青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「二つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

事情~ ~事柄 事柄~ ~事業 事業~ ~事物 事物~ ~二 二~ ~二つ
二つ~
~二人 ~二度 二度と~ 二月~ ~二本 二郎~ ~二階 ~云 云~ ~云々

「二つ~」 18553, 200ppm, 505位

▼ 二つ~ (8972, 48.4%)

120 ものの 107 ものが 64 ものは 63 ものを 62 眼が 36 ことが 33 目が, 眼を 30 人影が 29 間に 2724 ことを, 顔が 22 眼は 20 峰の, 影が, 異った 19 道を 18 世界の, 心が 17 うちの, 場合の, 意味を, 方法が, 目を, 顔を 16 場合が, 理由が, 繪 15 ものに, 影は, 眼の, 言葉は 14 道が, 部分に, 首を 13 別な, 場合を, 手を, 道は 12 品を, 型が, 死骸を, 科学の, 種類が, 種類の, 言葉の, 言葉を

11 [12件] もの, 事を, 問題が, 場合に, 影を, 死骸が, 目は, 眼で, 窓の, 部屋を, 音が, 類に

10 [15件] ネクタイ, 中の, 事件が, 事件は, 事件を, 問題を, 場合は, 声が, 山の, 意味が, 方程式, 理由から, 窓を, 要素が, 面を

9 [20件] ことは, 世界が, 人影は, 例を, 心の, 手が, 手紙を, 条件を, 点が, 燭台を, 目の, 目玉が, 窓が, 要素の, 道の, 部屋が, 間の, 顔の, 顔は, 黒い影

8 [15件] 世界に, 事実を, 体が, 原因が, 心は, 感情が, 死骸の, 物質が, 目で, 眼には, 言葉が, 部屋の, 間には, 階級の, 頭が

7 [30件] ことに, ものから, 世界は, 乳房が, 人形を, 力が, 名を, 外に, 女の, 山は, 性質を, 手の, 方向が, 方面から, 死体を, 点に, 点を, 物が, 生活を, 異る, 目的を, 石を, 種類に, 立場の, 腕を, 車輪の, 銀の, 間を, 面が, 魂が

6 [38件] ために, ものと, スーツ, 事が, 事情は, 体は, 傾向が, 刀が, 勢力が, 区別が, 問題の, 国の, 姿が, 対立した, 山が, 島の, 川の, 巨大な, 床を, 影, 心を, 態度の, 方向を, 方面が, 星が, 時代の, 椅子を, 物の, 矛盾した, 耳に, 耳を, 見方が, 規定を, 語が, 面に, 音の, 頭を, 魂の

5 [78件] お手紙, ことについて, ものである, コップに, ベッドの, 世界を, 事件に, 事実が, 事実は, 事柄は, 人の, 仕事の, 作品は, 価値の, 像が, 力の, 命題は, 問題は, 型の, 大きな勢力, 大怪球, 天部が, 契機を, 女手の, 姿は, 学問の, 学問性の, 室の, 形が, 影法師が, 性格を, 意味で, 感情の, 態度が, 手桶を, 文字を, 方向に, 方法の, 時代, 極端に, 概念は, 死骸は, 流れを, 点で, 物を, 物体が, 玉を, 球は, 生命は, 生活が, 發光物質の, 盃の, 目に, 直線の, 眉を, 眼と, 眼玉を, 石は, 科学が, 科学は, 穴の, 窓から, 窓には, 窓は, 筋に, 箱を, 系統の, 組合は, 考えが, 袋を, 観念を, 足で, 輪を, 重大な, 階級に, 首は, 魂を, 鼻の

4 [105件] お宮が, ことで, ときに, はじは, ものだ, もので, ものとして, ベッドが, 一つを, 乳房は, 事件の, 事情の, 事柄を, 事物の, 人格を, 人間が, 人間の, 傾向に, 出来事の, 刀の, 別の, 力を, 名が, 名前を, 問, 国が, 国に, 国は, 型に, 型を, 場面の, 声は, 声を, 外には, 大きい問題, 大きな目, 大きな眼, 大なる, 家の, 寝台の, 屍体を, 形を, 影に, 性格が, 性質が, 扉の, 手桶に, 拳を, 方向の, 星の, 映画を, 時代を, 時計の, 時計は, 根本的な, 極の, 極端な, 概念の, 概念を, 欲求の, 歌を, 段階を, 流れが, 牡丹の, 物体の, 玉が, 現象が, 現象は, 異なつ, 目と, 相反する, 相異なる, 眼, 眼に, 瞳は, 瞳を, 矛盾を, 石の, 穴が, 系統が, 結果が, 結果を, 群に, 脚を, 船は, 花を, 表象が, 要素に, 話を, 説が, 谷を, 赤い光, 途が, 道しか, 道に, 部分, 部分から, 部分の, 関係が, 防寨は, 階段を, 階級が, 音は, 駕籠が, 骸骨が

3 [197件] うずの, うらうづ貝, お眸, ことから, ほかに, ものこそ, ものでなく, ように, コップを, コツプに, タイプを, モメントを, 中心を, 主な, 主義は, 乳房の, 乳房を, 事実の, 交換方程式, 人影, 人影の, 作品を, 例では, 傾向の, 入口を, 全く相反, 出来事が, 動物の, 勢力の, 区別は, 区別を, 千両箱は, 千両箱を, 千兩箱は, 口から, 句の, 句を, 名の, 呼吸が, 命題を, 品物を, 唇の, 国語の, 型, 型である, 場合しか, 場合とも, 場合において, 壜を, 大きな仕事, 大窓, 契機の, 宝の, 室に, 室を, 家を, 対立を, 屍体に, 層の, 層を, 山に, 山を, 岐れ, 岩が, 島群の, 床が, 建物を, 形に, 形態を, 影の, 心と, 心に, 思想の, 思想は, 意味に, 意味の, 愛称を, 戸口が, 手で, 手紙の, 指で, 掌を, 提琴が, 文章が, 新聞の, 方程式から, 方面に, 方面の, 日を, 星を, 映画の, 時に, 時期に, 時計が, 書物は, 月が, 月は, 有力な, 村の, 条件は, 枕が, 柱時計が, 椀を, 概念である, 様式に, 橋が, 歴史は, 死を, 死体が, 死骸に, 母音が, 法則を, 流れは, 海を, 溪が, 潮流を, 火が, 点から, 物, 物語を, 猫の, 理由で, 理由に, 理由を, 理論の, 生命が, 生活の, 男の, 町の, 画を, 留保を, 疑問を, 目, 相反した, 相矛盾, 相違が, 眸は, 眼から, 眼だけ, 眼球が, 瞳には, 瞳孔, 神が, 科学に, 立派な, 範疇に, 義務を, 脚が, 自己を, 色が, 花が, 花の, 蝶が, 蝶は, 血の, 袂を, 袋は, 要素から, 要素を, 見方は, 規定, 規定の, 観念の, 観点から, 角に, 言葉に, 語は, 誤解を, 説に, 論文が, 論文は, 貨物が, 資格が, 足を, 違った音, 部屋, 部屋に, 部屋は, 部門である, 重要な, 金属の, 鉄の, 錨は, 鏡を, 門に, 霊が, 面から, 面の, 音に, 頬を, 顏が, 顔に, 類の, 首の, 駕籠を, 黒い穴, 黒法師は

2 [637件 抜粋] あいだに, いずれかを, いずれの, いずれも, うちだ, うちで, うち何れも, おけの, おそろしい力, お宮は, かなり長い, くちばしの, くつが, すがた, すきと, すきとおった球, にんぎょう, ひれを, ぼると, ますが, もぎとられた味瓜, ものも, もの即ち, ような, カバンを, グラスに, グラスを, コップと, タイプが, ドアを, ナットを, パラグラフが, ピストルを, プロバビリティを, ヘッド, モメントが, モメントの, モメントは, ランプの, リアリティーの, 上り口の, 下に, 世界, 世界観の, 丘の, 丘を, 中心の, 中間に, 中間の, 主張の, 主張を, 主要な, 亂を, 事は, 事実だけは, 事実に, 事情が, 事柄には, 交わりの, 人形に, 人形には, 人形は, 人影に, 人影を, 仕事が, 仕事を, 他に, 他の, 仮説を, 任務の, 伝統が, 伝統的な, 体を, 体系が, 何れかを, 作品に, 作品の, 作品を通して, 作用が, 価値は, 価値を, 便所とも, 側面に, 傾向である, 傾向は, 傾向を, 光の, 光りが, 党派が, 党派の, 典型の, 典型を, 内容が, 内隠し, 出口が, 出来事に, 刀を, 別々の, 利潤率は, 前の, 動機から, 包みを, 半球を, 危険が, 卷物が, 原因によって, 原因の, 口は, 名刺の, 名前が, 名画を, 味瓜を, 命の, 命を, 命題が, 唇が, 唇は, 問いを, 問題, 因子の, 因数は, 国を, 土器の, 坂の, 坐標軸, 型は, 場合である, 場合では, 場合には, 場所に, 塔の, 墓, 墓が, 壁が, 変貌と, 外国語を, 夢が, 夢を, 大きい眼, 大きい窓, 大きな力, 大きな問題, 大きな流れ, 大きな要素, 大きな鏡, 大きな頭, 大事件, 大劇場, 大広間を, 大洋が, 大鐘の, 天狗の, 契機, 契機が, 契機と, 契機によって, 如きは, 姿を, 子音の, 学位を, 宝を, 実例から, 実例は, 室は, 家, 家族が, 宿の, 寝床を, 寝顔を, 対照から, 対立者を, 対象の, 封筒を, 小さな角燈, 小ひ, 小品で, 小説を, 小鳥, 展覧会を, 層が, 層に, 岬の, 峯の, 峰は, 島を, 巻物が, 市場は, 布嚢を, 平面の, 年から, 年下で, 年下である, 床の, 序の, 建物は, 弾丸が, 形式の, 形態, 形象乃至, 心, 心配が, 快不快, 思い出が, 急な, 性を, 性格の, 性質から, 恋を, 悪徳から, 情願が, 想念の, 意義が, 意義を, 意見の, 感じを, 感情で, 感情を, 態度である, 戦線において, 戯曲が, 戸の, 扇を, 扉が, 扉を, 手は, 手簡を, 手紙が, 手紙は, 投影を, 指の, 指環を, 掌が, 掌の, 接点が, 数字が, 文字で, 文庫については, 文書の, 新らしい, 新聞小説を, 方向において, 方法で, 方法は, 方程式を, 方言の, 旗を, 日輪が, 時代が, 時期の, 時期を, 時計を, 曲線によって, 書箱には, 最も著しい, 木箱が, 本が, 本に, 本を, 村が, 条件が, 条件の, 杯に, 枕を, 枝を, 柱が, 桃色の, 桶に, 桶を, 棺が, 植物が, 植物の, 椰子の, 極が, 極は, 極めて一般的, 極端の, 模範的の, 橋の, 橋を, 機能が, 櫃と, 欠点を, 欠陥が, 歌の, 死体の, 死骸, 段階が, 民族の, 民族は, 池が, 決定的な, 沢に, 沼が, 流れとして, 浮標, 深淵の, 渓谷が, 源泉から, 溶液を, 滝が, 漠然とした, 潮流が, 灯が, 点において, 点の, 無窮なる, 煙突が, 燭台の, 燭台は, 物は, 物質は, 特徴を, 特異な, 特色は, 犬が, 独楽を, 獲物を, 玉の, 現実, 現象である, 球が, 球を, 球塊が, 理論を, 環境が, 生命に, 生活, 異れる, 異様な, 疑問が, 疑問に, 白い影, 白い顔, 目もて, 目的に, 目的の, 直線は, 相である, 相対立, 真理の, 真鍮の, 眼だけは, 瞳だけが, 瞳と, 矛盾から, 矜り, 矢が, 矩形の, 短篇の, 碑が, 神に, 祭の, 私の, 種類, 種類を, 穴に, 空間が, 空間との, 窓に, 立場, 立場は, 笠を, 箪笥の, 箱に, 精神が, 精神の, 系統に, 組織の, 結びつきが, 結び目の, 絵を, 線の, 縁が, 美しい顔, 群は, 羽もを, 翼を, 考えの, 考へが, 考へ方, 者が, 者の, 耳の, 耳は, 聲の, 肉体は, 胸が, 脚の, 腕でだって, 自己が, 興味ある, 船会社が, 艇の, 艇を, 色に, 色の, 花輪を, 芽の, 若き魂, 茶碗の, 菊の, 落書では, 著しい特色, 著る, 蓋の, 薔薇が, 薔薇の, 蛇の, 蝶々, 蝶の, 蝶を, 表情の, 表現に, 袋が, 要素で, 見方に, 見方を, 見解が, 見解は, 規定が, 観念は, 觀念の, 解釈が, 記事が, 記事を, 訪問者で, 詞章の, 話が, 話で, 語の, 誤りが, 説を, 説明の, 議院から, 議院が, 谷, 資格は, 赤い点, 足あとの, 足跡は, 路を, 身体が, 身体の, 車の, 輪は, 途しか, 運動の, 道, 違った仕事, 部分が, 部屋として, 部類が, 量に, 量の, 量を, 鉢が, 鉤が, 銅の, 鋏を, 鏡の, 鏡は, 鐘が, 門と, 門の, 門を, 関係は, 防寨の, 陣營に, 隆起を, 雑誌社から, 雲の, 電気の, 電気は, 非難の, 面として, 面は, 面より, 鞄を, 音を, 音楽の, 領域として, 頭は, 題目の, 額が, 顔だった, 風の, 餅を, 餌取, 首級を, 駕籠は, 骰子の, 高塔, 魂, 魂は, 鶏の, 黒いもの, 黒い投影, 黒い点, 黒い物影, 鼻腔から

1 [4088件 抜粋] Вの, いすの, うたの, うちどちらを, うち一つでは, うらはらな, お手, お行列, かたまりは, ぎょろぎょろ目玉, こつぜんと, ことばが, さし当り, すじが, ちがいは, つめたい光, とき父母に, どっちが, ひしゃげた影坊師, ほか食ふも, まなこと, まんまる, ものとしての, もの一つと, やや似た, よりどころ, アネモネの, エの, カンテラが, クツは, グループに, サイコロを, ストーブを, タイプ, チームの, テーブルが, トランクに, ニッケル湯わかしが, バッジには, ヒューマニチイを, ブルジョア政党は, ボート, メダルを, レシーバーを, 一幕喜劇が, 三宝が, 不幸でありました, 不祥事件の, 世にかけて, 世界観乃至, 丘陵地帯を, 中, 中どっちかお取りなすっ, 中国を, 中間には, 主張が, 主題とは, 亀裂が, 争う人影, 事件である, 事実に対して, 事業に, 互に逆数, 交通路を, 人に, 人格が, 人間的な, 仕分けが, 仮名の, 会に, 伝記に, 位置と, 何れをも, 作品と, 作家は, 例ある, 価値すなわち, 信雄観は, 假面を, 側を, 偶像に, 傾向について, 優劣は, 光体を, 党首を, 全く同じ, 公演を, 内ど, 内訳が, 円筒が, 凶事に, 出来事には, 刀は, 分れたもの, 分野として, 判断構造は, 別義, 前奏曲の, 副低気圧, 劇団は, 勇ましい牡鶏, 動力と, 勢いで, 区別じゃ, 區別ある, 千兩箱の, 協奏曲を, 印象が, 卵型が, 原因である, 原理である, 反射運動を, 口を, 古典的な, 叫びに, 各々の, 吊燈明, 名は, 名称の, 否定的な, 命令を, 品種が, 商品の, 問題であっ, 喪色のみが, 回答の, 団栗眼と, 国家, 国詩即ち, 圖面の, 土橋が, 地層の, 均等が, 城の, 報告は, 場合な, 場所は, 塔を, 墓に, 増加率の, 壁荒々しい, 壺は, 変更が, 外貌と, 大きい受難, 大きな世界, 大きな国, 大きな快報, 大きな旋条, 大きな滝, 大きな球塊, 大きな秘密結社, 大きな葉巻, 大きな鋏, 大事な, 大学に, 大時計, 大通りが, 大陸から, 天地を, 失策を, 契機より, 女首, 妨げを, 姿と, 子供に対する, 字それから, 孤児を, 孰れ, 宗教の, 宝物を, 実現である, 家共々, 容器を, 寝台を, 寝顔お, 寶物は, 対立が, 対話の, 小さいかげ, 小さい足, 小さな分数, 小さな目, 小さな銃身, 小峰, 小箱, 小説その, 少し込み合った, 屋台を, 屏風の, 山巓, 岩お, 峰が, 島へ, 巌壁である, 布団の, 常識の, 平行線を, 幸福, 幾何学的構成によって, 店の, 廢物利用を, 弁証法を, 強い衝突, 形容詞を, 彫像しか, 影法師では, 役目を, 御骨, 心得が, 心的状態が, 必然性概念である, 念願を, 思い出私の, 性は, 性質と, 怪事件が, 怪異の, 恐ろしい密層, 息づかいは, 悪夢は, 情報を, 意味であろう, 意見書が, 感じの, 態度な, 憂を, 我儘な, 戰ひ, 扉と, 手に, 手廻りの, 手紙, 手跡は, 折紙の, 拇指痕は, 指紋が, 掌から, 提灯でも, 操作, 攻め口では, 政廟の, 教育の, 敵, 文化は, 文字が, 文学は, 文書を, 斜檣帆とを, 新しい発見, 新聞へ, 方式は, 方法概念を, 方面である, 日の, 昔話が, 時代と, 時期は, 暗いさびしい沼, 暦を, 書物に, 最大害悪が, 望みが, 木片を, 本性は, 村との, 東西屋は, 枕の, 枝に, 柱である, 根, 根本問題に, 根源的な, 桶の, 棗形の, 植物は, 極を, 楽を, 概念内容が, 様式かも, 標準に, 橋は, 櫂を, 欠陷が, 歌曲は, 武器の, 歴史に, 死屍が, 殺人が, 毛鞠は, 気持が, 氣持の, 水準が, 氷河の, 決断の, 法則に, 注意を, 洞門の, 活用形だけ, 流派, 浮き岩の, 海角の, 渡しだけは, 湖水が, 溪に, 漢字は, 潮流の, 火山が, 炉ばた, 焚火の, 焼死体と, 熱情を, 爐ばた, 牡牛の, 物理学, 特例を, 犬は, 独楽が, 猫が, 珍奇な, 現実の, 現象を, 理由によ, 生きかた, 生命を, 生活趣味は, 男の子が, 画面の, 異なった姿, 異なる記事, 疑いを, 病氣の, 発明を, 白いもの, 白い点, 白痴の, 皿には, 目など, 目二つの, 目的によって, 相か, 相対的な, 相隣れる, 真珠が, 眸だけは, 眼であった, 眼を以て, 着物は, 瞳ばかりは, 知識形態の, 石が, 石棺を, 石門を, 硝子玉が, 社会に, 社会関係の, 神仙的な, 科によって, 科學の, 種が, 種類も, 空地の, 窓その, 立場から, 立脚点から, 端を, 笑劇が, 答, 管は, 節が, 範疇組織, 籤を, 約束を, 紋章を, 素質が, 組に, 経済組織又は, 結婚を, 絵など, 継起する, 線を, 罪によって, 美学的要素から, 義務が, 習慣が, 考えについて, 者を, 聖像は, 聯絡をば, 肉その, 肘掛廻転椅子に, 肩胛骨の, 背反に, 脚は, 腕は, 膳部と, 自然概念の, 舞台を, 色として, 花は, 花束を, 若い日本, 茶呑茶碗に, 草漉紙は, 菓子の, 葡萄酒コップを, 薄黒い, 虚偽を, 蝋燭を, 蟻が, 行為を, 衝突が, 表現である, 装置を, 裳を, 要求を, 要素以外に, 見方として, 規定から, 視點, 観念形態は, 角の, 解法の, 言葉そのものだけに, 言霊の, 記すべき事, 設計を, 証拠物件の, 詩派の, 認識に, 誤算, 説話の, 調査を, 論文及び, 謎を, 貝を, 貴重なる, 質の, 質量間に, 赤玉が, 足は, 路の, 身体は, 車輪まさに, 輪の, 辺の, 途, 通廊は, 連関は, 運動である, 道である, 道具である, 違い, 違つた才能を, 部分であっ, 部屋と, 部隊に, 重い籠, 野心を, 量各々より, 金袋を, 鈴の, 銃口の, 鋏で, 錯誤に, 鎌と, 長い木片, 門, 開き口だけを, 関が, 闇が, 陣笠を, 階子を, 階級性格に, 雄藩が, 雑誌を, 電極の, 需要曲線から, 青いもの, 青年に, 面白い長篇, 鞍を, 音韻であっ, 領域の, 頭文字と, 額縁に, 顕現である, 風呂敷包みとを, 食の, 館を, 駅の, 驚くべき跡, 骸骨と, 高台の, 魂に対する, 鳥, 鹿の, 黒い大, 黒い顔, 黒雲が

▼ 二つ~ (1810, 9.8%)

78 分けて, 分れて 52 割れて 40 折って 36 割って 34 なって 25 一つの 24 折れて 23 して, 裂けて 19 わかれて, 分かれて 17 わけて, 切って, 別れて 16 岐れ 14 われて, 割れた 11 分れる 10 一つだ, 分けること, 分れまして, 斬って 9 裂いて 8 なる 7 一つを, 仕切って, 割つて 6 なったの, なります, わかれました, 仕切られて, 岐れた, 岐れる, 裂かれて

5 [11件] なった, なつた, 一つと, 一つは, 切れて, 別れる, 割った, 割られて, 割ると, 大別する, 折ると

4 [18件] ちぎって, なる子供, なる男の子, 一つしか, 一つであろう, 一つに, 分かれる, 分れた, 別けて, 別れた, 割れるよう, 引き裂いて, 引裂くと, 折るよう, 折れたの, 斬られて, 破れて, 裂くと

