青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「与え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~ 不良~ ~不足 不足~ ~与 与~ ~与え
与え~
~与えた 与えた~ ~与えられた 与えられた~ ~与える 与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~

「与え~」 3572, 35ppm, 3291位

▼ 与え~ (2351, 65.8%)

153 いる 121 いた 82 いるの 38 くれた 21 くれる 20 くれるもの 17 いたの, いること, くれたの, くれました, しまった 15 いるよう, おいて 14 いるもの 13 います, くれるの 12 いない 11 いるが, 下すった 10 いるという 9 いて, くれるよう, やって 8 これを, やった, やろうと, 居る 7 いたが, いるか, いると, くれて, くれなかった, やる, やろう, 下さい 6 いるかという, いるところ, きた, くれたもの, くれない, やること, やるの, 曰く

5 [11件] いたこと, いたという, いるん, いる理由, おけば, くれと, くれないの, くれます, くれれば, しまったの, それを

4 ある, いないこと, いるかを, おいた, おくと, おりました, くれること, 呉れたの, 居ります, 置いて

3 [42件] あるの, いたもの, いたよう, いった, いないと, いなければ, いるから, いるし, いる処, おいでに, おきながら, おくこと, おくの, おこう, おります, くださったの, くれたから, くれたよう, くれるかも, くれるから, くれると, くれる者, しまうと, しまうの, しまつ, もらいたいと, もらうこと, やったこと, やったの, やりたいもの, やると, やれば, やろうという, 下さいました, 下さったの, 之を, 出て, 呉れた, 呉れる, 彼の, 来た, 自分は

2 [93件] あったの, あるが, いいの, いけません, いたかも, いたに, いたので, いた人, いないの, いないよう, いなかった, いました, いるあの, いるかと, いるかも, いるその, いるでは, いるに, いるのみ, いるらしい, いる事例, いる人, いる有様, いる表, いる間, おいてから, おかなければ, おかねば, おけ, おこうと, おられた, おるの, ください, くださいました, くだされば, くれさえ, くれたこと, くれたん, くれたアメリカ紳士, くれよう, くれるため, くれ給え, しまいました, しまう, しまって, その日, それで, それに, なるもの, みたところ, みること, もらった方, やったもの, やっても, やらないの, やらねば, やりたいと, やりたかった, やりましたが, やりましょう, やるから, やれと, ゆくこと, オレの, 下さると, 下さるの, 下さるよう, 与えて, 口止めを, 呉れぬ, 外に, 天下の, 女房に対する, 居たと, 居ます, 居ること, 帰した, 帰って, 彼は, 敵の, 旅人を, 来たか, 来たの, 生かして, 私を, 立ち去った, 立退きを, 自分が, 自分の, 自動車を, 行った, 行ったこと, 鄭重に

