青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主婦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~
主婦~
~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく 久しく~ 久しぶり~

「主婦~」 1718, 18ppm, 6422位

▼ 主婦~ (382, 22.2%)

6 姉の 5 部屋へ 4 ように, 仕事を, 姪も, 眼を 3 前へ, 声が, 役を, 言葉, 顔を

2 [29件] おそのが, お利代, ことで, ところへ, ような, ゐない家, 仕事は, 位置を, 傍へ, 処へ, 務めは, 友の, 友五月号に, 友講談雑誌の, 声に, 奴が, 妹と, 姪が, 姪は, 姿が, 座に, 方で, 方を, 清江は, 留守中に, 眼は, 蒼白い顏, 返事が, 面が

1 [282件] あいだに, あぶらぎった顔, いいつけて, いったこと, いとなみも, うちには, おきつが, おそのは, おとよは, おとら, お元, お六, お弓, お徳, お文さん, お種, お豊, お関, お雪さんに, かかりうど, かめよは, ごとく慈愛, すべてが, すること, たいは, ために, ためには, ない家庭, なさけで, ほうから, ほうで, ほかに, もてなしぶり谷水を, ものごしで, もので, やうな, やる任務, ゐる私, スタッフ大臣, チャンバアス夫人が, ナイエル夫人が, フイルプス夫人が, ブランシユが, ルコック夫人が, 一人である, 一家を, 一役だ, 三十年の, 下で, 下では, 不在を, 世なれた, 世界は, 予算以外な, 事を, 事情を, 云うべきこと, 亡夫は, 亡父は, 亭主だ, 今まで, 仕事に, 代役を, 低い鼻, 作曲であった, 作法の, 修業に, 働きによって, 内職また, 円い笑顔, 分配権の, 前で, 力に, 労働と, 労苦を, 務は, 勤めを, 卓上ミシンを, 友か, 友だ, 友と, 友乃至, 友達の, 取計いで, 口から, 口は, 口吻で, 口添えで, 台所わきを, 名が, 名を, 向ふ, 呼んだとき, 問わず語りに, 地位と, 声で, 声であった, 声として, 声は, 声も, 声を, 外に, 夢の, 夢解き, 大切がっ, 大手術, 女王の, 妹が, 妹さん, 妹さんは, 妹で, 姉さんも, 姓で, 姪で, 姪と, 姪という, 姪なぞに, 姪を, 姿に, 姿も, 姿を, 子供では, 実子か, 実権を, 容貌が, 寝て, 寢て, 尖つた声, 就任式であった, 居ない家, 居間で, 居間であった, 居間であり, 居間と, 希望的観測に, 常識という, 座について, 弟と, 形で, 形式的女権の, 役に, 役をも, 後家さんは, 心がけも, 心がけ次第で, 心では, 心労や, 心得勤勉と, 心情である, 心持が, 思い付きに, 思い願う, 思惑で, 悲しい宿命, 情夫と, 意を, 意見に, 感化力の, 態を, 態度や, 懐中へ, 房子と, 所へ, 所有と, 手が, 手で, 手によって, 手の, 手伝いに, 手数も, 手製といふ, 技倆の, 指図を, 指導者お, 政治的自覚, 料理下手を, 方から, 方が, 方は, 方へ, 既に寝, 晴れやかな, 暮しである, 有力な, 朝の, 末っ子が, 栖子は, 椿正枝とは, 様子は, 模範と, 権力を, 権威が, 権限で, 権限に, 歎願を, 母は, 民主化の, 気使いは, 気分で, 氣持の, 注意を, 活躍舞台であっ, 流暢で, 清江が, 清江に, 清江の, 灰汁の, 物馴れた, 生活は, 生活台所の, 甥子が, 甥子に, 申立ては, 留守には, 目尻の, 目配せで, 真似という, 眼から, 眼つきを, 眼に, 眼前に, 私は, 私より, 科学精神が, 積りで, 窪んだ濁つた眼, 素性などは, 美しい身体, 老婆は, 老母が, 耳に, 耳にも, 肉体の, 肩を, 育てて, 背中を, 胴まわりに, 胸に, 胸を, 腋臭の, 腕前な, 膝元へ, 自由時間は, 若い美夫人, 苦労ばなしが, 苦勞を, 苦悩を, 蔭口が, 表情が, 見識が, 視線が, 観察からは, 言うこと, 言おうと, 言葉に, 詞を, 話では, 話の, 誕生日だ, 説明が, 諫めを, 證言が, 負担である, 責任であります, 責任という, 資格を, 起きて, 身で, 身にて, 部屋の, 郷里の, 重任を, 非買同盟を, 面して, 面と, 頭は, 顏は, 顔が, 顔は, 顔色には, 食生活に, 黒い髪

