青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中村~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~ 中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心 中心~
中村~
中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~

「中村~」 2529, 26ppm, 4450位

▼ 中村警部~ (433, 17.1%)

9 の部下 8 はそう 7 がどなりました, はそれ 6 と小林少年 5 に電話, の声, は 4 がびっくり, です, のさし

3 [14件] が大きな, が明智, でした, とその, とふたり, と五人, にばけた, に目, のことば, の顔, はそこ, はなに, はひとり, は明智

2 [29件] がいいます, がいぶかし, がそう, がたずねます, が五人, が数名, が紹介, だったの, とそっくり, と三人, と刑事, と数名, にばけ, のそば, のほか, の一隊, の命令, の方, はその, はそば, はびっくり, はピストル, は川手氏, は明智探偵, もき, もそれ, も小林少年, も思わず, や小林少年

1 [269件] か, からその, からそれ, からまえもって, から命令, から聞い, から電話, があわてる, がいいました, がいる, がおお, がからっぽ, ががく, ががっかり, がきみ, がくやし, がげんぜん, がさき, がさけびました, がささやき声, がじつは, がすき, がそこ, がその, がたずねました, がてんじょう, がどなり, がどなりつけました, がどなりつける, がにが笑い, がのぞきこん, がはじめて, がひきつれ, がひとつひとつ, がふし, がふしぎそう, がふしんらしく, がふしんらしくつぶやきます, がへん, がまだ, がやっき, がサッと, がニコニコ, が三人, が不安, が十人, が半ば独言, が叫びました, が大, が島田家, が席, が心配そう, が性急, が怪人, が感じ, が挨拶, が捕縛, が桜井さん, が横合, が残念そう, が沈痛, が相談, が立っ, が笑い, が自分, が言います, が訊ねる, が電話口, が首, が驚い, が驚き, じゃない, その部下, その部下たち, とあと, といっしょ, とうとうやってきた, とおお, とがテーブル, とならん, とはしたしい, とは心, とは熱心, とひとり, ともう, と二, と十人, と小林団長, と打ち合わせ, と残り, と署長, と運転手, と顔, なりに知らせ, に, にいそい, にきょう昼ごろ裏門, にこの, にこん, にささやきました, にさんざん, にざま, にしらせ, にすっかり, にそっくり, にその, にたずね, にたのみます, にたのん, につれられ, にはすぐ, にはなに, にはなんだか, にほう, にもしらせました, にもそれ, にれんらく, にタクシー, に二十面相, に合図, に地下, に報告, に大声, に捜索の, に渡した, に相談, に知らせなけれ, に連絡, のうち, のす, のところ, のどら声, のにこやか, のはからい, のひきいる, のへんじ, のほう, の三人, の前, の助け, の半身像, の姿, の指揮, の活動, の目, の知らせ, の腕, の自動車, はあっけ, はいつ, はいぶかし, はいま, はうれし, はお, はおこった, はおどりあがる, はおられません, はがく, はがっかり, はけげん顔, はこの, はこれ, はころがっ, はしばらく, はしびれ, はしぶしぶ, はじ, はす, はすこし, はそこで, はたえず, はとうとう, はとほう, はなじる, はのんき, ははぎ, はひとまず, はふたり, はふと, はふりおとされない, はまた, はまだ, はやっと, はゆだんなく, は二十面相, は五人, は今にも, は入口, は八時ごろ, は刑事, は十人, は四十面相, は園井君, は土地, は宗像博士, は宝冠, は小林少年, は左足, は後日, は心配, は心配そう, は思わず, は感, は懐中電灯, は手塚さん, は数名, は死にものぐるい, は気, は物音, は男, は疑問, は社務所, は穴, は腕, は警察, は警視庁, は車体, は近く, は部下, は部屋, は面, は顔, は高橋さん, もあっと, もあと, もいっしょ, もえらい, もかけつけ, もぐっと, もここ, もその, もそば, もだまっ, もなんだか, もふたり, もまだ, もやってきました, もわたし, も刑事, も小林君, も意外, も感心, も明智探偵, も美術室, も警官たち, やたくさん, や刑事たち, や刑事諸君, や園田さん, や残り, や警官たち, や部下, らしいせびろの, をうらめしく, をさがし出し, をさき, をはじめ, をはじめ西洋館, をひき合わせました, をよび, をよびだし, をよびだしました, をよびだす, をよび出し, をチロチロ, を人目, を先頭, を呼びだし, を手まねき

▼ 中村係長~ (215, 8.5%)

9 と黒川記者 6 のさし 3 です, とふたり, はそう, はその, もその

2 [12件] がふたり, が口, が明智, の前, の声, はさけび, はそれ, はそんな, は三人, は文代さん, も黒川記者, や小林少年

1 [161件] から, から捜査本部, から電話, があわただしく, がおし, がかけつけ, がかわっ, がき, がさき, がしずか, がしつ, がその, がそれ, がたのもしく, がたばこ, がねむりぐすりをのまされたのだから, がひとり, がふ, がまず, がまちかまえ, がみょう, がめんくらっ, がやっと, がわれた, がイス, がドア, がパッ, が先, が大声, が天井, が安心, が小林少年, が少年たち, が感, が手塚さん, が捜査課長, が文代さん, が明智事務所, が穴, が窓, が腕時計, が運転手, が頓狂, が首, だけねむりぐすりをのまされて, だったの, でさえ見やぶる, でした, といっしょ, とがこうして, とその, とはちょっと, とほんもの, と主任刑事, と五人, と北村青年, と小林少年, と小池助手, と明智探偵, と相川技師長, と顔, などは心配, に, にあったら, にそう, につれだされた, にとらえられ, にひきいられた, にもおぼろげ, にもそこ, にれんらく, にわたしました, に報告, に断言, に目, に知らせなけれ, に知らせよう, に話します, のいる, のき, のことば, のするどい, のたい, のところ, のにぎっていたなわじりを, のひざ, のほう, の三人, の友人, の名刺, の命, の姿, の承諾, の目, の進言, はあっけ, はあまり, はいきなり, はうらみ, はおどろき, はきちがい, はこともなげに, はさとす, はすぐ, はそこで, はただちに, はなぜ, はなんとも, はにせもの, はひったくる, はびっくり, はふたり, はへいきです, はまた, はまっさお, はまんいち, はめんくらっ, はもう, はもどかし, はギョッ, はコンクリート, はツカツカ, はドア, はニッコリ, はホッ, は不承不承, は云い捨て, は五人, は刑事たち, は名, は少年名探偵, は建物, は心, は怪盗, は桂君たち, は民間探偵, は洞窟, は消防署, は目, は知っ, は窓, は紳士, は興奮, は賊, は足ずり, は部下, は青ざめ, は顔, は魔人, もいっしょ, もお巡りさんたち, もそこ, もつい, も刑事たち, も小林少年, も思う, も明智さん, も深く, も青ざめた, を中村君, を呼びつけました

