青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~
乾~
亀~ 亂~ ~了 了~ ~予 予~ ~予定 予定~ ~予想 予想~

「乾~」 1922, 20ppm, 5766位

▼ 乾~ (217, 11.3%)

7 の一人, の者 6 の中 5 の勘弁勘次 4 を連れ 3 が, の菰, の藤作, の間

2 [15件] がある, になっ, のうち, のひとり, の始末, の猪吉, の男, の背, の関係, は親分, らしい乾児, をひきい, を励まし, を引き連れ, を率い

1 [146件] か, からもその, からも遁, があり, がいる, がかの, がくっつく, がこれ, がむこうみず, がよろめい, がベッタリ, が一人, が中, が五六十人, が井戸, が代る代る, が口惜し, が叫んだ, が味方, が尾, が居る, が左右, が左門眼がけ, が彼, が手拭, が抜き身, が日数, が木の間, が木立ち, が梁, が横, が背後, が脇差し, が膝, が酔った, たる横道政治家, だ, だろう, であった, であったが, でありもう, で承知, で警護, とが同じく, とが邂逅, とであった, となった, との組, との間, とも弟子, と共にそこ, と共に東京, と共に歩い, と喧嘩, なぞが血眼, など一人, なりであった, に, にし, にしかなれない, になった, にまた, によって頼母, に命じる, に堅く, に店, に担がせ, のある, のお, のとむらい, のほう, のもの, のカポネ, の三十余人, の世話, の例, の前, の十郎, の友吉, の大勢, の姿, の岡, の幾人, の影法師三吉, の悲しみ, の斬り込ん, の為, の男三人, の眉間, の総て, の者百人あまり, の背なか, の脳天, の若, の葬式彦兵衛, の行動, の野武士たち, はいよいよ, はざら, はむく, は一つ, は一人, は仮, は脇差し, は辛く, ばかりでなく, へ云った, もある, もばば, も七, も多かっ, も大抵, も懲らし, や兄弟分, らしいの, らしいもの, をし, をつれ, をまとめ, を一人, を二三人, を伴, を作っ, を使っ, を使者, を切った, を周囲, を四人, を大勢, を幾人, を引卒, を引立て, を従え, を斬り伏せ, を狡猾, を猟, を睨みつけ, を自ら, を選, を選ぼう, を集め, を養っ, ワーッとばかり, 実に万人余, 早い一番鶏, 立去ろうと

▼ 乾雲丸~ (110, 5.7%)

6 と坤竜丸 3 をお

2 [11件] が左膳, といっしょ, のこと, の丹下左膳, の切先, の所在, を奪還, を引きつけ, を手, を持ち出した, を掘り出し

1 [79件] かあたし, かこの, がここ, が今宵, が先生, が啾々乎, が強奪, が握られ, さえ許せ, さっそく左膳, だ, であろう, ではない, とその, とともに火使, とみてとる, とやらをとり返し, とをまとめ, とを引き離すであろう, と娘, にそなえ, に再会, に添え, の一条, の刀包み, の刀装, の刀身, の包み, の取り戻し, の指し示す, の掘り返された, の故, の皎身, の皎閃, の鏡身, の閃鋩, の鯉口, はしたたか, はぜひとも, は一時左膳, は不可解, は丹下左膳, は再び, は大, は火事装束, は鍔, を, をさげた, をさす, をそうやすやす, をつかん, をひきよせ, をもつ, を一時, を佩受, を取りあげた, を取りなおした, を取り戻し, を奪い返した, を左手, を引き抜い, を引っさげ, を所持, を持ち出し, を持っ, を栄三郎, を横, を横たえ, を源十郎, を火事装束, を突き出した, を膝近く, を蔵, を返し, を鈴川庭内, を鈴川邸内, を鞘, を鞘ぐるみ, 一気に鉄斎

▼ 乾~ (109, 5.7%)

