青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「井戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ 五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸
井戸~
些~ ~交 交~ ~交換 交換~ ~交渉 交渉~ 交通~ ~交際 交際~

「井戸~」 3128, 34ppm, 3474位

▼ 井戸~ (1198, 38.3%)

83 中へ 62 中に 41 水を 33 中から 31 底へ 27 ような 26 底に 24 底の 23 中を 19 底から 18 中の, 方へ, 水が 15 底を 13 中で, 水は 12 底で 10 ように, 底には 9 そばに, 上に, 側に, 水で 8 茶碗が 7 そばへ, ところに, 茶碗を, 蓋を 6 中か, 中には, 傍に, 口から, 口に 5 そばには, ところへ, ところまで, 側の, 側へ, 縁に 4 そばの, ところで, 上へ, 中が, 傍で, 底は, 水の, 水も

3 [23件] あること, なかには, まわりで, 上から, 中だ, 中へでも, 中へは, 側で, 側には, 側まで, 口の, 口を, 外に, 外へ, 宿へ, 屋根が, 底, 形を, 方を, 水さえ, 蓋が, 釣瓶の, 鎖を

2 [63件] あたりで, あたりに, あたりまで, あたりを, ある場所, ある方, ことで, ことである, ことを, すぐ側, そこに, そばで, なかで, なかに, なかへ, なかを, ほとりに, ほとりには, ほとりの, ほとりを, フタを, 上には, 上の, 上は, 上を, 中, 中からは, 中は, 中まで, 側から, 傍へ, 傍らで, 傍らに, 傍庇の, 冷たさ, 前には, 口は, 口一パイに, 名器で, 外で, 宿は, 底からは, 底にでも, 底屋根裏階子の, 底深く, 後ろとか, 所まで, 方から, 方で, 水だ, 水汲み, 流しに, 流しの, 縁へ, 蓋の, 裏堂の, 跡は, 車が, 野の, 釣瓶が, 釣瓶ぢや, 釣瓶に, 釣瓶は

1 [343件] あたりには, あつた, あるところ, あるの, ある一隅, ある兵十, ある彼, ある所, ある時分, ある石じき, ある私, ある裏手, ある門口, いわれが, うちから, おもて, かげなりに, こちらから, ことです, ことなんか, ことは, ことばかり, ごとく, すぐ前, すぐ向う, すぐ脇, そこの, そこを, そとに, そば, そばから, そばだろう, たまりで, たまりとやらへ, ついてる一つ, つるべな, ところまでのたり, ところまでは, ところを, ないウチ, なかからも, はねつるべの, はね釣瓶, ふた, ふたの, ふちで, ふちに, ふちへ, へんまで, ほうから, ほうへ, まわりに, まわりへ, まわりや, まわりを, ものには, やうな, やうに, ようだ, ようで, わきから, わきで, を仰ぐ, を使う, ツルベの, ポンプは, ポンプも, モータアの, 一つが, 一刀は, 一割に, 一廓なる, 一方の, 一番北の方に, 三方から, 上, 上あたりで, 上で, 上まで, 上をば, 下に, 下へ, 下まで, 中からでも, 中さへ, 中などを, 中はじめは, 中へも, 中までは, 中までも, 中みたいな, 中も, 中より, 中をも, 中覆, 事な, 井戸側を, 井戸端で, 井戸車が, 仕掛けと, 代りに, 使用者は, 側からも, 側を, 傍から, 傍だった, 傍などへ, 傍まで, 傍らへ, 傍を, 入口で, 兩者は, 六尺下に, 其底から, 内から, 内側などの, 内側へ, 内部へでも, 冷たいところ, 処さ, 処で, 処に, 処へ, 出入口へ, 前で, 前に, 前の, 前を, 原と, 原へ, 口で, 口へ, 口径と, 古さ, 名を, 向う側から, 向う側で, 周りには, 周囲が, 周囲に, 周囲には, 周囲を, 喞筒なども, 噴水が, 囲り, 土壁に, 在る本蓮寺, 在所を, 地の, 址とか, 址を, 場は, 壁と, 外, 外の, 外柵の, 夢を, 大きい程, 大きさ, 大きな口, 奥, 奥そこまで, 女殺しと, 如き道, 姉はべたり, 姓を, 娼妓が, 存したる, 定法だ, 実地検証を, 家の, 家は, 宿に, 小車, 屋根の, 屋根中程から, 山吹も, 岩おこし屋の, 工事が, 幅が, 底からでも, 底が, 底だ, 底である, 底では, 底でも, 底な, 底まで, 底みたいな, 底をでも, 底大石を, 底沈み果て, 庭で, 形も, 後など, 後の, 後は, 所に, 所は, 所在を, 掘かへかと, 掘り方, 接近した, 撥釣瓶そっくり, 数は, 數の, 方に, 方の, 方も, 星を, 暗い水底, 書翰に, 月救う, 柱に, 柳へ, 柳を, 柵の, 桁の, 検証同, 様な, 様に, 横で, 横に, 横手に, 横穴は, 死骸です, 死骸を, 氣が, 水, 水か, 水さえも, 水じゃが, 水だけしか, 水だけは, 水だけを, 水である, 水でございます, 水という, 水などは, 水に, 水には, 水の上には, 水まで, 水までが, 水をの, 水汲桶である, 水溜りで, 水試みたるに, 水音の, 水音を, 汲上げ車を, 流しへ, 浅いの, 涸れた家, 深いは, 深い底, 深さ, 溢れる音, 滑車が, 滑車を, 片隅分け, 状態は, 畔で, 相談を, 真上に, 真暗な, 石の, 石畳に, 神とを, 神の, 秘密, 秘密を, 穴へ, 箇所に, 精が, 精に, 精は, 紅葉に, 総数や, 縁は, 縁まで, 縁石を, 縄つる, 縄に, 背後の, 脇から, 脇の, 臥龍梅也, 若水を, 茶碗, 茶碗に, 茶碗の, 蓋, 蓋と, 蓋という, 蓋に, 蓋には, 蛙, 蛙の, 許に, 話は, 誰さんか, 跡だ, 跡です, 跡でも, 跡と, 跡なんか, 跡に, 跡や, 跡を, 車の, 車は, 車を, 轆轤が, 辺から, 辺でございます, 辺では, 辺の, 近くへ, 逃げみちは, 遠いくらいは, 遠いこと, 重い石, 金滑車が, 金科玉条であった, 釣瓶や, 釣瓶を, 鏈を, 鑿賃が, 長い弔瓶縄, 開鑿には, 間には, 間も, 闇の, 附近は, 陰から, 音が, 音に, 音響です, 響板の間の, 高い櫓, 鬼と, 鬼火か

