青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「二月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

事業~ ~事物 事物~ ~二 二~ ~二つ 二つ~ ~二人 ~二度 二度と~
二月~
~二本 二郎~ ~二階 ~云 云~ ~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました

「二月~」 2913, 31ppm, 3730位

▼ 二月~ (524, 18.0%)

21 末に 10 末の 6 末から 5 或る, 末まで, 間に 4 ある日, ことで, はじめ頃から, 余も, 初めの, 寒空に, 美しい女 3 ある朝, はじめに, 初めに, 声を, 晦日に, 末で

2 [40件] ことだった, ことであった, ことでした, すえ, なかばの, 一夜, 下旬から, 中旬の, 中旬過, 五日に, 八日に, 六日頃までは, 初に, 初めだった, 初めには, 初午の, 十三日一の, 十幾日に, 十日頃から, 午後八時ごろ三番町から, 夜の, 寒さ, 後に, 感想, 春光を, 最初の, 月末に, 有楽座, 朝の, 末か, 末森さんが, 火事に, 空は, 紀元節の, 終りで, 総選挙, 雪が, 雪を, 頃に, 風は

1 [346件] あたたかい日, あの大雪, あの御難月, ある夜, ある宵, ある寒い, ある日日本, いつであった, おん歌を, かぜの, こと, ことが, ことである, ころに, ごとし猿, ご猶予, しけ三月の, ために, なかばには, なかば陰っ, のちに, のちには, のち上野の, はじめころの, はじめであった, はじめと, はじめには, はじめの, はじめ以来彼が, はじめ頃だった, はじめ頃であった, ほの, むすめブリード, よい日, を食べさせ, コト八日の, ストライキは, ゼネストの, パネルを, パリ騒擾事件, ブリジツトの, プラン, プランは, 一七日であった, 一夜だった, 丁日は, 七日に, 七日頃に, 三か月中における, 上旬だつたらう, 上旬に, 上旬頃長崎の, 上海の, 上高地は, 下勤め, 下席, 下旬でも, 中ごろの, 中ごろまでには, 中に, 中旬で, 中旬まで, 中旬を, 中旬圭一郎と, 中頃から, 中頃と, 中頃に, 中頃にも, 中頃まで, 九日で, 九日に, 事です, 事件には, 事件によって, 事件の, 二ヶ月間に, 二倍の, 二十七日だ, 二十三日には, 二十九日山道を, 二十二日を, 二十五日ごろに, 二十五日刻は, 二十八日の, 二十六日であった, 二十六日に, 二十四日ボルチウンクラの, 二十幾日に, 二十日過ぎに, 二日, 二日すなわち, 五日で, 交マレー半島に, 京橋の, 以上も, 件に, 何日で, 何日であった, 余寒の, 例の, 候が, 儲けは, 八日が, 八日であった, 八日という, 八日は, 八日をも, 六日の, 処女航海に, 処女航路以来非常な, 出しもの, 出代りにも, 出代りの, 出版と, 初なりき, 初め, 初めごろ既に, 初めである, 初めです, 初めにかけて, 初めより, 初めを, 初めエセックスは, 初め一人で, 初め立春の, 初め頃から, 初め頃でございました, 初め頃には, 初午に, 初午に対して, 初午は, 初旬だった, 初旬だつた, 初旬である, 初旬に, 初旬僅か, 別れ霜が, 前に, 勘定も, 勢の, 十一日, 十一日から, 十一日の, 十一日即ち, 十三日は, 十九日に, 十二日には, 十二日風の, 十五日で, 十五日と, 十五日まで, 十六日という, 十四日, 十幾日の, 十日が, 十日であった, 十日に, 午後でも, 午後の, 午後幸子から, 半に, 半ばから, 半ばであった, 半ばまで, 半ば余寒の, 半ば頃だった, 南風で, 吉日式を, 啓蟄三月の, 四日頃だった, 地震で, 埃及は, 場所浅草蔵前八幡社境内に, 夜あけ前, 夜からの, 夜八時芸術座の, 夜明け薄, 夜月が, 夜部屋に, 夜霧が, 夜風が, 大地震後, 大阪, 大雪の, 天地を, 太陽は, 如し, 始でした, 始めの, 始めまで, 子らぞ, 宣伝写真を, 寒を, 寒冷を, 寒気で, 寒風である, 寒風に, 嵩陽觀聖徳感應頌, 帝劇で, 年乞いは, 広尾の, 床のうへ, 庭の, 彼岸の, 後たまたま, 後五磅遣る, 後偶, 後持っ, 憲法発布の, 或日, 戸無, 扉は, 撮影につき, 撮影は, 政変をも, 文章世界は, 文芸作品, 新日本文学, 方の, 方は, 施政方針の, 日は, 日付ある, 日蔭の, 日記には, 日附で, 星は, 星を, 映画は, 春が, 春を, 昼である, 昼下がり, 時には, 時より, 晝下り今朝の, 晩の, 晩達雄は, 月は, 朔日だ, 朔日に, 朔日二日は, 望の, 望月の, 朝といふ, 朝早くの, 末, 末だった, 末である, 末でした, 末にな, 末には, 末までと, 末までに, 末までの, 末までは, 末セルゲイと, 末三月の, 末日やっと, 末梅には, 末殊に, 末頃その, 末頃である, 末頃正太は, 条に, 東京市電の, 東劇に, 東劇の, 東風の, 某日の, 桜, 條に, 樺の木の, 歌舞伎座で, 歌舞伎座を, 武蔵野では, 水仙の, 氷ノ山, 浅いつきあい, 海に, 海浜は, 涅槃会三月は, 湾に, 漂流で, 演奏会が, 瓜の, 瓜も, 生れ月の, 町は, 眞夜中追, 碧空の, 祭の, 空が, 空つ, 空に, 第一週, 節より, 節分が, 終りか, 終りに, 終りにも, 終り三日と, 統計表によるに, 綸旨に, 肌を, 脚本二十七日出来, 船で, 花よりも, 花三月の, 若い草, 草萌え, 蕾は, 薪能です, 行事と, 街, 評論では, 詩と, 谷中道涙に, 逍遙, 配役にか, 野の, 金融非常措置令の, 間が, 間しよんぼり暮した, 間には, 間寒い, 間幕府の, 間物を, 院宣というも, 陽が, 陽は, 雨, 雨の, 雪どけの, 雪の, 雪明りが, 面会の, 革命の, 革命以後しだいに, 頃この, 頃より, 頃性の, 風だ, 風に, 風の, 骨とでも

▼ 二月~ (260, 8.9%)

