青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不足~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不断~ 不明~ 不気味~ ~不満 不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~ 不良~ ~不足
不足~
~与 与~ ~与え 与え~ ~与えた 与えた~ ~与えられた 与えられた~ ~与える 与える~

「不足~」 3131, 31ppm, 3766位

▼ 不足~ (392, 12.5%)

11 補って 9 補うため 7 感じて 5 補ふ 3 いうん, 出して, 告げて, 暴露する, 言った, 言ふ, 訴えて

2 [21件] 一時に, 云えば, 劇しく感じた, 感じては, 感じる, 感じるので, 感ずる程, 来たして, 生じ候次第愚, 補うかの, 補うこと, 補うよう, 補う処, 補えば, 補つ, 補充する, 覚えるの, 言えば, 誰にも, 足して, 高利貸の

1 [297件] あわてて, いうつもり, いうと, いうにぞ, いうので, いう境遇, いう程, いう者, いう道理, いつてる, いつまでも, いはぬ, いひながら, いわず唯々諾々, いわれたほど, おぎなうため, おっしゃては, おなげき, お互いに, お喜代ひとり, かえりみ独り嘆, かせぐため, きびしく責めました, こらへて, させないその, すっかり補う, すべての, するの, たしその, とりかへ, どう解決, ならべ出して, なんで補ふか, ぷっと, ほのめかした, ぼくは, みずから知っ, もたらすから, ものがたると共に, やり始めるの, 与えない, 並べて, 云い加えて, 云うん, 云う理由, 云う訣, 云ったら罰, 云っては, 云は, 云ひ, 云へ, 云われる事, 京都に, 人から, 人に, 他の, 他人の, 偶然に, 償って, 償ふ, 充たす, 充たすべき何物, 充たすべき国内消費以上, 免れぬ, 免れませぬ, 別と, 利用し, 取りかへ, 取り返すこと, 取り返すため, 告ぐるを以て, 告げず資本労力, 告げなかったの, 告げ税, 告げ精神勞作, 告げ終に, 唱えたの, 喞つ, 嘆じ, 嘆ずべきだと, 四分の一と, 園に, 埋めるため, 大して感じる, 奇麗に, 完全に, 度々感ずる, 彼らの, 心配しなけれ, 思い主人学, 思い出すもの, 思うとき, 思うならば, 思う筋合, 思わせるもの, 思わせる彼女, 恥ずべきでは, 惜み, 惹起し得よう, 意味してる, 意味する, 感じ, 感じさせるよう, 感じさせる菜園, 感じたから, 感じたので, 感じたらしい, 感じたり, 感じたればこそ, 感じた時, 感じつつ, 感じないから, 感じないもの, 感じない私, 感じなかった, 感じなかったもの, 感じなかつた世, 感じながら, 感じなくとも, 感じは, 感じます, 感じやすく, 感じるが, 感じること, 感じるところ, 感じるなどという, 感じるよう, 感じるわけ, 感じる理由, 感じる程, 感じ一, 感じ夕方散歩, 感じ男子, 感ずること, 感ずることさ, 感ずると, 感ずるという, 感ずるなり, 感ずるので, 感ずるもの, 感ずるよう, 感ずるわけ, 感ずる事, 感ずる位, 感ずる何もの, 感ずる場合, 感ずる所, 感ずる點, 感ぜしめないよう, 感ぜしめるの, 感ぜぬ籠城軍, 憎んでも, 懷かざれ, 懷く, 懸念した, 我慢し, 指摘する, 描くヨブ記八章, 支弁する, 救うこと, 救済しよう, 教えたるなり, 明かに, 是正せん, 暗々の, 暴露し, 更にいっそうはなはだしからしめた, 最大限に, 来したという, 来したとか, 来して, 来し独逸軍, 来すお, 来すこと, 来すであろうと, 来すの, 来すので, 来すよう, 来す傾向, 極端に, 権威者の, 歎い, 残念に, 満す, 満たしたかった, 満たすよう, 牛乳で, 物語った, 物語って, 物語るもの, 狙つてそこに, 理性の, 理由と, 甘んずるの, 生じその, 生じた, 生じて, 生じ候次第, 生ぜざるか, 生ぜしめること, 産むもの, 申しましても, 申す段, 申上げたい, 痛感し, 痛感した, 皆が, 皆納いたし, 相殺する, 看破し, 知って, 知つた, 示して, 示しまた, 示すもの, 第一, 罪と, 聞く譯, 自分で, 自覚せざる, 至急に, 船底の, 薬屋の, 表示する, 補いたり, 補いに, 補うため国防献金, 補うて, 補うに, 補うには, 補うべきもの, 補うべくあれ, 補うほか, 補う額, 補った, 補つてゐたらしい, 補つて余りあつ, 補は, 補はう, 補ひたり, 補ふこ, 補われるとは, 補わんと, 補佐する, 補充した, 補寫し, 見いだし国王, 見いだし夜, 見て取った者, 見るに, 見るやう, 見付け出した, 覚えたよう, 覚えついに, 覚えなかった, 覚え悲し, 覚ゆる, 覚ゆるので, 言いあるいは, 言い出したん, 言うで, 言うところ, 言うの, 言うわけ, 言うん, 言う点, 言えない己, 言って, 言ってるん, 言つ, 言つたばかしの, 言つてゐる, 言はれ, 言ひ出した, 言ふわ, 言へ, 言わせないよう, 言われたの, 言われちゃ, 言われるところ, 訴える, 訴えるが, 訴えること, 訴えるべき余地, 訴へ, 訴へる, 訴へるべき, 認識する, 請求し, 請求した, 責めた語, 責めて, 責められ, 責める代わり, 難じ, 鳴らすなど, 黙って

