青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「亭主~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

交際~ ~亦 亦~ 享~ ~京 京~ ~京都 京都~ 亭~ ~亭主
亭主~
~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~

「亭主~」 4322, 47ppm, 2508位

▼ 亭主~ (916, 21.2%)

12 方は 11 方が 10 顔を 9 ために 6 前で, 前に, 留守に 5 事を, 好きな, 頭を

4 [14件] あること, ある女, ことで, ところへ, ユシュルーは, 信長は, 前へ, 口から, 所へ, 敵を, 方へ, 為に, 話に, 造酒助は

3 [19件] ことを, とこへ, ほうは, ように, テナルディエの, バルブレンが, 仇を, 妹の, 家へ, 帰りを, 手から, 方で, 留守を, 病気が, 言葉を, 造酒助が, 金兵衞を, 顔に, 顔の

2 [60件] あとから, あるお, あるもの, ある身, お膳, ことが, する事なす事, そばへ, だらしな, ほうが, ほかに, やうに, ような, ココアの, 三十五日も, 世話に, 久兵衛は, 仕事に, 仙八の, 仙八を, 個性の, 出勤など, 前では, 勝次郎は, 名は, 坂田に, 声が, 声である, 夢は, 小説など, 岩吉は, 市之助は, 帰るの, 弟で, 彌助は, 心を, 心情を, 所を, 手に, 敵, 文七が, 方も, 昔の, 横面を, 權が, 歸國を, 気質を, 浮気を, 申し条, 背中へ, 膳に, 自慢を, 藤吉は, 言うこと, 話を, 金作が, 長次が, 顔が, 顔は, 首を

1 [608件 抜粋] あたま, ある人, ある私, いうこと, いうと, いうに, いう事, いささか訛, いった意味, いない留守, いねえの, いる休み茶屋, おれにまで, お前が, お前によりも, お手ほどき, お給仕, お蔭です, お話には, かたきの, かたきを, かどうして, ぎょうてんした, くせに, ことそれから, ことである, この所為, この返事, ご機嫌, しっつぁん, しっつぁんだけだ, すがた, すきな, すること, その亭主, そばで, それが, たしか物理學, ためとは, つもりで, なすまま, ねばり強さ, ひたいに, ほうへ, ものと, ものは, ものを, ゆくえ不明が, ようだ, らしい陰気, わきについて, アレクサンドル, エゴイズムという, オカゲで, カモ七が, カモ七も, キチン氏と, グラスに, ジャカン・ラバールは, ズズーリャが, ツトメだ, テナルディエも, テンプラ屋は, ドルフが, ニキビだらけの, ハリソンは, ピメーノフの, ベッドに, ホールを, モクベエは, ユシュルーが, 一人である, 一般的な, 七兵衞が, 万吉が, 万吉さんが, 万吉なり, 三十郎が, 三十郎は, 三十郎を, 三百代言能文, 三百代言角造, 下手人は, 不品行を, 不在には, 不平と, 不身持か, 両手と, 中年男が, 久さんに, 久兵衛とは, 事などは, 云いつけ, 云うこと, 云うの, 云う方, 云った袋戸棚, 云つた言葉には, 五人十人取りかえた, 五兵衛は, 人柄と, 人相見の, 仕事を, 仕度も, 仕打は, 代役が, 仲吉が, 仲裁する, 仲間は, 伊太郎が, 伝吉の, 但馬君に, 佐五郎は, 佐五郎奴で, 作品でも, 作品を, 使って, 依頼によって, 信用を, 信長も, 倉吉で, 倉吉である, 借金の, 借金済し, 側からも, 側に, 側へ, 催促が, 元助, 兄弟その, 兄弟で, 八住ときたら, 六兵衛は, 六兵衛も, 六助は, 六平ぐるみあの, 内に, 処へ, 出たあと, 分前, 前い, 前である, 勘作が, 勘作などに, 勘六は, 勘右衛門は, 勝藏を, 厨子野耕介という, 又左どの, 友達で, 友達な, 口と, 口を通じて, 口前に, 叫びし声, 右腕を, 名である, 名を, 名前で, 名前でしょう, 君の, 吹聴を, 告げであった, 周章し, 和助の, 喜久治は, 喜八が, 喜右衛門は, 噂に, 器量が, 因幡は, 国府に, 圧制やら, 坂野が, 墓詣り, 変死一件である, 多の, 多吉や, 大臣夫婦に, 天童太郎を, 太郎右衛門に, 失業中の, 奥さんで, 妹との, 妾狂いという, 姓は, 姿は, 姿を, 威力地に, 威嚴を, 子かも, 子じゃあ, 子だ, 孔明に, 存在を, 存生当時よりも, 孫に, 宇三郎です, 宇三郎という, 安全燈か, 安兵衛にも, 安右衞門, 安蔵の, 宍戸梅軒という, 宗兵衛は, 官金費消という, 定吉が, 容子が, 寄生蟲に, 富五郎が, 寝て, 寝床を, 寝息を, 寝酒を, 寝首を, 小坂信二が, 小遣銭に, 就職が, 尻っ, 尻拭い紙である, 居所を, 岩吉さ, 川津が, 左橘右衛門は, 左橘右衛門や, 己を, 市兵衞で, 希望と, 帰らんうち, 帰りの, 常右衞門, 平作の, 平兵衛が, 幸七は, 庄五郎が, 庄五郎の, 庄五郎は, 弁護人への, 弁護人も, 引きまわし, 引越し先という, 弟が, 弟だ, 弥之助さんが, 弱々しい力, 強さ, 当てこすりの, 当吉, 役じゃ, 彼に, 後に, 後ろ姿を, 後姿を, 徳之助が, 徳兵衛を, 心持ちを, 心配も, 思想や, 性惡を, 怨みでも, 怨霊に, 恥を, 悪事を, 情を, 惚太郎が, 意に, 意向を, 慾の, 我が連れ, 所から, 手とを, 手を, 手前は, 手前も, 手助けに, 手助けを, 手許へ, 承諾を, 拵えた借金, 持って, 持てねえよう, 支店の, 支配者に, 放埒と, 放蕩に, 教えて, 敬吾が, 敬吾は, 敵い討たねえで, 敵が, 敵と, 敵は, 敵罰当りの, 敵討の, 文七は, 文七も, 文吉を, 新藤隆一が, 方であった, 方にも, 方の, 方より, 明巣を, 暴君ぶりと, 有る身の上, 服部君が, 木之, 杉夫さんつうの, 松江が, 枕の, 林三郎さんが, 林三郎さんの, 栄吉が, 権が, 横ッ腹を, 機嫌が, 次郎吉が, 次郎吉という, 正体が, 武運は, 死は, 死を, 死体が, 死様を, 死骸の, 殺風景な, 気に, 沈んで, 没落は, 河合金兵衛が, 治三郎老, 治兵衞の, 浪人は, 浮気の, 浮氣を, 涙ながらの, 清吉ひとりが, 清蔵とは, 漫才屋さんと, 火渡り甚右衛門という, 為さんに, 為には, 為めと, 無い婦人, 無事を, 熟練でなく, 燒餅が, 父親が, 父親として, 爺さんと, 物を, 物理学者が, 物理学者との, 独善的な, 甚右衛門に, 生きて, 甥の, 由兵衛も, 甲斐性なし, 申し立てに, 男は, 男も, 男乞食が, 留守が, 留守には, 留守へ, 留蔵が, 病気で, 病気を, 痣を, 癇癪も, 白系露人と, 目に, 直右衛門殿の, 相違とは, 看病でも, 看護を, 眼からは, 着物と, 着物を, 矢の根五郎吉に, 知らないうち, 磯吉である, 社会的位置という, 神経的に, 秀吉から, 私は, 稼ぎが, 竹松は, 竹谷義作が, 笑顔から, 答えだ, 粧したてた, 紋三郎が, 素人芸を, 紹介で, 罪を, 羚羊それから, 羚羊の, 習慣的に, 耳に, 肉親たちに, 肌襦袢から, 股引が, 肩から, 胸つぶれる, 脳味噌を, 脳天を, 腹でも, 膝を, 自慢で, 自慢な, 良経は, 苗字さ, 英三です, 茂兵衛の, 荷を, 荻野河内が, 蔭で, 藤吉が, 藤次では, 藤次を, 行って, 行方が, 行為が, 袋へ, 襟が, 要作と, 要作に, 見本, 見本だ, 見本な, 親友で, 言いつけ通り為, 言うとおり, 言は, 言ふ, 言葉が, 計らいで, 計らひで, 計らひと, 許さぬ女房, 話が, 話は, 誕生日を, 負けが, 財布の, 趣味を, 足が, 足もとへ, 足音が, 跡を, 身許は, 躯を, 軍人が, 辰五郎と, 辰蔵であろう, 送り出しでは, 造酒助さ, 造酒助と, 造酒助の, 造酒助を, 連れ娘で, 過去の, 道楽に, 遺した新吉郎, 野郎に, 金作は, 金兵衞に, 金太郎にも, 鉦で, 長五郎も, 長兵衛は, 長男で, 間には, 陽吉さんが, 隙を, 難儀は, 零落と, 露八を, 面を, 面前に, 頬を, 頭から, 頭に, 頭にでも, 頭の, 頸に, 顏今も, 顔み, 顔色が, 風貌であった, 飯を, 首が, 馬鹿に, 驚いて, 髑髏が, 髯を, 鼻に, 鼻先きがとがり過ぎ

