青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「与えた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~不自由 不自由~ 不良~ ~不足 不足~ ~与 与~ ~与え 与え~ ~与えた
与えた~
~与えられた 与えられた~ ~与える 与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~ ~世 世~

「与えた~」 1681, 17ppm, 6821位

▼ 与えた~ (308, 18.3%)

64 である 28 であった 21 だった 1510 です, では 5 だと, であります 4 であろう, はその 3 か, かも知れない, だが, であったが, は, はこの

2 [13件] かそれ, かと思われる, だから, だろう, であるから, であると, でございます, でした, ですか, はおそらく, は何, は実に, は頗る

1 [98件] かとも思われた, かまた, かもしれなかった, かも知れなかった, か彼, か知れません, が, がこの, が今, が例, が其儘通用, が憤懣, が次, が法隆寺夢殿, が黒田嬢, じゃ, だけれど, だったよ, だつた, だろうか, だ支那, でありけだし, でありました, であるが, である今後, であれば, でしょう, ですが, でも, でる, で御座います, と同じ, ならば, にはいろんな, にも違い, はあの, はいま, はかく, はかなり, はそれゆえ, はそれ等, はぞっと, はちょうど, はなかなか, はまことに, はもちろん, はやはり, はやむを得ない, はよろしく, はキリスト教, はケーベル博士, はナゼ, はムリ, は一八八七年, は一四一〇年, は丁度, は三沢, は二人, は些過分, は何ん, は保守党, は全く, は其処ら, は勢い, は十三世紀末, は四時五分ごろ, は堺氏, は多く外国人, は大観門前, は娼婦, は学校, は彼, は彼女, は怪しむ, は日本, は有名, は清川, は申す, は確か, は祖母アクリーナ, は私, は美妙, は肺病, は蒲原氏, は見すぼらしい, は遅くとも, は重々, は駒井甚三郎, もやはり, も保守党, も明, も無理, らしい, をたべ, を基礎, を引き絞っ, を悔いた, を感じた

▼ 与えたもの~ (141, 8.4%)

9 である 8 であった 4 だ, であると 3 がある, だと, なの, のよう 2 だが, だった, だったの, であろう, です, で一つ, とみえ, と思われる, はかつて, は何

1 [84件] か, かも知れない, かオレ, か健三, があったでしょう, が如何, が愛, が時, が真夜中, が自由主義哲学, こそ真に, だし, だそう, だという, だろうと, であったこと, であります, でありまたは, であるから, であるが, であること, であるという, である事, であろうと, でしか, でした, ですから, でその大きな, では, で本書, で頼朝奏請, で香苞, として彼, として痛快, とすれ, とも謂うべく, と思われます, と断定, と私, と考え, と考えられね, と見, と記され, なので, なんぞ物の数, に相違, に箸, の内, はあるいは, はいか, はいくばく, はこの, はさだ子, はしかた, はなかっ, はほか, はやはり, はオランダ, はハーンたち, はベースボール, は他, は八十七日, は再び, は右, は喜び, は四十日, は実は, は徳川初期, は恐らく, は悟り切れなかった, は情, は満足, は狼, は理論物理学, は豊臣秀吉, は近衛, は障碍, らしい, らしかった, らしく刀, を追いかけ, を選んだ, を飲み食いし, 或は一般

▼ 与えたこと~ (102, 6.1%)

4 がある, になる 3 があった, である, はなかっ, もない

2 [11件] がない, だろう, であった, であろう, でしょう, はいう, は云う, は言う, もあった, もある, を知った

1 [60件] から始まり, がありませず, がなかっ, が一度, が国家, が挙げられる, が良い, だが, だけはどうしても, だけは米友, だった, だってまた, であるが, と思います, ないしは押, にある, にいたしまし, になっ, になった, によっても明瞭, に依っ, に変り, のない, の真似, はこの, はたしか, はない, はま, は与えられた, は争えない, は事実, は何, は出版当時, は前, は史家, は否み得ない, は幾つ, は当然, は思想, は既に, は私, は自然, は著しい, は詳しく, は認めざる, は認めない, は誰, は非常, もありました, もその, も争われなかった, も真, をはっきり, をまず, を心, を悔いた, を考え, を認めた, を語った, を逸作

▼ 与えた~ (56, 3.3%)

