青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「互~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~
互~
互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ 五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸

「互~」 1913, 21ppm, 5572位

▼ 互~ (873, 45.6%)

33 間に 32 顔を 14 心を 12 ために, 胸に 10 間の 8 胸の, 顔が 7 愛を, 顔の 6 心の, 生活に, 眼の, 眼を 5 上に, 心に, 生活の, 顏も 4 うちに, 体を, 心が, 心は, 手を, 身体を, 間が, 間を, 顏の

3 [13件] 動悸を, 命を, 姿を, 家が, 将来の, 意見が, 気持が, 腕を, 苦しみを, 間で, 間には, 頭に, 顔も

2 [47件] ことだ, その心持, たしなみわれわれ, なかで, ように, 一致を, 不幸だ, 世は, 事だ, 健康を, 傍を, 呼吸を, 噂を, 小さな生命, 心から, 心と, 心持も, 性的関係は, 恥だ, 情を, 昔を, 気分を, 気持を, 為に, 為めに, 無事を, 理解の, 生活を, 癖に, 眼に, 肩に, 胸を, 苦悩から, 言葉を, 誠意の, 距離を, 身の, 身を, 身體を, 関係に, 関係の, 面を, 革鞭の, 頬が, 顏が, 顏を, 顔は

1 [517件 抜粋] あひだ, いきさつを, いざこざ殊に, いのちが, いのちを, うちへ, おもいを, おもわく, おる社会, かかわり合いかたの, かすかなふるえ, からだに, きずなによって, ぎごちな, けじめも, ことで, ことでしょう, ことは, ことを, このかっこう, そのスウィッチ, ためだ, ためであろう, ためです, ための, ため殊に, ちがった世界, つく息, つよさ, なすり合い以上の, はげまし互, ひとには, まことの, まじりっけの, むしゃくしゃをぶつけあいながら争っ, むす子, ものの, やうに, やさしさ, よいところ, ような, ようにね, わかりあい, クリスマスプレゼントマガイに, コップに, パンフレットを, 一身の, 不安, 不幸は, 不幸や, 不祥さ, 不面目よ, 世の中だ, 世界が, 世界は, 中だけ, 中に, 中心を, 事情が, 事情で, 事業を, 云い合った言葉, 五年の, 交はりとして, 交通とか, 交際は, 交際範囲でばかり, 人生的な, 人相が, 人間らしい成長, 人間同士の, 人間性の, 人間的発露を, 今まで, 仕事の, 仕事を, 仕合と, 仕合は, 仕合わせという, 仕合わせね, 任務だ, 会話振, 位置とか, 位置の, 位置を, 低さ, 住所も, 住所を, 体が, 体温で, 体温を, 体臭を, 何かを, 何という, 作品を, 便宜ぢや, 信頼とに, 修業を, 健闘を, 党生活を, 公徳心に, 共感を, 内に, 写真を, 凝視が, 出来栄えを, 刀尖, 切りくち, 切り込み模様, 利害の, 利益の, 創造力を, 功名を, 努力によって, 勝負は, 協働によって, 協力によって, 協力を, 協和音を, 単純性を, 友人たちを, 友情が, 友情にも, 友情の, 友情を, 友愛に, 口に, 口へ, 口を, 口合いから, 同情から, 名は, 名前さえ, 名前も, 名前を, 名状し, 吐く呼息, 呼吸が, 呼吸と, 呼吸や, 命では, 唇から, 唇が, 唇の, 唇のうへに, 唇を, 問いである, 喉笛を, 嗜好を, 因果である, 国の, 国語が, 国語に, 境遇が, 境遇に, 声と, 声は, 声を, 声音の, 外には, 好きさが, 好運を, 姓名を, 姿において, 姿は, 子供の, 子供教育の, 存在に, 存在を, 孤立した, 学問と, 学校へ, 官憲の, 室の, 家で, 家庭の, 家庭を, 家庭教育の, 対比と, 將來の, 少時間, 尻の, 居宅を, 工夫を, 希望の, 平和を, 年配なら, 幸福については, 幸福に対して, 幸福を, 幹が, 底にまで, 弱点を, 