青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丹波~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中年~ 中庭~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~
丹波~
~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~

「丹波~」 1015, 11ppm, 10246位

▼ 丹波~ (277, 27.3%)

8 国から 5 手から 4 国の 3 四女王, 手に, 河上の, 竹野の

2 [24件] あとから, わなさ翁, ヒコタタスミチノウシの, 一党が, 一党は, 一味は, 亀山へ, 五女を, 兵は, 命を, 国に, 國から, 國に, 國の, 太郎に, 姿を, 宇奈韋神が, 神官だ, 篠村へ, 身体は, 遠津, 阿治佐波毘賣, 雲ヶ畑日向の, 顔は

1 [200件] あゆが, いうとおり, きんか頭, くにを, そばへ, はなしでは, ひとり言, ほうが, もとから, ものものしい構え, ものらしい, やったこの, やつめさぞ, ようすを, ような, よさ, アヂサハ姫と, ミチヌシの, 一党に, 一党も, 一党十五人ほどの, 一刀から, 一刀を, 一味にとって, 一味を, 一味石を, 一派は, 一派源三郎玄心斎の, 一行, 一行は, 三人なんか, 三剣士が, 三草へ, 上に, 下知で, 両人, 亀山に, 亀岡という, 二家を, 人であり, 人である, 人元禄中長崎絵師兼唐絵目利に, 介抱を, 仕業であった, 偉いところ, 側では, 八乙女と, 八処女の, 八木の, 内藤ジョアンも, 出ようひとつ, 出生者たる, 出身である, 刀が, 刀を, 前に, 前司なにがし, 前後から, 剣幕に, 口から, 古いところ, 各地で, 命令で, 和田山の, 和知川が, 四角な, 固い命令, 国々からも, 国なにがしの, 国は, 国を, 國, 國である, 國のなんぞは, 國天田郡に, 國造の, 土塀に, 声が, 多紀, 大刀を, 大江山に, 大江山等に, 大縣主ユゴリ, 天の, 天田, 天田郡に, 奥の, 奥梅迫の, 女も, 奴ばら, 如きもの, 存在, 小柄を, 少将とよ, 少将成経などは, 少將成經, 山々かくれ, 山々に, 山々は, 山の, 山を, 山中に, 山国から, 山奥から, 山奥と, 山奥の, 山家より, 山河を, 山間などにわたる, 山間十石から, 役である, 待って, 御機嫌, 御領地, 怖れ, 思案投げ首です, 息づかいを, 手で, 持ち出した条件, 指先は, 明智光秀とは, 最も得意, 本心です, 来るの, 桑田郡穴太村の, 梅迫から, 梅迫で, 梅迫へと, 横を, 横手へ, 死に, 比古, 波多野を, 波多野一族から, 波多野一族までが, 波多野兄弟を, 源九郎殿を以て, 烈刀釣瓶落しは, 焼物にも, 片田舎にて, 独鈷抛山の, 猪野日村に, 猿楽も, 生命も, 田舎に, 田舎者として, 由良川あたりでは, 由良川と, 真剣勝負に, 眼から, 福知山で, 福知山に, 秀山和知川などの, 突きを, 笑顔, 笹山の, 笹山を, 篠山だ, 篠山でも, 篠山生まれだ, 篠村に, 群峯の, 者でございます, 肩が, 肩に, 背中に, 胸中を, 腕組み, 腹心か, 臣, 臣島田の, 苦笑の, 苧代官とも, 荒熊だの, 袖を, 言うこと, 言葉に, 言葉も, 言葉を, 計じゃ, 話を, 謀叛対治の, 逃げ道でございまし, 道能宇斯王の, 部屋を, 郷士で, 鉄兜へ, 陰謀組と, 隊伍へ, 隣国の, 領地へ, 領家なんて, 顔に, 顔へ, 風の, 首は, 首を, 鹿が, 黒岡という, 黒豆の

▼ 丹波~ (62, 6.1%)

