青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~丘 丘~ ~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手
両手~
~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~

「両手~」 7980, 79ppm, 1416位

▼ 両手~ (4202, 52.7%)

197 ついて 72 ひろげて 65 かけて 62 あげて, 突いて 61 膝に 54 膝の 50 拡げて, 顔に 45 ついた 42 うしろに, 頭の 39 前に 35 腰に 33 胸の 32 つかえて, ポケットに 31 胸に 23 つかえた, 組んで 21 合せて, 合わせて 20 出して 19 後に 18 のばして, 伸ばして, 入れて, 後ろに, 振って 17 だらりと 16 ズボンの, 挙げて 14 前へ, 置いて 13 後ろへ 12 あてて, 上げて, 広げて, 突いた, 重ねて 11 うしろへ, ついたまま 10 かざして, つかえ, 突き, 背後に, 膝へ 9 かけた, ふところに, もって, 取って, 左右に, 差し出した, 懐中に, 拡げた, 開いて

8 [17件] かけると, つくと, のせて, ひろげた, 使って, 動かして, 廻して, 懐に, 振りながら, 握って, 支いて, 畳に, 空に, 腰の, 自分の, 高くあげ, 高く挙げ

7 [15件] あげた, つかんで, つく, シッカリと, 合わせた, 外套の, 当てて, 掛けて, 握りしめて, 机の, 眼に, 突き出して, 突っ込んで, 突込ん, 背中に

6 [17件] 取った, 口に, 宙に, 宙へ, 差し出して, 拳に, 振った, 揃えて, 支いた, 支えて, 目に, 突張って, 突込んだ, 肩の, 背に, 頭に, 顔へ

5 [20件] くんで, さしのべて, つきながら, つっこんだまま, ふって, ふりあげて, 上衣の, 下げて, 地に, 彼の, 握りしめた, 突込んで, 縛られて, 耳の, 肩に, 腹の, 自由に, 額に, 高く上げ, 高く上げた

4 [39件] あげる, かけながら, だして, つき, とって, ふりまわして, ダラリと, チャンと, 上に, 入れたまま, 出した, 口の, 天に, 左右から, 左右へ, 差し上げて, 差し出しながら, 延ばして, 彼女の, 打って, 振つて, 掴んで, 洋袴の, 火に, 火鉢に, 畳へ, 私の, 突いたまま, 突きます, 突き頭, 突っこんだまま, 突っ込んだまま, 突出し, 組合せて, 腹に, 膝において, 膝について, 高々と, 高くさし

3 [67件] あわせた, あわせて, さし出して, しっかりと, せなか, そろえて, ついたが, つかえたまま, つかえると, つきました, つっこんで, つっぱって, はなして, ひざに, ひろげたが, ひろげたまま, ぴたりと, ふつて, まわして, オーバーの, キチンと, グッと, ブル, 上げた, 上げました, 上へ, 伸して, 伸ばした, 動かした, 卓子の, 合せた, 合わして, 寝台の, 差しのべて, 差し出しました, 差出して, 帯の, 後へ, 後手に, 打ち合わせて, 押えて, 拡げながら, 揉みながら, 揉み合せて, 握り合して, 握り合せた, 握り合わせて, 擦り合わせながら, 支えた, 支へて, 横に, 無理に, 畳について, 眼の, 突っこんで, 組みました, 組み合せて, 置いた, 背中へ, 胸で, 脇に, 膝まで, 袖に, 袖へ, 頬に, 首の, 高くさしあげ

2 [188件] あげ, あげたもの, あげたり, うしろ腰に, おいて, かけ, かけたまま, かけた時, かけました, かさねて, かざしながら, かって, かつきり, きちんと膝, くみあわせて, こすって, こすりながら, こめかみに, さしあげて, さしだしました, さしのべた, さしのべながら, さし伸ばして, さし入れて, しきりに見, しっかり握り合わせ, しばられて, じぶん, すり合わせた, すり合わせて, そっちへ, そつち, その上, その肩, たかくさしあげ, ちぢめて, つかえながら, つかって, つかむと, つっこんだ, つっ込んで, つないで, つッ, とった, とらえた, にぎりこぶし, ねじあげて, ひらいて, ひろげ, ひろげる, ひろげると, ぶらぶらさせ, ぶるぶると, ぽんと, まっすぐに, めちゃくちゃに, わなわなと, クビの, ヌッと, ピッタリと, ブランブランさせ, ホータイで, ポケットへ, マントの, 一ぱいに, 一緒に, 丁寧に, 上着の, 下した時, 両脇, 乗せて, 人形の, 使わなければ, 入れた, 入れると, 内側に, 出すと, 別々に, 前で, 前の, 前掛の, 力なく, 力まかせに, 動かしながら, 取つて, 取り一人後, 合した, 合して, 合はせ, 土に, 地について, 地べたへ, 垂れて, 執って, 大きくひろげ, 大きく拡げ, 左の, 差しこんで, 差し上げたから, 差し上げると, 差し出し, 差出しました, 床に, 床の, 延して, 延ばすと, 延べて, 張って, 後クビ, 後頭部に, 意味なく, 打ち振りながら, 打ち鳴らして, 拍った, 拡げると, 拱んで, 挟んで, 振りあげて, 捉へ, 掛けた, 揚げて, 握った, 握ったまま, 握りあわせて, 握り合せて, 握り締めた, 擦りながら, 支え, 支へ, 放して, 椅子の, 次郎の, 水平に, 泳がせて, 泳がせながら, 添えて, 火傷しちゃった, 炬燵に, 父の, 男の, 男は, 畳の, 目の, 真直に, 空へ, 突かせて, 突きながら, 突きました, 突きまして, 突っぱって, 突っ張って, 突つ込んだ, 組みながら, 組み合せながら, 組み合せました, 組み合せわけ, 組み合わして, 組み合わせ口に, 組んだまま, 縄で, 縛りあげて, 置き手先, 翳して, 耳に, 耳へ, 背中で, 胸へ, 衣兜に, 衣嚢に, 袂へ, 袖口に, 見た時, 載せて, 辷らせた, 通す紐, 重ねながら, 重ねられた, 隠しに, 離して, 静かに, 頭上で, 頭上に, 額の, 高くあげた, 高く差し上げ, 高く差し上げる, 高く拡げ, 鼻の

