青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「享~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

交~ ~交換 交換~ ~交渉 交渉~ 交通~ ~交際 交際~ ~亦 亦~
享~
~京 京~ ~京都 京都~ 亭~ ~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々

「享~」 1182, 13ppm, 8619位

▼ 享~ (181, 15.3%)

5 入れた文人かたぎ, 入れて 3 たるもの, 容れて

2 [13件] たるに, たる由, とると, なかった, ぬとな, ましょう, ようと, 乍ら遂今迄, 入れようと, 即ち所謂, 容れるもの, 応への, 継いで

1 [139件] あるいは高峰, いれられずに, いれるか, いれ理想, えたこの, かくの, かぶれて, がちだつた, けるなり, ざりしと, ざる非運われ, しむべき, しめて, しめること, その自由暢達, たまへと, たる, たるいのち, たるこの, たる吾輩, たる己, たる感觸を, たる戀, たる旨, たる當時, たる罪業, たる者早き, ついだ一つ, ついだ血, ついでも, ついで今, ついで考へる, つがれ孫子, つぐ大男, つけなかつた, てか情熱, とって, とれた, とれぬ艶, とれるけれど, どんな境界, ないの, なければ, ぬこと, ぬと, ぬといふ, ぬも, ぬやう, ぬ人, ぬ代り, ぬ舟, ぬ餓鬼め, より多く, われわれの, んが, 且つ送りし, 乍ら涼しい, 人間に, 先頃までは, 入れずには, 入れに, 入れよう, 入れられこの, 入れられない處, 入れられるの, 入れるほどの, 入れる事, 入れる人, 具合で, 取ること, 合って, 売りを, 天宝は, 容れかた, 容れざるを, 容れたならば, 容れたの, 容れた人たち, 容れないもの, 容れない風, 容れなかつたの, 容れようとも, 容れられそう, 容れられたこと, 容れられること, 容れられる位ひなら, 容れるか, 容れること, 容れるだけ, 容れる人間的感情, 容れる側, 容れる同様, 容れる素朴さ, 容れれば, 容れヴィニイ, 容れ得なかつたため, 容れ最も, 容れ生活, 容れ純粋, 得ず味わい得ざるを, 得たの, 得た境界, 得ぬから, 得ようと, 得るでは, 得るよう, 得る必須条件, 応へ, 応へては, 持つたとかといふ, 損ふ, 斯かる, 新たなる, 時としては, 有ち, 楽しむため, 楽しんで, 此一時の, 流した, 流して, 渡されて, 渡しが, 渡しを, 無益な, 無福, 生かそうと, 秀忠将軍の, 給うべき幸福, 給はんことのみに, 継いだとしても, 継いだ遺伝, 継ぎ, 続けて, 致すべきところ, 身心堅壮で, 遊ばしたお方, 難き人身, 食い魔それ, 食しおわって

▼ 享けて~ (136, 11.5%)

4 下さいますか 3 いた

2 [14件] いると, いるの, いるもの, お出でだらう, ゐた, ゐる, ゐるに, ゐるので, 一同多少, 下さい, 同時に双方, 居て, 梟鵄救護章の, 潔よく

1 [101件] いた国本, いないという, いない淋しい, いる, いるか, いること, いるせい, いるよう, いるん, いる人, いる人間, いる使命, いる彼女, いる新しい, いる生命, いる若, いる身のほど, いれば, おられたこと, おること, しかも学徒, しきりに鍋, その生, ゐないぢ, ゐるが, ゐること, ゐるといふ, ゐるにも, ゐる不愉快さ, ゐる人ゆゑ, ゐる叔母, ゐる夢想家, ゐる小, ゐる気, ゐる為, ゐる証拠, ゐる顕微鏡, パンを, 一口二口唇に, 乱世の, 乳房を, 五旬を, 以來最初の, 以来頭上に, 何処かしら, 何處かしら, 共に喜ぶ, 十畳の, 半年前とは, 取るべき福, 呉れ給, 大口を, 室一杯に, 将軍に, 居ました, 居るの, 居る者, 帰られたの, 年一年と, 得意でした, 復活した, 悠々たる, 悲劇を, 成り立って, 成人した, 日本に, 明治座を, 春秋を, 昼の, 暫くは, 暮して, 暮らせるはず, 更にこれ, 来い俺, 来た彼女, 来た芸人諸家, 死に絶えた, 残る方, 氷解した, 法を, 爛々として, 王にな, 現実に, 生きて, 生れ來つた者である, 生れ來つてそして, 生活趣味の, 相当の, 神すな, 神の, 精神の, 緊縮政策の, 薄の, 見ると, 訊ねた, 貰は, 貴家の, 躍りたるぞ, 鏡の, 顔を, 飲み分った

