青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「五郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ 五月~
五郎~
井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~ ~交換 交換~ ~交渉

「五郎~」 4324, 47ppm, 2506位

▼ 五郎~ (1299, 30.0%)

11 答えた 10 それを 9 言った 8 あわてて 7 びっくりし, 思った, 眼を, 自分の, 黙って 5 うなずいた, びっくりした, 手を, 盃を, 苦笑した, 訊ねた 4 お京, その女, 声を, 思う, 急に, 笑って

3 [20件] いった, すぐに, そういっ, そこに, そんなこと, ちらと, また笑った, ポケットから, マンに, 云った, 俄かに, 妙な, 立ちあがった, 笑いながら, 笑った, 背を, 舌打ちした, 視線を, 靴を, 首を

2 [72件] あたりを, いなかった, いらいらし, うどんを, お吉, かすかに, かたわらの, くるりと, じっと見, そういう, そのこと, その理由, それに, つかつかと, どこかで, ひそかに, ふりかえって, また訊いた, まだ考え, むっとした, マンの, マンへ, 不思議な, 不意に, 不機嫌に, 丹尾に, 丹尾の, 主人の, 先に, 口に, 口を, 唇を, 唖然と, 唸った, 四十三歳後厄の, 女に, 女の, 家を, 左右に, 巨大な, 平次を, 店先から, 心の, 感じた, 指差した, 日記の, 時計を, 暫くこの, 栓を, 桟橋の, 橋を, 気が, 気づかなかった, 氣の, 激しく首, 狼狽する, 窓を, 考えて, 背後から, 胸が, 腕組みし, 自分に, 般若の, 舳に, 蒲団の, 諭すよう, 足を, 返事が, 長い間, 頭を, 頼家の, 顔を

1 [968件 抜粋] あいかわらずにやにや笑っ, あきらめきれぬよう, あたりが, あっけに, あばれた, あらためて住職, あわた, あんなに金, あんまり札, いかにもよく働い, いきなり膝, いったん入れた, いつかこの, いつも一人, いやと, いよいよ当惑, いよいよ腐った, うすく眼, うつむいたまま, おどろいて, お伽の, かえって説明, かすかな, かたわらに, かつぎこまれて, からかい半分に, きたないもの, きょろきょろし, ぎょっとした, くらくらと, こういう旦那, この三年, この親分, この金, これだけの, ごそごそと, さり氣, しかたなし, しずかに, しだいに自分, しばらくこの, しばらく風景, しゃべって, しんとなる, じっとその, じっと考え, じろりと見返った, すこしおどけた, すこしどぎまぎ, すこし考え, すなお, そういい, そうした効果, そう思い, そう答え, そう絶叫, そう言い, そう返事, そこへ, そこを, そっと右手, そのあいだ, そのまま表, その会話, その判断, その夜, その年, その悪魔, その手, その時庭さき, その樹, その片腕, その石五枚, その足, その頃, それから列席, それでいい, それには, それ以上の, そんな通俗, ただ無言, だいぶん酔っ, ちょっと不審そう, ちょっと考える, つづけて, つぶれた声, とうとう落第, ところどころで, どうしても, どきっと, どぎまぎし, なおつづける, なおもどなっ, なおも汗, なぐさめるよう, なにかを, なにか考え, なにげない口調, なにを, にこにこと, にやにや笑っ, のぞきこんで, はがゆくて, はげしくせきこんだ, はじめの, はっきりと, ひどく浮かぬ, びくッ, ふたたび館, ふっと眩暈, ふっと般若, ふと放心, ふりむかず碁盤, ぶっつかる敵, ほっとし, ほほえみながら, ぽつんと投げすてる, ますます壮健, まずコップ, またも, また一座, また十円玉, また歩き出した, また舌打ち, まだお, まだ体, まだ家, まだ親友, まぶしくて, みんなの, めんくらって, もう事, もう考えたくなかった, やがて三味, やさしい声, やっと腰, やはり彼, やはり答えなかった, ゆっくりと, ようやく焦心, よく舌, わたしが, アルコールを, ウンと, オツチヨコチヨイの, カンテラを, コップを, ゴロツキ兄は, テレビを, デッキから, トラックを, ニヤリと, ノッブを, ハンドルを, バンドを, フラフラし, プップッと, マンと, ムズムズし, 一と, 一口含んだ, 一旦しまいかけた, 一番いい, 一羽の, 丁方に, 万吉と, 三河島蓮田の, 上機嫌で, 下絵が, 不審の, 不服らし, 不足らしく, 両手を, 丸椅子を, 主人半兵衛の, 久々で, 乱れた着物, 事務所の, 二人を, 二度三度電文を, 二本の, 二等車などに, 二階の, 井上安五郎の, 人事不省に, 今厠の, 今流木, 仏頂面に, 仕方なく, 以前お, 会心の, 低い中二階, 何うし, 何となく向日葵, 何故か仏頂面, 何處へ, 俄には, 信用し, 催促する, 先き, 先輩らしく, 全身が, 全身硬直する, 八月十一日に, 八疊の, 内ポケット, 再びじろりと見返った, 冗談めかし, 凝と, 刀から, 初めて口, 到頭投げ, 助広を, 勝則と, 勝則を, 包の, 北町奉行榊原主計頭の, 十手を, 単身一足先に, 又もや意味, 友田と, 反射的に, 口の, 台所に, 合点合点を, 吉田邸に, 同じよう, 同情する, 名簿から, 吟味の, 呆然となった, 呟いた, 呟く, 呻いた, 唐突に, 問いかえした, 嘗て自分, 四五回目には, 四十面相の, 団栗眼を, 国民学校の, 坐つたままぢ, 変な, 多寡を, 夜どおし伏せ, 大便所から, 大勢の, 大庭春吉の, 大跨, 天井を, 女将から, 女房子供連中に, 好奇心を, 妻から, 威嚇する, 子分たちを, 子分の, 安堵した, 安心し, 寝つきは, 小判を, 小学生で, 小高い場所, 少年に, 尻まくりし, 居心地悪く, 岸壁が, 已に八回, 帰って, 帳面を, 平泳で, 広間に, 座席の, 弁当の, 弁明した, 引っ返して, 強かな, 弾んだ語調, 役人から, 待ち合わせて, 後へ, 微笑した, 徳利で, 心ならずも曳かる, 心内すこし, 忌々しそう, 忙しく地図, 応接間に, 怒りと, 思いだした, 思わずあッ, 思わず声, 性欲を, 恐くは, 息を, 息苦しく恐しく, 悪いところ, 意地の, 意識を, 感情を, 憂鬱そうに, 憤然と, 懸命に, 戦争中坊津に, 手で, 手にとって, 手紙が, 打ちくつろいで, 投網打ちに, 抜きあわせて, 抱腹絶倒した, 拔き, 掏摸を, 提灯を, 擽つ度, 敏感に, 数ヶ所を, 敵に, 新之助から, 既に山陽, 日本國中の, 日記に, 早起きだった, 昏, 昔から, 昨夜から, 昨日から, 時々立ち止り, 暗号の, 暴漢を, 朋輩の, 朝の, 村民の, 板の間に, 枕崎までの, 柄にも, 桔梗屋の, 梯子段を, 楽しそう, 楽屋で, 横町を, 機嫌が, 正作が, 正面の, 武家の, 武蔵坊弁慶の, 歩き出しながら, 死罪を, 殺されたには, 毛布を, 気がついた, 気抜けが, 気持を, 氣輕に, 水の, 沈痛に, 油紙包みを, 泣きたい思い, 泣き声に, 泳いだ, 洞海湾の, 派手に, 浮かぬ顔つき, 浴衣の, 海には, 淋しく笑つて, 清七が, 清七の, 清七鍛冶屋の, 滑稽な, 激昂し, 無抵抗作戦に, 焦だった, 煙草を, 照れ臭さうに斯, 熊本で, 片肌を, 牡丹雪を, 物馴れた, 狼狽した, 猶もそこ, 玄関正面に, 玉井組の, 珍しい気持, 瓶を, 用心深く仰角, 甲板から, 留吉を, 異様な, 疎外感を, 病室を, 白を, 目立たぬよう, 相かわらず, 相手を, 眠くなっ, 眼が, 瞬間の, 硝子瓶には, 福の, 私の, 空を, 空腹を, 突然ある, 窓外を, 立ちあがって, 立ち上つて水着, 立ち上り大急ぎ, 立ち止まった, 立って, 笑いだした, 笑いやめた, 第一行, 答えなかった, 箸を, 糞度胸を, 素直に, 組合の, 絶叫した, 緊張せず, 縁側から, 老いぼれた身体, 考えた, 耳から, 耳を, 職人の, 肩を, 胸の, 脱兎の, 腕組みした, 腰を, 腹這いの, 膝を, 自分にか, 艀に, 若い方, 苦に, 苦笑し, 茶店を, 荷役の, 藤陰の, 蘇生しない, 衣服を, 裏口から, 見ちがえたの, 見台の, 見当ちげえ, 覚えて, 親友の, 角助が, 訊いた, 訥々と, 語りながら, 誰の, 警戒の, 貝殻を, 貯炭場を, 走りだす, 起きて, 跣足に, 身づく, 身を, 軽いめまい, 軽く頭, 近づいて, 追われて, 退院する, 逆上気味に, 遂にもの, 遂に決心, 過ぐる日, 道後温泉での, 選挙の, 酒瓶を, 酔眼朦朧と, 金五郎の, 金錢上の, 鉛の, 錻力や, 鐘楼に, 門前に, 間もなく東海道筋, 間違いも, 関五郎で, 関氏五郎に, 陽に, 雨に, 霍乱で, 静かな, 頬かむりの, 額に, 顔が, 顔色を, 顔面を, 風呂に, 飛行機旅行は, 馴れなれしく声, 驚きの, 黄金メダルを, 黙つて家

