青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「五つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~
五つ~
五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~ ~交換

「五つ~」 1670, 18ppm, 6338位

▼ 五つ~ (448, 26.8%)

7 時に 5 赤いそり 4 三角標が, 時から 3 年から, 指の, 肖像が, 頃から, 頭を

2 [35件] お言葉, ちがった温度, ものは, ものを, パンと, 人影が, 円盤が, 土蔵の, 場合の, 女の子が, 女の子を, 娘の, 年で, 年に, 影は, 文字, 新太郎が, 時であった, 時の, 時ヴォルガ河を, 時分に, 朱塗の, 流派が, 火影が, 煙の, 班に, 男の, 目盛盤を, 称号の, 種子の, 穴から, 肖像について, 色, 遊星が, 部屋は

1 [343件] いずれにも, うち三つしか, おさら, および二, おり島の内, おん傷がちやん, お祝いが, ことです, こどもの, そのもつれ, そりにも, そりの, たった一人, ちがった道, ときから, ときだったらしい, ときに, とき生みの, ふろしきを, ふろしき包みを, ほかによ, ぼんぼりが, ものを以て, ゆびはふるる緒に, をととなり, んで, ギザ, ギリシヤ単語を, グループに, シャンデリアの, ノックの, ハートを, バッジが, パラグラフが, パラグラフは, パンを, 一両一分二朱が, 丈夫な, 上の, 不審が, 中に, 主な, 五色の, 仏体を, 仏像を, 代表的な, 会社に, 会社へ, 位牌の, 健造が, 傘が, 傾向を, 僞作の, 元素です, 元素と, 兄で, 児の, 兒に, 入口から, 公理群を, 円盤でした, 円盤は, 前を, 剣輪の, 割りで, 創作が, 力を, 勝行が, 勲功である, 千両箱は, 千兩箱の, 千兩箱を, 協奏曲その他少なから, 印象を, 卵が, 各一時間, 同じやう, 名あり, 名前が, 名前五つの, 味が, 咎を, 四斗樽を, 土穴の, 土蔵を, 地域で, 坊やは, 型だけで, 堡塁から, 壁だ, 壁を, 大きな疑問, 大キャベジ, 大三方, 女の, 女児と, 娘と, 子が, 子会社を, 子供が, 子供の, 子供まで, 子供を, 字が, 字の, 字名の, 実には, 実の, 室の, 寺の, 封筒に, 小さい山, 小さい雄蕊, 小さい髑髏, 小さな子, 小石を, 小説が, 小説は, 小部屋, 小髷, 屋根が, 屍体, 屍体に, 屍骸が, 峯が, 峰の, 島との, 島を, 島合せ, 川の, 巻を, 帯の, 年の, 年上で, 年前町の, 年長者で, 幼児である, 幼児です, 幼児の, 御指, 徳あり, 徳が, 徳で, 徳についての, 徳を, 性質の, 感覚だけ, 感覚だけを, 感覚を, 戒の, 戒めも, 所在地も, 扉から, 扉が, 扉とを, 扉の, 扉を, 手紙五つの, 指, 指ごとに, 指紋と, 提灯の, 故ならず, 文字が, 文字であった, 文字へ, 文書は, 斥候隊の, 新しい概念, 方に, 方法を, 日を, 星, 星が, 星章を, 春に, 春を, 時, 時だ, 時などについて, 時代を, 時分まで, 時分母が, 時父は, 時近所の, 時里子から, 曲は, 書物共著者の, 村の, 条件が, 条件の, 条件を, 根本時期に, 桶の, 概念が, 檻から, 檻の, 歌と, 歳, 歳に, 歳の, 殺人の, 母音を, 氏が, 液だ, 渓流と, 渡しが, 演目から, 漢字が, 漢字を, 漢文字で, 瀑布と, 火が, 点の, 爪を, 物語を, 独りごとめいた発言, 狭長片に, 獄門台から, 獄門台は, 獣の, 玉の, 玉子で, 現代劇, 現象が, 田を, 男の子が, 男の子の, 男七つの, 町かどを, 異った, 疣が, 目的を, 真与太郎, 短篇を, 石瓮を, 砦には, 福, 私へ, 私を, 私立大学に, 秋に, 秋二つ年下の, 科学が, 称号を, 種類に, 窓が, 窓と, 箇条が, 箇条とは, 籾を, 級を, 經驗は, 緑ちゃんは, 縁台を, 繪が, 署名そして, 美だ, 美という, 美を, 群との, 肉, 致命傷を, 舞踏場を, 色が, 色に, 花の, 花弁が, 花弁と, 花弁の, 花弁は, 英雄的行動, 萼片とが, 葬式を, 葯の, 蜜腺が, 行李を, 袋から, 袋に, 袋を, 袖子や, 袴着の, 要点が, 要素が, 角, 言葉より, 記号を, 訴状を, 詔書, 話五つの, 調べの, 講演が, 豪壮な, 貸店舗, 貿易港が, 赤いハート, 赤い電球, 足を, 辺に, 通路を, 遊星を, 道, 道の, 違いは, 邊に, 部分から, 部分を, 部分品が, 部屋が, 部屋によって, 部屋を, 部族, 部落という, 部落に, 都市アゼンスローマヴェニスフローレンスおよび, 酒倉に, 金貨を, 鉱山は, 銀釦が, 錻力の, 鐘が, 鐘を, 鐶は, 長編小説を, 闇市場へ, 闇市場を通じて, 階段の, 雁首が, 雄蕊が, 集まったもの, 雑巾を, 電燈は, 項目に, 風船玉路上の, 飴玉の, 首が, 首との, 首の, 駕籠, 駕籠が, 駕籠早く, 髪の, 黄身ばかりを

