青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「五~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~
五~
五つ~ 五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~

「五~」 82753, 894ppm, 94位

▼ 五~ (8508, 10.3%)

111 です 89 の話 80 でした 74 は平次 58 と一緒 54 の報告 53 はその 51 の手 49 は飛ん 48 は少し 44 はそれ, を促し 43 はもう 42 の顏 39 は相 38 はまた 35 の方 33 の家 32 は妙 30 はす, はまだ 29 の鼻, は, はこの 27 はお 26 の眼 24 の聲, はこんな, は自分 23 の説明, はさ, はそんな 22 のガラツ八, を迎 21 のため 20 が明神下 19 は漸く, は首 18 が歸つて來, に言, の姿, はいきなり, は何 17 が, が飛ん, であった, とお, の言葉, は早く, を案内 16 が飛込ん, の 15 の口, の大, はあわて, は長 14 のところ, の叔母, の問, の耳 13 がやつ, が戻, が言, に案内, の声, の後ろ, の手柄, はさすが, は眼, は膝 12 に取, のガラッ, は急, は横, は膽, は鼻 11 はもう一度, は一, は斯ん

10 [16件] から聽, がその, がまた, と平次, にせがまれ, の前, の叔母さん, の持つ, はひどく, は又, は口, は思はず, は氣, は言, を追, を顧みました

9 [13件] がこの, だ, に, には何, に眼, の頭, はそつ, はキナ, は何處, は心得, は縁側, は躍起, は顎

8 [19件] か, がお, がさう, にし, に任せ, に聲, の奴, の長, の顔, の首, はまことに, は何ん, は大, は横合, は肩, は親分, は額, もこの, も少し

7 [27件] が平次, が持つ, である, と下, と二人, に合圖, の娘, の甘, の肩, の膝, の馬鹿力, はそれでも, はでつかい, はなか, はフラリ, は一生懸命, は到頭, は後, は思ひ, は斯, は早速, は精一杯, は聲, は顏, は飛出しました, をつれ, を顧み

6 [42件] がこれ, がそんな, が入, が報告, が大, が庭, が案内, が縁側, に手傳, の名, の女房, の巣, の後ろ姿, の想像, の爲, の腕, の言, の話術, の調子, の長い, はこれ, はその後, はキヨトン, はツイ, はニヤリニヤリ, は大きな, は庭, は後ろ, は心得た, は恐ろしく, は本, は柄, は氣輕, は物, は素直, は路地, は長い, は鬼, もそれ, を呼ん, を平次, を相手

5 [63件] がぼんやり, がキナ, が來, が前, が少し, が形容, が相, が聲, ですが, ではありません, と云う, と言, にはその, に問, のこと, のやう, の側, の哲學, の外, の後, の案内, の胸, の足, の輩下, はうさん, はお勝手, はそう, はそこ, はた, はたまり兼ね, はとうとう, はまさに, はやつ, は何時, は先, は口惜し, は外, は大きく, は大した, は奧, は尚, は尤も, は我慢, は手, は拳固, は提灯, は散々, は格子, は椽側, は死骸, は母屋, は獨, は甚だ, は腰, は近所, は間もなく, は默つて, は黙っ, もその, や多, をやつ, を助ける, を押

4 [84件] がつい, がどんなに, が何處, が先, が息, が手, が見, が説明, が調べた, が驅, が鼻, さすがに, だが, だつたの, といっ, とその, とそれ, と三人, と又, と申す, と馬, にお, にはまだ, に似, に囁く, に教, に訊ねました, に説明, のせが, のよう, の人形芝居, の体, の使, の傍, の十手, の好奇心, の威勢, の形容, の心, の手紙, の智慧, の注意, の男, の相手, の身體, の野郎, はあまり, はいつも, はすぐ, はそれから, はどう, はポリポリ, は一人, は不足, は人波, は何やら, は側, は兎, は其處, は呆氣, は四方, は報告, は声, は店, は懷, は懷中, は窓, は縁, は話, は遠慮, は障子, は隣, は面白, は馬, もあまり, もお, もなか, も思はず, を促す, を先, を待つ, を振り返りました, を殺した, を見た

3 [191件] がいきなり, がいった, がそれ, がもう一度, がやって来た, が一人, が乘, が二階, が何やら, が出, が口, が夢中, が帰っ, が後, が拇指, が持っ, が斯ん, が来た, が橋場, が氣, が江戸, が無手, が神田, が連れ, が長, が顎, が顏, が飛び込ん, しゃん, たつた一人, だけ, だったの, だつて, でございますよ, でさ, でなくて, ではない, ではなく, と, という者, と小僧, と松吉, と湯島, と猪, なの, にさう, にはそれ, にはどうしても, には腑, にもそれ, にもよく, に別れ, に取つ, に對, に平次, に引立てられ, に斬られ, に旨, に氣, に渡しました, に目配せ, に脅かされる, に送られ, に頼ん, のもの, の三人, の事, の人, の來, の全身, の器量, の報告以上, の報告通り, の嫁, の子分達, の宿, の得意, の心細, の懷中, の手落ち, の指さす, の指す, の掛け合, の樣子, の正直さ, の歸, の答, の糞力, の胸倉, の袖, の負け, の返事, の遠慮, の部屋, の顎, はいつ, はうなずいた, はすっかり, はそれつ, はどんな, はぼんやり, はもどかし, はサツ, はスタート, はスルリ, はヒヨイ, はフト, はペロリ, は一向, は一寸, は一應, は不承, は乘出, は二つ, は二階, は云った, は仰天, は入, は全く, は兩手, は八五郎, は前, は唇, は唸, は囁きます, は存分, は宙, は小, は小鬢, は平手, は心, は念, は思わず, は懷ろ, は支度, は明神下, は木戸, は此邊, は泳ぐ, は無, は煙草入, は照れ隱, は疾風, は直ぐ, は神田, は私, は簡單, は耳, は胆, は腑, は腹, は舌, は若い, は若く, は袂, は裏, は裏口, は訊ねました, は話題, は足, は踊り, は追, は酢, は銭形平次, は鐵砲玉, は頻りに, は飛, は飛んだ, は飛付い, は驅, は髷節, もさすが, もす, も妙, も漸く, も膽, も默, を, をたしなめました, を促し立てる, を先頭, を出し, を叱り飛ばし, を呼びました, を奧, を振り返る, を眼, を見, を見る, を誘つて, を驚かした

2 [559件 抜粋] から見る, がいつも, がうさん, がお玉, がここ, がそう, がそっと, がそつ, がその後, がどんな, がひどい, がプリプリ, が一度, が三河町, が上京, が下, が主人, が今, が何, が倒れ, が優勝, が入った, が参りました, が可哀想, が同じ, が向島, が吹聽, が土地, が女, が娘, が小耳, が居る, が山谷, が岡崎屋, が帰る, が思はず, が悲鳴, が懐, が扉, が指した, が指摘, が教, が新しい, が旋風, が最初, が未練, が格子, が横, が此處, が歸, が歸つたの, が汗, が泣き出し, が泳ぐ, が獨, が知らない, が紅, が紹介, が続い, が考へた, が自分, が舌, が落ちつき払っ, が行った, が親分, が言つた, が言つた通り, が訪ね, が請人, が變, が踊り, が踏込んだ, が近頃, が逢, が集め, が雨, が面白, が音, が頓狂, が飛, が飛び付き, が飛び込む, が首尾, が馬, が驚く, が髷節, さ, じゃ, じゃア, だけを殘, だった, だと, だろう, だ唯, っ, でしたが, ですか, でないこと, というの, という人, という男, といふもの, といふ仇名, といふ男, といふ者, といへ, とたつた, とで跟けた, とはよく, ともう, とわかつ, と一, と下っ, と並ん, と云, と共に時, と別れ, と別れた, と力, と反, と名, と周吉, と喜八, と甚助, と申し, と申しまし, と言う, と話し, と金之助, と鉢合せ, と雖, と雪太郎, など内々, なり思ふさま, にこの, にこんな, にそつ, にその, になる, にはこれ, にはよく, には一, には想像, には面白く, にも, にもこの, に一つ, に今度, に何やら, に別れた, に化け, に口上, に喰つて, に囁きました, に声, に寄り, に少し, に手, に接し, に斯, に止められ, に注意, に渡し, に無手, に目, に目禮, に縛られた, に繩, に耳打, に耳打ち, に襟髮, に見せました, に見張らせた, に訊く, に話しかける, に追, に逢, に金, に間違, に預けた, に頼んだ, のあわて, のいう, のこの, のせがむ, のつれ, のとぼけた, のやつ, のわめく, のクソ力, の上, の不作法, の二人, の云う, の人相, の仕方噺, の代人, の伯母, の住ん, の偉大, の剛力, の叱, の大きな, の大変, の太い, の姉, の存在, の引, の思ひ, の怪我, の恥, の息子, の感觸, の懷ろ, の懸河, の手口, の手柄初め, の推理, の敵方, の新, の智惠, の有頂天さ, の枕元, の様子, の正, の濡れた, の無事, の無遠慮, の煙草入, の片足, の物々しい, の物語, の生活, の目, の結論, の聞込み, の背中, の背後, の脱線振り, の腑, の船, の蠻聲, の言う, の記憶, の詩, の調べ, の豫想, の跡, の身, の身の上, の辯解, の道草, の間, の隣り, の面目, の頬, の飛ん, の饒舌, の駕, の驚く, の髷, の髷節, の鬪爭心, はあ, はあの, はい, はいきり立ちます, はかう, はかなり, はぎょ, はこう, はこんなに, はそのまま, はその間, はそれ以上, はなほ, はひどく心細, はぺツ, はやがて, はよく, はわざと, はイソ, はイソイソ, はカンカン, はソツ, はゾツ, はツケツケ, はテレ隱, はドン, はニヤニヤ, はヌケヌケ, はバネ仕掛け, はブリブリ, は一氣, は三太郎, は上がり框, は下水, は不服, は両手, は主人, は乘, は二人, は二度目, は互に, は今度, は仕方話, は他愛, は俺, は充分, は先刻, は内儀, は出, は勢, は十手, は叔母さん, は否み, は呑氣, は味方, は唸りました, は囁きました, は四方構はず, は土藏, は執拗, は夢中, は大して, は大急ぎ, は大袈裟, は好い, は委細, は娘, は小さい, は小判, は小首, は小鼻, は居る, は帰った, は帶, は平, は幾日目, は庭木戸, は廊下, は引つ, は張り, は彈, は役得, は彼, は待ち, は得々, は得意, は怒鳴りました, は思った, は息, は息せき切っ, は息せき切つ, は悉く, は意味, は愕然, は懐中, は戸, は拇指, は拳骨, は文句, は旋風, は日向, は日頃, は昨夜, は時々, は暫く, は朝, は椅子, は欠伸, は歸つて來, は気軽, は汗みどろ, は江戸, は江戸中, は淺草, は濡れ鼠, は照れ臭く, は狐, は猟犬, は獵犬, は生れ, は番頭, は盃, は益, は相手, は相槌, は眞, は突然, は立ち上, は立ち上がりました, は義憤, は翌, は考えた, は脱いだ, は膝小僧, は良い, は若旦那, は苦笑, は茫然, は薄寒, は薄暗い, は要領, は覺束, は言った, は話しかけました, は話上手, は説明, は誰, は諦め, は途中, は通されました, は道, は部屋, は錢形平次, は間, は闇, は雀, は離屋, は頑固, は頬, は頬冠, は頭, は飛び上がりました, は飛込ん, は餘, は首筋, は驚い, は鬱陶しい, は鳴物入り, は鼻水, は龜の子, ばかりが失策, までがこんな, までが腹, もようやく, もハツ, も一應, も事件, も其處, も尤も, も平次, も引い, も手, も暫らく, も汗, も男冥利, も留吉, も覗きました, も謹しみ, も途中, も飛ん, も驚きました, も黙っ, や美登利, より立派, をうながし, をさし招く, をすつかり, をたしなめ, をも撃たし, を一人, を中, を何, を促します, を先登, を加, を助け, を動員, を取こめ, を呼び留めました, を呼んだ, を土間, を從, を手, を押し留め, を拜, を振り返, を擲, を敵, を新, を殘, を物蔭, を眺め, を突き飛ばし, を結婚, を自分, を見上げる, を見送つ, を誘っ, を調布, を讃歎, を迎えました, を連れ, を頑張らせ, を驚かす, 少しも, 弱りきる時, 若くは

1 [3223件 抜粋] いきなり利腕, お竹, かどれ, から京, から嫌, から聴い, がああなった, があわて, がいふ, がお上, がさ, がすつ飛んだ, がつくった, がひどく, がみんな, がやっと, がわざと, がクシヤクシヤ, がドタリバタリ, がブルブルツ, が一緒, が下手人, が二, が京屋, が仕度, が何時も, が児分の者ども, が八州, が助かる, が匕首, が叔母さん, が吉報, が呟き, が喰, が垣根, が大阪者, が媒妁人, が小鬢, が川崎, が年寄り, が引張り出した, が待っ, が怒鳴る, が怪盜鼬小僧, が憤り, が戻つた, が押入, が援, が旅先, が曾, が本, が格子戸, が歌, が段々, が泥棒, が溜め込んだ, が無, が物置, が琢堂, が疾風, が石, が縛った, が羽掻締, が聽, が腹, が萬一, が螢澤, が裏口, が見た, が誘つた時, が財布, が路地, が迎, が通り三丁目, が錢形, が門, が階下, が頭, が飛付く, が飛込んだ, が髷, ぐらいの年, じゃねえ, そこでしんみり声, ぞなもし, だけは奧, だつて立派, だ江戸, であったと, でこれ, でなければ, では一向, でへエ, でも來, で危ふく身, で有名, という三十, という名前, という方, といふい, といふ船頭, とか五五郎, とした, となす, との接續, とは同年輩, とは顏見知り, とやらはいくつ, と一問一答, と並びます, と云われる, と信吉, と共に風呂場, と口, と多市, と少年, と彌, と手, と死骸, と淺吉, と町役人達, と老, と見る, と誌, と鑑定, どうやら多, などとは反, などは, などは例外中, などを泊め, なら不足, なんかは大した, にうつ, にきめ付けられる, にせき立てられ, についてお, にとってそれ, にはかまはず, にはまた, には一種, には八五郎, には小半日, には死骸, には結局, には近所, にひどく, にまで嫌がられる, にも不思議, にも振舞っ, にわびる, にモデル, に三番, に会っ, に出家, に反抗, に叱り飛ばされました, に呑込, に囁きます, に報告, に家, に尻, に引止められ, に御苦労, に手傳つて, に押, に教えられ, に横っ腹, に渡した, に白い, に紛れ, に縛らせる, に肩位, に袖, に見護られ, に訊い, に話しかけ, に謎, に赤塚, に迷惑の, に違, に限, に頼んださうだ, のあまり, のかた, のその後, のはいっ, のキナ, のヒヨロヒヨロ, の七人, の不平, の乘つた舟, の五體, の伜, の例, の先, の出現, の別荘, の助勢, の勢, の取出した, の叫び, の呼び声, の問答, の執拗, の夫婦, の妻, の容体, の居心地, の度, の役目, の心根, の忠實さ, の怪しい, の悪事, の惡辣, の慘めさ, の所謂, の手足, の抗議, の挨拶, の探究慾, の時計, の朴訥, の歎, の気, の活動, の無, の狹め, の用, の登場, の眞劍さ, の知らせ, の空骸, の紹介, の義憤, の肱, の脱ぎ捨てた, の膽力, の若い, の處, の見, の觸, の語彙, の論理, の足元, の身辺, の途方, の達者, の鈍骨, の長講一席, の集めた, の顏色, の馴れた, の高く, はあっけ, はあわて腐つた, はいささか, はうさん臭い, はお座なり, はかう話しかけます, はこういう, はさり気, はそっと, はたしかに, はちよい, はでっかい, はどん, はのぞい, はほか, はます, はやがて少し, はろくに, はわめき散らし, はカツ, はグイ, はシヨンボリ立上り, はソロソロ心配, はツイお座なり, はツイ聲, はドブ板, はハツ, はピタピタ, はフラフラ, はプイ, はムカ, は一つ, は一應引, は一枚, は一間半, は三組町, は下, は不器用, は不思議, は丹尾, は二日醉, は五月, は今さら, は代る, は何やらニヤニヤ, は俄, は兄哥, は兩國橋, は其邊, は刀, は刷毛先, は勝誇つた, は半分口, は危ふく職業意識, は及ぶ, は吉兵衛, は向かつ腹, は呶, は問, は嘴, は四方構, は変, は夜明け方, は大波, は太平楽, は女形, は委細構はず, は嬉しく, は安宅, は宵闇, は小一郎, は少年, は屋内, は左腕一本, は帰る, は庇, は引っ, は張り上げました, は当分頭, は待つ, は忌々し, は怒つた, は思い切った, は恐ろしい, は意氣, は感心, は懷ろ紙, は房楊枝, は手早く, は折, は拔, は捕, は掛合, は方々, は日頃平次, は晝寢, は暫らく母家, は有合せ, は来ず, は柳, は森, は樣子, は次, は正直, は此處, は毎日下, は気勢, は江戸川, は泥棒猫, は深, は源介, は火鉢, は無駄話, は片目, は犬, は玉吉, は生, は番太, は目的, は矢, は社会部長, は秋草, は立ちました, は笑った, は紙包, は組んずほぐれつ揉み合っ, は締り, は老師, は聞いた, は腰骨, は自棄酒, は船具, は草履, は落とした, は藏, は血だらけ, は襟, は見掛け, は言い出します, は訊き返す, は証拠品, は詳しく, は調法, は豫告, は踵, は轉, は逃げ出した, は遙, は酒, は金箱, は長火鉢, は階子段, は雨戸, は頤, は顔, は飛び付きました, は飛付く, は飴色, は驀地, は鳴子屋, は鼻唄, ばかりじゃありません, へのつながり, へ使, へ行く, ほどは眼, また飛ん, までも不, もいよいよ, もそこ, もとうから, もぼんやり, もステージ, もツイ胴, も一種, も人波, も何處, も其処, も口, も四方, も女房, も必死, も思ひ出しました, も散々, も果てました, も歸つて來, も泣い, も立派, も苦笑, も許された, も路地内, も酢, も飛び起き, やがて酢, や次郎, よりは肝っ玉, らしい激怒, をうながしました, をからかつ, をきめつけました, をし, をつかまえました, をなぐろう, ををとり, をハネ, を並べ, を仕事, を使つて, を動かし, を召喚, を呼び寄せ, を喰ら, を小手招ぎ乍ら, を師匠, を引ずり込ん, を引張る, を後見, を惱, を押える, を挟ん, を措い, を斬, を樂屋, を残し, を毎朝一, を激勵, を留め, を眼顏, を知らねえ, を組みしい, を茶かし乍ら, を見やりました, を見詰めた, を誘つて明神下, を誘拐, を赤坂新町, を追いかけます, を通して主人, を避ける, を顎, を驚かし, 全く一, 少し拍子拔, 持つて, 相變ら, 薄寒い縁

▼ 五~ (3737, 4.5%)

70 の男 53 の子供 51 の者 43 のもの 38 の少年 31 のうち 29 の人 24 の中, の刑事 23 の女, の子, や十人 22 の警官 18 の客 17 の武士, の男女, の若い, も六人 15 では 14 の人影 13 である 12 の人たち 11 いた, の乗客 10 の子供達, の少年たち, の顔, や六人 9 の亡者, の仲間, の子供たち 8 の人々, の人間, の侍, の同勢, の学生, もいる, 集って 7 の命, の悪漢, の男たち, の跫音, はその, も十人, 連れて, 集まって

6 [19件] あって, いる, が五人, しかいない, であった, のお, のお客, の人物, の使者, の兄妹, の友達, の口, の声, の手, の水夫, の総代, の頭, や七人, 来て

5 [22件] がその, しかいなかった, だ, です, になった, になる, に一人, のなか, の侍女, の墓, の女たち, の家族, の強力, の方々, の男子, の男達, の看守, の部下, の間, もあった, もある, 揃って

4 [40件] あっても, ありました, あれば, が, して, だつたの, で, であつ, でその, となり, と一緒, になっ, になり, のおまわりさん, のほか, の中年, の使部, の兵, の同志, の女給, の子女, の手下, の手先, の捕手, の方, の浪人, の湯治客, の潜水夫, の盗人, の芸者, の足軽, の足音, の黒い, はある, は皆, もい, も七人, 出て, 居た, 立って

3 [61件] かたまって, か六人, か十人, その中, でございます, でも十人, とある, などは上, なり十人, に月落ち, のうち二人, の一行, の中学生, の事, の人夫, の供, の兄弟, の内, の制服警官, の前, の力, の勇士, の友人, の同人, の名, の名前, の女中, の委員, の姿, の婦人客, の子分, の子持, の少女, の少年探偵, の患者, の撰者, の教師, の日本人, の死骸, の火事装束, の生徒, の男の子, の男神, の眼, の私服, の群, の老人, の若く, の親しい, の貴公子, の遊び人, はあるだらう, はまた, は五人, は居る, も一度, も抱え, や三人, ゐた, ゐる, を連れ

2 [217件] あった, あったが, あつた, あつまって, あります, ある, あるの, いるん, いれば, から十人, か九人, か二十人, がおのおの, がすぐ, がそこ, が一, が一度, が六人, が向, が棒, が死ん, が相談, が足踏み, が饑, が饑ゑず, ぐらいは常に, ぐらい同級, しかない, しか無い, じゃありません, ずつかたまっ, ずつ一組, ずつ交代, そして売上げ, だけです, だった, だと, だな, ついて, であったが, であろうと, でございました, でございまして, でした, ですか, ですよ, で日比谷, で相談, で船出, で行きました, というの, とは, とも助からぬ, と何, と組, どやどやと, なり, にてなす, に囲まれ, に宣言, に御座候, に過ぎなかった, のうち三人, のお嬢さん, のでん, のにせもの, のやくざ, のチンピラ, の一族, の中央, の乾児, の人数, の人足, の人達, の他, の付添夫, の代表者, の作家, の僧, の兇賊, の兵士, の兵隊, の労働者, の合部屋, の同僚, の同級, の善知識, の土人, の外, の大, の大人, の女の子, の女性, の女房, の妹, の妻, の委員会, の娘, の婦人たち, の子供さん方, の家来, の家臣, の専門家, の小, の小さな, の小児, の少年団員, の屈強, の巡査, の幼い, の弟子, の従者, の御, の怪人, の怪人たち, の怪我人, の息子, の操縦員, の放送委員, の教員, の敵, の斥候兵, の村人, の村民, の歩哨, の無頼漢, の焼死者, の犬, の目, の看護婦, の私服刑事, の聴き, の職工, の船頭, の花嫁, の芸妓, の若き, の若者, の若者達, の苦学生, の荒くれ男, の藝妓, の覆面武士, の親子, の詩人, の警官隊, の赤前垂, の軍人, の輦台, の連れ, の遊女, の雑兵, の食客, の馬, の鬼, はあります, はいつも, はここ, はそこ, はもう, はルビー, は出かけました, は必ず, は殺し, は無言, は甲高い, は道具部屋, は開いた, は陸橋, は馬, ばかりの一団, ばかりの人, へ御託, ほどの腕達者, まで誘拐, もあっ, もあり, もありました, もいた, もかかっ, もございました, もっともその, もつい, もぼんやり, もゐる, も一人, も並ん, も二十人, も出た, も居, も居る, も手下, やって来た, や七人ぢ, や八人, や十人ぢ, よ, をお, をし, をつれ, を出でざるべし, を雁字がらめ, を集め, ノ, バラバラと, 乗せて, 入って, 合せて, 呼んで, 多いとき, 居た所, 時々野村, 死んで, 残って, 逃げて, 遊んで, 頼んで

1 [1941件 抜粋] あったと, ありその, あるのみ, ある小さな, いっしよに, いや全部, いるところ, いろの, おり然し, か, かな, からいる, から六人半, から聞いた, がいずれ, がかたまっ, がこう, がこれから, がそれぞれ, がちらほら, がところ塊, がひどく, がむらさき, がやがや遊ん, がゐた, がヒドイ風邪, が一時, が世の中, が五十人, が住ん, が先, が冷酒, が分けた, が力, が囁き, が大津, が室, が岡, が庄兵衛, が徒党, が慰霊祭, が抜け, が掛かっ, が来た, が残, が江戸城, が男, が相当, が着物, が筵, が群, が船底, が起臥, が逆風, が酒, が集まっ, が食べ兼ねるで, が鬨, ぎょっとし, くらいとしてこれ, くりかえし唱えつつ, ぐらいでしょう, ぐらいにかかせ, ぐらいの水夫たち, ぐらいは読ん, ぐれえ居りましたっけが, この大部屋, さうです, しかもその, しか弟子, しか自分, ずつあり, ずつこの, ずつとともにつねに, ずつの浪士, ずつふたくみ, ずつ中, ずつ別れ別れ, ずつ呼出され, ずつ或は, ずつ運べる, ずつ集団, そのうち三四人, その中縁, それからこの, そろつて, たずねて, たって, だけがまた, だけしかゐない, だけでした, だけになった, だけはどうやら, だけは獄門, だけ多く, だけ採った, だぜ, だという, ちょっとここ, つんで, であること, でうち, でかつい, でこつちは, でございますな, ですって, でせつ, でともかく, でなく手紙, でもかう, でも六人, でも束, でやけに, でサイクルホール, で一休庵, で一張, で交, で僕, で出かけた, で力, で同人雑誌, で客, で山木, で揚羽蝶, で昨日, で此, で田圃, で私, で組, で裁っ, で買い切った, で長, で食事, とあります, という事, といふこと, とおもいこんだなら, とか出張, とこわ, とする, とそれ, とどこ, との間, とはべつ, とは金木水火土, ともぢ, ともやっつける, とも匕首, とも盗まれた, とも立ち上つて, とも酒飲み, とボルネオ, と一団, と云う, と人相, と共にでかけ, と分, と定めおき, と彼, と揃っ, と来る, と決めた, と畑, と立ちあがっ, と落合い, と言いきった, と運転手, と酒盛り, なお話しあっ, ながら円卓, ながら頗る, ならべる女, なりき早く, にすべて, にて道, になりました, にはサーカス, にみたなかった, に一つ, に主人, に亜ぐ, に分け, に命じ, に守られ, に従者三名, に手傳, に月, に棟梁二人, に減っ, に礼, に追われ, に過ぎず, ねぢ鉢巻, のあら, のうす, のおねえ, のお話, のからだ, のこと, のそれ, のため, のにせ, のみのよう, のカーキ色, のダンス仲間, のトロ人, のポウル, の一, の一群, の不戦者, の中学卒業者, の乗っ, の予科, の人選, の代表魚人たち, の侍女たち, の係官, の候補者名, の側女, の兄妹たち, の先客, の全員, の兵士たち, の出張り, の初犯囚, の助手, の十六人, の原地人斥候, の召使, の合唱舞踊者, の同役, の同盟員, の周囲, の唐子, の喧嘩相手, の地球人, の堅気, の壮士, の多き, の大学生, の天使, の奉公人, の女子, の女給さん, の奴ら, の姐さん達, の娘子軍, の子どもたち, の子供衆, の子持ち, の學生, の宣教師仲間, の家庭, の小僧, の少, の少年連盟, の山伏, の岩魚釣り, の希望, の平民, の幹部, の引揚げ者, の徒弟たち, の心, の怪しい, の恐ろしい, の情人, の手下たち, の拙い, の探偵, の教祖, の文科, の新進作家, の旗本たち, の旧知, の書記, の東京, の樣子, の武将, の死体, の殿様, の法皇, の浅ましい, の溜息, の焼死体, の片, の猟師, の生存者, の男力, の画家, の登山者, の盗賊, の真犯人, の石炭夫, の禿新造, の米人将校, の紳士, の綺麗, の老, の者ども, の職人風, の自由党婦人代議士, の舞妓, の良師, の荷物, の行動, の被告, の製造業者, の見習看護婦, の記者たち, の詩人中, の読者, の負傷, の賊党, の踊子, の車夫, の農夫, の逞しい, の遊び人風体, の道具方, の選手, の遺産相続者, の酔った, の鉄人, の関係事実, の陸上選手, の雛僧たち, の青年, の靴音, の頭株, の首, の驚き, の鷹匠ども, は, はあらそう, はあわただしく, はお, はきたならしい, はごろごろ, はどうしても, はひどく, はみな才, はわいわい, はゾロゾロ, はボート, は一向, は下れり, は乗れるであらう, は井上くん, は休み, は先廻り, は出発前, は刺客, は叫び声, は命, は安全, は嵐, は引っ返した, は後, は急, は愚か十人余り, は斬り倒され, は時, は有, は来るらしい, は楽, は歯牙, は河原, は生きたる, は町人形儀, は皆馬, は穴, は等しく, は育み, は色々, は補助, は逮捕, は間もなく, は雨宿り, は麦, ばかりあつ, ばかりきちんと, ばかりずらりと, ばかりと廣島, ばかりの人間, ばかりの女給, ばかりの弟子, ばかりの生徒, ばかりの紅毛人, ばかりの黒い, ばかりを松尾, ばかり傷, ばかり岩村氏, ばかり番, ばかり駕籠, ぶらぶら歩き, ほどいずれ, ほどであった, ほどの登山者, ほどの集り, ほどパンパン, ほど席, ほど水盤, ほど集まっ, まえばかり, までがす, までが生え抜き, までの深く, までは他, までは母, まで同じ, まで手玉, まで駈け上がっ, もあるべし, もいら, もがさながら, もこんぐらかっ, もたぶん, もです, もの子供, もの後見, も一, も下, も使った, も切らせるた, も命, も大川端, も家族, も居っ, も屯, も忍び足, も持つ, も潜水, も私達, も群れ, も誘った, も集ま, も雑居, も餘計殺生, やつて声, や二十人泊, や十人ぐらゐ一時, より来, ゐは, をいちいち, をつかっ, をひきつれ, をツラツラ, を上座, を乗せた, を会合, を具, を召された, を差遣, を引ッ, を抜き, を捕斬し, を撰, を数珠つなぎ, を架け, を相手, を給わる, を葬る, を詰め込む, を追廻す, を選び, を除く, ヒソヒソ囁き出した, 久しく滞留, 住みつ夫婦, 入れて, 出るだんだん, 列んで, 取る, 同じ年齢恰好, 囃しや, 多いところ, 寄越しました, 居たと, 居ましたぞ, 平僧三千四百人, 忍ばせつつ, 悉く縛つて猿轡, 打ちまじって, 斬って, 来あわせて, 歩き廻って, 殺された土人ども, 泊まって, 申し合わせ深夜人, 程の人, 続いて, 見はり, 走り出ようと, 通って, 連立つて, 集った時, 集まれば, 食うや, 駆けて

▼ 五~ (3677, 4.4%)

77 の夜 61 の間 54 の朝 46 の晩 34 すると 33 の後 29 のこと 26 して 23 である 22 づけの 21 のうち 20 の日, も六日 18 のお 16 に一度, の午後 15 のあいだ 14 だ, ほど前, 経って 13 に, も前 12 であった, になる, の夕方 11 だから, になっ 10 でも十日, の月, の条 9 であつ, にお, はお, まえに 8 の早朝, 過ぎて 7 しかない, してから, たって, たっても, だった, です, では, になります, に歿, に蘭軒

6 [14件] かかって, が来た, すれば, たってから, たつと, にし, の事, の午, の記事, もかかっ, を経, 待って, 経ってから, 経つて

5 [21件] か一週間, か六日, たつて, に至る, のところ, の夜中, の日曜日, の條, は過ぎた, ばかり前, ほどたった, まえから, までの間, もすれ, も十日, も経て, も続いた, を期し, 経った, 経っても, 経つと

4 [28件] か, から六日, たったある, であったが, であるが, とある, というの, という日, といふ日, となり, と経ち, にはもう, に江戸, の中, の内, の前, の名月, の早暁, の空襲, の節句, の縁日, ばかりし, もお, もかかった, もたつ, や一週間, や十日, 曇り

3 [65件] から十七日, か七日, か十六日, か十日, しても, たちました, たつても, だと, でこの, でした, で来る, で癒, というもの, といえ, とたたない, となった, と云う, と日, にその, につきました, には, には必ず, にまだ, に大, に御, に抽斎, に生れた, に結婚, の, のつもり, のとき, ののち, の上元, の事件, の休み, の午前, の午後一時, の夜半, の宵, の御, の日附, の暁, の暁方, の正午, の衆議院, はその, はそのまま, はまだ, はもう, は何, は大丈夫, へかけ, ほど後, もかかる, もしたら, も七日, も経つ, も逗留, や六日, より十八日, を中心, を送った, 経ちました, 置いて, 置きに

2 [209件] あれば, いて, いるうち, かかった, からのち, から三十日, から九月十五日, から二十九日, から五日, がすん, が来る, が経ちました, が経った, が間, ぐらい私, けふ, この日, この月中, したらまた, すぎれば, たった後, たった或, たった時分, だか, だな, つづいた, であって, であるの, でございます, でその, でも六日, で店, で梅若さま, で母, で治り, という, といふことに, といふもの, とそれ, とた, と云, と経たない, と苛立たしい, なり十日, なん, にこの, にこれ, にする, にそこ, になつ, には一, には四番目, には大, には天皇賞レース, には早, には見事, にまず, にまた, にもなる, にツーリストビュロオ, にパリ, にマユミ, に一度位, に亡くなられました, に保, に再び, に出帆, に初めて, に帰ります, に広島, に延び, に手紙, に書いた, に来る, に棠軒, に横浜, に正, に死ぬ, に消, に町年寄, に相, に禁廷, に立っ, に立つ, に終戦, に自決, に至り, に行, に行われる, に迫つて, に退院, に頼山陽, に首, に鼈, のあ, のあと, のかし, のひと, のよう, の一日, の三陸, の下, の予定, の供養, の出来事, の労働, の午後二時, の墓参, の夕, の夕刻, の夜祭り, の大, の小豆粥, の左義長, の巳, の旅, の日付, の日記, の昼, の時事新報, の来る, の水天宮, の火災, の第, の裡, の記, の読売新聞, の農場実習, の長い, の間あれ, の閣議, の頃, の風, は, はおろか, はかかる, はかかるだろう, はこちら, はこの, はどうか, は初, は如何, は妻, は姿, は掌, は旧暦, は朝, は男, は疲れ, は碌々寐, は緩, は菖蒲湯, は雨, ばかりいた, ばかりたっ, ばかりだ, ばかりにて終り, ばかりの月, ばかりまた, ばかり学校, ほどする, ほどの間, ほど立っ, ほど経っ, ほど経つ, まえの, まで, までに, まで待つ, まで御, まで続いた, もある, もお前, もか, もここ, もまえ, も家ん中, も居たなら, も済まない, も濟, も生徒, も私, も経った, も続い, も續, も観音崎, や七日, より, を小正月, を月, を費し, を費した, を送っ, を過ぎ, を過し, 働く家, 寝て, 尋ねた, 立った或, 経った夜, 経った或, 経ってからの, 続いたら, 続けて, 見えなかったが, 遅れて, 遊んで, 過ぎた, 過した

1 [1954件 抜粋] あけようと, あらあ, あるの, いたわけ, いや現に, おくらしたら駄目, おとずれも, お天気続き, お来えなさらない, かおそく, かかれば, かの病, からか, からその, からになる, からは一意専心小説, からサンジョェ, からビールジャ・トルダー, から三月十八日, から二三日, から休み, から円石, から十六日, から又, から始めた, から攻撃, から日劇, から本年三月二十七日, から柔道, から水, から総, か一週間後, か三日前, があぶない, がすむ, が一年, が今日, が十日, が御, が来, が濟, が私, が締切り, が闇夜, ぐずぐずし, ぐらいで行かれる, ぐらいジッ, ぐらい迄にまだ, このかた, この方, ご邸内, しかありません, したら小田原, した夜, しますと, すぎても, そのままに, その川, その翌年彼ら, それから十月一杯, たったけれど, たってからの, たつた時, だからねえ, だったから, だって, だよ, ちょうど今夜, つづくと, てやっぱし, であったな, であり, であると, でこ, でしたが, ですから, でないため, でね, でも七日, でも參詣, でも私, で丁度, で三の酉, で中, で六月, で厶, で外, で年, で来ましょう, で止め, で直した, で職人, で谷中静雲寺, で青空, というそこ, という如く寛大, という歳末, といひ, といふ旦暮, とか, とがどういう, としてね, とすぎ, とつづい, となっ, とには一般, とは言わない, と一月六日, と乗りつづける, と二四二一九八七九, と五十日, と保て, と区役所, と四日間, と定められ, と彼女, と段々, と熱, と節分, と經, と逢はず, どうして出掛け, ないん, なのよ, なり此, なんていう, にあるだろう, にうんと, にかけて一足, にしかならない, にたけ八丈, にでもなり, になった, になれ, にはおばあさん, にはきっと, にはこれ, にはてっ, にはなるだろう, にはサンタクロース, には上等, には二の丸, には兵庫事務局, には又, には向島, には堺, には大臣, には大隈邸, には宮様, には平壌, には急, には政子, には木曾福島, には横谷君, には毛利右馬頭輝元, には淀城附近, には甲斐, には着きましょう, には職工, には観, には野辺, には電燈, にひとまず, にもなったら帰ろう, にも亦, にも風雨, にわたし, にわたり刈る, にアフレコ, にセップク, にフランス船, にマクスウェル, に一人十日, に一度くら, に一晩あすこ, に三歳, に丸焼け, に亀井戸, に二度発行, に亘つて, に亡君, に仙台, に伊達安芸, に作った, に信濃, に僕, に八十三歳, に共同正犯, に出す, に分け, に十月創刊号, に博多, に取調べ, に四世道陸, に国府, に地震, に外台秘要, に大坂篠崎小竹, に大老職, に夭, に女児出産魔子, に嫡子恒善, に安楽椅子, に寅松, に届く, に川路ら, に幕府, に当家, に徳川家康, に思ひ切つ, に戦争, に探険, に敗戦, に新しく, に日本媼, に旧, に春庵宝素, に月, に東京, に棠軒良安, に樺太, に此三子, に池鯉鮒, に法隆寺西園院, に浴室, に渡辺良左衛門, に異母兄徴, に白子屋, に矩之, に神, に秀雄, に突発, に筑前國福岡, に細野君, に繰上げ, に致仕, に藤尾, に裁, に訪ね, に謁見, に越し, に速達下, に遭遇, に金, に長崎, に開店, に陥ちた, に頂きました, ね, のころ, のたそがれ, ののちお父さん, のひるだった, のゆう, のサセ取り, の一年, の両日, の休養, の修業式, の出版, の別れ, の剰余日, の午前一時頃, の午前何時, の午後一時半, の午後四時前, の同, の四ツ半, の土曜, の夕凉みの晩, の外, の夜十一時発, の夜広島, の夜汽車, の大風雨, の天神, の委員會, の宵月, の尻, の山登り, の式, の御用始め, の惨劇当時, の戦闘, の手軽, の政治史, の日暮れ, の早天, の晝, の晩永代, の暮れ, の會見, の月薄紫, の朝元山, の朝東京駅, の朝蘭領, の未明, の梅若さま, の死, の永生, の涅槃, の満月, の状態, の生命, の留守, の神田祭, の福, の粥, の総, の船旅, の花朝, の薪, の話, の讀賣, の軽い, の遠足, の間お前町, の間二人, の雑談, の頁, はあす, はいつも, はお釈迦さま, はかかるであろう, はそれ, はてっ, はぼく, は三ツ, は上覧芝居, は仙台市, は何事, は保つ, は冬籠せん旅, は別段, は十九年, は外出, は奥, は孤堂先生, は小, は府中六所明神, は彼等, は必ず, は支那, は新暦, は旧, は晴, は暁, は會社, は櫛, は殿, は水天宮様, は深川八幡, は熱海, は登山, は碇泊, は立派, は芦ヶ谷, は親類, は警察, は転役, は過ぎ, は雁坂, は風月堂休業, は麝香, ばかりい, ばかりうち, ばかりたった, ばかりで, ばかりの後, ばかりを浦和, ばかり対向ひで, ばかり早かっ, ばかり煩い, ばかり経つた, ひっそりする, ふとかの, への, ほどした, ほどたつた, ほどというもの, ほどは疲労, ほどユックリ, ほど何, ほど暮す, ほど留まっ, ほど遅れ, まえだ, まえハッキリ, まず第, または四日, また直ちに, までいる, までつづいた, までとか中, までには書き上げる, までに今月, までに午, までに大坂, までに自筆, までのばし, までは勤労動員, までは鳥獣, までを予約期間, まで上野, まで寄席, まで日比谷, まで滞在, まで経, むっつりと, もい, もお上, もその, もたって, もね, もひきつづき, もやはり, も保存, も姿, も居た, も帰らなかつた, も待っ, も抱いてる, も明け, も汲み置き, も無くなっ, も画房, も眠らねえ, も經, も続け, も置く, も身, も通ったら, も飲まず, よ, よりはハタ, より不断念仏, より今日, より前, より大杉栄ほか二名, より病, をかけ, をのぞく, を一番生産, を以て江戸, を命日, を定日, を思い返し, を梅若様, を狙った, を登山日, を経る, を見, を迎え, を過ごした, ノ晩ニ, 乃至十日, 休んだぜ, 働いた後, 初謁見将軍徳川家定公, 即ち殺害, 又一島湧出, 同渋江六柳, 寝たという, 居る中, 待つて, 御厄介, 御発駕, 御野郡, 或は盂蘭盆, 掛り八人, 新日本文学会, 早旦, 歩いても, 泊りこむこと, 無届け出府, 程つづいた, 立って, 第四議会, 経ち眼鏡, 経った三月二十五日, 経つた或, 経て, 続いたん, 続て, 繰りかえされるわけ, 考えさして, 荒っぽい河音, 見えなかつたぢ, 見ねえで居たつけ, 迄, 迄にし, 迄に私, 迄十何日, 遂にドレスデン, 過ぎてからは, 過ぐる, 過ると, 長くて, 降つて秋, 預かって

▼ 五~ (3136, 3.8%)

117 の間 52 も前 50 になる 42 の後 38 ほど前 32 の春, の秋 26 にし 25 の頃 24 の月日, の歳月 20 の夏 19 も十年 18 に一度, のあいだ 15 のこと 14 になっ, になります, の, の昔 13 も六年, や十年 12 の時 11 である, にもなる, の正月, ばかり前 10 たって, でも十年, に, の冬, の四月, まえに, を経 9 か十年, の年月, の長い 8 のうち, の九月 7 か六年, になった, に至る, のころ, の七月, の二月, の五月, まえの 6 か, に至っ, の前, の十月, の十月二十日, の教室, 程前

5 [13件] このかた, して, であった, に死す, に終る, の八月, の六月, の生涯, の長き, も奉公, も昔, 乃至一〇年, 経って

4 [33件] かかって, くらい前, この方, たっても, では, で倍加, という, といえ, と云う, なり十年, になつ, に書いた, に生れた, のあ, の一月, の事, の人口, の八月十五日, の大, の当, の懲役, の星霜, の暮, の期間, の生活, の第, の記念, の関ヶ原, は蘭軒歿後, まへ, も経つ, 経ち十年, 経つと

3 [58件] あるいは十年, だ, であつ, であります, でした, というもの, という年, という歳月, という長い, と云, と経つ, ないし一八〇〇年, にしかならない, になつて, になろう, には, にはなお, に八十二歳, に出版, に堤防, に彼, に死んだ, に生れ, のその間, ののち, の一月九日, の七月十一日, の二学期, の二月十三日, の作, の刑, の刑期, の十一月, の十二月, の十月十九日, の日本, の春ごろ, の末, の祝典, の結婚生活, の革命, ばかり経った, ほどの間, まえから, もか, もこの, も七年, も以前, も後, も続いた, も辛抱, や六年, を経過, を過ぎ, 振に, 経ちお, 経った, 経つて

2 [159件] からいま, からのち, から七年, から三〇年, から二十年, から元和元年, から六年, から現在, か八年, がほどこれ, が十年, が間, くらいまでの間, しか経たない, したら, すぎたら, すなわち, たった, たつても, たてば, だかに, だからナ, だと, で, であると, でその, でも, でも七年, で七十, で伊織, で卒業, で帰る, という月日, といふ長い, といへ, とする, とせず, となり, と云え, と六年, と十年, ないし一七九〇年, なり, にあたる, にかけて家政整理, にしかなりません, になり, にはロシア, には実隆, には王立協会, にもなります, にやはり, にわたる中国陣, にわたる古事記, にヨーロッパ, に出, に出家, に初めて, に始め, に弘前, に抽斎, に於ける, に書かれた, に有名, に梅鉢工場, に歿, に當, に病死, に発表, に私, に第, に致仕, に近い, に進級, ねえ, のある, のその, のもの, のコロリ, のロシヤ, の三月, の中, の久しき, の九月九日, の今日, の余, の優等生, の元旦, の出版, の刊行, の初め, の初冬, の初夏, の功, の十一月二十日, の四月十五日, の四月頃, の夢, の幸福, の御, の文学, の早春, の晩春, の期限, の条, の条約, の歴史, の生, の生まれ, の生れ, の短い, の私, の竿, の行程, の諸, の谷中天王寺墓畔, は夢, は生き, は経過せり, ばかりになる, ばかりの間, ばかりも前, ほどし, ほど以前, ほど經つて, まえである, または十年間, までは緑, まで五十二歳, まで此札幌, まへに, もかかっ, もかけた, もすれ, もたった, もたつた, もの長い, もま, も二十年, も会わない, も八年, も同じ, も同一もの, も年上, も研究, も経っ, も過ぎ, を一期, を経た, を經, を重ね, 働いて, 振で此市, 生きて, 経った今日, 経つてから, 経てば, 連れ添い文吉, 遅うし

1 [1546件 抜粋] あの主任さん, いや今年, いら, いわゆる彼, お京さん, かかったとは, かそれ, かの細胞, からの八九年間, から一二九二年, から一八〇八年, から一八六九年, から七百八十一年, から三十七年, から二六年ごろ, から二百十八年前, から六六年, から十年間, から受けます, から安政五年, から推し, から當年, か七年, か十年後, がたち, がわが, が二派, が暮れる, が経過, くらいなどというの, くらいのうち, くらい遅れ, ぐらい, ぐらいな, ぐらいの刑, ぐらいは平和, このかたふんぱつ勉強, この寺創建直後, この時, しかたっ, しましてから, する, ずつ先, その全集, その職, たたないうち, たちました, たちましてね, たった十年, だか, だけであった, だし, だって, ちかい時, ちょうど五百九十五年前, であ, であったの, でありまた, であり自分, であれば, でしたか, です, でとてもそう, でなに, でも互, でも種, でやっ, でフオストフ, で仲よし, で出版, で帰った, で歸, で立体, で遺族, といううち, という年つき, という永い, といふこと, といふやう, とうとう世界, とか勤め, とし, とそういう, とだんだん, となった, となる, とに於ける, との間, とは生き延びられない, と一八〇〇年, と二年, と保たない, と大正二年, と月日, と生きてる, と神武天皇, と読み慣れ, と過ぎた, ないしは十年, ないし一七八四年, ないし一八一九年, ないし四〇年以前スイス, なりか, なり奉公, なり生命, にあたっ, にある, にいたる, において最後, にかけた, にこの, にそんな, にできる, にならね, になれ, にはじめて, にはそれ, にはなろう, にはイギリス軍, にはナイル, にはマドリッド, には一対一〇〇, には一対一二五, には七十歳, には二月二十八日, には人口, には他, には保, には八〇%, には其信仰伝承, には出来上っ, には名誉, には孝高, には東京府判事, には瑞仙, には神社, には脩, には英国, には逮捕, には香港, にひとり, にもなっ, にもなろう, にも同じ, にも永長元年, にわたって北, にわたる会員たち, にわたる長い苦しい, にアヴィニョン, にクリン, にシャール・フランソア・ビヤンヴニュ・ミリエル氏, にパリ, にフランス, にマリヤ・ルーヅ事件, にロシア, に一回国王, に一度づつ凶作, に丁度, に三十九, に上院, に中央公論社, に二十三歳, に二條, に亘つた, に亙つ, に亡くなっ, に仮り, に修験, に入っ, に冲斎等, に到り, に創立廿年記念, に十一谷君, に十二頭, に南鐐四文銭, に去つ, に名古屋, に因ん, に在位, に奏上, に実印, に家老評定人ら, に尾張国春日井郡, に州立マイノット女子師範学校, に広岡入道道円, に彫刻, に忠之, に成った, に支那, に改造文庫, に数学教授要目, に新しく, に暫く, に東ヨーロッパ, に東京都新聞, に柳州, に次男, に歐洲, に死したれ, に永州, に池田輝政, に派遣, に現在, に生産物, に発布, に盲腸炎, に相違, に神祇, に種痘法, に組織, に羅馬, に至, に蘭書, に行われた, に解放, に転校, に達する, に関が原, に隋, に鵠沼, のあいだ刑務所, のあます, のかの, のとき実川延一郎, のま, のエピソード, のコンゴ, のセクサゲジマ日曜日, のメモランダム, のレーニングラード, の一学期, の一月五日, の一月興行, の七月十一日あたり, の三月二日, の上半期, の両度, の中頃, の久し振り, の九月十四日, の乱, の二十箇年間, の五月一日, の五月二日, の京都付近, の今月今日, の伊予, の倍加期間, の元日, の党, の八月あたり, の六月初旬, の冬十二月三日, の処方, の初, の創設, の医療費, の十月帝国芸術院会員, の南北戦争, の受持, の各, の四月三十日, の四月号, の変化, の夏頃, の大火以来, の天井裏, の契約期間, の孤独, の実刑, の対立, の島原役, の帖面, の年始, の年末, の底, の後二人, の後半期, の徒役, の急, の悪疫, の戦争, の教育, の文部省展覧会, の新春, の日月, の日記, の春作者, の春慶應義塾理財科, の春頃, の暮頃, の最後, の期月三十三年, の根気, の森川, の歌舞伎座一月興行, の正月十日, の武鑑, の死亡, の永かっ, の江戸条約, の洋行, の流, の源頼朝, の無条件降伏, の生徒たち, の男の子, の真っ暗, の破局, の禁教令出島和蘭屋敷, の秋以来唯今, の程, の穀物条令, の総, の自由, の艱苦, の落ち残り, の行脚, の記事, の詔, の調べ, の貧乏, の足あと, の辛棒, の道, の選挙干渉, の鎌倉, の長男, の間一日, の間丸帯一つ, の間天井裏, の間毎月十円, の間眞黒, の間自分, の関ヶ原役, の非常時, の頃友人, の項, の齡, はおくれた, はこうして, はその, はて, はブドリ, は一年, は三月九日, は久留米, は仕事, は分別, は半ば, は大丈夫生, は後村上天皇, は播重, は旅, は明治大帝崩御, は案外, は毀れた, は獲物, は直ぐ, は空しく, は経つ, は過ぎ, は高知, ばかりというもの, ばかりの日, ばかりも続いた, ばかり会わん, ばかり御, ばかり留守居, ばかり通学, へはいった, ほどになります, ほどの間熊本鎮台, ほどまえである, ほどピアノ, ほど経った, まえまでの, まえ主任検事級, まえ父, または二十年後, まづは順當, までしかやつ, までにはその, までに二十九年, までに発表, までの新しい, までの正しい, までもつづい, までカタローニア, までラヴェンナ, まで兔, まで十二年間, まで王, まで足掛六年, も, もい, もいる, もおっ, もかかつて, もかぢりつ, もここ, もしくは十年, もずっと, もそれ以上, もたったら, もたつ, もつづい, もつれ添つた主人, もの嘘, もの間約束, もまた, もよろこび祝おう, も一生懸命, も世間, も他人, も住み, も働きつづけ, も兵隊勤め, も城中, も夫, も子供, も居ました, も巴里, も待たなけれ, も恋愛関係, も手掛けた, も暮し, も欧羅巴, も生き, も生き延びた, も立つ, も経ったら, も経過, も續, も若けりゃ, も身, も門番, も飛び去る, やそこら, や七年会はん, や六年位, よりまた, より七十一歳丈, より以前, より四十九年前, より小屋, より遥か以下, をおくつた, をひそみゐ, をむかえ, をもってちょうど, をも亦, を以て政党, を出し, を半分, を叙, を徳川十三代, を父親, を終業, を費やし, を逸楽, を隔て, 乗っただけ, 住み玉, 初めて渡鮮, 勤めると, 即ち大正元年, 即ち牡牛, 在學, 実に百二十二年, 延ばして, 後れて, 持ちこたえた末, 掛るか, 既に鉱業停止, 早かつ, 暮して, 最も露西亜, 欲しい欲しいと, 満洲, 猶太人豪商オルテヴ・イ・グンドルフ氏, 生きられますもの, 着るもの, 突然の, 立つうち, 第二回, 経ちますわ, 経っただね, 経っても, 経ても, 若いと, 見ないうち, 越しいまだに, 越し会わなかった友達, 越し影, 越し若, 越し部屋, 越し鞍馬, 遂にその, 過ぎて

▼ 五~ (1526, 1.8%)

23 か十分 20 とたたない 1412 である, と五分, と経たない 11 だめし, を指し 10 か二十分, であった, ばかりし 9 しかない, もたたない, もたつ 7 ほどする, や十分 6 だった, です, のうち, ばかりで, もたたぬ, を示し, 過ぎて

5 [12件] おくれて, たつと, でも十分, と経たぬ, にし, になる, ののち, ばかり, ほど前, もたった, も前, やる

4 [13件] か, たちましたから, たって, にハネ, ばかりする, ばかりたった, ばかりの間, もある, もする, も十分, も経った, も隙, よ

3 [24件] から十分, か十分の間, ぐらい, ぐらいだ, して, たっても, だけ, であつ, とかからない, とかからなかった, とも経たぬ, になっ, に一度, ばかり前, ほどたっ, ほど経っ, もあれ, もかかっ, もすかさぬ, も経たない, 乃至十分, 待って, 経って, 経つと

2 [113件] あった, ある, あるいは十分, かかるから, かかるん, かそこら, か一寸, か三十分, か六分, か十分のあいだ, くらいだ, くらいで行っ, くらいのもの, くらい前, ぐらいたっ, ぐらいたった, ぐらいのあいだ, ぐらいのもの, しかつづかなかった, しかなかっ, すると, すれば, たたぬうち, たちました, たってから, だから, だけ自分, だったと, だ石原の, ってとこ, であるから, でした, ですから, では, とある, ということ, というの, といふの, とお, とかからぬ, とたたぬ, となっ, とはかからなかった, と十分の間, と長く, と間, ないし一寸, ないし十分間, なり, なるもの三本, にも足りない, に出発, に切上げる, に相当, に近い, のこと, のところ, ののち昏睡, の浜松行, はあたり, は何, は外れる, ばかりたっ, ばかりのところ, ばかりのもの, ばかりの小さい, ばかりも続いた, ばかり休ん, ばかり生え, ばかり話し, ほどあれ, ほどし, ほどたつ, ほどとす, ほどのち, ほどの後, ほどの間, ほどまえ, ほど経つ, ほど走り, ほど遅れ, ほど過ぎた, まで待っ, もかかった, もかからない, もかかる, もすれ, もたっ, もたって, も柏, も立たない, も經, も続い, も走る, より, より一人, より放送, を, 太さ, 生えに, 程し, 程する, 程の間, 終に金精峠, 経ち十分, 経つか, 考へて, 話して, 進んで, 遅れて, 過ぎても, 過であった, 長くなる

1 [888件 抜粋] あったおれ, あつた, ありと, あり東側, あるからな, ある小紋, いや三分, いや三分のすき, おくれた, おくれたらみんな, お粂, かかった事, かかってよ, かけて, かたぶん, かの休憩時間, から, から七十五度四十分, から二割五分, から二十分間位討論, から六寸五分, から十二時, から十分の間, から子供, から藤山, から長く, か一時, か七分雑談, か二十分あて日あたり, か二十分位, か五十分ごろ, か六分の間, か十分の, か十分の現在, か十分貴女, か廿分, がところカット, が二十分, が勤労者, が過ぎた, くらい, くらいしか増し, くらいずつはみ出し, くらいたっ, くらいですぐ, くらいで行ける, くらいな, くらいにしかならない, くらいの長, くらいは充分, くらい遅い, ぐらいおくれ, ぐらいおくれる, ぐらいから五六寸, ぐらいし, ぐらいした, ぐらいすぎ, ぐらいずつ水, ぐらいだった, ぐらいでうり切れ, ぐらいで壇, ぐらいで帰れる, ぐらいで買っ, ぐらいな, ぐらいになっ, ぐらいに刈った, ぐらいに過ぎない, ぐらいの平凡, ぐらいの診察, ぐらいはある, ぐらいはゆっくり, ぐらいは庭, ぐらいまでに下る, ぐらい待っ, ぐらい流し, ぐらい蒸す, ぐらい過ぎ, これから述べる, しかかからない, しかたちません, しかなかつた, しか入っ, しか寝ない, しか残っ, しか遅れなかった, したら時計, じゃ難しい, すぎたあと, すぎたばかり, ずつたった, ずつに区ぎり, ずつやらし, ずつバック台, ずつ毎年谷中, ずつ貯金, たたないうち, たった, たったら机博士, たった後, たつか, たつても, たりとも, だけのもの, だけの者, だけ待っ, だけ白鳥, だここ, だつた, だとか, ちょうど時間一杯, ちょっきりの, で, であったの, であり西武線中井, であること, でおさまりました, でござんすか, ですか, ですっかり, ですね, ですん, でその, でとまっ, でみんな配置, でもいい, でもと, でも出, でも後, でも結構, でようやく, でネネム, で一九八〇米, で一切, で七時十五分, で六時, で出掛ける, で十二時, で四十カロリー, で大きな, で彼, で昼, で本船, で済ます, で湯河原, で熊沢山, で爆発, で発車, で見歩く, で賢島, で達せられるだらう, で金博士, で頂上, というくらいの大き, というもの, という時刻, という碁石, といっ, といつかない, といふもう, といふ時刻, とか, とかいうよう, とかいふ, とかで, とかの汽車, とかは石高, とくいちがい, として三万円, としない, とその, とながしこん, となる, との粗雑, とはかからない, とはかかるまい, とは保たなかつた, とは切り込めない, とは坐っ, とは掛らない, とは斬らなかつた, とは立たない, とは経たなかろう, ともたない, とも待たない, とも間違い, と一寸, と二三度, と云いかける, と保たれなかつた, と入, と出, と持っ, と時間, と決定, と経ち, と経っ, と記録, と話, と過ぎ, と過ぎない, ないし二割, ないし十分, なり二十分, なんて, に, にうち, にすなわち, について三法以上, について四法以上, につく, になり, になります, には対山館, には少し, には桜田門, にもどこ, にも減つて, にも足らぬ, にドイツ軍, に一尺七寸五分, に七寸位, に上げるちう, に乗った, に出す, に出立, に切った, に刈り, に動き出した, に及ぶ, に只見川, に君, に対してわづか, に島田, に幅二分, に当たる, に御, に戦う, に昨日雨休み, に漸く, に生, に白沢, に着くべき, に終った, に絶巓, に育った, に至っ, に致します, に装甲自動車, に見, に車掌, に迫つて, に過ぎなかった, に道筋通り, に達する, に高槻, のあたりまえ, のばしてよ, のもの, のパリ行急行, の岐阜発電車, の東京駅発伊東行き, の熱海行き, の神戸行急行列車, の長崎行, は, はかかっ, はじめて名人, はたった, は一両, は人, は勤労, は必ず, は瞬間, は腰かけ, は親方, は説教, は高い, ばかし前, ばかりある, ばかりお, ばかりすい, ばかりそう, ばかりだ, ばかりで成し遂げた, ばかりで済む, ばかりと云, ばかりに残った, ばかりのこと, ばかりのつもり, ばかりの吹管, ばかりの後, ばかりの茶談, ばかりの長, ばかりはいっ, ばかりはかくし, ばかりまわった, ばかりもそのまま, ばかりもたつ, ばかりも待ってる, ばかりわたしたち, ばかりマイク, ばかり偶然, ばかり入れ, ばかり初枝嬢, ばかり動いた, ばかり坐っ, ばかり大阪京都, ばかり寝なけり, ばかり待っ, ばかり慶明戦, ばかり時間, ばかり棒, ばかり泣声, ばかり白い, ばかり石, ばかり立ち話, ばかり経ったら, ばかり続けた, ばかり考え込んだ, ばかり走った, ばかり過ぎた, ばかり閉め残し, ひく三分, ふやした, へかざし, ほどしたら, ほどすぎ, ほどすすん, ほどたちまし, ほどたった, ほどつづいた, ほどに切り, ほどのうち, ほどのから長い, ほどののち, ほどの休み時間, ほどの圓, ほどの芋虫, ほどの距離, ほどもありませう, ほどもそうして, ほども廻り, ほども歩いた, ほども立ち尽した, ほどエフィーム, ほど乗る, ほど兎, ほど廻った, ほど待つ, ほど後らし, ほど柄, ほど横目, ほど沈黙, ほど経った, ほど蒸焼, ほど行く, ほど進発, ほど過ぎる, ほど鳴っ, まえである台湾, まえに, または十分, また十分, までが千八百円ベース, までずいぶん, までのもの, までの長い, までは皆意味, までボク, まで待ち疲れ, もあった, もあらう, もおくれ, もおくれた, もお前さん, もかからないで上る, もかかれ, もしくは三十分, もじっと, もすかさない, もそう, もたったら, もぢ, もねばっ, もやっ, もボン, も一寸, も一緒, も僕, も女, も待たされれ, も待たぬ, も待った, も懸っ, も早く, も歩かなけれ, も歩行, も真直, も立っ, も経っ, も経ったろう, も続いた, も蒸焼, も行った, も観察, も進む, も過ぎ, も違, も間, も静か, も鳴っ, やから, やって, や一寸, や二十分, や十分の間, ようやく大, よりカセイ, より三十七分, より二十五分, より太陽, より長く, よ登志さん, わが艦隊, をその, をもう一度, を以て胡麻, を使, を取った, を報じた, を廻りました, を待ちかね, を打つ, を持, を期し, を買つた馬, を費し, を費やし, を違約, 一寸なれ, 一寸スルスルと, 乃至二十分はか, 乃至五寸, 伸びたさ, 何とか短縮, 保って, 厚さ五分位, 吊した後, 咲き満開, 増さないでも, 小鱗, 待たされた, 或はことに, 早かったら, 早く出れ, 欠けたら何, 残ったの, 漕げること, 漸く三宝山の下, 焼くと, 眠れば, 着急行列車, 程しか経つ, 程しか間, 程にても有, 程の檜, 程の燦, 程の縁, 程も低, 程ゆれた, 程深, 程立っ, 程経った, 程過ぎ, 程開い, 立っても, 立つた, 経たないうち, 経った, 経ったらい, 経った後, 経ってから, 経つまいと, 置きに, 苅りの, 若しくは十分間, 費せば, 迄が勤労, 迄に電球, 迄の間, 進ませた, 遂に絶命, 過, 過ぎてること, 過ぎぬ, 過ぎる頃, 過に, 長さ, 高さ三寸位, 高さ六寸

▼ 五~ (1484, 1.8%)

11 一, 二 10 女が, 時から 9 三, 男が 8 ことを, 女の, 年に, 色の 7 四, 女は, 時に, 歳から, 顔を 6 ほうへ, 少年が, 歳に, 若い男 5 ことが, 五, 娘が, 少年の, 男の

4 [17件] これは, 不道, 今日まで, 位に, 女心の, 女房である, 妹という, 妻である, 少女が, 年から, 店を, 春に, 春の, 春を, 男は, 若さ, 青年で

3 [23件] ときに, ほうを, ものに, 下に, 二十五と, 云って, 人が, 前に, 割合に, 声が, 婦人が, 字を, 宮が, 小娘が, 小粋, 少年である, 年の, 日五の, 春から, 男と, 立派な, 若盛り, 顔が

2 [107件] いうこと, いうと, いって, いわずに, それは, ために, ちょいと, つく日, ときだった, ときであった, ほうが, ものを, ように, 三月間を, 中年増眉の, 主婦にも, 二十五三五の, 二十五六, 云わずに, 六, 力が, 十五, 千兩箱が, 句に, 句切にて, 句調を, 呆然と, 品の, 場合は, 声に, 大年増, 女で, 女心は, 女心を, 女房という, 女生徒, 如きは, 娘さんは, 娘と, 娘に, 娘の, 娘は, 娘子と, 字が, 字は, 孝友傳の, 宮の, 宮を, 尊を, 小供, 小僧は, 小坊主です, 小娘で, 小娘を, 少年を, 布地の, 年, 年で, 年には, 年まで, 年増これは, 年増女です, 年増盛りを, 店から, 御位, 手から, 手に, 数を, 日, 日が, 日に, 明月を, 昔と, 春である, 春まで, 春より, 春土地の, 時だ, 時である, 時でした, 時の, 時まで, 時舞の, 書生の, 木戸を, 歌は, 歳の, 歳まで, 申すな, 男で, 男であった, 男盛り, 疾も, 痩せた男, 目乱れに, 私も, 若い者, 被告であった, 返しを, 達者な, 鍵だ, 関門, 関門の, 青年が, 頃で, 項目しか, 顔に

1 [957件 抜粋] あいだ, あとを, いうお返し, いうなら一枚化けの皮, いう必要, いってるうち, いや草香流, いわさず拘引, いわずと, うしろに, うち五十一まで, おとなしい若者, おぼこ気ばかり, お君, お神さん, かたわらを, からだ, ききうでを, きりっと, ことだ, ことばに, こぶしを, ころに, ごとき男, すがた, せまい着付け, それこそ, たましいな, つる, とき, ときこの, ときでした, ときペルリが, とき東京の, とき處女詩集, ところに, と二十七八の, ないはず, なしに, においが, はない, は下女, は云わせぬ, ひとで, ふっくりした, ほうこそ, ほこるべき伝統, まえまで, まだ若い, まわりには, よい若い者, わけだ, わたしを, われらは, アダリンを, オカミサンが, オーさん, グリーシャ年がら年じゅうブガーノフの, スラリと, チンピラであった, テントが, ノーブルな, ヒヨロヒヨロした, ポーッと, 一の, 一人が, 一人物, 一寸小意気, 一挙一動に, 七, 三日間にわたり, 上には, 上作と, 下へ, 不幸, 両日である, 並べず射ちかけて, 中年増で, 中納言は, 主なる, 主穆王五十三年壬申, 主要部に, 乙女が, 事實のみを, 二の舞でも, 二人の, 二十五文ゴロ, 二度だけ, 二石のみ, 二階, 云うと, 云ふところに, 五百年には, 人々の, 人でしう, 人の, 人卓にの, 人柄には, 人物であった, 人物を, 人種が, 今日に, 仕事と, 代りに, 件とお, 会堂いずれも, 位を, 何處か, 作男と, 例を, 侍女年最も少し, 侍女轅の, 側に, 傷の, 優さ男でした, 兄と, 先生が, 光に, 光景, 八, 共和的王政派の, 内儀は, 冬我れ, 冷やかな, 出戻りだ, 出戻り女で, 刀で, 刀を, 切ッ先には, 初夏と, 前厄には, 前髪である, 力を, 十一, 十五で, 千兩箱の, 千兩箱を, 卓を, 厄年だった, 友人は, 友吉の, 口の, 古い鞘, 句と, 句を, 句極めて, 叩き放しなら, 可愛い盛り, 可愛らしい前髪, 各支部図書館, 同志の, 名目に, 周囲に, 命日を, 商賣, 問答を, 四四頁には, 回転扉を, 圓に, 土蔵の, 地方紳士といふ, 地獄を, 坊やと, 堂宇が, 報告で, 場合の, 士分が, 壮佼あり, 壯者である, 声は, 夏に, 夜半には, 大山であった, 大年増乍ら, 大河平一郎は, 大男と, 夫人が, 奧樣らしい, 女だった, 女の子では, 女も, 女中に, 女学生とが, 女店員, 女房であっ, 女房と, 女房も, 女盛りである, 女童, 如何にも, 妹である, 妹でも, 妹といった, 妹として, 妹娘を, 妻は, 姫は, 姿であった, 姿を, 娘とで, 娘を, 娘子供とも, 婦人である, 婦人党員が, 婦人労働者は, 子の, 子供が, 子供では, 子供を, 子房が, 学生なり, 宏子の, 定型についても, 定数律は, 客人きりでした, 宮は, 宮へ, 宮様は, 家は, 家庭に, 家臣が, 寝部屋, 寿命という, 将を, 小づくりな, 小僧が, 小娘です, 小娘とが, 小娘にも, 小屋を, 小性とて, 小柄な, 小綺麗な, 小麦色の, 少しタガ, 少壯輩, 少女では, 少女の, 少女を, 少女同志の, 少年だ, 少年で, 少年でも, 少年ばかり, 少年少女が, 屋根に, 山出しで, 工業学校の, 巻まで, 巻普門品と, 帰村, 帳場で, 平凡な, 年ごろの, 年だ, 年でございます, 年三十の, 年増だ, 年増である, 年増盛り, 年宮廷裁判所の, 年明けまでは, 年格好顔色青褪め, 年父に, 年輩で, 年配で, 年頃で, 年齢という, 年齢までに, 幼な, 店の, 弁巧に, 形は, 影は, 彼の, 律を, 後で出戻り, 徒弟, 従妹という, 御新造ぶり良人の, 復讐の, 心に, 思ったとおり, 急所という, 怪動物は, 恐ろしく丈夫, 恥ずかし盛り, 悪口を, 悪辣さを, 意趣返しであろう, 憶良の, 我の, 所に, 手が, 手まえ, 手をよけ, 手紙, 技師は, 招待で, 拳を, 放射状に, 数で, 敵を, 文書は, 新妾出来候, 新題, 旅の, 旅疲勞の, 日で, 日にでも, 日を, 日本の, 日清戦争で, 星が, 星を, 春, 春で, 春には, 春御, 春棊童という, 春此事務所に, 春秋を, 時お母さんに, 時で, 時両親には, 時亡くなっ, 時分に, 時分は, 時死んだ, 時江木衷氏の, 時糖尿病を, 時見た, 暮れに, 月が, 木戸の, 未開の, 柄を, 根あっ, 椅子テーブルの, 検挙を通じて, 楽変化天の, 欧州風の, 正直そうな, 歳だった, 歳である, 歳金持の, 死骸が, 毬栗頭の, 気を, 水兵は, 水得婦と, 池が, 池の, 沈痾自, 浅黒い顔, 浪人らしい, 涼しそう, 減損と, 溌剌たる, 濠の, 灯光に, 熟しきらない童貞, 爺さん, 特色は, 状箱を, 理由であります, 甚助は, 生命が, 田舍娘, 申しましょう, 男, 男に, 男の子も, 男児と, 男子, 男盛りでございます, 男雜穀屋の, 病身らしい, 痩せぎすな, 痩せた小柄, 癡漢が, 白くも, 白旗の, 百姓に, 目か, 目だ, 目の, 目乱れ, 目的に, 目立たない女, 眉秀でた, 眼は, 短刀を, 石の, 祝いだ, 神経質らしい, 禮を, 私を, 秋その, 秋まで, 稚児髷に, 穴居云々は, 笠ヶ岳を, 筈だ, 箱が, 系統を, 細面, 組であった, 結婚式あり, 絵に, 罪, 美少年が, 美少年とでも, 群を, 者が, 耻づかし, 肚黒には, 背の, 腕だけは, 腰が, 膝に, 自由に, 良い年増盛り, 色人五色の, 色細工などには, 若々しい人, 若い母親, 若い衆が, 若党を, 若手ながら, 若盛り乍ら, 若者へ, 苦み走つた, 草臥れたやう, 葉子である, 血に, 行方を, 表情は, 補助礼拝堂とが, 見るから, 視線は, 言う筋合い, 言ふなら, 言わさぬ古代, 言わせずこの, 言葉ど, 記念日だ, 記者の, 話には, 読者から, 調子の, 論説が, 豊滿な, 貴院入り祝賀会, 質素な, 足もとに, 軍服が, 辰年だ, 近代母性型黙つ, 近臣と共に, 送り火を, 連中さえ, 進退の, 遊星が, 遠慮と, 部には, 酌は, 酸が, 野生的な, 長唄, 関係への, 関係磯五とおせい, 関所に, 関門長は, 階段に, 青年一方は, 青白い男, 面々, 面上に, 音律から, 音数律は, 頃, 頃だ, 頃にな, 頃は, 頑丈な, 頬を, 頭に, 頭髪の, 顔とに, 顔の, 顔色の, 類門外には, 香港生れで, 高山ドーラギリを, 高齢に, 髮を, 鬚, 麾が, 鼠の

▼ 五~ (1282, 1.5%)

79 の時 67 になる 27 にし 26 になっ 25 になった 19 であった, であつ, の頃 18 の少年 17 のとき 16 の青年 11 の少女 9 の女の子 8 だった, のころ, の子供, の年, の新, の春 7 か六歳, である, になり 6 だと, で歿, にもなる, の今日, の女, の男の子 5 だ, になつ, になつて, の娘, の男, の若い 4 で亡くなった, で死んだ, といえ, になります, に足らぬ, のお, のこの, の秋, の老人

3 [24件] から五十歳, だが, だそう, だつた, であったが, でその, でまだ, で病歿, になれ, に達し, のおり, の女児, の子, の彼, の折, の私, の若, の間, の高齢, の鶴子, ばかりの子供, ばかりの男の子, までの間, まで生存

2 [60件] から十八, か三十歳近く, くらいだった, だから, であ, であったと, であるから, であるが, でこの, でした, でも一弗, で一人, で世, で死去, で父, で養子, という, と四ヶ月, におなり, になられた, になりました, にもなっ, にもなり, に到る, に成る, に至る, のきたない, のゴーリキイ, の丸髷, の兄, の夏子, の女性, の小, の小児, の幼児, の折り, の早春, の未亡人, の未婚, の武士, の死亡率, の父, の真, の美男, の老, の老爺, の者, の若者, の誕生日, の陸, の齢, ばかりの年配, ばかりの青年, までの人, までの寿命, まで生きる, より三十歳, を一期, を越し, を越した

1 [567件 抜粋] おなじく印刷職工, か, かとも見える, かと思はれる, からの友だち, からは三千五百円支給, から一カ月三千五百円, から七十余歳, から三十代, から三十前, から三十歳, から二十三歳, から六十歳, から十七, から十七歳, から十二, から十八歳, から十歳頃, から四十歳, から少し, から後, から手習い, から百五十円, か六歳ぐらゐの乞食, か六歳位, が来年, くらいあるいは, くらいでしょう, くらいになり, くらいのとき, くらいの少年, くらいの間, くらいの頃, くらいまでの少女, ぐらいであった, ぐらいである, ぐらいで髪, ぐらいになる, ぐらいには見える, ぐらいに見えました, ぐらいに見受けまする, ぐらいのいつも, ぐらいの不良少年, ぐらいの女, ぐらいの娘たち, ぐらいの子供, ぐらいの小さい, ぐらいの若い, ぐらいまでの勤労青年, ぐらい屈強, ぐらい迄の間, たらしめよ十歳, だけれど, だったピエール, だという, だといふ, だ捨てろ捨てろと, で, であったから, であったろうか, であった乙若, であった若い, でありコゼット, であり君子, であると, であるのに, であろう, であろうか, でおわした, でお年, でこの世, でしか, でしたか, でした女児, です, ですけれども, です彼女, でせう, でね, でひそか, でほんとう, でもゴーリキイ, で一家, で三十幾年前, で不遇, で中国, で九州, で亡くなつた, で今橋三丁目浦門喜十郎, で体, で作曲, で備中権介, で元服, で出, で初めて, で初段, で医学博士, で十一人, で十歳, で古風, で同, で大学, で大阪, で夭折, で妻寿衛子, で妻帯, で娘, で子, で学問, で小, で師匠, で幾らか, で廉塾, で形式的, で彼, で打ち砕かれ, で有った, で村随一, で正に, で此, で死ん, で死別, で永い, で江戸, で没する, で河馬, で渋江氏, で焔, で生まれ, で町長, で町長さん, で競馬, で築地, で背, で脇差, で自殺, で菊ちゃん, で萩, で行なわれる, で郷里, で長男昌太郎, で頓死, で養老院, で驚風, で高段者, とある, という乗馬用, という女, という年, という年齢, という文字, という短い, という長寿, といふ年齢, といふ若者, といふ見る, といへ, とがいっしょ, となりました, とのあ, とのこと, とやらで, と二歳, と八歳, と思われる, と書し, と真, と聞い, と註, ないし三十歳, ないし六十歳, ないし四十歳, ながら勇力絶倫, ながら間, などというもの, なること, なれども, にあたる, にお, にご, にさえなっ, にしか見えぬ, になったなら, になつた末, にならない, になられます, になられる, にならん, になりまする, になるです, になれり, になろう, には, にはなってるらしかった, にはなつ, には河内, にみえた, にもおなり, にもなつて, にもなられましたら, にもなる年取った, にわたりた, に似合わぬ, に候, に成ります, に成候, に満たぬ, に終り, に終る, に至れ, に見ゆる, に過ぎなかつた, の, のおじいさん江戸ッ子, のおとめ, のくっ, のその, のててなし児, のときトウ, のとき某氏, のとき江戸, のはじめ, のはず, のば, のほんに, のまま, のわたし, のわれ, のゲルハルト, のタアシヤー, のナターリア, のブラームス, のヘンデル, のベルリオーズ, のロバァト・ルゥイス・スティヴンスン, のヴォルテエル, の一少年, の一老人, の一青年, の万吉郎, の三人世帯, の三谷青年, の上品, の中学三年生, の丹三郎, の乙, の人, の仇敵, の伊那丸, の作者, の僕, の兄紀一郎殿, の光子クーデンホフ夫人, の公爵総裁, の其妻, の冬, の冷飯食ひで, の分別, の初陣, の前髪, の助手, の可愛い, の可愛いい, の吉益亮子嬢, の四郎, の壮者, の夏, の多, の大, の女児鶴, の妹, の姉安, の始君, の娘時代, の婦人, の子ども, の子供ッ, の定評, の寺男, の専六, の小娘, の少女ヴァイオレット, の少年たち, の少年ギイ・クラアレンス, の少年助手, の少年団, の少年少女, の岩太郎, の年上, の年四谷, の年増, の年少, の年配, の年長, の年長者, の幼, の幼女, の幼年, の幼時, の店員, の弱, の弱々しい, の弱冠, の御, の恋人達, の感傷, の折一度経験, の拙者, の摩耶子, の支那女工等, の日本人, の昔, の時三度関白, の時中学校, の時代, の時出家, の時大雪, の時平河小学, の時私, の時脊髄癌, の暮れ, の暴徒, の条, の柏軒, の格太郎, の森田草平, の正, の水ぎわ, の温厚, の無名, の牡, の牡牛, の猪太郎, の生涯, の甥, の男ざかり, の男児, の男子ハ粟田口, の當主, の白人青年, の皮膚, の祝ひ着, の私窩子, の秋月九十郎, の稚, の章三, の童僕, の童子, の美少年, の美青年, の老中, の老兵, の老練, の肥, の脂, の花婿岩太郎, の花嫁, の芸人, の若く, の若武者, の茅乃, の藤吉郎, の蝶々さん, の見る, の親, の親切, の詩, の豊満, の貧乏書生, の赤ん坊, の重明, の長き, の長兄, の長吉, の長寿, の長寿説, の長生, の阿, の青い, の青年武士, の青年画家レンブラント, の青年詩人, の音楽家, の頃五, の頃春琴, の髪の毛, の髫, の髯男, はあくまでも, はもっと, は坂本龍馬晩年, は多き, ばかしの少年, ばかりこの, ばかりな, ばかりに成る, ばかりに成長, ばかりの一太郎, ばかりの児, ばかりの娘, ばかりの小娘, ばかりの男, ばかりの老人, ばかりの腕白, ばかりの黒い, ばかりを頭, ばかり下, ほどにもなっ, ほどの乞食, ほどの女, ほどの女性, ほどの綺麗, ほどの見る, ほど腺病質, ほど若く, までついに, までというもの, までなので, までなる, までには数曲, までに青年, までのところ, までの子供, までの子供たち, までの少年たち, までの年月, までの男子, までの青年学生, まではいろは, までは衰, までも生き延びた, までも生存, までチョン髷, まで一度, まで人, まで呑みぬけ, まで女, まで学生時代, まで山登り, まで待つ, まで死なぬ, まで母, まで生き, まで生きのびた, まで生きられる, まで生き得べし, まで生長, まで童貞, まで続く, まで育っ, まで育てた, まで辛うじて, まで長生, むすめ惣領ハ二十三, もう落語, も上, も六歳, も多く, も若く, より一生, より七, より七十六歳, より七歳, より上, より二十歳前後, より小説, らしい固い, をもって終るべきである, を一周, を以て東京, を以て終, を以て終った, を以て終結, を以て薨, を出でず, を標準, を満, を祝おう, を越え, を越えれ, を過ぎし, を頭, 互に貧乏世帯, 働き盛り, 初めて法山, 初御目見得, 刳袴, 少し腕, 未滿, 経れば, 若いが, 若かった, 迄の女子, 迄の婦人, 迄の彼, 迄の男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談, 迄の間, 長い旅刀, 長一歳, 長十一歳

▼ 五~ (1042, 1.3%)

37 を越し, を越した 31 に近い 27 の坂 18 になっ, になる, を過ぎ 16 にし 13 を越え 10 になった 9 になつて, や百 8 になつ, の上, を過ぎた 7 に手, ばかりの女, ばかりの男, や六十, を越えた 6 を二つ三つ, を出, 近い男 5 ぐらいの年配, になれ, に近く, の年, をすぎ, を少し 4 の人, の声, ばかりになる, をすぎた

3 [23件] か六十, か百, ぐらいで, だ, であった, である, になり, にもなっ, に間, のとき, の手習い, の阪, ばかりで, ばかりなる, も六十, も百, をいくつ, をすこし, をとうに, を幾つ, を踰, を過ごした, 近い女

2 [55件] か, ぐらいになる, ぐらいの年, ぐらいの男, すぎた小役人, すぎて, すぎても, だぜ, ちかい年, づらを, ですよ, といえ, におなり, にて四谷, になろう, にもなる, にも六十, にも近い, に余る, に手の, に至り, に近から, のころ, の仕上げ, の時, の楯, の歳, の理, の賀, の音, の齢, は越し, ばかり, ばかりの上品, ばかりの亭主, ばかりの婆, ばかり進む, まで羽子, もあつ, もある, をこえ, をこし, を一つ, を半ば, を過ごし, を遙, 貰えば, 近いくせ, 近いでっぷり, 近い年配, 近い母, 近かった, 過ぎて, 過ぎてから, 過ぎても

1 [497件] あっても, あつめたくらいの, あるいはなお, ある浜, いただきます, いやそれ以上, かもしれない, からだ, からでも学ん, からの上, からの芸事, からの項目, から六十, から引く, から百人程度, か六十か年頃, か六十位, か其処辺, か寺, か見当, が信玄, が切れる, が百, が眠っ, が見張り, が豆腐汁, が通相場, くらいあたりまえ, くらいからけち, くらいだ, くらいだったでしょう, くらいで, くらいでしょう, くらいに見える, くらいの妹, くらいの田舎女, くらいの男, くらいの老婆, くらいの高, くらいの髯, くらい借り, ぐらいあった, ぐらいかそれとも, ぐらいでしょう, ぐらいです, ぐらいでもあろう, ぐらいなんと, ぐらいな年寄, ぐらいな間, ぐらいになれ, ぐらいに見え, ぐらいのお, ぐらいのひょろひょろ, ぐらいのオヤジ, ぐらいのボロマント, ぐらいのランプ, ぐらいの中爺, ぐらいの主人, ぐらいの人, ぐらいの合羽, ぐらいの塩, ぐらいの大, ぐらいの奥さん, ぐらいの女, ぐらいの寮番, ぐらいの平田, ぐらいの水, ぐらいの漁師, ぐらいの独身者, ぐらいの紳士, ぐらいの老人, ぐらいの背, ぐらいの薄, ぐらいの頑丈, ぐらいの頭, ぐらいの齢, ぐらいはあった, ぐらい出し, ぐらい女房, ぐらい紙屑, これからやる, しかない, しかも總, すぎた年配, すぎてからの, すぎるまで, そうです, たちまち雪つぶ, だから, だけの違った, だけ川, だし, だよ, だ君, ちかいし, ちかい情炎, ちかい筈, ちかくなっ, ちかくの, で, であつ, であるが, でした, ですけど, では分配, でも六十, でも百, で一萬五千囘, で今, で割った, で向う, で喰いとめろ, で年, で御, で死んだ, で生き飽い, で男, で罪人, で蘭軒, というとき, というの, という人寿, という声, という年齢, という現状, という落語, といっ, といふ, といふ声, といふ年配, とかで赴任, とか六十, とか諧謔, とするなら, とすれ, とつりあげた, となった, となつ, とはいえ, とは思へぬ, とまとまった, ともなれ, とも年令, と一側, と兵, と取り込んでしまつた, と増し, と声, と答え, と聽, と行こう, と言われ, と追, と野葡萄一, どうかする, どころかただ, ないし七十, ならあの, ならおれ, なるが, なんかとどんなに, に, にあと一つ, にしかならない, にすべ, にちかい, にとどく, になつて子, になつて恋, にならね, にはいくつ, にはなっ, にはなつ, にはならない, には一, には少し, には過ぎし, には遠い, にま, にみたぬ, にもならんずらん, にもなれ, にも余るであろう, にも充たない, にも近から, にも達し, にやがて, に伝, に余, に余った, に割付け, に及ん, に垂んとした, に当たる, に懸け, に成っ, に成る, に次, に殆ど, に満たざる, に満たぬ, に至って, に近かろ, に近き, に近し, に近づい, に近づく, に達し, に達する, に達すれ, ねん, のおいぼれ, のきまり, のこと, のこんにゃく, のそそけ, のやくざ, のタイム, の下り坂, の中老, の人生, の今日, の例, の分別, の刑, の前後, の劒, の力, の千兩箱, の半ば, の口, の各, の名刺, の問題, の回転速力, の境, の大, の大人, の奇蹟, の定食, の家々, の寿命, の小, の少, の年寄, の年配, の御, の情熱, の手勢, の散財, の數, の新聞, の春, の村落, の椅子, の歳暮, の死体, の殉教者達, の牡羊, の独り者, の男, の病人, の皺面, の目, の石段, の蠅, の赤, の軍勢, の軽, の部下, の部落, の鈎, の頭, の館, の黄巾賊, の鼠, の齡, はあるだらう, はあるだろう, はおろかただ, はできます, はとっくに, は出来ません, は卒, は売れ, は決して, は越した, は過ぎ, は釣れる, ばかりある, ばかりである, ばかりになっ, ばかりに見える, ばかりのお, ばかりのお爺さん, ばかりのじいさん, ばかりのとめ, ばかりのほか, ばかりのサ行變化, ばかりのダーシャ, ばかりのチョビ鬚, ばかりの中老漢, ばかりの人, ばかりの博士, ばかりの坊さん, ばかりの坑夫体, ばかりの太った, ばかりの夫婦, ばかりの如何, ばかりの家来, ばかりの寺男, ばかりの小, ばかりの小さな, ばかりの意地悪, ばかりの柔和, ばかりの梅干婆, ばかりの母親, ばかりの気, ばかりの汚い, ばかりの法体, ばかりの温厚, ばかりの爺, ばかりの痩せた, ばかりの白髪童顔, ばかりの皺, ばかりの神主体, ばかりの老人, ばかりの肥った, ばかりの赤ら顔, ばかりの農夫, ばかりの頭, ばかりもひつこぬいた, ばかり思想, ばかり空席, ばかり言いました, ばかり集まった, ばかり黒地, へかか, ほどき, ほどの穴, ほどの繭, ほどの髪, ほどズラリ, ほど日, まいくし, まいるにわたり, または百冊, まだ學ん, まで, までつけた, までの数, までの間, まではもと, までも七十八十, まで双, まで寛政七年, まで数, も, もあった, もあります, もこえない, もしくは三百五十等, もしなかつた, も一度, も合せた, も喰, も塩分, も大分, も挙げる, も書きつらねた, も歳, も歳下, も積む, も蠅, も討ち, も過ぎ, も食っ, やそこら, や三十, や六十組, より七十, より若く, をこえた, をこえる, をこしたれ, をす, をすぎ給い, をひきつれ, をぶらさげる, をまたい, をまたいだ, をよほど, を一つ二つ, を一寸, を上りたれ, を二つ, を五つ六つ, を人, を余す, を出た, を境, を奪った, を子息権, を数え, を数える, を率い, を率ゆ, を省き去っ, を祝儀, を超え, を超えたるなるべけれ, を越えたらしい, を越えたるべく, を越したであろう, を越したろう, を越してる, を過ぎし, を過ぎたらしい, を過ぎる, 乃至三百フラン, 乃至数百匹群, 仕上げた一百仕方げた, 傷つく者三百, 元戎, 初めて学ぶ, 刷らせて, 少し前, 少し越したらしく, 少し過, 故宮, 未だ家, 殺したところ, 狭茅宿禰, 男らしいいやがらせ, 男らしい實體さ, 男らしくも, 相接し, 空いて, 越したおばさん, 越した与右衛門さん, 載を, 迄は生きられる, 迄は笞, 迄分れ, 迄或は, 近いかと, 近いが, 近いぐらいに, 近いこの, 近いころ, 近いしかも, 近いその, 近いそれ, 近いの, 近いのに, 近い一人, 近い人, 近い人品, 近い仁體, 近い他, 近い修驗者, 近い働き者, 近い口鬚, 近い唇, 近い大男, 近い天野, 近い女性, 近い女房, 近い妻, 近い娘, 近い婆さん, 近い年, 近い年恰好, 近い年頃, 近い幸右衞門, 近い御, 近い息子, 近い気丈, 近い氣丈, 近い父親, 近い田舎者, 近い番頭, 近い紳士, 近い練達, 近い老人, 近い艦長, 近い親仁, 近い親爺, 近い金持ち, 近い附添婦, 過ぎたとは, 過ぎた律儀, 過ぎた父親, 過ぎた男, 過くらいの, 過まで, 釣らんもの

▼ 五~ (1023, 1.2%)

29 の男 26 の女 19 の娘, の少年 15 になる 12 の小娘 11 の立派 10 の小, の色 9 の子供 7 の良い 6 に見える, の小僧, の少し, の時, の時分, の若い 5 でせう, でもあろう, のこれ, のまだ, の大, の女房, の婦人, の少女, の頃 4 になった, のお, のそれ, のとき, の不, の人, の女の子, の浪人者, の背, の顔

3 [25件] か, で色, にしか見えない, になっ, にもなっ, にもなりませう, にもなろう, のころ, のどっち, のむくつけき, の人影, の品, の好い, の小柄, の小間使, の年増, の年配, の武士, の精悍, の美しい, の老母, の良い若い, の若, の苦味, の青年

2 [78件] から二十, か七, だろうか, だろうと, であったと, であつ, であの, であらう, である, であろう, といふ, となる, とも見える, とも見ゆる, と云っ, なる若, にし, になれ, にはなっ, にはなる, にもなった, にもなるでしょう, にもなるでせう, にもなれ, にも見える, に成る, のいかにも, のちょっと, のどこ, のなか, のやくざ者, のハイカラ, の上さん, の世馴れた, の中学生, の中老人, の主人, の働き者, の唖, の型, の女中, の女学生, の女盛り, の好い若い, の嫁, の小作り, の小坊主, の小癪, の巖乘, の年頃, の月代, の武家, の汚らしい, の浪人, の淋しい, の用人, の男の子, の男盛り, の番頭, の痩せ, の篤実, の細面, の綺麗, の華奢, の蒼白い, の蚊帳, の見附, の豊満, の赭ら顔, の逞, の醜い, の青白い, の面皰だらけ, の頭, ばかりになる, ほどある, もぶらりと, を過ぎ

1 [504件 抜粋] あつた, あり, あるいは四十, お政, かしら, かたまって, かとも思われる, かと思はれる, かと言う, かな, かなまだ, かまだ, からはたち頃, から七, から七八, から三十ぐらゐまで, から三十五六, から二十ぐらゐなのが揃つて來, から二十七八, から二十歳前後, から二十近く, から五十ぐらゐまでの男女俳優, から十二三, から色, から身, から酒, から隠居, か健康, か顔, がちょうど, がよい, が取り次ぎ, が大将株, くらいで, くらいのところ, くらいの年ごろ, くらいの楚々, くらい少年, ぐらいになっ, ぐらいによった, ぐらいに見える, ぐらいの品, ぐらいの子供たち, ぐらいの少年, ぐらいの年かっこう, ぐらいの男, ぐらい年上, ぐれえの, この時代, この社会, その広い, それから近頃, だが, だったが, だったそう, だったろう, だった私, だらうか, だろう, って云う, っぱ, で, であ, であったかと, であったが, であったよう, であったろうが, でありそのうち, であるが, であるべきはず, であろうと, でおわせられた, でしたろう, でしょう, でしょうか, でしょうが, ですが, ですけれども, ですちょ, ですもの, ででっぷり, でなくて, ではある, ではない, でまア, でもあったろう, でもあらう, で二人共身體, で入る, で女, で女房, で学士, で小林, で岩形, で或, で早世, で洋服, で独り身, で白衣, で矢張内気, で私, で背丈, で膝っきり, で見苦しから, で雛妓, で風采, で飲み, というところが, というの, という人々, という年, という年齢, という男, といふ青年時代, としか見えない, としか見えません, とするなら, とみえる, とも見え, と三つ, と増加, と思はれます, と思はれる, と思わる, と思われる, と聽, と見える, と見ゆれ, と覚しき, と言う, と言つて, と言ふから, どあちら, どシャベル, なにかの, なの, なる男, に, にかう, にしか見えません, にち, にちのあいだ, にて太れり, にて諸人, になつて, になつて田舎, にならなけれ, になろう, にはなるだらう, には見えた, にみえる, にもなり, にもなりましょう, にもなります, にもなる, にもなるだろう, にもなるらしい, に御成, ねんの, の, のあぶらぎった, のあまり丈夫さ, のいかにもキビキビ, のいじらし, のいなせ, のおとし, のおり, のお転婆, のかわいい, のきゃしゃ, のこいつ, のこの, のころ一人, のしとやか, のせがれ, のせっ, のどれ, のなり, のはげ頭, のひどく, のひなびた, のぼってり, のまず, のまばら, のも一人, のやう, のやせ, のやつれた, のよく, のシイク, のゾッと, のデップリ, のバイヤー, の一人息子, の一克者, の一寸, の一寸肌合, の一理窟, の一癖, の一聯, の万田龍, の丈夫, の三ヶ月間, の三箇月, の上品, の下谷中, の不運, の中婆さん, の乗客, の乾し固めた, の亭主, の人々, の人品, の人柄, の人物, の人間, の仁體, の今, の仲働き, の何となく, の作, の例, の侍, の偉人, の偉大, の優男, の元, の元気, の兵隊風, の内儀, の処女, の出戻り, の分別盛り, の利口, の剽軽, の勝負事, の勤め盛り, の化粧, の半径線, の南京豆, の厭世時代, の口髭, の古, の句, の同好者, の同志, の名, の唇, の善良, の地味, の坊主, の堅, の塑像, の墓石, の壯ん, の外国人, の大きい, の大兵, の大家, の大将, の奥さん, の女の童, の女中風, の奴, の姐, の威勢, の娘たち, の娘達, の婆, の子, の子供みたい, の存分, の学僧, の学校時代, の学生, の客, の室, の富裕, の實, の小さな, の小太り, の小女, の小意気, の小皺, の小肥り, の小造り, の少年五, の少年時代, の屈竟, の岩乗, の峰, の巨大, の巨岩, の市会議員, の年, の年上, の年輩, の年齢, の店, の弟, の当の, の後, の御, の御蔵, の思い, の悪, の情夫, の慾, の房州者, の手堅い, の掛け声, の斑点, の方, の昔此所, の星座, の時上京, の書店, の書生, の月, の柄, の柔和, の案内者, の棒手, の椅子, の楽器, の櫛巻き, の歳上, の歳頃, の毛, の氣, の水, の汚な, の温和, の滅法, の演劇雑誌, の父親, の物, の独身嬢, の独身者, の猛, の獰猛, の玉子, の田舎相撲, の田舎者, の申分, の男前, の男女, の男性的, の病弱, の病身, の痩せぎす, の痩せた, の癇癖, の皺, の目, の相手, の眞, の眼, の知覺, の端麗, の紅顔, の納所, の素晴, の細君, の紳士, の絃, の綽名, の練達, の總髮, の老人, の老女, の者, の職人, の肉塊, の肥った, の背広, の脂, の舍弟, の花崗岩, の若い美しい, の苦み, の薄い, の蜘蛛, の蜜柑, の西洋人, の見すぼらしい, の見事, の親友, の角刈, の角顔, の訴えた, の語, の赤い, の赤ら顔, の赤ん坊, の赤襟盛, の身装, の身長, の軍人, の逞しい, の遊び癖, の道樂者, の達者, の達者そう, の酒燒, の酒肥り, の門下生, の陰気, の青, の青年武士, の青白く, の青黒く, の鞍部, の音楽家, の順礼娘, の頑丈, の頑童, の頬髯, の顏, の食, の體格, の髪, の魁偉, の麗しい, の點, の鼠色, の齢, は, はございましょう, はぜひ, は何物, は御用, は忽ち, は急, ばかりなる, ばかりなるみめかたち, ばかりの品物, ばかりの小女, ばかりを踏み, ほどの灸穴, ぽんと, ぽん箱, ぽん見える, または一二%騰貴, また双, まだ元服前, までが多い, までの一粒選り, までの同じ, までの女, までの少年少女, までミッチリ勉強, まで小店, まで手代同様, まで碓氷, もあまり, もおい, もぞっと, もつと, もの音楽会, も喰べた, も年上, も年齡, も結びつけられ, も見え, も違, も違う, よりは上, より下, らしいが, らしかった, をあまり, をよし, を減ずるであらう, を越えた, を除く, スラリと, ノ, 一寸好い, 上げた, 似たもの夫婦, 分って, 古い単, 同じ稼業, 小意氣, 少し三白眼, 少し面窶れ, 打合ううち, 早く夫, 本當, 止まり大抵, 漸く円熟境, 置いて, 置かれ三十人, 若くて, 負けん氣, 買って, 迄のいずれ, 迄の女の子, 迄位

▼ 五六人~ (1007, 1.2%)

26 の者 25 の男 17 の人 16 の客 12 の若い 10 の人影, の女 9 の仲間, の武士 8 のもの, の子供 7 の男女, 集まって 6 かたまって, の人間, 来て 5 の人かげ, の小 4 あつた, いた, の乗客, の友人, の影, の手, の支那人, の生徒, 寄って

3 [18件] と川崎, の人々, の人足, の友達, の同勢, の女の子, の学生, の患者, の村, の水夫, の男の子, の百姓, の足音, はある, 居て, 狩り出して, 連れて, 集めて

2 [70件] あつまって, ある, いたが, いづれも, いて, がところ, しかいない, して, ずつかたまっ, それに平次, ですが, でその, では, で宿営地, になった, のお嬢さん, のなか, のひと, の一行, の中, の人たち, の人夫, の人数, の人數, の伴侶, の作男, の侍, の僧, の兵, の声, の奴, の子分, の少女たち, の従者, の新聞記者, の生徒たち, の盗人, の聲, の若, の荒くれ男, の見送り, の親しい, の連れ, の青年, の青年紳士, の高い, はしばらく, は列車, は大きい, は見覚え, は頭, ばかり炉, もつれて, も寄っ, も居る, も悉く, を付け, を相手, を連れ, ヒラヒラと, 並んで, 呼んで, 多い時, 居たが, 恭しく居並ん, 揃って, 見えた, 見た, 見送った, 集って

1 [585件 抜粋] あった, あらわれた, ありました, ありますよ, あるくと, あるそう, あわただしく出, いえこの, いたぎりであったが, いつし, いつしよに, いました, いる, いるうえ, いるよう, おって, お見廻り, かけて, かたまつて, から一度, か七八人位, がおのずから, がかからね, がすれ違った, がそこ, がた, がだんだん, がどつと, がならん, がなり, がばらばら, がやがや遊ん, がボート, が一人, が一斉, が中, が乗つ, が兵馬, が円い, が勝負, が取り巻い, が叫んだ, が各, が圧し, が声, が大泉伴左衞門, が女性, が寺, が手紙, が来た, が浜, が結束, が賑, が身体, が軍艦, が道, が釣, が集まっ, が電車, が飛び出, が饗, が駈けつけ, が駈け寄っ, が鬨, が鳴り, きたない子, くらいしかありません, くらいで, ぐらいしか乗り降り, ぐらいずつ首っ玉, ぐらいで木曾, ぐらいなら, ぐらい誘っ, さそってね, しかゐなかつた, しか居ない, しか見えない, しか見えん, しか見た, ずつが交代, ずつも一団, ずつ三回, ずつ列, ずつ口々, ずつ塊, ずつ引きつれ, ずつ群, ずつ蓑, ずつ連れ立っ, ずつ選ん, ずらりと並ん, そっと出, その半分, それからなお上流階級, それとも, ぞろぞろ出, たたずんで, ただしその, たつたから, だ, だけだった, だけは雪, だけ聟入り, だろうと, ちょうど僕等, つまらんところ, つめかけて, つらつら写真, つれただけ, であった, できて, でこしらえ, でこの, でね, で休ん, で傘, で力, で嵩ばつたツヽジ, で日本料理屋, で本, で来, で毎晩鉦, で比丘尼寺, で組, で綱, で迎え, で遁げ, で隊, で面白, というの, という群れ, といっしょ, といふ順序, とその, と云, と信州辺, と側近者, と共に大きな, と共に草津, と朝里, と束, と清元, と田圃, と組ん, と肩, と連立つ, と金五郎, どうしてかなう, どうやらお, どやどやと, なりしが, にかつがれ, にすぎなかった, にでんわ, になっ, にはなし, に会った, に向っ, に塞がれ, に大木, に楓, に稽古, に送られ, に逢いました, に過ぎなかった, に飲ませ, のあら, のお, のおもだった, のお嬢さん達, のがやがや, のこどもたち, のこれ, のごま, のそうした, のひ, のガイド, のスキャップ, のチンピラ隊, のパンパン, の一座, の下っ, の下僚, の不平連, の乗客等, の乗組, の乞食, の人びと, の人買, の人達, の会社員, の伴僧, の侍女, の供, の信者どうし, の俥夫, の俳人仲間, の候補者, の児童, の公卿たち, の公卿達, の兵タイ, の兵卒, の兵隊, の内地人, の分, の力競, の助手, の労働者, の勢子, の友人たち, の召使たち, の合客, の同じ, の同僚, の同輩, の商人, の土地, の士, の壮, の大, の大声, の大官, の大工, の奉公人, の女たち, の女給, の女隊, の委員, の娘, の娘達, の娼妓, の婢, の子供ら, の子分達, の学園, の家来, の家臣, の小僧, の小姓共, の少年少女, の少年等, の屍骸, の工夫達, の帰った, の年嵩, の店員たち, の役人, の彼, の従軍記者, の怪我人, の怪漢, の悪党, の悪者, の手代, の手先, の折助, の折助連, の抜刀隊, の拍手, の按摩, の捕手, の教師, の文士, の新撰組, の旅人, の暇そう, の有閑夫人, の本当, の村人たち, の東山行, の機械人間, の武士達, の武家, の死骸, の残れるあり, の殿上人たち, の気勢, の氣勢, の水兵, の浪士, の混血児, の混血兒, の漁師, の漁師等, の火星人, の独占, の狼達, の田楽法師, の男友, の盛装, の相手, の眼, の石工, の童子, の笑い声, の級友達, の紳士, の組子, の美女, の美少女, の群盲組, の聴講生, の職工達, の腰元, の船頭, の芸者, の若い衆, の若者, の若者達, の菜ッ葉服, の華車, の藝者, の藩士たち, の裁判所, の見物, の講中, の警官, の豊田兵, の足軽風, の近所, の連中, の遊び友達, の遊猟者, の酒客, の重立った, の野次馬, の鋳物工, の門下, の門人, の門弟, の集まり, の雇人, の顏, の顧客, の馭者, の骨, の髭, の鬼, はあるでしょう, はおりましただ, はきっと, はここ, はやがて, はゴロゴロ, は似た, は只, は召捕られ, は台所, は多, は居た, は抜いた, は旦那衆, は機械体操場, は殺されたろう, は殺せる, は群僧, は薄汚い, は見る, は集まる, は黒い, ばかりいらっしゃいました, ばかりその, ばかりの人, ばかり人, ばたばたと, ほどいい, ほどございました, ほどの名前, ほどばらばら, まえ勇ましく, まごついて, もあります, もある, もいました, もいる, もいれ, もおり, もたかっ, もつけ, もの人数, もの子供, もの手, もひきよせ, もゐました, もゐる, も乗れ, も乗れる, も乗客, も使われ, も入り得べき, も口, も客, も寄った, も寄り集まっ, も寝かされ, も居, も居ました, も待ち伏せさせ, も手紙, も拵, も控え, も揃っ, も死体, も死骸, も殺し, も殺傷, も産ん, も結束, も詰めかけられ, も跳び乗っ, も跳び出し, も集っ, も集つて, も集まっ, も集まる, も集め, も雇い, も頼ん, も顔, やってきて, より多く, わるい奴, ゐたから, ゐたが, ゐてネ, ゐる, をなご, を使っ, を先生, を前, を射倒された, を従え, を歌舞伎座, を殘, を狩衣姿, を見出しました, を調べ, を連れた, ゾロゾロ跟, デ行ッタ時ハ, 並ぶと, 並べる学校, 乃至七, 乃至二十人位, 乗りこんで, 付いて, 借りて, 其の鰹, 出て, 同じよう, 呼び集めて, 固まって, 固まつて, 坐って, 坐れる卓子, 寄ってさえ, 寒さうに俵, 居た氣, 居り小, 居る, 居る邦人, 引返して, 待って, 打殺して, 抱えて, 斬られて, 斬り伏せたので, 殺した, 登って, 知ってる人, 程いた, 立ったり, 立って, 立つた中, 立つて, 競い立つの, 素より相手, 素知らぬ顔, 続いて, 老番頭宅松, 腰かけて, 蒼い顔, 見つけねえん, 語らうて, 走り出て, 蹴散らして, 追って, 這入ると, 遠慮なく話し, 集った倶楽部, 集まりて, 頼んで, 飛ばして, 養って, 駆り出して, 駆り集めて, 駈け付けた, 駈け集まって, 騒々しく笑い

▼ 五~ (808, 1.0%)

18 の金 8 である, の月給, もあれ 7 だ, だと, と云う 5 のもの, やる 4 と云, 貸して

3 [16件] だから, でした, にし, の中, の切手, の家賃, の平屋, の札, の為替, の罰金, の草履, の間代, もする, やって, や十円, 出して

2 [60件] お小費, から二十五円, か十六円, が普通, が続く, くれて, しかない, ずつ有難く, ずつ送っ, ずつ送金, だかの, だった, だつた, であった, でい, でいい, ですね, でとても, では, でもいい, でも宜, で売っ, で約束, で買った, で貸し, という金, とか十円, とはこれ, なりと, になり, になる, にはなる, に売っ, に負け, のお, のぼろ札, の会費, の価値, の俸給生活者, の前借り, の収入, の定食, の家, の蓄音器, の貸家, の靴, ばかりの金, もうける, もした, も十円, 借りた, 出さ, 取る, 呉れ, 持たして, 持って, 残って, 殖えて, 貰った, 送って

1 [559件 抜粋] あがったと, あった, あるから, あれば, いただいて, おくって, か, かかったん, かかる訳, かである, かで某, から二十円, から五六円, から家賃, から廿五円, から弐拾円位貰, から漸次七十円, かりて, か七円, か六円, か十円か, がおしく, がどんな, が一時, が二十五円, が何, が十円, が手, が晩, が村, きて, くらいじゃ食えない, くらいなりという, くらいのお, くらいの実弾射撃, くらいの歳暮中元, くらい貰いたい, くれた, くれないかと, ぐらい, ぐらいかな, ぐらいずつ三日, ぐらいずつ金庫, ぐらいだった, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいという, ぐらいの値打, ぐらいの品物, ぐらいの程度, ぐらいはペロリ舌, ぐらい上がっ, ぐらい投げだし, ぐらい持ってる, ぐらい貰える, ぐれえ, しかなかつた, しか入っ, しか取つ, しか大学, しか手, しか無い, しか貰わない, しか金, じゃ行けません, すって, ずつ, ずつのところ, ずつの切符, ずつの罰金, ずつは送っ, ずつも出し合い, ずつを倅, ずつ加えられ, ずつ妾, ずつ或, ずつ持ち寄り, ずつ支給, ずつ貰っ, ずつ費やす, その時分, たすかる, だか, だかを, だが, だけお送り, だけだった, だけで許し, だけど, だけにし, だけれど, だけ出し, だけ割愛, だけ取り敢えず, だけ渡し, だけ貸し, だすとでも, だそう, だって, だってえー, だってなかっ, だってね, だって云ったら, だって右, だつたかね, だよ, つりあげるの, て云う, て云った, で, であがる, であったが, であの, でありましたが, であること, でかり, でがすから, できないかなあ, でございますよ, でさようなら, でしかも, でしたわ, でしてね, です, でちょっとした, でもあれ, でもうける, でもっ, でもってつねに, でも入用, でも出来る, でも十円, でも安く, でも構いません, でよく, でネギさん, で一家, で一寸辟易, で一度, で三度, で二月, で借り, で借りた, で値打, で入っ, で凡そ四十日, で別に, で参りましょう, で参りませう, で売りつけられる阿, で売れた, で家賃, で帯, で弟子入り, で朝, で本屋, で植木屋, で焼餅, で畠, で登記, で皿, で砂糖, で私, で花束, で行け, で買います, で運ばせよう, で釣, で釣り, で間に合わ, という, というもの, という世話人, という小額, という村内, という状態, という現在, という社, という金高, といえ, といくらか, といふこと, といふ家賃, といふ高価, とおやじ, とお銭, とかいう高価, とかですつ, とかの家賃, とか好況時代, とした, として十円, として約, とって, となっ, とは何, とは安い, とは黒っぽい, とられくさる, とられた, と二枚, と云え, と云っ, と他, と向う, と恁, と時々, と書いた, と致します, と言っ, と贋金, と限られた, どうぢ, どうなった, どころか, どや, ないし三十円, ないし十五円, ないし四十円, なおくれん, なくしたって, などごたごた, などの紙幣, なのに, なら五円, なら拾五円, なら貸す, なり, なりき, なん, なんて, なんて端, なんて金, なんと云, にしかならない, にしよう, にすぎぬ, にせよ, になっ, になった, になりました, になれ, にまで騰り, にも及ぶ, にも足りない, にも足りなかった, にゃ安い, に価, に十円, に当る, に自己以上, に買った, に較べれ, に過ぎない, に過ぎぬ, に達した, のあゆ, のうち, のおでん, のじゃ, のため, のならい, のはず, のもぐら隊, のわり, のカキ, のチップ, のマグロ, のライスカレー一皿, の上, の上り, の事務員, の五分の一, の会合, の会見料, の俸給, の入金, の全集物, の六円, の内職, の冷凍烏賊, の割, の品物, の喜捨, の地所, の報国債券五枚, の売上げ, の大学助手, の天婦羅, の奨学金, の定価, の小遣, の小遣い, の慈恵金, の憂鬱, の懸賞小説, の手切れ金, の手当, の手附, の方, の月収, の月給取り, の服, の権利, の汽車賃二百七十円, の油煙墨, の煙草, の現金, の着物, の碁盤, の稿料, の範囲内, の結納金, の給料, の羽織, の茶代, の葬いだ, の蝙蝠傘, の見料, の調達, の負債, の貯金, の貸, の貸間, の資本, の賞与, の賞金, の遊び, の部屋, の金貨, の間違い, の闇蛍, の頼母子, の食事, の香典, はいる, はお, はおごる, はございましょう, はだめ, はほし, はもう, はウソ, はテーマ譲渡料, は入れなけりゃ, は出さな, は出さねえ, は出すだらう, は安い, は己, は懸, は貸し, は郵便貯金, は随分, ばかし他人, ばかし心配, ばかし貸し, ばかり, ばかりいい, ばかりいりました, ばかりその, ばかりのコート, ばかりの箱形寫眞器, ばかりの羽織地, ばかりもうけました, ばかり借りたい, ばかり入, ばかり取っ, ほどかかった, ほどのもの, ほどの金, ほど会, ぽっち, まさに拝借, まで, まで取り揃え, まで暴騰, もお, もくれる, もすっぽ, もとよりいちど, もとられた, もなく, もやつ, もやりたい, もやれ, もらって, も二十円, も借り, も入っ, も八円, も六円, も出い, も出し, も出した, も取, も問題, も祝儀, も貸し, や, やすい, やった, やったから, やるから, やると, やるの, やる山野一郎三十円, や三円づゝ小遣, や三円位, や三十円, や二十円, や六円, や拾円, よ, よりはすこし, より安く, をお返し, をお願い, をその, をもった, を予想, を借り, を全部費消, を出し, を出る, を割い, を医薬, を取った, を受取り, を受取る, を奮発, を小母さん, を得, を得る, を必要, を懐中, を払っ, を最高限, を極めて, を毎月, を気軽, を給す, を貯金, を貰い, を貰わね, を贈呈, を越える, を返し, を返済, を通常, を階下, 上がりました, 乃至三円, 乃至四十円位, 借す, 借せ母, 借りて, 借りる, 儲かったと, 儲かったという, 儲かつたと, 入って, 入れる, 出した値うち, 出しなさい, 出すという, 出て, 包んで, 又いろ, 取ると, 取るとは, 増した上, 差し出しました, 差出した, 引いて, 戻せチュータ, 払うと, 払う話, 払えと, 拵えて, 持て夜, 昇った, 時による, 来た, 渡して, 甘おまっ, 程の増切符, 程宛金, 給すと, 置いて, 貰うと, 買って, 貸すなり, 貸す十円, 貸せ十円, 足して, 迄は覚悟, 返したその, 送ったって, 遣らなければ

▼ 五~ (756, 0.9%)

20 の兵, 之進殿 7 や六百, や千 6 の兄栄次郎, の馬 5 はこれ 4 が抽斎, が藤堂家, の万年, の手勢, の生命, の部下, の金, はこの, は藤堂家, を率い 3 か千, と十, に, の前, の巨体, の話, の高度, の黄泉軍, は貞, は遂に

2 [39件] が屋敷, が来り, が来る, と保, になった, に余る, に聞い, に聞いた, に説い, に足らぬ, のため, の兄広瀬栄次郎, の大徳, の姉, の姉壻長尾宗右衛門, の姉安, の将士, の帰った, の晩年, の生れる, の生んだ, の目, の羅漢, の言, の鉤, はその, はまだ, はやむ, は人, は姉, は後, は徳, は応ぜなかった, は金, ばかりで, もある, をさずけ, をつれ, 之進どの

