青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~ 人工~ ~人形 人形~ ~人影 人影~
人心~
人情~ ~人数 人数~ ~人格 人格~ 人殺し~ ~人民 人民~ ~人気 人気~

「人心~」 1195, 13ppm, 8526位

▼ 人心~ (322, 26.9%)

11 して 6 惑乱する 5 惑乱し 4 腐敗せしめ 3 収攬する, 寒から, 感化する, 支配し, 支配する, 結合する

2 [20件] 動かして, 収攬し, 収攬した, 善導し, 左右する, 強くする, 打たずには, 探して, 提醒し, 攪乱する, 支配した, 收攬する, 極度に, 湧かし姦しい, 統一する, 裨益する, 調和し, 騒がして, 驚嘆せしめ, 鼓舞作興し

1 [238件] ありがたがらせ清澄, あるが, いたく衝撃, いらだたすこと, いらだたせ益々, おさめたの, おさめる天才的, おちつけさせるため, おびえあがらせて, おびやかさんが, かきみだして, かくも, しずめること, そこないわが国, そばだてそこで, つかむ妙機, つかむ所以, つつんで, つなぎ得るか, とらえて, なげいて, なだめいくたび, はげしく刺激, ひきつけた事実, ひっぱって, まどわし日本国, よいと, 一家に, 一掃すべきだ, 一新したい, 一新しなけれ, 一新し得る, 一貫し, 不安に, 乱した, 乱す者, 乱そうと, 二流に, 今日は, 倦まさせては, 具えたる者, 具し, 凝結する, 刺戟し, 刺戟せず, 刺激した, 刺激する, 刺激する如き, 動かさぬだけでも, 動かした, 動かしたの, 動かしたるにおいては, 動かした事件, 動かし形勢, 動かすこと, 動かすに, 動かすの, 動かすもの, 動かす之, 動揺させぬ, 動揺せしめる, 動搖せしめた, 危うくする, 危うする, 去つたこと, 収める大略, 収め兵力, 収め北條氏, 収攬しよう, 収攬する如き, 収攬せよ, 収纜し, 向けようとして, 和げ心底, 和らげるよう, 和らげ文化, 喜ばしむべき, 喜ばせるため, 囚へて, 固め外, 固結, 堕落さした, 変化する, 変化せず, 失うとも, 失し議会, 失し議會, 失ひたる平氏政府, 奔競顛倒せし, 威圧し, 安める, 安逸なら, 定むべ, 害, 害う, 害するとでも, 害すれば, 察知し, 導き推して, 導くに, 導くには, 引付けて, 引入れるところ, 得るも, 得る道, 怯えさせてるよう, 恍惚たらしめ, 恐れて, 悪くさせる, 惑わしめたか, 惑わす不良青年, 惡化せし, 惹きつけたこと, 感動せしめた, 感化したる, 感化せん, 慊き足らしむべき, 慰めたり, 憂鬱に, 懐柔する, 打つ, 抑へ, 抛擲し, 指した, 振起する, 捉え得ぬ非, 捉へ, 探る一伝法, 描破する, 撹乱し, 攪きみだし, 攪乱し, 攪亂し, 支配せし, 收攬する如き, 改造し, 救うの, 救うのに, 救う宗教, 教化する, 新たに, 新に, 明るくし, 暗くする, 曲くせる, 更らに, 服せんと, 根からゆすっ, 根底から, 歎き, 洞察しすぎる, 洞察すれ, 温和に, 滿足させる, 燒きつく, 獲ましょう, 用ふべき, 益する, 益するといふ, 益するの, 益せざるべからず, 盛んに, 眩まそう, 瞞着する, 社会を, 籠絡し, 籠絡する, 紊る, 結びたり, 結合し, 絢爛に, 統一し, 統一せん, 統制し, 維持し, 維持せん, 維続する, 緩和した, 緩和する, 緩和せん, 繋ぎ留めて, 纏うは, 聳えしめるもの, 聳動した, 聳動する, 聳動せしめ, 脅かす程度, 脅して, 腐らせる又, 腐敗せし, 臆病に, 苦しめたる君主専制, 落ちつかせるため, 蕩かす, 衝動した, 裨益しよう, 見ると, 解せざるに, 誘い邪法, 誘掖する, 誘起せん, 誤るもの, 説けり為すあるが, 説明する, 読むこと鏡, 調律する, 諷して, 警醒し, 警醒の, 買つて内から, 買ひ崩す, 転じて, 迷わすこと, 迷わす昔時, 途方に, 都では, 醒まして, 鎮めるため, 鎮め外, 険悪に, 集めて, 離れさせたの, 離反させた, 鞭撻し, 頼みに, 風雅の, 風靡した, 養うと, 駆つて遊蕩, 騒がすその, 騒がせた米騒動, 騷が, 驚異せし, 高めやうといふ, 魅し, 魅惑し, 鼓舞し, 鼓舞する

