青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人影~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~ 人工~ ~人形 人形~ ~人影
人影~
人心~ 人情~ ~人数 人数~ ~人格 人格~ 人殺し~ ~人民 人民~ ~人気

「人影~」 2499, 27ppm, 4327位

▼ 人影~ (1060, 42.4%)

41 あった 40 ある 23 現われた 18 なかった 16 見えた 15 動いて 11 ない 10 動いた, 立って 8 あります, 現われて, 見えて, 見える 7 現われたが 6 ありました, うごめいて, ないの, 出て 5 あらわれた, さした, 見えなかった 4 あって, あつた, うごいて, ちらと, 彼の, 現れた, 見えたが

3 [19件] あったの, あるの, うごいた, かたまって, なかつた, ばらばらと, まばらに, 二つ, 佇んで, 固まって, 映って, 歩いて, 無かった, 蝙蝠の, 見えたの, 見えない, 見えました, 走って, 近づいて

2 [55件] あったが, あったこと, うつって, うろついて, おぼろに, こちらへ, こっちへ, さしたと, さしたので, ざわざわし, そこに, そろそろと, ちらついて, ちらつきます, ちらほらと, ぼんやりと, むくむくと, ソッと, チラホラ見えた, 一つに, 何か, 入り乱れて, 出た, 動いたと, 地上に, 室の, 射した, 幾つも, 彼方にも, 手に, 映した, 映して, 木立の, 浮きあがりました, 消えて, 消えるの, 無い, 猫には, 現われました, 現われる, 真っ黒に, 立った, 立つて, 絶えて, 草履の, 蠢いて, 見えたやう, 見えなかったの, 見えなくなった, 見えぬ, 見えぬのに, 見えるの, 見えるばかり, 見え出した, 闇の

