青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「亭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

交通~ ~交際 交際~ ~亦 亦~ 享~ ~京 京~ ~京都 京都~
亭~
~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~

「亭~」 2781, 30ppm, 3901位

▼ 亭~ (814, 29.3%)

13 お内儀 11 方へ 6 主人の, 主人は, 前に 5 主人を, 前を 4 中で, 中に, 存在を, 方は

3 [13件] ところへ, ように, 中へ, 主人から, 二階で, 前へ, 前まで, 当時の, 方が, 日記に, 書牘に, 洋食を, 顔を

2 [44件] あの煩悶, おかみさん, ために, ほうへ, むすめ, ような, ベンチの, 一生は, 二階に, 云ふ, 人物を, 仕官を, 作を, 入口に, 内儀に, 前で, 前の, 古の, 名が, 名は, 夜は, 大屋台, 存在であっ, 実業というは, 家では, 庭にも, 性質として, 扉を, 招き行燈が, 文学というは, 方を, 木蔦の, 柱に, 煩雑な, 熱心なる, 白いらん, 要地を, 門の, 雅名を, 面目が, 頭の, 頭は, 風, 高座に

1 [619件 抜粋] あたりへ, あたりを, あたり真青な, あるじが, あるじでした, あるところ, ある山水, いうの, いう如くその, いきさつと, いずれかに, うしろへ, うしろへも, うちで, うちに, うちを, おかみが, おかみです, おかみなあ, おばしま, おやすさん, お上の, お内儀さん, お園, お安さん, お客から, お客さんだ, お客さんに, お帳場, お照, お父さんは, お父さんも, お藻代, けいこ休みと, こういう分裂, ことを, この我儘, この間の, した談話, そばに, ためには, ためにも, てんぷら松寿司と, ですがね, ときとは, ところまでずつと, どこかに, なかから, なかに, ほとほと人気, ほとりで, ほとりに, まわりの, やきそば, わたしたちの, アカシヤの, イライラした, コック藤次郎は, シーツや, スタンド前一番人目に, ツルゲーネフの, ハヤシライスが, パンコーキール他, ヒル席に, ビフシチュウや, ビラ, ヴエランダの, 一つで, 一卓を, 一句が, 一室で, 一方は, 一灯に, 一生に, 一生中その, 一生鞭撻し, 一路が, 一身上の, 三円の, 三名が, 三名は, 三家は, 三階は, 三階へ, 下は, 下まで, 下女でした, 下足を, 下駄を, 不平を, 両の, 中には, 中の, 中入りを, 中華料理を, 主人がな, 主人じゃ, 主人だった, 主人である, 主人に, 主人や, 主人今聞いた, 事業が, 二階の, 二階時は, 五分も, 交際した, 人々を, 人物や, 人達に, 他に, 仮内裏, 会に, 会合で, 伯父で, 位置の, 作だけを, 作と, 作中屈指の, 作品は, 便利さを, 信ずるよう, 健康の, 傍には, 傍を, 傑作なりける, 兄貴が, 先人は, 入り口に, 六扇窓下に, 共白髪の, 内から, 内で, 内に, 内は, 内儀の, 内枠, 出前持が, 出来ない時, 初めての, 別室で, 前名, 力を, 努力を, 匂いを, 北の, 北山に, 半世の, 卒業後の, 卓の, 印象が, 危うきを, 原稿は, 反りかへ, 取調べの, 叙が, 口で, 古い文章家気質, 句の, 句境は, 合の子, 同窓から, 名を, 名前が, 名誉は, 周りの, 問題で, 問題の, 噂は, 噂紅露の, 四ツ角から, 四畳半へ, 四角い地上, 国士的形気が, 址あり, 場合にも, 墓に, 壁の, 夕ぞ, 外に, 外にも, 外へ, 夙昔の, 大人否小説の, 大捷は, 大敗は, 大敗を, 奥に, 奥まった離れ, 奥座敷で, 奥座敷に, 奥深い前栽, 女中たちの, 女主人, 女主人色, 女将であったろう, 女将は, 女将進藤富子も, 女給だった, 女給に, 如き一ツ, 如き当時, 妻君来庵掛取, 姿でも, 娘が, 娘という, 娘なり, 子に, 子陶後頼寛, 子養玄の, 孔休など, 字を, 存在が, 宅で, 宅では, 守りは, 定連, 実業論が, 客薄き, 宴が, 宴は, 家の, 家は, 家庭は, 家庭料理て, 小娘に, 小島の, 小説の, 小道から, 居ること, 居る所, 履歴を, 山の, 山上から, 嶺に, 川岸は, 巨眼は, 布陣には, 希望を, 席に, 席主が, 帳場には, 年とった, 広間には, 床が, 床の間には, 店先には, 庭に, 庭の, 庭は, 庭を, 庭後には, 廃屋の, 廃屋も, 建築も, 当夜の, 影が, 影を, 役には, 後の, 後詰に, 徒然に, 從軍した, 御馳走で, 微妙な, 心の, 志ざす文学, 思想を, 思想動揺の, 性分であった, 性分として, 性格が, 恩師古川常一郎も, 悲劇は, 意外な, 態度では, 憂悶不快を, 成功については, 戦いが, 戦に, 所在を, 手紙や, 手腕が, 手荷物は, 才能人物を, 抱負や, 拙い裸体画, 招き行燈に, 持前の, 提調生活は, 支那めし, 支那料理食っ, 敗れ列柳城, 敗因を, 数寄屋が, 数年前から, 文に, 文は, 文学や, 文学嫌いは, 文学方面を, 文章に対する, 文章は, 文章癖, 料理で, 料理まで, 料理も, 方か, 方で, 日記の, 旦那と, 易簀当時暹羅公使を, 昼席, 昼席へ, 暖簾を, 曲欄に, 書かれた作品, 書以外寥, 最後の, 最後を, 最近の, 會で, 月, 木戸上り五十円で, 未亡人敬第, 朱橋を, 東方問題の, 柱看板その, 楼上楼下は, 楽屋で, 横町に, 欄に, 欄まで, 次男で, 次男養玄である, 正面の, 正面は, 歴史, 死んだの, 歿後或, 歿後知人は, 毎月の, 気質を, 洋食, 洋食三品と, 洒落たるが, 浄几に, 淺絳山水の, 清, 湯殿とても, 源流にも, 濡れ縁も, 灯は, 灯も, 為に, 煩悶は, 父栄玄が, 牀に, 牛肉を, 犬や, 狭い茶座敷, 猫におけるや, 猫は, 玄関を, 理智の, 生れたの, 生活上の, 生涯には, 甥だ, 登りみち泉ある, 目的は, 直覚力と, 直話に, 知友としても, 破れた上, 破れ廂やら, 破壊力, 禅に対する, 禿頭に, 窓を, 窮理の, 立派な, 竹縁に, 第宅庭園, 答が, 籍が, 粗画も, 紹介すらも, 絶頂へ, 縁側に, 縁先に, 老主人, 考へで, 肉丼, 肩の, 胡坐という, 胸中万斛の, 膝の, 自卑自屈, 自活または, 自然舞台, 至つて道楽者だ, 若い主婦さん, 若辰, 苦しんで, 苦悩は, 茅屋根を, 茶室に, 茶席へ, 萩の, 葛藤は, 葬られた寺, 蔭で, 薄暗いなか, 行くべき新, 衛生が, 表作りが, 表現は, 裏かと, 裏二階へ, 裏口へ, 裏山に, 裏手に, 見える所, 規則とは, 親友の, 親爺で, 角の, 言分を, 言文一致, 言条を, 訳による, 訳文の, 訳筆の, 詩会が, 詩会は, 詩会を, 話を, 語は, 説であった, 説を, 読みものかなんか, 談話に, 論広州の, 議論の, 責めを, 賜物であっ, 趣味問題として, 跡形も, 跡見の, 身に, 身分や, 軒越しに, 辺の, 近くへ, 通い戸を, 遺した無, 遺事, 醜業婦論は, 重々しい音声, 重いドアー, 金儲けは, 釣殿で, 鉄槌に, 鉄槌は, 銀座裏八洲亭の, 長男岡寛斎の, 長男玄庵は, 門に, 門前で, 開通大, 間に, 防寨の, 隅の, 階下の, 階子段を, 障子には, 雷隠居の, 雷隠居めを, 雷隠居も, 霞亭を, 露文は, 青年時代の, 面影と, 面目は, 面貌が, 風呂に, 風呂焚男三造である, 風格は, 風雅な, 食事どうも, 食堂の, 食堂は, 食物も, 館主が, 高尚最新の, 高座で, 高座の, 黴くさい, 鼓吹した

