青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~
乙~
九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴

「乙~」 1712, 18ppm, 6442位

▼ 乙~ (331, 19.3%)

6 家の, 百姓は 5 人の 4 ほうの, 軍勢は, 類の 3 つばめは, 人は, 位置に, 国の, 部類に

2 [31件] ことを, ところの, ほうが, ほうは, ツァイスに, 下人入る, 友人は, 友人よりも, 国に, 場合には, 女に, 女によって, 女の, 子供, 字と, 家に, 少女, 川沿いに, 役者は, 方が, 方へ, 波が, 波を, 結果と, 説に, 軍勢を, 運動を, 金持ちの, 類に, 類は, 類を

1 [225件] いったこと, こと, ごとく, ために, つくの, つばめが, つばめを, ところへ, ほうで, ほうへ, ものが, もので, ものとは, やうである, りっぱな, アイヂアリズムは, アネモネの, アネモネは, アネモネを, ゾッキ屋主人, バケツへ, フェヒナーは, 上, 上に, 上等の, 下人に, 不賛成を, 主權者, 事を, 事業なりと, 二つの, 二人が, 二倍の, 人とは, 人にとっての, 人には, 人物によ, 人間が, 仏人といった, 会社とを, 作とを, 俳人を, 候補者の, 傾向を, 兎の, 兵隊や, 出来事と, 前に, 前の, 勝利を, 原因だ, 原因であっ, 原因なりとの, 原因は, 又兵衛は, 友は, 友達へという, 友達へといふ, 噂を, 国で, 国では, 国との, 国は, 国へ, 国民の, 国語を, 圃へ, 國と, 地に対しても, 地の利益を, 場所へ, 墓を, 声丙の, 夢との, 女には, 女学校には, 女学校特有の, 女性の, 女童影揺れ, 奴が, 妻が, 子を, 学者思想家の, 官僚主義者との, 宣伝が, 家からは, 家では, 家とで, 寺の, 山林とを, 幸福を, 幽霊に, 影像を, 役者が, 役者を, 思想には, 思想の, 思想を, 性質でなく, 意味を, 意識の, 感じる赤色, 我慢との, 或偶像, 所で, 所有地内に, 所謂哲学と, 手へ, 批評を, 政党とは, 教科書にも, 数を, 敵で, 敵では, 新村を, 新聞では, 方から, 方で, 方にも, 方の, 方を, 方をも, 方法は, 方言が, 昆虫も, 時代に, 時代の, 智は, 曲線と, 曲線に, 本屋より, 村が, 村では, 村に, 村は, 村へ, 松明の, 検番の, 権利を, 歴史哲学者達の, 歴史的段階で, 波に, 波へ, 注意を, 浪漫派だ, 浪漫派と, 混雑と, 渇きや, 測定者の, 無福, 燕青です, 犬を, 獣が, 理由は, 理論の, 理論を, 由, 男だけは, 男子を, 町内では, 異議で, 発展に, 發達を, 白によ, 百姓が, 百姓に, 百姓の, 眼から, 眼には, 知ったおじいさん, 知ったらしいよう, 社員の, 科学者に対して, 秘蹟について, 稱に, 級で, 紫, 細君丙の, 組から, 組の, 統一に, 線が, 線と, 線の, 美に, 群は, 者が, 者には, 聞く所, 聯合は, 能力を, 自然派は, 苦痛は, 行列でありました, 見た子爵, 認める美点, 語に, 調子で, 論は, 諺に, 諺は, 貯えて, 賞讃する, 身の上を, 軍勢が, 運動とかいう, 運動との, 運動とは, 運動にまで, 運動も, 道を, 部落でも, 都会においては, 野郎め水が, 金持ちは, 間に, 頭とが, 顔を, 類とは, 類なら, 類も, 類型に, 飼主の, 首を, 鳥屋では

▼ 乙~ (152, 8.9%)