▼ 五郎~ (519, 12.0%)

11 顔を 7 方は 6 ところへ 4 家の, 家へ, 方を, 眼に, 腕を, 部屋に

3 [15件] ことを, ために, 写真を, 前に, 声が, 姿を, 娘お, 家を, 小屋は, 左腕に, 気持を, 眼には, 耳には, 胸に, 顔は

2 [37件] ように, 乗って, 事が, 仕業と, 傍に, 傘下に, 内儀, 厚い胸, 友人, 命を, 宅に, 尻を, 心に, 怒は, 性格を, 息子が, 手へ, 方が, 方へ, 来るの, 無趣味な, 眼は, 着て, 耳に, 胴巻は, 胸の, 腕の, 藤陰なる, 言葉が, 言葉の, 語調は, 身の, 身体は, 重い口, 頭から, 顔に, 鼻先に

1 [352件] いたずらです, いること, うえに, おかげで, お富, こと, ことが, ことなど, さ, ささげたる, しわざとわかるのじゃ, すがた, すさまじい剣幕, その号令, その言葉, だんびら, ところから, ところに, はしゃぎよう, はどんな, ふたりでござんした, へこたれたの, ほうが, ほうは, ほうへ, むざんな姿を, もっとも得意, やつこの, ような, ヘソの, 一刀を, 一席之で, 一枚絵に, 三人, 上段に, 下で, 不服らしい, 両手の, 両肩, 主人が, 乗った大, 乱行は, 乱酔を, 亂る, 予想を, 二代議士その, 二字の, 二役, 云うこと, 他に, 仲は, 伝は, 伝説で, 体に, 体は, 体を, 作物も, 借りて, 側としては, 側まで, 傷は, 兄弟よりも, 全身を, 内部の, 写真に, 出した二枚, 出た先, 出現の, 出番に, 刀剣好きを, 初日と, 前にも, 助六, 動く方向, 半ズボン, 占めて, 印象に, 厳重な, 反駁は, 口からは, 口に, 口邊には, 召捕に, 右耳を, 号令で, 名は, 向う側は, 吸う煙草, 呼びかた, 呼ぶ声, 命は, 唇を, 喧嘩ぎらい柔和で, 回し者でもねえ, 報告も, 場合は, 声は, 声帯で, 外に, 大きな眼, 大鼾, 夫婦だけ, 奇妙な, 奇怪な, 奉公人同, 女房の, 女房は, 好きな, 如き戦々兢々たる, 姿が, 姿は, 娘かえす, 娘だろう, 娘である, 娘と, 娘十七手伝いに, 娘手伝いに, 娘来ル様子を, 子供な, 子供に, 子分の, 子分達に, 子巳三次郎, 存在徳永直氏の, 孫の, 家といふ, 家に, 家は, 家出の, 家来十数名が, 宿へ, 寝て, 寝室が, 寝室であった, 寝室に, 寝息を, 小刀を, 小屋から, 小屋でした, 小屋といふ, 小屋へ, 小屋や, 小屋二・〇〇, 左肩の, 左頬に, 左額には, 希望に, 席は, 弁解は, 弟分という, 弱さ, 張った十円, 強い眸, 役に, 後に, 後の, 御注進, 心が, 心の, 心も, 怒りは, 怒りを, 思うよう, 恐怖を, 息子野助, 悪口を, 情感を, 意に, 意味は, 所為と, 手の, 手先に, 手引の, 手簡など, 拵へ, 指した方, 按摩丈賀など, 捨てた笹, 掌に, 掌を, 放埒は, 故郷には, 文字を, 方から, 方に, 方には, 方にも, 方も, 昇り龍が, 時計は, 曾根伴五郎いつ見, 枕元に, 柳行李から, 様子が, 様子に, 次にゆかり, 次女勝則の, 歩くまま, 死顏にも, 死體は, 殺されたこと, 母は, 気を, 気分は, 気持だろう, 気持などには, 決心の, 決心は, 決意は, 注文で, 活活した, 活躍は, 浪宅で, 渋面は, 瀧龍化の, 犯跡を, 甚兵衛の, 生きて, 生れ代りなどとは, 田舎者らしい, 申し立ては, 留守中大庭春吉と, 留守宅, 白い繃帯, 百軒から, 盗難を, 目に, 目隠しに, 眸は, 眼からも, 眼の, 眼を, 着るよう, 瞳に, 磔刑に, 窘めを, 筆蹟です, 答は, 箱王丸が, 箱王丸に, 紋だ, 純情に, 細工だ, 紹介で, 組織し, 罠に, 耳にも, 耳へ, 耳を, 肌理の, 肩の, 肩を, 背中を, 胸にも, 胸は, 胸も, 胸を, 脳裡に, 膂力を, 膝頭を, 舊惡の, 良友である, 芝居は, 若い時, 苦肉の策に, 英霊を, 茶屋遊びの, 荷物を, 藝の, 藤陰たる, 藤陰たるべき, 藤陰成章たる, 蝙蝠安は, 蝙蝠安を, 行動を, 行方さえ, 行李に, 行為に, 表情と, 袖を, 裏口へ, 裕福さと, 裸の, 襟髪を, 見識以外へ, 視野の, 覗きカラクリの, 言ふこ, 言を, 言動に, 言葉も, 許に, 許へは, 話に, 話にも, 話は, 話僕の, 語気の, 説明は, 誰なる, 調子に, 談話, 警戒心を, 財布だった, 責任を, 足も, 足元に, 足裏に, 足蹴を, 身上には, 身代を, 身体が, 身持は, 身許も, 返事も, 述懐は, 述懷は, 送別会で, 逐電から, 連峰を, 道具だ, 道具箱から, 選挙事務所に, 部屋で, 部屋という, 部屋といふ, 部屋へ, 郷里の, 酒乱大, 采配で, 野郎は, 鋭い眼, 鑑定通り寺内で, 隣り, 隱れ住む, 預けて, 頬に, 頭に, 頭は, 顏には, 顔が, 顔の, 顔も, 顔色を, 養子に, 馬では, 驚きは, 魂が, 鼓河崎氏の, 鼻を, 鼻孔を, 鼾が