9 入ると 7 なると 5 なって, なってから, 入って 4 入つて 3 して, なっても, 一度三月に, 私は, 至って

2 [11件] かかつて, なった, なつた, なり師匠むら, 入ってから, 又お, 帰って, 正木先生が, 至りて, 至るまで, 至る約

1 [188件] ありそう, いたあすこ四円, お離縁, かかっても, このベルチョナアジュ法, これと, こんなこと, しましょうか, しようと, そのこと, その支部長, その機械, その第, その頂点, なったが, なったらすぐ, なったら二日おき, なってからは, ならないと, なりました, なります, なりますと, なりますると, なり追, なるか, なるの, なるのう, ひどく吹雪, みんなへ, よんどころない社用, れいの, ハワイから, ブリストルへ, ロンドンの, 一と, 一反五畝の, 一度くらいの, 一度くらいは, 一度ほど, 一度多い, 一度稀に, 一度集まっ, 一本の, 一篇ずつは, 一返, 一遍ぐらい, 三度ぐらいしか, 上洛六月に, 事を, 二十九日あつ, 五百フランの, 亡くなつた子, 亡くなりましたので, 京極殿, 仕上げ農商務省, 伊予安芸山城その, 伊那南殿村の, 使を, 侍従に, 借りた家, 元の, 入った, 入った一日, 入っての, 入っても, 入り不幸, 入る, 入る由, 入れば, 出るでしょう, 出征し, 出掛けた, 出来上った, 出版せられ, 出発される, 初めて演ぜられ, 初瀬参り, 別れてから, 力を, 南イタリイで, 南仏で, 博多一番と, 参内し, 及びて, 咲いたり, 四男の, 大口の, 太政官布告第, 女義界, 婚礼を, 嫁入, 定められた大学規則, 小川町の, 少しかかっ, 尚侍に, 山焼けが, 岡西氏徳が, 左大臣公興が, 年号は, 府庁の, 康國即ち, 引越せたと, 張世傑を, 彼は, 後白河院, 御元服, 御迎え申し, 急性肺炎で, 急逝する, 成つたら一層, 成ると, 或雜誌, 描いた唐津, 日本を, 明王は, 書いたの, 書いたもの, 東京の, 東宮の, 林崎を, 柔ぎ三月に, 森枳園の, 歌舞伎座で, 民友社から, 江戸で, 江戸を, 泰衡の, 浅草で, 浜田二十二年七月に, 深良家, 清原の, 渉って, 潤吉は, 父親が, 独逸へ, 生れた人, 生命を, 病気で, 発布された, 相当し, 福山を, 私の, 筆を, 終ると, 纔に, 群盗を, 職業を, 肺炎で, 肺結核で, 自歌二百首, 至っては, 至つて滿開し, 至りさらに, 至り彼ら, 至り燕王, 至るまでの, 至る相州三浦三崎, 至る間, 色懺悔を, 芝居してなく, 芸能の, 蕃書調所を, 虐殺された, 行うた事, 貰った御, 起り江戸, 起藁せられ, 越中越前同年三月に, 軽減せられ, 近い往来, 近かった, 逆櫓, 這入って, 通ったこと, 逸という, 過ぎなかったよう, 門人の, 開かれて, 開戦に, 開戦の, 開戰に, 降った, 限るもの, 雄四月に, 雪崩で, 面晤した, 願いましょう, 高橋五郎君の

▼ 二月~ (96, 3.3%)

12 三月も 5 末に 3 前から, 前の 2 ぷす, ゐたかつた, 前に, 寝て, 患つた時看護に, 敵陣に, 過ぎて, 過ぎ三月

1 [57件] あつた, あと一二日彼方此方の, あと幾日も, おわりに, お粥, したら寝巻き同然, すぎたある, すぎて, すぎ三月, すれば, ずっと押しつまっ, そうさ, それよりも, それを, そろそろ終り, たたない中, たって, たってから, やがてお, 下旬に, 今日ぎりで人は, 以前に, 会わないで, 半ばと, 半ばを, 半ば過ぎた, 半ば過ぎよく, 半ば過ぎる, 四日ごろ立春でしょう, 夢の, 寝る程, 引きつづき進行, 後の, 怠惰する, 戻らないでは, 末の, 末恐らく, 末近い, 東京を, 殘り, 毎日菜園へ, 泊ったり, 浸って, 漸く半ば, 潜ったこと, 病んで, 終り三月, 終る, 終わった, 経たないその, 經たぬ, 繰上げて, 耳に, 苦しんだけれども, 近い空, 通わねば, 順天堂に

▼ 二月~ (58, 2.0%)

2 二日三月は, 暮れるに, 臨月だ

1 [52件] いちばん寒い, お父ちやん, かかるの, かかろうか, それでもなかなか, まさにこの, まだ残雪, アレクシス・トルストイの, スグに, 一日より, 三〇日であった, 中, 二十九日あっ, 二十九日よ, 二十八日あつ, 二十八日づつあつて四年目に, 二月であっ, 人心不安の, 仇に, 今日売り出した, 伊豆の, 何うにでも, 何かの, 來た, 例外で, 俸給が, 冷凍された, 叔母の, 大で, 大分苦しんだ, 妙に, 子供達に, 小屋に, 屹と, 年によ, 強い風, 更に緊張, 月始めの, 本当に晴れた, 村の, 此清右衞門が, 無事に, 真夏で, 短い月, 立養ひ, 紅梅の, 経った, 経つそれ, 茲で, 過ぎる, 避けて, 頬白も

▼ 二月には~ (56, 1.9%)

4 いって 2 いってから, 再び太平洋, 珍らしい

1 [46件] いってからの, いるころ, いると, かの日露戦争, もう七回忌, もう床, 一ノ俣の, 一度も, 久高の, 伊豆の, 保釈所か, 半蔵と, 同座で, 咲かぬ, 夜業を, 婦人参政建議案が, 小説家の, 岩代下野武蔵に, 弘法から, 彼は, 戦争挑発の, 早や, 春機が, 曲がりなりにも鎮定, 月は, 松本を, 梅が, 槍肩の, 滝川一益の, 熱海の, 王立協会の, 相模駿河伊豆三河遠江に, 私が, 突然発作, 結婚の, 美作因幡伯耆山城同, 義元に, 花が, 行なっても, 詩会が, 赤さんが, 金港堂, 針状の, 露国に対し, 鹿島村から, 麦の

▼ 二月ばかり~ (51, 1.8%)

3 経つと 2 して, すると, 前から, 前に, 経った

1 [38件] お京さん, かかって, た, たつた頃, たつと, たまって, で母, で病人, まえの, まへ, 一緒に, 並々ならぬ, 亀沢町は, 仕送りを, 剃らんの, 前でした, 前の, 前佐渡奉行さまが, 床を, 患って, 泊って, 無いしね, 煩った, 病気びきを, 病院通いを, 砂糖が, 私の, 経った頃, 経つうち, 給金の, 經つと, 続いた, 続いてからの, 自炊を, 過ぎた後, 過ぎてから, 過ぎますと, 鳥右ヱ門の

▼ 二月~ (47, 1.6%)

82

1 [37件] が刷り, が売りきれ, しめきるので, であつ, である, で終わります, で能楽, と三月号, には, にはお, に九里丸君, に出, に出た, に取り, に同じ, に君, に於, に旧, に書い, に書く, に桂川中良, に載せた, に載つ, のもの, の大, の文芸時評, の時評等, の校了, の編集, の雑誌, は常夏追悼号, もひきつづき, をひっくりかえし, を五十銭, を出す, を見, を読み

▼ 二月ほど~ (44, 1.5%)

