青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主張~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張
主張~
主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之

「主張~」 4325, 45ppm, 2589位

▼ 主張する~ (954, 22.1%)

36 のである 26 のは 21 ことが, ことは 18 ように 16 ような 12 ので, のです, ものが 11 者も 10 ことを, のが, のであった, ものは, ものも 9 者が 8 ことによって, ことも, 人が, 人は 7 ために 6 ところの, のも, ものである, やうな, 人々は, 者は 5 ことに, ところに, のだ, のだった, のを, 事が, 人も, 村 4 ところは, に当っ, もので, んだ, 者と

3 [18件] かも知れない, ことである, ことの, だけで, のと, ものだ, ものであります, ものに, やうに, わけで, 主體, 事は, 事を, 場合には, 如くに, 所以である, 所以は, 権利を

2 [45件] がそれ, が如く, ことで, ことであり, ことにおいては, ためである, ためには, だけなら, ところで, ところである, ところを, と同時に, と支店長, に反し, に過ぎない, のであつ, のでした, のに, のには, は之, ものあり, ものから, ものと, ものの, よ, よりも確か, わけには, マルクス主義は, 二十七人組を, 人たちが, 傾向の, 処である, 処に, 場合にも, 奴が, 所と, 所の, 文は, 新人記者も, 時その, 点で, 理論を, 自然科学は, 論理を, 議論の

1 [431件] いや何, か, かそれ, かと思われた, かどう, かね, かまた, かもしれない, かもしれぬ, からだ, からで, からにはやはり, からエエの, から弟子, がかかる, がごとき, がごとく, がそうした, がその, がため, が体健か, が何故, が如き, が対社会, が彼, が既に, が玉子, が目的さ, が社会上, が記者, くらいだ, けれどもその, けれども同情, けれども母, こそ時, こと, こといよいよ, ことかくまで, ことから, ことしか, ことであっ, ことと, こととは, ことな, ことにおいて, ことによ, ことによってのみ, ことはなはだ, こともしくは, ことや, ことよりも, ことをさえ, こと他の, こと年あり, こと衞生に, この人間, この命題, これらの, しかなかつた, しここ, しまた, し学生, し家人, し怒っ, し慶応側, すなわち川那部易介, すべての, すべては, すべも, ぜ, そういうこと, そうです, そして誰, ただ一人の, ためでは, ため新, だが論理主義者, だけであった, だけであろう, だけに既に幾分, だけの意味, だけの決断, だけの確信, だけの証拠, だけ僕, つもりは, という, ということ, というわけ, という事, という真に, という自信, といふ有様, とおり一言でも, とかれ, とか思想, ときと, ときの, とき拍手を, とき視覚作用は, とこれ, ところから, ところであった, ところであるらしい, ところでない, ところでは, ところなぞは, としてもその, としても實際此兩宗, とすれ, とそれなら, となる, ともなく, と一方, と云, と共に婦人, と同じ, と少なくとも, と彼, と忠直卿, と母, と述べ, と長唄, なという市兵衛, にあらず, においてやや, にたる確証, にちがい, については慎重, にはこの, にはちがい, にはどうも, には勇猛心, には博士夫人, には及ばない, には微妙, には至らざる, にほかならない, にもかかわらず, にも原則, に留まらず, に至らざる, に至りたる, に至る, に至れり, に足るべき, に躊躇, のかと, のであ, のであらう, のでありまし, のでありました, のであります, のでない, ので二人, ので孫恪, ので御座います, ので母, ので私, ので軟派, ので銀蔵, のに勇気, のに対して, のに就, のに最も, の彈力, の愚, の結果此の, はずは, は正当, は聖詔, ばかりで, ほどな, ほどに値しなかったであろう, ほどの好意, ほどの自信, ほど不合理, ほど彼, までに至りたれ, ままに, ものさへ, ものであった, ものです, ものでなく, ものでなけれ, ものとが, ものとして, ものとに, ものな, ものなり, ものなりき, ものを, もの豈, もんだ, も経済論派, ゆえんである, ゆえんなり, より外, より起る, を指し, を陋, んです, んなら, エコノミストの, ケルヴィン及び, コンドルセエの, シュペングラーの, ピュロニズムとは, レアリズムを, ヴォドアの, 一つの, 一事件が, 一人だ, 一億円逓減の, 一宗派, 一派の, 一群な, 一部の, 三人の, 主張である, 主義なり, 主義に, 主義態度即ち, 久慈も, 事につき, 事物は, 事珍らしから, 事等から, 二律反則の, 人々, 人々の, 人である, 人と, 人とが, 人に対しては, 人を, 人殊に, 人間が, 仏教の, 代りに, 以上書かるべき, 以外に, 作家の, 作家は, 作家も, 俳優は, 俺達は, 個所に, 傾向が, 傾向は, 傾向を, 元光六年, 先生が, 先生も, 全的人間性の, 到底も, 刹那的強烈を, 加特力教上の, 勇気は, 勇気までが, 勇気も, 動きは, 勤労大衆の, 南方飛来説が, 南日君を, 単于, 原理に, 反対者も, 叫び声が, 史前, 君としては, 吾, 哲学の, 哲学者が, 哲理上やがて, 因果律の, 国宝たるべき, 場合スミス博士は, 墨子は, 多くの, 女に対する, 女の, 女子の, 妖気と, 学者が, 学者である, 学者と, 学者は, 実感そのものな, 宮崎県と, 對手の, 少数の, 店の, 弁論を, 弁護士も, 形を, 形勢を, 彼は, 彼等の, 心の, 心持の, 心算では, 必要が, 必要に, 必要の, 必要を, 思想に, 思想は, 恐らく唯一, 情熱と, 意味なら, 意味を, 意図は, 意地も, 意志を, 態度に, 所で, 所である, 所とは, 所なり, 所なれ, 所は, 所亦, 教授達に, 数学者乃至, 文化的下地を, 文学の, 方で, 方法として, 星田を, 時, 時それは, 時に, 時代が, 時代自己の, 時分には, 時哲学者達の, 時彼は, 時間空間の, 最近の, 杉村の, 根拠と, 根拠は, 様な, 樣な, 権利は, 権威も, 正統派との, 比較物は, 氏, 気に, 気にも, 気持は, 汎神論に, 活力説と, 演劇に, 為には, 爲に, 爲めに, 独自の, 率直な, 理由が, 理由は, 生命主義的な, 生存競争の, 生活力を, 由縁なり, 男が, 男である, 男では, 画家には, 白瀬中尉の, 瞬間に, 社会主義とかを, 社会党は, 私を, 科学者は, 空間表象の, 立場とも, 章句と, 筈である, 箇人主義利己主義は, 精神を, 純粋潔白なる, 義務は, 義雄に, 老子兼愛, 老臣の, 考は, 者, 者あり, 者さえ, 者である, 者どもが, 者なども, 者なれ, 者の, 者を, 者総じて, 聖書が, 聲が, 自分だ, 自己充實に, 自然派の, 自然科学的空間説は, 自由への, 自由主義なる, 英国の, 行動の, 詩的精神に, 認識において, 認識においてさえ, 認識不足が, 説とが, 説も, 論者である, 論者に, 論者も, 議論に, 資格が, 趣味の, 輩です, 迄もなく, 道庵にも, 限りは, 限りリアリズムの, 顔を, 風流亡国論が, 食道楽を, 馬鹿者も, 鹿児島県とが