強い信頼, 強情さで, 役に立たないの, 往き来には, 後に, 後頭部が, 御親密, 微妙な, 微笑が, 微笑を, 心には, 心も, 心底の, 心持から, 心持が, 心持について, 心持の, 心持は, 心持を, 心栄えに, 必要性を, 忍耐も, 忘我の, 思いが, 思い出の, 思惑を, 思想の, 性の, 性格を, 恐怖から, 恥ずかしいところ, 恥辱である, 息子や, 悩みを, 情緒を, 惡口を, 想い出の, 意地ずくで, 意地ッ張りから, 意志によって, 意気や, 意識しない, 意識に, 愛する面, 愛と, 愛に, 愛によって, 愛の, 愛への, 愛や, 愛人同士を, 愛情と, 愛情を, 愛着は, 感情が, 感情に, 感情の, 感情は, 感情生活も, 態度に, 憐れみの, 懐中を, 懷錢を, 成長の, 我ままを, 所在を, 手先が, 手許を, 打撃が, 批判者を, 拒もうとも, 指を, 挨拶が, 挨拶の, 探し求めて, 接触の, 接触は, 損だ, 損に, 支く, 政治的な, 教育効果を, 敬念によってのみ, 敬意と, 日常の, 日常生活に, 日本語を, 時間が, 智慧の, 暮しぶりを, 書く作品, 条件が, 条件次第で, 根本的な, 楽器から, 槍を, 権威を, 機嫌に, 欠点を, 歓情を, 正しいと, 正しい関係, 武器です, 武運と, 歴史性の, 毛の, 民族観念を, 気が, 気づかない点, 気に入り工合, 気力の, 気合が, 気合小次郎は, 気持の, 気持も, 気質が, 汗の, 決断を, 流れ合うもの, 消息が, 温かい血, 温味を, 温度に, 灯かげを, 為だ, 為です, 為めです, 為暫く, 無事な, 無情が, 熱情熱愛に, 爲にも, 父親同士が, 牽制が, 状態を, 独創性を, 独自性を, 献物を, 理解で, 理解と, 理解に, 理解に対して, 理解は, 理解を, 環に, 生き生きした, 生家が, 生活から, 生活が, 生活こそは, 生活にだけ, 生活は, 生活態度として, 生活程度では, 申し分も, 画題を, 畫題を, 異郷の, 白い歯, 目の, 目を, 目的が, 相異, 真実です, 真実な, 眼が, 眼と, 眼にも, 眼前を, 眼差しで, 瞳を, 知らない部分, 石が, 研究会であった, 研鑽の, 社交とかの, 社交の, 社会的な, 秘密を, 秘語を, 移りゆく速力, 程は, 程度の, 突っかい棒, 立ち場認めん, 立って, 競争心理が, 競争者である, 笑いに, 符牒と, 精神的結合を, 精神的肉体的欠点を, 素性の, 素振, 素質に, 紹介は, 終りを, 経験から, 結ばれの, 結びつきは, 結び合いとがなかったら, 縁続きを, 考は, 者が, 耳から, 肉体の, 肉体を, 肉体的な, 肉慾の, 肌と, 肌を, 肩を, 肱を, 背中で, 胸から, 胸は, 胸部を, 腹であった, 腹に, 腹の, 自由です, 臭を, 色どりや, 苦しみが, 荷厄介に, 融和同情を, 行動について, 視線の, 視線を, 親が, 親和力の, 親族は, 触れ合いで, 言い白ら, 言ひたい事が, 言葉で, 言葉遣ひ, 討論決議で, 記憶が, 記録です, 訳じゃ, 評価と, 評価という, 評価なり, 話し声も, 話声などは, 誓詞に, 誘惑では, 語りてと, 誠実を, 談も, 諧調を, 議論が, 貞操は, 負担感情的な, 責任を, 資質は, 足を, 足先が, 足音さえも, 跫音を, 身に, 身の上の, 身体の, 身躯が, 通信を, 連絡と, 連絡を, 遊戯的気分から, 運命に対する, 運命への, 運命を, 過去さえ, 過去に, 過去や, 遠慮が, 都合よき, 醜い精神的外貌, 錯倒を, 長所を, 間では, 間でも, 間は, 間も, 間三尺とは, 間次第に, 関と, 關と, 隅に, 階級間の, 隙の, 隙間に, 青ざめた情けない, 頬を, 額に, 顔さえ, 顔ばかり, 顔や, 顔付だけが, 顔色が, 顔色を, 首を, 首根っ子に, 魂の, 黒い影, 鼻の, 鼻息が

▼ 互~ (683, 35.7%)

13 に相 12 に顔 11 に顏 7 の心 6 の生活, の顏 5 に心, の胸, 違ひ 4 ぢや, にその, にまだ, の顔 3 にお, に聯絡, に語り, に身, に長く, の上, の世, の眼, の肩

