青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「京~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

交換~ ~交渉 交渉~ 交通~ ~交際 交際~ ~亦 亦~ 享~ ~京
京~
~京都 京都~ 亭~ ~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち

「京~」 4916, 53ppm, 2194位

▼ 京~ (1007, 20.5%)

17 町を 10 町の 9 方へ, 町 8 女は 7 町は 6 人に, 町へ 5 夢大阪の, 年よりにも, 方が, 水を, 町に, 都の 4 お邸, 人は, 人死は, 邸へ

3 [20件] ことは, ことを, 中でも, 天地に, 女の, 姿は, 家の, 小酒屋, 手紙を, 方に, 方を, 方角へ, 時世装に, 町が, 舞子の, 街, 街を, 言ふ, 諭せば, 顔を

2 [67件] ぐるりで, ことで, ことに, どこにも, ほうを, ほとりに, ような, 上は, 中で, 中では, 九条の, 事が, 人が, 人ごころは, 人である, 人の, 仲を, 使いが, 四季, 地へ, 大臣の, 大路小路は, 女を, 妻を, 姿が, 家は, 宿, 屋敷へ, 島原, 島原の, 幻影を, 張りの, 当時君に, 或る, 手紙が, 方には, 方は, 日は, 時世裝に, 有様を, 本山へ, 本阿弥, 東山の, 東福寺の, 様子を, 津から, 消息を, 滅びなど, 焼跡が, 生活を, 町から, 町なかは, 町も, 町中の, 町中を, 真中に, 節は, 胸に, 膝の, 舞姫の, 舞姫を, 芸子の, 衆に, 街の, 近くに, 都へ, 頭を

1 [695件 抜粋] あいさつを, あかつきへ, あちらこちらへ, あでやかに, ある所, いくさ始まる, いること, うちの, おちこちを, お土産, お方様, お茶屋は, お諸礼式, かね, ことが, ことも, このころ, この種, ころには, そういうもの, たけの, ちかづくよろこびの, ついでに, つましい生活, とくい, とりなしの, と相, どすが, ならひな, は, は濃厚, ひがしや, ひとりの, ほうからは, ほうにも, めづらしい, やしきニ引取, やわらかい腕, ゴロツキ連中, サバズシは, ミヤコも, 一千五百里も, 一方の, 一番いい, 七条六条から, 三十三間堂の, 三十三間堂を, 三十六峰を, 三年坂で, 三座見物達も, 三条の, 三条通も, 上で, 上手にも, 上空を, 上高等学校や, 下村島田, 下町の, 中から, 中とは, 中の, 中一條より, 中心へも, 乗合自動車発着場まで, 事を, 事情など, 二条城に, 二箇処と, 五右衛門の, 五条とか, 五条坂の, 人々には, 人々の, 人たちには, 人にと, 人はよけて, 人を, 人イヤ是は, 人形を, 人達の, 人間は, 仇討だ, 代表者徳大寺家の, 伏見の, 伯母上, 住居に, 何とか言, 何御前とかいう, 余戸と, 使いを, 使臣にも, 信濃小路通猪熊の, 俳人という, 俳句と, 俳句界は, 俳想であります, 俳調であっ, 側へ, 側まで, 優婆塞が, 先斗町をでも, 光子様お, 八阪社との, 公卿が, 公卿の, 公卿侍と, 公卿広やかな, 公卿衆が, 公卿風を, 公家衆に, 六条で, 六条の, 六角堂の, 内に, 内の, 内外鉄桶の, 円山を, 出現に, 刀屋に, 分子が, 初春に, 初春も, 制条坊の, 前に, 加茂の, 動静を, 勝と, 勝仙院住僧玄秀の, 医師という, 医科大学に, 南禅寺に, 南禅寺中に, 厭味な, 友禅とか, 友禅縮緬, 受けた打撃, 叡山尾張伊勢境の, 口へは, 句は, 台木へ, 吉田山には, 吉田神社に, 名と共に, 名医橘南谿の, 名所などを, 名所を, 名残りが, 名物かと, 名物男だった, 向合った, 君を, 命は, 和歌所の, 唇は, 唱門師たる, 商人が, 噂の, 噂を, 四季おとどの, 四季で, 四季を, 四条の, 四条河原附近には, 圓光寺の, 土に, 土を, 土地で, 土地柄気に入るらしい, 土産話を, 地を, 地主神として, 址を, 埋忠, 堀川に, 堂上たちと, 堂上方阿波の, 境である, 境奈良坂は, 壬生寺の, 夕かぜ, 夕ぐれは, 外の, 夜に, 夜は, 夜桜を, 夜露は, 大半は, 大原で, 大原にも, 大和大路の, 大商家, 大変が, 大宮人が, 大市, 大津に, 大津を, 大津口から, 大路小路に, 大路小路を, 大黒庵も, 天地とは, 天地へ, 女じゃ, 女たちには, 女と, 女といふもの, 女に, 女も, 女中のは, 女子も, 女學校の, 女王が, 女達は, 女郎と, 女郎という, 奴らを, 奴ら悉皆, 妻の, 姉, 姉の, 姫達で, 姿に, 娘だ, 娘で, 嫁御の, 子すゑ, 子なりき, 子の日の, 客の, 客は, 室町で, 室町錦小路の, 宮仕えに, 家に, 家へ, 家を, 家司へ, 家族も, 宿の, 宿は, 宿所は, 宿舎の, 宿舎を, 實務官たちと, 寺町とは, 小夜姫という, 小太郎だ, 小次郎, 小民, 屋敷江引取り今ハ長崎江共, 山, 山々に, 山おち, 山ごもり梅に, 山の, 山叔母の, 山水江戸の, 山科近松半二の, 島原で, 島原に, 島田にかへ, 巷に, 巷説の, 市を, 市街の, 希望が, 師匠の, 常磐で, 底冷に, 庶民の, 庶民は, 建国大学に, 強さ, 当座は, 往来が, 待遇を, 御人, 御名家, 御宿舎, 御所では, 御所の, 御方の, 御様子, 御見物様, 御財産, 志し弱き, 悪口を, 悲田院の, 愚人が, 扇子なぞを, 手を, 手紙から, 手紙には, 手紙は, 挨拶の, 数寄者が, 整然たる設計, 方から, 方からは, 方はと, 方角から, 旅人渇ける, 日から, 日くれぬ, 日取りに, 旧跡は, 早かつ, 春に, 春の, 時は, 時間だけは, 晩春の, 月といふ, 月卿雲客たちが, 朝集殿であった, 木屋町には, 本阿弥光悦, 東寺へ, 東山科郷の, 松園女史の, 染屋に, 桜は, 楽家は, 檀那衆なる, 欄人うつくしき, 歳寒堂に, 歴々の, 母の, 毒気に, 比叡飾磨の, 水に, 水にも, 水の, 汽車は, 河原辺の, 洛北深泥池の, 洛陽には, 活動を, 消息, 深草の, 清水と, 清水の, 清水坂の, 温泉宿で, 湯の山, 濡事師とは, 爪皮が, 片ほとり, 牡丹の, 特色の, 現状聖観音の, 生れじゃが, 生活が, 田舎です, 田舎という, 田舎に, 由を, 男と, 町で, 町などを, 町には, 町へは, 町まちへ, 町や, 町中に, 町中は, 町人それに, 町医者の, 町娘という, 町家の, 町家並商家は, 留守居を, 留守役に, 白梅興も, 目的は, 真如堂の, 眼に, 眼の, 眼は, 着倒れ大阪の, 知合ひ, 祇園あたりに, 祇園と, 祇園に, 祇園へ, 祇園会や, 祇園豆腐も, 神善四郎江戸の, 祭を, 禁裡から, 私の, 秋が, 秋の, 秋は, 稲荷山の, 空へ, 端鴨川の, 粟田口に, 糸で, 紅とや, 紅染めの, 素姓は, 絵日傘を, 縫針, 縫針イ, 織物商人の, 羅刹谷を, 習ひとて, 習慣で, 聚光院へ, 膳所裏あたりで, 舞妓だけは, 舞妓の, 舞姫に関する, 舞子かなんかの, 舞子達の, 色町に, 艶冶さを, 艶麗な, 花は, 花園妙心寺から, 花賣, 芸妓で, 芸妓や, 芸子や, 若いとき, 若さといぢ, 草庵から, 草庵より, 葉茶屋は, 藩邸を, 藩邸大阪の, 藩邸詰なら, 行方は, 街で, 街に, 街には, 街は, 西洞院に, 西鞍馬の, 見物日頃けちくさく, 親達も, 角屋の, 話に, 話も, 誰かが, 貴人に, 貴人へ, 貴族の, 貴紳にも, 賀茂川を, 賀茂川堤の, 趣に, 身よりに, 辻, 迎えの, 近衛家の, 返事が, 途に, 途中で, 通知から, 遊び納めである, 遊び納めであろう, 道ニて, 邸から, 部屋から, 部落を, 都, 都にも, 都は, 都を, 都大路を, 都踊, 酌で, 銀閣寺金閣寺の, 錦小路の, 長谷川宗仁の, 門跡を, 間だけは, 阿弥陀ヶ峰の, 隙を, 隠居家ぼ, 雨の, 雪だった, 雷と, 青葉は, 鞍馬山から, 頭に, 顏を, 顔は, 顔見世と, 顔見世は, 風俗である, 馬と, 騒動を, 高台寺の, 高野川へ, 鴨川にも, 鴨川の, 鶯を