▼ 五つ六つ~ (179, 10.7%)

6 の子供 3 のころ, の時, の曲, の頃, 並んで 2 あった, あって, の時分, の灯, の男, より下, 並べて, 書くと

1 [142件] あったけど, ある, あるが, あるそう, ある墓石, ある筈, ある階段, ある首, いろんな物, うごき一人, かけ連ねて, かたまって, かたまつたの, から二十歳, から十歳位いま, から少く, くらいの女の子, くらいの子, ぐらいの男の子, して, ずつ大火, ずつ提げました, だった頃, だらしなく並べられて, で行った, となった, とにかく昔, と皮, と買っ, と載せ, なぐりつけだ, ならべて, にしか考えません, になり, にも黒い, に交差, の, のいた, のりんご, のバラ銭, のパイプ, のパン, の仮装行列, の千木, の卓, の叔父甥, の娘, の子, の小, の岩, の峰頭, の年長, の年頃, の幼童, の提灯, の新聞, の水瓜頭, の港, の漁船, の焦げた, の爆弾, の狐火, の猿, の男の子, の空いた, の組, の縦隊, の襤褸, の通り, の酒瓶, の電燈, の頃結, の頑是, の顔, の鮨, の黒い, はおかれ, はずして, は一目, は何, は見, ばかりの男の子, ばかり妙, ばかり飲み乾す, ぱっと放りだされました, ぶっつけて, までは歯, もこした, もずらりと, もふけ, も並べられ, も伝わっ, も年嵩, も若く, も越え, も附け, をここ, を突きつぶす, 並べその, 入って, 出した, 出て, 加えて, 取ったよりも, 取り出して, 寂しくゆらめい, 打って, 投げつけられたま, 抛って, 持つて, 提げて, 揚って, 書いた末, 残した, 現われて, 白い壁, 白い實, 積み重ねて, 立ちはだかり無言, 続けさま, 続けて, 続け打, 置いて, 置かれて, 老けて, 聞かされた, 若くする, 若く見える, 落ち合う広場, 見つけました, 読みかけて, 赤い色, 起こって, 越えたらしい小さな, 越えて, 越したかと, 越したと, 越したの, 越した母親, 載せて, 附いて, 飾って

▼ 五つ~ (109, 6.5%)

4 なる女の子, 分けて 3 なるの, なるので, 分れて

2 [13件] なっても, なつた, なりました, なる, なるが, なる娘, なる子, なる子供, なる小, なる男, なる男の子, 岐れた, 離して

1 [66件] させました, なったお, なったの, なった妹, なった年, なった時, なった時分, なった男の子, ならない位, なります, なるか, なると, なるまで, なるわけ, なるマア坊, なるルイザ・ピロン, なる京, なる伜, なる僕, なる可愛い, なる坊主, なる女, なる女児, なる妹, なる孫, なる小さな, なる年, なる愛らしい, なる樽野, なる次男, なる登梅子, ふえて, わかれて, わけて, 一つは, 三つという, 五杯入れ, 出勤いたします, 分けし名目, 分け外篇, 分れるかと, 分れるの, 分れ鋸歯, 切った女房, 切つた, 切りませうと, 切り離した, 別けて, 別れて, 割れたヒダ, 区切って, 區分する, 四つ位は, 地もとを, 岐れる, 截り別ける, 捌いたまま, 捌いて, 栄螺七つ, 栄螺七つそれを, 毒除けの, 煙草盆が, 約めて, 細く裂き, 行くと, 載り別けるの