▼ 主張~ (872, 20.2%)

181 ている 66 ていた 27 てゐる 21 て居る 11 たりする 8 て来た 7 てゐた 6 ておられる, てこれ 5 てやまなかった, て譲らない 4 たりし, てい, ていました, て居られる, て止まなかった, て譲らなかった 3 てある, てきた, てみた, てゆく, て之, て彼, て私

2 [53件] あるいは別に, おとなしい生徒, それを, たり, たりき, たるには, て, ていい, ています, ていられる, ておった, ております, ておる, てこの, てしかも, てその, てそれ, てとうとう, てはならない, てみ, てもそれ, てゆずらない, てゆずらなかった, てよかっ, て一歩, て乙, て安, て居りました, て居ります, て所謂, て曾, て来, て極力, て止まない, て民衆, て立憲政治, て結局, て衣服, て見た, て譲らず, て貴族院, て退かない, て遂に, て遺族ら, ながら, 且つ其の, 之を, 以て, 其後日, 努力する, 同盟を, 大岡氏の, 要求する

1 [378件] あるいは法, あるひ, ある点, いいこと, いかにそれ, おたね, おのおの天険, かつこの, かつて紅葉, この地區, これに対して, これは, これを, したがって当局者, しばしば種々, すなわち個人主義, そうな, そして, そして確立, そして私, そのこと, その主張, その勢力, その原因, その実現, その解放者, その論文, その貫徹, その責任, それと共に, それについて, たとえば, たりあるいは, たりこの, たりそれら, たりそんな, たり世間, たり天皇権力主義, たり運動, たるも, っ放しに, ついに両者, ついに彼, ついに政府, つつある, つつそれ, つつ実際, てあげたい, てあるいは, ていぜん, ていたずらに, ていただけ, ていない, ていません, ていまだ, ていらした, ていらっしゃる, ているらしい, ているらしく思われた, ていれ, ていわゆる, ておいた, ておかね, ておられます, ており, ておりました, ておれ, てかえって, てからは窪川稲子, てしまった, てしよつちゆう取つ, てたまたまごく, てつづけ, てつひ, てはいない, てひそか, てほとんど, てません, てまでも彼ら, てもいい, てもこの, てもこれ, てもまんざら, てもみんな, ても万一, ても取り込む, ても大丈夫, ても容易, ても差支, ても差支えない, ても持たなけれ, ても果して, ても畑, ても百二十五歳, ても自分, ても頼り, てやった, てやまざりき, てやまざりし, てやまず, てやまない, てやまないであろう, てやみません, てゆ, てゆずらざる, てゆずらず, てゆずらぬ, てより, てゐ, てゐない, てゐるらしい, てアントワープ行, てカーク, てナカ, てフランス革命, てホンモノ, てマチラ, てルネッサンス, て上野さん, て争論容易, て人, て他, て以来, て來, て例えば, て係官, て偽り, て先日, て凡そ, て半, て南派, て大陸, て女中, て婢, て存在, て実用, て家, て容れられず, て容易, て寧子, て専制, て小さい, て居た, て居った, て居ました, て居ます, て居りまする, て席, て幕府, て引っこ抜い, て強いて, て当選, て必ず, て我々国民, て手, て支払い, て支那, て政論壇上, て敢, て断然, て新しい, て昔, て曲げない, て来たであろう, て来ました, て来よう, て来る, て枉げなかった, て校当局, て梃, て極度, て極端, て次, て止まざる, て止まず, て止まなかつた, て正義, て殆ど一人, て段々, て毎日, て気, て泣き叫ぶ, て湧き出た, て物, て王位, て由紀子, て異同なかりき, て白紙, て私小説, て立った, て立向う立場, て粗, て終った, て経済万端, て結局清三, て編集者, て自ら, て自分, て自身, て菊池賞, て見, て見る, て見識, て訊き入れなかった, て誉める, て諾, て議論, て譲り合, て谷崎潤一郎氏, て迫る, て配偶者, て闘った, て階級闘争, て革命家等, て馬端臨, て駿府, て鬼, て鳴い, ながらしかも, ながらもそれ, ながらも彼, ながら伸子, ながら何, ながら同時に, ながら如何なる, ながら我子, はいたしません, はしない, はじめ次第に, はじめ独立で, はする, ひとりこれ, またある, または朝鮮征討, また弁護, また日本人, また長井雅楽, もう自分たち, もしくは現にそう, アメリカの, サーベルと, バスチアは, ヴァロは, 一は, 一方の, 一方は, 不得, 且実行し, 乃至露出, 之によ, 予算不成立の, 事件の, 二度も, 二月二十五日の, 五十六十の, 人々みずからその, 人と, 人民の, 人生の, 仁義を, 今一人の, 他人の, 他方は, 他方犯行当時ウイスキーを, 佃とも, 佐幕家は, 佐藤春夫が, 保護干渉に, 保険事業を以て, 俺の, 個人の, 儒教も, 其の他, 其主張の, 内に, 切々と, 努力し, 単独前進を, 又は欲する, 又は社会, 又他, 又或, 古芸術愛惜, 司法官も, 合ふと, 同じ十二月, 君臣の, 吾人を, 唾みこんだ, 国家主義を, 国権の, 堀君の, 堂々たる文学論, 外政については, 天子国事に, 存在する, 学僧は, 学校を以て, 学界の, 家の, 封建的な, 封建風な, 将来家を, 尊重し, 尊重する, 岩沼は, 平和論を, 弁護する, 当時盛むに, 彼が, 快闊に, 情熱を, 或る, 或条件, 承認を, 抽象論を, 提出し, 擁護拡大する, 支那語教育の, 改良論者は, 断じて転向, 断然として, 時としては, 更にその, 最後に, 最近では, 有名な, 東洋館と, 楊松は, 正しいと, 正理, 殊に当, 気が, 決闘裁判に関する, 流石の, 激論の, 玄奘が, 現在の, 現実の, 男に対する, 男女の, 當時盛むに, 百枚近くも, 直ちに阿, 社会の, 社会上の, 神の, 神祖の, 私も, 秋田実季の, 科学的精神の, 米の, 終せた, 翌日出発の, 肯定しよう, 臂を, 自分は, 自己本然の, 自由主義の, 舞台に, 茂庭の, 蘇我氏は, 行為し, 西班牙も, 要求し得ぬ, 言論の, 討幕の, 豫算不成立の, 貧困に関する, 貫徹すべき, 貴君方の, 遂に勅命, 遂に東亜, 運動し, 道士張融の, 部署の, 関流の, 馬場辰猪氏は