▼ 井戸~ (253, 8.1%)

12 掘って 11 覗いて 5 掘つて, 掘ること 4 のぞきに, 前に, 覗くと 3 のぞいて, 覗いたり

2 [19件] のぞくよう, ほって, ほりはじめた, 下りて, 仕掛けて, 出ると, 埋めたの, 埋めた跡, 埋めて, 掘っても, 掘つた, 掘らせて, 掘ると, 掘るの, 汲んで, 知って, 穿ったり, 見た, 覗く

1 [164件] あんな風, いくつか, おおいやがて, さがしだしそれ, さらつて, さらわせたが, しらべたの, し見れば, そっと下り, その出口, その鍋釜一ツ, たいへん気, たのむぞ, ちょっと覗い, つかうの, つかえるよう, つくるため, のぞいた, のぞいたって, のぞきこんで, のぞき込みながら, のぞき込むと, のぞき込んで, のぞく, のぞくと, のぞく夢, のぞけば, はいったすぐ, はさんでの, はじめて知つた, ふさいだ土, ふさいで, ほった, ほめて, ほらねば, ほりはじめたが, ほる道具, ほろう, またいだ, みなければとか, もった畑, やっと二つ, ガチャ, ガチャガチャやり, 一つ掘ったら, 上から, 上へ, 下に, 下へ, 下りる三吉, 且つ蔽いし, 中に, 中心に, 何遍も, 作るとでも, 使えるので, 使って, 使ふ, 俯瞰する, 出ること, 占領し, 取りまいて, 取り出されて, 圍んだ, 埋の, 埋めえへんし, 埋めさせた東京市, 埋めたと, 埋めたので, 埋めること, 守つてゐる, 左に, 恐る恐るながめる, 指さした, 指した, 指しました, 捜して, 捜し出すの, 捜索し, 授けようと, 掘ったところが, 掘った時大蛇, 掘つたやう, 掘らしたの, 掘らして, 掘らしめて, 掘らせたとか, 掘らせたの, 掘らせたり, 掘らせん, 掘らなければ, 掘らんければ, 掘りしに, 掘りたるところが, 掘りぬいて, 掘りはじめて, 掘り下げたり, 掘り下げると, 掘り抜いた時, 掘り練糸, 掘り返して, 掘るお金, 掘るこれら, 掘るとか, 掘るとき, 掘るやう, 掘るよう, 掘るより, 掘る術, 掘る費用, 掘る隙, 掘れば, 掘ろうという, 探してるちゅうこン, 探しに, 探し当てた米友, 探っても, 搜し出したら, 新しく掘る, 春立つ, 汚すと, 汲ませまするに, 汲みつくして, 汲みほそうと, 浚えて, 浚えまた, 浚は, 浚わせて, 浚渫した, 深く掘りなし, 湧き出ださしめそれ, 用うる, 留守に, 発見した, 登攀し, 知らない, 組み合せ渋色, 縄張りに, 背景に, 脱け, 蔽って, 見たいが, 見つめて, 見て, 見ると, 見るとね, 見るなり手, 見上げた, 見付けて, 見守つて, 覗いた感じ, 覗いた訳, 覗かせた, 覗きましたと, 覗きます, 覗き込んで, 覗くこと, 設けて, 許して, 讚美する, 通って, 鑿る, 隔てて, 髣髴と

