, 聞いて, 船長との, 行違ふ, 見せかけて, 言う汽船, 言う船, 言えば, 話を, 謎の, 踊った芸者, 軍師を, 逢い別れる決心, 逢ってから, 違って, 遺物筐とが, 釧路丸が, 鑑岩僧都と, 長政公の, 陸地の, 雁行に, 鞆の, 音響仕掛けの, 顔を, 鱗丸だ, 鱗丸は, 黒岳との, 龍太郎, 龍太郎が, 龍太郎の, 龍太郎は, 龍太郎も, 龍馬の

▼ 丸~ (206, 2.5%)

6 の女 4 の色 3 で, で色, の人, の少女, の男, の眼, の色白

2 [19件] かい, が白痴, だつけ, である, で皮膚, で眼, で髪, には例, に笑み, のかわいい, の可愛い, の小作り, の目, の線, の美しい, の肥った, の背, をもぐらせ, をニタニタ

1 [137件] かまた, からすらり, がありあり, がよろこばれ, がモウ二度, が現れた, くくれた, だ, だと, であった, でいつも, でお, でしかも, でした, です, でそう, でその, でそれ, でそんなに, でたいして, でどちら, でポケット, で一見, で同じ, で小, で小作り, で愛くるしい, で派手, で無, で玉, で田舎, で目尻, で眼元, で笑う, で背, で額, とあの, といいました, というで, と可愛らしく, と蒼白い, なの, なヒステリー, な唇, な男, になっ, にはおよそ, には善良さ, には重い, には青年, に二重瞼, に強度, に愁, に愛嬌, に投げ, に昔, に落ちついた, に髯, に黒味勝, の, のあれ, のいつも, のお, のさっき, のたち, のでっぷり, のね髪, のぱつちりした表情, のひと, のルイバコフ, の上, の下品, の人丸, の何となく, の健康そう, の前, の十七八, の厭, の可愛いい, の和装, の圓太郎, の坊ちゃん坊ちゃん, の女性, の妹娘, の子, の小, の小柄, の小肥り, の小造り, の少年, の従卒, の愛くるしい, の愛嬌, の愛敬溢, の打見, の方, の木元主任, の横顔, の水, の温柔, の牛, の琥珀色, の看護婦さん, の真白き, の細君, の給仕, の美人, の老, の肉付, の花嫁, の芸妓, の芸者, の若い, の袴, の達磨, の頬, はすでに, はそのため, はまだ, はやはり, も長く, や分別, をあげ, をあの, をした, をびっくり, をふちどっ, をみ, を一層くしゃくしゃ, を亢奮, を傾け, を幾分, を汗ばませ, を真赤, を見る, を載せ, 赤いふっくら

▼ 丸~ (163, 2.0%)

10 を開け 9 の障子 7 の下, の外 4 の他, を開けた 3 が開い, のある, のよう, の内

2 [11件] から入る, から入れ, から男, だ, だけは開い, の側, の前, は宵, は格子, をいかにも, を締めた

1 [88件] からそっと, からそつ, からのぞい, からぼんやり, から人間, から入, から入った, から厚い, から外, から外面, から屋根, から床の間, から眺め, から葉桜, から覗いた, から逃げ, があり, ががたん, が二つ, が二つ三つ, が内, が締, が閉つて, ぐらいの大き, だけが大, で南, で嵌, といたしましょう, と言われる, などは茶室, なの, なんかを切つた, にうつる, にしがみつい, には昨夜, に映る, に陽, に顔, のついた, のところ, のもと, のガラス, の付いた, の奥, の小, の方, の横, の灯, の真向き, の硝子扉, の竹格子, の閉まる, の類, の黒い, はある, はきっと, はきつ, は一つ一つ, は滅多, へボウ, へ今朝さいしょ, へ今朝最初, へ射し, へ顔, みたよう, もはいり, も芭蕉, や扉, や襖, をいちど, をはなれた, をば音, をコツコツ, を一度, を境ひと, を大, を持った, を持つた, を指さす, を指す, を浮き出させ, を竹, を細目, を背, を背負っ, を見る, を通して上, を開ける

▼ 丸~ (120, 1.5%)

2 それを, どうにでも, 咲耶子も, 霧の

1 [112件] ああし, ある, いたく心, いつか元服の, いて, いまは, おもわず床几, かれを, かわいそうだ, きょう安治川へ, この航路, この苦悶, この道, さまざまな, したたか胆, すぐに, そうじゃった, そこは, その厚意, その眸, その話, それに, そろそろ兵学, たれも, つづいて, つぶやく, まさか血迷い, まじって, まだその, みな寝たらしい, やっぱり縛られた, ややい, りっぱな, 一党の, 一足退る, 三郎丸も, 上る事, 下に, 不憫の, 与に, 並んで, 中学校の, 二勇士も, 二郎丸も, 人間に, 今は, 今頃は, 会釈を, 何かは, 兄の, 入学は, 共に笑つた, 冷静なる, 力量あくまで, 勇み立ち, 勇み立ちて, 同じよう, 同道し, 呉服町の, 四五間ほど, 垣を, 壊されること, 女房を, 家康を, 寄港した, 小太刀を, 小太郎を, 小気味よいやつ, 少し焦燥つて, 少年の, 岸を, 左舷の, 幕を, 彼の, 後れて, 心が, 忍剣も, 思慕の, 愉快な, 愛に, 感じなかった, 打たれたもの, 持て余した程, 捨身だった, 於六も, 旧知の, 来い猪十郎, 死ぬもの, 殺された, 母と, 民部も, 漕ぎ出して, 焼けちゃった, 特に勝れ, 甲府表から, 目を, 稜威しやと, 續い, 興に, 若いが, 虎寿丸も, 見返りて, 言葉を, 謹んで, 變な, 赤くなつ, 走り出て, 返す言葉, 醜い跛者, 頑として自説, 首を, 龍太郎も

▼ 丸さま~ (92, 1.1%)

5 のお 4 のおんため, のご 2 が, の御, もお, や民部さま, をお

1 [69件] からご, がお, がご, がつかまっ, が勝った, が父君, が穴山梅雪, こんなはて, しばらくここ, だ, といい, とその, と仰っしゃいます, と知っ, におねがい, におわします, にはお, にはお家, には甲斐源氏, にも勝った, にわたらせられる, に行つて, のあり, のおいで, のお供, のお年ごろ, のかたき, のこと, のす, の一大事, の危難, の善後, の大望, の小太郎山, の御内人加賀見忍剣, の微, の敗亡, の旗本, の立てこもる, の計略, の身, の軍勢, はおよばず, はこの, はご, はどう, はどこ, は大, は長者, へお, へたいして, へもう, へよしなに, へよそながら, へわたせよ, へ忠義, も, もあきらめ, もうここ, も民部どの, やその, やほか, や一党, をおい, をお迎え, をたずねだし, をはじめ同志, を取りかえし, を連れ

▼ 丸という~ (81, 1.0%)

6 のは 4 のが, 男は 2 のに, ものは, 名が, 女が, 女は, 船を

1 [55件] ことに, そうです, のだ, まだ十七, ものが, ラウンドの, 二人の, 二代目も, 二百トンばかりの, 五百石積の, 人である, 千五百トンばかりの, 南洋賢易の, 召使いの, 名を, 名前が, 大きな船, 大盗坊じゃ, 大盗棒が, 女の, 姐さんに, 子が, 子も, 子供が, 家が, 小冠者が, 幼い殿様, 幼名だった, 幼名は, 御苗字, 快速船が, 快速船です, 抜荷専門の, 新造帆船に, 日本の, 汽船が, 汽船に, 片耳の, 男に, 盲人が, 童上がりの, 美しい連絡船, 舌出し薬の, 船に, 船は, 芸名で, 芸者さん知っとんなさる, 芸者と, 芸者に, 芸者を, 苗字を, 若殿御, 難物が, 餌を, 鰹船であった

▼ 丸さん~ (67, 0.8%)

2 へ, よ

1 [63件] かお前, からからかわれた, から聞いた, がこない, がじかに, がそんなに, がフル, が居る, が来た, が熱, が目, が立ちどまっ, が統制派, が腕, が逃げ, しどけないところ, じゃない, その刻限, その爺, だけにしか打ちあけてない, だといふ, てきれい, です, ですよ, という口上, という名, という芸者, とは事, と二人, と踊り, に, には許婚, にコック, に勝つ見こみ, に怒られ, に猪十郎さん, に都合, のいなくなった, のところ, のよう, の同志, の言い, の言ってた, の顔, はあれ, はいま, はすらり, はそんな, はどう, はどうしてそう, はどこ, はなんにも, はもう, は今日, は知ってた, は砂馬さん, もうあんた, もう遲, や, やろうぜ, や松火, 構わないから, 聞きたいこと

▼ 丸~ (65, 0.8%)

