青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不明~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不幸~ ~不快 不快~ ~不思議 不思議~ ~不愉快 不愉快~ ~不意 不意~ 不断~
不明~
不気味~ ~不満 不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~ 不良~ ~不足 不足~ ~与

「不明~」 2111, 21ppm, 5485位

▼ 不明~ (651, 30.8%)

156 なって 45 なつた 35 なった 32 なったの 31 なつて 15 なったと 14 なったこと 13 なったという 12 なりました 10 して 9 なってから 7 なったもの, なったん, なった事 6 なったが, なる 5 なった時 4 なったので, なったまま, なった事件, なつたの, なるの 3 しても, なったり, なること, なると, 帰して

2 [23件] なったあの, なったかと, なったはず, なった三人, なった人間, なった前後, なった女, なった女中, なった小林貞, なった川崎船, なった母, なった結果, なった船, なられたの, なりましたが, なり探し廻らねば, なるし, なる番, 帰する, 終ったの, 終って, 終りました, 附されて

1 [160件] あらずば, あること, あるもの, ございます, ござります, ござりまする, させて, したこと, したと, しまたは, しられた仲間, するため, ちかい大, なったある, なったかという, なったかの, なったからと, なったこの, なったそう, なったその, なったため, なったって, なったつまり, なったてん, なったとき, なったところが, なったとは, なったに, なったには, なったのち, なったものの, なったんで, なったドン助, なったマユミさん, なった一人, なった三十日, なった丸尾無電技士, なった主人春山昇, なった九月二十六日, なった二人, なった五人, なった人, なった何代目, なった先代, なった処, なった力持, なった北岸さん, なった喜田川三郎氏, なった園長, なった場合, なった大友君, なった大正二年九月二十六日, なった女中づれの, なった妹マリ子, なった姉, なった娘, なった子供, なった小浜兵曹長, なった少女, なった当時, なった後前, なった怪獣, なった日附, なった春山氏, なった時刻, なった晩, なった有名, なった松ヶ谷学士, なった次第, なった津田栄吉, なった浅田雪子, なった由, なった男, なった畑柳家, なった秀, なった空地, なった第一高等学校, なった翌日, なった者, なった船客, なった若干, なった谷村博士, なった足取り, なった馬大尽, なってたが, なってる愛人, なつたことも, なつた話, なられたかという, なられたこと, なられたそう, なられたと, なられた晩, なられた正木先生, なられた河内園長, なられてから, なられませなんだか, なりきる死體, なりことに, なりしは, なりし東組同心郷左衛門, なりどうしてこう, なりましたため, なりましたの, なりました事, なります, なりピン, なり彼, なり持物, なり新, なり神山守, なり私, なり致斎三日, なり船, なり銀子, なるお, なるか, なるその, なるため, なるという, なるはず, なるまで, なるもの, なるよう, なるわけ, なるん, なる人, なる何故, なる前, なる危険, なる少し, なる率, なる頃, なろう, なろうから, なろうと, なろうという, まかせて, 世界学界は, 付されて, 候へ, 就いてばかり, 帰しかけて, 帰した嫌い, 帰しやすい, 帰しやすき, 帰せりと, 成って, 成つた, 暴行逃走放火などの, 次いでたった, 残されて, 疑念を, 相なり, 終った, 終ったこと, 終ったという, 終わった惨劇, 終わって, 陥りやがて

▼ 不明~ (383, 18.1%)

9 ままに 73 ままで, 人が, 病気に, 箇所が

2 [29件] ためその, ために, ところが, ところを, ままこの, ままであった, ままである, ままひじょうな失策を, ものが, 中臣女の, 句, 変死事件が, 大書を, 妻を, 娘の, 子供の, 屍体を, 点も, 牽引力の, 由, 病に, 目的の, 箇所を, 者に, 膿みの, 致すところ, 轢死婦人の, 通信が, 音が