▼ 五つ~ (93, 5.6%)

28 六つも 3 六つもの, 年上の 2 あるの, 年の, 年下の

1 [53件] あつた, ありますね, あるよ, あるん, いでしまった, うたいました, ついた, ついた肱, つけて, のこって, のって, よりあ, 上に, 下りて, 不足してる, 並べて, 五つも, 併せたる大, 働けないもん, 入る位, 六つもか, 切りに, 単勝を, 多い, 夢中でたべ, 届いて, 年長の, 年齢下の, 延びるといふ, 打っちゃ, 打つたり, 押した上, 持ち第, 持って, 持つよう, 持出しやしないたつた一つ, 書けば, 有つてら, 本を, 溜つてゐ, 燒い, 盛りあがつて, 若くまるで, 若返ったよう, 越えた奥座敷, 踏まれて, 通り越して, 造へて, 過ぎるまで, 違う様, 重ねて, 電話が, 飛んで

▼ 五つ~ (62, 3.7%)

19 六つの 4 六つ位の 3 六つある 2 六つぐらい, 六つに, 六つ年下で, 六つ置い

1 [28件] っきりに, 七つである, 並べて, 六つ, 六つかで, 六つかの, 六つぐらいに, 六つぐらいの, 六つぐらゐになる子供が, 六つしか, 六つだ, 六つだった, 六つだったでしょう, 六つであった, 六つでしか, 六つなるべし, 六つは, 六つばかりの, 六つブロックを, 六つ売れる, 六つ年上だった, 六つ年上の, 六つ時分ぢやつた, 六つ目の, 六つ石が, 六つ若く, 六つ越し, 六つ鏡が

▼ 五つばかり~ (38, 2.3%)

2 出して

1 [36件] あった, ぢや, つづけて, でこれ, なるが, なる本院, ふところの, ゆで, 並べて, 並んで, 傷病兵の, 分けて, 受け取って, 叩くと, 小さな海月, 年少き, 年紀上だ, 幾らか変化, 持つ小ぢんまり, 掘った, 揃えて, 断れた雲, 最中の, 梨を, 死骸の, 熟して, 盆に, 續けて, 聞えて, 若く言い, 蔓ながら, 装って, 貰って, 買ふ, 銅の, 黙つて息子

▼ 五つ~ (32, 1.9%)

3 いえば 2 せも, 三つに, 盃の

1 [23件] いうから, いっても, せは, つづけざま, つづけて, なると, 三つで, 三つと, 二つの, 五つ, 公けに, 四つに, 小銭少し, 幾月かの, 思います年上, 担ぎ出された, 書いて, 機上から, 決まって, 盃を, 虚偽を, 言つても, 越して

▼ 五つ~ (24, 1.4%)

3 の羅漢寺

1 [21件] か, から茶舟, があります, が現場, だったか, に右手, に日参, に有名, に通う, のところ, のパン, の名刹羅漢寺, の握飯, の日詰, の最後, の茶店, の蠑螺堂, の驛, は殆, へ案内, へ行かなくなった

▼ 五つばかりの~ (22, 1.3%)

2 女の

1 [20件] あいだ身動きも, あかりと, 唇が, 噴火丘が, 女の子の, 娘だった, 娘は, 娘年とった, 子を, 子供が, 孫娘が, 小さい電球, 巣箱を, 影, 提灯が, 曲突まで, 男の, 男の子が, 輪索の, 電灯を

▼ 五つ~ (19, 1.1%)

2 あつた

1 [17件] あなたが, そんなこと, まいた栗, まず第, もうあんまり母, やがて七十, ラッパ形に, 二分二朱すなわち, 五銭, 何にも, 少きは, 慶娘は, 旨く行っ, 昔から, 概括を, 死んだ妹, 父に

▼ 五つ~ (18, 1.1%)