5 いう 3 すれば 2 思われる

1 [46件] あり同, ある, あれど, いうから, いうでは, いうに, いうばかり, いわねば, いわれた, おもうから, したらその, したらそれ, したらどう, したらどういう, したら私, した場合, するならば, 云う, 云うの, 云う勇士, 云う点, 云う記録, 云えよう, 云った, 伊都子の, 作ったん, 同じく日本語, 同じ事, 同じ鉛筆, 同一の, 同時に自分, 思う, 思うが, 思うと, 思ったその, 思われるもの, 称するところ, 見える, 見えるが, 見え間もなく, 見られます, 言えないこと, 言えなくも, 説き込むには, 違った一つ, 非難する

▼ 与えた~ (49, 2.9%)

2 李幕事は

1 [47件] あまり欣, しかしそれ, しかもそれ, そこを, そのことば, そのさき, その体, その後なされた, その打撃, その質, それから, それも, ためであろう, ついに子, もちろんあの, ゆえに自分, よい, オタツは, ダルメイダが, マリユスも, 三文の, 上京に対しては, 効が, 勘兵衛は, 半里, 地震の, 城では, 少し時日, 彼等の, 捨吉が, 政治の, 気は, 海老蔵は, 父の, 瑠美子は, 百姓の, 私と, 義元の, 自分も, 自身は, 舟は, 芸妓は, 追, 静かな, 頭髪が, 食わない, 飲食する

▼ 与えたという~ (47, 2.8%)

5 ことは 2 ことであった, ことも, ことを, のである, 事実だけが, 点に

1 [30件] ことで, ことである, ことには, それだけの, のかい, のでした, のは, ような, 一言が, 不動智神妙録太阿, 事が, 事実が, 事実は, 事実を, 二つの, 伝説が, 儀式および, 単純な, 取沙汰が, 方を, 沼南の, 物的証拠が, 罪にも, 訳は, 証拠だけは, 証書に, 話して, 話は, 話も, 談が

▼ 与えたので~ (29, 1.7%)

2 ござります, 私は

1 [25件] あるならば, この日, そのあたり, その中, その代り香気, それが, ユリ子は, 一同は, 一時は, 下女も, 二人夕ぐれの, 今も, 女は, 学生は, 安心し, 実はみるみる, 居合せた皇子, 彼は, 戸倉と, 正確に, 王数百歳経, 私も, 総監は, 賊の, 関係者は

▼ 与えたよう~ (28, 1.7%)

4 であった, なもの 2 だ, です, に見える

1 [14件] だが, である, でございました, でも, で一九二三年発行カモン将軍, な匂い, な外観, な形, な感銘, な気, な色, な親切, な説明, に見えた

▼ 与えた影響~ (23, 1.4%)

2 は実に, は非常

1 [19件] がどの, が毛糸, として従来同種, について思いめぐらし, について考えさせます, にはかなわなかつた, の方面, の深, はかく, はよい, は大きい, は大きかっ, は最も, は決して, や験者, を数える, を耳, 又一般, 或いは聖書

▼ 与えた~ (21, 1.2%)

4 違いない 3 相違ない, 過ぎないの

1 [11件] しても, すぎない, すぎなかった, せよ精神, ちがいありません, ちがいない, ちがいなかった, 反して, 過ぎないので, 過ぎません, 違いありません

▼ 与えた~ (20, 1.2%)

3 それは

1 [17件] お前には, さらにまた, そのこと, どうか, どうかを, 与えなかったかは, 何様か, 君にも, 否かについて, 想像に, 知らぬ, 知れなかった, 知れません, 結果から, 老獪に, 自分を, 解らないの

▼ 与えたから~ (18, 1.1%)

3 である 2 であった

1 [13件] いけないの, だ, だと, であります, なんだ, よく考え, 今ここに, 彼は, 文士の, 格別その, 盗賊たちは, 私も, 軍部も

▼ 与えた~ (17, 1.0%)

2 がありました, がある, はない

1 [11件] からみます, がひとつ, が少なく, が度々, です, はたびたび, もなかっ, も再三, も思い出される, をいま, を記憶

▼ 与えた印象~ (17, 1.0%)

2 は非常

1 [15件] が僕, にいち早く, は信長, は実に, は強烈, は恐ろしい, は決して, は興味, もそう, をこの, をつき崩そう, を考慮, を背景, を観察, を読み取ろう

▼ 与えた~ (17, 1.0%)