▼ 中村~ (155, 6.1%)

4 の話 3 と私, の, の家 2 と有田君, や南日君

1 [138件] いいところ, いよいよ青銅, おどろくこと, からこの, から事件, から聞い, から詳しい, がいたなら, がいふ, がこの, がたずねました, がにせもの, がひと, が之, が二十七, が同じく, が奔走尽力, が座敷, が心配, が望遠鏡, が来られたら, が此処, が泊った, が縁, が聞かせ, が調べた, が鐘釣温泉, が黒部, このふたり, これからすぐに, こんな指紋, しつかりしたま, だ縁側, ちょっとこれ, ついて, であった, ですか, でも, というの, といっしょ, とがみんな, とでがく, とはずっと, ともちがいます, とも聯絡, と僕, と同道, と宿, と対蹠的, と打ちあわせ, と昼食, と相談, と茶室, と話した, と途中, なぜだ, などと呼びすて, なども恐らく, なんか被害妄想, にはもうすこし, には気, にもよく, に会うた, に出遇った, に印税, に拠る, に書き送っ, に犯人逮捕, に私, に聞け, に警官隊, のおとうさん, のお話, のこわい, のところ, のほう, のみならず, のよう, の中, の保証, の創作, の勢, の口まね, の名, の名刺, の妻女, の床, の才腕, の案内, の車, の部下, は, はいぜん, はかう, はこの, はしかし, はまた, はよく, はわが国, は不幸, は十一月, は十九日, は古人, は大正四年, は婉曲, は左手, は折尾谷, は星, は更に, は油絵, は泣き, は疑ひ, は自動車, は表面, は都会児, は飽くまでも, もういちど, もじきあと, もその, も僕, も同感, も同行, も強制的, も早く, も歩い, も私, も立候補, も言っ, も魚, や私, わかったよ, をご, を呼び起した, を知る, 一寸ここ, 実に妙, 行って, 見たまえ

▼ 中村~ (146, 5.8%)

4 家へ 2 ように, 家に, 家の, 家を, 方を, 母が, 母へ, 眼を, 紹介に, 茅屋で

1 [122件] あばら屋に, うちでは, うわさでも, おえつと, おふくろも, お城, お奈加さん, お嬢さんと, お母様の, かたには, ことについては, ことを, となりに, むかしを, わが母, わしの, を無断, マンジュウです, 一件は, 一百姓の, 二君が, 二君と, 二君は, 人たちは, 人民と, 令嬢千代子君とも, 何という, 先夜の, 先輩格らしい, 光明寺の, 前で, 剣群も, 剣群月輪の, 原型によって, 因縁が, 土の, 土百姓足軽の, 城下へ, 外に, 奧さん, 女房が, 姉さんも, 姉の, 姉へ, 姓を, 家で, 家も, 弥右衛門の, 後を, 息子が, 息子の, 惣領娘の, 惣領娘を, 所に, 手を, 故郷の, 方へ, 日吉は, 木下家とは, 木下弥右衛門の, 本家は, 本店に, 横顔が, 横顔を, 母から, 母と共に, 母にも, 母や, 母者人だ, 母者人へ, 母親に, 水呑み百姓, 流れを, 父親の, 片手を, 猛練習, 猿がとか, 猿も, 生れだ, 生家には, 田に, 田舎に, 町の, 百姓だ, 百姓に, 相馬大膳亮なる, 知って, 竜神社等は, 純粋なる, 細君が, 細君は, 者は, 耕地も, 腕に, 芋畑を, 茅ら屋に, 著書の, 藩を, 衆が, 衆も, 親元へ, 親分への, 言うこと, 言葉が, 話は, 諸氏並に, 貧家と, 貧農の, 貧農時代を, 賤しい, 車は, 近くな, 邸を, 都合四人が, 里から, 里には, 里を, 隣村, 領主相馬大膳亮に, 顔が, 顔も, 顔を

▼ 中村~ (133, 5.3%)

5 云った 2 云って, 今井の, 笑いながら

1 [122件] あるカフェ, いきなり座席, いっそそこ, いつもの, うごかぬ眼差し, うなずいた, うなずいて, おやすみと, けろりとし, こう云う, こう思う, こう考え, じっと車, じろりとあたり, すぐ台湾, そう云った, そこで薄笑い, そこへは, その時, その時おれ, その時自分, その音, それを, そんなスポルティフ, ただふ, ため息を, だんだん彼自身, ちょうど留守, つまらなそう, なじみの, にやにや笑い出した, また云った, また苦笑, まだ関西周辺, みょうな, もうそこ, もう一度腕時計, もう口, もう蚊帳, もの憂そう, やはり今井, ゆっくり背伸び, よく響く, キラリと, サト子に, ニヤリと, ネルヴァル又, ポケットから, 一寸意外, 一日病院で, 事の, 二時半に, 今ベルリン, 今現に, 会社から, 何と, 側窓の, 内山と, 切り出したの, 切り出したので, 前窓, 医学上の, 取ってつけたような, 口を, 同心して, 善良な, 室内を, 小さくなっ, 小山田庄左衛門なぞ, 少し凹まされた, 己が, 座席から, 御大事, 微笑を, 思い出したよう, 愚かしい芳太郎, 手塚が, 昔の, 春の, 横目で, 此の程病気である, 気も, 注意深く辰代, 満鉄, 焼酎の, 焼酎を, 爺さんや, 病院から, 皮肉な, 目尻の, 眉間に, 真の, 立上って, 笑って, 箱根環翠楼の, 素直に, 絹の, 考えてから, 考え深, 背を, 脇窓の, 腕時計を, 自分の, 苦味の, 薄い春, 薄目を, 見返った, 話すの, 話すので, 誰にとも, 豪然, 車房の, 軽い微笑, 近江国の, 返事も, 追求した, 選挙には, 金口に, 雲籠り, 額を, 顔を, 首を

