青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人形~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~ 人工~ ~人形
人形~
~人影 人影~ 人心~ 人情~ ~人数 人数~ ~人格 人格~ 人殺し~ ~人民

「人形~」 6081, 66ppm, 1736位

▼ 人形~ (1724, 28.4%)

251 ように 90 ような 81 やうに 7539 やうな 23 顔を 17 首を 16 着物を 14 首が 12 中に 11 様に 8 ために, 前に 7 ことを, ようで, 口の, 手を, 首は 6 顔が, 首の 5 上に, 中から, 方が, 腹を, 衣裳を

4 [11件] ほかに, ようでした, 口へ, 方に, 方へ, 行方を, 被を, 話を, 額に, 顔の, 首や

3 [31件] ある室, お姫チャマ, どこかに, ひとおどり, ほうが, やうで, ようだ, ようであった, カトリーヌを, 前を, 口まで, 場面を, 家の, 小屋が, 左の, 怪紳士は, 手に, 方を, 服を, 樣に, 眼の, 眼を, 胸に, 足に, 足を, 足型を, 踊りを, 頭の, 顔に, 顔は, 首

2 [90件] お園, お大尽, お相撲, かおを, ことだ, ことで, それの, たぐいに, ほうを, 一つでした, 一つに, 世界で, 世界は, 中には, 中の, 中へ, 事の, 事を, 二系統, 代わりに, 侍女が, 個展を, 側に, 処置について, 前まで, 力を, 動作は, 噂を, 変化である, 夜叉王が, 奇妙な, 姿が, 姿を, 存在は, 室で, 室の, 家を, 寝顔に, 小屋の, 形は, 形を, 影が, 後の, 所作でも, 手が, 技巧を, 持って, 楽隊の, 様な, 武者や, 演戯も, 片手が, 片足が, 異変が, 真似を, 眼に, 破片を, 立って, 立つて, 箱の, 絵が, 絵を, 美しさ, 考へと, 肢体を, 背中に, 背中には, 胎内に, 脚を, 舞台の, 色彩から, 衣裳と, 裏の, 赤面みたいだ, 起原を, 足の, 足型が, 遊びに, 遊びの, 運動は, 鉄仮面が, 頭は, 顔だった, 顔みたいだった, 顔や, 首かの, 首から, 首と, 首に, 髪の毛を

1 [690件 抜粋] あつた, あとを, あるはず, ある棚, いる場所, うしろ背にも, うまく出来上った, おつくり, おどけた顔面, おなかの, おもみ, お内裏様, お正月, お腹を, お茶碗, お金を, お顔, かけの, かみを, からだ, からだに, からだの, かわりに, きらいな, くずれるよう, くせに, ことと, こととて, ことなぞを, ことなどを, ことなんか, ことは, ことも, ごとく形式的, ごとく或いは, ごとく鍬, しかけさえ, しかけなん, すぐ前, せいかも, その中, そばへ, それと, たぐいが, たぐひにもあらず, たましい, ためその, ついた絵葉書, つくり方, どっさりある, どの辺り, なかに, にかわく, のろいの, はやさ, ばらばらに, ひざから, へや, へやでした, ほうに, ほおの, まじつた痕, まぶたが, まぶたを, まわりに, やうである, ようだった, ようである, ようなぶ, ようにしか, よそいを, よそおいを, わきに, わらの, をぢさん守屋三郎さん, カガシのみを, キユビイさんの, ギニョル式に, セルロイドの, ハンカチイフを, ヒモを, ピエロの, ピストルを, ペチ子ちやん, リザが, リボンと, 一つで, 一つの, 一つは, 一つ一つが, 一体を, 三津五郎の, 三番叟が, 上方踊りを, 下に, 不思議な, 不思議を, 両脇, 両足の, 中でも, 中へと, 中間に, 亡骸, 人相書という, 代も, 代りに, 件は, 住家みたいな, 体が, 体に, 体内に, 作り手のみが, 作者を, 使い手語り手弾き手は, 使ひ, 信仰が, 倒れたの, 側で, 側へ, 傍へ, 傷では, 傷口を, 像其他何とも, 元祖植半でござい, 入った箱, 入替えを, 全身に, 全身を, 内職を, 内部より, 内鍾馗に, 冷い, 冷たい顔, 処分に, 出ること, 出るの, 出現が, 列べ方, 別名だ, 劇的表情は, 力なんか, 動きは, 動くやう, 動作が, 動作の, 勢揃い, 包みを, 医者に, 原型の, 収入について, 収入についての, 取り遣りの, 可愛らしさ, 台に, 右の, 右手が, 右手を, 名とも, 名を, 名人として, 名所だった, 周囲に, 和唐内を, 唇にべに, 唇の, 噂が, 器械構造も, 囚徒, 囲い場だ, 国ドイツ私は, 土器を, 土産じゃがの, 土用干, 場合は, 場面が, 壊れたの, 声を, 変化だ, 多与里, 夢を, 大きく開かれた, 大さ, 大仏様の, 大将軍右近衛中将平維盛を, 大山スッテン童子, 大道具大, 女形の, 女王さまは, 女生徒, 如き生気, 如き真似, 如く溶け, 如く真っ, 如く突, 如く金棒, 始まりである, 姿であった, 存在が, 存在を, 実演は, 室と, 室を, 家と, 家の後日談, 家族が, 寄せ太皷が, 寝て, 小さい口, 小さな頭, 小娘では, 小屋台が, 小川正一が, 小道具に, 居る処, 左手は, 巨大な, 市を, 布を, 常吉に, 幸福を, 幾場面を, 底に, 店が, 店の, 店は, 座とも, 座元が, 張番を, 形式が, 影に, 影を, 後に, 後へ, 後ろには, 後ろにも, 後姿が, 心棒を, 性能は, 怪物が, 悪魔が, 惨めさに, 意味しか, 意味を, 愛好者と, 所作を, 手つき足つきで, 手の, 手や, 手毬の, 手足が, 手足その他へは, 手足に, 手足や, 手足を, 持つ小さな, 持つ美, 指が, 指で, 指に, 換玉が, 数が, 数の, 新しさ, 新古や, 昔, 普及が, 替玉を, 木戸を, 本場だけに, 来歴と, 柱に, 格好だつた, 構造そのものによって, 構造は, 構造を, 様し, 様だ, 様である, 模型動物の, 横の, 横を, 歌, 歌声だけが, 正統では, 歩きかたです, 歩きかたでは, 歩み, 歩幅と, 歩幅どおりに, 歴史だけについて, 歴史といふ, 毛が, 毛を, 毛毬を, 泪じゃわい, 洋服が, 源次郎は, 漫画を, 火消しが, 焼却だけで, 片手でございます, 片足がち切れ, 物真似だけを, 犯行という, 狐忠信の, 猩々や, 猿を, 珍重せられる, 生々しい欠け跡, 生けるが, 用途が, 由来を, 略語が, 番人売店の, 病少年を, 登場, 白い顏, 目が, 目に, 目の, 看板に, 真上に, 真上の, 眸が, 眼, 眼さえ, 眼は, 眼玉へ, 着せ替え遊び, 着もの, 着もの守袋巾着も, 着物など, 着物に, 着物も, 着衣から, 瞳の, 研究者や, 砕かれ残った美し, 神である, 秀れた, 秋の, 秘密は, 秘密を, 稚拙さについて, 等身大の, 箱と, 箱は, 箱を, 簡単な, 糸の, 系統的蒐集に, 純真さ, 細工などは, 細工師鶴次郎という, 絵など, 絵端書に, 絵草紙だの, 締めて, 縁起と, 繁昌する, 置かれて, 美は, 群れの, 群れは, 義で, 肌などにまで, 肌に, 肌は, 肢体とともに, 肩の, 背中を, 背後に, 背景の, 胴の, 胴を, 胴体を, 胸には, 胸を, 脈を, 脚の, 腕が, 腕の, 腕や, 腰から, 腹から, 腹には, 腹の中で, 膝を, 舞台が, 舞台な, 舞台に, 舞台を, 舞台全体を, 舞踊には, 色気が, 芝居と, 芝居として, 花嫁の, 草人形の, 蒲団や, 虫ぼし, 行列の, 衣裳に, 衣裳によって, 衣裳は, 衣裳や, 表情で, 表情を, 表現法と, 衰微は, 被すらり, 被の, 製作と, 製作に, 製作方を, 見世ものの, 見世物の, 見事さに, 観賞は, 言葉に, 評判が, 評判は, 評判を, 誘惑, 買はれた, 贈物は, 赤い舌, 赤馬を, 起源に, 趣味, 趣味に, 足あったかい, 足だった, 足は, 足型と, 足型という, 跡へ, 踊って, 踊りが, 踊る絵, 身である, 身の上話が, 身振りを, 軍功も, 農神と, 近くまで, 返されない訳, 造り方, 遊びを, 運動との, 遣はれる箱, 部は, 部屋の, 郷土細工が, 釘を, 鈍い死色, 鐘馗様と, 陰影から, 陳列室を, 陳列棚では, 青農, 面の, 靴みたいな, 頬を, 頭が, 頭を, 頭巾でも, 頭部の, 顏でも, 顔です, 顔な, 顔などを, 顔なりから, 顔のみ, 顔ばかり, 顔も, 顔形や, 顔面が, 類は, 類を, 風船が, 飾って, 首だ, 首だけしか, 首だった, 首で, 首である, 首でした, 首な, 首帽子上着ズボンシャツクツクツ下竹の, 首手足など, 駅長さんの, 騒ぎが, 骨よせと, 髪の, 髪の毛が, 髪の毛に, 魂と, 魂の, 鼻の