1 [1147件 抜粋] あげたいと, あの事, あり, あり三月中, あるのに, あるよう, いい, いいと, いうに, いくつもり, いたあの, いたすなわち, いたであろう, いたなど, いたわって, いた事非難の, いた定額, いた点, いた言わるるまま, いた青年, いないから, いないであろう, いないという, いないはず, いない事, いない気配, いなかったよう, いません, いよいよ人心, いよいよ麗しい, いられた, いるかたわら, いるけれども, いるだけ, いるだろう, いるだろうかと, いるであろうか, いるとき, いるのに, いるばかり, いるもの如何, いるよ, いるらしかった, いる一方, いる上瞼, いる事, いる以上, いる動揺, いる名前, いる噂, いる国家, いる女主人公, いる工場, いる当の, いる怪傑, いる慈善的施設, いる最中, いる海水塩分起原説, いる清盛, いる生, いる祭司, いる結論, いる者, いる苦悩, いる解釈, いる記録簿, いる返答, いろんないや, おいたでは, おいたに, おいたもの, おいた上, おいた方, おかれれば, おきます, おく, おくため, おく分, おく理由, おだてて, おられる, おりそれ, おり一度, おるところ, お前涙もろい, お掛け下さい, かかる悪魔, きたの, きた甘, きて, くださいます, くださる, くださるし, くださると, くる, くれい, くれず自信, くれたかも, くれたぜ, くれたとしか, くれたよ, くれた一本, くれた両親, くれた二三, くれた例, くれた天, くれた宗教, くれた幸運, くれた恋人, くれた恩恵, くれた戒, くれた特別, くれた相手, くれた第, くれた豊田氏, くれても, くれないこの, くれないでは, くれないところ, くれないもの, くれなかったこと, くれなかったらその, くれなかった幾分, くれぬから, くれましたよ, くれませんでした, くれようと, くれるか, くれるだろう, くれるであろう, くれるでしょうか, くれるなに, くれるひと, くれる世の中, くれる人々, くれる作品, くれる劇団, くれる唯一, くれる太陽, くれる婦人雑誌, くれる手, くれる文化活動, くれる機関, くれる注解, くれる無限, くれる筈, くれる自然, くれる読み物, くれる面白み, くれオリジナル, くれ訴訟, こうして京都, ここでも, この世から, この家, この男, この話, これに, ござるの, さきに, さッさ, しかるべきもの, しまいただ, しまいます, しまうだけ, しまうので, しまえ, しまえ与えて, しまったという, しまったよう, しまったッ, すぐ立たせた, そうしてことし, そうして人類, そっと休息, そのほかいっさい, その下宿, その勢威, その妻子, その実験, その山, その心, その気, その発作的胃神経痛, その細君, その跳梁, それからは, それから年代, それから静か, それぞれ区域を, それでがんりき, それでもあの, それと, それに対する, ただぐうぐう, であった母, なおまた, なお余り, ならぬ, ひたすらその, ひどい脳症, ほしい, ほほ笑んだ, まず麦湯一杯, または室外, またも悠々閑々, また足利, みたい物, みました, むしろ生活, もって, もと出発, もはや彼, もらいたいという, もらいたきもの, もらいナンキン袋, もらえたと, もらおうと, もらったの, もらった人, もらわなければ, やがて退がろう, やったし, やったのにと, やった方, やまないもの, やらない, やらなくても, やりあと, やりたい, やりたい親切, やりたくなった, やりたく思う, やるこそ, やるだけの, やるという, やるに, やるよう, やる人, やる方法, やれ, やろうかという, やろうとして, やろうとは, ゆくその, ゆくの, ゆく自身, よいと, よりこれらいずれ, より雑多, われわれの, カラーと, ゼモニエ, モルヒネ中毒者に, 一命を, 一寸あやまる, 一方に, 一蹴し, 七時ごろ彼の, 三木城なども, 上げましょう, 下さいます, 下さったもう, 下さらないもの, 下さるから, 下さるし, 下さるという, 下さるなら私, 下士には, 世に送り出しました, 丹精を, 予自身が, 二度と再び前川, 亭主に, 人間という, 今日は, 仏を, 他の, 他意なき, 以後私の, 以来その, 何かの, 何様な, 作曲に, 保護の, 候重ね, 僕の, 優しく下痢, 優遇し, 元の, 充実した, 全国民, 全艦隊, 公に, 公役に, 其の糸, 其場を, 冗談半分に, 出すダイナミック, 出来る限り系統的, 別れられたこと, 前以, 助けて, 医者は, 午前十時ごろ飲む, 博打に, 去った, 去る, 受けなければ, 口に, 召抱えた能楽師及囃, 同一角度, 同等に, 否応なしに人情, 呉れたと, 呉れた作家, 呉れなかった有らゆるもの, 呉れません, 呉れるだろうと, 呉れる人, 呉れる本, 呉清源や, 喞筒の, 固有振動を, 垣の, 報酬を, 外国への, 夜は, 大動脈に, 天空の, 夫人が, 女を, 妹を, 威嚇を, 婚姻せし, 孝を, 実力的に, 室を, 害すること, 容易に, 寝かせて, 少女を, 居た感じ, 居ない, 居なかった, 居りますが, 居るでは, 居る位, 居る実に, 山から, 帰されること, 帰したの, 帰すだけ, 帰られた, 常に好, 平常は, 年千余石の, 幾日でも, 底知れぬ, 弟にも, 張, 当時の, 彼に, 彼を, 彼女に対する, 彼女は, 彼等の, 後から, 後戦い, 御覧, 心境を, 心身を, 怪美人の, 息子に, 悪い事, 意気を, 慰撫し, 成長させる, 或人, 戦争の, 扉を, 手もとで, 手習を, 招き寄せことごとく, 控えるの, 支持された, 放して, 教養人らしい, 料理店を, 新たに, 明治二十八年から, 昼だけ, 智深, 更に二十五年, 最愛の, 有るの, 未来に, 杖の, 来たこと, 来ただろう, 来たもの, 来た歴史的時間, 来ること, 来援せしめた, 案内させ, 檻から, 欠席の, 歓を, 正しい姿勢, 武威も, 歩く姿, 死者を, 残る幸福, 殺して, 母君は, 毎日放課後に, 永遠の, 油を, 泥を, 温柔の, 源氏は, 漢川方面への, 然る, 牛は, 犬の, 犯人自身の, 玄徳は, 生存を, 生涯の, 田舎に, 番頭と, 発見を, 眠りを, 祁山の, 秀子を, 私は, 突兀的情操飄逸的情操と, 立たせて, 立ち去りながら, 立派な, 約の, 給えこの, 統一を, 縁を, 置いたが, 置いたの, 置きたいもの, 置きました, 置くにも, 置く必要, 羽を, 肉体的快感をも, 臨終を, 自らを, 自分たちを, 自然の, 自身に, 船は, 良人に, 良心を, 花との, 落して, 虎の, 蜀の, 行かれたそう, 行き過ぎるの, 行くよう, 街へ, 見たかったから, 見ようと, 見るん, 見給え何物, 解決する, 言いますには, 説明し, 諸事を, 負かした自分, 貰いたい私, 貴様達は, 質問した, 身を, 輪郭的に, 追い使おうと, 追い返したの, 追ん, 通った, 連日紙上に, 過ぎ去る, 遣りたくなる場合, 郷土に, 都へ, 酒を, 開業させた, 関羽は, 頂ける事, 顔出しが, 飽きるほど, 馬回りに, 髪なども, 鼓舞し