▼ 享~ (84, 7.1%)

10 して 3 するやう 2 した, すること, するの, する心持, を追

1 [61件] か民衆, がある, が彼, が神, さう, させて, させるもの, しか彼, しつ, しながら, しむこと, しようと, すべく私, すべしその, する, すると, するもの, する事, する人, す可, ぞ, だ, だつたの, となつ, とを意味, と云, と人道主義, と希望, と悲哀, に向く, に堪へ得る, に大, に耽る, に過ぎないなら, に重き, のため, のみに生きる, のみを要望, の對象, の是認, の流弊, の爲, の達成, は, は他, は最も, は限り, も投げ棄てた, や功, をさ, をのみ考へ, を主, を以て苦勞, を可能, を妨げ, を思, を恣, を捨て, を控, を滿, を發見

▼ 享ける~ (76, 6.4%)

3 のである 2 が好い, のは, 前に

1 [67件] ありがた味は, かある, かということ, かといふこと, かもしれない, か知れません, ことが, ことに, ことにな, ぞといはれた, ということ, というよう, といふがま, ときは, ところの, と同時に, と私, と突然, と食物, に相違, のだ, のであつ, のでなく, はずでない, ばかりになつ, ものが, ものは, もの突風の, ような, ように, 一個の, 不快なる, 事が, 事に, 事の, 人が, 値は, 光は, 光景は, 切々たる哀感, 切端詰つた人生の, 哀愁の, 幸福は, 感じが, 感じの, 感じは, 感じも, 成年戒の, 日は, 期間に, 樣な, 権利が, 権利を, 權利, 法楽の, 物質的な, 直接の, 神が, 神である, 神と, 神とは, 福で, 表象として, 訳だ, 資格が, 運が, 運命を

▼ 享くる~ (57, 4.8%)

3 者の 2 の多少, 人が

1 [50件] あた, からである, ことが, こと七十一であった, こと七十一歳である, こと五十三である, こと六十三であった, こと四十七歳で, こと甚だ, なり, にあり, に至, に至り, に至りし, に足る, に適, の権利, ものは, もの塩商米穀商以外に, もよし, も福, わが靈, を知らず, を見, を見る, ツモリであった, 人の, 園遊会, 幸愈, 後勇怯を, 心の, 我らは, 所の, 民に, 理は, 百姓らは, 福に, 福の, 福は, 者, 者は, 者をも, 者多けれ, 者少なき, 視力, 視力が, 諸の, 量は, 靈藥の, 魂等よ

▼ 享~ (47, 4.0%)

8 の頃 6 の昔 4 に至り 2 のころ, の初年

1 [25件] から宝暦, といえ, にいたっ, に入り, に絶え, に至っ, に至る, の, のむかし, のむかし服部南郭, の丹絵漆絵, の五人組帳前書, の初, の原始的, の喜舌, の始め頃和泉屋権四郎, の改鋳金, の末, の芸風, または文化, まで残つて, 元文, 元文年代, 元文時代, 元祿

▼ 享けた~ (24, 2.0%)

2 または享, らしい

1 [20件] あたら眉毛, かはり, が就中宗家, が彼, が此挙動, が此擧動, では, ということ, といふ事, とほり, と云う, と同じ, と聞かぬ, と見え, ので古, のみで, まうしるし, よりは, らしい日, 憎むべき日

