青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~二つ 二つ~ ~二人 ~二度 二度と~ 二月~ ~二本 二郎~ ~二階 ~云
云~
~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~ ~云え 云え~ ~云っ

「云~」 51434, 556ppm, 168位

▼ 云~ (19232, 37.4%)

922 のは 640 ことを 535 やうな 418 ことが 357 のである 353 事を 314 事は 307 のが 276 ことに 241 のだ 236 事が 174 のです 167 風に 150 やうに 131 のであつ 123 ので 119 ことである, のを 107 ことで 103 事に 100 のも 99 様な 95 人が 83 事も 82 のか 73 言葉を 71 樣な 68 のであります 64 事で, 事である 56 気が 51 人の 47 ことだ 46 人は, 風な 45 話を 42 意味は, 者が, 言葉は 41 意味の 39 ことにな 38 わけで 36 やう, よりも寧ろ, 言葉が 35 ことであります, ことです, ぢや 34 のだらう 33 事だ 32 所に, 迄もない 31 訳で 30 な, 意味に, 時に, 程の 28 のに, 者は 27 人も, 声が 26 に云 25 ことには, 方が 24 だけで, の, のだつた, 名を 23 時には, 考へが 22 のでした, 語は 21 場合には, 氣が 20 のと, 事の, 奴は, 意味で, 意味では, 所の, 種類の, 譯で 19 のであらう, ので私, 人に, 意味である, 男が, 迄もなく 18 ことだつた, のなら, 男は, 者も, 風で 17 なよ, のでせう, 噂が, 外は, 気も, 点で 16 のぢ, のであ, 名の, 場合に, 物を, 通りに 15 事です, 事と, 女の, 字を, 必要は, 感じが, 感じを, 所を, 気に, 音が 14 のかね, ばかりで, 一つの, 所から, 様に, 言葉に, 言葉の, 語が, 語を

13 [16件] ことと, には, のさ, のよ, 不思議な, 具合に, 問題に, 問題を, 工合に, 時は, 有名な, 歌, 点に, 訳か, 話が, 語の

12 に及ばず, に過ぎない, 事だつた, 女が, 彼の, 意味だ, 意味を, 本が, 者を

11 [13件] でせう, 事でした, 事には, 名が, 奴が, 意味が, 所は, 男の, 言葉も, 詞が, 譯では, 返事を, 題で

10 [18件] がある, に至つて, のでございます, のには, わけか, を聞く, 名は, 問題が, 問題は, 奴だ, 小説を, 必要が, 時の, 本を, 樣に, 結論に, 詞を, 間に

9 [23件] が如き, ことの, やつは, わけには, 事, 事から, 事であります, 事実を, 人を, 位の, 僕の, 処で, 処に, 可き, 所が, 所で, 手紙を, 気は, 私の, 程で, 立派な, 通りだ, 顔を

8 [18件] ことでした, ことにも, に至, のかい, よりは寧ろ, わけだ, わけです, 人間は, 代りに, 女は, 字は, 歌を, 母の, 考が, 訳には, 評判が, 譯には, 風である

7 [37件] がこれ, に, にある, にし, にそれ, ね, のかと, のでない, のとは, やうです, を見れ, 事にも, 事実は, 事實は, 人である, 人達が, 可し, 妙な, 希望が, 希望を, 心の, 方は, 時が, 氣に, 物は, 男を, 考は, 考へは, 者の, 處に, 言葉で, 訳ぢや, 話だ, 話も, 金を, 順序に, 風だ

6 [44件] が, が私, ことから, であらう, に至り, 事だけは, 事にな, 人で, 傾向を, 処が, 処は, 句が, 句を, 名稱, 場合の, 場合は, 字に, 小説の, 意味です, 意見を, 所へ, 文字が, 方から, 方に, 日に, 本の, 気の, 気持が, 法が, 法は, 点から, 筈は, 聲が, 處を, 評判を, 詩が, 話である, 話は, 語に, 説も, 資格は, 難有, 青年が, 點に

5 [77件] がこの, がそれ, が如く, が早い, さう, たびに, にあらず, に之, に過ぎぬ, に非, のかな, のでありまし, のでその, のみで, やうだ, わけにも, を待たない, を聞け, ンだ, 一人の, 丈け, 丈で, 中に, 事や, 事實を, 人々の, 以外に, 位な, 僕には, 可から, 名で, 名前が, 名前の, 問題である, 噂も, 噂を, 國は, 声の, 女を, 字が, 小冊子, 心持が, 必要も, 念が, 意識が, 態度で, 文字を, 日の, 本は, 毎に, 気にも, 気持も, 氣も, 満足が, 物が, 私は, 立場から, 義に, 考で, 考へを, 考を, 者に, 自信が, 自分の, 訳も, 話に, 説が, 説は, 説を, 説明を, 調子で, 譯である, 議論が, 質問を, 間にも, 音を, 風を

4 [122件] あなたの, がい, がね, が此, ことでございます, ことでなけれ, ことなら, ことにまで, ことよりも, ことをも, だけである, だけのこと, なりになつて, に是, ねえ, のでお, のでなく, ので僕, のね, は何, ひとは, ほどの事, よりも何, より推す, より見れ, を得べし, を見, 三つの, 主張が, 事さへ, 事であれ, 事なし, 二つの, 二人の, 人だ, 人物を, 人達の, 人間の, 仕事を, 例が, 値を, 光景を, 勿れ, 厭な, 可きもの, 問題で, 噂だ, 声を, 大切な, 姿で, 子に, 字の, 學者は, 家に, 家は, 小説に, 小説は, 工合で, 当も, 形式の, 彼は, 彼女の, 心を, 心持で, 心配が, 心配は, 必要の, 意で, 意である, 意味なら, 意味も, 意識は, 態度を, 所まで, 手段を, 批評を, 方法を, 景色を, 有様で, 次第で, 歌の, 段に, 気で, 気持に, 決心が, 注意を, 父の, 物の, 物も, 特殊な, 男に, 目に, 知らせが, 積りで, 筋の, 考へから, 考へで, 考も, 自覚は, 處で, 要求が, 觀念が, 觀念を, 言葉と, 記事が, 記事を, 訳だ, 訳な, 詩を, 話だつた, 話な, 論文を, 議論を, 途方も, 運動を, 金が, 長い間, 音に, 類の, 風が, 風の, 馬鹿な

3 [242件] あまつ, うちに, があつ, があり, がその, がま, が好い, ことであれ, こととの, ことな, ことについて, ことについては, ことをば, これは, ぜ, だけあ, だけなら, つもりだ, にあの, にこれ, にその, に外, に己, に等しい, に足らない, に違, のださうである, のであった, のでありました, のでこの, ので今度, ので余, ので其の, ので直吉, のにも, のに何, のはを, のみである, は, は其の, ひとだ, へからす, ほかなかつた, ほどのこと, ほどのもの, や否, よりも, よりも或は, ンだらう, ンぢや, ンで, 一事である, 一切の, 一篇が, 一語に, 丈けの, 三字の, 世界に, 中で, 中には, 中にも, 乞食が, 事か, 事かと, 事だけが, 事な, 事などは, 事なら, 事まで, 事実が, 事実である, 事実に, 事實が, 事情を, 云ひ, 人, 人々が, 人々は, 人だらう, 人物が, 人達は, 今度は, 例の, 例は, 例を, 側から, 先生が, 先生の, 処から, 処へ, 処を, 前の, 可からず, 可きである, 可らざる, 可らず, 名前は, 問が, 問題には, 問題の, 噂の, 噂は, 国の, 地名の, 塩梅に, 境地に, 夢を, 大事な, 大力の, 夫人の, 女で, 女と, 女に, 女中が, 奴の, 奴等に, 婦人の, 子は, 學者が, 小論文, 川の, 希望は, 広告を, 度に, 形で, 形式に, 御論, 心が, 心も, 心もちも, 心もちを, 心持に, 心持を, 思想を, 性質の, 恐しい, 悪魔の, 情熱を, 意を, 意味と, 意味な, 意識を, 慾望は, 我も, 所では, 文字の, 文芸上の, 斯う, 方の, 方も, 方面の, 旅館に, 日には, 日本の, 時にも, 時も, 時代の, 書の, 書を, 書物が, 最後の, 有樣, 本であります, 札が, 条件で, 条件を, 樣子で, 歴史を, 気にな, 気持の, 氣にも, 氣持は, 決心で, 決心も, 決心を, 現象が, 現象の, 理由で, 生活を, 男である, 町の, 画を, 疑問が, 相談を, 看板を, 真面目な, 確信が, 程度の, 立場に, 約束を, 紳士の, 経験を, 結果に, 結果を, 罪を, 義で, 義である, 老人が, 考へ, 考へに, 考へも, 者あり, 腹が, 自信を, 良心も, 花は, 若い女, 處は, 行を, 西洋の, 要求を, 規則が, 言ひ, 言葉さへ, 言葉などは, 訣か, 評判の, 詞である, 詞に, 詞は, 詩の, 詩は, 話です, 話や, 語から, 譯だ, 議論は, 資格の, 身で, 返事が, 返事だつた, 通りで, 連中は, 量見, 金額を, 青年の, 順序で, 顏を, 類ひ, 點から, 點が, 點は

2 [705件 抜粋] あたりは, あだ名を, があ, がいい, がそんな, が一つ, が一体, が僕, が儘, が女, が如し, が是, が正し, が然し, ことだらう, ことでございました, ことより, その事, それだけの, ぞ, だけで揶揄, だけのほんの, だけのもの, だけの事, だけの話, だけ野暮, つもりだつた, なあ, なと云, な天野朱雲, にあつ, にすぎません, にはあれ, には云, には云つて, には自分, に一つ, に今, に先づ, に同じ, に契, に我ら, に止めよう, に猩々, に相違, に至る, のかも, のだい, のでさ, のでそれ, のでそれで, のでなけれ, のでまた, ので之, ので人々, ので台所, ので周次, ので子, ので己, ので彼, ので持つ, ので母, ので滝本, ので社屋, ので私達, ので自分, ので自分等, ので行つて, ので非常, ので驚い, のに又, のに対して, のの, のへ, のや, の外, は五山, は此人, は甚だ, は畢竟, ひとと, ひどい奴, まで, までだ, までになつ, もののまだ, ものの滅び, やつが, ような, よりはむしろ, よりも此庵, よりも私, わけは, わけも, を待たぬ, を得ざるべし, を得ず, アナトオル, ボオドレエルの, モ一人の, ンです, 一念で, 一種の, 一節が, 一部の, 丈けに, 丈でも, 不安が, 不安に, 不幸な, 不気味な, 並に, 主任警部が, 主義が, 久しとも, 之は, 乱暴な, 了見で, 事さ, 事だらう, 事でありました, 事とを, 事なり, 事のみ, 事を以て, 事丈は, 事件は, 事実と, 事実にも, 事実も, 事實によ, 二重の, 五位が, 人だつた, 人ぢや, 人であります, 人には, 人物の, 人達に, 人間な, 人間に, 以上は, 以上一時代の, 仲間も, 休坂下の, 伝説が, 位に, 位は, 作品は, 作家たちの, 使ひ, 依頼を, 侮辱を, 借金を, 側の, 僕等の, 價値が, 元気の, 六ヶ敷い, 内心の, 制限を, 前置きで, 割合で, 勇の, 動機が, 勢ひ, 医者の, 十七八の, 友だちを, 取沙汰を, 口吻, 口吻を, 古道具屋が, 句は, 叫声が, 可くん, 可しである, 名に, 名前だ, 名前で, 名目で, 命令を, 品は, 唯それ, 唯一つ, 問ひ, 問題です, 嗜好を, 噂さへ, 噂だつた, 噂職工共の, 囁が, 因縁が, 國, 土が, 土地で, 土地の, 地位を, 地方の, 坊さんが, 坊さんの, 型には, 場合だ, 場合にな, 場所かも, 場所で, 場所へ, 境界を, 声で, 声は, 変な, 夢中に, 大学の, 大資本, 夫の, 奥書が, 女中の, 女神の, 奴かナ, 奴には, 奴酷い, 始末な, 姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到, 娘が, 嬉しい日, 子が, 子供の, 學者の, 定義を, 室に, 家で, 家へ, 家も, 宿屋へ, 寄席の, 寺が, 小説も, 小間物渡世で, 屋號は, 己の, 巴里の, 幸福だらう, 幸福なる, 強力の, 形だ, 形を, 影を, 役者の, 彼女を, 彼等の, 御所存, 御決心, 御沙汰, 御病気, 御考, 御話位, 徹底的見地から, 心もちの, 心配の, 必要ない, 忠告を, 念オオトリテエに, 怖しい, 思想は, 思案も, 恐れが, 恐れも, 患者は, 想像が, 想像は, 意, 意では, 意味ぢや, 意味であります, 意味でなく, 意味には, 意味や, 感じだ, 感じで, 感じに, 感情は, 感情も, 態度に, 態度の, 慾望を, 我々の, 或る, 戯曲は, 所である, 所も, 手真似を, 拍子か, 挨拶, 挨拶を, 撞球屋の, 支那の, 文である, 文句の, 文句は, 新時代, 新聞記事を, 方か, 方法が, 方法で, 日を, 日本人の, 旧家の, 映画に, 映画を, 時, 時代も, 暇も, 暴逆的, 書が, 月番幹事の, 望で, 望みに, 木賃宿の, 村は, 森先生に, 様子が, 様子を, 樣にな, 権利は, 樹の, 橋が, 機会を, 機械の, 權利が, 次第だ, 次第ぢや, 次第でも, 次第な, 此の, 氏の, 気か, 気には, 気持で, 気持を, 気象の, 気違ひ, 氣は, 氣を, 氣持を, 氣遣ひ, 氣配を, 河童に, 海に, 温泉の, 漁師の, 点だ, 点は, 点を, 烙印を, 無理を, 特別な, 猫の, 王の, 現象は, 理由から, 理由の, 理由は, 理由も, 生活に, 田舎の, 男です, 男と, 男の子が, 画が, 異名を, 疑惑が, 疑惑を, 病人に, 病気に, 病気は, 発見は, 皮肉な, 相談が, 相違だらう, 知らせを, 確証を, 社会の, 私を, 程に, 程には, 程激昂の, 程電信柱に, 窮屈な, 立場で, 笑ひ, 答へが, 答を, 精神が, 精神の, 結構な, 統率者が, 經濟上の, 緊張した, 編輯主任は, 美人と, 群盲の, 習慣を, 老女が, 考であります, 者で, 者であります, 者には, 聯想が, 聲に, 聲を, 職業は, 自覚が, 自覚を, 自覺, 色紙の, 艸書の, 若い男, 苦労を, 英吉利の, 草の, 華魁に, 著述が, 蕭條たる, 薄命な, 處の, 術も, 西山社長の, 見出しで, 見地から, 親馬鹿, 観念が, 観照を, 覺悟を, 言葉だ, 言葉だけ, 言葉だつた, 言葉なども, 言葉や, 訓令を, 記憶は, 記載が, 訳でありまし, 訳である, 訳に, 訳は, 証拠に, 評判で, 評語を, 詞の, 詩人の, 話で, 話の, 誇りを, 説, 誰か, 調子ばかり, 請願を, 論が, 諢名まで, 諢名を, 謎だ, 謎を, 證據に, 譯か, 譯に, 譯も, 變り, 谷崎氏の, 貴君が, 貴客, 資格が, 迄もありません, 迄も無く, 返事だ, 過去の, 都合の, 都會で, 野心の, 野郎が, 野郎も, 鏡子の, 長い月日, 間もなく, 間もなく真, 間柄に, 雑誌に, 雑誌を, 電報を, 電話を, 青年は, 非難を, 音も, 頼りない, 題下に, 風にな, 風には, 餅屋が, 馬鹿, 鳥だ, 點では

1 [5837件 抜粋] あきらめをも, あの自分, おそろしい隔, があれ, がそもそも, がもう二度と, が今日, が却, が妙, が愚, が独尊者, が背丈, が部分的, ことだつ, ことにのみ, これも, しかし賢, その息, それが, ぞんざいな, だけでなく, だけの理由, とんちんかんな, なと申します, なよ夢ぢ, なんて, にあらずや, にさう, にはお, には在所, には烈, にも拘らず, に一方, に付, に別, に吾等, に存する, に必, に明經道, に極, に民族道徳, に移転, に菅茶山, に近頃, に頭銜, のかネ, のであの, のでさすが, のでまさか, のでレツシング先生, ので不, ので京都, ので何方, ので入口, ので内務省, ので十萬圓, ので君, ので外, ので巴里初冬, ので急い, ので斎藤氏, ので最も, ので正三, ので流罪, ので無残, ので當時, ので竜一, ので自動車会社, ので見, ので跳, ので隨分宿屋, ので食ひさし, のなら解かる, のにどうしても, のに佛陀, のに易, のに留守, のに転学, のみの状態, のらしい, はお前, はゴンクウル, は二國講和, は即, は宋, は是, は正金銀行, は紀伊国神名帳, は遊ぶ, ばかりに血迷つて, ふれこみだけの, ほどのボヘミアン, ほどは飲めません, までに至らなかつた, もののこの, ものの内心, ものの深い, やうな疑, やつも, よりは亂, よりは娘, よりは訴, よりもまるで, よりも他, よりも宇宙, よりも投げつけました, よりも痛々しい, よりも途方, わけであります, をばさん, を借れる, を組織, イズムの, ギズキイの, コンタンか, セーヌ河の, トツクは, バツグを, プロバビリテエを, ラタン区の, 一事に, 一夜で, 一方には, 一点に, 一節を, 一見甚だ穏当, 一雜誌を, 七十五円呉れ, 三日前京から, 上級生は, 不可思議な, 不幸も, 不自由と, 世代を, 両様の, 主の, 主義にな, 亂暴狼籍を, 事あら, 事ぢや, 事なく悲しく, 事までが, 事人間らしく, 事実そのものの, 事實である, 事有ら, 事自分の, 二百石取, 五種族を, 人々だけなりとも, 人さへ, 人人の, 人物は, 人達とは, 人間も, 今日ほど, 仕事も, 代價, 以上二時間も, 件, 伝言を, 位ゐなら, 低い山, 何方が, 作品が, 作者なら, 侍の, 俗伝は, 信念が, 個人では, 偶像の, 傾向に, 僞電を, 優しい言葉, 元氣さ, 先生だ, 光線の, 公開の, 其の年十七, 其働きを, 内何, 冷淡な, 処立派なり, 切迫した, 利益の, 前提は, 劇場主に対して, 勅書は, 勘定で, 区切りの, 十四歳の, 南画は, 印象よりも, 原案に, 友人間の, 反省を, 口実の, 古い驛, 句の, 可なり世間, 各怖畏, 名である, 名前ばかり, 名行, 否な, 味の, 和蘭寺院楽の, 唯事千度聞き, 商賣だ, 問題な, 嘲笑を, 四種類の, 國の, 土地を, 地謡の, 執念ぶ, 場に, 場合誰れ, 塾監の, 声さへも, 変化を, 多角状の, 大きな波, 大事実, 大山島東郷島が, 大熊緑紅が, 大質問, 大騷ぎ, 夫を, 奇縁でございませう, 女とあみ, 女性あり, 女郎から, 好い古刀, 妖気は, 始末にも, 娘に, 嫁に, 子供です, 字も, 学生です, 安心と, 官署を, 実感にも, 家が, 容子だ, 宿屋へと, 寔に, 寺も, 小さなレース翅, 小品を, 小話が, 尺八寸位の, 岐阜の, 工合である, 帝室の, 平凡な, 年上の, 幸福を, 度合によ, 弊に, 強い気持, 形, 形容詞を, 役の, 彼等を, 徑路で, 御守, 御經, 微なる, 心持から, 心配を, 志賀直哉氏の, 思出を, 性格は, 怪談小説は, 恐ろしい結婚, 息に, 悪戯を, 悲鳴を, 惡口を, 想像である, 意味さ, 意志の, 意義を, 愚かな, 感を, 感歎の, 慾目も, 成案が, 戒むるごとそそのかすごと, 所でございます, 所以なり, 手伝の, 手法を, 手配は, 技倆で, 拍子だつた, 挨拶で, 推察は, 擴大鏡を, 放蕩者は, 教会が, 数に, 文句ばかり, 文芸も, 料理あり, 新しい学語, 新語が, 方では, 方法に, 旅人宿に, 日は, 日記に, 明瞭なる, 時その, 時に今, 時代が, 時分に, 時期の, 晋の, 暇なく, 曲つた刀や, 書物で, 書面が, 有様ぢや, 望みも, 木崎好尚さんの, 末路を, 杉の, 条件も, 林間の, 格だ, 條項の, 概念の, 樣な思ひ, 横道に, 機械は, 次第なら, 歌が, 正月二十開天章閣賞小, 此邊の, 歴史に, 毎日新聞の, 気もちの, 気持にな, 氣張かたで, 永い期間, 決議を, 治療ならさせる, 法官の, 洋服屋が, 流義だ, 海上尖山似, 清吟雑夢寐得句旋已忘と, 満足を, 激しい反感, 点も, 無考, 熔鉱炉の, 父母と, 物数奇か, 特性を, 状態で, 狂歌の, 獣の, 珍果の, 理屈を, 理窟が, 生やさしい, 用意に, 甲斐なき, 男だて澤山なり, 男女子の, 画の, 番附を, 疑問よりも, 病気を, 癸酉は, 白金の, 目を, 相手を, 真似を, 瞹眛な, 短詩を, 破天荒な, 確證も, 社會事實と, 禪宗の, 秘訣を, 程度にしか, 種々なる, 積りな, 立て札が, 第二, 筋です, 築地橋そばの, 精神私も, 紅入, 素志を, 組織で, 結構なお, 綽名が, 罪目が, 美しい都会, 美術に, 義勇隊に, 習ひあり, 老大, 考をも, 者同士で, 聲の, 肉を, 脚本を, 自分は, 自然主義に, 興味よりも, 色に, 芸人に, 若々しいもの, 苦しみを, 英霊漢の, 荘厳な, 萩原さんの, 蔭の, 藤原時代の, 處刑を, 行きがかりで, 表現を, 西洋かぶれの, 見方が, 規則な, 親しさ, 觀念さへ, 言有り, 言葉に対して, 訓が, 記憶法であります, 訳から, 訴へは, 詞だ, 詩人であります, 詩體である, 話などを, 語と共に, 説を以て, 調査を, 論斷が, 諸君が, 講談を, 譯かと, 譯は, 谷に, 豫想からばかり, 貴君は, 貼紙が, 質問も, 趣意の, 軍治を, 轉歸である, 近臣が, 通に, 通りな, 通り全く, 通り次の, 通り近, 連中が, 遊山宿乃至, 運命で, 道徳戰場に, 遠い所, 邪み, 酒が, 里子の, 野郎は, 金花の, 長い表題, 間違からか, 附近にでも, 陽氣な, 隨分ゾツトする, 雛だ, 零落した, 青貝の, 非難に対して, 音とが, 響きが, 頃一夜矢張り十一時過ぎ俺は, 題が, 題目に, 顔色で, 風であれ, 風景は, 餅屋を, 駅あり, 騷ぎ母は, 高僧は, 髪の毛を, 鳥なら, 黒い神様

▼ 云つて~ (5217, 10.1%)

353 ゐる 338 ある 135 ゐた 107 ゐるの 49 ゐるが 46 ゐたが 41 もい 38 もよい, 居る 35 居た 32 しまつ, も好い 28 よい 26 もそれ 25 いい, もいい 24 出て 22 あるの, ゐるやう 21 ゐたの, ゐました, ゐるん 2018 るぢ, ゐます, 居ります, 置いて 17 も私 16 もよかつ, も差支 15 も宜, ゐること, 見た, 見ろ 14 ゐら 13 あるから, あるが, お鳥 12 ゐたこと, ゐると, 見れば 11 はいけない, もその, 見たが 10 やがる, やがんだい, ゐながら, 呉れた, 来た

9 [11件] あつた, かの女, ました, もよろしい, ゐたよ, ゐるから, 代助, 好いか, 居りました, 居るの, 見て

8 た, もこの, もよく, も自分, も駄目, やりたかつた, よかつ, 悪ければ

7 [16件] みても, もこれ, ももう, も好から, も彼, も決して, も過言, やつて, ゐたぢ, ゐても, ゐましたが, ゐるうち, ゐるさ, ゐるので, 呉れ, 居ると

6 [20件] いらつし, から, たよ, たわ, もまだ, も僕, も宜しい, やつたの, るやう, るよ, るわ, ゐたさ, ゐたん, ゐるか, ゐるぢ, ゐるところ, ゐるのに, 居るが, 居るので, 見ると

5 [18件] いいの, たぢ, ね, は失礼, ましたが, もた, も今, も別に, も到底, も無理, ゐたわ, ゐて, をります, 呉れるな, 居たが, 御覽, 立ち上つた, 置く

4 [42件] あるん, いいか, しまつて, たけど, は里方, ましたか, ましたよ, も何, も可, も外, も必ずしも, も日本, も正しい, も返事, やしない, やる, やると, よからう, よろしい, るか, ゐたけれど, ゐたけれども, ゐたと, ゐたね, ゐたので, ゐますが, ゐますよ, ゐるに, ゐるもの, ゐるんぢ, 喜んで, 好い, 宜い, 居て, 居りましたが, 悦んで, 持つて, 来たが, 来て, 置いた, 置きたい, 見給

3 [78件] いいくら, おかう, お照, お糸さん, きかせた, くれ給, さつ, そのま, たから, たど, たの, ないで, にこ, はいかん, はない, は一人, は厭, ほ, ましたわ, みて, もうん, もお, もお前, もしかた, もそんな, もやはり, も一向, も中, も俺, も大した, も少し, も彼女, も支那, も昔, も見逃す, やらうか, やア, よこして, るのに, ゐさ, ゐたから, ゐたぜ, ゐたのに, ゐたもの, ゐたやう, ゐたわよ, ゐた彼, ゐない, ゐましたよ, ゐや, ゐられる, ゐるにも, ゐるね, ゐる事, ゐる人, ゐる内, をりません, をる, 凝つと, 呉れと, 呉れ給, 喜びました, 好いで, 居ました, 居るやう, 居る人, 或る, 直ぐに, 置かなければ, 置きながら, 置くが, 聞かせて, 聞かせても, 見たり, 見りやア, 見ろよ, 訪ねて, 頼んで

2 [247件] あるのに, あるのみ, あるを, ある所, いいほどの, いました, おかれて, おくれよ, おもち, お芳, からかふ, からでなく, からみのる, から彼女, から恁, きかないそして, ください, この人, ごろりと横, ご覽, さ, さも怨めし, すぐに, その人, その手, その用意, そんなこと, たやう, たン, た癖, とび出して, ないが, なだめた, なまけて, ねまた, は, はその, はならぬ, はならん, はみた, は一文, は何, は來, は呉れる, は唯, は困ります, は夜具, は女房, は悪い, は殆, は毎日, は笑, は語弊, ふいと, ぺろりと, ましたがね, また彼, みたり, もあの, もこつ, もさ, もさう, もそれぞれ, もどう, もどうしても, もほんの, もまさか, もまた, もよぼよぼ, もわたし, も一町, も不思議, も他, も其の, も内容, も出, も君等, も周子, も唯, も困る, も多く, も大, も大きな, も好く, も実際, も客間, も小さい, も年齢, も恋愛, も悪人, も承知, も既に, も未だ, も本, も村, も根本, も此詩集, も殆, も然, も猶, も用事, も皆, も相手, も誇張, も道家, も道義心, も雨, も零度, も頑として, やあがる, やがら, やがるで, やらう, やらうと, やりたかつたが, やるの, よこした, よこしたん, よこしても, よろよろと, るらしい, る人間, る処, ゐたか, ゐたし, ゐたぞ, ゐたつて, ゐたほど, ゐた人, ゐた樣, ゐては, ゐましたか, ゐましたから, ゐましたけれど, ゐますから, ゐやがるんだい, ゐられないの, ゐられるん, ゐるかの, ゐるくせ, ゐるけれど, ゐるけれども, ゐるし, ゐるぞ, ゐるだけ, ゐるよ, ゐるわけ, ゐるんだい, ゐる中, ゐる時, ゐる暇, ゐる樣, ゐる男, ゐる相手, ゐる赤帽, ゐる通り, ゐれば, をられました, をられる, をりました, ギラギラさして居た, フワリと, 下さると, 下さるの, 下すつて, 今更そんな, 入つて, 入らつし, 凝と, 出かけた, 出來, 去つた, 又自分達, 呉れたが, 呉れませんか, 呉れるん, 呉れる人, 呼びに, 啼く, 大人しく出, 好からう, 始めて鋭く, 寄こした, 小聲, 少しも, 居ても, 居ない, 居りながら, 居りますが, 居るもの, 居るらしい, 居る位, 居る間, 引つこんだ, 慰めた, 持ち歩くと, 指して, 早速案内, 曲る道, 来たの, 来たん, 来た時, 来ました, 次ぎの, 歩きましたが, 決して恥, 滾して, 無暗に, 物凄く, 申込んで, 白い手, 稼ぐ時, 立ち去つた, 立つた, 立つて, 続いた, 置いたが, 置かう, 置きますが, 罵つたさうである, 考へた, 聞かせるが, 聞けば, 若い人, 行きました, 褒めて, 見い, 見たところ, 見たらい, 見た儘手, 見ても, 見に, 見ましたが, 見ようといふ, 見るさ, 許して, 讀まねば, 責めた, 責めるの, 近づいて, 逃げて, 遠い所, 遣つた, 降りて, 頷いた, 騒いで, 黙つて

1 [1984件 抜粋] あそびなど, あの位, あの朝, ありました, あること, あるでは, あるは, ある通り, いいあの, いいと, いい位, いきなり喰つて, いつのまにか後ろ, いづれも, いらしつて, うながしたてた, うるさい程, えへら, おきたいこと, おくれそれ, おこり出しました, おどおどし, おひる, およこし, おるさ, お勧め, お嫁さん, お末, お祝ひ, お膳, お通り, かういふ, からかつ, からだが, からウヰスキー, から僕達, から彼, から直ぐ, がくり, きかせたの, きかなかつたん, くださいどんな, くるツ, ことさらに, この争, この想像, この金, これから前, さうである, さすがに, さもを, したいこと, しまつたか, しりぞけて, じろりと室, すぐ又立つ, すまされる問題, ずつと我々, せツ, そのとげ, その一枝, その儘帰, その叫ぶ, その弁護士, その猥雑さ, その通り, それから氷屋, それでも島, そんなに俺達, そんな女, たくましい腕, たしなめました, たつて, たん, だど, ちらほら来る, つんけん, ても切り, では最初, とつて喰, どうしてもき, どうせ驛遞馬, どんどん降り, なかつたべ, なだめたが, にや, ねさうかと, ね途中, はあと, はあんまり, はいろいろ, はすまされない, はねつ, はもろこし, はゐます, は仏壇, は余, は勉學, は向, は奢り花, は寺方, は常磐津, は心, は手内職, は書物, は殆ど, は済まない, は無い, は祖父, は芝居, は要らず, は追, は駄目, ひどく無作法, ふとテラス, ぶつぶついつ, ほめるで, まごころ, ましたつけ, ませんでした, またもハンケチ, また先頭, また寢, また横, また餌, まとまつたお話, もあ, もあまり, もいかにも, もうそれきり何, もう一度低い, もおの, もかく, もさて, もすぐ, もそのまま, もそれら, もたつた, もつと, もどかしさうに, もなかなか, もなにか, もほとんど, もまだまだ, もやつぱり永遠, もよから, もらつた方, もわし, もカイザル, もダメ, もビスクラ, も一冊, も一様, も一週五日間, も三面記事的, も不相, も乾いた, も二人, も五円, も人物画, も他人, も何樣, も保護, も優に, も公衆, も出かけない, も動かない, も十惡, も友達, も取, も同じ, も唐, も單, も国家意識, も声, も大事, も天, も奥さん, も好き, も婆アさん, も字引, も富岡, も專門的, も少年, も己, も平時用, も引つ, も彼女等, も心内, も怪我人ちや, も悲劇, も才能, も探偵小説, も文学, も日本式, も映, も時間, も月, も木綿, も東京, も梅子, も樅, も次第に, も此処, も殆どさし支, も河童, も浅草広小路, も源, も無論, も牡丹, も現今, も甲, も當, も真実, も矢張り女, も祖母, も空し, も第, も罐詰, も聞かなかつた, も聽, も能率, も若い, も藤原奠都, も表現, も要らない, も説明, も谷蔵, も軍, も逸子自身, も都, も野村, も関東, も電線, も非凡, も飮, も鹽原, やがん, やつた時, やつて御覧, やら, やらう百遍, やりたいこと, やりや, やるとも, やろう, よあたし, よいほど, よい餘程, よくだんだん, よく宅, よく泣きました, よく菓子, よこしたの, よこせと, らしたほど, らしてよ, るくら, る事柄, る處, わざと手, わざと自分, ゐずに, ゐたくせ, ゐたつて仕様, ゐたとかと, ゐたらう顔, ゐたら損, ゐたんぢ, ゐた事, ゐた勞働者, ゐた小布施, ゐた日, ゐた母, ゐた蟒, ゐた青森, ゐなかつた, ゐましたと, ゐますね, ゐやがるの, ゐられたので, ゐられないで, ゐられるが, ゐられんしなあ, ゐるすると, ゐるとか, ゐるのさ, ゐるばかりな, ゐるらしいところ, ゐるテル子, ゐる人々, ゐる余裕, ゐる声, ゐる富岡, ゐる日本, ゐる最中, ゐる灌水用, ゐる社長ぶり, ゐる聲, ゐる親爺, ゐる間, をかしい, をられない, んだい, ニコニコ笑, 一寸聲, 上げませうと, 下さつたという, 下さるん, 下りて, 世にも自分, 仰に, 何とも得體, 作らせた, 借りて, 入らしつたぢ, 其の疑惑, 再びセルギウス, 再び答, 冷かされたの, 出かけたさうな, 出した, 出たので, 出掛けた, 出来てから, 切り落したそれ, 別にこれ, 別に謙遜, 到, 動かずに, 卑し気, 参りますの, 又内部, 又摂津, 又茶の間, 取り付く, 受け取つた, 叱かられたの, 叱られる時, 同病院, 呉れたつて, 呉れた事, 呉れた時分, 呉れなかつたの, 呉れるないおもしろく, 呉れる事, 呉んねえな, 呼んで, 嚇したので, 固く私, 坐わ, 夢見る樣, 大いに怨言, 大きく溜息, 太上老君天師太清境, 好くあいつ等, 嬉しが, 宜しいか, 実際彼女, 寄越した, 寄越したん, 寒くな, 寧ろ其, 小さい聲, 小せん, 居たけどねえ, 居たには, 居つた, 居ましたから, 居ましてね, 居られた, 居られぬ, 居られるものぢ, 居りますけれども, 居るそれで, 居るらしいが, 居る大間違, 居る救濟, 居る苦行, 差し出したものぢ, 帰ること, 引つ張つて, 引止められた, 強がる為, 往きましたから, 御出入, 御認め, 必ず出すべき, 快げに, 怒つた時, 怒つてる, 怒鳴り散らした, 思ひ切つて寢, 急がず騷, 恰も國家, 悠然と向う, 愛した此物, 慰める, 戒めて, 戯れに, 打ち明けない, 担ぎ込んで, 振返ると, 改めて誠吾, 断られた, 新しい仙台平, 既に平岡, 明るくなる, 暗に自分, 暫く立止つた後, 更に又, 書くの, 未だ究竟, 来たと, 来た純粋, 来なかつた, 来ました一番初め, 来るだらうと, 柔かいの, 止めるにも, 歩きだした, 殆ど他, 決して先生, 決して珍, 泣いて, 泣きながら, 泣く程, 深く物, 湿つた処, 無氣力, 然し友人, 熱いビール, 特に懇意, 生きては, 白い眉毛, 直ぐ教會, 直にそれ, 知らして, 突き出すキユウ, 突然訪ねた, 立ち上りかけて, 立去つて, 細い金, 置いたからね, 置いたよ, 置いた筈, 置かないの, 置きたいの, 置きましたが, 置けば, 羨しが, 聞いて, 聞かすやう, 聞かせました, 聞かせやう, 聞かれて, 聴かない, 自刄, 若い女, 苦り切つて, 蔑むやう, 褒めたらい, 見せると, 見たくなる, 見たのよ, 見なければ, 見や, 見ようとも, 見るからに, 見ろつちん, 見向きも, 親しめなかつた, 訪ねる處, 詫びるより, 詳しく彼, 誘ひ出すの, 読んで, 責めるので, 賣つてたん, 赤い眼, 走りかけて, 起き上り犬, 踏んで, 軽く額, 追ひ出し, 退ける筈, 逃げたの, 逃げるやう, 通じなければ, 進み近づいて, 過ぎられること, 重い, 阿母, 除けた, 頂かないでも, 頻りに牧草培養, 頼んだが, 騒いだらうそして, 驚いた途端, 鬱陶しい顔

▼ 云~ (2431, 4.7%)

52 やうの 38 換へれ 29 方を 24 ながらその 23 ながら彼, 難い 20 ながら彼女 17 ながら私, やうも 14 ながら 13 又, 方は 11 云ひ, 方が 10 合ひ, 度い 9 ながら自分, 方で 8 さへ, さま, ながら又, 争ひ, 張つた, 給ふ 7 ながら父, ながら瑠璃子, にくさう, に来た, 合ふ, 方だ, 表は, 西のは 6 分が, 合つた, 現は

5 [16件] たまへ, たり, つけに, ながらそれ, ながら信一郎, ながら勝平, ながら夫人, ながら母, ながら青年, 分に, 合つてゐた, 合つてゐる, 合は, 添へる, 給へ, 西は

4 [20件] ながらかの, ながら二人, ながら何, ながら兎, やうが, ようの, 交は, 傳ふ, 出しは, 分を, 合つ, 換れ, 方に, 此は, 殘し, 給ひし, 自分の, 草に, 訳の, 難いが

3 [44件] かたを, がたし, つけで, て, て君, ながらあたり, ながらまた, ながらまるで, ながら一枚, ながら両手, ながら二階, ながら代, ながら僕, ながら再び, ながら出, ながら博士, ながら女, ながら少し, ながら照子, ながら立ち上つた, ながら紳士, ながら美奈子, ながら老人, にくかつ, はした, はしなかつた, わけに, わけを, 争つてゐる, 争ふ, 傳へ, 分は, 度く, 惡い, 換へ, 換へて, 換へても, 方だつた, 方も, 様も, 添へて, 現はす, 給ひ, 草は

2 [126件] あつた, が, がかりを, これと, これを, それは, つけは, つつ, ながらあの, ながらお, ながらかの女, ながらずんずん, ながらそこ, ながらそつ, ながらどつかり, ながらふり, ながらぽん, ながらもう, ながらも彼女, ながらも自分, ながらカムパネルラ, ながら中, ながら今, ながら其實摯實, ながら千代子, ながら向う, ながら堀田, ながら境内, ながら大股, ながら大野, ながら子供, ながら安里, ながら座, ながら庭, ながら弟, ながら心, ながら暗い, ながら机, ながら毛布, ながら氷峰, ながら渠, ながら片足, ながら狐, ながら相手, ながら眼, ながら私達, ながら立ちあがりました, ながら立つ, ながら茶の間, ながら近づい, ながら追, ながら鶴村, にくいこと, にくいやう, になる, に來, に行, はしない, はしません, はせぬ, やうを, ようも, をする, 一は, 乍ら一本取つた, 乍ら女は, 乍ら彼は, 乍ら悠々, 乍ら涙を, 乍ら直ぐ, 乍ら竹山は, 乍ら野村は, 云ひした, 仲を, 伝ふ, 伝へ, 価で, 値で, 元の, 凹巷は, 分だ, 分も, 古された, 古した, 合つたのか, 合つてる, 合つてゐました, 合ひました, 回しを, 季を, 度いこ, 度さうな, 廻し, 弟を, 張つてゐる, 慣は, 或は又, 或は又絶えず, 或る, 振りを, 換へる, 方, 方の, 梯子段の, 樣も, 次を, 母が, 母は, 添へ, 為たい, 爭ふ, 現はし, 現はせない, 琥珀の, 盥を, 私は, 稽古の, 終つて堅く, 終つて立ち上つて, 給はむ, 給ひしが, 續けて, 良秀の, 譯を, 過ぎの, 難いの

1 [1422件 抜粋] あしと, あなたは, あの緑, いや魚, おほせた, お母さんは, かの有名, がかりに対しても, がたいところ, がたい遠国的, がたきなど, がたき曲線, がたしだ, がひ, がらもぐり込む, ぐさだつたのだらうが直吉は, けむ, こちらへ, これから寝る, さう, さまに, すぎかも, そして王應麟, そのあと, その伯父, その性格, その蒲団, それから男子青年班, それぞれの, それにです, たまはんは, ぢようゆきなりの, つつとみ子, つつ予等, つつ我上, つまり奧州, づらさうに, てえと, てこれ, てそれ, てもい, て之, て亦, て冷笑, て夜更, て我手, て新婦, て渡りし, て直に, て肩, て頼め, ながらあ, ながらあなた, ながらいかにも, ながらいづれ, ながらおかみさん, ながらかたつ, ながらがくり, ながらこちら, ながらじ, ながらすた, ながらそっち, ながらそろ, ながらた, ながらつい, ながらどうにも, ながらにこ, ながらひとり, ながらぶるぶる, ながらぼく, ながらも, ながらもこんな, ながらも出, ながらも右, ながらも嫌, ながらも母, ながらも美奈子, ながらも顔丈, ながらやつぱりケチ, ながらゆツくり煙草, ながらアウエルバツハ, ながらカル子, ながらガラス, ながらスヰッチ, ながらネット, ながらフロラ, ながらポン, ながらモデル椅子, ながら一人, ながら一度, ながら一番, ながら三人, ながら上, ながら下, ながら世話, ながら二三度縮毛, ながら井田, ながら今度, ながら仰山, ながら佐次兵衛, ながら倶樂部, ながら入, ながら八幡前, ながら其処, ながら円陣, ながら列, ながら勝手, ながら危な, ながら友禅縮緬, ながら周子, ながら喜太郎, ながら圭次, ながら堤, ながら夜遲くま, ながら大津, ながら天井, ながら奧, ながら好い, ながら姿, ながら子爵, ながら寝, ながら封, ながら小母さん, ながら山崎, ながら崖, ながら己, ながら帰, ながら床, ながら式臺, ながら得意, ながら忌嫌々, ながら恐らく, ながら息子, ながら患者, ながら感謝, ながら成るべく, ながら手, ながら手持ち, ながら手真似, ながら押込み, ながら挨拶, ながら暫らく, ながら最初, ながら杯, ながら栗, ながら森, ながら権兵衛さん, ながら歩い, ながら母親, ながら池, ながら洋服, ながら洗面台, ながら滝, ながら澤田, ながら然し, ながら片, ながら狼, ながら王, ながら田原, ながら画かき, ながら百合子, ながら目, ながら眞面目, ながら私たち, ながら秋山氏, ながら立ち上, ながら箒, ながら細い, ながら絵具箱, ながら縁, ながら縫物, ながら老婆, ながら背中, ながら腹, ながら臀, ながら良人, ながら茶店, ながら荒らされた, ながら落着, ながら行きすぎる, ながら裏, ながら誠吾, ながら赤塗り, ながら起ち, ながら踊る, ながら輕, ながら進ちやん, ながら遉, ながら道助, ながら達二, ながら部屋, ながら酷く, ながら金, ながら鉛筆, ながら階段, ながら雪, ながら電話, ながら静子, ながら頻りに, ながら風呂敷, ながら首, ながら髪, ながら黒岩, なほその, にくい, にくいの, にくければ, にけり堪へ, になつ, に上らう, に来る, に起き, はしないだらう, ひとしくこの, ぶりだ, ぶりを, ぷりに, まさに現代フランス劇壇, また山中, また爆破, むしろ, もし泣きたかつたら, やうぢやらう, やうない苦し, やうなく嬉しい, やつてる, わけし, わけでは, わけの, をととひ, イブセンを, カント氏は, チエホフを, ツこなしと, ヒューマニズムと, ポルトガルの, 一として, 一方では, 一気呵成所謂インスピレーシヨンの, 丁の, 三十に, 上田氏も, 不満を, 世界第, 丸髷の, 乍らその, 乍ら又, 乍ら大頭は, 乍ら封印を, 乍ら懐から, 乍ら母は, 乍ら男は, 乍ら立ち上つた, 乍ら羞ぢらひ, 乍ら茶の間へ, 乍ら重役は, 乍ら麺包を, 争つてでも, 争ふてゐた, 二三年來ロシヤへも, 二世瑞仙晋撰の, 二十五で, 云ひ泣い, 亞細亞と, 人の, 人民に, 什器と, 今宵の, 仏と, 付けたさうです, 付けをのみ, 代へても, 伊太利人に, 伝へなどについては, 何う, 何億, 余りに, 來つてそして, 俳優養成の, 候ひし, 傍若無人と, 傳へられ, 僕に, 先生を, 共にその, 其の學校, 其上傲然として, 其手法と, 其装幀の, 兼て, 出づるを, 出づれ秋風の, 出でぬべき, 分だけは, 分です, 分の, 分福は, 初めけむ, 功績と, 包に, 卓の, 単純で, 又その, 又コクトオ, 又単に, 又富士を, 又或は日本, 又邪馬臺國, 合つたのも, 合つてまた, 合つて別れた, 合つて抑揚の, 合ひもある, 同じく韓, 君民の, 告けたのだらふ, 咳払ひ, 囃や, 回し振りが, 地方に, 塚田を, 外国の, 大いに軽佻浮薄, 大心靈, 大體, 失礼ながら, 奴は, 子供達が, 実と, 実写的技術以外に, 家を, 寄つたなぞと, 寄つて来る, 寺院の, 小と, 少年等は, 居給へる, 山陽は, 巒と, 布れ, 平安の, 度いだけの, 度くなる, 庭園と, 廻しと, 廻しは, 張つたが, 張つてゐた, 張つて下さい, 張つて諾きません, 弾丸に, 彼は, 後子成, 後者は, 御気質, 忠員の, 恰も中世歐洲宮廷, 悪いん, 悪さうに, 意味と, 憂国慨世と, 憎いん, 憎かつ, 憎くさうに云, 憎さうに, 憲吉君の, 或は京都, 或は呉景, 或は感知, 或は獨立, 或は陰陽, 所在聞く, 技けを, 抗抵, 振りだつた, 振りの, 探求と, 損つた, 擲りで, 放題に, 散らし, 新興と, 方がを, 方では, 方や, 旗を, 明治大正文学全集と, 易かつ, 昔科挙, 是は, 暇を, 暫く仏印, 更に略し, 最後に, 木流しら, 未来は, 札薩克に, 条屡々, 柳箱と, 楊花と, 様なく, 様足許近くに, 樣に, 次で, 歌麿の, 此と, 此所迄, 殊にその, 殊更彼, 気分と, 波斯胡寺と, 洒脱と, 消失す, 渋つた, 渋江優善当時の, 漫に, 無上虚皇元始天尊とも, 爭うて居るらしい, 爭ひ, 父が, 物好きだ, 猶何事, 王建の, 現はせなく, 理髮師は, 申分ない, 畢つて榛軒は, 畢る, 當てる, 百太夫が, 皆川村伝右衛門と, 盡くせと, 盡した, 目に, 眼を, 知らず淋しく, 研究道に, 祖父の, 福井侯慶永も, 移住漢民の, 空想の, 笑僊と, 筆蹟と, 細き棒, 終つても, 終つて拳銃を, 終つて苦し, 継ぎ行かん, 縁側で, 續けに, 聽かせた, 胴体と, 腐儒と, 自国の, 良俗を, 芳桜書院と, 草が, 草ぢや, 草なんて, 草を, 藝子と, 藩人は, 融, 袋から, 西班牙女が, 親同胞, 觸らす, 訳しよう, 訳を, 話様と, 諸禮者流, 諸説紛々として, 譯した, 貞之進と, 贅澤を, 身の, 逃れを, 遂に武帝, 過ぎが, 過ぐる卅二年五月友人山川均, 郡には, 郭公と, 金十郎と, 長嘯子の, 間違へ, 院中の, 難いで, 難い事, 難い愉快, 難い禪宗, 難からう, 難きも, 難き愛, 難き苦痛, 難けれど, 難しなどの, 面白う狂う, 頭の, 食後に, 鳥取の

