青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「事物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~事実 事実~ ~事實 ~事情 事情~ ~事柄 事柄~ ~事業 事業~ ~事物
事物~
~二 二~ ~二つ 二つ~ ~二人 ~二度 二度と~ 二月~ ~二本 二郎~

「事物~」 1644, 18ppm, 6439位

▼ 事物~ (581, 35.3%)

12 性格は 11 真相を 9 本質を 7 性格を 5 道理を 4 中に, 意味を 3 上に, 実際を, 性質に, 歴史的運動の, 表面に, 運動は

2 [45件] うえにも, うちに, ただの, イデオロギッシュな, 具体性, 内容を, 分析が, 分類の, 判明ならざる, 前に, 動きに, 外観に, 存在を, 実体を, 客観的な, 広くし, 形態の, 形態は, 性格である, 性格と, 性格も, 我が大, 有つ, 本心を, 本質の, 本質は, 根柢に, 根柢を, 歴史的発展の, 歴史的運動に, 無限の, 現実的な, 理を, 理論的, 生産, 相對性, 眞相に, 真の, 神秘な, 秩序を, 自然の, 観方, 説明に, 説明の, 間に

1 [421件] ありのままの, ありよう, いまだ進化, おかげで, かかる実践的取り扱い, かかる形態, この性格, つまりこの, どの性質, なかに, ほんとうの, もつ一性格, もつ充分, もつ弁証法的対立, もつ意義, ゆるやかなる, ようやく複雑, りっぱな, エッセンス乃至, カンドコロに, ジャーナリズム的理論が, リズムによ, レアールな, 一々の, 一つの, 一切の, 一定形態は, 一形態に, 一應の, 一片と, 一般的なる, 一面であっ, 一面にのみ, 一面的, 上には, 上を, 不斷, 中から, 中にだけ, 中の, 中まで, 中他日小説の, 中核は, 事物たるを, 些細な, 介添へで, 他の, 代りに, 代理者として, 位置一つに, 価値が, 価値の, 価値を, 個々内容では, 個々内容の, 個性を, 側面, 優越なる, 兄弟であった, 光景は, 全体である, 全体中に, 全般に, 具体性と, 具体性とが, 具体性の, 具体的な, 具象化を, 具象性を, 内奥に, 内実本性を, 内容が, 内容の, 内容的, 内部と, 内面的精神と, 凡て之が, 処理に, 分析である, 判断を, 判明せざる, 刻々の, 動きを, 動く処, 区別は, 匿された, 十全な, 半面だけしか, 単なる個々内容, 単なる配列, 印象を, 原因, 又人々, 反映, 古書は, 同じく普遍的, 同と, 同類同種の, 名, 名に, 名を, 名目形態少なくとも, 名称は, 否定即, 善し悪しを, 喪失にも, 因果関係に, 固有法則の, 固有法則を, 在り方に, 塗抹の, 声や, 変化が, 変化とともに, 変化は, 変化を, 変遷する, 変遷推移を, 変革人心の, 外廓的な, 外形のみを, 外形は, 外皮を, 外部に, 大なる, 大相対性, 夫れ, 奥底に, 始末を, 嫌忌すべき, 存在とを, 存在の, 存在法則そのものをも, 定義に, 実体的本質を, 実地的処理とは, 実情と, 実状において, 実証の, 実証的, 実際的, 実際的処理, 実際的処置, 客観的価値と, 客観的法則に, 客観的法則に対する, 客観的法則を, 客観的状態を, 客観的要求の, 害のみを, 容積ある, 容積は, 尺度なりと, 属すべき範疇, 常態を, 平俗化が, 