1 [603件 抜粋] あちこちに, あちこち動い, あったか, あったので, あったもの, あふれ出て, あやつり人形, あらわれたの, あらわれました, あらわれやや, ありありと, ありそう, ありましたから, ありません, あるから, あるが, あるばかり, あるよう, あれば, あろうとも, いかにも春先, いくつも, いつのまにか足音, いつも三つ四つ, いて, いないこと, いりみだれて, うごいたよう, うごかずに, うごき出す中, うごき城門, うつった, うつったネオン横丁, うつる, うつるでも, うまく行け, うようよし, おりました, お母さんや, お鐵, かくれた, かくれました, くっきり浮い, くっついて, こういった, ここで, ここの, こちらを, こっちの, このとんがり, こま鼠の, ささなくなり白い, さしたかと, さしたでしょう, さしたり, さして, さしてそれ, さして怪物丹下左膳, さしもに, さし声, さし外套, さすの, さっと立った, さびれ鉄兜, さやさやと, ざぶざぶ動い, しがみついて, しきりに動く, しきりに辺り, すうっと, すうつ, すすけた壁, すっくと起ち立った, すべて声も, そこここから, そこの, その後を, その面, その駒, そぼ降る雨, そまつな, それを, ぞろぞろ行く, たえない, たたずんで, だんだんまばら, だんだん疎ら, ちらちらし, ちらちらと, ちらちらもつれ, ちらほら動い, ちらほら見えた, ちらほら通っ, つづいて, つながって, とびおりたの, どこからとも, どれも, どんどん動い, どんな形, ないこと, ないでも, ないばかり, なくて, なくなった, なくなるまで, なくなる瞬間, なくひっそり, なく五月, なく家, なく小さな, なく徒ら, なく徴発, なく書房, なく海草, なく紫檀, なく通, なく鉄, なにか争っ, なまの, ぬっと立った, のしかかったの, ばたばたと, ばら, ひそかに, ひっそりと, ひつそりした, ひとつ, ひとつ見える, ひらりと, ふさいで, ふたたびこっち, ふっとその, ぼくの, また見えた, まだ近, まったくの, まばらで, まばらであった, まるで小, まれに, みえた, みえて, みえなかった, みだれた, みだれ合って, むく, むらがって, もうその, もうろうと, もう一つ, ものものしい宇宙服, やや暫く声, ようやく近づいた, わらわらと, クッキリ浮かび出ました, グルリと, サロンから, スット片手を, スルスルと, スーッと, タラタラと, チラと, チラリと, ツと, ツト前へ, ヌッと, ノッソリ立ち現われた, バラバラと, パッと, ヒラリと, ブレーデの, ボンヤリと, ポッツリ月光に, ムラムラと, 一そう自分の, 一つあらはれ, 一つうずくまっ, 一つであった, 一つ城門の, 一つ朧げな, 一つ烈風の, 一つ立ちどまつ, 一つ立つ, 一つ蠢い, 一つ蹌, 一つ蹲まっ, 一世を, 一人だんだん, 一人二人動い, 一個認められた, 一団と, 一時に, 一杯であった, 三つに, 三つ四つ下り, 三人真, 不思議にも, 不意に, 中から, 中からに, 中へ, 乱髪蒼面各, 二つほど, 二つ三つさして, 二つ眼の, 二つ見えた, 二間の, 二階に, 二階の, 互ひ, 五つ六つ現われ, 仄かに, 仄明るい, 佐久間町の, 何処からとも, 傾斜を, 入れ違った, 全く見えず, 全員いっしょに, 六ツ七ツ秀吉の, 写り, 出る, 出没した, 列を, 前を, 動いたよう, 動かなかった, 動き嗄れた声, 動く, 動くの, 十人ほど, 十数人も, 卍に, 卓子を, 厚ぼったく彼, 