青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~ ~云え 云え~ ~云っ 云っ~ ~云った
云った~
~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~

「云った~」 7140, 77ppm, 1459位

▼ 云った~ (1022, 14.3%)

64 である 51 です 3230 では 25 であった 18 だが 16 ですが 15 だろう, はこの 1413 だった 1210 でした 8 さ, だと, を覚え 6 かい, だそう, だな, であるが, であろう, でしょう, でも, は嘘, を思い出し 5 じゃない, だか, だよ, ですか, ですよ, も無理 4 だろうか, であったが, ですって, はその, はどう, は何, は女, は自分 3 が今, だったが, であります, であるから, でございます, は桔梗様, は浮木, は男

2 [54件] かね, かも知れぬ, かよく, か僕, か知らない, か知らねえ, がいかにも, がどう, が本, が此, だあい, だい, だけれど, だって, ですから, と同じ, と同時, はお前, はこれ, はそんな, は一ツ目, は不思議, は主馬之進, は之, は今, は佐五衛門, は全く, は単に, は吉田, は君江, は四十がらみ, は大野順平, は小一郎, は弁才坊, は松代, は流石, は浜田, は無論, は猪, は猪右衛門, は玄女, は私, は結局混雑, は集五郎, は鯱丸, まではっきり, も彼, も此, を思い出す, を知っ, を私, を耳, を聞いた, を記憶

1 [435件] かえ, かそれ, かちょっと, かと尋ね, かと私, かどちら, かはっきり, かまるで, かもしれぬ, かも知れない, かも知れん, から思い出し, から想像, かわからない, か不思議, か伸子, か何しろ, か判らなかった, か当日貞, か文句, か知りません, か知れない, か私, か精しく, か聞きたい, がここ, がその, がなお, がふくれきっ, がほんとう, がまだ, が一般, が其許, が内輪, が勝田さん, が取り, が多い, が好い, が導火線, が小, が岸野, が幽霊塔, が広まった, が引っかかり, が当っ, が御, が心からそう, が悪い, が本当, が此の世, が濫觴, が痛く, が目のあたり城, が眼, が縁, が耳, が聞えた, が自分, が解せなかった, が間違い, さかみさん, さ併, そしたら私, それを, だから, だそれ, だったらこの, だったろう, だとか, だね, だのに, だネ, であったらやっぱり, であって, であるけれども, であろうが, であろうと, であろうとも, でございますよ, でしょうか, でしょうが, でしょうと, でしょうね, ですけれど, ですけれども, ですね, です畑さん, でなかったら先生, でなく私, とは少し, と吉田, と同じく, と深い, と阿賀妻, などは何, ならたいした, なら云ったと, なら差支, につりこまれ, には, にはさすが, には感じ入った, には爆笑, にも只, にも拘らず, に対しお前, に対して, に対してシンカラ, に対して吉松少佐, に対して忠興, に対し左衛門, に答え, に釣られた, はあなた, はありゃ, はいかにも, はいったい, はお, はおかしい, はおそらく, はおどかしだ, はおれ, はお嬢さん, はけだし, はけっして, はこう, はこういう, はここ, はこんな, はそう, はそういう, はそこ, はその間, はそれ, はそれでは, はただ, はちっとも, はつまり, はとん, はねパラパラ, はほんとう, はまあ, はまさに, はまた, はまるっきり, はまんざら, はみんな嘘, はむろん, はもっと, はカロリ, はザピースカ通り, はシムソン, はシューマン, はナポレオン・ボナパルト, はナースチャ, はホーキン氏, は一, は一学, は一式小一郎, は一日, は一般的, は丁度, は三輪, は三郎太, は下妻夫人, は不当, は与左衛門, は中国婦人, は中年, は二十五六才, は五十九, は五男, は伊右衛門, は伸子, は体, は何人, は併, は例, は侍従頭, は俺, は側, は僧侶, は六人, は六十年輩, は六部姿, は其の, は兼好法師, は冗談, は冷視, は勘八, は勿論, は北隣, は十七, は半田伊十郎, は即ち, は反語, は取消す, は右門, は吉備主, は同じ, は唐姫, は嘘の皮, は固, は塩野, は壮, は声調, は外, は大工, は大沼喜三郎, は大黒, は契沖, は奥方, は姉娘, は姫, は威, は宇和島, は安彦, は小六, は小利口, は小鬢, は少し, は少年, は山内, は山津主, は巻ゲートル, は市郎右衛門, は布袋, は平山, は弁天松代, は式部大輔, は弥左衛門, は弦四郎, は当座, は彼, は心, は必然性, は忠蔵自身, は恣, は悪い, は悪う, は悪かっ, は慾望, は戦国時代, は探偵小説家戸浪三四郎, は日根野備中守, は昆虫館主人, は易者, は昔, は星影左門, は時計, は書家, は書記, は未だ, は本人, は本当, は東野, は松井田, は松平伊豆守, は松虫, は松雪院, は案外, は梶, は権太郎, は正しく, は正直, は此処, は武士, は武士姿, は段鼻, は民弥, は水星, は水泡, は水藻, は決して, は清盛, は源七, は源太夫, は濃紺, は無理, は無頼漢風, は熊谷, は父, は爺むさい, は片, は片岡, は狼狽, は瘠せた, は白髪童顔白衣, は皆, は皆嘘, は直, は真, は石渡三蔵, は破落戸, は確, は確か, は確実, は神田先生本人, は私一人, は穿ち過ぎた, は窪川鶴次郎, は簡潔, は紋太郎, は純粋, は紫紐丹左衛門, は細君, は総髪, は羆, は美しい, は美女, は義経, は老いたる, は老女, は老師, は膝, は至言, は色, は若い, は荻, は菊子, は華子, は蔵人, は薦, は表面, は褐色, は西洋股引, は詰り, は誠, は誰, は譜代, は警備司令部付, は貧乏人, は賊, は赤痣, は赭ら顔, は車輪, は遊部, は適切, は銅兵衛, は長女, は長髪, は閂峰吉, は関, は阿賀妻, は陶器師, は隅田, は震災火災, は面白い, は順天堂, は頬, は頬髯, は額, は髯面, は鳰鳥, は鴨田理学士, もあの, もうそ, もかよう, もこの, もこまかい, もさらに, もそう, もその, もまだつい, も一つ, も伸子, も信念, も同じ, も同様, も外, も多分, も実は, も実際, も尤も, も後代, も忘れられない, も恐らく, も想い出された, も成る, も気持, も満更, も皆, も矯飾, も秀子, も詰り, やら判然, やら娘気, を, をいま, をお, をお付, をただ, をだけ理解, をちゃんと, をも黙殺, をよく, をム, を一人, を乳母, を云わない, を云われる, を他, を何と, を余, を俗, を光君, を妙子, を始め, を平生, を当て, を後, を御方, を志壮, を忘れた, を忘れちまった, を思い出した, を思い合わせれ, を悲しく, を想い出し, を敏子, を断った, を断わっ, を気, を癪, を相手, を石舟斎, を祖父, を考える, を聞い, を聞きしめる, を訂正, を鋭く, 一冊十五円だってね, 分るよ, 行ったの

▼ 云った~ (716, 10.0%)

13 それは 10 急に 7 その声 6 これは 5 彼は, 私の, 葉之 4 併し, 小一郎は, 私は 3 それが, それも, 之は, 今日は, 心の, 自分の, 自分は, 誰も

2 [27件] これでは, しばらくし, そのとき, その言葉, その顔, ために, どうした, ぼんやりし, やがて, やがて調子, 丁寧松は, 今は, 何の, 僕は, 右近丸は, 娘の, 彼女は, 後から, 或はそう, 此の, 流石に, 源介は, 続いて, 老婦人, 腹の中では, 葉子は, 首を

1 [575件 抜粋] あたりの, あとが, あのこと, あのとき, あまりにも, あまり普通, あれに対して, あれは, あゝ残念, いい, いかにも屈托, おさい, お前と, お前も, お国, お富, お幾, きかないん, こうし, ここでは, こっちの, ことによる, このとき妙, このジェニー, このフェヤ・プレー, この偶然性, この内容上, この冗談, この意識以外, この政治性, この武士, この論理, この際批評, これだけ, こんなもの, こんな不思議, さう, さすが少しは, さてそれ, さては紙帳, さては若い, さらに, さらに要, しかし何故か, しかし腑, すぐどういう, すぐに, すぐ気, すぐ興醒め, すこしの, そうである, そうらしくない, そうヤンキー風, そう云い終る, そう云う, そこでふと, そこで第, そのうち, そのうち二人, そのまあ, そのまま力, そのまま沈黙, そのまま髪, そのもっと, その人, その位置, その倒三角形, その先, その口振り, その娘, その実, その後から, その心, その息子, その態度, その戦場, その時, その眼鏡, その経験自身, その結果, その苗字, その若い, その話, その語尾, その際思想, その集団, その電柱, その鬚だらけ, その鼻先, それぎり黙っ, それではその, それでは両親, それでも直ぐ, それでも返事, それには, それよりも, そんなこと, そんな理屈, ぞっとし, だめだ, ちょっと振り返っ, ついする, つまりこの, つるは, では早暁, でも私, とんでもない, どうしてあの, どうしても通じない, どうじゃ, どうだ, どうもそういう, どうも素人, どうも請合いかねる, どうやら助, どこかに, どの人人, なお巻十三, なかなかそうは, なかなか引き寄せられねえ, なにか楽し, なにを, にわかに悪寒, にわかに笑い, ひどく恥かしく, ひょっとしたら向っ, ふと, ふところに, ふとどうして自分, ふと思いついた, ふと老婆, ほかのも, ほほほ, ほんとうの, ほんとは, まさかお前, まさか病人, また一筒, また何, まだ幾分, まだ明るい, まるで詰問, みなり, もう今, やがて両, やがて老人, よかろう, よもやと, りよは, オタツは, オレの, チラリと, トン公は, ナルホドねエ, ニセモノか, ニュースの, バタバタバタと, ヘルプ紳士も, ベロベロに, ロイドは, 一人で, 一体なぜ急, 一体箇旧, 一向に羨望, 一寸出し, 一寸小首, 一寸言葉が, 一式小一郎は, 一応争議団本部, 一方の, 一段と声, 一行の, 三之丞には, 三人の, 不図, 世界観は, 主人は, 久政聴かず, 之を, 事実一頃幾つかみも, 二人とも, 二人は, 云い止めた, 人丸左陣しばらく, 今にも飛びかかり, 今の, 今や存在, 今云った, 今度は, 今日文学作品と, 今来る, 代匠記, 仰天した, 伊豆守なんと, 伸子は, 何う, 何か, 何しろその, 何となくオド, 何は, 何を, 何んだ, 何卒旦那これ, 何故可笑しい, 作衛は, 俗間の, 俺は, 俺も, 傍で, 僕には, 僕の, 兄貴が, 先生返答に, 入って, 全く云い切らない, 全く蝙蝠, 六郎兵衛は, 具体的に, 内心は, 冗談でも, 冬子の, 凄い当り, 凄じい声, 初乃は, 別に梅子, 到底黙っ, 劉表, 北山は, 北斎は, 半七, 単に併存, 古手官吏の, 古来どれ, 右によって, 右近丸には, 吃驚し, 同じこと, 周章てて, 咲かず二日目, 哲学自身が, 嗄が, 嗄声である, 嗚咽を, 嘔気が, 土岐与左衛門承知する, 坊主は, 坑夫には, 声までが, 声も, 外から, 多四郎は, 大学生達の, 大方あいつ, 大柄で, 大概察した, 大江山課長は, 大物主は, 夫は, 夫人は, 女王が, 妙子であった, 妙子の, 妾の, 始めての, 嫉妬という, 子爵は, 宇津木矩之丞は, 宗春は, 宗時の, 実はそう, 実はまだ, 実は今一つ, 実は出発, 実は彼, 実は手前, 実は数学, 実は斯, 実際室, 実際神, 実際食う, 客の, 家人は, 射影幾何学が, 小堀義哉は, 少々乱暴, 少々狼狽, 少くとも, 少し考え, 山津主は, 岡田は, 左に, 左衛門は, 左門は, 己は, 平岡は, 年頃は, 庄三郎ちょっと, 式部手を, 張苞は, 強奪しよう, 弾正太夫を, 当惑した, 彼女が, 彼女にとって, 彼奴の, 後は, 後晴賢, 御用で, 徳善院たいして, 心に, 心中彼は, 忙しい客, 快く別れ, 忽ち, 思入った, 怪訝そうである, 怪訝な, 恵瓊は, 情の, 愈々益々疑わざる, 感付いた, 憎々しく, 憎さげ, 我ながら, 折角の, 抜き身を, 持って, 提げて, 揮り, 支倉は, 数正の, 敵に, 文なし, 文字春は, 新三郎は, 新十郎, 日本に, 昆虫館主人は, 明かに, 昔の, 映画館や, 春琴は, 昨日婆さんに, 是は, 是非使え, 晩秋の, 更に, 曹丕は, 最う快い, 最後云った, 最後忌でも, 未だ油断, 本当か, 本当でしょう, 本当に何, 本音なり, 李は, 松井は, 松吉の, 松村は, 松田の, 松蔵は, 果してそうであった, 果してその, 柚木は, 柵は, 格別息子の, 桔梗様は, 検使は, 槙三は, 次には, 次の間で, 次男と, 正直な, 此度は, 武者之, 歩きながら, 殆ど間食を, 母が, 母は, 毬栗先生は, 気に, 気乗りせず, 永年そこで, 決してそんな, 沈痛であった, 法印は, 法水の, 法水は, 浮かり倉, 浮木の, 渋面を, 湯河は, 湯浅定仏は, 潜戸を, 為に, 熊城は, 片足の, 牛若は, 狄青は, 獄卒は, 甚太郎は, 甚蔵は, 甚藏さんに, 生憎掃き出し, 田月堂の, 田舎者十兵衛には, 男たる者の, 番頭は, 病人を, 白身は, 目論見の, 直ぐ低, 直接には, 直言葉, 相手は, 真淵, 眼の, 眼使いは, 知能が, 矩之丞の, 硝子戸の, 確かに, 祖父は, 私としては, 私も, 科学という, 科学の, 空を, 突然棚, 笑い出した, 紋太夫は, 細川の, 結局坐っ, 緋鯉の, 総司は, 美沢は, 老人は, 老女には, 老父は, 老蚕, 考えた, 考えて, 聞えなかった, 聞き入れられなかった, 能く, 腑に, 膝が, 自信が, 自分一人に, 舎人等の, 艶麗に, 若侍, 英子は, 茂八は, 茶店の, 菊太を, 藩兵は, 血の, 行き詰って, 要するに生れ故郷, 見馴, 言葉づかいは, 話頭を, 語尾は, 誰の, 讓の, 越前守は, 足を, 躊躇する, 身動きも, 返事の, 逸見多四郎当惑の, 遊ぶという, 遣手の, 重力は, 金も, 釣り込まれて, 鉄之進は, 長三郎は, 長吉は, 間もなく, 間もなく回復, 防人の, 陣十郎様という, 陶器師は, 集五郎には, 集五郎は, 雨の, 雨も, 電報も, 頭の, 額の, 顔には, 顔まけした, 顔付は, 風波が, 飲むと, 駿河守は, 鬼小僧は

