青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人夫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~
人夫~
人家~ 人工~ ~人形 人形~ ~人影 人影~ 人心~ 人情~ ~人数 人数~

「人夫~」 1245, 13ppm, 8236位

▼ 人夫~ (194, 15.6%)

6 一人が, 中には 5 ような 4 ように, 一人は, 数は 3 一人に, 中に, 姿が 2 一人であった, 一人と, 一人を, 中から, 中の, 手で, 手を, 話から, 頭が

1 [138件] あやつるところ, うえに, かけ声は, ことです, ことに, ことまで, ことを, しかも広い, そばへ, ために, ていに, ひとりが, ほかには, むれも, ゆらぎが, ショベルの, ショベルは, トロッコで, ドラ声が, 一人の, 一人や, 一大隊を, 一家や, 一番おわり, 一群が, 一隊が, 一隊は, 不足する, 不足を, 中で, 乗った舟, 二人や, 仕事着物を, 代りに, 休んで, 作業を, 供出は, 先頭に, 募集を, 十人二十人生贄に, 半分以上は, 口から, 号令は, 和を, 声が, 声や, 声を, 大部分, 奪い合いが, 姿で, 姿に, 姿は, 姿を, 娘にでも, 宰領が, 家に, 寝顔までが, 平蔵の, 影は, 往来を, 後に, 後ろから, 悲しき様, 所謂, 手に, 手の, 手傳ひ, 手間以外は, 持って, 指図を, 指定した, 掘立小舎, 掛け声種々な, 方から, 方を, 春蔵という, 服装を, 末路を, 来るの, 滝波国一の, 理想的な, 用意から, 男女は, 留吉, 番に, 百姓が, 監督が, 監督は, 短い衣服, 稼業から, 積荷下荷を, 窮状は, 組合を, 組頭の, 経済上からと, 群れが, 群れに, 群れを, 者いずれへか, 肉体美を, 肩に, 背に, 背中をも, 背負うて, 荒仕事も, 荷を, 行方です, 言う所, 言に, 言葉である, 計算にしか, 話では, 話に, 話の, 話を, 調和が, 賃金が, 賃金は, 賃金其他を, 賃銀を, 賑やかな, 足の, 足音が, 逡巡の, 都合が, 金使いが, 鍬の, 間に, 間を, 間違で, 雇用其他の, 需要も, 鞭撻にあたっては, 頭どもを, 頭を, 顔が, 類が, 類とは

▼ 人夫~ (188, 15.1%)

4 来て 2 やって来て, レールや, 下ろして, 百二三十人に, 集まって

1 [174件] あらへ, ありました, あれば, あわてて, いた, いたが, いたので, いないと, いる, いるすぐ, いる方, うまいと, お辞儀を, かかれば, かたまりトタン, しきりに開通工事, そう正確, そう答えた, その泥濘孔, その辺蟻, それを, そんなこと, たくさん泊っ, どっさり出, ないから, なくなりや, のぞきこんだ, まだ来なかった, やってきて, やつて, わやわや騒い, オーイと, ザラザラと, スキーで, スコップを, タオ, ヒーローの, 一人いなくなっ, 一人すばやく, 一人ずつ, 一人も, 一人乗っ, 一日七十銭にも, 一時に, 三人待っ, 三千の, 不正な, 不用に, 丸太棒の, 乗って, 二三人ずつ, 二三人で, 二三人集っ, 二人その, 二人は, 二人其の, 二人居た, 二人掛りで, 二十人以上も, 五六人寄っ, 五六名, 交番へ, 今貧民窟, 何と, 何を, 何人ついて行く, 倒様に, 働くの, 先に, 入り乱れて, 入り込んで, 入口を, 六人掛かりで, 六百人出ました, 冷かした, 出て, 出入した, 列を, 別々に, 十分に, 十尾ばかりの, 南ゴリフ沢と, 危険を, 取りに, 受取って, 叫ぶ, 叫んだ, 和卿の, 囂囂云い, 困ること, 固まって, 地主と, 大きな松茸, 大きな聲, 大勢入っ, 大勢入り込み, 大変でござんしょう, 大骨折りで, 寄って, 寝台車の, 寺から, 山から, 帰えっ, 平湯まで, 引起し, 当惑そうな, 彼の, 必要に, 忽ち, 悉くきり, 手に, 手を, 担いで, 捨てやう, 掃除し, 掘ったお, 採って, 教へて, 散らばって, 昨夜は, 木の, 机や, 材木を, 来た, 来たので, 来た自分, 棺を, 棺車の, 様々に, 歩道の, 死んだり, 残って, 毎日働い, 汽車を, 点じた火, 物売り店に, 犯人だ, 瓦の, 発足いたしまする, 石を, 石垣を, 碑の, 立札を, 立迎え, 築堤線に, 罵る, 背負って, 自分たちの, 自転車で, 船を, 草を, 草鞋を, 荷を, 蕗の, 言ったとおり, 話し合って, 詳細な, 負われて, 財宝を, 貴婦人の, 車に, 這入って, 運ばれて, 運搬中の, 道の, 長い鳶口, 間に合わないと, 闇の, 附いて, 隣を, 食饌の, 骨を, 鶴ヶ御前, 鼻歌歌う