▼ 云ふも~ (1713, 3.3%)

539 のは 314 のが 207 のを 7970 のの 53 のも 44 のだ 23 のか, のに 17 ので 16 のです 11 のぢ, のである 10 のあり, のだらう 9 のには 8 のであります, のと 6 のかと, のから, のであつ 4 のさ, のでございませう 3 のであ, のであらう, のでございます, のでせう, のでない, のとは, のなら, のなり, のよりも, ンぢや

2 [21件] のかしら, のこの, のすら, のぞ, のでなく, のにあまり注意, のについて, のにも, のに対して, のに対する, のに對, のに申させます, のに興味, のに非, のに飢ゑ, のや, の也, 口の, 可なり, 更なり, 皆な

1 [163件] あはれなり, さらなり, その実は, そは, それは, のありと, のかの, のかも, のがも, のそれ, のだけは, のだけを, のだし, のだつた, のちつ, のでありました, のでここ, ので初めきのこ, ので幾分, ので此, ので玉篇, ので纏つた, ので行動, のとして, のとの, のな, のなる, のにいつも, のにす, のにて, のになつて, のになつて法, のによつて女, のに一つ精気, のに一人, のに乏しい, のに倚, のに倣つてそれ, のに原始アラビア人, のに命, のに始めて, のに嫁, のに己, のに師事, のに心, のに怖, のに憧憬, のに手, のに拂, のに斯, のに於, のに耐, のに至, のに請負, のに買, のに逢つて, のに關, のに關係, のに陷らざる, のに駆使, ののさ, のはい, のはさ, のはじめて, のはな, のほど, のまでも, のやら, のよりは, のわたし, のをね, のを通じて, のアンドレイ, のニコ, のヴエスヴイアス山, の一, の一心不乱, の丈, の上州草津, の乃ち, の二日, の人, の今どき人, の代表的, の仰山起り來, の何処, の全, の全く, の其の, の勿論, の厚, の完全, の彼, の彼女, の怠け者, の或は, の手塩, の折ふし, の政治家, の文界, の昨日, の木材, の此, の此道, の此魚, の江戸浮世絵, の渠, の漸く, の畢竟, の當時碁, の発生, の白木, の皆春, の知らず, の秘, の経営, の考, の自, の請人, の遊戯, の道徳上, の邸, の鐵, の隆吉, の隆次, んでがす, コロボックルの, ンさ, ンだ, ンです, 一億二億の, 不可なかるべし, 中, 之れ, 予輩の, 亦た, 今は, 何かの, 何の, 又た, 同じこと, 同じ事, 同じ道理, 同樣, 客観的に, 差支は, 愚かで, 愚かといふ, 愚痴なれ, 慵し, 故あり, 既に抽象的, 月給さへ, 此の, 異地方交通, 神様の, 自分の, 至逆に, 至順に, 蓋し大, 誇張ならず, 諄々然, 面白くも

▼ 云へば~ (1603, 3.1%)

26 それは 17 云へる 14 僕は 13 さう 12 云へ, 私は 11 それまで 10 これは, 私の 9 云ふ 8 彼は 7 此の 6 それが, 俺は, 日本の 5 其れ, 彼等は 4 俺の, 彼の, 私が, 自分の 3 きつと, こ, すぐに, 先生の, 如來は, 妻も, 現在の, 足りるの

2 [76件] あの人, いは, いろいろの, これまでは, さうも, さつきから, さらばとて, そこに, その一篇, その人, それでよ, それに, た, まあさう, まづ, もつと, わが国の, わしは, わたしの, われわれの, われわれは, われわれ日本人は, 不要心配も, 之を, 人の, 人間の, 他の, 何か, 何でも, 何も, 僕なんか, 僕の, 僕を, 先づ, 先づ指を, 内心が, 古風な, 問題は, 因循な, 地味な, 外の, 夫れ, 如何に, 将門の, 小説の, 少くとも, 彼には, 怎やら, 惚れて, 押川春浪の, 日本で, 日本は, 日本人は, 普通の, 月の, 武骨過ぎる, 演劇の, 相手の, 私にも, 私も, 私達は, 精神の, 耳の, 背の, 自分を, 自分達の, 自然と, 自由が, 英国人の, 菊池の, 西洋の, 誰が, 誰しも, 豚の, 輪廓の, 非常に

1 [1234件 抜粋] あくまで自分一人, あなたが, あなたダンスは, あのチヤアリイ・チヤプリン, あの場合周囲, あの村, あの音, あふれ出し, あれは, あ餘, いいのに, いくらかの, いつかアトリヱの, いつか山村が, いと易き, いろいろ問題, うはの, おれは, お吉, かういふこと, かかる分ち方, かたへに, かれには, こつちは, このやう, この世の中, この名, この将校, この座談会, この景色, この真理, この老, この間の, この集り, これには, これも, こんなこと, こんなに寂しい, さうで, さうなる, さつきヘレンが, さつき叔父様の, さほどの, さらりと, すぐ父, すこし無理, すむこと, そう云, そこには, その不十分, その人達, その寫眞, その時, その根本, その犬, その音声, そりや, それだけ輕, それでえ, それで沢山, それどころの, それほど御, それらの, それを, それ迄, たいがいは, たしか六条通, ただ人の, ちかごろは, ちとずぼら, つい二三日前, で仕方, どうぞと, どこを, どんな俳優, どんな類, なにびとも, なによりも, なるほど何かしら, なんでせう, なんらかの権威, ほかに, ほんとに早く, まあそれ, まあ偽善者流, まさか握手, また格別, まだ眞, まつたく実力以下, むしろ, むしろ七年間, めいめいそれぞれ抱負も, もうこれら, もう二ヶ月, もう今日明日, もう如何, もしもすべて, もとより各, やはり変態, やはり日本人, やや遺憾, よいの, よろしい, わがルナアル, わたし毛虫大き, アノ, イプセンが, ウム能く, カと, カリアリス家だつた, クリマルク, サイパンの, シェイクスピイヤの, スワデシの, ヂヤアナリズム信奉者程, ハルトマンの, パパだ, フランス十九世紀末の, ベルグソンの, モリエールの, ロマンチックな, 一つの, 一と, 一二年上だ, 一切の, 一口千七百円の, 一弗は, 一族の, 一條二條と, 一歩非の, 一言の, 七尺去, 万象に対して, 三十八年唯一夢, 上天に, 不安であります, 不思議なれ, 世の, 両著書, 中佐の, 久しい間鎖国政策, 乾く暇, 予も, 事足りる原始哲学, 二人手を, 二十時分の, 云はる, 五十音順の, 亜米利加中の, 人と, 人は, 人生に, 人聞きが, 人間を, 今の, 今年は, 今心細い, 今日だ, 今船腹に, 今迄, 仲間を, 伊藤侯と, 何だか上品, 何でする, 何とも答, 何は, 何処からも, 何時から, 佛である, 作家に, 作者の, 例へばこんな, 保定に, 俳優である, 俳優を, 個々の, 倒懸地獄の, 傭入れる, 僅か一万五千足らずの, 僕だ, 僕達は, 元始天尊は, 先この, 先づ出来ぬ, 先日亡くなられた, 先祖の, 先輩と, 兩親が, 六代目と, 其の疑問, 其中に, 其孫に, 其處には, 冗談では, 写絵に, 冷やかな, 凡人が, 初冬の, 到底, 刺史とか, 前半に, 前言往行の, 劇場の, 力無げに, 動物的とでも, 勿論テルヨさん, 勿論形式, 北海道は, 医者が, 午餐会が, 南瓜にや, 単一な, 印度人は, 即ちコポオ, 却, 去年とは, 又何, 口数も, 古典派に対する, 只た, 右マテリーと, 各国の, 向うで, 向ふ, 吠陀の, 吾等国民の, 唇だけ, 唇寒し, 唯心的は, 問題の, 善とは, 嘉吉よりも, 嘘だ, 嘘許と, 困憊し, 国とは, 國家地方自治體その他職業又は, 土地の, 地球を, 垢だらけの, 場所によ, 声の, 外に, 多くの, 多すぎる, 夜更けの, 大きい景, 大人は, 大変だ, 大概の, 大泉は, 大舎人部, 天下国家の, 天才者とは, 太鼓隊の, 夫の, 夫唱婦随の, 奧州の, 女中使ひ, 好さ, 如何にも奇, 妙に, 妾は, 始めから, 子供の, 学校の, 孫の, 守田と, 安里には, 宗教家といつても, 定跡を, 実は頭, 実際そんなにない, 宿へ, 富を, 寧ろ読み, 専ら経済問題, 小乗的な, 小劇場主義, 小柄な, 小説も, 少しも, 尚真面目, 山県侯は, 岡は, 已に正義, 幅の, 平均に, 広汎であります, 引ツかきむしり, 弟雨は, 当分は, 彼に, 彼女は, 彼等の, 後ろ, 從來の, 心中は, 必ずしも, 必ず雨潦, 必竟偶然を, 快活な, 怒つた, 思ふさま辱, 思想の, 恋が, 恐らく不穏当, 恐れて, 悪事の, 惜しげも, 感じて, 應身である, 戀を, 成巧した, 我が閑天地, 我我は, 或は既に, 或効果, 或種族, 戯曲作家は, 所謂, 手の, 指揮官の, 描かれた世界, 政府が, 教には, 文体としては, 文化住宅などといふ, 文酒の, 断るまでも, 新しもの好きである, 新聞も, 旋律派に対する, 既に早くから世界, 日暮れたり, 日本人の, 日本国民の, 明一色に, 昔榎本印刷に, 春天降られた, 曲者で, 月々の, 望みと, 未だ眞, 未來と, 杏坪先生は, 杣たちも, 東洋の, 株の, 桃葉は, 梨枝子つていふ, 極めて枝葉, 槇園君嗔り, 機械に, 正智, 此は, 此吹降は, 此方人等だ, 此頃は, 死ぬる, 殆ど無意識, 段落と, 母方の, 毎朝, 氏は, 気に入るつて, 水掛論だ, 水車小屋の, 決してさうで, 決して民族, 油断を, 津浪大, 海の, 清潔で, 漁師の, 演劇は, 演技以前の, 濱田の, 為に, 無極, 無理も, 無謀で, 然り, 煬帝の, 牛込でも, 特権階級的である, 独語らしく聞えた, 獨逸を, 現代の, 理性の, 理窟つ, 甚だ根拠, 生命財産名誉行動の, 生涯に, 田舎の, 甲州流だの, 申すまでも, 男子には, 町内会には, 畢竟線, 當然な, 癩患者の, 皆の, 皿屋敷の, 目まぐるしい新旧, 直ちにその, 直に乱暴, 県庁を, 矢代さんの, 短歌, 社會は, 神社の, 禁衞軍の, 私には, 秋には, 稚いじ, 突然訪客, 立派な, 第一, 第一精神, 築地座に, 精神的な, 紋切型を, 結婚に, 絣ばかし, 総ての, 縣知事位の, 習性化された, 翼の, 胃の, 能信と, 腹を, 自分で, 自己の, 自由わしの, 臭気も, 至當の, 舊著, 舞台的に, 舞台装置の, 芝居を, 芸術的でない, 苦しい長い道, 英國と, 落付きの, 著者に, 蝙蝠傘の, 血が, 西南戦争に, 要するに哲學的, 見合ひ, 見物席と, 言ひ過ぎる, 言語の, 詩の, 詭弁を, 話は, 誠に文体, 読んでも, 諸君も, 謹愼である, 貫ちやんは, 貴方は, 賑やかとは, 賤業婦の, 赤らめたる顏, 趣意が, 足尾鉱毒問題の, 身なりを, 身分あり, 近頃は, 逆だ, 逢つた事が, 道家は, 道教は, 遣戸の, 都会は, 酢屋丈だ, 野暮な, 金銭から, 鋭次, 長濱の, 阿呆沁みた, 限りなく, 雀躍し, 雪太郎などは, 霊肉一致さ, 青木君の, 非戰主義, 革命なんかを, 頗る不誠実ぢ, 頭ごなしに, 頭の, 顔が, 風俗の, 餅が, 馬車に, 驚ろく, 鬼が, 麻布の

▼ 云~ (1594, 3.1%)

137 なければ 95 うと 93 なかつた 89 ないで 69 ない 55 うか, ねば 44 れるの 34 せれば 19 う, ざるを 17 ないの 16 なくても 14 して, ないでも, ないばかりに 13 ないが, ぬ 12 なくては 11 ぬばかりの 10 ないん, なかつたが, なかつたの, なくつて, れること, れるもの 9 せた, ないから, なかった 8 ぬが, ぬばかりに 7 せながら 6 ないこと 5 さない, ないやう, ないよ, ない方, ぬ許, ねばなるまい, れる, れる事, れる人

4 [13件] せたの, ないさ, ないもの, ない内, なかつたこと, なきや, なくなつ, なけりや, ぬから, ぬこと, ぬと, ねばなりません, れるま

3 [24件] うかな, うぞ, うとは, ざるべからず, ないけれど, ないだらう, ないと, ないのに, ないまでも, ない積り, なかつたか, なくちや, なくつたつ, ぬけれど, ぬに, ぬもの, ねえから, ねば云, れなければ, れるん, れる人々, れる度, れる筈, れる通り

2 [53件] うかしら, うにも, さず自分, しめた, すと, せず, せずきつ, せたり, せた意味, せた通り, せないで, せなかつた, せも, でも, ないうち, ないかと, ないかも, ないつもり, ないに, ないね, ないので, ないばかりの, ないわけ, ない人, ない即ち, なかつたけれども, なかつたで, なかつたと, なかつたよ, なくたつて, なくつ, なくに, なければよ, なんだ, ぬつもり, ぬでも, ぬの, ぬばかり, ぬ事, ぬ動き, ぬ薬, ねえか, はるの, りヨか, るる, れなかつた, れるその, れるノオルド, れる人物, れる方, れる理由, れる程, 無え内

1 [370件] あるべからず此歌, うあゝ云, うかとした, うかと想, うかなど, うが, うといふ, うとしたらしかつ, うとだこれ, うとも, うと追, うなどと, う何, う俺, う恩知らずめ義理知らずめ, さずひツ, さず乱暴, さず意, さず私, さず警察, さぬああ, さぬと, さるべからす之, ざらに, ざらむがために, ざりしなり, ざりし覺悟, ざることを, ざるには, ざる可ら, ざる女房, ざる者なし, ざれば, した, してやらう, しとくさ, しますと, しむるのみ, しむれば, しめたの, しめても, しめ得たの, しやしませんよ, しやんす, すやう, せ, せあらゆる, せずに, せず一圖, せず掴むで, せず村長, せず源太, せず自分, せその, せたいだけ, せたいん, せたうでには, せたが, せたさ, せたもの, せない, せないため, せないだけの, せないつもり, せない何, せない爲め, せなければ, せぬ上人様, せぬ勢, せぬ筆法, せねえで, せばや, せべ, せまい, せました, せまじくまた, せりや, せん, せ息, せ社会, せ面倒, つたつけが, つても, でねむ, でやがて, でやみ, で八雲, で垣根, なぃかこん畜生, ないあの, ないいつ, ないけれども, ないことぢ, ないし, ないぜ, ないそこ, ないその, ないそれ, ないそれ位, ないたつ, ないため, ないだけ, ないだけに, ないぢ, ないでさ, ないでずん, ないでよ, ないとか, ないとしても, ないな, ないばかり, ないばかりにかの, ないもん, ないよと, ないわ, ないカクゴ, ないツ, ない事ぢ, ない事ツちや, ない任せよう, ない女, ない妙, ない少年達, ない様, ない水泳選手, ない理由, ない知らん顔, ない程, ない約束, ない言葉, ない許, ない質, ない風習, なえからの, なえで, なかつたから, なかつたけれど, なかつたさ, なかつたぜ, なかつただらうが, なかつたですが, なかつたなら五位, なかつたなら有, なかつたやう, なかつたらうし, なかつたらその, なかつたらバツ, なかつたわけ, なかつたん, なかつた一事, なかつた却つて, なかつた映画, なかつた本心, なきあ, なく, なくた, なくつたつておんなじ, なくて, なくとも, なくともい, なくな, なくなった, なくなりたまに, なくなり勝手, なくなるだらうし, なくのみぞ, なくツ, ぬあれ, ぬかな, ぬかも, ぬがち, ぬけれども, ぬつまり, ぬで補償, ぬとき, ぬとして, ぬならん, ぬので, ぬは, ぬばかしの, ぬも, ぬやう, ぬをも, ぬ先, ぬ唇, ぬ嘘, ぬ大理石像, ぬ女, ぬ性分, ぬ朝あけ, ぬ私, ぬ稀大, ぬ要するに, ぬ言葉さ, ぬ計り, ぬ諺, ぬ謎, ぬ頼み, ねえが, ねえこと, ねえつたつて, ねえつたつて打棄, ねえで, ねえでなあ, ねえね, ねえも, ねえもん, ねえん, ねえんぢ, ねばこそ, ねばなりませぬ, ねば収まらなくなる, ねば国民, ねば気, ねば済まないやう, ねば済まぬ, はつた, はるよつて, ば, ばいへ, ばだ, ばは, ば一千九百二十年代の, ば一種の, ば中断され, ば体よく, ば信仰の, ば兄の, ば国の, ば心の, ば正坐し, ば矢代家の, ば鑑賞家は, ふとした, ふとする, ふと男, ふもし, ふ様, まし, むとすることを曾て, むばかりに先生の, むばかりに獨り, むや, むよりは議論と, ゆる夫婦, ゆる戦略上, るるが, るるは, るるほどの, るるもの, るる中, るる人, るる身, るる通り, るれど, るれば, れうそれ, れうと, れう人情, れず, れずして, れずた, れずに, れずまた, れずよかっ, れず好き, れず情なく, れず明く, れず立迷つた化粧, れず芳ばしき, れつとは, れつ難波がた, れなかつたから, れなかつたこと, れなかつただけに, れなかつたので, れなかつたもの, れもしや, れるお, れるおれ, れるこの, れるそれ, れるたび, れるため, れるぢ, れるとき, れるところ, れるまま, れるもん, れるわれわれ日本人, れるイタヤもみぢ, れるゲリラ戦術, れるシネマ館, れるラシイヌ, れる一記者, れる事業, れる人人, れる信州人, れる処, れる出雲, れる勢力, れる唱詞, れる囚人, れる国々, れる地形, れる大きな, れる大通, れる大酒飮, れる女性, れる如何なる, れる子供, れる家, れる家庭, れる専門, れる彼, れる心配, れる恋, れる戀, れる戦略上, れる支那料理, れる支那街, れる文學者連, れる日, れる時代, れる朝臣, れる本職本業以外, れる樣, れる橋本町, れる気, れる混乱, れる男, れる社交ダンス, れる私, れる種類, れる経巻, れる編史事業そのもの, れる美観, れる考, れる自分, れる若者, れる連山易, れる酒, れる険崖, れる非難, れる類, れん, れんかと, れんが概括し, れんには, れんのよ, れんやう, れん位心が, れん艶と, んね, んねえ, んのに, んよ, アな, ンばかりに, 冨國強兵の, 子と, 子という, 恋に, 正しく木像, 無いで, 無えもの, 無ければ, 犯人に, 義時が, 鄙陋千万不見識も

▼ 云つた~ (1390, 2.7%)

160 やうな 65 やうに 49 ことが 31 ところで 26 かと思ふ 25 ことは 24 んだ 23 ことを 191716 ものだ 14 如くである 13 がそれ, ことも 12 とほり, もの, よ, んです 11 と思ふ 9 と云, もので 8 がその 7 が私, ばかりで, ものである 6 が急, ものが 5 かしら, が義雄, きりで, ならば, のであつ

4 [19件] か, かとお, かね, がこの, がこれ, がふと, が竹山, が自分, ことで, ことである, ことの, ぜ, でせう, といふこと, といふの, のぢ, ので, ものです, ものを

3 [26件] かな, からと云つて, かわからない, か知ら, があれ, がすぐ, がもう, が今, が其の, が彼, が最早, が男, けれどわたし, ことだ, ことに, その, だけで, つもりな, というの, と聞く, のかい, のでそれ, ので私, ものと, ような, んださうだ

2 [64件] あの言葉, からである, から之, がさ, がそれでも, がニヤニヤ, がハハア, がフン, が不可, が何, が何だか, が何故か, が全く, が其, が別に, が妻, が実際, が巴里, が平日, が彼女, が更に, が果して, が此時渠, が聞く, が霎時, きりだつた, きり俺には, けれど私, ことと, ことアレほんとな, じや, その口, つもりで, つもりである, つもりの, であらう, では, といふ, といふ事, といふ傳説, といふ話, とかそれ, とか那, ときは, ところ矢張りお, とわざ, と思う, に違, のであ, ので何やら, ので姫, までである, ものか, ものだらう, ものに, ものの僕, ものは, もんだ, やうである, ンだ, 如く, 如く今, 如く歴史, 如く蘭軒

1 [470件] あ, ああ云, あね, あのセンツアマニ, あの世間知らず, あの二十一日, あの大きな, あの思ひ, あの松, あの滅茶苦茶, あの頃, いらない, うすつ, かい, かお前さん達, かといへ, かと思う, かと思へ, かどう, かなあんまり, かねあの, かは, かはつ, かは瑠璃子, かは知らぬ, かもしれぬ, かよく, から, からさ, からすぐ, からすべて, からつい, からつて, からつて意志, からです, からとて四月二十日, からと云つて僕, からやりました, から六時, から多分, から私達, から見物, かガスコン, か今, か全く, か分らない, か分りませぬ, か名, か御存じ, か文學, か知らない, か知りません, か知れないじ, があちら, があと, があの, があまり, がいつ, がいま, がお, がおれ, がお前, がお前達, がかの, がこれ程, がしかも, がしばらく, がそんなに, がたつた, がどうにか, がなにしろ, がね, がひろ子, がふ, がまさかほんとに, がまた, がまだ, がみち子, がもう一度, がやう, がやがて, がゆき子, がオコウちやん, がソワソワ, がチル子, がバロン, がホ氏, がマント, が一寸, が一昨晩以來, が主人, が主人公, が久米, が二人, が井田, が今や, が今度, が他, が何と, が何となく, が余程, が例, が値切る, が値打ち, が兵野, が其処, が其眼鏡, が内心, が内心別, が到底, が反, が同時に, が唇, が嚊, が声, が夜, が大分不機嫌, が如何にも, が娘, が嬶, が宿賃, が富岡, が實際君, が小室, が巡査, が己, が平岡, が当人, が形, が復, が心, が心から, が忠之, が忽ちに, が思いついた, が悟空, が或, が晩成先生, が本当に, が東京, が松, が松村, が枝雀, が植福, が此, が此人, が此方, が此日記, が此梅之助, が此處, が死んだ, が母, が汽車, が涙, が深い, が滝, が照子, が獨, が現在, が眼, が笑つて, が系譜一本, が結城ひろ子, が聞えなかつた, が肚, が苦し, が藥, が見る, が証拠, が諫議大夫朱子, が謙遜, が譲, が跡, が這入りかね, が道, が道具屋, が鍵, が鏡子, が長谷, が顔, が駿三, が験, が魚屋, が鶴村, きびしさ, きりいきなり, きりお客は, きりかへ, きりしばらく, きりそれ以上その, きりでした, きりまだ, きり太, きり急に, きり憤, きり發車時まで, きり眼を, けど一, けねそれ, けれど, けれどお, けれどそんな, けれどね何, けれどもその, けれどもそれ, けれどもなんと, けれどもん, けれども初瀬, けれども午後, けれども実は, けれども黒岩万五, けれど下宿, けれど今日, けれど小山, けれど明らか, けれど母, けれど矢張笑つて, けれど色感, こと, ことあの, ことこれらを, ことつて何, ことです, こととは, ことな, ことなどは, ことなどを, ことなら, こと壽阿, この言葉, ごく通俗的, ごとく, ごとくである, ごとく印度思想, ごとく古, さ, さうし, して, すると幸民, ぜどう, その手紙, その時悟空, その本人, その男, それでもここ, そんな目, ために, だけだ, だけぢ, だけである, だけで濟, だけに終つて, だけのこと, だらう, だらうが, つもりだ, で, でしよう, ですか, とある, ということ, というよう, といふ巷, といふ方言丸出し, といふ記念, とおも, とかいう噂, とか数, ときお母様は, ときの, ときゲーテは, とき夫が, とき夫人の, とき娘の, とき彼の, とき彼は, とき彼女の, とき此人は, とき誰も, とき青年の, ところから, ところが, ところが二人, ところそれを, ところを, としてもどうして, とする, とすれ, とてプリプリ, とて右, とて私, とて詩壇, とほり短信, とも受けとれる, と云つて, と傳, と判事, と同じ, と同じく, と大史公, と思います, と断言, と氣, と田辺晋子さん, と語つて, どよ, どよさ, などと思つて後, なら母親, なら直ぐ, なら義男, なら讃辭, なり放つて, なり朱泥, なんて書かん, に, にちがい, に拘らず出掛けた, ねえ, ねえ何, ねさつき, ねそら, ね君, ね岡村, のだい, のち, のでお, のでそこ, のでその, のでつい, ので事務長, ので佐佐, ので例へば, ので其日, ので山番, ので弟, ので彼, ので武井さん, ので流石, ので滝本, ので皆, ので給仕, ので義雄, ので自分, ので英國人, ので荻野等三人, ので誠太郎, のみで, は, はかなさそのもの, は實, ばかりだつた, ほ, ほどで, ほどである, まあその, まで, までだ, までで, までな, まま死んでしまつた, まま沈黙し, まま男は, まま笑は, まま黙, ものかも, ものから, ものださうである, ものぢ, ものであり, ものであります, ものとはずつと, ものにまでも, もののこれ, もののさて, もののやはり, もののわたくし共, ものの下, ものの全然, ものの勿論, ものの医者, ものの布團一枚, ものの彼, ものの後, ものの眼, ものの自分, ものの蒲団一枚, ものの非常, ものも, もの今の, もんで, やうだ, やうで, やうな利かぬ, よえ, よそれから, よウ, よ俺, らしい, んで, んでがす, んでせう, んでもね, ネあの, ンで, 以上, 以上ホテルの, 借りた金, 卑しい胡坐, 同じやう, 多少の, 女絵描きさん, 如くそれ, 如くであるが, 如くわたくし, 如く事物, 如く今日, 如く仮に, 如く何様, 如く何樣, 如く俗, 如く全く, 如く其師, 如く大, 如く孫, 如く恐く, 如く恭庭, 如く指導民族, 如く枳園, 如く正, 如く正弘, 如く此主従, 如く此事, 如く此会, 如く此年四十八歳, 如く此年文政四年三月十一日, 如く殷墟, 如く池田氏, 如く浜野氏, 如く直, 如く荏薇問答, 如く里恵, 如く霊台院殿信誉自然, 如く霧渓撰, 如く飽くまでも, 寂しい赤い土塀, 小學校, 少し焦れさせなく, 思ひ出, 恨みつぽい, 感じ家, 暗さ, 淋しい氣持, 現に孔子, 短い感想, 第一テーマ, 筈だ, 筈です, 純造, 聞かして, 若しくは感心, 覚えないですよ, 迄さ, 迄です, 途端がらんと, 途端胃から, 限り子供を, 限り彼は, 驕氣, 高い長い橋

▼ 云~ (1322, 2.6%)

69 ない 5554 よう 37 なかつた 32 ないの 31 ないが, ないこと 2220 ません 17 ます 16 ないやう 12 ないで, ぬ 11 ずに, ないから, ませう 10 ないと, ないので, ないもの, ぬが 9 ないん 8 なくな, ばその, ば好い, まい 7 ないだらう, ないまでも 6 ないけれど, ますまい, ませんが 5 た, ないといふ, ない位, ますが 4 た義理, ないか, ないけれども, ないほど, ないわけ, ぬやう, ませんでした, ませんね, らく

3 [15件] ずかなしい, それは, たもの, ないかも, ないし, ない事, ない程, ばかう, ばさうだ, ばとて, ばない, ば其の, まいが, ませうが, ようか

2 [50件] さうに, ずかなしく, ずきれい, ずさ, ずさびしい, ずさわやか, ず悲し, ず涙しながる, ず苦し, ど米, ないい, ないしね, ないぞ, ないに, ないよ, ないわ, ない可, ない妙, ない悲しみ, ない感謝, ない気, ない石, ない筈, なかった, なかつたの, なかつたので, なくなる, なくなるの, なくも, ぬけれど, ぬこと, ぬといふ, ぬの, ぬので, ぬほど, ぬ厭, ぬ程, ばい, ばこの, ばだ, ばよ, まこと, ませんからね, めえ, りと, 僕が, 女の, 彼は, 未だ如月, 秀吉を

1 [567件 抜粋] あの車, あれらの花々しい, あれらの追憶, いまや私, お客に, かくも, かし, かなたすこやけき, この七八年, この少女, この頭, これは, これら新, これを, さうだ, さうでは, さうなもの, さうな差別感, さうも, ずうつ, ずこれ, ずさばさば, ずさびし, ずさびしく, ずすがすがしい, ずその, ずと, ずぼんやり, ずもどかしい, ずわくわく, ずサツ, ず切なく, ず勇ましい, ず却つて逆, ず寂しく, ず悲しい寂しい, ず日本映画フアン, ず明るく, ず有難く, ず無, ず物凄い, ず神祕, ず綺麗, ず美しい, ず美しく, ず義雄, ず耻, ず莊嚴, ず變, ず青白く, ず默, せえ, そして肉親, その因果関係, その場, その夢, その探究, その時, その美, その興奮, それぢや, そんなもの, そんな黒白同一論位, たしかに一奇, たそんな, たつた今, たまだ, たもんぢ, たもんぢやあ, たらあたいは, たらと, たわね, た図々し, とおつし, どいまだ, どむづかしかるべしとは十指, ど強ふるし, ど我, ど横, ど神, ないある, ないお, ないくら, ないけど, ないけどさ, ないけどね, ないさ, ないその, ないた, ないでも, ないとき, ないところ, ないな, ないなつかしささ, ないにがさ, ないね, ないのみ, ないのよ, ないふう, ないほどの, ないや, ないらしく, ないわね, ないムズ, ない不快, ない不思議, ない不憫さだつた, ない人, ない人間味, ない其鐙, ない凄い怪談, ない切なげ, ない切なさ, ない卑屈, ない善い感じ, ない場合, ない嫌, ない幽愁, ない弱, ない強い力, ない彼, ない心, ない心持, ない心細い気持, ない怖ろ, ない恥しさ, ない悲しい色, ない情, ない情なさ腑甲斐, ない感じ, ない感傷, ない懷, ない或, ない所, ない所以, ない晴々, ない此, ない気持, ない氣持, ない点, ない無邪気, ない無限, ない父, ない物凄い顔, ない特種, ない現状, ない眼鏡, ない神々しいそれ, ない程度, ない美しい温かい或, ない美味さ, ない自分, ない色, ない苦しみ, ない苦労, ない莊巖さ, ない複雑, ない言葉, ない許, ない質, ない辛らさ, ない陰慘, ない静か, ない非, ない非常, ない魅力, なかつたかも, なかつたが, なかつたん, なかつた事, なくて, なくなつ, なくなつちやつたの, なくなるが, なれは, ぬいやな, ぬかなしさよ, ぬかも, ぬからね, ぬがと, ぬそれ, ぬただの, ぬであらう, ぬでは, ぬでも, ぬと, ぬに, ぬほどの, ぬまでも, ぬやわらか, ぬ不思議, ぬ僕, ぬ冷たい, ぬ動き, ぬ又, ぬ哀れみ, ぬ喜, ぬ喜びにうつとりするのでありました, ぬ好い, ぬ嫌, ぬ寂しい, ぬ寂びを, ぬ寧ろ, ぬ小ざかしい, ぬ己, ぬ底力, ぬ心持, ぬ忌々しい, ぬ快感, ぬ恍惚, ぬ悲し, ぬ悲しい, ぬ情, ぬ手あたり, ぬ景教流行碑, ぬ気, ぬ気持, ぬ氣持, ぬ淋し, ぬ澁味, ぬ爽, ぬ男, ぬ程仕合せ, ぬ緊張, ぬ自分, ぬ興奮, ぬ苦痛, ぬ赤い, ぬ面白い, ぬ類, ぬ香気, ぬ鮮麗, ばあの, ばあらゆる, ばあり, ばいかなる, ばいへる, ばかうです, ばかの, ばさう, ばさうです, ばそんな, ばつまらない, ばどなられる, ばどろどろし, ばな, ばね, ばねこの, ばほしく, ばほんの, ば一人の, ば一週間に, ば万葉を, ば三里も, ば下の, ば中世紀に, ば中學一年の, ば二人とも, ば二十四です, ば二十萬圓の, ば五十にも, ば人あやまり, ば何んで, ば余り感心しない, ば倫敦の, ば先づ股引に, ば先づ足利の, ば出た, ば出たら, ば出來ない, ば分業が, ば千分の一にも, ば受納の, ば叱られる, ば同じ, ば名は, ば君だ, ば君の, ば君は, ば君菊池寛の, ば善七が, ば四五尺で, ば四五年も, ば四五日前から, ば地中海から, ば堪ふ, ば声も, ば大した, ば奈良丸より, ば学問の, ば學者を, ば少く, ば巴里に, ば平衡を, ば幾度か, ば待命謹愼中の, ば性来太い, ば感銘の, ば懐疑的である, ば懸念な, ば承服すべからざる, ば損みたいに, ば教育家諸氏の, ば日の, ば星の, ば架上に, ば次の, ば武藏野の, ば水の, ば永く, ば浮動の, ば浮動面とも, ば渡だつた, ば滿十五年には, ば生來太い, ば生活内容の, ば疑, ば百五十年以上の, ば眞面目と, ば矛盾である, ば石家荘あたりか, ば神儒佛の, ば立所に, ば競争者の, ば築地小劇場とか, ば老い, ば聖靈降臨祭と, ば聞えた, ば自惚れ, ば舞臺は, ば芝居四方山話といふ, ば蒙, ば西欧の, ば見え, ば観念的であり, ば計算に, ば註釈も, ば論部に, ば貞盛は, ば近い, ば遅い, ば酒好きな, ば醜い, ば金の, ば鈍い, ば長い, ば隣り, ば靖國神社の, ば馬より, ば馬を, ぼくは, まいか, まいどう, まことに不思議, まさか対人的, ますか, ますし, ますそ, ますね, ますまいか, ますまいが, ますもの, ます彼女, ませうコロボックル, ませぬから, ませぬが, ませんし, ませんな, ませんの, ませんので, まだ殘つて, まつか, まへん, みんなともかく, もう少し鮮, やう, やしません, ようが, ようこの, らくはの, りき, りとぞ, りひとり, りよは, るいい, れど, われわれの, んかね, んと, バ慎蔵も, バ道理ニ於私し, 一方青年自身, 中野吉三郎氏の, 主人は, 九霞山樵の, 二月半と, 云へ, 人よ, 今日の, 今見, 何とも知れた, 何一物も, 何分にも, 余り自分, 余程わたし, 側近の, 兄の, 兩國の, 公平に, 其傳統は, 内亂, 劇団存立の, 勇や, 勝彦を, 勿論厳密, 半ば傾い, 古めかしい宿場, 可愛想, 各人は, 同情に, 同窓であり, 同胞相擁し, 四辺の, 国家の, 国民の, 国民は, 地方新聞のだけに, 増産の, 墨子も, 壁を, 妓を, 存外又あきらめる, 實際は, 対話といふ, 小さな景色, 小笠原島の, 巴里人には, 彼が, 彼に, 彼の, 彼も, 彼女にも, 彼等の, 恕すべき, 悉く落葉樹, 房一には, 所謂哲學的飛躍を, 手漉の, 折角の, 改つての, 故障線の, 教養の, 斯う, 斯うし, 日に, 日常の, 日焼けの, 是も, 時に又, 曾ての, 月夜とは, 本心から, 材料は, 此処に, 決してそれ, 煩悩を, 煩雑で, 男性たる, 痛快だ, 真夏の, 私が, 私は, 私達は, 突かんと, 節目の, 簡易佛教とは, 絶えて, 綺麗な, 美味は, 美術に, 義経範頼を, 肝心の, 自ら意志し, 自分の, 興世王武芝等の, 見当違ひもひど, 見知らぬ遠い, 親に, 詩人等は, 賑かい, 身の, 郡縣時代の, 酒を, 重病室とは, 銭湯と, 鎌鼬が, 降参抔とは, 風なほ寒し, 馬鹿野郎, 驕る者久

▼ 云ふこ~ (974, 1.9%)

27 とはない 2110 とは出, とは是 9 とは, とは何 7 とさ, とは明, とは私, とは非常, ともない 6 となし, ともある, ともなく, と丈, と聽 5 とはその, とは出来ない, とは彼, とは決して, とは誰 4 とはそれ, とは何人, とは如何, とは殆ど, とも出来る, と位

3 [19件] とはありませぬ, とはある, とはこの, とははつきり, とはわたくし, とは之, とは今日, とは即ち, とは大, とは妻, とは容易, とは少し, とは明らか, とは無い, とは甚だ, とは當然, とは知つて, とは自分, とは誠に

2 [79件] とあり, とかと云, とこそ國語調査會, とそして, とだけである, とだけを聞い, とで, とどもが, となどを思ひ合し, となんか, とのうち, との外, との意味, との際限, とはあまり, とはいくら, とはこれ, とはそんなに, とはつまり, とはとても, とはやはり, とは三十八年, とは不思議, とは云, とは人間, とは今, とは余程, とは充分, とは出来なかつた, とは分らない, とは別, とは取り, とは古, とは各, とは周代, とは唯, とは固, とは夢, とは如何にも, とは學者, とは定, とは実に, とは寧ろ, とは己, とは幾分, とは必ずしも, とは支那, とは支那人, とは日本, とは本当に, とは格別, とは無, とは直ぐ, とは薄々, とは谷本博士, とは遠慮, とは頭, とまた, ともあつ, ともありました, ともなし, とも亦, とも出, とも出来ない, とも分る, とも尤も, とも畢竟, とも私, とも考へられぬ, とも考へられる, とも聞かない, とやこ, とや彼, と世の中, と互, と例, と孫, と暗い, と正しい

1 [559件 抜粋] つた, とあら, とあるぢ, とがち, とが解つて, とその, とそのもの, とだけが書かれ, とだけだ, とだけだつた, とだけで, とだけでもたいへん, とだけでもどんなに, とだけはなるべく, とだけはね, とだけは伯母, とだけは充分, とだけは分かつ, とだけは憚ら, とだけは見せ, とだけを思つて, とだけを申, とだけ書い, とだけ母, とだけ気がつい, とだけ聞く, とだけ讀者, とだす, とぢ, とぢゃ, とでもすぐ, とでもなかつた, とでも書い, とどう, となく新しい, となす, となぞ, となどが分らない, となどが皆, となどどう, となどは實際, となどは市中, となどみんな意思, となどを信じられやしない, となどを話した, となど到底, となど断片的, となど相手, となど聽かん, となれ, となん, となんかある, となんかてんで, となんか田村, となんぞは此食堂, となんぞ信用, となんてほんとう, となんて在る, となんて気, となんて諾, とにせられ, とにつき, とによつ, とのお, とのみに余り骨, との一々, との不満, との乏しい, との了つた, との代り, との出來, との到底, との反, との困難, との存在, との定義, との容易, との後, との愚さ, との手軽, との方, との無益, との甲斐, との目的, との眞意義, との真, との研究, との確信, との絶えざる, との證據, との違, とはあなた, とはあり, とはありません, とはあり得る, とはあんまり, とはいろ, とはうかと, とはおれ, とはかつて, とはこちら, とはございます, とはさだめし, とはさつ, とはさつき云つたぢ, とはすぐ, とはそれだけ, とはそれでも, とはそれ丈, とはそんな, とはた, とはたか子, とはちつ, とはちやん, とはつい, とはできない, とはとにかく, とはとにかくこれから, とはどうして, とはどうも, とはどんな, とはないない, とはなかつた, とははつきり罪, とはむづかしいが, とはめつた, とはもう, とはやがて, とはやつ, とはわからなかつた, とはわかり, とはわたし, とはウィルソン國際聯盟, とはコツプ, とはコペルニクス以後, とはドン, とはフアンダンゴ, とはブラウン, とは一々, とは一つ, とは一切耳, とは一向, とは一寸, とは一時其筋, とは一番, とは七出, とは下, とは下等, とは不可能, とは不法, とは不能, とは不遇作家, とは丸切り夫人, とは主, とは主として, とは主人, とは予め, とは事實上行, とは事情, とは事新しく, とは二人共, とは人, とは今に, とは今宿, とは今日世, とは今日何れ, とは他, とは仲, とは何たる, とは何だか少し, とは何と, とは何時も, とは何等, とは余, とは余裕, とは作りごと, とは信じられない, とは信ぜられぬ, とは信用, とは俺, とは偶然, とは傳説, とは僕, とは先づ帝國議會, とは先づ絶対, とは免, とは兎, とは六ヶ, とは其時日本, とは凹巷, とは出来, とは出来ません, とは分かつ, とは到底, とは前, とは前後, とは剪, とは割, とは勿論, とは勿論甚だ, とは印度, とは印度人, とは却つて余計, とは又, とは口語, とは古来, とは只, とは可, とは史記, とは各自自己, とは同時に, とは同氏, とは向, とは否定, とは吾輩一家, とは周次, とは唐律, とは單, とは嘗て, とは国語, とは地域傳統, とは堪へられません, とは外面, とは夢にも, とは大きい, とは大変, とは大方, とは大槻文彦さん, とは天一坊書卸, とは天神, とは女性, とは好く, とは始めて, とは子, とは學ばない, とは守つた方, とは宋人, とは宜しく, とは実際, とは客氣, とは家, とは家庭, とは實際, とは將來, とは對外的, とは少く, とは少数, とは尚, とは屡, とは左, とは左樣, とは平山, とは幸, とは康煕帝, とは廣太郎, とは弟, とは当, とは形, とは彼等, とは御, とは必ずや, とは忘れた, とは恋, とは悪い, とは惡, とは想像, とは意識, とは我々, とは我ら, とは或, とは或は, とは手數, とは政府, とは教, とは敵味方, とは文字, とは断じて, とは斷, とは斷言, とは既に, とは日常, とは早計たる, とは明々白々, とは明かで, とは明かな, とは明治, とは明治廿四年十二月本員等, とは明白, とは昔, とは昨日, とは更に, とは最初, とは本家, とは本論, とは札幌, とは東西古今, とは棠園さん, とは極, とは極めて当然, とは正, とは正しい, とは此家, とは此度, とは此詩, とは歴史, とは殆, とは殘つて, とは母, とは母親, とは気, とは決, とは治外法權, とは法律, とは流石, とは滅多, とは無論, とは然し, とは物, とは獨, とは珍, とは現在行, とは生存競争上, とは生涯駄目, とは申され, とは男, とは疑ひ, とは疑問, とは皆さん, とは皆妄, とは皆樣御承知, とは眞, とは眞實, とは眠つて, とは眼科醫的, とは矢張り近年, とは確か, とは確め, とは社會問題, とは神, とは神話, とは禪僧, とは私たち, とは稍, とは稍無理, とは第, とは紀元前四五百年, とは純粋学問, とは素より, とは結婚, とは絶対的, とは絶無, とは經書, とは義雄, とは考, とは考へる, とは聖代, とは聞い, とは能, とは自ら子孫, とは舅姑, とは芝居, とは蘭軒等, とは被告, とは西洋, とは親, とは親切, とは親子御免, とは言, とは証明, とは話, とは認めざる, とは請合, とは諸君, とは諸書, とは諾, とは貞操, とは買, とは軈て, とは通途, とは進化, とは道徳上善良, とは重んじない, とは重要, とは鎌倉時代, とは鐵, とは間違, とは霞亭, とは頗る, とは顏眞卿, とは願書, とは飽迄, とは駄目, とばかし聞く, とばかりも信ぜられません, とばかりを追求, とまです, とまで丁寧, とまで主人, とまれに, とも, ともあの, ともあり, ともあります, ともあれ, ともいろ, ともお, ともこれ, ともございます, ともさ, ともしない, ともできるであらう, ともなか, ともなくす, ともはつきり, ともまた, とも一笑, とも云, とも云つて, とも人々, とも他, とも信じられる, とも偶然, とも僕, とも充分, とも先づ一考, とも免れず, とも出来ないらし, とも出来なかつた, とも助け, とも勿論, とも又, とも同書, とも唯, とも唱, とも四百名, とも土師部, とも大きな, とも孔教, とも實, とも必, とも忘, とも思ふ, とも或, とも拜見, とも推知, とも日課, とも明らか, とも會得, とも本当に, とも本能的, とも極, とも歌, とも漸次, とも無く, とも知り始めた, とも稀有, とも程度, とも素より, とも聞い, とも聞いた, とも聴かなけれ, とも肝要, とも自分銘々, とも芸術, とも苦痛, とも行詰つた, とも訊かない, とも認め, とも認められませう, とも誰, とも重要, とも隨分議論, とや凶, とア聽くもん, と丁度一年半, と万事, と並びに, と之, と云, と他, と以上, と以外, と勿, と及び, と取り出した, と同志, と埒, と或は, と爲, と相, と等, と聞く, と聴かなけれ, と聴きたくない, と能, と能はず, と蘭軒, と誰, と迄知つて, と預る

