青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~ ~云え 云え~ ~云っ
云っ~
~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~

「云っ~」 22126, 239ppm, 408位

▼ 云っ~ (18236, 82.4%)

632 いる 393 いるの 337 いた 116 いました 114 いるが 107 いたが 90 笑った 88 いるよう 80 下さい 78 いい 76 居た 75 彼は 72 いたの 66 やった 62 よい 61 みれば 58 居る 56 みた 55 くれ 54 います 53 いるん, 自分の, 見れば 50 来て 49 彼女は, 来た 48 いるうち 47 いること 45 いて 44 私の 43 出て 42 くれた 40 いるところ 39 私は 38 いましたが, いると, しまった 36 居ります 35 居るの 34 しまえば 33 いいだろう 31 いいか 30 しまうと, それを 29 いいの, 手を 27 好い, 笑って 26 帰って 25 ごらん, のけた, 了え, 居りました, 置いて, 頭を 24 いるから, おいて, やりました 23 来たの, 私を 22 いるそう, 来る 21 いたこと, しまってから, 顔を 20 いたそう, おります, やって, 下すった, 何か 19 みろ 18 よかった, 彼の, 私に 17 いるので, よかろう 16 いたから, いたよ, いましたよ, よいの, 何も

15 [12件] いたよう, いるとき, いる人, おくが, くれと, しまって, よいか, 急に, 来ると, 此の, 見ろ, 首を

14 いるけれども, いる間, おりました, ましたよ, やったの, ゐる, 涙を

13 [11件] い, いたん, いらっしゃる, いるとおり, くれれば, ごらんなさい, 居たが, 帰った, 来ました, 眼を, 私が

12 [19件] いいよう, いたもの, いますが, いらしたこと, いるもの, いる言葉, きた, ました, やる, 代助, 喜んで, 女は, 好いだろう, 御覧, 父は, 立ち上った, 立って, 聞かせて, 見た

11 [12件] いいかも, いい位, いない, いるに, 今度は, 声を, 家を, 居たの, 無理に, 腰を, 見たり, 頂戴

10 [15件] いたのに, いても, いるのに, しまえ, やると, よこした, 二人は, 僕の, 口を, 居ると, 御覧なさい, 来たので, 自分が, 退けた, 金を

9 [20件] いたでしょう, いらしたよう, いるじゃ, いるよ, およこし, くれる, それが, それは, ましたが, むやみに, 人を, 好いか, 居りますが, 悪ければ, 来たん, 笑いながら, 聞いて, 肩を, 自分を, 非常に

8 [37件] あとは, いたけれど, いたので, いますよ, いらっしゃること, いらっしゃるの, いるか, いるその, いる声, おく, おこう, おりましたが, くれたの, すぐに, それから, のけて, みたまえ, やったん, やれば, やろうと, ナオミは, 下さった, 両手を, 了う, 外へ, 居る事, 彼を, 彼女の, 持って, 法水は, 目を, 矢代の, 笑い出した, 老人は, 聞かせた, 自分で, 見給え

7 [46件] ある, あるの, いいもの, いたじゃ, いたと, いたところ, いるという, いるのよ, いる中, いる内, いる通り, おくん, くれたが, くれるの, くれ給え, これは, しまいました, しまったの, みたが, みて, よこして, よろしい, ゐます, 何を, 例の, 僕は, 入って, 叔父は, 夫人は, 女中を, 好い位, 居るが, 差支えない, 床に, 微笑した, 手に, 来たこと, 溜息を, 盃を, 聞かして, 聞かせる, 苦笑した, 見ても, 見ると, 話して, 身を

6 [59件] いいほど, いたその, いらしたの, いるでは, いる処, いる所, おいた, おきながら, おくれ, おられるの, お呉れ, くる, くれて, こぼして, これも, その人, ますよ, みたり, みると, やったわ, やるから, やろう, よいであろう, よいほど, 一人の, 一切の, 三人の, 下さいよ, 主人は, 主翁, 久慈は, 之は, 二人が, 二人を, 他の, 伸子は, 僕を, 可い, 呉れ給え, 家に, 居たと, 居る処, 彼女が, 懐から, 手紙を, 来るの, 次の, 母は, 眼の, 私も, 立ちあがった, 素子は, 聞かせても, 見たが, 見たまえ, 言葉を, 貰おうじゃ, 走って, 騒いで

5 [96件] あるが, いいでしょう, いいと, いながら, いましたから, いますから, いら, いらしたわ, いるくらい, いるだけ, いるとは, いるらしい, いる事, おきたいの, おられました, きかせて, きて, ください, くれなかった, くれねえじゃあ, くれました, くれると, くれるな, くれる人, くれる者, ごらんよ, すまして, そこに, その手, のけるの, ましたから, みても, みんなが, やっても, やりたかったが, やるつもり, よこしました, ゐた, ゐるの, 一つの, 一人で, 下さいな, 下さいました, 下さる, 下さるの, 下されば, 下へ, 之を, 人の, 傍に, 先に, 光子は, 半七, 台所の, 右の, 呉れ, 外に, 奥へ, 女の, 威張って, 少しも, 居て, 居ました, 居るので, 居るん, 平気で, 後の, 心配し, 怒って, 憤慨し, 或る, 戸外へ, 時計を, 泣いて, 澄まして, 無暗に, 特別に, 甲斐は, 相手を, 矢代は, 立ち上がった, 立った, 笑うの, 紳士は, 聞かした, 聞かせるが, 胸を, 腹を, 自分は, 舌を, 見た処, 見ましょうか, 賞めて, 長屋の, 青年は, 馬を

4 [149件] あるから, いいであろう, いいん, いたっけ, いたわ, いた由, いつまでも, いては, いやな, いらあ, いらした, いらしった, いらして, いらっしゃいます, いらっしゃるん, いるこの, いるだろう, いるわけ, いる人間, いる位, いる場合, いる時, いる由, おいでだ, おくれよ, おたか, おやり, おられる, お前の, からかった, きかせた, きかなかった, くれたこと, くれたので, くれたまえ, くれちゃ, くれるもの, このまま, しまおう, しまったん, しまっては, そこへ, その場, その男, ますぜ, みたの, みな, みる, やったが, やりたかった, よこしたん, よろこんで, わたしの, 下さいませんか, 下すって, 二つの, 云って, 人に, 仕舞った, 伸子を, 何の, 信一は, 倒れる, 兄の, 出たん, 別れた, 前へ, 勝手に, 千世子の, 去った, 反対する, 同じよう, 名刺を, 吾, 唾を, 困って, 坐って, 大きな声, 大声で, 夫が, 女を, 妙な, 妻は, 妾を, 娘は, 嬉しそう, 子供を, 安心し, 宗助は, 宜しい, 室を, 家へ, 居られるが, 居りましたろう, 居るのに, 岡田は, 己の, 彼に, 御呉れ, 必要な, 懐中から, 教えて, 断って, 書いて, 机の, 来い, 来たが, 来たと, 来たもの, 来ても, 来れば, 検事が, 検事は, 正直に, 歩いて, 歩く, 気を, 清吉は, 煙管を, 独りで, 男は, 益満は, 直ぐに, 相手の, 立ち上ると, 立ち去った, 立上った, 笑いました, 笑ったが, 絶対に, 置かなければ, 置くが, 置こう, 老婆は, 聞くと, 自分から, 良い, 行った, 訊いた, 話を, 説明した, 貰いたかった, 貰うの, 足を, 這入って, 連れて, 長者は, 降りて, 頼んで

