青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乗り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~ ~乗せ 乗せ~ ~乗っ 乗っ~ ~乗った 乗った~
乗り~
~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~ 乞~ ~乞食

「乗り~」 1522, 16ppm, 7139位

▼ 乗り~ (92, 6.0%)

2 天に, 羽づく

1 [88件] いず, いと静か, しかりしかり大, その頬かぶり, ゆきに, われ帰る, ブシュパブハドラ河へ, 一路火星に, 不尽不, 両親および, 云々といふ, 他界へ, 伸び上り, 僅か三十分と, 免かれし, 其許に, 出で, 出でき, 出でぬ, 列車ボーイの, 初詣, 午後十時少し, 南洋に, 名に, 呂宋に, 命をも, 喰は, 地上に, 坐りも, 大空を, 安著し, 家に, 寄り去る, 少しく行か, 崖頂に, 左右手に, 弓を, 引き廻されけるに, 往来する, 急ぎ来った, 来り給う, 来るを, 松原を, 柏手一ツ二ツ叩く, 楽の, 歓呼顧盻しいた, 気焔を, 汽の, 海上に, 海宮に, 涼を, 渡る, 渡ること半途, 灘を, 物喰は, 白倉山の, 白日昇天し, 百両は, 監獄の, 神田小川町仏蘭西書院に, 空に, 空中を, 自己の, 船河の, 芝の, 薄暮岩内港に, 行かんとも, 行く, 行く人, 行けと, 西村へ, 軽井沢に, 輾り, 近づく, 逃げ渡りて, 遊ばむといふ, 遊び行く, 遊ぶ者, 遊戯三昧に, 過ぐ, 還るなどは, 釣せし, 釣る如きは, 鉄道を, 隠岐の, 難を, 駆け出す時, 高崎に

▼ 乗り~ (83, 5.5%)

6 なって 5 なるの 4 なったの 3 なつた 2 なった, なってから, ならなかつたの, なりましたか, なりますか, なるところ, なるので, なる時, 乗って

1 [47件] あわせて, いったの, いらっしゃるの, かかった, かかったと, かぎり貫目外の, げしようと, こんなにも長い, して, なったそう, なったという, なったまま, なったものの, なったらどう, なったらよかっ, なったん, なった方, なった麗人, なってしも, なつたら, ならないの, ならないん, ならなかったよう, なりあと, なりたいん, なりながらも, なりますね, なり帰って, なる, なるが, なるん, なる舟, なれば, なれますよ, 乗せて, 同乗が, 奴鳴りつけられ, 来たの, 自然鞍つぼ, 行かない, 行こうて, 行ったもの, 行った人, 身を, 辱しめられよう, 飛び乗つたり, 騎って

▼ 乗り~ (83, 5.5%)

2 女は, 姿を, 小さな自, 平底舟で

1 [75件] あの大きい, いうこと, しゃんしゃんさ, すべすべした, その自転車, できないやつ, ふうを, ほうが, ほうを, わるい肌, スライディングでは, ノクタンブランで, ボートと, リンタクに, ロケットらしかった, 一番を, 一箇所へ, 一隊見る, 上手は, 人力に, 人力車が, 人力車ないし, 倉松に, 倉松囃子方の, 先登を, 勇士で, 古風な, 名のりが, 名人だ, 名人だった, 名人倉松地上三間あまりの, 唄は, 大きさ, 大きな帆前船, 大勇士, 大型飛行艇だった, 大飛行艇, 女よと, 姿が, 姿は, 小僧が, 小僧に, 小船とが, 峠まで, 巧く, 方ありません, 早業で, 望むところからいうとあまりにものろのろしすぎた, 様子で御座います, 涙が, 潜波艇だ, 無番号, 男も, 看板が, 神経にとっては, 筏を, 紅色の, 者が, 自転車, 自転車を, 舵子が, 調子を, 豆ヘリコプターを, 豆潜水艇の, 豆自動車が, 身体を, 車が, 車と, 車に, 車室しか, 軽快な, 運動に, 馬車に, 馬車を, 駕籠は

▼ 乗りながら~ (31, 2.0%)

2 私は, 舟が

1 [27件] いたずら好きの, おぼろやみの, きくと, ずっと道, その悲しい, ふとそう思った, まず昇降口, らっぱを, 云って, 何は, 前日と, 名人が, 夢の, 大きな林, 旅人の, 時子は, 曳網を, 治子と, 涼しく命じました, 源叔父の, 溜息を, 立ち上って, 袂から, 見ると, 退屈な, 長押し, 静かに

▼ 乗りもの~ (31, 2.0%)