▼ 主婦~ (337, 19.6%)

4 それを 3 室の, 岸本の, 私の

2 [14件] かう言, これも, そう言っ, それぞれ稼ぎ口が, 何か, 嘆息した, 女客の, 年増の, 彼の, 我に, 自分に, 自分の, 遽しく鍋, 驚いて

1 [296件] あたりを, いかに明敏, いきなり襖, いつもこの, いつも僕, いま出, いやそうに, いよいよ彼, いろいろ気, うちの, おおおお決して, おどおどし, お庄, かの商家, このとき, こぼして, これまでに, こんなこと, さう, しきりにほめ, しばらく顔色, しまひ, じれじれするよう, すぐ階下, すこしの, すべての, そう云い, そう云っ, そう言い, その一城一廓, その傍ら, その女, その方, その日, その時, それぞれ勤先や, それより, そんな時, たしか甘栗, ちやんと, ちょっと腰, ちょっと追従笑い, ちょッと, つかつかと, ではすぐ, とうていそれ, とにかくこの, どれ程, どんな一日, なかった, なく珈琲, なんでも, にやにや笑い, ふと皮肉, ぶるぶる震えた, また泣いた, また続けた, また言った, まだ三十七八, まつたくカマキリ, まるでするすると, まるで札幌, もう世帯, もう何度, もう垣根, もう大丈夫, もう大方, もう寝, もとは, ものものしい顔, もはや完全, やがて指輪, コクメイな, ニヤニヤした, ニヤニヤ笑っ, ニヤニヤ笑った, ノルマンディから, ペンに, ムッシュウ一人かと, モウ大丈夫寢た, ランプの, 一丁ぐらゐ手前の, 一人で, 一人の, 一切呑み込んだ, 一同を, 一心に何やら喋舌, 一階下の, 三角の, 三階から, 上って, 下から, 下宿を, 不安げな, 世に何人, 中腰に, 主人の, 乗りの, 二人の, 云う, 云った, 五十を, 亭主の, 人を, 今日は, 今起きた, 仏蘭西人らしく, 仏蘭西麺麭を, 伸子たちが, 伸子たちの, 何から, 何時もながらの, 俄に, 停車場まで, 傍へ, 僅一日の, 僕を, 元気な, 八幡下まで, 六十を, 六十餘とも, 其の方, 其を, 出られない若い, 出来るだけの, 初めて口, 利用しない, 前夜に, 力ない, 化粧を, 北の, 十六ばかりに, 又クスリ, 又余りに, 叔父を, 古い小紋, 台所に, 同じこと, 同じよう, 同情した, 吐き出すよう, 呟いたが, 周章へて, 商家で, 喉が, 喋りだす, 四方八方に, 囲炉裡の, 堂々と, 大きな, 大ぼやきだ, 大ゲサ, 大声で, 奥の, 女だてらと, 女の, 女客を, 姉という, 姉にあたる, 姪を, 娘に, 嫁し, 子供を, 客あしらいが, 家の, 家庭を, 家庭生活を, 寝そびれたこえで, 小肥りに, 岸本に, 崩れるやう, 帳場の, 常よりも, 弱つて, 彼から, 彼を, 往々に, 心なく, 必ず馬鹿, 忌々しそう, 思った, 思つて居た, 悠々として, 悲しい悲しい目, 意表を, 慌てて, 懇意です, 懐炉を, 揃えた手もと, 斯うし, 早速主人, 昔どこか, 時々鉢巻, 晴れやかな, 暖かそう, 朝飯の, 松岡と, 松岡の, 根敗けし, 楊枝を, 榻の, 構わず擽ったが, 歿く, 毎日早, 気を, 気味わる, 気味悪く引きしまった, 気軽く彼, 気軽に, 江戸で, 決してない, 決して娘, 決して文吾, 決して馬鹿, 流許, 準備し, 炉の, 焦れったそう, 煙管を, 煤けた柱, 熱情と, 燧石を, 父親に, 物音を, 独りで, 留学生と, 留守に, 白いすき, 監獄の, 目を, 目元に, 直覚的に, 眞夜中に, 眠そう, 眼を, 知りぬいて, 砂利の, 神の, 私が, 立ちあがつた, 笑いながら, 笑つた, 答えた, 答へ, 籠の, 素子の, 縊死を, 老人や, 老爺に, 膳を, 舅の, 芸妓あがりで, 苦笑し, 茶の間で, 荒物屋には, 落ち着いて, 袂から, 裏口から, 褄楊枝を, 親しげ, 親切であった, 親切な, 言ふ, 言葉を, 記代子の, 訝りつつ, 話の, 詳しくも, 説明し, 豆ランプの, 買いつけの, 赤い指, 起きだして, 起き上ったよう, 身を, 近頃は, 返事を, 這入つて, 造花の, 連日の, 酒癖の, 長火鉢の, 間の, 降りて, 除外され, 陸軍将官の, 階段の, 静かに, 面白さうに笑つて, 顔を, 食堂の, 飯を, 馬乗りに, 鳥渡考へ, 默つて歸つた, 鼻で