3 [29件] きれて, されて, する, なりました, なると, なれと, わかれる, 一つ, 一つだろう, 一つです, 一つという, 分かれた, 分ける, 分れると, 分裂し, 切り割っ, 切れる, 別れまして, 割れる, 割れ三つ, 区分し, 区別する, 引き裂かれて, 折ったよう, 折れた, 折れたよう, 裂いた, 見える, 開いた

2 [84件] ある, おれて, からだは, するよう, する事, すれば, ちよん, なったばかりの, なっては, なりまして, なるの, なる子, なる末, なる赤ん坊, なれ, へし折れて, わかれた, わかれるところ, わって, われました, われる, 一つある, 一つじゃ, 一つじゃが, 一つで, 一つより, 使い分けを, 分けその, 分けたもの, 分けます, 分けられて, 分けられるの, 分って, 分れたもの, 分れた様, 分れました, 分れるよう, 分裂させる, 分裂した, 分裂する, 切った, 切られた, 切ります, 切り離したよう, 切断し, 別つ, 割いて, 割ったの, 割ったよう, 割れ, 割れたの, 割れたレコード, 割れました, 割れます, 割れると, 割れるの, 割れ左右, 割ろうと, 区分される, 千切って, 大別し, 帰する, 引き裂いた, 引裂かれて, 截ち割ったよう, 折つ, 折つてし, 折られて, 折りその, 折り曲げて, 折れでも, 斬った白蛇, 斬り下げて, 斬ろうと, 断れて, 畳んで, 破れさ, 碎かれて, 竪に, 裂けた, 過ぎないの, 開かなかったい, 開きその, 限られて

1 [751件 抜粋] あったと, あったもの, あつた, あると, いたして, いろいろな, おって, お斬り, かかって, かきわけながら, きって, きりさかれた頭, きれいに, ぐるりと, この刀, さかる悲し, さけたの, さけ余煙, された, されたよう, された筈, されるところ, しきって, した, したと, したらいったい, したらこれ, した腕, しちや, してかへ, しても, しましょうね, しようって, すいかを, すぎなかった, するの, する様, する覚悟, それを, たたみ鼻, たたんで, たち割られた場所, たち斬られたよう, ちぎられて, つきる, とけ割れました, とどまって, なしたるもの, なったかと, なったこと, なったと, なったり, なったわけ, なった胴, なった胴体, なった額縁, なっちまいました, なってぞ, なってるの, なつて, ならずに, なりかねないよ, なりますが, なり両方, なり又, なるお, なるかまで, なるぞ, なるという, なるとも, なるまで, なるん, なる二つ, なる女, なる女の子, なる宵子, なる所, なる男, なる西瓜, なる赤坊, なれッ, はいでそこ, はじける, ぱんと, ひきさかれそして, ひとつ乾雲丸か, ひとつ国土が, ひろげて, ふえて, ぶった斬って, へし折つて, ほかならず長寿, めり込んで, やられた後, よく似, よる, わかち娘, わかつこと, わかるこ, わかれた心, わかれます, わかれるという, わかれ一, わけた, わけただけ, わけって, わけられた心, わけること, わけ前額, わりました, わるぐらいの, われた, われたの, われたひづめがついてゐて, われたもの, われたる, われたポスト, われると, われるの, スコップで, タタき, パクリと, ピリーと, 一つさ, 一つである, 一つでなけれ, 一つといふ, 一つどちらに, 一つな, 一つよりしか, 一つ処置を, 五目ずしを, 人間は, 仕切つた格子の, 仕切つてある, 仕切つて奧の, 仕切られ東側, 似せて, 似た孤児, 使はれぬ, 使ひ分ける, 依るもの, 依帰, 入れて, 入れまじった, 分かれたの, 分かれたもの, 分かれたり, 分かれても, 分かれ一つ, 分かれ本流, 分け, 分けそうして, 分けた, 分けたお, 分けただけで, 分けたに, 分けたよう, 分けたり, 分けた下, 分けた亜麻色, 分けた名, 分けた地上, 分けた札, 分けた為, 分けにが, 分けましたならば, 分けられたまま, 分けられないもの, 分けられる, 分けられるので, 分けると, 分けるの, 分けるん, 分ける考, 分け一そう, 分け一つ, 分け二人, 分け代表者, 分け合ったとか, 分け旗下, 分け綺麗, 分け黒, 分たれ上等, 分たんと, 分ちて, 分ち予科三年, 分つこと, 分つごと, 分つべからざる関係, 分つ事, 分れず官, 分れず或, 分れその, 分れたと, 分れた後, 分れた椎, 分れた西瓜, 分れちゃったの, 分れますが, 分れよう, 分れるから, 分れること, 分れるところ, 分れるの, 分れる処, 分れる場合, 分れる處, 分れバランチャン, 分れ一つ, 分れ一方, 分れ三つ, 分れ互, 分れ何とか, 分れ剣, 分れ大半, 分れ官師, 分れ或, 分割させ, 分析されるべきである, 分裂させ, 分離した, 分離しなけれ, 分類される, 分類し, 切ったので, 切ったもの, 切つた, 切つたわ, 切つて御覧に, 切られその, 切られた男, 切られる, 切りあけ塩水, 切りさきました, 切りました, 切りますから, 切り切った面, 切り割いた, 切り放って, 切り裂いたせつな, 切り開いただけ, 切り開いて, 切り離して, 切ると, 切れると, 切れる剣, 切断され, 切断した, 切斷し, 別けられて, 別けられるので, 別けると, 別たる, 別れたが, 別れたとか, 別れてを, 別れましたが, 別れ一方, 割かれて, 割ったその, 割った位, 割った様, 割った竹, 割つた大きな, 割つた形, 割らうと, 割られいったん, 割られたよう, 割られた中身, 割られた群集, 割られた黄金, 割りおる, 割りその, 割りて, 割りました, 割り三十万石, 割り四擒四縦, 割り次いで, 割り自分, 割るべく刀, 割る力, 割れころがって, 割れそう, 割れたでしょう, 割れたやう, 割れたり, 割れたん, 割れた戸倉老人, 割れた櫛, 割れた虹, 割れた部分, 割れてね, 割れぬやう, 割れまして, 割れるなんて, 割れるよ, 割れるボンボン入れ, 割れる扉, 割れる抱き合せ, 割れわずか, 割れパラパラ, 割れ壁, 割れ彼, 割れ敵味方, 割れ闇, 割れ風, 勇の, 区切られて, 区切り平たい, 区別が, 区別され, 区別し, 区別せられ, 千切れた, 半分割れた, 合わさって, 喰切られ, 塗り分けられて, 大別せられ, 大別出来る, 対立し, 小さいの, 就いて, 山だ, 岐かれ, 左右に, 帰して, 広告しろ, 引きさかれて, 引き分けて, 引き裂いたお, 引分けて, 引割り始めた, 引裂かれ或は, 引裂きつ, 心が, 心を, 思うの, 惹かれて, 截ち切られヒュッ, 截ち割られて, 打ち碎く, 打割りました, 折ったこと, 折ったの, 折った一枚, 折った便箋, 折った手紙, 折った横綴, 折った背中, 折っての, 折つてこれを, 折つてそれを, 折つて何か, 折つて十吉に, 折つて椅子に, 折つて笑つた, 折つて肩だけ, 折て, 折られたという, 折られた水色, 折りそれ, 折りそれから, 折りますと, 折り三藏, 折り屈めて, 折り庭, 折り曲げたまま, 折り曲げたよう, 折り畳んだと, 折り膝, 折り長い, 折り頭, 折れさうに, 折れたかと, 折れたと, 折れたところ, 折れた半紙, 折れた汽船, 折れた紅葉, 折れた船, 折れてたじゃあねえか, 折れまえとは, 折れる, 折れるなんて, 折れる程, 折れ一片, 折れ曲がって, 折れ込んで, 挽き割らせそれ, 換えられない, 数える, 数へらるるなりき, 斬られなくては, 斬りさげた, 斬り下げたかの, 斬り捨てて, 斬り逃げるの, 斬る, 斬れて, 斬れる, 断ち切られる, 断ち切るよう, 断って, 断てり椎大樹, 曲げて, 曲げ身, 未だ分れない, 本づけり, 梅干を, 樂の, 歪め或いは, 殖えアレヨ, 比べて, 比べると, 気が, 水御, 波は, 流れ去る, 為った, 焦点を, 現われて, 生活の, 由つて考ふれ, 画って, 畳んだの, 畳んだ観世, 疊んで, 相亂, 砕け一つ, 破った秘帖, 破り扨, 破れた, 破ろうと, 突詰めた心, 統制され, 編み分けたお, 編んで, 縊れて, 置かれること, 聞くこと, 至つては, 芸術の, 茶色の, 菓子と, 裂いた未亡人, 裂かれたまま, 裂かれた手紙, 裂かれました, 裂きかけて, 裂き四つ, 裂くる響, 裂けたか, 裂けたる奇獣, 裂けた程, 裂けた絵馬, 裂けた谷, 裂けちゃう, 裂けても, 裂ける, 裂けるだろうの, 裂けるの, 裂けるよう, 裂け上るの, 裂け分, 見えたの, 見えて, 見えるなんて, 見える様, 見える酔っ払いの, 見せた, 見ること, 見るの, 解剖し, 触れたの, 議論が, 負わせた事, 踏み割って, 踏み裂かれて, 轢断され, 近い頃, 連関し, 過ぎない, 過ぎなかったもの, 過ぎぬ, 違なかツた, 重なつた, 開いて, 開かれた次, 開く中, 開けた, 限った清楚, 隔てられて, 離すこと, 離れました, 頒けた, 頒ける, 食い割いた, 鶴荘鴎荘の

▼ 二つ三つ~ (775, 4.2%)

8 お辭儀, して 6 ころがって, 光って 5 残って, 越えたばかりの 4 ある, の小さな, やると, 出て, 続けて, 見えて

3 [14件] あった, あつた, した, の星, も越し, 並べて, 入って, 叩いて, 叩くと, 振って, 曲ると, 続けさま, 置いて, 買って

2 [51件] あって, あるが, かかって, が熟柿, すると, たたくと, つけて, で赤く, と炎, のもの, の問い, の提灯, の涌き, の穴, の黒い, はあった, は手掛けます, をかかげ, を挙げ, 上って, 並んで, 傾けると, 入れて, 入れられて, 取り出して, 叩いた, 叩きました, 大きくまたたい, 小突きました, 張り倒して, 思ひ出して, 拾って, 持つて, 挙げて, 撲ると, 書いた, 書きだして, 浮いて, 積んで, 老けて, 若いよう, 若くて, 見えた, 見える, 見受けられたが, 話した, 越したかと, 越したばかりの, 越した牛, 過ぎると, 飛んで

1 [569件 抜粋] あいたの, あげさせて, あげて, あげますよ, ありましたもん, あります, ありますし, ありますね, あるいはそれ以上, あるきり, あること, あると, あるという, あるなど, あるの, あるばかり, あるん, ある方, あわれ, いい雑誌, いって, うっすらと, うなずきながら, うなづきました, おいて, おすそわけ, お耳, お見舞い, お重ね, か, かぎざきをせねば桃下, かけば, かさらず, かぞえて, かはし, かるく叩き, がどうにか, が下流, が大きく大きく, が間, きらめき出して, くらわせたら泣かぬ女, ぐらいの新しい, ぐらいも若く, ことによる, この第, こぼれた水引草, ころがったほど, さけび声, さして来た, しかもまたこれ, しか受取っ, しか年, しか年上, しか手, しか無い, しか見え, しか讀ん, しか越し, した上, しながら, し初め, ずつ, ずつのぞい, ずつ横倒し, ずつ順に, せきば, そういう口, その上, その座, その橋, その穴, その麓, それだけあと, そんな話, ただよって, たべて, だけ光ってた, だけ書きつづっ, だけ質問, ちがっても, つ, つかまえて, つたない作品, つづけざま, つまみさ, つまんで, でおし, でそんな, でも自分, で結構, というところ, という荷, とお, とかぞえ, とそれ, とった, とばして, とりあつめて, とると, とを持っ, とボール, と一晩, と三ヶ所, と共に器, と取り集めた, と増し, と小さな, と山, と帳場, と広い, と思う, と思われた, と残っ, と自分, と飛び飛び, と飛ん, どや, なあん, なぐった, なぐれど, なつて, なら錢, なりの寫眞, について幾島, になっ, にアイロン, に切った, に切りました, に割っ, に割られ, に固まつ, に引つ切つた, に砕け, に關, ねぢ合つた, のかわった, のこっ, のちがい, のん, のイス, のグループ, の光芒, の包, の単語, の周旋方, の問答, の嘗め, の大きな, の字, の室, の家具, の少し, の屋根, の岩, の年上, の店先, の戯談, の手本, の掘出し物, の新聞, の時分, の標本, の横, の洋酒, の瀬戸物, の燈火, の用事, の用談, の皿小鉢, の石, の窓, の絶叫, の羽ばたき, の芸, の荒い, の荷物, の落葉, の薬味, の藝, の袋, の話, の貝殻, の赤い, の赤いまるい, の銀盆, の鋏, の顔, の風呂敷包, の風月堂, の鬼火, はある, はい, はお, はかかしません, はここ, はすぐ, はたく, はね, はのこり伝わっ, は切り拂, は年數, は必ず, は打つ, は折檻, は玉ちゃん, は行ける, は越した, は除けました, は隠し, ばかりの白い, ばかり質問, ぱっちりと, ひいて, ひらめいて, ふけても, ふりかえって, ぶっ付け合う, ぶらさげたまま, ぶんなぐりました, ぶん殴られて, またたいて, または四個, また五つ, また咳き入りました, まだ暮れきらない, までつまん, まで見える, みつけ出した, もらったくらいの, も年上, も年下, も攻め落さう, も若く, も衝, も覚え, も越えたらしい, も越したらしい, も越したる, やったらしいが, やって, やってから, より以上, をこ, をここ, をせわ, をそつ, をとり出し, を何かと, を併せ, を取納め, を噛ん, を懺悔, を投付けた, を拾い取っ, を摘み取つ, を摘ん, を書い, を覚悟, を読ん, を載せ, を集め, キリキリ舞, コンコンと, チラチラと, ポンポンと, 上がって, 不同意, 与えると, 並べられた植木鉢, 並んだ鞄, 丸ごと焼い, 交ぜましょう, 交わした後上り口, 今手もと, 例えば, 借りっぱなし, 入れると, 其のあたり, 出して, 出た男, 出た頃, 出はじめて, 出る, 出来て, 取り出した, 取出して, 叩いたの, 叩かせずには, 吊るしました, 咬みついて, 咲いて, 咲きかけたの, 咲くある, 喘がせて, 喰わせ胸倉, 噴き出して, 在るという, 塞いた, 外すと, 外れて, 大きいくしゃみ, 大きく揺り動かせ, 大きな石, 大きな部屋, 大向こう, 女らしい名, 寂しく浮かん, 尋ねて, 小さい拍手, 小突いて, 小突き廻されます, 小突き廻すと, 小粒銀三十, 属して, 巻きつけ頸, 引つ叩いたら背後, 引つ叩いても, 強くした, 御藩, 忍び寄って, 思いきって, 怪しい事, 懸って, 打ち据えたが, 打つうち, 打つて, 打つと, 打つを, 打てば, 投げて, 投げ出しても, 抜けて, 押して, 押し込んで, 拵えて, 拾えるかも, 持ちださせて, 持って, 持つても, 挙げられた, 挙げる, 挙げると, 振つて, 振りました, 掘らせました, 掛けて, 掲げて, 掴み出して, 掴んで, 掻いつまんで, 揚がった光弾, 揺る, 摘み捨て, 撮んでから, 撲られて, 撲られ何, 撲りつけそれから, 撲りとばしたら話, 散らばって, 散らばつて, 明いて, 明けて, 暗い原, 暗い客席, 曲がった, 書かせて, 書く, 書けば, 横たわって, 歌う, 歌った, 歌って, 歩いて, 残った歯, 残んの, 殴った, 殴つて, 殴られそれから, 殴られた, 殴返して, 求め候, 沈んで, 泣いた, 注意深くけ, 洩れて, 流れて, 浮かんで, 浸けて, 消したかと, 淋しそう, 淡い星, 溜めては, 漸く最近, 点頭いて, 無いでも, 無雑作, 煽ぎながら, 現わる, 甘い汁, 生えて, 相触れ, 相觸, 瞬いて, 立つて, 立てかけて, 立てつづけに, 続いて, 続け打, 置かれて, 考へて, 聞いたらこの, 聞いて, 聞えた, 聞きかじつて知, 舞ったかと, 若いだが, 若い苦味, 若かつ, 若からう, 若く四十七八, 若く見えた, 若く顔立, 苦しげ, 落ちて, 見え出した頃, 見え出して, 見せて, 見せよか, 見つけとく, 見て, 見へ, 見るに, 見廻せば, 覗いて, 覚えて, 言い争った揚句, 言った, 訊いて, 訊き度, 訊ねてから, 記して, 訳しましょう, 話して, 読んだこと, 読んだだけ, 買ったばかり, 賣つて, 赤い実, 走りでて, 越えたと, 越えて, 越え候, 越した色, 越した若者, 越した髭, 越した髯, 越して, 跳ねるうち, 跳んで, 踊った, 踏みながら, 踏み鳴らしてから, 踏むだと, 蹴られ損, 軽くそこ, 軽くたたいた, 軽く叩いた, 軽く揺る, 載せあり, 載せて, 載っけて, 載って, 輝いて, 込み上げる, 這って, 通って, 通りすぎて, 通り抜けて, 通り抜けましたが, 通り過ぎ妙, 過ぎたと, 過ぎた主婦, 過ぎてゐるであらう, 遠い過去, 重り合って, 附いて, 降りたかと, 降りて, 隔てた座敷, 面白い写真, 響かせながら, 飛び上ったよう, 飛び出した頃, 食らわせましたが, 食わして, 食わせて, 鳴らして, 鳴らす, 鳴り揺れて

▼ 二つ~ (503, 2.7%)

4 いずれも 3 ある, いって, 同じこと, 私の

2 [21件] あった, どちらも, 一つの, 他の, 何れも, 別々の, 同じもの, 同じよう, 夫, 平衡を, 彼らを, 必ずしも同じ, 据えて, 明らかに, 殆ん, 相互に, 相反対, 第一, 負は, 部屋の, 頸っ