▼ 主張~ (381, 8.8%)

10 もって 6 して, 持って 5 もつて 3 容れて, 押し通そうと

2 [24件] したの, すること, するし, するため, 信ずること, 固執する, 固守し, 実行する, 感心した, 抛棄し, 持つて, 排し故, 支持し, 改めざる人, 有する強き, 有つ, 棄て, 等しくし, 維持し, 續け, 聞けば, 貫かんと, 貫徹し, 防衛する

1 [300件] あくまでも徹そう, あざわらう気持, いささかで, いろいろの, おおざっぱに文学, お父さんに対しても, かえない, かくがなあ, かくし軍国主義, かぶせた種類, ききての, ことごとく弁駁, さし控, さまざま私は, されたそう, した, したもの, した人, した婦人たち自身, しなかった, しなければ, しに, し始めるもの, する, するもの, するわけ, する事, その道徳, そもそも女, それは, それらの, た, たがいに, たずねて, たやすく検討, つっぱって, つづけること, どうする, どなりだした, なしたの, なし異, なす, なすつて, なすという, なすより, ぬきとって, ねらって, のべて, はじめて, ひっこめて, まげず早く, まげなかった, まだ信じない, みずから否認した, みずから実行し, もたずどこ, もたないで, もちはじめて, もち自ら, もった社会時評, もっと強く, もっと検討, もつの, もつ人々, やった, やめないその, やりがち, ゆるめること, よう守らない, アブサーディティーにまで, 一々解説, 一つの, 一人でも, 一切胸に, 一字一字書き写し, 一応承認, 一旦承認, 一環の, 一笑に, 一語で, 世の中には, 並立せしめよう, 中途半端な, 主張しあっ, 主観と, 事実によって, 何か, 例えばマルクス主義的文化理論, 僕が, 全くする, 公平な, 出して, 切言した, 初めから, 創作に, 助けるため, 十分に, 半減され, 単に権威, 反駁しよう, 反駁する, 取り入れて, 口舌で, 叫び続けて, 叫んで, 合理化する, 吐露し, 向けて, 否定しよう, 否認し, 含んだ命題, 含意する, 唱えること, 問うの, 喚きたてた, 嘲るに, 固執し, 変じたが, 大声で, 天下に, 始めた, 守るの, 守ろうと, 完うしようと, 完全に, 完全には, 定義的に, 実は裏書き, 実現し得る, 実現する, 実行し, 実証する, 宣伝する, 宣言しました, 容れたもの, 容れる第一歩, 尊重する, 對比檢討した, 少しも, 廣める, 引き去っても, 引こめ, 引っこめて, 引込めないのみか, 強いて, 強弁する, 強調出来る, 役者なる, 徒らに, 徹底的に, 怒号し, 恣に, 意味する, 感じた, 打樹, 抛つ時, 抛棄された, 披瀝し, 押え付けようと, 拒まれると, 拡張し, 持し, 持たないた, 持たぬ性質, 持ち出して, 持ち既に, 持った言論物, 持ってる敗徳者, 持つたこと, 持つと, 持つに, 持つ新しい, 持つ者, 指して, 振り翳した, 振り翳し着々, 捨てた時, 掲げて, 援助し, 撤囘した, 撤回した, 擁護する, 支持する, 文字通りに, 既に理解, 旧くから, 明らかに, 明日は, 是の, 是認する, 曖昧に, 曲げようと, 更へては, 書いたもの, 最も徹底, 最も組織的, 最後まで, 有して, 有する人, 有ち, 有って, 有島武郎は, 朝廷へ, 枉げること, 果すため, 棒に, 検討する, 極端にまで, 標示し, 正しいと, 比較し, 決して放棄, 清三は, 無意義に, 無視する, 現世に, 理由づける, 理論に, 理論的にも, 生かした, 生かして, 生んで, 異にし, 痛感せず, 発表する, 真理ならしめ, 確かに, 示して, 示す作品, 社会に, 禁圧しよう, 私達は, 立てて, 立てるがい, 経て, 結論しよう, 維持した, 維持すべく, 繰り返さねば, 翻したと, 耳に, 耳の, 聞かされたの, 聞き突撃, 聴くこと, 聴取る, 自分で, 表明した, 表現し, 裏から, 裏づけるであらう, 裏づけるであろう, 裏切らない作品, 裏切り二つ, 裏切るもの, 裏切るやう, 裏切るよう, 裏書きした, 裏書きする, 裏書する, 見せて, 見たが, 見れば, 見出そうと, 見特に, 見逃して, 証明した, 試みないで, 誘發する, 誤りなく, 説いて, 説くの, 論破せん, 謬説と, 證明する, 貫かれ度候云々, 貫こうと, 貫徹しよう, 貫徹し得る, 貫徹するだろう, 超えて, 躊躇する, 転換し, 述べしめた, 述べ出した, 迷信化せね, 退けたの, 通さずに, 通したの, 通したり, 通すの, 道誉に, 遺憾なく, 部分的に, 開始する, 離れては, 顯は, 飜へ, 飽くまでも保存, 鼓舞した

▼ 主張した~ (302, 7.0%)

21 のである 14 のは 11 のであった 6 ことを 5 ことは, ので 4 のか, のでした, のに対し, ものだ, ものである 3 ことが, ということ, ものであった, 人が, 最初の 2 ことの, そうである, そうです, ために, ところで, のを, ものと, ように