▼ 云ったよう~ (632, 8.9%)

53 なもの 21 なこと 13 なわけ 10 な意味 9 な言葉 8 な, に 7 な心持 4 なところ, な事情, な形, な感じ, な気, にこの 3 なそんな, なものの, な事, な訳, な連中, にその, に彼, に覚え, に記憶

2 [28件] だ, だぜ, だった, でしたが, です, な一種, な人, な人達, な具合, な女, な工合, な態度, な日本, な有様, な様子, な次第, な気持, な点, な烈しい, な結婚, な美, な考え方, な規定, な運動, な顔, にも覚え, に聞こえました, に首

1 [396件] すであった, だったが, だな, だよ, であった, であったが, でございます, ですが, で心持, なああ, なあぶな, なあまりに, なかつて, ながさつ, ながらん, なこの, なこましゃくれたしかし, なそう, なその, なの, なのんき, なぼうっと, なまるで, なむずむず, なやり方, なアットラクション, なインスティチュート, なインテリ至上主義, なパラドックス, な一世一代, な一件, な不思議, な中産以上, な九州大名, な事件, な云い方, な云わないよう, な人たち, な人物, な人間, な仁態, な仕切, な仕草, な他, な位置, な低調, な何とも, な便宜的, な俤, な偏見, な偽, な傾向, な僕たち, な僻みだの, な全く, な全体, な内容, な内部的意識, な処, な出家, な利かぬ気, な剽軽, な助言, な勇士, な勧告, な区別, な口吻, な口実, な台所料理, な名前, な呑気, な呼吸, な哲学, な唯物思想, な商売, な問題, な場合, な声, な大, な大きい, な大勢, な失業問題, な妙, な娘, な存在, な季節, な宇宙論的, な完全, な実に, な寂し, な山小屋, な幅一尺五寸長二尺, な広告, な建物, な弱々し, な弱気, な張り紙, な当時一流, な役者, な微笑, な心理現象, な思い詰めた心持, な性質, な恐ろしい, な悪, な惨, な意気込み, な感, な感想, な憎い, な或, な打って, な按排, な挨拶, な文学的認識, な文献学, な昔, な時代, な有, な村人, な条目, な根本的, な極めて, な楽しい, な様々, な正常, な歩き方, な歪んだ形, な歴史的社会的存在, な段取り, な気振り, な気象要素, な気質, な気風, な消極的, な淋しい, な深い, な物, な物質的, な特徴, な犬塚, な状態, な狭い, な獲物, な理想的, な理由, な理窟, な瑠璃子, な男, な町, な異い, な盛ん, な直也, な真相, な眠たい, な瞹眛, な知恵, な社会学的思想界分布図, な神様, な科学, な程度, な種類, な筋, な精神教育, な紳士, な経緯, な美し, な考, な考え, な者, な至純, な芸術, な若い, な荒っぽい, な華美軟弱主義, な落ちつけない心持, な落着, な表情, な見当, な見当違い, な観念, な解釈上, な言葉丈, な言葉遣い, な記憶, な話, な話しぶり, な認識論, な誘惑, な語気, な誤った想定, な調子, な論鋒, な諸, な資格者, な賤, な質実, な趣, な軽い, な返事, な部分, な部屋, な酸味, な鈍重漢, な長閑, な間柄, な階級, な静か, な面, な面倒, な項目, な順序, な顔附, な類, な風, な飛んだ見込み違い, な食通, な馴, にあの, にあまり, にありのまま, にいくら一握り, にいちじるしい, にいつ, にいろいろ, にお, にお札, にごく, にさし当り, にさも, にじっと, にすぐ, にそれぞれ, にたしかに, にただ, につまり実在, になんだか, にね君, には, には専門的, にぶんなぐっ, にぽん, にまちがい, にもったいぶった, にものほし, にも又, によく, により, にわあ, にわたし, にウドン, にオーストリア学派, にシェストーフ, にスタイル, にピン, にマルクス主義社会科学, にモスク, にルネサンス以来, に一々, に一つ, に一億円, に一度, に一瞬仙介, に一般的, に一面, に三左衛門, に上坂さん, に之, に云った, に人生, に今にも, に今日, に他人, に会社, に何ん, に作家同盟, に俳優, に僕, に僕達, に先, に冷淡, に刑務所, に区別対立, に南さん, に単なる, に単に, に古い古い, に各々, に吾輩, に哲学, に哲学的範疇, に国家, に夕霞, に多分, に大きい, に夫, に夫人, に姉, に嫉妬, に学生, に定まった, に家持, に小説, に帰国, に幾度, に広範, に延長, に弱い, に必ずしも, に思え, に思えた, に思った, に思われた, に思われませんでした, に思想, に急い, に意味相互, に感じた, に感じられた, に戯曲, に所謂俳優, に手跡指南, に批評, に技術, に捨て身, に採炭坑, に撫で, に支倉さん, に数多, に文化勲章, に文学, に新, に新聞紙, に日本, に日本主義, に昔, に暴風雨, に木, に機械論, に歴史的, に歴史認識, に段々, に民藝品, に民衆, に民謡風, に決して, に流行品, に物理学者, に甘い, に生命現象, に痩せ, に盗まれた, に直接性, に直観, に相手, に真一, に真理, に砂漠, に神, に空間, に窓, に簡便主義, に精錬, に紀平博士, に結局, に統一的, に絶えず, に美濃紙, に老人, に考える, に聞えた, に自分, に自分自身, に自然発生的, に色々, に芸術家, に苦笑, に行動主義, に複雑, に親父, に観念, に誣いる, に誤解, に説明, に読者, に論理的, に谷川徹三氏, に貴下, に走り出しました, に遺産配分, に酔っぱらっ, に頸, に飽くまでも, に髭, に魔薬, に鼠取

▼ 云ったこと~ (318, 4.5%)

32 がある 17 があった 7 がない 6 のない, はない 5 もある, を思いだし 4 があります, である, はありません, もない 3 だが, ですよ, は, は本当, もありました, を思い出し, を覚え, を話し

2 [15件] から当然, がありました, が又もや却って, が気, でした, ですから, に間違い, はなかっ, は一度, は忘れない, は自分, をよく, を事実, を忘れ, を考え

1 [170件] かと思われる, かも知れない, からすぐさま, からそうした, から云わせれ, から大衆, から推測, があっ, があったでしょう, がありましょう, があるだろう, があろう, がかく, がこれ, がすでにもう, がその, がです, がなかっ, がはなはだ, がハッキリ, が一度, が不思議, が事実, が云いたい, が強く, が思い当っ, が明らか, が本当, が極めて, が無線係, が真, が肌寒い, が自分, が解っ, が途中, が通らない, が間違い, が面白く, くらい覚え, さえ忘れた, だ, だった, だったが, だとしても, って何, であった, でしょうか, です, ですか, では, で伸子, で察しられる, とその, とそれから, とはまるで, とは違う, とを併せ, ないじゃ, など, なども思い出した, など別に, など彼, など忘れ, なの, なら何, なん, に, についてはさほど, についてわたし, について深く, になります, には直接, には釜場, にもいま, にもその, によってたとい, によって已に, にハッキリ, に対してひそか, に相応, に聾者, ねそれ, ね普通, のほう, の中, の底, の抜き書き, の理, の目, はお前達, はただ心, はとどの, はどう, ははっきり, はみな, は一種, は云った, は伊良虞, は伸子, は何, は全く, は分ったろう, は名高い, は嘘, は少し, は当りました, は彼女, は後世, は恰も, は最善, は正に, は決して, は無論決して, は確, は私, は絶対, は興味, は近代, は逐一, もあった, もござろう, も一度, も伸子, も別に, も実行, も正しかっ, やその, や永安公司, よでも, わかって, を, をいさぎよく, をうまく, をおもい出し, をお浚い, をこの, をすぐ, をつくづく, をまた, をもっと, を云ってる, を何一つ, を信ずる, を具体的, を再びくり返し, を勿論, を含味, を大人, を宗矩, を少し, を必ず, を思い出しまし, を思い出す, を手前, を探り出した, を書いた, を焙る, を理解, を皆いつ, を真実, を知っ, を知った, を聞かされ, を記録, を話した, を話そう, を説く, 思い出しました, 覚えて, 間違って

▼ 云ったもの~ (249, 3.5%)

58 である 23 です 207 だが 6 がある 5 だから, だと 4 であろう, では 3 さ, だった, だね, でも, のよう 2 かと思われる, でしょう, ですから, ですが, ですね, と解せられる, はない, を感じた