▼ 主婦~ (209, 12.2%)

7 出て 3 居ま

2 [11件] これを, 人手が, 何か, 少し心配, 巫女としての, 強つて, 来て, 腰を, 話して, 起きて, 顔を

1 [177件] ああ云っ, あっさりした, あなたの, あまりにいつ, ある, いなくなること, いま一度目を通して, お洗濯, くれて, この娘, これに, こわがって, こんな生活, ざっと一年悶着, して, するよう, その男, その部屋, たった一人煖炉, だまって, どこかの, なにかあいそ, にっこり笑っ, はいって, ひろすぎます, ふと欲心, ふみつけに, また母親, また湯, まめまめしく台所, めしめし上っ, もぎ取ったこと, もらう, やって来て, やっと男, よく云っ, わずかの, ゐたが, エプロン姿で, サンドウィッチを, ジャジャと, ドイツ語の, ピアノの, 不平を, 不思議そうに, 両眼, 主に, 二人の, 云うた, 云うと, 云った, 云って, 云ふと, 亡くなったあと, 亡くなって, 亭主を, 人数だけに, 今痛切, 仙さんの, 伸子たちの, 伸子に, 傾げた大, 僕に, 僕の, 元来弱い, 充分な, 先年信州の, 入って, 入用に, 共同便所から, 半日石油コンロの, 原稿など, 去って, 叔母さんや, 受持の, 口の, 台処仕事を, 台所で, 台所の, 君に, 囁き声, 困るの, 坐つて, 声を, 外に, 大きな腹, 女の, 女中の, 客間へ, 尋ねたら一座, 對する, 小皿を, 居まわりの, 岸本に, 市の, 帰れば, 帽子や, 座を, 庭に, 廐に, 往々ある, 心掛の, 忙が, 思いだした名, 感心し, 手きびしく, 手ま, 手伝って, 手帳と, 手紙で, 持出した胡桃足, 文吾の, 新潟の, 方々から, 方に, 昼の, 昼飯を, 最も痛切, 来客に対する, 歎美の, 残つて神様を, 母親が, 汲んで, 海水浴を, 湖畔亭へ, 演説なんか, 燈火を, 片手に, 獲物を, 現れて, 甘い物, 生き生きと, 病気で, 盗み食いを, 目に, 相手では, 知って, 神経質な, 私に, 私の, 結局そこを, 置いて, 聞いたので, 聞いて, 肩の, 能力者として, 自分が, 自分で, 自分の, 自慢に, 舞ひ込ん, 苦心惨憺し, 血の気の, 街に, 裾を, 襖を, 見たが, 覗きお, 言って, 言に, 言ふ, 豚の, 貰つ, 起つて, 跫音を, 達者で, 避難せず, 酌婦上りらしい, 錠前屋を, 階下から, 電話で, 面倒を, 食うべしという, 食べて, 馬の, 駆け上ったとき, 驚いたこと