▼ 井戸~ (225, 7.2%)

27 ある 22 あって 14 あった 7 あります 6 あつて 5 あるが, あるの 3 あつた, あるその, えを, 一つある 2 ありました, ありますが, あり金魚, あるので, あろう, え, ござります, 一個, 山吹の

1 [109件] あったここ, あったその, あったの, あったので, あったばかり, あったらいい, あったらどんなに, あってね, ありいずれ, ありその, ありそば, ありますから, あり五六人, あり梅, あり露路, あるから, あると, あるところ, あるには, あるのに, あるん, あろうとは, いいの, いけないの, いつの, いつぱいになつてあふれたほど, いよ, えという, えの, かれても, この世に, すっかりポンプ, その, そのままあつ, その下, その円く, ちょうど師匠, できた, できて, どうなろう, ないので, ないばかり, なかつた, なくて, なければ, ひとつ掘れるだ, ぴかぴか光りました, ふかうな, ほれた, ほれない, みえた, よく飾りもの, わから, わが半分, わに, わにひっかけ, わまでが, わを, ポッカリ口, 一つ, 一つありました, 一つしか, 一緒らしい, 二つあっ, 二つある, 二ツも, 今も, 使えないこと, 使えないの, 借りられるので, 光った, 六つあっ, 出て, 即ち馬琴, 各地に, 在る, 坂の, 城郭の, 奈良唯一の, 家の, 小さいとは, 干いたみたい, 幾つも, 掘って, 掘つて, 掘れるという, 改良された, 新しいの, 最も深く, 未だに方々, 欲しいと, 正しく真直, 水枯れした, 氷つてゐます, 浅いの, 涸れて, 深いから, 深いと, 深いので, 父母いずれかによって, 真下に, 私には, 窓の, 見つかったと, 見つかって, 設けられて, 近くなった, 遠くって, 魔人の

▼ 井戸~ (204, 6.5%)

14 身を 9 落ちて 6 水を 5 石を, 行って, 飛込んで 4 とびこんで, 投げ込んで 3 入れて 2 投げ落した, 投げ込まれたの, 投込ん, 沈めること, 落ちたといふ, 落ちたの, 落っこって, 貞を, 飛び込んだの

1 [131件] おちて, おっこちた, おっこったらしい, おのおの入口, おりんの, お吉, お水, くると, すてたこと, するすると, すんでの, つきおとしたの, とびこみおったか, とびこむと, とびこもうと, どなったよう, はいって, もぐった佐, もぐって, ゆくの, ドブンと, ハメる, 下りて, 下ろしてから, 人でも, 仕掛けを, 來て, 入った男, 出た, 出て, 出られる, 医学書の, 向うこと, 唾を, 墜ちたおばさん, 大石を, 家毎から, 引いて, 当り散らした神尾主膳, 投げこまれたの, 投げこみ自分, 投げこんで, 投げ込ませた, 投げ込まれたに, 投げ込まれた小坊主, 投げ込まれてまで, 投げ込むこと, 投げ込むという, 投げ込もうと, 投げ込んだの, 投り込ん, 投身した, 投込んだ, 抛り込まれて, 抛り込んだの, 抛込んだの, 押しかけうばたま組, 掛って, 斜に, 枝を, 案内し, 梯子を, 毒を, 気を, 汲みに, 沈めた樣子, 流しこんだの, 漬けて, 澤庵石を, 灯を, 片足を, 物置から, 猫が, 猫の, 生き埋めに, 石でも, 石片を, 突き落されたり, 落されるまでは, 落した小刀, 落した櫟根, 落した術, 落し込んだり, 落ちこんだ, 落ちたところ, 落ちたら泳ぎ, 落ちた児, 落ちた時, 落ちなかつたわけ, 落ちましてからは, 落ちるの, 落ちる度, 落ちる水, 落ち込んだもの, 落っこちた, 落っこちたとき, 落っこった, 行き水, 行こう, 行こうと, 行ったが, 行ったもの, 行っては, 行つた時には, 行つて二三枚の, 行つて水を, 行つて見ました, 行つて見よう, 走って, 近づこうと, 運んで, 釣るしたり, 附いて, 降りた職人, 降りられるよう, 陥ち込んだぞ, 隠したんで, 隱した, 集まった, 顔を, 飛びこむなり, 飛び込むか, 飛び込むの, 飛び込もうと, 飛び込んで, 飛んだ者, 飛込む勢ひも, 飛込む氣, 飛込む積り, 飛込んだの, 駈けて