1 [86件] か, かこの, かしら生, かと夢現, からはおよそ, から論理面, から連想, か不明, か狼藉, が, があった, が並列, が丸切り, が住ん, が庄三郎, が整然と, が最も, だこれ, だったでしょう, だよ, だろう, だろうと, であったが, であって, でありましょう, であります, であるが, であること, であろうそこ, でこれ, でございます, でした, ですけれど, ですねえ, でその, でね, で人間, で今度, で冥利, で実は, で最う, とは全く, とみえます, ともやや, とも取れる, と思え, と思われる, と推察, と解する, と解釈, なの, なん, にしよう, によってこの, に対しては外部的, に違い, の内, の方, はいない, はおそらく, はその, はやがて直ちに, はアカデミズム, は一つ, は他, は何時, は単に, は印象, は書籍一冊, は決して, は頽廃, もあります, もある, やハイ, らしい, を, を一式, を合掌, を大切, を尊重, を当然, を持った, を政治, を置き, を若し, を見せられた

▼ 云った~ (181, 2.5%)

3525 です 14 じゃない 11 ですか 7 だが, だろう 5 だから, だそう 4 だね, だよ, ですけど, ですよ 3 だと, ですが, ですもの 2 じゃあない, だけど, だけれど, だって, だろ, だわ, ですから, ですけれど, ですって, ですね

1 [27件] かね, じゃありません, じゃないです, じゃア, じゃ手遅れ, だがね, だけれ, だけれども, だし, だぜ, だぞ, だとさ, だな, だもの, だものオ, だろうという, だろうね, だ君, だ大きな, だ此畜生金, である, でしょう, でしょう腹, ですがね, ですそれで, ですのよ, ですわ

▼ 云ったので~ (148, 2.1%)

7 私は 2 女は, 宗助は, 来たの, 自分も, 話は

1 [131件] いね子も, おいなりさんに, おかみさん, おれは, かえって来た, げす峰公, これこれの, すけれ共, せき北町, そうと, そのままに, その拍子, その語, そら又, それが, それでは本当, それは, それを, それ以来, とにかく心, はじめてその, はる子は, ふり返っ, ほんとうに, みんなが, みんなも, みんな噴き出し, わざわざ縫った, わたくしは, コートを, ナアーンダと, 一同それに, 一同一寸黙っ, 一寸逃れを, 一言も, 三位殿は, 上った, 下婢が, 不可抗力の, 中川は, 二人は, 京助は, 今一度爆笑が, 仕方なく出, 他の, 令子は, 仲国は, 何う, 何にも, 何事かと, 侍が, 俯向い, 傍に, 僕は, 元観殿に, 六人は, 六郎走りかかっ, 刑事は, 勝次郎は, 半七, 又笑った, 周囲の, 圭子は, 地味な, 声も, 大勢が, 大喜び, 大悦び, 始て, 始めて, 嫌に, 子供だち, 宏子は, 宏子も, 実は義理, 察しられる, 小歌は, 小沢は, 左の, 師の, 平太郎は, 幼い滋幹, 弟は, 弾左衛門も, 彼も, 徳川殿はと, 惣八は, 戸を, 手間どり年末, 新子も, 殿は, 母親は, 気がついて, 決してそれ, 浪人大いに, 清吉も, 満座又, 滋幹が, 牧の, 獅子鼻は, 瑛子の, 番地は, 皆が, 皆んな笑っ, 皆立っ, 相談は, 秀吉は, 秀夫さんまで, 私が, 私や, 笑いは, 細君も, 結び掛って, 義王, 胤栄も, 自動車は, 芸者が, 藤蔓で, 親しさ, 許宣は, 誠太郎は, 談話に, 諸将, 買って, 車の, 軍議は, 連れの, 門衛は, 陳宮も, 青く澄んだ, 驚いて

▼ 云った~ (146, 2.0%)

15 いう 11 云って 7 云うの 6 ある, 思うと 5 云う 4 いうが, 云う事, 思って 3 思います 2 すれば, 云うが, 云うこと

1 [75件] あって, あります, いいなに, いうからな, いうでしょうあなた, いうならば, いうの, いって, いや何ん, お伝えする, お思い, きいたから, したらそこ, したらそれ, したら其奴, したら板倉家七千石, します, ほぼ同様, わざわざ余, ハガキよこしました, 云うと, 云うわけ, 云う医者, 云う哲学, 云う引証, 云う林町, 云う話, 云う養母, 云ったらそれ, 云っては, 云っと, 仮定します, 伝えられて, 反対に, 取って, 叱られますから, 同じく私, 同じこと, 同じ言葉, 同じ調子, 大笑いです, 女は, 小六は, 思いながら, 思う, 思うが, 思うエビ茶色, 思ったが, 思ったの, 思ったばかり, 思ったら引き込んだ, 思ったら急, 思ったら胴, 思っても, 思わざるを, 悟った津田, 批評らしい, 放送が, 申します, 看護の, 私が, 答えるが, 聞いて, 聞いては, 聞き及ぶ, 蒲生方では, 見えすいた嘘, 見えて, 見える余, 覚えて, 解し得るの, 解すること, 記して, 記憶する, 附け足した

▼ 云ったそう~ (136, 1.9%)

38 である 2926 です 11 だが 5 ですが 2 だね, ですから, ですね, ですよ

1 [19件] か男, じゃない, だから, だけれど, だぜ, だった, だな, だよ, で, であった, でこれ, でございますが, でござる, ですって, ですな, です上意, でそれ, でまた, なの

▼ 云った~ (131, 1.8%)

38 がいい 11 がよい, が適当 4 が当っ, が正しい 3 がふさわしい, がもっと, がよ, がよろしい, が中っ, が好い, が適切 2 がお前, がよく, が妥当, が早い, が早わかり, が本当, が正直

1 [28件] が, があったでしょう, がい, がこの, がじゃ, がずっとよく, がもっとも, がよかろ, がわかり易い, が似つかわしい, が似合う, が何だか, が内容, が可, が好く, が当たっ, が或は, が早道, が的, が相応しい, が穏当, が紳士, が視野, が通り, が適わしいよう, では, のピオニェールカ, の当人

▼ 云った~ (127, 1.8%)

9 がある 5 がない 3 があった, が気, もある, を妙 2 が本当, はありません, はない, もあった, もありました, を反故, を思い出した, を聞い

1 [85件] がおそろしく, がそのまま, がそんなに, がです, がほんとう, が一二度, が一度, が合点, が後, が明治以来事実, が此, が皆, が能, が貴方, が逐一, が非常, が頼朝, さえもう, さえ後, だけれ, であろう, でございますが, で云わない事, で今, で女中, として我々, とは多少, と訪問客, などは犯罪心理学, なら千世子, なんかを思い出す, にか, についてその, に就, に思い当ったら, に比較, に賛成, のない, の無い, はあります, はいまだかつて, はお, はがん, はほとんど, はまた, はみんな嘘, は云った, は全く, は冗談, は嘘, は変りゃ, は御座いませぬ, は微か, は既, は皆反故同様, は衝立, は適, もなけれ, も充分参考, も其の, も思い出した, も有る, も記憶, も道子, を, をくり返し, をすっかり, をその, を信じない, を其の, を出家, を取り消す, を口走り, を後悔, を得心, を思い出し, を愈, を本当に, を洩れ聞きました, を消し, を確め, を考えた, を聴衆全体, を覚え, を記憶

▼ 云ったところ~ (105, 1.5%)

3 でこの, でこれ, でそれ 2 でこんな, でその, でどうにも, で何, で所詮, で相手, で自分

1 [82件] か, から見る, が, が同じ, さえ感ぜられます, だ, でああ, であなた, であろう, でお前, でお前さん, でお話, でこいつ, でこう, でここ, でそんな, でそんなに, でたかが, でたぶん, でどう, でどうしてどうして, でどこ, でなおる, でなん, でぶち壊す, でもう, でわずか, でわたしたちの, で一番, で上, で上っ面, で上尾, で不良, で世間様, で中流家庭, で井深君, で人家, で今, で何ん, で作物, で個々, で全部, で判らない, で別に, で前髪立ち, で千差万別, で合点, で変わった, で大して, で大勢, で姉さん, で始まらない, で婆, で安い, で実際, で実験, で寝床, で既に, で月, で東京, で構図, で江戸, で測っ, で生徒たち, で男, で直ぐ, で矢張り彼, で知れた, で立派, で若い, で落ちぶれ, で誰一人, で面白, で馬, で黙っ, とちがった, に, に拠れ, に蒔い, のもの, はやはり, を斯様

▼ 云った言葉~ (105, 1.5%)

3 の意味 2 が, がいつ, であった, をもお前, を私

1 [92件] から心, がうねり, がおきぬ, がどこ, がどんなに, がなけれ, がぴんと, がほんと, が中条, が今, が壮助, が審, が忘, が思い出された, が本当, が案外, が気, が私, が箴, が胸, が重吉, が響い, だけが判然, だった, である, でした, でそんなに, で彼等農夫自身, で稍勢い, とが蘇っ, として受納, にこだわった, には動かされる, にも符合, に合点, に対してまたは, に対しても又, に対して矢代, に対して自分, に暗示, に私, のうち, の上, の手前, の真, の真実, の移り変り, の責任, はおお, はやはり, はヒットラー, は伸子, は夢, は普通, は正に, は決して, は虚言, もまた, もヨーロッパ, や他人, を, をいかにも, をこんな, をすぐ, をただ, をはからず, をはっきり, をふと, をまさか, をまね, をよせ集め, を叫び返した, を噛みしめる, を変改, を彼, を彼女, を忘れ去っ, を忠実, を思いだし, を思い出し, を思い出した, を思い浮かべました, を憶え, を手頼り, を母, を理解, を知っ, を繰返し, を聞い, を補足, を面白, を順序

▼ 云った通り~ (100, 1.4%)

5 だ, である 3 だが, だろう, であった, でしょう 2 ですが, なん, のこと

1 [72件] あのお歌, いつぞやの, かくされた科学性, この白井屋, この社会科学, この長い, して, しなかった, じゃ, じゃありません, じゃない, じゃなくっ, すでに全く新聞, その二人, その晩, その珍, だと, だわ, だ誰, ちゃんとこんな, ちゃんとし, ちゃんと滅, であるこの, でお, です, で夫, にし, にしたなら, にしねえ, になる, には中, に今日, に最初, ぬけ裏, ぬるぬるする, の世にも, の事, の始末, の寂寥, の文言, ほんの一瞬間, まだ秀吉, むしろ彼女, もうその, もう一遍, もう責めん, やがて西, やはり提灯, よ, をいつの間にか, をそのまま, を歩く, を残らず話し, を真面, を紙片, を話す, コツコツの, 全く暇, 全く素晴らしく美しい, 名探偵, 実際に, 小有天, 少しも, 或は自炊, 本当は文学, 正しさ, 歩いた道筋, 歩く時, 絶えず白い, 著しくそれ自身, 赤い葉, 飛んでも

▼ 云った~ (88, 1.2%)

3 お延, に, にはもう 2 であった, にもう, に彼, に私, はもう

1 [69件] お妻, お由羅, お雪, すら僕, その男の子, その隙間, その青年, でも, にお婆さん, にさっと, にはいたずら小僧, にはお, にはつくづく, にはモウ文三, には一層, には主人, には右衛門, には思わず, には情, には慶, には畦, には老, には譲吉, には貝十郎, には階子段, には飛び上りました, には首, にも隙, にゃア一つ長屋, にようやく, にアインシュタイン, にナオミちゃん, に亭主, に今, に他, に元, に初めて, に孔雀, に小野さん, に御, に断った, に机, に此, に津田, に総身, に静か, の事, の嬉し, の彼, の淡路君, の面影, の顔, の顔つき, は, はお, は何等, は完全, は間違っ, ふと見返る, やや得意気, よりも重吉, 何故別れる, 出て, 又, 又物, 同じ真理, 堅い棒, 明るい室, 漸

▼ 云ったから~ (72, 1.0%)

6 である 2 その通り, だった, です, もちろんぼく

1 [58件] あたしたちは, あたしは, ええ大事, おとなしく待っ, この次, して, じゃ, そう書い, それだ, それで, それでここ, たった二日っきり, つい持っ, であった, であろう, でござる, でした, でしょう, オレが, サア抜け, ドロボー君は, 丁度今日, 今に飯, 今夜後から, 今日は, 仕方が, 何でも, 何を, 信吉も, 僕も, 十日や, 喧嘩する, 堪らない, 墨染の, 大要的に, 妾は, 妾身支度を, 帰るかと, 帰る時刻, 当り前だ, 彼は, 持って, 断るの, 本当な, 来年の, 極りが, 概括的に, 毎日少し, 汝も, 狸の, 異議なく, 私たちは, 胸ぐらを, 貰ったまで, 貸して, 路三や, 迷惑じゃ, 面白いと

