青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

亭主~ ~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~
人家~
人工~ ~人形 人形~ ~人影 人影~ 人心~ 人情~ ~人数 人数~ ~人格

「人家~」 1423, 15ppm, 7319位

▼ 人家~ (483, 33.9%)

11 ある所, ある方 8 屋根の 7 あるところ, 屋根が 6 庭に 5 ある処, まばらな, 屋根を, 灯が 4 前に, 方へ, 灯で, 軒に, 軒下や, 間に

3 [11件] 屋根に, 屋根も, 屋根や, 庭にも, 戸を, 方を, 灯を, 灯影が, 群り, 角を, 軒下を

2 [35件] ある町, ある處, つづいて, つづく方, ところを, ないこと, ないこの, まばらに, まわりの, ラジオに, 中に, 前には, 前の, 壁の, 密集した, 屋根から, 屋根へ, 庭には, 庭園に, 後方に, 様と, 正面に, 灯の, 灯も, 燈火が, 瓦屋根を, 窓や, 見える所, 角から, 赤煉瓦が, 軒から, 軒先に, 重みの, 門に, 障子が

1 [286件] あいだから, あいだに, あかりが, あけはなった室内, あたりに, あった跡, ありそう, あるこの小さな, ある前, ある場所, ある岸, ある愛子, ある本道, ある村, うしろを, うちにおいては, うちには, おおい平原, かげに, かげを, かたまりは, きらいなく, きれめ, すぐ傍, たくさん立ちならんだ, ため割合に, とぎれた川端, ところどころに, ともし火, ないお茶の水, ないところ, ない全く, ない山中, ない岩蔭, ない杉並木, ない様, ない田圃みち, ない胆吹尾根, ない農場, なかには, まだまばら, まわりに, ような, ように, 一つ, 一つの, 一つも, 一つ一つに, 三階に, 三階の, 上に, 上には, 上を, 上方に, 下に, 下の, 並ぶ街道, 並んだ宿場風, 中から, 中で, 中には, 中を, 中庭では, 九分通りは, 低い屋根, 倒壊せる, 傍に, 傍を, 入り口に, 入口に, 内に, 内部山奥の, 出入口などに, 前で, 前では, 前を, 前面を, 北側に, 北裏手に, 古衣, 周囲に, 周囲には, 園池にも, 在る処, 地の, 地勢を, 垣根には, 垣根にも, 垣根近くに, 塀らしい, 塀越しに, 墓地, 壁との, 壁に, 壁も, 壁より, 壁を, 壁伝いに, 外面に, 多い宮前部落, 多い町なか, 大きな二つ, 大部分, 奥から, 奴に, 家根の, 密集し, 密集とにより, 小島が, 少しも, 少ない僻村, 少ない時分, 尽きるあたり, 尽る, 屋根とは, 屋根よりは, 屋根ニコライ堂禿山などの, 屋根上に, 屋根次第に, 屋根瓦が, 屋根瓦を, 屋根石や, 屋根越しに, 工合では, 幸不幸を, 床下などの, 店頭に, 座敷下の, 庭だつた, 庭で, 庭などで, 庭また, 庭園へ, 庭背戸なら, 建ちそろわないさびしい, 建てこんで, 建混ん, 形勢を, 影も, 彼方に, 恐ろしい沈黙, 或処, 戸も, 所尽て, 扉を, 散らばって, 散在し, 散在した, 方から, 方へまで, 明りが, 明りに, 明りを, 時計を, 普請や, 木立の, 村を, 板塀または, 極まつた, 楼上から, 様子と共に, 様子は, 檜林に, 櫛比する, 櫛比と, 正面を, 殊に, 海, 海である, 海の, 湿った屋根, 漸く途切れた, 火事は, 灯かげが, 灯である, 灯は, 灯影で, 灯火が, 灯火や, 灯火を, 災難と, 無い一本道, 無い所, 無い畑地, 無い道, 煙が, 煙の, 煙も, 燈あかあか, 燈が, 燈火行きちがう, 燈灯が, 燈灯は, 犬籬笆の, 狭き渓, 狭間に, 狭間にな, 珊瑚木の, 生籬と, 生籬に, 白い壁, 白壁や, 相連なる, 石垣の, 石材光の, 石臼が, 硝子戸の, 祀る所, 稀れな, 窓から, 窓からは, 窓に, 窓には, 窓の, 窓は, 窓も, 窓ガラス越しの, 窓先から, 立ちならべる, 立ち並ぶの, 立ち並んだ所, 立ち並んでる靄, 立て込んで, 簇りたる, 簷が, 簷には, 絶えたところ, 罵り声, 群つてゐる, 群れも, 聚落から, 聚落と, 聚落の, 背戸だ, 背面に, 薄明り, 薔薇色の, 被害は, 裏が, 裏の, 裏へ, 裏も, 裏口に, 裏手と, 裏道へ, 見えるの, 見へ, 角で, 詰りにて, 赤い屋根, 跡絶えた森, 軒が, 軒ごとに, 軒の, 軒へ, 軒よりも, 軒下でも, 軒下へ, 軒並みの, 輪廓を, 辺に, 近いところ, 近くで, 近くには, 近くへ, 近付いたと, 遠いこと, 遠いぽつんと, 遠い所, 門が, 門を, 門口に, 間から, 間からも, 間や, 陰から, 隙間から, 隙間と, 集まって, 集まつ, 雨戸は, 食物を, 飼鳥や, 高い屋根, 高い杉, 鶏を