▼ 亭主~ (763, 17.7%)

10 言った 8 それを 7 自分の 6 云った 4 どうした, 私の 3 いった, お君さん, すぐに, 亭主の, 女房の, 女房を, 私に, 答えた, 親切に, 首を

2 [36件] あの立派, あまくいいと, さうい, それは, どこの, ぶらぶら遊ん, ほんとうに, 予, 二人を, 低い声, 十手の, 吉次郎を, 吸ひつけられた, 女に, 客の, 小声で, 居ないと, 居らんか, 彼の, 心優いもので, 思つた, 揉み手を, 毎晩見廻り, 気が, 法然天窓木綿の, 浮気な, 炉の, 生簀から, 留守で, 私達を, 笑って, 腰を, 道楽者で, 道楽者でした, 酒を, 顔を

1 [622件 抜粋] あいつには, あくまで探偵, あそこに, あったの, あの亡, あの人, あの熊, ありませんよ, あるには, あるの, あれか, いいもう一度, いいもの, いう, いきなり一本, いったが, いって, いつかこの, いつごろ在宅じゃ, いつ帰っ, いないもの, いまだにお, いよいよ心臆, いよいよ浮かれ, いよいよ顔, いるか, うしろを, おかみさんよりも, おせい, おどろいて, およそはるか, お客を, お種, かけて, かしこまって, かねて予, きっと礦山, きょとんと, ぎよつとして手紙を, このこと, このまま, この口いさかい, この幼時, この辺, この頃, こはだの, これから白耳義, こんなにあっさりと, ございません四年已前, ごろつきの, さう, さすがに, さりげなくいい, しかたなく, しきりに光沢布巾, しきりに手, しばらく黙っ, しまいにそんな, しゃくった尖がり面, すぐかま, すぐ答えた, すぐ適当, すっかり納めました, そういい, そこで, そこへ, そっとこう云った, その上, その場, その後ろ, その後自作の, その後髪, その日, その段, その男, その義観, それから, それに, それも, それより, そんなへま, そんな事, たっしゃで, たつた今, だまって, ちょっとペーピー, ちょっと沈黙, ちょっと笑っ, ちょっと考えし, てれたわら, とうに死にやし, とかく曖昧, ときには仕事場, どうしたい, どこへ, どこを, どんなに鯉, どんな人間, どんな男, ないと, ないとこう, ない身の上, なお立つまい, なか, なかった, なんにも, なんにも係り合わなかった, にがい顔, はじめて知った, ひとりも, ひどく煩悶, びっくりした, びッくりした, へんな, べつに驚き, ほくほく喜び, ほとんど誘いかける, また片, また言った, また言葉, まだ三十二三, まったく譲れない, まるっきり家, まるで, まるでお預けみたい, まるで責任, まんざら冗談, みんなこんな, むこうへ, もう, もういい, もうそこ, もうろうと, もう五十がらみ, もう知っ, もとかなり名, もとなにがし組, やがて言い出した, よくのんだくれる, よく働く, よく寛斎, わたくしが, わたしに, わたしの, アルカージイ・イリイーチを, エフロックで, ジッと, ジャンパアの, ドアへ, ドアを, ハッと, ピントを, ポッポッと, 一と, 一人で, 一人の, 一家の, 一年の, 一旦橋渡し, 一服吸わん, 一種の, 一緒に, 一週間ばかり, 七輪の, 上さんに, 上さんよりも, 不安さうに私の, 不安らしく, 不幸で, 不幸であった, 不意に, 不都合な, 丑松の, 世事に, 世話を, 両人を, 丸多を, 主君, 乳母車を, 事件は, 事態が, 二人が, 云つた, 五十恰好の, 亭主に, 亭主同士の, 人に, 人形と, 人様が, 人殺しを, 今もつ, 仕事に, 他に, 他所に, 仲間の, 会社員で, 何という, 何といったっけね, 何らかの意味, 何処に, 何処を, 何時でも, 何歳ぐらいじゃ, 余程好事家, 余程無, 例の, 依然としてこっち, 俺でなく, 倦くまで, 傍へ, 傴僂で, 働きの, 元来機械屋で, 入って, 入つて, 全で, 八兵衛女房は, 六平と, 其の理由, 内地人の, 再び顔, 冷飯と, 出て, 出征し, 刑務所に, 初め女給が, 判任官で, 別な, 前へ, 前よりも, 前回の, 前日ハミルトン氏の, 勘次の, 勘次を, 勿論近所, 化け地蔵の, 十間ばかり, 半七, 半気違げ, 博奕ばかり, 又苗束, 双刀さんで, 受け取るまいから, 只反覆, 叱るよう, 名代の, 向うから, 君より, 唯うろうろする, 善良と, 喜兵衛と, 四十五六位の, 四年前死んだ, 土に, 土間の, 地主に, 地面を, 外に, 外へ, 夜遅く, 大して患い, 大勢の, 大声で, 大工でありました, 大抵外を, 夫としての, 奥から, 奥へ, 女よりは, 女房から, 女房に, 女房に対して, 女賊の, 如才なく, 姉娘の, 子供に, 官庁に, 客に対して, 室の, 宿場人足の, 寛斎を, 小さな, 小宮山の, 小鳥の, 少しく眼, 少なくとも三度, 尻きり襦袢が, 尻に, 居なかったかね, 居るか, 居るの, 山越を, 岡っ, 巌乗な, 己れ, 帰って, 帰るには, 帳場の, 年中家に, 幾つだ, 幾歳だい, 広い掌, 庖丁を, 店の, 建てたばかりの, 彼を, 彼等の, 後入らしい, 御婿入り, 御邪魔様, 快活に, 忽然とし, 思い切って, 急いで, 怪訝な, 怱々に, 恐い顔, 恐ろしい不機嫌, 悄然と, 悪い奴, 悲歎に, 愚かだ, 感心した, 感心も, 慄え, 慈悲深い, 我慢を, 手ばやく上布, 手を, 手帳を, 承知する, 承知で, 持たずに, 振返って, 改まつて挨拶, 敷蒲団を, 數分時の, 文公が, 斬罪に, 旅稼ぎで, 日本橋で, 日本橋でかの, 早呑込みに, 晝餐休みの, 暗い小舎, 書斎に, 書斎の, 望遠鏡まで, 未だ一城一国, 本當, 村が, 村役場の, 来るな, 東京に, 松五郎です, 株屋で, 案に, 極悪げに, 楽だろう, 次郎吉という, 次郎左衛門の, 此がね, 此所でも, 死にました, 死んだの, 殺して, 気ちがいの, 気の毒そうな, 気の毒そうに, 気違いです, 水死息子は, 沈着いた, 河向うの, 河岸から, 泊める部屋, 泊りがけで, 泣き出しさうな, 泣き出しそう, 泣くヒチリケツパイ, 活動の, 深い溜め息, 渋々ながら, 満足し, 源次郎さんとか, 炬燵の, 炬燵櫓に, 烈火の, 無いに, 無事じゃ, 無事ぢや, 無口な, 無理し, 無言の, 煙草を, 熊の, 片すみの, 牛肉を, 狂歌や, 狼狽し, 玉葱の, 甚だ不注意, 甚だ図太い, 用事が, 田舍の, 甲州の, 画を, 留守だ, 疑いを, 白耳義方面の, 皮肉な, 目下某, 直に丑松, 相槌を, 眼を, 矢庭に, 知って, 短刀の, 石河伴作と, 祖父を, 神戸の, 秘密の, 稲妻にでも, 稼ぎが, 突然口, 窮し, 立つて, 竹之助様だった, 笑いながら, 笑つて見せた, 紅矢の, 綾衣を, 編笠を, 縁へ, 聞く人, 腕時計を, 膝を, 膝下まで, 自働電話, 自分で, 自分も, 自動車か, 至極真面目, 船遊びが, 船頭を, 芝居者で, 茶事と, 華中で, 蒲団を, 藤崎さんの, 行燈とも, 襷を, 見えず, 覚えて, 言ったね, 言って, 言つた, 証明した, 語つた, 語り六部, 誰に, 誰にか, 調子を, 貧乏の, 貴様が, 贋銭使だ, 起直っ, 躍起と, 身を, 身寄りの, 軍人で, 道楽を, 鄭寧に, 酒が, 酒と, 酔っ払って, 酔ひつぶれ, 重兵衛, 重荷であるらしかった, 金右衛門と, 鉛筆を, 銀貨と, 銭を, 長男の, 関白である, 閾際に, 雨が, 面白い本, 革命前に, 革命前地下運動に, 頭を, 頻に, 頻りに土竈, 額が, 風呂敷包みを, 食べ了, 首くくりじゃあねえ, 馬を, 駢指です, 驛の, 鳩尾の