▼ 云っただけ~ (70, 1.0%)

27 では 6 だった 5 であった 2 である, でした, でその, なの

1 [24件] じゃ, だが, だという, だよ, であったが, でお, でございます, でさしも, でじっと, ですもの, でちっとも, でまた, で何, で何とも, で別に, で取り合う気色, で名, で孫伍長, で彼ら, で後, で自分, で重ねた両手, なん, らしかった

▼ 云ったじゃ~ (69, 1.0%)

30 ないか 12 ありませんか, ないの 4 ねえか, アない 2 アありません 1 ない, ないかと, アねえか, ア有り, 無いの

▼ 云った~ (61, 0.9%)

3 をし 2 で, です, なこと, なもの

1 [50件] がある, であったの, でまことに, で上, で居る, で私, で習字, なの, なり, な不平, な人, な佃, な俗説, な実利主義, な性質, な最も, な様子, な歩きっ振り, な私宛, な頭, になる, にま, にみんな, にも思えた, に何, に元気, に夢中, に武田, に気分, に節子, に簡単, に転転, に都合, に雀達, に風呂敷包み, のバラック建, の今, の兄, の女, の小説, の引, の態度, の本, の様子, の母, の気の毒, の眼使, の自分達, の軽蔑, の逼

▼ 云ったものの~ (59, 0.8%)

2 久慈の

1 [57件] あと五ツの, あの深, うすうす知っ, かれは, これは, しかし今, しかし千鶴子, その声, その実は, その男, それ以上お, ちょっと困った, どうやらその後, まだ改まっ, もうそれ, やはり弁才坊, よく考え, 一瞬の, 不思議そうに, 両方で, 五円あまりの, 他の, 代りに, 何んの, 僕は, 北村彦右衛門内心では, 千鶴子の, 右近丸には, 声は, 変な, 大して叱り, 女の, 嬉しそう, 室内の, 常陸介の, 彼には, 彼は, 後は, 心中ギクリ, 早く帰りたく, 松吉は, 殺された倅, 浪之, 浮木の, 熊城は, 片足の, 猪右衛門は, 用も, 番頭は, 直ぐには, 眼が, 立ち上った, 纏った本, 考え直して, 自分の, 藤兵衛は, 近寄ろうとは

▼ 云ったなり~ (50, 0.7%)

1 [50件] あとは, さっさと庭口, さっさと歩き出した, しばらく宗助, すぐ俥, すぐ向き直った, すぐ敬太郎, その後を, その手帛, ちょっ切り結び, であった, で済まし, またすたすた, また二人, また鑿, まるで息, やっと客室, 上から, 中味も, 二の句が, 兄は, 先方の, 出て, 博士らしく, 叔父や, 名刺を, 引き返そうと, 引き退がって, 往来の, 後を, 忙しそう, 忽ち姿, 息子と, 放って, 朱泥の, 枕元に, 洒然と, 津田を, 甲野さんは, 畏まった, 眉根を, 眺めて, 細君の, 藤尾は, 赤毛布と, 道也先生は, 長火鉢の, 首は, 驚いたよう, 驚いて

▼ 云った~ (49, 0.7%)

5 どうか 3 忘れたが, 知らないが 2 え, どうだ

1 [34件] あとは, いずれに, そういった, そこで, その理由, それが, それを, ただその小さな, どんな事, もっと詳しく, わからない内, わかりません, ハッキリ覚え, 仕たか, 何氏の, 全く前後不覚, 分らなかった, 分らなくなって, 判らないが, 名は, 御存じです, 手紙を, 男が, 知らねえが, 知らん, 知らんポヤポヤ, 知りませんが, 知れない勢い, 私は, 聞えや, 聞き取れない, 若い者, 藩士と, 風が

▼ 云った~ (49, 0.7%)

2 なもの, な事, な調子, にかなり

1 [41件] で有った, ないっそ, な三日, な女, な実に, な小さな, な小犬, な少し, な形, な御, な感情, な書物, な様子, な気, な緑苔, な訳, な顔, な風, に, にこの, にすれちがう, にその, にそれぞれ銘, にとりすまし, にはアッ, にまだ, に云っ, に云った, に何処, に停車場, に其名刺, に我々, に池, に深刻, に白い, に白昼世界, に自ら落第, に見返し, に譬え様, に野本氏, に鹽瀬

▼ 云ったきり~ (48, 0.7%)

6 だった 4 であった, 黙って

1 [34件] じっと子路, その場, だよ, である, でいつも, でどこ, でまた, で帰っ, で座っ, で暫く, で涙, で片手, で狭い, で茶店, で行っ, となり, なので, のろくさい手附, の挨拶, また盤面, また謹聴, もう顔, やはり黙っ, よくよく狼狽, ドンドン他, 一寸挨拶, 一旦とりあげた, 上れとも, 動いて, 又暫く, 噴き出しそう, 応じないので, 泣いて, 黙った

▼ 云ったという~ (48, 0.7%)

5 ような 4 話が 3 ことだ, のである 2 ことで, のは

1 [29件] こと, ことが, ことである, ことです, ことは, ことや, ことを, その布, なぜ春琴, のだろう, のも, ものさ, 事も, 云い方, 噂を, 大きなところ, 実際家, 方の, 最前胤栄から, 様子だった, 滑稽話が, 男だ, 程に, 記念から, 記憶しか, 話も, 話を, 返答を, 風で

▼ 云ったかと~ (37, 0.5%)

33 思うと 1 いうに, お尋ねに, 思うだろう, 思ったらそれ

▼ 云った~ (37, 0.5%)

5 がある 3 もあった, もある 2 の車, はなかっ

1 [22件] があった, が以前, が大使館, が数人, だあれ, だから, だって, だもの, でもなかっ, と地べた, の基督教精神, の姿, の言葉, の話, の顔立ち, はありません, はどんな, はロシア語, は久木男爵, は芥川龍之介氏, もある如く, もないだろう

▼ 云ったその~ (36, 0.5%)

2 言葉が, 言葉を

1 [32件] うどんであった, ことは, ことを, こまかい目, とき矢代は, 一つの, 一言に, 人が, 人である, 人に, 人自身も, 伝五郎, 作家が, 倉庫に, 名, 声の, 子は, 客間では, 宿命にも, 忠告の, 意図に, 模倣である, 熟睡を, 眼は, 神田の, 紳士の, 言葉その, 言葉に, 言葉は, 踏み込みの, 面が, 音が

▼ 云ったまま~ (34, 0.5%)

6 黙って

1 [28件] お叩頭, このとき, ごくり, さっさと受取, しばらくじっと打ち案じた, しばらく僕, しばらく考え, じっと庄吉, それからさき, である, で指, ばたばた茶の間, ひどく悄気, また元, また切れ, やっぱり眺め, やり出しそう, 動こうと, 又黙っ, 咳き入った, 尚も思案, 暫く塩野, 暫く黙っ, 立ちすくんだ, 笑おうと, 笑った, 黙った, 黙ったが

▼ 云ったとき~ (33, 0.5%)

2 にも, のあの, もう舌

1 [27件] きいて, この剛腹, その言葉, その響き, に, にお, には気, にも嘉吉, に俄, に彼, のすがすがしく, の母親, の浮気, の父, の連中, の重吉, はいつも, はおじさん, は実際, ふとその, ふと後, もう泰造, も室, 又三郎, 受ける一種, 多計代, 親しい応酬

▼ 云ったけれども~ (32, 0.4%)

1 [32件] お母さんが, これだけの, しかし彼, すこしもそれ, その眼, それが, それは, それ丈けしか, たかがこの, ついなん, よく一郎, ペムペルは, 二人とも, 二拾一挺ある, 僕は, 内心では, 千世子には, 善良な, 寄りも, 御妙ちゃん, 心持の, 早いからてね, 昨夜の, 検事は, 無理とは, 私ばかりは, 笑が, 芸術的には, 若し今日じゅう, 若旦那が, 誰れ, 阿部が

▼ 云った意味~ (31, 0.4%)

4 に於 2 に於ける

1 [25件] からし, からも物質的, がよく, が分る, が前, が十分, で, での存在, での神秘主義, でもない, でわるく, で単に, に於い, に近い, のもの, の一般的, は判るだろう, は教授自身, ばかりには響かなかった, も分る, を中心, を換言, を簡単, を表, を長々

▼ 云った~ (30, 0.4%)

3 で仕方

1 [27件] からこの, がぴたり, がやっぱり, が何, が別に, が受けねえ, でそういう, でそれ, でほんの, で余り, で別に, で吾, で土地, で多く, で夫, で愚図, で普通, で殆, で漱石, で真珠, で自然, によってつまり, による, による限り, のもの, の財産, はここ

▼ 云った~ (26, 0.4%)

2 で急, で自分

1 [22件] からどうぞ, から都合, すぐ西洋間, であんまり, ですぐ, でなぜ, でまた, でもまだ, で一つ, で傍, で廃せ, で弟, で彼, で気がついた, で沓脱, で貴方, で追いかける, で驚くべき, で麦藁, に, の検事, の男

▼ 云った~ (23, 0.3%)

1 [23件] がただ, が此, が決して, が近衛内閣, が釋迦, でそれ, でどの, でまだ, でルパン, で原名, で又, で国, で大抵, で小次郎, で捨てる, で水稲, で秀子, で私, などはどうしても, にちゃんと, に話, のブルジョア社会, を見る

▼ 云ったけれど~ (22, 0.3%)

1 [22件] あんまり度々だ, いつまでも, お前さんの, お島, それなり忘れ, それは, ほんとうは, 上っ調子の, 何だかわざとらしい, 余は, 厳しく母上, 又思い直した, 少しも, 巡査の, 愛せずには, 氷で, 物なんか, 私には, 私は, 紺の, 聞えません, 蕎麥の

▼ 云った~ (21, 0.3%)

4 違いない 2 しても

1 [15件] かかわらずわれわれ, した所, すぎない, ちがいない, ちがいなかった, ほかならぬ, 不思議が, 何が, 相違ない, 相違無い, 過ぎないすなわち, 過ぎないと, 過ぎなかったの, 違いなかった, 違ない

▼ 云ったのに~ (21, 0.3%)

1 [21件] あとで, あの何, あんたは, お前が, すっかり立腹, ちがいなかった, とうとうお, 信用し, 北原が, 多津吉, 女は, 嫌いに, 斯ん, 未だ眼, 気を, 無理は, 真紀子の, 私ども二人し, 貞之進は, 過ぎずそして, 関聯し

▼ 云ったとおり~ (18, 0.3%)

1 [18件] この辺, こんな日向ぼっこ, そのドン助, その解語, だ, であった, である, に, に爆発, のこと, はたして秘密倉庫, ほんとにホテル, をロシア語, を蒲原, 本当にこれ, 比較的閑散, 気難しいこと, 訴えて

▼ 云った~ (18, 0.3%)

2 とがまざまざ

1 [16件] ああ自分, が悲鳴, が通じた, さえ顫, であった, と見幕, には凄, の下, の方, の清らかさ, の調子, はまだ, は一寸, は十歳, は和田, もそれ

▼ 云ったこの~ (17, 0.2%)

2 言葉は

1 [15件] 団体に, 常識的段階から, 後の, 性質が, 抽象性こそが, 根本弱点に, 注意は, 点が, 男の, 立体的論理夫は, 第一, 結果の, 統一関係をば, 関係によっては, 頃の

▼ 云ったばかり~ (17, 0.2%)

3 である 2 では

1 [12件] であった, でいきなり, でお, ですもの, でちょっと, でどの, で伝蔵, で半, で斜め, で澄江, で起って, 素気なく

▼ 云った~ (17, 0.2%)

3 の言葉 2 の声

1 [12件] の待ち伏せ, の文体, の表情, の顔付, の風貌, はお, はこれら, はごまかす, はそれ以後禅, はたちまち, はまるで, は富塚

▼ 云った~ (16, 0.2%)