▼ 人家~ (241, 16.9%)

7 あって 6 ある 5 あると, まばらに 4 あるの, ないと, 散在し 3 並んで, 立って, 立並んで, 見えて, 見える

2 [15件] あった, あつて, つきると, ない, なかった, なくなり傾斜, ひとつも, みえなかった, 一軒も, 七八軒浴場荒物屋など, 建て込んで, 続いて, 見えた, 近いた, 途切れて

1 [161件] あったと, あったので, あったり, あとへ, ありながら, あります, ありますが, ありません, ありやがて, あり女, あり道, あるが, あるそう, あるそこ, あるだらうか, あるだろうか, あるとは, あるなと, あるに, あるので, ある宿屋, あれば, かたまって, ごく高い, ございます人家, ごたごたと, ごたごたに, さびしく立ち並ん, せり上っ, それを, たつて, だいぶ熔岩流, だん, だんだんふえる, だんだんまばら, ちらちらと, つ, つづいて, とだえて, ないから, ないからと, ないさびれた, ないの, ないわけ, ない人, ない初瀬, なかろう, なくて, なくなった, なくなつた, なさすぎますね, ぼつぼつ門燈, ぽつぽつと, ぽつぽつ建ってる, ぽつりぽつりと, ぽつりぽつり散らかっ, みえるだけ, チラ, 一帯に, 一目に, 一部落を, 七軒あっ, 両側に, 両岸, 二三軒ひと塊り, 二百戸ぐらい, 二軒と, 五六軒も, 五十戸も, 些かの, 今では, 低く連なっ, 倒壊し, 全滅し, 出来たが, 出来た新, 出来始めると, 十二三軒あった, 十五六軒ある, 千軒くらゐ, 又ちらほら, 取払われて, 夜に, 密集し, 密集してる, 密集し来っ, 少からず見られた, 少く色々, 少ないので, 少ない上, 少なく地面, 尽きて, 展望された, 山脈の, 岸に, 左右に, 建ちつづいて, 建ってるに, 建てられて, 建てられること, 建てられ風呂屋, 往来の, 断え, 断続し, 斷え, 斷續し, 昨夜は, 有りは, 朴の木や, 杜絶えよう, 櫛の, 櫛比し, 流れ人馬, 流失する, 消滅し, 湯ノ湖に, 炊烟を, 点在し, 点綴する, 無いとの, 無くなるだろうと, 無く道, 焼けて, 独立し, 現れた, 現れて, 現われた, 甚しく, 百戸近く旅館の, 百軒ほど, 目に, 窮屈そうに, 立ちならび川, 立ち並びその, 立ち並び公共建物, 立てこんで, 箱庭の, 絶えて, 続いた, 続いたり, 群つてゐ, 蝟って, 街路を, 見えるぞう, 見える東京都内, 見え出したとき, 記憶の, 軒なみに, 軒ならびに, 軒を, 近いと, 近づいたと, 近づいたの, 連って, 遠いから, 長く接續, 隠されて, 集団まっ, 青白く浮き出し, 黒くあぶなっかしく連, 黒く連つて

▼ 人家~ (115, 8.1%)