3 つれて 2 囁いたもの

1 [60件] あてた一通, お取次, お座が, このこと, すぐ来, それを, でばって, もたれるの, やがて隼丸, よろしく伝え, チャンスだ, ノンビリ, 乗せて, 乗つて, 乗組, 乘船の, 人を, 人穴城の, 偽ること, 入ると, 出迎い, 叩きつけた, 囁く, 壮平, 富岡と, 帰った, 帰りたくなった, 帰りましたよ, 帰ると, 帽子を, 引き戻して, 引挙げた, 御入城, 忍び入った時, 手向の, 打首の, 接近し, 斬りかかって, 斬り込んで, 漕ぎ進んで, 猟犬の, 獅噛みつい, 直らせられ候節, 直られ給, 移乗した, 蘇って, 行くよう, 行って, 行つて一度は, 見送ってから, 訳も, 返って, 送りましょう, 逃げたと, 通じて, 運びこむから, 頼みに, 駈け上って, 駈込んで, 魚雷を

▼ 丸~ (62, 0.8%)

2 のお, の周囲, の御, の眼, はその, は又もや

1 [50件] から自分, がまるで, がもし, がニコニコ, が何気なく, が側, が彼, が心, が見た, が軽く, が飲み干した, そっくりの, だという, でありました, で寝台, と抱き合っ, と気付く, ならば, に, に最敬礼, に朝, に渡した, のこの, の十人, の宮殿, の行列, の言葉, の顔, はいつの間にか, はこの, はこれ, はつかつか, はとうとう, はどっち, は平気, は忽ちカラカラ, は急, は我, は旧来, は狩場, は白い, は相, は矗, は矢張り, は翌, は鏡, は馬, も如何にも, や海, を残し

▼ 丸~ (59, 0.7%)

3 の方, はいいました, はその 2 ののど, は答えました

1 [46件] か, がうしろ, がもらいうけました, が隊長, といわれ, とはみんな, にうばいとられ, にとらえられ, には琉球, に行っ, はいろいろ, はお, はおどろきました, はかけよる, はけんめい, はさすが, はすぐ, はすっかり, はそう, はそこ, はそそっかしい, はそっと, はただ, はとつぜん, ははははと笑いました, はびっくり, はまた, はもう, は一足, は下, は兄, は方々, は水夫たち, は法螺, は湖水, は知恵, は立ちあがっ, は腰, は野原, は長, は鞭, も大男, も用心, をじろりと, を見あげました, を見ました

▼ 丸~ (58, 0.7%)

15 の主人 10 の店 8 の亭主 2 を嚇

1 [23件] いじめに, が死んだ, が絵馬, という店, に押しつけ, の一家, の名, の地所, の夫婦, の女房, の宅, の家, の手代, の暖簾, の番頭さん, の絵馬, の話, は自分, へ因縁, へ渡した, も見ごと, をだまし, を嚇しつけ

▼ 丸テーブル~ (52, 0.6%)

15 の上 2 があっ, のそば, の傍, の前, をかこん

1 [27件] あり丸テーブル, がおい, が一面, が邪魔, で愛一郎, とそまつ, と籐椅子, につかまっ, によりかかる, に四ツ, に帰った, に肱, のま, のまわり, の側, の向う, の端, の表面, もすべて, をぐるっと, をはさん, を備, を取り巻く, を囲み, を囲ん, を置い, を配置

▼ 丸~ (51, 0.6%)

2 がお, が御, とおっしゃる, のお, ヨ

1 [41件] が, がわたくし, がわたくし同様, が又, が同志, が嫉妬, が憎めない, が父, でございます, では, と, という方, とお, とき, とこの, ともいよいよ, とやらも書け, と申します, に逢いたい逢いたい, に逢っ, の, のため, の仰し, の居場所, の物, はこれ, は仰有った, は何, は四角, は大事, は当年, は牧様, は自分, もお話, も亡くなった, も島津, を死なし, を殺し, を罪, を背中, 早々と

▼ 丸~ (47, 0.6%)

2 三角を, 時鳥

1 [43件] あの一党, お駒, かで弾力, かな女の, かな完成を, かな肉の, きの鶏を, ここへ, そのほか, その他の, どうした, どろんこの, ーイ, 一党の, 一緒に, 三郎丸は, 二郎丸なども, 五郎十郎などの, 党の, 党友の, 半月の, 咲耶子などが, 四角の, 四角や, 家来の, 小出君の, 忍剣の, 忍剣や, 旅館, 松井菊三郎は, 板の, 民部も, 民部や, 民部を, 沢山ある, 稲葉小僧新, 菅秀才が, 走り下部の, 迦路米の, 避穀丸という, 青年會員は, 黒い丸, 龍太郎が

▼ 丸左陣~ (46, 0.6%)

3 と人丸左陣 2 の手下, はその

1 [39件] あッとばかりに, がこれ, が訊き返した, すなわち私奴, だ, である, でござる, といえ, とも云われまい, とよ, と申す, によって考案, に人丸左陣, に翻弄, の乾児, の姿, の山寨, の駈, はこれ, はやや, はニコリ, はポン, は俺, は召使い, は思わず, は慇懃, は日当たり, は真面目顔, は眼, は立ち上がる, は肩, は自ら襟, は苦笑, は訊き返した, は静か, は顔, は驚き, へ事, を凝然

▼ 丸卓子~ (42, 0.5%)

17 の上 2 が置い

1 [23件] から離れ, があっ, がゴンクール氏, が裸, とが残った, との中間, には深緑色, に凭, に肘, に身体, のほか, の光沢, の前, の向う, の向う側, の周囲, の方, の真中, の蔭, も私, を中, を囲ん, を抱え起し

▼ 丸には~ (37, 0.5%)

2 いつもあたらしい

1 [35件] いい薬, おさないながらも, それが, ぞうへ, どうやら意味, ないん, わからない, ドテラ婆, ヤン, 京都から, 仲仕が, 何でも, 何の, 勇気が, 勿体ない程, 叔父さんに, 太い鉄, 定められた男, 巻きぞ, 思はれた, 水先案内人が, 準備金が, 珍らしい, 珍らしく, 男の, 異状が, 相違ない, 老いたる, 胸おどろしく感じられる, 重い潜水機, 金の, 関係が, 頓着しなかつた, 麻痺薬を, 龍巻の

▼ 丸~ (35, 0.4%)

4 のお

1 [31件] が, がいる, がご, が一行, その余, でありおつき, であります, でおわす, とのこと, と申候, にし, にもよく, にも私交, のおん, の付人, の御, の方, の父君, の物, はもう, は席, へそも, へ初, やそれ, や龍太郎, よ君, をうばいあった, をすくいだそう, をよう, を救おう, 御附

▼ 丸~ (32, 0.4%)

3 へ參, 在高野村 2 にて江戸屋清兵衞, に住居, の城下, の道場

1 [18件] なる養子半四郎方, に於, の城主, の山崎志摩守樣, の旅籠大物屋, の浪人後藤半四郎, へ出, へ到着, へ歸, へ發, へ立歸, へ罷, まで戻る, より上州大間々, より急い, より書状, を出立, を指

▼ 丸~ (29, 0.4%)

3 にした

1 [26件] が出た, が置い, するに, だ, だの, で一杯, と杉菜, と燻製, にし, にとりかかった, になつて, になり, に成り, に焼け, に醤油, の, の鳥, の鶏, の鶏一羽, もある, や真赤, をする, をもっ, を主として, を頭上, を飽食

▼ 丸~ (29, 0.4%)

4 を並べた 3 の弓, を竝べた床, 丸両 2 の寝台, の樋

1 [12件] で拵, の弓ぢ, の柄, の棚, の機条竿, の簀子, の細, の透し, を三四尺, を棕櫚縄, を立て, 丸いずれ

▼ 丸から~ (28, 0.3%)

2 降りた数名, 飛んで

1 [24件] その梅林, はなされた隠密, やってきた八人, 三十メートルは, 下は, 下船した, 乗り出した水夫, 二十浬と, 十メートルほどに, 取り戻した大金, 執拗に, 持ち出した電波, 氷ノ山の, 海岸の, 秀吉が, 突然濃い, 突然行方不明, 託されて, 貰った新しい, 運ばれた, 遠ざけて, 降りた朝鮮人, 降りると, 離れまいと

▼ 丸屋根~ (28, 0.3%)

3 の上 2 の向こう, の家

1 [21件] がある, が往年, が白く, が立派, が見える, と尖塔, につける, に落ちかかってる, に輝く, に電灯, のかなた, のよう, のイルミネーション, の下, の旗, の金, はすぐ, はどんな, をもった, を照らし, を見

▼ 丸行燈~ (27, 0.3%)

2 だの雁首, に比較, に火, の下, の灯

1 [17件] が及ぶ, が明, だと, と莨盆, にうつした, に明るい, に躓き, のともし, のよう, の周圍, の影, の火, の燈心, の燈芯, や枕許, を提げ, を隔て