1 [537件 抜粋] あつた, あるが, あるとして, あれ, おあり, か, から二千, から精, か六百, が, があたかも, がある, があれ, がいった, がいつのまにか, がここ, がこの, がため, がどの, が三十七歳, が三十二, が二十五, が五十八歳, が五歳, が仕えよう, が六十歳, が十五歳, が商業, が問う, が四十一, が四十九, が四十二, が四十四, が地, が専六, が尋常, が少し, が尺, が山内家, が平生青眼, が弘前, が強いて, が復習, が意, が才名, が攻め, が教えた, が早く, が本丸, が来, が来なく, が歎息, が此, が烏森, が老, が臨書, が自らこれ, が自ら句読, が衣類, が話した, が調停, が酒, が鍛冶橋内, が陣, が餓死, くらいだったら, ぐらいに過ぎなかった, ぐらいの部屋, ぐらいまであります, じゃない, たった五銭, たてこもって, だ, だからと, ださうですけど, ちかい隊員, つくって, つ御, つ真, つ綱, つ綱延, であった, であつ, である, でなくては, ではじめて, でも六百, でも出来, で其一部分, で守っ, で最も, とあれ, という位, という牛, という見当, とが窓, とつみ重ね, となら, とふえ, とまとまった, と一しょ, と一つ年上, と倶, と入り揚げた, と六十, と六百, と共に月下, と同じく, と安, と張飛, と成善, と数えられた, と昔, と水杯, と注せられぬ, と纏った, と語り, と貞, と道, ないし千以上, なぐられる者, なり極めただけの, にこう, にこういう, にださなかった, にどうして, になり, にはいつも, には咄嗟, に予備軍一万, に似した, に先頭, に出さず, に勧め, に古橋, に告げた, に問い質す, に壻, に学んだ, に宛て, に己, に抱かれ, に捉えられた, に明かし, に是非, に武家奉公, に殖え, に池田信輝, に炊かせた, に物々しく, に盧植, に私語, に聞き, に説いた, に説く, に請う, に議, に贈った, に足らず, に足らない, に足りない, に達し, に附い, に頼ん, のうち七百, のお, のかくし, のこれ, のその, のデブ, の一八分一九秒, の一手, の乞児, の乞食上り, の乾児共, の人々, の人数, の介抱, の仏弟子, の仮親比良野文蔵, の体躯, の健康状態, の兄忠兵衛, の兵隊, の出, の出だし, の労働者, の勇気, の化仏, の化菩薩, の卵, の厳, の名, の啓沃, の図書館, の外, の大身, の女, の姉夫塗物問屋会津屋宗右衛門方, の姉長尾氏安, の委託, の姿, の婚嫁, の字面, の客, の小, の屍, の師, の弟子, の役人, の恒, の意, の意中, の意志, の感情, の戦友, の房屋, の所, の手, の手負, の抽斎, の指数, の最初, の村, の村民, の来り, の東京, の検事局, の歓喜, の歓喜丸, の気象, の深慮遠謀, の渋江, の父山内忠兵衛, の父忠兵衛, の牧牛人芳園, の生れた, の産屋, の町, の異様, の監視, の目疾, の相識, の眼, の眼病, の知行, の石羅漢, の碁, の祖母, の精兵, の纒つた金, の育児院, の胸, の芥川, の藤堂家, の蝦夷, の蝦夷これ, の衣類, の覚書, の討手, の訪い来た, の許, の語る, の豚, の身, の道士これ, の遺骸, の還暦, の部隊, の釈種童子, の里方, の里方山内, の里方山内氏, の里親神田紺屋町, の重, の鉱毒被害民, の銭, の随員, の願, の騎兵, は, はあの, はいたはず, はいつか懐, はかつて, はこう, はすぐ, はすこしも, はただ, はため, はとうとう, はまた, はもう, はやむをえずして水木, はようよう, は一時当惑, は世話, は久しく, は二十九歳, は二月四日, は五十六歳, は五月二十日, は仲間, は何事, は使, は供, は保, は傍, は僅, は優善, は入学, は六, は六十八歳, は初, は十一, は十六歳, は卒, は危, は叫ん, は台所町, は呼名, は喜んだ, は四十一歳, は四十歳, は四行目, は城中, は大きい, は夫, は女中, は女子中, は姉小路, は子供, は家, は容易, は専六, は小, は少しく, は少ない, は己, は常に, は平生, は幼く, は幾たび, は床, は度々清助, は当時柏軒, は当時眼病, は彼, は徐に, は微笑, は思, は怨, は怪, は情, は成善, は戯, は戸沢, は抗争, は折々, は持っ, は敬, は数遍読過, は文一郎, は文化十三年, は旦暮周密, は明治十七年, は本所, は杉浦, は杉浦喜左衛門, は東京, は歌, は止めよう, は比良野, は水木, は氷, は沐浴, は洗い, は漢訳和訳, は潔く, は火鉢, は烟草, は煙草, は父忠兵衛, は片, は独り脩, は生, は男子, は目, は直ちに, は矢島優善, は石塚氏, は穉, は突然, は箪笥長持, は終に, は終日応接, は聴い, は脩, は自作, は覚えず, は訝かしげ, は貞白, は起き, は轎, は里方, は頗る, は飛び附い, は髪飾, は鼎斎, ばかりだ, ばかりの兵, ばかりの兵馬, ばかりの燈籠, ばかり乗せ, ふとると, ほどで, ほどな, ほどの人数, ほどの兵, ほどの軍隊, ほど野陣, もありますまい, もこの, もつれて, もふとる, も三百, も余り, も全国, も叩く, も喰らわせ, も声, も売れてた, も怪しい, も成善, も比良野貞, も産屋, も論陣, も負ける, も遣つた, も部屋, やるから, や一貫, や一貫費, や三百, や六百石, や千両, よ, よりは内気, より二つ上, より長ずる, をあずけ, をあまし, をかぞえられた, をすぐっ, をそれ, をひい, をひきい, をひきつれ, をも加え, を分け, を十九分七秒, を各, を向け, を啻抽斎, を奉じ, を奢る, を姉, を娶っ, を娶らん, を家, を密集, を尊崇, を従え, を我家, を招い, を持て, を救う, を数えられ, を新, を棄権, を相手, を袋, を訪, を識, を識ら, を迎える, 乃至二千, 入, 刈ると, 刈れば, 刷った筈, 小竹, 少々近, 少くて, 無衣外道, 生ヲカチ得タル, 続いて, 載復合, 迄にはし, 運べば

▼ 五~ (724, 0.9%)

17 になる, に起き 11 の汽車 6 から七時, であった, を過ぎ 5 だった, になっ, に近い, 少し前 4 から, から六時, に出る, に座, までの間, 過ぎて

3 [18件] から八時, すぎて, だ, だつた, です, という, といふ, と六時の間, にまた, に出, に来, の列車, の鐘, の頃, をさし, 迄, 近かった, 過に

2 [53件] か, から六時の間, から十一時, から十二時, から十時, か六時, か六時頃, が打つ, だけは確か, だと, ちょっと前, でした, では, で好い, で終る, で農夫, という時間, となる, なのに, なり, にお, になつて, になれ, にねた, にはもう, には起き, にウェリントン, に五分前, に出立, に夕食, に来る, に目, に眼, に起きた, に起きる, に辞し, に近, に開き, のお茶, のところ, の急行, の時計, まえに, まで, までかかっ, までだった, まで九時出, まで私達, をうつ, 少し過ぎ, 迄弓, 近かつ, 近し

1 [457件] あき大, いけませんね, かおそく, かっきり, かと思う, からある, からうちはじめる, からお, からが, からたけ, からだ, からちゅうことになっとる, からの, からやって来た, からやつ, からアメリカ, からオープンセット, からビクター本社, からピオニェール, から一時間半, から一軒, から丸の内会館, から二時間, から仕事, から俵家, から八時過ぎ, から六時の間頃, から六時頃, から内務大臣官邸, から十一時半, から坑内, から夕方, から夜中, から子供, から御園座, から数え, から新宿, から日劇五階, から晩, から正午, から涌谷, から深夜, から烏森, から神戸, から糸川, から美土代町, から老松町, から資本論, から起き, から起き上がっ, から起き上がった, から酒, から鳴りだした, か五時ちょッ, か五時半, がき, がとう, が一つ, が六時, が商売, が来た, が鳴った, が鳴つた, が鳴り, きっかりな, ぐらいだった, ぐらいまでの働き, ぐらいまで遊ん, この事件, こぼれて, しまいでありましたが, じゃ, じゃ日, すぎると, すぎるまで, すこしすぎ, すこし前, すこし過, すこし過た, すこし過で, だおじさん, だから, だぞ, だったか, だったが, だったのね, だったわ, だったわね, だってえ, だつて, だな, だなん, だね, だべが, だらう, だろうと, だわ, ちかくなる, ちかくに, って, であつ, であるから, であると, であるの, でおじさん, でございます, でしたが, ですから, ですし, ですな, ですわ, でね, でも打つ, で家, で明るく, で空しく, と, といいます, というの, といえ, といふの, とかいう薄暗い, とか八教, とせず, となった, となれ, とのいきさつ, と云, と先達, と六時, と申す, と言われた, なども曇天雨天, なの, なら何時もぽかんと, なん, に, にあと二つ, におかえり, におき, にかえって, にきりあげ, にここ, にこの, にたちました, についた, になったら, になったら現われ, になつ, にならなけれ, になりかかっ, になりました, になります, になるだろう, になろう, にね, にはあかり, にはいくら, にはおそく, にはおそらく, にはかならず, にはかれこれ, にはきまつ, にはじまり, にはなるだらう, にはなるまい, にはまた, にはみんな明智探偵事務所, にはバスティーユ, には一尺, には下田, には事務所, には二時間, には出港, には出発, には又五郎, には台所, には家, には必ず, には新橋, には日, には最早, には本部, には毎朝, には済む, には湯元, には目, には着ける, には終る, には職人, には起床, には間違, には間違い, には食事, にほら貝, にもなる, にアラスカ, にアルベール・ソレイラン, にニットー, にピタリ, にベル, にホテル, にホテ・グリ, に一時, に上野, に下り, に二人, に井谷, に京, に仕事, に会, に会いたい, に会議室, に何, に入っ, に凋, に出かける, に出た, に出発, に出社, に初, に医者, に十分前, に半蔵門停留場, に又, に四十八枚, に壕, に大分, に大雨, に太鼓, に始め, に家, に寝た, に寺木, に少し, に山本伯, に帝国ホテル, に席入り, に帰っ, に帰宅, に平さん, に延びた, に引き揚げ, に必ず, に成らぬ, に戻, に放送会館, に新藤隆一, に於, に日, に日本語学校, に日比谷, に日輪, に本庁, に来たい, に止め, に汽笛, に洗足, に濟, に熱海駅, に独り朝食, に田町, に畑さ, に発送, に私, に私たち, に約, に終った, に終り, に終る, に絶望, に至らざる, に調理食, に警官ら, に赤坂, に起きまし, に起きました, に起きよう, に起きられた, に起し, に迎, に迎え, に近かっ, に近く, に退ける, に開け, に間, に関田町, に障子, に集まっ, に非常, に食べ, に食堂, に飯, に鳴る, にPCL, のあの, のでお立ち, のでこちら, のとおり, のひかり, のバス, のベル, の上り, の上り汽車, の予定, の交替, の先生, の出発, の問題, の夕暮, の夕食, の妻恋行, の寝, の工場, の後, の所, の斜光, の日, の本所発, の決勝, の省線, の秋爽やか, の空気, の米, の終発, の銀座, の開店, の電車, の露, の青空, はもうとう, は未だ, まえ消えて, まだ明るい, まだ暗い, まであるいは, までこうして, までしか働かなかった, までただ, までだらし, までということ, までどう, までにしまい, までにどうしても, までには充分, までに帰る, までに食事, までの下車客, までの勤務時間中, までの時間, までは浜, までは裁縫, までゆっくり, までアメリカ空軍, までオムライスなんど食, までダンス, まで七時間半, まで伸子, まで切符かい, まで勤務, まで十二時間作業, まで夢, まで学校, まで完全, まで帳場, まで悲し, まで我慢, まで書きました, まで月給, まで眠られず, まで眠る, まで眠れよう, まで絵, まで自宅, まで話した, まで面談, もしお, も近から, も過ぎ, も過ぎた, やるん, よっぽど過, より, よりとの触れ込, よりと比羅, よりもすこし, より七時, より六時の間, より前, より四時迄之内出仕御帳有之, より開場, より風位南轉, わが連合艦隊, をうった, をうつた, をちよ, を十五分, を合図, を報, を大分, を廻った, を廻つた時, を引去る, を待ちかね, を打っ, を打った, を打つた, を指し, を指す, を期し, を示し, を補, を跨い, を跨ぎ, を過, を過ぎた, を過ぎれ, を過る, キッカリ, 何とか寝よう, 小さな汽船, 少しすぎた, 少しまえです, 少し過, 少し過ぎる, 帰る間もなく, 御出発, 或は六時, 打つたばかり, 早いの, 早速軍司令部, 未だその, 漸く出発, 着三角点, 起きの, 迄か, 迄で切上げる, 迄に來, 迄に十枚, 迄に彼, 迄の三時間, 迄やり, 迄居た, 近いから, 近いころ, 近い夜, 近い頃, 近くた, 過でなければ, 過ならいるから, 過には, 過佃, 過出発, 過箱館著船, 過蟹田村出立, 青い光

▼ 五十銭~ (681, 0.8%)

7 である, で買った 6 であった, の家賃, もする, 貸して 5 か六十銭, です, というの 4 か一円, くれると, だが, の金, よ, 借りて, 出して

3 [12件] か, だ, でしたが, では, でもいい, にし, になる, のうな丼, の入場料, の収入, の空気銃, 貰い孫の手

2 [48件] あるの, あれば, くれたから, ぐらいのもの, ぐらいの家賃, だった, だと, だよ, で世間, で乾山, で売っ, で書生下駄, で私, で行かない, で行け, で買っ, という, ということ, といえ, とか一円, となった, なん, になっ, の, のもの, のティップ, の原稿料, の品物, の家, の小遣, の弁当, の机, の界隈, の給金, の車代, の酒代, の銀貨, は今, も置け, やそこら, を三十銭, を上げ, を取る, を奮発, を生む, 借りられて, 呉れると, 払って

1 [468件] ある, あるいは二円, いただく筈, お辰, かせいぜい, かへせ, から一円, から七八円, から七八十銭, から三十銭, から二円五十銭, から使いました, から四円八十銭, から直, から見, から見る, か七十銭位, か二円, か五円, か取られ, がまあ, が一つ, が一個, が七十五銭, が三個, が尽きる, が最高, が桃, が正直正銘, が程づつ顔, が電車賃, くらいで, くらいで売ろう, くらいにし, くらいにしか働かない, くらいのにし, くらいの僅か, くらいの割, くらい儲け, くらい違っ, くれたが, くれて, くれろッ, ぐらいおだちん, ぐらいであった, ぐらいで買っ, ぐらいな, ぐらいには売らない, ぐらいに負け, ぐらいの月謝, ぐらいの物, ぐらいの薄給, ぐらいの賞金, ぐらいは送っ, ぐらい入れ, ぐらい祝ったろう, ぐらい貰うとります, こまるわね, しかくれない, しかしない, しか小遣, しか持っ, しか無, しか知らない, して, します, じゃない, じゃ言うた, ずつで諸方, ずつで買う, ずつで買っ, ずつとか施す, ずつにし, ずつの株式組織, ずつやらなけれ, ずつ二回, ずつ使う, ずつ出される, ずつ取って, ずつ遣ろう, ずつ集める, その半額, それだけ全部, たしゃ横町, ただもろ, だかの, だけは天引き, だけ君, だけ大小, だけ稼いだ, だけ貸した, だけ走れ, だしたよ, だそう, だったかな, だったの, だって, だってその, だな, だね, だのに, だろう, だヨ, ってもの, であったが, であった本, であるから, であるが, できた, でこんなに, でございます, でした, ですっかり, ですつてさ, ですよ, でその, でちょうど, でもい, でもかまわぬ, でもきつ, でも一円, でも五銭, でも安い, でも津田, でも貰え, でゆく, で一人, で三回, で二三日, で仕入れる, で仕立賃, で仲士, で何, で借り, で借りた, で全部, で十ヵ年契約, で売り出された, で売り出す, で売れる, で感じ, で毎日それ, で泊, で米一斗, で総, で良, で良い, で行かう, で買, で買う, で買えた, で阿参堂, で雇われ, で飜訳, で飯付き, で高等師範部, とある, というお客, という値段, という定価, という時代, という相場, という金, といふ, といふ会費, といふ畳付, とかひどく, とか三円, ときい, としても四万五千円, として一カ月十五円, として皆, となっ, となり, となりたる, となります, とは情ない, とは眼医者, とられたには, と三十五円, と云, と云った, と値踏みせり, と呼び, と四円, と売りあげる, と抜かした, と持ち帰る, と持っ, と書いた, と溜息, と申す, と貰っ, なの, なのに, なら上々, なりと, なり一円, なり出して, なんて法外, にくらべる, にしときましょう, にしとく, にしよう, にしろ, につき, につく, になった, には売れる, にまけ, にもならへん, に値上, に値切った, に八十銭, に売っ, に売り, に売りたい, に売れる, に決っ, に相当, に砂糖折, に負け, に贈物, に較べれ, のうち, のお, のお金, のきまり, のこと, のさ, のじゃ, のほう, のわり, のカフスボタン, のシルク, のネクタイ, のライタア, の万年筆, の三時間, の上, の中, の予定額, の人肉, の会費, の何割, の借家, の値上げ, の値打ち, の公定, の切符, の利, の前, の割, の割合, の半, の半分, の印刷費, の原料, の原稿, の口, の各, の品, の売りあげ, の売上げ, の売価, の大, の定価, の定食, の宝石, の実費, の小, の小遣い, の広告料, の彼, の文庫本一冊, の日当, の昼飯, の書物, の月給, の月賦, の本, の札, の楽しみ, の正価, の泊り, の煎茶茶碗, の牛鍋, の画, の稿料, の節約, の米, の紙包, の船賃, の菓子代, の葉巻き, の蓄音機, の蛇の目, の蝙蝠傘, の裏屋, の西洋料理, の見本, の酒手, の酒饅頭, の金銭, の銀貨二枚, の間, の食料, の食費, は, はあまり, はお前さんたち, はここ, はするであろう, はやつぱり, はやれ, は仕方, は分った, は売り切れ, は大丈夫払ふよ, は大金, は奮発, は安, は少し, は成, は手頃, は払つて, は法外, は破れ目, は老婆, ばかりずつ賃銀, ばかりと外, ばかりな, ばかりになります, ばかりの金, ばかりの銭, ばかり下さい, ほどの三良坂, ほど貸し, までが奇麗, まで行きました, も, もある, もあれ, もかかる, もかなり苦, もくれるだらう, もくれるだろう, もすべきや, もって, もとる, もの賃銭, もはずむ, もまけさせられ, もむつかしい, もらったの, もらつて, もらひました, も上げ, も二円, も六十銭, も出す, も取られます, も取られるせ, も奮発, も残っ, も残りませんでした, も用意, も相違, も祝儀, も貰, やすく売れ, やった, やや太い, やら読み分ける, やる, や一円, や六十銭, や十銭一銭, よこせと, より儲け, よ随分, らしいって, をいた, をおっかさん, をかける, をとり, を一週間程度, を与え, を五十銭, を五十銭以上, を五十銭以下, を五十銭相当, を供, を儲ける, を入れる, を入れるなり, を取った, を小遣い, を引浚, を得, を得た, を恵み給いし, を払ふたの, を投げ出す, を投じた, を持っ, を持つ, を握らせ, を本器, を樹明君, を橋銭, を渡された, を滞らせつ, を突破, を置い, を買, を超, を越す, を返し, 与へた時, 乃至一円七十銭位, 位すること, 使ったこと, 借して, 借りると, 借りる石油, 儲けるとは, 入れたに対して, 入れて, 入れると, 出したら突かえ, 出しても, 出してるん, 出し小さい, 出すから, 出すと, 出せ, 出せと, 出て, 取るとは, 取ッ, 呉れたが, 差し上げます, 引いて, 忙しい月, 払った, 払わなければ, 拾いました, 持って, 持ってるの, 新銀貨, 時による, 止まりである, 残りますが, 気張の, 渡して, 程でゆっくり, 負けたん, 貰うたらと, 貰うなり, 貰えば, 貰って, 買った, 貸せと, 足らんがな, 遺いて, 附けて, 随分と

▼ 五~ (573, 0.7%)

9 の白銅 6 か十銭, であった 4 では, で買った, になる, 出して

3 [11件] ぐらい, だ, だつた, です, というの, となり, にし, のアイスクリーム, もする, 合せて, 買って

2 [35件] あった銅銭, か二十銭, だと, だね, で, であつ, である, でこれ, でもいい, で売る, で売れる, で如何にも, で接吻, で買い取っ, で買われる, と云, なりこれ, に売っ, に売った, に負けろ, に買, のお, のこと, のしる, のコーヒー, の事, の割, の回転焼, の甘酒, の頭, はきっと, はその, は安, もし, を加え

1 [433件] あげた, あげるで頼むに, あつた, あつめて, あんまり安, いい娘, いか, いただくこと, いつもそれ, おいしかつ, おいしく昼飯, かのうと云っ, かの羽子板, から二十銭, から六十銭位, から十七銭ぐらゐ, から十銭, から十銭位の, か五十銭, か八銭, か六銭, がとこ顔, が七円七銭, が二円十銭, が元値, が処, が当り前, が撫子, が支給, が普通, が関の山, が餅菓子一つ, くださいませんか, くらい, くらいで, くらいで売られ, くらいで売る, くらい買え, くれた, くれたぞ, くれて, くれりゃ兄, ぐらいずつ郵便局, ぐらいで古本屋, ぐらいで坑夫, ぐらいなん, ぐらいにはなん, ぐらいのお伽噺, ぐらいのよし, ぐらいの安物, ぐらいの帳面, ぐらいの現金, ぐらいは取っ, ぐらいを呉れる, ぐらい持っ, さ, しかなかっ, しかやりゃしない, しか残っ, じゃ売れない, じゃ安, するの, するウエストミンスター, ずつくれる, ずつやろう, ずつを貯金箱, ずつを集め, ずつ余程, ずつ八百人分, ずつ取っ, ずつ取られる, ずつ徴収, ずつ払っ, ずつ施す, ずつ集め, それから珈琲, それでも食, だから, だが, だけ, だけの御飯, だけ私, だけ買い, だったの, だったり, だっていい, だの何, だろうね, だ六十ヵ所説明, てきまり, て書い, であったしかし, であったよう, でありながら, であるから, でいや, でお, でかなり, でがん, でこの, でした, でしたから, でしてん, ですから, ですからな, ですと, ですね, ですむ, ですよ, でずっと, でたりますわ, でできる, ででき上がった, でな, でなおします, でめし, でもお, でもち, でも栄養分, でも構わない, でも買おう, でやがらあ, でよろし, でドツサリ, でナア, でビスケット, で三十銭, で下等, で乗換切符, で二円二十五銭, で二切, で五十銭, で借り, で六つ, で十個, で十四五本, で合計五十五銭, で四升位, で売った, で売り, で大阪名所, で好い, で小, で屑屋, で我国, で料理, で私, で糸, で置い, で聖書, で腹, で菊版三百頁, で見る, で豆腐, で買いました, で買えた, で買っ, で買つて, で足りる, で車, で辛抱, で酒, で鉄, で鉄瓶, で飲める, で高い, というよう, というわけ, というん, という予告, という予算, という勘定, という奴, という安さ, という宿賃, という小切手, という高利, といへ, とかいう位, とかの使, とか五十銭, とか八銭, とし, としました, とす, とする, となった, とにんじん, とはほん, とは何事, とは情けない, とられる, とりまぜの, と云ふところ, と印刷, と呼び, と定め, と定められた, と思え, と懸, と書い, と決っ, と積もれ, と言ふたの, と計量炭, と負けさせる, と間違え, と雑費, ないし二, ないし十銭, など, などという安い, ならある, なら出来ます, なら買っても, なり, なりしもの, なりにちょい, なり十銭, なるを, なんて私可哀そう, にあがり, にあたる, にいたし, にしかならぬ, にしかならん, にしなけれ, にする, にて, になっ, になった, になられた, になります, になろう, にも足りない, に上った, に値上, に値下げ, に勘定, に売る, に対して会社五銭八厘, に対して女, に対して蕎麦, に当ります, に御座候, に比べれ, に負けさせ, に買っ, ねそれから, のところ, のむしずし, のめし, のもと手, のもの, のアイスクリン, のアルミニューム貨, のウ処ウ, のキャラメル, のコップ酒, のザルそば一つ位, のトマト, のネクタイ, のバット, のホットケーキ, のランチ, のレモンティ, の上等弁当, の下足料, の与えた, の並うどん, の二割以上手数料, の享楽, の佐倉, の俥代, の値打, の入場券, の切符, の勘定, の南京錠, の原稿, の収入, の商い, の回転焼饅頭, の塩, の塩代, の外国品, の家賃, の小切手, の小遣, の座蒲団, の弁当, の手当, の手間, の持寄りで, の指環, の散財, の料金, の旧, の時, の時代, の月謝, の朝鮮飯, の木戸銭, の本位, の札, の板一枚, の湯代, の濁酒, の為替, の牛乳, の白銅一つ, の皿, の硯, の笊蕎麦, の羊羹, の茶, の蕾, の蘭貢米, の蝋燭, の袋, の足袋, の車代, の金魚掬, の附添食費, の青豌豆, の飛びのり, はいつくれる, はいりました, はくれない, はこれから, はま, はもう, はやすい, はダンゼン, はチビ公ひとり, は丸儲け, は家賃, は撫子一包, は昼めし, は案外, は欲しかっ, は金, は高い, は高く, ばかし持ってない, ばかり, ばかりだった, ばかりのふくろネー, ばかりの胡桃, ばかり買い, ばかり買う, ほどの鈴, ほど俺, ほど買っ, ぽっち, まあ百軒, まうかる, もするです, もって, もの金, もやる, もらって, も二十銭, も出せ, も十六銭, も十銭, も取りたまい, やすいもの, やった, やったという, やったら其, やったん, やるぞ, や七銭, や八銭, や十銭, よこせと, よりは出せぬ, よりやす, より十銭, より多く, をいた, をせしめたなら, をだし, をべこ, をキリ, を受取, を奮発, を差出した, を投じた, を持参, を握りしめ, を自分, を要する, を要求, を貰う, を買い, を費せ, を香港, 乃至七十銭, 乃至七銭, 乃至二十五銭, 乃至十銭, 何と安く, 入れると, 出しさ, 出すという, 出す度, 取られる如き費用, 受取って, 呉れるだけ, 呉れるん, 大丼, 大胡瓜一本五銭, 安いの, 引いて, 引き十銭引き, 引き拾銭引き, 戴きます, 払う, 払って, 持った時, 残って, 生卵弐個五銭, 申し付, 程でした, 程にしか当たらぬ, 程になっ, 落ちついて, 足して, 這入って, 高い以上, 高い所

▼ 五年前~ (536, 0.6%)

31 のこと 9 に死ん 8 の事 7 に死んだ 5 の夏, の昔 4 だ, にこの, に書いた, のあの 3 である, と同じ, にあなた, にお, に亡くなりました, の, の話, までさる

2 [33件] からここ, だけれど, だった, だったが, です, とぼとぼと, と今日, と同じく, に, にあの, にお産, に一度, に世, に先生, に夫, に比し, に肺病, に見た, のその, のちょうど, のよう, の享保十三年, の今日, の出来事, の十一月, の宮, の日本, の春, の秋, の簡閲点呼, の自分, の賀状, までこの

1 [365件] あの人, ある青年, お互, お吉, かの女, から, からある, からお, からこの, からでき, からです, からの女, からの約束, からの計画, からひどい, からぶっ, から三宅島, から中津, から中風, から二人, から伊之助, から夫婦, から山の手, から幼, から彼, から彼等, から怨み, から戯曲, から気, から現れ, から發心, から精神, から自分, から行なわれてる, から農林省, から門弟, から駈出し, この地, この子, この湖, この芝田要, この辺一帯, しいて鎌倉, そうです, その最初, たいへんな, だったかしら, だったな, つまり私, で, であつ, でありながら, でも東京, で三十年前, で右, という言葉, とそっくり, とはたしかに, とはよほど, とは変っ, と変っ, と少し, と比べたら, なら五千円, なら八十五円, なり斯く, にある, においてマルクス, において幕府, におなじ, にかけてのこと, にくらべる, にご, にさる, にすでに, にその, にたった, にどう, になく, になくなった, になくなりました, になりましょう, には, にはもはや, には今, には伊, には僅, には外山博士, には大, には山陰無類, には御, には思想, には文学, には文学士春の屋朧, には日本, には日清, には日露戦争, には東京市内, には法隆寺四天王, には琴, には私, には自分, には装飾費用, には道楽, にほん, にもう, にもそんな, にも一度, にも同じ, にも新鋭, にやあ, にやった, にやりました, にわかれた, にイタリヤ, にクルプ性喉頭炎, にセイロン島, にチャン, にマルコ, に一, に一人前, に一册誰か, に一寸, に七十三, に三十兩, に三田, に不遇, に乞食, に乳癌, に二円, に亡くな, に亡くなつ, に亡くなつた, に亡くなつたさうで, に亡くなり, に京都, に京都所司代, に他, に住ん, に信州, に催眠術, に兄, に先妻, に入っ, に公金, に共に, に出た, に出たら, に出来, に出来た, に別れた, に北京, に北海道, に名古屋一等, に土地, に土蔵, に墨書, に夏巣鴨, に夫人, に失った, に女房, に妾, に家格, に左足, に帰省, に当る, に彫った, に彼, に思ひ立つ, に恋し, に惡, に感じた, に承つた, に支那, に旅, に既に, に日本, に有名, に木更津, に本郷, に東京, に柳橋, に栃木刑務所, に歌つて, に此店, に死なれ, に死にました, に歿, に殺し, に比する, に比すれ, に比べる, に泊った, に流行, に海賊, に消息, に済ん, に現在, に生れ, に病死, に病気, に發表, に相当, に神田, に禁制, に禁獄三年, に福井県, に福岡市, に私, に突然, に立ちもどった, に築地, に素晴しきノルウエー人ラウラマルホルム, に経験, に結婚, に絞首台, に聞いた, に肋膜炎, に自分, に致仕, に芸者時分, に若い, に菓子屋, に蘭軒, に行った, に装填, に記録係, に詩, に誰, に質, に贋金使い, に起こり, に起こりたる, に較べる, に輪, に通っ, に那珂博士, に都会, に重き病, に関東都督府編纂, に隱居, に雇人, に養女, のある, のお, のお話, のかつて, のとおり, のひと, のもの, のやはり, のノート, のハリコフ会議, のフト, のプティー・ピクプュス, の三月一日, の与謝野家, の五三十事変, の五月十八日附, の享保七年, の人, の人間, の今月今日, の健康, の八月, の八月十日頃, の六月, の初, の初雪, の十年, の原子構造論, の召使い, の名古屋美人, の坊主学校, の大, の大河, の太刀傷, の姉さま, の子ども, の学生, の平和, の廃墟, の当時女, の彦兵衞, の彼ら, の思い出ばなし, の怨み, の拙作小説, の救護所, の数, の日清戦争, の旧, の明治四十年, の春さき, の晩, の暗闇祭, の書生ッ, の極月二十日, の武蔵, の江漢, の演劇雑誌, の物, の現, の田島屋, の番附, の病気, の第, の純, の繁代, の考えかた, の與惣六, の興奮, の著者, の蘭軒, の通り, の進, の郡上様, の除幕式, の雑誌, の青葉, は, はお, はおろか, はとにかく, は同じ, まえの, まだそれ, まだ十四, までお, までつまり, までのこと, までの城太郎自身, までの女, まではあの, まではよく, までは二等, までは新本, までは未だ, までは相当, までは私, までは街燈, までロシア勤労大衆, まで両親, まで女郎屋, まで姑, まで浅虫家, まで甲斐東方, まで私, めづらしく二册手, もむかし, も同じ, も成人, よりこの, よりよく, をかえりみれ, を一〇〇, を考えます, 倒れて, 初めてタンテイ小説, 別れて, 即ち四人, 後堀川天皇, 見たもの, 見て, 長き旅路

▼ 五十年~ (481, 0.6%)

20 の間 17 も前 11 の生涯 10 の昔 9 の人生, の後, ほど前 8 の歳月 7 しか生きられない 6 程前 5 も昔 4 ばかり前

3 [13件] か百年, とすれ, ないし百年, にし, になる, に一度, の月日, の栄華, の祝, も以前, も百年, や百年, 下天

2 [25件] か, である, といえ, ないし六十年, に近い, のあいだ, の事, の命, の夢, の恩, の星霜, の歴史, の祝賀, の経験, はかかるだらう, ほど昔, もこの, もたて, もま, も六十年, も經, や六十年, を眼, を隔てた, 過ぎても

1 [277件] いや十種類, おくれて, かかって, かかるところ, かけて, かはた, からになる, からの功, から生き, かハハ, か六十年, が見え, くらいは経っ, くらいも前, ぐらいになります, ぐらいまえ, このかた着用, この五部, この全的努力, この棲霞軒, さきんじて, さきんじフランス, して, すなわち日本家屋, その五十年, その魅力, ぞ, た, たった文化三年, たるを以て, だきゃ余分, だぜ, だと, ちかいあいだ身, つれそった祖母, であります, であるこの, です, では, でも六十年, でも立てる, でアツサリ, で二倍, で出, で消え, で近世國家, で近世日本, という, というの, というもの, というよう, という制限, という長い, といつた, とかの年月, とか幾人, としてその, として死ぬ, として私, とはたっ, と一瞬, と云, と共に死滅, と定, と申しました, と見積れ, と言っ, どころかあした, ならざるに, なら五十年, なりの一生, なり貴重, における決意いかん, にくらべ, にすぎない, になつて, になります, になんなんとする, にはじまる, にもおよんだ, にもなる, にも近い, にわたった, にロンドン, に一人, に一回, に下らず, に亙, に亙る, に切りつめたい, に及び, に及ぶ, に或, に改められた, に於ける, に當, に相当, に至り, に近き, に近く, のお, のみたままつり, のろうそく, のバルザック, の一生, の上, の不作, の中, の久しき, の乗り遅れ, の人間, の伝統, の健康, の先, の初め, の労苦, の取り返し, の名誉, の回顧, の壽命, の夢幻, の大, の奈良時代, の如き, の寿命, の年月, の年貢, の年賦, の幻, の政治家生活, の教育, の旅路, の明暮, の暮し, の木, の武家機構, の永き, の治世, の浮き橋, の灰, の生活, の當時, の皮袋, の目的, の短き, の石火, の研究生活, の祝い, の祝典, の祭典, の立後れ, の耐久力, の自分, の計, の記念式, の貧しい, の道中, の長い長い, の長き, の間いつぺん, の間争, の間日本, の集大成, の非, の頑夫自ら, の飛躍, の香染, はおろか, はじめての, はもう, は個人, は充分, は最も, は永遠, は決して, は葺きかえ, ばかりたつ, ばかりの間, ばかりもおくれ, ばかりも前, ばかり先, ばかり早く, ばかり昔, ばかり飛ん, ほどあと, ほどいぜん, ほどである, ほどの昔, ほどの間, ほども先だっ, ほど以前, ほど辛抱, まえまでは, までの汽船, まで延ばされる, もあの, もある, もかかっ, もかかった, もさき, もし, もすりゃ, もたった, もたつ, もたつた, もつづけ, ものあいだ, もの昔, もまえ, もむかし, ももつ, も三十年, も井戸, も先, も先立った, も勤め, も年, も後, も御, も我慢, も支那, も文学者的活動, も東京, も生き, も経, も経つ, も経つたら, も経て, も続き, も長く, も長らえる, やっと一つ処, や百年以来, ゆめま, より起つ, を何百年, を回顧, を定命, を意味, を浪費, を終つて仕舞, を経た, を経ぬ, を経る, を経過, を要する, を記念, を越し, を迎えます, を過ぎ, ノ後, 乃至六十年, 仕込んでも, 全く流離, 勤めて, 営々と, 延ばして, 御神祭, 早く世, 早く生まれ, 生きつづけないところ, 生きぬ, 生きること, 生きるだけの, 疚しくない, 程の間, 程以前, 立たなくては, 立つて, 納めれば, 経った後, 経てば, 苦しんだ, 近い星霜, 連添った祖母, 過ぎたの, 遡ること

▼ 五~ (470, 0.6%)

12 もある 3 のもの, の円, もあっ, もあろう, も積, 乃至一尺

2 [32件] あった, ある沙魚, か一尺, ぐらいな, ぐらいになっ, しかない, だ, と離れない, になり, に余る, の上, の大, の幅, の架床上, の観音, の鉄, の高, は確か, ばかりのところ, ばかりの足あと, ばかりも紐, ばかり捲き返し, ほどのところ, もあらう, もあり, もの間左右, も積もった, 埋めて, 程のところ, 程の所, 続いては, 開いて

1 [376件] あったの, あまりと, あります, ある, あるから, あるの, おびやかすよう, かすがい, からの雪, からはじまります, から一丈, から一尺, から二尺, から五, から八尺, から六, から大きい, から積, かネ, か六寸, か鍬, がた, くらい, くらいしかない, くらいしかなく, くらいずつ間隔, くらいな, くらいのモロッコ皮, くらいの大き, くらいの小さな, くらいの山椒魚, くらいの心細い, くらいの竪幅, くらいの距離, くらいまで育っ, くらい横幅, くらい沈み睡眠不足, くらい沈む, くらい深, くらい畳, くらい積, くらい縦, くれえあるだえ, ぐらい, ぐらいある, ぐらいから三寸, ぐらいしか飛ん, ぐらいずつ小刻み, ぐらいずつ競り, ぐらいだろう, ぐらいで, ぐらいであります, ぐらいに切った, ぐらいに川べり, ぐらいのもの, ぐらいの優さ男, ぐらいの半, ぐらいの台石, ぐらいの壁板, ぐらいの幅, ぐらいの檻, ぐらいの白木, ぐらいの高, ぐらいの黄金, ぐらいまでのもの, ぐらいもあっ, ぐらいも延び, ぐらい背, しか進む, しか離れない, ずつ, ずつ一尺, その初, だが, だめし, ですね, で俗, で日本, で灯籠, で脈釣り, とある, というところ, という寸法, という小さい, という空間, といふの, といふ大した, といふ長い, として直径二丈一尺, となった, とは何, とよんで, と一尺, と書い, と離れず, ないし二尺余, なるもの, にあまる, にし, にちかい, にて左, にとどまり, になっ, には過ぎないでしょう, にもなる, にも充たぬ, にも足りぬ, に三尺六寸, に五尺, に伸びた, に充たない, に切り, に切りたる, に切り揃えろ, に及ぶ, に奧行八尺, に縮めた, に足りない, に足るまい, に過ぎず, に達し, に達せず, に高, のあたり, のところ, のみ, のバカ, のヨメ, のライ病殿, の一本竹, の一種, の二歳もの, の人間, の仮, の假床, の円すい形, の刀, の化け物め, の十手, の厚, の厚味, の地底, の大刀, の大海, の大男, の太刀, の女, の小さな, の小切れ, の小太刀, の小笹, の小鎌, の平たい, の彩色, の悪霊, の感じ, の扉, の手垢, の日本刀, の普通, の杖, の棒, の植物, の横板, の次郎太刀打ち, の溝, の灌木, の焼, の煙筒, の片木, の田虫, の的, の空間, の立像, の竿, の管, の粗末, の細身, の老, の草, の處, の蛇, の足台, の身長, の鎌, の長い, の降雪, の高山, の魂, の魔所, はあり, はお, はひく, はひくかっ, は低い, は充分, は増水, は根, は違っ, ばかし動かし, ばかり, ばかりがすっぱり, ばかりさがり, ばかりしかない, ばかりそっと, ばかりで, ばかりで届かない, ばかりに伸びた, ばかりのひさご, ばかりの円, ばかりの円き, ばかりの切, ばかりの卵形, ばかりの古木, ばかりの大, ばかりの小さな, ばかりの巻き返し, ばかりの所, ばかりの棒, ばかりの石, ばかりの空, ばかりの管, ばかりの細目鋸, ばかりの鉢型, ばかりの長, ばかりの間隔, ばかりの雑魚, ばかりの高, ばかりの魚, ばかりの鮎, ばかりもある, ばかりもあろう, ばかりズイ, ばかり出, ばかり出た, ばかり前, ばかり定規, ばかり崩れ, ばかり左右手四五ヶ所, ばかり布団, ばかり抜, ばかり抜く, ばかり押立, ばかり掘っ, ばかり斬り裂きました, ばかり眩, ばかり開いた, ばかり開く, ばかり隔て, ばかり雨戸, ばかり音, ばかり飛魚, ほどある, ほどから短い, ほどずつ恐縮, ほどで, ほどとびかかる, ほどにでもなれ, ほどにゅっと, ほどに切った, ほどに痩せ, ほどのまで入っ, ほどの下, ほどの偉大, ほどの兩端, ほどの十手, ほどの厚み, ほどの木材, ほどの板ばり, ほどの桃, ほどの棒, ほどの欄間, ほどの深, ほどの湧き, ほどの瀬戸, ほどの狭い, ほどの玻璃板, ほどの真紅, ほどの紫色, ほどの細長い, ほどの薄い, ほどの藁, ほどの部分, ほどの釋迦如來, ほどは黒く, ほどひらく, ほどまでの頑丈, ほどもあ, ほどもある, ほども落ち凹ん, ほども雪, ほど上, ほど余っ, ほど切り, ほど切り出し, ほど切り込んだ, ほど剥ぎ取られ, ほど四角, ほど少し, ほど引き開けられ, ほど持ちあげる, ほど掘り下げる, ほど斬り下げられ, ほど新しく, ほど明ける, ほど芽, ほど込, ほど開い, ほど開きかかつ, ほど隙, ほど障子, ほど離れ, ほど離れた, まず一メートル半, まで浅, むこうの, もあるらしい, もあれ, ものび, もはい, もはいっ, もはなれた, もはひっ, もはみ出し, もプレート, も一尺, も伸ばし, も傾いた, も六寸, も前, も宙, も家, も掘り返せ, も短, も積もり, も積り, も詰った, も足, も距離, も鏃, も高く, も高まる, を一間, を出でず, を得る, 乃至三寸位, 余るそれ, 出るぐらいに, 切り込まれるば, 反れた橋板, 大きいもの, 広サ九寸, 引き次第に, 御丈三尺, 持ち上げ, 揃ったところ, 程と思われる, 程のすき間, 程の地割れ, 程の大きな, 程の懐剣, 程の白木, 程の白鞘, 程も欠け, 程明い, 程芽, 程長かっ, 程雪, 計ナル犢, 近付いて, 長さ三尺, 長三尺, 開けかけて, 開けたとたん, 鞣し革, 高さ十尺

▼ 五十円~ (466, 0.6%)

14 の金 4 だと, と云う, の月給, 出して

3 [11件] あれば, ずつ送っ, で, である, にし, になります, に使った, のお金, のもの, の結納金, 持って

2 [26件] か二百円, だけそして, だね, であった, です, では, でも高い, でやれる, で出来る, で手, というの, といえ, とか百円, と五十九歳, なら, になった, になる, に値切っ, の家賃, の料理, の為替, はある, は送っ, もあれ, や六十円, より下

1 [351件] あげましょうか, あります, あるひ, あるん, あゝ有難い, お酒一合二百円, お銚子二百円, かそれだけ, からな, から二百円, から五百円, から出した, から千円, から百円, から貰える, か六十円, か百円, がいつか二百円, がきめられた, がちょうど, が百円, が相当, くらいはさしあげられる, くらい融通, くれたこと, ぐらいしかなく, ぐらいずつ先渡し, ぐらいで, ぐらいであったろう, ぐらいでかし, ぐらいでしょう, ぐらいで折合う, ぐらいで暮せた, ぐらいない, ぐらいになる, ぐらいに下落, ぐらいに売れた, ぐらいに負けとこう, この差別, しか貰えない, じゃア, ずつくれねえ, ずつで買い取った, ずつとっ, ずつと見積っ, ずつやる, ずつよこされ, ずつ仕送り, ずつ出した, ずつ十年, ずつ払う, ずつ持っ, ずつ月賦, ずつ来る, ずつ足, ずつ醵金, それでも二度, たらずで一時友達, だ, だけだ, だけの仕事, だけ拵えよう, だけ握っ, だけ納めさせ, だって出し, だという, だとか, だなと, だなどと, だの五百円, だよ, であるとか, であろうと, でお, でした, でしたが, でしょう, ですから, でその, でもかっちり, でもなす, でもゆずりますまい, でソツクリ, で三年間, で何千挺, で入札, で刻つてやつ, で勘弁, で売られ, で売買, で天切, で失敬, で座元, で是, で漸く, で盆暮, で落され, で譲っ, で買, で買い取った, で買う, で買おう, で買われ, で買われた, で身の代, で身請, というん, という価格, という借用, という破格, という金, といわれ, とか八十円, とか六十円, とか手切金, とか補助金, とか請求, ときい, としても一人あて千五百円, とせり上げ, とです, とはどこ, とは余り, とられたし, と二百円, と云, と云った, と五百円, と吹っかけた, と定め, と定めた, と定められる, と少し, と決められた, と現金, と男, と発表, と称す, と纏っ, と見積り, と言, と言え, どつせ, ないし二百円どまり, ないし百円, などとはあまり, などと云い, なの, ならある, なら一俵, なりと, なりをとりかえし, なんて, なんて私達, なんて誰, にすぎない, にする, にて身請, になっ, にも売れない, にゃあなるんだよ, にをさめる, に値切りたい, に十円, に売っ, に引き上げた, に当る, に達し, の, のうち, のお, のところ三十五円, のねうち, のコーヒー, の九一, の乳牛一頭, の二杯, の人, の仏壇, の仕事, の仕送り, の使道, の借家, の借金, の借金証書, の値打, の値打ち, の債券, の入費, の反物, の収入, の商品切手, の売価, の大, の女, の安, の宝くじ, の小切手, の小口, の意味, の戻し, の戻しだ, の敷金, の月手当, の札束, の枕木一本, の正金, の為替券, の純益金, の紙幣, の給料, の罰金, の証文, の調達, の貸家, の賞与, の賠償金, の金子, の間代, の間違い, の隠居建築費, の鮎, はおろか, はおろか一万円, はかかる, はつらい, はとられる, はどんなに, は今日, は何, は出し, は取る, は安い, は手取り, は払わなくっ, は持っ, は無, は越さない, ばかし, ばかしある, ばかり, ばかりは必要, ばかりもまい, ばかりを一時, ばかり不足, ばかり使い込んだ, ばかり借りた, ばかり引出した, ばかり欲しい, ばかり貸し, ばかり都合, ふやして, ほしかった, ほどありました, ほどあれ, ほどいる, ほどずつを持ちだし, ほどである, ほどになっ, ほどに査定, ほどのお祝い, ほどのこる, ほどの家賃, ほど黄いろ, まで, まで奮発, まで漕ぎ付けた, もかからぬ, もする, もそろそろ, ももらう, もよう, もらったところ, もウネツテ, も二百円, も儲かった, も出し, も取った, も掛る, も無い, も献納, も行, も貯め, も送れる, やそこ, やそこら寄付, やる, や五百円程度, や百円, よたった, よ五百坪, をわが, を一同, を一文, を上げる, を並べ, を亀岡氏, を以て矢張殆ど, を何人, を出し, を出した, を勝ち貯める, を坊っちゃん, を奪う, を手, を払, を投ずる, を支給, を故郷, を数えた, を求刑, を献金, を百二十人, を県庁, を給せられ, を給与, を要する, を貢い, を貰っ, を貰った, を貸そう, を返却, を送, を黙, 乃至二百五十円程度, 但し向う三年間, 位するって, 借りられる, 入って, 出せと, 出せば, 勝ち大, 包んで, 取って, 取られるか, 取る人, 吝ん, 多ければ, 差上げて, 後に又, 払いて, 程借金, 程掛かった, 稼ぐ人間, 貰えば, 貰った, 貸すか, 貸せと, 迄ならい, 送って, 遣って

▼ 五~ (444, 0.5%)

107 の指 8 も六本 4 の指先, や十本 3 あって, の動く, の矢, 並んで, 買って

2 [25件] ありまして, あれば, ぐらい蜿, ずつの指, ついたを, とのう, とも一つ, ならんで, ぬき棄てられて, のツメ, のマッチ, の刀, の指痕, の木立, の棕櫚, の檜, の毛, の灰, の腕, の足, の雑木, ばかりの竹, もありぬべし, 出て, 抜いて

1 [256件] あった, あったそう, ありて, ある, いっぺんに, いやめん, うわって, かないや, がちよ, がところ, がカリン, がポンデローザ, がレッドチェリイ, が一つ, が私, くらいを片手, ぐらいがまず, ぐらいずつ紮げ, こんもりと, しかない, じゃねえ, ずつの長い, ずつ九度, ずつ買っ, ずつ逆さ, ずらりと並ん, そのさやさや, その四五本, それからまたこちら, たい, たば, だったの, だつたか, だと, つける, であ, であるが, でございます, でもう, でも白く, で一銭, で十, で残り, で間接射撃, とああ, とか奇数, とどけて, とは豪儀, ともその, とも皆, とヤケ酒, と左, と手榴弾, と殖え, と比丘尼寺, と立てる, と越えない, と青野原土手, どうです, ながら中っ, ながら同じ, なき事, なくなる, なりを切った, にぎらした, にも見える, にバター, に一本位, に交じっ, に人足, に菊屋傳右衞門, に進歩, のあいだ, のうち, のこ, のそれ, のつめ跡, のほつれ毛, のみ酔っ, のもの, のカバリ, のガラス, のチェリー, のパイプ, のビール, のロウソク, の乱刀, の代り, の作品, の六尺棒, の出物, の前立て, の十手, の壜, の大, の大きな, の大蕨, の小, の嵐, の巨杉, の帆桁, の後れ毛, の手, の春風, の暗い, の木材, の李, の松, の枯れた, の枯柳, の柱, の柳, の梅, の槍, の標石, の樹立, の櫻, の水柱, の溝, の煙, の煙草, の燃えさし, の爪, の白い, の白梅, の立った, の竹, の竹棒, の細い, の総, の線, の羽毛, の芒, の花柱, の花梨, の芽柳, の茎, の蜘蛛, の蝋身, の足指, の透明, の通風筒, の針, の針状葉, の釣竿, の鉛筆, の銀杏樹, の銚子, の鍵, の雁首, の骨, の鬚, の鶏頭, はある, は先年, ばかりうしろ, ばかりしか見えない, ばかりずら, ばかりの壜, ばかりの書面, ばかりの桜, ばかりの長い, ばかり並ん, ばかり大急ぎ, ばかり試みた, ばかり郵便物, ばかり鉄棒, ほどお納め, ほどひっこ抜い, ほども折れ, ほど太い, ほど打ちこん, ほど摘んだ, ほど黄色い, また七本, まだ青き, まで來, もあり, もある, もからになった, もくべ, もすぐ, もなくし, もの徳利, もへし折っ, もキヨトン, も七本, も出, も外れ, も威勢, も射はずす, も植えた, も現れた, も茂り覆ひたる如くなる, も買, や三本, や六本, よせたやう, よろよろとして, をがりがり, をどうか, を中心, を併せ, を出し, を折り, を移植, を空, を算, を越える, 並べたよう, 並べば, 乱れて, 乱れ生じて, 仕込んで, 使うところ, 倒れました被害, 傾けた, 出されました, 出た, 分れ出て, 切って, 包んだ紙包み, 又は七本, 取りまとめて, 各十巻, 吸う, 外しましたらやっと, 多くて, 打ち込んで, 打った杭, 持って, 挿して, 握だが, 撚り, 撚りか, 撚りで充分, 数えられたが, 斬るから, 欲しいわ, 生えたが, 生え月, 白いの, 立ち並んでると, 立つて, 立てて, 納めたしごきが, 行く, 行ったぞ, 見せたり, 貰うて, 足して, 軽いの, 選り出して, 重なり合って, 食べるところ, 駈けて

▼ 五~ (415, 0.5%)

29 なって 13 して, なつた 9 なる 6 なります 4 なったばかり, なりますが, なるまで 3 しては, なった, なったばかりの, なった時, なりました, なるが, なると, 頼まれて

2 [26件] いわく, なったよう, なった今, なつて, なり候, なるおばあさん, なるこの, なるやう, なるん, なる女, なる女の子, なる小坊主, なる少女, なる梅子, なる男, なる良, なれば, 二十五に, 会って, 十三に, 受取れる, 成ったら叔父さん, 数回回転の, 癩病などの, 私は, 見えた

1 [257件] あったの, ある, あるは, ある憶良, いい負かされるの, おきかえ嬉しい, おなり, おなりに, おなり遊ばす, お成りです, お成りなさる, きいた, くって, くどかれたとき, こうある, この石, この精神層, しがみついて, しきや, しちゃ, しっかりこの, しても, してやられて, しろ組曲, し廉賈, じろじろ見られる, すぐわかっ, すべてを, その他いろいろ, その声, それは, それを, そんなこと, たたきつけて, だまされて, つれられて, とつて, とられましたもの, なだめられて, なったから, なっただけ, なったとき, なったらね, なったら十六, なったら田舎, なったら自由結婚, なった冬, なった者, なった自分, なった頃, なっても, ならないで, なられた頃, なりかわり当, なりたいあ, なりたいな, なりつし王, なりましたから, なりました秋, なりまして, なりますから, なります現在己, なり十六, なり弟, なるかと, なるかも, なるすみ, なるといふ, なるの, なるもう, なるわけ, なるイキ, なるジョウ, なる丹三郎, なる光子, なる利口, なる力自慢, なる勘定, なる可愛いい, なる大学生, なる大概, なる妻, なる婦人, なる子, なる小さい, なる小僧, なる小娘, なる少年, なる幼い, なる恋人, なる意氣地, なる愛吉, なる摩耶姫, なる村, なる滄洲翁, なる燕児, なる與八, なる若い, なる陽気, なる頑固一徹, はっきり見えた, はなつた筈, はなつて, ひとりで, ぶたれて, ぶつかって, また一, むしゃぶりついたが, もてあそばれて, やるため, わたらせ給いければ, ギリシャローマの, ズルガル部落を, ブラッチ夫人という, ラーマーヤナ譚ある, 一般素人の, 三を, 三人の, 上下が, 与えるため, 丸められて, 予は, 事の, 二つの, 五を, 五番目の, 仏が, 仏毘舎離に, 何にても, 傾いて, 僕は, 入れた, 入れ撥, 其の殺した, 出づ, 出て, 分けるかという, 分ち五大洲, 分って, 劣らないしたたか者, 十七といふ, 取りすがって, 古刹旧, 叱責され, 同情を, 向けるお, 含み針と, 呼びこまれて, 命令を, 唐人猪の, 喰つてか, 土御門大臣, 増したから, 増加された, 外人と, 外国人は, 夢想と, 大樹仙人梵授王の, 大砲の, 大黒の, 太政大臣藤原公相の, 女の, 妻の, 宋の, 小売商人その他これ以上特記する, 少年の, 屬する, 左の, 差す, 帰って, 広島の, 当たるだけの, 彦国葺が, 影を, 応戦的な, 怒られるぞ, 想いを, 惹かれるもの, 感情を, 成た, 成って, 成るで何日, 手を, 招かれて, 拠れば, 据へ, 据へるべき, 斬りつけられたこと, 日本人民西洋人の, 昔波羅, 晁端揆居京師悦里中少, 曰く, 曰くペルソは, 曰く神の, 案内させる, 案内され, 死んでも, 比べて, 注意され, 浅井郡馬川は, 浅草観音に, 渡らせられる若君, 満たず肺, 為る孫, 猿雖の, 男女その, 白い眼, 相当する, 相成り早く, 眼を, 神社合祀は, 私が, 科学的で, 稽古の, 突きつけて, 経信大納言言われける, 美術及び, 聯想させ, 背中を, 至るまで, 至るまでの, 色欲六に, 薄荷が, 蚯蚓が, 蝮蛇に, 見えたが, 見える, 見えるつての, 見える上品, 見える小, 見える廂髪, 見える綺麗, 見える美しい, 見える陰気そう, 見える駐在巡査, 見つかって, 見つかると, 見られたが, 記載有之, 話して, 諸君が, 負けて, 超昇寺真如法親王建, 近づいて, 迫った, 述べるが, 追払われて, 過ぎない, 野猪熾り出す, 金を, 録音時間の, 鍾馗は, 陣取って, 霧渓の, 頭を, 願はくは, 馬鳴

▼ 五~ (411, 0.5%)

10 それを 8 お高 5 思った 4 おせい様 3 お駒ちゃん, それには, ちらと, 何か, 声を

2 [16件] いやな, かねて, さう, じぶん, そういうお, そこに, そのお, てかてか光る, どうした, 何度も, 光秀の, 女の, 彼れ, 手を, 芝の, 衣かけの

1 [337件] あきらめて, あくまで磯屋, あまり議論, あらそった, あらためてお, あらためておしん, あらわれた, あれこれと, あわただしく考え, あわてた, あわてて, あんたの, いくん, いそいで, いつ見, いつ金を, いても, いと飲みつづけ, いないか, いま何となく, いま膝に, いよいよ早口, いらだった, いろいろに, いわゆる穀物論争, うそぶいて, うつ伏して, うなずいて, お世辞, お供を, お市, お美代, かういふ種類, かえって気楽, からだいっぱいに, きょろきょろし出した, ぐいとお, こういっ, このお, この二人, この偈, この時, この衣かけ, この貼り紙, この青年, これは, これを, こんなぼろい, さきに, さっきから, さっさとお, さらさらと, さらに笑いたい, しずかに, じっとすわっ, すぐあきらか, すぐ帰っ, すぐ後ろ, すぐ縁切り状, すごい表情, すっかりあるじ顔, すっかりいい気, せせらわらって, そういいかけ, そういうだろう, そういっ, そう思った, そう考え, そこから, そこの, そこへ, そこを, そのえ, そのとおり, そのなか, そのほう, そのほっそり, そのまますべる, そのようす, その他雑感, その代表的, その口, その夜, その後追試験に, その手紙, その機会, その死人, その腕, その足, その顔, それから, それが, それで, そんなこと, そんなら, だから伯爵, だまって, ちやうど, ちょっとけわしい, ちょっとした身, ちょっとむっとした, ちょっと部屋, ちょっと驚いた, ちらっと二人, ぢろり, ついに喰っ, つかつかと, つまらない事, とにかく本業, どういうわけ, どうして金, どこに, なにかに, なにか少年, なんとも返事, にこにこし, にっこりし, にやにやし, はじめから, はじめて気がついた, ひそかに, ひとごとの, ひとりで, びっくりし, びっくりした, ふところを, ふとこんな, ほうほう, ほかの, ほっと溜息, ますます上き, またひよ, また手紙, まだ同じ, まだ咸亨酒店, まだ逗留, まるでペチ, むずかしい顔, むっくり起き上がっ, むろん本業石屋, もういないだろう, もうけろりとし, もうそこ, もうゐなかつた, やかましいこと, やがて大通り, やっとお, よく知っ, わたしに, アハハハと, ノルウェイ國の, バツトの, パトリック等によって, ピャーチと, ピョンと, ロシア国教宗その, ンの, 下らない樣, 両手で, 両腕, 中腰を, 丸一日来なかった, 久助の, 久助を, 二三度読み返した, 二部の, 五十五歳で, 京阪で, 今と, 今まで, 以前から, 何かしらつめた, 何だか気, 何とかし, 何にも, 何も, 偏平の, 偽怪, 元来詳しい, 先に, 先の, 全く熱, 全期の, 全身六ヵ所の, 再び崖, 冷製混肉および, 咄嗟に, 唇の, 商売物の, 善法の, 土いろ, 地主が, 堀割りに, 場所や, 多くの, 夢遊病者の, 大きな声, 大抵似た, 大更の, 天明時代です, 女中が, 姿勢を, 子供を, 安心を, 安政四年和蘭で, 完成する, 実を, 家事の, 家業大事という, 小峯セツ子の, 尻端折り, 居間の, 左右に, 平安末の, 平気の, 幾分豆八, 幾島の, 座に, 彼女の, 彼自身の, 後ろを, 心の, 心性思想の, 怒りを, 思いきりよく投げ出され, 思ったが, 思って, 恋という, 意外な引っかかり, 感心した, 憤, 憤然と, 懐中へ, 承知し, 抑も, 押太鼓を, 斜面を, 日本一太郎の, 日満, 明日伯爵が, 昔から, 智恵浅き, 曖昧に, 書の, 本能的とも, 柘植宗庵という, 横合いから, 欲界即ち, 永い歳月, 江戸へ, 決して鹿, 泣きくずれて, 激動より, 無雑作, 燕尾服シルクハットの, 片手で, 生むならん, 男の, 男女の, 畳を, 白い花, 白色あるいは, 皆様の, 相変らず, 着て, 知って, 砂の, 砲兵上等兵の, 磯五だ, 磯五とやら, 神も, 立ちどまった, 笑いながら, 笑い出して, 笑って, 第六, 答えずしばし, 粕谷の, 系統で, 紀元前に, 紀内侍六は, 終始口ひとつ, 結尾であっ, 絵像を, 編輯子, 美しい眉, 羽織を, 考えて, 脳の, 腕の, 腰が, 腹這ひ, 膝の, 自分を, 自身やや, 舌に, 色と, 色を, 若松屋惣七の, 苦い顔, 茶人の, 虫けらの, 血相変え, 術技にな, 親が, 誰でも, 誰の, 負傷し, 賊が, 起きあがつて, 起って, 越して, 足を, 軽い心もち, 近くに, 返事も, 逃れて, 運転手の, 部下数騎を, 酒碗を, 野犬が, 金が, 金田君の, 釣竿を, 長い睫毛, 雑賀屋の, 離れて, 離れては, 需要の, 非番でない, 顎を, 顔いろ, 食えそう, 駕籠に, 高音の, 黙って, 龍造寺主計という

▼ 五~ (390, 0.5%)

6 の者 5 の警官 4 の男女 3 にすぎず, のうち, のもの, の人数, の名, の若者, 連れて

2 [30件] が一列, して, ぞろぞろと, であった, である, です, とこれ, となった, と一緒, と何, について一人, に及び, の一番最後, の中, の侍, の兵, の刑事, の労働者, の村民, の生徒, の芸者, の足, は, は小走り, は連れ, は麓, もあった, もいる, を従え, を招待

1 [294件] あった, あり, ありまして, ある, あると, おとなしく席, からまた, がありました, がいう, がこの, がのりこん, がのりこんだ, がはるばる, がやがて, がよい, が今, が何, が出払っ, が刑法, が加わる, が斃, が斬られ, が次々, が次郎, が焼死, が特務機関, が衆議院, が謀っ, が責, が銃, が隊, が集った, が願書, ございました, しかゐなかつた, じゃア, ずつの兵士, ずつの兵隊, ずつ順次, そのうち顔, だ, だけだ, だけであった, だという, であり現在, であるが, でした, でみんな三年以上, でも出来る, でよそ, で市街, で持ち寄り, で文学, で焼けつくよう, で隣村, というよう, と云う, と協力, と大川, と思います, と暮し, と町奉行, と落ち合った, どかどかと, ないし七名, なおその, なり, にすぎす, にすぎない, にすぎなかった, にすぎなかつた, になった, になり, に一般使役兵六名, に厶, に株札, に直ちに, に解傭, に過ぎざる, に過ぎず, に過ぎなかった, に過ぎなかったろう, に達した, のうち三名, のお, のお客さん, のこって, のチンピラ, のポンプ押し, のラマ, の下役, の不, の乗組, の乗組員, の人, の人間, の代表たち, の代表者, の代議員, の仲間, の会員たち, の供, の侵略戦争謀議者たち, の信徒, の僧侶, の児童, の兵がわらわら, の兵員, の兵士, の兵隊, の判決公判, の制服警官, の力者, の卒業生, の参謀, の受験者中, の同僚, の同勢, の同級生, の同輩, の名前, の味方, の哨戒兵, の土匪, の土工たち, の土工頭, の外人, の多き, の奉行, の女子, の女給, の妻君, の委員, の子供, の宿舎, の密入国者, の寝床, の将校, の少年, の巡査, の影, の従者, の忍び, の捕手, の放送委員, の教員, の旅人たち, の日本人, の武士, の水夫, の水泳代表選手, の漁夫, の潜水隊員, の父兄, の牢舎, の猛者, の申出, の町人どうし, の発明官, の百姓, の看護婦, の私服制服, の移民, の紺看板, の老人, の聴講者, の職員, の若い, の若者達, の蓑笠, の解傭, の記者, の証人, の調査委員, の護衛, の貴婦人, の賊, の賊徒, の質問, の超人, の踏み得ざりし, の部下, の配下, の酔っ払った, の門人, の門弟, の関係者, の闘士, の防毒面, の隊員, の頭立った, の骨肉, の魚人代表, はある, はいう, はいつ, はおそるおそる, はここ, はこれ, はすぐ, はそろっ, はみな郷士ふう, はアメリカ人, は一日, は六号艇, は出発, は刃, は半, は召集, は多, は学校, は座敷, は後, は戦死, は朝, は未明, は相手, は義元, は非常, ばかりで, ばかり不, ばかり渡辺, ふやして, への判決, ほどが揃い, ほどの中, ほどの患者, ほど一頭, ほど見物, まだ士農工商, までが瘤, までなら, まで肺病, もあつまり, もある, もいるだろう, もが自分, もそう, もその, もそれ, もそろっ, もやってきました, も手, も続く, も見, も迎え, やって来たが, をあつめ, をここ, をつれ, をもって構成, をよん, を上京, を出せる, を副え, を収容, を小笠原, を手招き, を捕, を放校, を斬, を斬った, を栄吉, を満載, を研究生, を算, を見かけた, を語らっ, を謹慎処分, を選ん, を選出, を選定せり, を選拔, 並んで, 出しては, 合わせて, 向かわしました, 居りまして, 居ると, 或いは七名, 来て, 来り名刺, 流れ出て, 減って, 盤集第, 相伴いて, 程の同, 程出, 若きあり中年, 送られたし, 通って, 連れたのみ, 集うて, 集まって

▼ 五~ (383, 0.5%)

14 もある 6 に足らない, に足らぬ, の高 5 の上, の身 4 のところ, の体, 離れて 3 に及ぶ, に満たない, の円, の大き, の段平, の男子, の身体, の躯, ほどな

2 [33件] と云う, と離れ, にあまる, になり, にも足りない, に一寸, に七尺, に充たない, に足りない, に近く, に達し, に達する, のからだ, の体躯, の処, の小, の床の間, の痩躯, の皮嚢, の空, の軒, の長, の間隔, の陣竹, はあるだろう, は入っただろう, ばかりな, ばかりもあった, ほどのところ, ほどの楕円形, もあろう, もこえつべし, も離れ

1 [236件] あって, ある, あるか, あるかと, あるかなしか, あるかなしかの, あるとか, あるの, から一丈あまり, から七, がところ後, くらい, くらいの竿, くらい削っ, ぐらいで, ぐらいになる, こちたき髪, しかなかつた, する, ずっと二本, せいぜいしか, そこそこ無, たらずで胃病もち, たらずの, たらずゆえ二十一歳, たらず横, ちかい海亀, ちかい海龜, ちゃんと引き下ったちふ, であつ, です, で幹, で横坑, で細長い, という, という天下, といふ, といふよう, とすれ, とそば, とちょっと, とない, とねえ, とは去らない, とは隔たらぬ, とは離れぬ, と一寸, と隔て, にし, にちかい, になった, にものび, にも余る, にも満たぬ, にも程, にも足らない, にも足らぬ, にわずか, に伸びた, に余った, に余る, に充たず, に切つて其, に及ん, に滿, に縦, に蔓, に足らざるべし, に過ぎない, に達した, の, のかつら, のこと, のたけ, のもの, のグロテスク, の一丈五尺, の上り, の人工, の人間無限, の体躯徒, の偉大, の前, の唐子, の地蔵, の塚, の増水, の山の芋, の幅, の弓, の所, の木刀, の杉, の松, の榾やちよろ, の正面, の殻, の注文, の浅い, の深, の点, の男児, の積雪, の穴, の空間, の童子一人杖, の築地塀上, の絹, の絹本, の縁側, の肉体何, の船, の艪, の菖蒲, の菖蒲草, の處, の裏, の豎子, の距離, の身体一本, の躰躯大, の途方, の部分, の釈迦牟尼仏, の間, の間板, の隔て, の雪, の霧, はあ, はあり, はある, はあるらしい, はたつ, はなれ, はば二尺, は結構, ばかりあらう, ばかりある, ばかりあろう, ばかりだった, ばかりで, ばかりなる, ばかりに見え, ばかりの古い, ばかりの台石, ばかりの地蔵尊, ばかりの大幅見事, ばかりの所, ばかりの棒, ばかりの物, ばかりの生垣, ばかりの空中, ばかりの縄十本, ばかりの色テープ, ばかりの青大将, ばかりの額, ばかりの高, ばかりほどしか水, ばかりほりたる, ばかりグザグザ, ばかり先, ばかり前, ばかり周り, ばかり太, ばかり辷った, ばかり飛び上っ, ばかり高, ほど, ほどなかなか, ほどにも成長, ほどのトタン板, ほどの大, ほどの岩, ほどの水量, ほどの泉, ほどの盆栽, ほどの足, ほどの銅人, ほどの高, ほどの鼠色, ほどはこれ, ほどもあった, ほど上, ほど上った, ほど下, ほど違います, ほど間隔, までに達したれ, までの高, もあり, もはなれ, も伸び, も六尺, も土, も後, も後ろ, も掘った, も無い, も積つて, も立, も裾, も離れる, も雪, も高く, や八尺, や六尺, より大, をこえん, を一厘二毛柄, を視, を越, を越える, キッチリ, チョットぐらい, 一寸キッカリ, 下って, 主水, 乃至二丈, 之豎子, 但し堀底, 掘るの, 流れるうち, 程ある, 程である, 程の大穴, 程の長, 程の高, 走って, 起らずの, 辷ったり, 退った, 長さ二間, 離れた処, 高い所, 高くなっ

▼ 五~ (375, 0.5%)

8 の小判 5 のもの, 書く 4 の皿, の花弁 3 のうち, の萼片, の隨筆, を入れ, 書いた

2 [23件] お呉れ, ずつ数え, ですか, でも十枚, とそれから, と小粒, にし, に細々, の写真, の小さな, の札, の点数, の金貨, ばかり書いた, ほど, も六枚, も出, や十枚, 入れて, 出て, 持って, 書いて, 立てかけて

1 [288件] あげる, あった, あって, あつた, あつたの, ありますね, あり他, あるだけで, あると, あるの, お三輪, かきたり, かさねし襟, かとげっそり, から八枚, かりそめ, か三枚, が潤, が百円札, が紛失, くらいに書いた, ぐしゃぐしゃに, ぐらい, ぐらいしか書けません, ぐらいのところ, ぐらいの小説, ぐらい来月, しか書けず, ずつおい, ずつじゃ遠慮, ずつで, ずつやっ, ずつ合計十枚, それから粗末, それに馬琴, だから, だけ丁寧, だけ渡し, だけ空中, だけ送る, だぜ, だと, ちらばって, つづき似顔絵, であった, であつ, である, です, では, でも, でも何枚, でも兎, で一梱, で五十, で五十両, で包んだ, で支配人, という程度, という自慢, といふ今, とが入っ, となっ, とも全部一等, とも同じ, とも舶来, とりだして, とりだしました, とをカラリ, とを番台, とフチ, と二朱銀五枚, と五十ドル札, と五圓紙幣, と分厚く, と小, と工場, と書い, と書きつ, と葡萄酒, と進ん, などがある, にぎらせました, にこまかく, になつ, には手, にわたって毒瓦斯製造法, に圧さ, に当たる, に浄書, に簡単, に過ぎなかった, に限らず, に鱧五本, ぬきだした, のきれ, のコント, のメダル, のレントゲン写真, の下画, の中, の予定, の例, の便箋, の制限切符, の割, の割合, の十円札, の原稿用紙, の原稿紙, の地図, の堵物, の大きな, の寫眞, の封筒, の山吹色, の座蒲団, の感想, の手紙, の書い, の板, の檢討, の歯形, の毛布, の水田, の瀬戸物, の着換, の着物, の紅葉, の紙, の紙幣, の紙片, の素材, の絵葉書, の緑, の繪, の罫紙, の色紙, の花, の苫, の草色, の葉書, の表, の表紙畫, の裏表, の褒美, の重い, の銀貨, の長, の障子, の青銅瓦, の額, の黄色い, はあの, はあらう, はいっ, はさ, はさんで, はずさないと, はずして, はねえ, はりつけられそ, は流れ, は特に, は確か, ばかりの真中, ばかり仕事, ばかり合わせ, ばかり引, ばかり書いたら, ばかり瞬間写真, ばかり私, ばかり重ね, ばさっと, ほどかいた, ほどつるさん, ほどのもの, ほどの文学史, ほど出し, ほど急場, ほど明日, ほど書い, ほど書いた, まで書いた, もあげた, もあった, もある, ものスケッチ, も上, も伊作, も十枚, も叔父, も堆く, も投げ出せ, も換える, も撮った, も撮つた, も新聞, も書い, も書いた, も片隅, も貼りたる, も釣れたなら, より多く, をお, をめくつ, を一つ, を一日, を与え, を入れたる, を巻き続け, を引っ, を手, を投出す, を抱かされた, を抵当, を日本橋, を書い, を書いた, を書き下し, を水, を漸く, を発見, を積まれた, を見, を賜わった, を送る, を面, ザラザラひろい, パラパラと, ペラペラと, 並べた, 並べて, 乃至十枚, 使います, 入って, 入れたほどの, 写して, 写しましたが, 出しなされ, 出来てる, 出来上る, 割れて, 取って, 取り出しそれから, 大坂, 大鱗, 奪られた, 当てたの, 御執筆, 折りの, 描いた, 散に, 敷き並べ彼女, 書いちまった, 書いては, 書かされちまった, 書きました, 書くと, 書くとして, 書く針桐小僧, 未だに彼, 梳張り, 残って, 残る紅葉, 渡されるの, 程かけ連ね, 立つて, 続きの, 続また, 綴じた手紙, 見せたらこれからすぐ, 買いすぐ, 買うと, 買う金, 買った, 買って, 迄書い, 送つて, 這入って, 進み他愛, 選び出して, 選り出して, 重なったまま, 重ねたそれ, 重ねて, 重ね朱, 釣って, 開けに

▼ 五十人~ (367, 0.4%)

4 も百人, 及び許多 3 の人, の人間, の縄, の者, の部下, ばかり, もいる, も居る, や百人

2 [19件] からの人間, である, と衝突, になる, に近かっ, のキャメラマン, の一行, の係員, の新入生, の警官, の警官隊, の顔, ばかりの乗客, ばかりの捕虜, もいた, も六十人, も集っ, を養う, 近い止宿人

1 [294件] あったらその, あつた, ありて, あります, あろうが, いやもっと, いると, おろうと, かへし, からの子供, からの死罪, からの職員, からの若者, から二百人, から百人, がみんな, がやや, が先頭, が出張, が守備, が落第, くらいの割合, くらいの学校, くらいの学生, くらい一生飼い殺し, ぐらいがこの, ぐらいしょっぴい, ぐらいずつ別々, ぐらいのよう, ぐらいの人間, ぐらいは防げ, ぐらいも有っ, ぐらい不足, このうち女, さえあやしい, しかなかっ, して, じゃとても, ずつあっ, ずつの二組, ずつ入れる, ずつ手空き, ずつ採っ, たらずの, だ, だけ選ばれる, だったと, つまるところから, であった, であるが, でその, では, でも百人, で包囲, で私, で都合二千五百両, という悲しい, という新, とか三百人, とか二百人, とか百人, ときめ, として日, となり, とのこと, とはなかっ, ともなっ, とサバ, とチョット, と共に島原, と合わせ, と相, と積, と組, と隊, ないし三百人, などと愛すべき, なれば, にも達した, に上った, に上らぬ, に余る, に先生, に加え, に揃, に足らない, に近かろ, のお, のお供, のお客様, のつもり, のみと云, のトルコ, の一座, の一群, の一隊, の中, の交換手, の人々, の人影, の余, の備え, の児童庭, の兵士, の出迎人, の分, の切支丹, の刑事探偵, の列席, の味方, の命知らず, の土人軍, の壮丁, の大勢, の奴ら, の子供, の学生, の宗門, の客, の宴会, の寡兵, の審判員, の建築師たち, の後衛隊, の徴税使, の愛妾, の手, の手勢, の探検隊, の札, の業者, の死人, の治療看護婦, の泊まり客, の浪人, の浮浪人, の特別, の男, の男たち, の研究, の総, の肉親, の自警団, の舁人, の船員, の芸妓, の若者, の被害民, の警官たち, の負傷者, の貴族, の身替り, の野武士, の集まり, の領血, の食客, の首, はある, はいる, はおります, はくだるまい, は一人, は少なくとも, は居たでしょう, は居る, は屹度当選, は後で, は得べく, は悲壮, は数えられましょう, は榊原康政, は泊, は間道伝い, は集まる, ばかりい, ばかりいました, ばかりだ, ばかりで, ばかりとりまい, ばかりなら, ばかりになっ, ばかりに向っ, ばかりのひとたち, ばかりのヤーフ, ばかりの中, ばかりの人, ばかりの人夫, ばかりの人数, ばかりの仲間, ばかりの侍女, ばかりの兵, ばかりの女, ばかりの学侶, ばかりの漁師たち, ばかりの若い, ばかりの蕃人, ばかりの警固, ばかりの鎗隊士, ばかりむらむら, ばかりを両わき, ばかりを相手, ばかりを連れ, ばかり一クラス, ばかり出, ばかり宿らせ, ばかり引導, ばかり舞台, ばかり草, ばかり行列, への一度分, ほどでした, ほどになった, ほどにも及ぶ, ほどの一隊, ほどの人, ほどの半, ほどの参会者, ほどの老若男女, ほどの者, ほどをつれ, ほどを斬ったらしい, ほどを特に, ほど揃え, ほど老若男女入り交つてみんな, ほど通っ, までが國家, までその, までは引き受ける, までは確か, まるで廂, も, もあっ, もあったでしょう, もい, もくる, もここ, もそこ, もつけ, もつれて, もの名, もの生徒, もの用心棒, もの男, もやしない, もゐましたらう, も一, も三十人, も働ら, も入れる, も助かった, も召, も娘, も居た, も押, も押しかける, も来たろう, も死, も死ぬ, も死物狂い, も減っ, も竹やぶ, も詰, も遊ん, も集った, も雇い, やそこ, より成り, ゐる教室, をいるるべき, をこえ, をつれ, をのこし, をひき, を三組, を下らなかった, を以て一座, を伏せ, を何とか, を入れる, を欠く, を率い, を百人, を超え, を連れた, 乗ったため, 使って, 居ると, 歩いて, 死ぬ割合, 程元, 見かける程度, 近い人間, 近い小作者, 集まると

▼ 五兵衛~ (357, 0.4%)

5 である, はその, は云った 4 が云った, だ, の妹, の家 3 の娘, は

2 [24件] が, であった, と申す, と言う, に深手, の倒れた, の子, の影, の手, の方, の遺産いっさい, はお, はこの, はそう, はそれ, は先年病死, は少し, は平助, は甲斐, は眼, は若者, は黙っ, も死んだ, も米吉

1 [272件] か, から金, がいかに, がいた, がいつも, がうっ, がかしこまっ, がはいっ, がはじめた, がひどい, がやめない, がヨロ, が仮装舞踏会, が伜, が切腹, が去った, が同, が呟いた, が声, が奥, が嫡子, が旅, が来, が歯ぎしり, が殺された, が殺害, が殿さま, が汗水, が焼死, が爪, が片手, が糸, が納屋, が納戸, が裏門, が討たれ, が討つ, が金, が門人, が陰, が駈けつける, そのほか穴山, その者, だいかにも, だけだ, だった, だという, っていう奴, てえお, であること, でございます, ですよ, でも, というの, という二人, という人物, という六十, という名, という呉服太物商, という植木屋, という者, という腰, といっしょ, とお, とかいう, とその, とただ二人, となりました, となる, とに急い, とは極端, とは遠き, ともうす, と一人, と二人, と伊助, と同じ, と名乗っ, と変名, と対立, と小間物屋, と忠八, と所名, と斎藤刑部, と知らない, と遠く, などの一隊, なるもの, にしろ, にはよく, には宇都宮, には意外, にもどう, にやった, に云った, に勘づかれねえ, に報告, に妹, に小言, に抜け, に接待, に接近, に旦那旦那, に気, に討たれたら, に責めさいなまれる, に走り, に近寄った, に預け, に頼まれた, のうらみ, のす, のそば, のところ, のほう, のもの, のやつ, のよう, のモットウ, の三男要蔵とい, の世話, の二役, の仇討, の前, の創, の墓碑, の女房アツ子, の妻, の子供, の孝助, の家族たち, の寝, の左, の御, の心, の性格, の愛する, の手代, の手先, の抱, の敵討, の来場, の無心, の目, の眼, の考え, の胸板, の脾腹, の腰, の言伝, の言葉, の謎, の遺体, の頬, の額, の顔, の願い, の食膳, の髭だらけ, はいつ, はうなずい, はおかしく, はおどろいた, はこう, はここ, はそれら, はそろそろ, はたまらなく, はちょッ, はつい, はなお, はなにか, はひからびた, はひとごと, はひどく, はふきげん, はほろ苦く, はまた, はむかし, はよろこん, はカッ, は二人, は云っ, は云われる, は付い, は何, は先, は具足, は博奕, は吐き出す, は吹く, は周防, は困った, は如才, は娘, は家, は富井, は小枝, は心, は忍剣, は急, は恐る恐る, は手拭, は斬首, は明らさま, は時代, は果てし, は槍, は標札, は炉, は炬燵, は獅子児糟屋助右衛門, は畑, は癇, は目, は眉間, は礼, は立, は立ちあがっ, は笛師春日平六, は答えた, は答えなかった, は繰り返した, は肉親, は草鞋, は見まわし, は親, は警察, は通された, は野良もんぺ, は鉄砲, は鎗, は陽, は雨, は雪帽子, は頬, は頬骨, は頭, は黙々と, へつぎこもう, へまわす, へ注意, も, もさすが, もなかなか, も何, も内々まんざら, も多く, も市太夫, も当り, も思わず, も次第に, も留守, も笠, も顔, や紀文, をあんた, をつかん, をよびとめ, をよろこばそう, を刺した, を呪訴, を拘引, を殺した, を焼き殺す, を見, を見た, を見る, を許す, を追って, 同じよう, 正助

▼ 五日前~ (333, 0.4%)

16 のこと 8 の晩 5 であつ 4 に, にこの 3 から私, にここ, に来た, に金, の事, の夜

2 [21件] からその, からで, から子供, から止む, から泊っ, なり手腕, にある, にお寺, にどうにも, になつて, にも, にもまた, に出た, に彼, に暇, に書いた, に私, の夕方, の新聞, の東京新聞, までは不

1 [236件] ある外国, お小夜, から, からいや, からかかっ, からこの, からさかん, からしきりに, からそこ, からだんだん, からでき, からです, からまた少し, からめっきり, からやっ, からようやく, からコソコソ, からシネマ, からズーツ, からドンドン, から一団, から九十九里, から事業, から二人, から二十日鼠, から伜, から佐倉, から何, から何だかソワソワ, から公園, から其処, から再び, から出仕, から前, から参戦, から口, から君子, から喧嘩, から地つづき, から天狗, から奈良, から奥, から妙, から始めた, から家, から宿, から寝こん, から寝込ん, から寢込, から寮, から小田原, から床, から引き, から御, から思つて, から方々, から暑, から杉山, から来, から格子戸, から横堀駅, から止し, から毎日さ, から気, から沈鬱, から用意, から町人百姓, から短い, から神戸, から緑川夫人, から腸, から藥, から行き, から起きられる, から身体, から逗留, から道具, から野菜, から鈴本, から鍋屋さん, から降っ, から風邪, がちょうど, この冬, じゃありません, だ, だそう, だったそう, だつた, ちょっとい, であった, である, でこれ, でございます, でしたか, ですよ, で万年青, で町内, といいました, といえ, とうとう兄, などなんと, にいちど此家, にかの, にきた, にそこ, にたった, になっ, にはビツクリ, には三条, には新調, には朝, には本田さん, にもおっしゃった, にもその, にもと, にもひ, にもよそ, にも二人, にも同じ, にも警視庁, にツェレリナ, にモスクワ, に二人, に五人, に亡くなつ, に伯爵邸, に何処, に來, に信州, に僕, に先生, に到れ, に受け取った, に善く, に土木課, に夢, に大家, に始め, に子供, に安土城, に岩見銀山, に川上さん, に川上糸子, に帰っ, に帰った, に急, に戸籍調べ, に手, に手紙, に教え, に斬られ, に新しく, に新た, に新子, に書かれた, に杉夫, に某砲臺, に此処, に死んだ, に沼井君, に狼村, に白魚河岸, に真っ盛り, に紛失, に聞いた, に背, に舟木さん, に若, に見えた, に見た, に親父, に誰, に買, に赤, に赤坊, に足, に近年, に近日, に送り届けれ, に這入った, に選挙, に野村, に鎌倉, に長湯, に降つた, に除隊, に面会, に頼ん, のあはれ, のある, の午後, の午後不安, の地方新聞, の夜半, の夜古泉堂, の夢, の大雪, の市民大会当日, の或, の新聞紙, の晩遇, の晴れた, の暴風雨, の朝, の朝入渠, の片山夫妻, の発作, の矢, の通り, の雨, またもや日本, までという, までは夏, までは毎日, までは確か, まで久しく, まで窓枠, まで船, も姉小路少将, も渠, も知人, も聯合組, も門司, より一大ストライキ, より中風, より天気快晴, より容体, より容態, 丁度奥様, 出た切り, 少し強い, 帰りました, 決って, 突然あ, 突然警察

▼ 五ヵ年計画~ (328, 0.4%)

14 を四年 7 が着手, の終り 6 がはじまっ 5 に関するパンフレット, の達成 4 の第, はソヴェト, 第二年目 3 がはじまった, によってソヴェト, を完成, 第一年

2 [20件] が始, が始まった, が完成, が実施, ではその, でソヴェト同盟, で集団農場, というもの, とソヴェト, に着手, のはじめ, の実践, の意味, の生産経済計画, の英雄, はこの, はその, ヲ四ヵ年, 第一年度, 第三年目

1 [220件] から出現, から第, がすすむ, がすんじまう, がそれ, がつまり, がどう, がはじまる, がもりこまれ, がやっと, がソヴェト同盟, が凡, が四年, が実現, が実行, が巨大, が支出, が楽, が水泡, が着々, が終っ, が終った, が進捗, さえやっちまえ, だったって, って仕事, って何だか, であっちこっち, では大した, では更に, でもっ, でやって来た, でキネマ館, でソヴェト, でソヴェト農民, でラジオ, で八歳, で四〇〇パーセント, で国じゅう真剣, で実現, で工場, で役に立つ, で数千, で生産, で診療所, で農産物, で進められ, で集団化, と, という事, という素晴らしい, ときりはなせない, として意義, とその, とともにこの, とともにこんな, とともにソヴェト同盟, とともにプロレタリア作家たち, とともにプロレタリア芸術, とともにラップ, とともに前進, とともに始まった, とともに従来, とともに拡大, とともに現れた, とともに確立, とともに責任, と共に幾つ, と生産経済計画, と結びつい, と芸術, と都会, なるもの, なんぞビーイ, において最も, についてどの, についての演説, についてぼんやり, についても集団農場, について気焔, について話し, について語られる, につれて発生, にとりかかった, には必ず, によって, によってすっかり, によってそこ, によってだ, によってウラル地方, によってソヴェト同盟, によって一九三三年, によって全, によって変化, によって新しく, によって生産労働者, によって自然, によって賃銀, によって階級闘争, による一つ, による工場, による社会主義建設, による社会主義的, による社会主義都市, による集団農場建設, に協力, に参加, に反対, に於ける, に結びつけ, に至る, に関係, に障害, のおおうべく, のおかげ, のごく, のすべて, のすんだ, のため, のはじまり, のはじまる, の三年目, の三年間, の中, の今年, の偉業, の初め, の初めシネマ館, の噂, の基本的方針, の基礎, の壮大, の失敗, の奮闘, の始, の完成, の実施, の実現, の実行, の年度予定, の影響, の成功, の成果, の政治的内容, の文化事業, の文化計画, の核心, の根本, の演劇, の目標, の素晴らしい, の紹介, の終ろう, の絵物語, の絵解き, の話, の課題, の進行, の都市計画, の開始, の集団農場化, の革命的意味, はいろいろ, はどんな, はソヴェト人民, はソヴェト同盟, はソヴェト生産, はソヴェト経済, はソヴェト鋳鉄生産額, はブルジョア反動家, はプロレタリアート文化向上資金, は一一〇パーセント, は三十四億七千六百ルーブリ, は不可能事, は体, は先ず, は全, は勤労者, は勤労階級, は十分主題, は図書館, は大衆, は実現, は文化的事業, は演劇, は複雑, は農村, は農民作家, は農民作家たち, は鉄, は首府, まではソヴェト唯一, をあらゆる, をしあげた, をほんとに, をやれ, を一目, を三つ, を中條, を主題, を十度, を吸収, を基本, を堂々, を境, を完遂, を成就, を根柢, を機会, を表徴, を資本主義, を達成, を題材, ヲ四年, 及び農村, 第一年目, 第一年頃非常, 第三年目完成ノタメニ諸君用意シロ, 第三年目当初, 第二年め

▼ 五六年~ (327, 0.4%)

31 も前 17 の間 12 の頃 7 になる 5 にし, のうち, まえから 4 たって, になります 3 して, にもなります, のあいだ, も昔

2 [22件] しかなかっ, してから, である, にはなる, に終る, のこと, の交, の昔, の月日, の歳月, まえの, もかかっ, もたっ, もたつ, も後, も日本, も経つ, を経過, 図らずも, 生きて, 経って, 経つて

1 [181件] あそんで, あるひ, いたよう, いや七八年, かかつ, から中学一, がすぎ去っ, が近い, ぐらいにしかならない, ぐらいは経っ, このかた, このかた小使銭, このかた痛み, この方大変進歩, さかのぼる, しかありませぬ, した経験, じっとし, じゃあもう, その両年, その生活, たたなくっちゃ, たちゃそろそろ, たったの, たった壁, たった頃, たつけれど, たつてから, たつてからの, だけで, つ, つとめましたかね, であ, であれを, であろうが, では, でバタ, で終る, という当時勤労階級解放運動, とを含め, にかなり, にしかならない, にしかならん, にしかなりません, には一対一一二, には水, にもならう, にもなりませう, にもなる, にエリザベス, にモハメッド二世, に四五人, に死す, に産児, に至る, に連続, に過ぎざれ, のころ, のころ仏京, の三十二三歳, の三十円, の中, の久しき, の事, の出來事, の危機, の夏, の将軍家, の年月, の後, の忘れ, の恐ろしい, の時代, の時分, の浮浪, の烈しい, の生活, の緋鮒, の若い, の表, の観察, の記事, の軍隊生活, はかかる, はかかるだろう, はその, はたしか, はたちまち, はたつ, はたつであろう, はぶじ, はまだ, は両刀使い, は六十二, は勿論, は基本的, は実, は少年ゴーリキイ, は帰らぬ, は戦争, は暇どれる, は生き堪へられる, は立つ, は腰, は舞台, は若返った, は見えなかった, は諸々方々, は過ぎた, ばかりも前, ばかり前, ほど一ぺん, まえだが, まえまでには, まえまでは, まえパリ, まえ私たち学生, までにかけて日本, までの間, までは教育, まで十三, まへ, まへから, まへに, まへまでには, まるで彼, もいましたろう, もかかろう, もし, もすめ, もする, もそれ, もたった, もたて, もっとに, もつづいた, もの長い, もまえ, も住み慣れる, も備中, も全く, も前お, も奉公, も姿, も孫右衛門, も寝起き, も居ります, も年, も放つ, も暮, も朝夕わし, も此家, も毎年葵原, も無事, も用いたろう, も男, も経れ, も経過, も老齢, も考え, も考へ, も船, も見た, も間, も雇つて, より同, を一期, を送った, を送る, を過ぎ, を過ぎた, を過しました, 住んで, 変るもん, 息まつて, 生まれ取って, 程前, 経たなければ, 続いて, 迄の間, 過ぎての

▼ 五~ (316, 0.4%)

14 も六度 9 の角度 7 や六度 4 では 3 なり, に下がる, の方向

2 [14件] か六度, ぐらいの角度, だ, である, になった, に一度, のもの, の時, の線, もある, も家出, 繰返すうち, 飲むうち四度, 高いと

1 [245件] いつた, うつくしい盛, から三十五度位, から五十度, から六十度, から六十度辺, から十六度, から四十二度, か寒い, か或いは, か短, が七回, が十回, が十度, くらいで, くらいな, くらいにし, くらいに船首, くらいのところ, くらいの範囲, くらいの角度, くらいまで下る, ぐらいと云いたい, ぐらいにし, ぐらいに分け, ぐらいに頭, ぐらいの傾斜, ぐらい咳込みます, ぐらい喰, ぐらい暖かく, ぐらい食べ, ぐらい食べない, こまかい雪, さうし, しか出来なかつた, しか見た, しくじっても, した, じゃん, ずつ廻転, ずつ窓板, ずつ降る, そしてついに, たたくほう, だけ上昇, だけ温め得る, だった, だネ, ついには, であったと, であるが, でもあつ, でも毎晩, で大した, とあがっ, という数値, という日, といふ日, といふ本, とか十三度, とは言わない, ともその, とタミ子, と両手, と千萩, と声, と度重なる, と思う, と文, と死, と重なる, なりしが, なれば, における性質, になっ, になつて終, になれ, にのぼる, にはめられた, にも七度, にも舐める, にわたって同じ, に三度, に上がれり, に二回位, に入る, に合わす, に昇った, に減じ得る, に當, に移っ, に近かっ, のあいだ, のあたり, のところ, のパンク, のモスク, の並行, の休養日, の位置, の低温室内, の体温, の傾き, の傾斜, の割合, の厳寒, の吹きさらし, の外, の大, の嵐, の戦い, の所, の敬礼, の文, の旋回, の日曜, の春, の気温, の泡盛, の炎天, の眼鏡, の私, の範囲内, の質問, の転換, の退却, の間, の闘技, の風, の食事, はあの, は多, は失職, は女, は慥, は手入れ, は確, は訳, は通った, は食事, ばかりあがっ, ばかりも往來, ばかり勧め, ばかり東, ばかり行っ, ふること, へ下げろ, ほどくりかえし, ほどななめ, ほどの気温降下, ほどの相違, ほど傾いた, ほど渡辺, まではどうやら, までも浴びせかけられた, までも重なっ, まで取っ, まはす, も, もおいで下, もおよそ, もお便り, もこの, もさそはれけり, もしばしば, もみ合って, もよく, もヘリコプター, も傾けた, も出, も出かけた, も刀, も尋ね, も廻つて, も彼女, も急, も打ち, も替った, も有る, も燒, も生んだ, も私, も細君, も繰り, も職業, も腰, も行っ, も袖, も覗いた, も起き, も遊牝, も郡長さん, も重, も頭, も頼ん, も食事, や七度, や三度, よりも低い, より五十五度, より寒けりゃ, を下がる, を得た, を超え, を越える, を距, 乃至一七度近く, 乃至三十度, 乃至二十度位, 乃至十度, 会った, 傾いた円筒, 傾くと, 傾けて, 冴え五度, 出掛けた, 切りつけた, 叫んだ, 呼びたて, 呼んだが, 安うござん, 尋ねて, 少くも, 廻った, 引きあげられ落とされて, 引っくり, 後午, 怒鳴り散らされた, 慌しく鰓, 捕われて, 正に寒中, 泣いて, 泣くと, 消ゆる, 熟した麦, 現われて, 笑った, 繰り返して, 聞いたと, 行うた精霊会, 見ました, 読み終わって, 迎えて, 逢うところ, 馴れると

▼ 五~ (314, 0.4%)

20 の道 8 の間 5 の山道, もある, も十里 4 と七町, ばかりにし, ばかり離れた 3 の山路, はなれた, ほどの間, も離れた

2 [17件] から十里, か七里, でも六里, と停車場, のところ, の海上, の湖上, の距離, の雪道, ばかりのところ, ばかり隔, もう里, も先, も守り, を古い新しい, 歩いた, 近い道

1 [213件] あり, あります, おそくも, かけるにも, かしか歩かない, から二十里, がせいぜい, がほどに二三十町, が家業, が峰, くらいもある, くらいもずっと, くらい離れる, ぐらいは平気, ぐらいも往, ぐらい北の方, ぐらい行った, ぐれえあるかね, さうなと, しかない, しかへだたっ, しか走れない, すると岩山, だと, ちかくあります, ちかくの, である, であるこの, でも山, とある, ということ, というひろい, というん, という所, という辺り, といえ, といったところ, といふこと, とはない, とはないでしょう, と云う, と同じ, と四分の一, と歩み行き, と申し, と称せられ, と見れ, と言っ, と言われ, なりしこと, にし, にわたる, にわたる夜営陣, に亘る, に亙り, に及び, に四時間, に当, に蒙, に足りない, に過ぎず, のあいだ, のこの, のへだたり, の万流湖, の下り, の下水道, の先, の円盤, の処, の利根本流, の区域内, の厚, の地, の外, の層雲峡, の層雲峡中, の山奥, の山径, の幅, の果て, の森, の江戸, の沖あい, の沿岸道路, の湖, の灘, の石ころ道, の空間, の蓼科高原, の行程, の街道, の西高峯, の路, の辺鄙, の近い, の近郷近在, の速, の遊里, の違い, の間以外, の間道, の雨, の霧中, はある, はなはだしきは, は一息, は今日中, は全然, は大抵, は我が, は来た, は特殊, は走れよう, は遊里, ばかし支線, ばかりで, ばかりと答, ばかりのごく, ばかりの処, ばかりの山奥, ばかりの津島, ばかりの緩い, ばかりの道, ばかり先, ばかり南, ばかり同じ, ばかり山, ばかり揺られ, ばかり有明, ばかり東南, ばかり歩い, ばかり池, ばかり行かなく, ばかり西, ばかり進みます, ばかり進ん, ばかり降っ, ばかり離れ, へだてたクロア・ド・コルバ, ほど, ほどある, ほどである, ほどな, ほどの円, ほどの道, ほどはいった, ほども分け入る, ほども北, ほども掘り崩したら, ほども歩いた, ほど先, ほど歩い, ほど汽車, ほど西下, ほど退いた, ほど陣, ほど離れ, ほど離れた, までは無, もあり, もあるく, もあるべく, もいく, もこられた, もない, もの山奥, もはなれ, も下, も人, も八里, も六里, も奥, も山, も山奥, も歩いたら, も歩かなく, も歩きまし, も歩き廻っ, も歩く, も歩け, も距, も進んだ, も道, も遠方, も離れ, も馬車, や十里, を一目, を尾, を行く, を隔て, 半許, 少々余, 悲しきこと, 歩いたわけ, 歩いた何, 歩いた水, 歩いて, 歩きます, 歩みぬまた, 真北, 行くと, 行っては, 走って, 進み六分の勝, 降り十五里, 離れた三次, 離れた三次町, 離れた処, 離れた小さな, 離れた親戚, 離れて

▼ 五年間~ (310, 0.4%)

6 の生活 3 のあらゆる

2 [21件] というもの, にこの, にわたしたち, に世界, に於, の主, の事, の唯一, の大, の家庭生活, の平均, の日本, の東京生活, の田舎, の自分, はいくら, は市, は殆ど, は辛抱, もこの, 続いたの

1 [259件] いた間, いて, いわば年ごと, おそろしいも, おった寄宿舎, かうして, かかるよりも, から七十年余, かわらずに, が必要, ぐらいチョンマゲ, この二つ, この油揚げ, ずいぶん派手, ずっとその, ずっと体格, ずつの刑, その四壁, その母子, そんな事, でせう, では, でも二十五年間, でも引き受ける, でも氷冠, でも泊りたい, で立ち直る, というの, というもの山口恵海先生, といはず, といふもの, といふもの頭, と変らない, どのよう, において如何, において社會, における原子物理学, における社会情勢, にかけてすまし, にその, につまり一九二八年, にどれ, になされた, にはお, にはすべて, にはそれ, には三磅六シリング六ペンス, には何, には何事, には優に楽々, には百八シリング, には非常, にも芸, にわたっ, にわたって苦心, にわたるいわゆる, にわたる長い長い, に一度, に五代, に五十万人, に亙り, に内地, に出した, に出た, に十一家, に各, に四十二フラン十スー, に図書館設置, に国費, に大変進歩, に少々, に彼, に新しく, に日本, に書残し, に最も, に期待, に武器, に残し, に段々, に渉, に特別五ヵ年計画, に生き, に生産, に百五十, に穀物, に行燈, に貰いためた, に通過, に驚くべき, のある, のいろいろ, のまるで, のアメリカ, のオールドルフ, のブロマイド, の一連, の不, の世界史, の中学校生活, の人口実測, の仕事, の任務, の任期, の休業, の余, の共同生活, の共棲, の出来ごと, の利息, の努力, の勉強, の勞役, の勤め, の増加, の夢, の契約, の家族, の寄り道, の寄宿生活, の寛容, の少年少女, の帝都, の平均年超過, の年期, の引退興行, の強いられた, の思い出, の思想上, の恋人, の恩義, の惨憺, の戦争, の改組, の旅中, の春秋, の暗中模索, の歩み, の死亡以上, の沈黙, の流竄, の深い, の爪, の牢獄生活, の生かされ, の異, の異常, の療養生活, の百姓生活, の眠り, の瞑想, の研究, の研究費, の社会事情, の社會, の約束, の統計, の親しみ, の詩生活, の謝礼, の追憶, の都会生活, の間, はおそらく, はその, はそれ, はただ, はたらきました, はアンナ, は人, は免ぜられ, は大石先生, は完全, は彼処, は彼處, は愛用, は最大, は業績, は欧州大戦, は此処, は武鑑, は比較的, は草, ばかりいた, ほどの間, または十年間, また別に, まだとけ, もある, もいる, もお, もこうして, もころがし, もさる, もじっと, もって, もつづけた, もつまらない, もともに, もの経験, もゆす, もよく, も一つ, も先, も全然, も学校, も居, も意志, も持続, も故郷, も未納, も東京, も毎日, も無事, も続け, も配当保証, よく辛抱, をヨーロッパ, を可能, を如何, を屈辱, を押し通し, を指す, を暮した, を経過, を見, を通じて受けた, を通じて約, を通じる, を過し, を顧み, を飛越, 会った事, 住み荒されて, 住んで, 働かせられて, 働きづめでためた金, 全く一日, 全く作品公表, 切っても, 同じ屋根, 大きな比率, 居たの, 常に至誠, 待って, 思いつめて, 思ひつめて, 戻らなかった, 手荒い仕事, 持ちこしたの, 歩いて, 泣かされて, 生きて, 程居, 稼いで, 約三百回, 続けて, 若くは, 通い続けて

▼ 五分間~ (307, 0.4%)

4 のうち, 焼きます 3 というもの, の後, もじっと, もそれ, 煮て

2 [14件] だ, つづけて, でいい, で灰, で終った, と経たない, ののち, の猶予, の長, ばかりし, ばかりも泳い, ばかりノベツ, ほどし, ほど考え

1 [256件] あると, おくれたなら清ちやん, かからん, から六, か三分間, か十分間, があります, がいつか十分二十分, がすぎる, が或, が永遠, が近づきつ, くらいですむ, ぐらいはかかる, ぐらいは水, ぐらいもそこ, ぐらいもエイエイエイ, ぐらい尾, ぐらい後, ご猶予, しか待てない, して, じっとし, じゃそれっきり, ずっと喋り, ずつの落語協会, ずつ寝る, その姿勢, その店, たって, だけだ, だけでも必死, だけの会見, だけ眠らせ, だね, だよ, つきあって, つづけざま, で, であった, でおれ, でおわる, できまる, でさつ, でした, です, ですむ, では, でもい, でも僕, でも考える, でも耐ら, でも行軍, で五円, で副官, で名残り, で大, で客, で建物四棟, で当時, で明り, で欠伸, で火熨斗, で終っ, で行かれる, で間に合う, で髪, といふ時, とかからない, とかからないだろう, とかからなかった, とかからぬ, とは前代未聞, と云, と停滞, と変り, と居る, と立っ, と経ぬ, と起きる, なぐりやがて, なりきと, にある, において二人, にしか過ぎなかった, にて完了, になっ, にねたましい, には揃, には血中, にやっ, にわたって探検, にわたって録音, に一度位, に七たび, に二本, に取交した, に書斎, に自分, に質問, に間に合わなかった, のこと, のねうち, の休み, の休憩, の幕間, の店先, の手遅れ, の機会, の沈黙, の滞, の無線電話, の眩惑, の立ち話, の話, の長かっ, の間, の間経験, はかかった, はたっぷり, はとても, はどちら, は切れ, は最初, は過ぎ, は過ぎた, は長く, ばかりお, ばかりささえた, ばかりずつじっと, ばかりそこ, ばかりたった, ばかりだしぬけ, ばかりで, ばかりでも, ばかりというもの, ばかりと言った, ばかりなるべし, ばかりの程度, ばかりは何, ばかりは僕, ばかりもその, ばかりもどっ, ばかりも握りしめられ, ばかり大声, ばかり射ちあう, ばかり止っ, ばかり焼きます, ばかり焼く, ばかり煮る, ばかり煮立てる, ばかり眼, ばかり経つ, ばかり続いた, ばかり見張り, ばかり話しこむ, ばかり途絶える, ほどお目にかかっ, ほどがほ, ほどここ, ほどこの, ほどする, ほどたちます, ほどもつづい, ほども目, ほども絶えず, ほども黙りこん, ほどわれわれ, ほど交互, ほど佇立, ほど何, ほど寝, ほど感心, ほど戦ぎ, ほど泳いだ, ほど焼け, ほど牛, ほど経つ, ほど經, ほど腕, ほど蒸焼, ほど過せし, もあれ, もいい, もか, もかからない, もかからなかった, もこの, もし, もしない, もすれ, もそう, もた, もたちましたでしょう, もたて, もつかっ, もつづいた, もつづいたら, もつづく, もてば, もコゼット, も其所, も唸り声ひとつ, も嘗め, も夢中, も廻さなけれ, も彼, も待つ, も手, も泊らで, も泡立ておい, も泡立てる, も消えず, も炉火, も焼け, も煮たら卸す, も眠れ, も立ちどまつ, も経ちます, も経った, も経つ, も見つめ, も話せ, も運転, も黙っ, やっとこらえた, や十分間, をこえない, をわたくし, を与えた, を利用, を待った, を自分, を要す, を観測, 乃至十分, 休んで, 吊した後十匁, 待つて, 後れて, 戦った, 探しあてるの, 早ければと, 来ましたよ, 歩いた所, 漬けて, 焼いたの, 焼いて, 煮立てると, 程ここ, 程一言, 経ったの, 置きに, 置きます, 見せて, 貰って

▼ 五百円~ (306, 0.4%)

13 の金 3 あれば, の恩給, もする

2 [14件] か千円, だと, です, では, とか千円, と少し, なら買手, の小切手, の紙幣, の証書, の賞金, も千円, 貸して, 近い収入

1 [256件] あるん, いると, いるの, おいて, おろして, か, かすてき, かの端金, から二千円ぐらゐの金, から千円位, か六百円, がいい, がもの, が失せた, が思ひ, が精いっぱい, が紛失, くらいなけりゃ, ぐらいかも知れない, ぐらいずつ車券, ぐらいで, ぐらいでも外泊, ぐらいには掛合いました, ぐらいのよう, ぐらいの所, ぐらいは出し, ぐらいもらっ, ぐらい浮い, しかしない, しか持っ, じゃお, すっちまって, ずつたまるだろう, ずつで経営, ずつの月賦払い, ずつ余す, ずつ十二レース, その晩, それでも三号雑誌, たしかに, だ, だが, だけはかうし, だけを与え, だけ借りたい, だけ工面, だけ貰, だし, だしたぜ, だったという, だってまだ, だつた, ちかくもらった, って, つかう学生, であったかと, であつ, であなた方なみ, である, であるから, である事, でお, ですつて, ですよ, でほんとに, でもいい, でも千円, でも売れる, でも無理, でも高, で一万八千円, で二十五俵, で入質, で出しとる, で古い, で土地, で売った, で売る, で売買, で夕食, で暮せ, で親元根引き, で銀行, という具合, という大枚, という高価, といふい, といふもの, とかお金, とかで手, とかになるね, とかやっ, とか予定, とか四千三百円, となった, とられや, とりのぞくの, と三百円, と云う, と切り出したかつた, と去年, と合計月, と定, と帳面, と時計, などと云う, ならたいした, なり, なり四千円也, なんてまとまった, にさした, にしたい, にする, にてお, になり, になりました, になります, になる, になるだろう, になるまい, にはなる, に下った, に負けとく, のあり, のお金, のその, のわけ, のペトロン, の二種, の代物, の余財, の保険料, の借金, の値, の初給, の利益, の収入, の句集, の壷, の大損, の妾, の年金, の懸賞, の手附金, の教科書, の最高給料, の月給, の札束, の束, の洋封筒, の清, の為替, の玉露, の現金, の相場, の竹, の約束, の紙幣束, の芝居, の融通, の補助, の証書面, の賭け金, は, はあなた, はある, はあるらしかった, はおろか, はかかる, はどうしても, はなく, はわけなく無くなっ, は五人家族, は入りましょう, は大金, は瀬戸さん, は貰っ, は高かっ, ばかし集まつた, ばかりあります, ばかりご, ばかりすっちまった, ばかりで, ばかりできてる, ばかりを使った, ばかりを計上, ばかり取られた, ばかり御, ばかり給料, ばかり飛ん, ばかり高飛び, ほしき由申出で, ほどなあ, まで, まである, までの月給, まで値上げ, ま一日五千円程度, もいただく, もすっ, もただ下, もって, もなく, もの使用料, もらうの, も解釈, やるから, や三百円, や六百円, よりはすこし, より出せぬ, をもらった, を七年間, を今, を使う, を出し, を出る, を分, を前, を受け取る, を得, を得た, を懐, を投げ出し, を投じ, を投じ去る, を持ち出し, を欲し, を求めた, を渡し, を渡辺氏, を無言, を盗み, を給, を自分, を要し, を調達, を集めた, 借りること, 入って, 出せという, 出せの, 出る約束, 受けとったの, 少ないの, 掛った, 程ある, 積まば, 落すよう, 貰ったこと, 貰ったという, 貸しては, 迄で製作販売, 返してさ, 送つて, 遊んで

▼ 五十両~ (296, 0.4%)

26 の金 4 の金子 3 で手, といえ, と云う, を持っ

2 [21件] だ, だとさ, では, でも百両, という金, に売っ, に売られ, の件, の封金, の才覚, の褒美, の賞, の銀, の銀貨, ほど持っ, やるとか, や百両, を出し, を給, 出して, 貸して

1 [212件] あったので, ありゃあ私, ある, あるから, おいて, お払いくだされたく, お筆, か, かたりとっ, からちょっと, からとなる, からの金, から見れ, か二百両, がこの, がふい, が包, が小笠原石見守, が物, が百両, くらいあれ, くらいに売り付け, くれて, ぐらいなら, ぐらいになります, ぐらい何とか, ぐれえの, ころがりこむかも, ございます, さしあげると, しかございません, したッ, じゃ売れる, ずつの年賦, その残り, たらずかと, だが, だけを伊八, だと, であつ, であの, である, でおとなしく, ですが, でその, でまとめようと, で売る, で彼, で抱き込み, で約束, で茶碗, で貴方, という, というの, というもの, という品, という大金, という手切れ, という金子, という額, とか捲き上げた, とか百両, とは何事, とまとまります, とを胴巻, と吹かけ, と心中, と纏まった, と能役者, なければ, なぞという大金, などというお金, ならば, なら出来るじゃ, なら私, なんとか工面, にさしつかえる, にし, にしとけ, にでもなれ, になるだろう, にねがいました, には足らなかった, に二十五両, に売られる, に売り込め, に売り込もう, に棒, に魂, の, のお, のおろそか, のかた, のとり, のもの, の一割, の仕度金, の借り, の入費, の割合, の包み紙, の台, の大金, の寄進, の封金二ツ, の小判, の工面, の手切れ, の手金, の無尽, の用金, の盗賊, の線香, の耳, の茶道具, の融通, の財布, の買い物, の質, の金策, の駒, はお, はかたじけない, はこいつ, はこっち, はちと, はてめえ, はどこ, はわたくし, はわたし, は二つ, は今, は右, は大丈夫, は少し, は戴きません, は目, は高く, ばかりあった, ばかりあらあ, ばかりあれ, ばかりお, ばかり使い切りました, ばかり取っ, ばかり用だっ, ばかり要る, ほど, ほどの持金, ほどを窃, ほど黙っ, までに買いあげ, まとまったあの, もあれ, もかわいい, もって, も有れ, も衣裳, やつて, やると, やる約束, をお, をふところ, を下, を与える, を了見, を入れた, を取り立て, を受け取っ, を叩い, を女, を広江寺, を強盗, を我物, を所持せり, を払わせよう, を持ち出し, を持った, を掠め去る, を数え終わっ, を河内屋, を渡しまし, を無理, を稼いだ, を貰っ, を資本, を頂戴, 付けて, 借りたいという, 借りたきり, 借りて, 入るだから, 出しますか, 出す, 出すよ, 出せば, 出そう, 取られたの, 取り返して, 大きい家, 小藤次, 張り百両, 持て居たから, 有れば, 渡しましたら栄三郎様, 盗まれた, 程用意, 立て換えて, 落っこと, 貰うて, 貸しつけようと, 遣るが, 遣るべ

▼ 五~ (283, 0.3%)

20 の金 3 か十両, という金, に売った, の工面, の相場, の鶉, や十両

2 [20件] か二十両, その時, だ, だって, だよ, で, でございます, といや, と聞い, に負け, の鼻グスリ, はどう, ばかりの金, も金, やった, や三両, を半価, を横取り, 乃至二十両, 貸して

