青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「久~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~
久~
~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乏しい 乏しい~ 乗~

「久~」 2099, 22ppm, 5293位

▼ 久~ (173, 8.2%)

3 乱に

2 [13件] ことを, ささやきを, ように, 一行は, 例に, 土蔵から, 変である, 変に, 字, 店へ, 息子です, 手を, 話を

1 [144件] うろうろ姿, おきぬが, お直, ことばが, すがた, ために, ふたりの, ほうから, むかしこの, むかし此の, やつが, やり口だった, 一件を, 一字に, 一行が, 三女が, 両名, 主人でやし, 主人を, 乱, 乱いらい, 乱とやらにて, 乱などで, 乱にも, 乱の, 乱即ち, 乱後反抗の, 乱後土佐へ, 乱等に, 事なら, 事変が, 事変に, 二番目を, 二階から, 云うの, 亭主と, 人殺しに, 人殺しも, 伯父さんを, 例そっくり, 例を, 信者に, 先々代の, 兵乱という, 剣突か, 取持, 口を通して, 咽喉へ, 嘆きの, 四人も, 四年間も, 墓場の, 変の, 変後院宣に, 外なし, 大の, 大将に, 大悪事, 夫で, 女中の, 奴が, 如き清雅, 娘でも, 娘の, 嫁が, 嫁さんが, 嫁だ, 嫁の, 字なりの, 字を, 字形に, 実の, 実家だ, 実母だった, 家て, 家では, 家を, 家内には, 宿禰, 宿禰は, 寺詣に, 小僧さん, 小僧を, 帝政回復の, 幇間は, 年熊谷直実と, 庖丁は, 店では, 店に, 店には, 店の, 店を, 役に, 役の, 後鳥羽法皇の, 後鳥羽法皇は, 情夫だ, 愚を, 所業と, 指金だった, 故事を, 料理番の, 方が, 方は, 方へ, 方を, 替玉は, 最後の, 望みであったろう, 村役場へ, 濃い二つ, 為には, 片手を, 片腕が, 猶子と, 番頭から, 番頭や, 眼の, 着物二三枚と, 碁会所へ, 秋今見る, 立場を, 策を, 綺麗な, 縁合其の, 背に, 背を, 腰が, 若主人, 言いたてて, 話によって, 調停では, 身許から, 轍を, 返辞は, 返辞次第では, 連中で, 遺物である, 院二十にて, 頃詩に, 顔だった, 顔にも, 顔を, 首をも

▼ 久~ (116, 5.5%)

32 之丞 5 の人々 3 の仙人 2 が云った, とそういう, のこと, の子等, は云った

1 [66件] か, からむすび, から渡された, が囁いた, が帰っ, が慌てた, が戸口, が格子越し, が障子, だけは彼自身, とはまえ, とはもう, と親し, と谷崎, など, にこんな, には会長賞, に別れ, に向, に負かされた, に贈り, に限, のとき, のほう, のむすび, のゐる, の一族, の世話, の云う, の云っ, の叔母, の子, の子ら, の平内, の愛すべき, の所, の手紙, の手製, の押領使神戸, の皿山越え, の落胆, の里, の顔色, はお, はそっと, はにらんだ, はへえ, はもう, はやさしく, は彼, は日本橋, は格子口, は私, は見上げた, は諦めなかった, は酒, は首, は黙っ, へは彼女, も腹, も馬春堂, やおまえ, や女中, を三十七歳前, を借りし, 之丞おまえ

▼ 久さん~ (114, 5.4%)

11 のおかみ 10 の家 3 の娘 2 が来た, もつづい

1 [86件] おや新吉さん, お久さん元気, お可久さん, お広さん, か, から便り, が何発, が呉, が土産, が女の子, が婆さん, が挽く, が生れ, が真, が背負っ, だけ一人, だって一人娘, だのお, でごぜ, で無い外, という人, という十七, という十九歳, という娘, とかいう名, とも逢われるだろう, と云う, と云っ, と何, と御, にとってもあたり前, にやった, に一人, に一言, に云いたい, に怒っ, に最後, に沢庵, に縁, のお, のところ, の事, の付箋, の処, の子女, の実父, の息子さんたち, の発議, の義兄, の義兄の, の老母, の荷物, の贔屓, の頸, はお前, はしくしく, はやおら, はニコニコ, は三度, は人, は例, は宅, は家, は対山館, は怪訝, は本家, は毎日お見舞, は真白い, は秋田生れ, は答え, は計らず, は髪, も唖, も是非, を七つ八つ, を亭主, を可愛がっ, を慳貪, を疑っ, を考える, を雇い, を馬鹿, 元来丈夫, 度々御, 済まねえが, 誠に何

