青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云 云~ ~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~ ~云え
云え~
~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる 云われる~

「云え~」 5619, 61ppm, 1893位

▼ 云え~ (4058, 72.2%)

45 それは 28 私は 18 それまで 15 云える 13 何か 12 私が 11 僕は 10 私の 8 そうだ, それが, 彼女の, 誰も 7 いいのに, 云え, 彼は, 日本の, 私も, 自分の 6 この頃, そうです, そうも, 彼が, 成程, 日本では

5 [14件] これは, これを, それを, よかった, 云うほど, 人間の, 今でも, 其は, 前に, 宜い, 彼の, 彼女は, 彼等は, 確かに

4 [16件] いいん, お前の, すぐに, つまりは, 一つの, 人々は, 他の, 何でも, 併し, 君は, 己の, 是れ, 此の, 殆ん, 直ぐに, 自分は

3 [50件] あなたの, あの男, いい, かくの, ここに, さっきから, そうかも, そうだろう, そうでない, そこに, そこには, その人, それまでの, それも, そんなもの, もう一つ, わたしは, キリが, 一種の, 上流の, 不思議であった, 世間に, 世間の, 二人の, 人は, 人を, 今日の, 今日は, 仕方が, 伸子たちが, 何方も, 余は, 作品に, 俺は, 俺も, 吾, 大に, 大阪の, 彼らは, 彼女が, 意識の, 文学の, 文学を, 日本で, 無理な, 立派に, 第一, 自己の, 誰でも, 頭の

2 [164件] あなたは, あの時, い, いいじゃ, いいに, いいの, いいのよ, いつまでも, おれの, お前が, お前さんも, お前は, お君さん, こ, ここへ, このよう, この屋敷, この老, この間から, これが, これまた, これ直ちに, そうじゃ, そうで, そうでも, そうな, そうなる, そのよう, その場, その時, その通り, その頃, それだけ, それで, それらの, そんなこと, だね, とりも, どのよう, まあそう, まず第, まず貴方以外, りっぱな, クラシカルな, トルストイの, ヒューマニズム問題は, モスク, 一切の, 一定の, 一寸と, 一方が, 下風おこる, 不思議だ, 不思議である, 不思議でした, 世話に, 両者の, 両者は, 之に, 之は, 乳母は, 二つは, 二人は, 云うの, 云うよう, 云えるであろう, 云われるが, 云われるの, 人々の, 人間が, 今の, 今まで, 今より, 今日では, 仮りに, 伸子が, 伸子と, 伸子に, 体の, 何, 何かに, 何かの, 何と, 何も, 何を, 作品の, 作者は, 例えばある, 僕だって, 僕らの, 僕達は, 先の, 先生は, 全世界, 凡ての, 前の, 勿論の, 去年の, 取りも, 台所の, 君の, 吾人の, 変だ, 変です, 大変な, 天下に, 夫が, 夫は, 夫人の, 好いの, 好いのに, 如何に, 子供の, 孔子は, 学校の, 学校教育の, 学者は, 宜いに, 小学校の, 小柄な, 左, 平気で, 彼には, 彼等が, 或る, 技術的に, 斯う, 新聞は, 日本橋の, 明日の, 昔から, 有名な, 本家の, 本当の, 此方は, 母は, 民衆の, 無愛想な, 無数の, 無理も, 父母共に, 物の, 現代の, 知性と, 社会の, 秀子の, 私には, 科学と, 空間を, 立派な, 自から, 自分が, 自然科学の, 良人の, 規矩男は, 許して, 誰が, 誰だって, 貴女は, 貴方の, 金を, 間違いは, 際限が, 非常に