▼ 享保年間~ (19, 1.6%)

1 [19件] が中心時期, に八代将軍, に初めて, に尾州領内, に我邦, に此種, に私, に飯沼, のある, のその, の五人組帳前書, の人物, の刻, の名, の岩手噴火, の帯巾, の火事, の義民伝まがい, 屡渡海

▼ 享和三年~ (16, 1.4%)

2 である, に十四歳

1 [12件] が初め, で安永八年生れ, には又, には蘭軒, に婚嫁, に巾着, に平賀梅雪著, に蘭軒, の春, は文化紀元, より天保九年, 同じく延命院

▼ 享保頃~ (14, 1.2%)

1 [14件] からで, から新しい, に, には相応, に流行, に見え, の人, の坊さん, の大坂所司代支配下, の学者, の文書, の諸式, までも, 迄の人物

▼ 享保以前~ (11, 0.9%)

5 の古 1 で山地, に出来た, のこと, の近松, への復古, までの彼

▼ 享和二年~ (11, 0.9%)

1 [11件] では, に, には二月二十九日, にも亦, に京, に始め, に生れ, の四月朔日, の後八年, の末つ方, より十年

▼ 享和元年~ (11, 0.9%)

1 [11件] である, に主侯, に儒官, に十六歳, に友だち, に歿, に版, の元日, の冬, の秋ごろ, より後二年

▼ 享けたの~ (9, 0.8%)

51 である, にも自分, は初めて, も自然

▼ 享~ (9, 0.8%)

2 時代を, 末に 1 土一揆は, 殺された時, 精神から, 精神を, 頃の

▼ 享保三年~ (9, 0.8%)

1 だが, には火災, にも江州甲賀郡森尻村, に八十三歳, に出た, に天部村, に肅公綱條, に薨, の冬

▼ 享けたこと~ (8, 0.7%)

1 がある, であろう, はありません, もあつ, もある, もあれ, を忘れぬ, を覚え

▼ 享けん~ (8, 0.7%)

2 とする 1 との趣意, と冀う, と構え居る, と欲すれ, と願, 為に

▼ 享保時代~ (8, 0.7%)

2 にはまだ 1 です, と申しまし, の仲の町, の娘, の美人, は江戸

▼ 享~ (7, 0.6%)

2 力を 1 という, ともこれ, 可き, 烟突の, 素より極めて悲むべ

▼ 享保年中~ (7, 0.6%)

2 の編纂 1 になつて, にひらい, に植えし, の辻, 迄頂戴

▼ 享二年~ (6, 0.5%)

1 からの催促, といへ, には長子五歳次男二歳, に又, の四月, の奥書

▼ 享保元年~ (6, 0.5%)

1 とする, に七十八歳, に生まれ, に生れ, のこと, の項

▼ 享~ (6, 0.5%)

1 に及ぶ, の二年七月廿一日, の始め, の末, の頃飛行具, 元酉年七月廿七日稽古通事被仰付

▼ 享けたもの~ (5, 0.4%)

1 かも知れない, としてはまず, と書き, のやう, は何とか

▼ 享けと~ (5, 0.4%)

1 つた事も, つて, つてゐ, つてゐた, つて見る

▼ 享けねば~ (5, 0.4%)

2 ならぬもの 1 ならない, ならぬ, ならぬ性質

▼ 享三年~ (5, 0.4%)

2 の三月, の春 1 には隠居所

▼ 享保以後~ (5, 0.4%)

1 から明治維新, の増加率, の特別, はいろいろ, わずかに

▼ 享保十一年~ (5, 0.4%)

1 には江戸, に先, に再び, の調べ, より僅か

▼ 享樂主義~ (5, 0.4%)

1 が支配, であるとは, の文學, は排斥, も限り

▼ 享禄二年~ (5, 0.4%)

1 には神余与三郎, に土佐狩野, に売った, の八月, は永正三年

▼ 享けながら~ (4, 0.3%)

1 俺は, 切迫塞つた孤独の, 切迫塞つた孤獨の, 唇を

▼ 享保九年~ (4, 0.3%)