▼ 亭主~ (624, 14.4%)

10 出て 7 あつた, いった, 帰って 5 女房を 4 あるの, 来て 3 いう, なければと, 女房の, 彼を, 自分で, 言った

2 [27件] あそこに, あった, ある, あるのに, いうと, これも, そのうなぎ, その女房, そんなもの, 丁寧に, 人手に, 口を, 声を, 女房に, 好きな, 承知しない, 氣が, 浮気を, 深川の, 無くって, 無力で, 留守といふ, 舷の, 茶を, 酒を, 顔を, 飲んで

1 [508件 抜粋] あが, あったの, あった金三郎, あって, あっても, あの子, ありましょう, ありゃもう, あるか, あるかっ, あるかね, あるだろう, あると, あるん, ある以上, ある日, ある此奴, あろうが, あわただしく起し, あわてて, いい, いいよう, いい出さないで, いうには, いくら腕, いつた, いつもその, いつも遲, いて, いないかと, いないで, いないよう, いなくなってから, いふので, いへば, いや役人上り, いようと, おさえて, おさかな, おしえて, おでかけ, おまえを, おらい, おらを, おれの, お内儀さん, お喋りを, お房, お焦げ, お茶を, かえって来た, がらがらっと, きき入れて, くると, げつ, こういうよう, ここへ, ここまで, こっちを, この間戦地から, これに, ございますの, した通り, するまま, ずるずると, ずッ, せつせと, そう言う, そこへ, そしてそれ以上, そのあいだ, その子供, その時, その男, それでは婆さんこうしな, それへ, たずねた, たっしゃで, ちよくち, つとめから, とどこおって, とんでもない, どうした, どこに, どの店, ない, ないと, ないン, なかなか帰らない, なぐられたという, なにげなく次, なにごとかと, なんの, ひしゃく一本くれ, ひどく怒っ, ふっか, へえ, まかり間違っても, また髯, まるで子供, みのると, みんな飮んだくれだ, むしゃくしゃし, むつくり頭を, もう少し情け, もぎ取つたところ, もてるけ, もみ手を, やってきた, やって来て, やっぱり, ゆくえを, ようやく起き出し, よく仰せられる, わしを, ゐるので, アコーディオン弾きだ, キライに, ジッと, ニコニコし, ハッと, パリで, ラジオの, ルブラン氏に, 一ぜんめしの, 一人火を, 一仕事し, 一所で, 一杯と, 三度かわった, 上つて来ました, 上衣を, 不快そうな, 不意に, 不断着の, 不精髯を, 両手を, 中気で, 中腰に, 中風で, 乗出して, 二人できた, 二十七八で, 二階に, 二階をと, 云うには, 云ったもの, 五郎八茶碗に, 亡くなりましたよ, 亡くなッ, 亡つてから, 人殺しを, 今の, 今度は, 今日守吉を, 仕事に, 仕込んで, 伝染病に, 低い声, 何しろ半兵衛, 何を, 何処に, 余り帰りの, 使ふ, 來て, 俳友らしい, 借財も, 借金取が, 値が, 元あにい分, 先き, 入って, 入らなくなると, 入り口に, 兵隊であろう, 内の, 凉み, 出した酒, 出前ヤケに, 出征した, 出征中に, 出来たの, 出来て, 別にあつ, 勝手に, 十一時から, 十字軍に, 危い, 危くなっ, 厨川君である, 厭だ, 去年一度歸つて來て, 去年落盤で, 口走って, 叫んだかと, 可愛想, 台所から, 名古屋くんだりから, 向うへ, 向顱巻, 君に, 告げた青楼, 呑む打つの, 周旋奔走し, 善人に, 因業な, 困った時, 困るから, 困るだけ, 図に, 売溜, 外で, 多く食い, 多少碁, 夜おそく, 夜貸金の, 夜遊びする, 大いに慌て, 大刀を, 天皇とは, 女ぐるい, 女の, 女工を, 好きで始めた, 如何に, 妙な, 妬くという, 妻に, 妻の, 妻を, 妻子と共に, 姿か, 姿を, 威張っとって, 嫁さんで, 季節がらの, 宗兵衛女房が, 客の, 宿の, 宿帳を, 宿役へも, 寄って, 寛斎の, 寢て, 寢る, 尋ねた, 尋ねて, 小さい刀, 小説家だった, 小間使に, 居たらこれ, 居たらそれ, 居るん, 居る時, 居合わせた, 山伏と, 巨大な, 市ヶ谷へ, 帰ったら直ぐ, 帰つて来たなら, 帰られたと, 帳場格子の, 年甲斐も, 幽霊の, 庄太の, 店頭の, 度々髮結床, 庭に, 引き取らんと, 引ぱられてからの感想が, 弟と, 彼らを, 彼女が, 彼女に, 往来の, 待つて, 待合へ, 後から, 後手に, 後難の, 御亭主, 御好ぢ, 心中した, 怒つて, 怖ろ, 怪しいよう, 怪我で, 恋しいっ, 恋しい時, 息子の, 悦んだこと, 悪い奴, 悪党で, 悪御家人, 情婦と, 情婦を, 憂愁に, 懐に, 或る, 戦争に, 戦死しました, 戸を, 戻ったら急, 戻って, 手を, 手拭いを, 手早く細引, 抗弁する, 担ぎ込んで, 担ぐか, 拾ったが, 持って, 持つて, 提灯を, 損を, 故く, 料理を, 料理屋を, 早くも, 早死し, 晩酌の, 暦を, 最も不幸, 最大から, 有っちゃ, 有りますもの, 有るの, 有卦に, 朝寝坊じゃ, 朝早く, 来た, 来た時, 東京郊外で, 横浜まで, 欝ぎ込ん, 欺され, 歌つた, 此の, 此塲末の, 歸つて來た, 死ぬと, 死ねば, 死のうが, 死んだこと, 死んだについては, 死んだの, 死んだので, 死んだ時, 死んでも, 残らず白状, 殺されるまでは, 気味悪そう, 求めて, 江戸からと, 沢山いるでしょう, 泣きましたよ, 涼みに, 清元の, 漁し, 火を, 災難を, 炉に, 炉端から, 無いから, 無けりゃあ, 無けりゃなんて, 無ければ, 無ければなあと, 無能者で, 無言の, 無闇に, 無類の, 煩が, 片手に, 物語今更の, 独りいる, 理不尽な, 生きて, 生命保険の, 甲斐絹問屋の, 申すには, 男で, 留守の, 疑つたらそんな, 病んで, 病気で, 病気な, 癇癪が, 発明した, 皺嗄れた, 目を, 真先百万遍さえ, 真夜中ぐっすり, 眼の, 知って, 石地藏と, 石灰の, 砥石の, 祀つて, 突然やつ, 立腹した, 立身しよう, 笑いながら, 笑ったところ, 笑って, 答えた, 答えたよう, 算盤を, 箱火鉢を, 精力絶倫だ, 素裸に, 絵師です, 縫殿頭山井庸仙老が, 義務を, 老父のよりも, 老眼鏡を, 考へたこと, 耳もとに, 聞いたら嘸, 聞きつけて, 聞きますから, 脇差を, 脳軟化症で, 腕を, 膝まで, 膝を, 自ら点じ, 自分から, 至って茶人, 芳譚雑誌の, 若い妻, 若い美人, 茅場町の, 蚤を, 行火を, 西瓜時分に, 見えると, 見つかると, 覗くと, 言いだしたので, 言う, 言うと, 言うには, 言ってから, 言に, 言ふ, 訪ねて, 許しとくだらうか, 詐欺師であっ, 話を, 語つたのである, 謡気狂でも, 豆腐を, 貸さないと, 賭り, 走りかけると, 走るのに, 起きて, 趣味なら, 軒さきの, 追いかけて, 逃げて, 逃げ出せるもん, 逮捕される, 道具箱を, 道楽ぶっ, 道楽を, 道楽者で, 遺いて, 邪魔に, 部屋, 部屋を, 酒場で, 金持に, 鉢巻きを, 鉢巻を, 銅の, 長の, 開闢以来の, 阿片中毒だ, 隣家の, 雑巾がけを, 雪もよ, 電話を, 預って, 風呂屋で, 飛でも, 飛んで, 食ってるの, 食事中ハムを, 飯ご, 飼って, 馬の, 馬鹿で, 駅へ, 驚いて, 髯を, 魔法の, 鯉を, 鼾を