▼ 人夫~ (173, 13.9%)

7 雇って 6 入れて 5 して, 連れて 4 つれて, 使って, 頼んで 3 動員し, 指図し, 督し, 督励し 2 そこに, 指揮し, 雇つて掘返し

1 [120件] かり出して, かり立てるお, かり集めて, ごらんでした, さがして, さし招いた, しながらも, そろえいよいよ, ついでに, つかまへて, つれぬ人, はしらせ何ごと, ひきいその, もって, やった疲れ, やって, やつて, やとって, やとわぬ人, やりたいという, よこして, よびこんで, 一人ずつ, 一人借り, 一人傭は, 一人連れ, 一人雇っ, 一枝の, 一見れ, 三人連れ, 並べて, 二人駆りだし, 二十人至急に, 二十名ばかり, 二階に, 今年から, 付けて, 伴い度, 伴い越中小川, 伴って, 使います, 使うこと, 使う工事, 使つて, 使つてこれなら, 使つて取り賄つてゐる, 使つて天上の, 使ふ, 使役し, 使役した, 使役する, 催し毎日これ, 傭ふ, 先頭に, 入れりやそれ, 出したごときは, 出すの, 励し, 励まして, 募るには, 十四人ばかりと, 南の, 取りたて昼夜の, 叱つたが, 合せて, 合わせて, 同伴し, 呼ばせて, 呼び迎えに, 呼ぶこと, 呼ぶん, 呼んだ, 呼んで, 四五人連れ, 尋ね出す事, 差向けると, 引き具して, 引き連れて, 引具し勇ましく, 引率し, 彼は, 待ち合せて, 待つの, 得ること, 徴発した, 指揮する, 探し当て, 撲るぐらいは, 明日中に, 森林に, 残すほか, 求む, 求めて, 煽動した, 率いて, 生き埋めに, 百人雇う, 総動員し, 藤吉郎の, 見ながら, 見ると, 課せらるる, 返し荷馬車, 連れたり, 連れないと, 除いても, 集めて, 集められるだけ, 雇いたいもの, 雇いて, 雇う金, 雇おうと, 雇つてホロドマリへ, 雇ひ入れる, 頼む, 頼むほか, 頼もうにも, 顧みて, 首に, 駆り集めて

▼ 人夫~ (132, 10.6%)

2 仕事を

1 [130件] あとで, いう, いきなり, いつの間にか一人, うなずいた, おのおのその, おりましたけ, ここから, ここに, こつちの命令, これから恵, そう言っ, その半分, その名, その脊, それどころで, ちょっと笑った, ちらと, とうに起き, なかなか動こう, なれたもの, のびあがって, ばさばさと, また右側, また歩きだした, みな隅へ, もちろん朝, カンジキである, ショベルを, ビエット街から, 一人でした, 一人も, 一塊り, 一日八銭男が, 万余の, 不満不服の, 不潔な, 之を, 二人づつ常に, 二十九人まで, 二十五歳から, 五米の, 人夫の, 何処でも, 俯向い, 六人も, 其処から, 其雨合羽を, 再び帰っ, 再び歸つて來, 冷刻な, 勇敢にも, 十四人残らず, 卑しく笑い出した, 可なり骨, 呟いた, 呼んだ, 土の, 地元の, 堀之内へ, 墓地の, 墓場の, 大野を, 岩壁に, 左の, 帰した後, 平ヶ岳で, 微に, 必ず猟師, 指す, 採集した, 携帯の, 既に穴, 日々数万人呉の, 日給二円, 時々泥まみれ, 望むが, 本年四人を, 杖を, 来ない, 松蔵の, 枯木を, 案内の, 棺の, 此処から, 此処は, 水を, 泥を, 注意し, 爪に, 犬を, 犯人と, 白い息, 皆引揚げ, 皺だらけの, 目が, 真黒な, 知って, 石子の, 礼を, 私に, 空地の, 立木の, 立看板を, 笑いながら, 糧食その他の, 肩を, 腕に, 自分に, 自分の, 舟を, 薩摩と, 蟹工船の, 西郷の, 見たよう, 親子連れの, 軽いし, 逃げて, 途中から, 都合三人で, 釜沢の, 鋤で, 鎗の, 門を, 集められ堤防, 飯場の, 飼料の, 魚を, 鶴嘴と, 黙つてひつ