2 に乗っ, は通りません

1 [27件] が下, が半, が有ろう, だった, で氷, などでも散見, についてまいれ, につみこまれたらしい, にはさん, に乗つた, に乗ります, のおも, の外, の様子, の混乱, はない, はなく, も不便, をもってお, を何, を使っ, を借りる, を待たせ, を捨てた, を見え, を騎馬, 動いて

▼ 乗り~ (26, 1.7%)

2 へた, へること, へると

1 [20件] うべき列車, へて今, へて伊那本郷, へて信越国境, へて引返さう, へて急, へて石川台, へて見ませう, へね, へのため, へよう, へるまでの, へを教, へを間違, へ乗り換, へ台湾, へ四十分, へ場所, へ飯塚, る

▼ 乗りうつっ~ (24, 1.6%)

3 ている 2 て来た

1 [19件] てあわれな, ていた, てきっと, てくる, てこの, てその, てそのまま, てとうとう, てなに, てひとりでに, てやれやれ, て一時間, て上陸, て主人, て来, て火, て燈台, て自分, て顔

▼ 乗り~ (22, 1.4%)

2 して

1 [20件] うつしまねて, させること, したが, したん, した女, しながら, しようと, すべしとて, するお客, するやう, する年, せんと, だんだんと, なだめること, りて, 志願する, 承る者, 点出した, 発明する, 致します其の

▼ 乗り~ (21, 1.4%)

2 云った

1 [19件] いい, きて, その一つ, だれかに, ほの, 一き, 一分ちがった, 三人ぐらい, 今まさに, 低い声, 到着する, 彼の, 悪くて, 来て, 灌木の, 私たちの, 足を, 違ふ, 青竹の

▼ 乗り~ (21, 1.4%)

2 づすまい

1 [19件] あっちから, ぐれること, こいつに, しない, しなかつたもの, すすり泣きし, そうやっ, なしつながずし, ぽっちりと, まるで今, 不十分ながら, 吉田沢右衛門どう, 唇を, 安全だ, 突然泣き始めた, 網棚に, 自分の, 見張りが, 鮮やかだ

▼ 乗り~ (16, 1.1%)

6 はし, はした 1 の衆, はす, はせて, はせる

▼ 乗り心地~ (16, 1.1%)

3 のいい

1 [13件] がいい, でむかし, でも悪い, のよ, のよい, の悪い, はいかが, はなかなか, は思った, もまた, をうかがっ, を刺激, を愉快

▼ 乗り~ (16, 1.1%)

1 [16件] があまり, があんまり, がね, だよ, で乗物, と地図, などによつ, に驚い, はなかっ, は中, は同じ, や手綱, を忘れた, を改めない, を稽古, を覚えた

▼ 乗りうつった~ (15, 1.0%)

2 ときに, ような

1 [11件] お仲, かと思われる, ときの, としか思えなかった, と考えられぬ, にちがい, に相違, のが, のです, ように, んだ

▼ 乗り~ (13, 0.9%)

1 [13件] お帰り, よかろう, 何う, 先へ, 出かけて, 十万金を, 夫婦轡を, 帰りながら, 往かう, 狭くそして, 登城を, 納まり返った道庵, 蔵前通りから

▼ 乗りその~ (11, 0.7%)

1 [11件] 人に, 供として, 儘の, 勇士の, 峯に, 持主パウル・ウエルトハイマーが, 村の, 機関を通して, 次の, 療養所に, 説明を

▼ 乗り~ (11, 0.7%)

5 なって 1 向かい合い本, 呼ぶ場所, 呼ぶ村, 廃院とには, 潜水艦乗りとは, 称して

▼ 乗り廻し~ (11, 0.7%)

3 ている 1 てあるきたい, てあんなに, てそれでも, ても百マルク, てゐる, て帰, 思う存分に, 追い廻し飼養

▼ 乗りすてた~ (10, 0.7%)

3 駒を 1 お馬, 三輪車が, 二匹の, 野馬の, 馬を, 駒が, 鷲を

▼ 乗りうつり~ (9, 0.6%)

1 になり, の形, われながら, 上陸する, 変化自在の, 恨みの, 氏一人を, 葉の, 金銭の

▼ 乗りそう~ (8, 0.5%)

1 して, なお, な中ごろ, な人柄, にした, にもない, もない, もないみすぼらしい

▼ 乗り~ (8, 0.5%)

4 かまに 2 かまと 1 よさあ, んせい

▼ 乗りそして~ (7, 0.5%)

1 ひょっとした, 南の, 彼等は, 河添ひ, 生死の, 神戸の, 自分の

▼ 乗りたち~ (7, 0.5%)