6 と坤竜 5 の柄 2 が夜泣き, が貴様, である, ではない, を栄三郎, を盗み出した

1 [86件] あわや栄三郎, いかなる涙, か, からは割り文, がいつのまに, がお, がカタカタカタ, がバリバリッ, が俺, が持ち去られた, が斬れきれ, そうそうたやすく, だな, でも断ち切れなかった, という大, なりゃあ, に乗じ, に乗ずる, に乗っ, に出る, のさき, のため, の一団, の一行, の冷刃, の刃, の執念, の手もと, の皎刀, の眼, の秘密, の鋩子先, の錆, の鍔, の鞘尻弧, はお, はおろか, は依然として, は左膳, は庭すみ, は汝, は見まわす, は離れる, も乾雲, をたたきかえした, をひきつけるよす, をひっさげ, をひっつかんだ, をひらめかし, をひるがえし, をスウッ, を俟, を凝視, を取りあげ, を取りまく, を取り巻く, を取り戻す, を取り返し, を呼ばん, を呼びよせ, を呼ぶ, を囮, を失った, を奪い去られ, を奪っ, を奪還, を左膳, を強奪, を手, を払う, を払った, を抜い, を振りかぶった, を掘り出した, を撫さざる, を杖, を正面, を求め, を腰間, を躍らし, を躍らせ, を追って, を隻腕, を離す, を鞘走らせた, 丸から同じ

▼ 乾~ (107, 5.6%)

3 の一人, の者, を連れ 2 の利助, の奴, の掏摸, の面倒, は可愛い, も多勢, をつれ

1 [84件] からいま踏絵, が, がい, がそろっ, がば, が多, が思いがけない, が横, が獄門, じゃばら, だと, で, であったところ, である上, でなくて, でもない, で寝込み, で法医学, という男, として働き, として年貢集め, となった, とも云, とも云うべき, とも思っ, とを率い, と名, なしの, に, にあと, におそわれる, になった, になつ, になりてえ, になれ, になれつ, には財力, に仕立てあげる, に任せず, に向かっ, に応援, に押立, のええ, のの, のもの, のインチキ薬, のガラツ八, の一部, の並木, の中, の仁三, の便り, の多, の多市, の安兵衛, の家, の山岡順太郎氏, の弁護士, の御免安兵衛, の手当, の扱, の男, の盃, の縁, の義理立て, の解散, の関係, の駒蔵, はさっき, はつくらなかった, は世界, は事急, は今, は土手, は斯, は首, みて, らしい男, を, をやった, を加えた, を我, を養い, 多く諸方

▼ 乾~ (106, 5.5%)

3 急に 2 ニヤリと, 冀州へ, 玄徳の, 腰を

1 [95件] いい機嫌, いかにも口惜し, いかにも合点, いっこう意, いつもの, うるさく肯き, おちつきはらって, ぎゃっと, この態, さきに, さらに声, ずかずかと, そのほう, その顔, そばで, それは, ついと立ち上っ, つくづくと, ていねいに, どういう工合, なお語, なぐさめて, なにか, にわかに云いだした, のっそりと, ひと足さきに, ひどく険しい顔, ふふん, ふむふむと, へえと, まじまじと, まず玄徳, やがて冀州, ゆっくり煙草, ゆっくり立ちあがる, ようやく顔, わざとらしく首, わざと民家, わざと驚いた, ガラス窓を, キラキラ眼, キラリと, チラと, 三人の, 久我を, 二階の, 先に, 冀州から, 初耳な, 前を, 勿体らしく首, 北門へ, 又健, 呉から, 坤の, 大きな地球儀, 大げさに, 大事を, 大和十津川人の, 子供の, 寝台に, 屋外へ, 思いだしたよう, 思わず, 慌てて, 扉の, 扉を, 手拭いを, 歯が, 気がつかぬらしい, 油江口に, 満足そうに, 用心深く寝台, 留守し, 直ちに案内, 眉を, 眼に, 眼を, 瞬間西貝を, 竹箆の, 背中を, 腫れあがった瞼, 膝に, 膝の, 色を, 落ちつきはらっ, 葵嬢よ, 西河の, 要するに一日, 返事を, 進んで, 額から, 馬を, 鶴の, 黒い上衣

▼ 乾~ (65, 3.4%)

5 方へ 3 方に 2 そばへ, 顔を

1 [53件] そばまで, ところへ, ほうへ, 位置で, 位置まで, 使いを, 便りを, 卦は, 名が, 喉へ, 喉を, 天暗く, 字を, 家へ, 差甚しきを以て, 帰るとき, 御門という, 徳と, 手を, 手輩として, 方, 方から, 方の, 方より, 方を, 方日本では, 方角にあたる, 方角高い, 星が, 時に, 来訪が, 気温気象に, 當體たる, 眼を, 空に, 肩を, 膝の, 袖を, 襟が, 西欧に, 角に, 説であった, 象は, 身体を, 輩を, 門を, 隅から, 隅に, 隅の, 隅へ, 顔は, 風烈しく, 鼻の

▼ 乾~ (54, 2.8%)