▼ 丸~ (26, 0.3%)

32 というはっきり, とわかった, わ, ッて

1 [15件] からな, から伝馬, がこりゃ, ぜ君, つて江戸八百八町の, ということ, とさ, と一時間半, と心得ました, と知った, と解, などと威張った, よシテ, よ壯, 高麗丸だ

▼ 丸~ (26, 0.3%)

2 にされた, に刻む, に彫りあげ, に我, のうる, のこの, のこのもし, のて, よ息 1 という言葉, にした, にしてやろう, にせられた, になっ, の彫刻, を始める, 等と

▼ 丸~ (25, 0.3%)

2 にし

1 [23件] かなんかで, か何, が出た, が出来, だけである, で先生, と共にぜひとも, などかず, などの供え物, の中, の豚, の鍋, やら柳川鍋, や蒲鉾, を二人前, を肴, 丸ムギの, 海参の, 玉子, 玉子の, 等等等, 魚鳥の, 鯉の

▼ 丸~ (24, 0.3%)

4 の親爺

1 [20件] がすっかり, がウワアア, が呼ばれた, が弾ん, が顫, と呼ばれた, と署長, の, のとっつあん, の親爺たち, は例, は勿体ぶっ, は思いついた, は手の甲, は立ちあがり, は自分, は顔, を先頭, を従え, を東屋氏

▼ 丸とは~ (23, 0.3%)

1 [23件] ここで, この古宇村, なんです, 人物の, 佐渡ヶ島へ, 例の, 其の翌, 別れた方, 向うから, 天地の, 姉妹船の, 幼い折, 思えなかった, 戸を, 捕縛される, 曲り角などに, 潜伏し, 秀勝が, 組合ったまま, 蔵屋敷のみにての, 話して, 雲泥の差あり, 鶴の

▼ 丸~ (23, 0.3%)

3 と同じ 2 の祕密

1 [18件] で謀叛, とを持つ, によつて稀, に丸め, の七味, の分析, の成分, の法書, の祕密向う一ヶ月, は七味, は作つて, は幾度, は手元, や水藥, を, を一粒拜借, を取り上げ, を取出しました

▼ 丸部家~ (23, 0.3%)

3 の血筋 2 の咒文, の咒語

1 [16件] から買い取った, が先祖代々, が後, の先祖, の子々孫々, の宝物, の家督, の当主たる者, の書斎, の物, の相続, の相続人, の総, の財産, へ入り込ん, を横領

▼ 丸~ (22, 0.3%)

1 [22件] からちがっ, が当り前, が心, が消えた, その肉付け, で照り返し, なりにはっきり, になっ, に小竹, に少し, の空気ぬき, はともかく, へ無事, まではございませぬ, まではございませんでしょう, まではない, まア, を現, を覚え, んじゃア, ッさと, 故かり

▼ 丸では~ (22, 0.3%)

1 [22件] いろいろお世話様, いろいろ御, おおさわぎ, このおそろしい, この近辺, ちゃんと用意, ないが, ないよ, ないん, なかった, なく小銃, やっと準備, ガラガラと, ロープまきとりの, 失敗し居った, 宮田さんや, 引きあげ作業, 王様だ, 竹内栖鳳氏の, 舳に, 船の, 船主は

▼ 丸との~ (22, 0.3%)

2 心を, 間に, 間を

1 [16件] ことで, ことについて, ことを, この試合, やくそく, 不義の, 交渉は, 側へ, 地獄に, 奇妙な駈け, 恋が, 戦のも, 縁で, 距離は, 間で, 間には

▼ 丸~ (22, 0.3%)

7 の臣 3 の比布禮 2 の佐都紀, の日爪, の池, の臣口子, の許碁登 1 のサツキ, の臣クチコ

▼ 丸~ (21, 0.3%)

8 ちやで 4 ちやの 1 ちやな, ちやには, ちやのお, ちやの何んと, ちやの可愛らしい, ちやの愛くるしい, ちやの明るい, ちや三度笠を, ちや瓜實顏色の

▼ 丸~ (20, 0.2%)

1 [20件] である秀子, と角形, な銀, に拡つて, に櫓, のお爺さん, のまことに, の一分, の中, の廻転椅子, の方, の松木, の活動, の白銅, の石造, の葉, の行燈, の西洋シャボン, の計器, の顔

▼ 丸~ (19, 0.2%)

3 になつ 2 になつて

1 [14件] が黒, きに, けその, けになつ, けに燒, け三度目, である, で仕, などはなか, になつたの, に成つ, のため, は前年七月, を斥

▼ 丸~ (18, 0.2%)

2 を使っ

1 [16件] でしゃくっ, でなければ, で刳り, で木, で眼, というの, など思い, のよう, の使い始め, の弊害, の絶頂, は使わず, は天平, は製作上, を使い出した, を使った

▼ 丸一年~ (17, 0.2%)

2 が過ぎた, の間

1 [13件] かかりました, といふもの, になります, になる, にはドシドシ, にもなる, の資源, も精根, も経った, を嘉義, を通じて職業, 勤めて, 経った明治四十二年

▼ 丸~ (17, 0.2%)

1 [17件] でその, で一應愛嬌者, で健康さ, で小作り, で未亡人, と上品, にし, に髭, に黒味勝, の人間, の十七八, の女, の目, の眼, の色, の色白, の頭

▼ 丸~ (16, 0.2%)

3 の上 2 を膝

1 [11件] が出入り, が身揺ぎ, で内側, なの, に薬瓶, の四字額, へ載せ, ほどありし, を取っ, を飛び越え, 同じ色

▼ 丸切り~ (15, 0.2%)

2 違って

1 [13件] この男, しくじって, なかつたの, にし, 会いません, 出来なかつた, 分らぬの, 判らない, 効かないつて, 奪はれ, 奪われて, 思ひ遣りと, 違った落着

▼ 丸殿~ (15, 0.2%)

2 は京極

1 [13件] ではこの, というの, と名, にお目にかかりたい, に従わぬ, のこと, の御事心, は未だ, へ本領安堵, もかくや, もそれ, も思ひ, を殺した

▼ 丸~ (15, 0.2%)

4 の実験室

1 [11件] から手紙, がムクムク, が水, が透かさず, と福岡市吉塚三角在, に疑惑, に読ん, の如き, の室, の末弟, もこの

▼ 丸といふ~ (14, 0.2%)

2 汽船が

1 [12件] のは, ものが, ものは, 丸藥によ, 名を, 団体が, 小さい客船, 御用船, 海辺寄りの, 犬なり, 船が, 船の

▼ 丸どの~ (13, 0.2%)

1 [13件] お返し申す, という, と申され, な, にはいよいよ, に悪意, はえ, また会う, をだまし討ち, を討ちはたす, 三条の, 二ばんには, 打首の

▼ 丸一日~ (13, 0.2%)

1 [13件] かかるから, の休日, の活躍, の静養, もかからず, を暮し, 休まずには, 来なかった, 欲しいん, 眠ったもの, 経ちました, 経っても, 飼って

▼ 丸~ (13, 0.2%)

1 [13件] が借り占め, が昨夜芝居, と向う, と顔, に呼ばれ, の座敷, の形, の影, の忿怒, の握, は催促, は掌, を蹴

▼ 丸彫り~ (13, 0.2%)

2 にし, にする 1 したもの, というの, として芸術化そう, に浮び上つたら, に浮び上らせ, に見出した, の人形, の姿, の状態

▼ 丸ぼうろ~ (12, 0.1%)

2 だった 1 がお気, と水蜜桃, の紙包み, の風呂敷包み, はすでに, を包ん, を少し, を手, を病気見舞い, を移した

▼ 丸~ (12, 0.1%)

2 の主人, へいっ 1 っていう袋物問屋, の女中, の女将, の店, の御, の源さん, の源次郎, は逃げ

▼ 丸火鉢~ (12, 0.1%)

1 [12件] が一つ, などを後, にまた, に火, に靠れ, の上, の前, の灰, をとどけ, を引, を抱え込ん, を見

▼ 丸~ (12, 0.1%)

1 [12件] が何村, であって, というところ, という村, にのみ残した, に残るらしき, のトミ, の永寿庵, は富士川, へと入った, へ入らせました, へ帰った

▼ 丸~ (11, 0.1%)

2 何か 1 あたしか, このあたし, どうかを, なんかに, なんか紛失, 何かに, 又は三ツ峠, 名も, 見て

▼ 丸~ (11, 0.1%)

2 の王様 1 と称え, に大変, のその, の北, の大切, の大臣, の天子様, は四つ, 第一

▼ 丸椅子~ (11, 0.1%)

2 に掛ける, に腰 1 から辷りおりる, におちつける, にかけ, にかけて島田, の上, をがたがた, をすすめ

▼ 丸王様~ (11, 0.1%)

2 が御 1 がお, がその, が本当, でなかったならば, と叫び, の御前, も今, を探し出し, を退けね

▼ 丸でも~ (10, 0.1%)