▼ 亭主~ (399, 9.2%)

6 死に別れて, 死別れ, 言った 4 向って, 持って, 死なれて 3 なって, 信用の, 未練が, 死別れた, 自分の, 連れられて

2 [23件] きせるかな, しては, なる人, よくもまあ十何年, 会って, 何か, 出会った, 別れてから, 向い, 向つて, 声を, 持っては, 持てば, 毒を, 比べて, 相違ない, 私が, 言わせると, 負けずに, 逢わせて, 頼んで, 食って, 高利の

1 [305件] ああ云っ, あずけて, あって, あるやう, いいつけた, いいね, いいました, いう, いったただ, うしろ向きに, うつちや, おこりつけた, お目にかかりたいと, かけ合って, かした金, かじりついた, きいて, これだけの, さ, さぞ肩身, されたこと, したいなどとは, したけれども, しただけ, したってよ, したという, しちゃ, して, しましたから, しろさ, しろそういう, しろ何, すぎないだらう, すぎませんや, すすめて, すすめられて, すてられた女, すること, するの, するもの, ずいぶん腹, そのこと, それだけの, そんな, そんなこと, ただして, たのみ込み布団, だきついた, だな, だよ, ちょっとお目にかかりたい, つかみかかるわけ, つきとめられて, つくすの, つらあて, どんな風, なった, なったり, なった方, なった男, なつて, なにか癪, ならうと, なりすまして, なりますなあ, なり代わって, なり手が, なるん, なれて, なれと, なれなかった罪滅ぼし, なんとかいい, なんの, はかまはず船を, はねつけられて, ひきかへて, ぶら下, むかって, むかつた時, もったおかみ, もって, ものを, やかましいこと, やしなって, よりそって, わかつて, わざと教, アコーディオン弾き, キスを, クッつき通し, 一冊読了し, 一體お前は, 三百円の, 二俵背負は, 二階の, 云いつけて, 云った, 云はれた, 仕えるという, 会うと, 似ず堅氣, 似て, 何だか云いつけてた, 何ん, 便といふ, 便るといふ, 値を, 催促される, 僕が, 先だたれて, 先立つ果報者, 其の女, 其那ことは, 冗戯など, 冗談にも, 冷遇され, 出した, 出られては, 刃物で, 分っても, 別れたお, 別れてからは, 化けて, 反対し, 取当ったの, 口止めされた, 口返答なんか, 可愛がられすぎた女房, 可愛がられれば, 叱られた, 叱られて, 合い図, 合図だけ, 同情する, 向いて, 向いては, 向つて言, 告げたるに, 告げて, 告白しはじめた, 呑ませた煮え湯, 問うて, 四五年前に, 売つて, 女中の, 好さそう, 好感を, 嫌われて, 尊敬心を, 尋ねて, 小判の, 小舟を, 小言を, 少々御, 左遷し, 弁解した如く, 引きかへて, 弱点が, 張り合つて, 当り散らした, 御前の, 御前を, 御承知, 御飯たべさせ, 心安い者, 心添られたる, 思われるに, 悪いと, 情婦が, 惚れて, 愛想を, 感じられたの, 成つたのが, 成ろうとは, 或る, 手當てが, 打向い, 持し度, 持たして, 持たせたいの, 持ちおると, 持った方, 持つべからず, 持つよう, 持てろくに, 持とうとも, 持ッて, 持度いと, 挨拶し, 接吻し, 撲られて, 放蕩される, 教えられて, 敲つけ, 敵討を, 新年の, 時計を, 構わずずっと, 此の, 死なれたやう, 死なれた母親, 死なれ三人, 死なれ姑, 死に別れたこの, 死に別れたは, 死に別れた時, 死に別れまして, 死に別れると, 死に別れ姉, 死別しなけれ, 殺されたと, 毒酒を, 気がつかないよう, 気弱く, 泣いては, 泣きついた, 浮気を, 済まない気, 済みますまい何, 渡さなかった, 渡した, 渡すお待ち, 渡すの, 渡せば, 満足する, 激しく責められ, 為たい, 無断で, 無理矢理義理, 燒き, 犠牲を, 癪に, 百磅の, 相談した, 知られぬやう, 知られぬよう, 知れちゃ, 知れるか, 知れると, 礼云い, 礼心に, 私の, 精出せと, 絶対的服従を, 縫助を, 義理立て, 義理立てする, 義理立てなんて, 聞いた, 聞いたら二人, 聞いたら様子, 聞かして, 聞くの, 肖て, 育てさせる女, 蕎麦など, 虐げられて, 虐待され, 裏切りを, 見せて, 見せなければ, 見せなど, 観破されたよう, 角の, 言え, 言えよ亭主, 言つた, 言ふもん, 言われて, 言付けられて, 訊いた, 訊いて, 訊かれた時, 訴える, 訴へる, 話して, 話すと, 談じ, 譽められたい, 負けない口達者, 負けない黒い, 貸して, 質問を, 返礼し, 追ひ出されたら, 逆らわないという, 逢えんぞ, 連れ添うばっかりに, 連添うお蔭, 運転手稼業を, 違いねえ, 還元し, 鍛えられれば, 附くと, 限ります, 随い, 隠して, 隠れた淫売婦, 預かって, 預けて, 預けるが, 頬張らせる事, 馬鹿に, 鬼神で, 黙つて好き