10 前に 3 前から

1 [31件] あとの, ありて, かかった, ご無沙汰に, したある, たつと, まえの, まえわたくし, まえ三月十七日, むだな, 前, 前この, 前である, 前なりし, 前の, 前までは, 前兼家が, 大坂を, 彼に, 後には, 後の, 真人間に, 築地の, 経ったら帰るかも, 経った春, 経つてから, 經つてから, 過ぎたある, 過ぎると, 間を, 養うと

▼ 二月~ (41, 1.4%)

3 経つうち 2 一心に祈祷, 十二月との, 経たない今, 過ぎて

1 [30件] いうのに, いっても, たたないうち, たつうち, たつにつれて, たつ中三味線, なって, なりては, なり暖かい, われわれの, 三月の, 九月に, 二日続いた, 云ふ, 五日ほど, 出ぬたった今, 別荘で, 十二月の, 十月との, 同じに, 延し居る, 数うる, 時間が, 暮して, 秋八月とに, 経たないうち, 経たぬうち, 経つ間, 經つ, 順に繰っ

▼ 二月から~ (39, 1.3%)

3 三月にかけて 2 三月へ, 五月まで

1 [32件] きょうまでの, で六月, のせると, 一切の, 三月に, 三月にかけての, 三月にかけても, 三月一杯寝室から, 三月初めにかけて, 九月に, 二三四と, 五月までに, 五月までの, 入監つて, 六か月の, 六月まで, 十年以上勤続者には, 同年九月まで, 向こう六か月, 四五月にかけて, 四月までか, 四月までの, 四月稀に, 実行した, 帰藩中残りの, 打ち続けて, 更にもう一日, 第四月位, 翌年の, 自分の, 遠く横浜の, 釣り人が

▼ 二月三月~ (35, 1.2%)

2 となる, に跨がる, の後

1 [29件] が季節, しかるべき東京, して, とすぎ, とたたかった, とたつ, ともなれ, と読ん, と調子, のプラン, の探索, の頃, はかかろう, はまア, は俊寛一人, は殊勝, は経ったろう, も稼い, も経ち, を経る, を過す, 埋宝, 帰らない事, 生きて, 精出して, 経って, 経つた, 経つ中, 見るも

▼ 二月十三日~ (32, 1.1%)

2 には蘭軒

1 [30件] が百回, であつ, なんという, にはそちら, には十四代将軍, には書面, には本当に, にマルセイユ, に寝具, に将軍, に山陽, に歿, に江戸両国, に父, に生年七十一, に第, に蘭軒, に行われた, に通称, に酌源堂, の上落合, の分, の午後七時前後, の夜, の晩フランセエズ座, の私, は私, までには仕上げる, も日曜, をすごした

▼ 二月十九日~ (30, 1.0%)

2 の日附

1 [28件] である, といえ, とのみ日附, と云, なる農奴解放, に, になつて, には妾, に伊勢, に四, に始まり, に広島, に御, に暴動, に書いた, に法住寺殿, に父春水, に竹里, に貴女さま, に離別, の事, の夜, の後, の暁方七つ時, の父, の開戦一日前, より三月十八日頃, 長々と

▼ 二月二日~ (28, 1.0%)

2 に蘭軒

1 [26件] から登館, だと, であった, であつ, にご, には, にははやく, には御, には数年来, に六十七歳, に吉田仲禎狩谷, に文吉, に書い, に榛軒, に父, に田中派, に胃腸病院, に菅波喜太郎, に葬式, に養子又八, の灸, の生日, の祝日, はお, は菅茶山, までにマントア

▼ 二月七日~ (23, 0.8%)

1 [23件] が期日, だった, で齢, と十一月, に万事落着, に六十九歳, に昏睡状態, に死んだ, に浦賀奉行組頭黒川嘉兵衞, に第, に蘭軒, に遠, の, の事, の午後, の夕刊, の夜, の御, の日日新聞, の朝, の衆議院, は書き落した, 又一帰塲

▼ 二月革命~ (22, 0.8%)

2 の口火

1 [20件] から遂に, から飛火, がとりいれられ, が起り, と, における實際, によってツァール, によって切っ, に対してどう, のこと, の一寸後, の三日間, の当時, の機運, の火蓋, の行進曲, の諸, の起こった, は添え物, よりもっと

▼ 二月一日~ (21, 0.7%)

2 突然発病

1 [19件] からちゃんと, からは気, から毎週三回稽古, づけの, にもまた, に亡き人, に書い, に死にました, の, のお正月, の午後, の夜, の日記, の東京朝日, の正午頃, は日光, よりベルリン郊外ツェーレンドルフ, を太郎, を期し

▼ 二月二十三日~ (21, 0.7%)

1 [21件] が森枳園, で道中, などそして, にも手紙, に中学校, に当りました, に此, に歿, に祈年祭, に藤枝, に関宿, のお, のハガキ, の平民新聞, の星, の朝, の棠軒, の祭, は美濃, より新富座, 御七条院此間予可儲肴等持参令

▼ 二月八日~ (21, 0.7%)

1 [21件] から二月十五日, であつ, でありました, とする, となっ, になっ, に作る, に神辺, に行く, に金星, のコト, の大, の宵, の後, の春, の條, の眞夜中, の道祖神, もやはり, 御事始, 絶えて

▼ 二月四日~ (21, 0.7%)

2 の夜

1 [19件] じゃなく, でいよいよ, でその, にあける, にはじめて, にはもう, に七歳, に五十五歳, に家主, に当る, に抽斎, に迎え祭られる, に限る, の初午, の夕, の夕方, の大火, の朝, の条

▼ 二月五日~ (20, 0.7%)

2 に, に歿

1 [16件] この長崎, である, といふ日, にその, になります, に九郎右衛門, に多町二丁目, に長崎, のお, の午, の夜, の日, の條, の神田, の衆議院, ふと老

▼ 二月~ (20, 0.7%)

2 の今日

1 [18件] からのこと, ぐらいからです, だが, である, にフランス, に世阿弥, に仕上った, に去りし, に参りました, に日本橋, に皆んな變, に盜まれ, に紛失, のもの, の十月下旬, の去年十一月八日, 亡くなつた愛人抱月氏, 入院した

▼ 二月十一日~ (20, 0.7%)

1 [20件] だけは太陰暦, でしょう, には大, には小石川音羽蓮光寺, にツァーラン, に公布, に子, に引越し, に行った, の夕方, の夜, の夜半, の憲法発布式当日, の祭日, の紀元節, は夜来, は憲法発布式, を期し, 即ち紀元節, 愈々憲法発布

▼ 二月三日~ (19, 0.7%)

1 [19件] ぞ, である, でした, とうとうその, には御, に六十八歳, に柏軒, に死んだ, に蘭軒, の事, の事件, の午前三時, の午後六時, の四字, の手紙以来, の日曜, の晩以来, の月曜日, の條

▼ 二月二十八日~ (19, 0.7%)

2 の正午頃

1 [17件] からいよいよ, から歌舞伎座, であつ, には生, にも札幌行, にヴィーン, に夭, に御, に抽斎, に文久, に津軽家, の午後零時半頃, の夕方, の日, の朝, はいよいよ, を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸

▼ 二月十四日~ (19, 0.7%)

3 の夜

1 [16件] だった, という文字, には寺門, には遠方, に中佐相当陸軍一等軍医正, に五男専六, に五百, に六十三歳, に女, に木村, に生まれた, に矢, の朝, の識語, の黄昏, を以て発せられた

▼ 二月十日~ (19, 0.7%)

1 [19件] から他出, から北海道, すでに信濃, であるから, とある, に七万, に出し, に渋江氏, に長安, の, のこと, の初, の十時, の夕刻, の日曜, の朝, は周知, を田の神, 総辞職

▼ 二月~ (19, 0.7%)

2 のある, の雨

1 [15件] かひどく, からもう, だったと, であつ, なれど, にはライヒェンベルク, には上海, には信長, に土岐, の七日, の或, の日, の暖かい, の曇雲, の生

▼ 二月でも~ (18, 0.6%)

2 いいから, お預けし, 何時まで

1 [12件] ない四月, よい二月, 一年でも, 三月でも, 休暇を, 会わず互に, 安全に, 家に, 家において, 或は又, 見試して, 連れて

▼ 二月~ (18, 0.6%)

2 が出, の卓, の牛王, への細い 1 だった, にでもいちど, に献上, の, のところ, の後ろ, の方, の机, の清水, の辺

▼ 二月~ (17, 0.6%)

2 隔てて

1 [15件] お察, すごした, その中, 争うこと, 出でずして, 如月という, 宝塚ショウで, 経て, 経るほどに, 經たり, 迎えるころ, 遊び疲れた, 過ぎて, 過ぎ三, 過ごした

▼ 二月下旬~ (17, 0.6%)

1 [17件] だし, でもう, で越前, になっ, にはソヴェトじゅう, に五百八十三万人, に佃, に岩倉総督一行, に着いた, に関宿, に駒込, の午後, の夜, の夜気, の長閑, まで公用, 再び米子

▼ 二月二十二日~ (17, 0.6%)

2 に聖徳太子

1 [15件] から三月三日, では, にこの, にはじめて, には私, に六十八歳, に勅使, に御園氏淳, に死んでる, に決行, の, の条, は大雪, を以て去る, 第二回目

▼ 二月二十日~ (17, 0.6%)

2 の総

1 [15件] でいろいろ, ですし, と見, に, に三十七歳, に小林多喜二, に棠軒, に行う, のあと, の夜, の日附, の条, の謝肉祭, まで, 第五回公判

▼ 二月~ (16, 0.5%)

3 あつた 2 帰って

1 [11件] ごすな, それからまる, どうかする, 丁度時雄, 如月であります, 尽きるわけ, 工面が, 本稿の, 死んで, 癒えたが, 雨の

▼ 二月十五日~ (16, 0.5%)

1 [16件] だかの, である, には上等, に大坂篠崎小竹, に大王殿下, に明倫堂, に棠軒, に至る, の朝, の涅槃, の花朝, の衆議院, はお釈迦さま, は中村座, までのあいだ, までの間

▼ 二月十六日~ (16, 0.5%)

1 [16件] から十七日, であったから, にし, には高, にも川路, に七十三歳, に僕, に安房, に王, に私, の, の午前十一時, の婚礼, の御, は土曜日, まででなけれ

▼ 二月~ (15, 0.5%)

2 過ぎ三月

1 [13件] すぎ三月, 二度かさなっ, 又有, 始めな, 撮影の, 来たとき, 来て, 来れば, 死亡が, 産卵の, 終りに, 英男の, 近づくと

▼ 二月まで~ (15, 0.5%)

1 [15件] そのなごり, フイリツピン地方に, 三か年間五割増しの, 二ヵ月いた, 二囘日本に, 五割増しの, 労働攻勢が, 小田原の, 巴里から, 彼は, 暮したが, 横浜山下町一五二番地メーナード・エス・ジェソップ商会という, 正味二年足らずの, 浜屋敷に, 海と

▼ 二月二十六日~ (15, 0.5%)

2 の事, の事件

1 [11件] には東京, にぶじ, に例, に召し捕られ, に堀川舟庵, に歿, に法然, に花園天皇, に行われた, の事変後, の春

▼ 二月十七日~ (15, 0.5%)

3 の晩

1 [12件] と同年十月三十一日, に中橋, に六信, に夭, に彼, の, のこと, の夜, の日曜, の朝, の未明, もたしか早くから

▼ 二月~ (14, 0.5%)

2 三月に, 三月の, 三月以後の 1 三月か, 三月が, 三月であった, 三月ほど, 三月半年か, 三月色々な, 三月通うた, 二月半ばかりの

▼ 二月二十一日~ (14, 0.5%)

1 [14件] いよいよ明日, から三月二日, には嵯峨, に妻徳, に学位, に柏軒, に膳, に阿部正倫, の吉辰, の夜, の翌日, の読売, より三月六日, をも含ん

▼ 二月二十七日~ (14, 0.5%)

3 の夜 21 にはもうこ, には上洛, に私, に至り, の日付け, の朝, の条, までに四十四頭, を都落

▼ 二月~ (14, 0.5%)

3 卯の

1 [11件] 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 半に, 卯を, 四

▼ 二月二十五日~ (13, 0.4%)

2 の朝

1 [11件] であるが, というの, にお, に作った, に大坂, に川路, に箱根丸, に見舞い, の會見, までに今月, より三月晦日

▼ 二月~ (13, 0.4%)

4 前から 2 前に 1 して, すると, たつた後, 前なりし, 日本に, 校長の, 過ぎた

▼ 二月二十九日~ (12, 0.4%)

1 [12件] で信明, というハンパ, に江戸, に生れた, に至つて始, に蘭軒, に誕生日, の午ごろ目黒行人坂大円寺, の晩, はさき, は閏年, までに五

▼ 二月六日~ (12, 0.4%)

1 [12件] づけの, にかい, にはじまっ, にはすでに, には奥詰医師, に文部省, に榛軒, に至つて, に茶山, の各, の壮烈, の晩

▼ 二月初旬~ (12, 0.4%)

1 [12件] から三月, である, にはもう, には九州, には日本菓子部, に作られた, のある, の夜, の大, の淡い, の珍, ふと引きこみし

▼ 二月~ (12, 0.4%)

1 [12件] ぐらいに近眼, で無事, とかに一週間, には平手, には死ん, には死んでしまつた, に下曾根さん, に北京, に意見, に遠乗り, のある, の晩

▼ 二月ごろ~ (11, 0.4%)

1 [11件] から, からお, からは寝つい, から表札, が年々最悪, であったろうか, に十巻完了, のこと, の気候, までのひと, より始め

▼ 二月にも~ (11, 0.4%)

3 なるまい 1 おおぜ, なるか, また春日社参, 信濃国の, 寛政四年七月にも, 弘前同, 病気の, 駿河遠江三河に

▼ 二月~ (11, 0.4%)

5 三月は 2 三月の 1 一月一緒に, 三月で, 三月に, 笛の

▼ 二月~ (11, 0.4%)