1 [3184件 抜粋] В, あきも, あなたに, あのとき, あの停車場, あの室, あの灰皿, あの話, あまりに爛漫, あるいは仁清, ある意味, あれは, いいという, いえますものの, いくら欲しい, いったい俺等, いつぞやお化け師匠, いつも書い, いやと, おかしいが, おのれの, お前を, お延, お母さんや, お蘭さん, かえって生活, かなりむずかしい, きっと悪党, きりが, こうして時々, こう云う, こっちでも, このあいだ芸術座, この下女, この俺, この四五日, この学校, この文学主義, この楽観説, この点想像, この結果, この解釈学, この部落, この間建築家の, これからは, これらは, こんな事, さしあたり艇長, さつまいもかぼちゃ, さもお, すぐのみこめる, すぐ様, すぐ次, すこし変った, すでに最も原始的, ずい分日本では, そういう強味, そうさ, そうでしょう, そこが, そしてもし, その一つ, その単純律義, その宗十郎式マスク, その昔ゴードゥン・クレイグ時代, その現象, その絹, その隠居, それぎりの, それでもいい, それほど, それ自身に, そんな先, たいていの, ただこれ, ただ見慣れない, たといひと, だぜ, ちょうど十八貫, つい先頃, つまり本当, では困る, どうかする, どうして不幸どころ, どうにかし, どこかへ, どれが, どんな風変り, なかなか由緒, なるたけ頻繁, ねえ, はじに, ひと抱えに, ほとんどあまりわかりきった, ほんとにあの, まあそこ, まことに見え透いた, まず上品, まず貴方, まだやっと頭, まだ来ない, まッ当, むしろ明, もうすっかり精根つき, もう可, もし万事, もっと浮気, やっぱりいつか, やはり屠, やや八点五分の方, よいわけ, より小, わかって, わたしも, アヒルレウスそのまま, アンデルセンに, イデオロギー的には, インテリゲンチャはとに, オッと, カモ七にも, ガラス絵などは, クリティシズムである, ゴロ式が, シュテッヘを, スットトンで, ソレ彼処に, ソヴェートあたりで, チャント眼を, ドウスゴイ附近の, ネガチヴの, パンシオン・ソモロフに, フウムと, ブルジョア社会の, ボルティーコフと, マニ教を, メタボリンは, ヨーロッパ各国とも, 一つは, 一パーセントに, 一人前の, 一国が, 一応筋道, 一生の, 一目瞭然的に, 一篇の, 一見矛盾の, 丁度建築場の, 万事万端寂しく, 三保の松原です, 三甚の, 上海風という, 下駄や, 不平だ, 不思議でない, 不規則な, 世の中全体が, 世界一でしょう, 世間では, 並ぶ者, 中村やの, 主人も, 久慈と, 乞食という, 予を, 事象の, 二人が, 二台の, 云うだけ, 云えた, 云えよう, 云われなくも, 井汲さんの, 交叉点の, 亭主否, 人体を, 人殺し泥棒勝手次第という, 人間世界, 今で, 今度おっしゃっ, 今日どこの, 今朝は, 以上の, 伊奈子が, 会心の, 似つかわしげ, 佐野は, 何が, 何とか一言口, 何事が, 何時な, 余程の, 使者にも, 侍者すなわち, 保胤の, 俺には, 倫理学者には, 傍観者が, 僕が, 元々奢り, 兄弟とか, 先ずこんな, 先ず煙草, 先刻話を, 先生にこそ, 党派心が, 全くサラリーマン, 全く自然科学以外, 全篇, 八面乱刀膾に, 其で, 其処を, 円タクその他の, 写す為め, 出たらめ, 分るから, 初めの, 別にその, 前時代, 剰余生産物が, 労働者よりも, 動産である, 勿論縁談, 十九世紀の, 十四年に, 千世子より, 半価に, 単純に, 即ち形式主義的, 却って無限, 原子バクダン以外には, 又一方, 友達では, 叔父では, 