1 [1502件 抜粋] あげい, あげたところ, あげた六つ, あげとびとび, あげるの, あげる番, あて, あてじっと, あて西空, あの人, いかめしく突き, いやといふほど, うごかして, うしろ頭へ, うつくしいマッフ, うんとのばし, おいは, おのが, おろしはにかむやう, お出し, お葉, かくしに, かけおもむろに, かけたかと, かけた与吉, かけはじめ, かけグッ, かけ我武者羅, かけ貴婦人, かざした, かたくかたく握りしめ, かたく握り合せ, かって仰向き, からんで, かわるがわる動かし, きちんと重ね, きりはなして, ぎゅっと握り合せた, くくり合ったり, くみほど, くらべると, ぐっとのばし, ぐつと上げ, こういう風, こすりこすり出て, こすり合わした, こすり背広, ごしごしと, さげた, さしあげた, さしこんだまま体, さしのばしたが, さしのべ, さし上げたまま床, さし上げながら, さし伸べたまま電気, さし出した時, さし延して, さすって, しきり, しなやかに, しばりあげたまま, しめ返した, じゃじゃん, すとんと, すりあわせながら, すり合せて, すり合わせそして, ずかと, そっと彼, そでに, その一枚石, その縫いつけられた, それに, たかくあげ, たたきながら, ただ挙げ, だらっと, ちごは, ちやんと, ついたうしろ, ついたの, ついた人, ついた怪獣, ついた鐘巻, ついてから, つかうだろうから, つかえたが, つかえた老骨, つかえまた, つかえ父, つかったか, つかまえた, つかませ穴, つかみ相手, つきさんばら髪, つきにこり, つき入れて, つき孝助, つき日頃, つき気, つき畏, つき込み足, つき頭, つっこみ同じ, つっこんだ肩, つっ張って, つっ込み秋風, つらまえ, とらえそれ, とられて, とりながら, ながくのばし, にぎったり, にぎりしめて, にぎりしめるの, ぬっと前, ねじ上げるもの, のせた, のせ其上, のばしそれ, のべて, はじめ膝の, はなし, ばさり, ぱたりと, ひかれながら, ひしと握りしめ, ひっかく形, ひっぱって, ひねらした, ひろげいまにも, ひろげたの, ひろげてね, ひろげるしぐさ, ひろげ左右, ひろげ襟頸, びっこにあげてまっすぐに走っ, ぴたとついてにわかに, ふきふき今度, ふところの, ふりあげ長い, ふりながら, ふりまわした, ふるわせ悶絶, ぶらりと垂れ, ぶら下げたま, ほどいた時, またその, まっすぐ前, まわし子供, むずと出し, もがきながら, もぎ離すほどに, もみながら, もみ合せながら, もやもやと, やけに振り, やり長, ゆわえあえず奥まりたる三畳, よく洗っ, わずかに, アリョーシャの, ガラスにかけて, クマの, ゲンコに, サッと上, スーッと, タクトに, ニューッと, ハタハタと, パチパチと, パンツの, ヒョイと, フラリと, ブラリと, ベッタリと, メガフォンに, ワナワナと, 一度に, 丁度小鳥, 上あごと, 上げたり, 上げる, 上げる事, 上げ下げした, 上下から, 上向けて, 下, 下げたまま, 下について, 下ろした, 下方に, 両わきの, 中に, 丸めた背中, 乗せその, 二三寸に, 二度叩い, 交差し, 付きますと, 伸し弓, 伸ばした中, 伸ばし死力, 何物かに, 使う事, 例の, 働かせじと, 元に, 入れただけ, 入れること, 兵児帯の, 円く廻し, 出さして, 出しました, 出そうと, 切られたって, 切断し, 前帯に, 剣の, 動かし死, 動かせないよう, 半ば上へ, 卓子に, 卓面に, 反対の, 取り, 取りながら, 取り合, 取るやいなや, 叩いて, 右の, 合せたこと, 合せも, 合せ拝み, 合は, 合わすこと, 合わせそれ, 合わせ両, 合わせ繩, 合掌胸へ, 呑んで, 咽喉輪に, 器用に, 囲んで, 固く握り合せ, 固く組ん, 垂げた, 垂れそして, 垂れたま, 執った, 執りながら, 塀に, 壁面に, 大きくひろげる, 大きく打ち振り, 大尉の, 妖しく動かせ, 容れた, 小山の, 少し震わした, 展ば, 岸本の, 差し上げた, 差し伸べおいでフランス, 差し伸べながら, 差し出してた彼女, 差し出し微笑みながら, 差し広げ童, 差し込み土, 差上げたが, 差伸し, 差伸ばし, 差伸べると, 差入れながら, 布で, 希薄な, 帯前へ, 広げたが, 延ばし, 延ばしながら, 延ばし父, 廻したほどの, 廻すこと, 引きしぼって, 引っぱられるまま, 引っ立てて, 引張つて, 弘子は, 張つてそれを, 強くにぎりしめ, 強く握つた, 当てそのまま私, 彼女から, 後にくみ, 後の, 後ろの, 後背に, 徐々に上げ, 思わず放し, 怯, 懐へ, 懸けて, 我が両手, 打ち合した腕環, 打ち合わせたが, 打ち鳴らすと, 打震わせ, 払い除けて, 把る, 投げ出したまま突伏, 投出して, 押えた, 押えられて, 押さえられながら, 拝み合わせたまま, 拡げたやう, 拡げた時, 拡げひしと, 拡げる幅, 拡げ情慾, 拡げ脂肪ぶと, 拱いたが, 拱み, 持った, 挙げたから, 挙げては, 挙げなければ, 挙げ毬, 振ってばかり, 振りかざすと共に, 振りま, 振りみだして, 振り動かして, 振り振りやっ, 振るところ, 捉えて, 捕まえて, 捲付けて, 掉り, 掛けひょいと, 掛け体, 掴まれ頭髪, 掻きいだくよう, 揉み合して, 揉み合わせたもの, 揉み絞って, 揉んだ, 握つたまま, 握り, 握りあわせながら, 握りしめ口, 握りながら, 握り合せたまま, 握り合わした, 握り合わすよう, 握り合わせた, 握り合わせ瞳, 握り締めさせられたの, 擦った, 擦り合わした, 擦り擦り腹, 支えた芬子さん, 支えぬ, 支き, 敏活に, 新聞の, 机から, 村瀬の, 束ねた顔, 枠に, 柔わり合掌した, 棒に, 正しくつい, 池の上へ, 泥で, 洗いへぎ, 洗って, 深くその, 深く懐, 湯槽に, 激しく振った, 烈しく力, 無雑作, 片手で, 珠の, 画の, 痛々しくひきしぼり, 白い診察服, 盛んに, 真直ぐに, 眼から, 石鹸の, 確かり組み合せ, 神経的に, 穴の, 空の, 突いたこと, 突いたまま平伏, 突いた中, 突かないじゃ, 突き一礼, 突き何時も, 突き出したが, 突き立て婦, 突き込んで, 突く, 突くよう, 突こんでインガ, 突っこみ談, 突っ込みごろりと, 突つこん, 突出した, 突込みたい衝動に, 突込み短い, 窓に, 立てて, 笛の, 糸に, 細工盤について, 組みあわせ頭, 組みて, 組み合せた, 組み合わせたまま, 組み木, 組み白い, 組み頭を, 組合したり, 組合せ目, 結えられ猿轡, 絞殺した, 緩めた, 縛された, 縛って, 縛られたまま, 縛られながら, 縛り上げた, 縛れ膝, 繋いで, 置いたまま, 置きながら, 置き弱って, 置き顔, 義観へ, 翳した, 翼の, 肩へ, 背後へ, 脇腹に, 腋の下から, 腰において, 腰骨の, 自分から, 舒べ, 草の, 落しその, 落して, 蓋へ, 虚空で, 蟹の, 衝いて, 袂から, 袖の, 襟元に, 見ました時, 見台の, 角帯の, 調べるよう, 赤くし, 足の, 身に, 軽く握った, 載せその, 這うよう, 遣って, 重ねその, 重ねたまま, 重ね地, 重ね背, 鉄の, 鎖で, 長く伸し, 開きおぼれる者, 除けさせて, 離さないで, 離した, 震わし額, 革紐で, 頭上へ, 顔の, 顫わせた, 風呂へ, 高くささげた, 高くバンザーイ, 高く天, 高く挙げました, 高く翳し, 高く頭上, 鰭の, 黒い王