2 の多く, は蔭, を圧迫 1 のそば

▼ 乗りまた~ (7, 0.5%)

1 それから, バスに, 出なくて, 屋上に, 白馬数十匹を, 重いもの, 駅

▼ 乗り込み~ (7, 0.5%)

1 といふところ, の前夜, の坐り込み, の鮎, は人気, もおわりました, を両

▼ 乗りうつる~ (6, 0.4%)

1 ことが, ことであった, と, ところが, のである, ように

▼ 乗り~ (6, 0.4%)

3 かつた 1 うるひま, へると, ツて

▼ 乗りさえ~ (6, 0.4%)

4 すれば 2 しなければ

▼ 乗り~ (6, 0.4%)

1 そして婆さん, て, て居る, て深夜, て野郎, に走り

▼ 乗りそれ~ (6, 0.4%)

1 から七哩以上, が並ん, が為, を揚げる, を甚三, を着

▼ 乗り~ (6, 0.4%)

2 から色 1 がきょう, ぞお, つたといふ, といい

▼ 乗り一人~ (6, 0.4%)

1 だけはラサ府, の僕, の女, の村人, の武士, は漕ぎ

▼ 乗りそこ~ (5, 0.3%)

1 から仲山道, から数限り, なった, なつた, を立去ろう

▼ 乗り~ (5, 0.3%)

3 はし 1 はした, はす

▼ 乗り~ (5, 0.3%)

1 だよ, とし, にし, にする, を飼い殖やし得

▼ 乗りかた~ (4, 0.3%)

1 で小荷駄馬, も前, をし, を教え

▼ 乗りかへて~ (4, 0.3%)

1 下館に, 五時頃五所川原に, 小牛田の, 岐阜着

▼ 乗りたる~ (4, 0.3%)

1 を見, 我を, 箱車を, 車を

▼ 乗りても~ (4, 0.3%)

1 あきぬ気楽旅, つかれて, 見たる川蒸気, 見ませ乗りおほら

▼ 乗りでも~ (4, 0.3%)

2 したよう, ちぢみあがると

▼ 乗りなすった~ (4, 0.3%)

1 が駕籠, さあ野郎ども景気, ままそっくり, 時は

▼ 乗りなせ~ (4, 0.3%)

1 え, えまし, えよ, え木曽

▼ 乗り~ (4, 0.3%)

1 したが, しないで, しない電車, しなかったけれど

▼ 乗りやがて~ (4, 0.3%)

1 何時かは, 大弓場を, 正造の, 自分の

▼ 乗りやすく~ (4, 0.3%)

1 よく金, 主人を, 多人数で, 顎十郎づれに

▼ 乗り一番~ (4, 0.3%)

1 いい部屋, にはせ参じ着到, の槍, の軍功

▼ 乗り~ (4, 0.3%)

2 の一頭 1 の一羽, の者

▼ 乗り~ (4, 0.3%)

2 のホテル 1 ばかりを見つめ, へ島君

▼ 乗り廻した~ (4, 0.3%)

1 が発火, ところの, に違い, もの

▼ 乗り~ (4, 0.3%)

1 いたまま, ったの, ってあんな, って邪慳

▼ 乗り汽車~ (4, 0.3%)

1 に乗っ, に乗込ん, の中, は三等

▼ 乗り遊び~ (4, 0.3%)

1 が霞ん, の処, の方, をし

▼ 乗りかへ~ (3, 0.2%)

1 ました, 下呂へ, 十分経つ

▼ 乗りこれ~ (3, 0.2%)

1 こそは, に載す, は思ひ

▼ 乗りたて~ (3, 0.2%)

1 から駈, の船客, の騒然

▼ 乗りたまえ~ (3, 0.2%)

1 おっと, ということ, というただし

▼ 乗りたり~ (3, 0.2%)

2 し車 1 後にて

▼ 乗りなされ~ (3, 0.2%)

2 お供を 1 ては

▼ 乗りなすっ~ (3, 0.2%)

2 ておく 1 て下さい

▼ 乗りなどが~ (3, 0.2%)

2 集まって 1 特に心

▼ 乗りにくい~ (3, 0.2%)

1 と思っ, ネ, 橇が

▼ 乗りわたし~ (3, 0.2%)

1 てぬすみ, は型, も同様

▼ 乗り付け~ (3, 0.2%)

2 の帳場 1 も出来る

▼ 乗り~ (3, 0.2%)

1 て行く, でつ, でになりました

▼ 乗り~ (3, 0.2%)

1 和平を, 斧を, 資本を

▼ 乗り~ (3, 0.2%)

