青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不愉快~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不審~ ~不平 不平~ ~不幸 不幸~ ~不快 不快~ ~不思議 不思議~ ~不愉快
不愉快~
~不意 不意~ 不断~ 不明~ 不気味~ ~不満 不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~

「不愉快~」 2077, 20ppm, 5737位

▼ 不愉快~ (808, 38.9%)

21 顔を 20 思いを 13 ことが 12 のだ 10 感じを 9 ことを, ものに, 気持に, 目に 8 もので 7 ことは, んだ 6 ことで, ことも, ものだ, 印象を, 感じが 5 ことに, のは, ものを, 事が, 事を, 日を, 気持で, 色を 4 のである, ものは, んです, 心持に, 気持ちに, 気持を

3 [17件] ことだ, ことだった, ものであった, ものの, ような, 人間だ, 出来事を, 奴だ, 思いが, 感じも, 感情が, 文学青年で, 気分を, 生活を, 表情を, 記憶を, 音を

2 [53件] ことである, ことでした, ことには, ことの, そして寂しい, のであろう, ばかりでなく, ものが, ものだった, ものである, やうに, 事だ, 事件が, 事件だ, 動揺を, 場所から, 場所を, 実感の, 客が, 容子は, 幻術は, 影を, 心持が, 心持は, 思が, 感じは, 感に, 感を, 感情を, 所は, 日が, 日は, 曲だ, 気が, 気分に, 気分は, 氣持が, 氣持で, 状態は, 目を, 眼を, 私の, 空気が, 緊張を, 薄笑ひ, 表情も, 言葉を, 調子で, 野郎だ, 金属は, 音は, 顔つきを, 顔で