▼ 京~ (341, 6.9%)

10 行って 7 出て, 帰ること 6 帰って 5 お帰り, 上って 4 上ると 3 のぼって, 帰った, 引っ返して, 行つ, 行つては 2 はいって, 上る途中, 入って, 入る, 帰る日, 手紙を, 移って, 立たせて, 迎えようと, 迎えること

1 [262件] いったんお, いらつし, おいでです, おいでに, おつれ, おひき, お上り, お供し, お供しましょう, お供する, お入り, お出, お呼び寄せに, お帰, お来, お移りに, お置きし, お迎えに, お遣わしあっ, さしてぞ, さして急ぎますれ, さして敗退, さして歩い, さして行く, さつさと, その人, たつた, たどりついたの, ついた夜, つかわし宮中, でかけること, でる関所札, とりに, なり大阪, のぼせて, のぼらせその, のぼるついで, のぼるの, のぼる淀川舟, はいった, はいったの, はいっては, はいっても, はいること, はいるという, まいって, また加茂川, もどる日, 一歩近づく, 一里の, 三十六里半と, 三十六里半鳴海へ, 三里水の, 上された, 上せるよう, 上ったとか, 上ったの, 上ったら此世, 上った弟子, 上った防人, 上った頃, 上つ, 上つて, 上つて見ます, 上ぼせ, 上られた道中, 上らんと, 上り, 上りしより, 上りつく, 上り帰った, 上り禁中, 上り越前, 上るという, 上るとき, 上るの, 上るやう, 上るわ, 上る時, 上る足ついで, 上る道, 上ろう, 上ろうかと, 下りた, 二十二里六丁と, 京から, 京へ, 京へと, 人を, 今度土地を, 伴って, 伴っても, 伸して, 伸びんと, 使いの, 使いを, 入った, 入らん, 入ります, 入ること, 入ると共に, 入るの, 入る事, 入れようが, 凱旋し, 出た, 出たついで, 出たの, 出たのち, 出た時, 出ますこと, 出られては, 出ること, 出るでは, 出ると, 出候, 出稼ぎし, 出立させ, 十九里半, 参る道中, 参ろう話は, 參る, 取りに, 取り戻した功績, 召上せ, 向った, 君はしも, 呼びかえされること, 呼び寄せて, 呼び返される, 呼ぼうと, 呼んで, 売りつけに, 夜逃げし, 子供らしい, 寄って, 帰さずに, 帰ったの, 帰った禅師, 帰ってからも, 帰つたのは, 帰らねば, 帰るかも, 帰るも, 帰る心, 帰る気, 帰る身, 帰れ, 帰れないと, 帰れぬわけ, 帰れる見込み, 帰ろうと, 帰還した, 平安京へと, 廻って, 引き揚げようわい, 引き揚げら, 引っ返した, 心を, 急いで, 急がれた, 急ぎゃれ, 急ぐこと, 急ぐの, 急派された, 戻らるるか, 戻られた, 戻ると, 持たせて, 攻め入るのに, 旅し, 書いたの, 来たから, 来たら訪ねようという, 来たん, 来て, 来ながら, 来る, 来るが, 根を, 様子を, 止まった田舎娘, 歸し, 歸る, 残ること, 源氏に, 源氏の, 登りしより, 登る時, 百三十三里十四丁という, 百二十九里二十八町という, 直入の, 眼を, 着いたといふ, 着いたばかりの, 着いたら忘れないよう, 着きさえ, 着きましたら早速, 着くと, 着くの, 着けば, 知らせるべく彦根, 神田の, 移したいと, 移った前後, 移つて行つてし, 移ること, 立ち戻って, 立ち戻りかの, 立った, 立つの, 罷る途中, 職が, 落ちて, 著くなり, 行かなければ, 行きたいと, 行き支那食, 行く, 行くから, 行くこと, 行くに, 行くまでには, 行くわ, 行くん, 行くン, 行く氣持, 行く淀川舟, 行く途中, 行った, 行ってからは, 行つたのよ, 行つてそして, 行つても, 走るコース, 車を, 迎えたいという, 迎えて, 迎えなかったこと, 迎えようという, 迎える家, 迎える方法, 迎え入れられたあと, 返って, 迫るお, 送って, 逃げ込みましたそう, 連れて, 進むならこなたは, 遊びに, 道は, 遠くへ, 遣ったが, 遣り三年, 還ると, 鎌倉の, 集まって, 集まろうという, 飛び下りた余, 飛び帰り厚く, 飛んだ, 馳せのぼせよう

▼ 京~ (289, 5.9%)

4 入りて 3 上って, 住んで, 入らんと, 出て, 帰りて, 止まつて, 残って

2 [12件] いて, いますうち, すみながら, 上りて, 入つて, 入ること, 於いて, 於て, 来て, 残居し, 留まって, 至るを

1 [240件] あって, あまり近, あまり遠く, あらざりししるし, ありしほど, ありし日, あります, ある君, ある間, いた, いたこれ, いたころ, いたの, いた人々, いた位, いた朝政, いてさえ, いでて, いなくなると, いらっしゃらないので, いること, いる男, いる間, おりましては, お住いに, お越しなされませ, このごろその, しづけき寺, たいした邸, たけて, たった一軒, ちかいこの, ちがいない, なきうまきお萩, なってからも, なっても, なりあなた, なると, のこしおき八方, のぼせようか, のぼりて, のぼり宮, のぼり思ひの, のぼるのぞみ, のぼる供, のぼる答え, はいらむ, ひとり留つてゐる, めづらしい, もう一人, やるより, ゆくとて, よう似合う, ゐたつて, ゐつくもの, ゐつく者, ゐなか, ゐる秀ちやん, ゐる間, ゐ候時, コウ, ハ三十日も, 一人で, 三味線を, 三美あり, 上せると, 上せ厳重, 上せ磔, 上ったというの, 上った中間法師, 上ってから, 上つたのが, 上つた年の, 上つた後郷に, 上つておいでに, 上つてゐる, 上つて一度に, 上つて学問が, 上つて来た, 上らむと, 上らんと, 上らんとて, 上りたいと, 上り任期, 上ると, 上るな, 上るはず, 上る時, 上る途, 上る長崎, 之く, 仕えた人, 伝達せられる, 住す, 住まって, 住むが, 住むこと二十余年, 住む君, 住む様, 住めり, 住んだこと, 偏重し, 入つて霰, 入らば, 入られた時, 入らんこと, 入り京, 入り再び, 入り弟, 入り立ちて, 入るとき弟惟長, 入る前, 入る牛, 入貢し, 出たがって, 出たの, 到り将門暴威, 到れり, 到着した, 危険な, 去らんと, 去れり, 参り居候所, 叔父さんとかが, 叔父さんの, 名不詳, 名高いすっぽん屋, 名高いすつ, 名高い陰間茶屋, 向かう, 向かって, 君の, 君は, 君はしも, 在つて, 在つて此事, 多き物, 奔つて暫らく児玉旗山の, 妹に, 妻を, 存し, 家を, 居づらく, 居て, 居りや, 居残って, 帰った, 帰って, 帰て, 帰らば, 帰りければ, 帰りただ, 帰る時, 年若き, 幾人といふ, 店を, 引いて, 引摺られ, 彫青, 往く狩谷, 往なむ袂, 得ぬ, 御滞在中, 心を, 持って, 攻入る, 敵するなどは, 於いても, 於ける人心, 會つ, 會つて居り, 會つて見る, 来られて, 梟けて, 止つて京極家を, 歸り, 残された家族, 残した女, 残して, 残るよう, 残留て, 殺到した, 殺到する, 江戸に, 注意も, 流行し, 源氏の, 準じて, 滞在したる, 澄江の, 然るべき第, 生ませた子, 生れ玉, 産を, 用事が, 田舎あり, 田舎有りといへる, 留りて, 留り山崎宝寺, 疾くのぼせ, 病める畏友綱島梁川君, 療治中の, 療養中の, 登る愛国, 移すの, 移らるる由, 置き天下, 育ちまして, 育って, 至らば, 至り礼, 至り罪明らか, 至る, 至るの, 至る事, 著いた, 行って, 誂えたよう, 近い, 近くなった, 近く伏見鳥羽の, 送られた, 通う, 通う物売り, 逢うきっかけ, 逢うたとき, 逢わせて, 遊びし, 達したもの, 遷られた, 還りて, 還るの, 還るべき期, 還る襄, 都した, 長くとどまっ, 関係あった, 限りましては, 頼んだ, 馳せ上つて

▼ 京~ (289, 5.9%)