平等を, 底に, 座標であるであろう, 弁証法的である, 弊害は, 当然な, 形式と, 形態的把握は, 影響を, 必然的法則の, 性格, 性格からも, 性格が, 性格であった, 性格という, 性格として, 性格とは, 性格な, 性格に, 性格らしく, 性質, 性質を, 息が, 恵み巨人, 悲しさ, 悲壮な, 情理を, 意味, 意味だけが, 意味としてしか, 意味にまで, 意味の, 意識に迄という, 感じをば, 成り行きに, 成行に, 或る, 批判では, 批判乃至, 把握, 把握であり, 把握の, 把握を, 把握通路と, 抽象が, 持って, 探究, 描き方, 搖籃が, 操作を, 支配的な, 敍述でなく, 数ほど, 数値が, 文義的解釈は, 新旧交代の, 方向を, 明瞭な, 昔あつ, 映像を, 是を, 是非を, 時代と, 時間上の, 時間的歴史的推移の, 時間的表象という, 時間経過に, 更新に, 最後の, 有って, 有る所以, 有様だけを, 有様を, 末を, 本体に, 本性だ, 本来の, 本相に, 本質, 本質が, 本質である, 本質では, 本質という, 本質に対して, 本質即ち, 某性質, 核心に, 核心の, 核心を, 根本に対する, 根本原則に, 根本的な, 根本的性質を, 根柢, 根源である, 概念は, 構成を, 権利を, 機構が, 歓待の, 正しい理解, 正当な, 正確と, 正面, 正面と, 歴史である, 歴史に, 歴史的, 歴史的な, 歴史的動態は, 歴史的変革に, 歴史的推移に, 歴史的認識を, 歴史的転化に, 歴史的進歩の, 歴史的運動とは, 歴史的運動は, 歴史的過程の, 比較を, 水準の, 永続的な, 永遠なる, 永遠に, 沈滞その, 注の, 消滅性その, 深奧, 源を, 無常さから, 無限なる, 物質的な, 物質的弁証法的性質の, 物質的必然性は, 特徴に, 特色づけな, 特色に対する, 状況は, 現実に, 現実の, 現実性を, 現実的, 現実的存在は, 理論的乃至, 生きた本質, 生滅は, 用途が, 由来が, 由来は, 甲形態とも, 異った, 発展の, 發生存在及び, 發見でも, 直接把捉を, 相場を, 真に感興, 真に達する, 真を, 真価を, 真実の, 真実は, 真実を, 真理を, 真理原則を, 真相や, 知識を, 研究を, 破壊から, 神秘から, 科学的な, 科学的研究に, 科学的認識を, 秘訣を, 秩序との, 移動, 究極の, 空間的規定, 範囲内において, 精神を, 精細煩瑣な, 精髄を, 紛糾乱雑なる, 細大と, 組成は, 結合に, 総体が, 総体こそが, 線が, 緩急軽重とは, 縮小の, 縷述を, 繁多なる, 繰り返しに, 繼續に, 考察に, 肯定的理解の, 背後や, 能く, 自然は, 自然化だ, 舊きが厭かれ, 落差の, 表に対する, 表現を, 表裏を, 表面と, 表面の, 表面へ, 表面的な, 裏, 裏から, 裏の, 裏を, 裏面が, 裏面を, 要点だけを, 要点を, 見かた, 見方に, 観念的分析も, 解剖と, 解釈が, 解釈には, 解釈は, 記憶より, 記述も, 認識が, 認識に, 認識は, 説明であっ, 諸性格, 諸性質, 諸現象, 諸規定, 識別は, 變遷する, 起原が, 起原を, 起原或は, 軽々信ずべからざる, 輝きを, 送迎にも, 連関ここでは, 連関と, 進行が, 進行の, 運動の, 道徳的関係に, 適不適を, 部分であっ, 配列を, 醜さ, 間から, 間にも, 間の, 関係には, 関係を, 關係を, 限界が, 難易軽重を, 非現実的, 順序から, 順序を, 高さ, 魅力を