2 [49件] に, にいた, にこれ, にそ, にひそひそ, にぶつかり, にもう, にやれ, に他人, に初めて, に助け, に好き, に小, に己, に意外, に意見, に昔, に欺き, に気, に氣, に深く, に無言, に狐疑, に理解, に生き, に皇帝, に目, に相似たる所, に眼, に短長, に笑つた, に罵り, に胸, に言, に譲り, に辛, に逢つて, のこと, の中, の姿, の家, の指, の腕, の血液, の身, 他人の, 尊敬し, 批評が, 批評し

1 [472件] がいたはりたい, がお, がともにともに, がどんな, がまだ, が一つ, が今後何年かこ, が仲よく, が信じ, が別れ, が如何, が悪魔, が握手, が文化的, が痛い, が間違, が飢ゑてる時, これといふ, さまだ, さまで, さまでは, さ君だ, それに, ちよつと, にあ, にあまり, にあれ, にいいかげん, においたはりなされ, におれ, にかうごろつい, にかうし, にかうしよう, にからだ, にこそこそ, にこの, にさ, にさういふ, にさがし, にし, にしばしば, にしみじみ, にすみ, にそつ, にそれ, にそんな, にだらし, にちらりと, につらい, にてれ, にとつて, にねらひ, にはそんな, にひそ, にひどく, にぴつたり躯, にまつたくち, にまア, にむき, にもたれ掛つ, によい, によく, にわかる, にアラ, にオトナ, にキマリ, にドブ泥, にニヤリ, にホツ, にムツ, に一切, に一家, に一歩, に一片, に一番, に一間, に丁寧, に上と下, に上草履鳴, に不意, に両方, に並行, に中学時代, に久保田万太郎, に争, に事情, に二ツ三ツ冗話, に交, に交叉, に人, に仏弟子, に仕合せ, に他, に似, に何, に何で, に余り, に保証, に假面, に傷つかず, に元気, に先, に光る, に入, に入れ, に其国, に冷たい, に出来る, に分ち, に分れ, に分別, に別れ, に別室, に別居, に利する, に助けあひ, に勘定, に勝負, に十八九, に半分, に協調, に即, に即座, に原因, に又, に反動的関係, に反目, に取り, に口, に合図, に同じ, に向, に吸, に味気, に命びろひをした祝賀会, に喋り散らし, に喧嘩, に嘘, に噛み, に囁き, に四十, に国境, に土産, に堅く, に堪へ, に堪忍, に増長, に壮烈, に大分酔, に大切, に大声, に太陽, に失つた過去, に奪, に好い, に好いた, に好き合つて, に妙, に妥協, に威張り散らし, に家庭, に寄せ, に密接, に対峙, に射れ, に尋ねん, に少し, に尽す, に川, に帽子, に年賀状さ, に幸福, に庇護, に引き合せた, に引力, に御存じ, に忙しい, に思ひ, に思ふ, に恐れざれ, に恤はり, に悪罵, に悲ん, に意地, に意地悪, に愚か, に愛し, に感じ, に慰め合う, に憤, に懐しい, に我儘, に手, に手巾, に手紙, に打ち込ん, に扶助, に抱き, に抱きあふ, に押問答, に挑闘ふさ, に捜, に接吻, に援, に搜, に擁し, に擦りよる, に政府, に敗戦日本, に敵兵, に文学, に斟酌, に新しい, に日本人, に旦那, に朝夕顔, に本当に, に根から, に棄て, に森, に極度, に欲, に歩み寄つ, に死ぬ, に気ごころ, に気儘, に氣もち, に水中, に水邊, に江戸, に決心, に沙翁, に注意, に消し, に消息, に涙, に淺, に清水一角, に済む済まぬ, に満足, に激しい, に無事, に無邪気, に照らし, に牙, に狐, に独立, に留守, に疑念, に発声, に相当, に相手, に眞顏, に着られる, に睨み合, に睨み合つて, に知つた同志, に知らず, に知り, に知る, に知己, に私慾, に穿鑿, に突き出しはじめた, に突き合つた結果, に競, に竹, に笑, に約束, に結合, に絶えざる, に総て, に縛められた, に罵詈, に考へ, に聯関, に胴乱, に腰, に腹, に膝, に自分, に自分等, に自慢, に自棄, に自然, に芝居, に苦しから, に蟻, に行き, に補足, に見, に見えない, に見ず知らず, に見たくなかつた, に見つめあ, に見合つた儘, に見合つて, に視線, に視誉め, に解つて, に触れ, に言句相交, に訪問, に許し, に話し, に誇りあ, に誘惑, に誠に, に誰, に警しめ合つた平次, に譲歩, に讀み判じ, に變, に讓, に負けじ, に貧乏, に贋物, に足許, に身の上, に軽い, に輕蔑, に近く, に近く身, に近しく, に近づい, に迷惑, に進ん, に遊友達, に道, に遠慮, に遥か間, に酒, に銀鈴, に鋭敏, に間, に隱, に離れ, に額, に顔見合, に食, に飽くまでも, に馬鹿, に馴染み, に駈寄る, に骸骨, に鬪爭, に魂, に默, に默禮, に鼻, のあ, のずる, のつや, のわだかまり, の一文, の世の中, の交際, の人影, の人間らし, の内, の出來上り案配, の利得, の前, の名前, の噴火, の夢, の子供, の家庭, の小指, の年齡, の年齢, の幸, の庭, の建築上, の御, の心情, の思ひ, の思想, の性質, の意地, の愚, の戸籍調べ, の手, の文句, の方, の旅, の歌, の氣, の氣質, の深い, の爲, の生き方, の生命, の生活上, の目, の神經, の空い, の素性, の終り, の肉体, の肴, の背中, の胸中, の臆測, の衝動, の袂, の袖の下, の視線, の触角, の話, の話声, の質問, の身の上, の躯, の軍兵, の部屋, の銅像, の間, の頭, の馬, の體, の高, の鬪爭, の魂, はかう行く, はぢ, は一刻, は他人同志, は幸福, は止む, ふと岡山, ゆづり合つてゐる, よくなつ, をこ, を厭, を困らし, を忘れ, を求め, を理解, を食べ, を高める, サ, 一仕事すんだ, 人間の, 人間は, 今日の, 元気を, 先の, 同士髪を, 同志では, 同志に, 同志の, 同志ばかりが, 大人に, 実の, 感謝に, 我ま, 日本人は, 様である, 様に, 汝が, 疵には, 知識層の, 立憲國民として, 精進, 自信が, 説教しない, 躯を, 近代人と, 顏が, 骨肉の, 鵜の