▼ 主婦さん~ (131, 7.6%)

4 は云った

2 [11件] が, が貴方, とその, と私, にそ云つて, の方, の渡し, は, はどう, は彼, も彼

1 [105件] から大留, から時々, があゝ, がお, がその, がどこ, がぼんやり, がまア, がもう, がわざわざ, がセゾンニク, がタンネンバウム, が中, が云った, が伝言, が剩錢, が周章てふためい, が呼ぶ, が嗄れた, が小さい, が常磐津, が我々, が楼主, が涙, が起き, が頭, そういっ, そんなこと, だ, だけで子, だと, てお前ん, とは口, とむすこ, と一緒, と二人, と交す, と人相, と女中, にあやまっ, にこの先, にさう, にせがん, にそう, にとって昔, にまるで, にやっ, によって破っ, に何, に冬子, に勧められ, に小言, に惚れられ, に昵め, に目星, に笑われた, に聞いた, に聞く, のこと, のむすこ, の一寸, の声, の手, の機嫌, の甲高い, の継子, の言葉, の顔, はいつも, はじろじろ, はどこ, はひつそり, はまご, はまだ, は世話, は今更, は何, は例, は側, は勘定書, は口癖, は呼んだ, は天野, は待ち設けない, は愕, は愛相笑, は懷中, は押し, は昨夜, は歌人, は気丈, は照れ隱, は病人, は笑い, は簡単, もこのごろ, も割烹着, も案外, も親爺, や娘たち, や娘ども, や野良径, や齢頃, を見た, を訪ねた

▼ 主婦~ (78, 4.5%)

2 おさまって, して, 導かれて, 怒鳴られても, 怒鳴られ通し, 礼を

1 [66件] かう云つて, かるく頭, がみがみ言われる, すっかり馴れ, する人, たずねること, ついて行った, なつた, なりきって, なり度, なるの, なるまで, なる望み, なれるので, なれる女, ふさは, もう一度息, やあむかない, ジロリと, 一言の, 世話した, 乞われるまま, 云って, 会いたい是, 似て, 劇薬を, 取つて, 叱られそのまま, 叱りつけるよう, 向うて, 向って, 噬みつく, 大目玉を, 委せて, 姿を, 対い, 専属した, 折檻せられる, 挨拶し, 文学のね, 料理の, 最後の, 注意も, 注目され, 用を, 留守を, 相場を, 立ち還って, 紹介した, 聞くと, 聲を, 職能としての, 背を, 背中を, 見られないやう, 見られるの, 言った, 言つた, 話しかけた, 話した, 話を, 部屋に, 銚子も, 限られて, 頼みて, 鶏卵一つ進らする

▼ 主婦~ (70, 4.1%)