▼ 与えたり~ (67, 1.9%)

10 して 7 した 5 すること 2 したこと, するの, また道徳

1 [39件] あれこれ歴史物語を, したが, したら当然, してる不幸, しましたが, しもの, しを, じいやと, する, する手, する社会, なぞし, または彼, またもの, 人形に, 剥ぎ取ったり, 力づけたり, 又高い, 売り払ったり, 寝るべき夜具, 巧く, 徳を, 拒否し, 改悛を, 時には諷刺, 時間を, 水を, 況んや, 眼を, 知識の, 羨望の, 芸を, 苦しめたり, 証文を, 説教し, 賞与を, 越後や, 近ごろの, 陸上競技の

▼ 与えながら~ (56, 1.6%)

3 言った 2 いった, 一種の

1 [49件] いたずら者らしく, うまうま, おのれの, この各, じっと愛らしい, すぐに, その振幅, その武器, その病苦, それでも最初, クールノー, モンセーニュールは, 与えた後, 中腰に, 乞食の, 亡き人を, 人間を, 今にも己, 今猶, 他方に, 伸子は, 俺と, 夜が, 如何に, 帳場の, 幻影の, 広間へ, 彼を, 昔日の, 更に報酬, 来がけ, 次から, 消費者には, 独身で, 神様よりも, 結婚を, 自分の, 自分は, 行くもの, 規定の, 言い添えた, 誇らしげに, 足音も, 躯は, 迫って, 迷惑は, 遅れ勝ちに, 遅歩, 高等師範の

▼ 与え~ (54, 1.5%)

5 るべきもの 4 るること 3 る, るる, るるの, るるもの, るれば 2 るべきであろうか, るるから

1 [26件] るという, るべきそれら, るべきであったと, るべきでは, るべき刺戟, るべき名, るべき奨励, るべき財貨, るべくして, るべければ, るるかも, るるが, るるさえ, るるであろう, るると, るるに, るるまま, るる事, るる唯一, るる因縁, るる性質, るる時, るる無料, るる自由, るる酒料, る云々

▼ 与えても~ (49, 1.4%)

2 ようございます

1 [47件] いいという, いるが, いるもの, お父さんお母さんあの, この犬, さしつかえが, すぐ次, その中, その品, それは, それより, それを, ついぞ嬉し, やはりこれ, よいしかし, よいという, よいはず, よかろう, よくない, よし, 乗客は, 余りある, 先方が, 先生は, 処方を, 力が, 各分子箇々, 困るからね, 多数の, 天国は, 差支えない更に, 患者の, 悦びます, 惜しくは, 戻さぬ所, 抱いて, 明らかに, 異存の, 礼言わずなりぬ, 神話そのものの, 私は, 結局は, 自から, 自殺を, 良いが, 見向きも, 解らないかい

▼ 与えまた~ (43, 1.2%)

2 は受ける

1 [41件] ある意味, いかなる細目, その以後, その家, その自然価格, でき得るならば, どんな犯罪, もう一ぺん初五, われらの, 一定量の, 京洛の, 何かの, 傅士仁に, 勉強の, 十人扶持五十俵を, 受けたあの, 商館の, 子供が, 帰る折りには, 弁当代として, 彼の, 後味の, 徐かに, 我に, 教会領や, 新家庭, 新鮮な, 欠乏を, 殄寇将軍の, 温めて, 潘璋には, 狂暴性を, 秀吉の, 老将千葉介, 聞き手に, 自らの, 花香花鬘等を, 苦痛や, 足下に, 雨を, 馬を