▼ 井戸~ (150, 4.8%)

6 身を 2 しては, 冷やして, 水を, 水汲に, 落ちて, 近いた, 飛び込んで

1 [130件] あると, あるべき屍体, おちこんで, かける竹, さげて, たった五日漬, つけて, つるした水瓜, とびこんだの, どうしておれ, なげ込む, なったという, なって, なりここ, なると, はまって, はまりました, ひとり墜落呼べ, もっと別, ゆき, フタを, 井戸側の, 仕掛けて, 似た心, 何か, 入って, 入れたと, 入れた点, 入れて, 冷して, 出て, 列し, 向って, 宿怨でも, 投げすてられた, 投げ込まれたゆえ, 投げ込まれた灯明, 投げ込むの, 投げ込んだと, 投げ込んだの, 投じたと, 投じ焼死, 投り込まれた, 投込ん, 捨てた, 推並び, 放り込まれたの, 放り込んで, 新しい清水, 木札を, 来る山, 案内した, 死人が, 毒を, 毒水が, 毒薬を, 気を, 水が, 水のね, 水死人が, 水滴の, 水音が, 水飲みに, 沈めて, 沈める, 沈めること, 沈める手, 沿って, 洗う, 浮いて, 瀬戸ものを, 然も, 物が, 生きながら, 白梅の, 突き當り, 突き落して, 突落し, 突落す, 細い綱, 細工を, 縛られて, 腐りかけた蓋, 自分が, 自分の, 若い女, 落した音, 落し込む藝當, 落ちこんで, 落ちた人, 落ちた話, 落ちた鼻, 落ちました, 落ちるなどは, 落っこちた子供, 落つこつたくら, 葬ったこと, 蓋が, 行き清水, 行ったが, 被さるよう, 触っては, 越したところ, 身投げした, 近い上大和橋, 近い二階建, 近い通路, 近く毎年の, 近づきました, 近づくと, 近寄つて, 近寄らないで, 通う路, 通って, 釣って, 釣るして, 関した事, 隠してから, 隠れたけれど, 飛びこみました, 飛びこむって, 飛びこんじまうから, 飛びこんで, 飛びついて, 飛び込むと, 飛び込むなんて, 飛出すと, 飛突く, 飛込んだこと, 驅け

▼ 井戸~ (143, 4.6%)

2 あるの, お勝手, 今年にな, 何ともありません, 内井戸, 水の, 江戸時代に, 深くて, 車にて

1 [125件] あまり淺, ありませんよ, いかにもあの, いつかいろいろ, いつも黒い, いろんなこと, かなり遠い, くせが, この物置部屋, この石垣, これこそ, こんな形, ごく深かっ, ご利益で, そのなか, その蔭, それである, だめで, つねに冷たい, どうせ一間, どうな, どうやら空井戸, なかった, なかなか大きい, にぎわって, ねえかな, ふさいで, まことによい, また格別, まだえ, まだこの, もうとうに, もう埋め, もう水, よい水, わりあいに, われわれが, コンクリートで, 一体に, 一寸見る, 一方には, 一滴の, 三メートルほどの, 三尺にも, 不吉だ, 中庭の, 九段下にも, 二つある, 今では, 今でも, 何にも, 何年前これこれの, 何處だ, 先住の, 前の, 化物屋敷の, 半分は, 右の, 名水と, 向ひ, 君何処へでも, 囲いが, 固く封ぜられ, 土地一番の, 土間の, 地獄が, 坐って, 埋めて, 外だ, 多摩川から, 大した役, 大昔から, 始めて, 完全な, 家々に, 小さい塔, 少し深く, 山谷親方から, 床までの, 庭の, 後蘭軒の, 悉く埋ま, 掘って, 掘下げられます, 数ヶ所しか, 日本の, 暗くし, 木の実草の, 柄杓で, 死屍を, 母里家の, 水が, 沢山あります, 浅いから, 深いか, 深いから, 深いせい, 深いせゐ, 深いの, 淺いから, 湯殿とは, 無いの, 無限地獄に, 玄関の, 玉川上水だった, 町の, 白木の, 皆釣瓶が, 直ぐ眼, 真黒な, 組合の, 綺麗ね, 自慢ものの, 舊時代の, 裏の, 見なかったの, 近くに, 遠いから, 長屋の, 随分深い, 隣と, 非常に, 飛んだ深い, 飯田町の, 馬琴の