1 [202件] あずけまして, あったから, ありましたよ, ありゃはっぱ者, おつり, お持ちなすっ, かかっても, かかると, か三両, がとこ, が手, が渡された, が百二十五両, くれますか, ぐらいから相場, ぐらいなら, ぐらいのこと, ぐらいのもの, ぐらいの通用, ぐらい取ったろう, ございまするが, しようと, じゃあるまい, じゃあ国, じゃき, ずつくれった, ずつまんまと, ずつも呉れ, ずつやった, ずつ呉れる, ずつ遣わそう, それだけの, たァ, だけ損, だけ貸し, だけ返金, だった, だっていや, だと, だね, ちとお, つけて, である, でいい, でございますよ, ですが, でその, では, でも, でも三両, でも八両, でも貰っ, でも這入り, でやる, でよろしゅう, で事, で命, で売る, で帯, で死ぬ, で競り, で臼杵藩, で買うた, で買った, で逃出, というところ, というの, という亀安自慢, という口留料, という大きい, という大金, といたぶっ, と一分, と一分二朱六十八文, と云, と云う, と切出した, と十両, と四, と女衒, と爆弾, と着物, と纏った, と纏まった, と致します, と踏ん, と順々, なら大金, なら貸して, なり十両, なん, なんて戴く, にしかならない, にどう, になった, になる, には確か, にもなる, にも事欠く, にゃおつけなさりやしまいよ, に件, に替え, に添手紙一封, に負けよう, に買い上げた, に買っ, に過ぎず, のうち, のこと, のチップ, の三十両, の代物, の会費, の儲け, の割合, の大金, の封金, の小判, の小遣, の手金, の持ち合わせ, の損, の支度金, の日当, の横槍, の無心, の物, の礼, の程度, の約束, の給料, の謝礼, の賞金, の金包み, の金子, の雪白, は, はおけない, はほんの, は去年, は飛ん, ばかり, ばかりの端, ばかりの雇い, ばかり入っ, ばかり溜め, ふん奪られ, ほどあれ, ほどの金, ほどぼろ, までの金, もした, もする, ものこづけ, もろうた, も上がる, も入ったら, も六両, も貸す, やそこら, やって, やらとにかく, やる, やるから, や二十両, をそえ, をたばかり, をとどけ, をどうか, をまきあげ, をやろう, を借り, を借りた, を入れ, を切餅, を取っ, を取り出し, を天引き, を岡見, を延津弥, を払っ, を投出し, を持っ, を掻き集めよう, を故郷, を渡した, を請け取った, を貧しい, 上げる, 借りた, 借りて, 其の外荷主様, 出して, 出す, 呉れたは, 奪って, 差入れたもの, 良い品, 貰ったかと, 貰ったそう, 返すの, 遣ったの

▼ 五六日~ (276, 0.3%)

16 の後 12 して 10 経つと 6 すると 5 の間, 経って 4 過ぎて 3 たって, になる, のうち, のこと, 泊めて

2 [20件] おくれて, したら記事, してから, たってから, たつて, というもの, のあいだ, の予定, の内, は東京, ほど前, まえに, もたった, もたって, も十日, を経, を過し, 寝て, 立ってから, 経つて

1 [163件] あって, いた, いまだ飯, いると, おしこめられた, お顔, から札幌, か一週間, がひどく, くらいじゃない, こうしたなり, こつち小便, この古都, この宿, この沼, ご厄介, しかたつ, しか経たない, しみじみと, せめて殿様, そうだ, その不思議, その大, たたなくては, たった, たったらその, たった今日, たった後, たつた後, つ, つづいて, であった, であつ, でした, でよし, で元, で出発, で四月ぢ, で家, で暇, で暮れ, で書きあがる, で正月, で父, で発芽, で退き, といふもの, といわれ, とかかっ, と思ふ, と断っ, なの, にあるべき, にすぎなかった, に一度, に発行, に限った, のお, のころ, のところ君, の不安, の二日, の時間, の苦労, の評議, の貧しき, の路程, の逗留, の間毎日, の間私, の間雇, の離陣, の頃, はかかる, はつづく, はぬけられ, はやすむ, は休み, は何事, は半鐘, は姿, は居るだろう, は御, は悠, は持つだろう, は晴れまい, は来ない, は棄て, は無事, は碇泊, は苦しむ, は身体, は近寄り, は開けた, は随分, は雨, は雨天, ばかりが過ぎ, ばかりも見なかった, ばかりを夢, ひじょうに幸福, ふりしのち此比, ほどし, ほど出, ほど小島, まえから, まえすでに, まえの, まえ僕, まえ妹, までこれから, まで約, もいる, もか, もたて, もまえ, もまだ, も仂, も出ず, も前, も家, も湯, も経っ, も経つ, も経つた, も続け, も過ぎ, も間, も風呂, をすごした, を暮し, を私, を経っ, を費やしましょう, を過ぎた, を過ぎない, を過ぎる, を過す, 伏せって, 使う子ども, 使わずに, 引きこもって, 歩けば, 生延びて, 直りませんでしたが, 稼がせて, 立つと, 経たないうち, 経った奴さん, 経った後, 経った朝, 経った頃, 経っての, 経っても, 続いた雨, 続くと, 置いてから, 見えなかった呑ンベ, 見ないうち, 過ぎたある, 過ぎると, 遠退いた, 隠まって

▼ 五~ (271, 0.3%)

8 もある 4 と離れ, の距離, の間, も先, も離れた 3 の口, ほど離れた

2 [20件] か六間, しかない, の家, の教場, の舞台, の間隔, ばかりで, ばかりなる, ばかり軒, ほどの幅, むこうを, もあり, もあろう, も向う, を七間, 歩いて, 行くと, 離れたところ, 離れた処, 離れて

1 [197件] あるいはそれ以上, あるき出してから, おくれて, かにくぎられ, か二十間, か十間, がとこ, がほど前, ぐらいずつ間, ぐらいでした, ぐらいです, ぐらいな小, ぐらいのせまい, ぐらいの下流, ぐらいもある, ずっと上げ, ずつに折れ, ずつ隔て, その上, その殿内, たどって, だがそれ, である, でさすが, で四十円, で行きどまり, という長, とはある, とはあるまい, とははなれ, とは直に, とは隔, とは離れ, とも離れ, とタマ, と先, と向う, と感じる, と續, と落ち, と行かぬ, と詰, と這う, と進む, と離れない, ないし四十間, なり, にし, にはともし, に六間位, に十二間, に南北六間位, に四間, に過ぎない, のお, のこの, のその, のところ, のへだたり, の二階家, の二階建, の処, の切付け, の切口, の奥行, の川, の広間, の板, の板塀, の板間, の植込み, の檜舞台, の此方, の殺風景, の浅い, の独立, の空間, の舞臺, の近く, の長竿, はあつ, はある, はあろう, はなれ, はなれた, は押流, ばかりある, ばかりかけだし, ばかりこう, ばかりさがっ, ばかりの小石河原, ばかりの矢場, ばかりの縁, ばかりの間隔, ばかり一息, ばかり中庭, ばかり先, ばかり半, ばかり屏風, ばかり快, ばかり歩き出した, ばかり焼けのこった, ばかり行く, ばかり走っ, ばかり走った, ばかり走つた, ばかり退却, ばかり隔て, ぶっと, ぶっとおし, ほどあの, ほどある, ほどかけだした, ほどの先, ほどの前, ほどの大きな, ほどの筵, ほどの距離, ほどの部屋, ほどへだ, ほどもあろう, ほども幅, ほどを曲り角, ほどスタスタ, ほど一散, ほど今度, ほど前, ほど小, ほど引下がった, ほど行く, ほど距, ほど追いかけ, ほど隔, ほど隔てた, ほど離れ, ほど飛ばされ, ほど飛び退っ, まで行ッ, まで近寄った, も, もあつ, もの竿, もふ, も上, も十間, も後, も手前, も押し戻された, も曳き上げ, も来た, も沢渡道, も澤渡道, も行き, も行き過ぎまい, も走った, も走る, も距離, も進ん, も降る, も離れてる, も飛び退い, も高く, や六間, や十間, を越え, を距, を隔て, を隔てた, 乗り出して, 参りますると, 後漢建武銅尺, 御役家, 或は十間, 歩いた左側, 歩きかけた, 歩きだしたが, 歩きだして, 歩きますと, 滑って, 登った, 程の大, 程の急流, 程の突きあたり, 程も進む, 程を除い, 程西, 程隔, 続いて, 行くか, 行っても, 走ったところ, 連立って, 遠のくや, 長さ八十間, 離れた河岸, 駈け出し再び, 黙って

▼ 五日目~ (247, 0.3%)

15 の朝 10 の晩 8 のこと 6 の夜 5 になっ, になる 4 だ, の夕方 3 にお, の事 2 から大雨, でした, にその, になります, に一度, に一日, に支那, に暑, に風, の日

1 [164件] かの, から人事不省, から四日目, から熱, があったら, が九月一日, が晦日, が来た, が極, が食べ頃, ぐらいからやいやい, ぐらいごと, ぐらいになっ, ぐらいには宿, さすがの, だが, だけでもつづい, だと, だな, だひょっとしたら, だよ, であった, であつ, である, であるかは, でございましょうか, ですが, ですよ, で帰っ, で御座いました四十, で碁盤, で麹町六丁目, となる, ないし六日目, なる, なれば, にあ, にあきらめた, にあたる寒食, においで, にここ, にこわごわ, にし, についてる, になった, になり, には, にはここ, にはじめて, にはまた, にはもう, にはサン・ベルナルディノ, には一つ, には京, には壁面, には夜両国橋, には大, には屍, には平次, には灼熱, には留吉, には異様, には着く, には立派, には英吉利沿岸, には跡形, には鐵車, にもう, にやっと, にようやく, にわたし, にアジト, にダラット, にヒョッコリ吾輩, にマインツ, に一助, に一般, に丁度, に七度二分, に三百六十五, に両国, に主人, に亡くな, に亡くなっ, に人, に入営, に出掛けた, に大川, に大根, に少し, に居, に岩山, に帰っ, に弥太郎, に往来, に成らなくつ, に播州明石, に新しい, に早々, に来, に横手, に死に, に死んだ, に永代, に汚れた, に漸く, に照子, に當つて, に私, に羽生村, に芳子, に行方不明, に行衛不明, に言い渡し, に話題, に赤耀館, に酒, に長兄, に雨, に青山二郎, に鴻の巣, の, のおなじ, の三月七日, の今日, の十三日, の午すぎ, の午前, の午後, の午後三時過ぎ, の土曜, の夜半, の夜寿枝, の夜更け, の大入, の天気, の日暮方, の明け方, の昨夕, の昨夜, の昼, の月, の正午頃, の火曜日, の真昼, の野営, の風, はドイツ機, は夕方すぎ, は徹夜, は町, までは何事, までは未, まで一日, まで來, まで結び文, まで高土間, も, もうお, も同じ, も毎日, も雨, を御覧, 同じく潜伏

▼ 五~ (242, 0.3%)

9 の銅貨 6 の焼鳥 3

2 [15件] あつた, しか無い, ずつ貰っ, だよ, では, で客, と脂, に相当, のうち, の入り, の水筆, の相違, も動かす, を見る, 返して

1 [194件] あけた時, あると, あるの, か, かのパイレイト一つ買, から一銭二銭, から二分, から二銭, から二銭位, から五円, から八厘, かわからない, か七厘, か四銭, か寛永通宝, がまだ, が二人, が僕, が気, が汗, が祟った, くらいの小, くらいの長, ぐらいで赤い, ぐらいに我, ごまかそうと, ごまかそうなんて, しかない, しかもらっ, しか払わし, しか残っ, しか残つて, しか殘つて, じゃなくっ, ずつあがった, ずつ買った, せしもの, だから, だからと, だけが大蔵大臣, だけ利息, だけ安い, だけ投資, だって, だろうが, だ壁, てとこ, で, であった, であったが, であったの, であつ, でこれ, です, ですね, ですよ, でそれ, でもあるまい, でも一銭, でも喜捨, で乗る, で五十銭, で仕入れ, で卸し, で又, で売っ, で拓く, で持っ, で極楽, で焼, で買いとっ, で賣つた方, で門松, という, というもの, という下落相場, という高利, といっ, といふ, といふところ, といふ相場, とぞなり, となつ, となり, と人生, と言つて, なので, なり二百, なり二銭, なんていっ, なんて滅法界, にし, にしかならぬ, にする, になります, にほか當つて, にもつかない, にも値しない, に売る, に対し萱, に比すれ, に洒落飛ばし, に踏み留まっ, のあゆ, のおから, のお嬢さん, のこと, のとき, のねうち, のアイスクリーム, のペン先, の万年筆, の享楽, の人生観, の低落, の借金, の値打, の出入, の利益, の剰, の合力, の品, の増徴, の大根, の当時, の手当, の手数, の損, の橋錢, の氷屋, の湯銭, の潤筆料, の焼鳥屋, の相場, の笛, の糊, の絵草紙, の葉書, の葉書一枚, の複利計算, の違い, の違ひで, の遣, の野菜天婦羅, の金, の釣銭, の鉛筆, の飴, の駄菓子, はいまだに, はまさに, ばかりに当ります, ばかり延び, ほど, ほどに書き上げた, ほどの駄賃貰ろ, ほど長く, まで引きました, まで數種類, もあり, もうかりますねえ, もか, も値, も投げ, やらうさあ, や三銭, よ, らしい男, をくれる, をとっ, を二錢, を出し, を加え, を奉書, を拾った, を持っ, を机, を減じ, 一方ハ二分五厘, 入れたの, 出して, 出しても, 出せそれで, 受け取れば, 安い利, 御菜, 持って, 時には二銭, 有ったと, 買いましたと, 足りないと, 足りなかったので, 高いと, 高くなった

▼ 五~ (237, 0.3%)

21 の兵 4 の人夫, をひきい 3 のいのち, の生命, をひっさげ

2 [11件] のいじらしき, の人馬, の大兵, の大軍, の軍, の部下, の鋤鍬部隊, はある, はなお, をさずけ, を加えれ

1 [177件] ありゃ充分, からいる, から三万人, から六千人, か一万, か二萬, が三千, が加わり, が向っ, が旋回一路, が発向, ぐらいだ, ぐらい塩竈, ずつの兵力, それでもつて, ためて, たらずで, だが, だけだった, だすの, だったとも, だと, だよ, であって, である, でも支度金, と, というの, という士馬精鋭, という後続軍, という金, といふ纏まつ, といふ金, といわれ, といわれた, とともに危うき, ともいはれ, とも七千, とも望むまい, と吉川広家, と四十, と報ぜられた, と小西, と想定, と敗残兵, と称し, と称した, と聞きます, ないし六万家族, などと言った, にすぎない, にふやし, にも満たぬ, に下らぬ, に徹底的打撃, に殖えるだろう, に満たぬ, に滿, に足らぬ, に近い, に過ぎなかった, の, のはした金, のほか, のバタ, のフォニックス市, の中央部, の人, の人数, の人間, の住民, の偽装兵, の僧侶, の先, の兵勇躍, の兵士, の兵隊, の兵馬, の劇通, の勢, の単位, の同志ら, の士卒, の大将, の大敵, の大砲, の学生, の宗徒, の寄せ手, の寡兵, の小勢, の尾張兵, の屍体, の平家, の引率, の手勢, の投票, の指, の援兵, の数, の機関車, の毛利軍, の溺死人, の漢軍, の灯, の炬火, の真, の種卵, の穴, の精兵, の精鋭, の組織, の自動車, の読者, の購買ユニット, の赤松勢, の軍勢, の軍旅, の軍隊, の都会人士, の銭, の難民, の餓死, の高, はいる, はすでに, はひとり, は予自身, は南四郡, は同士, は崩れ立った, は当座, は後, は欠けまい, は殲滅, は湖畔, ばかりのうち, ばかり出る, ひと部屋自由, ほどをもっ, ほど投げ出し, まで数えれ, もあっ, もの蒸気機関, も八千, も取る, も積み上げなけれ, や一万, をつけ, をつれ, をはるか, をもって出撃, をもって墺軍, をも容れる, を両翼, を以, を以て逆襲, を出し, を割い, を指揮, を授け給え, を擁し, を有すれ, を残した, を率い, を申され, を発見, を蔽いつつんだ, を貸し与えた, を超える, を返さなけれ, を選ん, 乃至一万, 刷るの, 或は一万円, 第四陣, 絶えて

▼ 五十歳~ (224, 0.3%)

6 になっ, になった, になる 5 になつて 4 に近い, を越した 3 だと, であつ, を越えた, を越し, を過ぎた

2 [19件] から当時三十余歳, ぐらいのりっぱ, だ, であった, であるが, でございます, でした, にもなっ, にもなる, にもなれ, のころ, の男, の秋, の間, の頃, ばかりの男, ばかりの老人, を超えた, を越え

1 [140件] かその, から六十歳以上, か六十歳, が最低四百五十円, くらいにも見える, くらいに思われた, くらいの御, くらいまでは前途, ぐらい, ぐらいその, ぐらいにしか思われない, ぐらいにも見える, ぐらいのあごひげ, ぐらいのおそろしい, ぐらいのがっしり, ぐらいのきたならしい, ぐらいのじゃがいも, ぐらいの地位, ぐらいの墨染め, ぐらいの女, ぐらいの男, ぐらいの紳士, ぐらいの背, その風采, だったな, って奴, であった前夫, でおわした, です, ですが, でその, でそんな, で世, で天, で妻, で官職, で歿, で細君, で隠居, というの, という言葉, といえ, との間, と修正, と十五歳, と宣う, と精一ぱいあくせく, どうかしたら, なの, なり, なり胡説, なんて年, になったら, になつ, には間, にも満たない, に二つ三つ手前, に至る, に過ぎなかった, のきん, のこの, のでっぷり, のアダム, のソフォン・ボルティーコフ, の中年商人, の人間, の分別男, の半ば, の坂, の壮年, の壽, の大人, の女, の婦人, の峠道, の年, の年ごろ, の忠兵衛妾牧, の恐ろしく, の文士, の時, の時父, の源太兵衛, の父, の父親, の老, の老大家, の老婆, の自分, の貧農ピョートル, の隠居さん, の鰥夫, は孔子, ばかりだった, ばかりで, ばかりで亡くなった, ばかりになる肥えた, ばかりの夫婦者, ばかりの女中, ばかりの官僚型, ばかりの背, への彼, ほどだ, ほどで, ほどに当る, ほどの働き, ほどの老婆, またはもっと, または五五歳, までお前, まででした, までと申した, までの僧侶, までの男子最低四百五十円, までの紳士淑女, までも学ぶ, まで少, も年, をいくつ, をこした, をちょっと, をとうに, をもって病歿, を一つ二つ, を一期, を幾つ, を期, を標準, を生きた, を越える, を越してる, を迎, を迎え, を過ぎ, を過ぎる, 乃至五十九歳, 近い柿沼, 近い猟人, 近い私, 過ぎて

▼ 五千円~ (223, 0.3%)

7 の金 4 の貯金

2 [15件] かし, か一万円, です, のラジウム, の債権, の基本金, の懸賞, の手あて, の為替, の頼母子, は今日, もする, を与える, 持って, 程の退職金

1 [182件] あるいは一万円, いただきましょう, かかること, かせぎます, からかかります, から三万円, から二万円, か三万円, が三十倍以上, が湧い, ぐらいしか配当, ぐらいでは如何, ぐらいにしかならない, ぐらいのモトデ, ぐらいハズム, じゃムリ, ずつの金, ずつ支払う, ぜひいる, だからな, だが, だけはどうも, だけ家, だけ寄進, だす, だと, つかみだして, であること, でお, ですつて, でたのみます, でも, でも大きい, でチャン老人, で売つた, で売り, で売りたい, で売りつける, で姉川五郎, で犬, で町, で老人, で話, で買, で買いとった, で買い取った, で買った, で買ったら, で買わせ, で農場全部, と, というの, というよう, というランチュウ, という捨て値, といふ, といふ金額, とかは, とか六千円, と云, と云う, と五千万円, と聞い, と見積つて, と言, と言う, などという大金, ならうまい, なら売ります, なら売るが, なら買いたいという, なり, なり一万円, なんて僕, にする, になります, にのぼった, にはきっと, にもなります, に対する利益配当, に満たず, に目, ぬすんで, のうち, のほうび, のもの, のダイヤ, の中, の保険金, の値打, の入用, の十分の一, の受取証, の商談, の売上, の大金, の学費, の小切手, の懸賞金, の持ち, の新, の札, の札束, の権利金, の玉代, の用談, の由坂地, の礼金, の訴訟, の貯蓄, の資本, の資産, の賞金, の超過, の越年資金, の退職金, の違約料, の違約金, の金持, の金談, はあった, はたっぷり, はやつぱりまきあげられる, はインフレ時代ぢ, は安い, ばかし金, ばかりいる, ばかりで, ばかりと家具衣類, ばかりのもの, ばかりの担保物件, ばかり不足, ばかり借り, ばかり盗まれ, ばかり空費, ばかり集った, ほどで, ほどであった, ほどの大金, ほどの金, ほど室井, ほど残っ, までの賄賂, までを恐らく, もあった, もあぶない, もあれ, もない, も出せ, も貸し付けた, も集りました, や一万円, よ, よりは五万円, よりもその, を, をゆすれる, をポケット, を下らない, を以つて出来上, を取りたる, を学術研究費, を引き抜い, を彼, を掴んだら, を欲しい, を積まず, を越してる, 上がると, 下さるの, 乃至二万円, 乃至十一万円, 但しこの, 出来たらほんとに, 動かせるって, 多いの, 拵えようと, 支払われた, 新円, 程ある, 計二十枚五十万円, 近い金

▼ 五時間~ (214, 0.3%)

3 のうち, の授業, もかかっ

2 [14件] あれば, たって, だイヤ三時間, である, でできる, で逝いた, の後, の間, は誰, ほどの時間, もむく, も費した, を要し, 働いて

1 [177件] あるという, おくれた, おくれる由, かかった, かかったよ, かかる, かかるツウル, かかれば, か六時間, きき疲れたけれども, くらいで, くらい毒瓦斯, ぐらい続いた, しかない, しか寝ない, しか経過, して, しないと, ずつみな, ずつ労作, たてば, たらずで, だ, だが, だけの月給, だけを持續, だけ働い, だけ眠っ, ちかくかかる, ちかくガラス棚, であと, です, ですから, でつく, でもいい, でもその間, でもタッタ一人, でもヨソ, でも一日, でも三, でも六時間, でも続け, で作りあげた, で働く, で全く, で八景, で暮, で書き上げた, で私共, で私達, で行ける, という所, といふハンデイキヤップ, とかとられる, とたつ, とは経たぬ, と十七分, になり, になりましょう, になる, に亘れる, に亙れる, に及ぶ, に短縮, に限り, のあいだ, ののち, のもの, のバス, の久しき, の予審, の余, の余裕, の優秀機, の労働, の川底生活, の汽車旅行, の独, の病, の睡眠, の航路, の課程, の雪道, はあります, はなれた, は少く, は必ず, は駅, ばかりで, ばかりねました, ばかりの汽車旅行, ばかりもか, ばかりよく, ばかり嘉川方面, ばかり四時すぎ, ばかり歩き, ばかり漂った, ばかり眠っ, ばかり私, ばかり経たない, ほどし, ほどで行けます, ほどの間, ほどよく, ほど前, ほど眠っ, ほど立った, ほど遊んだ, まえつまり, もあの, もあれ, もか, もかかっちまっただ, もかからね, もかかりける, もかかる, もすれ, もたった, もつづいた, ものせ, もウエートレス, も人いきれ, も十六時間, も唯呆然と, も喰い, も塩, も待たされる, も心ゆく, も授業, も暇, も歩いた, も歩き回った, も登り続けた, も眠った, も立たされた, も立ち往生, も経っ, も考へたあげ, も見えない, も費やしました, も走りつづけた, も遅れ, も遅れたら, も長く, も駄法螺, も高瀬, やうやうただ今着きました, やれるわけ, や六時間, や十時間先, をとっ, を暮し, を経, を繰り返した, を要した, を要する, を要するであろう, を觸, を費した, を送った, を過ぎる, を過した, 働くと, 働けば, 坐らされたつけ, 待たせた手前, 悪七兵衛景清, 或は二十四時間, 眠って, 眠ると, 立ちン坊, 立って, 第六日, 経てば, 続いた, 聴けるん, 若くは

▼ 五~ (212, 0.3%)

10 の窓 5 で, の上 4 か六階, にし, のてっぺん 3 にある, の, の廊下, の建物

2 [11件] だ, ですぞ, になっ, に住ん, の一室, の事務所, の屋根裏, の機械室, の部屋, へのぼっ, へ上った

1 [146件] あるから, かしら屋, かにラビ先生, からおちたらしい, から一階, から六階, から四階, から城趾, から墜落, から落ちた, から見おろす, か三階, が並ん, が潰れる, だった, だったわね, であり一方, でおろされる, でけい古, ですか, ですから, では, でガールス, でマニキン学校卒業, で仕事, で凌雲閣, で大して, で徳山, で総, とか六階, と巡視, と登っ, にあっ, について語り合っ, につく, になつた塔, には佐々, には時々, には窓, には腰弁階級, にひろい, にやって来る, に人, に仕切り, に住み, に在る, に寄宿舎, に居住, に届く, に旅泊, に昇った, に監禁, に秘密, に近づい, に達し, に鉄人, に集っ, のあたり, のうすぐらい, のお, のけい古場, のすみっ, のちんれつ室, のてんらん会場, のとっつき, のまわり, のメネルー, の一つ一つ, の一部屋, の下, の五一一号室, の住居, の入口, の前, の千鶴子, の口, の向う側, の売り場, の大衆席, の宏壮, の室, の小さい, の屋上, の彼, の息つき場, の或, の摩天ビル, の摩天閣, の放送ホール, の星野, の時雨茶屋, の楼, の欄干, の洋館櫛比, の百二十七号室, の百二十八号室, の真下, の秘密, の窓丈けが, の窓下, の窓框, の裏通り, の警戒, の間, の頂上, の高, はお前, は八角柱, は更に, は部屋ぜんたい, へ, へあ, へのボタン, への階段, へは登れまい, へ上っ, へ上つて, へ上り切つ, へ上る, へ押上げ, へ来る, へ運ばれ, までありとあらゆる, までおなじ, までのぼりきる, までのぼりつめ, までの五つ, までの間, までの階段, までエレヴェーター, まで出来, まで小, まで強行, まで登った, まで直行, まで通っ, まで駈け昇った, もあり, も十階, よ, より低い, らしいね, を見つめる, 泣いて, 重ねた鉄づくり, 飛び降りを

▼ 五六本~ (206, 0.2%)

6 ひょろひょろと 5 生えて 4 の杉 3 の太い, 立って

2 [15件] あつた, あるばかり, かためて, の大刀, の山桜, の松茸, の桐, の燐寸, の白髪, の箸, の長脇差, 並んで, 打ち込んで, 持って, 立つて

1 [155件] あたかも日かげ, あった, あって, ある, あるだけ, ある西洋葵, おのずからなる, かいて, かけさせました, かっと秋日, がところ, きこしめしてから, くれた, ぐらいは律義, しかない, しか市場, じゃない, すすったん, ずつ所々, ずつ葉, その一つ, その幹, その根方, そびえて, それから寛永通寶, たたっ込んで, たてて, たばねられて, だけ新しい, つるされて, であった, としか見えなかつた, と村楽隊, と柘榴, と紙, と落葉松, と食, にて拾圓, にはなるだろう, に過ぎぬ, に鮪, のうち, のすゝきの蔭, のって, のエーアシップ, の大, の大きな, の庖丁, の手紙, の木, の木屑, の木立, の松, の松火, の柱, の桜, の椰子, の榛の木, の樅, の樫, の樹, の樹立, の橡, の水草, の漆, の焼, の煮締めた, の白く, の白楊樹, の白樺, の白牡丹, の矢, の竹, の篠竹, の細い, の線香, の花, の見事, の赭, の酒, の鋼条, の鎖, の長い柔かい, の間, の雑木, の雜木, の青菜, の音, の高い, の黄色, の黒い, の黒ずんだ, はいってる, はえて, は一点, は必ら, ばかり熱く, ひょろひょろ高く, ふえて, ぶらさげて, ぶら下げて, ぽきぽきと, まじって, もあった, もある, もちだした, もらって, も出せ, も書く, も空, も買い込ん, も電話, も頬張っ, よりてし, をあしらった, を傾けた, を打つ, を摘んだ, を木, を束, を組み合せ, 入つて, 入れて, 売り江戸町, 射て, 打込んで, 折って, 折れ重なって, 持つて, 散らばって, 散らばつて, 棄てられた, 植えたところ, 死んだ娘, 残って, 浮かべた手桶, 生やそうかな, 盗んで, 短く生, 立ちあがつて, 立つ, 細いの, 細いわく, 続けて, 聳えて, 茂って, 茂ってるところ, 見つけて, 見るとても, 見付けました, 費して, 転がって, 釣ったの, 集められた, 飲んだ

▼ 五六歳~ (206, 0.2%)

19 の頃 7 の子供, の少年, の時 5 のころ, の少女 4 になっ, のとき, の女の子, の男 3 で結婚, になる, に見える, の人 2 から二十四五歳, だが, にも見える, の娘, の小僧, の少年一人, の武士, の男の子, の青年, の青白い

1 [108件] かと見ゆる, からの十余年, からもう, から二十二三歳, から十歳, から四十歳, から後, くらいと思われる, くらいの丑尾さん, くらいの子供, くらいの年配, ぐらいに時には, ぐらいの男の子, ぐらいの鼠背広, ぐらいまでの青年, だったであろうが, だろうと, であったという, でありながら, であろう, であろうか, ですでに, でもう, でもございましょう, で妻, で漁師, という年, なりきと, なりしもの, なるもの, にいたる, にて夜啼き, になった, にならなきゃ, になり, にもなっ, にもなる, に及ん, に至る, に誰, に過ぎなかつた, のいかにも, のういういしい, のころ妻, のとき母, のアンポンタン, のイタズラ小僧, のハイカラボーイ, の中流婦人, の乳臭児, の壮年武士, の女児, の婦人, の子, の学生時代, の小, の小づくり, の小児, の小児相手, の小娘, の小柄, の少女ひとり, の少年五, の少年少女, の年, の年恰好, の幼児, の幼年時, の幼童, の幼童期, の普通, の林檎, の無, の牛若, の理科, の男児, の男女, の白皙美髯, の秋, の筈, の細川護美氏, の美少年, の若者, の見すぼらしい, の長男, の陥穽, の雑夫, の頃好き, の頃醫, の顏容子, の高, ばかりなる, ばかりも若, ほどの若い美しい, まだ老人, までに女, までの青年, までの頑是, まではをり, までは忘れる, までペン, まで教育, も年上, も年長, も老け, より以後, より老いたる, 程の召使

▼ 五年生~ (196, 0.2%)

7 になっ, の時 5 になった, の方 4 と六年生, の一人 3 である

2 [14件] だべ, でした, でしたから, ですよ, になる, に対抗, の, のやつら, の嘉助, の室崎, の教室, の頃, らしい生徒, を相手

1 [133件] から行つて, か六年生, がいた, がこの, がひとり, が一年, が五六人, が僕たち, が入口, が号令, が四五名, が現れた, くらいのとき, くらいの小さい, ぐらいです, ぐらいになる, ぐらいの作業能力, ぐらいの子供, ぐらいは全部, こわくない, だからね, だが, だった, だったが, だったとき, だってあの, だって負け, だつて, だと, だよ, っていうの, であった, であった頃, であつ, であと, であり明治廿九年上京, でお父さん, でないこと, でもからだ, でも体, でも容赦, でキツネさん, で不良少年, で安政三年, で宮田アキ, で当時四十歳, で目, という, とかいうこと, とが二百人, として登校, とだけで名, とのそり, なるが, にし, にだけ話し, になったら, になつ, にはあっさり, にはいる, にはそれだけ, にはとくべつ, にも話せ, に世界, に友達, に口実, に対して自然四年生, に強圧, に無法, に顔, のうち, のおかげ, のこと, のとき, のなか, のまえ, の上, の下級生, の中, の人, の他, の冬, の列, の初め体格検査, の右, の名前, の壮二君, の夏休み, の大, の大吉, の女の子, の姿, の室長さん, の小原, の庭球部, の悌, の成績品, の指揮, の時分, の某, の清三, の生徒, の石村たかしくん, の第, の組, の組長, の耕一, の英語, の菊枝, の表情, の転校, の鉄拳制裁, の間, はきまじめ, はちっとも, はみんな, は七人, は五年生, は僕, は制服, は卒業前, は来年, は毎年関東地方, は無茶, もあり, もこう, もそれ, もみんな, も実際, を代表, を反省, を受持った, を憎む

▼ 五~ (193, 0.2%)

5 の間, もある 4 のところ, の道 3 にし, も来た

2 [13件] とも距, に足りない, の急, の所, の距離, ばかりだ, ばかり先, もあろう, も六町, も畦道, ゆくかと, 来ると, 行くと

1 [143件] あった, あつた, ある, あるな, ある田地, いつて橋, から三十町, か或, がほど, がほどにずらりと, がほどは当, くらいしか進みません, くらいで, くらいな, くらいもあろう, くらい前, くらい行っ, くらい進ん, くらい離れ, しか距, しか離れ, して, では甚, で北又川, で相川, とある, というの, という不便, とは離れぬ, とへだたった, と下らぬ, と歩かない, と畠一町, と真黒, と稱, と隔たっ, にあまる, にいた, にすぎません, にもなっ, にも足りない, にわたっ, にわたりて軒, に亘つて土塀, のあ, のうち, のふもと, のぼつ, の先, の処, の前, の地面, の山ば, の峠, の幅, の杉林, の湯崗子温泉, の漁師町, の田地, の登り, の登路, の裏通り, はたっぷり, ばかりとある, ばかりというもの, ばかりのゆき, ばかりの大池, ばかりの孔林, ばかりは, ばかりゆく, ばかり川添, ばかり彼方, ばかり溯った, へだたったところ, ほどある, ほどいった, ほどで地主様, ほどの所, ほどの砂浜, ほどの距離, ほどの間, ほどの隔て, ほども走っ, ほど下流, ほど先, ほど彼, ほど来た, ほど東, ほど東海道, ほど沖合, ほど湖畔, ほど続いた, ほど隔, ほど隔たっ, ほど離れた, ほど鶩, もはなれ, もへだたっ, も十町, も有, も来る, も歩く, も沖, も流れ, も登っ, も登る, も続いた, も行, も行った, も行つて, も走っ, も進めません, も隔たった, も飛び吹かれた, や十町, や十町先, を占め, を廻らなけれ, を隔てたる, を隔てたれ, 下ると, 下れば, 乃至十町位, 入って, 唯ある, 歩いた, 歩いたと, 歩いてから, 歩むうち, 生れて, 程もある, 程も続く, 程汗, 程登る, 程隔た, 行った頃四辻, 走ると, 辿つて, 通して, 遠い丁, 開いただけ, 隔てて, 離れたちょうど

▼ 五~ (191, 0.2%)

6 の蔵人 5 は利仁 4 の官人 3 に見える, の槍

2 [14件] があつ, が夢想, になった, の位, の可愛い, の声, の心, の時, の男, の頃, の顔, はそれ, は猫背, を授けられた

1 [142件] かとも思う, から私, が三条坊門, が何, が全く, が啼い, が多かっ, が多く, が導い, が美人, が顔, が馬, が馴れない, が鳴い, その舅, だか, だけで, だけはまるで, であったと, である, で所謂, で普通, というの, となつ, となる, との一行, との間, と利仁, と正, と見え, などでこの, なの, な娘, にいたる, にとつ, になす, になられました, になり, にも勧め, に分類, に叙せられた, に叙せられる, に対して殆ど, に対すると殆ど, に置かれる, に芋粥, に集中, の, のかう, のとき, のとき彼女, のならび, のむれ, のよう, の久左衛門, の事, の位田八町, の位田十二町, の冠, の前, の同情, の外貌, の如き, の姿, の娘, の存在, の家来, の尉, の少年, の年禄, の役人, の心理, の悟性, の態度, の文官, の方, の昇殿, の狼狽, の目, の秀, の秀ぢ, の答, の範囲内, の語, の諸, の資人, の針立て, の面前, の骨, はうすい, はこの, はこれ, はこれら, はさ, はしどろもどろ, はその, はナイイヴ, は両手, は五六年前, は今更, は何, は何時, は例, は依然として, は十五声, は四十, は寝起き, は意氣地, は慌て, は提, は旅, は欠伸, は歎願, は殆ど, は毎年, は狼狽, は眼, は禄三十四石余, は綿, は腹, は芋粥, は赤く, は赤鼻, は風采, へは三重襲, へ心安い, まで買った, もわれ, も外, も得, も無用, をちょうだい, を授けられ, を見, を誘ふ, を贈らるる, を贈られ, を軽蔑, を連れ, を顧み, 行くぞ, 進み居り役

▼ 五百人~ (190, 0.2%)

3 の人

2 [13件] からの人足, なも, の中, の力士, の労働者, の善知識, の子供, の者, の職工, もって, や七百人, を越す, 居れば

1 [161件] あったもの, あつた, ありて, あるいは三百人, あるいは九千人, いると, おりますって, か, からのしたくで, からの一組, からの仲仕, からの大, からの尾張, からの相撲取, から三十人, から居る, から成る, が, がすべて長, がアラビア, が女, が定員, が武士人足共, が猛進, が男, くらいあわせ, くらいも泊, ぐらいには知られる, ぐらいも人, この乞食ども, その前, だ, だか, であ, でこの, でもいい, で一個年間, で引く, で正徳, というそれ, となる, とは居ない, と交わらん, と見, と言う, と馴染, にしろ, になる, には過ぎませぬ, にもしられたら, に一人, に二倍, に余る, に及び, に売らん, に少し, に快, に愛さるる, に近, に近かっ, に近く船員, に通じ, のうち, のピオニェール, のピオニェールたち, の一村落, の乗馬者, の人々, の会員全部, の僧侶, の兵, の兵士, の兵隊, の合唱, の大工, の大軍, の子, の宦官, の家来, の宿泊者, の左慈, の広間, の弟子, の強盗, の従者, の患者, の拍手, の掠奪事件, の支那人, の新助, の楽人, の母, の浪人, の狂人, の生徒, の男たち, の男女工, の番兵, の群集, の職人, の若者たち, の親戚, の軍隊, の館員, の鬼, の鼓兵, のPW, はあった, はあったでしょう, はおろか, は一身, は今, は壇, は大丈夫, は引っ返す, は買っ, ばかりの勢, へ訊ねた, ほどの惨死者, ほどゐる, もおり, もかからね, もぎっしり, もさらっ, もの観客, もの輩下, も出た, も同じ, も居っ, も諸方, も連れ, も集っ, をくだっ, をし, を乗せ, を以て固め, を使っ, を分け, を動かす, を勢ぞろい, を収容, を増し, を容れる, を巻い, を庭上, を擁し, を欺いた, を率, を踰, を集め, 乃至六百人, 作ること, 売切れと, 実際は, 居るです, 押し掛けたので, 来て, 来る由, 生まれるの, 程居ります, 集めて

▼ 五郎親分~ (190, 0.2%)

6 のところ 4 にお, の叔母さん, 丁度宜い 3 が來, のこと, はお, 大變

2 [13件] あの屋根, からお, が私, が風呂場, でせう, と一緒, に申, に聽, に訊い, の使, の良い, も御存じ, を呼び

1 [134件] お聞き, お退屈ぢ, か, か泥棒, が, がお, がもと, がよく, が三日間私, が大釜, が帰っ, が怒鳴る, が有無, が歸つて, が泥棒, が見, が見張つ, が鑑定, が飛ん, さうし, てえほどの, ですが, でなくて, では何, では手, では最初, でも時々, で役に立たない, とか言, とそり, とね, とはす, とゆ, と二人, と來, と私, と親, と話, と飮ん, どうして下さる, どんなこと, なら地藏樣, なら大丈夫, なんかもう, にあんな, におす, にきめ, にさう, にたしなめられた, にはいろ, にはうつ, にはこの間, にはむづかしからう, にも申し兼ねました, にも見, に上げる, に來, に十手, に怒られました, に手柄, に斯ん, に止められ, に用, に皆んな言つて, に盃, に知らせる, に窮屈, に組み敷かれ, に罪, に見, に見張られ, に頼み, ねえよく, のお, の前, の家, の察し, の手柄, の手紙, の智恵, の繩, の罪, の腰, は, はあわて, はいらつ, はこの間, はさすが, はもう, は人, は大した, は女の子, は宜, は宵, は時々, は江戸, は父さん, は男らしい, は私, は調子, は錢形, は飛んだ, ひどいぢ, ほどの睨み, もう御存じ, もさ, も一緒, も來, も御, も懇意, も氣, も知つて, も笑, も見た, よく來, をく, を一, を三日, を呼ぶ, を安く, を斬る, を殺す, を相手, を見, を頼む, 又やられました, 困つたこと, 御苦勞, 御苦勞さ, 済まなかった, 済みませんけれど, 随分探しました, 飛んだ縮尻, 驚かないで

▼ 五~ (189, 0.2%)

7 いった 4 おせい様 3 いって, じぶん, 出た 2 お駒ちゃん, さした, はいって, 女の, 手を

1 [159件] あのいま, あらわれた, あらわれて, ある, いうと, いったお, いったと, いると, うそつきである, うまいこと, おしん, おどろいて, おりますこと, おれの, お美代, お高, きいた, きっと眼顔, こちらに, この人, この荒っぽ, この貼り紙, さえぎった, ささやいて, しきりと, すぐ来る, そういう, そうだろう, そうなっ, そのグレ, その場所, その梅舎錦之助, そばに, それに, そんな悪辣, ちょっと気がかり, つかつか進ん, つくの, つづけた, つは, どうこの, どうしてのめのめと, なくなりまして, なぐり終わったとき, なめらかな, にっこりする, にやにやし, のっそりはいっ, のつ, はじめてあらわれ, ひとりで, ひとり出, ひよつこりやつ, ひらいたの, ぶらぶらこっち, まことし, もう一度手まくら, もって, やって来てな, ヒレビーフゴーダンと, 一人で, 一人の, 一番多い, 上方から, 上方における, 並ぶ, 二十年目の, 京阪で, 今日の, 以前お, 仰向けに, 何か, 何だ, 何だかみじめ, 何を, 例の, 先頭の, 出て, 出来て, 割り込んで, 力こぶを, 力を, 十に, 十七八の, 十三より, 半なら, 参った, 反駁し, 口を, 叱るよう, 向う岸から, 呶鳴つた, 呼びとめた, 嘯くと, 困って, 困りながら, 執こく, 女殺しである, 妖しく光る, 妙に, 妹でも, 子供に, 小石川の, 少しばかり, 居間へ, 巧みに, 平気で, 引っかかったの, 彼女の, 往来まで, 後見する, 徳山夫妻と, 心配を, 怒るぞ, 思いがけなくお, 意地の, 感情を, 押さえた, 拝領町屋の, 放け火, 數術と, 日を, 時々薪, 最高記録に, 来たもの, 来てた此, 来るぞ, 残るという, 注意し, 焼け死んだこと, 焼死いたした, 狸の, 白く笑っ, 相良寛十郎の, 眼に, 知つてゐたなら, 短いため, 突然訪れ, 立つて, 縁切り状, 腸液さ, 自分で, 自分の, 若松屋惣七, 薪を, 行って, 訴えましたならば, 証文の, 誰か, 起り兄, 適当な, 部屋へ, 降つて, 雑司ヶ谷の, 雪の, 顔を, 飛び出して, 飯を, 馬を

▼ 五六間~ (182, 0.2%)

8 の距離 7 行くと 3 の空地, もある, も先, 進むと

2 [23件] あるから, が程, のところ, の所, の間隔, はなれた, ばかりも一とき, もはなれた, も後, も追, も門口, ゆき過ぎてから, 来ると, 歩くとも, 行き過ぎてから, 行くか, 行ったと, 逃げ出して, 過ぎて, 隔てて, 離れたところ, 離れた処, 離れて

1 [109件] ありましたが, あるくうち, いったところ, おいて, おくれて, があいだ獣, ぐらいのもの, さきでこちら, しか離れ, して, だったが, ついて行って, であるが, ですから, ですぐ, で出ぬけよう, とはゆき過ぎない, とも行かない, と云, と離れず, にも及びます, に近づいた, のこっち, の宙, の峡門, の廻り縁, の細長い, の處, の間, の高, はあるだらう, はあるでせう, はいった, は大, ばかりあ, ばかりです, ばかり前, ばかり歩き出す, ばかり行き, ひきずりもどしたが, へだ, ほどとび, ほどな, ほどの凧絲, ほどの川, ほど歩いた, ほど泳ぐ, ほど脱兎, ほど行き過ぎ, ほど西, もあります, もあろう, もおくれ, もかなた, もさき, もない, もゆき過ぎた, もケシ, も下る, も入, も外, も引き, も往, も懸隔たっ, も来た, も歩いた, も歩いたら, も歩き去っ, も行き過ぎ, も行った, も行つた時細君, も進む, も進ん, も離れ, も離れた, も飛離れ, やり過ごして, やり過してから, ゆき過ぎて, ゆき過ぎると, を距, を隔て, 並んで, 向うで, 引き戻した, 後れた事, 戻ったが, 折れると, 来た, 歩いた時, 歩くのに, 流されたお, 滑った, 登ると, 程の距離, 続いて, 続くと, 行き過ぎた時一つ, 行ってから, 追っ駆けましたが, 追つ, 遠くて, 隔てたま, 離れたむこうの, 離れた樹, 離れた砂山, 離れても, 飛んで, 黙つて

▼ 五~ (177, 0.2%)

6 いふに 5 お高 4 いっしょに, なって, 六と, 第六 3 いうに, お駒ちゃん

2 [13件] いうと, いえば, おせい様, なった, なる, 一一五との, 一二五との, 云って, 云ふ, 切れたるあり, 四だ, 書け, 言ふ

1 [118件] あのお, あり, ある限った, あわせて, いえあ, いたしても, いって, いっても, いふの, いへば, うしやうとたんの, うしやうは, おしんと, おしんの, おのおの名称, お送りし, お駒, くりゃもう, こうして別居, したの, すっかり敵, する者, せるもの, そういう交渉, そういう話し合い, その旅, その日, なくて, なったとき, なった元旦, ならまとまるはなし, なりこれ, なり一八, なり三, なるが, なるならば, なるにつれ, ほり竝べて, ほんとうの, まだ頭, みえる男, もう四日, もう戦う, よそへ, よばれる事件, 一〇五との, 一心同体に, 七という, 七との, 七歩まで, 三五の, 三日續い, 並河掃部の, 二つの, 二では, 二との, 二タ月打続け, 二三八とが, 云い有徳, 云えば, 五つ数える, 五十五を, 亜剌比亜数字の, 僕は, 八郎太の, 六, 六である, 出せば, 十一という, 十三で, 十九どちらも, 十二に, 十二ばかりの, 十二三の, 十六の, 十六前者は, 南の, 四六五すなわち, 夫婦に, 女は, 婢たちが, 定められた, 少しにしか, 市九郎は, 成り故, 推察された, 揃った, 改めてある, 書いたの, 書かれて, 書けやい, 毎朝十一時に, 災害が, 相対ずくに, 知れると, 立ち話し, 第六嚢, 答えた, 算盤を, 続いたの, 羽鳥八郎太だった, 考えて, 聞いて, 花の, 若松屋の, 若松屋惣七さまとの, 行き牛肉, 言って, 言っても, 言つても, 言つて居ります, 計測された, 話し合って, 読売の, 述べて, 部下の, 限つた訳では, 順になる

▼ 五~ (175, 0.2%)

15 の兵, の図 8 の地図 5 の大軍, や十万 3 の精兵 2 に余る, の兵力, の軍勢, の軍隊, は直ぐ, も十万, や八万, を越す

1 [108件] あります, あり加, あれば, いる, おりまた, かせいぜい, から五十万, から六万ぢ, から十万, から戦死, か八万, か六万, か十万, が出, が敵, が西平関, ぐらいで結構, ぐらいはぼく, せいぜい, その五万, だ, だけやっ, だった, でも八万, でも十万, でも合わない, とある, という, という大軍, といえ, といった, といる, とかぞえられた, とか十万, とか書, とに連盟, と切っ, と定まっ, と申事, と称せられ, と算, と言っ, と評価, と軍二万, ないし七万, ないし六万, ないし十万円, になる, にのぼる, に達し, のハシタ金, の人出, の人間, の兄弟, の味方, の土鍋山, の壮丁, の大兵, の大河原図幅, の大町図幅, の官軍, の客貨車, の将兵, の将士, の小学校教員, の小禄, の工兵隊, の彼, の所帯, の教練, の敵, の武装警官, の献詠者, の群集, の見当, の軍, の軍中, の軍人たち, の金, の金峰山図幅, の黒岩山, の黒部図幅, はたしか, はとん, は下りません, は今時, は宜, は嶮, は成都, は漢中, は白馬, ばかりの金, ほどいただく, もあつ, もあるだろう, も出征, も怒, をお, をこえるであろう, をさずけられ, をひきい, をひきつれ, をひっさげ, を事業, を二手, を住居, を捌いた, を超えるであろう

▼ 五百石~ (172, 0.2%)

14 取の 13 の旗本 10 のお, の大, の大身 6 の女 4 の殿様, の殿樣 3 のお家, の知行 2 といえ, の大森摂津守, の奥方, の家柄, の御, の扶持, も取った, を上地

1 [79件] お取り遊ばした, お旗本鈴川源十郎様方, が何ん, ぐらいだ, だけのお, だって, だらうが, であった, での, では, でも何分, でも別, でも大名, で一色宮内様, で大, で求められる, で買った, というの, といふ, とか相応, とって, となる, とはいかねえ, と云う, と五十石, と見, と言, にて召し出されし, に惚れ込んだ, に着いた, に足らぬ, のガタピシ, の一色宮内, の側者頭高見権右衛門重政, の安祥旗本, の家, の家督, の家禄, の小, の岡野家, の後室, の御家, の御朱印, の御朱印地, の旗本鈴木長頼, の板屋家, の楽隠居, の由緒, の直, の相場, の知行取り, の蔭扶持, の面目, の高禄, は, は五千石, は貯えね, もお, もくれ, も取ってた, も取る, や七百石, や千石, をたまわり, を下し置かれた, を喰む旗本, を相違, を私, を給せられた, を領, を領する, を領せし, を食んだ, デ道具ガ一ツ, ノ高位ニハ, 取ったとか, 取り三品流, 合せて, 新影流

▼ 五六歩~ (161, 0.2%)

9 のところ 5 歩いて, 離れた所 3 あるいた, あるいて, すると, の先, 歩くと, 行くと, 離れると

2 [12件] あるいたが, して, はしっては, はなれ, ほど蹌, も後, よろけると, 入って, 逃げて, 遅れて, 離れたところ, 駆け込んでから

1 [97件] あゆみ出しましたが, あゆみ寄った, あるいた時, あるきかけて, あるきなんとなく, あるき階段, あるくと, かけ出せば, しかない, しざった, したか, した後, してから, すすむと, すすんで, すたすた足, ずつは待合, そのままの, ついて, つづいて, つン, で二軒長屋, で左, で毬, で突き当っ, と突い, と突く, なり五八飛, に足らぬ, の処, の後, の背後, の間, の階段, はなれた, は七六歩, は歩く, は走ったであろう, ばかりなほ前方, ばかり離れた, ふみだしてから, ほどそのまま, ほどの緩い, ほどの長, ほど庭, ほど後, ほど歩いた, ほど飛んだ, もいく, もすすんだであろう, もふみこむ, も歩い, も歩いた, も歩んだ, も進んだ, も隔, ジリジリと, 入ると, 出て, 動くと, 同歩, 寄って, 寄ります, 引返して, 後れた袖子, 急いで, 斬り捲くられたが, 早くも, 来て, 歩みだして, 歩み出すと, 歩み寄った, 立ち戻って, 行きますと, 行き畑, 行き過ぎてから, 行く, 行くごと, 行ったが, 行ったところ, 行過ぎた早瀬, 踏込んだが, 追いかけて, 追ひすがりました, 退いた, 退いたとき, 退いて, 逃げたほど, 進むかと, 進んで, 過ぎし時, 過ぎてから, 遠ざかった, 降つて行つた時, 降りかけて, 離れて, 飛びさ

▼ 五万円~ (160, 0.2%)

7 という金 4 に近い, の金 3 という金額 2 であった, といえ, の保険, の方, の札束, の隠し場所, を投じ

1 [128件] いただかなくちゃ, おろして, か, かかって, かたられた浦部伝右衛門, から十万円, から有る, が病人, が発見, ぐらいか売る, ぐらいでお世話, ぐらいに値切る, ぐらいを配当, さげて, ずつの費用, ずつ取出し, それに何やかや, だかの, であるから, ですよ, でできる, でどう, では, でも十万円, でも格安, でケリ, で売っ, で売れた, で来る, で買いたい, で買いたがった, で買い受け, で買っ, といい, というの, というもの, という会社, という天下通用, という話, という驚くべき, とこれこれ, とし, と大穴, と腕時計, などというの, なり, なんぞは眼中, にお, におどろいた, になった, になり, に下らず, に売れたろう, に狂喜, に限っ, のうち一万二千円, のお, のただ, のモトデ, のラジウム, の件, の使途, の出資, の前借り, の収入, の収賄, の問題, の基本金, の声, の安値, の富豪, の懸賞金, の新券, の有無, の清, の現金, の紙幣, の財産全部, の資金, の贋造紙幣, の遺産分配, の金額, の馬, は, はかかる, はここ, は余りに, は彼, は浦部伝右衛門, は諸々, ばかり入っ, ばかり用立て, ひきだすから, ひきだすと, ほど分, までなら出す, もあっ, もらって, もらつて, も決して, も無論, も費した, も身, や八万円, をどこ, をポイ, を与う, を二十日間, を出した, を受取った, を必要, を携え, を政江, を横取り, を献納, を要求, を調達, を費消, 乃至十万円, 先ずこれ位, 出したって, 出したつて, 取ったとしても, 受けとって, 当ったとか, 程のもの, 迄の資金, 迄は出す

▼ 五~ (151, 0.2%)

6 になる 5 の年 4 も六ツ 3 か六ツ, 買って 2 の土蔵, の屍骸, の提灯, の時, の物語, の鐘, の頃, の駄菓子, より八ツ

1 [112件] あったと, ある肺, かかえ, からこの, くづれて野村, くらいな, くれるぞ, ぐらいだろう, ぐらいな楽器, ぐらいのこと, ぐらいのその, ぐらいの女の子, ぐらいは分け, ぐらい年上, こしらえて, しか込, ずつ並べ, ずつ字, だすか, だせ, だせば, だった其上学校, つけて, であった, でござんす, ではない, では今度, でも十, で二分, で御, といふ年, とせ, とその, ともみんな男, とやらない, と三ツ, と下げ, と云う, と五ツ, と打合っ, と舶来, どき, どき今, になっ, になった, にもな, にもなった, に区切っ, に奉行, のお, のみこん, のカバリ, の二人, の倉, の倉庫, の傘, の北向明神, の向う, の娘, の子供, の封金, の屋, の座敷ブチ, の御料, の折, の新, の星, の棟, の死骸, の砦, の組, の鈎, の銀光星, はあらむ, はあります, は男, ばかりお, ばかりおま, ばかりになる, ばかりは若やぎ, ばかり羽, ほどの仕事, ほどブラ, ほどリンゴ, まきあげて, まるまると, もころがさない, も八百長レース, も品物, も買っ, も飲み, も飾っ, よりのこと, を告げる, を回っ, を数え, を過ぎた, 下がりころ, 下がり途中駕籠, 入乱れて, 前高柳使来ル, 半刻, 合せても, 唄って, 固まって, 少しすぎまし, 少し下がった, 少し手前, 置いて, 若かつ, 飲んで, 鳴りました

▼ 五~ (151, 0.2%)

2 か六回, だけ書かなけれ, にし, に及んだ, の爆発, 撞く, 走れば

1 [137件] かく, かは必ず, から撞き続け, か三, が出, が開かれた, くらいは読み返す, くりかえして, ぐらいのもん, じゃという, ずつ平和, ずつ風呂, それだけしか, だけの数, だったかも, つ, であったが, であつい, でまとまる, でも, で止みまし, という火災数, と六回, と書き続けた, になる, には国王, には県制, にひろがったら, にも女兒, にわたって, にわたって徐々に, にわたって船外, にわたって行なわれ, にわたって鈴木特別弁護人, にわたる講義, に一回, に一度, に分乗, に及び, に及びました, に精霊, に過ぎなかった, のところ, の公判, の公判廷, の大会, の実施, の当選十回, の往復振動, の拷問, の拷問前, の文展出品当時, の時評, の爆声, の破産, の私, の立合, の約束, の終り, の興行, の誕生日, の誕辰祝賀, の転居, の部分, の開場, の陳列, の食, の食事, の鼓拍, はある, はくるでしょう, はオルテガ, はヴァン・ダイン, は先生, は十月二十一日, は少し, は持っ, は瑞西, は白面, は繰り返し, は降る, ばかり, ばかり例, ぶつかると, ほど戦争, ほど清書, ほど行われ, ほど門, ほど阪井, まで延した, まで数えました, まで開催, もあっ, もある, もいったん, もいねむりをしたんだ, もいらっしゃるでしょう, もう, もお, もぐるぐる, もつづいた, もやれ, も入った, も八回, も六回, も出, も出かけ, も切りかえられた, も勅修, も地球, も座談会, も彼女, も往復, も慎重, も掻き廻され, も朝, も行っ, も誰何, も起りました, も載れ, や十回, を重ねた, コツコツと, 会った, 出ようもの, 同じこと, 売ること, 廻るの, 掘って, 数えたん, 書いて, 続けた結果, 続けると, 繰り返して, 迄の陳述, 通ったところが, 降るはず

▼ 五時頃~ (149, 0.2%)

6 になる 4 であった 2 だった, だと, である, であろうか, になっ, に眼, までには劇場, まで眠りました

1 [123件] うか, おくれて, おひま, かえった, かえって泊った, かえりそれから又, かえる, かと思う, かもしれない, から, からこれ, からキャリフォルニアン号, から七時頃, から出かけた, から割引, から割引き, から十一時, から友人夫婦, から夜中, から晴天, から来る, から棧橋, から滿, から瀧田氏, から開始, から食い, が一番, この家, じゃなかった, だ, だすやろ, だったよ, だったろう障子, だつたらう, だろうか, つかれて, であったろう, であったろうか, であった見ると, であつ, であるが, でした, でしたかね, ででもあったろう, では, でまた, で一つ目, で大変予定, で小屋, なるべし, なん, にはもう, には売店, には起き, にまた, にオムスク, にリユクサンブル公園, に出, に出発, に国王代理, に姉さん, に山, に帰っ, に帰つて, に帰りました, に平生, に彼女, に成っ, に東室, に目, に社, に簡単, に終, に総理大臣, に行われる, に裾野, に起き, に起きた, に起き上っ, に金杉橋, に開かれ, ねたので, のこと, の前後, の市電, の靄, は気圧七百五十粍, まだウス, まだ戸外, までに採集, までに行き着い, までに詰めかけ, までの真夜中, まで一日, まで働い, まで待つ, まで玄関, まで皆, まで目, まで踊り抜い, めづらしく, も, やって来ました, よほど遅く, よりおさまり, より御, より熔岩, より翌朝六七時, デアル, 出直して, 帰って, 当り小さな, 普将, 来て, 来られる, 来庵, 段々火の手, 眠って, 着いた, 起きて, 迄やり, 遅くも, 降ったため学習院

▼ 五~ (148, 0.2%)

7 も十倍 4 になった, も六倍 3 もある

2 [14件] にし, にした, になっ, にもし, にも十倍, に当る, のもの, ほどもある, もおれ, もせい, もの好, もの精力, もはしゃぎ, も太い

1 [102件] あったこと, から七十五倍, か七倍, くらいに殖えた, くらい売っ, ぐらいある, ぐらいやかましい, して, しても, すてふ子爵中有数, すると, するの, する兵力, だけに増す, だけの兵隊, だと, だろう, であ, ですから, でつまり, で五八, というの, という恐ろしい, となっ, と元金, と聴く, と見積られ, ないし六倍, にね上げ, にほとんど, にもなつて, にもなり, にものび, にもふくれあがっ, にも上った, にも引受ける, に届いた, に引き上げん, に拡張, に搖れる, に物価, に見せる, に近い, に騰った, の利潤, の労働量, の大, の大入道, の太, の差, の我執, の支払い, の支那人, の数, の日数, の母字子字, の物価, の生存力, の距離, の都民税, の高, は, は優, は銀一グラム, まで返っ, もいた, もおどおど, もで, もの人数, もの価, もの勘定, もの十四五枚, もの収穫, もの快速, もの能力, ももつ, も勘, も多く, も大きい, も大きく, も大きな, も広く, も持つ, も書い, も疲れる, も立派, も精進, も綺麗, も苦しんだ, も苦勞, も速い, も高く, や六倍, より大, より高価, をもって二十日以上, を差, 即ち百二十五歳, 或は十倍, 程に拡大, 程の大き, 高くなけれ

▼ 五六年前~ (142, 0.2%)

13 のこと 4 の事 2 にバー, に旧, に書かれた, に瘟疫, に自分, の自己, まではこの

1 [111件] いつもそこ, お芳, かと思う, から, からからだ, からすこしも, からの知り, からひどく, からほんの, からよいよい, から井筒屋, から勤め, から国, から小田切家, から居る, から眼疾, から芋粥, から見る, から馬車, たうとう, だ, だった, ちょうど私, である, です, ですよ, とある, としておこう, とは大分此, と來ちや, ならイキナリ反撥, にあなた, にあの, にある, にでも流行, にとら, には, には全然, には式日以外女生, には未だ, には無頼者, にも一度, にも或, に一度, に一緒, に世, に中部山岳地帯, に主人, に亡, に亡くなった, に亡くなつた, に何十年ぶり, に別れたう, に半焼一軒, に問題, に帝劇, に建てた, に新しく, に旅先, に書いた, に済ん, に登山用, に突然, に老, に自国, に解決, に踰, に金沢, に長谷川如是閑氏, に顔, の, のいじらしい, のよう, のアムステルダム大会, の二月初旬, の人, の半分, の同人雑誌, の夢, の幽霊, の日本橋, の時, の歴史, の気力, の洪水, の自分, の記憶, の話, の開業当時, は今, は自分, は蕎麦食いたち, まであ, までの僕達, までの教育及社会対不良少年少女, までは, まではその, まではたいてい, までは一反いくら, までは時折, までは暑中休暇, までは赤, までは遠い, まで京成日報, まで生糸業者, まで遡る, もこの, も一向, 丁度僕, 不図, 亡くなって

▼ 五~ (139, 0.2%)

4 見て 3 見た, 見上げた 2 しめ全部, 竹野媛と, 見よ

1 [123件] いそがしく見くらべ, いわずに, いわせず引っ, おくり十六, お高, かけて, かける, かけると, かばうよう, ご存じかな, ご存じな, そっくり買いとっ, そんなに近く, ちらと, にらんだ, ねらって, はじめから, ふり返っ, ぶって, まはつ, みつめた, みつめて, やっつけたもの, よろこばせるほか, カットする, 一撃に, 三楽病院に, 上下した, 二倍し, 二百三十五と, 伴って, 値踏みし, 兄, 先へ, 円く並べた, 勤修せよ, 十分大量に, 占める資本主義国家, 占める資本国, 去らせようと, 取って, 取り巻いて, 吐かさずつつしんで, 呼び一書, 境に, 声低う, 島原に, 工夫し, 引いて, 引くと, 引去ること, 思い出して, 思って, 恋すること, 想って, 慰めるよう, 憎んだ, 抱き締めて, 拾いとって, 挙げたの, 捨てまた, 探ろうと, 掲ぐ, 擧げると, 数えるでは, 数へ, 斷ち, 書けたら書きたいこと, 書こうとして, 最初から, 朗読し, 構えながら, 歌つたら, 残して, 毎月強制積み立てを, 添へ, 生産し, 産まなければ, 目の敵に, 看視, 知って, 示すもの, 総大将, 聞きに, 聞くの, 背負い込ませられた, 要する, 見すえた, 見せようとして, 見せること, 見たの, 見た久助, 見ようと, 見ると, 見るの, 見る女, 見上げたが, 見上げてから, 見上げるお, 見分けて, 見舞に, 見返したにらむよう, 言って, 言わずに, 記念し, 記念するなら, 越えて, 越えては, 越して, 越しては, 越せば, 迎えた, 迎へる, 追いながら, 追い廻して, 過ぎた主婦さん, 過ぎて, 過ぎても, 過ぎますから, 過ぎると, 頭くらいの, 頭に, 驚かせるに

▼ 五~ (136, 0.2%)

43

2 [12件] がある, がない, であるという, では, となる, にある, の, はどう, または七字, も訳, を案じ, 出来ないの

1 [105件] あり, あり云, かその, から先ず, から先づ名状, から第, から起った, があっ, がその, がひどく, が失はれた, が意味, が書かれ, が油墨あざやか, が篆文, この三つ, さえ最初, しかありませぬ, ずつ飛ばし, それから中, だ, だけしか無, だけしるされ, だけはそっくりそのまま, だけ記し, だと, だという, である, であると, ですから, でちょうど, でどこ, でなければ, で全体, で済し, で面白く, と, というの, というよう, としてその他, との間, とを直接, と下五字, と心得まし, と最初, になりました, にまた, に擬人的作意, に置いた, に置く, に重き, の一句, の一行物, の下, の刺激, の奴, の方, の景色, の短章, の訓, の説明, はごらん, はたしかに, はという, は今, は単なる, は忘れた, は紀乃久爾乃, ばかり床の間, ほどこれ, までになる, もものしずか, も書いた, も浮い, も譯, より多い, を, をとっ, をどう, をどれ, をばあるいは, を一行, を以て官場成功, を借用, を制限, を削り去り, を加, を取った, を呼び出す, を四倍, を外, を心, を心得, を忘れぬ, を有, を染拔, を横, を眺めた, を置い, を読んだ, 刻んで, 各, 極めて拙く, 第八字, 覚えるよりも

▼ 五~ (134, 0.2%)

6 の水 3 の米, の飯 2 だけの黄金, とっても三合飯, の小豆, の酒, ばかり取っ, や一升, 後芬陀利花院, 飲んで

1 [106件] か六合, が二十四文, が逆, くらいの飯, くらい買っ, ぐらいも血, しかなかつた, ずつ, ずつの割りあて, ずつの米, ずつやる, だと, で一百文, で翌朝頭, で足り, という血, といふの, とお, とともに塩胡椒, との件, とはて, とやらかそう, と一升二合, と半々, と掬う, と立てた, ならねば, ならば, なら五両賭, なり一升, にし, になつ, になり, にのぼらざれ, に二十五枚水, に白米, に芥子, に銭, に銭十五銭宛, のお, のが, の中, の割, の割合, の差し米, の濁酒, はのん, は飯, は飯米, ばかり, ばかりくれた, ばかりにし, ばかりの玄米, ばかりの里芋, ばかりもらおう, ばかりも焚き, ばかり僅か, ばかり匂い, ばかり強く, ばかり掘, ばかり米, ばかり買っ, ばかり酒, ばかり飮, ばかり飲ん, ばっかり一息, ふるまわれたお, へ来た, ほしいじゃ, ほどの定量, ほどの水, ほどの真新しい, ほど入れ, ほど風呂敷, ますから, もあろう, も入るべき, も喰つて, も流した, も飮ん, より二升, をすごす, をまき, を一升, を三杯半, を二つ, を入れ, を加え, を水, を越え, を預け, 借りて, 借りる醤油, 入程, 取つて貰つて, 打ち合, 炊ぐらい, 程で見事, 蒔きの, 買っと, 近い酒, 降つて, 食べる大食, 飲む, 飲むなら二両賭, 飲めと

▼ 五百年~ (132, 0.2%)

4 の間, も前, を経た 3 も千年 2 といい, の後, の昔, の星霜, の歴史, の社稷, もまえ, も昔, を閲した

1 [99件] いじょう, かあるいはまた, かその, からの歴史, か千六百年, が解脱, くらいのやつ, くらいもの間, ずつに区分, だ, だが, だと, であると, でもう, でゴマ化, という永い, とかかっ, とか申します, と致しました, と言つて, に, にあたれり, にいたれ, にしかなりません, になる, にはわが, には塔寺, には多聞読誦, には大, には定, には白法, にも当るであろう, に五百, に亘っ, に亙つ, に仏教国, に拘, に生まれられた, に終了, のうち, のこと, のころ, ののち, ののち戒定慧, のむかし, の中程, の人間, の初頭, の千年の, の差違, の怪物たる, の自然, の詳細, の週期, の長い, の間一定, の間掛, の間歩一歩踏, の闘諍堅固, の青史, の頃, は個人, は像法一千年, は多, は多聞堅固, は大, は大体, は次第, は正法, は禅定, は禅定堅固, は解脱堅固, は読誦多聞, は造寺堅固, は闘諍堅固, は闘諍時代, ばかり後, ほど前, までに完成, もおくれ, も以前, も以後, も六百年もの間, も生きるでしょう, よりもなほ, を区分, を巧み, を神通力, を隔て, 化けて, 即ち明, 即ち末法最初, 即ち解脱, 或は二千年, 持つ, 持つの, 生きるか, 程前, 経って

▼ 五~ (130, 0.2%)

7 の家 2 あって, あるん, も六軒, も出来, 並んで

1 [113件] あった, あつた, ありいわゆる, ありしが, ありて, あるきり, ある旧い, お駒, かたまって, からお, から八九軒立, が一流, が五番地, くらいの小さな, ぐらいしかでき, ぐらいオサキ, しかありません, しかない, しかなかつた, しかへだたらない, しかるべき旅館, しか家, ずつ長屋, そのうち怪我人, だけのつく, だったので, つづいた長屋, でも十軒, で使, という相場, といふ相場, となかつた, とはねえずら, と廻る, にすぎない, にも及び, に一つ, に一つ位, に一軒, に挨拶, に松茸, に渡つた二階建て長屋, に過ぎない, のみ, の中, の八百屋, の出雲屋, の古び, の宿, の小さい, の平屋, の店屋, の待合, の御, の料亭, の旅館, の水車小屋, の汚い, の湯宿, の湯屋, の漁師小屋, の紙漉小屋, の耶蘇信者, の茶店, の農家, の遊牧民, の道具屋, の部落, はいかにも, は如何にも, ばかしある, ばかりで, ばかりならんだ, ばかり小烏瀬川, ばかり店, ほど, ほど持っ, まで調べ, もある, も並ん, も十軒, も建ち, も残っ, も行く, も赤屋根, も越し, も転がし, も逃げた, も高張提灯, や八軒, や十軒, をいちいち, をすまし, を一々, を挨拶, を数え, 並んだ新, 乃至六, 出されて, 同じ構, 建つたばかり, 建てましたの, 程片付いた, 締めて十軒, 蒼白きこの, 行過ぎたる威勢, 見しょう一所, 見とどけますし, 逃げた, 隣りに, 隣りの, 離れたところ, 離れて

▼ 五六寸~ (127, 0.2%)

6 もある 4 もあろう 3 のところ, の長 2 で床, に及ぶ, の棒, も積, 折れてない, 離れて

1 [99件] あって, ある, あるの, あるひ, から一尺あまり, から一尺ぐらゐの, から一尺二, か一尺位, きって, くらいの縫いぐるみ, ぐらいのもちろん, ぐらいの大き, ぐらいの草, しかなく, しか伸び, しか出ない, しか逃げ延び, ずつ開け放し, だけ開け, だけ間, であるが, で水面, で長, となっ, となり, と思われる, と言う, なら二つ, なり, にいたる, になる, に広, に至り, に達する, のたいへん, のまで枕, の中背, の丸棒, の人間, の今, の余裕, の入口, の処, の四角い, の大男, の家, の小, の幅, の所, の普通, の深, の絹糸, の距離, の違い, の野差刀, の鏡, の間, の間隔, の雑草, の面長, の餘裕, はあつ, ばかりあらわれ, ばかりのところ, ばかりの光, ばかりの蝋, ばかりの赤蕪, ばかりの釘付け, ばかり展げ, ばかり摺扇, ほどに伸び, ほどの尖った, ほどの柳, ほどの真黒, ほどの間隔, ほどもある, ほど後ずさりし, もあっ, もあったら, もあらう, もあり, もあります, もあるかれ, も伸びた, も積んだ, も脇差, より先, を一息, を二歳鱚, 伸びたばかりの, 伸びて, 切れて, 新しい柱, 明け放したまま, 有らんかと, 破いて, 開いて, 降つて, 離れた白い

▼ 五~ (123, 0.1%)

12 あつた 2 二十四五に, 先妻の, 初段に, 夭折した, 死んで, 母の, 顔付きも

1 [97件] おまん, お前には, お婆さんと, お守の, お負, お隠れに, かなり楽, きちんと割り切れる, この土地, これは, ごくあたりまえ, せう, せうあいつ, せうこれ, その上念入り, その中, その小説, その当時駿三, どこの, またと, まだお, まだ女, まだ小さく, まだ独身, もう一人前, もう愚圖, クラブを, ブリアン型の, 一方の, 一等を, 七圓か, 三人の, 三年やられた, 世界の, 丙午, 二十貫も, 五町歩そう, 亡くなりその, 人によっては, 人間も, 何百万という, 余所へ, 停年に, 元服の, 出て, 出家し, 出来た子, 前駆には, 割って, 区切る, 危篤と, 去年亭主に, 取引の, 周囲の, 器量は, 垢抜けの, 外の, 大往生, 子を, 宰相にな, 小作りで, 小日向の, 年増盛りという, 後には, 従弟は, 才子二十に, 才子二十過ぎれ, 持病の, 提出された, 敵の, 既に月経, 時子は, 木綿の, 某商会, 様を, 止めたの, 武家育ちであるらしい, 死んだ亭主, 死んだ伯父, 死んだ弟, 物好きで, 男前は, 病みいよ, 病死した, 病氣は, 素肌へ, 美術学生らしい, 船長に, 色の, 若い一人, 薨ずると, 血気でございます, 誰も, 身體が, 隣村の, 隱居させられた, 頭の

▼ 五六枚~ (123, 0.1%)

3 のもの 2 かざられて, か事, のせて, の畳, の紙幣, の葉, も白紙, 出して

1 [104件] あるきり, あるだけ, おちて, かかげられ弁, から七枚, くらい抜書きし, ぐらいしか書かなかったろう, これから実験, しかありません, しかつい, しめた雨戸, ずつつるさせました, ずつにて半箇年間, ずつ様々, ずつ謂わ, ちょうど状差し, つッ刎, でおしまい, で雲形, という, といふ, と思っ, と茶菓子一皿, と郡, にこまごま, につくり, になろう, にまとめ上げる, に一字, に例, に書かれ, に自分, のところ, のトランプ, のハガキ, のパンフレット, のビラ, の写真, の十円札, の南鐐, の名刺, の小判, の小粒, の感想, の拾円札, の朱, の板, の短冊, の短篇, の紙, の絵, の葉先, の衣, の記事, の錢, の随筆原稿, の飛石, はい, はね飛ばして, は干し, ばかし暴, ばかり起草, びっしりと, ほどの短冊, ほど短, まで書き続けた, めくり取ると, もつい, も持ち出し, も書い, も着てりゃ, も見せびらかせ, も覚えし, を四つ折, を選ん, キラキラと, 並べる, 入つて, 出されたよう, 取り出して, 取出す, 干した位, 投げ与えた, 折り畳んで, 持って, 挙げて, 撮りましたけれど, 敷かれた, 書いた, 書いて, 書いてと, 書き上げて, 書くと, 書けたこと, 書けといふ, 残して, 畳んで, 繰って, 落ちて, 行く, 貰って, 買うて, 送って, 重ねて

▼ 五六町~ (123, 0.1%)

4 しかない, の間, も行く 3 歩くうち, 行くと

2 [12件] にし, のところ, の道程, はある, ほど歩い, ほど離れ, も先方, も来た, も行った, を隔て, 来ると, 離れて

1 [81件] ある, あるであろう, いった百姓家, しかなかつた, すぎて, でまた, で往かれます, といふところ, ときいた, とない, となり, と思う, なれども, に及び, のあいだ, の一筋道, の坂路也, の山上, の広っぱ, の水上, の沖, の沖合, の波, の渓谷, の道, はあっ, はなれた, は歩い, は歩いたろう, は登らなけれ, ばかりである, ばかりにし, ばかりのところ, ばかり散歩, ばかり登った, ほどの御坊塚, ほどもある, ほども細径, ほど登った, ほど連れ立っ, ほど道, もある, もとろとろ, も下った, も下流, も先, も来たろう, も来ぬ, も歩いたであろう, も沖, も田, も登る, も続い, も行かない, も行け, も行っ, も行つた所, も走った, も隔たった, も隔たりたる, も離れ, も駈け, やきき, を歩い, を隔てた, 下ると, 入り込んだ奥, 出来たしかし, 吹き返されるは, 歩いたばかり, 登ると, 程引返す, 程隔, 行ったあたり, 行った所, 辿る海岸, 追つ, 隔てたる山寺, 離れたところ, 離れた山裾, 離れれば

▼ 五日間~ (117, 0.1%)

2 の旅, の気温, の穢れ, は毎晩裾, 仮出獄

1 [107件] おくれて, お比丘尼さま, お経, かかった, かかって, かかるであろうと, かれら五人, がある, が一字, ぐらい博物館, しかゐない, だけ借り, だつた, つづく, である僅, ですね, では, で犯人, で立派, というもの, といふもの, といふ急場, との二度減食処分, とはかからないだらう, と云, と酷似, なりき, なんてでたらめ, における日々, にこの, にこれ, につづけ, にて僅, にわたって判事, にわたる長大, に八十七円五十銭, に四百回, に大町, に尽き, に平次, のお, の休会, の休戦, の停会, の停学, の停学懲戒, の公演, の印象記, の平均, の旅程, の猶予, の短い, の祈祷料, の練習, の興行, の調査, の謹み, の遅滞, の野宿, はサケーア祭, はムリ, は初夏, は多, は彼女, は待てない, は教授休業, は決して, は私たち, は胸, は飲み続ける, へびしずめの祈祷, まだ, もの山ごもり, も家, も寒い, も打ち続け, も書き続け, も相州さま, やり通しました, よ, をと求め, をふつう, を失業, を客止, を期し, を私, を費した, を費す, を過ごした, を限り, 休ませて, 休んで, 入れて, 即ち九月十三日, 変えて, 帰りませんでした, 待った, 待つこと, 感じた事, 泊めて, 用いた, 程馬, 経つと, 続かないで, 続く芝居, 続ければ, 餓えしめ六日目

▼ 五時半~ (117, 0.1%)

2 から六時, だ, でした, でそれ, に出, のお茶, の汽車, の準急

1 [101件] から, からの勤め, からの曽我廼家五郎, からホテル演舞場, から一回, から中央公論, から十時すぎ, から国民美術, から声帯模写, から小, から芥川賞, から起き, か六時, か六時ごろ, か六時半ごろ, か六時頃, きっかりに, ぐらいだった, すなわち彼女, だったこと, だった何だか, であつ, である, です, という, という時間, と云うき, と指定, なり, に, におき, にきり, になった, になれ, にはお, には上河内岳, には何事, には僅, には帰っ, には必ず, には私ども, にサイレン, にツェルマット, にピニエス・ペンドル, に仕度, に出た, に出発, に切り上げ, に初江, に塩山停車場, に夕食, に外務次官, に夜の, に大急ぎ, に工業倶楽部, に明治座, に本館, に来, に海岸通り, に清水荘平が迎, に温泉, に發, に砧, に私, に約束, に終った, に終る, に羽生, に著い, に起きまし, に起きる, に起き出し, に車, に道男, に高槻迎, のうち, のこと, の一番, の喉, の夕食, の日光, の船, はもう, までです, までにはあと四十分, まではウチ, までびっしり, までぶっ, までも寝床, まで彼女, より一時間, をうつ, をすぎ, を廻っ, を指し, 終って, 終りすぐ, 起き座, 迄か, 迄に御, 迄眠り

▼ 五十分~ (114, 0.1%)

4 であった 3 を指し, を要する 2 から四時五十分, で参ります, の大阪行, までの間, を示し

1 [94件] ある, あれば, おくれますといふ, かかったわけ, から三十何分, から三十八分, から五時, から同, から四時五十分の間, か七時ごろ帰着, きけます, くらい前, ぐらいでからになっ, ぐらいでしょう, ぐらいになった, ぐらいはフイルム, しかかからない, すぎて, すなわち四時間以上, ずつ遅らせ, だと, だ間に合わない, であったが, であります, ですかナ, でジュネーヴ行, で戻っ, で東京港, で無事帰京, で藤堂駿平, となり, となりました, と出, どうかする, にこの, にて槍肩, になっ, にはマンチェスター, にも延ばす, に不動瀑布上, に出る, に合わせた, に巴里, に幸手, に散会, に東京駅, に続く, に自らロード・スタア, に著い, に近い, に長蔵小屋, に間に合う, に鶴子, はつづいたでしょう, はなれた, はもつ, は貴, ばかりあと, ほどかかる, ほども走っ, ほど後, ほど後れ, まえに, までの総監, までタバコ, まで陛下, までJOAK, もうたた, もかかっ, もかかる, もたった, もたって, もむうち, も下る, も座, も走ったでしょう, も走る, より, より八度前後, を費す, 再び釜谷山頂上, 早く着いた, 着下り, 着八時三十五分出発, 着昼食, 程の間軌道, 第一哨桜田門, 約二千八百四十米突, 経って, 進むと, 遂に海岸上空, 遅くも, 遊んで, 鳴轟

▼ 五~ (113, 0.1%)

3 になる, の時, の法王, を經 2 の天皇武烈, の後胤, の趙思綰, の頃, までの間

1 [91件] から宋, から行, しかならぬ, ちゅうでも屈指, つづきの, つづけて, で終りました, で輩行, という事, とつづく, とはとり, と七代, と云う, と書く, と申し, と経っ, ならば, にあたらせ給う, にかけて城守, にかけて或は, にかけて支那, にかけて有識者, にも漸次, にわたるヒダ王家, に亙っ, に出, に始め, に流れ込み, に至る, のころ, の乱れ, の亂, の先祖早雲入道これ, の初, の初期, の前, の半頃, の周, の唐, の執権代, の基, の変ぜざる, の天皇応神, の孫, の孫中臣連是忠三, の孫光憲, の当時, の彭暁註, の後晉, の御霊, の志類, の悪政, の才兵衛, の故, の時人, の時南漢主劉, の最明寺時頼, の末, の末頃, の村正作, の法王みな毒殺, の現在, の目録, の祖, の積威, の綱吉, の蜀, の観妙真人, の道士真一子彭暁, の間, の高, は, はその後五, は丹造, は極々, は近く, ほど四方八方, まえから, までの過渡期, までを編年體, もまえ, も住ん, も共に, も暖簾, も続きましたら, を中心, を挙げ, を過ぎ, 之孫, 第六代, 続いた徳川家

▼ 五分前~ (111, 0.1%)

87 です 4 である, になる 3 のこと 2 だよ, であった, であったので, であつ, でした, なのに, になっ, に来なけれ

1 [69件] あの並木道, からもう, からソロソロ食堂, から九時ごろ, が鳴る, だがな, だった, であったが, でございます, でございますよ, ですから, ですよ, ではない, という時刻, といふの, とも三十分前, なので, なら, に, にあの, になった, になりました, にはそこ, に一台, に停車場, に先生, に出た, に出よう, に名刺, に器械, に御, に晴々, に来た, に止め, に死体, に着いた, に私, に総理大臣, に船中, に起き, に辛うじて, に陣取っ, に駕籠, の, のところ, の嘘, の時, の朝っぱら, の汽車, の約束, まで, までのあいだ, まではよもや, までは手拭い, までは生き, まで一緒, まで図書館, まで現場, まで踊りつづけ, もう十五分, よ, をさし, をしらせ, を報じる, を差し, を打ちました, を指し, 又山野, 弱ったもの

▼ 五~ (111, 0.1%)

3 の馬 2 のげじげじ, の子, の河童たち, の狼, の猫, の蟹, の鼠, や六匹, や十匹

1 [90件] あげよう, いた, います, いるとして, いるの, いるわ, うようよし, かな九十四匹, か或は, が一日, が死ん, が臨終, が蛸, くらい殖やそう, くらい産み, ぐらいずつ一掴み, ぐらいはチャン, じゃ二匹, すんで, ずつは釣っ, だ, だけとっ, ちょろちょろ飛び出し, つかまえる, ですのよ, でそれ, で満腹, とって, となり, とまったまま, とも疲れ, と次ぎ, と牙, になつ, にも達し, に殖え, のうち, のうち九匹, のお, のとんぼ, の中, の中一匹, の体積, の凄, の宿人足, の巨, の牡猫, の犬, の狼達, の田作, の白鼠, の虻, の蛇, の蛙, の蝦蟇, の蠅, の豚, の象, の野良犬, の雀, の青大将, の魚, はいっ, ばかりの鹿, ばかり選り抜いた, ぶらりと下っ, ほどの尺とり虫, ほどの黒猫, ほど死んだ, まで買おう, もはいっ, もやっつけれ, も入, も六匹, も十匹, も子供, も捕ま, も絞めやがった, をお, をみんな, をも捕ま, を一列, 下さい, 入れて, 引かせて, 放ったり, 殺したの, 続いて, 飛んで, 食って

▼ 五六軒~ (109, 0.1%)

5 の長屋 4 の家 3 の人家, の農家, 隔てし溝板 2 しかない, しかなかっ, はあります, 並んで, 歩いて, 飛んで

1 [79件] あった, あったその, あって, ありて, ある, あるでしょうよ, あるのに, ある借家, ある其処, かたまった相川, しか家, ずつところどころ, ずつの部落, だけしか対岸, だけ天然うなぎ, だったに, できたこと, ですだで, ならんだ人家, ならんだ家, ならんで, のごみごみ, のカフェー, のテント, のニッパ小屋部落, の分家, の名, の商人, の娼楼, の家作, の家屋, の寺, の山家, の本屋, の村, の武家屋敷, の草葺き, の藁屋, の貸金, はおや, はその, は火, は荒らされ, ばかりの土蔵, ばかりの木羽屋根, ばかりも離れ, まわって, もあった, もあります, もあろう, もツン, も大持て, も尋ね廻らせたら, も当っ, も点在, も荒した, も荒し廻り, も行乞, やられたさうです, を三番町, 並んだ武家, 並んだ武家屋敷, 出て, 固まった所, 寄って, 廻って, 当たって, 歩かないと, 続いて, 置いて, 行き過ぎたところ, 行くと, 見たあと, 見て, 調べて, 遣って, 離れて, 飲みあるいた, 飲み廻りました

▼ 五世紀~ (108, 0.1%)

3 の間, の頃

2 [12件] から六世紀, から十九世紀, から十六世紀, のころ, の人, の伊太利, の初, の初め, の半ば, の問題, もたっ, より十六世紀

1 [78件] からはトルコ, から十七世紀, から十八世紀, から始, が経過, でありまして, で茶の湯, という一時代, とは何, なんてちょっと, において一時シラキュース, におけるルネッサンス, における日本, にかけてトルコ帝國, にかけて栄えた, にかけて相, にしろ, になる, には匈奴, には問題, にわたってスタンコウィッチ家, にアジア諸国, にイタリア, にクロプトン, にコンスタンチノブル, にラブレー, に亙っ, に伊人ポッジオ, に入っ, に出来た, に建てた, に建てられた, に建てる, に既に, に筆, に至り, に行われ, のあいだ, のこと, のさ, のささやき, のはじめ, のほう, のギリシャ, のヘロドトス, のペリクレス, のメトロポリス, の中葉, の事, の人物, の住人, の初めごろ, の半頃, の史家パウルス・オロシウス, の外套盗賊, の大, の始め, の姿, の建築, の建造物, の後半期, の日本, の時代, の有名, の末, の末期, の理想家, の眼抜き, の老若男女, の道教学者列子, へかけ, も十世紀, も過ぎた, をさかのぼる, を経た, を通じて続い, 即ち今, 或は第

▼ 五~ (108, 0.1%)

4 てがらです 3 の, の松山さん 2 だと, でした, の右, の大吉, の家, の方, の澪木, の部屋

1 [82件] あったと, お上がり, から七番, から三十四位, から来た, がいい, が河内, が演ぜられた, が秀次, が良く, だぞ, てがら, であつ, でございます, です, ですか, ですからも, では, で茂丸, ということ, という家, という風, とだ, とに南京蟲, とは下らぬ, と下る, と六番, と叫ん, と思いました, と極, と立てつづけ, などの石火矢臺, にかなり, になった, にのった, には七手, にも擴, に人, に廻した, に数, に檜扇, に見掛けた, に這入っ, のいない, のお, のお客, のところ, の中, の中四番, の十二曲, の台所, の客, の室, の本郷弥次郎, の札所, の柔道三段, の留守, の納経所, の能, の花籤, の馬, はカペエ, はクロイツァー, は一番, は両, へ持っ, へ行っ, へ行った, ほど指し, または事務所, もお, もこれ, も六番, を漕い, を見た, 上がった, 勝つと, 済みて, 続き, 見ましたが, 謡いました, 遠駆

▼ 五六名~ (105, 0.1%)

3 の者, の警官 2 が, と共に船, のもの, の幹部, の部下, を連れ

1 [87件] かたまって, がはせつける, がほとんど同時に, がやにわに, が中, が吾輩, が唇, が後, が水, が物々しく, が理論, ございます, しか彼, しか観衆, して, ずつがその, だけが駕, つきしたがって, つれて, できて, でした, でもって三百円, で突然, といっしょ, と老, どやどやと, にし, のロシア人, の一族, の上半身, の中, の人, の人々, の人達, の人間, の共犯者, の兵隊, の各自, の同席者, の塾生たち, の壮丁, の小, の少女, の屈強, の影, の応援刑事, の捕手, の方々, の旗本, の武者, の腕ぷし, の舞妓, の若者, の衆, の青年, の青年たち, の高弟たち, は, はいた, は再び, は逃げおわせた, は顔, は首, ばかり弥之助, ばらばらッ, ひかえて, ほどの者, ほど手, もい, もいる, もおる, も店, も田島さん, も部屋, も頭, ゐて, をつれ, を従, を聘傭, を誘っ, を載せ, 乃至十名, 来たの, 赤い土耳古帽, 連れて, 陣取つて, 集った

▼ 五十日~ (105, 0.1%)

4 の間 3 のあいだ 2 とその, の喪, の後, の手錠, ほど前, や百日

1 [86件] あまり過ぎた今日, いよいよ忌, お目, か, からになる, か六十日, がほどは帰省, が明けねえ, が過ぎ去つた, きて, たちました, たつと, だね, でもいい, でもわるい, で一万五千円, で買い手, で隅, となる, と云う, にし, になる, にもなる, にも当たった, にも餘, に一度目, に及び, に満たない, のあ, のこの, のため, のところ, の儀式, の後郷里, の忌服, の懲役, の旅行, の日, の祝い, の祝い日, の逗留, の鉄, の閉門, の間保養, は降る, ばかりいた, ばかりし, ばかりだったろう, ばかりの意味, ばかりの間雨天, ばかり傷療治, ほどかかっ, ほどかかった, ほどになる, ほどの間, ほどは経過, ほど旅行, ほど滞在, もしたら, もたたぬ, もたつ, もたつてる, も厄介, も居る, も工夫, も毎日, も水行, も漂い流れ, や, をついやし, をもって期限, を経, を経ざる, を経た, を過ぎ, を過した, を馬鹿正直, 待った旨, 打ち続けて, 生きのびる勘定, 直鞍五十日, 計三十二石八斗五升, 近い北國, 近い日, 近い海, 近い謹慎

▼ 五人組~ (104, 0.1%)

4 の者 3 の一人, の賊, の重立った 2 のうち, のひとり, の人形, の火事装束

1 [83件] から町役人, から風上二丁, が交代, が仲, が来た, が磔刑, が立會つて檢屍, が関口屋, である, ですか, というもの, といふの, といわれる, とともに残っ, とのあいだ, との対策, とを一般に, と同じ, と弥生豆太郎, と行動, などいふ, なれば, にそなえ, につぶされた, につれられ, にとられ, に加担, に奪い去られた, に奪われた, に秘刀乾雲, に稀刀乾雲丸, に立會つて貰つて, のお, のため, の中, の五人, の但し, の名前, の安兵衞さん, の布令, の廃, の強, の怪士連, の押込, の方, の最も, の末端, の正体同様, の法令, の町年寄たち, の登場, の盗人, の立会い, の組内の人, の組頭浜田, の義賊, の老人達, の茶人, の衆, の規則, の言う, の請判付き, の連中, の遺風, の隠れ家, の頭目的, の首領, はこの, はすぐ, はそれ, は何者, は手, は最初, へ交じっ, へ預けた, まで一類共可処厳科也, も附, や月番, をはじめ豆太郎, を作ろう, を呼ん, を集め, 立ち會

▼ 五分の一~ (102, 0.1%)

3 である 2 かがことごとく, だけが消火作業, だと, という, にも足りない, に増加, の小作料, または四分の一, を請求

1 [81件] から十分の一, か八分の一程度, が死ん, くらいな, くらいに減るであろう, くらいの賃金, くらいの金, くらいをようやくもぐもぐ, くらい刻みしょうが, ぐらいしか窓, ぐらいのところ, しかない, しかなかっ, しか窓, しか耕作, だけ呉れろ, だけ守っ, だけ登っ, だったのに, でありその後, であります, でありノリジ, であること, ではない, で深, という出生率, という比率, となった, となる, と思っ, ないし三三分の一, にあたる安い, にしか當ら, にも堪へ得ない, にも当たる, にも足らない, にも過ぎません, に減っ, に減少, に過ぎない, に達しない, のみこれ, の六千三百円, の円欠, の地域, の日数, の由, の納豆, の量, は入る, は首府, ばかし喫, ほどしか残っ, ほどに圧縮, ほどに縮ん, ほどの大根, ほど眼, またはそれ以上, もある, もない, もまとま, も書けない, も甜める, も親交, も謹聴, を, を加, を占め, を収録, を和蘭, を常に, を徴収, を必ず, を持っ, を控除, を有し, を現物租税, を納入, 中項三二・五分の一, 或は三分の一位, 新辺疆伯領

▼ 五十年前~ (102, 0.1%)

4 の露西亜 3 のこと, のもの 2 と今日, に, にあった, にも一度, に建てた, に死んだ, の写真, の東京

1 [76件] からつづけ, からの戸籍, から使っ, から厳重, から較べれ, くらいまでは村, この新宿, すなわち今日, だと, でも今, といへ, とかに亡くなり, と同じ, なる天智天皇九年, にすっかり, にはこの, には互に, にもあった, にもなれ, にわたし, にフランス, にプティー・ピクプュス, に一, に久しく, に亡び去つた, に京都, に僕, に初めて, に利根川, に始め, に於, に書かれ, に東京, に父, に當, に秋山図, に習字, に聞いた, に自殺, に芭蕉一派, に起こったなら, に高知縣佐川町, のあの, のお握り, のハンス王時代, のフランス, の事, の人, の人間, の嘉永三年, の大師, の宝暦六年, の山崩れ, の建築, の恩師, の愛人, の日本人, の昔, の札幌, の歌, の洪水, の父母, の父親, の片目, の男, の維新史, の記憶, の読者, の追憶, の通俗小説, まではチベット国, までは例えば, まで位, もまたは, 初めて入, 尚貞王

▼ 五十枚~ (102, 0.1%)

6 の小説 4 のもの 3 の短篇 2 の原稿, の御, の長篇, ばかり, ほどの小説

1 [79件] から七八十枚, から二百枚位, か百枚, が下谷, ぐらいでしょう, ぐらいで切り上げたら, ぐらいのもの, ぐらいの由, ぐらいは買, ずつ都合一年, その代金五十両也, たしかに, だから, ちゃんとはいっ, で終る, とても書けない, となり, と恰度洋服屋, なら, にいたせ, にて御座候, になり, にも伸ばし, にも百枚, にわたる趣意書, にペン, に書き直した, の写真, の写真全部, の前篇, の極上, の短篇小説, の紙片, の草稿, の銅貨, は今日, は執筆, は暗誦, は自分, ばかりきり, ばかりだ, ばかりのもの, ばかりの勉強, ばかりの往復端書, ばかりの短篇, ばかりペシコフ爺さん, ばかり書いた, ほどだ, ほどにし, ほどに圧縮, ほどに整理, ほどのちょうど, ほどの一冊, ほどの枚数, ほどわたし, ほど今日, ほど敷かれ, ほど書かれた, ほど綴じた, まで書いた, もお, も書きとばし, をだす, を取り寄せ知れる, を書い, を書いた, を賜, を賜わる, チョットと, ヲ完成サレヨ, 中二十枚, 刷って, 売り切れてから, 或いはもつ, 書いても, 書き上げた, 書くの, 書けば, 迄行った

▼ 五百両~ (102, 0.1%)

8 の金 3 という金 2 か千両, がもの, で取引, といへ, になれ, もする

1 [79件] がびた一文, が程, ぐらいで, ござりまする, さ, ずつである, だけ取る, だけ御, だけ都合, で, であった, でこれ, でも二千両, でも千両, で仕上げ, で埒, で大, で引, で買っ, で身請け, ということ, というものハ, という大金, とかになれ, とか千両, とそれ, とは豪勢, と申しました, と積つて, と負け, なげだした大事, なり, なんて大金, にでも頂戴, にへり, にまとめ, にもならない, にもなる, に売り払いたい, のお礼, のご, のほか, の借用証書, の利, の小判, の現金, の金銀, はかかっ, はさし上げる, はそっくりそのまま, はみんな, はもし, は二百両, は其方様, は動かない, は寺, は郡兵衛, も, もするだろう, もとうに, もの大金, も出した, も千両, も左太松, も持ってる, も掛けた, も稼い, をくだる, をならべ, を半分, を取っ, を得た, を投げ出す, を持っ, を挙げ, を越え, を附け, を附ける, 借りて

▼ 五年目~ (100, 0.1%)

4 です, になる 2 だったの, に一度, の三十一, の今日, の春

1 [82件] からいけない, から山, が明日, すなわち今年, その次, だ, だったかに, だとか, であったの, である事, でこの, でも十年目, で一九二八年, で一尺三寸余三百匁前後, で二尺三寸余一貫四百匁, で故郷, で歌舞伎座, で毎日処々, で逢った, とか六年目, にお前, にさあ, にし, にすなわち, になるでしょう, にはもう, には二十五両一歩, には彼, には必ず, には田地, には算哲, にやっと, にようやく, に一万円, に上京, に今, に会, に初, に初段格, に孫孝哲, に安場保和, に定, に当り, に成つた藥師寺, に改修, に故郷, に日本, に歸つて來, に死んでしまつた, に洪水, に渋江氏, に突然, に老人, に脱稿, に至つて, に見る, に起った, に返せるならかし, の, のきょう, の九月十三日, の事, の再会, の出獄, の同月同日, の夏, の大正九年, の天和二年, の弘安二年, の方, の明治二十四年, の春頃, の昭和二年十月, の暮れ, の末ごろ彼, の生活, の秋, の終り, の終りごろ, の結婚記念日, の記念会, 測らずも

▼ 五~ (99, 0.1%)

6 の酒 4 のスープ 3 の牛乳, ほどの牛乳, を加え 2 のその, のます, の種, ばかり壜, ほどの酒, を加えます, を混ぜ, 加えて

1 [64件] あり, か一合, が単位, が我が, が飲みきれなかつた, ぐらいの乳, ぐらいは誰, ずつ, だと, であった, でいい, でうた, です, では, で弛め, で日本アルプス, とか一合, とを入れ, とを注し, とスープ五勺位, と今, と玉子, と西洋松露, と香料, にし, になった, になつ, にも満たなかった, に煮詰めます, に瓶詰, に芋, に辿り着いた, のこと, のそれ, の休み茶屋, の割, の室, の水, の菜種, はたっぷり, ばかりづつ飮むと云つて, ばかりと牛乳, ばかりの牛乳, ばかりやっ, ばかり入れ, ばかり冷, ばかり味醂, ほどお, ほどきゆうと, ほどし, ほどずつ町, ほどのお, ほど二階, ほど加え, まで飲んだ, ものまぬ, を出外れる, を少し, を注し, を貰える, 注して, 注します, 減りの, 溶いて

▼ 五十石~ (97, 0.1%)

7 取の 5 の旗本 3 の加増 2 でげす, の小身, を取った, を食んだ, 取に

1 [72件] お取りなさる, から六十四万石, か取, さ, ずつ下され, では, で旗本, で藤枝, で鉄砲組三十挺, ということ, といふ提灯, とか聞いた, とはばか, と唱え, と船一艘, なり知行, なんてえな, にお, にて馬, になつ, に加増, に取立てられ, に召し出された, に嫁入, に御, に新た, のお, のお家, の中納言様, の側詰, の公卿, の小普請組, の山岡, の扶持, の政義, の旗本杉浦中務, の武家ぢ, の武家屋敷, の田地, の當主多良井藏人, の知行, の縁組, の藤堂和泉守高猷, の馬廻格, の高祿, の高禄, はすぐ, はぶり, は俺, は最高, ほどの家柄, もあった, も木葉微塵, や百八十石, や百石, を不足, を収穫, を受けた, を喰ん, を惣八郎, を意味, を給せられる, を給わった, を頂戴, を食みました, を食ん, 取った深見, 取って, 取て, 御馬廻り, 新恩, 賜わり候者

▼ 五メートル~ (96, 0.1%)

14 もある 2 の高, ばかりのところ, ばかり離れた, ほどあと, ほど向こう

1 [72件] あった, あったの, いじょう, くらいの広い, くらい積, ぐらいある, ぐらいにしか見えない, ぐらいの大きな, だから, という恐ろしい, とか六メートル, とはなれ, と離れない, ないし五十メートル, になるであろう, に三十メートル, に過ぎない, に達した, のところ, の岩木山, の強風, の手前, の深, の滑走路, の火山, の綱, の青白, はらくに, ばかりの低い, ばかりの海底, ばかり登った, ひろさ, へ下った, ほどいきます, ほどしかありません, ほどすすむ, ほどでおわり, ほどにせまった, ほどに近づきました, ほどのまるい, ほどの大, ほどはなれた, ほどむこう, ほどもある, ほどゆく, ほど上, ほど先, ほど向う, ほど進みます, またその, までについてたくさん, もありました, もあろう, もいく, ものび, もの突風, もの高, もはいった, もへだたった, も下った, も押し上げられた, も縄, も走らぬ, も離れた, も雪, も高い, らしい, を指し, を登っ, 登って, 登るの, 離れたこの

▼ 五~ (96, 0.1%)

4 の孫 3 の祖 2 さ, となり, の下, の名, の孫光, の後, の時, の騎馬像

1 [73件] がその, がつくった, がまだ, がマダム, が死に, して, であること, といたしました, となほ, とクイン・メリー, と稱, なり, にお前, にちがい, について城壁, によって利用, に伝え, に伝わり, に差し出された, に扮, に法王, に言葉, に遺伝, のうしろ, のこと, のため, の一団, の不例, の勅諚, の后シャアロット・アメリア, の吸物皿, の味方, の声, の大蔵卿, の天孫氏, の姪, の嬖幸マダーム・ポンパドール, の孫袁本杼, の左手, の擁立, の時陰謀, の死, の死したる, の死去, の王甥, の王甥イヴァン・チェルトクーツキイ, の生涯, の皇后, の監輯, の祖忠上, の祖辰盛, の神秘, の罪, の薨去, の言葉, の頃, はその, はエドワード七世, はクラウディウス皇帝, はピエートロ・ダ・モルロネ, は壮麗, は自分, は過度, は隼人, は露国皇后, もロザレ, も引續, を保せ, を指せり, を探し出さ, を經, 及びジョージ六世, 死して

▼ 五十万~ (96, 0.1%)

3 の漁民, ほどだ 2 ぐらいずつ死ん, の人間, の兵, の失業者, の現金

1 [80件] あった失業, あると, いや百万円, から二千八百万, から八十万, か百万円, が屍, だろうか, でありまして, でもほか, でよろしい, という大軍, という攻め口, という現実, という盛況, という金, とかいつも, と云われる, と号せる, と数えたなら, と称し, と見積っ, と見積ったなら, と言われ, と註し, ないし三百万タン, ないし二百万クヲタア, になる, になれ, に下らざりしか, に不自由, に出でざり, に分たれなけれ, に増加, に過ぎなかった, に達しない, のもの, のロシア, の人口, の人民, の人民中二十五万以上, の仕事, の個人, の南鮮漁民, の増加, の大軍, の女子, の家屋, の市民, の希望, の折紙, の普通漁民, の死活, の死活問題, の生霊, の英兵, の荒くれ漁夫ども, の衆, の軍勢, の遺産, の金, の顎紐, はありました, はいるだろう, はうごい, は官渡, ばかりを得た, ほどと鉱山, ほど使いこん, まで合計千二百万円, もあろう, もの百姓ども, も合せた, も減少, るーぶりニ達ス, を加え, を突破, を超え, イヤ七八十万, 乃至三百万人

▼ 五~ (95, 0.1%)

6 ある 2 に分類, に區別, の, のもの, の性質, の感覚, の禁止木, 入って, 列べて

1 [71件] あって, あるという, か三十種, か六種位, があっ, がある, が行われ, だけでなく, であるが, で一段落, で文字どおり, とかに分けられた, とし, として発行, ともなる, なりとぞ, にてその, になつ, に分け, に分ける, に分ちたる, に分れ, に大別, のみ而, の事実, の人種, の人間, の人類, の刑辟, の別, の動物, の味, の喪服中, の圖案, の場所, の変化, の外, の外道, の抹香, の救難信号, の新聞, の母音, の浴衣, の液, の童謡集, の芳花, の變化, の賃, の賤民, の賤民中, の趣味豐, の邪道, の金襴, の類話, はみな外道, は持っ, ほどもミーター, ほど今, ほど発見, もございます, も見, らしい, を含ん, を数え, を見る, を軸, を選び出し, 不翻, 共に龍, 御肴七種, 知られて

▼ 五十がらみ~ (94, 0.1%)

15 の男 4 の人 3 のでっぷり 2 のデップリ, の年配, の武者

1 [66件] かとも思われる, で何だか, で小屋, のおばさん, のおやじ, のがっしり, のずんぐり, のその, のぼて, のよく, のフランス婦人, の一人, の上品, の中, の主婦, の人たち, の人物, の体, の六尺, の六尺豊か, の分別顏, の割, の労働者, の半白, の単, の博徒, の同じ, の大きな, の婆さんだつ, の宗匠, の實體, の小柄, の小男, の巌丈, の年齢, の恐ろしい, の憎体, の村, の武士, の清げ, の漁師, の無口, の物静か, の瑞典人, の目, の盲目, の禅僧, の紳士, の総髪, の總髮, の老成, の肉付き, の肥えた, の肥った, の肥満漢, の芸能者, の親方風, の親爺, の請負師, の貧相, の赤ら顔, の赤毛, の野暮, の面長, の風采, もひとり

▼ 五十兩~ (94, 0.1%)

11 の金 8 といふ大金 5 の小判 2 だとさ, で手, と纒まつ, に賣つ, の大金, の茶入

1 [58件] ありや, か三十兩, か百兩, が包, が惜しい, ございます, しか持つ, だ, だけといふこと, だけは別, だけ伊三郎, で歸, で茶碗, で親許, で賣る, で連判帳, といふの, といふ金, とかだ, とかに, とか百兩, とも百兩, と二三兩, と云, と溜りました, と言, なら私, になり, になる, にもなる, に未練, の代り, の外, の手切, の手當, の才覺, は少し, は決して, は變ぢ, は高く, ばかりの奉公人, ばかりの金, ばかりを出させ, ばかり持たし, ほど持つ, も出さなき, やるから, や三十兩, や六十兩, や百兩ぢ, より鐚一文, を人, を佛樣, を小僧, を忘れ兼ねた, を渡し, 出すから, 合せて

▼ 五〇年~ (91, 0.1%)

4 の間 3 にはいっ 2 では, に終る, の段階, の頃

1 [76件] から六四年, から十年間, くらいまでである, だから, であるから, で芸術, ということし, という年, ないし六〇年, において新た, における日本, にし, になっ, には一対一二三, には恐らく, には歌劇, にふさわしい, にふさわしく, にも豚, にオウエル, にコーディケ, にドクトル, にナショナル, にマルクス, にライト, に三ツ, に三好十郎, に亙る, に出た, に歿, に起り, の, のきょう, のこの, のカリフォルニア黄金狂時代, のマルクス, のレンズ, の三〇年間, の世界, の人, の伝染病, の八月六日, の冬, の十年間, の十月, の十月末, の夏頃, の彼, の数字, の新しい, の新春, の日本, の暮, の私達, の空, の立後れ, の記念, の記録, の間役人, はバルザック, は世界最大, は五, は人類, は六月, は日本, は終われり, ほど早かっ, までの六期間, までの時代, までの私, を加えさせ, 元ニューヨーク州外事局長, 及びその後数年, 及び一七五一年, 大いなる機械時代, 早々米国

▼ 五十名~ (91, 0.1%)

2 に達し, の侍, の軽装

1 [85件] ある, おのおの奇異, が連署, くらいだろう, その内, でもなにか, で来, で男, という主張, としか触れ出され, となっ, と木材会社その他, と触れおいた, に下らず, に与えられる, に増員, に対する一人, に討ち減らされた, のちつじ, のもの, の一団, の一小隊, の一隊, の人影, の人民, の健卒, の優良工員, の切支丹宗徒, の制服警官, の労働, の味方, の土匪, の士, の家臣たち, の寄宿生, の尼, の志願者, の整理, の方, の男女, の発明家, の聴衆, の胆吹王国, の被告, の被告等, の諸氏, の送付方, はあるだろう, はいまトラック, はすぐ, はそれぞれ身, は二隊, は午前七時半, は山手, は用意, は約, は遠島, ばかしで, ばかりの人々, ばかりの同志, ばかりの武装隊, ばかり欲しい, ばかり連れ, ほどお願い, ほどの賊, ほどを連れ, ほど引きつれ, ほど待っ, もい, もいる, もそこ, もつれて, も居ったでございましょう, も峰々, をくだるまい, を三班, を使用, を呼寄せた, を超え, を選んだ, を間道, を限る, 少なければ, 程の警官, 近い会員

▼ 五十前後~ (90, 0.1%)

7 の男 3 の用人, の立派 2 でございます, の女, の巖乘, の柔和, の浪人者, の紳士, の背, の脂

1 [61件] か, かさ, だが, だろう鬼髯, でありましょうか, であろう, でいかにも, でせう, でもあろう, とも覚えられ, に見える, のお婆さん, のすぐれた, のでっぷり, のよう, のよく, の中老人, の乾物, の僧坊, の先代, の内儀, の商家, の喰, の大, の大きな, の大入道, の年輩, の恰幅, の慾, の月代, の未亡人, の正直そう, の武士, の武家, の歯, の淺黄裏, の父, の番頭, の痩形, の白あばた, の着實, の確り, の穩, の筋骨逞, の線, の老, の老人, の肉, の脂切, の見事, の親方, の達者, の長身, の頃, の頑丈造り, の頭, の顔, の鬼, は思慮, まで楽, 或は六十

▼ 五~ (88, 0.1%)

3 の距離 2 の小銃, もある, も十丁, ゆくと, 程西

1 [75件] かと振り向い, しかありません, そろえて, であるが, です, とは離れ, ともありゃしない, とも離れ, と距, と離れ, と離れぬ, にし, にも足らぬ, に一つ, のところ一本道, のピストル, の処, の山径, の川原, の所, の時, の碑ぢ, の胸突き, の道, の道程, の間, の降り道, はなれた, ばかりです, ばかりの野原, ばかりもあったであろう, ばかりも行った, ばかり上, ばかり東南, ばかり離れた, ほどあった, ほどしかない, ほどで, ほどのあいだ, ほどの途, ほどもついて行く, ほど行った, もあろう, もきた, もし, もつながっ, もの道, もはなれた, も一気に, も上ります, も上る, も歩いた, も歩かね, も歩く, も泝, も続く, も行つた, も隔, ゆけば, 入らねえば, 出て, 来たかと, 歩むと, 程だ, 程のところ, 程もある, 程を隔てられ, 程歩ん, 行きまして, 行くと, 走って, 跳んで, 隔たりし松林, 離れたところ, 駈け散らして

▼ 五~ (88, 0.1%)

5 にし 4 行くと 3 の利子 2 か二十歩, ばかり先, も十歩, 近づいて, 退って

1 [66件] あゆみ寄って, あるいては, しざりながら, して, その方, とすべき, となり, とに建てられた, とは進ませまい, と下手, と云, と動ける, と後, と角道, にじり寄って, にも足らない, に一人宛, に一楼十歩, に一閣, に當, に血, の位勝, の利息, の外, の森林, の長方形, の間, の階段, はない, は五手目, は前, は無い, ばかりずかずか, ばかり後, ばかり隔, ばかり離れた, ほどのところ, ほど前, まで数えた, も出た, も歩け, も歩んだ, を数える, を數, 下がる, 下る, 之利足, 先立って, 寄って, 引返した, 後れて, 歩いて, 歩き出した, 行き七歩, 行く間, 行ったらくたくた, 行って, 走り出す, 躱せば, 退いて, 通り過ぎた時, 進むと, 進んだ後, 遠ざかって, 離れたところ, 飛びさ

▼ 五~ (88, 0.1%)

3 が最高位 2 からでき, か何, の備え, の入口, の猫, は海舟, や六段

1 [71件] あった, あって, ある石段, うたう, おとされたこと, がいた, がよし, が私, ぐらいだった, ぐらいでとまる, ぐらいの無名, だぞ, だなどと, では, でもよい, でも捏ち上げる, という, というところ, とか取る, となっ, とはいえ, と隙間, にしきつ, について名詞法, になっ, になります, にわかち, にわかれ, にわたって五人, に亙る, に分れ, のころ, のぼって, のぼる, の免状, の内三段, の呉清源, の当時, の彼方, の田地持ち, の石段, の紹介, の船そこ梯子, の蕎麦畑, の記事, の階, は下手名人, は文句, は日本カラテ界, ばかりを耕し, ばかり棚, ばかり石, ばかり私, ばかり自分, ほどでたらめ, ほど浅, もあり, もころげ落ち, もなかなか, も土居八段, も攀じ上る, も辷り落ち, も面白い, をあげ, を割いた, を抜い, を許され, を鼻, 上ると, 落して, 辷り落ちた

▼ 五~ (87, 0.1%)

5 入れて 3 に焼, のん 2 と牛乳二合, のビール, の砂糖, の酒, ほど一合, も飯

1 [64件] かたむけたあと, か六杯, が十杯, ずつ合計, たてつづけた, たべて, だけいきなり, だけ一合, だけ牛乳一合, でも六杯, で四合, で晩, という例, とを加え, とワニラ, と汁五杯, と焼粉, と牛乳, と玉子, になり, にコルンスタッチ一杯, にベーキングパウダー, に入, に玉子, のみこんだ, のみました, の炭酸曹達, の牛乳, の盃, の飯, の麦酒, はとれる, は取れる, ひっかけて, もあおった, もあがり, ものむ, もゴクゴク, も六杯, も十杯, も引っかけたら, も持っ, も汲ん, も詰めこん, も飲む, や二十杯, や六杯, を別, を勧める, 傾けて, 加えて, 取りまして, 受けて, 多い時, 混ぜて, 置き竝, 遣ったので, 食うという, 食おうが, 食って, 食べたとしても, 飲むこと, 飲んだ果ては, 飲んで