5 甲の 3 いいました, 甲を 2 うなずきました, かう云, びっくりし, 抜いて, 煙管を, 皆に, 目に, 答えました, 超然内閣にては, 雪の

1 [121件] あきらめきれず逃げる李逵, あたりを, あちらに, ある確実, いは, おじいさんに, がっかりと, こういう, これを, さお, さも迷惑そう, しばらく受話器, じっと船, そこの, そのま, その中, その日, その自由, その金, それが, それとなく悟りました, だんだん井戸, ついて, ときどき甲, ぼんやりと, また両手, また店番, また甲, まったく気, むろんそれ, もうやせ衰え, もはや気, やや驚いた, わずかに, わなわなと, アカデミックな, ソレよりも, ノーを, ライブニツツ氏や, 一日に, 不意を, 不慈, 丙さんなら, 丙にと, 丙の, 丙より, 両手を, 二十八万円とやらの, 二箇にて, 五つまで, 以て, 仲間の, 何事か, 其を, 其分布割り合に, 勝つた, 十一時, 即ち勉強家, 喜んで, 在来の, 地方の, 壮年有能の, 声を, 大きな声, 天幸の, 太郎が, 寝台に, 寝台には, 小さな竹篭, 尚暗号, 彼は, 恐らく他, 悄然と, 意地を, 捨てると, 敗訴せざる, 明くる日ざるの, 明くる日清水へ, 曰ひ, 末広ながら, 林の, 正しく之, 武勇の, 沖に, 泣き声を, 温かき生血, 無言の, 熱心に, 狂いはじめました, 独りで, 独り小さな, 甲と, 甲に, 甲へ, 白い帽子, 白衣と, 皮袋に, 真理として, 碗を, 社に, 祈って, 祖先に, 神に, 竹蔵なり, 考えて, 考えました, 職工の, 腕に, 腰に, 自分の, 自然界, 自由を, 良い俳優, 苦痛に, 見向きも, 貸主の, 赤き蟹, 辞退し, 進歩派中の, 顔を, 麒麟の

▼ 乙~ (119, 7.0%)

4 すまして 2 気を, 気取った内容, 澄まして, 移るべく余儀なく, 轉する, 轉せし

1 [103件] いいました, いた田辺, いった, からまって, からんだ猫撫で声, からんで, さがって, すましたミニュエット, すました気づまりの男, すました顔, すまし込んだ気障っぽ, すますな, せんかの, それ丈の, つんとすまし, なった, なつて, また娑婆, よつて東西南北共, わからなければ, わびたの, 上品ぶっ, 乙は, 仕事を, 冠れり, 匿し, 反り身にな, 取すました調子, 取つて, 各数月, 向いて, 向かうは, 向かって, 向って, 変な, 奉仕しなけれ, 尖がって, 属すると, 当ると共に, 征服された, 従って, 思はれた, 扮する女優, 振つて, 掛けろと, 於る, 有名な, 極まって, 構えて, 構えても, 毒気を, 気どり澄ましたうぬぼれの, 気取ったところ, 気取ったりさえ, 気取った手つき, 気取った文章, 気取った町人, 気取って, 気取つた他所行き, 気取つた楽, 氣取つて現れた, 澄しこん, 澄ますねえ, 澄ますの, 片づけやがったなと, 理解を, 相談しました, 眺めながら, 着こなした外套, 祖国を, 私の, 移さんと, 移すこと, 移ったかも, 移った事, 移って, 移つても, 移り行くかを, 移るには, 移る所, 移る構造, 移る連絡道路, 移入された, 突きあたりました, 絡んだこと, 絡んだもの, 絡んで, 與へんと, 行くべくして, 見えるけれども, 言葉を, 話して, 識者ぶる, 賑やかな, 転じて, 轉せしめん, 轉せんより, 通じて, 銜え落着, 隷属すべき, 集むるときは之と, 飛び移るの自由, 高くとまっ

▼ 乙~ (79, 4.6%)