1 いい, いいから, いなければ, ぐっと奥歯, 一つ書く, 三千からの, 五光丸でも, 南陽丸でも, 待つより, 江上の

▼ 丸にも~ (10, 0.1%)

1 ある, そのこと, もう京都, 二度乗つた, 劣らぬもの, 屡其催, 床几が, 映って, 本丸にも, 民部にも

▼ 丸グケ~ (10, 0.1%)

4 の帶 1 にした, のやう, の一方, の帯, を一卷, を片付ける

▼ 丸~ (10, 0.1%)

2 こい顔 1 こい五体, こい体, こい動物, こい眼, こい赫ら顔, こい野郎, こくうずくまっ, こくなっ

▼ 丸~ (10, 0.1%)

2 があがった 1 がずっと, が値上げ, とが生き残る, にしょう, につれてヤミ, の値上り, の配給, 手伝え

▼ 丸~ (10, 0.1%)

1 の一本, はその, や引き剥がした, を三本, を五本, を土間, を投げ出した, を拾いあげた, を拾い集め, を杭

▼ 丸部さん~ (10, 0.1%)

1 が呼ん, ですか, のお, をお, 今更何, 其の筋, 少しも, 少し云う, 未だお, 決して貴方

▼ 丸~ (9, 0.1%)

2 ぽちや 1 きり書生です, きり狂氣の, きり違ひまさあ, こい背, こい虻, こく肥つて, こく身

▼ 丸とか~ (9, 0.1%)

2 何とか申す 1 で御, 云う汽船, 云ふ, 名乗る山門, 四角という, 清原助種が, 申したな

▼ 丸にて~ (9, 0.1%)

1 ヨーロッパへ, 仏蘭西遊学の, 出航高浜上陸汽車にて, 北上を, 参りたり, 来着致します, 楠窓友次郎と, 神戸から, 至急米本国

▼ 丸~ (9, 0.1%)

2 ちやの 1 ちゃとなり, ちゃと瓜実, ちゃの口, ちゃの可愛らしい, ちゃの活溌, ちゃクルクル, ちゃ型

▼ 丸乗組員~ (9, 0.1%)

1 のひょうばん, のま, の一部, の体験, の心, はたいへん, は世界, は勉強, は海

▼ 丸~ (9, 0.1%)

2 とくみ 1 が制する, が恐る恐る, が現, の声, の家, はかう, は膳

▼ 丸~ (9, 0.1%)

1 と扇型, のテーブル, のランプ, の大, の実物大, の懐中電灯, の楯, の水甕, の赤い

▼ 丸~ (9, 0.1%)

2 少し幅 1 と友染, ははやらない, はよつ, を, をしどけなく, を締, を締面部眉左

▼ 丸部さん貴方~ (9, 0.1%)

1 が此, が茲, にはおさらば, の心一つ, は再び, は本統, は此, は秀子, も口

▼ 丸~ (9, 0.1%)

1 が蜜柑箱, でそれ, に熱い, の味噌汁, や熨斗餅, をこしらえる, をその, をつくる, を造る

▼ 丸っきり~ (8, 0.1%)

1 ありませんもの, の嘘, 同じね, 変って, 来なくなって, 違うん, 違う感じ, 間違って

▼ 丸です~ (8, 0.1%)

2 からどうにも, よ 1 か, からどうにか, からどうにかこう, がしかるに

▼ 丸まで~ (8, 0.1%)

1 ついて, 二人一言も, 抜き取って, 斬り込んで, 聞えて, 行って, 足を, 辿りつきました

▼ 丸三年~ (8, 0.1%)

1 さ迷って, になります, の今日, の歳月, の間, はあたし, も続け, を過しました

▼ 丸二年~ (8, 0.1%)

1 は經つて, ほどの間, ほどほとんど全く, もあの, も待った, も早, 程の間, 程殆ど全く

▼ 丸帽子~ (8, 0.1%)

2 をかぶった 1 の主題, も見えなかった, やハンティング, をかぶり, をぬぐ, を叩きおとし

▼ 丸~ (8, 0.1%)

2 の太郎 1 だよ, という三階建, の亭主, の仕事, の伜, はね先々代

▼ 丸~ (8, 0.1%)

1 から買ひもの, が何, であつ, といふ言葉, の屋根, の甘味, の親爺, へ行かなくっ

▼ 丸がた~ (7, 0.1%)

1 のくわしい, のはかり, の武将, の軍師, の間諜, はどっと, は徳川

▼ 丸ぐけ~ (7, 0.1%)

1 で括られ, の太い, の紐, の輪帯, を引っぱっ, を慄, を締めた

▼ 丸~ (7, 0.1%)

2 パッチリコ, 鯱丸 1 ここへ, さらば, 行手変えだ

▼ 丸事件~ (7, 0.1%)

1 が起った, ということば, ときい, について又, のそもそも, の当時, や斎藤事件

▼ 丸~ (7, 0.1%)

2 にし 1 である女中, にされた, にした, のあ, の襟頸

▼ 丸医学士~ (7, 0.1%)

1 が険相, といっ, とが眼, の説明, はその, は続けた, を電話

▼ 丸官はん~ (7, 0.1%)

1 にこの, に否, に応, に柿, に軋, の傍, の方

▼ 丸~ (7, 0.1%)

1 にさる者, の分家本多, の山県蔦, の斥候, の部下, の面々, へ合図

▼ 丸~ (7, 0.1%)

1 でどっしり, とを互に, の上, の中, の裏, もあり, を用いる

▼ 丸~ (7, 0.1%)

3 の養女 2 総本家 1 という姓, の幽霊塔

▼ 丸である~ (6, 0.1%)

1 ことまで, しかとした, といっ, とはつ, に違, 五月丸とは

▼ 丸とともに~ (6, 0.1%)

1 太平洋の, 敵と, 水ぐあいの説は, 没した莫大, 濠端の, 火使の

▼ 丸とを~ (6, 0.1%)

1 まとめて, 乗せた雲, 亡くしたの, 尾行する, 引き離すであろうか, 蔽い隠したが

▼ 丸~ (6, 0.1%)

1 のだ, のである, のも, 月を, 眼を, 縁の

▼ 丸など~ (6, 0.1%)

1 いう鶏, であった, どれひとり道誉と, 江戸市井の, 稱へて, 言うもの

▼ 丸より~ (6, 0.1%)

1 一日か, 下船せる, 十二も, 無線電信の, 脇備えで, 通寺町肴町毘沙門前を

▼ 丸~ (6, 0.1%)

2 くして, めた 1 く紙, めて

▼ 丸ポチャ~ (6, 0.1%)

1 ちら, でも瓜ざねでも, で三味線, で笑顔, のちょッ, の愛くるしい

▼ 丸主従~ (6, 0.1%)

1 が大津, のいどころ, のやつら, はそれ, はやがて, は信濃

▼ 丸~ (6, 0.1%)

1 にさせられた, にし, にする, にせず, に呑, の立志論

▼ 丸墓山~ (6, 0.1%)

1 といふ, に上り, の丘, の中心, よりこ, より西

▼ 丸潰し~ (6, 0.1%)

3 にし 1 さ, にした, に潰し

▼ 丸神社~ (6, 0.1%)

2 というの 1 の額堂, の鳥居, へ一期, へ参詣

▼ 丸芳露~ (6, 0.1%)

1 をたべだした, をちょっともち, を一つ箸, を受取った, を口, を箸

▼ 丸部道九郎~ (6, 0.1%)

3 と云う 1 です, の妻, ばかりは全く

▼ 丸~ (6, 0.1%)

2 で材木 1 がけたたましい, が木材, で挽く, の音

▼ 丸~ (6, 0.1%)

1 と榊, と舶来, のよう, の正面, の鏡台, を片手

▼ 丸~ (6, 0.1%)

2 の包, の新聞包, を九つ拵

▼ 丸きり~ (5, 0.1%)

1 わからず気, 似合わないよう, 見違えて, 違った新しい, 違って

▼ 丸たち~ (5, 0.1%)

1 がもう, が垢離堂, の幼い, へ合図, もやすやす

▼ 丸とが~ (5, 0.1%)

1 いたと, 即ちそれ, 同時に叫んだ, 家の, 来て

▼ 丸とも~ (5, 0.1%)

2 兵利丸とも, 言ふ 1 いう秘薬

▼ 丸なら~ (5, 0.1%)

2 安心であった 1 んや, 天気さへ, 灰に

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 である性質上, というの, の丸山, を使い初める, を使い始めた

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 があっ, では, と腕つき, を囲み, を置いた

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 だとか, や胡麻印, をまた, を見なかった, 白い丸印

▼ 丸~ (5, 0.1%)

3 りに 1 じりに, り

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 と服部良一, と鶴原家, のあと, の御, の第

▼ 丸小屋~ (5, 0.1%)