▼ 云ふと~ (861, 1.7%)

16 彼は 11 それは 10 私は 9 もなく 8 ほりに 6 女は 4 もなし, 僕は, 彼女は, 是れ

3 [11件] それが, それには, 今では, 代助, 何か, 其れ, 叔母は, 妻は, 彼の, 自分の, 誰も

2 [38件] おれは, お末, これは, すると, それぢや, そんなら, もこの, ローラは, 云ふ, 些とも, 他の, 例の, 其でも, 向うの, 君に, 君は, 周子は, 夫人は, 女中の, 妙に, 彼が, 必しも, 戯曲を, 支那では, 支那の, 時男さんは, 此の, 母は, 源吉は, 父は, 直ぐに, 私が, 純造, 自分は, 隣家の, 青年は, 非常に, 食べないで

1 [676件 抜粋] あたしの, あとは, あの容色, あの猫, あは, あるより, ある点, あれで, いふほどの, いふやう, いふ風, いふ風に, いんに, おかく, おしげは, おつかながる, おつと, おとき, お伽噺の, お前さんの, お前の, お前は, お小言, お正月に, お母様は, お粒, お菊さん, かの女, か半, きりが, こ, こののんびり, このカチ, この問題, この小さな児, この極めて, この罰当りめ, この風景, こや, さうでなく, する, するの, そこで始めて, そのおばあさん, そのま, その声, その子供, その第, その聲, その話, それでは今, それでは文学, それでは此, それに, それにはちよ, それを, そんな事, そんな類, たか子は, ちよいと, つまりどう, つまり食ふ, どんな種類, なくかう, なく人夫, なく口, なく大きな, なく散会, なく楯氏, なく聯想, ならその, なると, なんだ, ね, ねあたし, ねもう少し, ね何だか, ね阿, のそり, は一寸, は氣, ひどいぞ, ひよろ, ふつと, へまな, ほか, ほりいつたいに, ほりさ, ほりそれ, ほりにな, ほりラムネを, ほり伊庭, ほり周一, ほり所詮, ほり関西方面, また, また詩, みち子は, みんなが, も不可, も判らない, も山門, も差支, も未来永, も無く, も誰, やつぱし七円だ, わからないの, わつと, われ, アルガン君すかさず, イヤまだ, イワン君が, エリザが, オイラン憂ひ, オヤ先あ, ドツと, ドリ, ビールを, ピエェルと, ブランシユは, マントの, メイ子は, モリエエルは, リユイ・ブラスが, ワイルドとか, 一人の, 一個丁ど, 一処に, 一匹の, 一同これに, 一年です, 一斉に, 一日の, 一様に, 一萬千百圓である, 一萬千百圓四千圓一萬五千百圓の, 一面に, 三十分の一に, 三吉さんが, 三時半頃か, 下を, 下腹へ, 不公平極, 世の中で, 世間が, 世間で, 中へ, 中学一年級全体が, 主に, 主人は, 主婚者, 主役の, 之は, 之れ, 九段坂を, 亂箱に, 事件が, 二元論で, 二十八九歳頃の, 二千九百圓僅に, 云々, 云つて叱られた, 云は, 云ふまで, 五分も, 五十三町しか, 些と, 京都の, 亭主が, 人聞きが, 今でも, 今日玄関を, 以前から, 以前まだ, 体裁が, 何かに, 何の, 何よりも, 何を, 何時か, 作者は, 俗情だけに, 信一も, 俯向き乍ら下駄の, 俺の, 倉は, 偉ら, 健ちやんは, 傍の, 傍らの, 僕に, 僕等が, 儒教で, 儒者の, 先づあの人は, 先づお役人に, 先づこ, 先づ概して, 先此方へと, 先程ミルラン君も, 其の時, 其の次, 其の犯人, 其中から, 其動機は, 其平素牧畜を, 其所の, 其莊園を, 其間休め, 其頃お寺と, 出迎へて, 切支丹宗門の, 初め排斥せられた, 別な, 力の, 勇ましく握手, 勇も, 十世紀頃まだ, 卑幼尊長と, 即ち率意派, 又さ, 又一層, 又名前, 反つて女子, 反対に, 叔父は, 古いこと, 古來, 只で, 可愛い手, 右左に, 各長短, 同じやう, 同じ官, 向うでは, 向うでも, 君が, 周囲の, 商売に, 喜んで, 営口は, 嗜好が, 国法に, 国際的に, 土の, 土間の, 基督教と, 変に, 多助が, 夢中の, 大てい, 大変に, 大層らしいが, 大山は, 大沼博士は, 大變經濟上, 大都会, 大體小學校, 大體此, 天聲は, 夫は, 夫婦の, 奉天省と, 奧の, 女で, 好くつて, 妙だ, 娘を, 字數が, 孝の, 宋の, 客は, 客も, 宮廷であります, 實業教育と, 實際の, 小奇麗な, 小柄で, 小言を, 少年達は, 山の, 山東を, 岡は, 島田君に, 島田君や, 工業を, 工藤は, 左樣容易く, 席の, 帰らんでも, 平岡ばかり, 平手で, 年々これを, 年増は, 広義の, 庄吉も, 廃嫡といふ, 廷珸は, 弓の, 弟は, 弟子や, 強情に, 彼れ, 彼程, 彼等も, 後に, 徒刑一年と, 御承知, 怒り出すので, 思つてすこし, 思ひツ切り, 恐くは, 悲しさうに, 愉快だ, 意味が, 意志を, 或は君等, 或は定家, 或は気楽さうに, 或る, 拾つた石を, 指や, 政府の, 救ひ, 教育と, 斯う, 斯んな, 斯樣な, 新に, 新派劇は, 日の, 日和下駄の, 日本が, 日本に, 日本の, 日本国内における, 旧劇は, 昔の, 是から, 是真, 是迄, 普通は, 最初の, 有るの, 有島さんは, 朗らかな, 望ましいの, 木々説は, 末男は, 本來, 本科入, 村井と, 東京の, 極端に, 橋本が, 橋本も, 止めて, 正宗の, 此位な, 此度は, 此等の, 此谷中村の, 死んでも, 殆ん, 母にも, 気の毒だ, 気嫌が, 氣が, 氣違ひ, 池水の, 海外で, 涙の, 涙ばかり, 湿つぽく, 滋野は, 滝さんはにや, 激昂された, 無くそれ, 煩いから, 父と, 父の, 爺さんは, 物價が, 物部氏の, 狼それから, 狼の, 猪口を, 玉ちやんは, 現世の, 甚大袈裟に, 男の子は, 男は, 画面の, 病的に, 發音的の, 百年經てば, 皆明かに, 皆高, 目は, 相場といふ, 相手の, 矢張駄目だ, 知らないと, 知友の, 祖父母父母が, 禅超の, 私だ, 私にも, 私の, 私自身が, 種々の, 穏しく, 穩しく, 童らの, 第一, 答は, 終には, 総身を, 罰が, 翁は, 老人の, 老衰に, 聞きしに, 聞くからに, 聽かん, 肉親の, 能く, 自分が, 自分自身で, 自尊自大即ち, 自然の, 自然主義運動に, 自由である, 舞台の, 良き馬, 若僧は, 苦手の, 英獨露であります, 蒙古人, 蒼褪めた, 薄ぼんやり, 藤吉は, 藤本が, 蛾を, 西岡は, 西暦千六百六十年です, 西森は, 西洋に, 西洋の, 要吉は, 見送る子供たち, 親も, 親爺の, 解らないもの, 言ひ出したら聞かぬ, 訓練の, 記録によ, 詞を, 話しは, 誇張の, 誠太郎は, 誰しも, 誰れ, 論者自身も, 變だ, 貫ちやんが, 貴族に, 躍気, 軍服を, 輕蔑する, 近頃の, 遂, 遺憾ながら, 金太と, 銀色の, 長女は, 関口君は, 閭は, 阿母, 阿父, 隨分六ヶ敷い, 隨分笑ふ, 電話室から, 電車の, 非常な, 面白が, 鞭うたれた, 頭をか, 額の, 顏を, 願書と, 飛んでも, 餘程疑ふべき, 首を, 驛傳馬車の, 魯を, 鮒が, 鷲尾は, 龍馬は

▼ 云~ (679, 1.3%)

46 てい 37 てくれた 36 ている 32 たりした 29 て下さい 26 てしまふ 20 てくれる 19 たま, てくれ 18 てよい 16 たりする, てしまへ, てみれ 14 ていた 13 てみた 12 ておく, てみる 10 たんぢや 9 たり, ちやいけない 8 たりし, てます 7 てくれない 6 たらい, ておい, てやりました 5 ちやいかん, てのけた, てるのよ 4 てくれました, てみませう

3 [11件] ちやいけません, ちやアいけない, ちや困る, てき, てきた, てくる, てほしい, てみろ, てるが, てるの, て下され

2 [26件] たらしかつ, たり立つ, たんだい, ちや, ちやあ, ちや困ります, てあげよう, てある如く, ています, ておいた, ておきます, ておけ, ておりました, ております, てくれます, てくれや, てくれれ, てしまはなけれ, てみるなら, てやり, てやれ, てるよ, て続け, て頂きたい, とくが, とくとい

1 [121件] たかと, たかね, たらしい女, たらしい珍談, たらしく確か, たらしく竹下, たりいろいろ議論, たりお, たりおよそ, たりお前, たりされない, たりしない, たりそれでも, たりのみと云, たりまた, たりもする, たりトルストイ, たりドユマア, たりナイフ, たり一度, たり不, たり云, たり俺, たり倫理, たり又, たり可愛い, たり威張つて, たり家, たり彼, たり恨めしい, たり懐疑, たり或は, たり書い, たり欠伸, たり水銀, たり砕けた, たり私, たり聲, たり自分, たり色々, たり親, たり誰, たり身, たり隆, たり首, ちやいや, ちやお, ちやつたの, ちやつたんだ, ちやな, ちやゐられな, ちやをか, ちやアいけませぬ, ちやアいけません, ちやアなりません, ちやア側から, ちや不可ない, ちや不可ません, ちや何だ, ちや厭, ちや可, ちや可け, ちや失敬だ, ちや家族の, ちや悪い, ちや惡いわ, ちや我慾の, ちや旦那の, ちや有り, ちや泣く, ちや私が, てあげた, てあげる, ていただきたい, ていらし, ていられない, ておきませう, てください, てくれな, てくれないです, てくれなかつた, てくれなけれ, てくれません, てくれるだらう, てくれろ, てしまいました, てしまいます, てしまえ, てしまはう, てしまはせない, てしまはない, てしまひたくない, てしまひます, てつ, てなさる, てにく, てのけよう, てのける, てのけれ, てみたく, てみよ, てもらいたい, てやりませう, てやりませんでした, てやる, てるから, てるで, てるも, てる事つてすが, てる人だ, てる位だ, て下さいまし, て欲しい, て頂きたかつた, とかなき, とくがよ, とくぢ, ぱ何日でも, ぱ唯, ぱ蓋し斯く, 男に

▼ 云はれ~ (608, 1.2%)

116 てゐる 33 て見る 21 て居る 19 てゐた, て見れ 10 ても仕方 9 て, てみる, てゐます 8 てみれ 7 て居ります, て私 5 ても, ても私, てゆき子, てをります, て富岡

3 [16件] さう, たり, たりし, たりした, たりする, てお, てその, てそれ, ても爲方, てゐました, て來, て初めて, て居り, て彼, て見, 私は

2 [16件] たり乳, ている, てから不, てみ, ても何, ても又, て二人, て何, て僕, て始め, て始めて, て居た, て居りまし, て愕, て新調, て父

1 [236件] この時, この目録, さへ, ずつと臥床, そして歴史, たりと云, ちやしかたが, ちやたと, ちややりきれない, ちやア, ちや困つ, ちや閉口だ, てあんなに, ていた, ておきよ, ておや, ておる, てお前, てかの女, てからかはれた, てからかはれました, てから義雄, てこツ, てしまへ, てだいたい, てなん, てのめ, てはい, てはその, てはゐる, ては五月蠅, ては僕, ては唯, ては困ります, ては困る, ては寔, ては居る, ては悄然, ては癪, ては馬鹿, てふと, てべえ, てます, てまだ, てむつ, てもい, てもお, てもかま, てもさ, てもしかた, てもしや, てもす, てもその, てもそれ, てもできないだらう, てもどく, てもどちら, てもなるたけ, てもなん, ても一言, ても云, ても何と, ても何とも, ても作家自身, ても俺, ても出来なけれ, ても別に, ても取, ても君たち, ても否めない, ても吾, ても女, ても女形, ても容易, ても彼, ても怒つた, ても怒らない, ても性質, ても悟空, ても是非, ても書けない, ても構, ても母屋, ても氣, ても泣き立てる, ても泣寝入, ても申開き, ても登美子, ても眠い, ても矢張り, ても純, ても考, ても腹, ても良, ても閑吉, ても隱, ても顔, ても飮め, ても驚き, ても默つてちや, ても黙々, てやっ, てやつ, てやみたい, てら, てゐ, てゐない, てゐません, てゐるらし, てをり, てをりました, てウーン, て一儀, て一寸, て不意, て今, て仕方, て何だか, て俄, て俺, て前金, て北部安南, て十二分の勝ち将棋, て否応なしに, て品質, て喜ん, て困, て圓朝, て大きい, て大分, て大将, て女松山, て嬉し, て学校, て安里, て少し, て居ました, て己, て帰, て度々, て彼女, て御覧, て急, て憎まれ, て房一, て手前ども, て持つ, て故, て新三郎, て新兵, て日本, て書いた, て有難迷惑, て正吉, て此, て此人, て気づい, て汁粉屋, て深く, て源太, て漸く, て無理矢理, て球江, て皆, て相手, て突然, て笑つて, て縣下, て義雄, て胸先, て腹八分目, て茶, て表, て裏口, て見た, て見たい, て説伏, て輝子, て返答, て金, て金太, て隆吉, て隔離, て青年, て非常, て顔, て風邪, て驚ろ, て魚, て鶴石, でもした, ながらうんと, ながらもうそ, ながらも所天, ながらも書いた, ながらよく, ながら歯, ながら然し, ながら笑顔, ながら萩原さん, ながら蔭, なるほどこれ, はしまい, もした, やう, りや仕方が, 丁度改造社版, 二十七種の, 保活里は, 其れ, 勝ちだつた, 口ぎたなく罵られた, 大體漢志, 契丹人が, 娼婦立合の, 安里が, 対外的にも, 島田さん, 所蔵する, 方が, 明確で, 晶子が, 暮色蒼然たる, 漢の, 生面の, 百姓は, 確かでない, 確かな, 確かに, 續け, 義雄は, 自分でも, 詩と, 谷風はたと, 迷つてゐます, 露頭は

▼ 云える~ (476, 0.9%)

20 ような 15 のである 13 かも知れない, のだ 10 と思う, ので 8 のは 7 かもしれない, ことで, のです, ものが, ように 6 ことは, のだろう 5 と思います, のじゃ, ものか, んだ 4 と思っ, もので, わけだ

3 [15件] か, かしら, かどう, かも知れません, が, ことだ, じゃない, ね, のか, のでしょう, のね, ものかね, よ, わけです, 事で

2 [17件] かどうか, かもしれません, けれど, ことに, というよう, ところも, と思った, のかも, のが, のだった, ものじゃ, ものだった, ものなら, ものに, ものは, もんじゃ, 作品である

1 [229件] かい, かって, かと聞かれる, かも知れず, からいい, からです, か土神, がいざ, がこちら, がごとく, がつまり, がまた, が丸, が妻, が実は, が岡村, が彼, が待つ, が必然, が文展出品, が貧し, くらいのもの, ぐらいだ, ぐらいなら, ぐらいの顔つき, けど私, けれどそれだけ, けれどたとえば, けれども, けれども要するに, けれど鼻, ことあり, ことか, ことであった, ことである, ことであろう, ことです, ことでなかった, ことと, ことなり, ことを, このこと, さ云っ, しいなかった, しずっとずっと, しまた, し又, し大いに, し翹望, し自由, し苦悩, じゃあねえかええ, じゃァありません, それは, だけの理由, だけの覚悟, と, という意味, という点, という理由, という自由, ところが, ところと, ところ迄は, としてももし, とすれ, と仰, と思われる, と想定, と見た, にし, にはちがい, に他, に基きしなる, に行き, に違い, のう, のであっ, のでこんな, のでしたら, ので今時, ので道徳, のには, のに女, のねきっと, のみであろう, のよ, のア会社代表, はずも, は初め妾, は吉野神女, は是, ばかりで, ほど, ほどおとな, ほどにじっと, ほどに何かしら, ほどに拡大, ほどに澄み返り, ほどに鋭敏, ほどの厳かさ, ほどの張り, ほどの情景, ほどの敏子, ほどの沢子, ほどの者, ほどの軽蔑, ほどの顔付, ほど上品, ほど冷, ほど冷たく, ほど己, ほど心, ほど意見, ほど生きたい, ほど簡単, ほど自由, ほど落着, までになっ, までに到達, もの, ものかしら, ものごし, ものだ, ものだろう, ものであるなら, ものでしょう, ものです, ものな, ものの怒, ものを, もの酷語と, もんです, わけが, わけな, んじゃ, んだろう, んです, 不思議な, 事じゃ, 事じゃあ, 事であろう, 事の, 事は, 事柄で, 事柄では, 人じゃ, 人だ, 人物, 人類を, 仕来りの, 代りに, 伊藤整たちの, 位だ, 位です, 位の, 何ぞ倹素, 余の, 例の, 価値は, 内気な, 利得は, 前言に対しても, 場合は, 天下の, 女に, 子供の, 工夫を, 平田氏も, 年だった, 性質を, 悪人多から, 批評で, 新人たちは, 方である, 時代だ, 時代に, 書には, 有様だ, 本多中務の, 様な, 標杭に, 欠点の, 母であった, 気持で, 汝ような, 流石に, 燕王の, 状態だった, 状態である, 状態では, 玉依, 理由は, 男こそ, 程だった, 程には, 程の, 程度にまで, 種類の, 立場では, 筈が, 筈だ, 筈だった, 筈で, 筈の, 筋合いの, 素性不明の, 考え, 者と, 者は, 職は, 腹立たしさ, 自由を, 舗にて, 芸子ありし, 蛙の, 言葉じゃ, 訳が, 訳だ, 訳である, 訳です, 誠なる, 議論の, 責任でしょう, 路を, 身分でない, 野生を, 顔立ちであった, 黒い肉太

▼ 云つたの~ (398, 0.8%)

55 である 17 です 16 では 157 だらう 5 だが, だと, であらう, であるが, よ 4 だから, だつた, ですが, は, はこの 3 か, が聞えた, と同じ, はその, を思ひ出し, を覚え

2 [13件] かしら, すら忘れ, ださうである, だつたが, でした, はさ, はそこ, は嘘, は苦し, は藤枝, は貴方, をおぼえ, を私

1 [199件] かあ, かと義雄, かどう, かねえ, かは判らなかつた, かもしれない, かも知れない, かも知れません, かわからなかつた, か忘れた, か本気, か私, か解らなかつた, が, があれ, がこた, がその, がゆき子, が到頭, が名前, が嬉し, が彼女, が後悔, が此人, が此歌, が珍, が相島, が私, が義雄, が聞き慣れない, が身動き, が遂, さ, そしたら, だけれど, だけれども, だし, だそれ, だな, だね, だらうか, だろうよ, であると, である察, である近ごろ, ですか, ですもの, ですよ, でなければ, とは違, とよく, と問題, ならなぜ, ならば, なら私, に, にそれ, には侮蔑, には相違, には私, により東方, に乘, に事実, に対して, に対して他, に対して木沢氏, に対して疑ひ, に山蔭, に成, に武一, に気附, に無性, に答, に變, に過ぎなかつた, に違, ね, はあの, はお, はお前此, はかう, はこの間, はこんな, はそれ, はそれからまた, はた, はたいへん, はたつた, はどう, はどつ, はどんな, はまさしく, はまだ, はもう, はオランダ人, はトビアス, はドイツ人, はムンク, は丁度, は万一, は三升, は人家, は今年一杯, は全く, は全然, は南, は南国, は即ち, は外, は多分, は女, は妙, は婆, は實, は實際, は年, は庄谷, は庚午, は彼, は必, は志村, は手前, は持續性, は推測, は文政四年, は昔, は時計, は書肆, は最も, は未だ, は本当, は林田, は極, は此, は此人, は此女, は此時, は流石, は珈琲, は珍, は理窟, は甚だ, は番頭, は疑, は皆, は監獄, は相, は真理, は眼, は私, は純, は自家, は自己, は舊唐書經籍志以後, は誰, は貴方ぢ, は酒場, は金色, は間, は附添, はO, もある, もお, もだ, もつまり, も一応, も全く, も初江, も嘘, も形容, も所由, も當然, も知らず, よと小さな, よ早く, をあなた, をかの, をきいたろう, をそのまま, を嘲笑つて, を堪らなく, を奧さん, を孔融, を幸, を彼, を忘, を思ひ出す, を抑, を源吉, を直ぐ, を眞, を石山, を聞いた, を聞き, を覺, を詩賦, を転じ, を頭, を魚商

▼ 云へる~ (355, 0.7%)

32 のである 10 やうな 9 か, でせう, のであります 8 かも知れない, ことである 7 と思ふ, のだ 6 のです 5 ことで 4 ものが 3 かもしれない, かも知れません, からである, ことは, と思ひます, のでありまし, は東, 人あり

2 [15件] かもしれぬ, がしかし, が如き, が如く, しまた, であらう, のであ, のは, のも, は西, ものか, ものなら, ものは, 人が, 人の

1 [187件] およそ数, お方も, かどう, かどうか, からであります, か土神, か或は, か空, が, がいざ, がこ, がこれ, がさ, がじつに, がその, がもの, がやはり, が一方, が丸, が何事, が彼, が朝晩寝起き, が演劇, が相, くらゐである, けどそれ, けれども, けれどもこれ, けれどもこれら, けれどもさ, けれども一面, けれども常に, こと, ことであり, ことであります, ことな, ことらしい, さ, しそれ, しわが, し上演目録, し云, し帰り, し更に, し源氏物語, たちな, だけである, だけの元, といふ人間, としたら, としても而, として戯曲, と同時に, なりと, に, にて将監, にて東京, にや違, に一ツ二ツ, に同ぜん, ね, のかい, ので, のでありませう, のであろう, のでこの, のでした, ので其の, のよ, はいと, は今, は即ち, は大, は大かた標準里, は当れ, は褒貶共, は非, ばかりでなく, ほどの厳粛さ, ほど百藝, までである, もの, ものあり, ものさ, ものだ, もので, ものである, ものです, ものと, ものも, もんです, も五月, も古, も夫, やう, やうに, よ, わ, わけだ, を見る, を通りたる, んだ, アカシヤに, コスモポリタンの, トウルゲネフの, ンで, 一本が, 上滑りした, 不思議の, 事ありし, 事が, 事で, 事な, 事を, 亦這般, 人だつた, 人間が, 僧かな, 古言, 可憐なる, 台詞, 同志が, 場合に, 境遇では, 奇妙なる, 女出, 山の, 市府に, 当のピッコロミリ夫人, 役者が, 彼此共に, 御仁は, 御仁をば, 心からの, 性格の, 悽まじく, 意に, 意は, 或る, 戯文欄に, 日は, 書には, 有徳なる, 有様の, 東西共に, 様式の, 権利が, 機會が, 此島の, 此道の, 比喩に, 民友社の, 気分が, 気遣ひ, 温泉場に, 爭氣の, 皆老子, 眞夏の, 真理は, 確言を, 程の, 立場に, 筈ぢや, 筈は, 筈も, 筋は, 者なんて, 者インテリゲンシヤ, 者来れり, 者蓋し, 自然の, 花壇に, 表題を, 襤褸を, 言葉では, 詞も, 詩を, 語なりし, 語なる, 語を, 諺は, 趣意の, 農家で, 邑, 銀簪燦然たり, 鋭さで, 露西亜のを

▼ 云ふまで~ (289, 0.6%)

154 もなく 108 もない 12 もありません 4 もあるまい 2 もなから, も無い, も無く 1 はお, もないだらう, もなく解り, もなし, も無き

▼ 云~ (269, 0.5%)

42 アがる 11 しない 9 アがって 6 しないよ, しないわ 5 アがった 4 あがる, あがるん, しません, アが, アしない 3 がる, しないじゃ, しませんよ, ア, アしねえ, アしません 2 がらア, はって, ア黙っ, 界隈で, 黒煙の

1 [142件] あいいに, あがるそう, あがるそりゃ, あがると, あがるんだい, あがる的, あがれ, あがれえ, あの界隈, あんたさつきからの, あんまり素直, あ一時, あ僕, あ変, あ大層, あ大金, あ威勢, あ実は, あ昨夕あなた, あ白痴い, あ立派そう, い, いいじゃ, いいや, いいん, おいらが, お前は, お前興津江尻まで, お前裏の, かえって耻さらしだ, がったくせ, がったのう, がったろう吉川さん, がって, がら, がると, がるとよ, がるの, がるんで, がるイカサマ, がる事, がる的, この野猿坊, さうだ, しないかしら, しないかって, しないこと, しないし, しないぜ, しないただ, しないとか, しないも, しないわよ, しなかったかね, しなかつたかしら, しなかろう, しねえ, しねえったら, しねえよ, しませんから, しませんたって, ずゐぶん, それでいい, それまで, そんなもんぢ, どこか, はった, はったよう, はつた, はりましたやろ東京, はりまんの, はるし, はるねん, はるねんが, はるねんけど, はるのは, はるよって, はんの, まあだれ, まあ頭, まちがいない, もぐりの, よう割らした, よさそう, ァちっと, ァ第一, アお, アがったろう, アがるな, アしまい, アその, アよせ, ア他人が, ア仲の町でも, ア何うにでも, ア何にも, ア僕等は, ア分る, ア可笑しい, ア同じ, ア否と, ア圖, ア多勢で, ア子供子供と, ア拠ろなく, ア損だらう, ア是まで, ア済む, ア火遁の, ア福助で, ア私や, ア私を, ア結構な, ア自ら恥辱を, ア解る, ア課長の, ア豪勢偉, ア阿房らしい, ア随分, ア飯炊きばかり, 丁と其時間, 人に, 何う, 俳優だろう, 俺近い, 先だつても, 先生八犬伝は, 君が, 君は, 吾輩も, 好奇かも, 寮だって, 年齢に, 張り倒すの, 支那人の, 清ちゃんと, 芝居の, 誰だって, 酒も, 長いやう, 鯉沼君は, 鼠の

▼ 云はれた~ (264, 0.5%)

12 ことが 6 のを 5 のが, のです, やうに, 事が 4 ことも, のは, 時自分は 3 のだ, ので, ものだ, 時には, 時は, 言葉を

2 [17件] ことは, とは云, とほり, と云, のである, ものです, やうな, んでそれ, 事は, 事を, 先生の, 時, 時その, 時の, 時私は, 有名な, 道が

1 [162件] か, からその, からです, から侍臣, から口惜し, か知りません, か知れない, が, がおよそ, がこれ, がさ, がそれ, がそれから, がめんどくさく, がもともと, がブラン, が僕, が文学的野心, が文學的野心, が時, が焦, が長濱さん, けれどもね, けれども一方, けれども誰, けれど梨枝子, こと, ことで, ことである, ことと, ことばが, ことばでした, さう, さうだ, さうである, さうです, その母親, そればかり, だけの効果, つて姦通者に, つて文句は, つて構は, つて頭は, つて黙, つもりか, といふ事, といふ話, とき, ときに, ときの, とき海城さんは, として巧, とすれ, とほりわき, とも解釋, と云つて, と同じ, の, のだつた, のだらう, のであ, のであります, のでございます, のでございませう, のですこし, のでそれ位い, のでとまりました, のでなか, ので僕, ので初めて, ので大いに, ので彼, ので態, ので渠, ので私, ので老婆, のと, のなら, のには, のに対して, のみで, のも, ほど義雄, もので, ものである, ものでした, ものは, んだ, んでがせう, んです, ンで, 一英雄は, 万里小路宣房吉田定房北畠親房の, 丈あつ, 事も, 人が, 人である, 人の, 人達は, 位で, 位の, 南方の, 印象が, 又更作發心, 名御用聞, 唐沢が, 商人が, 四代目三津五郎もよ, 四代目円生と, 場合の, 外には, 家光が, 当人が, 彼は, 御医者様, 志茂代と, 忠告を, 恋愛が, 意味は, 或る, 所で, 手前露骨に, 揚句に, 日にや, 時が, 時この, 時である, 時どう, 時に, 時同志者は, 時彼は, 時程, 時義雄は, 時雪の, 晩周次は, 暗い納戸, 朝鮮を, 正燈寺, 此地が, 此等の, 氏の, 沖田には, 無髯, 物さ, 王者が, 白耳義の, 石淵寺の, 私は, 義理か, 義理では, 腕前, 自分を, 蘿月の, 言葉が, 詞の, 近藤勇, 通りに, 通りま, 通りを, 通り仕, 通り其頃地方の, 通り阿呆な

▼ 云~ (258, 0.5%)

5 夫れ 3 居る, 私を 2 おやりなさる, ドウ云う, 人に, 呉れるな, 塾へ, 大に, 来た, 来たから, 見せて, 金を

1 [227件] あは, おかしがる, お侍, しまって, その事実, その人, その押問答, その日, その枕, その火事, その翌日, その翌朝, その肩, その薬, その馬, その騒動, そろ, たった一人, やんで, よろしい就中日蓮宗, ゐる, キョト, ストーンウオールと, ソレで, ソレを, ソレカラ私は, ソレカラ私儀大阪表緒方洪庵の, ソレ切り罷め, ハ天下の, ヤア黒の, 一ト先ず, 一切の, 一切受付けず, 一朱銀の, 一番先に, 一間に, 三人で, 下されば, 下女に, 中, 中村の, 主客共に, 乃公が, 之に, 之を, 二千二三百円かで, 今度は, 今既に, 今頃から, 仕舞ては, 何とも思わずに, 何の, 何も, 儂が, 元来の, 兄弟の, 先生の, 全で, 其儘許す, 冷かして, 出たの, 別れたこと, 動も, 勧めたら腹, 勧めに, 却ってこの, 厳冬の, 又薬, 取とめたる説, 取合, 取合わない, 取敢, 取留めた相手, 取返した事, 只漠然と不親切, 只迂闊, 同志の, 呉れあん, 呉れんか, 呉れ唯, 呼還し, 咎められも, 品川湾を, 喧嘩を, 四尺ばかりも, 固より, 在昔, 塾に, 外に, 多少の, 大きに論じた, 大笑いした, 奇麗に, 奥に, 奥平家の, 威張て, 婢の, 子供が, 家内子供に, 寄越せ又, 寝て, 寝ようとも, 小皿を, 小野友五郎に, 少しも, 居たから, 居たこと, 居たもの, 居ながら, 居られぬ, 居られました, 居るが, 居るの, 居る時勢, 居る間, 届も, 山査子の, 差支ない, 幾らか割合, 強いて金, 思止まった, 急に, 恰も外國人, 態, 態と上包, 手紙を, 打毀した, 投返した, 拝領し, 拵え掛け, 持って, 持て行け, 故意と, 敵に, 断たこと, 断て仕舞え一人, 断わったこと, 時勢に, 暇乞を, 最中の, 本当に見た, 来たが, 来た者, 来は, 来ましたが, 杯を, 東京で, 案内状を, 桜田騒動の, 止めたこと, 止めたの, 止めて, 此は, 此方から, 母を, 毎度人から, 毎日市中を, 気の毒にも, 法螺の, 消失た, 渡した, 濃に, 無理無体に, 特に誉める, 猪口を, 生真面目の, 用いられて, 皆寄て, 直ぐ側の, 相手に, 私が, 私は, 競争の, 笑て, 緒方の, 罪を, 義理でも, 翌晩行て, 脇の, 膝を, 自分で, 自分でも, 船頭も, 苦情も, 茶を, 薩摩の, 薬種屋も, 行列を, 表の, 被仰しゃいません, 見ようとも, 見ると, 見れば, 親しくし, 親仁名当の, 話を, 誉めてこそ, 誉めも, 誘う, 議論の, 貞之進が, 負けること, 貰いたくないと, 貸して, 賞めた, 賞めて, 足拍子の, 返して, 途中で, 遂に薩英談判会, 遣たこと, 遣て, 遣ました目, 遣らずにも, 遣ると, 長崎を, 間違いは, 頻りに冷かす, 頻りに学校, 頻りに止める, 頻りに私, 頻りに辞退, 顔を, 颯々と, 馬の, 騒いで, 髻を

▼ 云ふべき~ (201, 0.4%)

10 ものが 9 もので 7 ものである 5 ことを, ものを 3 か, ものは 2 ことが, ものです, ものなり, ものに, 事を, 人間の

1 [147件] あの胴体, かしら寧ろ, かたも, かは隨分能, か先づ何, か到る, か實, か才能, か支那, か無, か絶え, か經緯, が脱し, が至当, ことだらう, ことは, こと爲すべき, この峻烈, さまなる, その種, ぢや, ところを, のを, は伊太利ミラノ, は傳通院也, は嘗て, は左, は渋沢栄一君, は電燈会社, は電燈會社, ほどの事, むのを, ものだ, ものだつた, ものであり, ものでありまし, ものでありませう, ものの, もの中に, や, やうな, わが議会, を云はず, を其中, コロー, ドウニス・パペンといふ, 一種の, 不得意さに, 主義を, 九執, 事で, 事は, 人で, 人であるなら, 人では, 今日まことに, 会を, 何の, 信長の, 側の, 入口は, 力を, 印象を, 厭味の, 叫声が, 壯大な, 大戦争, 大決戦, 如何にも憐れ, 姿である, 子は, 実務を通じての, 寂しさ, 寂寞の, 密教が, 小言を, 山櫻は, 希望と, 希臘より, 帳場が, 幅が, 幕府が, 平家物語に, 形式的な, 得難く独特, 微風が, 忠と, 思想上の, 思想以前の, 悪趣味, 惨めな, 感情の, 所, 抑揚高低緩急の, 支那に, 日本國に, 時で, 時代を, 時機で, 時機では, 晩秋の, 有様に, 果実は, 根本中堂といふ, 機会では, 清らかな, 渠の, 澎湃模糊たる, 瀟洒たる, 爽かな, 現代人の, 現在も, 生活である, 男だつた, 番に, 皮肉と, 筋合でも, 終極點を, 緻密な, 縹渺たる, 者は, 者を, 胡桃や, 臺辭も, 舌を, 若い男, 處は, 處を, 表情で, 親しさ, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 訓練は, 調子の, 謎の, 軍国最高の, 辞を, 長州藩に対して, 頑迷な, 類に, 類ひ, 風彩だつた, 高壮な, 鼓楼では

▼ 云はれる~ (198, 0.4%)

11 と私 9 と彼 6 やうに 5 と瑠璃子, やうな 4 かも知れない, のであつ 3 と, までもなく 2 と何となく, と僕, と弱る, と美奈子, と船長, と青年, よりも

1 [134件] か, かと内心気がかり, かと思ふ, かも知らん, かも知れません, かも知れん, からこの, からなあ, からね, から口惜しい, から帰つて, から雨, か分りません, か知れない, がこの, がしかしまた, がそれ, がそれどころか, がどうも, がスリル, が口, が古, が実に, が客, が彼等, が支那, が汝, が現在, が知らう, が私自身, さ, だけあ, だけで, だけでした, だけの倫理的厳粛さ, だけの名, とあ, とあの, といふ, とお, とこつち, とさ, とさうです, とさすが, とそこ, とその, とたか子, とどうしても, となに, となほ, となほさら, となんだか, とね私, とまつ, とむつ, ともう, とわたくし, と一寸, と一言, と七郎, と云, と今, と仕方, と何, と信一郎, と俺, と又, と妙, と妻, と娘, と嬉し, と實, と小切, と屹度左様, と嵐, と康雄, と忽ちもう, と恐らく, と恐縮, と成, と或は, と持前, と村瀬, と止むなく, と母, と漸く, と無理, と父, と留五郎, と直ぐに, と石山, と純造, と美津子, と膨れ, と裕佐, と赤面, と逸子, と酒飲, と馬鹿, にきまつ, にはこれ, に該当, ので, のでさ, ので兎, ので匆々師匠, ので私, のに壓倒, ばかりぢ, ばかりで, までの発育, まではすつかり, までは意地, やうな思ひ, より, よりか余程, よりは譽め, 刹那主義の, 前に, 場合は, 宏覚禅師が, 悲しさ, 新しい日本文, 有力者でも, 林天風の, 様な, 瞬間までは, 程巴里的, 程貴方, 素晴らしい酷暑, 美しい景色, 自らの, 西郷隆盛の, 迄もなく

▼ 云はず~ (192, 0.4%)

115 にゐた 3 にぢ, にはゐられなかつた, には居られなかつた, に考

2 [15件] とも知れた, と知れ, と知れた, と解つて, にいきなり, にすぐ, にその, に何, に女, に彼, に我慢, に立ち, に黙つ, もの事, 悉く蔦

1 [134件] あらゆる空所, いきなりに, かりそめ, けど子, しまひです, じまひ, すぐこつちに背, すぐ其場, その家, その焼, たかつて, ただ電報, だまって, とも又, とも漠然たる, とも相当, と一晩, と家, と引きあげた, にお, にし, にすっ, にすますべき, にずん, にそれ, にそれとなく, にた, についていらつ, についてくる, にはゐた, にはをられなかつた, には居られない, には居られまい, には居られません, にほか, にほほ笑み, にむつしり, にもう, にもつ, にわが, にゐたら, にゐられない, にゐられなかつた, にゐられませんでした, にをぢさん, にをられぬ, にギヨロツ, にノート, に一旦, に下, に乞食, に今日, に健吉, に僕, に其儘, に出口, に大人しく, に奥, に女中, に女優, に女王, に嬉し, に居, に居られなかつた, に帰つて, に座, に弁償, に慌て, に抱き絞めたかつた, に時儀, に暇, に暗がり, に暫らく其儘, に曲つた腰, に杉本さん, に板壁, に檢束, に歸, に死ぬる, に汗, に泣き続けた, に洋盞, に玄関, に率直, に現, に現実, に琵琶, に甲斐, に盃, に私ども, に箸, に結婚, に置きたい, に置く, に聞い, に職人, に芋, に薄暗く, に行, に表, に解け, に速やか, に阿呆陀羅經, に預け, に頭, に額, に駈け出し, に默つて, に黙, はき, ひらひら不安, まん, もあれ, もがな, もがな之, もがな前, もがな漁猟, もがな運河, や, 何とも云, 刈り乾, 又何で, 只, 唯随処, 如何なる学派, 少しく眞面目, 当るを, 思はず, 或利益, 異な手つき, 聊か離れた, 要點, 語らず皆, 黙して

▼ 云つたら~ (181, 0.4%)

5 ない 2 いいで, それは, 可い, 好いだらう, 好からう, 斯う, 無い, 無かつ, 靴墨を

1 [158件] あのひと, あんな心配, いいか, いいかしら, いいかな, いいぢ, いきなりかう, いくら依怙地, うその, おそらく稀大, おだやかであらう, おぢさん, おばあさんは, おめ, お前も, お父さんの, こちらで, この待合, さう, さうかそん, さぞさぞ阿, ずつと離れた, そのため, そのま, その時, それあもう, それから泣き初めた, それこそ, そんならこつち, そんな人, たしかに地獄, ちやうど, ぢや, とてもビックリ, どうか, どうかね, どうなさる, なあ, ないお, ない決して, ない私, なんにもできん, なんも, ねえ安里さん, はした, はた眼, ばあの, ばね急に, ば買つて呉れない, まだ一面, まつたく, もうそれ以上, もう一時間位, やつぱりこの仕事を, よいか, よいもの, よからう, よささう, よさそう, アラツ, エンチヤンテレスは, キキイは, サクラギチョウ・十七バンチといふ, ヌエが, ヌエは, ピエルミ氏は, 一文も, 一方の, 一日も, 万国史と, 不啻毛, 乱暴な, 人今日の, 人間が, 今度は, 今思つて, 今誰も, 仮令友人, 何も, 何ん, 俺達人間の, 先生ニツコと, 其は, 其れ, 其時に, 到底あたり前, 副室, 十圓と, 古では, 可いでせう, 可厭, 可笑しくも, 塚田新, 変な, 外面道徳の, 大変な, 大島へ, 夫人は, 奴等は, 好いか, 好いの, 好から, 好さ, 妙に, 妻は, 姉さんは, 婆さんたら, 学校の, 定めし笑はれる, 宜しく借りた, 小母さまは, 左う, 己は, 御免と, 御結婚, 怒りや, 急に, 怪物だ, 悟空が, 成瀬が, 成程と, 手紙に, 承知する, 抗議を, 按摩さんなら, 政治家と, 数へる, 會計の, 朝の, 本当に無, 栗山は, 殆ど第, 無いの, 病人が, 皆自分の, 皇后は, 真に耳, 真顔にな, 眼が, 私も, 管はん, 箱根の, 紙と, 素晴しい, 素晴らしいもの, 細君は, 翌日村長の, 誰か, 豫想の, 軽蔑され, 返事しないだ, 迚も, 隋志に, 隋書經籍志と, 面を, 頭から, 顔つきから, 鶴石は

▼ 云ひます~ (180, 0.3%)

125 か, のは, よ 4 から, とその 3 とこれ, と時男さん, には 2 からソンナラ君, から私, がそれ, がね, が日本, けれどもそれ, とそれ, と私, と近く, ので私

1 [116件] かさ, かその, かなんとなく, かね, からでは, からね, からねほんとに, からもちろん, からゐる, からコイツ変, からハツ, から何故, から先生, から別れ, から欄干, から薩摩, から齡, か小説, か或, か是非, か時代錯誤, か知的, か製作力, があの, がそんな, がた, がどちら, がなあに, がなそれ, がほん, がネみんな人夫頭, が人, が今, が兄, が十六七, が小才, が末田, が本員, が東洋, が歴代, が毎日, が物貰, が私, が読売新聞社, が讀賣新聞社, が貞恵, が身命, が青年時代, けれども事實, けれども實, けれども然, けれども私, しゆうべ泊つた時計屋, し又, し見た, ぢや, でせう, とあなた, とあの, とお母さん, とお父さん, とね元来, とね困つた, とね法官, とね随分, とジユウル, とノールウェー人, とフランス, とホ氏, と一人, と一疋, と乞食, と二人, と云, と今, と何だか, と例, と先, と先づ文化性, と勿論, と十年前, と又, と商人, と四百年, と婦人, と実は, と實, と差迫つ, と支那, と文化住宅, と氷, と涙, と生きる, と白峰さん, と立派, と結婚當時, と継子さん, と迂遠, と道子, ね, のか, ので, のでそれでは, のでなか, ので蟻, ので近々, のにねきかない, のはね, はあゝ, よお, よとの答, わ, 即ち貴方, 夫れ, 此標題の, 甚麼に