▼ 五六分~ (84, 0.1%)

3 も行く 2 しかかからなかった, しかたっ, して, してから, すれば, もたって, もたつ, も過ぎた

1 [65件] か, が過ぎた, くらいあり, くらいの距離, ぐらいが普通, ぐらいであった, さもなければ御殿, しかたつ, しか支持, しか続かなかった, すると, たったかと, たった後, たつてから, だから, で報告, で東京, で水, で病院, で頂上, で鹽原, とたたない, と云う, なるだけ, にし, には見える, に引き裂いた, は過ぎた, は長く, ばかりの間, ばかり縁側, ほどの後, まえうしろ, まえに, もある, もあれ, もし, もすぎた, もすれ, もたっ, もたった, もつづいた, も歩いた, も歩いたであらう, も積ん, も経ちましたらう, も経った, も経つ, も続いた, より裄, をおくる, を増す, を要した, 休んで, 喋りすぐ, 喋る吉野, 浸けられて, 立つと, 経たないうち, 経ったと, 経ってから, 経っても, 続いて, 続けたと, 考えてから

▼ 五千両~ (84, 0.1%)

12 の金 6 の御 4 の小判 2 の工面, の隠し場所, はどこ

1 [56件] か, が並べられた, が程, が纏まらない, せしめて, だけ用達, で困る, という大金, とかの金銀, と頒, に当る, に纏め, の, の値, の唐櫃, の大金, の方, の現金, の行方, の軍用金, の餌, は, は一体, は仲間, は大きい, は大川, は愚か, は残した, は要るだろう, は重い, ばかりよ, ほど紛失, をお下げ金, をどう, をわける, を引出し, を携え, を攫われ, を隠し場所, を隠す, 巻きおわると, 拵えるから, 持出された方, 持出したところ, 持出して, 持出すから, 持出す相談, 持出す話, 盗まれた上, 盗られても, 盗られると, 盗んだ大, 盗んだ奴, 纏めるの, 見付かったの, 食う奴

▼ 五フラン~ (81, 0.1%)

6 の貨幣 4 の罰金 3 に売られる, の銀貨 2 になる, のこと, の用途, を要求

1 [57件] あります, からある, から五九・九〇フラン, から六〇・一〇フラン, か十フラン, くらいのもの, さえ持っ, しか残っ, ずつをフォルス監獄, ずつを払った, だ, だけだ, だと, であった, ですつて, での買手, で売っ, で差し上げましょう, で時計, で買った, といふ, として百三十五フラン, となった, と十六スー, と書い, なら, においての売手, においての買手, において売手, にと供給, のティップ, の金, の金貨, はその, は十五フラン, は手, は貸し, ばかりでどう, ばかり多く, へと下落, またはそれ以上, またはそれ以下, または二四・五〇フラン, やって, をむだ, をもって貞操, を加える, を取り出し, を娘, を持ってる, を添え, を食い, を食っ, 使って, 取り出して, 払わんでも, 送るたびごと

▼ 五万石~ (77, 0.1%)

4 の城下, の寺格 2 のお, の城主, の大名, の御, へ移封

1 [59件] が何ん, が救われ, が百万石, が雪, その藩中, だ池田様, だ私, でげす, でも城, で浜松, という堂々たる, ならば, に後足, に減封, に疵付ける, の中, の中府, の侯なり, の勝手元, の喉笛, の城, の城地, の墨付, の大, の大国, の大目付, の太守, の尊い, の居城たる, の彦根, の松山藩, の格式, の浮き沈み, の狭少な, の相続者三河守忠直, の絶体絶命, の蜂須賀重喜, の財力, の足枷, はお, はそのまま, ばかりの殿様, へ移された, ほどはあり, まで築きあげた, や十万石, をまいらせる, を与え, を与える, を以て迎えよう, を召, を小出し, を拝領, を物の数, を相続, を領, を領したる, を領する, 取潰し

▼ 五十メートル~ (76, 0.1%)

6 の高, もある 3 ほどあと 2 ほどもあり

1 [59件] が人類, くらいの地点, ぐらいのもの, ぐらいの変テツ, ぐらいもありました, ぐらい全身, ぐらい歩いた, しかなかっ, だ, となかっ, にのぼり, に達する, のところ, のなか, の一点, の中, の大, の月世界, の距離, の鐘塔, の長い, の間隔, ばかりあった, ばかりで, ばかりはなれた, ばかりもある, ばかりもはなれた, ばかり下, ばかり行く, ほどおく, ほどにせまっ, ほどになりました, ほどへだたっ, ほどへだたった, ほどむこう, ほども引きずられ, ほど先, ほど前, ほど前方, ほど向こう, ほど走っ, まで実に, もあっ, もあった, もありません, もいく, もいった, ものぼった, もひくく, もへだたっ, ももたげ, も歩いた, も百メートル, も行っ, も跳ぶ, も離れる, も飛びあがっ, を隔て, 作られたこと

▼ 五人男~ (75, 0.1%)

4 の芝居, の跳梁

2 [17件] が江戸一パイ, だと, とお, とこの, と一口, と山, の一人, の仲間, の内, の挑戦, の挑戰, の眼, の素姓, の素性, は二ヶ所, は御用, をおびき寄せる

1 [33件] か, が七人, が來たん, が取り巻い, が押入った, が押入つた, が来た, が立ち列ん, だ, だからか, だからかい面, だって呑気, だつて, であった, であること, という群盗, といふ群盜, にし, に三人, に狙, に狙われ, のせい, のせゐでは, のやう, の勢揃, の稲瀬川, の素姓人別, の素性人別, の随一人, は五人, は五人共, を数珠つなぎ, を數珠つなぎ

▼ 五六尺~ (75, 0.1%)

3 の高 2 に及ぶ, のところ, の所, の鉄板, ばかりのところ, もある, 隔てたる処

1 [58件] から一丈, から二丈位, から高い, が処, くらいの棒, この邊, しかない, ずつ踵, だが, でさえ, とびのいて, にすぎない, に伸びた, に見える, に過ぎない, に達し, のまわり, のもの, のトンネル, の丈, の厚, の大きい, の岩, の崖, の布, の布切れ, の檜苗, の残雪, の瀑, の距離, の近く, の飛流, の高き, の麻繩, はある, は崩れるであろう, は思い切っ, ばかりかと思われる, ばかりの所, ばかり提灯, ひとりでにきりきりと, ほどつづら, ほど前方, ほど掘っ, もあり, もあろう, もさがっ, もたかく, も廻る, も深い, も雪, も飛びあがっ, を隔て, を離れ, 踏み臺, 退って, 高さ, 高さ二丈余

▼ 五十男~ (74, 0.1%)

4 である 3 です 2 が, だ, だが, だった, でした, ですが, は何

1 [53件] があつ, がただ一人, が出, が加奈子, が口, が引つ立てられ, が恐ろしく, が手織縞, が時々, が札束, が眼顏, だったから, だつたの, だ長い, であったこと, でこれ, でひどく, で一, で世の中, で仁術, で仲間, で何様, で商, で稀, で細っそり, で評判, に一人, に案内, に転換, のクルベル, の一刻, の一剋, の佐吉, の坊主頭, の市蔵, の次男坊, の滑稽, の無精髯だらけ, の物語り, の玩具, の露助, の顏, の顔, はお, はどっち, はアタフタ小屋, は全身, は己, は急, は気, は眞四角, をつれ, を描いた

▼ 五~ (74, 0.1%)

5 の米 2 も買いたい, よ, を惠, を贈らる

1 [61件] あります, いりの, お貸し, じゃない, ずつ, ずつ買う, ってこと, でも六升, で四百三十文, とある, という場合, となる, と金子十円, と麥, ないし一俵二俵, なくても, などじゃない, にも上がり, にも八升, に酒一合, に鶏, のカンカラカン, のハシタ酒, の切手, の小豆飯, の御, の梅干, の清酒, の白水, の豆, の酒, の飯, はあるだろう, は垂れ流す, ばかりに銭百二三十文, ばかりはいつ, ばかりもう, ほど, ほど買, もあったら, もあつ, もした, もやったら, も一斗, も入らう, も入り, も六升, も飲まなけれ, より一斗二升, をのん, を六百円, を収める, を擒, を盛る, 入れ四俵, 取ですか, 呑まぬと, 搗くと, 納めれば, 飲む方, 飲んだといふ

▼ 五~ (73, 0.1%)

3 の庄 2 の池, の餅

1 [66件] あるという, あれば, か, か六個, くらいのもの, くらい互いに, くれたが, しか成功, ずつの監, ずつ拾っ, だった, でも一粒, とにぎり, と女, と尺八, なの, に, になる, に区劃, のヤシ, の一ポンド金貨, の位牌, の優秀, の南京虫, の土偶, の始末, の子房, の強力, の指環, の敵弾, の新, の星, の村落, の林檎, の滑車, の爆裂彈, の特色, の砲台, の空, の衛星, の製造家, の賞, の賭, の遊星, の銀, の錻力製, はあまりに, はどこ, ばかり, ばかりの火, ばかり喫, までくれ, もある, もはいる, らしく手荷車, をスザ, を一列, を一組, を届け, を提げ, を袂, を鉄, を食った, 有り, 買い万碧楼, 食えるよう

▼ 五丁目~ (72, 0.1%)

4 の尺八 2 に住ん, の下宿, の岡崎屋, の杏斎先生, の杏齋先生, の裏長屋, の非常門

1 [54件] からゆっくり, から一丁目, から六七丁目, で売込んだ, で町会長, で賣込んだ本道, と思われる, にあり, に下宿, に借りた, に借宅, に居ります, に金助, のぐるり, のだらだら, のレーニン, の三河屋, の上るり, の会所, の佐久間象山, の加賀中将家, の商人阿部長助, の圓滿寺, の奎齋先生, の奥平, の実家, の家, の専念寺, の小泉, の彼, の早瀬主税, の本屋, の本屋会所, の毛布問屋恵比寿屋吉兵衛さん, の町役人, の親類共, の角, の間, の附近, は森田勘弥, は闇, への帰り途, への歸, へ下宿, へ玄竜, まであります, までいらっしゃらない, までで八丁目, までの間, まで行き, まで電車, を河岸縁, を見渡す, 迄行った

▼ 五千人~ (72, 0.1%)

2 を率い

1 [70件] ありて, ありと, ありゃあ負けやし, いたとしても, か, からの人, からの職工人夫, からの血気, からの護衛, から一万人, から七千人位, がいた, が置かれ, くらいの強, ぐらい人, そうして北海道, だったが, であった筈, ですけれど, とか一万人, とし, と相対, になっ, になってる, にのぼる, に分ち, に近い, に達し, に達した, のうち, の人造人間部隊, の人間, の信者, の備え, の兵士, の卒倒者, の失業者, の客, の常備兵隊, の座席, の整理, の模造軍, の死者, の申込み, の男子, の眼, の観客, の観衆, の警察予備隊, は完全, は立所, ばかりの教師, ばかりの蝦夷人, ほどの死者, もあった, もいる, ものドイツ亡命者, も居つた, をあずけ, をいるるべし, をし, を増し, を引率, を真ん中, を行おう, を選ん, 入である, 小都邑, 死んでるよ, 程の信者

▼ 五~ (72, 0.1%)

5 の部屋 2 だけがあの, に, に乞食, の, の船室, の遺留品, まで安全

1 [53件] があの, が一団, さう, だ, だけがあんなに, だった, だつた, で, でした, です, で室内, といふたつた, とし, と第, にいい, において述べた如く, になる, に住ん, に入室, に出た, に掲げた, に故, に書い, に渉, に藤田喜衛君, のそれ, の二機, の原, の口絵, の場合, の寝台, の患者さん, の想い者, の扉, の活字, の絵, の青, はだれ, は三四郎, は原子爆弾, は幾棟, は紫檀メイタ卓子, は誓っ, への入口, へ牽い, ほどの一見, までが海面, までならべ, までナンバー, をかき続けた, をもっ, を聞かれた, ノ自動車

▼ 五~ (70, 0.1%)

2 とりまぜて, のドストエフスキイ, のノート, の古, の本, ほどで

1 [58件] あげて, あつた, あるから, あるもの, か六冊, くらいおいた, ぐらいでお, ずつで二カ月目, ずつ出し, ずつ月, そろえて, だけその, だった, ちらばって, で追っ, とペン, と正確, についてブック・レヴュー, になった, にのせ, に別れ, に収めた, に合巻, に対し手数料, に書かれた, に綴め云々, のむずかしい, の中, の小説, の数学, の文献洋書, の書, の書物, の書籍, の有益, の草双紙, の雑誌, ばかりと一ぱい字, ほど送っ, または六, まとまる筈, も次々, わざわざ御, をのりこしたら, を所持, を発行, を読む, を読んだ, 下げて, 乗せて, 及び第, 大きな封筒, 抛げ, 持って, 揃って, 来るの, 見せて, 送って

▼ 五~ (70, 0.1%)

8 の鶏 3 の鷹 2 のうち, の伝書鳩, の大鳥, も六羽

1 [51件] いたでしょうと, いましたね, います, いるが, いると, うって, か六羽, その長い愛らしい, だ, でした, で二円位, で四円, という風, と飛ばなく, ながら一度, ながら投げられた, ながら雄, ながら鷹, ならば, に限っ, の, のすずめ, のにわとり, の掌, の生きた, の軍鷄, の遊離群, の雀, の鰹鳥, の鳥, の鳩, の鵞鳥, の鷓鴣, は射ち落し, ばかしの雀, ばかり一列, ばかり遣っ, ぶら下げて, ほとんど丸焼, も, もいなくなった, もつぶせ, も七羽, も取れました, も留っ, 擦り寄り庭, 無氣味, 立ちむらむらぱっと, 飛び出て, 飛び大, 飼おうかと

▼ 五年後~ (68, 0.1%)

9 の今日 3 にその, のこと 2 でも十年後, のいま, の死亡

1 [47件] あるいは十年後, いくたの, が実は, だから, だが, だと, となっ, にあの, にかつて, にか開かれた, になっ, になつて異状, には主要食糧生産, には二千万, には何, には右, には四十歳, には字書, には帰参, には放牧一切, にフランス, に七ヶ国, に何, に凍死, に実父, に家康, に屬, に手紙, に支払, に日本紀, のきょう, のたみ子, の今, の元, の再会, の嘉永六年, の春さき, の昭和, の昭和十五年三月二十一日午後五時五十三分, の晩春, の有様, の民衆, の自分, の話, の貞観, もう一度シューベルト, 赦されて

▼ 五百兩~ (68, 0.1%)

13 の小判 9 の金 3 といふ大金, の大金 2 といふ小判, といふ金, の褒美, は大金, もする

1 [30件] か千兩, が, が何處, で澤山, といふ巨額, とか千兩, と鰻上り, にもなる, に負けさせ, の寄附, の御, の行方さ, の見張り, の金箱, の預り, の餌, はお上, はそれ, は欲しい, ほどでございます, も積まなけれ, を持逃げ, を獨, を盜つた覺, を盜ん, を返せ, 分けて, 或は三千兩, 持つて, 近い金

▼ 五十万円~ (67, 0.1%)

2 になる, に近い, の現金, の赤誠

1 [59件] か, かな, から持っ, が, ぐらいで, ぐらいの仕事, ぐらいはなん, ずつなら, ずつ四ヵ月間, だ, だの百万円, でこの, でもこれ, でもこれぢ, で家, で発明, で買取らない, といえ, とはね上る, なれば, にも及び, にも当る, にも達し, に売った, に売れ, に売れた, に買う, の, の出資, の利子, の小切手, の情熱, の救護資金, の海, の湯, の紙幣, の補助金, の費用, の離縁金, の高値, はする, は儲けた, ばかりのもの, ばかりの量, ばかり儲けた, ひきだして, も出させる, も蓄, やる, を以て三隻, を全部寄付, を共謀者, を横浜, を浮かし, を陸海軍, 使い果した吾吉, 支払った, 貸して, 集めよという

▼ 五十銭銀貨~ (67, 0.1%)

5 を一枚 4 を二つ, を二枚 3 を一つ 2 が一枚, を落した

1 [47件] が二十枚くら, が光つて, が十枚, が底, が明治三年, が溜っ, が落ち散っ, くらいの大き, であった, でも一つ, で二十何円, で六百枚, とその, のうえ, の二つ, の代わり, の実物大, はざっと, ほどの眼, をあげました, をお, をつまんだ, をひとつ, を一つさし, を一枚先頭, を一枚宛, を三つ, を三四枚, を何枚, を使う, を六枚, を出し, を出す, を取出し, を差出した, を幾つ, を手のひら, を持ち出し, を料理人, を森君, を求めた, を湯水, を置く, を落し, を藤六さん, を蟇口, を頭

▼ 五~ (66, 0.1%)

5 や十兩 4 の金, や三兩 3 か十兩, の小判 2 か六兩, と纒まつ

1 [43件] あつた, あつたさうです, か三兩, か八兩, が五百兩, が精一杯, しか持つ, だ, だが, だぜ, だとよ, であ, ですかい, では少ない, で買, といふ口留料, といふ大金, とは入, と勝ちました, と投げ出し, と揃つて, と稼いだ, と纒つた金, に及び, に着物, のきめでした, の代り, の小遣, の手付け, の給金ぢ, はあまり, は人間一人一年, は大膳坊, もない, も供, や三兩ぢ, や三兩惠, や十兩盜, より安く, を突き返した, を綺麗, を貧しい, 出す

▼ 五~ (66, 0.1%)

2 の月給, 出して

1 [62件] あづかつたので, あれば, か三十圓, か十圓づゝで, そのうち, たすかる, だけ使つて, だけ少なく, だけ減つたの, だつた, であつ, ですみます, でもつ, でも六圓, でも出せる, で乘, で其羅紗, で壹圓, で買, といふの, といふ損失, といふ賃金表, といふ金, とお, とか十圓, とする, とつたの, と十圓, なのに, なり, なりといふ, になる, に兩替, のお金, の二十圓, の俸給, の利益, の割, の南京, の四六判, の家賃, の御札, の手當, の給料, の羅紗, の腰辨當, の觀覽料, の遊び, の金, の金錢, はたいした, は出すだらう, ばかり狂, もあれ, も取, も取られたさうです, や二十圓, を越える, 程の増切符, 程宛金, 程少い, 頂けるで

▼ 五番目~ (66, 0.1%)

4 の鹿 32 の倅, の椅子, の男, の龕

1 [51件] かえ, がリ, だった, とが丁度一人, と云, にあたる, にのつ, にはかく, には寫眞, に居た, に惚れた, に手軽, に数えた, に歩い, のこの, のもの, のノート, のポオル, の伜, の伝令, の原子チロリウム, の土人, の実, の室, の御, の手紙, の机, の栄三郎, の榮三郎, の構え, の死後五十日目, の猫, の疑問, の白瓜, の腹声, の舟, の踏板, の部屋, の順, の餌肉, の鼬, は元, は元来, は同じ, は年子, は熊井町, は田中正造, は請期, は鬼, へ左右, へ落ちた

▼ 五~ (66, 0.1%)

4 の後 2 して, でしか, の間答

1 [56件] かかった, かで済む, かものの十秒, から八秒, か六秒, か十秒程度, がで, が恐ろしく, くらいに思われた, ぐらいすぎ, ぐらいでした, ぐらいで剃っ, ぐらいの間, ぐらい大波, しかたたない, たちました, たつと, である, でした, で一回転, で千米, で四百, で殺した, といふ潜水タイム最高記録, とかからなかったでしょう, とさがっ, ととぎれた, となり, とは経たない, と三ツ, と八秒, と破る, と立ち止まらず, と自分, ないし三十秒, になる, のあいだ, ののち, のレース, の間, は十秒, ほどお互い, ほどし, ほどじっと, ほどと思われる, ほどの間彼等, もかからない, もたたぬ, も丁度, も世界, も続いたろう, も遅れる, 早くたっ, 煙りが, 置き位, 過ぎた

▼ 五~ (65, 0.1%)

3 くの 2 くを, く鮨, 年上の

1 [56件] あると, あるの, ある家, いっしょに, うまかった, おせい様, お駒ちゃん, お高, くずしを, くずし調, くならべ, くやき, く節, く飯, しおらしくうなだれた, すぐに, そう思った, それに, それを, たち上がった, つづいた, ないぱっちにかかった雀, はじめて戯談, はだしでございます, 一も, 九州の, 二十も, 二十もつ, 人生を, 何だかんだと, 偉い仕事, 六ない, 六も, 列んで, 十六も, 危ッか, 吉田松蔭も, 吉田松陰も, 崩れては, 平気で, 年が, 年の, 得七, 御承知, 来て, 気がついて, 狼狽は, 積み重ねた雲, 第九, 老けて, 考えた, 肩を, 袖を, 谷から, 連続する, 黙って

▼ 五分刈~ (64, 0.1%)

15 の頭 7 にし 2 あたま, にした, に向, の巨頭君

1 [34件] が八分, が彼, じゃないです, だった村田, であった, でこの, でさえ懲役人, ですまし, でまっ, で外国, で額, で顎骨, にしとかう, に刈り込んだ, に短く, のいが栗坊主, の下, の大きな, の書生, の浅黒い, の濃い, の男, の男姿, の綾之助, の荒い, の長, の長い, の頭髪燈火, も出た, やがな, やと誰, やら中, や三分刈, を捕え

▼ 五~ (64, 0.1%)

5 第十号 2 がある, の六

1 [55件] ある, および其他, であ, というの, という本, となし, などは相当, において穀物, にわけ, に出, に出た, に分け, に就い, に明, に表装, に見える, に記し, の, のうち, のほか, の不, の二部, の内三, の刊行, の初め, の方, の最後, の校訂, の目録, の講ぜられる, の講義, の長文, はロマ, は北斎, は多く写本, は近代社会, まだそちら, もある, を世人, を儲, を出し, を即ち, を持ち, を編, を編纂, を著, を読め, 及びこの, 立てつ, 第三号, 第九号, 第六十六図, 第十号東京俳句界, 第十号紙上, 第四号

▼ 五六度~ (62, 0.1%)

2 だと, だろう, やると

1 [56件] いな, うたれるまま, くらいは下っ, ぐらいは参ります, ぐらいは逢い, しかも同じ, では, という暑い, なるを, の訪問, の遊戯, はありまし, はお, はきまって, はその, は夫人, は泊ります, もあつ, もかうし, もかきなおし, もかく, もくだし, もここ, もした, もつれて, もよみかえさね, も前後, も子, も智恵子, も智惠子, も會つたあと, も東京, も致し, も親展至急, も雨, より六十五度, 会った事, 会った肇, 写ったはず, 呼ばれたお客, 呼ばわったと, 呼びました, 呼んだ小, 呼んだ美代吉, 呼んで, 強く頭, 打ち振りそして, 歩いて, 激しく揺れ, 登った, 知ってるだけ, 続けさま, 繰りかえして, 逢ったこと, 間違った寄算, 降るだけ

▼ 五六里~ (61, 0.1%)

3 のところ 2 が間, の道, も離れた, も馬車

1 [50件] あり, から時には, ぐらいのもの, しか離れ, だそう, で雷電, とは何と, と油断, にわたる範囲, に亘つて, に亙る, のあいだ, のたしか, の処, の山道, の岸, の後, の所, の沖あい, の白峯, の距離, の路, の郊外, の間, はあるでせう, は歩く, ばかり参ります, ばかり急い, ほども西, まっすぐに, もあるでしょう, もあろう, も厚く, も来る, も歩いた, も歩ん, も行った, も逃げ退いた, も隔たった, も駆け, を行き, 来たところ, 果たして一樹, 歩いて, 歩まずば, 隔たった万太郎山, 離れたところ, 離れた村, 離れた町, 離れた親類

▼ 五十錢~ (61, 0.1%)

2 から六十錢, が四十錢, といふ, の家賃

1 [53件] か, しかしない, しか小遣, それで十二疊, だ, だと, だよ, であ, であつ, である, でいい, です, でもいい, でも三十錢, でも取り, で其の, で狩り出された, で私, で買, で買つて, で賣り, といふ疊附, とか八十錢, とすれ, と貰つて, なので, なり十二圓三十錢, にし, になつ, にもした, に當, に賣れたら, のこと, のことでぶツ, の八疊, の收入, の稿料, の紙包, の至極, の裏屋, の金, の銀貨, の錢, は奮發, は少し, は成, ばかり茶代, ほど足りなかつた, もなかつた, も貰, や一圓, を出した, を託し

▼ 五~ (60, 0.1%)

5 の晩, の月 2 であった, に親しい

1 [46件] か, だが, だつた, だという, であつ, であること, である月, でございましたよ, でした, でしょう今夜, ですよ, で川開き, で晴れた空, で無事平安, で私たち, で酒, という日, とかいう時, なり, に, にあたっ, になっ, になります, にも松, に当たり, に於ける, に病, に至る, に限られ, のこころ, のこと, のフランクフルト, のリューネブルク, の丁度月, の中国一, の団子突き, の月雲, の歌, の正式, の満月, の玉兎, の闇, の黄金, は飫肥, を迎, 照る月

▼ 五事件~ (59, 0.1%)

2 なるもの, の, の公判, の軍人たち, や二・二六事件

1 [49件] からあと, がおこされ, が丸一年間, が右翼, が益々, が起き, が起こる, たらいうこと, でないばかり, でなかったこと, で神武会長大川周明, で革命的労働者, ということ, というテーマ自身, として有名, などがこの, に関係, のかたき, のこと, のとき, の全貌, の処置, の場合, の大体, の大川周明博士, の夫, の如き, の巨頭達, の当事者, の折り, の新聞記事, の時, の発表, の花形, の記念, の軍人, の軍部被告, は吾国, は実に, まで東亜経済調査局, もあり, もそう, や更に, や血盟団事件, をよむ, を起し, を非難, バラバラ, 及び大阪

▼ 五円札~ (59, 0.1%)

6 を一枚 3 が一枚, を出し 2 が二枚, を二枚, を持っ, 出して

1 [39件] があった, がたった, がなかっ, がなくなった, が失くなった, が文鳥, が贋造, が贋造紙幣, だった, で引き出した, とひきかえ, とをつき出す, と五十銭札, と銀貨, に代え, の何枚, の剰, は手, は酒屋, ばうん, も実は, も封鎖, をその, をたしかに, をつかんだ, を一枚長火鉢, を一重ね, を二つ, を二倍, を京都, を出した, を取出し, を受取った, を拳ごと, を本, を本庄, を渡し, を渡した, を見せる

▼ 五~ (59, 0.1%)

7 の関門 2 の扉, の石塔婆, の端, までの配合

1 [44件] ありますよ, いういうとして, がくずれおちる, が天主閣, が百畳敷, が設計, であったから, で内部, にし, になっ, には廻廊, にも六重, の台, の困難, の城楼, の塔婆, の天主, の天主閣, の天守閣, の廊, の張紙, の扇, の棟, の棟上端, の棺, の櫓, の石, の窓, の箱, の重箱, の関門通過, の雲, はすなわち, へお, へかよう, へのぼろう, へは姫ぎみたち, へ上っ, へ上った, へ駈け上っ, より成れる, を着, 之塔, 進んで

▼ 五六十人~ (58, 0.1%)

2 の一隊, の野次馬, もいる

1 [52件] あった, あるべし, から五六百人, が得物, が立っ, が送っ, ぐらいは詰めかける, と覚しき, になりました, の, の一ツ橋家, の世帶, の中, の人たち, の人数, の人間, の兵, の勇士, の同勢, の大勢, の娘, の小勢, の少年, の市民, の影, の従僕, の敵, の火消人足, の特權, の若い, はいたろう, はなかなか, は一列, ばかりの一隊, ばかりの人夫, ばかりの同勢, ばかり下弦, ほどで, まずは立派, もあろう, もおります, もの海, も居る, も当て, も押し, も押し重なった, も現れ, も集まっ, を引きつれ, ズラリと, 程の在郷軍人, 集まって

▼ 五十種~ (57, 0.1%)

471 あり, か百種, ぐらいすぐ, の前菜, ばかり集め, ほど出し, もあるらしい, もです, を合せ, 入って

▼ 五千石~ (57, 0.1%)

4 取ろか 3 を領 2 がフイ, の城主, の小名, の旗本

1 [42件] ある, がどう, ぐらいな気持ち, だったが, で抱えられ, という奴, とは何ごと, とみ, と内々, と誇張, には少い, にみたなかった, のお, のところ, の一部, の収入, の家督, の寄合, の廃絶, の手当て, の捨扶持, の知行, の紀州, の記帳, の館主, の高禄, はちと, は文字通り一朝, ばかりから取上, へさらに, ほどは, も借りろ, も嫡子, をくれ, を与え, を与える, を六十五石, を預けられた, を領する, 取ろうかの, 取ろかを, 積んでも

▼ 五六日前~ (56, 0.1%)

2 からすぐ, にその, に買った, 聞きましたそれから

1 [48件] からこの, からでございます, からようよう, からマラリア熱, から少し, から山の手, から明い, から殆ど我が家, から滞在, から私, だ入用, ちょっと何, でした, ですよ, どうかしたら, なの, にすぐ, にもたずね, にもやっぱり, にも千, にも吾嬬, にも銀子たち, に今橋, に何, に先, に先生, に勇助どん, に千住, に友達, に和田, に変りました, に庭, に朋友, に母, に立った, に隠居, に隣, のこと, の事, の午後, の手紙, の晩, の頃, までこ, までは, までもこの, まで毎日家, らしいや

▼ 五~ (55, 0.1%)

8 の馬

1 [47件] あるいは十頭, あれば, いや六頭, から十頭, か六頭, が野犬, ぐらいに刺, ぐらいの由, そのほか猛獣毒蛇, だろうと, であった, でそのうち, でも運び切れなかった, で天地開闢以来曾, で曳く, とも死ん, と猛, のアザラシ, のアザラシ群, のパイプ, のライオン, の中, の乳牛, の人狐, の仔豚, の勢い, の正覚坊, の熊, の牛, の狼ども, の猛, の競走馬, の背, の荷駄, の虎, の駒, の駱駝, は飼わない, ひきだして, もありましょう, もいた, も六頭, も揃つて, も飼う, を作り, 少くとも, 通っただけ

▼ 五~ (54, 0.1%)

4 という 3 といふ 2 から, よ

1 [43件] かで麻布, かになっ, からお母さん, からこれ, からどうも, からなり, からね, から休む, から男, か六, がそっくり, がわたし, が偉, が六十五, が磯五, が齢, し女の子, し娘, そうだ, そうで, ぞあと二十五年, つたつてぢや, というの, という年齢, といつ, とかいっ, とか六, とか言っ, と云, と云っ, と私, と聞い, と聞いた, と言った, ね, のに白髪だらけ, もの其様に, もの病気疲れで, よつまり十五人, わ, ッ, 戸塚へ, 短い髪

▼ 五にも~ (53, 0.1%)

11 なって 2 なつて, なるでせうか, 相成候, 見える

1 [34件] いえないの, おなりに, これと, する偽, なったであろうその, なったらだんだん, なっちゃ, ならない小, ならんぢ, なりますと, なり学校, なるい, なるし, なる事ゆえ, なる獨, なる男, なる節子, なれば, なろうという, はじめてきた, また三十そこそこ, 七十にも, 二・二六にも, 六にも, 及んだ, 同樣, 成って, 成りましょうか, 成りや, 成るだらず, 見えた, 見えたり, 見えて, 見える不

▼ 五人目~ (53, 0.1%)

5 の女 4 の男 3 の人物 2 だ, にはそれ, の人, の花嫁, は

1 [31件] か, が少し, ぐらいの時, だから, だな, てえの, でお, には武士, に体操, に来た, に現れた, に私, に跡取り, の, のおどり, の人身御供, の使い, の前, の名, の女房, の妾, の姫, の客, の祝賀客, の葬式, の軍治, はどう, は女, は戦争中, をさがす, を促そう

▼ 五十五~ (53, 0.1%)

6 の千兩箱 4 になる 32 だから, だもの, でした, といふ

1 [32件] か六, か六十, ぐらいのこと, じゃア定命, だが, だと, であった, であったと, であつ, でございますが, でその, で停年, で某, で隱居, という婆さん, と算盤, にお, にもなっ, のときペルリ, のオイボレ, の吉, の坂, の年, の日本人, の男, の連続, の郡, の齢, も崩れ, や六十, を見分け, 同九年丁巳

▼ 五年頃~ (53, 0.1%)

3 の事 2 から昭和十年, と推定, までが最も

1 [44件] かに, からである, からの事, からド・ブロイ, から十年位, から大して, から將來留學, から心掛け, つまり私, であるが, でしたろうか, と考証, なるらん, には既に, には銭座屋敷, にベートーヴェン, に公命, に出来た, に古河屋政兵衛, に大, に御, に死んだ, の, のこと, のブルターニュ, の作, の作品, の小説, の東北, の田舎, の秋, の翻訳, は仏国, は吉田町, は御, またはその, までであったらしい, までに更に, までは僅か, までは江戸時代, まで講中, より糠, を青年時代, 出た

▼ 五~ (53, 0.1%)

14 より現 8 では 2 からである, にはここ, に新た, に至っ, より

1 [21件] から本文, から現われた, すみだ川, だ傑作ぢ, で削除, で本文, とで行われ, と云う, において全部, において整理, には下, にもいたら, に再, に用語上, のそれ, の修正, の序, の検印, を発行, を重ね, 及び第

▼ 五百万円~ (53, 0.1%)

3 の信用 2 に上っ, ばかり現金, もって, を損

1 [42件] うけとった, くらいの石炭, くらいの金, くらい出させたかった, ぐらいずつ穴, ぐらいには代えられません, ぐらいには売れるだろう, ぐらいわが, だけ事業, だよ, では, でもいい, というお金, という金, といわれます, と計算, なりと, にしてやる, にも或は, に相当, のダイヤ, の価格, の公債証書, の外債募集, の寄付, の富豪, の新, の現金, の資金, の金, はいっ, はコーヒー, ばかりの大小, ほどの高価, もする, もらえること, を一時, を下, を投ずる, を支出, を超える, 程のもの

▼ 五ヶ月~ (52, 0.1%)

2 にし, になる, の間, もの長, も経たなけれ

1 [42件] ぐらい以前, それから啓介, だと, であった相, でさ, です, ですって, でちよ, という日数, といえ, といふ幼兒, と書い, なの, になった, にわたってのこと, に亙っ, のあの, のコリー, の内, の冬, の後, の腹, の貧乏ぐらし, の身體, の長女千恵子, の間床, は全く, ばかりの間, ばかり以前, ばかり前, ばかり浜野, ほど膿, もすぎた, も毎日, も経つ, を妾, を海上, を費した, 打ちつづけた女剣劇, 漸く雜誌, 経ったころ, 見るもの

▼ 五六匹~ (52, 0.1%)

2 の大きい, の犬, の生物, の鼠, 死んだ金魚, 殺せる程

1 [40件] いる, いれて, お土産, か十匹, しか掬い上げ, ちょうど小学生, のお, のじ, の仲間, の動物, の大きな, の小, の尺とり虫, の折檻委員, の河童, の河童共, の犬庭, の猫, の猿, の白蝶, の蛭, の雛, の馬, の鹿, は皆腹掛, もぞろぞろ, も揃つて, も攫っ, も群がっ, も走りまわっ, も這ひま, も集め, を兼ね, を飼っ, チラチラし, 捕えて, 狙うて, 程捕れた, 繋ぎ人足, 逢った

▼ 五・一五事件~ (51, 0.1%)

2 なるもの, の, の公判, の軍人たち, や二・二六事件

1 [41件] がおこされ, が丸一年間, が右翼, が益々, が起き, たらいうこと, でないばかり, でなかったこと, で神武会長大川周明, ということ, というテーマ自身, などがこの, に関係, のかたき, のこと, の全貌, の処置, の場合, の大体, の大川周明博士, の夫, の如き, の巨頭達, の当事者, の折り, の時, の発表, の花形, の軍人, の軍部被告, は吾国, は実に, まで東亜経済調査局, もあり, もそう, や更に, や血盟団事件, を起し, を非難, バラバラ, 及び大阪

▼ 五~ (51, 0.1%)

2 である

1 [49件] か此方, が, がそんな, が他所, が出れ, が慰め居ります, が来, が見兼ねました, が馬, とある, ということ, というの, という乗数, となるであろう, と一緒, なんとマア不思議, に言付け, に過ぎず, に過ぎなかった, のドア, の四千人, の面部, の頭髪, はいろんな, は多助, は大きな, は慌て, は江戸, は直に, は表, は酩酊, は鋤, も後, も案じ, も皆, も私, も追, や, やこ, や叔父, や宜, や雨, を乗じ, を引出し, を連れ, を附け, 出て, 或本歌, 第三

▼ 五十間~ (51, 0.1%)

2 で地廻り, にし, の通り, もある

1 [43件] くらい長, ずつと過ぎる, せいぜい六十間, であるから, としてある, とは歩かぬ, になる, に広げ, に成, のところ, のなぞ, の両側, の右手, の堀割, の平床, の広, の町年寄, の番屋, の裏, は凡, ばかりのところ, ばかりの川形, ばかりを瞬く, ばかり中, ばかり崩れ, ほども土俵, ほど切っ, ほど行き, までは離れ, もあった, もあつ, も続い, も落て, も転げ出した, も隔たる, より内, を急ぎだした, を門竝, 下った所, 続くと, 行くに, 隔たって, 飛ばしたの

▼ 五~ (51, 0.1%)

4 もある 2 だが, に負けろ, の大谷石, 近いもの

1 [39件] あり尻もち, ある, から十七貫五百, くくりつけて, くれた, ずつにしまし, だから, といえ, と出た, と十六貫, と米五俵, なら百五貫, なり吊り上げられる者, になります, にましたなら, の乾草, の初鰹, の物, の石, の肥大漢, の脂肪ぶと, の荷物, の重, の重し, の重み, の重量, はあつ, はある, はあるだろう, ばかり売っ, ふとりたい, まではいく, もあり, もあろう, も出し, も十貫, も目方, よりその, を背負い

▼ 五マイル~ (50, 0.1%)

10 あり 2 も離れた

1 [38件] くらいあり, そしてタコウニック山, だ, ついて行った, であった, であって, で肥った竜, と算, なれば, にある, にわたってその, に近い, に過ぎない, のところ, の幅, の遠方, の間, はなれ, ばかり来ます, ばかり登った, ばかり離れた, ほどの郊外, ほど上, ほど上っ, ほど向う, もへだたった, も北, も来, も遠く, も離れる, より離れ, をつつがなく, を踏尽, を離れ, 下って, 来た時, 歩き続けそこで, 離れた場所

▼ 五兵衞~ (50, 0.1%)

3 の遺書 2 に相談, の妾, の死骸

1 [41件] から受取つた, から受取つた短刀, から旦那, が亡くなった, が何處, が旦那, が昨夕酉刻半過ぎ入谷, が自分, が贅, が預, と云う, と同道, には手ひどく, に三千五百兩, に拵, の伜友三郎, の位牌, の娘, の娘糸, の左首筋, の弟, の懇望, の方, の死ん, の殺された, の首筋, はその, は一介, は女道樂, は左利き, は早速, は格子, は腹, は自害, は西國, は貞宗紛失, や同じく, を刺した, を呼出す, を殺さなけれ, を殺す

▼ 五~ (50, 0.1%)

2 のいう, は彦太

1 [46件] から聞いた, がいた, が方, が真面目, が進みで, が采配, である, でした, としてある, と手代福次郎, と福次郎, なら立板, に居屋敷, の体, の家, の手首, は, はうなずいた, はお, はかるく, はさらに, はそう, はとびあがっ, はどこ, はほほえんだ, は一言, は友, は反故紙, は日脚, は犬, は目, は笑わなかった, は脳天, は自分, は青く, は首, も彦太, をたいへん, をつれ, をながめ, を一生けんめい, を人気, を安心, を案内, を追いつめた, 哉

▼ 五~ (50, 0.1%)

2 で, のこと, の大橋, の撤廃, の橋, をお, を撤廃, を検

1 [34件] および第, が一しょ, が制定, が撤廃, では, で女子, という床しい, とか三条あたり, となった, などの遺文, にも生野, によって女子, によるの, に信徒, に相当, に着き, に近い, の, のほとり, の代官鈴木源内ら, の修正, の改正, の日本政府, の橋普請, の犯罪, の町, の適用, を指す, を渡り, を立ち, 下る処曹洞派禅院宗仙寺, 及び第, 第一項, 迄書き記し

▼ 五年ぶり~ (49, 0.1%)

3 でゴーリキイ 2 でソヴェト同盟, で故郷

1 [42件] だ, だが, でこちら, です, ですもの, でその, でソレント, で会った, で地球, で変った, で彼, で火星, で父, で生家, で解かれ, で逢, で逢っ, で郷里, とはいえ, にて再び, にて大阪, にて懷中時計, にでも吾家, にアイタ, にイタリー, に会つた弟, に帰朝, に成功, に老父, に見る, に訪ねた, に踏んだ, に逢う, に郷里, のこの, のひとり暮し, のドブロク, の会見, の対面, の植疱瘡, の訪問, をぼく自身

▼ 五百メートル~ (49, 0.1%)

4 のところ 2 ぐらいの高度, の滑走路

1 [41件] から七, から二千メートル, ぐらいある, ぐらいにつっこん, ぐらいの近い, しかない, ですから, ですよ, で母, で顔, と低空, にとびあがった, にまで短縮, にまで達する, に艦載機, のこの, のゴール, の一騎打ち, の寂寥, の空気, の近く, の間, の高度, ばかりの所, ばかりも飛び上っ, ばかり行く, ほどのさびしい, ほどのなまなましい, ほどもある, ほど歩く, ほど沖, ほど走り, もへだたった, も歩いた, も歩いたでしょう, も走った, も離れ, 作った, 恐らくもうそろそろ森, 近いところ, 高さ十二メートル

▼ 五六丁~ (48, 0.1%)

3 行くと 2 の道, はなれた, 行って

1 [39件] ありますから, ある水, いった谷間, それから川原, ですねんけど, で蓴菜池, にし, にわたれる, のところ, の処, の此方, はあります, はあるき, はなれ, はをかしい, ばかり東, ほどの道のり, ほど下っ, もあらう, もある, もとろ, もはなれ, も周り, も来る, も行く, も谷, ゆくと, ゆけば, よ, を一気に, を過ぎ, を隔て, 大磧, 行った先, 走った後, 離れたる所, 離れた森, 離れて, 駈けて

▼ 五十年配~ (48, 0.1%)

4 の男 3 の作家 2 の人物, の寺男, の肥った

1 [35件] だが, で洋服, で綿入, のお, の下男風, の主人, の亭主, の人, の俥ひき, の典型的, の同国人, の品, の奥さん, の女, の屈強, の強か者, の強健, の御, の教養, の歯, の気, の氣, の求職者, の独り者, の独身者, の番頭平兵衞, の痩せた, の白鼠, の肥満, の胡瓜, の船頭, の苦労人, の苦勞人, の陽やけ, の頑固

▼ 五年十年~ (48, 0.1%)

3 の後 2 かかっても, とだんだんに, と勤めた, のうち, の屈辱, の間, 生きて

1 [31件] あるいはもう, あるいは一生ここ, あるいは十数年間, おやり, この土地, たっても, では, でもします, で起, とたつ, となつちや事, とも寄食, と勤めあげた, と年期, と満, と生き延びる, と経つ, と養っ, なら待ちます, の暮し, の未来, の無人島生活, の鍬下年限, の風, はおろか, は夢, は過ぎ去っ, を以て起, を經, 語りつづけても, 遣らなければ

▼ 五~ (48, 0.1%)

3 の一節, は

1 [42件] からその, からなる, から取った, が書き上げられた, が終わった, としてこの, にある, にいわく, において私, において陸羽, にこんな, には一時的, には幾つ, にわかれ, にわたって並べられる, にエーサ人, にメジナ, に僧, に次, に蛇, に預言, の, の一, の三, の八箇章, の冒頭, の引用, の御, の次, の讀誦, は最も, は次, は盲, より第, を唄い, を書, を書き終る, を見よ, を見給え, 第六章, 第十一節, 第四十八条

▼ 五~ (47, 0.1%)

3 第二章 2 の中

1 [42件] だけに止め, であと, でその, というなか, となし, ともどの, と相, にも及ぶ, に上れり, に不完全, の, のうち, のみを纏め, の創作, の小説, の戯曲, の文章, の翻訳, はいづれ, は中, は俳諧, は學者, は新た, は比較的, は私, ばかり読む, もたまっ, もカビ, をえらび出す, をくわえ, をのぞく, を一つ, を一度, を五冊, を得, を朗詠, を残した, を載せる, を除外, 程他, 第六篇, 読んで

▼ 五~ (47, 0.1%)

2 が關, であつ, である

1 [41件] あれば, かなんかだつた, から四十錢, か十錢, か十錢位づゝ懷錢, が通り相場, くれる家, しかしないだらう, だつた, でかなり, です, でなければ, では病父, でドッサリ, で夕方, で好い, で局待, との貼, と云, と懸, と言, にし, になつ, に値上げ, のなか, のもの, の寫眞, の木戸, の牛乳, の輸入, はもう, は一食分, ばかりで, もあり, もした, もする, もつて, やれ三錢, を投じ, を酒, 最も簡易

▼ 五という~ (46, 0.1%)

4 人は 2 ところで, 人物の

1 [38件] お人, さかりの, そのころ, のが, のです, のは, ウダツの, 人には, 人間に, 人間の, 人間を, 人間自分との, 働きざかりであった, 割に, 大きな太物屋, 婆さんが, 小脇差で, 少女で, 年は, 形である, 数が, 数字を, 格服の, 極道者に, 歳も, 無分別者で, 男盛りで, 癇癖ざかりでございます, 老齢である, 良人の, 良人は, 若い娘さん, 若い齢, 調子が, 邪魔が, 銀蠅か, 電話を, 風に

▼ 五十五歳~ (46, 0.1%)

3 であった, になる 2 であつ, で亡くなった, で養子, にし, の時

1 [30件] だ, でありコゼット, で三十幾年前, で世, で妻寿衛子, で娘, で歿, で父, で病歿, といふ見る, と書し, ないし六十歳, になった, になりまする, のとき, のヘンデル, の光子クーデンホフ夫人, の寺男, の年, の御, の未亡人, の老, の老練, の藤屋万兵衞, は少き, までついに, をもって終るべきである, を以て東京, を以て終, を祝おう

▼ 五~ (46, 0.1%)

6 の自動車 2 の腕車, の輦台, の電車, の馬車

1 [32件] がところ, が飛出した, ぐらいは引つ, ぐらい並ん, つづいて, つらねて, ですよ, でも六台, ともやっつけられた, と駈け出し, に分乗, に文殊, のうち, のトラック, の仏地, の化粧鏡, の古, の噴射艇, の大, の爆撃機, の荷馬車, の軍用自動車, の飛行機, は蟻田博士, ばかりも鏡台, ばかり燕, ほど続い, もまじっ, を備, を見る, 休んで, 殖やす積り

▼ 五~ (45, 0.1%)

2 に力

1 [43件] から沸, が全く, が木ッ葉微塵, が顫, しびれる程, だけにし, だけ撰, でも六体, というもの, にうけた, にみちた, に匍ひま, に止める, に熱気陽, に痙攣, に締め, に纏綿, に行き, に長い, のことごとく, の一部分, の中, の主人公, の健康, の循環, の新体詩, の神, の観音, はさすが, は燈心, は飛べり, びっしょりに, までがすっかり, も不断, より淡々, をほ, を帆穡, を揉みほごされる, を支えた, を深々, を濤, を荒川, 打ちすくみて

▼ 五分位~ (45, 0.1%)

2 にブツブツ, に延びてる

1 [41件] かうして, しかない, しか家, したら到着, した時, ずつ遅らし, それから飼料, たつと, だ, だまつ, であっさり, ですから, ですみました, でも出来得る, で動悸, で幕, で火, で熱, で連絡, な芋虫, にし, にはハネ, に切ります, に厚く, に広島, に感じられる, に隔たる, の停車, の四角, の大き, の川蝦, の幅, の熱, の相当, の穴, の輪, の長, はお, 白い花, 経つたとき鼻唄, 飛び出て

▼ 五十五六~ (45, 0.1%)

3 の老母 2 にもなろう, のむくつけき, の中老人, の人

1 [34件] か, か顔, くらいで, くらい少年, でおわせられた, ででっぷり, ではある, と言う, と言ふから, にはなるだらう, にもなった, のいかにも, のはげ頭, のまだ, の不, の世馴れた, の主人, の働き者, の利口, の品, の坊主, の巨大, の年輩, の月代, の温和, の男, の立派, の篤実, の老女, の背, の脂, の頬髯, の顔, まで小店

▼ 五時ごろ~ (45, 0.1%)

3 であった, になる 2 でした, の日

1 [35件] いそいで, うと, かえって来たら, からその, からであった, からひしめき集う, から七度五六分, から五時四十分ごろ, から嵐山, から林, だった, だったそう, なん, にいつ, にいよいよ, にお寺, になれ, にはもう, にぷっ, に松, に自宅, に起き始めます, ねむった, の, のこと, のよう, は家, までは見た, までトントン, まで眠った, 出かけて, 名探偵明智小五郎, 帰って, 忙しく片付け, 着く汽車

▼ 五~ (45, 0.1%)

16 の松 4 の枝 2 のもの, のマツ, の星形, の木, は黒し

1 [15件] が雪, すなわち一四%, であるから, で裏, なり, に劣らぬ, の切りぬき, の山, の矢車草, はありません, は六七里四方, ばかりもみぢ, ひらひら舞わせ, を放つ, を贈つた

▼ 五~ (44, 0.1%)

3 六で 2 三十しか, 六ぐらい, 六だろう, 十六で, 十六も

1 [31件] そこらの, 一〇くらい, 一六個あれ, 三だけしか, 二十くらい, 二十の, 二十を, 伝次か, 六くらいかね, 六ごろの, 六だらう, 六という, 六に, 六の, 六十で, 十七八あたりの, 十六くらいの, 十六ぐらい, 十六ぐらいまでは, 十六ぐらゐかと思つた, 十六だらう, 十六だろう, 十六です, 十六に, 十六の, 十六むろん, 宿の, 桃色の, 男盛りだ, 精, 處の

▼ 五から~ (44, 0.1%)

2 逆に

1 [42件] いい印象, ぢや, ぢやあ, のがれるため, はじめて南, 一七七一年には, 一対八〇ないし, 七八くらいの, 三十までの, 三十五四十五, 三十代の, 三十位の, 三十八九までの, 三十四まで, 三十近い, 上のにも, 二十五までの, 二十年い, 二十歳ぐらいまでの, 二十歳までの, 二十歳前の, 二十迄と, 五二四までに, 五十まで, 五本や, 六十まで, 十七までぐらい, 十七八どまりの, 十七八の, 十七歳までの, 十八くらいの, 四を, 四十五歳の, 四十歳の, 廿歳ぐらゐまでの間つづい, 引き離して, 結婚し, 縁切り状を, 縫針の, 語り出され, 酒飲みそめ, 離れて

▼ 五十年後~ (44, 0.1%)

10 の今日 7 に理解 2 のソヴェト社会, の今

1 [23件] でなくたつて, でなければ, で無いと, になっ, にはダム, には今日銀行, には四千万, には瓢箪, に入唐, に大, に短歌選集, に読まれ, に起った, の万人, の元, の六十一歳, の同窓会, の我が, の文禄征韓, の機会, は如何なる, より流行, ノ今

▼ 五十年輩~ (44, 0.1%)

6 の男 4 の立派

1 [34件] である, で威厳, のあまり, のその, のでつ, のニヤニヤ, の三味線, の人, の侍, の分別者, の叔母, の四角, の坊主頭, の堅い, の大男, の女, の小さい, の小鬢, の徳兵衞, の恐ろしく, の押, の支配人總兵衞, の武士, の武家, の母親, の氣むづかさうな男, の浪人者, の瀬尾博士, の羊羹色, の老, の背負, の親方, の親爺, の酒肥り

▼ 五十里~ (44, 0.1%)

2 もある, も百里, を飛ぶ

1 [38件] だと, に, におよん, にも及ぶ, に張る, のみ, の余, の内, の地点, の山路, の瀘水, の道程, の遠方, はあろう, はなれれ, は我が, ばかり隔てた, ほどであります, ほど彼方, ほど進み, ほど陣, ほど離れた, もの遠い, も七百里, も上流, も来ましょう, も追われた, も隔たった, も離れた, も駈け続ける, やら方角, をはるばる, を快走, を普通, を来, を追う, を遠巻き, を隔て

▼ 五左衞門~ (44, 0.1%)

2 が死ん

1 [42件] から金, が, が殺された, が買, が開けた, ではありません, といふ御家人崩れ, には子, に二百兩, に返しました, に追, の兄, の刀, の刄, の子, の手, の望む, の腕, の身, の通り名, の釘拔, はあんな, はいきり立ちます, はその, は女癖, は威, は庶腹, は早速, は沓脱, は用心棒, は界隈, は美しい, は脂ぎつた死體, も心配, も鼻, を取, を呼び出し, を殺した, を殺しました, を殺す, を突いた, 半歳

▼ 五十年間~ (43, 0.1%)

2 に亙っ

1 [41件] お酒, ただ眺め, において二十世紀, におけるわが国文明, における日本, における減少, にかかる, にかく, にはや, にもだんだん, にダム, にフランス, に万国, に世界, に大いに, に大気中, に実行, に小麦, に戦死, に数億, に於ける, に物質的方面, に考え, に著しく, のうち一番良質, の事業, の俳句, の居城, の研究集大成, の豹変, は幸福, ばかりは栄えた, も破損, やって, よりもこの, を私, 住んだ土地, 始めて, 生きて, 生きる者, 親しくし

▼ 五十恰好~ (43, 0.1%)

3 の婦人 2 の人, の女, の男

1 [34件] でしかるべき, で天窓, のあばた面, のあまり, のおそらく, のその, のどこ, のひどく, のよく, の中肉, の僧侶, の切下, の召仕, の商人風, の坊主, の小肥り, の日本人, の木, の温厚そう, の白髪, の眼鏡, の禿げた, の禿頭, の紳士, の老爺, の肥った, の肥つた, の色, の薄, の親爺, の赤ら顔, の赤顔, の頤鬚, 肥り肉

▼ 五~ (43, 0.1%)

5 に騰貴 2 に下落, の利潤, の支払, の費用

1 [30件] から百五磅四分ノ一, くらいは敗け, しか附加, だけより多く, でありそして, であり他方ポルトガル, で売れ, で評価, で買い, という正確, となるであろう, と云う, に増加, のバンクノート, の値, の租税, の附加的資本, の附加額, を与えるであろう, を受取る, を得るであろう, を支払わなけれ, を用いるであろう, を要費, を貯蓄, を費した, を農業者, を附加, 遣るきっと, 遣ると

▼ 五~ (43, 0.1%)

2 から四百七十三行, に亘る, の妄説

1 [37件] あるは, しかなかっ, でもそいつ, というの, に, に大きく, に天照太神即位八百萬年, に於ける, の九字, の何とか, の占法, の文, の気, の登場歌, の相, の間, へ讀續, ほどにぎっしり, までウェルギリウス, まで前, まで第, まで諸, も並べ, より三六行, より六〇行, を以て有, を刻, を訳した, を配当, 乃至七十五行, 乃至百行, 之運行, 去素霊諸家, 書いた三行目, 生剋, 第十字, 読んだこと

▼ 五郎兄哥~ (43, 0.1%)

2 が住ん

1 [41件] いつも元, お指圖, か, から聞きなすつたらう, か下谷, か少し, が一寸, が下手人, が昨夜, が顏, が顔, だ, だけさ, ですよ, でなくて, とは夢, と來ちや, にお, にさう, には叶, には濟まね, に來, に嗅ぎ出され, に繩, のこと, の住ん, の前, の家, の手柄話, の手落ち, の智惠, の留守, の素姓, の考, の見込, は夜, は此家, は相, は錢形, も身, を働かせ

▼ 五~ (42, 0.1%)

7 の桐 3 のお 2 と切れたる, の子供, の着物, の祝, の祝い日, の祝日

1 [20件] に出, に尾張名古屋下堀川, に竜樹, に結う, に結びあげ, に酒, に飲みます, のきぼしり, のよう, の何, の参拝, の女性, の宮詣で, の日, の桐の, の祝い, の祝い日ごろ, の祝ひ, の祝着, の間

▼ 五センチ~ (41, 0.0%)

2 のカブトムシ

1 [39件] くらいおおわれ, くらいの雪片, ぐらいありました, ぐらいだった, ぐらいのかわいい, ぐらいの大きな, ぐらいの平皿, ぐらいの穴, ぐらい低かっ, だ, で, ですから, というりっぱ, としてそれだけ, と離れ, ね, の厚, の口径, の小, の直径, の高, はば九センチ, ばかりで, ばかりの傷口, ひらいて, ほどにちぢめ, ほどのあつ, ほどの丸い, ほどの小さい, ほどの穴, ほども広がりました, ほど上った, ほど開きました, もある, もすぐ, も下, も下垂, 深さ, 高さ五センチ

▼ 五六間先~ (41, 0.0%)

2 にある, の二階, の家光

1 [35件] からは堅田, からふり, から年頃, きから, きを, でした, ではたと, にたちまち, に一挺, に出た, に叫び声, に大きな, に子細, に行った, に見張り, の小路, の岩, の往還, の敷石, の木, の柳, の橋, の男女, の百姓家, の道端, へ一散, へ行, へ行く, へ行っ, へ遠征, へ頭, まで聞え, まで飛ばし, をお, を行く

▼ 五十三歳~ (41, 0.0%)

6 で歿 2 のヘンデル, の父, を迎えた

1 [29件] だった, で, であったが, であつ, である, でしか, で幕府, で死にます, で死ん, で痢病, と相成り, になっ, になつ, になる, にもなつて, のとき, の中農出, の九月, の明治二十四年, の時, の武将, の聟殿, の頃, までの二十二年間, までの男, を以て卒, を以て歿, を以て終った, 記す

▼ 五左衛門~ (41, 0.0%)

2 が馬

1 [39件] からこれ, がいう, が勝った, が義貞, が親類一同, が首, すかさず下, すさまじい矢戦, でお, というの, と五兵衛, と原佐平太, と引, と渡, と申す, と称し, にさしまねかれ, に介添え, に討ち取られた, の孫, の意, の表口, はすぐ, は云った, は笑っ, は驚きまし, へも, までがびっくり, もこの, も心配, も異存, も鎌倉じゅう, をここ, を出し, を呼び出し, を討ち取り, 勝って, 聞入れず引くべき場所, 近正

▼ 五~ (41, 0.0%)

2 かと思, だおまけ, でも出し, とは値切つた, なら安い, のお金, はおろか

1 [27件] か精, が定, たかし, だけの粟, で売っ, で買う, で買っ, で飛ぶ, とは進げ, と七文, にて売り, にて昼食, の宿銭, の扇箱, の木戸銭, の直, の稼, の薬売, の錢, までここ, まで出し切った, や八文, を残らず投げ出せ, を看板, を置き, 儲かつた, 軽尻三十六文

▼ 五日頃~ (41, 0.0%)

4 の月 2 から十六

1 [35件] かえること, かえるよう, からで, からはできるだけ再三, からわかっ, から九月十五日, から倒れなかった, から六月十三日, から出, から春, から毎日新聞, から私達, から野菜, この家, であった, であったかも, であったと, であったん, でした, です, でそれ, と云う, なん, になる, には渡支, に切符, までいる, までと云っ, までに大阪, までに訪問, までは満足, までまだ, まで此方, もし, より九州

▼ 五時すぎ~ (41, 0.0%)

2 だった, の月

1 [37件] かえって来, かえる, から, ついて, つとめ先, であった, であつ, という, なのよ, にかえって, にかえる, にすませ, にすむ, になっ, にはもう, には三週間ぶり, にふたたび, にやつ, にオールチョン, に七度三分, に出, に友だち, に止んだ, に田村英介氏, に終った, に終了, のラッシュ, まで, までみっしり, まで夕暮, まで学校, まで居た, まで遊ぶ, やっと安全, アガっちまった, 細かいところ, 終り久々ニューグランド

▼ 五百万~ (41, 0.0%)

3 の人口 2 の民草, を養う

1 [34件] ぐらいかも知れねえ, そろえて, であったよう, でも一億, でも多い, という金額, とよばれ, に下落, に比, のブルジョワ, の人民, の人間, の人類, の住民, の信者, の利用, の失業者, の市民, の日本人民, の歳, の民衆之, の純, の組合員, の都市, の都民, へは下落, もあろう, も信者, を受取り得よう, を地代, を引く, を計上, 乃至二千万, 焼けたの

▼ 五~ (40, 0.0%)

13 の桐 2 である, と言, の調, の雨

1 [19件] あるいは七, すると正味, でありこれ, でなくて, という数字, とまるで, とを対立, と幾つ, と繰り, と見積られ, にし, のこんもり, の胚芽, の調子, は単に, また七五調, や七五, を始め, を縦走

▼ 五人扶持~ (40, 0.0%)

2 にせられた, を給せられ

1 [36件] が最多, が給せられ, ぐらいな御, ぐらいは若殿様, しきゃ貰って, ずつの俸, であつ, でも侍, といった, と云った, と筆太, に加, の中三人扶持, の小普請医者, の彼, の御, の村松金之助, の見る, の門田与太郎, も遣りたい, をもらい, を下し置かる, を加え, を加えられ, を受, を受ける, を増し, を東京, を給, を給う, を給せられる, を賜っ, を頂戴, を食ん, 出ること, 小通詞銀七貫三百目三人扶持

▼ 五十三~ (40, 0.0%)

3 である 2 だ, で死ん, になる, の五郎兵衛

1 [29件] か四, だが, だったな, だった非常, だと, であった, であったと, であつ, でお, です, ではねえ, で死んだ, という年齢, にもなっ, の仏たち, の善智識, の大, の年寄り, の数, の時, の智識, の死歿, の独身哲学者田中王堂氏, の老, の老人, の部屋部屋, を以て御, 乃至五十五行, 時々リュウマチス

▼ 五カ年計画~ (39, 0.0%)

3 の決算 2 を六カ年

1 [34件] がこんな, がとり上げた, が六カ年, が完了, が完全, が現在, であったの, で遂行率一〇〇%, とはいう, と同じ, と結びついた, についてリコメンデーション, による減産, のため, の前, の失敗, の如き, の完成, の最初, の現状, の結果, はどういう, は一体どう, は今年, は前, は失敗, は完全, は昭和二十七年度, は昭和二十六年, は目標, もまた, より五年, をもっ, を遂行

▼ 五フィート~ (39, 0.0%)

2 に達する, の竹

1 [35件] あるいはそれ以下, から二十フィート, ずつの間隔, である, でこれ, で幅三フィート, という巨大, という我々, としてぜんたい, と記録, にし, に近く, に達し, のもの, の大, の日本, の柱, の深, の砂山, の竿, の重く, の風呂桶, ほどの空地, もつき出し, も掘る, も鉄, を越える, を越した, 乃至二十フィート, 乃至十フィート夫, 厚さ, 或いは五フィート半, 或は二十フィート, 深さ二フィート, 置きに

▼ 五代目~ (39, 0.0%)

2 に当る, の孫, の法王

1 [33件] か七代目, がなくなっ, が田之助, が達者, である, でございます, にそう, にもなる, のイキ, の上人様, の優婆掬, の化身, の名跡, の型, の塩原多助, の太守, の弁天小僧, の忠実, の怪猫, の方却, の松の木, の皇帝, の相伝, の相手, の院長ドルワール・ド・レゼー翁, はうまかっ, はさらに, はまだ, ほどの役者, まで続きました, や円朝, よりも源之助, をしのぐ

▼ 五六時間~ (39, 0.0%)

2 の手間, を経過

1 [35件] あるのみ, かかると, から七時間, しか無い, しか経っ, でしょうなあ, で目, の下り船, の中, の勤労, の安静, の席, の後, の後冬, の旅, はかかります, はかかるだろう, は眠ります, は立っ, もこの, もたて, もる, も働かせれ, も前, も対座, も汽車, も経て, も行, も飛行, を真剣, を経, を要する, 働かして, 必ず先生, 飲み通すの

▼ 五六行~ (39, 0.0%)

3 の文章 2 しかなく, だ

1 [32件] かいた後, から消化, が百三十五回, ずつ書い, ずつ訳させられた, である, で始まるかと, で片, にあらわれ, には候, のはがき, のもの, の一章, の取消し記事, の葉書, の蠅頭細字, の言葉, の走り書き, はなはだしいの, は名文, ほど書きなぐっ, を書きおえた, を裂い, 削られたこと, 削られた事, 書いて, 読みては, 読みもて行けり, 読んだ, 読んだもの, 読んで, 讀んだ許

▼ 五~ (39, 0.0%)

2 ほどもある

1 [37件] あったと, から二十匁近く, か七十匁, が一日, が普通, くらいまで用意, くらいを使う, ずつあった, ずつの野菜, だそれ, だと, だな, だん, ちっと木綿, で二百五十カロリー, で四十カロリー, で百六十五カロリー, で百六十四カロリー, で買, というの, という眼, とかいい, と言った, ないし七十匁, に増した, の上所, の銃丸型, はある, はあろう, は一円二十三銭七厘五毛, ほどだ, ほど燻, までをもっ, もあり, より三十五匁, 砕きたる馬鈴薯二百瓦, 程の鉛錘

▼ 五十キロ~ (39, 0.0%)

2 という風, の爆弾, ばかりのところ, もある

1 [31件] ある, だから, です, では, でドイツ, というところ, にあげろ, のもの, のランビァン, の所, の海原, の焼夷弾, の範囲, の速度, の部分品, の重, の高, は走った, ばかりいった, ばかりくだった, ばかりだ, まで下げる, まで出る, もあろう, もはなれ, も先, を出ない, 乃至七十キロ, 出せと, 引く三十キロ, 走つた

▼ 五十二~ (39, 0.0%)

4 になる 2 とやら以前十里許, の文学, の春, の民族

1 [27件] この中四筋, だが, だつて六十二, であった, です, ですぜ, ですよ, で去年逝, で土地, で赤銅色, で鰐口, という, とても面白い, に, にお, にて崩御, になつて, になります, に対する断行説賛成者百七, のマズルカ, の原稿, の言葉, の言語, は, は歿後四年, 無格社五万千五百六十六, 第五

▼ 五十六~ (39, 0.0%)

32 になつ, の年

1 [32件] かないや, こんな風, だからと, だけつまり百四十尺, であった, である, ではない, で死んだ, で歿, ということ, という年, といえ, といふやう, といふ年齡, といふ年齢, となり, と五十, と數, なん, になった, になる, に叱られる, に対して右翼, の両日, の器械, の大穴, の嫁, の年寄り, の歳, の頁, まで魯, 曲り十六景

▼ 五千兩~ (39, 0.0%)

6 の金 2 といふ大金, の大金, の小判

1 [27件] かも知れない, だ, だぜ, ですか, でないとは, とかの大金, と言, なかつたら, に眼, の借用, の工面, の御, の紛失, の運轉, の隱, は何處, ほどお, も入る, も隱, より二人, を三千五百兩, を以て排水器, を仲間, を狙つた野郎, 持出した樣子, 無いと, 近い金

▼ 五文字~ (39, 0.0%)

3 である 2 じゃ, つけて, に何ぶり, に尽き

1 [28件] から成る, がひどく強く, が地膚, が気, が赤鉛筆, さながら竜, だけを書い, だし, だとは, にしかならない, に吸, に描き尽くされ, に膨れた, の浮かし彫りじゃ, は忘れた, は惡魔, ばかり置き, もある, をじっと, をも勘定, をも吐く, をわすれました, を其床, を数, を眺めた, を筆, を胸, 程認めた

▼ 五百之進~ (39, 0.0%)

4 の娘

1 [35件] が仰天, が前, が帰った, が改めて, が正式, であった, です, という人物, とは刎頸, とは心, とは誰, どのわし, などはその, には非常, に同情, のす, の不在, の墓標, の愛娘, の肩, の邸, の顔, はそう, はその, はつぶやき, はよろよろ, はわれ, は俯, は潔癖, は脇差, は自刃, は花世, は血みどろ, も胸, も顔

▼ 五~ (39, 0.0%)

4 がある 2 ある, の歌, を収めた

1 [29件] あつて, あるが, あること, あるとして, ある十月, が見え, しかない, ずつおっしゃいました, ずつ集, では, というの, となるなり, とられて, と云, と長, になつた, の一, の短歌連結, の第, の題, は賜題, は阿部侯正寧, も大体, をおくる, を作つた, を作り, を抄記, を附す, 見て

▼ 五十三次~ (38, 0.0%)

2 の, をかいた

1 [34件] が出来た, が十次, である, と同じく, どの宿, のうち丸子, のうち沼津, のなか, のよう, の並木, の中, の名所絵, の宿駅, の昔, の気分, の泊り, の賑わい, の風物, の駅, はあそこ, も日本橋, やれやれの, やマチス, より取つ, をあばれまわる, をお, をする, をドライブ, を三月がかり, を伝わったごとく, を僞, を東, を順々, を飛ばし

▼ 五十圓~ (38, 0.0%)

2 から二百圓, の金

1 [34件] かそんな, だと, では何で, で賣られた, といふ雜作, とか手切金, となつ, とり出して, と主人, なら賣ると, にて拂, になつた, には變, にふえた, にやあ, のコッテエヂ, の懸賞, の所, の手前, の枕木一本, の正金, は大阪屋, は實, ほどになつて, もあれ, も取れる, も支出, も貯め, を取り戻さね, を受取, を贏, 出すから, 出せと, 迄に負け

▼ 五十文~ (38, 0.0%)

3 か百文 2 の鳥目

1 [33件] お子供衆, から百文, か二百文あたり, がほどの鳥目, が得分, が鳥目, ぐらいでは泊め, ぐれえには, ずつで, ずつ払っ, だ, だてぇますから, で見せる, と書い, なりと, に負けろっ, のメリ, の日傭取り, の日當, の物, の真鍮玉一つ, の銭, は惜しく, は確か, ばかりくれおった, ばかりで, ばかりの駄賃, ほど亭主, まであり, を与う, 出して, 張ったぞ, 高いところ

▼ 五百騎~ (38, 0.0%)

2 の兵, ばかりを以て天界橋

1 [34件] ぐらいだ, しかし再起, しか余し, ずつその間, だけは使者, だけを従え, であった, で奉迎, で後陣, で秀吉, というふう, と共に駐, に, にも見えよう, に突破, に討ちなされ, の侍大将, は逃げる, ばかりで, ばかりにて吉川元春, ばかり引い, ばかり見る, ほどの従者, ほどをさずけ, ほど守護, ほど連れ, もお供, をさずけた, をひきい, をもっ, を後陣, を提げ, を率い, を連れ

▼ 五~ (38, 0.0%)

2 の敵艦, の砲艦, の軍艦, 揃って

1 [30件] か, からなる, から十隻, から成る, か六隻, だ, となっ, にのぼつ, に兵船十隻, の, のペリー艦隊, の巡洋艦, の帆船, の戦艦, の潜水艦, の船, の英艦, の軍船, は, ばかりのラガー, ほど待っ, まで数えられた, もあります, も出, も繰出, をひきい, をアピア, を以て固め, を沈めた, 多ければ

▼ 五ルーブリ~ (37, 0.0%)

2 の月給

1 [35件] いただいて, から三十五ルーブリ, から八十五ルーブリ, くらいずつ小遣い, ぐらいな, ぐらいまで貰い, こまかくし, さ, さしあげようという, じゃない, ずつにし, ずつの養育費支払い, だけ差しあげます, ですか, ですよ, で話, で農奴, という金子, とるん, と二週間, と五十カペイキ, なんぞと書い, に達した, の仕送り, の切符, の約束, は取られます, は貰う, もする, もらったきり, を私, 仕送れると, 出して, 多いの, 投げつけて

▼ 五六回~ (37, 0.0%)

2 か三

1 [35件] か四, が行き止り, が関の山, くりかえすうち, くり返して, ぐるぐるま, ずつ相, だんだん山, にし, の上, の噴出, の脱獄, はあちら, はした, は繰り返し, は自分, ひいて, ほどわし, ほど見た, もくぐった, もこの, も入る, も徒渉, も熔岩, も糸, も続け, やって, やって来て, 主として米, 入って, 其の都度何かしら身辺, 捲きつけ皮帯, 揺れた後, 瞬いて, 行ったり

▼ 五~ (37, 0.0%)

10 の電燈 8 の電灯 3 の電気 2 を一つぐらゐ

1 [14件] ぐらいの薄, なん, の灯, の球, の街燈, の赤い, の電氣, の電灯一つ, の電球, よほほほほ, よりも暗, らしいランプ, らしい電灯, 程の電燈

▼ 五まで~ (36, 0.0%)

2 他人の, 年にも, 生きて

1 [30件] あの男, それは, まけるだたった, ページ五四から, 七年の, 上げて, 位の, 十八所出, 奉公し, 忠実に, 数えたとき, 数えて, 書く, 満足に, 獨り, 生きます, 生きればと, 着られる柔かい, 育ちながら, 育て, 育てあげるの, 育てぬれ共, 背丈は, 血の, 行った時, 行って, 詠みつづけ万, 越せしと, 關東から, 順々に

▼ 五~ (36, 0.0%)

4 の瀑 3 もある 2 近い大きな

1 [27件] で岩壁, という変った, ともいふ, と延び, にあまる, に人, に余る, に近い, の梯子, の深, の絶壁, の華厳, ばかりしかありません, ばかりの細い, ほどありまし, ほどの砂, もあろう, も六丈, も周囲二町, も落ちたであろう, も高き, よりはもつ, を下らず, 乃至六丈, 程の瀑, 高きは, 高き断崖

▼ 五十位~ (36, 0.0%)

4 の人 3 の女 2 の男, の老人

1 [25件] かい, でもあろう, なもん, になつ, にはなっ, に見える, のお婆さん連, のまだ充分, の大男, の夫婦者, の小作人, の年輩, の年配, の汚い, の立派, の老女, の背, の附添人, の黒い, は居るだらう, は有る, までしか届かない, までは嫁入, まで掛ける, まで計算

▼ 五~ (36, 0.0%)

2 の狭い

1 [34件] くらいな, ぐらいで三千円, ぐらいのもの, とは思はせない, には過ぎざる, にも足りなかった, に二階つき, のジメジメ, の一階, の三分の一, の便所, の地代, の應接, の書院, の此草舎, の汚, の畑, の草葺, ばかりあっ, ばかりの土間, ばかりの庭一杯, ばかりの畑, ばかり低い, ほどあった, ほどある, ほどの中, ほどの墓地, ほどの小家六萬圓, ほどの建売住宅, ほどの池, ほどの洋間, もありましょう, を取り入れ, 程両方

▼ 五度目~ (36, 0.0%)

2 だ, の, の写経

1 [30件] が定, ぞ孟, だよ, だ今夜, でござろう, ですもの, にいっ, になっ, になつ, には横棧, に位置, に切られた, に初めて, に四度, に母, に電話, の乗馬, の使者, の冬, の呼出, の妊娠, の急使, の恋文, の新年, の春, の登壇, の結婚, の航行, の訪問, の質問

▼ 五百フラン~ (36, 0.0%)

1 [36件] いただきたいん, かかるの, ぐらいで, せしめて, だけを自分, だった, で償われた, で大事, で買う, という具合, となに, と千フラン, と商用, なるほど結構, になる, にはなる, に当る, に旦那, のこと, のテーブル, の借り, の多少, の定収入, の紙幣, の終身年金, の覚え書き, ばかりの債務, もあれ, もくれ, もする, を千フラン, を持っ, を見せた, 出したところ, 払おうと, 払って

▼ 五には~ (35, 0.0%)

2 断えず動いて

1 [33件] あたらしい金主, お湯から, そのとき, なって, よもなるまい, わからなかったが, ウェルギリウスと, 一片の, 仏法に, 何が, 全然不, 内証だ, 君の, 巾の, 思えた, 悪口の, 新しい領域, 根に, 梵行を, 毒殺的効果が, 満ち易く, 無事だった, 無事だつた, 牧牛児あり, 物資の, 産前産後の, 皇室の, 相当の, 真面目な, 腑に, 自分という, 該条約は, 輿論と

▼ 五キロ~ (35, 0.0%)

2 の地点, ほどむこう

1 [31件] が四貫, ぐらいになっ, だそう, です, でアルテルン, と一・八八メートル, と云え, ならおれ, になる, に満たぬ, に縮めた, のところ, のサン市, の外輪, の本村, の距離, の道, の道のり, の長, はい聞えます, ほどいった, ほどと見ました, ほど山道, もある, もさき, も沖, や十キロ, を歩い, を距, 深さ百キロ, 煮つめなければ

▼ 五ツ六ツ~ (35, 0.0%)

3 並んで

1 [32件] くらった, くらわせた, くらわせる, こんな事, したかった, たかって, でバタ, ともう, ならんで, になる, のころ, の女の子, の悪戯盛り, の歳, の水瓜頭, の私, の茶碗, の頃, ぶんなぐって, も若い, も買い込む, も買っ, も買わされた, も越えたらしく, をザッ, バラバラと, パチパチと, 撲るよう, 老けて, 買い込むと, 転がって, 駈けて

▼ 五~ (35, 0.0%)

2 の人々, を都

1 [31件] かもしれない, から二十列, が尊氏, が忍ん, が猖獗, くらいの厚, ずつほど腕, だ, だなと, であったの, であるという, でもなん, というの, との秘密集会, になり, に並んだ, に着席, に馴れ, のため, のスパイ, の一人, の一員, の女, の意味, の活動, の流言, の縦陣, はどこ, を忍ばせ, を用い, を送りこんだ

▼ 五~ (35, 0.0%)

1 [35件] が食糧, くらいは地上, ぐらい値上げ, で原告, で自然科学, で計, とか三割, に値切る, に及ぶ, に近い, に達し, のもうけ, の利子, の利益, の力, の増給, の安値, の配当, の頭, ほどの引上げ, まけろの, ましよ, までは贋造僞造, も六割, も十割, も多い, も自分名義, も長く, も高い, を公衆食事, 乃至七割, 乃至八割, 増す, 当たったこと, 迄の損失補償

▼ 五十センチ~ (35, 0.0%)

3 もある

1 [32件] ある隕石, ぐらいしかなかっ, ぐらいで留まる, ぐらいのあな, ぐらいのところ, ぐらいのまっか, と大きく, にもなる, に近い, の中型, の近, の間隙, ばかりの棒, ばかりの白円, ほどに近づきました, ほどのまるい, ほどのまるく, ほどの丸い, ほどの厚, ほどの土, ほどの穴, ほどの長, ほどの長い, ほどまでひらいた, ほど上, むこうに, もあり, もあります, も水かさ, 多く跳んだ, 少なく跳んだ, 長さ二メートル

▼ 五十七歳~ (35, 0.0%)

3 であつ, で歿 2 であった, で初めて, にし, の時

1 [21件] だった, だつた, であったと, で卒, で左眼, で牢死, とかけと云う, にあたる, になった, になつ, になる, にもなった, に達し, のお, のとき, の増田屋金兵衞, の母曾能, の罪, の老齢, の自画像, 第六

▼ 五~ (35, 0.0%)

2 のところ, の三角点

1 [31件] が聳える, ぐらいかそれから, ぐらいずつ間隔, ぐらいの岩, ぐらいの突風, ぐらいは飛べる, で小, というレコード, という風, と出た, になり, になる, のプール, の余, の僧ヶ岳, の工事, の池中, の部屋, の間, の隆起, の頂上, は高い, ばかりの所, ほどのぼり, ほどの鋭い, を数え, 時に三百米, 程高い, 高いわけ, 高く大, 高さ

▼ 五~ (35, 0.0%)

2 の宝石, の色

1 [31件] かあの, かがり, から二人, か七色, なり昔, に今, に彩色, に染めた, のあや, のターバン, の人, の光, の光りもの, の布, の彩色砂, の意味, の旗, の滝, の球, の着物, の砂, の糸, の紙テイプ, の網, の色糸, の花御堂, の酒, の金襴, まんぢ, や二十色, 之能盲

▼ 五~ (35, 0.0%)

5 の手紙 2 のやや

1 [28件] ありますから, あるが, が来た, その代金二十四両一歩二朱也, である, でもありつた, ということ, というみだら, とって, に至っ, の内, の外文, の惑わす, の戀文, の書類, の礼状, の禍, の訴状, はもらった, は女, は来なかった, は自分, ばかりお, をさぐり得, を患え, を片, 残らず読ん, 貰ったが

▼ 五パーセント~ (34, 0.0%)

2 の取引税

1 [32件] しかみたす, しか存在, だった, である, であるが, とらず賃銀, におよん, にすぎない, に切下げられた, に当る, に止める, に激減, に過ぎない, に達すれ, の労働者, の増大, の支出, の水素, の農戸, はつい, は九歳, は森林, までにとり戻した, まで回復, まで外国語, もおれ, もとられる, を社会化, を解放地区, 小さすぎる, 負けて, 負ける

▼ 五六十~ (34, 0.0%)

2 になる, の首

1 [30件] あり, あるが, が約束, ずつ昼夜交代, と答え, と見れ, になり, にも及ぶ, に及, に過ぎなかった, のテント, の人三人有, の人家, の人家東西, の机, の熊, の種子, の面, はあら, もある, も一度, も張っ, も飛ぶ, を択び, を率い, ノ従者アリテ, 残って, 飛び出した, 飛んだろう, 飛んで

▼ 五十二歳~ (34, 0.0%)

3 で歿 2 にし, になった

1 [27件] であった家康, であつ, である, であるという, でこの世, でございます, ですでに, で死ぬ, で死んだ, で瞑目, として居る, となせ, とは思えない, なれど, になっ, になる, にもなつ, にもなる, のヘンデル, の二十年間, の分別盛り, の彼, の新年, の猪, の申松, の者, を經

▼ 五~ (34, 0.0%)

2 書き抜く草稿

1 [32件] あったよう, が, がす, が口, だけ, でうち, で同じ, との修辞上, とも句割, と第, なども拍子, になつ, のお, のごとき, のたつた, のところ, の例, の南面, の独立傾向, の続き, はますます, は上四句, は以前, は僕, は突然, ほど続い, もあつ, もまた, を力強い, を掌, 時としては, 読みて

▼ 五~ (34, 0.0%)

2 の速力

1 [32件] か六哩位, くらいはわけなく飛ん, この都会, です, で白銀, という砲弾, との間, と七十哩, にて略, の円, の太平洋, の往復, の所, の範囲, の距離, の香港島, は出, は確か, ばかり徐家匯附近, ほどあります, ほど上, もある, もむかふ, も行った, も駈けてる, を走る, 程行く, 程離れ, 走る力, 近い所, 隔たったところ, 離れたワイレカ

▼ 五百米~ (34, 0.0%)

2 でも千米, に過ぎない

1 [30件] いよいよ第, から三千米, くらいだろう, であるよう, では日本, なん, に減じ, に近き, のインドアレース, のスピード, の上空, の丘上, の圏, の小さな, の所, の鞍部, の高, の高度, の高空, ばかり横, ばかり隔たった, まで下り, も下, も離れ, も高い, をやらなきゃ, を駆け下り, 乃至二千八百米以上, 乃至二千六百米, 離れた地区

▼ 五シリング~ (33, 0.0%)

2 の奨励金

1 [31件] から十シリング, ずつを支払う, だけ利得, であったならば, であり外国栽培者, であり残り, であると, であるならば, で売っ, で売らせた, で売られ, で売れるであろう, と, になった, に下落, に騰貴, の価値, の利潤, の罰金, の輸出奨励金, は前, またはそれ以上騰貴, よりは高い, を利得, を受取れ, を寄附, を支払う, を有っ, 払い込めば, 減る場合, 貰って

▼ 五年以前~ (33, 0.0%)

3 の出来事 2 のこと, のフランス, の事, の秋

1 [22件] あの賊, じゃア, とは余程, とは餘程, において漸次, にこの, になつた, には円, には半紙, に写された, に川口町, に柬埔寨国, に歿, に現在, に皇太子, のその, のもの, の秘密, の第, の香, まで御, 或僧

▼ 五~ (33, 0.0%)

2 です, なり, 之次第

1 [27件] か七十点位, くらいしか喋り, ずつとなった, だ, だと, です間違い, で彼, というの, とかの大, とすれ, とられた, にきまっ, の二位, の問題, の序, の松火, の見こみ, の評点, はおもしろい, はとれ, は吉田内閣, も入手, も貰っ, をうつ, をしよ, を盗ん, 黙々は

▼ 五万両~ (32, 0.0%)

2 なら五万両, に相当, の代り, の価値, の高慢税, やすいもの

1 [20件] からの金, か安い, が東海道, では, と大書, と書い, と言われる, の才覚, の献金, の貸, の賦金, の身代, の金, の黄金, は確か, ばかり取った, を三度, を朝廷, を献上, 出すこと

▼ 五十騎~ (32, 0.0%)

1 [32件] か, が乗り込み, が追, ことごとく一騎当千, しか戻っ, だけが夜, では, という小勢, とちりぢ, とは案外, と敵, にございまする, にみな笠印, の一隊, の武士, の騎馬武者, はヒソ, ばかり, ばかりで, ほどで, ほどの士頭, ほどの将士, ほどの手下, ほどの敵, ほど従い, ほど連れ, もあれ, を一組, を提げ, を率, を追, 或いは百騎

▼ 五~ (32, 0.0%)

2 がみんなことりことり, はこちら, も一ぺん, も十疋

1 [24件] うようよと, から十疋, がはねあ, がはねあがっ, ずらりと行列, その内二十疋, だぜ, ちょろちょろ出, でお, とあり, ないし二十疋, の常備, の狼, の眷属, の騾, の鯉, ばかり前後, ばかり残っ, ばかり鯖, もい, も十六疋, も曳きます, 最も少ない, 遊んで

▼ 五百名~ (32, 0.0%)

1 [32件] ありみな下等, ある, ある事, であります, で五年, で都合五千名, とありました, といいます, という数, という見込み, とはいう, に対し一人, に近い, の五月, の修了生, の兵, の囚人, の悲壮, の死骸, の生徒, の者, の警官隊, の邦人労働者, のPW, ほども一鼓六足, もこの, を先頭, を失った, を率い, 合せて, 程住ん, 近い人間

▼ 五~ (32, 0.0%)

2 であつ

1 [30件] ありました, があった, がすぐ, が一しょ, が持ち込んだ, が通る, じゃが, であった, という, とは心細い, と家の子郎党, にて天王寺, に過ぎない, のお供衆, の一人, の与力, の将, の心細く, の残る, の者, の與力, の蹄, の連中, の郷士, は大小五個, は生きのころう, は登山用, ばかりで居た, も六騎, をつれた

▼ 五万人~ (31, 0.0%)

2 の市民, もいる

1 [27件] からある, が肺病, ぐらいの若者, ってン, である, とかの人間, と中等学校生徒十三万人, に達した, のうち名, のドイツ人, の予約者, の侍, の勤労者, の失業者, の女子大学生, の従業員, の日産, の溜息, の生徒, ばかりいます, もあります, もいます, もの武装警官隊, もふやし, をいれた, を増さざるべからず, を死なせた

▼ 五人十人~ (31, 0.0%)

2 とふえ

1 [29件] あるいは二十人三十人, いえいえそんな, かかって, が調子, くりこませるぐらいの, ぐらいずつ黒, ずつの小さい, たちまち地下室, である, とあちらこちら, とそこここ, と一団, と他流試合, と取調べ, と脱出, と躍り, と集ま, なら十人, の偉, の偉人, の子供, の男女, の看守, の食客, も奪われ, も持ち, 休んで, 取りかえたって, 突きとばして

▼ 五十八歳~ (31, 0.0%)

2 であった, で歿, になつ, のとき, の時, の男

1 [19件] ちゅう高齢, であつ, であるべきに, です, でもはや, で世, で亡くなった, とはどう, とは思へない, になった, になつて, になる, のモダニズム作家, の作家, の彼, の時横井, の秀吉, の誕生祝, まで年寄役

▼ 五大洲~ (31, 0.0%)

2 とし, を睥睨

1 [27件] があり, がバット, である, という, とクラモウ, と称した, にいった, におとっ, にも誇るべき, に分れ, に満ち, に知れ渡る, に關係, の一撃, の地図, の彼, の稱, の頭, はおそろしく, はじっと, はその, ははじめて, はまっすぐ, は安打, を周遊, を描ける, を改造

▼ 五日後~ (31, 0.0%)

4 のこと 2 であった

1 [25件] から, が家探し, だった, である, でした, になっ, にはいかに, にはモト, には神田, にヘヒト, に七日, に因幡守, に持ちこんだ, に挙行, に敵, に行われた, に迫った, に迫つた親類會議, に迫つて, の事, の午後, の夜, の子, の棠軒従軍日記, 新介

▼ 五百枚~ (31, 0.0%)

2 の大作, の長篇

1 [27件] ぐらい, ぐらい買う, というなら, という量, と五百フランの, に縮小, に達した, のもの, の大, の御, の紙数, の試験, ばかりの長篇, ほどの原稿紙, より多く, をお, を准三宮聖護院道澄, を准三宮藤原晴子, を女御藤原, を将軍家, を張る, を御所, を第, ノ精進ニ, 売れたら切符, 御入手, 持って

▼ 五箇年間~ (31, 0.0%)

5 の出生 3 の埋葬 2 の平均出生, の平均洗礼数

1 [19件] では平均出生数, においてすら一八一一, について正しい, には七二七, には六八九, には年平均出生, にナポリ王国, に出生, に千五百冊, に千五百部, に比し, に現われ, のフランス, の出生率, の増加率, の平均, の平均死亡数, の表, は六

▼ 五代目菊五郎~ (30, 0.0%)

2 が, という人, の別荘, の弟, の最初

1 [20件] から出, がまだ, が初演以来, が大工, が小坂部, である, でも又は, と並んだ, についても素より, に接近, の一手専売, の三十三回忌追善興行, の人気, の実子, の新, の舞台, の舞台姿, はこの, は好ん, 死す六十歳

▼ 五六冊~ (30, 0.0%)

5 の本

1 [25件] あったが, ある筈, ぐらいの読切り物, ございましたよ, ずつ手許, のって, のクリスト伝, のトルストイ, の書物, もあれ, も出, も読ん, を出し, を取出し, 並べて, 借りて, 出て, 書いて, 片寄せて, 積上げ傍, 詰めて, 読む教科書以外, 読んだら全く, 開かれて, 頼む

▼ 五十以上~ (30, 0.0%)

2 の人, の男, の老人

1 [24件] あるかも, であるらしく片手, であろう, であろうが, でございましょう, でしょう, ですから, ではない, とみえる, にならなけれ, にはなつ, にも老け, にも見えます, に思われた, の, のはず, のばあや, の分別, の女, の婦人, の町人風, もあり, も歳, も違っ

▼ 五~ (30, 0.0%)

4 の一つ 2 めぐり, を

1 [22件] という上方作者, といわれ, に遊んだ, のあたり, のほう, の中, の冷たい, の底, の春景色, の水明かり, の烟波, の白旗, へあんな, へまいっ, めぐりの, めぐりを, や上高地, や裾野, をま, をまえ, を横ぎり, を紹介

▼ 五貫目~ (30, 0.0%)

7 もある

1 [23件] あるとしても, からありました, ぐらいの奴, ずつ余計, たしかにか, である, とすれ, と思, と規定, になります, になる, にまで減じ, にもなります, のスカール, の千両箱, の千兩箱, の水, の角石, はある, は下りません, ばかりの鉄, もあるでせう, を減ぜし

▼ 五十金~ (29, 0.0%)

2 を持っ

1 [27件] あれば, いずこ, がこの, だけやっと, でもとめられた, にいたしました, にても百金, に売りし, のはしたな, の借用, の縁切り状, はまあ, も遣わす, をおさ, をこの, をはずみ, を与うべし, を入れ, を奪おう, を懐き, を礼, を贈られ, を贈られぬ, を路用, 乃至は, 出来よう筈, 包まれて

▼ 五~ (29, 0.0%)

7 がある 3 である, を作つた, 各一 2 の五六

1 [11件] があつ, です, とがある, に, の三四, の三四七八, の前半, の自, は, を作つて, 各一首

▼ 五日ごろ~ (29, 0.0%)

2 からはじめて

1 [27件] おめにかかれること, からと思います, から休ん, から春, から本格的, すなわち被爆後, だったかしら, であった, でないと, にかえるでしょう, にでもなれ, になる, にはすでに, に出来上ります, に来, に江戸, の由, まで, までいる, までつづいた, まで休みです, をよし, 出かけたいと, 又一寸かえって, 御結婚, 迄に本, 頂きました

▼ 五百尺~ (29, 0.0%)

3 の地底 2 のところ, の地, の高

1 [20件] から四千五百尺位, と測られ, に下り, の上空, の中ヶ岳, の底, の斜坑, の普通, の暗い, の深, の蘆, の長距離, の高所, ばかり登る, ほどあがった, ほどの高, もあり, もやあらん, 程で, 高いと

▼ 五百部~ (29, 0.0%)

5 を越えた 2 の印税

1 [22件] がよい, が瞬く, くらいで, ぐらいだったでしょう, しか売れなかった, ずつ版, だけ贈呈, で以後五百部, といえ, と第, にきめた, の出版, はうれました, は世間, ばかりで, ほど印刷, ほど売れ, ほど残りたる, もあまり, を限る, 売れたら日本, 残った

▼ 五ヶ年~ (28, 0.0%)

3 の間

1 [25件] かかったな, という長い, なれども, のヒルミ夫人, の元利七千八百五十円, の山, の年月, の心血, の空費, の親友, の課程, の間養育, は店, ばかり変らず, もかかる, もこんな, も奉公, も師事, も本艇, をへ, を刑務所, を限っ, ヲ充實, 御奉公, 若き青春

▼ 五六郎~ (28, 0.0%)

3 と川前市助 2 の聲

1 [23件] が憎, が昔, が真槍, だと, でした, と主人, と用人, の乞食姿, の外, の後ろ, の携え, の放言, は, はほろ醉機嫌, はよろり, はフフン, は口, は大, は眉, は自分, は茶縞, や榊市, を自滅

▼ 五十一歳~ (28, 0.0%)

3 で歿 2 の春

1 [23件] その子柳, だ, だぜ, だつた, だとして, であった, であるが, で備後国深津郡福山, で年寄, で死んだ, になる, にもなる, のドヴォルシャーク, の僕, の名僧, の声, の多岐, の寛政四年, の懐子, の時三十二, の老, を一期, 程になる

▼ 五十九歳~ (28, 0.0%)

2 であった, を一期

1 [24件] でその, で亡くなつた, で唐, で始め, で歿, で母, で没しました, で致仕, で隠居, にし, になったら, になつて, になる, に達した, のときの, のとき世, の人, の時, の梅翁, までかける, までの男女労働者, まで一ぱい, を若, 若きもの

▼ 五十八~ (28, 0.0%)

2 だよ, といふ, の私

1 [22件] かなあ, から十, だとかいう, だもの, で, でげす, でごぜ, ですがね, で亡くなりました, で去年, で歿, で種々, で身体, となかなかたっぷり, と一時, になっ, になります, の今, の伝右衛門, の教会音楽, もあら, 口やかましくて

▼ 五十六歳~ (28, 0.0%)

2 で歿

1 [26件] だ, だった, で, であった, であつ, である, でいらっしゃいました, で亡くなった, で顔, とは思へぬ, と云, と五十歳, にし, になっ, になつて, になる, には, の剽軽, の就任, の惜しい, の時, の時ヨルダン河, の曾能, の誕生日, を以, ノ今日ニ至ッテ始メテ生キ甲斐

▼ 五十銭玉~ (28, 0.0%)

2 を一つ, を二つ, を彼女

1 [22件] がばらばら, が一つ, が何枚, が出た, の何十倍, はずっと, は二枚, ばっかりだ, をひとつ, を一つポン, を一つ助手, を一個, を二つ卓子, を二つ畳, を五つ, を何枚, を大事, を彼, を掌, を水瓶, を私, を裸

▼ 五千年~ (28, 0.0%)

7 の歴史 3 の昔

1 [18件] くらい前, このかた記録, たつうち, でかい, で一万五千尺, などは時, に一度, の人智, の前, の悪戦苦闘, の歳月, の風雨, ばかり前, も前, も昔, も立ちん坊, や一万年, 活きようが

▼ 五右衞門~ (28, 0.0%)

3 の生立 2 の幼名

1 [23件] がお, が今晩あたり, が夫婦づれ, が煮られし, が間違ひも, だつて出來, でも寄り付く, といふの, になつて, によつて, の七人, の前, の歌ぢ, の正, の着, の野郎, は其の, ほど伸び, や天野屋利兵衞, を捕, を擧げ, を擧げよう, を雪隱詰

▼ 五段目~ (28, 0.0%)

2 に出, に於い, のところ, の勘平, の右端, の計算

1 [16件] であ, であって, である, でも与一兵衛, と十二段, と順序通り十二段, には約, のとおり三桁, のやう, のよう, の定, の山崎街道, の数字, の數字, やとかあり, や六段目

▼ 五~ (28, 0.0%)

2 になる

1 [26件] ある, および附図版, か十頁, でも六頁, に, にいう, にわたる長, にポリサックム, に予, に英国旅券掛, に述べたごとく, に録, の, の十三行目, の図参照, の社会欄, の速射弾, ばかりの小, へ和漢, までを見, も読, より成つて, を参照, を見られ, 読んで, 貼りついて

▼ 五~ (28, 0.0%)

1 [28件] から三七%, か一〇%, が国有林, が売れる, だ, だけすなわち, だけ減価, だけ騰貴, であったの, であるならば, であるの, である時, であろうと, では, で三〇歳台, で借入れ, で借入れた, に引下げられた, に過ぎない, の利子, の利潤, は働く, またある, を利得, を占め, を支払う, を支払った, を超過

▼ 五ヵ月~ (27, 0.0%)

1 [27件] から半年, ぐらいにしかならない, たつうち, つづけさま, にわたる空白時代, のあいだ, のうち, のこと, のみである, のマルクス夫妻, の余, の後, の時, の相違, の長い, の間, ばかりの間, ばかり連合軍側, ほどし, ほどの間, ほど前, まえ都, もすりゃ, をくった, をよそ, 支えて, 行ったきり

▼ 五十二三~ (27, 0.0%)

3 の男 2 の働き盛り

1 [22件] でなほ, で麻布, には見えます, のお, の上品, の世, の中老人, の主婦, の名前, の大柄, の實體, の御, の方, の浪人者, の眞, の確り, の福々しい, の禿げ, の脂ぎつた男, の若年寄, の赧ら顔, の頑丈

▼ 五十四~ (27, 0.0%)

2 の年

1 [25件] その内儀, だった, だったでしょう, でありました, である, でございましたと, でござる, ではてた, で男, で養子, という年齢, になっ, になる, に至る, のとき藤田東湖, の年輪, の春, の時出家, は, は奈々子, または五十五歳, をもって西ヶ原邸, を数えられた, を越えよう, 斬違背

▼ 五十本~ (27, 0.0%)

5 の針

1 [22件] が一本, くらい溜まっ, ぐらいもある, というところ, という案, のうち, の吹き, の磔刑柱, の磔柱, の綱, の縫針, の薔薇, の雌雄, ほどの扇子, ほども並べられし, ほど購, もあるであろう, もやれ, も入る, を白髭神社, を的, 紡いだといふ

▼ 五十米~ (27, 0.0%)

2 もあろう

1 [25件] ぐらいの姿, ぐらいの釣糸, ぐらい先, ぐらい間, だけ高く, と距ら, にも及び, の峰, の浅間山, の烈風, の登り, の絶壁, の高, ばかりの間, ばかり前, ほどはなれ, ほど低い, ほど行っ, もある, もひきはなし, も下る, も切り立った, も海, も登ったろう, も登る

▼ 五~ (27, 0.0%)

2 の古い, の戸, の昔ながら

1 [21件] であるが, となった, になっ, にも六層, に高, に高まっ, の大, の屋根, の廂, の楼, の楼閣, の石屋, の石造建築, の軒, の高い, ばかりある, ほどもある, も六層, も深み, 共に瓦斯, 重ねて

▼ 五~ (27, 0.0%)

3 は錯覚, を見た 2 に錯覚, の謎, を見

1 [15件] から同棲, が将棋以外, だったん, であると, ではない, とはねた, と同じ, と読んだ, には錯覚, に当る, のつづき, の場合, はそれ, を読んだ, を読んでる

▼ 五~ (27, 0.0%)

3 の座敷 2 か六畳

1 [22件] あつた, が空き部屋, ぐらいの広, ただしたたという, でこの, という部屋, との二間, の大広間, の客間, の手狭, の日本座敷, の湯壺, の茶室風, の表二階, はあろう, ばかりの座敷, ばかりの石牀, ばかりの西洋室, ほどの大, もある, も敷けよう, を敷き

▼ 五週間~ (27, 0.0%)

2 に六銭

1 [25件] あるいは六週間, からになれ, くらいになる, たっても, つづいて, つづけて, である, で強敵フランス, にざつと六銭, のあいだ, ののち, の余裕, の日数, の欠勤, の欠勤届, の長, の間, はちょっと, ばかりになる, ばかり居る, もたつ, も経た, も誰一人スパルミエント大佐, も遊び, 或日

▼ 五~ (27, 0.0%)

4 の方法 2 は仰

1 [21件] であつ, であること, といふ俳諧師, に師事, のあと, のこれら, の作, の形式, の態度, の抽象的, の本質, の画風, の絵, の芸術上, はそれ, は五雲, は唯, は思ひ, もまた, を生かし, 隠才蔵

▼ 五〇〇磅~ (26, 0.0%)

4 の価値

1 [22件] から一, から四, が一五, であるが, であろう, で売るであろう, で売れるであろう, に, になるであろう, によって以前, に上る, に値しないであろう, に売れ, に対する利潤, に引上げ, に等しい, に高められる, の所得, の比例, の租税, を得なけれ, を有する

▼ 五人連れ~ (26, 0.0%)

3 の若い 2 でその, で舁い, の神楽師

1 [17件] が村境, であつ, である, でいずれ, できょう, でした, で来た, にて過ぎゆく, のお, の一人, の侍, の大学生, の学生, の巡礼, の席, の若, はいつも

▼ 五六段~ (26, 0.0%)

2 ある石段, の階段

1 [22件] ある梯子, うへに, から上, ぐらいしかありません, ずつ出ない, ずつ飛び上がる, になつて踊り場, のはしご, の廣, の畑, の階, は自分, ほど石段, ほど降り行き, ほど鞠, もおりた, もし, を下りた, 登ってから, 続いて, 降りて, 高くし

▼ 五六羽~ (26, 0.0%)

3 の鶏 2 の鳥

1 [21件] いたが, が弧, が空, しきりに円, ずつは親, その跡, でゆさゆさ, に及べり, の, の鷄, は飼育, ばたばたと, また七, もやっつけた, も絞め, を打ち落し, 居るの, 白い色の, 遣って, 飛んで, 飼って

▼ 五兵衛さん~ (26, 0.0%)

2 のお, はあなた様

1 [22件] があと, がお, がそれほど, が来, が見たら, こそその, て人, といっし, と言う, にお, にだまされ, のこと, のほう, の女房, の妹さん, の家, はおかみさん, はこのごろ, は後見, へお, も進ん, 行かう

▼ 五十一~ (26, 0.0%)

2 であった, であつ, になる, にもなっ

1 [18件] から二十七, から五十六, ですよ, で思いがけず, で東氏, で死んだ, とは健三, になっ, になった, にも成つて, に書い, のとき隼町, の大都市, の年, の部落, まで英国, もう爺, 第三

▼ 五十度~ (26, 0.0%)

3 の傾斜

1 [23件] ぐらいの角度, です, というところ, とする, ならぬ間, なり四十度, なるも, にする, に上る, の国境, の気温, の熱, の角度, の間, までの任意, まで下る, まで冷, まで及び, まで蔽う, やるの, よりは北, を越え, 繰り返え

▼ 五~ (26, 0.0%)

2 で止めます, の帆, 麻の, 麻を

1 [18件] と沖, の広, の畑, の真帆, ほどの畑, を風, 代幾何, 作ろうと, 保を, 取ったの, 孔雀経とか, 帆が, 帆の, 百姓が, 百姓に, 百姓の, 野南町の, 麻という

▼ 五寸位~ (26, 0.0%)

1 [26件] ある, いと, ずつ七本, であらう, であるが, なもの, なサイド, な槍, になる, に切っ, のもの, のゴム管, の円丘, の刷毛, の松, の椴松, の欅, の針金, の鉄, の隙間, ひの, もあります, もありやんし, もある, も高く, を切り出す

▼ 五番地~ (26, 0.0%)

2 の芥川家

1 [24件] じゃなくっ, だがね, だって, であった, で國技館, というあたり, というの, ならこの, に八月二十八日, に卜, に徙, に移り住んだ, のはう, の二階, の四階, の差配さん, の広田, の第, の蔦家, はデュー, は内藤何, へ住む, も矢張石, ノ一

▼ 五~ (25, 0.0%)

3 の提灯 2 の減少

1 [20件] が生産, が結婚, くらい出せ, であるならば, です, という年号, という数字, という電話番号, という非常, とし, となる, と思われる, ないし六〇シリング, ないし六〇度, に下っ, に曰, ほど畦道, を斟酌, ノ三, ノ二

▼ 五ヶ所~ (25, 0.0%)

2 から素性

1 [23件] あった, が七道, が大きかっ, と呼んだ, に委任, に押入り, に經營, の一つ, の中尾, の内, の唱門, の唱門ども, の唱門二人, の地所, の製造所, は数字, は高御門, ばかり数学, へ捨札, ほどもある, より出火焔立上り, を選び, 迄斬込まれ

▼ 五七年~ (25, 0.0%)

2 に始まる

1 [23件] で死ぬ, にし, にはこの, にはわずか, には大, にダゲッソー, にミュンヘン大学, に南支那, に我が, に法王アレキサンドル七世, の, のため, のプロシア, の十二月, の夏, は一対三二, まで遡り, も過, を会戦, を経た, 及び一七五八年, 及び一七六〇年, 心得一八五八年総長

▼ 五六頭~ (25, 0.0%)

4 の馬 2 は居らし

1 [19件] います, から三十頭, ずついっしょ, にすぎない, のライオン, の大, の大群, の山羊, の放牧馬, の牛羊, の牝馬, の犬, の荷駄, の鯨, の鹿, は居るらしい, ひいて, をたおし, を有っ

▼ 五千メートル~ (25, 0.0%)

2 の高空

1 [23件] から上, ぐらいに近づい, ぐらいのぼった, ぐらいまでをそれぞれ, だ, だって, つまり高, としるされ, と思われる, になつ, に達し, の上空, の向う, の射程, の沖, の深, の距離, の長, の高度, までが成層圏, までなら, まで上昇, を示し

▼ 五少年~ (25, 0.0%)

1 [25件] がすでに, がびっくり, がほんとう, が研究所, とイバンス, とケート, と七人, には親しみ, のうち, のため, の二ヵ年, の学級, の死, の父母, はこれから, は実験室, は捜査隊, は火辻, は部屋中, もたいへん, も加わっ, も残念, をあつめ, をひきつれ, を苦しめる

▼ 五~ (25, 0.0%)

4 の奴

1 [21件] がベク助, だが, てえ, ではない, とてもそうチャチ, にこう, には小さい, に向っ, に訊ねた, のタクラミ, の命令, の様, の用意, の目, の註文通り縁, の話, はその, はそれ, は時に, は言葉, は高笑い

▼ 五~ (25, 0.0%)

3 の物思い

1 [22件] あり他, ござんしたね, であって, である, とをあわせ, と五斗, ならもう, にし, にしか当たらない, に大きな, の本米, の水, の糯米, の註文, は団十郎, または一石, も捕れた, や, を引き, を持てゆく, 蒔から瀬戸, 迄を二歩五朱軒

▼ 五~ (25, 0.0%)

2 の帆前船, の端艇

1 [21件] あるの, いつもより, ぐらいの唐人船, その中, とるという, に制限, に激増, に百五十騎, の商船海上, の小, の小さい, の帆船隊, の米船, の網船, の舟, の釣船, もあった, をこの, を数えた, 来れば, 浮いて

▼ 五〇磅~ (24, 0.0%)

2 ではなく, に下落

1 [20件] から五, から四, が控除, が支払われ, が機械製造者, が購買, すなわち一年, でありそして, であると, であるの, であろう, で売れなけれ, で売れるなら, の労賃, の租税, の費用, の額, をもう, を費した, 高められようと

▼ 五へん~ (24, 0.0%)

4 も六ぺん 2 投げつければ, 踏みつけました

1 [16件] くりかえして, ぐるぐる引っぱり, ぐるぐる引っぱりまわした, ぐるぐる引っぱりまわしました, ついて, は行っ, ばかり足, まはす, もさし, も二十ぺん, も十ぺん, も立て直さなけれ, も話, 続いたら死んぢやう約束, 読みかえした, 食う

▼ 五ノット~ (24, 0.0%)

2 で走る, の全速力, の速力, へ

1 [16件] か, だ, でもって移動, で移動, で走り, といえ, にスピード, に上げ, の快, の烈風, も出, よろしい, を出す, 上げて, 出せる予定, 出る

▼ 五~ (24, 0.0%)

1 [24件] いや出来る, からの儲け, しか穫れなかった, ずつ穫れ, というの, とかにする, とくれ, として積, とどけたか, とること, に二十俵, の年貢, の木炭, の米, は朝飯前, ばかり手荷物, ほど買込ん, もあつ, もむづかしかつた, も貸し, より十九俵, を都合, 得たりとて, 送って

▼ 五十あまり~ (24, 0.0%)

4 の男 2 の婢, の婦人

1 [16件] になっ, のでつ, の不規則變化, の品, の坊主, の女, の履物, の戸数, の爺, の老人, の老女, の赤く, の頭数, はそれぞれ若干専属俳優, も書い, 置きて

▼ 五十七~ (24, 0.0%)

3 である 2 であつ, になっ

1 [17件] あった, か八, が悪い, しかなく, だ, だったかな, でご, で世, で今, になります, になる, の, のとき蝦夷開拓論, の今年二十六年, の時, 分つかつて, 有難い親心

▼ 五十九~ (24, 0.0%)

2 であつ, である, でございますが, になる

1 [16件] あけて, か六十, だと, であった, である場合, でございますお, で死んだ, で江戸, とあり, にそれ, のとき麹町善国寺谷, のティトフ, の年, は六十一, もおしまい, 子賛二十六

▼ 五十余年~ (24, 0.0%)

2 の生涯, を経た

1 [20件] であつ, で廃絶, にわたって公私共, のきょう, の久しい, の今日, の労苦, の数奇, の昔, の星霜, の期間, の泰平, の涙, の長き, の間君臨, はそこ, もの昔, を一日, を経過, 過ぎた今日

▼ 五十歩~ (24, 0.0%)

2 と百歩, の百歩

1 [20件] あるいた頃, ぐらい走れ, だけ違う, と歩かぬ, にたりぬ, に石, の先, の距離, はどう, ばかり進んだ, ばかり遠のいた, ばかり隔てた, ほどあと, も先, も踏んだ, を民, を笑っとる, を責, を隔て, を隔てた

▼ 五~ (24, 0.0%)

4 と称し

1 [20件] があつ, がいる, で対局, との領域, と会見, と言っ, なる周定王, に至つて, の母, は元々, ノ前, ノ奴ガ電話, ノ紹介, ノ話ハ次ノヨウナコトダッタ, ヲ佐々木, ヲ誘ッテ法然院, 及び閻圃等, 少シハ行ケル筈ナノニ慎ンデイル佐々木, 御坊丸, 棠助一つ女長六つ良四つ全

▼ 五年来~ (24, 0.0%)

2 の私, は大分

1 [20件] こういう景色, そのこと, その事, というもの, といふもの, の, のぐるり, の友, の女子教育, の実際, の日本, の眼病, の負担, の長谷川伸, ほとんど縁, も投げ放し, 少くとも, 溜めて, 用い慣れた是公, 飼うて

▼ 五百年前~ (24, 0.0%)

2 に比叡山

1 [22件] すでに古瀬戸, すでに同様, とそれぞれ, にはラウール・ド・フォー, に成った, に捲, に既に, に生活, に絹, に遡り得る, のもの, のもの也, のイソップ, の文学, の春秋時代, の物ニモ, の異なる, の野武士, の金属製, は五百年前, ほどより二百年前, も今日

▼ 五~ (24, 0.0%)

2 か六粒

1 [22件] あります, がもの, ずつ分け, ずつ服, だが, だッ, で一万円, で買った, と二朱, と飲ん, に胃, のダイヤ, の丸薬, の馬, ほどのお, ほど黒く, も一つ, をともに, 出して, 包まれて, 飲むと, 飲んで

▼ 五~ (24, 0.0%)

1 [24件] から健康, から發散, が今更, が引き, が顫, にある, にしみる, に異状, に脈打ちます, に行き亙つ, のうち, の中, の其處此處, の痛, の肉, の震, は冷え, は恰も, を包まれた, を碎いた, を籐椅子, を貫かれ, を走つ, を走る

▼ 五〇〇〇磅~ (23, 0.0%)

4 の価値 3 を取得 2 であると

1 [14件] が以前, であり純, で売るなら, で売れない, で済ませる, なる同額, に値し, に売れる, の中, の貨幣, の資本, を喜ん, を得ん, を用い

▼ 五ツ紋~ (23, 0.0%)

5 の青年

1 [18件] に染め, に白麻, に透綾, のお, の古, の瀟洒, の紳士, の羽織, の肩, の黒絽, の黒羽織黒袴足袋跣足, は商人, は慌てた, もある, を取出し, を抜いた, を畳ん, を背後

▼ 五五年~ (23, 0.0%)

2 にし

1 [21件] から書き始めた, がわが, すなわち, その職, であれば, でその, との間, に, におけるウェブスタ博士, には, には一対一〇〇, には一対一〇八, には一対一二五, には六, には英国, に再び, に出, に歌, の二十箇年間, の出版, までに二十九年

▼ 五六十年~ (23, 0.0%)

5 の間 2 の昔, も前

1 [14件] このかた, この方, にし, にしかなりません, に過ぎぬ, に達する, の修行, の歴史, はたっ, はまる, はもつ, も目, を経た, 後れたので

▼ 五六月~ (23, 0.0%)

3 の候 2 の交, の頃

1 [16件] が多い, と晩秋, に限る, のこと, のころ, の交安済丸, の侯, の候枝梢, の旅, の田植え頃, の薄紫, の食糧危機, は旅, まで農閑期, もいた, を節

▼ 五十フラン~ (23, 0.0%)

2 に値切っ

1 [21件] あげようそして, するの, だけ不足, だと, であった, では, でマリユス, というの, とか六十フラン, になる, にまけ, に訂正, の紙幣, ばかりでどう, もくれた, も取る, を出なかった, を家主, を渡し, 残った, 集まるわけ

▼ 五十五分~ (23, 0.0%)