6 した 5 して 3 をし 2 の歌, を続け

1 [36件] いたしましょう, から卓上演説, させて, したいと, したいの, しても, しねえ奴, しませう, しよう, しろ, し多忙, するつもり, するの, するよ, する目的, だ, だの会談, であつ, といこう, に応じ, の唄, の相手, の辞, の辭, の雨, も会話, をくりかえした, をしよう, をつづけ, をやっ, を上ぐる役, を強, を挙げました, を挙げる, を擧げる, を続ける

▼ 乾からびた~ (51, 2.7%)

4 ような 3 やうな 2 小蟲, 飯粒石炭の

1 [40件] この一切, ように, パンを, パン切れを, パースレイの, 侏儒の, 倦怠な, 出来の, 味の, 喉へ, 土しか, 声, 声が, 声で, 声では, 声を, 妙な, 山陰の, 彼等の, 教育を, 木乃伊みたいな, 木戸番の, 死人が, 泥の, 猫の, 皺くち, 眼に, 砂山の, 葉を, 葡萄棚の, 血の, 裁判長の, 褐色の, 言葉を, 貧弱きわまる, 貧弱な, 身體を, 頭ばかり, 風と, 魚や

▼ 乾児たち~ (51, 2.7%)

3 であった, の死骸 2 は, は口々

1 [41件] がそれ, が再度, が殺された, が狼狽, が筵, が紙帳, が脇差し, が見る, とを睨ん, と一緒, と立ち向かっ, と離れ, なの, にそう, に向かっ, に吩咐, の働き, の反対, の家捜し, の抜いた, の群, の背後, の血, はどういう, はワーッ, は一度, は一本, は今, は声, は左門, は往来, は筆屋, は紙帳, は角右衛門, へも順々, もそうして, をかえりみ, を掻き分け, を無視, を相手, を睨み

▼ 乾葡萄~ (49, 2.5%)

2 のやう, のよう, をもて, を入れた, を食いすぎた

1 [39件] がつい, が沢山, だけ喰っ, だぜ, で書い, とかいう物, とが前, とを載せた, とレモン, と小さき, と梅, と白葡萄, などを貰いました, など大分高価, の入った, の大きな, の枝ごとの, の空箱, の貰った, まで, もいれましょう, やレモン, や石鹸, や黒梅, をたべ, を入れ, を加え, を喰っ, を多分, を思ひ起させる, を手, を混ぜ, を選ん, 入ケイキ, 入ケイキかい, 入パンかい, 即ちカレンズ, 及び絹物, 大匙一杯小葡萄

▼ 乾~ (35, 1.8%)

3 いった 2 むっつりと, 多くなる

1 [28件] いうと, うなるよう, うろうろし, こたえる, すっくと立ちあがった, そっと訪ね, たかりしを, ぽつりと, コップから, チラと, 云い出した, 先に, 出て, 声を, 好きな, 小手を, 帰って, 急に, 息せききって, 息まいて, 憎々しい口調, 書簡を, 来るわけ, 空嘯いて, 途中まで, 鋭い声, 首を, 馬を

▼ 乾ける~ (33, 1.7%)

2 もの風を, 土に, 土は, 砂を

1 [25件] ものを, アルゴスに, 土と, 墓原の, 庭の, 後には, 旅に, 樫と, 樹幹立つ, 氣, 氣の, 氣は, 氣上昇し, 沙は, 深き砂, 湖の, 火盞に, 牛皮青銅を, 痂わが, 砂の, 竹で, 落葉現, 辺に, 陸に, 靴の

▼ 乾児達~ (28, 1.5%)

2 は顔

1 [26件] がいる, がそれとなく, が自分, が首, だ, であった, に取り巻かれ, に命じ, の中, の健気, の忠誠, の方, の沈黙, の耳, の顔, はしばらく, は口々, は周囲, は忠次, は相手, は詳しく, へ出迎えさせ, へ声, も十蔵, を呼んだ, を幾人

▼ 乾~ (23, 1.2%)

2 になる, びさせてしまふ位の

1 [19件] がつっつきたい, にする, になっ, になつて, になりかかった, びきつた倫理の, びたこの巨大な, びたような声を, びた人間知の, びた声を, びた木の葉の, びた色の, びた言葉の, びている, び付いた, び切った, みたいに, をお, をやる

▼ 乾~ (22, 1.1%)