▼ 云~ (178, 0.3%)

9 た, て 7 たよう 5 たッ, て文三 4 たが, てまた 3 たの, てお, てくれる

2 [11件] たばかし, ている, てその, てそれ, ては保護, て侮辱, て出た, て我, て昇, て絶交, て置き

1 [104件] たお, たか, たから, たこと, たっけ, たでは, たと, たところ, たな, たばかり, たまた, たも, たらお出で, たら何と, たら助けた何, たら或は, たら降りたが, たら降りないか, たネ, た一言, た娘, た昇, た時, た訳, ちまったが, ちゃア, つけたな, つけたので, つけるから, てあんなおかしな, ていきなり, ておられ, てお鍋, てからふと, てくれれ, てこの, てさも, てしまう, てしまッ, てそりゃ, てそんなに, てどうも, ては或は, てまさか, てみた, てみる, ても, てもとても, てもまだ, てももウ, てもよう, ても仕様, ても何と, ても先様, ても勧め, ても叔母, ても取合わぬ, ても敢, ても敵手, ても聞かず, ても追付かず, ても高, てやがて, てるじゃ, てるの, てアノ鼻頭, てアハハハハ, てキョロキョロ, てジッ, てスコシ胸, てツラリ, て二三日前, て些, て人, て今日教師, て何, て全く, て可笑し, て嘲ける, て宛然雪達磨, て実に, て差俯, て彼, て恐喝, て悔し, て愚痴, て我々共, て戴きたい, て文三冷笑, て文三起上ッ, て有る, て来たら, て此方, て泪ぐン, て苦しい, て薄化粧, て虚言, て襦袢, て課長さん, て貴君, て遁辞, て遣りたい, て降りられ, て顔

▼ 云ふん~ (170, 0.3%)

27 です 15 でせう 10 だらう, ですか 9 ですが, ですよ 8 ですもの 7 だが 5 ですね 3 だがね, ですから, ですつて, なら 2 だけれど, である, ですかね, ですの, なら僕, なら買ひも

1 [46件] か, かああ, かね, だけど, だったらう, だらうお前たち, だらうと, だらうやつぱり遊びぢ, だらう僕, だろう, で, であの, でおばアさん, でこつち, でこんな, でして, ですからね, ですけれど, ですのよ, ではない, ではなかつた, でネ, でネ是, で久しぶり, で俺, で僕, で先刻, で呆れた, で困ります, で奥さん, で帰つて, で御座いますの, で我々, で戯曲, で私, で篠谷ぢ, で面白く, ならこの, ならこれから, ならそつ, ならまだしも, なら俺, なら勝手, なら外, なら私, なら結構

▼ 云~ (140, 0.3%)

25 ない 19 ないこと 11 ないよう 9 ないの 6 ないほどの 4 ないから, ないと, ないほど, ないわ, ない事 3 ないという, ないもの 2 ないくらい, ないぜ, ないん, ない筈, ない音, ない風

1 [32件] ないお前, ないが, ないしわが, ないそう, ないだけ, ないて, ないところ, ないな, ないね, ないは, ないまま, ないもん, ないよ, ない人, ない人物, ない位, ない可哀相, ない呪文, ない困った, ない場所, ない性, ない涙, ない獣, ない玄関, ない理由, ない病体, ない癖, ない素直, ない細か, ない美しい綺倆, ない義理詰, なかった

▼ 云つてる~ (122, 0.2%)

14 んです 10 んだ 9 んぢや 7 のだ 43 ンぢや

2 [11件] ことは, ことも, さうだ, ぞ, と云, のか, のが, わけぢや, んだい, ンだ, 事で

1 [53件] うちに, からお前, から兄弟揃つてパス, から可笑しい, から悉く, から無邪気, がこの, がそんな, がどうか, がなどうしてどうして, が何, が同じ, くせに, ことが, ことがちつ, ことに, し, し僕, し実際, だけじ, つもりは, とお, ところへ, とほんとに, と今, な, ね, のかは, のさ, のじ, ので, のでせう, ので義雄, のね, のねきつ, のは, のを, べ, みたいかい, みたいね, んだい君は, んだい君ん, んだい往來で, ンだい, ンだいフ, ンです, 中に, 事が, 場合ぢや, 場合でない, 方が, 時ぢや, 時期ぢや

▼ 云ひたい~ (122, 0.2%)

23 ことは 15 のである 13 ことを 11 ことが 7 やうな 2 が, ことも, ところである, のか, のだ, のであつ, のは

1 [39件] かも知れぬ, が処, ことあ, ことである, ことと, ことばかりが, ことや, こと問ひたい, この廣大, だけのこと, ところさ, ところだ, ところだつた, ところで, ところです, ところは, ところを, とは思はない, と思つた事, と思つて, ね, のかな, のが, のさ, のであります, のでわざと, ばかり嗚呼, ほどである, ほどの人柄, ほどの特色, ほどの表情, ものが, ものも, ものを, 様な, 為の, 程である, 程の道徳家, 美しい樹

▼ 云はば~ (116, 0.2%)

3 則ち 2 ヒユマンな閃き, 兄弟, 大抵どんな, 活力に

1 [105件] あそこに, あなたと, あらゆる年代, あれは, うき草, おぼしめしである, お転婆盛りが, かういふ作家, この家族, この桶, この空しい, その芽, それに逆, どんな形, なしくづし, まあそれ, オランダの, グロテスクな, ハイカラの, 一利一害である, 一流の, 三尺の, 三山皆洩れざる, 不可能を, 不必要, 不純な, 中学の, 予は, 云ふべき, 云へ, 人間の, 今日の, 何事も, 余技的な, 侍所の, 偶然の, 僕は, 兄弟の, 先天的の, 内陣とも, 半吹き折られた, 危機の, 双方の, 同じ精神, 含羞草である, 命にも, 天下と, 天下と共に, 天地人間の, 女王で, 妙義の, 對應原理は, 小学校の, 市場価値とでも, 廃り易い, 彼女にと, 後天的な, 心を, 心霊学の, 日本の, 普通の, 最も忠実, 有形的な, 朝飯前にも, 机の, 来る可, 泡沫にも, 洒落の, 無用の, 無邪氣, 爽, 甘心を, 生え抜きの, 病気を, 白高麗も, 目の, 目前の, 直接個人の, 相手と, 省線の, 神意である, 私の, 空ま, 粗忽者, 精神機能の, 紋服を, 純實驗物理學的, 自然の, 芸術上の, 若草山を, 荒神の, 蔭の, 覺悟の, 許婚の, 詰腹同様の, 赤城也, 赤城也榛名も, 赦しがたい, 赭ら顔の, 身の, 鎚をも, 驚きなむ, 鬱憤を, 鳥羽家の, 麦稈帽はか

▼ 云ふなら~ (109, 0.2%)

5 ばそれ 3 ば彼, ん 2 ば, ばあした, ば彼等, ば此, む, 其人は

1 [86件] あなたは, あなた方は, あんたたちの, あゝでなく, さきに, その後で, それは, それも, それをも, と云, ばあ, ばか, ばこの, ばこんな, ばその, ばそれ丈, ばどうやら, ばね, ばひよつ, ばわれ, ばフイリツプ, ばベーコン, ば万人, ば三等親以上, ば二月, ば人間対人間, ば今日, ば何故, ば僕等, ば兩方共法律上罪, ば名望, ば天津教知識, ば嫁, ば小さな, ば岩頸, ば引, ば弱, ば恐しい, ば恰も, ば或, ば或は, ば政府, ば最も, ば氏, ば犬, ば現世, ば現今, ば理学博士, ば神道, ば著述, ば薊, ば薩藩, ば買, ば身輕, ば車山, ば近頃の, ば雪五郎, ひと思ひ, よろしく歌舞伎劇, わが徳川夢声君, われわれは, 一と, 云ふで, 他の, 俺の, 僕が, 僕には, 僕も, 兎も, 別です, 刹那, 参考の, 吠陀や, 女にも, 宜しうございませう, 少し大きな, 文學だ, 是は, 歸る, 確かに, 私は, 結婚する, 西田幾多郎の, 親達が, 近代詩の, 音といふ

▼ 云はん~ (100, 0.2%)

5 とする 3 ばかりに, や, やである 2 こつちや, とす, ねえから, ばかりな, ばかりの凡そ意味, やだ, より寧ろ

1 [72件] か, かてよろし, からお, からこんな, が今度, が如し, けりや, ければ, このまま, し男らし, で, でもえ, でもよろしい, で早う, と, とし, とみ, ともひとつ, と欲, と欲する, ならんら, には, にも, に四ツ目, ねえで居たのせえ, ねえもん, はいと, は余りに, ばかり, ばかりお, ばかりで, ばかりにしちくどく, ばかりに不安, ばかりに先生, ばかりに冷たく, ばかりに力, ばかりに却つて, ばかりに口笛, ばかりに強烈, ばかりに彼, ばかりに掛け放され, ばかりに滝本, ばかりに物々しく, ばかりに落着き払つて, ばかりに見物, ばかりに賛意, ばかりに軍人, ばかりの倨傲, ばかりの号令, ばかりの態度ぢ, ばかりの気勢, ばかりの皮肉, ばかりの腕, ばかりの自信, ばかりの薄, ばかりの表情, ばかりの貌つき, ばかりの顏色, ばかりの顔色, もをかしからず, も到底, も興無し, やで, や至幸, よりは之, よりは人, よりは俊秀, よりは實感, よりは寧ろ, よりは細工場, 本当に俺, 無道人

▼ 云ふところ~ (99, 0.2%)

5 に依る 4 による 3 に従 2 かな, だつた, の

1 [81件] かも知れない, からし, からそれ, からです, からなづけ, から曾つて, から来た, から生れ, から防ぎ止め, から音信, があつ, があるでせう, がどんな, が新しい, が案外, だけを覺, ださうですけど, だつたが, だね, である, であるが, でございます, でしたから, ですかな, なり, なんで, な疑ふ勿, に, にした, にとど, になつて, にもプルウスト, に入れられ, に據, に流され, に着眼, に至つて, に行つて, に道理, のパロオデイア, のフラフ, のモラリスト, の信念, の協和会, の名前, の国際主義, の小さい, の念, の新, の派, の生れださうだ, の読み, の遊び, の雑貨屋, はかうだ, はかうである, はせいせい, はなるほど, は到る, は單, は嘘, は少し, は案外, は私, へ着きました, へ苦味, まで來, まで考へなかつた, まで行, まで行く, まで行つて, も聞かなかつた, をいろいろ, をわざと, を審, を書く, を樣, を聞い, を聞く, を聴い, 亦遽

▼ 云つて私~ (96, 0.2%)

3 の肩, の顔 2 は今, は思はず, は決して, を自身

1 [82件] から思ふ, がもの狂, が二人, が今日, が此処, が背ろ, が鉄工, どうしよう, にも一処, にレンズ, に会, に全く, に勧めた, に向, に抱きついた, のほう, の体, の信用, の傍, の処, の幻, の引つ, の手, の方, の枕頭, の父, の立つ, の胸, の腿, の荷物, の行きつけ, の道徳性, の鼻先, はうち, はこの, はこれ, はなに, は一度, は上, は下, は今度, は仙二郎, は保子さん, は其の, は友達, は壁, は外套, は夢, は彼, は手早く, は抱, は椅子, は此, は真に, は眼, は立ち止つた, は笑, は笑つた, は苦い, は苦笑, は虚勢, は隣室, は首, は鼻, をうながし, をおどかしてる, をしつこく, をしばらく, をじ, をじろりと, をすつかりくらました, をなだめた, をよろこばせ, を別室, を奥, を引き止めた, を気味悪, を睨めました, を袂ごと, を見た, を誘, 共婦人

▼ 云つたつ~ (88, 0.2%)

5 て僕 4 てそれ 3 て何 2 ていい, てこんな, て乞食, て女, て私

1 [66件] て, てあいつ, てあたし, てあなた, てあれ, てお前, てそれでは, てそんな, てそんなに, てたかが, てです, てどうせ, てやつぱり腹, て一つ, て二十七, て云, て京都, て人, て俺, て俺ア, て十円, て半分帰省みたい, て厭, て商人, て図々しい, て國, て地球, て嫌, て家, て實際, て専門家, て年, て悦ぶ, て我々, て故郷, て斯, て是非, て未だ, て死骸, て母さん, て無理, て無邪気, て犯人, て現に, て現在, て男, て皆, て矢張り一番, て知, て私たち, て種々, て空氣がい, て純潔, て老人, て聞かない, て触りません, て誰, て辛抱出來, て阿, て離しません, て馬琴, て馬鹿, て駄目, て駄目さ, であの, 位打ん

▼ 云ひ出す~ (87, 0.2%)

3 ことが, ものも 2 かも知れない, かも知れません, ことも, のかと, のが, のは, やうに, んです, 宿の, 機會を

1 [61件] かといふ興味, かと待つ, かと思ひ, かと思ふ, かもわからない, かもわからないで, から, からにやア一生懸命, かを一心に, かを不安, かを待つ, か事, か判らない, か大概見当, か解らない, ことの, ことは, ことを, つもりな, と, とうるさい, ところを, と堀口, と奴等, と如何にも, と始末, と彼, と後, と曹操, と相手, と處, と默つて, には余程, には餘程, のか, のであつ, のである, のに遠慮, のを, ほかなかつた, までに我が, までもなく, ものが, もんぢや, ゆき子の, んだらう, ンで, 事が, 事の, 奴が, 奴も, 手は, 方は, 時代が, 権利は, 機会を, 段に, 気には, 話が, 調子の, 頃に

▼ 云つて彼~ (82, 0.2%)

3 はその, は私 2 の父, は自分

1 [72件] がジーベル, にはいくら, には他, に厭, のうしろ, の口唇, の名, の女, の決心, の眼, の表情, の面白, の顏色, の顔, はいきなり, はぐいと, はさ, はそれ, はちよ, はにやにや, はまだ, はわざと, はアツ, はシヤツ, はビール, はポカリ, は何處, は全然, は又, は口, は外, は女給, は張合, は応接間, は急, は慌て, は拳, は持参, は改めて, は椅子, は歴史, は歴史学, は無邪気, は父, は申訳, は目付役, は直ぐ, は直立不動, は立ち上る, は笑つた, は肌脱ぎ, は肩書, は背嚢, は背後, は腕時計, は苦しく, は茶の間, は薄, は貧しく, は起ちかけました, は顏, は馬, れを, をからかつ, をなだめた, を二階, を可愛, を叱つた, を困らせた, を抱き, を拒絶, を棄て

▼ 云ひました~ (81, 0.2%)

166 の, よ 4 が私 2 がその, が全く, のよ

1 [43件] か, かねあの, が, がおき, がかうなる, がさあ, がどう, がな, がね何処, がふと, がやつぱり, が二人, が今, が千代子さん, が時男さん, が猫大将, が紙屋さん, が誰, が返事, けれどもジョバンニ, けれどもジヨバンニ, けれど困る, けれど私, ことに, こと表情しました, すべての, するとジユウル, でせう, とさ, と京都, と返, な, ねあなた, ので時男さん, ので虔十, やうに, よ夫ア, わ一昨日來, コレは, 今から, 何卒打, 其うち覆面の, 私は

▼ 云ひ出した~ (81, 0.2%)

7 のは 4 ともなく 3 んだ 2 かといへ, ことから, のか, のだらう, ので, のにも, 者が

1 [53件] おかあさんが, からにや男, がその, が富岡, が最も, が譲, くらゐだ, ことぢや, ことなど, ことは, ことを, さうな素振り, だけで, と云, のかと, のだ, のであつ, のである, のです, のですぐ, のでよく, ので富岡, ので彼, ので御, ので此対話, ので癪, ので皆, ので美智子, のについて, ほどである, ものが, もので, ものは, もんだ, よ, ンだ, 三又土筆の, 事を, 位だ, 動機は, 志望を, 手前田丸は, 時おれが, 時に, 時の, 時は, 時彼は, 時誰も, 清吉寝, 男が, 男に, 者を, 頃には

▼ 云はう~ (80, 0.2%)

12 としてゐる 6 と思つて 5 と思 4 ものなら 3 として口, よりは自然 2 と, としてゐた, として少し, と思つて詞

1 [39件] が何, が如何, が彼, が縦, ぢや, とこの, としきりに, としてどれ, としてまだ, としてゐましたら, としてゐるらしく, としてモグ, として云, として余り, として女, として女たち, として甘く柔かく, として義男, として起ち, とそれ, となすつた, とも人間持前, とも内外, とも立派, と二人, と云つたの, と変らない, と必要, と思つた, と思つて云, と思つて隣室, と意, と日比野, と決心, と為, やうの, よりは寧ろ, よりは楽器, よりは繊細優麗

▼ 云ふか~ (78, 0.2%)

19 も知れない 6 もしれぬ 5 も知れぬ 4 と云, と思ふ, も知れません 3 もしれない 2 け聲, とおも, もわからない

1 [27件] が出た, この怪物, その以外, といふ, とにかくわれわれ, とにかく大本, と叱すれ, と思へ, と考へ, と言, と質す, な, なこれ, ね, らしは, をあらためて, 分らない, 又は人間, 古來, 如き事, 或はまた殻, 或はまだ, 所詮は, 早く見たい, 知らぬが, 知れませんがね, 知れやしないん

▼ 云ふよ~ (74, 0.1%)

15 り外 11 り他 7 り寧ろ 4 り推せば 2 り, りしかた, りほか, り仕方, り以上, り殆ど

1 [25件] しもなき, そんな弱い, りか, りつまり, りはやく, りもつと, りもつともつとどう, りスツ, り一層, り不躾, り劇, り声, り推定, り文壇, り歌学, り此, り河原町, り生れ変つた, り痛い, り磁器, り総て, り練吉, り考, り自然, り読む気

▼ 云~ (71, 0.1%)

7 ように 5 のは 3 のを, ような 2 ことは, ことよく, のよ, やうに

1 [45件] かも知れません, からというよう, からまあ, からアラ, から悪い, から書きません, から駄目, けれども私, しか返事, そういうこと, その意味, とおりに, とおりよく, とおり今日の, とおり仮, とおり内容が, とおり勘弁する, とおり無い, とき背骨を, と等しく, と首, の, のおもい出した, のが, のでした, のでしょう, のです, ので柳井, のね, は頭, もんで, わけが, わだから, んです, 原型の, 心持も, 心持本当によく, 心持私の, 思いつきの, 気が, 通りです, 通りよ, 通り二枚以内に, 通り完成を, 通り気を

▼ 云~ (65, 0.1%)

11 所が 6 のは 3 ことが, 所で 2 ことは, じゃない, のか, のを

1 [34件] がその, が少し, が岡本周吉, が戦争, が時日, が枕, が肯, くらいのこと, こそ幸い, そうです, とか恐ろしい, ところが, のから, のだ, のでしょう, ものかと, よロイドレ街二十三番館, ッけ, ッけな, 丈けの, 乃公は, 事が, 事の, 事も, 人は, 他人で, 声が, 所以です, 様な仕, 様に, 通りに, 通りコロボックルと, 通り私の, 酒を

▼ 云ふんだ~ (63, 0.1%)

1383 から 2

1 [37件] おせきさんぢ, おらア松坊サ, からあて, からこれ, からた, からね一晩二十圓づつとしたつて, からひと, から機会, から羨み, から買つて, か掛引, ぜ, その驚き, ぞ, ぞなんて怒, つた, つたつけな, つて教へて, と思ふ, と観察, な, なさつき身延山, ねこんな, ねしつかり, ねそんな, べ, よと私, よねえ, よ早く, よ鯉, ネ, 一体, 俺が, 君あ, 後生し, 梅の, 馬鹿な

▼ 云つた風~ (61, 0.1%)

3 なもの 2 である, な事

1 [54件] があつ, がある, だつたね, で, であつ, である上, でこと, ですから, ですまし, でそば, で一時間, で云, で朝, なあ, なかま, なこと, なそんな, な作品, な奇妙, な想念, な愚劣, な感情, な気持ち, な泣声, な清福, な状態, な見え透いた, な言葉, な返事, な音, な顔付, に, にうろ覺, にことごとく, にとても, に吐き出す, に啼きつ, に嘉吉, に撮られた, に皆んな, に腰, に薄く, に軽く, に食事, のもの, の人, の女, の山爲事, の感, の文字, の無邪気, の貴婦人, の題目, をし

▼ 云ふお~ (59, 0.1%)

2 前の, 方は, 積り, 言葉です, 足を

1 [49件] しら神なぞに, つぎの, はなしを, ひろさんの, 前は, 医者にか, 名前だ, 君の, 坊さんが, 婆さんが, 客は, 寺に, 寺の, 尋が, 居間が, 屋敷の, 心懸, 意で, 方が, 方こそ, 方の, 母さんを, 爺らしく思はれ, 神楽の, 約束を, 続柄で, 美い, 考だ, 考へを, 茶屋で, 見込で, 言葉では, 言葉は, 話, 話が, 話で, 話でございます, 話です, 話は, 話も, 話急に, 説である, 返事は, 酌が, 金が, 頼みが, 馬鹿さんだつた, 鳥の, 鳥を

▼ 云ひかけ~ (58, 0.1%)

6 て彼 4 て私 32 て何, て樽野, て義雄

1 [39件] しま, てあゝ, ていつの間にか, てくすくす, てこの, てさ, てそれ, てつまらな, てぴたっと, てぴたり, てみる, てゐる, て云, て初瀬, て半二, て厭, て口, て句, て弱る, て彼女達, て思はず, て息, て残り, て烈しく, て父, て独り, て生活, て田丸, て相手, て祖母, て笑つた, て自分, て軽く, て途中, て雪江, て青年, ながら自分自身, やうと, 百合子は

▼ 云はせる~ (55, 0.1%)

63 やうに 2 とこれ, とこんな, と校長, のである

1 [38件] とあなた, とすべて結婚生活, とその, とそれ, とやはり, とアノ宗教的観念, とリヴィエェル, と不可思議, と不思議, と亜細亜大陸, と伐採, と何, と何人, と多少, と女, と小, と旅行, と日本, と是, と梨倶吠陀中, と田代, と米国, と自分, と與, と親爺, と趣味, と長崎県上海市, と頭腦, と額さ, のか, のだ, のであります, のでなく, のよ, 必要が, 父親の, 理由は, 腕前は

▼ 云つた事~ (52, 0.1%)

6 があつ 4 がない 3 がある 2 がなかつた, だけ竹山, のない

1 [33件] がありません, がありませんでした, がいま, が一二度, が悪, が有りませう, が気, が現実, が能, が許すまじき, だ, だつて, についてあつ, についての御, にみのる, に就い, はありません, はどこ, はない, は嘘, は決して, は誤り, もありました, も嘘, も記憶, をお, を取り次いだ, を土臺, を妻, を守らない, を思ひ出し, を愈, を直しました

▼ 云い草~ (50, 0.1%)

5 ではない 3 じゃない, だ 2 です, のよう

1 [35件] があんまり, がいかにも, がまた, が可笑しい, が機嫌, だあ, だから, だが, だけれど, だと, だろう, だ何, であったかも, でありましょうが, であるが, ですよ, ではある, なの, なので, なん, に気がつい, の恥ずべき, はきっと, はほとんど, は何となく, は嘘, は支離滅裂, は殆ど, までを空想, や又, や理屈, をスッカリ空, をチャント記憶, を聞かし, を聴い

▼ 云つた通り~ (47, 0.1%)

42 であるが

1 [41件] あいついで, あのキツプリング, あのスリッパ, あの犯罪, あんなこと, おとなしい少年, きツ, このお嬢さん, この以平, この有力, この極月, この殺人交響楽, これからすぐ旅行, さ, さすがの, そうで, そこで彼, で外, とはこの, にし, になりました, には中, に反, に呟い, に料理, に行く, のわけ, の一生参学, の事, の事情, の問答, を其の, 今やわれわれ, 余程重大, 優れた現代演劇, 少々頭, 少しも, 明るく快活, 書かうと, 美しい日本, 詰らないこと

▼ 云ふから~ (46, 0.1%)

4 である 3

1 [39件] あると, おりたくな, こまる, さうし, その罰, そんな事, だ, どんなかと, どんな芝居, な, ないと, にはよほど, には例外, には別に, には勿論, には斯, には爾, には諸君, には鞦韆, にや御前, ね, ねお母さん, ねそしたら, ねそれ, は, は文化初年, もうそろ, 今お国, 幼い耳, 待つて, 既に宣宗, 欲しいと, 診て, 読んで, 追抱太夫, 面白いねえ, 面白いん, 驚かあ, 黙って

▼ 云つた方~ (45, 0.1%)

5 がい, がいい 4 が適切, が適當 2 があの, が当, が適当

1 [21件] がなにか, がよい, がより, が住職, が兄, が全, が全体, が利益, が合点, が好い, が妥当, が宜, が得, が正しい, が正確, が確か, が至當, が良い, が誤解, に対して新聞, に對

▼ 云はれない~ (45, 0.1%)

2 が, のである, やうな, 一種の, 筈である

1 [35件] うちに, が大, が然し, ことで, さ, ぢや, て, で, でもどこ, でも今, でも歸, でも済む, でゐる, といふ事, と仰る, ね, のだ, やうに, 丁度恋, 先に, 大まかな, 大騒乱, 好い所, 恐ろしい景色, 恐ろしい考, 汚い所, 淋しい気持, 激しい憤怒, 程嬉し, 筈だ, 美しい, 苦勞が, 複雑な, 話で, 話である

▼ 云ひ得る~ (45, 0.1%)

7 のである 2 か, ことは, ことを, と思ふ, のだ, のであります, やうに

1 [24件] かも知れない, かを考へた, が, が彼, ことが, ことである, ためには, だけでも政治家, であらう, といふこと, と思ひます, のであ, もの, ものである, ものは, ものを, やうな, 崇高な, 性質だつた, 真の, 立派な, 素朴な, 自信, 重い日和

▼ 云ふて~ (45, 0.1%)

2 なあ

1 [43件] から白い, さう, その反対, なああちらこちら聞, はりまん, は下, は無から, まつせ, もあの, もう二十日, も其の, も取り上げぬ, も大した, も目黒, も競馬, も苟も, も退け, をつた, をられません, んでひどく, アンドレイエヒミチの, ゲフシマニヤの, 一生懸命精一杯打たれ, 人の, 今以, 僧團の, 先に, 別段あと, 又本, 可愛さうに, 大騷ぎ, 帰つたは, 急に, 手紙が, 承知し, 極めて下等, 深刻な, 甚嫌択する, 益なし, 自作の, 評議し, 豪が, 貰ふたら困ります

▼ 云つた言葉~ (43, 0.1%)

1 [43件] がきつ, がどうしても, が次, が浮ん, だつた, であらう, であるが, でもつ, で案外, とはどうしても, と我, にはツ, には押される, にふつ, に就い, の中, の儘, の意味, の意味はつ, の態とらしい, の數, の真意, の結果, は, はみんな私, は主人, は未だに, は輕, も僕, や動作, や顏, よりも何より, をあじわう, をいよいよ, をた, をまさか, をも繰返, を噛みしめる, を引い, を思ひだし, を思ひ出し, を真実, を聞逃

▼ 云つて義雄~ (43, 0.1%)

2 はその, はまた

1 [39件] ががらす, がそこ, が出よう, が受け流す, が時々, が立ちかける, が這入つ, が黒, と共に靴, の古い, の顏, はお, はこんな, はそれ, はゆうべ, は一方, は二階, は今, は勇, は北劍, は卷き納めた, は口, は多少, は氷峰, は渠等, は獨酌, は直, は立ちあがり, は笑つた, は紙入れ, は考へた, は言葉, は身, は金, は障子, は鶴次郎, を亂暴, を京橋, を見た

▼ 云つて自分~ (43, 0.1%)

2 で嗅い, には胸, のゐ, の席, より二倍

1 [33件] から退, が何, が正宗, が高い, でも可笑し, で赤く, で長い, に自分, の不手際, の前, の大叔父, の安心, の家, の寐臺, の怒り, の恋人, の手, の握つ, の祖先, の胸, の腑甲斐, の額, の髪の毛, の鼻, はかくし, はその, は口, は支那ソバ, は澁, も歸ら, をごまかす, を嘲つた, を欺き

▼ 云ひし~ (43, 0.1%)

2 が聞えず, 昨日の

1 [39件] がそれ, が又, が忽又調子, が果して, が此, が此風習, が貝塚發見, が都座, が鋭し, ことあり, ことだけは, こと今ゆくりなく, にそ, には吾, に博士首, に姫, はされど, は斯く, は決して, は薬師寺, も二日三日朝來, も余, より起れり, を聞きたる, ヱネチアとは, 人さへ, 人間や, 夜の, 所なる, 故其頃世間, 朝露の, 物は, 由, 白ばらも, 秋よ, 言葉は, 軍医先年病歿それ切に, 限り喉塞がり, 黒人の

▼ 云ひ出し~ (42, 0.1%)

2 ても文学, て見る

1 [38件] さうなの, たりした, て, てきかなかつ, てそれ, てどう, てねこの, ては, ては人, てまたも, てみ, てみた, てみる, てみんな, てみんな水, ても一人, ても丸, てゐなかつたら, て一度, て二人, て他, て兄, て先生, て困る, て大, て始末, て来ました, て爪, て見, て諾, にくいからと, にくいがね, にくいの, にくい事, にくかつ, 何時か, 方つていふ, 果ては

▼ 云はせ~ (40, 0.1%)

6 てゐる 2 てゐた

1 [32件] て, てあちこち, ていただかう, ていただけ, ておけ, てください, てこの, てしまつて, てはまる, てみたい, てもら, てもらはね, てやりたい, てやる, てスリー, て下さい, て仕事, て出前, て噛ん, て少し, て当節需要, て振向いた, て森, て母親, て焼く, て置き, て見たい, て貰, て走っ, て通る, て頂ける, て飲みました

▼ 云はれぬ~ (40, 0.1%)

2 ことは, 不安が, 或る

1 [34件] かと左, からである, ことも, にし, はなく, ものである, やうである, ゆかしい風情, 一種の, 人の, 優しい空想, 品位なる, 嫗の, 小説的な, 心細さ, 恋中は, 悪寒を, 悲しみも, 情ない事, 惡氣を, 感覚の, 懐かしさ, 懷かし, 抑も, 掛心持が, 神祕感に, 筈である, 筈は, 精神の, 肉と, 臭氣, 色々な, 詩情が, 魅力に

▼ 云つてそれ~ (38, 0.1%)

2 は私

1 [36件] から宗壽, があながち, がどう, が聞い, が誰, でいい, で思ひ出した, ならば, に一応, に一所懸命, に味方, に答, はさ, は又, は決して, は立ち去つた, は誰, までの道筋, も始め, をかれこれ, をはねつけ, を今度, を制しました, を受け取らう, を周子, を噛むで, を奇特, を女, を實, を引き受けた, を弾い, を拾つて, を濟, を物的, を玄關, を追

▼ 云つて來~ (37, 0.1%)

82 たの, たので

1 [25件] たが, たこと, たねえ, た人, た通り, つこないだらうあゝ, てるんぢ, てる位, てゐた, てゐる, ないかい, ないと, なかつた, なかつたの, ました, ましたが, ましたの, やしない, られた, られた日, られりやア鶴田君, るの, るん, る二十七日, る譯

▼ 云ふで~ (37, 0.1%)

10 はない 5 なぃか 4 は無い, もありません 2 もない, もなく 1 がすね, ちやんと, はありませぬ, はありません, はなく, もありませぬ, もございません, もなし, も無い, も無し

▼ 云ふけれ~ (36, 0.1%)

2 ども私, ども自分, ど世間, ど露骨

1 [28件] どお前, どくみ子, どさ, どそれ, どまつたく, どもこそ, どもた, ども何と, ども僕, ども其講義, ども実際, ども家財道具, ども富子, ども實際, ども日本, ども明治, ども競馬, ども黒岩, どわたし, ど今, ど健康非常, ど実際, ど實際, ど居, ど是, ど此方, ど花魁, 共元来酒を

▼ 云ふとき~ (36, 0.1%)

2 の意味, の我と, 私は

1 [30件] から始ま, これは, その, に, にじたばた, になる, にはその, には和行, には眞, にも唯々, に少し, に屹度, に通る, の, の北胡, の南越, の基礎, の大食, の形, の略稱, はいかに, は志, は意識, は気の毒さうに, は氣, ふいと, 堅炭を, 極めて眞面目, 脇腹を, 舟は

▼ 云~ (36, 0.1%)

4 て楠野君 3 たが, てやがる, てるん 2 た, たツ, て少し, て肇さん

1 [15件] たら其, た処, た様, た樣, つけてを, ておけ, てるぢ, てるの, てるのよ, てゐる, て二人, て其, て友, て可, て心欝

▼ 云ひだ~ (35, 0.1%)

14 した 2 されて, したか, したの, して

1 [13件] えあゝ口惜しい, された邪慳さ, したその, したつて, したので, したもの, したん, した暗がり, しは, しましたので, しましてな, しますよ, せなかつた

▼ 云いまわし~ (32, 0.1%)

1 [32件] が念入り, が文壇, さえ現われ, だろう, てそこ, であらわした, では, でデレンコフ, でバック夫人, で対手, で礼儀, で神秘, で表現, というよう, とジェスチュア, と無縁, ながらどの, などでも源一, にはない, はその, はたしかに, は何, は典雅荘重, は粗末, や自分, や象徴的, をきい, をし, をとり, を真似る, を知っ, を研究

▼ 云やあ~ (32, 0.1%)

2 しない

1 [30件] あの顔, いいのに, おらいつでも, かえって御前, がつた, この世の中, さっきより, しないのに, しなかったかい, しねえん, それで, そんなもの, まさか逃げ, やっぱり自分, よんどころなしに, ナ, 上さんが, 今の, 僕は, 名代の, 大方男児, 工場の, 思い出すが, 東京に, 此小僧っ子の, 磔刑や, 落付きすぎた, 葛西の, 面白い話, 音羽の

▼ 云つてやつ~ (31, 0.1%)

134 たこと 2 たん

1 [12件] たから, たが, たつもり, たのに, たもん, たらね, たら山村さん, たら真赤, ておい, ておく, て來, と身

▼ 云つたぢ~ (30, 0.1%)

21 やない 4 やありません 3 やア 1 や, や無え

▼ 云つて彼女~ (30, 0.1%)

2 は私

1 [28件] と別れた, に常識, のテオリー全部, の銀色, の顔, はそれ, はちよ, は一隅, は先, は冷たく, は家, は小刀, は彼, は急い, は扉, は折々, は決して, は猶, は相手, は眉, は瞼, は自分, は遠く, は静か, は首, は黒岩, を呆然, を無理

▼ 云ひかけた~ (29, 0.1%)

2 が私, とき, ま

1 [23件] がカミシモ, がフト, が友だち, が娘, が巧, が彼, が直ぐ, くも無, ときだつた, ところへ, ところを, ので私, のは, ものが, 年寄は, 時, 時だつた, 時千代子の, 時周子の, 時直, 時胸が, 時駒江が, 母は

▼ 云つた時~ (27, 0.1%)

2 には彼

1 [25件] あのいま, から覺悟, さつ, すぐ後, である, です, なんか彼奴, にです, には堀口等, には彼女, には徒刑三年, には恐らく, には決して, に僕, に加野, に彼女, に漠然と, のセルギウス, の小僧, の旅客, の百合子, はじめてフランス人, は全く, は渠, 其の洋傘

▼ 云ふんぢ~ (27, 0.1%)

14 やない 3 やなし, やア 21 やありません, やご, やなかつた, やねえ, や向

▼ 云ても~ (26, 0.1%)

3 宜しい 2 宜い, 私は

1 [19件] ありは, ほんとうに, 三百五十五両を, 中, 危険を, 及ぶ話, 威嚇の, 怖いこと, 戦争が, 暗殺は, 検査官の, 決して出る, 眼が, 私より, 親は, 許すもの, 誰も, 遣ること, 駄目だ

▼ 云えるだろう~ (24, 0.0%)

161 かと, かと思った, か同じ, がしかし, がその, がまた, が学術上, ね

▼ 云ひかへれ~ (24, 0.0%)

2 ば自分

1 [22件] ば, ばある, ばその, ば人間, ば伯爵, ば前者, ば劣等感, ば即ち, ば応対, ば思想, ば戯曲家, ば支那, ば日本, ば日本人, ば特に, ば義雄自身, ば自己, ば西洋人, ば農村生活, ば道徳, ば雄弁, ば静か

▼ 云つて僕~ (23, 0.0%)

2 の部屋

1 [21件] が困つ, と共に縁, にすがりついた, についてきた, にまで判らぬ, のコツプ, の勉強, の手, の断る, の方, の肩, の顔, は内, は决, は桶, は演劇的同志, は逃げ出し, は酒, をさそつた, をはぐらかしちやいかんよ, を實際

▼ 云つて笑~ (23, 0.0%)

3 ひながら 2 はせた, ひました

1 [16件] はし, はれたの, はれても, ひきれない真実, ひを, ひ出して, ひ出しました, ひ声, ひ始めた, ふ, ふけれど, ふ声, ふ者, ふ間, を含ん, 出しながら

▼ 云ひも~ (22, 0.0%)

2 あへず, 終らずさすが

1 [18件] したその, したと, しないが, しないし, しなかつた, せずしも, そっくりな, の前, の読み, をかしかりけれ, 仕ますまいなれば, 得せずひねる畳, 忘れしは, 果てずジエンナロ, 終らず一間余り走り, 終らず彼, 終らず田上, 終らず馬十

▼ 云~ (22, 0.0%)

2 を述べ

1 [20件] がある, がない, が出来よう, が立たない, が長々, けにならぬ, でもする, にお, になる, に対してのみ嘘, ばかりで, ほど結っ, らしく云う, をお, をかんがえ, をし, をした, を半分, を家主亀屋, を思いついた

▼ 云つた樣~ (21, 0.0%)

2 な氣持, な譯

1 [17件] な事, な心地, な態度, な所, な支那特有, な格, な機會, な氣概, な爽快, な眼, な答, な紹介状, な話, な顏, な飛んでも, に擂, に義男

▼ 云ひ放つ~ (21, 0.0%)

1 [21件] たかと, たりした, てお, てとんと, てどかり, ても余外, てプイ, て二人, て先, て幾島, て渠, て私, て駈け出しました, とあたり, と慌て, と拍手, と青年, ので彼女, のを, ばかりで, 時イヤ

▼ 云ひ終る~ (21, 0.0%)

2 がいな, が否, やいなや両親

1 [15件] か否や, ことが, と, と一瞬間, と彼女, と直, と精根, と腰, と調子外れ, と身内, と額, のも, まもなく打, や滑稽, 毎に

▼ 云ふた~ (21, 0.0%)

2 めしは

1 [19件] か, かてあきまへん, かわからない, が本名, が果して, が細君, が高宗皇帝, ぐひの者に, しかな事実, だけさ, と, ので有, ので有る, ので王, びにうなづいて見せる, 丈や, 三種の, 國で, 彼云ひ

▼ 云つたつて~ (20, 0.0%)

2 おめ, しやう, できやしねえ

1 [14件] いいん, この死体, と弟, はじまらないよ, 分らねえしな, 動くもの, 動く筈, 好いで, 始まらない, 始まらないと, 怪いの, 疑るよ, 解らないわよ, 解りも

▼ 云つた様~ (20, 0.0%)

2 な気持

1 [18件] な事, な心地, な態度, な所, な機会, な気, な気概, な淋しい, な眼付, な答, な紹介状, な若い, な話, な趣き, な顔, に, に人類出産, に斯

▼ 云ひかける~ (20, 0.0%)

2 と, と大二郎

1 [16件] といふ場合, とにわかに, と亀, と二人, と塚田, と忽ち, と氷峰, と銀原, と阿修羅, と雪子, と鶴村, と龜, ものも, を十吉, 客には, 時には

▼ 云ふ如く~ (20, 0.0%)

2 而も

1 [18件] その仕事, に二洲, に又, に推測, 二三の, 五年も, 喉頭筋の, 彼女等は, 心の, 必ずや河原崎座, 我れ, 是も, 有識階級には, 純芸術的演劇, 自分の, 若い人々, 装つてゐる, 西洋劇の

▼ 云つて渠~ (19, 0.0%)

4 はかの

1 [15件] が實際, はその, はまた, は一, は以前, は再び, は政治家, は晩めし, は樺太, は歸つた, は自分, は袖さき, は鍵, は鳥うち帽, は默つて

▼ 云つて聽~ (18, 0.0%)

6 かせた 3 かせて 1 かせかた, かせたおれ, かせた方, かせた譬, かせても, かせますから, かせられたらしく義雄, かせられた手, かせる樣

▼ 云ひつけ~ (18, 0.0%)

1 [18件] たりし, てある, てお, ておいた, てくれ, ても決して, てやらう, てやる, てゆかなかつた, てエチオピア, て更に, て来い, て来た, て直ぐ, て私たち四人, て置いた, て酒, 自分は

▼ 云ひ知れぬ~ (18, 0.0%)

1 [18件] なつかしさ, 不安が, 不安に, 不安を, 嬉しさ, 寂しさ, 悦びを, 悲しみそのものでは, 悲しみを, 感じが, 懐しさ, 活力と, 滿足を, 痛快な, 空虚と, 自由な, 魅力を, 麻痺の

▼ 云~ (17, 0.0%)

1 [17件] え, 元載, 内外多用なる, 古の, 多妻多, 家に, 征韓は, 征韓論の, 戸外の, 敵を, 會津城以鶴稱之猪苗代城以龜稱之と, 朝鮮は, 清正妻の, 父母の, 犬張子には, 自分は, 門外黒し

▼ 云つて何~ (17, 0.0%)

1 [17件] うしても, かわけ, か漠然と, か跡, か重大, が懐しい, にならう, にもしない, に使つた, の役に立つ, の望み, も六, も大業, も彼女, も後輩, も新しい, も考へ

▼ 云つて手~ (17, 0.0%)

2 を動かし

1 [15件] で指図, にあつ, にもつ, に持つ, に渡し, をうしろ, をとり引き立てる, をふります, を出されれ, を出す, を合せ, を差し出した, を差し延べた, を振つた, を洗

▼ 云ひける~ (17, 0.0%)

83 やう 1 にや, は内, は師, は歌, 也, 御子の

▼ 云ひた~ (17, 0.0%)

3 がつて 2 いくらゐである

1 [12件] いくらゐ, いくらゐだ, くも云へ, げに盛子, さうだつ, さうなこと, さうに口, てる者は, まひける, まふ, まへる, めらつてし

▼ 云ひたかつた~ (17, 0.0%)

3 のだ, のである

1 [11件] が, がそれ, が三味線, が無言, けれどもそれ, けれどももん, けれど遠慮, ことは, のよそれだけ, んだ, ンだ

▼ 云つた調子~ (16, 0.0%)

2 で取

1 [14件] であつ, でした, ですね, での, で中學生, で云つて部長, で却つて自分, で知らず, で紙数, で紙數, で随つて何日, で隨つて何日, の狂乱, は強く

▼ 云つてん~ (16, 0.0%)

3 のさ 2 のよ馬鹿

1 [11件] の, のさつまらない, のさもう, のさ用, のさ突然, のさ行く, のさ馬鹿, のよあんな, のよまさか, のよ馬鹿ツ, の面白

▼ 云つて女~ (16, 0.0%)

2 は男

1 [14件] が偉く, が急い, の心, の気もち, は上衣, は又, は含み笑, は少し, は煙草, は片, は笑つた, を今度, を口説く, を椅子

▼ 云ふもん~ (16, 0.0%)

10 ぢや 2 でせう 1 か, かヤツパリ, でねえ, は

▼ 云ひたく~ (15, 0.0%)

2 てならなかつた, はない

1 [11件] そ, つても, てむづむづしてゐるところであつた, ても実, て云, なつたんです, はなかつた, もない, もなる, もなるし, もなるであらう

▼ 云ふが如き~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことは, ものは, ものを, 口調を以て, 對句は, 教へ, 文字を, 文章を, 標準とか, 機運の, 歴史的由緒ある, 空語では, 考へは, 見解は, 記事は

▼ 云ふつ~ (15, 0.0%)

4 もり 2 もりであつ 1 し王, ていふ, ながり, もりぢ, もりぢゃない, もりでは, もりで何, もりで先般, もりも

▼ 云へど~ (15, 0.0%)

2 ひもじきもの

1 [13件] えも, こは, そは, わするる, 一向平気, 人これを, 今は, 信ぜぬ人, 夜も, 我心, 永き年月, 美くしい, 面は

▼ 云つた人~ (14, 0.0%)

4 である 2 がある 1 がお, に見える, の意味, の話, は何処, は変, もある, を私

▼ 云つて差支~ (14, 0.0%)

7 へない 3 ない, ないの 1 へありません

▼ 云つと~ (14, 0.0%)

2 きませう, くけど 1 いたから, いた方, いて, きます, きますかな, きますがね, くだよ, け, つた, つたです

▼ 云はれれ~ (14, 0.0%)

3 ばそれ 2 ば平気 1 ばいかにも, ばさうかと, ばその, ばまだ, ば一寸, ば惡, ば文面上辻褄, ば胸, ば若い

▼ 云ひさう~ (14, 0.0%)