1 [297件] いは, お尋ね者で, お方は, けたたましい物音, ことが, こと五助の, さなかにも, しきたりが, その人, ためこの, ためストライク・ブレーキングが, ため遺留品の, ため防疫は, ちぐはぐな, はがきが, はずである, はずの, ふたりの, ふたりを, ままおそろしい, ままそれより, ままだ, ままです, ままほうむり去っ, ままみるみる, ままやはり, まま一月ばかり, まま七年目七年めの, まま三日病ん, まま以来忘れる, まま公金が, まま戸籍の, まま担ぎ込まれ, まま昏, まま死躰は, まま残し, まま繰返され, まま行路病者として, まま訣った, むずかりは, ものだ, ものである, ものに, ものの, ものまで, ものまでを, ゆえである, ようであろう, よしである, インタナショナルの, ウルランド氏で, グーッビョーの, シェイクスピアの, ゼンソクみたいな, ハンドプレスなど, マーケット人種その, 一〇一と, 一件であった, 一千円が, 一室を, 一家族に関して, 一怪物が, 七人が, 七名を, 七条の, 三十日づけです, 下駄に, 不在, 世の常なれ, 中橋英太郎について, 乙松のだ, 事から, 事を, 事件が, 二人と, 二人という, 二人の, 二十餘州を, 人である, 人と, 人物である, 人物に, 人物は, 人間を, 仮死状態に, 休校を, 伝説である, 伯爵を, 伸子の, 併し, 兇漢に, 兵士の, 写真機が, 出兵沙汰や, 出来事の, 北畠親房などから, 十万以上の, 半地下式, 印を, 即死を, 原因にて, 原因の, 原義を, 反日感情に, 口先だけの, 古書引用歌までも, 古語で, 君にも, 品々は, 噂は, 四国遍路が, 団体が, 団体は, 地模様の, 地点に対しても, 境地に, 変死を, 大猿, 大闘争, 太鼓の, 失綜を, 女の, 女を, 奴等が, 妊娠女の, 妾の, 娘が, 娘さんの, 娘に, 宇宙艇が, 実質から, 客呼び, 小包を, 届出は, 屍体に, 屍体の, 幸吉を, 序文及羅甸字を, 廉が, 建築構造物などは, 建設は, 廻文歌, 強力な, 形に, 彼女が, 彼等にとって, 御容態, 心で, 心を, 怪しい仇討, 怪人丸木を, 怪人集団と, 怪塔が, 怪火を, 怪理論を, 怪電波を, 情夫から, 情夫の, 意味の, 所は, 手紙が, 手紙でも, 折だつた, 拉典語手写本, 擦過傷を, 政宗と, 故に一家四人, 数々の, 敵陣に, 文句が, 文字が, 文字も, 文章が, 方が, 旅客機墜落, 日が, 旧時代, 時期で, 棄て児, 椅子に, 極だ, 様である, 歌には, 歌は, 此の, 死だった, 死に方, 死亡者として, 死体が, 民謡風の, 水夫達に, 活動を, 派出婦を, 混血児が, 満訳大蔵, 溺死体が, 潜水艦が, 点が, 点に, 点を, 為に, 無職青年ブリグスを, 煩瑣極まる, 熱病に, 爆撃機, 爆撃機一機が, 爆発を, 爆破事件が, 爲に, 父は, 犯人も, 状態で, 状態である, 状態に, 猛烈な, 猿田の, 由お, 由です, 男まだ, 男を, 男一人見つけよう, 町人でござる, 畏怖嫌忌と, 異樣, 病で, 病気で, 病状を, 発足は, 盲人とが, 相川泰二君の, 眼付に, 祓へ, 神秘性が, 私たちを, 突然の, 窒息については, 竜造寺兵曹長の, 笛を, 符箋が, 笹縁が, 米人が, 系図が, 紅潮を, 細君の, 結果皮を, 絵本を, 絶叫, 者が, 者こそ, 者も, 者音信不通の, 脅迫状に, 自殺事件に対して, 致す所, 花簪と共に, 若い女, 處が, 蟻田博士を, 行く先き, 衰弱に, 言葉が, 言葉は, 言葉も, 言語を, 言説を以て, 訴を, 詰物も, 誘拐を, 謎と, 謎は, 警官の, 谷村博士と, 贈物を, 足跡が, 辺から, 近代語も, 運動に, 部分は, 重太郎であろう, 金蔵とは, 金藏とは, 間人姓の, 関係には, 關係には, 附箋が, 附箋で, 際に当たって, 青年であった, 非難だけは, 靴跡第, 顔に, 飛行機とは, 食物は, 馬賊の, 騎士も, 高熱が, 魔海の