▼ 亭~ (268, 9.6%)

2 その頃, 人の, 哲学者である, 失敗の, 師の, 眼を, 能く, 自分の

1 [252件] あの文三, あるが, いつでも, いまいう, いわゆる寄席, うっちゃらかして, お政, お祖父さんが, お艶ちゃん, お雪, かう云つて, かえってこれ, かつてヘルチェン, かつて明言, がらつと, こいつめと, こういう人物, この, この一家, この両川, この中, この伯父さん, この国士的性格, この文章上, この社頭, この間の, こぼたれ迎客, これでは, これより, これらの, これわが, さっそく本人, しぶしぶ立ちあがっ, すぐに, すらすらと, そっぽを, そのころ, その名, その喉, その後勝岡演芸場と, それが, ただ巻尾, とても助かるまい, とても革命, なかなか爾う, なにかいいかけた, なんとも, ひきつったよう, まだあれっきり, まだ彼方, まづい, やはりとつおいつ千思万考, クールフェーラックや, ドチラかと, ハッと, ヘルチェンや, ホクホクし, マダ部屋住であっ, マロニエの, 一切の, 一寸戸惑った, 一時哲学に, 一生の, 一足飛びに, 七十九歳に, 三十四歳に, 三馬には, 上条八太郎の, 不便がっ, 九日の, 二葉亭四迷だけで, 享保中僧似, 仁斎の, 今や啾々, 代って, 以前から, 何を, 何事についても, 何時と, 余りに思慮, 余りに近代的思想, 俄に, 元文四年, 児供の, 全作戦地域, 八門遁甲という, 公退, 冷, 出て, 別として, 前年庚辰に, 力瘤の, 十風に, 卒業する, 博士を, 印度洋で, 厚誼には, 古いノート, 古城塞, 同学中の, 同宿生の, 名を, 周囲の, 嘗て義太夫, 四望眺めも, 四谷の, 圓生文楽の, 壬午九月四日に, 外から, 外字新聞を, 多情多恨で, 天井を, 女ずきの, 女と, 如何なる人, 如何なる場合, 始終文章, 学校を, 学生時代から, 安心し, 宝の, 実に輝いた, 実は旧人, 宵から, 家庭の, 家庭を, 寄宿舍に, 小説家型では, 居合わした, 山本伯とは, 岸に, 已に跡形, 常にいった, 常に現状, 常に革命党, 幕人であった, 幾分か, 底力の, 強て, 彼, 彼には, 彼女らと, 徳永とは, 忽ち底力, 怒ったよう, 急に, 恐くは, 我が咽喉, 手拭を, 撞木杖を, 文章の, 料理屋だ, 新作の, 新聞社に, 旅館では, 既に東亜, 日本には, 日本の, 旧人として, 早くから国際的興味, 明石中佐や, 暇乞いに, 曲のねえ, 最少し, 月例の, 朝日を, 木の根岩角の, 本来狷介不, 李が, 松葉を, 果して満足, 果して自ら任ずる, 柔しく制し, 柵の, 極めて叮寧親切, 極めて狷介, 極めて謙遜, 極めて面羞げ, 横丁の, 機嫌を, 櫓下にて, 毎晩その, 水戸烈公が, 江戸ッ子肌であった, 池の, 決して名, 決然袂, 洋楽には, 洞察が, 渋江抽斎の, 渠らの, 湖北省に, 漢学仕込で, 澁面を, 無愛嬌な, 無知なる, 煙草も, 狹い, 生中文名, 生国不明であります, 生活の, 生活上の, 用いず松風, 田阪の, 畢に, 痩せ脛, 皆白壁なれ, 益々不平, 相弟子の, 破壊者であっ, 私が, 秋草の, 終にその, 終に力負け根負け, 総てこの, 縁無し眼鏡を, 翠簾を, 腹を, 至極粗末, 舞台の, 舞台監督が, 花や, 芸術的に, 苦り切って, 荏原屋敷の, 荒々しい言葉, 覇気欝勃として, 見るかげ, 解褐の, 言つた, 詐欺漢の, 談話が, 謙遜し, 軍事であれ, 近代思想の, 近頃殆ど足, 連夜木戸打止めの, 運悪く, 金を, 釣りこまれたよう, 鎖され依雲亭, 長く語学校, 長生きし, 霞亭を, 露国文化の, 非常に, 革命党の, 頭を, 顔に, 顔を, 食通では, 高谷塾に