▼ 両手~ (1905, 23.9%)

182 顔を 82 頭を 35 耳を 28 自分の 19 持って 17 それを, 眼を 14 押えて 13 膝を 12 目を 11 口を, 胸を 10 おさえて, しっかりと, つかんで, 彼の, 抱えて 9 もって, 私の, 面を 8 捧げて, 胸の, 頭の, 額を 7 女の, 押へ, 握って 6 抱いて, 虚空を, 頬を 5 かかえて, わたしの, 土を, 空を, 頭をか

4 [20件] おさ, つかまって, つかんだ, はさんで, わたくしの, ギュッと, 乳房を, 彼女の, 抱いた, 抱くよう, 持ったまま, 持つて, 掬って, 掴んで, 支えて, 水を, 胸に, 足を, 顎を, 首を

3 [24件] おさえました, みんなへ, ゆすぶって, グッと, ジッと, 二つの, 何かを, 力まかせに, 口の, 右の, 尻を, 抱へて, 握った, 母の, 目の, 眼の, 着物を, 腹を, 膝の, 膝頭を, 隠して, 頸を, 髪の毛を, 髪を

2 [103件] おおって, おさえた, おさえたまま, か, かかえるよう, かきまわした, からだを, がさがさと, けんめいに, ささ, さしあげて, しがみついて, しめあげて, しめつけて, すくって, その美しい, その重い, その首筋, ついて, つかむ, とって, ひと掬, もつて, よりかかる, ギユツと, シッカリと, ドルフの, パンの, ピッタリと, 下から, 両三度, 伸子の, 刀を, 合わせながら, 咽喉の, 喉を, 圧える, 大事そうに, 寐起の, 寝て, 左の, 巧に, 彼を, 彼女を, 念入りに, 扉を, 抑えた, 抑えつけて, 抑えて, 抑えるよう, 抱えた, 抱きながら, 抱き上げて, 抱へ, 押えたまま, 押えながら, 押えるよう, 押して, 拳を, 持ちあげて, 持ちながら, 持った櫂, 挾んで, 捧げるよう, 掩って, 掻きむしって, 揉んで, 握りしめた, 握りながら, 撫でて, 撫でながら, 杖に, 束ねるよう, 枝に, 栄二の, 横に, 次郎の, 洋傘を, 涙を, 片っ端から, 猿を, 甲斐の, 男の, 窓を, 絞りながら, 緊と, 肩を, 背中を, 腰の, 腰を, 舵輪を, 蔽って, 裾を, 褥を, 輪を, 金を, 静かに, 項を, 頤を, 頬杖を, 顔の, 高々と, 高くさしあげ