▼ 中村~ (102, 4.0%)

4 の楽屋 2 で, と市村座, にて, に吉原, の二番目, の初日, の役者, の桝屋, の狂言, の雪

1 [78件] からお, から転じ, が初めて, が立ち直れ, であった, である, であると, では大きに, では天明年間, では宗吾, で上演, で中村富十郎, で川上, で彼, で新作, で演劇大会, で見物, ともあろう, とをあわせ, など激しい, における, にてなしし, に乗込み, に出ました, に出勤, に旗上げ, に関係, に雪崩, の, のこと, のつい, の三月興行, の何屋, の八月興行, の六月興行, の十月興行, の噂ばなし, の土間桟敷, の夏演戯, の大切浄瑠璃, の大坂役者, の奥役, の座主, の座頭, の方, の櫓, の番附, の祝日, の舞台, の芝居どころ, の芝居茶屋, の菊之丞一座, の開場, の関係者, の顔見世狂言, は一丁目, は江戸随一, は舞台開き, は荒太郎, は間口, へいっ, へおまえ, へまわっ, へ出かけ, へ往, へ芝居, へ見, までいったん, も村山座, や市村座, よりの帰途, をのぞいた, を指し, を見た, を見物, を越え, を開ける, 助六狂言

▼ 中村さん~ (89, 3.5%)

3 をお 2 ですか, に逢いました, のところ, の家

1 [78件] いつもの, からの私信, から先ず, から電話, がこの, がチョク, が多分, が少女, が山口, が来, が来た, が真っ先, が葬儀車, この連中, こんにちは, そんなにこわい, だって診察, ですの, で晩, という人, としては商売繁昌, との間, と唐突, と親戚, どうしたら, なぜこんな, なんかの口, にお, にしろ, にでも伯父さん, にみせた, にも気の毒, によく, にれんらく, にプロムナアド・デッキ, に出会い, に喋らし, に相談, に聞い, に話し, に話した, に頼んだ, に麻雀, の, のよう, の恋, の装釘, の音作, の音作さん, は, はあっけ, はよほど, は信用, は商売, は小さい, は息, は明日, は明智探偵, は私, は縞ズボン, は自分, は警視庁, は配達, は頭, へ手伝, もいっしょ, もいらっしゃい, も居ました, も死んだ, も魔物, や税関, や黒川さん, を兄さん, を始め女, を起こし, 出て, 少し言い過ぎでした, 驚いて

▼ 中村~ (60, 2.4%)

2 のナンセンス, の先駆者, の宅, はかなり, は往々, をはじめ久保田万太郎氏, を駒込

1 [46件] から同志, が仏蘭西, が以前, が狐, が田中舘先生, が知つて, が議会, が近づい, と同, と同一意見, にこれ, にはまだ, には与へられ, にもそこ, によって文学中央集権, に会う, に偶然, に対しては格別答弁, に洩らした, のいえる, のやう, の乱暴, の報ずる, の如き, の感想, の絵, の部下, は, はその, は一度, は作者, は南畆先生, は大事, は女, は幾らか, は白地, は私, は笑, は笑い, は腑, は馬鹿, は駝鳥, ばかりでなく, も人力車, も芸術座, 生六男四女

▼ 中村捜査係長~ (46, 1.8%)

1 [46件] がおくれ, がかけつけ, がはいっ, がふと, がやって来る, が入っ, が制服私服, が数名, が横あい, が飛び出し, その人, でさえもこの, でした, でしたが, です, とは陳列館, とひとり, と五人, と刑事たち, と宗像博士, と明智探偵, と老人, と黒川記者, にひきわたす, に囁いた, に知らせ, のさし, のひきいる選りすぐった, の一行, の三つ, の友人, の四人, の自宅, の訪問, の部下, はこの, はただちに, はびっくり, はまず, はツカツカ, は出勤, は博士, は明智, は麻布区龍土町, もいあわせ, も手つだっ

▼ 中村~ (44, 1.7%)

2 ぶらりと訪ね, 云った, 病院から

1 [38件] いると, お前の, そう云ってる, そう引取, どう思おう, なぜこんな, にじり寄ろうと, のっそりはいっ, はいって, また神奈川, 一寸外出, 云い出し辰代, 云って, 何か, 出て, 勤めに, 口を, 叱, 合同後の, 始終笑顔, 客座に, 峠の, 帰って, 後押しを, 病院に, 秋川に, 端艇競争の, 羽織と, 聞いた事, 背なかの, 自分で, 葎を, 言ったこと, 調べあげたん, 谷戸へ, 赤松に, 須磨子に, 飛んで

▼ 中村~ (35, 1.4%)

3 いた頃

1 [32件] あります, いて, いる母, おられた方, せよ私, 云った, 今川の, 会ったらハンドル, 似たいかつい, 何か, 十円で, 向って, 吾家へ, 問いただして, 城を, 宥められても, 會つて, 村債を, 澄子は, 甘えて, 相談し, 着くまで, 移転した, 突っかけ, 言いかけて, 話した, 越す村, 近い松川浦, 逢って, 逢つて尋ねる, 頼んで, 顔を

▼ 中村~ (23, 0.9%)

3 云ふ

1 [20件] いっしょに, 一ショに, 二人で, 云う福井, 云ふも, 今井とは, 別れ, 号し武者, 四人で, 大の, 家を, 有馬を, 池田と, 澄子とが, 称えたと, 約束した, 聞いて, 自分は, 警視庁の, 鈴田の

▼ 中村~ (22, 0.9%)

2 へ行く

1 [20件] ではゆうべ, でも手, には意地, に住, のお, の主婦, の人, の名, の噂, の子供, の後つぎ, の手伝, の方, の母家, の納屋, の者, の裏口, の隠居, へ, へ来