去らなかった, 右へ, 右往左往し, 右往左往煙の, 名月や, 向って, 君勇と, 周章てて, 呶鳴っ, 和子様へ, 土塀の, 土手の, 地上へ, 垣ご, 埋めて, 塊まっ, 墨の, 声を, 夜目にも, 夢の, 大きくもつれる, 大入道の, 大童に, 奔り出た, 室に, 家の, 寂として, 寒々と, 射さないの, 射したよう, 射して, 射しましたよ, 少し動揺, 少し離れ, 屋鳴りを, 山門から, 岩づたいに水を, 峠の, 川下の, 差して, 差し振り向いて, 幻に, 幾らかの, 幾人も, 床下から, 庫裏の, 庭から, 庭へ, 弓之助の, 張番み, 影絵の, 彼を, 彼女の, 御寝所の, 忍び寄るの, 忍び込んで, 忽然と立ち上がった, 思い出され神, 意外にも, 感じられるばかり, 戸口に, 扇を, 抜き身を, 振り向いて, 揃って, 揺れ, 散って, 数えられた, 星明りを, 映し, 映った, 映る, 時々ウロウロする, 月を, 月光を, 有るか, 有明行燈の, 期待と, 杜絶え, 来た生きて, 来ると, 来るの, 林の, 棒を以て, 森の, 植え込みを, 横から, 横切った, 橋に, 次々に, 次々出迎えた, 次第に増し, 死にものぐるいに, 残らず消え失せて, 毆れた, 母屋の, 水亭の, 浮いた, 浮かび出たが, 浮き上がりました, 浮き出した, 浮び出した, 浮出して, 消えた, 消えた時, 消えふたたび, 消え誰, 潮霧の, 火光に, 火光の, 無いので, 無かつ, 無言の, 燈籠の, 物の怪の, 犬と共に, 猿の, 獲物, 玄妙に, 現はれる, 現れたかと, 現れました, 現れると, 現われたかと, 現われたの, 現われ出, 現われ指差し, 瓜畑の, 産まれ出た, 町の, 疎らだった, 疎らであった, 皆さむ, 皆地だ, 皆須田町, 眼に, 矛や, 矢来を, 石像の, 神田は, 稀で, 突然大きな, 立ちあがった, 立ちあがって, 立ちその, 立ち上って, 立ち働いて, 立ち去ると, 立ち桔梗, 立ち現, 立ったり, 立上つた, 立現れ, 竹笛を, 等しくジリジリ, 組みつほぐれつ追いつ追われつしながら, 絶えてるよう, 絶壁の, 続いた, 縁側へ, 群って, 群れあげおろす竿, 群れて, 群を, 義平太の, 膝で, 茶屋町の, 草の, 草や, 萱の, 蔵人に, 薄気味悪く動い, 藍玉屋の, 蝋燭を, 蠢めき出た, 街路に, 衣裳の, 裏木戸の, 見え, 見えずただ, 見えたので, 見えたり, 見えだした, 見えないか, 見えないところ, 見えないので, 見えないのに, 見えなかったただ, 見えなかったなら煙, 見えなくなりそれから, 見えはじめました, 見えますので, 見えますゆえ, 見えますよう, 見えるが, 見えるたび, 見えるだけ, 見えるではて, 見える町, 見えハッ, 見え最後, 見られたが, 見られなかった, 見られる, 覗かれるなどは, 認められる, 豆の, 走つて, 走り出て, 起ち上がった, 起った, 起ったので, 起って, 足を, 跟い, 躍り出て, 身動きも, 身動き出す, 近くなる, 近くを, 近づいたが, 近づいたん, 近づくと, 追って, 追って来た, 這入って, 通った, 通りかかる, 道を, 道路や, 邪魔に, 部屋の, 鉄砲の, 陣屋の, 隙間も, 障子に, 隠れた, 隠れるの, 隠見した, 集って, 集まって, 雪の, 雪明りの, 電車道の, 霧に, 静かに, 音も, 頻りに庭, 顕われる, 飛びかかったこと, 飛び下りるの, 飛び出して, 黄昏から, 黒, 黒い点, 黒く, 黒くかた, 黒く動い, 黒く動いた, 黒く散つた, 黒く浮き上った, 黒く闇, 黙りこくって, 黙然と腕