▼ 亭主~ (355, 8.2%)

12 呼んで 11 持って 9 尻に 8 殺して 5 持つて 4 して, もって 3 持つ事

2 [27件] しかも二人, つかまえて, どうする, やりこめること, バラバラに, 呼んだ, 困らせる, 外へ, 奥の, 引留めて, 持たしちゃ, 持たせて, 持ちながら, 持ったこと, 持ったの, 持っても, 捨て, 殺すつもり, 殺すほどの, 泊めて, 盗むぞよ, 相手に, 素直に, 苦しめても, 苦しめ悩まし, 迎えに, 頼み村役場に

1 [245件] いさめたのに, いっぱし浮気者, うちへ, おこして, お持ちなすった, お父さんと, かえて, かえりみた, かかえてさ, かばって, くびり, けしかけて, こきおろして, こき下した日記, ここへ, これから鉄道, これまた, さしおいて, しくじらせた北, しりに, その親友, その離れ家, たきつけ自分, ただ寝かし, だまさうと, とりまいて, なくされて, なくした年, なげうとうが, ねとって, はじめてに, むかえるよう, もたせて, もったの, もつたつて, よこしなさい, よんだけれども, わきへ, アナタと, オトトと, 一から, 一なぐり, 一瞥し, 上廻る酒豪, 世界中の, 両人持っ, 二カ所も, 二階へ, 亡くなした女房子供, 何と心得, 何時も莫迦, 借せの, 借りて, 偉くし, 入れて, 刃物で, 剃刀で, 前に, 助ける為め, 取つたの, 取られたり, 取替えたという, 可愛がるなよ, 可愛がるもの, 叱った声, 叱る女, 呪った, 呼び, 呼びとめた, 呼び出して, 呼べ, 呼べと, 呼べば, 呼んだので, 呼出しました, 壓倒する, 売る位, 多くの, 大声で, 失った, 失ったと, 失った中年, 失つたと, 失つた中年の, 失敬した, 妹に, 実に大切, 寝とった君, 寢取つても, 尻にも, 帰したあと, 引き連れながら, 引つこ拔, 引摺り廻し, 引留めてね, 引立て直様戸表, 御存じで, 徹底的に, 心から愛する, 恋しがる, 恐れて, 恨むもの, 恨んでも, 意味する, 愛して, 慰めて, 憎いと, 憎むこと, 打ち勢い, 打棄, 打殺したぜ, 持たずじまいでしょう, 持たずだんだん, 持たずに, 持たせられた時分, 持たせらア, 持たせるから, 持たせるなれば, 持たせるの, 持たせる了簡, 持たせ度, 持たないうち何, 持たなければ, 持ちましたが, 持ちやあ, 持ち細君, 持ったから, 持ったと, 持ったばかりに, 持った不運, 持った女, 持つこと, 持つたん, 持つた女房, 持つた家内, 持つてるのね, 持つと, 持つなんて, 持つの, 持つよう, 持とうと, 持とうとも, 捕え一室, 捨てること, 掘り出した氣, 探す積り, 揺った, 操縦する, 新吉さんなんて, 旅に, 日本一に, 旦那に, 有つ, 業務上必要の, 欲しがってる, 欲しがる, 欺し遂せ, 欺瞞すんだ, 殺した, 殺したかと, 殺したくせ, 殺したという, 殺したどたばた, 殺したん, 殺した上, 殺した刃物, 殺した女, 殺しにか, 殺し女房, 殺すこと, 殺すとは, 殺すよう, 殺す料簡, 殺す時, 毒殺など, 流眄, 満足させる, 無理に, 煽いで, 特殊な, 狂気に, 甚だしく蔑む, 疑い出した, 盗んで, 知って, 確保したい, 磔刑か, 私が, 突き落とす, 籾殻か, 粗末に, 縁側へ, 縛った平次, 置いて, 罵り続けた, 罵り續けた, 罵倒し, 肱で, 胸に, 自分の, 芸者に, 莫迦に, 菊五郎が, 葬って, 表へ, 裏切ったばかり, 見うしなう, 見た, 見つけた, 見つけたか, 見て, 見ながら, 見ると, 見れば, 見主婦, 見向く, 見殺しに, 見継いで, 見送りも, 見附けて, 説伏させ, 護ってる柄, 責めたが, 責めて, 貰うと, 貰ふと, 貶されても, 足蹴に, 踏みつけた真似, 蹴飛ばされた方, 軽蔑し, 軽蔑しき, 軽蔑しきっ, 迎えるとって, 迎に, 追いやって, 過して, 階子段から, 離れて, 離れること, 顧みては, 飛び出さして, 食つたと, 食ひや, 馬鹿に

▼ 亭主~ (173, 4.0%)

6 一緒に 4 思って, 相談し 3 一しょに, 別れて, 同じよう, 顔を 2 いっしょに, なって, 別れた女房同様, 喧嘩し, 喧嘩を, 女房の, 話して, 連立って, 違って

1 [129件] あるは, あれば, いい女中, いがみ合つて, おかみさんとは, おかみさんらしい, おかみとが, おかみとの, おかみとは, おかみの, おなじやう, おもい彼, お内儀さん, お房, お神さん, お米, きては, ぐるに, じゃ私, そこの, そのこと, その一派, その間の, ちょっと言葉, とりとめも, なったその, なつた, なり興行者, なるという, なれば, ふたりで, まるで違う, もう別, ゆき子を, よく啀, わたくしを, ヘンリエッテや, ワーリカが, 一しよ, 一緒だった, 一緒には, 七ツに, 争って, 二人し, 二人で, 云うの, 云うもの, 云ッた, 仲よく暮らし, 何か, 何やら二, 來た, 共に見返る, 共謀で, 刀の, 北海道へ, 口を, 同宿の, 同罪じゃ, 喧嘩で, 囁いて, 夫婦喧嘩で, 女たちで, 女との, 女中が, 女学生についての, 女房と, 女房とを, 女房は, 娘について, 娘を, 嫁さんと, 守吉の, 定めた男, 客たちとに, 客とが, 客との, 将棋を, 巡査と, 幇間の, 幸福だった, 彦太郎の, 彼の, 往来を, 御子息, 御留川, 思い真実, 思えば, 思ってるが, 思わねえでも, 息子は, 情夫が, 情婦も, 懇ろに, 打ちとけず姑, 打ち揃って, 束に, 正遠寺の, 正面に, 死に別れたの, 母と, 比ぶれ, 泥棒がよ, 申しますの, 申すが, 番頭とは, 知ったならそんな, 知らずに, 知れた, 磐城の, 神さんが, 競馬の, 細君は, 綺麗に, 老婆が, 肥った内儀, 衝突する, 見えて, 見える男, 言うもの, 言おうと, 言合ったとか, 遊客との, 金仏を, 離れて, 露西亜文学の, 飛んで, 食卓に, 馴れ合いに

▼ 亭主~ (153, 3.5%)