1 がおかれ, にありますれ, はどこ, へ来る, へ退がっ

▼ 丸小路文則~ (5, 0.1%)

1 の妻琴路, の消息, は娘, は耳, は衣裳

▼ 丸~ (5, 0.1%)

2 をかぶり 1 を眺めました, を被, を被っ

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 で二つ三つ鼻面, に反り, の杖, をしのばせ, を攫んだ

▼ 丸火屋~ (5, 0.1%)

1 に書いた, の台ラムプ, の台ランプ, の残燈, の石油ランプ

▼ 丸~ (5, 0.1%)

1 がぐんぐん, に雁爪, の塔, を下し, を提げ

▼ 丸~ (5, 0.1%)

2 の火鉢 1 でね, の埋め, の縁

▼ 丸葉柳~ (5, 0.1%)

2 の下 1 が芽ぐん, の茂み, は山オコゼ

▼ 丸部さん私~ (5, 0.1%)

1 がアノ顔形, は大変, は少し, は自分, は誠

▼ 丸~ (4, 0.0%)

1 てものおもい居る, て持ち, て掌, て落した

▼ 丸こい~ (4, 0.0%)

2 顔と 1 もので, 眼を

▼ 丸その~ (4, 0.0%)

1 ほか尊氏の, 者であった, 者の, 背後には

▼ 丸それ~ (4, 0.0%)

1 にお姫様, はお前何ん, は臣下, をお

▼ 丸などは~ (4, 0.0%)

1 あの辺, とかく功名, まず世, 元禄時代などの

▼ 丸なる~ (4, 0.0%)

1 ぞ, に, 人物が, 者が

▼ 丸にとって~ (4, 0.0%)

1 いまさらの, なにより, 否その, 思い出ふかき

▼ 丸にな~ (4, 0.0%)

4 つてその

▼ 丸取り~ (4, 0.0%)

2 にしよう 1 です, にし

▼ 丸家根~ (4, 0.0%)

2 の上 1 をめがけ, を越し

▼ 丸少年~ (4, 0.0%)

1 とが一, はこう, はまた, を手先

▼ 丸~ (4, 0.0%)

1 のランプ, の切方, の洋灯, の洋燈

▼ 丸提灯~ (4, 0.0%)

1 に染めぬいた, に汁粉, の赤い, を取出し

▼ 丸暗記~ (4, 0.0%)

1 して, しても, しなければ, すること

▼ 丸~ (4, 0.0%)

1 といふ方, とやらも書け, はこれ, は四角

▼ 丸樫杖~ (4, 0.0%)

2 の持ち主 1 が何者, は一枚

▼ 丸~ (4, 0.0%)

1 でウイ, で恰も, の三倍, の火縄筒

▼ 丸荷役~ (4, 0.0%)

1 がつつがなく, のこと, のとき, の勝利

▼ 丸~ (4, 0.0%)

1 うつぎ, がひらひら, といくらか, の筒葉

▼ 丸虎市~ (4, 0.0%)

1 が経営, とかいや, と共同, もぐったり

▼ 丸邇坂~ (4, 0.0%)

2 の土 1 に忌瓮, に清淨

▼ 丸部朝夫~ (4, 0.0%)

1 である, と申します, と言う, に対し毒害

▼ 丸頭巾~ (4, 0.0%)

1 であった, をかぶ, をかぶった, を被った

▼ 丸~ (4, 0.0%)

2 の大 1 にし, には彼女

▼ 丸~ (3, 0.0%)

3 かしに

▼ 丸だけが~ (3, 0.0%)

1 すこし解せない, 残されたが, 残って

▼ 丸だけは~ (3, 0.0%)

1 ソンナ真似を, 名ま, 居る所

▼ 丸だの~ (3, 0.0%)

1 あるいは秀吉, 三角だ, 何助

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 えんだ, んだ, 次第に大

▼ 丸でない~ (3, 0.0%)

1 ことに, のを, 程に

▼ 丸でなく~ (3, 0.0%)

1 てもあきる, て紀行文, 却って国道

▼ 丸とて~ (3, 0.0%)

1 一流の, 以前は, 東洋行の

▼ 丸などと~ (3, 0.0%)

1 云うの, 名の, 船の

▼ 丸などの~ (3, 0.0%)

1 上方俳優で, 出自, 硯学たちが

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 しに見付, しのため, しはいぬる

▼ 丸はん~ (3, 0.0%)

1 お師匠はん, に勝手, のお

▼ 丸また~ (3, 0.0%)

1 ふたりの, 令声, 文角に

▼ 丸まっ~ (3, 0.0%)

1 ちい胡桃の, ちくって, ちく肉の

▼ 丸まつ~ (3, 0.0%)

1 たと, てゐた, てゐる

▼ 丸もうけ~ (3, 0.0%)

1 だ, ぢや, をした

▼ 丸をも~ (3, 0.0%)

1 そこで首, 加へて, 手に

▼ 丸テエブル~ (3, 0.0%)

1 に席, のま, をはさん

▼ 丸ボヤ~ (3, 0.0%)

1 に進ん, のきれい, の洋灯

▼ 丸一年目~ (3, 0.0%)

1 に, に或, の日附

▼ 丸三ノ丸~ (3, 0.0%)

1 とつづいた, にわかれ, を炎上

▼ 丸三日~ (3, 0.0%)

1 になる, に過ぎなかった, を過ごした

▼ 丸三郎~ (3, 0.0%)

1 との逢瀬, の噂, の贈り

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 名が, 名の, 花形です

▼ 丸~ (3, 0.0%)

2 の二階 1 の仕事

▼ 丸以下~ (3, 0.0%)

1 のひと, のもの, の者

▼ 丸以外~ (3, 0.0%)

1 にも附近, に入渠船, の誰

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 という日本一, という時計屋, という時計屋さん

▼ 丸六年~ (3, 0.0%)

1 のあ, のあいだ一緒, 敲いた

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 の作り物, 殺して, 違ったよう

▼ 丸切り見当~ (3, 0.0%)

1 が付かないらし, が付かないらしかった, が立たなくなっ

▼ 丸~ (3, 0.0%)

2 にゐます 1 に誂え

▼ 丸剃り~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にした

▼ 丸~ (3, 0.0%)

2 の繁から 1 そのすじ向い

▼ 丸~ (3, 0.0%)

2 のある 1 のついた

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 から真逆様, が空き, にはもう

▼ 丸寫し~ (3, 0.0%)

2 にした 1 にし

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 で作らせた, で拵え, 人形店の

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 で, であるせい, の者

▼ 丸~ (3, 0.0%)

3 にゆ

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 の上, の高, へ矢文

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 で夕食, の料理, へ行く

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 の房, をボウ, を胸

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 にしろ, には大山, は前二者

▼ 丸船長~ (3, 0.0%)

21 の会主

▼ 丸過ぎる~ (3, 0.0%)

1 し左右, ようで, 犬と

▼ 丸部一家~ (3, 0.0%)

1 に拭う, の名, の為

▼ 丸部春子~ (3, 0.0%)

1 です, と云う, と分れ

▼ 丸難破全員十六名生存救助~ (3, 0.0%)

3 を乞う

▼ 丸~ (3, 0.0%)

1 の太刀, を帯び, を鴎尻

▼ 丸飲み~ (3, 0.0%)

1 に, にさせ, にした

▼ 丸麺麭~ (3, 0.0%)

1 と新しい, と部屋着, の固く

▼ 丸あすこ~ (2, 0.0%)

1 が浮世, も浮世

▼ 丸あたり~ (2, 0.0%)

1 にあった, の馬

▼ 丸あんどん~ (2, 0.0%)

1 の向こう, の灯影

▼ 丸かじりし~ (2, 0.0%)

1 て腹の中, 五分ばかり

▼ 丸からの~ (2, 0.0%)

1 お使い, 無線電報に

▼ 丸がれ~ (2, 0.0%)

1 たるもか, 易き黒髮

▼ 丸~ (2, 0.0%)

2 てあみはじめ

▼ 丸けずり~ (2, 0.0%)

1 となった, のやり

▼ 丸これ~ (2, 0.0%)

1 にあり, へでませい

▼ 丸さえ~ (2, 0.0%)

1 扱い兼ねた, 許せば

▼ 丸さだめし~ (2, 0.0%)

1 今まで, 口惜しかろう

▼ 丸しか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 丸~ (2, 0.0%)

2 しんが

▼ 丸ずれ~ (2, 0.0%)

1 に亡ぼされ, の女

▼ 丸そんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものは

▼ 丸たいさん~ (2, 0.0%)

2 やすい

▼ 丸だって~ (2, 0.0%)

1 あんまり利巧, 江戸八百八町の

▼ 丸だつた~ (2, 0.0%)

1 ので, ので妙

▼ 丸ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が代り, によくこう

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 やない, や大きに

▼ 丸って~ (2, 0.0%)

