青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~
丹~
丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~

「丹~」 1694, 18ppm, 6511位

▼ 丹三郎~ (255, 15.1%)

11 が云った 93 が来た, はまた, はまだ, は云った, は思った, は顔, は黙っ

2 [16件] が, がそう, が去る, が答えた, が鬼役, たつた一人, はけんめい, はそう, はなお, はもう, は刀, は叫んだ, は唇, は甲斐, は駕籠, を見た

1 [182件] いささかの, かよし, がいた, がいる, がこの, がさがる, がさき, がすぐ, がそこ, がちょく, がつい, がはいっ, が五八, が仕合せ, が供, が出, が前, が同じ, が姉弟, が嫌い, が尚, が帯, が彼女, が戻っ, が持つ, が来, が来客, が死に, が死にかかっ, が殘つた道具, が毒死, が油壺, が湯島, が理解, が着替え, が給仕, が脇, が良源院, が茶道具, が見, が訊いた, が近, が長刀, が食事, だけでなく, でございました, でございます, とい, とか, とともに宇乃, とは, と一夜, と云, と出会った, と同, と婚礼, と密通, と新八, と老僕, と話したい, と跡見役, ながいこと大儀, にはそう, にはなに, にはよく, には思いがけなく, に向い, に向かっ, に呼ばれ, に声, に対してなん, に手紙, に追いつかれ, に酌, のよう, の一刀, の仕業さ, の声, の来あわせ, の様子, の眼, の肩, の遺言, はいそい, はいまいまし, はきちんと, はさも, はじっと, はすべり寄っ, はすり寄っ, はするどく, はせきこん, はせせら笑い, はそのまま, はそれ, はとび, はひとり息子, はぶるぶる, はまずともかく, はまだはっきり, はよく, はわし, は不安, は人ごみ, は休み, は六郎兵衛, は其処, は冷やか, は動けなかった, は十七歳, は十五歳, は去り, は口, は向う, は固く, は声, は少し, は当惑げ, は思いつめた, は息, は手紙, は折々, は控, は新, は暗い, は横, は次の間, は毅然と, は気づいた, は江戸, は江戸育ち, は満足, は溝, は燭台, は片側, は玄関, は男, は益々, は相手, は眼, は笑っ, は答えなかった, は箪笥, は聞い, は脇, は自分, は色, は若気, は血気, は訝し, は走っ, は躯, は銀之助, は頭, は首, は駆け戻った, もこれ, もすぐ, もそう, も供, も小屋, も未だ, も松平家, らしい, をおえい, をみつめた, をみまう, を呼ぶ, を呼ん, を好かなかった, を婿, を特に, を知っ, を見あげた, を覚え, を起させる, を起す, を連れ, を隣り, 死んでは, 生きて, 降りて

▼ 丹~ (130, 7.7%)

3 三次は, 色に, 道が

2 [12件] 三次という, 三次や, 三次を, 下廻と, 如き唇, 広告や, 意味で, 成ったもの, 術, 道に, 道は, 頬し

1 [97件] こともとより, ごとき口, ごとく, ごとくいかにも, じき裏の, つかみと, はげた円柱, まさに亡びん, やうに, やや大きい, ようで, ような, ように, マツキヅガルと, 三次, 三次が, 三次と, 三次とともに, 三次の, 三次へ, 三次中でも, 丹の, 云うには, 伽藍と, 修煉に, 党だ, 党には, 処へ, 刷毛で, 労を, 名が, 名を, 国は, 境地を, 墓から, 墓に, 墳墓が, 墳墓の, 大字小字に, 太祖阿保機時代に, 奥儀に, 奥儀には, 如き口, 字だけ, 字を, 家蔵に, 容器を, 將軍拜謁, 幽玄思想に, 広告で, 広告燈も, 思想が, 意に, 意を, 意味では, 成るという, 所傳である, 扉を, 手先と, 放胆な, 時よりも, 柱黄金甍の, 正道を, 法でありました, 法といふ, 法や, 法を, 法即ち, 法歐羅巴の, 洋傘が, 由来は, 皿に, 真髄を, 祖書な, 秘薬を, 紙袋が, 船に, 色と, 色の, 術が, 裏に, 褪めかかった古い, 角を, 販路広き, 道である, 遺産が, 錫を, 鎧それらが, 雉子立ちはばかり, 雨瑠璃の, 雲の, 霊魂が, 鞄が, 頬である, 頬の, 頬はや, 頬忘らえ