▼ 五郎~ (239, 5.5%)

3 出て, 自分の

2 [18件] そういえ, そういっ, どこかへ, 人気負けした, 何故に, 例の, 入って, 刀を, 口を, 呆気に, 唐紙を, 声を, 本當, 殺されて, 玄関から, 藤陰であるらしい, 誕生日を, 部屋へ

1 [197件] あわて, あんまを, いくら訊ね, いそいで, いた, いた素人下宿, いった, いつかこれと, いないと, いなくても, いなくなれば, いる, おどろいたの, お京, お代りの, お葉, お銀, くすぐったげな微笑, ここへ, こごんで, この身上, この通り手錠, さしつける提灯, さし出した鯛, すこしは, そういう, そこに, そのこまかい, その縁類, その舳, それに, そろそろ立ちかける, たった一人, ちと手荒, ちやうど, ちょうど彼, とんちんかんな, どうの, どんな返事, なおも気, なお呼吸, はじめて口, ひとしきり泣い, ひょっこり入っ, ふいと, ふたりし, ふりむくと, ほんとうに, ほんとうの, やったか, やったこと, よく知つて, わけて, マンに, 三人の, 三字の, 三枚橋へでも, 三菱の, 下手から, 下手人だ, 両の, 二三ヶ所突かれた, 人力車に, 今出, 代つて口上, 作った, 俺の, 倒されるまでは, 倒れさうな, 傍へ, 兄貴分である, 先ず捕われた, 先刻から, 先刻の, 入院し, 全然元気, 出動する, 出演やっぱり, 前に, 十年越し荒した, 友田喜造を, 受けとると, 叫ぶ代り, 右手に, 呉一郎を, 呶鳴った, 命がけの, 唯の, 四五人の, 坐った左側, 外で, 夜中に, 天狗とり荷役の, 奇禍に, 好きに, 小田原在で, 少年の, 嵐の, 帰ったの, 帰ったらすぐ, 帰った夜以来, 帰る前, 年を, 座に, 廊下から, 引っこ抜いて, 強そう, 復に, 微笑を, 必死に, 必要だ, 息喘い, 感じたよう, 房吉に, 手伝おうと, 押込みに, 担当し, 指図を, 提灯を, 支那へ, 敵方に, 斬られた場所, 斬られて, 斯んな, 日本刀を, 日本政記の, 日本紀元は, 曲者とは, 最後の, 歩きだすと, 死んでは, 死んでも, 水芸達者の, 汗を, 江戸の, 決意のほどを, 沈痛な, 満身の, 照れくさそう, 牡丹と, 玲ちゃんに, 町角を, 発案し, 白を, 目の, 直接采配を, 眠って, 眼を, 石川成章で, 磔刑に, 私を, 稲村を, 突っ立っ, 突然あらわれ, 立ち止まったの, 立合って, 笑いだした, 笑いながら, 笑った, 笑って, 筋骨隆々たる, 算盤の, 網の, 耕助に, 胆石病で, 自嘲する, 自慢の, 舷側に, 若し藤陰, 苦しそう, 被害者と, 見るに, 親友を, 角助一味から, 言う, 言葉も, 言葉を, 訊く, 誘惑に, 語って, 誰か, 豊太を, 身うごきし, 躱したので, 軸木を, 辨じ, 近頃また, 返事が, 道後の, 釜に, 靴を, 頭に, 飛び下りると, 食べ始めるの, 飲んだ, 黄金メダルを, 鼻の

▼ 五郎さん~ (210, 4.9%)

5 にお, は 3 の父親 2 が向う, のため, はそれ, はもう, は云った, は自分, まだお, もよく, も怨ん

1 [179件] お坊ちや, お顔, お願, かい, かなり身体, が, があんまり, がいや, がおさえ, がさ, がつまらぬ, がどんな, がヒヨツコリ, が云った, が何, が來, が取っ, が彫, が本当に, が東京駅, が死ぬ, が泣い, が玉井さん, が男, が立派, が結婚, が聟, が行つて, が飛ん, しっかりおし, その冗談, だけ, だけで, だってきっと, だらう, ちょっと待っ, ておかみさん, て女, て思いのほか, でございますが, でなくちや, では, でも, で友人たち, と, といつ, といふ人, とかいった, とかを一緒, としては多少, とのこと, とのつきあい, との間, とはどう, とは夫婦約束, と仰し, と花嫁, と菊次郎さん, と言, どうかなす, なんかを怨ん, にこっそり, にそんな, にでもお, にばつ, に向っ, に届け, に当て, に瀬踏, に苦しい, に訊いた, に話しただろう, に誘われ, に逢いたい, に逢おう, に頼んだ, のお腹, のこと, のところ, のは, のほう, のやう, のよう, のギター, のポンポン, の友人たち, の妹, の姉, の店, の弟子入り, の彫, の新しい, の方, の本当に, の結婚, の縛られた, の美しい, の胃袋, の言葉, の運命, の鞘當, の頼朝, はあまり, はいくら, はいます, はお, はすっかり, はそう, はその, はちょっと, はなかなか, はまだ, はもと, はわざと, はビール, はフッ, は不審, は五郎さん, は今ごろ, は可愛らしい, は可笑しく, は叱った, は夢中, は天誅組, は強, は彼女, は思わず, は意味, は支那, は東京, は死ぬ, は気, は汗, は法科, は温和, は画, は病気, は瞞着, は矢張り, は礼, は空箱, は答え, は答えた, は納得, は腑, は訊い, は近頃, は黙った, ばいっとき, ばかりでなく, も, もうお, もう証拠, もお, もこんど, もそう, もそんな, もまア, も五郎さん, も変った, も大変, も御, も男, も若, や北六さん, わかる, をあきらめる, をいくら, をからかい, をみつめ, をよん, を伴, を呼びよせ, を問い詰めた, を家, を救い, を訪問, 彫青, 騙されちや

▼ 五郎~ (150, 3.5%)

4 見た 3 見て, 見ると, 養子に 2 刺した後, 刺す隙, 婿に, 怖れる, 怨んで, 愛して, 抱き起しました, 殺した者, 殺す者

1 [119件] あいつです, いらいらさせ, うながす, おどろかすこと, お伽の, かえりみた, かえりみて, さし招きました, さらって, して, そそのかして, はじめ小方連中は, ひどく嫌つて, ふりかえって, ふりむいた, またたきも, みとめると, もっとも悲しませた, やつて, よこして, 一層傷つけた, 一気に斬りふせよう, 下げ渡すこと, 下に, 中心に, 乱暴にとり, 人相の, 凄い眼つき, 凝視し, 出迎えた, 助けた, 助け縄張出入, 包囲した, 取り巻いた, 呼びだしたの, 呼びだしに, 呼びつけた, 呼びに, 呼び止めて, 呼んだ, 呼んで, 嘲笑し, 奪って, 娘の, 寄せつけない, 射った男らしい, 引いて, 引張って, 強引に, 当惑させる, 慕う心, 慰め顏, 憎むとともに, 憎む点, 憎悪の, 手離し, 打ちのめした, 抱くやう, 押っ取りまく, 押つ取りまく, 搜し出しました, 昔どおり, 東京の, 残して, 殺したと, 殺したの, 殺し油斷, 殺すの, 母の, 添はせる, 無實, 無言で, 番所へ, 相手に, 眼で, 睨みつけて, 睨んで, 絶望的に, 縛つておくれ, 縛つて行つた, 縛つて行つたのは, 縛り上げます, 置いて, 罵倒し, 美佐子の, 羽目を, 脅迫した, 興味深く観た, 苛んだ, 裏座敷の, 襲撃した, 見せられてから, 見たが, 見つけて, 見なおした, 見る, 見上げた, 見較べて, 訪問し, 許す気, 諭して, 賞揚した, 賞讃した, 足元に, 追い越した, 追ひ出し, 追廻した老巧, 送って, 送つて部屋, 連れて, 過ぎてから, 遠まき, 邀え, 邪魔者あつかい, 酷使し, 鑑定させた, 隊長に, 離そうとは, 飛びあがらせた