1 [445件] あったが, あったもの, あっても, ありそう, あります, あるいは矛盾, あること, あるだらうし, あるだらうな, あるに, あるまい, あるまいといふ, あるまい生命, いおうと, いくら内輪, いつまでも, いつも二つ, いづれも, おそくつきました, おのおの一類, おまけです, おろか江戸じゅうに, お互いに, お内儀, お師匠さん, かならずおっ, かならず取っ, かなり重大, がんばったでしょう, くたびれるでしょう, くっついて, ぐとて, こんな風, ございますまい, さかいにすら, しないとも, ずっと小さく, ずれて, ぜひとも必要, そのま, そのままの, そのまま使える, その代表者, その間も, それぞれ八階と, それを, それ程違った, そんなに簡単, たいへん参考, たがいに, たしかにパイプ, ただ併立, ただ矛盾, ただ試み, たのしめるから, たぶん我邦, たれが, ちゃんと出す, ちやんと, できたであろう, ともにあいだ, ともに優れた, どうしてか, どうしても罪悪, どうでしょう, どうでも, どうなったでしょう, どうなつ, どうも放したくない, どう区別, どっちかと, どんなふう, ない, ないが, ないでございません, ないと, ないに, ないん, ない名医, ない私, ない筈, なんです, ねえおらッ, はじめから, はっきり分かれ, はなはだ痩せ衰え, ひとりでに分かる, ぴたりと, ほかの, まあ僕, ませて, まだ路傍, まった大理石, まとまりそう, まるで笑い, まるで関係, まん丸く, みんな小六の, むしろ取りちがえる, むしろ多く, もう既に私, もう見る, もたぬなりけり, もちろん同一, もともと全く別, もと互いに, もんどり打っ, やって, やはり瓜, ややこれ, やられること, よく目, わかりません, イレネとの, スコラ的な, テノールで, バラバラな, バラバラに, パイプなし, ヒューマニズムと, ピタリと, ピトエフ一座と共に, プロレタリア文学を, メイエルホリドが, ユダが, 一つでない, 一つにまで, 一体と, 一処に, 一応夫, 一致し, 一般には, 丁度反対, 七歳の, 丈夫な, 三文と, 三高の, 上に, 上手に, 下か, 世態人情に関する, 並び行はれた, 並行し, 事実非常に, 二つながらいくぶん楽劇, 二つの, 二重の, 互いに争っ, 互いに反対, 互に排撃, 交換の, 人生に, 人通りばかりを, 人類を, 今しも, 今でも, 今の, 今更どうする, 付近に, 仙台の, 似て, 低い石甃, 体に, 何か, 何でも, 何の, 何ゆえに, 何んにも, 余が, 余りに味, 余計に, 作ったこと, 併せ聴いて, 俳諧を, 個人の, 偶然似, 僞物だ, 元は, 元来同じ, 元来対立すべき, 元来食ふか食はれる, 党派的に, 全くその, 全く同じ, 全く同一, 全く異, 全く異なる, 全く絶対的, 全然ちがう, 全然別種, 六十五匁ずつ, 共々に, 共に一つ, 共に上層雲, 共に人間的事実, 共に夕暮, 共に比較的あたらしい, 共に物, 共に産業的事実, 共に道徳, 共に鎮魂祭, 其中に, 具体的に, 内部的な, 冬から, 出る, 出自は, 分けるの, 切字中において, 初めて全然別, 別では, 別な, 別の, 別個の, 別物では, 前後し, 劇団の, 労銀の, 動かない誰, 勝手に, 勿論肺病専門, 区別し, 十二ヶ月後の, 単純な, 却って兼ね, 却つてこぼれ, 友三郎と, 双方とも, 反動的に, 受精し, 口もてぞ, 合致し, 同じ時期, 同じ源, 同じ物, 同じ理解, 同じ異変, 同じ言葉, 同じ過程, 同時に存, 同時に成功, 同時的に, 同種類, 吐こうという, 向き, 和泉屋と, 咒力信仰を, 器の, 固より, 園芸と, 在っても, 場末に, 増すに, 変だ, 夏の, 外國から, 多分押入, 大変ちがい, 大変ちがっ, 大悪人, 奇妙な, 如何に, 如何にも空っぽ, 婚姻育児の, 子代部とも, 存在する, 完全に, 実は一体, 実は教育, 実際つまらない, 寂しさうに取り殘, 対立した, 少なくともニーラ, 少なくとも算, 居眠りし, 屡, 島の, 左右上膊部の, 左右腰骨の, 帝国ホテル及び, 常に彼, 平安朝末のや, 引かなきゃなるまいと, 弦の, 当時大阪を, 当面の, 彼にとっては, 彼の, 彼等の, 後に, 後まわしに, 後方に, 後来久しく新しい, 必ずあった, 必ずしも二度と得られない, 必ず設けられ, 思い出話であり, 恰も日本, 悪魔の, 惜しんでも, 意志の, 我人ともに, 我慢が, 戯れて, 房一にと, 所謂吉野仙媛に関する, 持って, 持つて, 持統天皇と, 撲られます, 斑で, 新しく書いた, 日本に, 日本の, 早目に, 昆虫の, 映画の, 是に, 時間も, 曲者に, 書けるだらうと, 最初から, 有りませんさ, 未來から, 本来決して, 来ない, 東京の, 栄三郎の, 根本的に, 榮三郎の, 欠かすこッ, 欠くこと, 欠けあと, 正に組織的, 正直に, 歩一歩川な, 死んで, 残って, 殘りたら, 決して仕合, 決して調和, 注意せられ, 注意を, 消え殘つた提灯, 深い浅いの, 減るであろうと, 渠の, 無いからね, 無いと, 無えが, 無論結び, 牧野補入, 物と, 物語が, 物語の, 特に皆様, 狢か, 狸小路を, 現代の, 甲州街道に, 略, 療養生活を, 発生点は, 白二つは, 的中し, 皮に, 皮の, 目抜きの, 目新しい商売, 目方が, 目的は, 盲目の, 相俟, 相分るべき, 相対立, 真盛りの, 知って, 知りだしてから, 石山の, 確かに, 私たちの, 私との, 私に, 私を, 秋山図同様, 秋田ブキを, 科学研究に対して, 程度の, 空でありました, 等しく神祇官, 結局一つの, 結局同じ, 義雄と, 自分に, 自分の, 舞台で, 船と, 芸術的真理という, 若いかも, 若き日, 若く見えた, 蛾の, 蝋着し, 要らないでしょうにネ, 見たところ, 見つかるは, 見る機会, 観衆の, 記載例としては, 記録にも, 詳略の, 諧謔的問答歌である, 謄写版刷りの, 講談社の, 買って, 足かも, 身にも, 軍刀に, 近代の, 近来に, 連帯を, 遂に計, 過ぎたもの, 違う, 違つた質の, 避けましたが, 還った, 酒から, 酒の, 鈍角を, 鑿り出せ, 門前の, 間近く向き合い, 間髪を, 関聯し, 除外しなけれ, 隠し立ては, 非常な, 面を, 頗る曖昧, 食い違ったクロス, 食は, 馬鞭草で, 高く頭, 龍造寺主計にとって

▼ 二つ~ (414, 2.2%)

7 並べて 5 比較し 4 一つに, 兼ねて, 対比し 3 もって, 一緒に, 持って, 書いて, 比較する

2 [19件] そのまま置い, 一つの, 備へ, 出なかった, 区別し, 取って, 同義語と, 含むもの, 吾, 安置せり, 手に, 最も恐れ, 比べて, 結びあわせて, 結びつけて, 統一し, 考へて, 読んで, 頭の

1 [337件] あげて, あずかって, あたへずそんな, あわせて, いいますと, いかに有効, いって, いつとは, うまく使っ, おまえに, お授け申し上げ, かいてからは, かしらに, かの女, かわるがわるに, くくりつけて, くちばしに, くれて, ここで, こね合わせて, これからどう目当て, さへ, しみじみと, すぐれた持健薬, ずいぶん違った, そこに, その中, その博物誌, ただ区別, つきまぜたよう, つぎつぎと, つなぎ炉縁と, つなぐと, つなぐもの, つなぐ論理, つまり王族, どうなさる, どう結合, どう選ぶ, なぶるよう, ならべたもの, はっきり並べ, はつきり分けろ, ひき合わせて, ひつくるめる, へだてて, むしろ返り, やった上, やりました, よくよく泡立て, よく成さしめた, よく混ぜ, り, わけて, わたし自身から, アイデンティファイする, アイデンテイフアイする, セットで, ムザムザと, メトロポリタン美術館に, 一つずつ, 一つ胸に, 一と, 一体に, 一旦全く引き離し, 一貫し, 上げて, 与えたが, 世界が, 両手に, 両方に, 並べ前者, 丹念に, 丼の, 二つながら満足, 二山帽子の, 云い現, 云えば, 交尾えて, 交換する, 今あげました, 今まで, 伴奏と, 余すな, 併せ読むと, 併用する, 併称した, 使って, 例に, 個々別々に, 充分承知の, 先に, 入れて, 全く別, 全然反対, 共に有つ, 其牧場に, 兼ねたよう, 兼ねた奴, 兼ね具えたもの, 出して, 出し一, 出すと, 出ないの, 出ない輪廓, 出まい, 出ません, 分離させよう, 切離して, 別々に, 前に, 剔抉すれ, 加えて, 包容した, 北沢は, 区別しなけれ, 区別する, 区別せず, 區別し, 十分に, 半々に, 厳密に, 又よみ, 取り上げまじめ, 受取って, 口の, 只で, 右手で, 合したよう, 合せたもの, 合せて, 合せると, 合わして, 合わせて, 合わせる時, 合本し, 同一と, 同時に含め, 同時に持つ, 同時に真理, 含めて, 含んで, 和解させよう, 問ひ, 喜ぶ, 喰う間, 喰べ, 喰べた, 土俵の, 埋めて, 執って, 執ること, 基として, 売りもの, 夜明けまでに, 大別され, 失って, 女の, 婆さんに, 安, 完全に, 宣教師に, 宿に, 實行しなけれ, 対に, 対抗せしめた, 対立させ, 対立させなかった, 対立させる, 射落として, 山の, 左右の, 巧みに, 平げて, 平げ順々に, 平均し, 幾度も, 床の間に, 引き離すと, 強いて結びつける, 往來の, 得た, 得るため, 心の, 心得て, 志した者, 忘れて, 忘れては, 思い合せて, 性質の, 意味する, 懸けたり, 所望した, 手放したくなかった, 手早く帯, 抛棄します, 抹殺する, 抽く, 拙ない, 拠所に, 拾いしさい, 拾った, 拾つて申します, 持たねば, 持つて, 指して, 挙げて, 挙げましたが, 捧げて, 捨てたら世, 掘り地面, 掛けたしやれた呼び名, 掛けて, 掲げて, 掴むため, 描きさえ, 提げ, 握つて, 撰んだ, 放任する, 教育の, 敵に, 早くやらなけれ, 早速に, 昨日買つて來ました, 書き分ける苦し, 最も愚かしく, 最も興味深く, 本当に噛みしめた, 机上に, 柱に, 楯さんに, 横腹か, 欠いたこと, 次に記すべし, 正確に, 殆ん, 殺し一つ, 沸湯の, 注文しました, 混ぜて, 混淆した, 清に, 満足する, 無くすること, 燕女の, 爪で, 獲て, 珍らしむ, 用いて, 用い中, 申し渡した, 画いて, 発見し, 百姓に, 盜んだ, 目指して, 目標に, 目的として, 相殺し, 知った程度, 知って, 知ること, 研究した, 破壞, 碎き去る, 示した, 示して, 示す, 示す意味, 社会的価値といふ, 等半, 筋なりに, 粗雑に, 精神的基調として, 組合せると, 組合わせると, 結びつける, 結び付けて, 結ぶ事, 結んで, 結合する, 統一的に, 統合した, 絶対に, 綜合した, 維持する, 総括し, 総称した, 繋いで, 繰返す, 考えて, 考えれば, 育むもの, 良寛さんの, 苦しむこと, 藐視し, 裏漉しに, 見て, 見る, 見れば, 見比べて, 言葉使ひのう, 認めた, 調和さしてる, 諾否の, 識らなかっ, 讀み比べて, 買って, 貸して, 購ひ取つた, 足場に, 距てた, 踏み外しては, 蹈査する, 身共に, 較べるとき, 送って, 通りこし, 選びたいとな, 選ぶならば, 選ぶほか, 選み出した, 重ねたもの, 重ねて, 銅壺に, 鋸で, 関係づける, 除いては, 除くと, 除くわけ, 離して, 離すこと, 雪で, 頂にて, 頬張つて, 風琴の

▼ 二つ~ (347, 1.9%)

8 ある 4 一つに, 一つの 3 あって, 一緒に, 彼の

2 [17件] あつた, あること, いっしょに, ないと, なければ, ウサギの, 並んで, 云わば, 似て, 別々に, 大切な, 揃って, 最後の, 混乱し, 重つて, 重なり合って, 頭の

1 [288件] あったが, あつた様, ありそれ, あります, あり芸術, あるが, あるので, あるのみ, あるよう, ある事, ある暖流, あれば, あんまりひどく, いいだろう, いちばんたい, いつもかなり聞いい, いつも相剋, お絹, お銀様, きょう私の, ぎらぎらと, くいちがって, くっついて, けっして一致, この島, ごっちゃに, さながら二人, さながら森, ざらに, ずっしりと, そのままで, その候補, その時分, その発生条件, その蛇, たよりで, だんだんと, ちがった挙動, つながりを, ところ食らわせ, ともに茱萸, どういうわけ, どういう現象形態, どういふ, どうかし, どうしても, どこまで, どんな点, なかの, なくなった今, なぜ関連, ならんで, なわれて, はたして違っ, ばらばらと, ひとつに, ひと間に, ぴったり合う, ぶつかった心持, ぶつ通しに, ぽつりと, まじり合って, まぜあわされて, また彼, また處, まわり燈籠の, むかしから, めちゃくちゃに, やって来た, よかった, よく一緒, わかるよう, わしらへ, グルグル廻りだした, テッペンから, テーブルの, ピタリと, 一々主, 一つにな, 一つは, 一番よい, 一番激し, 一番激しかっ, 一緒にな, 一週間の, 不充分ながら, 両国橋の, 両立しよう, 並び行, 並べられる習慣, 並んだところ, 並行し, 主目的, 乾隆以前の, 二つとも, 二つともという, 二つながらこれら, 互いにへだたっ, 互に他, 互に入れ替っ, 交り合っ, 交錯した, 交錯する, 人間生活の, 他合, 仲間入りいたしました, 伝六の, 何時までも, 余りに自惚れすぎてる, 余りに苦々しい, 余り説明的に, 余念無く, 作用し, 供養塔の, 偶然に, 偶然接近し, 僕といふ, 僕の, 兄さんと, 充され, 充分の, 全く同じ, 円満に, 出て, 分ち難く, 分裂し, 分離し, 分離對立し, 初めて正当, 別でない, 別な, 別物だ, 前面に, 力を, 力学的に, 協力和合し, 又化合, 古い九谷焼, 合わさると, 合致し, 合致した, 吉井勇作の, 同じには, 同じよう, 同じ世界観, 同じ人間, 同じ頃, 同一の, 同一人, 同一本質, 君達両人の, 吹き上げる風, 喚きたてて, 嘘と, 在りの, 変に, 多いそう, 大きくなつたら食べよう, 大体決勝に, 大資本, 契約された, 如何に, 如何に深刻, 妖しく絡みあい, 字形の, 完全に, 客體の, 密接し, 寸分の, 対を, 対照し, 対立した, 尤なる, 左右から, 左右とも, 左右に, 広い大西洋, 役に立たないとき, 彼に, 彼を, 得意だった, 必ずしも矛盾, 必要な, 急に, 悪魔だ, 或は離れ, 投げやりの, 抜ける, 持合いで, 挙げられて, 掠めたよう, 接近し, 揃うて, 数えられた, 断然他, 既に君, 日々おなじ, 日本に, 明らかに, 昔の, 昔は, 是非ほしい, 普通の, 最も全国的, 最も大きい, 最も普通, 有力なる, 未だ分れぬ, 本当である, 材料と, 来た, 果して両立, 欠けた所, 此の, 此頃の, 殆ど同様, 残されて, 永久に, 江戸末期における, 決定的な, 消えて, 混合し, 渾然融合した, 爽かに, 牛乳から, 狂ひ遊ぶ, 現れて, 現われたところ, 甚だ良好, 生きようか, 生んだもの, 異なるとして, 異様な, 盆の, 目の, 目標である, 相並ん, 相争う, 相反せざる, 砂の, 確認された, 私には, 私の, 積んで, 第一, 紙に, 組んずほぐれつより, 結ばれては, 結びつく時, 結び付いて, 結び付くには, 結合し, 統一され得ね, 絶えず働い, 絶えず絡み合う, 続けて, 缶の, 美々しい装ひで, 習合した, 考えられるが, 興福寺の, 製造場と, 見えた, 見附かる, 親戚だったら, 触ったもの, 調和し, 讀みたくなつ, 資本であります, 起り得る, 身に, 近いこと, 近代といふ, 近親の, 遠い所, 重った結晶, 重要な, 鋭角を, 錯交し, 長と, 開化を, 間違つてゐる, 隠されて, 非常に, 面從腹背と, 頭に, 駄目に, 鶴の

▼ 二つとも~ (249, 1.3%)

2 成就さす, 抛つてしまはう, 書いて, 自分には, 面白かった

1 [239件] あいて, あたらしい時代, あるかせて, ある人, いいたい, いい分, いえるでは, いふべきほど, おもしろいが, お前に, お前の, お前達に, かなり数多く, がよく, が実は, が彼, ここでは, ここは, この温泉, この通り入れ眼, こわれて, さし出す, しっかり錠, すくなくとも百五十年前, その片端, それぞれ種類が, そろって, たいへんすじ, だめに, ちがう, ちゃんと内側, つまらなかった, とられるつて, どうでも, ない, なくて, なくなって, にある, にその, にともかく, にない, にまだ, に何, に全然, に八百何十年, に四十以上, に成らず, に見事, に進, のけて, ばかばかしい話, ひどいもの, ひどくつまらなく腹, ふざける, ほとんどできあがった, まだなかなか死なないだらう, もちろんお, ものあわれな, やっぱり子ども, やるぞ, よく似た, よく見える, よろこばしき旅, りっぱに, わたして, エミイの, グッドイヤア・オウル・ウエザア・トレッド・タイヤ, トランクへ, トントンと, パッと, フッツリとも, ブルックさん見, ボタンが, ポトリと, ムダで, モリイシャという, レスパネエ嬢の, 一九三九年の, 一口に, 一沫の, 三つとも, 上流家庭には, 上野国と, 不自然である, 世の常ならず, 主題に, 事實が, 今しめてる, 今は, 伝誦せられ, 何か, 何だかお, 佳作だ, 佳作であっ, 例外なし, 倒れて, 借りて, 健気に, 僅か三四センチ, 優れて, 入れて, 兼ね具えた人, 出すこと, 切れて, 初秋の, 削いで, 半分ほど, 取って, 取り払, 可能だった, 右側へ, 叶えられなかったその, 同じこと, 同じである, 同じ地下道, 同じ捏粉, 同じ色, 呉れた, 喋り通すし, 噛み合いながら, 土地の, 塞がつて, 大きくなれる, 大当りに, 大通りの, 失敗でございました, 失敗の, 女である, 女の, 女性としての, 妻の, 娯楽の, 子供とは, 完全に, 完美な, 実にひどい, 実にヘン, 実物を, 寄れずまっすぐ, 專次の, 届く頃, 山川正太郎は, 左岸が, 左胴ばかりを, 弾が, 微かに, 忙が, 思はれる様, 慾ばつて, 所有し, 手に, 手製が, 披けて, 斜めに, 斬られて, 新しい, 方向を, 昇って, 明らかに, 昔から, 木らしい, 未来は, 本当の, 来月へ, 根本的には, 棚の, 極めて原始的, 欧州物, 死骸は, 殆ど前後し, 殺したという, 殿様からの, 沈めた, 深傷, 混って, 源氏が, 滅茶滅茶に, 潰滅し, 無駄に, 焼金に, 物質の, 生きて, 異なれる, 発達する, 白糸の, 的中し, 相反した, 相當, 真の, 真理である, 真理の, 確かに, 私の, 私は, 私自身想いだす, 空っぽじゃ, 空つ, 立って, 笠原さんが, 等しく彼, 箪笥の, 箱に, 箱の, 結句は, 絵の, 考えられぬ事, 自然の, 至って平和, 若い人, 落第, 見えない, 見えなくなって, 見つからないので, 角が, 言ふべき, 註文どおりに, 豫選に, 跳びこせる様, 途中の, 運ばれて, 過去の, 違う, 選って, 選定しよう, 選定の, 鉛の, 鋭い明暗, 鍬で, 閉ぢて, 開いて, 隆と, 面白いよいと, 類似歌である, 食って, 食べて, 餌取, 首は, 駆けてばかり, 黒

▼ 二つ~ (235, 1.3%)

72 三つも 3 あって, ついて, 持ったこと, 重ねて

2 [15件] あけるには, あります, あるから, あるじゃ, あるの, 上だ, 並んで, 作って, 入って, 取って, 年の, 年上だ, 年上で, 彼の, 越して

1 [121件] あったら不具, あつた, あり加行, あり大地, あり自分, ある, あるが, あるでは, あるので, あるわけ, あるドア, ある年, ある高い, あれば, おくれて, お代りし, かっ込んだので, きっとあたる, くふの, こしらえて, この二つ, たせて, つけ神酒, つてゐ, つて来た, できたので, とられたとは, なくなって, はいる程, はめると, もつて, ヘッドライトの, 一度に, 三つもつ, 三つもの流され, 上か, 上で, 上であった, 上である, 上でした, 下げて, 下でした, 両の, 並べて, 並んだ屍体, 乗り捨てて, 云って, 仕掛けて, 代つて來, 使って, 備えつけて, 入れて, 入れれば, 出た, 出るの, 出来ずに, 取れて, 受け取らせた, 合した程, 同じだ, 喰べた, 四つも, 報告された, 太い金, 実例が, 寮を, 居る, 平らげた女, 年を, 年上であった, 年上である, 年上な, 年下であり, 年下の, 年長で, 年齢が, 庭に, 廻して, 彼に, 彼は, 感心せず, 抜いて, 持って, 掛けなければ, 晩い, 朦朧と, 残つてゐる, 殖えた, 渡つた, 渡つて川沿ひ, 燦めかせ, 現れた, 疣が, 知って, 私の, 箱根が, 続いて, 続けて, 落ちて, 見失つたの, 見物し, 訳して, 貰った, 貰って, 買うこと, 買うと, 越えたらしい武家, 越えて, 越したか, 越したらうか, 載つて, 送り出しましたし, 通らねば, 遺すこと, 重なって, 開いて, 電車を, 食ったら参っちまうぜ, 食べちゃった, 食べて, 食らわせば

▼ 二つ~ (220, 1.2%)

3 ない生命, 砂糖大, 言っても

2 [12件] ない, ない命, ない宝, なり三つ, 切らせた, 勘定する, 塩胡椒とを, 少し離れた, 数えるよう, 言つた, 言ふと, 話すうち

1 [187件] あらうか, ありませんからね, ありゃしねえ, あるはず, あるもの, ある品, ある犬, あろうか, いうよりは, いって, いっても, この島, これも, さきいづ, します, しみったれな, すること, するの, そのほか, それから部屋, ないここ, ないこの, ないその, ないと, ないどう, ないの, ないはず, ないふしぎ, ないま, ないユニーク, ない出來, ない和氏連城, ない大, ない大事, ない大切, ない好物, ない宝物, ない宝石, ない寳, ない建築物, ない既成, ない柄, ない正真正銘, ない珍風景, ない美, ない美味いもの, ない肝心, ない自国, ない見もの, ない見事, ない豪犬, ない貴重, ない身, ない首都, なき勇敢, なす, なって, なつた, なりし日南猫, なり一つ, なり融, なるの, はなし合ふ, また勘定, もって, もっとやすい, やあ, ゆれて, コップ酒, コニャックを, セリー酒大, チーズの, トーストパン二つ, ニンニク四片を, ハムが, バターの, バター中匙半分と, バター大, ビスケットや, 三つ交る, 三十ばかり, 三益との, 世界に, 並べて, 並べてある, 二十グラムの, 二百円入りの, 云う, 云うの, 云って, 五つの, 其よりも, 出ること, 刀の, 別である, 勘定し, 半分の, 合つた, 同じ道行き, 四つの, 四分の一という, 土瓶と, 塩を, 夢中に, 大きな硝子箱入り, 大匙二杯, 大斧, 奇麗に, 姿見が, 寝室には, 左手で, 巴旦杏を, 弁当が, 形容する, 彼の, 心を, 思わず声, 思わば, 戸を, 手すさみに, 指を, 探し出しそれ, 握飯に, 摘みとって, 散り出した, 数えました, 数えれば, 数え出して, 数へて, 斬りかけて, 新しいグローブ一つ, 時を, 杯が, 桃を, 梅干の, 構内の, 機会ある, 水さしを, 沢庵が, 消えて, 混ぜて, 減り行くに, 灯は, 点されて, 為す可, 無いそれぞれ, 無い以上, 無い命, 無い大切, 無い物, 無え代物, 燦めき初める, 牛乳一合と, 猪口は, 男の, 盃を, 目がけた刹那, 目がけた大八, 砂糖の, 砂糖二杯と, 笄が, 粗末な, 終には, 聯關し, 自信し, 自動車を, 茶店の, 蒲焼を, 衣裳ダンスと, 西洋酒の, 観て, 言うと, 言つても, 言ふ, 赤い船尾, 迫ったが, 違って, 都合六台あっ, 酒の, 重ねて, 鐘の, 陶器の, 集って, 頭数を, 飛ぶ螢, 餘韻を, 鬼の