▼ 与え~ (33, 0.9%)

4 しない, しなかった 2 したが, しないかという, しなかったが, しまいか, しまいかと

1 [15件] いたしません, した, して, しないだろうかと, しないだろう密契, しないん, しなかったから, しなかった機会, しなかろうかと, しまい, しまいかという, しようが, すまいかと, するが, せぬかと

▼ 与え~ (32, 0.9%)

3 なったの 2 ここへ, なった

1 [25件] きた, ければ, なった教育, なった琴, なって, ならず宮, ならない, ならないので, ならなかったこと, なりましたか, なりますと, なること, なるの, なるもの, なる時, なる親しみ, ゆくの, 出かけるの, 来たの, 来たもの, 来る富裕, 行くの, 行くよう, 行く道すがら, 院は

▼ 与えては~ (31, 0.9%)

2 くれなかった, ならない, ならないという, ならぬと

1 [23件] いけないから, いけません自分, いない, いないはず, いないカント, いなかったとしても, いるが, おくまい, くどくばかり, くれないから, どうかという, ならないこと, ならぬ, ならぬこと, ならぬという, ならぬところ, ならぬの, モジリアニから, 下さらなかった, 仕事に, 当座の, 漸うさぐり得た, 甘い菓子

▼ 与えその~ (30, 0.8%)

2 結果として

1 [28件] 上で, 両面を, 代償に, 全占領地, 刺戟が, 前へ, 勇気の, 外形を, 妻また, 幾分を, 建築を, 形態を, 必要さを, 援助者には, 日その, 明くる, 暗示通りに, 本来の, 現われは, 発育の, 自主的活動を, 藤堂藩は, 虚を, 衣食を, 誇るもの, 軍馬を, 辻を, 運転を

▼ 与えつつ~ (27, 0.8%)

2 ある, あるの

1 [23件] あったの, ありては, あるかと, あるかという, あるが, あるだろうか, あるもの, ある事, ある印象, ある寄与, ある批評家ソローキン, それを, また地震, 労働者の, 十年の, 否応なしに我々, 接近し, 治療し, 消極的な, 第二次欧州大戦, 而も, 訓戒を, 重ねられて

▼ 与えそして~ (19, 0.5%)

1 [19件] いうには, かれ自身, そのより, 万事は, 二つの, 人口増加を, 口々に, 古い名, 外国に対しては, 奥村助右衛門夫婦にも, 寝入って, 平然と出, 彼は, 彼らの, 彼女は, 最も生産的, 独身生活に, 立ち去ろうと, 第二

▼ 与え~ (17, 0.5%)

3 しよう 2 しない

1 [12件] した, したでしょう, したで有ろうから, して, しないで, しないの, しなかったもの, しなければ, しまいし, しわたくし, するしかるに, するもの

▼ 与え自分~ (14, 0.4%)

1 [14件] が北海道各地, が孕ませた, では手, と同一, の掌, の損害, の追跡, の部屋, はこの, はつい, は三十フラン, は喰, は畳, も一つ

▼ 与えそう~ (13, 0.4%)

3 して 1 すること, だ, だし, だという, でしかた, なおそれ, なので, な影響, な相手, もなき

▼ 与えそれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] がまた, がやがて, で生活, と同時にチリンチリン, にも飽かず, によって分析, によって自然哲学, に花, の動力, の反作用, を整然, を理解感激, を真剣

▼ 与えこれ~ (11, 0.3%)

2 は竜金 1 で寝られる, とてよき, によって精神, は全く, ほど完全, をし, を一様, を知ら, を馴

▼ 与えかつ~ (9, 0.3%)

1 これを, そのシカケ, その研究, その自由活動, 勤労の, 広く一般的, 施したと, 添加せざる, 自然の

▼ 与えさえ~ (9, 0.3%)

6 すれば 1 した, します, するならば

▼ 与えてから~ (9, 0.3%)

1 いろいろ説明, もう半月, 仕方な, 彼は, 徐徐に今日一日, 案内に, 男を, 私が, 金を

▼ 与え~ (9, 0.3%)

2 の心 1 が歯, が第, には私, の作家的熱意, の運命, はそれ, は寒々

▼ 与え~ (7, 0.2%)

1 いうべきか, くれミーチュシカ, 喜んだ, 喜んで, 心得る, 拾って, 織江は

▼ 与えなど~ (7, 0.2%)

4 して 1 した, しては, し家

▼ 与えあるいは~ (5, 0.1%)

1 これが, それを, 他種, 恐ろしい姿, 種々の

▼ 与えさらに~ (5, 0.1%)