2 に切上げる

1 [21件] だ, だった, です, ですよ, でカバン二つ両手, で五十分, で出, で出発, で行かれる, と決定, に, になっ, に乗った, に出る, のこと, の神戸行急行列車, までは皆意味, を使, を費し, 同じく九時二十分の二回, 進ませた

▼ 五十代~ (23, 0.0%)

2 なれば, の者

1 [19件] から六十代, ぐらいだった, だろうが, であつ, でどんどん, という年齢, になった, に入った, に入る, のがっちり, の人, の前半, の夫婦, の女, の男, の盛時, はかわらず, も八十代, を終らう

▼ 五千万円~ (23, 0.0%)

1 [23件] かいずれ, がしっかり, で売りやがった, という値うち, となる, と云われ, と交換, にすぎない, になっ, にも上る, に達する, のねうち, のイケニエ, のダイヤ, の値打, の売上げ, の宝石, の損害, の歳入不足, はこの, は夏川左近, を出せ, を可決

▼ 五年以上~ (23, 0.0%)

4 の者 2 にもなります

1 [17件] いる, かかるもの, であると, になる, に達し, の御, の歳月, もいっしょ, も夫婦, も昔, も経た, も経った, も経過, を経, 働いた資格, 暮して, 続けて

▼ 五日ぶり~ (23, 0.0%)

3 の酒 2 に一度, に外出, に酒, の外出

1 [12件] だ酒, で, でさっぱり, ですね, にやつ, に入浴, に初めて, に寝床, に散歩, に起床入浴, の宿, の風呂

▼ 五~ (23, 0.0%)

2 の粟

1 [21件] ぐらいのもの, ぐらいの鰊, との間, と全, と見る, なぞは問題, に削った, に召し出し, の俸禄, の切米取り, の扶助米, の検地, ひいたら, ふんづけやがった, ほどである, をあてがわれた, を意味, を煉つて, を盛る, 御かし候, 迄を半軒

▼ 五箇条~ (23, 0.0%)

11 の誓文 3 の勅諭 2 の御 1 といい, などの遺文以上, のえらい, の免罪符攻撃, ほど残った, よりなる, を箇条書

▼ 五ドル~ (22, 0.0%)

1 [22件] から五十ドル, から十五ドル, さ, しかとらない, するという, だったのに, であった, というよう, という有様, と値段, なり, のうち一七ドル半, の原稿料, の小切手, の金貨一つかみ, までで売られる, やすくなった, を六ドル, を出す, を徴収, 出そう, 呉れると

▼ 五人前~ (22, 0.0%)

2 であった

1 [20件] あった, から三十人前, ぐらいになる, ずつ持っ, だけ並べられ, ちゃんと揃っ, にする, に使え, に執りわけた, の労力, の茶, の蒲団, ほど紙, もある, もお, も食べられ, をぺろり, 出来ます, 出来ますから, 取り寄せること

▼ 五六杯~ (22, 0.0%)

2 早くも

1 [20件] あおった, あける, お酒, だつて, といふところ, のん, の酒, の金, もお, も喰わなくっ, も盗み飲み, も飲んだ, 引っかけて, 引っかけてから, 浴びせると, 詰め込まして, 食って, 飲ませられたので, 飲んだ, 飲んだと

▼ 五円紙幣~ (22, 0.0%)

2 が一枚, と十円紙幣, を一枚

1 [16件] が二枚, であるか, と交換, に代えた, に電気アイロン, までが忌々しく, をも勝治, を一枚其処, を出し, を出す, を手, を掴み出し, を掴み出す, を摘み出す, を無, を運転手

▼ 五分の隙~ (22, 0.0%)

16 もない 1 さえ見えなかった, のない, もありません, もござらね, もなく, も見出せなかった

▼ 五十七八~ (22, 0.0%)

2 の典型的, の痩

1 [18件] かまあ, だが, でこの, とすれ, とも思われる, になる, のおふくろ, のこれ, のまだ, のよく, の丈夫, の年配, の痩せぎす, の老, の老人, の親父, の馬面, 大町人

▼ 五十万人~ (22, 0.0%)

1 [22件] か, から五万円余り, が学齢以前, が百四十万, という人数, という勤労動員, とも三百万人, と運命, に上つて, のうち, の一人, の全国教職員, の労務員, の失業者, の怨み, の死活問題, の糞, ばかりであるらしい, も餓死, を失った, を失業, 殖えたが

▼ 五十俵~ (22, 0.0%)

2 と十俵

1 [20件] からの増収, しか取っ, しか貰っ, で決して, というの, に八百俵以上, の収穫, の旗本格, の痩御家人, の祿, や百俵物, より六十九俵, より四百九十九俵, を与うれ, を少, を食む, 取れる六十俵, 御足四十俵, 穫ったこと, 穫ったの

▼ 五十坪~ (22, 0.0%)

2 ほどの庭

1 [20件] か六十坪, か百坪, だけを借り受けた, で高い, にまで漸次, に対する設定金額, に足らなかつた, のこったそう, の一画, の小, はそれぞれ設定, ほどあっ, ほどの空地, ほどもあつ, ほど焼け, まで漸次建て増し, も普請, や百坪, を年賦, 程の患者

▼ 五十戸~ (22, 0.0%)

2 は今

1 [20件] ある, ある四百五十戸, ある村, からなる, から成る, にも上っ, の中, の屋根, の村, の漁村, ばかりでした, ばかりの寒村, ばかりひどく, ばかり焼いた, ばかり零落, ほど村道, もあらう, もあろう, 有ったが, 程密集

▼ 五合庵~ (22, 0.0%)

2 の中

1 [20件] で, で手毬, といふの, といふ名, といふ小さな, などはよほど, にやつ, に帰つて, に帰る, に棲むでゐた, に立寄つた, のこと, の庭, の方, の良寛, はいかにも, は寂しい, へのぼつ, を訪れ, 遠因呈一絶

▼ 五~ (22, 0.0%)

2 です

1 [20件] あって, からなり, が負う, だったの, であった, でして, ですが, といった, には大河, に分かれた, に行っ, の列, の室長, の広から, の廣, は管理部, ばかりの瀟洒, もある, もって, 新寮三室

▼ 五尺八寸~ (22, 0.0%)

3 もあらう 2 の勘弁勘次, もある

1 [15件] ありや, からの大男, くらい, という雄偉, という鯛, といふの, に胸, のノッポ, のヒョロ, の大男, の男, の身の丈, の身體, はあるでせう, もあろう

▼ 五年ごろ~ (22, 0.0%)

2 まであった

1 [20件] かもつ, から係争中, から出来た, から足掛け十二年, その一部, でしたでしょうから, には山川, には戸部, に中国, に東京, に没し, の作品評, の出来事, の燕嬢, の集録, は世界館, は豊隆, まではその, までは江戸, 死んだラリーサ・レイスネル

▼ 五歳以上~ (22, 0.0%)

2 の者

1 [20件] でなくては, でなければ, と偽っ, にて漢書, になったら, になる, にも達し, に達し, のもの, の女, の婦人, の子供, の日本人, の男児, の男子, の男子つて, の老人, は例外, まで生存, ノ男子ハ

▼ 五百里~ (22, 0.0%)

2 到伊都國

1 [20件] あろうが, その次, といふ里數, とせず, なるを, にし, の大, の流刑, の石穴, の道, の間, ばかり離れ, もあて, も千里, も歩行, も距, を以て封ぜん, 去蝦夷界一百二十里, 行く駿駒, 通うたという

▼ 五等官~ (22, 0.0%)

1 [22件] ぐらいにはなるだろう, だ, であるから, で坊主, とかいう連中, と名乗っ, と来, には補せられ, にほかならなかった, に過ぎなかった, のくせ, のザフレービニン, の位, の別, の制服, の姿, の後ろ姿, の紳士, の贋物, は自分, は運命, を首尾

▼ 五箇所~ (22, 0.0%)

3 の唱門 2 の散

1 [17件] ですが, として別個, と呼ばれた, に倉庫, に入, に入っ, に基地, に涌き, の中, の収容所, の唱門ども, の富, の暦師, はともに, へ下し, へ分ち, を南里

▼ 五~ (22, 0.0%)

1 [22件] あった, しかない, と一致, と同じ, と無い, になつ, に作つた, に分れ, に描出, に改造社, に筆, に編制, のまま, の場合, の大, の書, の続, ばかり此, もある, を書く, を終わる, を連載

▼ 五銭位~ (22, 0.0%)

1 [22件] かかりましょう, かかりましょうか, かかります, ずつ掛るです, だったろうそういう, であったの, である, です, で出来ましょう, で済みましょう, で買える, で買われた, なの, なら出来ましょう, には買ふよ, のもの, のハンカチ, の割合, の勧工場物, の小菊, の札, の草花

▼ 五ひき~ (21, 0.0%)

5 のネズミ 2 の大, の小さな, の金魚 1 うるさくとん, しかゐなかつた, だろうが, ともベッド, のいもむし, のお化けコウモリ, の蜻蛉, の魚, はとん, 買いました

▼ 五カ月~ (21, 0.0%)

3 の後

1 [18件] がすぎた, でなく七カ月, でもやり直させた, で卒業, で藩士団, とは言っ, の大, の間, は三年, ばかりだった, ばかり前, ほどに成った, まで育っ, も不自然, も経っ, も給金, を費した, 多少の

▼ 五一年~ (21, 0.0%)

2 にし

1 [19件] から十五年間, から開け, がわたしたち, におけるスウェーデン人口, には七月, には特に, にファラデー, に出, に初めて, に失われ, に次, に生じ, の, のうつつ, のブラッセル総会, の段階, の私, まで生き, 及び一二六六年

▼ 五二年~ (21, 0.0%)

1 [21件] から英, すなわち十歳, である, で終る, と一八七二年, ないし一七五五年, ないし一七五六年, にヴィクタア・ユウゴウ, に一人, に千三百五十トン, に王立協会, に生れ, のある, のこと, の九月, の冬, の創立, の総会, まで時機, まで続け, より一一九〇年

▼ 五位下~ (21, 0.0%)

2 に叙せられ, に叙せられた

1 [17件] だ, とある, といふむしろ, になつ, の位, の兵衛権佐, の兵部, の唐名, の開拓判官松浦竹四郎, をいただきました, をもらった, をやり, を以て招安, を授, を授け, を授けられ, 翌仁平元年正月六日従四位下

▼ 五円位~ (21, 0.0%)

2 のもの

1 [19件] ある筈, でかり, でしたらどうぞ, でもあろう, で出来るやろ, で済む, で生活, で高う, なもの, の物, はある, は出さね, も出せ, も取つ, やって, を各自, 古いの, 掛かったよう, 貸して

▼ 五十四歳~ (21, 0.0%)

3 で歿, の時 2 であった

1 [13件] である, で亡くなった, で亡くなる, で同じ, で春水, にし, になりました, になる, の中, の婦人, の自分, の隆升軒信階, を以て世

▼ 五千騎~ (21, 0.0%)

2 を擁し

1 [19件] おかし下さい, がすでに, が宇治橋, に向っ, の官軍, はみな, は疾風, は豹軍, ほど授け, をおかし下さい, をくだっ, をさずけ, をひきい, をひっさげ, をもっ, をわかち, を持ち, を持っ, 行けば

▼ 五号室~ (21, 0.0%)

2 で精神分裂症患者

1 [19件] からです, から出, であった, における第, には安来節, に入る, に御, に泊っ, に泊る, の事務所, の戸口, の表, の障子, はどの, へはいっ, へはいる, を借りた, 先ず入浴, 涼しい

▼ 五年度~ (21, 0.0%)

3 の豫算 2 の予算

1 [16件] では, には五千五百五十萬圓, に提出, のムッソリーニ賞杯獲得映画, の予算編成, の人々, の作品, の戸口調査, の提出, の教養, の約, の編集, の蹴球戦, の間, もあの, を迎えた

▼ 五~ (21, 0.0%)

2 になつ

1 [19件] ずつ二千五百八十名, だつた, だよ, で御, にし, になります, になる, の児, の子供, の小, の幼児, の時, の木村, の淵子ちやん, の男の子, の若, ばかりの男の子, 迄の子, 迄の子供

▼ 五斥候隊~ (21, 0.0%)

4 からの報告

1 [17件] からの救難信号, からの無電, がとつぜん, が自分, とその, となっ, に追われ, のこと, の位置, の報告, の方, の遭難, の隊長, はまだ, は救援隊, へ救援隊, を撃破

▼ 五~ (21, 0.0%)

3 か六足

1 [18件] が十足, ずつで一ヶ月, ずつの草鞋, でなければ, で幾許, といふ處, と薄麻, と行かない, と走らない, に一ツ, の雪靴, は仕上る, ばかりを一飛び, ばかり行きかかる, ばかり釣られ, ほど歩い, 拵えて, 造らなければ

▼ 五〇パーセント~ (20, 0.0%)

1 [20件] が, が就職, が集団化, が集団農場化, しか就職, であった, なら奇偶どちら, にすぎない, にまで続騰, に農村, の増加, の増収, の失業, の黄土, は全く, は利用, は裏, は警官, ふやしはじめた, を読んだ

▼ 五~ (20, 0.0%)

432 宮の

1 [11件] 一, 一〇一四の, 五, 六, 十助手台は, 四, 宮とは, 尊たる, 橋通りの, 申さるるならば, 申しおるなッ

▼ 五人分~ (20, 0.0%)

4 の席

1 [16件] しかない, しか薬屋, というの, のめし茶碗, の仕事, の弁当, の火事装束, の長, はいつも, ばかり有った, も仕事, も欲し, も靴, も飲ん, よ, 合せたよりも

▼ 五六円~ (20, 0.0%)

1 [20件] あった, あれば, から七十円, くらいな, しか貰っ, するだろう, だつたもの, である, であるけれど, で漸次, で立派, という景気, のところ, の商売, ばかりすっかり, もする, やそこら, を下らぬ, を払っ, 出ると

▼ 五六年頃~ (20, 0.0%)

2 には女

1 [18件] から学生, から筋書, か鎌倉能楽堂, この作者, にかけて北アルプス, になる, にはこの, に一夫一婦論, に土佐高知, に発行, に至る, の情景, の発行, は, までありし, までの七, までの時分, 住んで

▼ 五兵衛さま~ (20, 0.0%)

1 [20件] から立派, が, がお, がおっしゃっ, でございます, では, というお方, といっしょ, にあげ, のお, のこと, はああ, はお, はその, はわたくし, は三年前, は決して, は見上げた, をすて, を捨て

▼ 五~ (20, 0.0%)

6 と云 2 の一, 之屬三千 1 が規定, であります, として何, とは刑罰, になつて, の中, の屬, の説明, は堯舜時代, 之体例

▼ 五千余騎~ (20, 0.0%)

3 を従え

1 [17件] がいちどに, で塞がせ, となし, にて馳せ来り, に加え, に達し, の兵共, の兵馬, の攻撃, をさえ渡辺, をつれ, をひきい, をひっさげ, を与え, を彼, を授け, を率い

▼ 五合目~ (20, 0.0%)

1 [20件] い来たの, から富士, では実際, にし, に一泊, に当っ, の中社, の中阪, の室, の景, の観測所, は山中, へほう, まで登り, まで登る, まで行かれた, まで馬, よりまだ少し, らしくその, を

▼ 五回目~ (20, 0.0%)

2 の飛沫

1 [18件] かのキック, からは中之島, ぐらいから新しい, である, で丁度, になるでしょう, にはもう, に例, に敵, の一, の公判, の命日, の多門, の日記, の白洲, の誕生日, の警告, も六回目

▼ 五時前~ (20, 0.0%)

2 に入る

1 [18件] からご, であつ, であるが, です, と云, なの, なのに, にとれた, になっ, にはもう, に伊豆山, に十許, に小, に眼, に終る, に舞台, に起き, 何と身

▼ 五種類~ (20, 0.0%)

2 に分類

1 [18件] あった, あるから, あるという, が尾張藩, が発禁, ぐらいが今, だ, であります, でうち三つ, で大別, に加工, に及ぶ, に見分ける, の中, の新聞, の薬品, の辞句, の酒

▼ 五~ (20, 0.0%)

1 [20件] じゃない, となっ, にならぬ, になる, にのぼり, に下, に二重盃, に分ち, に部, の別, の旭日章, の科, までに分けられる, までに分っ, まで賞品多数, を四分詰, を拝命, を減じ, を減ずる, を貰った

▼ 五~ (20, 0.0%)

2 にわけ, に分れ

1 [16件] あった, か六組, しかいない, で五回ゲーム, としての態度, と適当, に対し年, のカ州金鉱会社, のレコード, の夫婦, の客, の新, の督励, の踊り, ほど有った, も十組

▼ 五~ (20, 0.0%)

2 もございましたらう, も六遍

1 [16件] ぐらいお辞儀, しか会っ, しくじった後, と叫んだ, になる, もくり返し, も崑崙茶, も手合せ, も歌, 唱えた, 廻して, 繰り返したの, 繰返したあと, 繰返して, 聞いた, 通り抜けて

▼ 五〇年代~ (19, 0.0%)

2 の日本

1 [17件] から一九四二年, があける, がアメリカ, が始まった, にいたっ, において民主主義文学運動, にはいっ, のある, のこと, のスピード, のリアリティー, のロシア, の初め三年間, の学者, の新た, の汽船, を通してほとんど

▼ 五カ所~ (19, 0.0%)

1 [19件] あること, がまず, です, についてここ, になつ, にわたった, に分れ, に取る, に封印, の, の仕事, の代, の放射地点, の線放射地点, の関門, も海図, をたずねる, を云い聞かせる, 買いました

▼ 五九年~ (19, 0.0%)

2 に有名, に終る

1 [15件] から六八年, で終る, ないし一七六八年, にその, にウプザラ, にレオン, に公, に出版, のこと, の三月, の事件, の作, の木版刷, の記録, 再び渡米

▼ 五六個~ (19, 0.0%)

2 の鍵

1 [17件] つまんで, のテント, の吸殻, の時計, の瓦斯灯, の製産高, の註文, ほど註文申込, もつくる, を剥ぎ取った, を攫み出し, 並べた, 有り, 置かれて, 行きおまけ, 食った, 食って

▼ 五六通~ (19, 0.0%)

4 の電報 2 に半, の書信

1 [11件] あった, の手紙, の航空便, の郵書, は買い戻したであろう, よりは少し, より少し, を拾っ, 捜して, 書いて, 書きあげたらしく封

▼ 五分月代~ (19, 0.0%)

1 [19件] がつやつや, が突如, こそ体, とこっち, に似, に唐桟, に後ろ, に秀麗, に銀鎖, の伸び切った, の男, の若い, の野郎, ばかりです, ほどに伸びた, も疑え, も相当, をかろく梳く, を生やさせ

▼ 五十マイル~ (19, 0.0%)

1 [19件] あり, くらいしか離れ, くらいのところ, ぐらいずつ進み, ぐらいのところ, というところ, のアットルボロ, の内地, の地峡, の航, の距離, ほどのあたり, もはなれた, も行く, や百マイル, を離れたる, を馬, 乃至百マイル, 走り続け得

▼ 五十倍~ (19, 0.0%)

2 の増産

1 [17件] か百倍, にしなけれ, にまで変化, に達しました, に達する, の値上り, の六百二十四名, の勇気, の複雑さ, の鏡, の難儀さ, の顕微鏡, もの人口, もの数量, も騰っ, 多いという, 或は二千四百倍

▼ 五尺二寸~ (19, 0.0%)

2 と相場, ばかりで

1 [15件] くらいで, ぐらいで, だから一寸, であったと, という小男, と云う, の像, の存八, の小男, ばかり, ばかりの身体, ほどの色, もある, 始めて長, 本口周り三尺九寸

▼ 五年五月~ (19, 0.0%)

2 にわたくし

1 [17件] かの郷土飛翔, から一九三六年春, から十月, でありケーテ, であるが, における愚論中, には京都, には在原行平, には引き続い, にオー・ドュ・シェーン, に至つて, の, の三日初版, の京都, の平均, はじめて輯録, はそれ

▼ 五日中~ (19, 0.0%)

32 にお立ち

1 [14件] だと, にすむ, にそちら, にでもここ, には再び, には東京, にも或, に仕舞っ, に半金位, に変った, に引払, に旅行券, に書類, に行く

▼ 五日六日~ (19, 0.0%)

3 と家

1 [16件] となる, と二晩泊り, と千葉方面, と日, と経つ, になる, にわたる地震, の三日三晩, の反乱, の夜二人, の新聞, はパン屋キオスク, は二日, は逗留, もう佳かろ, 来なかったばかり

▼ 五歳位~ (19, 0.0%)

1 [19件] からの男女, だろうか, でこの, でせう, にし, になります, になる, にも見える, に至る, に見受けまする, の女の子, の少女, の少年少女, の差, の惨め, の時, の男, の男の子, の違ひでさ

▼ 五町歩~ (19, 0.0%)

2 の林檎園, 乃至十町歩, 行くの

1 [13件] くらいの畑, くらい新しく, そう致しまする, それに四百坪, といふ耕作, ならどこ, につき四千五百圓也, にふやし, の土地, の水田, の百石, ばかりまだ, を無償

▼ 五カペイキ~ (18, 0.0%)

32 か二十カペイキ

1 [13件] お買いなさい, ぐらいしかしなかった, で, でトマト, で手, と金, なら六つ, にあたる, にし, のコップ, の向日葵, やって, や二十カペイキ

▼ 五丁町~ (18, 0.0%)

3 の賑 2 は薄暗く

1 [13件] が活気づい, だけへは挨拶, で御, と諸, と諸声, には御所桜, のこうした, の中央, の隅, は暗く, は闇, へお越し, を

▼ 五八年~ (18, 0.0%)

2 のこと

1 [16件] から三百九年間, その徒黨, にはわずか, にはアルバート親王, には聖クロティルド教会, に至る, に英国, の一月末, の五月, の夏, の太沽砲台攻撃, は一対三一, は不作, より六二年, より同, を攻囲

▼ 五六十枚~ (18, 0.0%)

2 にはならう, の小判

1 [14件] ですね, でまとめること, になった, のもの, の灰だらけ, の美濃紙, ほどの原稿紙, ほど四人, ほど手ずから, もあった, もかかね, 掴んで, 攫んで, 書くもの

▼ 五十フィート~ (18, 0.0%)

3 の距離 2 の高

1 [13件] あると, か七十フィート, である, と記載, の所, の櫓, の空間, ばかり入った, も行った, も離れ, も高く, 或る, 深さ八フィート

▼ 五十七番地~ (18, 0.0%)

6 より廣島市猿樂町鈴木三重吉 3 より廣島市江波村 2 より本郷區彌生町三番地小林, より本郷區臺町福榮館鈴木三重吉 1 なる私宅, に寓居, に移った, より山口縣玖珂郡由宇村三國屋鈴木三重吉, より本郷區臺町二十七番地鳳明館中川芳太郎

▼ 五十余名~ (18, 0.0%)

2 の警官隊

1 [16件] が会合, が戦死, であった, と一所, の一行, の乗客, の人夫, の名前がち, の多き, の大衆, の女子たち, の水夫, の浪人, もその, をにわかに, を集め

▼ 五太夫~ (18, 0.0%)

1 [18件] が寛文十一年, が廊下, である, であれそんな, とお座なり, のため, の二人, の宅, の家, の態度, の槍, は人々, は伊集院平が, は相手, は筆, は門, もう一人, も島原

▼ 五~ (18, 0.0%)

1 [18件] あげたが, か七尾, ずつ釣った, で弐銭, で百円, の一団, の獲物, の魚, の鮒, ばかし掛る, ほどあげる, ほど釣りあげた, まとめて, もある, も六尾, も釣れません, 提げて, 釣ったの

▼ 五年振り~ (18, 0.0%)

3 に見る

1 [15件] でそこ, で東京, で第, で逢った, に, にお, にきみ, にしかも, にて再び, に上京, に会う, に私, のお, の誉, やな

▼ 五日うち~ (18, 0.0%)

1 [18件] に, にあたし, にお目にかかります, にちょっと, にでも, にと云う, にはご用先, には立たなく, にまた, にランハン, に京, に必ず, に新しい, に聞き, に行っ, に返事, 出そうかと, 待つ身

▼ 五時半頃~ (18, 0.0%)

1 [18件] から以後, だったと, だつたらう, である, でした, でしょう, で牧野さん, にのめ, にはじめられ, に初江, に君ら四人, に帰る, に薬, は七分の入り, まで晝寢, 出て, 起きましたから, 迄裸

▼ 五百匁~ (18, 0.0%)

2 のもの

1 [16件] あまりになる, から一貫匁, が歯力, が足りなくなる, くらいのもの, ぐらいの体, ぐらいまでのもの, しか扛げ, だから, というところ, のところ, の魚肉, はあるであろう, ばかり減っ, ほどの包み, より大きい

▼ 五~ (18, 0.0%)

6 六の 2 六, 十六に 1 二の, 二十一語に, 二回世界周遊吟, 二第, 五は, 八第, 六第, 六肋骨間を

▼ 五~ (17, 0.0%)

2 そこい, 十六の, 御ようじん

1 [11件] そこらの, その骨肉ども, もんな, 二・二六事件の, 六で, 六を, 六十の, 十六で, 四方田政孝などが, 蜂屋頼隆は, 頼隆は

▼ 五クヲタア~ (17, 0.0%)

3 の価値

1 [14件] から二十五クヲタア, が地代, すなわち, だけ増加, と一五四・六クヲタア, と一六三・七クヲタア, ないし二十クヲタア, に当り, に騰貴, の報酬, の小麦, の減少, は二五磅, をまたは

▼ 五六十銭~ (17, 0.0%)

1 [17件] ある, あるばかり, から一円七, から七八円, から九十銭程度, が勢一杯, ぐらいであった, でやる, の小説, の損, はする, は遣すだろう, ほどの銅貨, やっとだ, より上玉一円どまり, を普通, 多い時

▼ 五六千~ (17, 0.0%)

1 [17件] いるん, から乃至, が利根川, しかなかっ, であろうとは, になっ, にものぼる, のこれ, の一陣営, の僧侶, の僧侶中それ, の天幕, の学生, の町, はかぞえられる, もある, を算

▼ 五六種~ (17, 0.0%)

1 [17件] あった, ある, あるが, のパン, の唱歌, の小袋, の愚劣, の書名, の色, の薬, の薬剤, の薬品, も取, を発行, 出したが, 持って, 送つて

▼ 五分以上~ (17, 0.0%)

2 のもの, の間隔, も息

1 [11件] かかります, かかる奴, くらいの程度, であったから, の話, はあられます, もただしい, も化石, も口, 外れる様, 早く演技

▼ 五分心~ (17, 0.0%)

8 の洋燈 3 のランプ 2 の吊 1 の火, の石油ラムプ, の関係, の頭

▼ 五十余人~ (17, 0.0%)

1 [17件] からのもの, からの百姓, が東北, すくない, その主, でこれ, となっ, の一行, の参詣者, の同, の百姓一揆, の首, をつれ, を太田, を斬った, を監獄, を語らっ

▼ 五十四五~ (17, 0.0%)

3 の男

1 [14件] でせう, でもあらう, でもあろう, でブリアン型, と僕, になっ, に見えた, に見える, の女, の正直そう, の男性, の肥り, の親仁, の頭

▼ 五十年来~ (17, 0.0%)

2 の習慣

1 [15件] この単調, この寺, であった由, という大雨, のみ続け, の不作, の剣, の友人, の名所, の知り合い, の親友, 何一つ殖えた, 依然として小使, 依然として忠実, 打ち続いた合戦

▼ 五十日間~ (17, 0.0%)

2 の手錠

1 [15件] あまねく貧民, ときまっ, に彼, に竣工, の, の予定, の休戦, の心術, の鳴物停止, はすべて, は学校, は阿, を夫, を足ずり, 通して

▼ 五十過ぎ~ (17, 0.0%)

2 の平常

1 [15件] ぐらいの紳士, に見える, の中老人, の乳母, の人みたい, の人物, の大きい, の婦人, の年寄, の日本人, の有徳人, の男, の薄汚い, の親爺さん, の越前屋周左衞門

▼ 五千尺~ (17, 0.0%)

3 の高 2 の帳場

1 [12件] になる, に着く, に近く, の家, の巓, の烏帽子岳, の玄関, の雲, へ帰ろう, もガラン, も高い, を出発

▼ 五厘銅貨~ (17, 0.0%)

2 が廿枚, でやつ

1 [13件] がある, がほしい, が六銭, である多分, でなでしこ, で納めた, など諸君, をとるとらない, を一枚, を並べた, を握, を歓迎, を豆腐

▼ 五~ (17, 0.0%)

1 [17件] があつ, がある, である, で其中, で是, に, に韓凹巷, の引, の長篇, は茶山, を敷衍, を賦, を載せた, 一七古, 一篇が, 一首を, 一首七古

▼ 五年八月十五日~ (17, 0.0%)

1 [17件] からこん, からのち, から今日, から後, から植民地在住, から次, がくる, が来, が来た, という日, にわれわれ, の夜, の日暮れ, は出版界, までにわたし, まで一切, まで日本

▼ 五~ (17, 0.0%)

2 の神楽

1 [15件] が挙げ, であるに対し, とか十二神楽, に, に神楽師, のお, の中, の座, の当時, の狐, の神楽師, の衣裳, の面, の馬鹿囃子, を踊っ

▼ 五日め~ (17, 0.0%)

2 の朝

1 [15件] にあたっ, になりました, になる, には腹ぐあいが, にやっと, に狸, に自首, のこと, のひるまえ, の午後, の昼すぎ, の晩, の貧, はもう, もなん

▼ 五時近く~ (17, 0.0%)

1 [17件] から, から牛乳, であった, であった上, でいっぱい, で寒い, なって, なっても, なつて, になつ, にねる, まったが, まで, までだった, 打ち止めて, 終って, 終り日劇

▼ 五~ (17, 0.0%)

1 [17件] について思い起こす, には組み合わず, に愛着, のため, の事, の克服, の外, の情, の樹, の歓楽, の煩悩, を克服, を忘れ, を恣, を放たれ, 尚ほ, 無漏の

▼ 五百万人~ (17, 0.0%)

1 [17件] から三千万人, が一千万人, が負傷, ぐらいはいる, ぐらいは死ぬ, なり, に上つて, に対する食物, の中, の人口, の失業者, の子供, の狂人, の食物, の餓死, はお, もの者

▼ 五百余人~ (17, 0.0%)

2 の剣士

1 [15件] あり春秋, かかったところ, が捕えられた, だ, で同国高取, とかぞえられ, に上った, のあぶれ者, の堂衆, の姿, の生命, の男女, の部将, をひきつれ, を陸奥国伊治城

▼ 五百圓~ (17, 0.0%)

2 と云, の宅地, の金

1 [11件] であつ, なりし品, の支出, は一時, は入りませう, も渠, も貰つて, を時價, を無言, を贈らる, 貸しては

▼ 五カ年~ (16, 0.0%)

1 [16件] かかって, が過ぎ, で一応, とか七カ年, にわたって随分, のあいだ, の内約, の増刑, の小学校生活, の懲役, の星霜, の統計, の間, 営々と, 続けて, 計劃

▼ 五六百人~ (16, 0.0%)

1 [16件] からの人足, から千人近く, ぐらい這入る, とかぞえられた, にとどまり, に過ぎぬ, に達した, の兵, の同勢, の士卒, ばかりと船二十余艘, までの男の子, も群, を宦官, を数える, 程はひ

▼ 五六遍~ (16, 0.0%)

1 [16件] から二十二三遍位, すると, そんなこと, だけ私, で飛び出しました, まはっ, もそわそわ, も嚊煙草, も歩く, も跳ねる, も追い返された, 曲ると, 繰リ, 繰返してから, 見たつて, 見て

▼ 五分刈り~ (16, 0.0%)

4 にし 3 にした 1 あたま, がそのまま, がまことに, で精悍, にする, に刈らせ, に刈りこんだ, の旦那, の濃い

▼ 五分後~ (16, 0.0%)

1 [16件] とす, に, にはまた, にはわが, には人通り, には大体終了, には彼, には旅団, にアリシア区, にミルト広場, に又, に女房, に家, に月, に木沢氏, に胃

▼ 五分過ぎ~ (16, 0.0%)

2 だぜ, であった, にお 1 から始められる, だった, である, と仰, におそい, には十五マイル, に直した, に私, に電話, まではぜったいに

▼ 五千万~ (16, 0.0%)

2 の金

1 [14件] で売りつける, という金, に増加, のイケニエ, の人民, の代金引き換え, の信徒, の動き, の大金, の札束, の見物, はまだ, を投じ, を有する

▼ 五~ (16, 0.0%)

1 [16件] から始まる, だが, つづきの, でそれ, で和泉屋, に分る, の一, の世話狂言, の二, の喜劇, の悲劇, の脚本, はザラ, より十五年後, を上演, を通じて登場

▼ 五年以来~ (16, 0.0%)

2 いつも親和力

1 [14件] あの奥方, しきりに白, だからな, とどこ, の交際, の人出, の其の, の割合, の新, の知己, は, 大いに減少, 我が日本人, 探して

▼ 五年十月~ (16, 0.0%)

2 の生まれ

1 [14件] であった, という日本, にディーニュ, に大目附宗門改, に帰朝, に彼, に発せられた, に解放, の中旬, の初め, の条, の東京日, の番附, までの十三年間

▼ 五~ (16, 0.0%)

3 の駕籠 2 の鉄砲, の駕 1 ずつつまり, のピストル, の全部弾薬, ばかりある, ほど奪い取られた, を加え, 揃って, 燃えさかる篝火, 買いとって

▼ 五日十日~ (16, 0.0%)

2 と日

1 [14件] あるいは半月以上, とすぎ, とその後無事, とたち, とたつ, となっ, となる, と延び延び, と滞在, と経っ, と経つ, と過ぎました, また半月, を過ぎ

▼ 五~ (16, 0.0%)

2 の作戦, の大軍

1 [12件] としては, とはいかなる, にはご, にわかれ, に進ん, の兵, の総, の骨董屋, はツイ五六歩手前, は平次仕込み, まできた, より蜀

▼ 五ぐらいの~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことを, ときよく, 塩分を, 女学生三人組と, 姐さんと, 娘さんが, 娘さんを, 婦人社員が, 少し肥えた, 少年を, 幼さ, 時で, 腕白盛りで, 若い男, 音しか

▼ 五である~ (15, 0.0%)

2 が頭

1 [13件] から結婚, がフランス, が姉, が穂高山, ことが, ということ, といふこと, とすれ, と思う, などといふ命題, にも拘らず, のは, 場合には

▼ 五スー~ (15, 0.0%)

1 [15件] するパン, だよ, であった, です, でずいぶん, でわたし, にし, にした, に売り, の南京紙, の赤い, の銀貨, の額, を借りました, 渡した

▼ 五六メートル~ (15, 0.0%)

2 もある

1 [13件] から先, しかへだたっ, のところ, の上, の海中, の空間, はいすすみました, ばかりの処, へだたったところ, むこうの, も離れた, も高い, 高い屋上

▼ 五六騎~ (15, 0.0%)

2 いそぐ野分, の武者

1 [11件] がどこ, と共にそっと, のうち, の供, の将, はまた, ばかり不意, ほどお, を切っ, 通った, 集まって

▼ 五分の後~ (15, 0.0%)

1 [15件] おそるべき第, その沈澱素, だった, であらう, にははげしい, にはまた, にはみんな, には君, には最高点二千二米, には蟻, にもわたし, に始まるであろう, に法水一行, に遂に, は一切

▼ 五十二年~ (15, 0.0%)

2 なん, の夏, 程前 1 から第, である, における生活ぶり, にわたる呉, に米國, の冬十二月十二日, の後, の末, の鰥寡孤独さ

▼ 五十余り~ (15, 0.0%)

3 の男 2 と見ゆる 1 とおぼしく, とも見える, と覚しき, の大柄, の婆さん, の未亡人, の清ら, の老, の背, の闇商人

▼ 五十六十~ (15, 0.0%)

2 になる

1 [13件] という長上, ともなれ, にし, になっ, に及ん, のお婆さん, の年, の相当年輩, の老人, の老婆, の諸, は大, まではまだ

▼ 五十四郡~ (15, 0.0%)

1 [15件] が五郡四郡, にたっ, のうち, の主, の仙台, の伊達家, の太守, の存亡, の山, の心, の秋, の秋風, も安泰, をのん, をわが

▼ 五十部~ (15, 0.0%)

1 [15件] か二百部, か百部, しかない, だけ出来る, で宣, と賣れませんでした, の多き, ばかり限定出版, へ来た, ほど売つた, ほど残つて, を刷つて知友, 乃至二百五十部, 乃至百部, 仕上げて

▼ 五十頭~ (15, 0.0%)

2 ばかり居る

1 [13件] からいる, のヤク, の大, の怪物, の牝牛, の群, の馬, の馬匹, は追, もいるであろう, もの馬匹, も殺された, を東大寺

▼ 五~ (15, 0.0%)

2 に示す, 及び第

1 [11件] から眼, において, のあの, のよう, の右, の場合, の左, はナイル河, は以上, をご, を課長

▼ 五尺五寸~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるの, ぐらいある, ぐらいの優さ男, ぐらいもあっ, だ, というところ, とは何, にちかい, に足るまい, の人間, の女, の身長, の高山, はお, は充分

▼ 五年ごと~ (15, 0.0%)

5 に倍加 3 に人口 2 に現在, の人口増加 1 に, にその, には受取り得よう

▼ 五~ (15, 0.0%)

2 しますだ

1 [13件] しか持っ, しか持合わせ, じゃ合わねえ, でげす, で取引, というふう, のほか, は何, も呉れる, を仕, 取出して, 払わなければ, 送ったので

▼ 五時過ぎ~ (15, 0.0%)

2 だつた

1 [13件] ぐらいではなかっ, だつたが, である, でしたろう, になっ, になりまし, になツ, には起き, までは仕事, まで私, 到頭大, 起きて, 遅々たる春

▼ 五百余騎~ (15, 0.0%)

1 [15件] そろえて, で行き, になりまし, の先鋒, の奇襲部隊, の敵, は初陣, は前, をさずけ, をひ, をひきい, をもって対峙, をもって関門, を追いかけ, を鳥雲

▼ 五百坪~ (15, 0.0%)

2 ほどの空き地, ほどの空地

1 [11件] ある, ぐらいの中庭, ぐらいもある, ですか, の地内, の普請, はない, ばかりの地所, ばかりの細長い, ばかり梅林, もある

▼ 五百萬圓~ (15, 0.0%)

2 のもの

1 [13件] からの價, だけが六十億圓, にも當, の償金, の國債, の外債募集, の蓄財, の金, は今日, を以て賣, を出し, を貸, 掛けると

▼ 五~ (15, 0.0%)

1 [15件] からおしまい, だけ殖やし, でもまだ, という生意気, にある, に出した, に出る, の新体詩, の終り, の速度, まで, まで明白, をえらべる, 増すくらいの, 速くなったら

▼ 五~ (15, 0.0%)

1 [15件] かな, かなと考えた, だ, だが, だの六級, で順次, とかいう記載, にいっ, になる, に相当, に進み, に進む, の先生, の大, の生徒

▼ 五色揚~ (15, 0.0%)

2 を店, を揚げ, を肴 1 の営業, をし, を呉れ, を四五十, を売っ, を売りました, を経木, を誰, 売るすがた

▼ 五衛門~ (15, 0.0%)

2 であった

1 [13件] といひし, の, の方, はその, はそれ, はひっ外した, はまた, は嬉し, は少し, は持っ, は行燈, も走った, 見たいだから

▼ 五~ (15, 0.0%)

1 [15件] が背負っ, というごく, という男, と桜場, どうだ, にむかい, に飛びかかっ, の前, の手, の袂, の顔, ははッ, は色白, は血相, をお

▼ 五です~ (14, 0.0%)

2 が此年, ね, よ 1 か, からお, から前, がね, が子供, が容貌, つて, のだ

▼ 五ヵ国~ (14, 0.0%)

2 の譲渡

1 [12件] と締結, の兵, の国衙, の地理, の移譲, をもらいたい, をもらう, をやる, を割い, を割譲, を献じ, を譲渡

▼ 五人七人~ (14, 0.0%)

1 [14件] いさましくも, いやそんな, おなじよう, かかろうとも, かたまって, とかたまっ, と屯, の人数, の小さな, の感動, の漁師, はあろう, はつい, を対手

▼ 五人力~ (14, 0.0%)

3 の力

1 [11件] あると, あるの, あろうが, ではなかっ, とか身体相応, と称, なん, の拳骨, の犠牲, も有る, 有って

▼ 五六百~ (14, 0.0%)

2 の兵, の小勢 1 しかない, ないし七, にも達するであろう, の人, の喊声, はあるでしょう, もある, も獲つたさうだ, 少弐頼, 焼けたって

▼ 五六艘~ (14, 0.0%)

2 の船

1 [12件] あり野郎共, ずつは毎年製造, に乗せ, のカヌー, の和船, の小舟, の鵜飼舟, はあつ, も登り候う, を聯, 着いて, 繋がれて

▼ 五分の四~ (14, 0.0%)

2 迄は確か

1 [12件] くらいまで書く, だけ引き出す, だけ空しく, で八十点, となるであろう, の中, は依然, は確か, ほど水, まで食い, を兄さん, を占め

▼ 五分の魂~ (14, 0.0%)

2 で人, やない 1 いうこと, がある, があれ, じゃない, ってね, でマヤース, と云う, なかなか承知, を風, 其の幅八寸五分

▼ 五分許~ (14, 0.0%)

3 りに 2 り休憩 1 の林檎様, りの, りも, り上, り下ると, り休んでから, り經つて, 坐つて, 進んだ所

▼ 五十カペイキ~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] から六, しか受けとっ, だよ, でうつす, でそれ, と云っ, の銀貨, もする, わたした, 出しかけたが, 出した, 出せと

▼ 五十二番地~ (14, 0.0%)

3 の家, の破屋 21 だと, という二重番地, と呼ん, のキャンベル氏, の建物, へ帰っ

▼ 五十五年~ (14, 0.0%)

2 の生涯

1 [12件] であると, にヨーロッパ, に派遣, に當, のリスボン地震, の刊行, の夢, の悔, の昔, の道, の非, も居

▼ 五十匁~ (14, 0.0%)

1 [14件] から百匁近く, くらいまでのもの, ぐらいはあるだろう, だね, でまことに, なり六十匁, になつ, の大, の川鮎, の用, ばかり分け, 替, 替国分, 買う

▼ 五十回~ (14, 0.0%)

1 [14件] あつた, で七十五万法, とかある, となる, などという, になった, の割, の地震, は続いたらう, も例, も立, も繰り返される, を決行, を終る

▼ 五十年以上~ (14, 0.0%)

3 の歳月

1 [11件] になった, の歴史, の生涯, の老木, もこの, ももつ, も後, も生き, を経過, 経つた材木, 逢わなかった様子

▼ 五十幾つ~ (14, 0.0%)

2 の胸

1 [12件] かになっ, かに見える, かの休火山, かの老年, から踊, でせう, と書い, の侍女, の提灯, の老, の老婆, の花輪

▼ 五十格好~ (14, 0.0%)

2 の婦人

1 [12件] に見えた, のあぶらぎった, のお, のじいさん, のやや, の中老漢, の人, の婆, の男, の親爺, の鬚男, の鳥打帽

▼ 五十近く~ (14, 0.0%)

3 になっ 2 なると 1 でなりふり, で母性的, なった時, なって, なつて, になつて, の半白爺, の旧い, の高貴

▼ 五号機~ (14, 0.0%)

5 の方 2 の姿 1 にはアムンセン, に続い, の中, は無事, へ引移つて, までたどりつき, を探しました

▼ 五四年~ (14, 0.0%)

1 [14件] から始められ, から物理学, という建国, に, にメルボルン行, に公, に最高会議, に生れ, に発行, に認可, の七箇年間, の八, の十一月, の十年前

▼ 五大力~ (14, 0.0%)

4 の上 2 である, の大船, を見送り 1 だ, ということ, の舷, の苫

▼ 五~ (14, 0.0%)

2 を喚

1 [12件] あわせて, が十一二, である, であると, で典侍, と来, のその, の家, の工芸, は十三, を娶っ, 合して

▼ 五~ (14, 0.0%)

4 の深 2 のところ 1 から十尋以内, くらいで足りた, くらい馬鹿糸, ないし四十尋, なら裸潜水, の浅海, ほどの岩, 入って

▼ 五年二月~ (14, 0.0%)

1 [14件] から同年九月, との二度, には婦人参政建議案, には王立協会, に浜田, に貰った, に越中, の, の半ば, の演奏会, までに前後五囘, まで正味二年足らず, より明治十年十月, 其の第

▼ 五年八月~ (14, 0.0%)

2 からのち

1 [12件] からあと, から今日, が来, になっ, には鎌倉, に七十八歳, のあと, のなかば, の或, までつづいた, まで進歩的, 遂に英国侵入

▼ 五年計画~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] でこの, ではじめ, で力, で電力, と関係, についてのボリシォーイ・テアトル, に対するアジ, のため, の完全, は何で, を中心, を四年

▼ 五度以上~ (14, 0.0%)

2 に昇る, の角度 1 にも峻嶮, に気温, の可決, の急斜面, の斜, も喰い違っ, も横, も違う, も離れ, 同じ物

▼ 五日分~ (14, 0.0%)

2 しかない, の食物 1 だけは行った, だけ取り返し, にも勝る, のアガリ六百九十円, の八合, の弁当, の新聞, の金利, まとめて, 繰り返しそれ

▼ 五日月~ (14, 0.0%)

4 の照る 3 はもう 1 がかかっ, が落ち, が落ちた, なり, に青柳, の淡い, ほどの凄い

▼ 五~ (14, 0.0%)

2 の砲弾, の銃声 1 ありますから, あるわ, うったぞ, の中, の大砲, の弾丸, の弾薬, はたしかに, ほど打ち出し, 射って

▼ 五百余~ (14, 0.0%)

2 の兵, の手兵 1 あった, に過ぎなかった, の兵馬, の敵, の方々, の生命, の眸, をつれ, をもっ, を城内

▼ 五~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] がチヤンチヤラ, でありますが, といふやう, といふ樣, とは申しませぬ, の爲め, の素讀, の角々しき, の訓詁, の講釋, を釋, 即ち書經

▼ 五階建~ (14, 0.0%)

2 かの大, の 1 が稍斜め, でした, という大, に制限, のちょうど, のアパート, のチョコレート色, の建物, の窓窓, の重苦しい

▼ 五であった~ (13, 0.0%)

1 [13件] かも知れぬ, から不, がそう, が世の中, が旅館, そうです, という, と思う, と記録, に違い, のを, 事を, 弟が

▼ 五との~ (13, 0.0%)

52 あいだに 1 交渉や, 情事を, 歌に, 関係が, 関係は, 関係を

▼ 五~ (13, 0.0%)

5 の二十五 2 の二十五文 1 だけ多く, である, にブラッチ夫人, に仏毘舎離, の二五, の調子

▼ 五人づれ~ (13, 0.0%)

2 の若

1 [11件] で喋っ, の万歳, の侍, の侍たち, の大, の大学生, の奇異, の客, の旅客, の遅い, の郷武者たち

▼ 五人六人~ (13, 0.0%)

2 となる, と若い, の患者 1 が党, ことごとくの, で情婦, と居りまし, と武蔵, または七人八人, もで追い廻し

▼ 五人手~ (13, 0.0%)

4 に手, をあげました 2 を引つれ 1 もなくつかまる, をつない, を擧げ

▼ 五六丈~ (13, 0.0%)

4 の瀑 2 もある 1 くらいの滝, の上, の峡谷, の幹, の高, もあろう, も高い

▼ 五六分間~ (13, 0.0%)

1 [13件] しなければ, じっとし, であったが, である, という約束, の下稽古, の印象, は十分, も掛かったであろう, も漕がれ, 待った, 繰返しながら, 話して

▼ 五六台~ (13, 0.0%)

1 [13件] の一輪車, の人車, の屋根, の橇, はそのまま, は止まっ, ほど並ん, もたまっ, も遣過ごし, 並べて, 並んだいちばん前, 続いて, 走り込んで

▼ 五六年間~ (13, 0.0%)

1 [13件] いなくなった, における彼, には相当, に同じ, に発表, の封鎖, の平均, の暗い, の病人, の舞台生活, の飛鳥, も持ち, を宗房

▼ 五六日頃~ (13, 0.0%)

1 [13件] から正月, じゃあなかっ, でしたろう, では, どすけれど, にかけての奈良, になっ, には引拂, に之, に端書, の事, までは待てる, までは頭

▼ 五十ルーブリ~ (13, 0.0%)

2 から五百ルーブリ

1 [11件] かかります, だそう, である, とる労働者, なんて賭, にしときましょう, の余, はおい, もする, 貸して, 賭けたら沢山

▼ 五十丁撃~ (13, 0.0%)

3 の大筒 2 に成功 1 が間違い, の事, の力, の大業成就, の強, の猛烈, の術, は楽々

▼ 五十五万石~ (13, 0.0%)

2 の城下, の御 1 が救われ, に疵付ける, のお, の中, の勝手元, の大目付, の浮き沈み, の絶体絶命, を物の数

▼ 五十吉~ (13, 0.0%)

1 [13件] が風呂敷包み, といい, と異名, のあと, の姿, の子, はいや, はずいぶん, は声, は寄席, は座, は翌日, を何と

▼ 五十女~ (13, 0.0%)

2 の情慾

1 [11件] あった第, が急, が恩, が描き出され, でした, のお, の情炎, の担ぎ屋, の持っ, の自白, は何

▼ 五十尺~ (13, 0.0%)

3 もある 1 その厚, にも及び, に及んだ, に近い, の太い, の櫓, の高, の高い, ほども降りた, 長く低い竈

▼ 五十畳~ (13, 0.0%)

2 の広間

1 [11件] あるいはそれ以上, だけに床, のぜいたく, の広, ばかりのガラン, ばかりの広間, ほどの座敷, もある, も敷ける, 広い部屋, 敷きほどの

▼ 五十貫~ (13, 0.0%)

3 もある 1 あって, か六十貫そこそこ, ぐらいに見える, だ, ということ, の火薬箱, はあります, をつかわす, 売りました, 近いもの

▼ 五十軒~ (13, 0.0%)

2 によき, の茶屋 1 で喧嘩, に過ぎ, の意味, の武蔵屋, ばかりの人家, ばかりの村, をこえ, を算す, 並んで

▼ 五十隻~ (13, 0.0%)

2 の大

1 [11件] なり, の商船隊, の破壊, の艨艟, の軍艦, の駆逐艦, は留め, もの商船隊, を引っ張っ, ノ駆逐艦, 残って

▼ 五尺そこそこ~ (13, 0.0%)

4 の小男 1 しかなく, だが, だろうか, のずんぐり, のクリクリ, のチンチクリン, の短躯, の矮躯, の身体

▼ 五尺位~ (13, 0.0%)

2 の簡単

1 [11件] ありました, でも構いません, で一対, で余程, な切れ, に屋根, の岩, の建物, の窯, の菰, を隔て

▼ 五~ (13, 0.0%)

1 [13件] が成立つ, と爲, の前, の思想, の玉女十真, の祠, の總主, は泰一, は猶, も徳, を作り, を兼ね, を總

▼ 五年以後~ (13, 0.0%)

2 の大隈伯

1 [11件] にこれら, に生まれた, のこと, の五箇年間, の作品, の十カ年, の新鋭船, の日本, の民主的文学運動, の英文学, 折角引

▼ 五年六月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から二十六年三月号, には, にはフランス, にパリ, に京都, に創刊, に漸く, のこと, の何日, の作, の初め, の十七日, の梅雨季

▼ 五年四月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から始まる, であっただろう, には, に中央公論, に出生, に比べる, の, の条, の頃, まで, 及び五月, 同博士, 解くすべ

▼ 五~ (13, 0.0%)

5 です 1 から時, に五つ了, に急ぎ, に旗, の五竜, の男神, の石碑, の神名

▼ 五日内~ (13, 0.0%)

2 には前借り

1 [11件] です, なの, には大抵, にまた, に必ず, に来, に来る, に海外, に用事, に篤と, のニウス

▼ 五~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぐらいのアメリカ, でもいい, ながらヴェートウヴェン, によつて所用, に分れ, に終る, の人間, の大家, の洋画家, の親族, はそれぞれ家元制度, もある, を通じて第

▼ 五~ (13, 0.0%)

4 悪世 2 の世, の悪 1 の人間界, をそ, 五悪の, 増の, 悪時

▼ 五百ら~ (13, 0.0%)

1 [13件] が交った, が夕方, の一行, の乗った, の座敷, はわざと, は上山, は土手町, は少し, は少しく, は百方調停, は覚えず, は路用

▼ 五百年間~ (13, 0.0%)

1 [13件] というもの, にだってそんなに, に亘っ, に儒教, に複雑, の人間, の歴史, の眠り, の衆生, は支那, 押し付けられ小さく, 続いただけ, 送つて來

▼ 五銭玉~ (13, 0.0%)

1 [13件] がひとつ, が二つ, なんか欲, のついた, をあげる, をしつかり握, をそえ, を一つ, を出した, を千人針, を呉れ, を握っ, を握つ

▼ 五間先~ (13, 0.0%)

1 [13件] きから, にゐた, にバクダン, に道, の処, の地上, の砂利置場, の闇, へ出でぬ, へ斬りまくし, まで揺れた, を歩い, を荷車

▼ 五〇分の一~ (12, 0.0%)

2 にすぎない 1 だけが引きちぎられ, であると, という田舎, となるであろう, と仮定, と考え, に等しい, を酌量, 中項三八分の一, 及び五五分の一

▼ 五か月~ (12, 0.0%)

1 [12件] たって, たってから, たつまでは, というもの, にし, のうち, の恐ろしい, の長い, もの長, もの長い, も共に, 近い従軍

▼ 五たび~ (12, 0.0%)

1 [12件] か六, か六たび, だ, としつこく, は来る, も六たび, も変った, も引出しました, も遊び, 両妓, 吹きました, 来たらん

▼ 五にしか~ (12, 0.0%)

2 見えなかった 1 ならない, ならないのに, ならんのに, なりませねば, なりませんが, 見えずいずれ, 見えない, 見えないよう, 見えぬ検校, 見えません

▼ 五ミリ~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいしかない, で, であること, です, という大きい, とかで, などまたは, になりました, に突き出し, の所, の機銃弾, ばかりの大きな

▼ 五七五調~ (12, 0.0%)

2 に吟じ得べき, に次ぎ 1 であって, である, に立, のほか, の俳句, の外, は肉体化, やかな等

▼ 五万年~ (12, 0.0%)

1 [12件] かかって, ぐらい前, しかたっ, の後, の昔, は愚か, は早い, まえの, もさき, も前, も昔, を経過

▼ 五~ (12, 0.0%)

2 または五三 1 だけ少く, である, という数字, となる, ないし七五, に, のうち二〇〇, の出生, の間, 無宗教者

▼ 五五〇〇磅~ (12, 0.0%)

1 [12件] から四, であろう, で売るであろう, で売れるであろう, に, になるであろう, に上る, に値しないであろう, に対する利潤, の比例, を得なけれ, を有する

▼ 五~ (12, 0.0%)

2 の金 1 と計上, に相当, のうち, の予算, の優秀, の蒼生, を上廻つた, を喜ん, を眩, を越した

▼ 五六十円~ (12, 0.0%)

1 [12件] しかしこの, でこの, にもなつて, の人たち, の生活, はかかる, はなく, までぐらいの社員達, よりやっ, を一ヵ月, 払わねば, 若くは

▼ 五六十年前~ (12, 0.0%)

1 [12件] にありし, にも能登, に一日平均四十五銭, に始まった, に沢山, のこと, の徳川, の窮屈千万, までは原始林, までは神官, まで行われ, 早くも

▼ 五六十本~ (12, 0.0%)

3 のタケノコ 2 も出来る 1 の低い, の大小, の焼, の薪, ばかりの針, も鑑定, 積みましたが

▼ 五六百年~ (12, 0.0%)

2 の物 1 たつてからの, の後, の星霜, の歴史, の深山生活, の間, も以前, も経た, も間違つて, 乃至千年以上

▼ 五分の~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, で引っ, にのりました, には間に合う, に見られず, ほんのちょっとした短時間, ほんの可愛い, もあれ, 光りも, 寂しさ, 寛ぎさえ, 打消しが

▼ 五分の間~ (12, 0.0%)

2 に夫 1 があった, があつ, にそう, にもう一度, に五歳, に地, に裏口, に解けた, の面会所, を毎日

▼ 五十ドル~ (12, 0.0%)

1 [12件] から七十五ドル, か百ドル, くらいだ, くれれば, ずつ余計, なら大, の切手, の米貨, の高値, も取っ, をあんた, を集め

▼ 五十・五十二番地~ (12, 0.0%)

3 の家, の破屋 21 という二重番地, と呼ん, の建物, へ帰っ

▼ 五十一年~ (12, 0.0%)

1 [12件] から七百九十一二年, に當, に當つて, のこと, の七月二十七日, の六月三十日, の初, の後, の歳月, の生涯, の記事, の間

▼ 五十仙~ (12, 0.0%)

2 か八十仙, にもなる, 取れる二十歳 1 とか八十仙, とか八十仙くら, の昼食, を出し, を貰, 下さいましたつけ

▼ 五十八分~ (12, 0.0%)

1 [12件] かなんて奴, であった, でおかえり, です, というの, における変化, になっ, に入っ, に起った, に起つた, までは大丈夫, 第七日

▼ 五十円位~ (12, 0.0%)

2 の金 1 ずつはどうしても, であったが, ですが, とのこと, な賞与, にあたります, の大, の賃金, はあった, もぽん

▼ 五十哩~ (12, 0.0%)

2 の行程 1 くらいまで近付い, というところ, にある, の速力, は出し, は走らせる, ばかり西方, を七時間, を上りまし, 出せるだけ

▼ 五十年以前~ (12, 0.0%)

1 [12件] からの西洋, です爾, に云, に五, に卒業, に癇癪坊主, のあの, のもの, のニユウ・イングランド, の真理, より西洋, 失って

▼ 五十斤~ (12, 0.0%)

2 となら, の重 1 という鉄, となり, と絹一万疋, の味噌, の小判, の慾心, の滑腔砲, を供え

▼ 五千弗~ (12, 0.0%)

2 の提琴 1 という金, とはすまねえ, の口, の提琴ぢ, の楽器, の賞金, の金, の銀行切手, を女将, 出すぜ

▼ 五奉行~ (12, 0.0%)

2 の一人 1 から誓紙, にたいしてべつに, に旨, に誓紙, の一人増田長盛, の一員, の合議, の文官制, の文官的, の随一

▼ 五尺七寸~ (12, 0.0%)

2 の毛むくじゃら, ほどの痩せ 1 ある, しかも毛むくじゃら, ちかくに, になる, のみごと, の中村地平, はある, 高さ十七尺五寸

▼ 五年一月~ (12, 0.0%)

2 の神田, まで 1 には伊勢, には室堂, には石狩, に執筆, に廃刊, に遷化, のこと, は帝政ロシア

▼ 五年七月~ (12, 0.0%)

2 まで三十一年間黒田家, より昭和九年二月 1 からし, にドレスデン, に代わっ, に友人中村清太郎君, の, のある, の条, の歌舞伎座

▼ 五年六月十八日~ (12, 0.0%)

2 の夜 1 その遺恨, という日付, とは今日, には何, には雨, に彼, に戦った, の払暁, の条, の騒乱

▼ 五日七日~ (12, 0.0%)

2 と過ぎました, の暇 1 つ, と餌, に延長, のあ, の両日, の内, も漾ひつ, 寝ましたなら先立つもの

▼ 五~ (12, 0.0%)

2 あると 1 そしてやはり, だ, とんだ木賃宿, になり, の夜, ばかりも岸本, も人, も六晩, 泊った, 燃えつづけて

▼ 五~ (12, 0.0%)

1 [12件] かの中, だ, で切っ, に出る, の, の時, の狂歌, をわかち, をカット, 迄を演出, 迄無事, 迄終る

▼ 五瀬命~ (12, 0.0%)

1 [12件] が長, という兄, とお, の兄弟分神, の運命, は恐らく, は敵, ももし, やスクナ, や忍熊王, を古い, 或は

▼ 五百ルーブリ~ (12, 0.0%)

1 [12件] から入れ, がある, が相場, ぐらい差上げない, ずつで, だし, で綺麗, なんかありません, の金, もある, も金, 積んで

▼ 五箇月~ (12, 0.0%)

1 [12件] だとか, ちかく経っ, にし, に相成り候え, のこと, の所業, の月日, の禁錮, の間, もしたら, も前, 程經つて私

▼ 五連発~ (12, 0.0%)

1 [12件] か何, だけは充分, であります, で多分, のピストル, の中, の室内銃, の拳銃, の旋条銃, の旧式ピストル, を取出す, を押えた

▼ 五〇%~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけすなわち, だけ下落, だけ低減, だけ増加, だけ引上げざる, だけ騰貴, であろうと, に達する, の補償, をその, をわずか

▼ 五さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] がおどかし, がわたくし, という人, とはちゃんと, にすてられまし, のお, はこの, も私, を仲, を見る, を離しません

▼ 五では~ (11, 0.0%)

2 ないか 1 あるが, ございません, ない第, なく一〇五, なく一対二六, ねえ, まるで字, 満足せず, 糸を

▼ 五~ (11, 0.0%)

3 のだ 2 んです 1 つてゐる, の, のに可笑し, んだ, んだろう, ンです

▼ 五ばかりの~ (11, 0.0%)

1 [11件] お坊さん, ナターシャが, 一人の, 伊太利栗うりにて, 女など, 女の童に, 少女入り来, 少年を, 男が, 石を, 背の

▼ 五までの~ (11, 0.0%)

1 [11件] まる十年間, ものいずれも, 事は, 仕込み時代を, 十年は, 子に, 比さがる, 色男だ, 若いどんな, 間に, 間の

▼ 五より~ (11, 0.0%)

2 以下なる 1 おんもとさまへの, 一〇七まで, 上だった, 二十度二分の一までの, 八の, 北の, 十八まで, 若くは, 高音さまへ

▼ 五セント~ (11, 0.0%)

1 [11件] それで船頭達, だが, だけを考え, であった, で平日, という宣伝, という莫大, の日給, の食費, の鱈, を取り

▼ 五トン~ (11, 0.0%)

2 ぐらいのもの, の爆弾 1 から四十トン, から四十トン程度, か三十トン, という沢山, となる, の捕鯨帆船, の重

▼ 五ニズム~ (11, 0.0%)

2 と云 1 が僕達, による表現法, に季, に就い, の表現, の語源, の語義, は衰微, も今

▼ 五ポンド~ (11, 0.0%)

1 [11件] あったそう, と定めよう, と言われ, ないし四十五ポンド, の罰金, の貨幣, の鑿岩用, も体重, も銀行, を下付せり, を請求

▼ 五ルーブル~ (11, 0.0%)

1 [11件] かないしは, から八ルーブル, じゃ生活, だ, と吹っかけ, どころかじつに, なん, にもなる, の食事, はふんだくられる, よりお

▼ 五ヵ所~ (11, 0.0%)

1 [11件] からきこえた, に属し, に曝し, に配置, の寨, の白旗, の関門, の陣, の陣屋, ばかり途中下車, もの陣

▼ 五ヶ条~ (11, 0.0%)

2 の盟 1 が頭, で大名旗本, とこれ, に函館並び, の最後, の誓文, はいやしくも, ばかりあった, を云つて

▼ 五万分の一~ (11, 0.0%)

6 の地図 2 の地形図 1 が手, の丹波, をひろげ

▼ 五万分一~ (11, 0.0%)

2 の図, の地図, 或は二十万分一 1 との沿線地図, と車窓, に相談, の地形図, 仮製図

▼ 五両一分~ (11, 0.0%)

1 [11件] から十両一分, で御用達, で融通, で貸し, で貸そう, というの, なんという, にし, に十八両, を足し, 入って

▼ 五~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, に, に田村氏, のうち, の三月, の十七日, の張安世, の水天宮様, へ登っ, へ逃げ, より

▼ 五八八~ (11, 0.0%)

5 の自動車 1 が帰っ, であった, の幌, の幌自動車, の車, より足

▼ 五六七~ (11, 0.0%)

1 [11件] さあかずへ, っ, という時期, と書いた, などの数字, によって, によつて, の三日間, の五日間, の女の子, をミロク

▼ 五六七八~ (11, 0.0%)

1 [11件] か眦, と五年, と四つ, になりましょう, の四か月, の四ヶ月, の大輪, の女, の年, はマチネー, もう一遍

▼ 五六尾~ (11, 0.0%)

2 の沙魚 1 の山女, の岩魚, の魚, の鱒, ほど道路, も釣上げれ, を葭, 挙げしのみ, 釣りあげて

▼ 五六年後~ (11, 0.0%)

3 の今日 1 ならいい, になつ, には稚内, には銚子口, に考えなく, のこと, の詩集, まで子供

▼ 五六疋~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるいは数十疋群, いるので, ずつの馬, ならんで, に一人, もやって来, も私, ワイワイと, 居る様子, 湿っぽいは, 湿つぽい

▼ 五六百匁~ (11, 0.0%)

1 [11件] から一貫目前後, から二貫五百匁, から二貫目, から二貫目前後, から尺七八寸, に育った, のもの, の野がん, ほどに育った, もある, 大きいの

▼ 五六貫~ (11, 0.0%)

3 もある 1 から二十一二貫どまり, ずつにまとめられた, ですが, はあつ, は確か, ばかりの大筒, もあらう, もそれ以上

▼ 五六銭~ (11, 0.0%)

1 [11件] しかお金, だせば, であったらしい, で売られ, で買える, で食っ, にしかならない, にも値い, はする, も儲け, を手

▼ 五六間さき~ (11, 0.0%)

1 [11件] には彼女, に一人, に妹, の方, の楢, の質屋, は道路, へ行く, を家鴨, を歩い, を歩く

▼ 五円十円~ (11, 0.0%)

1 [11件] とかせい, とみるみる, とられ今月, と云う, と借り歩いた, と出しあっ, と少し, と見る, と送っ, の口二つ, は飛ん

▼ 五分の汽車~ (11, 0.0%)

2 で帰京 1 すぐ寝台, で帰る, で広島, で来る, で根室線, で逗子, に乗っ, に乗つた, に乗れ

▼ 五分発~ (11, 0.0%)

5 の汽車 2 の列車 1 ですね, にて神戸, になっ, の撫順支線

▼ 五十丁~ (11, 0.0%)

1 [11件] つめ三里高野山, と言います, の先, の地, の潤筆料, の遠方, の間, ばかりも登った, も這入らなけれ, を僧所, 行ったどんづまりの隠し平

▼ 五十六七~ (11, 0.0%)

1 [11件] でしょう, と云, と見受けられた, になっ, にはなっ, にもなろう, の中老人, の男, の粗野, の雇い, もう相

▼ 五十年祭~ (11, 0.0%)

2 を記念 1 でもやろう, なりとて商舗紅燈, にあたる, にて市中雑, には私, の京都, の当日, の時分, を行われた

▼ 五十銭札~ (11, 0.0%)

3 を二枚 2 と一円札, を出し 1 で隠し, を一枚ボーイ, を握らし, を置い

▼ 五千圓~ (11, 0.0%)

2 で買つた馬 1 で賣り込まう, といふ値段, としても五百億圓, として他, とすれ, の鰊糟, もお父さん, もかけ, 出せば

▼ 五千年前~ (11, 0.0%)

1 [11件] から奴隷制, から黄河治水, にはそういった, のすばらしい, のもの, のエジプト時代, のヘリオポリス, のマンモス象, のミイラ, の朽ちし, の王樣

▼ 五~ (11, 0.0%)

1 [11件] から頂戴, が一時, が露八, であった, のお慰み, は休息, は烏帽子直垂, もあご, もまた, を江戸, を送っ

▼ 五尺三寸~ (11, 0.0%)

2 あった 1 あると, あるとか, と云う, にも足らぬ, のもの, の体躯, の娘, は越え, を振り廻す

▼ 五尺五六寸~ (11, 0.0%)

1 [11件] と言う, の中背, の人間, の大男, の普通, の面長, ばかりの蝋, もあっ, もあらう, もある, もあろう

▼ 五年三月~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはその, には其近く, には日光, には陸中, にも同, に当時阿部家, に県道, に部屋, の日記, まででした, より四月

▼ 五年十一月~ (11, 0.0%)

1 [11件] であつ, に, にも電流, に智行僧九人, に浅間山, に行われた, のこと, の条約, までこの, までといふ長期, より三十六年七月

▼ 五年正月~ (11, 0.0%)

1 [11件] からし, にその, には岡崎, に戦場, に父正邦, に綱村, のこと偶, の大, の門松, より四月, 蒙古

▼ 五年級~ (11, 0.0%)

2 で朝 1 から代表, が最後, ぐらい団結, であつ, にお世話, にゃ佳い, にゐる, の人, の始めあたり

▼ 五~ (11, 0.0%)

2 の小さな, の花 1 こぼれて, でそれ, の匂, の小, の白い, の石竹咲白花, の藍色

▼ 五日滞在~ (11, 0.0%)

2 した後 1 した, したこと, したらなるべく, して, し静養, するよ, のうち, の予定, の心算

▼ 五時半ごろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かえったらあなた, かえりますうち, だった, でしたかネ, にまた, に勤めさき, に私, の日, の重い, まで寝た, まで遊ん

▼ 五本目~ (11, 0.0%)

1 [11件] が右, でそれ湯, などは噛みつく, についた, に抜いた, の古い, の大きな, の杉, の綱, の輻, をそして

▼ 五~ (11, 0.0%)

1 [11件] から成る, ぐらいで十分, だった, と隊, に出動, の操縦士, の飛行機, はわが, は八方, もあったろう, を数える

▼ 五百噸~ (11, 0.0%)

2 の重油, や千噸 1 の大艦, の巨体, の巨船, の機関長, の汽船, の船, ばかりの帆船

▼ 五百文~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, でもやる, と同様, なり, の比例, の遺産, の銭, の鏡, は銭五百文, ほどになる, を全部

▼ 五百目~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかる鳥, さ, です, とみなされば, ないし一貫目, のルックサック, の品, の金, も増, より少なく, 長さ五尺二寸

▼ 五箇年~ (11, 0.0%)

3 を一期 2 を平均 1 が経過, です, で今年, のあいだ, の最後, の間

▼ 五~ (11, 0.0%)

2 の椅子 1 ある椅子, ならべて, の低い, の広告ベンチ, ばかしの机, ばかり並ん, ほど並べられ, 並べて, 多少の

▼ 五郎一人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が異端者, だけ佐渡屋, では, なら口先一つ, にはむづかしい事件, に備, に背負, の手, の罪, をつれ, を留守番

▼ 五里半~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある, あると, かれこれ六里, とかいう, の中央, の山, の路, の道, は慥, ばかり行きます, ばかり進む

▼ 五〇〇〇フラン~ (10, 0.0%)

2 だけ増加, を記入 1 の借方残高, は固定資本, を受け入れ, を引出した, を支払い, を要し

▼ 五〇円~ (10, 0.0%)

2 の間 1 ぐらいの人, さえ普通, しか現在, であったから, と, という額, とされた, と制限

▼ 五でも~ (10, 0.0%)

1 あらう, あらうかといふ, あろう, あろうか, なし妻木主計, やれば, よい, 入れないと, 有うか, 遅くは

▼ 五といふ~ (10, 0.0%)

1 人物は, 人物を, 半分泥くさい, 女盛りを, 少女で, 恰幅の, 数が, 無分別者で, 脂の, 血氣盛んな

▼ 五インチ~ (10, 0.0%)

2 である 1 くらいの比較的, ぐらいの広, ぐらい羊, に過ぎまい, の距離, ばかり, ばかり高く, ほどの隙間

▼ 五ツ半~ (10, 0.0%)

3 の談判 1 か, が四ツ, というの, にて月, の, の用件, を廻った

▼ 五七五~ (10, 0.0%)

2 の句切, の定型 1 であるの, では満足, のほう, の句, の音数律, の音調

▼ 五七人~ (10, 0.0%)

2 の男 1 だけだった, であること, の乗客, の井戸, の人, の学生, を容, 乗った小舟

▼ 五万斤~ (10, 0.0%)

2 を仕入れる 1 だけ二百二十円, で百斤, という大量, とクズ糸五万五千斤, の品物, は百八十円, をサイソク, を百斤百八十円

▼ 五三年~ (10, 0.0%)

1 そして, にはファラデー, にコンスタンチノープル府, にベネディクト修道女, にベーリング島, に実行, に日本, に當, に英露, まで一隻

▼ 五代将軍~ (10, 0.0%)

3 が大政奉還 1 が保護, としての徳川慶喜, となる, と肩, の上洛, の綱吉, は一人立ち

▼ 五六軒先~ (10, 0.0%)

2 の荒物屋 1 にある, には日本橋辺, のお, の出羽屋, の横町, の法衣屋, の町裏, の露次

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 あるが, になりました, に書いた, の參考書, の文献洋書, は眞道哲論, もた, をのぞけ, 出て, 賣り飛ばしさ

▼ 五分十分~ (10, 0.0%)

2 と経つ, と過ぎ 1 が, ついにガサガサ, と残された, にて中止, もかかる, 早く店

▼ 五十ポンド~ (10, 0.0%)

1 が年俸千ポンド, でも遺し, に妥協, に対して百ポンド, の函, ばかりの現金, を支払い, を支払う, を超え, 小さい金

▼ 五十万ドル~ (10, 0.0%)

1 という, という遺産, という金, と見積った, に相当, の罰金, の鉱業権, は出す, を十二万五千ドル, 投げ出したし

▼ 五十万石~ (10, 0.0%)

2 の大名 1 の増産, の太守, の米, は五十万石並, を与え, を与へ, を太閤殿下, を計画

▼ 五十五円~ (10, 0.0%)

2 と云う 1 が一時, しか大学, です, として十円, と書いた, にまで騰り, のマグロ, 持って

▼ 五十五銭~ (10, 0.0%)

1 おいしかつ, が二円十銭, だっていい, ですと, で好い, で高い, というん, なら出来ます, を受取, 這入って

▼ 五十個~ (10, 0.0%)

1 が残され, ぐらいの卵, の業者, の男, をあげなさい, を使う, を店主, を手土産, を獲た, 出て

▼ 五十年化転~ (10, 0.0%)

5 の内 4 のうち 1 の夢

▼ 五十歳位~ (10, 0.0%)

2 に見える 1 でしょうか, でで, でもあったでしょう, のひどく, の女, の年配, の時, の男

▼ 五十萬圓~ (10, 0.0%)

2 と云 1 であるが, と開墾, の價, の金, も金, 合せて, 掛けて, 掛る其外田畑宅地立木容易

▼ 五十銭銀貨一枚~ (10, 0.0%)

2 にしろ, を包んだ 1 しかもその, と外, を彼, を財布, 出して, 握って

▼ 五十頁~ (10, 0.0%)

1 か六十頁, で詳, のこの, のもの, のグラビヤ, の多き, ばかり, までかいた, を超, 読みて

▼ 五千ドル~ (10, 0.0%)

2 にし 1 でアメリカ, というカルーゾー, にしたら, にて買収, の懸賞, を与える, を差上げたい, 下さい

▼ 五千フラン~ (10, 0.0%)

1 かかったのみ, でも出した, に書き改める, の定収入, の手当, の金, はそれ, は修道院, ばかりの収入きり, ほどにはなった

▼ 五~ (10, 0.0%)

2 の家庭 1 だけ来, であろう, とでも恋愛, と恋愛, に, にそして, は恭しく, よ幸福

▼ 五~ (10, 0.0%)

3 も繰返され 1 に亘つて, に及べり, に掲陽嶺, の祝福, の遠征, は讀み返す, ほども

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 からページ六一, から六〇年, であり一八一一年, というところ, にも, のうち, の地方教区, または四・五対一以上, また四・五%, 下ガ九三デアッタガ

▼ 五寸四方~ (10, 0.0%)

1 ぐらいが朧げ, ぐらいの呉羽嬢, ぐらいの板, の天鵞絨, の毛皮, の紙片, ばかりの, ばかりの小, ほど床板, ほど食いちぎられ

▼ 五寸許~ (10, 0.0%)

2 りしか, りの 1 の所, の距離, の高, り上, り布団, り開くと

▼ 五対一~ (10, 0.0%)

1 であった, であり一七五六年, であり記録, であること, であると, です, でも売り手, にドロンコ, の比率, よりやや

▼ 五尺四寸~ (10, 0.0%)

2 を下るまい 1 あるが, ぐらい, ぐらいはあろう, に肥満性, の体躯, の若々しい, もあつ, もある

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 がある, だか, では, と差, のマイク, の碁, は必ず, は皇居内, へ持ちこん, を見物

▼ 五~ (10, 0.0%)

2 の知事 1 といふ意氣込, の多く, の宗, の要所, は自, を巻き, を窮め, を窮めん

▼ 五~ (10, 0.0%)

6 の坊 1 から其, の坊中心, の奉安, を抜き出で

▼ 五度位~ (10, 0.0%)

2 になった 1 ずつも掃除, であろう幸い, でした, にちぢん, に傾いた, のもの, の儀, の割合

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 か六戸, くらいずつ残っ, である, という大, にて昼飯, に過ぎなかった, の七百九十余人, の家敷, の山腹, の極めて

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 ある, かかる花輪形パン, がとこの, だよ, となさば其人, なの, に相, の槌, の槍, も二十斤

▼ 五日以後~ (10, 0.0%)

1 でなければ, というもの, にせいぜい, になっ, になります, に全, に東久邇, のもの, の新しく, はふっつり

▼ 五歳以下~ (10, 0.0%)

2 で死亡, のもの 1 のアメリカ, の子供, の少女, の青年, の青年学生, は無賃

▼ 五歳前後~ (10, 0.0%)

1 でした, というところ, のいわゆる, の事, の女性たち, の男子, の美しい, の老人, の青年, よりその

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 かそこら, であつ, である, でサンドウィッチ, で一足, と答える, なれば, のテグス, の利益, の割前

▼ 五~ (10, 0.0%)

21 からは二十五哥, して, ずつ, で, ですぜ, でだ, の給金, 払って

▼ 五百万ポンド~ (10, 0.0%)

2 といえ, の巨費 1 ずつ買上げ, という, の借金, はい貸しましょう, 借りたいと, 貸して

▼ 五百貫~ (10, 0.0%)

2 の恩地 1 であったが, の恩賞, の禄地, の金, もある, を与えよう, を引物, 見つけて

▼ 五百重~ (10, 0.0%)

1 が奥, なす蘇鉄, につもる, のなか, の大波, の山, の春がすみ, の遠, の霞, も千重

▼ 五箇年計画~ (10, 0.0%)

1 でソヴェト同盟, で各, と芸術, と資本主義世界, による生産手段, の実施, はその, はというところ, はどんなに, は第

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 にも及ぶ, にも及んだ, に二十糎, の大砲, の砲弾, の遊離端, ほどの孔, もある, 乃至七糎位, 程の撥形

▼ 五芒星呪文~ (10, 0.0%)

2 の一句 1 にもっと, に対する彼, に現われ, に関する法水, の四番目, の最後, の本体, の正体

▼ 五~ (10, 0.0%)

1 が, が二等辺梯形内, なども同様, の, のごとく, の門派, は著書, は蘭書, は詳証学, ノ妙相

▼ 五貫目玉~ (10, 0.0%)

2 を五十丁 1 が撃てなかったら, が撃てる, と強薬, は首尾, を強, を撃出, を発射, 撃ちの

▼ 五通り~ (10, 0.0%)

1 ありまして, に別れ, に色, に違う, に違っ, の分類, の男女僧俗, ものブラシ, 備えて, 持つとる

▼ 五連隊~ (10, 0.0%)

3 の軍旗 1 がカラビーヌ銃, ででき, に代わった, の兵, の帽子, の歩兵, は日本

▼ 五里四方~ (10, 0.0%)

2 の上 1 と云, には行くべき, に亙る, の内, の大きな, は全く, は東京, もある

▼ 五~ (10, 0.0%)

2 に分けます 1 といふこと, となります, になる, にわかれる, に分け, に分れる, の働き, を得た

▼ 五~ (10, 0.0%)

3 の連中 1 で英語, の学生, の学生さん, の学生たち, の福原, を出, を卒業

▼ 五〇銭~ (9, 0.0%)

2 の入場料 1 が四六年九月, です高価, で買った, と上っ, のネクタイ, の貯え, 出して

▼ 五とは~ (9, 0.0%)

1 かの盜人, どういふ, ゆうべおそく, 写本が, 出め, 子供の, 情無い, 見えない程, 関係が

▼ 五ページ~ (9, 0.0%)

1 あるから, ぐらいのもの, にそう, に引く, の手記, は十編, ばかり読んだ, を見, 読んで

▼ 五・一五~ (9, 0.0%)

1 から語り出され, がそう, だの二・二六, にも二・二六, に願はく, の二の舞, の場合, の裁判, や二・二六事件

▼ 五万ドル~ (9, 0.0%)

1 かね, だから, だの百万両, でこれ, で何, で買っ, として三百五十万ドル, にまで競り, のダイヤ

▼ 五万十万~ (9, 0.0%)

2 の大金 1 と云, と云う, のお, の要らない, の読者, の金, 持ちだすの

▼ 五丈石~ (9, 0.0%)

1 と三角点, なども遠望, に攀じ登っ, の下, は, はよしや, や鳳凰山頂, よりも二, をすぐ

▼ 五並び~ (9, 0.0%)

7 に註參照 1 に名曲集, に愛好家協会

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 か十仙, であるが, とある, なりを払っ, の, の先刻, の安物, を払い, 撮み出して

▼ 五六十名~ (9, 0.0%)

1 がいる, という夥しい, に達する, の一隊, の出迎, の土匪, の死傷, の馬超軍, もゐたであらう

▼ 五六千円~ (9, 0.0%)

1 から一万円近く, でせう, といわれ, と踏ん, に過ぎない, に達せし, の金, も集めただ, より安い

▼ 五六合~ (9, 0.0%)

1 に胡瓜, の木剣, の酒, はげしく渡りあっ, も過ごした, やり朝, を見る, 戦ったが, 立ち合って

▼ 五六坪~ (9, 0.0%)

1 その邊, のコンクリート, の小さい, の池, の狭い, ほどのもの, ほどの池, もある, もあろう

▼ 五六寸位~ (9, 0.0%)

2 のもの 1 いせいぜい, であったと, と思います, な稀, に育つ, の古びた, の小

▼ 五六月頃~ (9, 0.0%)

1 から十月頃, から疲れた, でないと, と思う, にかけてのこと, になる, には江戸, には渡支, の春

▼ 五六株~ (9, 0.0%)

2 の大きい, の大樹 1 あつた, あり, の水仙, 植えたこと, 生えて

▼ 五六貫目~ (9, 0.0%)

3 もある 1 から十二三貫位, の千兩箱, の我々, の沢庵石, は大丈夫, も重い

▼ 五円以上~ (9, 0.0%)

1 かかっちゃった閉口, かかるらしいので, となり, となりまし, の値, の特別賞与, の金, の食事, は無料

▼ 五分珠~ (9, 0.0%)

2 のお 1 お藤, が目, であつ, という釵, の一本差, の珊瑚, の銀

▼ 五分試し~ (9, 0.0%)

2 だ, にし 1 にいじめ, にもせ, に殺された, に玩具, に虐め

▼ 五分頃~ (9, 0.0%)

2 であった 1 でしたね, と可, と推定, にお, に出た, に定まる, に間違い

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 だが, になん, に江戸川上水, に終る, の拍子木, の鼓, をまわったろう, を過ぎたら, 過ぎたら寝ろと

▼ 五十すぎ~ (9, 0.0%)

1 くらいの丸顔, にもなっ, のお婆さん, のだらし, のジイサン, の小母さん, の年配, の立派, の農婦

▼ 五十グラム~ (9, 0.0%)

1 ずつ位, ですよ, と云う, の催眠薬, の粥, の葛湯, はのん, までは大丈夫, 飲んだかも

▼ 五十トン~ (9, 0.0%)

1 くらいは燃さなけれ, でみな, の主力艦, の新茶, の橘丸, の汽船, の注文, はあったであろう, ばかりの焚料

▼ 五十二銭~ (9, 0.0%)

2 あった 1 が高い, だ, とは驚いた, にうる, の銭, もって, を出したら

▼ 五十人あまり~ (9, 0.0%)

2 の人びと 1 だと, のおまわりさん, の侍衆, の女, の女性, を相手, 従った

▼ 五十余~ (9, 0.0%)

1 のお, のでつ, の先生, の品種, の婦, の男, の老, の顔, の黒ずくめ

▼ 五十余日~ (9, 0.0%)

1 して, というもの, と聞い, に及び, に及びます, の討議, の間, を費さなけれ, を費やし

▼ 五十余歳~ (9, 0.0%)

1 である, でございますが, で喉頭癌, で数年前, と思わるる, になった, の年齢, の男, まで身代

▼ 五十分間~ (9, 0.0%)

1 ですね, で出来る, なるべし, は眠ったらしかった, は眠つた, ほど煮ます, もかかる, も焼く, 焼きます

▼ 五十句~ (9, 0.0%)

2 に過ぎざるべく 1 とも始め, と鏈, などと随分, に達し, を選, を選んだ, 拾った中

▼ 五十四万石~ (9, 0.0%)

1 のお, の城主, の城主細川侯, の大, の大名, の大名中, の大身, の細川家, を所領

▼ 五十四五歳~ (9, 0.0%)

1 ぐらいには見える, だから, であろう, になった, にみえた, の人, の私, の老人, の頃

▼ 五十歳以上~ (9, 0.0%)

2 の老人 1 であるのに, というよう, とは見えなかった, のもの, の人間, の未婚, の者

▼ 五十歳前後~ (9, 0.0%)

1 であつ, で死ん, に剋, に見えた, のこと, の堀口剛太, の年齢線, の父, の釣り師

▼ 五十法~ (9, 0.0%)

1 ずつ親分, です, で借り, のうち, のチップ, の紙幣, はかかる, は今日以来八人, を余す

▼ 五十町~ (9, 0.0%)

1 あり, といわれる, にも餘, の峻坂, ほどの比良, ほどの荒れ, ほどを波間, もある, も百町歩

▼ 五十町歩~ (9, 0.0%)

2 近い蔬菜栽培 1 すっかりトマト畠, だから, の地積, の畑地, も百町歩, 近い, 近い面積

▼ 五十目~ (9, 0.0%)

1 あった, あったと, あったの, といっ, にふえ, の綿, の鶏, 増えて, 殖え十日

▼ 五十石取り~ (9, 0.0%)

5 の旗本 1 でお側, の上士, の御家人, の横目役

▼ 五十銭ぎん~ (9, 0.0%)

6 くわを 1 くわが, くわと, くわの

▼ 五十銭玉一つ~ (9, 0.0%)

1 さつ, のかけ, をおい, を借りる, を強奪, を煙草代, を頂戴, 借りる五日ぶり, 握り万一

▼ 五十韻~ (9, 0.0%)

1 ということ, とは前後, ないし百韻, は学問, は日本語, まで歌い連ね, より用文章等, を教え, を暗誦

▼ 五千坪~ (9, 0.0%)

1 そのうち半分, だね, でございますこれ, で中野, と隣り, の地, は即ち, ほどの庭園, を反歩

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 が武器, というところ, に攻め, まで行った, をそれぞれ進発, を一度, を占領, 郡, 郡の

▼ 五及び~ (9, 0.0%)

2 第六省察 1 一二七, 七五と, 二四・三七, 八は, 十一ピアストルから, 四一六〇四九二と, 註參照

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 ぐらいで, のところ, の深, の長, の開き, ばかりの研ぎ澄ました, ばかり長, ほどの隔たり, 程の上

▼ 五寸角~ (9, 0.0%)

2 の柱 1 くらいのくしゃくしゃ, で裏表, の土台数十丁一寸厚み, の土臺數十丁一寸厚, の大きな, の格子, ほどの材木

▼ 五年位~ (9, 0.0%)

2 の時, まで生きる 1 これから暮す, しか經つて, になる, に距離, の間

▼ 五年十二月~ (9, 0.0%)

1 から四七年春, でした, には南部家, には国家権力, に国家権力, に発表, の条, 出板三木愛花著, 即明治二十八年

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 に染んだ, のなか, の思い, の慾求, の糸, をはなれた, を失ひ, を捨て, を逸脱

▼ 五日夜~ (9, 0.0%)

2 の月 1 かならず参上, には下田, のところ, のアリバイ, の大火, のAK, より二十六日

▼ 五日私~ (9, 0.0%)

1 が小屋, の為め, は三度横浜, は彼, は快く, は招かれ, は東京女子師範学校, は田舎行, は白骨温泉

▼ 五日經~ (9, 0.0%)

4 ちました 1 ち十日經, つた, つと其の, つと林, て瀧口

▼ 五日經つて~ (9, 0.0%)

5 からでした 1 からのこと, から上役, から無論, もお前

▼ 五昼夜~ (9, 0.0%)

1 かかる, と五十四分間, にし, に及ぶ, もいい, もかかっ, 揺られて, 揺られるの, 追ったあげく

▼ 五時間目~ (9, 0.0%)

2 が終わる 1 だって一人, です, には国語, には菊池先生, の地理, の授業, は体操

▼ 五月頃~ (9, 0.0%)

1 から呉, が一等農民, と九十月頃, には十五円, には無, に至り, の巨文島, の気候, の温泉あまり

▼ 五氷河期~ (9, 0.0%)

1 がいよいよ本当に, がついに, が襲来, が近く襲来, の惨禍, の招来, の襲来, はおそらく, は来た

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 でやっ, のオオ・ド・コロオニュ, の構え, の貸し椅子, の銀貨, を作り上げよう, を作ろう, 借りたら五法, 返す

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 ずつの税, であるが, に分かれ, の緑萼, の花弁, の花弁中, の葉, ばかり何, や六片

▼ 五百キロ~ (9, 0.0%)

1 です, で航続距離, のなら, の大, の方面, の沖, の海上, の目盛, の距離

▼ 五百ドル~ (9, 0.0%)

1 くらいとられる, でさらり, にし, の価, はもらう, まで値上, をていする, をもらう, 貰えたので

▼ 五百ルーブル~ (9, 0.0%)

2 の金 1 だけれど, ですね, でも千ルーブル, なくなされたん, のお金, を着物, 痩せたり

▼ 五百津~ (9, 0.0%)

6 の御 1 の眞賢木, の軍, 真賢木

▼ 五百金銭~ (9, 0.0%)

3 を与え 1 を受け, を屍, を懸賞, を持っ, を渡せ, を獲た

▼ 五社明神~ (9, 0.0%)

2 の森 1 の境内, の社前, の神力, の神官左典, の神禰宜左典, の階段, の鳥居

▼ 五~ (9, 0.0%)

2 の如き 1 がある, と和歌, に次, の一, の体, は左, を

▼ 五議会~ (9, 0.0%)

2 の解散, を解散 1 に弾劾, の形勢, は彼, は開かれた, までには帝国党

▼ 五貫目玉五十丁撃~ (9, 0.0%)

2 に成功, の大筒 1 が間違い, の事, の大業成就, の術, は楽々

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 から汐, が微塵ぢ, が満足, が痺れる, の肉, は微塵, は悉く, を, を調

▼ 五郎十郎~ (9, 0.0%)

1 が暗合, が祐経, こそ千載, で追善興行, と言, などのよう, の父, は正真正銘, も復讐

▼ 五銭白銅~ (9, 0.0%)

1 とを出した, はどんな, をはめこん, をもらつた, を一つ, を二枚, を入れ, を拾っ, を穴

▼ 五雄蕊~ (9, 0.0%)

4 と一雌蕊 1 があり, が下がっ, が後, とを有する, と五柱頭

▼ 五~ (9, 0.0%)

1 で僕, に含まれ, に纏つて, の選曲, までをもっ, まで取った, を世に, を出し, 併せて

▼ 五〇〇~ (8, 0.0%)

2 ではなく 1 だ, という高額, となり, の数字, も使い込んだ, も請求

▼ 五〇メートル~ (8, 0.0%)

2 の霧 1 くらいで, くらいの尾根, くらいへ来る, くらいまで下っ, に參加, ほどはなれた

▼ 五であり~ (8, 0.0%)

2 また四角形 1 この後, そしてこの, そして男子, そして翌, 地方教区では, 産児の

▼ 五ないし~ (8, 0.0%)

1 〇・二〇プロセント瓦斯から, 一〇〇パーセントを, 三対七である, 二五酒精を, 六気圧しか, 十一花より, 十一裂片相排び狭長で尖, 四六分の一であり

▼ 五ツ目~ (8, 0.0%)

1 からこの, に天恩山羅漢寺, の五百羅漢寺, の冠木門, の石, の窓, の羅漢寺, の車

▼ 五ヶ所唱門~ (8, 0.0%)

2 の一つ, の中 1 についても彼ら, の名, の名義, を本寺

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 である, であること, に冥府, に吉宗将軍小金原, に地震, のうち二〇〇, ノ一, ノ二

▼ 五万フラン~ (8, 0.0%)

1 あげても, ですからな, で買入れた, とでもなぜ, の小切手, の損害, や十万フラン, をほんとう

▼ 五万以上~ (8, 0.0%)

1 といわれる, に超, のモルモン信徒, の組合せ, は女子, は確実, もある, も人口

▼ 五万法~ (8, 0.0%)

1 すっちまったら誰, と定価, の金, は朝日, も勝っ, を入れた, 勝ったところ, 勝って

▼ 五人連~ (8, 0.0%)

1 が肩, でおいで, で一間, で好, のトルコ人, の強盗, の暴力團, を見やった

▼ 五以上~ (8, 0.0%)

1 でありその, ならば, になる, の出生, の男, の発電所, を直接, 少いといふ

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 のよう, 摺りきれず海砂利水魚水魚末雲来末風来末食来 1 の摺りきれず, の摺り切れ, も射す, を背負っ

▼ 五六ぴき~ (8, 0.0%)

1 から十ぴき位, のいわし, の蜜蜂, の蠅, の鹿, も底, 恵んで, 買って

▼ 五六ヵ所~ (8, 0.0%)

1 ありました, から起った, に煌々, に笑声, に起る, の切傷, の薄, へ炎々

▼ 五六体~ (8, 0.0%)

1 ある, の人影, の生き物, は撰, ほど残つたの, もあろう, を撰, 同じよう

▼ 五六倍~ (8, 0.0%)

2 の炭 1 ぐらいはある, して, の大き, はあった, もたくさん, も余計

▼ 五六十両~ (8, 0.0%)

3 の金子 1 の金, は掛る, もあらう, も持っ, も有ろう

▼ 五六戸~ (8, 0.0%)

2 の人家 1 が甘, に減じ, の家, の産所, の農家, の部落

▼ 五六日目~ (8, 0.0%)

1 かに電話, がちょうど, に本当に, のこと, の五月十五日, の出来事, 又一度, 若しくは十日以内

▼ 五六脚~ (8, 0.0%)

2 の形, 置いた室, 置かれて 1 あるぎり, の安楽椅子

▼ 五兵衛どん~ (8, 0.0%)

1 が胸, のところ, のフシギ, はなんとなく, はオイドン, は令夫人, は戻っ, を抱きとめよう

▼ 五円五十銭~ (8, 0.0%)

1 ぐらいの薄給, で買, となっ, になっ, のわり, もかかる, を持つ, 位すること

▼ 五分ごろ~ (8, 0.0%)

1 からかれこれ, じゃない, だしたやろな, であった, でしたよって, です, より日輪, 行ったとき

▼ 五分以内~ (8, 0.0%)

1 である, で仕上げ, に, に出発, に原子爆弾全部, に急, に極, に殺害

▼ 五分刈頭~ (8, 0.0%)

1 にホームスパン, に白い, の二十五六, の恰好, の方, の紺足袋, を出した, を天井

▼ 五匁玉~ (8, 0.0%)

1 から少し, の刻煙草, の煙草包, の粉, をあらかた, を一つ買つて, を一人, を罩め

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 の揚弓店 1 が出来た, に分つ, に各, の中, の処, の左側

▼ 五十パーセント~ (8, 0.0%)

1 ずつを托し, に満たない, の勇気, の媚, の料理, の真理, の臆病, 迄暗い

▼ 五十ルーブル~ (8, 0.0%)

1 だけは埋葬費, だって, の借財, はそのまま, はたっぷり, は即刻トルーソツキイ氏, まで折れ, も支給

▼ 五十一分~ (8, 0.0%)

1 でございますか, で出発, にあたる, にあの, になる, に十個, に沢山, に現われ

▼ 五十丁峠~ (8, 0.0%)

1 から陣馬, で月見, のやや, の道, の間道, は晦冥, へかかった, を七八丁

▼ 五十七年~ (8, 0.0%)

2 の生涯 1 それから長禄元年, になる, のあいだ, の長き, の間, も其前後

▼ 五十万両~ (8, 0.0%)

1 と計上, にほぼ, の万和, の身代, の金, は動かぬ, もかけ, を強奪

▼ 五十八年~ (8, 0.0%)

2 に當 1 になつて, にはまた, にはスタンフォド, に四階, の夏五月, も野良

▼ 五十六字~ (8, 0.0%)

4 の文章 1 という文章, といふ文章, に形, を使つて五十六首

▼ 五十円也~ (8, 0.0%)

1 でとりあえず, というもの, というよう, という仮, と示し, の上, の申渡し, 入って

▼ 五十匹~ (8, 0.0%)

1 から百匹位, ぐらいの悲しい, ぐらい行く, の中, の馬, ばかりいる, もある, も狼

▼ 五十燭~ (8, 0.0%)

2 の球 1 がまるで, ぐらいの電燈, のあかるい, の電燈, や百燭, を着け

▼ 五十銭位~ (8, 0.0%)

1 だが, だつた, です, で充分, なの, なもの, なもん, の西洋料理

▼ 五十面~ (8, 0.0%)

1 が得意, さげて, のばあさん, の首席訓導, をてらてら, を冷然, を朝酒, 下げて

▼ 五千斤~ (8, 0.0%)

1 だけ横浜, にも上る, のクズ糸, の中味, はそれ, はただ, はクズ糸, ほどまとめた

▼ 五厘位~ (8, 0.0%)

2 の入り 1 のもの, のボロ, の支払, 即ち一分の半分, 迄に堕ち, 迄に墮

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 と西海道, に武尊捕虜, に配置, の兵馬, の本, を平らげ給うた, を征したる, を藩屏

▼ 五宿~ (8, 0.0%)

2 の女郎 1 といわれる, の, の宿場女郎, の往来, へ往, も同様

▼ 五尺七八寸~ (8, 0.0%)

1 の丈, はあった, はあるらしい, もあっ, もあったろう, もあらう, もありましたろう, もあるだらう

▼ 五幕目~ (8, 0.0%)

1 ではない, にそっくり, にはいる, の, のよう, の幕, の比企, は渡辺崋山切腹

▼ 五年め~ (8, 0.0%)

2 の春 1 で, にあたり近年, にナチス, に日本, の今日, の明治十七年

▼ 五年前私~ (8, 0.0%)

2 が引 1 があらゆる, が盗み, の来た, は, はある, は五所川原

▼ 五年春~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 から運動, に上越線岩本駅地先, の体格検査, の体格検査表, まで, 迄のもの

▼ 五年越し~ (8, 0.0%)

1 の刀, の恋, の戦場, の打続く, の疑惑, の紆余曲折, の誤解, も睦

▼ 五年近く~ (8, 0.0%)

2 住みついて 1 の親しい, もつきあっ, も奉公, も長く, 勤めた老婢, 続けて

▼ 五日以内~ (8, 0.0%)

1 であったに, とかだった, にかならず, につく, になるべく, に若干, に行われない, に銭五万貫

▼ 五時間前~ (8, 0.0%)

2 の賀川豊彦 1 だと, という, に恒夫, に石原, の事, までは叔母さん

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 にうた, のうち, のポロネーズ, の中, の始め, を作りひろめた, 入って, 揃って

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 と同様 1 あり戸数共, たるべきなり, てふ, とある, の倉庫, の苑人

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 か六株, しかない 1 の野菜, の霧島躑躅, ほどもある, まで一列

▼ 五~ (8, 0.0%)

3 の駕籠 2 の駕 1 つづいて, の山駕籠, 急ぐぞっ

▼ 五梃駕籠~ (8, 0.0%)

1 がエイハア, が現われた, と豆太郎, のこと, のほか, の一つ, の頭首, の首領

▼ 五歳六歳~ (8, 0.0%)

1 であった, になっ, になる, の御遊, の時, の私, の頃, は夢

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 の土 1 の内, の地面, の山林, ばかりになつて, も買えた, や八畝

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 からの大, と打つ, の疊, の部屋, の部屋中, の隅, ほどあるでせう, ほどの大きい

▼ 五百何十兩~ (8, 0.0%)

1 といふ大金, と絞られた, の金, は何處, は大金, は變, も絞られる, を吐き出させた

▼ 五百円位~ (8, 0.0%)

1 あつたら, ありました, きわめて景気, どうじゃ, のもの, の予算, の金, は要るでしょう

▼ 五百疋~ (8, 0.0%)

1 がいか, ずつというの, でこれ, ですねえ, と種々, の年, の礼, を贈っ

▼ 五百石以上~ (8, 0.0%)

4 の大船 1 となれ, の船, の諸, の軍船

▼ 五百磅~ (8, 0.0%)

2 の金 1 にてフランス中部鉄器株式会社営業支配人, になっ, のお金, の収入, の株券, を強請

▼ 五百頁~ (8, 0.0%)

1 あるの, にわたる日記, のあの, のノート, の最後, ほどある, もある読み, を占める

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 なり柏, 置いて 1 ならべだ, めし, 勝った十目, 勝つて

▼ 五相会議~ (8, 0.0%)

1 という閣議内, に於い, に於ける, の内容, の発表, は之, は内政国策会議, は終結

▼ 五~ (8, 0.0%)

2 いはく 1 とふ, の姿, の安, の影像, の無, は六祖

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 が立派さ, なる単, なる單衣, の単, の着流し, の羽織, の黒塩瀬, を着

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 および附属法, の上, の作中, の物語, はすでに, も明治七年一月一日, を一冊, を読ん

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 の利益, の呼吸, の在家, の純益, の都市, や三拾萬, を詭計, 乃至七萬

▼ 五行上人~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 というの, と比べられた, なんてもの, のお, の再来, の行状

▼ 五軒目~ (8, 0.0%)

1 が桔梗屋喜兵衛, だからね, には人, に着いた, のいろは, のぼんやり, の家, の玄関

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 であって, と五つ, に亙る, に分けた, の北畠, の平地, を給せられた, を賜わった

▼ 五重奏曲~ (8, 0.0%)

1 である, では, でスケール, と共にこの, には気魄, は, はそれ自体, を一つ

▼ 五~ (8, 0.0%)

4 の光 1 ほどでございましょう, もやらね, を拵ら, 同桂

▼ 五間さき~ (8, 0.0%)

1 で再び, に水車, の所, の歩み, の流れ, の空気, をゆく, を何事

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 なり, に分っ, に尽き, に概括, のうち, の人口問題解決, の内, 第六項

▼ 五~ (8, 0.0%)

1 であります, とはいう, と名づけ, のほか, の出張, の始祖, の家, は五人

▼ 五〇〇〇~ (7, 0.0%)

1 あるいは三七五〇スタディア, であったはず, ではなく, という数字, とされ, に過ぎぬ, の人口

▼ 五〇年後~ (7, 0.0%)

2 の社会主義社会 1 に当る, のソヴェト社会, の社会, の社会主義, の社会主義的青年男女学生

▼ 五ばかり~ (7, 0.0%)

1 であって, なるべけれど, なる二三人, なる娘ひとり, なる男, 年下の, 新しくつくっ

▼ 五カ条~ (7, 0.0%)

5 の御 1 に帰, に帰しましょう

▼ 五フラン貨幣~ (7, 0.0%)

2 をポケット 1 のこと, をつみ重ね, を一つ, を投げ込んだ, を握らし

▼ 五ヵ年~ (7, 0.0%)

1 になる, にわたる北陸攻略, の年月, の後, の歳月, の長い, の間

▼ 五ヵ月以上~ (7, 0.0%)

3 の婦人労働者 1 になっ, の労働婦人, の女, は解雇

▼ 五ヶ国~ (7, 0.0%)

2 の言葉 1 となり, に諜, の一人旅行, の大小, の旅行

▼ 五一郎~ (7, 0.0%)

2 って言う 1 から電話, というん, と漫才等々, の友人, の衰退

▼ 五万部~ (7, 0.0%)

1 が単位, にしたら, も売れ, を売り, 出すといふ, 売って, 売れたという

▼ 五万騎~ (7, 0.0%)

2 をさずけ 1 となし, となり, をつけ, をひい, を派す

▼ 五人位~ (7, 0.0%)

1 で暮らし, で米, の人, の人垣, は外, 掛らねえじゃ, 涼しい目

▼ 五人組強盗~ (7, 0.0%)

1 が押入りました, のうち, の中, の始末, の巣, の突発, は南

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 だから, といふ老, の剛, の剛情, の買妓, も足, や田舎侍

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 かと思ったら, ぐらいしか書い, ぐらいだろう, です, までつい, よ, を出す

▼ 五億円~ (7, 0.0%)

2 の黄金 1 だとも, でソヴェート連邦, に削減, に近い, の巨額

▼ 五六ぺん~ (7, 0.0%)

1 ぐらい御, にちゃにちゃ噛みました, はコンコン, ぶらぶら振りました, 乗り回して, 泣きじゃくるうち, 見たこと

▼ 五六世紀~ (7, 0.0%)

2 の頃 1 のこと, のヨーロッパ人, の交, の物, の西洋

▼ 五六分の間~ (7, 0.0%)

1 といふもの体, にあの, にこの, に彼, に敢行, に見た, に認められた

▼ 五六十軒~ (7, 0.0%)

1 あった, であつ, の家, はあるだらう, もあるだらう, 固った, 焼いたかなり

▼ 五六升~ (7, 0.0%)

1 でバタ一斤, の器, もはひる, もやれ, も取った, も買つて, 飲んで

▼ 五六畳~ (7, 0.0%)

2 の室 1 かと思われた, だが, の部屋, ばかりの座敷, 程の竪穴

▼ 五六発~ (7, 0.0%)

1 の榴弾, の砲声, の銃声, の銃音, ぶっ放す, 続けさま, 聞えた

▼ 五六百円~ (7, 0.0%)

3 の金 1 の借金, の新, もする, 程払っ

▼ 五六百坪~ (7, 0.0%)

2 の地所ぐるみ手 1 のところ, の原, の草原, ばかりは一円, もあり

▼ 五六篇~ (7, 0.0%)

1 ありました, ぐらい, ずつ総計四百二三十, のかわいい, は書い, もいつ, を譯

▼ 五六足~ (7, 0.0%)

1 ありますから, あるのに, に駈け出した, の草鞋, もあった, もある, 歩くと

▼ 五六間手前~ (7, 0.0%)

2 まで行く 1 から叱り付けた, でとまった, に来た, までぐいぐい, まで来る

▼ 五六頁~ (7, 0.0%)

1 は読める, ばかりの短篇, も讀む, を読んだ, 繰って, 纏めて, 読んだ

▼ 五分玉~ (7, 0.0%)

2 に細い, の銀 1 だのたいまい, には針, の根がけ

▼ 五分間ごと~ (7, 0.0%)

3 に抽出 1 にブリキ皿, に汁, に男, に茶筒

▼ 五~ (7, 0.0%)

5 のすり切れ 1 のあい, の摺切れ

▼ 五十スー~ (7, 0.0%)

1 か, しかふところ, でろうそく, で諸君, の金, は次, 借りた

▼ 五十万ミル~ (7, 0.0%)

1 がそもそも, が争われる, ぐらいの金, の, の大, は高価, を棒

▼ 五十三年~ (7, 0.0%)

2 の十二月 1 で千二百五十五年, にその, になりぬ, になります, も前

▼ 五十二枚~ (7, 0.0%)

1 あったきっと, ございます, だけありました, だけいま, ですから, の小判, は二千四百四十円

▼ 五十五両~ (7, 0.0%)

2 を半価 1 その時, の物, の約束, の金, を払っ

▼ 五十五人~ (7, 0.0%)

2 の善知識 1 で無害地, という少年少女, と楽書, の子持, の殉教

▼ 五十人位~ (7, 0.0%)

1 しか居らない, ということ, と登録, の会員, の範囲, より及第, ゐるかな

▼ 五十何年~ (7, 0.0%)

1 かの生活, たった昭和二十年, だから, の生涯, もよく, も化け, も化けおおせ

▼ 五十余合~ (7, 0.0%)

1 それでも勝負, に及ん, に至っ, まで戦った, も戦った, 戦ったが, 見るものみな

▼ 五十分の一~ (7, 0.0%)

1 くらいな短時間, だって見おとす, である, となっ, にも相当, の大気中, も飼っ

▼ 五十尾~ (7, 0.0%)

2 を獲 1 くらい捕る, の岩魚, の餌, の鮎, もいない

▼ 五十年近く~ (7, 0.0%)

1 なるまでの, の日, の間, の間秋田, も住み馴れた, も故郷, 経った今日顧

▼ 五十幾人~ (7, 0.0%)

2 のうら若い 1 かの組, のこども, のジャコビン黨, のジヤコビン党, の子

▼ 五十弗~ (7, 0.0%)

1 ありますから, の紙幣, の請取証, の賞, は当時, ばかりを入れた, も百弗

▼ 五十日目~ (7, 0.0%)

1 ぐらいに新, なのに, にあらわし, に島一つ, の日, の黛夫人, 突然自宅

▼ 五十歩百歩~ (7, 0.0%)

1 だと, であらう, でない外交機密, では, でもそれ, ということ, の紋切型

▼ 五十瓦~ (7, 0.0%)

1 しかない, だから, とクリーム五十瓦, と一瓦, にクリーム五十瓦, のパン, の輸血

▼ 五十番~ (7, 0.0%)

1 でシュウマイ, との席, とは誰, に家, はこの, は太刀川時夫, や品芳楼

▼ 五十銭一円~ (7, 0.0%)

1 とかり出し, と強請っ, と日歩, と私, の方, は訳, 或は二三円

▼ 五十銭也~ (7, 0.0%)

1 だ, だろうそんな, と干し, と括り, などと達者, よ島田, ヲ収メヨ

▼ 五十銭以上~ (7, 0.0%)

1 かかります, に使った, の芝居, の貯蓄, の高価, を標準, 入ります

▼ 五千フィート~ (7, 0.0%)

1 くらいその, くらいにすぎない, にまで達し, のところ, の上空, を出ず, を越える

▼ 五千ポンド~ (7, 0.0%)

1 とすれ, にする, に増す, はそのまま, は一週十シリング六ペンス, も自分, を支払うべき

▼ 五千法~ (7, 0.0%)

1 か, として百五十回, と名誉, の救済費, の賞金, は衣裳, を贈る

▼ 五千疋~ (7, 0.0%)

1 その外財産, で退治, とある, のお, の顔, を持参, を献上

▼ 五厘銭~ (7, 0.0%)

1 か寛永通宝, が白銅一枚, じゃねえ, と文久銭, は投, まで払つてしまつた, を一つ

▼ 五周年記念~ (7, 0.0%)

2 の大会 1 とかし, として一割引, にヨッフェ, に世界, に出演

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 あるとして, ですが, ならべると, も附い, を与えた, 命じると, 食べたむろん

▼ 五~ (7, 0.0%)

3 の爆弾 2 の小 1 である, のブラザース號

▼ 五回大会~ (7, 0.0%)

1 が解散, で行われた, に有島生馬氏, の写真, は民主的作品, をパリ, を開く

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 にあり, に達す, の頌詠, の魂, は貪婪, より階, 第五圈

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 そう頭, は三千人, 区まで, 寺に, 才助が, 新聞切っ, 法律家の

▼ 五寸以上~ (7, 0.0%)

1 あつた, たべると, ではなかっ, のもの, の奴, の雪, はある

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 である, とは南, とも呼ん, の塔, の思想, の碩学, を含む

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 が強情, が禄, とその, にまさる, はそれ, はふと, は唇

▼ 五年七年~ (7, 0.0%)

2 でも待ちます 1 では, と思わぬ, の後, の遊歴, の間

▼ 五年九月~ (7, 0.0%)

1 から志士, にて局中, に奥州, に発表, に終つて, のリーダーズ・ダイジェスト, 還る

▼ 五年六年~ (7, 0.0%)

1 といえ, とか, とつづく, に一度, のうち, のころ, を割い

▼ 五年生たち~ (7, 0.0%)

1 がその, がにやにや, が代る代る, が校風, は新入生, は目, もす

▼ 五~ (7, 0.0%)

2 と書く 1 の上, の枕, の花衣, を殖やすべし, を立

▼ 五日以上~ (7, 0.0%)

1 ならば, に至る, の差違, は続きませんでした, もらえる由, も返事, 置かなければ

▼ 五日位~ (7, 0.0%)

1 つ, にしかならない, の短い, は若い, ひお, ゐに, 掛るそう

▼ 五日週間~ (7, 0.0%)

1 が実行, で五日目, で働いてる, という, によって今, を働く, を採用

▼ 五日過ぎ~ (7, 0.0%)

1 かのこと, にお, になつて, には岸本, には彼, に岸本, の通り

▼ 五時の間~ (7, 0.0%)

1 であったこと, と云え, にかけて一万五千, に三田方面, に叔父, に小川町, の頃

▼ 五時間後~ (7, 0.0%)

1 であるから, にはカナダ, にやっと, に出口, に迫っ, のいや, の十一時三十分

▼ 五枚位~ (7, 0.0%)

1 ずつこの, にすぎずし, に書い, のもの, の輕, の返事, 読みては

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 に入り切れない, のハレム, の白壁づくり, は昼, ばかりの平屋, ほど立っ, 並んで

▼ 五~ (7, 0.0%)

5 の命 1 はいせである, 立つところ

▼ 五畿七道~ (7, 0.0%)

1 いたらざるところ, という建制順序, とてもまた, にその, にわたった, の市街交通等, へ廻国

▼ 五百トン~ (7, 0.0%)

1 からの大船, ぐらい, ぐらいの小, の荷物, の貨物船, ばかりの貨物船, もない

▼ 五百フィート~ (7, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, です, なり, の距離, の遠く, も高い, 乃至二千フィート

▼ 五百マイル~ (7, 0.0%)

2 の所 1 の大河, の旅, も南, も離れた, を隔て

▼ 五百城先生~ (7, 0.0%)

2 の門 1 の奥さん, の巣, の膝下, の遺文詩集, はその

▼ 五百歳~ (7, 0.0%)

1 ずつを一区画, でございますが, で方, で死す, なれば, にし, 濁悪

▼ 五百米突~ (7, 0.0%)

1 の所, の間, の高, ばかりの距離, も下る, も高く, を示す

▼ 五百金~ (7, 0.0%)

1 そのあと, という高慢税, といふ高慢税, に買, に買いたる, のお宝, を支出

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 でありまして, においてはこの, になります, にわたり十二カ所, に急, に水, の草の根

▼ 五稜廓~ (7, 0.0%)