6 ことを 3 ものだ, ものである

2 [11件] けしきじゃ, ところも, まねを, もので, もんだ, ようです, 味が, 喉で, 構へ, 理窟を, 真似を

1 [45件] お神さん, ちょいと, ところが, ところに, ところの, のだ, のを, ものと, もの眼に, もんです, 中に, 人だ, 名前は, 味覚を, 咳ばらいを, 啖呵を, 因縁だろう, 坊さんです, 塩梅であった, 声を, 女さ, 容子の, 小味を, 年増が, 幻想的な, 手つきで, 文章だ, 旅籠屋でございます, 旅籠屋で御座います, 服装を, 桜の, 気に, 気味に, 気持に, 洋食や, 漬物なき, 理由に, 男だ, 異説を, 眼遣, 笑いが, 筋合いかも, 縞羅紗で, 美人古市の, 臭いが

▼ 乙~ (74, 4.3%)

6 いいました 2 それに, ウーンと, 二重に, 四五歩ヒョロヒョロ飛込ん, 続いて, 運動し

1 [56件] いいだしました, くるとき, ただ一ぺんで, つたことを, なんらの, また他, 上二段活用の, 不愍である, 丙に, 丙に対し, 二十五日, 偉い, 優に存在, 先に, 全く無, 全欧のみ, 出る, 力んで, 勝手に, 史部丙が, 四つも, 外から, 嫌ふ, 従うという, 拳銃を, 提出され, 改術を, 教師の, 最も科学的, 来ると, 楚王に, 模し, 生れて, 甲から, 甲の, 甲を, 社会の, 社会主義者其他の, 組敷かれて, 続いたと, 考えながら, 聯合軍と, 行き, 見つけたらきっと, 見ると, 読むという, 諸子部丙が, 負担せね, 起ったという, 起ること, 起ると, 起るという, 述べても, 遅れなかった場合, 静かに, 驕慢で

▼ 乙~ (53, 3.1%)

2 が, のふたり, の家, はもう

1 [45件] がその, がねお, が心, が性空, が来, そしてまだ, だよ, というの, とは命, とも言う, と八歳, どの, どの今, に聞い, の二児, の妻, の姿, の子守, の家内, の手, の話, はそのまま, はちょっと, はつい, は兄, は叫ぶ, は昼寝, は歩き, は真実, は眼, は縁側, は草履, は門口, もきょう, もそこ, もふかい, も喧嘩, も母, も泣き出した, よりは恐怖, を, を手, を揺り起し, 牛若という, 牛若の

▼ 乙~ (46, 2.7%)

2 介抱に, 意識し, 意識する, 愛すること

1 [38件] いじめること, おどしました, こうの, つけるでしょうか, とつたら, ふり向いて, ようやくに, 乙は, 二丙を, 伴うという, 出すといった, 勝訴者たらしめる, 夏と, 引けば, 悪い青年, 想起し, 想起する, 愛せぬか, 撲ったと, 放して, 救う制度, 服せしめること, 歴史部丙を, 殺したが, 殺す, 殺傷した, 表象し, 見下ろしながら, 見送りました, 視る態度, 討たんと, 設けて, 評する, 詛うならば, 誘いまた, 進むれは, 選び大学, 釣りあげるの

▼ 乙~ (25, 1.5%)

2 が店, はどう

1 [21件] かお前, が坐っ, と呼ばれる, にとっては大, の名前, はいつも, はお, はしばらく, はとても, はわたし, は仲間脱, は低い, は俄, は弁解, は書物, は死んだ, は眼玉, は立, またやった, を取囲む, を見た

▼ 乙~ (24, 1.4%)

3 の地震, の日 2 とあ, の年

1 [14件] と記してない, に榛門, に頼氏, の五十二, の年三月十三日崩, の年三月十五日崩, の年十月二日, の年晩秋, の春, の歳, は冬, は安政二年, は正しく, は竜池

▼ 乙~ (23, 1.3%)