1 [423件] ありありと, いやあな気持, いやらしい氣, お方は, お追従笑い, けがらわしい疑惑, ことこの上ない, ことさえ, ことじゃ, ことであった, ことであり, ことでしょう, ことです, ことと, ことばかり, ことほ, ことより, そうして忌ま忌ましい, その声, その日, その男, そらぞらしさ, だけな, ときに, ときは, ところであります, ところを, どころか積極的, ながい沈黙, ながめ, の, のが, ので, のでございます, のでしょう, のです, のでそのまま, のでとうとう, ので一人, ので学校, ので踊, はなれ, ほどの緊張, ほど不吉, ほど人擦れ, ほど俗, ほど夢中, ほど奇妙, ほど無神経, ほど自分, めに, もしくは不利益, ものかしら, ものさ, ものだったろう, ものだろう, ものでした, ものです, ものでなくなっ, ものと, ものにすら, ものにな, ものには, ものらしく, やつだ, やつです, やらたまらぬ, ようすを, ようだ, わけで, シワが, ダラけた気もちだろう, バイブルの, 一つだ, 一夜を, 一条を, 上に, 不安に, 不眠が, 世評を, 乖離を, 予感だった, 争ひ, 事だった, 事で, 事であった, 事ばかり, 事件である, 事件に, 事件の, 事件も, 事件を, 事実が, 事情という, 事情の, 事柄が, 事柄で, 事業で, 交渉を, 人形を, 人相でしょう, 人相書も, 人間は, 人間ばかりが, 介入者が, 仕事であった, 他人は, 代物ばかり, 仲たがいを, 何だかとても憎らしい, 作だ, 価を, 侮辱は, 侮辱を, 内省の, 処に, 出来ごとが, 出来事な, 出来事に, 列車旅行が, 刺戟を, 刺撃を, 劇団だ, 努力でした, 効果を, 動物である, 匂いが, 匂の, 十九日は, 印象は, 又困難, 反撥したい, 取扱いを, 口吻である, 史実ででも, 同室者を, 周囲に, 問であった, 問題に, 喇叭は, 噂でも, 噪音としか, 回顧である, 土地でした, 土地に, 圧迫や, 圧迫を, 場面の, 場面を, 塊が, 塞外の, 境遇の, 声が, 声である, 声は, 声を, 夕暮でも, 夢だつた, 夢で, 夢と, 夢に, 大きな泥靴, 大量な, 奔走も, 女で, 女に, 女を, 奴で, 奴は, 好奇心を, 姿や, 娘さんに, 婦人の, 嫌悪と, 存在である, 存在では, 存在に, 存在の, 存在も, 学校を, 家を, 容貌が, 容貌を, 寂しい感じ, 寝室も, 少年だった, 屋敷に, 幾時間を, 微笑が, 微笑を, 心を, 心地も, 心持から, 心持だった, 心持ちで, 心持で, 心持も, 心細い結論, 心配そうな, 心配を, 必要事を, 忌は, 忠告の, 思いで, 思いに, 思いばかり, 思い出が, 思い出を, 思出が, 恐ろしい戦争, 恥ずかしい事, 悔恨と, 悪い印象, 悪寒が, 想像力を, 意味に, 感じだ, 感じに, 感ばかりに, 感情だけは, 感情とに, 感情の, 感情までが, 感情や, 感覚が, 感触は, 感銘を, 慇懃さが, 態度であった, 憎しみを, 戦慄を, 所が, 所を, 手数ばかりを, 手療治を, 手紙が, 手紙だ, 手紙来り, 振動が, 擬音ばかり, 教授を, 数日の, 數箇の, 文字が, 新聞語を以て, 方法さえ, 旅行を, 日々では, 日の, 日ばかりも, 日本の, 日本を, 昔まで, 映画であった, 時, 時々には, 時が, 時を, 時間が, 時間を, 曲折が, 東京に, 様で, 様であった, 様子は, 様子を, 様子渋めた, 檜に, 歪みも, 殺気だけが, 毎日を, 気の, 気候に, 気分が, 気分それを, 気分の, 気分も, 気味の, 気持, 気持から, 気持ちが, 気持ちも, 気持ちを, 気持と, 気質によ, 気質によって, 氣持を, 汚らしいもの, 汚名の, 沈默が, 注意であった, 溜息される, 演説を, 激動を, 点だけでも, 点を, 爺さんだ, 牛肉の, 状態が, 状態である, 状態を, 現象が, 理窟の, 生存を, 生活の, 男が, 町中でも, 疑いを, 疑問にも, 療治の, 癖が, 監督に, 目つてどう, 相手が, 眠りの, 眼付を, 瞬間に, 社会問題をさえ, 神經質的の, 空を, 空気を, 空虚を, 立場, 立場が, 笑い方を, 箇条を, 精神状態に, 索然たる, 結果が, 結果を, 絵だ, 絶望的の, 經驗は, 老教誨師, 考えごとの, 者にでも, 者は, 聞手の, 聯想が, 肌寒さ, 臍を, 自分の, 自覚なし, 自覺, 臭いが, 臭いである, 臭いは, 臭いを, 臭や, 臭気と, 臭気を, 船中で, 色合の, 苦々しい表情, 苦境から, 苦痛な, 荒っぽい顰め, 蔭口を, 薄気味の, 蚊の, 蛇の, 蟄居の, 表情が, 観念を, 觀念を, 解決だ, 言葉です, 言葉も, 訊問を, 記事かも, 記憶が, 記憶に, 記憶は, 訪問を, 訪問者である, 訪問者と, 評判が, 話じゃ, 話だ, 話だって, 話を, 語調で, 負担に, 負担を, 質問について, 質問を, 路の, 近代の, 過去に, 重くるしさ, 重苦しさ, 金策の, 鈍痛を, 鋭さで, 陰惨な, 隣人とも, 隣席の, 雑音も, 面持で, 音だった, 音に, 音声で, 音声は, 音響の, 音響を, 響が, 響き, 響きで, 顏で, 顏附で, 顔が, 顔し, 顔つきに, 顔と, 顔に, 顔は, 顔も, 顫え, 風に, 風潮であろう, 首実検を, 驚きでは, 黄土の

▼ 不愉快~ (395, 19.0%)

35 なって 26 なった 14 した 12 感じた 9 なつて, なる 8 思って 6 して 5 なること, 思った 4 したの, なるの, 響いた 3 し陰氣, なったの, なつた, 思うの, 思つた, 感じたが, 感じて, 感じられた, 感ずる

2 [20件] させるやう, し又, するくらい, するとは, するよう, なったり, なりました, なります, なるばかり, なるよう, わが眼, 人の, 堪へぬと, 思ったらしいの, 思ったり, 感じながら, 感じ彼, 感ずること, 見える, 過して