2 の重要 1 だなんて, に, にはきつ, にはやく, には必ず再度, に八日, の作, は可, 遥々上京

▼ 二月二十四日~ (11, 0.4%)

1 [11件] から五日, に今, に土井利勝, に歿, に諸, のフランス革命, の新聞, の日記, の晩, の衆議院, は日曜

▼ 二月十八日~ (11, 0.4%)

1 [11件] が誕生日, に味方, に夭, に棠軒, に生れ, に白石在, に菅茶山, のこと, の厳寒, は東海道宇津谷峠, より

▼ 二月~ (10, 0.3%)

1 といふ, のこと, の夜更け, の滞在, ばかりの後, ばかりを暮し, ばかり左膳, ほども床, ほど留守, も経っ

▼ 二月とは~ (9, 0.3%)

1 おかず間淵, その児, たたざる内, なりぬ, 保たないの, 其児も, 思われないよう, 経たぬうち, 續い

▼ 二月中旬~ (9, 0.3%)

2 なりき 1 にお金, に亀蔵, に鎌倉材木座, のこと, の事情, の某日, もう一つ

▼ 二月九日~ (9, 0.3%)

1 にいっさい, に書い, に関田町, の午後二時, の夜母, の晩, の衆議院, は嫁, は東北

▼ 二月上旬~ (8, 0.3%)

1 になつて, にはもう, のこと, のとある, の一日, の曇った, の末, の霙

▼ 二月十二日~ (8, 0.3%)

1 から開場, だと, に長崎奉行, の午後, の大阪朝日新聞日曜, は来た, より痘瘡, 辛うじて脱稿

▼ 二月~ (8, 0.3%)

1 が二歳, が叔父, の誕生日, は千葉県船橋市, は叔父, は満, は独逸軍占領, は貞子

▼ 二月~ (8, 0.3%)

2 りも, り前, り後 1 りが, りで自分

▼ 二月~ (8, 0.3%)

1 から一度, だったが, だったでしょう, だったと, でしたかしらん, に一度, に多く, の雪空

▼ 二月はじめ~ (7, 0.2%)

1 から四月, でその, にはいっさい, に身体, に郷里, の月, の武蔵野

▼ 二月~ (7, 0.2%)

1 から九月分, ためる必要, で二十二円, で二十二圓, といふ事, の勘定, よ私

▼ 二月半ば~ (7, 0.2%)

1 から四月五月, の厳しい寒, の大雪, の海, の発売, の蕭殺, まで

▼ 二月あまり~ (6, 0.2%)

1 の旅, の留置, の経過, 押しこめられて, 旅に, 経つた頃

▼ 二月という~ (6, 0.2%)

1 のは, わけで, 字が, 字に, 季節に, 月が

▼ 二月なかば~ (6, 0.2%)

2 である 1 からぐっと, であるから, の曇った, の陰った

▼ 二月より~ (6, 0.2%)

1 ズッと, 五六月ごろまでは, 六月に, 四月, 文政九年三月に, 明治十年十月まで

▼ 二月ばかりの~ (5, 0.2%)

1 中に, 事, 後の, 間で, 間の

▼ 二月ぶり~ (5, 0.2%)

1 であった, であつ, で大久保, で美沢, の自分

▼ 二月~ (5, 0.2%)

4 かけて 1 かけての

▼ 二月三月四月~ (5, 0.2%)

1 とたっ, と撮っ, と過ぎ, のきょう, の意味

▼ 二月~ (5, 0.2%)

1 あるだろうと, にしかならない, の病患, は浅草, までそれ

▼ 二月歌舞伎座~ (5, 0.2%)

1 で新派, にて, にて五代目菊五郎追善興行, にて墺国俳優チャーレー・テーラー一座, にて海事協会

▼ 二月~ (4, 0.1%)

1 かであつ, かにお, な, ね

▼ 二月にかけて~ (4, 0.1%)

1 であって, 威海衛落ち北洋艦隊亡び, 寒い最中, 電気分解に関する

▼ 二月までの~ (4, 0.1%)

2 時事新報に 1 約一年半, 間に

▼ 二月一杯~ (4, 0.1%)

1 できり, にかけてこの, にすませ, は釣れるであろう

▼ 二月初め~ (4, 0.1%)

1 の日曜, の陰鬱, はまだ, ふたたび播州

▼ 二月初午~ (4, 0.1%)

2 の日 1 が早く, の夜

▼ 二月早々~ (4, 0.1%)

1 からもう, には結婚式, に苔縄, 婿を

▼ 二月生れ~ (4, 0.1%)

1 である, でぼく, で女, の丸年

▼ 二月経っ~ (4, 0.1%)

1 ても司直, ても私, て兄, て後に

▼ 二月~ (4, 0.1%)

1 から飯島正君, である, に, に發表

▼ 二月たつ~ (3, 0.1%)

2 かたたぬ 1 中に

▼ 二月だけ~ (3, 0.1%)

1 不足だった, 待って, 早かった

▼ 二月でした~ (3, 0.1%)

1 かしら, が花, っけナ山本さん

▼ 二月ほどの~ (3, 0.1%)

1 役にしか, 御猶予, 間は

▼ 二月以後~ (3, 0.1%)

1 の分, の生活, は当分

▼ 二月以来~ (3, 0.1%)

1 のモラトリアム, の主人, 秘めて

▼ 二月十九日後~ (3, 0.1%)

1 の三, の二, の記事

▼ 二月~ (3, 0.1%)

1 といふ事, には二ルーブリ十五コペイカ, の六月半ば頃

▼ 二月経った~ (3, 0.1%)

1 が手一つ, と何, ばかりな

▼ 二月経つ~ (3, 0.1%)

1 うちに, か経たぬ, と三十円

▼ 二月興行~ (3, 0.1%)

1 には, の, は

▼ 二月あたり~ (2, 0.1%)

1 から奥方, はもっと

▼ 二月おそく~ (2, 0.1%)

1 生れただけ, 生れて

▼ 二月ぐらい~ (2, 0.1%)

1 入湯に, 寄りつきも

▼ 二月さる~ (2, 0.1%)

2 人に

▼ 二月する~ (2, 0.1%)

1 うちに, と色々

▼ 二月たたぬ~ (2, 0.1%)

1 内に, 間に

▼ 二月では~ (2, 0.1%)

1 なく永久, 今月が

▼ 二月とかに~ (2, 0.1%)

2 縮めて

▼ 二月としては~ (2, 0.1%)

1 何処にも, 珍らしく

▼ 二月との~ (2, 0.1%)

1 争いに, 二度にわたって

▼ 二月~ (2, 0.1%)

1 んだ, んです

▼ 二月における~ (2, 0.1%)

1 佐賀県愛国党の, 連邦アカデミーへの

▼ 二月にでも~ (2, 0.1%)

1 なったら伊豆, なれゃ

▼ 二月ばかりという~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 二月ばかりは~ (2, 0.1%)

1 何う, 昼間が

▼ 二月ばかりも~ (2, 0.1%)

1 いっしょに, 辛棒し

▼ 二月ほどに~ (2, 0.1%)

1 なります, なる

▼ 二月までに~ (2, 0.1%)

