青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主任~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~
主任~
主君~ 主婦~ ~主張 主張~ 主義~ 主膳~ 主観~ 乃至~ 久~ ~久しく

「主任~」 1349, 14ppm, 7980位

▼ 主任~ (369, 27.4%)

8 うなずいた 3 それを, 例の, 小田に, 眉を, 答えた, 考えこんで

2 [13件] なにか考え, ガッカリし, 三村刑事に, 事もなげに, 二人の, 云った, 小田の, 急に, 直ぐに, 種々の, 笑いながら, 苦しそう, 言った

1 [317件] あせらずに, あちこちに, ある疑い, あれから, あわてて, いい機嫌, いたわるよう, いやらしい笑い, いよいよじりじりしはじめた, いろいろきい, うなずいたが, うなずきながら, おだやかな, おっ冠せて, かういふ, かなり亢奮, きいた, きっぱり云った, くるりと, ここを, こだわらなかった, この人達, これを, こんな旅券, さすがに, しばらく考えふけっ, じっと布片, じっと彼, すっかり満悦, すっくと立, すらりと, そう命じた, そう老人, そう言っ, そこでとうとう, そこに, そのこと, そのまま自動車, その上, その丸い, その時, その節穴, その責任上解職, それでも何故か, それに, それらの, そんな風, たたみかけて, たった一人, だまって, だんだんと, ちょっと返事, ちょッと, ついにこの, つかつかと, つとめて, てれ隠しに, とうとう堪りかね, とうとう安楽椅子, どうもいけないらしいです, なるほどほうほうさよかいな, にやりと笑っ, ひどく感心, ふたりの, まさしく一本, まじめに, まだ言葉, まるで狐, まるで軽業小僧, もうほくほくもの, もう一度改めて厳重, やっぱりバクスター君, よほどこの, アルミの, ウンザリした, オズオズと, カマを, カンカンに, ガッカリした, キッパリ答えた, ギイギイ云う壊れかかった, ギックリしたらしい, グイと, コップの, ジッと, スッカリ憤っとった, セカセカと, ニコニコと, ニヤリと, ヘッヘという, ボンヤリと, ムキになって, モトを, 一つの, 一人で, 一喝した, 一旦室, 一段と厳重, 上機嫌だった, 下手に, 不機嫌に, 丹下左膳現代版帰還の, 乗り出した, 乾いた舌, 事ごとに, 云われるまま, 京都に, 人の, 何事も, 何故か悠然と構え, 何故私, 佩剣を, 例により, 倉田組へ, 傍に, 傍の, 僕の, 元気な, 六ヶ敷そうに, 六十ぐらい, 共同菜園第, 再び考えこん, 冷かに, 冷笑した, 出っ歯の, 初めて愉快, 判ったよう, 割に落付き, 力なげ, 労を, 勇躍し, 勝誇ったよう, 博士と, 双生児の, 反問した, 反射的に, 口では, 口を, 口惜しそう, 口早に, 台所へ, 叱りつけるよう, 各々部署, 同時に驚駭, 向井湯の, 吹矢の, 呆れて, 呼びかけた, 唇を, 唖然として, 図面を, 堪えかねたよう, 堪えて, 堪りかねて, 大きくうなずい, 大きくうなずいた, 大きな驚愕, 失敗に, 奇声を, 奥の, 如何にも恐縮, 孰れ, 安彦の, 小気味よさそう, 少し機嫌, 少し調子, 尚気, 居らず, 山嵐だ, 屹と, 岳陰荘を, 巨勢博士の, 帰る道, 広間に, 広間へ, 強く自信, 当分の, 彼の, 後藤宙外氏であった, 微笑し, 応接に, 怒号した, 思い出したよう, 思わず顔, 恒川氏に, 憎々しげ, 憤怒の, 懇談会を, 懐中電灯を, 我々を, 手帳を, 押えつけるよう, 支倉の, 支倉を, 改めてお茶, 教師の, 新聞紙の, 旋回盤に, 既に支倉, 既に陸軍演習, 日本の, 明らかに, 暫く支倉, 更にふんぞり返った, 未だプン, 村山巡査の, 東室の, 松永博士の, 椅子の, 椅子を, 極度の, 機嫌よく, 次にも, 歓声を, 正面へ, 殆ん, 残る, 段々警察, 決心し, 注意を, 流石に, 浮き腰に, 渋い顔, 湖底平原の, 火の, 無残に, 無言の, 焦れったそう, 煙草に, 煙草のけ, 爪先で, 犬田博士と, 独房の, 異常な, 病気で, 発見し, 白井又八と, 皮肉まじり, 直ちに吉蔵, 直ちに竹村春枝, 相変らず, 相手が, 相手に, 真先に, 眼の, 眼を, 睡気, 知り合いな, 石子に, 石子刑事に, 磊落に, 社としては, 禿げあがった額, 禿げた頭, 私でありました, 私の, 私担任が, 私達の, 程よいところ, 突っ込んだ, 竹村が, 笑うばかり, 笑った, 第二, 箸の, 糸子の, 給仕が, 続けて, 署長に, 美人鷹匠を, 美津子を, 考える, 考え疲れて, 考え込んだ, 背を, 脳髄の, 腕を, 興奮し, 苛立たしげに, 若い巡査, 苦り切って, 菅原の, 葉子を, 蒼くなっ, 蒼ざめた顔を, 薄眼, 虚を, 虫の, 蜂須賀巡査の, 蜂須賀巡査を, 血の気の, 言葉を, 話を, 説教所を, 説明の, 誰かと, 誰にとも, 警察の, 警視庁の, 赭ら顔を, 躍起と, 身体を, 身構えを, 軽くうなずいた, 酒を, 鉛筆を, 間もなく帰っ, 隅で, 電話で, 静かに, 頭を, 飛んで, 食堂へ, 駈けつけた警官, 驚いて, 高村光雲に, 黙って