3 [284件] いいくらい, いたがね, いたくらい, いたけれども, いたって, いたのよ, いたらしい, いた事が, いた人, いた処, いた彼, いやがる, いやしない, いらっしゃいました, いられます, いられるの, いるかも, いるけれど, いるぜ, いるそれ, いるよりも, いる次第, いる点, いる私, いれば, おきたい, おきたいと, おる, お前は, お玉は, お茶を, お辞儀を, かえして, きかすよう, きかせるの, きかせるよう, きかないの, くるりと, くれたから, くれても, くれない, くれないか, くれなかったの, くれましたが, くれるが, くれるなと, これが, これを, ごまかそうと, ごらんと, さし出した, さわいで, しまうか, しまわなければ, そこを, その日, その本, それに, たち去った, てよ, とめて, のける, ほかの, ましたぜ, ましたね, ます, ますが, みたところ, みるが, みるの, みろと, みんなの, もとは, もらうこと, やめました, やらなければ, やるが, やること, やるの, やるわ, やろうかと, やんで, よいくらい, よいだろう, よいと, よい位, よくその, よこしたの, ら, らしたわ, らっしゃるの, わたくしが, ゐました, んだ, ニヤリと, ポケットから, 一種の, 丁寧に, 上って, 下さったの, 下さること, 下さると, 不思議そうに, 両手で, 主人の, 久慈の, 了った, 二人で, 二人の, 二階へ, 人間の, 今の, 今まで, 仕様が, 他を, 伸子の, 体を, 何でも, 何と, 余の, 俺を, 元の, 凡ての, 出かけて, 出して, 刀を, 前の, 千代子の, 叔母は, 口惜しがった, 叮嚀に, 呉れた, 呉れと, 呼びに, 呼んで, 善かろう, 喜んだ, 嚇か, 変な, 多くの, 大に, 大事に, 夫婦の, 奥さんは, 奥の, 女から, 女が, 女中が, 女中に, 女中の, 好いの, 妙に, 妹の, 孔子は, 家の, 小八, 居たけれ共, 居た事, 居ても, 居ながら, 居ます, 居るよう, 居る中, 居る人, 居る所, 差支ない, 己は, 帰した, 帰りました, 幸子は, 床の, 座を, 引っくり, 彼が, 彼らは, 彼女を, 怒った, 急いで, 恒雄は, 悦んで, 感嘆した, 感心し, 慰めて, 我輩の, 戸を, 振り返った, 敬太郎の, 文学を, 断わって, 新らしい, 暇を, 本を, 村上は, 来た人, 来た由, 来ないの, 来なかった, 来や, 来られる, 来るもの, 来るん, 東京の, 東屋氏は, 栄蔵は, 桃色の, 椅子から, 歎いた, 気が, 気に, 気軽に, 河内介が, 洋服の, 涙に, 渡した, 渡して, 無闇に, 熱心に, 父の, 片づけること, 片手で, 田原さんは, 皆で, 皆な, 皆に, 皆を, 相手に, 看護婦を, 真面目な, 眼で, 知って, 社会の, 祖母に, 秀子は, 秀麿は, 私と, 科学の, 窓から, 立派な, 笑いに, 笑ったの, 笑顔を, 紙を, 細君は, 終ったらどう, 置いたの, 置いたのに, 置いた方, 置きたい, 置きましょう, 置くこと, 聞かせると, 聞かせるの, 背中の, 腕を, 膝を, 自分に, 自然科学の, 蔭で, 薄笑いを, 行って, 被居, 要介, 見たところ, 見て, 見ました, 訪ねて, 話の, 誰も, 警部は, 貰って, 買って, 軽く頭, 迎えに, 返して, 逃げるよう, 部屋を, 酒を, 鍵を, 障子を, 隣の, 電話を, 非難される, 黙って, 鼻を