▼ 久振り~ (105, 5.0%)

6 に見る 2 だから, で御, に伯母, に文楽, に本所, に自分

1 [87件] だつたな, だと, だ一服吸つていき, だ大, で, であつ, でいい, でご, でした, です, でぶらぶら, でめぐり, でゆっくり, でボート, で三人, で不二雄さん, で勤め, で味, で土, で夜明け, で好い, で尾瀬ヶ原, で市街, で昔話, で昨夜, で柏, で濃い, で眺めた, で知人, で私, で立寄った, で純, で自分, で薙刀, で行, で話, で遇, で金峰甲武信間, で鎌倉, で長広舌, で顔, で飲む, で飲食, と云, に, にその, にて巴里漫遊, にて新福亭, にて清元会, に一杯, に三人対座, に人間, に便り, に出, に勤め, に媚薬, に寝巻, に手酌, に打, に昔, に正, に気, に水月, に泉邸, に温泉, に畳, に笑った, に聞く, に花, に行っ, に解放, に訪れる, に貸手, に逢つた父親, に遊び, に酒, に酔, に里祭, に青空, に顔, に飲み慣れない, の上天気, の新聞, の来状, の芝居見物興, の鵜飼, 時に何

▼ 久~ (95, 4.5%)

4 二階から 2 けんめいに, どなったそう, はらだちまぎれに

1 [85件] あとに, あるかないかの, あわてて, あわてふためいて, いつのまにか神棚, お菊, お題目, かまわねえが, さすがに, じっと眼, すすんで, すでに八十, そういう意味, そういっ, その晩, その男, そばに, それを, ぞっとした, だませても, ちつとも, つい要らざる, とり残された, ぬうっと顔, ふと夕雲, またあたふた, また金, まだ子供, まだ興奮, よくうごい, よく伊坂, 一助が, 三ツに, 上目使いに, 云った, 今なお, 今更の, 住み込みの, 体よく, 何か, 何と感違い, 何も, 信長とも, 兵頭清とともに, 其の上, 冬空を, 前へ, 十兩持つ, 変に, 大してそれ, 大亀に, 小耳に, 少し怖く, 年若, 当時魚屋にて, 彼の, 後に, 従兄弟に, 心配で, 愛嬌の, 手を, 暫く彼, 此処へ, 沓の, 火鉢の, 父親の, 猛然むしゃ, 男の, 目隠しを, 篠突く, 縁日で, 聞くと, 謂ゆる, 起って, 身を, 身辺に, 金を, 鉄物屋と, 長兵衛の, 長野氏に, 頻に, 飜訳ばかり, 鮓の, 黄八丈という, 龍山と

▼ 久~ (74, 3.5%)

2 の前, の家, の首

1 [68件] から借りた, がこの, がその, がまぜ返す, が五日前, が交つて, が今夜, が去る, が堂の前, が大声, が居ります, が死に際, が生, が突然, が蝕, が要路, が蹲ん, が通り過ぎた, だな, だの大月玄蕃, です, というおやじ, と小六, と投げ, と申し, と申します, と番頭, と知れた, などは以前, なども元, に地代, に幾らか, に指, の兄弟分荒神, の台所, の奉公人, の妾, の娘, の孫娘, の犬, の真っ向, の身内, の部屋, は, はつぼめた, は事情, は受取り, は声, は少し, は急い, は永年, は無, は答えた, は藤野屋, へ向っ, へ斬りつけ, も十左, も根, も水音, や小, や投げ, や玄蕃, をはじめ, を以て藤野屋, を呼ぶ, を呼ん, を殺した, を誘き出し

▼ 久しからずし~ (68, 3.2%)

3 て之 2 てこの, てまた, て一敗, て世界, て必ら, て遂に

1 [53件] て, てあまり, てその, てそれ, てヌーマ王, てプリアムス, てヨオロッパ, て世, て二種, て亡びた, て公, て公然, て再び, て再建, て北宋, て国, て国民, て地上, て地下, て天下国家, て家運, て将来, て帝国議会開会, て帝國議會開會, て廃刊, て廢, て当, て彼曹操, て彼等, て忘れられ, て振棄てられ, て文明四年十月中旬, て朝廷, て松助片腕, て果敢なく, て極, て止み, て死んだ, て気運, て淡水, て滅びる, て玄徳, て田舎, て病, て痛風, て皆悶死, て破る, て科学的精神, て罷め去る, て賃銀, て運命, て遺産相続, て音一

▼ 久~ (59, 2.8%)