1 前後二回全国を, 前後五囘に

▼ 二月までを~ (2, 0.1%)

1 その季節, 美食多産期として

▼ 二月もに~ (2, 0.1%)

2 相当した

▼ 二月もの~ (2, 0.1%)

1 間娘の, 間自分の

▼ 二月アトラクション~ (2, 0.1%)

1 のこと, はこっち

▼ 二月ゼームス坂病院~ (2, 0.1%)

2 に入院

▼ 二月~ (2, 0.1%)

1 の夜, の替り

▼ 二月一日付~ (2, 0.1%)

1 で神奈川, の

▼ 二月七日附~ (2, 0.1%)

1 の一書, の文書

▼ 二月二十一日夜~ (2, 0.1%)

1 と多, の条

▼ 二月二十五日筑波山~ (2, 0.1%)

2 に登り

▼ 二月二十幾日~ (2, 0.1%)

1 である去年京, に朱雀院

▼ 二月二十日築地署~ (2, 0.1%)

2 で拷問

▼ 二月五日長崎立山~ (2, 0.1%)

1 にて十字架上, の海

▼ 二月以上~ (2, 0.1%)

1 も外, 煩ったが

▼ 二月余り~ (2, 0.1%)

1 になる, は過ぎ

▼ 二月十七日ミラノ~ (2, 0.1%)

1 のスカラ座, のラ

▼ 二月号三月号~ (2, 0.1%)

1 とま, を通じて見る

▼ 二月~ (2, 0.1%)

1 日本根子彦太瓊天皇崩, 火事の

▼ 二月大阪~ (2, 0.1%)

1 の朝日座, の某

▼ 二月始め~ (2, 0.1%)

1 の亥, の寒い

▼ 二月守田座~ (2, 0.1%)

1 には本所, の座主守田勘弥

▼ 二月~ (2, 0.1%)

1 といっ, と言つて

▼ 二月富士見町~ (2, 0.1%)

2 の玉子屋

▼ 二月寒い~ (2, 0.1%)

1 しずかな, 風が

▼ 二月彼女~ (2, 0.1%)

2 は自分

▼ 二月振り~ (2, 0.1%)

1 でしたと, で未だ多少

▼ 二月有餘~ (2, 0.1%)

1 とあ, とある

▼ 二月朔日~ (2, 0.1%)

1 はことに, までに諸

▼ 二月村役場~ (2, 0.1%)

2 から話

▼ 二月根岸養生院~ (2, 0.1%)

1 に入院, を退院

▼ 二月發行~ (2, 0.1%)

2

▼ 二月知人~ (2, 0.1%)

2 の紹介

▼ 二月解散~ (2, 0.1%)

1 するに, になった

▼ 二月越下宿料~ (2, 0.1%)

2 を一文

▼ 二月近く~ (2, 0.1%)

1 であった, も前

▼ 二月長崎~ (2, 0.1%)

1 において稿, へ来た

▼ 二月陸奥~ (2, 0.1%)

1 で始め, 始めて

▼1* [545件]