3 であるから, の仮名 2 に属する, を用いる

1 [13件] が用いられ, が相伴っ, との音, と甲類, と相伴っ, に属し, に属します, に屬, の, のもの, の仮名通用, はいつも, はまた

▼ 乙~ (22, 1.3%)

2 すれば

1 [20件] あるいは甲, いい柴進, いっしょに, ふとしたこと, 丙とも, 丙とを, 丙は, 丙を, 二種設ける, 半々, 同じく理論甲, 名づけた諸, 名づけること, 差別が, 甲の, 誤認する, 談じ, 趣味の, 連続した, 遭遇し

▼ 乙~ (22, 1.3%)

2 の年

1 [20件] か庚子, とあれ, には三十六歳, に入, に始まる, に王位, に茶山, に還つ, の事, の元旦, の八月, の冬, の書中, の歳十一月十六日, の翌年丙子, の茶山, の遊, は明治八年, 元鼎夭, 在東邸

▼ 乙との~ (14, 0.8%)

3 間の 2 見分けが, 違いは 1 距り, 連合及ひ, 連絡及ひ, 運動として, 違いが, 間に, 音は

▼ 乙~ (14, 0.8%)

2 が二十五歳, の親 1 から言説, に類する, の動揺, の雑慾中, は直ちに, は言, は頷き頷き, は首, は黙し, も劣らず

▼ 乙骨医師~ (14, 0.8%)

1 [14件] がモルヒネ, が内心法水, が取り出した, と入れ違い, には御, に向っ, はいつの間にか, はところどころ, は五十, は卓子, は時計, は眩惑, は莨, も唖然

▼ 乙~ (14, 0.8%)

3 の姉さん 2 に, は 1 がちちと, が横ぎっても, の, の南, の羽, の背, の鳥

▼ 乙麻呂~ (14, 0.8%)

2 の歌

1 [12件] が土佐国, とほ, のもの, の事, の事件, の土佐流謫事件, の場合, の妻, の恩恵, の流離, は奈良, ほど身分

▼ 乙~ (13, 0.8%)

2 ひつから

1 [11件] からんだ水向け文句, とわし, 世辞を, 大哥, 山口を, 幅を, 構えたもの, 気取ったよう, 洒落てるね, 片づけの, 高く留ってる

▼ 乙~ (13, 0.8%)

2 は犬

1 [11件] あとは, げす何, げせう, は医者, は姉崎, 一度などは, 免れたと, 卒業までも, 徴召され, 撮したもの, 浪漫主義の

▼ 乙~ (13, 0.8%)

2 の主任

1 [11件] が出発, としてありました, になった, に連結, のやる, の一番, の三十七人, の四十人, の廻了, は球, 即ち英文科

▼ 乙~ (12, 0.7%)

1 [12件] いいました, いちど駒を, またそれ, やはり重太郎, トライチケも, 丙も, 中田と, 云う, 同じ現象, 投げる丙, 立ち行かなくなって, 自分たちの

▼ 乙~ (11, 0.6%)

1 [11件] かこれ, が達者, さえ書い, だろうか, で演説, のほとんど, の先生, の教師, の薄っぺら, はなにしろ, を習い

▼ 乙から~ (10, 0.6%)

3 丙に 2 丙へと 1 やつて, 好意を, 損害賠償請求の, 来て, 果して何

▼ 乙~ (10, 0.6%)

4 んを 2 んです, んには 1 優や, 逢ひたかつた

▼ 乙やん~ (10, 0.6%)

2 がいや, が生き, は僕, ばかだ, を支持

▼ 乙~ (10, 0.6%)

1 から, なき後, に耳打, の, は三唖, は桃, は汽車, は胃の腑, も亡くな, や柳浪

▼ 乙でも~ (9, 0.5%)

2 あるところ, ないと 1 あり得る事物, 丙でも, 地方で, 構わないという, 死滅し

▼ 乙には~ (9, 0.5%)