1 [933件 抜粋] あおぎながら, あさ, あなたを, いじりながら, いただくよう, いろんなジェスチュア, お, おさえたふところ, おさえつけました, おさえ肩, おしつけた, おほつてる, おみの, おろした, お六の, お米, お膳, かおを, かかえた, かかえたら何千万円, かかつて, かきむしった頭, かきむしり始める, かき集めしっかり, かくして久助, かこいを, かろうじて支え, がっちりつかめ, きりきりと, ぎゅっと持った, ぎりぎりやっ, くるくる使い分け, ぐいと席, ぐっとにぎり, ぐっと喉, ぐっと掴ん, ぐッと, こすりあげながら, こすりながら, こなごなに, こめかみを, ごしごし一挺, さがりあ, さげれば, ささえたの, ささえながら, ささげながら, さしあげたり, さし上げて, さすった, さわったり, しがみつきいや, しがみつきながら, しきりにカイゼルひげ, しっかとしめ, しっかと引き降し, しっかと押え, しっかりその, しっかり体, しっかり彼, しっかり抱え, しっかり掴んだ, しっかり箱, しっかり金網, しっかり須美子, しつかり枕, じっと押え, すくいあげたその, すくいあげると, すくいそれ, すくひ上げ, すこしの, せっせとかきまぜる, そっと乳房, そのつる, その人, その左右, その死体, その玉, その男, その穴, その腕, その額, その首, それに, たおれないよう, たくしあげて, たたきつつ, たった二本, たべたところ, だいた, だきしめながら, だくよう, ぢつと, つかまえた, つかまりちょっと, つかみとって, つかむと, つくつた眼鏡, つまみそれ, つまみ上げると, つまんで, つるりと撫で, とらえその, とんとんと, はげしくさすつ, はしごに, はたきながら, ぱたぱた塵を, ぱッぱッと, ひきずるよう, ひしと胸, ひたと包み, ひっぱって, ひと纒め, ひろげ不審げ, びりびりと, ぴったり覆っ, ふさごうと, ふったと, ぶらさげて, ぶら提げたまま, べつに器物, ほとぼりの, むちゃくちゃに, もしゃくしゃにこねまわし, もちあげると, もち上げよう, もみくちゃに, もみ初めた, もんで, やたらに, やっと引ける, ゆすぶった, ゆりうごかしてから, よりかかって, わしづかみ, われと, ウントコサと, カフスを, ガラスの, キュウと, グーッと, コラサ, ゴシゴシと, ザクザクと, シッカと, ジユリエツトの, スッポリと, スミ子ちゃんを, ソッと, テエブルの, ノロちゃんと, ハンカチを, パンパンと, ピアノ弾く, フリーダの, ボウル箱を, ミミーの, メスを, ヤロスラフの, ラエーフスキイの, ルミ子の, 一対の, 一度上へ, 一掴みに, 一面の, 万歳の, 上げたら宜, 上へ, 上躰を, 下着を, 両手を, 両耳受話器, 丸めて, 乳を, 二つ叩い, 二俵提げるだ, 五六寸の, 五郎を, 井深君の, 人の, 人波を, 使い分けたり, 使ったら血飛沫, 倚りかかっ, 傘に, 兄の, 兵士らを, 円を, 刀箱を, 前胸, 力の, 力限りに, 包んで, 匕首を, 半七, 卓の, 卓子を, 取って, 取んなさい, 受けたく清らか, 受けて, 受けながら, 受け取りながら, 受け留むる刹那, 受止めながら, 叩きながら, 叮嚀に, 合わせたまま, 吐かれる血, 喉と, 団子を, 囲うよう, 土瓶の, 圧へる, 地面を, 坪井の, 墻を, 外套を, 大きい河獺, 大きな貝, 大きな銀色, 大ワシ, 天の, 太鼓を, 妹の, 嬌面を, 子供の, 宗春の, 富岡の, 小さく長方形, 小林君の, 小鳥を, 少年の, 屋根に, 岩に, 岩角に, 崖の, 差上げたから, 巻いて, 帽子の, 平手に, 平然ともみ消し, 広治, 床を, 弄びながら, 引き伸ばしました, 引っ抱え, 引張ったり, 引張りながら, 引明けて, 張りつけて, 後すざりしはじめた, 忠利の, 急に, 恭しく捧げた, 悲痛な, 愛撫でも, 懸命に, 手すりを, 手拭を, 手紙を, 手繰りだすよう, 手際よく, 払いのけつつ, 払った, 抑え, 抑えたり, 抑えた浮藻, 抑えつける様, 抑える癖, 抑え野道, 抑へながら, 披いた, 抱えそれから, 抱えた膝, 抱えわかい, 抱え上げながら, 抱え帽子, 抱え込んだの, 抱きかかえて, 抱きかかへて, 抱きしめて, 抱きついて, 抱きとって, 抱き上げた, 抱き付いて, 抱き頭, 抱く様, 抱っこし, 押えた, 押えつけましたもの, 押えつける様, 押え付けた, 押え付け押え付けして, 押さえて, 押したが, 押しても, 押しのけた, 押し戴いて, 押すやう, 押へて, 押へる, 拍子を, 拝む真似, 拝領した, 持ちあげ中, 持ちクルリ, 持ち上げた時, 持ち上げて, 持ち上げ徐々に, 持ち応えなければ, 持った, 持った刀, 持つたまま, 持上げ, 挟さんで, 挟み運び, 振って, 振り廻し, 捉まえ, 捕へる, 捧げるやう, 捧げ持って, 捲り上げて, 探りまわし, 控帳の, 掩うた, 掩ひ隠したい, 掬い取って, 掴まりのびあがり部屋, 掴み百姓, 掴み背負投げ, 掴んだり, 掻き, 掻き上げた, 掻き抱き自分, 掻き立て掻き立て強い, 掻き集めムシロ, 掻き集め座蒲団, 揉みくちゃに, 揉み立て揉み立て吸, 揉んだ, 提灯の, 握ったピストル, 握つた, 握られて, 握り, 握りしめたまま, 握りしめると, 握り空地, 握ると, 握るやう, 揺り動かしました, 搦み付いた, 撥を, 撫でたり, 撫でては, 撫で擦って, 攫んで, 支え止めると, 支え立ちどまり, 支へて, 斧を, 智恵子の, 月を, 望遠鏡の, 木の葉を, 机ご, 机の, 杖を, 枕もとの, 柔かに, 格子を, 梶を, 森川夫人の, 椅子から, 椅子を, 横っ腹を, 横腹を, 母親を, 泥んこを, 浜路を, 湯呑を, 火照った顔, 灯火を, 烏帽子の, 無慚, 煽ぎたて, 煽ぎ立て, 熟と, 片っぱしから, 物を, 猪口を, 玉を, 珠を, 男に, 白パンを, 白髪まじり, 皆を, 盆を, 直したお, 相手の, 眼か, 眼鏡を, 矢鱈に, 砂を, 確り頭, 禿げ頭, 空中を, 突っ張ったが, 竪琴の, 第一段目, 箱に, 箱の, 紳士の, 組んで, 結んで, 絞め付けたので, 綱を, 締めて, 縄に, 縋り付いて, 纒りついた, 翁の, 老爺の, 耳朶を, 肩に, 背後から, 胸へ, 脇息を, 脣を, 腰に, 腹の, 膝へ, 臼を, 船ばた, 良人の, 花にでも, 花瓶を, 茶碗を, 荒々しく掻き廻され, 蒔き散らすよう, 蓋を, 蔽い, 蔽うと, 袖の下へ, 袖口を, 裂くよう, 褄を, 襟を, 覆いました, 覆った, 覆ひ何やら, 覆わずには, 豆を, 起して, 身ぶりを, 軍刀の, 軽々と持上げ, 軽く襟, 輪切りの, 辛うじて支え, 追い立てられて, 這い寄るや, 道代の, 邪慳に, 重そう, 金棒に, 鉄砲を, 鍵盤を, 長いスカート, 長髪の, 門野老人を, 開く, 障子を, 隠したもの, 隠しました, 雪を, 電線に, 頂かずにゃ, 頬と, 頬杖し, 頬髯を, 頭上に, 頭髪を, 顎十郎の, 顔だけ, 顔に, 顳, 飛び付くよう, 首ッ玉を, 骨箱を, 高く口, 高く掲示, 髪の毛の, 鬢の, 鳥を, 黒い顔