1 に帰った, に帰りし, に帰る

▼ 乗り~ (3, 0.2%)

2 くない 1 くね

▼ 乗り~ (3, 0.2%)

1 の駕籠, は一同, るれば

▼ 乗り易い~ (3, 0.2%)

1 所謂イージーな, 按吉だった, 男と

▼ 乗り替え~ (3, 0.2%)

1 たり船, の人, や出発

▼ 乗り雪道~ (3, 0.2%)

3 歩いて

▼ 乗り馬車~ (3, 0.2%)

3 に乗り

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 ぐる音波の, はやの

▼ 乗りうつつ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 乗りうつらない~ (2, 0.1%)

1 かというの, のだ

▼ 乗りから~ (2, 0.1%)

1 帰って, 角力取りに

▼ 乗りきつ~ (2, 0.1%)

1 たの, てゐる

▼ 乗りする~ (2, 0.1%)

1 ものを, んだ

▼ 乗りそれから~ (2, 0.1%)

1 フリントの, 築堤までの

▼ 乗りです~ (2, 0.1%)

1 か, かね

▼ 乗りながらも~ (2, 0.1%)

1 ザジッグ的な, 彼女は

▼ 乗りなされた~ (2, 0.1%)

1 の, のか

▼ 乗りなし~ (2, 0.1%)

2

▼ 乗りもし~ (2, 0.1%)

1 閉じられて, 閉ぢられ

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

2 船頭たちが

▼ 乗りわし~ (2, 0.1%)

1 が西, は他

▼ 乗り一体~ (2, 0.1%)

1 この店, となっ

▼ 乗り一台~ (2, 0.1%)

1 には荷物, に五銭

▼ 乗り両側~ (2, 0.1%)

2 に白い

▼ 乗り二十三~ (2, 0.1%)

2 の年

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 が下り, と共にその

▼ 乗り人力車~ (2, 0.1%)

1 ができれ, のある

▼ 乗り入り~ (2, 0.1%)

1 ては乗り越し, まもなく月輪

▼ 乗り入る~ (2, 0.1%)

1 と同じ, 後ろより

▼ 乗り十里~ (2, 0.1%)

2 はなれた

▼ 乗り十里あまり~ (2, 0.1%)

2 の長い

▼ 乗り取らん~ (2, 0.1%)

1 とし, とする

▼ 乗り取り~ (2, 0.1%)

1 申すべくあの, 自身ハ手を

▼ 乗り合した~ (2, 0.1%)

1 がその, 者が

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 おそく巴里, の海

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 の頂, を攀ぢ石

▼ 乗り岸和田~ (2, 0.1%)

2 で降り

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 が被, が被さっ

▼ 乗り工合~ (2, 0.1%)

1 が飛行機, のどこ

▼ 乗り廻つて~ (2, 0.1%)

1 ゐると, ゐれば

▼ 乗り廻わし~ (2, 0.1%)

1 てあるく, ていました

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 の頭, はその

▼ 乗り心持~ (2, 0.1%)

1 が悪う, の悪い

▼ 乗り換馬~ (2, 0.1%)

1 もまた, を曳い

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 って死んじまう, って終った

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 した馬, して

▼ 乗り新大橋~ (2, 0.1%)

2 で上り

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

2 え様

▼ 乗り本郷通り~ (2, 0.1%)

2 を一高

▼ 乗り棄てられた~ (2, 0.1%)

1 一台の, 空の

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を提げ

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 の公園, の隣り

▼ 乗り江右~ (2, 0.1%)

2 に往く

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 に漂う, の上

▼ 乗り浅草~ (2, 0.1%)

1 のわが家, へ行った

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 に沈み, のうねり

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 と身, に出

▼ 乗り狼藉~ (2, 0.1%)

1 のあらむ限り, のあらん

▼ 乗り甲府~ (2, 0.1%)

1 で下車, へ向う

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 が水, は人力車

▼ 乗り秋葉原~ (2, 0.1%)

1 で総武線, の乗替

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 ひしよし, ひたればとて

▼ 乗り自分~ (2, 0.1%)

1 から十間, にとってこの

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 へて潜入, へて鶴

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 えたり, える事

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

2 は走りだした

▼ 乗り軽い~ (2, 0.1%)

1 毛皮の, 毛衣を

▼ 乗り途中~ (2, 0.1%)

1 で夏家河子駅, で私鉄電車

▼ 乗り遷ら~ (2, 0.1%)

1 ず, せるには

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 に乗り, に御し

▼ 乗り~ (2, 0.1%)

1 に御し, を呼び

▼ 乗り馴らした~ (2, 0.1%)