1 [59件] いるし, お前処に, かけがえの, くぐまり込んで, こう云っ, この子春丸, つい呟く, どこへ, のぼって, ふいと, やって来た, カフェーに, 一枚加わっ, 不二男, 不意に, 二人の, 今夜は, 今日の, 伊坂に, 住んで, 何か, 何処え, 側について, 先ず白状, 冷淡に, 出たっきり, 出て, 剃刀の, 勝手に, 去った後, 叫ぶと, 土間の, 妙に, 居ないくらい, 居なけりゃア此方, 川を, 建てて, 彼の, 捕ったに, 捕われないの, 旗本を通じて, 晩年に, 橋の, 歯を, 死んだの, 死んで, 混雑に, 澄しこんでる, 病んで, 秘密を, 答えて, 聞きかじりの, 膝を, 転んだので, 遮二無二腕, 重二郎, 長野氏に, 面倒がっ, 顔色を

▼ 久~ (46, 2.2%)

2 と越後屋

1 [44件] がぼんやり, が手真似, が教, が橋場, が越後屋, が飛ん, だの禿安, という名うて, といふ男, とちょっと, とどんな, と鉢合せ, なぜ駕, などは生れつき, には邪魔, に教, に漕がせ, に訊ねました, の惡黨ぶり, の所, の樣子, の眼, の言葉, の道中差, の野郎, はお, は不身持, は事もなげ, は何, は入っ, は叱る, は愚直, は時々, は池, は無類, は物言, は股, は越後屋, は頑固, もグッ, も見殺し, を見かけなかつた, を顧みました, 少し役目

▼ 久兵衞~ (46, 2.2%)

2 だ, だけで, の話, を殺し

1 [38件] がとぐろ, この四人, でございます, でした, といふの, とその, と言, に小遣, に案内, に聲, に輕, のこと, の伜, の前, の口, の姪, の持つた, の方, の本, の死骸, の無, の野郎, の饒舌, はあまり, はなほ, は匕首, は名だたる, は四方かま, は木戸口, は松右衞門, は獨, は聞えた, は背後, は自分, は苦々し, は道樂者, もお, を案内

▼ 久~ (45, 2.1%)

2 の方, の父, は

1 [39件] が, がいる, が善作, が家, が対立人物, が父, が自由, である作者, という主人公, とに共に, ともう, と初子, と対蹠的人物, と敦子, に, にいわせ, によって代表, に全く, に多岐多様, に対する雁金, に対照, に配合, の口, の妻, の安心立命, の敗亡, の本質, の生き, の生活, の生活相, はかかる, はこう, はこんな, はもっと, は初子, は恐らく最も, は自分, を破綻, を自由人

▼ 久~ (42, 2.0%)

2 会わせて, 似て

1 [38件] あらむとすらむ, お仕え申しあげます, して, しても, その修業, その秘密, たのむと, とどけ鍋久, なりに, なりぬと, はたらきかけ, 一寸気を, 事業癖が, 云わすれば, 供物を, 凝視めし眼を, 叩き起されて, 合せて, 囁いた, 圓位法師は, 在り, 堪へなくに, 奇な, 巡り合い身請, 従いて, 我友の, 持ち込ませました, 持って, 生きて, 経て, 罪は, 聞いても, 背負わせて, 言は, 逢ひ見, 遇ふべくある, 頼んだ, 鼻グスリを

▼ 久~ (40, 1.9%)

2 わが家へ, 夫婦に, 連れて, 遠巻きに

1 [32件] うしろに, そのままに, たずねて, どうかし, ぬけ出してから, めっけて, 中に, 休に, 何うかし, 使って, 出した時, 取巻いて, 口の, 咒った, 始祖の, 欧州へ, 狙ったわけ, 狙って, 睨め返して, 突き倒して, 経る時, 脅して, 至極あっさり迎え, 苛めます, 葬むったと云う, 見送った, 踏み台に, 身受致夫婦と, 身請し, 返したいと, 追いつめて, 鬼怒川堤で

▼ 久~ (39, 1.9%)

12 を叙 7 の情 2 の挨拶

1 [18件] ですこと, といっ, のあいさつ, の人情, の友, の声, の想い, の話, や兵曹, をのべ, をのべた, を叙す, を叙する, を叙べた, を序す, を話し合う, を述べた, を述べる

▼ 久~ (37, 1.8%)

2 いっても, 兵頭を

1 [33件] あって, いい今年二十九歳, いえば, いひのち, こうして仲よく, その長男, やらいう良正, クグツ, 一緒に, 三人で, 云う一番器量, 云う別嬪, 云う土手, 云う声, 云う娘, 云う者, 云って, 云つた, 兄の, 兵頭が, 兵頭だけ, 台所部屋の, 家を, 小石川の, 川に, 申して, 申すお, 申す人別紙原稿, 申す者, 自分との, 言った, 負傷した, 連れ立って

▼ 久~ (31, 1.5%)