▼ 人影~ (409, 16.4%)

17 ない 14 なかった 12 見えなかった 6 どこにも 5 ありません, 見えない 4 なかつた 3 なくて, 見えなかつた

2 [18件] いつまでも, なく家, なく少し, ひとつも, まばらだった, やはり絶えない, 一つも, 早くも, 暗い軒下, 次第, 消えて, 無く富山七之助, 確に, 立ち止まった, 立ったまま, 見えないで, 見えなかったの, 黒い麻

1 [304件] あった, あの決闘, ありませんでした, あわただしく活溌, あわて, いうまでも, いきあった, いそぎ足で, いちどに, いちど山を, いったい何者, いったん其処ら, いつか五人となり十人と, うす暗がり, うつろな, おせい様, おろかいつも, おろか灯影一つみえない, おろか物音一つしない, おろか犬の, おろか鼠も, お銀様, お高, からみ合って, きわめてまれまれ, くっきり浮出し, けむりの, ここから, こちらに, ございません, さだかでなかつた, さながら煙, さらにない, さらに見えない, じっと立っ, すくなくなっ, すぐ扉, すぐ逃げ支度, すつかりゐなく, すばやく私, すばやく走りまわっ, せかせかと, その人達, その将門, その老, その謂れ, そろそろ網代垣, たしかに巡礼, たしかに無い, たしかに虚無僧, たじろいだ, ただの, ただ一つ, たちまち包囲, たまあに自分, ため息を, だんだん大きく, だんだん薄く, ちょうどその, ちょっとの, つと遠ざかつ, てんでに口, どうやらうら若い女らしい, どう見直し, どこから, ないかと, ないで, ないの, ないのに, なおも猿楽能, なくしん, なくただ, なくたつた三隻, なくなって, なく何, なく星, なく落葉松, なく農家, なく青空, なければ, なし室内, なし漫然, なにか不審, なまめかしくより, ぬっくと, のそのそと, ひよつくりひよつくり近づいて, ぴくっと身を, ふたたび船, ふら, へたへたと, ぺたっと布団, ほとんどない, ほとんどなかっ, ほとんど獣類, ほのかな, ほのかに, ほんの僅か, ぼつぼつへっ, ぽッつり, また前, また往来, まだ宵, まばらである, まるでない, みえずただ, みなおり, みな仆れ, みな大地に, みな弓や, みな黒い, もうその, もう余程疎ら, もう全く途絶え, もう前, もう小さく, もう間近, もちろんこれぞという, もとより答え, やはりふらりふらり揺れ, ゆめおろか, ニヤリと, 一そう戸に, 一向はっきりせず, 一言も, 万太郎と, 下に, 下方の, 中へ, 乍ち顕れ, 乗越の, 九兵衛の, 二つ路の, 五六歩ふみだし, 人魚の, 今は, 今も, 仏蘭西式の, 他ならぬ, 伸子が, 佇んで, 僕は, 八方に, 八方へ, 其のま, 刀を, 刻々多く, 刻明に, 前へ, 剣を, 動き出した, 勿論見渡した, 去ります, 去りも, 反対に, 右往左往に, 各, 嘗て私, 図書室の, 垣根の, 城下から, 声を, 夕闇を, 夢おろかなんの, 大して見当らない, 女, 女だ, 女だった, 女の, 家の, 寒そう, 射さなかった, 少くなった, 少なくなる, 尾行け, 屋上から, 峠の, 左手へ, 左様な, 帆村荘六の, 年の, 年取った市民, 庭の, 庭へ, 庭木戸から, 彼に, 彼の, 彼らの, 彼女の, 後姿ながら, 後岸, 御米蔵, 急に, 息詰まった, 愚か異状らしい, 戸を, 手に, 手打ちを, 手洗い場へ, 折重なって, 振り向きも, 提灯も, 旅川周馬であった, 日本左衛門です, 早や, 暫く校長, 更に見えなかった, 更に見えなかつた, 朦朧と, 木の間隠れでは, 柳を, 桟敷の, 植物園を, 権現の, 檜の, 欄の, 武蔵の, 死骸や, 殆どなく, 段々段々火, 殺到し, 毛氈とともに, 涼やかな, 潜り戸へ, 無かった, 無かつ, 無く深い木曽川, 無く車, 無論ささぬ, 煙火の, 牛丸が, 牛丸君で, 疑いも, 発見できませんでした, 白いゆう, 皆無であった, 盗み出した品物, 目が, 直ぐ眼, 秀鶴頭巾であった, 私の, 秋山要, 稀れだった, 稀れで, 空に, 端艇の, 笛の, 絶えず水, 縁を, 縁先から, 背に, 背を, 臥像の, 舌打つ, 若松屋惣七であった, 草と, 菜の花の, 蒼白いぽうと, 行くに, 表から, 見あたらない, 見えず所用, 見えず灯, 見えないが, 見えないけれども, 見えないとばかり, 見えないの, 見えなかったが, 見えなくて, 見えなくなり殺された大きな, 見なくても, 見へ, 見られなかった, 見られなかったの, 見る見る数, 見る見る煙りの, 見る間, 見当らない, 見当りません, 見当りませんでした, 解けて, 走って, 跫音も, 身うごき, 身に, 身を, 近くなっ, 近付いて, 近寄って, 途端に, 遠くから, 重ねて, 陣太刀を, 雪の, 靄の, 静かに, 非常な, 靡くが, 音も, 頗るゆっくりした, 頭巾で, 飛ぶよう, 首を, 黒い塊

▼ 人影~ (300, 12.0%)

34 なかった 29 ない 8 なくただ 7 見えなかった 4 ないの, 無い, 見えない 3 ありません, なかつた, 見えませんでした

2 [15件] ないその, ない夏, まばらである, まばらに, まれに, 多くない, 殆ん, 無かつ, 無く秋風, 物音も, 絶えた折, 絶えて, 見えずただ, 見えた, 見えないの

