青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「井~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ 五月~ 五郎~
井~
井上~ ~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~ ~交換 交換~ ~交渉 交渉~

「井~」 1648, 18ppm, 6413位

▼ 井~ (344, 20.9%)

24 中の 15 水を 9 お力は 8 中に, 底に 5 ほとりに 4 底を, 水汲む

3 [15件] お力か, お力とても, お力を, お力を通して, 下座敷, 中を, 字絣の, 底の, 方を, 水に, 水の, 端の, 辺に, 鉢肴は, 鬼姉さんが

2 [16件] うけひに, そばの, はたの, 傍なる, 傍に, 向うの, 塵ひとつだに, 天女, 如き古来江戸名所, 字の, 家内の, 底から, 柱へ, 水が, 神, 身体は

1 [190件] あと多く, ありければ, ある, うちから, おばも, お邸, お金も, かけ離る, かへる, きわの, こと, ことが, すぐ脇, ところで, なかに, なかの, なぐさむすべ, ふかき吐息, ぶと云つた, ぶと富岡が, ぶと結婚を, ほうから, ほとりの, ぽむぷ, やうに, ような, ように, わきに, 七人の, 三卦を, 下井に, 下井の, 中から, 中で, 中とは, 中へ, 丸邇坂の, 井の, 井手の, 井桁と, 人達も, 今も, 伯父は, 側に, 側より, 側を, 傍の, 内を, 前で, 前を, 印が, 叔父の, 口から, 口の, 口を, 口殿を, 口軽を, 右ゐる, 号を, 名が, 名を, 名残であろう, 命, 命は, 命次に, 哲博士の, 商売殊に, 地勢である, 声は, 奥さん, 奴どんな, 奴を, 奴等に, 如き湧き水, 如し, 姓が, 嬢さまと, 嬢様にも, 子, 子別れの, 子別れを, 字が, 字なりの, 家で, 家には, 家を, 屋敷まで, 屍が, 平畠, 底でも, 底へ, 弁舌が, 形が, 後とかいう, 御用人, 心事を, 息子だ, 息子と, 戦いの, 手が, 手で, 手紙という, 政の, 敗戦から, 教えて, 新旧合同で, 方へ, 時代には, 暦板行の, 末葉海野小太郎幸氏が, 椿も, 模樣は, 死が, 死ぬこと, 殿樣に, 殿樣の, 気勢いは, 水, 水で, 水と, 水スデガフーは, 水質の, 水飲みたり, 浅きながらや, 浅き心, 浅くは, 淵とも, 淵まで, 清水の, 温泉場だ, 湧くところ, 源兵衛で御座んす, 激しい喧嘩, 為には, 物語の, 男かい, 町の, 町子は, 白い足裏, 神で, 神として, 神竈の, 秋や, 稻置, 稻置が, 稻置の, 立場に, 端, 端なりし, 端に, 精を, 縁石に, 美泉とか, 羽衣物語である, 老人を, 背後の, 自殺後秀岡を, 舊蹟なり, 若先生, 裏には, 角, 診察所で, 話, 話で, 足袋と, 跡が, 跡とて, 身体を, 辺, 辺の, 辺りで, 近くへも, 道を, 道見返りがちなる, 邸に, 釀造水も, 野郎が, 釣瓶なぞに, 釣瓶の, 門口で, 陵に, 隠居処より, 隱居處より, 電話だ, 音が, 響からからと, 顔は, 駅で, 髯の, 龍頭より

▼ 井さん~ (110, 6.7%)