▼ 五郎~ (141, 3.3%)

7 云ふ 4 お京, マンとは 3 マンとが, マンとの, 一緒に, 云うの 2 マンの, 並んで, 云ふも, 勝則とは, 新之助との, 石川成章との, 福松を

1 [100件] いいこういう, いい安藤太, いえば, おっしゃいました, お前さんだ, お糸, お紋, その女房, その子分, それから, それから誰, なしたと, ならんで, はいったが, コヨの, シントーイストであっ, マンが, ロッパ, ロッパの, 一緒でなかった, 三文オペラの, 並べて見る, 丸屋の, 二人きりに, 二人で, 二人の, 二人力なく, 云う人, 云う小, 云って, 云つた, 云ひ, 五人の, 俊秀とが, 兼松が, 兼松である, 別れると, 別れるとか, 勝則とを, 勝則の, 北六の, 北六は, 十吾が, 十郎の, 取りかわした会話, 同じく名古屋, 名告つた, 君香とが, 呼ばるる山辺清兵衛, 堀幸次, 好い仲, 安五郎との, 安治川舟三くらいの, 対等に, 少女歌劇に対する, 少年は, 市松模様の, 彼の, 従者とは, 拙者との, 数日前に, 文無し画家岡本弘とを, 新之助とが, 新之助とは, 新之助は, 桜川善孝に, 添はせ, 清七とは, 源十とは, 申ました, 留吉は, 相對, 真弓との, 知り合いに, 祝言する, 私とは, 称したかと, 称した此, 突き合わせて, 署名し, 自分とに, 芸者とが, 藤陰とを, 行動を, 視線が, 角助とか, 言つた, 言はれた, 言われた酷薄無残, 記されて, 話しあい永田, 話しあって, 話を, 誰にも, 違う粘り, 邂逅した, 金助は, 金助を, 長次郎は, 高徳らが

▼ 五郎~ (118, 2.7%)

10 の乾児たち 5 の手, の賭場 3 であった, という博徒, の乾児ども, の乾児二人, の声, の言葉 2 が来栖勘兵衛, とその, の姿, は乾児たち, は来栖勘兵衛, は相手

1 [68件] から, からみれ, が, が乾児, が云った, が何故, が叫んだ, が殺し, が自分, この怨み死ん, で六十五歳, とお, としては片時, とも親しく, と成った, と数, と申す, と話し, なの, に怨ませ, に捕えられ, の乾児, の乾児六, の乾児大勢, の乾児数人, の乾児達, の二人, の体, の側, の咽喉, の女, の寄人, の左右, の心境, の悲鳴, の方, の本当, の烈しい, の眼, の素姓, の背後, の膝, の自由, の贔屓, の足, の過去, の顔, はむしろ, は典膳, は地団駄, は察した, は応じた, は怒った, は自分, は躍り上がり躍り上がり, は頼母, は額, へ囁いた, もいた, も刀, やお, をし, を凝視め, を脅かした, を裏切り, を見下ろした, を認めた, 目掛け仆

▼ 五郎兵衛~ (108, 2.5%)

4 の居所

2 [34件] が一切, が不足, が落, です, と云う, と相思, に先, に凡, の伝記, の伝記編纂, の切腹, の加茂, の思想, の悩める, の手沢品, の折衝, の故山, の機転, の腹中, の醜態, の長男, はその, は幸運, は恋そのもの, は折葉, は折葉十二, は政界, は決して, は総理, は腹, は落, は血, は踊り, もその

1 [36件] が, が手, が折檻, という中老人, という人物, という姓名, という浪人上り, といふもの, といふ人物, といふ姓名, とかたくさん, なる者, ねずの, の家, の頭, はお預け, はがた, はそれ, はよろよろ, は先, は六十二歳, は内山, は前日病死, は只二人, は右, は多門, は平八郎父子, は年来, は懐中, は煙, は留守, は高地, もすぐ, を取り調べる, を押し除け, 同つね

▼ 五郎~ (102, 2.4%)

2 いった, 与へたもの, 向かって, 大工の, 手渡した, 相違ない, 開けさせて

1 [88件] おとらぬ変装, お袖, かけたくなるの, かまえる隙, これを, して, すすめられるまま, そういわれ, そのこと, とびかかろうと, とまって, なりすましたふたり, なるか, なるだ, なるだって, なると, なるの, ねだって, みちびかれるまま, やった五十両, 与へた, 与へた書, 並んで, 会いなすったか, 会って, 出あっても, 切符を, 刺し殺させたので, 加勢を, 取つて, 向けシャッター, 向って, 声を, 子さら, 差出した, 差出す, 引き合わされて, 心安ければ, 心服し, 忍びよった, 思いを, 悟られないよう, 惚れて, 感付かれ, 扮せる, 捨てられたの, 捨てられて, 据えたまま, 掘り出されて, 撃ち留められたと, 教え, 数十人の, 昏睡の, 暴力を, 曳かれて, 櫻屋の, 気を, 決まって, 渡した, 疑いが, 白状させたかった, 礼を, 私は, 立てられたの, 笑いかけた, 聞いた, 背を, 見つかったちゅう噂, 見付けられたかと, 見限られました, 躍りかかった, 近づいた, 近づき, 近より, 追いつき息, 逢, 逢いに, 逢ったとき, 逢つて見る, 逢ふと, 連れられて, 釘づけ, 錯覚を, 面目ねえ, 預けられ頼朝, 飛びかかる, 飛びかかるの, 食は

▼ 五郎~ (97, 2.2%)

7 マンも 4 うなずいた 2 さすがに, 知って, 自分の, 起つ, 黙って

1 [76件] あいさつを, いくらか穩かに, おかずを, かなりの, これまで, そう思った, そのあと, その一人, その疑い, その頃しばしば, それぞれ適当に, それを, ただごとでない, ちょっと眼, にせものだ, びっくりし, ふらふらと, ほとほとあきれはてた, もう杖, よく知っ, エンジンを, ガラツ八も, 一緒だ, 上疏の, 不審の, 今は, 今度の, 俊秀も, 傍に, 六郎も, 十二月には, 十郎も, 含めて, 坐って, 安堵は, 小母さんも, 少しく驚いた, 島高蔵も, 弱い方, 息子が, 手伝った, 早々に, 梟の, 楽屋の, 歸つて來ず, 残念そうに, 気は, 江戸では, 泣いて, 海辺の, 漠たる平, 煙草を, 熱心に, 猪口を, 生唾を, 白ば, 眼を, 着物を, 確信あり, 立ち上った, 立ち停まって, 笑って, 答へる, 継母の, 緊張した, 繼母の, 自宅に, 若手の, 袋路地に, 見上げて, 言ったじゃ, 足が, 輦輿の, 逢って, 飛びあがった, 飛んで

▼ 五郎~ (57, 1.3%)