▼ 不明~ (171, 8.1%)

10 のです 8 んだ 7 んです 6 のだ 5 点が 4 のである 3 のが, のは

2 [13件] ところが, のだった, のであります, のでございます, ものが, ものを, 一種の, 小包が, 点に, 点は, 珍らしい, 病気などは, 頃は

1 [99件] あの女, ある形式, ことである, ことです, ことも, さまざまな, ただ人知れず, ため省略する, だけで, だけになおさら, ところも, のかも, のさ, のでな, ので争い, ので事件前, ので判斷, ので感想, ので目下研究中, のと, のに他, のに電話, のも, のよ, のを, ほどな, もの, ものある, ものだ, ものなぞが, ものは, わけだ, わけであった, 一人は, 一点の, 七字が, 不安が, 中村小六が, 事が, 人が, 人たちばかりの, 人物から, 位であった, 何物とも, 全くの, 処では, 原因が, 原因で, 反感の, 呪術的な, 問題が, 土竜の, 地名が, 地方や, 声を, 夫が, 幾行もの, 座頭が, 弟を, 彼女は, 微笑で, 患者に対する, 意に, 所が, 所も, 政宗を, 教は, 教師に対して, 新しい町, 植物が, 植物で, 死様を, 民族が, 流説が, 点から, 点を, 為来りで, 熱病である, 犯罪の, 玄徳に, 画を, 私の, 私は, 程の, 箇条が, 經書の, 船大工の, 處が, 訓読法の, 語を, 輩です, 道庵先生が, 部屋が, 釆部と, 関係いろいろな, 雪路を, 音を, 點が, 點も

▼ 不明~ (142, 6.7%)

11 なった, なって 8 なる 7 なつた 2 す, なったの, なりたり, なりついに, 決れば

1 [95件] あっては, ありますが, あり双方, あり爰, ある, あれば, いうだけ, いうので, いえば, いえましょう, いつたこと, この事件, これとの, されて, して, し虚構, その策略, なったが, なったこと, なったとき彼, なったので, なったもの, なった人, なった勘兵衛, なった南畝, なった唯一, なった方, なった松ヶ谷学士, なった松風号, なった跡, なつて, なりいま, なりうわ言, なりその, なりその後数日, なりたるわが, なりたる乗組艦, なりまことによろしく, なりました, なりましたもの, なります, なりもと通り, なりわずか, なりメキシコ, なり一番下, なり今, なり今に, なり何, なり単なる, なり右衛門, なり同志, なり従って, なり忽ちに, なり手, なり本当に, なり浮藻, なり爾来, なり私, なり続いて, なり自殺, なり蜂須賀家, なり間もなく, なるという, なれりと, ロンドンの, 云う者, 云っても, 云ふ, 伝えられて, 伝わるや, 例の, 出て, 判った前後, 前後し, 報道され, 如月寺の, 彼の, 思えば, 思はれる様, 慢心によ, 手落ちに, 書いて, 無関心, 玉子の, 発表し, 相なった, 聞いて, 衛生展覧会とを, 見せかけて, 見るの, 言うん, 言ふ, 記載され, 認めて, 軽率との

▼ 不明である~ (131, 6.2%)

54 がその, という 3 がしかし, がともかく, ということ 2 から, からその, がこの, が上, が何, が多分, けれどもこの, ことを, のでお

1 [91件] かがほぼ, から今評論, から讀み誤つた, があれ, がいずれ, がかくれたる, がそれでも, がつかまり, がとにかく, がどちら, がなんらかの, がまことに, がパジェス, がマホメット教國, がルリシヤン, がロスコー氏, が一八五五年, が之, が今日, が佐渡, が兎, が其の, が其時代, が十二段草子系統, が可, が吉備大臣, が同書文明二年八月五日条, が多分性来, が多分既に, が多少, が太宗, が女子, が如く書い, が室町末期, が小野蘭山, が尾根, が山, が山上, が幼年期, が彼, が彼女, が恋愛贈答歌, が恐らく, が或は, が推測, が支那, が文中, が旧都, が是, が時代, が棄教, が此, が歳暮, が海嘯, が為基, が玉太郎, が興福寺北門外, が要するに, が試, が魚族, けれども孔子, けれども平安朝時代, けれども水素原子, けれども発見, けれども自分, けれど清次郎, ことが, ことは, しドゥロビャージュキン, し普通, ため既に, というよう, といったよう, といわれる, とは云, ともいえる, と云う, と云うなら, と云わね, と共に日つぎ, と同様, と書い, と言い, と駒雄, のは, のを, ものを, よりも大きい, 唯雨中, 如くに, 従って著作

