青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

二郎~ ~二階 ~云 云~ ~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う
云う~
~云え 云え~ ~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~

「云う~」 42870, 463ppm, 212位

▼ 云う~ (6525, 15.2%)

488 である 315 であった 288 です 246191 では 106 だった 1058978 でした 65 だから, はその 55 はこの 47 だろう 44 かい 41 でも 39 だが 37 がある 3633 ですが 30 ですか 29 は私 28 ですから, ですよ, は何 26 だね 25 であるが, は彼 24 はあの 23 であるから, であろう 22 かね, であります, はどう 19 だよ, でしょうか 18 が聞えた, でしょう 16 だそう 15 だな, は今, は他, を聞い 14 であったが, ですね, はそれ, は本当 13 は嘘 12 がその, だと, と同じ, はほか, を 11 が, であろうか, はこれ, はつまり, は僕 10 が本当, じゃ, はお, は科学, は誰 9 があった, でございます, はここ, はどんな, は之, は例えば, は元来, は全く, は実は, を無理

8 [11件] が私, だがね, だろうか, だろうと, はこう, は御, は或, は此, は自分, をきい, を聞く

7 [13件] かしら, があっ, があります, じゃない, であって, はそう, はなん, はほんとう, は実に, もある, も実は, も無理, を聞いた

6 [15件] があの, が厭, だえ, だけれども, はそこ, はまだ, はもう, は不思議, は二人, は即ち, は大, は彼女, は無理, もその, を見

5 [25件] かな, かも知れない, が大, が常, が適当, じゃありません, だろうが, でございますが, ですもの, はある, はお前, はこんな, はそんな, はね, はもし, は一体, は一方, は余り, は可笑しい, は外, は大衆, は夫, は恐らく, は決して, は第

4 [38件] かえ, かも知れぬ, がありました, がいた, がいや, がお, が一番, が今, が当然, だもの, はああ, はあなた, はあれ, はいったい, はおかしい, はすでに, はただ, はどういう, はやはり, は一つ, は事実, は人間, は今日, は伸子, は単なる, は却って, は推摩居士, は文学, は日本, は普通, は最初, は確か, は老人, は誠に, も変, も本当, を出し, を見る

3 [81件] かそれとも, かと思っ, かも知れません, が不思議, が何, が実は, が彼, が普通, が気, が聞える, じゃな, だったが, だろうな, だろうよ, であるか, であろうと, でございましょう, でしたが, ですからね, ですがね, にきかず, には, はいかにも, はかえって, はこういう, はこうした, はつい, はどうも, はどこ, はどの, はもはや, はよく, は一切, は一定, は世話, は事物, は二つ, は人, は仮に, は何ん, は何処, は何者, は例, は前者, は勿論, は又, は君, は如何, は如何なる, は小, は少し, は尤も, は必ずしも, は或は, は批評, は支倉, は文芸, は明, は是, は時々, は最後, は本当に, は歴史, は母, は氏, は現在, は知識, は社会, は突然, は範疇, は考え, は茲, は間違っ, も何, をお, をきく, を何, を渡っ, を聞, を聴い, んが

2 [217件] かっ, かと思い, かと思う, かどうか, かなあ, か分らない, か私, がきまり, がこう, がこの, がこれ, がそもそも, がそれ, がはっきり, がほか, がもし, が一人, が主, が事実, が二つ, が何だか, が何より, が十三, が博士, が即ち, が口癖, が問題, が居る, が幸子, が我々, が最も, が有ります, が正しい, が漸, が父, が田舎, が病気, が眼, が若い, が評判, が話, が話した, が誰, じゃなかった, じゃねえ, じゃア, だあ, だお前, だか, だからな, だからね, だこれ, だそんな, だぞ, だ自分, でありますが, であろうが, であろうその, でございますから, でございますよ, でしたから, でしょうが, でしょう私, ですからな, ですな, でない, とは違う, とは違っ, と大した, ならば, なら君, ね, はあまり, はあんまり, はいかに, はいつぞや, はおれ, はかかる, はこの間, はこれから, はこれ等, はそういう, はそれだけ, はたった, はたとい, はたとえ, はちょうど, はとり, はどうせ, はなるほど, はまことに, はまず, はもっとも, はカント, はクリスト教, はナオミ, はニュートン, はマルクス主義, はムリ, は一度, は一応, は一種, は世の中, は乱暴, は乾板, は二階, は云う, は亜米利加, は何と, は何より, は併, は俺, は側, は元々, は全身, は其の, は前, は博士, は只, は可哀そう, は各, は国家, は変, は多く, は多分, は大きな, は大抵, は如何にも, は妾, は存在, は実, は実験, は寧ろ, は山, は己, は年, は当時, は役者, は彼等, は後者, は心, は心理学上, は感心, は抑, は文化, は有名, は某, は止しましょう, は止せ, は止そう, は正直, は此方, は法水, は無い, は無論, は父, は物質, は理, は生産力, は畢竟, は真理, は眼, は知能, は確, は神話, は私たち, は空間, は笙, は終局, は聞い, は聞いた, は胎龍, は自然, は芸術, は訝しい, は認識, は論理, は諸, は貴方, は貴殿, は辰雄, は過去, は金, は随分, は面白い, は馬鹿, も, もお, もおかしい, も一種, も不思議, も可笑しい, も大体, も自分, も道理, や, をきいた, をする, をよむ, を作っ, を口実, を夫人, を少し, を待っ, を御, を御存じ, を忘れた, を投げ込む, を断っ, を矢代, を知っ, を私, を耳, を聞け, を聴く, を見せ, を読ん

1 [2105件 抜粋] あお前, かいと訊ねる, かこの, かしらん, かそれ, かときく, かと思った, かと訊いたら, かねそん, かひい, かも知れん, かッ, か分りませんでした, か宗悦, か引緊, か或いは, か朱珍, か畜生, か笹, か運, があれ, がいました, がおりましょう, がかねて, がこいつ, がこんなに, がさっき, がそのまま, がつらい, がどう, がねばねば, がまた, がやって来た, がアレキサンドライト, がシルヴェスター二世, がデフォー, がヤポランジイ, が一大欠点, が一種, が丁度三十歳, が不, が乳母, が二, が井深君, が今度, が伝っ, が何時, が先ず, が其中, が凡て主人, が判っ, が北国辺, が十四, が博徒, が口惜しい, が向, が善ちゃん, が地蔵, が大殿, が夫婦, が妙, が学校, が小さな, が居た, が帰国以来, が建築科, が当面, が御, が急, が恰度, が所謂, が抑, が擬音, が日頃, が普通そう, が来た, が案外, が欠点, が毬華葛, が決して, が洪川老師, が浮世, が物, が現今, が皆, が真実, が確か, が第, が織田信秀, が聞こえ, が職人, が自分, が萩野, が見た, が詩, が赤地, が通例, が重要, が長八, が階段, が面倒, が顔, が高い, さえ大儀そう, さ面倒, じゃこの, じゃアねえや, だかえったらひでよ, だし, だたべな, だったらまず, だとか, だら俺, だろうなに一人, だろう妙, だろか, だ人間, だ初め, だ君, だ師匠, だ所, だ此の間, だ近頃, であったけれど, であり所与, であるなぜ, であろうそんな, でございました, でございますか, でしたっけ, でしょうかな, でしょう棗, ですかネ, ですわたし, です初め, です実に, でないこと, でなく一つ, でなく明瞭, とちがった, とは全く, とバンカラ喜劇小辰, と殆ど, ならいくら, ならこちら, ならなんぼ, ならアナタ, なら俺, なら格別, にある, にはこの, には一定, には前, には本国, には答えず, にも相当, にも黙っ, に便っ, に対して紫玉, に来, に終りますでしょう, ね専門, はあくまで, はあります, はいかん, はいやしくも, はうなずけます, はおよそ, はかつて, はけっして, はこのまない, はさっき, はじゃ, はそうして, はその後鴻の巣, はそれ以来私, はたしかに, はちょっと, はと思切, はなるべく, はねまず, はね君ただ, はね御, ははじけ, はぼく, はまったく, はもとより, はよし, はわが国, はイデオロギー性, はウッドワード氏, はエーテル, はクロード, はサドー, はテヒノロギー, はドウ, はヒステリー患者, はフト, はブルジョア新聞紙, はプロレタリア, はマルクス主義的思想, はラインハルト, はヴェーバー, は一号室, は一旦, は一般読者, は一高時代, は三人兄弟, は上, は上行大動脈, は不合理, は不得手, は世間, は両手, は中牧山, は主人, は亀甲万, は事実容易, は二三年以前, は二百噸足らず, は五官, は人々, は人道論, は今夜, は今月, は他人, は何たる, は何時頃, は作品, は俄, は個人的意識, は僕等, は元来生産, は先代, は先生, は先験的観念論, は全体主義的, は六月初旬, は其名, は内容, は出鱈目, は刑事, は別人, は前項, は北の方, は十歳, は半, は卑怯, は博士論文, は去年汽車, は口実, は可, は同人雑誌, は名ばかり, は否定, は哲学宗派, は啓蒙, は器量, は四百年, は固, は地獄変, は堂崖, は壹岐守, は外国, は多摩川, は大して, は大勝, は大変人通り, は大概, は大阪, は天才児, は奇蹟, は女, は好奇, は子供, は宇陀, は実在, は実証科学, は宮地翁門下, は寒, は小倉停車場, は小道具掛り, は少ない, は山川, は岡引, は希臘語, は年頃二十五歳, は幽霊, は床の間, は延長, は弦四郎, は当時署内切, は後見, は心臓, は怒った, は性格, は恩恵, は恰度事件当日四時半頃, は惜しむべき, は愚痴, は懸け, は戦争, は所々, は手掛り, は技術, は挙国一致, は提灯, は支那茶, は故, は数千本, は文化映画, は文明, は旅, は旧, は明瞭, は昔神武天皇様, は春子さん, は時, は景行, は最初厨子扉, は服装, は本人, は村次郎, は松, は林, は桑港, は楽曲, は機械作用, は歌麿, は此機械, は死ぬ, は殺された, は氏政上洛, は民衆芸術論, は江州甲賀, は河中, は洋画家, は流石, は深見, は満州, は無限, は牛飼, は物体, は犯行, は独身, は猶, は現場, は理論的, は田舎まわり, は疑わしい, は発音, は白粉, は監督, は直線, は真っ赤, は矢張り一条, は短剣, は磨, は社会学, は神さま, は私共, は科学的認識一般, は窮窟, は竪坑, は筑前守在原棟梁, は純然, は経験, は結局動物, は編集者, は義経, は能勢, は自己, は自然科学者, は至極, は船上忠平, は良心, は花, は茂兵衛, は葭町, は虚言, は術語, は褊狭, は見た, は解釈学, は記者, は説明, は誰だい, は諸事, は貴, は賞め, は越中高岡, は辛い, は近代精神, は連続, は郷土心, は酷い, は金井音吉, は鐘楼, は関白秀次, は隆治さん, は難しい, は電車街路, は革命, は顔, は首, は驚くべき, は魚, ばかりが変, へ泊った, もあの, もあんまり, もお前, もこの, もさめ, もそういった, もそれ, もつまり, もどんな, もほんの, もやっぱり, もわるく, も一人, も下戸, も事, も他, も兄貴, も出来, も北方, も口, も嘘, も女, も引き取られる, も彼, も必, も恥しい, も支那, も杉さん, も構わず, も気持, も淋しい, も無論, も畢竟, も皆私, も矢車, も神保様, も聞き捨て, も自然, も葉子, も覚, も貧, も野暮, やお前, よお前, をいいえ, をおろし, をこわがってる, をすぐ, をまた, をやっ, をようよう, を一通り, を主婦, を人, を伺う, を信次郎, を北川, を取りまし, を呉羽さん, を固辞, を学校, を年, を強, を後刻, を忘れました, を慾張り, を抑え, を持っ, を断わっ, を期待, を構わず, を止めましょう, を毎月, を漢文訳つき, を熊城, を男, を真面目, を私共, を聞かない振, を聞き流し, を葬った, を見れ, を誇り, を読み始め, を買っ, を途中, を遣りました, を頼んだ, んか, 御やめなすっ, 書くと

▼ 云うこと~ (3442, 8.0%)

108 が出来る 73 である 69 になっ 5249 です 48 になった, になる 42 であった, は出来ない 36 はない 35 を聞い 28 が出来ない 24 がある 22 でした 21 だった 18 にし, を知った 17 が出来よう, なの 1615 は私 14 には, もない, をきい 13 だが, になり 12 に就 11 があった, がない, が出来るだろう, が分った, では, になります, は 10 になりました, もある, を知っ 9 が何, が出来た, であったが, を聞かない 8 が出来るであろう, さ, だろう, なしに, を私, を考える, を聞いた, を聞く 7 が出来なかった, が分かった, が分る, が本当, をよく, を云う, を聴い

6 [18件] が, じゃ, だから, であるが, でしたから, ですよ, になれ, の出来る, はその, は一寸, は何, は全く, も出来る, も知っ, をきかない, を云っ, を信じ, を知らない

5 [22件] があっ, が出来ぬ, が判った, だよ, に就い, はありません, はお, はそれ, は出来ぬ, は出来る, は彼, は決して, は知っ, をきく, をする, をつくづく, を知る, を聞, を聞かなかった, を聴かない, を肯い, を話す

4 [28件] がどうも, がなかっ, が彼, すること, だと, であって, なん, に, にした, はもう, は人間, は出来なかった, は出来ません, は絶対, もあった, もなく, もなし, をお, をした, を御, を忘れ, を承知, を本当に, を発見, を知, を聞きました, を肯かなけれ, を証明

3 [63件] あり, がすぐ, ができなかった, ができる, がなく, がよく, が世間, が出来, が出来ず, が分っ, が大切, が書い, が私, だったが, で, であるから, であろう, でございます, でなければ, にしよう, にはならない, にもなる, に気, のあろう, の方, はこう, はこの, はそれだけ, はたしか, はたしかに, はどうも, はないだろう, はなかっ, は仮初, は何と, は分っ, は夢にも, は容易, は必ずしも, は思い, は本当, は無かっ, は確か, は考えられない, は自分, もあろう, も事実, も出来ない, も無い, をきいた, をきけ, をこの, をし, をしない, を信用, を得可, を知らず, を確かめる, を約束, を考え, を聞き, を聴く, を誰

2 [187件] か, があなた, があり, があります, があるだろう, がいい, がかかる, がこれ, がございます, がただ, ができない, ができます, がなけれ, がわかった, が一つ, が一層, が云, が信じられない, が出来ましょう, が出来ます, が分かっ, が分かる, が分た, が判っ, が判りました, が判る, が尤も, が彼女, が振ってる, が明, が直ぐ, が真実, が考えられる, が自分, が解った, が随分, きいて, さえ出来なかった, じゃない, だけです, だけは知っ, だけれども, だったの, だつた, だね, であったの, でしたが, でしたね, でしょう, ですが, ですがね, でその, でそれ, で以, ないじゃ, なすこと, など, なら僕, にある, にする, について, についても, になってる, には全く, にもなるだろう, にも気, に反対, に帰着, に従う, に極まった, に気がついた, に耳, に興味, のできる, のない, の出来ない, の証拠, はあっ, はあなた, はあまりに, はある, はあるまい, はお前, はてんで, はねえ, ははっきり, はひとりでに, はめったに, はよく, はスクルージ, は事実, は今日, は何事, は出, は出来, は出来ないだろう, は出来まい, は分らない, は前, は勿論, は即ち, は只, は各, は嘘, は大切, は娘, は実に, は寧ろ, は少く, は少し, は尤も, は恐ろしい, は或, は普通, は最早, は気, は甚だ, は田舎, は突飛, は解っ, は誰, は迚, も, もあり, もありません, もきかない, もしない, もできなかった, もなかっ, も出来ぬ, も出来よう, も彼, も御, も忘れ, も本当に, も考える, も聞えない, やする, よ, をきいたら, をきかず, をきき, をすぐ, をただ, をちゃんと, をわたくし, を一途, を世間, を云った, を仰し, を何, を信じる, を信ずる, を僕, を力説, を半分, を口, を定め, を悟った, を意味, を抜き, を書いた, を注意, を理解, を知ってる, を知らせ, を知らぬ, を私共, を考えた, を聞かされた, を聞きまし, を聞け, を聴かせ, を肯きません, を肯け, を自覚, を言っ, を言明, を記憶, を許されれ, を話し, を話した, を説明, を諾, を附記, 聞いて, 能わざるなり

1 [1415件 抜粋] あります, いや幸子, かひどく痛い, から努める, から推し, から自然犯罪, か素人, があらわれ, がい, がいかにも, がお伽話, がこの, がございました, がすっかり, がそれ, がそろそろ, がちっとも, ができよう, がどういう, がどんなに, がなくなった, がはっきり, がひらめいた, がほんとう, がもぞもぞ, がわかったら, がわたし, がフト閑枝, が一番心配, が丁度, が二三行書き, が今日, が伝えられた, が余, が元来, が出来なくなった, が出来まい, が分かったなら, が分かりました, が分らない, が判るらしい, が却って, が只, が嘘, が変梃, が夢, が大変, が如何, が存在, が寡婦, が幾何, が後, が徐々, が恐ろしい, が愉快, が文字, が日本音曲, が有っ, が本当に, が某, が次第に, が段々, が注意, が無制限, が用談以外一つ, が癪, が看破, が知れ, が確か, が突飛, が細かい, が聞えなかった, が自然殿下, が表向き, が見える, が解らないらしい, が解りましょう, が許されるなら, が起る, が閃きました, が非常, こう聞かれる, さえの事実, さえ在った, しかもその, じゃがほんとう, すらできよう, そしてその, そんなこと, だいや, だけこの, だけでも幸子, だけは, だけは云わせ, だけは彼, だけは極める, だけは立派, だけをお話, だけ分かっ, だす, だったので, だつたんでね, だべ, だ狼, つづけて, であったのに, でありましたから, であるなら雲上, であろうし, でご, でございましょう, でしたっけ, でしょうね, ですかな, ですネー, でどうにか, でふた, でわたし, で七兵衞, で二人, で優しく, で努力, で店, で役儀, で正当, で母様, で町一般, で私, で訪ね, とそして, とは別, と常に, と槍, と私, と腹, なく新天地, などが稲妻, などはよくも, なども之, などを真面目, など千鶴子, なので, ならよろしい, なら私, なんかききやしない, なんかちっとも, なんかもう, なんか忘れちゃう, なんか聴かない, なんだい, にあなた, において徳義, にしたがわなけれ, にします, についてききだそう, については全く, については私たち, について僕たち, について論じ, につき又, になさる, になつ, になるで, にはがゆい, にはちぐはぐ, にはひとしお, には何, には帰朝後, には明るかっ, には行くまい, にもならぬ, にも思い寄らぬ, にも深い, にも間違い, にゃこいつ, によってたとえ, によって京助, によって石原純氏, に不平, に仕, に付, に初めて, に同意, に多少, に対しての所謂世間, に対しても真, に対する不純さ, に心づいた, に感じ, に成る, に敏感, に気が付いた, に決った, に熱心, に直ちに, に突こん, に考え及んだ, に起因, に返辞, に重き, に間違い, のいかに, のな, のわかったなら, の出来た, の反省, の後, の理解, はあて, はあなた自身, はありゃしねえ, はいけない, はうそ, はおとりあげ, はかなり, はきまっ, はこっそり, はしない, はずいぶん, はだんだん, はできぬ, はとりあげ, はどの, はなお, はなく, はならん, はね死んで, はほんとに, はまだまだ, はむずかしい, はやめましょう, はわかってるだろう, はわざわざ, はわれわれ人相学者, はグループ内, はツジツマ, はピーン, はロメエヌ町, は一切禁物, は一向, は下等, は不為合, は中, は事実一見, は云えましょう, は云われない, は人々, は今更, は何ん, は何等, は余りに, は併, は信じられない, は其不快以上, は出来ず, は出来なかろう, は出来ね, は分かっ, は分るまい, は判る, は半面, は博士, は厭味, は古く, は叶わぬ, は君, は哀しい, は問わずし, は嘗て, は地域伝統, は多数, は大いに, は大抵, は夫婦, は女, は如何なる, は寔, は少なくとも, は岡田さん, は已に, は平日, は廃坑, は役者, は得, は御家, は思う, は恐るべき, は成り立たぬ, は文化, は斯, は明らか, は昔, は普通人, は有るべからざる, は本当に, は棺, は正しく, は殆ど, は母上たち, は決して単に, は法螺, は浮ばなかった, は漸次的, は無く, は無駄, は物事, は珍しく, は田安家, は町内, は百, は看取, は真実一寸, は知れ, は確, は科学的, は空間的感覚, は籤, は結局犯人, は考え, は考えられる, は聴い, は聴く, は臆病, は若し, は被害者, は言葉通り, は読み, は諸, は起る, は逆さま, は長崎, は阿, は驚いた, ばかりで有る, までも親切, まで頼まれた, もありましょう, もお, もございました, もせず, もそんなに本当に, もできる, もなかろう, もねえ, もやめ, もチャント知, も上の空, も予て, も人生, も何と, も出来ないらしかった, も出来るであろう, も分れ, も判らなかった, も勿論, も古本屋, も吉五郎, も大切, も家, も思いだした, も文明史上, も明か, も時々, も気がついた, も無論, も私, も端, も考え, も考えないで, も脱, も要するに, も辛い, も随分, やねん, やロンドン, や彼, よく分んない, よりもむしろ, よりも早替り, より外, らしいの, をあなた, をあやしみ, をおっしゃいました, をお尋ね, をきかなかった, をきかなくなっ, をきかねえ, をききませんでした, をこころやすく, をされる, をじっと, をそう, をその小さな, をそんなによく, をとうとう, をどうして, をなぜ, をはじめた, をまげない, をまるきり, をもたない, をも認めるであろう, をれいれいしく, を一々はっきり, を一般的, を主人, を二人, を云いたかった, を云い切られた, を云わない, を五町田, を以て慰むる, を企て, を何気なく, を信じよう, を先生, を凝っ, を匂わす, を十幾年, を口癖, を右, を告げた, を問うた, を国男, を大人しく, を女, を如何にも, を始終, を存じ, を実際, を尋ねない, を屡, を幾分, を強要, を彼女, を心掛け, を思い立たれた, を思わせず, を恐れた, を想い出したら, を感じさせる, を感知, を我々, を推定, を教え, を教育, を早く, を昔, を書生, を本気, を極端, を正直, を決して, を深く深く, を物語っ, を甚だ, を男性, を疑わなかった, を盛, を真に, を知らし, を知らない振, を知りました, を確め, を示す, を神経, を精しく, を終り, を繰り返し, を考えたでしょう, を考えよう, を考え附いた, を聞かないだろう, を聞かなくなっ, を聞かん, を聞き出した, を聞込んだ, を聴くであろう, を肯かなかったら, を能, を色々, を苦痛, を覚えた, を言い出した, を記した, を詮索, を認めた, を警戒, を述べ, を重んじない, を雪子, を非常, を頓, を黒田正夫君, 云われへんねん, 得て, 書かんかて, 生しや, 見といて

▼ 云う~ (2575, 6.0%)

31 私は 18 彼は 16 女は 12 彼女は 11 僕は 10 それは 9 今度は, 私の 7 これは, それを, 何か, 彼の, 自分は 6 それが, 主人は, 例の 5 いて, 先生は, 夫人は, 急に, 私が, 老人は, 自分の

4 [11件] その女, 一緒に, 云って, 今日の, 君は, 娘の, 婢は, 思って, 細君は, 鳰鳥は, 黙って

3 [29件] あのひと, ここに, こっちの, この時, この男, これが, すぐに, そうで, そうです, その男, なしに, 一つの, 一人の, 世間の, 今の, 前にも, 妙な, 妙に, 懐中から, 日本の, 母は, 父は, 男は, 相手の, 眼を, 私も, 語弊が, 酒の, 雖も

2 [129件] ある, あるいは僕, いうより, いきなりその, おり私, お延, お浪, くるりと, こうだ, こうなる, この, この事件, この歌, これも, したらええいい, すぐ, すべての, そういう俗語, そのうち, その人, そんなら, そんな事, どうした, なく, なると, ひろ子は, また例, わたくしは, ナオミは, ヒョイと, ピョンピョンと, 一人が, 一体に, 一刎ね, 一礼し, 一般に, 三太夫は, 下を, 不思議な, 主に, 主人が, 主人の, 主人も, 二人の, 云うこと, 五右衛門は, 人間が, 今日は, 他の, 代助, 何の, 何を, 余は, 侍は, 傍に, 僕と, 僕の, 僕も, 前に, 右近丸は, 君の, 吾人は, 吾輩は, 圭子は, 坊主も, 大体は, 大層だ, 大橋が, 夫は, 妹の, 姉は, 娘は, 小一郎は, 少しも, 少女は, 岡引の, 帆村は, 弓子は, 彼が, 御米, 微笑した, 思うと, 思った, 思ったが, 思われるの, 悦子は, 手前は, 斉しく, 早くも, 昔し, 普通の, 桔梗様は, 此の, 此方は, 武右衛門は, 法水は, 津田は, 父が, 狸は, 猪右衛門は, 王様は, 田舎の, 盲目の, 相変らず, 真女児, 矢代の, 石の, 立って, 笑って, 第一, 罰が, 老女の, 老婆は, 胸が, 莞爾に, 蔵人は, 貴方は, 身を, 迷亭は, 部屋を, 重兵衛, 金は, 陶器師は, 集五郎は, 青年は, 非常な, 香具師は, 鳥市は, 黒鴨の

1 [1982件 抜粋] ああ今夜あたり, あなたより, あの事件以来極度, あの方, あまり極端, あり得ないと, あれな, あア, いいどころ, いかにも人, いくら高く, いたが, いった調子, いつもは, いや, いやはや, いろいろ為, うんたしかに, えらそう, おかみさん, おり, おり兄, おり熊城, お俊, お前たちの, お妙, お母さまは, お河童で, お祖父さんは, お約束, お貞さん, かすかに, かにゃいかんて, きいて, くらくら廻る, こう, こう云う, このまま, この二三年, この地方, この広い, この文学主義, この日, この経験, この部屋, これだけの, これ又, こんな境界, さっきこの, して, しよう在り場所, じっと葉, すぐ京子, すぐ姿, すぐ長い, すっかり不機嫌そう, するでしょう, そうでも, そこが, そこへ, そのままくっ, そのまま扉, その三日間, その友達, その善悪, その室, その時, その次句, その画面, その紙片, その触れ, その豪傑連, それから話, それでは近藤殿, それなり飛出し, それまでや, そんなに家庭, そんな自分, たしかに気違, ただ首, たんに丁度, だまされた方, ちょっと変, つまり君, つまり投機家, ではあなた, とたんに時政, どういう種別, どうも十七八, どこか, どっと何, どんな間違い, なくその, なく人々, なく村, なく皆, なく評判, なに菓子屋じゃ, なんだか幽霊, はあそう, はなはだ御, ひとりマロニエ, ひどく江戸っ子, びっくりしたらしく, ぶっ倒れる, ほっと手, まさかそんなに愛娼家揃い, まずこうだ, まず庭, またこの間, またスタスタ, また袋, まぶたを, まるで育て上げた, みんなは, むくれんじの, むやみに, もう可愛, もう少し沈ん, もったいない言葉, もっと地味, やがて人, やはりこの, やや皮肉, ようやく振り返っ, よろめく足, わっと, イキナリ豚吉は, イデオロギー論は, ウルフは, オーバーン, クスクスと, グイと, コレ定吉ヘーイという, スックと, タッタッと, テーブルの, トンと, ナオミさんには, バチが, ブリガード, ベッドから, ボーイは, マントという, ラザレフの, 一つだ, 一人は, 一団は, 一寸出口, 一本の, 一礼した, 丁寧松は, 七日七晩責め抜かれ, 三井の, 三日だ, 上げたその, 不作法にも, 不都合な, 世の中で, 両, 中等普通教育高等普通教育という, 主な, 主婦の, 久保は, 久慈は, 之亦, 事なかれ, 二人が, 二十一か, 二階の, 云われた通り, 些とは, 享楽という, 人民戦線の, 人買共は, 人類の, 今でも, 今一人が, 今日大いに, 以上の, 会津で, 佐伯との, 体系づけ, 何だかことさらに, 何だか遠い, 何です, 何も, 何事も, 佗びしい小声で, 侍で, 信ぜられない馬鹿げた事, 俺ばかり, 傷は, 僕なんかには, 元の, 元気を, 兄上は, 先生が, 光遠, 全くそうじゃ, 全く自然科学, 八釜しくなる, 共に再び足, 其が, 其様な, 冬などは, 分身の, 初手から, 前を, 前申した, 勇助は, 勝成嘲笑っ, 化学的な, 十二月の, 千人針を, 千鶴子も, 博士は, 却ってお前, 原惣右衛門や, 又かけ, 又叱られる, 又殴られた, 友ちゃんが, 口に, 只女, 叱られるよ, 同じ事, 同一の, 同時にまた, 同時に卑俗, 同時に突然椅子, 名高いから, 君が, 君ばかり, 君江は, 呆気に, 命を, 品の, 問題の, 喜い, 嘉門は, 四人の, 国家枢要の, 圖書は, 地摺の, 堯は, 壁の, 声を, 変態性欲で, 多勢の, 夢が, 大体文学史家や, 大和民族の, 大変に, 大抵町端, 大股に, 天心堂は, 失礼だ, 失踪した, 奥から, 奥様が, 女房が, 好いや, 如何にも頼もしい, 妹も, 妻木君は, 娘が, 婆さんはは, 嬉しそう, 子供は, 守護の, 宛で, 実に骨, 実はもはや決して, 実は自明, 客は, 宿の, 寝ころんで, 専務は, 小使室の, 小僧手代は, 小山は, 小歌は, 小男とは, 小鳥屋だ, 少し勿体ぶった, 少し間違っ, 尾籠に, 屋内の, 山尾は, 岡部も, 岩形氏は, 島は, 工場内の, 左様でない, 己が, 布団ごと隣の, 帳場では, 平吉が, 平等である, 年寄りは, 幽霊と, 広義国防という, 廊下に, 弟君も, 当時の, 形相, 彼処は, 彼女の, 彼方の, 往々失神, 後の, 御両親, 御新造万歳大, 心持を, 必ずしもさうでない, 志賀直哉は, 怒ったの, 怖いと, 思うか, 思し召そうが, 急な, 性格なんて, 恐ろしいもの, 恰も夢, 悪い感化, 悲しくって, 惣兵衛殿は, 意識には, 憎々しそう, 我が家に, 或は井深君, 戦争は, 戸を, 手下の, 手織木綿の, 承知しない, 技術の, 掛け合い込まれた時, 放れて, 政治的に, 教育を, 敷いて, 文学は, 斜に, 新吉も, 新聞や, 日本対西洋の, 旧軍閥, 早速隔て, 易い事, 星影左門は, 是公と, 普通小中学校の, 曩に, 最も印象批評的, 有竹, 木村常陸介は, 本来論理乃至, 机の, 松さんは, 板前で, 根岸は, 森君は, 横を, 欅の, 正遠は, 武右衛門君下を, 歯を, 死ぬ事, 残念でした, 殺した方, 毎日机に, 民弥は, 水浅黄などの, 永代女中頭みたいな, 決して買った, 河田は, 法学士に, 洋次郎は, 海そのものの, 清貧と, 滅多に, 漱石文化が, 無罪を, 煙草の, 父の, 牛若は, 犬と, 狼狽の, 猶さら世間体, 玄関の, 現今では, 甘木先生も, 甚太郎黐棹を, 田中君が, 田舎漢の, 男女の, 留五郎は, 疑が, 白い色, 皆が, 皆どっと, 皆は, 皆高, 直ぐにね, 直ぐ電話郵便, 直木は, 相手も, 看護婦は, 真一君を, 眼に, 睨むよう, 知れたもの, 破れた御簾, 礼など, 社会ファシストに, 祭典の, 秀次は, 私など, 私一人に, 科学が, 科学的精神の, 穏しく, 立ち上がりそれから, 竜舌蘭な, 笑っては, 筆者を, 箸を, 紋兵衛の, 純芸術でない, 細君も, 編輯長以外の, 縋りついて, 義足を, 老師は, 肇は, 肩書ばかり, 胸の, 膝行り寄り, 自分から, 自分自身で, 自然以外の, 船から, 良心なる, 芝居で, 芸術家的テムペラメントが, 若衆は, 苦虫が, 茲に, 荷物の, 葡萄酒を, 薩摩人が, 虫屋さんに, 衣裳を, 襖が, 西洋の, 要介, 角蔵は, 記者は, 詩集を, 話される, 読書ほど, 誰に, 諸君は, 谷村君は, 貴様共を, 赤ん, 赧顔の, 超然派の, 跪坐いた, 躰を, 軽いお辞儀, 軽装した, 近頃焼魚, 透けて, 連れの, 道楽本位の, 郷介法師は, 酔っ払いが, 野暮くさい, 鈴を, 鋼鉄扉を, 鐘と, 長塚は, 陣十郎へ, 階子段を, 雌が, 雪江さんは, 青年が, 非常に, 須山は, 頭山が, 頼りに, 飛び下りた, 飽迄真面目に, 馬鹿げて, 高木氏に, 魂消た気の毒, 鶴髪童顔先生フラフラの

▼ 云う~ (2360, 5.5%)

31 である 30 を聞い 2928 になる 25 です 24 がある 22 であった 21 はない 20 になった 19 だった, になっ 18 を知った 16 を聞いた 15 があった 13 もなく 12 を知っ, を私 11 でした 10 だが, を御, を聴い 9 を聞く 8 が分った, だから, であります, はなし, は何, は出来ない, は決して, を聞かない 7 なん, になります, は, はよく, は私, もない, をお, を知らない 6 が出来る, が分る, で, ですが, は自分, もあった, もなし, を云う, を考え

5 [13件] があります, がわかった, が何, では, なしに, なの, に帰着, に気がついた, はいくら, は実に, を云っ, を信じ, を聞け

4 [27件] が, が出来なかった, が有る, さ, じゃ, でも, にしよう, はこの, はその, はまるで, は少し, は有りません, は無い, もある, を, をきい, をする, を忘れ, を思う, を本当に, を発見, を考えた, を考える, を聞かぬ, を言った, を証明, を話し

3 [38件] ができなかった, がわかる, が分っ, が判るだろう, が問題, だと, だろう, だ其の, と, にし, には, に就, の出来ない, はありません, はある, はそれ, はどうしても, はどんなに, は今, は別, も思う, も知っ, をそれ, をはっきり, をようやく, を云われる, を人, を千世子, を意識, を承知, を明, を真に, を真向, を知らぬ, を聴かない, を聴け, を話した, を説明

2 [129件] か, かね, からし, からで, か其の, があまり, がそれ, がない, がなかっ, がはっきり, がまるで, がよく, が一時, が分りました, が判った, が判明, が千世子, が厭, が我々, が書い, が有ります, が果して, が次第に, が満足, が直ちに, が非常, だけは知っ, だそう, だよ, だ併, でご, でございます, でございますが, でしたから, でその, でそれ, で私, と何, なので, なんで, にした, になりました, に思い及ぶ, に成, に成っ, に成った, に気が付いた, に考えついた, に非常, のない, はあんまり, はここ, はすでに, はたしか, はちゃんと, はどれ, はねえ, はほんとう, はまた, はみんな, は一々, は一つ, は一寸, は一目, は両方, は争われぬ, は人, は何と, は余り, は僕, は全く, は出来ません, は分らない, は千世子, は却って, は只, は君, は大した, は女, は少く, は彼等, は思い, は最も, は無論, は知っ, は知らぬ, は考えられない, は随分, もありません, もあるまい, もその, も出来ない, も忘れ, も思っ, も聞い, や, よ, より外, をあなた, をいくら, をいつも, をきいた, をし, をしみじみ, をそう, をよく, をマカーテー先生, を余り, を前, を君, を報じた, を幾度, を後, を書い, を段々, を知らし, を素直, を考えなけれ, を聞いたなら, を聞き, を聞きました, を聴かぬ, を聴かね, を聴く, を肯, を肯い, を見つけ, を辛い, を頭

1 [1237件 抜粋] あ聴いとく, かい, かも知れぬ, からそんな, から云え, から宝石, から殺された, から秀吉, があっ, がありました, があろう, がいかにも, がうれしかっ, がここ, がこんなに, がございます, がすでに, がたまらなく恐ろしい, ができた, がどこ, がなくなっ, がほんとに, がものたりない, がイクラカ筋, がスー, がワイルド, が一つ胸, が一番安全, が丁度, が二つ, が人生, が何となく, が何物, が先生自身, が出来ず, が出来ます, が分かりました, が分らない, が分りまし, が分ん, が判らないであろう, が判然, が又, が合理的, が周囲, が墨黒, が大学, が好き, が始まる, が学理上, が宗教, が尊く, が当る, が心, が思われる, が想像, が明白, が有, が有った, が有るべき, が本当, が極端, が正月頃, が決して, が満ち, が無くっ, が無性に, が理由, が疑われる, が知れ, が確, が義父, が聞き出されたけれ, が芳子さん, が要求, が評判, が詳しく, が起れ, が通じなくっ, が速, が頼もしい, さえもたしか, さえ堪, さえ忘れ, さえ遙, じゃあ有りません, じゃろうが, すら自覚, その父, その雲, ぞ, だけがかっさい拍手, だけさ, だけです, だけで通され, だけのこと, だけはどうにも, だけははっきり, だけはわかる, だけは云おう, だけは判断, だけは最早, だけは確か, だけれど, だけを事実, だけを知っ, だけを考え, だけを記憶, だけ云っ, だったが, だったの, だね, だろうと, だ余, だ扨, だ道理, であったと, でありました, であるが, であれば, でございました, でございますか, でしたが, でしょう, ですから, ですよ, でつまり, でなく止められる時, でやがて, で余, で分れた, で塔, で小股, で差出した, で恐らく, で新撰姓氏録, で有った, で江戸中, で甚だ, で益々, で習っ, で虎井夫人, で警官, とそれに, との間, とは心得ません, とは知らず, と共に寸刻, と同, と書類, と無事, と生活, と組織, と邪魔, なくこの, なし私, などは思われない, など皆, なら何処, なら手前, なんかない, なんか聞き, なんぞ聴かない, に, にきまっ, にしろ, についてこう, については一日, について死ぬ, について話, になったけれ, になっちゃっ, になりますれ, にはぜひ, には一々, には伝説, には出来る, には得心, には昔, には決心, には背かぬ, にばかり気, にもあの, にもなる, にも考え及ぼされる, に不平, に会わせられた, に依っ, に全力, に噂, に塵, に対して忘れる, に強い, に御, に懸け, に成るで, に敏い, に暗い, に気がつかない, に気がつく, に満更, に無限, に私, に経験, に賛成, に進んだ, に関しては何, に集中, のどちら, のはっきり, のみだった, のむつかし, の分, の当否, の為, はあきらめる, はあと, はあまり, はあんなに, はお, はおま, はかなり, はことごとく, はさぞ, はしだいに, はせず, はたくさん, はだれ, はちょッ, はどう, はどうも, はどんな, はならん, はほとんど, はもっとも, はよし, はわざと, はブルジョア, は一層, は一番金, は下らない, は世上, は乳母, は事實上不可能, は云われます, は些, は今日, は以ての外, は佐渡守, は何となく, は何れ, は余自ら, は便宜上, は信ぜられません, は先, は公判, は其裡, は出来ないでしょう, は出来ぬ, は分りきっ, は分りました, は初対面, は別段, は前, は十分, は向後何年, は嘘, は夢にも, は大切, は大抵, は女子, は如何, は嬉しい, は宗教家, は尊敬, は少なから, は尤も, は左様, は弟, は当時各自, は後, は心得, は忘れ, は怒り狂った, は情ない, は愈, は感, は或いは, は持上げ, は採上げん, は斯, は日常, は日頃, は明治, は是, は有ろう, は松蔭氏, は正しい, は此傷, は死体, は殿様, は毛頭なく, は法文科, は片時, は王侯貴人, は理窟, は男, は疑問, は痙攣, は皆嘘, は直ちに, は真に, は知らない, は知る, は確, は確実, は私達二人, は空, は結果, は署全体, は聞い, は聞き洩した, は聴かれません, は肝心, は自己, は若しくは, は蔽うべからざる, は薬, は行かぬ, は解っ, は言語, は貴方, は農民皆, は造, は道服, は長, は阿, は雑誌, は非常, は顛倒, は馬鹿, ばかりが信じられ, ばかりである, ばかりをたのん, ばかりを幸福, までなさる, までも前, まで取調べ, まで知った, もあるいは, もあんまり, もお, もしない, もすぐ, もでき, もやっぱり, も一応, も不快, も事実, も云っ, も会得, も信じ, も出来ます, も分らなかった, も口, も小川様, も年不相応, も心配, も断乎, も時代ごと, も有ったけれ, も朦気乍ら, も母, も直に, も知らず, も考えられます, も聞かない, も証明, も諸君, やない, やらまた, やら訳, やを熱心, や横浜, よりお, よりもっと, よりも思いやり, より以上, をあの, をあんまり, をおだやか, をかすか, をきかなくなったら困る, をききません, をさとられる, をしきりに, をしばしば, をすぐ, をつけ加えた, をどうしても, をなん, をはじめて, をまあ, をもう, をやらせる, をよろこぶ, をチャーン, を一々, を一寸, を主張, を云いつける, を云った, を仄か, を仮定, を仰っし, を何より, を信じない, を信ずる, を信用, を充分, を入道相国, を内願, を切り, を前提, を半分, を取上げる, を名乗っ, を喜ぶ, を妙, を尋ねた, を少し, を度々, を彼, を必要条件, を思いやる, を思い知った, を思わず, を悟った, を想像, を感じ, を感じ始めた, を承諾, を探る, を教えられ, を数え, を日課, を書き, を此, を求めとる, を深く, を父, を申しました, を申出, を疑う, を疑われる, を皆エスペラント, を目, を知ったけれ, を知らず, を知らせる, を知り, を私共, を積極的, を細か, を考えるだろう, を耳, を聞かなくなっ, を聞かなけれ, を聞きよる, を聞伝え, を聴いたら, を聴かれぬ, を聴こう, を肯かねえ, を胸, を自覚, を芳子さん, を表現, を見出さなかった, を見届け, を見破る, を覚える, を観破し, を許さなけれ, を証人, を証拠立てる, を説く, を論じ, を諸, を追求, を遣りました, を静か, を非常, を頼まれた, を風, を高慢, 全くは, 成るほど, 為る事, 知らぬ港

▼ 云うもの~ (1896, 4.4%)

45 がある 3324 では 20 があっ, は, はない 18 だから 14 です, もある 13 がない, は妙 12 があった, は何, は私 11 ですから 109 さ, じゃありません, は全く 8 はなかっ, は一人, もあった 7 があります, じゃない, はその, は実に, を持っ 6 がなかっ, だと, だよ, である, の中, はこの, はこんな, はそう 5 かこの, がなけれ, だろう, は恐ろしい, もない

4 [17件] が一つ, が如何程, が有る, じゃ, だか, ですか, はそうした, はそんな, は不思議, は本当に, は決して, は自分, は随分, を始め, を書い, を私, を見る

3 [37件] かも知れない, があろう, がまるで, が出来, が出来た, が如何, が決して, で, であった, であると, ですが, ですよ, でその, でねえみっともない, でも, はいくら, はこう, はたとい, はどこ, はどんな, は中, は人, は人間, は今, は何処, は家, は少し, は常に, は昔, よ, を, を知らない, を知らぬ, を考え, を見, を見た, を読む

2 [111件] かあの, かと思っ, がありまし, がありました, があるなら, があれ, がいかほど, がちっとも, がどんなに, がなくなった, が一人, が一番, が不思議, が何, が全く, が大嫌い, が存在, が必要, が無い, が第, じゃねえや, だが, だそう, だね, であるかと, である筈, であろうか, でしょう, でしょうか, でねえ, でねえそんな, でねえぞ, なの, に対しての気持, に就い, に私, に縁, に自惚れ, のない, の価値, の型, の真実, はあの, はあり, はありません, はある, はあれ, はいつも, はいろいろ, はえらい, はお, はおそろしい, はこんなに, はただ, はちょっと, はとても, はどう, はどうしてこんなに, はどの, はなかなか, はまた, はまるで, はわれ, は一度, は一方, は一通り, は争われない, は何とも, は偉い, は大変, は女, は始め, は始末, は学科以外, は実は, は彼, は意気地, は時, は有, は本来, は案外, は極, は毎日, は気, は皆, は確か, は私達, は自然, は非常, は面白い, もあれ, も私, をあなた, をあんまり, をお, をこの, をしみじみ, を余り, を全く, を取っ, を感じ, を或, を持たない, を持つ, を有っ, を盗ん, を眼, を考えず, を見ない, を読ん, を読んだ

1 [1045件 抜粋] あらば, かあれ限り, かいや, かここ, かその, かそれ等, かと云う, かひどく, からは遥か, から飛脚, か云おう, か何となく, か僕, か前, か夫婦, か当家, か恵印, か手足, か新橋, か特別, か知ら, か聞き, か誠に, か賊, があまり, がありませんでした, がいかに, がいなかった, がいらない, がこう, がこんな, がさまざま, がすこぶる, がそれら, がたまらなく, がつきつめる, ができる, がどの, がどんな, がはっきり, がまして, がハッキリ, が中心, が二三人, が人格, が人間生活, が介在, が伴っ, が何かしら自分, が借りた, が全部僕, が出来ました, が出来上る, が勿論, が又, が固く, が地球上, が大変, が天才, が女, が妙, が婦人, が実に, が専門, が少し, が彼女, が従来, が御, が急用, が恐ろしく, が感じられ, が成立, が手, が断えず動い, が早く, が来, が構成, が欲しく, が此, が残っ, が毎日魚, が沢山, が流行っ, が無かっ, が異様, が真個, が私, が立っ, が結婚前, が自分, が蒙った, が要求, が証文, が誠に, が起っ, が通る, が選出, が非常, が願書, こそ博愛, さえ内心, さえ無く, じゃございません, じゃねえ, すっかり寝込んじまった, ずうッ, だけを感じさせた, だこれ喜助, だその, だった, だな, だわ, だ別に, であったか, であるか, であるに, でからが存在, でございましょう癒, でございますか, でございますね, ですかな, ですな, でそんな, でどうやら, でないから, でねえだいち, では暫く, で三河, で先ず, で心, で是, で浄め, で陣場夫婦, として私たち, とはまた, とは別, とも云われません, とをしっかり, と思いました, と葉子, どうしても一度雪子, など思い, なり, なり世界一周, にかけてはまことに, にすぎぬ, について一言, について内心, について昔, について話せ, につきどんな, にとらわれ, になってる, になる, にはさらに, には事実, には夜, には得てして, には縁, には高等, にぶっつかっ, によって知らされた, に乘, に似た, に入られた, に功利的, に呼ばれ, に始め, に実, に対しては如何, に対して極端, に対し愛, に対する従来, に対する深刻, に対する自分, に少し, に心, に極力, に混, に無理, に親しむ, に諮り, に運命, ね, のため, のカテゴリー, の両親, の仕業, の内海, の味, の妹分, の実, の家, の御蔭, の心持, の方, の概念, の権威, の為, の物理, の真価, の肉体的, の自, の製法, の趣, の身寄, はあっ, はあります, はあんまり, はいかなる, はいつ, はいやらしい, はここ, はさっき店, はすべて, はずいぶん, はそれ, はた, はただ今, はたとえ, はちゃんと, はとっくに, はどうも, はないだろう, はなかなかよく, はなし, はなる, はなんとなく, はふてぶてしく, はほんとう, はまことに, はみんな, はもう, はやはり多少, はわれわれ, はガラス, はソレ, はブルジョア, はロマンティック, は一向に, は一尺, は一生, は一遍, は不得手, は不義, は世の中, は乳母, は云々, は互に, は人数, は今日, は仮令, は何か所謂, は何ん, は何故ああ, は例えば, は優に, は元来意地, は先, は全然, は内容, は写真一枚, は出来る, は到底, は力, は勝手, は単純, は又, は反抗児, は只, は名, は命, は嘘, は城内, は塞ぐ, は士族, は外国人, は多く, は多少, は大, は大事, は大業, は大概頭蓋, は天, は奇麗, は女中風情, は始めて, は完, は専ら, は小, は少から, は屋根, は岡目八目, は年, は店, は形成, は彼等, は後者, は御新造様, は徳義上, は必ず, は必竟何物, は怖い, は思われない, は恐い, は恐らく, は息, は悪い, は情, は愛, は感化力, は戦争, は手, は挟間, は支那人, は旗, は日増し私, は明治, は時々, は暗い, は更ら, は有難い, は朝, は本能的, は横井君, は此, は此村, は武事, は死期, は殆ど負, は毎晩, は浴室, は涙, は滅多, は火の気, は無い, は無形, は無責任, は爪, は玉, は現在, は理学的臓器, は甚だ, は男, は留置, は痴呆, は白熱的, は皆無, は相方, は真実日進, は確, は私以外, は科学的, は稽古, は第, は素人, は細かい, は絵, は考え直す, は自己, は至, は至極, は落ち, は虚心平気, は襟, は西洋人, は見られなかった, は視覚, は詐欺, は誠に, は譫言, は買手, は転, は迚, は透明, は道徳, は金持ち, は鑑賞, は門閥, は雪, は静まり返, は頗る, は風, は黒笄, ばかりほか, への満足, まで何もかも, むっつりし, もあの, もいけず, もいちじるしく, もいる, もそれ, もつまり, もどうか, もなく, もなるべく, もらいもの, も伺候, も使いよう, も同じ, も名前, も女, も実際, も持っ, も是, も無く, も矢, も色, よりも微妙, より見, らしくない世にも, らしく思われるもの, をあまり, をいかにも, をおき, をごらん, をすべて無視, をそのまま, をつかっ, をなさる, をまったく, をも一度つくづく, をよこした, をグン, を上海, を久しく, を二色, を何, を作った, を信じ, を免れない, を出したい, を分らせ, を割った, を千世子, を単にそう, を吊す, を和楽, を国家, を大変大切, を女, を守らない, を尊い, を小切れ, を差出した, を帯, を広告, を建てます, を廻さない, を御覧, を怖がり過ぎます, を想像, を感じなく, を打っ, を抽象, を持たせたく思う, を挾ん, を掴握, を提げ, を揚げない, を昔, を最初, を村, を殆ど, を特別, を珍, を理解, を用いた, を発見, を知っ, を知らず, を示し, を筆, を組, を編輯, を習うた, を考えなけれ, を聯想, を茶菓子, を薩摩, を衝かぬ, を見きわめよう, を見たい, を見分け, を覚え, を説明, を謡った, を跨ぎ, を遠慮なく, を長く, を閑人, を非常, を顧眄, を飾っ, 其の女房, 出来るだけ, 即ち是, 少しも, 時には

▼ 云うよう~ (1251, 2.9%)

97 なこと 85 な事 69 なもの 33 な訳 2620 な顔 17 になった 16 にし 15 な調子 13 な風 12 な心持, な意味 10 だが, になっ 9 な場合 8 ですが 7 な人, な所, になる 6 な次第, な気, な者, な話, にお 5 な事実, な気持, に私

4 [13件] なの, なわけ, な様子, な物, な表情, な言葉, な記事, な説, にこの, にした, にその, になりました, に見える

3 [19件] である, であるが, では, な, なそんな, なところ, なものの, な塩梅, な変, な感じ, な文字, な日, な男, な趣, な顔付, にそれ, に笑い, に聞える, に見えた

2 [48件] ないい, なおどおど, なただ, な傾向, な処, な単純, な声, な大, な家, な容体, な形式, な役, な役目, な彼, な心, な意気込み, な感情, な懸念, な望み, な浅ましい, な滑稽, な漠然と, な状態, な疑問, な眼, な私, な笑い方, な粋, な考, な考え, な趣味的, な軽い, な野心, な面, な顔附, な騒ぎ, にただ, に今, に何, に僕, に日本, に決して, に聞え, に自分, に自然科学, に軽く, に頭, に顔