7 の眼 5 の顔, はいきなり, は陽子 4 の傍, は, はもう 3 のこと, の声, の肩, の言葉, の財布, はそう, はふと

2 [14件] がはいっ, だった, と坂野, と踊っ, のよう, の口, の心, の気持, の腕, はそんな, は娘, は急, は肩, もまた

1 [206件] からはなれ, から外し, から掏, が, がいきなり, がこれ, がつかまる, がはいった, がもと, がアパート, が上っ, が主人公, が二十三歳, が今, が去っ, が命令, が土曜日, が執拗, が来たら待っ, が来る, が田村, が祇園荘, が言い, が起ち上ろう, が陽子, だったら田村, という二十三, という男, という若者, となら, と握手, と芳子, と茉莉, と話, と踊りたがった, と陽子, と離れる, と靴磨き, について行った, につきまとっ, にとってただ, にとっては日々, にとって余りに, にはそんな, にはどこ, にはもっけの幸い, にはわけ, には不思議, には両親, には判らなかった, には孤児, には気がつかなかった, には聴, にひき渡す, によりも自分, に会いたくなった, に会わす, に北, に対して恥しい, に気, に気がつい, に知らせる, に知られ, に茉莉, に許し, に駄々, のいる, のステップ, の一種, の二十三, の今日, の前, の右, の夜歩き, の姿, の孤独, の巣, の巧さ, の後姿, の徳, の意見, の憂鬱, の手, の放浪, の方, の昂奮, の来, の相手, の立っ, の素足, の耳, の苦味, の行く, の袖, の調子, の足, の足音, の連れ, の長い, の青春, の顔色, はあまりに, はいかもの食い, はいつも, はいなかった, はうっかり, はおやっ, はがっかり, はききかえした, はこの, はしかし, はすぐ, はその, はそわそわ, はたちまち, はだしぬけ, はちら, はどこ, はひょいと, はびっくり, はまるで, はむろん, はもっけの幸い, はわけ, はわざと, はわびしい, はガメ, はキャッキャッ団, はキョトン, はキョロキョロ部屋, はケラケラ, はスリ, はセントルイス, はツモ, はドア, はノコノコ, はパイ, はピシャリ, は上唇, は二十三歳, は何気なく, は信じ込ん, は入口, は再び, は友達, は受話器, は天才的, は威勢, は寄っ, は小, は思い出し, は思わず, は感傷的, は手, は投げ, は狼狽気味, は玄関, は石段下, は祇園荘, は窓, は笑い声, は答えず, は考え, は聴, は肚, は自分, は舌, は茉莉, は軽蔑, は軽薄, は道端, は部屋, は長い, は顔, は香車, は馴, への恋心, へスリ, まで自分, もはじめて, もやがて, もロビイ, も停めた, も半, も口, も唇, も噴き出し, をあわれん, をひきとめ, をひきとめた, を事務所, を兄ちゃん, を呼びとめた, を呼び出した, を待ちこがれ, を待っ, を恨もう, を想い出した, を探したい, を睨みつけ, を見上げ, を警戒, を軽蔑, を防ぎ, を電話口, 恋しさ

▼ 京~ (203, 4.1%)

10 の墓 7 の子, の記 6 の墓誌 5 である 4 の事 3 の文, を説いた

2 [22件] が錦橋, に関する研究, の, のもの, の一族, の七男, の事蹟, の孫, の家, の後裔, の死, の自記, の記載, の身上, の養父錦橋, は, は水津本, は独美, は錦橋, を以て実子, を語つた時, を養っ

1 [114件] が, が下, が五十一歳, が刺, が否運, が官蔵, が後, が放蕩, が果して, が此年, が歿, が水津本, が池田玄俊, が玄俊, が祖先, が自ら全快届, が自ら板木買, が霧渓撰, たること, だという, であつ, で其家, とが両立, とが同人, とであっ, との奇遇, との親, とは別人, と其近戚遠族, と号, と申者, には二人, に及ぶ, に受け, に学び, に学ぶ, に学んだ, に由つて創立, に至る, に言及, に邂逅, の三人, の三男生田玄俊, の五男直吉, の伯父錦橋, の例, の写し, の出自等, の初, の卑属, の原文, の嫡出, の嫡男天渓, の孫全安さん, の実父, の実父玄俊, の年齢, の後, の後日, の族人, の旧居, の校註, の次男, の歿, の歿年, の水津本, の父玄俊, の祖先, の継嗣天渓瑞長, の総領除願済, の自記中, の許, の説, の貞之介, の轗軻不遇, の辞嗣, の重視, の門, の門人, はこれ, はわたくし, は上野三枚橋, は京都, は伯父錦橋, は分家, は別に, は天保七年十一月十四日, は天明六年, は宗家, は官蔵, は序, は後, は料らず, は此時全巻, は此水津本, は毎年これ, は疑, は過去帖, は養父, もあるいは, をし, を以て嗣子, を以て錦橋, を以て養父錦橋, を憐, を生んだ, を知ら, を語, を説き, を説く, を離縁, 全安系, 即当時, 実伝

▼ 京~ (186, 3.8%)

5 の坊

2 [18件] にいた, にいる, において開かれる, にでも來, にでも来, に入る, に淹留, に達した, に駐, の外, の日本軍, の棋界, へ, へ帰っ, へ着い, へ行く, まで一気に, を中心

1 [145件] かどこ, から二十里位, から以東, から半島, から外金剛, から帰っ, から帰った, から平, から弘, でそれ, でなんとか, での有名, では一番繁華, では大陸, では有名, では発着, では非常, でもらつ, で中村悦さん山田勇その他, で囚人, で巡査, で弟, で死なした, で結婚, で脳溢血, で講演, で鼻, といっ, とは長安, ともいふ, とやらに居られる, と申す, において強いられ, において文部大臣, にかけて俄, にはなかなか, には総, にも元山, にゐた, にゐられた, に一人, に主力, に乗込み, に乗込ん, に入, に入っ, に入った, に入城, に凱歌, に到着, に在る, に報告, に居る, に帰った, に新た, に於, に日希商会, に景福宮, に来, に行きました, に設けた, に設置, に送られ, に集った, に集結, に雨, の, のある, のキリスト教会, の一番乗, の中央, の中学校, の中間, の五カ処, の今村氏, の内外陰時常, の南大門, の博物館, の吉野左衛門, の夢, の大勝, の大学, の女学校, の専門学校, の市場, の帝大, の店, の文化社会, の料理, の新聞, の正南門, の空, の緝敬堂内, の繁華, の考證, の色町, の諸, の追憶談, の道具屋, の金魚街, の陋屋, の音譯, の駅, の鶏林朝報社長, はすでに, は黄金通り, へつい, へと落ち延びた, への海路補給, への海路輸送, へ京城, へ入っ, へ帰った, へ帰る, へ攻めこむ, へ来, へ着いた, へ移っ, へ移住, へ立ち寄っ, へ立ち寄った, へ行った, へ赴任, へ退い, へ退く, へ逃げ込んだ, へ進軍, へ運送, まで, まで抵抗, まで飛んだ, めがけて, も入る, より, より馳せつけ, を, をさして, を備え給うた, を占領, を後, を拠点, を撤退, を目指し, 在城, 破れて

▼ 京さん~ (158, 3.2%)

4 お京さん 3 か小指, とて入浸る, に首, の家, は八百屋横町, は加奈子, ばかりは人, 居ますかと

2 [11件] が来たら, が若松, どうした, のところ, の一生, の外, の病気, の茶の間話, はアンリー, への土産, を

1 [108件] いい名, いきなり内, か, かな, からつい, からでした, からは殆, から聽, がその, がむこう, がアンリー, がフランス人, が今度, が加代子, が圓髷, が夫, が崖, が必要, が思いっきり, が死にかかっとる, が立つ, が若, そうのっけ, だ, て云う, です, とああなっ, とその, とのこと, とはもう, と私, と親父, と言つた, と野土青鱗, どういいます, に, にせがまれ, にたのん, になにか, には簡単, に助太刀, に叱られます, に嫁, に対するたった, に来, に火事場, に聞いた, に見せ, に見せたい, に言われました, に逢い, に逢う, の, の乳母, の仇討, の出す, の勢い, の危いところ, の可愛らしい, の和服, の因果, の好意, の姉分, の娘さん, の実家, の居る, の旦那, の消息, の純情, の肌, の覚束, の雪, は, はうかうか, はさめざめ, はひょっとしたら, はふだん, はもう, はもと, はやっぱり, はよく, はオレ, はテーブル, はフランス人, はフランス人形, は夫, は娘, は居らん, は痙攣, は確, は結いた, は萩, は言った, は身体, は返事, は配達夫, も, も同じ, も根性, を呼ん, を思いだし, を愛し, を殺しや, を誰, を隠れ家, 御母堂, 淋しくは, 許して

▼ 京~ (158, 3.2%)