1 [17件] があります, がありません, がある, があれ, が今日, こそ相州小田原, と云っ, にお願い, に対して負う, は一年間, は医者, は我, は贖罪, も共に, も実に, や武蔵, 及び旅宿その他

▼ 与えたその~ (13, 0.8%)

1 [13件] 唯一の, 女に, 徳の, 惨めな, 指導者の, 日の, 残り即ち, 片腕で, 生命を, 男の, 荘重な, 赤子を, 重病の

▼ 与えたのみ~ (13, 0.8%)

2 であった

1 [11件] だった, で, でことば, で敬礼, で敵, で相手, で長く, で鞍部, ならずさらに, ならず温き, ならず間牒

▼ 与えた~ (12, 0.7%)

2 であった, である 1 かも知れない, じゃありません, であります, と讃め, の一人, の名前, は少ない, は殆ど

▼ 与えた手紙~ (11, 0.7%)

1 [11件] が, それからこの, に於, のところ, のなか, の一節, は面白い, もクニッペル, をも同封, を引用, を翻訳

▼ 与えただけ~ (9, 0.5%)

2 で後 1 で, であった, であと, である, でした, でその, で何とも

▼ 与えた~ (9, 0.5%)

1 この後, さらに恰度持ち, できるだけ, でなければ, での刺殺, で二人, で京, に手, 悠々その

▼ 与えたわけ~ (8, 0.5%)

2 であるが 1 だ, だが, である, です, では, なの

▼ 与えた教訓~ (8, 0.5%)

2 である, はその 1 は各国, は第, もこう, もまた

▼ 与えたとき~ (7, 0.4%)

2 にその 1 にもただ, の手ごたえ, の秀吉, または他人, わが岐阜本城

▼ 与えた以上~ (7, 0.4%)

2 は自分 1 のもの, はここ, は彼ら, また余り, 既にイブ

▼ 与えたかも~ (6, 0.4%)

2 知れない, 知れぬが 1 しれない, 知れぬ

▼ 与えたかを~ (6, 0.4%)

1 偵察する, 尋ねる, 小説家の, 明白に, 見れば, 顧みる暇

▼ 与えたため~ (6, 0.4%)

1 だろう, であろうが, にそう, に日本精神, に生じた, の成長

▼ 与えたのに~ (6, 0.4%)

2 違いなかった 1 なにが, 私たち二人は, 違いない, 違なかっ

▼ 与えた~ (6, 0.4%)

1 こういっ, ただちに防禦, なおいろいろ, に起った, はちょっと, はぽかんと

▼ 与えた~ (6, 0.4%)

1 おずおずと, から三年目, とでは反応, にもし, の心持, の曲線

▼ 与えたかという~ (5, 0.3%)

2 ことは 1 ことが, ことについては, 参考に

▼ 与えたかは~ (5, 0.3%)

1 はっきりしなかった, 京阪地方における, 御想像, 想像に, 知らない

▼ 与えたこの~ (5, 0.3%)

1 教師の, 敷物自分の, 歴史上の, 立ち話し, 自然哲学の

▼ 与えたそう~ (5, 0.3%)

4 である 1 だが

▼ 与えたところ~ (5, 0.3%)

1 がどう, が釈迦, ききすぎて, でどれ, に神々しい

▼ 与えたはず~ (5, 0.3%)

1 じゃ, だ, だった, であるが, ですけれど

▼ 与えたもう~ (5, 0.3%)

1 しかも法律, たところ, 一人は, 好機会, 機を

▼ 与えた効果~ (5, 0.3%)

1 は, はそんな, はむしろ, を見定める, を観察

▼ 与えたあと~ (4, 0.2%)

1 で愛想, のよう, の今, は一時

▼ 与えたあの~ (4, 0.2%)

1 おぞましい穢れた, 悠長な, 感銘を, 短い単純

▼ 与えたけれども~ (4, 0.2%)

1 その功過, 会津ほど, 後者の, 永くベーメン

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 その子供たち, 安息日も, 母の, 直感し

▼ 与えただけの~ (4, 0.2%)

1 ことな, ものは, 事で, 話だ

▼ 与えたばかり~ (4, 0.2%)

1 でなく, でなくひいては, でなく伊太利珊瑚, でなく音楽

▼ 与えたまま~ (4, 0.2%)

1 さっそうと駈け去った, でろくろく, で通り過ぎる, わざと伸子

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 うたのであろう, うた神業である, 同様な, 同然だ

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

31 です

▼ 与えた事実~ (4, 0.2%)