2 にする

1 [20件] がある, がくさ, がなくなった, が貯え, と生肉, など多量, の, の山, の旨い, の類, は口, や其他旅行中, をかまえ, をくれ, をしこたま, をつくっ, を執っ, を食し, 尽く喰, 煮肉

▼ 乾~ (22, 1.1%)

3 のやう 2 のよう, を小さい

1 [15件] が筵, といったよう, とお, などが堆, などを貯え, のあぶった, の如き, の荷, の荷六つ, の貯え, の貯蔵, や海象, をざら, をまるめた, 臭い親船

▼ 乾~ (21, 1.1%)

1 [21件] いいつけ耒陽県, いった, かくれて, きかれて, こうたずねた, さずけて, したもの, とろ, とろろ昆布の, なったキリギリス, なって, 借りても, 兵五百を, 出会いかれの, 向かって, 守られて, 当る梅, 愚痴を, 至る, 言伝けし, 車を

▼ 乾~ (21, 1.1%)

3 の藤作 2 で, の注進

1 [14件] が場銭, とその, の一人, の八五郎, の八五郎たち, の捨三, の角太郎, へロクロク小使, もあった, も居り, や乞食, や水品陣十郎, を作つて了つたの, を連れ

▼ 乾~ (19, 1.0%)

2 に白頭, のやう, や帯刀殿, や琴

1 [11件] か或は, がさがり, とで日, にする, になつ, のごとく, の大きな, を商っ, を夢みる, を我, 切るや

▼ 乾~ (18, 0.9%)

3 の末 2 の頃

1 [13件] に至つて旧, の上諭, の中頃以後, の四庫全書, の四庫全書總目, の墨, の旧, の時, の末年, の献寿模様, の百三十余年間, の詩箋, の諸

▼ 乾児ども~ (17, 0.9%)

1 [17件] がふたたび, が先生, が我々, が書い, が皆, であった, にまかせ, に包囲, に頒, の中, は逃げ, は頼母, へも云い聞かせた, を呼集め, を斬っ, を追おう, を追って

▼ 乾からび~ (16, 0.8%)

2 ていた, ている, て皹 1 ていく, てとても, て一歩一歩, て今, て声, て殻, て沢山一ところ, て行く, て黄いろく, やがて棄てられた

▼ 乾~ (15, 0.8%)

1 [15件] かえりみて, ぐっと引き起す, こづきまわしながら, はじめた, 夫人や, 帯した, 帰した, 床へ, 得たり, 案内と, 止めて, 河北へ, 父と, 睨みつけながら, 見すえたまま

▼ 乾~ (14, 0.7%)

2 朱砂ハナが

1 [12件] なして, もう一名, ハナが, 古田を, 向きあった眼つき, 坤と, 坤とは, 山を, 艮とを, 西貝が, 謂ひ, 連れ立って

▼ 乾~ (13, 0.7%)

2 を覗い

1 [11件] から今度, から景色, がすっかり, が水, というもの, の片隅, をもっ, を入れる, を取り落し, を翳, を買込ん

▼ 乾干し~ (10, 0.5%)

3 になっ, になる 1 にし, にする, になろう, にもならない

▼ 乾分たち~ (9, 0.5%)

1 がどかどか, に愕, に新九郎, の眼, の足音, は毎朝, は退散, への見せしめ, を八方

▼ 乾闥婆~ (9, 0.5%)

1 あり最, が馬, と名づけ, と呼ば, と称え, に転, の妻, は食香, より阿

▼ 乾雲坤竜~ (9, 0.5%)

2 の二刀 1 が一時, だ, の二剣, の双, の大小, ふたたび糸, をねらう

▼ 乾児衆~ (8, 0.4%)

1 とは自分, にも, にもおさらばおさらば, に担がせ, のやった, の力, を大勢, を殺した

▼ 乾~ (8, 0.4%)

3 をめぐり 1 であります, の, のこと, の実, を通して町家

▼ 乾~ (8, 0.4%)

2 や梅 1 が多量, ならば, のよう, の煮た, を煮, を鍋

▼ 乾~ (8, 0.4%)

1 では果して, の二階, の唐橋, の外, の搦手, の番衆小屋, は四人, よりおいで

▼ 乾隆帝~ (8, 0.4%)

1 が囘部, の三十三年, の作つた, の擧行, は之, は天祿琳琅書目, は寧波, は此

▼ 乾~ (7, 0.4%)

1 あわてて, つらつら袁紹, ほぼ同, また, 乗って, 勇み立って, 行きたがって

▼ 乾小屋~ (7, 0.4%)