▼ 井戸から~ (135, 4.3%)

15 水を 5 出て 4 上った死体, 汲んで 3 上って 2 ガタ, 上ったと, 出た死体, 女の, 引揚げ, 発見された

1 [92件] あがらなくては, あげて, あふれきらきら, くみ上げて, くみ立ての, この海底城, すこし先, つめたい水, である, でございますわ, ならば, はい出して, イモリを, ノッソリ全身を, バケツに, 一間許り, 上が, 上った女, 上った屍体, 上った時, 上った糜爛, 主人の, 二十八間の, 人を, 人間の, 今出, 冷い, 冷たい水, 冷っこいの, 冷めたい水, 出されたという, 出た当時, 出ると, 出る水, 助け出されて, 十五六歩で, 台所口へ, 問題の, 四人の, 大きい手桶, 如露に, 小桶, 幽霊でも, 床下まで, 引いた泉水, 引きあげて, 引き上げられた, 引上げた, 引揚げた, 引揚げられ, 手桶いつ, 手桶を, 揚った屍体, 撥釣瓶で, 時々五色, 最後に, 東へ, 梯子梯子から, 死体の, 死骸が, 水が, 水揚げて, 池の, 汲まれる冷水, 汲みあげて, 汲み出されて, 汲むこと, 汲んだ, 汲んだ水, 汲んだ清水, 清水を, 滾, 灌漑用の, 無限に, 発見し, 石段を, 聞こえたそう, 荷担へ, 落っこちて, 計らずも, 這い出して, 這い出します, 遠ざかろうと, 釣り上げて, 釣瓶で, 離れて, 雨が, 顔や, 風呂場へ, 飛出した青髯, 飲み水, 黙々として

▼ 井戸~ (87, 2.8%)

5 の蔭 3 の上 2 のよう, の割れ目

1 [75件] からのぞい, から人, から出た, から土蔵, から見えなくなっ, がつい, が低く, が四角, が風, ですが, で釣瓶, で龍吐水式, といふもの, としては大きな, と成り, にかかっ, にからだ, にしゃがみ込ん, にたった, について左, には大きな, には米友一人, にぶら下がっ, に手, に添つて, に片足, に置い, に行っ, に走り, のあたり, のかげ, のところ, のま, の一方, の中, の半分, の外, の少し, の横, の途中, の釣瓶繩, の間, の騒ぎ, の高, はあった, はまるで, は半分, は四角い, は径三尺, は徑三尺, は眞, は腐朽, へその, へとりつい, へとりつきました, へよろけかかった, へ取って返しました, へ寄った, へ梯子, へ水, へ突, へ集まりました, へ馳せつけた, へ駆けつけ, まで拉し来った, やまばら, をさっさと, をのぼっ, をよじのぼりはじめました, をよじ登れる, を取替える, を取破し, を覗い, を這, 深くのぞき込む

▼ 井戸~ (58, 1.9%)

9 水を 2 汗を, 釣瓶から

1 [45件] あつた, あつたさうだ, おざれ, お雛, ごく有名, そなた, その二間, ちょっとのぞい, ね, よく洗っ, よく面, わかりました, ザラの, 一滴の, 何んにも, 余の, 冷した西瓜, 印度の, 厨の, 含嗽を, 四百九十目あった, 四百八十目伏見屋の, 城外への, 子供を, 打ちころした影武者, 曰くの, 死んで, 殺された時, 水が, 水肌までは, 汲んだ洗面器, 洗いすすいで, 洗って, 深さ, 源右衛門が, 犬死した, 穢れの, 行水を, 袋路地にな, 貰ひ, 足軽たちと, 身体を, 轆轤の, 重石か, 釣瓶を

▼ 井戸掘り~ (52, 1.7%)

3 の光景, 人足の, 親方の 2 だ, の新五郎さん, 人足に, 人足は

1 [35件] がなけりゃ, ではなく, でもなん, でも植木類, で渡世, と云, にし, になる, にも役せられ, に行き, のまっ, の仕事, の声, の威勢, の櫓, の者, の親方, は一名, は痛い, や御輿舁, をする, を押込め, 人夫が, 人夫を, 人足が, 人足で, 人足らしくない, 人足を, 人足男は, 何の, 地質学, 機械です, 稼業を, 職人は, 親方や