▼ 丹~ (96, 5.7%)

28 丞は 26 丞の 8 丞が 4 丞, 丞と, 丞には 2 丞にも, 丞も, 丞を, 丞様は, 丞樣から, 丞樣は, 丞自身が 1 丞に, 丞にとって, 丞様お, 丞様にとって, 丞様のに, 丞樣お, 丞樣に, 丞樣のに

▼ 丹~ (71, 4.2%)

2 のんで, 出して, 塗ったぐらいでは, 売るもの, 服用する, 製造し, 調製する

1 [57件] いう, すゝめながら, とりだして, とる広場, とる広場即, もらって, 一袋全部あわて, 与えると, 交へ, 作って, 入れ置きぬと, 全部火に, 内丹, 印籠から, 取り出して, 口へ, 含ますよう, 含んで, 呑んだり, 塗ったもの, 塗ったよう, 塗った梯子, 塗つた三ヶ所の, 塗つた梯子が, 塗りて, 塗り番地, 塗り眼, 塗り鉄輪, 売る清兵衞さん, 売る薬屋さん, 山の, 思い出すよう, 思ひ出すやう, 服して, 服するを, 火に, 点じたよう, 点ず, 珍重する, 病者の, 結ぶよすがを, 結ぶ法, 練り金を, 舐めようと, 記憶し, 貰い受けて, 貰つて女へ, 買いに, 買うこと, 造りのち子孫, 錬って, 錬つて, 錬りして, 錬り丹, 霊異人を, 頬に, 飲ましたかと

▼ 丹~ (68, 4.0%)

2 のふく尺八, のほう, は, は身

1 [60件] あの大将, がふとう, がゆうべ先, が不審顔, が人, が城下, が子, が最初, が独り合点, が発見, が見出した, が讃, が顔, でござるが, で丹左, という者, と上っ, と思っ, なれど, にはやはり, に向っ, のすがれた, の失脚, の心, の杖, の生活, の眼, の老い, の膝, の行く先, の衣, の飢えた, はあらぬ, はこの, はしょぼしょぼ, はその, はそれ, はよけい, は一日, は何度, は先, は愚痴ッ, は朱実, は枕元, は林, は沢庵, は熱い, は葱, は言葉, は連れ, は道, は隅, は黙っ, へ向っ, もようやく, も僧体, も心, も話し, をお, をそこ

▼ 丹~ (60, 3.5%)

2 が, であった, の人, の子, の屋敷

1 [50件] がきく, が作家, が冷笑, が別れ, が息, が戻っ, が東, が皮肉いっぱい, が私, すなわち御, たり水戸宰相家, である, で祖父明了軒以來西村氏, といふ仁ぢ, とその, と碁, などの六波羅, などキリシタン武士, におる, にからん, にささやい, にすれ違いました, には痛烈, には算所, にやつ, にをる, に入り, に向っ, に寄つて僅, に頼まれ, に馬, のせがれ, のところ, のみであった, の不行跡, の名, の宮津, の重役村松瀬兵衛, は, はこの, は他, は切腹, は娘, は盤面, もあの, も京都, も王仁, も親, よな, をまのあたり

▼ 丹~ (58, 3.4%)