1 [171件] ありましたが, ありませんでした, ある, あるらしかつ, あわてて, いつとは, いまの, おぼろげにしか, おぼろである, ぎょっとした, さだかでない, しなかった, せず, だんだんに, とんとない, ないから, ないけれど, ないこだま, ないしずか, ないと, ないので, ないのに, ないほど, ないまた, ないガラン, ない全く, ない場所, ない寂しいリュクサンブール, ない寂寥, ない屋上, ない広場, ない明るい秋, ない更に, ない月夜, ない森, ない深夜, ない真, ない真白, ない知らない, ない闇夜, なかりき, なく, なくさ, なくさびれよう, なくしかも, なくその, なくて, なくなったおり礼拝堂, なくなって, なくなりました, なくなると, なくひっそり, なくまっ, なくド, なく今朝, なく住家, なく午後, なく厩舎, なく夕陽, なく家, なく家具類, なく寂しかった, なく旅人, なく月見草, なく氷柱, なく海水, なく深い山, なく準之助, なく灯, なく獣, なく船体, なく落葉, なく読む, なく風, なし, なしである, なにも, にぎやかに, またいつも, また汀, まだまれ, まばらだった, まばらであった, まま過ぎる, まれだつた, みえなかった, みなかったほど, みな避難民な, みな黙りこくっ, もはやそれ, ようやく少く, ようやく稀, ようやく途絶え, ろくにない, ろくに見えず, わかる, チラチラ見えよう時刻, 一声の, 一層濃く, 人里も, 位置を, 何にも, 元の, 前に, 動かなかった, 増えて, 多く割り方, 大きさ, 大分見え, 小庭, 少なかつた, 少なくなっ, 少なくなった, 少なく家々, 尾を, 差さなかった, 師走らしく, 擦れちがいざま, 次第にはっきりし, 次第に稀, 気配も, 水牛の, 消えて, 淡く見, 火つむじの, 無くただ, 無くなっちゃった, 無く真暗, 無事に, 産業奨励館の, 疎らで, 疎らであった, 疎らな, 白いベッド, 白い息, 皆無に, 目に, 眞夏の, 真白だった, 稀だった, 稀で, 稀である, 稀な, 立っては, 米俵も, 絶えついで, 縄張りらしい, 織るよう, 自動車の, 見あたらない, 見えずこれ, 見えず何ら, 見えず障子, 見えたが, 見えだして, 見えて, 見えないから, 見えない島, 見えない幽鬼, 見えなかったの, 見えなかつた, 見えなくなつ, 見え梅, 見せずに, 見せません, 見なかった, 見られた, 見当らないのに, 車も, 電車の, 馬の

▼ 人影~ (206, 8.2%)

11 見て 7 見た 5 見ること 4 見たと, 認めた, 認めました 3 気に, 眺めて, 見つけた, 見ると 2 すかして, 見たであろう, 見たとき, 見たの, 認めた時