1 [16件] この某, その溝端, 云ったが, 十三郎, 右近丸で, 嘘だ, 易者という, 松屋に, 桔梗様で, 番頭であった, 私の, 若侍, 酒興の, 金無垢で, 附たり, 黒鴨である

▼ 云ったもん~ (16, 0.2%)

7 だから 3 です 1 だ, だが, だな, だよく, だ稲扱休み, で家

▼ 云った調子~ (16, 0.2%)

2 に千世子

1 [14件] が変っ, である, です, ですと, で一寸, で初め, で始めた, で少し, で彼女, で恬然, で軽く, で鏡, に思える, に明治

▼ 云ったあの~ (14, 0.2%)

1 [14件] お母さんを, もう一つ, 一刹那の, 声は, 娘の, 抽象力が, 男も, 舞台面は, 華々しい運動, 言葉な, 言葉などは, 言葉は, 調子で, 豪雨に

▼ 云ったとか~ (13, 0.2%)

1 [13件] いうので, この人, これは, そんな話, 云い, 云った由, 云わないとか, 伝えられるが, 伝えられ十歳, 兄さんと, 婆さんは, 芸者が, 視神経が

▼ 云った彼女~ (13, 0.2%)

2 の言葉, の顔 1 のこと, の挨拶, の顔つき, はお, はほとんど, は少し, は笑い出した, は腹の中, も二度

▼ 云ったあと~ (12, 0.2%)

1 [12件] いくらか麻川氏, からこんな, ころころと, で, でこれ, ですよ, で何, で彼, で田中, で須美子, は又, は熱い

▼ 云ったわけ~ (12, 0.2%)

3 では 2 じゃない 1 がわかる, じゃないです, だ, で茂兵衛, で運動, なん, になる

▼ 云った~ (12, 0.2%)

1 [12件] け, けな, け忘れた, け汝, け磯之丞さん, け美代ちゃん, てそれ, てよい, て今, て仕方, て余まり, て宜

▼ 云った~ (11, 0.2%)

3 延は 2 秀は 1 千は, 延の, 父上の, 珊は, 蘭の, 関にも

▼ 云った~ (11, 0.2%)

1 [11件] これからも, ほり余韻との, またただ, 信吉も, 家老は, 強弁の, 後の, 掃除を, 烏も, 病気を, 貴女が

▼ 云っただけで~ (11, 0.2%)

1 [11件] すでに多分, コーヒーと, 何とも答えなかった, 千世子は, 坐った, 大野順平は, 委しいこと, 帰って, 提灯の, 済むだろう, 良人の

▼ 云ったつもり~ (11, 0.2%)

2 でした 1 であったが, である, でしょうし, です, ですがね, で声, なのに, の声, らしかったが

▼ 云った~ (11, 0.2%)

2 ですが 1 だ, だが, だぜ, だよ, である, でござる, の伊部, の絵, よ

▼ 云った~ (11, 0.2%)

5 がある 1 があった, がいた, が多かっ, は多分, もありました, もおりません

▼ 云った自分~ (11, 0.2%)

2 の声 1 のことば, の境界, の妹, の履き, の心持, の研究, の言葉, は何, を思いかえした

▼ 云った覚え~ (11, 0.2%)

4 はない 1 がある, がない, なし, はありません, はないです, は断じて, もなし

▼ 云ったかも~ (10, 0.1%)

4 知れない 2 知れぬが 1 判らない, 知れませんが, 知れませんでした, 知れやしないこと

▼ 云ったんで~ (10, 0.1%)

1 ああそう, こいつ大変と, こんな処, さあね, 千世子は, 大きな声, 大笑, 母親は, 篤は, 自分は

▼ 云った~ (10, 0.1%)

1 に, にはこの, には御, には日本, には東京中, にゃあ, にゃまるで, にゃ学校, に又, のこと

▼ 云ったまで~ (9, 0.1%)

4 である 31 であった, でそうして

▼ 云った~ (9, 0.1%)

1 云ったら驚いて, 今度坊に, 今日祭る, 其の言葉, 女を, 小藤次, 湖西に, 狐でも, 痛いよ

▼ 云った様子~ (9, 0.1%)

1 が恐ろし, である, でそれでいて, で両, で伊代, で疲れ, なので, には出さん, を先刻

▼ 云った~ (9, 0.1%)

2 の言葉 1 が他, が総て, のお, の最初, の生涯, はまた, は此

▼ 云った~ (9, 0.1%)

1 が耳, であった, についで, に山西, の意味, も浮ん, をおもいだした, をそのまま, を思いだし

▼ 云った~ (8, 0.1%)

21 その時分, そら御前, 僕が, 大そう, 好いよと, 民弥さんか

▼ 云った~ (8, 0.1%)

1 が他, だ, に異存, の周囲, の声, の答, の詞, はまるで

▼ 云った感じ~ (8, 0.1%)

2 のする 1 がする, がだ, が一種, が彼, で全体, の

▼ 云った~ (8, 0.1%)

1 がある, じゃない, だね, の友達, の口調, の横面, の言葉, も僕

▼ 云った~ (8, 0.1%)

3 では 1 でも, でよんどころなく, で一ミリ, で小母さん, なん

▼ 云ったからと~ (7, 0.1%)

5 云って 2 いって

▼ 云ったとて~ (7, 0.1%)

1 ほんのそれ, 判ること, 秀子を, 私は, 跡へは, 軽蔑を, 通る画

▼ 云ったのみ~ (7, 0.1%)

5 である 1 でその, で何

▼ 云ったやう~ (7, 0.1%)

1 だ, ながらん, なもの, にすぐ, にだんだん, にも又, に思はれませんでした

▼ 云った夫人~ (7, 0.1%)

1 が十人, のけだかい, の前, の言葉, の顔, は急, は正面

▼ 云ったからって~ (6, 0.1%)

1 そう君, その風, 妾は, 怒らないで, 気を, 私まで

▼ 云ったことば~ (6, 0.1%)

1 がそれ, に対して光秀, はその, やそぶり, を思い出し, を思い出した

▼ 云ったそれ~ (6, 0.1%)

1 がどう, が綽名, にさえぞっと, は取り, は松岡君, もしっかり

▼ 云ったっけ~ (6, 0.1%)

1 お女中, が, そいつが, ポン太さんじゃ, 富士教団か, 巴の

▼ 云ったとき伸子~ (6, 0.1%)

1 に皮肉, ははじめて, はテーブル, は思わず, は素子, は自分

▼ 云った以上~ (6, 0.1%)

1 いくらか飲ませなく, そんな女給, どうも年造, はきっと, はやらない, 少しの

▼ 云った具合~ (6, 0.1%)

1 だ, であったらしい, でその, にこの, に各々, に骨

▼ 云った津田~ (6, 0.1%)

1 には固, の言葉, はそれ, は上, は自分, は言葉

▼ 云った理由~ (6, 0.1%)

1 からは何, によって子爵, によって感官, により君位, は理解, を云おう

▼ 云ったそんな~ (5, 0.1%)

1 かで一つ, 事とは, 覚えは, 言葉が, 風な

▼ 云ったため~ (5, 0.1%)

1 しがないじゃ, にかれ, に却って, に彼, に石

▼ 云っただけでも~ (5, 0.1%)

1 これは, 己の, 既にしかめっ面, 浅ましさ, 私の

▼ 云っただけの~ (5, 0.1%)

1 ことは, もので, 事なら, 云わば, 話だ

▼ 云ったとの~ (5, 0.1%)

1 ことで, ことであります, ことでした, 事を, 古い説

▼ 云ったとも~ (5, 0.1%)

1 あれは, いいます, それに, 分らない言葉, 私には

▼ 云った~ (5, 0.1%)

1 これ仮令, みんなうそさ, ア婆さんお前知っ, ア誰の, 全く猿

▼ 云ったほう~ (5, 0.1%)

2 がよい 1 が, が正しい, が適切

▼ 云った一言~ (5, 0.1%)

1 から偶然, でその, でもこの, で私, に刺される

▼ 云った~ (5, 0.1%)

1 であらためて, でまあ, で酒, は明, 何だこんな

▼ 云った二つ~ (5, 0.1%)

1 のもの, の学問性, の系列, の経済哲学, の言葉

▼ 云った~ (5, 0.1%)

1 じゃ足りない, であった, である, ではなかなか, のもの

▼ 云った~ (5, 0.1%)

1 の四五桂, の文化自身, の離れ島, はありません, は絶対

▼ 云った場合~ (5, 0.1%)

1 が最も, には多少, に私, の吾, の常識

▼ 云った工合~ (5, 0.1%)

1 で, であ, であった, です, に語尾

▼ 云った気持~ (5, 0.1%)

1 でこの, でした, にフラフラ, は自分, を経験

▼ 云った~ (5, 0.1%)

31 です, ですが

▼ 云った途端~ (5, 0.1%)

1 である, どんなこ, に, に扉, に突然

▼ 云った連中~ (5, 0.1%)

1 が急, が立脚, が非常, にこの, を招待

▼ 云った~ (5, 0.1%)

1 が急, には明, をしたぎり, をも順二郎, を今

▼ 云ったくせ~ (4, 0.1%)

1 に, にすたすた, にそんな, に私

▼ 云ったそして~ (4, 0.1%)

1 まるで気, やや暫く黙っ, 兇行の, 机の

▼ 云ったとかいう~ (4, 0.1%)

1 一寸見る, 事を, 些細な, 話が

▼ 云ったところが~ (4, 0.1%)

1 たちまち清泉, 久が, 信吉の, 田舎の

▼ 云ったには~ (4, 0.1%)

1 本当に恐縮, 相違ない, 笑いました, 面くらって

▼ 云ったにも~ (4, 0.1%)

1 せよ何故, 拘らず久慈, 拘らず折れた雪の下, 拘らず自分

▼ 云ったまんま~ (4, 0.1%)

1 その怒, どうしていい, カタカタと, 動こうとも

▼ 云った一つ~ (4, 0.1%)

2 の言葉 1 の剣法, の原理

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 うあっ, うも平常, かのこと, もアノ女

▼ 云った千鶴子~ (4, 0.1%)

2 の言葉 1 のその, の勝ち気

▼ 云った小林~ (4, 0.1%)

1 はすぐ, はひょいと, は手紙, は肝心

▼ 云った少年~ (4, 0.1%)

2 の声 1 で後, の言葉

▼ 云った時私~ (4, 0.1%)

1 がひどく, はしず, は大, は急

▼ 云った最初~ (4, 0.1%)

2 の言葉 1 のことば, の挨拶

▼ 云った本人~ (4, 0.1%)

1 の君枝, の屍骸, の弟, はだから

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 のいい, の言葉, の顔, は兄

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 から注意, から派生, はどう, をいつも

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 して, に王生, に貴様, に遣手

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 くばせを, のふち, の中, の涼し

▼ 云った瞬間~ (4, 0.1%)

1 からもう, にしかし, に山吹, の伸子

▼ 云った~ (4, 0.1%)

2 はない 1 はあるでしょう, はたしかに

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 がある, もしたい, をしたら, を宗助

▼ 云った~ (4, 0.1%)

1 問題は, 条件の, 科学間に, 経験を

▼ 云った限り~ (4, 0.1%)

1 のこうした, の段階, の連関, 実はフロイト

▼ 云ったかの~ (3, 0.0%)

2 ように 1 性格は

▼ 云ったからとて~ (3, 0.0%)

1 二人が, 何を, 私共少し

▼ 云ったくらい~ (3, 0.0%)

1 だ, ですから, なんだ

▼ 云ったじゃあ~ (3, 0.0%)

2 ありませんか 1 ないの

▼ 云ったとは~ (3, 0.0%)

1 到底思われない, 思えない, 思われぬ

▼ 云ったなと~ (3, 0.0%)

1 云うと, 後悔した, 思った

▼ 云ったに対して~ (3, 0.0%)

1 一葉は, 否実は誰, 山川

▼ 云ったねえ~ (3, 0.0%)

1 ふん青い, わたしも, 僕は

▼ 云ったほど~ (3, 0.0%)

