青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「事件~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

予定~ ~予想 予想~ ~予期 予期~ 予言~ 争い~ ~事 事~ ~事件
事件~
事務~ 事務所~ ~事実 事実~ ~事實 ~事情 事情~ ~事柄 事柄~ ~事業

「事件~」 14825, 153ppm, 694位

▼ 事件~ (3664, 24.7%)

92 真相を 61 ために 27 ことを 26 真相が 24 ように, 顛末を 20 解決を 18 犯人は, 真相は 17 謎を 15 中に, 内容を, 渦中に, 経過を 14 犯人を 13 あった日, 為に, 解決は 12 性質が, 解決に 11 あつた, あとで, 全貌が, 時に, 核心に 10 ことは, 内容は, 推移を, 裏に, 謎が 9 あったこと, 底に, 真相の 8 ような, 公判が, 話を 7 全貌は, 全貌を, 報告を, 捜査を, 犯人の, 解決の, 謎は, 重大さに, 重大な, 際に

6 [14件] あったの, ことで, 中で, 中には, 中へ, 如きは, 底には, 成行を, 最後の, 犯人が, 蔭には, 裏面に, 調査に, 進行を

5 [24件] あった時, あった朝, うちに, 上に, 中心に, 内容が, 前後に, 匂ひ, 成り行きを, 最中に, 最初の, 核心を, 犯人として, 発展に, 発生した, 眞相が, 真相, 秘密は, 表面に, 裏には, 解決が, 説明を, 重大さを, 間に

4 [42件] あった晩, あった翌日, 中では, 報告は, 外貌を, 後で, 後の, 性質は, 性質を, 捜査の, 推移は, 新聞記事を, 時は, 時も, 最初から, 最初からの, 本質を, 概略を, 爲に, 犯人と, 現場で, 発展を, 発端が, 眞相を, 真相と, 真相に, 秘密を, 経緯は, 落着を, 記事が, 説明が, 説明に, 起こったの, 起こる前, 起った日, 起った時, 起りは, 輪郭が, 重大性に, 重大性を, 鍵は, 鍵を

3 [86件] あくる日の, あった家, あった直後, あらましを, うちで, かげに, ことや, ためだ, ためでは, てんまつを, ときにも, ときは, なかで, なぞを, ほかに, やうに, 一切を, 中から, 中心と, 事を, 二日前に, 内容に, 内容については, 内容の, 勃発いたしました, 勃発を, 動機に, 匂いが, 匂いを, 原因は, 原因を, 名誉ある, 報告が, 場合に, 大体の, 大体を, 女主人公, 始末を, 容易ならぬ, 展開を, 山が, 底の, 弁護を, 当初から, 当時の, 形相が, 後に, 急所を, 成行きを, 捜査に, 推移の, 最大の, 本当の, 根本を, 正体が, 爲めに, 発端と, 発見者が, 真犯人を, 真相だ, 真相なる, 真相について, 真相も, 神秘の, 秘密が, 突発した, 端緒を, 第一ページ, 第一日, 糸口が, 経緯を, 結末を, 結果は, 翌る, 背後には, 被害者の, 解決も, 調査を, 責任を, 起ったとき, 起る少し, 輪廓が, 運びの, 関係者は, 面白さ, 顛末が

2 [238件] あいだに, あった場合, あった夜, あった後, あった翌, あった頃, あってから, あつて, あとを, あらましである, うずの, おかげで, お蔭で, かかりの, くわしい話, ことが, ごときは, すぐあと, すべての, すべては, ためには, ときには, ときの, ときも, どこかに, どこに, ない日, ない時, なかに, ほうが, ほとぼりが, やうな, アヤを, ニュースが, 一つが, 一つである, 一つに, 一切は, 一応の, 不思議な, 中の, 中心な, 中心は, 主は, 主人公の, 主人公は, 主役では, 予審調書が, 二つの, 他に, 件は, 依頼を, 係りの, 個々の, 個性と, 兇器に, 全体が, 全貌と, 全貌な, 全貌も, 全責任, 全體, 公判の, 公判は, 共通の, 内容について, 処置を, 初めから, 前には, 前の, 勃発した, 動機を, 参考人として, 取調べに, 口火を, 名称だ, 名称は, 噂を, 報道で, 場合が, 場合には, 場合の, 場合は, 大きな鍵, 失敗さえが, 奥に, 奧の, 如く驚く可, 妙な, 始末も, 容疑者の, 容疑者を, 審理を, 少し前, 展開の, 幕は, 底を, 張本と, 張本は, 当夜の, 当日に, 後を, 応接に, 応援に, 怪奇性を, 意味は, 意味を, 折の, 指導精神が, 探偵に, 探偵を, 探索を, 推移が, 数が, 方が, 方に, 方の, 方は, 方へ, 日から, 日と, 時と, 時とは, 時には, 時にも, 最中で, 最初に, 有力な, 本質的な, 本質的條件を, 核心と, 根本的解決策と, 検挙が, 正体を, 渦に, 火元を, 為めに, 煩わしさ, 犯人, 犯人だ, 犯人に, 犯人らしい, 生因, 発展が, 発生に, 発端であった, 発端に, 発端を, 発見に, 発見者である, 発見者として, 発覚を, 發展を, 眞つ, 眞ん中に, 眞相に, 眞相は, 真実の, 真相に対して, 真相に関する, 真相らしい, 真相をも, 秘密も, 空白を, 端緒が, 端緒に, 筋は, 終焉を, 結末が, 結末に, 結末は, 結果として, 結果に, 結果を, 結果成功し, 綾が, 緒口に, 繪解き, 翌夜, 興味に, 興味の, 興味を, 落着きを, 落着する, 蔭に, 行われて, 裏の, 裏を, 要領は, 角度が, 解決する, 記事を, 記念として, 記憶が, 記述者が, 記録は, 記録を, 証人を, 証拠物件と, 詮議が, 話, 話が, 話に, 話は, 説明, 説明は, 調書を, 調査の, 謎の, 責任者の, 起こった時, 起こって, 起ったこと, 起ったの, 起った当時, 起った時分, 起るの, 起る三日前, 軍人たちは, 輪廓を, 輪郭は, 追求に, 連中も, 進展に, 進展を, 進行し, 重大さが, 鍵が, 鍵に, 鑑定を, 間には, 関係者には, 関係者の, 際にも, 際の, 顛末である, 顛末は, 顛末も

1 [1868件 抜粋] あいだ弁護士と, あったため, あったとき階段, あった世の中, あった個所, あった十年, あった四半刻前, あった富倉町, あった当時, あった昨晩, あった矢先, あった附近, あとには, あと始末は, あまりに不思議, あらゆる疑問, ありよう, あるとき, いきさつを, いとぐち, うちにおいて, うち多門殺し珠緒殺し, うら, うわさを, おもな, おりジャヴェルから, お役に立つ, かげには, からくりは, きわめて荒い, ことだ, ことです, ことにつき, こと等は, これまでの, ごとき悲痛, さい賊の, さ中に, すぐ直前, すべてを, ぜんちょうだろう, そもそもの, ためさすが, ためでなく, ため公判廷に, ちょうど五日前, てんまつ大略申し述べよう, ときどんな, ときスパイを, とき明智先生と, とき畑柳夫人に, とばッちり, どの被告, なかでの, なりゆきは, ねたに, はじまりだったの, はじめから, ひまを, ほうで, ほんの發端, むづかしさを嗅ぎ, もっとも重大, やり口を, ようである, アヤが, カギを, クライマツクスでした, スリルという, ソモソモの, ニュースを, ブルンヒルトは, ヤマであるらしい, ルーヴル美術館から, 一つ, 一つであろう, 一つに対して, 一二を, 一切の, 一埒が, 一段落を, 一角に, 一部, 三ツの, 下に, 下手人も, 不合理な, 不連続たる, 中い捲き込まれ, 中味は, 中心の, 中心人物と, 中心論点が, 主人公という, 主人公達によって, 主体の, 主犯その, 主要な, 主軸には, 予想によって, 事実の, 二カ年も, 二三日後に, 二日前にね, 五〇パーセントは, 交渉談判を, 人気は, 仕掛が, 以前であった, 伏線が, 余瀾を, 依頼主に対し, 依頼人な, 係りに, 傍らに, 備忘録で, 元凶たる, 先生や, 全体には, 全体を, 全貌なり, 公判などを, 公判開始世人の, 共犯者たちが, 其二である, 内に, 内容たり, 内容でしょう, 内容以外に, 再分析, 写真が, 出発を, 切れつ端, 初りでしょう, 判決の, 前々日に, 前だ, 前夜私は, 前後における, 前後を, 前日恐らく, 副産物として, 加波山の, 勃発当初から, 動向は, 動機と, 匂いに, 印象を, 原因と, 參考人として, 反面に, 取り調べに, 取調べに際して, 取調を, 受持に, 号外, 合い図, 名称も, 呉さんです, 善後策として, 四日あとに, 困難な, 圧力が, 基なり, 報告よりも, 報知を, 報道は, 場合とは, 場所へ, 変転を, 外廓を, 外貌が, 多くは, 夜あなたの, 大きな決め手, 大事件, 大略なる, 大立物たる, 大要は, 大部分, 夫に, 奥には, 奧底は, 如きには, 如きを, 如くあるいは, 如く考へられて, 始末の, 姿は, 嫌疑者だった, 存否も, 実話を, 室から, 容疑者は, 實相である, 審問を, 審理に, 尋問は, 局所しか, 局面は, 峠だろう, 巻き添えを, 帰趨は, 幕が, 年代を, 幾何学量を, 弁明に際して, 弁護との, 張本人で, 張本人は, 当事者としての, 当事者の, 当初より, 当夜お前は, 当夜山野氏は, 当日この, 当日以来一ツしか, 当時ずっと, 当時ハリーは, 当時同じ, 当時者が, 形を, 影響と, 後には, 後一時間ほども, 後前には, 後始末は, 後最初の, 御報告, 心理試験に, 心臓部を, 急所である, 性格が, 性質から, 性質上この, 性質上当然, 怪事件たる, 恋物語を, 恐竜と, 恰好を, 悲劇性を, 意味など, 慰めでした, 成り行きと, 成因に, 成果の, 成行きに, 成行有罪か, 手がかりは, 手口が, 才智の, 批判などを, 抗議に対して, 折ケルンに, 担当者みたいに, 持ち上ったの, 持つ謎自身, 捜査から, 捜査や, 捜査本部は, 探偵が, 探索で, 推移, 推移経過が, 攻撃を, 数々を, 断面を, 新聞記事の, 方を, 日上野の, 日本の, 時から, 時なぞほど, 時ばかりは, 時分には, 時地方裁判所検事局に, 時期に, 時間的な, 普通の, 暗示です, 暴風の, 書附が, 最も悲劇的, 最初君が, 有る無し, 本人には, 本場たり, 本犯者を, 本質が, 本質には, 来歴を, 核心には, 根本的説明と, 検挙の, 構成が, 様相は, 機縁だった, 正体, 歴史を, 歴史家と, 段取りは, 決め手が, 波動が, 流れの, 混乱を, 湊合せられる, 為のみ, 焦点は, 片づくまで, 片鱗すら, 物語を, 特徴と, 特異性に, 犠牲者は, 犯人だって, 犯人などは, 犯人も, 犯罪捜査の, 状況から, 現出する, 現場の, 現実味を, 生ずるは, 由にて, 異常なる, 當夜夜中に, 疲労から, 発展などが, 発展の, 発生が, 発生によりて, 発生前後の, 発生当時は, 発端で, 発端については, 発見された, 発見者だった, 発頭たる, 發展, 發生した, 發生毎に, 發覺以前から, 目撃者も, 盲点が, 直前その, 直後で, 直後僕の, 直後土井利位は, 直接の, 相違も, 眞相をも, 真っ黒星, 真只中に, 真犯人が, 真犯人という, 真犯人は, 真相だけ, 真相とは, 真相につき, 真相全く, 眼目です, 知らせは, 研究を, 社会問題の, 神秘を, 秘密書類で, 種らしい, 端を, 第一回公判, 第二審公判, 筋道が, 範囲も, 米国調査隊が, 糺明恩威ならび行う, 素因への, 細かく報道, 終局と, 終点に, 経過に, 結び目を, 結末ばかりを, 結果の, 結果雨降っ, 經緯を, 綜合と, 緒が, 締めくくりについて, 罪人と, 翌々日も, 翌日匆々出立し, 翌晩でした, 背後に, 背景も, 興味とか, 花形の, 草稿で, 落着そのものを, 落著を, 處理や, 血腥い明治風景, 行き違い, 衝動こういう, 表現せられた, 表裏やら, 表面の, 被告と, 被告宮原直行さんの, 被害者が, 被害者マリイ夫人と, 裁判なども, 裏にも, 裏面の, 複雑さを, 要路にあたる, 覗きから, 解決かも, 解決でも, 解決に対して, 解決までは, 解決後に, 解釈と, 計画者が, 記事も, 記憶から, 記述さえ, 記録では, 証人が, 証人として, 証拠品に, 証拠申請を, 評定は, 話も, 詳報を, 説明として, 調べを, 論評は, 謝罪始末書を, 象徴という, 豫審決定書に, 責任は, 賞金をや, 賽の目を, 起きたの, 起きた恵須取, 起きた頃, 起こった当時, 起こられた様子, 起こるかも, 起こるまえに, 起こる気遣い, 起った前, 起った晩, 起つたの, 起つた月, 起つた瞬間ぢ, 起りしも, 起りでございます, 起りようは, 起るあつ, 起るより, 起る二週間前, 起る前夜, 起る背景, 起源を, 跡始末を, 軽妙な, 載って, 輪郭を, 迷惑を, 通報一下出馬し, 連続ぢや, 連鎖が, 進展の, 進行という, 運びが, 過程を, 違ひでも, 部分は, 重なって, 重大事, 重畳を, 鍵と, 開始早々にも, 開幕に, 関係物件である, 関係者な, 關係など, 陰には, 際には, 障害に, 露顕した, 面白さうなの, 順序で, 頻発に, 顛末の, 餘波, 首謀者櫻井平吉氏も, 騒ぎが, 驚きが, 骨骼の

▼ 事件~ (2277, 15.4%)

64 起った 51 起って 38 あった, あってから 35 起ったの 33 あって 32 起こった 23 ある 22 起こって 20 突発した 19 起つて 17 発生した 16 あつた 15 あつて, 起きた, 起りました 13 出来したの 12 出来して, 突発し, 落着し, 起きて 11 あったの, おこりました, 勃発した 10 起ると 9 おこった 8 出来した, 起きたの, 起こったの, 起つた, 起つたの, 起るの, 降って 7 あると, あれば, おこって, 起ってから, 迷宮に 6 あるん, なくとも, 出来したので, 出来したん, 持ち上った, 新聞に, 私の 5 あったと, あるの, 展開し, 彼の, 行なわれた, 解決する

4 [21件] あったが, あったとき, あったり, あった後, ありました, なければ, もちあがったの, 出来しました, 彼を, 持ちあがって, 湧き上つたの, 発生し, 発覚した, 相ついで, 落着した, 落着する, 解決した, 起ったから, 起ったと, 起っても, 起るに

3 [39件] あったそう, あったので, あったん, あった筈, ありましたが, あります, おこってから, おこると, おこるの, もちあがった, 一段落ついた, 事件である, 他殺か, 出て, 報道され, 待ち構えて, 必要に, 持ちあ, 持ち上がった, 未解決, 次から, 渦を, 生じた, 発展する, 発生する, 突如と, 続いて, 行われて, 起きたから, 起きる, 起こる, 起こるの, 起ったため, 起ったという, 起れば, 進行し, 重なって, 重大な, 錯綜纏綿し

2 [110件] あかるみに, あったから, あったという, あったもの, あったらしい, あった時, あってからは, あっても, あとから, あるか, あるから, あるらしい, おきて, おこったの, おこったので, おころうとは, かたづいて, ここで, ございました, どうして起こった, どうして起った, どんな結果, なかった, めでたく落着, もう一つ, もちあがって, もつれて, デカデカと, 一先づ結末を, 一段落に, 世間に, 事件だけに, 事件です, 二つありました, 人々の, 伏在し, 全く満州国領土内, 初めから, 勃發した, 北支問題とは, 各々分裂的, 問題に, 報告され, 多かった, 大きくて, 大学に, 如何ように, 始まるの, 始めて, 容易に, 寄せて, 平次を, 彼に, 後から, 惹き起こされた, 意外な, 持ち上がりました, 持ち上つた, 持上った, 斯う, 日本の, 此の, 気に, 深刻に, 濟んで, 片づいてから, 犯人の, 画家の, 發生する, 盛んに, 突発する, 絡んで, 老売卜者, 複雑に, 走馬燈の, 起きた時, 起きました, 起きましてね, 起きると, 起こったから, 起こったとき, 起こらなければ, 起こるぞ, 起こると, 起ったこと, 起ったとき, 起ったところ, 起ったので, 起ったもの, 起ったもん, 起ったらしい, 起ったり, 起ったん, 起った以上, 起った訳, 起つたん, 起つた時, 起りその, 起りつつ, 起りましたよ, 起りまして, 起るまで, 起るまでは, 起るわけ, 起る前, 輻輳した, 進捗すれ, 重大と, 非常に, 頭に