▼ 不明~ (90, 4.3%)

9 ということ 3 がとにかく 2 がここ, がその, が八本松, けれども平岡, そうです, とある, というの, な

1 [62件] からでした, からでしょう, からやはり, から舶來活字, が, がこの, がしかし, がそれ, がともかく, がなんだか, がやはり, がシカシカ, がホテル, が九州, が他, が代, が先ず, が十中八九, が単純, が地方, が多分, が太子側近, が年齢, が店, が弟達, が敵, が春日, が晉以來墨子, が最後, が歌, が歌柄, が煙草, が蓋し, が記, が釘抜藤吉, が鏡王女, が類例, けれどきっと, けれども僕, し, し他, し作者, し前, し死所, し諸所, つた, つた僕が, つた姉が, という, というん, といふ, といふ妙信, といふ知らせ, といわれ, とかで小母さん, とする, とのこと, と無電, と聞い, なんて大使館, によって閣内, ね

▼ 不明~ (86, 4.1%)

14 あつた 6 はある 2 憲兵隊との, 次第に募る

1 [62件] あちこちで, あつたら, あつたり, あつた中学生, あつた爲め, あつて, あるいは高麗黍, お母さまは, さてさて何処, したがって伸子, その意味, その時, ただ目下, どこへ, ね, はがっかり, は大変, は治療, は消滅, ひとを, やはり捕まっ, ゴタつい, 主人永左衛門の, 主催者の, 人に, 今も, 今日は, 厶る, 双方の, 口を, 只顔, 夜十二時に, 大崎の, 大騒ぎを, 寧祇園の, 心配し, 或る, 拾得のみ, 日本へ, 東京の, 某日某時, 混戦の, 清洲へも, 爆発し, 物足りない風, 皆民謡的な, 盲目ながらに, 相手に, 看板にも, 碑が, 突撃戦は, 若来たら留め, 莫大な, 薨去の, 行幸せられた, 誤写だろう, 誰が, 誰一人として, 転って, 題詞の, 馬賊だ, 駒込署に

▼ 不明~ (62, 2.9%)

2 伝えられて, 心配し, 謝し

1 [56件] あげる非難, あやまろう, さほど心配, つたえられた二人, つたえられて, キッカケに, 人に, 今更後悔, 伝えました, 伝えられた利得金, 伝えられた木田健一, 伝えられた陳独秀, 伝へられて, 反省する, 合わせると, 告白せられ, 呼び起し, 嘆いても, 弁解し, 弁解する, 思いだして, 恥かしく思う, 恥じこれ, 恥じたという, 恥じて, 恥じねば, 恥じるだろうと, 恥じるとも, 恥ずるであろう, 恥ぢて, 恨むしか, 愍れ, 慚愧し, 来たし無意識的語源論, 案じて, 犯した私, 犯す者, 現わす, 生じはじめ, 生ずる, 痛嘆する, 目立たぬよう, 示す筈, 苦に, 衷心から, 装って, 詫びたが, 詫びて, 謝さなけれ, 謝したい, 謝す, 謝そう, 責めて, 陛下に, 難じる, 顧みず敢

▼ 不明なる~ (37, 1.8%)

2 僕の, 理由の

1 [33件] がごとく, ことが, ことレモナーデの, こと三十日に, こと最後に, ため金甕の, は教育, ままに, もあり, もその, ものなどは, ものも, ものをまでも, もの一枚あり, もの其の, も下婢カピトリーナ, も偽名, も劇中マルトン原, も少く, も毛勝山, も民間, も矢張秘密, も道理, より起こっ, を恐れ, タタラという, 交渉が, 人の, 原因から, 場合が, 民族に, 者に, 點の