2 だ, でねえ

1 [54件] あっ, おえい, がうれし, がとん, がどう, がにわかに, がフロオベエル, が今や, が勇躍, が参照, が思わず, が折助部屋, が泣き出し, が牧野さん, が通りかかった, じゃあなかっ, じゃねえ, である, としては役不足, とやらをつれ, と丹三, と異名, どどどどうん, なかなかうめえ, について一丁先, に向, に含めた, に連れられた, の出, の声, の店, の来, の肘, の親友, の言, の野郎, は, はこれ, はどう, はどこ, はどんな, は女, は陰, も賛成, も驚いた, やい, よかかれ, をそそのかし, を売り, を片づけ, を連れ, を遠巻き, 待て, 早々に

▼ 丹~ (49, 2.9%)

3 の兩人, や太都夫 2 の二人, は太都夫

1 [39件] が事, が云, が使命, が立つた, が袖, が走り, が面, にも分け, に戀, の事, の二人のみが, の態度, の方, の黄袍, はかく, は一歩驅, は事, は凛々しき, は吾, は思はず, は此際太都夫, は深夜馬蹄, は無口, は猶, は稍, は萬一, は言, は道, は門, は馬, も今, も只, も遠, も馬, や森下, を促す, を庭内, 太都夫の, 左右に

▼ 丹塗り~ (46, 2.7%)

5 にきらめい, に照り輝い 3 のはげた, の社, の門 2 の笛, の籠

1 [23件] と言った, にした, に高蒔絵, の伽藍, の八寸, の単純, の單純, の堂の前, の家, の御社, の扇, の掲額, の柱, の汽車, の矢, の箭, の箱, の美々しい, の観音堂, の長持, の鳥居, 別に扉, 又壁

▼ 丹右衞門~ (45, 2.7%)

3 の妾 2 が向島, が殺された, の身體, を殺した

1 [34件] お園小半次, がのさばり返, がブラ下, が世にも, が四十七八, が店, が死んだ, といふ人, と二人, と二人妾, と言, に虐げられ, に見出され, に身, の取卷き見たいな, の手代, の手先, の死骸, の死體, の深い, の温情主義, の爪牙, の脂, の餌, はお, はその後, はフト, は世にも, は剛腹, は女道樂, は明, は鮟鱇, を殺す, を絞め殺した

▼ 丹~ (42, 2.5%)

3 の真相 2 の眼

1 [37件] がこの, が住ん, が広告材料, が生れた, にはからきし, に祖先, のきょときょと, の懐ろ, の欲, の独力, の野心, の顔, はすかさず, はその, はその後転々奉公先, はひるまず折合った, は何, は妙, は幾万円, は広島, は思わずにやりと, は支店長, は新聞広告, は早速, は本気, は東京, は流れ, は直営店, は算盤, は苦笑, は資金調達, は返事, は頭, もきき知っ, もまた, も居たたまれず, らしく二千円

▼ 丹~ (40, 2.4%)

2 の方

1 [38件] から離れた, がいよいよ, だよ, って奴, という胆汁質, とかいう男, と美奈子, には才能, にコキ, に近づき, のうしろ, のなんとか, の一騎打, の勝利, の指した, の英雄的行動, の躍進, の項, は, はこれ, はその, はそれ, はひどい, は一歩, は今, は当代, は拳銃, は持前, は横, は沈鬱, は浪, は第, は美奈子, より一年先, より遥か, を取っ, を峻拒, を恥

▼ 丹~ (37, 2.2%)

2 の修煉, の真髄

1 [33件] が好き, である, でいえ, では別に, では同時に, では大切, とは本来, とは著しい, には深い, に最も, に落, に関する先生, のうち, の基調, の書, の極意, の極致, の真義, の祖, の祖書, の背景, の術語, は, はただ, はともに, は結局, もその, も初め, も服丹餌丹, も神仙道, をとそれぞれ周孔以外, を曲りなり, を説き

▼ 丹~ (30, 1.8%)

10 のこと 2 のもと

1 [18件] が出, が陳, と饅頭, にもちょっと, に似, の, のそば, のところ, の予見, の室, の霊感, の顔, はすがりついた, はまた, は似, は翌日, は軽い, を通じて現出

▼ 丹~ (26, 1.5%)