▼ 中村~ (21, 0.8%)

1 [21件] お帰り, 下つて, 九時着, 出かけて, 到着した, 参っての, 屋井待っ, 帰ります, 帰り一刻, 帰ると, 帰藩し, 座員二十名ばかりで, 急いで, 援軍を, 断った, 江戸川, 潜行させる, 行くついで, 行って, 逃げる気, 馳せつけて

▼ 中村武羅夫~ (19, 0.8%)

3

1 [16件] が先頭, が朝日, が突如, であり加藤武雄, でもそこ, というよう, に似た, のもの, の場合, の小説, の発狂, の論文, は作家, は有名, は民衆, や文学

▼ 中村から~ (16, 0.6%)

1 [16件] お便りが, お越しあそばされました, かえってから, きいて, 三カ国を, 伴れ, 剣客の, 助剣, 参りました, 小遣いを, 御親類, 眼で, 秀吉が, 聞いて, 訪ねて, 送り届けて

▼ 中村憲吉君~ (16, 0.6%)

1 [16件] がほめ, がやうやう, が翌, とがその頃, と同じ, と話し, などもどれ, の弟, の郷里, はその, は卒業, は四年生, は摂津, は校歌, も今, も数日来

▼ 中村新八郎~ (16, 0.6%)

2 の美し

1 [14件] という役者, という若者, とお, にたった, に向けた, の一座, の姿, の泊っ, は何, は死, もまた, を見据え, を許した, を誘っ

▼ 中村鴈治郎~ (16, 0.6%)

1 [16件] から始, がもと, がやはり, が北陽, が東都, が芝居, であつ, などもその, の亡くなつた, の父, の生活, はこの, を中, を自分, を英国, 過ぎて

▼ 中村先生~ (15, 0.6%)

1 [15件] があと, がいろいろ, がおられた, が学術, すっかりこれ, という名物, と一緒, と私, の前, の遺徳, はまた, は二豎, は私, は近来, を待っ

▼ 中村という~ (14, 0.6%)

2 人物は

1 [12件] ところへ, のか, ひとが, ような, 人とは, 先生が, 友達などと共に, 同級生であった, 家では, 眼鏡やに, 私服が, 鎌倉署の

▼ 中村芝翫~ (14, 0.6%)

2 である, という俳優 1 とか坂東彦三郎, と共に江戸末期, と改名, のよう, の舞台顔, の親子, は一月二十五日, は五代目歌右衛門, を座頭, 死す七十歳

▼ 中村警部たち~ (12, 0.5%)

1 [12件] がかけつけ, が廊下, が来る, が相談, に抱き止められ, のため, の自動車, はあまり, はきつね, はびっくり, もいっしょ, をてらしだしました

▼ 中村吉右衛門~ (11, 0.4%)

1 [11件] がひき, が脇間, が門柱, です, とおっしゃる, とが上, などと, にて意外, には似, のお父さん歌六, はあの

▼ 中村~ (11, 0.4%)

1 [11件] だった, で名, で名弘め, で宴会, に両, の大広間, の書画会, の桟敷, の檐, の雨傘, を買わせよう

▼ 中村~ (10, 0.4%)

1 そうだった, そう言っ, 以前と, 何にも, 加わって, 悦ばしげ, 給料が, 自分の, 貧しいわけ, 述懐し

▼ 中村~ (9, 0.4%)

1 さして発足, 嫌いじゃ, 引き払って, 思い出すなあ, 潰さないで, 激しく揺り起した, 知らざれば, 認めずこれ, 進発の

▼ 中村武羅夫氏~ (9, 0.4%)

1 がうまい, だとばかり, に会, に対して云つて, に會, の, の純文学論, や岡田三郎氏, や正宗白鳥氏

▼ 中村地平~ (8, 0.3%)

2 と真杉静枝 1 がその, という少し, と僕, の, の弟子, は眼

▼ 中村歌右衛門~ (8, 0.3%)

1 がその, が江戸, の父, の若, の葬儀, の血達磨, の養子, や故人

▼ 中村福助~ (8, 0.3%)

2 である 1 が去年淀川, なりし, の人気頂上, は養父, やこれら, を訪れる

▼ 中村~ (7, 0.3%)

1 よく遊んだ, 村の, 母と共に, 生れそうして, 育てましたが, 豊太閤と, 過そうそ

▼ 中村不折氏~ (7, 0.3%)

1 が子供, に墓碑, に書い, の書いた, の玄関, の畫風, は数葉

▼ 中村~ (7, 0.3%)

2 太夫と, 太夫の 1 太夫, 太夫という, 太夫に

▼ 中村宗十郎~ (7, 0.3%)

1 が大阪, とか大谷友右衛門, とどうも, の妻, も上京, を頼っ, 死す五十五歳

▼ 中村是公~ (7, 0.3%)

1 であった, という男, と十何年振り, のオヤジさん, を代表, 同夫人連名, 同理事田中清次郎

▼ 中村七三郎~ (6, 0.2%)

1 との去年, と五郎, の評判, の都上り, は年, は江戸歌舞伎

▼ 中村~ (6, 0.2%)

1 に渡し, に逢いました, のなか, の声, の顔, は益々

▼ 中村富十郎~ (6, 0.2%)

1 が演じた, の似顔絵, の英, をはじめ, を加え, 死す四十三歳

▼ 中村敬宇先生~ (6, 0.2%)

1 がミル, が漢文, が自助論, の同人社, はミル, は死去

▼ 中村~ (6, 0.2%)

2 兵衛の, 兵衛は 1 兵衛たびたび, 兵衛平生敵に

▼ 中村是公氏~ (6, 0.2%)

1 であつ, と共に私塾, などは中, の分, の別荘, もそれから

▼ 中村松江~ (6, 0.2%)

1 なら当時, にしろ, の女房, の頬, はきのう, はふと

▼ 中村珊玉様~ (6, 0.2%)

1 がお, にお, に男, のお, の舞台姿, をお

▼ 中村不折~ (5, 0.2%)

1 が隣り, である, といふ名, に書い, の家

▼ 中村仲蔵~ (5, 0.2%)