▼ 亭~ (240, 8.6%)

6 飲む 3 会した, 会したらしい, 催された, 於て, 来て 2 会す, 帰る, 徃く, 来てから, 荷物を, 行って, 頼んで

1 [205件] あたる, いこひつ, いざなひしが, いたの, いた日, いること, いる娘, いる頃, いわしむれ, いわせると, お泊り, お越しいただき, かくれ明朝, かけこむ, かけて, くつろぐと, くるの, このごろ泊つたら, さしかかりました時, して, しては, しめられたの, せよわらじ, ついたの, つくまで, どなられたので, なって, ぽつりと, まだ礼状, みんな吸われ, もし山本伯, やどる欄, ゆく, ゐた時, ゐた間, ゐら, コックとして, 一勝は, 一夜の, 一泊せし, 一茶し, 一酌す, 下さる同, 与へて, 両軍, 久しい間飼, 二人の, 休んだ, 休んで, 会合した, 会同し, 会宴を, 伺候し, 似て, 來て, 催された例会, 先んじて, 入った, 入って, 入つたの, 入らんと, 入りて, 入りぬ, 入り豊, 入れその, 入御亭主, 入御是, 入来れり, 出て, 出入する, 到着し, 力説された, 勝って, 北を, 匿われて, 午食し, 参入し, 古風な, 呼ばれて, 呼ばれてな, 四五日泊つてゐた, 在つて, 在りし時, 在るが, 坐つて, 坐りきれぬほど, 夕蚊遣し, 多くを, 女の, 姿を, 宿り前, 宿り驢, 宿る, 寄せた, 寄つて夕飯を, 寄寓した, 小酌す, 居残って, 差し向けた, 帯くつろげ, 帰り浴湯, 幸あり, 引きて, 往って, 後期は, 御馳走を, 憩ひ, 戻ったの, 投宿した, 招いで, 招かれた例, 招んだ, 招待せられ, 挨拶を, 掛つてゐる, 接して, 接近し, 於ける要之助, 於る, 服して, 李白の, 来たという, 来たとき, 来た母, 来り明後日旧宅, 来り晩餐, 来る, 来る迄, 案内せり, 歩み入り長, 求めたこと, 沈酔し, 泊って, 泊り込んで, 泊る, 清月の, 火の, 熱心に, 盛大な, 着き部室, 着くと, 移った, 立ち寄って, 立寄り夕餉, 立寄る, 筆札を, 纏ひ附き, 義太夫の, 聞えた藤夜叉, 聴いたの, 腰かけて, 腰を, 腰掛けた, 臨時大会を, 至つては, 至り蜆汁, 至る, 至るくさ, 花の, 落ち着いた三人, 薗八節師匠宮薗千春を, 行く, 行くの, 行くん, 行けば, 行ったの, 親近した, 親近する, 訊いて, 詩を, 詩会を, 誌友懇談会を, 誘ふ, 負ふ, 贈つて, 躍り蒐, 車夫の, 転じたの, 辛抱を, 辿りつく, 迎え入れた, 近頃は, 通さる, 逢うた時, 逢ったとき, 連れて, 遁れ, 遊ぶこと数次, 達しさらに, 還り戸, 酒客座に, 開かれたる南岳追悼発句会, 限らず同, 限らず総て我々年輩, 限らず誰, 集まったの, 集まって, 集まり島村先生, 集る, 面會する, 願い出たところ, 飯し, 駕籠を, 鶴など, 黄色い灯かげ

▼ 亭~ (130, 4.7%)

7 ある 4 立って 3 あった 2 あったり, 存命だったら, 歿した

1 [110件] あって, あつた, あつて, あまり利用, あり入谷, あり寂, あり新, あり書院, あり枕流亭, あり笹, あるし, あるの, あるので, いわゆる男子畢世, かつて疑い, その一角, そんな酷い, つづいて, ない, ひどく賑やか, へんに, もし, もとだ, よい, ガルシンの, ビールと, 一世一代の, 一度ぎりでこの種, 一枚会合に, 一生自ら, 一種の, 下らぬもの, 世間に, 二人の, 二度の, 人を, 住居らしい, 佐野に, 何条肩書に, 作って, 依然儼存, 全く文壇, 出る度毎, 出前持を, 出勤した, 出来あがり升, 半歳程, 口を, 叩いて, 右すべき, 呼ばわる, 多忙の, 大河の, 大胆に, 学堂提調に, 官報局を, 実行力に, 小説家型よりは, 帰って, 年に, 建てられて, 当時喜を, 彼方に, 後に, 徳永店員でない, 心を, 意妓の, 戸閉し, 抽斎と, 文学を, 方へは, 明治二十二年頃自ら手録した, 易の, 昔し, 春廼舎を, 書いた百万塔, 書いて, 書を, 死ぬまでも, 没した時, 浪人し, 濟んで, 申します, 白眼み合っ, 相貌も, 看板の, 着くと, 硯友社派的な, 立つて, 経営不振の, 能く, 自ら本領を, 自白した, 苦悶を以て, 葱と, 藝苑日渉に, 蘭軒門下の, 見えた, 言文一致を, 訳して, 詩を, 語学校に, 軍事探偵の, 辛うじて私, 遊戯分子というは, 錦絵と, 食へ, 食へる, 飼って, 鹿島の