古い文字, 只一口に, 可怪しく, 右, 合の, 同じ経験, 名も, 向うも, 否それ, 吾輩より, 命は, 哲学者は, 唯物弁証法でしか, 商業の, 善悪とか, 四五日内に, 四月三日の, 国家の, 国際的でなけれ, 土間を, 地方庁の, 執着が, 増田屋の, 売言葉に, 外道の, 多少実用, 大いに疵, 大へん, 大体同伴者或は, 大学生に対する, 大抵新聞紙に, 大根の, 大部分, 天皇の, 夫人私は, 奨励金の, 女優の, 女給さんその他コンキューで, 好い様, 妹も, 婦人作家は, 存在それ自身の, 学者などに, 宗教裁判当時か, 宜いんでしょう, 実は一人, 実在, 客を, 家つきの, 容易に, 寧ろ入学試験, 尊敬し, 小品文の, 小歌に, 少くも, 少年の, 山の, 岩波から, 川丘みどりが, 工新式の, 巨き, 市債を, 常識とは, 平均食物の, 年増の, 幽霊でも, 広い意味, 廉価版の, 弐朱と, 弱めて, 当分は, 当然昔, 彼だって, 彼処の, 彼等には, 待合曰く何館何ホテル曰く妾宅別荘さもなければ, 従来私的な, 御恐悦, 徳川の, 必ず多少の, 忽ち通じ, 思う壺, 思想動員などという, 怪しからぬ, 恐迫, 悪くする, 情ないそれでは, 意味が, 愛宕町から, 憎めないもの, 戦争中利益に, 所謂る, 手伝ってよ, 打撲る, 抑, 推摩居士の, 放任主義で, 政治の, 教えたり, 数学的直観の, 文化とでも, 文学は, 文献学的意義しか, 斉広の, 新しい事, 新生産物, 施策や, 日本へ, 日本橋区本石町を, 日記である, 早川辰吉の, 明治に, 昔の, 春の, 是が, 晨ちゃん, 暗いの, 最初に, 最近妾は, 服部書店国太郎さんの, 木の, 本当にこう云った, 本所区浅草区と, 来年の, 東北の, 架空的な, 根の, 棟を, 極めて従順, 極めて高度, 概念自身に, 機械力なり, 欧羅巴中第, 正体は, 此心持は, 武兵衛様は, 歯が, 死刑と, 母親に, 氏と, 気の毒な, 水掛論に, 汝も, 決してその, 決闘状を, 法律家が, 洗い物を, 流言飛語の, 浜田の, 涼しい風, 温和しく帰る, 滋幹は, 火水の, 無事に, 無理離縁の, 無論頭, 無雑作, 父も, 牧野先生も, 特に茂手木, 犀星が, 猶読書大切, 王仁さんと, 現実的な, 理論乃至, 甚だ強制, 生活意欲, 田園への, 留守居の, 疳労とか, 痩せた方, 百姓って, 皆多年の, 皿屋敷の, 目抜きの, 直ぐ役に立つ, 直ちに伝染病, 直ちに畏まっ, 直に自分, 相手という, 真実に, 眼を, 知って, 石原氏が, 確に, 社会主義の, 祖父の, 神経衰弱に, 私あげる, 私よりも, 秋位に, 稍, 空間表象の, 立派らしい, 第七十議会, 精神的に, 紐よりも, 経験の, 絵を, 繃帯し, 美しい女性, 羽仁五郎, 老人が, 考古学という, 肉体的な, 背負えるだけの, 自ら進ん, 自分より, 自我の, 自然でも, 自由主義と, 致し方が, 良いだろう, 芋屋だ, 芸術家には, 草木を, 著しい猫背, 薬師寺弾正と, 藤野屋は, 蝦夷以外には, 術語が, 裏切りなんとも, 見す見す彼女, 親子八人もの, 観念論者も, 解剖学教室の, 詐取せられた, 詩境と, 認識を, 誤訳者誤訳書と, 誰人かの, 論理上の, 講義, 豆腐と, 貰おうから, 貴婦人好みが, 賞与贈呈という, 趣味を, 軍事又は, 農村, 近頃世上で, 逃げ出す覚悟, 遊戯的感情, 過言であろう, 遺伝だ, 酒井さんも, 野倒死は, 金額は, 鉱山の, 鋭次, 長い説明, 門弟子も, 阿波の, 隔世の, 雨霧と, 霜の, 靖国神社を, 非常にもの, 面白くない, 頭から, 風の, 飛行機に, 馬糞の, 高血壓, 鯛の, 鶯谷で, 黒奴アランは