▼ 不足~ (383, 12.2%)

33 ために 7 眼を 6 信も 5 分は 4 ない侏儒, 品を 3 ない身分, ものが, ような, 時は

2 [32件] ことを, せいか, せいである, せいも, ため, ためだ, ときは, ないの, ないもの, ない人物, ない敵, ない生活, ない相手, ない身の上, やうな, ゆえに, ようです, 全量は, 分を, 国に, 場合は, 山内は, 悪結果, 時に, 時代に, 為に, 無い五十八歳, 状態に, 疲れが, 程度に, 結果は, 階級者が

1 [248件] あったこと, あつた, あるはず, あるもん, ある訣, あれば, あろうはず, ことが, せいかも, せいだ, せいだった, せいだらう, せいだろう, せいで, せいであり, せいでなけれ, せいに, せいらしい, ためいくらか, ためいったん, ためか, ためかも, ためだらう, ためで, ためであった, ためであり, ためでは, ためでも, ためという, ため一たんこの, ため出来なくなる, ため列車八割削減といふ, ため変に, ため学校は, ため推定し, ため新, ため来春は, ため殆ん, ため消化不良で, ため自然に, ため芝居すっかり, ため通信兵に, ため頭が, ところから, ところと, ところを, ない, ないあい, ないあの, ないだけ, ないと, ないところ, ないどこ, ないまで, ないやう, ないよう, ない世帶, ない中, ない人, ない人がら, ない化物, ない器量人, ない四人, ない国々, ない大, ない夫, ない女, ない妙齢, ない家庭, ない御, ない心, ない思い上がった, ない悲しみ, ない故郷, ない敵国, ない暮し, ない暮らし, ない月々, ない果報者中, ない栄耀栄華, ない様, ない申分, ない男, ない福徳, ない身, ない遊び仲間, ない顏, ない顔, なさ, はれぼったい顔, はれぼつ, はれぼつたい, ほとんど全額, ほどが, ままでした, ものであり, ものはござりませぬ, ゆえにのみ, ようだ, ようで, ようであり, ように, アゲクには, 一つには, 一両二分は, 下においては, 世の中でない, 中で, 中に, 主たる原因, 事情に対して, 二十四本とは, 云いよう, 今日こんな, 今日学生という, 代わりに, 体です, 作家なら, 信でも, 僕を, 兒には, 全量が, 全量でない, 処は, 分が, 分まで, 分二三斗, 分位, 原因との, 原因の, 原因も, 取り分の, 可能性から, 命の, 哀れな, 品あら, 問題も, 嘆は, 困苦が, 土地に, 垂木を, 場合には, 声声が, 多い境遇, 夜が, 女中も, 女房で, 婦人が, 嬰児の, 字ハ御手許より, 存在する, 害悪は, 少し充血, 当節にも, 影響が, 彼には, 心配は, 情けない雑草, 感じ, 憂鬱を, 我が涙, 所を, 折に, 折にねえ, 折には, 折危険不便は, 折柄ふだんは, 折柄むだに, 折柄他に, 折柄老生も, 放浪者奴他人の, 故でしょう, 方面が, 旅の, 時だけ, 時の, 時代で, 時期は, 東西混合劇だった, 樣子である, 欠点を, 段では, 民衆と, 気味で, 演奏ほど, 漠然たる霧, 点が, 為めに, 無いお, 無い彼等, 無い程度, 熱っぽい頭, 爲か, 爲め眠く, 爲竹村書房に, 状態の, 生活とで, 由, 由で, 白眼が, 目が, 眼に, 眼の, 眼附だった, 確実な, 社會を, 程度が, 糞度胸やら, 素子の, 結果たる, 結果たるは, 結果だ, 結果よりも, 結果を, 絵具で, 職業が, 致すところ, 致す所, 若い母親, 著しい時代, 蒼白い顏, 蒼黒い, 衣料ぼろぼろの, 見出しようも, 観あり, 言に対しては, 言ひ, 話が, 資料を, 身では, 躯には, 部分は, 部分マイナスの, 郵便を, 酸素を, 重い気持, 金は, 金額は, 銀行電話の, 頭で, 頭には, 頭は, 顔に, 顔を, 顔色は, 食料品を, 騒ぎまで, 龍子を

▼ 不足~ (251, 8.0%)