2 急いで

1 [60件] あきらめが, あわただしい与吉, いっこうに認め, いまだにその, うるさそう, おどろいて, おののく手, お蓮様, きらいで, くずれるよう, このこけ, この先, これで, そう励ます, そう謎, その上, その新しい, それが, それなり壁ぎわ, それに, それを, またしずか, まるで大地, もしつぎ, ギャフンと, サッ, サッと変わった, ニヤニヤ笑い, ハッハッと, ピタリと, 一心に主, 一段と声, 一生懸命, 上機嫌だ, 乗りかけた船, 二世十方斎の, 何事も, 和知川の, 坐った, 大きなからだ, 大刀を, 大声に, 心配そうに, 思案に, 急の, 悠々とや, 押っかぶせる, 月光に, 正眼源三郎は, 気が, 甥の, 白扇を, 直接に, 答えない, 納得したらしく, 芝源助町を, 観念した, 起った, 顔いろ, 高話です

▼ 丹波~ (38, 3.7%)

1 [38件] あるの, あれなる, あんまり剣術, いちばんよく, いつのまにかこの, かの橋下, ぎょっとし, このごろ日に, この不知火流, そういっ, ただですます, どうしてこう急, はいって, ひとりごとの, やって来て, アッと, ノッソリくっつい, ノッソリと, 一刀を, 三羽烏の, 下知, 人を, 大きな背中, 寝て, 廊下を, 弱いん, 徳川勢と, 必死に, 斬りこんで, 最後に, 無形一刀の, 皆に, 継母う, 腹心の, 言った, 話しこんで, 闇を, 飛び出して

▼ 丹波~ (38, 3.7%)

2 先頭に, 斬って, 頭に

1 [32件] いただいても, うちもらした, お斬り, したがえて, だきこんで, とりまく, はじめ一同は, はじめ不知火の, はじめ不知火組は, はじめ二三人の, はじめ十五人の, はじめ多勢の, はじめ相当, はじめ誰一人この, はじめ道場の, ふりかえりました, もって, 一刀の, 中心に, 交互に, 去ったの, 取りまいて, 斬るの, 案内に, 西へ, 見あげ, 訪うたの, 語りましたが, 追って急いだ, 追って行った, 通過した, 領し

▼ 丹波丹六~ (36, 3.5%)

2 の方

1 [34件] から離れた, がいよいよ, だよ, という胆汁質, と美奈子, には才能, にコキ, に近づき, のうしろ, のなんとか, の一騎打, の勝利, の指した, の英雄的行動, の躍進, の項, は, はこれ, はその, はそれ, はひどい, は一歩, は今, は拳銃, は持前, は横, は沈鬱, は浪, は第, は美奈子, より一年先, より遥か, を峻拒, を恥

▼ 丹波~ (28, 2.8%)

9 お蓮様 3 ぐるに 2 いわれた男

1 [14件] お蓮, お蓮さま, お蓮様一党, トチ狂いかたがたわれわれに対する, 与吉は, 予との, 二人で, 和睦を, 源三郎は, 源三郎様と, 申しあわせて, 申する, 相若く, 言ったかね

▼ 丹波~ (28, 2.8%)

2 告げて

1 [26件] あの後れ, じゃまを, そう言え, つぐ高弟, なると, またがるいくつ, わたるこの, 今林の, 会堂を, 入つて, 口止めされた, 向かって, 報告する, 強力な, 復命した, 攻め込んだ際城, 斬りつけられたとき, 笹の, 紹介わせた, 美しく桜, 萩乃を, 赴任する, 近づき, 近づく, 遊んで, 飛び江州

▼ 丹波~ (23, 2.3%)

2 を先頭

1 [21件] から派遣, が手勢, が膝, この鐘, すなわち駿河先方衆, という好敵手, と前田玄以, に一, に抱かれ, の上屋敷, の女婿, の居城, の懐かしく, の手勢, の猛威, は勇猛無双, は北條氏, は頷い, へ, を扶, を敗

▼ 丹波から~ (19, 1.9%)

2 連れて

1 [17件] じゃまの, 丹後といふ, 丹後越前あたりにかけても, 兄媛たちの, 出て, 吹いて, 山陰へ, 摂津へ, 数えて, 来た養子, 来会した, 移って, 移り安, 若狹, 迎えとられて, 返事が, 鳥取の

▼ 丹波先生~ (19, 1.9%)