▼ 事物~ (324, 19.7%)

6 観察し 4 取り扱う科学, 把握する 3 あるが, 処理する, 包括し, 抽象する, 持って, 測定する, 認識する

2 [24件] ありのままに, すこし込み入らせ, その本来, ノエマの, 公平に, 判断する, 取り扱う, 吾, 実践的に, 愛した, 指すの, 指すよう, 捉へて, 教えんと, 根柢に, 模型化し, 歴史的, 決定する, 現実的に, 解釈する, 詠みいまだ, 避けて, 離れて, 鮮明に

1 [241件] あたかもそれ, ありの, うれしく眺めた, かれら, くわしく論ずれ, こういう風, ここまで, ことによく感ずる, このよう, この論理, さしていう, して, すべて等閑に, そうでない, そう呼ぶ, そのまま模写, そのまま静止, その個々, その儘模写, その固定性, その実際, その本質, その根柢, その概念, その現象, その連関的, その運動, その運動発展, それぞれが, それの, ただ二つ, ただ形式的論理, ながめて, まずそれ, よく知つて, より廣, イデアの, イデオロギー論的に, オリジナルに, ゴマ化さない, マスターし, 一つ一つと, 一つ一つ発見し, 一種歴史的な, 一般的な, 与えられた多数者, 並べたる, 事物の, 云い表わした結果, 云い表わす働き, 云うの, 互性と, 任意の, 何と, 余自身に, 便利なり, 保って, 信ずと, 信ずるの, 信ずるは, 個人を, 個物として, 借りて, 傍観し, 僅, 全面的に, 其の麾下, 具体的に, 具體化せる, 写さうと, 写そうと, 処理すべく, 分析した, 分析する, 分類しよう, 初めて見, 包み込み二人, 単に観察, 取り上げるの, 取り入れること, 取り扱うこと, 取り扱うに, 取り扱う具体的, 取り扱う種類, 取り扱う限り, 取扱おうと, 同一平面, 名ざし, 名ざす, 味わいうるだけの, 善く美しゅう真個, 噛みそして, 因果関係によって, 固定し, 固定化し, 報道材料として, 変更, 変更する, 多数者の, 大衆, 大衆にとっても, 大衆化す, 大衆化する, 大袈裟に, 如何に, 媒介する, 媒介として, 定義する, 実際的, 客観によって, 客観的な, 客觀的に, 対したるは, 対抗的に, 少しばかり, 尽く善悪, 彼に, 彼の, 忘れて, 思ひ出した, 思ひ浮べて, 恐がって, 恨んで, 悉くも, 悉く相, 想像し, 意味する, 愛情の, 感ずるであらう, 我々に, 指さして, 指示する, 挙げて, 探り求める方法, 支配し, 支配する, 教えようとて, 文化問題として, 是とも, 時間的に, 最もリアリスティック, 構成する, 歌ふ, 正しく知る, 正しく見る, 正面から, 歪曲する, 歴史的性格で, 比較し, 洞察する, 活かしその, 現すべく従つて一見, 現実に, 現象の, 理解し得る, 理論し, 疑いて, 直に智, 省略し, 真面目に, 眼の, 知ること, 知る爲神, 知る能力, 研究せられ, 研究せん, 示す, 私の, 私は, 積極的に, 穢なく, 究め聖賢, 究理せぬ, 笑うもの, 等しく支配, 系列づける, 素直に, 細大洩らさず, 統ぶる, 統一的に, 綿密に, 繋ぎたして, 美化する, 考えて, 考えるのに, 考え得るならば, 考へ, 考察する, 能く, 落着かせ, 表は, 表現し, 表現する, 製図する, 要約し, 見て取りは, 見とおす最高, 見るから, 見ること, 見るならば, 見るに, 見るべきかと, 見る時, 見対象, 見聞し, 視る故に, 視察する, 視給, 観察する, 観察すれ, 観念の, 解明し, 解決し得る, 解釈し, 解釈しよう, 言葉通りに, 記憶する, 記録する, 評するの, 評価し, 評価する, 評価せん, 認める力, 認識出来る, 説明し, 説明する, 調整した, 論じること, 識別する, 賞讚する, 透視する, 過ぎ去ったあと, 選ぶならば, 部分について, 鑑識する, 門に, 關係の, 除去し, 離るる, 離れずして, 非歴史的

▼ 事物~ (127, 7.7%)

2 これを, それ自身に, よく選み採り, 人々が, 全くこれ, 在り得ない, 或る

1 [113件] いかに些細, いったいどんな, いつも国語, おそらくまだ消滅, かえってその, この把握, この計画, これ句中に, これ等の, さっき云った, すでに文明開進, すべて翻訳である, そうで, そう安価, その第, その肯定, その諸, ただ感覚, たちまちに, だんだん慧鶴, どう実践的, ないの, はたして今, まったく, みな一心の, みな孤立し, みな本来において, われわれと, イデアによってのみ, プロゼックだ, 一般に, 主観客観の, 之によって, 事物そのものとして, 互性活眞なりと, 五十年毎に, 人も, 人生であろう, 何でも, 例えば, 信仰又は, 元来吾, 元来経済関係, 先づ君に, 凡てイデオロギー的, 凡てスタンダライズされる, 分って, 刺, 創立当時と, 厭ひなさうである, 可能, 各, 各々の, 各その, 合して, 味気ない, 喜ばしい何と, 因果の, 多様多, 夫, 如何なる動機, 宗教家によって, 官能に, 実に鮮明, 実際に, 封建時代の, 少しも, 幾重にも折り, 彼の, 必然だった, 性格の, 性格的事物へ, 性格的概念として, 恐らく無限, 悉皆先例, 是れ, 最も速, 有形無形を, 本來不離, 歴史的に, 歴史的内容から, 殆ん, 残って, 決して現実的, 現実的な, 現実的に, 皆すべて相対依存の, 皆互性活眞である, 皆單獨には, 皆此銀地を, 目に, 相對, 相對的, 真理と, 眼に, 矛盾をこそ, 知識の, 研究する, 社会の, 究極的には, 範疇的に, 絶えず吾人, 自然的と, 自然科学的方法によって, 衰頽に, 論理とは, 超感性界, 追, 連續的である, 運動し, 非性格的概念, 魂に, 黒く生物