7 のお 3 はこの, は急, は自分, は黙っ 2 のおかみさん, の家, は, はふと, はまた, はもう, は殆ど

1 [77件] かまだ, がこちら, がこの, がごまかし, がどうしても, が呵々, が大笑い, が新開地, が渡船, だったの, ですか, でもう, とやらが可愛, と妻, と宿, にちょい, には殆ど想像, には聞い, には見馴れない, にも楯井さん, に何かと, に手紙, に持っ, に聞く, の, の使い, の側, の入っ, の前, の土産, の心, の朋輩衆, の来た, の眼, の神経, はあの, はいつも, はいま自分, はいろ, はおかみさん, はすぐ, はそう, はそこ, はその, はそれ, はそれきり何, はぼんやり, はやはり, は一寸あたり, は一度目, は二三歩, は兎, は入口, は六日目, は内気, は口, は嫁さん, は小屋, は心, は恐ろしい, は悲しい, は樹, は止む, は此, は炉, は私, は線香, は誰, は重々しい, は開墾地, は静か, は非常, へい, も天野さん, も床, を何, を迎えた

▼ 井夫人~ (79, 4.8%)

4 の室 3 の声 2 の彼

1 [70件] かが之, から余り, が何, が引き受け, が此, が狐猿, が病気, が着た, が竊, が遣っ, が鉄板, が附い, が非常, さえも居らぬ, だ勿論, だ念, だ虎井夫人, であろう爾, です, です私, でも居, でも着た, で有った, とが争っ, とが折々, とに逢い, との名, と偽名, と共に早朝, と同じ, と意見, と懇意, と申します, と秀子, にサ, に向い, に対する余, に渡した, に目配せ, に逢った, に頼まれ, の事, の十分の一, の居ぬ, の怪我, の手, の手紙, の方, の書いた, の母, の為, の罪, の言った, の言葉, の許, の連れ, は, は余, は兄, は其の, は到底, は又, は怪しむ, は秀子, は見え, は貴女, も此, を憎み, を振り捨て, を振り放し

▼ 井~ (55, 3.3%)

2 の処, の句, の恩, の新居, は私

1 [45件] から, からの言葉, から朱鱗洞遺稿, から麻布, がよく, が又, が島, が扉, との間, と二人, にお, にすぐ, には内密, には秘密, にハガキ, に厳選, に感服, に笑, に親しく, に謝意, のともされた, の一面, の作, の大, の布団, の放哉紹介, の此度, の深切, の見識, の言, の賜, の雑文, は今, は已に, は文科, へ送, へ送る, もきつ, も亦, も喜ん, も私, をはじめ, を心配, を機縁, を通して酒代

▼ 井~ (53, 3.2%)

2 勝手口から, 大損で, 天上の

1 [47件] あの和尚, その他に, その傳説地, ぞろぞろと, ふけだらけな, ぼくには, もうたしか四十歳, インバネスの, オタマジャクシを, 下谷に, 今でも, 何か, 何処です, 光つ, 六尺豊の, 内か, 前刻承知, 匆々と, 南部の, 又背, 反対に, 器用な, 執念く, 境内に, 家の, 悲鳴とも, 斧の, 早速出掛け, 概ねそれ, 水の, 点取虫だ, 独り感に, 独り深き, 産前産後の, 直ぐ其裏, 突然髪の毛, 自分に, 芝の, 解らぬながら, 言った, 誰にとも, 變な, 賀茂氏で, 軽く受け込みたれ, 頭を, 餘り, 鬼の

▼ 井~ (51, 3.1%)

3 あって 2 來て

1 [46件] あつた, あつて清水, その前日來, その頃まだ, それを, ぶつ, 三高を, 上の, 下足札を, 下駄を, 世間見ず, 二度も, 井君と, 何處かへ, 出るという, 加害者である, 勇敢な, 厳重に, 又のっけ, 又肩, 又色々と, 墜死し, 奈良に, 打ち解けた話, 故意に, 日頃の, 昨年話し, 本を, 横から, 無理に, 焦れば, 然う, 留守とは, 益々透き通る, 約束の, 自害し, 落第し, 親密さう, 言ったよう, 訪れて, 貴女を, 野良装束にな, 非常に, 顏を, 飛んで, 黙って

▼ 井~ (51, 3.1%)