2 と稱

1 [55件] が了蓮, が二十六歳, が五郎右衞門, が八十歳, が千葉氏, が金澤方, が音, ではなから, といふ馬鹿息子, と云つて, と同年, と相似, と石塚重兵衛, なる者, に先, に文筆, の叔父永井榮伯, の名, の妹, の實兄, の性行, の手紙, の稱, の能文, の言, の長文, はまた, はわざわざ, は住ん, は劇神仙, は十二月, は奇行, は定め, は実家, は富豪, は少い, は文政五年, は文章, は新, は此文, は此眞志屋, は歿年, は無, は独り劇, は神田, は苦味, も珍奇, やがな, よ, よしんじつ不愍, を先輩, 即ち壽, 即ち永井榮伯, 後五郎兵衞一鐵, 改め五郎兵衞

▼ 五郎という~ (55, 1.3%)

3 のは 2 人の, 男の

1 [48件] あんべ, お方は, のです, ひとじゃ, ものだ, もの東夷の, んだって, 一俳優の, 三ン下さっきの, 中年男これは, 事に, 五十男で, 人で, 人です, 人もか, 代診を, 先生であった, 博奕打ちの, 厄介な, 同所では, 名じゃ, 名でした, 名は, 名前から, 大工が, 奴だ, 実は私立探偵, 岡っ, 座組で, 御家人が, 性質の, 棟梁を, 爺も, 物見は, 男から, 男が, 男で, 男にも, 男は, 男を, 目明が, 者だ, 者で, 若者が, 若者は, 郎党が, 青年である, 類の

▼ 五郎~ (55, 1.3%)

2 を呼べ

1 [53件] あの野分, か, が善良, が明智光秀, が秀吉, が緘黙, が見え, という人物, という若, と協力, と監物, などは決して, など頼ん, にございまする, にもっと, にも伝えおけ, にも似合わん, に四国出兵, に抜かれ, に聴け, の位牌, の佐, の体, の切腹, の大, の如き, の子, の子権, の死, の物腰, の行動, の陣所, の飼い使っ, の首, は, はありのまま, はあわて, はつい, は主君, は前, は微笑, は日頃, は秀吉, は馬場, へ立ち, もう続けぬ, もまだ, も監物, も至極, も貴公, よく追った, を, を左様

▼ 五郎~ (54, 1.2%)

2 はこの

1 [52件] からミケルアンジェロ, がその, がギクン, がヅバリ, が当夜彼女, が来, が背負っ, でも, で閣翁運八, とがいる, との親子三人会, と云っ, などが文化, によろしく, に会合, に聴いた, に胡誕妄説, に面会, の報, の夫人, の帰朝, の息子, の感想, の指さす, の書かれた, の来る, の楽屋, の美しい, の表情, の訪問, の部屋, の顔色, は, はそこ, はその, はまさしく, は一人娘, は何, は大阪, は家人, は日大, は満, は異論, は蒲団, は髭, ばかりで, も並ん, よりもこの, を中心, を思いだした, を訪れ, を訪れる

▼ 五郎三郎~ (49, 1.1%)

2 の手, の眼

1 [45件] からは厳しく, から小遣, だから, という男の子, にて突然, に我, に義理, の名前, の所, の気に入らなかった, の血, の顔, はこころよく, はまた, はもう, は不意, は世間話, は中間角助, は二人, は二日, は今更, は何, は何事, は四十前後, は大きに, は妹, は席, は張り詰めた, は機嫌, は母, は素より, は縁, は羽織, は耳, は草履取, は草履取一人, は赤坂, は起ちあがる, は進み入る, もすこし猶, ももう, も眼, も面白, 同又, 透さず斬り込むを

▼ 五郎~ (48, 1.1%)

1 [48件] おれた刀, から跳び退いた, がなお, が八, が剃刀, が彼, が濡れ, が落着, が説明, が飛びかかる, きさま, そしてその, でござるすでに, でした, といふの, とがつづい, との試合, と來, と違つて, などがさんばら髪, などは藩, などを先手, のふところ, の家, の組子, の肋骨, の陣刀, の魂, はお, はした, はそつ, はブルッ, は一, は主君, は土藏, は後で, は槍, は縁側, は色白, は落着き, は踏み退いた, は部屋, は長, は陣刀, は首筋, へは家中, をつれ, 郎を

▼ 五郎大夫~ (29, 0.7%)

1 [29件] がいよいよ, が長年, とのあいだ, と親しく, の中国名, の依, の心, の研究, はここ, はそういう, はひとり, は丘, は子, は寝, は彼女, は故国, は日本, は東, は粛然, は聞き流し, は臥床, は見まわした, は道元禅師, は阿倍仲麻呂, もずきん, も捨次郎, も熟練, も遂に, を見送り

▼ 五郎~ (29, 0.7%)

2 はもう

1 [27件] から注意, がその, が最後, だった, です, でなくても, と帆村探偵, のところ, の率いる, の筆蹟, の腰骨, の薦め, はこの, はぶつぶつ, はもうなんと, は全身, は幾分, は引率, は憤怒, は探偵帆村, は新聞紙上, は棒, は正木正太, は病人, らしく思われた, をつかまえ, をつっつく

▼ 五郎には~ (28, 0.6%)

1 [28件] ああした実相, さびしくて, しばしばその, それが, それくらいの, そんなこと, ちゃんと玲ちゃん, とてもその, どうしてもそういう, なんの, はっきりと, もう興味, よく判らなかった, わかった, わかって, 一種の, 何んの, 元々から, 兄弟盃を, 勝利の, 呑み込めない事, 奇妙な, 妙な, 忘れがたい, 思はれた, 感じられた, 特別に, 自分でも

▼ 五郎次郎~ (26, 0.6%)

1 [26件] が柿, が殺された, が苦りきる, といふの, とお, に助けられ, に怨み, に欺かれ, に菩薩, の刻薄, の命, の爲, の父小五郎, の遺子, は一寸, は人間, は自分, は見付け, は説明, は顏, も九州, も今, も承服, も死ん, よりは少し, 同じく六郎五郎

▼ 五郎兵衞~ (23, 0.5%)

1 [23件] が二十歳, が拷問, が此, たること, だと, であつ, といふ中, とかいふの, としてあ, となつ, と共に世水戸家, と改めた, と改稱, と稱, と近所, の名, の名義, の女房, の病氣, は必ずしも, は愚か, は懷中, は病

▼ 五郎~ (23, 0.5%)

2 の姉さん, は翁

1 [19件] がお, だが, できみ, で孰, と一緒, どうぞ宜しく, にこの, の, のが出た, の二人, の勤務, の勧, の噂, の霊, はお菓子, は船長, も哀れ, を称す, を紹介

▼ 五郎から~ (20, 0.5%)

1 [20件] いつも, うながされた, ぐんぐん追い抜かれる, そういっ, 一撃の, 八丁堀へ, 受けとった名刺, 堅く口止め, 奪われたもの, 手出しする, 指示された, 眼くばせされ, 眼を, 祝儀も, 笑いは, 緊急動議が, 見える位置, 角助の, 買いとったもの, 離れなかった

▼ 五郎~ (19, 0.4%)

1 [19件] あゝ予, か, から私, がまいりまし, が申した, では無かっ, で彼, で長, という人, と与し, と神原四郎治兄弟, の家, の家来, の弟四郎治, は, はそろり, は是, へお, をたずねた

▼ 五郎はん~ (18, 0.4%)

1 [18件] おこられはるぜ, お戻り, がターン, が反対, が水芸, が油絵, どない, にタント買つて貰, に年中, に較べたら, の水忍術, はこんな, はなんぼ, はわ, も仕合せ, も奥さん, よく聞き, 戻らは

▼ 五郎殿~ (17, 0.4%)

1 [17件] かよく, が一手, が見張つ, が調子, で不足, という表書, にも春部氏, のお, の申さる, の髷, は佐原屋, は來, へ, も御, をはじめ, を蔑んだ, を通じて二度

▼ 五郎といふ~ (16, 0.4%)

3 人は

1 [13件] のが, のは, ものの, 乞食が, 人の, 人物だ, 土地の, 犬が, 男が, 男の, 稀代の, 自称の, 親類の

▼ 五郎親分~ (16, 0.4%)