1 から後, の序, の検地, の秋

▼ 享保八年~ (4, 0.3%)

1 に幕府, に歿, に至っ, まで連綿

▼ 享保十二年~ (4, 0.3%)

1 に当る, に至り, の冬, の大

▼ 享保十五年~ (4, 0.3%)

1 この時, になった, に去つ, の正月

▼ 享保十八年~ (4, 0.3%)

1 とする, に京都六条村年寄, に富士, に至りまし

▼ 享保十四年~ (4, 0.3%)

1 に若水, の版本, の重, 広南国

▼ 享元年~ (4, 0.3%)

2 に至っ 1 に明国, の六月十一日

▼ 享~ (4, 0.3%)

4 して

▼ 享けつつ~ (3, 0.3%)

2 あるまたは 1 あるに

▼ 享けてから~ (3, 0.3%)

1 この現実, ヤツと, 今日まで

▼ 享けに~ (3, 0.3%)

1 来たまれびとが, 来るの, 遥々来

▼ 享保七年~ (3, 0.3%)

1 に来た, のこと, の冬

▼ 享保二年~ (3, 0.3%)

1 から八年, である, の後二十七年

▼ 享保以下~ (3, 0.3%)

1 にいたり, にこれ, の諸

▼ 享保十七年~ (3, 0.3%)

1 には寄合, に銭座開発, の八月二十九日

▼ 享保四年~ (3, 0.3%)

1 である, の, の秋

▼ 享保小判~ (3, 0.3%)

1 と申しまし, の一枚, の全体

▼ 享保年代~ (3, 0.3%)

2 からの御 1 からの老舗

▼ 享保生~ (3, 0.3%)

2 とすれ 1 として五十八

▼ 享和年間~ (3, 0.3%)

1 で園主, には江戸, の鳥海噴火

▼ 享樂的~ (3, 0.3%)

1 な活動, な生活, な餘裕

▼ 享から~ (2, 0.2%)

1 延徳にかけて, 文明年間なんて

▼ 享くべき~ (2, 0.2%)

1 直接間接の, 福ある

▼ 享けし齡~ (2, 0.2%)

2 と同じ

▼ 享けた拒絶~ (2, 0.2%)

1 の恥辱, の耻辱

▼ 享けた素養~ (2, 0.2%)

2 と環境

▼ 享けた苦痛~ (2, 0.2%)

1 というもの, といふもの

▼ 享けつ~ (2, 0.2%)

1 いでいる彼, がば

▼ 享けられない~ (2, 0.2%)

1 のです, 苦しみだった

▼ 享けられる~ (2, 0.2%)

1 のである, 神では

▼ 享けるで~ (2, 0.2%)

2 もなく

▼ 享けれ~ (2, 0.2%)

1 ばあ, ばあわや

▼ 享~ (2, 0.2%)

1 いうごとき年号, 号し後

▼ 享保中~ (2, 0.2%)

1 の遊女玉菊, の頃

▼ 享保二十年生~ (2, 0.2%)

1 として四十三, として推算

▼ 享保以後無学~ (2, 0.2%)

2 無識

▼ 享保元年生~ (2, 0.2%)

1 で明和七年, の維嶽

▼ 享保六年~ (2, 0.2%)

1 に生れ, の留書

▼ 享保十三年~ (2, 0.2%)

1 に, に渡来

▼ 享保十六年~ (2, 0.2%)

1 には橘町, の四月

▼ 享保十四年九月十九日~ (2, 0.2%)

1 に家, に致仕

▼ 享保宝暦~ (2, 0.2%)

2 を経

▼ 享保年度~ (2, 0.2%)

2 からの名古屋一藩かぎり

▼ 享保廿年正月~ (2, 0.2%)

1 とはなつ, に同時に

▼ 享入れる~ (2, 0.2%)

1 ことを, 事を

▼ 享和三年生~ (2, 0.2%)

1 で此時, の久次郎

▼ 享和二年壬戌~ (2, 0.2%)