1 [18件] あげて, あてがわれて, かしらに, とり井戸端, もって, 入れると, 前へ, 加えて, 勘定し, 区別し, 受取って, 持って, 接がねば, 書き抜いて, 書しその, 見たかったら面, 見たかつたら面, 集めた名

▼ 五つ~ (18, 1.1%)

4 になる

1 [14件] どうぞと, なの, にしか見えなかつた, に別けます, に捌い, のとき母, の二人, の女の子, の妹, の時, の金髪, まで私, も御座いましょう, 食べなければ

▼ 五つから~ (12, 0.7%)

1 [12件] なつて, 七つぐらいまでの, 八つぐらいまでの, 十五までの, 十四五まで, 四つと, 四つの, 四つまでに, 四つまでの, 成り神, 羽箒六つ時計一つという, 質屋通いを

▼ 五つぐらいの~ (12, 0.7%)

3 女の子が 1 かわいらしい洋装, ころイタリアの, ときから, 女の, 女の子と, 子の, 時だったろう, 時と, 時分から

▼ 五つ~ (12, 0.7%)

2 六つは, 十の 1 そこい, 七つと, 六つでは, 六つなら上げる, 六つ持っ, 十ぐらいと, 十じゃ, 十では

▼ 五つ~ (12, 0.7%)

1 [12件] から不在, だげ, である, に天満, に虎, に馬籠, の事, の御, の空, までに下山, も近づく, 当屋敷

▼ 五つずつ~ (10, 0.6%)

1 ある, ある畳, やり三十五日, 並んで, 仕掛けて, 分けました, 区切って, 数を, 椅子が, 窓が

▼ 五つ~ (10, 0.6%)

1 いって, すくなくとも外国, 土間に, 多いが, 正しい実践, 殘つて居る, 瞬く間, 課業, 隱れ, 高村光雲先生に

▼ 五つある~ (9, 0.5%)

2 んだ 1 がいづれ, この部屋, この長い, というの, はた, んです, 黄色い女

▼ 五つ~ (7, 0.4%)

1 あと三十一は, から少し, しひとり, っけだ, と, との明文, よ

▼ 五つまで~ (7, 0.4%)

1 あって, あの乞食娘, 七つとは, 丙は, 数えたが, 知って, 穿せる

▼ 五つ~ (7, 0.4%)

1 および絹地五反, である, といえ, に近い, の闇黒, までに日本橋たもと, 過ぎても

▼ 五つ~ (7, 0.4%)

2 のなまめかしい 1 にくれない, に唐衣, の上衣, を剥ぎ, を着た

▼ 五つとも~ (6, 0.4%)

1 そろって, つまらなくも, 完全に, 持って, 水で, 開けて

▼ 五つほど~ (6, 0.4%)

1 あります, でええ, 上げた, 壁に, 残って, 造らせたから

▼ 五つ並べ~ (6, 0.4%)

2 てございます 1 てあ, てお, て玄関, て置い

▼ 五つ並ん~ (6, 0.4%)

2 でいる 1 でいた, でいたろう, でその, でゐる

▼ 五つ年上~ (6, 0.4%)

1 で, であること, で美しい, のにぎやか, の二十一, の年輩

▼ 五つ年下~ (6, 0.4%)

1 だった, だと, のこれ, のよう, のオリヴィエ, の植村婆さん

▼ 五つしか~ (5, 0.3%)

1 ない, 採れなかった, 残って, 知らない, 違いませんのよ

▼ 五つだった~ (5, 0.3%)

1 ね, のが, のです, 伸子の, 娘の

▼ 五つ七つ~ (5, 0.3%)

1 と合わせ, と算, と續, と進みました, の小児

▼ 五つ違い~ (5, 0.3%)

2 とはどうしても 1 であった, の五十二, の娘

▼ 五つ~ (5, 0.3%)

5 を通した

▼ 五つでも~ (4, 0.2%)

2 六つでも 1 なかで, ミサ子の

▼ 五つほどの~ (4, 0.2%)

1 下すな, 切餅だった, 独りごとめいた発言, 部屋でした

▼ 五つ~ (4, 0.2%)

1 だね, の二十五, の彼女, へ勘定

▼ 五つ~ (4, 0.2%)

2 を生ん 1 を産んだ, 雀の

▼ 五つ~ (3, 0.2%)

1 それだ, 一円五十銭だ, 之である

▼ 五つごろ~ (3, 0.2%)

1 だったろうか, でだから, までに埒

▼ 五つだけ~ (3, 0.2%)