1 ものです, 馬という

▼ 乗り馴れた~ (2, 0.1%)

1 栗毛の, 銀毛の

▼1* [597件]

乗りあいにも興がり, 乗りあい船のかた, 乗りあがって行った, 乗りあがるとすぐ, 乗りあくる朝東京駅へ, 乗りあそばすんだ, 乗りあとをふりかえり, 乗りあるはまた, 乗りあわして東京, 乗りあわせていた, 乗りいずれの地, 乗りいまでは笠井氏, 乗りいりし後まったく, 乗りうちしたの, 乗りうつってるんだ, 乗りうつらぬ筈は, 乗りうつりでもなん, 乗りうつりであるのという, 乗りうつりましたがそれでも, 乗りうつり転げる如く遁走し, 乗りうつッているだろう, 乗りうねりに沈ん, 乗りおくれてまごまご, 乗りおくれないために, 乗りおくれまいと急い, 乗りおさめかと心細く, 乗りおもしろそうに, 乗りおりのない, 乗りおろして来た, 乗りかぶさっていた, 乗りからの平野や, 乗りきたりし車を, 乗りくさって, 乗りくださいませぬか, 乗りくだされますよう, 乗りくみの水上署員, 乗りくみそこへ神田橋, 乗りくみ員の手, 乗りくみ戦死したばかり, 乗りぐらひの箱車を四五人, 乗りぐんぐん魔海に, 乗りけれどかかる時気楽, 乗りへ女房, 乗りここちがいい, 乗りこしてみせる, 乗りこせぬわけで, 乗りこめるデッキ航者, 乗りへなされ, 乗りさせるとただちに, 乗りさったと思えた, 乗りさまお高, 乗りさらにあまりりっぱな, 乗りさるお方の, 乗りした自動車から, 乗りすてて川崎, 乗りせんと出でし, 乗りそこで下りて, 乗りそのまま一気にモスクワまで, 乗りそびえた姿は, 乗りや玉の輿, 乗りたくさんの供, 乗りたさうな容子, 乗りたった一人で, 乗りたまはずさらばとの, 乗りたまわずさらばと, 乗りたりけりと聞えけれ, 乗りだったんです, 乗りだのおのおの財布, 乗りついでもわし, 乗りついには全く, 乗りつぎして, 乗りつけの車屋, 乗りつつ遠くパリの, 乗りつぶされてしまう, 乗りつぶしもうここ, 乗りつぶれぬ程な, 乗りづめで食っては, 乗りてか盛んに, 乗りての遊山また, 乗りてをふり落したり, 乗りでがある, 乗りでしたか, 乗りではどちらも, 乗りというような, 乗りといふテクニツクを, 乗りとおすなり乗合馬車, 乗りとしてここに, 乗りとはお嫁, 乗りおしだった, 乗りどこかへ走り, 乗りないし二人乗りの, 乗りなお山上の, 乗りながらでも十発九中, 乗りなさいますか, 乗りなさるなと思い, 乗りなすったらわたしたちが, 乗りなどを試みて, 乗りなよ金吾, 乗りなら私は, 乗りなるとき, 乗りなれたバスや, 乗りにげしたッていう, 乗りにでもなりたかつた, 乗りになつて艫へ, 乗りにはならないで, 乗りにもならずに, 乗りねえちょうど着いた, 乗りはるばる地球に, 乗りひょう然と, 乗りひんぱんに往来, 乗りふるさとの誰, 乗りべつの二艘, 乗りまず名札を, 乗りまちを走っ, 乗りまっすぐにジーキル, 乗りまつしぐら, 乗りまん中の橇, 乗りみたいな姿勢, 乗りもう見向きも, 乗りもしくは踏みおったが, 乗りゃあがってこつとらは風呂屋の煙突, 乗りやすいように, 乗りやっと門前に, 乗りゆふぐれ小城郡古湯温泉, 乗りゆるゆると動い, 乗り後から, 乗りようも知ん, 乗りようやく離れ座敷, 乗りよく騎射し, 乗りらしい人力車の, 乗りわざわざこうして取って返した, 乗りわたし天子ヶ岳のふもと, 乗りゐたるは三十, 乗りアララギ発行所へ出かける, 乗りアルペン杖を横たえ, 乗りオホーツクの海阪, 