1 [149件] あたりに, あらわした, あれか, いつぞや取逃がした, いぶかしそう, うつした, かくして何げ, かれら, ごらんに, さして, じっとすかし, じっと見, じっと見つめた, すかすと, そこから, そこここに, そっと窺う, その闇, ぢつと, つきとめると, とらえたこと, ながめるの, ひそめて, ひと目見る, ほとんど見えなくさせる, みつめて, みとめた, みとめて, みとめながら, みまわした, もって, ゆがんで, チラリと, 一時は, 一閃の, 下から, 下に, 世に珍, 乱すの, 予想し, 仰いで, 先に, 凝視した, 加えぱらぱら, 吠える黒犬, 吸い込んで, 城太郎は, 奇妙な, 妖虫の, 岩と, 待ちぬいて, 待つて, 思い出した, 急き立てたが, 怪しいと, 意味あり, 意識し, 指さしたので, 振り放そうとして, 探し出すこと, 探る時, 星明りに, 暗やみの, 殘し, 沒する, 没して, 浮かぶるとき, 浮かべて, 照し, 照らしたので, 物寂しい気持, 発見した, 発見しました, 目撃した, 相手に, 眺めながら, 礼拝した, 積んで, 窺って, 米友が, 素早くくぐりぬけ, 織りながら, 老女は, 見い出しました, 見おろすと, 見かけると, 見ざる中, 見ず, 見ずして, 見ず天, 見せて, 見せない, 見たか, 見たから, 見たという, 見たとか, 見たので, 見たやう, 見たら活動写真, 見た瞬間, 見た静子, 見つけたの, 見つけたので, 見つけたらその, 見つけて, 見つけると, 見つけ化け物, 見つめた, 見ない, 見ない甚敷, 見なかったが, 見なかった私達, 見なかつたと, 見ました, 見やった, 見る, 見るとも, 見ると共に, 見るや, 見る目, 見上げた, 見出したから, 見出したので, 見出して, 見出す, 見出すと, 見失うまいと, 見定めて, 見廻した, 見張って, 見返りました, 見送るばかり, 認むるや指し, 認めたから, 認めたこと, 認めたの, 認めて, 認めないもの, 認めないわけ, 認めること, 軒灯の, 追うて, 追ったが, 追って万太郎, 送りこんだの, 遠ざけて, 集めて, 頼春の, 鮮やかに

▼ 人影~ (163, 6.5%)

5 方へ 4 ないの 3 一つが, 中に, 間に 2 なかった, ような, 中から, 手に, 無いの, 稀な, 立って

1 [131件] あせも, あらわれるの, あること, あるの, いそぐこと, いつか豆ほどに, いない墓地, いよいよ疎, うえに, うごきに, うごきを, こっちに, ことが, ことと, ことは, ことや, ざわざわと, その前, たたずんで, ところだけ, ないあたり, ないこと, ないもの閑, ないパンパン街, ない一隅, ない仲見世, ない冷, ない夕暮, ない夜, ない岸, ない巷, ない星, ない時, ない朧, ない植ごみ, ない河岸縁, ない渡り廊下, ない片隅, ない町, ない筈, ない街, ない部落, ない長, ない長い廊下, ない頃, ない風物, なかを, なくなったプラットフォーム, なにか, ほか往来人も, まばらな, まれな, まわりの, むかう電車線路, やうに, ように, 一つは, 一つも, 一部は, 上にも, 上へ, 中で, 中には, 中へ, 二つとも, 何者である, 側へ, 傍へ, 傍を, 入亂, 全く絶えた, 出て, 前へ, 前まで, 動くの, 動作を, 動揺にも, 反映が, 咽び声, 唯ひとつすら, 射さない停車場, 少いしかし, 少い街路, 少くない, 幹とも, 往き来も, 後から, 後ろへ, 忙しく出入り, 怪しいこと, 息吹きが, 明滅の, 映り去りたる, 正体は, 気配は, 流れの, 消えた時, 無いところ, 現れること, 男の, 疾風は, 稀れ, 絶へ, 群である, 群は, 落ちるの, 薄くなった, 行動に, 裾模様だった, 見えたるより, 見えないの, 見えない円柱, 見えない山神, 見えない浴槽, 見えない砂浜, 見えない神奈川ステーシヨン, 見えない程, 見えなくなった大学, 見えなくなるの, 見えぬとき, 見えぬの, 見える方, 見える窓, 誰なる, 走って, 輪を, 近く進来る, 透いて, 遠からず, 遠ざかるを, 隠れた御

▼ 人影~ (68, 2.7%)