▼ 人心~ (317, 26.5%)

10 上に 6 機微に 5 機微を 3 ないのにと, 不安は, 動揺を, 向上に, 頽廃を

2 [21件] 一致を, 中に, 働を, 動向を, 動揺に, 反映のみ, 向ふ, 向背にも, 堕落を, 奥を, 奥底に, 安定を, 小さき花, 帰趨を, 底に, 改革, 改革に, 新傾向, 深き願い, 腐敗を, 荒廃が

1 [239件] あまりにさわがしい, あらゆる機能, いかに変化, いまだ一致, いやに, うえに, うごきは, うごきを, うたてさ, うちに, けわしさ, この響き, すさびなど, すさみかたについて, その正, たのみな, ために, できし時より, どんな波動, はなはだ厳粛, もよう, やさしきとを, ゆるむところ, コセ, コセコセした, 一新は, 一致し, 一致集注を, 一部分を, 上へ, 下落呆るる, 不安この, 不安と, 不安という, 不安とな, 不安も, 不安を, 不安動揺と, 不安動揺などという, 不安動揺なる, 世でも, 中の, 中点たり, 乖離不測の, 任に, 何を, 作用は, 信じがたき, 信愛を, 信東に, 傾向に, 傾向相縁り, 働きこれ, 働きの, 内奥から, 内部に, 分裂が, 分解を, 前史と, 動くその, 動向から, 動揺, 動揺が, 動揺その, 動揺と, 動揺は, 動揺や, 動搖と共に, 動搖を, 化育に, 十分な, 去りかけた越前守, 反映は, 反覆を, 収攬も, 収攬を, 向かうところ, 向背は, 周波とも, 和という, 和も, 哲学的に, 堕落が, 堕落の, 堕落も, 変動なれ, 変動は, 変動を, 変化したる, 変化とや, 変化を, 大調和, 奇を, 奥底には, 奥底にまで, 如何に, 妄雲を, 安定しない, 安定で, 安定と, 安定に, 害と, 山気をも, 帰する, 帰嚮を, 帰趨が, 帰趨する, 帰趨とか, 帰趨に, 帰趨動揺を, 常である, 常軌を, 幾微, 底で, 底を, 底気流は, 底深く, 弱点, 弱点に, 弱点を, 弱點, 影響から, 復帰する, 微妙な, 微弱或は, 必要は, 恐怖は, 悪化が, 悪化に, 悪化労資の, 悪気流, 情世界に, 情勢が, 惑乱と, 惑乱を, 想像し, 愕き, 態度は, 憧がれ, 或る, 所得を, 把握など, 把握にも, 揺れを, 改造が, 改造を, 改革で, 敗頽に対して, 昂奮人間の, 昂揚を, 最も深き, 最大必要を, 最奥を, 服するはず, 望まぬ王政, 本性を, 本源する, 様式によって, 機微とを, 機微の, 機微をも, 残忍に, 波紋が, 泥水に, 洞察力と, 流れ方, 浪の, 深き自由, 深宮, 渦が, 滅却は, 演舞の, 激昂せる, 激昂は, 激昂も, 為めに, 無常に, 焦躁と, 熱中する, 爲に, 片意地なる, 狂乱と, 理を, 生むいとも, 異なれる, 直接の, 真美と, 真美も, 眼を, 破壊を, 神霊とともに, 禅機を, 秘蔵を, 穎敏ならざる, 穢を, 糧と, 結びと, 統一と, 緊張も, 縮図だった, 義侠に, 翻覆, 腐敗とか, 腐敗に対して, 腐敗土だった, 腐敗堕落という, 腐敗堕落を, 自然の, 荒びは, 荒廃など, 荒廃は, 薄弱なる, 表裏とか, 表裏に, 衰えたるを, 裏に, 裏絶え, 観察を, 誠は, 警戒と, 象徴たる, 赴くところ, 赴く所一, 趣を, 転化を, 軽佻浮薄, 釣合を, 鎮めにも, 間に, 険悪なる, 隙を, 革命とも, 頼みが, 頼り難, 頽廃しかけた, 頽廃など, 願いに, 騒乱に際して, 驚異と