13 ない 9 なかった 7 あるまい, ないが 5 ありません, ないと, ないの, ないはず 4 ないけれど 3 ありませんよ, あるめ

2 [11件] ありませんが, ないけれども, ない男, ない筈, なかつた, なくことに, ねえが, ねえん, ねえ筈, 少しも, 必然的に

1 [163件] あつて, あらゆる社会, ありましょうが, ありませんわね, ありません私たち, ある, あるが, あるまいいざ, あるまいがな, ある他国, あろうが, あろうけれども, いえないの, いかんね, いはなん, いよいよはげしく, いろいろの, いわない, いわなん, いわぬという, かくの, この二三年来, ございません, ございませんが, ございませんさあ, ござるまい, ござんすまい, させないという, させぬと, して, すなわち身代, てきめんに, ないか, ないから, ないからな, ないし, ないじゃ, ないじゃろう, ないぞ, ないだろう, ないぢ, ないであろう, ないという, ないので, ないのに, ない一, ない上, ない不足, ない何時, ない正式, ない相手, ない置い, ない訳, ない譯, なお更, なかったであろう, なかつたの, なかろう, なかろうじゃ, なかろう位, なくて, なくとも, なくみんな, なく山の手, なく為すべき仕事, なさそう, なし, なし卿, なし外, なにを, ひどくて, ほとんど不可避的, まずおそらく戦争, もし教育, もっぱら食料, もとよりない, やっと盆暮, よく分っ, わたしの, アルバイトを, ヴォイヴォヂナ地方の, 一九四七年に, 一八〇〇年の, 一般に, 之を, 二千両ほど, 云はれない, 人民の, 何も, 僕が, 全国的現象である, 全部雇い上げ, 再び見る, 十分補える, 単に二, 各家庭, 同じ事, 同情に, 告げて, 命取りだ, 嘗ては, 四六年下半期において, 国内市場における, 変らないの, 大きかった, 大きな豊富, 大将として, 定家たちの, 実にかく, 小さい子供, 常に飢饉, 当然であり, 御座いますまい, 必ずしも幕府, 恐らくあらゆる, 恐ろしいもの, 愛の, 愛を, 感謝のみ, 承知の, 政府が, 文学を, 旱天が, 最も人, 最も恐ろしい, 最悪の, 有害かつ, 此説話を以て, 殊に避けなけれ, 深刻な, 無い, 無いが, 無いで, 無いでしょう, 無いとして, 無い筈, 無くなつた, 申させぬぞ, 申されぬ, 直ちに表現, 相当われわれ, 矢代の, 確かに, 私だ, 税とも, 範頼も, 紙幣によっても, 補はれる, 親戚や, 言いながらも, 言えなかった, 言は, 言ふまい, 言ふまじき, 言へ, 言わぬ, 言わねえ誰, 誤解の, 論理の, 質素な, 重大な, 食物の, 體位の

▼ 不足~ (248, 7.9%)

96 ている 31 ていた 15 てゐる 8 てい, てゐた 6 て居る 5 ています 3 たりする, ていなかった, ておる, て来た 2 ていました, ており, ております, てをり, て来, て来る

1 [55件] ある建具, て, てあっち, ていない, ていないなら, てきた, てしようが, てその, てね, てはいけません, てはもちろん, ては上杉家, ては体中, てももし, ても不具, ても人, ても全く, ても勘弁, ても完全, ても相当, てゐ, てゐたら, てゐなかつた, て住み馴れた, て各人, て困る, て子供, て容易, て小頭, て居なかった, て居ります, て歎, て生れ, て窒息, て肉体, て解決, て貨車, て風呂, て飛んだ, て飢饉, ときには場違い, 勝ちであった, 口笛が, 困難に, 地金の, 大阪からの, 必然性を, 意外に, 感興の, 更にひどく, 腹部などに, 自由ならざる, 責任を, 軍兵も, 醫師からは

▼ 不足~ (158, 5.0%)

4 困って 2 あつた, この播磨, 却, 天然に, 暇を

1 [144件] あがくの, あつたの, あるならば, あんまりうまく, いろんなこと, おことわり無し, お玉さんを, かえっててんてこ舞い, がす, くたびれたから, ここを, このナガイモ, この名, これでも, さうし, しかも運動, したたか可恐い, すぐ寝入つた, せう, そちらの, その頭分, そんなこと, たとえば, たとえば芳さん, たまらないさ, たまらないそう, だめに, とても充分, どうとか, どこでも, な, ならなかったの, ひくひく煩っ, ひどく疲れ, ふら, また海, みんな禿げ, もっと高く, わりゃ嬶, オメカケに, キャベジの, ダメだ, ヒョロヒョロやせ, フラフラし, ヘンな, 一所に, 一週に, 不平だ, 不明確, 不眠だ, 争つて安南漆を, 五人目の, 体に, 何かしら疲労を, 例へば英国人, 元気の, 充分の, 充血し, 処置が, 切ること, 到, 前の, 劔の, 加に, 加之に, 千々子さまは, 半紙ほどの, 危くふっとぶ, 危険である, 危險である, 原稿が, 厭に, 品が, 唯研が, 困つて, 売りたくも, 変に, 大変こまる, 大弱りし, 大阪高島やは, 完成までには, 実は逆, 対局中時々, 少し肥った, 尼になんぞ, 市バス半減の, 帰ってから, 弥助なんかを, 怖しい, 抜き身の, 放校する, 敵に, 明神下まで, 栄養不良で, 案内人も, 正月来一度, 死ぬ氣, 死んで, 殺すもの, 毛が, 気苦労を, 物足らなくあろう, 甚だしく悩んだ, 病気に, 痛められて, 痩せるの, 癇癪を, 百姓の, 皆が, 省て, 眞黒にな, 瞼が, 矢代は, 石井から, 私は, 私を, 窒息し, 筋肉弛緩を, 精神過敏に, 組合長だけ, 統制されてる, 肥り過ぎた身體, 胃弱ぞろいだ, 腕も, 腹立て, 腹立ててか, 落第しかけ, 葉之, 行倒れの, 詩としての, 詰みを, 赤く眼, 身心不調, 近くに, 返さぬと, 適当に, 配給は, 間が, 頭が, 頭の, 頭も, 飛込めない, 首なんか, 鼻血の

▼ 不足~ (158, 5.0%)

10 のか 7 ものが 6 んです 5 ために, のだ 4 のである 3 のは, ものは 2 ことが, ところへ, ものを, んで, 供給によって, 供給の, 故か, 眼に