2 の間違い

1 [29件] からじかに, から鍵屋, すっかりいい, たあ, だって空家, てえの, ての, でごぜ, という者, という鍛冶, と定夫君, には具足, に縛られた, に遺伝, ぬしは, のお, のまちげ, のオヤジ, の夜釣り, の家, の手, の親子, の訊問, の車, へ彼女, もそこ, も探し, らしい声, を呼び出し

▼ 久~ (28, 1.3%)

2 に, に天気

1 [24件] じゃない, で, で来た, で遇う, にて松莚子, にて築地, にて菊五郎, にて診察, にて鎧橋病院, にアルコール, に一杯, に入浴, に其等, に御前, に憂鬱, に汗, に父, に苦味生さん, に蕎麦, に陰暦, のワヤ, の將棋, の日和, ほんとうに

▼ 久という~ (27, 1.3%)

6 人は 3 人の 2 人が, 長唄の

1 [14件] のである, 中学二年生な, 人たちとは, 人で, 名も, 女が, 女中が, 女給だ, 愛くるしい娘, 料理店に, 老婆が, 老婆の, 者でございます, 鉄物屋の

▼ 久~ (22, 1.0%)

14 のない 8 の無い

▼ 久振で~ (18, 0.9%)

2 ごあん, 東京に

1 [14件] ござりました, 丁度六年振で, 例の, 兄に, 内地へ, 展墓の, 帰省した, 愉快な, 故郷に, 故郷の, 旅を, 東京へ, 楽しそう, 良人と

▼ 久~ (18, 0.9%)

1 [18件] が住み, きかず, である, に一言, に同意, に従って小谷, のにくみ, の仮, の侍臣, の勘当, の髻, は長政十六歳, へも彼, も此程遠藤, も浅井, も漸く, も黙止, 聴かず他

▼ 久~ (16, 0.8%)

1 [16件] この細, 人気の, 会ひません, 住慣れし, 垂籠めて, 已に一棺, 悲を, 時を, 留るに, 病院の, 空屋に, 考えて, 耐る, 行方知ず, 趣味上の, 飼るる

▼ 久~ (16, 0.8%)

1 [16件] が来, が来た, だ, てえ, という者, に似ぬ, の娘, の用事, はキヨトキヨト, は昔, は立, は臆面, は若い, を頼み, 眠ったか, 眠ったかな

▼ 久延毘古~ (15, 0.7%)

2 は足, を大国主神

1 [11件] が少, でありその, とはクエ, などと同じく, のみがその, の名, は今, は山田, もまた, を以て案山子, を召し

▼ 久須麻呂~ (15, 0.7%)

5 が泣き, の名 3 の為 2 の爲

▼ 久しからず~ (14, 0.7%)

2 とせず

1 [12件] これを, で二百年, とは驕れる, と取っ, ほどなく権威失墜, やっと十六人, 唯春, 契りの, 火徳衰う, 矣の, 花園妙心寺聖沢院の, 謀反が

▼ 久ぶり~ (14, 0.7%)

1 [14件] でめぐりあった, で先生, で可, で姉さん, で御, で故郷, で癇癪, にローズ, に取上げる, に故山, に明朗, に逢ッ, ねえ, の面會

▼ 久~ (14, 0.7%)

1 [14件] おとどけ下さい, その話, はいろうと, 何し, 入り込んで, 向けた, 渡して, 片袖, 縁付けて, 舌打ちし, 花見の, 行ったの, 行って, 行つたのは

▼ 久~ (13, 0.6%)

2 招待され

1 [11件] それに, よくなつい, 右府と共に, 墓詣り, 家へ, 従来谷蟆すなわち, 掻ッ攫い, 町中引廻しの, 継母に, 肯かなかった, 腕の

▼ 久うし~ (11, 0.5%)

2 て益々 1 たが, たりき, た含宙軒師匠, て下り, て對岸, て忽ちに, て曰く, て終に, て至る

▼ 久佐賀~ (11, 0.5%)

1 [11件] が面白い, との面会, と懇意, に暗示, の価値, の方, の許, は手, は手紙, は金力, も彼女

▼ 久米一~ (11, 0.5%)

2 の仕事 1 から聞いた, にも聞い, に煙草, に話した, の娘, の気, の生活, の細工邸, らしかった

▼ 久~ (10, 0.5%)

2 のろ 1 という属島, といふ島, の仲, の女, の島, の浜, の行幸, は元

▼ 久さん何処~ (9, 0.4%)

9

▼ 久万山~ (9, 0.4%)

1 であった, の一揆, の墓所, の山中, の百姓, は浮穴郡, へ赴いた, まで侵入, を下り

▼ 久しかりし~ (7, 0.3%)