▼ 亭~ (123, 4.4%)

6 行って 3 来て 2 その傍, はいって, 円朝の, 着くと, 行きヘット焼, 足を, 連れて, 食事し

1 [98件] あづけ, いたらしめた, おなりに, お立寄り遊ばした, お越しなされ, お通しなされ, かけつけて, かけ込んで, つけさせ昼飯, ひっぱって, ほんのひと, もどって, ゆくあいだ, ゆけと, 一寸寄っ, 上って, 上りまして, 京都の, 任有亭より, 住みこんだこと, 住み込んでから, 借りられた, 兄上を, 入って, 入りスープ, 出かけた, 出かける, 出て, 又行く, 右馬介を, 呶鳴り込む, 夫妻の, 女中が, 寄って, 寄り夕食, 寄る, 座の, 急いだ, 招かれて, 招待したい, 掛つた, 支那食あっさり, 昼席へ, 月ざらい弁当百二十人, 朝食を, 来た, 東と, 東京講演会て, 案内された, 案内し, 橘夫妻に, 橘夫妻を, 毎日極って, 泊つた時どう, 泣きに, 渡る朱, 渡辺と, 滝村, 現れた, 白い装束, 皈つたとて, 眼を, 着いたこと, 着くなり, 立て籠ったの, 立て籠って, 立寄って, 罷れと, 聴きに, 艸冠り, 行きゃん, 行き又, 行き食事, 行くこと, 行くつもり, 行こう, 行った, 行つて玉を, 覚明を, 足繁く, 身を, 送り来る, 逃げ込んだ, 通つた, 通つて來た, 連れ込んだん, 連夜の, 阿部豊と, 隠れこんで, 集るよう, 雨が, 預けて, 頼んだの, 食事を, 駆けつけた, 駈けつけ憔悴, 駈け上がり, 魚を

▼ 亭~ (113, 4.1%)

5 出た, 出て 3 借りて 2 して, たずねて, 建てて, 訪ふ, 設け墻塀

1 [90件] うんとまう, おとずれて, おとずれに, たずねたの, つくり提灯, とびだした, とれば, のぞき, はじめとして, 一々に, 中心としての, 五日で, 以及御, 伴れ出され, 何と, 出づれば雨, 出でしが, 出なければ, 出ようと, 出発する, 切廻して, 加ふる, 反省させ, 可愛がって, 右に, 名のっ, 営めるはず, 囲繞い, 基点として, 守る蜀, 安ん, 宿に, 小説家である, 引払ひ, 張った井戸, 待って, 後ろに, 御立ち, 御馳走し, 憶出した, 指して, 朝野こぞって, 朝野挙っ, 未だ御存じ, 構へ, 樹立せよ, 海軍編修書記に, 無視し, 猿楽町に, 発見した, 百方慰撫する, 知る人, 知る同士, 称う, 称ふ, 立ち出て, 立って, 立去る気, 第一, 継いだ知名, 聘そうという, 背に, 襲ひ, 襲ふ, 見せると, 見ると, 見物に, 覗いて, 覚えたの, 訪うて, 訪ねて, 訪ねる幸, 訪ひ, 訪れたが, 訪れたの, 訪問し, 訪問した, 設く, 評して, 説明し, 辞して, 辞し時刻, 迎えて, 送り三時ごろやつ, 避ける様, 阿婆良也, 降り園, 離れて, 頼って, 食べる

▼ 亭~ (109, 3.9%)

2 朱子を

1 [107件] あつた, あらう, あるじの, あんな敗れ, お侍様, お茶の, ぐるぐる廻る, これらの, その晩, その越後, たったいっぺん, なしに, ね, また飲み, まって, みつぐり会, もてないもの, もよおされた, やはり蒸気乗り, よくし, わたしの, カツと, カツレツと, ハヤシライスを, パンの, ビールを, ポタアジュハムエグスタンシチュウコロッケ, 一しょに, 一人で, 一円五十銭の, 一番最初に, 中食を, 二十五歳ばかりの, 人が, 休んで, 会った, 会ったいね, 作つた, 倉重禾刀氏の, 催おされた, 催された三十日会, 催された満, 先生の, 共に酒, 其阿弟が, 別に先々代正蔵君, 勝負を, 午餐を, 受けた豪勢, 吉岡専務の, 名物に, 喋々喃々の, 夕食, 夕食今日のは, 夢中ながら, 大いに論じよう, 大連の, 宵の, 家族揃っ, 座談会が, 待って, 手まりを, 支那食し, 旧知の, 早めに, 昼餐の, 時々竹内, 晩餐を, 書いて, 有るけれど, 有志の, 柳桜の, 此女が, 毎年聞く, 済ましその, 牛鍋食っ, 物凄い浪, 留さんを, 皆門人録に, 私は, 私達は, 笑いたわむれ, 納涼の, 紫明会といふ, 経験した, 老賊, 聞きますとな, 自分の, 言って, 証明した, 話して, 話す, 貂蝉と, 連夜大切に, 遙に, 鉱毒質問提出者及び, 開かれたが, 開かれたこと, 開かれ渡辺水巴氏, 青年時代私は, 青楓氏の, 顔つなぎが, 食事した, 食事今日のは, 食事豪華な, 飲んでるだ, 饗宴が