2 が錠

1 [14件] が犯人, が自分, が酒, と岩吉さん, のほう, の代役, の家, の裏, は不, は中坂, は扉, は氣, を揉み, 大變

▼ 五郎~ (15, 0.3%)

1 [15件] がこの, が命, とやらの仕業, と見, に捨てられた, に盜まれ, に變裝, の弟分, はなん, はわけ, は直ぐ, を刑死, を擧げる, を縛つた俺, を縛つた關口

▼ 五郎夫婦~ (14, 0.3%)

1 [14件] が世話好き, が彦島, の受けた, の寝, の許可, の顔, の骨身, はその, は原田, は若松, は途方, は額, も旗, も真実

▼ 五郎どの~ (12, 0.3%)

1 [12件] が殺害, が見えましたら, じゃない, だよ, にも, のほか, の壮気, の手の者, の死骸, は単身, を討った, 長次どの御両人は

▼ 五郎~ (12, 0.3%)

1 [12件] しがみつく, しなだれかかった, しなだれかかるよう, そのこと, どんと押しつける, モールス信号の, 与えあと, 大庭春吉の, 懇請する, 持つて, 聞えるよう, 行こうとか

▼ 五郎~ (12, 0.3%)

1 [12件] からの早打, から大概, がお, がこれ, がその, が御, が格子, にお, の一人息子, はもう, もこと, 他一統様

▼ 五郎とは~ (11, 0.3%)

2 名乗って 1 ちがうの, どうした, 何んといふ, 思ひも, 此夏に, 気が, 睨め合うよう, 藁の, 親友さ

▼ 五郎~ (10, 0.2%)

1 この三浦荒次郎, 五人の, 入道永観らと共に, 子分達が, 岩吉は, 新之助の, 梶岡の, 若吉, 要助, 音無太十に

▼ 五郎~ (10, 0.2%)

1 がお茶の水, が今晩, が直ちに, であります, とが三人, とは後れ, の実験談, は五郎魔, も呆気, らしい身の上話

▼ 五郎~ (9, 0.2%)

1 が格子, が生前そつ, とは御, の一人息子, の厄介, はもう, は五十, は昨夜人手, は親御樣

▼ 五郎自身~ (9, 0.2%)

2 に開けさせ 1 がしねえ, にひそか, にも見, にも見当, はかれ, もういちど戸締り, もう一度戸締り

▼ 五郎しゃ~ (8, 0.2%)

2 んに 1 んさあ, んつづけ, んな, んにも, んは, ん言うたらいけん

▼ 五郎信盛~ (8, 0.2%)

21 の手簡, はそれ, はなお, はまさに, は大, は小宴

▼ 五郎老人~ (8, 0.2%)

1 が帰り道, とも何時頃, の殺された, はここ, はちょっと, は唯一突, は平生何, を殺し

▼ 五郎蔵殿~ (8, 0.2%)

1 が武士, とその, のお, のもと, の乾児衆, の賭場, へ因縁, ほど我々

▼ 五郎~ (7, 0.2%)

2 あつた 1 おざる, 五郎五郎ゴロゴロ, 年の, 書は, 有名な

▼ 五郎にとっては~ (7, 0.2%)

1 この御馳走, もっけの, もはやそんな, 彫青, 港が, 般若の, 謎の

▼ 五郎一家~ (7, 0.2%)

1 というちょッ, に根, のもの, のゴロ酒井, の人々, の仕事, はその

▼ 五郎時致~ (7, 0.2%)

1 が大島伝来, だッ, でありました, となった, なぞという子供, の兄弟, はまた

▼ 五郎たち~ (6, 0.1%)

1 がお, が若い, の入っ, の動作, の聞いた, を大広間

▼ 五郎との~ (6, 0.1%)

1 ことは, ことを, 同異, 視線が, 間に, 間には

▼ 五郎~ (6, 0.1%)

1 に追われ, の方, の身許, はこんな, もさまざま, も事

▼ 五郎兵衞老人~ (6, 0.1%)

1 に滿腔, の子, の工事, は玩具, は華嚴, を得

▼ 五郎十郎~ (6, 0.1%)

1 がその, でたった, の仇討, の忍耐力, の首瓶, をやった

▼ 五郎造親方~ (6, 0.1%)

1 が帰宅, さえ顔, はいま, はこの, は久しぶり, は只一人

▼ 五郎とが~ (5, 0.1%)

1 すでに深い, 乗りこむまで, 同一人, 果して同, 残った

▼ 五郎入道正宗~ (5, 0.1%)

1 じゃありません, だらう, ですか, でなければ, というところ

▼ 五郎~ (5, 0.1%)

1 だった, と云, などが陣, の三使, の二名

▼ 五郎蔵たち~ (5, 0.1%)

2 の一団 1 に助けられなかったなら, の手, の揚げた

▼ 五郎蔵一家~ (5, 0.1%)

2 の用心棒 1 が武蔵屋, の守護神, の寝

▼ 五郎親爺~ (5, 0.1%)

1 が跛引き引き, の死因, はその, はサッと, は素裸体

▼ 五郎~ (4, 0.1%)

1 留と, 蘭の, 辰の, 辰を

▼ 五郎~ (4, 0.1%)

1 え, 大工の, 稲村勝之かが, 銀五郎か

▼ 五郎にも~ (4, 0.1%)

1 いつか芝居気が, よくわかった, マンの, 忘れられない思い出

▼ 五郎~ (4, 0.1%)

1 なの, の俳優, の女優, を見

▼ 五郎左衞門~ (4, 0.1%)

1 でした, はさすが, は下手, は首

▼ 五郎~ (4, 0.1%)

4 ノ頭

▼ 五郎蔵親分~ (4, 0.1%)

1 が眠っ, にはあの, に嬲り殺し, に腕

▼ 五郎さんあたし~ (3, 0.1%)

1 の, のこの, の一生

▼ 五郎さんお前さん~ (3, 0.1%)

1 だろう, は名, は朝吉親分

▼ 五郎~ (3, 0.1%)

2 やない 1 や無い

▼ 五郎である~ (3, 0.1%)

1 が今, ことは, と云

▼ 五郎とか~ (3, 0.1%)

1 いえる実名, また何とか, 云うの

▼ 五郎~ (3, 0.1%)

1 ていうの, てどこ, て新地

▼ 五郎先生~ (3, 0.1%)

1 が其の, に昨日, を以て初め

▼ 五郎兵衛どん~ (3, 0.1%)

1 がおとめさん久振り, の婆さん, も漸く

▼ 五郎兵衛町~ (3, 0.1%)

1 から北紺屋町, から正月早々, を出番

▼ 五郎~ (3, 0.1%)

1 と薬師岳, の下り, や黒岳

▼ 五郎景政~ (3, 0.1%)

1 じゃ, は遠く信州, も鳥海弥三郎

▼ 五郎治四郎治~ (3, 0.1%)

1 と同意, の両人, の二人

▼ 五郎父子~ (3, 0.1%)

1 と共に囲炉裡, の僅か, をおい

▼ 五郎蔵め~ (3, 0.1%)

1 に頼母様, よく出しおった, 思い知るが

▼ 五郎蔵一味~ (3, 0.1%)

1 がまだ, に自分, を殲滅

▼ 五郎親方~ (3, 0.1%)

1 が盜, にその, のこと

▼ 五郎輩下~ (3, 0.1%)

1 では土佐八, の土佐八, の若い

▼ 五郎お前~ (2, 0.0%)

1 が, はだ

▼ 五郎さんあなた~ (2, 0.0%)

1 が吉兵衛, は毛唐屋

▼ 五郎さんぢ~ (2, 0.0%)

1 やどう, やねえや

▼ 五郎さん私~ (2, 0.0%)