1 [528件 抜粋] じゃ, じゃあ別, じゃが, だ, だけど, だけれど, だけれども, だし, だった, だと, であった, であれば, でございますけれども, ですがな, ですけれど, で医者, で変, で御座いますが, で済みません, という話, なあっけない, なあてこすりの, なあらゆる, なありふれた問い, ないちじるしい, ないろいろ, なお答え, なかおつき, なことその他, なこれ, なし, なせいせい, なそ, なその, なそれら, なだらけた心, なとき, なのんき, なはかない, ならミドランド, なる意気事筋, なろれつ, なん, なイヤ, なケチ, なシチ, なシャックリ, なソンナ珍, なトーキー, なペダンティック, なリアリスム, な一つ, な一人, な丈, な下等, な不当, な不思議, な不正, な不満, な世帯, な世間一般, な久慈, な乱暴, な事以外, な事件, な事情, な事態, な二階家, な云いかた, な云い廻し, な云伝え, な人々, な人物, な人達, な人間, な今, な仕事, な佃, な体つき, な何, な何かしら人為的, な何物, な作者, な供給, な信任, な値打, な傾き, な光景, な其様, な内実穢, な冷遇, な凄い, な切り口上, な切口上, な判じて, な制札, な十二師徒, な単なる, な印度洋, な危険, な原因, な友情, な口実, な口調, な句, な名, な名前, な呻きが, な哲学, な哲学者, な唸り, な唸声, な問い, な問答, な問題, な喉音, な嘘, な噂, な器用, な困った様子, な在り来たりの, な地方, な執心, な壮佼, な大きな, な大名, な大気, な奇談, な奴, な奴ゆえ, な好奇心, な妙, な妙テコリン, な始末, な子供, な学者, な宅, な安らか, な安手, な宗助, な実質的, な家風, な容, な容易い, な小, な小説, な小間, な少年, な少年生, な岸, な差し出口, な幽玄, な得意, な微か, な心持ち, な忠言, な怖, な思想家, な性質, な怪しい物凄い, な恐ろしい, な恰好, な悲しい, な悲痛, な情緒, な意, な意外, な意義, な愛, な感, な態, な慰め, な慷慨談, な手真似, な批難, な抽象的, な挨拶, な振り, な文化価値, な文句, な文字的, な新しく勇ましい, な新聞, な方法, な日本国中千種万様, な時, な時勢, な時間, な暖か, な暗澹, な曖昧, な書き出し, な書方, な有りたけ, な有志者, な有様, な朗らか, な来客, な極めて, な極端, な概念, な横倒し, な機嫌, な正論, な歴史, な殺人被害者固有, な民衆, な気もち, な気位, な気分, な気立て, な決定的, な決心, な沈黙勝, な注意, な深い, な漢学者流, な激情, な点, な無慈悲, な無謀, な熱心, な特殊, な珍事, な理屈, な理非曲直, な甚だ, な甚だ漠然と, な生活環境, な生理, な生返事, な田舎, な目, な目つき, な目付, な相談, な社会統制, な程度, な稍, な種々様々, な空地, な笑声, な約束, な素, な細かい, な経済法, な結果的, な結論, な緊張, な総括的, な縮緬, な美し, な胡乱, な臆病者, な至極, な落ち着かない坐わりよう, な著, な薄気味悪い, な血気, な見出し, な観念, な計画的, な評, な評判, な詞, な語, な誤り, な誰, な談, な諸, な諸君, な諸点, な讃嘆, な豪快, な質, な質問, な身分, な道, な酔興, な金, な鈍い, な長い, な間違った話, な陰性, な陰鬱, な青い, な非常, な面倒, な面白く, な音, な頼り, な顔つき, な類, な風情, な風潮, な馬鹿, な馬鹿気, な馬鹿馬鹿しい, な魅力, な鳴き声, な黒人, な鼻呼吸, にあの, にいい加減, にいくつ, にいくら, にいろいろ, にうなずい, にうなずいた, におちついた, にきこえた, にこう, にさしうつむい, にすっかり, にする, にすれ, にそして, にたずねる, につまさき, にどんなに, にないた, になさろう, になつ, になり果てるだろう, になるだろう, ににやにや, にのんき, にはとても, には参りません, には感ぜられなかった, には新聞紙, にふり, にほか, にみすぼらしい, にめぐまれた, にも思われた, にも聞き取れました, にやたら, にわたし, にカント, にギン, にヌッ, にマルクス, にミンコーフスキー, にメニュー, にリーマン, に一人, に一種, に一般, に両, に乙女, に云い終った, に云え, に云っ, に云った, に五, に人達, に今度, に仕切, に仕向けなけれ, に何処, に何物, に作者, に価値, に保吉, に信一郎, に優しい, に判然, に利, に動いた, に動きかけ, に十二宮固有, に千鶴子, に半ば, に取られ, に叫び声, に叱りつける, に吉五郎, に唆, に唇, に喫, に国, に土砂ぶり, に地方財政, に多く川, に多数, に大きく, に大きな, に大業, に天才, に女, に女子供, に如何なる, に如何にも, に妻, に嬉し, に寄っ, に寺, に小, に小四郎, に少く, に少し, に川柳, に己, に幸い, に幾重にも, に弥陀, に形式的直観, に彼女, に彼方此方, に得意, に思いだした, に思う, に思えた, に思っ, に思わせ, に思案, に悄気, に意識, に愛嬌, に慈愛, に成立, に或いは, に手, に手籠め, に批評, に挨拶, に推理, に早く, に昂然, に暗示, に暫く, に本人, に本当は, に椅子, に極, に正に, に武士, に殿様, に母, に母親, に水商売, に泣い, に派手, に涙ぐん, に潔, に烈しく, に無, に無限, に煙突, に父, に物理学的対象, に率直, に珍しい, に現在, に生き, に生活そのもの, に生理的, に用, に用心, に甲斐, に療養所, に眼顔, に瞳, に知っ, に礼教, に社会物理学, に積ん, に穏, に穿い, に笑っ, に簡単, に紋太夫, に細い, に美しく, に考える, に聞えた, に腰, に腹, に自然概念, に至極あっさり, に荷物, に見えだした, に見えました, に触込ん, に訊き返した, に話し, に認識, に誰, に譫言, に身分, に通り一遍, に間遠, に響いた, に順番, に頷い, に頻りに, に駒井さん, に鼻, 細く透る

▼ 云うまでも~ (1190, 2.8%)

205 ない 52 ないが 38 ないこと 35 なくこの 20 なく之 17 ありません 15 なくそれ 13 あるまい, なくその 11 ないの 8 ないし, なく, なくこれ 6 ないとして, ない事, なく吾, なく科学 5 なくそういう, なく単に, なく夫, なく日本, なく社会, なく第, なく自然科学 4 ないので, なくこうした, なく今日, なく歴史, 無い

3 [16件] ありますまい, ありませんが, ござらぬ, なかった, なくカント, なくフランス, なく両者, なく二人, なく例, なく個人, なく別, なく唯物論, なく文学, なく社会科学, なく自然, なく非常

2 [59件] ないよ, ない事実, なかろう, なくあの, なくいつも, なくお, なくここ, なくこれら, なくさっき, なくそう, なくわが国, なくマルクス主義, なく一つ, なく一定, なく一応, なく一般, なく主として, なく二・二六事件, なく人々, なく今, なく他, なく全く, なく労働, なく単なる, なく各, なく同一, なく多く, なく大, なく大衆, なく完全, なく小説, なく少し, なく彼, なく批評, なく政党, なく文芸, なく新, なく明らか, なく時間, なく最初, なく最近, なく極めて, なく様々, なく此, なく漸次減少, なく無意味, なく父, なく物理学, なく現代, なく理論, なく真理, なく科学的, なく空間そのもの, なく結婚, なく自由主義者, なく草木, なく計量, なく記録簿, なく資本主義

1 [502件 抜粋] ありませんよ, ありません何故, ございません, ござらぬ剣道, ないけれど, ないこっ, ないそれで, ないだろうが, ないだろうと, ないであろう, ないでしょう, ないでしょうが, ないです, ないと, ないところ, ないね, ないばかり, ないわれわれ, ない丹生川平, ない佐助, ない何等, ない儀, ない処, ない君自身, ない大嫌い, ない少くとも, ない更に, ない比較的, ない津多子さん, ない相当真面目, ない程, ない継信, ない袖, ない迎い, ない高等遊民, なくあなた, なくある, なくお花, なくかの, なくこう, なくこういう, なくすでに, なくすわ, なくそこ, なくそして, なくその間, なくそれ自身, なくたしかに, なくどっち, なくな, なくなぜ, なくものの, なくもはや, なくより, なくわが, なくアカデミーそのもの, なくアリストテレス, なくイギリス, なくイブン・サウド, なくインテリゲンチャ問題, なくエリザベス王朝, なくオシ, なくキリスト伝, なくクリティシズム, なくケンブリッジ・プラトニスト風, なくシュレムスカヤ夫人, なくジャーナリズム, なくスコットランド学派, なくソヴェート・ロシア精神, なくツル子, なくディグスビイ, なくディルタイ, なくドイツ・イデアリスムス, なくナオミ, なくナオミ以上, なくナンセンス, なくネッケル一人, なくハムレット, なくパンフレット, なくファシズム, なくファシズム・リベラリズム・マルクシズム, なくフランス啓蒙家達, なくフランス文化, なくブルジョア, なくブルジョアジー, なくブルジョア政治権力, なくブルジョア教育制度, なくプロレタリア, なくモダーニズム, なくラジオ, なくラテン語, なくリベラリズム, なくルネサンス的ヒューマニズム, なくロッテナム夫人, なく一, なく一人, なく一切, なく一日, なく一種, なく一般化, なく一般的, なく一般読者, なく三枝子さん, なく不, なく不可能, なく不況, なく世界, なく世界大戦後, なく世界観, なく中, なく中世, なく中国国民政府治下, なく中央, なく主, なく主体的, なく主君邦夷, なく主観, なく乙女心, なく事物それ自身, なく二つ, なく五十人, なく五年前, なく人, なく人民戦線, なく人間, なく代表的, なく体系, なく何, なく何より, なく作文, なく併, なく例えば, なく依然として, なく俺, なく個人主義, なく個人的意識以外, なく倫理, なく停止的人口, なく側面観, なく傭人ども, なく僕, なく僧侶, なく兄, なく充分, なく先進後進, なく全, なく公吏, なく公平無私, なく六部姿, なく其の, なく出来る, なく出版資本, なく初め, なく前述, なく力, なく労働力技能, なく労働手段体系, なく北支, なく医学博士, なく十兵衛, なく千代, なく千変万化如意救済, なく千浪様, なく南洋, なく単純, なく却って, なく又, なく取り沙汰, なく古典, なく古典哲学以来, なく古来, なく可能, なく右翼国粋反動団体, なく各種文化領域, なく同, なく吟味所, なく哲学, なく哲学書, なく商店, なく問題, なく啓蒙的, なく嘘, なく国家的見地, なく国民, なく国論, なく国防, なく圧倒的, なく在る, なく坂東三津五郎, なく変ること, なく外国市場, なく外国穀物, なく外部, なく外部的, なく多数, なく大きな, なく大久保長安, なく大和, なく大抵, なく大蛇, なく夫人, なく奥底, なく如何, なく如何なる, なく媒介, なく孔雀, なく存在, なく存在そのもの, なく学校, なく学校当局, なく学生層, なく学術雑誌, なく宗教的, なく実は, なく実在, なく実践, なく実際, なく客観, なく宮越, なく家事, なく家庭問題, なく対象, なく小田原, なく少なくとも, なく就職, なく岸, なく工業品, なく巨浪, なく帝政ロシア, なく常識, なく平均結婚年齢, なく平常, なく年出生, なく広告, なく広範, なく広範義, なく廊下, なく弁証法的論理, なく弥彦角田周辺, なく当時, なく当然, なく形相, なく形而上学, なく彼ら, なく後, なく従来, なく御, なく復讐, なく必要, なく思想, なく思想史上, なく思想家, なく性殖神, なく悪神, なく感覚, なく慈悲心, なく我が, なく我ら二, なく或, なく戦争, なく所謂印象批評, なく承認, なく技, なく技術, なく拇指痕, なく拙者の, なく支配者社会, なく支配階級, なく政友会, なく政岡, なく政府, なく政権, なく政治上, なく政治的, なく政治的統制, なく政治的自由, なく教え子, なく教区以外, なく教授達, なく教育, なく数, なく整理, なく文化, なく文学者達, なく文学自身, なく文芸財, なく新九郎, なく新聞, なく新聞紙, なく方法, なく日常的, なく日本倫理, なく日本方, なく日本民族, なく日本的, なく明治大帝, なく明白, なく時, なく暴力行使, なく更, なく最初経済的自由主義, なく有産者的, なく朝顔, なく木造, なく未, なく東京生れ, なく東日, なく栄養不良, なく森, なく楼主自身, なく概念, なく橋, なく機械主義, なく機関説排撃, なく欧州, なく正に, なく正木作左衛門様, なく正面, なく歴史的知識, なく歴史的社会的存在そのもの, なく民衆, なく水, なく決して単に, なく汽車, なく沈黙的修業, なく法水, なく活き, なく深刻, なく混同, なく減少, なく満州行動以来, なく準, なく火中, なく炭焼, なく無理, なく無限, なく物的感覚, なく物質的技術, なく特別, なく特殊問題, なく現, なく現代唯物論, なく現在, なく理論上, なく甚だ, なく甚八, なく生, なく生命, なく生命現象, なく生活, なく生物学, なく生物学者自身, なく生産労働, なく生産物, なく産児, なく産業, なく田辺博士, なく男, なく町, なく畑, なく疫病流行以前, なく百科辞典, なく直, なく直接, なく直接関係, なく直観, なく真, なく瞳孔, なく知覚, なく社会生活, なく社会的政治的性格, なく社会的認識, なく社会階級そのもの, なく社会階級上, なく神保, なく神統論的神話, なく科学的精神, なく移動以外, なく空間, なく空間直観, なく立派, なく笑いたくない, なく筆蹟, なく範疇組織, なく粗, なく精神, なく納戸, なく終局, なく経済学, なく経済的, なく経験的, なく結構, なく絶対, なく美濃部達吉博士, なく群, なく義父, なく老若, なく耕作, なく脚, なく自ら, なく自主的, なく自分, なく自己解剖, なく自然的, なく自然科学的方法, なく自然科学的研究方法, なく興行者, なく船, なく良くない, なく良伯, なく花, なく花嫁, なく芸術, なく芸術一般, なく芸術的価値, なく若者たち, なく茲, なく茴香剤, なく荷物, なく虎, なく蛭ヶ小島, なく衆生, なく衣, なく表現, なく西郷薬局, なく見逃さない, なく視覚, なく親子, なく親殺し, なく観念, なく観念論, なく観念論的弁証法, なく言葉, なく言語文字, なく言論取締り, なく許婚, なく認識, なく誤謬, なく誰, なく課税, なく論旨そのもの, なく論理的, なく豊富, なく責任, なく貴族品, なく資本, なく資本主義文化, なく資本主義社会, なく資本制組織, なく資源局, なく質料, なく購買者, なく超, なく輸入, なく輸入量, なく農村青年, なく農民, なく通常, なく連中, なく運動, なく遠い他国, なく部屋, なく郷党, なく都市, なく釈迦, なく里村千代, なく重臣, なく重蔵, なく金融資本家, なく鉄砲, なく鐘, なく長期, なく関東長官, なく際限, なく雑誌界, なく雷, なく非, なく領土, なく頭部, なく顔一杯, なく騾馬, なく髪毛, なし, なしか, なしさ, ねえこったが, ねえ奴隷族, 無いし, 無くその, 無く凶賊東西, 無く太陽, 無く未だ, 無く樹木, 無く此物語, 無く真中, 無く編述者, 無く茨城, 無く観念, 無く霊性, 無く風伯雨師

▼ 云うので~ (912, 2.1%)

12 是から 11 私は 8 私も 7 今度は 6 ござります 4 出かける

3 [11件] これは, ソコで, 余は, 先生は, 夫れ, 店の, 彼の, 是れ, 直ぐに, 私が, 足を

2 [32件] ありました, しかたなし, すぐに, そうする, その日, それから, それを, わたくしも, わたしは, フィルショオから, 一緒に, 二人で, 今まで, 仕方が, 円満な, 午後から, 半七, 又その, 多分に, 多助は, 大変な, 己も, 急いで, 急に, 此の, 母上が, 物好きに, 皆が, 私に, 自分が, 行って, 非常に

1 [767件 抜粋] あの通り, あるでは, あれから, いかさま御諚, いくら留められ, いよ, いよいよ出る, いらっしゃいましたの, いろ, おや誰, おれも, お供を, お出入り, お幸ちゃん, お手先, お蝶, お角, かえして, かくし切れない程, かの次郎兵衛, かれら, がんす, けさは, げしょう, こ, こいつが, ここでは, ここへ, この修業, この六月, この綱, こみかた, これから丹治親子, これから担ぎます, これが, これも, これを, ござんすか, さあね, しかもそれ, しきりに真平と, しばらく待たせられた, しばらく睡眠, すっかりすまし, すっかり新, そうだ, そこを, そっちから, そのハムレット, その事, その儘, その切り株, その当座, その掛, その晩, その書置, その湯, その相談, その荷物とりまとめ, その話, その通り, その金, それからまア, それが, それではあれ, それで始めて, それなら田舎, それまで, それも, そんな小, そんな心配, ちょっと紅更紗, ついて, つい去年拝殿, とうとう一等, とうとう大小, とん, どうしても出られませんでした, どっかへ, どてらは, なくって, なしに, はなしどこ, ぱったり目的, ひどく賞め, ふいと, ほら又, まあいい, まず相当, また暗い, ま手前, むやみに, めいめい河岸へ, もちろん私, やはり相当, よく祖母, よけいだ, われわれは, ソコデ以て, ソレカラ一切万事清水と, デイ, ナニそれなら, バラ, ヘンリーは, ムッと, リボンを, 一太は, 一層辛い, 一瞬の, 一種特殊の, 丁度臆病, 万力は, 三人は, 三左衛門は, 三百円の, 三行半ゆえ訳は, 上人は, 下がって, 下屋敷を, 下総の, 不動さまへ, 不安なり, 与兵衛も, 中備, 中津に, 主の, 主人が, 主館に, 久しい以前, 之幸と, 事に, 二三度女中を, 二人と, 二人馬車を, 二十四年の, 二日流連を, 二階へ, 云うなりに, 五月五日に, 五貫に, 京橋の, 人々は, 今は, 今夜は, 仏は, 仕事に, 仕様が, 代助, 仲裁人らは, 伴は, 伴われて, 何う, 何か, 何も, 何よりそれ, 何人も, 何千万円と, 何者か, 余の, 俄に, 信州水内郡の, 健は, 傍の, 僅かの, 兄の, 兄弟一緒に, 免許か, 入り二度目, 八十助は, 六斎市の, 其の晩, 其処え, 内々に, 処から, 処がね, 処分は, 出かけて, 出かけ早, 出て, 出掛けて, 分家の, 刑事達は, 初めてバー, 別嬪の, 到頭姉, 到頭脊中合, 制裁を, 加藤順盛に, 勝家止むなく許した, 十四五か, 千世子の, 南部の, 危険な, 即刻何処かの, 原田とは, 原稿を, 厭, 厭な, 参ったので, 参禅の, 又みんな村, 又或, 叔母を, 口を, 可憐な, 同じ事務所, 同家中, 名金を, 吾れ, 善平, 喜ばれました, 囘龍は, 四時頃かえる, 困ります私, 国旗を, 国男関さん達に, 土地は, 城中の, 城内では, 場馴れない, 夕方久米氏を, 多助の, 夜せき, 夜など, 大いそぎ, 大きい酒樽, 大さわぎ, 大切な, 大層を, 大層師匠, 大東京中, 大矢野宮津の, 天才が, 太郎の, 夫が, 夫婦の, 奉公人が, 奥へ, 女の, 女中を, 女房に, 姉川の, 姉弟で, 娘さんも, 娘は, 嫌いました, 子供だち, 子供を, 孤芳の, 宇平一家は, 安太郎は, 宜かろう, 実家へも, 実用も, 客間の, 宣誓させ, 家で, 家を, 家中大さわぎ, 家中大騒ぎである, 富川町の, 察して, 寺男が, 小人数, 少し往来, 少し気に入らん, 少年の, 居残った, 履歴書の, 岡本政七が, 崖下の, 已むを, 市ヶ谷に, 市蔵を, 帯を, 帰りますと, 年上の, 幸子が, 幸子は, 庄作さんが, 店へ, 店を, 廓の, 引戸を, 形式的に, 役人が, 彼は, 彼を, 彼女を, 彼氏は, 待って, 待に, 後者を, 従妹とは, 御名医, 御検視到来, 御米, 忍び, 応接を, 怖がって, 思い出したが, 悪いこと, 悪く思わねえ, 愛されて, 態とお, 懐中から, 成田の, 或日, 戸の, 手を, 手伝いかたがた早めに, 手切れに, 手水鉢の, 手間を, 拙者も, 拠ろなく這入って, 持って, 捕えられて, 授業料と, 採って, 放免された, 政府が, 文字吉は, 文庫は, 斯う, 新吉は, 方々探す, 旅人達は, 旅立ちました, 日を, 日曜日には, 日給から, 旦那は, 早く寝る, 早く起きる, 早速矢切, 明の, 是非なく, 昼食時の, 時刻は, 更に森君, 書斎の, 有る素人手品, 有助が, 木の葉とばかり, 木村より, 村で, 村では, 東京大阪の, 東風先生あきれ, 松源で, 果して彼, 桃山から, 桑原治平が, 棚から, 様々に, 様々大, 正味を, 正孝, 武尊岩の, 死刑に, 殺ったに, 母から, 母に, 母の, 母を, 毎日風呂を, 氷で, 決して偽, 決して引張込ん, 泊りに, 法事も, 海辺で, 涙を, 清川や, 測量する, 満鉄, 漸うの, 潟の, 濡れそ, 為替に, 無いこと, 無法に, 然るべき紹介者, 父が, 版本に, 牛車を, 犬が, 狂うばかりに, 理屈なし, 甚藏や, 生徒等は, 男は, 男便所の, 男工たちは, 画家は, 留吉が, 略其人物, 疾雷耳を, 病身で, 瘤寺に, 療治を, 皆の, 皆株として, 皿山の, 盆の, 目黒に, 直にそこ, 真黒に, 眼を, 石山さんは, 破門された, 祈祷者を, 祖母は, 祖父が, 私共は, 秋葉の, 突然双, 立ち騒ぐ, 立花の, 筆者は, 箪笥を, 簡単に, 細君は, 結局は, 結局夜光り, 練って, 置いて, 翌日まで, 老臣中の, 職人が, 肝心の, 腰部に, 膝に, 自ら天道公平と, 自ら馬を, 自分の, 自分は, 自分賄と, 自動車は, 艦長は, 色々考え, 若党に, 茶の間に, 荷を, 葡萄酒を, 藩祖政宗が, 蛤と, 蟠竜軒, 行く, 行くうち, 行方不明に, 行立たぬ, 表でも, 裏に, 西春日井郡小木の, 見合せられた, 見廻して, 親切に, 親父は, 親類相談の, 訊問された, 詰り何方, 詰り極, 誠に親切, 警護の, 貞之助より, 貴方は, 買って, 買物の, 赤門前の, 踊の, 踊りそこのけに, 車の, 車まで, 辻番所からは, 近所の, 追放仰せ附けられ, 送って, 連れ立って, 連尺を, 避暑に, 酒屋は, 錨の, 長く彼様, 長次と, 閉口し, 間もなく昭和九年春, 附近の, 降りたには, 霜月の, 青山の, 頭が, 食事も, 養子選択の, 養策は, 驚いて, 高百五十俵, 麹屋と, 麻布の

▼ 云う~ (903, 2.1%)

179135 です 39 だから 34 だよ, だろう 29 でしょう, ですか, ですよ 28 じゃない 26 だね 22 ですが 19 だそう 16 だな 14 だもの 13 だが 11 ですもの 9 だがね, ですがね 8 ですの 7 じゃありません, じゃねえ, だからね, だけれど, である, ですから, ですね 4 じゃあない, だわ 3 だか, だろうね, ですえ, なら

2 [25件] かね, じゃあねえ, じゃないだろう, じゃなかった, じゃなし, じゃア, じゃ無い, だえ, だけど, だけれども, だし, だぜ, だったと, だと, だもん, だろうじゃ, だネ, だ馬鹿, でしょうか, ですかね, ですけど, ですって, でないと, ならいい, なら妾

1 [101件] か, じゃあなし, じゃあるまい, じゃお前さん, じゃございますまい, じゃったのう, じゃないでしょう, じゃなかろう, じゃァ無かっ, じゃ仕方, じゃ私, だおい, だおらッ, だお前, だお父さん, だからな, だがと, だその, だぞ, だったらマスク, だったら僕, だったら帳場, だって, だってその, だっぺえな, だとさ, だとも, だど, だのに, だろうし, だろうぜ, だろうと, だろうな, だろうなあ, だろう私, だろ実は, だナ, だ万一, だ仕様, だ何, だ倩娘, だ勝山, だ君, だ実地, だ怖, だ教会, だ最も, だ朝鮮, だ疵, だ相, だ箆棒, だ詰らねえ事, だ酒, でございます, でございますよ, でした, でしょういつか, でしょうですもの, でしょうね, でしょう私, ですからね, ですけれど, ですけれども, ですとさ, ですとも, ですな, ですわ, ですッ, ですネエ, です先生, です早く, です頭, でないか, でなくったって, でなければ, でねえど, では, ならあの, ならあれ, ならお, ならこう, ならこっち, ならごしいき, ならどんな, ならやめても, ならよくよく, なら住宅, なら何, なら俺, なら僕, なら先ず, なら出るとこ, なら叔母さん, なら当分, なら我々, なら数え切れ無え, なら私, なら私等, なら行きますよ, なら誰, は

▼ 云う~ (656, 1.5%)

11 いる 8 居る 6 下され 5 くれるな, 来て 4 いたが, いるの, くれ 3 ある, いるが, みい, やる, よい, 居るの, 行きなさいました

2 [31件] いるよう, おりました, おりましたが, おりますが, くだされ, くれた, くれ云うて, はるねんけど, ます, やが, やって, やると, よかろう, よろしい, 人が, 出て, 呉れとの, 呉れる人, 大いに賞讃, 居た, 帰られた, 息を, 持って, 来た, 私に, 置いた, 置く事, 自分で, 見い, 見れば, 進んで

1 [526件 抜粋] あか柄杓へ, あか柄杓を, あとは, あの小屋, あの義明, あんたは, あんなの, いきなりわし, いた, いたそう, いた汝, いた紋付羽織, いつも聞かし, いないぞ, いました, いましたから, いましたが, いられん, いるから, いるけれども, いること, いるそう, いるだけ, いると, いるひま, いる事, いる客観, いん, うしろから, えへ, えらいお, えらそう, おいそれと甕, おいたの, おくが, おくれでない, おくれ遠慮, おけ, おけと, おこうか, おじぎする, おった, おったそう, おったよう, おらは, おられた, おられましたが, おられましたわ, おらんと, おりました知らずに, おりますもし, おる, おるが, おるの, おるよう, お前も, お客が, お小遣, かう云, きかせたの, くださらぬか, くだされたらそれ, くるる源太, くれたと, くれたらよかっ, くれったら, くれって, くれと, くれはるねんけど, くれはるん, くれへんさかい, くれへんねん, くれます, くれよ, くれる, くれるけ, くれると, くれるなと, くれる者, くれん, くれ不承知, くれ僕, くれ荷物, くれ落籍, この中鯛, この心, この無心, この重大, この間から, この関係, こはい, これから轉, これを, さいなみ居る, さげて, さつきから, しまいにとうとうわし, しまえ, しまおう, しまおう云うて, じゃろと, すいた時, せんから, そう急, その兵, その室, その日, その草稿, その金子, それは, たさうだもの, たった一つ, だしたが, だしたの, だん, ちやんと, ちよツと, てんけど, であった, でありました, でありましたよ, でしたえ, ですの, どうするん, どう云う, なさるが, なさるけど, なりませんが, なるもの, はった, はったや, はりますねん, はるぐらい, はるけど, はるねん, はるわ, ほかに, ほしい, ほしいねんわ, ほしい云う, ましたで, ますが, ますねん, まわりよるらしい, まアよく, みたら叔父叔母, みて, みよ, みること, みれあ, みれば, むやみに, もえいおもたけれ, もどしよる, もろてる, やせん, やった, やったん, やった時彼, やつたら, やな, やはり江戸詰, やめたらこ, やらねば, やりとうなる, やりなはれば, やりま, やりまして, やるが, やるのに, やる云うて, よい位, ようご, よこいた, よこしながら, よそへ, よろしかろう, らちが, わたしに, われ等は, ゐた, ゐたが, ゐる, ゐるでは, ゐるの, んや, アンドレイエヒミチの, ウロウロしてる, オッカナがらすかも, オッカナがらすろ, ケツカルじゃ, ゲフシマニヤの, ユスリおった, 一同武器を, 一生懸命精一杯打たれ, 一緒に, 一部分に, 三つの, 三度手を, 三角を, 上げようか, 下さいましたが, 下さつたので, 下さりゃ可, 下さるお前さん, 下さるか, 下さる異見, 下された, 下されば, 下され大丈夫, 不思議の, 乗合に, 了え, 了ふこ, 二人で, 二十九日附で, 二百石取りの, 云わねん, 人の, 人を, 仏壇へ, 他は, 何ぼすすめ, 何んな, 何故最初, 何時も草花, 何時死ぬ, 來ましよう, 來る, 傷に, 僕に, 兄さん一人だけを, 先ず試合, 先へ, 先師匠が, 入らん, 八釜しう, 其の年, 其の當時, 内に, 内儀さんは, 別にない, 別に当人, 別に形容, 別の, 剣を, 割を, 力の, 十九の, 去に, 参りました, 参ります独身, 又一段調子, 又今日, 反駁し, 反駁する, 同じく一年, 同じテーブル, 向うに, 向ふ, 呉れた, 呉れた人, 呉れるな, 告げれば, 周旋者の, 命を, 命令しとる, 唐沢氏は, 問ひました, 嗤った, 噂を, 城址の, 多助さんは, 大事な, 大変喜ん, 天地の, 太刀帯どもが, 太刀帯の, 夫人は, 女が, 女の子が, 学校を, 宜い, 家へ, 宿変え, 寄って, 實は, 対手が, 将棋させへん, 小さい厚布団, 居たが, 居た純粋, 居ましたが, 居や, 居られたが, 居られる, 居られる場合, 居りながら, 居りましても, 居り史記, 居るが, 居るさすが, 居る一年間, 居る人, 居る位, 居る内, 居る又, 居る夫子, 居る成, 居る所, 居る殊に, 山の根から, 山へ, 島の, 布令を, 帰ったわ, 帰りしその, 平内さんが, 平聲, 廻沢から, 強いて気づよい, 強盗の, 彼女の, 彼方へ, 從弟とか, 御出家, 御寮人様感心し, 御座ったから, 御座ったけんどなあ, 御座る, 御覧, 心理学者の, 心配し, 念を, 思いも, 急いで, 恐れるの, 悪かった, 感じまして, 感謝し, 憤るの, 成らぬと, 戦争の, 戴かねば, 手持ち無沙汰げに, 手毬を, 打棄て, 折角これ, 持つて, 挂起すれ, 揉み手を, 支那の, 政子の, 教へて, 断った, 早く行っ, 暇ア出させる, 曰く風靜に, 曲なりにも, 有ります, 木を以て, 村の, 来い, 来いいつ, 来たでな, 来たの, 来たので, 来たん, 来とるぞい, 来とるどいの, 来とるん, 来るよう, 来るん, 来んの, 東京の, 止めたまでの, 此の, 此処を, 武士が, 殿へ, 決して壻, 決して家, 泣いて, 泣きました, 涙を, 済もうか, 渡した其の, 火と, 焼芋, 父が, 玄関が, 王様は, 生真面目です, 用事を, 田舎染み, 畑の, 留守居を, 留置した, 畳替えも, 白眼視する, 皆が, 皆笑いまくる, 皆遊びに, 直ぐまた, 直るどころか, 相談し, 睾丸の, 矢ツ張り, 砂の, 社が, 神戸では, 秀子の, 私も, 私を, 立ち上りました, 立ち去ろうと, 立って, 笑ふ, 笑われて, 筆に, 紹介し, 繻子足袋の, 纏まった話しや, 置いたが, 置かねば, 置きたい, 置くの, 置こか, 罵詈する, 羅馬法王に, 美人に, 美津さんに, 老夫人, 聞いて, 聞かしても, 聞かすが, 聞かせよるとこ, 聞かれて, 聽かすが, 肩腰を, 肯く程, 背負って, 腕を, 自分でも, 自分も, 色々お, 莞爾と, 蒲鉾小舎の, 蝋燭の, 行かなかったかね, 行かれんわなあ, 行きは, 衣を, 見たい, 見なさい, 見よ, 見よ次第に, 見ると, 規則を, 親子の, 訴へ, 訴へても, 誘うたの, 諸方に, 讚歎いたし, 貰いたいとは, 貰は, 貴官, 貸し金の, 貸りる, 赤いゆ, 踵で, 迎へる, 退けたが, 送り返して, 逃げようと, 進ぜよう, 遂に劉婦人, 遣ったの, 遣りますもの, 酢を, 金なんか, 金なんぞ, 金を, 長い袖, 長くても, 雛に, 離縁しました, 雨を, 非常に, 韓方明から, 頼まれて, 頼まれてるねん, 顔色を, 風呂敷に, 餘程尊ばなけれ, 馳走に, 鳴いて, 鳴るねんが, 麻雀も

▼ 云う~ (495, 1.2%)

15 いい 13 それは 11 早いか 8 ままに 7 よい, 好い 5 これは, それが 4 今の, 如きは 3 ある, どうだ, ま, 私の, 私は

2 [17件] いいや, おれは, その人, それじゃ, なるほど, 今日は, 何う, 僕は, 儘に, 如きもの, 彼の, 彼は, 有りまして, 本当か, 決してそうでない, 疾いか, 良い

1 [367件] あながち自分, あなた酷い, あのシャア, あの品物, あの石, あまりそうで, ありまして, あり霊魂, あるか, あるもん, ある意味, ある霊山, あれは, あれも, あんな烏金, い, いいさ, いいじゃあねえか, いいよ, いい云う, おばあさんは, おみやげは, おめ, おらが, おらッち, おれが, おれの, お前が, お前さんなんぞより, お前さんに, かかる信念, けだしある, けれどもお, こう云う, こなたにも, このよう, この人間, この土地, この女, この室中, この常識的, この幸隆, この新鋭, この日, この薬, この話し, この部落, この頃, この頭, これだけの, これを, こんな時, ございまして, ごときもの, ごとき者, ごとき言葉, ごとくその, ごとくに, ごとく聞えて, ごとく自己, ごとく電鉄, さらでだに寄る辺, しかし家康, しかし誰, じきに, すぐまた, そういうそれ自身不定, そういう諸君, そうか, そうで, そうは, そこには, そして之, そして松竹, そのどじ兵衛, そのぶらりと, そのドン連中, その代り, その干, その年号, その持病, その男, その節, その芸術, その話し, その通, その頃, それから, それなら唖, それにしてもよく, それほどの, それも, それを, そんなこと, そんなよう, そんな事, ただ枕元, だんな変りました, ついぞ行った, とてもそんな, とにかく市長, どうしてどうして油断, どうも何, どうも怪しい, どうやら夜陰, どこに, どの理想主義, なかなか巧, なるほど元気旺盛, ねえ支倉君, ひとまずウン, ひろ子が, ほんとうかい, ほんとうに, まあそんな, まことに朝鮮出兵失敗, まさかそうで, まさかであろう, まさかに豹, まさか人出入, まさか富士山, まず笑い, まったくこの, ものは, ものはござりません, よいさあ, よろしく自我, わたしは, われらから, オレの, ゴーリキイが, ソレに, ソヴェト同盟が, ハッキリした, ピーンと, ペートル大帝でも, マア能く, マサカね, ムリの, ラブアン島の, ワケ知り, 一つ君の, 一説には, 上京し, 世に妖怪変化, 世間一般の, 両者は, 中で, 主人へ, 之は, 五十五じゃ, 今, 今では, 今日のは, 今日余が, 今流行, 仮令壁, 佐倉の, 何か, 何だか判然, 何でもは, 何も, 何んと, 何小二は, 何故小樽あたり, 何日が, 何様な, 併し, 俺には, 俺にも, 俺の, 倉三も, 偽り, 先ず手紙, 八つ恨みに, 八十翁の, 其の鑑定, 其様に, 其目鼻を, 内々は, 円滑の, 処が, 分らん彼, 別にそれほどの, 別にダンス自体, 別天王, 前掲の, 動じたの, 十秒たっ, 参右衛門は, 取り留めた話, 口の, 可い, 可哀そうに, 右の, 同書上巻の, 君が, 君は, 吾輩の, 吾輩は, 和辻氏の, 商人の, 善い悪いの, 喜介よりも, 堅いこと, 多いの, 大名の, 大変な, 大間違い, 夫が, 女だ, 女子は, 好いお前, 好いでしょう, 好い云, 好かろう, 好く見れ, 如きこと, 如きロシア, 如き一時的原因, 如き例証, 如き場合, 如き怪物, 如き態度, 如き抽象的, 如き狭隘, 如き馬鹿げた事, 如くである, 如くに, 如くワシントン会議, 如く善処, 如く考えたよう, 如く腹部, 如しと, 如何したろう, 如何だろう, 如何な, 子でねえ, 孝次氏にだけは, 学位などは, 孰れ, 宜切れ, 実にない, 実の, 実際今, 実際挨拶, 家の, 家督させよう, 寛仁な, 察する, 寺男の, 少しも, 尼は, 山平殿は, 己が, 己だ, 己は, 平家一門の, 当初から, 彼も, 彼女は, 彼等の, 彼等は, 後で考えれ, 御夫人, 心の, 忘れては, 恐らく事実, 患者自身は, 我輩文明人に, 或る, 戦争という, 扉の, 手前も, 拙者は, 故に独逸人, 日本ファシズムは, 是非四万まで, 普通に, 書紀は, 最後の, 最期で, 有ります, 本当です, 本当に彼, 本当は芸術, 本説だ, 果物の, 模写は, 此の, 此位い見かけない, 死神と, 氏の, 民衆とは, 気楽で, 永らく看病, 決して唯, 決して決してそうで, 涙が, 滝の, 災に, 為めに, 煙草は, 牛は, 物の, 狐にでも, 由兵衞さんは, 由来若い, 男の, 白い雁, 皮肉にも, 盆暮の, 目的は, 相撲よりも, 真面目じゃ, 知んねえから, 確かに, 社会の, 社会機構の, 神経性の, 私には, 私も, 積極的に, 空虚だって, 立ちん坊の, 粗大力減弱, 結構なこっ, 締りの, 美術家, 老耄れた, 聞くこと, 艇長は, 芝居の, 若し人間, 苦味走った, 荷物の, 血筋では, 表現する, 襖漏れ, 西田哲学は, 見た所, 見方で, 親を, 詮方なく, 話しは, 詳しい御, 読者諸賢は, 貴方それから, 貴方には, 軽蔑しきっ, 農民が, 近い処, 途切れ途切れで, 遂に布哇, 郡役所だって, 酔って, 金を, 鉄砲の, 長坂は, 阪地の, 電燈が, 青い顔色, 音が, 順吉は, 頸の, 鳥打帽のは, 黒雲が

▼ 云う~ (493, 1.1%)

27 がある 15 もある 7 があっ 6 があったら 5 があります 4 があった, がいた, が来, である, の事, の許, もあった, もあり 3 があれ, が来た, だ, なの, はその, は私, もあります

2 [24件] がいます, が出, が持っ, が江戸, が私, さえある, だから, だと, だな, だよ, であった, です, とある, なあ, の噂, の娘, の細君, の著述, はそれ, は人間, は危険思想家, は知らない, は長い, もあろう

1 [332件] からも, から一通, から五郎君死去, から威かされ, から手紙, か顔, があの, がありまし, がありました, がありません, があるだろう, があるであろう, がい, がいる, がかなり, がこう, がございます, がざらざら, がせめて, がそう, がない, がひどく, がほしい, がスチーヴンソン, がツク乗り, がハルマ, が二人, が他, が令嬢, が会い, が何処, が働き, が其, が動, が吾人, が命ぜられた, が和蘭辞書, が大学, が太平洋, が家, が専ら, が居まし, が居る, が屹度, が市田なにがし, が思切, が感ぜられる, が文部, が日本, が春琴, が時々, が来ます, が東京, が様々周旋, が海, が無く, が父, が玄関, が現に, が田地, が皆, が破落戸, が神, が立会い, が耶蘇教信者, が腸窒扶斯, が自分, が良人, が苦し, が華美, が訪ね, が調所, が近い, が送り, が長崎, が隠居所, さ, さえあった, さえいれ, じゃったて, じゃなかった, だいかにも, だった, だったでしょう, だとは, だね, だもの, だろう, だろうと, であったから, でありました, であるに, であろうかと, でこの, ですか, ですね, でない, でないから, でもその, でも有ったら, でも私, で暇仕事, で書翰, で表具屋, で記者, で逃げる, と, との間にあった, とも此, とヤソ, と両人, と人生, と仲よし, と入れられぬ, と全く, と同室, と懇意, と相, と言葉, と錯覚, ないと, などは大, ならと, なん, にあげる, にある, にし, にその, にそれでは, にだって一生嫁, について知ってる, にはお, にはこんな, には小石川, には逢った, にぶつかる, にも多く, によってはひどく, にイソダン, に与兵衛, に今日, に会う, に会った, に助けられ, に周旋, に大変, に嫁, に序文, に教わった, に教わる, に習っ, に落籍された, に見せたら, に謝罪, に逢い, に逢う, に違い, に面会, に頭, ね, の, のある, のお上さん, のかいた, のそれ, のため故, のよう, のエキス・リブリス, の仕事, の伊太利風景数点, の住居, の作った, の写真, の刻苦, の前, の勤番長屋, の叫び, の因果, の声, の夜明け前, の妹, の妾, の子, の家, の忰, の情, の所, の扱, の方, の書いた, の書物, の本, の歌, の犬, の甥, の用いた, の秘書役, の胤, の英訳, の記行文, の評判, の話, の論, の農場, の部類, の顔, は, はありません, はありませんでしょう, はあんまり, はいくら, はいくらでも, はいないだろう, はいなかった, はいるでしょう, はいろいろ人, はせっかち, はそれだけ, はとても, はとにかく, はない, はなかっ, はまだ, はもう, はもと深川, はよっぽど, は一人, は一体, は一向, は世間, は久米, は九十四歳, は京, は何, は何処, は例外的, は信ぜられぬ, は信実, は倅, は刀, は十数年前, は千世子, は只, は可, は嘗て, は在りうべからざる, は塾中, は外交官, は大きい, は大学出, は小石川, は後, は御, は徳, は思った, は悟道, は戦, は新聞, は早くから, は昔, は書画骨董, は未だ, は案外, は極めて, は武士道, は死なない, は水力電気発電所, は決して, は決してそう, は父親, は独人, は独特, は玄機, は生, は矢, は空間, は立派, は篤, は純粋無雑, は素, は肩, は艦長木村, は躁狂, は軍艦奉行, は近世, は道徳的抑制, は随分, は雪子ちゃん, は風采, への紹介, へ縁組, もあっ, もありました, もありませんでした, もあるけれ, もあるまい, もいた, もいます, もございまし, もござん, もない, もやっぱり, も一人, も無論, も矢張り私, も空間, も頭, やわ, よと云う, より頼まれ, をこっち, をはっきり, を亭主, を何卒, を作っ, を助け, を喰った, を妻, を始め, を尋ねる, を当て, を拝見, を聞かず, を見, を見下げた, を連れ, を選り, を集め, 即ち教育, 居なかったと, 来り話し弾み一時頃, 赤くふとった

▼ 云うから~ (456, 1.1%)

16 私は 4 余は, 私が 3 である, 私も

2 [18件] あの娘, い, いけないん, おれは, これを, そんなら, 何うし, 何です, 俺が, 初めは, 大したもの, 孝助は, 尾い, 己が, 新吉は, 腹が, 行って, 還せと

1 [390件] あたしが, あなたは, ありがとうと, あるいは河豚太鼓, あんたは, あゝそれでは, あゝ金, あ奴, いいわ, いえここ, いえ私, いくつかと, いけねえん, いっしょに, いつでも, いつもの, うっかり船へ, おみゑはずッ, おやそう, おれも, おデコ, お前どこぞで, お前には, お前は, お米, お葉, からかって, きめた訳, ここまで, これは, これも, こッちで, ご馳走を, さしたる御, さようさ, ざぶりと飛び込ん, しょうがない, しようがない, すぐに, そうか, そうかなと, そう仰し, そう遠く, その反撃, その家, その家族, その意, その正式, その洋杖, その流, その節, その訳, その身代り, その風采, そりゃちょうど, そりゃア, それから, それじゃ, それで二人, それなら何とか, それには, それは, それを, そんなこと, そんなせい, そんなら置い, だ, だまって, だ車屋, ちょっと往, ちょっと拝見, ちょっと聞い, ついでに, ついとぼけ, つい口, であって, ですよ, ですわ, とうとう貰う, どういう事, どうかし, どうか使っ, どうでも, どこへ, どんなに悪い, どんなもの, どんな処, どんな花, なぜと, なぜ早く, なにお, なるたけ取らない, ひょっとする, ひょっと宿屋, ほとんど全滅, まさかみんな, まず一村, また様子, まんざら縁, ま詰らん, もう済んだ, もろうて, やめた, やろうと, ようやくの, よくよく聞き糺し, よく聞き合わせ, わしの, わたしも, イヤイヤ拙者, イヤ来ねえ, エゲツナイことは, コリャ物騒な, サア先方の, シャツも, ジャックは, ハッキリ云っ, ハリソンの, マア待たっし, 一つ正体を, 一同も, 一帆は, 一昨々日から, 一本筋の, 一軒家を, 三両取ったら, 三羽だって, 上屋敷の, 不平が, 不思議だ, 不思議と, 世間も, 両人内へ, 中, 中二, 主人も, 之を, 乳へ, 事に, 二本やる, 二階に, 云々今後屹度勉強する, 亭主に, 人足を, 今度も, 今新五郎は, 今日お前さんを, 今日の, 今時医者に, 今晩二人で, 今花魁, 仕方が, 仕方なし, 会ったごとく申, 何う, 何うも, 何か, 何かと思, 何と豪い, 何れ其金を, 何人かと, 何処かと, 何故返事, 余も, 余程別嬪, 作家の, 例の, 借りて, 僕は, 先ず大事, 兎も, 八時から, 其なら遣ったら, 其の方, 其の釜, 其れ, 其方へ, 其様な, 出かけた, 判らない, 別段欲しく, 則重より, 動いて, 勝手に, 却ってそんな, 参って, 参詣しなけれ, 受けなくってと, 可愛相だ, 可笑しく笑わず, 吉野の, 同伴に, 同情は, 名を, 名主へ, 向うでも, 君にゃ, 君の, 君は, 君も, 否とも, 喧嘩に, 困る, 困るん, 城攻としては, 堪らない, 売言葉に, 多分の, 多助は, 大きな口, 大和かと, 大方其気象, 大概の, 天才は, 奉公に, 奔放は, 好加減, 婚礼を, 嫁を, 孝助が, 宜い, 宜いわ, 宜く, 宜け, 宜しいと, 実に大胆, 家に, 家の, 寄って, 寝さして, 寧そ身を, 小僧が, 小瀧, 小男で, 小遣は, 少しでも, 居られないで, 左手の, 差し向いで, 己も, 己ア泥坊だ, 年寄りは, 幾分か, 度胸を, 引き込みが, 引揚げたら, 弘治三年端午の, 彩色せず, 往って, 待てえ向う, 待てよえ, 御苦労だ, 御酒の, 微々たる一生徒, 忰も, 怖か, 怪しいん, 恐ろしい, 悪いと, 惚れた亭主, 惜しいと, 惠梅が, 愉快だ, 我輩も, 或る, 手を, 手向いでも, 扨て, 承知しない, 持って, 指の, 捨置き難い, 撲りつけて, 政七も, 断わろうと, 新五郎は, 新吉はこそ, 日本軍の, 旦那は, 旦那大黒屋は, 早いでしょう, 早う一ぱい, 早く行っ, 早速かけともり, 早速上根岸, 早速取調べ, 早速浜, 昇さんへは, 明治三十年前後の, 是ほど, 是れ, 本郷通りの, 柔わ, 柱が, 校長に, 槍先の, 止そう, 此の, 此んな, 此度は, 残念で堪らない, 段々評議, 殿様は, 気の毒だ, 気の毒に, 気を, 気狂の, 汝帰れ, 治療費だって, 洗濯を, 清水は, 済まぬよう, 炭焼小屋を, 無くったって, 無理を, 然う, 煙草買いに, 物の, 猫の, 玄関で, 珍らしく, 甘味を, 生空ア, 男は, 痛かろう, 相当に, 真面目に, 礼を, 社長に, 神秘的幻想に, 私には, 私共は, 私飛ん, 簑笠を, 素早く江戸, 結んで, 置いて, 自から, 自分は, 自分も, 自天王, 致方が, 致方なく, 船長だって, 花見に, 花魁は, 行かないと, 行く, 行くだけの, 行くと, 行った, 行ったん, 見せて, 見つけ次第に, 見て, 親父に, 親類へ, 観客も, 試しに, 話したの, 誠に困ります, 読んで, 誰かと, 誰も, 警察へ, 貰って, 買って, 起こしたん, 跟に, 跡を, 跡部も, 連れて, 遣った所, 適当な, 遺伝性の, 銀扇の, 長州勢に, 間違いは, 階子を, 随分道, 隼人正と, 雨や, 面を, 面白い, 面白いソレ, 駄目だ, 騒いじゃ, 驚いて, 黙って, 鼻の

▼ 云う~ (444, 1.0%)

34 でも 33 では 16 で, なん 13 けで 1211 じゃない 109 じゃア 7 か, なの 6 だろう 5 だから, だが, もない 4 けである, だね, です, には参りません 3 けだ, じゃありません, ですか, でその, になる, にも行かず, に行かず

2 [16件] かこの, かね, か女, か私, じゃ有りません, だか, だと, である, でしょう, でどうにか, なので, なんで, になっ, に成った, はない, はないでしょう

1 [186件] かさっき, かすぐ, かその, かそんな, かっ, かと云う, かと彼方, かと聞い, かどうも, かも知れん, か不思議, か不意, か二つ, か今宵, か他人さま, か僕, か分らん, か分りませぬ, か去年, か又, か少し, か急, か時間, か格別不思議, か楊枝, か此, か気, か水島, か爾, か物心, か田舎, か発音, か累, か育ち, か自分, か話, か鋭利, か頓, があった, がある, が有った, け, けだか供, けです, けなら, けにした, じゃあない, じゃなし, じゃねえ, じゃ無い, だえ, だったであろう, だったの, だったん, だって全く, だとは, だよ, だろうか, だ他人, だ定めし, だ是, だ有難, って, であった, であったろう, であるから, でおり, でお前, でお前さん, でかい, でげす, でこの, でございましたら仰っしゃるのが, でしたか, でしょう是, でしょう真実罪, ですえ, ですかな, ですね, でそれでは, でたちまち, でね, でねえそう, でまた, でもござりません, でもしも, でシキ, でナオミ, で一家町内芝居, で三藏どん, で主義, で今度, で他人, で代, で余, で倉, で僕, で兵部殿, で只今, で呼び出される, で命, で図らずも, で妹さん, で婦人方二人, で実に, で家中, で少し, で山, で己, で彼女, で待ち合わす必要, で待っ, で御酒, で心, で手前, で教訓, で敵, で時日, で月々, で来た, で此, で此板, で此様, で段々, で求めた, で油断, で津村, で物, で甚だ, で神楽坂署, で私, で結局雑誌, で胡麻, で自分, で親切, で話, で誰, で赤い, で雪子, で飯場, で飯場掛り, で鳴る, とて貴方, と云う, ならわたくし, なら一つ, なら強, なら私, なら自分, なれば, にお, になった, になりまし, にはならない, には往きません, には往く, には行かず, には行かない, には行かなかった, には行かん, には行きかねた, にもいかない, にもいかん, にもいきません, にも往きません, にも行かないだろう, にも行かないです, にも行かん, にも行きますまい, にも行くまい, にゃア, に参りません, に成ったら, に行かないであろう, に行きませんでした, はあんめ, はお前, はお前さん宗慈寺, はこれ, は只, は有りません, は決して, は首, までが二三行, もありません, を聴い

▼ 云う~ (415, 1.0%)

19 云えない 10 違いない 5 しても, 過ぎない 4 それは 3 きまって, つけても, 忍びない, 相違ない, 私は, 至っては

2 [19件] まず第, 云えな, 云えない美し, 云われぬ深い, 云われん処, 僕が, 及ばぬ, 彼の, 極まってる, 止めて, 決って, 然う, 秀子は, 言葉が, 貞之進は, 足らず, 躊躇しない, 過ぎないの, 過ぎん

1 [316件] あった, あのまア, あの女, あり, ある数学者, あれは, いかに文明, いつでも, いや生こそ, おやそう, おれが, お前さんに, お前さんは, お前の, きまって居る, こういう劇烈, この俺, この技術的基礎, この日本, この次, この点, この花, これには, これまた, これも, こんなにし, こんな物, さほんとに後生, したところ, しろあれ, しろ弱, じっとし, すぎない, そうなら, そこまで, そこを, その地点, その時, そりゃ想像, それが, そろ, そんな事, そんな約束, たいていは, ちがいありません, ちがいない, ちょうどモロッコ国マザガン港, つれて, びっくりし, まあこんな, まあ好い, まだ綿, まア気, むしろ諏訪藩, よる, アそれは, ア小間物屋の, ア手前は, イエスの, イヤもう, ジュコーフスキー流に, ツイ載せられ, ディグスビイが, ドウし, マダ破産しない, 一致す, 一般民衆にとって, 不思議は, 丹治は, 主も, 之には, 之は, 之を, 予約というは, 云えない若, 云えない重い, 云えなく, 云えぬ心, 云えぬ深い, 云えぬ秘密, 云えぬ純情さ, 云われず不愉快, 云われないところ, 云われない人間, 云われない仔細, 云われない妥協, 云われない婀娜っぽ, 云われない対照, 云われない心持, 云われない悲哀, 云われない感覚, 云われない生活, 云われない美し, 云われない苦労, 云われない苦悶, 云われない菊特有, 云われない訳, 云われない辛, 云われなかった, 云われぬ, 云われぬいや, 云われぬいやァ, 云われぬこと, 云われぬと, 云われぬなつかしみを, 云われぬイヤラシイ深刻, 云われぬ一つ, 云われぬ一種, 云われぬ不安定, 云われぬ不思議, 云われぬ事情, 云われぬ優しい, 云われぬ光りを, 云われぬ切な, 云われぬ天質, 云われぬ夫, 云われぬ妙趣, 云われぬ威厳, 云われぬ嫌, 云われぬ心細, 云われぬ悲し, 云われぬ悲愴, 云われぬ悲痛, 云われぬ愛情, 云われぬ暖か, 云われぬ楽し, 云われぬ母親, 云われぬ気味合, 云われぬ深刻さ, 云われぬ用事, 云われぬ皮肉, 云われぬ神秘, 云われぬ美しい, 云われぬ苦心, 云われぬ虐待, 云われぬ誇り, 云われぬ陰惨, 云われぬ青臭い, 云われぬ面白, 五百尺の, 人殺しが, 今しも, 今日科学的精神は, 他に, 他人の, 任せた, 任せよ, 任せ真, 何んの, 何卒その, 余の, 価しないほど, 価しないもの, 入る, 入学難の, 全会一致で, 出ないから, 分らぬか, 到って, 到っては, 勝手向は, 勿論現世, 十一月に, 却ってそれ, 去年から, 及ばず, 及ばず大勢, 及ばず天井裏, 及ばず屈竟, 及ばず恐らく, 及ばず手前, 及ばず文句, 及ばず明智光秀, 及ばず父, 及ばず見受けられる事, 及ばず髪結床, 及ばないこと, 及ばないと, 及ばないのよ, 及んで, 同じかる, 同じ頃, 君が, 啼泣慟哭に, 四大悉く, 因って, 在った検査官, 在り, 在るの, 堪えないこと, 堪えないで, 堪えない虐殺, 外ならず, 外ならない, 大昔の, 大童信太夫松倉良助の, 女が, 女房の, 子供は, 孔子さんだろう, 孝助は, 定って, 定めけるに, 宜い, 宿料朝食代給仕の, 尋常の, 小雨の, 少数の, 就いて, 就いては, 就て, 尽きるだろう, 山辺皇女は, 帰する, 帰するで, 帰着します, 常識に, 強情な, 当りては, 彼は, 彼等が, 心動い, 必ずしもそう一律, 必ずそうで, 忍びざる惨, 忍びざる或, 忍びませぬ, 恐らく当時, 悪魔から, 憚らぬ, 或る判り切った, 打斬る, 教えて, 数学には, 敵の, 新吉は, 既にわし, 易く行う, 昨今御用が, 昨日の, 是れ, 是非も, 普光が, 末造は, 松木も, 極て, 止めること, 此点に, 死人なんぞに, 無理遣り, 物質的に, 玄機の, 生活だの, 相変らず, 矢張りそりゃ解らん, 神様どうぞ, 私には, 科学的精神こそは, 第一, 等しく以, 紛う方, 置いて, 罰あたり奴が, 聞きわけが, 自由主義的思想には, 至ったが, 至ったもの, 至っちゃあ, 至つてし, 若しその, 華盛頓の, 落ちずし, 薩摩の, 藩は, 蝉の, 西洋の, 要するに彼, 親は, 誰が, 講釈の, 足らずと, 足らず支那神話, 足らない小額, 足らぬ, 足らぬし, 足らぬよう, 足らぬ少数, 足りない, 足りないと, 近いもの, 近い事実, 近い五時間, 近い心持, 近い諸々, 近くなりました, 近来世の中に, 過ぎす, 過ぎないが, 過ぎないので, 過ぎなかったの, 過ぎなかったので, 過ぎぬ, 過ぎぬ是, 過ぎまい, 道は, 違なかっ, 遠い気, 適わしいばかり, 銀塊急落の, 間違いは, 限ると, 雪どけで, 非す天然, 革鞄と, 骨董屋の, 鬘です