3 そんなこと, 今年の, 家に, 尺を, 男の, 立止まつ 2 あわてて, 広い所, 自分の

1 [134件] あたしの, いきなりくるりと, いよいよ遠い, いわれるまま, おれが, おれに, おろか江戸常陸越前近畿中国九州の, お高僧頭巾目深, お高祖頭巾目深, お高祖頭巾眉, かたわらの, ぎくッと, げらげら笑いだし, さう, さっきから, しかし早くから, すらりと, その實半之丞, そら志士, それとなく職業, それに, それを, ちょうど来客, ちょっとあたり, できないという, ときどき金五郎, どうし, どうしてそんな, どうしとる, どうやっ, なおもせがんだ, なお笑い, なにを, ひとりでにもの, ふるえる手, ますます必要, またかく, またやって来た, まるで忍術使い, もうこの, もう間近, もののつらき, チラチラ細かい, 一時に, 一瞬の, 三味線を, 三条の, 下向の, 下絵を, 不思議な, 京江戸は, 何うじゃ, 何んだ, 依然として淋しかろ, 元気が, 全く散歩, 八条四ツ塚の, 写真画報を, 冬でも, 冷えるって, 初めてでございまし, 十七よく, 吐息を, 君等の, 問題に, 変幻自在唐突に, 夢幻の, 大仰に, 大泣き, 妙な, 妹芸者の, 始めてな, 尋常です, 少しどうも気, 居らんよ, 島原の, 嵐山の, 常磐津の, 床の, 床几に, 引結んだ, 待って, 必死と, 愛くるしい性質, 我慢が, 所の, 捨てても, 断然しない, 日本の, 旦那様うっかり, 春の, 晝の, 會津東山の, 死んだ, 死んだよ, 死んでしも, 気息も, 水無月祇園会の, 江戸よりも, 淋しい所, 深謀遠慮すぐ, 片袖, 白い襟, 目切と, 眼の, 知って, 知らん, 笑いを, 精魂を, 紅絹の, 紅雪の, 純粹, 紫野の, 膝に, 芝生へ, 若松検番から, 英学の, 葵祭りやがて, 蓮ッ葉な, 薄い桔梗色, 薄情な, 赤ん坊の, 路傍に, 踊りはじめる, 身を, 道具一式を, 金五郎に, 霧までが, 静かに, 非常に, 鞍馬山の, 鶯の, 默つて袂の, 黙って

▼ 京~ (135, 2.7%)

7 離れて 5 出て 4 立って 2 んな, 去つたらしい, 圍んだ, 発して, 立ったの, 縮めて

1 [107件] いやが, おびき寄せ庭, お恋ひな, お浜, ここに, さして徐, さして落ちる, さして走った, たたしなまよみ, たたふ, はなれること, ひきはらって, 上として, 世話せ, 中心と, 中心に, 中止させよう, 乞わなければ, 促されて, 促した, 促すので, 出かけて, 出た, 出たの, 出た時, 出てからは, 出で, 出でた, 出ました時, 出発し, 出発した, 去った, 去って, 去つた年, 去つて奉天, 去て, 去らねば, 去らば, 去る一千五百里, 去る時, 吹くらむ, 命ぜられた, 守りて, 寮へ, 届けて, 御進発, 心中に, 怒らせたくは, 思いやって, 慰めながら, 憶った, 招じ入れた, 指して, 捨てて, 搜した, 攻圍した, 放つて, 救つてし, 早立ちし, 春寒の, 東西両, 棄て, 構はれた, 歩いて, 歴見するに, 溺らせるつもり, 生んだ, 発し淀川, 発し難波, 発足する, 知った, 知るきっかけ, 突きのけるよう, 立たれたろうな, 立ちしが, 立ちます, 立ち退く時, 立つこと, 立つさい, 立つ日, 立つ朝, 経て, 縫うて, 脱出した, 脱出する, 落ちてから, 見ずかなり, 見た, 見れば, 語り宮廷, 説く君, 距る, 辞して, 追い立てて, 退きて, 通らねば, 遁走する, 過ぎて, 過ぎ茂左衛門地蔵, 陷れ, 離れたところ, 離れた頃, 離れなければ, 離れるの, 非難し, 願いたいと, 願いたい自分

▼ 京大阪~ (116, 2.4%)

4 を見物 2 の本場, へ乗込ん, へ向け, へ行く, や東京, をかけ

1 [100件] から中国, から中国九州, から二人, から田宮, から金毘羅, から金毘羅道中, が同様, が唐天竺, であれ江戸, でお前, での五六年間, ではたいそう, では得られない, では心配, でも行きます, で上白一桝, で気, で気保養, となれ, と云う, と宮島, と経, どころか海, ならどこ, なら知らぬこと, にお出かけ遊, には不逞者, にみる, にもある, にもちょっと, にも以前, にも侠客, にも珍, に詳しい, のこってり, の中, の人, の各地, の咄家, の商家, の地, の外, の天地, の女衒ども, の子ども, の家造, の寄席, の市中, の市場, の廓雀ども, の弁, の御, の方, の旅人, の根拠地, の町, の町人共, の美人, の良い, の話, の豪奢, の酒, の金持, の間, はおろか, はほんの, はアクセント, は申す, は皆無, は近い, へでかけられない, へでかける, へでも參, へでも行つて世帶, への手前, へも連れ, へ乗込もう, へ出, へ出よう, へ出る, へ出奔, へ別れ, へ呉服商, へ空, へ行っ, へ行った, へ近づい, へ高飛び, また北, までの自分, も一通り, も目, を中心, を廻り, を御, を流浪, を結ぶ, を見たい, を通り越し, を遊覧

▼ 京~ (112, 2.3%)

5 です 2 でした, と菊路, に命じました, の女装姿, の目, の背

1 [95件] あの四人, か, から見舞われた, が, がいぶかし, がたじろい, がひとり歩き, が五人目, が伺い顔, が供揃い, が先頭, が出, が制しました, が抜く, が色めき立っ, が言い, が追いかけました, が造り, が風邪, それから菊, そろそろ罷帰る, つづけッ, とあでやか, というよう, といった男, とお, とのいかにも, とは二三丁, とママゴト, と一緒, と二人, と五分太刀どころ, と兄主水, と申される, どうぞよ, なる者, にその, にはまた, によろしく, に囁きました, に大きく, に少々, に捧げ持たせ, に言いました, に運ばせた, のお, のおも, のすばらしい, のふと, の三人, の前, の声, の小姓姿, の小姓袴, の当て身, の手, の方, の耳脇, の膝, の身辺, はいずれ, はすでに, は抑え切れぬ, は殺気, は脇差し, は言うまでもない, へ静か, ほとほと感服, までが一緒, もこうして, もつい, もまた, も等しく, も菊路, をかえり見, をさえぎらし, をずいと, をつれ, をなるべく, を初め七五郎達四人, を囮, を女装, を後ろ, を新, を見かけ, を見迎え, を退屈男, を随, 下賤, 伸び上がって, 共々等しく, 危ないところ, 召し随, 老神主三人, 追いかけて

▼ 京から~ (93, 1.9%)

3 来て, 江戸へ 2 来た使者

1 [85件] あととりの, あなた御, いわれたこと, おれは, この辺, この道, だらだらと, ついて行った者, ですか, はるかな, はるばると, まいりました, みちのくまでの, もう二, 三河三河から, 三里も, 下って, 下著の, 両腕, 二三里離れた, 五六里隔たった, 人が, 人形師を, 今日ら, 以前紀伊守であった, 伯母などが, 使いが, 再び名古屋, 前線まで, 北の方へ, 南洋の, 名酒, 呉服屋の, 呼び寄せ京丸, 大坂へと, 大津へ, 大輔が, 大量に, 大阪の, 大阪大阪から, 奈良京へ, 姿を, 宇治まで, 届いた絹, 届いて, 帰って, 引あげ, 引揚げの, 彫青, 急用の, 戻って, 戻りよった, 抜けて, 招いたの, 持って, 掘るは, 携えて, 播磨美作を, 旅人が, 来た, 来たの, 来た役人, 来る旅商人, 東に, 東方に, 江戸に, 流離した, 源氏の, 益満が, 真先に, 筑紫の, 脅迫された, 芸妓はんが, 藤原の, 西には, 責め立てられ, 追われた時, 道綱は, 遙る, 鎌倉へ, 鎌倉へと, 長崎まで, 関東へ, 降って, 離れて

▼ 京~ (63, 1.3%)

4 大阪の, 江戸との 3 江戸の 2 江戸と

1 [50件] いっしょに, お照, お葉, ちがって, つれだって, はじめて逢った, ハガキが, 二人で, 二人へ, 云つた, 云われて, 同期もしくは, 名を, 呼んで, 大坂に, 大阪では, 大阪との, 大阪とは, 大阪とへの, 奥州とが, 奥州を, 御交通, 御寵愛, 心中を, 思いこんで, 懇ろに, 染奴という, 染奴とに, 染奴とを, 次郎吉には, 次郎吉は, 江戸, 江戸とは, 江戸を, 玉井とを, 申します, 相談し, 話を, 近江と, 近頃自分, 逢った顛末, 金さんなら, 金五郎とが, 鎌倉との, 鎌倉の, 鎌倉間の, 関東との, 面会する, 音次郎を, 題せる

▼ 京~ (52, 1.1%)

3 例の

1 [49件] いうた, いとしげ, いるかと, おとなしくて, おれの, すッ, たおれそう, にっこり笑う, はいって, ひたむきな, ふりむいて, まじって, もしその, 一人で, 一年一度は, 三芳屋から, 今し帰った, 入りきたり, 全勝を, 出かけた後, 出て, 勝です, 十月一日, 坐って, 太鼓を, 奥から, 居るの, 岩木川の, 彫ったこと, 彫ったもの, 思い出されて, 急いで, 日常化し, 橋の, 母という, 水へ, 浮かばれるちゅうんなら, 渠に, 濡れ鼠, 短命であった, 立った, 立ったの, 笑いだして, 笑って, 約束の, 見える, 金五郎に対して, 風呂に, 飛びついて