4 驚いて 2 とつぜん胸, 気を

1 [60件] しろ人命二つ, たちまち寸々, ちょうど天心, ついて行った, とらわれて, なって, なにかの, ぱつと立つ, みだれ騒然たる, むかって, わが影, コリーは, ヒョイと, 交って, 会う, 出遇つた例, 取り巻かれた, 向けて, 向って, 向つて, 向つて目, 囲まれた縄付, 囲まれて, 声を, 妨げられるあなぐら, 姿を, 守られ乍ら, 寄って, 心づいて, 急いで, 提灯を, 歩みを, 気がつかなかった, 気づいた, 気づくと, 注ぎたり, 注意し出しました, 注意を, 燦と, 眼を, 矢が, 確かな, 私の, 突き衝る, 立ち紛れた, 紛れて, 聞えぬらしく三人, 脅え物音, 行合うた, 見覚えが, 話しかける私, 輿の, 近づいた, 追われては, 違いない, 都の, 隠れて, 驚かされた様子, 驚かされた見上げると, 驚きながらも

▼ 人影~ (31, 1.2%)

2 いっしょに, いっては, ぶっつかりそう

1 [25件] いうよりも, いったらまったく, おぼしきもの, この柱, そして時々, まるで組打ち, 一点の, 二人の, 云うの, 云へば, 人かげ, 人声が, 人影との, 刃物の, 囁いて, 思ったの, 提灯とが, 最初乾板を, 松明が, 松明の, 灯が, 眼を, 見れば, 話して, 足音とが

▼ 人影一つ~ (28, 1.1%)

4 なかった 3 見えなかった

1 [21件] あるはず, ささず明るい, ささないという, だけで, ない, ない坦々, なくただ, なくシイン, なく海上, なく犬, なく美しく光り輝い, なく黒い上げ汐, も動かず, 差して, 荒涼たる焼, 見えず病院, 見えない, 見えないと, 見えない水晶宮殿, 見えない静か, 見出さなかった彼

▼ 人影らしい~ (19, 0.8%)

9 ものは 5 ものが 4 ものも 1 ものに

▼ 人影~ (12, 0.5%)

2 向って 1 いった, どなって, むかって, クルクルと, 冷たい雫, 本能的に, 浴びせました, 焼けつくよう, 穂先を, 走り寄っ

▼ 人影~ (10, 0.4%)

1 主の, 何かに, 剣光の, 嘗て佇んだ, 白い浴衣, 草木の, 軍馬が, 輿や, 陣, 馬の

▼ 人影ひとつ~ (7, 0.3%)

1 なく町, も見えなくなっ, 動くもの, 無かった, 見えず蕭殺, 見えぬ窪畑, 見ること

▼ 人影~ (6, 0.2%)

1 うずまった, 埋められた, 如何にも冬, 娘は, 而も, 見えぬ牧

▼ 人影でも~ (6, 0.2%)

1 なく死気, 御覧に, 探すよう, 血刀でも, 見れば, 認めたの

▼ 人影なく~ (6, 0.2%)

1 ただあまた, ただ一点, 唯名も, 時々夜鳥, 穩かに, 風は

▼ 人影にも~ (6, 0.2%)

1 なかなか眼, のろく通る, ほっとした, 先に, 逢は, 逢わなかった

▼ 人影それ~ (5, 0.2%)

1 こそ誰, は主人彦兵衞, は姪, は智恵子, は智惠子

▼ 人影という~ (5, 0.2%)

2 のは, ものが 1 ものは

▼ 人影なき~ (5, 0.2%)

1 この深夜, に似, 地畔を, 日盛りを, 時瀧君の

▼ 人影などは~ (5, 0.2%)

1 ありの, どこにも, なにかの, 見えずに, 見えなかった

▼ 人影さえ~ (4, 0.2%)

1 写って, 見れば, 跡を, 跡形も

▼ 人影~ (4, 0.2%)

1 が光, そして自分ら, もある, もない

▼ 人影など~ (4, 0.2%)

1 まったくない, 映って, 滅多に, 見えない

▼ 人影から~ (3, 0.1%)

1 何んとも, 奪うに, 橈まで

▼ 人影しか~ (3, 0.1%)