▼ 二つある~ (180, 1.0%)

7 んだ 4 ように, 足跡の 3 ことを, のだろう, のである, のは, のを, んです

2 [17件] きりで, ことも, その一つ, と見, の, のだ, のであります, のです, はずだ, ものは, ものを, やうで, よ, わ, ダニだ, 一つは, 十の

1 [113件] うちの, お箸杉, かそれ, かと云う, かと思ふ, かと独言, かのやう, かのよう, からお, からである, からどちら, からな, から一つ, がわれら, が上, が下, が人, が幸蔵, きりだった, けど, けれどもがたがた, けれども蚊帳, ことは, さっぱりした, し鼻, すなわちそれ, ぜ, そうだ, そのと, その一つ一つ, その二つ, だけ, だけだった, だけで, だけである, だけで体温器, といい, ということ, というわけ, といふ文句, とかいうよう, とすれ, とは思へない, とは考えられない, と思ふ, と言, と飛び離れた, なぞと, にあらざるなり, ね, のかも, のであ, のでございまし, ので一つ, ので二人分, ので机, のと, のなどは, のみで, のみであります, のみ他, のよ, はずはねえ, ばかりだ, ばかりで, ふつうの, ほんたう, みすぼらしい小さな, ものでない, ものと, やうだ, わよ, わらの, んでそいつ, トタンの, 丈け, 中くらいの, 事が, 人の, 低い二階建て, 例へば支那, 入口の, 其一つは, 内臓の, 即ち克己, 古い門, 同じ名, 品だ, 場合には, 天主教的結婚か, 山の, 岩路の, 振動体が, 新聞の, 時計の, 洋間は, 湯殿の, 潜戸の, 物は, 玉子を, 由すっかり, 目の, 石の, 硝子窓は, 美事な, 者は, 者よりも, 肺は, 腰高障子が, 英語は, 蛇がは, 西と, 訳に

▼ 二つばかり~ (171, 0.9%)

3 光って 2 小さな部屋, 年上の, 見えて, 重ねて, 駅を

1 [158件] あつた, ありますあした午後, あり二流三流, ある, あるが, あるん, ある寺, うろ覚えの, おまけの, お話しする, かついで, くれると, ございましてね, さきの, して, しゃくり, それに, とって, とんぼが, また殴っ, もらいやした, もろにかじっ, ゆく年, ゆっくりと, よこして, カラカラと, トンネルを, モゾリモゾリと, 下でございました, 下な, 並べて, 乗さっ, 乗せて, 云って, 井戸縄の, 仕事が, 何でも, 余分に, 作って, 作りねむく, 俳句が, 先の, 光つてまた, 入って, 処方の, 出して, 出しまして, 出て, 別の, 前に, 前の, 動きました, 取り出した, 口に, 叩くと, 合点, 同じよう, 向うの舎, 大きい息, 大きく残っ, 大きな咳払い, 大きな音, 天窓を, 宙が, 小道具と, 巻き取つた, 巻莨を, 年は, 年上であった, 年上である, 年下な, 年下の, 年少の, 廻って, 引っかけました, 彼に, 急な, 息で, 戸を, 手を, 手前の, 投った, 拵へて, 拾った, 持って, 持つて, 捉まえ, 掌を, 撲れた, 曲つて行き或, 曲ると, 書いた, 書いて, 栂の, 横に, 横丁を, 横町を, 死骸を, 残つた蜜柑を, 殖えた, 殴られたんで, 母に, 水で, 水面から, 注文した, 点頭いた, 無意味に, 生って, 用意し, 申しましょう, 申し上げましょう, 眼ば, 眼を, 瞞か, 瞬いたの, 突いて, 続いて, 続けて, 置いて, 舳が, 若やぎたるが, 茶筅で, 落すと, 蒼白い魚, 薄く切っ, 行われた, 見た, 覚えて, 角を, 註文した, 証拠が, 話して, 貰つた, 買て, 貸い, 越えたに, 越えた待避線, 越えた西, 踊って, 転がし込んだ, 転がったが, 載つて, 轟々と音, 重ねたあせた萌葱, 開けると, 降りたとき, 隅こに, 障子を, 離れた舎, 霧を, 響しばらく, 頭を, 頷いた, 顔を, 食わして, 飲んで, 鳴らしクフンクフン, 鳴りました

▼ 二つ~ (148, 0.8%)

6 の橋 5 の浜 3 の石, の角, の部屋

2 [13件] になった, の, の上屋敷, の右側, の噺家, の横丁, の淀屋, の独楽, の私, の窓掛, の裏通り, の鉄物問屋平野屋, より西

1 [102件] から中入前, から真打, がこの, が笑っ, が追いかけ, じゃない, でなくなんと, という境遇, としての生活条件, として宵, となる, とは前座, とは違う, と三日, にあらわし, にし, にした, になっ, になっただろう, になり, になる, になれた, にはせっかく, には蝋, に一つ, に昇進, に王妃, に畫, に私, に納まっ, に置いた, のおむすび, のチマチマ, の丁場, の三つ目, の俵, の停車場, の前, の噺家さん, の大便所, の太鼓, の奥, の姫ヶ城門前, の寒, の小判, の小説, の峠, の弘前藩邸, の弟子, の往来, の扣鈕, の方, の木の葉パン, の本箱, の林檎, の枝, の梯子, の横町, の樽, の死, の段, の沢, の津軽家上屋敷, の浜境, の獲物, の礼拝堂, の窓, の船, の苦労, の藩邸, の謎, の車輛, の軒燈, の辻, の通, の通り, の釦, の鐘, の関節, の隆起, の隧道, の駅, の驛, の鮨桶, の麦松, の黒石, はもう, は相生町三丁目, ばかりの窓際, へお, へ上がる, へ出かけた, へ行かっし, までのこの, まで附き, や, をついた, をチーン, を差し, を持った, を曲った, 又は三つ目

▼ 二つしか~ (102, 0.5%)

17 ない 10 なかった 3 ないと, ないの 2 ありません, ないな, ないので, ないもの, なかつた, 残って, 残つてゐない, 注目に

1 [53件] ありませぬ, ありませぬが, ありませんまた, ありやせぬ, お銀様, ございませんから, ついて, できないぞ, ないこと, ないその, ないという, ないん, ないカアル・ツァイス, ないポンプ井戸, ない不思議, ない棚寝床, ない部屋, ない部面, ない黄蘗風, なく三つ, 一年中に, 上でない, 世の中に, 中学が, 伝つてゐない, 入って, 咲かなかった, 差別は, 年のちがは, 年上ぢや, 彫刻しない, 彼等には, 心得て, 戯曲が, 持たぬお, 新聞を, 是から, 書かなかつた, 書きつけなかつた, 椅子の, 残つてゐません, 無いよう, 無かった, 無かつ, 無く浮山さん一家, 考へやう, 耳は, 見えない, 見えないから, 見たこと, 見なかったです, 買わぬのに, 食わない

▼ 二つには~ (98, 0.5%)

2 目前の, 自分の

1 [94件] お身, かわいらしい五本, この周囲, この廉子, これは, すぎないでしょうに, そちを, その女子共, その方法処置, その結果, それが, それも, それを, ならず, ひつて, ぼく自身の, またあの, またどう, またわるい, また弓そのもの, また引取手, また身のほど, れいの, わしが, わしは, コルシカの, 丈高く, 不浄の, 主君への, 何と無し, 余は, 価する大財産, 働く人, 兄弟分の, 先夫と, 全く閉口, 八橋に, 公式が, 公衆の, 共通の, 原文で, 又庄吉, 唯なに, 器から, 地理が, 夜に, 大きな修行, 大衆心理の, 学ばねば, 孫の, 将軍家の, 小鰭, 幼少より, 広い世間, 廓の, 役の, 彼が, 從來呼び馴らされた, 御家の, 戦さわぎ, 政治的統制と, 日輪寺其阿の, 暑いから, 望み請ふところが, 栄誉の, 歌と, 歌よみ, 歌舞伎劇の, 比較的経済, 演出する, 爆死した, 特に新進, 特別に, 用いられずば, 相手の, 私は, 納谷家の, 自由通商的資本主義が, 自重し, 芸が, 若年者の, 蜀との, 蝋燭に, 解らない癖, 貧民たちに対する, 近代における, 邪慳な, 酒の, 金博士を, 関係が, 零落した, 領民の, 顔良を, 餘命幾何も

▼ 二つ並ん~ (78, 0.4%)

20 でいる 6 でいた, でゐる 3 でいます, でその 2 である, でい, でおり, でつい, でゐ, で居た

1 [28件] で, であい, でおい, でついた, でぶらぶら, でほぼ, でゐた, でテニス, で一首, で上下, で出, で向う, で噴水, で居ります, で居る, で建ちかかっ, で建っ, で押された, で敷居際, で日中, で明い, で来た, で清らか, で真正面, で舞, で見え, で錆, で飽かず

▼ 二つ~ (74, 0.4%)

6 あつた 3 一組に 2 それが

1 [63件] あつて一つ, いずれも, ええとも, お辰, このキキョウ, この大入, これは, たくさんである, つくった簡単, とんで, ひらひらなんぞは, やりましょう二つ, ようございます, よく溶い, よせばよ, ビゼーの, 一つだった, 一つであった, 一群を, 両方と, 二人とも, 二千三百両に, 五十錢で, 五拾錢で, 今までは, 今や二つ, 今度は, 他は, 何事か, 充分に, 六銭角砂糖が, 割り切れる数, 十一円何十銭か, 十二銭位です, 十銭也の, 咽喉へ, 回答し, 声から, 己の, 手も, 拾圓位ゐ, 攻めた, 明け暮れして, 有形無形の, 梅の, 此は, 煮炊きが, 牛の, 猟師は, 目を, 真剣に, 終日歩きずめだった, 腹を, 色々の, 表したの, 覚えいい, 財団法人に, 買収される, 赤い土器, 足りないつて三つ, 間は, 雷の, 頭も

▼ 二つ~ (69, 0.4%)

3 三つか, 三つの, 三つも 2 三つかに, 三つくらい, 三つに, 三つは, 三つ若い

1 [50件] あると, けらが, 一つ半位の, 三つ, 三つある, 三つあれ, 三ついや, 三つかが, 三つかの, 三つくらいの, 三つぐらいの, 三つぐらゐ, 三つぐらゐの年上だ, 三つしか, 三つずつ, 三つせいぜい, 三つそれも, 三つたおれ, 三つだった, 三つで, 三つできる, 三つでも, 三つという, 三つな, 三つを, 三つ下の, 三つ以上ある, 三つ先きの駅で, 三つ取らず, 三つ実例を, 三つ年上らしい, 三つ年下の, 三つ年下らしい, 三つ或, 三つ持っ, 三つ書い, 三つ歳下といふだけの, 三つ殘つてた, 三つ殴られる, 三つ眼に, 三つ細い, 三つ越した, 三つ頃に, 三つ食べ, 大概な, 年上で, 特別の, 袈裟がけか, 離れて, 鳴るボンボン時計

▼ 二つ~ (63, 0.3%)

17 三つは 10 三つの 3 三つでは 2 そこらな, 三つなら, 三つぶん殴られ, 三つや

1 [25件] そこら生む, 三つ, 三つあ, 三つある, 三つくらいの, 三つどころで, 三つを, 三つローズに, 三つ何の, 三つ列べるなら, 三つ包んだ, 三つ小説を, 三つ年が, 三つ打ち殺した, 三つ擲つ, 三つ斬った, 三つ空に, 三つ置かれ, 三つ転がっ, 三つ頬張った, 三なら, 冬ごもり, 冬籠り, 杉戸, 血の

▼ 二つあっ~ (55, 0.3%)

7 て一つ 5 てその 2 てそれ, ても足りない, て一方

1 [37件] たり, たりそれ, てあんぐり, てこの間, てこれ, てすなわち, てそこ, てそれで, てたまる, てびっくり, てまんなか, てもたりねえ, ても三つ, ても足り, ても足りなかったであろう, ても足りねえ, てプラタアヌ, て一, て三十年あまり, て事件以前, て二つ, て先人, て処々, て大きい, て姥白髪, て底, て支那, て料理, て書物, て清音四十八, て片一方, て田舎, て石切屋, て耳, て見, て階段, て頭

▼ 二つ並べ~ (55, 0.3%)

3 てある, て置い, て見る 2 てその, て敷い, 同じ字

1 [40件] これが, つつ鑑賞, て, てあり, てありました, ている, てお, てくりかえし読み, てくれた, てここ, てじっと, てぬりつける, てみよう, ても言い, てゐた, てコック, て一方, て乗出した, て伏せ, て凱旋, て取った, て台所, て大きく, て寝かせられる, て展べた褥, て敷き, て書い, て松村武, て水, て浪路, て眞, て私, て置いた, て胸, て鑑賞, ながらまた, やうと, 同じ文字, 本箱を, 火の

▼ 二つほど~ (53, 0.3%)

3 ある 2 並べた箱

1 [48件] あって, あってね, ある靜, して, すこし右手, ちがって, ならべ, のぼり降りしました, へだてたすぐ, まがると, よく配合, わたくしの, 上であろう, 並んで, 停留場を, 入江を, 出た, 叩いて, 可なり, 咲いて, 奥の, 実例を, 山を, 手が, 手前には, 打ち鳴らした, 持つては, 歩みあらわれた, 水で, 生じたので, 町かどを, 皿へ, 若い小姓, 見ましたの, 見られた, 読んで, 買って, 買切って, 越したところ, 路角を, 退屈は, 送れると, 醜く転がった, 間を, 限界の, 隔てたと, 頂戴した, 飛ばして

▼ 二つずつ~ (52, 0.3%)

2 あるの, 並んで, 分けて

1 [46件] あいて, あった, あったの, いるわけ, おいて, お求めください, だよ, つけたもの, ならんで, はこぶ車, もって, われわれの, 下さいません, 二つの, 互に交換, 位生レモンか, 出た, 出来て, 分けました, 向って, 咳払いを, 四つの, 四つ規則正しい, 大きな樽, 大きな饅頭, 寝台が, 対に, 少女の, 抱き合った形, 有って, 木の根と, 積んで, 紙袋に, 組合わされて, 結合し, 置いて, 膳に, 買うて, 赤い跡, 蹄の, 通って, 重なったまま, 階段を, 飛んで, 飛上がる, 飛降りは

▼ 二つ以上~ (40, 0.2%)

2 の流派

1 [38件] あって, あつて, ある人間, ある内臓, にはなかっ, に上る, に分裂, に加入, に属する, のイデオロギエン, の名称, の喪葬行事, の国, の国家, の國, の大学, の対象, の感官, の教会, の条件, の理論, の異なった, の登り口, の真理, の眼, の石棺, の神社, の脚本, の花束, の遠い, の部類, はたべられない, は歌わない, は著, もこの世, をあまり, を抱え, を比べ

▼ 二つ持っ~ (40, 0.2%)

7 ている 5 て来 2 ていた, ております, て来ました

1 [22件] てい, ていたら, ていました, ています, てきた, てきました, てくださらない, てはいっ, てゐる, てカーチーフ, て例, て入っ, て入らし, て参ります, て居, て来た, て来ましょう, て立ち, て行く, て越す, て阿呆陀羅経, て階段

▼ 二つあり~ (38, 0.2%)

2 その一つ, てかぎろふ夕波, てはるばる, もう一方, 一つは

1 [28件] おまけに, さうなもの, さうな気, そこには, その周囲, その奥まった, その手前, また墓所, やといふ, インテリや, グレー小路に, マルシャンの, 一つを, 一方を, 下人に, 中央部には, 其一は, 内側の, 北側には, 外側に, 夜は, 学名は, 実際前の, 梯子段の, 津軽大名炭屋鹽原, 津軽大名炭屋鹽原と, 蛇の目の, 長い繩

▼ 二つだけ~ (38, 0.2%)

3 である 2 です, では

1 [31件] あると, あるという, それだけは, だ, だった, だつたさうです, で, であった, でそれ以外, なので, なん, 例を, 出て, 取り残された門, 売って, 多いこと, 守れば, 挙げて, 掲げて, 書くこと, 望が, 残されて, 残って, 見て, 記憶し, 返すもの, 食ふ, 首が, 高膳, 點い, 鼻を

▼ 二つ年上~ (35, 0.2%)

3 であった, の兄 2 ですが

1 [27件] だ, だったから, だつたが, だつた筈, だろうか, である, であること, であるという, で二十六, で本来, なの, に見え, に言った, に過ぎない, の, のその, の亀さん, の二十歳, の女, の姉, の娘, の子, の少年, の従姉, の息子, の捨吉, の比呂志

▼ 二つあつ~ (30, 0.2%)

53 て一つ 2 たつて, て口

1 [18件] たその, たと, たの, たらエミル, たら博士, たり不思議, た一つ, た或, た樹明君, た理由, ちやたまりません, ててり, て一, て二つながら, て何, て別に, て耳, て黒い

▼ 二つでは~ (30, 0.2%)

5 ない 2 ないよう, なかった

1 [21件] あったが, ありませんか, ありませんでした, あるまい, こまる, ござるまいが, すまないほど, たりないでは, ないから, ないこと, ないの, ないらしく思われる, なくどこ, なくまた, なく二, なく沢山, 乳首離い, 何分にも, 聞入れなかった, 追っつかないとにかく, 間にあわない

▼ 二つまで~ (24, 0.1%)

2 開けた上

1 [22件] あらわに, ある, そこから, ともして, もう採集, ペロリと, 作らせたの, 季語が, 嵌めて, 弘法大師の, 瑕の, 発明した, 盗み出したこと, 盗み出したの, 盜んだ, 着いて, 空にな, 結え付けて, 重ねて, 附き合, 附けて, 食べた

▼ 二つなら~ (23, 0.1%)

4 んだ 3 んでいる 2 んでゐる

1 [14件] あんまり日本, ばとにかく, べ軒, んであらわれ, んである, んでい, んでいた, んでいます, んでぎらぎら, んでゐます, んでバス, んで大きな, 嬉しいだろう, 益満と

▼ 二つ~ (23, 0.1%)

2 なの, の弟

1 [19件] か小次郎, だった, だったはず, だね, であるらしかった, でしょう, です, で勘定, で文化十一年, に一つ, に三つ合, に歯二つ, の, のいたずら, のやはり, の二十七歳, の二十六, の十八歳, の幼い

▼ 二つより~ (22, 0.1%)

4 ほかに 2 ない, ない飯茶碗, 他には, 外に 1 ないん, ほかありませぬ, ほかは, 他に, 他は, 外ない, 外には, 持つて, 法は, 途は

▼ 二つ~ (21, 0.1%)

32

1 [16件] からそう, がね, が全く, ぞッ, つた, ということ, という事, といふ, と思う, と思ひます, と申す, な, ね, よと快活, よ比翼, 余の

▼ 二つにも~ (21, 0.1%)

13 三つにも 2 なつた 1 なるべき所, ピンから, 分けられて, 勝る原因, 見えるか, 見えるという

▼ 二つ~ (20, 0.1%)

1 [20件] しかともつ, しか若く, しか重ね, ずつ年, ずつ橙酢, ずつ背負う, にクラシファイ, に切っ, のみどり児, の大き, の女の子, の話, はヘイチヤラ, ひ下, もいる, もう一つ, 必ず肺, 置かなきや, 老けたよう, 遣るん

▼ 二つ出し~ (20, 0.1%)

2 てくれた, てひとつ

1 [16件] てきました, てその, てその間, てそれ, てどちら, てやった, てやる, てポン, て夫, て氷峰, て注ぐ, て真横, て竹窓, て茶碗, て見せた, て評し

▼ 二つ一つ~ (19, 0.1%)

2 はお, は人, は町裏

1 [13件] だ, と一生懸命谷, は, はアレキサンダースラグタイムバンド, はナマ一つ, は今僕等, は大きく, は寝室, は樹明君, は欠かさず, は深く, は牛肉, は赤い

▼ 二つ~ (19, 0.1%)

1 [19件] かも知れない, じゃない, だ, だから, だが, だと, だとか, であっても, である, です, でその, のお, のなき虫, のはたち, の二十二, の二十歳, の二十歳そこ, の垢, らしく非常

▼ 二つ並んだ~ (19, 0.1%)

2 ような

1 [17件] ことに, その顔, ままに, まままだなかなか, ものが, 公衆電話函の, 名札の, 寝台に, 山の, 席の, 染料の, 横へ, 火山からは, 目の, 穴の, 袋町の, 部屋が

▼ 二つでも~ (18, 0.1%)

4 三つでも 2 ない

1 [12件] いいからね, なるよう, まだいくら, マトモに, 不足だったら, 取らして, 同じこと, 大きい子, 宜い, 御自分, 心の, 海濱に

▼ 二つ置い~ (18, 0.1%)