1 テーブルが, 作中の, 末の, 自ら指揮し, 酒など

▼ 与えしかも~ (5, 0.1%)

1 その課程, 天の, 彼に, 後顧の, 戦争物で

▼ 与えなお~ (5, 0.1%)

1 丹波山陰地方にまで, 古物商には, 外の, 必死の, 神の

▼ 与え同時に~ (5, 0.1%)

1 出生のみによる, 次の, 気を, 自分たちも, 長い間

▼ 与え子供~ (5, 0.1%)

2 はその 1 のため, はただ, を残し

▼ 与えあと~ (4, 0.1%)

1 で不思議, の総勢, は解析, を路銀

▼ 与えこの~ (4, 0.1%)

1 国の, 地上の, 薄暗い世界, 蜥蜴は

▼ 与え~ (4, 0.1%)

1 その子, 与えるべきであった影響, 世界観から, 既成の

▼ 与え~ (4, 0.1%)

1 という人間, の心動, を混乱当惑, を都

▼ 与え彼ら~ (4, 0.1%)

1 のうち, の行動, はこれ, を結合

▼ 与え彼女~ (4, 0.1%)

1 の唇, を品性, を憂愁, を馬鹿者

▼ 与え~ (4, 0.1%)

1 の師, の者共, も巧み, を攪乱

▼ 与えある~ (3, 0.1%)

1 学者は, 朝早く, 行動を

▼ 与えさて~ (3, 0.1%)

1 その後から, 典膳に, 後が

▼ 与えすべて~ (3, 0.1%)

1 の稲, の重荷, を投げ込み

▼ 与えそれから~ (3, 0.1%)

1 三大寺に対し, 揉みに, 頭を

▼ 与えという~ (3, 0.1%)

1 もの, ものです, もんだ

▼ 与えにくい~ (3, 0.1%)

1 のだ, のでありましょう, 気が

▼ 与え一人~ (3, 0.1%)

1 には赦免, のアリス・ホバード, の白衣

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 すったこと, すった方, すった皆さん

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 に反し, に牛肉, を検証

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 て孔明, て家族婦人, て詳

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 という意味, としてのジャーナリスト, となる

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 らしい生命, 士族は, 希望を

▼ 与え新しい~ (3, 0.1%)

1 仕事を, 文学の, 観点からの

▼ 与え~ (3, 0.1%)

1 が大いに, にはこの, 即ち素材加工

▼ 与え更に~ (3, 0.1%)

1 兵器などは, 誤解を, 進んでは

▼ 与え次に~ (3, 0.1%)

1 また一撃, 来るもの, 蒸気の

▼ 与えかくして~ (2, 0.1%)

1 これは, 労働者を

▼ 与えかた~ (2, 0.1%)

1 にもやはり, のむご

▼ 与えかの~ (2, 0.1%)

1 困難より, 国に

▼ 与えしも~ (2, 0.1%)

1 いまだ結婚, 馬ただ涙を

▼ 与えたりと~ (2, 0.1%)

2 称すべからず

▼ 与えてさえ~ (2, 0.1%)

1 もらうならば, 下されば

▼ 与えてまで~ (2, 0.1%)

1 追いだしたいほど, 長男の

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 大きな喜び, 如き感興

▼ 与えやすかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たかも

▼ 与えよく~ (2, 0.1%)

1 芸術の, 達摩后を

▼ 与えわが~ (2, 0.1%)

1 心を, 民族に

▼ 与えわれわれ~ (2, 0.1%)

1 に住居, に衣服

▼ 与えエホバ~ (2, 0.1%)

2 取り給うエホバ

▼ 与えストーヴ~ (2, 0.1%)

2 の火

▼ 与え一方~ (2, 0.1%)

1 では神, に多く

▼ 与え一時~ (2, 0.1%)

1 は全く, は法律統一

▼ 与え一種~ (2, 0.1%)

1 の憧憬, の締

▼ 与え且つ~ (2, 0.1%)

1 或る, 或点

▼ 与え代り~ (2, 0.1%)

1 に年貢, に府中

▼ 与え伸子~ (2, 0.1%)

1 はそう, は抵抗

▼ 与え優しく~ (2, 0.1%)

1 いたわって, お諭しあれ

▼ 与え全体~ (2, 0.1%)

1 としてみれ, の効果

▼ 与え別に~ (2, 0.1%)

1 又紙, 山村氏には

▼ 与え命令~ (2, 0.1%)

1 し指導, し指揮

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 のうち, は徹夜

▼ 与え大衆~ (2, 0.1%)

1 の購買力, を掌握

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 の喜び, は生

▼ 与え実行~ (2, 0.1%)