2 濁点, 現れた女神

1 [47件] ありける影, お前の, くどく理由, さびしく髪, しては, つける, 何を, 光あり, 光が, 入りし時, 処定めつ, 到る, 取って, 名あり, 唐の, 在りて, 墜ちて, 墜ちては, 常世の, 当たりを, 影あり, 手紙が, 投じて, 振り滌ぎて, 掘りて, 於て, 棹さす百合, 沈んで, 湧くの, 満ち師子浮, 玉轆轤を, 現れて, 縁故が, 背を, 落ちた, 落ちたと, 行きしが, 行き水中, 行はれた, 言わせると, 誤るが, 邂逅し, 釣瓶は, 降り立った男, 陥るる話, 陥れ封じた道士, 飛び入り海へ

▼ 井兵馬~ (50, 3.0%)

2 だ, であるが

1 [46件] か, がそれ, がつい, が気, であった, であって, でありもう, である, でこの, でござる, という人物, という名, とかいう悪, とがこの, とが今, とこの, とに邂逅, とはおっしゃいませぬ, とは交叉, とへ, と申される, と申します, と矢柄源兵衛, と虐められ, と闘っ, などといういやらしい, の一味, の声, の荒淫, はいよいよ, はこう, は出入り, は北条美作, は合点, は君江, は嘉門, は奇妙, は残忍, は激怒, は無意識, は相手, は荒淫, は飛び込みざま, へ今宵次, も歩き出した, や代官松

▼ 井博士~ (49, 3.0%)

2 もふたり

1 [47件] から明智探偵事務所, がいきなり, がからだ, がささやき声, がその, がとなり, がふたり, が一歩, が怪人二十面相, だったの, だなあと, というの, とならん, と宇宙怪人, にあった, にも明智さん, に電話, のうち, のこと, のほねおり, のまえ, の四十面相, の奇妙, の広い, の怪人四十面相, の手, の操縦, の顔, はあの, はえらい, はこういう, はそんな, はなんと, はタジタジ, はロボット, は助手, は小林君, は潜航艇, は電話口, は顔いっぱい, もそこ, もつかれきっ, もまじっ, もイス, も息づかい, をさらっ, をねらっ

▼ 井~ (46, 2.8%)

3 掘りて 2 して, 指して, 覗いたら芥だらけ虫だらけ

1 [37件] さし覗くに, すると, たべて, てんして, のぞいて, もとむれども, 中心に, 久しくやらない, 伴い田崎, 倒に, 出た水, 呼付けて, 引き上げること, 指すの, 掘らしめたところが, 掘り味噌, 掘るに, 揉んで, 揚ぐるが, 施て, 毒するに, 深く, 相手に, 穿たしむる, 穿ちて, 籠めて, 米国式軽快な, 罵ること, 街の, 覆うて, 覆ふて居る, 見る可, 誘って, 鑿し, 鑿て, 鑿る, 陷ち

▼ 井~ (35, 2.1%)

3 倉は 2 いって, 云ふ

1 [28件] いいやはり, いふを, いふ所に, その息子, それから, つけて, 二人で, 云う力士, 云う爺さん, 佐藤しか, 倉が, 号す, 同じ様, 呼びました, 女共の, 家内に, 岡の, 来り二十一, 申される女子, 称する清水, 称する由, 結婚した, 聴いたからには, 自分とは, 西と, 西村に, 西村は, 西村も

▼ 井~ (30, 1.8%)

10 の友次郎 2 の友次郎親分, の方, の甲子屋六兵衞, の自分, の近江屋, へ踏み込んだ 1 から露月町, と号す, と稱, に厭, のでは, のやう, の友次郎兄哥, の親分

▼ 井~ (29, 1.8%)

3 は自殺

1 [26件] が便所, が兇器, が出, が帳面, が常に, が携帯, が機, が行方不明, だと, に就, に提供, の一派, の人懐っこい, の以外, の屍体, の方, の精神, の縁続き, の腰, はどうして, は真宗, は秀岡氏, は絶対, も晩年, より秀岡氏, を落し

▼ 井~ (23, 1.4%)