▼ 京~ (51, 1.0%)

4 ていた 2 ている, て以来, て運動

1 [41件] てある, ていられた, てから一ツ橋, てから二度目, てこの, てさ, てそうして, てただちに, てほんの, ても一度, てソレ, て万事, て三輪田女学校, て二人, て以来一度, て働く, て先生, て其主人, て午後, て夫婦, て失職, て專心文學, て有志間, て来る, て来れ, て東京帝國, て正則英語学校, て残る, て深川, て珍, て着, て翌, て肥塚鉱山局長, て芝口, て見る, て親父, て長い, 安雄と, 己の, 平民新聞社に, 私の

▼ 京一郎~ (49, 1.0%)

3 の心, の顔 2 といえ, はお, は横, やまあ

1 [35件] から訊かせたら, がお, が二十五, が出た, が妾, が意気地, という男, と連れ立っ, にとってはお, には床しく, の体, の家, の態度, の父, の背, はそういう, はそんな, は家, は思い詰めた, は思う, は性格, は恍惚, は縁, は考え込んだ, は胆, は詫びた, は語気, は身, は逃げた, は首, へ難題, もつづい, や, やお前, を玉

▼ 京人形~ (44, 0.9%)

5 のよう 2 と木菟, のお, を見, を見る

1 [31件] が入れ, が口, ぐらいには美しく, じゃない, だ, で二つ, とであろう, と箪笥, などでほか, ならいい, に停車場, に結びつくた, のよそい, の女, の後姿, の綺麗, の群がる, の顔, の首, はいい, は伝説, は蠅, や道具類, をあつらえ, をかかえ, をしっかり, をひしと, を例, を取り出した, を愛しん, を持っ

▼ 京二郎~ (42, 0.9%)

2 が一, はまつたく, はトキ子, は女

1 [34件] がたつた, が来, が酒, であつ, でも同じ, には全く, に決闘, の情慾, の関係, はあと, はいつ, はそれ, ははじめて, はやつぱり, はわけ, はセンチ, は他, は例, は全, は全然, は別, は唇, は妙信, は心中ひそか, は思, は戦争中, は握, は深夜, は申出, は秘密, もあと, も含まれ, を殴つ, を自分

▼ 京~ (39, 0.8%)

5 の顔 3 はこの

1 [31件] が汚い, というの, と手, に劣らず, に取っ, の, の上, の俤, の悪戯, の意, の新しい, の望み, の淫蕩, の物言わぬ, の美し, の話, の輿入, は, はあまり, は一人, は何やら, は妙, は少し, は悲鳴, は泉水, は淡路守, は祖先, は絶句, は美しくも, は豊か, を一

▼ 京~ (38, 0.8%)

3 で此恵美屋敷 2 で此惠美屋敷

1 [33件] たいへんな, にはさまざま, にひろまった, にも三条西家, にも略, に二度粕谷, に品切れ, に巡幸, に拡がっ, に拡まり, に撒い, に於, の上下, の久野村新井伝吉その他, の人屋一時, の人目, の兵糧, の各派, の周り, の家, の総代たち, の評判, の貴, の酒, はもちろん, を垣墻, を引き廻した, を探しまし, を焼き, 他に, 出陣ぶれ, 洛中は, 都人士ガ行楽

▼ 京~ (34, 0.7%)

3 と江戸風

1 [31件] かという, が半分, でございましょうか, でない事, という, といわなけれ, とはいえません, なの, なよそおい, な華奢, になっ, に入口, の中, の句, の建築, の御, の扇, の桐, の粋, の美人, の華奢軽薄, の襖絵, の趣, の転化, の骨髄, の髷, はやわらか, は後, ばかりを真似る, も江戸風, をやっ

▼ 京した~ (31, 0.6%)

2 きものと

1 [29件] が出, が野村視学官, ころには, しげ子とが, といふこと, のだった, ので, は明治十一年, ばかりらしい, 予は, 人々は, 兄からは, 娘が, 宗助は, 少年の, 弟を, 時の, 時分は, 時泊った, 時私は, 母親が, 濱野英二さんが, 留守で, 相馬という, 被害民たちは, 被害民は, 親戚の, 適齢年者という, 頃は

▼ 京ちゃん~ (29, 0.6%)

2 か, と踊りたい

1 [25件] おかしい人, が強く, そんな眼, たった今帰りまし, たまにいらっしゃい, とだったら, と踊っ, どう思う, なんかと二度と, なんか東京, にそう, のリード, のリーベ, の恋人, の旦那, はいっしょ, は東京, は自分, もいよいよ, やけに大人しい, やんな, 今電話, 判るの, 待ってよ, 来たら待って

▼ 京~ (29, 0.6%)

2 なうても

1 [27件] いろいろ見た, え辻君, お逢いした, きいたヘゲタレ, くらそうという, するいろいろ, はた, 一寸知つて, 修業を, 名高い柄糸, 宮仕えを, 尋ねたでも, 成就した, 捜されまわるよう, 料理屋を, 有名な, 染めたといふ, 法師温泉まで, 留守居を, 立て, 聞いた, 行方知れず, 評判の, 軽蔑される, 辻君大阪で, 陰陽の, 食事し

▼ 京では~ (27, 0.5%)

1 [27件] ありませんわ, そのよう, それをすら, ないが, なくて, のうて, ふんどしか, 七斛余の, 京の, 人々が, 北野へ, 堂宮の, 大變, 少女の, 嵐山や, 既に忘れられ, 昼の, 月日の, 歳暮に, 水鳥が, 清水寺男山八幡宮江戸では, 瓢亭だの, 神泉苑の, 蕪村の, 起こって, 足利が, 須磨の

▼ 京~ (24, 0.5%)

1 [24件] から自動車, が進歩的, だったか, であった, でも朝食以外, という旅館, といふ宿, と称し, には戦後, には甚, にも同様, の一大犠牲的奉仕, の人, の人たち, の女中, の青侍ども, はちぢみあがったらしい, へつく, へ大辻, へ帰り, へ弁士連, へ落ちついた, へ行く, をでた

▼ 京言葉~ (24, 0.5%)

2 である, を使

1 [20件] が使えなかった, が多く, でいろんな, でしたが, でしやべ, でなければ, で泥, で理由, で礼, とパキパキ, と朱鷺色, の優し, の方, の模寫, をつかっ, をつかった, をもつ, を習っ, を茶の子, を遣わせない

▼ 京~ (21, 0.4%)

2 あそばすまじければ, 端れ

1 [17件] ずっと下, どこかへ, もう眼, 中京さる町で, 出端れる, 名残りだ, 君香も, 大阪も, 存外に, 持って, 物騒に, 男に, 立停まっ, 荒れて, 菜の花で, 踊りの, 辰巳

▼ 京する~ (20, 0.4%)

2 ことに, 事に, 時の

1 [14件] からそれ, ことの, ことは, というよう, となれ, とふい, と時間, につき, ので決して, はずだ, までは私, 俳人連の, 運に, 頃には

▼ 京~ (18, 0.4%)

1 [18件] で撰ばれた, との対立, と吉野方, になつ, にも響い, に対し関東, に対抗, に押入, に立つ, の偉才, の公卿武士, の御, の志士浪人ばら, の討手, の諸, は持明院統, へおりる, へ降参

▼ 京には~ (17, 0.3%)

1 [17件] あらず, いるか, いる通路, うら若きお, お葉, ちがいなかった, やらなかったの, 一目置い, 京風江戸には, 嬉しい思ひ, 幕府の, 昔気質の, 稀なり, 笛吹く, 美しい人, 花の, 青物問屋の

▼ 京より~ (17, 0.3%)

1 [17件] うつてを, お身, くだりし時, して, ミブ浪人同伴ニて, 一つ歳下の, 三つ四つ姉さんだ, 下り来し, 奥羽に, 寛は, 帰つて後数年に, 平城京, 御下著, 西には, 西の京の, 近い鎌倉, 離別仕り

▼ 京~ (16, 0.3%)

2 大阪の

1 [14件] はらかき, 伏見で, 堺から, 大坂, 大坂あたりにも, 大坂の, 大阪や, 染奴の, 江戸とは, 江戸の, 浪華には, 田舎の, 蹠である, 鎌倉へ

▼ 京でも~ (14, 0.3%)

2 大阪でも

1 [12件] この雨風, そうだ, もっぱらな, 他の, 何處でも, 名を, 名高く殿上人, 唯へ, 多情な, 江戸でも, 評判の, 誇り誰

▼ 京~ (14, 0.3%)

52 助は, 助を 1 介の, 助といふ, 助に, 助も, 節は

▼ 京~ (14, 0.3%)

3 の小田 2 の高井, へ 1 から電話, と定, の初日, の千秋楽, の小田等送り, の小田進康見舞, を借り

▼ 京鎌倉~ (14, 0.3%)

2 の間

1 [12件] でこそ吉次, でも江戸大阪, にも少ない, に恥, に曝せし, に立つ, のごとき, の家々, の往来, へ出し, までも出かけ, も同様

▼ 京にも~ (13, 0.3%)