1 [99件] あるいは不, かい, ぐらいな, けれど, ことである, ことです, ことの, ことは, ときは, ところが, ところも, ところを, のかい, のかね, のかを, のじゃ, ので, のであと, のでありましょう, のであろう, のです, のでそれ, のでみんな切符制, ので信州あたり, ので左手, ので幕府, ので彼, ので往々, ので東京, ので松本箕, ので瞼, ので近藤, ので陸軍省, のと, のとで, のとを, のに心, のに比し, のよ, ほどにこっち, ほど夜長, ほど酔っ, ものの, やうな青んぶくれで, んだ, んだらう, んだろう, んでせう, ヴィタミン, 世間に対して, 中に, 予算では, 光線では, 分で, 分は, 力だけを, 半端な思ひ, 場合には, 境遇も, 女なら, 婿と, 家庭の, 対手だ, 心身は, 急場に, 折は, 掛念を, 揚合と, 故も, 日本の, 時に, 時には, 栄養でも, 物質の, 状態に, 現在を, 理由が, 眼の, 程に, 空気は, 素人農民の, 自分の, 虎に, 蠢動を, 訳は, 訴が, 賃銀を, 資料で, 赤子などに, 農業生産物を, 部分を, 酒を, 面影が, 顔ああ, 顔した, 顔は, 顔を, 食糧増産の, 點は

▼ 不足~ (156, 5.0%)

6 ある, あるの 4 あって, あるもの 3 あれば, こたえて, なかった, 生じて 2 あった, あつた, あるから, あると, あるわけ, あろう, ございましょう, なければ, 饒舌る

1 [106件] あたりまえだ, あったから, あったこと, あったため, あったという, あったら親, あったわけ, あらば, ありあの, ありません, あり健康, あるえ, あるか, あるとか, あるとは, あるならお勝手, あるならば, あるなら何処, あるに, あるん, ある不足, ある様, ある英国, いちだんと激しく, おこり電力不足, お有, こういう時代, この伊曾, この作品, この物語, ござります, すぐ身體, その二つ, その幸福, その次, たださえ, どうして補われる, どの部分, ない, ないけれど, ないと, ないの, ない筈, ましいこと, ましいぼやくやう, ましい顔, ましき事, ましく, もしあるなら, わるいぞ, 一度に, 一時的にも, 一番の, 一途に, 不合理, 云えなかったろうと, 何を, 全く恢復, 出た, 十分ならざる, 即ち二億万円, 原因であったろう, 原因である, 及ぼした争い, 取り返せないと, 問題に, 困難の, 多いので, 大なる, 実際的, 嵩むん, 年々積もっ, 影響したらしく思はれる, 影響したらしく思われる, 感ぜられて, 感ぜられるの, 指摘せられ, 時に生ずる, 最後の, 有つて, 有るとは, 歐米の, 気に, 災いし, 無かった, 無くなったので, 特別強く, 生じたり, 生ずる, 生れ, 百万クヲタアである, 祟って, 私としては, 科学の, 積もって, 続いて, 見えて, 言へる, 起って, 起るや, 起れば, 重って, 長く続け, 露出し, 顔に, 骨髄に

▼ 不足~ (137, 4.4%)

9 なって 5 して 4 思って, 悩んで 3 苦しんで, 陥って 2 ならないため, なるの, 思ひて, 悩むの, 感ずるの

1 [99件] あてられわずか, あらざらん, ありと, あります, あるか, あるやう, おっつけて, お味方, かかって, しても, どれだけ, なったこと, なったという, なったんで, なった勉, なった袁術皇帝, なつた, なやみはじめた学校, ならなければ, なりかけた頃, なります, なりませんか, なり一方, なり動物, なる, なること, なるわけ, なれば, めいぼうも, もとづいて, よほど困った, 不幸にばかり, 不滿, 付妻の, 依る, 先立つて, 刻印を, 加えて, 及ぼす作用, 反して, 反撥が, 受取し, 因る, 基くこと, 基づくの, 基因する, 堪えられなかったの, 容易に, 対処し, 帰して, 帰せられたよう, 店の, 強要せられずし, 思う, 思うでも, 思うという, 思うなど, 思うわけ, 思っちゃ, 思つては, 思はれて, 思われたの, 思われてね, 思ッてとや, 悩まされたの, 悩まされた児玉, 悩まされ始めて, 悩まなかったと, 悲憤痛嘆した, 惱まされた, 惱み, 感ずるもの, 我慾を, 打ち勝つこと, 打ち勝つべくその, 最大の, 服しあれこれ, 疲労した, 相違ない, 禍根が, 窒息した, 罪の, 羞恥を, 腹が, 苦しみつつ, 苦しむと, 見え片, 負うところ, 起因する, 足利勢の, 追はれ, 過ぎず不足, 過ぎるよう, 遠因を, 陥つて, 陥らざるを, 陥らない, 陥り子供, 陥ること

▼ 不足~ (100, 3.2%)

96 という 3 からだ, というの, といふ, わ 2 から, し弾きなれない, ということ, と見え, なんて考へ

1 [63件] からこれ, からこれから, からぢ, からである, からです, からという理由, からといっ, からな, から僕, から土間, から婚礼, から本物, から謎, から銀行, ががんちゃん, がそいつ, がその, がそれ, がなお, がまあ, が利家一族, が時, が漸, けれどせめて, しうまく, し性格, し汚い, し躯, ぞ, つたから, つたとか, つたに, つたの, というで, というべきだろう, という人民, という寺, という時代, といったの, といひます, とか同僚, として立腹, とする, とどうしても, との事, とは思い, とも何, と云, と云う, と仰し, と僕, と卑下, と広い, と思った, と思はれる, と文句言, と言う, なあ, ね, のにけい古弁, よ一寸, わえ, 相当の