1 [19件] が, が当, だけはただ, にとってはこれ, の, のあの, の恩, の滑稽, はやはり, はズボン, は不相, へ浴びせた, もいささか, もいつか浮き浮き, を仰ぎ, を侮蔑, を半ば本能的, を囲ん, を待たなく

▼ 丹波~ (18, 1.8%)

1 [18件] うまくとりいった, お迎えにとも, 出れば, 帰って, 帰国する, 帰国陣用意を, 抜ける, 攻込む, 旅行する, 笑いかけ, 討入って, 走った, 送らせた, 逃げたろう, 逃げ帰るよし, 進まれ亀山, 避難する, 難を

▼ 丹波~ (15, 1.5%)

2 の毬, の花

1 [11件] がある, が芽, が見事, だ, と聞け, のお, の二升, の大木, の訛, をしこたま, を先生

▼ 丹波~ (14, 1.4%)

4 八郎は 2 八郎の 1 八郎が, 八郎さんは, 八郎と, 八郎といった, 八郎とは, 八郎や, 八郎文弱に, 八郎様は

▼ 丹波~ (12, 1.2%)

1 [12件] お蓮様, さびしそう, さる者, しばらく無言, どっちかと, アアアと, ガッチリした, 与吉も, 同じこと, 在宅の, 悲鳴を, 懸命です

▼ 丹波~ (10, 1.0%)

1 から東, から椅鹿, には足利勢, には雪, のこの, の山波, の標高, の連山, の重畳, まで勢揃い

▼ 丹波~ (10, 1.0%)

2 に言い 1 が, がお, と呼ぶ, は書, へ納め, もすこし, をあっしひとり, 大層お

▼ 丹波高一~ (10, 1.0%)

1 が心魂, が木賃宿, という落ち, ともあ, と柳糸子, にせがん, のこの, の冷酷, の眼, の舌

▼ 丹波~ (9, 0.9%)

2 に五婦人 1 から一人, なる小野木縫殿介, なる或, にある, に住ん, の伊賀, の川辺

▼ 丹波小僧~ (8, 0.8%)

1 が何もかも, が実, というの, と巡礼, と鍋墨, と雁八, の銀次, は藤六

▼ 丹波~ (8, 0.8%)

2 の渡し場 1 とよぶ, の下流, の曠野, の木立, の此方, の犀川

▼ 丹波丹後~ (7, 0.7%)

1 そのほか畿内, にも恃む味方, に評判, の一件云々大坂四ツ橋大仏, の山々, の敵性, の方

▼ 丹波~ (7, 0.7%)

1 から奈良, から車, となる, の同, も同じ, を通った, 近処

▼ 丹波~ (7, 0.7%)

2 といふもの, の娘 1 の家筋, の裔, の資格

▼ 丹波篠村~ (7, 0.7%)

1 で離反, の御領所, の足利家, の領家, へでもお, へ着く, へ通じる

▼ 丹波~ (7, 0.7%)

6 主貴 1 の大江

▼ 丹波~ (6, 0.6%)

1 が一時, が討ちとろう, とはかっ, の行動, を先頭, ワイワイ騒い

▼ 丹波亀山~ (6, 0.6%)

2 の城 1 の城中, の故郷もと, の龍山公, へ帰っ

▼ 丹波地方~ (6, 0.6%)

1 に傳, のみとは限りません, の連山, の間, への交通, への思い出

▼ 丹波康頼~ (6, 0.6%)

2 の, の撰んだ 1 が撰んだ, は後

▼ 丹波酸漿~ (6, 0.6%)

1 が二本, のよう, の口, を売る, を畠, を膨らませ

▼ 丹波には~ (5, 0.5%)

1 この今林庄, この剣腕, 久下一族を, 明智光秀を, 波多野秀治の

▼ 丹波一味~ (5, 0.5%)

1 といまだに, のし, のたれ, の放火, への焔

▼ 丹波~ (5, 0.5%)

1 が鼠鳴き, でもいたら, にみつい, は大きな, は心配

▼ 丹波殿~ (5, 0.5%)

1 がお待ち, と拙者源三郎, と源三郎, の一行, の近侍

▼ 丹波~ (4, 0.4%)

1 すっかり臆病神, と源三郎様, は仕合い, も同じ

▼ 丹波一国~ (4, 0.4%)

1 にすぎず, を書き入れ, を獲る, を領

▼ 丹波中郡~ (4, 0.4%)