2 がやがてさらさら 1 が其間何, が終に, 乞食僧は, 流転の, 際

▼ 久~ (7, 0.3%)

1 から解雇, に何, の伊東, の出, の外, の横, の遠い

▼ 久~ (7, 0.3%)

2 の年 1 が来, のため, の年為家, の後, の後定家

▼ 久~ (7, 0.3%)

1 か, と男名, と看板, に命じました, の蒸籠, はほくほく, も最近

▼ 久~ (7, 0.3%)

1 の人, の住家, の佳人, の地, の山, の立山, の雪

▼ 久政公~ (7, 0.3%)

1 がお, が云わ, の丸, の仰せ, の御, へは御, も御

▼ 久米八~ (7, 0.3%)

1 といかに, と同座, と逢痴, なども此芝居, の兄妹, はさぞ, もでしょう

▼ 久から~ (6, 0.3%)

2 ずして 1 こう改めて云いよこした, ちょうど百十年目, 十両花鳥から, 暇を

▼ 久~ (6, 0.3%)

2 火傷だらけに 1 という女中, と共に席, クジラ市や, 小石川の

▼ 久九年~ (6, 0.3%)

2 に生れ 1 に土御門天皇, の十二月, の春, 御年十九

▼ 久二年~ (6, 0.3%)

1 から足かけ四年前, に御, に時政公, に本国, の頃法然, までの十年間

▼ 久堅町~ (6, 0.3%)

1 から編笠, なる光円寺, に越す, の低い, の往来, より竹早町

▼ 久~ (6, 0.3%)

1 が老母重き病, だの魚屋, といっ, といふもの, とよぶ, は病み

▼ 久~ (6, 0.3%)

2 して 1 と称した, はもう世に, を經過, 別れて

▼ 久~ (6, 0.3%)

1 で同, の側, の小学校, の新堀ば, へはいり, まで駆け戻っ

▼ 久~ (5, 0.2%)

1 に勝, に弥, をかの, を恨む, を熱海

▼ 久~ (5, 0.2%)

1 あつた, その衣鉢, 二度も, 昨日に, 私たちの

▼ 久~ (5, 0.2%)

1 がいなくなった, がその, が外国, と共に心ゆく, の責任

▼ 久延彦~ (5, 0.2%)

1 すなわちアイヌ, というの, ならきっと, にお, は足

▼ 久~ (5, 0.2%)

5 奢母智

▼ 久求小野~ (5, 0.2%)

1 であって, という名, と申す, に久求社, の名

▼ 久~ (4, 0.2%)

1 あいだついぞまだ, 以前ぢや, 前の, 間雨曝しぢや

▼ 久かたぶり~ (4, 0.2%)

1 で御, に平和, の今日, の平地

▼ 久しからぬ~ (4, 0.2%)

2 うちに 1 内に, 程なりき

▼ 久なあ~ (4, 0.2%)

2 この男二人, こは

▼ 久ふし~ (4, 0.2%)

1 て岐路, て左右, て癒, て誰ひとり腹

▼ 久らく~ (4, 0.2%)

2 して 1 すると, 眺めて

▼ 久~ (4, 0.2%)

1 振デアル, 振ニオイシカッタワ, 振ニ眩暈, 振ニ葉山

▼ 久元年~ (4, 0.2%)

1 と為す, にかけてはもう, に行われた, の正月

▼ 久兵衞さん~ (4, 0.2%)

1 が一度, が小三郎, だ, とその

▼ 久~ (4, 0.2%)

2 重ねて, 重輪下

▼ 久~ (4, 0.2%)

1 が檀家, とよべる, もやむなく, を出

▼ 久旅館~ (4, 0.2%)

1 から使, とかに泊つて, などに泊つたこと, に東宝重役連

▼ 久~ (4, 0.2%)

1 から屡, が尋ね, も又, を張り

▼ 久~ (4, 0.2%)

2 之異 1 の異, の異なりあり

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 会は, 御目, 立尽せる

▼ 久しかり~ (3, 0.1%)

2 にし 1 しも唯

▼ 久しかるべき~ (3, 0.1%)

1 と諦め得ぬ, 命ならず, 影ならず

▼ 久ずし~ (3, 0.1%)

1 のすし三四個食, のすし五六個, 来り五六個

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 と会見, ぬまでに, を訊問

▼ 久七どん~ (3, 0.1%)

1 えらく片づけ, に流れ, は確か

▼ 久七親分~ (3, 0.1%)

1 がやつ, に縛られ, の見込違

▼ 久三年~ (3, 0.1%)

1 のこと, の頃叡山, まで土御門

▼ 久~ (3, 0.1%)

2 許逗留 1 落地者為巧

▼ 久乱後~ (3, 0.1%)