1 [187件] いら立たせるところ, おくるの, おさせしたよう, おなりに, お感じ, かぎつけるの, かつ憎らしく, きこえないの, こびりつく, させおって, させた, させたの, させたん, させた源さん, させながら, させられたと, させる, させるよう, させる事, さへ, された, されて, される, されること, される因縁, しある, しかなしい, したくないという, しただけ, したって, したよう, したり, しないばかり, しました, し幾多, し自ら無駄, するため, するだけ, するだけにて, すると, するには, するので, するばかり, するほど, するもの, するよりは, する前, する原因, する必要, する甚だ, する程深刻, せずに, それつきり, ちが, ちがいない, ついには, なすこと, なったから, なったが, なっただけ, なったと, なった原因, なった清三, ならざるを, ならずには, ならないで, ならないですむものがあつて, なりかけて, なりたいと, なりたい時, なりだした, なりながら, なりなりした, なりますが, なりますし, なります水彩, なりやがて, なりよほど, なり冷やか, なり前途, なり同情的, なり東京, なり槇子, なり濁った暗い, なり説明, なるし, なるじゃ, なると, なるならば, なるなんて, なるに, ヂリ, 一生を, 且つ憎らしく, 価ひする, 充ちた人生, 充ちた生, 充ちて, 取るどころ, 取れた, 向っての, 周章て了つた, 堪えられなかった際, 妙に, 威圧する, 存じますので, 引きつる傷口, 彼の, 待つて, 忌わしく薄暗くなっ, 思いながら, 思いながらも, 思います, 思いまた, 思うかと, 思うこと, 思うだろうと, 思うばかり, 思うもの, 思う位, 思えた, 思えたり, 思ったと, 思ったもの, 思った事, 思つたが, 思つたのである, 思つてもう, 思つてゐる, 思つて居た, 思て, 思はずに, 思はせたり, 思はないで, 思はれました, 思ひながら, 思ひ出された, 思ひ出されて, 思ふだらう, 思われたから, 思われて, 思われる事, 思召した, 思召す, 情なく成っ, 感じさせて, 感じさせましたけれど, 感じたつよい, 感じたの, 感じた事実, 感じないもの, 感じない自分, 感じました, 感じましたが, 感じます, 感じられたに, 感じられる, 感じるの, 感じ腹, 感ずるだらうと, 感ずるの, 感ずる處, 感ぜず却って, 感ぜぬのみ, 感ぜられた, 持つ癖, 日本的に, 汗ばんで, 流れるの, 純造, 終ること, 経験した, 聞えるだろう, 蒲團に, 薫は, 襲われた, 見えた, 見えて, 身を, 送るべし, 過ごすやう, 違ひなかつた, 陥る, 陰鬱に, 險惡に, 顫え, 黙りこむの

▼ 不愉快~ (143, 6.9%)

11 感じて 9 感じた 7 忍んで 4 感ずる 2 感じたの, 感じたらうが, 感じました, 感じます, 感じられるかも, 感じるの, 感ずると共に

1 [98件] あたえそう, かさねた, かんじた, だんだんと, どうにかし, まぎらすよう, 与えたらしかった, 与えないはず, 与えなかった, 与えるの, 与えるよう, 与え更に, 与へは, 与へる, 伴うほどの, 何度と, 凌ぐ事, 加へて, 募らせぬもの, 反射する, 取り除く面倒, 受ける, 受けると, 増す許, 左右前後に, 心の, 忍びつつ, 忍ぶべく余り, 忍んでまでも, 忍んでも, 忘れた, 忘れたさ, 忘れて, 忘れるほどの, 忘却する, 怺える, 感じさせたの, 感じさせないで, 感じさせられた, 感じさせられる, 感じたが, 感じただ, 感じたと, 感じたに, 感じたもの, 感じたやう, 感じたる事, 感じた悲しい, 感じた時, 感じで, 感じないが, 感じなかつた, 感じながら, 感じなくなること, 感じませんでした, 感じまた, 感じるが, 感じるよりも, 感じる事, 感じ初めたので, 感ずること, 感ずるでありましょう, 感ずるであろう, 感ずるという, 感ずるの, 感ずるので, 感ずるのみ, 感ずるも, 感ずる僕自身, 感ずる自己, 感ぜしめる, 感ぜしめるが, 感ぜずに, 感ぜずには, 感ぜぬもの, 打ち忘れて, 抱いて, 抱きついに, 招くこと, 日一日と, 極め聞く人, 深く感ずる, 示す表情, 繰り返して, 考えて, 考へると, 與へ, 覚えた, 覚えたもの, 覚える, 覚えるの, 覚え人, 覚ゆる, 誘い出すよう, 超越した, 超越する, 避けるため, 醸させるに