▼ 主任~ (235, 17.4%)

7 顔を 3 ところへ, 前に, 前へ, 粕谷が, 言葉を

2 [13件] 先生であります, 先生と, 先生に, 先生は, 命令が, 声は, 手から, 粕谷は, 細君が, 訊問に, 警部は, 部屋に, 面前に

1 [187件] いなくなった机, うちに, おっしゃるとおり, お手伝い, きいた所, さしず, とった寄附金募集, ひとは, ひとも, ふたりを, ほうへ, やうな, やり口が, ような, よく知っ, エレソンの, バクスターの, パッカード, フランツ・シュナイダー氏を, レイという, 一行が, 三人が, 三宅弘子に, 中村係長が, 中野学士と, 云ったこと, 人が, 人を, 人物を, 今井を, 仕事も, 供述が, 先導で, 先生が, 先生であった, 先生でした, 先生もう, 公認だ, 内藤医学士から, 処置を, 剣幕には, 努力は, 卓の, 口は, 呟きは, 命を, 和田武夫氏は, 問いに, 四男は, 園井です, 地位に, 声, 声だった, 声に, 声も, 大きな卓, 大原中尉が, 大島警部補が, 大島警部補に, 女の, 奴何と, 好き嫌いは, 好意で, 宇東三五郎を, 官吏として, 室の, 室へ, 家の, 小田さんが, 小田さんは, 小田という, 小鼻の, 岡崎と, 岩瀬さんは, 川北先生が, 巧な, 巨躯が, 平野琢磨君が, 弔合戦である, 当直は, 役も, 役を, 応援と, 悪事を, 意見を, 愛育による, 態度なり, 戸田に, 手へ, 手を, 招待に, 掌上には, 推定が, 政に, 教授が, 教授に, 方が, 方に, 方へ, 方を, 日本人一名を, 日頃の, 暗躍を, 暮し向きなんか, 服装を, 木元氏と, 木村先生と, 机に, 机の, 机は, 来るの, 東奔西走授業を, 桑原宏という, 椅子に, 椅子の, 椋島二郎という, 榎戸警部に, 榎戸警部は, 横から, 横顔は, 正木キチガイ博士が, 正木先生が, 死は, 気分を, 水上氏と, 江川と, 江川は, 消防手も, 独断の, 独身の, 玉橋先生と, 田部政男氏の, 男が, 癖に, 眸は, 眼が, 眼を, 私山田後藤石川竹内その他の, 笑い声が, 粕谷を, 細井氏の, 綿貫警部補っていう, 練達な, 罵声を, 者が, 脳裡には, 腕を, 芥川警部からの, 西山翠嶂氏との, 見取図を, 言うの, 言葉しかし, 言葉に, 言葉は, 訪問を, 許しを, 話あれ, 話が, 警部から, 警部の, 警部を, 警部佐塚愛祐は, 警部補が, 警部補は, 谷俊次山九組小頭の, 責任ある, 質問の, 赤羽直三氏の, 車を, 追求を, 連中も, 遺言説に, 部屋である, 部屋には, 金椎は, 電話を, 青木が, 面には, 頭に, 頭は, 額に, 顔色が, 顔色は, 顔色を, 馬島が, 馬酔君に, 黒田先生だった