1 の定家, はその, 後堀河

▼ 久先生~ (3, 0.1%)

2 の古 1 は大層

▼ 久八さん~ (3, 0.1%)

1 はもう, 明だるじゃ, 誠に恥入った

▼ 久兵亂~ (3, 0.1%)

2 に關 1 の記事

▼ 久兵衞旦那~ (3, 0.1%)

1 の名代, の娘, を殺した

▼ 久内清孝君~ (3, 0.1%)

1 がこの, で同君, を識

▼ 久右衞門~ (3, 0.1%)

1 に累, の女房, は胡麻鹽頭

▼ 久~ (3, 0.1%)

2 を非 1 は財

▼ 久振だ~ (3, 0.1%)

1 お寄り, なといつて, わね

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 などの観念, の, の所説

▼ 久求都彦~ (3, 0.1%)

1 という土人, に行きあい給い, の名

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 と云, と云つて笑, 今聞其訃音

▼ 久長氏~ (3, 0.1%)

1 が前, の, の説

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 という名義, の茶, を引き寄せ

▼ 久須毘~ (3, 0.1%)

2 の郎女 1 の命

▼ 久~ (3, 0.1%)

1 だけは焼け残った, と称する, なるもの

▼ 久さしく~ (2, 0.1%)

2 之れ

▼ 久しからざる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 以前の

▼ 久たん~ (2, 0.1%)

2 は青い

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 がこれ, とする

▼ 久ちゃん~ (2, 0.1%)

1 だって源ちゃん, は男

▼ 久ちやん~ (2, 0.1%)

1 の事, は山梨縣

▼ 久でも~ (2, 0.1%)

1 世間の, 捨て置かれず内々

▼ 久との~ (2, 0.1%)

1 ことを, 二人であった

▼ 久と共に~ (2, 0.1%)

1 ひどく真剣, 祈りを

▼ 久どん~ (2, 0.1%)

1 から何, はそんな

▼ 久には~ (2, 0.1%)

1 何年奉公し, 河内介の

▼ 久やが~ (2, 0.1%)

1 とりついだので, 室の

▼ 久やの~ (2, 0.1%)

1 三人を, 様子を

▼ 久やは~ (2, 0.1%)

1 はしや, 当時台所に

▼ 久やを~ (2, 0.1%)

1 つれて, 訊問したら

▼ 久三老人~ (2, 0.1%)

1 とは少年時代, も今日

▼ 久以来~ (2, 0.1%)

1 この日本, の落ちぶれ

▼ 久佐賀某~ (2, 0.1%)

1 に面接, は机

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 だけは生き残る, ではなかっ

▼ 久八荒神十左~ (2, 0.1%)

2 投げ槍

▼ 久兵衞樣~ (2, 0.1%)

1 ですが, は良い

▼ 久~ (2, 0.1%)

2 に作る

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 と呼来, ならん

▼ 久右衞門さん~ (2, 0.1%)

1 が隱居, の兄きが

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 の空, の通り

▼ 久~ (2, 0.1%)

2 綿の

▼ 久~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 久小学三年~ (2, 0.1%)

2 の長太郎

▼ 久左衞門~ (2, 0.1%)

1 はその, は實

▼ 久帰った~ (2, 0.1%)

1 かえ, かえと

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 が私, は久能

▼ 久授呂宮~ (2, 0.1%)

1 あり社伝, と云

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 という地, の小野

▼ 久求都媛~ (2, 0.1%)

1 の住地, の名

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 の心, を医

▼ 久町三筋町等~ (2, 0.1%)

2 に沿

▼ 久磨子さん~ (2, 0.1%)

1 がやってきた, が拍子

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 だよ, というの

▼ 久羅下那州~ (2, 0.1%)

1 多陀用弊流, 多陀用弊流之時

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 のみ湯, や石湯

▼ 久~ (2, 0.1%)

1 のため菊花香, 尚歇

▼ 久須婆~ (2, 0.1%)

1 といふ, の渡

▼ 久~ (2, 0.1%)

2 の二男

▼ 久高氏~ (2, 0.1%)

1 の女, の女性

▼1* [332件]