5 ない, なければ 3 あれば, なかった, まばらな 2 ない寂しい場所, なく宿, 無ければ, 疎らで, 疏らに, 薄鼠色

1 [84件] あらざるやう覺ゆ, あらず聲, あります, ありません, あり火の見, あるらしく人, いっそうまばら, すくない, すでに悉く水面, たいへんまばら, だんだん少なく, ないこんな, ないし, ないので, ない山, ない時々, ない淋しい山中, ない畑, なくいと, なくその, なくただ, なくば, なくまた, なくもう, なく人, なく人通り, なく単に, なく富士, なく田畑, なく舗石, なし, また手, まだ余り建たず, まばらで, まばらであった, まばらである, まれであっ, みえぬさびしい, わずかながら, 人も, 何も, 出来ては, 別な, 努めて, 埋つて, 多いし, 多くなっ, 多くなり, 大分あるらしく感じられました, 少からず, 川も, 底なき, 建てつづいて, 建て混んで, 往来も, 数軒見える, 断えた頃, 村とは, 村落も, 極めて少なく, 次第に建てられ, 激しく変っ, 点在し, 無い, 無い山間, 燈灯も, 特にこの, 畑も, 疎らな, 相當, 稀れだった, 耕作地も, 街路も, 見えず人家, 見えず左方, 見えて, 見えないの, 見えないのに, 見えません, 認められなかった, 走つて, 途切れ人影, 道も, 非常な

▼ 人家~ (113, 7.9%)

3 まばらに, 一軒も 2 ない, もう寝, 丁度後から, 戸が, 水の, 湖に, 道よりも

1 [93件] あまり見えない, あるには, これ僅かな, ございません, ございませんが, ごたごたと, それほど遠く, だいぶ距, つづいて, どこか, ないから, ないが, ない樹木, なかった, なかつた, なくて, なくなって, なく山道, なく戦災, なく線路, なし走らう, ほとんどなかっ, ぼつぼつあっ, ぽつ, まだ点在的, まだ黙々と眠っ, まばらで, みんな何処へか, むろんの, もちろんなく, もとより立っ, やはり同じ, よりかかって, オタツと, 一つも, 一ツも, 一里も, 丈は, 並んで, 二つの, 二階造りに, 低く小さく処々, 住宅も, 何れも, 何処に, 全く絶え, 右手の, 四階建から, 地面に, 墓の, 多く二階建てなり, 多く崖, 小さい別荘風, 少く松林, 少ない, 少なし隣り, 居酒屋の, 工と, 左右に, 当時根津の, 戸別に, 数へる, 断崖と, 既に戸, 旭町の, 東に, 格別沢山も, 極めて疎, 次第に稀, 無くなる, 焼夷弾に対しては, 燃え滓, 百七八十戸も, 皆古び, 皆山に, 皆東國の, 皆茅葺であった, 盡き, 盡きた, 目的の, 稀れで, 稠密と, 絶えた, 絶てなし雨, 繁みの, 茅屋のみ, 行けども, 見えず午後四時頃, 見えないと, 見られない, 途切れた野中, 道から, 銃眼を

▼ 人家~ (83, 5.8%)

3 栽え 2 栽えられ, 栽培し, 植えて, 遠い松林, 闖入し

1 [70件] あって, あるムクゲ, ある蔓草, いっそう濃く, さわりは, ちかい岸, ちらちら見えだした, なって, なつて, はいり込みそっと, まぎれ込んで, もうポツポツと, 乏しく林, 侵入し, 働いて, 入って, 入りすなわち, 入り自分, 入れば, 入来る, 到着した, 取囲まれて, 囚へ, 囲まれしだいに, 好奇心では, 宿る場合, 寓れ, 帰って, 往時の, 忍び入って, 打ちつけけたたましく, 打附, 投げ込んだの, 押し入り美婦, 掘当てた話, 沿うて, 沿って, 添ふて, 満つ, 潜り込むこと, 照り映えて, 物を, 石の, 種うる, 立ち寄つて保養, 立ち寄らぬやう, 立寄って, 立寄つて, 至って, 花木として, 落雷した, 近いこと, 近いところ, 近い海岸, 近き處, 近く棲ん, 近づかず神, 迷惑を, 逃げ込んだ, 這入り込むこと, 遠いところ, 遠い処, 遠い道灌山, 遮ぎられて, 遮られて, 還って, 防寨が, 隠れて, 離れて, 飛び火し

▼ 人家~ (78, 5.5%)