1 言う船, 餓鬼や

▼ 丸つぶし~ (2, 0.0%)

1 です, にし

▼ 丸であった~ (2, 0.0%)

1 がやがて, だけに罵られる

▼ 丸とやらを~ (2, 0.0%)

1 とり返して, 伴ひ

▼ 丸と共に~ (2, 0.0%)

1 南極の, 家族の

▼ 丸などという~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 大阪上りの

▼ 丸などといふ~ (2, 0.0%)

1 名前の, 連中と

▼ 丸なんか~ (2, 0.0%)

1 持って, 持つて

▼ 丸なんかに~ (2, 0.0%)

1 乗りこんだの, 乗り込んで

▼ 丸について~ (2, 0.0%)

1 弟の, 面白い騒ぎ

▼ 丸にまで~ (2, 0.0%)

1 柴田伝来の, 縮めると

▼ 丸のよ~ (2, 0.0%)

2 だれ掛けを

▼ 丸ひとり~ (2, 0.0%)

1 だ, になっ

▼ 丸へと~ (2, 0.0%)

1 もぐらせました, 足を

▼ 丸までが~ (2, 0.0%)

1 ビリ, 一しょに

▼ 丸よろず~ (2, 0.0%)

2 によし

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 かに刳上った, の若党たち

▼ 丸るで~ (2, 0.0%)

1 俗文學の, 東西諸

▼ 丸ッきり~ (2, 0.0%)

1 休めて, 無い訳

▼ 丸ッキリ~ (2, 0.0%)

1 知らない事, 読めなかった

▼ 丸トチリ~ (2, 0.0%)

1 したので, す困る奴

▼ 丸パン~ (2, 0.0%)

1 を置いた, を買つて

▼ 丸ボチャ~ (2, 0.0%)

1 の愛嬌顔, の極度

▼ 丸ヲトバシワガ船ハクダカレ全員ハ傷ツキ七分~ (2, 0.0%)

2 デ沈没シタ

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 に避穀丸, の大

▼ 丸一年間~ (2, 0.0%)

1 もの, も留置

▼ 丸一疋~ (2, 0.0%)

1 で持っ, のまま

▼ 丸丁山六~ (2, 0.0%)

2 遠州屋

▼ 丸万君~ (2, 0.0%)

1 じゃない, はどう

▼ 丸三年ソヴェト~ (2, 0.0%)

1 にいた, に居た

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 にあらわした, にしきりに

▼ 丸久弥~ (2, 0.0%)

1 といった屈強, と認めた

▼ 丸乗組み~ (2, 0.0%)

1 の印度人達, の印度船員某

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の家具屋, や山東

▼ 丸二つ~ (2, 0.0%)

1 と其, の指物

▼ 丸二年半~ (2, 0.0%)

1 の佐渡, の間

▼ 丸二日八五郎~ (2, 0.0%)

1 は精いっぱい, は精一杯

▼ 丸二日間強情~ (2, 0.0%)

2 に一口

▼ 丸介抱~ (2, 0.0%)

2

▼ 丸伊奈子~ (2, 0.0%)

1 という娘, と私

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の大, は食わされる

▼ 丸公値上げ~ (2, 0.0%)

1 については都留, のこと

▼ 丸写し~ (2, 0.0%)

1 にし, に実物

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 にし, にしたる

▼ 丸切り反対~ (2, 0.0%)

2 に大きい大きい寂し

▼ 丸切り嘘~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 丸切り夢~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 丸切り夫人~ (2, 0.0%)

2 の念頭

▼ 丸切り駄目~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 が捺し, を二

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 のまっ, 怒濤

▼ 丸半日足~ (2, 0.0%)

2 を擂粉木

▼ 丸取られ~ (2, 0.0%)

1 さ, と相場

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 本所菊川町同, 義照畠山五郎佐竹義敦などが

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 いかつくり, とヘット

▼ 丸四年~ (2, 0.0%)

1 ほどの年月, 死に身

▼ 丸国王~ (2, 0.0%)

1 となっ, の御

▼ 丸左陣殿~ (2, 0.0%)

1 とな, わざわざの

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 で捕えられた, という呉服雑貨商

▼ 丸~ (2, 0.0%)

2 の盆

▼ 丸形の~ (2, 0.0%)

1 をお, を見た

▼ 丸形帽~ (2, 0.0%)

1 に雪, をかぶった

▼ 丸後押し~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 用意の, 留守居格

▼ 丸抜安~ (2, 0.0%)

1 です, の細身

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 だ, の祕藏子

▼ 丸持ち~ (2, 0.0%)

1 だとも, で神田

▼ 丸探険隊~ (2, 0.0%)

1 が一足, の重大

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 が言葉, とが置い

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 と云え, の檀那

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 のくつきり, のついた

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 がで, にした

▼ 丸火桶~ (2, 0.0%)

1 の前, を擁し

▼ 丸硝子~ (2, 0.0%)

2 の行燈

▼ 丸福商店~ (2, 0.0%)

1 だった, に買われる

▼ 丸禿~ (2, 0.0%)

1 にし, の山顛

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 があり, を殺すべし

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 で本, を以て最上

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 である, らしい形

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 からいえ, の笠

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 のよう, の内

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 には白砂糖, も一つ

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 が迹, に触れ

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の置洋燈, をかぶせた

▼ 丸行灯~ (2, 0.0%)

1 が灯っ, の丸い

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の課長, を訪問

▼ 丸邇氏~ (2, 0.0%)

1 の歌物語, は奈良

▼ 丸邇臣口子~ (2, 0.0%)

1 という者, を迎

▼ 丸部さん丸部さん貴方~ (2, 0.0%)

1 は再び, も口

▼ 丸部さん何~ (2, 0.0%)

1 うあっ, にも要らぬ

▼ 丸部さん此~ (2, 0.0%)

1 の探偵吏, の門口

▼ 丸部君~ (2, 0.0%)

1 が射殺, が茲

▼ 丸部夫人~ (2, 0.0%)

1 と云う, は昔養母殺し

▼ 丸都城~ (2, 0.0%)

1 に達せり, は今

▼ 丸長光~ (2, 0.0%)

1 の名刀, の脇差

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 に藤村庵, の石垣

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の家来, の家臣

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 に結つて, を気

▼ 丸麭麺~ (2, 0.0%)

1 が入っ, などが入れ

▼ 丸~ (2, 0.0%)

1 の絵, を刺繍

▼ 丸龜城下~ (2, 0.0%)

1 なる後藤半四郎, なる拙者

▼1* [678件]