1 いって, ならぬ, なんらの, 実際寒, 工業的に, 情状を, 早朝着き, 無効で, 眼は

▼ 乙~ (9, 0.5%)

2 乙から, 行って 1 乙より, 変化する, 移して, 行くと, 運動した

▼ 乙にも~ (8, 0.5%)

3 關係なき 2 丙にも 1 上にも, 從ふべく定まらぬ, 無關係

▼ 乙~ (8, 0.5%)

1 には五十六歳, には五十歳, に朝貢, に生れ, に長女天津, の歳, を二, ノ九月ナリ校正者識

▼ 乙~ (8, 0.5%)

1 と言っ, の事, の事実, の二線, の面, は弱く, へと移り, を取り

▼ 乙刑事~ (8, 0.5%)

1 の注意, の瞳, はあたふた, は低, は出会い, は座敷, は立った, をのこし

▼ 乙~ (7, 0.4%)

21 おれも, から平時, なあんな, なんておっしゃる, 一番その

▼ 乙といふ~ (7, 0.4%)

2 語は 1 ところ, のが, のは, ものが, 名に

▼ 乙とは~ (7, 0.4%)

1 いい合って, その境遇, なんとかし, 別人であります, 思わず同音, 正反對, 渠に

▼ 乙束区長~ (7, 0.4%)

1 がよろぼいよ, がオロオロ, が保管, が引取, が自分自身, が長い, の方

▼ 乙~ (7, 0.4%)

1 かまたは, が百メートル, とどんな, に云わせる, の著述, の論文, または丙某

▼ 乙へと~ (6, 0.4%)

1 伝えられた, 堕落し, 影の, 考えながら, 附会され, 際限も

▼ 乙~ (6, 0.4%)

2 はかう 1 の腰付き, はんか, は感じ, は羨まし

▼ 乙~ (6, 0.4%)

1 からわたしども, が, の宅, の小屋, の氣, 早々御

▼ 乙~ (6, 0.4%)

3 今千束町 1 に生まれ, に生れ, やな

▼ 乙電車~ (6, 0.4%)

21 が次, の次, の混雑, は平均

▼ 乙さん~ (5, 0.3%)

1 あまりたくさん, なら知つてる筈, のおび, ひどいわ, も甲さん

▼ 乙じゃ~ (5, 0.3%)

2 なくって 1 ありません, ありませんか, ないか

▼ 乙という~ (5, 0.3%)

2 名を, 類が 1 ことに

▼ 乙~ (5, 0.3%)

1 だ, のレコード, の部分, は当っ, は未曾有

▼ 乙~ (5, 0.3%)

1 が君, に於ける, のリマー・ヘニッヒ牧師, の萎えた, らしい一対

▼ 乙型スウィッチ~ (5, 0.3%)

1 が急, というの, は全, よあれ, を彼

▼ 乙女らしく~ (5, 0.3%)

1 ない云いかた, キッスし, 媚びること, 思わせようと, 憐れな

▼ 乙~ (5, 0.3%)

1 という謡, の訴え, は一目, は捨て, は気骨

▼ 乙~ (5, 0.3%)

1 七月朔生二日卒仏諡泡影, 六月廿二日卒, 四月廿七日に, 朔辛酉地動き舎屋悉く, 閏七月十七日歿

▼ 乙~ (5, 0.3%)

1 に, の八月十三日上野, の戦災以前, の詩中, は第

▼ 乙とが~ (4, 0.2%)

1 カ行四段の, 争うとき, 同じ語, 笑つて運の

▼ 乙なる~ (4, 0.2%)

1 人が, 俳人が, 小圈, 某との

▼ 乙に対して~ (4, 0.2%)

2 持つて 1 如何なる場合, 甲が

▼ 乙丙丁~ (4, 0.2%)

1 どの影, のだれ, の感覚器, の男

▼ 乙~ (4, 0.2%)

1 でそれ, に対して到底, に通信, の比較

▼ 乙~ (4, 0.2%)