1 太郎の, 忠実に, 激しい性質

▼ 云った一種~ (3, 0.0%)

1 の生物主義, の私的, の秘密境

▼ 云った伸子~ (3, 0.0%)

1 にどんな, のうすい, のこころもち

▼ 云った兄さん~ (3, 0.0%)

1 の心, の言葉, は急

▼ 云った光君~ (3, 0.0%)

1 の言葉, は心, は恐れる

▼ 云った其の~ (3, 0.0%)

1 声と, 本統の, 笑顔の

▼ 云った叔父~ (3, 0.0%)

1 とに大いに, はあの, は無言

▼ 云った哲学~ (3, 0.0%)

1 が統一的, の文学的性質, や文学

▼ 云った~ (3, 0.0%)

1 が記憶, なり, の人

▼ 云った~ (3, 0.0%)

1 がこの, の一種, の眼

▼ 云った~ (3, 0.0%)

1 が有っ, に是, の面付

▼ 云った~ (3, 0.0%)

1 供は, 兵衛の, 船渠の

▼ 云った~ (3, 0.0%)

1 が道灌山, の中, の方達

▼ 云った恰好~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の女

▼ 云った種類~ (3, 0.0%)

1 の区別立て, の気休め, の説明

▼ 云った表情~ (3, 0.0%)

1 が彼女, で小さい, で笑っ

▼ 云った阿賀妻~ (3, 0.0%)

1 はながく, は常, は熊笹

▼ 云った顔つき~ (3, 0.0%)

1 で, で再び, をなすっ

▼ 云ったあんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 顔を

▼ 云ったいい~ (2, 0.0%)

1 え痛い, ものは

▼ 云ったおら~ (2, 0.0%)

1 あ当番, も云っ

▼ 云ったお隣~ (2, 0.0%)

1 の奥さん, の次男

▼ 云ったからにゃ~ (2, 0.0%)

1 ア俺も, ア止める

▼ 云ったきり何~ (2, 0.0%)

1 も云いませんでした, も云わない

▼ 云ったきり口~ (2, 0.0%)

1 を噤ん, を噤んだ

▼ 云ったぎり~ (2, 0.0%)

1 だったが, で普通

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 えおれ, えアレマアわれ

▼ 云ったけど~ (2, 0.0%)

1 少女時代を, 気の毒だ

▼ 云ったこれ~ (2, 0.0%)

1 がかがみ, は不思議

▼ 云っただから~ (2, 0.0%)

1 有るもの, 謝ってるじゃ

▼ 云っただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, 局外者には

▼ 云ったっきり~ (2, 0.0%)

1 のろい手つき, 今にもそこ

▼ 云ったときあなた~ (2, 0.0%)

1 なんと云った, も笑っ

▼ 云ったとき私~ (2, 0.0%)

1 は何だか, は変

▼ 云ったとしても~ (2, 0.0%)

1 何等愛, 千鶴子に

▼ 云ったとたん~ (2, 0.0%)

1 にいきなり, に彼

▼ 云ったなあ~ (2, 0.0%)

1 ゆんべが, 悪かった

▼ 云ったなど~ (2, 0.0%)

1 いう付会, 云うほど

▼ 云ったのう~ (2, 0.0%)

1 うむ下河原清左衞門, ウン富五郎か

▼ 云ったばかりじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ 云ったばかりに~ (2, 0.0%)

1 尼僧の, 開いた眼

▼ 云ったばかりの~ (2, 0.0%)

1 有様を, 薫の

▼ 云ったふう~ (2, 0.0%)

1 な女たち, に顔

▼ 云ったほどの~ (2, 0.0%)

1 煩悶が, 美くし

▼ 云ったまでの~ (2, 0.0%)

1 ことである, ことです

▼ 云ったまま彼~ (2, 0.0%)

1 は執拗, は奇妙

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 止めませんと, 知ってるか

▼ 云ったルパン~ (2, 0.0%)

1 はこの, は書記

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 だよ, でその

▼ 云った主人~ (2, 0.0%)

1 が政宗, はやや

▼ 云った人間~ (2, 0.0%)

1 で外した, は例外

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の私, の言葉

▼ 云った何故~ (2, 0.0%)

1 に家庭, の失望

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の一言, の方

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の意味, の顔

▼ 云った分析~ (2, 0.0%)

1 が予め, や公式

▼ 云った友達~ (2, 0.0%)

1 がいる, の言葉

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 うらから, から腹

▼ 云った口調~ (2, 0.0%)

1 で変, をその

▼ 云った同じ~ (2, 0.0%)

1 口で, 言葉を

▼ 云った和尚~ (2, 0.0%)

1 がある, の言葉

▼ 云った地方~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 なこと, な言葉

▼ 云った女中~ (2, 0.0%)

1 がある, の言葉

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 な事実, な洋杖

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 云った孔子~ (2, 0.0%)

1 の口調, の声

▼ 云った宗助~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はこの

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 がある, の詞

▼ 云った巨頭連中~ (2, 0.0%)

1 の中, はそんな

▼ 云った常識~ (2, 0.0%)

1 に就い, の弁証的本質

▼ 云った当人~ (2, 0.0%)

1 の窪川いね子, は確か

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 だった, で斯様

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 人である, 米の

▼ 云った忠告~ (2, 0.0%)

1 の言葉, も忘れ

▼ 云った性質~ (2, 0.0%)

1 だったもの, でしょうね

▼ 云った怪しい~ (2, 0.0%)

1 詞が, 詞を

▼ 云った拍子~ (2, 0.0%)

1 に少し, に私

▼ 云った時一人~ (2, 0.0%)

1 の侍, の手

▼ 云った時今~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, まで向う

▼ 云った時代~ (2, 0.0%)

1 から竜池, の政治科

▼ 云った時余~ (2, 0.0%)

1 ははち切れ, は彼

▼ 云った時兄~ (2, 0.0%)

1 はチョッキ, は急

▼ 云った時分~ (2, 0.0%)

1 から伝統的, に稍

▼ 云った時南玉~ (2, 0.0%)

1 がことこと, の表口あたり

▼ 云った時嫂~ (2, 0.0%)

1 はただ, はにっこり

▼ 云った時廊下~ (2, 0.0%)

1 に忙しい, に足音

▼ 云った時彼~ (2, 0.0%)

1 の腹, はかすか

▼ 云った時深雪~ (2, 0.0%)

1 が水, は懐

▼ 云った時自分~ (2, 0.0%)

1 は不意, は客

▼ 云った有様~ (2, 0.0%)

1 であった, でそっけ

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の日, の瞬間

▼ 云った段階~ (2, 0.0%)

1 から前進, の商品化

▼ 云った法水~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 の手前, の言葉

▼ 云った物音~ (2, 0.0%)

1 に余, も此

▼ 云った特殊~ (2, 0.0%)

1 な生産技術, の感情

▼ 云った現象~ (2, 0.0%)

1 には或, は正当

▼ 云った生活~ (2, 0.0%)

1 は自由, や意欲

▼ 云った甲斐~ (2, 0.0%)

1 は, は微笑

▼ 云った甲野さん~ (2, 0.0%)

1 はようやく, は洋卓越

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 がピカピカ, の色

▼ 云った秀子~ (2, 0.0%)

1 は仲, は実に

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 であった, の男

▼ 云った積り~ (2, 0.0%)

1 がどう, なれどや

▼ 云った考え~ (2, 0.0%)

1 から真直, を持っ

▼ 云った証拠~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の紙札

▼ 云った途端がらん~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 云った通り僕~ (2, 0.0%)

1 はお, もその

▼ 云った通り私~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はむしろ

▼ 云った通り統制~ (2, 0.0%)

1 は実は, は常に

▼ 云った通り自分~ (2, 0.0%)

1 の名前, の魂

▼ 云った邦夷~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の語尾

▼ 云った青年~ (2, 0.0%)

1 であった, の顔

▼ 云った顔付~ (2, 0.0%)

1 で疾く, で身体

▼ 云った~ (2, 0.0%)

1 だから, を私

▼1* [1005件]