1 [13件] あるか, きこしめしおどろく世, こんな御, どつて來, ないよう, 上りし事, 名人が, 咲いて, 大坂にも, 平和な, 田舎あり, 負けぬ鎌倉, 鎌倉にも

▼ 京まで~ (13, 0.3%)

1 [13件] お送りしたい, つけて, やって来たこと, 万難を, 上って, 五里おそく, 出向けば, 参ったゆえ, 参っても, 宙が, 帰つて来, 持参しよう, 行くので

▼ 京~ (13, 0.3%)

2 の余戸

1 [11件] が里, の手, の警戒, はドン, は一生懸命, は可愛い可愛い, は大変孝行, は此ん, をつれ, を伴, を叱りました

▼ 京次郎~ (13, 0.3%)

1 [13件] であった, という彫, とか云う, どんな風采, の演説, の策, は一種, は声, は膝, は自信, は遮った, も叮嚀, も明日

▼ 京水自筆~ (13, 0.3%)

11 の巻物 1 の巻物中, の巻物中参

▼ 京~ (11, 0.2%)

3 線の 1 両線, 線から, 線とが, 線は, 鉄道で, 鉄道に, 鉄道を, 鉄道支線の

▼ 京~ (10, 0.2%)

2 でのいま一人, の人たち, の入口, を出外れた, を見出し

▼ 京さんお前~ (9, 0.2%)

3 には逢, は弟, は自家

▼ 京との~ (9, 0.2%)

2 ことは, 秘密を 1 あいだを, 仲を, 時日に, 歌舞伎の, 関係を

▼ 京ロンドン~ (9, 0.2%)

1 さして凱旋, で手, とリバプール, にてなつかしき, に入った, に来, へ向け, へ着く, より米国ニューヨーク

▼ 京~ (9, 0.2%)

1 が, が蕪村, でなければ, と奥州人, に面白, のよう, の為, の知識, はもう

▼ 京水本~ (9, 0.2%)

4 に従 1 と名づける, に従つて, の下, の記, はこれ

▼ 京~ (9, 0.2%)

1 の安, の手, の染付茶碗, の殿人形, の盃, の糶売, の花活, の茶呑茶椀, の赤湯呑

▼ 京~ (8, 0.2%)

3 大阪の 1 三河か, 大坂, 江戸かの, 浪華かで, 鎌倉の

▼ 京どの~ (8, 0.2%)

1 とはあなた, のこと, の安否, の身, は, はこの, へ申し入れたき, もひとり殿

▼ 京はん~ (8, 0.2%)

1 がどれ, としては無理, に定まったる, の危篤, の突飛, は聯合組, まだ逢う, みたよ

▼ 京~ (8, 0.2%)

1 ありけれども, てハぎおん新地, て此刀, も常, 出おり候, 出是非, 御出し, 相成居候事故

▼ 京上り~ (8, 0.2%)

2 をする 1 だ, の途中, も家族等, をし, をした, を企てた

▼ 京~ (8, 0.2%)

2 の間 1 に始まっ, に始まり, の地, の方, の風雲, 諸藩邸

▼ 京金襴~ (8, 0.2%)

1 から足, じゃとおっしゃいました, だってもおろそか, の出どころ, の色, ばかりをひと手, をつきとめ, を買い出し

▼ 京へは~ (7, 0.1%)

1 いたりがたく, ひつた, ひる時, ひる途中, 当分出ない, 誰を, 近うございます

▼ 京~ (7, 0.1%)

2 の松大黒 1 では宝来楼一元楼, と日暦, にも話し, の君津楼, も皆んなお便り

▼ 京城丸~ (7, 0.1%)

1 と一足違, の後甲板, の船首, は大きな, は悠々, またこんど, をふた

▼ 京~ (7, 0.1%)

1 から落伍, であったから, となる, になる, の下級, を以て行, を召し

▼ 京弥どの~ (7, 0.1%)

1 か, とやらを手土産, に慌ただしい, のお, のお腰, の宛名, を掠っ

▼ 京水瑞英~ (7, 0.1%)

1 が往事, が自記, との事蹟, には帰るべき, の学術, の家, は五十歳

▼ 京~ (7, 0.1%)

2 の方 1 と相対, の先鋒陳暉, の古戦場, を支えん, 更に夜襲

▼ 京さま~ (6, 0.1%)

1 でご, でございませぬか, とはいぜん, と共に誰, には, の両

▼ 京~ (6, 0.1%)

1 か大阪, か少し, そうだ, つて可愛らしい, とばかり思っ, とばかり思つて

▼ 京という~ (6, 0.1%)

1 ところは, のなら, 可愛らしい娘, 女で, 女の, 女も

▼ 京なまり~ (6, 0.1%)

2 の女 1 がほぐれ, が懐しかっ, でまあ, をとどめ

▼ 京にて~ (6, 0.1%)

1 あるに, もとめられたる妻, よめる, 生れたり, 禁中向の, 頼二

▼ 京への~ (6, 0.1%)

1 京へ, 出立を, 土産などに, 用は, 道すがら別れ, 都遷し

▼ 京ぼん~ (6, 0.1%)

1 が翌日, に電気, に頼ん, も調べられた, を挿, を釈放

▼ 京~ (6, 0.1%)

2 の尹 1 の人, の尹温璋, の役人, の貢拳

▼ 京八流~ (6, 0.1%)

1 だけで, のわが, の兵法, の吉岡, の理論, の真髄

▼ 京千代~ (6, 0.1%)

2 のお 1 と, といずれ, と来たら, に茶の間

▼ 京~ (6, 0.1%)

1 といふ物, と繋つて, のなごり, の文獻, らしいもの, を傳

▼ 京坂地方~ (6, 0.1%)

2 のある 1 では例, のよう, の人, もすでに

▼ 京弥さま~ (6, 0.1%)

1 から御前, さえお許し, でご, にバッタリ, に息, は

▼ 京~ (6, 0.1%)

1 すぐ二条烏丸, の様子, は, 無論國, 間もなく常州, 間もなく根岸

▼ 京流吉岡~ (6, 0.1%)

1 が衰え, の伝統, の名折れ, の悪評, もあれ, を眼下

▼ 京西~ (6, 0.1%)

5 の寺 1 に遊ん

▼ 京へと~ (5, 0.1%)

1 先に, 問へば, 心が, 急ぎ海道, 揉みに

▼ 京までは~ (5, 0.1%)

1 えらいね, 余ほどの, 先ず無事, 往つた, 戻りませぬ

▼ 京以来~ (5, 0.1%)

2 御世話 1 もその, 特に妙, 聞き噛

▼ 京~ (5, 0.1%)

1 などにし, のことば, の志羅川夜船, は, より更に

▼ 京~ (5, 0.1%)

3 の間 1 と長州, 間に

▼ 京~ (5, 0.1%)

1 と名づける, の城門, の守り, の規模, を落す

▼ 京~ (5, 0.1%)

1 が濃く, で染めた, で濃い, と申す, をつくる

▼ 京訛り~ (5, 0.1%)

1 が殘つて, で自分, で鳴る, に耳, もそう

▼ 京~ (4, 0.1%)

1 もてでは, 京, 京お, 葉

▼ 京じゅう~ (4, 0.1%)

1 の土倉, の大きい, の騒ぎ, を一日

▼ 京である~ (4, 0.1%)

1 かどう, ことに, ことを, とすれ

▼ 京といふ~ (4, 0.1%)

2 娘が 1 のが, 処も

▼ 京なれ~ (4, 0.1%)

1 ど東, ばこそである, ばこそ往き来, ばこそ見る

▼ 京にな~ (4, 0.1%)

3 つても 1 つて三百年その

▼ 京わらん~ (4, 0.1%)

1 べが尾鰭, べの口遊, べはやれ, べは言いはやす

▼ 京~ (4, 0.1%)

1 世話セナンダラ考エガアル, 今晩世話シロトアレホド申シコンデオイタノヲ知ツテ居ルクセニ玉井トオ京トヲ逃ガシテシモウタ, 去ル, 去ル九百一十里

▼ 京倫敦~ (4, 0.1%)

1 が大, に届いた, に開かれたる, を出た

▼ 京姉さん~ (4, 0.1%)

1 たら玉井さん, と張りあう, にだいぶ, にも力

▼ 京方面~ (4, 0.1%)

1 から山崎, から来る, の輸送, へ黒

▼ 京水墓誌~ (4, 0.1%)

2 の全文 1 の一段, を疑う

▼ 京~ (4, 0.1%)

1 にせよ, の十剣, の宗家, 第一

▼ 京漢鉄道~ (4, 0.1%)

1 の客車, の敷設, の汽車中, 総工会

▼ 京~ (4, 0.1%)

1 がいちがいに, だ, ともいう, のもっぱら

▼ 京あたり~ (3, 0.1%)

1 から眺めた, にいるらしい, までは敵地

▼ 京からの~ (3, 0.1%)

1 下りも, 使では, 前日の

▼ 京さん己~ (3, 0.1%)

3 れが

▼ 京さん後生~ (3, 0.1%)

3 だから

▼ 京さん母親~ (3, 0.1%)

3 も父親

▼ 京したら~ (3, 0.1%)

1 二夫婦揃ッて, 宜からう, 手近な

▼ 京とが~ (3, 0.1%)