▼ 不愉快~ (114, 5.5%)

18 あつた 10 はない 6 はなかっ 5 たまらなかった 4 はなかつた 3 たまりませぬ, 不愉快で 2 たまらない, たまりませんでした, ならなかった, ならなかつた, はあった

1 [55件] あまり御所, いつもすげなく, いる感情, このメン鳥, この少将, さえあった, しかたが, しかもその, せう, その時, たまらくなっ, たまらないの, たまらなかったけれ, たまらなくした, だまつてゐた, ならぬ, ね, ねいつも, はあっ, はある, はあろう, はなく, は無, ほんとに弄ばれた, やりきれなくなった, わざ, ツト口も, 不愉快で堪らなかつた, 不気味で, 仕事が, 仕事なんて, 仕方が, 堪らないぢ, 堪らなかったそう, 堪らなくな, 天香師の, 始終中腰, 安眠も, 居た, 幾らかいやらしく, 彼は, 恐らくは再び其部屋, 恐ろしかった, 戦争の, 早く立ち去りたい, 此夜は, 波子に, 溜まらない, 生きて, 私は, 筆を, 耐らない, 肝癪, 自分が, 避けたいと

▼ 不愉快~ (76, 3.7%)

3 が段々 2 がムラ, が一時, が増し, が戸惑い, のため, を彼, を感じ, を覚えた

1 [57件] から一度, がかげ, が募つ, が吉良, が蘇つて, が身, が込み上げ, だったかも, だったと, であった, といったら, といった程, とが重なっ, と経費, などは知らん振り, にたいする反感, にどうして, に同じ, に変わり, に対する反撥心, に涙, のうち, はあった, はたとえ, はどう, はやがて, は一層, は依然として, は埋め合せ, は自分, もあったろう, も三人, も残っ, も考えた, も量, をさらに, をじっと, をそうした, をぢ, をどう, をぶちまけた, をもう, をもっ, を君, を増す, を忘れ, を想像, を感じた, を感じはじめた, を感じる, を押し, を涙, を知つて, を紛らす, を表情, を防ぐ, を高め

▼ 不愉快~ (66, 3.2%)

4 ね, よ 32 からで, からであった

1 [51件] から, からこの, からその, からって云う, からである, からできるなら, からです, からといふ, からどうか, からね, からまた, から一文, から会わん, から安二郎, から描いた, から敏子, がね, が乾, が他人, が得物, が書いた, が私, けれど俺, しかし殺さなけれ, しわし, し殊に, し言っ, つたのである, つたのは, つた早く, というの, というよう, といつ, とか申さない, とはおつ, とは思い, とは思ひ, とやっぱり, と仰, と思いました, と思う, と村正氏, と聞かされ, と蚊帳, と話し, よこの, よほど大声, わ, ツ, 余, 君は

▼ 不愉快~ (55, 2.6%)

5 感を 3 念を 2 影が, 感に

1 [43件] あまり憎, うちに, ことが, こと愚な, たねであった, ために, もとなり, 上に, 中で, 中心と, 事愚な, 人車に, 仮字, 内に, 別れる処, 原因を, 場所と, 境遇に, 年を, 度を, 心なし, 心持を, 念のみ, 思いを, 意を, 感じが, 感じは, 感じを, 数が, 極みだった, 沈默の, 爲めに, 眉を, 眼鏡を, 種だった, 種と, 種に, 腹癒せを, 話で, 起った時, 起る前, 避けがたい, 點は

▼ 不愉快そう~ (47, 2.3%)

9 な顔 2 でも, にし, に顔

1 [32件] だった, であった, では, なこんな, なむずかしい, な三吉, な様子, な色, な表情, にいった, にいらいら, にかわした, にかん高く, にそっぽ, にふう, に久三, に外方, に大きい, に室, に尋ねる, に彼, に振り切っ, に撫でまわした, に濡れ, に眉, に立, に肩, に腕組, に舌打ち, に苦り切っ, に見えた, に訊いた

▼ 不愉快~ (29, 1.4%)

2 憤怒を

1 [27件] いって, した総督派, する者, なった, 不安が, 不安と, 不安とを, 不平, 不満足の, 不自由とを, 云うよりも, 云えば, 云ふ, 低氣壓, 傷心の, 威壓を, 寂寞に, 寂寥とを, 忌々しさ, 忍耐との, 思うこと, 思うもの, 悲痛とを, 炎天に, 申さねば, 知りながら, 緋の