2 に入, に凝集 1 に立っ, に立て籠った, に立籠つて官軍

▼ 五箇所唱門~ (7, 0.0%)

2 の一つ 1 すら寺家, と呼ばれ, の中, の名義, の瓦堂

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 でふくらんだ鉄, といえ, は吸っ, ばかりの漢文, ばかり買った, 分捕賊徒一人生捕有之候趣, 買い自分

▼ 五~ (7, 0.0%)

2 の荷物 1 では間, でも苅りましょう, とか七荷, の荷, も汲ん

▼ 五萬圓~ (7, 0.0%)

3 の純益 1 なり, の財産家, の金, を毎年消費

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 ありしが, から選ばれた, ぐらいになっ, の征長軍, の諸, の警士, は去就

▼ 五議會~ (7, 0.0%)

2 を解散 1 に彈劾, の形勢, の解散, は彼, までには帝國黨

▼ 五趣生死~ (7, 0.0%)

3 の図 21 の圖, の絵

▼ 五足六足~ (7, 0.0%)

1 引き揚げて, 往くと, 歩いたと, 歩いたとき, 行きすぎたかと, 行ったところ, 追ひす

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 となす, とも連繋, は旋回軸, を立て, を粉砕, 及び英軍, 少なくも英軍

▼ 五通神~ (7, 0.0%)

2 の四郎 1 になやまされ, の来る, はやがて, は家畜, は馬豚等

▼ 五郎三郎~ (7, 0.0%)

1 から小遣, はしみじみ, は十三, もかね, も大層, も持て余した, をさえぎった

▼ 五階建て~ (7, 0.0%)

1 だ, のアパアトメント・ハウス, のネオン, の大きい, の燦然, の白い, の細長い

▼ 五雲様~ (7, 0.0%)

1 がまえ, がまたあいにく, と人目, にはまだ, に心, のその, は眠白様

▼ 五露里~ (7, 0.0%)

1 あるモークロエ村, しか離れ, しきゃないん, の里程標, はあります, ほどだ, も距

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 に名人, の六泳ぎ, の影, の新手, を上げよう, を渡せ, を牽き来

▼ 五~ (7, 0.0%)

1 だの百點, の僞作, の差, の油畫, は屹度, も殘, も素人

▼ 五だけ~ (6, 0.0%)

1 であった, 傷が, 出ること, 売って, 多くなる, 買ったところ

▼ 五としか~ (6, 0.0%)

2 見えずお 1 思はれぬ, 思へずその, 見えないので, 見えない若い

▼ 五にな~ (6, 0.0%)

2 つても 1 つていろんな, つてゐた, つて居た, つて若者仲間に

▼ 五ツ頃~ (6, 0.0%)

1 から今日, から四ツ頃, だそう, でせう, で夕方, のこと

▼ 五ヘクトリットル~ (6, 0.0%)

3 の小麦 1 が銀六百グラム, の需要, は銀六百グラム

▼ 五ヶ月間~ (6, 0.0%)

1 この膿, に三件, に私, の待ちぼうけ, の看護, の賜暇

▼ 五・三~ (6, 0.0%)

2 の祝い日 1 て聞いた, のお祝い, の晴着, までになっ

▼ 五七七~ (6, 0.0%)

1 が独立, で切れ, という音数律, と切っ, の調子, をもつ

▼ 五七日~ (6, 0.0%)

1 で御, に当, の忌, も經つて, も過ぎ, を出ない

▼ 五万五千斤~ (6, 0.0%)

1 だけ横浜, のクズ糸, の中味, はただ, はクズ糸, ほどまとめた

▼ 五万分一図~ (6, 0.0%)

1 の幽ノ沢山, の景鶴山, の赤鞍岳, もこれら, を案ずる, 出でて

▼ 五万枚~ (6, 0.0%)

1 ぐらいの車券, のネームプレート, の車券, もあった, を十日, を発送

▼ 五万貫~ (6, 0.0%)

2 の領分 1 から四十万貫, の上納, の調達, の身上

▼ 五両包~ (6, 0.0%)

1 が五つ, をただ, を一つ, を出し, を切餅, を取出し

▼ 五乃至~ (6, 0.0%)

1 七〇パーセントだ, 三十歳生活する, 三十歳頃までの, 二十幕の, 五・五位の, 五十五種ほど

▼ 五二号室~ (6, 0.0%)

1 ではない, で今日, という数字, の女, は到頭, へ午後三時

▼ 五人がかり~ (6, 0.0%)

1 であんな, でもドウ, でも動かせ, で全力, で取抑えよう, で組立てた

▼ 五人組帳~ (6, 0.0%)

2 なるもの 1 が世, の前書, の起原, は佐倉

▼ 五代前~ (6, 0.0%)

1 という, の主人, の儀十, の履仲天皇, の我々, の祖先

▼ 五代史~ (6, 0.0%)

1 が出, が著しい, になる, にはその, は春秋, までの正史

▼ 五以下~ (6, 0.0%)

2 並びに註參照 1 にこの, にグイード・ダ・モンテフェルトロ, に曰く, に詳し

▼ 五位以上~ (6, 0.0%)

1 においては多く, には正, の人, の者猥, はどう, 諸司

▼ 五億万円~ (6, 0.0%)

3 の金塊 1 という言葉, ばかりの金塊, ほどだ

▼ 五六フィート~ (6, 0.0%)

1 あること, ある白馬山, にもなる, に達する, の四角い, の大きな

▼ 五六ヶ所~ (6, 0.0%)

1 から三間四間, から凄, に建てた, に擦疵, ほど補助, 刺されて

▼ 五六ヶ月~ (6, 0.0%)

1 か二三ヶ月, して, なら一番, の実験, 経って, 過ぎる頃

▼ 五六万~ (6, 0.0%)

1 に過ぎますまい, のね, の住民, の金, も人口, 少くも

▼ 五六万円~ (6, 0.0%)

1 にも値するであろう, の赤字, の金, もするです, らしい, を投ず

▼ 五六人連れ~ (6, 0.0%)

1 で来, の中国人たち, の乱暴者, の向う, の学生, の旅芸人

▼ 五六字~ (6, 0.0%)

1 にて現す, の上, はほとんど, ほども打ち継い, 書いた, 書いたり

▼ 五六日ごろ~ (6, 0.0%)

1 にはかえって, に薫, のこと, の夕月, の御, の様子

▼ 五六日後~ (6, 0.0%)

1 から修学旅行, に近づい, のこと, の夜, の或, の明るい美しい

▼ 五六日間~ (6, 0.0%)

1 にちょっと, には過ぎない, に漁れた, は人, は板, は餘程注意

▼ 五六服~ (6, 0.0%)

1 さて感, と言つたの, の間, も經, 吸ったかと, 立て續

▼ 五六歳頃~ (6, 0.0%)

1 その父, になる, にやる, の中学時代, の昔, の最

▼ 五六番~ (6, 0.0%)

1 から十番, といふところ, のところ, やって, 上がって, 老妻

▼ 五六百兩~ (6, 0.0%)

1 あると, いや千兩, が紛失, にも餘ら, の不足, はあるでせう

▼ 五六米~ (6, 0.0%)

1 にも及ぶ, の距離, の長, は高い, ほど低い, 置きに

▼ 五円也~ (6, 0.0%)

1 というの, とし, のもぐら代, を受け取る, を呈し, を頂戴

▼ 五円宛~ (6, 0.0%)

1 じゃ何, の大入袋, の当り祝ひ, も取ったら, を臨時賞, 送る旨

▼ 五分ごと~ (6, 0.0%)

1 に先頭, に出る, に単調, に彼ら, に曲折, に通る

▼ 五分の三~ (6, 0.0%)

1 という結果, と想像, に近い, はセピア色, は夜光蟲, は白人種

▼ 五分前後~ (6, 0.0%)

1 ですね, に覚醒, に調餌室, のもの, の熱, 早くなる

▼ 五分時~ (6, 0.0%)

3 を経 1 がほども打続き, が過ぎゆく, ばかりの間

▼ 五分間位~ (6, 0.0%)

1 そのまま置く, は尾, も経つた, ゐ続いたかしら, 焼きます, 煮て

▼ 五十いくつ~ (6, 0.0%)

1 かになっ, かの人命, がみな, になる, のきり, のさ

▼ 五十そこそこ~ (6, 0.0%)

1 にしか見えず, に見えた, の大, の婦人, の年配, の紳士

▼ 五十カペーカ~ (6, 0.0%)

2 だけ奮発 1 くれたが, だけ増し, には決して, に麦粉

▼ 五十セント~ (6, 0.0%)

1 だとの, になっ, になります, の割, を請求, 取られました

▼ 五十ヤード~ (6, 0.0%)

1 と推定, ばかりの眼前, ばかりの裂け目, ほど進む, も進む, を筆頭

▼ 五十七人~ (6, 0.0%)

1 で三人, という様, にのぼっ, に達しました, の人夫, もの社長重役

▼ 五十万年前~ (6, 0.0%)

1 ないし, に発足, の人, の人間, の古, の猿

▼ 五十三四~ (6, 0.0%)

1 か, であるから, でいらつ, になった, の主, の小肥り

▼ 五十三駅~ (6, 0.0%)

1 のうち, の名, の雄風, の駅, を押下, を過

▼ 五十五度~ (6, 0.0%)

1 が十度, だネ, になっ, の炎天, の線, はあの

▼ 五十人以上~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の多数, の紳士淑女, の職工, もいるだろう

▼ 五十八名~ (6, 0.0%)

1 の中, は無事, ばかりえりぬき, ほど選りぬき, もい, 出来また

▼ 五十六人~ (6, 0.0%)

1 で三両二分, で多い, とある, となつ, の大, は薩摩國甑島郡

▼ 五十円以上~ (6, 0.0%)

1 いろ, でタンス, にまで飛び上っ, の人々, の値, の金

▼ 五十分一~ (6, 0.0%)

4 の雛形 1 すなわち五十人中, にも足らぬ

▼ 五十四年~ (6, 0.0%)

2 の八月 1 にはザンベジ河, のあいだ, の非, の餅

▼ 五十回忌~ (6, 0.0%)

2 に相当 1 に付, の大, の法事, を期

▼ 五十回目~ (6, 0.0%)

1 じゃない, ですよ, とかになる, のお, の誕生, の誕生日以来

▼ 五十年昔~ (6, 0.0%)

4 になる 1 の木, まで親

▼ 五十幾歳~ (6, 0.0%)

1 かのはず, とかで, のこの, の元気盛り, の遠藤主膳, を一期

▼ 五十米突~ (6, 0.0%)

2 に足らぬ 1 と下っ, の低空, の大菩薩嶺, も進んだ

▼ 五十錠~ (6, 0.0%)

1 から百錠, ずつ二十四五日間, なくなって, ほどずつアドルム, を獲た, 無くなって

▼ 五十首~ (6, 0.0%)

1 からもあります, に近い, ばかりは失つて, ばかり読めない, を作り, 載り

▼ 五千ルーブル~ (6, 0.0%)

2 の手形 1 からの金, で何, という訳, の五分利つき

▼ 五千浬~ (6, 0.0%)

1 しか航海, というすばらしい, は大丈夫, を飛び歩いた, 走ること, 走る力

▼ 五千磅~ (6, 0.0%)

2 の地所 1 の金, は薩摩, を要求, 即ち我が

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 ありて, その外宿報, それから詩評, にいづ, の書物, は兩軍相互

▼ 五号活字~ (6, 0.0%)

1 ぐらいはぼんやり, で岡本誠夫, の四六版, の弘教書院蔵, の標題, の間

▼ 五合位~ (6, 0.0%)

1 なもん, な牛乳, の割, へえ, を一升, 入るの

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 で買った, で食べられる, にさせ, 上り十留, 多い, 少くても

▼ 五圓札~ (6, 0.0%)

1 が一枚, を一枚, を出した, を疊, を見る, を顎

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 おもわず小林たち, にあらわれ, にし, に包みおおせ, を以て聴く, を為す

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 には女房, に分れ, の中, の家元, まである, を一社

▼ 五寸余り~ (6, 0.0%)

1 の箱根山椒魚, の素焼, も浮き上った, も積み重ね, も隙, 開いて

▼ 五尺六七寸~ (6, 0.0%)

2 もあろう 1 の大兵, はあるだろう, はそう, もある

▼ 五尺六寸~ (6, 0.0%)

1 ある, という長身, のもの, の絹, ばかりで, もある

▼ 五尺足らず~ (6, 0.0%)

2 であつ, の山内 1 の小男, の顔面

▼ 五年以下~ (6, 0.0%)

1 であったこと, では人口, で倍加, にし, にても父母, の懲役

▼ 五年生れ~ (6, 0.0%)

1 だから, だと, であるから, で日本流, のオリガ・フォルシュ, の今年八十四歳

▼ 五年私~ (6, 0.0%)

1 が二十歳頃, が揚子江, が皇軍慰問, は六歳, は結婚, は西町三番地

▼ 五~ (6, 0.0%)

2 段という 1 の罪人, の血肉, の輩乍ら末期, 段の

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 だ, だの何, との割合, とり出して, の中, の藁

▼ 五日おき~ (6, 0.0%)

2 に送り来る 1 ぐらいにおばさん, には必ず, に幾度, に来い

▼ 五日一緒~ (6, 0.0%)

2 に生活 1 でしたが, にい, に伸子, に暮した

▼ 五日付~ (6, 0.0%)

1 でロシヤ應接係, で筒井, で米国, の一通, の約束, の飜譯文

▼ 五日朝~ (6, 0.0%)

1 のこと, の七時, の九時, までのわずか, まで衣裳一式, より十六日

▼ 五日来~ (6, 0.0%)

1 お柏持病脳痛不出来, の彼, の暗雲, の雨, の顔, 生れて

▼ 五日発行~ (6, 0.0%)

2 の, の第 1 というの, となっ

▼ 五日程~ (6, 0.0%)

1 か, して, それから駿河本町, 経て, 苦しい思ひ, 行って

▼ 五時十分~ (6, 0.0%)

1 かで出かけました, である, でまだ充分, にコトコト, に下り始め, 急いで

▼ 五本指~ (6, 0.0%)

2 の足あと 1 で小鬢, の触手みたい, の馬, を持った

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 である, の場合, もあった, もある, を, を古

▼ 五枚目~ (6, 0.0%)

1 だから, の肋六枚目, の肋骨, は四等, までとった, まで番号

▼ 五歳未満~ (6, 0.0%)

1 が窃盗四人, で, の者, の青少年, は窃盗四人, をもっ

▼ 五段目左端~ (6, 0.0%)

2 が7, は7, は7以上

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 が鼻, の方, の書評, の顔触れ, を見舞, 来るビクター

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 の宴会, の帰り, の故, の漁師たち, の釣小舟, へ招い

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 に達しない, の沖, の西北, の速力, ほどの速力, も屍体

▼ 五~ (6, 0.0%)

2 のしたたか者 1 という女賊, という強竊盗, とか六犯, も六犯

▼ 五百カロリー~ (6, 0.0%)

2 の熱量 1 から五千カロリー, としてある, の営養価, を要する

▼ 五百ポンド~ (6, 0.0%)

1 に手, の値段, の巨体, ほど掛かる, もかかった, を相続

▼ 五百九十九年~ (6, 0.0%)

1 である, でマホメッド, にはウイン, の年の瀬今, の春, も六百年

▼ 五百元~ (6, 0.0%)

2 あった 1 でもこっち, とはべら棒, とは高い, もする

▼ 五百台~ (6, 0.0%)

1 からのロケット, が五つ六つ, です, というたいへん, は火星兵団, 引き請けて

▼ 五百機~ (6, 0.0%)

1 だの, に近い, の碧緑, はいる, ぽつち, 立てて

▼ 五百法~ (6, 0.0%)

1 ですナ, でで, の補助, の補助金, は嫌う, は当時

▼ 五百萬~ (6, 0.0%)

1 に達した, のブルジユワ, の利足, の歳, を引き, を引く

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 である, に祈願, の中, の社殿, は天草, 御參詣

▼ 五秒間~ (6, 0.0%)

1 ぐらいである, で著しい, にこの, の後, は焔, 遅れたるなり

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 だと, に在る, の速, ばかり西北方, 益々ちがう, 約十四里

▼ 五糎砲~ (6, 0.0%)

1 がみな, が一ばん, ではない, で射っ, はいま, を射っ

▼ 五菩薩~ (6, 0.0%)

2 の大幅 1 の仮名, へ, を画いたなら, 歌うけ

▼ 五萬兩~ (6, 0.0%)

1 とかの金, と積んだ, どうかしたら, にはなる, にもなる, はあるだらう

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 しそして, した花冠, して, し輻状, せる緑萼, せる鐘形花

▼ 五~ (6, 0.0%)

1 であるとか, といふやう, と申します, の種類, は儒家, を中心

▼ 五郎子~ (6, 0.0%)

1 か, で一哩, とは百鯨, と前後, ばかり, ゐられ一人

▼ 五郎次郎~ (6, 0.0%)

1 が投げ, が給料, の仲, の肩, の胤, は顎

▼ 五郎自身~ (6, 0.0%)

1 でさ, と平次, の, の経験, の經驗, もまた

▼ 五郎達~ (6, 0.0%)

1 が歓喜, が袖, のやう, の寄り合, はそんな, は云

▼ 五里七里~ (6, 0.0%)

2 の山奥, 歩く日 1 と踏み出す, は離れ

▼ 五間四方~ (6, 0.0%)

1 あるという, ぐらいの水溜り, ぐらいの部屋, ぐらいは急激脳震盪, なり, のもの

▼ 五階選士~ (6, 0.0%)

2 です, の皆 1 となられし, になられし

▼ 五〇〇円~ (5, 0.0%)

1 から一, という指示, になっ, は要するに, をもう

▼ 五〇万ドル~ (5, 0.0%)

1 にて年々一億五六〇〇万ドル, の利, の利息, の多き, の費用

▼ 五〇九~ (5, 0.0%)

1 という俥屋, と染め抜いた, と染め抜きたる, に, の俥

▼ 五か村~ (5, 0.0%)

1 で分担, のもの, の意向, の私, は焼き払われ

▼ 五ぐらい~ (5, 0.0%)

1 だそれ, でどの, で痘痕面, ならいいが, 跳んで

▼ 五これ~ (5, 0.0%)

1 は五月, は山, は年齡, は總兵衞, を嚥下

▼ 五だった~ (5, 0.0%)

1 から, からのう, わ, んだ, 色白の

▼ 五とか~ (5, 0.0%)

1 つくの, 云た, 六とかに, 十六とか, 言ふ

▼ 五として~ (5, 0.0%)

1 おべんちゃら一つで, 其總重量及び, 居る, 歴史的に, 発表された

▼ 五とも~ (5, 0.0%)

1 あろうもの, なれば, 考へられ三六, 見えますが, 見える口髭

▼ 五なら~ (5, 0.0%)

1 おばあ, お婆さんぢや, べの初心者, 五と, 日本でも

▼ 五グラム~ (5, 0.0%)

2 の交換価値 1 ある, と定め, は健全

▼ 五コペイカ~ (5, 0.0%)

1 ずつ遣る, でございます, に騰る, のライ麦, をどういう

▼ 五サンチーム~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの小銭, であがる, というの, の切手, の違

▼ 五ヵ条~ (5, 0.0%)

1 のうち, の終り, の誓文, は極めて, を見

▼ 五丁目辺~ (5, 0.0%)

1 で旦那様, になっ, の或, は下等, まで行く

▼ 五七〇~ (5, 0.0%)

3 より 2 の家

▼ 五万ポンド~ (5, 0.0%)

1 すなわちわが, の値, の相続者, もう一冊, を放資

▼ 五万三千石~ (5, 0.0%)

1 だが, で二百何十人, と一時, の岡部家, の弟

▼ 五万余~ (5, 0.0%)

3 の兵 1 という人口, を借り出す

▼ 五万余騎~ (5, 0.0%)

1 あるいはそれ, の夢, も編成, をさずけ, をととのえ

▼ 五中将~ (5, 0.0%)

2 の隅田川 1 が借金, と呼んだ如きであろう, と言

▼ 五九郎~ (5, 0.0%)

1 だ, に似, の喜劇役者, の大部屋, の方

▼ 五人とも~ (5, 0.0%)

2 に死人 1 にいずれ, にいつのまにか, に人並み

▼ 五人三人~ (5, 0.0%)

1 こうやって来た, ずつ江島屋, と得物, を槍玉, 持て居る家

▼ 五人以上~ (5, 0.0%)

2 同時に渡る 1 いるよう, の知り合い, 同時に渡るべからず

▼ 五人兄妹~ (5, 0.0%)

2 の四人, を殺せ 1 をさらった

▼ 五人女~ (5, 0.0%)

2 にも於七 1 に, の三, の人

▼ 五人娘~ (5, 0.0%)

1 があり, として売り出す, のうち, を相談, を遠い

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 のうち四件, のごとき, の常, は必ず, 調べて

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 という古物市場, という古物露天商人, という古物露天店, の古, の連中

▼ 五個月~ (5, 0.0%)

1 といふ, としても二十七個月, のアイネ・リィド, の覚束, は犬一疋

▼ 五八二年~ (5, 0.0%)

1 その重臣, に法王グレゴリー一三世, の一月, の一月四日, の春分

▼ 五六カ月~ (5, 0.0%)

1 の後, ばかり以前, もつづいた, をすごした, 働いて

▼ 五六七八九~ (5, 0.0%)

1 と五回, と増加, のうち, の五ヶ月, の十手

▼ 五六三郎~ (5, 0.0%)

2 という奴 1 が楓, だ, の鼻

▼ 五六人其~ (5, 0.0%)

4 に大勢 1 に所化たち

▼ 五六位~ (5, 0.0%)

1 のおとなし, の少女, の正直, の髪, 取る程

▼ 五六十万~ (5, 0.0%)

1 でしょう, の仏蘭西人, の現金さ, もあり, をこえるであろう

▼ 五六十年間~ (5, 0.0%)

1 においてどんな, に於, の通し矢, を語っ, 尊い血潮

▼ 五六十日~ (5, 0.0%)

1 でなおるだろう, の日數, の間, も不漁, も経つ

▼ 五六十歩~ (5, 0.0%)

3 下りて 1 の距離, 離れて

▼ 五六十疋~ (5, 0.0%)

1 それからヤク, というそれ, に羊, ばかりも斬った, 飼ってたです

▼ 五六千年~ (5, 0.0%)

2 立つと 1 の歴史, の間, もま

▼ 五六巻~ (5, 0.0%)

1 から三十巻, くらいには上っ, に載せ, の書物, までの校正

▼ 五六年ごろ~ (5, 0.0%)

1 と思う, には, のわたくし, の少年たち, の風俗

▼ 五六年来~ (5, 0.0%)

2 次第に肥満 1 さらに面会, の友人, も其の

▼ 五六歩あと~ (5, 0.0%)

1 からつづい, から従いました, になつて利根子, に歩い, へ引きもどされた

▼ 五六歩先~ (5, 0.0%)

1 に歩い, に立った, に見えた, に進ん, へ行つて

▼ 五六歩前~ (5, 0.0%)

1 には一人, に立ち止まる, の叢, を歩い, 迄馳

▼ 五六町先~ (5, 0.0%)

1 が見えない, にある, の富川町, は見えない, まで追い崩し

▼ 五六箇月~ (5, 0.0%)

3 の間 1 の間頻繁, 長きもの

▼ 五六粒~ (5, 0.0%)

2 と一緒 1 とそこ, 実って, 拾った

▼ 五六組~ (5, 0.0%)

2 の逗留客 1 あると, も出, 無い事

▼ 五六輪~ (5, 0.0%)

1 とべつ, の花, の豆菊, を淡い, 咲き出したよ

▼ 五分おき~ (5, 0.0%)

1 ぐらいに時計, というわけ, に全, に呼びだしました, に壇上

▼ 五分くら~ (5, 0.0%)

1 ゐかかる, ゐな, ゐの, ゐも, ゐ如何にも

▼ 五分の一以上~ (5, 0.0%)

1 ではない, に遥か, の死亡者, も伸びた, 作っては

▼ 五分の二~ (5, 0.0%)

1 と見れ, に短縮, は黒赤人種, までで引返し, をやや

▼ 五分毎~ (5, 0.0%)

1 には柝木, に一回, に打つ, に陛下, に雪

▼ 五割増~ (5, 0.0%)

1 くらいの仕事, くらいまでの仕事, どころかいざ, も精いっぱい, 正四位

▼ 五十かい~ (5, 0.0%)

1 の上, までかけ, までし, までできました, までのぼつ

▼ 五十ぴき~ (5, 0.0%)

1 ぐらいいる, にもなる, の魚, はそろり, もそろり

▼ 五十ルピー~ (5, 0.0%)

1 それから食物, ばかりあった, もする, を還し, 借入れ荷物

▼ 五十一人~ (5, 0.0%)

1 が農村居住者, なり, の膝, もある, 残って

▼ 五十万以上~ (5, 0.0%)

1 では無かっ, の人口, の金, の金額, もっと高額

▼ 五十丈~ (5, 0.0%)

1 ぐらいも使っ, に及ん, のもの, の滝, の飛瀑

▼ 五十三円~ (5, 0.0%)

1 で子供, ばかりの税, もらったと, 丁度ふた, 送って

▼ 五十三銭~ (5, 0.0%)

1 あった, だって云った, と米一升六合, に比べ, の金

▼ 五十九人~ (5, 0.0%)

1 とある, となっ, と見え, の作者, の多数

▼ 五十二分~ (5, 0.0%)

1 でこれ, です, で立ち, に始, を指し

▼ 五十五錢~ (5, 0.0%)

2 であつ 1 でなければ, で好い, の輸入

▼ 五十人余り~ (5, 0.0%)

1 あるいは騎馬, がひとかたまり, に減っ, の人数, も集まっ

▼ 五十人分~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの肉, しか出来なかった, の寝台, の薬, の食堂

▼ 五十人百人~ (5, 0.0%)

1 の人々, の参拝者, の客, を一網打尽, 集まりますよりも

▼ 五十台~ (5, 0.0%)

1 がはいれ, の初め, の機械機, も百台, 作られたきり

▼ 五十号~ (5, 0.0%)

1 が彼女, ですから, になった, のカンバス, の大作

▼ 五十哥~ (5, 0.0%)

1 だ, だけ盗む, でも多い, より, をゴーリキイ

▼ 五十四帖~ (5, 0.0%)

1 の功, の外題, の終巻, の絵巻, を写す

▼ 五十年あと~ (5, 0.0%)

3 までは唯関 2 までは唯

▼ 五十年代~ (5, 0.0%)

1 によく, の分裂, の海, の自由主義者, までの汽船

▼ 五十日あまり~ (5, 0.0%)

1 の日, の病床, も安静, も私, をすごした

▼ 五十時間~ (5, 0.0%)

1 の上, の後, の無駄, の私, ばかり前

▼ 五十杯~ (5, 0.0%)

1 さしもに, つながって, の脂, は取れましょう, も入っ

▼ 五十格恰~ (5, 0.0%)

2 の男 1 の巖疊, の恐ろしい, の手拭

▼ 五十樽~ (5, 0.0%)

1 が一, が等しく, ほどを車, を早速, を輸入

▼ 五十点~ (5, 0.0%)

1 から六十点, が六つ, だ, である, を陥れる

▼ 五十燭光~ (5, 0.0%)

1 が並んだ, でもまだ, の懐中電灯, の電燈, の電球

▼ 五十畳敷~ (5, 0.0%)

1 だと, の広, の広間, ほどもあろう, もあろう

▼ 五十疋~ (5, 0.0%)

1 くらい一か年一貫七百文納入, くらい塔森, で買い入れた, の驢馬, も居たです

▼ 五十秒~ (5, 0.0%)

1 から一分, で爆裂, は考へる, ばかりあっ, も歩く

▼ 五十稲荷~ (5, 0.0%)

3 の縁日 1 というの, の裏

▼ 五千キロメートル~ (5, 0.0%)

1 にしよう, に拡大, はある, へだ, 離れたシベリア

▼ 五千一万~ (5, 0.0%)

2 の優勝者 1 で優勝, と手下, の鯖

▼ 五千余~ (5, 0.0%)

1 の兵, の兵力, は均しく, を付し, を持ち来った

▼ 五千俵~ (5, 0.0%)

2 の米 1 をも贈与, を割い, を発し

▼ 五千本~ (5, 0.0%)

1 と稱, の指, の苗, は入用, を用意

▼ 五千里~ (5, 0.0%)

1 だ, の航, の長途, も走る, 程遠従今旬余

▼ 五反目~ (5, 0.0%)

5 を織りきる

▼ 五号線~ (5, 0.0%)

1 というの, に出られない, をもっと, を北, を避け

▼ 五圓五十五錢~ (5, 0.0%)

2 であつ 1 でなければ, で好い, の輸入

▼ 五圓紙幣~ (5, 0.0%)

1 が一枚, が七枚, であるか, と交換, を出す

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 せまり伏す枯尾花, にかけて, に組ん, の御, の雛

▼ 五大州~ (5, 0.0%)

1 に隣, に鳴る, をのみこむ, をのみこもう, を周遊

▼ 五~ (5, 0.0%)

3 の備え 1 の中核, の軍馬

▼ 五寸あまり~ (5, 0.0%)

1 の大き, の鋭利, も宙, も身丈, も鞘ぐるみ

▼ 五尺一寸~ (5, 0.0%)

2 くらい痩せ 1 あること, です, の予

▼ 五尺二三寸~ (5, 0.0%)

2 のスラリ 1 の小柄, の脊丈, はあるらしい

▼ 五尺余~ (5, 0.0%)

1 と聞い, の地下, の弥勒仏, の青, 押えようと

▼ 五尺余り~ (5, 0.0%)

1 なの, の杭, の珍しい, の雪庇, も蹴鞠

▼ 五尺四五寸~ (5, 0.0%)

1 しかない, だが, のもの, の普通, の高

▼ 五年あと~ (5, 0.0%)

1 にお前, には自分, にやりはじめた, のこと, も同じ

▼ 五年あまり~ (5, 0.0%)

1 だんだん様子, の年つき, の彼女, も帰らなかった, も音信不通

▼ 五年がかり~ (5, 0.0%)

1 でやっと, で築いた, で粛正, で貯めこんだ, の勞症

▼ 五年以内~ (5, 0.0%)

2 に, に倍加 1 のもの

▼ 五年以降~ (5, 0.0%)

1 でなお, のフランス, のロシア, の混乱, 引続き増進

▼ 五年先~ (5, 0.0%)

1 きか, でもかまわぬ, というよう, の八月二十日, へとぶ

▼ 五年八月以後~ (5, 0.0%)

1 この武士道ドラマ, この禁止, の女学生, の混乱期, 第一回

▼ 五年末~ (5, 0.0%)

1 から一九四六年中ごろ, には約, に特に, に至る, をもっ

▼ 五年秋~ (5, 0.0%)

1 いわゆる, から桜田, と明記, に至っ, の十月二十七日

▼ 五度め~ (5, 0.0%)

3 の航海 1 である, はその

▼ 五~ (5, 0.0%)

2 もあらう, もあろう 1 もある

▼ 五斗俵~ (5, 0.0%)

1 が持ていで, が持てる, は樂, を担ぐ, 持つん

▼ 五斗兵衛~ (5, 0.0%)

1 が末胤, つづいては, のだんな寺, の人別, むっくと起き

▼ 五日あと~ (5, 0.0%)

1 だ, にお立ち, になっ, には追, に欧米漫遊

▼ 五日あまり~ (5, 0.0%)

2 も懸らね 1 になります, の心配, も日

▼ 五日すぎ~ (5, 0.0%)

1 から腰, て清松, にあか子, に敏子, に来る

▼ 五日のち~ (5, 0.0%)

3 のこと 1 には赤外線テレヴィジョン装置, に警察

▼ 五日以来~ (5, 0.0%)

1 から最高, この方面, の新, の第, は兵隊たち

▼ 五日前彼~ (5, 0.0%)

2 は掏摸 1 が焼酎, はこの, は小田原

▼ 五日日本~ (5, 0.0%)

1 のファシズム権力, の一行, の侵略的, の無条件降伏後, の降伏

▼ 五日東京~ (5, 0.0%)

1 だよりの, で休養, に残らなけれ, は突然, へ護送

▼ 五日目位~ (5, 0.0%)

1 かと思います, からは銭湯, からスープ, から筆, でちょうど

▼ 五日逗留~ (5, 0.0%)

2 して 1 いたし彼方此方, の序, の後

▼ 五日通り~ (5, 0.0%)

1 から入っ, とネ, の野菜食堂, へ出た, をのっ

▼ 五~ (5, 0.0%)

2 を祭り 1 によりて五行思想, に迷信的思想, は太陽

▼ 五時三十分~ (5, 0.0%)

1 とし, に出, に寄航, に霜, の小田原発

▼ 五時四十五分~ (5, 0.0%)

2 です 1 ですから, にドイツ軍, もそれぞれ時計

▼ 五~ (5, 0.0%)

2 として何程 1 か爺さんそれぢ, に廻し, に追

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 の子, の男子, の神, ましき, ませり

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 と引きつづい, の, の付け句素材, の往診, の無敵艦隊

▼ 五歳頃~ (5, 0.0%)

1 から竹刀, になったら, のこと, まではあの, を語れ

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 ずつの血液, ずつ与える, でその, のアダリン錠, の注射器

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 だけはまだ, で綱宗, のアンドレイ, の但馬守宗矩, の小次郎

▼ 五町さき~ (5, 0.0%)

2 の畑 1 の喫茶店, の宿屋, の農家

▼ 五町十町~ (5, 0.0%)

2 とその 1 と私, と距, と道ぞい

▼ 五畳敷~ (5, 0.0%)

1 ぐらいそこ, ぐらいの広, にいつ, の床, 程の広

▼ 五百万弗~ (5, 0.0%)

1 くれる人, の金, は持っ, をある, を持ち

▼ 五百二十年~ (5, 0.0%)

1 じゃによって今, で金剛智三藏, に來, に大西洋, 古く後

▼ 五百五十人~ (5, 0.0%)

1 からの子供, である, の中, の列席, は榊原康政

▼ 五百五十円~ (5, 0.0%)

1 かそれだけ, で売られ, で買い取った, ほどである, まで

▼ 五百以上~ (5, 0.0%)

1 にも及んだ, に達す, の参衆, もあつ, 入って

▼ 五百体~ (5, 0.0%)

1 の人造人間, の左慈, の機械人間, もズラリ, より一杯

▼ 五百何十円~ (5, 0.0%)

1 か, とは殆, は百倍, 出して, 出せ

▼ 五百余り~ (5, 0.0%)

1 が退路, にご, の人数, の精兵, の論文

▼ 五百余艘~ (5, 0.0%)

1 が父孫堅, で島, の兵船, の船影, はもう

▼ 五百個~ (5, 0.0%)

1 くらいはあり, の減少, はあり, を増加, 売れるん

▼ 五百冊~ (5, 0.0%)

1 に垂, ばかりまとめ, ばかりもあっ, もの本, 売れたわけ

▼ 五百匹~ (5, 0.0%)

2 の河童たち 1 くらいの蜜蜂, の鼠, を貸し与えよう

▼ 五百句~ (5, 0.0%)

2 を選んだ 1 に限った, を一日一夜, を吐いた

▼ 五百年以前~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 から今, の物, まではなかなか

▼ 五百本~ (5, 0.0%)

1 からの竹藪, こしらえて, ずつ大きい, にもなる, 持ち帰つたからと

▼ 五百石取り~ (5, 0.0%)

1 のお歴々, の先, の旗本真柄権, の旗本福田左京, の武士

▼ 五百萬兩~ (5, 0.0%)

1 で以, で濟, のもの, 掛けたら七百五十萬兩, 掛けて

▼ 五箇国~ (5, 0.0%)

2 の解文 1 には止りませぬ, に関するもの, の兵

▼ 五箇條~ (5, 0.0%)

1 である, などの遺文以上, になつ, の第, を作つて天下

▼ 五米突~ (5, 0.0%)

1 に及ん, ばかりの薄い, ほど隔てた, も低い, も行かない

▼ 五虎大将軍~ (5, 0.0%)

1 となす, とは何, の一人, の職制, の首席関羽

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 です, に名, に見えるぐずり, の, までコフマン

▼ 五説経~ (5, 0.0%)

2 の, の一つ 1 の其一

▼ 五貫文~ (5, 0.0%)

1 につけた, の割合, の御, の銭, ばかりになる

▼ 五軒先~ (5, 0.0%)

2 の瓦斯燈 1 がボウボウ, に行く, の鍛冶屋

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 の徒, の罪, の者, 十悪の, 消滅

▼ 五郎それ~ (5, 0.0%)

1 に元服, に呼び寄せられ, に彌次馬, に金六, を追

▼ 五郎作~ (5, 0.0%)

1 けだ, としてある, としてゐる, と稱, は抽斎

▼ 五郎兵衛~ (5, 0.0%)

2 は五十三, は腹 1 の頭

▼ 五郎治~ (5, 0.0%)

2 の代 1 から言付けられ, に於, は此の程

▼ 五郎親分錢形~ (5, 0.0%)

3 の親分 1 のお蔭, の親分さん

▼ 五里あまり~ (5, 0.0%)

1 だ, の道程, も歩いたであろう, も隔たっ, 離れましたところ

▼ 五銀行~ (5, 0.0%)

2 の方 1 の地下, の破産, の頭取

▼ 五銭十銭~ (5, 0.0%)

1 というあの, という拝観料, とせしめた, と取り, などといふ単価

▼ 五銭白銅貨~ (5, 0.0%)

1 ほどのねじ, をもっ, を一つ, を二三枚お婆さん, を戴い

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 しか与えられない, のむと, のん, の銭, を貰っ

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 が保, と倶, の十五糎砲, の砲, は凶

▼ 五階六階~ (5, 0.0%)

2 まで登る 1 と登っ, はエレベータア, へエレベータア

▼ 五~ (5, 0.0%)

1 がある, と申します, の庭以, の若い, は千五百畝

▼ 五〇〇万人~ (4, 0.0%)

1 とされ, の労働者, の軍人, ほどいる

▼ 五〇〇年~ (4, 0.0%)

1 から一八〇〇年, に切り開いた, に小, より以前

▼ 五〇クヲタア~ (4, 0.0%)

1 であっても, ならば, に対して課せられ, を産出

▼ 五〇%下落~ (4, 0.0%)

1 したとしても, しても, すること, の後

▼ 五か年~ (4, 0.0%)

1 の辛苦, の間, を平均, を経過

▼ 五ぐらいな~ (4, 0.0%)

1 夫人の, 奴じゃ, 子守の, 少年を

▼ 五しか~ (4, 0.0%)

1 ない, ない視力, 無かつ, 違ひません

▼ 五じゃ~ (4, 0.0%)

1 よ, ア定命とは, 人間の, 無いか

▼ 五とせ~ (4, 0.0%)

1 になる, の, を經, 住みながら

▼ 五なる~ (4, 0.0%)

1 こと表面に, わらべ蛇の, を誤り, 男が

▼ 五はい~ (4, 0.0%)

1 の船, の飯, をつごう, 水を

▼ 五カペーカ銀貨~ (4, 0.0%)

1 じゃ駄目, の一つ, ばかり貯め, を一枚

▼ 五カ年間~ (4, 0.0%)

1 つづけて, に限り百分の三・五, はこの, は無

▼ 五コペエケン~ (4, 0.0%)

1 お持ちなさい, を一つ, を払, 出して

▼ 五シルリング~ (4, 0.0%)

1 お恵み, と三ペンス, の銀貨, やる

▼ 五スー銀貨~ (4, 0.0%)

1 はそこ, は水, をなくした, を落とした

▼ 五センチメートル~ (4, 0.0%)

1 で用紙, とし, ばかり, ほど離れた

▼ 五ツ時~ (4, 0.0%)

1 でございましたが, と定められた, と相, まで營中

▼ 五ツ組~ (4, 0.0%)

1 とか言い, に分ける, に分れ, の者

▼ 五ン合~ (4, 0.0%)

1 とか六合, のジャガイモ, の豆一升, ばかしあったで

▼ 五ヵ年計画完成~ (4, 0.0%)

3 のため 1 の最後

▼ 五ヶ月目~ (4, 0.0%)

1 がやって来た, にはとうとう, に生れました, の九月一日

▼ 五・〇〇〇弗~ (4, 0.0%)

2 といふ事 1 と出張旅行費年額二五・〇〇〇弗, を受取る

▼ 五・七・五~ (4, 0.0%)

1 という形, という調子, に感情, ばかりであっ

▼ 五一〇六三~ (4, 0.0%)

1 が一度, であり同じ, という一団, という未婚男子

▼ 五七五七~ (4, 0.0%)

2 と言 1 と幾つ, と繰り

▼ 五七五七七~ (4, 0.0%)

1 が独立, という音数律, の調子, をもつ

▼ 五万五千~ (4, 0.0%)

1 ぐらい塩竈, ないし六万家族, の兵, の購買ユニット

▼ 五万坪~ (4, 0.0%)

2 に近い 1 ありて, なかでも秘園

▼ 五万年前~ (4, 0.0%)

2 の人骨 1 だ, にサル

▼ 五万町歩~ (4, 0.0%)

2 の土地 1 である, とふくれ上っ

▼ 五万遍~ (4, 0.0%)

1 の数遍, は無益, を唱え, 誦せば

▼ 五三・三四〇瓩~ (4, 0.0%)

2 を引く 1 ですね, とこの

▼ 五三繩~ (4, 0.0%)

1 が繞, の繩片, は今や, を張り

▼ 五世式~ (4, 0.0%)

1 でもなけれ, の装, の軍服, の非常

▼ 五世紀頃~ (4, 0.0%)

1 にはかつて, の作品, の歐洲, の物

▼ 五両五粒~ (4, 0.0%)

1 がもの, だッ, で買った, の馬

▼ 五九〇〇〇~ (4, 0.0%)

1 であるか, であるとか, に等しく, の人口

▼ 五九・九五フラン~ (4, 0.0%)

1 から五九・九〇フラン, においての買手, において売手, またはそれ以下

▼ 五九三年~ (4, 0.0%)

1 のこと, の初めエセックス, の十月, の四月

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 についての関心, の苦しみ, を作らしめた, 之主宰

▼ 五二以下~ (4, 0.0%)

1 にいづ, にては愛, にシノン, 及びダンテ

▼ 五五シリング~ (4, 0.0%)

1 であり外国栽培者, であり残り, であると, で売っ

▼ 五交響楽~ (4, 0.0%)

1 のフィナーレ, をかけた, を深刻, を聞いた

▼ 五人ぢ~ (4, 0.0%)

1 やありません, やなかつた, やなく, や數

▼ 五人の~ (4, 0.0%)

2 だん 1 は魯迅君, も固

▼ 五人一度~ (4, 0.0%)

2 に笑 1 に声, に橋

▼ 五人一緒~ (4, 0.0%)

1 だった, にやってき, に右, に寝た

▼ 五人囃~ (4, 0.0%)

1 じゃア, とその, と模様, と貝雛

▼ 五人声~ (4, 0.0%)

1 にし, のない, を合せ, を揃え

▼ 五人掛り~ (4, 0.0%)

1 だった, で弦, で押えられ, にて辛くも

▼ 五代目尾上菊五郎~ (4, 0.0%)

1 が最後, が死んだ, となる, とも交

▼ 五代目歌右衛門~ (4, 0.0%)

1 となった, と改名, の父, の若

▼ 五会場~ (4, 0.0%)

3 です 1 をあます

▼ 五倍六倍~ (4, 0.0%)

1 では, といくら, にもいう, に殖えた

▼ 五億ポンド~ (4, 0.0%)

2 のバター 1 というの, の財産

▼ 五兩包~ (4, 0.0%)

2 が四つ 1 の小判, を二つ

▼ 五八七年~ (4, 0.0%)

2 から六四五年 1 の五月, まですなわち

▼ 五六の~ (4, 0.0%)

2 が草 1 がつ, を召使

▼ 五六ヵ月~ (4, 0.0%)

1 しか学ぶ, の日子, も働く, 経ったばかりの

▼ 五六人いずれ~ (4, 0.0%)

1 も慾, も背中, も身, も身の丈

▼ 五六人それ~ (4, 0.0%)

1 に先生, に当たって地, に看, を習い

▼ 五六兩~ (4, 0.0%)

1 しか溜まらなかつた, の金, も溜まりました, 溜めるやうぢ

▼ 五六册~ (4, 0.0%)

1 あつて, かかへてき, しかありません, も詰め

▼ 五六分前~ (4, 0.0%)

1 になる, にやっと, にフロックコート, に去った

▼ 五六割~ (4, 0.0%)

1 が八ツ, ずつ騰貴, までさう, も殖え

▼ 五六十個~ (4, 0.0%)

1 のボタン, もある, も一杯, も連続的

▼ 五六十囘~ (4, 0.0%)

2 に至つて, の豫定

▼ 五六十回~ (4, 0.0%)

1 にし, に至っ, の予定, はかかろう

▼ 五六十歳~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの年齢不確か, であったが, の老人, の頭

▼ 五六十米~ (4, 0.0%)

1 から百米前後, の褐色, もある, もあろう

▼ 五六十里~ (4, 0.0%)

1 といえ, ほど下, もある, も退却

▼ 五六十間~ (4, 0.0%)

1 と言つて, も下, も歩き去る, も歩く

▼ 五六十騎~ (4, 0.0%)

1 おかし申そう, の者, をつれ, を連れ

▼ 五六千人~ (4, 0.0%)

1 と見られた, にも余る, 広い境内, 繰り出しましたが

▼ 五六呎~ (4, 0.0%)

1 の長, の高, も捲き込まれた, も違います

▼ 五六圓~ (4, 0.0%)

1 のこと, の金, も使つた, 集めて

▼ 五六才~ (4, 0.0%)

1 になつ, の元気, の古巣右内, の時分

▼ 五六歩足~ (4, 0.0%)

1 を寄せ, を早めた, を運び, を運んだ

▼ 五六点~ (4, 0.0%)

1 しか見えない, だけを残し, の骨董, 散らばって

▼ 五六百米~ (4, 0.0%)

2 の高 1 が其限度, の高所

▼ 五六秒~ (4, 0.0%)

1 がつ, である, のあいだ呼吸, の後

▼ 五六郎樣~ (4, 0.0%)

1 と許嫁, の方, の許嫁, は繁

▼ 五六里先~ (4, 0.0%)

2 きに 1 の, の町

▼ 五六階~ (4, 0.0%)

3 の石段 1 から下

▼ 五六隻~ (4, 0.0%)

1 いた, のゴンドラ, ひどく傷ついた, 周章てふためいて

▼ 五円なにがし~ (4, 0.0%)

1 こそこの, となった, と決定, を払っ

▼ 五円六十銭~ (4, 0.0%)

1 だった, です, の俸給, 払った

▼ 五円昇給~ (4, 0.0%)

3 した 1 された

▼ 五円札一枚~ (4, 0.0%)

1 しかなかっ, しか持て居ない, ですっかり, を持っ

▼ 五円紙幣一枚~ (4, 0.0%)

1 あつた, とそれから, と電車切符, は袂

▼ 五分の利子~ (4, 0.0%)

1 である, で村, を付する, を私自身

▼ 五分の時間~ (4, 0.0%)

1 だった, でも空, と二円, はその

▼ 五分前頃~ (4, 0.0%)

1 から今, だったでしょう, でしょう, に三人

▼ 五分間演説~ (4, 0.0%)

1 が初, だつたら一日一晩, に予て, を提案

▼ 五分間許~ (4, 0.0%)

2 りでは 1 りも, り経つて

▼ 五列部隊~ (4, 0.0%)

2 のフン大尉 1 のため, は監獄

▼ 五割以上~ (4, 0.0%)

1 の返本, は適中, を占め, を占領

▼ 五勺位~ (4, 0.0%)

1 から皆無, な割, 入れるの, 出ます

▼ 五十くら~ (4, 0.0%)

3 ゐの 1 ゐに

▼ 五十ぢ~ (4, 0.0%)

1 かいそ, かい男, かい男ざかり, かい職人てい

▼ 五十一分三十秒~ (4, 0.0%)

2 にあの 1 からあの, となる

▼ 五十七分~ (4, 0.0%)

1 か, であった, 即ち離陸後二十四分, 着第

▼ 五十七名~ (4, 0.0%)

2 とが出会った 1 でご, の剣士

▼ 五十七米~ (4, 0.0%)

3 の三角点 1 低い

▼ 五十三名~ (4, 0.0%)

1 が前後五日, の共産党代議士, の地主, を合祀

▼ 五十三度~ (4, 0.0%)

1 から四十度, されど雪後, にあった, の地点

▼ 五十三篇~ (4, 0.0%)

1 である, のほか, は自分, を存

▼ 五十九日~ (4, 0.0%)

1 で結ん, と七百六十五日目, にも更, はよし

▼ 五十二三歳~ (4, 0.0%)

1 であったろうと, であるが, の女, の梵妻風

▼ 五十二名~ (4, 0.0%)

1 の不幸, の殉教, の船客, は十一台

▼ 五十五日~ (4, 0.0%)

1 に過ぎぬ, の船旅, の長い, も船

▼ 五十体~ (4, 0.0%)

1 ずつ並ん, ずつ二列, なお幾多, の一族

▼ 五十何分~ (4, 0.0%)

1 かにここ, かにこちら, かにのりおくれ, かに島田

▼ 五十余町~ (4, 0.0%)

1 あつて, のあいだ, もある, も後退

▼ 五十余種~ (4, 0.0%)

2 その大 1 の材料, を翻刻

▼ 五十八万四千フラン~ (4, 0.0%)

1 あった, は名, まあ六十万フラン, をマリユス

▼ 五十八人~ (4, 0.0%)

2 もい 1 の中, もいる

▼ 五十六分~ (4, 0.0%)

1 から七分, しかか, しかかからぬ, と記載

▼ 五十六年~ (4, 0.0%)

1 では, に波斯譯, に至る, の間

▼ 五十六銭~ (4, 0.0%)

1 がわれわれ, であるが, というの, の利

▼ 五十円六十円~ (4, 0.0%)

1 すぐ出せる, では, と送っ, 出して

▼ 五十分の汽車~ (4, 0.0%)

1 でウォーターロー, で八幡, で博多発, で哈爾賓

▼ 五十呎~ (4, 0.0%)

1 から二, がスルスル, ばかりになる, より百呎

▼ 五十四人~ (4, 0.0%)

1 すなわち約, の採, の過半, 総人数二百六十九人

▼ 五十左右~ (4, 0.0%)

1 がっしりした, の巌丈, の立派, の総髪

▼ 五十年ぶり~ (4, 0.0%)

1 だもの, で金瓶, の大雪, らしく庭

▼ 五十年七十年~ (4, 0.0%)

1 と時代, と限られた, の事, の間

▼ 五十年六十年~ (4, 0.0%)

1 のよ, の後, を送る, を隔てた

▼ 五十年目~ (4, 0.0%)

1 にあ, にあたりますの, に故郷, の奇遇

▼ 五十手~ (4, 0.0%)

2 なら五十手 1 と約束, なら五十

▼ 五十日百日~ (4, 0.0%)

2 と日 1 とおい, をかさね

▼ 五十条~ (4, 0.0%)

2 の大 1 の袈裟, もある

▼ 五十條~ (4, 0.0%)

2 の大 1 第二號, 第二項

▼ 五十浬~ (4, 0.0%)

1 と離れ, の洋上, ばかりのところ, もあります

▼ 五十目位~ (4, 0.0%)

1 でも老, なもの, な雛鶏, な鶏

▼ 五十組~ (4, 0.0%)

1 の弁当, の羽織紐, の食卓, もの人達

▼ 五十羽~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの雁, とはありますまい, も飼った, も飼つて

▼ 五十銭づつ~ (4, 0.0%)

3 の値段 1 まうける

▼ 五十銭の~ (4, 0.0%)

1 もあります, をこれ, を買, を買う

▼ 五十銭均一~ (4, 0.0%)

2 か何 1 にしたら, のほう

▼ 五十銭宛~ (4, 0.0%)

1 くれて, だが, で東京, の勘定

▼ 五十銭玉二つ~ (4, 0.0%)

1 の他, をそのまま, を出し, を机上

▼ 五十銭紙幣~ (4, 0.0%)

1 に重, はやはりちゃんと, を一枚, を一枚彼

▼ 五十銭銀貨二枚~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 を出し, を出す

▼ 五十錢銀貨~ (4, 0.0%)

2 を出し 1 が三枚, を一つ

▼ 五十題~ (4, 0.0%)

1 あれば, といふ, なんて出せ, の質問

▼ 五十餘年~ (4, 0.0%)

1 で唐, の勞苦, の昔, を距

▼ 五十點~ (4, 0.0%)

1 がせいぜい, といふ球突, になつ, にまでせり登つて

▼ 五千トン~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの汽船, のうち六一・九%, の船, ばかりの貨物汽船

▼ 五千万年~ (4, 0.0%)

1 かからないと, も走りたく, 乃至一億年以前, 乃至一億年前

▼ 五千六百万キロ~ (4, 0.0%)

1 がたった, だと, である, ほどになっ

▼ 五千円以上~ (4, 0.0%)

1 にとる, になる, のお金, 使っては

▼ 五千円位~ (4, 0.0%)

1 になる, のお金, のもの, の収入

▼ 五千噸~ (4, 0.0%)

1 あるそう, ぐらいの軽, の汽船, の貨物船

▼ 五千萬圓~ (4, 0.0%)

1 にも當, にも相, に減る, に達する

▼ 五千貫~ (4, 0.0%)

1 から腐らかいたで, と仰せつけ, 乃至一万貫, 取った歴々

▼ 五升位~ (4, 0.0%)

1 とれました, はお, は持っ, 取るの

▼ 五升釜~ (4, 0.0%)

1 が三つ, とがぐらぐら, にぐらぐら, の下

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 その次男, の妻, の家人, の細君

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 かを出資, ともありませんでした, にも六口, の債務六百四十何円

▼ 五句目~ (4, 0.0%)

1 にある, に当たる, に現われる, は此連作

▼ 五号船~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, のぶっ, のエンジンどころ, はごく

▼ 五合入り~ (4, 0.0%)

1 の万寿, の古, の緑毛亀盃, や一升入り

▼ 五合賭~ (4, 0.0%)

1 で来い, で果し合い, なんて大口, をやっ

▼ 五~ (4, 0.0%)

21 九年丁巳に, 州中にて

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 ほどの炭油塗り, もある, を第, を超えず

▼ 五問題~ (4, 0.0%)

2 が配置, を用意

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 にむかふ, の上, の鬼, を守る

▼ 五回以上~ (4, 0.0%)

1 の鯨飲馬食, も行っ, 読んだこと, 鳴るところ

▼ 五回六回~ (4, 0.0%)

1 という設計変更, と続く, と蹴合い, におよんだ

▼ 五国光~ (4, 0.0%)

1 だ, とみ, の刀, の鵜首作り

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 あるが, からが五〇年後, の長編, や二十場

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 が二十一, といっ, のうち, を責める

▼ 五寸五分~ (4, 0.0%)

1 とある, とかいう大, となっ, に七寸位

▼ 五寸先~ (4, 0.0%)

1 が一寸先, きは, にどうぞ, は見え

▼ 五寸六分~ (4, 0.0%)

1 であり計器, ですぜ, になりました, のもの

▼ 五尺一二寸~ (4, 0.0%)

1 ぐらいしかあるまい, ぐらいな小男, しかなかっ, の小男

▼ 五尺何寸~ (4, 0.0%)

2 かある 1 とあり, もある

▼ 五尺六尺~ (4, 0.0%)

2 となるだろう 1 という降雪, と漸次

▼ 五尺許~ (4, 0.0%)

2 りの 1 なる籘, の半紙

▼ 五局目~ (4, 0.0%)

1 ではなかつた, ではノッピキ, の対局, の彼

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 という, という名前, という家号, の老人

▼ 五層倍~ (4, 0.0%)

2 にもなつ, にも十層倍

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 に關, の同士等佛教, の道士, を巡り

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 の木綿風呂敷二三枚, の蒲団, の風呂敷, ばかりの鬱金

▼ 五帝本紀~ (4, 0.0%)

1 から夏殷周秦本紀あたり, といふもの, には九男二女, には黄帝

▼ 五師団~ (4, 0.0%)

1 の分捕, の混成旅団, の第, の野砲隊

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 あつて, の長い, ばかり, をこなし得る

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 であった, と前, と寅蔵, は禰宜

▼ 五年あたり~ (4, 0.0%)

1 からぼく, の新年号, はまだ, までは裕福

▼ 五年のち~ (4, 0.0%)

1 にムーア彗星, の今日, の明治二十三年三百六十五万町歩, まで町内

▼ 五年三年~ (4, 0.0%)

1 の前, の後, の食料, は持たせ

▼ 五年中~ (4, 0.0%)

2 に芝 1 に書かれた, のラジオ講演

▼ 五年八月六日~ (4, 0.0%)

2 のバクダン以前 1 のバクダン以後, の朝

▼ 五年十二月号~ (4, 0.0%)

1 が一冊, に発表, の, を最後

▼ 五年半~ (4, 0.0%)

1 の周期, ばかりになった, ばかり御, を總

▼ 五年平均~ (4, 0.0%)

3 の出生 1 の結婚

▼ 五年東京~ (4, 0.0%)

1 および大阪, と大阪, に住ん, に出

▼ 五年生全体~ (4, 0.0%)

1 がざわめき立っ, にいじめられる, の名, の特権

▼ 五年男子組~ (4, 0.0%)

2 の教室 1 の子供たち, の方

▼ 五年間私~ (4, 0.0%)

1 が住ん, はこの, は古, は故郷

▼ 五度六度~ (4, 0.0%)

1 と度重なるだろう, と敵, の恋, やや有っ

▼ 五度東経六厘~ (4, 0.0%)

4 の処

▼ 五弓氏~ (4, 0.0%)

1 が奥, が細君, はする, は註釈

▼ 五律一~ (4, 0.0%)

2 がある 1 が録存, である

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 かそこら, という規定, に値切り倒した, の月給

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 にもろい, の言葉, をほしい, を没

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 は長い 1 ありとも, を建て

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 与六手 1 に分け, 与六隊

▼ 五斗兵衞市~ (4, 0.0%)

1 てえの, の処, の姐, の家

▼ 五日の~ (4, 0.0%)

1 と, と一緒, と六月二十五日の, は右手

▼ 五日以前~ (4, 0.0%)

1 ある家, から絶えず, に一升壜, の市塵庵

▼ 五日制~ (4, 0.0%)

1 だ, になり, をとっ, をとり

▼ 五日前後~ (4, 0.0%)

1 であると, に市場, の京都, の東京

▼ 五日卯時~ (4, 0.0%)

3 発す 1 に発す

▼ 五日崩~ (4, 0.0%)

4 りたま

▼ 五日振り~ (4, 0.0%)

2 に天保山 1 でやう, の湯上り

▼ 五日条~ (4, 0.0%)

4

▼ 五日目ごと~ (4, 0.0%)

1 にある, に一日, に繰り返され, に順番

▼ 五日目頃~ (4, 0.0%)

1 から光子, から極めて, に午前中余, の夜中

▼ 五時二十分~ (4, 0.0%)

1 に出発, に来たでしょう, に生れました, の名古屋発東京行

▼ 五時五分前~ (4, 0.0%)

1 に, になりました, まで踊りつづけ, をしらせ

▼ 五時以後~ (4, 0.0%)

1 です, に外出, は何ん, は盛り場

▼ 五時六時~ (4, 0.0%)

1 から七時, から汚, となり, はまるで

▼ 五時半すぎ~ (4, 0.0%)

1 から六時四十分頃, です, になる, までは男

▼ 五時半座~ (4, 0.0%)

3 へ出る 1 へ行く

▼ 五時四十分~ (4, 0.0%)

1 であった, で今日松高山岳部, に四人, に汽車

▼ 五時間以上~ (4, 0.0%)

1 かかって, は駄目, もか, も働かなけれ

▼ 五會場~ (4, 0.0%)

3 です 1 をあます

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 に成る, の五百年, の頂点, ノ名

▼ 五本骨~ (4, 0.0%)

2 の扇 1 で真中, の方

▼ 五来氏~ (4, 0.0%)

1 が自分, は巴里, は眼, を訪ねた

▼ 五枚六枚~ (4, 0.0%)

1 そしてこれ等, ですむ, の隨筆, またたくひま

▼ 五枚錣~ (4, 0.0%)

1 の兜, の大, の鉢兜, を頂いた

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 なりしもの, のお, の估券, の手掛り

▼ 五歩六歩~ (4, 0.0%)

1 しばらく佇ん, と行く, 行きし後宮, 駈戻って

▼ 五歳以前~ (4, 0.0%)

1 には子供, のこと, の幼童, は武士

▼ 五歳以後~ (4, 0.0%)

1 からこの, は婚姻, は最早, 書くこと

▼ 五歳御陵~ (4, 0.0%)

2 は衝田 1 は畝傍山, は畝火山

▼ 五段抜き~ (4, 0.0%)

1 で, で報道, で紹介, の大

▼ 五段歩~ (4, 0.0%)

1 とつづけられる, に近い, の田圃, ほど田

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 して 1 し十二日, に要する

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 が岳 1 が岳の下, ヶ岳

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 ぐらい多かっ, の大きい, はたっぷり, はたつ

▼ 五町先~ (4, 0.0%)

1 の榎, へ神輿, までやって来た, を見当

▼ 五百ヤード~ (4, 0.0%)

1 の先, ほども行き過ぎた, もある, も駈け込ん

▼ 五百万ドル~ (4, 0.0%)

1 からの錫, から十八億ドル近く, と云え, をくだるまい

▼ 五百万年~ (4, 0.0%)

1 もあの, もくさらない, も前, 経つと

▼ 五百余名~ (4, 0.0%)

2 の人々 1 とかぞえられ, の切支丹

▼ 五百俵~ (4, 0.0%)

1 である, の献上, より七百九十九俵, を食ん

▼ 五百円也~ (4, 0.0%)

1 となった, と記入, の血, を呈上

▼ 五百十八番~ (4, 0.0%)

3 が千兩 1 が富突き

▼ 五百号~ (4, 0.0%)

2 を記念 1 の記念, をことほぎ

▼ 五百尺以上~ (4, 0.0%)

1 にある, の山中, の高山, の高度

▼ 五百年来~ (4, 0.0%)

1 の島津家, の悪政, の神歌, 鍛えられて

▼ 五百斤~ (4, 0.0%)

1 で青瓷, の如意金箍棒, を負い, 乃至千斤

▼ 五百束~ (4, 0.0%)

1 すなわち度量衡, と注し, に対して十五束, を給

▼ 五百歩~ (4, 0.0%)

2 ばかり離れた 1 ばかりにすぎなかった, ほどのところ

▼ 五百石積~ (4, 0.0%)

2 の金毘羅船 1 の藩船, を家

▼ 五百間~ (4, 0.0%)

1 さ, の外囲, もあらん, を立てた

▼ 五百頭~ (4, 0.0%)

2 の馬 1 どころか一千頭, はいよう

▼ 五百題~ (4, 0.0%)

1 にも有ります, は見た, を出し, を本箱

▼ 五百餘年~ (4, 0.0%)

1 の歴史, の長い, の長き, を經

▼ 五磅二シリング一〇ペンス~ (4, 0.0%)

1 である時, ならば, に売れ, の時

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 であります, です, となっ, は特別

▼ 五等席~ (4, 0.0%)

1 から覗い, にも乗りたがらず, に載せ, をつくれ

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 なら五筋, のう門出, のほつれ毛, の髪の毛

▼ 五箇庄~ (4, 0.0%)

1 と並ん, の山, は言うまでもなく, や庄川上流

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 とは整, は今や, は残れる, 依然単

▼ 五菩薩来迎図~ (4, 0.0%)

2 にし 1 の雲, ほど固く

▼ 五萬五千兩~ (4, 0.0%)

1 ですか, でないとは, に眼, の隱

▼ 五萬石~ (4, 0.0%)

1 からの舊, の雄藩, を召, を領したる

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 あり以前, の大将軍, の將軍今, の栄官

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 が, とか扇蝶, と申します, に壽樂

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 の上, の入口, は素晴らしく, も通行

▼ 五街道~ (4, 0.0%)

2 のうち 1 の惡者殆, への出入り口出入り口

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 とが一つ, の女, を蝶, 着て

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 にあまる, に滿, の主, の書

▼ 五軒さき~ (4, 0.0%)

1 に踊り, の家, の質屋, の魚屋

▼ 五軒茶屋~ (4, 0.0%)

1 でミッちゃん, と云った, の名, を名

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 と数, と數, の人力車, の車

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 と呼ん, を断っ, を服し, を服する

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 の術 1 にある, を以

▼ 五郎これ~ (4, 0.0%)

2 は平次 1 は少し, も自分

▼ 五郎一流~ (4, 0.0%)

2 の拙い 1 の早耳, の糞力

▼ 五郎兵衞~ (4, 0.0%)

1 と云つた, と改めた, と稱, は定

▼ 五部隊~ (4, 0.0%)

1 にわかち, の参軍梁畿, の如く, を用い

▼ 五里十里~ (4, 0.0%)

1 と歩き出す, の眞白, の道, もの遠方

▼ 五重五郎~ (4, 0.0%)

1 という名前, と誌, の位牌, の名札

▼ 五銭也~ (4, 0.0%)

2 の女工さん 1 でめし, で売りとばした

▼ 五銭銅貨~ (4, 0.0%)

1 がなくなる, のやう, を一つ, 程の円

▼ 五長太~ (4, 0.0%)

1 が落ちます, という士族, と云う, と桑原治平

▼ 五間あまり~ (4, 0.0%)

1 のかなた, の彼方, 行き過ぎた, 駆け抜けて

▼ 五間うしろ~ (4, 0.0%)

1 で, におののい, にその, へ押された

▼ 五間以上~ (4, 0.0%)

1 と定められ, もあらう, もある, も遠く

▼ 五間位~ (4, 0.0%)

2 しかない 1 の家, の本堂

▼ 五間十間~ (4, 0.0%)

1 あるいは百間, ぐらいの距離, と張り, 離れても

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 で一集団, に分れ, に軍勢, も出動

▼ 五~ (4, 0.0%)

1 をよく, を前, を書く, 出すん

▼ 五~ (4, 0.0%)

2 も七駄 1 の木, の馬荷

▼ 五、人~ (3, 0.0%)

1 ありスコットランド, および物, にはおのおの

▼ 五〇〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 が十年間毎年供給, の年々, の新兵

▼ 五〇〇フラン~ (3, 0.0%)

1 で土地, を支払い, を賃銀

▼ 五〇〇年代~ (3, 0.0%)

1 のもの, の芸術家ら, の話

▼ 五〇キロ~ (3, 0.0%)

1 に位置, の海域, の焼夷弾

▼ 五〇フラン~ (3, 0.0%)

1 だった, となり, または二三・七五フラン

▼ 五〇一~ (3, 0.0%)

1 がやっぱり, が四ポイントいくつ, が四ポイント六八

▼ 五〇万人~ (3, 0.0%)

1 つまり半分, の職工, を突破

▼ 五〇人~ (3, 0.0%)

2 の画家 1 になってる

▼ 五〇封度~ (3, 0.0%)

1 その価値, のそれ, の重

▼ 五〇年以前~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, のもっぱら, の四十年間

▼ 五〇年度~ (3, 0.0%)

1 の大いなる, の文学現象, は青少年

▼ 五〇年頃~ (3, 0.0%)

1 ならん, までは文化, 死す

▼ 五〇番~ (3, 0.0%)

1 ですか, では, をさがしました

▼ 五〇米~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの相当, という山塊, ほどの登り

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 久美は, 作が, 染が

▼ 五かと~ (3, 0.0%)

1 思うが, 思われる屈強, 見える前髪

▼ 五か所~ (3, 0.0%)

1 の遊蕩場, はある, も勤めた

▼ 五くらいの~ (3, 0.0%)

1 その男, 年で, 方達は

▼ 五ぐらいに~ (3, 0.0%)

2 おなりでしょう 1 見える二人

▼ 五さい~ (3, 0.0%)

1 いえ六さい, からほんの, になっ

▼ 五そう~ (3, 0.0%)

2 の小舟 1 の舟群

▼ 五たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 五たび目~ (3, 0.0%)

1 に使者, に尼提, に見舞い

▼ 五だけの~ (3, 0.0%)

1 味は, 色人の, 集まりを

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 や, やお前, やねえか

▼ 五でしか~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ないかん

▼ 五とを~ (3, 0.0%)

1 えさせし, 合わせる時分, 合わせ終ったところ

▼ 五において~ (3, 0.0%)

1 再現され, 言はれた, 言われたよう

▼ 五にて~ (3, 0.0%)

1 これも, 怜悧なり, 色白に

▼ 五にもな~ (3, 0.0%)

1 つてゐる, つて夢みたいな, つて少し

▼ 五に対する~ (3, 0.0%)

1 おせい様, 若松屋惣七の, 限りお

▼ 五ばかりに~ (3, 0.0%)

1 なる子供, 成る子, 成る百姓

▼ 五ばんめ~ (3, 0.0%)

1 のおねえ, の妖女, は棚

▼ 五ひとり~ (3, 0.0%)

2 に会っ 1 だけが血みどろ

▼ 五ほどの~ (3, 0.0%)

1 丸テーブルを, 小男で, 年配で

▼ 五また~ (3, 0.0%)

1 三十フィートの, 二十マイルも, 五七は

▼ 五または~ (3, 0.0%)

1 二六フランと, 五七とを, 十六俵下等には

▼ 五よりも~ (3, 0.0%)

1 二つ三つ年下では, 大きいないし, 大きい乃至

▼ 五カペイカ~ (3, 0.0%)

1 かった, で売っ, の蝋燭一本

▼ 五カペーカ~ (3, 0.0%)

1 ずつしかあたらない, だけ奮発, だしましょう

▼ 五カラット~ (3, 0.0%)

1 のこと, の事, の大粒

▼ 五カ月前~ (3, 0.0%)

1 から組織的, すでに自ら, の同じ

▼ 五キロメートル~ (3, 0.0%)

1 ないし二二〇キロメートル, の空中, ばかりで

▼ 五シンフォニー~ (3, 0.0%)

1 とヴァイオリン協奏曲, のレーベル, 第二楽章アンダンテ

▼ 五ツ以上~ (3, 0.0%)

2 は恰好 1 置くの

▼ 五ツ刻~ (3, 0.0%)

1 だから, だったろう, に木津

▼ 五ツ過ぎ~ (3, 0.0%)

1 に大塚仲町辺, に柳原, に連れ合い

▼ 五ツ間~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの家, しかない, ばかりのお家

▼ 五パーセント増~ (3, 0.0%)

1 に対して女子, に対して女子一〇七パーセント増, を含む

▼ 五フィート半~ (3, 0.0%)

1 のもの, ばかり離れた, 最も大きな

▼ 五ペンス~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, を与う, を與

▼ 五マルク~ (3, 0.0%)

1 とかの賠償金, と五シルリング, の札

▼ 五ミリメートル~ (3, 0.0%)

1 あるとか, とする, のびるもの

▼ 五ミリ程度~ (3, 0.0%)

1 のもの, の厚, の小さ

▼ 五リラ~ (3, 0.0%)

1 あります, 出せば, 呉れよと

▼ 五ルピー~ (3, 0.0%)

1 くれと, と着物, 掛けて

▼ 五ヵ年計画以前~ (3, 0.0%)

1 に書かれた, に比べ, のこと

▼ 五ヵ月ぶり~ (3, 0.0%)

1 でズボン, で宮, で用事

▼ 五ヵ村~ (3, 0.0%)

1 が何千石, が頼朝時代, に秋本さん一人

▼ 五ヶ國~ (3, 0.0%)

1 に亘り, の代表者, は當時日の出

▼ 五ヶ年間~ (3, 0.0%)

1 にようやく, の収, の平均

▼ 五ヶ月さき~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 には自分

▼ 五ヶ月前~ (3, 0.0%)

1 に見た, に遡っ, 即ち昭和二年五月

▼ 五ヶ村~ (3, 0.0%)

2 の百姓 1 を受持ち

▼ 五・七・七~ (3, 0.0%)

1 が叙情, という形, の片

▼ 五・九~ (3, 0.0%)

1 ぐらいから六・二三分, ぐらいから六・六, で今六・一

▼ 五・五~ (3, 0.0%)

1 なること, になる, を示す

▼ 五・六年~ (3, 0.0%)

1 がこの, の, の間

▼ 五・四~ (3, 0.0%)

1 にみゆる, に出, に曰

▼ 五・四分の三~ (3, 0.0%)

1 でなく二七, ではなく, をもってすれ

▼ 五七十年~ (3, 0.0%)

2 の一生 1 も前

▼ 五七軒~ (3, 0.0%)

1 の家居, は囲, を見れ

▼ 五七頁~ (3, 0.0%)

1 にお, になっ, のところ

▼ 五万キロ~ (3, 0.0%)

1 とあっ, の優良ボーキサイト, は出

▼ 五万トン~ (3, 0.0%)

1 に上らず, の大, の豪華

▼ 五万分一地形図~ (3, 0.0%)

1 などであろう, はいつも, を一枚一枚

▼ 五万匹~ (3, 0.0%)

2 を下らない 1 集ったって

▼ 五万尾~ (3, 0.0%)

1 か二十万尾, とか沼, はいる

▼ 五万里~ (3, 0.0%)

1 ばかりも霧中, も先, を往く

▼ 五丈余~ (3, 0.0%)

1 の大仏, の桑, の瀑布

▼ 五丈館氏~ (3, 0.0%)

1 と運転手氏, も運転手氏, や運転手氏

▼ 五三一~ (3, 0.0%)

1 に, に前漢, の半目

▼ 五三五~ (3, 0.0%)

2 の十五 1 であること

▼ 五三十事件~ (3, 0.0%)

1 であるが, という重大, は大正十四年五月三十日

▼ 五三号室~ (3, 0.0%)

2 のベッド 1 で眼

▼ 五三頁~ (3, 0.0%)

1 と五四頁, に, の表

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 ガ八三デ, 參看, 同二十九日任右中将

▼ 五世広場~ (3, 0.0%)

1 とを通り, と呼ばれ, には馬

▼ 五世時代~ (3, 0.0%)

1 にはフランス, に出来た, の花籠

▼ 五世紀ごろ~ (3, 0.0%)

1 からのこと, から七世紀ごろ, のこと

▼ 五世菊五郎~ (3, 0.0%)

2 なるべし 1 が出勤

▼ 五両賭~ (3, 0.0%)

1 でなくっちゃ, でも十両賭, をした

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の返事, ノ上, 姫君は

▼ 五中隊~ (3, 0.0%)

1 が一大隊, の第, 第一小隊

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 であった, ばかり小, 買って

▼ 五九月~ (3, 0.0%)

1 には参詣, の年三度, や七月

▼ 五二十六二十七~ (3, 0.0%)

2 の三日間 1

▼ 五亭橋~ (3, 0.0%)

1 というの, の上, へ向っ

▼ 五人それ~ (3, 0.0%)

1 からしまいに, につい, に戸倉老人

▼ 五人一座~ (3, 0.0%)

1 でいよいよ, の中, の博奕

▼ 五人一組~ (3, 0.0%)

1 となっ, になっ, の定め

▼ 五人中~ (3, 0.0%)

1 に主人, に伊藤朝子, 同じ女

▼ 五人乗り~ (3, 0.0%)

1 の古風, の大きな, の車

▼ 五人仲間~ (3, 0.0%)

1 があっ, がいる, が来

▼ 五人十人二十人~ (3, 0.0%)

2 と見 1 となく

▼ 五人客~ (3, 0.0%)

1 があった, が来た, のいる

▼ 五人家族~ (3, 0.0%)

1 ですから, というの, を標準

▼ 五人山~ (3, 0.0%)

1 から降り, のよう, 掘夫四

▼ 五人揃~ (3, 0.0%)

2 ふて袷 1 へて遠く

▼ 五人殺し~ (3, 0.0%)

1 で警察, は, を材

▼ 五人私~ (3, 0.0%)

1 の家, はひとり, はギャア・ラマ

▼ 五人組帳前書~ (3, 0.0%)

1 は僅, は六十四箇条, を増補修正

▼ 五人詰~ (3, 0.0%)

2 の価 1 であるから

▼ 五代様~ (3, 0.0%)

2 と家達公 1 が霊前

▼ 五位上~ (3, 0.0%)

1 で村岡五郎, とある, を授けられた

▼ 五位六位~ (3, 0.0%)

1 の蔵人, ほどの妻, までも着

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 だが, は神話, まであ

▼ 五倍以上~ (3, 0.0%)

1 にあたり全, の俸給, の敵

▼ 五八三年~ (3, 0.0%)

1 ないし一六五四年, に生れた, に秀吉

▼ 五八番地~ (3, 0.0%)

1 と磯崎, の借家, の木

▼ 五八頁~ (3, 0.0%)

1 に, には右, のところ

▼ 五六ぺん往復~ (3, 0.0%)

3 なすって

▼ 五六七年~ (3, 0.0%)

1 あの頃, に生まれた, の頃

▼ 五六世紀頃~ (3, 0.0%)

1 から存在, のゼルマン歩兵, の椅子

▼ 五六両~ (3, 0.0%)

1 になった, はあります, 掻き集めたの

▼ 五六人位~ (3, 0.0%)

2 は入れます 1 の男

▼ 五六人寄集まり~ (3, 0.0%)

3 て調子

▼ 五六人集~ (3, 0.0%)

2 まつて 1 つたある

▼ 五六代~ (3, 0.0%)

1 の頃, まえの, も前

▼ 五六俵~ (3, 0.0%)

1 ほども多く, も穫れる, 取れるから

▼ 五六分の一~ (3, 0.0%)

1 から二十分の一内外, であり出生率, に過ぎず

▼ 五六分の時間~ (3, 0.0%)

1 があったろう, がある, がどう

▼ 五六十冊~ (3, 0.0%)

1 の書物, ほど取揃え, 積上げて

▼ 五六十匁~ (3, 0.0%)

1 から八十匁, のもの, の大

▼ 五六十匹~ (3, 0.0%)

1 の馬, は釣り上げた, も群

▼ 五六十尺~ (3, 0.0%)

1 で鯨, の谷の口, もある

▼ 五六十尾~ (3, 0.0%)

1 の蝦, はとれる, は下らない

▼ 五六十年後~ (3, 0.0%)

1 の寶暦十年, の正徳二年, の陽成天皇

▼ 五六十戸~ (3, 0.0%)

1 しかない貧しい, だと, ばかりの家

▼ 五六十米突~ (3, 0.0%)

2 の近景 1 のところ

▼ 五六口~ (3, 0.0%)

2 が少し 1 の頼母子講

▼ 五六寸以上~ (3, 0.0%)

1 の外国婦人, の大きな, の大物

▼ 五六小作り~ (3, 0.0%)

2 で少し 1 にし

▼ 五六尺下~ (3, 0.0%)

1 がつて, にしげっ, に空洞

▼ 五六年ぶり~ (3, 0.0%)

1 であった, で大阪, に瞼

▼ 五六年代~ (3, 0.0%)

1 であったと, のもの, はイギリス

▼ 五六年以前~ (3, 0.0%)

1 ことに大, であるが, にマゼツパ

▼ 五六年前彼~ (3, 0.0%)

1 がまだ, が技手, の父

▼ 五六年生~ (3, 0.0%)

1 から中学二三年生, くらいの子供, ぐらいに読ませれ

▼ 五六日前彼~ (3, 0.0%)

2 は彼 1 は母

▼ 五六日水~ (3, 0.0%)

3 につかっ

▼ 五六日經~ (3, 0.0%)

2 つた或 1 つと

▼ 五六条~ (3, 0.0%)

1 から五十条, の大, の白髪

▼ 五六歳ごろ~ (3, 0.0%)

1 から見なれ, のこと, まで私

▼ 五六浬~ (3, 0.0%)

1 のところ, を駛, 離れた海

▼ 五六滴~ (3, 0.0%)

1 しか飲まなかつた, ずつ飛ん, を地

▼ 五六片~ (3, 0.0%)

1 が, それから菓子店, を購

▼ 五六町並木~ (3, 0.0%)

3 の松

▼ 五六町内~ (3, 0.0%)

1 に跨がってる, に跨つてる, へ曲った

▼ 五六町西~ (3, 0.0%)

2 の方 1 へよった

▼ 五六百万~ (3, 0.0%)

1 と見積られ, の内, は動くまい

▼ 五六百年以前~ (3, 0.0%)

1 には溯らない, に出来, の作品

▼ 五六軒さき~ (3, 0.0%)

1 でございます, に大岩, に小料理屋

▼ 五六軒目~ (3, 0.0%)

1 の二階, の南側, の家

▼ 五六間前~ (3, 0.0%)

1 へ出る, まで近寄る, ヲ僕

▼ 五六間向う~ (3, 0.0%)

1 へ逃げる, へ飛ん, を歩い

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 として貴重, の猫, を劍道哲學

▼ 五円これ~ (3, 0.0%)

1 が道也, だけあれ, は毎月規則的

▼ 五円それ~ (3, 0.0%)

1 だけが必要, と加俸五割, は毎月

▼ 五円の~ (3, 0.0%)

1 は, は品切れ, を食べる

▼ 五円二十銭~ (3, 0.0%)

1 しきゃない, だと, の古

▼ 五円八十銭~ (3, 0.0%)

1 である, を送っ, 稼いだこと

▼ 五円六円~ (3, 0.0%)

1 で売れ, という景気, の玉露

▼ 五円程度~ (3, 0.0%)

1 のもの, の売上, の暮らし

▼ 五円近く~ (3, 0.0%)

1 のお金, の会計, の金

▼ 五分あまり~ (3, 0.0%)

1 ですっかり, へだ, も積み重なっ

▼ 五分すぎ~ (3, 0.0%)

2 までの間 1 小さい木橋

▼ 五分の一以下~ (3, 0.0%)

1 でありアルプス, であること, に減ずる

▼ 五分の一対一〇~ (3, 0.0%)

1 たらしめるには, でありまた, であり従って

▼ 五分の入り~ (3, 0.0%)

1 お花見日和, だらうと, となった

▼ 五分の列車~ (3, 0.0%)

1 で妾, で東京, で私

▼ 五分の所~ (3, 0.0%)

2 まで来 1 まで錨

▼ 五分の熱~ (3, 0.0%)

1 が三日, が二十八日, でね

▼ 五分の赤心~ (3, 0.0%)

3 がありました

▼ 五分の隙間~ (3, 0.0%)

1 があい, なく身構え, もない

▼ 五分ノ二~ (3, 0.0%)

2 しかない 1 にへった

▼ 五分一~ (3, 0.0%)

1 なりき, なりしを, 得れば

▼ 五分二十分~ (3, 0.0%)

1 とたつ, と待った, のもの

▼ 五分六~ (3, 0.0%)

2 だけ遅れる 1 で割れ

▼ 五分半径~ (3, 0.0%)

1 で永代橋, の円周, の場合

▼ 五分苅~ (3, 0.0%)

1 ではない, では無い, の陸軍大尉

▼ 五分角~ (3, 0.0%)

2 ぐらいの万創膏 1 程に切った

▼ 五分試し一寸試し~ (3, 0.0%)

1 に斬っ, に斬つ, の虐殺

▼ 五分近く~ (3, 0.0%)

1 もたっ, もゐ, をさし

▼ 五切れ~ (3, 0.0%)

1 はいっ, ばかりまつ, ばかり入れ

▼ 五割方~ (3, 0.0%)

1 の懸, は懸, 上がりましたよ

▼ 五助ちゃん~ (3, 0.0%)

1 か, がいった, は三日

▼ 五劫思惟~ (3, 0.0%)

2 の願 1 して

▼ 五勇士~ (3, 0.0%)

1 はいずれ, はそこ, は思い

▼ 五十そこら~ (3, 0.0%)

1 の気軽, の氣輕, の瘠せ

▼ 五十たび~ (3, 0.0%)

2 打ちました 1 ぶって

▼ 五十キロメートル~ (3, 0.0%)

1 でかなり, に達した, の涼風

▼ 五十コペエケン~ (3, 0.0%)

1 で音楽, に値上げ, の事

▼ 五十サンチーム~ (3, 0.0%)

1 あった, のお金, 持って

▼ 五十ドル札~ (3, 0.0%)

1 はさる, を一枚ポケット, を小

▼ 五十ページ~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, の楽譜, をあます

▼ 五十一二~ (3, 0.0%)

1 とする, の寛濶, の少女

▼ 五十一枚~ (3, 0.0%)

1 その代金八両三歩也, というところ, を書き上げた

▼ 五十一間~ (3, 0.0%)

2 に當 1 より四

▼ 五十七穴~ (3, 0.0%)

1 そのうち命取り, の内, の外

▼ 五十万円以上~ (3, 0.0%)

1 にあたります, に達す, 投ずる予定

▼ 五十万坪~ (3, 0.0%)

2 と称 1 という莫大

▼ 五十万弗~ (3, 0.0%)

1 からでしょう, といふ米国, を支出せん

▼ 五十三人~ (3, 0.0%)

1 の善知識, の多数, も居られました

▼ 五十三種~ (3, 0.0%)

1 の書類, も, を攫っ

▼ 五十両入り~ (3, 0.0%)

2 の財布 1 の栄三郎

▼ 五十両包み~ (3, 0.0%)

1 に手, の出どころ詮議, を三つ

▼ 五十両百両~ (3, 0.0%)

1 といったよう, と布施, と施

▼ 五十九分~ (3, 0.0%)

1 になる, までと午後三時, までのこの

▼ 五十二人~ (3, 0.0%)

1 から出来, と応援隊四百人, にも達し

▼ 五十二回~ (3, 0.0%)

1 と少し, に上っ, の誕生日

▼ 五十五六度~ (3, 0.0%)

1 だと, なるを, より六十五度

▼ 五十人許~ (3, 0.0%)

1 りであつ, り手, り手間

▼ 五十人近く~ (3, 0.0%)

1 の受験者, の此, も寄合

▼ 五十何歳~ (3, 0.0%)

1 かで悪化, かで郷里林崎, かのレムブラント

▼ 五十億~ (3, 0.0%)

2 の償金 1 もの償金

▼ 五十兩百兩~ (3, 0.0%)

1 と寄進, と貢いだ, の品

▼ 五十八九~ (3, 0.0%)

1 になりましょう, にもなりましょう, の年配

▼ 五十八哩~ (3, 0.0%)

1 の距離, 離れたバヒア・ブランカ市, 離れて

▼ 五十八年前~ (3, 0.0%)

2 この村越家 1 の旧

▼ 五十八種~ (3, 0.0%)

1 の中, の香木, はもとより

▼ 五十八議会~ (3, 0.0%)

1 の見学, ははじめ, は十三日

▼ 五十六億七千万年後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の世, の弥勒菩薩出現

▼ 五十六萬七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 五十円百円~ (3, 0.0%)

1 で買った, とまきあげられた, と値

▼ 五十円程度~ (3, 0.0%)

1 で年一回村, のもの, の作男

▼ 五十冊~ (3, 0.0%)

1 は読めよう, もございます, よりなれる

▼ 五十分ごろ~ (3, 0.0%)

1 でした, ですよ, まで倉田家

▼ 五十分の授業~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の済んだ

▼ 五十分の間~ (3, 0.0%)

1 であろうと, に総監殿, は無電連絡

▼ 五十分前~ (3, 0.0%)

1 がよい, に向こう, のこと

▼ 五十前~ (3, 0.0%)

1 なら女, の神官, の筈

▼ 五十反~ (3, 0.0%)

1 の帆, は出, 売りつけを

▼ 五十名ばかり~ (3, 0.0%)

1 が後, が演壇, に増えた

▼ 五十噸~ (3, 0.0%)

1 ぐらいです, の石炭, の越後丸

▼ 五十四分~ (3, 0.0%)

1 には杉戸, に豊橋, 考へて

▼ 五十四日~ (3, 0.0%)

1 である, の内, 全観測回数九百七十四回

▼ 五十四段~ (3, 0.0%)

1 が先刻予想, が見, の棋士

▼ 五十四里~ (3, 0.0%)

1 その中, の余, も離れた

▼ 五十基~ (3, 0.0%)

3 の磔柱

▼ 五十封度~ (3, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価, の重量

▼ 五十年やつ~ (3, 0.0%)

2 と一つ處 1 と一つ処

▼ 五十年位~ (3, 0.0%)

1 のもん, の義務教育, 過った処

▼ 五十年忌~ (3, 0.0%)

1 がいとなまれ, に当る, を機会

▼ 五十年百年~ (3, 0.0%)

2 の後 1 の命

▼ 五十年記念~ (3, 0.0%)

1 に国民, に当る, の文學講演會

▼ 五十年許~ (3, 0.0%)

1 りの, りを, り後

▼ 五十年頃~ (3, 0.0%)

1 から西暦紀元後二百二十六年, の出來事, は正しく

▼ 五十幾年~ (3, 0.0%)

1 の後, の間, もたった

▼ 五十度以南~ (3, 0.0%)

1 から五十三度四分線以北, に東風濃霧圏, の地

▼ 五十度位~ (3, 0.0%)

1 の温度, の間, まで温度

▼ 五十才~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの年輩, の老人, ばかりの柄

▼ 五十把~ (3, 0.0%)

1 あると, の籾, ほど運んだ

▼ 五十挺~ (3, 0.0%)

1 の鉄砲, の頭, ほどだ

▼ 五十日帶日子~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 五十日祭~ (3, 0.0%)

1 とか申す, の当日, をした

▼ 五十有余年~ (3, 0.0%)

1 ではありません, の昔, は潜心

▼ 五十束~ (3, 0.0%)

1 すなわち二石五斗, といふ大人, もした

▼ 五十機~ (3, 0.0%)

1 ぐらいはいる, の怪飛行隊, は見えた

▼ 五十歳あまり~ (3, 0.0%)

1 で鬢髪, になっ, もと陸軍

▼ 五十歳六十歳~ (3, 0.0%)

1 から先, のあの, の老人

▼ 五十歳近く~ (3, 0.0%)

1 なってからは, になっ, になつて

▼ 五十歳頃~ (3, 0.0%)

1 からのこと, までは修養, より六十八歳頃

▼ 五十由旬~ (3, 0.0%)

1 ありこの, その身量百五十由旬, 両翅各

▼ 五十石頂戴~ (3, 0.0%)

1 致した稻垣小左衞門, 致した黒川孝藏, 致すよう

▼ 五十箇~ (3, 0.0%)

1 だけ用意, と陛下, の煉瓦

▼ 五十篇~ (3, 0.0%)

1 というところ, なり, を越えた

▼ 五十粒~ (3, 0.0%)

1 が二十五円, ぐらい飲ん, の薬

▼ 五十艘~ (3, 0.0%)

1 と港入り, の蒸汽船, ばかりに屈竟

▼ 五十親~ (3, 0.0%)

3 なれば

▼ 五十許~ (3, 0.0%)

1 と見ゆる, の品, りの

▼ 五十足~ (3, 0.0%)

1 になる, の靴下, ばかり用意

▼ 五十銭これ~ (3, 0.0%)

2 は主 1 が小

▼ 五十銭程度~ (3, 0.0%)

1 であったから, であるから, の売上げ

▼ 五十錢位~ (3, 0.0%)

1 で澤山, なもん, の見当

▼ 五十錢銀貨一枚~ (3, 0.0%)

1 つかめそう, と外, 出して

▼ 五十間幅~ (3, 0.0%)

1 が三十間, に掘割, の道路

▼ 五十餘~ (3, 0.0%)

2 りの 1 の大兵

▼ 五十餘歳~ (3, 0.0%)

1 にし, になつて, 出づ

▼ 五十馬力~ (3, 0.0%)

1 のブリストルジュピタア発動機, の発動機, の飛行機

▼ 五十%~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの能率, までを女子, を少し

▼ 五千万年以上~ (3, 0.0%)

1 の太古, の昔, 多分一億年

▼ 五千五百万~ (3, 0.0%)

2 を養う 1 の人民

▼ 五千以上~ (3, 0.0%)

1 の薔薇, の都市, は今

▼ 五千余人~ (3, 0.0%)

1 が完全, という多数, の大

▼ 五千八百円~ (3, 0.0%)

1 が一番, という正札, の指輪

▼ 五千名~ (3, 0.0%)

1 ということ, に餘, の聴衆

▼ 五千枚~ (3, 0.0%)

1 のうち売れ残り, を得, を持っ

▼ 五千米~ (3, 0.0%)

1 いやいやもっとながい, にも達した, のヘルナー山頂

▼ 五千號~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ 五千言~ (3, 0.0%)

1 は其意, は道教, を遺した

▼ 五千足らず~ (3, 0.0%)

2 の漸 1 の小さい

▼ 五升樽~ (3, 0.0%)

1 に味噌, の一樽くら, を二つ

▼ 五厘切手~ (3, 0.0%)

1 の貼っ, を貼った, 使うの

▼ 五右衞門風呂~ (3, 0.0%)

1 で病氣, に入り, の湯

▼ 五号船室~ (3, 0.0%)

1 でお, に寝た, に関して聞いた

▼ 五合以上~ (3, 0.0%)

1 はある, は決して, は飲まない

▼ 五合余り~ (3, 0.0%)

1 の牛乳, も詰めたろう, を飲んだ

▼ 五合目あたり~ (3, 0.0%)

1 で焚火, と向い合っ, まで行く

▼ 五同志~ (3, 0.0%)

1 の一人, の如き, の時代

▼ 五周年~ (3, 0.0%)

1 という名, の祝ひ, の記念

▼ 五周年記念日~ (3, 0.0%)

1 こそ世界, を迎, を迎えられる

▼ 五四〇年~ (3, 0.0%)

1 という年代, には初め, に到りまし

▼ 五四・一六~ (3, 0.0%)

1 などの後, の後, の日本共産党

▼ 五四歩~ (3, 0.0%)

1 がいけない, がいけなかつた, それから間髪

▼ 五四頁~ (3, 0.0%)

1 とを参照, にいわく, にお

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 と一市, に聞いた, より

▼ 五坪位~ (3, 0.0%)

1 の平地, の平家, の平屋

▼ 五坪住宅~ (3, 0.0%)

2 の主人 1 が金儲け

▼ 五大国~ (3, 0.0%)

1 の一, の人間, の艦隊

▼ 五大学リーグ戦~ (3, 0.0%)

1 と云っ, と違う, に外

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 にて歌, 照らす大御神, 照らす大神

▼ 五家宝~ (3, 0.0%)

1 という菓子, をたべた, 切って

▼ 五寸余~ (3, 0.0%)

1 のもの, もあります, もあろう

▼ 五寸平方~ (3, 0.0%)

2 ほどのビラ 1 であったの

▼ 五対一〇~ (3, 0.0%)

1 である, であるが, に過ぎず

▼ 五対一〇〇~ (3, 0.0%)

1 である, であると, という

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 だ, の配置, をもっ

▼ 五~ (3, 0.0%)

2 爺が 1 爺も

▼ 五少年諸君~ (3, 0.0%)

1 がまず, が心, の行動

▼ 五尺あまり~ (3, 0.0%)

1 の大, の真黒, も掘り下げられる

▼ 五尺七寸位~ (3, 0.0%)

1 ある大男, ございます, もある

▼ 五尺五寸五分~ (3, 0.0%)

1 とある, とかいう大, となっ

▼ 五尺六寸二分~ (3, 0.0%)

1 あったとは, だったとは, であった

▼ 五尺四寸五分~ (3, 0.0%)

1 だとか, とかの良く, のあたりまえ

▼ 五尺四方~ (3, 0.0%)

1 というフロ場, に角楼, 高さ三

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 といふ明, に至りし, も集まっ

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 からもう, たかく聳え, のふところ

▼ 五巻広場~ (3, 0.0%)

3 の市参照

▼ 五布蒲団~ (3, 0.0%)

1 と枕, の柏餅, を掛ける

▼ 五~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 五平ら~ (3, 0.0%)

1 と共に出発, に約束, を語らい合わせ

▼ 五年さき~ (3, 0.0%)

1 でも結構, になる, に失

▼ 五年もの間~ (3, 0.0%)

1 かなり長い, どうして暮らし, 放つて

▼ 五年二十年~ (3, 0.0%)

1 とたつ間, とつまり, の歳月

▼ 五年代~ (3, 0.0%)

1 に聖林, の作家ゴーリキイ, の思想

▼ 五年余~ (3, 0.0%)

1 が四十六歳, の流人生活, の間

▼ 五年余り~ (3, 0.0%)

1 からになる, の間露営, も戦地

▼ 五年八月十五日以後~ (3, 0.0%)

1 に全, に東久邇, の新しく

▼ 五年八月十五日日本~ (3, 0.0%)

1 のファシズム権力, の侵略的, の無条件降伏後

▼ 五年初夏~ (3, 0.0%)

1 の出來事一つ, の頃, 故筒井中将

▼ 五年前彼~ (3, 0.0%)

1 がレーニン, が横須賀, の父

▼ 五年前後~ (3, 0.0%)

1 から清国留学生, の日本, らしいと

▼ 五年勤続~ (3, 0.0%)

1 したあげく, の指紋主任, の祝い

▼ 五年四月十五日~ (3, 0.0%)

1 に自決, のこと, の夜

▼ 五年版ガスター~ (3, 0.0%)

3

▼ 五年生位~ (3, 0.0%)

2 の悪筆 1 だったと

▼ 五年記念~ (3, 0.0%)

1 に結婚, の宴会, の祭

▼ 五年間先生~ (3, 0.0%)

1 に師事, の講義, は時計

▼ 五度以下~ (3, 0.0%)

1 であると, に冷やした, の時

▼ 五度刷り~ (3, 0.0%)

1 からなる, の最も, の竹久夢二風

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の弓, の弓絃, を並べ

▼ 五或は~ (3, 0.0%)

2 七の 1 六或は

▼ 五手掛~ (3, 0.0%)

1 の役人, の管轄, の調

▼ 五抱え~ (3, 0.0%)

3 もある

▼ 五文書~ (3, 0.0%)

1 の中, の種類, より後

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 は田, ばかりも有るべし, ばかりを納め

▼ 五斛納釜~ (3, 0.0%)

1 の中, へすく, を五つ六つ

▼ 五方里~ (3, 0.0%)

1 の中, の間, を有する

▼ 五~ (3, 0.0%)

2 の侍大将 1 の腹心

▼ 五日がかり~ (3, 0.0%)

2 で調べ 1 でしあげた

▼ 五日これ~ (3, 0.0%)

1 がこの, が例, は例

▼ 五日ぢ~ (3, 0.0%)

1 やない, や死骸, や間

▼ 五日一日~ (3, 0.0%)

2 だけ娘 1 も欠かさず

▼ 五日二十八日~ (3, 0.0%)

1 と三鷹事件, には妙見様, の三日

▼ 五日京都~ (3, 0.0%)

1 にて卒す, に歿, を離れる

▼ 五日今~ (3, 0.0%)

1 から十日, は七月, までよりは少しゆっくり

▼ 五日初日~ (3, 0.0%)

1 といふの, になっ, の三十日

▼ 五日北野~ (3, 0.0%)

1 で盲人, にて盲者, へ成せ

▼ 五日十六日~ (3, 0.0%)

1 と山, と連日, の日光白色

▼ 五日午後~ (3, 0.0%)

1 に至り, のお, のこと

▼ 五日天皇~ (3, 0.0%)

2 の名 1 の放送

▼ 五日彼~ (3, 0.0%)

1 はここ, はその, は富山

▼ 五日朝鮮~ (3, 0.0%)

2 に動乱 1 でのたたかい

▼ 五日江戸~ (3, 0.0%)

1 と大阪, には凄まじい, には血

▼ 五日無事~ (3, 0.0%)

2 な日 1 に日

▼ 五日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ 五日立春~ (3, 0.0%)

2 の年 1 の日

▼ 五日筑波山~ (3, 0.0%)

2 に登り 1 に登る

▼ 五日附~ (3, 0.0%)

1 で熊本, の手紙, 御照会

▼ 五日雨~ (3, 0.0%)

1 の日, の続いた, 降りつ

▼ 五時すぎ林町~ (3, 0.0%)

1 に行く, へ着, を出

▼ 五時五十分~ (3, 0.0%)

2 を指し 1 に不動瀑布上

▼ 五時位~ (3, 0.0%)

1 なのに, に召集, までです

▼ 五時何分~ (3, 0.0%)

1 かに大阪, かの汽車, でなければ

▼ 五時十五分~ (3, 0.0%)

1 が二十分, に家出, 突然発狂

▼ 五時四十分の急行~ (3, 0.0%)

2 に乗れ 1 にて出発

▼ 五時座~ (3, 0.0%)

2 へ出る 1 へ入る

▼ 五時閉店~ (3, 0.0%)

1 として本郷, のきまり, を固守

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 とつづきました, の志, は北朝

▼ 五本六本~ (3, 0.0%)

1 そしてた, である, 列んで

▼ 五来り~ (3, 0.0%)

1 ミス・コロは, 今回情報局って, 北支事変の

▼ 五来素川氏~ (3, 0.0%)

1 だつた, の大観, は或

▼ 五松学舎~ (3, 0.0%)

1 という塾, の講義, は高知

▼ 五枚許~ (3, 0.0%)

2 り丁寧 1 りを

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 がまた, の葡萄酒, を武揚

▼ 五歩前~ (3, 0.0%)

1 でカガト, に出る, へ

▼ 五歳年上~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, の青年

▼ 五歳許~ (3, 0.0%)

2 りの 1 にし

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の内, を一球, 可全ら

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 だつた, はもちろん, を開き

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 とつづけ, の蜂蜜, 飲ませると

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 が生き馬, と猪, の

▼ 五町餘~ (3, 0.0%)

1 の田地, の耕地, も宅地

▼ 五番以下~ (3, 0.0%)

1 でなくちゃ, には下らなかっ, に落ちる

▼ 五番六番~ (3, 0.0%)

1 の五島, の備え, もよろしい

▼ 五番教室~ (3, 0.0%)

1 にした, に三千人, に行く

▼ 五番立~ (3, 0.0%)

1 の標準, の演出, の演能

▼ 五番試合~ (3, 0.0%)

1 はこうして, をいいつのる, を各所

▼ 五畿内~ (3, 0.0%)

1 から東海道, の住民, の大和

▼ 五百キロ爆弾~ (3, 0.0%)

1 が一つ, のウンコ, の餌食

▼ 五百メエトル~ (3, 0.0%)

1 に日本選手, に至る, ばかり行く

▼ 五百万フラン~ (3, 0.0%)

1 に当たる, の金, を救済

▼ 五百万両~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の金, を帳消し同様

▼ 五百三百~ (3, 0.0%)

1 あるいは百, ずつ一所, の損

▼ 五百人以上~ (3, 0.0%)

1 の日本人, も働い, を使用

▼ 五百人位~ (3, 0.0%)

1 あります, 入つた様, 入つた樣

▼ 五百億~ (3, 0.0%)

1 あると, であると, の宝楼閣

▼ 五百八十三万人~ (3, 0.0%)

1 と云われた, と出, の失業者

▼ 五百円生活~ (3, 0.0%)

1 だと, をし, をしろ

▼ 五百原~ (3, 0.0%)

3 の君

▼ 五百哩~ (3, 0.0%)

1 の送電能力, はなれ, 走ること

▼ 五百商人~ (3, 0.0%)

1 その国, を尾, を救うた

▼ 五百尺位~ (3, 0.0%)

1 のところ, のもの, の高

▼ 五百年千年~ (3, 0.0%)

1 と功労, の昔, の間

▼ 五百度~ (3, 0.0%)

1 たたきて, に一度, の熱

▼ 五百戸~ (3, 0.0%)

1 に足らぬ, ほどの村, もあろう

▼ 五百把~ (3, 0.0%)

1 ずつの松明, ずつ刈れ, とあっ

▼ 五百挺~ (3, 0.0%)

1 の剃刀, の数, の鉄砲組

▼ 五百枝~ (3, 0.0%)

1 と末弟, 剥き垂れ天, 将左衛門

▼ 五百槻~ (3, 0.0%)

1 が下, のこと, は五百槻

▼ 五百艘~ (3, 0.0%)

1 さながら大鳥, の艦隊, の軍船

▼ 五百輛~ (3, 0.0%)

2 の大群 1 のライオン戦車

▼ 五百通~ (3, 0.0%)

1 の手紙, もある, 出した中

▼ 五百銭~ (3, 0.0%)

1 をも戻さず, を与え, を受け

▼ 五百首~ (3, 0.0%)

2 の短歌 1 である

▼ 五百馬~ (3, 0.0%)

1 と宝, を伴, を駆っ

▼ 五~ (3, 0.0%)

2 に産した 1 は協議

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の背広, はあるだろう, を作らせた

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の祭典, は地位

▼ 五祖像~ (3, 0.0%)

1 にし, によりても想像, に近き

▼ 五秒ごと~ (3, 0.0%)

1 に一閃光, に閃光, の閃光

▼ 五秒十秒~ (3, 0.0%)

2 と恐ろしい 1 は大

▼ 五種づゝ~ (3, 0.0%)

1 の爻, を含ん, 含んで

▼ 五種浄肉~ (3, 0.0%)

1 とても前論士, となづけ, は修業未熟

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 に達する, の護謨板, ほど巾

▼ 五粍位~ (3, 0.0%)

1 のもの, までのもの, 長さ一糎

▼ 五羽鶴~ (3, 0.0%)

3 の毯

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 にも刃, を弓形, を持つ

▼ 五~ (3, 0.0%)

2 の神 1 に配する

▼ 五芒星~ (3, 0.0%)

1 の不備, の円, の封鎖

▼ 五花街~ (3, 0.0%)

1 の女たち, の遊廓, へ担ぎ込む

▼ 五萬人~ (3, 0.0%)

1 が餓死, に達し, も居るだろう

▼ 五萬六千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 五萬分~ (3, 0.0%)

2 の一 1 の地圖

▼ 五萼片~ (3, 0.0%)

1 がある, と色, は宿存

▼ 五行説~ (3, 0.0%)

1 である, といふこと, の本

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の権, の盛ん, をも認める

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 でもいい, なるありあるいは, の座敷

▼ 五調~ (3, 0.0%)

2 の句 1 の韻律

▼ 五貫目以上~ (3, 0.0%)

1 の荷物, もあらう, もあろう

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 の前, 前, 記第

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 に当ります, に拠れ, までは通則通り

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 となり, にあり, に進発

▼ 五郎お前~ (3, 0.0%)

2 はまだ 1 は大里さん

▼ 五郎さ~ (3, 0.0%)

1 へも納得, へ我慢, へ面白く

▼ 五郎ぢ~ (3, 0.0%)

1 やね, やねえ, や床

▼ 五郎二人~ (3, 0.0%)

1 の家来, は一瞬動物, は暗がり

▼ 五郎等~ (3, 0.0%)

1 がある, と力, の活躍

▼ 五郎親分何ん~ (3, 0.0%)

1 か又, か御用, とかし

▼ 五郎親分私~ (3, 0.0%)

1 に構はず, はどう, は近頃

▼ 五里位~ (3, 0.0%)

1 しかない, なもの, はあろう

▼ 五里所得~ (3, 0.0%)

1 はいつも, は十六銭, は米四升二合

▼ 五銭これ~ (3, 0.0%)

1 が今日, に対して中村屋製品, もおい

▼ 五銭それ~ (3, 0.0%)

2 を一日 1 を敷島六個

▼ 五銭の~ (3, 0.0%)

1 があったら, と客, を一つえり

▼ 五銭三十銭~ (3, 0.0%)

1 という下駄, となり, 可い

▼ 五銭六厘~ (3, 0.0%)

1 は違, ほど, を懐

▼ 五銭喫茶店~ (3, 0.0%)

1 で何時間, へはいっ, へはいれ

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 と云つて, に過, は梁

▼ 五間下~ (3, 0.0%)

1 に二間, に見えた, の方

▼ 五間向う~ (3, 0.0%)

1 に数羽, に立つ, へ突ン

▼ 五間幅~ (3, 0.0%)

2 の道路 1 の往還

▼ 五間手前~ (3, 0.0%)

1 でぱたり, のところ, まで来

▼ 五階目~ (3, 0.0%)

1 かとも覚しき, には広大, の登りきった

▼ 五~ (3, 0.0%)

1 ことごとく危うき, の新, を賑わし

▼ 五頁位~ (3, 0.0%)

1 で以下次號, と同じ, の手紙

▼ 五項目~ (3, 0.0%)

2 に分け 1 に過ぎぬ

▼ 五鳳楼~ (3, 0.0%)

1 のもと, へ出御, へ燃え

▼ 五〇〇〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 と発表, に過ぎず

▼ 五〇〇〇人~ (2, 0.0%)

1 のクリスト教徒, の常備軍

▼ 五〇〇〇倍~ (2, 0.0%)

1 すなわち七五, に下落

▼ 五〇〇〇年~ (2, 0.0%)

1 のエジプト, を要し

▼ 五〇〇ポンド~ (2, 0.0%)

1 を得た, 出した

▼ 五〇〇メートル~ (2, 0.0%)

1 くらいの地点一一・五〇, までスキー

▼ 五〇〇万キロメートル~ (2, 0.0%)

1 の距離, 及び一二〇〇万キロメートル

▼ 五〇〇万度~ (2, 0.0%)

1 という温度, となる

▼ 五〇〇箇~ (2, 0.0%)

2 の帽子

▼ 五〇キロメートル~ (2, 0.0%)

1 となる, の深

▼ 五〇グラム~ (2, 0.0%)

1 だったね, 余計もらえる

▼ 五〇・〇〇〇弗~ (2, 0.0%)

1 といふ収入, の収入

▼ 五〇一八九~ (2, 0.0%)

1 であった, であり十二分の一

▼ 五〇七年~ (2, 0.0%)

1 に該当, のヨハネス・トリテミアス

▼ 五〇万キロメートル~ (2, 0.0%)

1 となる, の距離

▼ 五〇二~ (2, 0.0%)

1 が五ポイント一八, が四ポイント七九

▼ 五〇円以下~ (2, 0.0%)

2 では決して

▼ 五〇号~ (2, 0.0%)

1 という大作, に唯研創立当時

▼ 五〇名~ (2, 0.0%)

1 を超え, を追放

▼ 五〇大正池~ (2, 0.0%)

2 取入口

▼ 五〇年ごろ~ (2, 0.0%)

1 から百五十年, を転機

▼ 五〇年以後~ (2, 0.0%)

1 の数十年間, の理論機構

▼ 五〇年正月~ (2, 0.0%)

2 のマルクス

▼ 五〇枚~ (2, 0.0%)

1 ほどごっそり, も買う

▼ 五〇歳~ (2, 0.0%)

1 のもの, の未婚男子数

▼ 五〇銭玉~ (2, 0.0%)

2 を一つ

▼ 五〇頁~ (2, 0.0%)

1 になっ, ばかりの

▼ 五〇%逆~ (2, 0.0%)

2 になるであろう

▼ 五あり~ (2, 0.0%)

1 と知るべし, 尾二に

▼ 五かけ紙~ (2, 0.0%)

2 に包ん

▼ 五かを~ (2, 0.0%)

1 うまくそら, やっとったかも

▼ 五か条~ (2, 0.0%)

1 の中, の申し出

▼ 五くら~ (2, 0.0%)

1 ゐに, ゐ十分

▼ 五くらい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, ならべて

▼ 五ぐらゐに~ (2, 0.0%)

1 見えました, 見える

▼ 五ぐらゐの少年~ (2, 0.0%)

1 で僕, を連れ

▼ 五けん~ (2, 0.0%)

1 茶屋, 茶屋の

▼ 五この~ (2, 0.0%)

1 小説の, 日の

▼ 五すじ~ (2, 0.0%)

2 の綱

▼ 五すでに~ (2, 0.0%)

1 四方の, 簾裡に

▼ 五すなわち~ (2, 0.0%)

1 四・三分の二対一である, 約一

▼ 五それでいて~ (2, 0.0%)

1 仕事は, 新影流

▼ 五たび六たび~ (2, 0.0%)

1 そこで地団太, もあかず

▼ 五たび土~ (2, 0.0%)

2 に落ちたれ

▼ 五たるべき~ (2, 0.0%)

2 歌集は

▼ 五だつた~ (2, 0.0%)

1 かなひがみ, かな完全

▼ 五だろう~ (2, 0.0%)

1 がそれ, すべてが

▼ 五でございます~ (2, 0.0%)

1 が昔気質, 不図風

▼ 五でした~ (2, 0.0%)

1 があの, がその

▼ 五でしょう~ (2, 0.0%)

1 かいかにも, よ

▼ 五とう~ (2, 0.0%)

1 しょうとたん, しょうは

▼ 五とおせい~ (2, 0.0%)

1 様とこう, 様の

▼ 五としては~ (2, 0.0%)

1 やりそう, 常識に

▼ 五とて~ (2, 0.0%)

1 人間には, 小介川文學士

▼ 五どの~ (2, 0.0%)

1 の行方, を始め

▼ 五などが~ (2, 0.0%)

1 それである, 卓上に

▼ 五なんて~ (2, 0.0%)

1 そんな値, 食える理窟

▼ 五のち~ (2, 0.0%)

2 よいと

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 らの, ら六ひら散つた

▼ 五ひく~ (2, 0.0%)

1 といくつ, 三の

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 それとなく在所, まわしたとき

▼ 五へんめ~ (2, 0.0%)

1 だから, でありかたがた相手

▼ 五へん六ぺん旋回~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 五ほど~ (2, 0.0%)

1 左右に, 齢下の

▼ 五までが~ (2, 0.0%)

1 ピオニェールだ, 内篇六七が

▼ 五までは~ (2, 0.0%)

1 大抵女, 行って

▼ 五までを~ (2, 0.0%)

1 一生繰返す, 置いて

▼ 五もと~ (2, 0.0%)

2 青き鉾杉

▼ 五をも~ (2, 0.0%)

1 お高, 妹の

▼ 五を以て~ (2, 0.0%)

1 制を, 薨去した

▼ 五ん合~ (2, 0.0%)

1 くらいお, 飲んで

▼ 五アルラ~ (2, 0.0%)

1 は即ち, を下らざりき

▼ 五カルバン宗~ (2, 0.0%)

1 の主義, の堂内

▼ 五カ処~ (2, 0.0%)

1 だから, はあっ

▼ 五カ月以来~ (2, 0.0%)

1 このミュンヘン, 初めて彼

▼ 五クローネル~ (2, 0.0%)

2 のつり銭

▼ 五シナ人~ (2, 0.0%)

1 の贈, の迷信

▼ 五シムフォニー~ (2, 0.0%)

1 よりも, をきいた

▼ 五センチ十センチ二十センチ~ (2, 0.0%)

1 動くか, 開きながら

▼ 五センチ四方~ (2, 0.0%)

1 ほど木, ほど柱

▼ 五センチ角~ (2, 0.0%)

2 くらいの大きい

▼ 五ツ七ツ~ (2, 0.0%)

1 が家, ころがす有様

▼ 五ツ位~ (2, 0.0%)

1 のお, の時

▼ 五ツ六ツ年上~ (2, 0.0%)

1 の清, の若い衆

▼ 五ツ前~ (2, 0.0%)

1 である, でしたから

▼ 五ツ島~ (2, 0.0%)