2 な文句

1 [12件] なこれ, なこんだ, な事, な勢ひだ, な四書五経, な四書五經, な大, な子供, な気, な若い, な言葉, もない

▼ 云ひつ~ (14, 0.0%)

2 かつた

1 [12件] かつた通り, かります, たへ, たへられて, づけて, のつた, のつて, のりました, のるので, べき所, べし, 放しで

▼ 云ひません~ (14, 0.0%)

631 か, から何とか, か何, が舞台, よと云つて帰つて

▼ 云ひ残し~ (14, 0.0%)

1 [14件] がふしぎ, て, てふわ, てベンチ, て出, て出かけた, て含めるなるべし, て居間, て矢代家, て行, て裏門, て諸君, て駈け去, 薄暗い応接間

▼ 云ふそ~ (14, 0.0%)

2 の木石

1 [12件] この茶屋, の, のアヒサン, の夢, の女の子, の条件, の職人, の西国, の都, の間際, の雹, ばから

▼ 云ふだらう~ (14, 0.0%)

2 か, が 1 お光, かと思つたの, がこれ, けれども公然, と多寡, と思つたの, と思つて, と思ふ, 母は, 程正確

▼ 云ふべく~ (14, 0.0%)

2 碧洋に

1 [12件] はあらね, ば, もあらざれ, もあらず, もない, 一を, 何処に, 余りに自信, 其概念を, 咄嗟の, 天下一品と, 理屈は

▼ 云つたよう~ (13, 0.0%)

1 [13件] にし, に不, に主人, に何, に全く, に初江, に叫び声, に殺す, に殺人直後, に犯人, に自分, に藤枝, に里村千代

▼ 云つてこれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が蟻, ではあんまり, とそれ, はいくら, はもう, ほどの物, また必ずしも, まで何人, もお, を嗤, を相手, を鉄扇, 亦大きな

▼ 云はれます~ (13, 0.0%)

1 [13件] からお送り, からなあ, がこれ, がそば, がそれ, がわたくし, が作家, けれどもかうなる, ぜ, とそんな, な, ので私, のよ

▼ 云もの~ (13, 0.0%)

1 [13件] か容易, が無, に京打, のつら, は筑紫, を始, ハか, ハもはや, ハ世の中の, 南蛮船に, 右町役人也部当, 石州濱田の, 関野が

▼ 云ウノ~ (13, 0.0%)

1 [13件] デ, デソレガドンナニ美シイカト思イ, デ三人デテーブルニ就ク, デ先日虎ノ門病院, デ吉兆ニ泊ル, デ寝室ニ横臥シタキリデアル, デ彼ニ命ジテ多量ニ石炭, デ敏子ガ捜スト, デ書斎ニ上ル, デ毎日イロ, デ許スコトニシタ, ヨ, ヲ聞イテ

▼ 云うた~ (12, 0.0%)

2 ならば 1 お浦, かテ, だけで, だけや, ではない, に違い, ほどです, までなれ, やない, 全く何処

▼ 云つてら~ (12, 0.0%)

7 つし 31 あね, 尤も稀

▼ 云つて母~ (12, 0.0%)

2 の返事 1 に知らせた, の前, はセヽラ笑つた, は含み笑, は家中, は横, は次の間, は黙々と, や道子, を睥ん

▼ 云ひたい事~ (12, 0.0%)

2 を云 1 があれ, が隨分澤山, だけさつ, でもず, のありつ, は言つて, もある, も胸一ぱいになつて口, を云つて, を勝手

▼ 云ひつける~ (12, 0.0%)

2 のでございます, わよ 1 から, がそれ, が好い, といふこと, よいろんな, んだ, 樣な, 樣に

▼ 云ひな~ (12, 0.0%)

2 がなら 1 あんな, さるもの, した世間, し妄, すつたツ, はん, ばおどろき, ば驚き, ほせば, まし玄耳

▼ 云ひませう~ (12, 0.0%)

81 かしかし, かねもう, ね, 樽野さんの

▼ 云ひ置い~ (12, 0.0%)

4 て來 1 ていや, て三日, て平岡, て應接室, て直ぐ, て行, て行きました, て表

▼ 云ふわ~ (12, 0.0%)

4 けぢ 21 かい落語家, が肉, けともなく, けツ, け競馬場, らんべの

▼ 云ふ如き~ (12, 0.0%)

1 [12件] こと聞く, ものに, 不得要領な, 元始と, 勢ひで, 問題は, 怪事は, 愚策に, 或る, 日の, 正確な, 語を

▼ 云へども~ (12, 0.0%)

1 [12件] さらばとて, 世の, 人われを, 前に, 加つては, 帰らざることなれば, 悲しかりけれ, 此句にて, 汝必らず, 要は只, 譬へばもしも, 障道

▼ 云えない~ (11, 0.0%)

1 [11件] いろんな気持, お君, お延, か, かえ, と全く, と同様, ので, のでその, ので歯がゆ, 瀧田氏の

▼ 云って~ (11, 0.0%)

1 [11件] ちっともらち, また盃, 一文も, 呉れるが, 唾が, 埓が, 居る事, 川辺の, 茂之助さんが, 造らせたり, 連れの

▼ 云つたつけ~ (11, 0.0%)

521 あんな事, うむお, な妙, ほら君ぐらゐの年

▼ 云つた後~ (11, 0.0%)

31 から直ぐ, すぐ西洋間, その愛兒, でもお, で又, で少し, に仏壇, 逃げ出すやう

▼ 云つて人~ (11, 0.0%)

1 [11件] に挨拶, に笑つて, に衝き飛ばされた, の宅, の死生, の気, の難儀, をだまさう, をよこした, を呼ん, 各

▼ 云つて男~ (11, 0.0%)

2 の手 1 の左, は大きく, は少し, は敷島, は本, は神棚, は立ち上らう, を睨んだ, を罵つた

▼ 云つて諾~ (11, 0.0%)

5 かない 4 かなかつた 1 きません, きませんでした

▼ 云つて貰~ (11, 0.0%)

2 はうぢ, ひたくないの 1 はない, はなく, ひたいと, ひたかつた, ひたくないぞ, ふまいぜ, ふまいぞ

▼ 云ひさし~ (11, 0.0%)

1 [11件] てぐいと, てその, てホヽ, て再び, て又, て少し, て掌, て根もと, て泣き伏した, て爺, 少し笑

▼ 云ふため~ (11, 0.0%)

2 に, に戯曲 1 にここ, に俺, に考へる, に自分, に芝居, ばかりでなく, 或る

▼ 云ふもんです~ (11, 0.0%)

2 か, から宿 1 から, からこれ, からな, からなそれで, から私, ねエ, よ

▼ 云~ (11, 0.0%)

1 [11件] てお, てその, てカッ, て倉子, て柳原, て目, ば, ばブランカ, ば自分一人, 妻女は, 当人が

▼ 云ウカラ~ (11, 0.0%)

1 [11件] イロイロ牧野, 出テ, 別レテ, 大キニ, 年来妙見宮, 御代官ニナルニハ, 御尤モニハゴザリマスガ, 段々聞イタラ, 甘物ハト聞イタラ, 直グニ林町, 近附ニ来タ

▼ 云うてた~ (10, 0.0%)

21 からな, がもと, ぢや, とことづけ, のん, びたびうなされとったそうや, やない, 癖に

▼ 云えた~ (10, 0.0%)

3 ものです 1 かも知れない, のかも, のは, ものだ, もんだ, 義理じゃ, 話では

▼ 云つたツ~ (10, 0.0%)

2 てかま 1 けと義雄, て, て人, て分らない, て構う, て死人, て氣違, て私

▼ 云つた処~ (10, 0.0%)

1 でお前達, でた, で京都, で伯母, で何, で偶然, で君, で太陽, で斯, で私

▼ 云つた所~ (10, 0.0%)

1 から考え, がこの, が五徳同様, が外交問題, で仕方, で其の, で宇喜多直家, で御, と多少, などはどうしても

▼ 云つて父~ (10, 0.0%)

1 が残し, とはたつた, の大きい, は一寸顔, は代, は煙草入, は立ち上り, は笑つた, は腕組, は非常

▼ 云~ (10, 0.0%)

4 して 1 つきて, ハ私し, 先外妾なら, 對ひ, 着る, 秀次公六月八日比叡山へ

▼ 云ひなさん~ (10, 0.0%)

91 なよ

▼ 云ひましたら~ (10, 0.0%)

2 家の 1 すぐと, そいつあい, 仕方なく戻っ, 何時です, 俄かに, 慶次郎は, 柏の, 紺服の

▼ 云ひ切る~ (10, 0.0%)

2 ことは 1 ことの, とぢ, とグルリ, と相手, にぞ七藏仕方, ものが, 必要は, 自信を

▼ 云ひ得ない~ (10, 0.0%)

4 であらう 1 が読書, でゐる, ものが, 事だ, 事で, 筈である

▼ 云ふべからざる~ (10, 0.0%)

1 ものである, 卑猥な, 古雅な, 悲哀の, 戯談が, 汚辱の, 淋しさ, 満足に, 過誤と, 鬱陶しい精神

▼ 云ふ思ひ~ (10, 0.0%)

3 がけない 1 があるせゐ, が不快, つきだらう, に一層, は一度, 出を, 切りにもな

▼ 云ふ疑~ (10, 0.0%)

2 が話 1 があり得る, がなけれ, が生ずる, は晴れた, ひも起つた, もか, を御, を立てた

▼ 云へと~ (10, 0.0%)

2 云ふんで 1 いふこと, いふの, せがまれ, 云つた, 云はれました, 指圖する, 散々やり込めた, 詰つた

▼ 云~ (10, 0.0%)

2 もつまり 1 だが, つくる気, であった様, であつ, であらう, といふもの, はある, 立たずであったので

▼ 云いきる~ (9, 0.0%)

3 ことは 1 ことも, ところは, とふたたび, と一礼, のは, ほどな

▼ 云えるでしょう~ (9, 0.0%)

321 かでも, かと思った, が, ですがそんな

▼ 云つた女~ (9, 0.0%)

2 の聲, の言葉 1 の唇, の声, の様子, の脣, の行末

▼ 云つて了~ (9, 0.0%)

1 つたら私, ひたくないけれども, ひましたの, ふとみのる, ふと照子, ふと私, ふ方, へば何, へば彼

▼ 云つて二人~ (9, 0.0%)

1 で電車, で高笑, の女, の衣類, は再び, は声, は笑つた, は聲, を送り出し

▼ 云つて夫人~ (9, 0.0%)

2 は花 1 と一処, と一緒, の心配, は信一郎, は母家, は母屋, は淋しく

▼ 云つて眼~ (9, 0.0%)

2 を伏せた 1 くばせを, の前, ばたいた, をまるく, を光らした, を突い, を覚まさされた

▼ 云つて笑つて~ (9, 0.0%)

2 居た 1 た, られる間, ゐたけれど, ゐる, ゐるといふ, 居られた, 行く

▼ 云つて顔~ (9, 0.0%)

1 には横着, に似合, をあげ得なかつた, をサモワル, を反, を挙げる, を曇らせた, を見合せた, を赤く

▼ 云はむ~ (9, 0.0%)

2 これ僅に 1 は偽, ばかりの元気, よりは寧ろ, よりもむしろ, 其標準たるべき, 黒髪の, 黒髮の

▼ 云ひまし~ (9, 0.0%)

1 てな十日ぐらゐで, てね, てねお, ても主, ても完全, ても支那, ても聞きません, てよ此言葉丈, て山

▼ 云ひ合せた~ (9, 0.0%)

9 やうに

▼ 云ひ寄る~ (9, 0.0%)

3 のであつ 2 もので 1 やうな, 人が, 客も, 物腰態度に

▼ 云ふとさ~ (9, 0.0%)

2 うすると, うでは, うでも 1 ういふ, うする, う云

▼ 云ふともう~ (9, 0.0%)

1 うちの, 一つの, 勝には, 婚期に, 小暗くな, 純造, 見違, 誰の, 足もとから

▼ 云ふ疑ひ~ (9, 0.0%)

2 が電, を惹起 1 を初めて, を抱い, を抱いた, を發, を相手

▼ 云~ (9, 0.0%)

3 故ニ 1 彫リ方ヲ委シクハ知ラナイ, 或ル一日, 故一同ガ嬉シガッタ, 故宮川並ビニ深津金次郎トイウ者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタ, 疑イヲ, 負ケ目ガアルタメニ

▼ 云えるであろう~ (8, 0.0%)

41 か生活, が私, と思う, 彼の

▼ 云たら~ (8, 0.0%)

1 ば番人, 三刀も, 加藤が, 単羽織, 塾中の, 当人も, 母も, 甲比丹の

▼ 云つた意味~ (8, 0.0%)

1 が十分, に於い, のやはり, の實社會, の寿詞, は察, を第二義, を詳しく

▼ 云つた感じ~ (8, 0.0%)

1 がだ, が彼, だつた, でした, です, で夜明け, の, の十六七

▼ 云つて周子~ (8, 0.0%)

1 の胸, の顔, はまた, は寂し, は苦笑, は顔, もぼんやり, を見た

▼ 云つて子供~ (8, 0.0%)

1 が啼く, に認印, のやう, の芝居, の顔, は彼, をからかひ, を早く

▼ 云つて家~ (8, 0.0%)

4 を出た 1 に居, の中, を出, を持つ

▼ 云つて心~ (8, 0.0%)

1 から珍, にしみる, にもなく, の儘, の底, をま, を打たれる, 鬱した不安

▼ 云つて皆~ (8, 0.0%)

1 がわらつた, で寄つて集つて水, で見, と共に建物, の心, の手前, をおどかす, 誉めて

▼ 云はれたつ~ (8, 0.0%)

2 て仕方 1 てそれ, て亡くなられた, て出, て気味, て藤井, て驚かない

▼ 云はれました~ (8, 0.0%)

1 が自分, けれど僕, ね, のでそれ, のでもう, ので正直, ので這入, やうに

▼ 云ひき~ (8, 0.0%)

3 かせる 2 かし 1 かすやう, かせるやう, とぞ

▼ 云ひたくない~ (8, 0.0%)

1 から燒, し, と云, 古傷に, 君が, 心が, 為に, 神です

▼ 云ひたげ~ (8, 0.0%)

2 にし 1 であつ, なしかし, な実に, にあたりの光景, にモグ, に練吉

▼ 云ひたげな~ (8, 0.0%)

1 ところを, のに関はず, 微笑を, 景色である, 眼は, 瞳を, 表情も, 風で

▼ 云ひま~ (8, 0.0%)

5 すると 1 くられて, するもの, はし

▼ 云ひ切つ~ (8, 0.0%)

1 たりする, ておい, てしまふ, てしまへ, てゐる, て其外, て妻, て彼

▼ 云ひ掛け~ (8, 0.0%)

2 て喜助 1 てゐる, て一寸, て主人, て便所, て極めて, て涙ぐんだ

▼ 云ひ過ぎた~ (8, 0.0%)

1 かたちである, かと思つたの, とも, と思, と思つて, と気づいた, のかな, ので

▼ 云ふから私~ (8, 0.0%)

1 が二人, はこの, はトボケ, は上つたの, は其返事, は待つ, は男, も医者ぢ

▼ 云ふまい~ (8, 0.0%)

1 かと迷つて, し兎角, てこれから, と云, と云つて, と口, 憎くまぬ, 此の

▼ 云~ (8, 0.0%)

2 直ス 1 前カラ, 又レントゲン, 当テタノハ動坂三郎氏デス, 振リ, 直シ, 返ス者ハナイニ

▼ 云~ (8, 0.0%)

1 すること, するさま是, するの, するもの, する間, に任せず, に傚, を妨ぐる

▼ 云~ (7, 0.0%)

1 ぞかし, に依, ゃる, 物の, 者などの, 者に, 者院主へ

▼ 云つた如く~ (7, 0.0%)

3 にわたくし 1 に唐, に文化八年, に文政五年九月四日, に茶山

▼ 云つた私~ (7, 0.0%)

1 の声, の考, の顔, はおぼえ, はすべて, は構はずそこ, は照子

▼ 云つた覚え~ (7, 0.0%)

3 はない 1 は更に, は決して, もない, もなく

▼ 云つてごらん~ (7, 0.0%)

4 なさい 1 なさいと, よそれで, よ何人

▼ 云つてしまつて~ (7, 0.0%)

1 から妙, から急, はいけない, はお, は加藤君, は甚だ, 長すぎた

▼ 云つてセルギウス~ (7, 0.0%)

1 の手, は合掌, は壁, は居間, は扉, は立ち去らう, は頭

▼ 云つて俺~ (7, 0.0%)

2 をからかつ 1 に指示, は俺, は笑つた, をせめる, を驚かせた

▼ 云つて先生~ (7, 0.0%)

1 が二年生, のひざ, の方, の部屋, は職員室, は跳ね起きた, を責めよう

▼ 云つて娘~ (7, 0.0%)

2 の手 1 の甘心, はセルギウス, は一しよう懸命, は立ちあがつた, は返事

▼ 云つて承知~ (7, 0.0%)

2 しない, しなかつた 1 した, しなかつたと, しなかつたの

▼ 云つて此~ (7, 0.0%)

1 のま, のやう, の人生, の作者, の無, の町, の社宅

▼ 云つて笑つた~ (7, 0.0%)

21 かと思ふ, がそれ, が内心, が別段, です

▼ 云つて腹~ (7, 0.0%)

2 を立て 1 の立つ, をおさへ, を抱, を立つ, を立てる

▼ 云つて良人~ (7, 0.0%)

1 が命じる, は, はじつと, は梯子, は私, は美くし, や子供

▼ 云つて誰~ (7, 0.0%)

2 が留め, も外 1 かと話, が気の毒, もが相手

▼ 云はずし~ (7, 0.0%)

21 て卑彌弓呼素, て明らか, て梅, て釀, て館

▼ 云はれたら~ (7, 0.0%)

2 どうする 1 それこそ, どんなにか, 仕方が, 君も, 無一文の

▼ 云はれなく~ (7, 0.0%)

2 つても 1 てはならん, てもい, ても僕, ても肝, はない

▼ 云ひす~ (7, 0.0%)

52 てに走

▼ 云ひそびれ~ (7, 0.0%)

1 たりし, てしまつた, てゐた, てゐる, て仕舞, て駆け出した, 酔払つてばかり

▼ 云ひたさう~ (7, 0.0%)

3 にし 1 にかすか, にした, にしました, に山

▼ 云ひだす~ (7, 0.0%)

1 と, ともなく, のかと, ものである, より仕方, 兄の, 機会を

▼ 云ひ張る~ (7, 0.0%)

1 から見せます, のであつ, のです, もの, 故を, 者との, 質である

▼ 云ひ放つた~ (7, 0.0%)

1 が急, ことばは, のだ, 夫人の, 拍子に, 方が, 自分の

▼ 云ふくら~ (7, 0.0%)

1 べもの, ゐ, ゐで, ゐに, ゐの, ゐひどく, ゐ至極

▼ 云ふだ~ (7, 0.0%)

2 べさ 1 か, がしかし, がわし, ね, べ

▼ 云ふなり~ (7, 0.0%)

2 渠は 1 ごろりと仰向け, 畳に, 疊に, 眠つた低い, 而し

▼ 云ふ考へ~ (7, 0.0%)

2 方が, 方も 1 かたも, 方から, 方の

▼ 云ふ頭~ (7, 0.0%)

1 が乏しく, が國務大臣, が無い, で無い, の乏しい, はいけない, を持つ

▼ 云へや~ (7, 0.0%)

2 後前見ず 1 ぃない, がんだ, しないぢ, 子供でも, 小供

▼ 云出す~ (7, 0.0%)

1 かも知れない, か知れません, と先方, と直に, 母親の, 源頭に, 詞の

▼ 云いっこ~ (6, 0.0%)

2 なし, なしだ 1 なしさ, なしに

▼ 云えるなら~ (6, 0.0%)

1 その人, ば, ばそれ, ば三好十郎, 云ッて, 俺の

▼ 云つたあと~ (6, 0.0%)

1 からきまり切つ, で, でくるり, はむつつり, は穴, わざと演者自身小首

▼ 云つたさうだ~ (6, 0.0%)

2 がそれ 1 があいつ, がぼく, が馬鹿げた, よ

▼ 云つた丈~ (6, 0.0%)

2 であつ, であと 1 けの伯龍, でも分るだらう

▼ 云つち~ (6, 0.0%)

2 まふと, まふん 1 まへ, めえば

▼ 云つてちよ~ (6, 0.0%)

1 つとだまつ, つと微笑, つと藤枝, つと詞, つと道助, と考

▼ 云つてぢ~ (6, 0.0%)

1 つと相島, つと眼, つと私, つと老人, つと青年, やつた

▼ 云つて己~ (6, 0.0%)

1 が何, が妾, はワシリ, は序, は溜息, は目下

▼ 云つて後~ (6, 0.0%)

1 しゆんと, の佛教者, の呪藏, は帝国劇場, へさ, へふんぞり

▼ 云つて氷峰~ (6, 0.0%)

1 が冷かし半分, はきのふ, は今, は義雄, は金主, は金主川崎

▼ 云つて独り~ (6, 0.0%)

1 でさも, で住ん, で嘲笑つて, で陽気, 悦に入るので, 擽ぐつたく思

▼ 云つて野村~ (6, 0.0%)

2 は矢庭, は筆, は鋭

▼ 云はるべき~ (6, 0.0%)

1 ものであります, ものは, ものを, 人物には, 習俗の, 詩文の

▼ 云はれてる~ (6, 0.0%)

1 ところよ, のにそんな, のよもつ, んです, 中遂に, 場合が

▼ 云ひかね~ (6, 0.0%)

1 てやはり, てゐる, て一言二言, て当座, て黙っ, もしません

▼ 云ひたる~ (6, 0.0%)

1 は唯, までなる, もこの, 池を, 言葉つきの, 頃なり

▼ 云ひ捨て~ (6, 0.0%)

1 て向側, て敷け, て玄関, て行つて, に別れました, 格子戸がらり

▼ 云ひ捨てる~ (6, 0.0%)

2 と青年 1 とその, と彼女, と扉, と相手

▼ 云ひ知れない~ (6, 0.0%)

2 不安と, 不安を 1 仄かに, 恐怖に

▼ 云ふ報知~ (6, 0.0%)

2 である 1 が來, の来た, は其の, を耳

▼ 云へる如く~ (6, 0.0%)

2 我日本は 1 すべてに, ダンテは, 六経を, 當時の

▼ 云れる~ (6, 0.0%)

1 だけある, ように, を名残, 人が, 若いひと, 調子を以て

▼ 云付け~ (6, 0.0%)

1 てこの, てゐた, て居られた, なれば, をよく, を伝える

▼ 云いやがる~ (5, 0.0%)

1 さ, な, よ, んだ, んでえ

▼ 云うけれ~ (5, 0.0%)

1 共それも, 共ほんとうに, 共一体ほんとに, 共此度は, 共菊太は

▼ 云うた事~ (5, 0.0%)

1 がある, じゃア, に偽り, のえつ, は後

▼ 云えれ~ (5, 0.0%)

1 ば, ばいい, ばなお, ばもう, ば誰

▼ 云つた氣~ (5, 0.0%)

2 持ちです 1 が私, になる, もし

▼ 云つた氣持~ (5, 0.0%)

1 が少し, だけです, ですつかり其處, で知らん, で自分

▼ 云つた男~ (5, 0.0%)

1 が立ち, である, のざらついた, の勝手, は降誕祭

▼ 云つた自分~ (5, 0.0%)

2 の言葉 1 の弱, も可笑しく, も知らず

▼ 云つた處~ (5, 0.0%)

1 だよ, でそれ, で沙門成道, に硫黄, 驚いた判官樣

▼ 云つてあと~ (5, 0.0%)

1 から走つた, の言葉, はわかつたらう, はクダ, はワツハハハ

▼ 云つてそこ~ (5, 0.0%)

1 にある, に御, の橋, をつ, を踏ん

▼ 云つてゆき子~ (5, 0.0%)

1 の立ち場, はする, は呆, は手提げ, を送

▼ 云つて一人~ (5, 0.0%)

1 でぢ, でぶつぶつ, で万歳, で痩せた, 駈けるやう

▼ 云つて仕舞~ (5, 0.0%)

1 つた, ひたいの, ひたくなつ, ふこと, へばそれ

▼ 云つて傍~ (5, 0.0%)

2 へ寄らう 1 に黙, の手文庫, の者

▼ 云つて兄~ (5, 0.0%)

1 じや, の臂, は己, は私, は苦笑

▼ 云つて君~ (5, 0.0%)

1 と争, と結婚, はいつも, はヂタバタ, を残し

▼ 云つて外~ (5, 0.0%)

2 へ出 1 ではありません, には出た, へは現

▼ 云つて奥~ (5, 0.0%)

1 へはひつ, へはひりかける, へ入, へ知らせ, へ這入

▼ 云つて富岡~ (5, 0.0%)

1 から煙草, のハガキ, は宿, は林檎, は棒

▼ 云つて帰~ (5, 0.0%)

3 つた 1 つたので, つて

▼ 云つて帰つて~ (5, 0.0%)

2 来た 1 来たん, 来た時, 来ると

▼ 云つて床~ (5, 0.0%)

2 の中 1 にもぐ, に就い, に投げ付ける

▼ 云つて座~ (5, 0.0%)

2 を起つた 1 を立つた, を起ち, を起つ

▼ 云つて急~ (5, 0.0%)

1 に公爵, に原稿, に彼, に立ちあがつた, に起ち

▼ 云つて手紙~ (5, 0.0%)

2 を出しました 1 に封入, をよこした, を二三通

▼ 云つて斷~ (5, 0.0%)

2 わつた 1 わつたさうだ, わられて, わる

▼ 云つて横~ (5, 0.0%)

2 を向いた 1 から膝, を向かれ, を向く

▼ 云つて無理~ (5, 0.0%)

2 にも殺される 1 に書いた, に田圃道, をし

▼ 云つて目~ (5, 0.0%)

1 をさます, をまるく, を潤ませた, を驚かし, 深くか

▼ 云つて言葉~ (5, 0.0%)

2 を切 1 が止絶, の通じない, を切つた

▼ 云つて足~ (5, 0.0%)

1 ではねのける, で地, の尖で, をのばし, を投げ出し

▼ 云つて迎~ (5, 0.0%)

2 へた 1 へて呉れるだらう, へるか, へるだらうたつた一人

▼ 云つて部屋~ (5, 0.0%)

2 の中 1 の隅, を出, を去つ

▼ 云つて面~ (5, 0.0%)

1 をそむけ, を使つて, を背け, を脱ぐ, を被

▼ 云つて首~ (5, 0.0%)

1 をあげ, を一寸, を傾け, を振, を振つた

▼ 云ながら~ (5, 0.0%)

1 ぶたいうち, イロハ丸日記付録を, ダク, 手に, 池の

▼ 云はれし~ (5, 0.0%)

1 には四, 御月並, 業なれ, 燕の, 限り振り向き

▼ 云はれません~ (5, 0.0%)

21 ね, や, わ

▼ 云はれるなら~ (5, 0.0%)

2 諸君は 1 ば, 子規に関する, 政府検閲官が

▼ 云ひおい~ (5, 0.0%)

1 てやせた, て帰つて行, て帰らなかつた, て戻つた, て私

▼ 云ひか~ (5, 0.0%)

1 はさなかつた, へした, へしました, へたまでの, へた程度の

▼ 云ひきかせ~ (5, 0.0%)

1 てみる, ても無駄, てゐる, て傍, ながら場内

▼ 云ひさうな~ (5, 0.0%)

2 ことだ, ことを 1 ものだ

▼ 云ひたい位~ (5, 0.0%)

2 だ, である 1 だつた

▼ 云ひたくなる~ (5, 0.0%)

2 やうな 1 ほどよく, 位だ, 時が

▼ 云ひなさい~ (5, 0.0%)

21 よいくら, よ好い, 私が

▼ 云ひなら~ (5, 0.0%)

3 はし 1 されて, はされた

▼ 云ひふらし~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 て歩いた, て皆, 書かでもの

▼ 云ひ付け~ (5, 0.0%)

1 てヘクター, て上げる, て代, て断らした, て此運命

▼ 云ひ出さう~ (5, 0.0%)

1 とした, とした見る, としてさて, としない, とする

▼ 云ひ出さない~ (5, 0.0%)

1 うちに, が妻, のを, ものか, 言葉を

▼ 云ひ出せ~ (5, 0.0%)

1 ばなく, ばまた, ば厭, ば當, ば相手

▼ 云ひ切~ (5, 0.0%)

1 つてパレツトを, つて了ふと, つて亨一は, つて仕舞つた, つて來た

▼ 云ひ得た~ (5, 0.0%)

2 のを 1 きりで, 彼の, 時彼は

▼ 云ひ残した~ (5, 0.0%)

1 が僕, ことが, ま, やうな, 事を

▼ 云ふがいな~ (5, 0.0%)

1 や二人, や側車, や彼, や後をも, や非常

▼ 云ふけ~ (5, 0.0%)

1 どいま, どこんなに, どほんと, ど周ちや, ど私

▼ 云ふさ~ (5, 0.0%)

2 ばけた所作 1 し物, へよけれ, わぎぢやア

▼ 云ふす~ (5, 0.0%)

3 ばらしい 1 かんぽでは, なはちよ

▼ 云ふて居る~ (5, 0.0%)

1 から今, ことである, でせう, 即ち莫迦, 又容易い

▼ 云ふとすぐ~ (5, 0.0%)

1 に現代, 一人が, 一人の, 勇治と, 待ち合し

▼ 云ふべきで~ (5, 0.0%)

2 あつて 1 あつた, あつたらう, わが大和民族

▼ 云へん~ (5, 0.0%)

1 けんど, ぢや, のでね, もんぢ, 云へん

▼ 云~ (5, 0.0%)

1 ず体, ない方, なかったでしょう, なくても, ぬ

▼ 云れた~ (5, 0.0%)

1 のでほとんど, やうで, 方です, 芸妓は, 詞が

▼ 云ッテ~ (5, 0.0%)

1 又寝台ニ横ニナッタ, 困ッタカラ, 坐リ込ンダ, 御夫婦, 退ケタ

▼ 云出した~ (5, 0.0%)

1 ことが, その時, のだ, 事から, 者が

▼ 云いやがっ~ (4, 0.0%)

1 て, てひと, て否, て草鞋

▼ 云おうよう~ (4, 0.0%)

1 ない火宅僧, なき人非人, なく見えました, はござらぬ

▼ 云つたつて仕方~ (4, 0.0%)

3 がない 1 がなかつた

▼ 云つたつて仕様~ (4, 0.0%)

4 がない

▼ 云つたわ~ (4, 0.0%)

21 それから私, ね

▼ 云つた位~ (4, 0.0%)

2 である 1 だから, に苦しませ

▼ 云つた切り~ (4, 0.0%)

1 だつた, で川本, の挨拶, 取り扱つて

▼ 云つた形~ (4, 0.0%)

1 である, でづばぬけて, でむづ, になる

▼ 云つた彼~ (4, 0.0%)

1 だが, の声, の顏付, は忽ち

▼ 云つた表情~ (4, 0.0%)

1 が彼女, でゆき子, で髪, を浮べ

▼ 云つた顔~ (4, 0.0%)

1 して, で, で藤枝, をし

▼ 云つてあたり~ (4, 0.0%)

3 を見廻した 1 を見

▼ 云つておいで~ (4, 0.0%)

1 でしたが, でしたよ, ですよ, になつ

▼ 云つておき~ (4, 0.0%)

1 な, ながら, ながらおかしな, ながら男らしく

▼ 云つてお父さん~ (4, 0.0%)

1 と二人, はおつ母さん, は彼方, は斯

▼ 云つてここ~ (4, 0.0%)

1 には平八郎, へ来た, へ来る, を夜

▼ 云つてこちら~ (4, 0.0%)

1 からは掛け, の多く, の時計, はこの

▼ 云つてしま~ (4, 0.0%)

1 へよ, へるだらう, へるなら今日, やの方

▼ 云つてみんな~ (4, 0.0%)

3 を笑 1 を残し

▼ 云つてわたくし~ (4, 0.0%)

1 がそんな, はお上さん, は光照院, を揮いた

▼ 云つて一つ~ (4, 0.0%)

1 あたま, の洗面器, の茎, 食べて

▼ 云つて一度~ (4, 0.0%)

1 あつた如き, に逃げ散つた, は判決, も着た

▼ 云つて主人~ (4, 0.0%)

1 が導く, の弟, は引ツ, は次ぎ

▼ 云つて主筆~ (4, 0.0%)

2 は椅子 1 は出, は室

▼ 云つて云~ (4, 0.0%)

3 へない 1 ひつけるん

▼ 云つて今~ (4, 0.0%)

1 の場合, は宮原, まで笑つたこと, まで黙

▼ 云つて先~ (4, 0.0%)

2 に立つ 1 に寝室, に湯殿

▼ 云つて前~ (4, 0.0%)

1 からゐる, の日, へズツ, をはらつた

▼ 云つて厭~ (4, 0.0%)

1 だら構, なところ, なひと, ねヱ

▼ 云つて口~ (4, 0.0%)

1 に出さぬ, に皺, の先, を噤ん

▼ 云つて女中~ (4, 0.0%)

1 に吩, は奥まつ, を手打ち, を連れ

▼ 云つて妻~ (4, 0.0%)

2 は泣いた 1 と別れ, を叱る

▼ 云つて嫂~ (4, 0.0%)

1 と笑つた事, と縫子, の顔, を通して奇麗

▼ 云つて宿~ (4, 0.0%)

2 の主人 1 の者, を引上げ

▼ 云つて寄~ (4, 0.0%)

1 した, したけれど, しました, 来しましたが

▼ 云つて微笑~ (4, 0.0%)

2 した, しながら

▼ 云つて心配~ (4, 0.0%)

3 して 1 を致しました

▼ 云つて指~ (4, 0.0%)

1 で十字, で如意輪観音, を一本, 差されたので

▼ 云つて日本~ (4, 0.0%)

2 の杜鵑 1 の農民, を説明

▼ 云つて是~ (4, 0.0%)

1 で嫁, れが, れも, を石崇

▼ 云つて歸~ (4, 0.0%)

2 つた 1 しますとね, りましたが

▼ 云つて歸つて來~ (4, 0.0%)

31 たもん

▼ 云つて母親~ (4, 0.0%)

1 は凄い, は席, は隣家, を呼ぶ

▼ 云つて溜息~ (4, 0.0%)

1 をし, をついた, を吐い, を衝き

▼ 云つて玄関~ (4, 0.0%)

1 に立つた, に置い, へ出, まで来た

▼ 云つて石~ (4, 0.0%)

1 が死にかけ, のやう, の海月, を投げ

▼ 云つて窓~ (4, 0.0%)

1 から空, ぶちへ, を締め, を閉め

▼ 云つて竹山~ (4, 0.0%)

2 が字, は注意深く

▼ 云つて細君~ (4, 0.0%)

1 が冷たい, とメイ子, は襖, は赤

▼ 云つて紹介~ (4, 0.0%)

2 したの 1 した, し得るもの

▼ 云つて腕~ (4, 0.0%)

1 にかけて歩く, の上, を拱い, を組み

▼ 云つて藤枝~ (4, 0.0%)

2 の顔 1 は応接間, をしきりに

▼ 云つて行~ (4, 0.0%)

3 つた 1 はれ出しました

▼ 云つて袖~ (4, 0.0%)

1 でも袂, を持つた, を開く, を顔

▼ 云つて身~ (4, 0.0%)

2 を投げ伏せ 1 を卑下, を投げ

▼ 云つて逸子~ (4, 0.0%)

1 にはさ, にも一家, は口, は決して

▼ 云つて遠野~ (4, 0.0%)

1 が不意, は強く, は笑, は道助

▼ 云つて鏡子~ (4, 0.0%)

1 はお前, は姪, は榮子, は襟

▼ 云つて電話~ (4, 0.0%)

2 を切 1 がかかり, を切る

▼ 云つて頭~ (4, 0.0%)

1 に止まつ, をかいた, をふりました, を其方

▼ 云つとる~ (4, 0.0%)

1 がそれ, のかね, んだ, んです

▼ 云ては~ (4, 0.0%)

1 取りも, 学者の, 居るもの, 所謂独立心の

▼ 云~ (4, 0.0%)

1 が, でしてネ, では, 意なり

▼ 云はく何~ (4, 0.0%)

4 が想

▼ 云ひあてる~ (4, 0.0%)

1 が僕, ことは, 事が, 知識が

▼ 云ひいづれ~ (4, 0.0%)

1 もこの, もなんらかの, も他, も己

▼ 云ひかけよう~ (4, 0.0%)

2 とする 1 とした, としてやめた

▼ 云ひきる~ (4, 0.0%)

3 ことが 1 とみのる

▼ 云ひすぎる~ (4, 0.0%)

1 のである, ほどのそこはかとなき, よ, 自分の

▼ 云ひすて~ (4, 0.0%)

1 て大きな, て座, て急い, て扉

▼ 云ひそ~ (4, 0.0%)

1 と云, と宣, ね, 君よ

▼ 云ひたき~ (4, 0.0%)

21 は人, をなど考

▼ 云ひつけられ~ (4, 0.0%)

1 て小, て来た, て針, はしない

▼ 云ひつたへ~ (4, 0.0%)

1 があつ, が決して, はお, をそのまま

▼ 云ひ出さず~ (4, 0.0%)

2 にゐる 1 にしまひました, に箸

▼ 云ひ出される~ (4, 0.0%)

2 かとそれ 1 のか, のを

▼ 云ひ募る~ (4, 0.0%)

2 時分に 1 うちに, 元気も

▼ 云ひ含め~ (4, 0.0%)

1 ておかね, てゐた, て清吉め, て遣る

▼ 云ひ得るなら~ (4, 0.0%)

2 ばその 1 ばか, ば政治

▼ 云ひ忘れた~ (4, 0.0%)

1 があいつ, が単に, が彼等, のである

▼ 云ひ捨てた~ (4, 0.0%)

2 儘彼は 1 なり忽ち, ま

▼ 云ひ現す~ (4, 0.0%)

2 ことの 1 ことも, 眞青な

▼ 云ひ聞かされた~ (4, 0.0%)

1 ばかりである, わけで, 事が, 通りに

▼ 云ふし~ (4, 0.0%)

1 でまあ, なア, 少し要領, 或は疱瘡

▼ 云ふすべ~ (4, 0.0%)

2 ては窓 1 てのもの, もない

▼ 云ふと同じく~ (4, 0.0%)

1 外台を以て, 大師入唐以前に, 明暗の, 足利時代に

▼ 云ふと直ぐ~ (4, 0.0%)

1 お小言, ソンナラ拝借と, 元老が, 意地に

▼ 云ふべきだ~ (4, 0.0%)

1 が舊西班牙領, と信じる, と思つたの, と思ひます

▼ 云へは~ (4, 0.0%)

1 そのやう, 中央に, 兎の, 天下に

▼ 云へり~ (4, 0.0%)

1 其山中にて, 古事記に, 科擧は, 高千穂をば

▼ 云へるだらう~ (4, 0.0%)

31 と思ふ

▼ 云わるべき~ (4, 0.0%)

1 この御, 性質の, 所の, 老婆である

▼ 云~ (4, 0.0%)

1 だっけ, ですか, ですもの, とて

▼ 云ウト~ (4, 0.0%)

1 イヤタッタ一日, 微カナ足音ガシテ寝間着, 急ニ電話口, 猶々怒

▼ 云出し~ (4, 0.0%)

1 てからお前, てマダ罪人, て取逃がし, て笑

▼ 云いける~ (3, 0.0%)

2 よう 1

▼ 云いやがった~ (3, 0.0%)

1 と思う, もんだ, んだ

▼ 云うま~ (3, 0.0%)

1 にその, に客達, に素っ裸

▼ 云えないだろう~ (3, 0.0%)

21 嘘だ

▼ 云~ (3, 0.0%)

2 ごとし 1 否や

▼ 云ける~ (3, 0.0%)

1 ゆへ, を郡, 句の

▼ 云つけ~ (3, 0.0%)

1 がえ, ぞ, ぞ支度

▼ 云つたお~ (3, 0.0%)

1 せいを, 照は, 鳥は

▼ 云つたつて駄目~ (3, 0.0%)

2 だよ 1 だから

▼ 云つたな~ (3, 0.0%)

1 あのモデル, お前其様な, と思

▼ 云つたらう~ (3, 0.0%)

1 が原音四声, と再, と再考

▼ 云つた切り女~ (3, 0.0%)

1 が勸め, はつん, を見ない

▼ 云つた夫人~ (3, 0.0%)

1 が十人, のけだかい, の顔

▼ 云つた奴~ (3, 0.0%)

1 がある, が実は, はもう

▼ 云つた日~ (3, 0.0%)

1 である, には御, にやわし

▼ 云つた時女~ (3, 0.0%)

21 はさつき

▼ 云つた様子~ (3, 0.0%)

3 だつた

▼ 云つた母~ (3, 0.0%)

2 の顔 1 の声

▼ 云つた義男~ (3, 0.0%)

1 の眼, の言葉, は寒い

▼ 云つた色~ (3, 0.0%)

1 が見えた, の浅黒い, の淺

▼ 云つていつ~ (3, 0.0%)

1 までもやめさせない, までもバンヴィル, までも龍吉君

▼ 云つてさ~ (3, 0.0%)

1 つぱりと行つて, はいだ, ほど大事

▼ 云つてしまつたの~ (3, 0.0%)

1 である, では, よ堪忍

▼ 云つてたん~ (3, 0.0%)

1 じや, だ, では誰

▼ 云つてちよい~ (3, 0.0%)

1 と小, と腰, と覗い

▼ 云つてみのる~ (3, 0.0%)

1 に勸め, の傍, は直ぐ

▼ 云つて一同~ (3, 0.0%)

1 を病室, を驚かせた, 逆雪頽

▼ 云つて上~ (3, 0.0%)

1 から彼, つて, の弟

▼ 云つて不平~ (3, 0.0%)

1 も滾せない, をこぼした, を漏らした

▼ 云つて之~ (3, 0.0%)

1 は当時発狂, を放, を書いた

▼ 云つて二階~ (3, 0.0%)

1 の勉強部屋, へあ, へ来る

▼ 云つて亭主~ (3, 0.0%)

1 と北海道, と相談, にばかり頼つて

▼ 云つて今度~ (3, 0.0%)

1 はおとなしく, は真正面, は頭

▼ 云つて代助~ (3, 0.0%)

1 の前, の手, は三千代

▼ 云つて伊達~ (3, 0.0%)

2 にすぐ 1 の顔

▼ 云つて何時~ (3, 0.0%)

1 か親父, までもこんな, も書斎

▼ 云つて來たん~ (3, 0.0%)

1 だが, ださ, ださうですが

▼ 云つて力~ (3, 0.0%)

1 なささうに, に餘, は拔

▼ 云つて勇~ (3, 0.0%)

1 がその, が一通, の方

▼ 云つて千代子~ (3, 0.0%)

1 は渠, も失望, や繼母

▼ 云つて友達~ (3, 0.0%)

1 の出した, は卓, は手の平

▼ 云つて叔母~ (3, 0.0%)

1 はみちみち, は深い, は私

▼ 云つて可~ (3, 0.0%)

1 なり, なる位, なる關係

▼ 云つて問題~ (3, 0.0%)

1 が其所, を取り上げた, を説明

▼ 云つて夜~ (3, 0.0%)

1 が更け, なぞ酔つた, の暗い

▼ 云つて夢中~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 で馬小屋

▼ 云つて妙~ (3, 0.0%)

2 な笑 1 な眼

▼ 云つて妹~ (3, 0.0%)

1 の脊, を制し, を訪問

▼ 云つて少年~ (3, 0.0%)

1 がその, は何, は歸つて行

▼ 云つて山崎~ (3, 0.0%)

1 が向う, と平井, は笑

▼ 云つて山村~ (3, 0.0%)

1 は, や龍二, を立見場

▼ 云つて帰つて行~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ 云つて平岡~ (3, 0.0%)

1 の家, は代, は器用

▼ 云つて幸~ (3, 0.0%)

2 にも自分 1 ひこの

▼ 云つて弁解~ (3, 0.0%)

1 しても, する, するつもり

▼ 云つて弟~ (3, 0.0%)

1 に話した, は兵隊, は涙

▼ 云つて御覧~ (3, 0.0%)

21 なその

▼ 云つて慨嘆~ (3, 0.0%)

1 したり, して, する人

▼ 云つて戸外~ (3, 0.0%)

2 へ出 1 から歸つて來

▼ 云つて揶揄~ (3, 0.0%)

21 つた

▼ 云つて新聞~ (3, 0.0%)

1 から眼, の切り拔, の廣告

▼ 云つて昔~ (3, 0.0%)

1 から当事者以外, のやう, の金歯

▼ 云つて春ちやん~ (3, 0.0%)

1 が帰る, も夢中, も立ち上つた

▼ 云つて来~ (3, 0.0%)

1 さうなもの, さしてゐる, たつて

▼ 云つて桃割~ (3, 0.0%)

3 の女

▼ 云つて此処~ (3, 0.0%)

1 では危い, に来た, へ来

▼ 云つて気軽~ (3, 0.0%)

1 に別れた, に立ち, に立ち上る

▼ 云つて涙~ (3, 0.0%)

2 を流した 1 を拭いた

▼ 云つて白川~ (3, 0.0%)