▼ 云えない~ (682, 12.1%)

40 であろうか 13 のだ, のである, 気が 10 ことは 9 と思う 8 のです, ような 7 かも知れない, ことも, よ, わ, 心持が 65 ね, ので, ものが, 心持に 4 であろう, ということ, と思います, ようだ, ように 3 かもしれない, からだ, からね, ことに, のか, ものだ, んです, 一種の, 変な, 心の

2 [34件] かもしれません, から, がね, けれど, けれども, ことだ, ことで, ことである, ことです, じゃない, ですね, と云っ, にし, のでしょう, ものである, ようです, らしい, わけだ, わね, イヤな, ニュアンスを, 事だ, 女の, 悲壮な, 感に, 感情が, 慚愧の, 気味の, 気持が, 気持だった, 気持に, 程の, 表情を, 顔を

1 [389件] いやあな, いやな, いろんな生活, うちに, おれは, かすかな, かも知れぬ, かも知れません, からいろんな, からそれ, からただ, からである, からみついた, からスッカリ赤面, から従っ, から詳しい, から誰一人, から黙っ, があの, がおかげ, がおだやか, がこうした, がしかし, がしまいに, がそう, がその, がそれ, がって, がとにかく, がなるべく, がはじめ, がまあ, がまことに, がよかっ, が三度, が世間, が何, が作品, が働く, が先ず, が先日, が全く, が六波羅殿, が其の, が処, が十人なみ, が印度洋, が命, が国老, が夕方, が大体それ, が庶民向き, が彼女, が息, が或, が文化, が毒薬, が田舎, が社, が読者諸君, が警察, が野本, が面白い, が頭, ぐらんとした居直り, けど, けれどいい, けれどもなんとなく, けれどももし, けれどもゴーゴリ, けれども三度, けれども大量製産物, けれども日本, けれども私, けれど次第に, けれど自分, こころもちで, ことが, ことな, ことなど, ことの, ことわかっ, ことを, こと未来派左派が, このこと, この世の, この淋し, この界隈, こんな事, ざわめきが, ぜ, そうじゃ, そう云っ, そう簡単, そこで十七年間肌身, そして私, それは, ぞ, た, ただ当然, たとえば精虫, って云う, であろうけれども, であろうと, ですよ, といい, というの, というよう, という序文, とかいうこと, ところに, ところも, としても現れ, とする, とすれ, とね, とも限らない, と云い, と半, と思っ, と思われた, と感じ, と答えた, と答えよう, と見える, と高く, なあ, なんて事, なア, にきまっ, ねえ, の, のかは, のかも, のが, のさ, のだった, のであっ, のであり, のであります, のでとかく, のでなお, ので往く, ので技術, ので曖昧, ので素知らぬ, ので聞く, のと, のびのび充実した, のよ, のよわたし, のよジャック, の云っ, はずだ, ほどいろんな, ほどの花, ほど上手, ほど口許, ほど吾, ほど憎らしく, ほど故国, ほど澄んだ, ほど男性的, ほど色々, までもたいへん, までも大きかっ, までも忠実, まま貸した, ものかと, ものさ, ものじゃ, もので, ものであった, ものです, ものも, もの出来れ, もんだ, ゆとりの, ようだつ, よろこびが, よろこびで, らしく黙って, わかりやすさすきとおった, わけが, わけで, わねえ, わわたし, わ阿, わ馴染, イヤナ感じを, イヤナ気持ちに, サそう, チカンが, ッさ, ッて, ニュアンスと, ボリウムが, モラルの, リズムを, ワケが, 一抹の, 一種妙な, 一種異様に, 一道の, 不可解な, 不安が, 不安の, 不愉快さが, 不愉快な, 不気味の, 世の常の, 乳の, 事が, 事は, 事を, 交錯した, 今日の, 代りに, 伸子の, 伸縮自在な, 何ものかが, 光景だった, 内から, 凄味が, 処の, 利潤を, 到るところ, 努力が, 努力を, 動悸に, 厭な, 味いに, 呻り, 喜びだった, 喜びである, 困惑の, 困難辛苦や, 変テコな, 奇体な, 奇妙な, 奇病に, 女性の, 好奇の, 嫌な, 嫌悪の, 嫌気に, 安心に, 寒々と, 寥しい, 寧ろいろいろ, 底に, 引き締った笑顔, 強情さと, 律に, 律にとっては, 心もちが, 心地で, 心地に, 心持で, 心持な, 心持の, 忌や, 快感を, 快活な, 思いで, 思いと, 思いを, 急激な, 性分です, 性質の, 恐怖を, 恐縮な, 悦びでした, 悲しみが, 悲愴な, 悲痛な, 情態だった, 惨めさです, 愉快だ, 愉快な, 感じでした, 感じに, 感じを, 感動に, 感情だろう, 感情で, 感情の, 感想に, 感想を, 感謝や, 憧れが, 或は云わない, 戦慄が, 政治的な, 新鮮さが, 新鮮な, 方で, 方面に, 日夜の, 暗澹と, 本当に馬鹿, 桜んぼうを, 極りわる, 様な, 次第です, 死人そっくり, 気に, 気分に, 気持ちな, 気持で, 気持な, 気持の, 永年の, 況して私, 消え入りたいよう, 溌剌と, 滑稽な, 点が, 点を, 焦, 焦燥の, 焦躁を, 熱と, 爽, 物静かな, 状態で, 状態に, 甘美な, 生真面目な, 由を, 異様な, 疑惑の, 皮肉な, 真暗な, 眼を, 破目, 確と, 神聖な, 私が, 私の, 秋です, 秘密が, 程いじらしい, 程ぐッ, 程可愛らしく, 程哀しく, 程彼, 穏かな, 立場だろう, 笑いを, 笑顔で, 精神の, 絵の, 美くしい, 自堕落な, 自然の, 自由な, 色を, 苦労の, 蠱惑的な, 表情で, 複雑な, 見事な, 観察だの, 訳だ, 話である, 調子外れの, 趣が, 趣です, 迄もある程度, 途方に, 進歩の, 遣るせない気持, 量に, 険悪な, 雑書風の, 雰囲気の, 震動は, 青年としての, 静かな, 静穏な, 頑固な, 顔色に, 風で, 風情であった, 風習です, 香が, 鬼気と, 鮮やかさで

▼ 云えなかっ~ (124, 2.2%)

879 たの 6 たが 4 たし 3 たこと 2 たので, たん

1 [11件] たかも, たから, たけれど, たけれども, たさ, たであろう, たもの, た一事, た人, た津田, た訳

▼ 云え~ (29, 0.5%)