▼ 不明という~ (25, 1.2%)

5 ことに 4 のは

1 [16件] ことが, ことでした, ことにさえ, ことには, ことは, のだった, ほかは, ままに, ものが, わけだ, 人々の, 件です, 広野に, 悪癖が, 点で, 返事に

▼ 不明であった~ (24, 1.1%)

2 が栄子, のである

1 [20件] がある, があるいは, がこういう, が四十歳, が彼, が袂, が頭髪, ことや, しはる, と私, のだ, ものが, 中学生の, 事に, 山襞などを, 男の, 程で, 語義が, 達雄の, 遠征将軍が

▼ 不明~ (23, 1.1%)

2 事件を

1 [21件] ありませんか, いくへにも, いずれも, かの捨松, この怪物団, その論敵, だんだん年, もう一つ, 今その, 別として, 咎められるかも, 大きな不安, 居ないから, 当分外, 後に, 御心配, 戦略を, 敵意の, 決してそう無造作, 無関係よ, 過去の

▼ 不明だった~ (20, 0.9%)

2 しその後, のでおさおさ

1 [16件] が, が二人, が疑い, が近頃, ことが, ことは, そうです, ので, のである, ので怪光, のを, 公報を, 岩田の, 探偵王だった, 点が, 若殿の

▼ 不明です~ (17, 0.8%)

2

1 [15件] から詮議, がそれでも, がね, がむろん, が今度, が南ゴリウ, が子供たち, が心がけ, が柳, が火の手, が生存, けどなんて言っ, わ, わい, 整理し

▼ 不明事件~ (17, 0.8%)

1 [17件] から始まる, が作り出された, が告げられた, が幸い, が自発的, で心, とお化け問題, とこの, と今, と昨夜雪子, にお化け, のほう, の真相, はあの, は一擧, は気の毒, は警察署

▼ 不明~ (15, 0.7%)

1 [15件] その人々それ自身, どうしても, にわかに決定的, 人々を, 人の, 今に, 今度判った, 公に, 単なる家出, 多く彼, 恥かしくさえ, 恥ずかしくも, 敵の, 気懸りでならなかった, 現れるもの

▼ 不明なれ~ (12, 0.6%)

2 ども兎 1 ど, どもその, ども余, ども北方所傳, ども察, ども対内経済破綻, ども或は, ども既に, ども極めて, ば假

▼ 不明~ (9, 0.4%)

2 なもの 1 かは知らぬ, であった, であるならば, なる下層, なん, な意識, な材料

▼ 不明~ (7, 0.3%)

1 が見つからない, ですね, として領事館, なんか一人, の届け, の捜索, 約千名

▼ 不明であり~ (6, 0.3%)

2 またその 1 とにかく機, また最近, 又屈原, 恐らくは世珍

▼ 不明であっ~ (5, 0.2%)

1 てなにもの, て先年追悼会, て単に, て精しく, て警察

▼ 不明であります~ (5, 0.2%)

1 がそれ, がインド学者, が旅絵師, 勿論私, 立山に

▼ 不明でした~ (5, 0.2%)

1 ああ本人, がこの, が目差す, のでお知らせ, のでとりあえず

▼ 不明ながら~ (5, 0.2%)

1 この意味, とにかくイタドリ・サシドリ, ひところは, 山の, 年中行事

▼ 不明なり~ (5, 0.2%)

1 しかも些, と言われたる, 其不明なる, 所謂アペンニノ連峰には, 頸部からの

▼ 不明でも~ (4, 0.2%)

1 わが家も, 古代の, 誰の, 雲の

▼ 不明との~ (4, 0.2%)

1 こと, 事にて, 噂が, 間には

▼ 不明なら~ (4, 0.2%)

1 これを, んと, 使者も, 誰かが

▼ 不明について~ (4, 0.2%)

1 いろいろ論議, ここに, もっと詳しく, 探索し

▼ 不明にも~ (4, 0.2%)

2 ならないで 1 女の, 忌々しさ

▼ 不明にでも~ (3, 0.1%)

2 なったの 1 なったならそれでも

▼ 不明には~ (3, 0.1%)