▼ 人形~ (994, 16.3%)

24 持って 22 抱いて 13 買って 11 出して 10 舞は 9 大事に, 手に 8 作って, 使って, 見て 6 眺めて 5 並べて, 見ると 4 こは, 取って, 取り上げて, 取り出して, 見るよう, 送って, 飾って

3 [13件] 使うこと, 入れて, 垂らして, 売って, 机の, 盗もうと, 自分の, 荒された三軒, 見せて, 見に, 見るやう, 見物に, 送つて

2 [63件] おろして, お土産, お買ひな, かかえて, かついで, くっつけて, けがれたもの, こしら, こしらえて, しっかりと, そこへ, とどけに, ながめて, ならべて, みて, もって, やったり, 両手に, 作ったり, 作り出したの, 使う, 動かして, 包んで, 取り出した, 塔の, 大切に, 左の, 彫刻し, 恐れる地方, 愛するの, 抱いたまま, 抱えて, 抱かして, 抱きあげて, 抱きながら, 抱くよう, 持つて, 持込み五寸釘, 指して, 掘り出して, 操るよう, 用ゐる, 用意し, 相手に, 看る, 立て, 箱から, 箱の, 腕に, 裸に, 見たこと, 見た幾十年, 見た頃, 見つめて, 見つめながら, 見てから, 見また, 調べて, 調べ出した, 踊らして, 踊らせました, 返せ, 運んで

1 [663件 抜粋] あさ, あしらって, あつめるの, あつめる人, あつらえせめて, あつらえて, あぶったり, あやつる糸, いくら念入り, いじって, いただいたの, いぢつて, いっぱい飾り立て, えらび出した, おどけた呑気, おもしと, おもちゃ箱に, お売り下された, お持ち帰り, お済まし, お見せ下され, お返し下さいまし, お返し致しましょう, かえして, かざしこちら, かざったピアノ, かざる, きょう町から, く, くくりつけつなを, くれたこと, くれた奴さん, ぐさと突き刺そう, こさえて, こしらえたの, こしらえたらそれで, こしらえるという, こしらえろとの, こしらえ甚兵衛, ことごとく焚い, ころばすよう, こわして, さいご, さげて, さし上げて, しかりとばしたり, しっかりだい, しっかりつかん, しばったりなんか, しばりつけたアドバルーン, しゃがませ地面, しらべるため, じっと睨ん, すえた, ずらずら, そが手, そっと出し, そのまま大きく, その方共, それが, ただ自分, たよりに, だいじそう, だく婦人, だしたから, だし或は, つかって, つかつて, つかまえました, つかんだ, つくりそれ, つくりながら, つくりに, つくる首, つけて, つった細竹, つり上げステッキ, つれて, とっくりと, とりあげて, とりかこんで, とりだした多, どうやっ, ながめそれ, ながめた, ながめながら, なぶり殺しに, ならべるという, なんに, のせた風船, のせて, はじめ農具を, はなしました, ひさぐ處, ひっつかみいきなり, ひつ掴み, ひとりで, ふくらますくらい, ふみつぶされた, ふりながら, ほうりこんで, ほしいとい, まわしに, みいでたり, みすみす取られる, みつめました, もて, もとめて, もらえば, もらわない子供, もろに倒す, やらなかった事, ゆすりながら, ゆびさしました, ゆらぎつつの, わきに, アヤし, アロアの, カーメネ, コゼットの, ターコール僧正さまの, デスクの, ボール箱に, ポンと, ライオンの, 一つかい, 一つずつ, 一つ取り, 一つ持っ, 一つ据えた, 一つ転がし落し, 七つや, 三人で, 三千体こし, 下さるん, 下の, 与えたこと, 与えましたが, 与えられただけ, 与へる, 並べた煙草屋, 乗せて, 九つお前さん, 二つとりだしました, 二つ三つ紙に, 二三十も, 二個前に, 二列に, 二畳程の, 仏像の, 仔細に, 仕入れて, 仰いだおせん, 伝通院まで, 伸子が, 作ったの, 作ったのでナ, 作つてゐる, 作らせたかは, 作らせたの, 作らせて, 作りそれ, 作ります, 作りまたは, 作り廟, 作ること, 作るの, 作るよう, 作る工場, 作る習慣, 作る風習, 使いませんでした, 使い初め, 使うから, 使うの, 使う人形芝居, 使う気, 使つてゐる, 使ふ, 例に, 修繕した, 倒すより, 傍へ, 傷つけたよう, 傷つけて, 働かせるという, 先頭に, 入れた信玄袋, 入れると, 写生し, 凝視した, 凝視し続け, 出陳いたしました, 切るの, 切ろうと, 前に, 力まかせに, 力一杯ぶっつけ, 動かしたん, 動かすため, 動かすよう, 包んだの, 区別する, 卓の, 取りしと, 取りだして, 取り上げひしと, 取り出しお, 取り出し部屋, 取り恭敬, 取り返すより, 取ろうと, 取出し子供, 取出し牧, 取落して, 受け取ったが, 受取って, 叩きつけ力, 可愛が, 可愛がって, 吊し聖霊棚, 同じ箱, 同じ袂, 呪言の, 命の, 喚び覚せ, 地上へ, 型の, 埋めたと, 埋めようと, 塗ってるん, 壊したり, 売るの, 売る店, 売る露店, 大小二つ並べ, 天井裏に, 奢って, 奥郡では, 奪うと, 奪ったこと, 姉の, 学校へ, 室外に, 寝かして, 寝かせて, 寝台の, 小脇に, 少し飾っ, 尾行し, 届けて, 并べ, 幾個と, 幾個も, 床下より, 弄ぶこと, 弄ぶの, 弄んだり, 引き寄せて, 引き延したよう, 強請って, 彩色する, 彫つた作人雲龍齋又六, 待つ子供たち, 御存知ない, 忘れたから, 思い出しました, 思い出し暗やみ, 思った栄螺, 惜しいこと, 想わせるよう, 愛したという, 愛する心, 愛玩させる, 懐かしみ滅茶苦茶, 懐中する, 成す年, 戴くまで, 手術台の, 打ち砕くと, 扱うよう, 投げるん, 折敷に, 抜きとると, 抱いたこと, 抱いたジーナ, 抱いた娘, 抱えては, 抱え上げて, 抱きおろし床, 抱きしめて, 抱きて, 抱きよせた, 抱き上げました, 抱き猪右衛門, 抱き起して, 抱くしおらし, 抱て, 抱へ, 担いで, 拵えた縄, 拵えて, 拵えるという, 拵へ, 拵へる, 拾いあげた, 持たせて, 持たない小娘, 持ち, 持ちだしそれ, 持ちだし人形, 持ちて, 持ち出す社, 持ち家中, 持ち庭, 持った手, 持ってから, 持ってること, 持つたもの, 持出して, 持出す騷ぎをやりましたぜ, 指しては, 指しながら, 指命し, 挿んで, 据えたところ, 据ゑて穢, 掃除し, 探しに, 接ぐわけ, 掴んで, 揃えて, 提げて, 携えて, 撫でまわしながら, 操つてゐる, 操ること, 操る機械師, 擲つ, 斬り倒すよう, 斬るよりも, 断ち割って, 日本の, 明りに, 書いて, 書き右左, 東に, 松の木に, 棄てろ迷信, 検査し, 欲しがっ, 欲しがる, 歩かせ計数管, 死刑に, 残して, 残酷に, 毀すまでも, 水ぎわに, 洗って, 流す祓, 流す風習, 渡す時, 滅茶, 焚き捨てて, 焼かしても, 焼き立てようと, 片手に, 特筆せね, 狩り集め足らぬ分, 猪右衛門へ, 珍重する, 瑠美子に, 用いて, 用ゐなかつた, 画いて, 白い箱, 盗まれました, 盗もうとは, 盗んだの, 盗んだろう, 看板の, 眺めたが, 眺めるもの, 着せる, 睨めるよう, 研究したい, 磔に, 祀る処, 祖母さんや, 神霊として, 祭ったかと, 祭礼の, 私の, 私は, 秋子さんに, 積んで, 立たせました, 立たせ市長, 立てた人, 立てますので, 立て始めたという, 箱に, 籠の, 結えて, 置いた, 置いたの, 置いたり, 置く位置, 置ける室, 聴く, 腰かけさせたよう, 膝に, 膝の, 舞わしつつ, 舞わして, 舞わすが, 舞わすので, 舞台の, 船に, 菊の, 虐殺し, 裁断する, 製作したい, 製造する, 見せられたこと, 見た, 見たら思い出した事, 見つけたよう, 見つけますと, 見つけ水, 見つめた, 見なかって, 見ながら, 見ました, 見ますと, 見るの, 見る眼, 見る通り, 見付け大金, 見物し, 観た, 観察し, 記念に, 証拠品などと, 誰からも, 調べること, 請合う時, 貰い集めて, 貰つた, 貰はずに, 買いましょう, 買い戻しとう存じます, 買う, 買うこと, 買うて, 買った古道具買, 買つたのは, 買ひ来, 貸して, 賣つた先, 質入れに, 足で, 踊らせあなた, 踊らせたおん爺, 踊らせて, 踊らせますから, 踊らせる, 踊らせるため, 踊らせる箱, 踊らせコスマ, 踏みつけて, 身代に, 載せる, 近くから, 返して, 返そうと, 返り討ちに, 追いかけて, 造らせて, 造りながら, 造るはたして, 遣ふ, 避雷針に, 重く見, 釘打ちに, 錦の, 隠して, 静かに, 鞄に, 韓竹割に, 風呂敷包の, 食べたいと, 食事ごとに, 飾ったり, 飾ったショウヰンドー, 飾つてある, 飾ります, 飾ること, 飾るの, 黒い喪