4 離れて 2 徴発し, 落した新開町, 透かし透かし, 過ぎて, 離れると

1 [64件] うがちまたは, さがすこと, そ, その中, たずねて, ながめては, よぎると, 三つことさらに, 中天に, 出はずれるの, 出離れて, 出離れると, 包みこんだ木立, 包む円やか, 包む樫木立, 包んで, 喪布の, 埋て, 壊った, 崖の, 巡回し, 建てさせないため, 懐しく感じた, 持って, 捜索し, 掠め炎々, 教軒湖岸に, 数マイルも, 望み北, 横に, 求めること, 没したこと, 流し五千, 潰す上, 焼き大水, 産み出し大きく, 画いて, 眺めわたし, 眺め上ッ原, 移して, 置こうとしては, 聯想させる, 背に, 荒して, 荒し人, 襲い鶏, 見つけるという, 見つけると共に, 見ない, 見ること, 見るだけ, 見ると, 見るに, 見ランプ, 規準に, 訪れなくても, 買上げたり, 越して, 通り過ぎ谷川, 遠く離れた, 隔る, 離れた所, 離れてから, 顕わす

▼ 人家~ (32, 2.2%)

1 [32件] または壁, 半鐘台や, 商店からは, 土手の, 地上の, 壁に, 大豆小豆の, 小ぢんまりと, 山河には, 山河にまで, 山河や, 庭の, 往来に, 径が, 木立を, 森や, 森を, 樹木の間から, 樹木や, 樹林に, 樹陰の, 海が, 牧場や, 田園の, 白壁の, 立木やが, 街路が, 街路の, 製造場などが, 道路が, 部落が, 電車道に

▼ 人家~ (24, 1.7%)

4 岩とが

1 [20件] いっては, なりたれば, 二三の, 云ったもの, 人家との, 人家の, 低く延長, 区切って, 同じ高, 商店の, 山の, 庭園とが, 樹木とのみを, 濃い煤煙, 畑地の, 耕地が, 芝浦の, 葡萄圃と, 行き悩む駕籠, 高層建築物の

▼ 人家~ (16, 1.1%)

1 [16件] せまると, たずねて, やって来て, ヒンパンに, 入って, 出ても, 出るまで, 往き着く, 焼け出さないよう, 着いたならお, 続いて, 舞ひ降りよう, 襲って, 逃げこんで, 逃げ込もうと, 駈け付けて

▼ 人家らしい~ (12, 0.8%)

5 ものは 2 ものが 1 ものとて, ものの, もののかたまった, ものも, 人家は

▼ 人家から~ (10, 0.7%)

1 ぱっとさす, 一番鶏の, 二三町も, 二町程, 先へ, 四日路も, 数町離れた, 見れば, 離れた礫, 驚くほど

▼ 人家には~ (9, 0.6%)

3 灯が 2 眼も 1 そぐは, もう赤い, 作って, 程遠いところ

▼ 人家~ (8, 0.6%)

1 あつた, どうやら明治, 埋め尽されて, 総門の, 表の, 賊を, 逃げ路, 駅逓から

▼ 人家稠密~ (6, 0.4%)

2 の場所 1 して, といい, の廓, の日本橋区

▼ 人家ある~ (5, 0.4%)

1 ところに, は加藤温泉, 処, 処ぞと, 所に

▼ 人家からは~ (5, 0.4%)

1 うすい煙, だいぶ隔たっ, どの道, なれた森, なれた路上

▼ 人家つづき~ (4, 0.3%)

2 となった 1 の横町, の街

▼ 人家とても~ (4, 0.3%)

1 ないの, ない様, なくあたり一面, 無いで

▼ 人家との~ (4, 0.3%)

1 配置によって, 間から, 間の, 間は

▼ 人家など~ (4, 0.3%)

1 ありそう, どこにも, ないところ, なかった

▼ 人家にも~ (4, 0.3%)

1 もう一点, 作られて, 庭に, 逢わなかった

▼ 人家まで~ (4, 0.3%)

1 壁が, 行きつくべしと, 迷惑し, 運ばせること

▼ 人家こそ~ (3, 0.2%)

1 いかに陰惨, 建ち続いて, 疎らであった

▼ 人家すら~ (3, 0.2%)

1 なかった, 三十間に, 無いと

▼ 人家では~ (3, 0.2%)

1 もう老年, 何れも, 正面の

▼ 人家櫛比~ (3, 0.2%)

1 して, の中, の街道筋

▼ 人家無き~ (3, 0.2%)