▼ 亭~ (81, 2.9%)

9 云ふ 2 いえば, よぶ寄席, 二つの

1 [66件] あるの, いうが, いっしょに, いつたやう, いひ薬屋, つけて, つけられた, ぶつかって, よべる寄席, ウイ, ゲエテ街の, タクシイを, 九連の, 争いを, 云う寄席, 云う料理店, 云えば, 云って, 交際した, 会見し, 偕に, 僕とは, 冷静なる, 十風とは, 反対の, 号し, 号するの, 名づけた, 名づけ日夕海, 名づけ蘭軒, 名に, 呼べる席貸し, 大雅堂の, 女郎屋と, 実業というさえも, 嵯峨の屋とは, 川口不二は, 廟が, 御笑, 御笑い下さるべく, 描いて, 文女が, 曰い西, 書いた瀟洒, 最も深く, 朱で, 東京中の, 染めぬいて, 歩いて, 渋江抽斎の, 申します太閤様, 申すは, 病的な, 白く染め抜いた, 看板の, 称して, 署名し, 自称し, 薄袷, 言ふ, 認めて, 議論する, 鎌倉へ, 鎌倉より, 面会した, 鹿島家との

▼ 亭から~ (41, 1.5%)

2 小石川指ヶ谷町の

1 [39件] きょう留守中に, たのまれて, とった洋食三品, なにか取ろう, はなれること, やはり一人, 三皿ほどの, 中食を, 人の, 今っ, 使いに, 出て, 出られなかったこと, 別の, 外へ, 女中が, 少し離れた, 山道を, 岡吉へ, 川口に, 度々浦塩渡航, 戻ったが, 梅陽軒に, 無理に, 直接聞いた, 緑雨露伴の, 聞いたの, 肉を, 自動車で, 船を, 芝の, 葉子を, 街道を, 見た向う岸, 請取った, 豚の, 足を, 迎へに, 離れること

▼ 亭という~ (39, 1.4%)

4 寄席へ 2 のが, 小料理屋へ, 貸席を

1 [29件] お茶やが, かなり大きな, ところに, のも, ネオンサインを, 一高地が, 八人芸, 和洋食店である, 地まで, 妙な, 宿屋に, 寄席では, 寄席に, 尾張名古屋広小路の, 料亭, 料理屋の, 旅館へ, 汀なる, 洋食やへ, 珍しいところ, 端席へ, 緑色に, 若いニヤケ, 茶席, 草葺き屋根の, 落語の, 講釈場の, 貸席に, 遊女の

▼ 亭~ (38, 1.4%)

2 の名

1 [36件] から与えられた, から妙, から最初, がこの, が文品, が肺病, であつ, に, にはつい, には露國物, に對, に期待, の例, の功績, の動機, の勞力, の半生, の天稟, の實際, の微笑, の最初, の第, の苦悶, の著作, の藝術的生涯, の言葉, の譯筆, の面影, の飜譯, はいつも, はこの, は實際謎, は身, は露國作家, も印度洋, を印度洋上

▼ 亭~ (34, 1.2%)

2 またこの

1 [32件] あまり絵筆, あり, ある, この円朝, この意外, たれの, つぶれちまっただよ, つぶれて, またその, また文人たる, また無, また蘇峰, やと, やはり夙く, ランブュトー街の, 一つの, 余りありがたく, 來ない, 思い合わされて, 恐らく同, 悪いん, 来た当日, 来る度毎, 根が, 歸る, 気が, 永久に, 流石に, 病には, 美妙斎も, 近く楼船, 院本や

▼ 亭先生~ (29, 1.0%)

2 が朝湯, のお, の著作堂主人の

1 [23件] いうところ, が, がけたたましく, がどんな, がピリッ, が右手, が急病, が泥棒, が蒼い, に遇った, に遇つた, のお陰, の依頼, の弱り, の描写, の馬鹿げた, はやにわに, はベイエ, は一種熱烈, は例, は咽喉, は頸, を

▼ 亭さん~ (19, 0.7%)

1 [19件] がニッポン, が張さん, に同情, の, の来信, はこの, は不意, は又, は大変技巧的, は夫, は本, は皮肉, は神経質, は近代人, は門口, へひいき, も来, よりはあれ, 申して

▼ 亭には~ (19, 0.7%)

2 出来なかった

1 [17件] いって, いないの, それは, まるっきり感じ, 一人松女だけが, 二男一女が, 勝手に, 好きな, 孫陶後には, 挨拶せず, 用意が, 蒲留仙が, 蜀旗翩翻たる, 蜀軍は, 訳しなぐる事, 道楽という, 酒を

▼ 亭~ (19, 0.7%)

2 入船の

1 [17件] 何やかやと, 含雪斎の, 吹抜などは, 啄木の, 書院を, 母屋を, 水神や, 漱石や, 神楽坂演芸場の, 籃椅子の, 米久なども, 美妙斎が, 美妙斎の, 茶房の, 遊女が, 道頓堀の, 鴎外の

▼ 亭といふ~ (17, 0.6%)

2 のへ

1 [15件] お茶屋に, わけだ, 人で, 家は, 宿へ, 寄席は, 待合茶屋へ, 支那料理屋を, 料理屋からの, 普茶料理で, 洋食屋を, 洋食店へ, 茶屋へ, 菓子屋鍛冶屋酒屋其前に, 長崎料理

▼ 亭~ (17, 0.6%)

2 に封じた, の印, の爵, 之印 1 に封じ, に封じ給う, に封ず, に封ぜ, に封ぜられ, に封ぜられた, に封ぜられました, に高覧, は此方

▼ 亭自身~ (16, 0.6%)