▼ 人形~ (493, 8.1%)

6 置いて 5 出て, 口を, 立って 4 あって, 物を, 飾って 3 あったが, あつた, あるの, 並んで, 入って, 入れて, 動いて

2 [20件] お迎, かすかに, 不思議な, 不要に, 並べて, 人を, 何の, 声を, 好きで, 幾つも, 控えて, 机の, 犯人, 生きて, 町を, 立てて, 糸に, 紛失した, 菊の, 鍵を

1 [399件] あそこの, あった, あったでしょう, あったの, あった為, あつて, あまりよくでき, あやふやとは, ありその, ありましたが, ありましたし, あります, ありますかなどと, ありますが, ありアルバム, あるくよう, あると, ある限り母, あんなにたくみ, あんなに動ける, いいかな, いいだろう, いかにも似, いきなりこちら, いくつか, いくつも, いっぱいささっ, いつまでも, いつ見, いました, いるなと, うごく, うっとり笑いかけた, うつくしくならん, おいて, おかしくて, おから桶の, おとなしくなる, おどりはじめるの, おどるよう, おままごと, お道化, お風呂敷, かけだしたの, かの女, くせものです, くるくると, こういうもの, こうしてこんな, ここへ, このまま一まわり, この室, こは, ころがって, ころげて, ころげる, ころびは, ございますな, さも生きた, しきりに身体, したかは, しなびて, しばられて, じぶん, ずらりと並ん, せり上がっ, そう云っ, そこに, そのまま抜け出し, その中, そばに, それぞれに, そんなこと, そんなにいい, たおされたの, たおれるよう, たべたつもり, たべたという, だ, ちゃんと入っ, ちゃんと本, ちょうどラジウム二百瓦, ついたの, ついて, つき纒, つくって, できあがったの, でき傍ら, でて, でゆくか, とつぜん動きだし, とびだして, とびだすよう, どうしていまごろ, どうと, どうなる, どこまでも, どし, どの程度, どれほど巧み, どんな意味, ない, ないと, なくな, なくなっても, にぎられて, にこにこし, のぞいて, のろいの, はずかしがるだろう, ひとりでに踊る, びくり, ふたりに, ふと神, ぶきみ, ぶらさがって, ぶら下って, ほしいの, またたきすると, また瑠美子, まぼろし, むくりと, むしろの, ものを, もの言う, やはり透明, ゆたり, ゆらりゆらり御, よいから, ようやく灰, よく出来, よく出来た, よこたわって, よろめく, りっぱなせびろ, ゐる, オルゴールの, カタンと, クル, スーツきられる, ト赤い, ハッと, バタバタ倒れ, バッタリ倒れた, ヒョロヒョロと, ピイと, ピエロ姿の, ピストルを, ムクムクと, メーデーに, 一つ, 一つあった, 一つございます, 一つすえられ, 一つだけ, 一つ位まぎれ込む, 一つ入っ, 一つ壊れた, 一つ宛立つ, 一つ怯ず, 一つ無気味にも, 一つ立っ, 一つ置い, 一つ赤鬼を, 一パイ, 一人足りねえ, 三つは, 三つも, 三つ立っ, 三つ赤や, 上の, 両足両手胸首頭と, 並べてあつ, 主神と, 乗って, 二つ三つあれや, 二つ大きな, 二つ群集の, 二つ首を, 二三日前開業した, 二十幾つとか, 五百羅漢の, 交互に, 人の, 人形使いの, 人手を, 人物の, 人買に, 人間らしく動く, 今の, 今夜は, 今日の, 仮りに, 仰向けに, 仲間入りを, 伴うて, 何十円何百円に, 余人の, 偶然ながら, 傷められ瘢痕, 光線の, 入り乱れた, 出ない代り, 出來, 出來上つたの, 出来た, 出来て, 出来ました年, 出来上ったの, 出来上りますと, 切れなかったので, 力に, 動いたり, 動きだして, 動き出して, 動き出すという, 動くが, 動くどこらそこら, 印せられて, 却って不気味, 取りもどせるだろう, 古代に, 叫んだこと, 可哀相, 可愛さ, 可笑しいかね, 右手に, 右手を, 右足を, 名宰相さま, 向き合って, 呼び物に, 喋舌り出したら, 喝采を, 四つひょこひょこ, 四つ流れる, 固く両方, 国技館で, 園内に, 土に, 坂を, 坐って, 壊れた, 壊れた人形, 売れて, 多かったであろう, 大きいから, 大事な, 大切そうに, 大評判, 好き, 寂しい事, 少しきみ, 左手を, 広い舞台一杯, 床に, 床下に, 店飾りに, 座の, 庭に, 引抜きに, 待ちかまえて, 徳利を, 必要である, 怒つたやう, 或いは廻りだす, 手塚さんを, 才の, 折れたよう, 抱っこされ, 持てなかったその, 据えつけて, 据えられその, 掛けて, 揺ぎ出したよう, 明かに, 時としては, 本当に生き, 本当は食べる, 果して死ん, 柴忠さんの, 森閑と, 楽屋へ, 機械で, 欠伸し, 欲しくても, 歩いて, 歩きだすなんて, 歩くの, 歩くよう, 歩を, 死んで, 殉死に, 殊によく出来, 水界に, 江戸生れだ, 沢山ある, 河童に, 河童にな, 泣いて, 泣くよう, 流されずに, 流されないで, 澤山竝んで, 焼けなかったから, 煙の, 物に, 独りで, 猫の, 現れました, 現場に, 畑を, 番人然, 発達した, 百円だ, 百円なら, 皆の, 皆喪, 盤の, 目を, 眼を, 眼前に, 着て, 着物を, 硝子箱に, 硝子箱にを, 神田の, 稲虫に, 窓際に, 立派な, 立派に, 笑うて, 笑って, 笛を, 箱から, 繩を, 置かれて, 美しいので, 美しい振り袖, 胸を, 能く, 膝まで, 自分で, 自己の, 自然に, 臭い, 興味を, 舞い上った, 芝居を, 芳しくしめっぽい花, 落ちて, 薄暗い土間, 蝗の, 血で, 行水でも, 裃を, 西宮に, 見えないん, 見えなくなったの, 見たいから, 見たくて, 見当らんの, 評判に, 認えた, 語って, 買って, 買へる, 走って, 踊り廻るよう, 踊るよう, 身うごき, 身に, 載って, 遂にダイナミック, 過去にも, 遠くの, 遠感的, 都大路を, 重なり合って, 釘で, 鋭い高い金属性, 隣室の, 電氣仕掛で, 電灯を, 電燈に, 青い眼, 風船に, 飛んだ爺, 食べたはず, 食べないのに, 食べること, 飾つてあつ, 飾り棚の, 首に, 高札を, 魂の, 鳴いた, 黒い眉, 黒覆面の

▼ 人形~ (385, 6.3%)

4 私の

2 [13件] いいよ, かうや, それを, なさけない, みな無難であるらしかった, もう一つ, 何時まで, 手に, 机の, 流して, 物を, 階段を, 非常に