1 [1127件 抜粋] あたかも神秘, あったあと, あったくらい, あったし, あったでしょう, あったね, あってからと, あの表沙汰, あまりしばしばあり過ぎ, あまりに常識, あまり変っ, あやしくな, ありその, ありへん, ありましたで, ありましたね, ありましたよ, ありまして, ありますれば, ありトド浅草石浜, あり個人, あり対外的, あり得る筈, あり森田, あるかと, あるが, あるならば, あるのみ, あるよう, ある度, いかなる人物, いかに公衆, いくらかでも, いっそう真剣, いつのまにか国もと, いやに, いよいよ第, いよいよ錯雑, いわゆる法則, うちの, うまくかたづいた, おきる, おこったとき, おこったん, おこっては, おこつたよ, おこらないかなあ, おこりそう, おこりません, おこり折, おこる, おしまいに, およそどの, お延, かかれて, かさなった月, かつてない, かの弁天池, きっかけと, くりかえされて, こういう性質, こうした意味, ここへ, こなせるかしらん, この一九三二年十月, この伊豆, この城, この邸, こみ入, これで, これ丈け, こんなこと, こんなふう, ございますから, すすむにつれ, すっかり解決, すでに起っ, すらすらと, そこここに, そのはじまりでした, そのまま迷宮入り, その晩, その肯定, その間に, それから, それほど重大視, それ以来お母さまを, ぞくぞくと, たいへん急, だんだんと, つ, つぎから, つくり出される機会, つづき, できた以上, とび出したり, どういう結末, どうなろう, どうも面白く, どう発展, どちらも, どんなふう, どんな影響, どんな順序, ないから, ないだけで, ないと, ないとも, ないよう, なかったなら, なかつたらかうした, なかなかこぐらかっ, なくて, はつきりし, ひき起きて, ひどく世間, ふえた, へんに, ほとんど奇跡的, まあ直接, まさにそれ, ますますふえ, またと, また再び, まだ片付いた, まるで別々, むずかしなっ, むづかしいと見, もし他殺, もちあがったん, もちあがつた, もちあがると, もち上った, もろもろの, やかましかった, やはり他殺, やや平穏, よく解っ, わかつたよ, わけが, インテリ派の, ガリレイの, クライマックスまで, グリーン一家と, センセーショナルだった, タクサンある, デカデカに, フランスで, ランプの, レアールに, 一つあります, 一つも, 一つ起った, 一定の, 一年に, 一時に, 一段落つい, 一段落といふ, 一段落付い, 一税務署員の, 丁度よい, 丁度烏, 三つも, 三度も, 不思議と, 与へた衝撃, 世間の, 丸一年間もの, 予審に, 予審中な, 事件だ, 事件であり, 五・一五事件の, 人々に, 人を, 人生と, 人間社会の, 今すこし, 今夜中に, 今起つ, 付きまとうもの, 伝わってから, 何かの, 何となくお伽噺, 何処の, 何度も, 作ツた, 依頼された, 偶, 僕の, 兎も, 兩方に, 六寸とか, 内秘, 再び出来した, 出来いたして, 出来いたしましても, 出来した以上, 出来した暁, 出来しようとは, 出来するその, 出来する例, 出来たん, 分明に, 初まる, 判明し, 前記の, 勃発後約, 勃発致しました, 勃起した, 十中八九まで, 午後二時を, 半刻前, 単に一部, 厄介らしくなる, 又どんな, 史家の, 各地の, 同一犯人, 同時に起っ, 向こうから, 含んで, 告發される, 因縁にな, 固定し, 在るん, 報道されない, 外では, 多いであろう, 多くの, 多く煩瑣, 大きくなった, 大きければ, 大体形, 大変面白い, 大袈裟に, 天皇の, 女幽霊の, 如何なる社会状態, 姉妹の, 始まってから, 始まるまで, 孕んで, 宗教的想像力の, 実におり, 実際問題, 家族や, 寺内の, 小さく一段組, 小説に, 少なければ, 展開する, 差し迫って, 平次に, 幾つも, 店の, 引き続いて, 引き離して, 当事者の, 当大学, 当然智能犯係, 彼等の, 待設けて, 御座います, 必ず同, 忘れられない, 忽然勃発する, 思いも, 思い出される何, 思はぬ發展, 思ひ起された, 怪奇に, 怪文書を, 悲しむべきか, 惹き起されなければ, 惹起し, 意表外な, 愛妹菊路の, 成行くまい, 或る, 手間取るの, 持ちあがった, 持ち上ったの, 持ち上ってるん, 描かれ歪んだ苦しい, 攘夷そのものを, 救援艇隊の, 整理され, 文章に, 新聞の, 新聞記者の, 早く落着, 明るくなっ, 明瞭に, 昨夜の, 昨日来ワーナー調査団に, 時間の, 暗示し, 曲りなりにも, 更に起つた, 最初に, 最近に, 有罪と, 未曾有の, 本当に解決, 村じゅうに, 東西か, 桁はずれの, 極めて隠密, 構成され, 次々と, 次郎, 欲しいよう, 歳毎に, 殆ん, 残忍で, 殺人事件だ, 毎日毎日發生する, 決してありふれた, 沢山起っ, 深い痕跡, 湧いたもの, 湧き上ったの, 源では, 源氏の, 演ぜられて, 漸く落着, 無いか, 無いやう, 無くて, 無罪と, 爆發する, 片づいても, 片づくまでは, 片付くもの, 王政復古の, 生じたに, 生じました, 生まれて, 生んだ災厄, 生起した, 留守中に, 異常である, 発展しない, 発展せぬ, 発散する, 発見された, 発覚すれ, 發生した, 益々判らなくなっ, 直弟子の, 相当新聞, 真に彼, 破談に, 示すよう, 禍根と, 私と, 移牒された, 突如この, 突然な, 突発しました, 端なく, 簡単すぎたり, 精神的にも, 紛糾っ, 終ったのち, 終つてまた, 終わって, 終結した, 結局牛方の, 継起し, 続出する, 続発した, 縁故で, 續, 聖意に, 自分に, 自分を, 自殺である, 自発的の, 舞台の, 若林博士以外には, 落ちて, 落著し, 藩士尊攘派の, 行なわれて, 行われた場合, 表向きに, 裁判に, 複雑な, 解って, 解決し, 解決への, 計らず勃発, 記載せられ, 評判に, 詳しく報道, 説明された, 読者に, 警察の, 質問され出した, 起きいつなん時, 起きたが, 起きたな, 起きたひとつ学生大会, 起きたゆえ, 起きたら諸所, 起きた日, 起きなければ, 起きようとは, 起き上った, 起こったあと, 起こったため, 起こったでしょう, 起こったという, 起こったに, 起こったらしく耕地, 起こったん, 起こっては, 起こりお, 起こりましたか, 起こり田沼, 起こるかという, 起こるが, 起こるであろうこと, 起こるに, 起こるもの, 起ころうとは, 起ったある, 起ったかと, 起ったかを, 起ったせい, 起ったですが, 起ったならば, 起ったよ, 起ったよく, 起ったら第, 起った折, 起った最初, 起ってからも, 起ってようとは, 起つたそして, 起つたと, 起つたのに, 起つた以上, 起つた後, 起つちま, 起らざるを, 起らず精神病院, 起らないん, 起らなければ, 起りさうに, 起りそして, 起りましたなればこそ, 起りましてね, 起りローマ帝国, 起り始めました, 起り易い, 起り犯人, 起り遂に, 起る, 起るぞ, 起るたび, 起るという, 起るとは, 起るまえに, 起るもの, 起る十年, 起る私共, 起ろうという, 起ろうも, 載せて, 近く起る, 迫って, 逆に, 通報される, 進むに, 進展せず, 遂に解決, 過ぎてから, 遠近へ, 重な, 重ねて, 釧路まで, 鉱山事務所に, 鎮まって, 長引いたので, 関係し, 闇から, 陰惨な, 霊界と, 面白くなった, 面白く発展, 頻々として, 頻出した, 頻発した, 顔を, 飛出さないとも, 馬琴の, 魯鈍な

▼ 事件~ (1660, 11.2%)

17 起して 16 知って 15 解決し, 解決する 9 もって, 惹起し 8 忘れて, 解決しよう 7 契機として, 秘密に 6 担当し, 発見した, 複雑に 5 報告し, 話して, 起こして

4 [12件] よく知っ, 信じて, 取り扱って, 叙述する, 報告する, 少しも, 想像し, 書いて, 研究し, 耳に, 自分の, 見て

3 [26件] お話しする, きっかけとして, きつかけ, すぐに, どんな風, 中心に, 依頼し, 嗅ぎ出して, 思い出した, 惹起した, 扱って, 探偵し, 書かうとして, 片付けて, 知らせて, 私は, 考えて, 聞いて, 表沙汰に, 記して, 記憶し, 詳細に, 説明し, 説明する, 調べて, 頭の

2 [106件] いろいろに, うや, おこして, お起こし, きいて, こしらえて, このまま, しって, して, たのみに, どう導き出し, どう思う, どう考え, どう起し, ひきおこして, ほぐす端緒, キッカケに, 一氣に, 並べて, 中心と, 二つ三つ引起し, 仕出来し, 仕組んだ, 仮定し, 依頼する, 先に, 公判に, 円満に, 前に, 動機として, 十重二十重に, 取り調べて, 口に, 報告した, 報告しました, 報道し, 外に, 大袈裟に, 客観的に, 小説的に, 引き起したの, 待って, 思い出して, 思い出すと, 思ひ出して, 急角度, 怪しい寺小姓, 惹き起して, 手がけて, 担当した, 持ち込んで, 持込んで, 探索し, 揉み消すわけ, 教えて, 早く解決, 暗から暗に, 最初から, 最初に, 最後に, 最後の, 検べ, 機会に, 正確に, 無視する, 片付けるつもり, 物語った, 発展させ, 発見され, 発見し, 発見する, 知ると, 私の, 紹介する, 考察する, 聞いたの, 聞くと, 聴いて, 臆面も, 色々と, 芝居に, 裏から, 見ないで, 見ると, 解いて, 解くこと, 解くには, 解く一つ, 解決した, 解釈し, 記したもの, 詳しく知っ, 認めて, 語って, 調べること, 調査し, 調査した, 論じて, 起しそれ, 起したの, 起した時, 起すこと, 軽く見, 述ぶる, 迷宮の, 重大視し

1 [1178件 抜粋] ああ考えね, あさる職業心理, あてがわれたこと, あのまま, あの明智探偵, あまりどぎつく, あまり御存知, ありのままに, あるお方, いうの, いきなり小説, いち早く本社, いつの間にか忘れ, いらいし, いろいろ考えこみました, うちあけて, おこしたり, おこしノモンハン事件, おこすこと, おどけ切ったもの, おもいだしました, お引き起こし, お忘れ, お知り, かえりみるごと, かぎ知り, かりて, きっと星, きれいに, くりかえし考えた, くわしく話し, こう写し, こう長く, このまない, この人, こまかく詳しくお話し, こんなよう, さかのぼって, さばくよう, さらにいっそう暗澹, しくんで, しゅびよく, しらないでは, すっかりまかされ, すっぱりと, そっくりそのままに, そっちのけに, その後どう, それほど運命的, それ程重く, たくさん話し, ただ時事問題, たのんだこと, ついでに, つくりあげて, てがけること, とおして, とりあげそれ, とり出して, どういうふう, どうお, どう云う, どう取扱ってる, どう感ずるだろう, どう説明, どこへ, どんなふう, なげだしたわけ, なぜぶち, なんとか処分, なんらかの良い, のこらず語って, のめのめと, はじめこの, はじめ中央及び, はらむ雰囲気, ひきうけられたとき, ひきおこしてまで, ひき起こしただけに, ひき起こした若年, ひき起こす側, ひき起したら大変, ひき起した元, ひっさげて, ひどく面白がり, ふかくしらべよう, ふりかえって, ほじくり過ぎる傾向, まかせること, まず明智探偵, また新, まったく他人, まる一日一晩休み, みて, みなさんに, むすび付けて, めぐる内外, もういちど, もう乗り超えた, もたらすの, もつらして, もて余して, やがて解決, よく知つて, よそに, わざわざ取り上げ, アジリまわす, カテリーナ・イワーノヴナに, クライマックスと, スケッチした, セワード氏, 一か月の, 一つと, 一つ解決いたしました, 一切打明け, 一向知らない, 一対に, 一思いに, 一期として, 一生懸命に, 三つも, 上手に, 不明瞭に, 中央政府に, 中村さんや, 主として生, 主査し, 主題と, 予想し, 予知し, 事實と, 二年も, 云い立てて, 人より, 今更想, 仔細に, 仕出かした以上, 仕組み仏国ローマ教, 他の, 仮借する, 企てるそれ, 伝えると, 何う, 何とかしなけれ, 何人の, 何處へも, 作上げる, 例に, 依頼され, 依頼される, 依頼せられた, 俺らに, 偶然で, 僕は, 全く客觀的, 全然別, 全輪廓, 八五郎に, 公然の, 内分に, 写したので, 写すの, 処理し, 処理しよう, 切り出しました, 列挙し, 初めて知った, 別の, 剔抉し得た, 創造し, 勃発せしめる, 十年の, 単なる頑固者, 単調な, 危害とまで, 厳正公平に, 取りあげる時, 取り扱い乍ら, 取り扱う上, 取り返しの, 取扱った芝居, 取扱つたのが, 取扱つて來た, 取扱つて来た, 取調べる検査官, 叙し, 叙述した, 可嗤的, 各専門面, 同一犯人, 吟味し, 含んで, 告げた, 呑んでるに, 呼び起して, 問い糺すので, 喜ばなかった, 喫驚し, 嗅ぎつけて, 嗅ぎ出した樣子, 嗅付け, 坑儒事件と, 報じて, 報せに, 報道した, 境に, 外国の, 大きくしよう, 大きく書きたてた, 夫程, 始めて, 始末し, 委任せられ, 完全に, 実際に, 審い, 審理さるる, 対照させた, 尋ねれば, 少しく後, 展開させ, 巧妙に, 巻き起すに, 帆村から, 序開きとして, 引きうけたからには, 引きおこして, 引き起こした原因, 引き起こした木曾谷, 引き起した, 引き起した当座, 引き起し大人たち, 引受けないという, 引受けは, 強力犯係の, 当局者の, 彼に, 彼女は, 後廻しに, 従来の, 御報告, 御承知, 御記憶, 心に, 心配し, 忘れさうな, 忠実に, 思いだすと, 思い出さした, 思い出す, 思い出す度, 思ひ出しました, 思起させる, 急がせるまで, 恰も最も著しい, 想ひ起した, 想像した, 想起した, 惹き起こした主体, 惹き起こすもと, 惹き起したという, 惹き起した後, 惹き起すには, 惹起す, 感づいた警官隊, 慎重に, 或弁護士, 所轄警察へ, 手伝つたわけでは, 手繰り出すかも, 打ち切って, 打開する, 扱うよう, 扱った法官たち, 批評し, 批評する, 披露し, 押し包んで, 担ぎ込んでも, 担当させられた, 担当すべき, 拡大し, 持ちだし, 持ち出し平, 持ち合わさない僕, 持ち来って, 持出しました, 指すもの, 挑発した, 挙げるべきであろう, 捉えたの, 据える時, 捲起した裏面, 探して, 探偵の, 探求する, 探訪し, 揉み消すと, 揉み消そうと, 描く傾向, 提起として, 擧げて, 敢行し, 数えるならいくつ, 整理し, 断行し, 新聞で, 新聞紙上で, 日本に, 明らかに, 明確に, 暗に葬つ, 暗黙に, 更に複雜, 書かずに, 書きたてて, 書き立てた, 書き終って, 書く, 書留候間御覧ニ入, 有りの, 朝刊に, 材料として, 村人に, 松島氏が, 検査し, 槓杆に, 横取りされる, 次の, 正式に, 殺人事件だ, 殺害だ, 比較的詳しく, 決して偶發的, 決済し, 決行する, 法廷で, 法的に, 注意深く観察, 派生し, 深刻に, 混同し, 湧き起こさせ波瀾重畳幾変転, 演じたりけり, 漫画に, 煽動した, 片付けたの, 物取りの, 特に意味, 猛烈に, 現すやり方, 現実通りに, 生ずる恐れ, 生み出す心理, 生んだ, 生徒たちに, 産んだの, 発展せし, 発見された, 發展せし, 益々不可解, 目当てに, 直ぐそんな, 直視する, 真ッ暗闇, 眺めたところ, 眺めながら, 知ったとき, 知ったので, 知ったらどんなに, 知らせそこ, 知らないと, 知らなかった, 知られては, 知りました, 知る由, 知悉した, 研究する, 社会問題としての, 社説に, 種として, 空想的に, 立証した, 笑殺し, 紛争させる, 紛糾させたかった, 細工した, 組み合わせて, 組立てて, 経過した, 結局は, 經驗する, 繰りあはせて, 考えつづけた, 考える時間, 考え直して, 聞いたかい, 聞いた夫, 聞かせて, 聞きつたえた警視庁, 聞き出した嬉し, 聞くまま, 背景として, 背負つて立つた, 自らの, 自分へ, 良い機会, 苦吟中な, 處する, 表出化し, 衰弱しきった, 裁いて, 裁く時, 裁判すべき, 裁判沙汰に, 見かけて, 見たこと, 見つけ出しては, 見るに, 見事に, 見現象, 覚えて, 観察すべく, 解きがたい, 解くの, 解く一番重大, 解く重大, 解こうと, 解決される, 解決し得ない, 解決と, 解釈する, 計画しました, 記したいの, 記す日記者, 記憶の, 記述した, 記録風に, 訴えました, 話す事, 誇張し, 語り人, 語り出した, 誤ち犯して, 説明した, 読もうと, 調べさせ佐太郎, 調べた男, 調べるのに, 調査中私共の, 論じそして, 論じようと, 論ずること, 謡うた万葉集所収, 警察署に, 豫言する, 貴下に, 起こしたため, 起こしますこと, 起こし銃, 起させるに, 起しその, 起したこと, 起したり, 起した土匪, 起してまで, 起しまして, 起すよう, 起訴する, 足利時代と, 身近く見聞きした, 返事しよう, 述べるに, 述べ了, 迷濛と, 追い細い, 追っ駆けるの, 逆用し, 連想する, 進行させよう, 逸するの, 運ばせて, 過失と, 遡上つて, 醜悪化する, 釈明する, 開幕劇として, 闇に, 隠蔽しよう, 雑え, 離れて, 非難した, 面白がった, 頗る重大, 頼まれた時, 頼まれ神戸, 題材として, 顧みる暇, 骨子として, 黒河内総監には