1 [189件] あげくに, あげく各々の, かかう, かと聞き出そう, かの如く誤解, からその, からだ, からである, から太宗, から法然, がかず, がこれ, がその, がそれ, がそれでは, がつひ, がどうも, がどうも少し, がアルマグロ, が上, が主人, が之, が今日, が口下手, が大沢, が女, が妙子さん, が実際, が島さん, が明, が最後, が為, が照子, が父, が玄徳, が田村右京, が祐助君, が繁太, が英子, が遂に, くらゐ, くらゐである, けれども, けれどもそう, けれどもその, けれども通過, けれど仏頂寺, ことだ, ことである, ことに, ことについては, ことはね, ことばである, ことも, し今, そこで内務省, その同じ人, って仕方, というの, という事, という風, とおりに, とおり何も, とおり急進的に, とかく如何わしい, とか革命運動, とき多くの, とき彼の, とき戦争気分に, ところがその, ところがそんな, ところを, としても靈魂不死性, と云, と言った, と非難, にしろ, にもかかわらず, に拘らず, のが, のだ, のださうだ, のであつ, のです, のでその, ので主人, ので健三, ので殆, のにほぐし, ほどのフェミニスト, ほど現代, ものが, もので, ものとして, ものなどは, やうに, ような, わけで, んだ, んです, コフカや, ジョルジュ・サンド, スミス博士は, プロディコス, プロレタリア文学が, ヴィクトル・ユゴオの, 一人だった, 一人であった, 一八四二年より, 一組の, 一言が, 事は, 人々に対しては, 人々の, 人々も, 人でも, 人は, 人民の, 人生の, 人間性の, 仁は, 伯父パトリック・マンディの, 作品を, 例が, 先人は, 医者が, 南日君も, 国であり, 妻も, 学説は, 学説を, 學者すら, 宣伝者の, 山内容堂は, 広義の, 当時は, 息子たち, 愛国派である, 所謂写生文派の, 數學と, 文学運動, 文章を, 新旧の, 日には, 時代は, 時代を, 李勣に, 林房雄などが, 武士道の, 段階からは, 気持の, 気概が, 法水の, 流行で, 浪漫派こそ, 独断論は, 現実の, 理由が, 理由は, 町人階級の, 社会主義が, 竹内被告の, 結果今日の, 者だ, 者の, 者は, 者も, 自由を, 芭蕉に, 菊池寛が, 裏には, 言文一致論の, 訳だった, 論文に, 論者も, 議論を, 象徴主義の, 軍人や, 輪田夏子です, 逍遙とは, 通りに, 通り狸と, 運動であった, 過去世に, 道らしい, 酒造家が, 醜美論, 階級対立に, 革命家等を

▼ 主張~ (255, 5.9%)

5 ない 4 こうであった 3 全然誤謬 2 せんの, シュトゥンプフの, 一つの, 多くの, 彼女の, 或る, 日々に, 沈黙せられ

1 [227件] あのよう, ありながら, あるに, ある程度の, ある程度までは, いかなる観念, うなずかれる, かくも, こうである, このグループ, この時, この最も, これで, これを, さすがの, されて, しかしまだ, して, しばしば極端, しませんでした, すでに著者, すでに観念論, すべて地を, する, せず問わるれば, そうです, そこで, そのため, そのままで, そのものとして, その名, その後益々, その情緒的, その理論, それが, た, たいていの, つまは, どういう論理, どうしても立てる, どうなる, どこにも, なかった, なかなか行われなかった, なるべく出さない, はたして正しい, はなはだ謂れ, ひろめられ或, まげなかった, まず第, まだ捨て, まだ特別, まだ肯定, みだりに天皇, もう少し検討, もちろん僕等, もとより史的, もはや完全, やがて鉱毒事件, ややもすれば, ゆずらないと, よく急所, より多く, アメリカ東洋協會の, アートマン哲学への, カント的批判主義の, マルクスによって, マルクス主義から, 一応実証主義的, 一応尤も, 一方現代, 一般により, 一見極めて野蛮, 不充分にしか, 世人から, 主張としては, 事志と, 事物の, 人を, 今回に, 他の, 以前の, 何か, 何であった, 何に, 何の, 併し, 例えば大化改新, 信ずること, 個人の, 僞善者の, 元来人間, 先づ敗北した, 兎に, 全く伝説的, 全く斬新, 全く架空, 全く立場, 全く間違, 公正に, 分析的である, 初めの, 初め尾瀬沼附近の, 勝ち僕の, 医術と, 単なる論理的主張, 単に東大寺領, 単に舞台, 却って説明的, 古語拾遺其自身で, 可なり乱暴, 和一郎と, 四五人から, 変るの, 外面から, 夜明けごろから, 大きくなっ, 大体において, 太陽が, 妻の, 孔孟の, 実に人類, 実は単なる, 実行的で, 実際に, 客體の, 家系の, 實に, 寧ろ所謂随筆, 対象たる, 小説の, 小説は, 少しも, 工藝にも, 常に依然として真実, 常に相対的意味, 庇理窟という, 強かった, 当時においては, 当然な, 彼の, 彼らと, 従来の, 必ずしも正しい, 愛想の, 憲法上不法である, 成り立たない, 成立しない, 我々に, 所謂科学主義, 承認されね, 排斥せられ, 数学教育は, 数説に, 文学の, 断食芸人が, 既に若い, 日本の, 明らかに, 時代知らずの, 曲げられないと, 有るが, 枉げないまでも, 根拠を, 正しいであろう, 正しいに, 正しいばかり, 正當, 正直で, 殊に大槻博士, 比較解剖学の, 民衆の, 永久に, 決してロマンティシズム, 決して真理, 決して空間, 決して論爭的, 無意味で, 無視され, 父の, 牽強附會に, 独乙統一前には, 理論として, 理論以外の, 甚だ過激, 異にしよう, 當代に, 疑いも, 皆この, 真面目な, 矯飾自ら衒ふも, 確かに, 神楽坂で, 私と, 私に, 空間は, 空間表象そのものに, 笑うべき無知, 絶対に, 經濟建設の, 美術音楽などの, 翌朝見事に, 耕地が, 肯定する, 自分が, 自己の, 至極特徴的, 芸術の, 著者が, 衆議の, 表面では, 裏切られその, 裏切られて, 要するに虚僞, 見解や, 観取されるの, 証拠立ての, 認識は, 誤解から, 謹厳剛直に, 負けるであろう事, 賛成を, 退ける事, 鋒鋩を, 間に合いさえ, 間違って, 魂の

▼ 主張~ (183, 4.2%)