▼ 人心~ (121, 10.1%)

3 及ぼす影響

2 [16件] 及ぼす悪影響, 大なる, 害ある, 害が, 強く響く, 影響, 徴し, 感化を, 感染し, 投じたもの, 投ずるもの, 明白な, 浸潤したる, 深く根, 至大の, 芽ぐんで

1 [86件] うといな, おびえを, くるまれあたたか, すぐ大きく, すぐ飛び込み, そなわりいま, つけ込んだ, とりいる, どういう影響, よい風, よろしくも, 一つの, 不安な, 与えた影響, 与えた衝動, 与える影響, 乗り移ったの, 何らの, 作用した, 働きかかる, 入るべ, 入る事, 動揺の, 印して, 印度の, 印記する, 及ぼすであろうか, 及ぼすところ, 及ぼす大きな, 司政者に, 合って, 向上の, 善惡の, 囁く, 固くかたくへばりつい, 固有せる, 多大な, 大變動, 如何なる影響, 定法なし, 実際的応用的, 宿る願い, 尠から, 影響を, 御利益が, 復活した, 必然的な, 忘れられて, 悪業を, 感動を, 愬へ, 教育を, 斯う, 於きまして, 於て, 日本人に対する, 来り迫るの, 来り逼, 染み込んで, 植ゑつけた, 残されて, 残って, 流す害悪, 浸み, 浸み込むは, 浸潤し, 浸潤する, 激する, 無常を, 燃え移り, 男女老若を, 知情意の, 臨まんと, 若々しい緊張, 萌す, 萌芽する, 裨益する, 訴へる, 進むところ, 適合する, 銘記せられ, 関係ある, 関係あれ, 電気の, 響を, 駆りたてるから

▼ 人心~ (94, 7.9%)

2 その面, まだまだ決して楽しん, 動揺し, 守旧と, 恟々と

1 [84件] いまや遺憾, いよいよ猛り立った, おのおのその, かく短時日, これに, すこぶる恟々, すでに徳川, すべての, そうたやすく, そこまで, それだけ反動的, た, ただ精力, たちまち不気味, どんなだったろう, どんなだつたら, なかなかに, ほとんど向かう, まさに兢々, まったく権力, みなあなたの, カサカサだ, バラ, 一時その, 世界大勢必至必然の, 人心の, 信長を, 個々に, 光秀の, 兢々として, 全く蘇生, 其外界の, 十年讃嘆し続けた, 半ば眠りたるなり, 変わるもの, 妙な, 実に浮薄, 帰さなかった, 微妙である, 必ず此理性, 忽ちに腐敗, 恐ろしいもの, 恟々として, 惰弱に, 愕然たるの, 戦き新聞, 戦に, 手に, 日々に, 日ごとに, 日輪を, 暗かった, 暗かつ, 最早真面目, 本能寺以来の, 極度な, 極度に, 次第に義昭, 武田の, 残念ながら, 洶, 測り難い, 為に, 無常である, 益々堕落, 破れ痛んだ, 粛然として, 統御し得ず, 絶望し, 脅える, 自然それに, 自由を, 草木の, 薄い氷, 複雑に, 観て, 造花に, 遂に宗教的妄想, 開進の, 離れて, 非常に, 食傷し, 飢渇の, 鼎の