▼ 事件~ (1573, 10.6%)

15 これで 14 迷宮に 8 これが, 落着した, 非常に 7 それで, 彼の, 解決した 6 その日, 一つも, 併し 5 その晩, それだけ, 思ひも, 意外な, 最初から, 次の 4 それから, 完全に, 意外に, 早くも, 知って, 私に, 私の, 簡単に

3 [19件] これからが, これを, すぐに, なかった, ハタと, 一擧に, 不起訴, 今から, 今の, 今日に, 他の, 何も, 初めから, 妙に, 急轉直下, 未解決, 永遠に, 私が, 警察へ

2 [84件] お前が, ここに, この時, この村, これも, こんな事, そのま, そのままに, そのまま迷宮, その人, その当時, それつ, それつきり, どういうこと, どうなった, どんな風, なんの, ひどく平次, まだ解決, 一つの, 一時疑問の, 三輪の, 不問に, 事件として, 云うまでも, 何う, 何が, 何です, 何でも, 侯の, 先の, 兎に, 全く意外, 全く町方, 全く迷宮, 六道の, 内済に, 内秘, 冬の, 到頭最後, 半分解決した, 大きい壁, 大波瀾, 天災に, 実に単純, 容易ならぬ, 平次の, 当時, 当時の, 彼れ, 後々までも, 急に, 数名の, 文化の, 日本の, 極めて簡短, 次第に光明, 次第に緊張, 民事的な, 江戸の, 江戸中の, 済んだの, 漸くその, 父に, 犯人が, 犯人の, 突如と, 簡単です, 終ったの, 終つた, 絶えなかった, 自分が, 自分といふ, 自分の, 落着し, 複雑に, 解決が, 解決された, 解決されました, 警視庁に, 起らなかったの, 迷宮には, 酉の市の, 闇から

1 [1194件 抜粋] あきらかに, あたかも竹花中尉, あったけれど, あつさ, あの儘埋, あやまちか, あるいは非常, いちいち面倒, いち早く消滅, いったい何, いつまで, いつ片づく, いま聞いた, いま貴下が, いよいよ奇怪, いよいよ複雑, いろんな謎, おこらぬという, おもにお前, おれより, お終い, かうである, かならず目, かなり曖昧, かれの, きれいに, けっして夢, こ, こうして又, こうして片付きました, こちらと, ことごとく取り, ことごとく私, このうち, この事物, この兇徒聚集事件, この執念深い, この新, この陰惨, これからです, これから始まる, これきりで, これだけで, これは, これまで, これ程有名, こんな具合, ございますまい, さいしょから, さして秘密, さっぱり片づきません, さらにいっそう分からなくなった, ざっとこんな, すぐ手近, すぐ解決, すこぶる簡単, すっかりこれ, すっかり片づき, すなわち民衆, すべて上級法廷へ, すべて如何にも, すべて朝廷で, ずっと先, そうした残忍非道, そう毎日毎日, そこで, そつちのためには, そのままう, そのまま忘れられよう, その国, その後も, その心持, その甥, その筋, その翌日, その間にゃ, そもそもどこ, それが, それぞれの, それっ, それっきり発展も, それっきり迷宮入に, それでお, それと, それほど簡単, それ何とか, そんな風, たいして重要性, たいへん困った, ただ之, ただ市井, たぶんお, だいたい以上, だね, ちょいと, ついでガロウニン事件, ついに泰叡山, ついに迷宮入り, つぎの, つるし上げ側の, とうとう誰, とても自分, どうかと, どうだろう, どうでも, どうやらその, どう云う, どこまでも, どの部屋, どろ細工, ないかと, ないが, ないね, なかったろうか, なかなか厄介, なきに, なるべく聴くまい, なんでも, はっきりしない, ひとまず解決, ひみつに, べつだん療養所, ほとんど全くロマンチック, ぼくが, ぼくらと, まことに不幸, まさしくスエヒロガリ, まさに最, ますます分らなくなっ, ますます拡大, ますます縺れ, まず穏便, またと, また東寺執行日記, まだそのままに, まだまだ続い, まだ新聞, まだ発端, まだ第, まったく別種, まったく私一人, まるで貴方, みんな永い, むしろあるいは, めったにありません, もうすぐに, もう始まった, もう明瞭, もう片, もう解決済み, もう起こらず, もっと別, もっと昔, もともと過失, やがて思ひ, やっぱり明智小五郎探偵, ようやく迷宮入り, よし自分手, よほど考え, より広汎, わが官憲, わたしが, われらが, アメリカオリフアント會社重役チヤールズ・キングを, ウルダネタの, エレーナ・アレークサンドロヴナ・パタキンによって, カルコあたりには, セライ・アムチーの, チョイトほかに, ペテルブルグの, ヨモヤとは, 一つである, 一として, 一九〇四年三月八日ニューヨーク市の, 一八二七年に, 一口に, 一四一六年に, 一度歴史, 一応落着, 一應片付いた, 一方の, 一日も, 一歩すすんだ, 一段の, 一町内にも, 一部の, 一頓挫の, 三月晦日の, 上告し, 不可思議な, 不思議にも, 世に, 世間まれに, 中国の, 主に, 予審に, 予想外の, 事件そのものも, 事実存在する, 二三日前で, 二段三段第, 五月六日の, 人々にとって, 今に不可解, 今や根本, 今始まった, 今申, 仏蘭西ッ児の, 伝六が, 低い声, 何か, 何だかお父さん, 何となくガラス, 何もかも闇, 何年たっ, 何等の, 余り有名, 作品, 依然として当局, 俄然日本全国, 俄然複雑, 信長の, 倭文子さんを, 僕の, 元憲兵曹長, 兇行の, 光正が, 全くう, 全く十七日, 全く謎, 全く起らん, 全部世良田の, 八方ふさがり, 公訴の, 其れつ切で, 其後まったく, 内山という, 写真入りで, 凡て恋から, 分らなくなって, 判然と, 別にむずかしい, 到底解決, 到頭神田, 前に, 前記二十七日に, 前述の, 動機を, 勿論面倒, 十月十日前橋地方裁判所刑事部法廷で, 半日經た, 南禅寺の, 単にそれ, 単純きわまる, 却, 去年江戸にも, 又もと, 又左衛門, 古泉堂の, 可なり, 同一手段, 君には, 否定せぬ, 吾人の, 吾輩と, 唯それ, 啻に政黨, 嚴重なる, 四日目に, 四月二十五日の, 国鉄整理と, 地主の, 地球の, 埒が, 塚原俊夫君の, 夏前に, 外から, 外面に, 多分岩見君, 夜中に, 大したこと, 大佐の, 大体脈が, 大審院まで, 大抵は, 大概逆上から, 大正十四年五月三十日に, 大部分, 天下の, 女の, 如此に, 始めっ, 子分の, 実に合点, 実に奇妙, 実に早く, 実際あつ, 実際非常, 寛大に, 實に, 対日戦を, 小説的に, 少くとも, 尾州藩で, 展開を, 岩倉公一行欧洲旅行以来途絶え, 巧く, 常識を, 平次捕物の, 幸い誰, 幽霊なんかに, 幾多の, 当分埓が, 当局の, 当時神田日本橋かけ, 当然の, 当署管内, 彼に, 彼に対して, 従来の, 從來社會改造の, 御用聞と, 徹頭徹尾迷宮, 必ずしも他殺, 必然的に, 忘れられ今日, 忽ち飛騨一国, 思ったより, 思はぬところ, 思ひの, 思わぬ方向, 急には, 急角度, 急転直下に, 急転直下解決し, 急速に, 急降, 恐らく十ヶ月以前, 恐ろしい大, 恰も手足, 悉く本訴, 想像が, 意味の, 意想外な, 我国の, 戦争であった, 所謂迷宮裡に, 手軽に, 抛棄せられた, 探偵小説に, 支那歴史上尋常の, 放棄し, 文字どおりに, 断じておこりません, 新しい日本, 新聞にも, 既に表沙汰, 日本における, 早く聞きつけた, 明らかに, 明智先生が, 明治初年に, 明瞭な, 昭和廿三年四月廿一日茨城県結城郡蚕飼村の, 暗い入, 最初に, 最後の, 最早渡良瀬川沿岸, 有耶無耶に, 朝鮮人の, 未曾有の, 本庁に, 本當, 朱文を, 来年起る, 東京控訴院へ, 根本から, 案外呆気なく, 棄てっぽ, 検べて, 業務上過失致死罪の, 極めて簡単, 極めて重大, 次第に明らか, 正しい意味, 此儘で, 歴史上の, 段々複雑, 比較的平凡, 気の毒だ, 永久の, 決してお, 決して尋常, 決して笑ひご, 河野本来の, 波瀾に, 流石に, 消えて, 滅多に, 漸く現実味, 無事に, 片づいたよ, 片ッ端, 片付きました, 牛方の, 犯人と, 猶予という, 珍しかった, 現実の, 生じて, 生れて, 用心棒に, 男の, 畢竟覺, 異様すぎ, 當時神田日本橋かけ, 疑問を, 発生の, 発見され, 百の, 皆その, 皆維新前の, 皆貴様が, 益々急迫, 目まぐるしく発展, 目撃者には, 盲点に, 直吉にと, 相当な, 相当重大, 真の, 知っては, 破局に, 示談に, 社会問題と, 私どもと, 私も, 秘密に, 空の, 突発した, 第一, 第一番, 築地の, 簡單な, 約十二時間目, 終った, 終ったらしいね, 終る, 結局う, 經過し去りました, 繪解き, 美濃の, 翌日に, 自らこれを, 自己の, 色々の, 落着しました, 落着に, 葬られて, 蜂須賀家の, 表向きに, 被告が, 複雑で, 見方によっては, 親方と, 解かれて, 解決しません, 解決の, 言うまでもなく寺社奉行, 言わば芸術家, 証拠不充分で, 説明される, 読者諸君の, 誰も, 警察に, 警視庁へ, 赤外線男に対する, 起さなかった, 起りは, 載って, 近代に, 近来での, 迷宮入りだ, 迷宮入りらしく思われ, 逼って, 遂に未, 過ぎた, 過去へと, 道具立が, 重大である, 錢形平次の, 閣下の, 険悪です, 陽戦では, 面倒に, 面白くない, 頗るあいまい, 頗る簡単, 驚くほど, 鮮血の

▼ 事件~ (1159, 7.8%)

35 関係し 27 関係が 22 就いて 19 関係の 18 関係した 16 就て 12 就いては, 限って 11 就ては 10 なって 9 なると 8 して, 興味を 7 相違ない, 遭遇した 6 しても, ぶつかって, 於て 5 何かの, 何の, 手を, 至るまで, 重大な, 関係する, 関連し, 關し, 關する 4 ついて, なる, なんの, 何か, 坐して, 就いての, 関係は, 関係を, 首を

3 [12件] なった, なりそう, 依って, 全力を, 大きな手ぬかり, 對する, 就いても, 於いて, 於ては, 話を, 連座した, 関係ある

2 [74件] うつります, かかわって, かかわりの, かぎって, しろ記事, どんな関係, ならうとは, なるの, ひっかかって, ひっかかりが, ひどく興味, ぶつかったの, ぶつかつ, ぶつかると, まきこまれて, 乘出す, 会いながら, 係り合いが, 充分の, 先例の, 到達した, 加わって, 及んで, 堺旭茶屋事件に, 外ならぬ, 容喙する, 對し, 就ての, 就ても, 座して, 当たって, 彼が, 意味を, 接したの, 於ても, 最初から, 没頭し, 無上の, 無関係だ, 独歩が, 発展しよう, 發展しやうとは, 直接関係の, 直面し, 私が, 移って, 端を, 結びつき八五郎, 聯関し, 背を, 腹を, 臨む緊張, 触れて, 触れること, 身を, 連坐し, 連坐した, 連座し, 連座する, 違いない, 違ひない, 重大の, 鉄路に, 関係あり, 関係でも, 関係ない, 関係致し, 関聯し, 関聯する, 關係し, 限っては, 非常に, 顛倒し, 飛び込んで

