青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云われ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

云う~ ~云え 云え~ ~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ
云われ~
~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ 五月~ 五郎~

「云われ~」 2000, 22ppm, 5326位

▼ 云われ~ (1457, 72.9%)

264 いる 62 いるが 45 いること 44 いるの 40 いた 32 いるよう 28 見ると 26 みれば 25 見れば 24 みると 16 いるもの 14 いるとおり 11 来て, 私は 10 いて, いると, いる点 9 いるところ 8 いたの, いる通り 7 いるその, 居る 6 いたが, います, 居ります 5 いる人, 居るの 4 いたこと, いるから, いるものの, それを, 孝助は, 来た, 私も

3 [17件] いたそう, いたと, いたもの, いるけれども, いるという, いるほど, いるほどの, いる作品, いる如く, いる言葉, おります, お國, 丈助は, 二人は, 居るが, 来たん, 葉之

2 [44件] いたよう, いた言葉, いても, いましたが, いるくらい, いるけれど, いるこの, いるだけに, いるとき, いるので, いるのに, いるわけ, いるフランス, いる女, いる意味, いる文学, いる男, いる程, いる者, いる間, おかめ, おりそして, お藤, きて, わたしに, 両人は, 二人が, 二人とも, 今迄, 伴藏は, 出て, 多助は, 始めて, 居るところ, 居るに, 居る様, 思い出した, 新子は, 来たの, 源次郎は, 行ったが, 見ますと, 重太郎は, 頭を