1 だぞ, でありますが, 択り出し

▼ 五つである~ (3, 0.2%)

1 が人, とした, として一々

▼ 五つです~ (3, 0.2%)

1 から後見人, が英語, し

▼ 五つなら~ (3, 0.2%)

2 んでいる 1 ばバター

▼ 五つなる~ (3, 0.2%)

2 女の子に 1 学校に

▼ 五つばかりを~ (3, 0.2%)

2 挙げたりとて 1 擧げたりとて

▼ 五つ一列~ (3, 0.2%)

1 にならん, に並ん, に取っ

▼ 五つ~ (3, 0.2%)

2 であつ 1 になった

▼ 五つ並んだ~ (3, 0.2%)

1 ボートの, 明るい窓, 獄門台が

▼ 五つ以上~ (3, 0.2%)

1 の用事, も持っ, も持つ

▼ 五つ六つ七つ八つ九つ十~ (3, 0.2%)

21 もほつ

▼ 五つ六つ上~ (3, 0.2%)

1 だと, であるし, の十三ぐらゐだつた

▼ 五つ六つ年上~ (3, 0.2%)

1 に見えた, の女房, らしかった

▼ 五つ六つ汽車~ (3, 0.2%)

2 を見送つた 1 を見送った

▼ 五つ少し~ (3, 0.2%)

2 前に 1 まえいずれ

▼ 五つ~ (3, 0.2%)

1 みつかりました, 交互に, 越した所

▼ 五つ~ (3, 0.2%)

2 て来ました 1 てとめぐり

▼ 五ついつ~ (2, 0.1%)

1 までいつ, までねんね

▼ 五ついや~ (2, 0.1%)

1 でも泣く, 六つ七つまで

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 土産, 辭儀を

▼ 五つかの~ (2, 0.1%)

1 短篇を, 馬鈴薯と

▼ 五つくらい~ (2, 0.1%)

1 では, な時分

▼ 五つくらいの~ (2, 0.1%)

1 男の子が, 男の子を

▼ 五つぐらい~ (2, 0.1%)

1 年紀下で, 河原の

▼ 五つぐらいに~ (2, 0.1%)

1 なられる若君, 見えたの

▼ 五つずつの~ (2, 0.1%)

1 玉子を, 窓が

▼ 五つそれ~ (2, 0.1%)

1 が全然, が悉皆

▼ 五つつるし~ (2, 0.1%)

2 てありました

▼ 五つであった~ (2, 0.1%)

1 が性濶達豪放, 妹が

▼ 五つでは~ (2, 0.1%)

1 ないの, 母も

▼ 五つという~ (2, 0.1%)

1 値段の, 数字です

▼ 五つには~ (2, 0.1%)

1 その眼, 間が

▼ 五つにも~ (2, 0.1%)

1 ならないうち, ならぬ彼女

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 のかくし, のはしご

▼ 五つもござります~ (2, 0.1%)

2 から銘々

▼ 五つ上る~ (2, 0.1%)

2 と金太

▼ 五つ乃至~ (2, 0.1%)

1 それ以上の, 七つぐらい

▼ 五つ六つこれ~ (2, 0.1%)

1 で七つ, は上高地温泉

▼ 五つ六つ七つ~ (2, 0.1%)

2 と順々

▼ 五つ六つ年~ (2, 0.1%)

2 を取った

▼ 五つ六つ年若~ (2, 0.1%)

1 な女, の二十四

▼ 五つ六つ積み~ (2, 0.1%)

2 かさねて

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 てきました, てくる

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 の手間賃, の稼ぎ

▼ 五つ切り~ (2, 0.1%)

1 あるいは昼二歩二朱, ばかりに切り離した

▼ 五つ半すぎ~ (2, 0.1%)

1 ですぜ, ならいや

▼ 五つ時過ぎ~ (2, 0.1%)

1 に修理, までも続いた

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 べて書い, んで柱

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 が夫婦, になっ

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 にまたたき, の玉子

▼ 五つ若く~ (2, 0.1%)

1 これは, 見えた

▼ 五つ買っ~ (2, 0.1%)

1 ていい, て来

▼ 五つ~ (2, 0.1%)

1 に火, に表

▼ 五つ鏤めた~ (2, 0.1%)

2 黎明の

▼ 五つ飛ん~ (2, 0.1%)

1 でいる, で柳

▼1* [293件]