2 並んで, 云う地位, 其甥に, 職業の

1 [62件] いうだけの, お庄, ここいらの, すべてを, その伯母, その娘, それに, たった二人差向い, ていよく, なったこと, なったとき世間一通り, なっては, なつた, なつて, なり一家, なり周囲, なり得るとも, なるという, なるもの, なる時, みえる年配, わかい娘さんたち, リンカーンの, ヴウヴレエ市の, 一緒に, 二人の, 云うの, 云うよりも, 云ひたい細君との, 仲が, 何か, 余程前, 出くわさないで, 同年である, 同時に母親, 名の, 垣根越しに, 娘と, 娘の, 子供とは, 子供を, 孫娘との, 室代について, 対して, 帰り来る, 店員の, 成ったかも, 特別に, 生活に, 考えられて, 蜂谷の, 見たお, 見られて, 親爺は, 話して, 話し込んで, 道度は, 長火鉢の, 雑貨と, 非道な, 顔を, 餘程前から

▼ 主婦~ (51, 3.0%)

308 友の

1 [13件] 友から, 友を, 友主催で, 友出版雑誌の, 友婦人世界等, 友社から, 友社からの, 友社ご存じで, 友社その他もっとも, 友社旺文社博文館が, 友社旺文社家の, 友社等七社は, 友記者と

▼ 主婦~ (49, 2.9%)

2 お内儀さん, オカタという, 呼び紙

1 [43件] お来, して, とげとげしく叱りつける, もみ夜泣きウドン, ウバといった, 下に, 入れた事, 出して, 出せ, 口説かなかつたといふだけ, 呼び出すの, 呼ぶや, 呼んで, 呼んでは, 大株主, 奥さんと, 始め主人, 媒妁し, 思い出すから, 思出した, 憎らしく思ふ, 指導し, 普く集むべ, 案内に, 槍玉に, 欠いた食堂, 添ひ臥し, 無能者と, 煩が, 相手に, 見たが, 見つめた, 見るよう, 見両親, 詰つて, 談じつけ, 負って, 足もとに, 過労に, 階段の, 頼みに, 驚かせた, 驚ろかした

▼ 主婦として~ (39, 2.3%)

2 どれ程

1 [37件] あなた方に, いつもやる, いろいろの, この世に, この家, これを, すること, はっきりした, 一切の, 世間の, 二人の, 何ひとつ欠くる, 借り受けた家, 働けさうに, 全責任, 台所を, 大切な, 女中さんの, 娘として, 安住する, 家に, 家庭の, 後圃の, 得々と, 悪くする, 日常の, 日進月歩の, 暮して, 暮しはじめたとき, 来て, 活躍せられ, 老母の, 自分の, 芸術に, 行動し得る, 行手の, 運命付けられた

▼ 主婦たち~ (38, 2.2%)

2 が声高

1 [36件] がいろいろ, がその, が一列, が今後, が協同組合, が持つ, が活躍, が盛ん, が迅速, と同じ, にし, にちょっとした, にとってこの, にどんな, には年々, に攻められ, に礼, に負けず, のため, の声, の感情, の政治的自覚, の機智, の毎日, の焦った, はどんな, はぴちぴち, は一日, は人間, は全く, は彼女, は昼飯, もお互い, も心, よりは立ち入った, よりより積極

▼ 主婦~ (37, 2.2%)

3 主婦の 2 外見に

1 [32件] いざとなつてからかう言, いる六十, お爺さんも, この点, すべて人間としての, その前, やって来ますし, 一種の, 一緒に, 下へ, 亦仕方, 今夜は, 何かで, 其下を, 受持って, 口を, 召使たちも, 同じ女性, 呆れて, 商売ずれの, 嗅煙草の, 御隠居, 感慨無量な, 日本婆アさんと, 死んで, 知り家, 見たが, 認めた, 農村の, 関さんが, 随分時間, 駄目ああ

▼ 主婦~ (26, 1.5%)