1 が居る, はもう

▼ 五郎その~ (2, 0.0%)

1 まさかり, 三人で

▼ 五郎それ~ (2, 0.0%)

1 から猪俣津南雄, に山本佐四郎

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 その佐倉宗五郎, と思う

▼ 五郎です~ (2, 0.0%)

1 が若旦那育ち, よ

▼ 五郎では~ (2, 0.0%)

1 あったが, なくて

▼ 五郎でも~ (2, 0.0%)

1 なければ, ゐなければ

▼ 五郎とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ので, 大泥棒

▼ 五郎としては~ (2, 0.0%)

1 いまさら思い止まる, 女房の

▼ 五郎とも~ (2, 0.0%)

1 別れた高徳, 言はれた

▼ 五郎なるべき~ (2, 0.0%)

1 を想, を認めざる

▼ 五郎にだけは~ (2, 0.0%)

1 心が, 遠慮なしに

▼ 五郎に対して~ (2, 0.0%)

1 抱いて, 長期作戦の

▼ 五郎に対する~ (2, 0.0%)

1 信頼と, 記憶も

▼ 五郎への~ (2, 0.0%)

1 当てつけに, 敵意が

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 と憤慨, どうした

▼ 五郎を以て~ (2, 0.0%)

1 問題と, 藤陰と

▼ 五郎ボッチ~ (2, 0.0%)

1 というの, の形容新造語

▼ 五郎マン勝則~ (2, 0.0%)

1 がいた, の三人

▼ 五郎一座~ (2, 0.0%)

1 とんだ日, の浄瑠璃語り

▼ 五郎三郎さん~ (2, 0.0%)

1 がお, どうか何分願います

▼ 五郎仁木於義丸~ (2, 0.0%)

1 そのほか, なども床几

▼ 五郎以上~ (2, 0.0%)

1 に文盲, の鉄石心

▼ 五郎入道~ (2, 0.0%)

1 でなければ, はげん竹

▼ 五郎兵衛一世一代~ (2, 0.0%)

2 の大事

▼ 五郎兵衞茶屋~ (2, 0.0%)

1 であ, の主人

▼ 五郎博士~ (2, 0.0%)

1 および研究室, は最も

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 はしやぎの, 多忙東海道の

▼ 五郎大夫主従~ (2, 0.0%)

1 は幾日, を探しぬい

▼ 五郎太夫~ (2, 0.0%)

1 どのお, は遠島

▼ 五郎宗政さま~ (2, 0.0%)

1 が御, を鎮圧

▼ 五郎小僧~ (2, 0.0%)

2 の常吉

▼ 五郎左殿~ (2, 0.0%)

1 か何, よそれ

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 政です, 政を

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 の端, もしくは双六平

▼ 五郎平茶屋~ (2, 0.0%)

1 へ這い上がる, より一丁あまり

▼ 五郎忠滋~ (2, 0.0%)

1 の前, は別所家

▼ 五郎惟宣~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 五郎抜き~ (2, 0.0%)

1 の五郎一座, の時

▼ 五郎日頃~ (2, 0.0%)

2 のたしなみ

▼ 五郎景安十七八歳頼家~ (2, 0.0%)

2 の太刀

▼ 五郎正宗~ (2, 0.0%)

1 でなければ, でも何ん

▼ 五郎気取り~ (2, 0.0%)

1 ですっかり, もかなり

▼ 五郎~ (2, 0.0%)

1 から巻物, の先達

▼ 五郎相續願~ (2, 0.0%)

1 の直前, の直後

▼ 五郎老体~ (2, 0.0%)

1 の眼鏡, の言葉

▼ 五郎重実~ (2, 0.0%)

1 と云, なり平家

▼1* [340件]