2 というの

1 [24件] ここで, すなわち外, で, である, という新聞社, とそれだけ, の打, はお, はさも, はそこ, はまた, は徐に, は打, は椅子, は言, は長き, は附, もしめやか, も呆気な, も心, 他を, 泰然として, 苦り切った顔色, 黙然として

▼ 丹~ (26, 1.5%)

2 が倣造, が唐太常, の俗物, の立派, の鼎, はしきりに, は元来毎, は意気安閑, は莞爾 1 という人, といふ人, の造った, の造つた模品, はその後, は其後復, は携, は携え

▼ 丹~ (23, 1.4%)

2 緑青色の

1 [21件] いい仙薬, いう, いえども, したところ, なって, ケロリン, 二人の, 呼ばれて, 呼ぶ声, 手紙と, 書いたの, 書いて, 朱と, 油で, 油は, 申しますが, 白との, 称して, 緑の, 薄い黄, 蜜に

▼ 丹~ (22, 1.3%)

1 [22件] ありますかい, いまは, げに魂, すなわちエタ, その臨終, まだアルケミィ, ラッフルスから, 丹の, 仏教の, 其処に, 凡常を, 少し立腹, 布の, 心嬉しく, 用心の, 老子が, 落語の, 著しく特異, 西大寺から, 道楽に, 長生不死の, 霊異の

▼ 丹~ (22, 1.3%)

1 [22件] からの手紙, から出した, が大切, であった, ですら, との文通, と九十一, にすぐ, にとってもう一度, にゆだね, の良人, の観念, の頬, はあわて, はこう, は百ヵ日頃, は立っ, は膳, へも, も貧苦, も風雅, 屡乞休始止

▼ 丹~ (21, 1.2%)

3 はあさ子

1 [18件] がそれ, が眼, とはちがい, の予想, の手, はそれ, はやっと, は二十年, は伊勢, は始め, は恐ろしい, は扨, は拝む, は放任, は早く, は気づかれぬ, は短刀, は良雄

▼ 丹左衛門~ (20, 1.2%)

1 [20件] がいった, がいる, がわし, が案じる, こう六人, であった, で武骨, といっ, とはこの, と共に近く, と申せ, にここ, のことば, の子息城太郎, の屋敷, はそう, は腕, もい, も城太郎, や鼠小僧外伝

▼ 丹~ (17, 1.0%)

2 ついたり

1 [15件] あって, はいって, まづ日本, ゐました, 世上に, 予言した, 五銭学校で, 何れ滅びる, 刺客を, 役に立つが, 欲しいん, 生きて, 話して, 護持し, 買ったはず

▼ 丹~ (15, 0.9%)

3 とお

1 [12件] が一度, が京, が付い, が四編, と菊石, どの第, に近づいた, の野郎, は浮気者, をお前さん, をさらっ, 平柄銀次

▼ 丹~ (13, 0.8%)

3 のゼリー 2 の匂い 1 などが其邊, のグラスカスター, やまるめろ, や杏仁水, や林檎, や梅, より稍, 同

▼ 丹という~ (12, 0.7%)

3 ものを 2 ものが 1 そうです, のは, 人は, 名であった, 名を, 字が, 言葉が

▼ 丹~ (12, 0.7%)

1 [12件] あるが, して, 一ひら, 下嫁, 基きそれ, 描ける花, 染まるであらう, 染まるであろう, 歸化した, 烏の, 続きたりとも, 膠水または

▼ 丹沢山~ (11, 0.6%)

1 [11件] からは何時も, と塔ガ嶺, に雪, の奥, の面影, へおちた, へつれ, へとむかった, へと更生, へ行く, へ踏み入る

▼ 丹~ (9, 0.5%)

1 がバナ, と共に門司, と待ち合せ, と枕, に別れ, のいびき相当, も来た, をサービス, を連れ

▼ 丹石流~ (8, 0.5%)

4 の据物 1 かこれ, の呼吸, の腕前, の達者

▼ 丹三さん~ (7, 0.4%)