1 [655件 抜粋] あい房枝, あきらめを, あなたが, あらざる限り, あらわれた犯人, あるただ, ある不調和, ある種, いたるまで, おどる魚, おどろいた群衆, おびえた昨夜, お懲りなされ, かかって, かかりあったため, かかりあったり, かかりあって, かかりあつ, かかり合うには, かかり合うよう, かかり合って, かかわりあって, かかわりこの, かかわりなく, かかわりを, かかわる点, かぎらずわたくし共, からまって, からむ, からんだ凡て, からんで, かんけいする, きまったもの, くらべれば, けばけばしい装幀, こうして偶然, こさえ上げた観, ことごとく見込み, さしたる關係, さじを, したかて, しないため, しろ見聞, すぎず私, すこしぼんやり, すっかり心臓, すっかり惹きつけられ, せよ我日本, ぜひとも法王, その山鹿, それとなく説き及ぼしてる, それ以上関係したくない, そんな深い, ただの, だまって, ついちゃ, つきて, つき右被告人, つき数十年前, つき特に, つき至急, つき重大, つき非常, つごう三回顔, つづいた午前, つづいて, つづく侵略, つながる自作予告, であった, ですか, とりかかろう, とると, どう関係, なったそこで, なにか, なにが, ならねば, なりかけた事, なりました, なりました佐田やす子, なるかも, なるが, なること, なるところ, なるとは, なるらしいぜ, なろうとは, のりだすこと, はじまる, ひそむ幕府, ひっかかったん, ひっかかりそう, ひとつの, ひどく神経, ひろ子が, ふるえあがって, ふれて, ふれること, ぶっつかったと, ぶっつからない, ぶつか, ぶつかったこと, ぶつかったとき, ぶつかったとでも, ぶつかったな, ぶつかった時, ぶつかっとるん, ぶつかつて, ぶつからせること, ぶつかりました, ぶつかるか, ぶつかること, ぶつかるまでは, ぶつかるわい, まきこまれたと, まきこまれるか, まきこまれるかについて, まきぞ, まさる大, また新しい, まだ参加, まるで関係, まるッきり, みえる, めぐり合ったの, もう一番手柄, よりて, わからない點, ケリを, ジーグフリードと, タッタ一人で, ノコノコ顏, ヒントを, ブツカッて, ホームズが, レンラクし, 一人でも, 一同は, 一度ぐらいは, 一括され, 一指を, 一種劇的な, 一等の, 不吉な, 与したればこそ, 与して, 与りたる余光, 主税は, 乏しかった, 乗り出して, 乗出しました, 乘り出し, 交渉した, 今では, 付きての, 付きましては, 付き大正十三年四月二日公判準備手続, 付ても, 付刑事訴訟法第, 付愚妻かつ, 代表される, 会いたいと, 会わねば, 伴い易い, 伴うて, 伴って, 佐野教授が, 何も, 何んか, 何んかの, 何等かの, 使って, 依り千葉監獄, 係合に, 僕が, 先立って, 入るつもり, 全く無関係, 全く関係, 八ツ当りの, 共通し, 其う, 内密に, 凄惨な, 凄風, 処しては, 出あつ, 出くわして, 出っくわしたこと, 出つくは, 出つ逢, 出て, 出会させました, 出会ったが, 出会って, 出会れる, 出合ったので, 出逢うても, 出逢う因縁, 出逢ったので, 出遇った, 出遇った場合, 分散され, 利用する, 到着させましょう, 劣らない怪事件, 匙投げ, 半日は, 卯木と, 参画した, 参考すべき, 參加した, 反映し, 取りかかる, 取材された, 口出しを, 可能な, 合わせること, 向かおうと, 向つて, 向は, 呼出された, 嘴を, 四年五年の, 因めるなりとかや, 変って, 大きな惑乱, 大きな惑亂, 奔走し, 好意的関心を, 如何なる関係, 妥当すべき, 始めから, 客観が, 富んで, 寶屋は, 少しでも, 少なからぬ, 就きこう, 就き取調べ候処, 就き裁判所, 屍体の, 巻きこまれようなどとは, 巻き込まれフランス, 幽霊なんて, 幾分關係, 度々出会った, 引きこまれて, 引きずられて, 引き付けられて, 引っかかったナ, 引っかかりアワヤ, 引っぱり出され初めて, 引込まれようと, 当っては, 当てはめること, 当るべきプラン, 当面し, 当面した, 当面する, 役立てたもの, 彼の, 御一新早々, 心理分析も, 心身を, 必ず連絡, 忙しい身の上, 思はれた, 思へたり, 思わず驚き, 怪賊烏啼天駆, 息を, 悩まされて, 感じて, 感じるもの, 感情が, 懲りて, 成功した, 或る, 或可能性, 戻って, 戻ります, 打かりました, 打突, 打突かつ, 投ずるをも, 拡大された, 拭うべからざる影, 捲きこまれたものの, 捲き込まれたの, 捲き込まれて, 捲き込まれる欝陶, 掛り合いに, 掛り合っては, 接しました事, 推定を, 推理的ひっかかり, 数えられるもの, 整備した, 整備て, 新しい階段, 新八郎, 於ける不幸, 於ける北条氏, 於ける史上, 於ける部分的, 昂奮し, 明るさ, 明快なる, 智慧を, 暗い糸, 曙光が, 最も関係, 最初に, 會つてそれから, 本づいた, 来ると, 果して女, 機敏な, 機関銃を, 欠点が, 正確な, 死んだと, 殉じて, 比するは, 比べると, 比較し, 気が, 気がついて, 気がついては, 求めただけ, 沒頭する, 没頭する, 法水が, 活躍した, 浅草で, 深い意味, 深い関心, 深く關係, 深入, 深入りし, 潜んだ攘夷熱, 烏啼天駆, 無関係であった, 無関係の, 煩わされたもの, 熱中し, 犬養内閣の, 犯人の, 犯罪が, 犯罪現実として, 狼狽した, 現われた人々, 現われた限り, 現われて, 現在関係し, 生じた, 由りて, 異常な, 疎かったらしい, 疲れ果てて, 発して, 発する, 発展する見透し, 発展の, 登場した, 登場する, 發展しよう, 發展する, 發展せず, 直接関係なく, 直面した, 直面する, 相違あるまい, 真実性を, 真正面から, 着想した, 着想を, 神経を, 神輿を, 私は, 科学的な, 移らねば, 移る訳, 稍自信を, 突きあたった, 立ち入, 立会ってるじゃ, 立合った関係上, 策動した, 糊塗し, 終って, 終始一貫不屈不撓, 終止符が, 終止符を, 組みした連座, 結び付けたという, 結び付けて, 結び付けられて, 絡みあった後味, 絡む苦難, 絡んで, 続々ぶつかり, 続々関係, 緊密な, 縮小化しよう, 耳目を, 臨んで, 自分達の, 至っては, 至つて極, 至るあいだ, 興味と, 興奮し, 色々と, 蟹の, 裏書され, 要せられた活動力, 見えまして, 見えますね, 触れようと, 言及し, 言掛を, 訊問される, 証人として, 誰も, 誰よりも, 責を, 費やせる費用, 赴くには, 起ったよう, 跨がって, 蹉跌し, 近いもの, 追はれ, 逐われて, 這入った, 逢い疑惑容易, 逢った, 逢ったが, 連つた, 過ぎない, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 違ひありません, 適わしからぬ対照, 適正な, 遭うと, 遭って, 遭っても, 遭わなかったと, 遭遇, 遭遇し, 遭遇し得なかつた, 遭遇った, 還元され, 都合の, 酷使した, 醜関係, 重きを, 重要な, 長い間, 長三も, 関した文書, 関せし有志者, 関つてゐる, 関与した, 関係しだし, 関係しなかった, 関係し始めた, 関係せぬ, 関係せる, 関係なき, 関係なし, 関係なすった, 関係り, 関係致しました, 関心を, 関聯した, 関連させ, 關り, 關る, 關係が, 關係の, 關係も, 關聯し, 附きものの, 限つてこの, 限らず今日, 非常な, 面して, 面白いの, 題材を, 顔を, 飛び込みました, 飛んだ大物, 飛込むこと, 食い下りました, 驚嘆した, 點じた

▼ 事件~ (405, 2.7%)

19 あつた 3 あつて, でも, 有名な

2 [13件] やかましい時, 云えば, 入獄し, 別に不思議, 単に一場, 大阪の, 来て, 無理な, 知合いに, 私の, 私は, 興奮し, 見物が

1 [351件] あげられると, あちこちの, あつたの, あつたろう, あなたに, あの四重奏団, あの男, あの秀麗, あらう, あらうか, ある夜, いちばんの, いちばん憎むべき, いっぱいに, いのちがけの, いよいよさだ子, いろいろて, うずめられ須山春一, えらい手がら, おわるもの, お絹, お船方, かくべつ力, かなり重要, こう一堂, この土地, この塔, この村, この町, この辺, これが, これには, こんなこと, こんなめ, こんな経験, ごったがえして, ご相談, ご破算な, さ, しかも, しかも金曜以外, すこしもひま, すらない, そのとき, そのままに, その原因, その友達, その特色, それだけに江戸, それで急, それに, そんなに心配, だよ, ちょっとお, つかまったあの, つらい大, とらえられた数日後, どういう役, どうした, どうしても手, どんな証人, にせ明智, ね, のびのびに, はじめて僕, はっきりした, はっきり区別, ひろ子は, ひろ子自身の, ほとんど毎日毎夕, また入れられた, また未決監, むしやくしやし, むじつの村人の, もしも日本, もし僕, もちが, もっとも不思議, やつて, よくききたかった, よくぞんじ, よく知っ, よっぽど気持, わかって, わしも, わたしが, わたしは, わたしを, われわれを, われ等は, イギリス側に, ジーランドの, スコットランドヤードでは, ソヴェトの, デビーは, ドレフュス大尉が, フランス国内は, マッチ函を, マン坊は, ヤクーツクで, ロンドン市民は, 一九〇五年以降ジャン, 一寸手離されず, 一層評判, 一年ばかり, 一挙に, 一番皮肉な, 一見財産, 一躍名を, 一門の, 上京し, 上京の, 下手な, 下獄した, 下谷へ, 世は, 世間が, 両腕, 主人夫婦は, 之も, 九年も, 二十面相が, 五箇月監獄に, 京都帝大の, 人が, 人民の, 今から, 今一つは, 代理人に, 休職の, 佐野と, 体が, 体験した, 何か, 何の, 何より大事, 何度目かの, 何時どんな, 例えばどういう, 係の, 俊夫君にも, 僕にとっては, 僕を, 僧籍を, 兇漢が, 先入し, 免職に, 入つたの, 全米を, 八五郎と, 公判に, 六月には, 具體的の, 再び捕へられた, 出動する, 出羽守の, 刑余の, 刑務所に, 初めて我, 前後の, 剛勇の, 十二人死んだ, 危険が, 友達に, 収監された, 収監される, 受持たれたお嬢様, 右門に, 名を, 名人右門の, 名探偵, 名高い, 君が, 告死老人の, 問題に, 四角な, 国民の, 地主が, 外に, 大きなツララ, 大井子の, 大学生が, 大活躍, 夫人の, 失敗し, 失脚された, 失脚し, 女の, 始めて, 始末書を, 娘お, 学校へ, 官吏抗拒治安警察法違犯という, 官憲も, 実際問題, 宮内省その他の, 家庭に, 家族に, 宿の, 小林君と, 小林少年と, 少しも, 少なからず, 岩見が, 左翼から, 巧妙に, 差当り一番不思議に, 引張り出されたね, 弟の, 当然話題, 彼が, 彼に, 彼の, 彼自身が, 御三家たる, 御紹介ずみ, 復活した, 心を, 忘れたよう, 思い出したん, 思えば, 急に, 恋患い, 意外にも, 戀患ひ, 手柄を, 手記の, 扱ったもの, 投獄された, 投閣騷が, 持ち切って, 持ち込まれた屍体, 支那に, 救われた様, 数々の, 新聞は, 新聞紙などは, 旅行中です, 既に無力, 日英戦争勃発せり, 明智さんと, 明智と, 明智探偵が, 明治二十年から, 是非とも, 昼夜兼行で, 最初の, 有った, 有つて, 有る, 服役中此事件に, 朝刊の, 木の, 未決へ, 本堂再建の, 村へ, 果すこと, 桂子が, 検事六条子爵が, 検事局が, 検挙投獄され, 次兄と, 此の, 歩を, 死刑に, 殺されたその, 殺した人物, 江湖に, 決して諸君, 泥棒を, 洛中混乱の, 混乱に, 無罪と, 牢へまで, 特別骨を, 犯人が, 犯人の, 犯人は, 犯人を, 犯罪に, 現場付近に, 生徒を, 留めおき, 疲れた頭脳, 相当真面目, 相手かたの, 相談に, 知ってからは, 知恵も, 示した態度, 神武会長大川周明が, 禁固の, 秋田に, 立役者では, 第二研究室, 紛失した, 絶対秘密と, 考慮に, 肝に, 胸一杯だった, 自分のか, 自身も, 舌が, 芥川の, 英国が, 萱野家は, 藤枝が, 行けないから, 街, 被害者が, 被害者と, 被害者の, 裁判の, 裏面に, 試験済みである, 話題は, 詳しく書く, 読者を, 調べて, 賄賂を, 走って, 走り出し飛天夜叉桂子, 起訴され, 起訴される, 足利将軍らが, 身心耗弱した, 軽気球の, 農民諸君が, 退いた後, 退職した, 部下の, 郷里の, 重大な, 重要な, 金曜会の, 長く未決, 長く獄中, 長の, 長州へ, 關東の, 隣県の, 雨宮敬次郎と共に, 青竜王の, 革命的労働者が, 頭が, 飾った, 首を, 駄目に, 騷ぎが, 魔法博士として, 黒星一点を

▼ 事件~ (331, 2.2%)

12 いえば 9 云うの 8 関係が 7 関係の 6 なって 5 いうと 3 いっても, 事件が, 事件との, 何の

2 [19件] いうべきでした, いへば, いわねば, なった, なる, なると, 云つて何其外ぢや, 人物とを, 今度の, 何か, 光景を, 初手から, 同じで, 同じよう, 同じ性質, 異り, 認むる能は, 醜聞と, 関係を

1 [234件] あっては, いい, いいこの間, いいまた, いい主人持ち, いい或, いい某, いうけれども, いうだけの, いうに, いうには, いうべきかも, いうべきもの, いうべし, いうより, いうよりは, いったいなん, いって, いっては, いつて, いはねば, いふので, いへども, いまだに, いわなければ, お化け問題な, きいて, この三つ, さる方々, されて, すこぶる煽情的, すると, せられとる事, そのあと, そのヒロイズム, その具体的, その心理, その性質, その環境, それから, それから墓地, それに, それ以後の, ちがって, ちょうど一致, ちよつと, つづいて, どういう事柄, どう関係, どの事件, どんな関係, なし法網, なったこと, なったの, なった由, なつた, なつて, なりあるいは, なりパイ軍曹, なり得るの, なり必ず, なり日露國交史上最大, なり経済学部教授会, なること, なるだろうという, なるの, のがれぬ関係, ほとんど同じ, ほぼ時間, みて, みなされ奉行自身, コックニー博士の, ゼムリヤ号の, ニカラガ事件の, ヘンリーとを, マリー・ロジェエ殺しの, ラジウム盗難事件との, ルグナンシェは, レンラクが, 一つの, 一続きに, 主人公の, 云いますの, 云い何れ, 云う次第, 云っても, 云ふこ, 云へば, 云われ当時, 交る, 人物から, 人物が, 人物と, 人物には, 人物の, 人間との, 今申, 仮定し, 似たか, 何かの, 何んの, 例の, 信じ其為, 信じ其爲, 先生, 全然無関係, 全然関係, 六番て, 具足師柳斎との, 切っても, 前後し, 北条左内とは, 千草さんや, 取り組むとき, 同じである, 同じに, 同じわけ, 同じ形, 同一の, 同時に一刻, 同時に急転, 同時に艇内, 同時代, 同様に, 名づけるかも, 君との, 呉井嬢次と, 呼ばれたこと, 呼ばれたテロリスト, 呼ばれて, 場面だけが, 場面の, 場面ばかり, 大掾国香, 大西洋海底における, 大阪夏の, 如何なる因果関係, 存じましてね, 密接な, 将来重く, 對比する, 帰国した, 思われた, 思われたの, 性質とを, 性質を, 悩みが, 感情とを, 推移の, 斎藤の, 新しい登場人物, 日常的些事とを, 昨夜雪子の, 時間を, 暴力で, 本件とを, 正反対で, 殆ど同じ, 比較した, 比較すべきでない, 比較研究さるべき, 波瀾を, 洗濯屋事件について, 深く関係, 照合する, 王の, 甘川歌枝, 生活の, 申さねば, 申しますと, 申しますの, 白根村事件とが, 目せらる, 目せられねば, 直覚した, 直面した, 相伴わざるの, 磯五郎と, 祖先の, 称される重大事件, 称せられて, 第一, 筋しか, 終りの, 結びつけて, 結び合わし, 絡んで, 經驗とが, 縁が, 縁の, 考えついたから, 考えられるよう, 考えるが, 考える点, 聞いたけれども, 裏面の, 見えて, 見えないよう, 見せかけるため, 見たから, 見なさなくては, 見なすべきもの, 見做, 見込を, 解って, 言いますと, 言い何, 言い合せたよう, 言って, 言つてゐた, 言ふ, 言ふと, 評判の, 認めない彼女, 認められて, 認め右, 調和する, 諸性格, 貴方とを, 違うという, 違うところ, 違って, 重り合って, 鉄道ハカイを, 銘打って, 鐘鳴, 関係あり, 関係は, 関聯し, 闘って, 關係が, 關係は, 雖も, 非常に

▼ 事件~ (309, 2.1%)

6 あつた 5 ある 4 あった, これで, 彼の, 起った 3 起こらなかった

2 [13件] あったの, あって, ありますが, その一例, なく過ぎました, ケリが, 何も, 溝口と, 無事に, 起これば, 起らなかった, 起らなかったが, 起るの