▼ 互~ (90, 4.7%)

6 お互 4 互の 2 励み合いお, 御互に, 無駄な

1 [74件] ああだ, あきるまで, あれで, うれしいにつけ, かうなる迄, さういふ習性, しばらく会, せつなく思う, その気, そんなに距, ちがうから, どろまみれ, どんなもの, はっきりと, はら, まるで恐い, キッチリ, 一言も, 二三間の, 互にとっ, 互を, 人格的な, 人間だ, 人間である, 人間として, 他人だ, 似て, 似通って, 何の, 何物かの, 何處か, 助け合って, 動員され, 勝手な, 協力すべき, 厭がらせ, 只冷, 嗜みを, 安心し, 対等であっ, 差し向いである, 差し向ひで, 御互, 心の, 心置きなく, 心身ともに, 愛し合える, 所帶を, 最も屡々接近, 最も希望, 気に入って, 気楽な, 泥棒に, 浪漫派だ, 温め合, 生きて, 生れたという, 疑いあって, 真面目である, 神秘な, 精神に, 結ばれて, 繋がり合って, 自分で, 色々な, 苦しく競り合う, 見張った形, 見張つた形, 貧富や, 車座に, 迷惑する, 門前の, 預かる子弟, 顔を

▼ 互~ (89, 4.7%)

2 [11件] 一所に, 刺戟し, 愛したい, 憎め, 拘束しない, 活かさねば, 砂の, 穴の, 腹の中で, 見た, 見透す不都合

1 [67件] うたがい合わねば, うちひらく, しめつけたかった, それとなく認め, なぐさめながら, 下落させ, 互の, 人間として, 信じてか, 傷けず, 利用する, 助けて, 取り戻さうと, 喰らおうとして, 嗅ぎ合い警戒, 大切に, 奪い合う, 妙な, 完全の, 幸福に, 心の, 思うよう, 感じ合う敏感さ, 感じ寂しい切ない, 慕って, 打擲し, 抱き合いたいと, 探りあって, 支持し, 敵として, 求め合う気持, 流れ交して, 満す, 焚き焦がした, 牽制し, 理解し合うよう, 目標として, 眺めあう場合, 知らないよう, 知りあったのよ, 知り合うため, 穢し合いながら, 突つ, 立派な, 結ぶ師弟, 結合させる, 締めつけ合うよう, 繋ぐ暖, 自身の, 裂く威力, 見ては, 見出したとき, 見合ったきり, 評価し, 認め合わなかった, 認識した, 護りあいながら, 貫いて, 貫くたった, 軽蔑した, 近づけたの, 釘付に, 陥れ合った, 隔てられた彼女自身, 離隔し, 養う自他一体, 高めるもの