▼ 主任~ (148, 11.0%)

3 云った, 来て 2 うつむきかげん, やって来た, 三人の, 度々警察, 来た

1 [132件] あたふたと, いくら高く, いった, いったよう, うなずいた, おりそれから, きいた, けげんらしく呟い, こういっ, こうつけ足し, こっちを, こんなこと, すかさずたたみかけた, すこし鋭く, そういったという, そう云いかけ, その位, その村, そんなら, ついに堪りかね, とう, どうした, どうしても聞かない, どうも彼, どの程度, はてなと, やってきて, わざわざ家, ジロジロ私, ズボンの, チョット触れ, ハッと, フトンを, フト顔を, 一層興奮, 一座を, 一生一代の, 三村の, 両手を, 主館の, 乗り出した, 予算を, 争議団側の, 代ってから, 何もかも知りぬいとる, 來た, 來て, 係の, 保証人である, 元気で, 先へ, 入って, 其処で, 写真機を, 出て, 出むかえ事務所, 出張し, 刑事を, 前の, 加藤牛肉店の, 匆々に, 原案を, 去ると, 取調べられた, 口を, 口添えした, 吉蔵の, 呼んだ, 喋り出した, 外部の, 多少の, 夢中で, 大きく頷いた, 大寺警部だ, 大崎の, 大活動, 尚もその, 屋内屋外一寸角も, 岡崎雪声氏であります, 巨勢小石先生, 広間の, 度肝を, 引きとって, 引取って, 待って, 待構えた, 思わず声, 急に, 手を, 昏, 書きましたと, 最前から, 来たり, 松平伯耆では, 案内役に立っ, 様子を, 横柄な, 次の, 正しい人間, 死んだと, 湿った声, 田村宗立先生, 甲高く叫んだ, 発電機を, 看板代りの, 真先に, 知らして, 知的な, 私に, 私達の, 突立って, 立上っ, 立上った, 立上って, 考え考え云った, 腕組みを, 自身で, 裏へ, 見て, 言うよう, 言葉を, 課長の, 謀反心が, 警察で, 途中で, 部下の, 部下を, 鈴木松年先生という, 鉛筆を, 鋭い目, 閉て, 驚いたよう

▼ 主任~ (67, 5.0%)

3 なって, 向って 2 会って, 手渡した

1 [57件] あげられその, あてて, おめ, きいて, さっきいった, した, しつこく今野, してやらせる, そう云われ, たのみました, たのんだもの, なった, なった由, なり, なり再び, 事の, 事情を, 二千円かな, 今しがた電話を通じて, 代って, 会い折, 会うため, 何事か, 勧めて, 反対し, 取っては, 叱られるので, 合図を, 向かい, 向かって, 向けた, 問われて, 報告する, 声を, 大いに文句, 大切な, 差出すと, 招ぜられて, 持参しまし, 提出し, 攻撃され, 最初からの, 栄転した, 栄進した, 父の, 田山花袋氏が, 自動車を, 茶を, 言った, 訊くと, 話しなお, 認められ出したが, 転出し, 退って, 開かれたものの, 面会を, 頼み宝塚