▼ 事物~ (126, 7.7%)

9 就いて 5 對する 3 就いては 2 何ほどかの, 即して, 反感を, 執着せざる, 実践的に, 對し, 就いての, 就いても, 興味を

1 [91件] あこがれ歴史, しろ之, すっかり心, その与ええない, つきその, なって, なると, まじめに対する, むかう, よりては, 一定に, 不安の, 乏しい都会, 何の, 価値あらしめる, 働きかける実際, 出会う応接, 出逢った場合, 即したそれ, 却って云い知れぬ, 反抗する, 取れる詩, 合一される, 同化した, 同時に興味, 向けられて, 向って, 囚われ単に, 固定させる, 天, 守護の, 實踐的に, 対応する, 就いてまで, 就きて, 就き何等, 就て, 就ては, 帰着せしめた, 引き寄せる力強い, 強いたがらない, 心を, 応じて, 応対する, 感じやすい, 感じること, 投射された, 接し博, 接し虚心平気, 接すること, 接する毎, 接せず, 接触する, 新しい形式, 於ける対立抗争, 於て, 最早同, 最高の, 様式の, 深い目, 満ちた, 牽かれ, 生命を, 相応しなけれ, 相応する, 秘められた幼年時, 移し以, 等しいだろう, 等しく人間, 等しく情愛, 纏綿した, 自分が, 触れて, 触れること, 言及さえも, 近づくこと, 近づくに従って, 通じて, 通ずること, 通ずる者, 過ぎない, 達する通路, 適用する, 遵合する, 醜い裏, 関係する, 關し, 關する, 陰陽の, 障害される, 飽満した

▼ 事物~ (90, 5.5%)

2 いくらでもある, すべて商品の, そうである, 商品として, 様々の, 言葉という

1 [78件] あまりたくさん, いつぱい充滿, さらにいかに如実, すべてただならぬ, そこで, そのよう, その内, その内部, その本来, その自然的道程, その運動, ぞくする歴史的全体, たえず恋人, どうやったら, なお周囲, はいって, ひとりでにさう, よく分る, 一切の, 一定の, 一番見よい, 之を, 人々によって, 人間の, 人間社会の, 何かの, 何という, 何も, 凡そ認識, 凡てその, 出現し, 単に普及, 取り扱われ得る, 君が, 君に, 含む云わば, 吾, 固定化され, 変化, 多い, 好く分る, 存在する, 実在する, 実際に, 尋常でない, 少しはつきり, 平穏に, 年若い, 座りこんで, 悉く戦場, 意味を, 整理し, 日本に, 時間の, 有って, 有つ, 渡つて勢力を, 特に優れ, 特に甲, 現われるところ, 生じて, 発展した, 目標乃至, 相合する, 知覚される, 突然思ひ, 結局に, 絶えず供給, 自分の, 自然として, 複雑に, 見えようか, 論理的範疇として, 超歴史的, 運動し, 運動する, 選ばれたる一定, 頭の

▼ 事物~ (34, 2.1%)

3 人々を 2 人物の, 現象の, 観念を

1 [25件] いろいろの, そのほかそれ, 世界や, 事件は, 事件を, 事態は, 人が, 人の, 人物に, 人物をも, 人間が, 人間を, 作品の, 凡庸な, 出来ごとが, 思想やは, 成功の, 手筈やが, 方法に, 民族の, 法律や, 現象やは, 用心記も, 英雄豪傑の, 諺を

▼ 事物~ (27, 1.6%)

2 現象の

1 [25件] おのれとを, しっくりしない, その光線, それの, なし深く顧みざる, 云ふ, 人物との, 他の, 共通で, 共鳴し得る, 同じ資格, 同一の, 少しも異, 思想との, 思想思想と, 比較する, 物質的事実との, 異って, 称するもの, 見るので, 言語とは, 認識された, 鏡との, 雖も, 非性格的事物