▼ 両手~ (841, 10.5%)

38 持って 22 顔を 16 捧げて 15 力を 13 抱えて 11 かかえて, 取って 10 さげて 9 握って, 頭を 8 提げて 7 もって 6 つかんで, 下げて 5 それを, 額を 4 はさんで, 二ツも, 剣を, 受けて, 手錠を, 掴んで, 赤と, 頬を

3 [16件] しっかりと, ひろげて, ぶらさげて, コップを, 一つずつ, 埋めて, 岩を, 息を, 抱へて, 持った, 持ったまま, 持つて, 支えて, 水を, 落ちこみました, 載せて

2 [40件] あまるほど, かかえられた一, かかへて, しがみついて, つかんだ, はめて, パチン, パナマを, ブラ下げ, 一俵ずつ, 二つも, 二挺の, 半死, 大きな荷物, 大火傷, 小石を, 巻きつけて, 彼を, 急に, 抑えて, 抱いて, 抱き上げて, 抱へながら, 持ち得るだけの, 持てるだけ, 持上げて, 据えて, 接吻し, 掬って, 提げながら, 提げるより, 握りしめて, 盛られた, 眼を, 石を, 胼を, 花の, 荷物を, 頭抱へ, 高く差

1 [490件] あげて, あせを, あてて, あまるっくらい, あやなして, あらん限り, ある限り, いっぱいかかえ, いっぱいで, いっぱいとっ, いっぱい供えた, いっぱい取っ, いっぱい握り, うけて, うけとった, うずめたまま, お三輪, お白粉, かいこむ愛らしい, かかえきれないほど, かかえたもの, かかえられて, かかえると, かかえるよう, かかえ羽衣, かかえ逃げるよう, かかへこんで, かこまれて, かざす菌傘, かまえたまま, かまえて, かまえました, からみつけるよう, かんじるとも, くっつく, ぐっと引っぱる, けんめいな, こしらえて, こびりついて, こめた, こめて, さげた大野, さげと, さげるほどの, さげポケット, ささえられて, ささげ, ささげくるり, ささげて, ささげ持って, ささげ来つ, さしあげて, さしあげ輪, さわって, しがみつくの, しっかとかかえ, しっかと持っ, しつかり受けて, しつかり御, して, しては, しぼると, しめつけて, しゃくい上げて, しゅうっと, すがりつくの, すがるべき木の根, すくった水, すくって, すくつて, すっかり勝ちほこっ, すっと軽く, ずっしりと, その犬, その石, そろえて, だかれて, だきしめて, ついた土, ついた砂, つかう達人, つかまえ暴れる牛, つかみあげた男靴女靴, つかみ取って, つかみ眼, つまんで, とった, にぎって, にぎりしめ脚立, にぎれるほどの, ねち, のせて, はさみながら, はめ跣足, ひかえた多忙, ひきずって, ひき寄せた, ひき鷲尾, ひしと曙染, ひっつかみ身, ひどい傷, ひろがった水虫, ひろげ, ひろげし玉章, ふうわりと, ふくよかな, ふたたび抱き上げ, ふたりの, ふりまわして, ぶらさげいつか道, ぶらさげると, ぶら下がったり, まるでふっくらした, まるめて, もちわけ, もった人形, もつて, もつてる貝, もてあそびながら, もてあそんで, わけて, ウイスキーの, ウンと, キューを, ギニヴィアの, コップに, コツプを, シュトックを, チカチカ光っ, ナイフを, ハンドルを, ビンを, ピストルを, ファンティーヌの, ブラ下げた, ペッペッと, ローラースケートを, ヴァイオリンと, 一つの, 一ぱいに, 一ぱいの, 一ぱい山盛りに, 一ツ一ツ持上げたる, 一俵ずつの, 一俵づゝ持ち, 一挺の, 一本ずつ, 一杯お菓子を, 一杯繕物を, 一杯荷物を, 一枚ずつ, 一箇ずつ, 一羽ずつ, 三つずつ, 下げた厚司前垂, 下げた引かけ, 下げてた鞄, 下方を, 両側の, 丸めて, 久く, 乗せて, 乳飲子を, 争って, 二ツ荷物を, 二口三口重ねる, 二本突い, 二筋振っ, 云い知れぬ力, 五つばかり, 五尺ばかりの, 五本ずつ, 五銭玉を, 人形を, 今は, 伏せて, 伸びて, 何か, 何かは, 何かを, 何やら高声, 余るほど, 余るほどの, 余る位, 余る薔薇, 六本ずつの, 刀と, 力がは, 十の, 十五分間ばかりも, 十羽の, 厚紙の, 取った, 取つて赧, 取りあげて, 取りあげながら, 