1 に押しすすめ, の動機

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 の名跡, を与え

▼ 与え従来~ (2, 0.1%)

1 の士分, の親日傾向

▼ 与え~ (2, 0.1%)

2 の脇

▼ 与え方法~ (2, 0.1%)

1 を与える, を示し

▼ 与え易い~ (2, 0.1%)

1 のでそれ, 物語である

▼ 与え最も~ (2, 0.1%)

1 価値ある, 高い山頂

▼ 与え最後~ (2, 0.1%)

1 に王冠, の飯

▼ 与え李将~ (2, 0.1%)

2 仕と

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 の上, の自己批判

▼ 与え残余~ (2, 0.1%)

1 の時間, を以て一身

▼ 与え~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 与え目科~ (2, 0.1%)

1 は先ず, は警官

▼ 与え着物~ (2, 0.1%)

1 を与え, を着せ

▼ 与え美術品~ (2, 0.1%)

1 に類する, の味わい

▼ 与え~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 与え自己~ (2, 0.1%)

1 を他人, を省

▼ 与え英国~ (2, 0.1%)

1 はそれ, へ帰る

▼ 与え~ (2, 0.1%)

1 と水, をふるまっ

▼1* [464件]

与えあなたがその, 与えいまは死ん, 与えいわゆる絶対的母性中心説を以て, 与えうどんの馳走, 与えおいしい食事を, 与えおかゆを作り, 与えおもむろに考えたこと, 与えおよそシェラックに, 与えお前たちにも苦労, 与えかくてはて, 与えかつて彼女の, 与えかなり緊張を, 与えがちであったの, 与えくださりませ, 与えこうした複雑な, 与えこうして不具者の, 与えこそすれなんら, 与えこれ何大師の遺骨, 与えこんな特色ある, 与えざらむか乞食僧, 与えざらんと欲, 与えしかしてまた彼ら, 与えしたがって世間の, 与えしばしこの少年, 与えじゃ遁が, 与えすこやかに逞しい, 与えせきどめボンボン, 与えそうしてそれだけ早く, 与えそこに生きよう, 与えそこらの将士, 与えそのうえしんみりした, 与えそのまま長安の, 与えその他の階級者, 与えその後で孔明, 与えその間に幕将, 与えそれらの生き, 与えそんなことを, 与えたいへん一般の, 与えたくさんな召使, 与えただその量, 与えためにある, 与えたらしく見える, 与えたりとて即刻何の, 与えたりなどして, 与えたりはするが, 与えたりもした, 与えちゃんと勉強する, 与えっ放しで教育, 与えついで友だちとして, 与えついに田中義一内閣は, 与えつぎに武家, 与えつつましい一家族の, 与えつとめて兵粮などを貯えさせ, 与えつねに信長の, 与えつまみ物を取っ, 与えてからは他の, 与えてしもうたらしい, 与えてのみ承認する, 与えてまでも由羅付女中に, 与えでもしたら最も, 与えとはこのこと, 与えともすれば挫けようと, 与えどうやら彼の, 与えどんな結果を, 与えないよりは増し, 与えながらも眼は, 与えなるべく多くの, 与えひいてはその産業, 与えひどく優待し, 与えほとんど無意識に, 与えまず健康それから, 与えまるであなたが, 与えもう夜だ, 与えもしくはあればかりの, 与えものの考え方, 与えやうとした, 与えやがてその生涯, 与えやすいものが, 与えやわらかな薬餌, 与えようやくのこと, 与えよき娯楽設備を, 与えより真理に, 与えアウレリアンは三度, 与えアナウンサーとしての義務, 与えアフロディーテの助, 与えウニコールは解毒, 与えエタ頭として皮田村, 与えエホバ取り玉う, 与えオヤツをだし, 与えカモ七が寝こんだ, 与えサルジニア国を全く, 与えサンキュウという声, 与えジェリコーの名, 与えスコラ哲学の隆盛, 与えツァンニー・ケンボはまた, 与えテーマを人間的, 与えドイツ魂の裏づけ, 与えハヌマンをし, 