▼ 井戸~ (43, 1.4%)

10 たに 8 たへ 5 たの 2 たへ顔を

1 [18件] たから, たが, たでじゃぶじゃぶ, たでせんたくもの, たでみごと, たでよごれた皿, たでポンプ, たで口, たで水, たで水垢離, たで洗うところ, たで洗って, たで洗濯, たで誰, たで顔, たにかけ, たを, ツかり

▼ 井戸~ (39, 1.2%)

3 の家

1 [36件] から相当, が井戸, が足もと, であつ, では知らない, でもしまいに, という古い, といっ, とは比較, と云, にそんな, にはそんな, には少なから, にもなん, にも嫁, に命じ, に奉公, に泊り込ん, に見放されたら, に顔向け, のうち, の主人, の名, の店, の手伝ひで, の若, はつん, はわらひも, へ参ります, へ嫁入り, へ押掛け, へ送り込まれた, をつれ, を待たせ, を恨む, を連れ

▼ 井戸~ (33, 1.1%)

2 いえば

1 [31件] いうが, いうまで, いうよりも, いって, いっても, いつて, お勝手の, ちがって, 下の, 云うもの, 云った時, 云っても, 云つてゐる, 云ふ, 判つた, 呼ぶ井戸, 柳が, 柳の, 物置の, 狂人たちとを, 猫柳の, 申しますと, 申伝え, 知って, 石の, 結びつけて, 藏の, 見せかけたひみつの, 言うと, 言われて, 長屋雪隠を

▼ 井戸~ (31, 1.0%)

3 樹木も 2 投捨て

1 [26件] ありまするから, あり釣瓶, ある, あるので, あれば, いかなるひで, じゅうぶんしらべた, すくない, そのままで, ない宿, なし流れ, 今では, 出来て, 半分は, 掘って, 掘る, 数十メートルという, 木造の, 水が, 深い草, 石であった, 穴も, 見あたらない, 見せて, 近く手輕, 鷲の

▼ 井戸には~ (24, 0.8%)

4 蓋を 2 毒が, 水が

1 [16件] いって, いま汲んだ, たしか蛙, よい水, 一筋の, 何も, 千姫様に, 新たに, 桔梗が, 楠の, 澤山ある, 白墨で, 盃に, 触らないで, 近寄らなかった, 釣瓶も

▼ 井戸~ (22, 0.7%)

4 蚊に 2 上水に

1 [16件] おへっつい, して, ども盃, タンクには, 以前は, 古池などが, 坊主飛び込む, 垣の, 庭の, 月桂樹の, 深い杉木立, 清水に, 温泉を, 道頓堀へ, 酒倉に, 風呂の

▼ 井戸~ (21, 0.7%)

2 ということ

1 [19件] え, からつめたい, から宵, から早く, から水, から瓦, がわるく, が相当水, けれど町, し少し, つて凍つ, というの, といっ, と分った, と土地, と思う, な, なあ, ね

▼ 井戸~ (18, 0.6%)

3 人夫を

1 [15件] にア, の人夫達, の真似, や井戸さらえ, より涼しき, をやった, をやらかした, を見, 人が, 人夫が, 人夫島田某は, 人夫達は, 機械なりと, 道具の, 道具石油の

▼ 井戸~ (16, 0.5%)

3 へをし

1 [13件] の時, へか神田祭, へした, へと煤掃, へのとき, への夕, への済んだ, への職人, へ連中, ほどの騷ぎで寄つて來, もしたなれ, をし, 溝掃除細々

▼ 井戸まで~ (13, 0.4%)

1 [13件] いって, やってきた, 低い四つ目垣, 出張し, 導いて, 引返すかね, 死体を, 汲みに, 行かせること, 行って, 行なけれ, 転し, 降つて

▼ 井戸~ (13, 0.4%)

2 へ手

1 [11件] が走った, にしっかり, にすがる, のよう, の手, の擦合う, を奪い取っ, を奪い返そう, を手繰り上げる, を手繰る, を片手

▼ 井戸という~ (12, 0.4%)

3 のが, のは 1 あまりぞ, ものが, 井戸には, 古井戸, 茶碗の, 言葉が

▼ 井戸へでも~ (10, 0.3%)

3 懸られてはと 1 入って, 投り込め, 沈めろ, 落込んだ, 行くの, 飛びこむかな, 飛び込み兼ねないの

▼ 井戸~ (10, 0.3%)

2 に水 1 で水垢離, で私, で身體, に木蓮, に立つた, の跳ね釣瓶, へ立っ, を去っ

▼ 井戸~ (10, 0.3%)