1 がまた, であった, の眼, は細川

▼ 乙記者~ (4, 0.2%)

1 はいつた, はオーバー, は突然, は語りだした

▼ 乙~ (4, 0.2%)

1 かい, からも聞いた, は君, や高瀬

▼ 乙鳥音吉~ (4, 0.2%)

1 とはどんなに, なる老人, に比べ, はわたし

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 あるいは丙, でなければ, 丙を

▼ 乙なら~ (3, 0.2%)

1 ば左, わたしの, 乙という

▼ 乙ばかり~ (3, 0.2%)

2 だった 1 で三

▼ 乙より~ (3, 0.2%)

1 甲へと, 記憶力に, 釣竿を

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 後裔ナリトハ云フ能ハズ, 徴兵國ニ破, 製作品中ニハ其例决シテ稀ナラズ

▼ 乙亥十一月十日~ (3, 0.2%)

1 に東京, に森枳園, の書

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 に含む, の, の内容

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 だって決して, というの, の洟

▼ 乙~ (3, 0.2%)

2 の人間 1 か翼賛型

▼ 乙~ (3, 0.2%)

2 高く笑う 1 の音頭

▼ 乙大姉~ (3, 0.2%)

1 えの, の名, をし

▼ 乙寿丸~ (3, 0.2%)

1 しかない, は八つ, をそば

▼ 乙御前~ (3, 0.2%)

2 の釜 1 と還元

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 で掠めた, と尋ね, へ隠し

▼ 乙~ (3, 0.2%)

1 ならば, へ誘う, より来たる

▼ 乙若どの~ (3, 0.2%)

1 から言伝, が来, もよい

▼ 乙つまり~ (2, 0.1%)

2 抽象的な

▼ 乙であり~ (2, 0.1%)

2 それぞれの

▼ 乙とで~ (2, 0.1%)

1 利害を, 着眼点が

▼ 乙にとっては~ (2, 0.1%)

1 全く問題, 教会の

▼ 乙アタフタ~ (2, 0.1%)

2 と左手

▼ 乙ハ之~ (2, 0.1%)

1 ヲ好, ヲ有

▼ 乙丑八月~ (2, 0.1%)

1 に母, の十四日

▼ 乙丙等~ (2, 0.1%)

1 が祭, の俳優

▼ 乙亥八月~ (2, 0.1%)

1 より丙子七月頃, より後

▼ 乙先生~ (2, 0.1%)

2 が堂々たる

▼ 乙卯生~ (2, 0.1%)

1 と云, に符合

▼ 乙名島徳右衛門~ (2, 0.1%)

1 が事情, が供

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 さえおわす, はそう

▼ 乙唐檜~ (2, 0.1%)

2 の茂み

▼ 乙団体~ (2, 0.1%)

2 の猿

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 のごとく, は物心接合

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 が機, の傘

▼ 乙媛傘~ (2, 0.1%)

1 すなわち龍宮, と名づけ

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 のお, の春

▼ 乙己お前~ (2, 0.1%)

1 の顔, は本当に

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 伴って, 起これば

▼ 乙教師~ (2, 0.1%)

2 は恋愛問題

▼ 乙束仙六~ (2, 0.1%)

1 という五十男, は養蚕

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 お近日私, の御

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 とおなじ, の翁嫗姿

▼ 乙由ら~ (2, 0.1%)

2 が残喘

▼ 乙留学~ (2, 0.1%)

1 から帰つて, の期

▼ 乙~ (2, 0.1%)

2 を雑誌

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 がこれ, で負け

▼ 乙統一~ (2, 0.1%)

1 のため, の為

▼ 乙語の~ (2, 0.1%)

2 なら大抵

▼ 乙護法~ (2, 0.1%)

1 である, といふ護法童子

▼ 乙運動~ (2, 0.1%)

1 と同等, と方向

▼ 乙~ (2, 0.1%)