取り上げさっそく, 取り上げて, 取り上げるところ, 取り上げ地面, 取れる菅笠, 受けたが, 受けたま, 受けた青年, 受けとめた, 受けなど, 受け取って, 受け徐に, 叩いて, 各, 各国の, 吊るして, 唇を, 埋め深き, 埋め濃い, 執って, 堅く握った, 堅く沙金, 堆く盛り, 大きなバケツ, 大きな新聞紙包, 大きな桔梗, 大きな石, 大きな竪琴, 大きな鉄砲玉, 大きな銀, 大げさに, 大トランク, 大団扇, 太杖を, 如露を, 娘の, 嬰児の, 嬰児を, 小児の, 川へ, 左足を, 差しあげられて, 差上げて, 巻きつけ胸腹, 幼い小, 引きずりながら, 引き拡げたまま, 引ッ提げた, 引張って, 引張りながら, 引据ゑて, 彼女を, 後頭部を, 感じた時, 懐の, 懐中電燈を, 懸け一梵士, 手じ, 手ぬぐいを, 手櫃を, 扱きながら, 抑えひとり, 抑へ, 抑へた, 抓んで, 抱いたうれし, 抱えきれないだけ, 抱えきれぬほどの, 抱えたまま, 抱えたフローラ, 抱えられるだけの, 抱えるよう, 抱えるより, 抱え切れないほどの, 抱え顔, 抱かれて, 抱かれ二階, 抱かんため, 抱きこむと, 抱きしめて, 抱きて, 抱きながら, 抱き上げた, 抱き同じ, 抱き緊め, 抱くと, 抱く膝頭, 抱へ, 抱込んだま, 押へて, 拡げて, 拳を, 拾い上げると, 持たせた, 持ち, 持ちて, 持ち上げて, 持ち上げランドセル, 持ち側目, 持ち切れないほど, 持ち柄頭, 持ち歌って, 持ち武蔵, 持ち胸, 持ったまま引戸, 持った三人, 持った藤八猿, 持った首, 持った駒下駄, 持っちゃ, 持つたまま, 持つた大きな, 持つた湯のみ, 持てば, 振って, 振り上げて, 振り被られた一学, 挾まれて, 捉え, 捧げられた我々, 捧げるよう, 捧げ持って, 捧げ淵部義博, 据えながら, 授けた, 掛けた, 掛けて, 掬い上げて, 掬つて飲みました, 掲げた, 掴まれたまま, 掴みいたる十数冊, 掴みて, 掴み着席, 掴み身体, 掴むと, 掴んだ最後, 掴んだ葛木, 揉んでは, 提げた叔父, 提げられるだけの, 提げること, 提げる大, 握った, 握ったと, 握った太い, 握った手綱, 握った柄, 握った鉄砲, 握つたと, 握つて, 握つて馬, 握らんと, 握りきれないほど, 握りしめた, 握りしめ口, 握りしめ身, 握りたる数名, 握りつぶしたまま, 握りぬ, 握り切れない程, 握り占めた, 握り夢現, 揺るるとともに, 携えながら, 擁え, 攫ったなり, 攫んで, 支えた, 支へ, 新しいミット, 時計を, 札束を, 机の, 柄を, 栄螺や, 桃桜などという, 桃色の, 桜麦酒を, 桶の, 梶棒を, 榊を, 櫂を, 水の, 水桶を, 汗を, 沢山の, 海水を, 海苔まきと, 渡しますと, 温泉を, 湯を, 滴らしては, 灯火を, 煉瓦を, 煙りの, 煩って, 片々ずつ, 物を, 犇と, 猿と, 珠数を, 瓶を, 甘酒の, 痛を, 痺れるほど, 白いもの, 白い焔, 百合の, 皿を, 盃を, 目を, 相当大きな, 盾を, 空の, 空を, 突き立て胸, 竜胆と, 端を, 箱を, 篏めて, 籠や, 糸の, 紙片を, 組み合わせて, 結びつけるの, 絡めて, 縁や, 縋って, 繩を, 耳を, 股倉を, 脂汗を, 腰を, 膝頭を, 膳と, 自記の, 舷に, 芋を, 花, 花で, 花と, 若干の, 茶の, 茶椀を, 茶釜を, 草を, 草履が, 薄汚い模様, 裸体像を, 襟を, 覆うて, 見えて, 触れようとも, 調子を, 豆捩, 貝も, 赤んぼうを, 赤子を, 赤葡萄酒の, 軍手を, 載せたまま, 載せつ, 載せながら, 遮ぎる杉, 都合四個の, 重い物, 重い荷物, 金時計を, 鈴と, 鈴蘭の, 鍬を, 閉じ没表情, 隠して, 集めて, 雑巾を, 雲竜二刀を, 面を, 靴を, 鞄を, 頤を, 頬杖を, 頭撫で, 頭髪の, 頼りない, 顎を, 風呂敷包など, 首と, 首根ッこを, 高々と, 魚を, 鳥籠を, 鶴嘴を, 黙然と膝

▼ 両手~ (450, 5.6%)

68 指を 27 中に 25 間に 13 指の 10 中で, 拳を, 指は, 掌を 9 上に, 中へ, 指で 7 うちに, なかに, 指が 6 先を, 指先を 5 上へ, 間から 4 指に, 指先で, 掌で