1 に難題, の幼, は自分

▼ 云つて盃~ (3, 0.0%)

2 を市子 1 を享

▼ 云つて盛ん~ (3, 0.0%)

1 にその, に乾盃, に亭主

▼ 云つて相手~ (3, 0.0%)

1 にしない, にならなかつた, のもの

▼ 云つて箸~ (3, 0.0%)

1 を取りあげた, を把ら, を置いた

▼ 云つて美奈子~ (3, 0.0%)

1 の前, は本当に, は次ぎ

▼ 云つて裕佐~ (3, 0.0%)

1 の前, は自分, を指した

▼ 云つて軽蔑~ (3, 0.0%)

1 して, する傾向, する程

▼ 云つて近所~ (3, 0.0%)

2 の人達 1 の農家

▼ 云つて酒~ (3, 0.0%)

1 の毒見, をすゝめ, を飲む

▼ 云つて金~ (3, 0.0%)

1 をくれた, をやつ, を一円

▼ 云つて閭~ (3, 0.0%)

1 は座, は暫く, は附い

▼ 云つて非常~ (3, 0.0%)

2 に敬服 1 に尊敬

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 なん申, 云る, 低書

▼ 云はず一面~ (3, 0.0%)

2 に皮膚 1 に赤く

▼ 云はず山~ (3, 0.0%)

1 と云はずどこ, と云はず突進む, 向ふ

▼ 云はで~ (3, 0.0%)

1 堪へるたのし, 守りぬ病める我妻, 止みなむ

▼ 云はれる如く~ (3, 0.0%)

1 またミルラン君, わが関口君, 今日の

▼ 云ひあ~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, て得る, はさね

▼ 云ひあてられた~ (3, 0.0%)

1 に違, ので, やうな

▼ 云ひかへる~ (3, 0.0%)

1 と上品, と国民, と純

▼ 云ひきつて~ (3, 0.0%)

1 もい, もそれほど, も間違

▼ 云ひきれない~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事かと, 何かしら

▼ 云ひしれない~ (3, 0.0%)

1 かなしみを, 恐怖を, 負け目に

▼ 云ひしれぬ~ (3, 0.0%)

1 もどかしさ, 悲壮な, 氣高い

▼ 云ひつけた~ (3, 0.0%)

2 事でございます 1 ものさ

▼ 云ひつけられた~ (3, 0.0%)

1 ま, 仕事を, 通り私たちは

▼ 云ひなり~ (3, 0.0%)

1 になつて延期, になる, 放題にな

▼ 云ひぬ~ (3, 0.0%)

1 恋ふと, 物の, 西の京の

▼ 云ひませんでした~ (3, 0.0%)

1 か, が心, よ

▼ 云ひまはし~ (3, 0.0%)

1 の大文字, をした, を教

▼ 云ひ付ける~ (3, 0.0%)

1 と客, なんて云つたのさ, よ

▼ 云ひ出せない~ (3, 0.0%)

1 といふ時に, のである, ので例

▼ 云ひ切り~ (3, 0.0%)

1 おしげが, ながら心, 作家は

▼ 云ひ切れない~ (3, 0.0%)

1 やうな, んです, 性質の

▼ 云ひ切れる~ (3, 0.0%)

1 やうな, 人は, 人間で

▼ 云ひ合した~ (3, 0.0%)

1 やうに, 様に, 樣に

▼ 云ひ尽した~ (3, 0.0%)

1 つもりである, やうな, 上の

▼ 云ひ張り~ (3, 0.0%)

1 この漬物皿, て逃ぐる, 遂に何

▼ 云ひ得ず~ (3, 0.0%)

1 これを, に了, 今の

▼ 云ひ得ぬ~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 我の

▼ 云ひ得べく~ (3, 0.0%)

2 もない 1 ば吾

▼ 云ひ得べくん~ (3, 0.0%)

1 ば, ばさり気, ば過去

▼ 云ひ掛けた~ (3, 0.0%)

1 がちと, がステパン, 隆造は

▼ 云ひ放し~ (3, 0.0%)

1 てしまふなら, て出, であ

▼ 云ひ直し~ (3, 0.0%)

1 てみ, ても別に, て置く

▼ 云ひ直せ~ (3, 0.0%)

1 ば人間, ば晶子歌, ば芭蕉

▼ 云ひ立てる~ (3, 0.0%)

2 のが 1 あの

▼ 云ひ続けよう~ (3, 0.0%)

2 とした 1 としてふと

▼ 云ひ続ける~ (3, 0.0%)

2 のであつ 1 内に

▼ 云ひ聞かし~ (3, 0.0%)

1 ても如何にも, てやつ, て帰された

▼ 云ひ聞かせ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 たりする

▼ 云ひ見た~ (3, 0.0%)

2 所も 1 ばかりと聞き

▼ 云ひ足し~ (3, 0.0%)

2 て女 1 ておく

▼ 云ひ過ぎ~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, すなり, て妻君

▼ 云ひ附け~ (3, 0.0%)

1 てそして, でもする, に従

▼ 云ふあり~ (3, 0.0%)

1 さまで, 坐臥将, 樣で

▼ 云ふい~ (3, 0.0%)

21 でたち

▼ 云ふから仕方~ (3, 0.0%)

1 がなく, がなし, なしに

▼ 云ふか云~ (3, 0.0%)

2 はない 1 は無え

▼ 云ふこつ~ (3, 0.0%)

1 ちやない, ちやね, をいや

▼ 云ふそん~ (3, 0.0%)

1 なさもしい, な下相談, な閑

▼ 云ふたこと~ (3, 0.0%)

1 は必ずしも, は恰も, を無下

▼ 云ふたの~ (3, 0.0%)

1 である由來此, である解脱, は蓋し実際

▼ 云ふてくれる~ (3, 0.0%)

1 な, なあゝ, なよしない

▼ 云ふと何だか~ (3, 0.0%)

1 世の中を, 変に, 知らぬが

▼ 云ふと同時に~ (3, 0.0%)

1 彼は, 彼女の, 心の

▼ 云ふと多少~ (3, 0.0%)

1 は其, 専門的な, 條件付で

▼ 云ふと如何にも~ (3, 0.0%)

1 口が, 気の毒さうに眉を, 結構な

▼ 云ふと決して~ (3, 0.0%)

2 さうでは 1 附いては

▼ 云ふもんだ~ (3, 0.0%)

1 からお, から勝手, チヨツ

▼ 云ふも妨げざる~ (3, 0.0%)

3 可し

▼ 云ふら~ (3, 0.0%)

3

▼ 云ふ報告~ (3, 0.0%)

1 に接した, をし, をした

▼ 云へても~ (3, 0.0%)

1 そんなもの, 実際で, 終始雑俗

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 是也, 誣言に, 采女が

▼ 云やが~ (3, 0.0%)

1 つたぜ, つたつて俺は, つて三十圓の

▼ 云やる~ (3, 0.0%)

21

▼ 云わい~ (3, 0.0%)

1 でもええ, でも宜, で置かんで

▼ 云わっ~ (3, 0.0%)

1 しゃい, せい, ちゃもん

▼ 云ウニハ~ (3, 0.0%)

1 今オ, 全ク貴様, 段々兄弟ガ

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 放翁ハ燕子忙シト云フ, 約二十年ト云フ年限, 重葉

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 前世界本草ト訳ス, 大青山下, 未ダ的

▼ 云フモ~ (3, 0.0%)

2 悪ニ対スルホドニ善ト 1 亦可

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 だから, に付, は言

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 かって私, ったで, で御所

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 さば, そうと, て爰

▼ 云合せた~ (3, 0.0%)

1 ように, 事と, 様に

▼ 云懸け~ (3, 0.0%)

2 て黙し 1 てお

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 から弱冠, にて船, の俳諧

▼ 云~ (3, 0.0%)

3 れば

▼ 云~ (3, 0.0%)

1 つるト訓スヘシ, 一旦は, 良民

▼ 云立て~ (3, 0.0%)

1 て屈しなかった, をし, 先ず名主

▼ 云附け~ (3, 0.0%)

1 ておくれ, て遣り, 口の

▼ 云あれ~ (2, 0.0%)

1 ちや勿體ながす, てから家族

▼ 云いたく~ (2, 0.0%)

1 ないと, なかった

▼ 云いる~ (2, 0.0%)

1 のじゃがな, のは

▼ 云うこた~ (2, 0.0%)

1 あ信じやし, ないじゃ

▼ 云うそ~ (2, 0.0%)

1 の南山, の気配

▼ 云うたて~ (2, 0.0%)

1 そんなこと昔, 聞こえんけに

▼ 云うた通り~ (2, 0.0%)

1 ぞっこん善女, です秀子

▼ 云うてる~ (2, 0.0%)

1 のん, わ

▼ 云うまい~ (2, 0.0%)

1 云うまい, 理屈は

▼ 云えっ~ (2, 0.0%)

1 たって見当, 早く行け

▼ 云こと~ (2, 0.0%)

1 おまこと, よく聞込ミ

▼ 云たい~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ 云ったらしい~ (2, 0.0%)

1 一言が, 言葉が

▼ 云ってな~ (2, 0.0%)

1 今日から, 小質

▼ 云つたこちら~ (2, 0.0%)

1 の顏, へ暗に

▼ 云つたさうである~ (2, 0.0%)

1 がその, 王も

▼ 云つたそう~ (2, 0.0%)

2

▼ 云つたつて知~ (2, 0.0%)

1 つてつ, つてるもの

▼ 云つたゆき子~ (2, 0.0%)

1 の思ひ詰めた, の言葉

▼ 云つたらなかつた~ (2, 0.0%)

1 ぜ僕, 少しも

▼ 云つた一言~ (2, 0.0%)

1 にこ, は風

▼ 云つた其~ (2, 0.0%)

1 お幸, 悲しい聲

▼ 云つた場合~ (2, 0.0%)

1 でも, に来る

▼ 云つた家~ (2, 0.0%)

1 であつ, の軒

▼ 云つた小松君~ (2, 0.0%)

2 の語

▼ 云つた工合~ (2, 0.0%)

1 に惹きつけられ, に格天井

▼ 云つた心~ (2, 0.0%)

1 であらう, 懸なん

▼ 云つた情死~ (2, 0.0%)

2 を謀つて

▼ 云つた態度~ (2, 0.0%)

1 がありました, だつた

▼ 云つた拍子~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ 云つた改革~ (2, 0.0%)

2 は訓練

▼ 云つた方面~ (2, 0.0%)

2 に趣味

▼ 云つた日下部君~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 云つた時代~ (2, 0.0%)

1 です, もあつ

▼ 云つた時彼~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は突然

▼ 云つた時皆~ (2, 0.0%)

1 のもう一度, の視線

▼ 云つた時私~ (2, 0.0%)

1 は突然, は身

▼ 云つた有様~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ 云つた格~ (2, 0.0%)

1 です, で今後

▼ 云つた気~ (2, 0.0%)

1 になる, は少し

▼ 云つた江戸~ (2, 0.0%)

1 である, の村田春海

▼ 云つた祖母~ (2, 0.0%)

1 の用事, の言葉

▼ 云つた約束~ (2, 0.0%)

1 もこの, を守

▼ 云つた者~ (2, 0.0%)

1 がある, もあつ

▼ 云つた職工長~ (2, 0.0%)

2 の立派

▼ 云つた菊池君~ (2, 0.0%)

2 を思出

▼ 云つた詞~ (2, 0.0%)

1 だけは彼, で満足

▼ 云つた通~ (2, 0.0%)

1 だらう, へ赫

▼ 云つた通り何~ (2, 0.0%)

1 の変化, の気

▼ 云つた里子~ (2, 0.0%)

1 の今夜, の言葉

▼ 云つた金~ (2, 0.0%)

1 を張つたやう, を貸し

▼ 云つた鏡子~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉尻

▼ 云つた限~ (2, 0.0%)

1 であつ, 代助

▼ 云つていち~ (2, 0.0%)

1 はおとなしく, は門

▼ 云つてうち~ (2, 0.0%)

1 の旦那, へよこす

▼ 云つておしげ~ (2, 0.0%)

1 はくすと, はまた

▼ 云つてお前~ (2, 0.0%)

1 にはこの, はその小さな

▼ 云つてお祈り~ (2, 0.0%)

1 したといふの, をし

▼ 云つてきれい~ (2, 0.0%)

1 な名刺, な姉ちや

▼ 云つてしまつて視線~ (2, 0.0%)

2 を膝

▼ 云つてすゝめ~ (2, 0.0%)

1 てくれます, る当の

▼ 云つてだらし~ (2, 0.0%)

1 なくからげて, なく仲

▼ 云つてぢい~ (2, 0.0%)

1 は皆, は話しつ

▼ 云つてどれ~ (2, 0.0%)

1 だけお, だけ他人

▼ 云つてなか子~ (2, 0.0%)

1 に後, の首

▼ 云つてなほ~ (2, 0.0%)

1 して, も奇天烈

▼ 云つてもと~ (2, 0.0%)

1 の席, 来た道

▼ 云つてゆ~ (2, 0.0%)

1 つくりくつ下, つくり注射器

▼ 云つてわたし~ (2, 0.0%)

1 に指, の事

▼ 云つてわたし達~ (2, 0.0%)

1 には手の, に昔

▼ 云つてサッサ~ (2, 0.0%)

1 と寝床, と死ん

▼ 云つてチヤン~ (2, 0.0%)

1 と人, と算盤

▼ 云つてドユパン~ (2, 0.0%)

1 が真に, は己

▼ 云つてハンケチ~ (2, 0.0%)

1 で額, を数枚

▼ 云つてパシエンカ~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は台所

▼ 云つてボーイ~ (2, 0.0%)

1 が出た, が私

▼ 云つてランプ~ (2, 0.0%)

1 で照, の掃除

▼ 云つてン~ (2, 0.0%)

1 の, のよオ

▼ 云つて一切~ (2, 0.0%)

1 の祕密, の面会

▼ 云つて一汽車~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ 云つて一等~ (2, 0.0%)

2 の切符

▼ 云つて丁寧~ (2, 0.0%)

1 に教, に謹慎

▼ 云つて三十歳~ (2, 0.0%)

2 ばかりになる

▼ 云つて下宿~ (2, 0.0%)

1 の所在, を出たつ

▼ 云つて主~ (2, 0.0%)

1 に空, は戸棚

▼ 云つて二ヶ月~ (2, 0.0%)

2 も遊ん

▼ 云つて人々~ (2, 0.0%)

1 に嗤, の目

▼ 云つて他~ (2, 0.0%)

1 によそ行き一着, に仕方

▼ 云つて伊庭~ (2, 0.0%)

1 から住所, はまた

▼ 云つて伯母~ (2, 0.0%)

1 は溜息, は無理

▼ 云つて何其外ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 云つて何処~ (2, 0.0%)

1 かの家, からかわたし

▼ 云つて何品~ (2, 0.0%)

1 でも売る, でも賣る

▼ 云つて余~ (2, 0.0%)

1 の頭, は故意

▼ 云つて例~ (2, 0.0%)

1 のとかあの, の大きい鈍い

▼ 云つて健~ (2, 0.0%)

1 が出, が来た

▼ 云つて健ちやん~ (2, 0.0%)

1 は嬉し, は立ち止つた

▼ 云つて催促~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 云つて元~ (2, 0.0%)

1 の寝床, は加茂家

▼ 云つて元気~ (2, 0.0%)

1 に出, も大層

▼ 云つて先刻~ (2, 0.0%)

2 差上げた手紙

▼ 云つて先頭~ (2, 0.0%)

1 から先, に立つ

▼ 云つて八時~ (2, 0.0%)

2 過に

▼ 云つて其~ (2, 0.0%)

1 れから, 次々

▼ 云つて其儘~ (2, 0.0%)

2 行過ぎようと

▼ 云つて其前途~ (2, 0.0%)

2 を危ん

▼ 云つて其次~ (2, 0.0%)

2 の詞

▼ 云つて其訴訟~ (2, 0.0%)

1 の手続, の手續

▼ 云つて内田~ (2, 0.0%)

1 が残し, のこと

▼ 云つて刑事~ (2, 0.0%)

1 は歸つて, をまた

▼ 云つて別~ (2, 0.0%)

1 にとりわけ, にやりたい

▼ 云つて勝平~ (2, 0.0%)

1 は叮嚀, は息

▼ 云つて北海道~ (2, 0.0%)

1 には獸類, に來

▼ 云つて医者~ (2, 0.0%)

1 が眼, は急

▼ 云つて口笛~ (2, 0.0%)

1 を吹き, を吹きます

▼ 云つて咳~ (2, 0.0%)

1 をし, をしつ

▼ 云つて喜助~ (2, 0.0%)

2 は口

▼ 云つて嗤~ (2, 0.0%)

1 つたこと, つたので

▼ 云つて嘉吉~ (2, 0.0%)

1 が砂利, の枕

▼ 云つて嘲笑~ (2, 0.0%)

1 するとは, つたり

▼ 云つて四年~ (2, 0.0%)

1 この方, の男の子

▼ 云つて土地~ (2, 0.0%)

2 で人望

▼ 云つて声~ (2, 0.0%)

1 をたて, 高く笑つた

▼ 云つて夏子~ (2, 0.0%)

1 の肩, は坐つた

▼ 云つて多勢~ (2, 0.0%)

1 の人々, の腕白共

▼ 云つて大分長塚君~ (2, 0.0%)

2 の作

▼ 云つて大勢~ (2, 0.0%)

1 が舷, が附い

▼ 云つて大変~ (2, 0.0%)

1 に喜びました, 怒りました

▼ 云つて太郎~ (2, 0.0%)

1 は飛白, をたしなめた

▼ 云つて夫~ (2, 0.0%)

1 が出かけ, の方

▼ 云つて奥さん~ (2, 0.0%)

1 がキトク, でもなけれ

▼ 云つて奥様~ (2, 0.0%)

1 に可愛がられたら, のお

▼ 云つて女房~ (2, 0.0%)

1 と相談, は浮かれ

▼ 云つて好い加減~ (2, 0.0%)

1 な文章, に返事

▼ 云つて姉~ (2, 0.0%)

1 の家, はそこ

▼ 云つて婆さん~ (2, 0.0%)

1 を安心, を慰めました

▼ 云つて嫣然~ (2, 0.0%)

1 とした, と笑

▼ 云つて学士~ (2, 0.0%)

1 に茶, はその

▼ 云つて学校~ (2, 0.0%)

1 のお, の方

▼ 云つて寄つて~ (2, 0.0%)

1 ありましたが, 呉れた

▼ 云つて寺尾~ (2, 0.0%)

1 は小形, は麦藁帽

▼ 云つて小松君~ (2, 0.0%)

2 は暫らく語

▼ 云つて少女~ (2, 0.0%)

1 は扉, は荒々しく

▼ 云つて居乍ら面~ (2, 0.0%)

2 と向

▼ 云つて山~ (2, 0.0%)

1 の中, を下

▼ 云つて岡~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 云つて岡田~ (2, 0.0%)

1 にわたした, は目

▼ 云つて工藤~ (2, 0.0%)

1 が笑つた, は人

▼ 云つて席~ (2, 0.0%)

1 を譲る, を起つた

▼ 云つて帽~ (2, 0.0%)

1 を提げ, を脱い

▼ 云つて平気~ (2, 0.0%)

1 でしら, で冒すだろう

▼ 云つて幾島~ (2, 0.0%)

1 の方, の顔色

▼ 云つて幾度~ (2, 0.0%)

2 も幾度

▼ 云つて店~ (2, 0.0%)

1 を出た, を飛び出す

▼ 云つて庭~ (2, 0.0%)

1 から去つ, に飛び降り

▼ 云つて庭先~ (2, 0.0%)

1 きへ, へ呼入れ

▼ 云つて庭口~ (2, 0.0%)

1 から出, から出た

▼ 云つて強~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 云つて彼等~ (2, 0.0%)

1 が如何, と別れ

▼ 云つて後ろ~ (2, 0.0%)

1 へ差出した, を顧み

▼ 云つて心持頭~ (2, 0.0%)

2 を下げる

▼ 云つて息~ (2, 0.0%)

1 を一つ, を引く

▼ 云つて悪~ (2, 0.0%)

2 るければ

▼ 云つて悸~ (2, 0.0%)

1 かし, されたが

▼ 云つて感心~ (2, 0.0%)

1 した話, すると

▼ 云つて成瀬~ (2, 0.0%)

1 が出れ, が手

▼ 云つて手ランプ~ (2, 0.0%)

2 を持つた

▼ 云つて挨拶~ (2, 0.0%)

1 もせず, をする

▼ 云つて教~ (2, 0.0%)

1 へた, へてくれた

▼ 云つて晶子~ (2, 0.0%)

1 の手, の遺

▼ 云つて暇乞~ (2, 0.0%)

1 ひを, をした

▼ 云つて朗~ (2, 0.0%)

1 かに笑, かに笑つた

▼ 云つて杉~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ 云つて村長~ (2, 0.0%)

2 の長男

▼ 云つて東京~ (2, 0.0%)

1 の弟, へ行つて五日

▼ 云つて梅子~ (2, 0.0%)

1 は椽側, をはつ

▼ 云つて検事~ (2, 0.0%)

1 の示した, の顔

▼ 云つて次~ (2, 0.0%)

1 の一室, の部屋

▼ 云つて歸つて行~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 云つて気~ (2, 0.0%)

1 ばかりぢ, をかへて

▼ 云つて注意~ (2, 0.0%)

1 して, するもの

▼ 云つて浴客~ (2, 0.0%)

1 の為, の爲

▼ 云つて源吉~ (2, 0.0%)

1 はどう, は耳

▼ 云つて滝本~ (2, 0.0%)

1 の肩, の胸先

▼ 云つて滿~ (2, 0.0%)

1 が母, は顔

▼ 云つて演習~ (2, 0.0%)

1 や実戦, を休み

▼ 云つて煙草~ (2, 0.0%)

1 の灰, を十二色

▼ 云つて照子~ (2, 0.0%)

1 は私, は笑つた

▼ 云つて爺さん~ (2, 0.0%)

1 は私, ひどく驚いた

▼ 云つて特別~ (2, 0.0%)

1 に苦役, の扱

▼ 云つて犬~ (2, 0.0%)

1 の八公, の頭

▼ 云つて瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 は初めて, は言葉

▼ 云つて田丸~ (2, 0.0%)

1 はやつ, を微笑ませた

▼ 云つて田舎~ (2, 0.0%)

1 には滅多に, の人

▼ 云つて番頭~ (2, 0.0%)

1 が行つて, までが僕

▼ 云つて病院~ (2, 0.0%)

1 の医者, へ歸

▼ 云つて百合子~ (2, 0.0%)

1 は凝, は父親

▼ 云つて直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にそれだけ, に舅姑

▼ 云つて直吉~ (2, 0.0%)

1 の腿, は生きる

▼ 云つて相島~ (2, 0.0%)

1 は井田, は小

▼ 云つて眉~ (2, 0.0%)

1 をよせ, を額

▼ 云つて矢~ (2, 0.0%)

1 っ張り平常, っ張り藤野

▼ 云つて砂~ (2, 0.0%)

2 を払つて

▼ 云つて祖父~ (2, 0.0%)

1 は皆, を口惜し

▼ 云つて神~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は絶対

▼ 云つて私たち~ (2, 0.0%)

1 は県道, を笑

▼ 云つて私の~ (2, 0.0%)

2 も受取つて

▼ 云つて私達~ (2, 0.0%)

1 は或, は熱い

▼ 云つて移つて行~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 云つて種田君~ (2, 0.0%)

1 に向, の外套

▼ 云つて空虚~ (2, 0.0%)

1 な声, な高踏派的態度の

▼ 云つて笑つた先輩~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 云つて紙~ (2, 0.0%)

1 につ, の向き

▼ 云つて素直~ (2, 0.0%)

1 に加野, に食べなかつた

▼ 云つて紳士~ (2, 0.0%)

1 は改めて, は淋しい

▼ 云つて老人~ (2, 0.0%)

1 の肩, は話題

▼ 云つて耳~ (2, 0.0%)

1 をすまし, を欹てた

▼ 云つて胡麻化~ (2, 0.0%)

1 しの, すんだ

▼ 云つて胸~ (2, 0.0%)

1 を叩い, を指さ

▼ 云つて腹の中~ (2, 0.0%)

1 ではこん度, で多分

▼ 云つて膝~ (2, 0.0%)

1 の上, をつい

▼ 云つて自ら~ (2, 0.0%)

1 を, 進んで

▼ 云つて自分自身~ (2, 0.0%)

1 の生活, を慰める

▼ 云つて自動車~ (2, 0.0%)

1 を恐がる, を頼む

▼ 云つて良秀~ (2, 0.0%)

1 は気味, は氣味

▼ 云つて苦笑~ (2, 0.0%)

1 したので, を洩した

▼ 云つて茶~ (2, 0.0%)

1 など知らない, を注いだ

▼ 云つて行つたの~ (2, 0.0%)

1 ださうですが, はつい

▼ 云つて行つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた時, 見ると

▼ 云つて袂~ (2, 0.0%)

1 に手, の中

▼ 云つて襟~ (2, 0.0%)

1 に毛皮, をくつろげた

▼ 云つて西洋~ (2, 0.0%)

1 の學問, の芝居

▼ 云つて話好~ (2, 0.0%)

2 の伯母さん

▼ 云つて誠吾~ (2, 0.0%)

1 はさく, は弟

▼ 云つて説明~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 云つて諫め~ (2, 0.0%)

2

▼ 云つて讃め~ (2, 0.0%)

1 てくれた, ました

▼ 云つて谷村さん~ (2, 0.0%)

1 がじ, を予防

▼ 云つて貰つたの~ (2, 0.0%)

2 が有難い

▼ 云つて赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 の泣く, の眼

▼ 云つて輕~ (2, 0.0%)

1 く, く自分

▼ 云つて辞退~ (2, 0.0%)

1 して, しましたから

▼ 云つて道助~ (2, 0.0%)

1 の顔, を見返した

▼ 云つて都会~ (2, 0.0%)

1 の連中, をはなれ

▼ 云つて錨綱~ (2, 0.0%)

1 を体, を體

▼ 云つて鍋~ (2, 0.0%)

2 の飯

▼ 云つて長野~ (2, 0.0%)

1 はきまり悪げ, はきまり惡げ

▼ 云つて門野~ (2, 0.0%)

1 が出, に話した

▼ 云つて闇~ (2, 0.0%)

1 の中, の女

▼ 云つて霧~ (2, 0.0%)

1 の中, は一刻毎

▼ 云つて露貨~ (2, 0.0%)

2 で出し

▼ 云つて青年~ (2, 0.0%)

1 の切, は一寸

▼ 云つて頂戴~ (2, 0.0%)

1 ね, 来ちや

▼ 云つて顏~ (2, 0.0%)

1 に似合, を擧げる

▼ 云つて馬鹿~ (2, 0.0%)

1 にする, に超然と

▼ 云つて黒~ (2, 0.0%)

1 と云, の頸

▼ 云つて鼻~ (2, 0.0%)

1 であしらつて, をかんだ

▼ 云つとけ~ (2, 0.0%)

1 ばお母さん, ば好い

▼ 云てん~ (2, 0.0%)

1 がいば, や符節

▼ 云ない~ (2, 0.0%)

1 ばかりに門口, 心持が

▼ 云なら~ (2, 0.0%)

1 それは, 電話の

▼ 云なり~ (2, 0.0%)

1 三度花を, 江戸順禮も

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 けれど本統, 者なく

▼ 云ので~ (2, 0.0%)

1 放しとも, 決して花

▼ 云はく~ (2, 0.0%)

1 のあり, 若し国土

▼ 云はく彦湯産隅王~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 云はず動き~ (2, 0.0%)

2 もせぬ

▼ 云はず壁板~ (2, 0.0%)

2 と云はず

▼ 云はず窓外~ (2, 0.0%)

2 を覗いてる

▼ 云はず胴~ (2, 0.0%)

2 と云はず

▼ 云はせるなら~ (2, 0.0%)

1 ばせめて, ば裁判官

▼ 云はつ~ (2, 0.0%)

1 しやること, しやるん

▼ 云はでもの~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事と

▼ 云はね~ (2, 0.0%)

1 ども, ど踏む

▼ 云はれたれ~ (2, 0.0%)

1 ども余は, ば博士

▼ 云はれまい~ (2, 0.0%)

1 ぞ応左様, と思ふ

▼ 云はれるだらう~ (2, 0.0%)

1 かと覚えず, と思つたの

▼ 云はん許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 一尺の, 彼が

▼ 云ひあひ~ (2, 0.0%)

1 ながらも佗, ながら前

▼ 云ひおくれた~ (2, 0.0%)

1 がトラベラス, が斯

▼ 云ひおくれました~ (2, 0.0%)

1 がその, がユキ子

▼ 云ひかけられた~ (2, 0.0%)

1 時詞の, 詞の

▼ 云ひきれぬ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 不安競争者の

▼ 云ひきれる~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 云ひけれ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば殿下

▼ 云ひさうだ~ (2, 0.0%)

1 が人間様, が細い

▼ 云ひしか~ (2, 0.0%)

1 ど一人, ば種蒔人三人背

▼ 云ひしと~ (2, 0.0%)

1 ころなり, 問ふか

▼ 云ひしならね~ (2, 0.0%)

2

▼ 云ひする~ (2, 0.0%)

1 けれどもたか, ために

▼ 云ひたい所~ (2, 0.0%)

1 であつ, を

▼ 云ひたい放題~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 云ひたてる~ (2, 0.0%)

1 からと云つて, のは

▼ 云ひつけで~ (2, 0.0%)

1 稚児文殊を, 稚兒文殊

▼ 云ひつけよう~ (2, 0.0%)

1 とはしませんでした, 云ひつけよう

▼ 云ひつけられる~ (2, 0.0%)

1 ことだけ, と虔十

▼ 云ひでない~ (2, 0.0%)

1 よ, ツ

▼ 云ひながら室~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 云ひながら立上~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 云ひなさる~ (2, 0.0%)

1 か, か預けた

▼ 云ひひかえ~ (2, 0.0%)

2 目に

▼ 云ひふるされた~ (2, 0.0%)

1 ことだ, それも

▼ 云ひも目~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ 云ひやがる~ (2, 0.0%)

1 し坊主, んです

▼ 云ひ下せ~ (2, 0.0%)

2

▼ 云ひ並んだ~ (2, 0.0%)

2 家の

▼ 云ひ兼ね~ (2, 0.0%)

1 また頼んだ, 遂に又

▼ 云ひ兼ねる~ (2, 0.0%)

1 ので天, 只學者

▼ 云ひ出さぬ~ (2, 0.0%)

1 うちに, おまき

▼ 云ひ出され~ (2, 0.0%)

1 てわたくし途方, て私

▼ 云ひ出したら~ (2, 0.0%)

1 きりが, 君に

▼ 云ひ出したる~ (2, 0.0%)

1 言葉なるべし, 限り挨拶さへ

▼ 云ひ出すだらう~ (2, 0.0%)

1 かと云, と思つた

▼ 云ひ出せし~ (2, 0.0%)

1 不平の, 詞なり

▼ 云ひ出せず~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に了

▼ 云ひ切つた~ (2, 0.0%)

1 とき脈管内に, 以上に

▼ 云ひ及ん~ (2, 0.0%)

1 でゐなかつ, でゐる

▼ 云ひ尽し~ (2, 0.0%)

1 がたい複雑微妙, てゐる

▼ 云ひ尽す~ (2, 0.0%)

1 には余りに, のに何

▼ 云ひ尽せ~ (2, 0.0%)

1 ない苦労, ない魅力

▼ 云ひ引き歪めた~ (2, 0.0%)

1 唇の, 脣の

▼ 云ひ得~ (2, 0.0%)

1 て嬉しい, やう

▼ 云ひ放した~ (2, 0.0%)

1 ま, 儘代

▼ 云ひ来つた~ (2, 0.0%)

1 ことである, ことに

▼ 云ひ残す~ (2, 0.0%)

1 と一緒, と百合子

▼ 云ひ消す~ (2, 0.0%)

1 処よし, 気質の

▼ 云ひ淀んだ~ (2, 0.0%)

1 が, 被告の

▼ 云ひ澱んだ~ (2, 0.0%)

1 が, やうだつ

▼ 云ひ直す~ (2, 0.0%)

1 といふやり方, やうな

▼ 云ひ知らぬ~ (2, 0.0%)

1 恐怖を, 淡き愁

▼ 云ひ知れず~ (2, 0.0%)

1 不快に, 切ないやう

▼ 云ひ終らない~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 云ひ続け~ (2, 0.0%)

1 ておいで, やうと

▼ 云ひ置き~ (2, 0.0%)

1 給へりし, 通り島田の

▼ 云ひ罵る~ (2, 0.0%)

1 声と共に, 聲と共に

▼ 云ひ落し~ (2, 0.0%)

2 てはならない

▼ 云ひ蒙~ (2, 0.0%)

1 古と, 古文明

▼ 云ひ表し~ (2, 0.0%)

2 難い葉

▼ 云ひ足りない~ (2, 0.0%)

1 分を, 調べ足りない

▼ 云ひ返さう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ 云ひ返し~ (2, 0.0%)

1 てやらう, て雀

▼ 云ひ返す~ (2, 0.0%)

1 その調子, 力も

▼ 云ふかそれ~ (2, 0.0%)

1 が聴きたく, を信ずる

▼ 云ふからなん~ (2, 0.0%)

1 でもない, のこと

▼ 云ふから之~ (2, 0.0%)

1 れで間, を若し

▼ 云ふから今度~ (2, 0.0%)

1 はゆるし, も三月

▼ 云ふから兎~ (2, 0.0%)

1 に角君, に角奥

▼ 云ふから其積り~ (2, 0.0%)

2 で記事

▼ 云ふか兎~ (2, 0.0%)

1 に角, に角何時

▼ 云ふが~ (2, 0.0%)

2 ままに

▼ 云ふぐら~ (2, 0.0%)

2 ゐの

▼ 云ふけん~ (2, 0.0%)

1 どお前, ど若し

▼ 云ふごとく~ (2, 0.0%)

1 婆羅門教が, 果してこ

▼ 云ふたもの~ (2, 0.0%)

1 であらう, と信ずる

▼ 云ふた事~ (2, 0.0%)

1 がある, なども今

▼ 云ふてはる~ (2, 0.0%)

1 さかい早う, と聞いたによつ

▼ 云ふてる~ (2, 0.0%)

1 けれど自分, ぢや

▼ 云ふてゐ~ (2, 0.0%)

1 やはつ, やはる

▼ 云ふといきなり~ (2, 0.0%)

1 蛾を, 齋藤の

▼ 云ふとどうも~ (2, 0.0%)

1 境界が, 私の

▼ 云ふともう少し~ (2, 0.0%)

1 時間が, 沈んで

▼ 云ふとる~ (2, 0.0%)

1 だけぢ, のに

▼ 云ふとるだ~ (2, 0.0%)

2 癖が

▼ 云ふと共に~ (2, 0.0%)

1 この子供, 彼は

▼ 云ふと実に~ (2, 0.0%)

1 その時, 尤千万な

▼ 云ふと寧ろ~ (2, 0.0%)

1 苦しくつて息, 賛成な

▼ 云ふと折角~ (2, 0.0%)

1 建てた物, 文鏡祕府論と

▼ 云ふと随分~ (2, 0.0%)

1 厚いの, 笑ふ

▼ 云ふなれ~ (2, 0.0%)

1 ばいな, ば其職分

▼ 云ふべきであらう~ (2, 0.0%)

1 か, が一体

▼ 云ふべくし~ (2, 0.0%)

1 て政治上, て行

▼ 云ふべし~ (2, 0.0%)

1 両兄曰く, 今此芸術比翼塚

▼ 云ふもあれ~ (2, 0.0%)

1 どおの, ば

▼ 云ふもんで~ (2, 0.0%)

1 がすから, な

▼ 云ふよつて~ (2, 0.0%)

1 なあ, に罰当り

▼ 云ふんだつたら~ (2, 0.0%)

1 い, 僕は

▼ 云ふんぢやあ~ (2, 0.0%)

2 ないぞ

▼ 云ふ仕~ (2, 0.0%)

1 悪き仕草, 末である

▼ 云ふ助け~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ 云ふ堪らない~ (2, 0.0%)

1 町な, 競争者で

▼ 云ふ感じ~ (2, 0.0%)

1 さへ, 周囲の

▼ 云ふ懸~ (2, 0.0%)

2 声を

▼ 云ふ沈んだ~ (2, 0.0%)

2 落ち付いた

▼ 云ふ破~ (2, 0.0%)

1 廉耻で, 廉耻な

▼ 云ふ自惚れ~ (2, 0.0%)

1 を土台, を持つ

▼ 云ふ見~ (2, 0.0%)

1 得を, 手が

▼ 云ふ話し~ (2, 0.0%)

1 が一度, をした

▼ 云ふ驚くべき~ (2, 0.0%)

1 事だらう, 女王の

▼ 云へて~ (2, 0.0%)

1 くる, 相手も

▼ 云へよ~ (2, 0.0%)

1 おとつ, かしはかなき

▼ 云へるん~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ 云へれ~ (2, 0.0%)

1 ども是, ば大した

▼ 云べし~ (2, 0.0%)

1 三十年前亜米利加の, 古跡と

▼ 云ます~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が落籍

▼ 云やぁ~ (2, 0.0%)

1 ちっとばかし, 俺は

▼ 云やん~ (2, 0.0%)

1 したから, なと盲人

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 予が, 彼土蜘蛛と

▼ 云れず~ (2, 0.0%)

1 右の, 宜しと

▼ 云わく~ (2, 0.0%)

1 のある, 朝に

▼ 云わけ~ (2, 0.0%)

1 ければ, にハ

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 聞, 須たず

▼ 云ウノカ~ (2, 0.0%)

1 老イボレ爺サン, 見タケレバ

▼ 云ウノハ~ (2, 0.0%)

1 全ク根モ葉モナイ冤罪, 正シクアンナ女

▼ 云ウ音~ (2, 0.0%)

1 ヲサセテ子供, ヲ発スル

▼ 云ッタラ~ (2, 0.0%)

1 別レル気ハナイ, 早々人足ガ出テ

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 れる人, 誤ナリ花鏡

▼ 云フ源因ニ~ (2, 0.0%)

1 在ルヲ知リ, 在ルヲ知ルガ如キ

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 でもお, もなく

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 のお, はとてあま

▼ 云付けられ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て金子返済

▼ 云付けられた~ (2, 0.0%)

1 事を, 口上も

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 へでは後, へ聞

▼ 云伝え~ (2, 0.0%)

1 が残っ, でソレ

▼ 云其東ハ三繋~ (2, 0.0%)

2 平ト云

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 て居りまする, ぬるという

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 にて思入, も有

▼ 云切っ~ (2, 0.0%)

1 ておしまい, て横

▼ 云切る~ (2, 0.0%)

1 が早い, と襖

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 信長公, 報賽ニハ其郷土

▼ 云含め~ (2, 0.0%)

1 て, て私

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 云是れ, 連葛

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 で彼, によれ

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 れ大, 老苔変成者

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 のねえ, 御用心

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 始元年遣, 始四年倭王復遣

▼ 云~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 云甲信武三州~ (2, 0.0%)

2 ノ分界ニシテ

▼ 云甲斐~ (2, 0.0%)

1 なき者, なし早く御

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 あり, あり向

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 者左夫思母, 者悲霜無き

▼ 云~ (2, 0.0%)

1 忠治承, 詞也と

▼1* [2996件]