1 が歌ひながら, だけだ, のこと, のなら, の方法, はあの, は私達, ばかりだ, を冷笑, を頼んだ

▼ 井戸ほり~ (8, 0.3%)

1 がいちばん先, が待ちかね, ではできない, にかかっ, はこの, はまったく, をやめ, 蒸溜水つくり

▼ 井戸~ (8, 0.3%)

3 の清い 1 にはとても, の野営地出発, は水長沢山, や洞, を右下

▼ 井戸~ (7, 0.2%)

2 に取付 1 にしがみついた, にとりつい, にまで水車, に取付き, へ近寄っ

▼ 井戸では~ (6, 0.2%)

2 なくて 1 ありません, ないの, 永くじっと, 紺の

▼ 井戸流し~ (6, 0.2%)

1 で冷水浴, で頭, に足音, のところ, の間, へぶちまけ

▼ 井戸~ (6, 0.2%)

1 で釜, にゆく, に出, に集まっ, に露草, へ顔

▼ 井戸からは~ (5, 0.2%)

1 フンダンに, 一滴の, 田圃の, 近世に, 青い鬼火

▼ 井戸です~ (5, 0.2%)

21 から, から石, が水

▼ 井戸でも~ (5, 0.2%)

1 こんなに深く, 家に, 掘りなさい, 男も, 見に

▼ 井戸ほり組~ (5, 0.2%)

1 と交代, の水夫長, はここ, はそれ, はへとへと

▼ 井戸より~ (5, 0.2%)

1 フトこのごろの, 上った死体, 五六軒距つたお, 出し事凡三百年その, 女の

▼ 井戸~ (4, 0.1%)

1 何かに, 土蔵だ, 川へでも, 水道か

▼ 井戸について~ (4, 0.1%)

3 石段を 1 土蔵の

▼ 井戸屋さん~ (4, 0.1%)

1 がやつ, が井戸, が縄, のこと

▼ 井戸~ (4, 0.1%)

1 の最中, への綱, への連中, へを行

▼ 井戸茶碗~ (4, 0.1%)

1 がいい, というの, のキズ, も作ろう

▼ 井戸あり~ (3, 0.1%)

1 てやや, て井戸, 静井戸と

▼ 井戸かと~ (3, 0.1%)

1 思うが, 思って, 思われるよう

▼ 井戸じゃ~ (3, 0.1%)

1 やりよう, アない, ア有るまい

▼ 井戸である~ (3, 0.1%)

1 からこれ, といいます, と誌

▼ 井戸といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものが, 名ばかりで

▼ 井戸なら~ (3, 0.1%)

1 こんな変, 一と, 三十円も

▼ 井戸よりも~ (3, 0.1%)

1 なお明るい, 深い, 遥に

▼ 井戸らしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, 古井戸, 念の

▼ 井戸応助~ (3, 0.1%)

1 に嫁, に子, の子

▼ 井戸換え~ (3, 0.1%)

1 の模様, の連中, 冬は

▼ 井戸新さん~ (3, 0.1%)

1 がききました, の声, は人足

▼ 井戸~ (3, 0.1%)

1 ぐらいもある, を一束, を照

▼ 井戸ある~ (2, 0.1%)

2 屋後へ

▼ 井戸がはに~ (2, 0.1%)

2 手を

▼ 井戸がはにて~ (2, 0.1%)

2 向ふ

▼ 井戸さらい~ (2, 0.1%)

1 はまず, をはじめた

▼ 井戸だけが~ (2, 0.1%)

1 前に, 残つて石の

▼ 井戸つる~ (2, 0.1%)

1 べの音, べ狂人

▼ 井戸とか~ (2, 0.1%)

2 お濠

▼ 井戸とが~ (2, 0.1%)

1 あって, 眺められた

▼ 井戸とは~ (2, 0.1%)

1 生死の, 違いますから

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

1 と検分, んです

▼ 井戸などは~ (2, 0.1%)

1 まあまあとしても, 埋めたくなるの

▼ 井戸なども~ (2, 0.1%)

1 その一つ, 名水の

▼ 井戸なる~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 井戸にでも~ (2, 0.1%)

1 つけて, 落ちたか

▼ 井戸ので~ (2, 0.1%)

2 ござります

▼ 井戸ばかり~ (2, 0.1%)

1 掘って, 覗いて

▼ 井戸ひとつ銀杏~ (2, 0.1%)

2 の古りたる

▼ 井戸へも~ (2, 0.1%)

1 其旨達しに, 飛び込めない

▼ 井戸までの~ (2, 0.1%)