2 を横領

1 [21件] から, から絲屋清三郎, が欲しい, と山科家, に上がる, に乘込, に向かう, に殘, に目, の事, の便所, の内幕, の待遇, の用人, の老女, の腰元, の若, は沒落, へ乘, へ出入り, へ向かった

▼ 井~ (23, 1.4%)

1 [23件] が吹きこぼれ, が清, が長崎水品, のよう, の汲み, の温度, の異状, はかえって, は下, は其の, は濁り, ひとしくいづる, をかえ出す, を汲ませまする, を汲み上げる, を汲ん, を沸かし, を用, を盛れ, を飮食, を飲む, 新鑿費増加, 浸毒

▼ 井~ (21, 1.3%)

2 の上

1 [19件] が完成, などもあった, なので, に南蛮製, に車, のうえ, の下, の梯子, の様式, の雁木, は幾たび, は粉砕, やぐらの下, をつく, を構築, を築かしめた, を組ませ, を組みあげ, を組ん

▼ 井~ (19, 1.2%)

2 を出た

1 [17件] お屋敷内, からたつ, ではそれ, にお返し, に上がる, に喰, に奉公, のお, の人達, の侍醫, の奧方, の御, へ上げる, へ久し振り, へ奉公, へ連れ, まで二度

▼ 井という~ (18, 1.1%)

3 のは 2 のが, 井戸で

1 [11件] この男, ところで, ところに, のと, 古い井戸, 古井戸, 字の, 所に, 温泉は, 生徒が, 駕籠屋で

▼ 井~ (17, 1.0%)

1 [17件] がいや, が連れ, であろうと, となり, とのあ, とも醫光寺, と僕, に持たせ, に紹介, の, の登った, の記文参照, は二十六年一月號, は大谷君親子, は所謂気, は自分, も暇さ

▼ 井~ (15, 0.9%)

1 [15件] がいい, が学生時代, が目, が足もと, と同じ, と結婚, についての佐藤, の頬, はうすく, はひくく, はひとつ, はわらった, は佐藤, よりさらに, をみ

▼ 井から~ (14, 0.8%)

2 水を

1 [12件] その言葉, 出たので, 出て, 引上げられ, 手紙が, 掛け樋, 歩み去った, 汲んで, 葉書が, 遠ざかって, 電話が, 電話らしかった

▼ 井嬢次~ (13, 0.8%)

1 [13件] が壁, でございます, とどんな, と印刷, と名乗る, と思召, と称する, ならば, の功績, の怪手腕, の説明, の讐討ちの助太刀, を捕える

▼ 井~ (13, 0.8%)

3 の蛙 2 深く二つ三つ 1 に潜む, に突き落され, に落ちた, に送り, の乱闘, の大部屋, の生活, の集会所

▼ 井~ (12, 0.7%)

7 十は 1 十が, 十でした, 十と, 十の, 十までも

▼ 井~ (10, 0.6%)

1 あつた, あるとの, しきりに鉛筆, なければ, 同じ態度, 学資を, 掬むやら, 清水谷の, 西村も, 近くなった

▼ 井~ (10, 0.6%)

1 が団十郎, が陛下, に苦情, の徹底的政策, の果敢, の欧化政策, の薨去当時, の逸聞, は団十郎, をお伴

▼ 井久馬~ (9, 0.5%)

1 という浪人, とを恨まない, と申します, ならば, に遺児, の伜, の息兵馬, の遺児, の遺子兵馬

▼ 井~ (8, 0.5%)

1 トム公や, 今村や, 倉の, 我が顔, 我顔うつる, 湧き水に, 鉱穴や, 阿満

▼ 井~ (8, 0.5%)

6 の家 1 へ出かけ, へ各

▼ 井のぶ~ (7, 0.4%)

2 はゆき子 1 に買, の姿, はい, はさつと, は妊娠

▼ 井先生~ (7, 0.4%)

1 から電話, がその, にお目にかかりたい, のため, の少年助手, の顔, はいったい

▼ 井河氏~ (7, 0.4%)