1 に顫, のそば, の中, の方, は持っ, へはいっ, を出

▼ 乾~ (6, 0.3%)

1 土のうへ, 桑の, 森の, 袂を, 間に, 間の

▼ 乾~ (6, 0.3%)

2 葉に, 葉の 1 つてゐる, 葉しらむ

▼ 乾杏子~ (6, 0.3%)

1 からほし, をたべ, をたべる, をひっ攫っ, を二つ三つ, を押し込み

▼ 乾~ (6, 0.3%)

1 の阿, は何処, も掛価無し, らしいの, をし, を走らし

▼ 乾~ (6, 0.3%)

2 を刻むところであつた, を欲し 1 を刻つて塩水, を刻つて鹽水

▼ 乾隆年間~ (6, 0.3%)

1 であり盛ん, にネパール, に出, に札薩克, のこと, の進士

▼ 乾~ (6, 0.3%)

1 が, が吹かない, と霜解け, にさいなまれ, に吹かれ, 光り

▼ 乾うどん~ (5, 0.3%)

1 が山, で外, のう, の入っ, やの前

▼ 乾から~ (5, 0.3%)

1 それを, びたものになつてゐはしないか, びてしよつちゆう割れる, びてゐるやうだつた, びるといふことは養分が

▼ 乾もの~ (5, 0.3%)

1 がひとり, で一合, などをぶら下げ, なり, のよう

▼ 乾~ (5, 0.3%)

2 珠を 1 がごと, は古く, 珠合わせ

▼ 乾上る~ (5, 0.3%)

2 惧が 1 この際, のです, 時は

▼ 乾~ (5, 0.3%)

1 があり, と顧炎武, の, の如き, の方

▼ 乾船渠~ (5, 0.3%)

1 に勤め, の堀, の底, の扉門, の間

▼ 乾~ (5, 0.3%)

1 などが交じっ, まできれい, も乾栗, やら古, や塩

▼ 乾あがっ~ (4, 0.2%)

1 てしまい, てしまう, てわれわれ人間, て木

▼ 乾上っ~ (4, 0.2%)

1 て, ていた, てから始め, て沼みたい

▼ 乾児二人~ (4, 0.2%)

1 が自分, に担がせ, もその, を斬り

▼ 乾果物~ (4, 0.2%)

2 の砂糖 1 がつくられる, ですよ

▼ 乾章魚~ (4, 0.2%)

1 のやう, の煮ました, をお, をつまん

▼ 乾~ (4, 0.2%)

1 がつまらない, が泳ぎだし, この堀, それ自身かも

▼ 乾闥婆部~ (4, 0.2%)

2 の賤民 1 に娶らるる, の妻女

▼ 乾~ (4, 0.2%)

1 が干し, にし, の如くなしたる, ばかり焼い

▼ 乾さる~ (3, 0.2%)

3 かも

▼ 乾した~ (3, 0.2%)

1 お文, 但馬守は, 珈琲カップが

▼ 乾~ (3, 0.2%)

2 江潮起たず 1 はて

▼ 乾~ (3, 0.2%)

2 を連れ 1 がいた

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 が来, だって手, だつて手

▼ 乾児共~ (3, 0.2%)

1 から立てられ, ですぜ, を容子探り

▼ 乾分共~ (3, 0.2%)

1 だな, にはこばせる, に発見

▼ 乾分衆~ (3, 0.2%)

1 が押しかけ, で, の見

▼ 乾分達~ (3, 0.2%)

1 の間, へ剣術, を一人

▼ 乾割れ~ (3, 0.2%)

1 がし, のした, の来

▼ 乾~ (3, 0.2%)

3 が響いた

▼ 乾大根~ (3, 0.2%)

2 のよう 1 の尻尾みたい

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 した皮膚, な歎, な骨抜き

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 させ粉砕, せる歴史, と怪詭

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 それから膳, のやう, も納屋

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 のこと, の拵ら, や非常

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 が時に, などを持っ, 及び薬種その他宝石類

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 がたちこめ, が高速度映画, なること

▼ 乾~ (3, 0.2%)

2 て居 1 せる花床

▼ 乾破れ~ (3, 0.2%)

1 て頬, のした, 底が

▼ 乾~ (3, 0.2%)

1 の湯漬け, の袋, を作り

▼ 乾隆嘉慶~ (3, 0.2%)

1 にわたって沢山, の時代, の間

▼ 乾隆時代~ (3, 0.2%)