▼ 事物そのもの~ (22, 1.3%)

3 の性質 2 を処理

1 [17件] からは独立, から一旦, がその, が客観的, が有, ではなく, としてで, に内在, に肉迫, の代り, の性格, の根元的矛盾, の秩序, の運動, はより, は歴史的, を決定

▼ 事物~ (19, 1.2%)

2 それが

1 [17件] そうです, ほぼ同様, また彼, 一日一日と, 亦この, 亦それ, 亦容易, 全く下界, 単に描写, 彼には, 或いは自我, 様々の, 瞬時に, 種々の, 自然に, 複雑に, 記録する

▼ 事物に対する~ (16, 1.0%)

2 人々の

1 [14件] まじめな, われらの, 一つの, 反影, 吾, 実際的処置, 恐れだ, 正しい把握, 特殊な, 知識経験の, 破壊が, 観察の, 観察点が, 観点が

▼ 事物から~ (13, 0.8%)

1 [13件] かけ放れて, 何物をか, 区別し, 区別する, 取ったもの, 官能的な, 少なくとも十個, 得た材料, 浮かんで, 独立化する, 自己を, 離れかかって, 離れて

▼ 事物には~ (11, 0.7%)

1 [11件] わざと突き, 一切耳目を, 一般的形式と, 何にでも, 凡て表と, 反撥感が, 各其特有, 変りが, 存在し, 無くただ, 興味を

▼ 事物として~ (9, 0.5%)

1 その容積, では, 性格づけられ, 某事物, 獨自の, 理解し, 納められて, 而も, 興味を

▼ 事物に対して~ (9, 0.5%)

1 いつもよく見, こうした鋭敏, これ程彼, 冷静な, 心の, 持つ直覚, 気を, 称賛と, 謙虚な

▼ 事物それ自身~ (8, 0.5%)

2 に固有 1 から一応, だけによって決定, にぞくする, に具わっ, に即した, の秩序

▼ 事物について~ (8, 0.5%)

1 その特質, 或は風俗習慣, 発生する, 考察を, 行なわれたもの, 言うの, 話した, 語れば

▼ 事物との~ (7, 0.4%)

1 もっとも微細, 一致を, 性格を, 直接関係は, 連続を, 間に, 間は

▼ 事物に関する~ (6, 0.4%)

1 一切の, 一定の, 個人的行動が, 分析である, 知識では, 観念を

▼ 事物関係~ (6, 0.4%)

2 乃至思想 1 なり思想, の客観的, を代言, を説明

▼ 事物にも~ (5, 0.3%)

1 一定の, 何かの, 取り乱されたる形跡, 多少通曉, 幼時の

▼ 事物自身~ (5, 0.3%)

1 が性格的, ではなく, のもつ, のロジック, の説明

▼ 事物である~ (4, 0.2%)

1 かの如く思惟, ことを, と云った, 場合なら

▼ 事物では~ (4, 0.2%)

1 ないが, ないの, なくて, なく現在日常的

▼ 事物とを~ (4, 0.2%)

1 媒介する, 結合する, 輕蔑し, 遮断する

▼ 事物~ (4, 0.2%)

1 一応根柢, 向けると, 変化する, 現実には

▼ 事物存在~ (4, 0.2%)

1 に対して位置, に移され, は実, もがここ

▼ 事物にしか~ (3, 0.2%)

1 ないそれぞれ, 妥当する, 見出されないよう

▼ 事物に対しては~ (3, 0.2%)

2 興味も 1 この精神

▼ 事物への~ (3, 0.2%)

1 固有を, 感覚, 通路を

▼ 事物をのみ~ (3, 0.2%)

2 描写し 1 念頭に

▼ 事物をも~ (3, 0.2%)

1 本氣, 研究しようで, 複雑に

▼ 事物を以て~ (3, 0.2%)

1 し汝, 他の, 正規と

▼ 事物乃至~ (3, 0.2%)

1 事件が, 事件の, 思想そのものに対する

▼ 事物人物~ (3, 0.2%)

2 もしくは現象 1 の滑稽

▼ 事物必然~ (3, 0.2%)

2 の力 1 の勢い

▼ 事物~ (3, 0.2%)

1 のひたすら, の或, の表面

▼ 事物あり~ (2, 0.1%)

1 て存する, て本心

▼ 事物~ (2, 0.1%)

1 何かがも, 物か

▼ 事物その~ (2, 0.1%)

1 物よりは, 独立を

▼ 事物~ (2, 0.1%)