▼ 云う~ (388, 0.9%)

23 にし 987 であった, をし 4 にする, に考え, に見えた 3 なの, なもの, にお, になっ, をする

2 [20件] だった, である, であるから, でした, でその, で両手, で落ち着い, な事, にしなけれ, にその, に世間, に云った, に云われ, に人, に常に, に思っ, に書い, に構え, に生活, に見える

1 [267件] があった, が多く, が専ら, が烈しい, が見えた, だ, だから, だと, だろうと, であったが, であったこと, であったし, であって, であるが, でお, でございました, でございますの, でしたよ, でしばらく, です, ですから, ではきっと, ではございません, ではなかっ, では自分, で一, で一語, で上, で上流, で今, で先刻, で合意, で土間, で外, で大, で小林氏, で恐い, で時として, で立, で而, で進み出た, で顔, なその, なそんな, なので, なん, な九月, な事件, な人, な体格, な八方破れ, な商売, な嫌がらせ, な少々, な屍骸, な己惚れが, な廻り合せ, な挨拶, な発表, な眼, な粧, な終り, な腰, な表情, な評判, な身じろぎを, な遊び, にあと, におとなしく, にきこえた, にきたなく, にくら, にぐい飲み, にぐずつい, にこっ, にさえ動い, にさき, にされます, にされる, にしきりに, にした, にしなくっ, にすれ, にせね, にそれ, にちっとも, にとびとび, にと云います, にどうして, になった, になってる, になり, になりたい, になりました, になる, にね, にはっきり, には思わなかった, には行きません, にほか, にまた, にまで私, にも感じた, にも聞えない, にやっ, にゆらめい, にわたしたち, にアイデンチファイ, にキョト, にクッション, にヒラヒラ, にブルッ, に一つ二つ, に一つ屋根, に一般, に上手, に世, に予審判事, に云, に云い, に云う, に人間, に今年, に今度, に他人, に仙吉, に何, に余裕, に修行, に僅か, に光る, に入, に全身, に出よう, に出られる, に出る, に出来てる, に出来る, に分け, に列んだ, に動かない, に動かなくっ, に北町, に取っ, に受け取り, に只一人, に命令的, に四方八方, に土佐風, に変った, に大体, に女史, に妻子, に始終, に子供, に孰, に家, に導い, に小, に少し, に幾晩, に彼, に彼女, に往来, に後, に思い, に思いかえし, に思います, に思い詰め, に思い込ませ, に思え, に思った, に悦子, に悪びれず, に想像, に愕然, に感じ, に感じられた, に感じる, に感ずる, に感情, に慕われ, に成り行こう, に手, に持っ, に振り, に描いた, に提げる, に支出, に教えます, に数え立てる, に断ずべきで, に斯, に映り, に時, に時代, に暗がり, に曲り出したら驚く, に書き出され, に本当, に束ね, に標準, に横木, に泣きおとされる, に熱烈, に物, に独習, に生きつづけ, に申込み, に発達, に目, に相, に真紀子, に真面目, に着物, に睨みつけ, に研き立てない, に私, に私たち夫婦, に立っ, に細かく, に終る, に結ってる, に統一, に綺麗, に織り込む, に考える, に考え直し, に聞いたであろう, に臭わし, に致しました, に藍子, に蝕, に表, に袋, に見, に見る, に親しく, に言葉数, に訴え, に詫び言, に話, に説い, に説明, に転回, に連絡, に遣っ, に遮った, に銘々, に隠まう, に非常, に頭, に飾磨屋, に首, に黙っ, ね, の人, の体, の吹き, の生活, はありません, もし, やさかい, をされる, をなす, を喰っ, を見

▼ 云う~ (359, 0.8%)

21 もある 18 がある 12 があった 8 もあった 7 があっ, もあり 6 です 5 がない 3 がなかっ, が出, が居る, だ, の娘, もあります, もあれ, もなけれ

2 [20件] あり, が, があり, があるなら, がございます, が居ます, が有るなら, であったが, でございますが, では, なり, に与えた, の家, はありゃしない, はなかっ, は人, もありました, もなく, も居た, やいや

1 [211件] かな罪人, からし, か余, か此, か老人, がありました, があれ, がいた, がいない, がいる, がおります, がだんだん, がどう, がなけれ, が一人, が住ん, が佐和山, が何, が何人, が余り, が出来, が前年自分, が北, が十五日, が同類, が吶喊, が四, が多い, が大, が大覚寺統, が奉公先, が少く, が居, が居た, が幸い, が強く, が方々, が書手同様必要, が有, が有る, が木太刀, が某日一人, が桂庵, が此, が求め出し, が浙東, が無い, が田舎, が盗み取っ, が直に, が私, が羨ましく, が補陀洛渡海, が覗い, が騒い, こそ源空, さ, さえ出, さえ現れ, じゃもし, すらある, すら出, その一, だお, だが, だと, だろう, だろうよ, だろう医師, だろう時介, だエエ男たる者, だ初めて, だ己, だ此, だ若し, だ警察官, であなた, でありましたが, である, であると, であるらしい, でこれ, でしょう素より, でしょう細, ですサア, です人, です併, です叔父, です名誉, です所天, です斯く, です秀子, です私, でやっぱり, で二十年, で何, で割出し, で十四五年前, で女詐偽師, で成, と夫婦, と斯, なくまた, なら折角, にし, には結婚, によってなされます, に嫁いだ, に定まっ, に密命, に疑い, に総括的, に苦め, に逢っ, に違い, に非常, のお, の世話, の住ん, の名前, の女子, の女房, の妹娘, の姉, の宿所, の度量, の所, の手, の斯く, の正体, の真に, の簗, は, はありません, はあるいは, はあれ, はいなかった, はえらい, はそれ, はつくづく, はどう, はない, はなくなるでしょう, はねえ, はぼん, はコリャ社会, は一人, は一方, は人頭, は仕様, は伊達家, は何, は何で, は信州, は堅く, は少し, は居無い, は得, は心, は故郷, は暇, は海軍原, は深く, は犇, は白い, は皆, は皆君, は縦し, は罪, は義理, は聞い, は著訳者, は衣服, は詰り, は誠に, は読書, は誰, は近代, は金, ほど詰らない, まで出た, もいない, もいなかった, もいる, もない, もまた, も余り, も出, も居なかった, も居ります, も昔, も有るで, も東京, も無い, も自分, や中, や生れ故郷, をそれ, をつけ覘, をつれ, をばバチグノール, を三越, を使, を家, を崇め奉っ, を捜し, を毒殺, を田舎者, を知っ, を見初め, 真に秀子

▼ 云う言葉~ (264, 0.6%)

6 がある 5 の中, を聞く 4 である, を聞い 3 があった, が許される, を云った, を使った

2 [12件] があり, だった, の意味, の持つ, の調子, は今, を云っ, を口, を思い出した, を繰返し, を聞いた, を聴く

1 [204件] か, から出立, から推し, があります, がかすか, がそこ, がそっくり当て, がため息, がほとんど同時に, が二三度, が何故か, が何時頃, が使用, が全く, が出かかっ, が出る, が口元, が嬉しく, が彼, が必要, が怪事件, が最近流行, が残っ, が残る, が流行っ, が深い, が発達, が皆, が穏当, が約束, が耳, が自分, が許されるであろう, が非常, さえが私, さえとげとげしく, さえも快く, さえ気, さえ聞き取り, じゃから信用, すら意味, だが, だけが残った, だけことさら, だけしか知らない, だけだ, だけは妙, だけを聞け, だそう, だろう, であった, であったの, でしょうと, です, ではっきり, ではない, で呼んだ, で寧ろ, で快諾, と, とそれ, となり, と共に昔, と共に話, と同じ, と容子, などでひどく, にある, におびえ, について不, にはその, には何とも, には充分, には思わず, には深い, にふさわしい, にも聞える, によってその, に不審, に侠気, に其の, に大島司法主任, に感動, に既に, に樊, に満足, に異様, に賛同, に随, のうち, のため, のなか, のよう, の一面, の価値, の取扱い, の末, の盾, の範囲, の語調, の起った, の途中, の間, の陰, は, はある, はいかにも, はおのずから, はこの, はそれぞれ, はたしかに, はつづけ, はなかなか, はまだ, はゴーリキイ, は一層, は一言, は世に, は五つ, は人間, は何, は僕, は前, は古い, は可, は大抵, は屹度, は春, は最初本間久雄君, は正しい, は決して, は燃え, は現代人, は甚, は穏当, は結局木像, は総て, は蓋し, は近頃だいぶ, まで出来た, もある, も出なかった, も加え, も形式一遍, も忘れ, も許されよう, も許される, や, より書く, をあまり口, をきい, をこの, をしきりに, をしみじみ, をつぎ, をどう, をどうにかこう, をへらし, を上, を並べ, を了解, を二度, を今, を付さなけれ, を仰言いました, を何, を何遍, を使う, を使っ, を信じ, を刑務所, を制し, を囁いた, を大変, を己, を心, を思い出さず, を思い出し, を放逐, を日, を明瞭, を最大限, を正確, を母, を洩した, を熱愛, を父はや, を理解, を用います, を申しました, を発表, を知らなかった, を私, を細々, を習った, を考えつづけた, を耳, を聞き流し, を見る, を超え, を間々, を隠し, を難なく, 一々に

▼ 云う~ (253, 0.6%)

30 がした 20 がする 10 が聞える 9 がし, が聞えた 7 がしました 6 が聞え 5 が聞こえ, が聞こえた 3 がどこ, も聞えた, を聞く 2 が下, が耳, だ, に目, に送られ, の下

1 [131件] が, がいたしました, がうしろ, がかかり始める, がきこえ, がきこえた, がさも, がすぐ, がはっきり, がふるえ, がまず, がまた, がまだ, がりーん, がノウ女, が上, が伝わった, が伸子, が何処, が充満, が八方, が列車, が吾輩, が咽喉, が天, が室中, が小, が少し, が嵐, が忽然背後, が所々, が手帛, が散らばっ, が時々ちらっと, が有象無象, が木, が洩れる, が混乱, が激しく, が無数, が特別, が玄関, が白く, が突然, が絶えず, が群衆, が群集, が聞えます, が聞こえました, が蟇, が谺, が起りました, が部屋, が震える, が響き渡った, が頭上, さえもほ, さえも憎々しく, さえも朗読的, さえ聞えた, さえ聞える, して, だった, で, であった, である, で急, と共にむっくり, と共に傍, と猪口, にはっと, には何ん, に恟, に皆, に霊, に驚い, に驚かされた, に驚き, に驚きました, のきこえる, の出ない, の反響, の湧き上る, の高, はしだいに, はたしかに, はどの, はまもなく, はヒョロ子, は兄君, は感投詞, は横, は谺, は豚吉, は顫, もある, もきこえます, もしどろ, もする, も小僧やあ, も忘れた, も殺気立っ, も睡, も絶, も聞えぬ, も聞える, も聞こえた, も雷鳴, やらを聞きました, よりももっと, をかけた, をまっ, を出し, を出した, を出す, を夢, を後, を微か, を挙げた, を掛ける, を洩らし, を浴び, を私, を絞り出した, を耳, を聞いた, を聞き, を聞きました, を聞きません, を聞き捨て, を聴いた

▼ 云う意味~ (253, 0.6%)

8 なん 5 である, ではない, なの, になる, のこと, の事 4 であります, に於 3 だ, でしょう, はこう

2 [13件] があった, がある, がよく, だから, だろう, であろう, での, ではありません, で云う, に解釈, はこの, もある, を含ん

1 [172件] か, かしら, かそれとも, かと思います, かね, かも知れない, からこれ, からで, から云う, から云え, が, がはっきり, がわからん, が一寸, が分からなかった, が分る, が判らないらしく, が判らなかった, が含まれ, が後, が徹, が籠り, が見え, が言外, が象徴主義, が通じなかったらしい, が頷けない, さ, じゃない, じゃねん, だそう, だった, だったと, だと, だとも, だろうかと, だろうと, だろうとなど, であった, であって, でありますが, であるから, であるが, であること, であろうか, でこそ経済的, でこんな, です, ですか, ですかね, ですがね, ですよ, でその, でなし, でのモラル, での俗, での好き, での存在, ではあっ, ではあるまい, ではなく, ではなくっ, でもない, でハルナック, で云っ, で全然, で弱き, で有ろう, で爾, で特に, で生命, で自分, で言え, で貴君, で附けた, で馬鹿, とは違います, と同じ, ならそれ, な作物, に, にあらず, になります, にはまだ, には取り, にほかならん, にもなろ, に取れる, に通用, に過ぎん, のある, のもの, の事実, の代表的, の孤独, の小言, の手紙, の言葉, の質問, の風刺, は, はおれ, はそこ, はそれだけもう, はちっとも, はつまり, はどんな, はない, はまあ, はまず, はアナトオル, はダアウイン, はハッキリ, は一人称, は何物, は作文, は例えば, は僕, は分らない, は判る, は創世記, は単一, は同時に, は含ん, は大森氏, は宇宙, は安直, は小説, は形象, は必ずしも, は悔恨, は或, は政治, は早く, は此, は歴史的社会, は理論的説明, は盲人, は相当, は駿河守様, ばかりで貰っ, もなく, も含め, も失われる, も映っ, らしかった, らしく彼, をこめ, をさとった, をそう, をよく, を今更, を伝えた, を例, を十分, を実地, を御, を忘れん, を感じた, を漱石, を生活, を知ってる, を示し, を示した, を示す, を示そう, を記し, を説明, を述べた, を鉛筆, を頷く, 更に言葉

▼ 云う~ (236, 0.6%)

43 ではない 2 にその, になる, には, には又, には女, に最も, に有り, の彼, はこの

1 [211件] いつも北の方, お君, かっしと, か又は, がおいおい, がございます, が一番, が来たら, きょときょと目, こそ反っ, この二つ, この対立, この直観自身, さえある, さっと清き, すでに死ぬ, せぐりくる胸, その主任, その制約, その唇, その直観, だから, だけ手廻わし, であった, であって, でございますから, です, でなけりゃ見られないぜ, では無い, とはまるで, とんと突飛ばし, にお, にかぎっ, にこう, にすぐ, にどう, になっ, になった, になりました, にはいい, にはいか, にはいつも, にはこう, にはどう, にはどうか, にはなるべく, にはほか, にはよく, にはトッツァ, にはピアノ, には三十分, には互に, には人間, には何ん, には却って, には口, には吾, には娘, には彼, には思いの外, には愈々, には敷石, には是非老人, には横, には死神, には無気味, には男, には目, には看破らん, には笑うべき, には肢, には腕, には落着, には諸人皆, には貞之助, には貸家, には過去, には鏡, には頗る, にはM子さん親子, にふと, にもいくらか, にも客, にゃ其人, にやります, に不意, に人差指, に今度, に代, に何, に出, に出会う, に分る, に別れたぎり, に勝手次第, に命, に困ります, に困る, に女, に女中, に姿, に実際, に平気, に度々, に座, に当っ, に彼, に御, に成っ, に折, に持ち出し, に斯, に斯く, に次の間, に死んだ, に母親, に狼狽, に理性, に留吉, に色々用, に落ついた, に見せ, に誠に, に誰, に軍艦, に逃げ出す, に遁出, に重宝, に長崎, に限っ, に雪子, のない, のやう, の出処進退, の大人, の役に立たん, の微笑, の拍子, の為, の用心, の用意, の癖, の習, の膳, の陳, の鼻, はあまり, はいつ, はここ, はこれ, はそれ, はただ, はたった, はつね, はな, ははん, はまるで, はむしろ, はピアノ, は一個巨大, は事件, は光景, は八田潟, は別に, は勿論, は可哀そう, は変った, は大して, は女, は字引, は忌む, は悲惨, は我が国人, は敵, は断然, は早晩, は木葉, は松倉屋, は此, は母, は比較, は父, は町人, は町家, は筆者, は結婚, は綺麗, は肉身刑罰, は肩身, は裏道, は謙信公, は軽い, は遊園地, は魂, ばかりよけい, ほど生徒, まで伏せ, もあり, も奴, を与えず, 之以上, 却って部分, 又再び, 嬉しさ, 役に立たないと, 往々に, 後で手, 思うの, 恐らく人々, 恐らく色, 連れて

▼ 云うわけ~ (221, 0.5%)

18 では, でも 1211 です 9 なん 85 で, なの 4 でしょう 3 だか, にはいかない, には行かない, にも行かない

2 [12件] か, じゃありません, じゃない, であの, である, であるから, でお, でご, ですか, ですから, にも行きません, もない

1 [95件] かあんまり, かい, かそのまま, かそれ, かな, かね, かみんな, かもしれない, からめずらしく, か一寸不思議, か俄, か小さな, か平中, か明治二十年度, か知りません, か長い, がある, じゃあありません, じゃあない, じゃございません, じゃなし, だえ, だから, だが, だったの, だったん, だね, だもの, だろう, だろうか, だろうな, だ」↓, であったが, でいつさい, でお子様方, でございまして, でございますから, でございますからね, でごわす, でした, でしょうか, ですが, ですな, ですね, でそう, でそれから, でない, ではござりませぬ, で二つ, で五段目, で今, で以下, で別れること, で半蔵, で宝石, で急, で植物性, で此方, で此方さま, で洗濯屋事件, で浦郷, で私, で第, で金右衛門, で飛んだ不実, と云うで, なしに, なので, ならあなた, にいかない, にはいかなかった, にはまいりません, にはゆかなかった, には行かぬ, には行かねえ, には行かん, には行きます, には行きません, にも行かないでしょう, にも行きますまい, にゃあ, に行かない, に行かぬ, ね, のもの, はあるまい, はこう, はございますまい, は御, は有り, もこんな, もないだろう, もなく, やったら私, よ

▼ 云う通り~ (208, 0.5%)

157 にし, になる 6 になっ 5 であった 3 にする, に違い

2 [11件] じゃ, だった, だよ, である, であると, にします, にしよう, になった, になれ, に実行, のこと

1 [140件] あの日陣十郎, いくらその, おきぬは, おとなしくその後, おなじ歌い, おぬ, おめ, お勝, お幾, かの老人, かも知れない, が宗助, が屹度, この国, この異様, この眠, この秘密, この頃, この骨子, こりゃあ打っちゃっ, こんにちは便利, して, しないと, じゃない, じゃよ, すらりと, その位, その画像, その肌, そもそも問題, それほど大切, そんなに遠い, だおいサア, だが, だきわめて, だと, だとして, だ東京, であるから, でした, でしょう, です, ですよ, でもある, でよい, で有る, としてもさしかし, と云う, どうも人間らしい, なかなか面倒, なぜ荒物屋, なの, なら何, なら星田, なら馬鹿気, なり, な静か, にお, におれ, にこの, にした, にしたら, にしとったら, にしなけれ, にしなさい, にしました, にしろ, にすれ, になさらない, になさる, になったら, になり, になりました, になるだろう, になろう, にはならない, にはならなかった, にも行かん, にブチ, に世の中, に君, に奥平藩, に彼女, に往来, に従いましょう, に書きなさい, に用, に相違, に精神病患者, に蒲団, に行届き, に覚え, に間違い, に駕籠賃, ねえ去年お父さん, のもの, のわけ, のヒステリー, の不肖, の事実, の事情, の名前, の品物, の外, の気持, の男, の訳, の評判, はいはい云っ, はなはだ妙, まだ決定, よ, らしいね, をそのまま, を繰り返した, 一応は, 丁度雲, 云うこと, 云わなかつた方, 会う程, 低コスト, 何だかゴチャ, 全くの, 其の筋, 図抜けて, 多少瘋癲的系統, 大きい子供, 少しも, 怖い物, 明ける事, 最早密旨, 祟りを, 縛られ地蔵, 若い娘さん, 見得, 責める, 軽い方, 遣り損ずる事, 頼まれたお方, 高い土塀

▼ 云う~ (204, 0.5%)

26 な事 7 な気 4 な調子, な顔 3 なこと, なもの, な風, になっ, に云った

2 [13件] な具合, な口調, な心持, な時, な様子, な気持, な目, な者, な説, にし, にスケッチ, に先生, に手

1 [122件] が毎, この大役, だけれ, である鞍, でいや, では, で何となく, で木曜日, で気, で足跡, で顔, なごく, なす, なそう, なそわそわ, なつまらない, なところ, なの, なのどか, なはっきり, なぶべつ, なものの, なゆ, なら二人一度, なる塩梅, なポッ, な一塊, な不安, な人, な何と, な何ら, な偉大, な処, な切口上, な口元, な叱られ方, な場合, な塩梅, な大, な小さい, な当惑, な形, な心, な恥, な意味, な感, な感じ, な態度, な我々人民, な提案, な文句, な文章, な暗い, な望, な根, な段々, な毒蜘蛛, な混乱, な点, な物, な男, な疑い, な確か, な空模様, な素振り, な考, な者サ, な肇, な色, な言葉, な訳, な訳柄, な話, な音, な響き, に, にいつ, にお, にこんなに, にじれ, にすて, にする, にそれ, にそろった, につづけ, にどうして, になった, にのろのろ, には顔, にまっ, にまでなっ, にまるで, にも聞こえます, にハキハキ, にビクリ, に世間, に仕, に余, に信ずる, に勧め, に又, に女, に婆, に彼, に心, に感じた, に憐れ, に戦い, に斎藤, に桝型, に棺, に水の上, に深い, に犬, に笑った, に聞こえた, に荒々しく, に言葉, に頭, に頼み, に鼻声, もご

▼ 云う~ (198, 0.5%)

17 がある 13 をした 7 であった, である, を聞いた 6 だから 5 だった 4 だ, を聞く 3 じゃありません, だが, もある, をきく

2 [16件] が出た, じゃない, だぜ, なの, なん, になっ, に好奇心, の中, は, は早い, もした, を思い出した, を私, を聞, を聞い, を聞きました

1 [84件] いかに殺気立ち, からほぐれ, から二人, がきこえた, がございました, がまた, がもと, が余り突然, が出ました, が出る, が尽き, が持ち上っ, さえ持ち出した, じゃが, だがねえ, だったが, だよ, であったが, であるが, であれば, でご, です, ですからね, ですが, で伊勢, で時間, で有った, で私, と今, なども伝わっ, なんかも思い出す, におち, になる, には同感, にひどく, のある, のこと, の間, はあった, はお, はガンルウム, は伝説, は何度, は好まなかった, は明日, は未, は生まれ, は確か, は聞いた, は聞かなかった, ばかりした, もあり, もきまらず, もこの, もござる, もしよう, も伝わっ, も聞い, や, やって, や秀吉発言, をお, をきい, をきいた, をきき, をされた, をし出した, をする, をその後, をむしろ, をも聞く, を唐突, を始めた, を御存じ, を思いだした, を思い出し, を思い浮べた, を急, を教員, を断えず聞かされ, を発表, を聞かされた, を聞き, を読んだ

▼ 云うところ~ (193, 0.5%)

16 による 4 だ, によれ 3 だろう, を見る

2 [12件] があっ, があった, がある, さ, だが, であった, でしょうな, にも理窟, はない, は一々, を, を知らず

1 [139件] ある可, かな, かも知れない, からおして, からこれ, からそのまま, からだんだん, からのこと, からみる, から一歩, から仕方, から何人, から多分, から弟, から早速, から海, から選択, が, がいや, がお気, がつまり, が彼女, が折々, が本当, が目, が私共すべて林町, が良い, が適当, さえ考え直し, さね, だから, だけが私, だこれから, だね, だろうがね, だ好い, で, であって, であの, である, でしょうね, です, でならず, では御前, でもう, でもっ, でスルリ, で今度, で懐, で私, で重き, で電話, と一致, と照, ない生活, などは微塵, なので, なのよ, なん, にあらず, にあれらの, にそれ, には別荘, には行った, にむかっ, にもし, に住ん, に作者, に依れ, に反っ, に娯楽, に拠る, に根底的, に耳, の, のいわゆる, の不浄観, の人造人間, の卯木, の地摺, の場所, の天, の学問, の教養, の曇硝子, の現代性, の美的生活, はいちいち, はこう, はここ, はそう, はそんなに, はね小さい, はのみの巣, はまだ, はもっとも, はもと, は冬, は到る, は弁護, は恐ろしく, は渡し船, は然し, は老人, は詩一つ, は通り越し, へ平たく, へ持ち込まれた, へ新聞, までに漕ぎつけ, までは参りませな, までゆかない, まで折れ, まで推論, まで行かない, もなかっ, もまんざら, よしと, をおより, をちょっと, をとりあげ, をグッ, をザックリ, を充分, を実際, を少し, を思い出した, を暗に, を書い, を聞く, を見, を見せたい, を見せられ, を見せられる, を見込ん, を雪子, 欲するところ, 迄ゆき, 面白し

▼ 云ううち~ (189, 0.4%)

5 に又, に正木博士 4 にその, にもう, に二人, に未亡人, に無茶先生 3 にお, にヒョロ子, に少年, に若林博士

2 [16件] にそこ, に三好, に前, に吾輩, に女, に姫, に帽子, に最早, に涙, に王子, に王様, に自分, に船, に見る見る, に豚吉, に青竹

1 [115件] お富, に, にあっし, にいつかあれ, にお母さん, にかの男, にしなやか, にはきっと, にみるみる, にみんな, にもおろおろ, にも広, にも彼, にも擦切れた, にも最う, にも油もの, にも話し, にも馬, にやおら, にアダリー, にイヨイヨ真赤, にオヤジ, にキッ, にゴンクール氏, にチョット, にドッジ, にドンドン, にハンドル, にブツリ, にブルブル, にヘンリー, にホリシス神, にボーイ, にミシミシ, にミミ, にヤング, にリイ, に一日々, に一段, に一知, に一等運転手, に両手, に両方, に主人, に交通巡査, に亭主, に伯母, に健策, に先, に兵隊さん, に兼, に副, に古参, に右, に右手, に呉羽, に四五人, に坦々蕩々, に壁, に大きな, に大勢, に夫人, に奈良原翁, に妻木君, に妾, に宿屋, に小増, に小娘, に店, に彼, に彼女, に振袖, に文月巡査, に新しい, に新郎, に東, に松本楼, に樫尾大尉, に檻, に氷, に泣き, に流石, に浅黄色, に消え失せました, に源次, に煙草, に爆弾, に猫, に番頭さん, に白坊主, に皆, に私, に窶れた, に立, に籐椅子, に紳士, に署長, に老婆, に老婢, に胸, に若, に袈裟がけ, に袖, に覆面, に誠, に誰, に貫七爺, に轟氏, に部屋, に銀次, に長い, に鞄, に額, に馬車, へ横付け

▼ 云うよりも~ (185, 0.4%)

2 それは, むしろそれ, 私の

1 [179件] あの方, あの智羅永寿, あるいはあの, ある恐怖, あんなひがんだ, いたずら子に, いつも一人, お前の, これは, これを, すこし興奮, すりかえられたの, ずんどうの, その佗びしい墓, その冷静, その思想原則, その芸, その馬車, それらしい, そんな余裕, ただ台帳, ただ呆気, たね子の, どうして又, なんだか可哀そう, はるかに, ほんの僅か, まずこの, まず大した, まだその, まだもっと深奥, まだ危げ, まるで野獣, むしろあまりに意外, むしろこの, むしろさっき, むしろずっと後輩, むしろそう云う, むしろ一個, むしろ侮蔑, むしろ側面, むしろ冷淡, むしろ可憐, むしろ吃驚, むしろ地獄, むしろ失望, むしろ好奇心, むしろ実業家, むしろ己, むしろ恐ろし, むしろ恨, むしろ汚, むしろ決断, むしろ湯上り, むしろ父, むしろ生え, むしろ異端的, むしろ矢代, むしろ脱俗的, むしろ蒼白い, むしろ迷信的, むしろ過去, むしろ驚ろ, もっともっと科学的論拠, もっと残酷, もっと深い, やっぱり馬鹿, サラリーマンなら, ソンな, ドイツの, ナオミの, マドリッド市民の, ルキーンの, 一種の, 一般取引上の, 一見目立たず, 世の中は, 今まで, 代々馬霊教を, 体躯の, 何か, 何故法水, 僕の, 僕等の, 元来が, 先生の, 冷汗が, 却って気落ち, 原稿などを, 名優の, 哀願だった, 坂井の, 変な, 夢中に, 天蓋山の, 失う筈, 女中の, 女子の, 妻の, 威厳を, 婚約を, 実際は, 寧ろ, 寧ろおそろしい, 寧ろこの, 寧ろそれ, 寧ろそんな, 寧ろ世界大戦終了後, 寧ろ享楽, 寧ろ富者, 寧ろ彼女, 寧ろ恐れた, 寧ろ情, 寧ろ或, 寧ろ文壇的, 寧ろ行き, 寧ろ転がし落したらしい, 寧ろ長い, 少年の, 年を, 年齢老, 幸子ちゃんから, 従二位と, 従兄の, 徳川時代文学の, 恐ろしくなった, 意外の, 或は単に, 或意味, 技師が, 拾い漁ってと, 支配権力と, 放蕩を, 文士よりも, 昨夜と, 時節柄が, 本質的に, 杉檜の, 歌舞伎役者野郎帽子の, 母の, 水に, 江戸の, 決闘の, 浮かんで, 淋しいん, 無責任だ, 無造作な, 無邪気な, 特に君, 猶以前, 玉か, 現在の, 男の, 瘴気に, 白く冷たく而, 直ちに洪水, 相手の, 真っ先の, 競争相手討つ, 笙が, 精神的生活に, 絵筆を, 背景それ自身としては, 胸腺に, 臆病千万な, 自分で, 自分は, 自分自身を, 自然に, 舞うと, 舞台裏と, 袈裟を, 見るが, 親の, 農業が, 遥かに, 露路と, 魂を, M子さんと

▼ 云うのに~ (183, 0.4%)

5 矢代は 4 私は 3 久慈は

2 [12件] あなたも, いつまでも, お前が, それは, 何が, 何も, 元気の, 彼は, 料理場は, 時ちゃんは, 此の, 無理矢理に

1 [147件] あらゆる末梢的, いくら世, いっこう釈かせない, いつも主格, いや羨し, おい, おえい, おえいが, お前さん達が, お芙美さん, かの禅僧, きかなん, こっちじゃ, この人, この城, この汚れた, これよさない, しんみりと, すぎないの, ずくし, その心持, その手, それを, たった六, たとい尋常, だいぶ口元, ちっとも無情, どうした, どうして其ん, どうもそうで, なお起きろ, なくて, なぜ遠方, なんの, ひどく老け込ん, ほんとにな, まだ来ない, まだ肩上げ, まだ青々と, みんな大声を, むき身絞, もうすっかり門, やっぱり線香, わからんか, カーブを, ヨット遊びとは, 一二度しか, 一人ぽっち, 一人娘だ, 一度会っ, 一方に, 三島は, 不思議が, 世の中が, 二人に, 二本の, 伊代の, 何と云う, 何の, 何を, 何故からりと, 何故コソコソと, 元服を, 出かけること, 列車は, 励まされて, 千鶴子は, 卯平は, 反対し, 古新聞, 吃った, 名跡を, 周囲の, 塩野は, 変りない, 外には, 大納言は, 妙に, 宿を, 少しも, 少し似, 少し首, 巨人象の, 帯封書きに, 延岡下りまで, 彼女の, 恐らく父, 恐らく皆, 愚かな, 態と来る, 打棄, 押っ被せ, 断じてそうで, 方々の, 昔から, 暗くて, 本田さんが, 果して見知らぬ, 桜が, 梅が, 気抜けが, 汗さえ, 汝は, 江戸城の, 浜田藩の, 浩さんは, 浴槽の, 爾サ家, 片眼, 由吉だけは, 由吉は, 白地の, 皆は, 相思相愛という, 私だけは, 突然横, 答えず卯平, 紙燭を, 縁側を, 耳も, 聞かないで, 聞き分けないの, 聞入れず私, 自分は, 自製の, 舌が, 花の, 芸者だ, 苛い, 若ければ, 荷車を, 語弊が, 誰しも, 貴方が, 軍人に, 返事も, 過ぎなかった, 過なかっ, 遠慮を, 適当な, 野村の, 雨ばかり, 雪でも, 非常に, 面当の, 順慶の, 馬一頭飼ってない

▼ 云う~ (175, 0.4%)

9 による 4 ある可, に依れ 3 がある, だ, にある, は実に, を見れ 2 だが, だと, です, ですか, なし, に依る, に従え, へ住みこませ, へ来, へ行っ

1 [123件] あらざる可, あり, かね, からし, からその, からそんな, からプイ, から一時二朱, から久我大納言, から察, から英語そのもの, から起った, から餓鬼, か知ら, があっ, があった, が一々, が中津, が失われる, が播作, が有ります, が真実, だから, だった, であった最早, でそこ, でつかえ, でどう, でなければ, では後の, で何故, で御座いますか, で成功, で某, で近所, で電話, なん, にあっ, におられる, にたしかに, にはまだ, によれ, に一致, に二人, に人間, に住ん, に入らっし, に幻滅, に従う, に文三気, に有る, に欠員, に行, に許宣, に金藏, の, のあ, の上, の世界的世界形成主義, の空知郡, は, はいつ, はけっして, はこんな, はどこ, はほんの, は凡て道理, は厭, は哲学, は嘘, は大阪, は尤も, は庚申山, は意外, は或, は按摩, は斯, は昔, は温泉, は詰らぬ, へちょっと, へは来ますまい, へ出, へ前, へ大分頻繁, へ心, へ持ち込んだ, へ目, へ秀子, へ行く, へ行った, へ近づいた, へ通り掛った, までは中, まで取り, まで来, まで来た, まで漕, まで登る, もない, も又, も好, をあそこ, を云え, を信ずるであろう, を冷かす, を押倒, を持込んだ, を探す, を撮ん, を散歩, を発見, を知っ, を知らなかった, を私共, を聴いた, を見, を見た, を見る, を調べ, を酌量, 亦た, 迄が素描

▼ 云う~ (174, 0.4%)

54 であった 2 が私, だから, である, でした, です, と女, の声, は女, は皆

1 [147件] かね, があった, があります, がある, がい, がいい, がき, がこれ, がどうして, がイライラ, がハムブルグ, が一人, が一夜, が主人, が九州, が云った, が人々, が住ん, が作った, が共謀, が出, が原案, が参りました, が大, が居った, が庄司利喜太郎, が彼方此方, が御家流, が御用商人, が最初, が牀几, が瑠璃子, が発車間際, が目付, が秘密書類, が細君, が聞えた, が脊髄病, が酒, が長屋, が順当, が頭取, さえもいる, じゃない, だがね, だけれども, だったのに, だもの, だろう, であるから, ですあなた, でなん, ではなかっ, で女房, で年齢四十五, で私, とでも結婚, とは何, と盛, と見て取った, と遊び, などはやはり, なの, なん, なんで, にじかに, には犯人, に偶然, に手紙, に緑色, に貸し, に身, に逢う, に進上, に遣る, に鯛, の, のこと, のない, の一時的恐縮, の事, の叔父さん, の口元, の句, の女, の寝顔, の師匠, の常, の方, の立場, の肩, の花鳥, の詐欺手段, の間, はあけ, はいや, はまこと真実, はまるで, はみんな, はマッカネル以上, は一つ何, は上州, は二条殿, は人, は以前江戸, は何者, は前, は口, は只, は学問, は平常, は或, は時間, は本名, は枕元, は根こそぎ, は江戸, は浜田丈吉, は深く, は滅多, は無, は知, は立派, は管領畠山氏, は自分, は至って, は英雄, は藤沢, は見物, は髪, もありますまい, もいた, もそれから, も結婚, や女, をとめ, をよく, を一々, を刎, を召喚, を呼び, を御存じ, を画き出し, を見, を雇っ, 泣き付いて, 食わせ者

▼ 云う~ (172, 0.4%)

14 になった 8 がする, になっ, になる 6 がし 5 がした 4 が起った 3 なん, もない, を起した

2 [11件] がある, がない, にならなかった, になり, になれない, にはなれなかった, にもなれなかった, は少し, もする, も起った, 遣は

1 [88件] かも知れん, が, がしたら, がしなかった, がしなかったなら, がしません, がし出した, がするだろう, がその, がなかなか, がむらむら, が仕たけれ, が出, が出なかったなら, が己, が強く, が男, が第, が起り, さえしなかった, さえ出なかった, さえ未練, だから, だけがした, だろう, で一両, で何, で何気ない, で押し通し, で死ぬ, で聞くだろう, で顔, なら何時, にさえなっ, にさえなりました, になったらしい, になっちまう, になりきっ, になりました, になるだろう, になれ, にはたしかに, にはとても, にはなっ, にはならないらしい, にはなりません, にはなり得ない, にはなれない, にはなれません, にもなった, にもならなかった, にもなる, にもなれないらしかった, にもなれません, に成っ, に成った, のきいた, のない, のゆるみ, はあまり, はおこらず, はちっとも, はない, は些, は無論, ばかりが激しく, もあっ, もあった, もされ出した, もなし, も働い, も出た, も出ない, も持ち合せなかった, も起し, も起らなかった, も起らんで, も起る, を持っ, を止め, を起させない, を起させる, を起さなかった, を起す, 遣ないから, 遣ねえから, 遣の, 障な

▼ 云う~ (145, 0.3%)

2 此の, 理解し

1 [141件] あゝ若い, えれえ, お光, かの支那説話, けだしその, これよくよく, その人, その船宿, ただかくさぬ, どういう訳, どちらからも, な実に, イタカ及び, 一つに, 一向その, 一寸変っ, 一般の, 万物の, 不幸な, 予が, 争われんもの, 人間の, 今の, 今年十二歳で, 他に, 他の, 位拍子に, 佐藤某と, 何うも, 何か, 何たる心得, 何れも, 何れ長崎の, 何事だ, 何事なる, 余が, 余ほど, 余り甚, 余程苦しかっ, 俊傑の, 信じなかった, 全く権田時介, 全く無人, 全体何の, 其の方, 其の村上松五郎, 其猛烈なる, 内々の, 凡て支那神仙譚より, 北條の, 医師大場連斎氏の, 十九世紀以前の, 単に原作其もの, 単に名前, 即ち稻垣小三郎, 取りも, 可笑しい日本社会, 呉服店で, 和蘭出版の, 唯穴川, 嘗て一派, 国民感謝の, 地火の, 堕胎薬などを, 天網を, 夫や, 如何なる深き, 如何にも人情, 妙だ, 嬉しい事, 実に何たる, 実に妙, 実に容易, 専横な, 小歌が, 少しく疑う, 少分, 巡査法の, 已に其第一歩, 当時東京の, 彼の, 御尤, 徳川家康の, 怖いから, 恐らく吠, 恥かしい, 悉く己, 悪いお, 悪い事, 悪い奴, 惠梅を, 慥に, 憎い奴, 我を, 或いは到底, 批評家を, 支那印度等の, 明後日渡邊外記さまに, 有つ, 朝嵐に, 果して何事, 棚の, 極端なる, 正しく窮鼠, 此泣哭の, 毛頭覚えない, 水と, 火の, 災難とは, 無礼に, 父の, 物の, 猶だ, 用いて, 疑によりて, 直ぐに, 真如法性本分の, 真言寺じゃ, 石田某と, 祝いは, 秀子の, 私どもで, 秦中家忌寸等が, 粂野美作守様から, 素より其の, 耶蘇孔子以前の, 聊か耳立っ, 腕の, 花魁が, 若い時分, 蓋し佐保山の神, 蝙蝠の, 要するに動物, 要する比較的, 誤りだ, 路易, 銘々倉屋敷にでも, 雷神を以て, 頗る手厚く, 頼る人, 鳥の

▼ 云う~ (142, 0.3%)

4 をつけ 3 をつけた, を与え 2 からし, がつい, が付いた, だ, のため, の下, はその, を聞く

1 [116件] かしりません, からつい, から気に入らない, がある, があるでしょ, がつきました, がつく, がひどく, がわたくし, が同じ, が有る, が見える, が辛うじて, が附い, が青年, さえつけ, じゃ, だった, だった事, であった, であなた, であること, でした, です, ですからね, ですがね, でもっ, でロンドン, で手紙, で知られ, で自由, で通っ, なの, なん, にし, にする, には少し, には野蛮時代, にふさわしい, にまとめる, によってかなり, によって現, に動かされた, に嚇され, に対しても斯, のすて, のつく, のほとんど, のみで, のみ耳, のもたらした, の主人公, の人, の人間, の寺, の小作人, の朝鮮人, の洋紅色大輪, の犬, の納所, の紳士, の苟且, の葱, の附い, はお祖母さん, はこの, はつけられない, は今, は今度, は其の, は勿論, は日本語, は時々, は砲弾, は自分等, は記してない, も人柄, も伝わっ, よと答えた, をある, をきいた, をきずつけられた, をちょ, をもった, を万延頃, を与えた, を与えられた, を与える, を付け, を付けられ, を何処, を何度, を作, を使っ, を使った, を僕, を冠し, を受け, を小, を思いついた, を持っ, を持った, を書き, を案じ出し, を知った, を知らない, を私, を耳, を聞, を聞い, を聞いた, を聞け, を聴く, を見た, を貰った, 湯が

▼ 云う迄も~ (138, 0.3%)

40 ない 15 ないが 5 無い 3 ない事 2 ないだろう, なく, なくその

1 [69件] ありますまい, ありません, ありゃア, あるまい, あるまい殊に, ないこと, ないであろう, ないとして, ないの, ないので, ないや, ない所, ない死装束, なかった, なくこの, なくこれ, なくそれ, なくよくない, なくアジア全体, なくイギリス, なくコンナ姿, なくプロテスタント, なく一昨年, なく一般, なく不可能, なく世間, なく主人公, なく今日此予言, なく伝説中, なく八雲, なく処女造庭境, なく出鱈目, なく南鮮沿海五十万, なく単に, なく呉一郎, なく哲学, なく実用的, なく平中, なく後, なく意識, なく文化社会学, なく東京, なく梨園, なく機械的, なく正気, なく殊勝, なく牡鹿山, なく目, なく碧色, なく秀子, なく私, なく若い一知, なく菓子, なく誘い, なく諸国, なく資本主義発達, なく近藤夫人, なく逸見多四郎殿, なく震災以前, なく震災後, なく非常, なく麻雀, 無いこと, 無くこう, 無く支那町, 無く法曹界, 無く無邪気, 無く藻西, 無く阿

▼ 云うより~ (129, 0.3%)

11 ほかに 7 外は 6 ほかは, 外に 3 仕方が, 他は, 先に

1 [90件] おもいつめて, お店, かかる無責任, そのもと, それは, そんなに智慧, なれるからと, ほかない, ほかはねえ, ほか仕方が, むしろ動けない, むしろ地の, むしろ桔梗様, むしろ気の毒, むしろ興味, むしろ隧道, むしろ食いつく, むしろ馬鹿気, もっともっとどうにも, もっと明瞭, もっと深い, もっと雑事, ゃむしろ立派な, ゃ偶然の, やはり, ルキーンが, 一つの, 一体帰る, 上の, 亡びた沼, 人と, 人間の, 他に, 以上の, 何か, 偉いと, 僕と, 先自分の, 内容の, 別に形容, 前に, 劇を, 壊れるん, 外あるまい, 外仕方が, 子供を, 寧ろどうしても動物, 寧ろ一種, 寧ろ何, 寧ろ兄, 寧ろ唯一, 寧ろ大きな, 寧ろ感激, 寧ろ教えさせ, 寧ろ文字, 寧ろ誰, 寧冷たい, 島に, 心を, 悲しみ以上の, 拙者の, 早かった, 早く, 早くすたすた, 早くぴりぴり, 早くホーキン氏, 早くポケット, 早く先生, 早く後, 早く柄, 早く気違い, 早く王, 早く網, 早く老人, 早く逃げ失せ, 普通の, 気に入ったこれ, 無自覚だ, 物を, 生命を, 生活の, 異った, 砲丸が, 神に, 築山の, 薄くなる, 見たばかり, 読む気, 郵便局の, 陰気な

▼ 云うじゃ~ (126, 0.3%)

63 ないか 34 ありませんか 10 アない 2 ないの, ア有りません, 有りませんか

1 [13件] これは, ございませぬか, て, ないかい, ないかね, なし帰っ, アありません, アございません, アな, アねえ, アねえか, アねえよ, アねえよと

▼ 云うもん~ (124, 0.3%)

18 じゃない 10 じゃア, だから 9 ですから 76 か, じゃありません 5 ですか 3 じゃねえ 2 か人, じゃあない, だと, で, でさあ, ですよ

1 [38件] かおいら, かと澄し, かね, か呆れ, か誰, があかん, じゃ, じゃあありません, じゃないです, じゃなかッ, じゃなくっ, じゃろ, だが, だって唄っ, だどう, だな, だ見物, でごぜ, でしょう, でしょうか, です, ですからな, ですからね, ですね, でないてよ, でなお, でねえよ, に囚われん, の中, の集まる, はあれへん, はそう, は何で, は案外, もあった, もある, やあらへん云う, よハイカラ

▼ 云う~ (121, 0.3%)

5 による 4 があっ 3 であった 2 だが, に居る, へ行く, を見た

1 [101件] かな, からの喧嘩, から偶然, から初めて, から来た, から父, から船, から近, か知らぬ, があった, があります, がある, がございます, がなけれ, が出来, が是, が有る, が本当, じゃ, だ, だけれど, で, である, でございましょう, でございますえ, でございますむさく, ですか, ですから, での生活, で筏乗, とある, と僕, にいらっしゃる, にいらっしゃろう, にかたまり, につい, に一人, に上田治太夫, に依れ, に借家, に倣っ, に呉黄石, に宇賀長者, に小, に幸い, に従って個別的因果, に来た, に海軍港附属, に相模屋, に硫酸, に若い, に萬助, に貧しい, に起った, に集会, のこれ, のネルモ, の主観, の分析, の各種, の常識的概念, の廻旋灯台, の物, はありません, はございません, はどんな, はない, はわたし, は宜, は町, は至極, へあなた, へチャンチキ, へ一軒新た, へ入らしったら, へ入らっしゃっ, へ出発, へ引込み, へ往, へ来, へ縁付けたい, へ行っ, へ越え, へ遊び, まで十五分, まで往, まで接近, まで来る, まで話, もなく, も始め, を思え, を恩, を押し, を私, を経, を見, を見れ, を読んだら, を過ぎる, を鎧

▼ 云うかも~ (118, 0.3%)

49 知れない 20 知れないが 8 しれない 4 知れぬ, 知れぬが 3 知れないね, 知れませんが 2 しれないが, 知れません, 知れませんね

1 [21件] しれないそういう, しれないな, しれないねえ, しれぬこと, しれませんでも, 判らないと, 知りませんが, 知れないから, 知れないこの, 知れないそれ, 知れないで, 知れないの, 知れないまあ, 知れない人々, 知れない併, 知れない即ち, 知れない女, 知れない弁証法, 知れねえから, 知れませぬが, 知れんが

▼ 云う~ (118, 0.3%)

7 がある 4 だ, なん 3 さ, だと, だな 2 だから, もある

1 [90件] かも知れねえ, か知ら, があり, があります, があるなら, がい, がさせ, がアルラア・アルラア, が三つ, が仲, が何, が僕, が出掛け, が又, が同時に, が始末, が星, が曲者, が毎日苦, が這入っ, が都, が頭, さな, だそう, だね, で, でげす, です, ですか, ですが, ですね, でなくては, で元, で公平, で真実温順, で結局, と結托, にお, にはわたし, には云わし, には勝てません, には気, に本当に, のある, のほう, のよう, の名, の家, の車, の首, はいつ, はここ, はその, はどうも, はまあ, はスリ, は中, は云う, は余り, は写真館, は分かっ, は君, は呆れた, は命, は地所, は大, は怪しから, は本統, は気, は流山無宿, は皆痴者, は皆阿房, は立退け, は自分一人, は親, は鉄気, は飽き, もない, よ, をどうにか, を今お前, を保留, を利用, を忘れ, を打ち明け, を犯人, を置い, を見せ給え, を見た, を釣っ

▼ 云うには~ (114, 0.3%)

2 それが, 人間の, 自分の, 自分は

1 [106件] あなた様の, あの鳴き声, あまりに不利, あまりに辛, あらねども, あれは, いい家, いちばん始め, お屠蘇, きょうは, こう誰, ここに, ことしの, この文, これからまけ, これは, こんなこと, すこし適当, そこが, そのため, その人たち, その劇, それは, それほど確か, ですね, どうだ, どうもその, ひどく逆上, ふさわしい年頃, まず夫人, もう自分, よくよくの, よほどの, ダンスと, ナニ丹誠したら治らん, モウ, 丁度その, 三浦一族の, 主人は, 云ったがね, 云っても, 今は, 今日は, 今此, 伊香保の, 体中びっくりする, 何しろ古い, 何でも, 何も, 何処と, 余りにその, 余りに神韻漂渺, 余りに親し, 余りに錯雑, 余り朧, 保子の, 六磅あれ, 却って私ども, 及ばない, 及ばないそれ, 及ばないの, 及ばん何, 及びますまい, 及びません, 叔父の, 名前は, 哲学は, 困ります私, 国司を, 地図の, 多少の, 大きすぎる, 娘も, 実はここ, 少し驚ろ, 当らない, 当らないの, 忍びなかっ, 惜しい事, 手前は, 旅館は, 日本で, 日本の, 早すぎる, 昨夜貞之助たち三人が, 本名の, 止まらずまして, 正直に, 水を, 然うでない, 生やさしい, 社会全体に, 私の, 私は, 立つ前, 第一満州, 自分笑った, 蒼天蒼天何ぞ, 訳が, 足らずとも, 足りませんよ, 足るの, 遥に, 陣十郎の, 非ず, 非常の

▼ 云う~ (114, 0.3%)

16 に於 7 になる 5 では 3 から見れ 2 から云え, から云っ, から見, でも, に一致

1 [73件] かと云う, からあれ, からこちら, からさほど, からだけで, からも美しい, からよい, から云, から最早, から私, から自省, があれ, が異なる, が相違, が面白い, だけがありがたい, だけでもあの, だけは永久, で, である, でこれからもう, でのみ習慣, でわれ, で同情, で同様, で大きな, で失望, で影響, で彼, で忘, で敏感, で此の前, で甚だ, で知らないと, で通俗的作品, で非難, にあたる, にある, においていかにも, においてこの, において作者, において欧米人, において知, にかかっ, にかけ, にだけ強調, には予め, には少し, に一向, に不平, に全力, に其の, に多く, に存する, に存するらしい, に欠けた, に至る, に関しては如上, のわかっ, の無い, はえらい, はこの, は大阪, は更に, は私, は考え方, まで張り詰められた, より見れ, より観察, をよく, を云え, を詳しく, を除け

▼ 云うだけ~ (107, 0.2%)

16 では 75 であった 4 です, なん, 云って 3 あって, で別に 2 である, でしょう

1 [57件] お前の, さてじっくり, だよ, だわ, であっては, であと, であろう, でお, でけっして万一, でございました, でしたが, ですから, ですもの, でそれ, でつまり, でとても, でどういう, でない, でないから, でなくて, でなく引越し, でね, でもう, でナニモ確, で中, で人間, で何, で何故, で双方, で妻, で始め, で意味, で手, で早, で給料, で袖, で詳しい, で誰, なの, なので, なのよ, ならば, なら奮闘, なり, やって, 云ったという, 云った東野, 云った用心, 云わして, 云わずに, 云わせて, 今でも, 偽りを, 初より, 無益なり, 無駄だっ, 野暮さ

▼ 云うものの~ (105, 0.2%)