5 ために 4 下に 3 ように, 上で, 上に, 思想としての 2 一つの, 中に, 中には, 対立と, 正しいこと, 精神であった, 誇大に

1 [148件] あつた, あまりに偏狭, あるわけ, いつわらぬ心事, うちでも, うちに, うちには, うち実質的に, うち特に, おかげで, ことででも, すぐれた物, ためには, ための, ちがいも, つよさ, ばからしさ, ままに, もとに, イズムでは, バックと, 一つ, 一方に, 一程度の, 不備の, 中にも, 中心は, 中心を, 中心問題は, 中枢である, 乱立対峙を, 代人である, 作品行動として, 依據, 充満した, 具体的な, 内に, 内容には, 内容も, 出來る, 出発点と, 前提として, 動きでは, 動作である, 動作において, 口実と, 可能を, 合理性を, 問題では, 固執とが, 固執は, 土台と, 変化を, 如きこそ, 如き我々, 如くこれ, 如くに, 如何に, 婦人の, 存在に対しては, 學説が, 宣伝せられた, 容れられないの, 對立が, 尖端に, 展開であり, 底を, 弱点は, 強さ, 強烈な, 後の, 必要が, 思想から, 思想と, 成就は, 戸口である, 抑壓否定, 拠りどころ, 持てない気分, 提唱者等は, 擁護者たれ, 故を以て, 整理の, 新儀, 方が, 方に, 方向を, 方法は, 早晩実行せらる, 早晩實行せらる, 明かに, 明載され, 時代が, 時代に, 最も大いなる, 核心は, 根基とも, 根拠と, 根據は, 根本要旨, 根柢を, 根源は, 楯を, 権力体だ, 機械に, 欲望に, 正しいの, 正しさ, 源だつた, 為に, 無いのに, 無意味である, 特に道義的, 狭量さや, 現はれだ, 癖に対して, 盲目的實力としてのみ, 直接性に, 相違が, 相違と, 看視人, 眞否を, 真実性を, 確に, 立場は, 範囲では, 精神は, 織田支持を, 芸術を, 裏に, 裏にまで, 要点は, 要約である, 言葉には, 論拠に, 論拠には, 論拠の, 論旨である, 謬つて居る, 貫徹自己實現の, 通りっこないこと, 通りに, 通り全, 那辺に, 重みを, 長所を, 防衛に, 風を

▼ 主張~ (158, 3.7%)

6 ある 4 あるの, 通って 2 あって, あつて, この世に, 出て, 單に

1 [134件] あった, あったとも, あつた, あつたらう, ありさ, ありそれ, あります, あり米田庄太郎氏, あり蜀, あること, あるだけに, あるだろう, あるに対して, ある場合, いかなる点, いかに演劇, いっそう有力, こんなところ, すべて正し, せられたの, その奇怪, その本質上相一致, それぞれ正しい, できない, とおるに, どつち, なされた, なぜあんなに空疎, なぜ正しい, ほかの, まんざら根拠, もつと, やがてそんな, より多分, コブの, 一つだ, 一つの, 一として, 一番バカげた, 一般の, 世にいう, 世に弘, 中流知識階級をも, 乱立する, 事実において, 交錯し, 人生に, 人間的生の, 仄見える, 他を, 伝えられるよう, 何と, 何一つ通らぬ, 全事実, 再び心情, 列国の, 別れて, 勝って, 勝を, 匿され, 単なる個人的観念論的帰結, 単に理論, 叫ばれドイツ数学, 合うても, 多くの, 多分を, 如何に, 如何により, 実地に, 実行に, 小説を, 少しでも, 希臘生れの, 必ずしも通用, 成立てられたの, 戦争拡大する, 折合は, 文藝上に, 既成宗教の, 日本在住の, 明かに, 有力に, 本当で, 本質的に, 根元から, 正しいか, 正しくとも, 此の, 氏の, 気に, 水際だって, 決して何, 沖縄の, 潜んで, 現れた前後, 現れると, 現代において, 理解されるであろう, 理論的に, 生ずるの, 生まれて, 畢竟自家撞着, 皆無で, 直ちに開拓者的自在性, 知らず知らず些細, 短見であり, 示されて, 示す客観的世界, 私たちの, 私の, 第一種, 簇出し, 籠って, 罪惡であり, 置かれなければ, 自分達の, 自我の, 茲まで, 裏づけられて, 言語を, 詮じつめる, 話題に, 説かれて, 起ったこと, 起り日露戦争後, 這入って, 通ったもの, 通つた, 通つたといふ, 通るらしい, 那邊に, 部落の, 間違って, 高められたの

▼ 主張~ (116, 2.7%)

7 よると, よれば 3 同意する 2 なる, もとづいて, 共鳴し, 基いて, 對し, 於て, 直したり, 立って, 立つヒューマニズム批判, 聴従すれ

1 [79件] あると, いかに謙譲, うごかされたの, おわらせた, からんで, これ日も, さらに多少の, すすんだこと, ついて, つけ加えるの, とても熱心, なりやすい, みずから何, みずから陶酔する, よったもの, よらなければ, よりますと, われから, 一理ある, 一致する, 不利な, 他ならなかった, 余儀なくも, 傾聴しなけれ, 共鳴する, 刺戟された, 加へ, 加担し, 動かされて, 反するもの, 合して, 合ふ, 因るもの, 基き, 基く一個, 基づいて, 基づき東亜連盟, 基づき生, 基づくもの, 存する, 存するが, 学問的根拠の, 対抗し, 就いて, 帰着し, 引きずられ軍部, 影響せられた, 従えば, 従つて仕事を, 從へば, 忠実なれ, 投じるもの, 據る, 於けると, 根拠が, 止まらずして, 止まること, 止まるならば, 止るならば, 殉じた態度, 泥を, 立った, 立つと, 終りて, 縁が, 耳を, 賛成し, 賛成だ, 賛成な, 賛成なさらず, 贊成した, 較べては, 近づけなければ, 過ぎないで, 過ぎぬの, 違反する, 顧みる必要, 首肯せしめた, 黒白を

▼ 主張~ (77, 1.8%)

3 矛盾し 2 いうよりも, なって

1 [70件] いい虚偽迷妄, いうほど, これを, して, する大, そのため, その主張, その地方, その証拠, それに, それに対する, つながったもの, ならしめる, ならなければ, なりそれら, なるの, なるよう, ビスマークの, 一つものとして, 一致し, 一致する, 一見前人未踏, 一見相容れない, 不屈なる, 並んで, 之に対して, 云っても, 作品との, 倦むこと, 入れ替わらない限り, 全く一致, 動物すらも, 取消が, 同じ書き方, 同時にまた, 品の, 喰ひ, 地方官の, 奇怪な, 子供という, 実際の, 家人の, 希望とを, 強調点とを, 思えば, 思索との, 感情, 接近し, 操作主義心理學に, 文藝の, 歌劇という, 比喩には, 深い哲学, 疑惑とを, 相容れない所, 相容れなくなる, 精神病学者としての, 翻訳すれ, 考えられなければ, 自己の, 自覚と, 芳子を, 芸術品を, 見做, 評議紛々たる, 調和させ, 運動とが, 運動の, 関聯した, 隔つてゐ

▼ 主張~ (54, 1.2%)

2 があつ, たりし, であった, であつ, でありながら, としてチヤーレス, として行く

1 [40件] が叫び声, が自分, が高い, たるチャールス王, だ, であったが, であります, でありますが, であり擁護者, である, であること, であるのに, である少数, である酒井孫八郎, でしたが, ではなかつた, でもなかっ, で或, で耐乏生活礼讃者, としてさも, として特別, とたたかっ, となつ, と雖, なりき, による, のこと, の一般, の心持, の服部三郎兵衛, の論拠, はお, はそれ, はた, はとくに, は保護, は又, は真理, は誰, は馬田