◯番地亀崎ちか方ですわ, 丸るい声で, 丸あきる筈なり, 丸あのように, 丸あるい顔を, 丸あるいしおらしげ, 丸あれはおそらく, 丸いきんちゃく, 丸いくぼ地, 丸いよいよ深い奥海部, 丸いろは丸夕顔丸桜島丸の四ツ, 丸うつしではない, 丸うまく二人を, 丸お蔭で己, 丸かじりにした, 丸かと問題に, 丸かねといふ家, 丸かり受候て, 丸がかりの洋裝, 丸がけえつて來, 丸きり六年逢はぬ, 丸きり別な人, 丸きり嘘であったかの, 丸きり意識を失つた馬鹿者, 丸きり消息はありませんでした, 丸きり見当が付かない, 丸きり違つてゐるの, 丸ぐけの帯を解き, 丸ぐけ帯天蓋尺八という姿, 丸ぐけ桃色や濃いあさ, 丸ぐらいで深さ二寸, 丸ぐらいの機械を, 丸けた球を口, 丸げたのを枕, 丸げた様な蒔絵, 丸こそは野武士の, 丸この二人を, 丸こんなに天気だ, 丸ご両人のあでやか, 丸さっそく左膳の, 丸さったらないの, 丸さまあなたのお, 丸さまはじめその他の旗本たち, 丸さまわたくしはここ, 丸さま今の私, 丸さま家康の心, 丸さようなこと, 丸さんあなたもお, 丸さんご免なすって, 丸さんたちを裏切った, 丸さんモカさん達も遠慮, 丸さん幾つやな, 丸さん気分でも悪い, 丸さん眼を病ん, 丸さん紅丸さん構わないから, 丸さん貴方だと, 丸さん達と一緒, 丸さ加減が言う, 丸さ号外になまけただ, 丸さ波形の縁, 丸しょうがとねぎ, 丸じしんですらじ, 丸じしんが一千あまり, 丸すぎるうえに, 丸すなわち夜泣きの, 丸ずつ百日続け, 丸そっくりの女, 丸そのものも引きあげる, 丸その他の巨, 丸その他消毒石鹸まである, 丸それからもう一人鼠小僧外伝, 丸それ自体は一体, 丸棒が, 丸ただ一つ, 丸たん棒の値段, 丸だけ取り上げて, 丸だけに降参した, 丸だけを隠したのね, 丸だったんだ, 丸切り眼の, 丸っきり一つも解かれ, 丸っきり休みなの, 丸っきり自信を失い, 丸っていうものです, 丸っと一と, 丸っぽい顔で, 丸っ子も同じ, 丸つきりお, 丸つこいてか, 丸づくにゆう, 丸てんじょうに無数, 丸であってその, 丸でありその両側, 丸でありしがその, 丸であろうと他, 丸でございますな, 丸でもがき死を, 丸といへる一, 丸といった楠木正成は, 丸とかいうもので, 丸とでもいう名, 丸とに乗せられた, 丸ともに自ら引札も, 丸とやらがふたたび甲斐源氏, 丸どうしたもの, 丸どうしてそこらに, 丸どうにも信じられないらしい, 丸どうやら不安らしい, 丸どっちも足弱連れ, 丸なぞ前の, 丸なぞが付けて, 丸なぞはもう見る, 丸などが立ち帰って, 丸などで宮戸座よりも, 丸なども床几の, 丸ならずば権君, 丸なり又は淫乱婆, 丸なる子恋の森, 丸なんて云う荷物, 丸において両目付, 丸にかけつづいた, 丸にたいしては柔順であり, 丸にては中らずとて, 丸にでも中られて, 丸にとっては頭山満と, 丸にとってもかれは, 丸に対して夫とは, 丸のろけ話を, 丸はかぶりを振った, 丸はぎにした, 丸はじッと考え, 丸はつぎに山県蔦, 丸はんうちの妻太郎はん, 丸ばかりが往来の, 丸ひとりきりとなった, 丸ひと月に成る, 丸ぶたのよう, 丸への憎しみと, 丸へは騒ぎが, 丸べりの笠, 丸ほどでなくとも, 丸ほどになると, 丸ほどの豪の, 丸ぼやの瓦斯燈, 丸まあそこへ, 丸まつちいからだ, 丸まつちい身體の久保さん, 丸ままただで搾られなけれ, 丸みたいな髪, 丸もうこんな嘘, 丸もうこの隠れ里, 丸やがて呼びかけた, 丸やけになっ, 丸やけまつかんだの, 丸やの形で, 丸やを頭に, 丸ゆでにした, 丸よく申したな, 丸よりは數分前に, 丸るいものだった, 丸るい影を往来, 丸るく盛花に, 丸るく掻きならしている, 丸ろめこみに, 丸げにも, 丸わげの下, 丸わしの首, 丸をはの間に, 丸だ線, 丸アるいふくらみの, 丸アミの中心, 丸アルいくもりがらすの電燈, 丸キリ知らない繁華, 丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 丸ゴシックの書体, 丸サイトウ丸源太郎兵衛丸などといふ連中, 丸ジンの臺ラムプ, 丸スパスモヒンをやたら, 丸タン棒野郎の落度, 丸ッきり手掛が無い, 丸ッポチヤの, 丸このまま生醤油, 丸ツトその書物, 丸ツ切りあいつア氣違ひぢ, 丸テイブルが据ゑられて, 丸テーブルソファーアームチェアいずれも由緒, 丸テーブルソファ幾つかのアームチェア, 丸御待申候間, 丸ニハ土商会の者壱人, 丸ニ乗かへ須崎, 丸コレハタンポト云ウモノナンダヨ, 丸予定デス, 丸ハダカになっ, 丸ハッとする, 丸ハッキリと云う, 丸ハ於長崎ニ船の求め, 丸ポチヤでいかにも, 丸マゲにと夢, 丸マゲ崩レヌヒトリノ女ハゴム人形ダイテ歩イテイタツカンデ見, 丸ムギのパン, 丸一ヶ年の君, 丸一人だけは残し, 丸一個月前の事, 丸一党を引っ張っ, 丸一分間もそのまま, 丸一味をみなごろ, 丸一年ぶりに坐りまし, 丸一年ミユンヘンに居る, 丸一年余り勉強をし, 丸一年半という重く苦しかっ, 丸一年間家族を養う, 丸一族はこの, 丸一日がかりですから, 丸一日井戸から床下, 丸一日半をおいた, 丸一日捜索のため, 丸一日晴天だから, 丸一日火の側, 丸一日田畠を鼠, 丸一気に鉄斎を, 丸一流の悪魔, 丸一片も出さぬ, 丸一社中が花籠, 丸一索二索を一竹二竹, 丸一艘だから, 丸一角を睨ませ, 丸一軒であつ, 丸三つの旗, 丸三ヶ月を經過, 丸三千二百噸の機関長, 丸三年前大正十年の春鶴原未亡人, 丸三年来である, 丸三年目にやっと, 丸三年間の自由, 丸三歳になる, 丸三角螺線あらゆるもの, 丸三郎といへる情夫, 丸三郎丸みなその芽ぶきだ, 丸三郎丸らの幼子, 丸三郎兵衛丸潮吹丸づくに, 丸三郎贔負のやう, 丸上山田屋等の袋物店, 丸の牧野備後守樣御上屋敷, 丸下手より物語り, 丸不思議そうに空, 丸果実店, 丸与党の奸計, 丸並んでいる, 丸九ヶ月以上も經つた兒, 丸九江から漢口, 丸事其日庵主の智情意, 丸二つ引きの旗, 丸二の丸三の丸などのほか, 丸二ヶ月にもならん, 丸二十分遅着, 丸二十年が彼, 丸二千五百噸の機関長, 丸二尺三寸に今, 丸二山の間, 丸二年間大島氏の家, 丸二年間小言も云はず, 丸二日の間一度, 丸二日ぢやからねえ, 丸二日間といふもの, 丸二郎丸三郎丸らの幼子, 丸五臓丸売りましょう五臓丸, 丸亭素人の翻訳探偵小説, 丸の一隻, 丸以上に, 丸以来ずっと何者, 丸以来二人が離れ, 丸住吉丸などと船, 丸か食い物, 丸作者の戯画, 丸偉いことに, 丸傍らにある, 丸のよう, 丸の幅, 丸ではない, 丸元服して, 丸に立った, 丸八年の間, 丸八日経つ間, 丸八歳とあります, 丸公別室があろう, 丸六年わたしのよう, 丸商会の, 丸といふ傘屋, 丸円劇場の初日, 丸円寺の分れ, 丸円町にあっ, 丸円社にいます, 丸円藩の御, 丸しか抜写し, 丸処法が紛失, 丸出丸廓などの狭間, 丸出動の目的, 丸出港のみぎり, 丸刀鑿物差などが這入っ, 丸刀間透などを三本, 丸であろうが, 丸切り夢中でただ, 丸切り大根のお, 丸切り影を消し, 丸切り忘れて一気に, 丸切り気もつかない, 丸切り猩猩と猩猩, 丸切り相手にしよう, 丸切り違つてまだ腰, 丸切り陽が射さない, 丸切違つたやう, 丸刈頭に風, 丸利丸上山田屋等の袋物店, 丸にし, 丸にした, 丸剥げになつて, 丸加番土井が守つて, 丸加賀見忍剣木隠龍太郎, 丸を取りあげ, 丸十一ケ月前に生れ, 丸十一年で, 丸十一間丸などと名, 丸十七年間生活してこ, 丸十五歳近衛院の御宇, 丸半年を病床, 丸半日とウォールデン池, 丸半日気のきかない, 丸半日氣のきかない, 丸半玉と十余人, 丸卓子一つだったと, 丸博士が爺ガ岳, 丸即ち貞徳が, 丸で儲ける, 丸古立におまさ, 