2 いうので, いうん

1 [25件] いう, いうこと, いうならいくら, いうなら云っても, いうの, おっしゃいました, 云いつけられるとおり, 云う, 云うから, 云うたから, 云うに, 云うの, 云うん, 云えば, 云った, 云って, 云ってるじゃ, 云われたら彼, 仰せあられますと, 命じた, 怒るに, 指図した, 教えるの, 言い置いて, 責め立てて

▼ 云えなく~ (21, 0.4%)

6 はない 3 はないだろう

1 [12件] てさて, ても十分, てよ, て沈黙, とも少く, もあるまい, もない, 感じた人, 減算なども, 生れつい, 興味ふかい, 魅力だった

▼ 云え~ (18, 0.3%)

11 えが 1 えじゃ, えぞうー, えな, えなあ, え爺さま, え程, え面

▼ 云え~ (17, 0.3%)

2 腹の

1 [15件] お浦, この地球上, やまぬ槍沙汰, よくは, プウシュキンの, 一向平気, 予は, 左の, 性来の, 是れ, 月には, 朝などは, 深く嘲ける, 玉虫は, 飽くまでも白状

▼ 云えよう~ (17, 0.3%)

82 とは思えない 1 が, がしかし, がね, が何, が無能, が特に, では

▼ 云えその~ (15, 0.3%)

1 [15件] ように, 一々の, 一方は, 出発に, 反面に, 問題の, 夜は, 実質は, 実阿, 怖しさと, 感傷的な, 方それについて, 次の, 独楽の, 破られた記録

▼ 云え~ (15, 0.3%)

1 [15件] かえ, からつまらん, がな, がな娘さん, がね少し, が当分, が来月中旬, が金子, じゃない, とよ, と云う, 味いの, 好い景色, 少くとも, 気持な

▼ 云え~ (14, 0.2%)

4 いその 3 いけれ共 1 いいいかおり, いその場の, いって, いもの, いや, いやね, さそうな

▼ 云えないし~ (13, 0.2%)

1 [13件] あすこに, その階級, ね, もしまた, 打挫, 日比谷の, 普通の, 目前にのみ, 自由でも, 財産の, 貸す余裕, 軽蔑の, 辛そう

▼ 云えども~ (11, 0.2%)

1 [11件] いろいろな, おそれる必要, その人々, 丹下は, 余り明確, 古泥障, 声望が, 彼らの, 或程度, 油断を, 白い格子

▼ 云えそう~ (10, 0.2%)

2 だ, もない 1 だが, だけれども, で面白, なところ, なふうつき, にも思えた

▼ 云えそれ~ (10, 0.2%)

1 が何者, が斉, とて絶対, にしろ, はさして, はリルケ, は単なる, は育ち, よりも一層, よりも大事

▼ 云え~ (10, 0.2%)

1 どうだ, ヤイ, 云わなければ, 云わねえと, 何を, 何処の, 名前を, 手前の, 此の, 泣きながら

▼ 云えこの~ (9, 0.2%)

1 まま帰っ, 内容からは, 出来事には, 宿で, 寺の, 悲壮なる, 押し黙った形像, 深夜に, 頃の

▼ 云えあの~ (8, 0.1%)

1 はげしいお, 人と, 子供たちの, 恐ろしい女神, 数々の, 碁に, 逆転は, 頃の

▼ 云えないいい~ (7, 0.1%)

1 ところが, 気持だ, 気持ちだった, 気持ちよ, 氣持でした, 都会だ, 響きを

▼ 云え~ (7, 0.1%)

1 がこれ, なら決してあんなに, に何, のどこ, は二度と再び, は歩き出し, は顧み

▼ 云えどこ~ (6, 0.1%)

1 かに逞しい, からどう, がイカサマ, にある, にいる, へ

▼ 云え~ (6, 0.1%)

3 しない 1 しないじゃ, しないでしょう, しないわ

▼ 云えなけれ~ (5, 0.1%)

1 ばわし, ば整然, ば自重, ば贋物, ば黙ってろ

▼ 云えばね~ (5, 0.1%)

1 えッ, お, でも現実, 今ある, 角の

▼ 云え~ (5, 0.1%)

1 うも二人, かあった, という愚かしい, の罪, も病院内

▼ 云え自分~ (5, 0.1%)

1 が公園, が拵えた, のし, の愛人, も弟子

▼ 云えそんな~ (4, 0.1%)

2 事が 1 尻腰の, 鏡が

▼ 云え~ (4, 0.1%)

1 えば, よ一方, 何も, 興味つきぬ

▼ 云えない好い~ (4, 0.1%)