ねえでそら, 云あせねえだ俺ら家ぢや, 云あり板打中にも, 云あれた時にや, 云いけらく獅子座彼処に, 云いしよりやんした, 云いし所は一般, 云いすくめられてそれ, 云いたして呵々, 云いだけれ共ね, 云いっ競よ, 云いとうはなか, 云いなされたか, 云いなすッた, 云いなだめの口実, 云いなはるばい, 云いにしへの宗匠, 云いのこした, 云いふくめの儀, 云いまへんがあの, 云いまわしから伸子にとっては, 云いもするが, 云いやはった事, 云いるけれ堀田さんも, 云いるけれ行ってみる, 云い草一つでチャン, 云うこッちゃ, 云うたことばの意味, 云うたてはっきりしたこと, 云うた不用の地所, 云うた位ぢやない, 云うた医学士と此, 云うた話じゃそう, 云うた通り亜米利加人は誠に, 云うた通り右の五僧一幅, 云うた通り天下は誰, 云うた通り寝床を離れ, 云うちからを失った, 云うちょったのうつや子はん, 云うちょること手紙で書い, 云うてないのん, 云うといてんか, 云うとくなはれ, 云うまい辛い一思いに, 云うめっとせい, 云えっつたよ, 云えないでしょうね, 云えり地球の, 云えるし気の, 云えるだろうじやない, 云えるでございましょう即ち半四郎師匠, 云えるですよ, 云えるなら云ってみろ, 云えるらしいのです, 云えんけどよ, 云えんこともなかろう, 云えん事もない, 云おうじやない, 云かけてお前さん, 云から其では, 云く出交易は, 云ければ男, 云ことハいらぬこと, 云これにこひしき, 云さして元, 云さてさて此暁の, 云しもこは, 云し如く真に明々白々, 云その事が, 云たって仕方, 云たではない, 云たとて寒い, 云たるが夫, 云た切りそのま, 云っけ名は, 云ったらしく明日又, 云つけられたって, 云つけるからお父さん, 云つたあいつの顔, 云つたあれに類する, 云つたあんばいで甚だ, 云つたいやですよ, 云つたお話でせう, 云つたきり声も出なかつた, 云つたぎり容易に, 云つたさうですよ, 云つたさだ子のため, 云つたしるしでよく, 云つたそれである, 云つたぢやあないか, 云つたつけ団扇の画, 云つたつてお話にも何, 云つたつてそりや駄目, 云つたつてオダハラの吾家, 云つたつてダメよ, 云つたつて世間の人, 云つたつて二人だけになる, 云つたつて云はなく, 云つたつて今度は何と, 云つたつて今晩は帰らねえ, 云つたつて其法官に出来, 云つたつて区役所から何, 云つたつて嘘とも思はない, 云つたつて売つたこと, 云つたつて大丈夫よとても, 云つたつて妾なん, 云つたつて始まりはせん, 云つたつて實際になつ, 云つたつて少年だ, 云つたつて差支へない, 云つたつて情熱だよ, 云つたつて校長先生よりうまい, 云つたつて為やうがない, 云つたつて無駄な事, 云つたつて病はされ, 云つたつて聽かねえし, 云つたつて親一人子一人の中, 云つたつて関ふもんですかねえ, 云つたつもりでゐる, 云つたとこで, 云つたのさ何て男らしく, 云つたの僕の思ひ, 云つたまま下を向い, 云つたやうだつたが, 云つたやうに重々しくは, 云つたやうに可なり男性的, 云つたらありはしない, 云つたらありやしないね, 云つたらあわててねせつ, 云つたらうありや君, 云つたらうなづかれないかも知れない, 云つたらこりやどうだ, 云つたらたつた一度な, 云つたら冷かされたよ, 云つたら出掛けるが, 云つたら出来ても出来なく, 云つたら分るか, 云つたら喜んで承知, 云つたら見てゐる, 云つたら討ちたければ討つ, 云つたら飛び出して面, 云つたら驚くだらうが事實, 云つたりからかつ, 云つたろう有つた, 云つたわけぢやあないが, 云つたインテイメイトな話し方, 云つたウーゼネルの言葉, 云つたカフエなどと云, 云つたゲーテの言葉, 云つたコポオの批判, 云つたゴルドマンの言葉, 云つたセルギウスの目, 云つたテルヨの言葉, 云つたドストエフスキーの言葉, 云つたバーの亭主, 云つたモデルはまだ, 云つたモニカの調子, 云つたユヱ河に添つた遊歩道, 云つたラサルレの言葉, 云つた一から七, 云つた一声もそれから, 云つた三千代は少し, 云つた三百の例, 云つた下女の顔, 云つた下町情話ものが得意, 云つた不安な雰圍氣, 云つた中根氏が私, 云つた事以上にうまい, 云つた事情で駿太郎, 云つた二十一二の若い, 云つた五つのほか, 云つた五色ガラスの家屋装飾, 云つた井上九郎次郎, 云つた井出君の厚い, 云つた人それから早稲田文学, 云つた人間だから, 云つた仕方で前, 云つた位最新の大, 云つた住吉踊カツポレアホダラ經の類, 云つた何日にはどこ, 云つた佗しいかま, 云つた例から見れ, 云つた例言が今更, 云つた儘すわつて, 云つた儘テレ隠しに愛想笑, 云つた儘テレ隱しに, 云つた儘帽子に手, 云つた儘眼を, 云つた元日の作, 云つた兄は目, 云つた先人のあの, 云つた先輩の言葉, 云つた光景は今, 云つた八月十九日の出来事, 云つた其面が可, 云つた具合に氾濫拡大, 云つた冬子の声, 云つた切りあかりを吹き消す, 云つた切り氷峰は無言, 云つた切ドルフは涙, 云つた切口を噤んでしまつた, 云つた切戸をあけ放し, 云つた切棒立に立つ, 云つた切表口をあけ放し, 云つた刹那の間, 云つた刹那夫人の美しい, 云つた刹那父の二つ, 云つた北海メール社に行き, 云つた印象を受ける, 云つた原の詞, 云つた叔父の言葉, 云つた取合せのもの, 云つた句に見られる, 云つた吉三郎の言葉, 云つた名題の愚連隊揃, 云つた呪詛のやう, 云つた哀れつぽい, 云つた哲人がゐます, 云つた問題がある, 云つた坂部は居た, 云つた坊主の声, 云つた場所で何故, 云つた士官の出家, 云つた声は一寸, 云つた女の子は一般に, 云つた如く二十六弟柏軒が二十, 云つた如く四十歳になつ, 云つた姉の言葉, 云つた始末で次, 云つた姿である, 云つた嫁さんの公主, 云つた子爵令嬢と青年, 云つた字に宛てた, 云つた宮崎助太夫重昌, 云つた宿の主人, 云つた富岡の言葉, 云つた實説物の安い, 云つた實際的な科學的要素, 云つた山々上高地や奥白根, 云つた山伏は真赤, 云つた嶮はしい, 云つた巡遊のこと, 云つた己の手, 云つた希望の世界, 云つた平岡は急, 云つた序にもう, 云つた建仁寺の竹藪, 云つた式の擬人化仕立, 云つた弟の眼, 云つた強氣をみせ, 云つた形式が案出, 云つた後豚のやう, 云つた心中未遂のもあれ, 云つた心持の光り, 云つた心持ちで電話, 云つた怒田は未踏, 云つた思想上の社会的, 云つた性分が妾, 云つた性質のもの, 云つた恁うしてが, 云つた悪口をその, 云つた悪名を相当, 云つた想像を私, 云つた意氣込みで自分, 云つた意識が新しい, 云つた態であつ, 云つた態度のはない, 云つた慘忍な氣持, 云つた慰藉とも教訓, 云つた我は彼, 云つた所以であるが, 云つた所謂道徳家から見, 云つた手前今更斷, 云つた捨鉢なしかも, 云つた推測は壽, 云つた政治がもつ, 云つた敷島は澄し, 云つた文句が耳, 云つた文藝の批評, 云つた料理屋の跡, 云つた斯んな言葉, 云つた方法も行, 云つた日本の学者, 云つた早子は何日, 云つた昔今戸に住ん, 云つた春団治独自の言葉, 云つた春水の覚書, 云つた時それを聞い, 云つた時まつは始め, 云つた時ゆき子は, 云つた時クサンチスの声, 云つた時セルギウスは全身, 云つた時ワシリの顔, 云つた時丁度風が出, 云つた時三千代は濡れた, 云つた時交の疎き, 云つた時佐藤は僕, 云つた時光は受合つて, 云つた時其声は渠, 云つた時其聲は渠, 云つた時分であつ, 云つた時刻であつ, 云つた時土橋を一人, 云つた時帯の間, 云つた時検事も警部, 云つた時榮子は初めて, 云つた時渠はふと, 云つた時義雄は身, 云つた時老人はひ, 云つた時自分には四十, 云つた時辞退した, 云つた本草経竟宴の詩, 云つた杜翁の言, 云つた条件にかなう, 云つた松にもこれ, 云つた案配である, 云つた榮伯は町醫, 云つた槙にも格別, 云つた樣子が私, 云つた樫田の声, 云つた次第だが, 云つた正文の声音, 云つた母里太兵衞友信後周防, 云つた民間伝承の特異性, 云つた気持で自分, 云つた気持ちで鍵, 云つた水島の詞, 云つた氷峰を見る, 云つた浪漫主義的演劇の真価, 云つた源太の言葉, 云つた濱の高み, 云つた火定の僧, 云つた焦躁が少し, 云つた煎餅屋の娘, 云つた照子は明らか, 云つた爲にあらず, 云つた爲めに氏, 云つた父は云, 云つた物がね, 云つた犬塚印南で此年六十一歳, 云つた状態であつ, 云つた狂人ですから, 云つた理合ぢや, 云つた理由からだ, 云つた理由丈で呼び止められる, 云つた瓜は石, 云つた生活のデイテイル, 云つた由真実なれば, 云つた番頭さんに私, 云つた癖に別, 云つた目が醒め, 云つた目障りなもの, 云つた眼を開け, 云つた眼付を見せた, 云つた石の恐怖, 云つた礼だと, 云つた社會の問題, 云つた程度のぶらぶら, 云つた種々雑多の比較的, 云つた積りだつたが, 云つた竪川の河岸, 云つた端役を買, 云つた笑顔が電燈, 云つた筋の話, 云つた答が面白い, 云つた結婚云々といふ言葉, 云つた經驗を二度, 云つた繪付を下, 云つた美人が銀地, 云つた美婦人を御, 云つた老人のドイツ語, 云つた聖人の名, 云つた聲さへ耳, 云つた自信の言葉, 云つた自分勝手な我儘, 云つた若者に一矢, 云つた茶山が今, 云つた荘田の顔, 云つた落ちつきも出, 云つた藝者だ, 云つた藤村の晴々, 云つた藤枝の言葉, 云つた虚無的な否定的, 云つた蜜の如, 云つた行動で全く, 云つた觀があつ, 云つた言でない唐代, 云つた言葉丈が判然, 云つた記憶は何, 云つた訣ではない, 云つた訳でボール, 云つた詩人ガイベルの言葉, 云つた詩意らしいが, 云つた話の調子, 云つた語気がありあり, 云つた説が往々, 云つた譯合ひの, 云つた走り書きの絶望的, 云つた身分でございますが, 云つた返電が來, 云つた途端に二匹, 云つた通りきのこはどんな, 云つた通りこいつに一言ことば, 云つた通りそれは先づ不可抗性, 云つた通りたか子達は夫婦, 云つた通りひろ子以外のもの, 云つた通りわたしはあの, 云つた通りアトリヱの隅, 云つた通りドアに沿うた, 云つた通りリストが精, 云つた通り久保田君は自分, 云つた通り佐田やす子がそこ, 云つた通り僕の此頃, 云つた通り僕らは第, 云つた通り全たく暇があり過ぎる, 云つた通り四十五という男盛り, 云つた通り四月二十日の午後, 云つた通り夏の日, 云つた通り好悪の外, 云つた通り家を處分, 云つた通り将門は自分, 云つた通り当時から病身, 云つた通り彼の教師, 云つた通り急性睾丸炎と診断, 云つた通り是も亦, 云つた通り暗闇を検査, 云つた通り最近の帳面, 云つた通り樽野は始終, 云つた通り此の大胆, 云つた通り犯罪には犯人, 云つた通り白胡麻をふり, 云つた通り秋川の家, 云つた通り脅迫されて, 云つた通り自治とは無, 云つた通り詮じつめれば, 云つた通り邸宅侵入罪で拘留, 云つた通り金さへあれ, 云つた通り馬は如何にも, 云つた通天一坊と地雷也, 云つた連中もあつ, 云つた間に代, 云つた隆造はハツ, 云つた雛の箱, 云つた青年の顔, 云つた音を立て, 云つた順序に千度, 云つた顏の女, 云つた顏つきで素通り, 云つた顏付で立ち去つた, 云つた顏立でその, 云つた願ひもなかつた, 云つた類である, 云つた飴色の豊満, 云つた養母であつ, 云つた香具師の手, 云つた驚きの気持, 云つた體に兩手, 云つてあいつがわざと, 云つてあくびをする, 云つてあそこであなた様, 云つてあたしがなん, 云つてあてもない, 云つてあなたはそれ, 云つてあなた方の予想, 云つてあべこべに以前, 云つてあれほど申, 云つてあんたダンスが一人前, 云つていい加減なこしらヘごと, 云つていますぐロダン, 云つていやににやにや, 云つていろいろな事情, 云つてうつかりして, 云つてうつ向きに長く, 云つておきいちやん, 云つておじぎするよ, 云つておなかを抱, 云つておれをつれこんだ, 云つておんつぁん, 云つてお前さん又お, 云つてお前たちを無理, 云つてお嬢様は彼方, 云つてお尋ねして, 云つてお日様でもお, 云つてお母さんは家, 云つてお母様がすぐニコニコ, 云つてお祖母さんも怖い, 云つてお転婆だつたさうです, 云つてお返しよ, 云つてかなりの箱, 云つてかなりマアテルリンクとかチエホフ, 云つてかまはない, 云つてからだをゆすり, 云つてくすりと笑つて, 云つてぐらつと椅子の背, 云つてことこまかに時計, 云つてこの間の貴女, 云つてごろごろして, 云つてごろんと仰向け, 云つてご覧なさい, 云つてさつきも雪江, 云つてさんでは, 云つてざあつと流しへ上つて行, 云つてしまつたですなあ, 云つてしまつた後にあれこれ, 云つてしまはずには居られない, 云つてすべての現代日本人, 云つてすゝり上げた, 云つてその後は來, 云つてそれぞれ地方に先, 云つてそれ以上は何, 云つてそれ以来其の芝居, 云つてたか子は暗がり, 云つてたづねました, 云つてちやんと代, 云つてぢやつた, 云つてつゆのそば, 云つてづるさうな笑顔に星, 云つてづツと寄つた, 云つてとみ子が彼, 云つてどこかの席, 云つてなんにも知らない, 云つてぱつと散つた, 云つてひそかに大, 云つてひつ込んで, 云つてひとりで腹, 云つてひよろ長い体, 云つてひろ子を慰め, 云つてぴゆうぴゆう寒い風, 云つてふところから蝋燭, 云つてふろしき包みをひろげた, 云つてぷかりと煙を輪, 云つてほうつて置くさ, 云つてほかの種類, 云つてほんたうに, 云つてますには己, 云つてまともにその, 云つてみたいのである, 云つてみたいやうなそれ, 云つてみんな一度に笑つた, 云つてむやみに贈答, 云つてもんにも工藤, 云つてやつたんぢやない, 云つてやつぱり絖を持つ, 云つてやる気は無論, 云つてよしとは云, 云つてらアこの馬鹿, 云つてら病人がつて, 云つてるじやない, 云つてるだらう熱でも, 云つてる言葉が飜然, 云つてわたくし共の話声, 云つてわたし自身を叱り, 云つてわななく胸, 云つてわれわれ百姓をおだてる, 云つてわれ等沢庵を食, 云つてアドレスを附け, 云つてアメリカ勘定嫌ひの, 云つてインバネスをあ, 云つてウ井スキイのグラス, 云つてオランダぜり, 云つてカップをつきつける, 云つてカラカつたり, 云つてガチヤリと受話機, 云つてギヤルソンに卓上, 云つてギロリと上目, 云つてクリツシイ街の方, 云つてクリーム色の洋封筒, 云つてクルリと背後, 云つてグラスをゆき子, 云つてゲーテは単なる, 云つてゲーレスは馬, 云つてコオヒイを女中, 云つてコツプとコツプ, 云つてコポオは吹き出した, 云つてゴマかした, 云つてシガレットケースを取り出した, 云つてシャツの中, 云つてシヤツの兒, 云つてシヤツ一枚になつ, 云つてジツと僕, 云つてジャケツにズボン, 云つてスタスタと歩き出した, 云つてスタートの構, 云つてステッキで石, 云つてステパンはくるり, 云つてストーヴのそば, 云つてスマトラの布, 云つてスリイ・キャッスルの烟, 云つてスリッパを二足そこ, 云つてス山の山, 云つてセヽラ笑ひました, 云つてソロドフニコフは両方, 云つてダアエント・ヲオタアを見物, 云つてチヨッと舌打, 云つてチヨツと舌打, 云つてヂッと僕, 云つてテキストと其の, 云つてトイレットに立つ, 云つてトラストの幣, 云つてナカナカ死なぬ, 云つてニツと笑, 云つてヌット突出した志田君, 云つてヌツト突出した志田君, 云つてハアツと私, 云つてパスのこと, 云つてパンと銭, 云つてヒラリ高座から飛び下り, 云つてビルドゥングといふ思想, 云つてピガルの広場, 云つてピガル廣場から地下電車, 云つてフランス大学の模倣, 云つてフランス産である, 云つてフロラを伴, 云つてブラリと着流し, 云つてブレイスブリッジは笑つた, 云つてプラウダの論文, 云つてプラトンは少し, 云つてヘンリー・ゼームスの, 云つてペコンと一つ頭, 云つてホツとした, 云つてボール箱を叩い, 云つてポンと彼, 云つてポーンと毀し, 云つてマッチの箱, 云つてマルクスは彼, 云つてムネ・シユリイ自身もドリ, 云つてヨヂュムチンキか何, 云つてリイケは夫, 云つてレベル若くは, 云つてローソクを買, 云つてワイルドの話, 云つて一こづきこづいて, 云つて一さかりのあつ, 云つて一一女の所行, 云つて一個の腕時計, 云つて一円五十銭の紙包, 云つて一口飲んだ, 云つて一名の看護婦, 云つて一圓五十錢の紙包, 云つて一寸外を覗いた, 云つて一寸突つ立つた, 云つて一寸自宅に歸, 云つて一寸頭を動かせ, 云つて一度帰つていらつし, 云つて一座中には密, 云つて一張らのツーピース, 云つて一族で活, 云つて一時を糊塗, 云つて一時息が吐けなかつた, 云つて一時間ばかし見物, 云つて一片の紙ぎれ, 云つて一生懸命土をい, 云つて一番左側の棟, 云つて一番最初の二人, 云つて一疋の子, 云つて一等位は輕くし, 云つて一緒に行, 云つて一足前へ出た, 云つて一週間バタや玉子, 云つて一青年の頬桁, 云つて丁度皿を二枚, 云つて七ヶ條の妻, 云つて七郎は今度, 云つて万事解決せられて, 云つて万作は家, 云つて万有にしみ通る, 云つて三丁目の方, 云つて三十を越えた, 云つて三千代は暗に, 云つて三四枚載せて, 云つて三平が一目散に追, 云つて三田をいやがらせた, 云つて上さんが宿, 云つて上向けに寝転び, 云つて上眼をつかひ, 云つて下り口の方, 云つて不安気に一座, 云つて不快では, 云つて不愉快なこと, 云つて不意に駆け出した, 云つて不純なこと, 云つて不良少年ばかりの中学, 云つて世を震動, 云つて世人から冷罵, 云つて両方の指, 云つて並の女, 云つて中央新聞が創立, 云つて中止した, 云つて中田君がこぼし, 云つて中空にある, 云つて中等学校卒業者が外国語, 云つて主人紀伊守の氣色, 云つて主婦の歎願, 云つて主婦さんが涙, 云つて久保田はぢ, 云つて久吉の方, 云つて乘つたが, 云つて乙の者, 云つて九時少し過ぎ, 云つて亂雜に安, 云つて了つたのです, 云つて了つた後では, 云つて了つた方がいい, 云つて了つてハツとした, 云つて了つて自分はこれ, 云つて争つてゐた, 云つて事を別け, 云つて事情を打ち明け, 云つて二つの手の平, 云つて二三人の詰衆, 云つて二三日は, 云つて二匹の子犬, 云つて二十五六の身長, 云つて二十円くれた, 云つて二夫人自らの箸, 云つて二度まで京都, 云つて二本ばかりの胡瓜, 云つて二歩三歩お糸さん, 云つて二百円渡した, 云つて二百卷あつた, 云つて五人の姐さん株, 云つて五代目でございます, 云つて五位の答, 云つて五分か六分, 云つて井田は眞面目, 云つて人さし指で空中, 云つて人差指で彼, 云つて人形を与へる, 云つて人民に諭す, 云つて人生の大, 云つて人通りの途絶えた, 云つて人間の体, 云つて仇討の名高い, 云つて今原田さんに聽, 云つて今夜眼をつぶつて, 云つて今大急ぎで家, 云つて今川の敵, 云つて今年十九才次が初江, 云つて今度小樽に商業學校, 云つて今日の生活, 云つて今日外国語教育の問題, 云つて今日此頃決して忙しく, 云つて今更のやう, 云つて仕事着のポケット, 云つて仕舞つた代助, 云つて他人の日誌, 云つて以上の特權, 云つて以前から見れ, 云つて仰山に青い, 云つて伊作の声, 云つて伊織は傍, 云つて会員組織にし, 云つて会見を申し込まれた, 云つて伜と嫁, 云つて伯母さんはこぼし, 云つて伽藍の奧, 云つて位牌の方, 云つて位階さへある, 云つて何事かあらう, 云つて何度も小便, 云つて何方をどう, 云つて何日でもお, 云つて何時買つたとも判らぬ, 云つて何遍願つても出, 云つて余り続けて, 云つて作家に媚びる, 云つて作者は待たれる, 云つて便所に起つた, 云つて促がした, 云つて俄に騒ぎだした, 云つて保枝は検温器, 云つて信一郎は夫人, 云つて信子の部屋, 云つて信者達を板の間, 云つて俳諧を嗜んだ, 云つて俺たちを困らせた, 云つて倅を脅す, 云つて候補者はその, 云つて停留所の方, 云つて傍らにゐる, 云つて傍輩と一, 云つて僧院のものがさつぱりした, 云つて僧院長セラピオンは静か, 云つて兄さん気をつけなき, 云つて兄夫婦を引張つ, 云つて兄弟が窓, 云つて先づ一郎を車, 云つて先づ別室に案内, 云つて先づ河岸に面した, 云つて先づ自ら湯島の天満宮, 云つて先づ自分の刀, 云つて先頃まで歸つて, 云つて光子さんには友, 云つて入口に返事, 云つて全治せぬうち, 云つて兩方とも穩, 云つて八歳になる, 云つて公平な観方, 云つて公所を辞し, 云つて其人達はお, 云つて其任を辞した, 云つて其儘帰つて来ては, 云つて其儘歸つて來ては駄目, 云つて其当時村中の人, 云つて其所から都合, 云つて其清音は滝の川, 云つて其男を顧み, 云つて其祝ひだつて下すつたの, 云つて其罪に對, 云つて其處に立つ, 云つて其骨を遺し, 云つて具合の悪い, 云つて内地にゐる, 云つて冒険を喜ばれる, 云つて冷くな, 云つて冷評した, 云つて出口の方, 云つて出立しました, 云つて出迎へて呉れた, 云つて刀を持つ, 云つて分れた, 云つて切りに喜ん, 云つて切符を買, 云つて列車が通り過ぎ, 云つて初から其の, 云つて判事を見上げた, 云つて別れの辭, 云つて利益不利益の問題, 云つて利章がわざと, 云つて前後して, 云つて剛情をはりました, 云つて剣を着け, 云つて劇団の大同団結, 云つて劉は小さな, 云つて力三は悪戯者, 云つて加寿子は出, 云つて加集は歸つて來, 云つて労つて呉れます私, 云つて勝手な気焔, 云つて勝気な秀子さん, 云つて勧商場のある, 云つて包みをかツ浚, 云つて北京へ敦煌, 云つて北劍は同じ, 云つて北星といふ新, 云つて北海メール第一面, 云つて十三月一年であります大功, 云つて十二日の間, 云つて十五になる, 云つて十八才になります, 云つて十分間で元通り, 云つて十四五人の同勢, 云つて十字を切りました, 云つて半分の者, 云つて半分冗談に真, 云つて卓を叩い, 云つて南京鼠の入り, 云つて南夫婦をじ, 云つて南泉といふ禅坊さん, 云つて南洋の殖民事業, 云つて南部酒と鮮鯛, 云つて単刀直入に話, 云つて博士はしばらく, 云つて危ぶなくその, 云つて危んだの, 云つて即日ドユペル・ドユツサンと云, 云つて却て面白, 云つて却つて落胆させてはと, 云つて原稿生活を持続, 云つて去年から頼ん, 云つて友はちよつと眉, 云つて友人の番地, 云つて友人賀古鶴所さんの許, 云つて友人間にも議論, 云つて双子が出, 云つて反対したぢ, 云つて収まつて了つた, 云つて取り敢ず俺, 云つて取り返しのつかぬ思ひ, 云つて受取つた, 云つて口数も少い, 云つて口籠つた, 云つて古事記にも大, 云つて古今の畫家, 云つて古典の美, 云つて句切をし, 云つて台所へ走, 云つて右も左, 云つて合財袋を持つ, 云つて吉尾は用事, 云つて同人の凡て, 云つて同性の蒙る, 云つて同情して, 云つて同様の関係, 云つて同行せられたの, 云つて名刺も置かず逃げる, 云つて名古屋へやつ, 云つて吐息を衝いた, 云つて向うがあの, 云つて向う岸とさし, 云つて向方側の隅, 云つて吸物椀を下, 云つて吾人は直に, 云つて吾妻橋からドンブリ, 云つて呑牛は義雄, 云つて命日には必ず, 云つて品物を下さい, 云つて唇と咽喉, 云つて唐紙を開けた, 云つて唐草模樣の燒繪, 云つて唯の詔詞, 云つて喙の紅い, 云つて喧嘩をし, 云つて喫んだので, 云つて嚴しく氣, 云つて嚴重なこと, 云つて囚人であつ, 云つて四五人が一度, 云つて四人でチャンボウ, 云つて四周の人たち, 云つて四辺を白い凄い, 云つて団扇さへ膝, 云つて國の生産, 云つて土の上, 云つて土手の上, 云つて土方人足が相手, 云つて圧えて, 云つて坂本は待ち, 云つて坂部は傍, 云つて坊主にまでなる, 云つて埃の中, 云つて堀は中泉, 云つて堤の上, 云つて塀越に隣, 云つて境界を変, 云つて墓へ案内, 云つて壁ぎはの綿, 云つて変にガツチリ, 云つて変つた事もない, 云つて変名の手紙, 云つて夕方になる, 云つて夕方ランプのま, 云つて夕涼みに来る, 云つて外国語学校の夜学, 云つて外套の内, 云つて外櫻田の黒田家, 云つて多く具象的文字を用, 云つて多忙に働き, 云つて夜具の襟, 云つて夜着を跳ね退ける, 云つて大そう家人を笑, 云つて大の字に突ツ, 云つて大井広介にネヂ, 云つて大分僕を攻撃, 云つて大分顏が赤く, 云つて大半彼が代, 云つて大器氏は其家, 云つて大変不機嫌ですよ, 云つて大抵の事, 云つて大抵二百三十幾日目とかで生む, 云つて大衆向きを標榜, 云つて大阪の住人, 云つて大騒ぎを演じ, 云つて天日の歩み, 云つて天明四年正月十一日に歿, 云つて天聲は氷峰, 云つて天鹽の土地, 云つて太兵衞に傘, 云つて太刀帶の陣, 云つて太田父子は待合室, 云つて夫婦は喜ん, 云つて失敬して, 云つて失礼だつたら許して, 云つて奧の床, 云つて女の子が追, 云つて女中相手に独り, 云つて女優たちを上手, 云つて女同士の一種執着, 云つて女房持小兒, 云つて女房持小児の二人, 云つて女王は狭い, 云つて女車掌が紹介, 云つて好意を謝し, 云つて如何しても, 云つて妄りに干戈, 云つて妾は仕方, 云つて妾問題は破壊, 云つて姿をくらます, 云つて威張つたつて今に降参, 云つて嫌でした, 云つて子供ふたりは直ぐ, 云つて孝高の妹婿, 云つて孫四郎は形, 云つて學校通ひを, 云つて安堂寺町五丁目の本屋会所, 云つて安心してを, 云つて安易に事, 云つて安藤が來, 云つて実の小さな, 云つて実父は, 云つて客の顔色, 云つて客間へ案内, 云つて室を出た, 云つて宮地君の昔, 云つて宮崎県に行, 云つて宮重久右衞門の實兄, 云つて家庭教師に佛國人, 云つて家康が關, 云つて家族は全部女中, 云つて容堂の荒胆, 云つて宿屋を出, 云つて寄さなかつた, 云つて寄すから頼む, 云つて寄宿舎には帰らず, 云つて寔に結構, 云つて寝台の端, 云つて實は, 云つて寶玉丸と云, 云つて寺方や物持百姓, 云つて寿司の重詰, 云つて尊敬されるの, 云つて小娘の間, 云つて小室翠雲さんのお, 云つて小屋頭の支配, 云つて小布施を訪ねる, 云つて小河がちよろちよろ石, 云つて就職を乞, 云つて屆くで, 云つて屏風の向う, 云つて山奧へ連れ, 云つて山女魚を籠, 云つて山里の人々, 云つて屹ツと睨みつけました, 云つて巡査をにらみ付けた, 云つて左右の肩, 云つて巧に姿, 云つて巧みに笑つた, 云つて巴里でかこつた相手, 云つて巴里市の守本尊, 云つて巻烟草に火, 云つて市内随一の日本料理, 云つて市場にも出, 云つて師匠が笑つた時, 云つて師岡氏は其季, 云つて帰つた時自分は何と, 云つて帰りをせき立てる, 云つて帰途に西小辺門, 云つて帳場机の上, 云つて帽子の鍔, 云つて平井は立つ, 云つて平太郎は巧, 云つて平素気が付け, 云つて年増の叔母さん, 云つて年給四十両であつ, 云つて幼児の事, 云つて幽邃な山中, 云つて幾つかの大, 云つて庄吉はドカ, 云つて底の脹れた, 云つて底光りのする, 云つて座敷へ這入つた, 云つて座蒲団を引つ, 云つて廉介は眼, 云つて延子の顔, 云つて弓三は往来, 云つて引きさがる, 云つて引き歸した, 云つて引上げそれから家, 云つて引合した, 云つて弟子を呼ん, 云つて弥六を連れ, 云つて張り子板の音, 云つて強情を張る, 云つて強盗であるかも, 云つて彈力の塊, 云つて彌生は突き飛, 云つて当局に調べ, 云つて形附の裳, 云つて往来のまん中, 云つて後ろ向きに腰, 云つて後向きに坐つ, 云つて徒らにヰト, 云つて得意そうにプカアリ, 云つて從來宣教師達が祖先崇拜, 云つて御免なさい, 云つて微かに笑つた, 云つて徹男を自分, 云つて心持顔を赤く, 云つて必死の思ひ, 云つて志田君はキヤツ, 云つて思切つて寝返りを打つ, 云つて思考の中心, 云つて恋愛の心情, 云つて恥をかいた, 云つて息子の身体, 云つて悄氣返つて居た, 云つて悟空は俺, 云つて患者は仰向い, 云つて悦びの胸, 云つて悲んだり憤つ, 云つて情状酌量するの, 云つて惑星と云, 云つて惚れ惚れする声, 云つて惜まれた, 云つて愁歎して, 云つて意張つても見, 云つて意識して, 云つて感じは東京, 云つて感謝した, 云つて慰撫に務める, 云つて憤慨した, 云つて憮然として口, 云つて憾みを述べた, 云つて懐を撫で, 云つて懷中から手紙, 云つて成行きに任せ, 云つて我々はゲーテ, 云つて我儘な老爺, 云つて我善坊を出た, 云つて我国の, 云つて我輩は決して, 云つて戯弄ふの, 云つて戸隱山か黒姫山, 云つて所天を少し, 云つて手の平で切る, 云つて手拭に包んだ, 云つて手桶の底, 云つて手洟なんぞかんだ, 云つて手製だと, 云つて手足をばらばら, 云つて托されるので, 云つて拳を卓子, 云つて拵へて貰, 云つて拾円ふだを, 云つて持札を棄てる, 云つて振りかへつて, 云つて捷平も死に, 云つて掌を返す如く, 云つて提灯をだしました, 云つて換へました, 云つて握り飯をこし, 云つて支へられる, 云つて支那の裁判所, 云つて放免せられる望み, 云つて散々ばらばらに逃げました, 云つて散々愚痴をこぼした, 云つて散り散りに繁み, 云つて散歩の序, 云つて敬稱されて, 云つて数人の侍, 云つて文学の平俗化, 云つて文樂の男太夫, 云つて斎藤氏が持つ, 云つて料理を進めた, 云つて新刊書を持つ, 云つて新町通丸太町下る西側, 云つて日本国を貶し, 云つて日本読みにする, 云つて昇は目, 云つて明き屋買ひ占め事業, 云つて明和五年五月十三日に歿, 云つて昨夜は外, 云つて是非さうさせると, 云つて時男さんはじ, 云つて時計は渡さず, 云つて普通の人, 云つて智恵子は睫毛, 云つて智惠子は睫毛, 云つて暇をつぶす, 云つて曖眛な返事, 云つて曲者の本領, 云つて書生は群集, 云つて書画を鑑定, 云つて最初はこの, 云つて最後まで愛撫, 云つて有名な皺だらけ, 云つて服紗を刀柄, 云つて朝の卓, 云つて朝日の煙, 云つて木を痛められる, 云つて木戸の方, 云つて木賃宿の裏手, 云つて本を伏せた, 云つて本屋の方, 云つて本文を読ん, 云つて本物のスキー, 云つて札幌だらうが, 云つて机を道端, 云つて杉山には金五両, 云つて村の子供等, 云つて杖を持つ, 云つて杯を持つた, 云つて東洋行の英吉利人, 云つて松田は小指, 云つて枕もとで腰, 云つて林檎の肩先, 云つて枯草や胡蘿蔔, 云つて柳原の古著屋, 云つて査公がやかましく, 云つて柿紅君と一緒, 云つて根は暴力団, 云つて桂子は大きく, 云つて桃割れの女, 云つて桃色の柔, 云つて案内者が先, 云つて桑野の方, 云つて梅廼屋を迎, 云つて梨枝子の手, 云つて棒のやう, 云つて森本が獨身, 云つて椅子から転げ落つる, 云つて椶櫚で拵, 云つて楽観して, 云つて榛軒の日光山, 云つて榮子を夏子, 云つて槇君はみんな, 云つて様子が好い, 云つて横着をきめ込ん, 云つて横顏を平手, 云つて樺太などよりも北海道, 云つて機嫌が惡, 云つて機関車の右, 云つて次の間へ行かう, 云つて欣ぶ, 云つて欺された内務省, 云つて歌詞は六行一聯, 云つて歎かれたの, 云つて歎息したといふ, 云つて正直を自白, 云つて正面から攻撃, 云つて此奴は一番酔つた奴, 云つて此年に堂宇, 云つて此度は私, 云つて此方から訊く, 云つて此詞の意味, 云つて武井さんは不意, 云つて武骨な腕, 云つて歯を出し, 云つて歴史における自然的, 云つて歸らうと, 云つて殆ど毎日顔を合, 云つて残つてゐる聴衆, 云つて殿様からの下され, 云つて毎夜あちこちの柱, 云つて毎戸に村, 云つて毎日これは滾し, 云つて毎日一枚づつ繪葉書を出し, 云つて氏は静か, 云つて気分家らしく軽く, 云つて気持よくその, 云つて気焔を吐いた, 云つて氣ばかりぢ, 云つて氣遣つてゐる, 云つて水瓶を手, 云つて汁椀の中, 云つて汝ほどあの, 云つて江戸へ屆, 云つて江戸川をな, 云つて池袋の駅, 云つて沢山の写絵, 云つて河内から大和路, 云つて泊つたのださうですが, 云つて泊りに来, 云つて法律の制裁, 云つて泣喚いて, 云つて洋盃を取り上げた, 云つて派手なグリン, 云つて流派がある, 云つて浅瀬の中, 云つて浅草へ連れ出した, 云つて海岸の方, 云つて淺井の顏, 云つて渡り場へ駈け寄せた, 云つて渡辺さんのバラック妙高, 云つて渡邊さんのバラツク妙高, 云つて満足な歌, 云つて溜飲を下げよう, 云つて滝の傍, 云つて滝野は一寸, 云つて演劇鑑賞の内容, 云つて激賞して, 云つて瀬田は自分, 云つて火にくべかける, 云つて火事を見, 云つて火桶の此方, 云つて火鉢に手, 云つて灰皿から吸, 云つて炎の向う, 云つて炬燵に尻, 云つて無意義な政策, 云つて無意識の衝動, 云つて無邪気に笑, 云つて煙を吐き出し, 云つて煙脂だらけの黒い, 云つて煤煙の入, 云つて熱心に勸め, 云つて爐邊で足袋, 云つて父親に月々五円, 云つて爺いさんは, 云つて爺いさん達は腹立たし, 云つて片隅へ他, 云つて牛込の弟, 云つて牡丹刷毛を渡し, 云つて物を貰つて, 云つて特徴のない, 云つて特殊といふ, 云つて独り柏が人, 云つて玄徳をし, 云つて玄關まで來, 云つて玩具や襁褓, 云つて現在も亦, 云つて琥珀群青色の指輪, 云つて生を否定, 云つて生徒の愛国心, 云つて生産品を奉つ, 云つて用ゐた迹, 云つて田中智學さんにほめられる, 云つて田沢は心臓, 云つて由が出前, 云つて甲斐ないはかな言, 云つて男女愛染の規則, 云つて町では人達, 云つて画家の, 云つて画集の末, 云つて畑へおり, 云つて畑尾は二つ, 云つて留吉の頭, 云つて留学を志ざし, 云つて留守をたのむ, 云つて畢ふので, 云つて畫家の, 云つて畫布を持ち出した, 云つて疊三枚程する, 云つて疑いがあなた, 云つて病室へ行く, 云つて病的にする, 云つて痛罵を始める, 云つて登山袋を背, 云つて發賣禁止になつたの, 云つて百人も這入, 云つて皆んながお, 云つて益に繕, 云つて盗人を嚇した, 云つて盜難屆に判, 云つて目禮して, 云つて直分れも, 云つて直子のやう, 云つて直接訊いて, 云つて相方のおせん, 云つて眞正に内面的, 云つて真奈ちやんが子供部屋, 云つて真面目に制する, 云つて着物の襟裏, 云つて矢ツ張り敷島さん, 云つて矢張り摘んで, 云つて矢張笑つてゐる, 云つて短気な言葉, 云つて石けんを泡立て, 云つて石垣が残つて, 云つて碌に挨拶, 云つて確でないとは, 云つて祖父母や母, 云つて祭壇の設け, 云つて禁止する必要, 云つて禮を云, 云つて私どもは内々, 云つて私ア医者ぢやア, 云つて私男のひと, 云つて私等二人を上町, 云つて私行上に欠点, 云つて秋山伊豆を挙げた, 云つて稍暫くあんぐり, 云つて種々なもの, 云つて稱讚しこれ, 云つて空元気をつけ, 云つて空間に区切り, 云つて突つ刎, 云つて立上らうと, 云つて立腹するの, 云つて竹の皮包み, 云つて竹村書房から金, 云つて笑つたさうである, 云つて笑つたのである, 云つて笑つた昔の日, 云つて笑つて一人づつの仕切, 云つて笑つて藤村を見, 云つて笑顔もせず, 云つて笛村樂塾の主人, 云つて筆戰上の敗北, 云つて答へると, 云つて米の皮ぢ, 云つて糸鬢奴の頭, 云つて約束して, 云つて紅つ気, 云つて紅毛は大きく, 云つて紅茶をガブリ, 云つて納まつて, 云つて納屋に入, 云つて納得させた, 云つて紙ぎれに書きつけた, 云つて紙幣を差出し, 云つて紙牌を示した, 云つて素人ぶる必要, 云つて素子と別れた, 云つて結城ひろ子はほつれ毛, 云つて結婚のため, 云つて給仕が顔, 云つて絶対不可能な点, 云つて絶望の色, 云つて絶望状態や痴呆, 云つて綺麗な酔漢, 云つて綾子が取, 云つて縁側を踏み鳴らした, 云つて繁代も彼, 云つて繼母にそれとなく, 云つて美智子は頬, 云つて義父にどう, 云つて義男の手, 云つて羽織を脱い, 云つて翁は更に, 云つて肝腎占なつて貰つた事, 云つて肩を叩いた, 云つて胃袋の端, 云つて背の網, 云つて胡魔化すより, 云つて胸先をさす, 云つて脇差を抛り出したさうだ, 云つて腕まくりをし, 云つて腕組みをした, 云つて腰をあげ, 云つて膳の上, 云つて臂を前, 云つて自ら上り乍ら此の, 云つて自問自答をし, 云つて自己催眠にしか當ら, 云つて自慢する, 云つて臺所のこと, 云つて舅は初めて, 云つて與田さんの話, 云つて舌でも出したかつた, 云つて舞踏會やら演藝會, 云つて舟の由来, 云つて船員へ交渉, 云つて船頭に艪, 云つて良子はツン, 云つて色の黒い, 云つて色々の書物, 云つて色とりどりといふわけ, 云つて芋を二つ三つ, 云つて芝居のやう, 云つて芭蕉の句, 云つて花屋の店, 云つて芸術の革新, 云つて芸術家気取りの独りよがり, 云つて英也はアイリス, 云つて英語の勉強, 云つて茶の間の火鉢, 云つて茶屋にあ, 云つて茶屋酒なんぞを飲ん, 云つて茶菓を供, 云つて莞爾した, 云つて華やかな魅力, 云つて葉書が何百枚來よう, 云つて著述して, 云つて蒲団を冠つた, 云つて蒲團を飛出した, 云つて蓉子さんはお, 云つて蔭で笑つて, 云つて薬をお, 云つて薬局にいいつけ, 云つて藝者は裾, 云つて藝者どもは珍, 云つて蘇生した, 云つて虱をすすめた, 云つて蛇の不具, 云つて衆人の目, 云つて行火の上, 云つて衛生知識を授け, 云つて被告は鼻, 云つて裁判長はぐつと被告, 云つて裏を返し, 云つて裸の膝小僧, 云つて褞袍の胸, 云つて西暦二百四十年波斯に生れ, 云つて西森はそのまま, 云つて西洋人のそれ, 云つて見物人は皆秀ちやん, 云つて親に紹介, 云つて親切にし, 云つて親族關係で日本, 云つて親父の肖像画, 云つて親爺は尤も, 云つて観に行かない, 云つて観念があつ, 云つて角までやつ, 云つて角大と云, 云つて記事を朗読, 云つて許さるべきもの, 云つて誘つたが, 云つて誡めてくれました, 云つて誤りはない, 云つて誰かが私, 云つて誰かのを一挺, 云つて諸国の浪士, 云つて謎は解ける, 云つて謙遜して, 云つて講説した, 云つて謝絶した, 云つて謳歌した反動性, 云つて警察へ頼ん, 云つて警察前まで乘, 云つて谷の生返事, 云つて豊橋在から来た, 云つて豐橋在から來, 云つて豪放な人物, 云つて貞元釋教録による, 云つて貰つた歌である, 云つて買ふ, 云つて買つた鳩と鶏, 云つて賄のこと, 云つて賛成した, 云つて賞める人, 云つて賢太郎が幕, 云つて質問したこと, 云つて質札をなげ, 云つて贅澤なもの, 云つて赤インキで消し, 云つて赤児をその, 云つて足蹴にする, 云つて跟いて, 云つて跡部は火事, 云つて路上で何, 云つて路次の溝板踏鳴, 云つて踵を旋, 云つて身体のまめ, 云つて身内の大人達, 云つて身體を半分後, 云つて軍士の渇, 云つて農村本来の純粋, 云つて辻褄の合, 云つて辻馬車に乗, 云つて近江屋の店, 云つて返事をした, 云つて退屈さうな笑, 云つて逃仕度をする, 云つて通つて行つた, 云つて連りに, 云つて進ちやんはすぐ, 云つて進歩の悪い, 云つて逸散に欧洲, 云つて遁げてゐた, 云つて遊びに来た, 云つて運動会の時, 云つて過言でない程, 云つて道具立の出来上ツ, 云つて道廳などが尤も, 云つて道翹は本堂, 云つて遠回しな厭味, 云つて遠慮しましたら鳥, 云つて遠藤の家内, 云つて遠野はちよつと考へた, 云つて邦子のところ, 云つて部長と顏, 云つて都べての人, 云つて酒井は, 云つて酒手を遣らう, 云つて酒肴を饗, 云つて里子は階下, 云つて野口君は決して, 云つて金口の莨, 云つて金太をつれ, 云つて鈴を鳴し, 云つて鉢巻をし, 云つて鋏で切つて, 云つて鎌倉までの汽車賃, 云つて鑑定証の付いた, 云つて鑵詰を明け, 云つて長太郎はむつくり起き上, 云つて長男の勇雄, 云つて長谷から電車, 云つて門人を城, 云つて間違ひないと, 云つて間違いない, 云つて関はないだらう, 云つて関口君が特に, 云つて闘士としての思ひあがり, 云つて阪本さんが車夫姿, 云つて附近には私一人, 云つて降りもせず, 云つて陛下とは云, 云つて随いて, 云つて際限なく数多いもの, 云つて隣の位牌, 云つて隣室に居る, 云つて雀斑だらけの醜い, 云つて難じたり, 云つて雨の中, 云つて雨戸にも密, 云つて雪子は快活, 云つて電報為替の封筒, 云つて電灯を点けた, 云つて電車に乗つ, 云つて静に後, 云つて静物やなんか, 云つて面白をかしく, 云つて革新さるべき人々, 云つて靴の底, 云つて鞘で空, 云つて頁をまくる, 云つて頂戴のつそり, 云つて頑強に言, 云つて頬を突いた, 云つて頸をだ, 云つて額に出た, 云つて顏氏の女, 云つて顔色を変, 云つて風にゆられ, 云つて食はなかつた, 云つて食つてゐる, 云つて飯も食はず, 云つて養父の手, 云つて餘り小さい, 云つて馨が下, 云つて馬の轡, 云つて馬上姿の自分, 云つて馬琴は自ら, 云つて馬越には色, 云つて馬鹿七はおい, 云つて馬鹿気た見得, 云つて駄々をこねる, 云つて駄目よ母さん, 云つて駅までジョオ, 云つて駐在所を出た, 云つて駿三の方, 云つて騷いだ事, 云つて騷ぎ出す, 云つて高一もなるべく, 云つて高座へ上, 云つて高慢税を進ん, 云つて高村軍曹は眼, 云つて髪を切つて, 云つて髯が立派, 云つて鬼塚から抗議, 云つて鮭を半分手, 云つて鯉が水面, 云つて鴉片酒を飲む, 云つて鶴吉は一日店, 云つて鶴村は煙草, 云つて鶴次郎の留守, 云つて鹽の湯, 云つて麹町區元園町の醍醐侯爵邸, 云つて黄褐緑或は藍色, 云つて黒人の王, 云つて黒岩万五を去らせよう, 云つて默つた, 云つて點を打つ, 云つて鼈甲屋の娘, 云つて鼻目金を外した, 云つて齋藤氏が持つ, 云つて齒を喰, 云つて龍吉を引張つ, 云つて龍子はふつ, 云つて龍馬の側, 云つとりますがな, 云てつてるぢ, 云てるから私, 云てるではない, 云て踊りをし, 云でもありませぬが, 云ところなれども, 云としてあるだけ, 云今は, 云なされたがな, 云なるべし捜し取る事と, 云にはあらねど, 云にもあらざるよし, 云のみにて解釈し尽す, 云はいであたしの, 云はうならかの浅草, 云はくむかし年久しく猫, 云はく将門之事, 云はく武蔵介経基の告状, 云はく額に箭, 云はく類に三種, 云はじそのま, 云はじ山に向, 云はじ春の夜, 云はじ浪に得し, 云はずそれ等の片側, 云はずどこと言, 云はず一目散に逃げ, 云はず上になつ, 云はず下向き勝ちに義雄, 云はず世に先んずる, 云はず事件に連, 云はず云はねば, 云はず人答へずである, 云はず人類の進歩, 云はず体と云はず, 云はず何の氣, 云はず何處も眞黒, 云はず兎に角, 云はず兵といふ方, 云はず其れであると, 云はず其盛装した令夫人, 云はず其盛裝した令夫人, 云はず劇場料理店停車場ホテル舞踏場如何なる所, 云はず十人と云はず, 云はず半ば下げすむやう, 云はず友達等が来, 云はず唇を押しあてた, 云はず坂を登つた, 云はず家庭にも街頭, 云はず平らかに笑み, 云はず庭と云はず, 云はず廊下と云はず, 云はず後を思はず, 云はず心覚えをたより, 云はず怨みも云はず, 云はず我等の良人, 云はず拳骨玉を振りあげ, 云はず政治経済上の自由, 云はず教育と云はず, 云はず数歩と云はず世, 云はず敵と云はず, 云はず明治二十六年の昔, 云はず昼と云はず西, 云はず朝と云はず昼, 云はず木と云はず, 云はず棚と云はず, 云はず森と云はず雲, 云はず泣きもせず, 云はず湯槽へ肩, 云はず燈火といはず, 云はず片端より截, 云はず物置の上, 云はず生物が地上生活, 云はず男性たる喜多村河合, 云はず畠とも云はず, 云はず畳に食, 云はず白日虹のさす, 云はず百人と云はず, 云はず秘訣とか心得, 云はず突立つたま, 云はず突進む神變不思議なる自動鐵車, 云はず笑顏も見せない, 云はず紛々たる文壇, 云はず羽目板と云はず, 云はず腹と云はず, 云はず膝とも云はず, 云はず良三郎だつた頃, 云はず良様とも云はず云, 云はず虹汀に斬り, 云はず蚊うつ団扇の, 云はず西からも東, 云はず話に従, 云はず足音荒く僕, 云はず辻と云はず, 云はず道のない, 云はず雲と云はず, 云はず頓て忽ち, 云はず頸と云はず, 云はず顏を赤く, 云はず顏色を變, 云はず顔を赤く, 云はず馥しき黒方の香, 云はず鳥と云はず片端, 云はず黒を白く, 云はせようとする, 云はっとこねえさ, 