1 [551件 抜粋] あたしは, あった, いいよう, いきなり上着, いけないよう, いたこの, いたし, いたその, いたので, いたらでは, いたん, いたグループ, いた一つ, いた人, いた人たち, いた傾がありますね, いた傾き, いた原っぱ, いた同じ, いた基準, いた女学生, いた奴, いた小説, いた恐ろしい, いた文士, いた書棚, いた民衆, いた湖, いた美しい, いた菰田, いた解放運動, いた諸点, いた赤煉瓦, いた頃, いない, いない言葉, いなかつたけれど, いながら, いましたけれども, いましたの, いまして, いますが, いますので, いよいよ桔梗様, いるかの, いるそういう, いるそれ, いるそれら, いるだけ, いるだけの, いるではござりませぬか, いるな, いるのよ, いるばかり, いるもん, いるらしい, いるらしいお, いるん, いるアメリカ, いるコント, いるシェクスピア, いるソヴェト, いるダイアモンド, いるヒューマニズム, いるヨーロッパ, いるロケット, いる一廓, いる一面, いる了意, いる事, いる事実, いる享楽, いる人達, いる人間, いる以上, いる位, いる作家たち, いる例, いる健全, いる分裂, いる創造力, いる勤労者, いる半面, いる味, いる場合, いる声, いる大, いる天国, いる奴, いる妻, いる婦人問題, いる子, いる定石的モメント, いる家, いる幾つ, いる庶民性, いる心持, いる必然的未熟さ, いる感じ, いる感どころ, いる成功, いる所, いる押し, いる揚子江名代, いる方法, いる暗示, いる本質, いる東洋, いる東洋学専攻, いる林房雄, いる歴史性, いる母性, いる水, いる父, いる犬神, いる現象, いる白河戸郷, いる社会化, いる社会性, いる社会現実, いる筏船, いる策士, いる範囲, いる結論, いる絶景, いる肉腫, いる荏原屋敷七不思議, いる薬屋, いる藤沢病院, いる話, いる諷刺劇場, いる諸点, いる路次, いる農民文学, いる近所, いる迷宮式, いる通り綜合的, いる遊蕩文学, いる過去, いる長篇伝記, いる関係, いる阪神間, いる雌雄二匹, いれば, うれしい世の中, うれしがっ, おかみさん, おしの, おたか, おりその, おりました, おりますが, おります大金持ち, おりませんから, おり女帝, おり毎月おなか, おるが, おるこの, おるよう, お前の, お勢, お千代, お妻, お悦, お清, お経, お花, お菊, お辞儀を, かえされたの, かれは, きたの, くると, ここで, この, こまったよう, こんな答, ござった, さてはと, さらに感, しまいましたが, しまえば, しまったの, しょうこと, すぐ立つ, する返事, せっかくハリ, そのあと, そのシンデレラ, その三十円, その人, その島, その顔, それは, そんなら, たいそう繁昌, たんのうした, だいぶ人間らしい, つい口当りがい, つまらないじゃ, つんとする, では出直し, なんだ, はい左様, はじまったの, はじめて佐田やす子, はじめて己, はじめて知つた位, はたとばかりに, はっきりと, ひとに, ひろ子は, ぴったりしない, ふんがいし, ほんとに嫌, まご, ますが, ますます畏れ, またははあ, また前, みて, やす子は, やって, やっと, やっと彼女, やっぱり一瞬, やつと, やむを得ず当座, よい人間, よう, ようやく悟った, よろこんで, わびしく啜り泣い, わるくって, イヤそう, オタツは, ナヨナヨと, ヒョイと, ベク助は, モトは, ラジオの, 一旦母, 一段声を, 一緒に, 一高を, 万助めがっかり, 三右衛門は, 下谷茅町の, 世間の, 両人の, 久慈は, 九兵衛は, 京一郎は, 人間の, 仁兵衛は, 今度は, 今日に, 仕方なし, 仕舞いには, 仙太郎は, 伴藏も, 伸子たちが, 伸子は, 何という, 何の, 何故かぎょっとした, 依然腰巻, 俊子は, 傍の, 僕は, 全くお, 全然意表外, 八ツ橋なんざますえと, 初めてわかった, 初めて匂っ, 初めて味方, 初めて気, 初めて気がついた, 初めて気付いた, 初めて温度, 初めて舞台, 利巧な, 動顛した, 千八も, 半七, 単に不幸, 却って狼狽, 右内は, 右衛門は, 名物の, 問題は, 善いこと, 喜んでる兄さん, 困るの, 坐って, 塩野は, 外聞が, 多助も, 多少思い当る, 大分考え, 女も, 女子の, 女房は, 娘は, 嬉しくない, 嬉しそう, 子路は, 孔子の, 孝之進は, 安心し, 安心したらしく見えた, 客が, 宮嶋資夫その他が, 寝ながら, 小さな膝, 小四郎振り返っ, 小左衞門, 小林少年は, 小池助手も, 小銭を, 少女が, 少年は, 尼は, 居そこ, 居た人々, 居た珍, 居た自分, 居ないの, 居ない家, 居ました, 居りました, 居ります私, 居りません, 居り門弟, 居ること, 居るつきとばされたり, 居るもの, 居るんで, 居る人, 居る女, 居る日本, 居る滋亜燐, 居る生きる根, 居る童, 山の, 山吹は, 島君は, 左門は, 帰ったぎり未だに, 常陸介も, 幸子は, 幼稚園で, 廃めて, 弁天様へ, 弱った人, 弱った覚, 当時創刊された, 彼の, 彼も, 彼れ, 彼女には, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 往来に, 御新造が, 御用人, 心に, 快よく, 怒ると, 怒るなどとは, 怖, 怖くも, 思いだすの, 思い出したの, 急に, 恐い眼, 恟りした, 悪かった, 愛の, 慌て, 成程ね, 我々も, 我輩は, 房子は, 押しても, 押しも, 挨拶に, 支倉は, 改めてこの, 改めて助ちゃん, 政子は, 文字春は, 新三郎は, 新三郎も, 新兵が, 早稲田の, 早苗が, 時としては, 時政は, 有助, 杉子は, 村山巡査は, 来たいくつ, 来たが, 来たこと, 来ただろう, 来たインフレ出版, 来た天才, 来た種類, 柵は, 栞も, 桃水と, 梯を, 機関士は, 正孝, 殆ん, 民子は, 気が, 気に, 河の, 波川は, 流石の, 浅田は, 涼しい顔, 深く浸, 満更悪い, 源次郎頬が, 漸く分った, 父と, 狼狽えた, 田辺侯爵は, 由蔵は, 町随一の, 目を, 直ぐ向う, 直に再び部屋, 相手は, 眼は, 矢代はは, 私が, 私と, 秋安は, 稼ぎに, 笑う者, 納得し, 素直に, 老人は, 聞くという, 肇が, 胸を, 腹を, 自分で, 自分は, 良一は, 芝居ずき, 落付いた, 行って, 被居し, 西の, 見たい, 見たいと, 見たいね, 見ますれば, 見当違いな, 見直すと, 観念を, 角右衞門は, 諦らめて, 貰われたレッキ, 買って, 贈呈した, 起きるが, 躊躇し, 辰代は, 返す言葉, 追い返された, 途, 途方に, 遁げた男の, 里虹は, 重蔵も, 銀の, 長兵衞, 長助は, 門田は, 随分情けなかっ, 青年は, 頼朝は, 飯島平, 飴屋の, 驚いた, 驚いて, 驚き, 驚き暫く, 驚き気を, 驚ろく, 高倉は, 鳰鳥は, NHKの