5 てある 4 てあった, てあつ 2 て一つ 1 てその, てやつ, て薫香

▼ 二つ重ね~ (18, 0.1%)

3 て枕 2 の唐櫃, を着

1 [11件] てあった, てある, ていった, てその, て問, て小さく, て物, て立っ, て置く, ながらはればれ, の小さい

▼ 二つあった~ (17, 0.1%)

2 のだ

1 [15件] があと, がどっち, が一つ, が見知らぬ, その他の, ときよりも, ところで, としたら, と云うで, のでこの, のです, ように, んだ, 団体の, 或年

▼ 二つその~ (17, 0.1%)

2 一つは, 一方に

1 [13件] いづれもうれしいが, とき着, ほかには, ソファを, 一つには, 一は, 中に, 中の, 古金物, 安楽椅子の, 当時衆議院議員選挙の, 誠意に, 面へ

▼ 二つとは~ (17, 0.1%)

1 [17件] ありますまい, ありゃあし, あるま, あるまい, あるまいな, このこと, てんで転倒, ないと, ないもの, なき此, また見られない, よく言, 出来かねるもの, 持ち合せ, 有るまい, 私に, 見られないもの

▼ 二つ~ (17, 0.1%)

5 砂糖を 3 砂糖大 2 バター大 1 まいりました, 塩胡椒を, 大匙二杯, 小匙一杯, 攻めかけて, 牛乳一合と, 院の

▼ 二つ年下~ (17, 0.1%)

1 [17件] だった, であつ, である, であるが, で同じ, で室生君, のお, の二十三, の吉雄くん, の妹重子, の娘, の子, の宇乃, の私, の給仕, の青年, の鶯

▼ 二つ~ (17, 0.1%)

3 の太夫 2 でも女, の妾 1 がキラ, が流れた, とか晝三, とまでは行かない, と言, と言われる, の光, の名, の某, の花魁

▼ 二つ~ (17, 0.1%)

2 昇り降りしました

1 [15件] あいて, あつた, かいたもの, し乍ら床, ちぎれて, ドロンコの, 外して, 峰を, 水の, 瘤を, 紹介し, 見られた, 違つてゐました, 重そう, 隔てた向う

▼ 二つである~ (16, 0.1%)

1 [16件] から著者, がこの, がこれ, がただ, が原曲, が発する, が私, けれどもつまり, ことを, そして忙しい, とこう, とするなら, と云う, と考えられる, ジイド風の, 吾

▼ 二つきり~ (14, 0.1%)

1 [14件] しか足りない, であった, であるが, で他, で或は, ないよ, にし, になっ, の, の品, の拍子, の椅子, の肖像, 小さい利益

▼ 二つばかりの~ (14, 0.1%)

1 [14件] ものは, 丘を, 女の, 子供を, 小枝, 峰を, 弾音に, 橋の, 誤算が, 赤ん坊だった, 軒燈が, 辞典の, 通りを, 階段を

▼ 二つ~ (14, 0.1%)

2 の紋

1 [12件] だったが, で顔, になっ, に五色, に寝, のよう, の周囲, の巴川, の紋の, の自分, をえがい, を同じく

▼ 二つ並べた~ (13, 0.1%)

2 ように

1 [11件] が太平, だけのこと, のと, は漬物, 古い長持, 奥の, 床へ, 湯呑みに, 箪笥の, 蒲団の, 間に

▼ 二つ持つ~ (13, 0.1%)

3 て來 2 て来 1 てお, てはゐる, てゐた, て居ます, て来た, て越す, て這入つ, 儀左の

▼ 二つ~ (13, 0.1%)

2 りの

1 [11件] ある其縁, の小雪田, り並べた真中, り刺さって, り峰頭, り波, り見えた, り覗かれた, り越して, り飲まれた様, 立って

▼ 二つ買っ~ (13, 0.1%)

3 て来た 2 て来る 1 てかえりました, てたっぷり, てソーニャ, て両方, て帰っ, て持っ, て行っ, て食べる

▼ 二つから~ (12, 0.1%)

1 [12件] うけた感覚, できて, なつて, わりだして, 合成した, 最も多く, 来たの, 決定せられる, 結果した, 聴くが, 誘発せられた, 這入つて

▼ 二つづつ~ (12, 0.1%)

2 飛降りて 1 の生徒, 下さいました, 並べて, 叩く人, 咲くもの, 持つても, 踏んで, 重ねたやう, 飛び上がるやう, 食べること

▼ 二つ~ (12, 0.1%)

42 んだ 1 ごろた石の, ご中年, のだつた, のを, んです, 容姿を

▼ 二つならべ~ (12, 0.1%)

2 て置い 1 たりだった, てある, てそれ, てぶんなげ, て一掬, て出, て小, て心, て敷い, て河鹿

▼ 二つ三つ四つ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あります, いつしかに, とやみ, と云, と畳, と穴, と紅い, などの組合せ, ぽつと, も合, よりなる, 合わせて

▼ 二つ三つ年上~ (12, 0.1%)

2 らしいもう 1 かと思はれる, であったの, であらう, でもあり, で小ざっぱり, の廿五六, の役人, の編物, の芸者, らしくこれ

▼ 二つ違い~ (12, 0.1%)

2 の義姉 1 だから, だった, である姉弟, でことし二十歳, でそして, に生れ, の兄弟, の十七, の姉, の廿三

▼ 二つぐらい~ (11, 0.1%)

1 [11件] そこい, だと, なもの, ふけて, 平気で, 年上らしい, 年齢の, 減らず口を, 越えたらしい若, 食ったの, 食べちまうわ

▼ 二つ~ (10, 0.1%)

2 て来た, で来る 1 さば, てい, ている, てきた, てきました, てゐる

▼ 二つ手前~ (10, 0.1%)

3 の駅 2 の筥崎駅 1 で降り, に小さい, の何とか, の停留所, の細小路

▼ 二つ置かれ~ (10, 0.1%)

2 てある, ていた, て居る 1 てあ, てあり, て菓子器, て蝋燭

▼ 二つおい~ (9, 0.0%)

4 て隣り 2 てある 1 てあつた, てありました, て出

▼ 二つずつの~ (9, 0.0%)

4 商品の 1 例外が, 割合で, 文字の, 比に, 比は

▼ 二つそれ~ (9, 0.0%)

1 だけを船, にお勝手, にかま, に噴水, に小さい, に満々, は風呂桶, も全く, をもらっ

▼ 二つだけは~ (9, 0.0%)

1 いや応なしです, 作りつけの, 出来た, 吹いて, 外道の, 奇妙にも, 来年も, 柄も, 越さなければ

▼ 二つ三つ上~ (9, 0.0%)

1 かも知れない, だし, だった, つたかと, でしか, ですが, では, にのせ, に見える

▼ 二つ井戸~ (9, 0.0%)

1 で, など少し, に近い, の, の岩おこし屋, へ医学書, まで行っ, や道頓堀, よりもなお

▼ 二つ入れ~ (9, 0.0%)

1 てある, てあるで, てそしてまた, てそれ, てダマ, てツブツブ, て固めます, て少し, て置く

▼ 二つ~ (9, 0.0%)

2 込めただけの 1 とび出しちゃって, に一定, に灯, に鉄芯, 似て, 残して, 第二字目

▼ 二つ~ (9, 0.0%)

2 へたま, へる 1 へて居た, へて左右, へて春, へて肩, へて顎

▼ 二つ残っ~ (9, 0.0%)

3 ていた, ている 1 てい, ています, て居た

▼ 二つ越え~ (9, 0.0%)

1 ている, てから本, てもまだそれほど, てゐる, て崩れ, て草, て行かね, 一筋の, 断崖の

▼ 二つ返辞~ (9, 0.0%)

1 で即座, で喜ぶ, で引き受けた, で引受けた, で承知, で聴き入れた, で譲っ, で買っ, というもの

▼ 二つ重ねた~ (9, 0.0%)

1 その中, と云, のは, 句法を, 売笑婦の, 旋頭歌の, 現在の, 程の, 羽根枕の

▼ 二つじゃ~ (8, 0.0%)

2 ない 1 ありませんよ, あんなよう, ございませんか, で, ないぞよ, 汚らしくッ

▼ 二つという~ (8, 0.0%)

2 のが 1 ことが, ものは, わけの, 一卵性双生児では, 例外の, 時は

▼ 二つない~ (8, 0.0%)

1 ぞ, と不便, ので現実, のは, わけで, 以上今度の, 紋所とは, 首を

▼ 二つなき~ (8, 0.0%)

1 を見る, 唯一体の, 専修の, 心, 心盡しのかず, 秘書役を, 貞心嬉しき, 魂を

▼ 二つ三つ瞬き~ (8, 0.0%)

4 をし 2 をした 1 したが, もせず

▼ 二つ~ (8, 0.0%)

2 の窓 1 しかない, のもの, の寝台, の足跡, 並べて, 持つて

▼ 二つ見え~ (8, 0.0%)

2 て居る 1 して, ていた, ている, ており, て来た, て来る

▼ 二つありまし~ (7, 0.0%)

3 て一つ 2 てそこ 1 てその, て世間

▼ 二つあります~ (7, 0.0%)

1 からどちら, が, がそれ, がね, が一つ, が主, わね

▼ 二つこしらえ~ (7, 0.0%)

1 てそこ, てやる, て交代制, て前, て病院, て発送, て置い

▼ 二つ~ (7, 0.0%)

1 きりなしに, て, てあっ, てそれから, て多, て散歩, て見よう

▼ 二つです~ (7, 0.0%)

21 がこんど, がなお, けどなんとなく, ぜ, 危い

▼ 二つとっ~ (7, 0.0%)

1 てある, てご飯蒸, てその, てもらいましょう, て來, て節, て食

▼ 二つ取出し~ (7, 0.0%)

1 て, てその, てドシリ, て子供達, て来, て渡しました, て親切

▼ 二つ~ (7, 0.0%)

21 て並ひよく並, て互いに, て互に, て囀りし, て蛙

▼ 二つ~ (7, 0.0%)

1 から程遠く, が線路, というの, とて大, の上, の穴, までの間

▼ 二つ折れ~ (7, 0.0%)

1 てちょうど, にしゃがん, になっ, に屈ん, に曲がり, に腰, 身を

▼ 二つ重なっ~ (7, 0.0%)

2 ている 1 てたいへん, てどうも, て来た, て置い, て附いた

▼ 二つ開い~ (7, 0.0%)

3 ていた 2 ている 1 てある, て居る

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

3 つても 2 つて硫黄華が 1 つてね

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

1 仏器が, 土産, 目出度が, 若うござる, 葬ひ, 食り

▼ 二つだけが~ (6, 0.0%)

1 あったと, この子, ようやく発行, 如何にも小さく, 彼の, 提灯の

▼ 二つだけに~ (6, 0.0%)

2 なります 1 して, ただセック, とどまる, 限ったもの

▼ 二つだけの~ (6, 0.0%)

1 ものでなく, やうな, ような, ように, 動物意識で, 炭山に

▼ 二つのみ~ (6, 0.0%)

3 ます 1 であった, でありますが, みを

▼ 二つまたは~ (6, 0.0%)

3 三つの 1 それ以上の, それ以上多, それ以上多数の

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

1 けは心, け申, け発見, だと, はまとめなけれ, は精細

▼ 二つ三つそれ~ (6, 0.0%)

1 が尾, が済む, こそは生きた, に読者諸君, はむなしい, も雑誌社

▼ 二つ三つ話~ (6, 0.0%)

1 があった, をし, をしたら, をすれ, を聞いた, を聞かし

▼ 二つ作っ~ (6, 0.0%)

1 てあなた, ておく, てくれました, てもらいました, て乾杯, て同一

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

4 にし 1 で毒虫, にした

▼ 二つ合せ~ (6, 0.0%)

1 てあの, て初めて, て戯曲集, て書いた, て考え, て萬屋

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

1 だつた, の定紋, の旗, の紋, の紋附, 御腰の物

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

1 が二本, にもつた, に入れ, わたしました, をかけ, をかつぐ

▼ 二つ揃っ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 ていました, ているべき, てどっしり, て返らない

▼ 二つ描い~ (6, 0.0%)

1 たり光子さん, てあった, てあつ, てある, ていた, てゐる

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

3 つた 1 はせて, ひたり, ひて

▼ 二つ越し~ (6, 0.0%)

2 ていた 1 ている, て一里八町, て服部, 取付いた

▼ 二つ載せ~ (6, 0.0%)

1 てあった, てある, ておかない, て六円, て奥, 片手に

▼ 二つ~ (6, 0.0%)

2 の人間, の蠅 1 の化け物, をもった

▼ 二つあと~ (5, 0.0%)

1 つづけて, になり, の一つ, の停車場, はお

▼ 二つあれ~ (5, 0.0%)

1 ばその, ば下手人, ば後, ば申し分, ば目

▼ 二つちがい~ (5, 0.0%)

1 でしたが, でも学校, になる, の今年十八, の艶子

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

1 のお, のビール, のリンゴ, の峠, の胸ボタン

▼ 二つ三つ世間話~ (5, 0.0%)

3 をし 1 なぞをし, などをし

▼ 二つ三つ續~ (5, 0.0%)

3 け樣 1 いて, けざま

▼ 二つ両手~ (5, 0.0%)

2 にもっ 1 にさげ, に下げ, に持っ

▼ 二つ以外~ (5, 0.0%)

1 にはいう, にはない, にも色々, に行く, の用事

▼ 二つ光っ~ (5, 0.0%)

3 ている 1 ていた, てゐる

▼ 二つ出た~ (5, 0.0%)

1 とある, ところで, ばかりで, ばかりの美人, 事に

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの容積, の敷金, ほども大きかっ, を加えた, を食べれ

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

1 と同じ, に並べ, のそれ, の日曜日, の汽車

▼ 二つ取っ~ (5, 0.0%)

1 てお母様, てもらっ, てファゼロ, て例, て来

▼ 二つ取り出し~ (5, 0.0%)

2 てそれ 1 てやっと, て云, 一つずつ

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

5 の山

▼ 二つ敷い~ (5, 0.0%)

1 てあっ, てある, てくれ, てやったら, て並ん

▼ 二つ書い~ (5, 0.0%)

3 てある 1 てあった, て下さい

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

2 の上 1 のそば, を並べ, を置いた

▼ 二つ浮い~ (5, 0.0%)

1 てい, ていた, ている, てすぐ, てゐる

▼ 二つ消え~ (5, 0.0%)

1 てあ, てあたり, て水, 御用提灯が, 次第に暗く

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

1 が乗っ, にわからない, の掌面, の願, は註文

▼ 二つ自分~ (5, 0.0%)

1 の作, の方, の生涯, の顔, の鼻先

▼ 二つ落ち~ (5, 0.0%)

1 して, ていた, ている, てき, て今年

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

2 なつて 1 つて五七・五七・七の, つて立つ, なつたやう

▼ 二つ~ (5, 0.0%)

2 の前 1 の黒布, を持っ, を撲っ

▼ 二つ食べ~ (5, 0.0%)

2 あない 1 て行き給え, まもなく近畿電, 三つ目に

▼ 二つあい~ (4, 0.0%)

3 てい 1 じゃ

▼ 二つあて~ (4, 0.0%)

2 がはれた 1 て仰向き, て寝たら

▼ 二つこそ~ (4, 0.0%)

1 僕の, 光栄を, 尤も見, 拙者の

▼ 二つころがっ~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 ている

▼ 二つそれから~ (4, 0.0%)

1 たつた今, ソーセージが, 三つ映っ, 警官の

▼ 二つつづけ~ (4, 0.0%)

1 てかく, て取らう, て取ろう, て見る

▼ 二つであっ~ (4, 0.0%)

2 てどちら 1 てはならぬ, て二つ

▼ 二つとか~ (4, 0.0%)

1 三つとか, 三つとかしか, 云うの, 四つとかの

▼ 二つにて~ (4, 0.0%)

1 兇行者が, 最も不便, 記しなさい, 馬の足の

▼ 二つへの~ (4, 0.0%)

2 御返事と 1 返事で, 返事を

▼ 二つ一緒~ (4, 0.0%)

1 だと, なら猶, になったら, に感じ初めた

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

1 つつくとは, つつづけ, つと遠い, つむこう

▼ 二つ三つお辞儀~ (4, 0.0%)

2 をする 1 をした, をしました

▼ 二つ三つ下~ (4, 0.0%)

1 か二つ三つ上, であろうが, なの, の春生

▼ 二つ三つ先~ (4, 0.0%)

2 の駅 1 の戸, の部屋

▼ 二つ三つ四つ五つ~ (4, 0.0%)

1 おおやっぱり, と虚偽, の提灯, 同じよう

▼ 二つ三つ年下~ (4, 0.0%)

1 ではある, の二十前後, の娘, らしく見えた

▼ 二つ三つ私~ (4, 0.0%)

1 に呉れた, のたずねる, のたもと, の手

▼ 二つ乍ら聖衆~ (4, 0.0%)

4 と中

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

1 かのなぞ, か立派, に狂う, のソノ

▼ 二つ出来~ (4, 0.0%)

1 それから段々に, てい, てしまった, てそこ

▼ 二つ切り~ (4, 0.0%)

2 にし 1 で青磁, はなせない車

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

2 のある 1 がある, の女

▼ 二つ小さい~ (4, 0.0%)

1 のが, の二つ, 手落は, 方は

▼ 二つ小さな~ (4, 0.0%)

2 光が 1 銀貨が, 青いつぶ

▼ 二つ持った~ (4, 0.0%)

21 丈で, 石造の

▼ 二つ書く~ (4, 0.0%)

1 ことに, のです, 恥は, 間に

▼ 二つ有る~ (4, 0.0%)

1 けど皆, ものの善き, んだ, 以上は

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

1 にならび, に並べた, に並んだ, わって

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 だが, で撃

▼ 二つ続いた~ (4, 0.0%)

1 咳を, 外国語, 梯子段を, 部屋の

▼ 二つ続け~ (4, 0.0%)

1 て, て嚔, て開く, 打ちに

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

1 いて, けて打つ, けて鳴, けて鳴つた

▼ 二つ若く~ (4, 0.0%)

2 て三十前後 1 従ってまだ, 矢取

▼ 二つ見える~ (4, 0.0%)

1 だけだった, だけである, という程度, んだ

▼ 二つ~ (4, 0.0%)

1 えたる, えて, えて右, えると

▼ 二つ部屋~ (4, 0.0%)

1 がある, の両, の隅, をもっ

▼ 二つ附い~ (4, 0.0%)

2 て居る 1 ていた, て居

▼ 二つ飛ん~ (4, 0.0%)

1 でいる, で出る, で来, で来た

▼ 二つあるいは~ (3, 0.0%)

1 三つの, 三つ位穿っ, 事態そのものについて

▼ 二ついい~ (3, 0.0%)

1 ことは, 所が, 気味だ

▼ 二つうち~ (3, 0.0%)

1 それからぼう, ならした, の阿

▼ 二つかさねた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 名で

▼ 二つかを~ (3, 0.0%)

1 これ見よ, ハッキリと, 研究者に

▼ 二つくらい~ (3, 0.0%)

1 で大して, 乗り遅れるには, 次の

▼ 二つぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ことでしょう, 可愛らしい男の子, 子供を

▼ 二つございます~ (3, 0.0%)

1 がいかが, が実父, の

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 つそく昼食, へあれ, へ一向

▼ 二つずつに~ (3, 0.0%)

1 切って, 切るの, 見えた

▼ 二つそこ~ (3, 0.0%)

1 に充滿, へおけ, へ運ん

▼ 二つだけしか~ (3, 0.0%)

1 ないかなめ, ないの, 知らないで

▼ 二つだけを~ (3, 0.0%)

1 並べたの, 代表的に, 無理に

▼ 二つであった~ (3, 0.0%)

1 か一つ一つ, が今, とやらで

▼ 二つできた~ (3, 0.0%)

1 ところで, のだろう, ように

▼ 二つとね~ (3, 0.0%)

2 え犬 1 え代物

▼ 二つならず~ (3, 0.0%)

1 三つまでも, 会得した, 無数の

▼ 二つなり~ (3, 0.0%)

1 三つなり, 三つなりが, 変らぬ時

▼ 二つについて~ (3, 0.0%)

1 いうて, 我々が, 早速検

▼ 二つにでも~ (3, 0.0%)

1 なれば, 三つにでも, 割られること

▼ 二つにな~ (3, 0.0%)

1 つてゐ, つて居ました, つて居ります

▼ 二つのせ~ (3, 0.0%)

1 て, てはいつ, て来た

▼ 二つのち~ (3, 0.0%)

2 やぶ台 1 から

▼ 二つばかりを~ (3, 0.0%)

1 とって, 越えた六十哩, 越えた向う

▼ 二つほども~ (3, 0.0%)

1 あるか, 年上に, 這入れるくら

▼ 二つまた~ (3, 0.0%)

1 そのぐるり, 三つ四つ, 三つ四つまた

▼ 二つまわっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てその, てもう

▼ 二つもしくは~ (3, 0.0%)

1 三つを, 二つ以上いつでも, 四つの

▼ 二つもっ~ (3, 0.0%)

1 ている, て上, て医学

▼ 二つよりも~ (3, 0.0%)

1 もっときれい, 劣れり, 更に大切

▼ 二つ一度~ (3, 0.0%)

1 にお, に差し迫っ, に着

▼ 二つ三つ向う~ (3, 0.0%)

2 の村 1 へ飛んだ

▼ 二つ三つ妙~ (3, 0.0%)

2 な調子 1 な光景

▼ 二つ三つ宙~ (3, 0.0%)

1 がえり, におどる, を切つて

▼ 二つ三つ星~ (3, 0.0%)