1 [16件] から聴い, ではそれ, でも前田氏, の一生, の創作, の創見, の口, の失望苦悩, の方, は一時, は人生, は国民語, は常に, は苦心惨憺, もこの, をし

▼ 亭~ (14, 0.5%)

11 の城 1 のお, のほう, の一城

▼ 亭とは~ (13, 0.5%)

1 [13件] どう書いた, ホンの, 中学時代の, 以前にも, 偶然私の, 名ばかり, 学校時代からの, 最も親密, 犬猿の, 珍しきと, 絶交だ, 親たちが, 親同士

▼ 亭まで~ (12, 0.4%)

1 [12件] あって, お立寄り願われまい, きこえるほどに, 出向くよう, 是非と, 書生探し, 来た, 自身送っ, 行かなけりゃならねえ, 行つて來や, 逃げ走って, 馬を

▼ 亭では~ (11, 0.4%)

1 [11件] かえって書けなかった, その間に, ないか, ないので, 尊敬すべき, 帝の, 座つきに, 明石中佐や, 毎夜午前二時より, 舞台に, 見るからに

▼ 亭にて~ (9, 0.3%)

1 お待ちし, 上田博士追悼会あり, 唖, 日本料理を, 正午明治座当, 清元香風会さらひあり, 逢ふ, 連歌の, 黒田藩の

▼ 亭種彦~ (9, 0.3%)

21 が, などに此流義, のその, の田舎源氏, の読み, の還, は昔

▼ 亭より~ (8, 0.3%)

1 他に, 前に, 左に, 御所に, 梅陽軒へ, 眺むるもの大江戸以来随一と, 聞ゆれ, 贈来りしもの

▼ 亭柳桜~ (7, 0.3%)

1 が穴, てえ, という落語家, と拮抗, のたぐい, の人情話, の速記

▼ 亭~ (6, 0.2%)

1 から懸け, つたに, つたのだ, と言明, のに始終もう, わ

▼ 亭~ (6, 0.2%)

2 の圈 1 であらう, に燒, の, の燈火

▼ 亭~ (6, 0.2%)

1 があった, にい, に二人, の中, へいっ, をしつらえ

▼ 亭座敷~ (6, 0.2%)

1 から笛, があっ, があり, に住む, をうろうろ, を借り

▼ 亭~ (6, 0.2%)

3 ん生 1 ん太君, ん生君, ん馬

▼ 亭柳枝~ (6, 0.2%)

2 がでっぷり 1 が人情噺, が若き, など手堅い, のところ

▼ 亭でも~ (5, 0.2%)

2 入船でも 1 なかった, よいし, 堀南の

▼ 亭との~ (5, 0.2%)

1 初対面, 初対面が, 文体は, 談論の, 間に

▼ 亭~ (5, 0.2%)

4 とした 1 として高く

▼ 亭あたり~ (4, 0.1%)

1 のやり方, の今, へ宿更, へ逃げ

▼ 亭とか~ (4, 0.1%)

1 いふに, 云って, 楼とか, 花明庵とかいう

▼ 亭とも~ (4, 0.1%)

1 いふ, よばれ平家全盛時代, 度々衝突, 旦那殿とも

▼ 亭ブラック~ (4, 0.1%)

1 があった, であろう, の, の口演速記

▼ 亭北寿~ (4, 0.1%)

1 と一勇斎国芳, は葛飾北斎, また一立斎広重ら, を以てすれ

▼ 亭喜楽~ (4, 0.1%)

1 が佐渡心中, といふ落語家, の落語, は卓一

▼ 亭~ (4, 0.1%)

1 から身, に与ふる, に身, はわざわざ

▼ 亭雅談~ (4, 0.1%)

1 には又, には言われ, に拠る, を見る

▼ 亭からは~ (3, 0.1%)

1 いつまで, なれ自由, 遙かに

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 な子, 木ぬれ, 梢に

▼ 亭だった~ (3, 0.1%)

1 が戯作, ということ, と思う

▼ 亭だの~ (3, 0.1%)

1 深川亭だ, 睡蓮だの, 西石垣のちもとだ

▼ 亭である~ (3, 0.1%)

1 といっ, とかまたは, と伝えられ

▼ 亭での~ (3, 0.1%)

1 あなたとの, 十数日当の, 河野と

▼ 亭などの~ (3, 0.1%)

1 あるひろい, 書いた文学, 逸事を

▼ 亭へでも~ (3, 0.1%)

1 出掛けると, 廻して, 連れて

▼ 亭をも~ (3, 0.1%)

1 また巌本, 屡, 憶い浮べた

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 に綵衣, の話頭, は色めき立った

▼ 亭主たる~ (3, 0.1%)

1 の貴き, ものドン底の, 場合女房の

▼ 亭主人~ (3, 0.1%)

1 とお, と大久保, と歌子

▼ 亭九華~ (3, 0.1%)

1 であった, などという, の八名

▼ 亭今松~ (3, 0.1%)

1 だった, って言われる, はジッ

▼ 亭今輔~ (3, 0.1%)

1 が半分, が言った, といった落語家

▼ 亭子院~ (3, 0.1%)

1 が絵, のお, の帝

▼ 亭山月~ (3, 0.1%)

2 の表札 1 に於

▼ 亭応賀~ (3, 0.1%)

1 の作, の釈迦八相記, は

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 というの, の上, へ向っ

▼ 亭焉馬~ (3, 0.1%)

1 などの本, の八丁堀, を判者

▼ 亭~ (3, 0.1%)

2 して 1 しうるの

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 から私, であった, 備わり松江

▼ 亭蔵氏~ (3, 0.1%)

1 で請負師組合長, の息子, の息子宏輔君

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 に代, の詩四首, は其日

▼ 亭~ (3, 0.1%)