1 [355件] あきらめたよう, あたりを, あつた, あなたにも, あなたの, あの機械, ありませんでしたね, あれは, あんまりいろんな, いい顔, いうとおり, いかにも雪国, いきいきと, いちはやく逃げさっ, いつか僕の, いつでも, いつも, いよいよ返され, いわれたとおり, おかしいよ, おかしな恰好, おこよの, おそろしいいきおい, おそろしいはやさ, おもいました, お前へ, お前んだ, お嬢さんから, お嬢さんは, お約束ゆゑ, お話の, からだをよ, かわいい少年, かわるがわる右手, きのうまで, く, くずかごの, くぼ, ぐるぐる廻りました, こうやく, この家, この後, こはれて, これで, ごみの, さっきから, さつさと, さらにいっそう人間, さる大名, しばられて, じつは怪人, すこしも動きません, そうある, そういうもの, そこに, そのひょうきん, そのままフワフワと, その前日, その日, その昔宗七, その時, その服装, その桜姫, その物おき, その脇, その鋤, その鎌, その顔, そればかり, それ一つであった, たいてい起す, ただ美しい, たった一つ, たとえば, たんすの, ちっとも動かない, ちん列場を, つくえ, つまりませんね, どう処分, どこか, どこから, どこに, どこへか, どこも, どこ出来である, どんなにか, ないの, なんでも, はい玩具箱ウ引転, ひとつの, ひとりでに手, ひとりでに歩きだしました, びんつけで, ふたりの, ふわふわと, へやには, ほぼ一定, ほんとうに, またそれ, また別に, また旧, また眼, また蛙, まだ最近, まだ歩きつづけ, まだ消えない, まなじり, まるで生きた, みんな人間と, むしろ棄てられた, むろんドイツ, めったにございません, もうよほど色あせ古ぼけ, もう泣き出し, もしや私, もし父, もとの, もともと衛生展覧会, やっぱり下, やはりどこ, やはり古く, よい人形, ろうで, わざとらしい桃色, わたしたちの, わたしです, わっさ, イフィゲニアを, ジョウに, ニコニコし, パッと, ボタンの, 一そう青ざめ, 一つしか, 一つも, 一とき後醍醐の, 一人で, 一向鳴きませんでした, 一晩ものさびしい, 一番私の, 一番長く, 三枚重ねの, 三根夫が, 上げまじと, 下さるか, 下に, 下を, 不要に, 両国国技館以外の, 両方とも, 主に, 久しく使, 二片三片花を, 亡き母, 京子が, 人が, 人の, 人形だ, 人間の, 人間を, 人間以上である, 今の, 今も, 今年の, 仏蘭西の, 伊三郎太夫は, 伝説ながらも, 何を, 価が, 優しく微笑ん, 全くこの, 六歌仙と, 其前年私も, 凡作だ, 凶悪な, 助かったらしい, 動いたよう, 動いて, 動き始めた, 勝手に, 勿論仰向け, 十メートルほど, 十年以来この, 半分ずつ, 単に, 単に一時, 原則としては, 又首, 古いせい, 古くは, 叫んだの, 同時に浮き沈み, 名は, 唯人形自身, 器械だけに, 国五郎太夫は, 地獄に, 坂を, 士農工商を, 売られた後, 変わって, 多く禾本科の, 多計代, 大きな声, 大人とも, 大喜び, 大正十二年九月一日を, 女の, 宜川, 宝石どろ, 宝石の, 実によく出来, 実に極悪非道, 室町に, 寒くて, 小さくたたん, 小さく砕けた, 小川正一である, 小栗判官照手姫十二段返し, 少女の, 左に, 左の, 巨大な, 幾日ばかり, 彩色あれ, 影も, 役者よりも, 彼女を, 後に, 御免だ, 思って, 悲しき夫婦, 手にとって, 手を, 手足を, 押入れに, 持って, 摩擦によって, 散乱し, 数千の, 数年前母に, 文句通りに, 新しいもの, 新しく作られる, 方々で, 日が, 春を, 春章の, 昨日まで, 普通の, 最後の, 木彫の, 村を, 案山子と, 極小く, 極楽世界の, 横倒しに, 欲しくない, 歌う, 此方で御座い, 歩きだしました, 歩くたび, 死ななかった, 殺されたの, 毛糸のちやん, 永久に, 泣きながら, 満州へ, 満足しなけれ, 灰色の, 無事で, 焼かれなかつた, 燃えながら, 物吝, 犯人に, 猫又の, 生きて, 生人形, 畑うちか, 留守中物置の, 病気でした, 病院へ, 白い, 白い手拭, 皆から, 皆註文の, 盗賊どもの, 目が, 目開き, 相変らず, 相当の, 眼を, 知識を, 神或は, 神送りに, 祭りに, 私等が, 種々雑駁, 空っぽで, 笑ひました, 精巧に, 精霊の, 美しいロウ, 美しい玩具, 美しい着物, 胸を, 自ら口を, 自分で, 自分自身の, 般若の, 船長室に, 英国生まれの, 莞爾と, 菊菱の, 落ちて, 薔薇色の, 藍色の, 蠅が, 表情も, 見つからない, 見つかりませんでした, 触穢, 話に, 語らない, 買うまいと, 走れないじゃ, 踊りを, 踊れようわけ, 身長五尺五六寸ばかりの, 遂に行方不明, 道を, 酷く西谷, 鍬を, 阿古屋の, 随分大きな, 随分貫目, 雌牛の, 静かに, 面白さ, 音を, 顔と, 飛び上つて, 飛び跳ねました, 食べられないこと, 首が, 首だけ, 首人形と, 馬鹿人形, 鳴きません, 鳴きませんでした, 黄色な, 黒い眼, 黙って, 鼻の

▼ 人形~ (317, 5.2%)

7 なって, ばけて 6 着物を 5 して 4 化けて 3 すぎないの, なること, なるの

2 [22件] こめて, されて, しては, すること, たましい, 向かって, 向って, 吹きかけた, 変って, 息を, 悋気する, 手を, 於ても, 死人の, 火が, 猿楽を, 着せたの, 神の, 等しいもの, 美しい着物, 過ぎなかったの, 魂が

1 [235件] あっては, あつたらしい, ありそう, ありました, あるやう, いって, うちこまれ彼女, おおいかぶさる, おっぱいあげ, お取りかかり, お松お, かいた歌, かざして, かわって, きくの, こうして火, こしらえて, ごちそうを, さし向けながら, されちまったら石, さわって, さわりでも, したん, してやるの, しましょうよ, すぎない, すぎなかった, すぎなかったの, せられおもちゃ, そっくりだった, それぞれ黒い, そんなにてばやく, たべさせる御馳走, ついて, つかまえられて, つながった一つ, とびかかろうと, どうしてこんなにうまく, どうも腑, なったって, なっても, なつた, なつて, なにか別, なにか手がかり, なりすます為, なりました, なるかも, なるやう, なる天狗, なる道筋, ぬって, ばけるとは, ばけるなんて, びっくりし, びっくりし合う, ふりそそがれました, まねの, むかって, もたせて, やろうと, よく似てる, よだれかけでも, ウドンを, ニワトリの, バイオリンを, 一切合財秘密が, 一杯食わされ, 不思議な, 中るコルク, 乗り移って, 人形使いの, 仕立てるという, 仕組んで, 代って, 仮定し, 似る可笑し, 何が, 何事が, 作ったの, 作って, 使われたと, 俊一君の, 停車場まで, 凝り出してから, 動作を, 化ける, 化したよう, 化して, 千体は, 取りかかられます, 台辞を, 合わせて, 同情を, 向けて, 吸込まれ砕かれて, 命令します, 変つて自分は, 変事の, 変化し, 変化した, 大型の, 奉って, 封じ込めて, 小さい声, 小川の, 巻きついて, 引きつけられる力, 御飯を, 御馳走たべさせ, 復り, 復活した, 心を, 心持を, 思い出す事, 急と, 怨が, 恋した, 恋する博士, 恋を, 悪魔学か, 惚れる大学生, 我が似し, 戯れて, 打ちこんで, 打ちつけて, 打向い, 托したと, 扮した, 扱われて, 抱き附きて, 拘らず演技者, 持ちこんだの, 掛ける小さい, 接して, 接吻させ, 操られて, 斬つけ突, 早変りし, 服を, 朝の, 杯の, 植えつけた品, 比べれば, 気も, 気を, 水を, 注がれて, 注意を, 添えられて, 火を, 火焙りの, 無限に, 煉瓦を, 燐寸の, 物を, 特有な, 現されて, 生命を, 甲胄を, 白餅喰い, 目が, 目がねを, 目を, 眼を, 着せたまま川, 着せたよう, 着せる着物, 着付けさ, 神霊を, 秘密が, 移して, 空気を, 等しいお, 等しい人々, 等しい十四歳, 紫の, 結びつくたあ, 自らを, 苦心し, 衣裳し, 被らせつ, 装飾され, 見いって, 見えた, 見えるの, 見せかけたもの, 見とれて, 見恍, 見立てられて, 言うの, 話しかけるの, 話して, 話を, 變へ, 變化した, 踏ませる, 近いかと, 近づいた, 近づいたが, 近づいて, 近づけその, 返って, 進化し, 過ぎない, 過ぎないだらうお前, 過ぎなかった, 過ぎなかつたので, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 過ぎまい, 道化の, 違いなかった, 遠感的, 還れるもの, 邪魔を, 釘は, 釘打つ, 針を, 鍵を, 鎧を, 限ったこと, 限つて二人が, 限らずわたし, 隠るる仕方巧み, 隱し, 隱した, 隱す, 隼伝之, 頼み込んだ半年前, 飛びかゝつた, 飛びついて, 魂を, 魏帝の, 黒い着物

▼ 人形~ (168, 2.8%)

7 一緒に 4 なって, 同じよう 3 いって, 言ふ 2 なつた, 並んで, 云うもの, 同じやう, 紙雛さまとを, 飾り馬との, 麻の葉を

1 [133件] あいつの, あやつる太夫, ある, いうだけさ, いえば, いっしょに, いつた, いへば, いるよう, おなじよう, おひ, くくり猿, こうし, この婦人, これを, ござい, されて, しゃべりながら, すれば, そう違わない, そっくりでした, そっくりな, であろう, なして, なり其, なり月, なるでしょう, なるの, なるやう, にらめっこを, ふたりきりで, ぶつぶつさえずっ, わかったけれども, わたしとの, カピまで, コーカサス遺族達によって, ホソボソ睦言を, 一しょに, 一つの, 一つ玩具箱に, 一処に, 並べて, 並べてその, 二つ買いました, 云う, 云うの, 云うは, 云えば, 云は, 云ふ, 云われたこと, 五寸釘と, 亡妹の, 人形との, 人形遣ひ, 人間が, 人間との, 今しがた差出, 傀儡子の, 入れ違いに, 全然關係, 其を, 凶悪との, 創紋を, 化した鶴巻, 化して, 反対の, 可愛い飯事道具, 同じだ, 同じである, 同じもの, 同じ位, 同じ操作, 同じ様, 同様で, 同様に, 同様の, 名の, 夫婦し, 安いほう, 小さな玩具, 尤もらしい, 張子と, 彫刻とは, 心得て, 思うの, 思って, 思つてゐるらしい, 思ふの, 怨霊との, 情死する, 手拭を, 押並べて床柱, 旅客とを, 暮して, 木菟が, 木菟は, 毎晩一しょに, 水精みんつ, 江州音頭の, 混ぜて, 滝尾の, 猫と, 猫を, 玩具の, 生きた人間, 生活し, 畸形児との, 相対し, 眠るゆめ, 着せ替え, 知らず射浴びせて, 称して, 箪笥の, 箱とを, 糸です, 置き換えたの, 置き換えられ竹藪, 老人との, 背景を, 菊人形大きな, 蛇酒と, 見られるなら奈良朝, 見比べますと, 見違える程, 誤られること, 近所の, 遊ぶこと, 遊んだり, 遊戯させた, 違って, 違つて安價な, 金づちと