いもんだなあ, 久内儀さんも, 久おれが川, 久かえりぬと聞い, 久かたのもの語り, 久かた振りに都会, 久からの仕送りも, 久かりしに貫一, 久かるに客, 久くお目に, 久くして乃ち之, 久く取らないんです, 久さし振りに私, 久さまとより添, 久さんお前と私, 久さんのであろとある, 久さんマアきれいですこと, 久さん以上に遠慮, 久さん元気かねと来, 久さん堪忍してね, 久さん後生ですこの, 久さん火鉢の火, 久さん私とお前, 久さん自身稲次郎の事, 久さん花を買っ, 久ざえもんどのみなさま自害なされました, 久風節の, 久しかぶりに, 久しからざるべきを知りぬ, 久しかりきな君, 久しかりし生きている, 久しかるべしと, 久じゃねえか, 久だけで, 久だけが何やら臭気, 久って家で, 久きまだ, 久てえ者だ, 久であったというその, 久であるとかある, 久ですよ, 久とか熊谷二郎直実などという, 久とから世に怖し, 久とが坐って, 久ともあるの, 久などと仮名書きに, 久などの平家が, 久などはその旗頭格, 久ならば妹戀, 久なる生命を, 久にも手伝わせて, 久によるのである, 久に対する処置ぶりが, 久はと覗いて, 久はんを最初, 久ばかりは相変らず, 久ひとりを繞, 久ひとり本格に歌, 久ぶり門人らと共に中食, 久へは堅気の, 久へもおれは, 久また朝寝坊した, 久まで変に, 久までの二十年間は, 久みずからが儀来河内, 久やと清やが, 久やもしまやも, 久ゅうして後額の汗, 久ゆく鳥の, 久よりはあたしの, 久よりもそなた, 久らくごそごそやって, 久らく文壇を彷徨, 久らく相手の顔, 久らく藻掻いて, 久らく酔ひ心地にならなかつた, 久ア此処に打, 久シキヲ経テモ損セズ, 久シキ者ハ五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 久シクオレガ下谷ヘ来, 久シクオ目ニカカリマセヌガコレハアナタニバカリデナクドナタニモ同ジコトデ, 久シクシテ乾キタル者水ニ浸セバ便チ緑ニ, 久シクナルカラ思イ出サレヌオレハ一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, 久シク囹圄ノ中, 久シク恩義ヲ愆ツ世塵, 久シク澗谷ヲ埋, 久シク煩ッテイタ故歩クコトガ出来ヌカラ, 久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 久シク聖化ヲ慕ヒ, 久シク賤シキ業シテ歩クウチ一年中国ノ一寺ニ, 久シト雖記録ニ據リテ之ヲ詳ニスルコト難シ獨リ産土, 久シュウオ目ニカヽリマセンデシタガ相変ラズオ元気デイラッシャイマスナ, 久シ性極テ肥, 久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, 久チヤンこと阿部久であるとか, 久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 久のところ, 久七どん俺だ文次, 久七めが, 久七め鎧櫃を妻恋坂, 久七年まで摂政関白, 久万山以外の浮穴郡, 久万山租税課出張所の権, 久三年五月廿四日までは記者, 久三年十一月十五日であったが, 久三年定家六十歳であった, 久三年嵯峨の清涼寺, 久三年後白河法皇崩御の後, 久三年正月五日から法皇, 久三年秋の頃, 久三輪寿壮の諸氏, 久下尾久と川, 久下男彦八長助権介伊介の十一人, 久久能智とある, 久九年十二月右大将家には相模川, 久九年後鳥羽天皇御譲位, 久九年正月七日別時念仏の間, 久九年重成法師之を新造, 久乱後定家が領有, 久乱後隠岐に移された, 久乱後隠岐島に遷幸, 久二年二月二十三日御七条院此間予可儲肴等持参令, 久二年八月の宇都宮, 久二年八月法然が瘧病, 久二年六月二十二日の微, 久二年六月廿一日の條, 久二年十二月六歳の暮, 久二年将軍家御年十四歳, 久二年正月一日から霊山寺, 久二年正月二十一日世間並の尼女房達, 久二年正月十四日の條, 久二年都では, 久以前に大原, 久以来幾度となく, 久以来武家方に対し宮方, 久以来阻隔して, 久以降鎌倉幕府の實權, 久伊勢与三郎などと共に一団四百七十騎, 久伊豆神社を訪, 久とその, 久佐取安次郎丸山浪次郎右岸の久野村, 久佐賀先生というの, 久佐賀義孝という男, 久修練行なり得法, 久儔堀の役宅, 久元年七月十八日に御, 久元年八月に至る, 久元年十一月七日と書い, 久元年正月二十七日前夜から雪, 久元年法然が土佐, 久児夜帰太遅戒禁足, 久の寝, 久八さんお前さんに娘, 久八さん今日は負けた, 久八さん私少し用, 久八その他の身内, 久八なぞの安, 久八三騎並んで, 