二月あけて六つ, 二月あしたは彼岸, 二月あまり別府の療養所, 二月ありや稼げる, 二月あれば充分, 二月いっぱいまでで, 二月いよいよ出家得度し, 二月いらっしゃいよわたし, 二月からの疲れが, 二月がほど日を, 二月くらいだろうが, 二月ぐらいで任に, 二月ぐらいになる児, 二月ぐらいの滞在中に, 二月ぐらゐの奴私とは初対面, 二月ぐらゐは苦勞しなけりや駄目, 二月こそ可けれ, 二月これだけの月, 二月こッそり羽根田へお前, 二月ごろあっしのところ, 二月ごろ湯河原に一ヵ月, 二月ごろ誕生日が来ます, 二月へ何うに, 二月さえ何うにか, 二月しか立たない末, 二月じゅうの全, 二月すぎると自分, 二月すれば医科, 二月すゑには既に, 二月ずっと以前から, 二月その中に, 二月それに關聯, 二月たしか節分の, 二月たたないうちに, 二月ただちに第二版, 二月たちして, 二月だったが私, 二月だつたか始め, 二月ゅうは, 二月ぢかくになった, 二月であっても旧暦, 二月であったように, 二月であるが張陵, 二月ですな繁昌, 二月といつても北國, 二月とかの長い間, 二月としてある, 二月とっつきの由, 二月とに発表し, 二月なら何でも, 二月なり病院に, 二月なりけるが剩さ, 二月なりしが早, 二月なりとす, 二月なるを知つて, 二月にかけての降りたての, 二月にかけては多く東北の, 二月にしかならぬ仔猫, 二月にて鉛の, 二月にと思って, 二月になつてある, 二月ばかし行く, 二月ほどがいかに長い, 二月ほどは過ぎた, 二月ほどもおくれて, 二月へ三月, 二月まえに葵, 二月またも急, 二月までには嫁御寮を, 二月みそか, 二月さようなら汝, 二月よりはズッと, 二月を以て上洛する, 二月エルサレムへ旅行, 二月オルロフ宛の手紙, 二月コマ村を訪問, 二月ナルプ解散前後の多難, 二月バカリデ知ッテ兄ガ吝嗇故ニ大層ニオコッタカラ, 二月フランスで二月革命, 二月フルステンボルグ城離宮を去られ, 二月ベネヴェントの戰, 二月ポウは, 二月ロンドンの歴史的, 二月一たび山形県上山町に行き, 二月一ヶ月は三〇日, 二月一日以来わずか十日程, 二月一日共和制をとる, 二月一日午後何処といふあて, 二月一日夜やって, 二月一日寄手は初めて, 二月一日早朝チャンドラ・ギリーすなわち月, 二月一日東亜連盟中国総会の発会式, 二月一日発行の, 二月一日矢合せになつ, 二月一日稲荷講の当日, 二月一日落城を見, 二月一日開始月一杯にあげる, 二月一杯人をおい, 二月七日一ノ谷の合戦, 二月七日五十日餘で退院, 二月七日付の神戸米領事ロビネット, 二月七日伊藤万太方, 二月七日先鋒として蒲生氏郷, 二月七日土曜日の朝, 二月七日朝絶息重態のうち, 二月七日英一が十歳, 二月七日表日本岩手県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 二月七日議会は依然, 二月三日ハンブルクの富裕, 二月三日三代目中村翫雀大阪に死す, 二月三日付の手紙, 二月三日午後三時四十五分である, 二月三日宣旨法橋磐安宜叙法眼, 二月三日宣旨磐安宜叙法橋, 二月三日日本橋区橘町より出火, 二月三日粕谷草堂の一家, 二月三日薄暮三崎より乗合自動車, 二月三日附で新た, 二月三日點燈頃や, 二月三月ごろまではどうやら, 二月三月事に依ったら, 二月三月前のこと, 二月三月十日ばかり前, 二月三月四月いつか四月も打ち過ぎ, 二月三月四月五月あ五月, 二月三月四月五月六月七月八月九月十月十一月十二月だ, 二月三月尽夜半の春, 二月三木雄と結婚, 二月上京して, 二月上六番町へ家, 二月上高地におった, 二月下宿料が滞っ, 二月下旬ウィーンを経, 二月下旬ノルウエ公使館にはいった, 二月下旬ヴァラエティーでやらう, 二月下旬同情融和会に於い, 二月下旬春の先駆, 二月下旬東京築地本願寺で催された, 二月中ごろに又, 二月中旬後くもその, 二月中旬白石の陶器販売店, 二月中旬花の早き, 二月中旬頃から五月末, 二月中村の老媼, 二月中村陸相が病気, 二月中當分休の札, 二月中頃までチベット, 二月丸屋の主人源吉, 二月乃至十數月一年二年乃至, 二月久しぶりで三千疋, 二月九日付で神戸アメリカ領事ロビネット, 二月九日以来征旅まさに七十日, 二月九日住蓮安楽を庭上, 二月九日十三代目長谷川勘兵衛死す, 二月九日夜夢告に成る, 二月九日御供番不足之場に被, 二月九日発行の東京新誌, 二月九月の初め, 二月二代目岩井紫若八代目半四郎と改名, 二月二十一日三代目中村富十郎死す四十三歳, 二月二十一日付を以て学位授与, 二月二十一日午前九時までに数寄屋橋ビルデング四階東洋興業株式会社, 二月二十一日午後四時とし, 二月二十一日日本學會に於, 二月二十一日晩方高田殿は逝去, 二月二十一日溘焉として長逝, 二月二十七日一行はヴィクトリア湖, 二月二十七日九州の上空, 二月二十七日伊藤総裁は審査局, 二月二十七日兼田弥一右衛門とともに御, 二月二十七日政権をとっ, 二月二十七日条に, 二月二十七日正二位このころ, 二月二十七日海上においてフランス, 二月二十三日五十五歳で妻寿衛子, 二月二十三日六十六歳を一期, 二月二十三日午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 二月二十三日在原業平ここに来る, 二月二十三日大伴家持が興, 二月二十三日富裕な理髪兼外科医, 二月二十三日野村傳四宛のハガキ, 二月二十九日三月十四日四月八日および十日, 二月二十九日以降は従来, 二月二十九日八幡の男山, 二月二十九日寶泉寺で會談, 二月二十九日朝からの雨空, 二月二十九日様々の奇瑞, 二月二十二日ポーランドの首府ワルシャワ郊外, 二月二十二日ロンドンのウェストミンスター, 二月二十二日叙従四下承元々, 二月二十二日夜半であった, 二月二十二日夜半薨去された, 二月二十二日徳の第, 二月二十二日棠軒は亡父, 二月二十二日横濱並にその, 二月二十二日隠岐島に崩御, 二月二十五日付で筒井, 二月二十五日弟来る, 二月二十五日徳の第, 二月二十五日立候補演説の速記, 二月二十五日細川の手, 二月二十五日西園寺首相邸に晩餐会, 二月二十五日頭風追, 二月二十八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 二月二十八日事につみし, 二月二十八日京洛の春, 二月二十八日以降の足利勢, 二月二十八日早朝父故人某のもと, 二月二十八日條約成立, 二月二十八日神田美土代町の基督教青年会館, 二月二十八日頃私が手紙, 二月二十六日事件を裁判所, 二月二十六日先生の六十三, 二月二十六日尊氏は降, 二月二十六日東京において軍隊, 二月二十六日西比利亜出征の田中中佐, 二月二十六日附を以て宇平, 二月二十四日付伊豆戸田村寶泉寺においての川路對プーチヤチン, 二月二十四日母は側室佐藤氏春, 二月二十日ごろの柳, 二月二十日わたしはふと, 二月二十日京都の宿, 二月二十日付の朝刊, 二月二十日公務を担い, 二月二十日暴虐なる天皇制テロル, 二月二十日築地警察で拷問, 二月二四日照子の来訪, 二月二所詣から, 二月二日フィリッピンより船出, 二月二日乗船マリベレス島で難船, 二月二日五日間帰宅を許され, 二月二日今日こそはいよいよ, 二月二日付けのもの, 二月二日四代目助高屋高助名古屋に客死, 二月二日旧教にてはこの, 二月二日明三日より出勤, 二月二日町奉行島田弾正忠の邸宅, 二月二日義経は主従十六人, 二月二日赤坂城へ向, 二月二日齋藤茂吉氏に與へた書翰, 二月五十四歳を以て世, 二月五日世界の教会, 二月五日前後の京都, 二月五日午前十時五分木村八段の先手, 二月五日昨日廟議之模樣少, 二月五日東京へ護送, 二月五日立春の日, 二月五日筑波山に登る, 二月五日粂野のお, 二月亡妻の白骨, 二月京都で策動, 二月今度は池, 二月仙石原で徹夜, 二月以後大正二年三月にいたる, 二月以来わたしは自分, 二月以来ゼドリンを服用, 二月以来パパもママ, 二月以来信長は入洛, 二月以来次郎左衛門の足, 