云はにやならんの, 云はねんだからどうぞ, 云はねエこつちや, 云ははつても, 云はばもう心を, 云はめやも, 云はる無問自説, 云はるべくもない, 云はれしかば今日, 云はれすぎるくらゐ, 云はれたくはない, 云はれたですね, 云はれたならばこれ, 云はれたるは至當, 云はれないだらうと云, 云はれないもつと繼續, 云はれぬであらうか, 云はれねえ内だ, 云はれましたでございませうか, 云はれりやア, 云はれるでもあらう, 云はれる如くたとへ翻訳劇, 云はれる息づまるやうな, 云はんかたなく美し, 云はんたってもう, 云はんだ今世界, 云はんわれにし, 云はん否とやいはん, 云はん変な興奮, 云はん後もなし, 云はん方がい, 云はん此の二國, 云はん長安の貴女人, 云はん顔して, 云ひあつたりする, 云ひあてて悪魔, 云ひあてた奴は, 云ひあらはすことは, 云ひいでむ, 云ひうなだれた頭と, 云ひうるある種, 云ひおくれてし, 云ひおん身の, 云ひかうまで申す, 云ひかかると, 云ひかくる啼声の, 云ひかけられる位ひ, 云ひかけるらしかつた, 云ひかければ初手, 云ひかたが惡, 云ひかねませんからねえ, 云ひかはせし夫の, 云ひかへすのでした, 云ひかへた言葉では, 云ひきかさうとした, 云ひきかされてゆき子, 云ひきかせたのだらう, 云ひきつたことも, 云ひきつて了ふの, 云ひくさる, 云ひくだすこ, 云ひくるめてし, 云ひくるめられどんなに飜弄, 云ひけんから衣胸, 云ひこしらへ, 云ひこめてやらなけれ, 云ひさうでもある, 云ひさせしに傍, 云ひさわがれるのとはずつと, 云ひしたいことを, 云ひしれず憎悪の, 云ひし如く罪と, 云ひすぎたといふ気, 云ひせずなりにけり, 云ひそびれたので後に, 云ひそびれるものを, 云ひたい丈のこと, 云ひたい事はずん, 云ひたい事一つ云はずに我慢, 云ひたい人があつ, 云ひたい景色であつ, 云ひたい樣な細りと, 云ひたい気持です, 云ひたい立派な, 云ひたい細君との間, 云ひたい處さ, 云ひたい衝動を彼, 云ひたい表情である, 云ひたい許りに, 云ひたい陰氣な餘韻, 云ひたい露出症的な風景, 云ひたい風貌を備, 云ひたかったのでせう, 云ひたがる型通りな, 云ひたくなかつたが, 云ひたけりやあ云つて, 云ひたければ自分, 云ひたりとか云, 云ひたれど二子, 云ひだしさうなので, 云ひだすかと思ひ, 云ひだすかなにをしでかす, 云ひちらした無茶苦茶を, 云ひつくしてゐる, 云ひつくすことの, 云ひつくせる人でした, 云ひつけですから, 云ひつけるだらうほんのちよ, 云ひつければ後, 云ひつけ呉れむと立出掛け, 云ひつづけるのである, 云ひつぱなしにするあたりはあいつの一流だ, 云ひつるなり既に世, 云ひつる如く後ろより, 云ひつる如くうしろ, 云ひと猶詞, 云ひないな, 云ひながらだん, 云ひながら上つて, 云ひながら台の上, 云ひながら後に随, 云ひながら末の出す, 云ひながら立上つて隣に行, 云ひなさいますがね若し, 云ひなさらないのだ, 云ひなさンな, 云ひなだめてゐた, 云ひなれ聞きなれてゐる, 云ひにくさうな樣子, 云ひぬ寝てのみあれ, 云ひぬ病める人白き, 云ひぬ醒めて後, 云ひのこして去つた, 云ひはじめたがさすが, 云ひはじめると女, 云ひはやされるがある, 云ひふくめておきます, 云ひふくめられてゐた, 云ひふらされてゐた, 云ひふらしたが実際, 云ひまぎらして彼女は探る, 云ひましたらさうですかここら, 云ひます見受けた処君は, 云ひませんで黙, 云ひめさるなよ, 云ひもつと氣まぐれ, 云ひやしないのに人, 云ひやすぜ, 云ひよつた處へ, 云ひよどんだが, 云ひよらずとも掬ん, 云ひよるのは, 云ひわけめいた事も, 云ひ下す言葉に, 云ひ争ってゐる, 云ひ交しながら通つて, 云ひ交したか, 云ひ付けし事は, 云ひ付けた通りの, 云ひ付けたいものだ, 云ひ付けられては堪らない, 云ひ伏せられた腹癒が, 云ひ伝へしヤコブの, 云ひ伝へたのかも, 云ひ伝へられてゐる, 云ひ伝へられるこの云, 云ひ兼ねたらしかつた, 云ひ兼ねない人である, 云ひ出さる, 云ひ出さば笑, 云ひ出させたくつて斯, 云ひ出された頃には, 云ひ出されたら容易に, 云ひ出しかけたやうだつ, 云ひ出したげなりしが自己, 云ひ出したひには単に, 云ひ出しやがつて, 云ひ出せなかつたので他, 云ひ出せなくて帰つたの, 云ひ出せることに, 云ひ出でざること無き, 云ひ出るに至り, 云ひ分けられてゐる, 云ひ分つてわしども, 云ひ切らせたのである, 云ひ切らぬうちに, 云ひ切られると夫人, 云ひ切るなら新しい今, 云ひ切るべきところを, 云ひ切れぬから君, 云ひ初めたと思, 云ひ判れば直ちに, 云ひ到る處杉檜が, 云ひ剰へ僕, 云ひ募らうとした, 云ひ去り書き終つたなら, 云ひ古りし常の, 云ひ古るした物の, 云ひ合うて騷ぐので念佛寮, 云ひ合うた事を, 云ひ合さねどいづれ, 云ひ合せて耳, 云ひ合ってるのが, 云ひ含めたつもりな, 云ひ告げながらぺつたりと其処, 云ひ囃されて居る, 云ひ回し方が, 云ひ奉贈と云, 云ひ始めたともなく, 云ひ始めぬのに, 云ひ寄つたりすれ, 云ひ寄られても袖, 云ひ尽くされてゐる, 云ひ尽くした様な, 云ひ尽さなかつた一項目即ち, 云ひ尽された議論である, 云ひ居る處へ, 云ひ巡島記と, 云ひ差出者を, 云ひ廻してつまらなく, 云ひ当てられたのでちよ, 云ひ当てることが, 云ひ後れたがただ, 云ひ得ざるにや, 云ひ得たりといふべし, 云ひ得べき事は, 云ひ得るごとく此一疋の, 云ひ得るであらうと思ひます, 云ひ得れば, 云ひ忘れてはならぬ, 云ひ思ひ切つた踊りも, 云ひ慣らされたバツカスとか, 云ひ慣れないために, 云ひ慰めませど, 云ひ懸くるにも頓着, 云ひ抜けたつもりで, 云ひ押し合ひ, 云ひ掛くると, 云ひ掛けますと私, 云ひ放したら又世, 云ひ放すならば苦勞, 云ひ放せばこの, 云ひ放つたなり徳蔵にも, 云ひ散らされたときは, 云ひ替へればわれわれ子供, 云ひ来れば甚だ, 云ひ棄てて帰, 云ひ棄てるのが, 云ひ残したいやうな, 云ひ残せし言葉は, 云ひ殺氣死氣病氣憂氣驕, 云ひ泣いてゐた, 云ひ洩らしてある, 云ひ消されたが忌, 云ひ消して廻つたの, 云ひ消したが実, 云ひ淀んで居る, 云ひ添えたが彼女, 云ひ渋り乍ら云つた, 云ひ渋るところで, 云ひ渡さる, 云ひ渡されてゐた, 云ひ渡されたことは, 云ひ渡したぞ既, 云ひ渡す事が, 云ひ漏してはならぬ, 云ひ現した日本語の, 云ひ現すならば, 云ひ現すべきかを知らない, 云ひ直した方が, 云ひ直したいところである, 云ひ確かめる計りで, 云ひ立つればお, 云ひ立ててそこ, 云ひ終つたらそつち, 云ひ終らずにおいて身, 云ひ終らぬうちに, 云ひ続けたが, 云ひ考へて少し, 云ひ聞かされるのが, 云ひ聞かせたのである, 云ひ聞かせたらよからう, 云ひ聞かせるつもりで, 云ひ聞かせ叱らなければいけない, 云ひ聞くだけ聞け, 云ひ聞せられる爲に, 云ひ聴かせながら立ち去る, 云ひ聴かせたことが, 云ひ聴かせることは, 云ひ苛めに帰つて, 云ひ落したが俺, 云ひ表したことを, 云ひ表す事が, 云ひ見そこな, 云ひ視觸等の, 云ひ触らしたに過ぎなかつたです, 云ひ訳するやうに, 云ひ誇る者も, 云ひ誤ひをし, 云ひ負けたる気は, 云ひ貪るやうに, 云ひ起ちてかなた, 云ひ足さなかつたが同じ, 云ひ足りはしないだらう, 云ひ足りなかつたところも, 云ひ足りぬ部分も, 云ひ込められた口惜しさ, 云ひ返さないではゐられなかつた, 云ひ返した時私はが, 云ひ返せば彼, 云ひ逃れる術は, 云ひ通してとうどう, 云ひ遅れましたがおとうさん, 云ひ過ごしは堪忍, 云ひ遣つた人の, 云ひ遺して東京, 云ひ開くことが, 云ひ阿母さんソツクリで, 云ひ附けられました珈琲を, 云ひ飛びつくやうな, 云ひ馴らしてゐる, 云ひ馴らした百本杭の, 云ひ馴れたのでこの, 云ふいい氣持ちを, 云ふいやな感じ, 云ふいんねんだらう, 云ふうだらうと, 云ふうらなひ, 云ふえらい権式で其の, 云ふえらい真似はとても, 云ふおきよはどう, 云ふおふれの建前, 云ふおほわたこわた, 云ふかたちです, 云ふからあたしがお父さん, 云ふからお前も当, 云ふからお前さん等に殺される, 云ふからこちらへでも寄つて, 云ふからすつかり云, 云ふからそも, 云ふからそこまで送, 云ふからそれ見ろこんな大きな, 云ふからそんなら今夜, 云ふからわたしは横, 云ふからウム詩は志, 云ふから一度行きましたがね, 云ふから一首作つて書いて, 云ふから下手だつたが, 云ふから二三日世話になりました, 云ふから何れも頑是, 云ふから余は隣組反対論者, 云ふから其で其樣なに自棄糞, 云ふから刮目して, 云ふから北寮丈にホク, 云ふから十五から結婚, 云ふから印南が五十前後, 云ふから印度濠洲南洋諸島へ掛け, 云ふから原稿さへ貰, 云ふから君達は未だ, 云ふから呑牛と僕, 云ふから園は江戸, 云ふから大使館として色々, 云ふから家来にした, 云ふから尾張中将斉朝の市谷門外, 云ふから弘化三年に壽, 云ふから心配するな, 云ふから恐くは兄鈴木, 云ふから成程是, 云ふから我々もその, 云ふから早桶の蓋, 云ふから是が大昔, 云ふから晩出の画録, 云ふから木を持つ, 云ふから梧堂は籔下辺, 云ふから流石に頼山陽, 云ふから父淳昌は天保十年, 云ふから現在人民に與, 云ふから百足が幾千疋, 云ふから稍離れ過ぎて, 云ふから稽古を観た, 云ふから米もまた, 云ふから表から御, 云ふから袂の中, 云ふから西洋は七世紀, 云ふから非常に喜ん, 云ふから韻字なんか要らぬ, 云ふから餞別をし, 云ふかセンチメンタリズムだよ, 云ふかノスタルヂイとでも云ふか, 云ふか井河氏のほか, 云ふか千年振りと云ふか, 云ふか宗教的感情といふもの, 云ふか店先きでさ, 云ふか後悔と云ふか, 云ふか挽歌と云ふか, 云ふか溝と云ふか, 云ふか生れついて, 云ふか私はあの, 云ふか詩集と云ふか, 云ふか難関はそこら, 云ふか雲林の松, 云ふがごときものです, 云ふきはならず, 云ふきかん気が此男, 云ふきまりになつ, 云ふくせがあつ, 云ふけどさ実際, 云ふけふこそ下らない, 云ふことがなかつたらステパンは, 云ふごとき意味にて, 云ふさうなチウ, 云ふしお母さんのお, 云ふしそれに踵, 云ふしわたしはなんにも, 云ふし今は新聞, 云ふし映画も毎日観, 云ふし此人は大人, 云ふし澤山君は職工, 云ふせつぱつまつた嘆声が, 云ふそつくりな似, 云ふたつて自分, 云ふため例に因り, 云ふたらばまた, 云ふたんだあ, 云ふた方が寧ろ, 云ふた通り夫れまで, 云ふだろ抱いて行つて, 云ふちや処女会, 云ふてあることだ, 云ふてたさ, 云ふてちツとも, 云ふてよこしたので御座います, 云ふてゐたのです, 云ふて下さる異見について, 云ふて下され大丈夫大丈夫で, 云ふて呉れ不承知か, 云ふて喜んだものです, 云ふて居た汝が, 云ふて居られぬ進んで苦痛, 云ふて帰りし其日の, 云ふて置いて出, 云ふて置いたが, 云ふて置けと草履, 云ふて聞かせるだよ, 云ふて見よ次第により, 云ふて遣したが汝, 云ふて避けて仕舞, 云ふであらうか, 云ふで有らうが實際, 云ふとあまり長い旅, 云ふとあんまり戦争の, 云ふといつたもん, 云ふといかにも不良少年でも, 云ふといろいろの議論, 云ふとうんとスピードを, 云ふとえらく寺の, 云ふとこれからでも行つて謝つて來, 云ふところ其意味明かならず殆ど了解, 云ふとして先づ, 云ふとした俗傳, 云ふとそれほど絶望的な, 云ふとそんなに家庭が, 云ふとだんだん歌舞伎新劇と, 云ふととかく執念深いだらう, 云ふととても蠱惑的だ, 云ふとどうでせう, 云ふとなぜさう躍起, 云ふとまだ沢山ありますが, 云ふとまるであなたの, 云ふともちろん私と, 云ふとやがてその部屋, 云ふとやはりこの建物, 云ふとよし心得たと, 云ふとりおや, 云ふとりますんぢ, 云ふと一向差支ない, 云ふと一寸そぐは, 云ふと一旦取り上げた原稿, 云ふと丁度フランスの, 云ふと何故に金, 云ふと全く結婚其の物は, 云ふと初めてあの人, 云ふと到底人の, 云ふと又頻に, 云ふと同時に最もはやい日本語, 云ふと同時に突然両眼, 云ふと唯友人の, 云ふと大いに味ふ, 云ふと少し失禮だ, 云ふと常にどこか, 云ふと後で酷いぞ, 云ふと必ず子を, 云ふと必ずしも己れ, 云ふと忽ち雪崩れを, 云ふと抑も假名, 云ふと斯くの如き, 云ふと既に假名遣, 云ふと時に依ると, 云ふと暫くして, 云ふと未だ意識に, 云ふと段々相手の, 云ふと毛頭横着を, 云ふと決して決してさうでは, 云ふと然うでは, 云ふと畢竟ずるに, 云ふと直ちに反対論が, 云ふと若し佛教が, 云ふと要するに逢坂が, 云ふなア, 云ふない女に, 云ふならかうして飮, 云ふならさう云つ, 云ふならそんでもえ, 云ふなら引き受けることに, 云ふなるとなり人, 云ふばてれんが殺された, 云ふふがひない, 云ふふざけたことを, 云ふべからず此際我等の, 云ふべからず仰ぎて是, 云ふべきであると云つて, 云ふべきですね, 云ふべきでどか儲けの, 云ふべきでないと云つて, 云ふべきなのである, 云ふべければ星野博士, 云ふべしだと僕, 云ふほめ方を, 云ふまじきを, 云ふまじと毎朝天道氏神, 云ふまたさう考へて居る, 云ふまでなくイデオロギー上甚しき相違が, 云ふまはりあは, 云ふみたいだけど若し, 云ふむほん氣が, 云ふめるはこの, 云ふもいつはりの, 云ふものめいたが何, 云ふもんじやない, 云ふもんちがふ, 云ふもんなんだ, 云ふも有る事か, 云ふやからみな己, 云ふよりか布のやう, 云ふよりやまるで数, 云ふらしかつた, 云ふらしいがその, 云ふわねえぢや, 云ふんじやないからい, 云ふんださうだよ, 云ふんださうですがそんな, 云ふんだ出して見せる, 云ふ傷ましい事件が, 云ふ凝り方だ, 云ふ動かすことの, 云ふ勝れた狂歌師が, 云ふ化の皮, 云ふ化物連の事, 云ふ取留の, 云ふ取りつめた考へに, 云ふ受け答へを, 云ふ啼き声が, 云ふ堪へ難い隙間, 云ふ巡廻裁判が, 云ふ己惚れがひそん, 云ふ年老いて死に, 云ふ引き締つた感じが, 云ふ役に立つかと言, 云ふ心づかひはしなかつた, 云ふ忘れられた美しい海辺, 云ふ怒鳴り声に, 云ふ懸け声と共に, 云ふ打ち明けたやうな, 云ふ掘割りの, 云ふ映畫會社の, 云ふ望めない望みにも, 云ふ楽しみ名著を, 云ふ止み難い空想, 云ふ殺気立つた光景を, 云ふ洒落さへ, 云ふ炙をす, 云ふ禿げかたを, 云ふ節で歌, 云ふ罵言で, 云ふ羽ばたきさへ, 云ふ蔑む如し形よから, 云ふ行き届いた設備が, 云ふ見えない影に, 云ふ見るからに思案, 云ふ見下げた卑劣な, 云ふ観方を, 云ふ触込み初日前より, 云ふ誤れる制度に, 云ふ議さへ起つ, 云ふ貼り札の, 云ふ躍利を, 云ふ通りさ, 云ふ過つて手, 云ふ遣りやうでありました, 云ふ際立つた意識も, 云ふ頭数へたつた, 云ふ顰め面である, 云ふ飛んでもない, 云ふ駆歩の, 云へたならば, 云へた人はま, 云へとのことです, 云へどわづかに, 云へなんぞ人人の, 云へばさ君は, 云へばをぢ答へて, 云へもするし, 云へるあるを見出しつ, 云へるではありません, 云へるであらうか, 云へるなるが東, 云へる如き大盤石の, 云へる知れる老女を, 云べしつのくに鵜殿, 云ましたけれど女房, 云ましてね大層, 云まじや又, 云までは十一代也, 云やあ一日もこう, 云やあ半打だ, 云やあ町に出, 云やさうだなあ, 云やすむこつちやない, 云やせんよ, 云やったな, 云よし見えたれ, 云よっとか, 云よったが今日び景気, 云よりは義理に, 云よるとな小, 云よるんぞ, 云よれバチが, 云るごとく中皇女, 云るでしょうこの室, 云るならそうしましょう, 云るなるべしと有る如く, 云る如く忍之, 云る言葉からまことに, 云れない方が, 云れぬよ罪人, 云れまいの念, 云ろうとした, 云ゆる, 云わさんが, 云わるべき優れた作品である, 云わんが宜, 云んで皆な, 云アリ又原中ニ水田, 云イオッタガ始末ガカン気ニサワッタ故ソレナソニシテイタラ, 云イオッタソレ迄ハ千五百石, 云イオッタ位ダガトウトウキズモ直リ, 云イオッテ困ッタガ, 云イオッテ今晩ハ剣難ガ有ルガ人ガ大勢痛ムダロウトテ心当リハ, 云イオッテ始メトハ違ッテオレノウチヘモ来タ故三九郎, 云イオルカラオレガイウニハ足下ハ裏店神主ナル故何事モ知ラヌト, 云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, 云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, 云イオルカラ頼ンダラバ私ヘ暇, 云イオルソレカライロイロ咄シテイルト奇妙ノコト, 云イカケタ言葉ヲ僕ハ怺エテ, 云イカケテオ前ト云イ, 云イカケテ予ハ云イ直ス, 云イカケテ云イ直ス, 云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御番, 云イソノツイデ又通ジタ, 云イツケタノカ知ラナイソノ晩ノ十時, 云イツヾケテ悪党ガッテイタガソノ女房ニ泣カレルトカラッキシ意気地ガナク, 云イナガラ結構生活, 云イナガラソノ実腰, 云イナガラ嬉シソウナ顔ヲシテルワ, 云イナサイコチラハ婆ヤガ今帰ッタノデ僕一人ダ, 云イナサルカライロイロミンナガ留メタガ少シモ聞カズシテ, 云イ人デ虎ノ門外桜田町, 云イ出シタラソノ取扱ガ云ウニハ今オ, 云イ出シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, 云イ出セズ躊躇シテイルトコロヘ持ッテ来テ予ノ高飛車, 云イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 云イ含メテ来マシタ思召次第ニナリマショウ精一郎サン大小ヲ渡シマスト云ッテ渡シタラ, 云イ居ッタ地主ガ或日, 云イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 云イ聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 云イ聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, 云イ聞カセテ御役, 云ウオ邸デ御, 云ウカラウチヘ帰ッタラ座敷ヘ三畳, 云ウカラオレガイロイロ工夫シテ翌日カラ登城サセテタラ大御番ニナッタ, 云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 云ウカラオレガ云ウニハソレハ兄デモ御言葉ガ, 云ウカラオレハソノ道ニハ今マデ手, 云ウカラオレハ外ヘ遊ビニ行ッタラバ, 云ウカラオ友達ノ或, 云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, 云ウカラソノ事ヲ咄シテ, 云ウカラソノ約束デ別, 云ウカラソレカラソレハ小量ノコトダ煙草ヲスウトモ修行ノ出来, 云ウカラソレモシナカッタ姉ガイロイロ心配ヲシテ, 云ウカラムリニ仲ノ町ノオ亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, 云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 云ウカラ先ズ悴ヲヒドク叱ッテヤッタラ, 云ウカラ右ノ次第, 云ウカラ四月初メニ松平内記, 云ウカラ居タガ人ノコトハ修メテモオレガ内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, 云ウカラ慎ミ様モナイ最早親父ガ死ンダカラ, 云ウカラ権之助, 云ウカラ橋本ニ聞イタラソノ通リダト云ウカラ大キニ, 云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 云ウカラ考エテミタラバオレガ心得違イダカラ夕方ウチヘ飛ンデ帰ッタラ, 云ウカラ聞届ケタト挨拶ヲシタカラ悦ンデ翌日死ンダカラ, 云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 云ウカラ行ッタガソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, 云ウカラ許シテヤッタラ大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, 云ウカンシャクニサワッタカラ吸物椀デ一パイ呑ンダラ大勢ヨッテ, 云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 云ウガソウダトスレバコレモ予ヲ揶揄スル積リナノカモ知レナイ, 云ウガ彼女モオシャベリデハ引ケヲ取, 云ウガ最初ニ訪ウタノハイツノコトデアッタカ殆ド記憶ガナイ, 云ウケレドキット彼女ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, 云ウケレド面ト向ッテ颯子ニソンナ命令, 云ウコトガアッタニシタッテ僕ハソレヲ取リ上ゲル気ハナインダ, 云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 云ウコトガ正常ナ性ノ快楽ガ享受出来ナイト云ウコトガ, 云ウコトガ違ッタラ生キテハオ目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 云ウコトデアレバ他ニ神経, 云ウコトニレントゲン検査ノ結果診断ガツイテオリマス, 云ウコトハナイデショウ僕ヲ楽シマセルト同時ニ, 云ウコトハメッタニナイノニ昨夜ハ夜中ニ眼ガ覚メ耐エ難イノデ佐々木, 云ウコトハ明カデナイガ多分割下水時代, 云ウコトヲ彫リ手ニ知ラセズニ, 云ウコトヲ誰モ云イ返ス者ハナイニ, 云ウタノノコトヲモッテアテツケルヨウニ聞ユルカラカネテソノ咄モ聞イテ居タ故ニ, 云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 云ウタラ大頭伊兵衛橋本庄兵衛最上幾五郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 云ウトイカニモ善人臭ク聞エルガ涙脆ク, 云ウトオレノ家来分, 云ウトカエッテ疑イヲ, 云ウト予ハ彼等ノ結婚, 云ウト予モ彼女ノ食イ残シガ廻ッテ来ルコトヲ豫期シテ, 云ウト婆サンガ代リニ佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 云ウト私ヲソンナミダラナ女ト思ウノデスカト, 云ウト茶碗ニ飯ヲ盛リカケテイタノガ, 云ウドウイウ訳ダト云ウカラ右ノ次第, 云ウナヨマダソンナヨボ, 云ウナラ今回ハソレダケノ準備ヲシテ取リカヽルカラ, 云ウニハオノシハナゼ正之助ヘ知恵ヲツケテ, 云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 云ウニハオマエガオ入リニハ, 云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 云ウニハソレハアナタガ御無理ダ, 云ウニハソレハ兄デモ御言葉ガ, 云ウニハナント是デモカレコレイウカト云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 云ウニハハジメテ見テ, 云ウニハヒッキョウハコノ講中ハオレガ骨折故出来タヲ, 云ウニハ一パイ飲メトイウカラ酒ハ一向呑メヌトイッタラ, 云ウニハ今度ハ快気ハオボツカナイカラ悴ノコトハ万端頼ムカラ嫁ヲ取, 云ウニハ今度友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 云ウニハ今日ハ始メテ参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, 云ウニハ何モ持ッテキテガナイカラ何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 云ウニハ勝様ハ女難ノ相, 云ウニハ孫一郎ガフシダラ故ニ, 云ウニハ左衛門太郎殿オ前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 云ウニハ必ズオマエハ食ヲ断ッテ死ヌダロウト思ッタ, 云ウニハ正之助ヘ書状, 云ウニハ誠ニ別世界ダトテ余念無ク, 云ウニ太平楽ヲヌカシテコキ遣ウ, 云ウノガアルソウデス根治スルコトハ出来ナイガ三四錠ズツ一日ニ三四回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, 云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 云ウノガモウ気狂イニナリカケテル證拠ヨ, 云ウノダガ妻ハソレニハ不賛成デ母親トシテ監督スル責任ガアルト云ウ, 云ウノダ南平ニ聞クニオノシガ出過ギタコトヲイウトハ失礼ダト, 云ウノデアッタガ黙ッテイルト, 云ウノニ似テイルガ, 云ウノニコノ暑サハ異常, 云ウノハタイルニシテ見タラ濡レテイル時ツル, 云ウノハ五子モ暫ク奈良ヘ行ッタコトガナイノデ, 云ウベキハ陰険ナ四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ, 云ウモノガアッテ中尊ニ, 云ウモノヲ載セテイル, 云ウモンデゴザイマスカネエソレハ気ガツカナイコトヲ申シマシタガソンナニオ怒リニナラナイデ下サイ, 云ウヨウスデシテ決シテ一郎トイウ名ヲタダヨンダノデハナカッタト思イマス, 云ウヨウナコトガアッテハ困ルノデ, 云ウヲ気遣ウ, 云ウンダロウナアンナ女ニナラ殺サレタッテイヽト思ッタト, 云ウンデストコロガソレデ隠サレルドコロカレース越シニ却テ光ルノガ目立ッタ, 云ウ人ガ来テイルカラ命ハ助カルカト尋ネタラ, 云ウ仁ノ屋敷ヘ住ンデイタ, 云ウ処置ヲ五六遍, 云ウ名ヲ陸子ハ流暢ニペラ, 云ウ名ダッタノデソノ仔モ同ジ名, 云ウ呼ビ方ヲ殊更, 云ウ声ガ現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋, 云ウ声ガシテ珍シク彼女ガ朗カナ顔ヲ出, 云ウ大兄ガ返事ヲ見, 云ウ奴デアル, 云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 云ウ性慾的楽シミト食慾ノ楽シミトデ生キテイルヨウナモノダ, 云ウ意味デ缺クベカラザル存在トナッテイル, 云ウ意味ナノカ予ヲ信用シテイルカラト云ウノカ, 云ウ所以デアル, 云ウ才能ヲ発揮シ始メタノデアル, 云ウ才能ノアルコトヲ僕ハ見抜イテルンデス, 云ウ掛金モ出来ヌトイッタラソレデモイイカラトイウ故承知シタトテ帰シタラ, 云ウ時ニ直グ変ニ, 云ウ書附ヲ出, 云ウ有名ナ絵草紙屋, 云ウ気ガシタコトハ事実デアル, 云ウ気持ヲ実, 云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, 云ウ点デハ何ト云ッテモ京都ガ一番安全デアル, 云ウ物ガアリマストテイロイロヌカス故オレガ座敷, 云ウ生物ガ限リモナク優秀ニ見エル, 云ウ男ヲ呼ン, 云ウ男ガ研ガ上手ダカラ呼ンデオレノ住居ヲ分, 云ウ男ナノデアルガイタイケナ子供ガ突然現, 云ウ男ニモ地面内ヘ家作ヲシテ, 云ウ男ニ聞イタ兼ガ遠州, 云ウ目算デアッタガ動キ出シテ見ルト窓際ハ風ガスウ, 云ウ石デスカ, 云ウ確信ヲ持ッテイル, 云ウ者ガウチヘ上ッテイロイロ世話ヲシテクレタ, 云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 云ウ者ト大談事, 云ウ訳デ怒鳴, 云ウ證拠ハナイシソンナコトヲ信ジル者ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 云ウ風ノ吹キ廻シカ, 云エオ前ハ, 云エナイ若イ時ノヨウニ尿ガシャー, 云エバ実ハソウシテ貰ウ方ガ僕, 云エバシャワーノ季節ガ過ギテカラ, 云エバ予ハ颯子ニ媚ビル気持カラ彼女ノ前, 云エバ予モレスリーガ餘リ好キデハナイノデアル, 云エバ春久サンデ思イ出シタ, 云エバ永観堂ノ紅葉ガ綺麗デショウネ, 云ガ如キニ至テハ我ノ大, 云ク芝草ハ常ニ六月, 云ク蕉ハ葉ヲ落サズ一葉舒ルトキハ則チ一葉蕉ル, 云コレヲ南部ニテ十和田ブキト云此根ヲ取, 云ッつけやア, 云ッタカラウチ中ノ奴ハ泣イテバカリイル, 云ッタカラオマエハ最早五十年ニオナリニナサルカラ, 云ッタカラソノ通リニシタラ追, 云ッタカラホントカドウカ試シテ見タノサ, 云ッタカラ同人ガオレニ咄ス故, 云ッタカラ大兄ガ立腹シテオレヲ呼ビニヨコシタ, 云ッタガアノ時ハ恐ラク, 云ッタガソウイウ僕モ彼女ニ劣ラヌ陰険ナ男, 云ッタガドウヤラコウヤラ少シ楽ニナリカケテ来タ, 云ッタガ佐々木ガ腰ヲ押シテクレル, 云ッタガ本当ニ痛イ時デナクテモイヽ痛イ, 云ッタガ江戸ヘ来, 云ッタガ考エテミルト実ハ, 云ッタキリ強イテ来イトモ云ワナイ, 云ッタケレドモ冷エ方モコレホドニナルト痛ミト, 云ッタソノ時ニ短刀ヲ女房, 云ッタッケナ何トカ云ウ有名ナ絵草紙屋, 云ッタッテアンナ大キナ立派, 云ッタライヽノカ己ハ今マデニアンナ妖艶, 云ッタライヽノカ色ッポイト云ッタライヽノカ己ハ今マデニアンナ妖艶, 云ッタラウチジュウガオコッテ地面ヲ返, 云ッタラオ望ミナラサセテアゲマスト云ッテクレタ或ル待合, 云ッタラソンナラ今暑イ盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ, 云ッタラバ仕立屋メガ直グニ口, 云ッタラバ内弟子ガ出テドコカラ来タトイイオル故ニ, 云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, 云ッタラ不法ノ挨拶ヲシオル, 云ッタラ何ニシロオマエガ断ワルト出来ヌカラ加入シロト云ウ掛金モ出来ヌトイッタラソレデモイイカラトイウ故承知シタトテ帰シタラ, 云ッタラ兄ガ云ウニハナント是デモカレコレイウカト云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 云ッタラ取扱ガ来テ御支配ヨリオンミツヲ以テ, 云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 云ッタラ女ノウチヘ私ガ参ッテ是非トモ貰イマスカラ, 云ッタラ手前ガ手段デ勤道具, 云ッタラ木村ハチョット困ッタ顔, 云ッタラ聞済マシテ連レテ行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, 云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 云ッタラ金ヲ五十両持ッテ来テ, 云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 云ッタ塩梅デアル, 云ッタ嫌イドコロカ好キ, 云ッタ彼女ト春久ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 云ッタ類ヲ製造スル会社, 云ッチャイラレナイヨ今度行ッタラコレガ京都ノ見, 云ッテアヤマルカラオレガ云ウニハヒッキョウハコノ講中ハオレガ骨折故出来タヲ, 云ッテイタガアマリ長イノデ木村ハ気, 云ッテイタガ午後四時ニ来タ, 云ッテイタラ際限ガナイカラ予ハ近々ニ婆サンニ無理ニ承諾サセテ壊シ屋, 云ッテイルジャナイカアレモオ前サンガ亭主ニソウ云ワセテイルンダロウト, 云ッテイヽカ悪イカ分リマセンケレド, 云ッテオレニ庭ヘ出, 云ッテオ節ガヒドク叱ラレテイルノヲ, 云ッテクレタ或ル待合, 云ッテクレタソノ時隠居ヲシテ息子ガ三ツニナルカラ家督ヲヤリタイトイッタラソレハ悪イ了簡ダ, 云ッテクレタ人モアッタガ困難デ不愉快, 云ッテクレテ江戸ヘ帰レトイウカラ, 云ッテクレロト云ウタラ大頭伊兵衛橋本庄兵衛最上幾五郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 云ッテソコヘ颯子ガ這入ッテ, 云ッテソノアト一時間ホド三人デ話シテ帰リカケル様子ダッタノデ, 云ッテタケド案外本気ラシカッタワ, 云ッテナゲ出シタ故オレガ, 云ッテハ取ラヌカラ, 云ッテマシタカラ固ク止メテアルンデス, 云ッテミロ手ハ見セヌト脇差, 云ッテモトテモ彼女ハ大胆ナ, 云ッテモマア汚イトカ, 云ッテモマダ暑イノデ洋装ニスレバイヽノニ, 云ッテモ予ニハ予ノ好, 云ッテモ京都ガ一番安全デアル, 云ッテモ皆サンニ与エテ居ルノデアリマスカラ, 云ッテモ返事ヲシナイ, 云ッテヤッタライヽジャナイカソレデ颯子ガ承知スルモンナラ己ハ文句ヲ云ワナイカラ, 云ッテヤッタラ紅サンハ大ノ慾バリ, 云ッテヨコシタカラ尤モノコトダト初メテ気ガ附イタ, 云ッテルンダソウ決マッタラ早イ方ガイヽ, 云ッテヴィタカンフルノ注射ヲシテ児玉氏ガ帰ッテ行ッタノハ夜中ノ二時デアッタ, 云ッテ三人デ出, 云ッテ二人デ乾イタタオルヲ持ッテ濡レタ体, 云ッテ以来ハ情ヲ懸, 云ッテ仲直リ同様ニシテ帰ッタラ又, 云ッテ佐々木ハ予ヲ無理ヤリニ寝室, 云ッテ佐々木モ早速気, 云ッテ出タカラ孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 云ッテ努メテ無表情ヲ装ッテ, 云ッテ反響ヲ見, 云ッテ君チャンノカオ, 云ッテ夜中二三回遠クノ日本便所, 云ッテ大事ナ女房ニ本気, 云ッテ妻ヤ敏子ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 云ッテ婆サンノ訊問, 云ッテ寝室ヘ行ッタ, 云ッテ帰ッタ故全ク妙見, 云ッテ帰ッタガソレカラミンナガ南平ヘ頼ムト金ガイル, 云ッテ年カッコウソノ時ノ死ニヨウマデ, 云ッテ廊下ヲ駆, 云ッテ彼女ハ左肩ヲ差出, 云ッテ彼女ハ自分ダケ囲イノ中ヘ這入, 云ッテ注射ノ用意ヲトトノエテ, 云ッテ涙グンダカラカアイソウダカラ段々ト葉山ガ始末, 云ッテ渡シタラ姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 云ッテ現在ノ僕ハ週ニ一回クライ, 云ッテ背中ヲ出, 云ッテ関田町マデ三人デ来, 云ッテ颯子ガチラリト顔ヲ出, 云ットイタノニ勝手ニ這入ッテキヤガッテ, 云ットクガ君ノ方ガ僕, 云ツてんのさ, 云ツテアルガ一向其要領ガ得ラレヌ, 云ナクシカノと注した, 云ハれん事を恐れ, 云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 云ハク十界ニ於テ執心ナキガ故ニ九界, 云ハナイデ欲イヨだつで, 云ハヤマイモノ人作ヲ経タルモノナリ, 云ハルル今日日本ヲ相手方トシテ英獨協商, 云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 云ヒシ當時ノ幼稚, 云ヒ二ヲ緑隊, 云ヒ古事記ニ手を振り, 云ヒ声ヲ呑テ涙, 云ヒ我ニ自由ヲ与, 云ヒ才ノ短, 云ヒ残スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許サス, 云ヒ詩ト云ヒ声ヲ呑テ涙, 云フれんげさうラシクアル, 云フガ如キ笑倒ノ沙汰, 云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 云フガ常デアル, 云フコトデれんげさう, 云フコトトハ全ク別事ナリ, 云フコトナリ危キ事ヲモ犯シテ為サネバナラヌ, 云フコトニテ之ヲ澤山ニ知リ, 云フコトハ英人ガ印度ヲ獨立セシメズ, 云フコトモ無ケレド, 云フトコロヲ手をふき, 云フニ余ガ見ル所ニテハ, 云フニ先ヅ土針カラ解イテ見ヨウ, 云フニ及バズ諸侍, 云フノ他ハ皆金屬, 云フノ理由ヲ以テ, 云フハ必ズシモ希望スル所ニ非ス, 云フハ我一ヲ以テ敵, 云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, 云フベク且ツ社會ノ存立及發達, 云フモノハ一宇モ無シ, 云フモ可ナリ屁ト云フモ亦可, 云フモ失言ニハ非ザル可シ, 云フヲ以テ直ニ範圍狹シトナス勿レ, 云フヲ以テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, 云フ世界ノ批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改, 云フ事ト如何ナル遺物ハ何レ, 云フ事トヲ察知シ且ツ之ヲ以テ既知遺跡實踐, 云フ人ガアルガ若シサウデアツタトシテモ万葉時代ニハモハヤ野生状, 云フ低能者ノ昏迷ナリ, 云フ信仰ト殺ス勿レト云フ信仰トヲ兩立セシムルニ, 云フ信仰根本ノ矛盾ニ立ツ者, 云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, 云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 云フ名ノ影響, 云フ名誉心ニ駆ラレテ暗闇, 云フ囘教ノ信仰ニヨリテ答ヘザルベカラズ, 云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 云フ如キ非難ヲ此, 云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, 云フ年限ヲ豫定シタルハ, 云フ弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 云フ想像説ヲサヘ吐カレツヽアル, 云フ意ニハ非ズ, 云フ意味ニ非ズ, 云フ日忙シ楊万里ハ云フ月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, 云フ月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, 云フ海松見延喜臨時大甞祭図書寮玄番寮民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式, 云フ源因ニ由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 云フ私利的經濟的欲望ヲ掲ゲタル爭鬪ヨリ劣ル者ナシ, 云フ稱ハ物ニ見エタルコト, 云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 云フ者アラバ只國家, 云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 云フ者ハ經驗ニ因テ愈々練熟, 云フ者始メテ自身自國, 云フ耳ニテ變化ス可ラズト云フ意ニハ非ズ, 云フ能力ハ人心ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, 云フ言葉ヲ聞イテドウ思ハレルカ, 云フ言葉ガ悪イノデアル, 云フ長楽未央漢宮瓦高帝五年治, 云トモ只, 云ヘド餘リノ迂, 云ヘバ或ル一種族, 云ヘル早歳能語, 云ヘルニハ非ザルカ, 云ヘルニハ我身ハ居ニ常処ナシ, 云ヘルハ實ニ然ル事ニテ, 云ヘルモ亦然, 云ヘル如ク摸擬ニ長ジテ思索發明ニ短ナリト雖ドモ, 云ヘル如ク決シテ我儘放盪, 云マンジュギクト葉同シテ小サシ茎弱シテツルノ如ク直立スルコトアタワズ花五弁ニシテ厚シ内黄ニシテ外赤シ, 云ワズニ帰ッタオヨソ壱時バカリノコト御座敷中ガ, 云ワセレバ執拗イ恥カシイイヤラシイオーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々, 云ワヌ故少シ安心シテウチヘ行ッタ, 云ワレタノデ這入ッテ行ク, 云ワレタモノダガソノグレイハウンドハ老犬, 云ワレタ時代ノ彼女, 云ワレタ時附添イノ婆サンヤ佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 云ワレテ僕ハ直チニ一ツノ着想, 云ワレテ颯子ト入レ代リ, 云ワレル程ノムズカシイモノトハ思ッテイナイ, 云ワレルトソンナ負惜ミ, 云ワレルマデモナク郁子ヲ信ジル, 云一とせ江戸にて何, 云一段に至り, 云万一の時ハ, 云下し来るを, 云事スクナクタトヘ知ルトイヘトモ江水ノ流, 云事承知して, 云亜刺比亜産を種馬, 云人ハ七年の間, 云付けたところに, 云付けるのを, 云付さするから, 云以下の事項, 云伝えることも, 云伝へられて居る, 云伝へられた毒婦を, 云伝ヘタルハ此辺ヲ越テ加賀川ニ沿ヒ, 云亦在, 云何分出崎の, 云を二十銭三十銭, 云俳諧やはり今, 云候御方防凶徒事武州令見知給, 云ふると, 云を定, 云祿七年十一月廿三日御, 云先生以本月朔病歿今已六日, 云其山のくだけ, 云其水と大倉沢, 云其説を聞かん, 云出されると勘当, 云出したら連騎の, 云出し丹沙を黄金, 云出し兼ていた, 云出せば必ず, 云切ったら何う, 云切れないような, 云北國一の難所, 云升天乘龍役使百神利生之道, 云占者あり彼, 云樂浪郡境及帶方郡並一萬二千里在, 云去れもしまい, 云叛逆之企, 云ヘヨリ本郡ニ白鶴二羽アリ富士, 云邦国の, 云つた, 云合うたが知られ, 云合して夫, 云合したように, 云合った所が, 云名所図絵に俗, 云和州芳野高野山野州日光山殊ニ多シ, 云国家難ニのぞむの, 云堀本一甫の男某, 云如何やうの, 云は自得, 云樂産福子云々, 云家毎に皆, 云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 云小栗ナリ又シバクリト云爾雅, 云居ったうその, 云山内ニ西ヘ指, 云山名富士取郡名也, 云山形ノ似, 云已三四世矣開井之由, 云延し新に, 云廻されては男, 云廻して指, 云張り兼盛は, 云張るに至らね, 云往古此辺に碑, 云得るかもしれない, 云志努波羅能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 云悪党が, 云を用, 云さうに黙, 云憎き意見なれ, 云憶良上京後即ち天平三年秋冬以後, 云所願しほ, 云振りが威嚇, 云捨て立ちにか, 云掛けて到頭, 云掛けたがお前, 云掛けるとは免, 云掛け云う事を, 云掛りといふもの, 云放つて彼, 云故に一奇特の, 云散らして居た, 云にしるし, 云文中に東都, 云旅人人馬断所々の世話, 云日光山中なり, 云日光領栗山村の奥, 云主人得寸株於芳野而所栽, 云明帝景初三年六月倭女王遣大夫難斗米等, 云留于川崎駅, 云是先人竹亭先生遺愛之種, 云是須磨の鼠, 云景気の句世間容易, 云曲者即螫手矣, 云へ維盛, 云棄てて直に, 云楚中有万年松長二寸許葉似側栢蔵篋笥中, 云と云, 云此地既に當國市立, 云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 云此心とも云えり, 云此枯たる草, 云此根ヲ取, 云此物語世に紫式部, 云の中央国界, 云泰衡非指朝敵, 云悲歌寓意一何深, 云消して了, 云淡路法師者幡磨法師之姉聟也, 云渡して纏め, 云温泉に行, 云ふ樣, 云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 云爾ために両家, 云片葉にて常に, 云玄慧法師始講之藤房玄慧同時, 云王子故応慎, 云理曲者即手爛或置蛇瓮中令, 云甲州ニテハ三国山ト称スルコト甲斐国志ニ見ユ, 云當社は古, 云病蚕といへる言葉, 云発句案ずる事, 云相告何太遅, 云神乃言武惡事爾相麻自許理云々, 云秋山は信越上三州, 云なれバ, 云紅黄草二種アル故ト云ハ, 云紛らして, 云紛らすことは, 云終りて其コロップ, 云置き忽ち影, 云置く事も, 云義顯云泰衡非指朝敵, 云翁曰学ぶ事, 云者あなたも否, 云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 云して, 云が大, 云花草をうえ, 云若し俗書は, 云がある, 云を交, 云に着す, 云触すと聞く, 云を再び, 云訳するがかかる, 云証拠がまだ, 云でも, 云詩以調之, 云もあり, 云は絶對, 云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 云賢侯之賜, 云込むつもりであった, 云迂遠なるに, 云に東京, 云れたよう, 云重忠弟親類大略以在他所相從于戰場之者, 云を守っ, 云附けだがオカミサン, 云附け誂え物の, 云難き甘味を, 云難波は常に, 云須彼寺之無道, 云馬八尺爲龍月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 云高市連黒人と注せられ, 云高須人或云竹鼻人, 云麻績堂は國中, 云黒木半兵衛とて千葉十太郎