2 [834件 抜粋] あいつを, あげても, あげます, あげるわ, あった, あとを, あなたを, あるので, あるのに, いいかしら, いいから, いいこと, いいほどの, いくら頼ん, いそいそと, いたという, いたものの, いたろう, いた位, いた連中, いったの, いつもの, いなかった, いなかったから, いましたか, いましたぜ, いましたっけ, いますけれど, いますの, いらしたから, いらしたわね, いらした手紙, いらっしゃるその, いられた, いられないから, いられなかった, いられるもの, いるし, いるそして, いるでしょう, いるには, いるばかり, いるま, いるより, いるらしいの, いる事実, いる彼, いる様, いる程, いる顔, いろいろに, おあげ, おかねば, おきたいこと, おくべきこと, おくれな, おしまい, おられるが, おりますが, おりますよ, お上げ, お噂, お土産, お島, お母さんは, お由羅, お秀, お花, お蝶, かいて, かえる, かの女, からからと, きかせました, きた時, くって, くるの, くれい, くれたし, くれたん, くれたんで, くれた準之助氏, くれないと, くれないの, くれぬ, くれませんか, くれること, くんな, ここに, ここを, こちらへ, この問題, この規定, こぼした, しまいには, しまいましょう, しまうこと, しまおうかと, しまったと, しまった方, しまひました, しまわないうち, しょげて, そうだ, そうな, そこの, そのワケ, その中, その歌, その訳, その通り, その顔, それには, それまで, そんな, たって, だまって, ちょっと口, ついでに, でしたが, どうすれ, どこへ, ならないこと, にやにやと, はしゃいで, ぶらぶらし, ほめて, ぼくの, ましたがね, ましたけど, またぱッ, まるで小さな, みい, みましょうか, みようか, みようと, みんなに, むこうの, もう一つ, もらいたい, もらいましょう, やったこと, やったら, やったり, やった方, やぶにらみして, やりたくなった, やりましたがね, やりましたよ, やるよ, やれ, やれ云って, よいやら, よい程, よこしたこと, よこした由, よこす, られないの, わきを, わざわざ知らせ, ゐたが, ゐましたが, んの, んのよ, カン蛙と, ガラスの, テーブルから, ハッと, ホッと, ラシイヌは, 一同の, 一度に, 一目散に, 三吉は, 三本足の, 下さいと, 下さいます, 下さったと, 下さらなくっちゃ, 下さるん, 下女が, 不快な, 与右衛門さんは, 両腕, 之が, 九兵衛は, 了って, 事物の, 二人に, 云えなく, 人情を, 今井は, 今日の, 他人の, 伴れ, 伴蔵の, 何に, 何処へ, 何時まで, 余に, 信長は, 俯向い, 俺の, 倒れた, 倒れると, 僕に, 兄に, 先方の, 八端の, 写真を, 凝と, 出かける, 出たが, 出たの, 出掛けて, 分れた, 初めて行った, 別に, 力を, 勘次の, 勧めて, 医師は, 医者は, 十子が, 千鶴子の, 卓子の, 卯平は, 原稿を, 厭な, 叔母さんが, 可愛がっ, 右手に, 名告, 呉れないの, 呉れる人, 呻いた, 咎める, 唇を, 問題が, 嗟嘆した, 嘲笑った, 器量は, 四人の, 困る, 固, 境は, 墨染の, 売って, 外の, 多田刑事は, 夢中に, 大へん気味, 大よろこび, 大笑, 女と, 女に, 女房に, 好い程, 好かろう, 妻に, 姉は, 始めて, 娘を, 嫂と, 嬉しがる, 学校を, 宗助の, 定まったところ, 宜道, 客に, 客の, 寝ころんで, 寧ろ私, 寺尾は, 小夜子サンを, 小歌が, 少し考え, 居たこと, 居ますから, 居ますが, 居られました, 居られる, 居りましたか, 居りましたが, 居るから, 居ること, 居るんで, 居る間, 居れば, 山之, 川部は, 左の, 差支えあるまい, 己に, 己も, 帆村は, 帰して, 帰ったが, 帰りましたが, 年は, 年頃の, 広い方, 店の, 店を, 廊下へ, 弁解し, 引っ張って, 彼らの, 彼女も, 彼等は, 後は, 後ろから, 後を, 得意に, 微笑んだ, 心の, 応じなかった, 怖がって, 息子を, 愉快そうに, 意外な, 慄え, 懐の, 戸の, 手巾を, 承知しない, 挨拶を, 捨てては, 探偵は, 攻撃し, 救を, 文化の, 断ったの, 断られた, 新十郎, 日を, 旦那の, 昔から, 暗室へ, 曰く, 最後の, 末造は, 本当にそれ, 来たから, 来たよ, 来た処, 来ない, 来ましたか, 来ましたの, 来るだろうから, 杯を, 東野は, 松本は, 極めて大きな, 横から, 横を, 次の間の, 歎い, 止めるの, 此方が, 歩き出した, 毎朝厠に, 気の毒な, 水を, 沈黙した, 泣き出した, 泣くの, 津田の, 涙ぐんで, 淋しい顔, 済まなかった, 満洲, 準之助氏は, 澄子は, 火鉢の, 煙管の, 煙草の, 父が, 父親の, 爺いさん, 片づけて, 瑠璃子は, 用も, 田の, 男に, 男の, 町の, 皆の, 直ぐにも, 看護婦に, 着物を, 睨みつけた, 石子は, 私たちは, 私について, 窓の, 立ちかけたが, 立ちかけようと, 立ち止まった, 竹の, 笑う, 笑った先輩, 笑われた, 笑声を, 筆者は, 糸を, 約束し, 紹介し, 紹介する, 終え, 置いた, 置きたいこと, 置きたいの, 置きますが, 置く, 美は, 老人の, 老婆の, 耳を, 聞かせながら, 聞かせました, 聞かせること, 聞かなかった, 聞けば, 胸に, 脅迫する, 膝の, 自分たちの, 自動車を, 自然科学に, 興味の, 花房は, 苦笑を, 英子は, 茶を, 葉之, 藤十郎は, 行くん, 行こうと, 衣兜から, 袂を, 裏の, 褒めて, 西洋間に, 見たい, 見たいと, 見たらどう, 見るが, 見度, 親を, 許して, 話した, 誘って, 誤魔化して, 説いて, 誰でも, 貧困に, 貰いたいこと, 起き上って, 軍医は, 転々と, 辞退した, 辰代は, 近所の, 迫った, 逃げるの, 逆に, 遊んで, 遠慮しましたら, 遣った, 重大な, 金包を, 鎌を, 阿母, 雨の, 雪の, 青年の, 静子は, 非難した, 面を, 鞄の, 頂きたい, 頬ずりを, 頭に, 頭の, 頸を, 額の, 額を, 顔で, 風の, 風呂敷を, 飯も, 駄々を, 駈けて, 騒いだ, 騒ぐの, 驚いて, 驚く, 髪を, 鳥の