▼ 人心~ (84, 7.0%)

3 動揺し

1 [81件] あまりに老衰, いらだって, くつろぐ世上, すでに幕府, そのいずれ, ちがう, つき初める頃, ひかれる, やわらげば, ようやく厭気, 一変し, 一方ならず騒い, 一時に, 亢って, 今日迄も, 何かしら不安に, 何とは, 倦んで, 劇しく, 動揺, 動揺いたし, 動揺しない, 動揺し出した, 君公から, 堕落した, 堕落する, 堕落タイハイし, 変ったかと, 変らない以上, 多少混乱, 大きく動い, 天皇に, 守屋から, 安定すれ, 定まらずに, 少しく内, 少しでも, 幕府を, 弛緩し, 御司配, 恐怖状態に, 恟々たる, 恟々と, 成行いた, 戦乱の, 揺れ出しては, 支えたもの, 敵害心に, 斯かる, 更に油, 最初に, 服して, 段々動搖, 洶, 演じる乾いた戦い, 異う, 皆拙者に, 目下の, 絶望的に, 翕然として, 自ら醸し, 自由で, 荒やい, 荒んだせい, 荒んで, 萎え屋台骨, 落着い, 落着いた, 著しく功利的, 見えるやう, 観えるところ, 變動を, 軽佻に, 険しくなっ, 離れたの, 離れる離れないという, 離反した, 靖り掛けた, 頑冥固陋なり, 飢渇し, 騒いだの

▼ 人心~ (23, 1.9%)

2 動揺する, 緊張と

1 [19件] おのずから仁, これに, こんなふうに不安, ついたの, ついたので, はや生, まだ属し, コンパスの, 何となく洶, 六月十一日の, 文化も, 治り王, 漸く以前, 激変致しました, 為に, 無き六美女, 自ら帖服すべし, 荒々しくな, 落ち着いて

▼ 人心恟々~ (15, 1.3%)

2 たりし, たるもの, とし 1 たる幕末, として安き, として定まらず, として毎日, として真相, などというもおろか, の体, の時, 然として

▼ 人心~ (13, 1.1%)

2 考えて

1 [11件] いう, いうべきか, その惑乱, 乱れとぶ風説, 云ふも, 人心との, 区別し, 時代では, 物資を, 相関する, 緑茶

▼ 人心収攬~ (7, 0.6%)

2 の術 1 のきっかけ, のご, の一策, の妙, の演出

▼ 人心~ (6, 0.5%)

1 に伏, に生ずる, に経験, に維持, に薫育, の三大作用

▼ 人心には~ (5, 0.4%)

1 危機が, 只管に, 守られる気づかいが, 思ひめぐらすもの, 悒せく

▼ 人心~ (5, 0.4%)

1 つけ入って, ヒビの, 伝えられ魏帝, 拍車を, 皷を

▼ 人心動揺~ (5, 0.4%)

2 して 1 する時, の実情, はかり

▼ 人心ついた~ (4, 0.3%)

1 のである, 二人は, 二人両手と, 千代子は

▼ 人心不安~ (4, 0.3%)

1 だったこと, では, の意味, の爲將軍日光社參延引

▼ 人心~ (3, 0.3%)

1 あらう, 無理も, 階級制度に

▼ 人心という~ (3, 0.3%)

2 ものは 1 ものが

▼ 人心との~ (3, 0.3%)

1 微妙な, 間を, 関係に

▼ 人心~ (3, 0.3%)

1 いろいろな, 動揺の, 時代が

▼ 人心~ (3, 0.3%)

1 安ンジ, 察シテ之, 蕩ハシ老

▼ 人心安定~ (3, 0.3%)

2 のため 1 を保たない

▼ 人心~ (2, 0.2%)

1 がそれら, と讃

▼ 人心では~ (2, 0.2%)

1 おそらく尤も, ない

▼ 人心とは~ (2, 0.2%)

1 この場合労働者, 道心の

▼ 人心にも~ (2, 0.2%)

1 映って, 響いて

▼ 人心より~ (2, 0.2%)