五つあいていました, 五つあってその, 五つあったのです, 五つあまりの棟, 五つあわせたぐらいあっ, 五ついつものやう, 五つねばかりのキャベツ, 五つうちましたが, 五つおおやっぱり五つ, 五つおよび仙台味噌十荷, 五つかたまってたっ, 五つかを柳でしょう, 五つがけもある, 五つきんぎよさうにも五つある, 五つくらゐも, 五つくらいは召し上って, 五つぐらいから彼女は, 五つぐらいと云えば, 五つぐらゐから始めなきや, 五つぐらゐぢや歯糞になつてしま, 五つぐらゐになつた時彼女は故郷, 五つぐらゐの年齡までのとぎれとぎれ, 五つぐらゐの男の児, 五つぐらゐまでは殆ど土のうへへ降りた, 五つこっちを覗い, 五つこれが一人前, 五つころがっていました, 五つころころと転がり出した, 五つずつとそれからパン屋さん, 五つずつというふうに, 五つその卵形の, 五つたしか五つと, 五つただ無心する, 五つたばこにも五つ, 五つたべたうらやましかった, 五つためて十年一つ路地, 五つだけが二類に, 五つつぎつぎと座敷, 五つづつ並べて, 五つとか出ます, 五つとかが一組に, 五つとかの実を, 五つとが出た, 五つところ紋の紋付, 五つとは違わないよう, 五つとより多く組合, 五つとりだしてかんじょう台, 五つのだ, 五つならまけてもええ, 五つになつてから, 五つのむわりに涼しい, 五つはんいつもの, 五つばかりとそして白い, 五つばかりになる男, 五つひじょうなはやさで銀座通りをよこぎっ, 五つほかなく庭, 五つほどがあいだ口を, 五つほどとそれに, 五つほどに割って, 五つほどを汁ともに, 五つまでには來なき, 五つまではすでに挙げ, 五つまでも変種が, 五つもの香水を, 五つヂギタリスにも五つ, 五つパンパンパンと打っ, 五つマグロの赤, 五つには勇健, 五つ一様にきれい, 五つ七つたちどころにパッパッ, 五つ三方から狙, 五つ下がりに道灌山裏, 五つ下手な両刀, 五つ両手で押え止め, 五つ並べたぐらいの大き, 五つ並んでる土間それに, 五つ丸柿二つパン一つを役人, 五つへたれ, 五つ五銭は安, 五つ以下から成っ, 五つ伏さった盆がおい, 五つ位彫り損って何遍, 五つ位竹串へさして, 五つということ, 五つ入ってい, 五つ入れた盆を, 五つ安の, 五つ八つ平次の手, 五つう七, 五つ六つうち七つうたばと, 五つ六つころから十六, 五つ六つづつ提げました, 五つ六つのが入る, 五つ六つやつつける, 五つ六つステーションを通りすぎ, 五つ六つボートが浮ん, 五つ六つ一種風致のある, 五つ六つ七つ八つくらいまでは何とか, 五つ六つ七つ八つ九つまで往く, 五つ六つ七つ八つ十だらう, 五つ六つ七八つ続けざまに小腰, 五つ六つ上下すると, 五つ六つ下じゃない, 五つ六つ中には転, 五つ六つ位のその, 五つ六つ六つも掛け物, 五つ六つ列記して, 五つ六つ向うのテーブル, 五つ六つ四角な枠, 五つ六つ塊まって, 五つ六つ墜っことし, 五つ六つ夏の夜, 五つ六つ小皿に盛つて, 五つ六つ年下の荒木英也, 五つ六つ年嵩で私, 五つ六つ年輩でもあり, 五つ六つ引用して, 五つ六つ息をつく, 五つ六つ懐から出した, 五つ六つ押しならんで, 五つ六つ拾ふ毎, 五つ六つ拾つて出て, 五つ六つ拾ツて出, 五つ六つ掌にのせ, 五つ六つ採集して, 五つ六つ書き止めて, 五つ六つ最後の八つめ, 五つ六つ染め附けられて, 五つ六つ柱によせかけ, 五つ六つ横倒しに並べられ, 五つ六つ泥だらけの石ころ, 五つ六つ火鉢をかこんだ, 五つ六つ点在して, 五つ六つ片手に持っ, 五つ六つ牛鍋の中, 五つ六つ瓜畑の中, 五つ六つ肩のうしろ, 五つ六つ花をつけ, 五つ六つ落しこんだ, 五つ六つ角を曲っ, 五つ六つ買ひぬ, 五つ六つ転してあつ, 五つ六つ違ならおかしかなし, 五つ六つ違つてゐたけれども, 