1 [8089件 抜粋] あ, あげなさるん, あたりを, あのメダカ女史, あの見えない, あやまれば, ある此, あんな場合, いいフランス, いかにも武士, いけないって, いたお客日, いただくと, いたらしまいに, いた先代, いた弱点, いた船長, いったん関田町, いない気, いますので, いらしたそう, いらっしった, いらっしゃるから, いられぬ筈, いられる由, いるしかし, いるどころ, いるらしい一組, いる世の中, いる兎, いる夫人, いる意味, いる歴史, いる筈, いる賛成, いる青野氏, うやうやしくドリアン, おいた文化的自由主義, おきましょう, おくれじゃ, おく必要, おったがね, おもわずその, おられる今日, おるから, お作, お前さんが, お呉れなら, お布施を, お松は, お竹, お連れ, かえりかけてる処, かの蛙, がたがたと, きかせるが, きたが, きょうは, くるが, くれたなら, くれって, くれなけりゃ, くれよろしい, くれるとき, くれ給い, けつかって, ここじゃ, ことわる, この先, この政治家, この納谷家, これと, ございません, さし出した手, さも苦し, しきりに二人, しくしく泣いてた, しばらく考え, しまうよ, しまったらどこ, しまわなくっちゃあ, じっと茂夫, すぐ出し, すぐ階段, すたすた山, ずっと帰った, そうして, そう手軽, そして静か, そのままお爺さん, その人形, その博士, その富, その時, その汽車, その説明, それから女たち, それだ, それなり懐, たしなめて, たっても, ちょうだい, ちょッと, つけないもの, でございます, とっても鼻息, どうかする, どうやら少年, どれも, なお笑い出した, なにかときめいた, にやりと面疽, のける癖, はじめは, ひどい堕落, びっくりし, ふりかえった, ほがら, ぼくを, まさかに門付, ますます憐, また一しきり, また座りなおした, また矢代, まだ女, まるで泥鼠, みたがる人, みな何か, みんなこぼし, めちゃくちゃに, もう取り返し, もと吉野屋に, もらいますまいこれ, やったさ, やったら事務長, やっぱり藤野, やりたい, やりますどうか, やれなかったの, ゆたんぷをあててねた, よい友人, よく忘れ, よこしたので, よこすよし, よろよろ立ち上り, らっしゃったん, わざと度, わしは, ゐましたがた, アリストファネスや, ウクライナの, カフェーを, クッという, サッサッと, ジロジロひろ子, テイネイに, ドブ釣り自体が, ノンビリ, バットの, ビラの, ブン殴られた, ボクを, マルクス主義の, ヨタ者みたいな, 一つ一つの, 一先ず追っ払っ, 一寸また考え込んだ, 一度目のは, 一方で, 一時ここを, 一概に私, 一般的に, 七之助さんも, 三十円置い, 上げたのよ, 下げた, 下さえ, 下さるあの, 下女を, 不思議な, 与えられた椀, 世間一般の, 中大洲, 丸の内の, 久保田は, 九段の, 争って, 二三度やっ, 二十一歳秀でた, 二朱執っ, 云うまでも, 五十の, 亡者に, 人生の, 今とは, 今年十五に, 今朝ほど, 仕着, 仙吉は, 会う同志毎, 佃は, 何だ, 何故か久子さん, 佩し, 係合に, 信州白島の, 倒れて, 僕等を, 兄君と, 先生が, 入学した, 公然と, 其の普請, 内へ, 再び得意そう, 冷めたく取り澄し, 出かけたが, 出たぎり帰って, 出途中, 刑部も, 別に叙述, 別れたロマーシ, 前かけかける, 助けられたこと, 勝次郎は, 区長の, 十五日頃から, 十時頃この, 卒業後研究室に, 印度大麻の, 去ろうと, 又よ, 又振り返った, 又降り, 反対するであろう, 取り合わなかった, 受とりを, 叫び出す, 叱られやしないか, 右門と, 吉原の, 同行の, 吾人が, 呉れられ気の毒, 呼びかえした, 咳払いを, 商売人に, 喜代子は, 嘉門は, 囁き合って, 四十代の, 困ると, 土地の, 坐ったよう, 塩野は, 売りあるく, 夕方少し, 夜の, 大きな文学者, 大井広介に, 大変こまる, 大急ぎで, 大袈裟に, 天風の, 夫婦一緒に, 女性の, 好いも, 妙子の, 姑の, 娘一人を, 嫌だ, 存八の, 孫は, 宜かろう, 客間へ, 家出し, 寄こした母, 寄越す事, 寝る時分, 専門家ほど, 小さい風呂敷包み, 小学校の, 小藤次, 少しは, 就職も, 居たところ, 居った時, 居らっしゃるそう, 居りますか, 居るけれ共栄蔵, 居る人声, 居る絛虫, 屠蘇を, 岡埜博士と, 工場に, 差出した, 巴里院に, 帰したと, 帰る気, 平作の, 幸子にだけ, 庄吉が, 庭へ, 弁明し, 引ちぎっ, 引込む訳, 強いに, 当惑そうな, 役目を, 往った, 後ろへ, 御なつかしく, 御覧姉に, 心で, 必然的に, 忽ちに問題, 思いだしたよう, 恐らく不可能, 悄気て, 悲鳴を, 愚痴を, 慌しく辞し去りました, 憮然として, 戦う気, 所謂八百長が, 手帖を, 打撲る, 承諾された, 抜き出して, 拒絶し, 指の, 振り向く様, 掌を, 揮発油を, 支那人も, 政府そのものを, 散歩に, 文句は, 断った, 新しい借金, 新聞は, 既に白刃, 日雇賃を, 早朝に, 春子は, 時弊を, 暗然として, 更に何処, 最後に, 朝二人で, 本屋の, 杢介は, 来たらしいん, 来てるん, 来ましたので, 来ようと, 来る筈, 枯枝を, 株の, 案内者が, 椀を, 榻から, 横へ, 次第にはげしく, 止める訳, 此方も, 歩き出したが, 死ぬ者, 残念そうに, 母子し, 氏郷の, 水溜りを, 決して, 決して誇張, 治安維持法に, 泣きの, 洋服箪笥を, 浜町に, 淋しい笑い, 済みません, 満座の, 潔く此部屋, 点数表から, 無言ながら, 煙斗を, 燐寸で, 牧の, 犬塚が, 狸囃し, 王クローディアスに, 理解出来ない, 田原さんを, 甲斐甲斐しく荷物, 番頭は, 病身そうな, 白い肌, 皆さ, 盗人に, 直ぐ様, 相手に対する, 真赤な, 睨みつけて, 矯風会や, 研究し, 社員どもを, 禰宜様宮田の, 秋安の, 穢らわし相, 突伏した, 立ち上がった彼, 立ち去りませんので, 立去って, 笑い声を, 笑ったので, 第一テーゼ, 篠竹を, 約束した, 素性の, 終って, 継子を, 縁側の, 置いたんで, 置くから, 罵倒する, 羨ましがる, 考えて, 聞かされる中, 聞かせたら亭主, 聞かせる事, 聞せて, 肩に, 胡麻を, 腹へ, 自分一人だけ, 自然科学や, 舶来の, 良人だって, 花子とは, 若い人, 苦り切って, 茶室の, 菊さんは, 蒼白いねっとり, 虚子の, 行かなかったん, 行けたもの, 表現の, 褒めてばかりは, 要求さる, 見たこと, 見ましょうよね, 見ろと, 覗き込んだ, 触れて, 託宣が, 評し去る, 話した怪談, 認識論乃至, 誰かの, 諸科学, 譲らない, 負われると, 貰い下げ, 貴娘, 賞めそやします, 赤坊の, 足が, 蹌踉めい, 軍十郎へ, 辷り出たの, 返したそう, 追っ払って, 逃がして, 逃げ出して, 通す, 進んだの, 過言では, 遣ったの, 遽に, 酔った眼, 金が, 鉄瓶の, 鐘を, 門弟連中を, 闇の, 陳の, 隧道を, 電波を, 非点, 鞄から, 須山の, 頬杖を, 頼んでも, 飛びこんで, 食堂の, 馬の, 騒いでは, 驚くほど, 鬼火の, 黒い小粒

▼ 云っても~ (2588, 11.7%)