1 がまた, さえ光り出し, に似

▼ 二つ三つ石~ (3, 0.0%)

1 も投げた, をたたきつけた, を投げ込ん

▼ 二つ三つ穴~ (3, 0.0%)

2 を覗い 1 が開い

▼ 二つ三つ続け様~ (3, 0.0%)

1 にお茶, に喰わし, に来た

▼ 二つ三つ頭~ (3, 0.0%)

1 をどやしつけ, を下げ, を叩いた

▼ 二つ三つ首~ (3, 0.0%)

1 に卷きつけ, を振, を捻

▼ 二つ乃至~ (3, 0.0%)

1 三つ入れる, 五六個置かれ, 四つ五つ附い

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

2 をあげ 1 を挙げ

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 のやや, の窓, の駅

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

3 安の

▼ 二つ出来た~ (3, 0.0%)

1 し, ので, ので何ん

▼ 二つ分け~ (3, 0.0%)

1 にした, にしました, 二十五両ずつ

▼ 二つ別々~ (3, 0.0%)

1 なもの, に存在, に相当

▼ 二つ動い~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1

▼ 二つ又は~ (3, 0.0%)

1 その全部, 三の, 二つ以上に

▼ 二つ取り~ (3, 0.0%)

3 にはおこし

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 が一つ, に入れた, に含んだ

▼ 二つ合わせた~ (3, 0.0%)

1 ほどの大き, ようで, ような

▼ 二つ同じ~ (3, 0.0%)

1 なん, ものの, やうな

▼ 二つ在る~ (3, 0.0%)

1 きりの, のは, 無しの

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 つて戸口から, つて置け, ひ得ば

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 と称し, と称する, を嫌つて

▼ 二つ寄せ~ (3, 0.0%)

1 たる脣, て三十貫, て思案

▼ 二つ平次~ (3, 0.0%)

1 が來, の馴れた, は當ら

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

2 が上 1 を取つ

▼ 二つ彼女~ (3, 0.0%)

1 が真直ぐ, の長い, の頬

▼ 二つ抱え~ (3, 0.0%)

1 ていた, て一丈あまり, て出

▼ 二つ拾っ~ (3, 0.0%)

1 て向こう, て来よう, て来る

▼ 二つ持ち~ (3, 0.0%)

1 その一つ, 一方が, 合せて

▼ 二つ挙げ~ (3, 0.0%)

1 ている, てみます, て見よう

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 とパセリ, よく泡立たせ, 細かく砕い

▼ 二つ書いた~ (3, 0.0%)

1 からってあんまり, ところも, ものや

▼ 二つ注文~ (3, 0.0%)

1 した, したの, する

▼ 二つ生え~ (3, 0.0%)

1 ていた, 手が, 歯黒く

▼ 二つ目玉~ (3, 0.0%)

1 のよう, の小, の怪魚

▼ 二つ積ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, では母, で帰る

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, を向い

▼ 二つ空い~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

1 から人間, がある, に並ん

▼ 二つ続い~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, ている

▼ 二つ聞いた~ (3, 0.0%)

1 といふ者, と言つて, 気が

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

2 も試した 1 にされ

▼ 二つ若い~ (3, 0.0%)

2 かも知れない 1 でしょうその

▼ 二つ茶碗~ (3, 0.0%)

1 やら丼, を並べた, を壊し

▼ 二つ蜻蛉~ (3, 0.0%)

2 が草 1 が何とか

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

2 に寄るべく 1 てかえって

▼ 二つ~ (3, 0.0%)

3 を交

▼ 二つ載せた~ (3, 0.0%)

2 膳を 1 銀盆を

▼ 二つ造っ~ (3, 0.0%)

2 て置い 1 て貰っ

▼ 二つ重なる~ (3, 0.0%)

2 のでどうしても 1 方が

▼ 二つ飛ぶ~ (3, 0.0%)

1 のに, のは, を見れ

▼ 二つ食った~ (3, 0.0%)

1 ところがたちまち, のである, のみで

▼ 二つあけ~ (2, 0.0%)

1 てますます, てポツンポツン

▼ 二つあげ~ (2, 0.0%)

1 てみます, て置きたい

▼ 二つあの~ (2, 0.0%)

1 店へ, 猛禽の

▼ 二つありし~ (2, 0.0%)

1 のみ, を記し

▼ 二つありました~ (2, 0.0%)

1 が大きい, わ

▼ 二ついずれ~ (2, 0.0%)

1 も井桁, も障子

▼ 二ついっしょ~ (2, 0.0%)

1 にあがった, に投げこむ

▼ 二ついづれ~ (2, 0.0%)

1 か先, も嚴重

▼ 二ついる~ (2, 0.0%)

1 ほかに, ようにも

▼ 二ついれ~ (2, 0.0%)

1 てぼく, て帽子

▼ 二つお話~ (2, 0.0%)

1 したが, を願

▼ 二つかかっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て二人

▼ 二つかけられ~ (2, 0.0%)

1 本棚には, 部屋の

▼ 二つぎり~ (2, 0.0%)

2 でございます

▼ 二つくっつけた~ (2, 0.0%)

1 くらいの増築, ような

▼ 二つくらいしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 二つくらいは~ (2, 0.0%)

1 いつでも, 上の

▼ 二つくる~ (2, 0.0%)

1 ッと, ツと

▼ 二つくれた~ (2, 0.0%)

1 だけであった, のが

▼ 二つぐらいも~ (2, 0.0%)

1 年上に, 越して

▼ 二つここ~ (2, 0.0%)

1 で懺悔, に思い出し

▼ 二つこし~ (2, 0.0%)

1 らへて, らへる

▼ 二つこの~ (2, 0.0%)

1 地の, 廊下に

▼ 二つこれ~ (2, 0.0%)

1 を下さい, 無く候

▼ 二つさき~ (2, 0.0%)

1 の山, の滝沢

▼ 二つずつぐらい~ (2, 0.0%)

1 据えっぱなし, 玉子を

▼ 二つそれに~ (2, 0.0%)

1 二畳の, 滿

▼ 二つたつた~ (2, 0.0%)

1 二つある, 二つしか

▼ 二つだけで~ (2, 0.0%)

1 あらう, 想像される

▼ 二つちよ~ (2, 0.0%)

2 つと出

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 や, や喃

▼ 二つつき銀~ (2, 0.0%)

2 いろの

▼ 二つつけ~ (2, 0.0%)

1 てある, て六桁

▼ 二つつけた~ (2, 0.0%)

1 箱馬車が, 馬が

▼ 二つつづい~ (2, 0.0%)

1 てい, て三つ

▼ 二つつない~ (2, 0.0%)

1 で瓦斯, で脚

▼ 二つつないだ~ (2, 0.0%)

1 ような, 恰好にな

▼ 二つつなぎ~ (2, 0.0%)

1 合わせたという, 合わせて

▼ 二つづつ食~ (2, 0.0%)

2 ふことに

▼ 二つであろう~ (2, 0.0%)

1 とは誰, と思う

▼ 二つでなく~ (2, 0.0%)

1 かなりか, 一つで

▼ 二つといふ~ (2, 0.0%)

1 なんとこれ, ものは

▼ 二つとを~ (2, 0.0%)

1 一合の, 盆に

▼ 二つどころか~ (2, 0.0%)

1 みなで, 全く豆

▼ 二つなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば承知, ば細かい

▼ 二つならんだ~ (2, 0.0%)

1 ベッドの, 一片の

▼ 二つにしか~ (2, 0.0%)

1 ならない, ならない男

▼ 二つばかりに~ (2, 0.0%)

1 ほんのりと, 本が

▼ 二つばん~ (2, 0.0%)

1 がやかましく長く, もある

▼ 二つひらき~ (2, 0.0%)

2 照り合ふそ

▼ 二つふさぐ~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 二つぶちぬいた~ (2, 0.0%)

1 ところへ, と覚しい

▼ 二つぶっ~ (2, 0.0%)

1 ちがえた印, とおした部屋

▼ 二つほか~ (2, 0.0%)

1 ついて, 違わない弟

▼ 二つまでが~ (2, 0.0%)

1 すでに陥ちた, 確定する

▼ 二つもつ~ (2, 0.0%)

1 て来, ひには

▼ 二つもらっ~ (2, 0.0%)

1 てお出で, て車

▼ 二つやがて~ (2, 0.0%)

1 は五つ, 一つ窓の

▼ 二つやっ~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, ても和尚

▼ 二つやり~ (2, 0.0%)

1 一部の, 三つやりしました

▼ 二つよい~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 二つわし~ (2, 0.0%)

1 の家, は潰し

▼ 二つゐる~ (2, 0.0%)

1 やうにも, 雲雀と

▼ 二つを通じて~ (2, 0.0%)

1 すべての, 一つの

▼ 二つキラキラ~ (2, 0.0%)

1 と光っ, と自分

▼ 二つテーブル~ (2, 0.0%)

1 が一つ, のうえ

▼ 二つノック~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 二つバケツ~ (2, 0.0%)

1 が三箇, が三箇殘つて

▼ 二つポケット~ (2, 0.0%)

1 から出し, にいれ

▼ 二つ一しょ~ (2, 0.0%)

1 に此処, に言っ

▼ 二つ一途~ (2, 0.0%)

2 に飛ばん

▼ 二つ三つごらん~ (2, 0.0%)

2 に入れる

▼ 二つ三つしば~ (2, 0.0%)

1 だたいた, だたくよう

▼ 二つ三つそこ~ (2, 0.0%)

1 で呼吸, に姪

▼ 二つ三つそこら~ (2, 0.0%)

1 に出, の軒先

▼ 二つ三つど~ (2, 0.0%)

1 やし付けた程, やし付けられると

▼ 二つ三つま~ (2, 0.0%)

1 がって奥まった, たたきして

▼ 二つ三つガランガラン~ (2, 0.0%)

2 とやる

▼ 二つ三つペン皿~ (2, 0.0%)

2 に代

▼ 二つ三つ二つ~ (2, 0.0%)

1 と鬼, は今

▼ 二つ三つ五つ~ (2, 0.0%)

1 とより多く, と担ぎ出された

▼ 二つ三つ傷~ (2, 0.0%)

1 でもこさえ, をうけたらしく

▼ 二つ三つ前~ (2, 0.0%)

1 に知っ, の驛

▼ 二つ三つ口~ (2, 0.0%)

1 にほうり込み, に入れた

▼ 二つ三つ咳~ (2, 0.0%)

1 をいたしました, をし

▼ 二つ三つ喰~ (2, 0.0%)

2 はせ

▼ 二つ三つ器用~ (2, 0.0%)

2 な手品

▼ 二つ三つ嚏~ (2, 0.0%)

1 が出ました, をする

▼ 二つ三つ四つ五つ六つ七つ~ (2, 0.0%)

2 と順々

▼ 二つ三つ地面~ (2, 0.0%)

1 にころがし, をころがっ

▼ 二つ三つ坂~ (2, 0.0%)

1 があっ, を登る

▼ 二つ三つ小粒~ (2, 0.0%)

1 が入, を盆

▼ 二つ三つ平次~ (2, 0.0%)

1 の突く, の記憶

▼ 二つ三つ床~ (2, 0.0%)

1 の上, を叩い

▼ 二つ三つ引起~ (2, 0.0%)

2 し更に

▼ 二つ三つ彼~ (2, 0.0%)

1 の指先, の顔

▼ 二つ三つ微か~ (2, 0.0%)

2 な溜息

▼ 二つ三つ息~ (2, 0.0%)

1 をする, を引く

▼ 二つ三つ拾~ (2, 0.0%)

2 ひやめられぬ栗

▼ 二つ三つ横~ (2, 0.0%)

2 つ面

▼ 二つ三つ歳上~ (2, 0.0%)

1 だが, だつた

▼ 二つ三つ用意~ (2, 0.0%)

1 されました, に持っ

▼ 二つ三つ盃~ (2, 0.0%)

1 の相手, を唇

▼ 二つ三つ目~ (2, 0.0%)

1 ばたき, 思ひの

▼ 二つ三つ眼~ (2, 0.0%)

1 の下, をしば

▼ 二つ三つ窓~ (2, 0.0%)

1 に見えた, を開い

▼ 二つ三つ立て續~ (2, 0.0%)

1 けにお, けにつぎ

▼ 二つ三つ紙~ (2, 0.0%)

1 に載せ, の上

▼ 二つ三つ続けざま~ (2, 0.0%)

1 に聞こえた, に霞

▼ 二つ三つ背中~ (2, 0.0%)

1 をどやしつけ, を打たれた

▼ 二つ三つ膝~ (2, 0.0%)

1 に乗る, のあたり

▼ 二つ三つ路地~ (2, 0.0%)

1 を拔, を曲る

▼ 二つ三つ転~ (2, 0.0%)

1 がつて, っている

▼ 二つ三つ輕~ (2, 0.0%)

1 くする, く叩きます

▼ 二つ三つ顔~ (2, 0.0%)

1 を出し, を蹴つけました

▼ 二つ下り~ (2, 0.0%)

1 ている, て食堂

▼ 二つ世間話~ (2, 0.0%)

1 があっ, をし

▼ 二つ並べる~ (2, 0.0%)

2 興味に

▼ 二つ乍ら~ (2, 0.0%)

1 書くと, 無批判

▼ 二つ乗っけ~ (2, 0.0%)

2 て置い

▼ 二つ二人~ (2, 0.0%)

2 も出し

▼ 二つ二葉屋~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 二つ二階~ (2, 0.0%)

1 には只, のすぐ

▼ 二つ五銭これ~ (2, 0.0%)

1 が今日, もおい

▼ 二つ亡妻~ (2, 0.0%)

2 への長し

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 でも比べ, のよう

▼ 二つ付い~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 の巌

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 があつ, をく

▼ 二つ何方~ (2, 0.0%)

1 に為よう, に爲よう

▼ 二つ借り~ (2, 0.0%)

1 て家財道具全部, て海辺

▼ 二つ借りる~ (2, 0.0%)

1 という風, と八五郎

▼ 二つ光つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるの

▼ 二つ光る~ (2, 0.0%)

1 は, 瞳を

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 つた眼が, つてゐた

▼ 二つ全く~ (2, 0.0%)

1 同じであった, 同じ石ころ

▼ 二つ全国~ (2, 0.0%)

2 に指

▼ 二つ出す~ (2, 0.0%)

1 と自在鍵, 計画が

▼ 二つ出來~ (2, 0.0%)

1 た, てあります

▼ 二つ分けられぬ~ (2, 0.0%)

2 身なれ

▼ 二つ列ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 二つ列んだ~ (2, 0.0%)

1 形だ, 雄阿寒

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 にユダヤ語, に持つ

▼ 二つ刺し竹~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 で私, というの

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の上, を隔てた

▼ 二つ反し~ (2, 0.0%)

1 たらりとよ, 日に

▼ 二つ合せた~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 二つ合わせ~ (2, 0.0%)

1 て三つ, て読む

▼ 二つ合わせる~ (2, 0.0%)

1 と, と宝

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 下つて, 台二つである

▼ 二つ同時に~ (2, 0.0%)

1 同一空間, 渡る

▼ 二つ名前~ (2, 0.0%)

1 の有る, の男

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 ひ合つて, ふの

▼ 二つ向う~ (2, 0.0%)

1 の丘, の駅

▼ 二つ向き~ (2, 0.0%)

1 あつて, 合せて

▼ 二つ啼き~ (2, 0.0%)

2 一つ啼き

▼ 二つ啼きやめ~ (2, 0.0%)

2 ばまた

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 つたらばと, て池

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 にかかっ

▼ 二つ売り~ (2, 0.0%)

1 一日だてに, 仙花一座には

▼ 二つ売りし~ (2, 0.0%)

1 て凌いだ, て支える

▼ 二つ大きく~ (2, 0.0%)

1 丸の, 振る川瀬勇

▼ 二つ大きく白く~ (2, 0.0%)

1 光って, 光つてゐる

▼ 二つ大きな~ (2, 0.0%)

1 穴を, 音を

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 椅子が, 隆起を

▼ 二つ小さく~ (2, 0.0%)

1 そろえた, つづいて

▼ 二つ小説~ (2, 0.0%)

1 かいて, を考えた

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 ねて

▼ 二つ岩團三郎~ (2, 0.0%)

1 だつた, であると

▼ 二つ岩道~ (2, 0.0%)

1 と言つて, へ出る

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 は山陽道, を越した

▼ 二つ嵌めた~ (2, 0.0%)

1 宝石入りの, 手を

▼ 二つ左右~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 に転がっ, の突鼻

▼ 二つ引い~ (2, 0.0%)

1 てあっ, て帶

▼ 二つ引出し~ (2, 0.0%)

1 てみる, 互いに向い合っ

▼ 二つ張っ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 一処に, 尤もな

▼ 二つ或は~ (2, 0.0%)

1 それ以上の, 二つ以上の

▼ 二つ打った~ (2, 0.0%)

1 のでへえ, 時ノックする

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 へて一丈あまり, へると

▼ 二つ拵え~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てそれ

▼ 二つ拾つて~ (2, 0.0%)

1 みると, 向ふ

▼ 二つ持ってる~ (2, 0.0%)

1 者も, 鳥が

▼ 二つ捧げ~ (2, 0.0%)

2 て立つ

▼ 二つ据え~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てあり

▼ 二つ据えられ~ (2, 0.0%)

1 てある, 小物の

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 へて敷居際

▼ 二つ教え~ (2, 0.0%)

1 ていただきましょう, て下さいません

▼ 二つ新しく~ (2, 0.0%)

1 加わった訳, 架けられて

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 二つ星眉~ (2, 0.0%)

2 は落した

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の水, よしの

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 二つ来た~ (2, 0.0%)

1 ことが, のでりよ

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の下, をならべた

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 という地名, の伝説

▼ 二つ棄て~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 二つ歳下~ (2, 0.0%)

1 です, の十八

▼ 二つ残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐても, ゐる

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の曲

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の付いた, をつけ

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の中, を汲む

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 から引上げ, の上

▼ 二つ渡っ~ (2, 0.0%)

1 てちょうど, て伯父夫婦

▼ 二つ火鉢~ (2, 0.0%)

1 の傍, を置い

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 のごとく消え, の如く

▼ 二つ狂う~ (2, 0.0%)

1 と三つ, 二つ狂う

▼ 二つ猫萩~ (2, 0.0%)

2 のはな

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 の青

▼ 二つ用意~ (2, 0.0%)

1 して, し一つ

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 をぶら下げ, を背負つて

▼ 二つ白い~ (2, 0.0%)

1 波の, 衣服の

▼ 二つ白く~ (2, 0.0%)

1 て丸い, 火と

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 み出しその, んで燕女

▼ 二つ盜ん~ (2, 0.0%)

1 だ, だの

▼ 二つ目通り~ (2, 0.0%)

2 から先

▼ 二つ目通り位~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 二つ真珠~ (2, 0.0%)

1 の腕環, の飾り

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 の前, の猿

▼ 二つ着い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 二つ瞬き~ (2, 0.0%)

1 をし, を致しました

▼ 二つ知っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 であったろうかと, を投げ込む

▼ 二つ立っ~ (2, 0.0%)

1 てい, て居る

▼ 二つ紺紫色~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 二つ結び~ (2, 0.0%)

1 にし, 合せたよう

▼ 二つ続き~ (2, 0.0%)

1 に据えられ, の咳

▼ 二つ繋がれた~ (2, 0.0%)

2 客車の

▼ 二つ置き~ (2, 0.0%)

1 位にかけ, 周囲の

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 が二つ, の処

▼ 二つ若かっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 二つ蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の女長三十二, の女長三十八

▼ 二つ蝙蝠~ (2, 0.0%)

2 が金

▼ 二つ蝶々~ (2, 0.0%)

2 がとん

▼ 二つ要る~ (2, 0.0%)

1 ものか, んぢや

▼ 二つ見せ~ (2, 0.0%)

1 ている, の前

▼ 二つ見つけ~ (2, 0.0%)

1 て中, て来

▼ 二つ見る~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 二つ見附けた~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 二つ触れ~ (2, 0.0%)

1 てかなし, ては澄み入り

▼ 二つ言う~ (2, 0.0%)

1 のが, よりほか

▼ 二つ言葉~ (2, 0.0%)

1 の訛り, を重ね

▼ 二つ訊きたい~ (2, 0.0%)

1 が, がお前さんところ

▼ 二つ設け~ (2, 0.0%)

1 その一方, てあった

▼ 二つ読ん~ (2, 0.0%)

1 でみました, で見ます

▼ 二つ買う~ (2, 0.0%)

1 のだろう, のを

▼ 二つ買った~ (2, 0.0%)

2 とか話し

▼ 二つ買つて~ (2, 0.0%)

1 それから友達, 来て

▼ 二つ貼っ~ (2, 0.0%)

1 てあった, ていた

▼ 二つ起こらない~ (2, 0.0%)

1 日は, 月は

▼ 二つ越した~ (2, 0.0%)

1 ばかりの若い, 閑静な

▼ 二つ載つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 二つ輝い~ (2, 0.0%)

1 ていた, でおる

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

2 取れて

▼ 二つ通り~ (2, 0.0%)

1 ぬけた, ぬけると

▼ 二つ連ねた~ (2, 0.0%)

1 巴の, 形であっ

▼ 二つ運ん~ (2, 0.0%)

1 で来, で来た

▼ 二つ過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て子供, て真砂町

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 ですから, ひの

▼ 二つ違った~ (2, 0.0%)

1 からあやしい, ところで

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 つて来ました, はしました

▼ 二つ重った~ (2, 0.0%)

1 ものである, 形を

▼ 二つ重なった~ (2, 0.0%)

1 と思う, にし

▼ 二つ重ねる~ (2, 0.0%)