2 子供らは, 軽部が

1 [22件] およめ, お清, その監督下, また彼女, 主婦の, 他の, 令嬢たちに, 令嬢たちは, 仲居達に, 塩煎餅屋の, 女中が, 女中に, 女中に対して, 女中は, 女給と, 娘は, 娘や, 子供に, 少年の, 母親女中に, 老人は, 芸者を

▼ 主婦らしい~ (16, 0.9%)

3 女が

1 [13件] そのもんぺ, とりなし, 中年の, 二十四五の, 五十恰好の, 女に, 小肥りの, 彼女の, 態度に, 羨望が, 考を, 貫祿は, 魂を

▼ 主婦から~ (14, 0.8%)

1 [14件] うすきた, 一家の, 口説かれたの, 台所の, 天主教の, 手紙で, 注意される, 澁茶を, 紹介された, 聞かされたに, 訊くと, 買い取った指輪, 配が, 重大な

▼ 主婦である~ (13, 0.8%)

1 [13件] ことに, ことも, という実際, と云う, のは, 中年女と, 事も, 人が, 場合医師の, 多計代, 御自分たち, 老婆は, 鎌子の

▼ 主婦~ (11, 0.6%)

1 [11件] あつた, あらう三十四五, すら一杯食, むしろ豪奢, 一人は, 七十にも, 中心な, 乱れた髪, 兄や, 彼女の, 自由結婚だ

▼ 主婦としての~ (11, 0.6%)

1 [11件] 位置に, 地位に, 彼女の, 教養以外に, 毎日の, 民子は, 生活の, 立場も, 経験から, 貫禄それも, 資格に

▼ 主婦という~ (8, 0.5%)

1 のが, ものの, ものを, 位置が, 位置に, 条件を, 立場で, 立場を

▼ 主婦たる~ (7, 0.4%)

2 ものの 1 お母さんは, にふさわしい, 人は, 女性たちは, 責任ある

▼ 主婦にも~ (7, 0.4%)

1 だ, なりますわ, 事故を, 別れを, 劣らず肥満つた, 劣らず肥滿つた, 言って

▼ 主婦~ (7, 0.4%)

1 がこの, が一斉, に余り, に工場, に見せびらかした, はかなり, も米

▼ 主婦とも~ (6, 0.3%)

1 あらう女, あろうもの, ガラス障子越しの, 十年も, 古い馴染, 心やすく

▼ 主婦であり~ (5, 0.3%)

2 また子, 母である 1 小さい子供

▼ 主婦には~ (5, 0.3%)

1 主婦の, 實子は, 或る, 掛け算の, 本当はこんな

▼ 主婦~ (4, 0.2%)

1 が以前, が私たち, という感じ, ね

▼ 主婦です~ (4, 0.2%)

2 からね挨拶 1 から今, よ

▼ 主婦としても~ (4, 0.2%)

2 妻としても 1 その位置, 多忙な

▼ 主婦とは~ (4, 0.2%)

1 いえぬ, 従兄弟同志であった, 縁遠い, 違って

▼ 主婦さあ~ (3, 0.2%)

1 というよう, も彼店, 雪岡さんの

▼ 主婦~ (3, 0.2%)

1 のだ, のです, ので夏川

▼ 主婦らしく~ (3, 0.2%)

1 ほんの心もち, 畠を, 道徳的な

▼ 主婦代理~ (3, 0.2%)

1 だな, といつた, 故二十六日

▼ 主婦~ (3, 0.2%)

1 などには換えられない, のよう, を行使

▼ 主婦~ (3, 0.2%)

1 おばあちゃん, そして家庭, になりたい

▼ 主婦~ (3, 0.2%)

1 は, はかなり目, はひたすら

▼ 主婦自身~ (3, 0.2%)

1 に珈琲, の口, 伺うべきだと

▼ 主婦かが~ (2, 0.1%)

1 代表し, 初め電話口に

▼ 主婦からは~ (2, 0.1%)

1 がみがみ言われ, よろこばれない品

▼ 主婦でない~ (2, 0.1%)