2 で社日, で社日參

▼ 丹波~ (4, 0.4%)

1 から江州その他, へむかっ, へ用達, へ落ち

▼ 丹波まで~ (3, 0.3%)

2 行って 1 また北

▼ 丹波~ (3, 0.3%)

2 丹後の 1 或は伏見等

▼ 丹波~ (3, 0.3%)

1 になっ, までふるえおののい, まで自重

▼ 丹波但馬~ (3, 0.3%)

1 の二国, の兵, をかけまわった

▼ 丹波方面~ (3, 0.3%)

1 だけだった, に活躍, の戦線

▼ 丹波~ (3, 0.3%)

1 でありましょう, には自, の壺

▼ 丹波~ (3, 0.3%)

1 でも聞い, の者, より夜の目

▼ 丹波さん~ (2, 0.2%)

1 がそう, の硯箱

▼ 丹波~ (2, 0.2%)

1 想い出しましたが, 捕われた中村五郎忠滋

▼ 丹波とは~ (2, 0.2%)

1 ちがいさ, 何者の

▼ 丹波どの~ (2, 0.2%)

1 には御, の近侍

▼ 丹波などが~ (2, 0.2%)

1 つらなった, 駈け寄って

▼ 丹波ほう~ (2, 0.2%)

2 づきを

▼ 丹波守樣~ (2, 0.2%)

2

▼ 丹波敬三高橋秀松柴田~ (2, 0.2%)

1 承桂三氏, 承桂三氏合著

▼ 丹波浪人~ (2, 0.2%)

2 の春日新九郎

▼ 丹波王母珠~ (2, 0.2%)

2 ほど紅う

▼ 丹波竹田~ (2, 0.2%)

1 の泊雲, の泊雲居

▼ 丹波藤三~ (2, 0.2%)

1 が, に小さな

▼ 丹波道主王~ (2, 0.2%)

2 の女

▼1* [185件]