1 が例, となつ, の家主長兵衛, はそんな, 死す七十八歳

▼ 中村佳吉~ (5, 0.2%)

1 の和服, は憤慨, は興がっ, は薪, も重

▼ 中村係長さん~ (5, 0.2%)

1 といっしょ, と新聞記者, にこの, にしらべ, の命令

▼ 中村~ (5, 0.2%)

1 がいった, が演壇, と結婚, もいた, もむつかしい

▼ 中村君きみ~ (5, 0.2%)

1 が黒川, ともしばらく, にのみこめない, の部下, はぼく

▼ 中村~ (5, 0.2%)

2 三郎氏は 1 三郎氏が, 三郎氏特選, 三郎氏第

▼ 中村少佐~ (5, 0.2%)

1 と村はずれ, はこう, は東京, は西洋風, は話し続けた

▼ 中村正常~ (5, 0.2%)

1 がずつと前, ての, と楢崎勤, の娘メイコ, 其の他

▼ 中村玄道~ (5, 0.2%)

1 と名, と申します, はこう, はしばらく, はやはり

▼ 中村警部さん~ (5, 0.2%)

1 です, に聞いたら, のいい, の命令, の用事

▼ 中村やの~ (4, 0.2%)

2 おまんじゅう 1 支那まんじゅうを, 話お

▼ 中村半次郎~ (4, 0.2%)

1 という男, とが気脈, と称し, は後

▼ 中村吉蔵~ (4, 0.2%)

1 が○○○, の, の如く, はイプセン

▼ 中村式部~ (4, 0.2%)

3 少輔 1 少輔一氏

▼ 中村敬宇~ (4, 0.2%)

1 が訳書西国立志編, の同人社, の西国立志編, の飜訳

▼ 中村~ (4, 0.2%)

1 に養, の家, へ遣す, タカリに

▼ 中村菊之丞~ (4, 0.2%)

1 のため, の一座, の名跡, の愛弟子雪

▼ 中村遊郭~ (4, 0.2%)

1 が東洋一, にはそんな, に出来, の振

▼ 中村~ (3, 0.1%)

1 あ, がねちょっと, よ

▼ 中村まで~ (3, 0.1%)

1 七十八里と, 与吉を, 来て

▼ 中村~ (3, 0.1%)

1 から買っ, 摂州, 芳太郎の

▼ 中村メイコ~ (3, 0.1%)

1 がお菓子, と僕, への贈り物

▼ 中村不折君~ (3, 0.1%)

1 が, が骨, は来る

▼ 中村係長黒川記者小林少年~ (3, 0.1%)

2 の三人 1 などが明智探偵

▼ 中村光夫~ (3, 0.1%)

1 の, はいくら, も二葉亭論

▼ 中村光夫氏來~ (3, 0.1%)

1 りて, りミユツセ詩集其他, り拙稿ひとりごと六月

▼ 中村勘五郎~ (3, 0.1%)

1 から出, といった皮肉屋, の息子

▼ 中村勘助~ (3, 0.1%)

1 こう三名, などの人々, をたずね

▼ 中村又五郎~ (3, 0.1%)

1 がはじめて, と対立, を怨み

▼ 中村君これ~ (3, 0.1%)

1 でだいたい, は余程, は心配

▼ 中村善四郎~ (3, 0.1%)

1 で興行, のごとき, 死す六十六歳

▼ 中村~ (3, 0.1%)

1 のそ, の不浄門, の樹間

▼ 中村~ (3, 0.1%)

1 である, でビフテキ, で少年期

▼ 中村忠滋~ (3, 0.1%)

1 が以後, の手引き, や城兵

▼ 中村文吉~ (3, 0.1%)

1 が五日横浜入港, が日本, と偽り

▼ 中村星湖氏~ (3, 0.1%)

1 がその, とであった, の初期

▼ 中村春二先生~ (3, 0.1%)

1 と私, に関しては次, の知遇

▼ 中村梅玉~ (3, 0.1%)

1 であろう, の楽, も亦

▼ 中村~ (3, 0.1%)

1 から伝手, のごとき, ヘ行カシャルト言ッタラ

▼ 中村清二先生~ (3, 0.1%)

1 からかつて, と同期, の御

▼ 中村清太郎君~ (3, 0.1%)

1 が最初, と水路部, の処

▼ 中村菊之丞一座~ (3, 0.1%)

1 というの, の雪, を招き

▼ 中村雅治~ (3, 0.1%)

1 の養家, は才気, を通してその

▼ 中村~ (3, 0.1%)

3 之丞

▼ 中村では~ (2, 0.1%)

1 なくて, 英雄豊太閤の

▼ 中村といふ~ (2, 0.1%)

1 うちへ, 人が

▼ 中村との~ (2, 0.1%)

1 話を, 話合いは

▼ 中村には~ (2, 0.1%)

1 おふくろも, 何にも

▼ 中村へでも~ (2, 0.1%)

1 何処へでも, 送り込んで

▼ 中村へは~ (2, 0.1%)

1 よくこの, 時折行く

▼ 中村ムラ夫~ (2, 0.1%)

1 が, などという人

▼ 中村一心斎~ (2, 0.1%)

1 という老人, は真中

▼ 中村一氏~ (2, 0.1%)

1 と七十艘, の諸

▼ 中村不折畫伯~ (2, 0.1%)

1 と懇意, の筆

▼ 中村久治~ (2, 0.1%)

1 でげす, と申す

▼ 中村五郎忠滋~ (2, 0.1%)

1 の前, は別所家

▼ 中村伝五郎~ (2, 0.1%)

1 であったが, などは其後者

▼ 中村係長たち~ (2, 0.1%)

1 がここ, にむかっ

▼ 中村光夫氏~ (2, 0.1%)

1 が, が短い

▼ 中村兵庫~ (2, 0.1%)

1 おののきながら, のふたり

▼ 中村勘三郎~ (2, 0.1%)

1 も其, 死す六十八歳

▼ 中村半次郎様~ (2, 0.1%)

1 と仰有る, と私

▼ 中村半次郎様こと菱田新太郎様~ (2, 0.1%)