1 さしつささ, ひどく仲よくし, 途中から

▼ 京とは~ (3, 0.1%)

1 いえそういう, 何時から, 異って

▼ 京ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく近郷近国いずれ, では, で僧

▼ 京よりは~ (3, 0.1%)

1 思いのほかに, 西の, 遠からず

▼ 京伏見~ (3, 0.1%)

1 から大津, のどこ, への追分路

▼ 京~ (3, 0.1%)

1 おちかと共に, とおち, に差し出す

▼ 京兆尹~ (3, 0.1%)

1 に抜擢, に渡した, は獄卒

▼ 京四郎~ (3, 0.1%)

1 というの, はなかなか, を除い

▼ 京城大学~ (3, 0.1%)

1 ですか, に法文学部, の総長

▼ 京~ (3, 0.1%)

1 という子, と言う, にせがまれ

▼ 京弥菊路~ (3, 0.1%)

1 そろそろ参ろう, のところ, のふさわしい

▼ 京役者~ (3, 0.1%)

2 の坂田藤十郎 1 の随一人坂田藤十郎

▼ 京~ (3, 0.1%)

1 で夕食, へうまく, へ行き

▼ 京武士~ (3, 0.1%)

1 の後, は更に, は綺麗

▼ 京水池田瑞英~ (3, 0.1%)

3 の事蹟

▼ 京水瑞英居士~ (3, 0.1%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 京濱間~ (3, 0.1%)

1 に興行, は汽笛一聲新橋, より外

▼ 京~ (3, 0.1%)

1 でした, にあり, に強い

▼ 京登り~ (3, 0.1%)

1 のごとき, をした, をする

▼ 京祇園~ (3, 0.1%)

1 てとこ, の山鉾, の舞妓

▼ 京育ち~ (3, 0.1%)

1 の私, の美女, 父は

▼ 京~ (3, 0.1%)

1 から先生, のほう, よりもどっ

▼ 京~ (3, 0.1%)

2 には定め 1 の大社

▼ 京からは~ (2, 0.0%)

1 博多で, 琵琶湖の

▼ 京された~ (2, 0.0%)

1 のに相違, ものでありましょう

▼ 京される~ (2, 0.0%)

1 のを, 理由は

▼ 京しよう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思った

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 むは, むも

▼ 京せし~ (2, 0.0%)

1 当時は, 頃には

▼ 京ちゃんどこ~ (2, 0.0%)

1 かアパート, へ行った

▼ 京ちりめん~ (2, 0.0%)

1 に浅黄, のお

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 来た一人, 来てね

▼ 京での~ (2, 0.0%)

1 居宅六条油小路の, 暮らしは

▼ 京とばかり~ (2, 0.0%)

1 信じたの, 思いこんで

▼ 京なんかに~ (2, 0.0%)

1 就職を, 行けやしないわ

▼ 京へまで~ (2, 0.0%)

1 お出, 伴っては

▼ 京へも~ (2, 0.0%)

1 大阪へも, 聞えて

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 一寸まかない, 風邪でも

▼ 京マチ子~ (2, 0.0%)

2 にほれまし

▼ 京一円~ (2, 0.0%)

1 の警備, を蓋

▼ 京二郎さん~ (2, 0.0%)

1 が好き, など

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 は綸旨, 直経

▼ 京人形みたい~ (2, 0.0%)

1 な女給, な小娘

▼ 京伝作~ (2, 0.0%)

1 と巻尾, の

▼ 京兆唐解元李西涯等~ (2, 0.0%)

2 と朋友

▼ 京先生~ (2, 0.0%)

1 は池田京水, 看観世一代能

▼ 京六波羅~ (2, 0.0%)

1 の賊軍, はようやく

▼ 京千代さん~ (2, 0.0%)

1 の鴾さん, は半玉

▼ 京及び~ (2, 0.0%)

1 畿内に, 諸国を

▼ 京吉君~ (2, 0.0%)

1 の恋人, を忘れた

▼ 京名物~ (2, 0.0%)

1 が出来る, は首人形

▼ 京商人~ (2, 0.0%)

2 の油屋小金

▼ 京坂江戸~ (2, 0.0%)

1 の三都, は天下

▼ 京坂間~ (2, 0.0%)

1 は物情, をさま

▼ 京外れ~ (2, 0.0%)

1 で買うた, の木賃宿

▼ 京大坂~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, へ折々

▼ 京宝劇場~ (2, 0.0%)

1 の進駐軍専用映画館, は占領軍専用

▼ 京宝撮影所~ (2, 0.0%)

1 の脚本部員, へ電話

▼ 京家旅館~ (2, 0.0%)

1 へ帰り, 狭い部屋

▼ 京尽し飛ぶ~ (2, 0.0%)

2 鷺一つ

▼ 京幕融和~ (2, 0.0%)

1 は間然, も廃り

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 でこの, で甘ったれ

▼ 京弥いち人~ (2, 0.0%)

1 のみを引き, を供

▼ 京弥たちふたり~ (2, 0.0%)

1 はおろおろ, は一層

▼ 京弥め~ (2, 0.0%)

1 を今ひと息, 憎い奴

▼ 京後重井~ (2, 0.0%)

1 に打, に打ち明け

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 尽力無, 随意なり

▼ 京政府~ (2, 0.0%)

2 を助け

▼ 京次郎様~ (2, 0.0%)

1 も立派, を

▼ 京水京水~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 京水本系図~ (2, 0.0%)

1 である, の来歴

▼ 京水父~ (2, 0.0%)

2

▼ 京水瑞英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 京江戸~ (2, 0.0%)

1 と二手, は江戸

▼ 京津電車~ (2, 0.0%)

1 の揺れ, の終點

▼ 京浪人~ (2, 0.0%)

1 と称し, と称する

▼ 京白河~ (2, 0.0%)

1 には, の方面

▼ 京白粉~ (2, 0.0%)

1 の媚, の話

▼ 京祇園会~ (2, 0.0%)

2 に必

▼ 京竜動~ (2, 0.0%)

1 に学ばしめぬ, に遊ぶ

▼ 京管領細川右京太夫政元~ (2, 0.0%)

2 は四十歳

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 は病人, 諸国司

▼ 京舞妓~ (2, 0.0%)

1 の全, や富士山

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 を一寸, を大声

▼ 京詣り~ (2, 0.0%)

1 の時一緒, みたいだ

▼ 京調~ (2, 0.0%)

1 の党馬, の芝居

▼ 京造営~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 が下向, の貢馬

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 に従つて, の第

▼ 京遊云々~ (2, 0.0%)

1 の事, の語

▼ 京~ (2, 0.0%)

1 はいらん, を仕入れ

▼ 京附近~ (2, 0.0%)

1 から攪乱, の俚言

▼ 京順禮~ (2, 0.0%)

1 といふは衣裳, の始

▼ 京須五段~ (2, 0.0%)

1 が私, も土居八段

▼ 京風江戸風~ (2, 0.0%)

1 というおのおの, の比較

▼1* [416件]