▼ 不足~ (97, 3.1%)

6 ない 4 なかった 3 ないが 2 ございません, さること, ないお, ないのに, なく暮し

1 [74件] あって, あらざる身, ありませんでした, あるが, あるでしょうし, あるでせう, あるには, あるまいからの, あるまいぢ, あるめ, ある筈, あれば, いはず, いわずに, いわず芋, おこるの, ございましょうが, ございませんわ, ござるまい, しなければ, そのせい, どうやら馴れっ, ないから, ないだろう, ないの, ないはず, ないらしく, ないらしく暮らし, ない機械, ない生活, ない知的生活者, ない豪家, ない身の上, なかつた, なかろうが, なき二人, なくなった, なくまた, なく安住, なく普通, なく金ピカ, なけれど, なさそう, なしに, はなはだしいこと, もとはと, 一時に, 何も, 出ない訳, 大きな原因, 寿詞に, 感じさせなかった, 感じてないのよ, 感じないという, 感じなかった, 感じなかつた, 感じませんでした, 手伝って, 手伝つてよけい, 指摘出来る, 有ば, 無いさ, 無いのに, 無き身分, 見せないで, 覚えないの, 覚えぬと, 言えまい, 言えませんわ, 言へ, 訴へ, 起り不, 足りた, 述べたくなるので

▼ 不足~ (91, 2.9%)

2 いわねば, それに, なって, 睡眠の, 見えて

1 [81件] あって, あらゆる公人的, ある以上, いうでも, いうべきです, いえば, いくらか, いひ犠牲, いふよりも, おもうの, します, するらしい, その不足, それにもう, それを, なつた, なら清水, なります, なる, なるの, よくない, ビールの, 不安とは, 不安の, 不安定に, 両方から, 云えなく, 云ふ, 云へば, 今朝から, 地震とは, 多数の, 市場の, 平生の, 彼女の, 心理的な, 心配とから, 思いしこと, 思いしもの, 思い他所, 思う, 思うの, 思えるもの, 思って, 思われること, 怠屈, 新円, 暑熱とで, 来たので, 来てるから, 根本的な, 欠乏で, 毎日の, 炭塵と, 無理解, 申さなくては, 画室の, 疲れで, 疲労との, 疲労に, 病人の, 病気とで, 相俟, 空気の, 考えたに, 臨時習慣性との, 衣食の, 言うもの, 贅澤で, 過労が, 過労で, 過労とに, 過労に, 過度の, 道義の, 遺憾の, 酒づかれ, 酒と, 難ずる如き渋み, 頼まれた用事, 餓えと

▼ 不足から~ (68, 2.2%)

5 来て 2 だんだん衰弱, 来る, 来るもの, 生ずるもの

1 [55件] うんと人間, おこるおそろしい, おのずとそういう, くるこの, くるむくみ, この頃電報, して, つねに健康, であろうと, でしょう, でも, ぼんやりした, 二人の, 人々は, 人間生活の, 低下し, 來る, 出来るの, 地主と, 大きい悲劇, 彼の, 普請工事も, 暴を, 更に餘計, 本来の, 来たので, 来たもの, 来た錯覚, 来ないで, 来るか, 来ると, 来る不満, 来る覿面, 来る軟弱外交, 此うなった, 生じたもの, 生じた欠点, 生ずると, 生ずる窮乏, 生まれた新, 生命を, 蒙る窮乏, 街には, 貧農中農は, 起きる狭心症, 起こる現象, 起ったこと, 起ったという, 起って, 起るの, 農民の, 近いうち, 遂に悲劇的, 非常な, 頭の

▼ 不足する~ (61, 1.9%)

2 ことは, ということ, 事は, 場合には, 時は

1 [51件] かも知れん, からと言, ことから, ことと, ことに, ことにより, ことも, ことを, というよう, ところあれ, ところから, とすぐ, とひとつ, とマネージャー, と不幸, と云っ, と云つて, と動悸, と惜しい, と秘結, と色々, と葬儀屋, と言っ, ので, のです, ので焼く, ので牛乳, のと, の虞, ものが, ものであれ, ような, ようなら, ように, わけで, 事である, 事を, 事情が, 八五郎では, 場合も, 所は, 時である, 時などは, 様に, 炉壺は, 程の, 筈で, 者あらん, 者も, 迄に到らう, 雪中の

▼ 不足なく~ (56, 1.8%)

5 暮らして 3 暮して, 暮らすこと 2 叔父の, 揃ひ, 暮らせて

1 [39件] お暮し, かくある, しあわせに, その日, てもおまえ, やって, ゆたかに, 不足が, 人の, 仕送って, 何んで, 使いきったと, 保たれて, 備わって, 働くもの, 剰余も, 勉強が, 取り揃えて, 取り揃へ, 子供は, 居りやんす, 幸福に, 揃ってるし, 揃へて, 数百年を, 斯う, 暮らせるだけの, 此家に, 洞中を, 生い立った坊っちゃん, 生育った, 育った子供等, 育つた人, 育てあげられて, 育てられた少女, 賄えるか, 金庫に, 餅も, 驚愕安然として

▼ 不足らしい~ (47, 1.5%)

14 顏を 6 顔を 5 事を 3 顏で, 顏も

1 [16件] が若い, ぢや, ところが, のを, んで, 事お, 充血した, 腫れぼったい瞼, 色が, 色を, 蒼い顔, 顏に, 顔つきし, 顔は, 顔も, 風も

▼ 不足した~ (32, 1.0%)