5 おかみも 3 女房も, 自分の 2 さっきから, ゆき子も, 一週間分の, 出て, 同樣, 気楽さうに山雀の

1 [130件] あるし, いい心持, いたが, いよいよ本当に気, おじいさんも, おどろいて, かなしい思ひ, きょう中には, ぎょっとし, けっしてハンス, こうなる, こう考え, この先, これには, ごみ, さすがに, し二の足, そう疑っ, その一人, だんだんに, ちょっと気味が悪かっ, なけりゃ乳呑子, なんだか治六, なんだか薄気味, ぬかりなく, ねえの, ひとつおくれ, ひどいじゃ, まさか男, また怪訝, また珍, もう少し親身, やがての, やっと少しばかり, やはり気違い, よく知つて, よく稼ぎ, よしあしで, わたしたちに, ゐなかつた, ベラベラお, 一刻も, 一所に, 一旦は, 一枚くわわっ, 一途に, 丁度二十歳で, 万吉も, 上つて來た, 両方を, 乗って, 二十世紀の, 二十何人とか, 亜細亜の, 亡くなって, 交じって, 亭主也男女同権也五穀豊穣也三銭均一也, 今の, 仕方無, 会釈した, 側へ, 傲慢な, 僕が, 元より, 入つて, 内々心配し, 初めは, 北支で, 半七, 可愛いと, 同じ疑い, 呼ばれた, 坐って, 夕飯時の, 夢の, 妹も, 子供っぽく, 子供達も, 安心し, 宗易どのも, 家人も, 寛斎の, 小の, 少し躊躇, 少し酒, 巻添え喰っ, 帯を, 廃業後は, 弱り目に, 心中も, 心配し出した, 思わず噴き出した, 急がせまして, 急に, 悪い心持, 戸外の, 手拭を, 持つたさうですが, 旅僧を, 是までと, 最初の, 村役も, 来ましたから, 極りが, 殊更に, 段々古本市, 気の, 治六の, 泣くだろうじゃ, 無し商売, 無理な, 病気や, 眉を, 知らずまして, 知らぬことぢ, 私たちと, 私達が, 種々心配致しまする, 笑った, 笑って, 素直に, 蒼くなっ, 西瓜から, 逸早くそれ, 逸時く, 雇って, 静かに, 飛でも, 首を, 驚きの

▼ 亭主~ (53, 1.2%)

3 と言, な 2 つたと, つて知つてる, といふ, と思う, のが

1 [37件] かよく, からお, からその, から売らない, から女房, から私, から義兄さん, か何だか, か知らねえ, ぜ, そうです, それとは, ぞ, つたかも, つたのか, つて, つていふが, つて憎い, ということ, という四十がらみ, という男, とさ, とわかっ, と云っ, と云われた, と思い捨てた, と思っ, と答, と見える, などと仰っし, なんてそんな, なんてどうして, もの俺あ, もの前の, よ, よ添っ, ッた

▼ 亭主~ (38, 0.9%)

6 あつた 2 むなしく日々

1 [30件] あつたら, あらう五十, ありすぎた, お前は, がんす, こりて, これまた, ござります, さあ, その月, それだ, ペエテル様だ, 一人は, 下男を, 世間に, 佐助と, 大工の, 女は, 家族は, 幸子女史と, 幼な, 廓内の, 思いやりの, 目を, 紺の, 胸には, 草履屋とは, 藤六といふ, 誰が, 身体の

▼ 亭主~ (30, 0.7%)

4 子供の 2 料理番や

1 [24件] これは, なになく, 上さんや, 其処の, 友達が, 奉公人も, 女中に, 女房は, 女房も, 女房や, 子供が, 子供に, 家思いの, 宿場役人などの, 小供, 此の, 理髪店の, 男たちを, 石屋にも, 石屋の, 縁者を, 舅や, 親方も, 酒場の

▼ 亭主~ (30, 0.7%)

4 の麦田一八郎 2 の事, の名

1 [22件] から, が出府, この日余, であった, と名, と胥議, と話し, によつて, の, の一八郎, の小説, の筆, の経営方法, の草稾, の逝去, はちら, は江戸, は美妙斎, へ向け, もまだ, を一緒, を欺い

▼ 亭主から~ (27, 0.6%)

1 [27件] この町, すすめる, たずねて, もう聞いた, 一番下っぱの, 下女の, 亭主の, 今度は, 剥ぎ取って, 受けとった重蔵, 受け継いだの, 受取った麦酒, 手紙を, 日本酒を, 景蔵さんの, 楫を, 横どりしてる, 正しい時間, 煙草を, 給仕まで, 耳に, 聞き出したところ, 謝絶られた, 贈ったという, 逃げ出したまで, 逃げ出して, 頼まれたと

▼ 亭主には~ (25, 0.6%)

1 [25件] あつく礼, いつのまにやら, おひと, ぜひ先駆け, その於福, ちがいない, つらい色, もしかしたら, やがて一年, 何事に, 全く珍, 内証で, 出来ん, 困りますよ, 婚礼も, 尻尾が, 未練おま, 棄てられ家, 死別れ, 殴られて, 気兼し, 渡世人上りが, 生き別れとかく, 見えない, 責任は

▼ 亭主らしい~ (24, 0.6%)

5 男が 3 のが 2 年配な

1 [14件] ことを, 不審, 中年の, 人と, 人は, 四十男は, 挨拶を, 数人の, 権威などは, 男, 男は, 男も, 長面の, 鬚面の

▼ 亭主という~ (22, 0.5%)

6 のは 5 ものは 2 のが 1 ことも, ものに対しては, 世の, 声が, 奴は, 心もちが, 者は, 言葉は, 関係に

▼ 亭主にも~ (20, 0.5%)

2 困ったもの

1 [18件] あまり関心, いちどその, おかみさんにも, たいへん大事, 亦一人づゝ, 分けたかった, 別れを, 否やあるまい, 息子にも, 早く死, 私が, 聞かせたかった, 自分の, 辞も, 逢った, 飲ませた, 養子にも, 魂を

▼ 亭主でも~ (19, 0.4%)

2 ないん

1 [17件] あつたら, あるところ, だれでも, ない男, ねえん, 云々と, 可愛が, 悪漢と, 情夫でも, 感心致し, 持って, 持つたか, 持つ方, 搜し, 有るの, 歸つて來たり, 生きて

▼ 亭主持ち~ (19, 0.4%)

3 の女 2 なん

1 [14件] が二人, じゃありません, だ, だから, だったの, でございます, でも叶, とは知らず, と出先, のはず, の体, の女子作業員, の真似, 金で

▼ 亭主~ (16, 0.4%)

1 [16件] じゃ, なれば, のちゃんと, の信長, の寺本蝶二君, の心入れ, の禿頭, の義務, の茶わん屋捨次郎, の高萩, の鴈治郎, は泉嘉門, も甘く, をした, 早くから来, 飲んで

▼ 亭主さん~ (15, 0.3%)

1 [15件] おつり, かえ, が気狂い, が窃盗, で, どうし, なんぞッ, に貰ッ, のところ, の傍, の死んだ, はいなく, は何, も来る, よりは稼ぐ

▼ 亭主~ (14, 0.3%)

6 んです 1 のだ, のである, のでお, のでしょう, のでそれで, んだ, んだろう, ンか

▼ 亭主ばかり~ (14, 0.3%)

5 なり 2 で女房 1 でがっかり, でそれ, なりじゃ, なりでこの, なりで猫, なりと, 氣に

▼ 亭主野郎~ (14, 0.3%)

1 [14件] からだ, が十手, が燒餅, すなわちこの, ったら悪所通い, どんな月日, に決つて, のこの, の帰り, の晩酌, の自惚れです, の頭上, もどうやら, をなぐっ

▼ 亭主じゃ~ (11, 0.3%)