1 に天子, の一般, の進士

▼ 乾~ (3, 0.2%)

3 のよう

▼ 乾あがった~ (2, 0.1%)

1 湯槽には, 赤濁った

▼ 乾あがる~ (2, 0.1%)

1 とあの, なんてこた

▼ 乾いちじく~ (2, 0.1%)

1 が好き, や乾棗

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 ない公園, わきし地

▼ 乾かで~ (2, 0.1%)

1 山茶屋ありぬ, 終に美

▼ 乾さん~ (2, 0.1%)

2 とせし

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 ことの, のを

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 菫枯れし, 貯めてる

▼ 乾でも~ (2, 0.1%)

1 よい, 復た

▼ 乾という~ (2, 0.1%)

1 老人が, 者が

▼ 乾ぶどう~ (2, 0.1%)

1 とアーモンド, のはいった

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 床の, 車の

▼ 乾れた~ (2, 0.1%)

2 小流が

▼ 乾上った~ (2, 0.1%)

1 池の, 海底に

▼ 乾亭院~ (2, 0.1%)

1 という坊, という藪

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 二年に, 元年

▼ 乾児ら~ (2, 0.1%)

1 うろうろいたさず, へ命令

▼ 乾兒達~ (2, 0.1%)

1 は戸外, もそう

▼ 乾分ら~ (2, 0.1%)

1 と寄っ, は

▼ 乾分蛇の目~ (2, 0.1%)

1 の熊, の熊五郎

▼ 乾切干大根~ (2, 0.1%)

2 の酢

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 は卦名, は爻名

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 の坂道, の門

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 がのこの, が待っ

▼ 乾~ (2, 0.1%)

2 の草

▼ 乾塩引~ (2, 0.1%)

1 は素人, 少々鰹節五本

▼ 乾政彦~ (2, 0.1%)

1 や菊地駒次, を除け

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 に当, に当っ

▼ 乾枯びて~ (2, 0.1%)

1 固くなりかかった, 焚き付けにでも

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 とかあるいは, を多分

▼ 乾桃乾棗~ (2, 0.1%)

1 などを持っ, 及び薬種その他宝石類

▼ 乾梅雨~ (2, 0.1%)

1 だらうと, でげしょう

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 の装幀, はいか

▼ 乾海老~ (2, 0.1%)

1 がその, の上等

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 の難, を愈

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 と塩, を以て遂に

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 った竹, を水

▼ 乾秣場~ (2, 0.1%)

2 で鼻唄

▼ 乾符年中~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事

▼ 乾~ (2, 0.1%)

2 が響いた

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 は当時フランス, を愛した

▼ 乾葡萄乾桃乾棗~ (2, 0.1%)

1 などを持っ, 及び薬種その他宝石類

▼ 乾葡萄入り~ (2, 0.1%)

1 のプディング, のランチョン

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 に眼, の蒸れる

▼ 乾~ (2, 0.1%)

2 や棒鱈

▼ 乾蝴蝶~ (2, 0.1%)

1 に与し, の詩

▼ 乾~ (2, 0.1%)

2 第一巻九重天

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 でけっして, の実に

▼ 乾退助~ (2, 0.1%)

1 という人, にかけ合え

▼ 乾陀羅国~ (2, 0.1%)

2 の見

▼ 乾~ (2, 0.1%)

1 といひ, の諸

▼ 乾隆以後~ (2, 0.1%)

1 に章學誠, の建立

▼ 乾隆元年~ (2, 0.1%)

1 に至っ, 即ち西暦千七百三十六年

▼ 乾隆殿板本~ (2, 0.1%)

1 は明, を參照

▼ 乾隆頃~ (2, 0.1%)

1 から殊に, になつて

▼ 乾魚俵~ (2, 0.1%)

1 に肱, の間

▼1* [297件]