乗りオモロなど謡う, 乗りカタパルトでとびだした, 乗りカラカラカラと, 乗りカレエの港, 乗りギャンチェの町, 乗りグランブルヴァールの飛行館, 乗りショフワーの横, 乗りゼノアからやはり, 乗りソレカラ欧羅巴各国を彼方此方, 乗りニューヨークに上陸, 乗りネズミどもが笛, 乗りネプツウヌスの三, 乗りハルミさんをおどろかせた, 乗りバスに乗り, 乗りビールを飲み, 乗りピイと上野, 乗りペナン迄の間, 乗りペナン港を過ぎ, 乗りマツダランプの箱, 乗りモンフェルメイュに行っ, 乗りモーターボートに乗る, 乗りレコオド持ち出しこ, 乗りロイドレ街を指し, 乗り一つの象, 乗り一先づわたしは久里浜で下車, 乗り一同にしばし, 乗り一時間ばかりで, 乗り一歩踏み出すか, 乗り一頭立ち, 乗り七時何分かに横浜, 乗り丈八の大, 乗り三島へ出, 乗り三里さきの我生れ故郷富山, 乗り上ってきた, 乗り上ったとき溺死者が, 乗り上京の方, 乗り上本町六丁目で降りる, 乗り上衣の折返し, 乗り下げて置き, 乗り下し豊前国田野浦部崎の, 乗り下すッた, 乗り下りするとき足, 乗り下り右碇泊いたし候アメリカ船, 乗り下ろして来る, 乗り下人を連れ, 乗り下男を伴, 乗り両国橋の下, 乗りにはごたごた, 乗りの吟味, 乗り乗り出しておく, 乗り乗鞍ヶ岳から天安鞍, 乗り二人そろつて, 乗り二人乗りの人力車, 乗り二十人ほどの信者, 乗り五時相老で東武線, 乗り五百も部屋, 乗り五里奥の日足, 乗りの大路小路, 乗り京城の駅, 乗り京王電車に乗り, 乗りは真っ, 乗り代っては駈け, 乗り以前の道, 乗り仲間等はカンバン, 乗り伊豆半島の東海岸, 乗り佃島へ渡る, 乗り食わぬ顔, 乗り何れの山, 乗り何処かへ行っ, 乗り何年ぶりかで内部, 乗り余った黒山の, 乗りには数百騎, 乗り供揃いで向島, 乗り保津川をさかのぼり, 乗り倒したが前もって, 乗り倦ねた人々はまだ, 乗り側面のベンチ, 乗り偶然その先生, 乗り傍馬にはアンドリューシカ, 乗りだけ一人富士前, 乗り僚艦からは海軍中尉, 乗り元禄二年陰暦六月一日午前八時頃一栄宅から大石田, 乗り入ってマルグヴェン, 乗り入らうとする, 乗り入られたあの方, 乗り入ろうとした, 乗り八文字に開かれ, 乗り八王子にすっ飛んだ, 乗り六十馬力東洋一の大, 乗り六阿弥陀の通り, 乗り其処から汽船, 乗り再び林へ, 乗り冒険にでかける, 乗り出しが宍戸, 乗り出だし声さへ俄, 乗り函館を経, 乗りを背負い, 乗りれた, 乗り分れてまた, 乗り初めのころ, 乗り初めてこの陣営, 乗り利根川を下る, 乗り力者十二人がかつぎ, 乗り十四人の船員, 乗り十数人の僧侶, 乗り千垣で下車, 乗り千日前で降りる, 乗り午前八時頃ヤーセという駅, 乗り午後は四時二十分着, 乗り半ば好奇心が手つだっ, 乗り南極海で十四カ月, 乗り南部仏印での古都, 乗り南門の火の手, 乗り去ったとみえ, 乗り去り乗り去る, 乗り去る旅人哉, 乗り参拝に来, 乗りにさよなら, 乗り友人と共にそれ, 乗り叔父さんの家, 乗り取ってしまう, 乗り取ったものが, 乗り取りたらんが, 乗り受付へ行った, 乗りで呆, 乗り古風の馬車, 乗り合ひよりも雑駁, 乗り死同, 乗り同勢およそ百余人, 乗り吏卒をしたがえ, 乗りひ合つて腰掛, 乗り呑気に四方, 乗りの冕, 乗り味方の陣, 乗り品川にある, 乗り喋舌り続けようと, 乗り四人が奉天, 乗り四谷の師匠, 乗り四駅前で下車, 乗り図らず大久保旧宅の, 乗り土人軍でも酋長, 乗り地中海に入り, 乗り地方的事業の画策起工, 