1 が無い, さえあった, であった, とひとり解釈

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 の手紙, の最も, の魔力, は鉈

▼ 与えた感銘~ (4, 0.2%)

1 と云う, は, はこれ, は私

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 が彼, のもの, の毛織布, はかつて

▼ 与えた打撃~ (4, 0.2%)

1 の度, の結果, はひどかっ, は落雷

▼ 与えた批評~ (4, 0.2%)

1 である, には正当, の或, は矢張り

▼ 与えた深い~ (4, 0.2%)

1 傷が, 影響は, 影響を, 悲しむべき影響

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 です, とヒステリー, にある, に対して敬意

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 がある, が悪人, だった, である

▼ 与えた~ (4, 0.2%)

1 に多少, の友人, の証明, の軽率さ

▼ 与えた約束~ (4, 0.2%)

1 の手前, を今さら, を取り消す, を男らしく

▼ 与えた自分~ (4, 0.2%)

1 からの隠語, の体, の受ける, の本性

▼ 与えた衝動~ (4, 0.2%)

1 の大きかっ, の決して, は前代, は非常

▼ 与えた~ (3, 0.2%)

1 へそを, 墨付たるに, 紋の

▼ 与えたかと~ (3, 0.2%)

1 しばらく観察, 思うと, 聞くと

▼ 与えたかの~ (3, 0.2%)

1 ように, 二月革命によって, 如く主膳

▼ 与えたきり~ (3, 0.2%)

1 でこの, ふたたび読書, 黙って

▼ 与えたとしても~ (3, 0.2%)

1 その人, それだけ, それは

▼ 与えたにも~ (3, 0.2%)

1 かかわらず古藤, かかわらず彼, せよそして

▼ 与えたものの~ (3, 0.2%)

1 一つである, 生を, 美しさ

▼ 与えた不思議~ (3, 0.2%)

1 な印象, な快感, な身慄

▼ 与えた二つ~ (3, 0.2%)

1 のピストル, の結果, の観念

▼ 与えた人々~ (3, 0.2%)

1 からその, でその, は彼

▼ 与えた感動~ (3, 0.2%)

1 の種類, は世界的, は非常

▼ 与えた最も~ (3, 0.2%)

1 大きい庇護, 重大なる, 高い愛情

▼ 与えた結果~ (3, 0.2%)

1 として例, になつ, に他

▼ 与えた覚え~ (3, 0.2%)

1 はない, はなかっ, は断じて

▼ 与えた言葉~ (3, 0.2%)

1 が不用意, が比較的, は

▼ 与えた訓戒~ (3, 0.2%)

1 である, の理由, は当然

▼ 与えたからとて~ (2, 0.1%)

1 早急に, 露ほども

▼ 与えただけで~ (2, 0.1%)

1 帰りましたな, 自分は

▼ 与えたつもり~ (2, 0.1%)

1 でいた, で煙管

▼ 与えたところが~ (2, 0.1%)

1 一年ほど, 下品な

▼ 与えたとは~ (2, 0.1%)

1 思われぬ色々, 言えない

▼ 与えたほど~ (2, 0.1%)

1 だった, であった

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 いけるに, いしなら

▼ 与えたまえと~ (2, 0.1%)

1 祈って, 請う

▼ 与えたまでは~ (2, 0.1%)

1 よかった, 彼は

▼ 与えたよりも~ (2, 0.1%)

2 いっそう大きな

▼ 与えたショック~ (2, 0.1%)

1 に気づかず, は実に

▼ 与えた一人~ (2, 0.1%)

1 かも知れぬ, の少年

▼ 与えた不快~ (2, 0.1%)

1 の印象, を打ち消そう

▼ 与えた事件~ (2, 0.1%)

1 として客観的, は当局

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 は他, は西土

▼ 与えた価値~ (2, 0.1%)

1 の差別, 多き経験

▼ 与えた偶然~ (2, 0.1%)

1 である, な一つ

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 の哲学そのもの, の対立物

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 は何と, は極めて

▼ 与えた区別~ (2, 0.1%)

1 であって, と直接

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 である, を知っ

▼ 与えた命令~ (2, 0.1%)

1 のまま今日, はまた

▼ 与えた唯一~ (2, 0.1%)

1 の思想家, の意味

▼ 与えた善根~ (2, 0.1%)