がつて, 乾あとから来い, 乾ぃでも雪たべなや, 乾かたまってしまった, 乾からびし黄ぐさの, 乾きつく涙を, 乾きぬ血潮とどまりぬ, 乾きわたつて, 乾くまもなもない, 乾けど蝉も, 乾けりおち葉より, 乾さばや好機會, 乾しの台の上り口, 乾そんな凄い面, 乾たいひやうである, 乾たちも会い, 乾たりするよう, 乾だけがめあてだった, 乾だつたかな, 乾ついた咽喉を, 乾草川巡査は, 乾ではないか, 乾といふのが, 乾として貯えても, 乾ので, 乾などと共に城を, 乾に対する地である, 乾ぬべしと聞く, 乾ばった膀胱みたいなもの, 乾ぼしにし, 乾むしろですかね, 乾や君, 乾ばし, 乾らびて堅く死骸, 乾イタタオルヲ持ッテ濡レタ体ヲ拭キ, 乾カシタノデ池ノ中央部, 乾カスマデニ時間ガカヽルンデ今カラ工事, 乾カレーを手づかみ, 乾キタル者水ニ浸セバ便チ緑ニ, 乾キヽッテカラ予ハ布団カラ顔ヲ出, 乾シトシ又ハ熱湯, 乾シトス之レヲ用ウルニハ熱湯ニ投ジテ洗滌スル, 乾シ皺ムヲ待テ内チニテ鳴ル時, 乾シ稍皺バミタル時臼ニ搗キテ殻及シブ皮ヲ去, 乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 乾はやく張飛, 乾ツ風が吹き荒ん, 乾万兵衛だ, 乾万兵衛小松数馬里村狂蔵の四名, 乾は己巳席順, 乾つたもの, 乾上つてはゐなかつた, 乾上らないように, 乾上りなんかする, 乾上りますからね, 乾並べ庭では, 乾丹蔵根津のお, 乾である, 乾乳乾葡萄乾桃乾肉の類, 乾乳等いろいろの物, 乾といふの, 乾付いた唇を, 乾も塚原卜伝, 乾元用九坤の用六, 乾児みたいな奴, 乾児ら左門めを討っ, 乾児一同お妻, 乾児五人がところ塊, 乾児六七人を前, 乾児勘弁勘次に葬式彦兵衛, 乾児十二人と一緒, 乾児大勢にああ, 乾児子方を駆り集め, 乾児幾十人となく, 乾児得ものを振っ, 乾児数人が左門, 乾児格の女流画家, 乾児海蛇の忠蔵, 乾児等がソレお茶, 乾児葬式彦兵衛はただ, 乾児裸体の二人, 乾児達一斉に陣十郎, 乾児非常を警める, 乾兒お前悉皆世話, 乾兒たちと酒, 乾兒五六人ムラムラと, 乾兒藤作はフラリ, 乾兒閂峰吉が駒箱, 乾公魚は一層, 乾分だんまりの朝太郎, 乾分どもの悪戯, 乾分七八人の中, 乾分三人を荼毘, 乾分友情郷党関係の下, 乾分多市の姿, 乾分崇拝者又は頭山満, 乾分式の活躍, 乾分桜会の咲子さん, 乾分百四五十人が乗りわかれ, 乾利一氏や牧野融博士, 乾割れた蠅の, 乾十郎井沢宜庵ら, 乾十郎木綿問屋の下辻又七, 乾即ち当山大原来迎院を, 乾却不爲龍といつて説卦の説き, 乾反り返つて聳え立つた, 乾のところ, 乾った死骸, 乾固したもの, 乾固まって塩, 乾固まった血の, 乾地生で実際, 乾を掘り, 乾湿の, 乾大根乾蕪などの貯蔵, 乾大根尻尾を巻い, 乾字金といいまし, 乾に上り, 乾寺田派にしかめ, 乾の二つ, 乾干しだわ, 乾干にしめえど思っ, 乾干付いている, 乾張つた顔に融けた, 乾は真に, 乾木鼓やアマゾン印度人, 乾枯びかかった茶褐色の泡, 乾枯びたの鰹節の破片, 乾枯びたやうな學問の教, 乾枯びたシャモの頸, 乾枯びた土のなか, 乾枯びた大根のやう, 乾枯びた家蠅の死骸, 乾枯びた底を見せる, 乾枯びた枠の中, 乾枯びた脳髄と同じ, 乾枯びた薔薇などを口實, 乾枯びていたが月並な翻訳伝記, 乾枯びて餘りに, 乾枯らびたものではなくピチピチ生き, 乾枯らびた大根のよう, 乾枯らびた色艶のわるい, 