2 匂が 1 心持が, 気味を

▼ 云えない淋しい~ (4, 0.1%)

2 気に 1 眼色を, 音だった

▼ 云えなかろ~ (4, 0.1%)

31 う云

▼ 云えこう~ (3, 0.1%)

1 なった上, 云う失礼, 答えよと

▼ 云えこれ~ (3, 0.1%)

1 は余りに, は陶器師, も考え

▼ 云えって~ (3, 0.1%)

1 え己, 名前でも, 責めるよう

▼ 云えない怪しい~ (3, 0.1%)

1 弾力が, 気持だった, 気持に

▼ 云えない美し~ (3, 0.1%)

2 さが 1 さ畏し

▼ 云えなくっ~ (3, 0.1%)

1 ちゃあ意味, てね, てよ

▼ 云えねえ~ (3, 0.1%)

1 わけさ, 客人だ, 彼の

▼ 云えばとて~ (3, 0.1%)

1 あなたが, しからば, 自分は

▼ 云えばも~ (3, 0.1%)

1 一つ奥の, 一つ手前の, 一ツその

▼ 云えまた~ (3, 0.1%)

1 その原因, 侍でも, 即座に

▼ 云えまだ~ (3, 0.1%)

1 冷い, 深い根柢, 見たこと

▼ 云え~ (3, 0.1%)

1 しないで, しないなぜ, しようか

▼ 云え二人~ (3, 0.1%)

1 だけしかいない, でここ, の男

▼ 云え~ (3, 0.1%)

1 から思え, までずつとね, までの事

▼ 云え~ (3, 0.1%)

1 に悪意, の最大, はみじめ

▼ 云え相手~ (3, 0.1%)

1 は大勢, は妖怪, も闇

▼ 云え確か~ (3, 0.1%)

1 にこの, に一理, に円朝

▼ 云え~ (3, 0.1%)

1 からもはっきり, がそれ, れが

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 布哇へ, 良いが

▼ 云えいずれ~ (2, 0.0%)

1 は行きつくであろう, も同一

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 宗旨までは, 浦は

▼ 云えお前~ (2, 0.0%)

1 の身の上, も思いの外とんちき

▼ 云えこんな~ (2, 0.0%)

1 小藩, 無人島から

▼ 云えそこ~ (2, 0.0%)

1 に感じられる, へ気

▼ 云えそれでも~ (2, 0.0%)

1 無暗に, 相応に

▼ 云えそれなり~ (2, 0.0%)

2 の作家根性

▼ 云えという~ (2, 0.0%)

1 ような, 勇気も

▼ 云えとは~ (2, 0.0%)

1 教えただろう, 言うわけ

▼ 云えどうして~ (2, 0.0%)

1 なつけたもの, 遁が

▼ 云えないおかし~ (2, 0.0%)

1 さで, みを

▼ 云えない優しい~ (2, 0.0%)

1 笑顔で, 音だ

▼ 云えない寂しい~ (2, 0.0%)

1 もの, 心持が

▼ 云えない美しい~ (2, 0.0%)

1 夢を, 天真さを

▼ 云えない良い~ (2, 0.0%)

1 匂が, 季節です

▼ 云えない苦し~ (2, 0.0%)

1 さという, さに

▼ 云えなぜ~ (2, 0.0%)

1 だ, 破ったなぜ

▼ 云えまさか~ (2, 0.0%)

1 あの連中, 若い女

▼ 云えもともと~ (2, 0.0%)

1 その民族, 自らの

▼ 云え何ん~ (2, 0.0%)

1 でも受け入れる, となく

▼ 云え其の~ (2, 0.0%)

1 事は, 正体を

▼ 云え勿論~ (2, 0.0%)

1 顔の, 高萩村より

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 実に卓, 止むを

▼ 云え可愛~ (2, 0.0%)

1 そうだ, そうに

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 と共に生きる, の光り

▼ 云え大局~ (2, 0.0%)

1 においてその, に於

▼ 云え大道商い~ (2, 0.0%)

1 だ両, だ安く

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 れが, れは

▼ 云え少く~ (2, 0.0%)

1 とも両者, も平安遷都

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 る方面, 堅い定式

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 の様, の身

▼ 云え決して~ (2, 0.0%)

1 出鱈目とは, 正気を

▼ 云え流石~ (2, 0.0%)

1 に偉い, 女だけ

▼ 云え白状~ (2, 0.0%)

1 しろ, せよと

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 があっ, もない

▼ 云え自ら~ (2, 0.0%)

1 はいまだかつて, 進んで

▼ 云え自殺~ (2, 0.0%)

1 する人間, まぎわ

▼ 云え~ (2, 0.0%)