1 になる, によっても地獄

▼ 与えた喜び~ (2, 0.1%)

1 が右近, も大

▼ 与えた土地~ (2, 0.1%)

1 において発明, の富豪

▼ 与えた場合~ (2, 0.1%)

1 には時折要求, の可逆的

▼ 与えた変化~ (2, 0.1%)

1 であった, は大きかっ

▼ 与えた大きな~ (2, 0.1%)

1 打撃については, 運命の

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 印象と, 機会と

▼ 与えた好機~ (2, 0.1%)

1 だ, を逃がし

▼ 与えた宗門権~ (2, 0.1%)

2 の破棄

▼ 与えた定義~ (2, 0.1%)

1 では結果, なの

▼ 与えた実際~ (2, 0.1%)

1 の事件, の印象

▼ 与えた性質~ (2, 0.1%)

1 からいう, が失われる

▼ 与えた恥辱~ (2, 0.1%)

1 にくらべる, を忍ぼう

▼ 与えた意味~ (2, 0.1%)

1 での個別的因果, ぶかい

▼ 与えた感じ~ (2, 0.1%)

1 はちょうど, を絵

▼ 与えた損害~ (2, 0.1%)

1 と心理的影響, は人命

▼ 与えた文書~ (2, 0.1%)

1 には算所足田主馬太夫, にも

▼ 与えた新しい~ (2, 0.1%)

1 生命で, 観念や

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

1 がいい, ですよ

▼ 与えた~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 与えた最初~ (2, 0.1%)

1 の人, の街

▼ 与えた最後~ (2, 0.1%)

1 の教訓, の言葉

▼ 与えた注意~ (2, 0.1%)

1 が守られなかった, は単に

▼ 与えた熱い~ (2, 0.1%)

1 塩結飯を, 接吻の

▼ 与えた相手~ (2, 0.1%)

1 の前, の自信

▼ 与えた着物~ (2, 0.1%)

1 にきかえた, も季節

▼ 与えた興奮~ (2, 0.1%)

1 がやや, を思いやられ

▼ 与えた苦しみ~ (2, 0.1%)

1 をおれ, をすべて感情

▼ 与えた衝撃~ (2, 0.1%)

1 によって新しい, は深刻

▼ 与えた解決~ (2, 0.1%)

1 にし, は実に

▼ 与えた説明~ (2, 0.1%)

1 とかなり, には非常

▼ 与えた食物~ (2, 0.1%)

1 の中, はどうしても

▼1* [369件]