55 いい 37 それは 32 よい, 好い 29 いいだろう 28 よかった 26 いい位 18 過言では 17 いいの 14 よいの, 私は 12 いいかも 10 いいが, 仕方が, 自分の 9 それが, 何も, 差支ない 8 い, 之は, 之を, 云い過ぎでは, 夫は 7 よい程, よかろう, 併し, 彼の 6 これは, 可い, 差支えない, 誰も 5 同じこと, 好い位, 彼女は, 色々の, 黙って

4 [12件] いいくらい, いいもの, いい程, その中, ただの, どこか, よい位, 例の, 好いかも, 宜い, 少しも, 日本の

3 [39件] あなたは, いいでしょう, いいほどの, いいよう, いい位い, お前は, しかるべきもの, それを, つまりは, よいが, よいほど, よいほどに, よいよう, 一つの, 二つの, 二人の, 人を, 今の, 仕様が, 何の, 何を, 別に, 同じ事, 哲学の, 大したこと, 女は, 好いが, 好いだろう, 好いよう, 好い程, 承知しない, 普通の, 無駄だ, 相手は, 私の, 自分が, 返事も, 過言でない, 駄目だ

2 [93件] あなた方には, いいくらいに, いいくらいの, いいであろう, いいと, いいほど, いいほどに, いいん, いけないよ, お上さんは, ここは, ここらの, この俺, この家, これが, そうな, その場, その意味, その頃, それに, それほどの, むかしは, もう秋, よいかも, よいだろう, よさそう, よろしい, わたしは, タカの, ブルジョア的な, 一向私, 一番よく, 世間で, 中, 主人が, 之に, 云いすぎでは, 今では, 今度は, 仕事を, 他の, 例えば或, 僕は, 其は, 吾, 夏の, 好いくらい, 好いの, 好かろう, 子供の, 学問の, 完全な, 宜いが, 実際は, 実際上, 差し支, 差し支えは, 差支えないの, 差支えは, 当らない, 当然この, 彼女の, 性質から, 本当の, 構いません, 構わない, 此の, 殆ん, 母は, 決してそんな, 決して誇張, 無理だ, 現実に, 生きて, 田舎の, 由々しい誤謬, 男の, 病気の, 碌な, 私が, 私も, 科学に, 科学の, 精, 良いの, 良かった, 色々ある, 言葉の, 誇張では, 誤って, 謂わば, 遊廓が, 馬を

1 [1749件 抜粋] ああも, あながち文学, あの人, あの病院, あの頃, あまり尤も, あれには, あんまりよい, いいこと, いいなどと, いいわけ, いい怪現象, いい程度, いい言葉, いかにもあっさりし, いくら埋め, いたよう, いやがって, いろいろある, えとかい, おそらく万次郎, おまえは, おもが, お兄様, お前たちが, お安, お水取, お話しした, きかない, きかなかった, くれたが, こいつには, ここに, この, この内, この学殖, この自由主義的文化運動, この通り, これだけの, これほど, こんなに違う, さし当り物質の, しない, すぐに, すでに組織, ずっと後, そういう論文集, そうです, そう遠い, そして更に, そのいきさつ, そのなか, その全額分, その功労, その叙述様式, その実, その意義, その本質, その病床, その着眼, その精神, その職業, その賭け事, その頃吉原の, それぞれ筋が, それには, そろって, そんなに立派, たかが知れ, たしかに訴え, ただ大きく, ただ身体, だから近世, だめです, ちょうど十二三, つまらないから, とにかく事件, どういうもの, どうで, どことなく薄ら寒い, なお進歩, なかなか弾かないだろう, なるたけ高み, はじめてで, ふ, ほかの, ほんの一とき, まあ似た, まずいの, またわたし, まだそれ, まだやっと満, まだ之, まだ失敬, まだ答え, まだ風, みたい女だった, むむそう, もう二年以上, もう入りましょう, もう商い, もう金, もし理論, もとから, もはや心理上, やっぱりあなた, やっぱり負けなかった, やはり描かれ足り, やめないん, よいから, よいと, よい景色, ようが, よく冷淡, よしとうてい, よし文芸, よろしい程, わからないの, わざといい, わるいと, キミ子は, サアサア早く, スペインの, ダメだ, ツイ次の間だ, ドイツのは, ピアノの, ブルジョア社会幹部の, ミサ子たちの, モスク, ロイドは, 一ツ橋家の, 一先ずは, 一向御, 一応好い, 一旦止めた, 一番人を, 一等安易である, 一週五日間午前八時から, 七分通りは, 七条の, 万葉の, 三度三度米を, 上り口と, 下宿屋の, 不条理で, 不都合は, 世界有数の, 両家対立の, 中には, 主として被, 乙が, 乳を, 事実を, 二の, 二三段しか, 二十坪ばかりの, 二百石の, 云い足りないくらい, 云うほど, 云わないん, 五六ヵ月経った, 交通の, 亦問題, 人々の, 人には, 人物や, 人間以外の, 今この, 今だに, 今ソヴェト同盟, 今日でも, 仏と, 代表する, 伊豆屋の, 伸子に, 何か, 何でも, 何より先, 何物を, 作者にとっては, 例えば図形, 依然として文献学, 俊子は, 信用しない, 俺の, 僅かに, 僕のは, 元来精神的, 兄弟だ, 先生の, 児供は, 八月である, 六つかしい, 其の当時, 其処は, 内の人は, 円朝が, 凡そ限度, 出て, 出奔と, 分ってる, 分らなけりゃ勝手, 列車内の, 判らないだろうが, 別になし, 別に怒る, 別に耳障り, 利益であった, 割に, 動く気色, 勿論一つ, 十の, 十二時は, 半信半疑むしろ, 卑しい身分, 単に家族主義的, 単に食える, 印象批評が, 原理上無限の, 又その, 又国体明徴運動, 又更に, 又階級的, 取り合わなかったじゃ, 取り返しの, 口先で, 古典主義や, 只所謂ありのままを, 可いよう, 可怖い, 右翼団体取締りの, 同族の, 向うは, 哲学が, 唯物論の, 問題の, 善昌が, 嘘と, 四十を, 困るの, 国家, 地主や, 執濃く, 報道の, 場末な, 声の, 外面的に, 大きい意味, 大した不都合, 大した間違, 大丈夫及第出来っ子ない, 大名の, 大将は, 大抵吾, 天下これ以上の, 天王星や, 奇蹟と, 奉公人が, 女として, 女らしい野心, 好いくらいの, 好いと, 好い助けられる, 好い男, 妙で, 妾も, 威厳が, 嫉妬し, 孔子である, 孤独の, 学校に, 学術授業の, 官職を, 宜うご, 実でない, 実はむしろ, 実は司法権, 実は或, 実意の, 実際から, 客観的には, 家よりは, 寂しく頼り, 寒かった, 封建的な, 専門家は, 小娘だ, 小身である, 少師, 屁を, 山を, 巨大な, 差し支えないの, 差支えありません, 差支えない位, 差支は, 己には, 帝国軍人の, 常に所, 平気で, 年齢は, 幽霊と, 広い家, 度々来る, 当の農民, 当時の, 形が, 彦太郎の, 彼よりも, 往古の, 後期の, 御制度, 心嬉しく, 必ずしも受け容れられない, 思い出の, 思想上の, 恋愛感情によって, 恥かしくない, 悪くない, 悪事の, 意識が, 感情上毫しも, 憚らない, 我が生み, 或はやむを得ず, 所詮は, 所謂新聞紙に, 手狭な, 技術の, 拳闘や, 指でも, 探偵事務所の, 政治家と, 教科書類の, 文化, 文芸を, 断るわけ, 新様式, 旅の, 日中から, 日本へ, 旧式な, 明日が, 昔から, 是の, 普賢の, 最後の, 月は, 有的目的, 木立に, 本当は利害関係, 本間教子の, 来ないのよ, 果合を, 格別大した, 梅子の, 楽しい心, 構わず押しかけて, 様々な, 機械的な, 歌ったの, 正にしからね, 此方へ, 武蔵に, 母が, 母親だけを, 比較的東京, 気が, 永生の, 池の, 決して一つ, 決して之, 決して大きく, 決して民衆, 決して見境, 決して開け, 泣きわめいて, 浴衣の, 清元の, 満足だ, 漢詩である, 無暗に, 無益だ, 無論夫, 然う, 爪先を, 物理学の, 特に秘密, 独立した, 現在の, 現象に, 甚だしい誇張, 生きる希望, 生物学的な, 由々しき問題, 男が, 画面的に, 疑問が, 発生の, 盛りは, 目玉は, 直ぐに, 直接話を, 相対主義者であったらしい, 相手に, 看護婦などの, 眠れず, 矢島局の, 知らねえから, 知れたこと, 石を, 社会に, 社会政策の, 社会科学に, 神子が, 私だけは, 私達は, 稀覯書である, 種が, 空間から, 空間的順序そのものの, 立派に, 第二, 簡単な, 精神病的傾向を, 純粋に, 経験の, 結局世間を, 絵画は, 綿入りの, 美くしい, 美奈子は, 耐え得ないもの, 聞えます, 聞かない祖母, 聞きませんで, 聴き入れないんで, 肉食の, 肯かないん, 脱れぬ, 自らの, 自分とは, 自由主義者に, 至極少ない, 良いとも, 芝居がかりの, 若い, 苦労の, 蜜に, 行く先が, 袷の, 要するに人物性格, 見たもの, 覚えが, 観念論の, 言動の, 話が, 読もうと, 誰一人信ずる, 諸学問, 警察へ, 豚である, 貧乏旗本や, 貴下が, 貴方は, 資料の, 贔屓筋の, 足りない位, 身分には, 辛酸を, 近代新聞紙の, 返らないが, 迷信深い, 逃げまわって, 通俗小説の, 連れは, 過りは, 過言でも, 達ちゃんの, 遠うございます, 酒から, 重要な, 金に, 銘々は, 間に合う事, 附けさせなかったクールバタイユ, 集団化された, 雪が, 非常に, 面白いの, 額の, 飛んで, 餘り, 馬場恒吾氏や, 駄目です, 駆使部すなわち, 魚の, 鷹だけは, 黙りこんで