▼ 主張され~ (52, 1.2%)

24 ている 2 て来た, て来ました, 文学の

1 [22件] さらには, そして強制, て, ていい, ていた, ていない, ています, ており, ております, てゆかなけれ, てゐる, て近代資本主義社会, また云わ, 動機の, 唱道され, 多数によって, 実現されなけれ, 後史時代に, 後者は, 抗弁された, 明治以来の, 極めて簡単

▼ 主張~ (48, 1.1%)

2 ない, 持つてないと

1 [44件] あつて, あり創作, あるし, あるもの, あろう, いたします, いつかは, これまでに, して, しなかったそれ, し賛成, する手段, せずに, そこから, それを, ないの, ない文学, なく專門, なく空しくその, ふくませるという, また無理, やはり部分的, ファシズムに対する, 一応は, 之を, 人物も, 何も, 個性の, 先ずホント, 先ず第, 出なかった, 可なりの, 奈良の, 成り立って, 気慨も, 水泡に, 流れて, 理論も, 皆それらは, 笑殺は, 見識も, 討論も, 誤って, 飄逸も

▼ 主張しよう~ (40, 0.9%)

22 とする 5 とした

1 [13件] という訳, とし, としてやや, としてゐる, として女性, とするなら, となさらん, とはしない, とはしなかった, ともないし, と企て, と奮いたつ, と欲求

▼ 主張される~ (37, 0.9%)

5 のである 3 ように 2 ことが, ときには, のです

1 [23件] かもしれない, かも知れません, ことに, その新, ということ, ところは, とそれ, のが, のだ, のであろう, のでしょう, のでなけれ, やうに, 不可思議的なる, 不自然な, 問題が, 女史たちに対して, 文学よりも, 時には, 義理人情の, 自我個々なる, 要求額で, 限り単なる

▼ 主張し得る~ (26, 0.6%)

6 のである 2 ためには

1 [18件] からである, ことは, ことを, つもりであった, と思っ, のであらう, のであろう, ものである, ものは, もの也, 女だった, 女だつた, 女性の, 水準が, 社会性存在権に対する, 範圍は, 自由なる, 道徳的根拠を

▼ 主張から~ (23, 0.5%)

2 すれば

1 [21件] して, すると, であり従って, 一歩踏み出し, 不安を, 出発する, 出發, 導かれること, 拡大され, 来たの, 比較的独立, 氏の, 演繹せず, 生じた一種, 生じた欠点, 生まれた, 生れた作品, 行われるべきで必ずしも, 見たり, 見て, 過去の

▼ 主張~ (22, 0.5%)

3 あつた

1 [19件] あつて, この主張, そしてその, その主張, それを, でも, 以て, 医者に, 夫婦の, 少し嶮岨, 当九郎, 彼等の, 未だ決議, 末娘に, 物々しい道具立て, 私は, 築地小劇場へ, 総代を, 誰も

▼ 主張するなら~ (20, 0.5%)

2 それは, ばその

1 [16件] ばそれ, ばより, ば両者, ば何事, ば又, ば吾, ば弁証法, ば恐らく, ば私, ば誰, まず三日, 主張する, 彼らは, 私の, 被告を, 飽くまでも主張

▼ 主張したい~ (19, 0.4%)

2 が悲願そのもの, と思ふ, のだ, のである

1 [11件] そこには, という, という名誉心, と思う, に違, のかね, のです, のは, 処に, 処は, 点だろう

▼ 主張~ (19, 0.4%)

1 [19件] その証拠, また一方最近, 主義や, 伝承を, 作品は, 個性から, 固陋な, 宣伝中の, 希望では, 思想に, 或いは一種, 流行の, 理論に, 研究が, 科學的進歩にばかり, 自尊心やが, 見方や, 輿論を, 音楽を

▼ 主張せん~ (17, 0.4%)

9 とする 2 ことである 1 がため, といけません, とした, と欲, と欲せ, も古代

▼ 主張では~ (16, 0.4%)

3 ない, ないの 2 なくて 1 あったが, あっても, ありませぬ, ありませんか, あるが, ないから, なかった, なくして

▼ 主張したる~ (15, 0.3%)

2 は何ぞ, は蓋し, ものあり, ものなり 1 ことなし, はすなわち, ものは, 民権自由論は, 民權自由論は, 論派と, 論派とは

▼ 主張には~ (15, 0.3%)

1 [15件] その根拠, もう一つ重要, 一つ一つ特色づけ, 一寸腑, 不満を, 互に共通, 同感する, 同感な, 多少關係, 安房を, 容易に, 少なくも非常, 屡々右, 私も, 第一

▼ 主張された~ (14, 0.3%)

2 のである

1 [12件] が, ことは, ことを, のであった, のでしょう, のです, のも, わけでした, 上での, 中道論には, 事実との, 議論だ

▼ 主張しなけれ~ (14, 0.3%)

3 ばならぬ 2 ばなりません 1 ば, ばならない, ばならなかった, ばならなくなっ, ばなるまい, ばわが, ば勘弁, ば損, ば法則

▼ 主張である~ (14, 0.3%)

3 のである

1 [11件] かであっ, がその, ということ, として語られ, と見え, のと, のみでなく, ものが, よりも寧ろ, 以上経済的その他の, 又恐らく

▼ 主張~ (13, 0.3%)

6 のである 4 のだ 1 のです, ので之, んです

▼ 主張すれ~ (12, 0.3%)

2 ばする 1 ども無, ばそれで, ばむろん, ばよい, ば何, ば役人たち, ば彼, ば彼ら, ば自然, ば足れり

▼ 主張しない~ (11, 0.3%)

1 [11件] からあれ, からえらい, けれどもいい, けれども彼ら, ただ本物, で一たび選挙, で油断, のか, ものを, 老人の, 者は

▼ 主張~ (11, 0.3%)

4 とか人生観 1 から爲方, そうである, として説明, とその, と思う, のという, のは

▼ 主張せず~ (10, 0.2%)

1 にはいられない, にはゐられない, にはゐられなかつた, にもゐられぬ, に出しゃばらず, また政府, 例えばあなた, 実在する, 手放しで, 理智に

▼ 主張であり~ (10, 0.2%)

2 他の 1 それに, それの, 兎に, 形式主義に対する, 從つて主體の, 從つて愛の, 日本精神が, 正に具象的

▼ 主張すべき~ (9, 0.2%)

2 ことは 1 ことを, ところであろう, ものである, 主義が, 個性も, 手がかりを, 根拠は

▼ 主張であった~ (9, 0.2%)

1 からまだまだ, から已むなく大使館, がその, が十一, が調査, けれども当時, というの, のが, 写生配合客観描写という

▼ 主張として~ (9, 0.2%)