1 [105件] ああ云う, あの召使, あの学生達, いきなり度胆, おめ, おれたちは, おれは, お勝, お葉, こうして眺める, この事件, この城, そこに, そのよう, その二十間道路, その実, その父, その用意, その願書, それからそれ, つまり自分, どうする, またファウスト博士, むしろ同じ, やっぱり, やはり石, 一度は, 一番みっともない, 一番美しい, 一膳めしさえ, 一部を, 万里の, 不思議さを, 中には, 二人向い合っ, 人間の, 今でも, 仏蘭西仕込みで, 仮りに, 位置を, 体などを, 信次郎は, 全体が, 公平に, 前では, 前に, 区別それから, 占めて, 原野に, 同時にもっと悪い, 君が, 君の, 味かたは, 在り様, 外交的名与, 大切な, 大抵は, 存在しない, 存在の, 実はかれこれ, 実は土蔵, 実際は, 対立が, 尊さ, 少々熱い, 屋根も, 岡田も, 当時の, 影響を, 後に, 怖しさ, 意味を, 意識近代的民主主義の, 支那朝鮮南洋的で, 日頃の, 時が, 有るの, 未だに火星, 本人の, 李も, 林田英三は, 標榜を, 母屋から, 浅ましさ, 深さ, 潜む余地, 父は, 白い雪, 白皙人種の, 磨かれて, 私は, 精, 紛失に, 素子は, 経験の, 絶対で, 織田信長の, 老人の, 考えて, 苦しさ, 荷馬の, 表立った使者, 言葉を, 誰かの, 醜くさ

▼ 云う~ (102, 0.2%)

8 が適当 3 が正しい 2 が分り, が楽, では, も云われる

1 [83件] から五拾円, がある, があるでしょう, がいい, がかえって, がその, がだって, がどうか, がまるで, がむしろ, がもっとも, がよかろ, がよく, がよりも典型的, がわかり, が何, が割合, が参りました, が好, が妥当, が宜しい, が当るだろう, が御, が御前, が明確, が本当, が正しかっ, が理, が真実, が私, が穏当, が罪, が良い, が虎, が見えた, が道理, が適切, が都合, が駄目, だが, だろう, だろう何と, であった, でしょう, ですか, です叔父さん, と非常, なら嫁, なん, にこそどう, にし, に切実, に客観的態度, に就い, に希望, に見込まれた, に重き, のカント, の御, はいないでしょう, はどう, はほんとう, はもちろん, は不実, は古風, は奥さん, は妙, は幸, は御, は御座らぬ, は明石縮, は本当に, は畜生, は金, は黒塚氏, ばかりき, もきく, もございましょう, もただ, も少し, よ, をこの, を見出す

▼ 云うその~ (101, 0.2%)

2 声が, 時に, 男は

1 [95件] ことです, ことを, テツカを, ホテルには, 一点をのみ, 三分とは, 不思議の, 中に, 中には, 事だけが, 事に, 事件を, 事実の, 事実を, 事業その, 人の, 人数を, 仁その後お, 任侠と, 全般の, 共犯者は, 剣幕は, 勿体なさ, 占いを, 友達は, 口は, 可愛いの, 告白が, 問題の, 土橋の, 声に, 声の, 外面の, 大意一切外交上往復した, 女が, 女の, 家が, 布令の, 待つの, 徴兵令と, 心で, 心を, 息は, 悪行という, 新座敷, 日の, 日本人が, 是非について, 時その, 時どう, 時には, 時の, 時は, 時少し, 時私が, 晩は, 書を, 書生さんの, 書面の, 朴訥には, 森の, 様子を, 次第は, 氷山こそが, 為めに, 牡蠣が, 理由いかに, 琴を, 町へ, 界隈での, 目安が, 真情に, 私の, 種の, 美少年の, 者の, 興味に, 船を, 蔭弁慶こそ, 言葉が, 訳けは, 証拠, 話は, 説が, 諭の, 謂われに, 趣は, 足跡を, 軍艦に, 辺に, 通りで, 酒が, 銀行の, 雄々しい決心, 音は

▼ 云う~ (93, 0.2%)

12 がする 7 がした 5 がし 4 をさし, を立て 3 が聞える 2 が聞えた, もしない

1 [54件] かるい足袋, がきこえた, がきこえ出した, が下, が丸い, が二度, が出た, が寝しずまった, が心持, が快く, が急, が直ぐ, が聞え, が遠く, が階下, が面白い, が響い, が飛ぶ, さえもしなかった, すら聞かなかった, だけは矢張, であった, でさまたげられた, でスクルージ, とシュッ, と共に三人, と共に倏忽, と共に薄暗い, と共に額, と喉, にしばらく, にどこ, にも妙, に混, のみする, の中, の聞えた, はこの, はどう, はない, はまだ, はやん, は足, よりは何がなし, をあつめ, をきい, をきき, をたてた, を出し, を空, を耳, を聞い, を聞いた, を聞く

▼ 云う~ (92, 0.2%)

54 知らぬが 2 どうか, 何か, 兎に, 知らん

1 [75件] いやと, おまえは, これを, ずは, そうた, そう云った, それが, それじゃ, それとももう, それとも厭, それは, そんなら, てんで相手, どっさり魚, まあ春, また自分, よく分らない, わからん気味, ガール, ソレに, トリムと, 一家の, 一般男女間に, 不幸と, 不決断, 云わないかで, 云わないに, 云わない中, 云わない内, 云わぬかは, 人非人奴, 今暫く, 何となく何者, 兇悪と, 分ったもん, 分らないから, 判ったもの, 判るもん, 別に口実, 印象の, 厭か, 又秀子, 反応を, 同じ言葉, 名主へ, 四国の, 固定された, 堂々たるもの, 好きとも, 家の, 左様云う, 当って, 感冒に, 手前は, 早くきく, 是れ, 生活態度と, 男の, 真昼の, 知ってる, 知らぬ, 知らぬけれども, 知りませんが, 知んねえ, 確でない, 私が, 私達は, 種々様々な, 終局に, 耳には, 自分の, 試して, 賤しい, 足もとから, 過敏と

▼ 云う場合~ (85, 0.2%)

3 になる 2 にたびたび, に非常

1 [78件] かかる限定, がある, が多い, が多く, が度重なる, この同僚感, その人, その哲学, だ, だったから, であった, ではない, で無い, と其物語, どうなる, どんなに変化, などは身体, にいつも, における精神運動, にお金, にけっして, にここ, にこっち, にせめて, にちょっと, になっ, にはお, にはからかう, にはすでに, にはその, にはどう, にはまるで, にはよく, には一応, には二つ, には何, には同情, には大変都合, には彼, には心, には比較的, には気味, には粟野さん, には随分, にふさわしい, にもし, にも妥当, に人, に似た, に向いたなら, に在っ, に実際, に当る, に役に立つなら, に怪談物, に抽出, に敵, に於, に時計, に本人, に炭, に理, に用いられる, に立ち到っ, に立ち至っ, に立ち至った, に立ち至る, に詞数, に馴れた, の感情, の胡麻化, の話し, は, はこの, は普通, もありました, も有り得べき, 必ずしもそうした

▼ 云う~ (85, 0.2%)

5 の声 2 に関係, のひと, の人, の顔

1 [72件] からもらいました, があっ, があった, がある, がいる, が世帯, が六歳, が厭, が土塀, が居た, ずっとずっと美し, だから, だって云う, だと, であった, でしたが, です, ですからね, ではない, ではなかっ, としての生活, と共にお, と枕, なのに, にお, になっ, になれあった, には仕, には能, に好奇心, に対して自分, に恋着, に惚れ, に懸想, に手紙, に欺, のこと, のもと, の事, の問題, の幽鬼, の心, の心気持, の想像, の所, の様子, の気質, の眼, の素振り, の肥った, の送り, の運, の鉄切り声ゆえ, はあま, はおとなし, は不, は何, は大変, は大嫌い, は既に, は聞いた, は重婚, は馬鹿, も今, も子供, を何だ, を呼ん, を女中, を引, を手, を秘か, を調べ

▼ 云う~ (85, 0.2%)

9 では 7 でも 4 のもの 2 の事, の義

1 [61件] ああすべて, じゃない, だと, だろう, であった, でございました, ですもの目, でなくとも, でなく単なる, で人, な訳, になっ, に何ぞ, に勉強, に味覚, に感じ, に発展, のこっ, のこと, のほんのちょっとした, の人物, の力, の力添え, の品質, の問題, の址, の埃, の大きな, の大した, の大木, の容体, の密旨, の御, の意気, の手掛り, の敵, の次第, の歓迎, の物, の理由, の目, の罪, の者, の芸人, の要用, の親しみ, の鋭い, の隔て, の音, は土地, わたしは, 慣れ切った仕事, 打ちつけたの, 打ちのめす事, 打った, 接しも, 眼に, 私は, 買う, 迄には行かない, 野犬の

▼ 云う心持~ (83, 0.2%)

5 がする 4 があった 3 がし 2 がはっきり, さえする, である, ではない, で居る, なの, になっ

1 [57件] から, からで, がある, がしきり, がどこ, が去り, が可, が抜け切らない, が暗々裡, が起っ, が路, が非常, が養成, さえ起る, だえ, だし, だったの, でこんな, ですね, でもない, で一杯, で其人, で味, で批評, で暮し, で生活, で返す, で通, とああ, とは大きに, になった, になる, にはなれない, にもなっ, に於, のある, の一方, の感じられるきき, はない, は建物, は愚痴, は男, もあった, もある, もする, も何だか, も或は, や其, をスッカリ, を一生懸命, を創作, を忘れ, を忘れない, を持っ, を示し, を起させられた, を起させる

▼ 云うても~ (81, 0.2%)

1 [81件] あかんこっ, いかぬそこ, ええなあ, おめ, おれんし, お前がとの, お前方, くづ屋ぢ, こうなったら取りかえし, そうは, その基本, その子, そんことを, ちょっと思い付かん, どうせ雜誌, どうも親類, どこへも, なかなか出来たこつ, よい, よいだろう, よいの, よかろう, よろしいが, わからん, わかるまいが, ヂノテリウムと, 一知の, 一銭も, 云うこと, 人間は, 今日猶, 仕様が, 伯父甥の, 何の, 内儀さんの, 出さねば, 分らなければ, 判らんがの, 別に, 功利主義から, 勘定を, 勤務中だ, 取り上げぬは, 口の, 可い, 名筆である, 向こうは, 夫にも, 好い, 宜しかろう, 容易に, 差支ない, 御奉公, 必ずしも不遜, 忙しい, 怖い者, 手古奈を, 旱に, 来て, 構わぬ, 様子から, 民子は, 無益だ, 理想に対する, 甚だ度, 田舎は, 男には, 皆様方には, 眼は, 結構で, 聞きゃせんのやして, 聞きわけも, 見せませんが, 親譲りの, 証拠に, 詮ない, 近頃は, 返ること, 返事も, 退けにくい, 野村君の

▼ 云う~ (81, 0.2%)

3 ア, 云うな 2

1 [73件] えサ, お前の, お國, さけない言葉, そのほう, それよりも, ではふられた, まア上ろう, アからもう, ア不思議だ, ア人殺しに, ア分ん, ア剣術の, ア呆れ, ア尤もだ, ア形而学問だ, ア心が, ア是が, ア身寄でも, オレは, ッ, ッと, ッどこ嘯い, ッ卑劣漢, 世間には, 串戯とは, 云って, 云わいでも, 人は, 人間時々, 仁三郎, 今日は, 今江戸屋, 何が, 何の, 何を, 俺が, 俺も, 偽の, 出来て, 口が, 同じ土地, 君達を, 喋ると, 大台を, 失敬な, 女の, 山東の, 己が, 彼方へ, 御馳走なんて, 我輩少し, 新聞の, 旅商人の, 有れば, 此の間も, 此奴は, 武士たる者が, 汝ッち, 甲吉, 真に文学, 第一お前, 習いたての, 解るもの, 話だ, 賽転など, 逢わせん, 重い事, 金を, 間抜め, 降りろと, 馬鹿, 黙って

▼ 云う~ (78, 0.2%)

4 がある 3 が立つ, だった, であった 2 があった, がたった, のある, もある, を立てた, を立てられ, を聞いた, を聞き

1 [49件] あり, があります, がきれ, がござる, がもう, が伝えられた, が伝わりはじめた, が天下, が年のうち, が松坂, が立ち, が立ちました, が立った, が聞えた, が自分, が諸国, が近所, が頭, が高く, さえ大, じゃありません, だが, だったが, である, でこれ, でしたが, なども瑠璃子, などをお, に亢奮, の端, の高い, はあった, は聞かねえ, は門徒, は風, も, もあった, もございました, も伝えられた, も聞えぬ, も聞き及んだ, をよく, を疑がった, を立てさせたくなかった, を聞, を聞い, を聞きました, を聞く, を聞出した

▼ 云う~ (75, 0.2%)

3 言葉を 2 心持で, 敏の, 端書を

1 [66件] かんがえで, ことばで, なまな, びたゞしい数で, 世辞とも, 久美さんへ, 使いが, 勧めに, 医師も, 友達が, 友達は, 名だ, 君さんには, 君さんは, 咎めは, 噂を, 女中が, 姓名だ, 姥こそ, 宅か, 寺参りに, 差図を, 延の, 心に, 心持です, 慈悲の, 政の, 文が, 方様だ, 旗下が, 旗下へ, 暮らしでは, 武士が, 瀧の, 積りな, 立派な, 筆の, 約束を, 経で, 考えが, 考えだ, 考えなら, 考えを, 考なら思い切っ, 職であった, 薦と, 藤の, 見込みです, 言伝だった, 言葉, 言葉で, 訊ねでございましたが, 誘だ, 負けを, 身の上に, 返事は, 達が, 邸は, 酒に, 酒を, 鈴の, 銀の, 長いお話, 間違いで, 馬廻で, 馴染の

▼ 云う~ (75, 0.2%)

3 があっ, がある 2 を宛てはめたら, を書きます

1 [65件] があった, がいかにも, が何度, が少々, が御, が撮影, が毒々しく, が石工, が飛舞, が鳥, が鴃, じゃいけません, だ, だと, です, でパレオロガス, で原稿, と私, と連続, になっ, になります, に何, に変っ, に妙, に接続, に突い, に頬, のある, のつく, の解釈, はどう, は下, は何, は具体, は劃, は大昔, は子供, は現に, は笑い, は読める, へ行っ, よ, をジーッ, をチョオク, を使う, を使っ, を使用, を借用, を名, を強く, を御, を手の平, を書い, を書いた, を書く, を浮かび上らせる, を消し, を用いなけれ, を知, を知っ, を見た, を見付出し, を覚えた, を貫い, を金糸

▼ 云うよりは~ (72, 0.2%)

2 むしろその, 私の

1 [68件] ただ何となくそぞろ, どれが, なにか大きな, むしろあまりに親しい, むしろそれ, むしろガラス製, むしろストライキング, むしろ主人, むしろ倒れる, むしろ凄い, むしろ始, むしろ極めて賤, むしろ私, むしろ芸術家, むしろ詩人, むしろ露骨, 下宿人は, 不幸でした, 不明な, 今云った, 何か, 何んで, 公卿の, 出つ入, 十何年来の, 口の, 吐息を, 噛み着きました, 夫婦が, 寧ろあきれ, 寧ろあさましかっ, 寧ろちょっとした, 寧ろもっと力学的, 寧ろ主人, 寧ろ厳しく, 寧ろ尻餅, 寧ろ新聞記事, 寧ろ武士, 寧ろ空間的, 寧ろ精神, 寧水到り, 少し前, 年数を, 恐らく隣, 恥ずかしいと, 情ないほど, 所詮この, 手持無沙汰と, 文学という, 東京劇壇が, 桜林と, 欠くべからざる精神爽快剤, 此の, 海の, 睨むよう, 祖国の, 老人に, 老人の, 聞いて, 背中合せの, 若隠居にでも, 葬礼に, 表情の, 足に, 跳ねて, 集会席で, 鬱陶しいほど, 魔物の

▼ 云う感じ~ (72, 0.2%)

4 がする 2 がした, が強く, のわるい, を与える, を強く

1 [58件] があまり, がある, がすぐ, がその, がたれ, が一度, が久しい, が底, が強い, が忽ち, が消え, が漂っ, が狭い, が胸一杯, が起った, が起る, が都, が重, が電, が頭, しか湧かなかった, だけがし, だった, だったからさ, で, でした, でなるほど, ではなく, で小説, で田舎, にせまられる, に打たれなけれ, に打たれる, に迫られ, の弱々しい, はあざむかれない, はあります, はいくら, はことごとく, はこんな, はその, ばかりだ, もあった, よりも家, より読まなく, を一寸, を与えた, を以て見る, を出す, を受ける, を味, を抱いたであろう, を持たせない, を持たせられ, を持っ, を深く, を起す, を過重

▼ 云う~ (69, 0.2%)

4 可なり 2 亦た, 更なり

1 [61件] あの明, あるは芝居, いかがです, いかに支那, いかに簡素, この悲酸, その内容, それは, ただ名と, はずかしいこの, よし御, ンか, 一は, 不可なき, 之に, 何だかしん, 依怙地なり, 全く其発明, 其中に, 其中には, 其名称の, 其度に, 分らず夏子, 十分手当を, 却, 口の, 叶わぬ願い事, 吾, 咄嗟の, 天地創造と, 夫, 実は輪田夏子, 実質的釈義と, 幽霊塔の, 恐ろしい夢, 愚かである, 愧かしい, 懶きわが, 昇の, 昇貴様から, 最初は, 本名か, 正しきもの, 決して無理, 法性の, 無理じゃ, 然し是, 煩わしいが, 甲斐ない, 皆その, 皆人, 皆自己, 直観する, 程度の, 立て方見方, 等しく横文, 管であろう, 船頭は, 親身の, 詩と, 間が

▼ 云う~ (67, 0.2%)

143 からず, きは, き所 2 きだ, きである, きなり, き者

1 [36件] からざる, からざること, き, きか, きかに, きこと, きでなく最, きで仲, きほど, きもので, きものを以て, き主要, き事, き事柄, き余, き光景, き北沢新次郎教授, き厭あな声, き同姓, き家, き平, き様, き瀬戸内海, き顔, く, くこの, くゴルテル, く他, く殊, しだ, し去れど, し荻沢, なりな, 哀い, 哀らしい, 完全化という

▼ 云うばかり~ (64, 0.1%)

12 では 2 であった, なし

1 [48件] だ, だけれ共, だった, であろう, でいずこの, でいっこう, でさ, でそんな, でとり上げた, でない, でない実際, でなく, でなくあれ, でなくお, でなくこの, でなくそうして, でなくその, でなくたった, でなくまた, でなく世界, でなく今, でなく実は, でなく更に, でなく男, でなく震災, でなし, でほか, でほんの, でやれ喧嘩, で一, で先生, で別に, で坂下, で太平, で幾等, で手, で時々, で智的, で男の子, で私, で窓, で自身, で見捨てようと, ない清新, なき大, なししかしてついに, 廓の, 無し

▼ 云うほど~ (62, 0.1%)

10 でも 5 では

1 [47件] あの人, あるん, いやさが, いやな, その頬, それほど自分, そんなに美しくもない, だからね, だったらその, であった, でした, でしたよ, でとにかく, なので, な電車贔屓, のぼせ切って, ひどく揺する, もつれも, イブセンの, ペン軸に, 不見識で, 内心では, 大きな商科, 天作は, 実は憎ん, 尻餅を, 届けて, 張り付けて, 復一を, 心と, 怒られて, 打って, 拙か, 撲りつけた, 擲った, 深い馴染, 無智, 物凄き事, 男には, 眼にも, 私の, 突き飛ばした, 立派な, 苦しくも, 贔屓には, 蹴たから, 酔わして

▼ 云う~ (62, 0.1%)

2 にも秀子, に一知, に彼

1 [56件] か分からない, でひとり影, に, にあっ, にたった, にはもちろん, にもお, にもじろりと, にもその, にもつい, にも余, にも入っ, にも博士, にも叔父様, にも嫌, にも掻巻, にも歴々, にも疲れ切った, にも眼, にも私, にも罪人たち, にも肉桂, にも裾, にも風, にポーエル候補生, にモウ私, に乞食, に二人, に何かしら, に又, に女王, に姿, に居, に山, に懐かしい, に早, に最う, に次第に, に汚い, に犬田博士, に相手, に籠, に縛られ, に自分, に自然, に自身, に藩中, に謙遜, に足首, に通りすがり, に都, に長州生, に門番, に青年, の, へかなり

▼ 云うだけの~ (61, 0.1%)

7 ことを 5 事は 4 事を 3 ことで, 事で 2 ことです, ことは

1 [35件] ことか, ことだ, ことである, ことな, ことに, こと随分, この二人, この鳥, ぜいたくな, ものだった, もので, 事です, 事な, 余裕は, 力を, 勇気が, 勇気は, 勇気を, 単純な, 場合には, 快哉を, 感じは, 感覚に, 極く, 準備も, 理由で, 理由では, 理論上の, 用に, 男で, 科白を, 罪です, 考え方な, 話だ, 誇を

▼ 云う事実~ (61, 0.1%)

3 である 2 であります, を意識, を認める

1 [52件] か, がある, がない, が与, が仁兵衛, が何物, が成立, が持ち主, が民間, さえ疑われる, すら思い出さなけれ, その物, であった, との間, には比較的, に依っ, に変更, に対してさ, に比べたら, に確か, の中, はただ, はない, は一般女性, は兎, は全く, は否めない, は彼, は決して, は知りません, は私以外, もあっ, も古来決して, も聞き出されない, も認め得る, をあからさま, を何故, を先生, を切に, を危く忘却, を徹骨徹髄, を思い出した, を指した, を特に, を知っ, を知らず, を突留, を見れ, を証明, を認めね, を語る, 乃至風評

▼ 云う~ (60, 0.1%)

2 がある, だった

1 [56件] からよこした, から叔父, から養子, があっ, がいい, がその, が余計, が客, が有る, だ, だと, でしたろうと, でその, で夜食, で郵便, にお, にはとても, には男主人, に似, に住, に住ん, に入った, に暮らし, に泊っ, に若い, のおかみ, の中, の出店, の前, の奥, の庭, の末息子, はあとかた, はないでしょう, へ出かけ, へ呼ん, へ奉公, へ嫁い, へ往, へ泊りました, へ着い, へ縁付く, へ行き, へ行く, へ踏込む, もあります, もなけれ, も朝御飯, も珍しく, も輿入れ, を作る, を尋ね, を尋ねた, を尋ねる, を知ってる, を訪ね

▼ 云う~ (60, 0.1%)

4 米の 2 寺が

1 [54件] 主意なら, 会釈の, 勢いでございました, 口上を, 商売で, 坊っちゃんに, 坊主の, 声は, 姫様の, 婦人の, 定まりで, 客は, 宿縁でも, 布令さえ, 座敷に, 心な, 心配だけは, 心配に, 心配を, 惣領の, 意見だ, 挨拶で, 様子でしょう, 様子どんな, 様子の, 次男を, 気象です, 決心なら, 注意ありがとう, 注文でありました, 注文です, 渾名こそ, 狂乱の, 疑念が, 病気の, 直の, 粥を, 経験を, 線香の, 縁組を, 美くし, 考だ, 考なら, 葉書を, 言葉を, 話しは, 話は, 話を, 談義だ, 転婆は, 連枝が, 都合なら, 間がらでございました, 関係が

▼ 云う~ (58, 0.1%)

2 にもう, の抜けた, もなかっ

1 [52件] お敬ちゃん, だったと, でも絶えず, にすっと, にその, にもときどき, にも一寸, にも依然として, にも火の気, にメリヤス, に一本筋, に二人, に二尺, に又, に向う岸, に孱, に小柄, に帆村, に引き上げる, に引っ, に形勢, に攫っ, に早, に椅子, に権助, に死ん, に母親, に火, に眼前, に美和子, に股眼鏡, に葉山, に袖, に諸肌, に足, に通り, に金右衛門, もあら, もあらず続い, もあらせず, もない, もない短, もカイゼル髭, もナオミ, も与えない, も半面, も柴垣, も気, も無え, も無かっ, も蝋, 程なく矢

▼ 云う人間~ (56, 0.1%)

2 がある, であった, は余程, もあった

1 [48件] かと云う, から煙, がああ, がいたら, がやられる, が住む, が月曜日, が社会, ぐらい厭, だか, だってつい, であったの, でありますからな, である, である事, です, ではない, と一つ所, と思っ, なん, になる, には未来, に近い, のすべて, の全, の咳払, の外貌, の大切, の姿, の心理, の水, の生き方, の言葉, の運命, はいつも, はどこ, はみんな, はもう, は僕, は存在, は御免, は早く, は自分自身, は非常, や事情, を同じ, を捜す, を買い被った

▼ 云うかと~ (55, 0.1%)

25 思うと 8 思えば 3 云えば

1 [19件] いうに, おもえば, お君, 云うと, 云う心持, 待った, 思い余, 思うらしく自分, 思っただけ, 思ったらやがて, 思ったら死相, 思って, 思つて息を, 思や, 思われる民衆的, 知りたくなった, 聞こえる, 見ると, 覚えたり

▼ 云うとき~ (55, 0.1%)

2 かない, の癖

1 [51件] か恥, その現実, その響, だから, でもまだ, でも南, でも矢代, におや, にその, にはいっ, にはお前さん, にはお客, にはしみじみ, にはその, には夫, には容易, には快, には自分, には色々, に以前, に何と, に例, に女, に守る, に家内, に少し, に店, に母様, に自分, に若し, に薩州, に際し, に非常, のゆっくり, の久木男爵, の山羊髯, の心持, の心配, の皮肉さ, の菜穂子, の表情, はいかに, は天然神話, は悉く, は気の毒そう, は氷山, は通常記録文書, も, もそわそわ, も絶えず, 例えば

▼ 云う問題~ (55, 0.1%)

4 になる 2 だ, である, になります

1 [45件] がしきりに, が中心, が僕, が梅, が貴女, が起っ, が頭, であった, でなく人, でなく彼, で二, なの, に対してただ, に対して意見, に毎日頭, に献身, に興奮, に触れ, に通じ, に関しては金持ち, に関して専門上, の真髄, はてんで, は一日, は専門家, は私, は答える, は総論, は自然解決, は重, は銘々, も亦, も彼女等, も要するに, を出した, を弁じ出した, を御苦労様, を改めて, を考え, を考えた, を考えつづけた, を解決, を論ずる, を酷く, を頭

▼ 云うつもり~ (53, 0.1%)

6 では 5 はない 3 だったの, なの 2 か, であった

1 [32件] か大, か床, か後世之, か鼈甲縁, じゃないです, だったろう, だったん, であったのに, である, ですがね, ですよ, でなければ, でめいめい勝手, でも, でダンス, で云いそびれた, で云った, で参りました, で書いた, で此処, で用いた, で自分たち, で読み終った, で附い, ならその, なん, にした, はなかっ, は私, もない, らしかった, をし

▼ 云う考え~ (51, 0.1%)

2 が躍り出した

1 [49件] からは寸毫, から出る, から出来る, から無理やり, がある, がつよく, がない, がひそむ, がふい, がチラチラ, が浮かんだ, が浮ん, が深, が知らず知らず, が確乎, が第, が起き, だから, だけを話す, だった, だったから, だろうなどと, でその, でやったろう, で心, で悲しまされよう, で自分, なの, には異議, に浸り, の区別, の後, はちょっと, はわたし, は出, は当然, は心, は明瞭, は穿ちすぎ, もなく, もわい, も起っ, も起る, も頭, よりも自分, をもち, を持っ, を説い, を起しました

▼ 云うけれども~ (50, 0.1%)

3 私は

1 [47件] おれが, かの, こんな苦しい, さすがに, そう云う, その実, その実は, その演芸画報, その理由, それが, それは, それを, それ以外の, そんな事, そんな奴, とにかくこの, どうも此処, ほんとうは, まアまア, わしには, わしは, コンナ連中の, モウ十年経て, 信州蕎麦の, 僕には, 冬子は, 去年の, 命は, 土を, 地, 実際行掛け, 工場の, 幸に, 新吉は, 東京に, 果して辱, 根岸の, 真の, 私が, 私に, 私には, 秋も, 西洋の, 親父を, 誰も, 雲を, 鼠の

▼ 云う必要~ (49, 0.1%)

12 はない 6 もない 4 がある, がない 2 のない, はないだろう

1 [19件] があらう, がありますまい, があるだろう, があるでしょう, がなかっ, がなくなっ, が何処, さえもない, に迫られ, のある, はあるまい, はなかっ, はねえ, もあるまい, もなかっ, もなけれ, もねえ, も無い, を認めない

▼ 云う理由~ (49, 0.1%)

2 がない, で私, はない

1 [43件] かさ, からこの, から私, かエビス・ビール, か我々ども, がある, がなく, が何処, が判る, だけに過ぎない, だった, だろう, でありフランス, であるか, でかは, でそう, で今度, で他殺説, で向う, で断わる, で此, で留置, で粂之助, にし, によってこの, のため, のみで拒絶, はあるまい, はすこぶる, は何時, は充分, は全然, は又, もありません, もあり得ないであろう, もある, もなく, も出, も無い, も茲, も認められない, を信じ, を説明

▼ 云う名前~ (47, 0.1%)

2 がつい

1 [45件] か知らん, がいくつ, がとてつもなく, が一再, が僕, が徳川時代, が目, さえも頂い, さえ知らなかった, じゃ, だけは知っ, だった, で, でいつぞや, でまた, で代表, で凡そ, で此, で這入っ, で通っ, など綺麗, になっ, にぴったり, の人, の女性, の或, の男, の者, の農夫, はつい, はない, は少々, は映画, は未, は覚え, は青年, ばかりで, もいつの間にか, も聞かされた, をハクラク, を妙, を知らない, を聴く, を覚え, を負わされ

▼ 云うなり~ (46, 0.1%)

1 [46件] お父様, この半年, その紫色, その蹲ん, つまずきそう, であった, なさって, はない, グングンその, ツカツカと, ニキタは, ハンドルに, バタバタと, バラバラと, 何とも云え, 内輪に, 口元には, 土間へ, 奥さんを, 子供の, 子供わからず, 広場に, 戸袋の, 扉を, 拗ねた風, 易いこと, 権兵衛は, 次第さ, 次第にしてやる, 次第に内済金, 次第に利益, 次第に奉公, 次第に持たせる, 次第に気儘, 次第に無い, 次第に砂利, 此方へ, 無惨とは, 眼を, 禿頭が, 老人は, 薬を, 袂を, 道を, 霜の, 頭を

▼ 云う~ (45, 0.1%)

4 私は 2 だいで

1 [39件] あるいは疱瘡, あんな所, そういうこと, そう云う, そのこと, その男, そんなら, どんな偉い, また或, また近頃なにか, ゆつくりし, 一方二人, 不安こそ, 両女, 五所川原の, 今は, 他に, 借金は, 八雲の, 単に女, 又いい, 又他, 宮崎県の, 少し要領, 山岡屋は, 彼奴が, 恐ろしい妖術, 或人, 木仏だ, 本人も, 本妻だ, 洋服なんか, 田舎に, 申分が, 私と, 私も, 自分でも, 近頃評判, 鼻っ柱が

▼ 云う~ (43, 0.1%)

5 のもの 3 であった, な事

1 [32件] だ, だから, だったそう, である, であるが, ではな, で態, なこと, なら警察, なら銀座, な御幣担, な毒, な病人, な真心, には思う, のいきさつ, のコンプレインニング, の了簡, の事, の処, の好奇心, の往復, の心持, の気, の血気, の返辞, は世にも, は何, は何で, は持っ, は若い, 其の向う岸

▼ 云う約束~ (43, 0.1%)

2 がし, だから, をした, を結んだ

1 [35件] か, かね, がある, が三四十分超過, さえすれ, したの, だったから, だったの, で, であなた, で久慈, で今年, で出, で承知, で育てられたで, なしに, になった, になってる, に成っ, に遅れない, のもと, の上, はまるで, までした, までもさせられました, もこれ, をさせ, をし, をする, をせず, を以て同じ, を極めた, を結ん, を致しました, を遵奉

▼ 云うにも~ (41, 0.1%)

1 [41件] およばぬしょせんこよいはこゝろよくさけをくみかわして, ソウいう, 不キゲン, 云えぬ公, 人通りの, 今までの, 何も, 僕一人だった, 十六と, 及ばず何, 及ばず外国, 及ばないけれど, 及ばん決して, 及びません私, 取澄し, 喧嘩腰であった, 困ったの, 屏風の, 年が, 思い切った言, 拘らずこの, 拘らず民子, 敵の, 暗黒で, 最近に, 気を, 河内介の, 甚五郎は, 男女の, 相手は, 相手を, 真っ暗である, 程が, 紐育女らしいせわしい, 総大将, 肝腎の, 苦しい世帯, 足らぬもの, 足りないと, 足りぬ, 路用は

▼ 云う文句~ (41, 0.1%)

3 があった, がある

1 [35件] かね, がございました, がどこ, がない, が便り, が残っ, が毎号, が気, が浮かび始める, が聖書, が見え, さえ春宮, だ, だと, だねえ, であった, で前の, で始まっ, などが面白く, に突当る, のあと, の次に, は米屋, も俄, やトントンチリリン, をたくさん手帳, をゆっくり, を使っ, を入れたかった, を心, を想い浮かべる, を書き添えた, を耳, を読み, を読む

▼ 云うとおり~ (40, 0.1%)

5 にし, になっ 32 にする, になる

1 [23件] かもしれん, しないと, だった, だろ, であった, である, で小, なので, なん, に, にしてやらね, にしよう, にしろ, にすれ, になります, に乗ろう, に信じた, に僕, に其の, に彼女, に戸棚, の値, 捲いて

▼ 云うんで~ (40, 0.1%)

1 [40件] あの方, お前を, がしょう, この頃, すい水品先生, その時, とうとうこいつ, どっか内密な, ふん縛って, またどっと, また忰, やっぱり眼, わざわざおいで, ゲス, 世帯道具や, 二階へ, 信吉は, 倶楽部を, 僕には, 先は, 八州さまが, 其の寺, 出かけたところ, 大騒ぎに, 小学生全集を, 幾度も, 庄太郎は, 忰の, 或いは今年, 手前は, 技師の, 書斎の, 桶饂飩, 気の, 無しさ, 見ると, 談話の, 近所じゃ, 這入って, 隣へ

▼ 云うけれど~ (38, 0.1%)

1 [38件] あたしは, あの人, あの場合, あまり便にゃ, いったいに, おいらだって, お前が, お前さんにゃ, お養母さん, これは, そうじゃあ, そうは, そっちが, その実母, その葉っぱ, その音調, そりゃあ男が, ちゃんとそれ, ではどういう, とにかく亡くなった, どうもその, やはり氏, わたしは, マダム・ロアが, 合鍵を, 君の, 嘘な, 大切な, 大宮の, 実際怒る, 彼は, 態度たる, 旧い旧い常套, 森が, 氷を, 登記を, 誰も, 顔の

▼ 云うほどの~ (38, 0.1%)

4 事も 2 ことは, ことも, もので, ものは, 事は

1 [24件] ことで, こととも, ものも, ものを, 不孝ものだけ, 何が, 値です, 変った考え, 小ふじさん, 平気な, 御贔屓, 必要も, 意味に, 智慧を, 気にさえ, 特色も, 理由は, 病気か, 秘密でも, 程度で, 親み, 資質は, 重量では, 野暮で

▼ 云う~ (38, 0.1%)

3 得べし 2 またない, 俟た

1 [31件] あえてせぬ, おやそう, お辰聞, きかず自分, のろけたッ, ひそかに, またず自身, またないこと, 内容と, 又一人, 口実として, 合図に, 好まぬが, 婢は, 小歌は, 強て, 得ず, 得るや, 極めるに, 神原四郎治が, 聞き一同, 聞き丹治, 聞き付け捨置き難い, 聞入れず源次郎, 芝居にて, 要せず, 見て, 見れば, 許したまわず野衾, 貞之進は, 適当と

▼ 云う気持~ (38, 0.1%)

3 になっ

1 [35件] から来る, が一室一室, が一杯, が一滴, が一緒, が感情, が昂じ, が母, が深く, が私, が電光, でか, で云われる, で変, で居, と恐怖, にさえ成った, になった, になるらしかった, にはなれなかった, にもなり, に大, のいい, はあるでしょう, は充分, は分る, は持っ, は詐, は起りません, もあっただろう, よりもまず, をふくめ, をもっ, を味わった, を持てたら

▼ 云う~ (38, 0.1%)

1 [38件] あわれな果敢, があるべき, がなく, が斯世, が榾明り, が盤, が自分, じゃぞ, だ, では, で土踏まず, とは最も, に注意, の有益, の面白, はつぶし, はない, はやっぱり, は一爻, は不要不要, は全く, は殆ど, は皆, は私, は背, ばかりかかっ, もある, もなかっ, もまざまざ, も書けるだろう, を口, を埋め, を希望, を思う, を拵え, を用いまする, を知っ, を知らない

▼ 云う~ (38, 0.1%)

2 を聞い

1 [36件] あり, あるを, があった, がありました, がある, が一般, が入れ, が出, が君子, が囁かれた, が熱風, が用いられた, が許される, さえ忘れかけ, だけが聞き取れ, でこの, で形容, と七節, に撞着, に食傷, の持っ, の有った, の本来, の馬鹿, はこう, はケット部落, は十八世紀, は十六世紀頃, は極めて, は漠然たる, は裏面, は長い, もない, を主人, を其の, を口走っ

▼ 云う~ (37, 0.1%)

3 の言葉 2 の心

1 [32件] が娘, が憎く, ではない, にとっては一つ, にとっては未だ, には如何にも, の下役, の不平, の云い草, の企て, の名前, の夢想, の婦人, の弟, の心尽し, の来た, の決心, の特色, の申出, の真後ろ, の言, の質問, の辞, の述懐, の顔, は不思議, も人, も東京住居中, をも幾分, を先輩, を見, を見おろした

▼ 云う次第~ (36, 0.1%)

2 である, ではありません, なの

1 [30件] か, かさ, が分る, じゃありません, だ, だから, だったから, だね, であるか, でかく, でございますから, です, でその, ではございません, で他日自分, で僕, で参りました, で又, で塾中誰, で引込, で我々朋友たる者, で決して, で生き返り, で誠に, と聞く, ならもう, は政府, は民也, 余儀なく手紙, 即ち外交秘密

▼ 云う~ (35, 0.1%)

2 を持っ

1 [33件] かと思う, か私, があれ, がなかっ, が二人, が思わせた, が湧く, が私, が起きず, が頭, で無く, で隙, ならば, なら彼方, になった, になりました, には相違, の中, の余裕, の変る, の変化, の大, の苦しみ, はメリメ, は強い, は此, は自分一人, は誰, ばっかりに司, も少し, も無意識, を起し, 与えられたもの

▼ 云うそう~ (34, 0.1%)

96 だが 4 です 2 じゃ, である, ですが 1 じゃございません, じゃない, だから, だって見たい, で, であるが, であるほっとりくるり, なが, なん

▼ 云う返事~ (34, 0.1%)

4 をした 3 であった, である 2 だった, です, なので, を得た

1 [16件] かお前さんヤソ, があった, がある, がきこえまし, がようやく, が来た, が来ました, であったので, でございました, にも, のほか, の身ぶり, もしなかった, をし, を待つ, を泰さん

▼ 云う~ (34, 0.1%)

8 をし 6 をした 2 であった

1 [18件] がしたかった, が見られる, じゃ, だナ, である, でしばらく, のこと, の人, の白, の窶れ, の赤い, はたくさん, は何となく, は近頃, をもっ, を俯向, を好む, を袖

▼ 云うやつ~ (33, 0.1%)

2 がある, だ

1 [29件] かね, が君, ですね, なん, にかかっ, にかかり合う, は, はある程度, はいや, はとかくこう, はない, はみんな, は一たびどこ, は側, は容易, は悪戯もの, は推論, は残念, は洛中, は牡, は牡同志, は皆中位, は税, は肌, は莫迦, は誰, もやはり, もよく, を知っ

▼ 云う自分~ (33, 0.1%)

2 の心

1 [31件] がこの, が好い, が時, が栖方, だって何時, でも何, で自分, とも知らない, と同じ, にすらあまり, にどんな, には少なから, のどっか, の写真, の名, の名字, の心持, の満足, の煩悶, の苦痛, はと云う, はやった, は彼, は舊主三成, もいた, もことに, もたわい, もはなはだ, も其仲間, も皆, も骨

▼ 云う~ (32, 0.1%)

5 がある 2 もある, を得た

1 [23件] から菅原継長, が冷たく, が出, が有り, だけである, であった, で宗匠, と結句, なども製造, などを誦する, に似, の価値, の意味, は古い, も其頃, も忘れた, を, を不, を入れ, を入れた, を教え, を明, を覚え

▼ 云う~ (32, 0.1%)

3 問題を 2 へんな, 渦が

1 [25件] が, な仕事, な希望, 事変が, 停車場の, 先生が, 助ほど, 原則を, 反れた計画, 叫喊が, 商人が, 問題である, 問題の, 嗔恚を, 安心, 害を, 弱点が, 檀家の, 気焔さ, 講演を, 豪の, 責任が, 資産を, 質問に, 酒の

▼ 云う~ (32, 0.1%)

2 があり

1 [30件] から主人, があったれ, が君, が少ない, が後, が段々, が萌し, だろう, でしたから, でね, で一所, で一生懸命, で家, で新聞記事, で神田, なの, には身勝手, はある, はすこし, はすてられない, はない, は一寸, は勿論, は少し, は無かっ, もあった, も起る, を持つ, を持て居る, を起す

▼ 云うまで~ (30, 0.1%)

13 である

1 [17件] いつ迄, でなくても, で人間活力, で広く, で打ち壊すと, で明, で毫も, なくこの, なく物理学, 亢奮し, 傍に, 其国に, 幾度も, 心には, 気を, 清葉は, 虫は

▼ 云う~ (30, 0.1%)

6 もある 2 がある, が起た, もあっ

1 [18件] いや初め, から抜け, があっ, が多数, が明治四十年, が起て, であるが, になっ, はあっ, もあった, もあろう, も出よう, も多数, も甚だ, も耳, を主張, を成す, を発表

▼ 云う~ (28, 0.1%)

3 で満足, の事 2 けのこと

1 [20件] けで, けに過ぎない, けの事, けの印, けの話, である, ではすまない, ではなかなか, でも一大事, でも孔子様, でやって来, で心, なのよ, ならきっと, に余裕, の余裕, の価値, の勇気, の理由, の道理

▼ 云う大きな~ (28, 0.1%)

2 声が

1 [26件] ものを, ポインタァ, 争の, 事件とあみ込ませ, 事務所を, 事実に対して, 問題に, 堰が, 屋敷だろう, 山が, 建物の, 意味で, 木札を, 机である, 松の, 樽を, 橋の, 灸を, 猫の, 紙問屋に, 総称で, 美くし, 西洋犬が, 部屋を, 鉢栽の, 響きを

▼ 云う態度~ (28, 0.1%)

2 を取る

1 [26件] が幾分, だ, だから, だった, であった, であの, で居る, で平岡, で扱わるべき, で押し通し, で筆, とも云えます, になっ, に出, に出たであろう, に出られる, に出る, に自身, の中, の方, はどうにか, はまさしく, は小野さん, や顔, をお, をとるべきである

▼ 云う文字~ (28, 0.1%)

2 がある

1 [26件] がはいった, がもっとも, が微か, が急, が書い, が現れ, が穏, が読めた, さえ一つ, であった, である, で計られる, との間, と芸術, に気が付きました, に見え, は非常, も意味, をわたし, を公衆, を挟み, を挿入, を書い, を見, を見出す, を駆使

▼ 云う~ (28, 0.1%)

3 になっ

1 [25件] が多く, だ, だの星, にこんな, にとうとう, になった, になる, には南無阿弥陀仏, には実際, には旅行, に出なけれ, に前日, に当る, に目貫, に神聖, に膝, に長野草風氏, の午後九時頃, の夕今日, の暮, はそっと, は大正二年九月二十六日, は朝, を続けた, 附けが

▼ 云う条件~ (28, 0.1%)

3 の下 2 で一先ず

1 [23件] さえ成立, だ, であったが, でしたって, ですか, で上陸, で代, で会長, で別, で帰っ, で引き受けた, で許されました, で許し, に当て, に束縛, をつけた, を付け, を付けた, を出した, を加える, を附, を附け, 附きで当日時間

▼ 云うまま~ (26, 0.1%)

4 になっ 2 に任せる

1 [20件] にそこ, になった, にならない, になります, には動けぬ, に二人, に二階, に動く, に唄, に従わなけれ, に折, に流れ, に父, に裏, に逢初橋, に進まぬ, に運転, に頸, の事, の内容

▼ 云う~ (26, 0.1%)

8 ない 5 はない 4 はあるまい 3 あるまい 2 ないよう 1 に途, の高い, はなくなり, 恐らく考え

▼ 云う小説~ (26, 0.1%)

3 の中 2 を思い出した

1 [21件] から来た, が載っ, じみた嘘, だと, でした, でしょう, にも言葉, のなか, は, は大, や詩, らしきもの, をお, を書い, を書きた, を書きたくなる, を真に, を読む, を読ん, を読んだ, を連想

▼ 云う有様~ (26, 0.1%)

3 であった, である

1 [20件] がうかがわれます, だから, だ今, だ壁, であったが, であるから, でご, でした, でその, でましてや, でもしも, で喰い荒した, で巻, で確か, で詩, で貧し, で追い, になっ, になったろう, は

▼ 云う~ (26, 0.1%)

1 [26件] なぞも先年身分不相応, に, には晴れ, には民族的意識, にもう一度, に宿っ, のお, の伯父, の兄, の先進先生, の友達, の同級生, の心, の意図, の持論, の推定, の秘計, の観念, の語, は, もこの, も時々, より一つ年上, をお, を嘲笑, 共丈

▼ 云う積り~ (26, 0.1%)

3 なの 2 で時計

1 [21件] かい, じゃないでしょう, じゃなかろう, だか, だったか, である其の, であろうかと, でいた, でこんな, でしたが, でそんな, ではない, で再び, で君, で帳面, で親, ならば, なん, に違い, はない, はなかっ

▼ 云う調子~ (26, 0.1%)

4 である 2

1 [20件] が婀娜, であった, でした, です, でだらだら, でどんな, で云う, で云ったら, で何で, で出発, で啣, で第, で集まっ, なの, なら面白い, に構え, のさわぎ, の妙, までが全く, を包ん

▼ 云う意識~ (25, 0.1%)

2 がある

1 [23件] からはっきり, から祖母, から脱し切れない, があった, がいつも, がフッ, が大層, が少年, が潜ん, が眼, さえまだ, さえ持たなかった, でさっぱり, に制せられ, に遮られ, の下, の方, の連続, は動いた, は米国婦人, をもって充満, を忘却, を持ち始めた

▼ 云うひと~ (24, 0.1%)

1 [24件] がきまった, がすぐ, が帰らなけれ, が長らく, です, で新潮社, にその, にはじめて, にはその, に三時間, に似, に逢う, の, の家, の小説みたい, の少女, の霰, はどんな, は才能, は私, もあっと, もある, をたずねる, を尋ねるべきだった

▼ 云う~ (24, 0.1%)

1 [24件] があった, がいた, がこんな, がございました, が休ん, が出, が支倉, が死んだ, であるの, ですし, で其の, となっ, とよく, と広い, に暴行, に違い, の声, は又, は幼, は既に度々, をと陰, を殺しました, を町奉行所, を連れ

▼ 云う手紙~ (24, 0.1%)

4 が来た 2 を付け

1 [18件] がその, がつき, だ, です, をやりとり, をよこした, を出します, を受けとった, を受取った, を御, を戴いた, を新聞, を書いた, を書きたくなった, を書きました, を見る, を読んだ, を送ったでしょう

▼ 云う~ (23, 0.1%)

9 はない 5 がない 1 が無い, じゃなかった, だった文句, だのに, だ此, はありません, は無い, は無い早い, もあるまい

▼ 云うくらい~ (22, 0.1%)

7 だから 2 な事

1 [13件] そうし, であるから, ですごして, なもの, なら生徒, な地面, な程度, な蔭口, ひどく耳, 人の, 謹直な, 重要な, 頑健な

▼ 云うとも~ (22, 0.1%)

2 なく, なくそう, なしに, 無しに

1 [14件] その為, なくこう, なくただ, なく云う, なく呟いた, なく支那語, なく独語, なく繰り返し, なく美人問屋, なく自分, なく運転手, 構ったこと, 機嫌を, 考えられる

▼ 云うなと~ (22, 0.1%)

2 云うよう

1 [20件] いうのに, いえば, おっしゃれば, ふじこが, 云うに, 云うの, 云うのに, 云って, 先刻から, 制す, 勝った奴, 叱っても, 叱られたので, 小作料五割まけろ, 怒号しました, 思った, 申して, 申すに, 私は, 超然と構える

▼ 云う不思議~ (22, 0.1%)

2 な偶然

1 [20件] なお尋ね, なしかし, な出来事, な喜び, な希望, な店, な廻り合せ, な御, な機械, な機縁, な気分, な現象, な運命, な鐘声, な音, な鳴り方, に出遇った, は皆, もそれ, を信じ

▼ 云う評判~ (22, 0.1%)

2 であった

1 [20件] があった, がある, がぱっと, が嬉しく, が立ちました, が立つ, その二十日, だから, です, で一時, で家, のある, のお上さん, の豐志賀, もある, もの大夫, も伝えられた, も取った, を立てる, を荷

▼ 云うなりに~ (21, 0.0%)

9 なって

1 [12件] して, なりすぎると, なるより, ピッタリ畳, 任せるの, 刀を, 奥の, 従うて, 湯殿へ, 盃を, 裏の, 長い太い樫

▼ 云う~ (21, 0.0%)

3 があった 2 がある

1 [16件] から出, があっ, があり, があります, が堤, が有ります, である, でございますここ, に居る, に這入っ, のある, の庭, の納所, へ両親, へ寄附, へ葬りました

▼ 云う連中~ (21, 0.0%)

1 [21件] から弱虫党, があった, がいます, が坂下鶴吉, が来る, が殖え, が神経病患者, が行く, が重, だから, である, とは没交渉, に野菜, の一人, の通り路, は, はかね, はみんな, は寒暖計, は愚, は野菜

▼ 云う~ (21, 0.0%)

1 [21件] さ, であった, ですね, で写生文, で夕刊売, で姉ちゃん, で小説, で書かれた, で詩, で諸, になっ, に対してあまり, のつく, の下, の五言律詩, の作品, の詩, もつけなさらなかったろう, をつけ, を選んだ, を附け

▼ 云う~ (20, 0.0%)

11 否や 2 いな 1 いきなりそこ, きもの土産を, ないの, 否や再び, 否や押しかぶせる, 弦四郎は, 足を

▼ 云う医者~ (20, 0.0%)

2 の言葉

1 [18件] があったら, がある, が唯一人, でこの, と二人連, にこう, にこんな, に商務官, に執, の助手, の家, の態度, の横, の邸, は徐にこう, を呼び, を呼ん, を連れ

▼ 云う~ (20, 0.0%)

1 [20件] がある, がございます, がちっとも, が壱冊, に文明史上, の挿絵, の行われた, は大井先生, は少く, やスターバック, をよんだ, を売, を持っ, を書, を書いた, を見, を見つけた, を読み尽し, を読ん, を読んだ

▼ 云う自覚~ (20, 0.0%)

2 があった

1 [18件] がちゃんと, が取れなかった, が御, が忽然と, が愉快, が起る, だけを取り落す, であった, によるばかりだ, はどうしても, は十倍, は無論, は辛い, は近来, を互に, を失わなかった, を彼等, を持つ

▼ 云う記事~ (20, 0.0%)

3 がある, が出

1 [14件] があった, が出た, が土地, が新聞, が見える, が面白, と異なっ, の載っ, はない, はまた, を読み, を読む, を読ん, を読んだ

▼ 云うては~ (19, 0.0%)

1 [19件] おかれましたが, お手前の, くださんせぬ, ちと言葉, ならんぞ, ンナに, 下さりますまい, 人の, 分らんかも, 別にない, 夫ある, 家事不, 悲しいと, 拜むのであつた, 殴り, 穴倉へ, 見るが, 隱れ, 顔が

▼ 云う種類~ (19, 0.0%)

2 のもの, の人間

1 [15件] か知らぬ, ではない, な故, には属しない, の事, の内省, の孤独, の患者, の男, の画, の知識, の紹介, の美, の話, の野菜

▼ 云う~ (19, 0.0%)

2 ではない

1 [17件] かしら, か全然, か堀尾一等卒, か大抵, か少将, か急, か恋人同志, か突然, か誰, じゃ, じゃなく, でお, ではなかっ, でもあるまい, なんだい, にも行きません, もございません

▼ 云う証拠~ (19, 0.0%)

2 があります

1 [17件] が何, が充分, であって, でも出たなら, になる, にはなりません, には成りますまい, には腕, の有る, は, は有, もなく, をどこ, を握った, を握らね, を発見, を見せるなら

▼ 云う~ (19, 0.0%)

3 を出し 2 がある, がこんなにも

1 [12件] が今日明日, が手元, はなかなか, はチャン, は一銭, は何, は生れ, を出す, を取った, を呉れ, を持った, を直ぐ

▼ 云うため~ (18, 0.0%)

1 [18件] かさんざん, さ, しもある, だった, であって, にお, にかね, にはこの, にはその, にはどう, には一定, には今日ブルジョア, にひどい, に口, に大司教, に用意, の用意, の身投げ

▼ 云う希望~ (18, 0.0%)

1 [18件] があった, がまるで, が本当に, が自然, でしたが, との二つ, なら委しい, の中, はあっ, はありません, は少し, は間違っ, をすっかり, を抱く, を持ちつ, を起し, を述べ, を述べた

▼ 云う間際~ (18, 0.0%)

4 になっ

1 [14件] である, でとまる, で吐け, で失敗, で煩悶, になる, には単音, に宗助, に敵軍, に覗い, へ来, までは私自身, まで心細い, まで逼

▼ 云う青年~ (18, 0.0%)

2 を無理

1 [16件] が, があった, が住ん, が同じ, が彼女, が必死, が描かれ, が校中, との二人, に貰った, のこと, の人となり, の動機, の心, の血, はあんな

▼ 云うこの~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことは, 一事でも, 世界の, 事件の, 作は, 婆さんが, 家の, 弱点そのものの, 町の, 社会の, 社会機構の, 老人としては, 蘭は, 言葉が, 言葉だけは, 記述から, 辺の

▼ 云うそれ~ (17, 0.0%)