1 の敵, 鼠が

▼1* [340件]

云えああいう恐し, 云えあまりにその修練, 云えあんまり何でした, 云えいかにも懐かしげ, 云えいつまでも洞窟, 云えいつしかそれが, 云えいつもはそれきり, 云えいまだ必ずしも航路の, 云えいわば賓客の, 云えおれはあした, 云えお金のゆくえ, 云えかかる芽出度き, 云えこういう荷物を, 云えこうしていつまでも, 云えここには千余, 云えこっちで名主, 云えこの世にも不自然, 云えこれ等は何, 云え城中へ, 云えさあ云えって, 云えさっき政枝に云った, 云えさも重大事件かなんぞの, 云えじきに忘れ, 云えじゃが手前は, 云えすぐに貴女, 云えすると彼奴は, 云えそうして幡江の, 云えその他は仇, 云えそれから云え, 云えたかが三十を, 云えたって人間この, 云えたんだが, 云えつらつら考えて, 云えてもどの点, 云え閉口さ, 云えどうだ, 云えどうもこの薄茶, 云えないうすら寒い気持, 云えないうそ寒い後姿だった, 云えないうれしさが, 云えないきついような, 云えないくさくさしたよう, 云えないしまた決して偶然, 云えないたのしさと, 云えないつめたい物が, 云えないにがさを, 云えないひどい様子である, 云えない佳い娘で, 云えない大きいちがいを, 云えない寂しさに, 云えない忌々しいような, 云えない恐い眼で, 云えない恐ろしいものと, 云えない息苦しさを, 云えない情けない惨めな, 云えない憂欝な, 云えない暖かさと, 云えない暗い気分に, 云えない毒々しい血みどろの, 云えない深さから, 云えない深き愉快を, 云えない温かさです, 云えない物悲しい気持に, 云えない物足りなさを, 云えない細い道は, 云えない細く優しい声で, 云えない胸苦しさを, 云えない若やかな, 云えない苦い顔を, 云えない苦しい気が, 云えない親しさ睦し, 云えない軽い雨脚が, 云えない重い感じが, 云えない重苦しい空気が, 云えない面白い奇妙な, 云えなけりゃそれまでよ, 云えなどとよくも恥, 云えなんでお岩, 云えばとに角少く, 云えばなア老爺さま, 云えへんやろか, 云えみんなともかく食える, 云えもう立派に, 云えもう一度お詫びを, 云えもちろんどこかの, 云えもはや飽き飽きしました, 云えやっぱり悲しくも, 云えやはり何かが, 云えやはり極めての山間, 云えやや威張ったよう, 云えよう幾らある, 云えよしどんなこと, 云えんそうでございますが, 云えん者だが, 云えクララとも云え, 云えスクルージがだんだん, 云えドーブレク云え連判状, 云えバラックの生活, 云えプレハーノフの論文朗読, 云えヤイ名前を云わねえ, 云え一つは旧幕時代, 云え一人立派に成長, 云え一匹の大, 云え一寸面白い思出, 云え一方から云う, 云え一旦縁あっ, 云え一般世人にとってそれ, 云え一針一針の赤糸, 云え一面から云え, 云え七月の炎天, 云え三千ポンドは決して, 云え三大国を領する, 云え不幸にし, 云え世になき人, 云え世人の噂, 云え世俗の者共月卿雲客, 云え中新田を距, 云え二十歳そこそこで親, 云え京一は肩, 云えの忌み嫌う, 云え人々の心, 云え人夫と云え, 云え人間の息吹き, 云え今朝からもう, 云えの人間, 云え他人の大切, 云え伽藍の本当, 云え何とすがすがしい味, 云え何ら皇室に, 云え何処か知らで, 云え何分にも利害, 云え何故そんなに激しい浸水, 云え何様も善い, 云え余りに野性が, 云え余りもの無体に主人, 云え余り分別がない, 云え余自ら此の家, 云え俺等が俺等, 云え個人の徳望, 云えに五六百年, 云えに十分, 云え元々人の, 云えが生き, 云え充足させるべき諸種, 云えに角人, 云え全く疑うこと, 云え公平な心, 云え六尺ゆたかの一服, 云え再々人足どもを煽動, 云え凡人も亦, 云えを抜き合わせる, 云え利平たちから考えれ, 云え到底関白を, 云え勇力勝れた灘兵衛, 云え勝彦を操る, 云え勤務は阿呆, 云え十五才の男の子, 云え十兵衛あまり道理, 云え十歳前後の子供, 云え十死一生危きこと一髪を以て千鈞, 