与えたあなたの印象, 与えたあまりにも痛切, 与えたあるものを, 与えたいとわしい印象の, 与えたいま一つの理由, 与えたいろいろなもの, 与えたいわば自分の, 与えたうえで, 与えたうえ懇ろに意見, 与えたうえ経費二十万円を支出, 与えたうえ自分の腕, 与えたおれのほう, 与えたかについて僕は, 与えたかによって片方は, 与えたからと云って, 与えたからには僕も, 与えたきり砂金の採掘権, 与えたくらいだ, 与えたけだかい心の, 与えたことばと何, 与えたこと偶像を礼拝, 与えたこと物語が事実, 与えた先祖さまである, 与えたさっきの唐突, 与えたしかるに魔悛めず, 与えたしとの冀望を以て, 与えたしるしと思われ, 与えたそれを明る, 与えたそれで正成は, 与えた与えたぞと, 与えたぞと叫び乍ら, 与えたたった一本の, 与えただけでも無線電信の, 与えただけに芸も, 与えたってむだだ, 与えたでもあろう, 与えたというのみである, 与えたときそれがどう, 与えたとの事である, 与えたなどはいかにも当意即妙, 与えたなり小腰を, 与えたなんてひどいこと, 与えたについて月に, 与えたには相違ない, 与えたのみか蟹に, 与えた随所に, 与えたばかりか五両の, 与えたほかには, 与えたほか義満に対して国王, 与えたほどの愛情を, 与えたまででこれ, 与えたまでのこと, 与えたもっとも痛ましい打撃, 与えたものビンと一緒, 与えたゆえんもある, 与えたよい作でありました, 与えたわしのことば, 与えたアプリオリの性質, 与えたイタデは甚大, 与えたイデオロギー概念の説明, 与えたイメージからし, 与えたクルィロフの坐像, 与えたゴーリキイの功績, 与えたサミュエルスン嬢の愛称, 与えたショオの影響, 与えたセンセーションは実に, 与えたチップこれから与えよう, 与えたテエヌが流石, 与えたドイツの有力, 与えたニモアコントアポアトヴァンピカールなどと, 与えたバットの箱, 与えたヘエル氏は早くから, 与えたルソーに於, 与えたの目的, 与えた一つの情け, 与えた一七八一年ないし一八一一年, 与えた一条件になっ, 与えた一枚の島, 与えた一点がただ, 与えた一片の恩義, 与えた七珍の古い, 与えた三十万石分与の密約, 与えた上八方から寄る, 与えた上刺殺するという, 与えた上喉笛狙って, 与えた上居間の方, 与えた上敵将の梶原景辰, 与えた不潔さがこれ, 与えた世間がのろま, 与えた丹頂のお, 与えたの心, 与えた主要な人物, 与えた予備知識に不足, 与えた事柄を, 与えた二十円は余りに, 与えた五フランのこと, 与えた五十円を返却, 与えた人乳十瓦を堯, 与えた人物に対しては邪推, 与えた人間的な印象, 与えた仏教は蓮華, 与えた仏蘭西文学はだいたい, 与えた仕事はここ, 与えた作品評というもの, 与えた作者の芸術家, 与えた侮辱は下級船員全体, 与えたには責任, 与えた傑作をしみじみ, 与えた催眠剤でない事, 与えたがもと, 与えた傷口を包帯, 与えた元日にはヒメ, 与えたの静岡高校時代, 与えた兇器或は同, 与えた先生の要求, 与えた兵法の虎の巻, 与えた冷酷なひとみ, 与えた出来事であった, 与えたなら受けとらぬワケ, 与えた分身的神話でもあるらしく, 与えた分類の特色, 与えた切り口を力, 与えた刑法の条文, 与えた別離のお歌, 与えた刹那に判断力, 与えた刺激は大きかっ, 与えた創痍も殆, 与えた功績を決して, 与えた占いはどういう, 与えた印刷物などはどこ, 与えた印象位この言葉, 与えた友人であり彼, 与えた魂丹が, 与えた叔父は受け取っ, 与えた古都の影響, 与えた名称であって, 与えた名誉ある原子科学者, 与えた命名で実際, 与えた唯物論の円熟, 与えた問題が市場, 与えたは進む, 与えた地所にある, 与えた堅固な銀行, 与えた報酬は無実, 与えたで吠えなけれ, 与えた外套やその他, 与えた多数の学生, 与えた大きい目だった, 与えた大王の会戦中, 与えた失望の念, 与えた恐らく島津方, 与えた女来也と名乗った, 与えた女賊白魚のお, 与えたな影響, 与えた威厳を思った, 与えた存在の火花, 与えた学問の歴史的分類, 与えた学術上の大, 与えた安全がなんで, 与えた官軍の大, 与えた宦官がお, 与えたはまた, 与えた容子だった, 与えた宿命とあきらめる, 与えた将軍や勲功者, 与えた小判の取り返し談判, 与えた少年だが, 与えた岡村の仕振り, 与えた左様いう感じ, 与えた左門の心, 与えた巻煙草を彼, 与えた市民への慰藉, 与えた弁信法師は爆発, 与えた心持がまだ, 与えた忠告をそっくり, 与えた急激莫大な影響, 与えた怪物の姿, 