▼ 主任~ (64, 4.7%)

12 して 5 先頭に 2 よんで, 勤めて

1 [43件] うたぐったの, うながした, おやめ, したとか, した私, し故, ずっとやっ, つかまえて, つとめそろばん, つれて, はじめ判検事も, ひそかに, まったく無視, やつて, 一年に, 兼任し, 初めと, 呼びかけた, 呼び出した, 呼ぶと, 呼ぶ気, 呼んで, 命ずる, 始め信者達も, 市村宏氏に, 引張って, 怒らしても, 托せられた, 抱き止めた, 招き寄せた, 振返った, 捕えて, 殺せと, 無理に, 疑った動機, 納得させ, 見つめた, 見つめて, 見上げた, 解職された, 訪ふと, 譲った方, 顧みて

▼ 主任~ (63, 4.7%)

6 なって 2 その部下, 云ふ

1 [53件] いっしょに, いっても, それから, それから射撃, なし終始一貫, なった人, なってからは, ならねば, なりその, なり一同, なる, なるべきであって, ふたりの, 一緒に, 一緒には, 並んで, 云ひ, 入れ違いに, 其辺は, 刑事二人警察医を, 助役は, 医師が, 博士は, 同僚に, 同郷の, 向きあう椅子, 向合, 呼ばれて, 園芸主任が, 学生監とは, 宿直だけが, 巡査と, 帳場氏は, 彼の, 懇意を, 打ち合せを, 打合せを, 支倉の, 時計屋の, 根岸刑事である, 根岸刑事は, 機長とが, 機長とは, 特高が, 相成りまして, 相談し, 石子刑事は, 私とが, 警察医の, 近傍を, 鑑識課長アドルフ, 閻魔と, 顔を

▼ 主任教授~ (37, 2.7%)

3 の許可 2 の理不尽

1 [32件] かその, から地方, から指導, が経過, である瀬尾先生, で演劇美学者, として三十名, として在任, として赴任, となっ, となった, とはたいへん, と主治医, と旧知, に化け, に見はられ, に面会, のところ, のチタ, の前, の命じた, の土佐博士, の好意, の意, の監督, の眼, の脳髄, は, は復一, は頻りに, をし, をつとめ

▼ 主任さん~ (25, 1.9%)

1 [25件] がはいっ, ですね, とお話し, と宿泊所, にかわっ, にとよ子さん, には, にも報告, に対して起され, の公務, の態度, の機嫌, は, はこの, はもう, は二等旅費, は五六尾, は今, は今日, は何段, は泣い, は私, をなぐさめる, をよろこん, を見付けた

▼ 主任~ (23, 1.7%)

1 [23件] あさ, いらっしゃいません, それに, それを, ただ苦笑, どうした, 一通り看取する, 三重の, 云う, 巡査も, 怪訝な, 手を, 時々その, 検事も, 特高も, 甚だ気, 相当弱っ, 私と, 私も, 空の, 進んで, 駅長も, 高級船員も

▼ 主任~ (18, 1.3%)

3 あつた 2 欠席届を

1 [13件] もう一人, やって, やること, 居た教授法, 年齢は, 手術を, 毎週土曜日には, 監督し, 社用の, 私等は, 積極的に, 芝居が, 銀行では

▼ 主任から~ (13, 1.0%)

1 [13件] こまごまと, その日, 三好の, 不思議な, 個性を, 兇器の, 又叱責, 叱られ彼女, 啣え, 御聞き, 特にその, 現場に, 詳細な

▼ 主任として~ (13, 1.0%)

1 [13件] この仕事, この問題, その土地, ぶらりと顔, メンデルスゾーンを, 働いて, 君の, 小笠原壱岐を, 撰定の, 机を, 牛込新小川町の, 知られた老中格, 第一線に

▼ 主任警部~ (11, 0.8%)