1 でおい, を存じ

▼ 中村半次郎肥後~ (2, 0.1%)

2 の熊本

▼ 中村吉蔵氏~ (2, 0.1%)

1 の脚本, は他

▼ 中村吉藏~ (2, 0.1%)

1 の, の譯

▼ 中村国男君~ (2, 0.1%)

1 と眉山軒, もその

▼ 中村地平君~ (2, 0.1%)

1 が宮崎, のよう

▼ 中村地平氏~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 中村大尉~ (2, 0.1%)

1 がころされた, が技師

▼ 中村孤月~ (2, 0.1%)

1 ですらも, と云

▼ 中村孫兵次~ (2, 0.1%)

1 の部隊, の隊

▼ 中村宗義~ (2, 0.1%)

1 などいう, は銃

▼ 中村寿三郎~ (2, 0.1%)

1 や吉右衛門, 死す六十三歳

▼ 中村弥左衛門君~ (2, 0.1%)

1 に献じます, もツイこのごろ世

▼ 中村彝君~ (2, 0.1%)

1 の絵, を勧め

▼ 中村技師~ (2, 0.1%)

1 であつ, と太田氏

▼ 中村文荷斎~ (2, 0.1%)

1 の言, をし

▼ 中村時代~ (2, 0.1%)

1 からの習慣, の手

▼ 中村栗園先生~ (2, 0.1%)

1 の門, の門前

▼ 中村梅車~ (2, 0.1%)

1 とかいうの, なる一座

▼ 中村正常君~ (2, 0.1%)

1 の, は戯曲家

▼ 中村武羅夫岡田三郎加藤武雄浅原六朗龍胆寺雄楢崎勤久野豊彦舟橋聖一嘉村礒~ (2, 0.1%)

2 多井伏鱒二

▼ 中村武羅夫等~ (2, 0.1%)

1 であり中心的, の人々

▼ 中村清右衛門~ (2, 0.1%)

1 だの他, などが悄然

▼ 中村清太郎氏~ (2, 0.1%)

1 がここ, の画

▼ 中村爲彌~ (2, 0.1%)

1 から川路宛, に次

▼ 中村相馬藩~ (2, 0.1%)

1 から月輪軍, の城下

▼ 中村秋塘~ (2, 0.1%)

1 との二人, の方

▼ 中村総領事~ (2, 0.1%)

1 からお話, を始め

▼ 中村翫右衛門~ (2, 0.1%)

1 となった, と名

▼ 中村翫雀大阪~ (2, 0.1%)

1 に死す, より上京

▼ 中村芝鶴~ (2, 0.1%)

1 が上っ, は後

▼ 中村花痩~ (2, 0.1%)

1 であった, もまた

▼ 中村芳夫~ (2, 0.1%)

1 は思い, は高山

▼ 中村菊太郎~ (2, 0.1%)

1 でございますどうぞよろしく, という子供役者

▼ 中村萬一さん~ (2, 0.1%)

1 が陸軍, の二の舞い

▼ 中村~ (2, 0.1%)

1 では相馬永胤氏, の藤田九万氏

▼ 中村行き~ (2, 0.1%)

1 は誰, をかぎつけた

▼ 中村~ (2, 0.1%)

1 でこれ, では筑阿弥

▼ 中村雀右衛門~ (2, 0.1%)

1 と言, に次い

▼ 中村魁車~ (2, 0.1%)

1 になる, を憶

▼ 中村鶴蔵~ (2, 0.1%)

1 が油屋, で喜多八

▼1* [427件]