▼ 人形芝居~ (147, 2.4%)

6 の人形 5 を興行, を見た 4 の道具, を見 3 の舞台 2 にはそれ, の親方, は大抵, や影絵芝居, よりも軽業, を看る, を見る, を見物

1 [104件] からぬけ出し, があつ, がある, がかかった, がかかつ, がかかる, がすなわち, がそれ, が一つ, が初めて, が存在, が学校, が村, が町, が発達, であり如何, であること, では人相, では直ぐ, でも手摺, で一日, で使う, で有名, で見覚えた, というの, とともにきかれる, となす, などというもの, にお, においてそれ, にし, についての講演, については自分, について語りたい, にはこの, には美しい, にもっとも, に取り入れる, に往つた事, に教訓的, に欺, に補助金, に過ぎない, のこと, のすき, のやう, のよう, の一曲, の主人公, の事, の人物, の催し, の元祖, の処, の如き, の小屋, の座本, の旅興行, の架空的, の歴史, の眞, の硝子越し, の第, の糸, の美, の舞台装置, の起原, の遊び, の遠い, はあやつり, はもう, はタユー, は例えば, は例へば, は単に, は塀, は子供, は宗教劇, は常に, は意味, は衰, は西の宮, は見料, は観られない, は面白かっ, へ行った, めいた雰囲気, もあった, や小, をみる, をもって旅まわり, をやっ, をやつ, を実見, を少年, を持つ, を操る, を独り, を生む, を観た, を観ました, を観る, を豊楽, を遠見

▼ 人形~ (113, 1.9%)

5 の通り 4 の末広 3 の方 2 から八丁堀, に店, に開業, の, の彫, へ直行, までは若い

1 [87件] からで, からの使い, から小伝馬町, がなくなる, じゃ, でトンカツ屋, で柳屋, で生れ, で見つけ, で買物, で踊, とか紺屋町, とはまるで, なり両国, におい, にて, にカフェー, に一軒, に居る, に憧, のつる, のほう, のみやう, のよう, のサガミ屋, のホオル, の三河屋, の下條, の二日月, の交番, の今, の停留場, の先, の具足屋, の内, の可愛らしい, の名, の呉服屋さん, の品物, の唐物屋, の商店, の夜, の夜市, の娘時代, の実家, の家, の小間物屋, の小間物屋忠蔵方, の師匠ぢ, の往來, の往来, の末広はじめ二, の末広亭, の本宅, の森田屋, の横, の水天宮前, の火事ッきり, の玉秀, の玩具屋, の現場, の芝居小屋, の表通, の裏町, の裏通, の裏長屋, の見える, の角, の都ずし, の雛市, の電車通り, の頃, はアンマ, は柳屋, は直ぐ, は逃げ, へぬけ, へやってきた, へ出, へ到着, へ参りましょう, へ持ち込ん, までといっ, まで行った, をお, を歩み, を過ぎ

▼ 人形~ (84, 1.4%)

2 のた, ペルシアの, 動物の, 玩具に, 玩具については, 豚では

1 [72件] おしゃぶりを, おもちゃなどを, おもちゃの, おもちゃを, おもちゃ道具を, こまごました, その背後, そんな様, つぼや, なにかと, なんか私, もっと進ん, ゆらぎつつ, よくお, セルロイド製の, ハイカラな, ユーゴの, ラッパや, 世帯道具絵本などの, 久松人形も, 人形の, 人間の, 刀剣などに, 剥製や, 動物ことに, 動物などを, 千代紙や, 口で, 古時計, 可愛らしい人形, 器物の, 土偶には, 塗り物の, 壊れもの, 小箱, 希臘の, 幟が, 役の, 据え物, 朝の, 木彫の, 木片で, 本や, 機械でも, 歌舞伎や, 歌舞伎人形だった, 毬や, 水銀剤や, 玩具などに, 玩具に対しても, 玩具や, 玩具を, 白熊への, 真珠の, 窓ガラスや, 筒形の, 紙の, 細工物も, 絹で, 繪艸紙が, 美術の, 羽子板や, 衣裳を, 迷信に, 造花や, 道具類が, 阿母さん, 面持人形や, 風琴は, 馬と, 馬や, 鶏や

▼ 人形さん~ (74, 1.2%)

7632 が出, で少し, に着物, のお腹, のやう, のよう, の簪, を持っ

1 [42件] がいた, がお, が好き, そっくりだ, だ, だから, だったのよ, だね, ていう意味, であつ, でございますよ, ですよ, ですわ, とばっかりお話, どっすやろ, なのね, なんかいい, にあの, にこしらえ, にし, にはお, に対して敬意, に殺される, に生れ付い, に着せ, の夏服, の夢, の方, の様, は不, は可愛らしい, は妾, ばかり不, も同じ, やおもちゃ, やロッペン島, をお, を手, を落とした, を見, を見せ, を電灯

▼ 人形~ (71, 1.2%)

2 あつた, 埋められて

1 [67件] あらあ, あります, お着物, ここで, このやう, これを, こわれかけました, さすがあれ, ずゐぶん奇妙, そのままであった, そばに, ともにわななくごとくなり, どうにか説明, どの人形, また相応, みんなきれいに, みんなわたしが, みんな燒けて, もうその, もう人様, よかろう, エミリイの, 一寸法師の, 三方から, 二見ヶ浦の, 人の, 今朝暗い, 使えば, 入谷の, 出て, 動かして, 取られて, 古風で, 同じじゃ, 同じ事, 同じ胸, 同様, 同樣, 夫, 少しあり, 念入に, 念入りに, 手製では, 投出して, 明日は, 昔に, 書冊も, 気が, 浮かばれましょうよ, 焼けちまいすみれさん, 理智よりも, 疲れたよう, 看るに, 知って, 知らない, 立派でした, 立派な, 細く痩せし, 置時計も, 考へろ, 自分の, 舞は, 苦しんでは, 血泥に, 見つけて, 見て, 郷愁つくる

▼ 人形使い~ (67, 1.1%)

3 が人形 2 の働き, の如き, の左手, の手先, 独りで

1 [54件] がいました, が引き受ける, が直観, が自分達, が舞台, であったり, ではなかっ, と呼ばなけれ, と批評家, などで中, などもあの, なので, にし, になります, に身, に違い, に限った, のあいだ, のうち, のこと, のほう, のまえ, の上手, の動き, の名人吉田文五郎, の名前, の存在, の意, の手首, の技術, の法, の精神, の腕, の運動, の飴屋さん, の魔術, はあそこ, はいない, はすべて出演, はただ, はたとえば, ははじめ, はやむなく, は人間, は国五郎, は天, は左手, は桐竹紋十郎, は自然, ふるした, も無論, や義太夫語り, を, を象った

▼ 人形~ (59, 1.0%)

9 あつた 2 ござります, でも, 人形使いは

1 [44件] あそんで, あつて, ありすぎ劇場, かざりつけたよう, がまんし, これ位の, これ位のに, ごつちや, ごまかして, そいつは, それが, それを, ちっとも傷, ほんものの, みんな女体である, よろしいせいぜい, 一つは, 世間を, 主人夫婦や, 二つとも, 俯向きに, 外には, 客を, 小さい夫婦, 少年が, 形は, 彼女の, 手足だけ, 最も歴史, 格檣型の, 混雑し, 煙草を, 片手で, 知られて, 示したかは, 秋一しきり, 脚の, 腰には, 見せて, 見たよう, 賑わった, 赤ん坊の, 遊んだの, 黄菊

▼ 人形~ (59, 1.0%)

4 の家, の梅市 2 の野郎

1 [49件] がおそろしい, がぜひとも, がその, がね, が古島雛, が拵えた, が生きた, が腕, その家つき娘, だけが周囲, だと, で, ですよ, と思われる, などというもの, なの, ならば, なんかも仲間, につくらせた, になれ, に取っ, に自分, に頼まない, に頼み, のよう, の仕事場, の住ん, の住居, の器用, の姿, の安川, の店, の挙動, の東洲齋, の正体, の糸, はその, はもう, は脣, もわかるだろう, も不明, や蓑直し, より外, をさし招いた, をし, を咀, を嫌つて, を怪しい, を招い

▼ 人形~ (57, 0.9%)

103 人形だ 2 から, という, ということ, とわかる, のが, 牡丹の

1 [32件] からお客, からね, からひき, から寝かしてる, から消えた, から鉄仮面, がこしらえ, が残った, が烏, が物, が私, ことほんとうに, そうだ, ちの古風な, というそのもの, とか石鹸, ときわめて, とすれ, とそう, となる, と云つて, と思, と思っ, ねえ, の, のの, のを, アね, 人形が, 君は, 細面で, 話を

▼ 人形では~ (36, 0.6%)

6 なくて 4 ありません 3 あるまいし, ない, ないか 2 なかった

1 [15件] あるまい, あるまいかと, いなかったから, ございますが, その足, つまらない, ないかと, ない命知らず, なかったろうか, なく彼女, なく生ける, やはり伏見, 植木屋半兵衛の, 無かった, 間に合わない

▼ 人形でも~ (33, 0.5%)