1 に敗残兵, に断り, のほか, の好意, の巡視時刻, の説明, を訪れ

▼ 井神陽吉~ (7, 0.4%)

1 がでは, が男湯, が飛んだ, という男, と他, の身元, は風呂

▼ 井菊屋~ (7, 0.4%)

1 と云う, のしるし, の人たち, の奥, の片側, の畠, はほとんど

▼ 井~ (7, 0.4%)

1 と号する, の, のよう, の徒, の眼孔, ノ見, ノ誇

▼ 井夫婦~ (6, 0.4%)

1 がようやく, が引, についてはしあわせ, について考え, の幸福, はそれ

▼ 井より~ (5, 0.3%)

1 二十八間, 出で, 新たに, 水が, 遠からずし

▼ 井~ (5, 0.3%)

3 頭の 1 由皆不, 頭公園へ

▼ 井医学士~ (5, 0.3%)

1 の令夫人, の名, の夫人定子, の親友, の親類

▼ 井堂医院~ (5, 0.3%)

2 の招牌 1 となった, となりました, の大きな

▼ 井孝作~ (5, 0.3%)

1 が, と俳句, と共に主, の影響, も釣竿

▼ 井~ (5, 0.3%)

1 で十九円半, には旅情, のなか, の中, の封筒

▼ 井杉さん~ (5, 0.3%)

1 に聞く, の許, は予備騎兵曹長, は渡邊氏, も佐渡

▼ 井~ (5, 0.3%)

4 の底 1 ある事

▼ 井には~ (4, 0.2%)

1 その後一寸, 前に, 枯れ草や, 生前は

▼ 井兼齋~ (4, 0.2%)

1 といふ養, は押入, も力, 大肌脱

▼ 井博士邸~ (4, 0.2%)

1 から帰った, にいそぎました, にいそぐ, へなに

▼ 井字形~ (4, 0.2%)

1 に四大街, の井戸, の井戸側, をした

▼ 井浚え~ (4, 0.2%)

1 でも屋根葺, の時, をやっ, 木小屋の

▼ 井~ (4, 0.2%)

1 に向, の尼寺, の方, の邊

▼ 井~ (4, 0.2%)

2 の横 1 に改む, は二三年前新築

▼ 井うち~ (3, 0.2%)

1 の支那そば, の支那弁当, の支那料理

▼ 井~ (3, 0.2%)

3 さても

▼ 井との~ (3, 0.2%)

1 間の, 間をば, 関係を

▼ 井とは~ (3, 0.2%)

1 一寸其處, 云は, 結婚後一ヶ月経たない

▼ 井にも~ (3, 0.2%)

1 入れば, 行くやう, 話して

▼ 井一家~ (3, 0.2%)

3 の左法

▼ 井嬢次様~ (3, 0.2%)

1 でございます, とわたくし, と一緒

▼ 井~ (3, 0.2%)

1 と申す, は百人町, を送っ

▼ 井~ (3, 0.2%)

1 に数, の前面, を見る

▼ 井~ (3, 0.2%)

2 や小島 1 がそれぞれ各部編集責任者

▼ 井泉村~ (3, 0.2%)

1 の助役, の小学校, の役場

▼ 井~ (3, 0.2%)

2 をする 1 へをやつ

▼ 井紋哉~ (3, 0.2%)

1 が胸, という若い, とが左右

▼ 井~ (3, 0.2%)

1 と大きく, の広い, の霞

▼ 井~ (3, 0.2%)

2 助太夫様 1 の三君来庵

▼ 井遷寺~ (3, 0.2%)

1 という梵刹, のカラクリ本堂, の床下

▼ 井~ (3, 0.2%)

1 で開かれた, の階上階下, へ自動車

▼ 井あり~ (2, 0.1%)

1 口径三尺ばかり, 梅あり

▼ 井たち~ (2, 0.1%)

1 は, はくすり

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 とはっきり, どこの

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 古代の, 洗って

▼ 井などの~ (2, 0.1%)