▼ 人夫~ (73, 5.9%)

2 手伝って

1 [71件] あれは, かかれ二人, かつがれて, きくと, しょわせるの, そりゃ出来ねえ, たずねて, つかみか, つきあたりふたり, なったが, なって, なつた, なりたくば, なるか, なン, もし戸台, 与え力めて, 事の, 今夜の, 仕事を, 会ったかと, 何かとお尋ね, 使われて, 使役した, 使役せられ, 出る割合, 出る者, 出ろ出られなけれ, 化けさも, 千手院の, 号令を, 合意を, 向かって, 命じた, 地理や, 地理天文の, 変った訳, 安曇踊にでも, 尻を, 山の, 引っ担がせて, 徴発され, 徴発された, 心懸け, 必要な, 扮装し, 担わせて, 担架させ, 持たせる, 採用された, 曳き下らせると, 来て, 汲取りを, 混って, 渡して, 石塔を, 石材木を, 聞くと, 背負って, 荷物ぐるみ背負っ, 荷物を, 見立てても, 起された, 連れて, 連れられて, 運び出されて, 重なって, 雇はれ, 顛落した, 食べさすもの, 黒土を

▼ 人夫たち~ (54, 4.3%)

2 であった, の住む

1 [50件] がおろし, がからかう, がどの, が土佐節, が急, が斧, が来はじめた, が集まっ, が騒ぎ出した, といっしょ, との間, に別れ, のうち, のたぐり寄せ, の一群, の中, の出入り, の指揮, の挙げる, の擧げる, の沈黙, の眼, の背中, の高い, はあと, はそれ, はふるえあがっ, はみな夕方, はわっ, はベンゲット山腹五千呎, は喚き, は左右, は役人, は忙しく, は権兵衛, は此処, は毎日ここ, は漁夫たち, は甲冑, は疑わなかった, は稼い, は終い, は遥, は釜礁, は雷鳥三羽, も一顧, も水, も親切, を先, を叱りとばし

▼ 人夫~ (54, 4.3%)

1 [54件] から日頃, が, がいつ, がこの, がサクサク, が一度, が二十五, が切り崩し出し, が土佐節, が太孤山, が朝, が生き残った, が荷拵, が路傍, が遅れ, だった, であろう, でござる, で外, には馬宿, に一々, に作らせ, に指図, に炊かせ, の勇敢, の合羽, の気もち, の烈しい, の眼, の私語, の群, の足, はその, はひどく, はよう, はピタリ, は先ず, は厨房, は天幕, は平生, は感激, は敵意, は深く, は皆仕事, は笑った, は耨, は荷造り, は追撃, もそれ, も材木, も舌, や娘さん達, を掻き分け, を救わなけれ

▼ 人夫~ (38, 3.1%)

1 [38件] あとから, いなかった, いま交代し, すっかりれい, すべてその, それを, だれも, どんどん雫石, なければ, べつにこぼさず, みんな初めて, よろめいた, 一と, 一人雇わなけれ, 三年前に, 之を, 二里と, 仰山連れ, 偃松の, 兵士も, 厳重に, 大勢かかり, 少くなかった, 彼の, 後から, 折よく, 比較的に, 無く其の, 相当たくさん, 立ちあがった, 返事を, 追いついて, 連れずに, 連れなかったので, 金は, 門先き, 雇わずに, 馬を

▼ 人夫ども~ (22, 1.8%)