1 とかいふ力士, の取組

▼ 五ツ年上~ (2, 0.0%)

1 であったが, のロイゼル

▼ 五ツ年下~ (2, 0.0%)

1 だが, の美しい

▼ 五ツ戸前~ (2, 0.0%)

1 の蔵, ばかり他

▼ 五ツ抱え~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 五ツ時分~ (2, 0.0%)

1 に堂, 迄呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ

▼ 五ツ目あたり~ (2, 0.0%)

2 の停留場

▼ 五ツ衣~ (2, 0.0%)

1 で檜扇, の裳

▼ 五ノツト~ (2, 0.0%)

1 から四十ノツト, より四十ノツト

▼ 五ハイ~ (2, 0.0%)

1 でも飲みます, と数え

▼ 五パラグラフ~ (2, 0.0%)

2 は第

▼ 五フラン銀貨~ (2, 0.0%)

2 の響き

▼ 五プロセント~ (2, 0.0%)

1 の亜硫酸, の稀硫酸液

▼ 五ペエジ~ (2, 0.0%)

2 の文章

▼ 五ミクロン~ (2, 0.0%)

1 となる, はもはや

▼ 五ミニュート~ (2, 0.0%)

1 とはだいぶ, も遅れ

▼ 五ミリグラム~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 五メートル位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の直径

▼ 五メートル四方~ (2, 0.0%)

1 が満月, もある

▼ 五ヤード~ (2, 0.0%)

1 の距離, を超え

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 が二銭, になった

▼ 五リーグ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいです, ばかりのところ

▼ 五ルーブル紙幣~ (2, 0.0%)

1 のこと, を青紙幣

▼ 五ヵ年位~ (2, 0.0%)

1 ずつ一まとめ, 掛らなければ

▼ 五ヵ年計画公債~ (2, 0.0%)

1 への召集, を買う

▼ 五ヵ年計画完成後~ (2, 0.0%)

1 には労働者, は都会七パーセント

▼ 五ヵ年計画実現~ (2, 0.0%)

1 に関連, の或

▼ 五ヵ年計画生産~ (2, 0.0%)

1 の増大指数, の社会主義的拡大

▼ 五ヵ年間~ (2, 0.0%)

1 にためた, は総て

▼ 五ヵ月間~ (2, 0.0%)

1 に三割近く, は妻

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 というの, の濱

▼ 五ヶ国語~ (2, 0.0%)

1 に限る, を話し

▼ 五ヶ國條~ (2, 0.0%)

1 約に, 約實施問題

▼ 五ヶ所八ヶ所~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 五ヶ月ぶり~ (2, 0.0%)

1 だけれど, にホッ

▼ 五ヶ月以内~ (2, 0.0%)

1 に出来上った, に縮

▼ 五ヶ月以前~ (2, 0.0%)

1 に愛妻, に私

▼ 五・一五事件当時~ (2, 0.0%)

1 から山岸敬明, も盛ん

▼ 五・一五事件直後~ (2, 0.0%)

1 この種, に存在

▼ 五・七~ (2, 0.0%)

1 というの, を示し

▼ 五・七・五・七・七~ (2, 0.0%)

1 が叙情, という形

▼ 五・九度~ (2, 0.0%)

2 であるから

▼ 五・五クヲタア~ (2, 0.0%)

1 と一五四・六クヲタア, と一六三・七クヲタア

▼ 五・六~ (2, 0.0%)

1 という年, に林

▼ 五・六項目~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 五一〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 であれば, と見積られ

▼ 五一〇年~ (2, 0.0%)

1 に印度, に結婚

▼ 五一・五メートル~ (2, 0.0%)

1 の手前, へ下った

▼ 五一一八七~ (2, 0.0%)

1 であった, でこの

▼ 五一四年~ (2, 0.0%)

1 に始め, の描写

▼ 五一型~ (2, 0.0%)

2 のその

▼ 五一篇~ (2, 0.0%)

1 は詩篇中改悔, をうた

▼ 五丁先~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, に見つけた

▼ 五丁目六丁目~ (2, 0.0%)

1 と歩い, は百人町

▼ 五丁距~ (2, 0.0%)

1 てた距離, れて

▼ 五丁餘~ (2, 0.0%)

1 なりと云, 細い煙突

▼ 五七シリング~ (2, 0.0%)

1 となり, を得る

▼ 五七メートル~ (2, 0.0%)

1 の展望塔, の峰

▼ 五七・七~ (2, 0.0%)

1 の今, の片

▼ 五七三年~ (2, 0.0%)

1 のこと, 乃至一六二〇年

▼ 五七六調五八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 五七円~ (2, 0.0%)

1 の月給取り, はしよう

▼ 五七連節~ (2, 0.0%)

2 の長歌

▼ 五七頁以下~ (2, 0.0%)

1 に詳論, を見よ

▼ 五万キログラム~ (2, 0.0%)

2 の重

▼ 五万トン輸入~ (2, 0.0%)

1 しようと, すること

▼ 五万ミル~ (2, 0.0%)

1 という声, の当り籖

▼ 五万七十五マイル~ (2, 0.0%)

1 をつつがなく, を踏尽

▼ 五万七千石~ (2, 0.0%)

1 の所領, の鍋島様

▼ 五万三十七石~ (2, 0.0%)

2 の城下

▼ 五万人近く~ (2, 0.0%)

1 の工夫, の百姓達

▼ 五万余人~ (2, 0.0%)

1 は大挙, を生じ

▼ 五万倍~ (2, 0.0%)

1 もあるだろう, も立派

▼ 五万元~ (2, 0.0%)

1 のお金, をもってする

▼ 五万六千~ (2, 0.0%)

1 は大, 焼けたり

▼ 五万円位~ (2, 0.0%)

1 の価, の金

▼ 五万円余り~ (2, 0.0%)

1 で税金, の軍艦旗調製資金

▼ 五万円問題~ (2, 0.0%)

1 とは別, を大阪方

▼ 五万円要求~ (2, 0.0%)

1 にたいして六万円, ヲテッ回サセル約束シタラシイ

▼ 五万噸~ (2, 0.0%)

1 に上った, の大

▼ 五万本~ (2, 0.0%)

1 だから大阪全体, だという

▼ 五万瓩~ (2, 0.0%)

1 の優良ボーキサイト, の爆弾

▼ 五万石十万石~ (2, 0.0%)

2 の大名

▼ 五万石板倉周防守~ (2, 0.0%)

2 の藩中

▼ 五万磅~ (2, 0.0%)

1 も金, を添えた

▼ 五万粒~ (2, 0.0%)

1 を得る, を良

▼ 五万足らず~ (2, 0.0%)

1 の会社, の小さい

▼ 五丈八尺~ (2, 0.0%)

2 という口上

▼ 五三〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 でなく七, という一七八〇年

▼ 五三人一斉~ (2, 0.0%)

2 に声

▼ 五三八埋葬二五〇~ (2, 0.0%)

2 の減少

▼ 五三十事変~ (2, 0.0%)

1 の上海, は抗日

▼ 五三十二三三十七八~ (2, 0.0%)

1 で手痛い, には手痛い

▼ 五三年版パーキンス~ (2, 0.0%)

2

▼ 五三日~ (2, 0.0%)

1 という短い, も逗留

▼ 五三様~ (2, 0.0%)

1 もわかった, も了つた人

▼ 五三種~ (2, 0.0%)

1 の内, 或いはもっと

▼ 五三飾~ (2, 0.0%)

1 が繩, の繩

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 が秋田営林署, もかなり

▼ 五世界~ (2, 0.0%)

1 に繁る, に繋る

▼ 五世紀式~ (2, 0.0%)

1 の壁, の聖アンヌ

▼ 五世紀間~ (2, 0.0%)

1 の後, の数多い

▼ 五世野沢吉兵衛~ (2, 0.0%)

1 の手解, の手解き

▼ 五両一分二朱~ (2, 0.0%)

1 と六十八文, 騙られたとは

▼ 五両三人扶持~ (2, 0.0%)

1 の小禄, の徒士

▼ 五両十両~ (2, 0.0%)

1 といたる, の馬鹿

▼ 五並背~ (2, 0.0%)

2 にてい

▼ 五九〇年~ (2, 0.0%)

1 という時代, の聖書

▼ 五九・九〇フラン~ (2, 0.0%)

1 から五九・八五フラン, へ五九・九〇フラン

▼ 五九七~ (2, 0.0%)

1 に対して無, を一つ

▼ 五九七八八三六四~ (2, 0.0%)

1 であること, に四

▼ 五九三頁~ (2, 0.0%)

1 に, に紀元三九八年カルタゴ

▼ 五九九五磅~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, に下落

▼ 五九九年~ (2, 0.0%)

1 の, の四月

▼ 五九二年~ (2, 0.0%)

1 になつ, のこと

▼ 五九五年~ (2, 0.0%)

1 の十月, は日本

▼ 五九五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 五九四年~ (2, 0.0%)

1 のイースタア, の六月

▼ 五九番~ (2, 0.0%)

1 に革命博物館, の

▼ 五九郎一座~ (2, 0.0%)

1 にゐた, の舞台

▼ 五九頁~ (2, 0.0%)

1 にはこんな, に英国サセックス

▼ 五事件当時~ (2, 0.0%)

1 から山岸敬明, も盛ん

▼ 五事件直後~ (2, 0.0%)

1 この種, に存在

▼ 五二シリング~ (2, 0.0%)

1 であると, で売る

▼ 五二三~ (2, 0.0%)

1 が七, と上っ

▼ 五二分の一~ (2, 0.0%)

1 となる, と仮定

▼ 五二四年~ (2, 0.0%)

1 にあんな, にもそれ

▼ 五五〇~ (2, 0.0%)

1 という年号, という非常

▼ 五五〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 ではなく, とされ

▼ 五五歩~ (2, 0.0%)

1 の位勝, は五手目

▼ 五五磅~ (2, 0.0%)

1 に騰貴, を附加

▼ 五五馬~ (2, 0.0%)

1 に名人, の新手

▼ 五人いずれ~ (2, 0.0%)

1 も俥, も手軽

▼ 五人いっしょ~ (2, 0.0%)

1 に一つ, に立並ん

▼ 五人おいで~ (2, 0.0%)

1 になった, になりました

▼ 五人きょうだい~ (2, 0.0%)

1 であったが, の彼女

▼ 五人きり~ (2, 0.0%)

1 です, 乗って

▼ 五人こっち~ (2, 0.0%)

1 の方, を覗い

▼ 五人これ~ (2, 0.0%)

1 だけが参列, だけで最高

▼ 五人ばらばら~ (2, 0.0%)

1 と畠, と跳

▼ 五人ほか~ (2, 0.0%)

2 はみな男

▼ 五人みんな~ (2, 0.0%)

1 お遍路さん, そろって

▼ 五人め~ (2, 0.0%)

1 と次々, までまわった

▼ 五人テエブル~ (2, 0.0%)

2 を囲ん

▼ 五人一隊~ (2, 0.0%)

1 の若き, をなし

▼ 五人七人十人一組~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 五人二十五匹~ (2, 0.0%)

1 のお, の宿人足

▼ 五人二十五疋~ (2, 0.0%)

1 でお, の常備

▼ 五人二十五疋以外~ (2, 0.0%)

2 には継立て

▼ 五人会~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 五人來~ (2, 0.0%)

1 るやう, る明後日

▼ 五人兄妹種無し~ (2, 0.0%)

1 にさら, にさらわせ

▼ 五人兄弟~ (2, 0.0%)

1 のうち千鶴子, の第

▼ 五人八人~ (2, 0.0%)

1 といやちこ, 時には十人

▼ 五人共~ (2, 0.0%)

1 出て, 遠州

▼ 五人口~ (2, 0.0%)

1 がかなり, を給

▼ 五人口々~ (2, 0.0%)

1 に動搖, に饒舌

▼ 五人合計三十八万二千八百八十六人~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ 五人子供~ (2, 0.0%)

1 がある, がいる

▼ 五人宛~ (2, 0.0%)

1 の看護婦達, 出すこと

▼ 五人張~ (2, 0.0%)

1 にせき, に十五束三伏

▼ 五人張り~ (2, 0.0%)

1 の強弓, をふつう

▼ 五人抜き~ (2, 0.0%)

1 で勝った, の勝利

▼ 五人斃~ (2, 0.0%)

1 した茅野雄, れた血煙

▼ 五人暮し~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ 五人暮らし~ (2, 0.0%)

1 であつ, であるのに

▼ 五人最後~ (2, 0.0%)

1 に加多, に腕車

▼ 五人朝~ (2, 0.0%)

1 の七時半, 早く荷馬車

▼ 五人枕~ (2, 0.0%)

1 を並べ, を並べて

▼ 五人格修養~ (2, 0.0%)

2 の五目

▼ 五人武者~ (2, 0.0%)

1 の方, をまとも

▼ 五人汽車~ (2, 0.0%)

1 の窓, を下り

▼ 五人無慙~ (2, 0.0%)

2 にも凍死

▼ 五人用~ (2, 0.0%)

1 のない, のもの一張

▼ 五人田舎~ (2, 0.0%)

2 わたらひ

▼ 五人目の子~ (2, 0.0%)

1 の生れた, を妊娠

▼ 五人称~ (2, 0.0%)

2 にも第

▼ 五人突~ (2, 0.0%)

1 つ立つて, 立って

▼ 五人組七人組腰~ (2, 0.0%)

2 に尺八

▼ 五人組竝親類之~ (2, 0.0%)

2 もの呼出

▼ 五人組総代~ (2, 0.0%)

1 から隣村, と私

▼ 五人組衆~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の一人

▼ 五人舟~ (2, 0.0%)

1 で押出, にて宮島

▼ 五人言葉少な~ (2, 0.0%)

2 に茶

▼ 五人詰一間~ (2, 0.0%)

1 の値い四円五十銭, の値四円五十銭

▼ 五人足~ (2, 0.0%)

2 を踏み鳴らし

▼ 五人集つて何~ (2, 0.0%)

1 かし, か話し

▼ 五人静か~ (2, 0.0%)

2 に食い飲む

▼ 五人風~ (2, 0.0%)

1 にさらわれた, もよろしく

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 が答えた, は縄尻

▼ 五仏頂~ (2, 0.0%)

1 とが仰ぎ望まれた, に明日

▼ 五代め~ (2, 0.0%)

2 の孫

▼ 五代友厚~ (2, 0.0%)

1 に提出, の弘成館

▼ 五代将軍綱吉~ (2, 0.0%)

1 が住む, の殺生禁断

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 を稱, 若しくは之

▼ 五伴緒~ (2, 0.0%)

1 と称した, を連れ

▼ 五位八町~ (2, 0.0%)

1 まで, までを規定

▼ 五作ぢ~ (2, 0.0%)

2 いさん

▼ 五個五色~ (2, 0.0%)

2 の宝石

▼ 五個六個それ~ (2, 0.0%)

2 だけで

▼ 五個所~ (2, 0.0%)

1 から斜め, に過ぎぬ

▼ 五個月間~ (2, 0.0%)

1 の葉書攻, やりつ

▼ 五個条~ (2, 0.0%)

1 が死ぬ, を云つて

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 すべし

▼ 五億ルーブル~ (2, 0.0%)

1 であった, ふえた

▼ 五億人~ (2, 0.0%)

1 ぐらいだ, なりと

▼ 五億粁~ (2, 0.0%)

1 の先, の彼方

▼ 五兩ぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やあるまい

▼ 五兩十兩~ (2, 0.0%)

1 の仕事, を貧乏人

▼ 五八一万一六六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 五八七二三~ (2, 0.0%)

1 である, となり

▼ 五八三~ (2, 0.0%)

1 と記し, と記す

▼ 五八二年一月十日~ (2, 0.0%)

1 という日附, とな

▼ 五八二頁~ (2, 0.0%)

1 に, になる

▼ 五八五~ (2, 0.0%)

1 の型式, の小粒

▼ 五八五調五九五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 五八六~ (2, 0.0%)

1 であった, は鰥夫寡婦

▼ 五八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 五八氏~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, の案内

▼ 五八番~ (2, 0.0%)

1 というの, へ行かなけれ

▼ 五八郎~ (2, 0.0%)

1 が谷口家, などの暴れん

▼ 五六〇〇万ドル~ (2, 0.0%)

1 の利, を支弁せり

▼ 五六か月~ (2, 0.0%)

1 もする, 過ぎた鶏

▼ 五六これ~ (2, 0.0%)

1 は店中, は鞍打

▼ 五六さい~ (2, 0.0%)

1 のおとし, のかわいい

▼ 五六たび~ (2, 0.0%)

1 も繰り返された, 弾いて

▼ 五六つぶ~ (2, 0.0%)

2 を名残り

▼ 五六ぺん鞭~ (2, 0.0%)

1 をひ, をひゆう

▼ 五六スー~ (2, 0.0%)

1 しか持っ, 出して

▼ 五六センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのくぼんだ, 低くなっ

▼ 五六マイル~ (2, 0.0%)

1 はなれた, ほど離れた

▼ 五六メートル向こう~ (2, 0.0%)

1 に白い, のやみ

▼ 五六ヤード~ (2, 0.0%)

1 であつ, も前進

▼ 五六丁手前~ (2, 0.0%)

1 で一臺, の坂

▼ 五六丁足らず~ (2, 0.0%)

2 で早く

▼ 五六万両~ (2, 0.0%)

1 はあるだろう, はゆうに

▼ 五六万石~ (2, 0.0%)

1 から十万石, の譜代大名

▼ 五六万騎~ (2, 0.0%)

1 とみえる, などは随所

▼ 五六丈許~ (2, 0.0%)

1 その一瀉, の滝

▼ 五六世紀ごろ~ (2, 0.0%)

1 のインド人, の画

▼ 五六五~ (2, 0.0%)

1 までのもの, 及び七五

▼ 五六人これ~ (2, 0.0%)

1 だけの人間, に乘

▼ 五六人さき~ (2, 0.0%)

2 の寮生

▼ 五六人そこ~ (2, 0.0%)

1 に筵, へ集っ

▼ 五六人ドヤドヤ~ (2, 0.0%)

1 と中等室, と雪

▼ 五六人一緒~ (2, 0.0%)

1 でしたから, に此方

▼ 五六人人だかり~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 五六人其空荷馬車~ (2, 0.0%)

1 に乗せ, に乘

▼ 五六人前後~ (2, 0.0%)

2 に走り出で

▼ 五六人女~ (2, 0.0%)

1 は私, まじり月

▼ 五六人学生~ (2, 0.0%)

1 が入っ, とは覚えない

▼ 五六人宛~ (2, 0.0%)

1 の職人, 伏せて

▼ 五六人寮~ (2, 0.0%)

2 の番人

▼ 五六人手~ (2, 0.0%)

1 が揃いました, に入れた

▼ 五六人村越~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ 五六人来~ (2, 0.0%)

1 ちまひ, 合すの

▼ 五六人此処~ (2, 0.0%)

1 に七, に二三人

▼ 五六人火~ (2, 0.0%)

1 のそば, を囲んだ

▼ 五六人相手~ (2, 0.0%)

1 が何ん, にし

▼ 五六人真赤~ (2, 0.0%)

1 な着物, に染めた

▼ 五六人許~ (2, 0.0%)

1 で撲り, の人数

▼ 五六人誰~ (2, 0.0%)

1 ともなく, も皆

▼ 五六人車座~ (2, 0.0%)

1 にすわっ, になつて賽ころ

▼ 五六人酒肴~ (2, 0.0%)

1 を携え, を携えきたり

▼ 五六册それ~ (2, 0.0%)

1 つきり, を繰つ

▼ 五六分雑談~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 五六匁~ (2, 0.0%)

1 に達した, ほどに丸々

▼ 五六匹そこ~ (2, 0.0%)

2 へ遣

▼ 五六匹揃つて來~ (2, 0.0%)

1 た河原礫, た田

▼ 五六匹穴~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ 五六十メートル~ (2, 0.0%)

1 すなわち台風, も歩いた

▼ 五六十万円~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの計画, としてその

▼ 五六十万年~ (2, 0.0%)

2 或は百万年

▼ 五六十丈~ (2, 0.0%)

1 ほども深く, を超えた

▼ 五六十人位~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 五六十人分~ (2, 0.0%)

1 はあるだろう, を入れ

▼ 五六十俵~ (2, 0.0%)

1 ずつとれました, は焼いたろう

▼ 五六十兩~ (2, 0.0%)

1 でそれ, 儲けただけの

▼ 五六十台~ (2, 0.0%)

1 ばかり持っ, もあろう

▼ 五六十哩~ (2, 0.0%)

1 の速力, もの道程

▼ 五六十圓~ (2, 0.0%)

1 を得る, を長さん

▼ 五六十坪~ (2, 0.0%)

1 のところ, ほどのひろ

▼ 五六十尋~ (2, 0.0%)

1 の深, もある

▼ 五六十度~ (2, 0.0%)

1 という温度, の湯

▼ 五六十枚竹筒~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ 五六十畳~ (2, 0.0%)

1 と云う, も敷かりましょう

▼ 五六十石~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, の者

▼ 五六十種~ (2, 0.0%)

1 に出, の標本

▼ 五六十貫~ (2, 0.0%)

1 から百貫近く, もある

▼ 五六十頭~ (2, 0.0%)

1 にもなっ, も子豚

▼ 五六千圓~ (2, 0.0%)

1 には賣れるだらう, の貯金

▼ 五六合目~ (2, 0.0%)

1 の等高線, の間

▼ 五六品~ (2, 0.0%)

1 のテーブル, 預けて

▼ 五六回巻紙~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 五六寸の~ (2, 0.0%)

1 がよい, が懸

▼ 五六寸積~ (2, 0.0%)

1 った庭, って居る

▼ 五六尋~ (2, 0.0%)

1 の浅い, も在ったろう

▼ 五六尺上~ (2, 0.0%)

1 に釣られ, まで跳びかかっ

▼ 五六尺位~ (2, 0.0%)

1 なり多く, 長い糸

▼ 五六尺天窓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 五六尺飛~ (2, 0.0%)

1 退って, 退つて叩頭

▼ 五六幅~ (2, 0.0%)

1 の掛物, もある

▼ 五六年あと~ (2, 0.0%)

2 に気がついた

▼ 五六年前久しぶり~ (2, 0.0%)

1 にかれと, に彼

▼ 五六年前私~ (2, 0.0%)

1 が女学校, は初めて

▼ 五六年時代~ (2, 0.0%)

1 の事, の羅馬法王ウルバン二世

▼ 五六座~ (2, 0.0%)

1 は遺っ, を下らない

▼ 五六挺~ (2, 0.0%)

1 の鉄砲, はあった

▼ 五六文~ (2, 0.0%)

2 の銭

▼ 五六斤~ (2, 0.0%)

1 は取れた, も来る

▼ 五六日前店~ (2, 0.0%)

2 を並べ

▼ 五六日外出~ (2, 0.0%)

1 したくなかった, したくなかつた

▼ 五六日寐起~ (2, 0.0%)

2 する例

▼ 五六日海岸~ (2, 0.0%)

2 の空気

▼ 五六日經つて~ (2, 0.0%)

1 からでした, も七寸

▼ 五六時ごろ~ (2, 0.0%)

1 までは, まで書きつづける

▼ 五六時間前~ (2, 0.0%)

1 から雪, に少年嬢次

▼ 五六月ごろ~ (2, 0.0%)

1 には親子二人, までは九州種子島方面

▼ 五六本テエブル~ (2, 0.0%)

2 のわき

▼ 五六本出~ (2, 0.0%)

2 初めてゐた

▼ 五六本川面~ (2, 0.0%)

2 へ差

▼ 五六本手~ (2, 0.0%)

1 に持っ, に持つ

▼ 五六杯引~ (2, 0.0%)

1 掛けたので, 掛けて

▼ 五六枚それ~ (2, 0.0%)

1 もしつとり濡れ, を一枚一枚

▼ 五六枚位~ (2, 0.0%)

1 の仕事, は欲し

▼ 五六枚盆~ (2, 0.0%)

1 にのせ, の隅

▼ 五六枚鼻紙~ (2, 0.0%)

2 に捻る

▼ 五六柔和~ (2, 0.0%)

1 ななんら, な何等

▼ 五六機~ (2, 0.0%)

1 がとん, の小型機

▼ 五六歩後~ (2, 0.0%)

1 から歩い, へ退っ

▼ 五六歩舞台袖~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 五六歩闇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 五六歩飛~ (2, 0.0%)

2 退いた曲者

▼ 五六歳位~ (2, 0.0%)

1 から結婚, の少女

▼ 五六町下~ (2, 0.0%)

1 には大岳山神社, の橋

▼ 五六町余り~ (2, 0.0%)

2 押し続けたら線路

▼ 五六町行つて川~ (2, 0.0%)

2 はまた

▼ 五六百メートル~ (2, 0.0%)

1 の辺, はなれた

▼ 五六百枚~ (2, 0.0%)

1 あった, も入

▼ 五六百篇~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 五六百貫~ (2, 0.0%)

1 の大, も入る

▼ 五六百騎~ (2, 0.0%)

1 ともある, の小勢

▼ 五六眼鼻立ち~ (2, 0.0%)

2 も醜から

▼ 五六程~ (2, 0.0%)

2 も立

▼ 五六箇~ (2, 0.0%)

1 もあった, 拾いポケット

▼ 五六箇村~ (2, 0.0%)

1 では出生, においては順年六年

▼ 五六粒泡~ (2, 0.0%)

2 を吐きました

▼ 五六葉~ (2, 0.0%)

1 も並べ, を見

▼ 五六行息~ (2, 0.0%)

2 つかずに

▼ 五六行文芸時評~ (2, 0.0%)

2 の片すみ

▼ 五六軒向う~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 五六軒彼方~ (2, 0.0%)

1 の加藤医院, の加藤醫院

▼ 五六郎殿~ (2, 0.0%)

1 と許嫁, は御

▼ 五六部~ (2, 0.0%)

1 のうち, はほし

▼ 五六間ケシ~ (2, 0.0%)

1 とんだ場所, とんで

▼ 五六間上~ (2, 0.0%)

2 までは小

▼ 五六間以上~ (2, 0.0%)

1 になる, 後れると

▼ 五六間先方~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ 五六間前方~ (2, 0.0%)

1 から女児等, から女兒等

▼ 五六間向~ (2, 0.0%)

1 ふに, ふへ

▼ 五六間後~ (2, 0.0%)

1 から行く, の畔道

▼ 五六間突出~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 五六間行~ (2, 0.0%)

1 つたところ, 過たえ

▼ 五六頁許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 五六項目~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 五六顆~ (2, 0.0%)

1 かはり夕顔二三枝頂戴, の実

▼ 五六顔~ (2, 0.0%)

1 は愁い, も胸

▼ 五兵衛たち~ (2, 0.0%)

1 のぬけ, の話しぶり

▼ 五兵衛以下一族~ (2, 0.0%)

1 のもの, の立

▼ 五兵衛則秀~ (2, 0.0%)

1 か拝郷五郎左衛門あたり, も

▼ 五兵衛尉~ (2, 0.0%)

1 が禁裡馬術, を呼ん

▼ 五兵衛殿~ (2, 0.0%)

1 のさがし, の死

▼ 五兵衛自邸~ (2, 0.0%)

2 の舞踏会

▼ 五内川~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 五円いくら~ (2, 0.0%)

1 かのその, という

▼ 五円お返し~ (2, 0.0%)

2 しときますわ

▼ 五円九十銭~ (2, 0.0%)

1 だけを納め, も一時

▼ 五円以下~ (2, 0.0%)

1 のマル公, の金

▼ 五円内外~ (2, 0.0%)

1 である, に過ぎない

▼ 五円切手~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, のおかげ

▼ 五円切符~ (2, 0.0%)

2 をもらう

▼ 五円四十円~ (2, 0.0%)

1 の月給, の月給とり

▼ 五円平均~ (2, 0.0%)

1 かまあ, であったという

▼ 五円方人~ (2, 0.0%)

1 に対する労力, のため

▼ 五円毎月~ (2, 0.0%)

1 つづくと, つづくとい

▼ 五円紙弊~ (2, 0.0%)

1 をイムバネス, を一枚

▼ 五円貰~ (2, 0.0%)

2 うてたの

▼ 五円足らず~ (2, 0.0%)

1 が一家, より持合せ

▼ 五冊これら~ (2, 0.0%)

2 は勿論

▼ 五冊目~ (2, 0.0%)

1 にとりかかっ, の戯曲集

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 デテ遊ブ翰墨場斯文崔魏, 雪花独六出

▼ 五分さかやき~ (2, 0.0%)

1 の浪人, の浪人者

▼ 五分のすき~ (2, 0.0%)

1 さえ見出すべく動い, もなかっ

▼ 五分の一程~ (2, 0.0%)

1 になつて, も実感的

▼ 五分の上り~ (2, 0.0%)

1 でお立ち, で探険

▼ 五分の停車時間~ (2, 0.0%)

1 がある, を偸

▼ 五分の利息~ (2, 0.0%)

1 と共に支払う, と言

▼ 五分の勝負~ (2, 0.0%)

1 になろう, はできる

▼ 五分の四対一〇~ (2, 0.0%)

1 すなわち一三八対一〇〇, であろう

▼ 五分の後電話~ (2, 0.0%)

1 に向, に向わなけれ

▼ 五分の星~ (2, 0.0%)

1 だと, ともに勝つ

▼ 五分の行軍~ (2, 0.0%)

1 に半分, に半分ぐらゐ

▼ 五分ノ一~ (2, 0.0%)

1 しか擁, ずつ出し合っ

▼ 五分マッチ~ (2, 0.0%)

1 ともいいます, ともいひます

▼ 五分丈~ (2, 0.0%)

2 が三寸

▼ 五分三分二分~ (2, 0.0%)

1 ほら一分, までがあっ

▼ 五分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 五分五分~ (2, 0.0%)

1 ですが, とかいうよう

▼ 五分以下~ (2, 0.0%)

1 に下っ, のもの

▼ 五分以後~ (2, 0.0%)

1 のこと, は

▼ 五分切り~ (2, 0.0%)

1 の汁, もかたはら

▼ 五分刈り頭~ (2, 0.0%)

1 で田舎, の男

▼ 五分刈位~ (2, 0.0%)

1 に伸び乱れ, に髪の毛

▼ 五分利~ (2, 0.0%)

1 でありますから, なんて吝

▼ 五分利公債~ (2, 0.0%)

1 の所持者, よりも常に

▼ 五分劒沢~ (2, 0.0%)

1 の夜営地出発, の岩屋出発

▼ 五分十分の後~ (2, 0.0%)

2 切り上げても

▼ 五分四方~ (2, 0.0%)

1 にたて, にたて十四

▼ 五分四角位~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に切ります

▼ 五分女~ (2, 0.0%)

2 の足

▼ 五分宿~ (2, 0.0%)

2 へ帰り

▼ 五分小森彦太郎二割五分~ (2, 0.0%)

1 ということ, と云いかける

▼ 五分左~ (2, 0.0%)

1 から沢, の片耳一尺八寸

▼ 五分幅~ (2, 0.0%)

1 が一寸足らず, の二寸

▼ 五分筒~ (2, 0.0%)

1 が煎, の射撃

▼ 五分經~ (2, 0.0%)

1 ち, つ

▼ 五分芯~ (2, 0.0%)

1 のラムプ, の台ラムプ

▼ 五分苅頭~ (2, 0.0%)

1 の色蒼ざめた乞食坊主, を撫で

▼ 五分足らず~ (2, 0.0%)

1 でこの, の間

▼ 五分鐘~ (2, 0.0%)

1 を三たび, を四たび

▼ 五分間あまり~ (2, 0.0%)

1 の時間, もじっと

▼ 五分間お待ち~ (2, 0.0%)

1 ください, 下さい

▼ 五分間ぐらゐ天地~ (2, 0.0%)

2 を忘れ

▼ 五分間アノ儘~ (2, 0.0%)

2 で居たら

▼ 五分間以上~ (2, 0.0%)

1 は其処, 喋らせるよう

▼ 五分間停車~ (2, 0.0%)

1 ぐらい, と聞い

▼ 五分間前~ (2, 0.0%)

1 ついこの, の谷村

▼ 五分間私~ (2, 0.0%)

1 と会い, の奉ずる

▼ 五分電車~ (2, 0.0%)

2 が故障

▼ 五刻半~ (2, 0.0%)

1 だ, に近づい

▼ 五割三分五厘~ (2, 0.0%)

1 だけが大蔵大臣, のうち

▼ 五割二分~ (2, 0.0%)

1 から成り立っ, に達し

▼ 五割増し~ (2, 0.0%)

1 の令, の達し

▼ 五割阿部丑之助二割五分小森彦太郎二割五分~ (2, 0.0%)

1 ということ, と云いかける

▼ 五十おやじ~ (2, 0.0%)

1 が逃げ走りだそう, でした

▼ 五十これ~ (2, 0.0%)

1 がオデオン座, で話

▼ 五十キロの~ (2, 0.0%)

1 もあれ, をおろし

▼ 五十キロ以上~ (2, 0.0%)

1 でしたから, のもの

▼ 五十フィート外方~ (2, 0.0%)

2 に直

▼ 五十ミリ~ (2, 0.0%)

1 ほどあっ, を指す

▼ 五十メートル以上~ (2, 0.0%)

1 もはいった, もひきはなされ

▼ 五十メートル六十メートル~ (2, 0.0%)

1 の奴, の暴風雨

▼ 五十ヤール~ (2, 0.0%)

2 の絹

▼ 五十一分頃~ (2, 0.0%)

2 に貴方

▼ 五十一号~ (2, 0.0%)

2 に臨時調査会

▼ 五十一名~ (2, 0.0%)

1 か, にございまする

▼ 五十一年目~ (2, 0.0%)

1 に桜町天皇, に櫻町天皇

▼ 五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 五十一歳小倉~ (2, 0.0%)

2 の小笠原家

▼ 五十七丁目~ (2, 0.0%)

1 だから, だ三沢

▼ 五十七八度~ (2, 0.0%)

1 なり, に下る

▼ 五十七回~ (2, 0.0%)

1 の誕生日, を書いた

▼ 五十七年間~ (2, 0.0%)

1 もつづいた, を吉野時代

▼ 五十七枚~ (2, 0.0%)

1 にし, の発売切符

▼ 五十七歳以後六十二歳~ (2, 0.0%)

2 で示寂

▼ 五十七歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は劒

▼ 五十七里~ (2, 0.0%)

1 となり, も来た

▼ 五十万クヲタア~ (2, 0.0%)

1 だけ不足, を獲得

▼ 五十万ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 を投じた, を越え

▼ 五十万年~ (2, 0.0%)

1 たったどき, の間

▼ 五十万磅~ (2, 0.0%)

1 だけ余計, の

▼ 五十万頃~ (2, 0.0%)

1 が陥没, が陥落

▼ 五十万麻克~ (2, 0.0%)

1 やつて, を上さん

▼ 五十三分~ (2, 0.0%)

1 で立ち, に出る

▼ 五十三娘~ (2, 0.0%)

1 はとっ, はとつて十九

▼ 五十三年前~ (2, 0.0%)

1 すでにかく, である

▼ 五十三年壬申~ (2, 0.0%)

1 にあたり, にあたれり

▼ 五十三歳御陵~ (2, 0.0%)

2 は菅原

▼ 五十三番~ (2, 0.0%)

1 だけれど, のタタム氏

▼ 五十三石~ (2, 0.0%)

1 より三千八百石, を食んだ

▼ 五十三首~ (2, 0.0%)

1 あって, を録す

▼ 五十両それ~ (2, 0.0%)

1 をこれから, を持っ

▼ 五十九年~ (2, 0.0%)

1 に死する, の非

▼ 五十二分の~ (2, 0.0%)

1 でかえる, 上り二等

▼ 五十二年前~ (2, 0.0%)

1 にダーウィン, の寛政十年五月朔日

▼ 五十二才~ (2, 0.0%)

1 です, という人間

▼ 五十二歩~ (2, 0.0%)

2 を数え

▼ 五十五マイル~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 五十五個~ (2, 0.0%)

1 の南京虫, 食えるよう

▼ 五十五六歳~ (2, 0.0%)

1 のころ, まだ老人

▼ 五十五分発~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 五十五分間~ (2, 0.0%)

1 ずつ寝る, というもの

▼ 五十五回~ (2, 0.0%)

1 と書き続けた, の誕生日

▼ 五十五師団~ (2, 0.0%)

1 の第, の野砲隊

▼ 五十五年十一月一日~ (2, 0.0%)

2 のリスボン

▼ 五十五枚~ (2, 0.0%)

1 ばかり仕事, 出来上る

▼ 五十五條~ (2, 0.0%)

1 により責任, に依り

▼ 五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 五十五銭位~ (2, 0.0%)

1 かかりましょう, で出来ましょう

▼ 五十人三十人~ (2, 0.0%)

1 の団体, の團體

▼ 五十人中~ (2, 0.0%)

1 に一人, 実に四百八十三人

▼ 五十人二百人~ (2, 0.0%)

1 となった, もいる

▼ 五十人足らず~ (2, 0.0%)

1 であった, の主従

▼ 五十何度~ (2, 0.0%)

1 という寒冷さ, とかところ

▼ 五十何軒~ (2, 0.0%)

1 の町家, もある

▼ 五十何銭~ (2, 0.0%)

1 かの貯金, はりつけて

▼ 五十余万石~ (2, 0.0%)

1 から越前十五万石, に封じ

▼ 五十余円~ (2, 0.0%)

1 の砂糖, を持っ

▼ 五十余通~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の文書

▼ 五十余里~ (2, 0.0%)

1 の水源, まるで敵

▼ 五十余頭~ (2, 0.0%)

1 のきつね, の毛

▼ 五十余騎~ (2, 0.0%)

1 も馳せ参じ, を引率

▼ 五十個以上~ (2, 0.0%)

1 の寺院, は売らない

▼ 五十個入~ (2, 0.0%)

1 で三十円, の孵卵器

▼ 五十億ドル~ (2, 0.0%)

1 の損失, もの罐詰

▼ 五十億万円~ (2, 0.0%)

1 の年額軍費, の費用

▼ 五十億円~ (2, 0.0%)

1 で北海道開発費, ほどになる

▼ 五十兩ぢ~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, や賣れる

▼ 五十兩入つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたか, 居る財布

▼ 五十八分の地震~ (2, 0.0%)

1 に出会った, に出遇った

▼ 五十八分四十五秒~ (2, 0.0%)

1 でした, も丁度

▼ 五十八回~ (2, 0.0%)

1 にし, の誕生日

▼ 五十八巻~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ経題, の二部

▼ 五十八段~ (2, 0.0%)

1 であった, に実用

▼ 五十八番~ (2, 0.0%)

1 の折田兼助, の札所

▼ 五十六丁目~ (2, 0.0%)

1 の, の日蔭

▼ 五十六億万年~ (2, 0.0%)

1 とは弥勒仏出現, を待て

▼ 五十六円~ (2, 0.0%)

1 だったという, ばかりと見えた

▼ 五十六平方キロ~ (2, 0.0%)

1 といっ, の地域

▼ 五十六年分~ (2, 0.0%)

1 の頻度曲線, 集めて

▼ 五十六年前~ (2, 0.0%)

1 の遠い, まであった

▼ 五十六年間~ (2, 0.0%)

1 ある, にわたる悲壮

▼ 五十円寄附~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 五十円月給~ (2, 0.0%)

1 をとっ, 取ってるやろかな

▼ 五十円足らず~ (2, 0.0%)

1 で安閑, の金

▼ 五十分の~ (2, 0.0%)

1 で太, で発つ

▼ 五十分の急行~ (2, 0.0%)

1 だとか, で道子

▼ 五十分宛~ (2, 0.0%)

2 の授業

▼ 五十分発~ (2, 0.0%)

1 に乗る, の汽車

▼ 五十分頃~ (2, 0.0%)

1 に平, のこと

▼ 五十前後町人~ (2, 0.0%)

1 と棟梁, ながら一

▼ 五十名位~ (2, 0.0%)

1 といふ方針, のもの

▼ 五十名余り~ (2, 0.0%)

1 がわめき叫ん, の男

▼ 五十名近く~ (2, 0.0%)

1 になっ, の委員

▼ 五十周年~ (2, 0.0%)

1 の末席, を今日

▼ 五十四マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, なり

▼ 五十四号~ (2, 0.0%)

1 だったな, にある

▼ 五十四年前~ (2, 0.0%)

1 の明治二十六年一月, 在武陵

▼ 五十四番地~ (2, 0.0%)

1 には養父斎藤紀一先生, に行った

▼ 五十四石~ (2, 0.0%)

1 である, の一所持

▼ 五十四石余~ (2, 0.0%)

1 すなわち約, は今

▼ 五十婆さん~ (2, 0.0%)

1 が舌うち, で手

▼ 五十対~ (2, 0.0%)

1 ばかりの列, ばかりの列めぐりをはるとき

▼ 五十尺余~ (2, 0.0%)

1 という高い, 最も小さい

▼ 五十尺幅七八尺俗~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ 五十屯~ (2, 0.0%)

1 のスクウナー, ばかりの鰹船

▼ 五十州~ (2, 0.0%)

1 や百州, を照らし

▼ 五十平方メートル~ (2, 0.0%)

1 の八角形, ほどの小さな

▼ 五十年ぐらゐ前~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の嫁

▼ 五十年ごと~ (2, 0.0%)

1 に芸術, に行う

▼ 五十年めくら~ (2, 0.0%)

2 に成り

▼ 五十年以来~ (2, 0.0%)

1 のこと, 動かぬとのみ

▼ 五十年先~ (2, 0.0%)

1 にはどんな, に進ん

▼ 五十年内~ (2, 0.0%)

1 だろうと, に日本南海岸

▼ 五十年内外~ (2, 0.0%)

1 だろうという, に来るであろう

▼ 五十年来一度~ (2, 0.0%)

2 も外れた

▼ 五十年毎~ (2, 0.0%)

1 に姿, に襲つた

▼ 五十年紀念会~ (2, 0.0%)

1 があった, を開く

▼ 五十幾ツ~ (2, 0.0%)

2 かの部屋

▼ 五十幾個~ (2, 0.0%)

2 の若々しき

▼ 五十度前後~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 五十度附近~ (2, 0.0%)

1 と決った, の海上

▼ 五十張り~ (2, 0.0%)

1 の弩弓手, を越える

▼ 五十戸分~ (2, 0.0%)

2 の溺死者

▼ 五十数ヵ国~ (2, 0.0%)

1 から集っ, の婦人

▼ 五十日め~ (2, 0.0%)

1 でここ, にふたたび

▼ 五十日余り~ (2, 0.0%)

1 か, も続い

▼ 五十日前~ (2, 0.0%)

1 になくなりました, の前後

▼ 五十日後~ (2, 0.0%)

1 でなければ, に行

▼ 五十日月代~ (2, 0.0%)

2 腐った羽二重

▼ 五十日經~ (2, 0.0%)

1 たなければ, てば麥

▼ 五十日間斯~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ 五十本以上~ (2, 0.0%)

1 の當, も吸い尽くし

▼ 五十本宛~ (2, 0.0%)

1 それからその後, もとれる

▼ 五十村~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はどこ

▼ 五十村警部長~ (2, 0.0%)

1 が窮余, なども一方

▼ 五十枚他~ (2, 0.0%)

2 は全部

▼ 五十枚以上~ (2, 0.0%)

1 になったらしい, の長

▼ 五十株~ (2, 0.0%)

1 ほどを長命寺, を植えさせた

▼ 五十梃~ (2, 0.0%)

2 の没収

▼ 五十歳がらみ~ (2, 0.0%)

1 に見える, の肉むら

▼ 五十歳くら~ (2, 0.0%)

1 ゐな, ゐの

▼ 五十歳以下~ (2, 0.0%)

1 の男子, の者

▼ 五十段~ (2, 0.0%)

1 ずつ七折, の石段

▼ 五十町一里~ (2, 0.0%)

1 ありと, なりけり

▼ 五十町四方~ (2, 0.0%)

1 の地, を平らげ

▼ 五十番地~ (2, 0.0%)

1 と言う, の家

▼ 五十畳敷格天井~ (2, 0.0%)

2 の本堂

▼ 五十発~ (2, 0.0%)

1 ずつだ, の命中弾

▼ 五十目玉~ (2, 0.0%)

1 までの大筒百挺, 之御

▼ 五十県~ (2, 0.0%)

1 では一八〇二年, はそれ

▼ 五十知命~ (2, 0.0%)

1 に右, に近い

▼ 五十石積~ (2, 0.0%)

1 が出る, と云う

▼ 五十節~ (2, 0.0%)

1 迄読ん, 迄讀ん

▼ 五十米プール~ (2, 0.0%)

1 に辿りつく, もあった

▼ 五十米位~ (2, 0.0%)

1 で止り, で湖

▼ 五十萬人~ (2, 0.0%)

1 が餓死, を移住

▼ 五十萬兩~ (2, 0.0%)

1 にのぼつ, の物

▼ 五十行~ (2, 0.0%)

1 の小, の欄

▼ 五十貫以上~ (2, 0.0%)

1 はあるだらう, はあるであろう

▼ 五十軒長屋~ (2, 0.0%)

1 の路地, は榎路地

▼ 五十通~ (2, 0.0%)

1 という成績, にちかい

▼ 五十遍~ (2, 0.0%)

1 もくりかえし, 唄わせた

▼ 五十金足らず~ (2, 0.0%)

2 かと心得ます

▼ 五十銭それ~ (2, 0.0%)

1 より駄目, を差引いた

▼ 五十銭づゝ~ (2, 0.0%)

1 出して, 封じた銅貨

▼ 五十銭ほか~ (2, 0.0%)

1 に敷物代, 無い

▼ 五十銭三十銭~ (2, 0.0%)

1 の会合, の村

▼ 五十銭奮発~ (2, 0.0%)

1 して, せえ

▼ 五十銭寄附~ (2, 0.0%)

2 したけれども

▼ 五十銭席~ (2, 0.0%)

1 などガラ, は一杯

▼ 五十銭玉一ツ~ (2, 0.0%)

2 の財布

▼ 五十銭紙幣一枚~ (2, 0.0%)

1 しか無い, に代

▼ 五十銭銀貨三枚~ (2, 0.0%)

1 を借りる, を握

▼ 五十銭銀貨大~ (2, 0.0%)

1 の胼胝, の霊鏡

▼ 五十錢札~ (2, 0.0%)

1 が四枚, をポケット

▼ 五十間おき~ (2, 0.0%)

1 には番小屋, に小屋

▼ 五十間余~ (2, 0.0%)

1 も堤, ノ場所

▼ 五十間四方~ (2, 0.0%)

1 に蔓, は小田

▼ 五十頃~ (2, 0.0%)

1 になっ, の作

▼ 五十駄~ (2, 0.0%)

1 ずつの御, の継立て

▼ 五千か所~ (2, 0.0%)

1 の火事, の火災

▼ 五千くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ旧

▼ 五千カロリー~ (2, 0.0%)

1 であるにも, なれども

▼ 五千マルク~ (2, 0.0%)

1 の正金, を宛て

▼ 五千ルピー~ (2, 0.0%)

1 では, の予算

▼ 五千七十七万千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 五千七百九十九枚~ (2, 0.0%)

1 だ, の年始状

▼ 五千万ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 だ, を予定

▼ 五千五百人~ (2, 0.0%)

1 が定員, で一個年間

▼ 五千五百部~ (2, 0.0%)

1 はうれました, 売れたら日本

▼ 五千人みんな責任~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 五千以下~ (2, 0.0%)

1 ではテコ, の都市

▼ 五千余巻~ (2, 0.0%)

2 が納め

▼ 五千個~ (2, 0.0%)

1 の宇宙線粒子, の水量

▼ 五千八百九枚~ (2, 0.0%)

1 あてがうと, あてがっても

▼ 五千六千~ (2, 0.0%)

1 の牢人, の蔵書

▼ 五千円也~ (2, 0.0%)

1 として権利使用, のラジウム

▼ 五千円以内~ (2, 0.0%)

1 に自分, もし無

▼ 五千円宛~ (2, 0.0%)

1 に計, の貯金

▼ 五千円程度~ (2, 0.0%)

1 でよかっ, で勝負

▼ 五千冊~ (2, 0.0%)

1 にも及べ, の輸出

▼ 五千午~ (2, 0.0%)

2 過ぎて

▼ 五千呎~ (2, 0.0%)

1 の絶壁, までのぼるであらう

▼ 五千四十八巻~ (2, 0.0%)

1 の一切経, 及び十六羅漢像

▼ 五千四百坪~ (2, 0.0%)

1 になる, を今度

▼ 五千尺以上~ (2, 0.0%)

1 の高み, もある

▼ 五千巻~ (2, 0.0%)

1 に達する, 有り

▼ 五千年間~ (2, 0.0%)

1 立ちん棒, 立ったまま

▼ 五千年餘~ (2, 0.0%)

1 の時, の歳月

▼ 五千挺~ (2, 0.0%)

1 ぐらいあった, の銃

▼ 五千根~ (2, 0.0%)

1 の積り, を得べし

▼ 五千町以上~ (2, 0.0%)

2 の地面

▼ 五千石君~ (2, 0.0%)

2 と寝よ

▼ 五千箇所~ (2, 0.0%)

1 の火事, の火災

▼ 五千部~ (2, 0.0%)

1 あると, 刷ったそう

▼ 五千首~ (2, 0.0%)

1 という尨大, はさ

▼ 五升一斗~ (2, 0.0%)

1 と担い, の小麦

▼ 五升五合~ (2, 0.0%)

1 が逆, の割合

▼ 五升俵~ (2, 0.0%)

1 として換算, にし

▼ 五升入り~ (2, 0.0%)

1 ぐらいな飯鉢, の徳利

▼ 五升袋~ (2, 0.0%)

1 の銭塊, へ詰めた

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 阿行

▼ 五卷書~ (2, 0.0%)

1 である最後, にある

▼ 五厘それ~ (2, 0.0%)

1 から二十匁毎, から團子

▼ 五厘六厘~ (2, 0.0%)

1 の客, の客ゆえ

▼ 五厘刈~ (2, 0.0%)

1 にした, の下

▼ 五厘学校~ (2, 0.0%)

1 に通, まで握っ

▼ 五厘宛~ (2, 0.0%)

1 でございます, で五個

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 港の

▼ 五反五畝五歩~ (2, 0.0%)

1 に當, の森林

▼ 五反歩~ (2, 0.0%)

1 とする, の自作農

▼ 五口径~ (2, 0.0%)

1 のコルト, の弾薬筒三つ

▼ 五句九字~ (2, 0.0%)

2 にしたる

▼ 五台七台~ (2, 0.0%)

1 ないし十余台, 乃至十余台

▼ 五台山下~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, までたどりついた

▼ 五台目~ (2, 0.0%)

1 の中, の寝台

▼ 五右衡門~ (2, 0.0%)

1 の一, の姿

▼ 五号以上~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ 五号館~ (2, 0.0%)

1 といふの, の壁

▼ 五合五勺~ (2, 0.0%)

1 が我が, になった

▼ 五合目辺~ (2, 0.0%)

1 に下れ, に於

▼ 五名全癒者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 五品上~ (2, 0.0%)

1 が中, が朝請太夫

▼ 五品下~ (2, 0.0%)

1 の雅称, までの名目

▼ 五品以上~ (2, 0.0%)

1 の官長, の貴族

▼ 五哥銅貨~ (2, 0.0%)

1 や蹄鉄, や馬

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 かさねての, がそれぞれ

▼ 五四三年~ (2, 0.0%)

1 に死す, の頃

▼ 五回七回~ (2, 0.0%)

1 くり返しても, の多き

▼ 五回位~ (2, 0.0%)

1 は上京, ゐは

▼ 五回公判~ (2, 0.0%)

1 に於, の如き

▼ 五回展~ (2, 0.0%)

1 に出品, の

▼ 五国会~ (2, 0.0%)

1 において成立, の決算委員会

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 になつて, の聯合軍五萬

▼ 五圓也~ (2, 0.0%)

1 を出し, を貰つて私

▼ 五圓以上~ (2, 0.0%)

1 だ, の金

▼ 五圓札一枚~ (2, 0.0%)

1 でみんな, はあきらめ

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 と京水, の燭台

▼ 五夜月~ (2, 0.0%)

1 の光, を見ず

▼ 五大寺~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 五大老五奉行~ (2, 0.0%)

1 から誓紙, に誓紙

▼ 五大隊~ (2, 0.0%)

1 の医官, をもっ

▼ 五太夫七~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 にでも見え, 到の

▼ 五女姫路殿~ (2, 0.0%)

2 は信長

▼ 五女癸巳~ (2, 0.0%)

1 が感染, が生れた

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 が十八, のマサ子

▼ 五婦下戸~ (2, 0.0%)

2 或二三婦

▼ 五婦人~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 五字づつ~ (2, 0.0%)

1 並べたり, 或は七字づつ行列

▼ 五字七字~ (2, 0.0%)

1 となり, にする

▼ 五字詰~ (2, 0.0%)

1 でそういう, を使つて

▼ 五学年~ (2, 0.0%)

1 において少年百科辞典, もしくは第

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の門風, を別

▼ 五家族~ (2, 0.0%)

1 と言う, 入れて

▼ 五寸ぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 長さ

▼ 五寸一尺~ (2, 0.0%)

1 と上, と連山

▼ 五寸三寸~ (2, 0.0%)

2 ずつ動かし

▼ 五寸下~ (2, 0.0%)

1 に位置, に見える

▼ 五寸二分~ (2, 0.0%)

1 ある大身, に一寸五分の鳥の子

▼ 五寸四方位~ (2, 0.0%)

2 の大き

▼ 五寸四角~ (2, 0.0%)

2 ほど破っ

▼ 五寸幅~ (2, 0.0%)

1 の横物, の猩々緋

▼ 五寸縦~ (2, 0.0%)

2 が七八寸

▼ 五寸近く~ (2, 0.0%)

1 ある大, の楕円

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 と椿, 計十六寺

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 そしてそれ等, も持っ

▼ 五封度~ (2, 0.0%)

1 に等しい, の鉄亜鈴

▼ 五将軍~ (2, 0.0%)

1 の郎等, をのみなかま

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 教区と, 桜神社の

▼ 五尺とき~ (2, 0.0%)

2 なば

▼ 五尺七寸五分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 五尺三尺一間~ (2, 0.0%)

1 ばかりずつ上流, ばかりづゝ上流

▼ 五尺不足~ (2, 0.0%)

2 の山内

▼ 五尺九寸~ (2, 0.0%)

1 ほどの大き, もある

▼ 五尺五寸六分~ (2, 0.0%)

1 であり計器, ですぜ

▼ 五尺以上~ (2, 0.0%)

1 あるん, はあったろう

▼ 五尺以下~ (2, 0.0%)

1 であったそう, で色

▼ 五尺何寸其~ (2, 0.0%)

2

▼ 五尺先~ (2, 0.0%)

1 すら見えぬ, にある

▼ 五尺六寸五分~ (2, 0.0%)

1 であるから, もあつ

▼ 五尺四方一丈余~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 五尺近く~ (2, 0.0%)

1 もあ, も細か

▼ 五層楼~ (2, 0.0%)

1 の屋上, の窓

▼ 五左衛門尉~ (2, 0.0%)

1 取って返し身命, 嘲笑って

▼ 五左衛門様~ (2, 0.0%)

1 のところ, の御

▼ 五帝六甲~ (2, 0.0%)

2 の法

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 に区分, を作り

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 ありみなヤソ教, の大き

▼ 五幕二十場~ (2, 0.0%)

1 の全, の演出

▼ 五平太~ (2, 0.0%)

1 の武技, もおる

▼ 五平方~ (2, 0.0%)

1 から引き返し, に陣取った

▼ 五年いつか処女~ (2, 0.0%)

1 に会, に会われよう

▼ 五年いつか處女~ (2, 0.0%)

2 に會

▼ 五年おき~ (2, 0.0%)

1 の三期, もしくは七年おき

▼ 五年ころ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の公用

▼ 五年どこ~ (2, 0.0%)

1 でなに, の女風俗

▼ 五年アムステルダム~ (2, 0.0%)

1 においてデカルト, のエルゼヴィエル版

▼ 五年アメリカ~ (2, 0.0%)

1 で苦労, を流れ

▼ 五年一月十五日~ (2, 0.0%)

1 には全国, を図書館デー

▼ 五年七峯~ (2, 0.0%)

2 が蘭亭

▼ 五年七月一日~ (2, 0.0%)

1 には近代的, 僅か六畳一間

▼ 五年七月一日発行~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 五年三月一日東京市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 五年三月十日~ (2, 0.0%)

1 の日記, の空

▼ 五年三月号~ (2, 0.0%)

1 には一七四八年以降, の主婦

▼ 五年九月十六日~ (2, 0.0%)

1 に東堂, の夜

▼ 五年九月四日~ (2, 0.0%)

1 だと, に作られた

▼ 五年以後言論~ (2, 0.0%)

1 と出版, の自由

▼ 五年來~ (2, 0.0%)

1 の友人, の親友

▼ 五年全部~ (2, 0.0%)

1 の学籍簿, の父兄

▼ 五年全部説~ (2, 0.0%)

1 には相当, 各学級代表説

▼ 五年八月二十三日~ (2, 0.0%)

1 に三十一歳, の夜

▼ 五年八月以後日本~ (2, 0.0%)

1 におけるラジオ, の科学

▼ 五年八月六日広島~ (2, 0.0%)

1 に九日, の原爆当日

▼ 五年八月朔~ (2, 0.0%)

1 に五十九歳, を以て沙汰

▼ 五年六月中旬~ (2, 0.0%)

1 の事, の後夜

▼ 五年分~ (2, 0.0%)

1 くらいは空想, までが揃っ

▼ 五年前六月六日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 五年前銀座~ (2, 0.0%)

1 の某, の裏町

▼ 五年十一月一日~ (2, 0.0%)

2 のリスボン

▼ 五年十一月十五日~ (2, 0.0%)

1 である, の条

▼ 五年十二月廿日~ (2, 0.0%)

2 にセーラム

▼ 五年十年あと~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 五年十月十九日~ (2, 0.0%)

1 にエルデーディー伯爵夫人, の正午

▼ 五年即位~ (2, 0.0%)

1 が一九〇九年, が一九一〇年

▼ 五年型~ (2, 0.0%)

1 の映画女優, 何とかいう

▼ 五年己~ (2, 0.0%)

1 はお前, 未和蘭

▼ 五年度あたり~ (2, 0.0%)

2 までは見られなかった

▼ 五年度豫算~ (2, 0.0%)

1 の編成, を前年度豫算

▼ 五年彼~ (2, 0.0%)

1 がイタリー全土, が三十四歳

▼ 五年忌~ (2, 0.0%)

1 など村方, を機

▼ 五年日本~ (2, 0.0%)

1 で云え, に駐留

▼ 五年昔~ (2, 0.0%)

1 のあの, よりは高められ

▼ 五年時代~ (2, 0.0%)

1 には将来物理, の遺物

▼ 五年暮春~ (2, 0.0%)

2 より昭和八年

▼ 五年来僕~ (2, 0.0%)

1 は小説, は恐怖

▼ 五年極月~ (2, 0.0%)

1 の十四日, の夜

▼ 五年此~ (2, 0.0%)

1 からこびりつき, に終りぬ

▼ 五年無事~ (2, 0.0%)

1 にい, に勤め

▼ 五年父~ (2, 0.0%)

1 の後, の飜刻

▼ 五年版~ (2, 0.0%)

1 の, も同じ

▼ 五年版エントホヴェン~ (2, 0.0%)

2

▼ 五年版全集~ (2, 0.0%)

1 の, 第三十五巻

▼ 五年目毎~ (2, 0.0%)

1 くらいにちゃんと, に太神楽

▼ 五年祭~ (2, 0.0%)

1 で神官, とて心

▼ 五年經~ (2, 0.0%)

1 つた, てば罪

▼ 五年聖武天皇~ (2, 0.0%)

1 が良弁僧正, 親しく鋳造

▼ 五年芳年~ (2, 0.0%)

2 は多数

▼ 五年蜀~ (2, 0.0%)

1 に入りた, は延

▼ 五年豊臣秀吉~ (2, 0.0%)

1 が薩摩, に謁せん

▼ 五年越~ (2, 0.0%)

1 のベルト, の恩人

▼ 五年辰年~ (2, 0.0%)

1 だろう, らしく思われた

▼ 五年間奮闘~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 五年間日本~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の全て

▼ 五年陸軍~ (2, 0.0%)

2 の編制

▼ 五年頃私~ (2, 0.0%)

1 は帝展, は神田

▼ 五度くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ読まなければ

▼ 五度以東~ (2, 0.0%)

1 においてこの, において捲き込まれ

▼ 五度内外~ (2, 0.0%)

1 のもの, の温度

▼ 五度十度~ (2, 0.0%)

1 と仕事, と延

▼ 五度目十度目~ (2, 0.0%)

2 の準備

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 が二十一, は十三

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 だったと, とかを記す

▼ 五忠清~ (2, 0.0%)

1 などというの, は後

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 は, を除き

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の大, の罪人

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 に触るる, の対象

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ 五戸前~ (2, 0.0%)

1 ある筈, の土藏

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の御霊, を罷

▼ 五所紋付黒木綿~ (2, 0.0%)

2 の羽織

▼ 五手がかり~ (2, 0.0%)

1 と致そう, は南北町奉行

▼ 五拍子~ (2, 0.0%)

1 ぐらい時間, という新しい

▼ 五挺花嫁~ (2, 0.0%)

2 と仲人夫婦

▼ 五文字出来~ (2, 0.0%)

1 なけりャ十二字, なけりヤ十二字

▼ 五斗五升~ (2, 0.0%)

1 などじゃない, はあるだろう

▼ 五斗兵衛市~ (2, 0.0%)

1 ころし此又伯円, の殺し場

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 と対岸埼玉県本庄町在, と申す

▼ 五族協和~ (2, 0.0%)

1 とか王道楽土, の姿

▼ 五日あたり~ (2, 0.0%)

1 からすでに, にかけて最も

▼ 五日きょう~ (2, 0.0%)

1 の午後三時二十五分東京着, は七五三

▼ 五日ここ~ (2, 0.0%)

1 へも帰らなかった, へ泊る

▼ 五日たち七日~ (2, 0.0%)

1 たつうち, たつて

▼ 五日ぶん~ (2, 0.0%)

1 はたっぷり, まとめて

▼ 五日わたしたち~ (2, 0.0%)

1 が声, の戦争挑発

▼ 五日モスクワ~ (2, 0.0%)

1 に着く, を立ち

▼ 五日一石~ (2, 0.0%)

1 を描く, を画く

▼ 五日一週間~ (2, 0.0%)

1 もたちました, を臥床

▼ 五日三番目~ (2, 0.0%)

2 の十八

▼ 五日二十四~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 五日二十日~ (2, 0.0%)

1 あるいはひと月以上, あるいは一月以上

▼ 五日二番目~ (2, 0.0%)

2 の二十一

▼ 五日人~ (2, 0.0%)

1 の心, は月

▼ 五日今日~ (2, 0.0%)

1 に至り病馬, もいい

▼ 五日休み~ (2, 0.0%)

1 になった, は続いた

▼ 五日何~ (2, 0.0%)

1 うか, の心配

▼ 五日何処~ (2, 0.0%)

1 に居た, へ行

▼ 五日六日七日~ (2, 0.0%)

1 と朝五・四位, になっ

▼ 五日冬~ (2, 0.0%)

1 のまっ, の短日

▼ 五日出の~ (2, 0.0%)

1 がある, は東京

▼ 五日前明神下~ (2, 0.0%)

2 の俺

▼ 五日前暇~ (2, 0.0%)

2 をとり

▼ 五日前東京~ (2, 0.0%)

1 から若い, から遊び

▼ 五日前自分~ (2, 0.0%)

1 と一, の買っ

▼ 五日午~ (2, 0.0%)

1 の刻, の正中

▼ 五日午後三時二十分一本スギ~ (2, 0.0%)

2 のてっぺん

▼ 五日厄介~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ 五日四十九日~ (2, 0.0%)

1 の後, の法要

▼ 五日四晩~ (2, 0.0%)

1 の調べ, 飛び廻つたの

▼ 五日夜ラヂオ~ (2, 0.0%)

2 のニユース

▼ 五日妻~ (2, 0.0%)

1 の本当, は半ば告白

▼ 五日姿~ (2, 0.0%)

1 も見せない, をかくして

▼ 五日宮市天満宮~ (2, 0.0%)

2 の神幸祭

▼ 五日家~ (2, 0.0%)

1 にいる, に居させ

▼ 五日寛~ (2, 0.0%)

1 は帰塲せり, は足寄帯広方面

▼ 五日巴里~ (2, 0.0%)

1 で一人, に生れた

▼ 五日我慢~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 五日打~ (2, 0.0%)

1 通して, 通しての

▼ 五日拂曉~ (2, 0.0%)

1 に海底戰鬪艇, までには電光艇

▼ 五日旅~ (2, 0.0%)

1 の疲れ, をし

▼ 五日早朝~ (2, 0.0%)

1 から出立, 怪しきもの一人

▼ 五日昨日~ (2, 0.0%)

1 の朝, より

▼ 五日暇~ (2, 0.0%)

1 をおくれん, 取ると

▼ 五日正午~ (2, 0.0%)

1 から二時間, に私たち

▼ 五日正造~ (2, 0.0%)

1 は去月二十六日, は風邪

▼ 五日毎~ (2, 0.0%)

1 に一囘辮子, に描き込み

▼ 五日父~ (2, 0.0%)

1 の喜壽, の喜寿

▼ 五日珍~ (2, 0.0%)

2 らしく家内中

▼ 五日目それ~ (2, 0.0%)

1 のみ待たされた, まで無傷

▼ 五日目岡崎屋~ (2, 0.0%)

1 の親類会議, の親類會議

▼ 五日目毎~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの割, に見舞っ

▼ 五日路~ (2, 0.0%)

1 といつた, も六日路

▼ 五日辰~ (2, 0.0%)

1 の刻, の刻生れ

▼ 五日銭屋~ (2, 0.0%)

1 へ泊っ, へ逗留

▼ 五日長崎立山~ (2, 0.0%)

1 にて十字架上, の海

▼ 五日間そこ~ (2, 0.0%)

1 に仮泊, に泊つて

▼ 五日間午前八時~ (2, 0.0%)

2 から午後三時

▼ 五日間私~ (2, 0.0%)

1 はこの, は誰

▼ 五日間自分~ (2, 0.0%)

1 が太夫, は朝

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 になりな, を踰ゆ

▼ 五旬節~ (2, 0.0%)

1 だだのに, という土曜日

▼ 五時すぎ座~ (2, 0.0%)

1 へ入る, へ出る

▼ 五時ちょッ~ (2, 0.0%)

1 とすぎた, と前

▼ 五時ニューグランド~ (2, 0.0%)

1 で小林千代子, へ

▼ 五時三分~ (2, 0.0%)

1 であった事, に土合

▼ 五時二十分頃~ (2, 0.0%)

1 に初江, の話

▼ 五時五分~ (2, 0.0%)

1 か, である

▼ 五時五分発~ (2, 0.0%)

1 の列車, の汽車

▼ 五時六時頃~ (2, 0.0%)

1 になる, に眼さむる

▼ 五時冬~ (2, 0.0%)

1 になれ, は六時

▼ 五時出~ (2, 0.0%)

1 だね, の晩番

▼ 五時出航~ (2, 0.0%)

1 す, なので

▼ 五時半位~ (2, 0.0%)

2 に一つ

▼ 五時半家~ (2, 0.0%)

1 を出, を出る

▼ 五時半山水楼~ (2, 0.0%)

1 で浅井挙曄, へサンデー毎日

▼ 五時半近く~ (2, 0.0%)

1 なるさ, になっ

▼ 五時我々~ (2, 0.0%)

1 は東京, は熊本

▼ 五時抜錨~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 五時新橋演舞場~ (2, 0.0%)

1 へ, へ新国劇見物

▼ 五時昨夜~ (2, 0.0%)

2 の草鞋

▼ 五時比~ (2, 0.0%)

1 から往, であった

▼ 五時起床~ (2, 0.0%)

1 が三四日, でなければ

▼ 五時起床六時過ぎ~ (2, 0.0%)

2 に飯

▼ 五時開始~ (2, 0.0%)

1 だが, なので

▼ 五時開演~ (2, 0.0%)

1 である, の初め

▼ 五時間六時間~ (2, 0.0%)

1 おくれる, と議論

▼ 五時間分~ (2, 0.0%)

1 だ, の月給

▼ 五時間半以内~ (2, 0.0%)

1 になさね, に短縮

▼ 五時頃会社~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, が引ける

▼ 五時頃雨~ (2, 0.0%)

1 が降っ, はやんだ

▼ 五景カット~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 五月夜~ (2, 0.0%)

1 の事, の遊行

▼ 五期及第十六期~ (2, 0.0%)

1 の議会, の議會

▼ 五本の~ (2, 0.0%)

1 がいい, がお

▼ 五本位~ (2, 0.0%)

1 あるであろうと, まで十三四種

▼ 五本十本それ~ (2, 0.0%)

1 は布団針, は布團針

▼ 五本太平洋~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 五本手~ (2, 0.0%)

1 に入れる, の衣服

▼ 五本足~ (2, 0.0%)

1 の犬, の猫

▼ 五杯位~ (2, 0.0%)

1 の牛乳, ぺろりと

▼ 五杯六杯~ (2, 0.0%)

1 とくふ, と続け

▼ 五杯飮ん~ (2, 0.0%)

1 だが, だとやら

▼ 五東京~ (2, 0.0%)

1 に江戸, の女学生

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 という若者, の家

▼ 五枚めあたり~ (2, 0.0%)

1 から血, よ

▼ 五枚以上~ (2, 0.0%)

1 を記すべし, 積めば

▼ 五枚甲伏~ (2, 0.0%)

1 というの, の法

▼ 五枚私~ (2, 0.0%)

1 の前, を撮した

▼ 五枚立~ (2, 0.0%)

2 の兜

▼ 五枚続き~ (2, 0.0%)

1 のこれ, の絵

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 に分かれた, を燃やしおき

▼ 五柱頭~ (2, 0.0%)

1 ある一花柱, は後

▼ 五株六株~ (2, 0.0%)

2 あるいは十株

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の数, もちゃんと

▼ 五梃づつ菰~ (2, 0.0%)

1 に包んだ, へ包ん

▼ 五梃壁~ (2, 0.0%)

2 にならべられ

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 すすり込むと, の後女中

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の富十郎, も門並

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 にあった, に四・二分の一

▼ 五歩バッ~ (2, 0.0%)

2 と踏み込む

▼ 五歩ヒョロヒョロ~ (2, 0.0%)

2 飛込んで

▼ 五歩先~ (2, 0.0%)

1 の方, をさも

▼ 五歩土間~ (2, 0.0%)

2 から上り

▼ 五歩後退~ (2, 0.0%)

1 しおもむろに, しながら

▼ 五歳の~ (2, 0.0%)

1 が二, を頭

▼ 五歳以上四十歳~ (2, 0.0%)

1 までが特別, までの人

▼ 五歳以上四十歳以下~ (2, 0.0%)

1 という時代, の年齢

▼ 五歳前~ (2, 0.0%)

1 にも申, の彼

▼ 五歳妻益~ (2, 0.0%)

1 は三十九歳, は二十九歳

▼ 五歳晩警戒哨溜池交叉点~ (2, 0.0%)

2 を通過

▼ 五歳稀塩~ (2, 0.0%)

2 散に

▼ 五段め~ (2, 0.0%)

1 に位する, の四桁数字

▼ 五段以上~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の達人

▼ 五段教授法~ (2, 0.0%)

2 を以て教

▼ 五段目六段目~ (2, 0.0%)

1 がよく, と演

▼ 五段返し~ (2, 0.0%)

1 で見せる, をもっ

▼ 五毛柄~ (2, 0.0%)

1 と六毛柄, のテグス

▼ 五氣質~ (2, 0.0%)

1 の人, 即ち粘液質

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 で天誅, まで仲間同志

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の一流

▼ 五海里~ (2, 0.0%)

1 の間, も距つた

▼ 五渡亭~ (2, 0.0%)

1 が錦絵, に頼ん

▼ 五渡亭国貞~ (2, 0.0%)

1 の絵, は

▼ 五瀬某~ (2, 0.0%)

1 が詰所, に見せられた

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 となる, の苦行

▼ 五燭光~ (2, 0.0%)

1 であったが, の影

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の胸, は懐

▼ 五片六片箒目見~ (2, 0.0%)

2 ゆる根方

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 と第, の随一

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 この中, です

▼ 五王子~ (2, 0.0%)

1 が陛下, を殺す

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 で其, の花

▼ 五瓦入~ (2, 0.0%)

2 の瓶

▼ 五瓩ぐらゐ~ (2, 0.0%)

2 多かつ

▼ 五男直吉~ (2, 0.0%)

1 が歿, が生れた

▼ 五町内~ (2, 0.0%)

1 が闇, のうち

▼ 五町幅三町~ (2, 0.0%)

2 ほど極めて

▼ 五町街~ (2, 0.0%)

1 では異常, にならひし

▼ 五町隔~ (2, 0.0%)

1 った所, れて

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 か六畜位, に限っ

▼ 五畝五歩~ (2, 0.0%)

1 に當, の森林

▼ 五畝歩~ (2, 0.0%)

1 の畑, ほどの不毛地

▼ 五番め~ (2, 0.0%)

1 の句, までま

▼ 五番凶~ (2, 0.0%)

2 とあった

▼ 五番機~ (2, 0.0%)

1 だけ早く, へのせ

▼ 五番街~ (2, 0.0%)

1 の宿, へさしかかった

▼ 五番館~ (2, 0.0%)

1 といふの, の陳列所前

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の経営, 及び江

▼ 五疋以外~ (2, 0.0%)

2 には継立て

▼ 五疋十疋~ (2, 0.0%)

1 とゾロ, の猿

▼ 五発命中~ (2, 0.0%)

1 です, というの

▼ 五発目~ (2, 0.0%)

1 の弾, はねらい

▼ 五百あまり~ (2, 0.0%)

1 の白骨, をひきつれ

▼ 五百くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ木造

▼ 五百なぞ~ (2, 0.0%)

1 には給料, も屋敷住い

▼ 五百ボルト~ (2, 0.0%)

1 の電池, の電流

▼ 五百マイル以上~ (2, 0.0%)

1 の旅行, もある

▼ 五百メートル以上~ (2, 0.0%)

1 の山, の高山性裸地帯

▼ 五百七十ミリ~ (2, 0.0%)

1 を指し, を示し

▼ 五百七十六年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 五百七百~ (2, 0.0%)

2 あるいは千

▼ 五百万マルク~ (2, 0.0%)

1 の支出, を必要

▼ 五百万個~ (2, 0.0%)

1 くらいまで測れる, でありその

▼ 五百万年光~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 五百三~ (2, 0.0%)

1 から八百三位, という人

▼ 五百三十円~ (2, 0.0%)

1 の餞別, ほどありました

▼ 五百両千両~ (2, 0.0%)

1 という大, は別

▼ 五百両胴~ (2, 0.0%)

1 のチョボ一, は潰れる

▼ 五百二十把~ (2, 0.0%)

1 からかかりました, からの萱

▼ 五百五~ (2, 0.0%)

2 というところ

▼ 五百五十キロ~ (2, 0.0%)

2 ばかりのところ

▼ 五百五十三石~ (2, 0.0%)

1 より三千八百石, を食んだ

▼ 五百五十両~ (2, 0.0%)

1 である, の用金

▼ 五百五十句~ (2, 0.0%)

1 を選, を選んだ

▼ 五百五十坪~ (2, 0.0%)

1 で高い, の一画

▼ 五百五十文~ (2, 0.0%)

1 ぐれえには, のメリ

▼ 五百五十種~ (2, 0.0%)

1 もです, 入って

▼ 五百人ぢ~ (2, 0.0%)

1 や桟敷, や棧敷

▼ 五百人六百人~ (2, 0.0%)

2 に読まれる

▼ 五百件~ (2, 0.0%)

1 もあった, 多い割

▼ 五百余円~ (2, 0.0%)

1 の責, 出し社殿

▼ 五百余年来未曾有~ (2, 0.0%)

2 の珍事

▼ 五百保~ (2, 0.0%)

2 の母子

▼ 五百倍~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの食料, になる

▼ 五百億ドル~ (2, 0.0%)

1 から六百億ドル貧乏, といわれ

▼ 五百入~ (2, 0.0%)

1 の靫, の靱

▼ 五百八十~ (2, 0.0%)

1 のお年, 一方マイル

▼ 五百八十名~ (2, 0.0%)

1 の鎮台内, への割当

▼ 五百八番~ (2, 0.0%)

1 が當, でせう

▼ 五百六十五~ (2, 0.0%)

1 の急所, もある

▼ 五百六十円~ (2, 0.0%)

1 ということ, は承認

▼ 五百六十哩~ (2, 0.0%)

1 の遠隔, も離れ

▼ 五百円以上~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに計算, 無格社二百円以上

▼ 五百円以下~ (2, 0.0%)

1 の罰金, の罰金刑

▼ 五百円余り~ (2, 0.0%)

1 の紙幣, を持っ

▼ 五百円宛~ (2, 0.0%)

1 を贈呈, 呉れて

▼ 五百円平均~ (2, 0.0%)

1 ぐらいずつ券, と定

▼ 五百名以上~ (2, 0.0%)

1 の壮者, の検挙

▼ 五百四十六人~ (2, 0.0%)

1 の中, の定員

▼ 五百回~ (2, 0.0%)

1 あったとして, です

▼ 五百圓千圓~ (2, 0.0%)

1 とまとま, もらふより

▼ 五百子~ (2, 0.0%)

1 とか野村望東尼, をそのものたち

▼ 五百師子~ (2, 0.0%)

1 の主, は諸

▼ 五百年ぶり~ (2, 0.0%)

1 と云ふか千年振り, に主権

▼ 五百年以上~ (2, 0.0%)

1 もし, も前

▼ 五百年像法一千年末法一万年~ (2, 0.0%)

1 には衆生, の説

▼ 五百年後~ (2, 0.0%)

1 であるかも, に生

▼ 五百年文章~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 五百年書力~ (2, 0.0%)

2 は八百年

▼ 五百年祭~ (2, 0.0%)

1 に弘法, の前

▼ 五百年頃~ (2, 0.0%)

1 には印度, に印度

▼ 五百年餘~ (2, 0.0%)

1 に及び, の間

▼ 五百建命~ (2, 0.0%)

1 と健磐龍命, を崇神天皇

▼ 五百弗~ (2, 0.0%)

1 の賞金, 程の負債出来奮闘真最中

▼ 五百有余~ (2, 0.0%)

1 に及び, もあり

▼ 五百杯~ (2, 0.0%)

2 でも汲みました

▼ 五百枚近く~ (2, 0.0%)

1 届いたの, 書きあげたが

▼ 五百機来襲~ (2, 0.0%)

2 を報じ

▼ 五百猪~ (2, 0.0%)

1 に王, の王

▼ 五百瓦~ (2, 0.0%)

1 をも右側大腿, 即ち百二十匁

▼ 五百生~ (2, 0.0%)

1 の内, 生き代わり死

▼ 五百畝~ (2, 0.0%)

1 となる, を日本式

▼ 五百発~ (2, 0.0%)

1 の弾丸, ばかりの弾薬ケース

▼ 五百石以下~ (2, 0.0%)

1 の勤番, の未決囚

▼ 五百石船~ (2, 0.0%)

1 がそこ, ほどもあろう

▼ 五百秋~ (2, 0.0%)

1 だの, に榮

▼ 五百篁~ (2, 0.0%)

1 が出現, が現れよう

▼ 五百米以下~ (2, 0.0%)

1 に於, は霧氷

▼ 五百米前後~ (2, 0.0%)

1 の山, の部分

▼ 五百米突以上~ (2, 0.0%)

1 という事, はある

▼ 五百米附近~ (2, 0.0%)

1 から急, から東

▼ 五百臺~ (2, 0.0%)

1 と多量, を製作

▼ 五百萬人~ (2, 0.0%)

1 の人間, の曾

▼ 五百語~ (2, 0.0%)

1 ぽつ, より少

▼ 五百軒~ (2, 0.0%)

1 に達した, もでき

▼ 五百里位~ (2, 0.0%)

2 は離れ

▼ 五百重娘~ (2, 0.0%)

1 がいる, で新

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 ずつウイスキー, を重ね

▼ 五省察~ (2, 0.0%)

2 においては一般的

▼ 五石二人扶持~ (2, 0.0%)

1 でタクサン, という指南番

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 とある, もの向

▼ 五磅一五シリング~ (2, 0.0%)

1 に下落, の利潤

▼ 五磅以上~ (2, 0.0%)

1 のいかなる, は持っ

▼ 五社峠~ (2, 0.0%)

1 の峻嶮, を経

▼ 五禽図~ (2, 0.0%)

1 の方, はいくらか

▼ 五秒十秒医師~ (2, 0.0%)

1 はじっと, はぢ

▼ 五種六種~ (2, 0.0%)

1 の地方名, の料理

▼ 五種生死~ (2, 0.0%)

2

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 から泪, から身

▼ 五竜神~ (2, 0.0%)

1 の修行場, の巻

▼ 五童子~ (2, 0.0%)

1 などいう, をひきつれ

▼ 五等地~ (2, 0.0%)

1 に単に, または更に

▼ 五等官夫人チェフタリョワ~ (2, 0.0%)

1 だの佐官夫人ポドトチナ, のところ

▼ 五等葉~ (2, 0.0%)

1 でも三杯, なら六杯

▼ 五等親~ (2, 0.0%)

1 には入らぬ, の關係

▼ 五箇年期~ (2, 0.0%)

1 を条件, を條件

▼ 五米位~ (2, 0.0%)

1 のところ, 離れた灌木

▼ 五粒二朱~ (2, 0.0%)

1 まけた, 借りるよう

▼ 五級上~ (2, 0.0%)

1 だから, だつた

▼ 五絶一~ (2, 0.0%)

1 がある, を作つた

▼ 五絶一首~ (2, 0.0%)

2 および和歌一首

▼ 五絶二首~ (2, 0.0%)

1 あり, を得

▼ 五經正義~ (2, 0.0%)

1 が出, の出來

▼ 五聯隊~ (2, 0.0%)

1 に從つて, の兵營所在地

▼ 五胡十六国~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の混血時代

▼ 五臟六腑~ (2, 0.0%)

1 へ沁み渡ります, を驅

▼ 五自分~ (2, 0.0%)

1 が三十九, もこれ

▼ 五自身~ (2, 0.0%)

1 が若, のため

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の馬橇, も取卷いた

▼ 五良八~ (2, 0.0%)

1 なる通称浜田弥兵衛, は自分

▼ 五芒星円~ (2, 0.0%)

1 からしっくり, にはいかなる

▼ 五若く~ (2, 0.0%)

1 は五七, も美しくも

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 やり少々, を左大臣頼長

▼ 五菩薩來迎像~ (2, 0.0%)

2 の樣

▼ 五菩薩来迎像~ (2, 0.0%)

2 の様

▼ 五萬三千石~ (2, 0.0%)

1 の一家中, の家

▼ 五葉裏~ (2, 0.0%)

1 に黒井君, の上段十三四行

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 と名, を超えたる

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 に喩, の喩

▼ 五薬五穀~ (2, 0.0%)

1 まで備, まで備え

▼ 五蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の姉正宗院七十八, の姉正宗院六十八

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 の屯倉

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 にし, にする

▼ 五行以下~ (2, 0.0%)

1 にては子, 第三十一行

▼ 五行思想~ (2, 0.0%)

1 の入り, 起り易

▼ 五行政~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は夜

▼ 五行論~ (2, 0.0%)

1 の如き, をも喋々

▼ 五街道口~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, を出入

▼ 五裂花冠~ (2, 0.0%)

1 と五雄蕊, の小

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 七十五銭が, 劃は

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 だ, でその

▼ 五調五九五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 五貫匁~ (2, 0.0%)

1 というところ, もある

▼ 五貫足袋~ (2, 0.0%)

2 は十一文

▼ 五路進攻~ (2, 0.0%)

1 にたいして確然, による国難

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 に傳, の締まる

▼ 五軒十軒~ (2, 0.0%)

1 と數, を荒し

▼ 五軒家~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 五軒手前~ (2, 0.0%)

1 にあった, の荒物屋

▼ 五軒農家~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 五軒長屋~ (2, 0.0%)

1 に隣合つて, の二軒目

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 と数

▼ 五通詞~ (2, 0.0%)

1 の外目付, をし

▼ 五道冥官天~ (2, 0.0%)

2 の神地

▼ 五郎そこ~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ坐れ

▼ 五郎ひと~ (2, 0.0%)

1 かどの, たまりも

▼ 五郎兄哥ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえか

▼ 五郎方~ (2, 0.0%)

2 に往き

▼ 五郎格子~ (2, 0.0%)

1 の外, を勢ひよく

▼ 五郎深草~ (2, 0.0%)

1 の少, の少将

▼ 五郎自慢~ (2, 0.0%)

1 ではない, の叱

▼ 五郎親分お待ち~ (2, 0.0%)

2 申して

▼ 五郎親分さん~ (2, 0.0%)

1 で, も御

▼ 五郎親分濟~ (2, 0.0%)

1 まなかつた, みませんけれど

▼ 五郎達四人~ (2, 0.0%)

1 に鋭く, を供

▼ 五郎金~ (2, 0.0%)

2 や命

▼ 五郎風情~ (2, 0.0%)

1 が來, に見せた

▼ 五郎馬~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 五部十部~ (2, 0.0%)

1 と街じゅう, と街ぢゆ

▼ 五部書~ (2, 0.0%)

1 などに見えた, の一つ

▼ 五部門~ (2, 0.0%)

1 の有機的交流, を備え

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の氣, を爲

▼ 五里下流~ (2, 0.0%)

1 の真壁村, の笹

▼ 五里余り~ (2, 0.0%)

1 である, も来た

▼ 五里北上川~ (2, 0.0%)

2 に架けた

▼ 五里筑後境~ (2, 0.0%)

1 の物静か, の物靜

▼ 五里許~ (2, 0.0%)

1 に在る, りの

▼ 五重奏~ (2, 0.0%)

1 とヴェトーヴェン, と称する

▼ 五重奏曲中~ (2, 0.0%)

1 の傑作, の魅力

▼ 五重巍然~ (2, 0.0%)

2 と聳えし

▼ 五重目~ (2, 0.0%)

1 の上, の屋根

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 遺響

▼ 五~ (2, 0.0%)

2 常寂び

▼ 五銭一枚~ (2, 0.0%)

1 が二十五銭, に一銭銅貨

▼ 五銭七厘~ (2, 0.0%)

2 の減少

▼ 五銭喫茶~ (2, 0.0%)

2 でコーヒ

▼ 五銭宛~ (2, 0.0%)

1 持寄って, 貪られるがな

▼ 五銭封書五十銭~ (2, 0.0%)

1 にしよう, の値上げ

▼ 五銭小人二銭~ (2, 0.0%)

1 の木戸, の木戸銭

▼ 五銭毛布代~ (2, 0.0%)

2 をとられ

▼ 五銭玉一つ~ (2, 0.0%)

2 出して

▼ 五銭玉一ツ~ (2, 0.0%)

1 を並べた, を帯

▼ 五錢の~ (2, 0.0%)

1 と十錢の, を一包

▼ 五錢二十錢~ (2, 0.0%)

1 しかしない, する陶器

▼ 五錢白銅~ (2, 0.0%)

1 と十錢銀貨, をころがし

▼ 五錢許~ (2, 0.0%)

1 なり, に當

▼ 五間六間~ (2, 0.0%)

1 の先, は何ん

▼ 五間前~ (2, 0.0%)

1 に上品, を見る

▼ 五間四方位~ (2, 0.0%)

1 の室, ゐに

▼ 五間堀~ (2, 0.0%)

1 の逸見若狭守様, へと糸

▼ 五間左~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 五間手狹~ (2, 0.0%)

2 なれども

▼ 五間欄干~ (2, 0.0%)

1 に倚, に倚つて下

▼ 五階けい古場~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ 五階下~ (2, 0.0%)

1 の様, をうろつい

▼ 五雑組~ (2, 0.0%)

1 に出で, は手近

▼ 五雲さん~ (2, 0.0%)

1 の猫, や塾

▼ 五雷天心正法~ (2, 0.0%)

2 を知っ

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 とは耳, を以て匈奴

▼ 五首中~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一首

▼ 五馬力~ (2, 0.0%)

1 のモートル三個, の発動機

▼ 五騎七騎~ (2, 0.0%)

1 お城, とつづい

▼ 五體滿足~ (2, 0.0%)

1 で男, な男

▼ 五高生~ (2, 0.0%)

1 に同宿, の古藤

▼ 五高等学校~ (2, 0.0%)

1 の連中, へ入学

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の声, の条

▼ 五~ (2, 0.0%)

1 の滋, 実は江戸

▼ 五%騰貴~ (2, 0.0%)

1 したの, するであろうけだし

▼1* [11268件]