1 の内, よりずっと, 重疊

▼ 亭あり~ (2, 0.1%)

1 昼夜義太夫を, 登山客の

▼ 亭からも~ (2, 0.1%)

1 人が, 出たこと

▼ 亭だけは~ (2, 0.1%)

1 夜を, 残るよ

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 のへ, ふ寄席

▼ 亭といった~ (2, 0.1%)

1 そうです, 一流二流の

▼ 亭とかいふ~ (2, 0.1%)

1 廣庭の, 西洋料理屋あり

▼ 亭としては~ (2, 0.1%)

1 余りありがたく, 米銭の

▼ 亭について~ (2, 0.1%)

1 おもち, かいて

▼ 亭にでも~ (2, 0.1%)

1 出すの, 泊つ

▼ 亭にも~ (2, 0.1%)

1 また流れ, 鳥打帽を

▼ 亭に対して~ (2, 0.1%)

1 いまだかつて何, 彼ほど

▼ 亭はん~ (2, 0.1%)

1 はな遅, もあい風

▼ 亭へも~ (2, 0.1%)

1 ぽつりぽつり酒呑み客, 出入りし

▼ 亭ほどの~ (2, 0.1%)

1 立派な, 芸術に対する

▼ 亭一軒~ (2, 0.1%)

2 のみならず

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 からその, から云った

▼ 亭事件~ (2, 0.1%)

1 の如き, の表面上

▼ 亭以来~ (2, 0.1%)

1 いつも分け, の純文学

▼ 亭~ (2, 0.1%)

2 の宿題

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 だとか, の陋

▼ 亭侯関羽~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 としてある, なる長

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 の小道, の花園

▼ 亭即ち~ (2, 0.1%)

1 今の, 長谷川を

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 を名乗った, を考え

▼ 亭国貞~ (2, 0.1%)

1 の絵, は

▼ 亭圓遊~ (2, 0.1%)

1 だった, もしきりに

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 が蕪, の細工

▼ 亭子脚~ (2, 0.1%)

1 のごとき, を具えた

▼ 亭居士~ (2, 0.1%)

1 と号, と號

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 なる雅号, の南

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 へ集った, 居廬

▼ 亭方面~ (2, 0.1%)

1 ではなお, の要路

▼ 亭燕枝~ (2, 0.1%)

1 である, の話

▼ 亭画伯~ (2, 0.1%)

1 が住ん, の令息

▼ 亭蕪村~ (2, 0.1%)

1 の全貌, の描いた

▼ 亭金升~ (2, 0.1%)

1 と内村鑑三, に師事

▼ 亭~ (2, 0.1%)

1 という坊, という藪

▼ 亭頼恭~ (2, 0.1%)

1 には孫, の嫡男

▼ 亭馬生~ (2, 0.1%)

1 その人, に晩年

▼ 亭馬道~ (2, 0.1%)

1 がこう, という人

▼1* [292件]