1 [32件] お蔭だ, ことは, つて電話か, というよう, とかいいます, のさ, のでわたし, のや, のを, ものが, ものを, ような, 下宿人なぞは, 人生は, 人間が, 人間と, 処置が, 分は, 性教育の, 所を, 果樹にも, 点の, 物が, 理由は, 社会における, 等の, 血色の, 認識の, 赤坊です, 部分を, 部屋に, 際に

▼ 不足という~ (30, 1.0%)

5 ことが 2 ことも, ものは

1 [21件] ことは, のを, ものが, ものだ, ものも, やつで, ような, んなら, ヤツです, 不利益の, 事が, 彼らに, 思いを, 意味は, 方で, 点で, 点である, 点を, 現実条件を, 言葉も, 運命に

▼ 不足である~ (24, 0.8%)

2 が自恃, ことを

1 [20件] からちょッ, からで, からどれ, から審査, か無用, が夫, が爲め, ことが, ことは, し, そのうち食物, という意味, と云っ, と安, と申すべきである, と自, と言わね, ようだ, よりはむしろ, わけで

▼ 不足がち~ (23, 0.7%)

2 だった, なの

1 [19件] だ, だと, であった, ですから, なもの, なボタン, な三人, な台所道具, な家計, な感覚的要素, な淋しい, な現在, な空, な足袋, には相違, のよう, の家計, の戦場, の暮し

▼ 不足~ (21, 0.7%)

2 凶作が, 過度の

1 [17件] あろう, そりゃよう, なんの, ねんやろ, 不妙, 不自由を, 今日釣臺に, 他で, 作者の, 境遇の, 弱点や, 性格の, 死体分娩が, 熟練の, 脚本の, 薬品不足に, 過勞

▼ 不足でも~ (18, 0.6%)

2 あると

1 [16件] あった, あらうが, ありましょうが, ありまた, あるやう, あれば, あろうが, お有りな, したらその, ない, なかった, 医学博士三角康正さんが, 学力の, 思う様, 明るい気持, 身心は

▼ 不足だった~ (16, 0.5%)

1 [16件] からです, から仕方, が老母, とき陸奥の, と答えた, にし, に相違, のか, のかしらと, のである, のです, のでねむい, ので啣, のに, のよ, んだ

▼ 不足なら~ (15, 0.5%)

2 ば人質, やめに

1 [11件] こちらに, そのワク内, ともかくそうでなけれ, ばこれ, ば望み通り, ば詩, 一緒に, 主人へ, 別の, 妹に, 彼処の

▼ 不足すれ~ (14, 0.4%)

2 ば脂肪

1 [12件] ばいろいろ, ばその, ばジャガイモ, ばミルトン, ば何, ば便通, ば含水炭素, ば増加, ば必ず, ば恐るべき, ば直ちに, ば蛋白質

▼ 不足してる~ (13, 0.4%)

1 [13件] からだ, ことが, ことに, それらの, ために, ということ, ところの, に違い, のに気, ものが, 侘びしい, 所に, 脚本だ

▼ 不足ない~ (13, 0.4%)

2 暮らしを

1 [11件] お百姓さん, わたしの, 大世帯, 大世帶, 大将軍たる, 栄達を, 裕福の, 身の上で, 身分だ, 身分に, 連中の

▼ 不足なき~ (13, 0.4%)

1 [13件] ように, 人を, 別社会, 好き縁なる, 家に, 敵には, 生れ付器量と, 相手なり, 程に, 貴嬢様, 身お, 身ながらも, 身に

▼ 不足~ (13, 0.4%)

1 [13件] として吾人, に接ぎ合せたる, のせゐで, のカンヅメ, はいつかお返し, は全部胃, は玉井家, をどうやら, を借金, を私, を補っ, を補充, を諸方

▼ 不足そう~ (12, 0.4%)

3 な顔 1 でしたが, な声, な微笑, な顔つき, に云った, に今, に声, に言う, に言った

▼ 不足であった~ (12, 0.4%)

1 [12件] が十四歳, ことに, ためか, ために, ため論証を, とみえ, と云うべきだろう, と思う, ので, ので従って, ので気, 上に

▼ 不足では~ (10, 0.3%)

2 ない 1 あらうが, あるが, あろうが, ござらぬ, ないでしょうか, なく凍傷, 実に能率, 農を

▼ 不足による~ (10, 0.3%)

1 ので, のであろう, もので, ものであろう, ものと, 妨げは, 妨げよりも, 意味の, 衰弱です, 錯覚から

▼ 不足勝ち~ (10, 0.3%)

1 だと, であった, であったもの, である, なので, なもの, な石油, になつ, に育った, のところ

▼ 不足です~ (9, 0.3%)

2 から, な 1 か, から適当, から鰻, がと考え, ね

▼ 不足なる~ (9, 0.3%)

1 が為, が爲, ところを, にもあらず, に因るなるべし, のみならず, ゆえ無, 事も, 所に

▼ 不足によって~ (9, 0.3%)

2 抑圧される 1 かくも, 多くの, 妨げられるの, 恐るべき飢饉, 生ずる感情, 相殺される, 騰貴する

▼ 不足しない~ (8, 0.3%)

1 ことを, だけのお金, でいる, で手足, どころかそれ, 人は, 様である, 為で

▼ 不足との~ (8, 0.3%)

2 ためである 1 この時代, ために, ため俺は, 擦れ違い, 爲に, 身体を

▼ 不足らしく~ (8, 0.3%)

1 そっぽを, そつぽ, てハグキ, もう一つ, 唇を, 言ひました, 言ふ, 頬を

▼ 不足~ (8, 0.3%)