1 ことは, と

▼ 二つ限り~ (2, 0.0%)

1 の主調, の影坊子

▼ 二つ障子~ (2, 0.0%)

1 があい, にかいた

▼ 二つ電燈~ (2, 0.0%)

1 があります, がスッ

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 ばったところ, を打たれた

▼ 二つ頸筋~ (2, 0.0%)

2 は垢

▼ 二つ~ (2, 0.0%)

1 ひコーヒー, ふ権利

▼ 二つ鳴き~ (2, 0.0%)

2 ころころと

▼ 二つ鳴らし~ (2, 0.0%)

1 てお, てみた

▼1* [1463件]

二つ、揃ひの, 二つあいだで座敷, 二つあがった由, 二つあがる囀りはあれ, 二つあけこれに鈎, 二つあけたやわらかい陶器, 二つあげたが此, 二つあげられた時には, 二つあざらかにこっち, 二つあたりを見まわし, 二つあなたなる大塚辻町, 二つあまつて並んで, 二つあらばま, 二つありあり空中に, 二つありやすぜ, 二つあるいうて此処, 二つあるごとくに感ずる, 二つあるでしょうか, 二つあるなら二つやれ, 二つあるまいにいつ, 二つある云うのんで, 二つあろうとは思われ, 二つあわせてまんなか, 二つあわせたような, 二ついつの間にかすっかり消えて, 二ついや三つも, 二ついりますからね, 二ついるだろうね, 二ついろんな事が, 二つうごけば自分, 二つうす暗い奥から, 二つうち三つ四つや五つ六つうち, 二つうって眼, 二つうつむけにちらちら, 二つうなずいて逃げ, 二つうなづき合ひ, 二つええとゴム風船, 二つおきに読ん, 二つおどっている, 二つおなじく台所のが, 二つおぼえられる噺が, 二つおるからその, 二つお供をした, 二つお揃いで持参致します, 二つお盆に載せ, 二つお菓子屋さんの店さき, 二つお話しいたしましょう, 二つお送り致します, 二つお願いがある, 二つかかえて現れ, 二つかけてあった, 二つかけた位は, 二つかさねてお, 二つかためて一つ封筒, 二つかなり烈しく鳴る, 二つかも知れねえ, 二つからげたのを, 二つからは事件の, 二つからみ合ったら互に相手, 二つからみ合ってたがいに, 二つがけ三つがけの出店, 二つがけ位の穴, 二つがたんと地上, 二つきちんと並んだ裸, 二つきょうの分, 二つぎぬに白い, 二つぎらりと光りました, 二つぎりにした火鉢二ツそれに餅一臼, 二つくぐり抜け舟は, 二つくっついていら, 二つくっついた瓢箪形の, 二つくっつけてそこ, 二つくつきりと目立つ, 二つくみあわせたマークが, 二つくらいになって, 二つくらいにまで減らして, 二つくらいのころからさえ, 二つくらしたら嬶の, 二つくわえて来, 二つぐらいずつは大八州国, 二つぐらいと思われる女, 二つぐらいは越えて, 二つぐらゐの女の子も出来, 二つぐるぐるまわって, 二つふの, 二つこえていらっしゃいました, 二つこさえて呉れ, 二つこせえて顎, 二つこちらへ近づい, 二つこっちへきます, 二つこりや場所, 二つこれ一つというお客, 二つころがつて, 二つございまして一つ, 二つさえあれば, 二つさして死なしたかつた, 二つさむらいらしい, 二つしいてある, 二つしかけ大人たちが, 二つしかたがある, 二つしきやない, 二つしたの二十一, 二つしなくっちゃ退屈, 二つしよんぼりとのぞい, 二つじゃと申しての, 二つぎましてござります, 二つすぐ永田まで, 二つすすっただけで, 二つすっかり空っぽです, 二つすっと長い尾, 二つすなわち天皇を, 二つずつか自分自身の, 二つずつくらいはあった, 二つずつはあまり惨め, 二つずつもあるかの, 二つそつと娘, 二つその他並に魚, 二つそれとも三つ位年下かも, 二つそれゆえにこそ泥斎, 二つそろえて父, 二つそろってるんだ, 二つそろつてゐたひ, 二つ何方にでも, 二つぞっとするよう, 二つぞと悪夢の, 二つただ面のごとく, 二つたべて十二時, 二つたべたときゃ一対たべ, 二つたらず生来病客いかんとも, 二つたれ幕のうしろ, 二つだったのです, 二つだつたが, 二つがひ, 二つちゃんと並べて, 二つちやんと載つ, 二つちょっとそういうふう, 二つが, 二つついている, 二つついたかつらを, 二つつかいましょうもうつかっ, 二つつかんだままブルブル, 二つつけ加へられ, 二つつづいた赤蜻蛉で, 二つつづきの指導者たち, 二つつづくことが, 二つつながっている, 二つつながった机は, 二つつまむきりで, 二つづつある部屋を三つ, 二つづつといつたやうに両手ともおなじ, 二つづつ三つ叩くんださうです, 二つづつ三つ二つづつ三つ叩くんださうです, 二つづつ殘るであらう, 二つづつ膝の上, 二つづつ蹄の痕, 二つづつ飛上がるやう, 二つづつ飛上がつて二階, 二つづゝよみてはかき付けて, 二つであり他は, 二つでありまして之, 二つでありましたすなわち, 二つでありますが前者, 二つできてしまいました, 二つできない相談を, 二つでなくあることです, 二つで御座いまして双方とも, 二つといふほど似てるの, 二つとが並べられて, 二つとったが房枝, 二つとでも申しましょうか, 二つとともに垣内を, 二つとになるお前たち, 二つとにて刺を, 二つとの外には, 二つとばかり思って, 二つとぶのを, 二つともした燭台の, 二つともすつかり忘れてしまつて, 二つともという場合も, 二つとも末を忘れた, 二つとりあへず注文した, 二つどころじゃない, 二つどりを迫つて, 二つどんぶらこどん, 二つないし三つの, 二つながら全然交渉, 二つなくなったという, 二つなく尊い贈りもの, 二つなぐり返した処が, 二つなしで小説, 二つなっている, 二つなど単なる読物, 二つなどとびゆくさへあはれなり, 二つならずあったことは, 二つならびその間に, 二つならべた膝に, 二つならべたごとき形を, 二つならべる枕を, 二つならべれば羽子, 二つなら行ってしまおう, 二つなり啼き連るるなり, 二つなるのみなる, 二つなんぞは恐らく瑣事, 二つにがくつと, 二つにさえ成功すれ, 二つにぞ切れける, 二つについては既に述べました, 二つになんぞ聯結でも, 二つにのみ尽きて, 二つによつて動揺し出し, 二つによってあの刹那, 二つによつてそれ, 二つに対してである, 二つに対しても同様に, 二つぬいと前, 二つぬうと立っ, 二つ卵あんまり, 二つねむくならないやう, 二つのてのひら, 二つのの水量は, 二つのぼってはつき落し, 二つのぼったところに, 二つのみささぎは, 二つのみといって, 二つのみに餘所には, 二つのめば充分, 二つはいっている, 二つはじいてそろ, 二つはということに, 二つはどつかへ, 二つはねえとはよくいった, 二つはめ込みの石, 二つはよ煮えはよ, 二つばかし持つて, 二つばかりと腕時計を, 二つばん区内は三つばん, 二つぱっともえあがった, 二つひきうけたがルグラン, 二つひつか, 二つひとりでに書いて, 二つひょいと抛りのせたよう, 二つひよつこり出てゐる, 二つひらきたいものです, 二つひらひらと動く, 二つふえして, 二つふえまして総数, 二つふた親見捨てたが, 二つぶつかり離れ落葉中, 二つぶらさげてやがら, 二つぶらぶらしない引き締った風, 二つぶんのひろ, 二つへだてた部屋の, 二つへんぽんと, 二つほか年の違わない, 二つほか道がない, 二つほどにぎっしりはめこまれ, 二つほどの大きき, 二つぽうっと夕靄に, 二つぽたぽたとにじん, 二つぽつりと出, 二つぽつんと赤い火, 二つへもうし, 二つまけてくれました, 二つましたる命, 二つまでも鎮魂の, 二つまんざらないこと, 二つめのは, 二つもう一つは, 二つもう少し世の中が, 二つもかはせが, 二つもつれて低く, 二つもつれた形が, 二つもつれ合うてヒラ, 二つもつれ合ったような, 二つもの作品を, 二つやっかいなこと, 二つやったんだ, 二つやっと切符を, 二つやつたりする, 二つゆらゆらと揺れ, 二つよき事は, 二つよけいに寄っ, 二つよこして下さる, 二つよりかまだふとい, 二つよりは塩けの, 二つよんだだけで眠る, 二つ実わ, 二つわからない事が, 二つわけにし, 二つわれにあり, 二つわれわれの見落し, 二つゑぐり取つたま, 二つをぞ捺したり, 二つをとことを, 二つをば別々に, 二つを以て見ると, 二つなっちゃうわよ, 二つアバタは大勢, 二つアメリカの旗, 二つエンジンの大型機, 二つオーバーが二つ, 二つカットした, 二つキチンと片づいた, 二つクルクルと動い, 二つコップについだ, 二つコビリ付いて, 二つサアビスして, 二つサバを讀ませた, 二つスキートおよびプラグデン, 二つスタンドから落したらしい, 二つストーブのある, 二つセロリー少々を, 二つゾロリと出, 二つタクシーで動坂, 二つタテに並べた, 二つダブらせながらサッと, 二つネクタイずきの, 二つバター中匙半分メリケン粉中匙半分塩胡椒少しと, 二つバンが鳴っ, 二つパッチじゃしょうが, 二つパン一つを役人, 二つヒラヒラとお, 二つビスケット火をつくる, 二つピカピカ光って, 二つピストルかと思う, 二つピンクが一つ, 二つピーゴロ一つを打った, 二つフォークと魚匙, 二つフッフッとか誰, 二つフランスにクリュニー, 二つペタンと押し, 二つボウトの底, 二つポウポウポウて三つ, 二つポンソーの水路, 二つミツ子の手, 二つヨセフとニオベ, 二つランプの光, 二つリキュールのグラス, 二つリンゴをたべ, 二つレニングラードに一つ, 二つ一つ二セントずつで買った, 二つ一つ股に一つ宛, 二つ一人でくる, 二つ一処になった, 二つ一時に指, 二つ一杯になつ, 二つ一瞬ぱっともえあがった, 二つ七三に拵, 二つ七分三分に見比べ, 二つ丈けが残されて, 二つ三つあかりを洩らし, 二つ三つあばたがあつ, 二つ三つあれやこれ, 二つ三つうち合わして, 二つ三つおじぎをし, 二つ三つお作りなさつたりなど, 二つ三つお話を伺う, 二つ三つかすかに光っ, 二つ三つぐらゐづゝ串にさし, 二つ三つころがつて, 二つ三つすぎたらしく見える, 二つ三つせきばらひを, 二つ三つそこここに立てた, 二つ三つつぎに記し, 二つ三つづつ喰, 二つ三つづつ二つと戸, 二つ三つななめに夕やけ, 二つ三つほか千切ったの, 二つ三つほこりをた, 二つ三つもんどり打たせられ氣, 二つ三つやって元気, 二つ三つやつたところ, 二つ三つカタログを照らし合わせ, 二つ三つクツクツと笑, 二つ三つコップへ入れ, 二つ三つノックした, 二つ三つバウンドして, 二つ三つピアノで諧音, 二つ三つピーピーと吹い, 二つ三つメフィストのささやき, 二つ三つ一と處, 二つ三つ一息に平らげ, 二つ三つ七つと, 二つ三つ三五郎に脅かされる, 二つ三つ下膨れの尻, 二つ三つ不審の廉, 二つ三つ久世氏の頭, 二つ三つ亀の上, 二つ三つ云合うたが, 二つ三つ五つ六つ並んで, 二つ三つ五つ六つ瓜畑の中, 二つ三つ五つ曲者は額, 二つ三つ人間の塊, 二つ三つ今晩のお, 二つ三つ他には土台石, 二つ三つ会社を渉, 二つ三つ位の歳, 二つ三つ何かの柱頭, 二つ三つ余分に持ち合わせた, 二つ三つ作りそのうち, 二つ三つ例をとっ, 二つ三つ値段好く売れたる, 二つ三つ停車場を通り過ぎる, 二つ三つ僕を追, 二つ三つ兄と杯, 二つ三つ先生に伺いたい, 二つ三つ先輩のまだ, 二つ三つ六つ食べた実に, 二つ三つ冗談を言っ, 二つ三つ写生しそこで, 二つ三つ処々にこし, 二つ三つ初夏の落人, 二つ三つ前垂にくるん, 二つ三つ前方の席, 二つ三つ前景にし, 二つ三つ力なげに, 二つ三つ勇躍すると, 二つ三つ十二三丁も下った, 二つ三つ千切った, 二つ三つ卒業して, 二つ三つ向こうの部下, 二つ三つ咲残ったの, 二つ三つ喜六の頭, 二つ三つ四つ五つひじょうなはやさで銀座通りをよこぎっ, 二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ十だらう, 二つ三つ四つ五つ男ばかりじつに, 二つ三つ四つ八時か否, 二つ三つ四つ手に鳴らし, 二つ三つ四つ用水堀の中, 二つ三つ四つ続けざまに主人, 二つ三つ四つ縁先にあらわれた, 二つ三つ土の中, 二つ三つ坊主山のてっぺん, 二つ三つ埃を払っ, 二つ三つ塵に埋れ, 二つ三つ声を出し, 二つ三つ変だな, 二つ三つ外国人の顔, 二つ三つ大息を吐き, 二つ三つ大樟のかげ, 二つ三つ天井界の住人黒皮忠兵衛殿, 二つ三つ太陽にむかっ, 二つ三つ夫人の探し, 二つ三つ奇抜なもの, 二つ三つ好きなまぐろ, 二つ三つ婦人の枕頭, 二つ三つ嬉しがらせを織りこんだ, 二つ三つ存在して, 二つ三つ実例によってお話し, 二つ三つ屋根を渡つて, 二つ三つ左右にふり, 二つ三つ左記して, 二つ三つ幽かに光っ, 二つ三つ底へ沈ん, 二つ三つ弾音が宵, 二つ三つ後の停車場, 二つ三つ徒渉して, 二つ三つ得意の奇術, 二つ三つ心當りを, 二つ三つ意見を述べよう, 二つ三つ慰めの言葉, 二つ三つ戲談を云つて, 二つ三つ戸をたたき, 二つ三つ手を動かし, 二つ三つ手のひらへのせ, 二つ三つ手前というところ, 二つ三つ手巾にすぶり, 二つ三つ手拍子が聽, 二つ三つ手近なやつ, 二つ三つ手馴しに打っ, 二つ三つ打擲して, 二つ三つ投り込んで, 二つ三つ折ってしるし, 二つ三つ折り取って, 二つ三つ押問答があります, 二つ三つ拍手が起った, 二つ三つ拳をくらわせた, 二つ三つ指図をし, 二つ三つ掌に移し, 二つ三つ掴拳を撲, 二つ三つ握り飯をつくつた, 二つ三つ教へに行かれ, 二つ三つ散在し五六本, 二つ三つ文字をかく, 二つ三つ斑点が急, 二つ三つ日に反射, 二つ三つ映画を観, 二つ三つ晩秋の午後, 二つ三つ木の椅子, 二つ三つ本の表題, 二つ三つ松原をくぐります, 二つ三つ果敢な邸内着陸, 二つ三つ桶に浮かせ, 二つ三つ椅子があつ, 二つ三つ橋の上, 二つ三つ歌を歌わなけれ, 二つ三つ歐つて, 二つ三つ武さんの長竿, 二つ三つ残つてゐる, 二つ三つ殿様の頭, 二つ三つ毆られて, 二つ三つ氣ぜはしく叩く, 二つ三つ氣休めの言葉, 二つ三つ水上の話, 二つ三つ水平線上の星, 二つ三つ沈みかかつて, 二つ三つ波を打った, 二つ三つ泣き声がこみ上げ, 二つ三つ浮き上る様, 二つ三つ海水で洗っ, 二つ三つ清麿の痩せた, 二つ三つ溜りを当る, 二つ三つ溜息を吐い, 二つ三つ漂へるは, 二つ三つ火鉢の角, 二つ三つ無情の嵐, 二つ三つ無惨な死骸, 二つ三つ無理にも唸つ, 二つ三つ無駄なこと, 二つ三つ煙草の火, 二つ三つ片口をきく, 二つ三つ犬じらみ, 二つ三つ猫板に並べ, 二つ三つ瓜を盗みたべました, 二つ三つ生簀を揺っ, 二つ三つ用心水の石, 二つ三つ田を越した, 二つ三つ番狂はせ, 二つ三つ異説のない, 二つ三つ畳をたたいた, 二つ三つ目叩きをした, 二つ三つ眼界を横切った, 二つ三つ睫を放し, 二つ三つ空にうかび, 二つ三つ空中に浮い, 二つ三つ空咳をなさつ, 二つ三つ突立って針葉樹, 二つ三つ窓硝子の向う, 二つ三つ立て続けに出ます, 二つ三つ筋斗うって, 二つ三つ節穴を見せ, 二つ三つ籠から出し, 二つ三つ細工場から攫つて來, 二つ三つ絵を眺め, 二つ三つ縫取りしたもの, 二つ三つ肉何匁といった風, 二つ三つ肝腎な注意, 二つ三つ肩書を刷りこんだ, 二つ三つ腑に落ちぬ, 二つ三つ腕の空振り, 二つ三つ腰をまげた, 二つ三つ臍のあたり, 二つ三つ自分の頭, 二つ三つ與へし, 二つ三つ舞台をくるくる, 二つ三つ船を換える, 二つ三つ花を附けた, 二つ三つ落散つてゐましたが, 二つ三つ葉がくれ, 二つ三つ藍色の浪, 二つ三つ行列しては, 二つ三つ覺え込みました, 二つ三つ角を曲っ, 二つ三つ言ひ落して, 二つ三つ言つて見たい, 二つ三つ訊問した, 二つ三つ記臆に留つて, 二つ三つ語を交わす, 二つ三つ象へ投げやっ, 二つ三つ買ひ取つた, 二つ三つ買物もあっ, 二つ三つ購はなけれ, 二つ三つ走り廻って, 二つ三つ足七つあるもの, 二つ三つ足踏みを, 二つ三つ足蹈をし, 二つ三つ足蹴をくれ, 二つ三つ踰えると, 二つ三つ身を入れ, 二つ三つ軒下に持出, 二つ三つ這奴の鼻, 二つ三つ部屋を隔てた, 二つ三つ銀貨を握らせなけれ, 二つ三つ銃弾が入っ, 二つ三つ鍵盤を打った, 二つ三つ鑿でこなし, 二つ三つ閑かな夜, 二つ三つ間がある, 二つ三つ闇の中, 二つ三つ陳列して, 二つ三つ階子段を上る, 二つ三つ隔った処, 二つ三つ雑つて咲いて, 二つ三つ雑話の後, 二つ三つ雨戸へ觸つて, 二つ三つ雪の間, 二つ三つ雲の斷, 二つ三つ静かな夜, 二つ三つ靴の踵, 二つ三つ頂戴する, 二つ三つ頬や鼻, 二つ三つ風呂敷に包んだ, 二つ三つ食つたが, 二つ三つ餅にまじえ, 二つ三つ鴉の為, 二つ三つ鵜の鳥, 二つ三つ黄ろい星, 二つ三つ點け放し, 二つ三つ鼻面を惱, 二つ三つ齢上で, 二つ三ッつが, 二つ三分と云う, 二つ三升釜と五升釜, 二つ三味線一つ笛に似た, 二つ三宝へのせた, 二つ三度測れば, 二つ三根夫の手のひら, 二つ三番目の目, 二つ三銭あまりうまく, 二つ上つて來る, 二つ上り切った時敬太郎は, 二つ上下に重っ, 二つ上位に見える痩せこけた, 二つ下げている, 二つ下さつた彼女も, 二つ下っていた, 二つ下ったとしてそれ, 二つ下つた見臺, 二つ下出戻りですが, 二つ下室で言葉, 二つ不思議なこと, 二つ世帶を賄, 二つ世間の人, 二つ両わきにか, 二つ両方へ艸冠, 二つ並びて花茎端, 二つ並べましたが何れ, 二つ並べられいつも私, 二つ並べられた部屋は, 二つ並べ合わせてあった, 二つ並べ附けたるが如き, 二つ並ぼうものなら, 二つ並んでるところな, 二つ並木のやぶ, 二つその一つ, 二つを突く, 二つ乍ら井手今滋さん, 二つ乍ら偶人を以て現した, 二つ乗っている, 二つつけて, 二つ九十度の角, 二つ二つしかない, 二つ云ったらいいわ, 二つ五銭大胡瓜一本五銭, 二つといっ, 二つ井戸下大和橋東詰で三色, 二つ井戸天牛書店の二階広間, 二つ人形を並べ, 二つ人待ち顔に敷かれ, 二つ人目をさけ, 二つれ死骸, 二つ仕上げておきたい, 二つ仕立女に誂ら, 二つ以上いつでも同じ, 二つ以上くしゃみをした, 二つ以上つなぎ合わせて, 二つ以上双生児以上の, 二つ以上結合して, 二つ以上食ふと不消化, 二つ以外何ものもない, 二つ仲の間に大きい, 二つ仲よく並んで, 二つ休んでゐる, 