1 して, 此の

▼ 人心一定~ (2, 0.2%)

1 と申す, 仕るに

▼ 人心一新~ (2, 0.2%)

1 のとき, を機

▼ 人心付い~ (2, 0.2%)

1 てから今日, て娘

▼ 人心~ (2, 0.2%)

2 のよう

▼ 人心変革~ (2, 0.2%)

2 の結果

▼ 人心漸く~ (2, 0.2%)

1 乱を, 泰平の

▼ 人心離反~ (2, 0.2%)

1 して, し衆人俺

▼1* [128件]

人心あさましき中にも, 人心あしくならは, 人心あり予これを, 人心ある子弟なら, 人心いよいよ幕府を, 人心うたた浮薄に, 人心おのずから平安と, 人心から改めねば, 人心ふや, 人心こそ第一, 人心この勢いに, 人心これに服せざる, 人心さえ緊張し, 人心さらに方向を, 人心じゃ急ぎ兵部奴, 人心すでに改進に, 人心すべて質純なり, 人心そういう燦然たる, 人心そのものにもはや, 人心たちまち彼に, 人心ために恟々, 人心つくかつかぬ, 人心として人々ただちに, 人心なく花却つて情あり, 人心など絵図と, 人心にくらい曹操では, 人心にて是と, 人心によってつくり出された次, 人心に対して何物をも, 人心に関する歌にて, 人心への影響は, 人心そくね, 人心ますますその風, 人心また甚だ不安, 人心まで映って, 人心までも心である, 人心ぢて, 人心をぞ刺しに, 人心をはッと, 人心を以て專ら利己主義的なり, 人心ガラリと変っ, 人心シュウランに努めた, 人心シュウラン術の大家弁舌, 人心シューラン術のやう, 人心ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, 人心ハ上下雅俗ノ別, 人心一朝に天朝, 人心一而道同, 人心一致天子を守護, 人心の重荷, 人心居合抔言葉を, 人心はさる, 人心主義も到底, 人心離して, 人心今更靡かん樣, 人心鐵, 人心作用の微妙, 人心俄然として覚め, 人心全く不安な, 人心全体の釣合, 人心凝滞世相険悪を感ぜざる, 人心動乱停止する所, 人心動揺ワアつらい, 人心動搖を始めました, 人心きは, 人心協和候様これなく候, 人心収攬術に過ぎん, 人心合祀を好まず, 人心噪然としてただ, 人心均平にし, 人心均平言辞一類となり, 人心を思ふ, 人心変動の沿革, 人心安穏に相成り, 人心宗教に篤, 人心安からざる者, 人心しと, 人心て家, 人心恐々たり, 人心恐ろしや, 人心恟々天下騒然食える野郎, 人心恟々良民は安, 人心慰安思慮清浄を求むる, 人心懐柔はすぐ, 人心にさせ, 人心改造の途, 人心改革から延, 人心散乱の弊, 人心散乱公同の思想, 人心既に瓦解し, 人心日に日に兇悪と, 人心亦忽諸, 人心極めて不安なり, 人心極度におびえ, 人心機微の間, 人心民情を連合, 人心の知れぬ, 人心沸騰の時勢, 人心洗濯こいねがうところ, 人心深く心痛仕, 人心激昂の際, 人心瓦解し収拾, 人心甚だ軽躁と, 人心発育の理, 人心皆西洋の文明, 人心直接すれば, 人心秩序の樹立, 人心細き旅路に, 人心腐敗して, 人心自ら持重するところ, 人心興奮し応急, 人心放頗る, 人心華美を衒, 人心蕩乱気風壊敗を致す, 人心見性成仏なの, 人心見性成仏教外別伝不立文字等の標榜, 人心破術, 人心観想の黙, 人心觀想の默移實, 人心諸行無常を観ずる, 人心を思ふ, 人心転換がはかられ, 人心進歩的な態度, 人心阻喪の結果, 人心離散神道衰頽罪悪増長鬱憤発昂何とも名状すべ, 人心頑冥固陋に偏, 人心顔かたちでは分らね, 人心騷然たり