乗り堀木ははしゃい, 乗りのあたり, 乗り塩梅が申し分, 乗り塩梅水の純度, 乗り夕方枚方で飯盛, 乗り外濠の春色, 乗り多くの侍女, 乗り多少の貯え, 乗り夜なかにジュネーヴ, 乗り夜分は双六, 乗り夥しく啄き, 乗り大きい望を, 乗り大廈に住い, 乗り大蛇鬼の首, 乗り大連を出立, 乗りを仰い, 乗り天下泰平五穀成就と三唱, 乗り天井のなか, 乗り天文台の前, 乗りれ一気に, 乗りは小さい, 乗り女中を従え, 乗り好い頃あいを, 乗り好き食物を与えず, 乗りから贈られた, 乗り威儀かいつくろいて, 乗りのいる, 乗りであったヴァイオレット・スミス嬢, 乗り季氏の甘言, 乗り完全にとどめ, 乗り実演大会の打合せ, 乗り室戸岬の鼻, 乗り宿屋へ着いた, 乗り寄せて玄徳, 乗り寄せ丁々と額, 乗り寄る事有るまじき, 乗り富士前で降り, 乗り富士見まで乗っ, 乗り寺男のあと, 乗り小さな軽便に, 乗り小熊は手綱, 乗り小田原に着く, 乗り小菅刑務所の見学, 乗り小萩の容態, 乗り少年笛ふけど, 乗り尽して処女, 乗り屈強な兵千余, 乗り山城河岸へ急がせた, 乗り山間の谷川, 乗り岡山有志家の催し, 乗りに堰かれた, 乗りを降り, 乗り崩したる竹馬を, 乗り左右の戸, 乗り市内を見物, 乗り市電で戎橋, 乗りをすっかり, 乗り平八は自宅, 乗り幾月かを経, 乗りわせる, 乗り廻し叔母さんのこと, 乗り廻し夫の顔, 乗り廻し新鮮な空気, 乗り廻し気候のこと, 乗り廻すなんてこと, 乗り廻っている, 乗り弓矢をたずさえ, 乗り弟たちに口輪, 乗り彼地に着き, 乗り彼等はヨロヨロ, 乗り彼自身棹を使, 乗り後のには男, 乗り後ろ首の一ヶ所, 乗り後尾には候補者, 乗り徒士をしたがえ, 乗り徒立の供二三十人, 乗り従者ことごとく黄色, 乗り従者二人が付き添っ, 乗り御坂峠を越え, 乗りは悪く, 乗り心地よくはなかっ, 乗り恵王の陵, 乗り慣れた一頭を, 乗り或は犀象の, 乗り所員某氏の御, 乗りに彫, 乗り抜けたぞ, 乗りを握っ, 乗りてていった, 乗り提灯をもち, 乗り損つた志士と云, 乗り損なうような, 乗り損なってしまっ, 乗り改正道路から環状線, 乗り放しわれ先にと, 乗り放したってかまいません, 乗り数々の福徳, 乗り数千の精兵, 乗りの軍勢, 乗り文鳥を買っ, 乗り市街の, 乗り新前橋駅を発し, 乗り新庄に上陸, 乗り新橋で下り, 乗り新野の城内, 乗り方々で乗換え, 乗り旅仕度をした, 乗り旅館にはいる, 乗りなお高き, 乗り日日新聞の海水浴場扇島, 乗り日本橋筋一丁目の乗換場所, 乗り日神自身は翡翠色, 乗り早く家へ, 乗り早稲田の諏訪町, 乗り昇天せんと, 乗り映画見るがに, 乗り普段は何, 乗りえ馬, 乗り書生さんたちはそこら, 乗り替える場所だ, 乗り替へて中津, 乗り最大の速力, 乗り最後の馬, 乗り朝晩にその, 乗り木曽川の上, 乗り本所から芝, 乗り朱衣を著, 乗り来り迎う, 乗り来りし帆船の, 乗り東中野からテク, 乗り東白浜にある, 乗り松阪へ行く, 乗り枯草色のシヤツ, 乗り案内者となつ, 乗りるまでは, 乗り棄てた馬を, 乗りや果樹園, 乗りの枝, 乗りを心得, 乗りの車, 乗り次第次第に気合い, 乗り正午近くなって, 乗り正式な通訳, 乗り正面突当りなる窓際, 乗り此方に乗りし, 乗り殺してしまっ, 乗り比島兵が一人, 乗り毛布を敷いた, 乗りを渡っ, 乗り水浅黄の袍, 乗り江戸川端で乗換え, 乗りへ出, 乗り沖合の難破船, 乗り沼宮内という小, 乗りなぞとおよそ, 乗り法王宮職が設けられ, 