1 たって行く, 細道を

▼ 井戸みたい~ (2, 0.1%)

1 なところ, な穴

▼ 井戸やが~ (2, 0.1%)

1 撒く清酒, 縄に

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

2 中へ

▼ 井戸上村~ (2, 0.1%)

1 まで來, まで来る

▼ 井戸對馬~ (2, 0.1%)

1 と並ん, にも逢候處

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

1 にいる, へほうりこむ

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

1 からするする, に腰掛けてる

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

1 に嫁, の菩提所

▼ 井戸~ (2, 0.1%)

1 の傍, へ危気

▼ 井戸浚い~ (2, 0.1%)

1 をした, 母家の

▼ 井戸翁助~ (2, 0.1%)

1 と云, の家

▼ 井戸釣瓶~ (2, 0.1%)

1 が鳴った, の怪我

▼1* [124件]

井戸あたりでも何, 井戸あと飲めも, 井戸からでも一掬の, 井戸かをいい当てるを, 井戸がねえともかぎらねえん, 井戸がはも半分腐, 井戸がへにて相長屋, 井戸がわ廂立木の, 井戸がわにかけ縄ばしごを, 井戸ぐらいのものだ, 井戸こそ私が, 井戸へあり, 井戸さえも気味が悪くない, 井戸さらえがあっちこっち, 井戸そうかと思う, 井戸そのほかの, 井戸そのものが淺, 井戸そんな物は, 井戸だけはある, 井戸だの荷馬車の, 井戸やない, 井戸ってもなアいったい, 井戸てえのを, 井戸でありますが昔ここ, 井戸とかってのは, 井戸として大勢の, 井戸とでも云ふべく, 井戸とに見当を, 井戸との境には, 井戸ともいふ風に, 井戸とを思ひ浮べた, 井戸どこの湖水, 井戸なきを以て斗滿川, 井戸など少しも, 井戸などを思うと, 井戸なにがしでここ, 井戸なんぞ掘りあげたから, 井戸についての恐ろしさ, 井戸につれ出し其處, 井戸にとなって, 井戸になつて居た, 井戸にも何の, 井戸のぞく子に, 井戸のてすりが, 井戸はと賞めながら, 井戸はねまわってる小馬, 井戸ばかりか丁度其の, 井戸ばかりは依然として古い古い, 井戸への通路である, 井戸ほり道具宝物のよう, 井戸までやつて來て, 井戸らしく石を, 井戸らしく見えるが決してそう, 井戸涸れる, 井戸ソレト知ラズ修法所ノ, 井戸一つの貯水池, 井戸一ツありて, 井戸一ツ地境に挟まり, 井戸一帯に燐, 井戸一杯に斜め, 井戸下大和橋東詰で三色, 井戸世古の二つ井, 井戸へ投げ込ん, 井戸亀右衛門を枕頭, 井戸亀右衛門丞の母, 井戸亀右衛門丞安積八弥太木南加賀四郎など夜来, 井戸亀右衛門丞船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 井戸事件がめでたく, 井戸井戸を埋めさせた, 井戸便所土蔵馬屋等に至る, 井戸の早, 井戸勘一郎は柏軒, 井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 井戸井戸, 井戸囲いの土管, 井戸土産のもの, 井戸埋め門などが, 井戸堀人夫を, 井戸天牛書店の二階広間, 井戸好きだつた, 井戸對馬守と連名, 井戸から引いた, 井戸平常は使い物, 井戸大師水の, 井戸応助妻であらう, 井戸掘ではない, 井戸掘りめ他人の仕事場, 井戸掘りやっていた, 井戸掘りらしいひとかたまりの, 井戸掘り人の梯子, 井戸掘り作業が始まつ, 井戸掘り等にも従事, 井戸掘り見物が好き, 井戸さ, 井戸も多い, 井戸村山王宮は田畑, 井戸水道という便利, 井戸沢十郎衛門正根, 井戸沢山脈の一峰, 井戸への時, 井戸浚渫を請負った, 井戸深く沈めたの, 井戸湯殿などがあろう, 井戸熊川三島そば伊羅保刷毛目各種の茶碗, 井戸即和歌, 井戸をし, 井戸直しでも, 井戸を疊, 井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 井戸竈障壁下水などの設計, 井戸築山泉水茶室納屋隠居所風呂牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 井戸に黄, 井戸がづつしり, 井戸翁助宅看桜, 井戸の葡萄塀, 井戸良弘を京都, 井戸良弘どのは筒井家, 井戸とも言, 井戸の異変, 井戸てえ, 井戸にのこっ, 井戸近くに在った, 井戸附近は旧