丸同然の七三, 丸向かい屋敷に, 丸君らの家, 丸か牡丹種, 丸でないらしい, 丸喧嘩でも吹っかけ, 丸といふ土地, 丸みに, 丸四十三四歳乃至五十一二歳, 丸四角扇形などさまざま, 丸国王様では, 丸国重という刀, 丸圈點を打つた, 丸地さん一寸いらしつ, 丸地さん丸地さん一寸いらしつ, 丸地図はどんな, 丸坊頭にし, 丸垂木日さしが上, 丸型ランプの影, 丸型朱塗りの大, 丸を上げた, 丸売りましょう五臓丸, 丸夕顔丸桜島丸の四ツ, 丸夜泣きの脇差, 丸大きに乗り気に, 丸大風が吹く, 丸天王寺の松殿法印, 丸如きは事, 丸恋の, 丸を附けたらしい, 丸官たかを聞い, 丸官後学のため, 丸官閣下お使者, 丸して, 丸導痰湯などの処方, 丸を坤竜丸, 丸小作みて, 丸小兼竹内三竺喜斎等がその, 丸小太刀をぬい, 丸小幡民部そのほか帷幕, 丸小路の屋敷, 丸小路殿の屋敷, 丸少しもつつまず, 丸尺七八寸の丁字, 丸屋根いっぱいにひびきわたりました, 丸岡田長門守の四名, 丸岩熊鷹氷室の連山, 丸を刺し, 丸嶽丸の重要, 丸川ばた韋駝天, 丸左右には山県蔦, 丸左陣めの精神, 丸左陣奴は私, 丸左陣感心致した, 丸左陣方でも大将自身出馬, 丸左陣槍を小脇, 丸左陣殿我らが主君義明公, 丸左陣殿松風は某, 丸左陣首を傾げざる, 丸帆柱で頭上, 丸帰航の途, 丸丸, 丸幕下の者, 丸平家の小, 丸年下の方, 丸張りの絹団扇, 丸だらうかと, 丸形カラーのねまき, 丸形制帽をかぶっ, 丸形竹の節, 丸形袖形狐三腰スレ鈎鰻タナゴエビといふ分類, 丸彦のどを, 丸彫りでないマリアンナを, 丸彫り四つで百円, 丸徳商店の長吉, 丸忍び出でて, 丸忍剣龍太郎の耳, 丸思ふやう, 丸思わずギョッと, 丸のよう, 丸ふいご, 丸にし, 丸抜きのクダラヌ低級, 丸押えの処断, 丸括弧で挟んだ, 丸持大尽でごわす, 丸持粋人の生活, 丸持長者アンドリウ・カアネギイがこの, 丸持長者アンドリウ・カアネギイさんですよ, 丸捕方共に囲まれた, 丸探険隊員の手, 丸提燈に灯, 丸新聞が配られる, 丸於呂知箱根沖波などという白拍子名, 丸旗毘沙門旗のいたずら, 丸既往の航海史上, 丸日永の波, 丸日記付録を出ス, 丸竹の, 丸を太刀, 丸時計がかかっ, 丸暖炉と角隅, 丸暫く待ちね, 丸曲髷に曙染, 丸をだす, 丸に倚, 丸は以前未醒画伯, 丸にし, 丸へ行け, 丸に代, 丸柿二つパン一つを役人, 丸栄竜たちだ, 丸桔梗菱なんぞはお, 丸桜島丸の四ツ, 丸桟橋へ着く, 丸梅肉エキス蚤とり粉毛筆紙挟み殆ど使用に堪へ, 丸梯子の中程, 丸楠氏の兵利丸, 丸様お供仕るでご, 丸様殿様の遠い, 丸模樣の振袖, 丸樣殿樣の遠い, 丸横町の角, 丸樫勾当は片, 丸櫓諸所の木戸, 丸で掻き上げ, 丸次点の者, 丸此頃荷物積込などもすみ, 丸武士らしく自, 丸つたか, 丸殿御幼少なれば, 丸殿淀君のこと, 丸の傍, 丸不心, 丸毛不破などの兵, 丸毛兵庫守どのなど御, 丸の坤竜丸, 丸水瓜である, 丸沈沒の間際, 丸沈没したる償金, 丸油疱瘡で死んだ, 丸津川玄蕃滝川三郎兵衛の四名, 丸活き返るぜ, 丸流師長流式部親王家の御, 丸浪人で悪, 丸清浄な処女, 丸源たちと一緒, 丸源太郎兵衛丸などといふ連中, 丸滿船の電燈, 丸潮吹丸づくに, 丸澤君が述べた, 丸濱鶴丸と大, 丸で暖める, 丸にした, 丸がある, 丸焙りの足, 丸焦げになる, 丸とした, 丸燒故の下, 丸爐形の大きな, 丸のよう, 丸爺さんのあざらし, 丸牛豚開店までやりやがっ, 丸物語をもう一応, 丸猫三ちゅう名, 丸玉平玉小玉などいろ, 丸王唯一人しか居なかった, 丸王様藍丸王様と叫び, 丸珍聞と呼ん, 丸でこの, 丸生かしておきまし, 丸生絹に幸菱, 丸田屋儀右衛門の長男, 丸甲板部の水夫たち, 丸画伯に一任, 丸の家, 丸畠山大伍らの各, 丸當時のもの, 丸疝気寸白虫根切となのった, 丸皿形のボルタメーター, 丸目主水正の独悟剣, 丸目文之進, 丸目文之進だろう, 丸目蔵人塚原卜伝などの武勇伝物, 丸目蔵人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの剣客たち, 丸目藏人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの劍客たち, 丸眼鏡を額部, 丸砥石でとぐ, 丸だった, 丸碧海賛平の輩, 丸に落ち, 丸福島の人気, 丸福蔵団子などの少年俳優, 丸福酒店の主人, 丸が長崎, 丸移しにし, 丸桜, 丸から覗き込み, 丸窓一杯にひろがり, 丸窓外に八手, 丸竜空に蟠, 丸竹中半兵衛の兵糧丸, 丸竹丸が各自一振り, 丸竹丸ご両人のあでやか, 丸竿蜻蛉釣りの竿, 丸笙国軸丸笙という笙, 丸の峰, 丸等数十名の同志, 丸筒生地は竹, 丸に入った, 丸紀州軍艦の為め, 丸紅丸の時代, 丸紋その他の織物模様, 丸紋宝石入りの帯, 丸紋手の単物, 丸の緒, 丸組織から離れ出た, 丸組製糸会社のため, 丸続いて猪十郎, 丸の針金, 丸綴ぢの腰布, 丸形身入れ白に, 丸羽織を着, 丸老人はあれ, 丸聞きもあ, 丸肥りの彼, 丸腰掛があった, 丸腹切の塲, 丸膏薬を出そう, 丸裁せい, 丸自ら月丸を裁く, 丸般若丸サイトウ丸源太郎兵衛丸などといふ連中, 丸をよそおいし, 丸船上からこの, 丸船中にて菊池氏, 丸船内にうつされた, 丸船員も手つだっ, 丸の料理, 丸花一座を観る, 丸花屋という大阪寿司屋, 丸花瀬とて雌雄, 丸花興行部之印, 丸の坊主頭, 丸茄子がなけれ, 丸にする, 丸荷物炭一千トン積込ミ荷役ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, 丸の三湖, 丸菊主人はい, 丸菊主人藤兵衛藤井の生地, 丸菱ぢやもう, 丸葉岳蕗が乱咲, 丸葉岳蕗車百合などが黄, 丸を試み, 丸蒸しにし, 丸を緊め, 丸蕪湖から九江, 丸薬剤車を守り, 丸行燈九本の蝋燭, 丸の子弟, 丸襞襟のよう, 丸西醤油店の買切で, 丸観音丸などと云う, 丸に苅つて, 丸角さんて云, 丸を刺し, 丸諳記さ, 丸賣る浮鋪簷を, 丸贔屓の城主荒木, 丸をもった, 丸の出動, 丸の菅笠, 丸輪五徳や吉原五徳, 丸辰さんに船長, 丸辰流に言え, 丸込めしてはぷすつと, 丸込ミな礼ども, 丸ハ込たれ, 丸髪様が, 丸彫の, 丸通便の宅, 丸道士の秘曲, 丸遭難と得利寺, 丸部さんオヤ先ア傍腹を刺された, 丸部さん丸部さんオヤ先ア傍腹を刺された, 丸部さん今夜の女, 丸部さん先刻秀子を引き立てる, 丸部さん合点が行きました, 丸部さん是ならば, 丸部さん浦原浦子の失踪, 丸部さん肝腎の私自身, 丸部主人が何, 丸部朝夫氏へ売り渡した, 丸部朝秀の亡霊, 丸部道九郎さんですか, 丸までは大約, 丸野宿の場合, 丸針葉樹の木, 丸の定紋, 丸鍛えともいい, 丸長屋の赤ん坊, 丸は小雪, 丸は竜, 丸雷矢すなわち雷, 丸霊神社とある, 丸面白かったなあ, 丸鞘太刀を佩い, 丸音曲噺の圓太郎, 丸の五分刈, 丸顏一人は瓜實顏, 丸顏五分刈に向, 丸顏血色が鮮やか, 丸顔いっぱいの汗, 丸顔がらはこの, 丸顔どこかはすっぱ, 丸顔五分刈に向, 丸顔兄の丈八郎, 丸顔口元の尋常, 丸顔敏捷な眼つき, 丸顔無邪気だが, 丸顔私は細面, 丸顔色黒けれど愛らし, 丸散香, 丸馬蹄鍛冶屋の大二郎, 丸驚くこと大方, 丸の王, 丸髪姿が滴る, 丸なんぞに結つて, 丸髮姿の, 丸鯖子丸般若丸サイトウ丸源太郎兵衛丸などといふ連中, 丸鯖小次郎お小夜, 丸鱗丸三郎兵衛丸潮吹丸づくに, 丸で百匁七十銭程度, 丸麺麭一つの価, 丸麺麭三つの代価, 丸黒い指だ, 丸を打つた, 丸鼠小僧外伝いなば, 丸齧りにし, 丸龍太郎のふたり, 丸龜中先一番の旅籠屋, 丸龜四萬五千石の城主, 丸龜屋まだその他, 丸龜徳島から大阪, 丸龜近在にては後藤半四郎