2 だから

1 [15件] がそもそも, がもしや, が抑, が祟っ, さえ我慢, だけが厚み, と動機, に当るで, はまるで, は妹, は実に, は東洋, をこばむ, を目的, 故この

▼ 云う了見~ (17, 0.0%)

3 だろう 2 か今日, でそんな 1 か, かこの, か両, がなくっ, じゃろう, だね, ではない, で過去, にならない, もなかっ

▼ 云う以上~ (17, 0.0%)

1 [17件] お出, そのとき, どう云う, にこの, にもう少し, に愛し, に私, の感激, は, はただ, は一方, は作物, は弱い, は格別, は調べ, めったに姿, 一応君

▼ 云う~ (17, 0.0%)

1 [17件] に, にまた, にもう, にもう一度, にも外, にも水嵩, にも私, にも襤褸切, に催促, に参りました, に吾妻下駄, に将軍, に床, に火, に自, に親子, に香炉

▼ 云う場所~ (17, 0.0%)

1 [17件] がない, だけに難, であったかと, では徒ら, でナオミ, で擦れ違う, にも関ら, に特有, の直前五米, はあなた, はもや, は外気, へ来る, へ行く, へ行っ, を精しく, を閉めさせよう

▼ 云う~ (17, 0.0%)

7 はない 1 あるまい, なかるべし, には何, には何一つ, には黙っ, にも器量望み, に別段, の娘達, はありません, はあるまい

▼ 云う始末~ (17, 0.0%)

3 なの 2

1 [12件] そんな事情, だ, だし, だった, だったもの, でございました, でございますから, でした, ですから, ですからね, なん, まず死骸

▼ 云う懸念~ (17, 0.0%)

4 があった 2 がある

1 [11件] からである, があったなら, が御前, が栄蔵, で頭, に彼, は寛永御前仕合, は抱いた, もない, も満更, を抱き

▼ 云う挨拶~ (17, 0.0%)

3 であった, である

1 [11件] が多い, が鄭重, であったが, なの, に丁寧, に答える, をしない, を兼ね, を眼, を聞かされ, を透垣越し

▼ 云う様子~ (17, 0.0%)

2 が見え, をし

1 [13件] がただ, だ容体, で, であった, であったが, で上さん, で暫く, に熱心, の家, はどう, もない, も無き, を思い

▼ 云う状態~ (17, 0.0%)

3 になっ

1 [14件] がある, が二三日, が普通, であゝ, で壁, で無人, なの, にあった, になった, になっとった, に陥った, の存在, の時吝嗇漢ラザレフ, は不幸

▼ 云う生活~ (17, 0.0%)

3 をし

1 [14件] さえさせられなかったなら, に入っ, に慣れ抜い, のあい間, のあふれた, の熾, の絵, はし, もある, もし, をしたくなく思い, を営む, を目ざす, を設ける

▼ 云う~ (17, 0.0%)

1 [17件] からし, があります, がこの, がなかっ, が偶然, が判りません, が屡々, が耳, が聞えた, だと, にはどこ, には己, の意味, の概念, はこれから, は女, を読ん

▼ 云う間もなく~ (17, 0.0%)

1 [17件] その刃物, ズシーンいやと, ビアトレスは, 二人で, 信玄に, 可愛い二羽, 少年は, 彼は, 彼女に, 暑くなった, 水煙を, 猿轡を, 算を, 終汽車で, 過ぎ去ろうと, 風を, 飛鳥の

▼ 云う~ (16, 0.0%)

5 の中

1 [11件] か案内者, があっ, がある, だろうと, に住む, の名, の方, の辻堂, を形容, を択ん, を越える

▼ 云う~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, が一同, が女性, が来ない, が起らず, が非常, で承知, に打, を与えた, を与える, を比較, を深く, を深め, を起させる, 深い, 深し

▼ 云う~ (16, 0.0%)

3 がある

1 [13件] か忘れ, が載っ, であった, のところ, は, めいた響, をかぇ, をその, を二度三度, を咏, を唄う, を産んだ, を見つめ

▼ 云うでも~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありません, ありませんが, あろう, ない, ないが, ない京子, ない唯, なかった, なかろうまあ宜, なくしゃべると, なく他, なく寝言, なく黙っ, 無いです, 無く独語

▼ 云う代り~ (15, 0.0%)

2 に黙っ

1 [13件] に, にあの, にいつ, にこの, にカモ七, に二, に微笑, に最初, に猫, に発生学, に科学, に頭, に首

▼ 云う~ (15, 0.0%)

6 の下 2 なん 1 が苦い, が転がっ, には皆, の利き, はめったに, は大概一癖, をきく

▼ 云う~ (15, 0.0%)

2 六の

1 [13件] い音が, カフェーが, 二才は, 伜奴多少, 冊子まで, 包みにでも, 厮が, 女房を, 宿へ, 拾人が, 枝の, 音が, 駅あり

▼ 云う方面~ (15, 0.0%)

2 の研究

1 [13件] から見る, から身体検査, でなく, とできるだけ, には非凡, に不満, に自己, に著しく, に趣味, に関してなら, の人, の筆, の論者

▼ 云う~ (15, 0.0%)

3 があった, のある 1 がある, があるでしょう, にちっとも, に今夜, に裏, に貴, は一体, も無く, を取る

▼ 云う~ (15, 0.0%)

2 が出る

1 [13件] でもなかっ, で見る, に会った, に逢わせ, に遇, に遇い, に遭った, に遭わされる, の見え, はうるん, は出る, をし, をする

▼ 云う電報~ (15, 0.0%)

4 を打った 3 が来た 2 を手 1 が来, が満, をも打った, を受取った, を得た, を遅く

▼ 云う騒ぎ~ (15, 0.0%)

2 です, の中

1 [11件] だ, であったそう, である, でございましたから, です検査官, で二人, で早速, なの, なん, になった, に交っ

▼ 云うお方~ (14, 0.0%)

1 [14件] が実際, が来ました, が長く, こそ本当, だろう, だ其の, でな, にお, には些, のもと, の代, はねこの, は何処, は貴方

▼ 云う以外~ (14, 0.0%)

2 に何, に適当 1 にはその間, には聴き取っ, にも折角, に人目, に仕方, に変った, に御, に春, に殆ど口, に言葉

▼ 云う先生~ (14, 0.0%)

2 の言葉

1 [12件] がいる, である, とあなた, にお近, のある, の人相, の処, の存在自身, の最後, は今, もいる, も何

▼ 云う~ (14, 0.0%)

1 [14件] におれ, にこれ, にぜひ, にはかわいた, によく, に何とか, に先日秘か, に君, に次, に自分, の持ち主, の日, 晩だ, 申上げました

▼ 云う姿~ (14, 0.0%)

2 になっ

1 [12件] が浮ん, が目, そう云う, で逃げた, になった, の武家体, をし, を初めて, を拝む, を眺められる, を見せられる, を見られる

▼ 云う工合~ (14, 0.0%)

1 [14件] でこの, です, で女たち, にうまく, におのおの, にお客さま, になる, にね, に彼女たち, に機械, に泣い, に火, ね, の悪い

▼ 云う~ (14, 0.0%)

1 [14件] がありました, だ, であった, でした, でついて行く, でやっ, で三浦, で与えられ, で出, で未, になるだろう, の傷, を作った, を取っ

▼ 云う心配~ (14, 0.0%)

1 [14件] から一日一日, がすっかり, が念頭, で, であった, とで直, と煉瓦, には及ばない, はない, は伴わぬ, は少し, は陰, ばかりし, もなく

▼ 云う~ (14, 0.0%)

2 の入

1 [12件] があった, が兎の毛, が全く, が日々, が胸一杯, だけ残る, は万, は宗助, は毛頭ない, をぴったり, を打ち消し, を通り

▼ 云う概念~ (14, 0.0%)

1 [14件] がなく, だけ分っ, でなければ, についてはこの, になりました, には世, に制せられない, に特別, に鼓舞, は単に, は如何なる, を植付け, 即ち新, 負けたの

▼ 云う議論~ (14, 0.0%)

3 をした

1 [11件] がある, である, と愛書家, は全くこれから, は政治家, は駄目, もある, も成り立つ, をし, をすれ, を公

▼ 云うあの~ (13, 0.0%)

2 方の, 男からの 1 お歌よ, 其様な, 型に, 婆の, 婦人の, 容子ばかりも, 淋し気, 美貌の, 話でございます

▼ 云うからには~ (13, 0.0%)

1 [13件] いたずらに好悪, いつもまずインテリ, すぐ往, その男, たとえ一般, とても一週間, もう少し洒落た, 三峰から, 余ほど, 単にその, 武術の, 民衆の, 相手は

▼ 云うにゃ~ (13, 0.0%)

3 及ぶだ 1 アおせ, 云いましたが, 及ばないよ, 及ぶさあ, 及ぶだ倍, 及ぶだ手, 困るじゃ, 大阪で, 当前, 自分なんか

▼ 云う~ (13, 0.0%)

2 をひい

1 [11件] がよく, でありますが, にし, に洩れず, に無い, の船乗り, はまだ, は皆目, をとっ, をレッツ出版, を聞く

▼ 云う~ (13, 0.0%)

1 [13件] と同棲, なん, にはこの, には恐し, の夢, の好奇心, の短篇, の考え, の記憶, の話, は僕, を救う, を貸し

▼ 云う其の~ (13, 0.0%)

1 [13件] お米, 事項を, 使命と, 名さえも, 声が, 孝心を, 密旨は, 御用事, 心が, 志ある, 様な, 筋の, 訳を

▼ 云う子供~ (13, 0.0%)

2 は私

1 [11件] があった, じみた夢, じみた負けぬ気, です, に同情, のそれ, のよう, の声, らしい切ない, らしい想像, を育て上げた

▼ 云う小さい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことが, ものを, 一事でも, 境を, 女が, 女の子の, 小港だった, 工場を, 本なぞ, 素人劇を, 素人劇団を, 表札が, 赤表紙の

▼ 云う小さな~ (13, 0.0%)

1 [13件] かこいの, よたよた馬, カフェーを, 人間の, 国に, 墓標が, 宿場へ, 木札を, 流水が, 町が, 船だ, 谷が, 鉤形の

▼ 云う恐ろしい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことを, ものが, ものに, 力づよいものにおさえつけられて段々, 執念を, 敵の, 激動は, 災難だろう, 男で, 皮肉でしょう, 結婚を, 罪を, 罪名の

▼ 云う方法~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一番, で兇器, で密室, で書かれよう, で殺ろ, で行われた, で鐘, に依っ, に従った, も考えられた, をとるべきだ, を取っ, を講じます

▼ 云う~ (13, 0.0%)

2 のたより

1 [11件] がそれほど, が剛腹, が子供, のみならず, の命令, の声, の旧知, の気もち, の深い, は娘, を傷まし

▼ 云う疑問~ (13, 0.0%)

5 が起る 1 がある, が局外者間, だ, など感じた, に打, もまた, よりも此, を感じた

▼ 云う~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, がありあり, だろう, ではない, と欲, なん, の上, の寒い, の浅黒い, の玉, の白い, を栄えさし, 皆焔

▼ 云う若い~ (13, 0.0%)

1 [13件] 刺青師の, 医者が, 女ながらも, 女の, 娘が, 教師が, 文学士が, 時からの, 水夫であった, 男が, 男の子に, 裁縫師と, 青年が

▼ 云う観念~ (13, 0.0%)

1 [13件] が利用権, が急, が薄い, が起っ, に乏しい, の世界, の乏しい, はこの, は有っ, は真面目, を全く, を生じ, を脱する

▼ 云う~ (13, 0.0%)

2 を読ん

1 [11件] が出来ました, に女, のよう, のパンフレット, の同人雑誌, はたとい, をうたう, をつくっ, を持ち, を書い, を遺った

▼ 云う趣向~ (13, 0.0%)

3 にし 1 がありました, である, ですから, ですな, でソコ, なの, にした, にしなけれ, のほど, は

▼ 云うお話~ (12, 0.0%)

2 でございます, を聞きました 1 だから, でした, でしたが, でしたね, です, なら何, になります, をきき

▼ 云うくらいの~ (12, 0.0%)

1 [12件] ものだった, もので, ものであった, トテツも, 事で, 事は, 二十台の, 人此の, 名馬であります, 大切な, 箇条で, 野暮だ

▼ 云うてを~ (12, 0.0%)

3 つた 1 つたから, つたが, つたなどと, つたのが, らん, らんから, り此, る, るけれど

▼ 云うなよ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いいか, お前が, お前持っ, この場, なにが, はっはっはっ, 二が, 可愛い男, 君それそれを, 大事な, 西浦賀の, 黙って

▼ 云うはず~ (12, 0.0%)

2 がない 1 がなかっ, が無い, である, であるから, であるにと, であろう, の小林, はない, もない, もなく

▼ 云う一つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] のはっきり, のもの, の不安, の主義, の区切り, の声, の変動, の憧れ, の概念, の溝, の蝋燭, の霊妙

▼ 云う一事~ (12, 0.0%)

1 [12件] からな, だけだ, だけです, だけでも瞭然, であった, である, でこれ, です, でその, なん, に河内介, ばかりだ

▼ 云う不安~ (12, 0.0%)

3 があった 1 がある, と猜疑, な不快, に川窪, は丁度, もある, もその, を与え, を覚える

▼ 云う具合~ (12, 0.0%)

1 [12件] か急, でその, で自他, で非常, にすぐ, にそれから, にである, に実施指導, に段々, に泰さん, に相手, に遊ん

▼ 云う女中~ (12, 0.0%)

1 [12件] が上野町, が今しがたここ, が湯, で其の, と一しょ, にいろ, の声, の後, はその後行方不明, は縁, は顔色, を連れ

▼ 云う武士~ (12, 0.0%)

1 [12件] があった, が我無しゃらで, が扈従, が部屋, たるもの, であった, であって, であるが, に, に扶, の位牌, を殺し

▼ 云う決心~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出来ましょう, が第, だけをした, である, ですかね, ではない, で場合, で自宅, に対してよい, は憂鬱, らしい, をかため

▼ 云う美しい~ (12, 0.0%)

1 [12件] のが, ゲーム取りは, 女であろう, 女詩人, 娘であったろう, 子だろう, 玉であろう, 純粋な, 言葉を, 遊女が, 響と, 風景だろう

▼ 云う老人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が唯一人, であったその, でしたが, でなかったが, に今, に会ったら, に似, の家, はいなくなっ, は日本, は若き, を連れ

▼ 云う~ (12, 0.0%)

3 がある 2 だったの 1 からで, があった, であったの, で番手桶, もあっ, もあった, もあったであろう

▼ 云う関係~ (12, 0.0%)

2 なん 1 があれ, が露骨, ではないでしょう, にある, になっ, になった, になります, に尽き, を明, を知る

▼ 云うあて~ (11, 0.0%)

5 もない 4 もなく 1 がある, もなかっ

▼ 云うという~ (11, 0.0%)

2 ような 1 ことだ, ことは, この怪人物, 口では, 場合死者に, 工合であった, 時代でなくなっ, 様に, 風に

▼ 云う事件~ (11, 0.0%)

2 であった 1 が芝居, なの, なん, について今, に関しては主人, に関して兄, の事実, の場合, は句

▼ 云う人達~ (11, 0.0%)

1 [11件] が大抵, が晏然, に一寸, の少なく, の思い, の沢山, は其, は新道, は磔, も出, を扱う

▼ 云う~ (11, 0.0%)

1 [11件] が恋, だってやっぱり, によく, の学問好, の意見, の方, の諜者, はどう, は一体, は全体不埒, は子供

▼ 云う~ (11, 0.0%)

2 がいる 1 が同級生, が感心, だから, だった, ではありません, で母親, はねあがって, は近頃, も出来

▼ 云う~ (11, 0.0%)

1 [11件] であった, ですし, ではない, とった御, になっ, になりたれ, の人, の暮, の秋, よりも非常, 若き女

▼ 云う~ (11, 0.0%)

2 がある 1 から提起, があった, であったか, でした, で放浪飲酒, にスプレエ川, に小川君, に生れた, の巡査

▼ 云う機会~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなかっ, で, であったか, にお, に佐伯, に買っ, はあるまい, は今後いくら, をあの, を作った, を待っ

▼ 云う目的~ (11, 0.0%)

2 があった 1 が一歩, であるが, ではあるまい, で動き出した, に叶っ, に違い, の明かでない, もない, もなく

▼ 云う雑誌~ (11, 0.0%)

2 を出す 1 から三円, が好き, にも書い, に出, に育児, の同人, は割合, をし, を取り上げた

▼ 云う非難~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が多かっ, について一言, に対して武蔵, に対して殆, はコックニー博士其人, は免れぬ, は到底, は或, もございましょう, を聞かされる

▼ 云う傾向~ (10, 0.0%)

2 の存する, をもっ, を持った 1 が発展, ではあるまい, に向っ, を持っ

▼ 云う千鶴子~ (10, 0.0%)

1 に勿論, の前, の声, の後, の指, の振り返った, の晴やか, の自然さ, を久慈, を見

▼ 云う口実~ (10, 0.0%)

1 で家, で彼, で段々室, で突然, で連れ, で駿府, にて通りたる, をこしらえ, を以て権田時介, を拵ら

▼ 云う~ (10, 0.0%)

2 が出来る, が流行る 1 がある, が有ります, のふし, の通り, もあるで, をうたっ

▼ 云う好奇心~ (10, 0.0%)

1 がある, が半分, が第, に圧迫, に釣られ, のある, も多少, や何, を禁じ得ない, を起す

▼ 云う~ (10, 0.0%)

2 がある, です 1 とべろ, と遥か, のある, のすき間, はある, やらこわごわ

▼ 云う心持ち~ (10, 0.0%)

1 が起らぬ, さえ出れ, だけになる, であんな, ですでに, はある, はこの, は何, は濁っ, を養成

▼ 云う~ (10, 0.0%)

1 か, がある, じゃ, であったか, なの, なり, を伝えた, を知らした, を繰り返し, を述べた

▼ 云う批評~ (10, 0.0%)

1 にはソグラースノ, に対して一言, に対して答える, は加えられた, や野心等, をされ, を下した, を云う, を発見, を聞きました

▼ 云う~ (10, 0.0%)

1 から窓, しも先, しも入口, でも, にしっかり, には定めし, に鼻, の彼女, の方, を見出されない

▼ 云う~ (10, 0.0%)

3 はない 2 がある 1 があります, が有る, はあるまい, はなかっ, は無い

▼ 云う注文~ (10, 0.0%)

1 か, が再度, が折々, で買っ, と同じ, なので, なれども, を出しました, を受け, を申込

▼ 云う特別~ (10, 0.0%)

1 なしつらえが, な地位, な層, な心持, な文化, な望み, な物, な要求点, のご, の目的

▼ 云う疑い~ (10, 0.0%)

1 がある, が起る, さえ抱いた, はす, は空中, は起さぬ, も起こる, を抱い, を抱く, を招く

▼ 云う知らせ~ (10, 0.0%)

4 であった 1 がある, が来た, だ, をうけた, を受け, を読んだ

▼ 云う結論~ (10, 0.0%)

2 に到達 1 が生れる, です, になっ, になった, になります, にはならぬ, に達した, は出

▼ 云う記憶~ (10, 0.0%)

2 がある 1 から逃れる, があった, がぼんやり, だけがあった, のしだいに, はあっ, はない, を何一つ

▼ 云う~ (10, 0.0%)

3 がある 1 があります, さえある, の裏, はある, まであっ, もある, も記憶

▼ 云う運命~ (10, 0.0%)

2 にあの 1 が廻っ, になる, に到着, に生れた, に逢着, に陥いるだろう, の下, の子

▼ 云う長い~ (10, 0.0%)

1 名の, 手紙だ, 手紙を, 道路を, 間地球と, 間女の, 間彼等は, 間目を, 間私の, 隔が

▼ 云う馬鹿~ (10, 0.0%)

1 がある, だろう, だろうね, な危惧, な可, な奴, な英国人, はせぬなら, もないでしょう, をする

▼ 云うきり~ (9, 0.0%)

4 だった 2 なの 1 だわ, であった, ですが

▼ 云うこれ~ (9, 0.0%)

1 が, が駿河台, だけの事実, は僕, は善い, は当り前, は遣りたがる, も当人, より自然

▼ 云うそんな~ (9, 0.0%)

1 ことが, はかない生活, わけと, 事まで, 名前は, 安子の, 水臭い事, 結構な, 馬鹿が

▼ 云うだけで~ (9, 0.0%)

1 すまない心, それを, はござりません, 万歳の, 後ずさりも, 決して先生方, 番頭を, 自殺は, 要領を

▼ 云う~ (9, 0.0%)

1 えへん, お婆さん, お母さんからね, つてに, 一体君, 云いますよ, 云うよ, 感謝する, 生死を

▼ 云う一句~ (9, 0.0%)

2 がある 1 なので, になっ, の響き, は実に, をよみ, を添えた, を読

▼ 云う一種~ (9, 0.0%)

1 の変態心理現象, の微笑, の悲しく, の曲者, の疑惑, の瞞著, の自己満足, の贅沢, 異った

▼ 云う了簡~ (9, 0.0%)

2 はない 1 だが, だろう, でいた, でしたが, では仕様, で遣った, になった

▼ 云う人々~ (9, 0.0%)

1 が一日中沢山, で一番, のさ, の目的, の間, の顔, の魂, は段々, も悪く

▼ 云う印象~ (9, 0.0%)

1 が浮ん, に盡, をうけ, をはっきり, を与えた, を受けた, を強く, を裁判官, を警吏

▼ 云う命令~ (9, 0.0%)

1 が下, である, なん, に基いた, のあった, のうち, はどんな, は打つ, を伝えた

▼ 云う因果~ (9, 0.0%)

2 な事 1 から来た, か寝, である, でございましょう, なこと, な病, な身の上

▼ 云う地位~ (9, 0.0%)

1 が実に, に於, の女房たち, は人間, は彼, は自分, へ復, も, をそのまま

▼ 云う坊主~ (9, 0.0%)

1 があっ, がふと, だ, でな, に祈祷, の態度, の所, はない, は一椀

▼ 云う境遇~ (9, 0.0%)

2 にいる 1 であった, であったと, であるから, になっ, に達する, もしたわしい, を知っ

▼ 云う実際~ (9, 0.0%)

1 と人間, の国事, よりは若く, 問題に, 問題の, 問題は, 家の, 方面の, 的方面から

▼ 云う~ (9, 0.0%)

1 があった, で東京, とさかん, にはかつて, に勤める, の給仕女, はことごとく, は毎年軽井沢, もある

▼ 云う彼女~ (9, 0.0%)

3 の顔 1 には子供たち, の声, の希望, の本当にまだ, の述懐, をたまらなく美しい

▼ 云う心もち~ (9, 0.0%)

1 がある, がし, が起っ, はあった, もあっ, もあった, もある, を抱かず, を直覚

▼ 云う感情~ (9, 0.0%)

1 で生き, のかげ, の発作, の高低, もかくされ, を味わった, を忽ち, を満足, を男達

▼ 云う気もち~ (9, 0.0%)

1 が, が浮ん, でいる, ではついぞ, と一しょ, に励まされ, の中, らしかったの, をとりさる

▼ 云う現象~ (9, 0.0%)

2 が起る 1 がその, が第三者, が起った, である, のため, は寧ろ, を心裡

▼ 云う相談~ (9, 0.0%)

2 をし 1 で彼女, になる, もせず, も出た, をした, を受けた, を持ちかけます

▼ 云う~ (9, 0.0%)

1 があった, が火災, の何処, もあった, をよく, を二つ, を愛する, を撫で, を砕く

▼ 云う程度~ (9, 0.0%)

1 であった, である, ではない, なん, において功利主義, に止ります, に過ぎなかった, のもの, を出る

▼ 云う立派~ (9, 0.0%)

1 な, な侍, な博士, な家, な御殿, な情人, な方, な武士, に描き出され

▼ 云う芸者~ (9, 0.0%)

1 がのみかけた, が角屋, はもと東京浅草猿若町, は愛春, は私, を家, を殺した, を無理, を眺め出した

▼ 云う順序~ (9, 0.0%)

1 がなけれ, だそう, である余, になっ, を以て運ばれ, を経, を経た, を踏まなけれ, を踏ん

▼ 云う~ (9, 0.0%)

1 でひと, で考えついた, の中, の平ら, の方, の明晰さ, の清五郎, の狂い, の発達

▼ 云う願望~ (9, 0.0%)

2 がはげしく 1 から出, が気違い, が激しく, で胸, も同時に, を押える, を持っ

▼ 云うたか~ (8, 0.0%)

1 て丸官はん, て二十年前, て何, て名, て多, て返事, と思う, 云わぬか

▼ 云うたび~ (8, 0.0%)

1 にまるで, にみんな, に何処, に冷たい, に実は, に息, に看護婦, に青い

▼ 云うてな~ (8, 0.0%)

2 はるん 1 あんたはん, その児, はります, はるそんな, 斯う, 泣きよ

▼ 云うとね~ (8, 0.0%)

1 うんよしって, ぶんと, 下役の, 他人は, 僕は, 先生そんな, 叔父さんは, 流石の

▼ 云うとは~ (8, 0.0%)

1 あい睡そう, ちがった言葉, どうした, 余り可笑しい, 卑怯だ, 思ったらしいが, 思われない, 考えて

▼ 云うのほか~ (8, 0.0%)

2 にない, はなかっ 1 になかっ, にはなかっ, はありません, は無かっ

▼ 云うのみ~ (8, 0.0%)

2 であった, である 1 であったが, でほか, で歩線, ならずさらに

▼ 云うほか~ (8, 0.0%)

2 はない 1 ない, にございません, にない, には形容, に云い, に表現

▼ 云う一人~ (8, 0.0%)

1 になりたかったろう, のいやしい, の上, の力, の声, の女優, の旅客, の男

▼ 云う下女~ (8, 0.0%)

3 の声 1 が来, でしてな, で旨く, に気の毒, も来

▼ 云う事情~ (8, 0.0%)

1 がありました, がある, がなけれ, で此処, の下, は有, を委しく, を考慮

▼ 云う二人~ (8, 0.0%)

1 が出逢った, が舞い, で固, の姿, の息子, の方, の木こり, の約束

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 では名高い, とは異, の世の中, の場合, の鉱物学, まで何, より五年, 人の

▼ 云う今度~ (8, 0.0%)

1 は予審判事, は余, は全く, は又, は島ちゃん, は帰っ, は役者, は断然

▼ 云う仕事~ (8, 0.0%)

2 をし 1 で今, には便宜, に出会った, は一通り, もあり, をする

▼ 云う作家~ (8, 0.0%)

1 が, があった, がすく, だったから, の一種, は伯爵, は見当りません, 及び彫刻家

▼ 云う光景~ (8, 0.0%)

1 その場, には慣れ, の前, は五六年前, は夢みる, は川越, を夢みなかった, を眺める

▼ 云う勇気~ (8, 0.0%)

1 が出, なし, はすでに, は出なかった, もなかっ, も出なかった, をさえ挫, をもはや

▼ 云う塩梅~ (8, 0.0%)

1 であったかと, でね, で大方風, で店員, で長崎, にし, に読む, よる夜中

▼ 云う~ (8, 0.0%)

2 い女, い木客, い男 1 い婢, い車夫

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 なアブセントマインド, な声, な方, な本能, な結論, な音, な音響, に病的

▼ 云う嫌疑~ (8, 0.0%)

1 だそう, ですか, で其の, で引っ張られた, で捕縛, と云う, は高まる, を受け

▼ 云う学生~ (8, 0.0%)

1 がある, がいた, だけがそれ, で僕, と貴女, の団体, は日本服, を顧みた

▼ 云う学者~ (8, 0.0%)

1 がムヅ, なの, ならうう, の家, の手, の説, はまことに, は社会

▼ 云う安心~ (8, 0.0%)

1 があっ, がどこ, がない, が其の, が心, が暗黙, のある, も大きに

▼ 云う宿屋~ (8, 0.0%)

1 がござん, に泊まりました, に泊ります, に泊る, の酒場, へ往かせた, へ泊った, へ連れ

▼ 云う御用~ (8, 0.0%)

2 で, です 1 か何だ, か僕, か知りません, でございましょうか

▼ 云う怪しい~ (8, 0.0%)

2 ものの 1 側女に, 姿で, 気持にも, 洋服の, 物の, 看板を

▼ 云う意志~ (8, 0.0%)

1 が動い, が生ずる, が自分, であの, のない, を僕, を洩した, を読んだ

▼ 云う手真似~ (8, 0.0%)

6 をする 1 をし, をした

▼ 云う~ (8, 0.0%)

2 は一年, を知らず 1 が寄りっこありません, であったが, を見る, 知れずで而

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 が懸っ, が目, が立っ, の響, を余, を掲げた, を立て, を立てる

▼ 云う注意~ (8, 0.0%)

2 を受けた 1 があり, だ, だけは明, をした, を受ける, を忘れなかった

▼ 云う病気~ (8, 0.0%)

1 が発明, ではなし, にとりつかれ, になった, の本, は初期, は殆, を知っ

▼ 云う相手~ (8, 0.0%)

1 であったに, の変化, の悪気, の昔, の気勢, は何者, を好ん, を軽蔑

▼ 云う眼つき~ (8, 0.0%)

3 をし 1 で, できょろきょろ, で再び, で睨まれ, をした

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 で, であった, である, なので, はない, は充分, をかいたら, を通れ

▼ 云う~ (8, 0.0%)

3 があった 1 だ, だったので, であった, である, をした

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 があっ, になり, のない, の報い, も伝奇的色彩, を俺, を犯し, を附した

▼ 云う自信~ (8, 0.0%)

1 があり, が伴っ, で云った, の出た, は持っ, は無くし, を得た, を持った

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 がここかしこ, が一艘, が天草, だった, でその, と船, に乗り込ん, の艦長

▼ 云う英語~ (8, 0.0%)

2 だった 1 がお, の手紙, の教師, は頭, を呼び起した, を知った

▼ 云う資格~ (8, 0.0%)

3 はない 1 がない, が最も, で, はなくなった, を以て充分

▼ 云う質問~ (8, 0.0%)

1 が出た, が出れ, だす, であった, になる, ほど馬鹿気, を受けるだろう, 何故僅かの

▼ 云う~ (8, 0.0%)

21 かも知れん, じゃ, だろう, なん, にしろ, に連れ

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 がことに, がした, がする, が山, が遠く, は又, をこだま, を聞いた

▼ 云う顔付~ (8, 0.0%)

4 をする 3 をし 1

▼ 云う~ (8, 0.0%)

1 である, でもと, のはなし, のもの, の人造人間, の化粧, の楓, は屡々

▼ 云うお前~ (7, 0.0%)

2 を相手 1 だって怖かろ, には確か, のお母さん, はわし, は何ぞ

▼ 云うかの~ (7, 0.0%)

4 ように 1 どれか, ようだった, 純粋意識や

▼ 云うたって~ (7, 0.0%)

1 お母, どうしろ云う, 仕様が, 動けやせん, 実に困ります, 誰れっ, 預る方

▼ 云うって~ (7, 0.0%)

1 え此, 云う事, 云わねえって, 叱られるけれど, 大笑いよ, 失敬です, 招ん

▼ 云うふう~ (7, 0.0%)

1 であった, にし, にします, に握り, に火, に目標, に駈けつけ

▼ 云う一点~ (7, 0.0%)

1 だけだった, だけで, だった, で許した如き, にある, にのみは支配, に目

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 しあわせものだろう, 始末だけは, 始末に, 安心な, 慥な, 決断, 結果を

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 じゃもう, だ, で下, で呆れる, なの, にご, の善い

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 にも覚, に対してはやや, の返事, は便乗, は其命, は実に, もその

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 がある, と差し向い, の声, の注意, の言葉, の間伸び, や姉

▼ 云う報告~ (7, 0.0%)

1 が届いた, が来た, を受け, を受ける, を得た, を得る, を聞き

▼ 云う夫人~ (7, 0.0%)

3 の言葉 1 の前, の美しい, をめとった, を擁し

▼ 云う女房~ (7, 0.0%)

1 が, があり, が災難, でありましょう二枚折, に何時, の腕, は反っ

▼ 云う少女~ (7, 0.0%)

1 が見えません, である, とは組, と森先生, のもの, の心理, を随分

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 におれ, にガクガク, に一体, に彼, に歯, に赤く, に顋

▼ 云う形式~ (7, 0.0%)

1 がととのっ, が考え, で付けられる, で現われ, とほか, の恋愛, をとった

▼ 云う~ (7, 0.0%)

2 ろしい 1 さを, れ, れは, れを, ろし

▼ 云う性質~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 かどう, のため, の人, の好い, の文学

▼ 云う悪戯~ (7, 0.0%)

2 をし 1 かしら, かも知れない, が宗助, をした, をする

▼ 云う意見~ (7, 0.0%)

1 さえ起っ, だね, なら此方, に傾い, に賛成, も出た, を発表

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 からの定規, からの歌, しの, のおも, のこと, のま, の言葉

▼ 云う時それ~ (7, 0.0%)

1 が何故, はなお, は一応, は一般的, は心理学, は現実, は茲

▼ 云う書物~ (7, 0.0%)

1 であった, のなか, の挿画, は仕事, をかきました, を編輯, を開けた

▼ 云う有名~ (7, 0.0%)

2 な話 1 なカフェー, な別嬪, な将軍, な料理屋, な酒屋

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 のくらい結構, の事, の塔, の奥様, の幽霊塔, の弱味, の犯すべからざる

▼ 云う~ (7, 0.0%)

4 になっ 1 じゃない, になります, になる

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 から不快そう, に, の声, の少から, の後, の苦しん, も今

▼ 云う気分~ (7, 0.0%)

2 になる 1 が起った, で彼, になっ, に心, やこうした

▼ 云う理想~ (7, 0.0%)

1 からとうとう, だけを標準, であります, によって結ばれ, の形, の為, は感覚物

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 があっ, が商業都市, でそこ, なの, にわたし, はパリイ, はブロート

▼ 云う社会~ (7, 0.0%)

1 では, なら致し方, の中, の人間, の方, はなる, を敵

▼ 云う経験~ (7, 0.0%)

1 がある, がございまし, のない, も沢山, をはつ子, を前, を持っ

▼ 云う結果~ (7, 0.0%)

2 になる 1 になった, になります, に持ち来らした, の相違, を及ぼす

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 医と, 坑夫を, 大な, 宰相が, 尼が, 尼を, 牛の

▼ 云う芝居~ (7, 0.0%)

2 だった 1 というの, は脚本, よりもビョルンソン, を見た, を見る

▼ 云う要求~ (7, 0.0%)

1 があった, が起った, はどこ, もない, も出せない破, を出し, を提出

▼ 云う~ (7, 0.0%)

1 が大嫌い, だけも貴女方, だ君, と共に肩, を機会, を聴い, 深い長靴

▼ 云う詩人~ (7, 0.0%)

1 があります, が新体詩集, ならうう, の地上楽園, の語, もある, もインド

▼ 云う質屋~ (7, 0.0%)

1 がある, の主人, の手代, の番頭奉公, へ奉公, へ持っ, を角

▼ 云う道理~ (7, 0.0%)

2 はない 1 が分り出し, ではあるまい, は人生, を悟る, を考え

▼ 云う階級~ (7, 0.0%)

1 があらゆる, に属す, に属する, の一人, の一歩外, の代表者, の習慣

▼ 云う顔つき~ (7, 0.0%)

1 でうろうろ, でナオミ, で朝飯, で立ち上る, をし, をした, をする

▼ 云う風評~ (7, 0.0%)

1 があっ, がございました, だった, である, でした, は夙に, を耳

▼ 云うお寺~ (6, 0.0%)

1 がある, の脇, へ葬り, へ葬りました, へ行っ, を便った

▼ 云うがね~ (6, 0.0%)

1 あのファウスト博士, あれでも, お前も, ウルリーケは, 君, 私と

▼ 云うけど~ (6, 0.0%)

1 この先生, それだけ耳, 今迄, 地獄の, 私と, 苗字が

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 なくして, ばたばた小, 今夕申合打合せの, 今度の, 怒るし, 早速俥

▼ 云うのよ~ (6, 0.0%)

1 ひろがった足してるって, 屹度, 忙中自ら閑あり, 政子さん, 貴方も, 頼みも

▼ 云う一言~ (6, 0.0%)

2 ですむで 1 で決して, に忌々し, も本当に, をすらお

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 からある, から他, から小歌, から桔梗, から田舎, のお上さん

▼ 云う人たち~ (6, 0.0%)

1 が多い, が或, なそう, に, の話, はまだ

▼ 云う人物~ (6, 0.0%)

1 がある, が出る, ではありません, に尊敬, は歌, を生み

▼ 云う仰せ~ (6, 0.0%)

2 でご 1 があっ, があった, だから, によろしゅう

▼ 云う伝説~ (6, 0.0%)

1 があり, に充ち満ち, の実感, はこの, や実験談等, を聞き

▼ 云う余裕~ (6, 0.0%)

1 ができ, がない, のない, は彼女, は持てない, もない

▼ 云う作品~ (6, 0.0%)

1 だって如何にも, であったか, にはどの, の発生, もこの, を眠られない

▼ 云う信仰~ (6, 0.0%)

1 から来た, があり, が在った, の下, の中, をかたく

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 のある, のない, はありませんでした, はなかっ, もない, もなかっ

▼ 云う動機~ (6, 0.0%)

1 からです, から酒, で, については一言, に基づい, を見る

▼ 云う原因~ (6, 0.0%)

1 から来る, というの, により斯, によるかと云う, を一口, を内

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 な廻り合せ, な気持, な狡猾, な震いよう, に寂しい, 怠から

▼ 云う友達~ (6, 0.0%)

1 が出来ました, に小さな, の兄, もあった, をつれ, を持ちたがらなかった

▼ 云う口上~ (6, 0.0%)

2 である 1 であった, と共にくだん, は大嫌い, を述べた

▼ 云う口調~ (6, 0.0%)

21 で聞かせたくなる, のいい可愛い, を借り, を貴方

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 えエビス, の人, 御殿です, 歌が, 歌を, 賢の

▼ 云う古い~ (6, 0.0%)

1 奴が, 本に, 札が, 言葉にも, 言葉を, 関係を

▼ 云う報知~ (6, 0.0%)

2 である 1 が木更津, が来た, であった, を受取ったら

▼ 云う大切~ (6, 0.0%)

1 な一筆, な事, な瀬戸際, な相手, の権衡, の物

▼ 云う女性~ (6, 0.0%)

1 が今, の本体, の特別, の異, を探し, を描い

▼ 云う婦人~ (6, 0.0%)

1 が一人, と結婚, には寧ろ, のある, の影響, も見え

▼ 云う寄席~ (6, 0.0%)

1 があっ, があるでしょう, に行った, の下足番, の軽業芸人, へ行かない

▼ 云う強い~ (6, 0.0%)

1 ことか, 人の, 決心を, 自信で, 語気で, 責任観を

▼ 云う思想~ (6, 0.0%)

1 で伝えられた, とは必ずしも, なの, の潮流, は少し, を彼

▼ 云う~ (6, 0.0%)

2 だから 1 でしょう, で娘子, の女, の男

▼ 云う恐れ~ (6, 0.0%)

1 がある, が代, が女, が彼, が頭, で半分気

▼ 云う悲しい~ (6, 0.0%)

2 お歌を 1 事実を, 喜劇の, 張が, 陰惨な

▼ 云う想像~ (6, 0.0%)

2 をする 1 が非常, に耽る, は一向, を根こそぎ

▼ 云う手段~ (6, 0.0%)

1 であって, で三千代, に出た, に出る, は思いつかなかった, を採っ

▼ 云う料簡~ (6, 0.0%)

1 か分らない, か大抵, であった, でツァウォツキイ, で先ず, ならこっち

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 らしい発見, らしき謎, 事実を, 現象の, 発明の, 舶来の

▼ 云う新しい~ (6, 0.0%)

1 世界の, 事実を, 存在が, 洋服フロックコート皆私嫌いの, 生命を, 銅像が

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 にて見れ, はその, は何, より追, れから, れが

▼ 云う時代~ (6, 0.0%)

1 だから, でまさに, になる, には何, の娘, はいつか

▼ 云う景色~ (6, 0.0%)

2 を眺め 1 がちょっと, だけでも何故か, は, を見

▼ 云う書生~ (6, 0.0%)

1 があっ, が座敷, が恐い, が目見え, の顔, は極々

▼ 云う標準~ (6, 0.0%)

1 ということ, によって行われる, も出来る, も立つ, を以て附けられる, を立てるなら

▼ 云う標題~ (6, 0.0%)

1 が附い, で西, に引かされ, に致し, のもと, は見当らなかった

▼ 云う気持ち~ (6, 0.0%)

1 が湧い, だけは感じました, でお, と一緒, のせい, の母親

▼ 云う淋しい~ (6, 0.0%)

1 ところに, 場合に, 夜にはと, 孤独感と, 所だろう, 音

▼ 云う満足~ (6, 0.0%)

1 が些, が彼, が押え, であった, のため, らしいもの

▼ 云う熱心~ (6, 0.0%)

2 でその 1 がある, がグングン, な又, もなく

▼ 云う相図~ (6, 0.0%)

2 である 1 にちょっと, のよう, をし, をした

▼ 云う職業~ (6, 0.0%)

1 が立派, のもの, の退屈さ, の関係, も不明, も手伝う

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 があります, がどっか, が排幕派, が解る, であったらしい, もない

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 が好かない, が知らせる, が鳴き立てる, ですかと, に就い, の知らせ

▼ 云う表情~ (6, 0.0%)

2 をし 1 がある, で, で置かれる, を日

▼ 云う親切~ (6, 0.0%)

1 からな, であったらなぜ, で此, な方, な男, な言葉

▼ 云う~ (6, 0.0%)

1 りだ其の, りで, りでちっとも, りでは, りで御存知, りなので

▼ 云う論文~ (6, 0.0%)

1 ですか, でも書く, に対する反駁, を出し, を書いた, を注意

▼ 云う~ (6, 0.0%)

3 見か 1 見なん, 見は, 見を

▼ 云う面白い~ (6, 0.0%)

2 事が 1 人物に, 例が, 小説を, 詞を

▼ 云うからは~ (5, 0.0%)

1 お馴染, アという, ッと, 何事でも, 兄さんの

▼ 云うことそれ~ (5, 0.0%)

1 が自己, に他, は私, は私共, を事新しく

▼ 云うじゃあ~ (5, 0.0%)

3 ありませんか 2 ないか

▼ 云うつまり~ (5, 0.0%)

1 主題の, 女房役の, 無頼の, 私が, 街頭で

▼ 云うでな~ (5, 0.0%)

5 ぃか

▼ 云うなあ~ (5, 0.0%)

1 お前さんが, やはり偶然童子, 他でもねえ, 支那人じゃ, 降参した

▼ 云うの外~ (5, 0.0%)

4 はない 1 はなかっ

▼ 云うはなし~ (5, 0.0%)

1 だワ, でご, でございますよ, になる, をいただく

▼ 云うほどに~ (5, 0.0%)

1 お浦, なって, なる, 悲愴がっ, 疵だらけに

▼ 云うまでの~ (5, 0.0%)

1 事, 事じゃ, 事だろう, 事で, 禁欲主義者であり

▼ 云うもの私~ (5, 0.0%)

1 が何と, の父, はこの, は寐, は毎朝

▼ 云う一節~ (5, 0.0%)

1 があっ, があった, があります, がある, だった

▼ 云う三字~ (5, 0.0%)

1 があった, である, の言葉, を加えた, を頼り

▼ 云う世の中~ (5, 0.0%)

1 じゃぞ, である, で洋学者, になっ, になった

▼ 云う主義~ (5, 0.0%)

1 だったん, でも無論, の沙汰, をもった, を持っ

▼ 云う今日~ (5, 0.0%)

1 こそあいつら, こそ正に, この大, は日頃, を待ち兼ね

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 かね, ですか, のこと, を云う, を証拠

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 がいた, がコリャ狐狸, の屋敷, は相役衣笠太兵衛, も同じく

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 からのみ社会, から子, から汚, は人数, を見

▼ 云う~ (5, 0.0%)

5

▼ 云う合図~ (5, 0.0%)

2 をした 1 であった, に塾部屋, をし

▼ 云う名目~ (5, 0.0%)

2 の下 1 で貴女, で金剛, をこしらえ

▼ 云う周囲~ (5, 0.0%)

1 に身, の中, の焙りつく, の雑沓, を持つ

▼ 云う因縁~ (5, 0.0%)

2 がある 1 じゃア, だろう, になる

▼ 云う~ (5, 0.0%)

2 へ行っ 1 があります, が嬉しく, はどう

▼ 云う堅い~ (5, 0.0%)

1 人で, 御気象, 決心が, 決心は, 約束を

▼ 云う境界~ (5, 0.0%)

1 でございますから, に入る, に至らん, はすでに, は代

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 から醒めた, とも現, をペン, を見, を見る

▼ 云う大金~ (5, 0.0%)

1 でございますから, ですぜ, をそんな, を掠め, を蒐め

▼ 云う好い~ (5, 0.0%)

1 元気で居らっしゃる, 古刀を, 器量の, 気持に, 芸者の

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 に対して道徳問題, に空返事, の姿, の行為, の顔

▼ 云う学校~ (5, 0.0%)

1 さ, の教科書, は現在, へ上っ, を兼ねた

▼ 云う実に~ (5, 0.0%)

1 不愉快千万な, 仕合せだ, 品の, 妙な, 素晴らしい小説

▼ 云う寸法~ (5, 0.0%)

1 だ, だしかも, だね, ですね, なん

▼ 云う尊い~ (5, 0.0%)

1 ものは, 名に, 立派な, 親切な, 酒の

▼ 云う広告~ (5, 0.0%)

1 が眼, です, を出した, を街, を見た

▼ 云う役目~ (5, 0.0%)

1 でソレ, で五十, で御, をひきうける, を勤める

▼ 云う彼等~ (5, 0.0%)

1 の不幸, の会話, の幸福, の感情, の運命

▼ 云う思い~ (5, 0.0%)

1 がどうしても, で私, につきあたっ, をなさいました, を持っ

▼ 云う怪物~ (5, 0.0%)

1 だそう, でも何, の仕業, の名, の正体

▼ 云う悪い~ (5, 0.0%)

1 いたずらを, 事を, 奴だ, 者が, 運命が

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 に抵抗, のない, の起らぬ, を, をあらわす

▼ 云う~ (5, 0.0%)

2 はない 1 に入った, を生れた, 曳きならちっと

▼ 云う拍子~ (5, 0.0%)

1 かかの, かで差出人, か坊ば, にちょいちょい, に船

▼ 云う料理屋~ (5, 0.0%)

1 がいよいよ, に集会, の主婦, の二階, へつれ

▼ 云う旅館~ (5, 0.0%)

1 で其処, に泊った, の人達, の前, は今

▼ 云う旗下~ (5, 0.0%)

1 が有っ, の両家, の別荘, の娘, の嬢

▼ 云う日本~ (5, 0.0%)

1 の国民性, の少く, の此, はそれほど, 第一乗馬

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 え物, を付け加えた, を支倉検事, を要領, を述べ終る

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 にはこれら, による, に詳記, は一名, を著し

▼ 云う最後~ (5, 0.0%)

2 のたより 1 に住んだ, に彼, の一句

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 がある, が附帯, に寄食, は終に, を各自

▼ 云う期待~ (5, 0.0%)

1 さえ持っ, で身体全体, は彼, を持っ, を裏切る

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 だ, だからなあ, だったん, なの, なん

▼ 云う権利~ (5, 0.0%)

1 がある, のない, はなかっ, は確か, を主張

▼ 云う母親~ (5, 0.0%)

1 が附い, のかお, の手, の顔, はあんまり

▼ 云う沙汰~ (5, 0.0%)

1 があった, が凶兆, である, は庄左衛門, もなけれ

▼ 云う激しい~ (5, 0.0%)

1 人間的欲求が, 変り方であろう, 情熱で, 水の, 音と共に

▼ 云う皮肉~ (5, 0.0%)

1 だ, でございましょう, でしょう, な行為, な言葉

▼ 云う看板~ (5, 0.0%)

1 に逢着, の下, を出した, を掛けた, を眺め

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 だ, に餘, をし, を持ってる, 遣を

▼ 云う確信~ (5, 0.0%)

1 がある, が崩れない, で有ります, に近い, をだんだんはっきり

▼ 云う簡単~ (5, 0.0%)

2 な事実 1 なもの, な手紙, な言葉

▼ 云う細君~ (5, 0.0%)

1 と伴, の咳払い, の心添, の意見, の言葉

▼ 云う結婚難~ (5, 0.0%)

2 を解決 1 に悩ん, に遇っ, の起る

▼ 云う~ (5, 0.0%)

2 惚も 1 から外の, から自負心, 惚を

▼ 云う表現~ (5, 0.0%)

1 でほのめかしただろう, で感じ, に, はあった, もきかれた

▼ 云う計画~ (5, 0.0%)

1 が立てられ, だ, なん, を早くから, を立てた

▼ 云う~ (5, 0.0%)

4 の通り 1 を引いた

▼ 云う貴方~ (5, 0.0%)

1 がさ, のお話, の御所, の証書通り, はお父さん

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 がある, に一瞬間, ばかり装う, も私, をのみ愛し

▼ 云う迷信~ (5, 0.0%)

1 からそんな, がある, じみた惧, であった所, も近年

▼ 云う通り私~ (5, 0.0%)

1 には約束, は一体金, は不幸, は幕府, へ面当て

▼ 云う通知~ (5, 0.0%)

2 なの 1 を与え, を受け取った, を得

▼ 云う遠慮~ (5, 0.0%)

1 からこの, があった, が起っ, 深い人, 深い方

▼ 云う間違い~ (5, 0.0%)

1 がない, が起っ, なん, は起りますまい, も起り

▼ 云う限り~ (5, 0.0%)

1 では健全, では跛行, ない都会, なく可愛ゆし, なしに

▼ 云う電話~ (5, 0.0%)

1 があっ, が中公, の仮, をかけた, を伝えた

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 から傍, から急, だから, になっ, には江戸

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 だ, でしたよ, に刑場, に列んだ, に廻り

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 に結った, の結びかた, を乱した, を剪, を結べ

▼ 云う魂胆~ (5, 0.0%)

2 がある 1 だと, では有るまい, で悪戯

▼ 云う~ (5, 0.0%)

1 が餌, であろうけけけけと, の, の絞められる, を知ってるだろう

▼ 云ういろいろ~ (4, 0.0%)

1 な動機, な消息, の人間, の資料

▼ 云うかすか~ (4, 0.0%)

2 な音 1 な冷たい, な叫び声

▼ 云うそういう~ (4, 0.0%)

1 ことであった, ことである, 心持から, 条件で

▼ 云うたち~ (4, 0.0%)

1 であった, である, ですから, の人

▼ 云うたより~ (4, 0.0%)

2 だし 1 があった, を階下

▼ 云うたり~ (4, 0.0%)

1 する, するもの, すれば, 家の

▼ 云うだけでも~ (4, 0.0%)

1 それは, ない, ないん, 腹立たしくなる

▼ 云うだけに~ (4, 0.0%)

1 戴きましょう誠にどうも, 手綱を, 私は, 過ぎません

▼ 云うだけは~ (4, 0.0%)

1 云います, 云ったが, 父が, 確かには

▼ 云うちょっと~ (4, 0.0%)

1 一と, 小料理を, 屠蘇の, 聞くと

▼ 云うとこ~ (4, 0.0%)

1 はえらい, は女, まで云わ, をお

▼ 云う~ (4, 0.0%)

3 えらい御方 1 えらい人

▼ 云うなんて~ (4, 0.0%)

1 きっと淫売, それこそ, そんな待, どう考えた

▼ 云うひどい~ (4, 0.0%)

1 人の, 相違だろう, 違い方だろう, 雷だった

▼ 云うまでに~ (4, 0.0%)

1 なって, 至らなかったの, 過ぎないの, 過ぎぬ

▼ 云うむずかしい~ (4, 0.0%)

1 ことか, 且つ危険, 仲間が, 話に

▼ 云うカフエー~ (4, 0.0%)

1 ですよ, でその, に女給, へ行った

▼ 云う一字~ (4, 0.0%)

1 でもこの, に帰着, のみである, の差

▼ 云う一条~ (4, 0.0%)

1 です, の血路, は印度日耳曼動物説話, も亦

▼ 云う三人~ (4, 0.0%)

1 の中, の姉達, の男子, は雨

▼ 云う下心~ (4, 0.0%)

2 がある 1 さえあった, もあった

▼ 云う不幸~ (4, 0.0%)

1 だろう, なその, な夜, な心持

▼ 云う久慈~ (4, 0.0%)

2 に矢代 1 を千鶴子, を真紀子

▼ 云う事丈~ (4, 0.0%)

1 が人間, が分った, ではすまされません, は知っ

▼ 云う人格~ (4, 0.0%)

1 の一面, は十年, をはっきり, を必要

▼ 云う余地~ (4, 0.0%)

1 があった, はない, もない, 考える余地

▼ 云う信念~ (4, 0.0%)

1 があります, に安, の崇高さ, を捨てた

▼ 云う偉大~ (4, 0.0%)

1 なもの, な神秘家, な裁きてが, な鼻

▼ 云う前置き~ (4, 0.0%)

2 をし 1 で左膳, の後

▼ 云う動物~ (4, 0.0%)

1 なン, はどうして, を生かし, を連れ

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 でくる, でそうして, で根限り, になった

▼ 云う単純~ (4, 0.0%)

1 な人間, な問題, な失敗, な断定

▼ 云う危険~ (4, 0.0%)

1 な事, な条件, に全然, に取り巻かれ

▼ 云う叫び~ (4, 0.0%)

1 がまだ, が聞える, が起った, と行動

▼ 云う名刺~ (4, 0.0%)

1 を受取った, を差出し, を拵ら, を示し

▼ 云う名称~ (4, 0.0%)

1 が軽侮, だ, の如き, は後世

▼ 云う品物~ (4, 0.0%)

1 だった, ではございません, ではござりません, を底

▼ 云う商人~ (4, 0.0%)

1 が長崎, とも職工, に嫁, の店

▼ 云う商売~ (4, 0.0%)

1 だから, の女らしい重々し, は絶対, をし

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 でございました, に対していずれ, は支倉, やうらなり