1 水面が, 諸将いずれ

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 宿るまでは, 飛びこんで

▼ 井ゲタ~ (2, 0.1%)

1 の中, を見つける

▼ 井合名会社~ (2, 0.1%)

1 の社長さん, の重役会議

▼ 井大次郎~ (2, 0.1%)

1 が乗り出た, が住み込む

▼ 井孝作氏~ (2, 0.1%)

1 が, の

▼ 井師筆~ (2, 0.1%)

1 の其中一人, の額

▼ 井底蛙~ (2, 0.1%)

1 だ, だつたの

▼ 井~ (2, 0.1%)

2 の物語

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 に手, の上

▼ 井汲清治君~ (2, 0.1%)

1 と僕, の説

▼ 井泉村役場~ (2, 0.1%)

1 という札, の応接室

▼ 井湯島~ (2, 0.1%)

2 の天神

▼ 井男爵~ (2, 0.1%)

1 ですの, の弟

▼ 井男爵家~ (2, 0.1%)

1 の嫡男, の嫡男文夫さん

▼ 井町近江屋~ (2, 0.1%)

1 という糸屋, といふ糸屋

▼ 井真理子~ (2, 0.1%)

1 の告別式, は私

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 の真向, は屈せず

▼ 井茂一~ (2, 0.1%)

1 の屍体, は

▼ 井藏人~ (2, 0.1%)

1 でせう, は緊張

▼ 井見れ~ (2, 0.1%)

1 ば立ち, ば立走り

▼ 井近く~ (2, 0.1%)

2 しだる

▼ 井~ (2, 0.1%)

1 の小屋, の文章

▼ 井達夫~ (2, 0.1%)

1 も来, 在都

▼ 井金三~ (2, 0.1%)

1 の何度目, の夫人

▼ 井阪梅雪子~ (2, 0.1%)

1 に面晤, より短冊

▼ 井頭池~ (2, 0.1%)

1 から出, に発し

▼1* [204件]