▼ 云われても~ (207, 10.4%)

21 仕方が 4 彼は 3 しかたが, 一言も, 私は 2 いつも, 一言の, 何の, 平気です, 構わない, 私には, 肩に, 返事が

1 [157件] あたしには, いる, おいそれと安, おとなしく頭, おのずとせくりあげ, お断りしたであろう, これは, これ亦, さほどに, すぐと, すぐに, すでにその, そうし, そんな覚え, ただ常識, だなあ, つまんねえ, とっさに, どうしても妹, どうも何, どうも分らない, どかなかった, どこに, ない金, なにも, はいはいと, ぼんやりした, まだ私, もうもう私, やっぱりその, やっぱり自滅, やはり大人しく, やはり文学, よい人間, よい年頃, よかろう, よく又, コンリンザイ受取る, サアそれはと, ダメな, ナオミは, ハイ, フウムと, ルパンは, 一度自分, 一語も, 並木先生は, 中止, 主人は, 主水, 云われないでも, 云われ甲斐, 五反歩の, 亭主は, 人々は, 人前などへ, 仕方あるまい, 仕方がねえ, 仕方の, 仕方は, 仕様が, 何だ口先, 何っ, 何でも, 何とも返答, 何も, 何んとも, 何人にも, 作家に, 依然として心身明朗, 信頼する, 個人的に, 傍に, 公共的精神が, 凝っと, 出て, 別に自分, 前に, 参右衛門は, 取返しが, 口答えを, 只おど, 吉乃は, 嘘とは, 困るが, 困るナ, 売れる野菜, 大抵は, 夫は, 女房たちは, 姉の, 娘たちの, 嬉しそう, 子供たちは, 孝助は, 実感が, 実際どうでも, 尚譫言, 席を, 後へは, 恥ずかしくない, 悪く思わない, 感じの, 払う金, 抗弁の, 掻かずには, 文句ありません, 斯う云い切る, 是だけが, 桔梗様には, 構わず母, 構わないつもり, 止むを, 此方から, 殺す気, 泣き立てるより, 泰然たる, 洗う物, 涼しい顔, 無理に, 父は, 特に自分, 白萩は, 直ぐには, 相手に, 真に受け, 知らぬ, 知らぬ事, 社会的地位を, 私たちに, 私の, 積極なよろこび, 端坐した, 素人ばかり, 耻とも, 聴かぬふり, 自分の, 自分等に, 致し方は, 若者は, 葉之, 表情を, 袴が, 見れば, 覚束なく, 譲歩しない, 辛棒し, 返事を, 返辞の, 逆らう気力, 随分だだ, 頑強に, 頓と, 願うので, 驚かなかった, 驚きも, 黙って

▼ 云われては~ (43, 2.2%)