1 であつ, と読み分ける

▼ 享和四年~ (2, 0.2%)

1 に同, はすなわち

▼ 享容れた~ (2, 0.2%)

1 或る, 欠点の

▼ 享延徳~ (2, 0.2%)

1 などといふ年代, を歴

▼ 享~ (2, 0.2%)

2 の頃

▼ 享~ (2, 0.2%)

1 との追, の

▼1* [235件]

くべく味うべき, 享くればその, 享けがたき人, 享けしは死, 享けし事はあらず, 享けし幸をあげつらはん, 享けし身の, 享けず仕舞であった, 享けたいと思う, 享けたいのちを呪わしく, 享けたい云々といふこと, 享けたところの痛ましき, 享けたやうに物狂, 享けたようにすぐ, 享けたりし佐太郎, 享けた一人の少年, 享けた一命をその, 享けた三代目河竹新七は市村座, 享けた上に痛快, 享けた享楽主義と観照論当時, 享けた人はこれ, 享けた人々は其歌垣, 享けた人間だけは将来これ, 享けた人類は悉く, 享けた命数に限り, 享けた喜びを感じなけれ, 享けた場合にそれ, 享けた女性としてのあなた, 享けた彼は自己, 享けた後伏見天皇は両統交代, 享けた後裔というところ, 享けた恥はどうして, 享けた恩といっ, 享けた損失は殆, 享けた教育とは漸く, 享けた方がたっぷり, 享けた春雄だけはそれ, 享けた松井家の血, 享けた生がみすぼらしく, 享けた生命である以上, 享けた痛手に惑, 享けた私は現在, 享けた筈ですが, 享けた自然のこと, 享けた舟が善い, 享けた血の純, 享けた西欧の教養, 享けた親切さを素, 享けた貫之等によつて, 享けた限り斎藤茂吉も亦, 享けた鬼は勿論, 享けてからも二年近く経っ, 享けてとか百千万劫難遭遇の, 享けてはゐなかつた, 享けられむ事を, 享けられたことで, 享けられなかったのである, 享けられぬ魂も, 享けるであらうか, 享けるであろうとは主張, 享けるべきか, 享けんが為めに, 享たり, 享始めて, 享にかけて討死した, 享室町時代の, 享者にて, 享受けざるなり, 享クル能ク幾時ゾ今ニシテ好機, 享七年十二月天野民部少輔遠幹その領内秋葉山, 享七年銘の鉄鉢, 享三年九月十日の夜, 享三年二月に至っ, 享三年二月久しぶりで三千疋, 享三年二月二十九日の晩, 享三年以来足かけすでに十八年, 享三年版の戯作本, 享に淡, 享二年三月には義尚将軍, 享二年三月生年三十六歳をもって鎌倉, 享二年三月第二子公条叙位の条, 享二年八月十一日及び卅一日条, 享二年十一月二十八日宿房の大黒, 享二年四月の始め, 享二年宗祇の北国行, 享二年通詞西善三郎吉雄幸右衞門と共に和蘭文書, 享于岐山とか明夷, 享五年一月には伊勢, 享五年頃には銭座屋敷, 享保七年三年目の冬, 享保七年九月七日に寂し, 享保七年五月からのこと, 享保七年八月八日に七十四歳, 享保三年七月には信濃, 享保三年五月四日の午下り, 享保中僧似雲, 享保之戌年棟附御帖, 享保乙卯生と云, 享保九年六月頃天部村の小, 享保二十年に成った, 享保二十年七月将軍吉宗公中川狩猟の時徒兵, 享保二十年乙卯五月二十二日に生れ, 享保二十年乙卯生に符合, 享保二十年板其碩の, 享保二十年生れ寛政六年六十で死んだ, 享保二十年錦橋生れて, 享保二年一月三日には日向, 享保二年二月三日附で新た, 享保二年以来十年以上もここ, 享保五年の正月, 享保五年七月九日五十七歳で卒, 享保五年三月にも同, 享保以後あたりからで, 享保以来宿村の庄屋一人, 享保何年かの三月十五日, 享保八年七月二十八日に三十七歳, 