五郎あっけにとられ, 五郎あるのみ, 五郎いつ見ても, 五郎きどりや延若, 五郎きらいな豊太, 五郎この二人を, 五郎もよく, 五郎さまじゃに, 五郎さんあんたのする, 五郎さんお前さん妙なこと, 五郎さんきれいでしょう, 五郎さんこれはお前, 五郎さんさっき内所で起される, 五郎さんそれは当然, 五郎さんちよいと, 五郎さんとこへ行こう, 五郎さんみたいに黒光り, 五郎さんわたしの思い, 五郎さん今ごろになっ, 五郎さん代つて, 五郎さん何んとかし, 五郎さん先刻誰か来, 五郎さん其處に居なす, 五郎さん処の次郎さん, 五郎さん去年若松に行った, 五郎さん叔母さんよ, 五郎さん太閤さんなんかを籠伏せ, 五郎さん御飯の仕度, 五郎さん惡いの, 五郎さん母は死にかかっ, 五郎さん父さんはそり, 五郎さん珍らしいぢ, 五郎ざえもんどのいけ田きい, 五郎ざえもんのじょうどのと一手になっ, 五郎ざえもん佐久間うえもんのじ, 五郎しゃんなあエビ, 五郎しゃんと仲さんに, 五郎じゃけ丸, 五郎すかりすかりと, 五郎すなわち福念寺の, 五郎すわといえ, 五郎そこへ足, 五郎その後にマン, 五郎たるプロバビリテエが, 五郎だけで四十面相, 五郎だけは縄付きを, 五郎ちゃんに対決, 五郎ちやんはいまごろどうして, 五郎って悪い奴, 五郎っていう役者が, 五郎であったがどちら, 五郎でございますがどんな, 五郎でないことは, 五郎でなければやれない, 五郎とかいう店へ, 五郎とかの話も, 五郎とて稀なる, 五郎とても同様だ, 五郎とでヘリコプターを, 五郎と共にビールを, 五郎どうしたん, 五郎どん角助を待たんで, 五郎なきや明治, 五郎などという男を, 五郎なら翌る, 五郎ならざるものも, 五郎なりと気狂い, 五郎なるものは, 五郎なんかお美代, 五郎につれてふたたびヤ, 五郎にとって不可解な, 五郎に関する報告を, 五郎はからかふ様, 五郎はさうして, 五郎はまぐさをいっせいに乳牛にふりまく, 五郎はんあんたはんのおい, 五郎はんいやがつて, 五郎はんお客さんどす, 五郎はんそないな, 五郎はんなんやら寂し, 五郎はんやつてくれはる, 五郎はん兵隊さん見えはりましたえ, 五郎はん書物読んで, 五郎はん私はなこれ, 五郎ばかりでは, 五郎ばかりは評判が, 五郎ほかすべての一族同士, 五郎また一歩, 五郎みたいな浪花節声, 五郎め内職にこんな, 五郎め衆の真ん中, 五郎もどきの農民, 五郎より七つも, 五郎よりも狼の, 五郎らしい足音が, 五郎をがみつけるよう, 五郎オン大に逢, 五郎ゴロゴロ鳴りだすと, 五郎サントオ京サントガ二人デドコカニ行ツタ事, 五郎サントオ京サントヲ切リハナスニハモウアナタノ力ヲ借, 五郎サント出来テイテドウシテモウントイイマセン, 五郎サント友田喜造親分トソシテワタシタチノ間ニ悪イイキサツガ出来テシマツタノデス, 五郎サンハ前カラ, 五郎ソックリ寸分の違い, 五郎チャリーンと鍔元, 五郎チリ紙を出し, 五郎ッ気をたしかに, 五郎トイウ者ガ云ウカラ段々聞イタラ, 五郎ハモトヨリ弟子故縁者ニナッタ, 五郎マン勝則ババンの四人, 五郎マン勝則原田等にとってはそれぞれ, 五郎マン勝則秀子ババン女中の六人, 五郎マン勝則良子闘志繁子里美千博夏休みで東京, 五郎一人でも溢れ, 五郎一刀齋なども桶挾間, 五郎一名目ッ吉御用医者の田沢菘庵, 五郎一味の者, 五郎一派が国憲党, 五郎も, 五郎七郎小山田十郎三枝式部三人をし, 五郎三郎お前はちいさい, 五郎三郎四十前後おなじく旗本, 五郎三郎方へ帰ります, 五郎三郎殿も一粒種, 五郎三郎殿此の孝助, 五郎中心に一杯, 五郎中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 五郎事件が起った, 五郎五郎ゴロゴロ鳴りだす, 五郎までお, 五郎以下数十人の親昵従類等, 五郎佐竹義敦などが抜きつれ, 五郎をひらい, 五郎何とも答へ, 五郎作六十餘の好人物的風采, 五郎作母六十四歳と註し, 五郎作石塚重兵衛がいる, 五郎信友がその, 五郎信盛一昨日の防戦, 五郎信盛様の御, 五郎も三俣蓮華側, 五郎兄弟の母, 五郎先登に蛭子神社, 五郎八老が今度, 五郎八長近のふたり, 五郎八長近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 五郎八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 五郎共々秋山要, 五郎共著という金文字, 五郎兵衛ここへ登っ, 五郎兵衛婆さんだ, 五郎兵衛富岡豊吉佐藤範次郎の三人, 五郎兵衛尉義重六郎兵衛尉義信七郎秀盛以下の張本七人, 五郎兵衛山寺藤右衛門広瀬剛三などに取囲まれ, 五郎兵衛景貞の六千, 五郎兵衛望み見て, 五郎兵衛柿とかや, 五郎兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 五郎兵衛瀬田の中間, 五郎兵衛町あたりを流し, 五郎兵衛義何方の穢多, 五郎兵衛赤のを指し, 五郎兵衞さんが灯, 五郎兵衞二本傳次の二人, 五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 五郎兵衞殿でございました, 五郎其處にゐた, 五郎の一隻, 五郎部長が, 五郎加納曉氏等も加はり晩餐, 五郎勘七三郎は種ヶ島, 五郎十郎ゆかりの地, 五郎十郎方の祖先, 五郎南沢岳などが見え, 五郎博士在世の時, 五郎双六槍穂高乗鞍御岳と続き, 五郎に太枠, 五郎右手からシタシタ, 五郎右衞門と改稱, 五郎行来札する, 五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 五郎君死去の報, 五郎和介後文兵衛, 五郎哉綺羅を尽くし, 五郎国重の刀それ, 五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 五郎大佐が警務長官, 五郎大夫様のお, 五郎大夫製とよく, 五郎大西屋は本石町, 五郎太刀の柄, 五郎太夫松本能登三瀬越には大塚權兵衞, 五郎太夫頃になりまし, 五郎夫妻が見物, 五郎夫妻久藏親子和助萬吉それに下女, 五郎女房は国太郎, 五郎で御, 五郎如何にもお, 五郎始め二三人の子分共, 五郎娘女賊見返りお, 五郎子別れの場, 五郎学士と乗合せた, 五郎の二階, 五郎宛東京から電報, 五郎の主人, 五郎将文は兄, 五郎将文六郎将武なども大, 五郎小半次三太郎島蔵の侍等, 五郎山本金次郎公用方には吉岡勇平, 五郎岳あたりから北, 五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 五郎工学士の奥さん, 五郎工藤輝雄服部滝之進その他五六名の幹部, 五郎左どのとは従前, 五郎左わしがそち, 五郎左衛門尉長秀を海津口, 五郎左谷崎忠右小林直八玉井彦三などの旗本精兵, 五郎をく, 五郎幡随院長兵衛荒木又右衛門なんどいふ連中, 五郎幡隨院長兵衞荒木又右衞門なんど, 五郎平爺が十三年, 五郎は二十四, 五郎強奪度無シト雖モ, 五郎待遇がすごく好い, 五郎徳永直の某, 五郎志賀重昂久保天随の博士学士, 五郎侍に, 五郎惟宣千蔵公遷常太綱, 五郎成実が主人, 五郎手前も来た, 五郎昭を, 五郎掛り人の平太郎, 五郎ういう, 五郎旧臣の遺, 五郎時光という大名, 五郎時宗お定, 五郎時致なぞは野, 五郎景久とか熊谷二郎直実, 五郎木暮武太夫堀越寛介藤田吉亨郎等に参集, 五郎木暮武太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 五郎磧なんて, 五郎って佐倉宗五郎, 五郎松川源十マンその他七八人の主, 五郎松本国五郎等がある, 五郎栄三郎の八幡三郎, 五郎様出し人の名, 五郎樣伊豆屋の弟, 五郎次その他の者, 五郎次どのを見舞っ, 五郎次にささえられじゃま, 五郎次三日月のごとき, 五郎次井戸がわ, 五郎次猪子伴作足助主水正, 五郎次親分も御存じ, 五郎次郎下つ腹, 五郎次郎今度は間違ひも, 五郎次郎樣の子, 五郎次郎殿は人手, 五郎次郎首の骨, 五郎光は, 五郎正遠へ微笑, 五郎正隆同苗助康, 五郎の松蔭, 五郎武藤春雄といふ二人, 五郎殺しにも關係, 五郎殺害事件などは考へ, 五郎殿其許に渡し, 五郎殿御苦労さまで, 五郎殿行つて訊ねて, 五郎は同, 五郎氏たちが先, 五郎氏伊手市氏両人ともそれ以来ここ, 五郎氏小梅田圃で耳, 五郎氏親は中御門家, 五郎の方, 五郎治さま渡邊さま此の四郎治さま, 五郎治代弟四郎治遠山權六役目の儀ゆえ言葉, 五郎治倶に辱, 五郎治兄弟か新, 五郎治及余五人舟にて宮島, 五郎治家来勘八頭を上げえ, 五郎治様とかいう奴, 五郎治殿誠に今日, 五郎治殿御病気とは申し, 五郎治申さんでも宜しい, 五郎注意し終つて, 五郎清川八郎金子与三郎それに島田虎之助, 五郎源七の二タ役, 五郎源七いずれも好評, 五郎潟武蔵の五日市, 五郎瀬下耽渡辺温, 五郎烏帽子蓮華などの諸, 五郎烏帽子蓮華針ノ木爺鹿島槍五龍唐松等を経, 五郎爺さんに話し, 五郎玄関脇の松の木, 五郎ゆきなぞ, 五郎白い蝶の, 五郎白川道太郎大崎健児の三人, 五郎盛信の最期, 五郎盛常といつか, 五郎盛常殿じゃ, 五郎相手が, 五郎真一文字にぬれ, 五郎秋山七左衛門警衛として付い, 五郎立つて黙, 五郎の小頭連中, 五郎へない, 五郎納富介次郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 五郎細川嘉六信夫清三郎平野義太郎という人々, 五郎紹介の吟松, 五郎義兼では, 五郎義弘という者, 五郎義清結城左衛門尉朝光等各陣, 五郎義重さまも甚だ, 五郎へ込ん, 五郎胡蝶屋豆八くらいにすぎなかった, 五郎胡蝶物狂いの図, 五郎の強い, 五郎舟木重信兼常清佐等四十名の発起人, 五郎般若寺村の百姓柏岡源右衛門, 五郎蔵はじめその一家, 五郎蔵はじめ五郎蔵の乾児ども, 五郎蔵一味め俺の行衛, 五郎蔵一味大勢の者, 五郎蔵持ちと書かれた, 五郎蔵氏に就い, 五郎蔵達で二人, 五郎蕃寛の次男蕃徳, 五郎薩摩藩の人, 五郎薬師等は真白, 五郎と通, 五郎訪問まだ病院, 五郎と同工異曲, 五郎逸見冠者光長などが甲斐源氏, 五郎が云, 五郎郎党の山田宗六主従四人真柄, 五郎頼光などをつれ, 五郎を洗っ, 五郎高貞山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 五郎鳥羽田は芒むら