3 買って 2 涙を, 見るやう

1 [26件] ありますまいに, ありませねば, あるまいに, いいの, そつと, なく拵え物, なんでも, もらうほどに, よい訣, ハンカチ一枚でも, フリまいた, 久しく名, 出来る役, 勤まるが, 大騒ぎを, 愛するよう, 扱うよう, 抱くよう, 拵え上げるよう, 横たえるよう, 済むこと, 縛るよう, 見つけようぜ, 見るよう, 見る様, 買ふんだ

▼ 人形みたい~ (32, 0.5%)

2 な可愛い, な顔, に固く, に行儀

1 [24件] だ, だったから, だって御, であった, である, で一向, なから, なもの, なもん, な可愛らしい, な女, な女給, な小娘, な心理状態, な紫花模様, にそのまま, にぴょこんと, に動く, に吊るされた, に本年九十二歳, に横, に歩い, に腰掛け, に面白

▼ 人形~ (27, 0.4%)

6 んだ 3 のだ 2 のか, のさ, のである

1 [12件] の, のかい, のであった, のでおったまげる, のでございます, のです, のね, のは, のよ, んだろう, んです, ンて

▼ 人形には~ (27, 0.4%)

2 さすがに, 足は

1 [23件] お靴, かかること, このお嬢さん, なかった, なんの, ものすごいもの, わかりませんでした, 一種言うべからざる, 何か, 実に妙, 小さい蛇, 気が, 求められない無量, 特種の, 産毛が, 男と, 私達の, 胸が, 薄い着物, 解らない, 読んだり, 電波を, 魂が

▼ 人形~ (26, 0.4%)

2 のこと, の主人, の前

1 [20件] から来, か大道具師, があり, だの珠数屋, でありました, と人形, にゆこう, に馬車, の, のおじいさん, のすぐちかく, のゴミ箱, の女房, の店, の店さき, の路地, の路次, はあ, へ行つて, もあり

▼ 人形~ (22, 0.4%)

1 [22件] が事實, と結合, にも一期, に依, のやう, の人々, の位置, の元祖, の巡業先, の方法, の根元, の正しい, の獨立, の現状, はまた, は他, は大阪, をなす, をも移入, を業, を演ずる, を特質

▼ 人形である~ (20, 0.3%)

2 ことを, 事も

1 [16件] かのよう, からである, から元来, がため, が此, ことが, ことは, ために, にとど, のが, のに宮廷, のも, ものか, 事が, 己れ, 或は又

▼ 人形とは~ (18, 0.3%)

2 神の

1 [16件] あんまり手際, いったい何者, いわず人造人間, おもしろい, ちがいどう, ちがう, ちがって, よくも名づけた, 今でも, 全然成立, 即撫で, 必然に, 感付かない, 撫でもの, 気がつかないよ, 違った恐ろしい

▼ 人形怪人~ (18, 0.3%)

1 [18件] かもしれない, があの, がどこ, がぬすみためた, じゃないだろう, だ, です, ですか, といっ, といわれる, とおい, のすみか, のほう, のやしき, の事件, の家, はおまわりさん, はろう

▼ 人形~ (18, 0.3%)

2 をかけた

1 [16件] から繰り出した, から覗い, がブックエンド, が胸, が蹴とばされ, であった, と柿色, などあたふた, などを肩, のそば, の前, の埃, は砕け, を渡し, を首, 少し若い

▼ 人形です~ (17, 0.3%)

72 ぜ, ね 1 からしかりつける, から表情, が百姓, こと叔父さんに, という顔, の

▼ 人形町通り~ (17, 0.3%)

1 [17件] から埋, に近い, に電車, の大, の年の市, の片側, の空, の糸屋, の露店, は大門通り, や, を下谷, を中, を取りまき, を境, を梅園横丁, を歩い

▼ 人形~ (16, 0.3%)

2 何かに, 何かの

1 [12件] あ, せいぜい囚人, それとも何, 仮面かを, 何か, 其次は, 或は時として, 此の, 絹の, 胡粉を, 能面の, 送る人形

▼ 人形だった~ (16, 0.3%)

5 のです

1 [11件] が, がそれ, が兄, し或, とはいったいどう, なんてじつに, なんてまるで, のか, のさ, のでしょう, んだ

▼ 人形たち~ (14, 0.2%)

1 [14件] がふびん, が待っ, が遊び, には一種不思議, に刺戟, に告げ, のよう, は, はさっそく, はみんな, は兄主水, は鼻, もその, より弱い

▼ 人形という~ (14, 0.2%)

3 ものを 2 ものは 1 うまいもの, のは, のを, ものに, ものには, 印象を, 奴は, 気が, 珍妙なる

▼ 人形として~ (14, 0.2%)

1 [14件] 出品した, 動いて, 可愛がっ, 否応なく, 尊ぶ気持, 彫刻的に, 悪魔の, 悲喜劇的登場を, 挙げて, 操るところ, 流産せる, 田沼の, 發達した, 観音像

▼ 人形との~ (14, 0.2%)

3 関係は 2 間に, 関係 1 刀は, 小さい会話, 尺度の, 混合演技も, 聯想が, 距離からも, 關係も

▼ 人形~ (14, 0.2%)

1 [14件] からぬけだし, というの, には歴史上, のうわさ, のよこ, の中, の人形, の入口, の殺人, はそれ, へやってき, もいっこう, もそれ, をたて

▼ 人形じゃ~ (13, 0.2%)

6 ないか 2 ない 1 ありませんか, ござんせんか, ないぞ, なかったかしら, ねえぞ

▼ 人形だの~ (11, 0.2%)

2 リボンだの 1 古風な, 持って, 犬だの, 縁喜棚だの, 船の, 茄子だの, 薬玉の, 袋入りの, 雛の

▼ 人形など~ (11, 0.2%)

1 [11件] いちいち覗い, こまこました, つくるよりも, どれも, どんなにお, なし, なんでも, スイスの, 一所に, 化粧前に, 子供の

▼ 人形などを~ (11, 0.2%)

1 [11件] あてがわれた, いく組も, もて遊ぶ必要, わざ, わざわざ女結び, 二人の, 真心こめ, 立て, 置きたり, 自身で, 見ても

▼ 人形舞わし~ (11, 0.2%)

1 [11件] が後, が成立, であるとして, とか猿舞わし, として非常, とは限らない, などとなった, のみでなく, の事, は西の宮, 専門の

▼ 人形ども~ (10, 0.2%)

1 がムクムク, が今度, が在来, に妙, のやう, の仕事, はそれ, はみんな機械, はキーキー, は鎌

▼ 人形~ (10, 0.2%)

2 の組織 1 が常に, と言い, の地元, の数, の現在, は三條, は紀伊領一圓, もあり

▼ 人形にも~ (9, 0.1%)

2 魂が 1 いろいろあった, なかなか精巧, ならずと, 仇同士の, 仕組まれず闇, 何でも, 劣った人物

▼ 人形~ (9, 0.1%)

1 もって, 京人形の, 人形から, 何か, 打ちこみの, 氷を, 話すの, 近よる, 集まった

▼ 人形使~ (9, 0.1%)

1 でした, と並び坐す, のため, の方, ひが, ひに, ひの, もまた, をやめまし

▼ 人形つくり~ (8, 0.1%)

3 はおそろし 2 はおもしろ 1 はいぢ, をはじめ, を始め

▼ 人形よりも~ (8, 0.1%)

1 全然人間, 可愛がっ, 更に遙, 無力に, 端麗な, 脆いもの, 近松門左衛門である, 黙りこくつて

▼ 人形~ (8, 0.1%)

1 に引入れられ, に赴き, に赴きぬ, の前, の戸, へ駈け戻り, を出行き, を走り出で

▼ 人形町通~ (8, 0.1%)

1 および大門通り, にて図らず, のとある, の方, の柳, の茂った, の裏町, よ赤煉瓦

▼ 人形から~ (7, 0.1%)

1 でて, むりにひかせられてるようでした, セエラへ, 人間に, 出る声, 急に, 目を

▼ 人形とか~ (7, 0.1%)

1 そんなもの, で嵯峨人形, ファンから, 悪口言われ, 猫とか, 銀月を, 風船玉とか

▼ 人形などが~ (7, 0.1%)

1 いっぱいならん, お増, 何の, 床の, 置かれ一輪, 見えて, 陳列し

▼ 人形一つ~ (7, 0.1%)

1 でも見逃す, に命中, を, を証拠証拠, 出しても, 小さな木碗二つ, 買って

▼ 人形~ (7, 0.1%)

1 が顔, と見, に満ち充ちた, に眺められ, の天下, は何だか, を引き倒し

▼ 人形~ (7, 0.1%)

1 にまで変化, の不思議, の中, の道具, は之, は俳優, 又は影絵

▼ 人形つかい~ (6, 0.1%)

1 がつかわない, の傀儡目, の男, の竹久紋, の額, は上手

▼ 人形であっ~ (6, 0.1%)

1 たり犬張子, ていままで, てしかも, て一個二十五銭, て有, て派手

▼ 人形とを~ (6, 0.1%)

1 お手本に, ふるの, ゆるく大きく輪, 持つて, 更えて, 距てて

▼ 人形時計~ (6, 0.1%)

1 が突然, が載せられ, そんなもの, の扉, の方, を

▼ 人形だけは~ (5, 0.1%)

1 しっかりかかえ, 少なくともごく近世, 手離せず, 採用しなかつた, 私の

▼ 人形だろう~ (5, 0.1%)

1 が人形, が桃盗人, とお, と思いました, と思う

▼ 人形とも~ (5, 0.1%)