いたして聞きましたる, 京いよいよ三勝半七酒屋の, 京おしろいのにほ, 京および南北両, 京お召でございます藍, 京からずつと北山に, 京からも始終そうした, 京がのこも, 京きこえししと, 京くだる春の, 京のみで, 京あん, 京させて直接政府, 京さびこゝに吾せる, 京さんあんたの気持, 京さんこれあんたが描いた, 京さんところに行っ, 京さんわたしもあんた, 京さん一雪である, 京さん今度は片, 京さん今日は好い, 京さん好なお転婆, 京さん引取った切籠燈, 京さん磴が高い, 京さん私もうすっかり治ったらし, 京じゃろか, 京じゅう妙手として, 京せつ子みつ子啄木の五人, 京せよと許可, 京せるを幸い, 京だけが二人の, 京ちかく覚えられる位, 京ちゃんあたしに死ね, 京ちゃんあんたに, 京ちゃんところへ行こう, 京ちゃん君も行っ, 京ちゃん明日来て, 京ちゃん明日あたいと踊っ, 京ちゃん東京へ行っちゃった, 京ちゃん邪魔しないでよ, 京ぢゆうの土倉, 京つくし野を馬, 京つて現在では少し, 京でありましょうか, 京できない事情が, 京でなくてはかう, 京とか江戸とか, 京とかいうた, 京として話したこと, 京とて鉄火の, 京とでは評判の, 京ともつかず江戸, 京とを間違って, 京と共に舊友との, 京さるが, 京なさったということ, 京なさるという, 京なつかしと思さぬ, 京なつかしき詠や, 京などいつまで, 京などからも来て, 京などというそのよう, 京などに犬の, 京なるおもち, 京なんかへ行くため, 京なんてそんな遠い, 京における槍術の, 京にさえ入らぬほんとう, 京について心得て, 京にまで近頃は, 京のみかどの昔こ, 京はうぐひすの, 京ばかりの思われるこの, 京ぶりにし, 京へでも連立て, 京へまゐるとて, 京へまでは出て, 京ほどに女の, 京ぼん本名京四郎というの, 京までも長崎までも, 京みやげをあげよう, 京むすめ難波商人, 京ものとかおよそ, 京もはやとてお, 京もろもろの邊地, 京よりもまだ遠く, 京という目的, 京んどん, 京サンヲ友田サンガ, 京サントガ二人デドコカニ行ツタ事, 京サントハ深イ仲ダツタラシクテ, 京サントヲ切リハナスニハモウアナタノ力ヲ借, 京サンニ向カツテ, 京サンハ前カラ, 京ニ上リ夫より蒸気, 京ニ入りしと, 京ニ後藤庄次郎どのおらんと, 京ニ筑紫ヘ坂東サ, 京モスへ出, 京ヤマトホテルに滞在, 京ロンドン客中にわかに思い立ち, 京ロンバード街に行き, 京一人のため, 京一円取締りの重任, 京一千五百里去蝦夷界一百二十里, 京七千五百廿里とある, 京七坊をすつかり占めた, 京三界まで一緒, 京上り往来に果つるおん旅, 京上方の空気, 京下され度幾重にも, 京中京外を馳せ求めた, 京中動乱シテ恐怖流言極マリナシ, 京中央公論社の用事, 京中引き廻しの上, 京丹波遠くは四国西国, 京二十七坊の夜, 京二郎妙信は色々, 京二郎安川らの一行, 京五條天神の, 京の道ニ, 京亮八万二千石の城下, 京亮宗良となのり, 京亮樣南には松平伊賀守樣, 京亮義継大内備前定綱との同盟軍, 京亮輝聡の給, 京人形京人形の顔, 京人形党だね, 京人形私たち妹も物心, 京人形芝居錦絵さまざまな品, 京人形蝶の標本, 京人形長吉を抱い, 京候處不, 京仕り候五月二日, 京以来五ヶ月のあの, 京以来彼は夜, 京伏見奈良博多伊勢秋田山形などどなた, 京伏見山科大阪赤穂などに散在, 京伏見経机ありあはれ, 京伏見近江美濃の尨大, 京伝馬琴種彦らの作者, 京ひに, 京住まひで三日, 京をする, 京作それをつける, 京作勢よく起ち, 京作巻煙草を取り出す, 京作決然たる面もち, 京作涙を拭, 京作薬缶を持ちたる, 京作麻縄と新聞紙, 京らしい惣髪, 京画家の, 京傳馬琴種彦三馬時代の人, 京兆府まで逃げ走った, 京先づ首相を訪, 京入学して, 京公達でもこう, 京内十六町の地域, 京の研師, 京出来を誇ります, 京に工作, 京との対陣, 京勢敗北死人数を知らず, 京即ち今の, 京参り大和めぐり, 京友仙の美しき, 京右衛門が, 京吉ひとりだった, 京吉一人だと, 京吉自身にとっても思い掛けなかった, 京名物鯛かぶらてもの, 京向きの道, 京の主唱, 京吹路合瀬永井などをへ, 京呉服木綿の卸商, 京を試み, 京を出た, 京喜久という, 京四条河原夕涼みの体, 京土産の香煎, 京地方に施さう, 京となっ, 京坂のもよ, 京坂各地に続いた, 京坂贔屓の熱涙, 京城あたりの民家, 京城セントペートルスボルグ府に行, 京城事変があつ, 京城入城を知らせる, 京城内にすべて百十坊, 京城到着当夜の歓迎宴, 京城市の東南, 京城市外およそ一里, 京城帝大の白井成允教授, 京城攻略の策戦, 京城日報で読んだ, 京城日報主催朝鮮将棋大会木村名人歓迎会というの, 京城日報社の招き, 京城景福宮内緝敬堂に一切, 京城發電は嚴妃, 京城着半島ホテルに入る, 京城経由帰京する筈, 京城街道をとぼとぼ, 京城間の臨津江, 京城附近の漢江, 京の牢, 京塵紙あんぽんたんが菓子, 京のあの, 京の冷たい, 京壁稲荷と聚楽, 京に在ったなら, 京大和に次い, 京大坂あたりまで手びろく, 京大坂伊勢路から北国筋, 京大坂江戸で売りさばく, 京大学教授となり, 京大阪どこでも聞く, 京大阪中の大, 京大阪伊勢等より遊女, 京大阪伏見の住民, 京大阪危し, 京大阪名代の寿司屋連, 京大阪四国九州お前さんとなら, 京大阪地方に河岸, 京大阪堺の街, 京大阪小唄道中の原作料, 京大阪東は仙台松島, 京大阪東京の都会地, 京大阪江戸にそれぞれいくつ, 京大阪江戸あたりの今日, 京大阪界隈にフッツリ, 京天杯御頂戴, 京奈良に近い, 京奉行所の諒解, 京じま, 京奧縞を作り出した, 京好みだった, 京のゆかし, 京宛のも一本, 京宝今回の成績, 京宝共に連日満員, 京宝前の伴淳三郎, 京宝劇場二日目今日より二回, 京宝劇場今日初日で夕五時半, 京宝名宝はえらい, 京宝楽屋のお, 京宝顔見世にぶつかり, 京家南家と主人, 京宿に來, 京寺町本能寺前大和, 京将軍増祺との間, 京將軍増祺との間, 京巴里の大博覽會, 京市君にせがまれ, 京の全国的対立, 京広線の北京, 京な家, 京弥あとから神官, 京弥これを詠む, 京弥どの今頃泣き濡れて, 京弥みたいなもの, 京弥何時頃じゃ, 京弥傷の早乙女主水, 京弥北口不浄門を見張りましょう, 京弥命にかけても相成りませぬ, 京弥奪取事件が愛妹菊路, 京弥惚れ惚れといたしました, 京弥様が寒い, 京弥権之兵衛, 京弥殊のほか, 京弥殿が行方, 京弥用意の品, 京弥諺にもある, 京弥青道心を始末, 京当時にくらべる, 京当時世話になった, 京役人の作, 京役人ニも度, 京後彼は題, 京後日数が浅い, 京後最初の勉強, 京心中の一齣, 京恋しさを, 京恢復に預, 京情偵察のため京都, 京情調を歌, 京慶線に乗っ, 京が始めて, 京房あたりの易説, 京の如き, 京打江戸打と云, 京摂津を席巻, 京の間, 京料理へこ, 京断膓亭を訪, 京方すべてを含みます, 京日講堂での先生, 京早々から肩, 京早々十四五歳の時, 京ヘ行キ, 京時代の左近中将, 京普請の小間, 京来派の名工, 京は大, 京東山松園旅館の朝, 京松グリルての, 京桑野麦田看不尽, 京構江戸構などの刑, 京とは幾, 京様遁げ込んでなんか, 京次郎これにおる, 京次郎公卿あがりの, 京次郎殿は掻い撫で, 京次郎殿不満でもござろう, 京次郎殿例によって先達, 京氏易の京房, 京水一号酔醒又号生酔道人, 京水三十六歳の時, 京水出自の事, 京水初の名, 京水善直の廃せられた, 京水廃嫡の顛末, 京水廃嫡一件である, 京水当時初代瑞仙の養嗣子杏春, 京水憤慨の状, 京水時代の静粛, 京水歿して, 京水父子の伝, 京水瑞長系と京水, 京水研究は且, 京水自家の履歴, 京水自記の文, 京水身上の疑, 京江戸中間の田舎, 京の小屋, 京漢線方面では彰徳, 京漢鐵道で漢口, 京濱國道をトラツク, 京焼蒸羊羹七色菓子きんつば今川焼ぼったら等々, 京狩野の畫家, 京独特の味, 京生まれで笙, 京生れで言葉, 京生活の半面, 京田舎を出入, 京町内の若い, 京留守居吉井幸助馬上にて士六拾人計り, 京留居吉井幸助もど, 京白川四五萬の在家, 京白河方面から南条, 京白粉京紅で濃い, 京の東部, 京督促の手紙, 京福原における平家晩鐘, 京をつかん, 京笛御指南という看板, 京に広い, 京紅匂袋女物の扇子, 京紛擾の情况, 京の文化人, 京縮緬の小, 京の上等, 京ではありません, 京自身も切ない, 京致すつもり云々と, 京も西国船, 京に通うでしょう, 京華ダンスホールに一年, 京華中学へ通っ, 京華中学小学校は浅草橋, 京華入学試験同じ日, 京華文雅の士, 京之処, 京行灯をへだて, 京の安, 京西国にかけて珍しく広い, 京西国日本中を震撼, 京見物と洒落, 京言葉江戸言葉の比較, 京討入次いでその, 京の兵, 京調劇よりも派手, 京を低, 京を儲ける, 京趣味茶室風のしるこ屋, 京軍三万を帥, 京軍勝利の様子, 京近き合戦に, 京近くへ帰っ, 京近江の方, 京近畿の諸, 京近畿西国の平家遺蹟, 京近辺の大社, 京途上の被害民たち, 京通いだと, 京還贈張維, 京邑衆水暴長七八尺水流迅激直衝城下, 京邸ニ入ル, 京部東洞院姉小路に住ん, 京鎌倉間の大道, 京関東一円をも驚かせた, 京阿波根実基の名望, 京の悠長, 京からと思はれる, 京順禮江戸順禮といふこと, 京をふる, 京でもない, 京風江戸には江戸風, 京風芸者の結った, 京風髷の魅力, 京飛鳥の京, 京馴れてこそ見え, 京駿府江戸の三ヶ所, 京鹿の子の帯, 京龍動に遊ぶ