3 [11件] なかで, 前に, 力が, 力で, 手首に, 拳で, 指から, 掌に, 爪は, 袖を, 間で

2 [14件] うえに, ように, よごれを, 下から, 下で, 力は, 動きを, 小指を, 小枝, 手く, 指と, 掌面に, 爪で, 親指

1 [134件] あいだに, あたりと, あひだ, うちから, おぼえが, ここが, さきを, しびれに, その指, たなごころに, ないの, ない私, ない胴, なかへ, なくなったロボット, ふさがった神谷, ものが, カフスを, ピストルを, ホータイに, ポケットを, 三本足で, 上には, 不自由な, 中には, 中の, 中右の, 五本の, 人さし指を, 人差指で, 人差指と, 人差指の, 位置を, 使ひ, 先き, 先で, 内で, 内側に, 冴えを, 出る様, 刀を, 利かないお, 利く侍, 力, 力を, 労を, 動きに, 十本の, 品々を, 圧力では, 垢で, 塵を, 声は, 外は, 幅と, 戟を, 手の甲を, 手錠を, 手首から, 手首の, 拇指と, 拇指を, 拳に, 拳の, 拳固が, 持つ働き以上, 指には, 指や, 指三本引かけ, 指先が, 指先きがつやつや, 指先であっ, 指先と, 指先に, 指先をも, 指微妙な, 指節を, 指紋の, 掌にが, 掌中に, 握拳, 方へ, 杯を, 棒次第に, 椿の, 槍を, 煤を, 熊手で, 爪を, 物を, 玉蜀黍の, 生き仏から, 生爪は, 痙攣的に, 痛みに, 痛みを, 盃を, 眼で, 石を, 穢れを, 窩を, 笛を, 節々の, 細さ, 綱へ, 縄が, 縛めをも, 置き場所から, 美しさ, 肘と, 肘を, 肱にも, 肱を, 脈所を, 腕く, 腕の, 自由は, 自由も, 自由を, 花と, 花車な, 裡で, 襦袢の, 規則的な, 親指で, 親指と, 親指を, 諸薙ぎ, 貝を, 跡が, 鎌を, 間の, 食指と, 骨の

▼ 両手~ (149, 1.9%)

3 うしろに, 宙に

2 [11件] いつの間にか男, きかないよ, ポケットに, 凍傷を, 前へ, 塞がって, 塞って, 左右に, 綱の, 自由に, 躯に

1 [121件] あいての, いくらふりほどい, いつか下へ, いつのまにか捕縄, いつの間にか紅毛人, いつもの, いつも紅殻色, きつい腕, くさりに, この閑却, こわばって, しぜん, しびれるほどに, たしかにつめたい, たつの, だらりと, だんだんと, ちょうど孫の手, てむかいしようとも, どんどん透きとおっ, なおも大尉, にわかに彼, ひきつり汗, ひとりでに床, ふところを, ふるえて, ほとんど肉, ぼくを, まだしばられた, もうだらりと, やはりすこやか, わたしの, エプロンの, ガチリガチリと, コゼットと, ショックに, ズボンの, ブラブラさせ, ベットリと, ポケットの, ポスターカラアで, 一杯に, 下り四束, 両方の, 中風の, 京子の, 依然懐中, 全身と共に, 再び犬, 前に, 剣を, 力な, 勘作の, 十ウの, 厚い黒っぽい羅紗服, 口の, 叱られて, 品物を, 地べたに, 堅く縛められ, 大火傷, 大辻の, 小さくて, 布で, 彼等の, 思わず母, 急に, 愈々力, 慄えて, 打斬られし如く, 折れそう, 押し詰めた肩, 括られて, 朝露に, 末である, 本物の, 杭に, 死んだよう, 殆ん, 母親が, 水へ, 水牛の, 氷の, 注意力を, 満足に, 無意識の, 熱かった, 痙攣し, 着布団, 空だった, 空に, 空を, 空気を, 紅絹の, 組んで, 組合わされたまま, 組合わされて, 絶えず軟, 縛られて, 耳を, 背中で, 背中に, 胸に, 胸の, 膝の, 自分の, 自然に, 苦しそう, 血に, 袖の, 袖口から, 軽くその, 鋏を, 長い袖, 雑談の, 雪の, 震えて, 震え眼, 震え落ち着き, 革を, 鮮血で

▼ 両手~ (134, 1.7%)

2 [12件] のびて, ブルブルと, 今日本, 塞がって, 届く様, 私の, 胴体を, 膝の, 自由な, 自由に, 血に, 顔を

1 [110件] あいて, あっちゃ, あっても, ありそれから, ある発作的, いるから, お米, お蔦, かかった, きくもの, くっつき両足, くもりガラスの, ぐっとのび, ぐつと伸びた, さらにその, さわった, すっぽりと, そしてちぢまった, その藤葛, だらりと, だんだん疲れ, つきのばされて, とにかくその, ないから, なんという, にわかにパッと, ぬけて, ふるえて, ぶるぶる震え, まだ扉, まっ赤, まるで鉄, わなわなと, グッと, ジリジリと, ジリリジリリと, ニューと, ピクピク痙攣し, フワッと, ブルブル震えた, 一時に, 一男の, 三四郎の, 上がって, 上に, 下げられた時礫, 中野学士の, 井戸側に, 今まで, 伸びて, 何か, 使えるから, 侍の, 力一杯働いた, 動かなくなって, 動きとまる, 動くじゃ, 合されました, 妙に, 宙で, 小さな生きもの, 崖の, 延び出ると, 彼の, 徐々に曲げられ, 必要だった, 思わずぶるぶると, 急に, 怪しくも, 慌てて, 手綱を, 拳に, 捲れた掻巻, 掛ると, 水銀の, 水面から, 汗ばんで, 無い, 焼けも, 爪も, 狐の, 男の, 痛くなっ, 空に, 紐に, 細かく顫, 置かれもう, 老松に, 肩に, 自分の, 自由で, 自由でなけれ, 芋で, 蛇の, 血ま, 見えたから, 見えてから, 見えない綱, 足から, 重く感じる, 重く感ぜられ, 鉄の, 長く垂れ下っ, 震えた, 青白い首, 額に, 飛び出して, 高くあげられる, 高く空, 髪の毛を

▼ 両手~ (50, 0.6%)

4 両足で 3 両足を 2 一緒に, 両膝, 両足とを

1 [37件] いっしょに, くの, この四つ, ズボンの, 両方の, 両脚が, 両足, 両足とで, 両足の, 云ひ, 口とに, 口とを, 唇に, 尻餅とを, 左脚を, 彼女の, 恃んで, 織匠, 胴とを, 膝で, 膝を, 膝頭とで, 膝頭との, 膝頭とを, 膳の, 舌とが, 見る見る内, 足と, 足との, 頤とを, 頭にだけ, 頭は, 顎を, 顔とを, 顔を, 首を, 首を通して