2 の大寺 1 がこれ, がテッキリ無頼漢, がテツキリ無頼漢, が同時に, が待っ, が搜査會議, とエリクソン署長, のソオル, は銀行

▼ 主任教師~ (9, 0.7%)

2 に引率 1 が, がいう, である, に二時間, の演説, はとにかく, は大きな

▼ 主任~ (9, 0.7%)

2 は夏目金次郎 1 たる私, である大, として私, として適当, となつ, となり, は私

▼ 主任刑事~ (8, 0.6%)

1 が中村係長, の二人, の命令, の手, の胸中, の請求通り, は額, も声

▼ 主任司祭~ (8, 0.6%)

1 がたぶん, であった, に話した, の家, の答え, は次, をはじめ八千, を呼び

▼ 主任~ (7, 0.5%)

4 云った 1 向って, 報告した, 椅子を

▼ 主任~ (7, 0.5%)

1 係を, 係官の, 刑事たちから, 刑事連は, 根岸刑事は, 特高は, 警察医の

▼ 主任には~ (5, 0.4%)

1 いつか大阪で, どうも仕事, 分らなかった, 彼が, 自分から

▼ 主任らしい~ (5, 0.4%)

2 人が 1 ひとが, 男が, 男の

▼ 主任~ (4, 0.3%)

1 ぞッ, という, と言いた, なんて新聞

▼ 主任という~ (4, 0.3%)

2 のは 1 地位は, 資格で

▼ 主任~ (4, 0.3%)

1 がいる, なの, のところ, はいきなり

▼ 主任検事~ (4, 0.3%)

1 が立っ, であった田中検事ほか泉川, の再三, は広島

▼ 主任看護婦~ (4, 0.3%)

1 が廻っ, が馴れた, の恒子さん, はこの

▼ 主任たる~ (3, 0.2%)

1 原田徳次郎君から, 恩師古川の, 私には

▼ 主任であった~ (3, 0.2%)

1 人です, 先生が, 玉橋先生本間先生の

▼ 主任である~ (3, 0.2%)

1 かどう, わけだ, 岩村判官と

▼ 主任です~ (3, 0.2%)

1 かァ, と云った, ね

▼ 主任では~ (3, 0.2%)

1 あつて, なくて, 無いの

▼ 主任司祭様~ (3, 0.2%)

1 には子供達, には神様, の菜園

▼ 主任店員~ (3, 0.2%)

1 だった, として一半, の広田

▼ 主任看視~ (3, 0.2%)

2 者ハドソンは 1

▼ 主任記者~ (3, 0.2%)

2 にならぬ 1 たり次

▼ 主任からの~ (2, 0.1%)

1 説明を, 返事で

▼ 主任がは~ (2, 0.1%)

1 いつて, だみはなさず持って

▼ 主任であっ~ (2, 0.1%)

1 てくれ, て刑罰

▼ 主任であり~ (2, 0.1%)

2 自分たちが

▼ 主任といふ~ (2, 0.1%)

1 人に, 肩書から

▼ 主任とか~ (2, 0.1%)

1 また商将, 監督とか

▼ 主任とに~ (2, 0.1%)

1 欺された, 逢って

▼ 主任とも~ (2, 0.1%)

1 あろうお方, 云ふべき

▼ 主任なる~ (2, 0.1%)

1 人と, 從兄弟の

▼ 主任みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な人

▼ 主任以下~ (2, 0.1%)

1 が乗り込む, に連れられ

▼ 主任~ (2, 0.1%)

1 に本庁, へ雪

▼ 主任岡崎~ (2, 0.1%)

1 は名古屋, を呼ん

▼ 主任弁護人~ (2, 0.1%)

1 の陳述, は誰

▼ 主任~ (2, 0.1%)

1 で看護婦, の副

▼ 主任技師~ (2, 0.1%)

1 のフィリップス, の心細い

▼ 主任教授松村博士~ (2, 0.1%)

2 がどういう

▼ 主任来り~ (2, 0.1%)

1 島津保次郎演出に, 来月の

▼ 主任石子刑事~ (2, 0.1%)