1 さえなかったらいい, また実際

▼ 事物であっ~ (2, 0.1%)

1 てその, てそれ

▼ 事物でも~ (2, 0.1%)

1 事物が, 過ぎたるは

▼ 事物としての~ (2, 0.1%)

2 性格を

▼ 事物としても~ (2, 0.1%)

1 又普遍的世界, 様々な

▼ 事物とともに~ (2, 0.1%)

1 変化する, 変化せ

▼ 事物とは~ (2, 0.1%)

1 異った, 違って

▼ 事物~ (2, 0.1%)

1 のである, んで

▼ 事物なりを~ (2, 0.1%)

1 もつともつと新しい, 想定し

▼ 事物についての~ (2, 0.1%)

1 ごとく政治法律, 一切の

▼ 事物については~ (2, 0.1%)

1 かなり無知, 大変に

▼ 事物にばかり~ (2, 0.1%)

1 囚はれない, 注意を

▼ 事物にまで~ (2, 0.1%)

1 自己の, 近づかしめる通路

▼ 事物によって~ (2, 0.1%)

1 描いては, 決定される

▼ 事物または~ (2, 0.1%)

1 泰西の, 過程が

▼ 事物までが~ (2, 0.1%)

1 夢の, 深く刻みつけられ

▼ 事物より~ (2, 0.1%)

2 句を

▼ 事物をば~ (2, 0.1%)

1 あまりにも, 他の

▼ 事物一切~ (2, 0.1%)

1 が既に, の概念

▼ 事物人間~ (2, 0.1%)

1 が依然として, といふもの

▼ 事物其物~ (2, 0.1%)

1 なりと取つ, を少く

▼ 事物原理範疇必然性~ (2, 0.1%)

2 から眼

▼ 事物及び~ (2, 0.1%)

1 人間の, 半過去

▼ 事物我々~ (2, 0.1%)

1 と馴染み, の生活

▼ 事物決定~ (2, 0.1%)

2 の原理

▼ 事物異名考~ (2, 0.1%)

2 に淫婦紫姑

▼ 事物考察~ (2, 0.1%)

1 においてあらわれ, のみを行っ

▼ 事物関係そのもの~ (2, 0.1%)

1 が亦そう, に代行

▼1* [79件]

事物あらんや, 事物あるいはまた静まり返ってる田舎, 事物いちいち人知を, 事物からの感銘や, 事物これを得る, 事物さえあり得ないの, 事物それによって人, 事物それ自体に不安, 事物たるを知り, 事物だけでそれ, 事物だけが長い生命, 事物だけに注意を, 事物であり従って之, 事物であろうとも, 事物とかは假初の, 事物とが言語と, 事物としてしか理解せず, 事物とに忙しい神, 事物とも同じ位興味, 事物なし故に事物, 事物などではない, 事物などは神が, 事物においては人思ひ誤る, 事物にさえもしっかりと, 事物にたいして奮激した, 事物にたいしてもまた自己, 事物にたいするクリストフの, 事物についても現実に, 事物につき是非判断の, 事物にでも注意を, 事物にまでも及ぶ一つ, 事物に対し事物を, 事物に対するに至ったの, 事物に関して有つ, 事物に関しては誰にも, 事物ばかりでないという, 事物づ具體化し, 事物まで科學的に, 事物みな旧格, 事物みな国民中の一部, 事物やは何でも, 事物一時に旧套, 事物一点張りに書い, 事物五蘊の集合, 事物今日の風, 事物以外のもの, 事物例えば机に, 事物先後の経綸, 事物判定の立脚点, 事物和らかに情け深き, 事物ながらに用, 事物変化の中心, 事物学術ことに医術, 事物学邇止而飛騨国邇翁御許邇在来時汝奈何伝此事不勤, 事物に大, 事物に迫つて剣鎗相接爾, 事物悉く趣致を, 事物悉皆人民の, 事物に向っ, 事物或は現象に関して, 事物把握力を貧弱, 事物本来の性質上, 事物材料極めて少く, 事物現象は矛盾, 事物理学者として云, 事物的関聯にのみ重き, 事物皆現在なり諸, 事物かな初, 事物結実帰結事実へ眼, 事物結實歸結事實へと眼, 事物自然の運行, 事物西洋ヲ模倣セント欲シテ, 事物見せかけだけのもの, 事物現象の, 事物起源にもない, 事物身振りや動作, 事物進まざる者は, 事物進むに従って消散, 事物過程の延長