▼ 云っては~ (348, 1.6%)

8 いけない 4 いけません, いるが 3 いかん, いけないと, いけないという, 困りますよ, 困る

2 [17件] いけないよ, いけませんよ, いたが, ない, ならないと, ならぬ, 他の, 低くお辞儀, 僕の, 困りますね, 困るよ, 大ゲサ, 失礼だ, 失礼です, 居たけれ共, 済みませんが, 間違に

1 [283件] あいつを, あとで, あの張り, あまり飛躍, あらかた金, ありません, ありませんが, ありゃしないが, あるいはよろしく, いかがだ, いかんよ, いかん何, いかん極, いがみ合い不, いくらも, いけないから, いけないぜ, いけないであろうか, いけない気, いけない筈, いけなかった, いけなかったん, いけねえ若旦那, いけません早く, いつも品夫, いて, いても, いないの, いないよ, いなかったのに, いやよ, いられない, いられないので, いられなくなった, おかしいが, おっかさんが, おわかり, お園, お天気, お昼頃大きな, お蓮, お鉢の, お隣家, かえって解らなくなる, からかった, からかったり, くれなかった, くれなかったん, くれますが, くれる鼻薬, この場合, さしあげませんでしたわ, さし上げる, さながらお, しないと, しなかったか, しなかったかい, しばらく遊ん, すぐこんぐらかる, すでに語弊, すまないが, すまないけれど, その場, その外, その度, その短い, その蚊帳, それからが, それを, ただ書棚, ただ罪人, つごうが, ないが, なかった, ならない, ならないもの, ならぬこと, ならぬぞと, ならぬと, ならぬという, ならぬよ, ならん, ならんぞ, ならんよ, なりません, なりませんあなた, なりませんその, なりませんそれ, なりません早く, なるまい, なんだ, なんだか野球, にやにや笑う, ひどい攻撃, またぼんやり, みたものの, もはや和子, わざと二人, ア何でも, キリが, 一人前の, 一度も, 下さいませんお, 下さらぬか, 下さりますまい, 不可ません, 二人交, 云い方, 人を, 人間の, 今彼を, 休んでばかり, 何か, 何だ, 何にも, 何も, 何んにも, 何一つない, 余計いけない, 依怙, 兄さんが, 兄達を, 充分で, 其の頃, 出かけた, 出かける, 出来ませんが, 出稽古が, 分らん気, 別な, 別に, 別にございませぬ, 別段に, 勿体ない, 十六に, 又日延べ, 口惜しいから, 只一人宴会帰りの, 只住み慣れない, 可け, 可哀そうであろう, 可笑しいが, 可笑しいけれども, 叱り門前, 名高い禅寺, 呉れるが, 哲学の, 唯掌大, 喧嘩を, 困ったな, 困りますな, 困ります私, 困るお前さん, 困るこれ, 困るねえ, 困る是非承知, 困る此様, 夢ほどにも, 大きな口, 大した給金, 大変失礼です, 大袈裟だ, 天井か, 失敬だ, 失礼かも, 奥州の, 女を, 娘の, 嫌がる, 嬉しそう, 子供を, 実に一度, 実に自分一人, 家に, 寝台から, 小女にまで, 小犬を, 少しおかしい, 居られない, 居られぬの, 屋根屋の, 帰れねえ, 常に二人, 幾度も, 当らないかも, 当らない西日, 当らぬかも, 彼は, 御亡くなり, 怒鳴ったり, 悪いか, 悪いが, 悪いけれども, 愚図つい, 愧しい, 成りません, 成りません何, 打ったり, 抜身の, 日本の, 日本酒の, 昔の, 時々思い出した, 時代違いの, 暴れて, 有名な, 有難がったもの, 来たが, 来ません, 格別頭に, 梯子の, 権田時介が, 正一の, 気に, 決して感じ, 泣いた, 泣きそう, 涙を, 済せない, 済まされない, 済まされないだろう, 済まされないので, 済ませないので, 済まない, 済みませんけれども, 渦を, 無い, 無理か, 片づかない筈, 物も, 犬を, 畑の, 病気が, 痛みそこ, 皆に, 目を, 相すまんが, 着換えの, 矢代にも, 矢張り憂鬱に, 硝子だけ, 私を, 秘かな, 笑い御, 笑い御飯, 笑う, 笑わせる, 箱の, 絶壁と, 縁が, 罵って, 肩を, 脅かされた, 脊中を, 腐っちまう人間, 自分ながら, 自分の, 自分一人の, 茶々を, 菜の, 親類や, 言葉が, 討死し, 詞が, 話に, 語弊が, 説明する, 貞之進に, 赤い顔, 達磨を, 都合の, 酒ばかり, 酒を, 酷かも, 里方から, 間違いかも, 面倒だ, 食い満腹満足, 食い物で, 駄目でございます, 黒ずんだ歯, 黙った, 鼻に