1 [22件] があなた, がたまに, が棺, が祠, だ, だの私, であった, で一ぱいだつた, と墓掘り人, にその, に処置, に打ち殺された, に水, に聞け, の雑多, は与えられた, は感づくだろう, へそう, を促し, を通させる, を連れ, 迄が真田丸

▼ 人夫~ (21, 1.7%)

3 なって

1 [18件] いっしょに, である, なれり, 一緒に, 三千の, 云えば, 別れて, 土砂と, 多額な, 工匠が, 死体の, 殴りあい, 為って, 背中あわせ, 船の, 話し合って, 諸職の, 都合七八人の

▼ 人夫~ (19, 1.5%)

2 の吉

1 [17件] が叱ります, が憎, といっしょ, となり, とほか, と見える, の吉永, の畠山善作, の飮代, の飲代, は命令, は寄, は面目, は頭, も飛ん, を呼ん, を顎

▼ 人夫~ (18, 1.4%)

2 案内を

1 [16件] しばしば実行, バラス取り, 人足の, 兵卒が, 医者や, 女工が, 屑屋だの, 工匠が, 捨場の, 測量師体の, 百姓たちは, 船員たちが, 船頭を, 荷物は, 薬剤師たちが, 農場の

▼ 人夫~ (12, 1.0%)

1 [12件] が, が岸, が掘り, の中, の手, の短, はしだいに, は工事, は工事場, は怖, は湿った, を溺らす

▼ 人夫~ (11, 0.9%)

1 [11件] がその, がそれ, が呶, が大勢, が大勢列, が駅頭, で全く, と崖下, の全く, の行く, も同時に

▼ 人夫~ (8, 0.6%)

1 あまり酒, これは, 二円, 八日か, 出ろ, 医者は, 犇き立ち, 裁判長の

▼ 人夫として~ (8, 0.6%)

2 同行した 1 ともかく籍, 働いた事, 役せられて, 立ち働かなければ, 酷使される, 駆使せられた

▼ 人夫一同~ (7, 0.6%)

1 あのよう, に代っ, に伝えました, の方, は石, へ諭した, も眼

▼ 人夫~ (7, 0.6%)

1 が出入り, の方, の首, は埋めた, は釣臺, をお, を撃ちました

▼ 人夫小屋~ (6, 0.5%)

2 の側 1 が軒, が頑固, の中, を除く

▼ 人夫でも~ (5, 0.4%)

1 して, しょうかと, それを, なんでも好い, 海岸に

▼ 人夫~ (5, 0.4%)

1 と逸作, に申し聞える, の墓, の悲劇的殺傷問題, は轉げ

▼ 人夫から~ (4, 0.3%)

1 戻つて, 稼ぎ上げた, 聞いた所, 聞き取ったまま

▼ 人夫~ (4, 0.3%)

2 のは 1 そうだ, ちの方を

▼ 人夫二人~ (4, 0.3%)

1 がどうにかこう, が腰かけ, をつれ, を加

▼ 人夫~ (4, 0.3%)

1 が居るだ, にまかせ, の出入り, は里

▼ 人夫~ (4, 0.3%)

1 がいくら, がかかる, を払う, を雇賃

▼ 人夫~ (3, 0.2%)

1 なんかにな, 土方の, 土方人足みたいに

▼ 人夫~ (3, 0.2%)

3 がたの

▼ 人夫とが~ (3, 0.2%)

1 加わりて, 十七人通信用として, 四足の

▼ 人夫とは~ (3, 0.2%)

1 思われない, 想像されぬ, 離れて

▼ 人夫などが~ (3, 0.2%)

1 いずれも, 仲間同志で, 最もタカラ

▼ 人夫にな~ (3, 0.2%)

1 つて悪臭を, つて戦争に, つて日給二百円の

▼ 人夫にも~ (3, 0.2%)

1 なる寺内外, 解る, 跳ねられさうに

▼ 人夫らしい~ (3, 0.2%)

1 人が, 人夫の, 男が

▼ 人夫さえ~ (2, 0.2%)

1 組合を, 踏違える

▼ 人夫さん達~ (2, 0.2%)

1 は皆労働者, を解放

▼ 人夫たちそれ~ (2, 0.2%)

1 が焼け跡, に伍助

▼ 人夫だの~ (2, 0.2%)

1 番小屋の, 石炭か

▼ 人夫であった~ (2, 0.2%)

1 が荷駄, のであろう

▼ 人夫である~ (2, 0.2%)