1 の二人, を初め神楽坂署員一同

▼ 主任研究員~ (2, 0.1%)

1 となっ, も引受けられ

▼ 主任粕谷~ (2, 0.1%)

1 が右往左往, の方

▼ 主任~ (2, 0.1%)

1 の凹み, はフロック

▼1* [114件]

主任お松さんが販売兼支配人, 主任かと怪訝そうな, 主任からも別に怪, 主任さんあなたにもう少し, 主任するほかに, 主任たち三人はあさ, 主任たりし溝江八男太翁, 主任だけが机の, 主任だろうが主任, 主任ついでに連れ帰っ, 主任でありました乙羽庵は, 主任でいらっしゃるけれども只今, 主任でしたから洋画, 主任でもあるかの, 主任とから別室に, 主任とが相談し, 主任としての私に, 主任としてはあとが, 主任としても活躍し, 主任との短かい一問一答記事, 主任とは糸子を, 主任なんか泣きツラ, 主任に対して記者達は, 主任に対しては唯々満身敬意の, 主任ひどく顔色が, 主任への約束を, 主任ほか二三人すぐに, 主任まで相談し, 主任みたように, 主任ガニマール氏はソーニャ・クリシュノフ, 主任ジョウジ・ブルッカアに特に, 主任ダンカン・マテスン氏を中心, 主任ダンカン・マテスン氏等を捜査本部, 主任バクスターの指揮, 主任バラ女史に命ずる, 主任フイリップ・パアジェスを夢中, 主任ブルッカアは何, 主任プライスがヘララ事件, 主任命ズ, 主任一人兼任二三人のみにし, 主任けはなお, 主任三宅弘子のところ, 主任事務員のゲスト氏, 主任今井が来り, 主任以下直接事件の関係者, 主任会議を突き抜け, 主任佐塚愛祐がかえって, 主任佐瀬龍之助, 主任何某と型, 主任其他が臨検, 主任判検事も首, 主任北外星吉氏です, 主任医師がちょっと, 主任医師看護婦たちの駈けつけた, 主任千早神尾秘書土橋は四谷箪笥町土方宅, 主任参謀などは列席, 主任藤田喜助君の, 主任司祭中田神父様の高遠, 主任司祭館と四十一, 主任吉岡警部補はすっかり, 主任和田徳太郎氏であつ, 主任土岐健助宛の無名, 主任地主の萱野十吉, 主任大寺警部の腕, 主任始めいずれも経験, 主任守屋と不健全, 主任のお, 主任専務なぞいう, 主任導師が数珠, 主任山田健三氏の従兄, 主任庄司署長八田警視総監等に会う, 主任建造者たるフイイー, 主任所謂批評家等は創作, 主任技師フィリップスが懸命, 主任技師夏見俊太郎は病, 主任担当者であるグローヴズ少将, 主任支倉がどう, 主任教授ウィップル博士はこの, 主任教授今村博士や東京帝大文科, 主任教授宛に提出, 主任教授西田先生に呼び出され, 主任教授里見先生立会の上, 主任書記の鴨志田番一氏, 主任木曾礼二郎は時, 主任根岸刑事の二人, 主任根岸石子両刑事, 主任の某, 主任梅田の署名, 主任検事級で鳴らした, 主任殿之は女帯, 主任殿御苦労さまでした, 主任永田純助氏語る, 主任特高部長看守が首, 主任猪股氏はきょう, 主任獣医となった, 主任由蔵の室, 主任直ぐ引出して, 主任石子渡辺両刑事以下四, 主任私服特高課員二名のほか, 主任立会いの上, 主任を捕え, 主任粕谷警察署の特高, 主任の方, 主任綿貫警部補以下警察医等十数名現場に出張, 主任警部佐塚愛祐の訓辞, 主任警部室の電話, 主任警部署長の三人, 主任警部飯村刑事部長金丸轟二刑事鑑識課員の数名, 主任の方, 主任野元警部はその, 主任野元警部戸次刑事部長以下刑事二名が現場, 主任金谷先生はほめ, 主任電話です, 主任馬酔警部補と貧相