乗りの涙, 乗り流れを下っ, 乗り浅間の山, 乗り海上に生活, 乗り海上遙かに漕ぎ出した, 乗り海岸さして出動, 乗り渋谷に着いた, 乗り渡し候ふ馬也, 乗り渡舟は岸, 乗り温かい朝飯を, 乗り湖尻の桟橋, 乗り湯島の狩谷懐之方, 乗り潰そうと正面, 乗り澄ましたのであった, 乗り激流をさ, 乗り濁流めがけて, 乗り瀬田川をのぼっ, 乗り灰沼村で降りる, 乗りは例, 乗りに来る, 乗りに曳かせ, 乗り狂人走れば, 乗り独逸も近い, 乗り玉突きをし, 乗り琵湖を過ぎ, 乗り琵琶の湖, 乗り琵琶湖の見える, 乗り生命知らずの門下, 乗り田山は和装, 乗りの緒, 乗り疲れ黄雲が落暉, 乗り疾駆しつ, 乗り白い小さい顔が, 乗り白き装束なる, 乗り白羽扇を手, 乗り白蓋をさして, 乗り盛りだからね, 乗り目黒駅に下車, 乗り真中にぼく, 乗りけなされました, 乗り石川島を向う, 乗り祈祷会レセプション午後のお茶, 乗りに詣らん, 乗りも白, 乗りから降りる, 乗り立川まで行きました, 乗り之助, 乗り竜宮見物に出かけました, 乗り竜潭駅に下りた, 乗り競走するに, 乗り簡単に見合い, 乗り糸魚川にいたる, 乗り三十年の, 乗り紋ぬきのご, 乗り紫手綱を握っ, 乗り終点で停っ, 乗り組みの人, 乗り縁側に前足, 乗りを量られる, 乗り罪人とともに断頭台, 乗り美沢は本郷弥生町, 乗り翌日昼過ぎにバンキープール, 乗り翌朝伏見へ着い, 乗り翩飜と舞う, 乗りを隠したであろう, 乗りが締, 乗り背伸びをし, 乗りに抱かれ, 乗り膝枕を色, 乗り自宅に着く, 乗り舞台にこなし, 乗りの中, 乗り船賃は上等, 乗り船頭がちょうど, 乗り良人であった, 乗り若いのが, 乗り若者がひい, 乗り茅場町へ来かかる, 乗り草履を預けた, 乗り荻窪西荻窪駅の南口, 乗り菩提寺に行った, 乗りを張る, 乗り薙刀を掻い持っ, 乗り薮原から山, 乗りの神, 乗り蛇使いを見, 乗り行きしがその, 乗り行列に加わっ, 乗り衣服も侍従, 乗り衣類の這入った, 乗り袋入の傘, 乗り西の京で下りた, 乗り観兵式にでも出られぬ, 乗り試み墜落負傷し, 乗り試むるとすなわち急に十里奔, 乗りせた者, 乗りを越す, 乗り豆自動車に乗り, 乗り負けするな, 乗り起して, 乗りゆるもゆくての, 乗り超えた先に, 乗り越しをし, 乗り越後様は馬, 乗り蹄形に来た, 乗り車中安眠するを, 乗り車内はいま, 乗り軽く胸に, 乗り近き鉄道の, 乗り近習若侍, 乗りしあれ, 乗り逃してとうとう, 乗り進物籠を載せ, 乗り運転手と並んだ, 乗り過して周章て, 乗りもわざと, 乗り道普請で凹凸, 乗り道路とは溝, 乗り遥かの沖, 乗り郷里の広島, 乗りのはずれ, 乗り都合でいかが, 乗りはやめ, 乗り酒屋の前, 乗り籐の, 乗りの旗, 乗り金州以東の支那領, 乗り鉄砲をうち, 乗り銀座街を乗りまわし, 乗り長剣を持つ, 乗りも無く, 乗り関宿とは反対, 乗り関索をひきつれ, 乗り阿佐ヶ谷で降り, 乗り振東, 乗り随喜の涙, 乗りに逢, 乗り電車に乗り, 乗りがほんのり, 乗りを起こす, 乗り静めながら狂気, 乗りの上, 乗り順風を受け, 乗りて其ビヽエン街, 乗りに乗っ, 乗り頼母が娘, 乗り飛び道具を用意, 乗り食堂にゆき, 乗り飽いたわけで, 乗り飽いてるよとノウノウ, 乗り養神亭裏まで, 乗り駕籠を先, 乗り驢馬に乗り, 乗り高い杉の, 乗りをさばき, 乗り鬼界ヶ島へ来た, 乗り魔王ユシュ鉄の馬, 乗り鳥の子の襖, 乗り鴨居式の鯛道具, 乗り鴻巣にいたり, 乗り鶴岡の街, 乗り黒鴨を連れ