1 そもそもどんな, ならなかったで御座いましょう, なりは

▼ 不明~ (3, 0.1%)

1 季候鳥, 快速飛行機ガ本機ヨリ一キロ後方ニ尾行シテ来ル, 顔

▼ 不明それ~ (2, 0.1%)

1 よりもまず, をようやく

▼ 不明とな~ (2, 0.1%)

1 つた節折り, つてし

▼ 不明とを~ (2, 0.1%)

1 悔いる反省, 持って

▼ 不明などは~ (2, 0.1%)

1 忘れたやう, 忘れたよう

▼ 不明ならしめ~ (2, 0.1%)

1 これを, て一

▼ 不明なりし~ (2, 0.1%)

1 人々は, 異母兄政広三十年ぶりで

▼ 不明にて~ (2, 0.1%)

1 拙と, 未だ会

▼ 不明~ (2, 0.1%)

1 いかん多少, ないじゃ

▼ 不明~ (2, 0.1%)

1 のある, の桜丸

▼ 不明~ (2, 0.1%)

1 の噂, の始末

▼ 不明~ (2, 0.1%)

1 から本丸, という処

▼1* [107件]

不明あらゆる爭鬪破, 不明房も, 不明いやもう, 不明かのうその一事, 不明から出るので, 不明がちであったが, 不明この上は, 不明これを葡萄牙語, 不明は触覚, 不明じゃとこのよう, 不明そういうことも, 不明そのものがやがて, 不明や, 不明だったらこのミマツ曲馬団, 不明だつたが近頃, 不明だつたさうであるとにかく八十, 不明ちと心外でございます, 不明つかれか, 不明であり捉えどころの, 不明であればいや, 不明でこまっている, 不明でございましてまさか, 不明でございましょうな, 不明でならぬのじゃ, 不明でわからんと云つて, 不明で困っている, 不明で困ってるんです, 不明で御座いますが一番地, 不明で戻ってくる, 不明で解けない個処が, 不明というしかない, 不明といったところで, 不明といふのも, 不明とかいわれて, 不明としてさし措いた, 不明とに自分の, 不明とは残念な, 不明とばかり報ぜられて, 不明とも伝へられた, 不明なあるひとりの, 不明なかなか来ず, 不明なほと, 不明なら現れないわけだ, 不明なりけり自らに, 不明なんて人が, 不明な分らぬ乱暴人に, 不明についてはどのよう, 不明に対して親身の, 不明に対する憤りの, 不明に関して一つとして, 不明に関する切抜記事帳を, 不明のみでも, 不明もう五機は, 不明もしくは不定な, 不明疑問を, 不明よりも一層非難, 不明なかった, 不明らしいが地方, 不明をも語り合わせて, 不明アントニヨは一六二七年殉教, 不明ゼヒトモ警戒ヲ要, 不明一説にはこ, 不明不明にあらず, 不明不注意からくる, 不明不通ヲ覆, 不明主人永左衞門, 不明二十一万焼け出された人口, 不明の一隻, 不明佐賀町河岸での人殺し, 不明何者かに奪われた, 不明先ほどからの無礼, 不明原城乗入れの, 不明註曰コローニアは, 不明右衛門殿も行衛不明, 不明同然で何処, 不明は彦兵衛, 不明妻サヾエはそれから, 不明姉妹共故人となられ, 不明小瀬復菴に宛てた, 不明従って信仰の, 不明となった, 不明惜しい品でない, 不明意志の弛緩, 不明ひは, 不明戦ひはその, 不明搭乗員は全部, 不明故に罪無き, 不明明治四十年一月と推定, 不明暸不確実になっ, 不明木立や築山, 不明本家伊賀守を相続, 不明松永の怪しむべき, 不明樹明君が雲隠れ, 不明浴場の血痕, 不明海中に投身, 不明澄江という娘, 不明然しこの下, 不明生死も不明, 不明ということ, 不明石磴石燈籠手水鉢等はことごとく, 不明三のは, 不明者山野三千子十九歳山野氏の一人娘, 不明者等はそこ, 不明のなか, 不明行方不明ということ, 不明視力弱り頭髪白ら, 不明身分不詳で数度