2 囂々たる

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 とが接続, を発し

▼ 乙骨君僕~ (2, 0.1%)

1 が伸子, は伸子

▼ 乙~ (2, 0.1%)

1 に移す, よりは寧ろ

▼1* [238件]

ねさん, 乙いいな, 乙うきいたふうな, 乙おまえにはあわせる, 乙かのどっちか, 乙かも知れない, 乙きたらん乙を, 乙さげすむようなる, 乙じゃあございませんか, 乙ただ吉エモンの, 乙だけは太郎と, 乙だったのが, 乙だったらよかった, 乙づくしにいたしましょう, 乙であるかによって測定, 乙であろうか, 乙でげすからこれ, 乙でございますよ, 乙でござるの海老, 乙でしょうけれどあの, 乙ですね, 乙でないということ, 乙とかという運動の, 乙とに何処か, 乙とやらで残念, 乙とを区別する, 乙にとってきわめて不愉快, 乙にとり澄ましたやう, 乙に対し同じよう, 乙に対する立場も, 乙に関して法が, 乙ばっかしなの, 乙まだ年季中の, 乙もやッぱり本当でなけれ, 乙よりは寧ろ無, 乙よりも綺麗な, 乙りきでげす, 乙をばにわかに狂う, 乙をもまた愛し得る, 乙ゥ啖呵が切れない, 乙青いな, 乙カツレツといふの, 乙トハ同種族ノモノナリトハ云フ能ハズ, 乙ニ絡ンデ云ウ, 乙ハ更ニ造ル事無シ, 乙リキシャッポでサ, 乙の運転手, 乙一語いくら泣い, 乙丑中秋後二日兄に寄, 乙丑丸の用達, 乙丑丸ニ御待申候間, 乙丑九月とある, 乙丑九月三日仲秋明月の夜於天下茶屋瓢, 乙丑八月十四日女と書きつけた, 乙丑小春廿四日据毛本鈔矣, 乙丑晴京都の使者, 乙丑百済ノ敬須徳那利, 乙丙其他多勢パリスの侍童, 乙丙電車の間隔, 乙丞の, 乙は甲, 乙事物の甲形態, 乙を発見, 乙二年生だという, 乙二想の甲, 乙二氏の好意, 乙二牧水後者のそれ, 乙二等の自, 乙二調だとか, 乙亥五月七日私儀是迄外宅, 乙亥元旦午前九時十二分を期し, 乙亥元旦午前四時二十分赤坂山王台アパート有明荘に住む, 乙亥八月十月の二書, 乙亥六月一日に鳥取, 乙亥十月の書牘, 乙人ギンター・シュベルトとリマー・ヘニング来訪, 乙人ヘニングとシュベルト, 乙人リマー・ヘニッヒ来り, 乙人リマー・ヘニングとグィンタ・シュベルト, 乙人伊太利人ギリーク人黒色人実にあらゆる, 乙人夫婦はめいめい, 乙この頭, 乙のところ, 乙低級神話或は民間神話, 乙をか言わん, 乙何日丙何日丁何日とし, 乙傾向の是非曲直, 乙がこの, 乙元素何匁丙丁各何匁, 乙再び受話器を, 乙冠詞を, 乙に於, 乙の宮, 乙動物の生存競争, 乙勢力の増進, 乙十七いきなり丁一, 乙半ば飲みさしたる, 乙卯五月二十二日に生れ, 乙卯仲春為岡本楼主人之嘱, 乙卯六月と読まれた, 乙卯十月江戸には地震, 乙卯吟社で催し, 乙卯四月六日に家, 乙卯夏仙台鳳谷小野寺謙刊行の蝦夷地図, 乙卯晴阿闍梨公暁鶴岳別当職に補, 乙卯誌す, 乙や續高僧傳, 