▼ 両手両足~ (28, 0.4%)

2 をはなし

1 [26件] および肩, が使える, で大熊, とを使い向いあった, と六つ, と順々, に及んだ, のある, のところ, は不, をくく, をしばられ, をつかまえる, をつけた, をながなが, をなげだし, をほそ, を動かし, を半分, を振りまわした, を断ち斬られた, を火星人たち, を突っ張っ, を縛られ, を縛られた, を船

▼ 両手~ (27, 0.3%)

3 両足も

1 [24件] あり舞妓, あるいはそんなに, その刀, まつ黒, 下から, 両の, 仕事を, 何も, 力なく, 動かないよう, 包帯で, 口も, 右へ, 大方解け, 差し上げるの, 灰色に, 無意識に, 癩病患者の, 着物の, 胸の, 脚も, 首の, 鶴の, 黒こげだ

▼ 両手には~ (15, 0.2%)

1 [15件] いずれも, いつのまにか二挺, たくさんの, 二つの, 何か, 大きい鈴, 少し擦過傷, 手袋を, 手錠が, 持たせられた花, 水掻きの, 相当大きな, 薄色の, 金魚を, 鉄の

▼ 両手にて~ (14, 0.2%)

1 [14件] ひしと篠頸, まくり緋縮緬, 卓の, 咽喉を, 引寄せ蓋を, 手繰り始, 抱かんと, 掻上げ右左と, 擦りて, 暖めやり花道, 暖簾を, 痛む下腹押, 空を, 藁縄を

▼ 両手から~ (10, 0.1%)

2 みち子の 1 けしとんで, その体, はみ出して, 両膝, 彼が, 肩胸の, 銀色に, 離れると

▼ 両手~ (10, 0.1%)

2 埋めて 1 ほかの, 入れて, 力を, 嵌めるだ, 手袋を, 手錠を, 渡されたの, 紐を

▼ 両手~ (7, 0.1%)

2 膝で 1 ひざを, 脇へ, 腕と, 腕肩や, 膝を

▼ 両手でも~ (6, 0.1%)

1 つて顔を, まだ安い, 使う, 持てないほどの, 持てない程, 重くて

▼ 両手合せ~ (6, 0.1%)

3 て拝みたい 2 て小僧 1 て哀願

▼ 両手~ (5, 0.1%)

1 体で, 白いプラトーク, 身体を, 顔に, 鼻や

▼ 両手だけが~ (4, 0.1%)

2 残って 1 切り放したよう, 同時に水の上

▼ 両手では~ (4, 0.1%)

1 いまわるか, ない片手, もうずっと前, 前檣

▼ 両手とも~ (4, 0.1%)

1 おなじに, に上段, 出来るだけ, 放して

▼ 両手とを~ (4, 0.1%)

1 ひどく焼, 力無く, 揃えて, 綱で

▼ 両手もて~ (4, 0.1%)

1 わが顔, 耳を, 覆って, 輪を

▼ 両手一杯~ (4, 0.1%)

1 に二人, に新, の荷, の黄金

▼ 両手とで~ (3, 0.0%)

1 そこに, グングン押しやり, 利家が

▼ 両手を以て~ (3, 0.0%)

1 左の, 死人同様の, 胸を

▼ 両手あげつつかろく~ (2, 0.0%)

2 叩き撫で

▼ 両手でしつかり~ (2, 0.0%)

1 その芸者, と面

▼ 両手でじ~ (2, 0.0%)

2 ぶんの

▼ 両手にかけて~ (2, 0.0%)

1 又膝, 菓子の

▼ 両手にも~ (2, 0.0%)

1 たれて, 余る薪束

▼ 両手ばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 両手~ (2, 0.0%)

1 合掌シテ立ッテイル, 掛ケソノ上ニ顔ヲ

▼ 両手一ぱい~ (2, 0.0%)

1 にかかえ, になる

▼ 両手両足顔~ (2, 0.0%)

2 をやられ

▼ 両手合わせる~ (2, 0.0%)

1 千万無量, 千万無量じゃ

▼ 両手片足~ (2, 0.0%)

1 の捩, を捩がれた

▼1* [69件]

両手両足か, 両手がかかつた, 両手がち切れそう, 両手ごと自分の胸, 両手さえ自由に, 両手さえも一センチずつ, 両手さしのべて浅き, 両手それから身体の, 両手そろえてお辞儀, 両手そろへてお辞儀, 両手たかで, 両手がこの, 両手だけでぶら下がった人, 両手だけをめったむしょうに, 両手ついて顔, 両手つん出す弥次郎兵衛姿, 両手であろうとも職務, 両手でかきながらしばらく, 両手でがっきと受, 両手でしッかり, 両手でしつかと押えました, 両手でしつかり掴んで手放し, 両手でたづなをしっかり押へ, 両手でなければ迚, 両手でへいこの, 両手といふのは, 両手とが革財布を, 両手としてゐる, 両手との皮膚は, 両手とはさながら巨大, 両手と共にそれへ, 両手どころか両の, 両手など使わないで, 両手などはうしろに, 両手なほ冷この頃, 両手にこそふさは, 両手にとって改った, 両手のくたぶれるのも, 両手のみビク, 両手まで真っ白な, 両手までがかかって, 両手もがつしり, 両手もろともに帯, 両手をつつ込み秋風, 両手をば上げて, 両手を通して掛けはずしを, 両手ポケットさつっこんで, 両手の輪, 両手両脚を出し, 両手両足ギリギリ巻きにくくられ, 両手かにかき抱きつべき, 両手共喧嘩をやめい, 両手十二指あるを, 両手又は片手で, 両手合せたとたん首筋の, 両手合わせて拝む, 両手張り切り相模灘を抜手, 両手にす, 両手つて歌唄へば, 両手掻きしてその, 両手きたるま, 両手着物のやつ, 両手張り身, 両手突っ張り身を, 両手胴体へかけ, 両手胸首頭と七本, 両手蝶々三ツ輪ふく髷かけ下し, 両手裂けたりっぱな, 両手がみ