1 [253件] あったそう, あったり, あった後, あらわれた, ありました, あります, ありません, あり得るといふ, あり故に, あり日本, あり荒唐無稽, あり造営奉行, あるが, あるし, あるの, あるので, あわせて, いかにもオブローモフ, いかに秘密, いつか終わり, いまは, おこったと, おわって, かれの, かんたん, こうなる, ここに, ここ植甚の, こちらに, ことによる, このごろでは, この当時, この激発, この点, この當時, この黒葛原氏, これらの, こんどの, こんなふう, ございませんので, すっかりかたづきました, すっかりわかっ, すべて作者の, そうだった, そのころ, そのままに, そのみなもと, その一つ, その傾向, その大きな計画, その後すっかり, その指導者, その方法, その結果, それですっかり, それに, そろそろ忘れられよう, ただの, たちどころに解決, ちょうどここいら, ついにさい, ついに結末, とても常識的, とびこして, とりいれて, どうやら大詰, どうやら話し合い, どんな風, ない, ないこと, ないし, ないで, ないわけ, ない断片的, ない最も, なかった, なかつたの, なくかなり, なくで, なく世間, なく日々, なく父母, なく署内, なし池上自身, なにか君, ひとまずケリ, ひと目で, ぶちまけよう, ほぼ今泉町, ほらなんて, まず有耶無耶, またいく, またこの, または姫草, また世, また二人, また最初, また私, まだお話し, まだすっかりは, みなその, みんな別々に, めずらしいの, もう山, やっと片, やはり林田, ケロリと, コゼットの, メネルーの, 一つならず起つた, 一まず, 一切私の, 一向に厭わず, 一層大袈裟, 一年半ぶりで, 一応警察, 一応鳧, 一段落つい, 三百両紛失事件も, 下山氏の, 下手人が, 了解された, 予審廷で, 事の, 五代綱吉時代の, 人さらい事件は, 人も, 今度の, 仔細に, 他殺の, 企みの, 似通って, 何もかもこの, 余ほど, 例の, 俊夫君によって, 偶然では, 僕は, 先刻の, 共に解けるだろう, 円くおさまった, 別に, 別に確か, 割合簡単, 単に不幸, 単に黒田長官, 単独に, 即物的, 原子爆弾による, 取扱ったが, 同じよう, 吾輩一人の, 告発する, 哲学詩歌の, 在ると, 多いの, 多かつ, 多くの, 大事に, 大規模, 天草島原の, 存じて, 実は黒, 容易に, 少ないこと, 山本始の, 山鹿に, 岡場所の, 幕に, 幕府の, 幾分これ, 引受けるん, 当時平常, 彼が, 彼では, 後者にたいする, 必ずや現われ, 忘れたよう, 忘れられたでしょう, 悪魔が, 情景も, 愈々今日, 手を, 打ちあけて, 抛棄せられました, 拠って, 持ちあ, 探究の, 新聞などに, 星の, 本体は, 本当は自由主義, 松川事件も, 根本史料の, 機智も, 殆ど見限り, 残酷な, 殺人から, 母の, 求めて, 無かったであろう, 無かったでございます, 片づくかと, 片づけなくちゃ, 片付きましたので, 片附いた, 犯人の, 犯罪の, 珍しいから, 珍らしい, 現實, 皆自然法則に, 皇帝の, 矢張り, 笠森判事の, 終りに, 終りました, 終り春一, 終幕に, 結びついて, 腐敗ダラクの, 自分が, 落着し, 血ぐさい話題も, 行われず当局, 解けるわけ, 解決が, 解決しました, 解釈の, 詳細に, 調査が, 警視庁の, 起きたわけ, 起こって, 起こらずに, 起こらずまず, 起こらず三原山, 起こる, 起って, 起っては, 起つた, 起らずに, 起らないん, 起らない筈, 起らなかったかも, 起らなかつたので, 起らぬ, 起ろうかと, 追, 遂にその, 遠島その他の, 闇から, 風評も

▼ 事件には~ (201, 1.4%)

4 何の 3 関係が

2 [14件] あまり関係, これに, ならずに, なんの, 一人の, 何か, 全く関係, 底の, 教えられるところ, 最初から, 相違ない, 素知らぬ気色, 関係ない, 關係が

1 [166件] ああいう, あくまで忠実, あまり關係, あらゆる因子, あらゆる種類, いささかも, いっこうに動機, いまの, かかわって, かならず表, かなりの, この人, この際論及, しないで, すっかりお, そういうわけ, そうした場合, そのよう, その重大, その限界, そんな点, たいへん興味, たった一つ, たぶん関係, だれよりも, ちょっと奇妙, つれて, とかく騒ぎまわりたがる, どうでも, どうも關係, どことなく隙, なにかしら, なにか人間, なまじ其の, ならないかも, ならないの, なりませぬ, なりませんでした, なりませんでしたよ, はりが, ひどくつじつま, ひょっとする, ふれずさしさわりの, めったに動けん, もうひとつ, チョッピリ叔母さんが, ポルナで, 一方ならぬ, 一番よい, 不可解な, 不吉な, 二人の, 二重の, 人を, 今の, 仏人からの, 他に, 何かしら, 何かの, 何んか, 何んの, 何人も, 余程深い, 例の, 僕に, 充分に, 先鞭を, 全く手古摺った, 内心すくなから, 再々アイビキが, 初めっ, 判然と, 別段なにもの, 到頭下手人, 動機も, 同類じゃ, 名探偵, 君と, 問題が, 外山田代伊藤清水も, 多分関係, 大した興味, 大の, 女が, 妙な, 妙に, 実に恐し, 実に醜, 小田家に, 少々手古摺った, 少からず, 少しも, 少なくとも十人, 少なくとも聯鎖, 師岡正胤なぞも, 常に暖かい, 常に裏, 常識では, 平田門人の, 引續き, 役に立ちませんよ, 彼も, 往々こうした, 往々斯, 御関係, 必ず何, 必ず狭山様, 必らず, 怖氣, 慣れて, 我々の, 持ち出されます, 携らなかったろう, 救いが, 敗けなかったにな, 数々の, 文部大臣は, 旦那も, 早速査問会, 是非とも, 更にその, 止むなく仲裁, 止むを, 比較的冷淡, 永久結末が, 深い奥行き, 深い犯罪, 無罪の, 物と, 特殊な, 犯罪と, 猶だ, 現場へも, 男は, 男装の, 疑うべき人物, 疑問等は, 発展せず, 発端から, 発表され, 相違が, 相違なかっ, 私は, 立ち入った研究, 第三者が, 絶対関係が, 自分の, 興味を, 芥子粒程の, 表面に, 解き難い, 言及しなかった, 警察の, 讀物的興味を, 酷く参つて, 長吉の, 関係出来ますまい, 関心が, 隠顕両様の, 隨分尾鰭が, 非常に, 顕微鏡も, 食傷し, 餘程深い, 驚くべき深, 魚屋が

▼ 事件について~ (185, 1.2%)

5 何か 3 何かの, 考えて, 話して 2 おれに, 一人の, 何事も, 君の, 最初から, 話を, 語るの

1 [157件] ああいう, あなたが, お兼さん, お聞きし, お話したい, お話しなく, お重, かなり解決, こう云われる, この以上, これから述べよう, これまで, すぐ手, その事故, その真相, それぞれ言い分は, できるだけの, ですがと, どういう感想, どうしよう, どう思う, どんなに損, どんな感想, はなはだ思い悩ん, ひとつの, ぼんやりした, まだ調査中, よほどおどろいた, わたしの, ウィーンの, テオデュールが, ドンドコドンの, ヒソヒソと, モロー彗星にも, 一つ暗示を, 一伍仔什を, 一家言を, 一本の, 一番冷淡だった, 一番悪い, 事件を, 二つお願いが, 五箇条の, 人の, 今まで, 今も, 何が, 何にも, 何らの, 何を, 何彼と助力, 充分に, 兇器は, 先ずお, 先生に, 全く沈黙, 具体的の, 再質問, 凡て私の, 前以, 博士はじぶんの, 原田雲井の, 参考に, 参考までに, 又天気予報, 及ぶだけの, 口を, 同じ年ごろ, 問題の, 喋り出した, 外国汽船の, 多く語る, 夜の, 夜も, 大勢の, 大反響, 奥様の, 始めから, 実際には, 密, 差支えの, 幾分か, 当時の, 彼の, 彼女が, 必ず君, 思い出した幼少, 悪いこと, 意見を, 憎まれ口を, 描写する, 新しい一つ, 新聞の, 早川を, 是非とも, 暗示を, 書いて, 最も反対側, 最も興味, 法廷で, 活動を, 深い興味, 清国と, 無実の, 熱心で, 特別報道隊を, 甚大な, 疑いの, 目鼻が, 相当の, 相当冷静, 知らないだろうか, 知りたがって, 知り得たの, 知る手段, 私の, 私達よりも, 秦啓源は, 突然向う, 突然封書, 第三者の, 筆を, 細かな, 考えた, 考えても, 肩が, 臨機応変に, 自分から, 行うべき推定, 裁判を, 見解の, 言えば, 記者の, 評定が, 話したい様子, 話しだした, 話しましたが, 話し合い互に, 話し合って, 詳しいこと, 詳しく知る, 語らしめよ, 語りあいました, 語りだした, 語り合いました, 語り合った, 語ること, 語ろうと, 説明した, 誰か, 調べること, 論じて, 述べなければ, 述べるの, 道夫の, 閣下は, 集めた材料

▼ 事件では~ (162, 1.1%)

13 ない 8 ないの 4 ないと, なかった 3 ないという 2 あったけれど, あるが, 僕は, 被告に, 面白くない

1 [120件] あったが, あの馬鹿気, あらゆること, ありません, ありませんか, ありませんがね, あるし, あるまいか, あるまいと, あるまい従って, いかがわしい委員会, いらざる差出口, おれは, かなりな, きみたちに, きみも, ここに, このとき, これほど, ございますまいか, ございませんでしたので, さすがに, すでにない, ずいぶん頭, それが, それ程の, たいへん活躍, ついに働く, どこに, ないか, ないかと, ないかという, ないかも, ないから, ないが, ないでしょうか, ないな, ないので, ないよ, ないらしい, なかったらしい, なかったろう, なかったろうかという, なくただ, なくちよ, なく事件, なく塵埃, なく自殺, なしに, なし結局, ひろ子を, まず第, まったくフレッシュ, もの云う, わざと犯人, わしと, オルコン以上の, ゴーリキイは, ジャック・ゼ・リッパーなどが, ワシリの, 一本の, 事件そのものも, 人道の, 今云つたよう, 今申し上げた, 他に, 何一つ物的証拠, 初手から, 助手の, 博士の, 博士は, 厄介な, 名声を, 困るぞ, 夜の, 失敗の, 彼は, 彼女は, 彼等も, 得に, 我々が, 探偵は, 文部省の, 早川辰吉を, 明らかに, 最初から, 最初の, 殯室の, 気を, 泰軒は, 渡などと, 無ッたよ目, 無智, 無罪だ, 珍しい出来事, 田沼殿は, 直接の, 直接女が, 相当強硬, 眼に, 社会の, 私の, 科学も, 穏しい, 算哲が, 結局藤枝が, 絶対に, 若い行脚僧, 茲が, 見られない現象, 親の, 警察が, 警察の, 錢形平次が, 随分いろ, 青木弥太郎の, 非常に, 飯田七三氏山本久一氏の, 首実検は, 鮮かな

▼ 事件から~ (135, 0.9%)

14 手を 2 事件を, 二日めの, 始まる

1 [115件] あとの, いやに, いわゆる正義派, うみただれた肉体, お話し致しましょう, かんがえると, こう遽, こっち不思議に, このかた, このよう, こんな文学論, して, しばらく官憲, すべてを, ずっと風間夫人, その身, それを, であるから, とって, とられて, どこの, はしなくもくりひろげられる, はじまった中国対東洋鬼国, ます, まだ幾日, まる一昼夜, ヒントを, ボートルレは, 一ヶ月が, 一月ほど, 七ヵ月も, 三十余年を, 三日目の, 両親との, 事件へ, 事件へと, 二カ月ばかり, 二ヶ月あまりの, 二日の, 二月ばかりの, 二週間も, 伸子は, 先に, 八九年たった, 出発します, 切り離して, 初めてこんど, 十日程, 半年も, 単なる匿名批評, 受けたショック, 受けた迫害, 受け入れた感銘, 君を, 嘉門は, 基次関東に, 妙な, 始まった一連, 始める事, 定まったこと, 山木家の, 度び, 引きつ, 後急に, 心易く, 思い合わすると, 想像する, 感じたまでの, 憂鬱で, 提供された, 敵に, 數年しか, 文学的な, 早くも, 暗示を, 更に遡る, 書くこと, 杉子は, 来る色々, 権利金四万の, 正に十二年, 無関係である, 特殊の, 独立した, 生れたという, 発して, 百三四十年の, 真の, 礼拝堂の, 私は, 私を, 第二, 素直に, 続いて, 考へて, 脱け, 自分に対して, 英日両国の, 袂を, 親しくなり, 親の, 解放される, 話そう, 説き出したが, 説明し, 談話に, 起った風聞, 足踏み出来ない, 身を, 農村に, 遁れたがっ, 間の, 除いて, 除外する, 離れたその

▼ 事件~ (119, 0.8%)

8754 ということ, と思っ 3 ぜ, つたのは 2 から, からすぐ, からね, これは, という, というよう, と思います, と思う

1 [69件] かまるで, からいくら, からお金, からじ, からという, からといっ, からな, からよく, から充分, から手, から本当は, から通信従事者, か話し, があの, がこれ, がなあ, がね, が三月, が今, が何とか, が僕, が彼等党人, が恐喝, が芸術至上主義, けれども世, しそれ, し夫, ぞこれゃ, つたのである, つたのです, つて單獨に, というお, という事, という知らせ, といつ, ときい, とこういう, とされ, とは受け取れなかった, とは思っ, とは思わなかった, とも思はない, とも言い得る, と云う, と云った, と信ぜられた, と妄想, と張合, と思い, と思いましょう, と思え, と思った, と思われる, と想像, と感心, と直覚, と考え, と考える, と言っ, と言わなく, なあ, なあ安場, など, なア, ねどうやら, のと, ものそれ以上に, よこれ, わねえ

▼ 事件でも~ (119, 0.8%)

5 なかった 4 起こって 3 あつてか, ありません, ないので, 何でも, 起こったの, 起ったの, 起って 2 なければ, 八五郎の, 彼が, 私は, 起つたやう

1 [79件] あった, あったと, あったん, あつた, ありますまい, ありませんからな, ある, あると, あるの, あろうもの, お前の, けっして看過, これを, これ程都合, ございませんでしたでしょうか, すべてが, そうです, その神下し, それが, たびたびお目にかかっ, ないかぎり, ないから, ないがね, ないと, ないの, ないや, なかつたの, なさそう, ほんとうに, ぼくは, よく判る, 一度は, 五日以内に, 仁三郎が, 僕は, 兼隆が, 助けて, 単なる事実, 古典では, 変った事件, 大秘密, 宝塚事件でも, 小説でも, 引き起したの, 彼らは, 怪人二十面相と, 或はパリ, 折角の, 持上った, 探偵小説の, 敵が, 明らかである, 最大の, 松川事件でも, 煎じつめると, 犯人は, 相應, 矢張りこの, 自然こんな, 舞台の, 袋の, 被害者は, 裁判所は, 見つけたやう, 警察犬を, 貴女に, 起こったかと, 起こったらしい, 起こらなけりゃア, 起こりましたので, 起したの, 起ったよう, 起つたの, 起つた様, 起つた樣, 起らなければ, 起りますと, 限られた地域戦争, 飛び出すの

▼ 事件~ (117, 0.8%)

4 行動の 3 人物の, 人物を 2 主人公や, 人物が, 場面だけ, 場面の, 戦争の

1 [97件] ああした, ああした憫, ある風景, この妙, そこに, その他いろいろ, その他の, その他時々, その後始末に, その所属, それによって, とまれ大小, なお人, またコマ切れ, サスペンスの, バルカン戦争並びに, レプラ患者追放事件なども, 一家の, 主人公の, 主題の, 事情や, 事物が, 事物の, 二・二六事件が, 二・二六事件の, 五・一五事件が, 五・一五事件の, 五・一五事件は, 五人殺しで, 人物は, 人造石油製造の, 人造石油製造工業技術の, 今また, 内容に, 勢州尾州にわたる, 問題も, 場面が, 場面にのみ, 場面ばかり, 境遇に, 境遇を, 夜の, 学位濫授問題が, 宝鏡先生事件を通じて, 家畜の, 寓話に, 小間切れよりも, 弟の, 心持ちを, 心理の, 心理状態を, 思わぬ人物, 性格が, 情景は, 感じが, 感情の, 探偵業の, 文化芸術の, 斎藤事件で, 新憲法, 日糖事件を, 更に溯っ, 東京市会と, 滑稽な, 物象は, 狡猾な, 用事で, 相馬事件の, 社会的諸, 紛糾でも, 経験を, 自殺の, 自然などに, 苦痛に, 菊子嬢の, 葛藤それらの, 葛藤の, 葛藤も, 血盟団事件に, 行為など, 行為の, 行為を, 言動が, 詐欺事件や, 話は, 誰にも, 銀座事件で, 銀行を, 陰惨な, 雲霧仁左衛門事件で, 非凡な, 革命などと, 題材を, 風情を, 風習や, 風説は, 馬関騒動や