2 の印, をとられる 1 とも二銭, をとられた, を三銭徴収, を二度

▼ 不足には~ (7, 0.2%)

1 ならなかつた, 思って, 思わない, 明年度銅横浜先売り仕り, 気づかずして, 煙草の, 見えない

▼ 不足のせゐ~ (7, 0.2%)

1 かなチエツ, かも知れぬ, か少量, か酒, と思, にし, もある

▼ 不足~ (7, 0.2%)

1 に達する, の変化, は四四〇, は寄附, は暴露, をわずか, を得る

▼ 不足~ (6, 0.2%)

2 不承知か 1 あらむと, あるべき, それとも時代, 需要の

▼ 不足であり~ (6, 0.2%)

1 この巨人, そこに, また戦争遂行, 外国穀物の, 従って浅薄, 権力的統制から

▼ 不足なし~ (6, 0.2%)

1 と東照公, に供給, に暮らしたい, に育てられた, 手が, 此勢に

▼ 不足などは~ (6, 0.2%)

1 ものの, 全く忘れ, 忽ち詩, 患へ, 患わずとも, 考えるべきこと

▼ 不足なれ~ (6, 0.2%)

1 ども内職, ば, ば主税, ば何程, ば思い切っ, ば諸

▼ 不足といふ~ (5, 0.2%)

1 ことは, ものは, 一点を, 事が, 聲を

▼ 不足~ (5, 0.2%)

1 について何ら, のため, の原因, の関係, は姑

▼ 不足かも~ (4, 0.1%)

2 知れぬが 1 知れない, 知れねえ

▼ 不足したら~ (4, 0.1%)

1 店員某に, 消化吸収の, 胃が, 街道筋の

▼ 不足だったら~ (4, 0.1%)

1 あれで, そう云っ, その分, ば煮る

▼ 不足だろう~ (4, 0.1%)

1 か, がさりとて, がその, と直ぐ

▼ 不足であろう~ (4, 0.1%)

1 かなどとは考えられ, が十八文, と信ずる, と存じます

▼ 不足とか~ (4, 0.1%)

1 人員の, 消化不良とかが, 生後十七年灰色の, 許容限界気温よりも

▼ 不足のね~ (4, 0.1%)

2 え身分 1 えからっけつ曾我, え山手組

▼ 不足より~ (4, 0.1%)

1 来て, 毎も, 脱力を, 遂にあの不

▼ 不足~ (4, 0.1%)

1 えたいの, 休もうと, 境地的な, 月末迄の

▼ 不足~ (4, 0.1%)

1 ではない, なる大原, に聞い, の醒めない

▼ 不足ある~ (3, 0.1%)

1 かわりに, にはあらね, のみ

▼ 不足かと~ (3, 0.1%)

2 烈しく突かれ 1 恐れたり

▼ 不足じゃ~ (3, 0.1%)

1 がそっち, けんな, 頼まれて

▼ 不足じゃと~ (3, 0.1%)

1 おもわるるの, 申して, 申すか

▼ 不足~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やとおも

▼ 不足なり~ (3, 0.1%)

1 大坂にて, 如何の, 然れ

▼ 不足にて~ (3, 0.1%)

1 不平の, 勘定立ざれ, 非常に

▼ 不足または~ (3, 0.1%)

1 不良から, 低さ, 過剰から

▼ 不足よりも~ (3, 0.1%)

1 認識過剰の, 道徳の, 遥かに

▼ 不足~ (3, 0.1%)

1 で中, なもの, なる宋軍

▼ 不足問題~ (3, 0.1%)

1 が話題, は解決, も互いに

▼ 不足~ (3, 0.1%)

1 の調達, は全く, ヲ土井ニ転嫁シテ

▼ 不足かは~ (2, 0.1%)

1 存ぜぬが, 知らねど

▼ 不足~ (2, 0.1%)

1 は決定的, や幼稚さ

▼ 不足さう~ (2, 0.1%)

1 にうなる, に唸る

▼ 不足しか~ (2, 0.1%)

1 あり得ないと, ない

▼ 不足すぎる~ (2, 0.1%)

2 と私

▼ 不足せず~ (2, 0.1%)

1 今猩々, 経済的にも

▼ 不足せる~ (2, 0.1%)

1 はこれ, 成分を

▼ 不足その他~ (2, 0.1%)

1 で就学率, の不満

▼ 不足それ~ (2, 0.1%)

1 に伴, に伴う

▼ 不足だつた~ (2, 0.1%)

1 ため恰も, ので啣

▼ 不足だらけ~ (2, 0.1%)

1 でそれに, の資材

▼ 不足でした~ (2, 0.1%)

1 から今夜, が

▼ 不足とが~ (2, 0.1%)

1 併発する, 相俟

▼ 不足とに~ (2, 0.1%)

1 依る点, 帰する

▼ 不足とは~ (2, 0.1%)

1 更にあらゆる, 笑はせる

▼ 不足とも~ (2, 0.1%)

1 いえず千行, 思わぬ様子

▼ 不足どころ~ (2, 0.1%)

1 じゃございません, では

▼ 不足どころか~ (2, 0.1%)

1 お前さん方が, オツリが

▼ 不足なかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たけれど

▼ 不足ながら~ (2, 0.1%)

1 万事を, 客観的形相を

▼ 不足などという~ (2, 0.1%)

1 極めて原始的, 簡単な

▼ 不足などを~ (2, 0.1%)

1 云は, 補うため

▼ 不足なやろ~ (2, 0.1%)

1 けれど, けれど不足

▼ 不足により~ (2, 0.1%)