1 いうべき一本, 判らない七寸, 判らない七寸ぐらゐの, 知らずに, 称えますの

▼ 人形に対して~ (5, 0.1%)

1 再び, 壊れ易い, 多く寛容でない, 生き物の, 送り人形である

▼ 人形らしい~ (5, 0.1%)

1 ポーズを, 人形を, 可愛らしさ, 從順を, 物に

▼ 人形振り~ (5, 0.1%)

1 が歌舞伎芝居, が浸, であります, のお, のやう

▼ 人形~ (5, 0.1%)

21 だ, のやう, 戴くが

▼ 人形~ (5, 0.1%)

5 はし

▼ 人形造り~ (5, 0.1%)

1 が一心, なの, は土師部, らしい風貌, 初めし

▼ 人形~ (4, 0.1%)

4 やない

▼ 人形でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない 1 ばどうしても, ば猟銃

▼ 人形としか~ (4, 0.1%)

1 思はれない蕗子, 思われなくなったの, 思われなくなって, 見えぬ

▼ 人形なども~ (4, 0.1%)

1 とらせたと, 作り上げた, 入れて, 同じこと

▼ 人形にまで~ (4, 0.1%)

1 かたまって, すっかり固定, ひなと, 影響した

▼ 人形ばかり~ (4, 0.1%)

1 だ, だったでしょうか, でなくお嬢さん, 拵えるん

▼ 人形やら~ (4, 0.1%)

1 おかめ, 剣やら, 美しい着物, 金の

▼ 人形~ (4, 0.1%)

1 であったから, ではいない, にし, に差し

▼ 人形~ (4, 0.1%)

1 に華やか, の若い, の蕭白, を漁った

▼ 人形自身~ (4, 0.1%)

1 が動かさせ, が語っ, に属し, の美

▼ 人形荒し~ (4, 0.1%)

1 がある, といふ, などは珍, は兎

▼ 人形~ (4, 0.1%)

1 の凡, の顔, は, は夢見心地

▼ 人形あそび~ (3, 0.0%)

1 にあまり, はきらいでした, をし

▼ 人形あの~ (3, 0.0%)

1 ゴム鞠アレあの, 人形に, 人形の

▼ 人形さんみたい~ (3, 0.0%)

2 な可愛い 1 な快活

▼ 人形じみた~ (3, 0.0%)

1 女たちの, 小僧の, 顔付の

▼ 人形だって~ (3, 0.0%)

1 そんなもの, またどんなに, 言うん

▼ 人形であれ~ (3, 0.0%)

2 ばいい 1 ばい

▼ 人形でございます~ (3, 0.0%)

1 かこれ, のでそこで, 大切に

▼ 人形でした~ (3, 0.0%)

1 が大き, が少女, のににくにくしい

▼ 人形でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, 人間には, 瓊子を

▼ 人形とが~ (3, 0.0%)

1 ある日お花さん, 仕組んで, 場面に

▼ 人形などに~ (3, 0.0%)

1 思を, 着物を, 見入ったの

▼ 人形などは~ (3, 0.0%)

1 取分けて, 秀逸, 練習の

▼ 人形なんか~ (3, 0.0%)

1 どうでも, 下に, 持って

▼ 人形なんて~ (3, 0.0%)

1 あるもの, いうと, 聞いたこと

▼ 人形にでも~ (3, 0.0%)

2 なったよう 1 なって

▼ 人形にな~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて居た

▼ 人形に対する~ (3, 0.0%)

1 愛とは, 憧がれを, 気持なんぞ

▼ 人形ぶり~ (3, 0.0%)

1 で凝固, に至っ, をする

▼ 人形めいた~ (3, 0.0%)

1 やさしさ, 声音を, 平常に

▼ 人形~ (3, 0.0%)

1 こちらは, ホホホホ, 人形よ

▼ 人形より~ (3, 0.0%)

1 よっぽど上手, 外には, 小心で

▼ 人形らしく~ (3, 0.0%)

1 その男, もなかっ, 後には

▼ 人形同様~ (3, 0.0%)

1 である, で何, に思われ

▼ 人形好き~ (3, 0.0%)

1 それから後, では, とは云われまい

▼ 人形操り~ (3, 0.0%)

1 には辰松八郎兵衛, の山本三, の舞台

▼ 人形町あたり~ (3, 0.0%)

1 でゾロゾロ, にいる, に流行っ

▼ 人形細工~ (3, 0.0%)

1 がこしらえ, がなくなった, に使用

▼ 人形舞はし~ (3, 0.0%)

1 の事, の百太夫, は此

▼ 人形舞台~ (3, 0.0%)

1 のこと, の向う, を組立てた

▼ 人形見物~ (3, 0.0%)

1 に行く, の客, はやめ

▼ 人形遊び~ (3, 0.0%)

2 をし 1 で馴れ

▼ 人形部屋~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, の襖, を覗い

▼ 人形陳列所~ (3, 0.0%)

1 に飾っ, の前, の方

▼ 人形食い~ (3, 0.0%)

1 だあんな, の殿様, 結構あんな

▼ 人形~ (3, 0.0%)

1 です, ですが, の穀潰し

▼ 人形あれ~ (2, 0.0%)

1 は江戸, も覚え

▼ 人形いじり~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 大尽が, 茶道具お

▼ 人形さながら~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, の落着き

▼ 人形さまざま~ (2, 0.0%)

1 な陶器, の巧み

▼ 人形じいさん~ (2, 0.0%)

1 はいったい, は秘密

▼ 人形そっくり~ (2, 0.0%)

1 でございました, に見えた

▼ 人形そのもの~ (2, 0.0%)

1 がのたうち廻っ, の形態

▼ 人形それ~ (2, 0.0%)

1 に一つヒョイ, に鷄肉

▼ 人形だけ~ (2, 0.0%)

1 では, なら死物

▼ 人形だけが~ (2, 0.0%)

1 はれやかに, 際立って

▼ 人形だつた~ (2, 0.0%)

1 が, んだ

▼ 人形って~ (2, 0.0%)

1 あるでしょうか, ものは

▼ 人形つかひ~ (2, 0.0%)

1 大神楽, 大神樂住吉を

▼ 人形であったら~ (2, 0.0%)

1 どんなにしあわせ, 世の中の

▼ 人形でありました~ (2, 0.0%)

1 から, からお

▼ 人形でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 白鷹先生は

▼ 人形でなく~ (2, 0.0%)

1 たっていい, 迎へに

▼ 人形といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 姿で

▼ 人形といふ~ (2, 0.0%)

1 のに, ものに

▼ 人形とともに~ (2, 0.0%)

1 生活する, 箱の

▼ 人形とばかり~ (2, 0.0%)

1 思い込んで, 思って

▼ 人形どこ~ (2, 0.0%)

1 がい, までも江戸ッ児

▼ 人形なぞも~ (2, 0.0%)

1 悪くねえ, 運んで

▼ 人形なぞを~ (2, 0.0%)

1 仕立てるまでの, 飾って

▼ 人形などと~ (2, 0.0%)

1 いって, 同じに

▼ 人形などの~ (2, 0.0%)

1 手は, 類である

▼ 人形なら~ (2, 0.0%)

1 いいけれど, 物を

▼ 人形なる~ (2, 0.0%)

1 さいのをを, 神及び

▼ 人形にさえ~ (2, 0.0%)

1 口を, 好ききらいを

▼ 人形については~ (2, 0.0%)

1 色々の, 近世の

▼ 人形ばかりは~ (2, 0.0%)

1 一銭も, 見のがさない

▼ 人形ほどの~ (2, 0.0%)

1 人間の, 大きさ

▼ 人形まで~ (2, 0.0%)

1 ある小, 作らせて

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 っ, っ馬鹿

▼ 人形よりは~ (2, 0.0%)

1 よっぽど美しゅう, 幾倍美しい

▼ 人形をか~ (2, 0.0%)

1 ざつてひとりで遊ん, たみとして

▼ 人形をも~ (2, 0.0%)

1 偉大な, 舞わすよう

▼ 人形を以て~ (2, 0.0%)

1 演ずること, 表は

▼ 人形ルミ~ (2, 0.0%)

2 と黒住

▼ 人形作り~ (2, 0.0%)

1 の上林, の東洲齋榮吉

▼ 人形使い的形成~ (2, 0.0%)

1 なの, によって実に

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 による様式的舞台表現, に或

▼ 人形問屋~ (2, 0.0%)

1 の, の若

▼ 人形大尽~ (2, 0.0%)

1 のあと, を案内

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 の御, の色彩

▼ 人形影絵~ (2, 0.0%)

1 の肖像画, または幻燈

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひに

▼ 人形抱い~ (2, 0.0%)

2 て頬ずり

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 といふ, は専門家

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 があり, の中

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 と坐っ, と妙

▼ 人形片手~ (2, 0.0%)

1 にかな槌, に花子

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 の細工土, の茶道具

▼ 人形町辺~ (2, 0.0%)

1 に居りました, の停留場

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 の権威, の權威者

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 ではない, でもない

▼ 人形芝居二~ (2, 0.0%)

2 ノ替

▼ 人形衣裳~ (2, 0.0%)

1 が焼け, をつけた

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 で示した, になる

▼ 人形~ (2, 0.0%)

1 のもの, の彩色

▼1* [334件]