▼ 事件という~ (99, 0.7%)

47 のは 9 のが, ものは 4 ものが 3 のを 2 ことに, のも, 具合に, 重大な

1 [19件] ことばを, ことを, ためしも, のに, もう一つ, ものに, ものを, やつは, わけで, テーマ自身を, 不幸な, 事は, 天下未曾有の, 奴が, 暗殺事件によって, 本です, 見込を, 題名が, 風に

▼ 事件~ (79, 0.5%)

20 んだ 13 んです 9 のである 8 のだ 6 のです

1 [23件] のか, のかも, のかネ, のさ, のだろう, のであった, のであろう, のでかなり, のでかへつて嘘, のでそれ, のでね, のでねえ, ので極めて, ので涼み台, ので草川巡査, ので警察, のにましてや, のよ, んだい, んだって, んだらう, んでしょう, んで訴える

▼ 事件である~ (69, 0.5%)

3 ことを 2 か, がさ, といふ, と信ずる, と称し, のかも, のみならず

1 [52件] かどう, かない, かはやがて, からというよう, からなにか, からねえ, から下っ, から中国側, から口外, から大, から彼, から徳次郎, から早速, から現場, か何方, がこれ, がさしさわる, がどこ, が一世, が之, が外国関係, が明治三十八年, が茲, ことが, ことに, ことにも, それらの, ためかも, ため主, だけに半, という思想, ところの, とは感じ, と思う, と言えよう, と釈明, にきまっ, にしろ, にもかかわらず, に拘わらず, のだろう, のでかれ, ので普通, のに先生, ものと, ように, 上に, 事が, 事だろう, 事被害者は, 如くに, 所の

▼ 事件です~ (68, 0.5%)

1086 か, な 2 から, から主人新三郎, がその, ぞ

1 [30件] かな, からこの, からそんな, からどうか, からなああの, からよく, から一応, から万一, から寺社奉行, から慾, から新聞, から江戸, から無論, から私, が, がこれ, がどうして, が真相, けれど事柄, って, ってやっぱり, ってアレクセイさん, ですからその, でも, なア, ねえ, の, ものね, よけさ, 傷害

▼ 事件として~ (67, 0.5%)

2 見ること

1 [65件] いまだに記憶, おやじに, くり返す, たいへん大きな, でなくて, とり扱うた史書, ほめられたの, またこうしてお, やがて騒ぎ立つた, サイゴンの, 一世を, 上演する, 不思議な, 世間を, 仙台の, 作品に, 作者が, 公判に, 処断されぬ, 判断され, 判断する, 取扱うこと, 司法当局を, 大審院は, 客観的な, 客觀的にのみ, 小さな取扱い, 帝国銀行椎名町支店に, 当局の, 当局を, 当然諸, 急遽凝議, 感じた, 扱うこと, 扱わねば, 持ち込まれて, 捜査の, 放棄し, 新聞に, 時どきそれ, 書いたから, 最も有名, 有名な, 気に, 氣に, 片付ける訳, 特筆しおり, 生々と, 疑われて, 直ちに起訴, 眺めただけ, 知られて, 約束され, 終止符が, 組の, 統一家徹底家の, 綺麗に, 肯けるの, 自分の, 見る者, 見遁, 観察し, 警視庁内は, 迷宮に, 閑却すべき

▼ 事件そのもの~ (61, 0.4%)

3 の性質 2 に就い

1 [56件] がおかしい, がさうな, がその, がどう, がシステム, が兔, が吾輩, が因, が実に, が心理的, が意外, が既に, が甚だ, が良く, が見当, が重大, だけを直視, としてのこる, とすれ, にある, に嘘, に大きな, に対する興味, に捲き込まれ, に置くらしく, に脈絡, に読者, の, のなしくずし的稀釈作用自身, の何度, の内容, の存否, の怪奇, の目出度し, の興味, の苦し, はかなり, は人, は伝説上, は取る, は大した, は実に, は常に, は戦争, は極, も大, も確, よりもむしろ全く, よりも事件, よりも彼, よりも無論, よりも舞台, をどこ, を判断, を素直, を複雑化

▼ 事件に対する~ (53, 0.4%)

2 政府の

1 [51件] あなたの, おどろきと, きわめて明るい, のと, ひと通りの, わたしの, ヨーロッパ人らしい, 不安の, 不満であったろう, 世人の, 世間の, 主張の, 全国各, 公判に, 具体的に, 判事の, 判断や, 各社の, 君の, 吾輩の, 告白を, 大衆の, 夫婦の, 好奇心の, 嬢の, 山野氏の, 彼女の, 我々の, 所謂探偵譚, 最後の, 有力なる, 検事の, 武家の, 気分が, 法律的判断が, 法律的考察の, 熱から, 理解の, 社会の, 私の, 答弁は, 絵を, 自分たちの, 興味とで, 若林と, 行動が, 見解は, 観察は, 観察力などという, 評語と, 貴方の

▼ 事件に関する~ (52, 0.4%)

2 私の

1 [50件] あらゆる不思議, あらゆる点, かぎりそして, ことは, ことを, なんの, なんらかの決定的, もの, ものであった, カブラルの, ヘンリー・ジーキルの, 一言一句も, 世話係と, 事実, 事実の, 人権蹂躙事件は, 今までの, 会話は, 信者の, 僕の, 公文書や, 出来事の, 史料では, 司法当局の, 吾輩の, 報道を, 大抵の, 委細の, 意見を, 新聞の, 更に詳細, 用件の, 甲乙二つの, 疑問の, 私からの, 精神科学的観察の, 緊急会議所と, 者は, 興奮は, 若林の, 解答を, 記事は, 話しらしいので, 詳細な, 調査書類も, 重い仕置, 限り古今未曾有の, 限り木沢氏が, 限り関東庁警官は, 驚異的

▼ 事件とは~ (50, 0.3%)

4 関係の 2 ついその, なんの, まるで関係, 何んの

1 [38件] いえそうして, この海辺, すこしちがっ, どことなく肌, まったく縁, 一と, 一体どんな, 今から, 他でも, 何か, 何ぞ, 何の, 全く無関係, 全然別, 全然別個, 別にその, 別にです, 別個に, 別問題, 密接な, 少し樣子, 少し違う, 思うの, 思わないかな, 恐らく偶然, 映ぜざりしが, 気づかずぼんやり, 無関心, 無關係, 異った, 異って, 異常に, 直接なんら, 確言は, 言えぬまでも, 違う自分, 酔余皇帝が, 關係の

▼ 事件については~ (47, 0.3%)

6 何も

1 [41件] あくる朝, いずれしかるべき, いずれ然るべき, いまだ正確, いろいろ誤解, かかり合わないよう, この土用休暇, この話, これ以外の, こんに, その後いろいろ, ともかくも, どちらかと, まだ何, まったく枝葉, もう十分, 一切なんにも, 一切口外は, 一生懸命に, 一言も, 中国側に, 何事も, 全く無罪, 全然何, 冷やかな, 原子爆弾説が, 喜んで, 多くの, 多吉は, 実はホームズ, 平気に, 怠慢で, 春木は, 最も熱心, 特にそういっ, 特にカシャク, 特別に, 真斎, 私は, 誰が, 面倒を

▼ 事件によって~ (40, 0.3%)

2 そのポーズ自身, 社会的関心を

1 [36件] あの驚異, いかなる狂瀾怒濤, いっそうその, いよいよ認識, うわべは, これまで, さすがの, さわがしくものみだかく不安, ですね, はじめて自分, わたしたちには, コルテスは, ソヴェート政権および, 初めて眼, 友人の, 受けた衝動, 国交の, 国民を, 少しは, 幕府が, 当局の, 彼の, 後ろ暗い, 悉く明らか, 惹起された, 或る, 救治され, 星の, 死傷し, 死刑執行を, 生命を, 私の, 秦啓源の, 経験すべき, 自分の, 表面に

▼ 事件に対して~ (40, 0.3%)

2 係としての, 彼が

1 [36件] あまり深謀すぎ, あらゆる智慧, なぜあなた, まだできる, むしろ冷淡, 世間から, 今までに, 全く冷淡, 全く同情, 全く知らぬ, 共感同情の, 冷淡であった, 刑の, 刹那ながらも, 可能な, 周囲が, 呪力を, 多くの, 多少の, 如何に, 嫉妬とも, 嫌疑薄である, 少しも, 恐怖をさえ, 抗議しなかった, 持った不平, 持って, 新聞記者の, 法水は, 深い興味, 無関係で, 疑ひ掛けた故に, 自己の, 興味が, 重要性の, 関心を

▼ 事件以来~ (37, 0.2%)

2 というもの

1 [35件] あおざめて, ありと, いかに憂い, この二人, この室, この町, ずっとこうな, ずつと休ん, だ, だが, ですか, とかくの, と角, どうも現場, の出来事, の排日, の特種, の緊張, の計, の重大, ひどくき, ひどく師直, ほとんど喪神, ほとんど親しい, ピタリと, 一層親, 一層貞淑, 二度と姿, 名乗って, 多少人生, 大活動, 度々笠森判事, 怪しまれそう, 既に二回, 痛く神経

▼ 事件だった~ (31, 0.2%)

3 がそれ 2 と云わね, のである, のです

1 [22件] かしらん, からさ, がしかし, が丁度船, が隠匿, ことは, しそれに, という, と云わなけれ, にちがい, にはちがい, に相違, のか, ので, のでした, ので安藤竜太郎, ので彼, ものである, よ, わけだ, んです, 寧斎殺しの

▼ 事件にも~ (31, 0.2%)

2 この男, 平次は

1 [27件] それが, どうやら同じ, はた又, 何か, 何とか眼鼻, 出逢わないのに, 君の, 多少関係, 市街鉄道問題にも, 市街鐵道問題にも, 平次に, 弁護士を, 彼等は, 手下でも, 此処から, 深い関係, 火へ, 直ぐに, 私は, 終始俗説, 職務の, 興味を, 証人と, 遭わなかった筈, 関わって, 関係し, 関係した

▼ 事件~ (25, 0.2%)

2 の粛軍運動

1 [23件] せいぜい一週間, その探偵連中, における残存, にこの, にはその, に復活, に於, に於ける, に村外れ, のこの, のわずか, の二人, の口, の右翼, の軽挙, まも, も尚, も縦横クラブ員, 僅か一ヵ月あまり, 直ちに日比谷公園, 約一時間, 返り咲いたお, 間もなく再び空家

▼ 事件に関して~ (23, 0.2%)

2 兄との, 星氏に

1 [19件] どんな深い, まるで潔白, わたくしの, 一八三二年の, 今でも, 何が, 何を, 例の, 僕の, 多くの, 定評の, 強硬な, 悪の, 或は説明, 暴力を, 英国議会では, 行なわれた実例, 言わねば, 長男の

▼ 事件であった~ (20, 0.1%)

2 のである

1 [18件] あの夜, かが想像, かという記述, かのよう, かも知れない, からただ, からであろう, がしかも, がその, ことか, ことに, ことは, にちがい, に相違, のか, のだ, のであろう, ようである

▼ 事件といふ~ (19, 0.1%)

5 ものは 3 のは 2 のが, やうな 1 のも, ものが, ものを, 以外に, 地方の, 奇抜な, 騒ぎが

▼ 事件との~ (19, 0.1%)

4 間に 2 あいだに, 関係を

1 [11件] 不可思議な, 交渉の, 内的関係は, 接触の, 連絡関係は, 間にあって, 間には, 関係が, 関連で, 関連性については, 關係を

▼ 事件らしい~ (19, 0.1%)

2 が平次, ぞ, ね

1 [13件] がそれ, が一体, じゃない, と私, ものが, ものに, よ, ような, 事件の, 事件も, 事件を, 公判を, 取扱いを

▼ 事件当時~ (19, 0.1%)

1 [19件] から山岸敬明, から灼熱, から肯定, と同じ, にはわし, にも各, に較べる, の, のまま, のみならず, の南京, の夫, の彼ら, の愛子, の模様, の状況, も盛ん, 居た大西洋, 怪しい女性

▼ 事件であっ~ (18, 0.1%)

2 てもそれ, て主体

1 [14件] て, ておめでたい, てこの, てとても, てもしかし, てもとにかく, て一八三一年, て何, て小幡, て我々自身, て政治, て現代, て見れ, て閥族

▼ 事件などは~ (18, 0.1%)

2 新聞の

1 [16件] そのデカダンス, その著しい, とうに頭, どうでも, 世人からも, 人々の, 人種的偏見と, 全くこの, 大體, 少しも, 思いも, 特に見たかった, 相手が, 考へても, 表沙汰の, 高氏には

▼ 事件なら~ (18, 0.1%)

1 [18件] いざ知らず, その当時僕, ともかくこういう, なんでも, ばすぐ, ばそこ, ばそれぞれ, ばとにかく, ば先刻, ば慣例, ば格別, ば総督府, 別の, 友人の, 君と, 我々外交官に, 私とても, 糸子から

▼ 事件なる~ (18, 0.1%)

6 ものは 5 ものが 1 だけに思慮, は余, ものであり, ものと, ものの, ものも, ものを

▼ 事件じゃ~ (17, 0.1%)

3 ないか, ないの 2 ない 1 ありません, ありませんか, ありませんよ, ないかと, ないくらいは, ないですか, ないん, なくて, なしに

▼ 事件において~ (15, 0.1%)

1 [15件] かくの, それが, 偶然にも, 大辻さんは, 帆村は, 幽霊の, 彼の, 彼女が, 最も不利, 現わるべき, 示した彼, 裁判の, 裁判長が, 軍隊への, 霧原

▼ 事件についての~ (15, 0.1%)

2 話を

1 [13件] いろいろな, もっとも普通, ように, キリシタン, メモを, 世間の, 全説明, 新しい発見, 正しい質問, 発表は, 真相を, 詳細な, 論議を

▼ 事件全体~ (15, 0.1%)

1 [15件] がわけ, が一笑, が五里霧中, が今, が彼, に, についての意見, について最も, には実際, のなか, のなんとなく, の一番ドン底, の暗示, の構成, を非常

▼ 事件直後~ (15, 0.1%)

1 [15件] から二流新聞, から今日, この種, であった, でなければ, には誰, に存在, に安吾タンテイ, に朝日新聞, に素人タンテイ, のこと, のとおり, の家族, の混乱, の紛々

▼ 事件解決~ (14, 0.1%)

2 のかぎ, のため, の鍵 1 の一つ, の依頼, の搬び, の重大, は一歩, への惻心, ほつと, まで王

▼ 事件ほど~ (13, 0.1%)

2 平次を

1 [11件] ひどい目, 世に, 人口に, 偶然が, 大きなもの, 巧妙に, 手がけて, 探偵に, 明快に, 暗い運命的, 面白いんで

▼ 事件以前~ (13, 0.1%)

2 の日付け, の私 1 から相当, から蒲壽庚, から鳥, であったから, には地方銀行, に地下, に較べ, に退学, のこと

▼ 事件などを~ (12, 0.1%)

2 綺麗に 1 作品の, 口には, 思い出して, 挿入する, 私が, 至る処, 起して, 起し自分, 迷宮の, 重大問題である

▼ 事件かも~ (11, 0.1%)

3 知れない 2 しれない, 知れないよ 1 知れないが, 知れませんが, 知れませんな, 知れませんよ

▼ 事件とも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いえぬ事件, なにか関係, なれば, ほとんど共通, まったく関聯, 云える, 始から, 思はない八五郎, 思わず肥田, 考え得るよう, 言ふべきでせう

▼ 事件とを~ (11, 0.1%)

2 想像する 1 つなぐ第, 吾輩に, 如何に, 結びあわせた帆村荘六, 結びあわせて, 結びつけて, 結びつけること, 綜合し, 詳細に

▼ 事件など~ (11, 0.1%)

1 [11件] いまの, であるが, ひところの, やかましかった, 一篇の, 同種の, 所謂非常時は, 手がける探偵, 紫外線では, 起きる場合, 起訴に

▼ 事件に対しては~ (11, 0.1%)