2 処に 1 ところ患者あるべき

▼ 人家からも~ (2, 0.1%)

1 至って近い低い, 道路からも

▼ 人家さえ~ (2, 0.1%)

1 出抜ければ, 視界から

▼ 人家という~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものを

▼ 人家といふ~ (2, 0.1%)

2 ものが

▼ 人家とては~ (2, 0.1%)

1 ないの, 一つも

▼ 人家なき~ (2, 0.1%)

1 山路も, 所を

▼ 人家などは~ (2, 0.1%)

1 ほとんどなく, 一軒も

▼ 人家について~ (2, 0.1%)

1 よくお, 訊ねたが

▼ 人家へも~ (2, 0.1%)

1 三十分以上の, 忍び込んで

▼ 人家まばら~ (2, 0.1%)

1 な桜, に草茫々

▼ 人家低く高く~ (2, 0.1%)

2 山に

▼ 人家~ (2, 0.1%)

2 をあらそひ

▼ 人家無く~ (2, 0.1%)

1 これが, 附近にも

▼ 人家~ (2, 0.1%)

1 並んで, 継して

▼ 人家軒端~ (2, 0.1%)

2 や宅地

▼ 人家近く~ (2, 0.1%)

1 にあっ, へ来

▼ 人家頬髭~ (2, 0.1%)

2 長き猶

▼1* [110件]

人家ありけるよと打, 人家疎らに, 人家これらの物, 人家へ出抜けれ, 人家しかないそして, 人家すべて二十を数える, 人家すべて柔かに深い, 人家する夢を, 人家その垣に, 人家それらの上, 人家だろうかさまざま, 人家である幾分か, 人家といったものが, 人家とが村の, 人家とは後方の, 人家なく眺望開け, 人家なし唯, 人家なぞのあるべき, 人家なぞも一軒も, 人家などが見える, 人家などに対照し, 人家などの幽かに, 人家ならどうにでも, 人家なる旅店に, 人家なんぞなくとも, 人家なんぞは一軒も, 人家にわたる舗石が, 人家はずれの広場, 人家ばかりでなん, 人家へと走った, 人家へは滅多に, 人家また多くチリ国, 人家までの里数を, 人家までは同じぐらいの, 人家までも埋めて, 人家もしくは樹木の, 人家よきほどに隔り, 人家より盗み去るの, 人家よりも畑の, 人家わざと洞中より, 人家をも見ず唯, 人家入ルモノハ厳罰ニ処ス, 人家ハ破損スレド既ニ惨タルモノハ薄ラグ, 人家一軒見当らないの, 人家一軒眼に入らない, 人家三つ四つが程, 人家三棟籘もて作れる, 人家並みには何, 人家景の, 人家九万余戸大地震, 人家二三十道路山水としては格別, 人家二十三戸石高五十五石の検地, 人家五月春猶浅, 人家人手の入った, 人家付近の沢地, 人家の美しい, 人家に二戸, 人家兩三時に表, 人家兩側に連なる, 人家十万余のある, 人家四五十相接し, 人家四五十戸の漁村, 人家堀割石垣凡ての物, 人家多くして, 人家女子あら, 人家密集の都市, 人家富士のす, 人家少く閑地多し, 人家少し途絶えばらばら, 人家屈曲したる川, 人家希有にし, 人家思いきり濃くまた, 人家思ひきり濃く, 人家悉く潰滅し, 人家数戸あるのみ, 人家之處, 人家東西に連なり, 人家を栽, 人家栽植の品, 人家を治めざれ, 人家櫛比南は堺, 人家漸く盡き, 人家点在するのみ, 人家無しと, 人家焼亡す酉戌, 人家片側はまばら, 人家を竝, 人家の中, 人家百軒にも足りない, 人家以て, 人家碁子の如く, 人家損ずと, 人家簇擁して, 人家絶えてなく, 人家絶ユルコトナク倡女群ヲ成シテ扁舟ニ棹サシ, 人家続きになつて, 人家街衢をなす, 人家見ゆる辺より, 人家を並べ, 人家近い処へ, 人家近きかな, 人家近く水にのぞめり, 人家銅鉱溶滓廃鉱等ことごとく流失, 人家間近まで来, 人家雑木林森なぞを望み, 人家霞ヶ浦に接す, 人家と子供, 人家黄色い懸稲, 人家黒ずんだ遠田の, 人家點綴する處