○○平方粁島形は円く, 五○○米の山腹, 五○年にオクスフォールド大学教授, 五、年に不足, 五〇〇〇〇〇〇となっ, 五〇〇〇〇〇〇磅の価値, 五〇〇〇〇〇磅に騰貴, 五〇〇〇〇タン超過するに, 五〇〇〇こまの超, 五〇〇〇トン減少の如き, 五〇〇〇ドルに達す, 五〇〇〇ポンドにのぼった, 五〇〇〇冊以上のもの, 五〇〇〇年前に遡る, 五〇〇〇部位である, 五〇〇カロリーの熱, 五〇〇キロメートルまた南京, 五〇〇ボルトないし一〇〇〇ボルト, 五〇〇ポンド当時の名誉総長デヴォンシャヤー公, 五〇〇ミリの注射, 五〇〇一八二一年には一二, 五〇〇万カロリーだけずつのエネルギー, 五〇〇万キロメートル以内のすべて, 五〇〇万円を適正配分, 五〇〇万点にのぼる, 五〇〇人から六〇人, 五〇〇以下では日本人, 五〇〇倍もの直径, 五〇〇円一ヵ月に預金払戻し世帯主三〇〇円, 五〇〇円合服三揃スキー帽手袋襟巻シャツズボン下カトリック辞典一二英語のギリシャ語文典, 五〇〇名の機構, 五〇〇名来賓三〇〇名からの出席, 五〇〇呎それが濁流, 五〇〇四五〇となる, 五〇〇尺くらいのところ, 五〇〇年前にはこれら, 五〇〇年時代すなわち落城当時, 五〇〇年間に動いた, 五〇〇年頃からすでに, 五〇〇度と推定, 五〇〇立方糎の水, 五〇〇米に近い, 五〇〇米以上三〇〇〇米以下が十三, 五〇〇米以上十三座の中, 五〇〇米以下が六, 五〇〇足を得る, 五〇〇麻克にて結末, 五〇その他歴史伝記が二〇雑誌五〇位, 五〇エーカアの最も, 五〇ガロンです, 五〇キロ直撃でいつぺん, 五〇サンチイムのビステキ, 五〇スタディアと言われ, 五〇センチメートルばかりに達し, 五〇トンほどのずんぐり, 五〇パーセント以上の回答率, 五〇プロにネオフィリン, 五〇ヘクトリットルの燕麦, 五〇ミリヲ注射, 五〇メートル以上の野原, 五〇メートル近くくらいまで行った, 五〇ロンドン帰行遺跡探検を継続, 五〇・〇〇〇弗白耳義のが八七五・〇〇〇弗, 五〇・二という記録, 五〇一〇九四と計算, 五〇一四八九九であり埋葬, 五〇丁定規五つから羽箒六つ, 五〇七一五及び四, 五〇七年度中の書簡, 五〇七頁一八二一年板コラン・ド・プランシーの, 五〇万七四七四町四反四畝一六歩にし, 五〇万円近くまでも発展, 五〇万冊の本, 五〇万度になる, 五〇万英里の版図, 五〇三三であり西紀一七五五年, 五〇三戸なれば, 五〇九年でその, 五〇九年アテネのクレイステネス, 五〇二五〇〇一八二一年には一二, 五〇二号と書かれた, 五〇五六六八七六という年, 五〇位です, 五〇倍弱に騰っ, 五〇八八またはフルトヴェングラー傑作集, 五〇八石の成繭, 五〇公認教の保護金, 五〇六〇七〇八〇という資本, 五〇六八に増加, 五〇六年に死去, 五〇円厳守と規定, 五〇分です, 五〇分ごろこちら〇時三十分というの, 五〇分の一六〇分の一六六分の一またははなはだしき, 五〇名以上何人でも働きたい, 五〇四年にみずから手相, 五〇回の小説, 五〇女給は九四八, 五〇対一〇及び五五対一〇, 五〇対年結婚一〇という比率, 五〇巻に, 五〇年これを喜び迎え, 五〇年ごろロンドンで趣味, 五〇年テオドシウス若帝, 五〇年ドーバーとカレイ, 五〇年バルセロナの本屋ドン, 五〇年プロヴァンスに死す, 五〇年ロシアのウクライナ, 五〇年ローマ帝デキウス盛んにキリスト教徒, 五〇年七月二十八日十三人の子供達, 五〇年三月に発表, 五〇年九月死去した生存中, 五〇年二月新海覚雄氏によって, 五〇年五月にイエニー, 五〇年代ウプサラの大僧正オラウス・マグヌス, 五〇年以前五年間にはそれ, 五〇年以後スヰスイギリスおよびアメリカ, 五〇年以来この国, 五〇年六月以後の三ヵ月, 五〇年初頭のマルクス, 五〇年十月二十五日にひとまず, 五〇年四月十五日という土曜日, 五〇年彼が, 五〇年日域に神童, 五〇年末からはじまった, 五〇年来深いお世話, 五〇年版に附加, 五〇年真中の一つ, 五〇年蘇格蘭のエディンバラ, 五〇年記念演奏会は注目, 五〇年間現在と同一, 五〇度にも達する, 五〇手術室大小各一, 五〇明大四八法大二六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 五〇法というよう, 五〇浬乃至八〇浬, 五〇瓦中に六十疋, 五〇番甲種で墓石, 五〇県からの報告, 五〇米プールを悠々, 五〇米幅約一〇〇米, 五〇糎あるいはそれ以上, 五〇糎位は積, 五〇聯隊留守隊第二中隊召集兵, 五〇行及び六八行, 五〇貫増し身長, 五〇部だけ印刷, 五〇銭二〇銭のネクタイ屋等, 五〇銭位と思います, 五〇高僧の年給, 五〇%英国にとり逆, 五あしに一度, 五あったがそれ, 五あまり賢こさうで, 五あらゆる人々の, 五あらん人は, 五ある第一, 五あるいは五七の, 五および七の, 五お茶の水風景の事, 五かいだての, 五かいめごとに用, 五かな私は, 五かの水墨の, 五からの娘達が, 五からはもう千里, 五からもお前からも, 五か国も束, 五か年計画の一つ, 五か年間の延期, 五か月位に至っ, 五か月分ある, 五か月前に枢密顧問官シュテファン・フォン・ケリッヒ, 五か月前山科の停車場, 五か月半で節季, 五か月月賦で手, 五がのつそり, 五きれにパン, 五くしのこっ, 五くらいにみえた, 五くらいは採りたいので, 五ぐらいかと思うよう, 五ぐらいがよくは, 五ぐらいじゃなかったかと, 五ぐらいで未婚の, 五ぐらいでしかない, 五ぐらいにしかうつらないでしょうよ, 五ぐらいはペラペラと, 五ぐらいまで相当数まじっとる, 五ぐらいまでの前髪少年, 五ぐらゐの名幅を十日, 五ぐらゐの背の低い, 五ぐらゐまでの間に窕子, 五ぐらゐ一杯に劃つた, 五けた六けたまでも詳しく, 五こそもと奥坊主組頭, 五こと家内を失い, 五こんな筈で, 五さじの薬, 五しきの浮き模様, 五しょうににわとり, 五から, 五じふねんげてん, 五じゃろうが, 五じゅうのとう, 五ぢ, 五すけと書い, 五すさのをの尊, 五ずついれて, 五せねの馬, 五そしてきょうの, 五その十五も, 五その他四五の将, 五それから十, 五それとも七八か, 五それらの穀物, 五そんなことが, 五たい満足な体, 五たびめのお産, 五たび來たらんとも, 五たび六たび空を搏, 五たび六たび編輯長をその, 五たび廃寺の廊下, 五たび歳のめぐる, 五たび甲板の上, 五たび策を画し, 五たび訪客は次第に, 五たび諸侯は九たび, 五たび違い今は如何, 五たび静宜亭, 五たび風に吹廻, 五たり紅の, 五だけでも助け出したい助けなくてはと, 五だけは決然として, 五だけを紹介したい, 五だの二・二六だの, 五ちょうのピストル, 五っつあって, 五ついろの, 五ついにこの議員買収案, 五つき六つき天, 五つつに裂けた笠, 五つづつとり手, 五つづけざまに, 五つて申せば, 五つぶめの肉, 五え生っ白, 五てえ男も, 五であったろうか, 五であるきりょうが, 五であるらしく眼鼻立ちの, 五であろうおさげ, 五でいらっしゃるの, 五でしたろうか, 五でなくちやならない, 五といったところだった, 五とかいう呉服屋と, 五とかいふけれど小柄, 五とかぞへるまでは, 五とかになると, 五とかを作つて逍遙軒と, 五とこ円くほりまし, 五としてもまことに残念, 五とてもいたく迷惑いたしおり, 五となつてゐた, 五とやら申す呉服屋, 五とよりは思わなかった, 五と金大牙, 五どちらも独り者, 五どまりの少年たち, 五ながら才敏に, 五などといふ評論家を, 五などについても同様に, 五などの将は, 五などはそこを, 五なり未郷里, 五なれば浮きたる, 五についてそんな物蔭, 五にても三にても, 五にでもなり俺, 五にとっていちばんあつかい, 五にとっては地から, 五になんかなるもの, 五によつて, 五によりもそんなこと, 五に対し学校の, 五に関する見聞によって, 五のきげんを, 五のみこのもと, 五のみの句調なり, 五はいってゐる, 五はうはの空, 五はがつしり, 五はさう云つて, 五はにやりに, 五ばいもある, 五ばかりには行かず二四, 五ひきあとからあと, 五ひきくらゐならそこら, 五ひゃくもすんだ, 五ひゃく程度は取られる, 五ふさばかりくれました, 五へんくらゐ円タク, 五へん息をし, 五へん挨拶したぐらい, 五へん通ひました, 五まいぐらいうつしとる, 五までしか生きないと, 五までには私にだって, 五むが六の義, 五に今夜, 五めんなされよアラ六, 五め何しに, 五もう一つ二つ年を, 五もつとある, 五やつたと, 五やら山本宣治の, 五ゆくゆくは主人, 五りん五たい満足な, 五ろざえもんどのと御いっしょ, 五ろざえもんのじょうどのいけだ紀伊守, 五ろざえもんのじょうどのお廊下において秀吉公, 五但四十め, 五アイヌ学校の卒業生, 五アジアのが一三, 五アニキにそう, 五インタの主張, 五インターナショナルの説, 五インチ位の箱, 五インチ尾三インチ常の鼠, 五インドの宗教所感, 五エルレンの水底, 五エーカーを買入れ, 五ばん負け, 五オーストリアの寺院, 五カタカナハヒラガナニ比較シテヨリ確実ナル伝達能力ヲ持ツ, 五カペイキ二十カペイキと稼ぐ, 五カペーカ銅貨のよう, 五カロリージャガ芋が十二匁, 五カンぢやおりられねえ, 五カ六カ一〇カ或ハ二二〇以上アルニ決ッテイル, 五カ国の水, 五カ年五カ月多少の, 五カ年以前狂文の羽檄, 五カ年内に完成, 五カ年総額六億の要求, 五カ年詰めきりをした, 五カ年間天下に無敵, 五カ年間養育致候縁合を以てと, 五カ所以上ツシヤという名詞, 五カ所僧侶三百四十人に過ぎず, 五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 五カ所難解の場所十七カ所, 五カ月ぶりで初めて, 五カ月めになっ, 五カ月以前からは夫, 五カ月六カ月程度の未熟, 五カ月悶々した, 五カ月有余というの, 五カ月目から産卵, 五カ月間積り重なった雪, 五カ村というもの, 五カ町内二丁四方がその, 五カ町四十九カ村の町村, 五ガルヴァルはという, 五ガロンつまり一五〇ガロンです, 五ガロン入の丸缶, 五キク子と同い年, 五キャラットはあり, 五キロぐらゐしかなく土人の家, 五キログラムを掘り出した, 五キロ以下の空中, 五キロ先にある, 五キロ流域の幅, 五キロ海底では百五十キロ, 五キロ進出するから, 五ギニアの金, 五ギニイであり四箇年, 五ギリシアの礼拝堂, 五グラムギザ百三十二という外形, 五グループで三百ルーブリ, 五グロッシェンはいっ, 五ケ年計画のロシア, 五ケ月の後自ら, 五コペイカ玉を一つ, 五コペエケン貰つてゐるの, 五コンツェルトであった, 五サンチ掘ったの, 五サンチイムの銅貨, 五サンチイム余計に頂きます, 五サンチメートルも背, 五サンチ下部において一メートル九十サンチ, 五サンティーブ飲んじばったぞ, 五サントス港およびモンテビデオ港, 五シリング六ペンスでした, 五シリング半入ること, 五シルの勘定書, 五シル入場券をとる, 五シンフォニイがたちまち, 五ジャイアンツ・コーズウェーに遊ぶ, 五スウか六スウ, 五スウェデンの黄金時代, 五スコットランド紀行の部, 五スタジオの控室, 五スーきり使わなかったの, 五スー一つはグルネル市門, 五セコンドの後, 五セチエとし, 五センダード市の毒蛾, 五センチぐらゐ低かつ, 五センチメートル以上もあっ, 五センチ三ミリあった, 五センチ先ばかりしか見なかった, 五センチ目方は一二・五グラム, 五センチ目方一二・五グラムギザ百三十二という外形, 五センチ縦が四センチ, 五セント十セントの賭け, 五セント銀貨とほぼ, 五ソヴリンアルミニュウムの鉛筆, 五タラント或者, 五タンに上っ, 五ダースも入ろう, 五ツぐらゐ年上であつ, 五ツごろからこんど, 五ツごろ万屋から使い, 五ツちがいの今年二十八, 五ツのとそんな, 五ツめの窓, 五ツェントネルを集めた, 五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 五ツル子は二十一, 五ツ上であった, 五ツ下がり刻限でした, 五ツ先ですよ, 五ツ六ツひつぱたいてくるりと, 五ツ六ツ九ツ八ツと数えまし, 五ツ六ツ前に並べ, 五ツ六ツ土地のもの, 五ツ六ツ用意して, 五ツ六ツ私は口, 五ツ六ツ袂を連ね, 五ツ六ツ買つて来たの, 五ツ六ツ餅をとっ, 五ツ切れの餅, 五ツ刻拙宅まで御, 五ツ半ごろここへ押しかけ, 五ツ半時までちょうど, 五ツ半時戸田村大行寺之魯人使節布恬廷呼寄候, 五ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, 五ツ半頃でしょう, 五ツ半頃みなが焔口供, 五ツ四ツとふけ渡っ, 五ツ大地を踏み鳴らし, 五ツ宛行列を立て, 五ツ屍を積ん, 五ツ往復ビンタをくらわせた, 五ツ息か六息, 五ツ息六ツ息する間, 五ツ手をたたく, 五ツ排列して, 五ツ揚板をメク, 五ツ方はこの, 五ツ星に紛れ, 五ツ時今の八時頃, 五ツ時竹島の内, 五ツ時頃高柳楠之助, 五ツ棍棒の乱打, 五ツ歯ぎしりして, 五ツ海で一晩, 五ツ目羅漢寺千住目黒青山竜巌寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 五ツ紋小倉の袴, 五ツ紋小刀持つ手, 五ツ紋熨斗目の派手, 五ツ組六本でいい, 五ツ縦に並べた, 五ツ色と答, 五ツ茶の花, 五ツ違いであるが, 五テンて何, 五トン近く入れて, 五ドイツの神秘哲学者, 五ドモ水ヲクムニユクノ, 五ドルジョウあんたはとんでも, 五ドル五十セントだとの, 五ドル紙幣を静江, 五ドル肝心な金, 五ニモ達シタ経験ヲ過去ニ数回持ッテイル予ハ, 五ノ日に物書, 五即チ枕, 五ハーバード大学学位授与式に列席, 五パアセントです, 五パアセント一八一〇年ないし一八二一年, 五パアセント冷笑ないし否, 五パアセント四年半の増加, 五パアセント強で利潤, 五パアセント脂肪は九ポイント三パーセント, 五パーセント以上八〇パーセントもあがる, 五パーセント増大を期待, 五パーセント拡大された, 五パーセント溶液をつけ, 五パーセント社会化されること, 五パーセント突撃隊じゃない, 五パーセント近くに昇り, 五ビルです, 五ビールはこび, 五フィートあとにしたがう, 五フィート七インチくらいな, 五フィート七インチ肩幅広く身体全体, 五フィート以上で壁, 五フィート以上間をおく, 五フィート以下の小さな, 五フィート位の巨大, 五フィート八インチの丈, 五フィート十フィートと記録, 五フィート周十八インチ頭扁く濶, 五フィート四方の小さな, 五フィート幅は柱, 五フィート幅四フィート半深さ二フィート, 五フィート直径二フィートの大きな, 五フィート胴の厚, 五フィート運河の両側, 五フィート重量五貫目のスカール, 五フイートある水路, 五フイート四インチという数字, 五フクラムノ年十一月三日迄印, 五フライタークが, 五フラン〇・二五フラン一・二五フラン五フラン二五フラン等であると, 五フランきりだった, 五フランきり持ち合わせがない, 五フランそれから五十フラン, 五フラン一・二五フラン五フラン二五フラン等であると, 五フラン二五フラン等であると, 五フラン五フラン二五フラン等であると, 五フラン五十セントになります, 五フラン以上払はされた, 五フラン女もこわかっ, 五フラン屋の商売女, 五フラン等であると, 五フラン銀貨三つだ, 五フラン銀貨二個と大きな, 五ペセタの日蔭券, 五ペニウェイト三グレインと等しい, 五ペンネンネンネンネン・ネネムの出現, 五ページ上段七行目の, 五ページ六ページと進ん, 五ホンコン上陸旧知に会う, 五ボルトの電圧, 五ポンドレールの脊, 五ポンド九シリングに減じ, 五マイルさきから有名, 五マイルづゝつまり長, 五マイル以上の点, 五マイル位のスピード, 五マイル向うの汽船, 五マイル向こうにはコモガタケ, 五マイル手前から日光, 五マイル横十九マイルの間, 五マドロンネットにおいては酒保, 五マルカ邦貨約二十五銭也, 五ミクロン程度の尺度, 五ミリメートル以上なくては, 五ミリメートル内外のもの, 五ミリ前後であった, 五メルボルン市の実況, 五メータです, 五メートルさきも見えない, 五メートルベーアは九五キロ, 五メートル一男は気, 五メートル下のまっ, 五メートル九の農鳥岳絶頂, 五メートル二十メートルほどの風, 五メートル以上です, 五メートル以内にある, 五メートル六〇センチで塔, 五メートル十メートルと下り, 五メートル十七メートル二十メートルといった孔, 五メートル屋内プールがある, 五メートル平方ぐらい屋上, 五メートル手前で顔子狗, 五メートル物の束, 五メートル立方の空間, 五メートル落差五メートルという恐ろしい, 五メートル近くもあった, 五モモの花, 五ヤソ処刑の日, 五ユイに屋根, 五ラインの錻刀切断機, 五リットルの油, 五リットルバレアールの樽, 五リブラの食料, 五リラづつ支払ふこと, 五リラ以外にもう, 五リン刈の坊主頭, 五ルウブルはある, 五ルウベルの金, 五ルーブリここで十ルーブリ, 五ルーブリそれも銀貨, 五ルーブリ以上だ, 五ルーブリ半ぐらいしか残らない, 五ルーブリ農奴売却代金の手附金, 五ルーブル位です, 五レースを終っ, 五ロシア宗わが国に入る, 五ローマ宗葬式の景況, 五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 五ヵ国条約といっ, 五ヵ国移譲の条件, 五ヵ国譲渡と清水宗治, 五ヵ城の一つ, 五ヵ年後は一万五百, 五ヵ年計画そのものが小さい, 五ヵ年計画バレー化に到っ, 五ヵ年計画三年目の遂行, 五ヵ年計画二年間に実証, 五ヵ年計画以後の芸術方針, 五ヵ年計画以来投資された巨額, 五ヵ年計画実施までの六年間, 五ヵ年計画後のソヴェト社会, 五ヵ年計画文化活動の一大事業, 五ヵ年計画時代の全, 五ヵ年計画着手とともに上演目録, 五ヵ年計画着手後の情勢, 五ヵ年計画遂行というソヴェト, 五ヵ年計画達成以後の文学的年代, 五ヵ年計画開始とともに或, 五ヵ年計画集団農場国営農場その他一般農作と春, 五ヵ年間願くは, 五ヵ所右の内三四度, 五ヵ所色ちがいのところ, 五ヵ日の間毎日, 五ヵ月あまり経過した, 五ヵ月がかりの問答, 五ヵ月以上十ヵ月未満の赤坊, 五ヵ月以後になった, 五ヵ月前までまだ, 五ヵ月前七円五十銭であった本, 五ヵ月半であるが, 五ヵ月半年と暮した, 五ヵ月後に自分, 五ヵ月後彼が遂に, 五ヵ月振りだった, 五ヵ月月賦でいい, 五ヵ月父は市内, 五ヵ月経験したコロンビア, 五ヶ丘とも見える, 五ヶ入りが米一俵, 五ヶ処あったと, 五ヶ寺に於, 五ヶ年この間を通じて全く, 五ヶ年以上在職したもの, 五ヶ年以前阿部家を出, 五ヶ年前より水責, 五ヶ年十ヶ年の鍬下年限, 五ヶ年平均町費を差引き, 五ヶ年計画完成し世界, 五ヶ年計画完成後に於ける, 五ヶ年起き伏しすること, 五ヶ年間エンジンを動かす, 五ヶ年間刑務所にいた, 五ヶ年間堤防がございませぬ, 五ヶ年間苦めて衣食, 五ヶ庄の森蔭, 五ヶ所七ヶ処では利かない, 五ヶ所以下の声聞士等, 五ヶ所十ヶ所と天下, 五ヶ所十座の唱門, 五ヶ所十所の所領, 五ヶ所唱門部落の一つ, 五ヶ所釣を取っ, 五ヶ所鼻上耳脇また頭, 五ヶ日間にはじめて, 五ヶ月九段坂病院に入院中, 五ヶ月以上になっ, 五ヶ月位たつと, 五ヶ月分たまって, 五ヶ月後には十五円, 五ヶ月支へてくれた, 五ヶ月會はずにゐた, 五ヶ月胃腸病院に入院, 五ヶ月近くになります, 五ヶ月酒か何, 五ヶ月間京都に待たせ, 五ヶ月間反逆して, 五ヶ條の御, 五ヶ間切の人夫, 五・〇〇〇弗づつ増額する事, 五・〇〇〇弗丁抹のが三四五・〇〇〇弗, 五・〇〇〇弗和蘭のが五二五・〇〇〇弗, 五・〇〇〇瓩下男の早川, 五・一〇七以下及び, 五・一一以下にダンテ, 五・一三一並びに註參照, 五・一五事件二・二六事件と暴力, 五・一五事件以後では, 五・一五事件以来の重大, 五・一五事件以来ファッシズム殊に, 五・一五事件山岸中尉の新生, 五・一五事件批判の舌禍事件, 五・一五事件発生当時群小愛国ファッショ右翼団体中の白眉, 五・一五二・二六と人心, 五・一五以来世間の耳目, 五・一五被告全部に対する論告求刑, 五・一五頃の若い, 五・一対一私生児を除け, 五・七〇及び, 五・七〇以下及び, 五・七・七・七・七といふ形, 五・七五パーセントに当る, 五・七五分の一という出生率, 五・七%の率, 五・三〇常念乗越沢出合, 五・三〇事件の警戒, 五・三〇針ノ木峠の小屋, 五・三プロセントくらいの割合, 五・三一八二一年は一対三六・五八, 五・三九二以下に曰く, 五・三分の一人以上の子供, 五・三十事件当時の南京, 五・三対一であった, 五・三秒程になる, 五・九分位夜六・八どまりの有様, 五・九夕方六・六位にきまった, 五・九景を一時間宛, 五・二であります, 五・二〇〇瓩の下男, 五・二パーセント及び三・九パーセント, 五・二三対一〇〇すなわちほとんど, 五・二六・四一・四四・四五・四七・四八等の諸, 五・二分の一以下を認め得る, 五・二十六・二十七の頃, 五・二死亡の総, 五・二米に達した, 五・五二である, 五・五位の範囲内, 五・五倍であ, 五・五八ということ, 五・五分の三と想像, 五・五度が十回, 五・八二パアセントの増加, 五・八八二であった, 五・六ドイツの二二・四, 五・六パアセントの増加, 五・六メートルから内, 五・六・七と三日間, 五・六・七歳頃からと見れ, 五・六丁も先, 五・六六六ツェントネルで各, 五・六時間くらいである, 五・六歳の少年, 五・六米のところ, 五・六軒から十二軒, 五・四クヲタアの価値, 五・四デシメートルとある, 五・四・十四日これで終り, 五・四七・四八等の諸, 五・四二五馬力冷空ジャガア・エンジン三個により推進, 五・四五となった, 五・四位夕刻の一番, 五・四分の一%以上の利子, 五・四行の今様, 五一〇五並びに名曲集, 五一〇五九五に増加, 五一〇四五八である, 五一〇年ローマのコンスル, 五一フランスの教部省, 五一・七の詞, 五一一で約, 五一一一五六〇一七〇〇から八, 五一一九女子五二七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 五一一五一〇五九五に増加, 五一一四に対し女子卒業者, 五一一年に更に, 五一万人の生徒, 五一万八七〇〇有余英里を得, 五一三分六のやくざ者, 五一並びにJD一〇五二, 五一九二〇の三章, 五一二という人口, 五一二・三九三四・二〇に見え, 五一二呎のアクロポリス, 五一五から五二四, 五一五二林班と記した, 五一仙株主準備金から二万元, 五一以下に見, 五一体の様子, 五一六五米で小, 五一円九八銭自由購入による支出一, 五一号の百円紙幣, 五一国会上院の出席, 五一夜を銀六匁, 五一巻八〇頁に出た, 五一年イプスウイッチの会, 五一年エジプトに生まれ, 五一年ガリマール初版である, 五一年グェルフィこれを變, 五一年シャスタ山から三十五哩, 五一年スリーマン大佐曰く数年前ウーズ王の臣騎馬, 五一年ローマで死んだ, 五一年二月の処女航海, 五一年六月十日付の海軍中佐ジェームス・グリン, 五一年十二月ナポレオン三世によってなされた, 五一年度は益々, 五一年時の碩学ロウジャ・アスカム, 五一年最後の作品, 五一年濠洲に金鉱, 五一番ブウランジェ裁縫店の隣りである, 五一箇の描写図, 五一行並びに七三, 五一郎合同第二, 五一郎君の話, 五一頁ある本, 五丁そこの鼻寺, 五丁上にのぼれ, 五丁下流に当, 五丁中津川駅なり, 五丁五十九間半とあれ, 五丁位の処, 五丁余細い煙突, 五丁十七間なり, 五丁半べえ, 五丁向うにカリガンガー, 五丁奥の林, 五丁山角を廻る, 五丁斗なり, 五丁東へ下る, 五丁棺のなか, 五丁甘草の花, 五丁田から田舟, 五丁町誰知らぬ者, 五丁目あたりの東側, 五丁目七丁目で縦横, 五丁目三番地といふところ, 五丁目中の三丁目, 五丁目六丁目七丁目あともみない, 五丁目東仲通菊の家, 五丁目次郎兵衛店に同じく, 五丁目池袋東口の鬼子母神近く, 五丁目近くまで行っ, 五丁目青木堂前に淀, 五丁行つて突當りの, 五丁街へ触れさせなく, 五七○○立方米位であつ, 五七〇〇〇〇であったが, 五七〇〇〇磅以上に騰貴, 五七〇九号によりましてこの, 五七〇名が, 五七ミリメートルで金網, 五七ヤソ教を非難, 五七・五七・七の今, 五七・六に曰, 五七・四パーセントは労働婦人, 五七一その中男, 五七一年ヴェネチア共和国とレヴァント, 五七七七五の句調, 五七七年オルガンチノは本国, 五七万七〇〇〇人に越え, 五七三年信長天下を統一, 五七九を, 五七二年から五八七年, 五七二年スペインより刺客, 五七五年即ち天正三年アルカラ, 五七人それなるべし, 五七人三五人出盛りたるが, 五七人関取の立田川, 五七以下にヴェーネレ, 五七八七五である, 五七六すなわち, 五七六年ロンドン版ジェラード・レーの, 五七十の二, 五七十二五十もしくは三百五十等, 五七十円の利益, 五七十名ずつ一ノ宮, 五七十年前の趣味, 五七合計三二四八〇六八であった, 五七四カ日に当山, 五七四ギルダアであり一八二四年, 五七国教宗の礼壇, 五七子供四〇五人で一家族当り, 五七対一〇〇である, 五七年ロッテスレー男爵が会長, 五七年前まではかなり, 五七年四月以後の世界, 五七年版バークレイの, 五七年頃までの研究, 五七律を二度, 五七忌に一枚一枚供養, 五七手代丁稚に扮, 五七斛を獲る, 五七新教の改革, 五七日内には出, 五七日大阪へき, 五七日忌前に埋骨, 五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 五七町のこと, 五七磅二シリング一〇ペンスで購買, 五七程度に対して東北六県, 五七等の種々, 五七語あり, 五七語づゝ注の空白, 五七赤道を横断, 五七道化たる身振り, 五七金スグ同, 五七音の反復, 五七音中に於ける, 五万いくらかになっ, 五万ぐらゐ遠慮なくチョウダイ, 五万たび言って, 五万キロメートルの最大速度, 五万クラウンであって, 五万ドル三百五十万ドル十二億六千万円で買っ, 五万ドル以上もあった, 五万フィートの撮影, 五万フラン今日は私, 五万マイル余の紀行, 五万メートルからあっ, 五万ルウベルを最近, 五万ルーブリの手形, 五万ルーブルを賭け, 五万ヴォルトの送電線, 五万七千もある, 五万七千エーカーに過ぎませんでした, 五万七千三十両ござりまする, 五万七千三百二十六人去年の九月一目, 五万七千二百三十八社を合併, 五万七千円という値段, 五万七千名で三二年, 五万七千名ばかり名ばかり七十, 五万七千石鍋島様の御, 五万三万の眼, 五万三千へって, 五万三千人の身柄, 五万三千石松平伊賀守が旧, 五万両地所や家作, 五万両頂戴に参りました, 五万九一七五ドルなり, 五万九千だが, 五万九千九百九十九円九十九銭余の損害, 五万九千四百〇六人である, 五万二一九八町二反三畝歩なれば, 五万二五〇三戸なれば, 五万二千のこりは, 五万二千マイルの道, 五万二千冊それも釘, 五万二千平方粁の上, 五万二百余人屯田兵六百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 五万五千メートルまでが成層圏, 五万五千メートルあたりが成層圏, 五万五千二百六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 五万五千余名と推定, 五万五千六万と小刻み, 五万五千円を以つて出来上, 五万五千石の紀州, 五万人ドイツより九十万人, 五万人分の大, 五万人死せりとは大層, 五万人秋田県下に一万五千人, 五万人総計四十五万人近くの百姓達, 五万位のところ, 五万何ぼも, 五万何千というの, 五万何把の藁束, 五万余人根井大弥太行親, 五万俵を献じ, 五万俵凶年には四十万俵, 五万八千六百二十七人の増加, 五万八千円をまんざら, 五万六千四百六円七十二銭は今日, 五万六千石の大名, 五万六千石近くお取, 五万内外の人数, 五万円お前が継ぐ, 五万円これを一万何千部, 五万円その他の物品, 五万円のもあり, 五万円フトコロにもしも, 五万円ペリッは二十七万円, 五万円也の罰金, 五万円也右借用候事しかじ, 五万円二十万円なら十万円, 五万円二十市で総額一千二百六十七万円, 五万円伐採期間四十五個年間一年に一万円, 五万円余を携帯, 五万円先づ此位のもの, 五万円刑期が終つた時, 五万円十万あれば, 五万円平均の撮影費, 五万円拝借すること, 五万円籠抜詐欺犯人が大きな, 五万円融通して, 五万円見当である, 五万円調達しろ, 五万円隠匿の廉, 五万冊にまで減じた, 五万分の一二十万分の一みんな揃って, 五万分の一地質図すらまだほとんど, 五万分の一足尾図幅に原, 五万分ノ一持つて, 五万分ノ一地図で探し出す, 五万分ノ一地図名所図絵地誌などに依っ, 五万分一図葉は緯度, 五万分一地図にはない, 五万分一金峰山図幅に東沢, 五万分図は未だ, 五万十万二十万という値, 五万千ヵ所に聴取者, 五万千五百六十六計五万七千二百三十八社, 五万台にのぼる, 五万名多い, 五万哩余程沐雨, 五万哩余の行程, 五万四千人ありかりに, 五万家族に達した, 五万年昔のもの, 五万弗の金額, 五万斛金銀一万両馬緞子などの品々, 五万旗鼓堂々として南, 五万日になる, 五万朱霊露昭を左右, 五万槍騎隊三千儀仗一千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 五万樽も出る, 五万歳の時拘留孫仏, 五万水陸軍に編制, 五万法以上も勝ち越し, 五万法以上十万法以下のもの八人, 五万法以下のもの二十七人, 五万点を一九四九年度, 五万町というもの, 五万町歩有価証券現金三億三千六百万円以上そして一致, 五万留ぐらいの成績, 五万発も発射, 五万石上杉弾正大弼綱勝, 五万石仙石権兵衛といふ無類, 五万石以上の大名, 五万石以下だ, 五万石余このうち藩士, 五万石加増新付北伊の一部, 五万石尾張の国, 五万石岩城平から相馬, 五万石我れは, 五万石松平大和守の家臣, 五万石榊原式部大輔そのお方, 五万石茶代がたった, 五万石馬印をもゆるし賜わり, 五万石駿馬五百匹金銀一万両緞子千匹を贈るであろう, 五万立方フィートの酸素, 五万行って帰っ, 五万言云々常に一虎, 五万辻に梟, 五万部配布されたと, 五万馬来人が七万, 五万麻克すると, 五万黒部図幅の駒ヶ岳, 五丈三尺という日本一, 五丈三尺五寸の大, 五丈五寸枝張五十三間を数えられる, 五丈位で三分の一程, 五丈余りの滝の下, 五丈余尺の金銅毘盧舎那仏, 五丈八丈すく, 五丈十丈の瀑, 五丈南北もまた, 五丈原頭凄惨の秋, 五丈四尺に三丈九尺, 五丈巾數丈と云, 五丈弓なりに上, 五丈瀑と刻まれた, 五丈許りの, 五丈館主の四人, 五三〇には, 五三〇グレーンの白銀, 五三〇年に至る, 五三〇年バーゼルにおける制作, 五三〇結婚は三四, 五三シリングであると, 五三一〇〇〇に増加, 五三一三二一九一八二一年には六, 五三七二八であって, 五三七年に一身代, 五三七年どまりと断定, 五三七年ヴェネティアに會合, 五三万人余の減少, 五三三〇一九となる, 五三三四に過ぎない, 五三三年ロシヤそして北米合衆國, 五三九年の事, 五三事件の記念日, 五三二〇五三五であること, 五三五ドイツの神秘哲学者, 五三五七六すなわち, 五三五九〇〇〇の人口, 五三五年より翌, 五三五年メンドツァ今日アルゼンチナ国の首都ブエノサイレス, 五三五年頃スアヴェニウスはスコットランド, 五三人はその, 五三人ここかしこに出後れし, 五三人左右に引, 五三以下及び地, 五三八年里昂の初版, 五三六という人口, 五三六五七一その中男, 五三六年リマの開祖, 五三十三五十六五十七が悪い, 五三十三十五四十五が一番, 五三十五十または百冊, 五三十四四十三五十二六十一は文政己卯, 五三号の信吉, 五三四五六となる, 五三太夫かたへ, 五三太夫所蔵文書には, 五三崩しの桐紋, 五三年ボヘミアの王, 五三年三月二十六日で父, 五三年二十一歳で学士, 五三年八月二十日に世界, 五三年平賀源内や橋本曇齋, 五三度目見知らない男, 五三旧教寺院の堂内, 五三昧を行, 五三本この庭, 五三松飾りのし, 五三獣行菩薩道兎焼身語と云, 五三科白で匕首, 五三秒とし, 五三繩一つで禁, 五三英国国教宗の統計, 五三角形に積み重ね, 五三郎四つ女長二十良十八, 五三頁ゴールドバウムの著作権法及ベルヌ条約註釈三〇八頁参照, 五三飾りがちらばっ, 五三飾り賽銭箱を置き, 五三%までが放送局編輯, 五上ク六下口の七ツ, 五上二尺上となる, 五上六に大人虎變, 五上士族の内, 五下り尽しても, 五余旧, 五丑年より暫, 五世たちの祈祷場, 五世のは国々, 五世ふうの卓, 五世エポニーネとサビヌス, 五世ジョージ六世とつづい, 五世ダンテとかたる, 五世令旨を下し, 五世以降双方の家, 五世位を退ける, 五世信美は歯医者, 五世六世ふたりともいまだ, 五世加賀守綱紀以来大廊下詰, 五世及十六世の治世, 五世吉兵衛方貞は系図, 五世四十六年目で亡んだ, 五世団十郎の孫, 五世坂東彦三郎と親しかっ, 五世弥五右衛門は鉄砲十挺頭, 五世急逝の報知, 五世末孫文答師であった, 五世橋まで往来, 五世池田鑑三郎さんである, 五世清満の事, 五世王が二月二十五日, 五世界五州といふ意氣込, 五世界観と方法, 五世紀ころの状態, 五世紀ごろグプタ朝の最盛期, 五世紀めに日本, 五世紀ルネッサンスの花, 五世紀ヴェネチアの三十櫓楼船, 五世紀中葉グウテンベルグの, 五世紀中頃にフランドル, 五世紀以來のテューダー・ハウス, 五世紀以來標準英語に於い, 五世紀以前のもの, 五世紀以後には益, 五世紀以後アウストラシア王国に属し, 五世紀以来多少の, 五世紀以来法廷として使用, 五世紀初頭からドロステ, 五世紀前に三十三年, 五世紀十世紀後には現代, 五世紀十六世紀頃なら相当, 五世紀後の今日, 五世紀日本には足利義満, 五世紀末からイスパニヤ, 五世紀柔然族, 五世紀禅の個性主義, 五世紀頃のもある, 五世紀風の婦人, 五世貫主は政教, 五世陛下と皇后陛下, 五世陰に陽, 五世音羽屋宅の並び, 五両あまりすくなくなっ, 五両お下げ渡しありたる後, 五両この間から始まった, 五両ぢやどう, 五両わけがあっ, 五両ホドカカルト云ッタカラ同人ガオレニ咄ス故, 五両一ぺんに二十両, 五両一分の施主はここ, 五両一分二朱六十八文の金, 五両一分二百石八人扶持の矢島, 五両一歩の利子, 五両七人扶持こういう俸給, 五両三両ずつ貰う, 五両二分になった, 五両二度にやっ, 五両二度目に十両, 五両以上の喜捨, 五両以来返金すること, 五両余の相, 五両勤メト入用ガ急ニ林町ニテ出来タトテ, 五両包みが封, 五両包一ツえらそう, 五両包二個を手拭, 五両十両二十両というよう, 五両句に感ぜられる, 五両味噌一両二分ばかり醤二両一分, 五両四人扶持伍長となりまし, 五両地所二十五両である, 五両奉行所へだした, 五両小売百文に付二合五勺, 五両得をし, 五両投り込んだの, 五両損をした, 五両月にはまだ, 五両札へ二両, 五両札一枚出して, 五両溜つてゐたさ, 五両目の一等車, 五両衣服の料, 五両親分の前, 五両近くの大金, 五両銭三貫二百四十二文が不足, 五両餞別に進ぜよう, 五両鷹をおさえた, 五並河掃部たちの一隊, 五並河掃部四方田政孝三宅藤兵衛村上和泉守などの人々, 五个処に御霊様, 五中可もなし, 五中国地方四九州地方十七といふ状態, 五中學へ開校式, 五中将以上のもの, 五中将業平の孫, 五中将業平が女もあらう, 五串添へた, 五のミ込, 五主要人物事件以外をなるたけ, 五之巻の一章, 五乗換馬も良い, 五九〇〇〇〇であり従って, 五九〇二六五タンに上っ, 五九〇年ウォルシンガムが死ぬ, 五九〇年版と一六三一年版, 五九〇頁に駒井能登守, 五九スウェーデンデンマーク両国の国教, 五九ブラジル首府リオデジャネイロの実況, 五九・一に対する女三一・九, 五九・五メートルを登っ, 五九・八五フランへと下落, 五九一ポンドは十六オンス, 五九一四であること, 五九一年の秋, 五九七年のある, 五九七年一月彼の著, 五九七年二月五日長崎立山の海, 五九三一六六すなわちほとんど, 五九三名でありその, 五九九八十一にでもなる, 五九九年ウイドマンの, 五九九年ヘーゲの出版, 五九五に増加, 五九五年バイエルンで刑, 五九五頁になる, 五九人はドイツ語, 五九倍と出し, 五九八年が明けた, 五九八種を占め, 五九八雑支出というの, 五九六二〇番だ, 五九六二一番俺の札, 五九六八〇三であり一八二一年, 五九六四の男子, 五九六年六月の末, 五九六年十二月九日であつ, 五九六年土佐の浦戸, 五九四十五円ですね, 五九四年一月一日ロオペ博士女王の侍医頭, 五九四年六月三人の男, 五九寺院の俗吏, 五九巻に, 五九年ごろ水野にもおとらない, 五九年シエーナ人刺客を遣, 五九年ダーヰンの, 五九年以来応用され恒星, 五九年松陰左内ら刑死せる年, 五九年遺言書に, 五九郎五一郎の衰退, 五九郎五一郎合同第二, 五九郎劇の脚本, 五九郎死去団福郎を使者, 五九郎氏の新, 五までの表裏二様, 五予審ヲ経タル事件ハ, 五事件二・二六事件と暴力, 五事件以後では, 五事件以来の重大, 五事件以来ファッシズム殊に, 五事件山岸中尉の新生, 五事件批判の舌禍事件, 五事件発生前の雰囲気, 五事件発生当時群小愛国ファッショ右翼団体中の白眉, 五二〇カペイキ稼ぐこと, 五二〇年丁抹の暴王クリスチャン二世, 五二・二六と人心, 五二一一米で小, 五二七〇〇トンに切り下げられた, 五二七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 五二七六五千二百七十六に三八, 五二三年の分, 五二三着物の好み, 五二九なる結果, 五二九二斤の生糸, 五二九四の神社, 五二九年のこと, 五二二九八一八二三年には二, 五二五・〇〇〇弗といふ事, 五二五年の作, 五二五年頃出た, 五二五頁部厚で重く, 五二会の競進会, 五二八七二戸兵役可能の男子, 五二八個という多数, 五二円五十銭だけ稼いだ, 五二円五十銭丈稼いだからと, 五二十六という異常, 五二十六行署名の下, 五二四までに見, 五二四四三〇八女は五, 五二四度ずつの円弧, 五二審級以上ニ渉リ包括シテ受任シタル場合ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, 五二尺の山, 五二年二月二十九日というハンパ, 五二年六月号に松谷久男氏, 五二年十一月のペリー, 五二年十月初めて公判, 五二年当時の英支貿易, 五二年版のグーテンベルク本, 五二月の空, 五二林班と記した, 五二桂は時間ぎれ, 五二歳の春二月, 五二番地メーナード・エス・ジェソップ商会というの, 五二英国中の宗派, 五二進が一進, 五二頁になる, 五二館と云う, 五五〇〇尺くらいのところ, 五五〇メートルくらいで, 五五〇五六六八七六という年, 五五〇年の人, 五五〇年代ウプサラの大僧正オラウス・マグヌス, 五五〇年以来この国, 五五〇年日域に神童, 五五〇磅の額, 五五〇頁になっ, 五五それらの穀物, 五五カルバン宗の堂内, 五五パーセントに激減, 五五フライタークが, 五五メートルの高, 五五・〇〇〇瓩下男の早川, 五五・一五に願はく, 五五・四デシメートルとある, 五五一一九女子五二七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 五五一年時の碩学ロウジャ・アスカム, 五五一頁ある本, 五五七のこんもり, 五五七年に南支那, 五五七頁にお, 五五万人を増さざるべからず, 五五九一ポンドは十六オンス, 五五九一四であること, 五五九年の木版刷, 五五二円五十銭だけ稼いだ, 五五二円五十銭丈稼いだからと, 五五二年に生れ, 五五五六五及び七五, 五五五六六一のごとき, 五五以下に詳し, 五五個に, 五五八・四です, 五五八年に至る, 五五八方英里の土地, 五五八頁に, 五五六五及び七五, 五五六五〇〇〇の人口, 五五六六一のごとき, 五五六年の頃, 五五円六婦人六〇九円である, 五五分これから述べる, 五五分の一という比率, 五五分異常な興奮状態, 五五分自然排尿あり, 五五四から六〇年, 五五四三〇死亡は八二一, 五五四二六ではなく, 五五四円は生糸, 五五四年二月十二日は来た, 五五四頁にお, 五五国教宗僧侶の階級, 五五地獄の図, 五五対一〇である, 五五対一〇〇という, 五五年アムステルダムのエルゼヴィエル版, 五五年ドイツで發明, 五五年ベルギーにおいてもデュクペシオー氏, 五五年一月二十五日巴里で一人, 五五年以降でなお, 五五年前後らしいと, 五五年十月八日ファルマウスを出帆, 五五年蘭陵の令, 五五年間にこの, 五五歩二四歩同歩, 五五歳まで生存, 五五死亡のそれ, 五五番地はデュー, 五五米のところ, 五五聚村娥とある, 五五芝草の堤, 五五行より六〇行, 五五行以下にては子, 五五郎とか, 五五頁に予, 五五馬これが新手, 五五%ロシアでは同じく, 五亭主もある, 五人あちこちに散つ, 五人うち四人は女, 五人お客をとる, 五人お客さんをとりまい, 五人きつねにつままれた, 五人ぎりになりました, 五人くらゐなもの, 五人ぐらしとは貧弱, 五人ぐらゐの文学愛好者が集つて, 五人ごろごろと転がっ, 五人しのびしのびに三方に埋伏, 五人すずの兵隊, 五人そこらに二, 五人そっちこっちのテイブル, 五人そつちへ, 五人それぞれはっきりした, 五人それぞれ位置を示し, 五人つれだって髪結い, 五人づつ横の列, 五人づれで恐る恐る様子, 五人づれで気持よく爽やか, 五人づれで馬喰町の下総屋, 五人づれの人があらわれた, 五人づれやら手を曳いた, 五人づれ女をみかけ, 五人づれ旅籠もない, 五人づゝの選手, 五人となり十人となり, 五人と列をなし, 五人どこかへかくされ, 五人どころでは, 五人ぬきに勝っ, 五人ひとかたまりの土左衛門, 五人ひとりものこらず, 五人みな今暁息をひきとった, 五人みな身ぎれいにし, 五人みんな気軽な人々, 五人もの連れで一部屋, 五人わたしだって昔, 五人ウソトキとこう, 五人ズラッとハア, 五人チョッと気, 五人デスクの前, 五人ト角力シテ已ニ三人ヲ倒シタル者ガ他, 五人ヒラギシには士族平民取り, 五人ホーキン氏は十人, 五人ポカンと一列, 五人一とかたまり, 五人一ことでも, 五人一列になっ, 五人一団になっ, 五人一張の蚊帳, 五人一斉に立った, 五人一様に手, 五人一行の婆さん達, 五人一言だも, 五人七人十人ずつ, 五人七人十人十五人と徒黨, 五人七人小児を産ませる, 五人七人隊をなし, 五人丈である, 五人丈ほか乗る人, 五人三人づつ渡しあひて, 五人三人一時に亡, 五人三人収容しました, 五人三分と記し, 五人三十篇である, 五人三四日後に迫つた演説會, 五人上野より日光線, 五人上陸いたし候由風聞有, 五人下女一人を使つて, 五人下宿して, 五人両手をたかく, 五人中年増や婆さん, 五人中津の風, 五人乗馬は百十五頭, 五人亀縮むだ手, 五人予や明治十二年以降, 五人二十五匹以外の不足, 五人二十人と組ん, 五人二等十人計十五人, 五人二題づゝあはせ, 五人五六人という群れ, 五人五百円で暮せ, 五人京橋区の, 五人人がいる, 五人今夜はその, 五人仏教の本, 五人他人まぜずに, 五人仙台の学校, 五人以下で味わうべき, 五人以前の一人, 五人会合しこの, 五人会雑誌と称する, 五人何の, 五人何度へ潜り込んだ, 五人何者にか惨殺, 五人例の一瓢, 五人兄は十一歳, 五人兄嫁をさらつたの, 五人兄弟辻斬りを辻, 五人入江の岸, 五人八人ぐらゐづつ一塊になつて來, 五人八人づつ一塊になつて歸つて來, 五人八人十人その人數, 五人八時間の働き, 五人八谷家が次男, 五人六人一トなだれとなつて下, 五人六人十人と数, 五人六人子供の無い, 五人六人漁村の男女, 五人共選というもの, 五人其中にて一人丈, 五人其宿にゆき, 五人其頃の闇, 五人内閣を団, 五人出來る, 五人出迎へた, 五人刀を抜きつらね, 五人刈間にて二人, 五人列車の前, 五人別荘を引ぷるって, 五人前ぐらゐ使用する, 五人前一円五十銭の煎茶茶碗, 五人前位のカツレツ, 五人前位用意して, 五人前宛なれど, 五人前後に分れ, 五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 五人前途に松原, 五人力越後上りの大石武右衛門, 五人加はりて幹部, 五人十人づつ打ち連れて, 五人十人二十人三十人と醜業婦, 五人十人十三人十六人すべてで十九人, 五人十人十五人と彼, 五人十人大ぜい, 五人十人毎日集まっては, 五人十人相手になされた, 五人十人隊を組ん, 五人十本の腕, 五人卒七百八十の戦死体, 五人卒倒した, 五人卒倒者があり, 五人口八人口で無闇矢鱈, 五人口問題対策による生活不安, 五人古奈でも一番, 五人叩っ斬って, 五人各自の卓, 五人合格したとか, 五人合計七人にリーダー格, 五人合計十三人の父親, 五人合計十名の潜入, 五人同乗した, 五人同志で相談, 五人名前の電報, 五人向うから来, 五人命を惜しむ, 五人和人五人を架け, 五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 五人喧嘩九十六件内負傷者六人, 五人喫煙と, 五人営内靴で馳せ下っ, 五人囃官女のたぐい賑やか, 五人土足で侵入, 五人坊主を見る, 五人堂内寂寥たり, 五人境内をぶらぶら, 五人壮観である, 五人夜食の惣菜もの, 五人大手を拡げ, 五人女の子が二人, 五人女一の三, 五人女二十人合計五十五人の子持, 五人女十人の出面賃, 五人女子百三十九人となる, 五人女王一人です, 五人女王三人です, 五人女王四人です, 五人姉妹の下, 五人子守りの老婢, 五人守備して, 五人宛舟三艘に乘つて入江, 五人客間に集っ, 五人家の中, 五人家内の勤労者, 五人寄りあつて, 五人射殺したといふ, 五人小僧や若僧, 五人小児の声, 五人小学校教師になった, 五人小者とで六人, 五人少年が三角岳, 五人屋根伝いに裏, 五人屠殺人消毒の人夫, 五人左に五人, 五人左右に並ん, 五人左甚五郎がいねえ, 五人布衣以下は侍一人, 五人平均とするなら, 五人広島百九人鳥取百五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 五人店の者, 五人店前を塞いだ, 五人廻しというもの, 五人廻廊まで登場, 五人弁当持ちで朝, 五人当月二十七日磔刑を命じる, 五人役の儀, 五人後押しが四人, 五人徒が賽の目, 五人徒歩して, 五人徒目付六人平士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 五人従者五人合計十名の潜入, 五人心当りがおま, 五人怪し気な羽織, 五人息堰き切って, 五人息子やその, 五人惨死したという, 五人成金のお客, 五人我県へ招聘, 五人扇子を開く, 五人手伝四人俗事役三人の邸宅, 五人手分をし, 五人打ちよりて家計上, 五人打揃つて雑煮を祝, 五人扶持くらゐの, 五人扶持ヤッテ好キノコトヲシオルカラ, 五人扶持上野高崎の松平右京亮輝聡, 五人扶持二十石を給わっ, 五人扶持十五石の切米取り, 五人扶持十人扶持も取らせましょう, 五人扶持家族もなく, 五人扶持肝煎というの, 五人扶持足の裏, 五人抜にはどうしても, 五人抱え芸者がいた, 五人押込もう, 五人掛り有之, 五人採用する筈, 五人揃つて消えた, 五人揃つて神樂坂の通り, 五人揃ひでなんと六萬圓, 五人提灯をさげ, 五人早じまいをし, 五人時を同じ, 五人暴力派五人と僕, 五人書生が三人, 五人木橋の段々, 五人木遣で曳い, 五人柱に垢, 五人桜山の葉山, 五人極りの惡相, 五人横に寝, 五人欧洲婦人の服飾史, 五人正造自身が案内, 五人此位の纔, 五人殿下に随, 五人母は一人娘, 五人比較的に穏, 五人津和野九十三人福山に六十六人, 五人深山幽谷に薬草, 五人演出助手を二人, 五人焚火をし, 五人無電技師が二人, 五人煙のやう, 五人牛ヶ淵で出, 五人狼藉者が出, 五人生み有王を驚, 五人生垣のそば, 五人男のと世間, 五人男の子ばかりで来, 五人登場一列壁に沿い, 五人登場人物は六人, 五人百人万人と多く, 五人百人千人の力, 五人皇女が一人, 五人目のを失っ, 五人目七人目と取, 五人相集まりて, 五人相対して, 五人相手に大, 五人真っ黒に馳, 五人矢に中っ, 五人砂浜に寝転ん, 五人私たちの周り, 五人稲葉太郎荒象園の鬼門彼処, 五人穴を間, 五人立ちの武者絵凧, 五人立會の上, 五人米国人が八, 五人紅の草履, 五人素手におのおの, 五人組みに作っ, 五人組亀蔵の下請宿若狭屋亀吉, 五人組以下の無, 五人組仲間は宿はずれ, 五人組仲間その他のもの, 五人組制度を整備, 五人組強盗事件という, 五人組火消し装束の不思議, 五人組芸者として天下, 五人組規則を定めた, 五人組親族の者, 五人組証明をとられる, 五人組近所の衆, 五人組近隣の者共, 五人綱に取り付きました, 五人綱吉の方, 五人総領の兄, 五人群を作り, 五人群集を分け, 五人羽子板か何, 五人習いに来てる, 五人肩をならべ, 五人胡蝶屋豆八という小柄, 五人腕を組み合せ, 五人臨時に雇い入れた, 五人舞台にかけ, 五人船頭の三吉, 五人船頭権六の船, 五人艦長の従者, 五人花見線香をつけ, 五人若者が仕度, 五人蓆や桶, 五人蔓巻の大刀, 五人虐殺を筆頭, 五人處刑されて, 五人蛮カラ画伯小杉未醒子髯の早大応援将軍吉岡信敬子, 五人衆山崎算所に相, 五人衆旦那衆と尊称, 五人衰頽と不潔, 五人西から五人, 五人見台に唄方, 五人親類縁者の者, 五人計も住居, 五人説だが, 五人談話の最中, 五人足らずの人たち, 五人足早に通り過ぎ, 五人路地の奥, 五人車臺に身, 五人輪を作っ, 五人近くもその, 五人逆蜻蛉を打つ, 五人連松明を挙げ, 五人遊び人風の人相, 五人運動部の選手, 五人運転手助手その中, 五人遠くはなれ, 五人遠山家の長女, 五人遠巻きにあれこれ, 五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 五人都合八人だが, 五人醫師上下十二人祐筆四人附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 五人金五郎を遠, 五人金庫の前, 五人銀座の松喜, 五人階下にも三人, 五人集まつて, 五人集つて歌をよむ, 五人雑色九人車副釜, 五人雑談をし, 五人雪洞の下, 五人音を立てさせない, 五人頭だね, 五人顔を出した, 五人食はせて, 五人飯の卓, 五人飴をしゃぶり, 五人餘りの, 五人麦畑を縫い, 五人黒雲の中, 五人龍吐水などを持出し, 五は三十, 五今夏旅行御予定, 五介てめえは確か, 五仏堂だの薬師堂, 五仏弥勒仏が出る, 五仏教とヤソ教, 五仏教者の肉食妻帯, 五仙それ以上は十仙, 五仙境に就, 五仙玉をひとつ, 五代ニ当ツテ, 五代七代も引き続い, 五代三右衞門の自適齋眞譽東里威性居士, 五代中井らの人たち, 五代二百六十五年を以て政権朝廷, 五代二百餘年の後, 五代以後も支那人, 五代十代は殺され続け, 五代史志と云, 五代名君と聞えた, 五代将軍慶喜はあ, 五代将軍時代に輩出, 五代将軍綱吉公だナ, 五代市村羽左衛門が本道, 五代廟に合祀, 五代才助の周旋, 五代才助あてに提出, 五代才助紀の内意, 五代時代からは佛典, 五代様在世中は時々, 五代目中村芝翫と改名, 五代目半四郎や鼻高, 五代目団蔵の当り狂言, 五代目土佐太夫になった, 五代目坂東彦三郎に随従, 五代目坂東彦三郎大阪に客死, 五代目小さん君らみなひと方ならない, 五代目左楽師は一時競馬, 五代目市川寿美蔵死す六十二歳, 五代目市川門之助死す五十八歳, 五代目市村羽左衛門となる, 五代目幸四郎の今, 五代目張りの演技, 五代目彦三郎である, 五代目松本幸四郎市川男女蔵瀬川菊之丞岩井半四郎は云う, 五代目沢村宗十郎である, 五代目瀬川菊之丞や五代目半四郎, 五代目白猿に贔屓, 五代目羽左衛門を相続, 五代目芝翫となり, 五代目菊五郎伝を見たら, 五代目菊五郎嘉藤太と外記, 五代目菊五郎市川小団次九蔵といった団蔵, 五代目音羽屋のごとき, 五代神功皇后がこの, 五代聖武天皇の御代, 五代西村廓清信士で問題, 五代越前の名門庶流, 五以上馬を跳躍, 五以来の事実, 五以来世間の耳目, 五以衣食得又は, 五伊勢貞興らの二千人, 五休業令たつたそれ, 五伯爵は三十六, 五の緒, 五伴奏よりのトッカタ, 五位ぐらゐの値打はある, 五位さまがいとも, 五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 五位上六年には十一歳, 五位上岡本保晃というもの, 五位上左近少将と肩書, 五位上常陸大掾, 五位上常陸平氏の祖, 五位上火男神従五位下火売神の二社, 五位上肥後守といっ, 五位上駿河守になった, 五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 五位下伯太椿社を出す, 五位下勲六等という位階勲等, 五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 五位下大夫判官とよばれる, 五位下安房守となり, 五位下尾張浜主といふ百十三歳, 五位下左近衛少将に叙, 五位下常陸大掾, 五位下常陸介朝宗どのに出, 五位下弾正忠という微, 五位下摂津守とある, 五位下族を惟任, 五位下火売神の二社, 五位下筑前守であつ, 五位下長田の祖, 五位下高麗若光, 五位以下の多く, 五位位田八町合計十町二段を給せられる, 五位侍従に終っ, 五位勲三等前の軍医監, 五位勲三等河野英臣の発議, 五位勲何等の局長閣下, 五位勲四等に叙せられ, 五位尉に成れた, 五位折敷を取る, 五位月隈なかりける夜革堂, 五位河内守たるにすぎない, 五位浅葱は六位, 五位監事に補せられ, 五位相当の太夫, 五位級の召人, 五位蔵人という立派, 五位語第十七, 五位資人の選限, 五位飯田軍造天狗軍中強豪を以て聞えた, 五位高麗若光, 五位鷲の, 五体いずれへなり, 五体どこか猟犬, 五体凛然として今や, 五体諸共奈辺にか飛び去り, 五何千次という方程式, 五作さんの家, 五作品の雕琢, 五作家に比し, 五作式になった, 五作用或は五徳, 五作目の, 五の鯖, 五侯子それから孟勝, 五信九十二度きのうは朝, 五信徒をもっ, 五俵中等は二十五, 五俵二石取りと致します, 五俵分作らねば, 五俵大抵は十俵内外, 五俵独身者よりもよけい, 五俵真ん中に積み, 五倉通路ニ於テ密航者ヲ発見ス, 五個その他肉類をも食った, 五個キャラメルソーセージ三種牛鑵二個レモン二個バターに角砂糖一箱, 五個ステッキのよう, 五個一列に並べた, 五個中隊の騎兵, 五個六個並べて, 五個分程の血, 五個半の安政二分判, 五個師団十個師団を持っ, 五個師団増加せば, 五個年計画の最初, 五個年間一年に一万円, 五個月以後は醴酒, 五個木星に四個, 五個荷駄につん, 五個赤井越前守から三個, 五個靴下留巾一吋半以内のもの一つ, 五個鮮かに記され, 五倍あまりなの, 五倍がたの癇癪持, 五倍くらゐ新, 五倍七倍も派手, 五倍七倍十倍年と共に得意, 五倍二だの押, 五倍位に殖え, 五倍分の水, 五倍加増して, 五倍増しにし, 五倍大になった, 五倍強に達し, 五倍本などだ, 五借り受けたる文庫に対しては, 五の半, 五ばかりで, 五側目のベンチ, 五快意酒千鍾, 五傑中韓凹巷河敬軒の二人, 五がそれ, 五億キロメートルそれからあれ, 五億フランの金, 五億ルーブル減である, 五億万ドルにて六七五〇万ドル, 五億三千六百八十七万余人五十代も八十代, 五億九千万円の動産, 五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 五億二千万円に減らされ, 五億二百十二万円よりも三千万円, 五億五千万粒乃至七億粒, 五億個そして宇宙, 五億円以上の経費, 五億円余あった, 五億圓の財産, 五億圓以上の節約, 五億気圧比重は八・五, 五億近くの真実資本, 五多きは, 五元素とは言, 五元素説を唱, 五先代の主人總兵衞, 五先妻にも後妻, 五先後シテ伴ヲ為シ, 五光丸でもぐっと, 五光麻呂は十一, 五入水者の救助, 五兩づつ手代へ五十兩, 五兩三兩の小遣, 五兩出たら五兩, 五兩包みの切餅, 五兩十兩中には三十兩五十兩, 五兩月がほどかぞへ, 五兩注におよばず, 五兩盜つた上手向ひする手代, 五兩費ひ十兩, 五兩金を切餅, 五八〇の一漁村, 五八〇メートル附近からスキー, 五八〇円と落札値, 五八〇瓩だ, 五八さん大きに御苦労, 五八ぢやありません, 五八ドイツ諸宗の信者, 五八マア此方へ出, 五八メートルからアイゼン, 五八メートル兵庫県第二, 五八・四です, 五八一〇七円七年度が七六, 五八一六〇でありその, 五八一年にパンタラジニ, 五八一年十四歳のとき, 五八一年版ブスベキウスの, 五八七九七一七九八年には二, 五八七二である, 五八七八九の回答, 五八七年三月のこと, 五八七年九州征伐のため筑前博多, 五八三六九の日, 五八九二四といったよう, 五八二年法王グレゴリウス十三世により, 五八五〇七一五及び四, 五八五八六であった, 五八個だけ知られ, 五八八・四メートル峯の南, 五八八号にて逃走, 五八八年の出来事, 五八八年ウヰールの, 五八八年版ラムシオの, 五八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 五八六年に英吉利, 五八六番地農業呉八代の養子, 五八六頁になる, 五八分の一とし, 五八分の一出生率は二六分の一, 五八十の稽古日, 五八哩二海抜三二〇〇尺と言い出す, 五八国教宗の本山, 五八字である, 五八幡神と夷三郎神, 五八年オスティアの僧正兼カルディナレ, 五八年クロムウェルは死んだ, 五八年フィレンツェにて馘ら, 五八年レオンは小さな, 五八年ロムベルティ家は他, 五八年九月に新しい, 五八年就任が一九一三年, 五八年牛津大学に移る, 五八方英里の土地, 五八照賢鞍手助左衛門正親倉橋伝十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 五八番地室十五号に住ん, 五八章にこの, 五八米の最高点, 五八英仏人の遊び, 五八行のアブラハム, 五八郎らがゐた, 五八郎君が列席, 五八郎太二人にたいする侮蔑, 五八郎通弁官は中浜万次郎, 五八金同金, 五八金パチリとやる, 五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 五八飛なりと書い, 五八飛成同王, 五公居士と号す, 五六〇〇は解放, 五六〇〇〇であるか, 五六〇〇〇〇〇磅が獲得, 五六〇一七〇〇から八, 五六〇五四出生は九八, 五六〇光年を半径, 五六〇年から一八五〇年, 五六〇年アラビアのメッカ, 五六〇年頃から一七五〇年頃, 五六か月前からその, 五六か月後のこと, 五六くらゐには, 五六さいごろになる, 五六すつかり禿げ上つた番頭, 五六そうの舟, 五六たび使いに行った, 五六たび晩にも一碗, 五六たび音信があった, 五六ちゃんの二人っきり, 五六ちゃんおれたちもキャッキャッ, 五六つてところぢやない, 五六つぶそれをつまん, 五六どこにどう, 五六のちよいと, 五六ぱい流しといて, 五六ぱいお運びになり, 五六ぱいさかずきをあげ, 五六ぱいの外に荷足, 五六ぱい湯をかぶる, 五六ぴき褌の上, 五六ぷくお鍋の膳, 五六ぺんお座敷をぶらぶら, 五六ぺん神田の古本屋, 五六ぺん笑い声をたて, 五六カット進む, 五六カット終了午前七時近し, 五六カラットから十カラット前後の, 五六カ所も見るらしい, 五六カ所股が二三カ所, 五六カ月以来ある程度までの, 五六カ月間私の好き自由, 五六カ村の人々, 五六クヲタア以上は消費, 五六デップリ脂の乗った, 五六ノットの速力, 五六パアセントを得る, 五六ヒヨツトコの國生れ, 五六フランしかもたない, 五六ベルリン博物館内の仏像, 五六ペエジの長, 五六メートル上に不発, 五六ヶ国語を操った, 五六ヶ月以前の盛子, 五六ヶ村と共同, 五六・一二〇瓩次に私, 五六・七里に当る, 五六一九であること, 五六一二三四と実に, 五六丁位の所, 五六丁先が自分, 五六丁向うの海上, 五六丁小屋は尾上町, 五六丁小山というところ, 五六丁桜並木の蔭, 五六丁歩るいて, 五六丁線路を伝っ, 五六丁荒縄でしばつたの, 五六丁行き左に曲がる, 五六丁隔った原っぱ, 五六丁離レタ所ニオ誂エ向キノ家屋ガ一軒売リ物ニ出タノデ, 五六丁雪の中, 五六七七〇〇〇という人口, 五六七人にて充分, 五六七八九人の子, 五六七八九月に至る, 五六七八九条また十条, 五六七八日あたりまで爆発, 五六七八行に於, 五六七匹までなれ, 五六七名の出征者, 五六七年版のチブルス, 五六七月号に分, 五六七月号所載の, 五六七月頃の巨済島入佐村, 五六七歳ごろの月日, 五六七殿という, 五六七章第四篇, 五六七重八重に剥ぎとられ, 五六七銭である, 五六万人でしょうね, 五六万台あるという, 五六万坪あるだろうちょっと, 五六万町も残し, 五六丈上方に天険, 五六丈囲り四, 五六三十日の期, 五六三年に土星, 五六三頁にもお, 五六世紀ごろウパニシャド製作の時代, 五六両版に掲載, 五六中枚も有る, 五六中肉中背のよく, 五六主人の源兵衞, 五六九五六でありそのうち, 五六九年における北方大名伯爵, 五六九年春光麗な一日, 五六二十一二十七三十一四十四が手痛い, 五六二十七八というよう, 五六五〇〇〇の人口, 五六五二尺の山, 五六五以下に曰く, 五六五尺六寸五分もあつ, 五六五年に初めて, 五六五頁になる, 五六人いっしょでしたから, 五六人がかりで押さえつけた, 五六人がきのどく, 五六人ぐみの手品使, 五六人ぐらゐの男にうまく, 五六人こっちを向い, 五六人しきや居ない, 五六人しずかに然し, 五六人せつせと, 五六人つまり三組ばかりは夫婦, 五六人つめ掛けて, 五六人づれで出かけました, 五六人づれで向島へ遊び, 五六人づれで奥の室, 五六人づゝも一団になつ, 五六人ひとりずつ職員室, 五六人みな銃を手, 五六人みんなで十人, 五六人むちを鳴らし, 五六人ゆうべこっそりこの, 五六人グループを作つて, 五六人サロンへ来, 五六人スツカラカンになつて, 五六人ゾロゾロと前, 五六人チョークで白い, 五六人テリヤアを一匹, 五六人ドカドカと二階, 五六人ナイフを抜い, 五六人バラバラッととびだし, 五六人ブンなぐったらそれで, 五六人マンのとなり, 五六人一かたまりに, 五六人一人は歌い, 五六人一団になっ, 五六人一度にどやどや, 五六人一歩あるくに, 五六人七つ八つから十三四, 五六人七八人居ない家, 五六人三階正面の奈々子, 五六人並おしろい気なしの, 五六人中に文平, 五六人乘りの, 五六人二人を中, 五六人亭主の文吉, 五六人人が寺, 五六人令嬢やら令夫人, 五六人以上じゅんまわりに朋輩, 五六人伴れ訴人, 五六人何処かで飲ん, 五六人何者ぞとすれちがうおり, 五六人余りも寄り集っ, 五六人佩剣を鳴らし, 五六人信徒が中, 五六人円卓を囲ん, 五六人出張して, 五六人前も平らげる, 五六人剣を抜き, 五六人募集に應, 五六人叔母のお, 五六人取り交ぜたブルジョア, 五六人召集される, 五六人右に左, 五六人同道せい, 五六人名のある, 五六人向うも五六人, 五六人喜作の一家, 五六人四五丈高き断崖, 五六人四五人づつ横の列, 五六人団結して, 五六人声をしそろえ, 五六人夜討ほどの勢ひで, 五六人大手を拡げ, 五六人太夫三味線弟子等合して, 五六人妾の寝台, 五六人学校に来られた, 五六人學校に來, 五六人家根へ追い上っ, 五六人寄つて来て, 五六人寄つて立話をし, 五六人寄り集って, 五六人少年六七人をひきつれ, 五六人左右に忙しく, 五六人平次と八五郎, 五六人広間にい, 五六人店を通して土間, 五六人庫裡に集つて経, 五六人役場の一室, 五六人往来にあつまっ, 五六人從いて, 五六人心張棒天秤棒から長押, 五六人性の惡, 五六人手傳ひに, 五六人揚幕から, 五六人料理は三の膳, 五六人料理人が若干人, 五六人斯うなると, 五六人望遠鏡を手, 五六人木立を捜, 五六人木蔭を選ん, 五六人桐油で包んだ, 五六人残つた友達が一処, 五六人殘つた關係者は大, 五六人泥田に投げ込まれ, 五六人浴槽の側, 五六人海水浴をし, 五六人焚火にあたりつ, 五六人牀上を占めな, 五六人犬が六七頭, 五六人狩り集めて, 五六人男がいる, 五六人男達七八人いづれも, 五六人番頭の左太松, 五六人目位の位置, 五六人相集まり互いに, 五六人相前後して, 五六人瞳を揃え, 五六人神社の裏手, 五六人紙旗を青竹, 五六人網を張っ, 五六人総勢十人ぐらゐの子供等がさ, 五六人縁側へ出, 五六人罪のない, 五六人胡弓を構え, 五六人臥するに, 五六人花やかに立ち出, 五六人茶袋を手土産, 五六人荒物屋の主人, 五六人藪入り前をここ, 五六人血眼になっ, 五六人行列を作つて, 五六人西洋人らしい無造作, 五六人親鸞聖人の木像, 五六人資本を出し, 五六人赤黄紫などの小, 五六人足軽十四五人山掘夫四, 五六人軍部の手, 五六人通り合せた, 五六人連で茶摘, 五六人連中を狩り集め, 五六人運動場に出, 五六人部屋の一隅, 五六人野幇間の善吉, 五六人釣をし, 五六人釣竿を側, 五六人銭の音, 五六人鏖殺されたこと, 五六人闖入し強姦事件, 五六人隊を組ん, 五六人集つただ, 五六人集つて芝の丘, 五六人集まり居りたる中, 五六人雑談しながら, 五六人雪の上, 五六人頭をそろへ, 五六人額をあつめ, 五六人首つ玉, 五六人香椎六郎の後ろ, 五六人驅り出して, 五六人鬼が島, 五六人鵜舟が四艘, 五六人鶴嘴を振り上げ, 五六代前のじじい, 五六代目のツモリ, 五六件である, 五六位小柄な華奢, 五六何んと言っ, 五六何方も申分, 五六俵陸へ揚げ, 五六個マッチかんづめ一箱風がふきだしたら, 五六先生は四十, 五六児を一度, 五六八一です, 五六八八であり一八二〇年, 五六八半という数字, 五六八半これは宿場, 五六八年版ジャク・グレヴァン・ド・クレルモンの, 五六八英里をもっ, 五六六一のごとき, 五六六九となるであろう, 五六六五号ノ自動車, 五六六人の学生, 五六六八七六という年, 五六六年板アンリ・エチアンヌの, 五六其額に巣, 五六典型的な安, 五六円づつの相違, 五六円どまりのもの, 五六円以上三四十円位取るの, 五六冊不要なの, 五六冊位は大抵, 五六冊十五日間かかって, 五六冊夜窓鬼談や月耕漫画, 五六冊引抱いて, 五六冊手に入れ, 五六冊振り落させて, 五六冊書棚から抜い, 五六冊畳の上, 五六冊英吉利語の本, 五六冊読切の馬琴物, 五六册英語の本, 五六分すぎに出かけた, 五六分のちのこと, 五六分の入りなので, 五六分の句はいつ, 五六分の所作ではある, 五六分の水分があり, 五六分の経費は必要, 五六分の間何の物音, 五六分ジッとしてゐる, 五六分位で高利, 五六分家はすぐ, 五六分時間にし, 五六分毬栗頭の筋肉質, 五六分目はい松, 五六分續いて, 五六分通りは捨て, 五六分間ゆとりをおい, 五六分間紹介の辞, 五六分隆起して, 五六列越して, 五六前後何れも妻, 五六匁位で百匁位, 五六匹あらはれた, 五六匹しずかにとまっ, 五六匹一斉に廊下, 五六匹主計頭に土産, 五六匹何んでも, 五六匹入りて口, 五六匹土間に投出した, 五六匹来やがって, 五六匹眼に見えた, 五六匹門外に集つて, 五六匹隠れ蓑や隠れ笠, 五六十ぴきの山猿, 五六十アル上ト下トノ差ガ少イノガ, 五六十カ所設置されるそう, 五六十キロもある, 五六十ズツもかっ, 五六十タンガーですから, 五六十パーセントを失う, 五六十フランから一カ月三, 五六十ヤードばかり離れた, 五六十ルピー入って, 五六十万フランもする, 五六十万単位で充分, 五六十両損ヲシタガ毎晩毎晩道具屋ノ市ニ出タカラ, 五六十五六と云っ, 五六十人いずれも命, 五六十人くらゐ下手人, 五六十人それが当時, 五六十人ひょっとすると, 五六十人バカリシテ場ヲ始メタガ, 五六十人バカリ出来タカラ名前ヲ持ッテ, 五六十人十重二十重に圍ん, 五六十人瑞西人は本国, 五六十人痛哭して, 五六十人稼ぎに来, 五六十人許り商人体, 五六十位ありましょう, 五六十俵取りぐらいの小さい, 五六十倍も拡大, 五六十兩纒めてやる, 五六十兩隱してあつ, 五六十六七の娘達, 五六十円以上の為替生活者, 五六十円位にはなる, 五六十冊値踏みをしたら, 五六十分はかかる, 五六十合火をふらし, 五六十名以上はあったろう, 五六十名河井徳三郎や高橋金次郎, 五六十坪筵張りの見世物, 五六十夕焼がそこ, 五六十家あったと, 五六十幅の画, 五六十年來かかる懷疑的學者, 五六十文這入って, 五六十日頃からようやく, 五六十本半紙にくるん, 五六十枚燦然たる眞, 五六十歩往って小さな, 五六十浬もあります, 五六十畳そこそこくらいのもの, 五六十神か鬼, 五六十票ありゃあ当選圏内, 五六十秒しか経っ, 五六十程度を刷り上げ, 五六十箇の腐つた, 五六十羽は飼っ, 五六十行位雑報を書く, 五六十行位雜報を書く, 五六十貫づゝも食ひ取るん, 五六十貫一人や二人, 五六十輛のライオン戦車, 五六十通複写されて, 五六十部の製本, 五六十里先へ飛ん, 五六十里北の者, 五六十里奥の山, 五六十里程度のところ, 五六十錢で餘, 五六十間あまりもなだれ, 五六十間さきへ行った, 五六十隻であった, 五六十頁か其辺, 五六十鬼灯を棒, 五六千メートルも隔, 五六千人歳によって多少, 五六千元に至る, 五六千兩といふ身代, 五六千噸の貨物船, 五六千回この記録, 五六千尺の一帯, 五六千年前の物, 五六千梃の小銃, 五六千萬圓乃至一億六七千萬圓あるの, 五六千部止りに過ぎず, 五六千騎で行く行く, 五六卒業の時, 五六原は五十年輩, 五六反の田畑, 五六反歩を自作, 五六台それを見, 五六台平均瓦斯エンヂンを作り上げる, 五六台引続いて, 五六台静かに並ん, 五六号室と書かれた, 五六合チャンポンにのんだ, 五六合辺にて風雨, 五六合間の等高線, 五六名ぐらゐの小人数, 五六名これへ出, 五六名なんの屈託, 五六名以下である, 五六名停学は十名以上, 五六名団扇をつかっ, 五六名大至急派遣するん, 五六名容易ならぬ眼色, 五六名後をついて行った, 五六名成田のカスバ, 五六名礼を厚う, 五六囘も貼り, 五六四〇〇ある, 五六四六フィートなり, 五六四六一一女子一六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 五六四年に死ん, 五六四年死せるゲスネル, 五六回たて続けに打たれた, 五六回一緒に飲食, 五六回会の流れ, 五六回位で施肥, 五六回先づ青軒翁が紹介状, 五六回分送った, 五六回手紙をもらった, 五六回水を渉, 五六回目のこと, 五六回転落ののち, 五六国教宗の教区, 五六坪位はあるでしょう, 五六声連ねて, 五六大店の手代風, 五六大西洋心の孤島, 五六大都市を一, 五六女は二十八九, 五六娘は十六, 五六娼妓あがりの, 五六字づゝ技倆上達の霊符, 五六字詰め十行が一枚, 五六室の家, 五六家唱門師と呼ぶ, 五六寸あまりもぶら下っ, 五六寸くらゐの, 五六寸上が向う, 五六寸何のこと, 五六寸先に茶, 五六寸壇の灯, 五六寸大なるは, 五六寸大さ三尺に近い, 五六寸宛隙かす, 五六寸幅二尺五六寸の入口, 五六寸拔き出して, 五六寸柄から拔, 五六寸潜戸を開け, 五六寸胸廓手足之に準じ, 五六寸西洋人ならポケット, 五六寸計りを常, 五六寸許也ければ, 五六寸鉄でヂョキヂョキ, 五六寸間隔に七, 五六対九となり, 五六小柄なれば, 五六小股の切れ, 五六小肥りに脂, 五六尺それが奥, 五六尺ニ過ズシテ叢生ス房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形, 五六尺上部には藁繩, 五六尺以上の木, 五六尺余の古木, 五六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 五六尺土蔵の軒下, 五六尺幅六尺ばかりの大岩, 五六尺木の葉を綴り, 五六尺水の上, 五六尺渚を放れ, 五六尺登つた所で川, 五六尺眞黒に躍り, 五六尺積った雪, 五六尺積つた雪を押搖つて狂, 五六尺飛びかゝれば飛びかゝれる距離ですが, 五六尾手掴みにし, 五六岳槍ヶ岳及び乗鞍岳, 五六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, 五六左眼は失明, 五六平次と幾つ, 五六年あたりからあの, 五六年いや二十年もっとに, 五六年きみたち千人私はひとり, 五六年こちらの宮家, 五六年ころのこと, 五六年さきにあ, 五六年めにはたいへん, 五六年もの間ぱったりと, 五六年フランチェスコ派の長, 五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 五六年一月二十七日オーストリアのザルツブルク, 五六年七月のある, 五六年七月シューマンが死んだ, 五六年丹精の結果, 五六年仕事らしい仕事, 五六年以前一月の手間七円五十銭, 五六年以前大夫が御, 五六年以前西洋暦にし, 五六年以後新しい情熱, 五六年以来であるから, 五六年以来東京の或, 五六年以降のお, 五六年位先にあの, 五六年位前から一部, 五六年住馴れて, 五六年僕は人, 五六年兄弟同様にし, 五六年初夏から秋, 五六年前一年京にゐ, 五六年前九州に在る, 五六年前今のお, 五六年前何處からともなく, 五六年前余の十歳前後, 五六年前倫敦の王立地学協会, 五六年前前夫通武の病没, 五六年前家へ大勢, 五六年前山陰で一夜同宿会談, 五六年前島村氏が神経衰弱, 五六年前帰朝者の語る, 五六年前当時廿歳であった末, 五六年前拙者がまだ, 五六年前改造社から一冊, 五六年前明治卅五六年のこと, 五六年前楠木正成の筆, 五六年前欧洲大戦の幕, 五六年前父の飛行具製作, 五六年前田舎の高等小学校, 五六年前發表された古, 五六年前眞珠太夫のお玉, 五六年前箱になった, 五六年前腎臟を病み, 五六年前舞台の下, 五六年前裏飛騨の吉城郡坂上村巣, 五六年前観桜会とかで足, 五六年前震災の前, 五六年前非常に雨, 五六年前養子に迎へた兵三郎, 五六年司馬江漢でも研究, 五六年外国にでも行っ, 五六年奉公してを, 五六年学問を修めた, 五六年年なしなどと, 五六年当時函陵酒量超倫, 五六年彼女は子供, 五六年後輩だろうから, 五六年於茲而以病脚在家未嘗面謁, 五六年来正月元旦には姉夫婦, 五六年来迹を絶つた, 五六年来雪斎は病み, 五六年東京から離れ, 五六年此の方懐かしくて, 五六年毎年正月元日に此處, 五六年比の秋, 五六年流行物どころかしろうと, 五六年海岸で暮らす, 五六年片時も忘れる, 五六年版アメリア・モレイの, 五六年田舎で懶惰, 五六年目から視力, 五六年目ぶりで思いがけない, 五六年目毎にはげしい, 五六年目頃までは年々, 五六年眼をつぶっ, 五六年私の不孝, 五六年經つてかの女, 五六年經つて了ひ私, 五六年英国に滞在, 五六年輩の男, 五六年辛抱した結果, 五六年近くになる, 五六年配で山羊髭, 五六年開戦に決して, 五六年間仏蘭西で百姓, 五六年間心に掛け, 五六年間時計というもの, 五六年頃人類の生活, 五六年頃刊行されたので, 五六年頃官員小僧のにせもの, 五六年頃私はまだ, 五六度お年ちゃんが来, 五六度めだけど, 五六度やつた, 五六度オキシフルか昇汞水, 五六度乗まわして, 五六度医者といや, 五六度回転すると, 五六度圏を描い, 五六度失敗りましたが, 五六度女中や店, 五六度幕を上げ, 五六度往ったり, 五六度柝木に打ち, 五六度母親の手製, 五六度汽車の通る, 五六度生唾を嚥, 五六度竹馬を振りまわした, 五六度行つた, 五六度詰めかえること, 五六度間を置い, 五六廉位植字の形式, 五六志また牝牛, 五六意地張らしい顔, 五六才ごろであろうか, 五六把引こ抜いて, 五六拾円にはなるだろう, 五六挺駕の屋根, 五六斗も採れた, 五六方英里の領地, 五六日うちには屹度帰つて, 五六日お世話になった, 五六日ここに過ごしたい, 五六日そこへおい, 五六日それを二日, 五六日のち海蔵さんは椿, 五六日ぶりの酒, 五六日セエラは父, 五六日ノビルという電報, 五六日中に何とか, 五六日人間の入, 五六日仕事をした, 五六日以上を経過, 五六日以来行って, 五六日位で弛みます, 五六日位口養生さえすれ, 五六日其處で暮した, 五六日前伊藤公暗殺の号外, 五六日前神隠しに遭った, 五六日前自分の手もと, 五六日助六は相, 五六日厄介になりたい, 五六日夜ふかしが続く, 五六日就職口を探し, 五六日平次は外, 五六日延期と云, 五六日彼は体, 五六日後伸子と素子, 五六日後彼女は再び, 五六日御所にい, 五六日暇をとっ, 五六日来の猛烈, 五六日東京市中の石切塲, 五六日梅雨晴れの爽やか, 五六日樣子を見, 五六日母の家, 五六日水気の来た, 五六日滞在して, 五六日滯在して, 五六日無人の地, 五六日発行五十銭で総, 五六日祝儀を多く, 五六日私は泊りました, 五六日程大変気をつめた, 五六日經つて勘次は針立, 五六日行商に出, 五六日見舞いの使い, 五六日警察署の呼出状, 五六日退院とのこと, 五六日逗留しても, 五六日造ぎた日終日働いて, 五六日釣り耽った, 五六日錢形平次は八五郎以下, 五六日間すべての勤務, 五六日間無人の高原, 五六日間行つて居りましたが, 五六日間連載された, 五六日静養のやむを得ざる, 五六日頃入府の予定, 五六日頃再版出来のよし, 五六日頻々と塾長あて, 五六旧教新教の宗制, 五六旬ヲ開花, 五六時代から映画, 五六時間あっちこっち御覧になった, 五六時間ゆつくり飲んで, 五六時間ボンヤリ河原に突っ, 五六時間余裕あるの, 五六時間地上の生活, 五六時間待飽倦んで, 五六時間湯煮ると, 五六時間演説したと, 五六時間相手は色々, 五六時間睡眠平均または時に, 五六曲を吹きつづける, 五六月中に探検, 五六月以後よし, 五六月以来堪えられぬほど, 五六月夫妻は満, 五六月青葉の頃, 五六月頃国枝氏が名古屋, 五六服お茶をガブ, 五六服喫まん, 五六服鉄拐仙人のよう, 五六木柱のよう, 五六木綿の紋付, 五六本あしらつてあるの, 五六本あとは桐, 五六本かたまつて, 五六本くらゐある松の木, 五六本そこらへ落ちた, 五六本それに寄せかけ, 五六本づつ取り出しては, 五六本ほかなくそれ, 五六本まっ黒にならん, 五六本アトがある, 五六本タオル二三枚出入りの人たち, 五六本バケツの水, 五六本バラバラッと打ちこわす, 五六本ブリキの銀笛, 五六本一度にこちら, 五六本並木の立っ, 五六本丸太が浸っ, 五六本併んでいる, 五六本其處に投げ, 五六本刀をはずし, 五六本大小塩梅して, 五六本天蓋のよう, 五六本太古の石柱, 五六本宙にとぶ, 五六本小刀で切り倒しました, 五六本屹立した樅, 五六本後には暖, 五六本後ろは栗林, 五六本心の臓, 五六本折つて, 五六本拔いて, 五六本拾ふとそれ, 五六本指先でもみ, 五六本教室の窓, 五六本新聞紙に包んだ, 五六本木の葉に載せ, 五六本松の岡, 五六本植ゑられてその下, 五六本樹立のある, 五六本河原を斜, 五六本洗面器の水, 五六本潮風にさらされ, 五六本無駄にし, 五六本煙草を吸つて仕舞, 五六本片手に持っ, 五六本疎らに立つ, 五六本目のところ, 五六本秋は木犀, 五六本空にむかい, 五六本羽も大方蟲喰, 五六本茶碗一杯の胡麻醤油, 五六本草原に影, 五六本行列はし, 五六本襟の裏, 五六本轉がつて, 五六本酒を五六合, 五六本銚子の並んだ, 五六本隅の方, 五六杯お代りをすれ, 五六杯位も食べられ, 五六杯応酬をし, 五六杯水を八分目, 五六枚お釣りになりました, 五六枚かたまつて, 五六枚かまどの形, 五六枚それぢや一, 五六枚はつてあつた, 五六枚カッフェーの女給さんたち, 五六枚ピンで留め, 五六枚上手に使い分けまし, 五六枚下書きした後, 五六枚乱雑に積ん, 五六枚地面に横たえ, 五六枚外へ此, 五六枚小粒で二三兩, 五六枚手紙の二三本, 五六枚方明晰に相違, 五六枚無難に通過, 五六枚祭壇のあたり, 五六枚紺がすり二枚ちぢみ中形五六枚位, 五六枚蓆の垂れ, 五六枚街路の物音, 五六條とその, 五六棟の長屋, 五六止り大抵その, 五六歩いそぎ足で歩いたら, 五六歩ごとに立ち留まり, 五六歩さきの物蔭, 五六歩たじたじとうしろへよろけた, 五六歩わきへ連れ, 五六歩下駄を鳴らしかけます, 五六歩丘の方, 五六歩位置を移し, 五六歩何か微吟, 五六歩傍へ避け, 五六歩動き廻って, 五六歩夢中で窪地, 五六歩大木の陰, 五六歩小走りして, 五六歩左の方, 五六歩左手に敦盛, 五六歩彼の戸口, 五六歩手前に手頃, 五六歩木村七分考へて, 五六歩此方へ走り近づく, 五六歩無言で歩いた, 五六歩窓側を飛び退つた, 五六歩窓際を飛び退つた, 五六歩詰めさえすれ, 五六歩身を引く, 五六歩進行きしが彼方, 五六歩邸内を行け, 五六歩隔った後, 五六歩駒をうしろ, 五六歳ぐらゐの年配で肩, 五六歳どまりの婦人, 五六歳のもあった, 五六歳シルバーグレイのレインコート, 五六歳マデハ可能デアルカラ思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 五六歳三十に至る, 五六歳以上の童子, 五六歳以下の事, 五六歳位横顔の美しい, 五六歳党のちゃんと, 五六歳時分から町, 五六歳気骨もあるらしかった, 五六歳洋服を着, 五六歳炉の前, 五六歳美人という, 五六歳険高な蒼味, 五六歳髮は合僧, 五六死顏はまことに, 五六段上に近づい, 五六段下に中央路, 五六段手にとる, 五六段登つていつたとき, 五六段目の階段, 五六段石段を上っ, 五六段階子を残し, 五六江戸の大, 五六洋服の風采堂, 五六田舍には稀, 五六田舎には稀, 五六田舎者まる出し, 五六町かたわらに江戸, 五六町上の村まで買い, 五六町上流の国田, 五六町五反七畝二八歩関係人数四九七八名でこれ, 五六町北のギリメキ, 五六町奥に寺, 五六町小山というところ, 五六町平次は米吉, 五六町彌次さん北八と顏, 五六町彼といっしょ, 五六町往ってちょっとした, 五六町東にある, 五六町根木名の廐, 五六町距つた処の小さい, 五六町間の一角, 五六町隔った津田, 五六町韋駄天走りに逃げ延び, 五六番位のところ, 五六番目のところ, 五六番粉が売物屋, 五六疊の板敷, 五六疋どまりの群, 五六疋入つたのを屆, 五六疋向うの山の端, 五六疋持去られて, 五六疋秋味が背中, 五六疋野良猫が多い, 五六疋鼠がちょろちょろ, 五六発君の背中, 五六発大空に鳴る, 五六発耳近くから銃弾, 五六白布を鉢巻, 五六白銀のよう, 五六百キロの平地, 五六百トンもある, 五六百フィートもそびえ立っ, 五六百マイル西方にあり, 五六百万フロリンを支出, 五六百万人のひとたち, 五六百万円になる, 五六百万回六七十年つづけて, 五六百万戦死者がある, 五六百万粒ほど入っ, 五六百両借りが, 五六百人ニナッタ全クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥, 五六百人以上の助, 五六百個ペケにし, 五六百円三十貫のもの, 五六百匁以上のもの, 五六百名を金銭, 五六百年ぐらゐ生きて, 五六百挺位の鐵砲, 五六百文あれば, 五六百斤までの貨物, 五六百本の針, 五六百枚以下それから商売, 五六百疋田地はヤク二疋, 五六百種で展覽會, 五六百米前後の高, 五六百米附近と思われる, 五六百羽ぐらいは入りみだれ, 五六百里も北, 五六百頁からの長篇, 五六百騎一団となっ, 五六百騎馬けむりを, 五六盃の酒, 五六目勝ちましたよ, 五六石にも相当, 五六神経質な口やかましい, 五六秒ゆきさんはもの, 五六秒位經過した後, 五六秒眼を瞑っ, 五六秒經つと直線, 五六章も読んだ, 五六筋の柱, 五六筋肉逞しく大兵肥満, 五六箇所何樣容易ならぬこと, 五六米突は高い, 五六粒宛召上つて御覽, 五六粒宛召上つて御覧なさい, 五六粒手の平へ載せ, 五六糎あり滑, 五六級の石段, 五六結城の襲衣, 五六総髪の大, 五六繊細な手, 五六羽どまりでその, 五六羽ギャアギャア鳴いて, 五六羽プールの中, 五六羽八九羽どれがその, 五六羽時雨の中, 五六羽椿に四五羽, 五六羽水の上へ低く, 五六羽白頬の黒頭, 五六羽総勢すぐって, 五六羽蜂が二種類, 五六羽離れの屋根, 五六羽風にふきながされる, 五六肚も相当, 五六脂の乘つた, 五六脚つみ重ねて, 五六腰に毛皮, 五六腹巻で胴, 五六膏の乗った, 五六臺前後して, 五六舅の言, 五六艘泛んで居る, 五六艘舫ってあった, 五六艘舷を接し, 五六色の浅黒い, 五六色白で長身, 五六茎を括りつけ, 五六荷も担, 五六萬は有, 五六萬アールに亙つ, 五六萬兩かな, 五六萬圓にも匹敵, 五六萬臺も押せ, 五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 五六薄手な四角, 五六號の頃, 五六行程の豆記事, 五六行縦に書い, 五六行誌せば, 五六行読進んだとき, 五六街路先に立ち止まり, 五六貫位の重荷, 五六貫止まりの夏きわ, 五六質朴らしい木綿着物, 五六軒づつの部落, 五六軒建築中であ, 五六軒往ったところ, 五六軒松の根, 五六軒泥棒に入られました, 五六軒温泉宿が有ります, 五六軒目深草という灯, 五六軒立場茶屋もござりますが, 五六軒美人なきにし, 五六軒茅葺家があつ, 五六軒藁葺の庇, 五六軒行つたところ, 五六軒距つたお涌, 五六軒通りをへだてた, 五六軒長屋のよう, 五六軒麻の暖簾, 五六輛の車, 五六輩浴新恩, 五六輪咲揃へる葩, 五六輪夕暮の秋, 五六輪菖蒲が咲, 五六輪買つた, 五六通売物として店先, 五六週間の間, 五六遍失敗って覚え込む, 五六遍娘の家, 五六遍棒で打っ, 五六遍立て続けに下げた, 五六邊それをきかされました, 五六郎佐野竹之介, 五六郎川前市助の二人, 五六郎広木松之助鯉淵要人岡部三十郎斎藤監物佐野竹之助蓮田市五郎稲田重蔵増子金八大関和七郎広岡子之次郎, 五六郎樣始め拙者までも腹, 五六郎腹を切つて, 五六郎自身前驅, 五六郎長身白皙で鼻, 五六里その間の山坂, 五六里上流である, 五六里以上も続い, 五六里以内の邊, 五六里内外徒歩して, 五六里北へ踏み込み, 五六里向うへとん, 五六里四方の大, 五六里宛飛ばして, 五六里沖に鋸山, 五六里距った新興, 五六里距つた城下の士族, 五六里隔った所, 五六里隔つた町に嫁, 五六重の大きな, 五六鉛色をした, 五六鉢並んで, 五六銀とノータイム, 五六銭製本代が四五銭, 五六錢ある, 五六門の大砲, 五六間あたりにはきれい, 五六間うしろの方, 五六間おきに一人, 五六間下手の方, 五六間前途へ離れた, 五六間北に離れ, 五六間南に行く, 五六間右には噴水, 五六間向こうへいざなっ, 五六間四方ぐらいは背骨, 五六間後ろの方, 五六間手間になっ, 五六間東へ下る, 五六間毎に三尺, 五六間無意識にてくてく, 五六間苔と虎耳草, 五六間行つた処にある, 五六間路地の外, 五六間隔った位置, 五六間飛退きました, 五六附加した, 五六頁づゝ引きはがし, 五六頁順々に調べ, 五六頬の思切つて出張ツ, 五六頬髯の濃い, 五六頭だての駄賃馬, 五六頭つなぎ合わせ変, 五六頭モーモーと声, 五六頭店先にいた, 五六頭水を渉, 五六頭雨降りの時候, 五六頭馬首の星, 五六頭鰐魚六頭を畜, 五六題の講話, 五六飛の次, 五六飛六八桂三分考へて, 五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 五六首の歌, 五六騎づれの侍たち, 五六騎一かたまりの, 五六騎大地をうっ, 五六騎河べりへ乗り出し, 五六騎轡を並べて, 五六骨と皮, 五兵具は格別, 五兵衛ことじつは同志, 五兵衛さん半死半生で戻っ, 五兵衛さん娘が, 五兵衛さん家の, 五兵衛さん身ぶるいして, 五兵衛その後から猾そう, 五兵衛ただ一人であった, 五兵衛つぎにまだ, 五兵衛らが捜し, 五兵衛りっぱなもの, 五兵衛一は青根, 五兵衛一家やその, 五兵衛以下一同のもの, 五兵衛則秀ふたりとも柴田譜代, 五兵衛則秀金森五郎八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 五兵衛太の娘, 五兵衛尉不破彦三山路将監宿屋七左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 五兵衛市太夫五太夫七之丞, 五兵衛平野屋五兵衛等の大, 五兵衛松田又市柿権八などを顧み, 五兵衛様がお, 五兵衛殺しの真相, 五兵衛等の大, 五兵衛金森五郎八などが陣, 五兵衛金森五郎八長近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 五兵衛餅とも称する, 五兵衞さんが何, 五兵衞どのに済まない, 五兵衞伜同道にて參, 五兵衞店で生れました, 五兵衞様へサ, 五兵衞殿の御, 五兵衞自殺説を飜, 五兵衞至極満足いたしましたはい, 五兵衞良石和尚の三人, 五整えて, 五典型的な若旦那, 五内渾て燃え, 五円あまりの勘定, 五円お供えを送っ, 五円きり渡さないなんて, 五円ぐらゐから十円位までの事, 五円その他のく, 五円それぞれくれて, 五円ぢやねえか, 五円づつの月賦, 五円づつ仕事のあと, 五円づゝ儲けさして, 五円と金を借り, 五円どころであろう, 五円なにがしか取られた, 五円ほか月に貰わない, 五円ものひらきに, 五円やつたからでも, 五円クラブ費親睦費とさしひかれる, 五円ソコラの一発, 五円一家は妻, 五円一枚それから五十銭, 五円一皿は一円, 五円七拾六銭に相当, 五円三円と割い, 五円三円前売せず, 五円三十銭とそれ, 五円下に教員連, 五円中等二円五十銭下等一円劇場附の茶屋, 五円九十五銭が七円七銭, 五円二人前といふの, 五円二分引に而金百円受取候事, 五円二十六円とゆうゆう, 五円二十円にも売れる, 五円二歩を賜わった, 五円五十五円として十円, 五円五十五銭で好い, 五円五十名以上十二円百名以上十円という苦肉の策, 五円以上十円位まで大差, 五円余分にとれる, 五円偶にあがれ, 五円僕達はまだ, 五円先づ体の可, 五円八円取って, 五円六婦人六〇九円である, 五円兵士一同から二十円, 五円内外二十円に達する, 五円前からそのまま, 五円十円説では到底, 五円参銭それから女持金指輪二個, 五円叔母さんに払っ, 五円合計十三円でちょうど, 五円咲に貰っ, 五円四七年九月には十七円五〇銭, 五円外に何処, 五円学資をもらう, 五円宛会社の方, 五円宛得をし, 五円宛貯金をなさい, 五円家へいくらか, 五円封入して, 五円当たりにし, 五円所持致候えども, 五円持ち寄りの三十円, 五円敷六月と云う, 五円月給取るよう, 五円朝までなら, 五円札これはただごと, 五円札十円札を見, 五円泡鳴は清子, 五円津名郡江崎より二十円, 五円津名郡江崎清七より二十円, 五円玉の倍, 五円現金で入れ, 五円町地の方, 五円確かに出来る, 五円竹川から届けさせた, 五円級以上のワイシャツ, 五円結構ですワ, 五円腹掛に捻込ん, 五円自分が出し, 五円至急に調達, 五円芝区今入町でございますよ, 五円規則の通り, 五円許りは, 五円貨して, 五円足らず此処は安い, 五円違いだッ, 五円闇市場の中, 五円電車のパス月, 五円頂戴いたします, 五円食事は別, 五冊それもうんと, 五冊どまりで制限外, 五冊ものの, 五冊モウ三冊と次第に, 五冊以上読まれて, 五冊八冊といろ, 五冊六冊一晩にやツ, 五冊六冊七冊の三冊, 五冊分はあり, 五冊散乱して, 五冊新子は内訳, 五冊新聞の四つ折り, 五冊本で各, 五冊買ひ込む, 五冊足許へ転がり落ち, 五册位かいたもの, 五册十册とまとめ, 五册千五百頁のノート, 五を開い, 五凶雲低迷す極楽荘, 五出さして前, 五出戻りになつて, 五出生は四, 五函塩一俵が岸, 五分あとではかれ, 五分あまり立話をした, 五分うちの渡辺篤以下, 五分おき位に眼界, 五分がりにした, 五分ぐらゐしてくればよいのでそのうち, 五分ぐらゐのところへ押立て, 五分ぐらゐの皿形の頭, 五分ぐらゐの間であつ, 五分ぐらゐ大男の私, 五分ごろニース市は予期, 五分ごろ寺にいた, 五分づまりの帯透綾の羽織, 五分づゝ休むとしても, 五分どおり事のなった, 五分どころでは, 五分のあいだだった, 五分のあいだ老人はへとへと, 五分のようなれども, 五分のスキもない, 五分のツバメで帰京, 五分のハイカラの手前, 五分の一これは二十分の一位, 五分の一インチの銅板, 五分の一サレムで四七分の一, 五分の一トボルスク県では十分の一, 五分の一二三分の一と増加, 五分の一五〇分の一及び五五分の一, 五分の一五〇分の一六〇分の一六六分の一またははなはだしき, 五分の一位の分量, 五分の一位いしか配慮, 五分の一倍弱である, 五分の一同年死亡率は四九分の一, 五分の一強呉の三分の一, 五分の一死亡率三〇・〇九分の一結婚率一三二・〇七八分の一を示し, 五分の一消失して, 五分の七百五十万でよろしい, 五分の上り汽車が来る, 五分の中に大地, 五分の予定だったその, 五分の二領と見れ, 五分の人々の嬉しい, 五分の人間ではない, 五分の代りに一割何分, 五分の伊東行の普通列車, 五分の休みに冷たい, 五分の休憩が一時間近く, 五分の体勢まで押し返した, 五分の余裕を持っ, 五分の入り今日これではしょ, 五分の出勤も省略, 五分の利のつく, 五分の利益配当をやった, 五分の到着がいつ, 五分の割増しは認め, 五分の力あること, 五分の力漕まで漕ぎつけ, 五分の勘定でよう, 五分の半々位のもの, 五分の取引を考え, 五分の周旋料はせしめず, 五分の命を提げ, 五分の四以上を引き出し, 五分の四対一である, 五分の四頁ぐらいは色々, 五分の地域に相当, 五分の地質学者は当惑, 五分の増進を示しました, 五分の壽命だぜ, 五分の大刀を打ち振う, 五分の大男であるし, 五分の天下一の大, 五分の子供と三分の女, 五分の差でね, 五分の市況をきけない, 五分の幕あひ, 五分の後ブナ坂を下り, 五分の後ホテルの二階, 五分の後命令された通り, 五分の後彼が病室, 五分の後我々三人は応接室, 五分の後我々両人は冷たい, 五分の後数人のボーイ, 五分の後筍のよう, 五分の後自動車は大塔宮護良親王, 五分の後車はまた, 五分の後電車が動き出す, 五分の急行に乗れ, 五分の意地が承知, 五分の愛刀で対し, 五分の授業時間はたっ, 五分の映画芸術論もやらなく, 五分の時が立ちました, 五分の檜の角材, 五分の油断も隙, 五分の注意を払, 五分の海上を彷徨, 五分の無疵の珊瑚, 五分の熱海発で帰京, 五分の熱黒襟の女, 五分の特急つばめに乗る, 五分の理屈はこっち, 五分の由です, 五分の疑いに五分の, 五分の登記手数料と官報, 五分の白米が二百匁近く, 五分の直角を逆, 五分の相違しかない, 五分の私とをのせた, 五分の立話しを, 五分の立話中大杉から遠く, 五分の算盤玉を弾き込ん, 五分の米利堅粉五分の半々位のもの, 五分の糸のよう, 五分の約束で僕, 五分の終列車が着いた, 五分の終電車に乗, 五分の経費はどうしても, 五分の網代行に間に合った, 五分の自動車でガマ郡, 五分の芽立ちで桜, 五分の質問になった, 五分の辛抱だす, 五分の近くへ光芒, 五分の透もない, 五分の通話で一千フラン也, 五分の違いで有罪, 五分の配当なんかにあずかった, 五分の金で米, 五分の閑さえあれ, 五分の閑さへあれ, 五分の間其寢息を覗つて, 五分の電車で女房, 五分の高利を払っ, 五分の高熱です, 五分の魂偽作のじょうず, 五分の鳥の子の富札, 五分ほか動いて, 五分カ十分デ直, 五分ギヨティーヌの大きな, 五分ジンの煤けた吊り, 五分ダテ位になっ, 五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 五分ナレイ沢の右岸, 五分ノ四ハ海外ニ向テ供給, 五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 五分ピカデリー街に於, 五分マデ待つ, 五分ムダ話ののち自転車, 五分モ経ツト又尿, 五分一といへるに, 五分一の関発平泉へ出発, 五分一斉黙祷私も焼香合掌, 五分一緒にお茶, 五分一郎の姿, 五分七分とヒカリモノ, 五分七厘くらいである, 五分七度五分と二三度, 五分丈約束するから, 五分三〇秒が使用, 五分三ノ宮発の一・二等特急, 五分三十分打っても, 五分三十匁ほどが最大, 五分三窓の頭, 五分三角点の下, 五分上は四割, 五分上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, 五分下関着東宝支社の連中出迎, 五分中に花, 五分二十秒以上かかったと, 五分二寸四方位の四角い, 五分二時には家, 五分五分のがある, 五分五分のようなれども, 五分五十六分五十七分の附近では湿度, 五分五厘の複利計算, 五分五厘ぢやどう, 五分五厘ダテ位にした, 五分京宝の小田, 五分人間も一生懸命, 五分今から紀念塔, 五分今夜は家, 五分今度は首尾, 五分以上経過すれば, 五分以示勇猛状時或酔後夜行, 五分休憩の筈, 五分位づゝ増してるから, 五分位づゝ水は高, 五分位のはば, 五分位丈は八尺位, 五分位熱を出し, 五分位腹も背, 五分体重はただ, 五分体重十二貫と少し, 五分余りもじっと, 五分作か六分作, 五分來られるなら其の, 五分倫光の短刀, 五分六割の形勢, 五分六厘と数字, 五分六右衛門さんとあたし, 五分内親王殿下御誕生, 五分出棺した, 五分出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 五分切の葱, 五分刈三分刈一分刈さえある, 五分刈中折帽紋付羽織袴靴凜とした, 五分刈頭鉄縁の強度, 五分刈頭顔の色赤, 五分別山乗越六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 五分利つき無記名手形, 五分前ごろおりて, 五分前ごろ待合にかけます, 五分前並木道だよ, 五分前外へで, 五分前女房見物でホテ・グリ, 五分前彼はいきなり, 五分前後一日二回ずつ発熱, 五分前時計の針, 五分前秀陳がさっき, 五分前面に展開, 五分十二秒二着は髯将軍, 五分十五分以内に急, 五分十五貫といえ, 五分十分の演説が續, 五分十分七分と時計, 五分十分二人は戻っ, 五分十分以内に消し止める, 五分十分十五分沈々として微動, 五分十分新子の来る, 五分南に向っ, 五分南京発上海行の急行, 五分厚さ三寸, 五分厚ミ一方ハ四分五厘, 五分右岸に頗る, 五分品川行きの列車, 五分喋つて行く人, 五分四寸となる, 五分四方くらゐの, 五分四角ぐらいの大き, 五分増しを通例, 五分大志五分であったの, 五分天引き詰り競馬場, 五分太刀どころかな, 五分女房来り徳山, 五分妻は手術室, 五分宇野浩二より来信, 五分定時発車だ, 五分宛いろ, 五分宛三区に分つ, 五分宛手当が出た, 五分対坐して, 五分小の方, 五分尾根の一角, 五分峠の頂上, 五分幅六分ぐらいの小さな, 五分広島市中央部の上空, 五分広島発の列車, 五分強だ少から, 五分後微かな足音, 五分愛宕山上より黒煙噴出, 五分戦前に比べれ, 五分擱筆とある, 五分支配人が奥, 五分新橋発神戸行の直通, 五分方の暴落, 五分日本橋の都銀行襲撃, 五分時間があります, 五分時間位の間, 五分書終る, 五分最短距離十円の切符, 五分月代優がたの浪人, 五分月代毛を生した, 五分月代程度に生え, 五分月代鐘なんか叩い, 五分月題の子, 五分有明駅着少し休む, 五分木村八段の先手, 五分本因坊紙をうけとり, 五分杉田医師帰宅面会謝絶の指示, 五分東京では五日午前零時五十一分, 五分東京駅発下関行急行は欧亜連絡, 五分東京駅着文ビルへ急ぐ, 五分東京駅着高槻の迎, 五分東北東に向っ, 五分東西にわかる, 五分板をつけた, 五分板二枚一・七〇也買って, 五分板鉛の軽い, 五分林道を栃本, 五分柄をいれる, 五分棉打てぬ, 五分横四寸七分深さ一寸三分の箱, 五分歌の話, 五分母上を新宿駅, 五分汽車は丁, 五分沈々として微動, 五分沓掛発の列車, 五分満場悉く感動, 五分漫談し新, 五分無事に閉演, 五分父と立つ, 五分物干竿, 五分玉店主はまがい物, 五分異常な興奮状態, 五分発上り列車でした, 五分発信局は大塚, 五分発新潟行へ乗る, 五分発東北本線上野行に乗りこん, 五分発横浜行きの列車, 五分発生せる事変, 五分発車中雑詠選に没頭, 五分白兀頂上二千三百八十七米の三角点, 五分皇国万歳を寿い, 五分皇海山の西峰, 五分目に汽車, 五分目毎の鐘, 五分相州伝片切刃大切先, 五分着の, 五分礼拝堂を他, 五分神戸行急行というの, 五分神田八段の持時間, 五分私たちはまた, 五分程度という急速, 五分程間がある, 五分立ちん坊いたしましたそして, 五分笹谷の絶頂, 五分級の違う, 五分聞演説をさせられた, 五分脱出墓参の記, 五分自然排尿あり, 五分船長事務長及び数百, 五分芯ランプが下ってる, 五分芯三分芯などがあった, 五分苅ボーイです背, 五分製作に付き, 五分西をさして, 五分見当の白金, 五分計でした, 五分許ニシテ其本ニ倒卵形乃至匙形, 五分許楷法厳正なり, 五分調合して, 五分豚が三割位脂肪分, 五分貴女と交際, 五分赤水部落の直, 五分赤牛岳へ登る, 五分越中沢を徒渉, 五分轟聲一時止む夜, 五分辛棒して, 五分農村の五割, 五分通りも布い, 五分遅れの十一時五十分, 五分遅刻して, 五分過ぎ下りの汽車, 五分過ぎ二人は私, 五分過ぎ位である, 五分過ぎ十分過ぎもうかれこれ十五分, 五分遲れる, 五分金沢駅のプラットフォーム, 五分釜谷山腹の露営地出発, 五分鈴が鳴る, 五分長のこと, 五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 五分開始同五十五分終了, 五分間おきに余, 五分間ぐらゐは止まらなかつた, 五分間ぐらゐ我慢して, 五分間つづらの底, 五分間のちのこと, 五分間グライ続イテ, 五分間グライソノ上ニ寝グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, 五分間ストーブなら二十分間位, 五分間一同首を垂れ, 五分間三方の電車, 五分間以内にとりかかるなら, 五分間休憩して, 五分間位呪文がつづき, 五分間位蒸焼にする, 五分間体操をやった, 五分間余りもお, 五分間俟って五分, 五分間内に手筈, 五分間写真を映し, 五分間冷水の中, 五分間喜劇は僕, 五分間安樂椅子に倚, 五分間室内を歩行, 五分間廻転するが, 五分間後に確実, 五分間後ここに集まれ, 五分間後彼はロザリ倶楽部, 五分間時刻と面会時間, 五分間火を弱く, 五分間熱湯の中, 五分間猶予して, 五分間的な力走, 五分間目をつぶっ, 五分間継続するに, 五分間運動し五分間安樂椅子, 五分間限りだよ, 五分附添中の老, 五分雪渓に達す, 五分霧の晴れる, 五分頃そこを出, 五分頃ホテルを去り, 五分頃公一とその, 五分頃定例によって出かけた, 五分頃工場を出まし, 五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 五分順慶長光の太刀, 五分養父駅を離れ, 五分駅着の電車, 五分高となり, 五分麹町区第二哨三宅坂, 五に切りわけ, 五切れそれに明日, 五切れのやきざ, 五切れ六切れ食べても, 五切れ六切れ榾火に焼い, 五切紙之上口伝, 五刑十惡と云, 五列内部の切りくずし, 五列恐怖症にかかった, 五列目で君, 五列等の隊伍, 五列縦隊で行進, 五列車は黒く, 五メテ眉を, 五初夏くろが, 五刻ごろトントンと表, 五刻六老を經, 五刻前に外桜田, 五刻半ごろ大川の闇, 五前後の青年男子, 五剛胆な生れ, 五を植, 五剣山の上, 五割一分南京豆も五割, 五割七分だけが十余万, 五割七割という配当, 五割三分余の大数, 五割九分の脂肪分白胡麻は五割一分, 五割以内で読書, 五割個人経営では六七割, 五割六分なり, 五割六割の小作料, 五割増最低三分の二を下らぬ, 五割増程度に止め, 五割大豆は二割以内, 五割安だからね, 五割引が盛, 五割方増加する, 五割方騰貴して, 五割減の要求, 五割誓文払には二割, 五割近くのもの, 五割近く高騰したもの, 五割酒銭は天下, 五劇団は上演創作劇四三, 五劒山が微か, 五の帆, 五力士のそれぞれ, 五加十恍惚となる, 五加持祈祷のこと, 五助さん考えて, 五助ちゃん悲観しちゃ, 五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 五助長季小林理右衛門行秀林与左衛門正定, 五劫十劫の, 五もまた, 五勝れたる容姿と, 五募集題鶯春風とはわるし, 五勺くらゐ呑んだやう, 五勺クリーム五勺と西洋松露, 五勺セリー酒五勺赤葡萄酒一合を加え, 五勺ゼラチンを七枚, 五勺京都の小売相場, 五勺以上飲むな, 五勺入りと三合入り, 五勺水五勺とを入れ, 五勺水五合とともに塩胡椒, 五勺白湯五勺葱二本を細長く, 五勺葱二本を細長く, 五勺西の方, 五勺買へば十分二合, 五勺赤葡萄酒一合を加え, 五勺足らず飲んだ, 五勺配給のわれわれ, 五勺飮むこの代, 五匁フイにし, 五匁一匁五分三分二分までがあっ, 五匁七分づゝだ粒は小, 五匁三銭の安物, 五匁三錢の安物, 五匁位より知らん, 五匁余で拙, 五匁午後四時がココア百五十瓦, 五匁土間二十五匁が普通, 五匁弾だもの, 五匁料理の仕出し, 五匁昼食がよく, 五匁玉一つと一升ブラ, 五匁玉半分煙にし, 五匁目玉の鉄砲, 五包みとり出しつ, 五匹そこに寄り集まっ, 五匹のちひさないそ, 五匹チビから生れました, 五匹一夜に紛失, 五匹以外の不足, 五匹住すと, 五匹六匹二列だ, 五匹十匹と飛ん, 五匹宛入れた奴, 五匹宛嚥んでいる, 五匹山からとっ, 五匹産れたピー, 五匹這ひあがつて, 五匹雄犬が一匹, 五匹雪見燈籠の笠, 五区六郡に区劃, 五区甲の一, 五に分かれ, 五十あたりを指し, 五十あまり万事に老練, 五十あまり眉と眉, 五十あまり色赤黒く頬, 五十あまり鬢髪はそそげ, 五十いく歳とやら承りました, 五十かっこう今がいちばん分別盛り, 五十か所作るという, 五十がらまりの紳士, 五十がらみ小肥りに太った, 五十がらみ月代も手足, 五十がらみ茶筅髪の学者型, 五十ぐらゐにて痩せたり, 五十ぐらゐになれば國務大臣にでも成れる, 五十ぐらゐの痩せて, 五十ぐらゐの主人であつ, 五十ぐらゐの婆さんの三人暮し, 五十ぐらゐの年ぱいのどことなく威げん, 五十ぐらゐの年配になつて, 五十ぐらゐまでの男女俳優を必要, 五十ぐらゐ鼻ヒゲなど生やし, 五十ご覧のごとく, 五十さいになっ, 五十ぢかい人おなじく三十何年型, 五十なかばか物静か, 五十なり百なり飼い, 五十のといふの, 五十ぴき近くになった, 五十ぺんも聞い, 五十ほか合せて, 五十みんな売っても, 五十めーとるから, 五十エクー出せば, 五十エスクウドにかぞえ, 五十エスクウド分或いは黒, 五十オヤジのホテイ腹, 五十カイリくらいと思われる, 五十カペーカ銀貨ばかりその, 五十カラット近い白色, 五十カロリー焼パン, 五十カ寺これに住, 五十ガルヴァルはと問う, 五十ガロン入の樽, 五十ガロン入り故空, 五十キロバクダンをこの, 五十キロフィンランド灣に臨む, 五十キロ五ヶというの, 五十キロ以上一トンまでの爆弾, 五十キロ位を標準, 五十キロ余りもはなれ, 五十キロ焼夷弾その他あつちで, 五十ギオンを, 五十ギニイの高価本, 五十ギニーの寄附金, 五十クローネの紙幣, 五十クヲタアはもし, 五十グラムグラムだという, 五十ケ月以内に郷里, 五十コペイカ玉をつかませた, 五十サンチの巨砲, 五十サンチーム二本二フラン三本三フラン五十サンチーム好機を利用, 五十サンチーム好機を利用, 五十サンティム奮発して, 五十シリングに下落, 五十シルリングの賠償金, 五十センチ以上もある, 五十センチ位の道, 五十センチ四ほうほどの不規則, 五十ターレルと二, 五十ターレルお金があります, 五十ドル以上を集めた, 五十ドル余りになる, 五十パアセントの危険, 五十パーセントづゝの割合, 五十パーセント強の入り, 五十フィート以下であるが, 五十フィート壁は巨大, 五十フランそれから千五百フラン, 五十フラン洗たくが五十フラン, 五十フロリン貸して, 五十プロを一本, 五十ペンスずつ集め, 五十ボルト位の電気, 五十ポンド以上太って, 五十ポンド十一ペンスてふ, 五十ポンド樽より半ポンド詰, 五十マイルさきの甲山, 五十マイル以上も上昇, 五十マイル余夜暗くし, 五十マイル向うの富士山, 五十マイル地面より平均七百五十フィート, 五十マイル近くあって, 五十マルクでへい, 五十ミリ程度という, 五十メートルほかなかった, 五十メートル三十メートルやがて十メートル, 五十メートル上に巨大, 五十メートル下の地面, 五十メートル位はある, 五十メートル先がもう, 五十メートル四方もある, 五十ヤード以内に近, 五十ルーブリ位もらってるもの, 五十ワットだ, 五十ヱルストを隔て, 五十ヵ所の守護, 五十ヶ国の群団, 五十ヶ年賦で返す, 五十ヶ所は負う, 五十一パーセント全郡, 五十一パーセント女が占め, 五十一メートルの深, 五十一ヵ所の守り, 五十一万人の婦人労働者, 五十一万四千を有し, 五十一二度の地点, 五十一二歳頃彼の六条, 五十一人委員を加え, 五十一人海より詣する, 五十一代肉身の相続, 五十一分ごろもう店, 五十一分ごろ明治昼夜銀行目黒支店に突如, 五十一名これに群馬県会議員荒川高三郎, 五十一回するを, 五十一女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 五十一姉は三十歳, 五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 五十一度という例, 五十一度五分の所まで錨, 五十一度西経七十四度三十分のところ, 五十一文字になる, 五十一日間に起つた, 五十一時間である, 五十一曲の歌劇, 五十一条イタリア国憲法第八十八条, 五十一歳ぐらゐで此の世を去つた, 五十一歳五百は四十歳, 五十一歳妻益四十五榛軒二十四常三郎二十三柏軒十八長十四, 五十一歳抽斎自己は十歳, 五十一歳男は五十六歳, 五十一歳病気で歿, 五十一歳金兵衛は五十三歳, 五十一段の水車, 五十一母三十六の時, 五十一為明は四十四, 五十一番目の密室, 五十一石を意味, 五十一箇の雪華, 五十一米の峰, 五十一英気堂々猶屈する, 五十一輌なりと云, 五十一銭を要せし, 五十一銭也で夕食, 五十一頁に亙る, 五十一首を抜き, 五十一首之等がその, 五十丁先の的, 五十七いそなの, 五十七フランのおかげ, 五十七ルーブリ貰って, 五十七ヶ国のスパイ, 五十七万ドルの外船, 五十七万一千四百六十一人に比する, 五十七万六千百二十八人は文字, 五十七万石の城郭, 五十七万石細川侯の行列, 五十七五十八と一時, 五十七八六十近い老人, 五十七八六十位に見える, 五十七八小作りの胡麻鹽髷, 五十七八年間に八割強, 五十七八銭にする, 五十七分の附近では湿度, 五十七分総ての荷物, 五十七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, 五十七十古来稀れなり, 五十七十百まで生き, 五十七千穂子が三十三, 五十七号を二千部, 五十七名瘤でら裏, 五十七宿あって, 五十七尺戸村牛岳が七千六十五尺, 五十七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 五十七年間一度もこの, 五十七度ほど, 五十七度半の所, 五十七戸が引きうつっ, 五十七才になる, 五十七日の間気力, 五十七曲の歌曲, 五十七条第一項, 五十七杯を食った, 五十七歳これくらい辻褄, 五十七歳ごろから六十歳ごろ, 五十七歳子は十六歳, 五十七歳蘭軒は二十八歳, 五十七歳通平の歳, 五十七番まで下がった, 五十七番地渠自ら思いついた辻町, 五十七番館に住む, 五十七疋取った, 五十七石を食む, 五十七章詩家二十九人伊太利亜に三人, 五十七章詩家二十九人伊太利亞に三人, 五十七等国へ下落, 五十七米五の笠ヶ岳, 五十七糎というよう, 五十七銭引いたもの六二・〇九銭, 五十万ギニイを得る, 五十万タンの輸入, 五十万ドル十二億六千万円で買っ, 五十万フランにも達し, 五十万ルーブルだと, 五十万中八十万は水上生活, 五十万二十万というよう, 五十万二百万選手ができる, 五十万人位となっ, 五十万人弱の中, 五十万以下の資本, 五十万位の資本, 五十万俵の数, 五十万個という大きな, 五十万倍である所, 五十万僕のが百十万, 五十万元事件は元, 五十万円ッて金, 五十万円一年の機密費, 五十万円十一年度以降は約, 五十万円寄附しなければ, 五十万円程度になっ, 五十万円箇人が大阪, 五十万円脚一揃なら七十万円, 五十万本の矢, 五十万法なん, 五十万留を予算, 五十万石七十万石の大名, 五十万石並にそれぞれふところ工合, 五十万里の近, 五十万騎を率い, 五十丈以上なりという, 五十三セントを, 五十三パーセントと報告, 五十三フィートで一つ, 五十三マイルの速度, 五十三ルピーばかりありました, 五十三ヵ村を鳩合, 五十三ヶ村の百姓共鐵砲槍, 五十三万三千九百でしょう, 五十三万平方マイルでアメリカ合衆国, 五十三万百八人について調べた, 五十三万里に比し, 五十三両これは旅人, 五十三五百が四十二, 五十三亭さみだる, 五十三亭一日に見尽す, 五十三人もの小さくない, 五十三人中の三十名, 五十三人気のおけない, 五十三人目の恋人, 五十三代のみかど仁明天皇, 五十三件さりとは, 五十三信の別口, 五十三個という南京虫腕時計, 五十三偈ありと, 五十三円二十円位で出来る, 五十三分天王寺西門の鳥居, 五十三分彼岸の中日, 五十三号室の信吉, 五十三哩半だ, 五十三回則ち閏年, 五十三子鉄三郎十四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 五十三家の内, 五十三巻零本巻子なり, 五十三年九月十二日ところはクロワッセ, 五十三年前咸享二年三十七歳でインド, 五十三年間繼續した, 五十三度四分以南に流氷圏, 五十三度四分線以北くらいへかけ, 五十三弟は五十一, 五十三才の歳, 五十三日続いた, 五十三日前の暴風雨, 五十三日小笠原少斎, 五十三条に基き始め, 五十三枚七時に完成, 五十三枚書き終はつた, 五十三棠軒良安十九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 五十三次名うての街道, 五十三次広重の海, 五十三次徒歩で饒舌, 五十三次掛川之宿, 五十三次木曾街道に縁, 五十三次東海道の宿, 五十三次根よくここ, 五十三次興行と同時, 五十三次道中双六ではここ, 五十三次風な景色, 五十三歳信政が二十一歳, 五十三歳旦那様に三ツ上, 五十三歳母は四十二歳, 五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 五十三点撤回を命ぜられた, 五十三町しか植, 五十三粍砲門は八吋速射砲二門, 五十三萬人の老人中, 五十三通未開封, 五十三連隊の中立, 五十三里を大名行列, 五十三銭浪費して, 五十三間を数えられる, 五十三間南北百七十間に定め, 五十三間幅二十九間にし, 五十三雨の竜神, 五十三駅詩にもなるべき, 五十両だれからともなく, 五十両のと使い果し, 五十両ひとりでせしめたら, 五十両ふところにありました, 五十両ふんぱつしようでねえか, 五十両一度におもらい申した, 五十両丈けの御, 五十両三十両の福運, 五十両也と書い, 五十両五十人で都合二千五百両, 五十両以上するシロモノ, 五十両余を用, 五十両先刻も申しました, 五十両剽盗に取られた, 五十両半アルカラ女郎ヲ買ッタト思ッテ金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 五十両四百両で話, 五十両慥かに受取り, 五十両懐中致して, 五十両手にし, 五十両拝借と書いた, 五十両持ッテ来テ是デ牧野様ガ, 五十両百両二百両三百両などいう, 五十両相渡すべきもの, 五十両褒美をくれる, 五十両貰い受け支度, 五十両金の無心, 五十九万九千九百九十九円九十九銭九厘の損害, 五十九万八百四十六部彼れが, 五十九万四千フランだったが, 五十九代宇多天皇の御宇, 五十九代宇多帝の時, 五十九余は其の, 五十九個のベッド, 五十九億圓に達し, 五十九円なり, 五十九円八十四銭となります, 五十九冊を製本, 五十九分の汽車で博多, 五十九分前六時です, 五十九分頃には三曲線, 五十九匁の鉛, 五十九号に報告, 五十九回の誕辰, 五十九回敵の損害, 五十九妻は五十, 五十九家のため, 五十九年七月二十三日巴里で死んだ, 五十九枚かいてね, 五十九條裁判所構成法第百五條, 五十九歳妻が五十一歳, 五十九歳寢床の上, 五十九歳書を得た, 五十九歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 五十九王合わせて, 五十九王并はせて, 五十九町南組十一町家数竈数で言, 五十九番のすばらしい, 五十九番地に移った, 五十九議会大に紛擾, 五十九郎丈へとか曾我廼家ちやうちん, 五十九門の火砲, 五十九間半とあれ, 五十九頭ラビツト十三頭であつ, 五十二そうの上, 五十二マイルなり, 五十二メートルさして高い, 五十二一個の少年, 五十二七年前にもう, 五十二万の高禄, 五十二万人近くが婦人, 五十二万八千ドルでロンドン, 五十二万六千五百字が完成, 五十二万四千余人三十代前の祖先, 五十二万石松平美濃守のお, 五十二三分別者で評判, 五十二三年も過ぎ, 五十二三身長は五尺七寸五六分, 五十二両でございますね, 五十二人うち女子八人のみ, 五十二人溺死して, 五十二人赤陣羽織を着た, 五十二仙の日本ビール, 五十二件を計上, 五十二倍もあります, 五十二円二十五銭で私, 五十二円五十銭です, 五十二円十四銭だ, 五十二分の汽車には間に合いませんでした, 五十二分三十一秒です, 五十二分新橋着の列車, 五十二号菅虎雄方に候間, 五十二圓也の罰金, 五十二坊の寺中, 五十二妻益四十六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 五十二子鉄三郎十三平三郎一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 五十二尺重さ, 五十二年十月に同, 五十二年續くと, 五十二度あるという, 五十二度六分女王シャーロット島を遠望, 五十二文であった, 五十二日日曜日がある, 五十二日目に船底, 五十二歳五百は四十一歳, 五十二歳堀尾吉晴の女婿, 五十二歳壬戌の年, 五十二歳女は二十七歳, 五十二歳職業は科学的小説家, 五十二歳血のにじむ, 五十二歳身分は幕府先手与力, 五十二町にし, 五十二番お二人さん御酒台, 五十二番地郷土研究社定価は僅か, 五十二百以上も打ちすえた, 五十二章蛇の事, 五十二篇という大部, 五十二米の峰, 五十二糎呉式電気魚雷はびりびり, 五十二級この日, 五十二艘の大船, 五十二茶山五十で蘭軒, 五十二萬二千四百十六石の大名, 五十二通とであと, 五十二銀行の石原頭取其他, 五十二銭がたの意気込み, 五十二銭のはありません, 五十二銭結球白菜は四十一銭, 五十二首の歌, 五十五キロ以下の空中, 五十五パーセントにおよん, 五十五フィートの大, 五十五ポンドを下付せり, 五十五ポンド九シリングに減じ, 五十五ヶ国となり, 五十五万トン輸入すること, 五十五万五千石の紀州, 五十五万以上の組合せ, 五十五万円二十市で総額一千二百六十七万円, 五十五両奉行所へだした, 五十五両得をし, 五十五両損をした, 五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 五十五人虐殺を筆頭, 五十五以上ならば, 五十五俵中等は二十五, 五十五個半の安政二分判, 五十五億円の巨額, 五十五億圓の財産, 五十五六すつかり禿げ上つた番頭, 五十五六主人の源兵衞, 五十五六左眼は失明, 五十五六年配で山羊髭, 五十五六木綿の紋付, 五十五六死顏はまことに, 五十五六江戸の大, 五十五六白銀のよう, 五十五六結城の襲衣, 五十五円敷六月と云う, 五十五分の列車で妾, 五十五分の汽車で広島, 五十五分の網代行に間に合った, 五十五分一の関発平泉へ出発, 五十五分五十六分五十七分の附近では湿度, 五十五分今度は首尾, 五十五分左から沢, 五十五分東京駅着高槻の迎, 五十五分発上り列車でした, 五十五分発横浜行きの列車, 五十五哩ほどあります, 五十五回目の誕生日, 五十五国を征したる, 五十五国衆夷六十六国の民衆, 五十五国西衆夷を服する, 五十五國西服衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 五十五坊と一市, 五十五夜照る月, 五十五大隊砲兵六大隊工兵一大隊騎兵及輜重兵若干それにこの, 五十五學問はある, 五十五巻を即ち, 五十五年ほかないその間, 五十五年以下にし, 五十五年以前のこと, 五十五年間勝負師として生き, 五十五年頃までに更に, 五十五度内外の温度, 五十五才にし, 五十五文軽尻三十六文, 五十五旒を失い, 五十五日だんまりでいなく, 五十五条によるの, 五十五條刑事訴訟法第三百十三條乃至第三百十五條參照, 五十五歳ゆえ早く養子, 五十五歳景樹は三十五歳, 五十五歳道心堅固の智識, 五十五歳金兵衛の方, 五十五歳長女千代十七歳養子祐二五歳の三人世帯, 五十五母の訪れ, 五十五石の検地, 五十五種ほど発見, 五十五章の一節, 五十五篇となし, 五十五米の僧ヶ岳, 五十五粁約十四里, 五十五聖徒の殉教者, 五十五行を刻, 五十五貫の初鰹, 五十五連隊に代わった, 五十五郡と五つ, 五十五里あまりだ, 五十五銭そこへ小売店, 五十五銭七番目のお菓子, 五十五銭四番目の牛, 五十五間後漢建武銅尺, 五十五間南北百六間という広, 五十五階の摩天ビル, 五十五隻をひきい, 五十人あまり参会者もまた, 五十人あまり法会の模様, 五十人これに住, 五十人それは大方, 五十人それぞれが五組, 五十人づつ両方へ立ち分れ, 五十人一家族を平均三人, 五十人一様に新しい, 五十人七十人八十人と集つて, 五十人並優れたるも, 五十人中四十九人までがこの, 五十人以上百人以上のところ, 五十人以上隊を組む, 五十人位集つて来て, 五十人余で伏見, 五十人余りいずれも華美, 五十人余り珠数繋ぎにされ, 五十人余高須勢百人とある, 五十人八十人百何人ひとかたまりの若い衆, 五十人六十人という人, 五十人刀の錆, 五十人分二百円は例外, 五十人前の弁当, 五十人前以上の食事, 五十人前後であつ, 五十人力ある, 五十人同心二百四十人が所属, 五十人呂宋兵衛のお流れ, 五十人工場倉庫関係約五百五十人, 五十人市兵衞の一行, 五十人弓足軽三十人槍足軽三百人鉄砲足軽七十人残りが小者, 五十人徒歩の者六百餘人, 五十人徒歩五十人弓足軽三十人槍足軽三百人鉄砲足軽七十人残りが小者, 五十人心一つに漕座占む, 五十人持ぐらいの一部将, 五十人斗ハつれて, 五十人未婚者は四百九十二人, 五十人来テモ一パイズツニテモ是非クワセルヨウニシテ帰シタカラ町人ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 五十人検挙された争議団, 五十人橋を通行, 五十人歩兵七百余旌旗から輜重駄馬, 五十人毎晩酒が出, 五十人水野勝成が後詰, 五十人法老試補十四人, 五十人溺死西寺東寺の麓, 五十人点取虫十人オポチュニスト五人暴力派五人と僕, 五十人男女相半ばす, 五十人百人力の力量, 五十人組も老臣, 五十人聖書を読む, 五十人肩に祠, 五十人雑役三十人合わせて, 五十人頭でしかない, 五十人鮨詰に立っ, 五十仙づつにしときます, 五十仙也の赤ネクタイ, 五十代七人四十三十の壮年者, 五十代以上の人たち, 五十代四度目の, 五十代桓武天皇は山城国葛野郡宇太野, 五十以て易, 五十以テ易ヲ学ババ大過ナカルベシ, 五十以上其夫の繁仍, 五十以上英語の名称, 五十以下で死する, 五十以前概して癆, 五十位色の浅黒い, 五十体駒井甚三郎はその, 五十何ポンドぐらいの大, 五十何ポンド位の大, 五十何人と上等, 五十何円もお, 五十何分東京へ向, 五十何台もずら, 五十何名とやらにのぼっ, 五十何室阿片でギッシリ, 五十何年ぶりなん, 五十何年間の教育, 五十何枚目かにたずぬる, 五十何段つめて, 五十余ヶ所の守護, 五十余万方英里の面積, 五十余万益州南部へ発向, 五十余体の死者, 五十余句作つた駄作ばかりだ, 五十余名二日夜各自提灯を携え赴きたる, 五十余名足軽小者は二百人, 五十余基も正, 五十余巻を箱入, 五十余帖を当世風, 五十余年一定不変と名, 五十余年切支丹屋敷に生き延び, 五十余年前に十二三歳, 五十余年老死した後, 五十余年間にあの, 五十余年間三備地方を巡遊, 五十余戦未だ鬨の声, 五十余戸の村民これ, 五十余日曹操も容易, 五十余時間で空腹, 五十余木を費し, 五十余歳烏帽子筒袖小袴にて鑿, 五十余歳私立中学校の英語, 五十余歳裲襠すがた, 五十余歳鍬を持ち, 五十余石玄米百十六石一斗とあっ, 五十余端の葛布, 五十余篇のソネット, 五十余計の男, 五十余里ここの天嶮, 五十余里先鋒は三段, 五十余間をのこし, 五十余頁にわたる類別商店会案内, 五十余首あり, 五十余齢の光秀, 五十俵そこそこの御家人, 五十俵三十人扶持小島春庵で和泉橋通, 五十俵三十俵の御家人, 五十俵市令内田雄之介, 五十俵正味百俵ばかりの米, 五十俵百俵はたちまち, 五十俵進呈すると, 五十個所を見いだした, 五十個月の間, 五十個発見しましたので, 五十倍百倍の悪事, 五十倍近くの光, 五十億フランクの償金, 五十億劫の生死, 五十億里に達すべく, 五十元の卵, 五十元以上で売れ, 五十先の肥つた丈, 五十入の箱, 五十兩くらゐに, 五十兩それだけで, 五十兩三十兩と借り出し, 五十兩三年間の利, 五十兩下では落札, 五十兩二十兩の富籤, 五十兩剽盜に取られた, 五十兩居候の鞍掛藏人, 五十兩拾つたやつがある, 五十兩持つて來たが, 五十兩此處で百兩, 五十兩百兩位取られたさうです, 五十兩紙包は少し, 五十兩胡麻化す方, 五十兩見付けそれを隱, 五十兩隱して, 五十八スー残って, 五十八ドルになる, 五十八マイルを過, 五十八ルーブリだ, 五十八ヵ所にものぼる, 五十八万五千も積み上げなけれ, 五十八万四千五百フランだった, 五十八万方マイルの大, 五十八五つは高村光雲先生, 五十八億に, 五十八円で売買, 五十八分テ事ァ後で, 五十八十と数, 五十八回目の誕生, 五十八回通つた揚句一年のびたとか, 五十八尺ただに北海道, 五十八尺北鎮岳は七千四百十尺, 五十八平方キロのうち, 五十八年來嘗めつくしたり, 五十八年安政六年に送った, 五十八年間に積み来った, 五十八年間手塩にかけて, 五十八度に当たる, 五十八戦車兵団全滅す, 五十八条乃至第, 五十八機を撃墜せり, 五十八正説元文生, 五十八歳保が十七歳, 五十八歳細君に子供, 五十八歳蘭軒が三十歳, 五十八歳隨分鳴らした大, 五十八歳頃にその後, 五十八派の建前, 五十八点はことごとく, 五十八町の登路, 五十八町三反歩といふの, 五十八町余里見氏より以来, 五十八石三斗の力, 五十八秒いくらかぐらいで, 五十八米の地点, 五十八米三の武尊山, 五十八糎ほどになつて, 五十八羽撃ち落した事, 五十八貫と何百匁, 五十八銭になった, 五十八銭葱が五十二銭, 五十八間乃至二十一間, 五十八隊ありと, 五十八首のことごとく, 五十八首目にあり, 五十八香木を取りよせ, 五十六インチ高きもの, 五十六カロリーバターが八匁, 五十六フランは特別大切, 五十六マイルの内訳, 五十六ヶ条の罪案, 五十六七すつかり月代, 五十六七実体らしい老, 五十六七實體らしい老, 五十六七日で行ける, 五十六七歳で二十歳, 五十六七金を塵埃, 五十六万円の借金, 五十六三十五ミリなどまたは, 五十六人共皆目分らない, 五十六人口三百と算, 五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 五十六代の天皇清和, 五十六個放りこんで, 五十六倍の高熱, 五十六億二千万ルーブリ稼いだ, 五十六分の汽車に乗れない, 五十六分五十七分の附近では湿度, 五十六分唐津発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 五十六十がらみの高弟, 五十六十七十八十九計九巻, 五十六十九日こんなにたまりました, 五十六十手なら六十, 五十六呎の高, 五十六妻が五十, 五十六年分平均した標準値, 五十六年東海岸のキリマネ, 五十六度に至る, 五十六度曇天温に過, 五十六搏つて俺の脈, 五十六文女は三朱, 五十六日といそがしい, 五十六日当山説教と貼紙, 五十六日目じゃない, 五十六束という記録, 五十六枚ずつか, 五十六歳きぬ五十九歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 五十六歳御陵は菅原, 五十六歳松島半之丞年四十松倉家中医