2 彼が 1 ある神秘, お前は, すぐさま臨機, 一言半句の, 多少の, 張教仁は, 最後に, 極度に, 特にむずかしい

▼ 事件より~ (11, 0.1%)

2 寧ろあの 1 して, ずっと後, もう少し新聞価値, もっと新しい, もっと楽, シンプソン事件の, 二三年も, 少し後, 手を

▼ 事件よりも~ (11, 0.1%)

2 はるかに 1 それに, また十五年, ヨブ記の, 彼との, 明治政府と, 毎朝太陽が, 私たちには, 自分の, 重大

▼ 事件を以て~ (11, 0.1%)

2 尾崎氏を, 星氏の, 星氏を 1 全く偶發的, 始めとして, 親ら出会した, 親ら出會した, 解決せね

▼ 事件以後~ (11, 0.1%)

1 [11件] では, どうかし, には浪人, には見られなかった, の事, の各種, の政治的情勢, は藩士尊攘派, は許さない, めったに外, 一旦落着

▼ 事件~ (11, 0.1%)

2 なこと 1 な動き, な又, な起因, には縁, に劇的行為, に魅力, のこと, の連絡, の連関

▼ 事件それ~ (10, 0.1%)

1 から三十五年, から千二, がのみ込めない, が何, にいま, にともなう, によって明らか, のみを語る, は八五郎, は英国

▼ 事件だけは~ (10, 0.1%)

1 あなたに, いつもいつもわたし, ここで, 今思い出し, 何が, 何とかはつきり解決, 例外であった, 山岸さんにとって, 日頃の, 私にとっては

▼ 事件によ~ (10, 0.1%)

1 つてその, つては, つても, つて一見利益を, つて利益を, つて受けた, つて層一層, つて物質的精神的に, つて記録する, つて起つた

▼ 事件発生~ (10, 0.1%)

1 だ, だとばかり, と同時に, の三週間前, の当夜, の当時, の時刻, の直前, の翌日, を話

▼ 事件~ (9, 0.1%)

1 それとも戦争, なんかあっ, もしくは一筋縄, もしくは自分, わしは, 内容を, 寓意かを, 皆目知れず, 知らないが

▼ 事件なり~ (9, 0.1%)

3 天然なりが 1 事物なりを, 思想なりが, 或は又, 或る, 現象なりに対して, 被害民なりに

▼ 事件についても~ (9, 0.1%)

1 あらゆる仮定, いい心持ち, これを, 世間の, 何も, 十分了解し, 彼の, 御感想, 播磨法師は

▼ 事件に関しては~ (9, 0.1%)

1 さすがに, まったくの, むしろ慎重, 主人は, 別に華族懲戒令, 医者の, 小川平吉其他の, 屡々恋人, 殆ど寝食

▼ 事件ばかり~ (9, 0.1%)

3 では 1 だが, であったから, である, でなく世界, でなく國史, で研ぎ澄まされて

▼ 事件まで~ (9, 0.1%)

2 金の 1 つぶさに語った, どこかに, ひき起こし一時, 一年半の, 彼女の, 東亜経済調査局の, 起こさせたという

▼ 事件その~ (8, 0.1%)

2 物を 1 ことが, 張本の, 物が, 物よりも, 行動によって, 転変曲折の

▼ 事件たる~ (8, 0.1%)

1 ことを, や余, を失はない, フュアルデス事件については, 価値や, 原子爆弾の, 學問修行をば, 工業方面に

▼ 事件って~ (8, 0.1%)

1 いったい何, どんなこと, どんな事, なにかあった, のは, のを, ものが, 書いて

▼ 事件であり~ (8, 0.1%)

1 これに, ながら犯人, 上代のにおいては, 問題の, 実在の, 犯罪や, 衝撃が, 貴殿の

▼ 事件でした~ (8, 0.1%)

41 から或いは, がしかし, ねガードラー砂州, よ

▼ 事件でない~ (8, 0.1%)

1 か, ということ, というの, とだけは了解, ばかりで, までだ, ゆえそれだけ, ように

▼ 事件とが~ (8, 0.1%)

1 ひとつに, 世には, 何等かの, 同じ関係, 相搏, 眼に, 結びつけられて, 関係を

▼ 事件などが~ (8, 0.1%)

1 あつて, あの家, この法律, そうで, それじゃ, なかった, 出来して, 続出する

▼ 事件なんか~ (8, 0.1%)

1 とても怪人丸木, ないやう, ほうって, 一と, 何も, 全く知らなかつた, 後まわしに, 起らないん

▼ 事件につき~ (8, 0.1%)

1 どうしてそんな, 出廷する, 尚繰返し縷々, 志士の, 最も多く, 紹介したい, 英人の, 高輪署の

▼ 事件にでも~ (8, 0.1%)

1 ですか, なると, ぶッ, 出会って, 出會, 勝手に, 常に冷静, 首を

▼ 事件にまで~ (8, 0.1%)

1 なって, 不十分ながらも, 発展し, 発展した, 発展しよう, 発展する, 發展し, 響いて

▼ 事件なども~ (7, 0.0%)

1 あった, あの記事, 初めから, 原因は, 起きねば, 起こった, 逆に

▼ 事件にて~ (7, 0.0%)

1 いまに, 再び入獄, 少々健康, 病死の, 目下入獄せる, 貧困せる, 那智の

▼ 事件をも~ (7, 0.0%)

1 冷やかに, 合せて, 改めて調査, 有罪と, 案外暢気, 通りこし, 配して

▼ 事件~ (7, 0.0%)

6 第一審事件 1 最モ

▼ 事件~ (7, 0.0%)

2 の最大事件 1 の一人, の二人, の人物, の若干部分, の関係者

▼ 事件この~ (6, 0.0%)

1 かた, かたお, かたともすれば, かたぱつたり絶えた, 全戯曲, 重大な

▼ 事件さえ~ (6, 0.0%)

1 あった, おこして, たくさん起っ, なければ, 起きなければ, 起れば

▼ 事件だけを~ (6, 0.0%)

1 やるよう, 切り離して, 待つて, 指すの, 物語ること, 話す事

▼ 事件であろう~ (6, 0.0%)

2 か, と思う 1 とそれ, と半

▼ 事件~ (6, 0.0%)

1 かも知れぬ, か後, に, よりかえって, よりかなり, より該曲馬団

▼ 事件すなわち~ (5, 0.0%)

1 四月十七日の, 民事刑事に関する, 祝い事と, 竹内式部なる, 第一回

▼ 事件だけに~ (5, 0.0%)

1 人生の, 就いての, 本当の, 犯人が, 町方も

▼ 事件だって~ (5, 0.0%)

2 そうだ 1 あるはず, そうです, 考えて

▼ 事件としては~ (5, 0.0%)

1 これが, その前, 一番大きい, 単純すぎます, 斎藤という

▼ 事件なぞ~ (5, 0.0%)

1 いまのな, てんで問題, で屡々, より数層倍, 坑夫達にとっては

▼ 事件においても~ (5, 0.0%)

1 かようの, やはり犯人, 殺された人, 殺人者は, 現われたこと

▼ 事件に際して~ (5, 0.0%)

1 これも, 事件の, 再び如実, 出て, 気落ちし

▼ 事件ばかりは~ (5, 0.0%)

1 ふっつりと, ガラッ八, ガラツ八も, 僕に, 私の

▼ 事件~ (5, 0.0%)

1 生活の, 踏み込んだこと, 転々と, 錢形平次を, 駒蔵が

▼ 事件への~ (5, 0.0%)

1 世評は, 端緒である, 興味は, 見透しであるが, 関与によっても

▼ 事件依頼者~ (5, 0.0%)

1 からはなるべく, があります, の婦人, の無事, の絶対

▼ 事件前後~ (5, 0.0%)

1 には六十余町歩, に死罪, に若い, の実体, の彼

▼ 事件当夜~ (5, 0.0%)

1 かの被害者安東仁雄, に麻酔, のてんまつ, の二時頃, の映画館

▼ 事件発見者~ (5, 0.0%)

1 としてそれ, としての私, のハリ・ドレゴ, の一人, の少年

▼ 事件突発~ (5, 0.0%)

1 いたしそうろう, と同時に, に調査団員, の当初, の長い

▼ 事件~ (5, 0.0%)

1 一景について, 一番の, 二に, 二の, 四の

▼ 事件落着~ (5, 0.0%)

3 の後 1 す, の後平次

▼ 事件あり~ (4, 0.0%)

1 その次第, てより, とチャン, 首相蔵相等五六人軍部の

▼ 事件だけでも~ (4, 0.0%)

1 せめて八五郎, たっぷり大抵, ないらしい, 十一人から

▼ 事件でなく~ (4, 0.0%)

1 てはならない, て真正, て私, 遠く離れた

▼ 事件での~ (4, 0.0%)

1 ほうが, 数々の, 明智の, 最も大切

▼ 事件と共に~ (4, 0.0%)

1 あつめて, 何の, 実に功妙周到, 秦啓源についての

▼ 事件などの~ (4, 0.0%)

1 あつた, 公事で, 刺戟が, 方が

▼ 事件における~ (4, 0.0%)

1 ヅーフの, ペルー政府の, 彼の, 意義は

▼ 事件に関し~ (4, 0.0%)

2 中央党部は 1 助力を, 本員は

▼ 事件のみを~ (4, 0.0%)

1 摘出し, 知つてその, 語るの, 述べて

▼ 事件もしくは~ (4, 0.0%)

1 人物である, 人物についても, 人物は, 人物を

▼ 事件よりは~ (4, 0.0%)

1 ずっとこみ入った, 後の, 探偵小説家の, 更に苛酷

▼ 事件を通じて~ (4, 0.0%)

1 こつちにも, よく考え, 先生から, 帆村荘六と

▼ 事件以外~ (4, 0.0%)

1 にはあの, に何ん, に曲筆, をなるたけ

▼ 事件以来私~ (4, 0.0%)

1 ははじめて, はヒットラー, はピッタリ, は義絶

▼ 事件勃発~ (4, 0.0%)

1 したるにより, です, と知っ, の後

▼ 事件即ち~ (4, 0.0%)

1 この場合, 史實に, 拙者を, 津浦鐵道の

▼ 事件及び~ (4, 0.0%)

2 風害対策 1 咄喊事件は, 大阪の

▼ 事件~ (4, 0.0%)

2 なん 1 であった, と一

▼ 事件引継簿~ (4, 0.0%)

1 であった, の頁, を書類函, 第七十六号

▼ 事件起る~ (4, 0.0%)

2 や土佐派, や彼

▼ 事件あっ~ (3, 0.0%)

1 てもうちょっと, て以来, て別種

▼ 事件ある~ (3, 0.0%)

1 人物について, 折には, 時は

▼ 事件いらい~ (3, 0.0%)

1 きょうまで, ここの, 実家にも

▼ 事件および~ (3, 0.0%)

1 ゴーリキイの, 幸徳事件の, 涜職事件に

▼ 事件ごと~ (3, 0.0%)

1 にだんだん, に当局, に犯人

▼ 事件だの~ (3, 0.0%)

1 何, 平家方の, 重要会談だの

▼ 事件~ (3, 0.0%)

1 それは, どんな事件, 何だい

▼ 事件でありまし~ (3, 0.0%)

1 てある, てこの, て現場

▼ 事件でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, けれどもやっぱり, ね

▼ 事件でなけれ~ (3, 0.0%)

3 ばならない

▼ 事件とか~ (3, 0.0%)

1 いわれるであろう, 事情とかを, 風景などは

▼ 事件としての~ (3, 0.0%)

1 報道が, 歴史は, 資格を

▼ 事件とともに~ (3, 0.0%)

1 何の, 煤煙禁止運動についての, 艦長安西大佐から

▼ 事件ながら~ (3, 0.0%)

1 実にむご, 直に無関係, 越前なんとなく

▼ 事件なぞが~ (3, 0.0%)

1 あるとき, 左門に, 幾度あった

▼ 事件などには~ (3, 0.0%)

1 何の, 何も, 無頓着である

▼ 事件なりの~ (3, 0.0%)

1 上に, 意味を, 背景を

▼ 事件なりを~ (3, 0.0%)

1 全幅的に, 如実に, 見られるの

▼ 事件なんて~ (3, 0.0%)

1 いうもの, いままで, ものが

▼ 事件においては~ (3, 0.0%)

1 そういう有利, ややその, 告訴が

▼ 事件にな~ (3, 0.0%)

1 つたそこで, つてゐた, つて来た

▼ 事件によっても~ (3, 0.0%)

1 その結果四十名, 中断されなかった, 窺い知ること

▼ 事件やら~ (3, 0.0%)

1 一向に見定める, 境遇やらには, 本位田家の

▼ 事件乃至~ (3, 0.0%)

1 はサロン, は空想, 心的葛藤の

▼ 事件以上~ (3, 0.0%)

1 ともいうべき, に問題, は一々

▼ 事件依頼人~ (3, 0.0%)

1 であろうか, に対してどう, に電話

▼ 事件内容~ (3, 0.0%)

1 であったので, といい, に触れ

▼ 事件当日~ (3, 0.0%)

1 のこと, の倉田, は市内三番町

▼ 事件最大~ (3, 0.0%)

1 の戦慄, の神秘, の難点

▼ 事件現場~ (3, 0.0%)

1 での話, にいた, の金魚鉢

▼ 事件発生以来~ (3, 0.0%)

1 どうしても, の花井, も彼

▼ 事件発生前~ (3, 0.0%)

1 の動静, の雰囲気, より既に

▼ 事件発見~ (3, 0.0%)

1 から数え, のあの, の顛末

▼ 事件~ (3, 0.0%)

2 ありしも 1 だけで

▼ 事件かと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 笑うなら笑うが

▼ 事件からの~ (2, 0.0%)

1 反作用, 発展な

▼ 事件からは~ (2, 0.0%)

1 強い衝動, 手を

▼ 事件こそ~ (2, 0.0%)

1 同研究室, 起れと

▼ 事件しか~ (2, 0.0%)

1 ないよう, 起こらないの

▼ 事件その他~ (2, 0.0%)

1 の世界的, の醜状

▼ 事件それ自身~ (2, 0.0%)

1 が全く, も当時

▼ 事件だけが~ (2, 0.0%)

1 大して特に, 始めてそうした

▼ 事件だけじゃ~ (2, 0.0%)

1 アない, 物足りないからね

▼ 事件~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 事件であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思われる

▼ 事件であれ~ (2, 0.0%)

2 ばある

▼ 事件でございます~ (2, 0.0%)

1 な, ので

▼ 事件でし~ (2, 0.0%)

1 てね実は, て周囲

▼ 事件でしか~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ 事件でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことが, ので忘れる

▼ 事件でもが~ (2, 0.0%)

1 また起つ, 起きかかって

▼ 事件といった~ (2, 0.0%)

1 のは, 方が

▼ 事件とて~ (2, 0.0%)

1 ござりませぬ, 当時の

▼ 事件とに~ (2, 0.0%)

1 なんとなく調和, 満足し

▼ 事件なぞは~ (2, 0.0%)

1 もう忘れ, 自由に

▼ 事件なぞも~ (2, 0.0%)

1 そんなに長い, 大正頃までも

▼ 事件などとは~ (2, 0.0%)

1 つながつて, 全く関係

▼ 事件などにも~ (2, 0.0%)

1 ふれて, 野に

▼ 事件なりが~ (2, 0.0%)

1 予定とち, 予定とは

▼ 事件にたいする~ (2, 0.0%)

1 法の, 謝罪および

▼ 事件にばかり~ (2, 0.0%)

1 ぶつかって, 没頭し

▼ 事件により~ (2, 0.0%)

1 女帝の, 纏めた

▼ 事件に対し~ (2, 0.0%)

1 いまや本格的, 漱石は

▼ 事件に対しても~ (2, 0.0%)

1 かならずはっきりした, それぞれ彼れ

▼ 事件に関しても~ (2, 0.0%)

1 たくさんある, 立憲治下の

▼ 事件に際し~ (2, 0.0%)

1 かかる超, 身を

▼ 事件のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず去年, 気に

▼ 事件のみが~ (2, 0.0%)

1 残されて, 記述され得

▼ 事件のみに~ (2, 0.0%)

1 とどまらずこれ, 熱中し

▼ 事件はう~ (2, 0.0%)

2 やむや

▼ 事件ばかりを~ (2, 0.0%)

1 扱って, 書く

▼ 事件ばっかりは~ (2, 0.0%)

1 どうしても忘れられない, イカナ

▼ 事件へと~ (2, 0.0%)

1 つづき旋風, 平面的に

▼ 事件また~ (2, 0.0%)