▼ 互さま~ (17, 0.9%)

1 [17件] さ, じゃねえや, だけど, だつて云, だよ, でしたろう, でしょう, です, ですもの, に, にいかが, にひどい, にカワカミ, に悪運, に気, に知らぬ顔, ね

▼ 互~ (17, 0.9%)

1 [17件] いま当面の, お互, せいぜい自分, ちりぢり, やっぱりいま夢, よいお, 七夕の, 互に我々, 互の, 人間として, 先づ自分自身を, 出られず足, 失禮だ, 実に幸福, 想像に, 第何義, 自分の

▼ 互~ (12, 0.6%)

1 [12件] にいけ, によく, に堅気, に大騒ぎ, に心安立て, に掛合, に敵同志, に死ぬ, に気に入らねえ, に物, の恥, 違えに

▼ 互同志~ (11, 0.6%)

1 [11件] で列, とすれちがっ, に一本, に対してもひどく, に透かし合い, の仕事, の氣さ, を押し合い, を頼り, 疑いあって, 食ったり

▼ 互~ (9, 0.5%)

21 からできた, がそこで, つて腹の中ぢや, といい, と云う, もの己等の, ッ

▼ 互~ (7, 0.4%)

2 て居る 1 ていた, ている, て作りあげ, て夜, て真に

▼ 互~ (7, 0.4%)

2 怖れ戦いた 1 云うところ, 云ったッ, 同じもの, 向き合って, 外部との

▼ 互~ (6, 0.3%)

2 批評し合い 1 こっちもち, 取り換えようねえ, 引き摺るよう, 要るもの

▼ 互~ (6, 0.3%)

2 苦痛だ 1 こうやっ, 一つうまく, 口に, 心を

▼ 互ひだ~ (5, 0.3%)

1 あ, からと云, がね, と云, よ

▼ 互~ (5, 0.3%)

2 にはし 1 になつかしく, に云う, に持てる

▼ 互から~ (4, 0.2%)

1 云えば, 互へ, 愉快ばかりを, 遠ざかる事

▼ 互挨拶~ (3, 0.2%)

2 しました 1 さえも交わさず

▼ 互つて~ (2, 0.1%)

1 ゐない, ゐる

▼ 互です~ (2, 0.1%)

1 よ, よ一人位

▼ 互ひち~ (2, 0.1%)

2 がひ

▼ 互日本人~ (2, 0.1%)

1 の政治, は誰

▼1* [61件]

えて死する積り, 互かまわないから誰か, 互えに, 互こうなれば, 互こんな時には, 互しばらく顔を, 互その暗号の, 互だけでその, 互だけが彼らには, 互だって当りまえで, 互ちがいに飛ん, 互やありません, 互っこだもの, 互っこですもの, 互っ子ですわ, 互でございますお前さんも, 互どうした態度, 互どうしの売り, 互事だ, 互なら勘弁する, 互なるがゆゑ, 互ひがもうちよ, 互ひがもつとよく, 互ひさつぱりしてしまつた筈ぢや, 互ひそんな思ひ, 互ひづくぢや, 互ひも出す出さぬは, 互ひも一と晩年, 互ひやめればそれで, 互鳴りわたって, 互ほかの神さま, 互また一倍と, 互みの顔を打, 互みの顔ようように隔たり, 互み鳴りつつ, 互向うでも, 互て, 互イニ効果ヲ助, 互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ向ッテ進ンデイル, 互てじゃ, 互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, 互ニ其有スル所ヲ交換スレバ其益タル, 互ニ割拠しコーカサス方面, 互ニ相妨ゲズ以テ一身ノ幸福, 互ニ議論ヲ闘ハシタリ, 互云い合っている, 互云わねえ方が, 互反省しよう, 互同志英語の手紙, 互大変なこと, 互小西の残党, 互扶助論が連想, 互挨拶さへも交, 互日本人同士の間, 互早く別れたい時, 互暗い顔で, 互気まずく笑い出して, 互浅黄の頭巾, 互無茶をした, 互貧乏人ぢやゴマメ, 互避けていた