五つ六つ部屋を通り抜け, 五つ六つ重なつて, 五つ六つ頃天長節の団子坂, 五つ円い塔を, 五つ冴え冴えと園, 五つ切れの餅, 五つ刻弁天堂の下, 五つう二十, 五つ半下り頃かの婆さん, 五つ半時であった, 五つ半時其少しく前, 五つ半頃に閉めました, 五つ受取って緑, 五つを開い, 五つ同じような, 五つ咲いてゐた, 五つ四つとやがてもう, 五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 五つ埋めるのに曉方, 五つ多くなって, 五つ太郎より兄さん, 五つ女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 五つ女洲十三国十安二つ, 五つ女長十良八つ乃夫二つ全安, 五つ妾春三十五榛軒未亡人志保六十であつ, 五つの数, 五つ孫祐三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 五つ向い合って, 五つ宛十個の部屋, 五つを持つた, 五つの中, 五つ家廟へは日, 五つ寒む風にゆれ, 五つを持つた, 五つ山百合のよう, 五つ峰打ちをくれ, 五つを描き, 五つ年少の二十五歳, 五つ店先に並べられ, 五つ店前にとまり, 五つ引っ叩いて, 五つ張られてある, 五つ忍ばせても大丈夫, 五つ戸前あって, 五つ所紋のついた, 五つに分け, 五つ打ちやア, 五つ打ったのです, 五つ打つ響が, 五つ抽出しが, 五つ拵えてありました, 五つ持ち出して高く, 五つ持ってどこ, 五つ持つてゐた, 五つ持出したのは, 五つ挙げて真に, 五つ振りの白身, 五つつた相でした, 五つ揃えて茶碗, 五つ提灯が集まりました, 五つ摘んで来た, 五つ撞いて鐘楼, 五つ散乱して, 五つ数えてはこの, 五つ数えるほどのま, 五つ敷石の一つ一つ, 五つ時ごろからは雨, 五つ時其間三日計也, 五つ時分から親たち, 五つ時宙に釣られ, 五つ時計から発せられた, 五つ時頃人車に而帰船, 五つ曲者は額, 五つ書かれたわけです, 五つになります, 五つ柏軒と妻俊, 五つ柏軒並妻俊四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 五つ構えてあっ, 五つが並ん, 五つ次兄は三つ私, 五つぬけに, 五つ歳下抱いたり, 五つと呼ばれ, 五つ灯さきは白く, 五つ点して杖, 五つの見事, 五つ琴二つ榛軒未亡人志保五十七であつ, 五つ生命の卵子, 五つばかりじつに, 五つ目行もその, 五つ接して, 五つ瞬く間に, 五つ破れよと敲く, 五つを追い越し, 五つ程しか書かないが, 五つ穴窓はふたつ, 五つ立ての案, 五つ置いてあった, 五つ老けて見える, 五つの缶詰, 五つ良三つ全安, 五つが出来, 五つ菓子皿はおおむね, 五つのうつ木, 五つ蒔いたがどう, 五つ蘭軒の女長三十五, 五つ行儀よく積ん, 五つに二つ, 五つ見えてこんもり, 五つ見た時は, 五つ計り居つたが一処, 五つの頭, 五つ許連っている, 五つ越えて何, 五つ越してもゐよう, 五つ越した立派な, 五つ越したらしい頽然たる, 五つ越しましただ旦那, 五つ足六足ふみこむなり, 五つ身体を重ねる, 五つってたり竹皮包み, 五つの円座, 五つ近いのは, 五つ近くなると, 五つになつて, 五つ連なっていた, 五つ運んだものが, 五つ過ぎだ, 五つ過去三十年以来欧洲の南北, 五つひの, 五つ重なり合って動い, 五つ重ねもあった, 五つ重ねた箱が, 五つ鉢合せを頂戴, 五つ鏡台が並ん, 五つ長男はその, 五つ長者である, 五つ附いて居, 五つ陣内家が二十, 五つ集ったものと, 五つ離れた各々の, 五つになる, 五つふ権利, 五つ食べた上, 五つ食べるだけで, 五つつた山に, 五つ鳴く雛に, 五つ鳴ってパトラッシュ, 五つづかみに