1 ない, 残って, 残つてゐなかつた

▼ 人影ちらほら~ (3, 0.1%)

1 とあた, と稀, 家の

▼ 人影なども~ (3, 0.1%)

1 増して, 見あたらなかった, 見えた

▼ 人影には~ (3, 0.1%)

1 一個の, 二人とも, 思い当りも

▼ 人影までが~ (3, 0.1%)

1 つぎつぎと, はっきり絵, 幽かに

▼ 人影こそ~ (2, 0.1%)

1 あの四人, まぎれなき諸

▼ 人影こそは~ (2, 0.1%)

1 いつもの, 他でも

▼ 人影~ (2, 0.1%)

2 へ跡

▼ 人影だけでも~ (2, 0.1%)

1 すぐわかる, 彼の

▼ 人影であっ~ (2, 0.1%)

1 て数えた, て牛丸君

▼ 人影では~ (2, 0.1%)

1 あるけれども, ない

▼ 人影とて~ (2, 0.1%)

1 ほとんど見られない, まれまれであっ

▼ 人影~ (2, 0.1%)

1 のです, ので彼

▼ 人影ばかり~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 人影まで~ (2, 0.1%)

1 どこへやら, 見えるくらい

▼ 人影まばら~ (2, 0.1%)

1 な五重, な周囲

▼ 人影みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, に見え

▼ 人影をも~ (2, 0.1%)

1 留めて, 見ること

▼ 人影二人~ (2, 0.1%)

2 の潜んだ

▼ 人影絶え~ (2, 0.1%)

1 たり, 人声なし

▼ 人影見えず~ (2, 0.1%)

1 二人は, 誰にも

▼1* [80件]

人影あってパッ, 人影あとさきに駕籠, 人影ありと見, 人影ありやなきやと見定める, 人影いつしか霧深き, 人影いよいよ群を, 人影お告げの鐘, 人影かに驚いたの, 人影がちつとも, 人影ぐらいは見えるので, 人影これは抑, 人影しかも晃めく, 人影すらなく一縷, 人影すらもない港, 人影そのものの風采, 人影ただならない気色, 人影たぶん女房の, 人影だけが何の, 人影だけはくっきりわかりました, 人影ってのもネ, 人影であったし慰め, 人影でしたから老人, 人影とては一つも, 人影とても見當ら, 人影との間に, 人影ないそっちの, 人影なぞはいっさいない, 人影などから想像します, 人影などが近づいて, 人影についてはただ素朴, 人影についてもその他種々な, 人影によって行なわれつつ, 人影へも秀吉は, 人影まれで静か, 人影やがて赤いもの, 人影をというより, 人影サッと十次郎の, 人影バタバタと逃げ, 人影バラバラと物, 人影一つ灯影一つ見えない寂しい, 人影一つ見えようともしない, 人影一ツ見えぬ処, 人影一人は九つ, 人影一団になっ, 人影の様子, 人影六本の草鞋, 人影土塀からスーッ, 人影に待つ, 人影を舞う, 人影唯見, 人影少き処なり, 人影に入乱れつ, 人影岩焚火夕闇不恰好な一本, 人影や絶え, 人影映りけるにぞ, 人影映る東院の, 人影暖かく彳んだ, 人影朦朧と浮かび出, 人影杜絶えた夜, 人影森啓之助の脾腹, 人影歩むと覚えた, 人影淡き光帶びて, 人影シ中央ニ大池アリ, 人影無く俗塵絶ゆ, 人影はれて, 人影疎らな広間, 人影絶えたるここ上野の, 人影絶えつくしたその翌, 人影罵り騒ぐ濁声十字鍬や, 人影美しい若侍, 人影自然往来の人々, 人影舞い下り紋十郎, 人影ゆ, 人影もなし, 人影走せ違い呼笛鳴り, 人影路地一帯の光景, 人影を曳く, 人影錢形平次の早い, 人影つかその, 人影飛び出して来た