1 とおえい, に怪我, は御, は病身, へ送る, をお, をよこし

▼ 丹~ (7, 0.4%)

2 に逢 1 ですから, に逢いました, に逢わしった, のね能書, の行商人

▼ 丹~ (6, 0.4%)

1 からである, 口を, 唇どこやら, 斑点の, 色が, 鶴を

▼ 丹ちゃん~ (6, 0.4%)

1 である, なんかがおっ取り, には怖い, にやにやし, のよう, はその間

▼ 丹~ (6, 0.4%)

1 その像, 塗った提灯, 塗った棗, 彩色する, 染めるん, 解釋した

▼ 丹でも~ (6, 0.4%)

2 噛砕い 1 すべて証得の, 出すか, 水に, 熊の

▼ 丹ブルック~ (6, 0.4%)

1 が行, にどうも, に再会, の助力, の話, は居らず

▼ 丹波路~ (6, 0.4%)

1 かと思われまする, の名, の裏, は残ん, をとっ, 遥々

▼ 丹~ (5, 0.3%)

2 藍で 1 日傘を, 朱土や, 碧に

▼ 丹よし奈良~ (5, 0.3%)

3 の都 1 の仏, の山

▼ 丹ヅーフ~ (5, 0.3%)

1 から時, が日本滯留十九年, の通詞ら, は日本, は本木

▼ 丹~ (5, 0.3%)

1 のよう, の一族安保, の丹三郎忠実, の武士, の間

▼ 丹~ (5, 0.3%)

3 の還 1 の語, 臭いところ

▼ 丹~ (5, 0.3%)

1 と共に手彩色墨摺板画, には頗る, の如く, は彼, 及び漆絵

▼ 丹さん~ (4, 0.2%)

1 て何, という役廻り, は唐琴屋, 頼むぜ

▼ 丹づら~ (4, 0.2%)

2 ふ海 1 ふ紅葉, ふ色

▼ 丹~ (4, 0.2%)

1 仏教の, 江戸の, 見るかげ, 雄黄もも

▼ 丹~ (4, 0.2%)

1 が生, と交, の壓迫, より器具

▼ 丹~ (4, 0.2%)

2 の事 1 の阿, も可愛

▼ 丹宰相~ (4, 0.2%)

1 がそれ, の縄, はあざ笑っ, を生捕り

▼ 丹後さん~ (4, 0.2%)

1 それから鉱泉組, の隣, も先生, も自然

▼ 丹書鉄券~ (4, 0.2%)

1 が下賜, も伝わっ, も家, をとりよせ

▼ 丹餌丹~ (4, 0.2%)

1 などという言葉, のよう, の法, は丹

▼ 丹とも~ (3, 0.2%)

1 よぶ, 云い渡守, 称しサンダンカ

▼ 丹売り~ (3, 0.2%)

1 の呼び声, の白い, や新

▼ 丹左衛門尉基康~ (3, 0.2%)

1 その左右, は俊寛成経康頼等三人, を乗せ

▼ 丹智さん~ (3, 0.2%)

1 が呆気, が大洋, が女

▼ 丹~ (3, 0.2%)

1 のみづはわけという名, のみづはわけと言, の壬生部氏

▼ 丹~ (3, 0.2%)

1 の変化, を用い, を黄金

▼ 丹治郎~ (3, 0.2%)

1 だ, などはつい, のよう

▼ 丹~ (3, 0.2%)

2 をもっ 1 もすべて

▼ 丹~ (3, 0.2%)

1 のあどけない, の絵, の色々

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 何か, 何かで

▼ 丹との~ (2, 0.1%)

1 大戦あり, 接觸から

▼ 丹などの~ (2, 0.1%)

1 外蛮の, 草木を

▼ 丹などを~ (2, 0.1%)

1 取り出して, 口に

▼ 丹なんか~ (2, 0.1%)

2 ご馳走し

▼ 丹には~ (2, 0.1%)