中村つると, 中村いぶに, 中村これを与う, 中村さんいまのやつ, 中村さんくせものです, 中村さんこいつをとらえ, 中村さんこいつわしとの勝負, 中村さんこれは警視庁, 中村さんそりゃああんたの方, 中村さんぼくはふっと, 中村さん一言もそんな, 中村さん五重の塔にのぼっ, 中村さん宗像さんも何とか, 中村さん来庵西蔵の線香, 中村さん来訪話して, 中村さん来訪近く台台へ旅立たれる, 中村さん私はどうも, 中村さん黒川さんちょっとここ, 中村じゅうで一番, 中村その他のタカリ, 中村って云う人, 中村ついに戦歿す, 中村ですか, 中村でもあの連中, 中村とか菱田とかいう, 中村とが妙に, 中村とに対しては一言の, 中村とははっと気付い, 中村とも総裁とも, 中村とやらへお帰り, 中村のです, 中村などいふ諸, 中村などと顔を, 中村などという諸先生, 中村などの少数を, 中村などを諭すあいだ, 中村にとって水上さんは, 中村にもそちの, 中村はいふ迄もなく, 中村はなお薄ら笑いをし, 中村はねいま大久保の, 中村への旅に, 中村へも帰って, 中村までの山越は, 中村もとより異存が, 中村パン店と呼ぶ, 中村マコが来り, 中村メイコ今日より稽古, 中村メイコ無理して, 中村メイコ発熱し出られぬとの, 中村一六君の書店, 中村一徳鶴枝の生, 中村一心斎殿とあら, 中村一氏堀尾吉晴その他南近江一円の兵力, 中村一氏等を第, 中村七三松本小次郎の二人, 中村七三永島茂右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 中村三之助という友人, 中村三弥湯川十郎木幡勝之助松本俊蔵高野長右衛門松本主税といったところ, 中村不折さんに書い, 中村不折さん中川孝太郎さんの宿, 中村不折氏橋本邦助氏等が新, 中村不折氏等の挿絵, 中村不折相島虚吼森円月直木燕洋その他の諸君, 中村中根小塩および名, 中村久弘氏と也, 中村二氏の論文, 中村五郎の手引, 中村仁右衛門外池甚左衛門町野主水佑, 中村の多可郡中町, 中村仏庵という奇人, 中村仲吉という女優, 中村仲蔵死を決して, 中村伝九郎中村七三永島茂右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 中村伯耆守に殺害, 中村伸郎はまさに, 中村伸郎等を築地座系, 中村何某其の時, 中村何様の若旦那, 中村余り周布風を学び, 中村佳吉さんのよう, 中村佳吉川原一家と懇意, 中村係長相川技師長それから六, 中村係長相川技師長それから小林君はじめ四人, 中村係長自身その工場, 中村信さんは附近, 中村信近などの一座, 中村停車場より車, 中村元雄農商務次官金子堅太郎鉱毒調査会委員長神鞭知常同委員肥塚龍等, 中村兄弟は私, 中村先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ厚ク且ツ仁侠, 中村光夫さんはこういう, 中村光夫のはよん, 中村八大の神技, 中村六万石相馬大膳亮殿の家臣, 中村兵庫城普請の棟梁益田藤兵衛, 中村内蔵助の妻, 中村助教授がうちわ片手, 中村勇左衛門即ち今, 中村勇左衛門らがおり, 中村勉たちも来, 中村勉君の参謀長, 中村勘三郎代々の墓, 中村勘三郎氏とは親友, 中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 中村勘助中村清右衛門進藤源四郎などの一行, 中村勘右衛門野口勇三郎であったから, 中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 中村医院に入院, 中村南日の二君, 中村又は長兵衛芳夫太郎次郎三郎といった, 中村古峡君などもかつて, 中村史邦の, 中村助皆八戸住, 中村家それぞれ自家の, 中村吉右衛門別邸に行く, 中村吉右衛門堺利彦丸山鶴吉ざっとこんな, 中村吉右衛門夫人富士田音蔵夫人なんぞがいる, 中村吉右衛門鎌倉の別墅, 中村吉右衞門學問なら牧野富太郎博士, 中村吉蔵参議院議員となった, 中村吉蔵君の井伊大老, 中村吉蔵監督のもと, 中村吉蔵等々の既成劇作家, 中村吉蔵菊池寛山本有三は今日, 中村吉藏君などの仕事, 中村吉藏楠山正雄秋田雨雀など次々, 中村樣數年前から, 中村君あなたはあいつ, 中村君いま外へ出た, 中村君ここだ, 中村君こんどの事件, 中村君そいつは怪人四十面相, 中村君それから手塚さん, 中村君たちはここ, 中村君だいじょうぶだよ, 中村君のをかりる, 中村君ひとつなぞをかけよう, 中村君一流の甘, 中村君今まできみ, 中村君以外には誰, 中村君僕ははじめ, 中村君小林もよく, 中村君徃訪生憎不在, 中村君心配しなくても, 中村君手塚さんのそば, 中村君証人はぜんぶ, 中村君青銅の魔人, 中村君魔人がしめきった, 中村和吉と申しまし, 中村和氏で製紙, 中村啓次郎氏から承った, 中村啓次郎氏衆議院において一場, 中村善吉氏が英国, 中村善男氏の診察, 中村喜代三郎にしろ, 中村四郎五郎と召使お玉, 中村四郎五郎嵐三十郎沢村長十郎袖崎源次霧浪あふよ, 中村圃公である, 中村園田と呼ぶ, 中村地平かくのごとき, 中村地平久保隆一郎それから御, 中村地平君はじめ井伏さんのお, 中村地平君等である, 中村大字秋掛などでも, 中村大尉事件と鉄道ハカイ, 中村太八郎君に伴う, 中村太十の次男某, 中村夫婦は奧, 中村を名乗っ, 中村孝也博士に感想, 中村孤月君などという, 中村孤月氏のこの, 中村孫兵次堀秀政堀尾茂助など黒白, 中村孫兵次山内猪右衛門などの一小隊, 中村孫兵次山内猪右衛門木下助左衛門弟の勘解由, 中村孫兵次茨木の中川藤兵衛, 中村宗平というの, 中村宗雪にこれ, 中村定三郎氏が社主, 中村宮千世丸という名前, 中村宮口の諸君, 中村宮部などの諸, 中村家さんから電話, 中村家床で食, 中村家政代とよびし, 中村と表札, 中村寛栗同訳, 中村小六がそう, 中村小学というの, 中村小林山田などいう, 中村尾上片岡役者の連名, 中村山内の二人, 中村岡花子や山高, 中村岩馬氏は先づ發, 中村岳陵はどちら, 中村岳陵さんなぞも来た, 中村左衛門太郎九大の伊藤徳之助, 中村市右衛門尚政, 中村市村両座, 中村市村森田の三座, 中村幸治さんといふ青年来庵, 中村庄兵衛と云う, 中村座が焼失したという, 中村座が閉場ば中村座, 中村座上方から招いた, 中村座市村屋守田座の変り目変り目, 中村座市村座春木座この六座が, 中村座師走狂言忠臣蔵通し芝居, 中村座当り狂言の雪, 中村座木戸前の全景, 