2 打ち樹 1 フランスを, 働く, 勤労生活者の, 意義ある, 新しい知識, 私に, 自分にも

▼ 主張とは~ (9, 0.2%)

1 むしろ正反, 一つでは, 全くうらはら, 全く別, 無関係に, 異って, 確に, 違つて最初から, 雪と

▼ 主張せられ~ (8, 0.2%)

2 ている 1 それが, てそうして, てゐた, 一八一九年の, 戰線では, 自我の

▼ 主張によって~ (8, 0.2%)

1 かくまで, ローレンスは, 売ること, 最近の, 有資産階級, 行動する, 解放される, 進退せず

▼ 主張されなけれ~ (7, 0.2%)

5 ばならない 1 ばならず, ばならぬ

▼ 主張します~ (7, 0.2%)

1 か, がやはり, しそれ, と自分, ねアデェル, ので日, わ

▼ 主張せられた~ (7, 0.2%)

2 近代での 1 という事, ところには, のは, ものか, ように

▼ 主張しました~ (6, 0.1%)

1 が, がだれ, が後妻, のです, のは, 通りに

▼ 主張としては~ (6, 0.1%)

1 それが, それに対して, 幾分消極的, 物足りなく思ふ, 矛盾を, 認め得ない

▼ 主張出来る~ (6, 0.1%)

1 し又, のは, わけで, 所以が, 理由が, 筈の

▼ 主張~ (5, 0.1%)

2 しかして日本人 1 これ改進論派と, しかして世人これ, という

▼ 主張せし~ (5, 0.1%)

1 に対しアリナ夫人, に對, むるに, 五味の, 絶対的なる

▼ 主張せられる~ (5, 0.1%)

1 のは, ものが, プロレタリア科学に, 廃娼説の, 御意見

▼ 主張であっ~ (5, 0.1%)

1 たりする, てこれ, てそして, てもし, てもとより

▼ 主張とか~ (5, 0.1%)

2 生存権の 1 そんな種類, もしくは国家, 友愛結婚の

▼ 主張なさる~ (5, 0.1%)

2 のか 1 ことの, ために, 以上は

▼ 主張において~ (5, 0.1%)

1 さへも, また運動, 具体性を, 分裂矛盾の, 彼の

▼ 主張を以て~ (5, 0.1%)

1 爭はんと, 現れたの, 生れたが, 臨むもの, 自己を

▼ 主張し始めた~ (4, 0.1%)

1 というの, のは, んです, 形が

▼ 主張する如く~ (4, 0.1%)

1 冤罪者だった, 後世の, 最も惨め, 現実の

▼ 主張との~ (4, 0.1%)

2 間に 1 如何に, 關係を

▼ 主張とも~ (4, 0.1%)

1 なり又は, なるわけ, 見做, 関係が

▼ 主張にも~ (4, 0.1%)

1 かかわらずその, 似ず意外, 似子供, 共鳴した

▼ 主張によ~ (4, 0.1%)

1 つて書く, つて焼きはらわれた, つて疲弊した, つて素質の

▼ 主張に対して~ (4, 0.1%)

1 フロイスは, 一つの, 二個条の, 文芸批評は

▼ 主張~ (4, 0.1%)

1 だと, でもない, と云うべきだろう, と異

▼ 主張自己實現~ (4, 0.1%)

1 の一形態, の動作, を時間性, を行

▼ 主張からも~ (3, 0.1%)

1 またこの, よくわかつ, 出て

▼ 主張してる~ (3, 0.1%)

1 その事業, 人たちも, 原則である

▼ 主張し出した~ (3, 0.1%)

1 といふこと, のである, 自分達に

▼ 主張し得られる~ (3, 0.1%)

1 ものである, 素質を, 聖代の

▼ 主張する如き~ (3, 0.1%)

2 或は議員歳費増加案 1 は聞いた

▼ 主張せしめ~ (3, 0.1%)

1 ている, また労働, 以て

▼ 主張せり~ (3, 0.1%)

1 しかして自由論派, 彼また, 彼自由の

▼ 主張そのもの~ (3, 0.1%)

1 が既に, が絶対性, を拒否

▼ 主張それ自身~ (3, 0.1%)

1 が又, が実, に悖る

▼ 主張だけは~ (3, 0.1%)

1 予が, 僕は, 真理である

▼ 主張できない~ (3, 0.1%)

1 お通, しまた, もどっか

▼ 主張でも~ (3, 0.1%)

1 ある, なければ, 出来るはず

▼ 主張とが~ (3, 0.1%)

1 ある, 一つの, 一致せず

▼ 主張どおり~ (3, 0.1%)

1 にはいる, には会議, に特異体質

▼ 主張なり~ (3, 0.1%)

1 使命なりに, 傾向なりが, 学説なりを

▼ 主張に対する~ (3, 0.1%)

1 スミス博士の, 正当な, 深い注意

▼ 主張よりも~ (3, 0.1%)

1 一つの, 一層強い, 短い時間内

▼ 主張乃至~ (3, 0.1%)

1 宣伝と, 政党関係配当広告料と, 研究は

▼ 主張又は~ (3, 0.1%)

1 予想の, 杞憂を, 血も

▼ 主張者たち~ (3, 0.1%)

1 の多く, は世界人類, は皆ケーベル博士

▼ 主張あり~ (2, 0.0%)

2 て能

▼ 主張こそ~ (2, 0.0%)

1 まさに私たち, 徹底した

▼ 主張されるなら~ (2, 0.0%)

1 ば吾, 我々は

▼ 主張しつづけ~ (2, 0.0%)

1 てイギリス, て来た

▼ 主張しなかった~ (2, 0.0%)

1 からである, 事を

▼ 主張し出し~ (2, 0.0%)

1 てだれ, 執拗に

▼ 主張し合っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 主張し得~ (2, 0.0%)

1 ている, ても肝心

▼ 主張し得べき~ (2, 0.0%)

1 価値を, 理由以外の

▼ 主張し持っ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 主張し続ける~ (2, 0.0%)

1 だけな, のだ

▼ 主張し通し~ (2, 0.0%)

1 てい, て焚かれ

▼ 主張すべきである~ (2, 0.0%)

1 か, がその

▼ 主張するごとく~ (2, 0.0%)

1 に聞こゆるだろう, 婦人を

▼ 主張せざる~ (2, 0.0%)

1 をえない, を得ない

▼ 主張せずし~ (2, 0.0%)

2 て而

▼ 主張せね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばなりません

▼ 主張せらるべき~ (2, 0.0%)

1 何物かが, 社会的譲歩は

▼ 主張せる~ (2, 0.0%)

1 国家万能主義を, 國家萬能主義を

▼ 主張できる~ (2, 0.0%)