▼ 不愉快~ (22, 1.1%)

2 知らずに

1 [20件] あながちこの, ありませんよ, あるでしょうがね, いまだに忘れない, それに, なきやと, はたしてどんな, 一層であった, 与えない, 五六間で, 仏教にたいする, 夙に君, 実に甚だしい, 少しも, 屡々泰西, 直ちに了解, 譬えんに, 通り越して, 非常である, 骨に

▼ 不愉快~ (18, 0.9%)

2 こみ上げて, つてゐる, 起らざるを

1 [12件] あった, あったと, その看守, つたり, どうしても始末, ない, らして, 今は, 増した, 増して, 巻き起つて, 自然と

▼ 不愉快でも~ (16, 0.8%)

2 ない

1 [14件] あった, あったが, あつた, あつて, ありまた, あり君, あり浅ましく, あり無益, あり私, でも仕方, ないところ, ないよう, 妨害に, 妻子の

▼ 不愉快だった~ (15, 0.7%)

2 のである

1 [13件] から黙っ, がしかし, けれど唐沢氏, し先生, し殊に, と云う, と見え, のであります, のです, のは, のも, ろうと君は, わけで

▼ 不愉快なる~ (15, 0.7%)

1 [15件] ことも, ことを, アダ者中村某, 一夜なりき, 仕事であった, 天気であり, 奴ぢや, 小刀細工を, 思いを, 感を, 方法によって, 日, 現実の, 目に, 者なり

▼ 不愉快である~ (14, 0.7%)

2 が仕方

1 [12件] かが不思議, かも知れません, がこの, がやはり, ことを, という, という以外, とし, と云う, ので一寸顔, ばかりでなく, 処から

▼ 不愉快です~ (11, 0.5%)

2 からね 1 から, からこれ, から一杯, から倫敦, が, がしばらく, しといっ, し事績, よ

▼ 不愉快な思ひ~ (11, 0.5%)

3 をし 2 に追, をするだらう 1 がした, をする, を何故, を懷

▼ 不愉快であった~ (10, 0.5%)

1 からおしまい, からすぐ, がそれ, が押して, が若君, が追放, しそれ, のでそこ, のは, ピッコロの

▼ 不愉快には~ (10, 0.5%)

1 しなかった, しなかつた, ならずに, 思つた, 思つてゐ, 思ひながら, 思わなかった, 感じなかった, 打勝ちつつ, 響かなかった

▼ 不愉快極まる~ (10, 0.5%)

1 がその, ロンドンが, 乱暴を, 反響を, 奴そのうち, 悪文だ, 空気の, 美文ようの, 蟾蜍であるなら, 話を

▼ 不愉快きわまる~ (9, 0.4%)

2 笑い声を 1 今後来る, 声で, 夢を, 強制と, 戦慄の, 氣持を, 長い夜

▼ 不愉快千万~ (8, 0.4%)

1 じゃない, でたまらぬ, な代物, な問題, な奴, の事, の仕組み, の噂

▼ 不愉快だろう~ (7, 0.3%)

1 が然し, が辛抱, しやはり, し素子, と彼, と思います, 全部自分の

▼ 不愉快~ (6, 0.3%)

1 なくその, なにも, わかるよう, 僕に, 少々な, 経験しなけれ

▼ 不愉快だつた~ (5, 0.2%)

1 がほつたらかし, が連れ, ことは, ので無理, わけである

▼ 不愉快とを~ (5, 0.2%)

1 商量した, 感じ始めて, 感ずるよう, 我々は, 考へた

▼ 不愉快~ (5, 0.2%)

2 るもの 1 る, るなどという, る疑問

▼ 不愉快~ (4, 0.2%)

1 に云った, に横, に母, に言った

▼ 不愉快にも~ (4, 0.2%)

1 ならなかった, ならなければ, やがてでっくわした, 感じなくなって

▼ 不愉快から~ (3, 0.1%)

1 未然に, 次第に嫌悪, 終日母の

▼ 不愉快がる~ (3, 0.1%)

2 ことは 1 気色も

▼ 不愉快~ (3, 0.1%)

3 はまる

▼ 不愉快さうな~ (3, 0.1%)

1 お顏つき, 顏に, 顔に

▼ 不愉快であっ~ (3, 0.1%)

1 たり周囲, てはいけない, て見た

▼ 不愉快でしょう~ (3, 0.1%)