二つ伝記としてよんだ, 二つ位づつ掘られて, 二つ位一致して, 二つ位別荘があっ, 二つ位年上であろう, 二つ位手前の沢, 二つ位本道の関所, 二つ位目を着け, 二つ位齢が上, 二つ何とかなりそう, 二つ作つてからにし, 二つ作り桶も八十荷作り, 二つ使つて居つた, 二つ便所上下二つちょっとそういう, 二つ俊和尚から緑平老, 二つ保吉へ渡した, 二つり合って, 二つ借りうけ襖, 二つ借り受け襖を, 二つ停車場まで運んだ, 二つには膝掛け, 二つ側面に一つ, 二つ光ってるのは, 二つ光らしている, 二つ入っている, 二つ入りそうな, 二つ入れたのあげました, 二つ入れるの, 二つ共お代は後程, 二つ共どこから拾っ, 二つ共一致する場合, 二つ共何うにもやり, 二つ共其處に擲, 二つ共卓の鍵, 二つ共愛だった, 二つ具えていた, 二つ内側へ揃え, 二つを描いた, 二つ処女の肉, 二つ凹凸をくっきり, 二つ出させるがい, 二つ出されたのでございました, 二つ出したいんだ, 二つ出し矢代に渡した, 二つ出ましたが演, 二つ出ればそれで, 二つ出來上つて押入れの, 二つ出會つてゐた, 二つ出来る事に, 二つ出来上つて押入れの, 二つ分ちて小乗, 二つ切ってある, 二つ切られ自在鈎には, 二つ切り一本高さ, 二つ列ねてとことこ, 二つ列むだ雄阿寒雌阿寒の秀色, 二つ初物として見出でた, 二つ別物のよう, 二つ刻まれてあった, 二つ前後して, 二つ剥き出した茶色の, 二つってあった, 二つ加えて一合, 二つ加へた勘定で話し, 二つ加減しても, 二つ劣れりとは戸籍, 二つ動きはじめたやうである, 二つ動くともなし, 二つ動物と人間, 二つで取, 二つ区分があっ, 二つ十米ほど離れ, 二つ千兩箱に入, 二つ半位な割, 二つ半分は土, 二つ卓子の上, 二つ南面に一つ, 二つ即ち義務教育である, 二つつて居た, 二つつて置い, 二つ取りつけて下さい, 二つ取り來れ, 二つ取り合せ武家冑老, 二つ取ることだずら, 二つ受け取ったと言う, 二つ口一つ穴を三つ, 二つ古色蒼然たる画布, 二つ叩いてスー, 二つ叩き合わせ学校, 二つ叩き潰しやどう, 二つ叩くことにな, 二ついか手綺麗に, 二つの上三センチ, 二つ右手の壁, 二つ各々十畳に四畳半位, 二つ合えば宝, 二つ合さっていた, 二つ合さつて旋頭歌, 二つ合して果して, 二つ合せるとその, 二つ合わして荷, 二つ合わせようたってうまく, 二つ合わせれば二百文, 二つ合計五つの疣, 二つ同点の作品, 二つ名古屋へと東京, 二つ向いあった一方の, 二つ向い合せに敷い, 二つ向こうの部屋, 二つの仕事, 二つ君たちに言う, 二つ吸うほどな, 二つ呉れて私, 二つふ, 二つ呼んだも, 二つを捨てた, 二つ咲いて居る, 二つ咲きはじめた日であった, 二つ唸つてゐる, 二つ善人帳と悪人帳, 二つべたつ, 二つ喰うと知らぬ顔, 二つ喰わせるまに, 二つ四つも年, 二つ団子の馬印, 二つ在って耕地, 二つ地名が二つ, 二つ坊主頭が写っ, 二つ垂れてい, 二つ執ってもらいたい, 二つ執りだして卓一, 二つ執念深い人間の, 二つ基督教の一派, 二つ報告する, 二つまって, 二つまで行き, 二つ塚側火山の側面, 二つとパセリ, 二つも見える, 二つ売つてそれを渡しました, 二つ変るところなし, 二つにハトロン, 二つ多いのかも, 二つ多くて五つ, 二つ多少見るべき, 二つのよう, 二つ夢中と思う, 二ついそぎでね, 二つ大の字に立, 二つ大人に見えた, 二つ大切そうに取り出した, 二つ大戦後の作品, 二つ大迫玄蕃と浅香慶之助, 二つにつくり, 二つ天秤棒で担い, 二つ天秤棒代りの木, 二つ夫婦そらうて, 二つ夫婦岩のよう, 二つ失くなっていた, 二つ失せ嚏を, 二つの室, 二つ奪い取りたい所存でござる, 二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 二つ女長七つ良五つ全安, 二つ女長十五良十三, 二つ女長十八良十六, 二つ好い事は, 二つ妙高の左, 二つがただ, 二つ委員会がある, 二つ婦たちは落人, 二つ字句を直し, 二つ学習室の黒板, 二つ宛くつ附けて, 二つ宛これも左右, 二つ宛喫うこと, 二つ宛着物を拵え, 二つ実に日本の, 二つ客間のテエブル, 二つ寄せると女同志ラブ, 二つて二ツ, 二つへば寂し, 二つ対立せしめて, 二つ射かけましたところで, 二つ小さければ三つ位, 二つ小奇麗なる顔, 二つ小気味よく響き渡った, 二つ小畑に返事, 二つ小石で戸, 二つ小間を隔てた, 二つ少いと云, 二つ少し離れた柔らかい, 二つ岩大明神と言, 二つ岩附近に坊主, 二つの背後, 二つ岳相馬山榛名富士と西, 二つのある, 二つ島田への羊カン, 二つ嵌めてあつ, 二つ嵌り尖端は, 二つ左袂へ三つ懐, 二つ巻煙草入れをもっ, 二つ布切れに貫, 二つの空いた, 二つ帽子の堅い, 二つ帽子屋さんに渡しました, 二つがこもごも, 二つ干柿五つ丸柿二つパン一つを役人, 二つ平手が飛んだ, 二つ平行に煙, 二つ年かさであったに, 二つ年嵩の妻木右, 二つ年長でありながら, 二つ年齢が下, 二つ幻像となっ, 二つ幽かなりと, 二つを並べ, 二つに並ん, 二つ延べられ四人の, 二つ建てておきたい, 二つ建てるのだ, 二つ廻すと今, 二つ廻せばいい, 二つ廻って貝原, 二つ廻るうちに, 二つり下げたり, 二つ引きの旗, 二つ引きたくってのそのそ, 二つ引き千切ってうっかり, 二つ引っかけてあります, 二つ引両の紋, 二つ引出つきのテーブル, 二つ引受けて姪, 二つ引受け文藝春秋のボーイ, 二つ弱い咳を, 二つ張番をする, 二つのよう, 二つ弾丸を食らう, 二つ形式的に叩音, 二つをとる, 二つの手許, 二つ得たことが, 二つ徳利を二本, 二つ徳川時代にある, 二つ心当りをしらべた, 二つ忍びやかに待っ, 二つ忘れてあっ, 二つ忘れずに持っ, 二つ忘れられている, 二つ念入りにやる, 二つ恭しく段のうへに, 二つ恵んでやった, 二つ悚然とする, 二つ悪いところを, 二つ想い出して見る, 二つ意味の有, 二つ感想を申上, 二つへた, 二つ慰めの言葉, 二つ憎いまで張り切った, 二つに入, 二つ御目申候, 二つ懸かっている, 二つ懸けてある, 二つ成功するの, 二つ戴きませうよ, 二つがある, 二つ戸口のこの, 二つ手帳へ記し, 二つ手拭一本を賞与, 二つ手持無沙汰な風, 二つ手桶穿物大鍋一つ剃刀櫛油元結といふやう, 二つ手馴れたのを, 二つ打ってある, 二つ打つつかつた様, 二つ打抜いたので竜, 二つ払えば宜いと, 二つり出して, 二つ投げてくれる, 二つ投げかけしのみなれ, 二つ投げ出されたように, 二つ折る指が, 二つ折れかがみそうに, 二つ折れ曲ると向, 二つ折詰を二つ, 二つ抜き出して見る, 二つ抜出してしまったら, 二つ抜萃する, 二つり出して, 二つ抱えると十貫目, 二つ抱き合せたものに, 二つ抱き合っている, 二つ担いでお, 二つつた, 二つでたたいた, 二つ拾い上げている, 二つ拾ったのでそれ, 二つ拾つた樹明君から雑草, 二つ持たなくちゃならない, 二つ持たなければならない, 二つ持ちますわ, 二つ持ち上って不思議そう, 二つ持ち出してき, 二つ持つた神名である, 二つ持て通るのだ, 二つ持出されるのを, 二つ持出したのは, 二つ振りの玉子, 二つ据ゑて許多の燈心, 二つに載っかっ, 二つ掘っては鳴動, 二つ掘ったってもの, 二つ掘らなければならない, 二つ掛けて百姓, 二つ掛け並べて右, 二つ掛蒲団と敷蒲団, 二つ接いでもなお, 二つ接ぎあわせたよう, 二つ接ぎ合せたように, 二つ揃つて返らないと, 二つ揃つて三角にめり込ん, 二つ揃つて首をかしげ, 二つ揃わなければ秘密, 二つ描かれてある, 二つ提げの煙草入れ, 二つ携げてついて行く, 二つ摘ままれた, 二つ摘んでも, 二つ播き与ふるに雀, 二つ撲りどくをし, 二ついでお, 二つ擦れ違いざまに, 二つ擧げて見まする, 二つ教わっていた, 二つ教師の反感, 二つ教科道科と云, 二つ散っていました, 二つへりや, 二つ敷いたままに, 二つ敷かして一間半, 二つ敷かなくてはいけない, 二つ敷かれていた, 二つ文鎮代りになっ, 二つ料理をし, 二つ斜めに置く, 二つ斬り落されてまだビクビク, 二つ斬込んだ後パッ, 二つ断ち切るんだ, 二つ新橋何とかと, 二つ新種の発見, 二つ新聞社の人, 二つ新聞記者にでも見せたら, 二つ旅籠屋では膳, 二つ日向ま近き, 二つ明るく輝いて, 二つ話しを, 二つ星三つ星と, 二つ映っている, 二つ映画界と生花会, 二つ時計がありました, 二つ暫時にらみ合って, 二つ曖昧なの, 二つ曲がったところで, 二つ曲りて今, 二つ書かれました一つは, 二つ書き添えられて在る, 二つ書けるかな, 二つ有力な原動力, 二つ朗読して, 二つまたは金属, 二つが出る, 二つ本棚をおきます, 二つと西, 二つ松一本のほか, 二つ松並木を一帳場, 二つ果樹園二つを包容, 二つ枯葉の上, 二つ柏手を打った, 二つ柏軒と妻俊, 二つ柏軒並妻俊四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 二つ柏軒二十七妻俊も同じく, 二つより, 二つ柔かい軒下の, 二つ柳行李が一つ, 二つのたね, 二つをおい, 二つ棚ふき三つ食卓ふきが二つ, 二つの上, 二つ森山では文政七八年, 二つ棺台の端, 二つ椅子をくつ, 二つ楽しみがある, 二つ榛軒未亡人志保五十七であつ, 二つ横斷して, 二つ横町へそれた, 二つの間, 二つ橡細工の盆, 二つを門歯, 二つ歌い終ると越後獅子, 二つ歌っている, 二つ此方の枝, 二つのため, 二つ歳かさでもありましょう, 二つ歳上の三十七歳, 二つ死滅の運命, 二つ残して置く, 二つ残ってるじゃあない, 二つ残りたる梢, 二つ残れる広き所, 二つ殖えて十六, 二つ殖えたとみえる, 二つ殘つただけそれ, 二つ殴って, 二つ殴らせて貰いてえ, 二つ段々段々と沢山, 二つ比翼の誓, 二つ民族の, 二つ気がかりなこと, 二つ気味のわるい, 二つ気違い染みた熱心さ, 二つ永萬元年鎭西八郎が運, 二つに打ち上げられ, 二つ求めて早速, 二つへおりる, 二つ汲水場に伏せ, 二つ沈みいたが一つ, 二つ河原撫子のいたいけ, 二つ泊った翌朝僕が, 二つ法廷へ持出され, 二つ泡立たせて混ぜ, 二つ泡立てて混ぜます, 二つ洗うつもりが, 二つ活けて萩, 二つ流れて居る, 二つ浅瀬は, 二つ浪子の袖, 二つ浪漫劇一つオペラ一つ喜劇数種そのなか, 二つ浮いてるきりだった, 二つ浮かぼうも知れぬ, 二つ浮きあがりそ, 二つ浮び出て來, 二つ消して車内, 二つ淀みがちな挨拶, 二つ淋しそうに, 二つ混じったのであった, 二つ混ぜてテンピ, 二つへてある, 二つ添えて盆, 二つ添えたのを, 二つ減って行く, 二つ減りして私, 二つ渡すと親爺, 二つ渡つて伯父夫婦を見舞, 二つ渡るとすぐ, 二つ満つ汐の, 二つまつて, 二つ潰したから是, 二つがカンカン, 二つが見える, 二つ灯火がみえだした, 二つのよう, 二つ点けた衛士を, 二つ点っている, 二つ無い命を, 二つ無き無体裁, 二つ無くちやなら, 二つ無気味な光りであたり, 二つ無理して, 二つ焼いて温石, 二つめいて, 二つ爛ざましに, 二つよせなければ, 二つ片づきして馬籠宿, 二つを言う, 二つ特徴のある, 二つ在らば, 二つ獲った処でと, 二つ玉子を四個, 二つ現れ静かに, 二つ現れたのでおどろいた, 二つ現われるとたちまち, 二つ生んである, 二つ申しますなら或る, 二つ画像二つ障子にかいた, 二つ留吉が持つ, 二つの上, 二つ発見した, 二つ白がちの二つ, 二つ白っぽく光を, 二つ白紙に包ん, 二つ皮肉なそして, 二つにのせ, 二つを取りやりし, 二つ盗って逃げた, 二つ盗ったところで, 二つ盗み出しその時, 二つ盛りあがってい, 二つ盜つて逃げた後, 二つ目のにまで影響, 二つ目三つ目の, 二つ目下女のお, 二つ目以上の何物, 二つ目寄りに繋い, 二つ目星い骨董物, 二つ目橋の畔, 二つ目橋通に玩具店, 二つ目真打と皆, 二つ直観空間は幾何学, 二つ抱いて, 二つ相互に実に, 二つ相寄つて枕の上, 二つ相対して, 二つ着くが早い, 二つ矢代に渡した, 二つかい距離, 二つ短い文章を, 二つ砂利道の両側, 二つ砂糖を山盛二杯, 二つ私のと彼女の, 二つ移動するあ, 二つ程の波が, 二つねの枕, 二つ積んだばかりの空車, 二つをあけた, 二つ空気孔のついた, 二つ窓側に並び, 二つ窓枠のところ, 二つ窪みのある, 二つは黒, 二つ立ち上っている, 二つ立つてゐた, 二つ立て曳馬一頭を, 二つべて海, 二つ竹の台に載せられ, 二つ二句と, 二つの中, 二つ箸箱は一つ, 二つ築きたえず燒, 二つ築山を廻っ, 二つ精神は神, 二つ納まっている, 二つ紛失したのに, 二つ素振りをくれる, 二つ累ねただけで, 二つ細棹の三味線, 二つ紹介するが, 二つ終えないうちに, 二つ組みあわせたような, 二つ結びつけ自分の, 二つ継ぎ足して天狗, 二つ続けざまにした, 二つ続けるそのあと, 二つ続け様にうっ, 二つ綻び初たり, 二つ綿の上, 二つ緑老から黙, 二つを取つ, 二つ縁先ちかくならべ, 二つ縁談がございました, 二つ縛って一方, 二つ縛つてあるぜ, 二つ縛つて一方の端, 二つに動いた, 二つがつた, 二つ置き並べその上, 二つ置くだけの場席, 二つ美談を知っ, 二つ群集の中, 二つ羽子板を持っ, 二つ翅重げに飛べり, 二つ習性があっ, 二つ老けてもみえた, 二つ老人のおかげ, 二つ老眼にも見のがす, 二つ考えていなけれ, 二つ聞えて一つ, 二つ聞き出す方が, 二つ聞くが電話, 二つえたわけ, 二つ肉眼では見逃し, 二つのところ, 二つ育てあげればって此節, 二つ背中合せに立っ, 二つ胴試しツイ惡友に誘はれ, 二つをいっしょ, 二つにさげた, 二つ腰かけがあった, 二つ腰折がまとまりかけた, 二つ臨終そのままの, 二つを鳴らし, 二つ船見山の蔭, 二つ芙蓉の, 二つ芝居の話, 二つ若からうと, 二つ茂木さんへ一つ, 二つでファイエルマン, 二つ茶盆にのせ, 二つ荒い息を, 二つ落ちれば二つ, 二つ落とせば三十六銭, 二つをそろえ, 二つ葉書が一つ, 二つ著作して, 二つ著物五枚を抵当, 二つ葛籠が一つ, 二つの根, 二つ蒼白い炎を, 二つの巻葉, 二つ蕾んで一つ, 二つ薬屋だったから, 二つを遣りました, 二つの声, 二つ蛇足を添, 二つ行わずばなるまい, 二つ行李附けて, 二つ衝突した場合, 二つから出した, 二つの中, 二つ裏漉しにし, 二つのまま, 二つ裾野の汽車, 二つ複合して, 二つねて, 二つ見えたのです, 二つ見かけたものだ, 二つ見せられたと云っ, 二つ見たのか, 二つ見つけするうちに, 二つ見つけたので六人, 二つ見りゃうんざりだって, 二つ見事に盛り, 二つ見附けてひどく珍し, 二つ覗いて見た, 二つ覚えたよ, 二つと雪, 二つ角から粗末な, 二つ触れ合った時に, 二つ言い争いを, 二つ訊いてもらいたい, 二つ訊かしてくれ, 二つ訊き度いの, 二つ訪ねてみた, 二つ許踰えたろう, 二つ試みて感心, 二つをかけ, 二つ話すと厨子野耕介, 二つ話そうか, 二つへる, 二つ語り合つてほど, 二つ誤りやすき字, 二つ読んだことなどを, 二つ謳っている, 二つ證據が手, 二つ議論があった, 二つの煮付け, 二つ貫き欄間から, 二つ貰い明朝監獄見物を, 二つ貰おうか, 二つ貰ってかえる, 二つ買い手帖, 二つ買うたら車賃な, 二つ買わせて読みし, 二つ貸してくれた, 二つ賜りたいのである, 二つ賣りはては, 二つはされた, 二つ購つた事になつ, 二つ赤い布を, 二つ走って来ない, 二つ越えたばかりの肉体, 二つ越したらしい顔の, 二つ越すと林, 二つが二つ, 二つ足りないけれどなんで, 二つの向う側, 二つ踏んで行き当り, 二つ蹴飛ばされたかも知れない, 二つがつて, 二つ転がした絵を, 二つ転がっている, 二つ軽く手を, 二つ較べると巻七, 二つつてを, 二つ載せられて馭者台, 二つ載っけて置い, 二つ輝き残ってるらしい仄かな, 二つ輝く星が, 二つ迄も拵へる, 二つ詞だろう, 二つは鳥, 二つ通つて横手の光琳, 二つ通り越して三つ目, 二つ通り過ぎたのか, 二つ通るぐらゐなところで道が, 二つ通読した事, 二つ造られたもので, 二つ連なって山, 二つ連なつて一つ, 二つ連ねて見る, 二つ進んでも一つ他, 二つ進行して, 二つ逸作等のテーブル, 二つ遂にのこれりは, 二つ運びに行く, 二つ運ぶ物也, 二つ運んだきりでした, 二つ過ぎたばかりの, 二つが幾千年, 二つ違い一つ上亡くなったの, 二つ違ひであつた, 二つ違ひでことし二十三になる, 二つ配ってあった, 二つ酒一杯どうやら私自身, 二つ重なり合つてゐる, 二つ重なり合ってるのが, 二つ重るわけである, 二つの上, 二つの瞳, 二つ金蒔絵をした, 二つ釣つて焼いて, 二つ鉛筆入れが一個, 二つ銘々の表情, 二つを取りおろし, 二つが三つ, 二つ長いのと, 二つ長く長く砂の, 二つ長屋の事, 二つ長持一つ吊台二つ, 二つがある, 二つ開いた家が, 二つがあった, 二つ間違ひもなくそれ, 二つ陰氣に拵, 二つなく探した, 二つ階下に一つ, 二つ階段があっ, 二つ随筆をかき, 二つ隙間があった, 二つ隣同志に取っ, 二つ離して敷い, 二つ離れたる洋服の, 二つ電灯の下, 二つ青山に一つ, 二つ青白いひかりを, 二つ静かにはる, 二つかに載, 二つを使つて, 二つ面白い事実に, 二つ面皰が出来, 二つの曲, 二つはひとつ, 二つ響き高鳴りて, 二つ頂きましょうね, 二つ頂上に三つ, 二つじゃと申す, 二つ預けてある, 二つ願っちゃああんまり, 二つ類話は朝鮮鳴鶴里, 二つのやう, 二つ飛びたつさまの, 二つ食べさせてやった, 二つ食堂の一方, 二つ飾ってあった, 二つ飾られてゐた, 二つ飾り脚のついた, 二つをあさっ, 二つをならべ, 二つがあつ, 二つさは, 二つ高く低くとび交って, 二つが縄, 二つ魅入るように, 二つ魔法を使っ, 二つ鯊一つそして句二つ, 二つつたと, 二つ鳴ってまた, 二つ鳴ったピストルの, 二つ鳴つたといふ人, 二つ鳴れば無二, 二つ鶏肉の汁, 二つが鳴きはじめ, 二つ麻のを買い, 二つ黒いフナの, 二つ黒く浮かんで, 二つ黒板の上, 二つ黒田家に仕へ, 二つと口, 二つ鼻口を一個, 二つ鼻持ちならぬ悪臭, 二つ齢上のトリ