1 もっとも困窮, 生ずる困窮

▼ 不足~ (2, 0.1%)

1 何しろ乾い, 大体

▼ 不足のねえほど~ (2, 0.1%)

2 罪を

▼ 不足ばかり~ (2, 0.1%)

1 いうから, 聞きまするでそれ

▼ 不足らしき~ (2, 0.1%)

2 素振

▼ 不足をも~ (2, 0.1%)

1 告げたの, 許さぬ代り

▼ 不足不平~ (2, 0.1%)

1 のほか, は結局

▼ 不足~ (2, 0.1%)

1 の如き, を十分補

▼ 不足無い~ (2, 0.1%)

1 ところに, 衣食そうして

▼ 不足~ (2, 0.1%)

2 亦南北市糴

▼1* [167件]

不足あらんには互に, 不足あるいは恩賞未, 不足いわれるような, 不足からと見えたので, 不足からばかりでなく生産過剰, 不足からもくるが, 不足がましく歎息, 不足くらいどうにでも, 不足この上ない者で, 不足こんな部屋でも, 不足さうでしたがそれでも, 不足さうな返事を, 不足さうに独語を言, 不足さえなければ, 不足さここまでき, 不足さそれが一般, 不足しければ猶, 不足したらしいとか大概, 不足してるだろうね, 不足しますようでしたら, 不足しようともその, 不足じゃろうそれからわし, 不足すりゃ鞭打ちですんだ, 不足するであろうか, 不足せざる見込み立ちたれ, 不足せぬほどの物, 不足やと, 不足たらだらで私, 不足たらしく鼻を, 不足たるや大, 不足だけむちでぶたれるのだ, 不足だったではない, 不足だったろうというの, 不足だって無え金, 不足つまり社会を, 不足であってそれ, 不足でございましたがそれ, 不足でござんすねえ, 不足でしたらいくらでも加役, 不足でしょうがこの, 不足でとつくに, 不足でなければ放漫, 不足というは薬に, 不足といつてわるければ, 不足といふは薬に, 不足とおもふ, 不足とかいうことが, 不足とかいふことが, 不足とから自然宴遊詩から, 不足としてあげられる諸点, 不足とで経営は, 不足とや御手前方, 不足とを忍び更に, 不足ない羨ましい御身分, 不足なかるべしナニ話に, 不足ながらも他の, 不足なさざるばかりなれ, 不足など学校の, 不足などが原因で, 不足などでどうやら急, 不足などではなかった, 不足などにあるの, 不足などによって臆病で, 不足などの所為で, 不足なども抱き始めて, 不足なら止すがよい, 不足なりしことを, 不足なりとて尚, 不足なんかなんにもない, 不足なんだいと六ちゃん, 不足なんださうですよ, 不足な睡りを補っ, 不足についてはなんらの, 不足につき月二回休業の, 不足になつてし, 不足にのみ帰し得べき事情, 不足にばかり思つてゐます, 不足にもありますまい, 不足によっても直接には, 不足によりて罪を, 不足によるばかりでなく世間, 不足に対しある大きな, 不足に対して都会も, 不足に対しては租税の, 不足に対する一つの, 不足に関する危惧が, 不足のせゐであり自ら知る, 不足はござりませぬが, 不足はねえと思っとる, 不足ばかりを余り非難, 不足意志を, 不足の方, 不足やら手不足やらで, 不足ゆゑ問屋の拂, 不足らしいかれの目, 不足らしい下っ引を, 不足らしくいっていた, 不足らしく見て居る, 不足をすら惨憺たる, 不足をのみ意味する, 不足をもって仕事は, 不足ガソリン不足で正, 不足気ガシ脳下垂体前, 不足ニシテ確答ヲ下, 不足ニナル故オカミデ其レ, 不足補ウタメニモシ仮, 不足一円十銭のお, 不足不備の意識, 不足不安がありましょう, 不足不満希望を申せ, 不足不足なやろけれど, 不足觀を, 不足乃至はその, 不足心, 不足之は通じ十一度有, 不足之場に被, 不足云うべからずと或, 不足人口の余剰, 不足以上だから, 不足が不満, 不足俳優的使命の不足, 不足偽不足悪に出会, 不足出征兵の留守遺家族, 不足分七冊のみを実隆, 不足十二銭払ったら剰すところ銭九銭米二合, 不足即ち悟性の, 不足及び反因, 不足味噌醤油はとぎれ, 不足国内的には認識過剰, 不足填補の方便, 不足孤苦無援の木耳, 不足専属として将来有望, 不足工場も不足, 不足の柔かい, 不足に出会, 不足悪性インフレーション防止円ブロックの問題, 不足換言すれば, 不足教師予算の不足その他, 不足斎叢書に収, 不足料金を払ってる, 不足之候者共, 不足極まるといふ顏, 不足榮養不足の兒, 不足に脂肪分, 不足沈潜の不足, 不足物資の配給, 不足生活技術の貧し, 不足異常に大きく固い, 不足睡眠不足で身心不調, 不足石炭不足悪性インフレーション防止円ブロックの問題, 不足砂糖メリケン粉の不足, 不足税六銭が払えない, 不足積りて六百三十六両, 不足一が, 不足をとぬかし, 不足粗食が守るべき, 不足精神過労に加え, 不足紙不足といふ聲, 不足自分一人では, 不足舞台の大道具確か, 不足軍需資材も彼, 不足都会生活の条件, 不足金二十銭払った, 不足銭問屋場の帳付け, 不足開発の設備, 不足預けられぬと仰, 不足の悪