久八今年十七八歳上坂西村を抜い, 久八和平も手伝っ, 久八型の愚直, 久八年の橘兼仲, 久八年八十四歳のとき, 久八年法然六十五弁阿三十六の時吉水, 久八後ろを見せる, 久八荒神の十左, 久公中務大輔家久公とて何れ, 久六はさう言, 久六年三月故右大将家, 久六年三月二十日造営の功, 久六年二月東大寺供養の為, 久六年六月六日東大寺に於, 久六年十三歳の時, 久六杢兵衛おまち, 久兵衞夫婦許婚の新六郎, 久兵衞殺しまで幾松, 久兵衞氏の設計, 久加藤勘十佐野学などの人, 久に消えぬ, 久勞於外四涜已備萬民乃有居后稷, 久がお, 久卿北峰好問堂等, 久右衞門どんが是, 久右衞門方の勝手, 久右衞門町八名川町と八五郎, 久右衞門町藏地の家主半兵衞, 久同伴出かけたわけ, 久呂保山にこもっ, 久和代氏の家, 久哭する無かれそして, 久四年に書かれた, 久四年三月十五日津輕平賀郷に關, 久四年二月十六日に安房, 久四年五月に源頼朝, 久四年頼朝富士裾野牧狩の時, 久をのみ頼むなり, 久堅町七十四番地五十二号菅虎雄方に候間, 久堅町博文館印刷所の校正係, 久堪忍して, 久の盛り, 久壽玉から五彩, 久大泉其他数知らぬ旅館, 久天上へ昇り五穀, 久天鬼とてもオメオメ引き下り, 久夫妻がおそろいで, 久奴木の略語奴木原也, 久の病, 久孝博士をし, 久孝氏は田児浦, 久安様など御門下衆, 久帰るを, 久恩沢流寰宇, 久曽根信吉小野寅吉堀越清九郎落合貞次郎は, 久との間, 久尻窯から山, 久州男という女形, 久左伊木清兵衛などかれ, 久布白女史は岩手県, 久布白落實女史だの守屋東女史, 久常世辺爾復変, 久常行昌忠などの重臣, 久の御, 久年積学もふ, 久年間の相州さま, 久年間北条泰時が宇治攻め, 久庵思つた割にをかしく, 久の事, 久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 久の医官, 久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 久の勢力重大, 久托衰躬只一妻奈何老鶴乍孤棲, 久振ですから長者町, 久振で逢ったなア, 久は国栖, 久といふもの, 久の峯, 久政長政父子から一鞭, 久に仕へた, 久敷心を用い候え, 久敷桑港に在り, 久斎三男の徳斎, 久斎姓は村瀬名, 久新吉相愛の二人, 久於比弖来にし, 久のため, 久旱雨無ければ, 久時代ともまた, 久時殿から遺した, 久時私の許, 久は一所持, 久のさし, 久のさし, 久曾神昇氏による最も, 久期一見於二百里外豈意其人既亡, 久ノ意趣ニテ, 久来るひらめを, 久松山の古, 久松岡駒吉氏らとともに八百名, 久遠茂, 久などが馴れぬ, 久畏幾大神, 久毛利勝永大蔵卿等之に殉じた, 久求社を定め賜うた, 久求都或いは多, 久求都彦延喜式内社に見える, 久波紫が大御, 久活形容詞となる, 久活形容詞専門と思はれる, 久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 久海原忠吉の三人, 久渡寺という寺, 久満子と云う, 久濶ぶりに清らか, 久問酔醒, 久無病脚訪江干, 久爾具久ともある, 久爾須といへること物, 久の御, 久矢天の詔琴, 久矣速に白旗, 久満免登里, 久知奈波といひ, 久禮海岸の景色, 久禮海岸見物にゆく, 久禰田孫兵衛君に面会, 久竹渓と号, 久米一生涯の神品, 久米一非常な傲慢, 久米三はひり, 久米伊理毘古伊佐知の命, 久米兩氏の間, 久米八さんが, 久精撫一本云々と御座候, 久経領送使, 久継氏が遺族, 久など世, 久して, 久の礎, 久聞瓊浦旧儒宗, 久能見の藤次, 久自身は失踪, 久の, 久萬三氏と余, 久の扇, 久蔵主稲荷常念仏堂, 久藏さん素通りかえ, 久藏久三郎親子の反, 久藏親子の荷物, 久藏親子和助萬吉それに下女, 久衞門が相, 久衞門十四代定五郎となるであらう, 久が手, 久の医師飯田休庵信方, 久身請に番頭, 久念念不, 久通称は虎五郎, 久野口春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 久野山のみならず, 久野山縁起には平泉館師忠, 久野谷弥次郎各卜居, 久長氏郡山幸男氏馬渡力氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 久闊懸違って, 久闊振ではあり, 久陳申云候御方防凶徒事武州令見知給, 久面納曾利面の類, 久須利か, 久須利師之上登奈良末久, 久須利苦生の苦き, 久須利荷高の面々, 久須臾者家帰而父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 久をその