中村座楽屋に届けられた, 中村座浅草猿若町の市村座, 中村座浅草馬道の市村座, 中村座片側には人形芝居辰松座, 中村座見物の連中, 中村座見物あとの二日, 中村座顔見世狂言で江戸, 中村弥二郎君が予, 中村弥四郎のごとき, 中村弥太之丞, 中村弼杉山茂丸等数十名の同志, 中村弼氏が買物, 中村彜斎藤与里治津田青楓の諸氏, 中村彝斎藤与里治津田青楓の諸氏, 中村彝氏を訪問, 中村彝氏等いずれももと, 中村恒子さんもうち, 中村恭安と云う, 中村悦さん山田勇その他に会う, 中村愛松野間叟柳伴狸伴大島梅屋らの小学教員団体, 中村愼三郎氏と友千鳥浴衣主任, 中村憲吉の諸君, 中村憲吉古泉千樫らの見舞い, 中村憲吉君僕の三人, 中村憲吉君出迎ふ, 中村憲吉君土屋文明君上諏訪の諸君, 中村憲吉藤沢古実丸山東一久保田健次の諸君, 中村を振るっ, 中村捜査係長たちはひとまず, 中村捜査係長はじめ警官隊の人たち, 中村敬宇先生のよりも天子, 中村敬宇氏が元老院, 中村文吉氏の本名, 中村文荷斎どの徳菴どのなどをお, 中村文荷斎小島若狭守などが, 中村斎宮マデ水戸ノ御, 中村斎木貴島この四人, 中村星湖加藤武雄犬田卯等がそれ, 中村星湖君はそれ, 中村星湖氏片上伸氏等の最近論文参照, 中村春台三上道春北岡有格小野圭庵の如き, 中村春次と森下道, 中村春雨君また女流, 中村春雨氏の新作, 中村春雨田村松魚君と一緒, 中村是公さんが市長, 中村是公氏宮内大臣秘書官森泰二郎氏に示し, 中村是公目賀田種太郎金子堅太郎なぞいう, 中村時蔵が二つ歳下, 中村時藏や千葉早智子, 中村暉氏の良き, 中村有一氏加山龍之助氏, 中村有田長島の三少年, 中村来り大雅, 中村東京市長の御, 中村柊花君が宿屋, 中村某方にて撮影, 中村栗原等は松方総理大臣, 中村栗園は父, 中村梅太郎は後, 中村梅花であると, 中村梅雀という腕達者, 中村森下の両, 中村森田三座とも狂言名題, 中村楯雄山口弾正の四名, 中村楽天君の周旋, 中村榊原君などがいる, 中村歌六は片岡我童, 中村歌右衛門市村羽左衛門が芸術, 中村歌右衛門邸へ, 中村歌右衞門が江戸, 中村正常他とりとめなき喋りっこ, 中村正常君達に依つ, 中村正常林房雄楢崎勤岡田禎子堀辰雄石坂洋次郎その他読むべくして, 中村正常氏のこの, 中村正常達に出, 中村正直という人, 中村正直氏の書いた, 中村正直訳の西国立志篇, 中村武三郎氏に, 中村武羅夫あたりが教養, 中村武羅夫先生はまだ, 中村武羅夫加藤武雄は通俗小説家, 中村武羅夫岡田三郎みんな御年配, 中村武羅夫生田長江などという作家, 中村武羅夫菊池寛その他の人々, 中村氏らがい, 中村氏同様の質問盛ん, 中村氏方に泊, 中村氏来訪恋の墓, 中村氏等と劇作家協会, 中村氏萬朝の曾我部山岡二氏, 中村気象台長からの紹介状, 中村永田大道諸氏と私的, 中村浩君は先生, 中村浩山田武の諸氏, 中村清二博士の, 中村清右衛門磯貝十郎左衛門などの同僚たち, 中村清右衛門進藤源四郎などの一行, 中村清右衛門鈴田重八の両人, 中村清太郎君筆の, 中村清左衛門に鈴田重八, 中村渓男氏の話, 中村潮田などの連中, 中村照子が大隈侯, 中村珊玉という四文字, 中村琥珀郎など言, 中村田中の二人, 中村田吉両氏も雇った, 中村へはいろう, 中村白葉君はチエホフ, 中村白葉氏からハガキ, 中村皓さんの, 中村直勝博士に依, 中村直勝君より示されたる, 中村直彦のたのみ, 中村直考といふの, 中村相馬様の藩士, 中村眞一郎は野村, 中村真一郎の, 中村真一郎氏には文学, 中村真一郎氏その他の作家, 中村研一などやはり, 中村祥太郎氏の如き, 中村福之助がお, 中村福円の以前, 中村福助片岡我当嵐巌笑, 中村福助片岡我童市川権十郎関三十郎などの顔ぶれ, 中村福寿と称し, 中村秀樹さんに請う, 中村秋塘さんの所, 中村秋塘尾張赤津の加藤作, 中村秋孝といふ人, 中村秋香の, 中村秋香先生が見えました, 中村秋香賀古鶴所与謝野寛同晶子, 中村竜太郎が来た, 中村竹三郎などであった, 中村竹四郎君が仕事, 中村諸先生, 中村篤九来り談話, 中村粂之助側役では宮内類, 中村粂太郎にしろ, 中村紫琴の遺子, 中村義夫に似た, 中村に候, 中村翫太郎てふ, 中村翫雀とか東京, 中村将軍など, 中村能祐龍空禅師に勧め, 中村舜二氏という方, 中村芝子丸の鬼一法眼, 中村芝翫市村家橘沢村訥升先代の沢村訥子, 中村芝芸雀といふ子役, 中村花痩広津柳浪渡部乙羽など, 中村花痩此人は我楽, 中村英嘉伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 中村好氏, 中村草田男の句集, 中村菊之丞一座花形の雪, 中村藤太郎氏と相会せり, 中村藤沢の両君, 中村藤沢両君の話, 中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 中村が兎, 中村諸氏の談話, 中村警部きみたちにはそう, 中村警部制服警官三十名背広の刑事十名, 中村警部君じゃない, 中村警部小林少年チンピラ隊の代表者五名, 中村警部遠藤博士の三人, 中村警部遠藤博士桜井さんの三人, 中村貞太郎仮名北有馬太郎に嫁, 中村軍治と云, 中村辰太夫が勧進元, 中村辰次郎火夫庄司彦太夫乗組み県立女子師範学校側, 中村進治郎君も私, 中村遊廓で妻, 中村遊郭内を散歩, 中村部長は英語, 中村重助が頻りに, 中村野村村野木村これが謹慎, 中村鈴田両人のこと, 中村鈴田小山田とだんだん, 中村銀之助という子役, 中村銀次郎が住ん, 中村錦之助の兄, 中村闇商売の仲つぎ, 中村附近にもそういう, 中村陸相が病気, 中村陸相就任の意義, 中村陸軍次官から正造, 中村雀三郎一座が先代萩, 中村雀右衛門大阪に死す, 中村雀右衛門芝雀の父子, 中村雄次郎男は満, 中村霞仙であつ, 中村順平氏一人本気で書い, 中村食ひものお, 中村香峰といふ友, 中村駒之助が客座, 中村駒之助市川右田作なども上京, 中村驛外にあり, 中村高一らが集まっ, 中村高一平野力三三宅正一川俣清音宮井進一吉田実田所輝明稲村隆一等々で学生, 中村高等女学校ての, 中村鬼係長か, 中村鴈次郎と相, 中村鴈治郎大阪より初めて, 中村鴻蔵との衣裳持物, 中村鴻蔵市川米五郎松本国五郎等がある, 中村鶴若が, 中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 中村鶴蔵君のがんりき, 中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