▼ 云ったって~ (295, 1.3%)

64 仕方が 3 それは, 仕様がねえ, 何も, 構わないじゃ, 誰が

2 [11件] いいじゃ, ちゃんと種, 仕様が, 僕は, 初まら, 君に, 宜い, 実は対称, 杉の, 自分の, 駄目だ

1 [248件] ああいう, あたしに, ありきたりの, あんなふう, いいだろう, いいでしょう, いいよ, いいん, いうじゃ, いかねえお前, いくらか性格, いけないいろんな, いろいろと, うそかと, うまくいく, おかしくは, おめ, おれは, おんなじ事, お伴に, お前さんは, お前さん休みも, お前さん酷い, お前には, お母さん, お繼, かまや, かまわないけれ共, かまわないし, かまわないサ, かように, からっきしだめ, かんかん虫手合い, きゃつ, きょうかと, きらいと, こ, こうまで, こけんに, この戦争, この決心, この通り, こんな大きな村, じっとりいたします, ずっと離れ, そう咄嗟, そう帰る, そう手っとり早く, そう無造作, そう簡単, その他人, だめだ, とどのつまり男, とにかく何万, どうしても遂に出来ないらしい, どうせ文士, どうなる, なかなか聞く, はじまらないと, まだ二十日前, まだ日, むろん船長, もうその, もう仕, もう断っ, もう駄目, もとよりとまる, やっぱりねえ, やっぱり自分, やはりこの, やはり寄附金, やはり恰好, やめに, やろうと, ゆとりから, よいじゃ, わからない, わかるもん, わずか二十秒, ウチの, サクレツする, デンガクなどという, ドンドン小作争議, フランスは, 一つも, 一人の, 一文だって, 一生ミスでも, 三十位にも, 三日すれ, 上っ皮が, 下の, 世界の, 丹下左膳現代版に, 事実な, 二十前の, 云ってるん, 云わないだって, 五郎十郎で, 人が, 人は, 人間だ, 今から, 今の, 今日誠実を, 今時分こ, 今朝は, 伸子と, 何を, 何処か, 何故私, 俺れ, 俺等の, 僕には, 僕の, 元来坐り, 全くどうも失礼, 出たいん, 出来ぬこと, 出来ねえ相談, 出来は, 出来ませんよ, 出来る事, 分からないかも, 分りませんよ, 別に珍, 別段用心, 剣ぐらいは, 労働者街も, 可い, 叶わねえ事, 向に, 君僕自身精神病院で, 君加代子は, 売り手が, 外国旅行は, 大きな顔, 大地主, 大変だ, 大金持, 女は, 好いじゃ, 好い様, 始まらないこと, 始まらない事, 始まらねえ, 始まりようが, 始まるもん, 宜え, 実際においては, 小供, 少しも, 少し苦笑, 差支ない, 帰って, 帰る内, 平地と, 年が, 年は, 役には, 役にゃ, 役に立たん其の, 心もちの, 必ず女, 忘れたかい, 恩義に, 悪いには, 感情は, 所謂社会主義だって, 手前が, 手品の, 手拭一つしぼっ, 承知しやしません, 新聞雑誌みんな念入りに, 日本で, 日本は, 旦那様も, 早いの, 是が, 是非必要, 普通の, 木下家の, 本場という, 本職な, 本職は, 来やしないわよ, 構いませんが, 構や, 歌唄い, 正々堂々と, 正代と, 毎朝来, 気が, 気狂は, 沢山ある, 涙金です, 深夜山林の, 滅多に, 無理である, 無理です, 無理な, 爵位なんぞが, 用意の, 痛いも, 直ぐに, 相対的な, 相手は, 矢っ, 知って, 知らないもの, 知らん顔を, 私等は, 私達の, 素直に, 経営で, 結局今の, 結局豚の, 聞えないから, 聞えも, 聞きっこない, 聴くもの, 自分で, 自慢にゃ, 花柳地の, 西洋じゃ, 見えは, 見おぼえの, 覚えて, 角力に, 話に, 誰も, 誰を, 請人という, 警官の, 貰う訳, 貴下, 貴女だって, 追つかない, 都会の, 鋤焼などは, 阿部も, 際限が, 隠すの, 駄目かも, 駄目で, 駄目です, 駄目よ, 驚ろかない

▼ 云ったり~ (219, 1.0%)

50 した 25 して 10 したり 8 する 7 するの 4 書いたり, 為たり 3 したこと, すること, すると, 仕たり 2 さらさら鳴っ, したが, したの, するもん, する様子, 云はれ, 手を, 笑ったり