与えた恩恵に感謝, 与えた恩沢は今, 与えた恩誼に対する相手, 与えた悪魔派の名, 与えた悲しみを少し, 与えた愛子だと, 与えた慰藉多き詞, 与えた懲罰は余り, 与えた戦禍の一現象, 与えた手引きが充分用, 与えた手応えかとも思った, 与えた才能からいう, 与えた持主の蛍雪, 与えた指図はそういう, 与えた指環を指, 与えた接吻のしめやかさ, 与えた換言すれば, 与えた支払の要求, 与えた政府要人にも重大, 与えた政治上の法律, 与えた政道を批難, 与えた今も, 与えた救いの神マッカーサー元帥, 与えた教師の一人, 与えた散薬のため, 与えた数々の言葉, 与えた文化の守り, 与えた文才も大いに, 与えた新鮮な動き, 与えた日本社会党はあの, 与えた城趾に, 与えた時代であった, 与えた時彼は考えない, 与えた時彼らはそれ, 与えた暴戻なもの, 与えた曲率関係だけによるの, 与えた書信をことごとく, 与えた書簡にその, 与えた書簡集は鳴尾君, 与えた書翰で, 与えた強い暗示, 与えた最期の書状, 与えた最良の器具, 与えた木剣の傷手, 与えた木炭もこの, 与えたは二つ, 与えた本人が知れた, 与えた東郷五郎左衛門は熊楠, 与えた楽園の蛇, 与えた構成規定を尊重, 与えたな気, 与えた様子もなかっ, 与えた模様であるから, 与えた権力者たちの行動, 与えた機会であった, 与えたにも, 与えた正木正太という左官, 与えた永い間の, 与えた決定的な影響, 与えた深甚の影響, 与えた渾名がいつか, 与えた湾頭の橘中佐, 与えた満足な結婚, 与えた点静的な自然主義的リアリズム, 与えたに反っ, 与えた烟草を棄て, 与えた然諾を裏切るまい, 与えた煙管を喰え, 与えたの乳, 与えたである, 与えた状態が実感, 与えた狂言は浮ついた, 与えた独特なる物質, 与えた狼狽とはまさに, 与えた猶予の時間, 与えた獣類にも鳥, 与えた現世の主, 与えた現実的な姿, 与えた現象をその, 与えた理由が大, 与えた生命の恩人, 与えた由馬琴が筆, 与えただ, 与えた異様な超, 与えた疑問である, 与えた痛撃と同様, 与えた痛棒であると, 与えた白金の時計, 与えたの感化, 与えた真実の影響, 与えた瞬間にもう, 与えた矛盾性をば思惟, 与えた磨きがヘリ止金, 与えた示唆は修辞学, 与えた社会主義的リアリズムについての究明, 与えた祝福の神は人, 与えた神戸に何, 与えた福の神として尊敬, 与えたではない, 与えた稀有なもの, 与えた深いもの, 与えた積りで両手, 与えた積極的な熱い, 与えた空気もそれ, 与えた立場でもあった, 与えた一の, 与えただが, 与えたは否定的, 与えた簡単な叙述, 与えた精神的な打撃, 与えた純粋な切々たる, 与えたの曲線, 与えた経験のある, 与えた結婚の定義, 与えた結果あたしにも侮辱, 与えた絵本を抱い, 与えた絶好な機会, 与えたの真相, 与えた美しさだけが, 与えた美しい巧みである, 与えた美しき感じが, 与えた美妙な優しい, 与えた義務を果たそう, 与えた翡翠の文鎮, 与えた者達は最後, 与えた聡明と歯牙, 与えたは芸術的, 与えた自信とは余輩, 与えた自然哲学の特色, 与えた自然法はそれ自身哲学上, 与えた自然科学的色彩は経済学者, 与えた自筆の書状, 与えた花束の大き, 与えた若い男は, 与えた若干の事実, 与えた苦しい思い出だ, 与えた苦悩はお話, 与えた苦悶がどんな, 与えた苦手だと, 与えた苦痛にこっそりくすくす, 与えた葡萄樹とは讃むべ, 与えた薄荷火酒でヤット気力, 与えたの効果, 与えた蠅男はそれ, 与えたを結べ, 与えた表情的な顔付, 与えた複雑不可思議な運動, 与えた規定に従って合わせる, 与えたはない, 与えた親達の罪, 与えた計量幾何学の分類, 与えた記憶もまざまざ, 与えただ, 与えた試練み恵み, 与えたに亀山城, 与えた課題なん, 与えたは畢竟, 与えたあるは, 与えた譲歩も酒, 与えたで食用, 与えた資料を, 与えた賞讚の手前日下部太郎, 与えたさである, 与えた贈り物ばかりです, 与えた越前の戦後, 与えた越智をゆるす, 与えた輪郭の内, 与えた辛辣な諷刺, 与えた途端にその, 与えた通りな惨害, 与えた通諜はたしかに, 与えた過分の町人, 与えた部屋があった, 与えたが有利, 与えた金子も人, 与えたの切口, 与えた鋭い返事は, 与えたの袍, 与えた限りの, 与えたの唱え, 与えた現実的な, 与えたの痩けた, 与えたのもの, 与えたの微笑, 与えた飛躍の実質, 与えた食べ物であろうけれども, 与えた餞別のうち, 与えた驚きと疑い, 与えた驚愕と苦痛, 与えた驚異の感じ, 与えた魔物のよう, 与えた魔術の命