▼ 云う問答~ (4, 0.0%)

1 が交換, の中, の間, を聞き

▼ 云う喜び~ (4, 0.0%)

1 が腹, と赤ちゃん, を, を私

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 がある, が悪い, で取らぬ, をお

▼ 云う土地~ (4, 0.0%)

1 に特別, に行きついた, へ上った, へ避暑

▼ 云う地名~ (4, 0.0%)

1 があります, は九州, は全国, は吉野川

▼ 云う場面~ (4, 0.0%)

1 が母, に漕ぎ付ける, をそっと, を見せ

▼ 云う大名~ (4, 0.0%)

1 の中屋敷, の邸, は今, は兼

▼ 云う奇妙~ (4, 0.0%)

1 な事, な坊主, な所, な構造

▼ 云う女優~ (4, 0.0%)

1 ではあるまい, に眼, の癖, 始めて見た

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 で名, にこだわっ, の者, は呼ばず

▼ 云う婆さん~ (4, 0.0%)

1 が又, だと, だもっとも, の声

▼ 云う存在~ (4, 0.0%)

1 が恰も, が私, との区別, はとうに

▼ 云う実例~ (4, 0.0%)

1 などを数えましたら, になりましょう, や, を引いた

▼ 云う寂しい~ (4, 0.0%)

1 処を, 往来を, 闇の, 音が

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 では, には列する, へ坐っ, を見る

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 であろう伯耆, で出仕, で幸子殺害, で詫言

▼ 云う廻り~ (4, 0.0%)

3 の声 1 くどい言葉

▼ 云う弱点~ (4, 0.0%)

1 があった, がある, も無い, を持っ

▼ 云う役者~ (4, 0.0%)

2 なの 1 には少し, を見出した

▼ 云う心理~ (4, 0.0%)

1 に映った, に興味, は自分, を解剖

▼ 云う性格~ (4, 0.0%)

2 の人 1 の一面, の女

▼ 云う情ない~ (4, 0.0%)

1 ことを, 依頼を, 次第でございます, 決定を

▼ 云う推定~ (4, 0.0%)

1 は下されよう, をさせた, を下し, を下す

▼ 云う推測~ (4, 0.0%)

1 は無論, を下した, を告げ, を承認

▼ 云う支倉~ (4, 0.0%)

2 の言葉 1 の申立て, の自白

▼ 云う教師~ (4, 0.0%)

2 が私 1 に呼ばれ, の批評

▼ 云う方針~ (4, 0.0%)

2 を執る 1 と見える, などは立て

▼ 云う時期~ (4, 0.0%)

1 があります, でない, に於い, に身上

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 にかの人, にポプラア, に成っ, は淋しゅう

▼ 云う権幕~ (4, 0.0%)

1 である, でしたから, で主人, で野

▼ 云う気味~ (4, 0.0%)

2 の悪い 1 で黙然, の好い

▼ 云う気遣い~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はありません, は決して

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 にタタキ, のない, の詩, を前

▼ 云う消息~ (4, 0.0%)

1 がのみこめません, が都, に通じ, も滋幹

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 があっ, で散々戦, に船, は渡り歩いてる

▼ 云う渾名~ (4, 0.0%)

1 が出来, のある, をつけ, をつけた

▼ 云う為め~ (4, 0.0%)

1 に一藩中, に中津, に態と, に英吉利

▼ 云う爺さん~ (4, 0.0%)

1 がやって来た, が今夜, が私達, の行っ

▼ 云う物凄い~ (4, 0.0%)

1 殺気だった, 焔の, 言葉が, 鬨声を

▼ 云う物語~ (4, 0.0%)

1 がある, が厳粛, の範囲外, はインド

▼ 云う物音~ (4, 0.0%)

1 がし, が凄, は一つ一つ, は当然

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 が一層, の一類, の方, は土

▼ 云う理屈~ (4, 0.0%)

1 が茲, であるから, はいちおう, はない

▼ 云う理窟~ (4, 0.0%)

1 からでした, でしょう, の方, はない

▼ 云う異様~ (4, 0.0%)

1 な出立, な名, な気分, な音

▼ 云う直覚~ (4, 0.0%)

1 からだ, が悲しく, で院長, に動かされ

▼ 云う相違~ (4, 0.0%)

2 に気がつきだした 1 か, がある

▼ 云う真実~ (4, 0.0%)

1 か, のない, の娘ゆえ, を知る

▼ 云う矛盾~ (4, 0.0%)

1 した助言, した心理, なの, をしばしば

▼ 云う秘密~ (4, 0.0%)

1 が悉く, が洩らされた, な理由, の奥

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 はいつ, を悉く, を残らず, を設けた

▼ 云う立場~ (4, 0.0%)

1 からは当然, から幾人, でこう, に立ち

▼ 云う笑い声~ (4, 0.0%)

1 が両方, が聞え, に眼, のうち

▼ 云う答え~ (4, 0.0%)

1 があった, だった, であった, は一般

▼ 云う精神~ (4, 0.0%)

1 からし, からだ, が出, と相

▼ 云う細かい~ (4, 0.0%)

1 事柄は, 格子の, 精力の, 縞は

▼ 云う綽名~ (4, 0.0%)

1 が出来, さえある, で通る, を加えた

▼ 云う義務~ (4, 0.0%)

1 の念, はござんすまい, は全く, もなけれ

▼ 云う自分自身~ (4, 0.0%)

1 の反省, の名前, の姿, の誇

▼ 云う船宿~ (4, 0.0%)

1 から真帆, があります, に清水, を頼み

▼ 云う菓子屋~ (4, 0.0%)

1 で求めた, で餅, はいつも, はその

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 か, とヘモグロピン, と翡翠, を窃ん

▼ 云う見当~ (4, 0.0%)

1 がつかない, が附かぬ, もない, を附けた

▼ 云う覚悟~ (4, 0.0%)

2 をし 1 で再び, を忘れ

▼ 云う~ (4, 0.0%)

2 の無理 1 がある, の勧め

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 がある, は損, を受ける, を得た

▼ 云う誠に~ (4, 0.0%)

1 其れ, 意地の, 正しい気, 田舎者で

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 である, なの, なん, のよう

▼ 云う貴い~ (4, 0.0%)

1 もので, 徳を, 聖の, 聖地には

▼ 云う贅沢~ (4, 0.0%)

1 ができる, な仕掛, な真似, は言っ

▼ 云う車夫~ (4, 0.0%)

1 が今, が騙し, だア, は柳行李

▼ 云う軽い~ (4, 0.0%)

1 のこり, 好奇心に, 気持を, 驚異の

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 に存する, に来る, へ来, もなかなか

▼ 云う通り自分~ (4, 0.0%)

1 が一時, なども五十年来書物, の思っ, の身

▼ 云う逸話~ (4, 0.0%)

1 が今, の残っ, を思い浮べ, を話した

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 で人生, に出られた, はない, を歩く

▼ 云う道徳~ (4, 0.0%)

1 か, ではない, なの, は是

▼ 云う野心~ (4, 0.0%)

1 とは又, も起り, を持っ, を起し

▼ 云う金額~ (4, 0.0%)

1 が杉野, が脱落, を湯河原, を聞く

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 が狭霧, であろうが, のあった, の中

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 だし, でしたから, になっ, に忽ち

▼ 云う雪子~ (4, 0.0%)

1 からの便り, の意味, もその, も見た

▼ 云う~ (4, 0.0%)

1 からとりあえず, があった, が多けれ, をかけた

▼ 云う風情~ (4, 0.0%)

1 で待ち構え, に見える, もない, 大きい雨滴

▼ 云うあきらめ~ (3, 0.0%)

1 もあったであろう, を抱く, を持たせる

▼ 云うある~ (3, 0.0%)

1 夜お, 夜子は, 蒔絵師の

▼ 云ういや~ (3, 0.0%)

1 なこわい, なもの, な心持

▼ 云ううれしい~ (3, 0.0%)

1 ことだろう, 変化でしょう, 音が

▼ 云うお金~ (3, 0.0%)

1 がある, の声, は返す

▼ 云うからと~ (3, 0.0%)

1 云ったそう, 云って, 考えて

▼ 云うからね~ (3, 0.0%)

1 その時, ちょいと, 私云っ

▼ 云うくせ~ (3, 0.0%)

1 が有る, してねえ, に心持

▼ 云うくらいに~ (3, 0.0%)

1 不安の, 抱いて, 過ぎぬ

▼ 云うぐらい~ (3, 0.0%)

1 だから, どっさり写真, なもの

▼ 云うことほか~ (3, 0.0%)

1 きかなかった, しらないもの許, ない

▼ 云うこと丈~ (3, 0.0%)

1 けは確か, ですもの, も余り祝福

▼ 云うしか~ (3, 0.0%)

1 ありません, ない, なかった

▼ 云うすさまじい~ (3, 0.0%)

1 名の, 声が, 水音でございます

▼ 云うたんび~ (3, 0.0%)

1 に一々ちょっと, に妙, に頭

▼ 云うだけじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, なかったん, 仕方が

▼ 云うてね~ (3, 0.0%)

1 お前様旨が, トヨお前は, 島第

▼ 云うとき私~ (3, 0.0%)

1 が不, の方, は涙

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 その煙草工場, 一体いつ, 御前は

▼ 云うねえ~ (3, 0.0%)

1 それを, 今店を, 此処で

▼ 云うのみの~ (3, 0.0%)

1 事だった, 事で, 事であっ

▼ 云うばかりじゃ~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ハアそう

▼ 云うひま~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, にお客さん, も伸子

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 えが, この人, この人ぁ

▼ 云うまた~ (3, 0.0%)

1 不思議な, 団平が若い, 滅相も

▼ 云うまでは~ (3, 0.0%)

1 つむってておくんなさいよ, 堅い畳, 決して口

▼ 云うみじめ~ (3, 0.0%)

1 な事, な事柄, な人間

▼ 云うんだい~ (3, 0.0%)

1 え, こう煎じつめた, だしぬけに

▼ 云うハイカラ~ (3, 0.0%)

1 でないと, な西洋食器店, な連中

▼ 云うレストラン~ (3, 0.0%)

1 に久米, に青, の地下室

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だから, だけど, です

▼ 云う一個~ (3, 0.0%)

1 の人間, の捕え, の説話

▼ 云う一札~ (3, 0.0%)

1 を入れさせた, を入れたまえ, を執っ

▼ 云う三日前~ (3, 0.0%)

1 に例, に清, の晩

▼ 云う下駄~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 云う不可思議~ (3, 0.0%)

1 なもの, な作用, な現象

▼ 云う不平~ (3, 0.0%)

1 がある, である, を鳴

▼ 云う世界~ (3, 0.0%)

1 である, に住ん, を玩具

▼ 云う世間~ (3, 0.0%)

1 のさもしい, の事情, の俗悪

▼ 云う主人~ (3, 0.0%)

1 から碌, と親しく, をつかまえ

▼ 云う予感~ (3, 0.0%)

1 がしない, が先ず, を抱い

▼ 云う二つ~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, の問題, の見方

▼ 云う亭主~ (3, 0.0%)

1 のある, の勝次郎, の敵討

▼ 云う仔細~ (3, 0.0%)

1 がある, である, でまア

▼ 云う以前~ (3, 0.0%)

1 にふさわしい, の此, は立派

▼ 云う仲働き~ (3, 0.0%)

1 との兼ね, と別人, の事

▼ 云う位置~ (3, 0.0%)

1 にひかされ, に置い, を占め

▼ 云う体裁~ (3, 0.0%)

1 だがね, である, の広間

▼ 云う侮辱~ (3, 0.0%)

1 には遭わせない, の色, を耐え忍ぶ

▼ 云う便り~ (3, 0.0%)

2 があった 1 があっ

▼ 云う偉い~ (3, 0.0%)

1 お方を, 人を, 方が

▼ 云う催促~ (3, 0.0%)

1 が一層, であった, と共に先方

▼ 云う働き~ (3, 0.0%)

1 が一歩, はある, もない

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 は立派, 剣術の, 屋敷の

▼ 云う先入主~ (3, 0.0%)

1 からあらゆる, で読み, を持っ

▼ 云う全く~ (3, 0.0%)

1 すさまじい勝負, の敵本主義, 奇妙な

▼ 云う内容~ (3, 0.0%)

1 が来る, を区別, を逆

▼ 云う写真館~ (3, 0.0%)

1 は見当らなかった, を中, を発見

▼ 云う分別~ (3, 0.0%)

1 が出た, は出なかった, もあった

▼ 云う勉強~ (3, 0.0%)

1 に限っ, はしなかった, はせず

▼ 云う医師~ (3, 0.0%)

1 があっ, にかかっ, を紹介者

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 安住生活に, 諺の, 頁ばかりを

▼ 云う即ち~ (3, 0.0%)

1 二物質に, 妻の, 霊肉を

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 おくのさん, 左衛門の, 自分に

▼ 云う友人~ (3, 0.0%)

1 であった, の家, の部屋

▼ 云う反省~ (3, 0.0%)

1 が湧く, が起っ, 従って真実

▼ 云う叙述~ (3, 0.0%)

1 がどっち, が意味, に至る

▼ 云う史料~ (3, 0.0%)

1 に従って研究, の正確, は始め

▼ 云う名高い~ (3, 0.0%)

1 盗人でございます, 笙と, 絵描きが

▼ 云う吾輩~ (3, 0.0%)

1 の脳髄論, も三毛子, を君

▼ 云う商売人~ (3, 0.0%)

1 と云う, になった, 又かと

▼ 云う器械~ (3, 0.0%)

1 がある, の敵, を結びつけ

▼ 云う囁き~ (3, 0.0%)

1 が聞えない, を耳, を送る

▼ 云う坊さん~ (3, 0.0%)

1 が幼い, の子, は足

▼ 云う~ (3, 0.0%)

2 になる 1

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 にいける, に立たなけれ, を得た

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 にふと, の中, の戯れ

▼ 云う大きい~ (3, 0.0%)

1 区切りめの, 女が, 花魁と

▼ 云う大騒ぎ~ (3, 0.0%)

1 がありました, だけは何, ところが又忽ちに

▼ 云う夫婦~ (3, 0.0%)

1 が有っ, だそう, の心持

▼ 云う奇蹟~ (3, 0.0%)

1 が現われた, を一人, を行う

▼ 云う奴等~ (3, 0.0%)

1 が女同士, は, は自分

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 がある, がい, だったって

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 が現在, のこと, のよう

▼ 云う娯楽~ (3, 0.0%)

1 に耽る, の席, の方面

▼ 云う嬉し~ (3, 0.0%)

1 さだけの, さに, さ珍し

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 かと云え, であった, は第

▼ 云う寂し~ (3, 0.0%)

1 さであろう, さに, さを

▼ 云う工夫~ (3, 0.0%)

1 だ目, をし, をする

▼ 云う幕府~ (3, 0.0%)

1 の洋学校, の蘭家, の評議

▼ 云う年号~ (3, 0.0%)

1 が何時の間にか, は昨日限り, は永久

▼ 云う年頃~ (3, 0.0%)

1 の娘, は天才, まだ元服前

▼ 云う幸福~ (3, 0.0%)

1 さえ五分, な仮想, な周囲

▼ 云う座敷~ (3, 0.0%)

1 では堂々たる, の有様, へ這入った

▼ 云う建物~ (3, 0.0%)

1 が一番難有, になりまし, や器物

▼ 云う心算~ (3, 0.0%)

1 なの, は統制, もなし

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 の好い, は忝いが, は誠に

▼ 云う忠告~ (3, 0.0%)

1 の意, も三度, を無視

▼ 云う思いがけない~ (3, 0.0%)

1 問に, 幸福が, 言葉を

▼ 云う恋愛~ (3, 0.0%)

1 に就, のこと, の道

▼ 云う恐し~ (3, 0.0%)

2 いこと 1 い事

▼ 云う恐怖~ (3, 0.0%)

1 から無, が激しく, をお

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 企みなん, 執事に, 計も

▼ 云う悪口~ (3, 0.0%)

1 ではない, をよく, を云われる

▼ 云う意気込~ (3, 0.0%)

1 が先方, である, で三光町

▼ 云う感銘~ (3, 0.0%)

1 の深い, は著しく, を受けず

▼ 云う手前~ (3, 0.0%)

1 が心, の存念, を殺さない

▼ 云う掛声~ (3, 0.0%)

1 がし, と共に両手, と共に赭

▼ 云う支那人~ (3, 0.0%)

1 がある, がつまり, は横浜

▼ 云う支那語~ (3, 0.0%)

1 は早口, を教わっ, を知らなかった

▼ 云う政府~ (3, 0.0%)

1 と国家, には吾, の趣意

▼ 云う教育~ (3, 0.0%)

1 の価値, はどこ, を受ける

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, の声, の捕虜

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 に説い, をもっ, 放古

▼ 云う文面~ (3, 0.0%)

1 でご, に三平, はない

▼ 云う料理店~ (3, 0.0%)

1 での出来事, に入った, に案内

▼ 云う料理茶屋~ (3, 0.0%)

1 が有ります, の働き女, も立派

▼ 云う断り~ (3, 0.0%)

1 が出る, の手紙, を述べた

▼ 云う新聞~ (3, 0.0%)

1 に, は事実, は挙っ

▼ 云う方向~ (3, 0.0%)

1 から行われ, に突く, を持

▼ 云う方角~ (3, 0.0%)

1 が分らない, もなく, も程度

▼ 云う旅行~ (3, 0.0%)

1 がし, のはなし, をする

▼ 云う旗本~ (3, 0.0%)

1 があっ, がある, の屋敷

▼ 云う日本人~ (3, 0.0%)

1 があった, だもの, のため

▼ 云う時刻~ (3, 0.0%)

1 だ美人, に表, を口

▼ 云う時節~ (3, 0.0%)

1 でもない, に厚夜着, に君独り普請

▼ 云う曲者~ (3, 0.0%)

1 が来, じゃない, の魔力

▼ 云う書斎~ (3, 0.0%)

1 に這入っ, に這入りたく, はその

▼ 云う書置~ (3, 0.0%)

1 がありました, で新吉, の通り

▼ 云う最初~ (3, 0.0%)

1 からそれ, の動機, の希望

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だか, は桜ん坊, もどんどん

▼ 云う未練~ (3, 0.0%)

1 ではない, ばかりだった, を感じ

▼ 云う未開~ (3, 0.0%)

2 の地 1 の土地

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 に至っ, りに, 本舞台

▼ 云う東京~ (3, 0.0%)

1 では病院, の傲慢さ, ほどのにぎにぎし

▼ 云う案内~ (3, 0.0%)

1 があった, である, で四人

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 がある, が薄ら, の名

▼ 云う欠点~ (3, 0.0%)

1 がある, はない, を片端

▼ 云う欲望~ (3, 0.0%)

1 の方, もあった, をほのめかし

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 の根, の痕, をちょっと

▼ 云う気イ~ (3, 0.0%)

1 するねん, ないねんもん, ならそれ

▼ 云う気性~ (3, 0.0%)

3 だから

▼ 云う気色~ (3, 0.0%)

1 はなかっ, も見えぬ, らしいもの

▼ 云う気象~ (3, 0.0%)

2 ですから 1 の所

▼ 云う気風~ (3, 0.0%)

1 が多かっ, が残っ, は何処

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 から来, つづきで池, はどこ

▼ 云う法律~ (3, 0.0%)

1 によっては罰せられない, の化物, の手

▼ 云う泰さん~ (3, 0.0%)

1 の巧, の言葉, の顔

▼ 云う浅間~ (3, 0.0%)

1 しい事, しい胸, しい観念

▼ 云う浪人~ (3, 0.0%)

1 であった, である, に思い

▼ 云う消極的~ (3, 0.0%)

1 な苦心, の反証, の愛

▼ 云う滑稽~ (3, 0.0%)

1 と主人, なお, もあった

▼ 云う災難~ (3, 0.0%)

1 ですか, に出会った, に遇わず滞おりなく

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だったの, にこの, に秀子

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 法則の, 間山こと倶利ヶ岳の, 雑作な

▼ 云う無邪気~ (3, 0.0%)

1 な, な連中, な面白い

▼ 云う煙草~ (3, 0.0%)

1 が買いたかった, の函, より前

▼ 云う熱情~ (3, 0.0%)

1 がある, はその, や精神力

▼ 云う父親~ (3, 0.0%)

1 と歴然, のこと, の言分

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だ, だな, と名

▼ 云う特徴~ (3, 0.0%)

1 がある, はなく, もない

▼ 云う特殊~ (3, 0.0%)

1 な場合, な形, の任務

▼ 云う特色~ (3, 0.0%)

1 は支那, もなかっ, を持っ

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だ, は見た, 入って

▼ 云う理論~ (3, 0.0%)

1 に対しても肯定, はよく, を証拠立てる

▼ 云う用心~ (3, 0.0%)

1 からもう一度, のしよう, を一方

▼ 云う由吉~ (3, 0.0%)

1 の問い, の様子, の話

▼ 云う疑念~ (3, 0.0%)

1 が貴方, を逆, を鋭敏

▼ 云う疑惑~ (3, 0.0%)

1 でございました, を生ずるであろう, を認めず

▼ 云う百姓~ (3, 0.0%)

1 がございます, がジュピター, の家

▼ 云う真理~ (3, 0.0%)

1 に帰着, に目, を発見

▼ 云う矢先~ (3, 0.0%)

1 でした, に突然, へ持っ

▼ 云う知識~ (3, 0.0%)

1 がある, を得, を授かっ

▼ 云う神秘~ (3, 0.0%)

1 な力, な呪, もある

▼ 云う神経~ (3, 0.0%)

1 が妙, のため, の敏い

▼ 云う積極的~ (3, 0.0%)

2 に強から 1 の方面

▼ 云う空想~ (3, 0.0%)

1 だけの勇気, はそれ自身, をした

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 一の, 一印象を, 四の

▼ 云う策略~ (3, 0.0%)

1 がいけないです, でござる, をとる

▼ 云う素封家~ (3, 0.0%)

1 があった, にあった, の未亡人

▼ 云う素性~ (3, 0.0%)

1 の事, の人間, の女達

▼ 云う罪名~ (3, 0.0%)

1 ですって, で死刑, にしよう

▼ 云う美くし~ (3, 0.0%)

1 い所, い手, い長者

▼ 云う習慣~ (3, 0.0%)

1 があるらしく, さえ出来た, になっ

▼ 云う老女~ (3, 0.0%)

1 だ何, の顔, は後

▼ 云う老婆~ (3, 0.0%)

1 が喚ばれた, に興味, の言葉

▼ 云う考えかた~ (3, 0.0%)

1 で行く, も滑稽, を無条件

▼ 云う背景~ (3, 0.0%)

1 で理解, と配役, の前

▼ 云う脚本~ (3, 0.0%)

1 は読むべき, をつい, を読み

▼ 云う自白~ (3, 0.0%)

1 が嘘, はどう, をした

▼ 云う興味~ (3, 0.0%)

1 があった, はもうすっかり, もない

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 がなくなっ, も蔭, 売りの

▼ 云う若者~ (3, 0.0%)

1 が此, を打ち果した, を睨みつけた

▼ 云う~ (3, 0.0%)

2 の液 1 と私

▼ 云う莫迦~ (3, 0.0%)

1 だろう, な事, な理学生

▼ 云う菓子~ (3, 0.0%)

1 に似た, を戸棚, を買っ

▼ 云う菜穂子~ (3, 0.0%)

1 の変化, の眼, の落ち著

▼ 云う行者~ (3, 0.0%)

1 が当時実在, であったの, はまだ

▼ 云う~ (3, 0.0%)

2 もなかっ 1 を知らない

▼ 云う規則~ (3, 0.0%)

1 が出来, で会読以外, なんで

▼ 云う親孝行~ (3, 0.0%)

2 の娘 1 な兄さん

▼ 云う解釈~ (3, 0.0%)

1 が与えられ, を与える, を加える

▼ 云う言伝~ (3, 0.0%)

1 があった, が時々, であった

▼ 云う言語~ (3, 0.0%)

1 も必要, を使用, を聞いた

▼ 云う託宣~ (3, 0.0%)

1 があった, がある, なんぞもやっぱり

▼ 云う診断~ (3, 0.0%)

1 だそう, である, を下した

▼ 云う説明~ (3, 0.0%)

1 である, は入らないでしょう, を加えた

▼ 云う論理~ (3, 0.0%)

1 ではあの, を刹那, を発明

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 徳目を, 批評に, 項が

▼ 云う證拠~ (3, 0.0%)

1 はご, を見, を見たら

▼ 云う譬え~ (3, 0.0%)

1 で何となく, の通り, も有る

▼ 云う豪傑~ (3, 0.0%)

1 が現われ, さね, もい

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 だろう, に違い, を召し上がったら

▼ 云う貸本屋~ (3, 0.0%)

2 へ奉公 1 の家

▼ 云う趣意~ (3, 0.0%)

1 で分らない, で桜島, ばかりで

▼ 云う身の上~ (3, 0.0%)

1 だから, のお方, は余り

▼ 云う身分~ (3, 0.0%)

1 でも有るまい, になっ, を忘れ

▼ 云う途方~ (3, 0.0%)

3 もない

▼ 云う途端~ (3, 0.0%)

1 に女, に妻, に横腹

▼ 云う通り人間~ (3, 0.0%)

1 と狼, は気, は老少不定

▼ 云う通り何~ (3, 0.0%)

1 か密旨, でも彼奴, も偏屈

▼ 云う遊戯~ (3, 0.0%)

1 であった, で人体電気, は海外

▼ 云う運動~ (3, 0.0%)

1 はこの, をやる, を説明

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 があったら, もあら, もなく

▼ 云う違い~ (3, 0.0%)

1 が面白く, だろう, でしょう

▼ 云う遠い~ (3, 0.0%)

1 先の, 向うの, 所へ

▼ 云う部屋~ (3, 0.0%)

1 は悉くひっそり, は蝋燭, へ明り

▼ 云う都市~ (3, 0.0%)

1 がホロフェルネス, に流れ込み, もない

▼ 云う酒屋~ (3, 0.0%)

1 があっ, が塾, の女房

▼ 云う鋭い~ (3, 0.0%)

1 反問でした, 声が, 悲鳴が

▼ 云う長者~ (3, 0.0%)

1 がありました, が住ん, の家

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, もなく, を覘

▼ 云う青木~ (3, 0.0%)

1 のニヤニヤ, の家, を看護婦

▼ 云う題目~ (3, 0.0%)

1 で研究, のもと, も段々

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 が懸っ, が麗, の出た

▼ 云う風説~ (3, 0.0%)

1 もあった, もあります, を聞く

▼ 云う驚き~ (3, 0.0%)

2 の声 1 でした

▼ 云う高い~ (3, 0.0%)

1 会費が, 望みを, 響である

▼ 云う高価~ (3, 0.0%)

1 なの, な感覚的批評, の物

▼ 云う~ (3, 0.0%)

1 が縦横, のよう, を指

▼ 云うあたり~ (2, 0.0%)

1 から目, へ何気なく

▼ 云うあと~ (2, 0.0%)

1 から更に, をひきうけ

▼ 云うあれ~ (2, 0.0%)

1 なん, は貴

▼ 云うあゝ~ (2, 0.0%)

1 東山は, 目科は

▼ 云ういい~ (2, 0.0%)

1 天気で, 年増が

▼ 云ういかにも~ (2, 0.0%)

1 痛そう, 神さびた老女

▼ 云ういきさつ~ (2, 0.0%)

1 が伏在, を思い出す

▼ 云ううどん~ (2, 0.0%)

2 やを見つけ

▼ 云うえらい~ (2, 0.0%)

1 事に, 学者の

▼ 云うお尋ね~ (2, 0.0%)

1 につきまし, に病気

▼ 云うかど~ (2, 0.0%)

1 で市長, で蘇州

▼ 云うかな~ (2, 0.0%)

1 あの高い, ア庭ときたら

▼ 云うかね~ (2, 0.0%)

1 それを, 序論かね

▼ 云うかわり~ (2, 0.0%)

1 にするする, に首

▼ 云うくだり~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ 云うくらいな~ (2, 0.0%)

1 ほんの一時, 質朴な

▼ 云うこういう~ (2, 0.0%)

1 事という, 簡単な

▼ 云うことば~ (2, 0.0%)

1 が流行っ, は車

▼ 云うこれから~ (2, 0.0%)

1 其様な, 永禪和尚悪事露顕の

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 そ実, た

▼ 云うごく~ (2, 0.0%)

2 世間並みの

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 木でも, 私には

▼ 云うしるし~ (2, 0.0%)

1 なので, はつい

▼ 云うじゃねえか~ (2, 0.0%)

1 だめだ, 大恩

▼ 云うすべて~ (2, 0.0%)

1 のもの, は窓

▼ 云うそうした~ (2, 0.0%)

1 傾向を, 兄に対する

▼ 云うそこ~ (2, 0.0%)

1 の若, へだ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 厚い好意, 君は

▼ 云うぞっと~ (2, 0.0%)

1 するよう, する嬉し

▼ 云うぞと~ (2, 0.0%)

1 云い出した, 重ねて

▼ 云うたて~ (2, 0.0%)

1 もなア, や

▼ 云うためし~ (2, 0.0%)

1 にもれず, はない

▼ 云うだけを~ (2, 0.0%)

1 汚涜, 記して

▼ 云うちゃ~ (2, 0.0%)

1 わるいが, 済まんが

▼ 云うちょうど~ (2, 0.0%)

1 股の, 誰かが

▼ 云うついで~ (2, 0.0%)

1 に火, に紙包

▼ 云うてめえ~ (2, 0.0%)

1 は直, は荒神十左

▼ 云うてん~ (2, 0.0%)

1 が知らん, のや

▼ 云うてんけど~ (2, 0.0%)

1 何せここ, 是非ちょっとでも

▼ 云うとともに~ (2, 0.0%)

1 はらはら座敷, 袖を

▼ 云うとネ~ (2, 0.0%)

1 元々, 助けて

▼ 云うどころ~ (2, 0.0%)

1 では, の生活

▼ 云うなという~ (2, 0.0%)

1 意味らしかった, 態度を

▼ 云うなりを~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 云うのでね~ (2, 0.0%)

1 とうとう北米合衆国, 旦那が

▼ 云うのんびり~ (2, 0.0%)

1 した人, とした

▼ 云うの必要~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 云うはずみ~ (2, 0.0%)

1 で鼻, に大切

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 かりない懐し, ッかり

▼ 云うばかりか~ (2, 0.0%)

1 幸子の, 明治二十三年には

▼ 云うばかりに~ (2, 0.0%)

1 国許へは, 止らず如何

▼ 云うばかりも~ (2, 0.0%)

1 ない, なく綺麗

▼ 云うばった御方~ (2, 0.0%)

1 じゃあろう, だろう

▼ 云うぶん~ (2, 0.0%)

1 にはキリ, にもキリ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 だてが, 行って

▼ 云うぼんやり~ (2, 0.0%)

1 した掛念, した薄

▼ 云うまあ~ (2, 0.0%)

1 が合併, 仲

▼ 云うまでには~ (2, 0.0%)

1 まだ相当, 骨の

▼ 云うまるで~ (2, 0.0%)

1 お話の, 違った気持

▼ 云うまア~ (2, 0.0%)

1 その間違だ, ーづ訳に

▼ 云うみたい~ (2, 0.0%)

1 に胡麻塩, やけど

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 え, 入る様

▼ 云うもう~ (2, 0.0%)

1 一本の, 年配の

▼ 云うやさしい~ (2, 0.0%)

1 女性らしい, 猫の

▼ 云うやはり~ (2, 0.0%)

1 一箇の, 臆病から

▼ 云うよりか~ (2, 0.0%)

1 圭介を, 殆ど我が

▼ 云うれっきとした~ (2, 0.0%)

1 女房が, 所天が

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 わるい児, 憎態

▼ 云うわね~ (2, 0.0%)

1 カズちゃん, 彼女は

▼ 云うんでも~ (2, 0.0%)

1 その点, ないし

▼ 云うサイン~ (2, 0.0%)

2 を画学生達

▼ 云うタイトル~ (2, 0.0%)

1 が出た, だけのもの

▼ 云うチャンス~ (2, 0.0%)

1 が到来, を作ろう

▼ 云うニュース~ (2, 0.0%)

1 が出, をです

▼ 云うプラン~ (2, 0.0%)

1 でしたが, を立て

▼ 云うホテル~ (2, 0.0%)

1 に入った, の前

▼ 云うモラル~ (2, 0.0%)

1 と或, のよう

▼ 云うリアリズム~ (2, 0.0%)

1 とは大体次, をはき違え

▼ 云うロマンチック~ (2, 0.0%)

1 な人間離れ, な物語

▼ 云う一カ条~ (2, 0.0%)

1 とただ, を読ん

▼ 云う一心~ (2, 0.0%)

1 でございますから, になる

▼ 云う一念~ (2, 0.0%)

1 に皆血まなこ, の結晶

▼ 云う一文~ (2, 0.0%)

1 をよみ, を載せ

▼ 云う一章~ (2, 0.0%)

1 が出た, の中

▼ 云う一般~ (2, 0.0%)

1 の考, の要求

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 からは恒春園, べの言葉

▼ 云う上方~ (2, 0.0%)

1 の勤王家, の千両役者

▼ 云う上級生~ (2, 0.0%)

1 であった, は私

▼ 云う下男~ (2, 0.0%)

1 が磨澄し, を連れ

▼ 云う不体裁~ (2, 0.0%)

1 もなく, を女中

▼ 云う不愉快~ (2, 0.0%)

1 な船中, な音

▼ 云う不満~ (2, 0.0%)

1 の方, も起る

▼ 云う不自然~ (2, 0.0%)

1 な堪ゆべからざること, の中

▼ 云う不運~ (2, 0.0%)

1 にある, のうち

▼ 云う世にも~ (2, 0.0%)

2 稀な

▼ 云う中年~ (2, 0.0%)

1 の支那人, の男

▼ 云う久木男爵~ (2, 0.0%)

1 はもうこ, は葡萄酒

▼ 云う乞食~ (2, 0.0%)

1 だそう, の姿

▼ 云う乱暴~ (2, 0.0%)

1 な聞き方, な詞

▼ 云う事柄~ (2, 0.0%)

1 の持つ, を頼まれた

▼ 云う事業~ (2, 0.0%)

1 にお, に手助け

▼ 云う事毎~ (2, 0.0%)

1 に他家, に符合

▼ 云う事等~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, は一寸

▼ 云う二字~ (2, 0.0%)

1 が書い, のところ

▼ 云う二度目~ (2, 0.0%)

1 の恐ろしい, の鐘

▼ 云う二文字~ (2, 0.0%)

2 だけの御返事

▼ 云う些末~ (2, 0.0%)

1 な点, な衣食住

▼ 云う人夫~ (2, 0.0%)

1 の組頭, の話

▼ 云う人彼~ (2, 0.0%)

1 の再臨, は復活

▼ 云う人種~ (2, 0.0%)

1 かそれ, が交趾

▼ 云う今夜~ (2, 0.0%)

1 の十二時, はきかない

▼ 云う仕掛け~ (2, 0.0%)

1 がし, であるか

▼ 云う他人~ (2, 0.0%)

1 の家, の真剣

▼ 云う仮定~ (2, 0.0%)

1 に行き着い, の中

▼ 云う会話~ (2, 0.0%)

1 も耳, をつづけ

▼ 云う何物~ (2, 0.0%)

1 かを持っ, かを発見

▼ 云う余計~ (2, 0.0%)

1 な手数, な金

▼ 云う作物~ (2, 0.0%)

1 を公, を出す

▼ 云う使~ (2, 0.0%)

1 が度々, だ

▼ 云う依頼~ (2, 0.0%)

1 であるから, なん

▼ 云う便利~ (2, 0.0%)

1 がある, なもの

▼ 云う俗謡~ (2, 0.0%)

1 はとくに, を一つ

▼ 云う保証~ (2, 0.0%)

1 が出来る, をしろ

▼ 云う信条~ (2, 0.0%)

1 でも持っ, は決して

▼ 云う修業~ (2, 0.0%)

1 で得る, をした

▼ 云う修理~ (2, 0.0%)

1 の眼, の語

▼ 云う俳友~ (2, 0.0%)

1 の深切, を便っ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 だってざま, の仕事

▼ 云う停車場~ (2, 0.0%)

1 のある, へ行き

▼ 云う偶然~ (2, 0.0%)

1 が絶対, を頼ん

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がありました, ましい事件

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に書, に表

▼ 云う優しい~ (2, 0.0%)

1 女名前, 憂鬱同時に

▼ 云う元気~ (2, 0.0%)

2 さえ起らなかった

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 き触れ, の尖った

▼ 云う先方~ (2, 0.0%)

1 の希望, の言葉

▼ 云う先祖~ (2, 0.0%)

1 からの云い, の行き届いた

▼ 云う全体~ (2, 0.0%)

1 の筆法, を掩うたよう

▼ 云う公衆~ (2, 0.0%)

1 すなわち種々, の理解

▼ 云う内気~ (2, 0.0%)

1 なお方, な性質

▼ 云う冗談~ (2, 0.0%)

1 が本当, は何

▼ 云う写真~ (2, 0.0%)

1 や高札, を残らず破り棄てた

▼ 云う写真師~ (2, 0.0%)

1 の所, を召喚

▼ 云う冷淡~ (2, 0.0%)

1 な挨拶, を感じさせる

▼ 云う凄惨~ (2, 0.0%)

1 な有様, な画

▼ 云う出来事~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, も百年

▼ 云う分子~ (2, 0.0%)

1 があれ, は箸

▼ 云う切実~ (2, 0.0%)

1 な告白, な問題

▼ 云う切迫~ (2, 0.0%)

1 した心持, した時

▼ 云う刑事~ (2, 0.0%)

1 で柔道三段, よりも一段

▼ 云う判断~ (2, 0.0%)

1 の下, も手伝っ

▼ 云う別世界~ (2, 0.0%)

1 が持つ, こそ身

▼ 云う別荘~ (2, 0.0%)

1 がある, を一つ一つ

▼ 云う利益~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 云う前例~ (2, 0.0%)

1 がない, もない

▼ 云う勘定~ (2, 0.0%)

1 です, で細々

▼ 云う区別~ (2, 0.0%)

1 はできん, は付けたくねえ

▼ 云う十三~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 云う十九~ (2, 0.0%)

1 になる, の娘さん

▼ 云う千枝子~ (2, 0.0%)

1 に抱きかかえられ, の話

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がある, が押して

▼ 云う危惧~ (2, 0.0%)

1 が押えられず湧い, を払い得ない

▼ 云う厚意~ (2, 0.0%)

1 なの, に免じ

▼ 云う原書~ (2, 0.0%)

1 が黒田侯, で最新

▼ 云う原稿~ (2, 0.0%)

1 が金, を拡げ

▼ 云う厳しい~ (2, 0.0%)

1 役を, 御沙汰で

▼ 云う反動家~ (2, 0.0%)

1 とを区別, と日本的範疇

▼ 云う叔父~ (2, 0.0%)

1 が一人, の意見

▼ 云う叫び声~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を立て

▼ 云う可笑し~ (2, 0.0%)

1 さに, な不思議

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 を与え, を用い

▼ 云う名所~ (2, 0.0%)

1 がある, は大衆的

▼ 云う名義~ (2, 0.0%)

1 で云わ, で医家

▼ 云う告白~ (2, 0.0%)

1 だったか, をし

▼ 云う呑気~ (2, 0.0%)

1 な人, な料簡

▼ 云う呼名~ (2, 0.0%)

1 を咄嗟, を持った

▼ 云う呼吸~ (2, 0.0%)

1 づかいが, の音

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が出た, の音

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 われたこと, われた物

▼ 云う和尚~ (2, 0.0%)

1 が声, の縄張り内

▼ 云う和歌~ (2, 0.0%)

1 を書い, を載せ

▼ 云う商店~ (2, 0.0%)

1 があっ, の主人

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さ, もある

▼ 云う喫茶店~ (2, 0.0%)

1 ではその, でコーヒー

▼ 云う四十男~ (2, 0.0%)

1 の久さん, はきまり

▼ 云う四字~ (2, 0.0%)

1 が威圧, が電光

▼ 云う地球~ (2, 0.0%)

1 の果, の表面

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, に属する

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 とか完全, に達した

▼ 云う執念~ (2, 0.0%)

1 は残ってるだ, ぶかい

▼ 云う堀尾一等卒~ (2, 0.0%)

1 に話しかけた, の言葉

▼ 云う場合それ~ (2, 0.0%)

1 が対象, はいつも

▼ 云う塩梅式~ (2, 0.0%)

1 で私, は丸

▼ 云う境地~ (2, 0.0%)

1 にまで足, は今

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 があった, の果

▼ 云う壮佼~ (2, 0.0%)

1 であった, はどんな

▼ 云う壮士~ (2, 0.0%)

1 が云い始めた, にいの一番

▼ 云う声もろ~ (2, 0.0%)

1 とも二人, とも裾

▼ 云う売り子~ (2, 0.0%)

2 に関心

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に暗黒, 怪至極

▼ 云う変化~ (2, 0.0%)

1 に目, をどう

▼ 云う大した~ (2, 0.0%)

1 立派な, 金を

▼ 云う大まか~ (2, 0.0%)

1 なもの, な蕪雑

▼ 云う大事~ (2, 0.0%)

1 な場合, な娘

▼ 云う大勢~ (2, 0.0%)

1 の職人, の鬨の声

▼ 云う大学生~ (2, 0.0%)

1 やそれ, や年

▼ 云う大家~ (2, 0.0%)

1 から嫁, の茶座敷

▼ 云う大屋~ (2, 0.0%)

1 がございます, の家

▼ 云う大患~ (2, 0.0%)

1 になった, に罹った

▼ 云う大敵~ (2, 0.0%)

1 を前, を持っ

▼ 云う大罪~ (2, 0.0%)

1 で其の, を犯した

▼ 云う大胆~ (2, 0.0%)

1 なんという, な行動

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 にいらっしゃるなら, の精

▼ 云う天下~ (2, 0.0%)

1 のお, の政治論

▼ 云う天才~ (2, 0.0%)

1 でもやっぱり, と云う

▼ 云う天然~ (2, 0.0%)

1 の温室, の要害

▼ 云う太い~ (2, 0.0%)

1 奴でございます, 鉄芯で

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の病気, の言葉

▼ 云う失敬~ (2, 0.0%)

1 な, な笑い

▼ 云う失礼~ (2, 0.0%)

1 な皮肉, な間道

▼ 云う奉公人~ (2, 0.0%)

1 に主人, を連れ

▼ 云う奥さん~ (2, 0.0%)

1 があなた, のささやき

▼ 云う女たち~ (2, 0.0%)

1 に手, は西洋人

▼ 云う女形~ (2, 0.0%)

1 があった, の美しい

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 材料を, 調和であろう

▼ 云う好意~ (2, 0.0%)

1 から今日, のある

▼ 云う如く~ (2, 0.0%)

1 にアメリカ, に農業

▼ 云う如何にも~ (2, 0.0%)

1 ドイツ的な, 古めかしい呼名

▼ 云う妄想~ (2, 0.0%)

1 がちらちらちらちら, を享楽

▼ 云う妥協~ (2, 0.0%)

1 を許す, 或は心

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の声, の羞恥

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 こそ悪魔, の一人

▼ 云う姉さん~ (2, 0.0%)

1 に茶, の方

▼ 云う娘さん~ (2, 0.0%)

1 だが, だねえ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が, のこと

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 云う子持ち~ (2, 0.0%)

2 の夫婦者

▼ 云う子爵~ (2, 0.0%)

1 の言, も少女

▼ 云う字引~ (2, 0.0%)

1 のある, の輸入

▼ 云う学説~ (2, 0.0%)

1 はただ, を応用

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 ですよ, も小さくっ

▼ 云う守衛~ (2, 0.0%)

1 だけは容易, ですがね

▼ 云う宗教~ (2, 0.0%)

1 の意見, も持っ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 のため, よりも尊い

▼ 云う実験~ (2, 0.0%)

1 は遊戯的, をした

▼ 云う家族~ (2, 0.0%)

1 なの, の姓名

▼ 云う家業~ (2, 0.0%)

1 が家業, に似合わぬ

▼ 云う容体~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, になっ

▼ 云う宿~ (2, 0.0%)

1 に往, の主人

▼ 云う寝台~ (2, 0.0%)

1 の上, へ長い

▼ 云う寺院~ (2, 0.0%)

1 が聳え, では壁画

▼ 云う対話~ (2, 0.0%)

1 の中, を覚え

▼ 云う対象~ (2, 0.0%)

1 に向っ, を失わない

▼ 云う将軍~ (2, 0.0%)

1 が子供, の仰せ

▼ 云う小僧~ (2, 0.0%)

1 があった, だから

▼ 云う小児~ (2, 0.0%)

1 が生れた, はお前

▼ 云う小品~ (2, 0.0%)

1 が出た, を教え

▼ 云う小唄~ (2, 0.0%)

1 でも口ずさん, をうたっ

▼ 云う小男~ (2, 0.0%)

1 が見つけた, である

▼ 云う小説家~ (2, 0.0%)

1 だったって, のこと

▼ 云う小論文~ (2, 0.0%)

1 を書かせる, を書け

▼ 云う小鳥~ (2, 0.0%)

1 の声, の群

▼ 云う少し~ (2, 0.0%)

1 人並でない, 大袈裟に

▼ 云う少年~ (2, 0.0%)

1 の心, を時々

▼ 云う属性~ (2, 0.0%)

1 だけを引き抜い, の概念

▼ 云う山坂~ (2, 0.0%)

1 があっ, の頂上

▼ 云う山田~ (2, 0.0%)

1 の地所, の法名

▼ 云う崇高~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な美感

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の土手

▼ 云う巡礼敵討~ (2, 0.0%)

1 の始, の物語

▼ 云う差別~ (2, 0.0%)

1 が認められない, なら誇大妄想狂

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を高く

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の屠, は何方

▼ 云う布告~ (2, 0.0%)

1 だったの, めいたもの

▼ 云う帽子~ (2, 0.0%)

1 なん, を被っ

▼ 云う幸子~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 云う幸運~ (2, 0.0%)

1 が続いた, なの

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の中, を見せたで

▼ 云う幻覚~ (2, 0.0%)

1 のほか, を見る

▼ 云う底意~ (2, 0.0%)

1 がある, がいくらか

▼ 云う度胸~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, は出ぬ

▼ 云う建前~ (2, 0.0%)

1 であったが, でいた

▼ 云う弁護士~ (2, 0.0%)

1 ですよ, は老酒

▼ 云う引手茶屋~ (2, 0.0%)

1 と末造, のお

▼ 云う弱い~ (2, 0.0%)

1 事で, 者に対し

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 もなし

▼ 云う当て~ (2, 0.0%)

1 はない, もなし

▼ 云う当の~ (2, 0.0%)

1 側が, 女が

▼ 云う当時~ (2, 0.0%)

1 の景色, を憶

▼ 云う形容~ (2, 0.0%)

1 であろう, は少し

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の現象, を認め

▼ 云う径路~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を辿った

▼ 云う待合~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 云う微笑~ (2, 0.0%)

1 である, を久慈

▼ 云う心得~ (2, 0.0%)

1 である臣子, で有った

▼ 云う心持それ~ (2, 0.0%)

1 はどの, もあった

▼ 云う心掛~ (2, 0.0%)

1 の悪い, も何

▼ 云う心理状態~ (2, 0.0%)

1 だか, にある

▼ 云う忌わしい~ (2, 0.0%)

1 事実でございます, 嫌疑で

▼ 云う怖い~ (2, 0.0%)

1 夢を, 山越しを

▼ 云う思い入れ~ (2, 0.0%)

1 が五十秒, が充分

▼ 云う思い出~ (2, 0.0%)

1 の内, はいつのまにか

▼ 云う思召~ (2, 0.0%)

1 がありゃ, だか

▼ 云う思案~ (2, 0.0%)

1 で, も無い

▼ 云う性分~ (2, 0.0%)

1 だできるだけ, なん

▼ 云う性根~ (2, 0.0%)

1 のない, の悪い

▼ 云う恐るべき~ (2, 0.0%)

1 冒涜が, 敵に対しては

▼ 云う恥知らず~ (2, 0.0%)

1 だったろう, に誠意

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の段々, を浴びせ

▼ 云う息子~ (2, 0.0%)

1 が居, と巴子

▼ 云う悪漢~ (2, 0.0%)

1 だと, を絞めた

▼ 云う悲し~ (2, 0.0%)

1 さであったろう, そうな

▼ 云う悲惨~ (2, 0.0%)

1 であろう, な突きつめた彼

▼ 云う悲痛~ (2, 0.0%)

1 な断末魔, な言葉

▼ 云う悲運~ (2, 0.0%)

1 に到達, に際会

▼ 云う悲鳴~ (2, 0.0%)

1 がどこ, のよう

▼ 云う情操~ (2, 0.0%)

1 の評価, は親子

▼ 云う情景~ (2, 0.0%)

1 である, を自分

▼ 云う惣領~ (2, 0.0%)

1 でございます, の若様

▼ 云う想念~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 云う愉快~ (2, 0.0%)

1 な心持, な男

▼ 云う意向~ (2, 0.0%)

1 があるらしい, を聴き取った

▼ 云う意気込み~ (2, 0.0%)

1 が云い合さない, であんなに

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 くべき上品, くべき旦那様

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 なこと, にも付かない

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に対しての苦み, の変形

▼ 云う愛称~ (2, 0.0%)

1 で呼び, を使っ

▼ 云う感覚~ (2, 0.0%)

1 だけで鰯, と云う

▼ 云う慾望~ (2, 0.0%)

2 はもっと

▼ 云う憂鬱~ (2, 0.0%)

1 な殊勝, に陥り

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の親切, ま

▼ 云う我が~ (2, 0.0%)

1 儘を, 児に

▼ 云う所以~ (2, 0.0%)

1 である, は漸く

▼ 云う所作~ (2, 0.0%)

1 だけにも明らか, を付け加え

▼ 云う手数~ (2, 0.0%)

1 をかけ, をし

▼ 云う手筈~ (2, 0.0%)

1 になる, に定まりました

▼ 云う才人~ (2, 0.0%)

1 だから, の集り

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 云い触し

▼ 云う掛念~ (2, 0.0%)

1 がある, でふるえ

▼ 云う故事~ (2, 0.0%)

1 もある, を孤堂先生

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 て命, て首肯

▼ 云う文明~ (2, 0.0%)

1 の怪獣, は正しい

▼ 云う文章~ (2, 0.0%)

1 の中, を思い出した

▼ 云う文芸~ (2, 0.0%)

1 とは斯, とは然

▼ 云う断定~ (2, 0.0%)

1 ができれ, に近づい

▼ 云う断案~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は出

▼ 云う新しき~ (2, 0.0%)

1 書記現れ, 謎を

▼ 云う旅商人~ (2, 0.0%)

1 があった, の娘

▼ 云う旅籠屋~ (2, 0.0%)

1 などに働き, へ売渡し

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がある, を出した

▼ 云う日限~ (2, 0.0%)

2 を一日

▼ 云う旦那~ (2, 0.0%)

1 が五六人, に捉

▼ 云う映画~ (2, 0.0%)

1 が掛っ, を見た

▼ 云う映画館~ (2, 0.0%)

1 の前, の楽士

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の頃, 漸く現住所

▼ 云う春琴~ (2, 0.0%)

1 と佐助, を見る

▼ 云う時勢~ (2, 0.0%)

1 であるから, の中

▼ 云う時次~ (2, 0.0%)

1 のよう, の室

▼ 云う時私~ (2, 0.0%)

1 はその, は覚えず

▼ 云う時間~ (2, 0.0%)

1 にこんな, は殆ど

▼ 云う時間的~ (2, 0.0%)

1 な差, な距離

▼ 云う景気~ (2, 0.0%)

1 じゃいつ, の句世間容易

▼ 云う智識~ (2, 0.0%)

1 があった, の弟子

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 もなく, も何

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 い季候, い心持

▼ 云う暖か~ (2, 0.0%)

1 さだ, さを

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さだ, さと

▼ 云う暗い~ (2, 0.0%)

1 廚に, 部屋を

▼ 云う暗示~ (2, 0.0%)

1 なん, を受けた

▼ 云う曖昧~ (2, 0.0%)

1 な態度, な軛

▼ 云う書籍~ (2, 0.0%)

1 の残本, を新着本

▼ 云う月並~ (2, 0.0%)

1 なと思い, な形容詞

▼ 云う有難い~ (2, 0.0%)

1 ことか, 大御心

▼ 云う望み~ (2, 0.0%)

1 とそれ, を洩らした

▼ 云う木賃宿~ (2, 0.0%)

1 からその, に落ちついた

▼ 云う本名~ (2, 0.0%)

1 でなくては, を隠し

▼ 云う本質~ (2, 0.0%)

1 ではない, の大きい

▼ 云う杉本さん~ (2, 0.0%)

1 の声, の返事

▼ 云う東野~ (2, 0.0%)

1 の弁明, の後

▼ 云う果物~ (2, 0.0%)

1 の値段, を忘

▼ 云う格言~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は寒月

▼ 云う植木屋~ (2, 0.0%)

1 があった, の離れ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 簡単な, 質朴な

▼ 云う横着~ (2, 0.0%)

1 な奴, な根生

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 ですか, なのね

▼ 云う機智~ (2, 0.0%)

1 と奇才, に長けた

▼ 云う機構~ (2, 0.0%)

1 であって, の一部

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に人, の音

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 にのせ, に投書

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 かわしい疑が, の歌

▼ 云う正体~ (2, 0.0%)

1 が現われ, の分らぬ

▼ 云う此方~ (2, 0.0%)

1 が通知, も居得だ

▼ 云う武器~ (2, 0.0%)

1 が有る, を見

▼ 云う武家~ (2, 0.0%)

1 で若し, の古い

▼ 云う歴史~ (2, 0.0%)

1 の必然性, は行為

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に様, よりも幸福

▼ 云う残酷~ (2, 0.0%)

1 な空想, な運

▼ 云う気の毒~ (2, 0.0%)

1 な一条, な状態

▼ 云う気丈~ (2, 0.0%)

1 な事, な娘

▼ 云う気休め~ (2, 0.0%)

1 としても気もち, は一時

▼ 云う気位~ (2, 0.0%)