1 及ばずと, 魔法の

▼ 丹よし~ (2, 0.1%)

1 奈良の, 奈良漬けの

▼ 丹よし寧楽~ (2, 0.1%)

1 の都, の都数千年

▼ 丹~ (2, 0.1%)

2 貼三百

▼ 丹三郎さま~ (2, 0.1%)

1 と聞く, 参るお

▼ 丹三郎さん~ (2, 0.1%)

1 が何, は病身

▼ 丹三郎酒~ (2, 0.1%)

1 だ原田家, をもっと

▼ 丹丹精~ (2, 0.1%)

1 を抽んでまし, を抽んでます

▼ 丹事件等~ (2, 0.1%)

2 ありしも

▼ 丹党猪俣党~ (2, 0.1%)

1 などを称し, の三党

▼ 丹兵衛流~ (2, 0.1%)

1 というの, という流儀

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 で一杯, のおでん

▼ 丹吾兵衛~ (2, 0.1%)

1 は篤実, を訪

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 の氣, を仰い

▼ 丹峯和尚~ (2, 0.1%)

1 の, もこの

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 に出, の切

▼ 丹後どの~ (2, 0.1%)

1 から丹三郎儀, より預り来れる

▼ 丹~ (2, 0.1%)

2 といふの

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 が黒ずんだ, の一峰門

▼ 丹次さん~ (2, 0.1%)

1 と一緒, を横取り

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 に質問, もまた

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 ぞ古り, のし

▼ 丹砂剤~ (2, 0.1%)

1 をうんと, を嗅がされる

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 なす火, に見る

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 に関するその, の異

▼ 丹絵漆絵~ (2, 0.1%)

1 の役者絵, より寛保宝暦

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 とまでなった, は更生

▼ 丹~ (2, 0.1%)

1 のにおい, を練ッ

▼ 丹造今日~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 丹霞和尚~ (2, 0.1%)

1 がこたえ, は大寒

▼ 丹靖氏~ (2, 0.1%)

1 とか黒田, は売卜業

▼1* [195件]