1 [83件] いろいろで, いろいろ聞く, かなりまちまち, こねたり, この天気, ごぼ, したとき, した人, した樗牛, しては, しない限り, しなけりゃならないよ, します, するであろうか, するところ, するので, するよう, するらしいから, するん, する事, する人間, する様, する者, する間, ずいぶん変, その間, それから後, それに, だけれどもネと, また, またお, また帰りがけ, やったり, わざと冷淡, オミアシお, 一緒に, 二十四円だ, 二階に, 云ったり, 亭主風を, 出来ないこと, 別の, 叫びを, 君と, 呼びかけたり, 失恋し, 平和を, 廻ったり, 悪戯を, 或る, 折々せき, 指の, 掛物を, 昨夜眠らなかっ, 時と, 森へ, 歌を, 正月の, 気焔を, 水道が, 泣いたり, 活動だって, 甚だしいの, 甚だしく陰陽, 番頭や, 相手を, 矛盾した, 私の, 稽古を, 笑い交わし, 考えたり, 自分は, 草の, 要りも, 親子の, 詰らながったり, 足を, 酒を, 雁が, 雑誌へ, 雑誌を, 面目のう, 髪の毛や

▼ 云っちゃ~ (171, 0.8%)

20 いけない 9 アいけない 8 いけないよ 7 いかん 6 いけねえ 5 いけません, アいけ, アいけません 3 なんです, ア困る, 困るよ, 変です 2 いけないぜ, いけないって, いけないん, いけませんよ, アなら, 何です, 失敬だ, 失礼かも, 失礼です, 飲んだ

1 [74件] あの騒い, あまり心持, いかんぞ, いかんよ, いけないかも, いけないと, いけない僕, いけない間違い, いけなくって, いけなくッ, いけねえぜ, いけません大江山さん, いないわよ, いませんよ, いやよと, いられない, いられないぞ, いられねえ, いられねえよう, おられん遠慮, お姉さま, ちと当りません, なかった, ならないよ, なんだ, ァ不可, アいけないや, アいけねえ, アおどろく, アから, アな, ア不可ねえ, ア些と, ア分らねえ, ア化の, ア名高い, ア困ります, ア己がに, ア彼の, ア成りません, ア気の毒だ, ア済まない, ア済みません, ア済みや, ア盗人仲間へ, ア貸す, ダメよ, 一層不, 不可ない, 不可ません, 何も, 余り変, 兄弟の, 取りつきどころ, 可哀そうです, 可笑い, 可笑しいが, 困りますよ, 困る, 変だ, 失礼に, 嫌だ, 居られませんからね, 悪いかも, 悪いわよ, 意味が, 戦争は, 根気よく, 相済まない, 竜爪山へでも, 言葉が, 語弊が, 駄目です, 駄目な

▼ 云ってから~ (112, 0.5%)

6 今度は 4 法水は 2 これは, 彼女は, 後は, 急に

1 [94件] あらためて首, おすぎはなんとつかず, お兼, お前を, お島, かれの, この栖方, これでは, されるより, すそを, そのとき, その店, それで御, ちらと, でなければ, とよの話を, ふと傍, ふと僧, ふと電燈, またこく, またべったり, またテーブル, また由吉, また黙っ, もう一度少将, フォークに, ルキーンに, レヴェズの, 一寸日本, 三人を, 両人へ, 久慈の, 久慈は, 二三日前の, 二人の, 京一郎の, 今井は, 何と, 何卒これ, 侍女を, 信一郎は, 信玄袋が, 僕たちを, 僕を, 内へ, 又暫く, 又署長たち, 召使に, 右の, 囘龍は, 垂幕を, 堂の, 女は, 小田は, 崖の, 庭の, 強い調子, 形を, 彼に, 彼は, 懶気, 改めて, 新らしく, 明日時間は, 朔郎に, 杏丸に, 検事を, 次に私たち, 毎日ここから, 漂流した, 熊城は, 白い赤味, 白娘子の, 真紀子と, 眼を, 碁盤を, 私に, 私を, 突然, 突然彼, 笊の, 笑った, 箸を, 考えた, 胡瓜もみを, 自分も, 行者は, 規矩男に, 言葉を, 話しました, 賊どもを, 越尾は, 重ねて, 間の

▼ 云ってや~ (43, 0.2%)

7 がる 5 がるの 4 がるん 3 がるんだい 2 しない, しないよ

1 [20件] あがる, あがるんで, がったから, がったくせ, がったぜ, がったん, がら, がらあ, がるなに, がるんで, がる本当に, がんだい, しないか, しないじゃ, しないわ, しなかったかい, しなかったの, はるさかえ, アがる, ッつける

▼ 云っちゃあ~ (31, 0.1%)

4 済まねえが 2 ならないと

1 [25件] いけないの, いけないん, いけねえ, いじめたん, いられない, いられねえ, いられません, しようがない, ならねえぜ, ならねえぞ, なんだ, なんです, なんなかっ, 一度捕えられ, 何う, 何だ, 何です, 厭だ, 困る, 変だ, 少しウヌ, 役者稼業は, 悪いん, 裾の, 面倒だ

▼ 云ってね~ (20, 0.1%)

1 [20件] あの女, おだてたり, お前の, お前縁日の, この山, その勢, その御, ふふん, 其の時私, 出来なかったから, 四五日前から, 大失敗, 天狗様も, 始終首, 広がって, 枕許へ, 気に入った処, 英国人で, 親父様は, 願掛え

▼ 云ってさえ~ (9, 0.0%)

1 くれなければね, くれれば, もう少しは, 上げる人, 人間論者の, 既に最も社会的普遍性, 益々ジャーナリズム, 粗末極まる, 美が

▼ 云っ~ (7, 0.0%)

2 くれよ 1 いしたかの, きゃあ喜ぶだろう, くれ, しまいなさい, オくれ

▼ 云っちょ~ (4, 0.0%)

1 かにゃだから, こうこう云っ, る, るの

▼ 云ってな~ (4, 0.0%)

1 どっかり知らぬ, ア妙に, 三反ばかり, 船で

▼ 云ってでも~ (3, 0.0%)

3 いるよう

▼ 云っただ~ (2, 0.0%)

1 いまでも, 殿さまの

▼ 云ってに~ (2, 0.0%)

1 こと顔を, ゅッと

▼ 云っての~ (2, 0.0%)

1 ことで, 問題と

▼ 云ってもよ~ (2, 0.0%)

1 ござんすか, ござんすがね

▼1* [28件]

云っこなしに御し, 云ったってとかでもとか, 云ったってにこ, 云ったっても決して恥かしく, 云ったりなどする, 云ったりなんぞして, 云ったりよはその晩, 云っちやって電報, 云ってか千代子は, 云ってからとぼとぼと片足, 云ってからにして, 云ってからは長者の, 云ってからもまたのべつ, 云ってさアそれに, 云ってさえも大して有力, 云ってとがめも, 云ってとかまるでワケ, 云ってとにも角にも, 云ってともよの運んで, 云ってなあちゃんが, 云ってねたり起きたり, 云ってねーほんとうに, 云ってばかりいるの, 云ってまで借りに, 云ってもからだや, 云ってやらにゃいけない, 云ってナ春の, 云ってネお案じ