1 から邪魔, 小使が

▼ 人夫では~ (2, 0.2%)

2 ないの

▼ 人夫とも~ (2, 0.2%)

1 云えた, 離れ離れに

▼ 人夫など~ (2, 0.2%)

1 あわせると, して

▼ 人夫などに~ (2, 0.2%)

1 世話を, 止めて

▼ 人夫などの~ (2, 0.2%)

1 必要は, 着さうな

▼ 人夫にさえ~ (2, 0.2%)

1 至る階級別, 見せないで

▼ 人夫には~ (2, 0.2%)

1 自分の, 馬来人と

▼ 人夫~ (2, 0.2%)

1 悪い事, 手伝ったという

▼ 人夫への~ (2, 0.2%)

1 換算払出しには, 換算率は

▼1* [116件]

人夫お前俺等み, 人夫おびただしい合力でございます, 人夫かれこれ四十人ばかりの, 人夫がわりの利器, 人夫すべて町から連れ, 人夫ぜんぶが賊, 人夫そして中折れ, 人夫その他第一, 人夫たらしめないために, 人夫だけを別れ道に, 人夫だって雇えるん, 人夫であろう一人の, 人夫でさえ気が, 人夫ですね, 人夫というのは, 人夫といふのは, 人夫とで仆れた, 人夫とともに一行は, 人夫とまでなり下がった, 人夫とをよこします, 人夫と共に附近の, 人夫んざ入らねえだ, 人夫なく満目た, 人夫なしで歩きたいの, 人夫などは敢て, 人夫などもこの熔岩流, 人夫なりをつれて, 人夫なれば命, 人夫なんかもありますね, 人夫なんどに水, 人夫について野良へも, 人夫にて二十年を, 人夫にでもなったの, 人夫に対してはあるいは呵責, 人夫ひとりも通らなかった, 人夫ふうな短, 人夫まで一人で, 人夫までを何かに, 人夫みたいだった, 人夫みな行き届いた御, 人夫やらぬとは申さぬ, 人夫らしくない痩せ, 人夫ら二十余名が手, 人夫わずか二万人に, 人夫をも将軍と, 人夫アイヌ約二十人, 人夫一万人を此地, 人夫一人を雇い, 人夫一人準備して, 人夫三万を加え, 人夫三人は調子, 人夫三十万といわれ, 人夫三十餘名を督, 人夫三名とトラック, 人夫二万に兵, 人夫二人全部で十日, 人夫五人合計七人にリーダー格, 人夫五十円その他五十円合計百円は辛い, 人夫仕事が現金, 人夫がやつ, 人夫入用ならば, 人夫八名職人二名ずつ, 人夫八萬三千餘人を徴, 人夫六人が死ん, 人夫六人何れも支那人, 人夫六名ないし十名, 人夫其他費用一切が百エエカア, 人夫労役ノ要, 人夫募集のビラ, 人夫募集員が来, 人夫募集広告には日魯林業株式会社直営現場, 人夫が間道伝い, 人夫十一人と警察, 人夫千七百決死して, 人夫及び軍馬を, 人夫四五人もあり, 人夫四名の中氏名不詳, 人夫土工或は庭師, 人夫土工人夫等の全く, 人夫大工を使い, 人夫妻町も山, 人夫姿の味方, 人夫小屋トロリー軌道ちょっとした畑, 人夫島田某は死体発見当時, 人夫工人を集め, 人夫引き子でもらい, 人夫を出す, 人夫役三人を呼ん, 人夫必ずしも風景より, 人夫必要の時, 人夫がゐた, 人夫数十人を使っ, 人夫数百人を途中, 人夫木田三次郎がすくい上げた, 人夫来りそれで起きち, 人夫を焼い, 人夫にお貸, 人夫用意致して, 人夫百人という積り, 人夫の働き, 人夫稼ぎで暮し, 人夫総出で第, 人夫職人どもも雑居, 人夫艶歌師女衒などなどこれら, 人夫荷駄などを先, 人夫請負った親方検視を, 人夫請負賃を調べ, 人夫請負賃増額の件, 人夫賃運転手ガソリン代其他雑費諸掛りを計算, 人夫迄之御祈祷, 人夫は間断, 人夫運搬夫等にそして, 人夫運輸地質検査運賃計算等を明細, 人夫が陣中, 人夫の男, 人夫馬車此方の申す