2 自分の

1 [41件] このまま, この惣七, さすがの, しかたが, そうも, それ以上居る, たまらない, たまらないと, どうすれ, もう矢代, ヒヤリと, 世間へ, 之が, 今井田流の, 余の, 勝負に, 却って困る, 却って迷惑, 商売に, 困る, 困るから, 大抵の, 定基たる, 実に面目, 居るの, 心外という, 心持が, 恐縮です, 押しきれないので, 故主へ, 断わること, 末代まで, 矢代も, 筋が, 総司としては, 腹に, 誠に困る, 誰も, 謙遜も, 飛んだ罪, 骨の

▼ 云われちゃ~ (23, 1.2%)

1 [23件] いくら親御様, お米, ちっと可哀そう, アどうせ, アどうにも, ア上げられねえ, ア困る, ア心持が, ア死ん, ア袋叩きにも, ア詰り, ア面倒くさい, ア高萩のに, 一生の, 三谷三次の, 亡くなった母さん, 俺も, 勘弁なら, 困るが, 心持が, 男が, 耻っ掻きだ, 見て

▼ 云われたり~ (16, 0.8%)

4 して 2 すると 1 した, するの, する時, なんか必, 乳の, 人間まる, 尋ねられたり, 躯に, 躯へ, 関東の

▼ 云われそう~ (13, 0.7%)

2 である, なこと 1 だ, だよ, で今, なの, な何, な気, な面白い, にもなっ, ねと云い

▼ 云われながら~ (12, 0.6%)

2 絶えずその 1 何年も, 例の, 垣の, 現実には, 生きつづけて, 罪の, 自分で, 辛抱し, 迷うて, 食ったもの

▼ 云われ~ (10, 0.5%)

1 した言葉, しても, しないか, しないかと, しないだろうか, しないですか, しますまいか, しませんが, すまいかと, せぬかという

▼ 云われそれ~ (7, 0.4%)

1 から参っただ, が不動産, が忽ち, は千円, は必ず, をかきました, を交換条件

▼ 云われてから~ (7, 0.4%)

1 にっこり笑った, 千世子が, 従順に, 急に, 気が, 知らずに, 行かずに

▼ 云われ~ (7, 0.4%)

1 が, けんど, だろう, です, でも, 云われん, 能い心

▼ 云われ自分~ (6, 0.3%)

1 でもあちこち, でもそれ, でも常々, は云う, は反抗以上, も苦しん

▼ 云われちゃあ~ (5, 0.3%)

1 お店, 世間に, 世間に対して, 困ります, 御用聞き

▼ 云われ~ (5, 0.3%)

1 が予審, が甲賀氏, はいろいろ, はその, もそう

▼ 云われその~ (4, 0.2%)

1 ことで, また師匠, 害を, 気に

▼ 云われながらも~ (4, 0.2%)

1 事実とも, 大村君の, 彼は, 昔ながらの

▼ 云われ~ (3, 0.2%)

1 かくは, かくも, 賤はけ

▼ 云われつつ~ (3, 0.2%)

1 引き戻されるの, 気の毒な, 縫ったもの

▼ 云われ二人~ (3, 0.2%)

1 ともかたまっ, はワナ, は恟

▼ 云われ多助~ (3, 0.2%)

1 は, は裸体, は飛立つ

▼ 云われ孝助~ (3, 0.2%)

1 はおい, は呆れ, は後

▼ 云われ~ (3, 0.2%)

3 孝は

▼ 云われいつも~ (2, 0.1%)

2 の様

▼ 云われでも~ (2, 0.1%)

1 したよう, すると

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

1 あくせくする, 来たよう

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

1 して, しない憎らし

▼ 云われ仕方~ (2, 0.1%)

1 がなし, なしに

▼ 云われ仙太郎~ (2, 0.1%)

1 は悄々, は頭

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

1 と思った, をつけ

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

1 その弁舌, 品行方正と

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

2 吉は

▼ 云われ新吉~ (2, 0.1%)

1 はお, は何

▼ 云われ~ (2, 0.1%)