あたり昼席へいった, 亭あったがため, 亭あるを承認, 亭あれの主, 亭あんまりうまくなし, 亭向島か, 亭かへ行つた, 亭ぐらいはやれる筆, 亭ごろのお, 亭さん日本語が出来ます, 亭さん桂子さんから三八九会加入, 亭さん白楊さん青炎郎さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, 亭しん生の名, 亭しん馬に金原亭馬生, 亭すべてが旧家, 亭そういうものは, 亭そこの松, 亭たる老人が, 亭だけでは, 亭だってやはりもし存生, 亭だろうと思った, 亭ちとまりいかに, 亭って貸席だ, 亭であって酌, 亭であったように, 亭であり小便は, 亭でさえも半面には, 亭でした。福槌の, 亭でないとも言明, 亭といへる水茶屋店先, 亭とかいうおでん屋へ, 亭とかへお立寄りなされます, 亭としてもこの月, 亭とでもすれば, 亭とよりも古く竹, 亭とを結び付けるというは, 亭などいう家, 亭などが面白くしつらえ, 亭などでも殊さら聞えよがしに, 亭などという人の, 亭などへなんで魏, 亭なども見あたらない, 亭などより安いし, 亭なほ在り, 亭なんぞへ行くの, 亭にかかつてゐる, 亭にかけて降る雪, 亭にての如し, 亭にのみゆだぬべきもの, 亭にゃまだ四, 亭に関する坪内君の, 亭のみ店を, 亭のみが残って, 亭はな屋根へ, 亭はわづか一円, 亭ばかりが志を, 亭へとでかけて, 亭への踏石へ, 亭へは行かれないが, 亭まだ帰らないかい, 亭みたいなもの, 亭僕こそ, 亭よりも晩かつ, 亭りう馬という人, 亭をなのつてゐた, 亭を以て慰問せられ, 亭半月弁当デ, 亭一つ守り得ないくらい, 亭一塲の醉夢, 亭一宇を建設, 亭一寸変ったところ, 亭一日に見尽す, 亭一派の共有物, 亭三島に飲む, 亭三軒ありと, 亭中晩未回, 亭主人病を問, 亭主持だろう, 亭主文右衛門を呼ん, 亭九里丸は私, 亭二氏などの眼, 亭有諸彦会, 亭今松様とは言わない, 亭今輔俗にめっかち, 亭仙果とかいう人, 亭以下四十余宇焼亡す, 亭伯圓がでた, 亭位ひで少々費, 亭例会の日, 亭侯予州の牧, 亭侯劉貞ヲ生, 亭侯司隷校尉領予州の牧劉備, 亭侯雲長関羽としるした, 亭侯領は予州, 亭借りたる時許り, 亭先づ廃業やがて近隣, 亭先生あなたまさか承諾, 亭先生遺愛之種, 亭八丁堀の聞楽, 亭円右三代目小さんそれと私, 亭円枝である, 亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 亭出演のとき, 亭にセシル・, 亭劉生酔筆と題する, 亭看, 亭十八歳の時, 亭半山なるもの, 亭の地, 亭南今の岡田, 亭南店に牛鍋, 亭厩舎望楼台そういう建物, 亭厩舎納屋から小作小屋, 亭又は數奇屋鞠場まで, 亭取りあつめてそのまま, 亭すること, 亭叢書の中, 亭句楽の死, 亭可楽と角舘町, 亭可楽三遊亭圓生もっぱらこれ, 亭史彦といふ人, 亭は茂竜, 亭の遺骸, 亭四谷の喜, 亭国貞あたりの錦絵, 亭国貞風景画の一立斎広重, 亭圓生もっぱらこれ, 亭圓馬の説明, 亭を築く, 亭の池, 亭伝馬町の, 亭大黒屋などがある, 亭夫妻に送られ, 亭女将進藤富子は醉つて腹, 亭奴僕次第に去り, 亭と協議, 亭子窓高新面目, 亭子院歌合せなど, 亭家業は思いがけない, 亭宿泊中の測量技師殿, 亭富士見楼などといふこと, 亭寿海老人と号, 亭小さんだったの, 亭小勝と名人上手, 亭小勝二世三遊亭圓生とあと, 亭小座敷寮ごのみ, 亭小石川の初音亭, 亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 亭山麓を十重二十重, 亭峰吉を実父, 亭崇拝者になり切っ, 亭左円次といふ人, 亭左楽がわずか, 亭市馬がかねがね, 亭席元となつ, 亭だつて, 亭のあたり, 亭廻廊控えの間, 亭御存じでしょう, 亭徳升という人, 亭徳瑛が子, 亭思案外史である, 亭ひは, 亭扇升の名, 亭才学故前聯及之, 亭折柴古原艸等にも恩, 亭撞球場の二軒, 亭新生金原亭馬生司馬龍生三升亭小勝と名人上手, 亭新生金原亭馬生司馬龍生三升亭小勝二世三遊亭圓生とあと, 亭日本橋の宮松亭, 亭日記は初, 亭春水と号, 亭時代の人, 亭晩君向瀟湘我, 亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 亭月堂等が江戸, 亭有人にし, 亭朝日ビルのアラスカ, 亭杏楽天へ赴いた, 亭杏雨率性堂または翕, 亭松作門看書松下, 亭松宇の父子, 亭松鶴が五十号近く発行, 亭松鶴君を招い, 亭柳丸という爺さん, 亭柳仙という小づくり, 亭柳好の両君, 亭柳枝入船米蔵がある, 亭柳枝師匠だよ, 亭柳枝桂文治らが春木座, 亭柳枝此の人等, 亭柳橋と同車, 亭梅朝がなにか, 亭梅朝爺さんの前身, 亭梅橋だの, 亭森粛たる叢竹, 亭植え込み石灯籠幾棟かの, 亭椿庭の詩箋, 亭楓枝のみぎり, 亭の公子, 亭楡木川の崩, 亭構えで筧, 亭を張り出し, 亭歌笑の家, 亭歿後に私, 亭殺人事件は既に, 亭氏露西亞氣質と長谷川氏, 亭の奥氷室尋, 亭をもっ, 亭涙香思案外史鴎外なぞも漁った, 亭清吉があつ, 亭清川玄道山田椿庭である, 亭渋谷の石川亭, 亭渡辺はま子夫妻に逢, 亭滝沢馬琴の八犬伝, 亭漱石鴎外枕をならべ, 亭瀟洒にし, 亭を消し, 亭燕枝春錦亭柳桜のたぐい, 亭燕枝春風亭柳枝桂文治らが春木座, 亭燕路は北国, 亭牛込の和良店, 亭独歩漱石鴎外芥川龍之介有島武郎小林多喜二などの例, 亭こき使われかい, 亭王震が蘆雁, 亭田内月堂の二人, 亭由来記でもあり, 亭画図拙くし, 亭画談を読む, 亭に車, 亭皆川順庵今川某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 亭の市中, 亭短亭を一々, 亭種員がつづけ, 亭種員善哉庵永機同冬, 亭種彦あたりを筆頭, 亭種彦六十に至っ, 亭童徳宝等の如き, 亭筆蜆の画幅, 亭筆記に京順禮, 亭箕谷斜谷の三面, 亭糠屋のおん曹子, 亭素人の翻訳探偵小説, 亭経営甚困難なる由, 亭賦呈宣上人, 亭者吾院之所有, 亭したま, 亭自身一人の紳士, 亭船遊を名, 亭花輔君などにとにかく, 亭華山荘に寓, 亭菱川宗理錦袋舎等の号, 亭萩亭ともいふ, 亭がしぶい, 亭蔵友田喜造長富紋太栗田銀五藤野清次など吉田一家, 亭蔵宅を思いだした, 亭蔵花田準造, 亭藤村啄木等によって代表, 亭まで, 亭観月の詩, 亭のとき, 亭貞秀の署名, 亭賞月題詩扇面携来見示即次, 亭の指, 亭遊三禽語楼小さんのたぐい, 亭遊輔と言, 亭醒翁の号, 亭醒翁詩癡又括, 亭金升さんもいま, 亭金升翁の落語集, 亭金水作の稗史, 亭金馬君の家, 亭長芫青地胆三種合わせた猛毒, 亭として人, 亭を出, 亭関西同人句会に列席, 亭に憩い, 亭附近の地図, 亭陥つとの報せ, 亭随筆だの稲亭何, 亭際柳と云, 亭雅談其他に出, 亭露西亜で結核, 亭馬作と申す, 亭馬生司馬龍生三升亭小勝と名人上手, 亭馬生司馬龍生三升亭小勝二世三遊亭圓生とあと, 亭鬼武が最初, 亭魚眠洞等と閑, 亭魯文先生なぞがお, 亭鶴枝だった, 亭麹町の青柳亭, 亭麹町二丁目の万