与えホンモノの企て, 与えユデア教やキリスト教, 与えレビュー化したの, 与えローマ字五十音に合わせ, 与え一本を自分, 与え一段と早くおとろえさせる, 与え一生を楽, 与え一般の輿望, 与え一言にし, 与え三千歳は無頼漢, 与え三度の食事, 与え三熱河省一帯地区の支那軍隊, 与え三熱河省境一帯地区の支那軍隊, 与えは国恩, 与え上将たちの賞賜, 与え下塗り中塗りは大勢, 与えのため, 与え世界に加え得る, 与え両人おのおの結婚の誓文, 与え丸山が激賞, 与えが忘れ, 与え主力はマース右翼, 与え久留島が多く, 与え乍ら足早に歩き出した, 与え亀山の本城, 与え二年間店へださない, 与え二階にも砲兵工廠, 与え于禁楽進のふたり, 与え五週間位の予定, 与えの幸福, 与え人間としての鍛錬, 与えを施し, 与えを加える, 与え今一つの組, 与え今度こそ遁, 与え今日の彼, 与え仏事にも用いられ, 与え仕事が続く, 与えを恨む, 与え他人を救わね, 与え他方に於, 与え以下それを用いたい, 与え伊勢の国, 与え休養させて, 与え佐伯造とす, 与えか意外, 与え何かと平常も, 与え何故アラビア人は, 与え何物にも妨げられる, 与え余分の液, 与え作者の心境, 与えの衆何十人前, 与え俳優の生活向上, 与え倒産の機会, 与え借料の礼, 与え健全な国民性, 与え傑作の眩惑, 与え傷口を縛り, 与えに食べられる, 与え僅かしか働かないなら, 与えを少林寺, 与え先ず議長が, 与え光明を投げ, 与え光波の波長, 与え全く生まれ替った様, 与え六十に近いひどい, 与えをかす, 与え其の痩せ衰えた胸, 与え其労を犒っ, 与え内閣を危機, 与え再び人々を, 与えを授ける, 与えの蠅, 与え初めたり, 与えに一派, 与え制御の任, 与え前夜の雨, 与え劉封には青い, 与え力強く生活の, 与え勝ちである, 与え勤労階級には, 与え医師まで出張, 与え半分は夕方, 与え双方共に斯, 与え古今民間に伝われる, 与え隊間共同の, 与え各々の威神力, 与え同一の義務, 与えを呼ん, 与え名実共に欧州楽壇, 与え吾人をし, 与え呉白金十両を酬, 与え周囲には空地, 与え味方の士気, 与え国民の生活権, 与え土人代議士の選出, 与え土地のうるおい, 与え地獄の底, 与え城中の武士, 与え城外一里まで見送った, 与えを出す, 与え外的事件の過程, 与え多分は御馳走, 与え厦玉楼に, 与え大いに愉快でした, 与え大旱に夕立, 与え大股に表, 与え女婿とした, 与え妖怪の所業, 与えは肉体, 与え婦人小児の歓心, 与え子供らのため, 与え子息陳登には伏波将軍, 与え孔明の背, 与え学校をあながち, 与えに対して自分, 与え宗祇の勧め, 与えに入る, 与え実在に実在, 与え実在人物と並べて, 与え実際に優遇, 与えの隅, 与え家庭という小天地, 与え寝巻の一, 与え尊敬を招く, 与え尊王攘夷の事, 与え小さな炉を, 与え小僧を帰した, 与え少し得て, 与え少年の将来, 与え少年文学が提唱, 与え山嶽的な風貌, 与え峻烈をもっ, 与え左右全体主義への道, 与えを解きやる, 与え常に磨挽かしめた, 与え幕府再建をみとめる, 与えに千五百フラン, 与え幾度か行き詰まりがち, 与え広汎な組織, 与え知れずあた, 与えに請, 与えに出る, 与え当時の我国, 与え役目を以てそちたち, 与え彼自身もまた, 与えち更に, 与えに深い, 与え忙しい時には, 与え忠三郎と名づけ, 与え怠慢を責める, 与ええて生き, 与え恋人の中, 与え恐怖混乱せしめ苦痛, 与え患者が十分麻酔, 与え悪いものである, 与え意志を強固, 与え意慾の傾向化, 与え感興をそそる, 与え感覚と性格, 与え慥か三場処ほど謹慎, 与え慰労の宴, 与え慰藉を与え, 与え時は, 与え或は却て, 与え戦争全般の指導, 与え所領を均分, 与え才能のある, 与え扶助救育して, 与え抑圧された意識, 与えにはめ, 与え控室に顔, 与え描写そのものがみる, 与え支離滅裂に泰然, 与え政府をし, 与え政策の方法, 与え救貧院において寝床, 与え敢えて昨非, 与え文化の程度, 与え文学の各, 与え文藝春秋新小説, 与えうして, 与え新しき動作を, 与え新たなる文学, 