1 がない, な, ねごめんください

▼ 不愉快でない~ (3, 0.1%)

1 だけの部屋, とおっしゃれ, 程度における

▼ 不愉快とは~ (3, 0.1%)

2 その境遇 1 実に夥しい

▼ 不愉快とも~ (3, 0.1%)

2 憤怒とも 1 感じなかった

▼ 不愉快ながら~ (3, 0.1%)

2 平岡の 1 本編以下多く

▼ 不愉快かも~ (2, 0.1%)

1 知れないけれど, 知れませんね

▼ 不愉快がっ~ (2, 0.1%)

1 てあいつ, ているなら

▼ 不愉快さうに言~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 不愉快そのもの~ (2, 0.1%)

1 だ, のよう

▼ 不愉快だらう~ (2, 0.1%)

1 が然し, けれど皆

▼ 不愉快でした~ (2, 0.1%)

2

▼ 不愉快で堪らなくなっ~ (2, 0.1%)

1 てい, て愚痴

▼ 不愉快どころか~ (2, 0.1%)

1 かえって面白かっ, 却つて面白

▼ 不愉快なら~ (2, 0.1%)

1 何故フランク, 私は

▼ 不愉快よりも~ (2, 0.1%)

2 さらに一種

▼ 不愉快らしい~ (2, 0.1%)

1 が動かぬ, 様子は

▼ 不愉快らしく~ (2, 0.1%)

1 は少し, 人家の

▼ 不愉快~ (2, 0.1%)

1 手術ダカラオ止シナサイト云ウ人モアッタ, 自分ニ何ノ

▼ 不愉快千萬~ (2, 0.1%)

1 な奴, な此交通機關

▼1* [81件]

不愉快あなたはユダヤ人, 不愉快いふばかりもなし, 不愉快がらせようとする, 不愉快がられても書い, 不愉快きはまるけれども教会, 不愉快きわまりないもの, 不愉快この上も, 不愉快この上なしである, 不愉快さうに見えましたそれ, 不愉快さうにその後を見送る, 不愉快さうに欄干にもたれ, 不愉快さえ覚える, 不愉快さそれを露骨, 不愉快さ憂鬱さ又は年老い, 不愉快じゃないが, 不愉快その学者も, 不愉快だったろうと思う, 不愉快でありえない, 不愉快であるべきはずだ, 不愉快であるらしかつた, 不愉快でいらっしゃるのは, 不愉快でたまらなかつたが家, 不愉快でだまっていた, 不愉快でなくそれどころかおしまい, 不愉快でならない夫人は, 不愉快でならなかつたが此頃, 不愉快でならぬものである, 不愉快で信ぜられない氣が, 不愉快で堪まら, 不愉快で堪らないからそれから, 不愉快で堪らなかったのです, 不愉快で堪らなかつたのだつた, 不愉快で思い出すのも, 不愉快で映畫には, 不愉快で聞き流して立ち去つた, 不愉快という様な, 不愉快とにたまらなくなり, 不愉快との一カ月半ばかりを, 不愉快なある物が, 不愉快なかおっつきを, 不愉快ながらもその愚痴, 不愉快なけちんぼうが, 不愉快なしゃがれ声で, 不愉快など経験し, 不愉快などからしだいに多く, 不愉快なはぐらかされたような, 不愉快ならしむる事が, 不愉快ならしめ非難される, 不愉快なら出てくれ, 不愉快なり出あるくのは, 不愉快なれば猶, 不愉快な当てこすりのよう, 不愉快な煮え切らない漠然たるもの, 不愉快な睡気の, 不愉快な言いかたは, 不愉快な話し振りを, 不愉快ばかりが考えられた, 不愉快不満に, 不愉快やったのん, 不愉快らしかったがまだ, 不愉快らしくしている, 不愉快をも感じないで, 不愉快を以て埋められて, 不愉快イライラして, 不愉快パイプ・ステムにとって費, 不愉快与エタクナイト思ッテネ, 不愉快一言のことはり, 不愉快不安心でありて, 不愉快不平な思い, 不愉快不満足ばかりになる, 不愉快不自由この上, 不愉快を素子, 不愉快に対する不平, 不愉快以上だよ, 不愉快感じましたけどそれ, 不愉快極まりないもの, 不愉快極まりなき法廷の, 不愉快に顔, 不愉快苦痛不名誉汚辱卑劣賤しい譲歩, 不愉快言はんかたなし, 不愉快陰気さに苦しめられる