1 ひとは, ものかと

▼ 主張という~ (2, 0.0%)

1 ものも, 範囲を

▼ 主張といふ~ (2, 0.0%)

1 ものなく, ものは

▼ 主張とを~ (2, 0.0%)

1 もつ人間らしい, 双方から

▼ 主張なかりし~ (2, 0.0%)

2 に拘らず

▼ 主張なされ~ (2, 0.0%)

1 てもやはり, ばいい

▼ 主張について~ (2, 0.0%)

1 聞くこと, 色々な

▼ 主張に従って~ (2, 0.0%)

1 一切の, 西南西に

▼ 主張をも~ (2, 0.0%)

1 明らかに, 痛論した

▼ 主張以外~ (2, 0.0%)

1 にはない, に今

▼ 主張傾向~ (2, 0.0%)

1 のうち, は違っ

▼ 主張断行~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 主張~ (2, 0.0%)

1 なもの, の内容

▼ 主張相容れなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば結局

▼ 主張者達~ (2, 0.0%)

1 が, は考え

▼ 主張致し~ (2, 0.0%)

1 ておった, 候ひし

▼ 主張貫徹~ (2, 0.0%)

1 する, に邁進

▼1* [196件]

主張あそばしたくなるのを, 主張あったが, 主張あるべく芳子は, 主張いたしましたところ, 主張いたしますところの, 主張感能不随の, 主張からの正当な, 主張ぐらいで止めて, 主張へ一方, 主張さえする, 主張させ熊城君に, 主張させたら国家の, 主張させるのである, 主張さるべからざる人によって, 主張さるべき時であった, 主張されない都合の, 主張されなかったものは, 主張されねばならぬ, 主張されましたので仲, 主張され始めたものである, 主張され得ないのである, 主張され得るということ, 主張され教えられるのである, 主張され来っている, 主張され来ったのは, 主張され続けている, 主張され語られかつ保存, 主張しあうために, 主張しあって作品, 主張しうちたてるのです, 主張しうるもので, 主張しこわばって封鎖, 主張したいならば該書出版後今日, 主張したかつたからここ, 主張したがいに激論, 主張したがる底の, 主張したくないのである, 主張したければ変ったで, 主張したであろうと自ら弁明, 主張したならば何人, 主張したればこそ主, 主張してやろうという, 主張しとおしたのも, 主張しなくても今日, 主張しはじめてからのこと, 主張しはじめた時から, 主張しもって帝政論派, 主張しやしないかと思っ, 主張しよる奴の, 主張し併せてその, 主張し出すのである, 主張し得ただろうにと思う, 主張し得ないのである, 主張し得べく制定され, 主張し得られないことは, 主張し投げつけられる一方的な, 主張し来たったところである, 主張し続けたがまもなく, 主張し通すのだ, 主張じゃない, 主張すしかれども国民論派, 主張すべからず政府と, 主張すべきであったアダム, 主張すべく努めても第, 主張すまいとおも, 主張すらすこし過激, 主張するあたわずあるいは真理, 主張するだろうけれど, 主張するではありません, 主張するなる程感性の, 主張する在るものは, 主張する賣買の, 主張むとする誤謬である, 主張せうとおも, 主張せざれど上來, 主張せしめたものは, 主張せしめる根本資料と, 主張せず出しゃばらずにどこ, 主張せよと云, 主張せらるるならば余, 主張せられしコロボツクル説も, 主張その言論は, 主張たる社会党一本の, 主張だけから生れるの, 主張だけに説きつけるの, 主張だけを書いた方, 主張だったが実際, 主張って相談は, 主張づけられていた, 主張でありまして消極的, 主張であるべきなのである, 主張であろう右京さまは, 主張できようか, 主張でないようで, 主張でなければならない, 主張とかは多少現われよう, 主張としてのそれ本, 主張としても一日作さざれば, 主張とに就いて, 主張とにより立って, 主張とはとほる筈, 主張どおり決定したひとえに, 主張なさいますがわたくし, 主張なさったわけです, 主張なさらないから双方, 主張なさるなら信じないわけには, 主張なしながらいまだ, 主張なぞがイクラ, 主張などに入り込むこと, 主張などに関しては絶大なる, 主張などのほうへ, 主張などは通るまい, 主張などを恐れてること, 主張ならば僕, 主張ならびに苦悩と, 主張にあたって何か, 主張にあたってもかかる形態, 主張においては皇道会も, 主張にこそはらまれて, 主張にたいしてはそれらの, 主張については後に, 主張にてただちに評定, 主張にのみ耽りその, 主張により立たせること, 主張に対しパリ党の, 主張に対してはむしろ反証, 主張に関しての実際の, 主張に関しては本講話, 主張のせられたところに, 主張のみなること, 主張ばかりである, 主張へと集約される, 主張へとのみ驀進する, 主張への強圧である, 主張ほど実は強い, 主張まちまちに見うけられる, 主張めいたものを, 主張もとほるといふ, 主張やら好みやらが, 主張やをしたこと, 主張らいてうの天才主義, 主張をさえ生ずること, 主張をもって始った, 主張シテ又別個, 主張スル一宗派起リ教会ヲ清ムルヲ旨義トスルヨリ, 主張スル時ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク教師ガ増給運動ヲナス時ハ文部省ガ解決スベシ, 主張スル社會主義的思想ト根據ヲ異, 主張セラルルナラバ國際的無産者タル日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, 主張ダダイズム耶教崇拝変態心理尊重等いう人類思想, 主張堂々タル, 主張並びにそれの, 主張主義を検討, 主張以上のもの, 主張以來書いて, 主張以後に書かれた, 主張い有効, 主張傾向色彩味雰囲気などはそれぞれ, 主張軍に, 主張全体を真理, 主張出来がたかった, 主張出来なくなるからだ, 主張出来るだろうか, 主張出来得れば曾, 主張即ち眞理は, 主張及び人生観に関して, 主張同じからざりし, 主張の内外, 主張宣言を自然眞營道, 主張対主張の問題, 主張徹底的な虚無主義, 主張に与からず, 主張植民地住民の自立権, 主張主義, 主張煽動に出, 主張特にそのよう, 主張現実を現実, 主張的傾向が数年前我々, 主張的自己否定的の二者, 主張禁止こう云う, 主張禁止恁云ふ事, 主張空間表象は根源的, 主張系統ある行為, 主張者たるには至らざりき, 主張者らをさし, 主張者側すなわち朝廷側, 主張自己の存在, 主張自己實現にそれ, 主張自我の自覚, 主張自由への鋭い, 主張自身も亦, 主張見解においてフランス, 主張角様には茶, 主張論議が先, 主張通りに卒業論文中, 主張通り前の理論的, 主張に対しては卑屈