1 女の, 若い女

▼ 主婦との~ (2, 0.1%)

1 対話を, 間に

▼ 主婦などは~ (2, 0.1%)

1 そう云っ, 固より

▼ 主婦なら~ (2, 0.1%)

1 これを, なおの

▼ 主婦なれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば一日

▼ 主婦に対して~ (2, 0.1%)

1 あまり人を, 色々詫言

▼ 主婦ぶり~ (2, 0.1%)

1 などが一種崇高, に向けられ

▼ 主婦よりも~ (2, 0.1%)

1 職長の, 高かった

▼ 主婦~ (2, 0.1%)

1 であろう余, では有りません

▼ 主婦同士~ (2, 0.1%)

1 が集まつ, は近頃

▼ 主婦学生~ (2, 0.1%)

1 のため, の日常

▼ 主婦~ (2, 0.1%)

1 にいためつけ, をし

▼ 主婦~ (2, 0.1%)

1 というもの, となりました

▼ 主婦自ら~ (2, 0.1%)

1 が最も, の最大

▼1* [89件]

主婦からも聞き少年, 主婦きちんとした母親, 主婦これを執, 主婦に出し, 主婦さもなければ家計を, 主婦さんあなたはい, 主婦さん一人でやっ, 主婦さん乃公はこ, 主婦さん二箱より下, 主婦さん何か有, 主婦さん古狸だから, 主婦さん相手に決闘場所, 主婦すら相当に, 主婦そのものが家族, 主婦それから便船を, 主婦たち娘たちが健全, 主婦たるべく強ひられる, 主婦だけでなく各戸, 主婦だけが軍鷄の, 主婦だけの力では, 主婦だったのである, 主婦であったかも知れない, 主婦であろうと思う, 主婦でさえもなかった, 主婦といった工合で, 主婦とかの真に新しき, 主婦とが私たちには, 主婦とじかな場合, 主婦とても全く自信は, 主婦などに肥え太, 主婦などの生活の, 主婦なり妻なりにな, 主婦なりが会葬者の, 主婦なる女人が, 主婦なんぞは念頭に, 主婦にさえ気づかれないで, 主婦についての調査項目が, 主婦にとってはいつもいつも気掛り, 主婦にまで会いながら, 主婦に関してはすべて消息を, 主婦のむこう側, 主婦ばかりでなく一さい人, 主婦への面当てから, 主婦まで軽部に, 主婦みづからの, 主婦もつひに, 主婦らしさを, 主婦らしいほてりがちっとも, 主婦らしい若やいだ女らしい非常, 主婦イエニーがどんなにこまごま, 主婦ハイランド街六二一のシュワイツア夫人, 主婦ヤスノは出発, 主婦ユアサ・サンチュージョー・サンです, 主婦一人残つて皆家を出, 主婦主人の地位, 主婦代りとは云, 主婦代表者関係小売業者所轄警察等で組織, 主婦以上の適任者, 主婦をおい, 主婦又は氏女, 主婦向きにできた, 主婦在宅で幸, 主婦女中などは職員, 主婦女中飯炊きについても同じ, 主婦の想像, 主婦役一人でね, 主婦を何とか, 主婦振りが思ひやられ, 主婦暗い洋燈の, 主婦本所寿徳庵のおばあさん, 主婦本郷三丁目岡野の主婦, 主婦来り一昨日引移りし, 主婦母それで作家, 主婦母たちのもがきである, 主婦母未亡人たちすべてがただ, 主婦気取りで簿記台, 主婦無情で亭主慳貪, 主婦生活の殆ど一生, 主婦な心配事, 主婦的特長とを尊重, 主婦自ら搖籃の傍, 主婦自分が立働く, 主婦で実際, 主婦嫁の, 主婦裏口の木戸, 主婦輪田お紺, 主婦連盟日本の民主婦人協議会, 主婦達のかはす, 主婦陽氣な旦那