3 ないか 2 ありません 1 ありませんからね, ありません離縁, げな, ないの, ないん, なくて

▼ 亭主といふ~ (11, 0.3%)

4 のは 1 これも, ものは, 世の, 亭主は, 人が, 助三さん, 奴は

▼ 亭主とは~ (11, 0.3%)

1 [11件] おなじ釣り師仲間, この世で, どうしても必要, まるで違った, ゆう闇, 一番永く, 十歳ぐらい, 年齢が, 思わなかった, 死に別れですか, 生き別れと

▼ 亭主~ (10, 0.2%)

2 何か 1 え, 万次郎か, 何かが, 勇士か, 女房か, 情夫か, 情夫だろう, 武士か

▼ 亭主では~ (10, 0.2%)

1 あっても, ある, ございません, ないか, ないと, なかった, なく正客, ねえが, 一向うだつ, 無かった

▼ 亭主よりも~ (10, 0.2%)

1 あの家, ひそかに, 一層ひどく, 上らしい, 四つばかり, 四つ年上で, 彼女の, 早く起きね, 立派だ, 聡明に

▼ 亭主~ (8, 0.2%)

1 人殺しの, 勘次は, 喰って, 喰つてか, 嫁る, 意見一つ言ふこ, 気を, 言った

▼ 亭主多吉~ (8, 0.2%)

1 が町人, が蔵書, だ, に誘われれ, のすぐ, の好み, は深川, は風雅

▼ 亭主~ (8, 0.2%)

1 があら, ちなんだぜ, で居, なら理学士, になっ, になる, の女, の身

▼ 亭主~ (8, 0.2%)

2 がわるく 1 がない, が悪い, のない, のまだ, の悪い, の惡

▼ 亭主である~ (7, 0.2%)

1 かが判明, かそれとも, から自分, があれこれ, が身持ち, 以上客に対して, 杜氏の

▼ 亭主とも~ (7, 0.2%)

2 相談し 1 つかず傭い人, なって, 旦那とも, 相談の, 見え番頭とも

▼ 亭主です~ (6, 0.1%)

1 かなどと何, から餘, がね今僕, とも, よ, 最も一般的

▼ 亭主より~ (6, 0.1%)

1 いやな, お友だち, 一歩早く, 先に, 利口な, 豪い女

▼ 亭主たる~ (5, 0.1%)

1 名称を, 名跡で, 平賀の, 文士が, 文士の

▼ 亭主だった~ (5, 0.1%)

1 そうです, という人, という男, のだ, んです

▼ 亭主とか~ (5, 0.1%)

1 いったよう, ハツピー・フリガンや, 女房なんて, 日本一の, 色男とか

▼ 亭主として~ (5, 0.1%)

1 入つて, 周旋する, 客を, 恥しくない, 点前に

▼ 亭主ども~ (5, 0.1%)

1 がへん, の恐妻ぶり, はいきまい, はこの, をし

▼ 亭主夫婦~ (5, 0.1%)

1 と会話, と握手, と達者, に向っ, の方

▼ 亭主孝行~ (5, 0.1%)

1 という名, な女, の働き者, は有名, 又蟹口

▼ 亭主殺し~ (5, 0.1%)

1 だぞ, の疑い, の罪, もお, より女房殺し

▼ 亭主こそ~ (4, 0.1%)

1 冗談は, 好い面, 実に迷惑, 災難だつた

▼ 亭主その~ (4, 0.1%)

1 人の, 晩は, 杖美しく, 芸者を

▼ 亭主なら~ (4, 0.1%)

1 ば手前, ば私, 亭主らしくし, 御亭主

▼ 亭主ぶり~ (4, 0.1%)

1 で款待, やア, を喋られたくない, を振舞い

▼ 亭主殿~ (4, 0.1%)

2 が気狂い 1 が急, を失った

▼ 亭主~ (3, 0.1%)

1 別れじゃ, 北さんの, 辰の

▼ 亭主かも~ (3, 0.1%)

1 しれないが, 知れない, 知れないさ

▼ 亭主がね~ (3, 0.1%)

1 何でも, 俺らが, 時々來ちや

▼ 亭主これ~ (3, 0.1%)

1 でも取っ, より遊興, を見

▼ 亭主だけに~ (3, 0.1%)

1 厭は, 独占させ, 甚五郎は

▼ 亭主だけは~ (3, 0.1%)

1 きょうも, なんにも言わず, 油燈の

▼ 亭主だって~ (3, 0.1%)

1 僅の, 方々へ, 見て

▼ 亭主~ (3, 0.1%)

1 やない, やダメ, や責める

▼ 亭主って~ (3, 0.1%)

1 もの持っ, 云う人, 可愛いもの

▼ 亭主でなく~ (3, 0.1%)

1 ても差当, 兄さんに, 若いおかみさん

▼ 亭主とが~ (3, 0.1%)

1 先に, 寝起して, 街へ

▼ 亭主としての~ (3, 0.1%)

1 権威を, 義務上一応, 言葉宿屋の

▼ 亭主などは~ (3, 0.1%)

1 まだ一ツ話, 出征したぎり, 少し怪しい

▼ 亭主などを~ (3, 0.1%)

1 妹に, 持たしては, 相手に

▼ 亭主なんか~ (3, 0.1%)

1 どんな面, 一文の, 己の

▼ 亭主なんて~ (3, 0.1%)

1 えもの, ムダで, 穏やかでない

▼ 亭主への~ (3, 0.1%)

1 サービスなどは, 義務だけ, 見せしめに

▼ 亭主までが~ (3, 0.1%)

1 半蔵には, 嬉しそう, 打たれる

▼ 亭主みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な者, になつて

▼ 亭主五兵衛~ (3, 0.1%)

1 とその, と小間物屋, の御

▼ 亭主~ (3, 0.1%)

1 からは問題, にあっ, の宗易

▼ 亭主思い~ (3, 0.1%)

1 で私, で能, の女房

▼ 亭主~ (3, 0.1%)

1 としてゐる, と坐つ, と私

▼ 亭主自身~ (3, 0.1%)

2 が呑んだ 1 が黒い

▼ 亭主ある~ (2, 0.0%)

1 ことを, やらない

▼ 亭主いくら~ (2, 0.0%)

1 だ, になる

▼ 亭主および~ (2, 0.0%)

2 二人の

▼ 亭主お前とこ~ (2, 0.0%)

2 はほんま

▼ 亭主すまない~ (2, 0.0%)

1 がこの, が此男

▼ 亭主そのもの~ (2, 0.0%)

2 への愛情

▼ 亭主それから~ (2, 0.0%)

1 お前の, わたしの

▼ 亭主たる者~ (2, 0.0%)

1 は彼女, を

▼ 亭主だろう~ (2, 0.0%)

1 がこの, という話

▼ 亭主ちょっと~ (2, 0.0%)

1 まともには, 奥を

▼ 亭主であった~ (2, 0.0%)

1 という恐るべき, のか

▼ 亭主であり~ (2, 0.0%)

1 ながらどうせ, また老母

▼ 亭主としては~ (2, 0.0%)

1 忌な, 物足らぬ

▼ 亭主との~ (2, 0.0%)

1 あいだに, 間に

▼ 亭主どの~ (2, 0.0%)

1 か, もあった

▼ 亭主なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 男と

▼ 亭主にだけは~ (2, 0.0%)

2 妙に

▼ 亭主にだって~ (2, 0.0%)

1 やりきれたもの, 五色揚を

▼ 亭主について~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考へて

▼ 亭主にばかり~ (2, 0.0%)

1 一心に成つて, 頼つてゐた

▼ 亭主に対して~ (2, 0.0%)

1 もう少し正しい, 申し訳ない

▼ 亭主に対しては~ (2, 0.0%)

1 これは, もはや愛情

▼ 亭主に対する~ (2, 0.0%)