乾枯らびて行くよう, 乾が造られ, 乾がかつて, 乾の火, 乾桃中にはカタ, 乾桃乾棗類また地方, 乾桃乾肉の類, 乾桃乾葡萄及び絹物, 乾桃信濃柿のよう, 乾棗類また地方, 乾でなく, 乾とられて, 乾殺しでもする, 乾沢地の低い, 乾はそういう, 乾流九重天第一巻, 乾ありません, 乾浄土を剰, 乾浴等の種類, 乾海藻のとこ, 乾涸らびた思ひ出, 乾涸らびた朽木のやう, 乾清宮内の世祖, 乾の背後, 乾無花果も考へる, 乾焼さをそれ, 乾煙草のよう, 乾よりも湿, 乾版一杯に拡がっ, 乾盃あれに限る, 乾直恵や阪本越郎, 乾着いている, 乾破れた隙間から, 乾祐二年の條, 乾福山の麓, 乾には硬く強く, 乾立てたら一人宛に, 乾竿を持ち出し, 乾を握り, 乾符六年越州山陰家に豕, 乾簡雍周倉関平などみな杯, 乾を使用, 乾糜竺簡雍あり武, 乾糜竺簡雍たちもいわば, 乾糜竺糜芳らを城内, 乾糜芳などもその, 乾綱紐を解き, 乾老おれは自白, 乾老人の骨董店, 乾老人古田君それから僕, 乾者蜜和塗などといふ療方, 乾肉承知いたしましたすぐ, 乾肉生の肉, 乾肴鶴くびの一壺, 乾の燃える, 乾臨明照のもと, 乾興元年には晋国公, 乾に岡山屋敷, 乾艮二方の繁栄, 乾の袋, 乾苦しい塩っ, 乾萄葡をつけた, 乾葉巻の飯, 乾葡萄乾桃乾棗類また地方, 乾葡萄乾桃乾肉の類, 乾葡萄乾桃信濃柿のよう, 乾葡萄塩唐辛子粉榧の油, 乾葡萄菓子の一片, 乾葡萄西洋小間物の人, 乾葡萄銀製の洗面器, 乾蓄電池の製作, 乾せるもの, 乾蕎麦や数珠, 乾などの貯蔵, 乾にした, 乾象それに反し, 乾貝川魚鳥肉果実牛酪菜根などあらゆる, 乾貴公すぐに, 乾も見えぬ, 乾躁ぎ散らして, 乾のわ, 乾退助ニ引合置キ夫より上国, 乾の案内, 乾道七年縉雲の陳由義, 乾道中人呉為元至, 乾道二年放翁四十二歳, 乾道元年に於, 乾道六年閏五月十八日から十月二十七日, 乾道初予自臨川歸鍾陵李徳遠范周士, 乾の馬頭, 乾鑿度に本, 乾門番士禄は高々, 乾闥婆城であつ, 乾闥婆阿修羅金翅鳥緊那羅の最後, 乾陀摩提国の栴檀摩提太子, 乾帝の, 乾陳登などという旧臣, 乾の部屋, 乾隆グラスと云う, 乾隆丁亥夏五長洲沈徳潜書す時に年九十有五, 乾隆三十八年には朱, 乾隆中に知不足斎叢書, 乾隆中四庫全書提要の成つた時, 乾隆二十六年のこと, 乾隆二十年の重, 乾隆二十年都で小児, 乾隆二帝が屡, 乾隆五十五年頃までに更に, 乾隆五年と十年, 乾隆以前の清朝, 乾隆六年嘉興の知府, 乾隆十枚いただくと, 乾隆嘉慶以後思想の變化, 乾隆嘉慶年代に於, 乾隆四十一年に至り, 乾隆四十二年の上諭, 乾隆四十六七年までに完成, 乾隆四家の一人, 乾隆帝一代の大, 乾隆帝四十七年七月の上諭, 乾隆帝自ら文淵閣の記, 乾隆康煕のころ, 乾隆殿板よりも劣り, 乾隆殿板本汲古閣本等を對照, 乾隆癸未重梓本, 乾隆硝子の大, 乾雑巾をあてね, 乾で雪温, 乾雲一味の者, 乾雲丸丹下左膳を取りまく, 乾雲丸二尺三寸に今, 乾雲丸小を坤竜丸, 乾雲丸次点の者, 乾雲丸水の坤竜丸, 乾雲土砂を巻い, 乾雲坤竜相会して, 乾雲埋没をひそか, 乾雲左腕うなり, 乾雲左膳の筆, 乾雲栄三郎の坤竜, 乾雲独自のはたらき, 乾雲空を切っ, 乾雲鍔まで栄三郎, 乾雲風を裂い, 乾の国, 乾青魚二ツヲ入, 乾面上に錐, 乾に横, 乾魚一枚麩の味噌汁一杯, 乾魚何匹かとであった, 乾魚斜の薄片, 乾魚船の底, 乾の頭七個, 乾のよう, 乾鶏等を贈っ