人形いけ花, 人形うごきましたよ, 人形かと丞相から, 人形かなんぞのやうに, 人形かの身ぶりが, 人形かもしれぬ, 人形からは不思議な, 人形がね着物を, 人形きり残って, 人形ぐらいなんでも, 人形ぐらいには美しく見える, 人形ぐらいの大きさ, 人形ぐらゐな白身の女子, 人形さ奴さ, 人形こそ自分は, 人形ごとずっと上, 人形さえ仕上げたらたとえ, 人形さまたちいちゃ, 人形さんみたいのが通る, 人形さん物を仰, 人形さん綺麗な綺麗, 人形さん達の間, 人形じゃあありませんからね, 人形すなわち手傀儡の, 人形そこへ新内, 人形そつくりのブロンド, 人形その男と, 人形そのままになっ, 人形その他で三十個, 人形それらがいくつ, 人形そんな高価で, 人形たいせつに持っ, 人形たらしめていた, 人形だいて遊びたき, 人形だが人形に, 人形だけしか眼に, 人形だけじゃあ退屈でしょう, 人形だけでも与えて, 人形だけを見せるよう, 人形ちゃんうれしいっ, 人形っていうんだ, 人形つくりだと言っ, 人形つくる躑躅かな, 人形づくつた非凡の, 人形であったことが, 人形であったではない, 人形であり装飾品でも, 人形であるならその作品, 人形であろうか, 人形でさえそんな業, 人形でしてな, 人形でしたらまた次, 人形でしょうか, 人形でなかつた事を, 人形でなかろうが一人, 人形でなくなろうとして人形, 人形でなくほんものの, 人形ではも早調べやう, 人形で御座います暮から, 人形というは向島に, 人形とかのうまくできたらなる, 人形ときけど外出, 人形としてしか働いて, 人形としては特色ある, 人形とでもいうよう, 人形となんか遊ばないという, 人形どうしはたちまち, 人形どころのさわぎ, 人形なかまであった, 人形ながら馴れ, 人形ながらもそこに, 人形なしにはうまく, 人形なぞさまざまな, 人形なぞがお寺の, 人形などでほかに, 人形などというものに, 人形なりまたその, 人形なりと言はれぬ, 人形なればむりはありません, 人形なんかのような, 人形なんかを買って, 人形なんぞになるもん, 人形において特にこの, 人形にかはりて, 人形にだけでもこうやく, 人形についてのセエラの, 人形にて顕事は, 人形にとって知らない世界, 人形にとりましてもこんな廃屋, 人形によって自分の, 人形のこたあ世間, 人形のこらずにこう, 人形のみであった, 人形のみがその原因, 人形はからだぜんたい, 人形はんか何, 人形ばかりが發達し, 人形ばかりに現を, 人形ばかりの小宇宙, 人形ばかりをいうよう, 人形ほどになり速い, 人形ほどにも思はないが, 人形まだ生きて, 人形までも自分で, 人形みたようだ, 人形みんな頭から裂布, 人形やれ常春藤人形, 人形ゆえにあやふや, 人形よろしくと云った, 人形らしくするのにこんな, 人形スローガンを書いた, 人形ソックリの青い, 人形ダイテ歩イテイタツカンデ見, 人形ネブタの目ざましい, 人形ネームカードのを貰う, 人形パチンコ車をまわす, 人形パチンコ車廻しの白鼠, 人形ビール店百貨店のポスターなんど, 人形ミシンのさざめごと, 人形造ル, 人形一コと香木, 人形一個を入れ, 人形一座再び上京, 人形ノ替, 人形下段にお, 人形並べて遊び, 人形主義は凡て, 人形乗つせえ, 人形には華車, 人形事件もどうやら, 人形二つ描いたり, 人形云々のこと, 人形京人形の顔, 人形人形口なし人形, 人形人形綺麗な人形, 人形仕立染れば, 人形仕立てであり清元, 人形以上に思つて, 人形以外には見た, 人形仮面です, 人形伊豆蔵人形などを二人, 人形作人の儀, 人形使いたちと語り手, 人形使い吉田玉次郎の後頭部, 人形使い方のこと, 人形使い桐竹紋十郎吉田玉助ら上京し明治座, 人形使ひといふもの, 人形使夫人画家たちを怪むがごとく, 人形使節か何, 人形が並ん, 人形だね, 人形全体が生き, 人形其物も可, 人形出してのろい, 人形切子硝子の花瓶, 人形北九州に今, 人形十五六人太夫三味線弟子等合して, 人形去年の雑誌, 人形なし人形, 人形を研究, 人形同士が斬り合った, 人形同然と飽き果て送り返す, 人形同然笹舟じゃあない, 人形名所の覗き機関, 人形名誉の細工人, 人形はおやま商業, 人形問屋吉徳山田徳兵衞氏を訪, 人形問題は立ち消え, 人形喰ひだから敬吉, 人形の主, 人形地獄極楽化物屋敷鏡ぬけろくろ首, 人形だつて, 人形の大, 人形声色物真似浄瑠璃八人芸浮かれ節, 人形喝采一の, 人形大きなゴミ箱に, 人形大した値打も, 人形大小さまざま和洋さまざま伯母さん親子が作った, 人形大尽勘兵衛は名人, 人形天皇の御宇, 人形太夫の紋, 人形のロウ人形, 人形になりました, 人形になつて, 人形宗右衛門自身が江戸, 人形家橋船家畜の類, 人形小さなタンス扇子麻の, 人形小屋へ見物, 人形小脇に音, 人形屋光月の傍, 人形ば發見さ, 人形工場については中村係長自身, 人形はどう, 人形師亀岡由斎のささやか, 人形師仲間の仕業, 人形師安川の家, 人形師安川国松の家, 人形師東洲齋の伜, 人形師紋之助, 人形師藤阿弥のところ, 人形という綽名, 人形廻しは台辞, 人形廻し自身が人形, 人形の江本, 人形怪人君きみは血, 人形愛撫にまでは堕しなかった, 人形或は旗竿尾の, 人形といったよう, 人形扱いにする, 人形撃ち・玉ころがし, 人形操傀儡子とは關係, 人形操座は先づ西宮, 人形数箇とを豊芥子, 人形新しく改良した, 人形映画やまた, 人形の囁き, 人形書子は天窓掻, 人形最後の人形, 人形木彫細工貝殼大小さまざまな箱, 人形木綿の布, 人形木製玩具製作の指導, 人形染みてゐた, 人形柴又の括り, 人形柵庭の隅, 人形栄さんは下駄, 人形模様を壁面, 人形歌舞伎の殺し場, 人形歌麿の絵, 人形此二つが揃う, 人形殊に縫ぐるみ人形の, 人形氏矢繼早に射る, 人形るが, 人形活人形覗機関声色使の雑技, 人形の悪騒ぎ, 人形浄るりとして演じた, 人形浮彫の品等, 人形淨瑠璃が誕生, 人形滿と健, 人形頭で, 人形を提灯, 人形煙草入すぐ右, 人形生物体もしくは人像, 人形町その他の呉服店, 人形町側へ出はずれかける, 人形町各地の復興祭, 人形町名どころの十軒店, 人形町居廻から築地辺, 人形町居廻りから使, 人形町時分から見る, 人形町森田屋という国産問屋, 人形町水天宮の縁日, 人形町系統に包含, 人形町茅場町八丁堀新富町築地汐留と, 人形町通り勝山と申しまし, 人形町通り大門通りといった町, 人形町通り左側大通りが和泉町, 人形町附近の葭, 人形だった, 人形的人物たること, 人形的大臣伯父やはりそう, 人形的巡邏を続け, 人形売れましたね, 人形の生, 人形私たち妹も物心, 人形程の滝が, 人形空気鉄砲珍らしき手玩具数々, 人形の人, 人形の, 人形いじって, 人形箱頭巾袖無脱いで, 人形系統のだし人形, 人形の矢絣, 人形細工人の方, 人形の専門家, 人形絵本その他の美術品, 人形綺麗な人形, 人形縁起棚の真鍮, 人形羽子板根付浮世絵なぞと同じく, 人形羽子板玩具のたぐい, 人形聯盟にだって最近, 人形胡桃かなにか, 人形自動劇を竹田, 人形舞わしその他の遊芸者, 人形舞わし手品軽業というよう, 人形や聖靈船, 人形船やかた草花など思い思い, 人形色布沢山の提灯等, 人形芝居一夕のアドヴェンチュア, 人形芝居即興劇その他で刻下, 人形芝居号の為, 人形芝居壮士芝居活動写真などでその, 人形芝居美術学生のネクタイ, 人形芝居辰松座の櫓, 人形芝居錦絵さまざまな品, 人形花瓶オルゴールなどがおい, 人形芸術のうち, 人形芸術家にも映画芸術家, 人形茶屋の名, 人形茶屋是れ也, 人形茶色の髪, 人形菖蒲刀幟の市, 人形蒐集のため, 人形蒐集熱にかかっ, 人形の標本, 人形裸人形などいちいち, 人形製作の技術, 人形製作者を取調べる, 人形製造所の職工, 人形見るようだ, 人形見世物塲より失火, 人形するといふ, 人形覗機関声色使の雑技, 人形諸方から貰った, 人形買い戻すことに, 人形赤いつまみの, 人形返しゃアしねえ, 人形送りの風習, 人形連れて来さつせえた, 人形遠き京なる, 人形遣いなどは河原者, 人形金色の髪, 人形鉢冠を置きあり, 人形銀細工ゆだや, 人形さ六尺も, 人形長吉を抱い, 人形開演中の両国国技館, 人形陳列の現場, 人形陳列場のショウ, 人形青眼の人形, 人形風俗わかりますまい, 人形飜弄の如く, 人形魚釣りなんどを按排, 人形鳴いたり鳴い, 人形鹿児島の香箱