云え聾だった, 云え却って杉江に, 云え古めかしい宿場の, 云え各地で行われてる, 云えから蟷螂, 云え四月と云う, 云え因業婆アが目, 云え土間に棒, 云え培養された風土民俗, 云えを潜め, 云え夕明りで有る, 云え多寡が土細工, 云え天下の福島, 云え天井はすっかり, 云え天保年間の大塩中斎, 云え天鬼はまるで, 云え夫婦生活をおくっ, 云え奥州出羽の押え, 云え女子供までがそれほど, 云えをお, 云えに往, 云え孤立無援天涯孤客となった, 云え学界の権威, 云えれとも, 云えも磁石, 云え家根の一面, 云え小便をひっかけてる, 云えが生前, 云え左様な嘘, 云え左近の嫡男, 云えはじじい, 云え市街戦と云え, 云え希望に輝く, 云え平家は最期, 云え平生其の意気, 云え平素もっぱら文献いじり, 云え年齢四十立派な文学者, 云え幽霊に金, 云え弦四郎は引っ返し, 云え強盗になりゃ, 云え影響が余りに, 云え彼ら丹生川平の郷民達, 云え彼女の産みおとした, 云えに痕跡, 云え後で考えると, 云え主を, 云えの底, 云え心理試験などというもの, 云え忽ち庭上から, 云え性来の海賊, 云え怪美人は何故, 云え悪くいうは, 云え悪霊を退治, 云え情由を話せ, 云え意外千万とは此, 云えを邪魔, 云え憐れだ, 云え戦乱の世, 云えも折, 云え折角萌しかけて, 云え数年来住む人, 云えと味方, 云えうした, 云え斯くまで甚, 云え旗本の若殿, 云え既に幾度か, 云え日本人よりはすぐれた, 云え旦那様の来遊ヒンパン, 云え早く聖典を, 云えかに有罪, 云え明治二十四年というとき, 云えの怪談, 云え昨日今日では無い, 云えよりし, 云え昼間では益々, 云え普通の人間, 云え木綿もので差図, 云え末二句には聊か, 云え東都と違っ, 云えを交え, 云え極々短期の, 云え楽屋をサラケ, 云えか, 云え標準は矢張り其処, 云え機械農業が発達, 云え欄干もなく, 云えの連中, 云え此の世の誰, 云え此の内儀さんに災難, 云え此方は宿無, 云え此書著名と見え, 云え武田家の重大, 云え武術名誉の若者, 云えとした, 云えを決したる, 云え殆ど一日中お久美さん, 云えのほかきらびやか, 云え残らず討ちとめん, 云え殿下のご, 云え気候は極, 云え氷室を辿る, 云え法律の専門家, 云え浅ましい過去の, 云え浮世は金, 云え淋しい気が, 云え深く心の, 云え満座の中, 云え漸く駈け廻れるくらい, 云え灌木の陰, 云えから有, 云え無意識に求め, 云え無考えとも云, 云え無限な純粋精神生活, 云え程に, 云え父方の縁続き, 云えうじゃ, 云え物取り同様に相手, 云え甚だしくその父母, 云えもない, 云え用捨は尚, 云え甲府の城下, 云え男性たるもの, 云え畜生の浅まし, 云え畢竟余輩にとっては, 云え白島山平は義気, 云え目科は気, 云え逆に, 云え真剣に等しい, 云え短刀には美和子, 云え私自身とは全体何ん, 云え窃んだ物, 云え筆者の怠慢, 云えの上げ下し, 云え米作地で石十円, 云え粂どんが人, 云え紅葉山人は外国, 云え紛らわしい返答は, 云え縁談の前, 云え繊弱い女, 云え美しい上流の, 云え美沢に対してはよい, 云え聚楽第の武士, 云え肝心な一人, 云え胴衣の釦, 云え自ら戦場駈引き, 云え自分等の好む, 云え自身法王の位, 云え良人にきい, 云え英国の正義, 云え茅野雄には弦四郎, 云え蓉子がどんな, 云えの在家, 云え蝸牛の角立て, 云え行方を吐ざけと, 云え衣類の為, 云え要するに現存の, 云え見よいもので, 云え許婚の岩太郎, 云えを聞い, 云え警察署へ堂々, 云え貴さまがさき, 云え貴方に捨てられ, 云え貴様達に出来たら, 云え貴殿の仰せられる, 云え身どもらは武士, 云えを低め, 云え連判状の所在, 云え部落の者達, 云え里程にすれ, 云え重ね重ね無礼千万, 云え野良着の方, 云え関白秀次の態度, 云え隆々たる発展, 云え雑魚ではあるまい, 云え音楽もよく, 云えを上げよ, 云えれるだけ, 云え風流ごのみ, 云え高貴のご, 云え鰹節の話