享保六年以後毎六年目に実施, 享保六年八月一日から評定所, 享保初年の頃, 享保初年以後であつ, 享保初年調べの江戸, 享保前後からあつたらしく, 享保十一年丙辰六月七日死生年不詳家説を以て考, 享保十一年二月に至り, 享保十一年六月七日に歿, 享保十七八年の飢饉, 享保十七年五月の, 享保十九年の出来事, 享保十二年九月三日の夕方, 享保十二年以後は大和丹波市外六人, 享保十二年金銅塔婆建立の供養, 享保十二未年棟付御改帳に見懸, 享保十五年六月中旬の後夜, 享保十八年三十七歳で京都, 享保十八年九月十三日の朝, 享保十八年十月十八日に有信, 享保十六年四十二歳に到る, 享保十四年九月一日武州井之頭, 享保十年の春, 享保四年三月二十九日に歿, 享保四年五月九日に五十八歳, 享保四年大岡越前守等の立案, 享保年代西川風の, 享保年間京都に住ん, 享保年間徳川吉宗が将軍家, 享保年間編成の松崎祐之, 享保度には二所, 享保廿一年神農の像, 享保文政嘉永それから明治, 享保明和の昔, 享保時分酒樽は別に, 享保板の, 享保検地以来のこと, 享保銘物帳にも記載, 享保頃ここに若い, 享元年六月の調べ, 享元年六月十七日の調べ, 享元年四十三歳の年, 享元年甲子の年, 享入れ得る場合が, 享十一年に撰ばれた, 享十一年六月二十七日全部の功, 享十一年十八歳で三条西家, 享十年八月二十三日四季部奏覧を終え, 享取せられた心は, 享の者不都合, 享吉先生が面かげ, 享吉博士が之, 享和三亥以後二カ年余りの遺跡, 享和三亥年はしか流行, 享和三年七月二十八日に歿, 享和三年九月三日に市河米庵, 享和三年二月二十九日に至つて始, 享和三年二月四日に五十五歳, 享和三年八月十二日十八歳にし, 享和三年十二月六日まで屏禁, 享和三年十月七日に蘭軒, 享和三年癸亥ではなく, 享和中閏正月のあつ, 享和之二二月廿九日仲禎君と素問合読, 享和二年三十二歳の時, 享和二年三月十一日桃のお, 享和二年十一月には佐渡, 享和二年四月の江戸浅草本願寺輪番東坊, 享和二年戌四月十六日と十八日, 享和以前の二百年間, 享和元年三月十日に寂, 享和元年六月廿八日御広間番, 享和元年十六歳で猶, 享和元年彼は六十八歳, 享和元年病に依, 享和元年辛酉である, 享和文化の頃, 享和文化文政の三時代, 享和甲子即文化紀元, 享和癸亥七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 享和紀元の辛酉, 享和雑記には泉除川, 享四年には関白, 享四年三月の末, 享四年八月十五日の朝, 享四年十月十五日のこと, 享寛延に至る, 享年中に諸道, 享得するだけの人格教育, 享得せねばならぬ, 享徳二年八月伊勢八幡住吉三社の神馬, 享文安の頃, 享時代の讃美, 享樂そのものと誤解, 享樂セシメントスルニ在リ, 享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, 享樂ハ之レ, 享樂主義虚榮の是認, 享樂場戀の歡樂場, 享樂心も在, 享樂機關の豐富, 享樂無からしむ, 享樂者か, 享樂追及者達は, 享永祿の昔, 享生片岡鉄兵岡田三郎塚原健次郎などという人達, 享し居る, 享療牛馬駝集伯楽相馬経等の諸, 享祀して誠, 享禄二年七郷紀に当郷, 享禄五年に実隆, 享禄以降元亀天正, 享禄以降天正までと云え, 享禄四年に高国, 享禄天文弘治永禄元亀, 享禄年七郷記并天正地子帳等当町を不, 享禅師は泉州岸和田, 享院秀誉覚真政達居士, 享の死刑人見張番人足等