与え新帝が登極, 与え日本の民族的文化, 与え藤原一族の, 与え昂揚を与える, 与え昨夜の夢, 与えとする, 与え時に不朽の, 与え時にはまた最も, 与え時雨女史も賢い, 与え普通の意味, 与え普遍的なる精神, 与え景色を添える, 与え晴れの演奏, 与え暗々裡に妻, 与え暮し向きの立つ, 与え書生さんは他人, 与え最初の時, 与え朝食せしめて, 与え期成同盟会に入らざり, 与え木剣を真っ, 与え木炭も与え, 与え本年の収穫, 与え条件反射によって犬, 与えは葡萄牙, 与え栄養という流行語, 与え根気のつよく, 与え検事らとともにあっ, 与え検校別当勾当座頭の四階位, 与えによって生活, 与え権利なきもの, 与えに応じ, 与え檀家の重立った, 与えを倒置, 与え次第に革命の, 与えの, 与え正直なる自由主義, 与え正義を唱えさす, 与え武士たちにも武門, 与え死中に活, 与えの行く末, 与え毎日平野に一定, 与え毒殺し罪, 与えを与え, 与え法学の進歩, 与え流儀の向上普及, 与え消尽し得ざる源泉, 与え消極的において封建社会, 与え清い美しさで, 与え清潔が白色, 与え渋味を与え, 与え漢寧の太守, 与え漸次彼等を, 与え無一物となっ, 与え無数の傷, 与え無断当地を離脱, 与え無理から安次郎, 与え然し手ざはりがないのである, 与え煩悩には十人, 与え爬虫館の見張り, 与え爾後どんな事故, 与え片倉小十郎はじめ誰, 与え片手落ちがなく, 与え特に進んで, 与え特別に給料, 与えペイトン市から, 与え玉わんことを, 与え玉わんために, 与え現実の生活, 与え寧には, 与え生命を吹きこみ, 与え生気を添え, 与え生産物の半ば, 与え疲れ果てて, 与え病者が健康者, 与え白人文明を以て一, 与え白内障の目, 与え白木五千駄を山村氏, 与え百姓一同神のごとく拝んだ, 与え直ぐに着させ, 与え知恵を貸し, 与え研究プログラムを課する, 与え社会もまた, 与え社長を人事不省, 与え祈祷書や教区内, 与えは彼, 与え禄千貫を供, 与えはこれ, 与え福神とした, 与え秀吉も自分, 与え秀次自ら介錯したが, 与え秩序と規範, 与え空地にもろじ, 与え笑いを立てる, 与え納屋蔵の外, 与え細心なイタワリ, 与え組織を与える, 与え絶望の底, 与え綺麗に家, 与え群集全体はたちまち, 与え義太夫に語らせ, 与え翌朝は別れ, 与え老婆の客, 与えを授けた, 与え脅迫がましき, 与え自分自身が特徴, 与え自然発生的に書いた, 与え自白せしめること, 与え自身の判断, 与え興奮しながら, 与え良人としての励まし, 与えあるもの, 与え若い者の, 与え苦痛なしに, 与え英蘭においては農業, 与え草鞋草履の作り方, 与え荷物の方, 与え葭萌関を攻めさせられたなら, 与えをのませた, 与え藩属地にはただ, 与えから蛇, 与え蛮兵十万を催促, 与え蜂須賀村へ使い, 与え衣住の原料, 与え衣食に安心, 与え裙紅さして人, 与え覚醒をうながした, 与え解釈をほどこし, 与え言葉を教え, 与え試むるに皆, 与えにも洩らす, 与え識者の注意, 与え豊かにし, 与え負傷者には薬治, 与え貫主は即ち, 与え賃銀を貯えさせ, 与えを呼ん, 与え軍中に車, 与え転調するとき, 与え農村に文明, 与え近代の急激, 与え近畿の情勢, 与え近隣の貧民, 与え逃走兵のゆくえ, 与え造船学航洋学等にも深い, 与え進退の自由, 与え道中で食え, 与え遠く離れて, 与え選択の手, 与え遺言によって自分, 与え酒食をすすめる, 与えまた銀, 与え鉄格子を再び, 与え間接的に魚類, 与え間断なく煽動, 与え附添の看護婦, 与え陸軍大臣には唯, 与え隣家へ舂つき, 与えの松, 与え雄々しさを, 与え雑談などの末, 与え離屋に住んでる, 与えに濡れた, 与え雨天の日, 与え雨露霜雪の侵し来たる, 与え露軍の近, 与え青い絃を, 与え青色の模様, 与え非常な影響, 与え面白く読ませると, 与え革命資金獲得なんて名目, 与え鞍馬の山, 与え鞭撻激励して, 与え領地を増し, 与えをはね, 与え風雅をもっ, 与えを降れ, 与え馬車を返し, 与え高札を立てさせよう, 与え魏蜀提携して, 与え鹿の子もまた, 与えの手拭, 与え黒い仕着せの