云ったああいう些細, 云ったあげく魂かえす反, 云ったあたりなかなかの, 云ったあたり此時代の文章, 云ったあと寄進をした, 云ったいつでも動い, 云ったいまは家督, 云ったいろいろのこと, 云った短慮功を, 云ったおかしなものを, 云ったお前に会う, 云ったお可久の, 云ったお玉の少し, 云ったお礼を兼ね, 云ったお金さんの結婚問題, 云ったかが問題だ, 云ったかということが, 云ったかについてはもちろん説明, 云ったかは瑠璃子に, 云ったからさその女, 云ったからとも云う説, 云ったからなど云いごたつくこと, 云ったからには七内様で, 云ったからはどうでも, 云ったきいきい軋むよう, 云ったきりあと幾度すすめても, 云ったきりそちらを見よう, 云ったきりぼんやりして, 云ったきりみんなぶすっとし, 云ったきりロシア流にひとさし指, 云ったきり一冊しか出さない, 云ったきり二人は暫く, 云ったきり其処につっ伏し, 云ったきり呆気にとられてる, 云ったきり唖のよう, 云ったきり外の話, 云ったきり妙子は笑い, 云ったきり妻は石, 云ったきり彼女が答案, 云ったきり後を云わない, 云ったきり御飯をかき込む, 云ったきり涙をぽ, 云ったきり湯河は下, 云ったきり溜息をついた, 云ったきり父は堅く, 云ったきり相手は唇, 云ったきり私は彼等三人, 云ったきり私たちから離れ, 云ったきり話をつづけよう, 云ったきり賛成も批難, 云ったきり遠慮深そう, 云ったきり顔も上げない, 云ったぎりしばらくは涙を呑んだ, 云ったぎりで毬はとうとう, 云ったくるりと背後, 云ったけれどもね僕なんか, 云ったこう云ったそれ, 云ったこういう物質に, 云ったここでムービー, 云ったことそこから六十二万石, 云ったことその他を思いかえし, 云ったことそれでいろ, 云ったことみんなのはじめ, 云ったことア水街道の麹屋, 云ったこと君の胸, 云ったこと戦争に関するもの, 云ったこれ以上に具体的, 云ったこれ程じゃア, 云ったころから場内, 云ったこんな言葉を, 云ったごく通り一遍な, 云ったじゃァありませんか, 云ったすると米谷が, 云ったワア, 云ったぜいたくな書物, 云ったそのものが在る, 云ったそれでついという, 云ったそれらの人々, 云ったそれ膚合の合わない, 云ったたぐいの家々, 云ったっきりわたしは何, 云ったっきり千世子の手, 云ったっきり縁側に腰, 云ったっけが間に合わねえから, 云ったっけと己は, 云ったっけなア助け, 云ったっけね姉さんまア, 云ったえましたぜ, 云った事が, 云ったとあるのは, 云ったとおりおれが盗ん, 云ったとおりどじょうを捕る, 云ったとおり乱暴者ではある, 云ったとおり代数の国, 云ったとおり何もない, 云ったとおり僕は庵主さん, 云ったとおり机の上, 云ったとおり蝸牛が盥, 云ったとおり謎の答, 云ったとおり風にひるがえっ, 云ったときお母様はすき, 云ったときすべてが氷解, 云ったときふうと息, 云ったときオヤどなたかいらッしゃるんですかと, 云ったときキリストはマリア, 云ったときマリア・グレゴーリエヴナはひどく, 云ったとき三島がまた, 云ったとき不意に脱された, 云ったとき世界の随分, 云ったとき今の安心, 云ったとき何てがんばった, 云ったとき俄かに入口, 云ったとき俊斎はもう, 云ったとき同行の記者三名, 云ったとき大隅の脳裏, 云ったとき天守の千本廂, 云ったとき夫人の曇っ, 云ったとき家へかっ, 云ったとき山岸は笑っ, 云ったとき岡田は禿げかかった, 云ったとき廊下の方, 云ったとき彼が薄笑い, 云ったとき彼女の張り詰めた, 云ったとき東野が足, 云ったとき河村は突然, 云ったとき私たちに感じられる, 云ったとき自分の思いつき, 云ったとき襖の向う, 云ったとき貴方はゆとり, 云ったとき辻永は襲われた, 云ったとき連の女, 云ったとき重吉はいきなり, 云ったとき青年の意識, 云ったところばかに気, 云ったところ父親は学問, 云ったとしてある, 云ったとたん一二秒でワー, 云ったとたん陶器師は立ち上がった, 云ったとばかり思ったがな, 云ったとやらで夫, 云ったとよ子の云い, 云ったどういう必要に, 云ったどころじゃありません, 云ったなぞと巧, 云ったなどとは考えない, 云ったなにが身分, 云ったなり一人で先, 云ったなり物をも云わず飛び出し, 云ったに対し母が, 云ったのち天井を振り仰ぎ, 云ったのみで問い返さなかった, 云ったはずだ, 云ったひじょうな高湿度だ, 云ったひとだ, 云ったひとことがパリ, 云ったほかには何, 云ったほかのけものはとる, 云ったほどにも拘らず天下, 云ったぼんやりした感嘆, 云ったまず場所と, 云ったまだあの女, 云ったまったくこのうち, 云ったまではよかった, 云ったままどこか鳥, 云ったままサッサと出, 云ったまま一週間死なないで, 云ったまま二分間ほど黙っ, 云ったまま二階に上っ, 云ったまま人形を抱い, 云ったまま仕事に出かけました, 云ったまま入口からさす, 云ったまま叔父はそれ, 云ったまま口をぼんやり, 云ったまま奥へ這入っ, 云ったまま妻は駭, 云ったまま宗近君, 云ったまま宗兵衛は黙っ, 云ったまま小六はすこし, 云ったまま少時考えたが, 云ったまま帽子に手, 云ったまま後の語, 云ったまま教室の中, 云ったまま槙三はまた, 云ったまま河岸のコンクリート, 云ったまま父の肩, 云ったまま眼を, 云ったまま紋太郎は尚, 云ったまま緑色の大浪, 云ったまま老人に返却, 云ったまま裁縫をし, 云ったまま赧らみの加わった眼もと, 云ったまま躊躇して, 云ったまま返辞をしない, 云ったまま顔を見合せ, 云ったまんま光君は静, 云ったまんま目をつぶらない, 云ったむずかしそうな, 云った同然で, 云ったもう一つの, 云ったもとの同僚, 云ったやり方である, 云ったよし己が, 云ったよと澄まして, 云ったよりもっと威勢, 云ったたしかに, 云ったわてほんまに, 云ったわね一度会わせ, 云ったんざます, 云ったんでねそれを, 云ったアベラルドゥスに倣った, 云ったイギリスの作家, 云ったイデオローグから引い, 云ったイデオローゲンの仕事, 云ったガータロのいる, 云ったクリティシズムの形態, 云ったゲーテの言葉, 云ったゴットフリートの, 云ったシテ見ると, 云ったジョッブの心持, 云ったスポーツマンシップの, 云ったソフィスト式独善主義だったから, 云ったソヴェトの場合, 云ったタワーリシチであるという, 云ったダーリヤの言葉, 云ったデモクリトスの原子論, 云ったトルストイの言葉, 云ったナオミの口調, 云ったニュートンの偉大さ, 云ったニーチェのにがにがしい, 云ったあの露子さん, 云ったハクスレーの言葉, 云ったバテレンの予言, 云ったフランスの文化擁護作家大会, 云ったフロオベルの剣先, 云ったブルジョア哲学的常識の破片, 云ったブルジョア新聞のこの, 云ったプリテンション・プリンシプルの真摯さ, 云ったヘブライ思想に先立っ, 云ったヘーゲルの言葉, 云ったマークの生, 云ったムウニッヒを過ぎ, 云ったモザイクの油絵, 云ったヨシツネさんの気持ち, 云ったルイ十四世のよう, 云ったロマン・ロランの真実, 云ったヴァレリイの言葉, 云ったヴォルフがその, 云ったはすぐ, 云った一ノ関の眼, 云った一人の客, 云った一人ごとも歌声, 云った一分の隙もない, 云った一切のこと, 云った一定の諸, 云った一時であった, 云った一枚の障子, 云った一番長生の白髪頭, 云った一種妙な心持ち, 云った一種病的な天才等, 云った一般的な構造, 云った一郎右衛門は眼, 云った一間幅の廊下, 云った三千代は少し, 云った三島康夫氏などもここ, 云った三時になる, 云った三百の例, 云ったの血痕, 云った下女は津田, 云った確定性の, 云った不思議な生活, 云った与五郎さんかね, 云ったすね人, 云ったに小, 云った中国筋の薫, 云った中国革命の進行, 云った中川青年のこと, 云った丸多の話, 云った水, 云った主君邦夷の言葉, 云った主税の声, 云った之等の小, 云った乙女とが一方, 云った乳母は前, 云った予言はここ, 云った事実も亦, 云った二三人の年増, 云った二十一日の朝, 云った二国の相違, 云った五つ違いの娘, 云った五十ばかりのお, 云った人々である, 云った人声に葉裏, 云った人民戦線という政治思想的, 云った人自身その言葉, 云った仁右衛門が僧, 云った今日に於ける, 云った仏蘭西の小説家, 云った仕方がない, 云った代表関係を意識的, 云った代議士の相貌, 云った令嬢でなくては, 云った以上ホテルの外, 云った会社員の顔, 云った位いでは日本, 云った佐兵衛どんの兄貴, 云った何分宅の, 云った余りにも自信, 云った余輩とはよく, 云った作家達を私, 云った侍従をも撲りつけ, 云った保子の態度, 云ったの名, 云ったが家, 云ったの句, 云った偉い人間が, 云った僅かな注意書, 云っただ, 云った儘母の方, 云ったは櫻井, 云った兄弟のよう, 云った充実した生活, 云った先祖の人物, 云った先見の誇り, 云った先輩の詞, 云ったき性, 云った八瀬人などと同じ, 云った八郎はぶるぶる, 云った公的規模の出来事, 云った六つの解釈, 云ったはすぐ, 云った其瞬間彼は其後, 云った兼公はあ, 云った内容である, 云った内部的批評と外部的批評, 云った内部矛盾の運命, 云った再び叔父の, 云った冷静という言葉, 云った処さかりに緋葉, 云った処長秀戦うべき場所, 云った出版の情況, 云った分科された生産目的, 云った切りである, 云った切り蓋を閉じた, 云った利平は先刻, 云った制作方法に対して最後, 云った刹那くるりと, 云った刹那夫人の美しい, 云った刹那庄吉が, 云った刹那父の二つ, 云った前書きがあり, 云った動機が十分, 云った勘弁しろよう, 云った勤め場所なり, 云った北川すみ子なの, 云った医学士の言葉, 云った医師の言葉, 云った医者の言葉, 云った十ヵ条と武蔵, 云った千世子の心, 云った円形を, 云った半之丞が何気なく, 云った単行本のシリイズ, 云った危機が或, 云った原さんの言葉, 云ったな顔, 云った友だちも驚いた, 云った友人も笑い出した, 云った反対者にばかり見出される, 云った反抗に美, 云った取持ちがエロ, 云った口紅頬紅の嫌味, 云った古き衣に, 云った古人はこの, 云った古代的な, 云った古諺である明治時代, 云った台詞の意味, 云った台辞を云う, 云った各種の文化的自由主義, 云った吉田だけのこと, 云った呉羽の態度, 云った命令が実行, 云った和泉屋の若旦那, 云った哲人の言葉, 云ったの花, 云った喧嘩の, 云った唯物論と同列, 云ったと悪, 云ったは本当, 云った四十の歳, 云った四十五六の情夫, 云った亡びて, 云った国家による信任, 云った国木田という家, 云った国粋ファシストの道徳意識, 云った国際問題等に興味, 云った地精よいそしめ, 云った地蔵様へ参詣, 云った坂田が己, 云った坂田礼之進氏, 云ったを連れ, 云った垣巡りと云う, 云った基経はまさか, 云ったの頬, 云った場所から現れた, 云った塩梅でいろいろ, 云った塩梅これが曲者当人, 云った声調である, 云った変換を適当, 云った変装を終る, 云った外務省の虫, 云った外国の詩, 云った外国人がある, 云ったな尻, 云った大きな意味に, 云った大島の知らず, 云った大通は幸田露伴氏, 云った天狗猿博士の乾分, 云った天風は小さな, 云った太刀洗いの池附近, 云った女の子の声, 云った女優が撮影中, 云った女君は自分, 云った女郎でございます, 云った如くに大和, 云ったの声, 云った姿なり, 云った娯楽は取り, 云った婆さんの謎, 云った婦人が一人, 云ったかしい中年増, 云ったはその, 云ったもあれ, 云った子供の自分ら, 云った子爵令嬢と青年, 云った子規が自然科学, 云った存在からの哲学的分泌物, 云った孝太郎はこの, 云った学問性を獲得, 云った学士の瞳, 云った学生は一人, 云った学生達からも無論, 云った安心さがあった, 云った宗教的感情などというしろ, 云った定位問題とは一応, 云った実質的合目的性は到底, 云った実際彼は, 云った客観的現実とは一応, 云った宮戸座の時, 云ったがある, 云った家庭の雰囲気, 云った宿はずれの崖, 云った富子の方, 云ったそうな, 云った対手の温, 云った小夜子を見縊った, 云った小川の声, 云った小平の声, 云った小店員がその, 云った小説の插画, 云ったせえ, 云った少女に苦しめられた, 云った尺八のはなし, 云った居酒屋を見つけ, 云った山々上高地や奥白根, 云った山川均氏や青野季吉氏, 云った山田からは音沙汰, 云った岡引の松吉, 云った岡部の言葉, 云った島左近がただ, 云ったの上, 云った工場倶楽部内の文化活動, 云った左翼にぞくし, 云ったきな, 云った巫女の言葉, 云ったの詞, 云った帆村は急, 云った平山の声, 云った平岡は急, 云った平田殿が来た, 云った年配婦人の淋し, 云った幸子もこの, 云った幸福に似た, 云った幾十幾百の螢, 云った広範な意味, 云った府立一中の生徒, 云った度胸のひと, 云ったがあるだろう, 云った建築敷地の板囲い, 云ったも必要, 云った弧線とか曲線, 云った彼等は更に, 云った後急にまた, 云った後憮然として自分, 