1 で交際社会, で唯六

▼ 云う気質~ (2, 0.0%)

1 に生れ, の相違

▼ 云う気違~ (2, 0.0%)

1 だと, ばかりだ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 のとばしる, の流れ出す

▼ 云う沈黙~ (2, 0.0%)

1 が拡がった, はいつ

▼ 云う沢山~ (2, 0.0%)

1 に人, の証拠

▼ 云う注進~ (2, 0.0%)

1 にはっと, ばかりを寄越す

▼ 云う洋画~ (2, 0.0%)

2 を描く

▼ 云う洒落~ (2, 0.0%)

1 さえある, でもあるまい

▼ 云う活字~ (2, 0.0%)

1 が凸版, の下

▼ 云う海岸町~ (2, 0.0%)

1 から戸波, に私

▼ 云う深い~ (2, 0.0%)

1 そよめき, 因縁が

▼ 云う深く~ (2, 0.0%)

1 も追及, 知り合わない人

▼ 云う混雑~ (2, 0.0%)

1 の折柄, の際

▼ 云う温泉場~ (2, 0.0%)

1 で先ず, へ行く

▼ 云う準之助氏~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 云う演説~ (2, 0.0%)

1 なの, をする

▼ 云う漠然と~ (2, 0.0%)

1 した好奇心, した観念

▼ 云う為事~ (2, 0.0%)

1 だ, であぶな

▼ 云う無理~ (2, 0.0%)

1 な事, な議論

▼ 云う無礼~ (2, 0.0%)

1 な男, を演じ

▼ 云う無頼漢~ (2, 0.0%)

1 とも云え, に親

▼ 云う牢屋~ (2, 0.0%)

1 のよう, を打壊し

▼ 云う牧師~ (2, 0.0%)

1 ですね, らしい事

▼ 云う状況~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 云う狂言~ (2, 0.0%)

1 が演ぜられた, だろうが

▼ 云う独身者~ (2, 0.0%)

1 がいた, が住ん

▼ 云う猟師~ (2, 0.0%)

1 は鉄砲, を伴

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 太人という, 太人犯罪者特有の

▼ 云う珍しい~ (2, 0.0%)

1 勇将である, 開放主義を

▼ 云う現代~ (2, 0.0%)

1 の常套的悪癖, の戦術

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 でもない, は無い

▼ 云う理学士~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の顔

▼ 云う理解~ (2, 0.0%)

1 のない, はどれ

▼ 云う生徒~ (2, 0.0%)

1 が居りました, に銘々

▼ 云う生物~ (2, 0.0%)

1 に似た, の貢

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 だか, もない

▼ 云う用事~ (2, 0.0%)

1 なの, もない

▼ 云う甲斐~ (2, 0.0%)

1 がない, もなく弱い

▼ 云う甲高い~ (2, 0.0%)

1 声が, 声も

▼ 云う男の子~ (2, 0.0%)

1 で一番兄, で次

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がある, を描くだろう

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 があった, もなく

▼ 云う異性~ (2, 0.0%)

1 の弱点, の朋友

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がある, になっ

▼ 云う痛ましい~ (2, 0.0%)

1 事かと, 事実を

▼ 云う発明~ (2, 0.0%)

1 だ, をした

▼ 云う発見~ (2, 0.0%)

1 で彼, をしました

▼ 云う発音~ (2, 0.0%)

1 に如何にも, の仕方

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さは, の心もち

▼ 云う白い~ (2, 0.0%)

1 文字が, 肌の

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 恐ろしい話, 然らざる

▼ 云う盲人~ (2, 0.0%)

1 があった, に化け

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が出, だ

▼ 云う相場師~ (2, 0.0%)

1 だよ, でしょう

▼ 云う看護婦~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, の来

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 のたすけ, の闇

▼ 云う真相~ (2, 0.0%)

1 をよく, を臆面

▼ 云う真紀子~ (2, 0.0%)

1 の笑顔, の顔

▼ 云う真面目~ (2, 0.0%)

1 な衣裳, な質問

▼ 云う着物~ (2, 0.0%)

1 が山, を着た

▼ 云う瞬間~ (2, 0.0%)

1 の僕, の光景

▼ 云う矢代~ (2, 0.0%)

1 に久慈, を男爵

▼ 云う知人~ (2, 0.0%)

1 が住ん, が避難

▼ 云う知己~ (2, 0.0%)

1 が出, の老人

▼ 云う短篇~ (2, 0.0%)

1 の中, を書いた

▼ 云う研究~ (2, 0.0%)

1 の結果, もしない

▼ 云う確答~ (2, 0.0%)

1 が出なかった, を得た

▼ 云う確証~ (2, 0.0%)

1 でもお, を握らなくっ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が述べ, ぐらい

▼ 云う祈祷~ (2, 0.0%)

1 もこの, を凝らした

▼ 云う祖母~ (2, 0.0%)

1 がよく, の顔

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 ぞと云い, は天魔

▼ 云う神様~ (2, 0.0%)

1 と美味しい, には首

▼ 云う神社~ (2, 0.0%)

2 が各地

▼ 云う私自身~ (2, 0.0%)

1 の表情, をごまかす

▼ 云う空気~ (2, 0.0%)

1 がみんなナオミ, は誠によく

▼ 云う突飛~ (2, 0.0%)

1 なよほど, な妻

▼ 云う立て札~ (2, 0.0%)

1 がある, が出

▼ 云う競争~ (2, 0.0%)

1 が起っ, になっ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さえ洩した, をもらした

▼ 云う筆法~ (2, 0.0%)

1 から云え, は昔

▼ 云う箇条~ (2, 0.0%)

1 が学校, もない

▼ 云う米屋~ (2, 0.0%)

1 が家賃, の娘

▼ 云う約定~ (2, 0.0%)

1 で凡て, もなけれ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の附いた, を美しく

▼ 云う紙札~ (2, 0.0%)

1 が何枚, に東海道線

▼ 云う素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 文字だろう, 調和で

▼ 云う細い~ (2, 0.0%)

1 声を, 幹に

▼ 云う結構~ (2, 0.0%)

1 なお嬢様, な教訓

▼ 云う統計~ (2, 0.0%)

1 のなか, の一つ

▼ 云う絶望~ (2, 0.0%)

1 に近い, に陥りかかった

▼ 云う緊張~ (2, 0.0%)

1 した眼, を失い

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 だか, ならいくらか

▼ 云う縁談~ (2, 0.0%)

1 に関する助言, の口

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 くしさ, は二義

▼ 云う美し~ (2, 0.0%)

1 さに, そうな

▼ 云う美人~ (2, 0.0%)

1 が来た, で有る

▼ 云う美点~ (2, 0.0%)

1 の通りすぎた, を何より

▼ 云う義兄~ (2, 0.0%)

1 と勝弥, の行動

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の声

▼ 云う老妓~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 云う考え方~ (2, 0.0%)

1 にかわっ, を入れかえる

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 だったのに, にも響く

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 がみんな退却, の薄い

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の凝る, の折れ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 の曲った

▼ 云う臆病もの~ (2, 0.0%)

1 の流れ, を崇める

▼ 云う自分たち~ (2, 0.0%)

1 からはなれれ, の笑い声

▼ 云う自己~ (2, 0.0%)

1 に対する承認, に明かな

▼ 云う自然~ (2, 0.0%)

1 の理, の道理

▼ 云う自足~ (2, 0.0%)

1 した微笑, の感情

▼ 云う良人~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はほんとう

▼ 云う花やか~ (2, 0.0%)

1 な妻, な空気

▼ 云う若党~ (2, 0.0%)

1 と共に当時, の報告

▼ 云う若林博士~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の顔

▼ 云う若殿様~ (2, 0.0%)

1 の御, は上州高崎

▼ 云う苦しい~ (2, 0.0%)

1 思いを, 沈黙が

▼ 云う苦痛~ (2, 0.0%)

1 だけであった, の中

▼ 云う荒地~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 云う落着~ (2, 0.0%)

1 いて, のない

▼ 云う葉書~ (2, 0.0%)

1 が配られる, をよこし

▼ 云う著述~ (2, 0.0%)

1 の中, をする

▼ 云う蝋燭~ (2, 0.0%)

1 がその間, の形

▼ 云う行動~ (2, 0.0%)

1 に出, を取る

▼ 云う行司~ (2, 0.0%)

1 の呼び声, の呼ぶ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 があります, の名

▼ 云う衝動~ (2, 0.0%)

1 が先ず, を覚えた

▼ 云う表題~ (2, 0.0%)

1 で両君, の下

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に視界, に雨戸

▼ 云う見ず知らず~ (2, 0.0%)

1 の人間, の同族

▼ 云う見出し~ (2, 0.0%)

1 で昨夜, で次

▼ 云う見幕~ (2, 0.0%)

1 で其の, で猛烈

▼ 云う見得~ (2, 0.0%)

1 でデカ, で余

▼ 云う見識~ (2, 0.0%)

1 で病, のない

▼ 云う見込~ (2, 0.0%)

1 だから, ではあった

▼ 云う見込み~ (2, 0.0%)

1 の下, はない

▼ 云う覚え~ (2, 0.0%)

1 はたびたび, はない

▼ 云う親心~ (2, 0.0%)

2 がうごい

▼ 云う計略~ (2, 0.0%)

1 の為, を致しました

▼ 云う記録~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, は甚だ

▼ 云う許可~ (2, 0.0%)

2 を得た

▼ 云う訳ッ~ (2, 0.0%)

1 て全く, て君

▼ 云う証文~ (2, 0.0%)

1 を書かせ, を書け

▼ 云う評議~ (2, 0.0%)

1 に成っ, も仕た

▼ 云う詞書~ (2, 0.0%)

1 の通り, の附い

▼ 云う話声~ (2, 0.0%)

1 が棺桶, が聞えた

▼ 云う認識~ (2, 0.0%)

1 はベルリン, も否定

▼ 云う誓文~ (2, 0.0%)

1 を含ん, を書き

▼ 云う説話~ (2, 0.0%)

1 なの, を記す

▼ 云う読者~ (2, 0.0%)

2 ばかりになる

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が伝わっ, は聞いた

▼ 云う諢名~ (2, 0.0%)

1 がある, もある

▼ 云う警部~ (2, 0.0%)

1 がいた, の証言

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 があっ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の暮し, を飼い

▼ 云う貨物~ (2, 0.0%)

1 が靴, を盗んだ

▼ 云う貪慾~ (2, 0.0%)

2 な人間

▼ 云う赤い~ (2, 0.0%)

1 縞は, 鳥の

▼ 云う趣味~ (2, 0.0%)

1 から沙翁, が矢張り悪

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の二本, をムズムズ

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 で構え, で若い

▼ 云う辛い~ (2, 0.0%)

1 目に, 目を

▼ 云う農家~ (2, 0.0%)

1 があった, の五月

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 である, である予

▼ 云う返答~ (2, 0.0%)

1 だ, は怒られる

▼ 云う返辞~ (2, 0.0%)

1 が来た, を書い

▼ 云う返電~ (2, 0.0%)

1 があった, がとどい

▼ 云う述懐~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 云う追憶~ (2, 0.0%)

1 が子供, に自分

▼ 云う途中~ (2, 0.0%)

1 でございます, にもう

▼ 云う通りお前~ (2, 0.0%)

1 の跡, は夢中

▼ 云う通りこれ~ (2, 0.0%)

1 が遠い, を臀部

▼ 云う通り僕~ (2, 0.0%)

1 は厭世気違い, は唯

▼ 云う通り君~ (2, 0.0%)

1 の方, の頭

▼ 云う通り大抵~ (2, 0.0%)

1 この傾向, な所

▼ 云う通り戦争~ (2, 0.0%)

1 の負, ほど恐ろしい

▼ 云う通り江戸~ (2, 0.0%)

1 では安政六年, に来

▼ 云う通り約束~ (2, 0.0%)

1 する, なさいよ

▼ 云う通り芸術~ (2, 0.0%)

1 が時, の養老院

▼ 云う速達~ (2, 0.0%)

1 それにあっち, をみ

▼ 云う連れ子~ (2, 0.0%)

1 があっ, があった

▼ 云う連想~ (2, 0.0%)

1 がもっと, の作用

▼ 云う逸事~ (2, 0.0%)

1 をある, を学んだ

▼ 云う過去~ (2, 0.0%)

1 のある, の歴史

▼ 云う道学者~ (2, 0.0%)

1 が先生, にぐッ

▼ 云う道楽~ (2, 0.0%)

1 がない, はそんな

▼ 云う都合~ (2, 0.0%)

1 になる, の好い

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さだろう, 体だ

▼ 云う野村~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 云う野郎~ (2, 0.0%)

1 だべ, を乗せた

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の棒, の響

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 が刻ん, をつけ

▼ 云う間柄~ (2, 0.0%)

1 ではある, でもなかっ

▼ 云う関西者~ (2, 0.0%)

2 らしい薄情さ

▼ 云う陽気~ (2, 0.0%)

1 でもなく, な遊び

▼ 云う際どい~ (2, 0.0%)

1 所で, 針線の

▼ 云う隣家~ (2, 0.0%)

1 からの報告, の大吉

▼ 云う難所~ (2, 0.0%)

1 に窘められ, は四肢

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 のいろいろ, の音

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 の晩, の降る

▼ 云う雷鳴~ (2, 0.0%)

1 でピカリ, 頻りに轟き渡る

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 とかに縛られ, を失った

▼ 云う静か~ (2, 0.0%)

1 な世界, な所

▼ 云う静かさ~ (2, 0.0%)

1 だろう, にも頓着

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 事実な, 日本的な

▼ 云う面倒~ (2, 0.0%)

1 なので, を享楽

▼ 云う音信~ (2, 0.0%)

1 があった, が来た

▼ 云う音響~ (2, 0.0%)

1 となっ, にも因る

▼ 云う頼み~ (2, 0.0%)

1 がある, の遺言

▼ 云う風習~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ 云う風聞~ (2, 0.0%)

1 が段々, は幾

▼ 云う~ (2, 0.0%)

2 を風呂敷

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 に視線, を

▼ 云う馬車~ (2, 0.0%)

1 の中, も来なかった

▼ 云う馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 がありまし, がある

▼ 云う~ (2, 0.0%)

1 さの, さは

▼ 云う高齢~ (2, 0.0%)

1 で二十何歳, で死んだ

▼ 云う鬨の声~ (2, 0.0%)

1 がし, が揚がった

▼ 云う魚屋~ (2, 0.0%)

1 でございますが, の伜

▼1* [3529件]