1 が死ん, が頓

▼ 云われ流石~ (2, 0.1%)

1 の園八郎, は処女気

▼ 云われ源次郎~ (2, 0.1%)

1 は忍び姿, は暫し

▼1* [130件]

云われあらゆる作品の, 云われいやいやそれだ, 云われおしのは, 云われおやま山之助, 云われこの時は, 云われさきほどからますます, 云われしかしあながちでは, 云われしかも深刻な, 云われじゃ二月一日から, 云われそういうわけでない, 云われそのまま一緒に, 云われそれから女の, 云われちや大変だと, 云われっ放しのまま残念, 云われついでだから, 云われてからの事である, 云われてからもまだ暫く死んだ, 云われてでも来たん, 云われてな伸したては, 云われてばかり居て, 云われてもと思って, 云われとにかく慶応の, 云われにわかに足を, 云われまたグラマチクスの, 云われもしやしない, 云われもっとひどいとき, 云われようが善く, 云われよもやそれ程の金入, 云われりやおかしな話, 云われアカデミーの問題, 云われスタンダールが憤った, 云われソレとばかりに又, 云われツイ其の言葉, 云われヒダの騨, 云われルネッサンスがそれ, 云われ一々朝起き早, 云われ一人は真, 云われ一向わからなく思ったが, 云われ一草亭の許, 云われ三重であるが, 云われ乍ら自分は無, 云われ事実その通り, 云われ五郎三郎は妹, 云われ今年はベストテン, 云われ伊之助は勃ッ, 云われ何んの疑, 云われ余りの事, 云われ信心の深, 云われは殊, 云われ優しさに, 云われ充分尊敬せられて, 云われ全国第一, 云われ六百年の後, 云われ内地の作家, 云われ凡庸と云われる, 云われによっては, 云われ切開されそう, 云われ初めて昼に, 云われ勘当の身, 云われなところ, 云われ勤労者はその, 云われ医師に注意, 云われ医道天文悉曇相人, 云われ個人の, 云われは惜しみません, 云われ唐草権太は朱刺, 云われ土間に藁, 云われ大衆は批判, 云われ大衆作家にも視られ, 云われ女たちのいい, 云われ妙花天に遊ぶ, 云われ安吉はおず, 云われ宗教があれ丈残酷, 云われ実に嬉しいに, 云われ家名を汚し, 云われ密集して, 云われ将来の自分, 云われ小日向の方, 云われ巨富を擁し, 云われ座蒲団が自分, 云われ建物の粋, 云われ当時の耳目, 云われ従って歴史に対する, 云われ心細いから惣吉, 云われ思いがけない時と, 云われ怨府となっ, 云われ程と一部, 云われ時代革命の, 云われ或いは狂人が, 云われ或は逞しき奔放さ, 云われ日頃いっそう大切, 云われ早四郎は馬鹿, 云われに作品活動, 云われ時には利巧な, 云われ本当に楽しくて, 云われ林町へ来い来いせがまれる, 云われ毎年正月元日にはこの, 云われ江州日野の城主, 云われ注目されるの, 云われ滑稽だと, 云われも百合ちゃん丈, 云われ父上まで一緒, 云われ田舎武士と云っ, 云われ甲斐があります, 云われからは親, 云われ白翁堂は委細承知, 云われ百人一首の, 云われ目下に見られ, 云われ真青になっ, 云われ祐泰の力持, 云われ三インターナショナルの, 云われ素性ははっきり, 云われ若草は苦しい, 云われ苦痛やる方, 云われ華麗と云う, 云われ裁判にかけられ, 云われ親子は思い掛けなき, 云われ誠に忝ない力, 云われ諸説紛々であった, 云われもうるさく, 云われ通しであった, 云われ遂には男波, 云われ重助は力, 云われうたれた, 云われ鋭い彼女の, 云われ面白そうな, 云われ頼みの綱, 云われ顕門の子弟, 云われ鬼才などともてはやされ, 云われだと