二月以来艦隊を江戸湾, 二月以降の, 二月以降下六番町の自宅, 二月休んだ原因は, 二月何事もなく, 二月余り後左近はその, 二月作品についての打合せ, 二月作品打合せのため, 二月作家クラブがおかれる, 二月作家同盟は大衆組織, 二月俳優の等級, 二月入院しました, 二月八十六歳の高齢, 二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 二月八日屋根へ目籠, 二月八日往生する, 二月八日旅順に於, 二月八日条には有馬温泉場, 二月公布の法律, 二月六七八日の両, 二月六日今日五ツ半刻, 二月六日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 二月六日生年四十八歳で法然, 二月六日田中派はすでに, 二月六日福山発二十五六日頃入府の予定, 二月其の第六號, 二月分たまつてゐる, 二月分前借して, 二月刑部から三州, 二月初め吉野は陥ち, 二月初旬ここらの高地, 二月初旬富士山麓の山中湖, 二月四十四年十月, 二月前位だつたらう, 二月前日本を発つ, 二月北村透谷がその, 二月十一日六十八歳を以て世, 二月十一日午前零時三十分私は山陰線八鹿駅, 二月十一日友人ヴェルチュ宅で, 二月十一日大日本帝国の紀元節, 二月十一日大阪市浪速區鴎町一丁目に生れた, 二月十一日待に待つたる, 二月十一日日本の建国記念日, 二月十一日正造が栃木県会議長, 二月十一日申の日, 二月十一日紀元の佳節, 二月十七八日の法会, 二月十七八日ごろのこと, 二月十七日ミュンヘンにて, 二月十七日是日大淵之源潰, 二月十七日東京神田錦輝館に於ける, 二月十七日町人ながら腹, 二月十七日真菜板橋瀬尾昌玄宅へ参り, 二月十七日頃工合をわるく, 二月十三日ヴェニスで卒中, 二月十三日佐藤惣之助大木篤夫両君と妻, 二月十三日利根の河畔, 二月十三日私の誕生日, 二月十三日議会へ請願, 二月十九日七十余歳にし, 二月十九日中の事, 二月十九日八代目岩井半四郎死す五十四歳, 二月十九日午前十時と十一時の間, 二月十九日大山県令から西郷, 二月十九日玉井組創立三十周年紀念の宴, 二月十九日落成した, 二月十二日唯物論研究会はいよいよ, 二月十二日私は戦後, 二月十二日英国北部バルレー村に転住, 二月十五日フーベルスブルグの講和成立, 二月十五日三代目坂東玉三郎米国にて客死, 二月十五日予算案が第, 二月十五日付でロシヤ應接係, 二月十五日千葉介成胤さまが安, 二月十五日夜佐野町にて木下生, 二月十五日朝の九時, 二月十五日甲賀者を城中, 二月十五日衆議院が午後一時半, 二月十五日附の手紙, 二月十八日ミュンヘンにて, 二月十八日上院の貴族, 二月十八日五代目菊五郎死す六十歳, 二月十八日六十歳を以てわが, 二月十八日晴前田君と例, 二月十八日東ユダヤ人劇団の俳優イーザーク・レーヴィー, 二月十八日歿す俗名宗清民, 二月十八日生だから, 二月十八日白石在の安子島氏, 二月十六日五月六日六月十日同二十五日, 二月十六日化学の助教授, 二月十六日午後から日本, 二月十六日午餐の席, 二月十六日弘川寺で世, 二月十六日頃鳥居峠へかかっ, 二月十四日ウラジーミル太公の葬儀, 二月十四日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 二月十四日乃木少佐は小倉, 二月十四日鳥居清貞死す五十八歳, 二月十日ごろという, 二月十日ニ長崎より下, 二月十日巴黎なる里昂停車場, 二月十日本校改築落成並に創立五十年, 二月十月の月半ば, 二月十有一日例年の如く米子, 二月半ば梅見て, 二月即ち私の, 二月参宮の時, 二月やられ三年, 二月及び四月の, 二月台南にて, 二月号のは間違っ, 二月号同誌に, 二月号所載の奈知夏樹氏, 二月号所載藤森淳三氏の文, 二月号近松秋江尾崎士郎なって, 二月吉日に拵, 二月同行四人で箱根早雲山, 二月同門の師岡正胤ら八人, 二月呑ませたからといっ, 二月四五六日の評議, 二月四日兩度老中へ逢候處, 二月四日夜の編集会議, 二月四日清盛は死ぬ, 二月四日磐の第, 二月四日頃にあたる, 二月四男が出生, 二月土佐へ流された, 二月坂東諸国の防人, 二月堂つくばふ鹿, 二月堂三月堂大佛殿殿には博覽會, 二月堂机をおい, 二月に絳雪愀然, 二月大和国月ヶ瀬の梅, 二月大坂において, 二月大挙して, 二月大阪梅田の劇場, 二月は七律, 二月太政大臣の重職, 二月の座, 二月始めて罷出, 二月婚礼を致す, 二月の家, 二月官兵衛は秀吉, 二月定明は時国, 二月家宣が将軍宣下, 二月家康は新附, 二月のさびれ, 二月寛先生六十の賀, 二月小笠原島に更に, 二月小野田の住, 二月て亡くなつたさうです, 二月岐阜京都を旅, 二月岩波書店から出版, 二月川上音二郎は明治座, 二月川上音二郎一派は市村座, 二月川上音二郎米国より帰朝, 二月左団次一座大阪の浪花座, 二月幕兵を防ぎ得た, 二月平一郎は彼等, 二月延びたからと云っ, 二月延光は流行かぜ, 二月廿三日に永逝, 二月廿三日夜より廿四日, 二月廿三日小地震三月八日亦小, 二月廿九日仲禎君と素問合読, 二月廿二日の午前三時, 二月廿二日甲戌の夜半, 二月廿五日の夜半, 二月廿五日次男盤安去年中文学出精に付, 二月廿八日に歿, 二月廿六日田中は久振り, 二月廿四日出版八幡楼高尾序川上鼠文序烏有山人筆記娼妓てこ鶴の演説, 二月廿日といふ, 二月式部大輔中臣清麻呂, 二月弥生のほど, 二月当時の啓蒙的, 二月は八幡村, 二月後者は同, 二月御膳番の天野五郎太夫, 二月怒るまい事か, 二月文学再出発, 二月文部省は高等学校令, 二月憲法を, 二月新人号に三十枚, 二月新富座にて, 二月新暦の三月, 二月新海覚雄氏によって, 二月既に歿し, 二月は判乎, 二月日本は北方, 二月日本政府代表は国際連盟, 二月日本海軍が威海衛, 二月日露戦争開く, 二月明治座に上演, 二月映画の打合せ, 二月時分より三井寺, 二月晦日であった, 二月更に尊號を, 二月更らに二氏, 二月に小石川, 二月朔日あしたのま, 二月朔日付京都の鉄石, 二月木村富子女史が拙著, 二月未だ病気を, 二月末ニもなれ, 二月末ネープルに赴い, 二月末貴族院を通過, 二月末郡長その村, 二月末頃でしたか, 二月末高木清寿氏来訪原稿をお, 二月東京地学協会発行の, 二月東京帝国大学英文科一年の学生服, 二月東大寺供養の為, 二月某大新聞の, 二月某日の夜, 二月某日昧爽に小川町, 二月條野採菊翁が伊井蓉峰君, 二月森文部大臣が沖縄, 二月権中将から再び, 二月樺太開拓使を置いた, 二月武帝が崩, 二月歸朝すること, 二月死んだ子供二人, 二月殊に目の, 二月水車が傍, 二月永い御湯治, 二月江の島の辨天樣, 二月江戸へ往, 二月江戸上屋敷に潜ん, 二月涅槃の日, 二月滞在して, 二月無事横浜に上陸, 二月熱海の水口園, 二月燕王自ら文を撰, 二月爺ヶ岳裏の棒小屋沢, 二月狂言座は夏目漱石, 二月生まれの十九, 二月用紙入手のため, 二月田舍の病院, 二月田舎では年中最も, 二月画室の前, 二月畑毛から昔, 二月発布の, 二月百済の王敬福, 二月石川氏は五月生まれ, 二月神楽坂署の手, 二月筑波山へ登り, 二月築地座結成以来である, 二月経過と磯吉, 二月つて, 二月縛りで一割の, 二月義賢の悪, 二月肺炎に罹っ, 二月臨時総選挙施行, 二月臨月の時, 二月自動車に轢かれ, 二月草庵の燈, 二月著者三十二のとき, 二月藤原宮から寧楽宮, 二月藤屋の家, 二月行徳の浜, 二月襄生徒を集め, 二月見る物を, 二月解消の余儀なき, 二月計らずも刑事, 二月すと, 二月談話原稿を貰ふため, 二月諸王に詔, 二月買入れた土地の, 二月越内証でもの置, 二月農科大学の古在, 二月近く臥てその間, 二月近く静かな田舎, 二月遂に西班牙より, 二月になっ, 二月遣唐使の判官, 二月選挙のとき, 二月野山獄中より久保清太郎, 二月きに, 二月革命以前とおなじく, 二月革命後の生き生き, 二月韃靼の兵, 二月頃東京で捕まった, 二月をおっ剃った, 二月香取より潮来, 二月高等学校の記念祭