丹波あたりまで出かけ, 丹波あわてるなといっ, 丹波いつか真剣の手合せ, 丹波いやでも死に, 丹波およびお蓮, 丹波丹後から, 丹波からは八処女が, 丹波こう冷笑を, 丹波こっちの部屋, 丹波この眼で, 丹波こんどはあわて, 丹波ごとき者どもに, 丹波まで, 丹波さまへこいつ, 丹波さん左様なら, 丹波ざかいから洛中をうかがっ, 丹波ざかいの山波へまでさまよわせる, 丹波ざかいはあぶないので嵯峨から北, 丹波それらへの興味, 丹波ア何処だい, 丹波が, 丹波だけであろうか, 丹波ちゃんと見ぬいて, 丹波っ追っぱらっておしまい, 丹波であろうと江口, 丹波というものが, 丹波といふドミニコ会の, 丹波とっさに腰, 丹波とともに仕組んだ道場, 丹波とのあいだに, 丹波とへ往来する, 丹波ともあろう人, 丹波とやらママ立つ, 丹波どういう策略が, 丹波など以前からの, 丹波などといっしょに, 丹波などというのが, 丹波などにそそのかされて, 丹波などの奸計に, 丹波なる興謝の, 丹波について部屋へ, 丹波にとって丹下左膳は, 丹波にとっては知らず生命, 丹波ふるえる手で, 丹波まだ眼通りを, 丹波まっ青になった, 丹波まるで朽ち木が, 丹波もう面色蒼ざめて, 丹波もはやなんの, 丹波やすきこころも, 丹波よりも源三郎よりも, 丹波ら以下百に余る, 丹波わざと供は, 丹波ガッシリしたから, 丹波キラリと眼, 丹波ノヒコタタスミチノウシの王, 丹波ハタと膝, 丹波ビックリした, 丹波一代の不覚, 丹波一党にとりかこまれ, 丹波一刀を動かさず, 丹波一派の者, 丹波三人の浪人, 丹波三峰及金峰山の三図幅, 丹波三方ごと残りのお捻り, 丹波に乗っ, 丹波丹後あたりの山道, 丹波丹後二藩の士民, 丹波丹後但馬であります, 丹波丹後但馬因幡伯耆出雲石見の七ヵ国, 丹波丹後若狭美濃信濃肥前同年九月には日向, 丹波丹後近江若狭同二年十月, 丹波丹波から丹後, 丹波乱心したの, 丹波亀岡の大本教, 丹波五郎のお, 丹波今夜そっとお, 丹波今宵ほど酒, 丹波今宵ここで伊賀, 丹波仕方がない, 丹波て平, 丹波仰天した, 丹波伊豆信濃出羽越中越後出雲にも大きな, 丹波伊賀の暴れん, 丹波但馬ヨリ主計寮ニ献ズ近代ハ江東ニ多ク, 丹波何鹿郡上林庄殿村のエタ, 丹波信濃満州などの狸, 丹波なる白馬, 丹波入りの直前, 丹波全州の平定, 丹波六十万石を下され, 丹波千丈岳の強盗酒顛童子, 丹波博士は狂言, 丹波受けるには受けた, 丹波がきけない, 丹波右手を大刀, 丹波国佐治地方で出来る, 丹波国何鹿郡安国寺の住持梅垣謙道師, 丹波国何鹿郡東八田村安国寺の住職梅垣謙道和尚, 丹波国南桑田郡吉川村平民菊島市松の妹, 丹波国氷上郡佐治近くの大, 丹波国牒にも, 丹波国矢田郡に分れ住んだ, 丹波国船井郡新荘村船枝の船枝神社, 丹波国遠坂村に大風雨, 丹波をふりむく, 丹波多紀郡の方, 丹波大刀を左手, 丹波大和諸州へ京阪, 丹波大山まで來, 丹波大明神なども四度, 丹波太郎は西鶴, 丹波太郎九州の比, 丹波守どのまえだ玄以斎どの, 丹波守下諏訪から和田, 丹波守光行の医官, 丹波守秀勝は信長, 丹波守自ら鑓をとっ, 丹波守馬を進め, 丹波もあつ, 丹波宿禰の姓, 丹波小首を捻っ, 丹波少将平判官, 丹波屋さんは頑固, 丹波山国は戦国時代, 丹波山陰地方にまで一波万波, 丹波岩淵達之助等々力十内ほか十五人ほどの腹心, 丹波岩淵達之助等々力十内等重立った門弟, 丹波に与, 丹波市ほか六村から八人, 丹波市外六人のエタ村, 丹波ばかりで, 丹波のふるえ, 丹波抜からず茶壺を, 丹波摂津伊勢伊賀などの諸国, 丹波播磨などに国別, 丹波教授農科の古, 丹波敬三博士の五男, 丹波敬三氏が群馬県, 丹波で竹, 丹波木綿の小, 丹波朽ち木が倒れる, 丹波栗丹波酸漿丹波焼丹後縞丹後紬丹後縮緬但馬牛など皆, 丹波様硯を拝借, 丹波の隱居, 丹波横眼を走らせ, 丹波武士と称する, 丹波氷上の田楽能, 丹波氷上郡の久下弥三郎時重, 丹波氷上郡吉見村大字梶原の支村, 丹波源三郎ということ, 丹波り, 丹波焼丹後縞丹後紬丹後縮緬但馬牛など皆, 丹波の背中, 丹波白木の三宝, 丹波福知山の浪人, 丹波突然その釣瓶落し, 丹波一の, 丹波笹山で生捕りまし, 丹波にもあっ, 丹波等五カ国の水, 丹波篠山生れの鴈治郎, 丹波篠村ほか数ヵ村は下野国, 丹波紀伊尾張伊賀伊勢越前の諸国, 丹波綾部大本教本部へ参じた, 丹波自慢の銘刀, 丹波落ちついてきた, 丹波藤三国弘という小, 丹波の切符, 丹波行けや, 丹波諸君に会わす, 丹波越えに向った, 丹波越しに本国, 丹波の田舎, 丹波辺りでも吉野, 丹波近江にかけて六十万石, 丹波連峰の黒い, 丹波遠くは四国西国, 丹波酸漿丹波焼丹後縞丹後紬丹後縮緬但馬牛など皆, 丹波鉄道が煤煙, 丹波長谷の城主赤沢加賀守, 丹波雅忠の, 丹波雪国積らぬさき, 丹波の安物, 丹波鬼灯海酸漿は手水鉢