云うあくたれだてめえ, 云うあこがれを持つ, 云うあたりお前の間, 云うあだなをつけ, 云うあっけない事だろう, 云うあどけない奴だろう, 云うあなたも随分, 云うあまり立派でない, 云うあまッちょとは知らな, 云うあらゆる芸術の, 云うありがたい新年を, 云うありがたみがつけ加わっ, 云うあんばいで仕事, 云うあんまり大きくない, 云ういかがわしい単語を, 云ういかめしい名の, 云ういけすかない商売さ, 云ういさかいが度重なる, 云ういたずら者が世, 云ういまわしい感じを, 云ういわゆる幻覚性偏執症だった, 云ういわれを妙, 云ううたをつくっ, 云ううちあちらからも出る, 云ううちお金をいくら, 云ううちアヤ子は面, 云ううち二人は前, 云ううち今一人の武士, 云ううち大勢寄って, 云ううち山三郎は詞, 云ううち左なる一羽, 云ううち帯を取っ, 云ううち案内をも待た, 云ううち次の室, 云ううっかりしたこと, 云ううつろな咳, 云ううろ覚えの一句, 云ううわごとは, 云ううわさを絶えず, 云うこじな, 云うおかしな真似を, 云うおかみさんと別れ, 云うおごそかな誓, 云うおしかにかまわず, 云うおしゃべりやろ, 云うおそろしい隔が, 云うおだやかな愛情, 云うおっかないところに, 云うおとなしい江木上等兵だった, 云うおぼろげな投げやり, 云うおりにふと, 云うおれが云わなく, 云うお上さんの言葉, 云うお仕着せの姿, 云うお伽噺を読ん, 云うお前さんも弟様, 云うお化け結びで緊縛, 云うお家騒動の意味, 云うお寺様アあるそれ, 云うお座なりをまんざら, 云うお歌を, 云うお気に入らぬ, 云うお父さんだと, 云うお茶を煎れる, 云うお茶屋であった, 云うお蔦の声, 云うお触れがあった, 云うお転婆らしい放言, 云うお達しが来る, 云うお金はんやさかい, 云うお鍋の声, 云うお隣のお, 云うかかる超国家的, 云うかしら又どんな, 云うかって聞いて, 云うかなりな年配, 云うかねての約束, 云うかまびすしい評判を, 云うかまぼこを御馳走, 云うかみさんは己, 云うかるい衣ずれが, 云うかわいい虫な, 云うかんばんをかけたい, 云うがな渡らせられるとか, 云うがのことは, 云うがんはオレ, 云うきっかけからか入道首, 云うきまりがついた, 云うぎりであった, 云うくれぐれもその託, 云うぐらいやさかいにな, 云うけちな恐怖, 云うけなげな方, 云うけに俺あ, 云うけんまくゆえ此方も顔, 云うげっとも売っ, 云うこころよい返事だった, 云うこっくり様の占い, 云うことあんたにも分ってる, 云うことここに居る, 云うことこれが幸子, 云うことこれ類似の第, 云うことその他がうんと, 云うことその他祖母に縫物, 云うことそれ自身に得, 云うことづてを持っ, 云うことみな嘘です, 云うことわりがきがドイツ文, 云うことアやっぱり強盗, 云うことオマケに本棚, 云うことロンドンの石橋, 云うこと一つはそれ, 云うこと不滅の生, 云うこと仏蘭西の動物説話, 云うこと仕事をし, 云うこと以外に少し, 云うこと以外無益なこと, 云うこと僕とし, 云うこと冒険心それに負けた, 云うこと勿れ巴, 云うこと外の点, 云うこと外見ではあれ位, 云うこと大智度論の言葉, 云うこと愛や善, 云うこと支那にもあり, 云うこと支那神仙説にも其例, 云うこと本人は若干, 云うこと此場合に適当, 云うこと殆んど, 云うこと毎日毎日のびて, 云うこと無理がある, 云うこと竜野や滝野, 云うこと等が判っ, 云うこと絶対に他言, 云うこと而して, 云うこと自分はあまり, 云うこと自意識を必然的, 云うこと自身が不可能, 云うこと雪子が阪大, 云うこれから愈々巡礼敵討の, 云うこれこれした芸人, 云うこれらの撰択, 云うこれら人民をし, 云うこれ外の事, 云うこれ類似の第, 云うこわいものの, 云うこわもてのする, 云うこんどはその, 云うこッてお, 云うごうのもの, 云うごとに玉虫色, 云うごとほんと云う, 云うごりごりした紙, 云うさえ下地は, 云うさっぱりしたちぢみは, 云うさては縁結びに, 云うさまであった, 云うさまざまな違った黄色, 云うさもしい便宜に, 云うざまだ, 云うしかし賢そう, 云うしだいになる, 云うしにせあきんどが, 云うしねそう難病, 云うしははあ之, 云うしばらくの沈黙, 云うすこぶる心細い敷衍法, 云うすさまじさなので, 云うすじであって, 云うすなわち乗れざる自転車, 云うすらも既に新聞種, 云うずぼらな奴, 云うずんぐりむっくりした人, 云うせいなの, 云うせまい今までの, 云うまた刑事, 云うないな, 云うそしてお湯が, 云うそのもののうち, 云うその或る時期, 云うその道は十町余り, 云うその間に又, 云うそら義侠心って, 云うそれから両女, 云うそれではなかった, 云うそれでも厭なら, 云うぞというような, 云うたかよう勘にきい, 云うたか愚僧は一向, 云うたぐいであった, 云うたことどなた, 云うたっぷり涙を, 云うたてチャ俺が困る, 云うたて新米の署長, 云うたて雛妓は惚れん, 云うたまにはハタキ, 云うたんやけど, 云うたんぢや, 云うたんと違うかわてが, 云うだけが愚だ, 云うだけしか分らぬと, 云うだけじゃあないの, 云うだって約束した, 云うだめですいや, 云うだるまの朗らか, 云うついては右に, 云うつまらなさをも, 云うつまらない事から, 云うつらい事だろう, 云うてんと置いといて, 云うてナあんたはん, 云うでんぼう肌の, 云うといで, 云うとおり夢は同じ, 云うとおり目隠しをする, 云うとおり落胆の余り, 云うとか云って, 云うとかと開けた細い, 云うとから駄目な, 云うときそこには若い, 云うときオレは何, 云うとき一種異った, 云うとき伸子は滲み出た, 云うとき体じゅうに押し出され, 云うとき何か一ひねり, 云うとき個々の作家, 云うとき女の声, 云うとき山上元のその, 云うとき師匠洒落などいう, 云うとき心持頭を左, 云うとき自分の好ききらい, 云うとき言葉のかげ, 云うとき迚も壕, 云うとき首のふりかた, 云うとくがえいぜ, 云うところアねえ在りっ, 云うところ私もこれ, 云うとしてお爺さんに, 云うとって取り合わん, 云うとでも思って, 云うとなア婆さま家の, 云うどうして熱意を, 云うどこかの藩候, 云うどころかすごい名, 云うどら声がいきなり, 云うどんな虫じゃ, 云うない大きなこと, 云うなって銭い袂へ, 云うなつかしい心から, 云うなとかと真赤に, 云うなとばかりタバコの, 云うなどと説明し, 云うなどは是は, 云うなにか証拠に, 云うなまやさしいもので, 云うなよやかな袋, 云うなりな風を, 云うなりにもならなかった, 云うなり手をとっ, 云うなんでげすか, 云うにおいて万人は, 云うにくらしい方だろう, 云うにはばかりなしです, 云うねんけど発音が, 云うのいやだ, 云うのう常の, 云うのお前さんの名, 云うのこれには嫂, 云うのそこに太郎, 云うのその他を見たい, 云うのぞみもある, 云うのだいそれは, 云うのだいへんじゃない, 云うのだい君は, 云うのどかな日, 云うのみで否定し, 云うのみに止らずそう, 云うの大変だあの, 云うの手前達にせ, 云うの燈は点け, 云うの癖がある, 云うの私を苛め, 云うの私腹が立つ, 云うの親父がやかましい, 云うはあなるほどはなる, 云うはかない身の上に, 云うはがきが飛び込んだ, 云うはげしさで, 云うはっきりした理智, 云うはめにならない, 云うばかだ身分, 云うばかりの有様です, 云うばっかりで誰も, 云うばっかりのもので, 云うひとすじの流れ, 云うひと色に染まる, 云うひと達と自分たち, 云うひねくれたひと, 云うひろ子と大谷, 云うぶくぶくの着物, 云うぶらり火の, 云うべっかんこうを見事, 云うほうがふさわしい, 云うほどじゃないけれども, 云うほどでの樹木が, 云うほどにも神々しい屋根, 云うほどまで独身で, 云うほのかな秋蝉, 云うほんの僅かな, 云うぼんちがあった, 云うもなかっ, 云うまさに芸術史上空前の, 云うまずそれからが, 云うまずしいレールわきの, 云うまでで自分でない, 云うまでにも口が, 云うまとまりもない, 云うまのあたりの真実曝露, 云うまま一行も自分, 云うまわりくどいような, 云うみやげだろう, 云うみんなはそれ, 云うむしろ弁護士か, 云うむむ小室と云う, 云うむやみに大きな, 云うめでたい日に, 云うもったいないことかと, 云うもとは他人, 云うものあなた方は私, 云うものお祖父さんの顔, 云うものこれは明らか, 云うものアンドレイエヒミチは堪え堪え, 云うもの一座の上, 云うもの丸で一則, 云うもの主人は大, 云うもの何かじッと思い沈ん, 云うもの価値に対する観念, 云うもの僕たちはただ, 云うもの勝気で男, 云うもの只金ばかりに気, 云うもの哉と云わぬ, 云うもの多くはこれ, 云うもの夜になる, 云うもの天品には一つ, 云うもの宇宙の最大, 云うもの平民と云う, 云うもの幾度仕事の邪魔, 云うもの彼のよう, 云うもの文学上の理解力, 云うもの旅のはかない情な, 云うもの日本だけ降る, 云うもの是は畳屋さん, 云うもの時平は宮中, 云うもの殿様はついぞ, 云うもの私たちの間, 云うもの芸術的価値はさほど, 云うもの頭ひらたく色, 云うももんがあを十把一, 云うやかましやがいます, 云うやくざ婆アでご, 云うやつがねお蓮さん, 云うやねだけれど, 云うやや階級的な, 云うゆえおらん, 云うよい真面目な, 云うようじきに死ぬだろう, 云うよう云々せば, 云うよう足下は近来某々, 云うよき場所に, 云うよくねえ奴, 云うよね私は, 云うわが肉に, 云うわずかの間, 云うわれも病気, 云うをも待たず, 云うをもって足りる, 云うんざます小三郎さま, 云うんだいオの字, 云うアクシデントで即死, 云うアハイアは, 云うアパートに住ん, 云うアメリカごろとくっついた, 云うアンポンタン・ポカン自身の頭, 云うイガ栗頭の中小僧, 云うイデオロギーという言葉, 云うイデオロギー論という言葉, 云うイデオローグを本能的, 云うイヤな奴, 云うイロハガルタの文句みたい, 云うインテレクチュアルな私, 云うウイスキイの名, 云うウナリが武蔵野一ぱい, 云うエライ愛国者が飛び出し, 云うオアイソに乗っ, 云うカテゴリーは批判主義, 云うカフェの中, 云うカンカン虫であった, 云うカンバスを持ち出す, 云うキチガイ地獄や, 云うキリストの言葉, 云うクリティシズムである, 云うグロも全く, 云うケレンが最早, 云うゲエムの莫迦莫迦, 云うコスモスも時々, 云うコンプレックスを中心, 云うゴシップはあれ, 云うゴム会社の職工, 云うゴロツキならいざ, 云うゴーゴリの模倣的, 云うサンスクリットを彫る, 云うザエクス爺と同様, 云うシエルボロ島の間, 云うシッカリした甲斐, 云うシミの出る, 云うシャガレた声, 云うシュレーゲルの細君, 云うシヨーメの言葉, 云うジオゲンは白痴, 云うジナイーダの言, 云うジャパン・アドヴァータイザーの男, 云うジャーナリズム化は前, 云うジンゴイストじみた男, 云うジーグフリードとはいったい, 云うスエ子は本当に, 云うスタイルなら手足, 云うステレオチイプな笑顔, 云うスローガンを書いてた, 云うセメントででき上っ, 云うセロファンの薬, 云うゼッキンゲン侯リュデスハイムの話, 云うソシアル・リフォーマーの戦わなけれ, 云うソナータを, 云うソレは私, 云うソレ彼の色, 云うタクシあすこへ電話, 云うダダッ広くて, 云うてアノー, 云うテーマだそう, 云うビス先生は, 云うデタラメが見えない, 云うトピアリーというもの, 云うトミヨの気働き, 云うトルストイ夫人をゴーリキイ, 云うドイツの本, 云うドウもそりゃ, 云うドストイェフスキーの言葉, 云うナニ此畜生女房を何, 云うニヒリストとかデカダンス, 云うノロワシイ条件を克服, 云うハイネの詩, 云うハガキを開成山, 云うハッキリした思想, 云うハッピを着た, 云うハンドルを握った, 云うパパは帰っ, 云うパンフレットと古い, 云うヒマがあったら, 云うヒロイズムが最も, 云うビタミンがこう, 云うビラがさがっ, 云うファウスト博士の円, 云うファレルスレーベンの婦人, 云うフォオクの音, 云うブツブツ口こごとを, 云うブルジョア社会の個人主義的, 云うプラン通りに大阪方, 云うきであろう, 云うベリンググッドの説, 云うベルハアランの小さい, 云うペンキ屋で目下上野, 云うボロボロの船, 云うポインタァ種, 云うポーランドの云い, 云うモンパルナスの芸術家気質, 云うモーメントが有った, 云うヨハネの幼顔, 云うライナーのハンドル, 云うラシイヌの口もと, 云うランプの光, 云うリアクショナルの力, 云うリアリティーと観念論, 云うルンペン風の男, 云うレッテルである, 云うロシアにおける結婚, 云うロシア文学の研究者, 云うロマンティストが近寄っ, 云うロマン的皮肉もこの, 云うロメン・ロオランの民衆芸術論, 云うワイマアルの役人, 云う一つ癖があった, 云う一中の師匠, 云う一事実のみが或, 云う一人娘を高志, 云う一人子息で好い, 云う一人定めの思想, 云う一体の大本, 云う一例でも官軍, 云う一傾向が現れた, 云う一八一五年ビルバウアー教授の発表, 云う一冊の本, 云う一冊飜刻智環啓蒙, 云う一匹の犬, 云う一口話をやはり, 云う一声で息, 云う一大仮定の下, 云う一大暗礁があっ, 云う一大長篇を作っ, 云う一婦人を捜索, 云う一字丈をながめる, 云う一家だと, 云う一寸ばかりの短い, 云う一尺四方もある, 云う一幕があった, 云う一役を振られ, 云う一方では年かさ, 云う一時富山の裁判長, 云う一時的の事務関係, 云う一時逃れのお, 云う一時間ばかり前, 云う一書こそ此, 云う一点張に落ち, 云う一熟だと, 云う一物をももたない, 云う一画にぱっと, 云う一番主要な情熱, 云う一番器量の美しい, 云う一種幻想的な特殊, 云う一節切だと, 云う一篇の書, 云う一組に行き合わす, 云う一聯が律, 云う一行の文字, 云う一見ありふれた事件, 云う一見淡彩な表現, 云う一語となっ, 云う一軒吹出すと, 云う一部の証言, 云う一重彼方の彼, 云う一雑誌を取っ, 云う一面が哲学, 云う一面ゲーテシェイクスピアニーチェあらゆる古今, 云う一音を持ち, 云う一首の歌, 云う丁度東京駅の, 云う七つの男の子, 云う七つ葉なぞが茂っ, 云う七尋か八尋位, 云う七歳になる, 云う七面鳥の卵, 云う丈気分を損じます, 云う丈矮く茎紅ぶと, 云う丈艸の心もち, 云う三つの言葉, 云う三五の妙齢, 云う三人伴の客, 云う三人連が昨夜, 云う三十がらみの露人, 云う三十男が云った, 云う三右衛門に仔細, 云う三号表題の記事, 云う三尺六寸の太刀, 云う三島を見る, 云う三本の手紙, 云う三枚続きの絵, 云う三歳になる, 云う三津の浦, 云う三浦の言, 云う三百代言あがり揉, 云う三藏さん此の野郎, 云う三階の料理茶屋, 云う上の空の生活, 云う上士族の子弟, 云う上官の様子, 云う上童があった, 云う上等なもの, 云う下らない挨拶が, 云う下僚で壮, 云う下司な念, 云う下宿を御存じ, 云う下宿屋にこの, 云う下等な動詞, 云う下等社会で用いる, 云う下総生れの頬ペタ, 云う下賤なところ, 云う下駄屋で狭い, 云う不仕合せな方, 云う不倫な不, 云う不健全な社会, 云う不健康な厭, 云う不具になり, 云う不可解の歓喜, 云う不可解現象の象徴, 云う不吉な事件, 云う不得要領なボーッ, 云う不快な事実, 云う不快さは持っ, 云う不意の食事, 云う不料簡か橋本博士, 云う不時な事, 云う不潔物に触れ, 云う不純な焔, 云う不良少年があっ, 云う不見識な事, 云う不評でこの, 云う不誠実な男, 云う不調法ものでございますが, 云う不都合を含ん, 云う与力が, 云う丑松の声, 云う世態染みた料簡, 云う世界政府の樹立, 云う世界観の齎物, 云う世紀末の詩情, 云う世継ぎを儲け, 云う世辞を待つ, 云う世間並な下心, 云う世間普通な色好み, 云う主義は, 云う両方の眼, 云う両親の声, 云う中世の歴史, 云う中働の下婢, 云う中働きが矢張り時計, 云う中尉の, 云う中老の紳士, 云う中西の言葉, 云う丸々とした, 云う丸い動く球, 云う丸太があります, 云う丸薬を与える, 云う丹三郎が尚, 云う丹波先生が, 云う主体が第, 云う主催者を無理, 云う主婦の意見, 云う主張に引きずられ, 云う主意は分らん, 云う主旨には恐らく, 云う主題はこなす, 云う久政公の仰せ, 云う之以上重大な事, 云う乗りか, 云う乙女にはもう少し, 云う乞食小屋の一種, 云う乾きようであった, 云う乾燥無味なもの, 云う了簡どころでは, 云う予想は自分, 云う予算もがらり, 云う争いを起させまい, 云う事うにもことう, 云う事これなく候, 云う事それが二三年前, 云う事それ自身が間違い, 云う事ゆえ分らぬは, 云う事ア出来ねえの, 云う事一人の男, 云う事一時は三遊亭円暁, 云う事人間と云う, 云う事今度こそはまちがった, 云う事他の親切, 云う事信用して, 云う事初子の父, 云う事利口だと, 云う事務員の落ちつかない, 云う事嫁の資格その他, 云う事実上の証明, 云う事実的な結論, 云う事彼の父, 云う事我見のない, 云う事故仕方なく紋付, 云う事校長自身が進ん, 云う事為たる覚, 云う事真実な正義, 云う事自分もいつか叔父, 云う事自身が既に, 云う事貞の事件, 云う事身に染初, 云う事項を記載, 云う二人きりの寂しい, 云う二匹の牝牛, 云う二十三の男, 云う二十代からの望み, 云う二十六の男, 云う二句さえ付け加えた, 云う二派の名, 云う二番目息子の稲公, 云う二科の絵描きさん, 云う二等の切符, 云う二者の麗わし, 云う二足の獣, 云う二鱗片がある, 云う云い草だ, 云う云分であった様, 云う五人の宗門長老, 云う五十余の先生, 云う五十恰好の僧侶, 云う五十歳ばかりの女中, 云う五十歳位の年配, 云う五字から先ず, 云う五輪の塔, 云う井深君の話, 云う井谷の言葉, 云うの物足りな, 云う亜太郎の妻不二, 云う亜米利加の活動劇, 云う亜米利加人だった, 云う亡者になります, 云う享保十七年五月の, 云う享楽の中, 云う京都の御用, 云う人それ自身を愛した, 云う人でなしは居らぬ, 云う人となりを知った, 云う人並芸術家は日常生活, 云う人原稿をたのみ, 云う人口増加力は人間, 云う人声もう然うなる, 云う人形に過ぎぬ, 云う人情からすぐ, 云う人来昼食を一緒, 云う人柄の方, 云う人格早苗姫の死, 云う人生の見方, 云う人相見の老爺, 云う人相観が何, 云う人聞きの悪い, 云う人臭さが, 云う人身測定法を博士, 云う人間らしくない事, 云う人間以上の神秘, 云う人間学はそうした, 云う人間的な心持, 云う人非人今こそ思い知った, 云う人類の審判, 云う人魚の映画, 云うとはかなり, 云う仇名が附いた, 云う今年十六の娘, 云う今度のに似た, 云う今日大胆に明白, 云う今日子と云う, 云う今日飾り付けが始められた, 云う今昔の記事, 云う今更らしい絶望, 云う今生唯一の希望, 云う今自分の不実, 云う仏壇のある, 云う仏教の形式, 云う仏様に線香, 云う仏蘭西人が自分, 云う仏蘭西文科の学生, 云う仏蘭西語は忽ち, 云う仕事師であった, 云う仕向けが宜, 云う仕掛であと, 云う仕来りがあります, 云う仕様がねえ, 云う仕組にし, 云う仕組みは一層, 云う仕舞屋の土間, 云う仕返しをする, 云う他所へ反物, 云う助は, 云う代名詞を用いる, 云う代物だ, 云う代言人の細君, 云う令嬢の眼付, 云う以上それをどう, 云う以上エンタイア・デボーションは感じられない, 云う以上二時間もすれ, 云う以上何処まで発育, 云う以上是が非, 云う以上母のこと, 云う以上芝居で挨拶, 云う以上蝶々の方, 云う以上角の計量, 云う以心伝心という事, 云う仮説は貴方がた, 云う仲買があっ, 云う仲間の文士, 云う任務を持っ, 云うでございます, 云う企画で私, 云う伊勢の歌, 云う伊奈利社伊奈利と云う, 云う休戦に助けられた, 云う会合から出来上がっ, 云う会社の提議, 云う会費だよ, 云う会釈があった, 云う伝承の由来, 云う伝説ごとだけれど, 云う伯爵の殿様, 云う伯父さんを持っ, 云う位いの安価, 云う位置仕事という繋制, 云う位置母と云う, 云う低いつぶやきが, 云う低級なエロ読物, 云う佐助かと云え, 云う体たらくなん, 云う体格を持っ, 云う体系は恰も, 云う体躯の小さい, 云う体面を重, 云う何ぞ確な, 云う何とはなし重苦るしい, 云う何とも云いよう, 云う何のよりどころ, 云う何分かが過ぎ去った, 云う何故だろう, 云うしい気持, 云う余り良い事, 云う余りにも文献的, 云う余所行の感情, 云う余程堅い男, 云う余音のない, 云う作曲家が, 云う作用を現, 云う作者は皆, 云う作蔵君の御, 云うしそう, 云う使命を授けられた, 云う例証になります, 云う侏儒の殺人, 云う侘しさを, 云う依頼心が妙, 云う侠気の人, 云う侵入者に決して, 云う便宜であります, 云う便宜上の調帯, 云うが己, 云う俄盲でございます, 云う俊吉が書, 云う俊寛一人じゃが天が下, 云う俊彦の顔, 云うな隷書, 云う俗信に由来, 云う俗臭を帯びた, 云う保子の声, 云う保険会社からで, 云うがある, 云う信徒だった筈, 云う信玄流の月日, 云う信頼良心は必要, 云う修練を積ん, 云う修験者にお, 云う俳優も知りません, 云う俳句があります, 云うをほどい, 云うには金銀財宝, 云う個々な感情, 云う個人ではありません, 云う個体をもぎ, 云う借家がちょうど, 云う借手が出, 云う値段を壁, 云う倪雲林の厠, 云う倫敦の方, 云う倹約な人間, 云う偉い素晴らしいものな, 云う偉大さが実に, 云う健康な正規的, 云う偶像にもまた, 云う偽名で寄越す, 云うから陣場夫婦, 云うを拡げ, 云う備考書がつい, 云う催しをし, 云う傾きがある, 云う傾斜のはなはだしい, 云う僅かの部分, 云うは出なかった, 云う働きぶりを僕, 云う僕等の話, 云う僥倖が恵まれた, 云うは昌泰三年, 云う僧侶がある, 云う僧名のほか, 云う僧禅宗にし, 云う儀式で夜中差紙, 云う儚い願いで, 云うをし, 云う優雅な同時に, 云う元満鉄に居た, 云う元締役を勤め, 云う兇暴な奴, 云う兇状持ならあの, 云う先のとはまるで, 云う先代から面倒, 云う先入意識によって認められず, 云う先入感をもってる, 云うは消え, 云う光栄を授け, 云うに角宅, 云う過程に, 云う全部六七十冊ばかりの唐本, 云う八ツばかりの男の子, 云う八人の刺客, 云う公判を固唾, 云う公式がありゃ, 云う公開のとき, 云う六ヶしい事件, 云う六十四才になる, 云う六句だけ出来た, 云う六時の所, 云うに語られる, 云う兵法もある, 云う其人生だ, 云う其全躰に於, 云う其姓にふさわしい, 云う其様な小, 云う其筋の御意, 云う其職業を判断, 云う具体的な問題, 云うて懇意, 云う兼光の業物, 云う内乱が起た, 云う内地の御幣, 云う内心は誰, 云う内的の動機, 云う内省を起させる, 云う内羽目板から火, 云う内胡瓜南瓜甘藷や茄子, 云う内部の刺激, 云う冒険談か何, 云う写実派の亜太郎, 云う写本の字引, 云う写生文家というもの, 云う写真屋ねあの, 云う冠履顛倒の疑, 云う冤枉未決八年の時, 云う冷たいこうまんちきな, 云う冷澹な心持, 云う冷静な打算, 云う冷静さだろうと, 云うじい音が, 云う凄い様な話し, 云う凡夫の取った, 云う処粋な兄哥, 云う処置に出た, 云う凹地に炭焼き, 云う出入りの医者, 云う出来心から御, 云う出演者は地謡, 云う刀屋を呼, 云う刃物とりあげて, 云うを切る, 云う分別盛りの四十男, 云う分外の報酬, 云うな願, 云う切掛けでそう, 云う切歯詰った時, 云う枝の, 云う初号活字である, 云うが押し, 云う判定に到着, 云う判決を下させ, 云うの台, 云う別嬪からで, 云う別荘番の話, 云う利口な事, 云う利器がある, 云う制度を生む, 云う刻み煙草を売る, 云う剃刀を振廻し, 云う前夜彼女は犬, 云う前川の言葉, 云う前後の区別, 云う前提で小さい, 云う前日だった, 云う前触れに廂, 云う前髪の垂れた, 云う剛将を単身, 云う剣術遣が, 云う副長の命令, 云う剰余推理さ, 云う剰余生産物の最も, 云う割合を持っ, 云う割烹店の離屋, 云う創作的文字をここ, 云うを送っ, 云う力士で一度, 云う力学上の力, 云う力競べを何回, 云うを積んだ, 云う功名心は腹, 云う加茂川へ大, 云う努力はごく, 云う労働者によく, 云う勇士である, 云う動議にほかならん, 云う勘定始めよりツブシ, 云う勝利者の悲哀, 云う勝平に対する憎悪, 云う勝手な野原, 云う勢いでございますから, 云う勿体ないことを, 云う化物を内, 云う化粧法が行われた, 云う化粧読本の箇条, 云う北京の御, 云う北国の大軍, 云う北山宮の御歌, 云う区切りをつけられない, 云う医学士はいかにも, 云う医学的手段を考究, 云う医科の生徒, 云う十三四のが水仕事, 云う十八歳の婢, 云う十内の話, 云う十枚内外のを是非, 云う千人縫いです, 云う千古の大, 云う千畳敷と呼ぶ, 云う千鳥足でよろめい, 云う半端を承認, 云う卑しさに, 云う卑しい子供達の, 云う南國の植物, 云う南無阿弥陀仏の両, 云う南画と称する, 云う単なる安心から, 云う博士の言葉, 云うでな, 云う印呪の浄三葉印, 云うい橋, 云う危うい時に, 云う危急の場合, 云う危険性がいくら, 云う厄年の境界線, 云う厄除けのよう, 云う原語に出遭い, 云うにあっ, 云う厭人的人生観を持っ, 云う厭味を言う, 云うめしい標題, 云う厳然たる科学的裁断を, 云う厳粛なる事柄, 云う又野の表情, 云う友だちの話, 云う友人達もその, 云う友子さんは人間, 云う双刀を棄て, 云う向の, 云う反抗心の現れ, 云う反旗を示す, 云う反響があった, 云う叔母の言葉, 云う取扱いをうけた, 云う受け答えをし, 云う口元に真似, 云う口利が有ります, 云う口吻でその, 云う口惜しさもどかし, 云う口才のある, 云う口癖すべて平生の彼, 云う口許こそふくら, 云う口銭が取れる, 云う古今の豪傑, 云う古参の看護婦, 云う古名があった, 云う古語がある, 云う古道具屋の顔, 云う古風な作り, 云う叫び声戦いはまさしく, 云う叮嚀な御, 云う可らざるか, 云う可也繁華な, 云う可哀そうな事, 云う可愛さあまっ, 云う可愛い子が, 云う可愛らしい天真な, 云う可笑しい話だ, 云う台湾航路の船, 云う台辞がまるで, 云う叱責に似た, 云うの旧, 云う右京次郎の演説, 云う右衛門の顔, 云う号外が来, 云う各自の意見, 云う合成語が瀑名, 云う合点が行っ, 云う吉水の城, 云う吉田に出っ食わした, 云う家中の, 云う同人雑誌を出す, 云う同国人に面当, 云う同島独特の習俗, 云う同窓の友, 云う名ばかりは流石, 云う名ばかり書てある, 云う名主吉崎惣右衞門の娘, 云う名主役の娘, 云う名乗を持っ, 云う名人がございました, 云う名代の盗人, 云う名前丈です, 云う名剣が此, 云う名医にかけた, 云う名取りがあった, 云う名士たちの醜聞, 云う名木の桜, 云う名札を呉れ, 云う名詞の代り, 云う名誉も担っ, 云う君子との二人, 云う吝嗇家は実際, 云う否定の否定, 云う含み声の答, 云う含嗽するよう, 云う含声をきいた, 云う吸血現象があった, 云う吾輩自身の事, 云う呉服屋の前, 云う周到なる策戦ぶり, 云うである, 云う呪わしいことか, 云うが出ない, 云う命令的の言葉, 云う和一郎も聞く, 云う和尚さんでしょう, 云う和蘭の原書, 云う和蘭通詞の家, 云う和製の漢語, 云う和郎自身だ, 云う哀れな娘, 云う哀訴をきく, 云うも残っ, 云う品位をさえ忘れ, 云うい声, 云う哲学が呼び出され, 云う哲学的の事, 云う哲学者があった, 云う唐菖蒲の事, 云う唯物弁証法の諸, 云う唯物論なるもの, 云う唸り声が廊下, 云う商人糸紙を卸す, 云う商売柄店も散らかっ, 云う商山ごもりの住居, 云う問いであった秀子, 云う問い合せである, 云う問合せの為, 云う問題以上ですね, 云う啖呵文を読売紙上, 云う善事を訊い, 云う喚声があがっ, 云うも次第に, 云う喜劇で曾, 云う喜劇役者を憶え, 云う喜悦と好奇心, 云う喞筒で空気, 云う喧しい議論は, 云う喧嘩の沙汰, 云うがれた, 云う嗜好を生んだ, 云う嗟嘆を繰り返した, 云う嘆きがなかっ, 云う嘆願の手紙, 云う嘉助は一行中, 云う嘲罵は掌, 云う噂サも有る, 云う器用な太夫さん, 云う嚇しが浮ん, 云う囁き声が丁度, 云う四十幾つの身, 云う四国八十八箇所の納経所納経所, 云う四月の初旬, 云う四百頁余の長篇, 云う回答があった, 云う因縁付きの取って置き, 云う困難な役目, 云う図々しさだ, 云う図々しい人だ, 云う図形の観念, 云う図書館の窓際, 云う図案なの, 云う図面を見れ, 云う固い約束を, 云う国名だけは心得, 云う国籍だけはほとんど, 云う圏境は従って, 云う土匪の頭目, 云う土手で殺した, 云う圭子の答, 云う地べたに草, 云う地形を望む, 云う地所の売買, 云う地曳網の網代, 云う地点までは四里以上, 云う地色や光沢, 云う地面は到る, 云う地面家作についても固, 云うがある, 云う垂示があった, 云う執拗な男, 云う基点まで逆戻り, 云う基督教徒を非常, 云う堀子爵がぞんざい, 云うがあった, 云う堅人によく, 云う堅苦しさは, 云うを受けた, 云う報道が新聞, 云う場合一番人に聞かれ, 云う場合一般の通念, 云う場合人は冥々, 云う場合召使われて, 云う場合客観という言葉, 云う場合少年や婦女子, 云う場合理事達が如何, 云う場合私は見る, 云う場合自分が男, 云う塗料を見出し, 云う塩野にまた, 云う墓標の文字, 云うに油画, 云う士族で今, 云う士族さん酒の上, 云う士此戦い夜明に及ぶ, 云う壮観だろう, 云う声地より響く, 云う売り声もいかにも, 云う売卜者を頼み, 云う変梃な障害, 云う変物がどう, 云う変相になる, 云う変種を作っ, 云う夕方与一は頭中, 云う外交の難局, 云う外交官らしい男, 云う外人相手の小さな, 云う外側からだけの考え, 云う外出の時, 云う外国奉行を使節, 云う外国宣教師が当惑そう, 云う外山に向い, 云う外界の中, 云う外科の博士, 云う外科医の先生, 云う計代の, 云う多くの天文学者, 云う多少の虚名, 云う多感多情の久米, 云う夜会服の下, 云う夜旅中の温, 云う夜歩きの供, 云う夢想に追い出される, 云う夥しい馬の, 云う大きい新しい木札が, 云う大人が三人, 云う大仏の辺, 云う大会のとき, 云う大原君の見解, 云う大名屋敷があっ, 云う大変顔色の悪, 云う大官たる作者, 云う大山島東郷島がある, 云う大工云われたこと, 云う大志を抱く, 云う大抵の黒人, 云う大掛かりな仕掛け, 云う大文字がある, 云う大木だ, 云う大正二年度の卒業生, 云う大砲の音, 云う大統領とか首相, 云う大胆不敵な奴, 云う大衆なるもの, 云う大西洋建築を起工せり, 云う大軍を秀吉, 云う大軍艦になる, 云う大通りの人道, 云う大部の書類, 云う大間違になりまする, 云う大阪城の天守閣, 云う大雪の夜, 云う天与の時, 云う天主教を弁難, 云う天井にすす, 云う天保の俳人, 云う天保頃の江戸, 云う天国は平に, 云う天地へ切り取っ, 云う天才的な, 云う天文研究の発達史, 云う天気の時, 云う天狗もとよりこの世, 云う天稟の気象, 云う天竺の寓意譚, 云う天草一揆が先ず, 云う天魔外道の類, 云う夫婦喧嘩をする, 云う夫自身内心ではひどく, 云う失望が響いた, 云う失業時代で退屈, 云う奇問を発する, 云う奇怪な現象, 云う奇怪さであった, 云う奇想天外的な推理, 云う奇癖がある, 云う奇縁でございましょう, 云う奇麗な名, 云う奉公人共が家族, 云う奉行がある, 云う契約だったん, 云う奥さん達と小説, 云う奥山大学などはその, 云う奥平家の元老, 云う奥底のない, 云う女の子もあった, 云う女の子下がフリッツ, 云う女の子高等科二年をたのん, 云う女らしからぬ鋭い, 云う女丈は容易, 云う女主人公をもった, 云う女人の姿, 云う女名の男らしい, 云う女名前の表札, 云う女太夫を引攫, 云う女奴は皆様, 云う女子じゃのう, 云う女学校がありました, 云う女学生があった, 云う女将らしい声, 云う女性特有な関心, 云う女性追求者と云った, 云う女房さんが云う, 云う女房不審に思う, 云う女生徒の群れ, 云う女給の一人, 云う女給仕がいる, 云う女隠居がある, 云う奴らだ, 云う奸夫では無い, 云う好人物だから, 云う好成績である, 云う如何にも滑稽, 云う如何わしいカッフェは, 云う妄念に目, 云う妖婆がい, 云う妹娘のある, 云う妻君を無くした, 云う妻木君の声, 云う姉女房であったが, 云う姉妹があった, 云う始末以外にはない, 云うを見送り, 云う姓名で籍, 云う姿勢で箒, 云う威厳が備わり, 云う威嚇もあらわれ, 云う威嚇的な扮装, 云う娘達の希望, 云うの小汚, 云う婦人代議士もある, 云う婦人達は愛すべき, 云うの口, 云うな仕事, 云う嫡子があった, 云う嬉しい希望で, 云うかしい, 云うが死んだ, 云う子供だましの錯誤, 云う字義をもう, 云う字面のうち, 云う孝子と養老, 云う孝心から此, 云う孟子の語, 云う季節であった, 云う孤独と共に失恋, 云う学問はなかなか, 云う学問そのものが珍しかっ, 云う学校友だちの母親, 云う学理的のこと, 云う学生諸君があったら, 云う学者めいた事をぬき, 云う珍清姫さ, 云う安宅の関, 云う完全武装した軍気, 云う宏子の声, 云う宗教教育とは宗教的情操, 云う官僚の社会的地位, 云う官吏の許, 云うった目的, 云う定めで順番, 云う定巡りの旦那, 云う定義をこの, 云う定評で通っ, 云う宛名だ余, 云う宛転たる唄, 云う宜しい処で, 云う宝物まで奪い, 云う宝石商はある, 云うの入, 云う実在の人物, 云う実業家がある, 云う実父の隠居, 云う実物上の立論, 云う実証から来た, 云う宣教師が坐っ, 云う室内の異様, 云う宮中掌典の宮地嚴夫翁, 云う宮地に行, 云う家主の大工, 云う家具屋の看板, 云う家庭教師下らぬ男, 云う家政なの, 云う家斯う云う, 云う家柄のよい, 云う家畜のよう, 云う家老であると, 云う家賃に誘惑, 云うに聞いた, 云う容子で花房, 云う容態になった, 云う容易ならぬ仮想, 云う容貌の立派, 云う宿世の因縁かしら, 云う寂寞の感, 云う寄附には今後, 云う密夫を引入れ, 云う密旨を授けた, 云う密書を得, 云う富田のおじさん, 云う寒々とした, 云う寒い淋しい事だろう, 云う寛永十八年の秋, 云う察しのない, 云う寡婦が有る, 云う寮長の話, 云う寺坊にいる, 云う対坐の時, 云う対手がおかしく, 云う対照をなす, 云う封建制意識の大事, 云う専門家がそう, 云うにその, 云う尊い強い目覚めた所, 云う尊称がたてまつられる, 云う尋常の道具立, 云う小さくなりよう, 云う小さく愛らしい腫物の, 云う小口が立つ, 云う小女は誠に, 云う小娘であった, 云う小字があっ, 云う小屋の間, 云う小島がある, 云う小店などでは私共, 云う小心なこと, 云う小村が来た, 云う小林氏来訪十時頃まで話す, 云う小田島に女, 云う小童で, 云う小納戸役を勤め, 云う小舎にかけ, 云う小言であったとか, 云う小路には夜, 云う小間物屋の以前, 云う小鼓の音, 云う兀の, 云う少女のは森, 云う少女達はお菓子, 云う少年武士があった, 云うがどう, 云う尾上柴舟先生の御歌, 云う局部的な考え, 云う居合の先生, 云う居酒屋の前, 云う屈強な場所, 云う屈託を抑圧, 云う屋敷の稲荷様, 云う屋根裏で厭, 云う山三郎の腕, 云う山上の批判, 云う山中の淋しい淋しい, 云う山奥の村, 云う山寺の御, 云う山村に樽, 云う山牛蒡反魂香と云う, 云う山男或は山, 云うの口, 云う岡田氏の家, 云う岩窟もある, 云う岸本の言葉, 云う峯子の印象, 云うかしら小さい, 云う嶝道を上っ, 云う川柳の通り, 云う川瀬の響, 云う巡礼の姿, 云う工場で而, 云う工学博士に逢わなけれ, 云う工学士を知っ, 云う工藝である, 云う工風をし, 云う巧みをけどられ, 云う巨大な流星, 云うこそあれ, 云う差向いの味, 云う己ア元侍, 云う巴里人をも尋ね, 云うの評判, 云うの七八間, 云う市中に布令, 云う市川屋の源蔵, 云う希望なぞはない, 云う希望計画が活, 云う希求を旗印, 云う帝地道より出, 云う師匠の謡, 云う席絵を書く, 云うの通り元気, 云う常例であった, 云う常磐木の葉, 云う常磐津の師匠, 云う常習犯のよう, 云う平凡な名前, 云う平和な思い出, 云う平野氏の前提, 云う年上の女中, 云う年二十九歳で美女, 云う年紀では, 云う年長者に敬意, 云うな事, 云うの曲りくねった, 云う幻影が未来, 云う幻滅を感じさせますでしょう, 云う幼名で呼ばれ, 云う幼少の弟, 云う幼心な御方, 云う幼馴染の掏摸, 云う幽かな音, 云う幾つものお, 云う幾分か挑撥的, 云う広い東京にさえ, 云う広場へ往, 云う広大な家, 云う庄司氏は威風満廷, 云うという, 云う床の間は大概昼, 云う庖犠と云う, 云う度合は両人, 云う度毎に道子, 云うに今朝, 云うにい, 云うの飛ぶ, 云うい座敷, 云う廣さなの, 云う建札をし, 云う廻り合せで両側, 云う廻船屋が一口二朱, 云う廻覧雑誌をやっ, 云う弁解があった, 云う引証して, 云う弖爾波が数珠, 云う弘法大師の石芋, 云う弥助でさえが考え付かない, 云う弦四郎は眼, 云う弱みがあった, 云う弱気を出す, 云う弱者か弱者, 云う張り切り方であった, 云う張出縁のある, 云う強大な威力, 云う強身の伏線, 云う強靭な調帯, 云う強靭さで私, 云う当り前の言葉, 云う当家のお, 云う当年四十二歳のとっさ, 云う当面の女, 云う形今度はまずやっと, 云う形体を溶かし込まぬ, 云う形勝な眺望, 云う形容詞を用い, 云うには京都二条, 云う役どんどろ大師のお, 云う役廻りは仰せつけられなかっただろう, 云う役所の評判, 云う彼処等じゃ成, 云う彼女等の階級, 云う彼支倉は日に日に, 云う彼自身は畢竟, 云うち垂髯, 云う後ろ姿はなぜ, 云う後世近畿地方にシュク, 云う後天的思想で生活, 云う後生の悪い, 云う従兄弟がある, 云う従来の演芸会, 云うを持っ, 云う得体の判らない, 云う御事はきっと, 云う御仁だと, 云う御幣を担がず, 云う御意が帯刀, 云う御新造が堅い, 云う御方は御, 云う御殿のこと, 云う御用商人の娘, 云う御用達の家, 云う御礼はどう, 云う御見舞物を辱, 云う御酒は小歌, 云う御難だろう, 云う御馳走は別け, 云うな戦ぎ, 云う微かな響, 云う微妙音はアメリカ文明, 云う徼幸者を遇する, 云う心づかいでもあった, 云う心地の中, 云う心地自分にはっきり, 云う心境とはあくまでも, 云う心安さや, 云う心当りはない, 云う心得違の事, 云う心得違いをし, 云う心持ともに如何にも, 云う心持一人では, 云う心持卑小なる良人, 云う心持自分を傷けたため, 云う心持言葉で云え, 云う心掛けで実は, 云う心理学用語を御存知, 云う心理的好奇心より外, 云う心理的状態の生理的器械, 云う心的の繋, 云う心的状態は死, 云う心組であった, 云う心臓の強, 云う心苦しい仕事を, 云う心証を与える, 云う心配負けにとっつかれた, 云う必要上種々雑多, 云うな心配, 云う忍びやかな足音, 云う志望を懐い, 云う志願なの, 云う忠君愛国勤倹尚武仁義道徳は皆虚偽, 云う忠義の心, 云う快い所が, 云う快活な返事, 云うは達者, 云う念々に支配, 云う念頭に尾羽うち, 云うでみちみち, 云う思いつきもありません, 云う思し召なら, 云う思入で城, 云う思想上の一名詞, 云うな羽搏, 云う急使に私, 云う急性肺炎じゃったろうと, 云う急電を受ける, 云う性急な見合い, 云う性的差別性的生活以外に一人類, 云う怪しからん目に, 云う怪しき物を, 云う怪し気な女, 云う怪異談のうち, 云う怪談の始め, 云う怯味がある, 云う怯懦の中, 云う恋人にしかも, 云うが有る, 云う恐い眼を, 云う恐らく山の, 云う恐慌が来, 云う恒方さんやす子さんが二十年, 云うも少し, 云う恨めしい人だ, 云う恩命であります, 云う恩知らずは得, 云う恩義がある, 云う恭謙な態度, 云う息遣いが悪う, 云う恰好の胴体, 云うとお, 云う悟りか何方, 云う悟道の類, 云う悠遠な感じ, 云う患者はひどく, 云う悦びを持っ, 云う悧巧に円滑, 云う悪くないぞ, 云う悪党なん, 云う悪影響を普及, 云う悪心から私, 云う悪業だ, 云う悪漢只今小博奕をし, 云う悪縁か新吉, 云う悪辣な考案, 云う悪魔の悪戯, 云う悪魔師を, 云う悲劇の外, 云う悲劇的な声, 云う悲壮な決心, 云う情けない動物であろう, 云う情人を持っ, 云う情報も来ない, 云う情調の支配, 云う酷な, 云う惰性を養成, 云う想定をする, 云うの表情, 云う意力から始まった, 云う意地っ張りがあの, 云う意地悪だ何故, 云う意地気のない, 云う意外の望, 云う意志表示をし, 云う意慾に燃える, 云う意気を備え, 云う意義に解釈, 云う意識現象であります, 云う愚かな考え, 云う愚劣なる発言, 云う愚物と同じ, 云う愚痴などを洩らし, 云う愛好者は十中八九, 云う愛妾と小, 云う愛憎をした, 云う感じ丈で胸苦しく, 云う感傷的文字を書かれ, 云う感力の均衡, 云う感動である, 云う感情的な母, 云う感想を書い, 云う感慨に浸った, 云う感望がしきりに, 云う感歎詞ばかりでごまかさない, 云う感自分がよく, 云う感興が演芸会, 云う感違いをさせた, 云うだ, 云う態型を構成, 云う慎一の言葉, 云う慚愧と悔恨, 云う慣例の挨拶, 云う慰安だけはある, 云うい水車, 云う慶応義塾の学生, 云うの世の中, 云うさ余, 云う憐れさは持っ, 云う憧憬的な気分, 云うでしょう, 云う懐しい気もちだけは, 云うけ者, 云うれが, 云う成句はある, 云う成案はなかっ, 云う成算も何, 云う成績を挙げた, 云う成語になる, 云う我々人間こそ最も, 云う我々自身の事, 云う我ただ一人の愛しい, 云う我らは伊勢, 云う我我の自己欺瞞, 云う戒律を立て, 云う戒行がある, 云う遠縁の, 云う戦争中にこんな, 云う戦後派ですが, 云う戦術にかかっ, 云う戸塚の顔, 云う戸田の声, 云う戸障子と云う, 云う房州にも矢張, 云う房次郎夫人の質問, 云う所かくの如し, 云う所信の下, 云う所存であろうと, 云う所精細一様ならず互に, 云う所置を取ったろう, 云う所見を非難, 云う所謂散茶女郎, 云う所謂技術なるもの自身, 云う所謂概念的なるもの, 云う所謂謀反人だと, 云う所長のお声掛り, 云うの芝, 云うは全部, 云う手ぬるい淡い快感に, 云う手合ですよ, 云う手巾を見せ, 云う手帳では有るまい, 云う手当は何, 云う手懸もなく, 云う手掛りもなく, 云う手短な一語, 云う手紙代りの小さな, 云う手繰り渡しに成っ, 云う手習の師匠, 云う手証がねえ, 云う手詰の場合, 云う手違に慣れ抜いた, 云う手順を違えず, 云う才気のある, 云う才覚の利いた, 云う消しでは, 云う打算も手伝っ, 云うは発信人, 云う扮装の武家, 云う扶持方をも一酷, 云う批判がある, 云う批判主義的批判には今, 云う批評家があっ, 云う批難がある, 云う技師が今度会社, 云う技能を要した, 云う抒情詩的の戯曲, 云う折ふしの事, 云う折檻の相間相間, 云う折衷説を持出した, 云う抜け目のない, 云う抜目のない用心深い, 云う押問答がはじまった, 云う拙い芸な, 云う招待が突然, 云う招状があった, 云う拾四歳の若武者, 云う持物はなに, 云う指先を白く, 云う按排で乱れた, 云う按摩を呼んだ, 云う按摩鍼だ, 云う振舞は賢者, 云う捫著からその, 云う掛け合いをはじめた, 云う掛け声も質問, 云う掛合の為め, 云う控え目だったけれども, 云う控室へ来, 云う推定法を此, 云う推理力だ, 云う提灯の柄, 云う損害もなし, 云う損得にも関係, 云う搾取階級も被, 云う攘夷藩の浪人共, 云う攫徒である, 云う支度をし, 云う支那料理屋知って, 云う支那神仙説は単に, 云う改造一論者が可笑しく, 云う政岡は浅岡, 云う政治上の野心, 云う政略結婚でその, 云う故自分も腹, 云う救いがたなき女達, 云う敗戦の記事, 云う教職に居られる, 云う教訓を書く, 云う数十丈の大瀑, 云う数字はいや, 云う数学的な心配, 云う数寄を凝らした, 云う数疋の鼻息, 云う数行をつけ加える, 云う整理案である, 云う文士はぜひとも, 云う文学的な面, 云う文学雑誌を出し, 云う文書檜垣の門徒, 云う文月巡査の顔, 云う文科の学生, 云う文科大学生です, 云う文芸史方面のもの, 云う文芸復興提唱者たちの日頃, 云う文語体の言葉, 云う文面ゆえ貞実の音羽, 云う斎藤緑雨の言, 云う料理職人の夫婦, 云う料簡方だから, 云うを述べた, 云う断り方はけっして, 云う新しくよい概念を, 云う新たなるもの, 云う新奇な奴, 云う新形の靴, 云う新本がゾッキ屋, 云う新聞紙を発起, 云う新聞記事を見, 云う新設会社の重役, 云う新説もその, 云う新鮮な朝, 云う方々は何と, 云う方一緒にいらっしゃる, 云う方大変感じのいい, 云う旃陀羅は, 云う旅宿屋へ泊る, 云う日ごとの声, 云う日二階から茂った, 云う日光連山は今, 云う日割です, 云う日本ロマン派がその, 云う日本流の厠, 云う日本語を使った, 云う日本開闢以来未曾有の事, 云う日比谷の焼打ち, 云う日程を作った, 云う日蔭の身の上, 云う旦那様に一言, 云う旦那衆の手先, 云う帝国の, 云う旧い家名, 云う旧作の話, 云う旧友があっ, 云う旧幕時代に縁, 云う旧式な趣味, 云う旨い為事が, 云う早く立ったの, 云うが自家, 云う昌幸の気概, 云うかに意識, 云う明文は守衛規則, 云う明治四十三年の十一月中旬, 云う明細な報告書, 云う昔風の絵, 云う昔馴染の影像, 云うの数々, 云う春江ちゃん位の処女, 云う春興行を見たがっ, 云う昼三がいた, 云う時そでねえ系図, 云う時ほんとうに夫, 云う時一所に手, 云う時不要意に手, 云う時世に生れ, 云う時之を吾, 云う時人は前者, 云う時今の茶人達, 云う時今日の知識人, 云う時伸子は極り, 云う時先生の肩, 云う時分で最も, 云う時則重は反射的, 云う時千世子の興奮, 云う時博士の思索, 云う時各々の変換群, 云う時土の上, 云う時多く緑翹と語った, 云う時女郎花棹ながらくるくる, 云う時学円ハタと俯伏, 云う時工藝において個人主義, 云う時平はこれ, 云う時彼は真個, 云う時彼女は只, 云う時彼等の間, 云う時愛から獣, 云う時民衆的工藝にも絵画, 云う時爺いさんは, 云う時社大党, 云う時稲妻が閃, 云う時継起の全体, 云う時舌をちょろ, 云う時言葉が途切れた, 云う時計だとか, 云う時謙造は声, 云う時貴女を棄て, 云う時遁路の無い, 云う時顔には微笑, 云う時鬢のほつれ毛, 云う時鶴子は自分, 云う晩夫婦は信行寺, 云う晩織部正は宵の口, 云う普通の人, 云う晴れの席上, 云う晴れ晴れした景色, 云う智慧も浮かばない, 云う暖さのない, 云う暢気さだろう, 云う暮しの中, 云う暮らしに早く, 云う暴挙に出るであろう, 云う暴論は吐かない, 云うであったこと, 云う曲折を思い出し, 云う書き出しで例, 云う書き物でももろう, 云う書契以来古を談ずる, 云う書店の二階, 云う書生部屋もさっき, 云う書画なぞの世話, 云う書画それ自身としては格別, 云う書翰が来た, 云う書附まで取替せ, 云う曼珠沙華は此辺, 云う最も主要な, 云う最大の不幸, 云う最期のこと, 云う最近の椿事, 云うの出, 云う月俸を頂戴, 云う月明りの部屋, 云う有さまだから, 云う有島武郎の, 云う有志の一人, 云う有様家老の家, 云う有様斯う云う, 云う有金だけでも少い額, 云う朋友にそれとなく, 云う朋輩と一緒, 云う服装はわたし, 云う朝鮮にも満, 云う朝鮮牛の表情, 云う期日は定まらず, 云う期間にきめなく, 云う期限を切っ, 云う朧げな予期, 云う木の実をしな, 云う木の葉であること, 云う木版の小, 云う錬な, 云う未だ二十二三の, 云う未亡人だった, 云う未曾有の暑気, 云う未熟な詩集, 云う本屋から, 云う本当のあやまち, 云う本性を長三, 云う本町の旅籠屋, 云う本篇の最も, 云う本質的な視覚, 云う本降りらしい音, 云う材料はそんな, 云う材木屋の小僧, 云う村村の丘陵, 云う村社がある, 云う少陵, 云うさえございます, 云う条あまりの名筆, 云う条件つきなの, 云う条件附に願いましょう, 云う条地味な銘仙, 云う条項があった, 云う東京弁のアクセント, 云う東洋のレコック, 云う東風君について, 云う松田さんのと来る, 云う松雪院の花やか, 云う林町へ廻る, 云う果敢い望み, 云う果敢ない望みから, 云う架空の女性, 云うの長い, 云う柏原の博徒, 云う柏木附近の農家, 云うが引き受けた, 云う柔かい美しさは, 云う柔弱の士, 云う柳沼樋口と云う, 云う栃尾の言葉, 云う栗山に逢, 云う栗鼠の毛皮, 云うは持っ, 云う株屋がみつかった, 云う株屋さんに月給参拾円, 云うの処, 云う根岸の言葉, 云う根気のない淋し, 云う格別な所, 云う格段な相違, 云うの径二尺余, 云う桃色なの, 云うであった, 云うの葉, 云うの声, 云う梅雨あけの頃, 云う梵語の訛り, 云う棒杭が坂本, 云う森成さんに取っ, 云う検事さんの申請, 云う極まりの悪, 云う極めて簡単な, 云う極りで是, 云う極右新聞の新, 云うな全, 云う楽しさだろう, 云う楽しい追想も, 云う楽器店で一台, 云う楽器水晶で造らえた, 云う楽屋に比べる, 云う楽書の作者, 云う構図である, 云うの手並み, 云う樋口さんの説, 云う標札が出, 云う標題楽もきけた, 云うばかりだ, 云う権力は長官, 云う権門だとか, 云う横文字の本, 云う横町を走っ, 云うみじゃ, 云う機みか揚板が外れ, 云う機密とやらだ, 云う機掛からエルテル, 云う機械です, 云う機械技師が酒, 云う機械的道徳律で縛られない, 云う機織りが六十年以前, 云う機能を失っ, 云う機転を教えた, 云う櫛屋との外, 云う次第になって, 云う次第ゆえやがて御, 云う次第柄だから, 云う欣びに荘田, 云う欧州人がタイチ, 云う歌劇の一座, 云う歌謡があった, 云う歎声であった, 云う歓呼の声, 云う歓迎の声, 云う正当な要求, 云う正直な答え, 云う正確な証拠, 云う正規の思考, 云う此の間何と云った, 云う此処の家, 云う此辺の名勝, 云う此隙に自然, 云う武夫を睨ん, 云う武科志願の秀才, 云う武蔵野の平原, 云う歯がゆさを, 云う歯車は僕, 云うの五月, 云う死刑廃止論者などは自分, 云う死様をする, 云うんど, 云う残余の項, 云う残虐を極めた, 云う段取りになった, 云う殺人であったろう, 云うに必ず, 云う毎日新聞の社会記事, 云う毒瓦斯のこと, 云う毒薬を呑み, 云う毒虫の片, 云うは悉く, 云う民俗の起原, 云う民弥の言葉, 云う民衆が例, 云う民衆芸術論はない, 云う気前だか, 云う気力さえすでに, 云う気合になる, 云う気安い返事であった, 云う気持ちよさにも, 云う気振りが見えれ, 云う気楽な考, 云う気狂いじみた恐ろしい, 云う気軽な音, 云う気違いが居, 云う気高い何と云う, 云う水兵に上陸, 云う水害のため, 云う水密桃だの梨, 云う水薬を調合, 云う水際が離れ, 云う氷柱で薄荷糖, 云う永い昼が, 云う永久に変る, 云う汁粉屋の裏垣根, 云う求道的の歓, 云う池田ヶ原である, 云う決定が下された, 云う決断を私, 云う汽船に父母, 云う汽車のべんとう, 云うずんだ暗い, 云うを掘る, 云う沢子の言葉, 云う河田に従う, 云う油時計が何故, 云う油画の並んだ, 云う治修は今度, 云う法令はない, 云う法則とは単なる, 云う法名を彫った, 云う法学士で大鵬, 云う法師いや下妻左衛門尉, 云う泣言はなるべく, 云う泥水の一件, 云う洋画学生の室, 云う洋画家がやって来, 云う洋館は間取り, 云う洗濯男だの蠅, 云う洛中に名高い, 云う津田君に, 云う活動を試みた, 云う活動写真の流行, 云う活動役者だそう, 云う活版本とは違います, 云う派出な着物, 云う派出婦会に行く, 云う流儀なら洋装, 云う流石強情な支倉, 云う流行男ですが, 云う浄瑠璃の根, 云う墓な, 云う浅い感情の, 云う浅はかさ単純さであろう, 云う浅ましいなりわいを, 云う浅薄な色, 云う浜田の声, 云う浦のあの子産石, 云う浪花節かたりの馬鹿, 云う浪風で斯, 云う浮浪人に金, 云う海上の燦火, 云う海岸のぬくい, 云う海王星がこの, 云う海産問屋の公子, 云う海軍士官と二人連れ, 云う海軍大尉があった, 云う消極な意見, 云う涼しい声が, 云う淋しさ, 云う淋しかったが, 云う淡い意地が, 云う深い淋しい身の, 云う深い深い井戸の, 云う深山の雪, 云うがあった, 云う清太郎よりも雪さん, 云う清水が湧い, 云う清濁あわせのむ位置, 云う清貧ならば, 云う渋川の糸商人, 云う渋沢の顔, 云う合いに, 云う温和な意見, 云う温泉宿は在る, 云う温泉彼処へ行っ, 云う港町であったが, 云う満場の笑い, 云う溌剌とした, 云う源助の鼻, 云う源因のもと, 云う準之助の言葉, 云うは水, 云う滑かな顔ばかり吹い, 云う滑らかで静か, 云う滝あれは何, 云うり方, 云う漢医の大家, 云う漢学の先生, 云う漢学先生の塾, 云う漢学者は慷慨, 云う漢法の名医, 云う潤いを持った, 云う瀬戸際まで捻っ, 云う灌木の一種, 云う灌頂めいた式, 云うだ, 云う火打石のため, 云う火鼠の裘, 云うがつづい, 云う災厄を蒙, 云う点二十六日は浅草, 云う点古代人と現代, 云う点私を愛す, 云う点自分が女性, 云う為合な子, 云う為組は外, 云う烈しい北東の, 云う烏猫を飼っ, 云う無人の境, 云う無作法な男, 云う無分別七歳になります, 云う無名の高僧, 云う無形の土工, 云う無念さは消す, 云う無慈悲であったろう, 云う無数の小国, 云う無気味な戦ぎが, 云う無法者に逢っ, 云う無為の夜, 云う無産階級者の苦悩, 云う無用の長物, 云う無精な女房, 云う無頼の徒, 云う然し年の, 云う煙突をこ, 云う煙管を日常口, 云う熊谷の声, 云う熟語を思い出した, 云う熱いもの乾かそう, 云う熱帯種でね, 云う熱心さで読ん, 云う熱心家は芝居茶屋, 云う熱海では一流, 云う熱海氏の静か, 云う燈明を消し, 云うな音, 云うして, 云う牆壁を築い, 云う輪さえ, 云う版画を眺め, 云う牛乳屋の家, 云う牛乳配達と一緒, 云う牛肉店の女中, 云う牝猫を可愛がっ, 云う牡丹の花, 云う牢番ならん, 云う牧羊者エンディミリオンの説話, 云う物ごしであった, 云う物争いは二十年, 云う物思いにもってこい, 云う物質と精神, 云う物質的の恩恵, 云う物音一つさせなかった, 云う特性が斯様, 云う特質に冷淡, 云う牽制は与えられたくない, 云う犠牲者を生んだ, 云う犯人の意図, 云う犯罪事件に際して出, 云う狂人が自由, 云う狂気の嘉吉以来, 云う狡い奴だ, 云う独り児の秀才, 云う独り語を呟いてた, 云う独断で前提, 云う独逸人の一家, 云う独逸和蘭対訳の原書, 云う独逸文科の学生, 云う狭い三方は, 云う狭隘な所, 云うだぜ, 云う力が, 云う猜疑だけは醒め, 云うがひろっ, 云う献身を感じるだろう, 云うい了見, 云うの鳴き声, 云う玉川浄水の小さな, 云う玉津島の明神, 云う王様があっ, 云うらしいもの, 云う珍奇な幾種類, 云う珍客に明け渡し, 云う珍物が御用, 云う珍譚を紹介, 云う現代人の心持, 云う現在分詞には必ず, 云う現場へ来, 云う現状では折角, 云う理合が何処, 云う理想上の要求, 云う理法はたいてい, 云う理科の先生, 云う琴唄の稽古本, 云う琵琶法師の語った, 云う瑛子の調子, 云う瑠璃子の言葉, 云う瑣末な話, 云う甚薄命な美人, 云うやさしいもの, 云う生れでどんな, 云う生活必要品がほとんど, 云う生活欲に駆られ, 云う生活資料の増加, 云う生涯も閑静, 云う生理学者は自分, 云う生返事を返した, 云う産所と墓, 云う用人がある, 云う用向きだったそう, 云う用意がない, 云う用法とは見事, 云う用語になじみきった, 云うがある, 云う田口一等卒は同じ, 云う田圃の中, 云う田村に矢代, 云う田舎に住ん, 云う田舎堅気の家, 云うを聞き, 云う由来是れ, 云う申出をした, 云う申立の三つ, 云う申訳は許さず, 云う男たちに似た, 云う男のはあるでしょう, 云う男の子次がローゼマリー, 云う男らしいのだ, 云う男らしかった, 云う男性を, 云う男振りでさ, 云う男熊本にて見知りたる, 云う男衆の目, 云う男非番で居ず, 云う町人とかはこうして, 云う町代を頼ん, 云う画因を知っ, 云う画図が次々, 云う画師の運命, 云う画幅に過ぎない, 云う畢竟めしいの, 云う番兵もあった, 云う番頭もあまり, 云う畫題であった, 云う異いがある, 云う異常の場合, 云う異状も御座いませんでした, 云う異議が出ないであろう, 云うな髯, 云う疫痢であったろうと, 云う疫癘が流行っ, 云う病気特有のすき, 云う病気腋の下にお握り, 云う病的な不安, 云う病附ということ, 云う病院の有様, 云う療法もあります, 云う発句を見, 云う白い小さい布に, 云う白ペンキの看板, 云う白拍子の娘, 云う白木の御, 云う白狐もどこ, 云う白粉焼けのした, 云う白詩の示唆, 云う百人一首やらお, 云う百合は世界中, 云う皆さんの鑑定, 云う皆んなの心, 云う皇太子に拙, 云う皮膚は雨, 云うやたるみ, 云う盗人がございます, 云う目まぐるしい世の中に, 云う目ろみである, 云う目前の予期, 云う目星しい仕事, 云う目的以外に何, 云う目科は宛, 云う目算である, 云う目色で, 云う目途もなく, 云う盲人己が不束, 云う盲目のひと, 云う盲目野郎だったん, 云う盲蛇だ知らぬほど, 云う直ぐ前でしたろう, 云う直接の交渉, 云う直接証拠がなけれ, 云う相互の密接, 云う相場である, 云う相当な知行, 云う相応に由緒, 云う相生さん自身の説明, 云う眉目妍い女, 云う看護婦さんが居ます, 云う真っ暗な土砂降り, 云う真似がし, 云う真佐子達の会話, 云う真夜中に只一人, 云う真宗の寺院, 云う真宗寺に同, 云う真実ゆえ伊之助も悪から, 云う真意を解せず, 云う眼界にまで敷衍, 云う眼皷動する心臓, 云う附けである, 云う瞬間泰子の激, 云うが主税, 云うの唸り, 云う矢張り緒方の塾生, 云う矢張旗下が有っ, 云う矢端には得, 云うせである, 云う知性的方面だけでなく, 云う短冊が玉屋, 云う短所を補っ, 云う短歌を書いた, 云う短詩の一句, 云う石屋の横, 云う石田の宿所, 云う研究上の青年, 云うではない, 云う砲声が聞え, 云う砲撃の中, 云う破綻がさけよう, 云う破邪顕正を標榜, 云う破鐘のよう, 云う硝子は凡て, 云う硝子器が飾り立てられた, 云う硬派の主張, 云うと致した, 云う確かな証拠, 云う確固たる信念を, 云う確実な理由, 云う磨き立ての長靴, 云う礼儀は正しく, 云う礼状さえ寄こさなかった, 云うの森, 云う社中のお, 云う社会主義の人, 云う社会悪に近い, 云う社会進化の途上, 云う祖国の気分, 云う祝福のある, 云う神奴の一人, 云う神意かも知れない, 云う神経作用に祟られたくない, 云う神経過敏な豚, 云う神託を聞いた, 云う神詣でもなさらない, 云う神達は己, 云う神雨を降らし, 云うがある, 云う祭礼のよう, 云う禁厭使の声, 云う禁止物に対するその, 云う禅機において時宗, 云う福井よりの村, 云う福助頭デッカチの一寸法師, 云う禰宜様宮田を上, 云う秀子が争い得ずし, 云う秀抜な批評的感覚, 云う私情は学問, 云う私憤を洩らす, 云う私有財産を難, 云う私達の詩, 云う秋谷の小川, 云う秋谷在の名物親仁, 云う科学者で芸術家, 云う秘境が必要, 云う秘法を教え, 云うがあった, 云う移転会社の引札, 云うな宝, 云う稀有な問題, 云う程万事派手であった故人, 云う程体を打ちつけ, 云う程尊む技を為す, 云う程平気だと, 云う程心に銘じ, 云う程横面を張り倒す, 云う程苛く打たなくっ, 云う程重大視して, 云う程降雪のある, 云う稍コンベンショナルな形式, 云う子法師, 云う種々な生活, 云う種差や夫, 云う稲公は砲兵, 云う稻垣小左衞門浪々, 云う稼業をし, 云うであったの, 云うならない文字, 云う穏やかな人, 云うを開け, 云うですね, 云う空名と見る, 云う空地には早咲き, 云う空想的な人間, 云う空気工場はそれ, 云う空漠とした, 云う空間概念は常に, 云う空頼みが俺たち, 云う窘逐狂に罹っ, 云う窮屈なもの, 云う立てまえから, 云う立札が立ち, 云う立脚地を有し, 云う竜池の狂歌, 云う竜泉寺前の売卜者, 云う竜頭蛇尾の感, 云うを指さし, 云うがいる, 云う童女が住ん, 云う端書が来た, 云う端的なショック, 云う端緒でございました, 云う笑いの蔭, 云う笑い方をする, 云う笑声も聞えた, 云う笑談は己, 云う笑顔を立てる, 云うを吹く, 云う符徴である, 云う第三者が点ぜられた, 云う筆勢なるもの, 云う筋道なんだい, 云うの音, 云う箇人に対しても子供, 云う算段だな, 云う範囲は倫理, 云う範囲以外に成就, 云う篆額が掛っ, 云う築城書を盗, 云う介と, 云う簡古素朴な祈祷, 云う簡潔な返事, 云う簿記法の書, 云う粗野な興ざめた芸, 云う粗雑な虚偽, 云う粟野さんに芸術, 云う精神状態に於い, 云う精神的の美し, 云う糸七は寐, 云う糸切歯が勝れ, 云う糸子の寝所, 云う紋切形の一言, 云う納所があった, 云う納涼の葭簀張, 云う紐刃物と云う, 云うな心持, 云う純乎たる輸入説, 云う純粋な愛鳥心等, 云うがある, 云う紙幣は, 云う紙片の文字, 云うばしこさ, 云う素っ気ない, 云う素振りに感づく, 云う素朴なふるさと, 云う素顔ですが, 云うが死ん, 云う細面の淋しい, 云う紳士淑女はこの, 云う終始ニヤ, 云う組み合わせの性生活, 云う経過だ, 云う結びであった, 云う結び方を知ってるだろう, 云う結び髪に, 云う結婚にはよく, 云う結婚生活の見方, 云う結末を告げた, 云う結社のもの, 云う結髪で一寸, 云うの羽織, 云う給仕が心得, 云う統計書には殺人, 云う絵かきが建て, 云う絵の具のチューブ, 云う絶叫を聞く, 云う絶好の出題, 云う絶対をひかえ, 云う絶島に流れ寄らん, 云う絶望的なもうどうしても, 云う絶間のない, 云う網元の妾, 云う綺麗な腕環, 云う名の, 云う総子は風, 云う総称が其の, 云うを見た, 云う緩和剤の力, 云う緩衝地帯がある, 云う縁故からし, 云う縁起くその, 云う縁類も無い, 云う縦坑は貴族, 云う縹色の濁った, 云う繁忙な身分, 云う繋ぎの言葉, 云う罪人にお, 云う罪咎を責める, 云う罪悪では数月前, 云う罪状であるから, 云う置手紙あり, 云う署内切っての強, 云う署名がある, 云う署長の厳しい, 云う羅馬字が明らか, 云う美しい著物だろう, 云う美名に憧れ, 云う美少年の癖, 云う美沢の言葉, 云う美男優長の輩, 云う美的な感じ, 云う美的感情に発足, 云う美称を長い, 云う美術家ですが, 云う美談がある, 云うを目, 云う義務心によった, 云う義姉のこと, 云う義憤の後, 云う義父の言葉, 云う義王御前と云う, 云う義理があっ, 云う羽島さんの声, 云う羽目になっ, 云う羽音を立て, 云う翌朝みのえは, 云う翔望である, 云う翻訳とは文章, 云う老中があっ, 云う老婆心であったと, 云う老年の下僚, 云う老爺も居ります, 云う考え之まで度々, 云う考案である, 云う考証を発表, 云う者之を春, 云う者以上に云い, 云う者共は此, 云う者君は日頃, 云う者此の様, 云う者腹巻取って, 云う耕地に小山, 云う聖人の様, 云う聖書の恐ろしい, 云う聖書販売人をし, 云う聯想の関係, 云う聴衆ゆえ気分があつまり, 云うにある, 云う職工だった, 云う肉体的快不快, 云う肉体的変調が閣下, 云う肉筆の, 云うには粉, 云う肖像畫が出来た, 云う肩書もあった, 云う肩書附で絶えず, 云う肴屋の前, 云う肺病やみの男, 云う背中に当て, 云うを頸, 云うの全体, 云うの広い, 云う胸中を知っ, 云う胸壁に拠っ, 云う能勢の声, 云う能勢弁護士の詰問, 云う脱俗超凡な演題, 云う腫物に好奇心, 云う腰抜け小僧にきくでしょう, 云う拾いが, 云う腹工合かちょっと, 云う腹心の部下, 云う臆病な性, 云う自力自活の姿, 云う自動車屋を一軒, 云う自己中に起る, 云う自己完成と云う, 云う自己欺瞞は民心, 云う自意識が心, 云う自慢に過ぎない, 云う自暴的な荒々しい, 云う自治というの, 云う自然写生のもの, 云う自然科学者は甚だ, 云う自省を第, 云う自責の心持, 云う自身の少年, 云う臭味がこんな, 云う至極結構な, 云う至極もっともらしい疑惑, 云う至極難条件がルキーン, 云う興奮のとき, 云うも硬, 云う舞台の上, 云う舞妓は舞い, 云う船ソレが日本, 云う船客もある, 云う良い家来を, 云う良心も持っ, 云う艱難困苦の底, 云う艱難辛苦をし, 云う色変りの寄合勢, 云う色好みの方々, 云う色彩の調和, 云う色沢や物質, 云う色物専門の寄席, 云う色皆好きである, 云う芝居気は固, 云う芭蕉の葉, 云う芭蕉翁の名高い, 云う花九郎の声, 云う花壇に植え込まれる, 云う花沢氏の助手, 云う芸妓が参ります, 云う芸州の医者, 云う芸当はやった, 云う芸術上の鑑賞, 云う芸術家も脱却, 云うが出る, 云う主人が, 云う若い衆が首, 云う若僧もあの, 云う若旦那があった, 云う若気の至り, 云う苦しさを, 云う苦しい苦い失望から, 云う苦しみの中, 云う苦労をし, 云う苦肉の方法, 云う苦虫が馬, 云う英吉利人もう一人, 云う英吉利語の教師, 云う英国産の大きな, 云う英蘭対訳発音付の辞書一部二冊物, 云う英雄の半面, 云うが甘, 云う茶屋からかかっ, 云う茶式料理屋で一中節, 云う茶館へ行け, 云うだ, 云う草履の音, 云う草木も眠る, 云う草花売りの, 云う荒っぽい時世な, 云う荒事を見, 云う荒熊の様, 云う荒物屋が有っ, 云う荒物御用で江戸, 云う荘重ぶった恰好, 云う荷主はけっして, 云う荷物を一杯, 云う莫迦げた命令を負わされ, 云うを分け, 云う菓子店なら貴族, 云う華族政治商売人の家庭, 云う菱沼さんもなん, 云う落付いた事なの, 云う落付きを持つ, 云う落度があった, 云う落胆まで背負わず, 云う落葉を踏む, 云う落首があった, 云う著書もある, 云う著者で文学, 云う葛飾の弁明, 云うは滅多, 云うなしの, 云うの生えた, 云うかと尋ねる, 云う薄情な, 云う薄暗い堂内に, 云う薄汚い蔭が, 云うのよう, 云う薬剤師に嫁い, 云う薬屋の息子, 云う藝者がにじり出し, 云う藩政時分の家老屋敷, 云う藻西の店, 云うたけた人, 云う蘭学好の人, 云う蘭学書生がある, 云う蘭法医師この人, 云う虚栄心も出る, 云うやりは, 云う蚊帳を買っ, 云う蛇笏の句, 云う蛮習がこうした, 云う蜘蛛屋へも行かね, 云う融通をし, 云うには石燈籠, 云うにまみれた, 云う血気にはやっ, 云う血気盛の壮佼, 云う血紅色紅褐色の春モミジ, 云う血統のある, 云う血肉の分れた, 云う行商人があった, 云う行燈があろうで, 云う行状を話し, 云う行装の立派, 云う衛生課長を更迭, 云う衣擦れの音, 云う表向の手紙, 云う表徴である, 云う表札は見出さなかった, 云う表象だったの, 云う袋物商と云う, 云うあの立つ, 云う裂帛の声, 云うで神酒, 云う裏心を見抜かない, 云う補助金の支出, 云う裾模様をつくらない, 云う複雑と感情的いきさつ, 云う褒美を与えた, 云う西洋の諺, 云う西洋楽器店の二階, 云う西洋流の作法, 云う西洋音楽を聞いた, 云う西洋食器店を何となく, 云う西風の神, 云う要素が全く, 云う覆面をした, 云う覇気ばかりで, 云う見世物があるだろう, 云う見地からし, 云う見性成仏とか自己, 云う見本を見, 云う見栄で長官, 云う見極めもつい, 云う見物を煽動, 云う見立てを下した, 云う見苦しい負を, 云う規定でした, 云う親分のところ, 云う親子の上半身, 云う親密な情合, 云う親父が屋敷奉公, 云う親父どのを威し, 云う親類が一軒位, 云う観方をすれ, 云うで金田, 云う角度からこの, 云う解剖的な考え, 云う解決を与えね, 云う解答を事実, 云う触れを出し, 云う触れ込みだったもの, 云う触手で, 云う言い伝えの為, 云う言い訳も立つ, 云う言意で云う, 云う言抜を吐きゃ, 云う言葉はさほどに怖し, 云う言葉一つも交さない, 云う言葉等々からし, 云う言葉通りに守っ, 云う言訳をした, 云う計りだ秀子, 云う訓戒的の挨拶, 云う記念の外, 云う記章です, 云う記述がある, 云う記録係の属官, 云う訝しみを, 云う訳今こんな身, 云う訳字を造り出し, 云う訳書中にある, 云うを切に, 云う訴えをする, 云う註文を聞く, 云うもなし, 云う証券を飽くまで, 云う証明の為, 云う証書を与え, 云う詐欺師の小説, 云う詑言を唇, 云う評論よんだか, 云うをし, 云う詩中にある, 云う詩清水さんと云う, 云う詩的のもの, 云う詩集を出しました, 云う詮議立ては此, 云う詰問が含まれ, 云う話いつか行けるの, 云う話それに就い, 云う話八州が何, 云う話明治初年のこと, 云う話深川の石井, 云う話題に一種, 云う誇りが潜ん, 云う誓いを立てね, 云う誓約文を書いた, 云う誓紙まで要求, 云う誓言で, 云う誘惑の曲, 云う語句を耳, 云う語調が変っ, 云う誠実な高, 云う誤差は後で, 云うでもが覚えにくがる, 云う誰彼に傚, 云う調子意に介さぬ, 云う調査には大事, 云う談判にし, 云う談話だけで書斎, 云う請判が有れ, 云う請取がなけれ, 云う請合は六, 云う諒解を得た, 云うの意味, 云う論法だよ, 云う論語の句, 云う諸君の下風, 云う謙遜の言葉, 云う講談を書い, 云う講釈をとくと, 云う謝罪の言葉, 云う謝辞さえ受けた, 云う謡言が陣中, 云う警句も成り立つ, 云う警官と十幾万, 云う警察署長がいた, 云う警戒でもする, 云う警戒心が強い, 云う警部補であった, 云う譬えば遠い海, 云うさえあった, 云う讃岐の金比羅, 云う谷中の三崎町, 云う谷蟆或いは傀儡子, 云う豆腐屋は, 云う豊一さんの友人来訪, 云う豊富なこと, 云う豚仙の格言, 云う象形文字だ, 云う豪傑連の間, 云う豪家の親子, 云う豫覚があっ, 云うとも狸, 云うをした, 云う貞之進は貰う, 云う財産も恋, 云う貢献がない, 云う貧乏町の隣町, 云う貧乏長屋に有る, 云う貧困の武士, 云う貧弱な感, 云う貧相な女優, 云う貫之の歌, 云う責任感も与えられ, 云う貴下は身体, 云う貴族なん, 云う貴族的な一寸, 云う貴族院議員のお子さん, 云う貴殿ではござらぬ, 云うのいる, 云う賊共は父, 云う賊城隍がある, 云う賑やかな面白, 云うしい男, 云うの人, 云う質素の家, 云う贋紙幣はどこ, 云う赤ら顔やはだけた, 云う赤帽の問, 云う赤熊だこと, 云うとしてここ, 云う意識状態を, 云う越後産の魚屋, 云う足取りで戸口, 云う足手纏がなけれ, 云う足音も聞えた, 云う跫音がし, 云うの上, 云う踊りッ振りをする, 云う踊り方がある, 云う踊児をももっと, 云う躊躇が起った, 云う身じまいもしません, 云う身なりをする, 云う身上を渡す, 云う身分柄か知らん, 云う身分証明書を貰った, 云う身柄にない, 云う身構をし, 云う身構えにし, 云う身許不明の溺死体, 云う身軽な自由, 云うの痕, 云う車掌の言葉, 云う車軸を流す, 云う軍人あがりの, 云う軍令も今, 云う軍医大佐の語気, 云う軍曹は大分県大野郡東大野村, 云う軍艦でその, 云う軒燈のすぐ, 云う軽卒なこと, 云う軽金属が朱泥, 云うが来る, 云う轆轤首の家, 云うが一層, 云う辞世の歌, 云う辰雄の身分柄, 云う辱しめのどん底, 云う農夫があった, 云う農婦が来る, 云う農民の住居, 云う辺土にも似合わない, 云ううらであった, 云う迂遠なるに, 云う迂闊な事, 云う迄に止まりて, 云う迄もねえ可愛いお, 云う近き比妻, 云う近所の請負師, 云う近隣で評番, 云う返事もろ共その膝, 云うは誰, 云う迷いの一とき, 云う追従語によって形容, 云う送迎なり宿引, 云う逃走用の時間, 云う上せ方, 云う透明な秋, 云うはない, 云う途徹も無い, 云う通りあまり度胸の据, 云う通りいろいろな物, 云う通りおまえさんが顔, 云う通りお化けと烏凧, 云う通りお嬢様をはじめ, 云う通りお袋があんまり, 云う通りからだを悪く, 云う通りきょうは全く, 云う通りけさ初めてじゃあ, 云う通りこのごろはコロリ, 云う通りこれらの料亭, 云う通りさだ子の絶大, 云う通りそちをこの, 云う通りそりゃあいろいろ云い, 云う通りそれを単純, 云う通りついでだから, 云う通りふだんが寝入っ, 云う通りわたしは決して, 云う通りカルロ・ナインを締める, 云う通りタクミの技術, 云う通りマルクス主義なるもの, 云う通りルビが付い, 云う通り一すじの線, 云う通り一季半季の渡り中間, 云う通り七八千噸の屋台, 云う通り三年以上長年するという, 云う通り世の中に決して, 云う通り中津の士族, 云う通り乞食して, 云う通り二つの死骸, 云う通り二十尺もある, 云う通り亭主は八兵衛, 云う通り人形といえ, 云う通り人見とはただ, 云う通り今は高粱, 云う通り今夜の怪物, 云う通り今日中に引払った, 云う通り仮想の人物, 云う通り兎に角一面, 云う通り内容は一字, 云う通り円朝燕枝らの死後, 云う通り判断に還元, 云う通り勘当されるつもり, 云う通り十五日の午後十一時, 云う通り反省と自制, 云う通り吾輩は総督府, 云う通り喧嘩から起った, 云う通り四五回通ったところが, 云う通り四畳半の小座敷, 云う通り在来の怪談劇, 云う通り大津屋の娘, 云う通り大阪の書生, 云う通り奥にはいれ, 云う通り女中は新参, 云う通り女性を高い, 云う通り姉はここ, 云う通り孝行をしたい, 云う通り安心とか立命, 云う通り家来の不調法, 云う通り寺社方からのお, 云う通り尋ね物というもの, 云う通り小左衛門は手堅い, 云う通り小枝を放し, 云う通り小生は小説家出身, 云う通り屋敷の迷惑, 云う通り山というの, 云う通り川口亜太郎の描き残した, 云う通り市田イチ子の陳述, 云う通り年毎にずんずん, 云う通り当人が逃, 云う通り形而上学的なの, 云う通り彼に嫌疑, 云う通り往来の者, 云う通り御霊の植木見世, 云う通り徳次兄いに頼まれ, 云う通り徳次郎の一件, 云う通り恋に上下, 云う通り技巧に富んだ, 云う通り文字吉には女, 云う通り斯うやっ, 云う通り新吉さんが憎まれ口イ, 云う通り旗本屋敷に巣, 云う通り昔は播州姫路, 云う通り時間は外界, 云う通り最初小鐘が明朗, 云う通り服の色, 云う通り木曽のお, 云う通り杉の木, 云う通り東京の中心地, 云う通り次郎兵衛は笠, 云う通り此方の落度, 云う通り母であり主人, 云う通り毎日のよう, 云う通り江戸時代には絵馬, 云う通り注文通りになるべきであっ, 云う通り滞在期間が長い, 云う通り演説はできず, 云う通り烏の啼かぬ, 云う通り無数の暗黒星, 云う通り犯人は秋森家, 云う通り玄関のない, 云う通り生れつきの夢想家, 云う通り発音だけは非常, 云う通り白髪の島田, 云う通り盲人の話, 云う通り相当の身分, 云う通り真ん中を襲ったら, 云う通り社会とは何者, 云う通り祈祷は祈祷, 云う通り神保方に頼まれ, 云う通り禄も身分, 云う通り私たちが新婚旅行, 云う通り秋と冬, 云う通り科人が捕り, 云う通り空間が外界成立, 云う通り窓が五分の一, 云う通り窓際へ立った, 云う通り経歴がヤヤコシイ, 云う通り絹屋と呉服屋ほんとう, 云う通り緋の緒, 云う通り自らの動物性, 云う通り船乗りには身, 云う通り色の黒い, 云う通り芳お前も同類, 云う通り藻西太郎より外, 云う通り藻西自身だと, 云う通り装飾が第, 云う通り証拠のない, 云う通り謀叛人の絵馬, 云う通り足を拭い, 云う通り足痕は庭, 云う通り車を捕え, 云う通り農民戦争や宗教改革, 云う通り運は天, 云う通り長屋へ上っ, 云う通り門の正面, 云う通り電力業者の誇る, 云う通り非常に骨, 云う通り鵜を買っ, 云う通り黒沼の親戚, 云う通伝を以てお, 云う通口の辺, 云う通子爵の令嬢, 云うさだ, 云う逢阪の辻, 云う連中経師屋連だの或は, 云う連鎖で結びつけられ, 云う連隊長からのお, 云う進物を持っ, 云う進行係がいた, 云う遊びの日, 云う遊び心に動かされず, 云う遊里に足, 云うはまっぴら, 云う運びさえつい, 云う運動競技には自信, 云う運勢をもっ, 云う運命的な代物, 云う運転手の言葉, 云う古が, 云う過ちを犯す, 云う道中には慣れ切った, 云う道具は平ら, 云う道徳的な柵, 云う道徳的興奮を感じ, 云う道徳的訓練の後, 云う道心坊主の墓, 云う道教の寺, 云う道祖の神, 云う道程がある, 云う道行きが読者, 云う道阿弥の見聞, 云う達者な者, 云う違い様で有ったろう, 云う遠縁にあたる, 云う適当な場所, 云う選択の区域, 云う遺書を部屋, 云う遺言書を見た, 云う遺風からその, 云う邪念妄想を育て, 云う邪慳なこと, 云う邪魔が這入り, 云う郊外へ隠遁, 云う部下は黙っ, 云う部屋天井廊下床下まで調べ, 云う部屋櫓と云う, 云う部落はこの, 云う部門は金持, 云う郵便が来, 云う郷土芸術は大いに, 云う都人もおれ, 云う都会であったの, 云う都会中心の景気, 云う鄭垂氏一家の住居, 云うに目, 云う酒場などは銀座, 云う酒楼だった, 云う酒造家があります, 云う酔狂でもあるまい, 云う酷評がそう, 云う醜い本体を, 云う醜名を後世, 云う醜婦が会計, 云う釈迦を見守った, 云う重々しい感じの, 云う重い音を, 云う重大な任務, 云う重罪の嫌疑, 云う重要な事, 云う重量は二人, 云うだの語, 云う野合の楽しみとき, 云う野津鎮雄少将の弟, 云う野蛮の遺風, 云う野蛮人の猛, 云う野鼠が群, 云う量見でも善い, 云う金属性の美しい, 云う金時計を見せた, 云う金目の物, 云う金箔を塗りつける, 云う金貸業者の名前, 云う金高になる, 云うを打たれ, 云うの音, 云う針医がい, 云う釣合の取れた, 云う釣好の壮佼, 云う鉄漿の道具, 云う銀座の人込み, 云う銀行が発行, 云う銀貨は母, 云う銃声ともろ, 云う錯視を起させた, 云うの狭い, 云うを着, 云う鏡花の小説, 云うとチョン, 云う鑑定だ, 云う庵の, 云う長寿の人, 云う長崎両組, 云う長歌あり, 云う長篇小説を発表, 云う長者一門の老人, 云う長閑な春, 云う長閑そうなこと, 云うは十間, 云う門出のよろこび, 云う門徒宗が男, 云う門番でそれ, 云う開拓使権中主典たる鈴木隆助, 云う開花模様はともかく, 云うもない, 云う間伸びのした, 云う間抜けな奴ら, 云う間接目的を含ん, 云う間違か多々, 云う関係上もっと恐縮, 云う関係上彼はこれ, 云う関係上結婚までには何, 云う関係上藤沢もその, 云う関所を置い, 云う関門は最初, 云う閣老がある, 云う閲歴は官能的閲歴, 云う阿賀妻であった, 云う限りあれはジード, 云う限りこの間の関係, 云う限りブルジョア哲学の伝統, 云う限りリベラリズムでは啓蒙, 云う限り半永久的な安定状態, 云う限り文化のこの, 云う限り文学至上主義という言葉, 云う限り統制とは或, 云う限り著者の立場, 云う限界とは云う, 云う陛下も本当は, 云う陰惨な事件, 云う陰惨ごとはどうにも, 云う陰険策があった, 云う陳腐な事実, 云う陸軍大学生の妻, 云う陽性の癇癪持ち, 云う陽所へ来た, 云う陽気さでございましょう, 云う隅田川を十四, 云う階下のお上さん, 云う随分六かしい, 云う随筆集の中, 云う障子窓と云う, 云う障害は人間, 云う隣座敷のお客, 云う隣村の牧師, 云う雄弁な中小僧, 云う雄猫が居る, 云う雅言は全体何, 云う集りに出た, 云う集会があっ, 云う雑報の意味, 云う雑誌社に作品, 云う雑誌記者といつも, 云う雑貨店に色, 云う雛人形を見せ, 云う離れ業はルパン, 云う離れ業以外に何処, 云う離業を演, 云う難儀も忘れ, 云う難題を出し, 云う雨気で頓, 云う雪さんの言葉, 云う雲衣さん付きの禿, 云う電信をお, 云う電燈の出た, 云う電話可哀そうだが, 云う電車にのっ, 云う電飾文字が明滅, 云う霊性の方, 云う霊肉一致も思想, 云う露西亜の老農, 云う青い色でなく, 云う青ガサがなんとなく, 云う青二歳を了簡違い, 云う青大将だ, 云う青柳の姪, 云う青江の妖刀, 云う青白い化粧の, 云う静的な立場, 云う非凡な語学通, 云う非常に美しい, 云う非望を起し, 云う被を, 云う面倒臭いことは, 云う面持で余, 云う面相をし, 云うの踵, 云う音楽サークルなどでものびのび, 云う音楽家がその, 云う音楽教師がレコード, 云う響きが聴, 云う頃ハッチより飯櫃膳具, 云う頃熾に尾, 云う項目がある, 云う須藤が彼方此方, 云う頑固さが文章, 云うがだぶだぶ, 云う頬げたいで此方, 云う顔立では無い, 云う顔立ちの女, 云う顔色もしない, 云う願いもあった, 云う願書を出した, 云う顛倒した鳴り方, 云う風体で何, 云う風変りな挨拶, 云う風態の何となく, 云う風流第一, 云う風潮の中, 云う風雲は唯一, 云う飛行機に乗っ, 云う飜訳を出した, 云う食卓もみました, 云う飯島平左衞門, 云う飴細工の様, 云う飼犬のみは如何, 云う飽くまでも生きよと, 云う餅屋は餅屋, 云う養子の事, 云う養家も今, 云う養母の弱味, 云う養老昆布の缶, 云う饅頭屋があっ, 云う首尾顛倒した鳴り方, 云う首枷を担っ, 云う香水の匂, 云うの鈴, 云う馬方と一緒, 云う馬賊だが, 云う馬鹿息子がある, 云う馬鹿馬鹿しく解り切ったこと, 云う馴染の所, 云う馴致されたカテゴリー, 云うあり, 云う騎士音楽家がセロ, 云う騒ぎ座光寺源三郎は勿論, 云う驚歎でした, 云うがことごとく, 云う骨牌倶楽部の会員, 云う高く鋭い号令が, 云う高利貸の家, 云う高尚では, 云う高笑いの声, 云う高等文官の受験生, 云う高貴なお方, 云う髪の毛が, 云う髯口許が明, 云う髷きりだと, 云うは髢, 云う鬮引が当る, 云う鬼共は愉快げ, 云う魅力愛嬌又処女, 云う魔法を施した, 云う魔王なるぞよ, 云う魚河岸の大, 云う鮨屋の露地口, 云う鯵切の様, 云う鰥暮の侍, 云う鰻屋で料理, 云うに見える, 云うの意見, 云う鷹揚な態度, 云う鹿爪らしい事, 云う麻殻の軸, 云う黄色に染め, 云う黄金の美し, 云う黒点が無かっ, 云う黒犬をさ店番, 云うを狩る, 云うをし, 云う鼻掴みの世の中, 云うの声, 云うになっ