云った後豚のよう, 云った微細構造を有, 云った心持だ, 云った必要を最もよく, 云った思いが微塵, 云った思想警察という洞窟, 云った性分が妾, 云った性格というもの, 云った性格上の動機, 云った怪事件の内容, 云った恒雄に対してであった, 云った恨みが今, 云った悪い事を, 云った悪口が子供, 云った悲劇喜劇のなか, 云った悲壮な恍惚, 云った想定に基い, 云った愁いげな松濤, 云った意見を用いねえ, 云った感情が十字, 云っただ, 云った慎一の言葉, 云った憂鬱感に対して主として, 云った憑着心理を知っ, 云った我々の標語, 云った戸田老人の言葉, 云った所以が之, 云った所定次郎は本人, 云った所左門奴頑固に断わった, 云った所謂道徳家から見, 云った扇女の言葉, 云った手前今さらしかし, 云った手堅い巴里新聞の, 云った手順を経, 云った才能もある, 云った批評は主, 云った批評家もありました, 云ったにギリギリ, 云った挙国一致的進歩の観念, 云った揚句ようやく五度目位, 云った揚句今日はいかん, 云った摂津大掾, 云った擬似アカデミシャンはその, 云った支倉と云う, 云ったは発作みたい, 云った政治という言葉, 云った政治的組織とは直ちに, 云った教育統制の効果, 云った敬太郎は定め, 云った数々の憎らしい, 云った数学と世界観, 云った数年前天城を越す, 云った数語の上, 云った文化という事, 云った文化全般に及ぼす, 云った文化内容が新しく, 云った文句や本, 云った文学主義の一亜種, 云った文学者や文化哲学者, 云った料理人スムールイの言葉, 云った断面に接する, 云った新しい意味での, 云った新九郎は俯, 云った新聞紙格にかかわる, 云った方丈だと, 云った旅僧の姿, 云った日比谷や芝離宮, 云った日米戦争未来記が市場, 云った明日夕景山三郎が参る, 云ったには多分, 云った是非必要だ, 云った時あたりが急, 云った時あなた方は決して, 云った時それを耳, 云った時むっともしたし, 云った時デュムーチニは直ちに, 云った時ハタハタハタハタと羽音, 云った時ワーリャが訊く, 云った時三千代は濡れた, 云った時中江の眼, 云った時事性というもの, 云った時二三人の足音, 云った時以来人にきかれた, 云った時佃は神経, 云った時僕は始め, 云った時和田が急, 云った時奥の方, 云った時女はぱたり, 云った時女中が, 云った時妻は愛想, 云った時少年の咽喉, 云った時帯の間, 云った時彼女は胸, 云った時微妙な一種, 云った時戸を開け, 云った時手本などを貸し, 云った時手近の所, 云った時斉彬は顔, 云った時昨夜総がかりで作った, 云った時智凡尼が入っ, 云った時木柵のところ, 云った時末法万年余経悉滅弥陀一教利物偏増の道理, 云った時武蔵燭台をとっ, 云った時氏郷が大, 云った時津田は思わず, 云った時火の番小屋の中, 云った時焔のよう, 云った時爪が外れ, 云った時父は, 云った時田口の唇, 云った時矢島さんは秀男, 云った時秋子はまた, 云った時草の上, 云った時菅子がそこ, 云った時薬をのん, 云った時血が出た, 云った時襖が開い, 云った時計をなく, 云った時車の上, 云った時長屋の外, 云った時雁が啼い, 云った時馬上の武士, 云った時駕屋が向う鉢巻, 云った晩山田の主人, 云った普遍絶対の原型, 云った書生は急, 云った最少限度の二十分, 云った最後の現象, 云った朝野の巨頭連, 云った朝鮮行きもどんな, 云ったに昔, 云ったが置い, 云った本当の意味, 云った本心がわかった, 云った本質の諸, 云った村上の言葉, 云った東野はもうこ, 云った果たして三日と, 云った果物屋の主婦さん, 云ったさ, 云った根本的な無理, 云った森垣幸右衛門という人, 云った検討を心, 云ったで, 云った概念は大衆, 云った様々な思い, 云った権力のその, 云った機会と望み, 云った機械論ではあり得ない, 云った機械論的な取り扱い方, 云った次には腰, 云ったの趣, 云った歌ちゃんの詞, 云った歌女代の言質, 云った正二の表現, 云った正方形がいわゆる, 云った正木博士の言葉, 云った正直者の知人, 云った武具室の方程式, 云った武家の娘, 云った武家たちの意気, 云った歯ぎれのいい若いおかみさん, 云ったんど, 云った母親の声, 云ったの論稿, 云った氏郷の言, 云ったをつけろ, 云った気もちになれる, 云った気分的自由主義と社会的, 云った気持ちが切, 云った気鬱症の娘, 云った水上氏の死, 云った水準のもの, 云った水音で振り, 云った汝一人で縱, 云った江戸児のお嬢さん, 云った法海禅師の詞, 云った津田君の言葉, 云った浅田の言葉, 云った浜田の声, 云った浪江という娘, 云った浴衣の胸, 云った深い考えは, 云った清吉の顔, 云った清水は何時の間にか再び, 云ったらし, 云ったも案外, 云った源太の言葉, 云った準之助氏の言葉, 云った漱石の諷刺, 云った激しい気持ちに, 云った瀧川左京と云う, 云った点全身的に感じた, 云った烈しい痛みな, 云った然諾を拙者, 云ったと力量, 云った熱情のない, 云った父親らしいまとまった考え, 云った爾来佐助は, 云った物理的測定の立場, 云った特権は論外, 云った特異な点, 云った特色を之, 云った特長もない, 云ったの真似, 云った犯罪を頻発, 云った狭い意味での, 云った珪次と二人, 云った現在のわが国, 云ったを聞かし, 云った理想状態は現実, 云った理由丈で呼び止められる, 云った理窟じゃねえ, 云った理論の科学性, 云った生活態度の強, 云った用心の後, 云ったにて交際, 云った由これがこたえた, 云った男の子が立っ, 云った男女がこの, 云った男衆の声, 云った画家があった, 云った番頭さんがあった, 云った疑問に連関, 云った白髪のある, 云った百メートルも先, 云った百合子は年上, 云った皆田老人の偉, 云った皮肉な詞, 云った目障りなもの, 云った直観的方法を欠い, 云った相対性理論によって物質, 云った相手の又四郎, 云った真紀子の言, 云った着物道楽と文化生活, 云った矢代の声, 云ったかい一語が, 云った石岡さんは, 云った研究室に於ける, 云ったの客, 云った確信のよう, 云った社会状態の変化, 云った祖母の言葉, 云った神戸とか云う, 云った神秘玄怪な暗合, 云った禅機に充ち充ちた, 云った福原主水, 云った秀吉は実に, 云った秀才の詞, 云った秀男の声, 云った科学的常識というもの, 云った秘密仏教特有の喝, 云った程度のこと, 云った種々の条件, 云った立場の概念, 云った笑顔を見, 云った一の, 云ったを繰り返した, 云った範疇の分析, 云った精神の発現, 云った精神病理的な感じ, 云った素子の三十, 云った素朴な表現, 云った結合の関係, 云った結果は丁度, 云った継子はすぐ, 云った総司の声, 云った罪名でした, 云った署員の言葉, 云った義理だけは私, 云った翌日山本殺されだが, 云った老人であろう, 云った老師の言葉, 云ったがあっ, 云った職工の一人, 云ったの口調, 云った肉身的なセンチメント, 云ったくねえ, 云った脳髄のどこ, 云った臥龍鳳雛の一人, 云った自動車は渋谷, 云った自己満足のよう, 云った自然科学的諸概念, 云った自由主義の進歩性, 云った自白心理を応用, 云ったを買っ, 云った良い気持の, 云った色刷のどれ, 云った色好きの浅井先生, 云った芭蕉の言葉, 云ったの強, 云った芳子さんをすっかり, 云った若い声はも, 云った若林博士の言葉, 云ったは己, 云った茶番と悲劇, 云った草平君の間柄, 云った荘田の顔, 云った葉牡丹はやめました, 云ったというの, 云ったの道, 云った蜂谷良作のおしつけられた, 云った血盟団の仕事, 云った表現をそれなり, 云った袋戸棚を, 云った袖姿見は男, 云った蓋の, 云った西のなまり, 云った西洋人があった, 云った要領の手紙, 云った規定ね, 云った親しい馴, 云った親仁様の友だち, 云った観念の通俗性, 云った角度を作る, 云った言葉尻が怪しい, 云った言葉忘られず, 云った言葉目つき等を細かく, 云った言語は意外, 云った評判娘にそっくり, 云った話振りなの, 云った話自分の返事, 云った認識が文芸, 云ったは偶然, 云った語気がありあり, 云った誠に感服大概の, 云った読者の横暴, 云ったも知らない, 云った課長は急, 云ったが伝えられ, 云った論文には棚, 云った論理学的乃至認識論的, 云った論理的困難を脱, 云った諧謔を真向, 云った諸説の対立, 云っただ, 云った謙斎はしかし, 云ったの底, 云った豊国の挿絵, 云ったの尻尾, 云った賀茂御祖神社, 云った贅沢な建物, 云った赤切れから血, 云ったもあります, 云ったのところ, 云った足柄山の新, 云った身拵えで早稲田, 云った車夫の女房, 云った軍医大佐の片, 云った軽便が地面, 云った軽蔑の言葉, 云った農民バルザの孫息子, 云ったじゃ, 云った迎いの男, 云った迷亭君は誰, 云った途端右の手, 云った途端庄吉が, 云った途端玄竜が, 云った途端陣十郎の刀, 云っただろう, 云った通りいい加減に機嫌, 云った通りおれは親切ずく, 云った通りここらとしては小綺麗, 云った通りその頃の記録, 云った通りそれは決して, 云った通りどこかに商人, 云った通りアウグスティヌスに置かれ, 云った通り一つの世界観, 云った通り一段落つげること, 云った通り三日続いた, 云った通り三日目か四日目, 云った通り上げ潮の時, 云った通り中ほどに大きな, 云った通り二つのもの, 云った通り伊之助はんは決して, 云った通り何も静止, 云った通り作物の舞台面, 云った通り入口が門形, 云った通り八丈島を破っ, 云った通り刑事が宗助, 云った通り十二日で差出人, 云った通り原理的研究にまで展化, 云った通り吉川夫婦は自分達, 云った通り向うの隅, 云った通り吾輩はドン, 云った通り哲学は一切, 云った通り問題は正義, 云った通り変り易かった, 云った通り外へ出, 云った通り夜は深い, 云った通り大形の帳面, 云った通り天下万生のため, 云った通り夫は元来, 云った通り好悪の外, 云った通り妻としての彼女, 云った通り実家から附属, 云った通り室の端, 云った通り家相を見, 云った通り容貌はまず, 云った通り小気味の悪い, 云った通り屍体の謎, 云った通り巡査が一度, 云った通り年のわかい, 云った通り座敷の真中, 云った通り弱者の専横, 云った通り当座は身, 云った通り当時僅に十六歳, 云った通り彼の計画, 云った通り彼等はとうとう, 云った通り後から石, 云った通り必然性とは偶然性, 云った通り性慾の醜い, 云った通り成田さまへ御, 云った通り我々の注意, 云った通り戦争は社会秩序, 云った通り政府筋の高位顕官, 云った通り文学的素養のある, 云った通り新参の私, 云った通り日が東, 云った通り日本主義は理論的, 云った通り明らかだが, 云った通り暗闇を検査, 云った通り最初はねその, 云った通り最近の帳面, 云った通り森木がやった, 云った通り森閑とし, 云った通り機械論的でも, 云った通り死の街, 云った通り死骸の紛失, 云った通り気位の高い, 云った通り汝は砦, 云った通り法律的には之, 云った通り熊笹のやぶ, 云った通り物語の範囲外, 云った通り理解されて, 云った通り男としては珍しい, 云った通り男工たちに予想以上, 云った通り異説も決して, 云った通り白状した, 云った通り相川へ行っ, 云った通り眼前に見え, 云った通り社会主義建設の実際, 云った通り窓は南, 云った通り自動車が玄関, 云った通り芸術家の直観, 云った通り茲に居た, 云った通り菊五郎の安中草三, 云った通り西へ西, 云った通り親ってえ, 云った通り贋紙幣を造っ, 云った通り路端に小さい, 云った通り身体を大切, 云った通り近所に遠い, 云った通り道徳的実践としての実践, 云った通り金さえあれ, 云った通り金縁眼鏡をかけた, 云った通り閑静だね, 云った通り革命は容赦, 云った通道ならぬ恋, 云った逢痴の台詞, 云った連関の吟味, 云った進物なの, 云った部分的断片としての, 云った酒井の言, 云った酒井俊蔵は世, 云った里げしきの, 云った里虹の謎, 云った重々しい調子から, 云った重大な方, 云った野太い語調で, 云った野本氏越野氏その他二三氏のグループ, 云った野村の顔, 云ったを貸し, 云った金子も呉れ, 云った金持の子, 云ったに代, 云った関係だ, 云った限り無条件に之, 云った陪審官てん, 云った陶器師の声, 云った随分下品な, 云った隠し場所は出鱈目, 云ったとの区切り, 云った雑誌はついに, 云った雪中庵の連中, 云った雰囲気が感ぜられた, 云った電報を見, 云った電車の昇降口, 云った青森の, 云った非人情という言葉, 云った韻律法を無視, 云った順序をとる, 云った頼朝の意中, 云った題のを見た, 云った顛末を語っ, 云ったで大抵, 云った風云々という言葉, 云った風呂から上った, 云った風采云い知らぬ品威, 云った養子が幸い, 云った首領の袁更生, 云った馬道の庄太, 云った高価な彫像, 云った高倉利吉をうん, 云った高田がその, 云った高邁な批評家, 云ったを下ろす, 云った鬼王丸これにはどうやら, 云った鶴ヶ岡の上棟式, 云った麻川さんのうしろ, 云った黄金の泣き声, 云った黒い言葉の