1 グロリア, 大思想

▼ 事件までが~ (2, 0.0%)

1 判決せらるるなら, 彼にとっては

▼ 事件までの~ (2, 0.0%)

1 ながい日本, 左派自由党の

▼ 事件までも~ (2, 0.0%)

1 引き起こし自分, 御存じな

▼ 事件みたい~ (2, 0.0%)

1 な単なる, になかなか

▼ 事件をまでも~ (2, 0.0%)

2 惹き起こすに

▼ 事件を通して~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, それからそれ

▼ 事件~ (2, 0.0%)

1 発生ヲ, 経過ヲ

▼ 事件~ (2, 0.0%)

1 早速佐々木ガ知ラセタノデアル, 本気デ

▼ 事件一つ~ (2, 0.0%)

1 でさえも優に, をとりあげ

▼ 事件以来どこ~ (2, 0.0%)

1 かに踪跡, にか踪跡

▼ 事件以来妙~ (2, 0.0%)

1 に人, に頭

▼ 事件以来彼~ (2, 0.0%)

1 がこれ, は一層

▼ 事件出来~ (2, 0.0%)

1 とはわかっ, とみ

▼ 事件当時僕~ (2, 0.0%)

1 とこの, はずい分

▼ 事件後僕~ (2, 0.0%)

1 と白水その他, は同じ

▼ 事件或は~ (2, 0.0%)

1 社会人文史上の, 運命的現象として

▼ 事件担当~ (2, 0.0%)

1 のグレゴリ警部, の中村捜査係長

▼ 事件捜査~ (2, 0.0%)

1 に当る, はほんとに

▼ 事件最後~ (2, 0.0%)

1 の切札, の悲劇

▼ 事件発生当時~ (2, 0.0%)

1 からつけつ, の情況

▼ 事件発生後~ (2, 0.0%)

1 きわめて短い, の花井

▼ 事件発覚後~ (2, 0.0%)

1 の各人, までは誰

▼ 事件真相~ (2, 0.0%)

1 の探究, を明日

▼ 事件落着後~ (2, 0.0%)

1 お蝶殺し, も陸続

▼ 事件行動~ (2, 0.0%)

1 の報告, の如き

▼ 事件記録~ (2, 0.0%)

1 としてのもの, の要点

▼ 事件関係者~ (2, 0.0%)

1 などもい, ノ指紋ハ

▼1* [474件]

事件あたりからさすが, 事件あなたの狙撃, 事件あの死が, 事件ありたることなし, 事件ありました時分には, 事件あるいは悪の, 事件あるいはまた犯罪捜査に, 事件あるなっとおにらみなすった, 事件あれが公, 事件いっさいの始末, 事件縫様屋敷の, 事件おれが手, 事件かいの段, 事件かで以て, 事件かという顔つきの, 事件かなんぞのように, 事件からでも飛んでも, 事件からばかりでは, 事件かれ等は, 事件くさいですがね, 事件くらい馬鹿げたもの, 事件くらいの比では, 事件ぐらいやりにくい, 事件ぐらいじゃ驚く人, 事件ぐらいにしか考えて, 事件ぐらいのものです, 事件こそは恐るべき怪物, 事件ごとき破廉恥の, 事件へ無, 事件さまざまの気持, 事件さ鬼頭海軍少佐の, 事件しかも自分は, 事件じゃあありません, 事件すべての人, 事件すら触れる余裕, 事件すれ違った機から, 事件そこに流れ, 事件そして恐らくさう, 事件それらに関する聞き込み, 事件それ自体今申す通り, 事件たらいうことも, 事件たる蒙古襲來, 事件だけ警察の, 事件だけには降参しました, 事件だけに関するもので, 事件だったらどうです, 事件だつたことだらう, 事件だんだんからだ, 事件っていうのは, 事件つづきで見舞い, 事件つづきでお互に, 事件であったではない, 事件でありますように, 事件であるごとくまたいかにも, 事件であるならば問題, 事件である如く天から, 事件でございまして闇, 事件でございましょうか, 事件でござんさあ薩摩, 事件でさえも船員らには, 事件でしたら二人が, 事件ででもあって, 事件でなくってもだ, 事件でなく知るはずも, 事件でよりも有能だ, 事件で御座いますから, 事件とあみ込ませて, 事件とかいうのは, 事件とかという言葉は, 事件としか思えませんね, 事件としてのみ見るならば, 事件としても只事でない, 事件とだけしか云いません, 事件とでもいうべきもの, 事件とのみは観られずまた, 事件ともしていないらしく, 事件どおりこの部屋, 事件どころの比, 事件どちらも労働者階級, 事件どれをみ, 事件どれ一つとっても権力, 事件なかなか面白いわたくし, 事件なぞを買って, 事件などから考えても, 事件などからのみ形づくられるもの, 事件などと並べその, 事件などというものも, 事件などとも関連し, 事件などになると, 事件などよりもっと重大, 事件ならびに昨夜洋次郎が, 事件なりとの間に, 事件なりは常に動き, 事件なれば或は, 事件なんかで皆が, 事件なんぞはもうご免, 事件なんぞよりもいっそ民事, 事件にあたってまず周囲, 事件にこそ彼の, 事件にさえ誰もが, 事件にぞつと心, 事件にたいしては陳謝の, 事件についてと言われたよう, 事件についてのみ優柔な, 事件にでつくは, 事件にとってはあまりにも, 事件になんぞ手がかりでも, 事件にばっかり登場する, 事件にぶッつかった, 事件によりもむしろ学問, 事件による緊張から, 事件に対しての告白は, 事件に関しての用事に, 事件に際しての彼の, 事件に際しても慰めの, 事件あれを, 事件のねえ晩, 事件のみにても充分に, 事件のみはそのままに, 事件はさのみ重大, 事件はてまえが, 事件はとに角, 事件ばかりじゃないか, 事件ばかりと取り組んで, 事件ばかりとは云えぬらしい, 事件ばかりに気を, 事件ばかりの犯人では, 事件ばっかり書くの, 事件ぼこだんなほどの, 事件またまた検事殿より, 事件まもなく応召し, 事件みつけてきた, 事件みな解決される, 事件めいた感銘を, 事件もうご存じです, 事件もしこの事, 事件もも早や, 事件やっと片附いた, 事件やと思いましたン, 事件らしくしばし考, 事件らしくこねまわしている, 事件らしくひねくりまわすことが, 事件らしく呼び交す感傷的な, 事件らしく見えながら半分, 事件をすら知らないもの, 事件をというよりは, 事件をまで思想問題という, 事件をめぐってこれに, 事件カラただちに手, 事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 事件ツオルゴオズ事件の後, 事件ドイッツ町を買収, 事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事ヲ得, 事件ニ候間万一の, 事件ニ就テ御尽力下サレツツアル事, 事件ノミヲ受任シタル場合ハ, 事件ハ何ヲ意味スルカ, 事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 事件一切を巴里裁判所, 事件丈ぢや物足りない, 事件三つがいずれ, 事件三人の娘, 事件三鷹事件どれをみ, 事件に見出し, 事件上海事変それから北支事件, 事件上海事変満州建国とつぎつぎに, 事件下山事件の新聞記事, 事件不思議な事件, 事件の頼み, 事件中一貫して, 事件中二回目の大, 事件中人物の中, 事件中山忠光の大和義挙, 事件中最大の疑問, 事件中特筆大書すべき価値, 事件中紛糾混乱の絶頂, 事件九カ月半の刑期, 事件事實を作り出し, 事件二・二六事件と暴力, 事件二号活字は一面, 事件云々ヲ委曲, 事件五・一五事件もあり, 事件交渉して, 事件人事関係デカダンスの錯綜追跡, 事件人物がまた, 事件以來のこと, 事件以後一年ばかりは重行, 事件以後一時的に混亂, 事件以後三日目に死亡, 事件以後世の有志たち, 事件以後二・二六事件の時期, 事件以後何度となく, 事件以後僕が彼, 事件以後嫂について兄, 事件以後幇間となり, 事件以後敬太郎はもう, 事件以後日本の社会, 事件以後流言飛語の類, 事件以後秋川家に脅迫状, 事件以来いろいろな奇怪, 事件以来からだはすっかり, 事件以来こいつは一番, 事件以来ここへ引っ越し, 事件以来それは最初, 事件以来めったに会った, 事件以来アイルランドに対しては何事, 事件以来ジャヴェルは前, 事件以来ファッシズム殊に, 事件以来ヘンリーは奉行所, 事件以来マルクは急速, 事件以来ユールマン氏は十吉, 事件以来ロバートは寝床, 事件以来一種の功名心, 事件以来二人の頭, 事件以来二十日もたっ, 事件以来人気が半減, 事件以来他へ泊り, 事件以来伊那に来, 事件以来何とはなく, 事件以来卒業するまでの, 事件以来博士は脳, 事件以来友田一派の攻勢, 事件以来夫の日記, 事件以来強硬な態度, 事件以来日々通い馴れて, 事件以来時政とは未だに, 事件以来柳条溝事件上海事変満州建国とつぎつぎに, 事件以来極度の神経衰弱, 事件以来殿様に拝謁, 事件以来洋車の前後左右, 事件以来浮藻と小次郎, 事件以来清作が本宅, 事件以来畑柳家の相談役, 事件以来税関の監視員, 事件以来窟には多数, 事件以来羊や山羊, 事件以来胸糞がわるくっ, 事件以来花井は彼, 事件以来行方を晦, 事件以来請願に熱意, 事件以来謹慎の意, 事件以来警察当局にては既報ミス黒, 事件以来警戒の眼, 事件以来連日のよう, 事件以降オランダの反, 事件伏せといたいう, 事件佐賀の反乱, 事件何とかなるまいかの, 事件依頼の客, 事件依頼主が身柄, 事件傷害事件等そのものとしては罰せられない, 事件償金要求を含む, 事件全貌の説明, 事件其物の性質, 事件内閣は組閣, 事件出來する, 事件処分案なるもの, 事件出来候が何分, 事件出現を促す, 事件列挙はいまだ, 事件判定の有力, 事件判決が下, 事件別に盛岡の, 事件前後瑠美子は師匠, 事件前日の電話, 事件加代子さん殺しの場合, 事件勃発以後に於ける, 事件勃発当時同科担任教授正木博士, 事件北小路侯爵夫人の首飾り盗難事件, 事件十余項を抜粋, 事件の細部, 事件印象を書きたくなる, 事件参考簿を見せ, 事件最近ソ連の, 事件又は婦人の, 事件収賄事件に公憤, 事件取調中に大赦, 事件を進める, 事件号外写真入り特別版と叫び, 事件同一の立場, 事件同月三十日にはバアナア街, 事件にも話した, 事件告発の一委員, 事件唯一つである, 事件問題などを具体的, 事件嘉兵衞事件が終つて, 事件報知と共に警察官立会, 事件場面そして事件, 事件なる事変, 事件大和生野義挙蛤御門の変, 事件大杉事件どれ一つとっても権力, 事件如何なる思想を, 事件始まりて長崎, 事件婦人の問題, 事件宝石環事件百万円金塊事件などを迷宮, 事件富豪安田家の宝物紛失事件, 事件審理後彼は長く, 事件寺田屋事件大和生野義挙蛤御門の変, 事件小金ヶ原開墾地事件等十二, 事件山岸中尉の新生, 事件川崎の暴力メーデー, 事件巧緻な手法, 事件である, 事件だつた, 事件当事者の, 事件当初の通り, 事件当夜一時五分前後に覚醒, 事件当夜催眠薬でモーロー状態, 事件当夜立川市の警察署長, 事件当日十一時にオルゴール, 事件当日四時半頃の事, 事件当日首相官邸で殺された, 事件当時こちらへ出, 事件当時ベッドの中, 事件当時春一は自分, 事件当時経蔵にいた, 事件当時都市の労働者, 事件役所の役人, 事件彼女に対する事件, 事件後ひそかにあの, 事件後ものの五分, 事件後ドラは愈々, 事件後一年半を経た, 事件後一週間目に応召, 事件後丸一年目に或, 事件後二十一二十二二十三二十四と四日, 事件後六個月程経っ, 事件後半年ほどたっ, 事件後四五日目の正午頃, 事件後四日目か五日目, 事件後市川教授は裁判所, 事件後文化界救亡協会というの, 事件後曹操に願い, 事件後某所に監禁, 事件後浮藻を助け出し, 事件後焼跡に立った, 事件後真先にその, 事件後私は憤慨, 事件後秋川駿三自身は誰, 事件後間もない, 事件心理のいきさつ, 事件急迫のため, 事件怪人丸木が銀座, 事件恋愛による殺傷事件, 事件恐ろしい戦争の, 事件情景等の叙述, 事件惹き起す元に, 事件る人, 事件手下の者, 事件批判の舌禍事件, 事件拡大のお, 事件持ち上りたり, 事件指起ルトキ其土地ノ奉行ニテ法ヲ立ントスルモ, 事件指起可申詰りの, 事件捜査中あれが, 事件探査の異常, 事件探究の方法, 事件探索はもちろん, 事件推移の判断, 事件擔當の組合, 事件暁民共産党事件に連坐, 事件曝露す, 事件更に遠い所, 事件最中にはストライキ, 事件最初の夜, 事件最奥の神秘, 事件之候, 事件望月王仁さんの事件, 事件本位な換言, 事件果してこれら凡べて, 事件某国落下傘隊の仕業, 事件根元の教本, 事件死に直面する, 事件に少し, 事件永生の秘鑰, 事件油倉庫出火事件それにいま, 事件清川侯爵邸の怪事件, 事件演説会が開かれた, 事件災害不幸が起る, 事件爆發物取締規則違反事件で入獄, 事件犯人の似顔絵, 事件玉の井の溝, 事件らしい事件, 事件現場附近の地理, 事件の書類, 事件男女問題を挑発, 事件異常な人物, 事件発生そのものは誰, 事件発生三日目に至る, 事件発生以来毎日毎日警視庁の無能, 事件発生地の地形, 事件発生当日午前十時半出入を禁じありたる, 事件発生当時群小愛国ファッショ右翼団体中の白眉, 事件発生後一週間目に当る去る, 事件発生後七日目に急, 事件発生後三個月目に完全, 事件発生後二時間を出でず, 事件発生後僅に三箇月, 事件発生後十一日の昨朝逮捕, 事件発生後行方を韜, 事件発生直後の現場, 事件発生直後本社の探聞, 事件発見者島本医学士にまで同じ, 事件発覚以来誰も外国人, 事件発覚後電話をかけ, 事件發生毎に會議, 事件百万円金塊事件などを迷宮, 事件的原因なくし, 事件的緊張は程よく, 事件直前において大西洋, 事件直後彼が行方不明, 事件直後林田は気, 事件直後検事の前, 事件直接の核心, 事件研究はあまり, 事件示談金の財源, 事件神戸では伊藤公, 事件秋川徳子の殺人事件, 事件秘密出版事件爆發物取締規則違反事件で入獄, 事件程度にしか記録, 事件究明のため政府, 事件空気男銀座にあらわる, 事件突發の日, 事件等そのものとしては罰せられない, 事件等十二の質問, 事件等枚挙に暇, 事件米人檢閲の爲新聞紙, 事件紀州沖でトルコ人, 事件紹興の主人, 事件者時日を御, 事件もがや, 事件脱走だの集団的反抗, 事件戸渡船建造入札問題若松, 事件若しくは小説に, 事件落着後八五郎の問, 事件落着後故郷の九州, 事件落着後清廷が目覚め, 事件蓑川文学博士邸の殺人事件, 事件薩藩内部の同士討, 事件處分案なるもの, 事件虚無黨主義事件にて目下入獄, 事件號外附録の用事, 事件行わるときい, 事件複雑な生活, 事件見聞経験なりを一旦, 事件解決後青流亭女将進藤富子は醉つて腹, 事件記載しあり候, 事件記録抜萃の一番おしまい, 事件証拠金品目録として送っ, 事件詐欺とか強盗, 事件評定所に移さる, 事件詳しく話せば, 事件調査をたのまれた, 事件調査委員会調査に依れ, 事件責任者の引き渡し, 事件費一部捻出のため, 事件起こしてみれ, 事件起って光ちゃん, 事件起るべくもあらず, 事件軍法会議現実の一国, 事件迄の小田家の, 事件迷宮に入る, 事件進行中のあの, 事件重大と見, 事件鉱毒事件小金ヶ原開墾地事件等十二, 事件鑑定の依頼, 事件関係地の臨検, 事件関係者全部の心像, 事件閣老安藤対馬を要撃, 事件をやった, 事件露顯に次ぐ, 事件面白いのよ, 事件頻々として起り, 事件題名としてその