乙去れば丙, 乙は女体, 乙名その他友人蘭館出入りの者, 乙名三郎治と云う, 乙名島徳右衛門草履取一人槍持一人があと, 乙名甲必丹オルフェルト・エリアスと館員一同, 乙の法, 乙国内を流浪, 乙ノ同, 乙外一二人バルターザーを引立て, 乙大使グラアフ・レツクスよりアルント, 乙大姉ニ申奉ル, 乙太郎の女, 乙なき女優, 乙女らしい細いやわらかいふるえる声, 乙の天子, 乙官庁からいろいろ, 乙とすべき, 乙巳天霽義盛時兼以下の謀叛, 乙巳年の新, 乙巳晴将軍家鶴岳宮に御, 乙巳晴筑後前司頼時, 乙巳相模国相漠河の橋数ヶ間, 乙巳號所載黄節氏族變第五及び, 乙帝国は成立, 乙平が番屋へ訴え出, 乙平省吾は席順, 乙とは同じ, 乙の年, 乙で挙国兵, 乙弟子に縁づい, 乙いて, 乙と言, 乙応じ丙丁戊みな一緒に, 乙性質が顕著, 乙はお, 乙に移る, 乙書物を投げ出し, 乙會社は繪端書三枚, 乙かなる, 乙束区長夫婦は一議, 乙来り乙去れ, 乙某家にもそれと, 乙某編丙某訂, 乙と相, 乙と私, 乙橘媛の思い, 乙歸妹の語, 乙歸妹箕子明夷高宗伐鬼方, 乙殿左が昨夜, 乙が返り, 乙民族にその, 乙法学博士が, 乙波孫十郎が誰, 乙に異なる, 乙の酔, 乙温泉であった, 乙温泉一泊と腹, 乙演出としても乙, 乙という, 乙と組合わせる, 乙は力任せ, 乙の句, 乙を物珍, 乙男さんで一, 乙白髪の老人, 乙皇帝陛下の真似, 乙ノ其レニ與フルガ如キヲ生ズベシ, 乙県之を救, 乙と書い, 乙科獣医科を卒業, 乙程よき処に, 乙童子丙童子いばらぎ童子酒呑童子其のほか數, 乙です, 乙竹会釈して, 乙竹外雄口髭を生やした, 乙組四名をひきつれ, 乙統一前には生存上有効, 乙統一論者になつて仕舞, 乙も陰謀, 乙群丙群から丁群, 乙背同と俘虜, 乙艦丙艦の弾, 乙は後, 乙芽力士勢藤吾等であった, 乙若しくは丙に, 乙英吉利もまた, 乙英吉利的な特長, 乙菓子屋の奥まった, 乙葉氏を称した, 乙という老人, 乙を勧め, 乙観測者の原点, 乙語教師として二三年, 乙を採る, 乙論派を代表, 乙起き上り扉を, 乙軽しといわざる, 乙と云, 乙酉三月九日の夜, 乙酉中秋前後に蘭軒, 乙酉京極侍従三位二条中将雅経朝臣に付し, 乙酉十二月二日に御, 乙酉參河國に慶雲, 乙酉天皇皇后及び草壁皇子尊, 乙酉将軍家以下二所より御, 乙酉年五月十九日熊本で死んだ, 乙酉晴六波羅の飛脚, 乙酉白雪山に満ち, 乙類同志相伴って, 乙なかなかに, 乙駁して今日, 乙から丙丁, 乙駒乙駒から丙丁, 乙驚きたる表情を, 乙骨ヶ原までの七里, 乙骨三郎吉田豊吉近藤逸五郎が担当, 乙骨先生の講演, 乙骨君は近頃なかなか, 乙骨君ここに僅, 乙骨君アンリ・ピエロンは疲労, 乙骨君君は故意, 乙骨太郎乙氏が返り, 乙骨永田それから高瀬, 乙骨耕安が入っ, 乙鳥さまざまな鳥, 乙鳥口の風呂敷, 乙鳥音吉独りだつたの, 乙麻呂卿配土左国之時歌三首並短歌の中, 乙麻呂流離の連作, 乙麻呂自身の心