1 同情よりも, 女房の

▼ 亭主らしく~ (2, 0.0%)

1 おなりなさい, 女房の

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 を好ま, を聞き

▼ 亭主帳場~ (2, 0.0%)

1 から背後向き, へ棒

▼ 亭主振っ~ (2, 0.0%)

1 て小憎らしい, て居ります

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 らしい, をこう

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 に聞, の舊惡露顯

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 につく, は女房

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 の幽霊, は決して

▼ 亭主~ (2, 0.0%)

1 は吹かせない, をふかせ

▼ 亭主驚いた~ (2, 0.0%)

1 か高, 眉を

▼1* [240件]

亭主いいあんばいに, 亭主いえまだほんの, 亭主いつから店を開けた, 亭主いつの間にか神棚の, 亭主うちの小僧, 亭主おれにも早い, 亭主お前は流石, 亭主かお兄様か存じません, 亭主かと聽く, 亭主からは寝酒を, 亭主がっかりなどという何, 亭主がとか云ってるわけ, 亭主きょうの酒, 亭主きょうのも又, 亭主ぎゃふんと参った, 亭主ここに控えた, 亭主こちらは客, 亭主この上かれこれ, 亭主これから福知山の, 亭主これらの人達, 亭主亭主, 亭主さっきの食い逃げ娘, 亭主さつき帰つたシリア人はこの, 亭主さらば一升まいらせ, 亭主さんほんとうにすみません, 亭主さん気が立っ, 亭主やア, 亭主じゃあないけれど, 亭主すなわち此の, 亭主そこは情, 亭主そこでお前から, 亭主それは食わ, 亭主たちは裏手, 亭主たち自身も, 亭主だけのような, 亭主だつたことは, 亭主だのかわるがわる別れ, 亭主今この, 亭主っていうもなお勝手の, 亭主のは, 亭主であるらしいので流し, 亭主でございまして銀, 亭主でございますよ, 亭主でございまするあなたの, 亭主でござったか留守中お世話, 亭主でないとはおっしゃられないでしょう, 亭主でなければ色男, 亭主で御座いますそれは, 亭主とかいうものが, 亭主とかはどうした, 亭主とさかさまのよう, 亭主としてもあまりほめた, 亭主とだけだろう, 亭主とまでなりさがって, 亭主とより外は, 亭主と共にお白洲, 亭主なく話は, 亭主なぞを持たして, 亭主などがあります, 亭主などとそんな意地, 亭主ならびにその亭主, 亭主なりをめあ, 亭主なんかと思う, 亭主なんかの意氣地無しぢや, 亭主なんぞ一生持つまい, 亭主においてすら然り, 亭主にかはり古き, 亭主にでもして, 亭主にとつても, 亭主にゃア可愛がられ, 亭主にや厭がられる, 亭主のねえというのは, 亭主はじめ女房や娘共, 亭主はへへへへと笑いながら, 亭主はよかつた, 亭主ばかりはひどいしよ, 亭主ひとり大風の跡, 亭主へも面会し, 亭主ほど女房を, 亭主まことに相済まん, 亭主まごう方なき, 亭主みたような, 亭主め仕事中に押さえられた, 亭主め嘘はつかなかつた, 亭主もう五合, 亭主もしくは愛人を, 亭主もたなかったのかしら, 亭主よく聞きなさいわれわれ二人, 亭主よりは女房の, 亭主らしくしてごらん, 亭主わけ隔てないくつろぎだけに, 亭主わしはな急, 亭主をまでも子供あつかひ, 亭主ゴーリエフの特別, 亭主ダノ大商人ガ, 亭主チョッキのボタン, 亭主テナルディエをさがした, 亭主いかう浮気ニ成リ給ヘリトテ, 亭主一人は逃場, 亭主一派と握手, 亭主一番侠客気を出しなさい, 亭主三代集を以て贈物, 亭主三浦義連がひきわけ, 亭主上衣を着, 亭主予て予の, 亭主亭主もう五合, 亭主人のは次ぎ, 亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, 亭主人大森君は私, 亭主人馬琴と為す, 亭主は革命, 亭主代りを, 亭主以上の欲張り女, 亭主以外の男子, 亭主伊助でこの, 亭主会議をひらいた, 亭主伝吉はいきなり, 亭主なもの, 亭主佐々木氏の招待, 亭主使用人食料係医師書籍係に対して思う存分, 亭主なんかに乗れる, 亭主先生あとで酷い, 亭主の忍耐, 亭主兵隊さとられちまって, 亭主其の方も, 亭主冷酒でよい, 亭主銭の, 亭主勘違い致さる, 亭主勝りの左利, 亭主三郎の, 亭主半兵衛です, 亭主半田藤五郎氏が来, 亭主左衛門殿も, 亭主友だちづきあ, 亭主友だちづきあいというわけ, 亭主受句が十夜, 亭主が春狐, 亭主吉兵衛は娘, 亭主樣この, 亭主同士のいがみあい, 亭主同様の人, 亭主同様重罪でしたよ, 亭主呆れて是, 亭主商売をやるなら, 亭主喜助に毒酒, 亭主噴飯して, 亭主大事と働きまくる, 亭主大急ぎ焼酎と畳針, 亭主の口, 亭主女共が問い, 亭主女房小児まじりに, 亭主女郎屋の銀八, 亭主に向い, 亭主子どもたちの着物, 亭主安心いたせよ, 亭主の盗難, 亭主客人がいるでない, 亭主寺田銀八は吉原, 亭主少し聞きたい事, 亭主岩吉は其晩, 亭主岸田屋宇之助という旅商人, 亭主謝まりの, 亭主平作か妹, 亭主に愚僧, 亭主役手代料理人までが書き出し, 亭主得右衛門は黄昏時, 亭主もあ, 亭主怪しい奴が, 亭主恭しく一揖し, 亭主慳貪の由, 亭主或は客人の, 亭主戸外の月あかり, 亭主手代なども交, 亭主入って, 亭主持たずに一生, 亭主持ってもなかなか, 亭主持つなら朝鮮人, 亭主振ったことを, 亭主振った利いた風な, 亭主教育されて, 亭主は勿論, 亭主旦那様は芋茎, 亭主早く一杯注げ, 亭主曰くいつまで饒舌つて居, 亭主會徳が支え, 亭主月夜にのそり, 亭主ちなんか, 亭主柏屋金蔵揉手をし, 亭主が瓢輕, 亭主案内するを, 亭主極めて慇懃に, 亭主此間は, 亭主殺しゃあ三尺高, 亭主気の毒だが, 亭主気の毒さの余り, 亭主気取りで納まっ, 亭主氣取りで居る, 亭主清家博士の姿, 亭主清水異之助, 亭主熱いのを, 亭主牡人生観上の現実主義者, 亭主うき事, 亭主甘くみてたかを, 亭主由兵衛は万力, 亭主男藝者などをし, 亭主番人喜助に毒酒, 亭主登られて, 亭主盗み置いた小驢, 亭主瞬きして, 亭主神妙に申し立てろ, 亭主にあの, 亭主立身させて, 亭主答えて申す, 亭主紺屋の職人, 亭主脇差抜きて, 亭主自ら出て, 亭主自慢を実に, 亭主なともらおう, 亭主茶代は後で, 亭主藤七は氣, 亭主藤田来りはま子, 亭主言い悪そう, 亭主諾いその夜, 亭主貴様の罪, 亭主が村, 亭主連中は酒, 亭主連伊勢屋の隠居, 亭主達三百名が内務省, 亭主酒屋の番頭, 亭主金助が来た, 亭主青木外務大臣の君, 亭主青縞屋の主人, 亭主をした, 亭主頼もしくお辰, 亭主を畳, 亭主して, 亭主風労にて打, 亭主風情に見くびられた, 亭主飛んだ蚤に, 亭主熬しでも