あにいお手, 丹いね子という美しい, 丹かもしれず, 丹から具申する, 丹心を, 丹皮膚は, 丹うか, 丹ア気が, 丹たちから饗應, 丹ちゃんこと鏡丹波, 丹つつじはまだ, 丹であったらしいがそれ, 丹であり最上級の, 丹であるからいずれ, 丹では服丹餌丹の, 丹といふ名は, 丹とともに御徒町で, 丹とはエタの, 丹どうか御尽力, 丹なぞだけがハバを, 丹などという言葉が, 丹などとはどん欲すぎます, 丹などに贈られた, 丹にも対抗する, 丹ぬりの色, 丹ぬるなる曙の, 丹または江戸の, 丹よし奈良路を近み, 丹より朝鮮に, 丹をも得ずし, 丹オロッコの事, 丹クックは太平洋, 丹クツクの冐瞼旅行譚, 丹タカヂヤスターゼ其他種種雑多の物, 丹ツンベルグはその, 丹ブルツクと云う, 丹一個を贈っ, 丹一粒鉄を点じ, 丹三丹三と丹三, 丹三兄にし, 丹三脇坂左介などがあと, 丹三赤星重兵衛などと第, 丹三郎おまえはまだ, 丹三郎先代菊五郎の片倉, 丹三郎周防の死, 丹三郎様ぐれえの, 丹三郎皆の足手, 丹三鼬仁太の三人, 丹にかかる, 丹下村右衞門は先代志摩守歿後ドサクサ紛れ, 丹両家の典薬ども, 丹二百枚の油紙包み, 丹人毎年一次ずつ小船, 丹今日は妙, 丹以下士官一人医師一人水夫四五人久しく滞留, 丹ノ産甚ダ少, 丹何時も扇を, 丹修煉の法, 丹博士がいる, 丹だっていう, 丹即ち遼の, 丹及び黄色褐色等を, 丹取りだしてわれ, 丹取次所と金看板, 丹右衞門殿に會, 丹右衞門金の力, 丹五十斤皆裝封付難升米, 丹の幽霊, 丹吾亭や道頓堀, 丹吾宅の光俊, 丹をむすん, 丹唇明眸であるが, 丹唇明眸中肉の美少年, 丹唇白皙だった, 丹國志などによる, 丹國文士何樂模とあつ, 丹地方と交通, 丹の大, 丹売る老舗, 丹宰相越吉元帥は二十五万, 丹家錦小路三位頼理卿三十三同従三位, 丹小柄の伴天連, 丹岩見銀山のねずみ, 丹州水の江に浦島, 丹左衛門どのじゃない, 丹左衛門尉そんな名前, 丹左衛門尉基安は少将, 丹左衛門稲葉小僧新助, 丹平がここに金之助, 丹平が引放そうと, 丹平が病院でなお, 丹平前に屈ん, 丹平語を継ぎ, 丹を悩ます, 丹の技, 丹後さんあたりからは相当, 丹後さん調理場は冷めたい, 丹後その他のキリシタン武士, 丹後守様の御, 丹後方である, 丹後池田久左伊木清兵衛などかれ, 丹後筑後等に發見, 丹という部落, 丹持ちたもうならずや, 丹の袖, 丹の浦, 丹敷戸畔丹敷の浦, 丹で御座います, 丹本舗の主人, 丹朱これを善く, 丹朱ほのかに残るべき, 丹朱香玉砂金の類, 丹椿の沈み匂う, 丹楓ト名ヅク秋色ノ最, 丹楯朱干傍花砌とうた, 丹楹白壁の楼, 丹の長き, 丹橋本玄録らがおり, 丹も亦, 丹次捕物帳政次捕物帳というの, 丹此度魯西亞出帆の翌々日, 丹残り少なになった, 丹の広く, 丹波布が京都, 丹洋丸がスコタラ沖, 丹津日子神が, 丹が採つ, 丹渓朱震亨である, 丹満州と交易, 丹漆薬種香料耕牛獣皮戦馬などをぞくぞく, 丹を踏倒し, 丹煉丹服丹餌丹などという言葉, 丹の切れ, 丹などを加え, 丹がこの, 丹生木か, 丹生津媛神を守護神, 丹のよう, 丹砂水銀を化, 丹青藍相, 丹碧剥落したりとは, 丹礬毒之儀, 丹礬質をふくむ, 丹礬釉がかかっ, 丹に人質, 丹移せし時貴, 丹種族に化せられぬ, 丹竈君家術理取嫦娥病裏顔, 丹をかい, 丹等十余名の有数, 丹猶鮮, 丹を漲らせ, 丹の詔書, 丹絵売が一枚幾文, 丹絵漆絵紅絵を蒐集, 丹絵臙脂絵漆絵の類, 丹絵風の表現, 丹も亦, 丹緑堂という浮世絵店, 丹緑堂の前に立っ, 丹練者であるから, 丹群青胡粉緑青等に少量, 丹羽仁五郎舟木重信兼常清佐等四十名の発起人, 丹にし, 丹脣常に微笑, 丹の三人, 丹蔵根津のお, 丹藍紅を彩れる, 丹薄青等, 丹表紙それから明治初年, 丹を火, 丹製法の伝授, 丹いろいろある, 丹説外丹説いろいろある, 丹赤色の花, 丹を塗つた鬱屈, 丹近くて酒, 丹造鑑製の薬, 丹真人広, 丹道並に中国, 丹道証得の道, 丹金丹煉丹服丹餌丹などという言葉, 丹鐵道乘換の地, 丹はよし, 丹のたなびき, 丹のお, 丹に笑まひ, 丹頭痛ではない, 丹題綵作繩と吟じ, 丹飲むがさまでつらきかと宣いつつ, 丹香いがプーンと鼻, 丹の眼, 丹鳳城南秋夜長し, 丹に雁鷺, 丹黄朱碧の色