あの中年者の, 井ありしが家々, 井うどんひもかわと書いた, 井お前はお前, 井お前さん流の善い, 井かけて土手, 井かね井は, 井へ居なけれ, 井さんこれはお, 井さん一人で反対, 井しかも特定された, 井じゃこれは, 井じゃなどとだいじゅう, 井じゃに因って, 井濁りけるやがて, 井たること疑, 井つて人は林四郎, 井づゝの同窓, 井でありあのての, 井ではえら執心ぢ, 井でも深ければ, 井といった処を, 井といふところに, 井とかいう料理茶屋が, 井としてある乗合自動車, 井とに会へる, 井なきところのみ, 井なし池水を, 井などと結婚した, 井などにあった梅園, 井などは親切な, 井などを主力に, 井なる賀茂氏を, 井にはぞつとする, 井のべにふる, 井のみづに, 井はねマリと, 井へは一筋道だ, 井ほらせけるにいと, 井まじない, 井または弘法池などと, 井までは一里足らずだった, 井下井の, 井よりの山道十五里悲しき, 井わく沙漠の, 井をも機上から, 井オランダ塀イギリス館の阯, 井スキイのグラス, 井バスの女, 井ホテルへ訪ね, 井ロンの製作室, 井一心斎を知つたの, 井九郎右衛門のこと, 井九郎右衛門殿から五十両, 井は食, 井侯以後羹に懲り, 井侯薨去当時故侯, 井便所の地図, 井光起である, 井光起さんとおっしゃる, 井光起君に対するだけで, 井八百五十石も木葉微塵, 井の碑, 井兵部厚東駿河守堀口美濃守貞満も満身, 井兵馬様がそう, 井其の積み上げたる芻秣, 井其ものは昔, 井は庭, 井冰鹿と申す, 井刈安蔵といふ人, 井前橋から新川堀, 井医学士夫人子爵山河内定子はいつ, 井医院の梅岡, 井博士こちらへいらっしゃい, 井博士ふしぎなこと, 井博士ぼくの証人たち, 井には井泥, 井危く我が娘, 井即ち眞間の手兒名の, 井又八郎の妻子, 井君大谷君その他の人達, 井君田中君大谷君なぞの外, 井君町長田中君いづれも, 井君石炭屋の高瀬, 井君高君藤君そして辻君, 井大六, 井地某方より帰路, 井の格子, 井大三郎樣といふ旗本, 井姉小路等の諸, 井嬢次対狭山九郎太の個人, 井の溝洫, 井孝作先生方を始め悪口雑言, 井孝作君が家, 井孝作君僕も皆, 井宇気比の条, 井実在正親町公董姉小路公知を副使, 井家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 井家籠沢家細谷家坂口家山上家など幾十家, 井対馬の考え, 井将監の屋敷, 井之助, 井工事を見学, 井工学博士から電話, 井師一人丈ですら, 井師五十歳祝賀句会へ打電, 井師斎藤さん大山君へ手紙, 井師筆額字を凝視, 井師緑平老元寛, 井行の, 井忍坂など, 井收兌卦には和兌, 井新聞配達の西村, 井旅館これで三度目, 井明朗氏の手, 井ダ達セズ将, 井杉さん夫婦が快, 井杉延太郎さんが迎, 井条式に植えられ, 井柏原不破の関屋, 井染四郎来りサロン春, 井格之進が逸早く, 井楼山と申し, 井楼山の上に立っ, 井楼櫓の屋根, 井楼矢倉隙間もなく, 井樋政之亟那珂村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 井武雄さんが二十七歳, 井殿や綾小路殿, 井水浚渫費の増加, 井水涸れたりと, 井汲さんの旦那さん, 井汲さん母子という顔ぶれ, 井汲さん親子一生懸命掘るわ, 井汲む音, 井汲卓一氏が理研, 井汲君から伺っ, 井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 井汲教授は私, 井汲氏に御, 井汲清治勝本清一郎岩田豊雄その他劇壇諸家声楽は発声法, 井汲清治和木清三郎勝本清一郎達と肩, 井汲清治福原信辰それに今, 井汲清治豊島與志雄の諸氏, 井汲逸見両兄, 井河先生ですたい, 井泉水氏は印象詩, 井泉水癖三酔つ, 井泉河湖に住む, 井へ途中, 井淵君大声で山節, 井清水谷の柳, 井烏山羽川などの諸, 井葉の, 井物産会社の役員, 井の幽霊, 井独り能く深きこと一丈, 井男爵夫人と直ぐ, 井磐根君三崎亀之助君の原案賛成, 井磐根寺田彦太郎田中正造等の廉潔派, 井神何某と云う, 井秀男ての, 井籠守沢などの手勢すべて, 井紋哉四人の若, 井細谷綿打横瀬堤などの一族, 井綾小路二卿の家来, 井に乗り替え, 井而飲耕田而食うであろう, 井自身が來年家, 井花魁だったけのう, 井荻村といふ名, 井荻町へ寄つ, 井華古河以下大小炭鉱のあり, 井華集にも出, 井葉子さんもずゐ, 井蔵小杉雅之進と医師二人, 井藏人樣のお, 井藤春曰ク然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ, 井蛙先生少シク注意シ給フ可シ, 井蛙名は義質, 井西村今村だの, 井會, 井護法堂とて小さい, 井賀井樣に奉公, 井運平それに正面, 井達夫等は嘗て, 井遠くして, 井醇醴を噴き, 井重三郎は人手, 井金三私の叩き続ける, 井阪さんが丁字髷, 井阪梅雪氏現のせう, 井阪氏宅にて帝国劇塲, 井院此邊の史蹟保存, 井の, 井雄君鎌倉に西尾正君, 井雅経さまが同じ, 井に雫, 井頭公園へ出る, 井頭池善福池などより流れ出で, 井に置い, 井高く夕日の, 井鳥為信一羽流の諸岡一羽, 井黙庵の次子