青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中~ 中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~ 中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心
中心~
中村~ 中途~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として

「中心~」 6238, 65ppm, 1772位

▼ 中心~ (1921, 30.8%)

369 して 89 なって 26 なつて 11 なるの 8 なる 7 なるもの 6 なった, 向かって, 向って 5 立って 4 ありて, したもの, なつた, 向つて, 於て, 立つて, 置いて 3 しての, なったの, なる人, 大川の, 對し, 店の, 発達した, 触れて, 話を, 附近の

2 [60件] あたる所, あった, あっちへ, あって, あつて, あるの, あるもの, ある地球, いた, かたまって, したところ, した五重塔, した家族, した庭, した航路, した貴紳, すると, するの, すれば, その日, ならねば, なりその, なるかも, なること, なるよう, なる四本, また同じ, むかって, アンデルセンの, 一つの, 一家が, 一種の, 今も, 入って, 円を, 円陣を, 出て, 女の, 左右に, 左右へ, 平次と, 店へ, 彼女の, 持って, 有志の, 東は, 東大泉に, 柱を, 生活し, 真赤な, 眼を, 研究会が, 神田中の, 自己の, 落ち込んでは, 近いの, 遺族の, 金星と, 集まって, 頭を

1 [1210件 抜粋] あたるところ, あったの, あつた, あめつちは, ありながら, あり諸, あるこの, あるはず, ある一室, ある官立, ある物体, ある軽蔑, いかに生, いくつと, いたるところ, いて, いま江戸の, いま風を, いる航空母艦, いろいろの, いろんな空想, おいたと, おいて, おきそれ, おこされ川上音二郎, おどりこんだ, およそ人間, お茶屋が, かかって, かたい背骨, かなり歩いた, きっかりと, きれを, くるくる回っ, ここで, この一帶, この二つ, この複雑, これに, これ等の, ざわついて, したその, したほぼ, したもろもろ, した一種, した上方, した争, した五六人, した伊豆一帯, した倶楽部, した創作, した医局全員, した卷, した各地, した四人, した四十里, した家庭, した小, した少女, した忌わしい, した政治談, した文章, した新新, した晩餐, した浅草, した生徒たち, した真赤, した第三人称, した自分, した藩士, した親戚, した輪, した陽, した革新, した風景, してあつ, してるこの, しなければ, しばらく相談, し一同, し難行苦行, すごい勢い, するいわゆる, する傾向, する山吹社中, する明るみ, する無数, する著作, ずらりと掛け並べさせた, そのまわり, その人自身, その周囲, その時代, その邊, それからただちに, ぢつ, つながりその, とつおいつ思案, とび込んで, なったもの, なったゾーシチェンコ, なってから, なってると, ならなけれや, なりて, なりましたが, なり一日何杯, なり又, なり思ふ存分道ぐさを食, なり水谷氏, なり過去七年間, なるおかみさん, なるから, なるだろうと, なると, なるに, なるらしい, なるわけ, なる仕事, なる女, なる指導者, なる男, なる阿賀妻, なれる人, のびのびと, はじまった, ひきも, ふくまなければ, ぶつかると, ぼッ, まず前祝い, またし, まだ死んだ, まんまる, みんなが, むかふにあたり, もちそれ, やや遠く, よって, わき立つ靄, アベコベに, イワシの, キャッキャッと, キリキリと, コビリ付い, チエホフ夫人カチヤロフモスコオフィン等の, トゥウェルスカヤ通り赤い, トンキン政府の, ハンモックに, ファシズム反対の, ボルティーコフの, メスが, レヴュウの, 一かたまり, 一ばい強大に, 一合戦と, 一夕大いに, 一宇の, 一層充実, 一廓の, 一族股肱の, 一町内一路地一長屋の, 一群の, 一郭の, 七八人ごたごた, 万有を, 三四人かたまっ, 上に, 下町の, 不品行を, 不覚にも, 両国から, 中臣, 主君を, 久しいあいだ全盛, 二つの, 二十人ばかりの, 互いに結びつく, 五十里以内の, 交尾期を, 今や玄徳, 仏舎堂塔も, 他愛も, 会議は, 位し, 位し諸国交通, 住み若い, 何よりも, 作った第, 供物を, 働らい, 充分錬成, 光線の, 入ったので, 入り彼女, 公卿ばらの, 兵農兼備の, 円くなっ, 再組織, 出来ない所以, 分れて, 到る電車, 前大戦後欧米, 前方に, 割込みました, 勉強する, 北国街道に, 十九世紀風の, 十円会という, 十数名の, 十町四方の, 協団の, 南信の, 南米の, 原子核が, 厳格な, 及ぶ, 双鶏羽毛, 取り巻いた, 受けて, 右に, 各区の, 合法的な, 同志の, 向かう重力, 向ひ, 吸い寄せられて, 吾妻橋から, 和田厳稲村隆一三宅正一平野力三中村高一らが, 商戦の, 四五人が, 四方に, 四方八方に, 回転する, 固定した, 團結する, 在る宿直室, 在府の, 地圖を, 坐って, 境を, 外国人が, 多少律文学, 多摩地方の, 夜間の, 大きい種, 大きな市街, 大なる, 大円を, 大地震, 大正大震以後から, 大衆が, 大路小路の, 天井床机私の, 奇襲軍は, 婚礼の, 嫁が, 孔明も, 守るしか, 官軍の, 家の子郎党が, 寄人たちの, 対策が, 小, 小さな丸い, 小さな宝石, 小さな紫弁, 小尾老人が, 局面が, 居流れて, 屯田策を, 山城大和河内摂津和泉淡路紀伊伊賀伊勢志摩近江の, 山羊なり, 巣喰っ, 左右ふたりずつ, 巻き納めて, 巻き起こされるであろう未曾有, 帰注する, 平曲好きの, 幸福の, 広く田, 座しては, 座を, 廊下を, 廻転し, 引っ込んでるかの, 引入れたいため, 当たりて, 当る小鼻, 当る点, 当時の, 影が, 後半の, 徐々と, 復帰出来る, 徳川将軍家歴代の, 徹夜で, 思い思いの, 急に, 感じて, 慥乎と, 憧憬の, 成立した, 戻り燈火, 手分けさせ, 手管の, 抄演した, 抱きながら, 押し出される関心事, 拠る理由, 拡まった, 持ち込まれ重大さ, 持仏堂も, 捜査会議だ, 捲き込まれて, 掘り下げて, 控えた有様, 掴み合いが, 描き出して, 攻め襲っ, 政治や, 敵味方が, 文学における, 断るとか, 新公園, 新旧三月の, 日本各地で, 旧街道, 星の, 暁民会を, 書いて, 月輪門下の, 朝陽の, 本郷三丁目までの, 来たと, 東儀土肥水口などの, 柱が, 根神おくで, 桝が, 森川森之, 槍の, 横はれる, 歌の, 正義と, 此邊に, 武蔵の, 歴史小説を, 残りの, 殿下も, 民族とか, 水蒸気の, 決めて, 没入する, 泡鳴氏と, 洞達し, 活, 浅井一族の, 浦上一帯に, 海水は, 渦を, 渦巻き始めた, 湧きあがつた, 満足を, 漂ふ, 瀬戸内海を, 為つて居る, 無絃, 無駄話の, 熱海湯河原箱根などの, 爆け, 狂ひつとどろきつ, 現はれ, 現在の, 生残り組, 男と, 男女の, 異様な, 當つてゐる, 痙攣的に, 発生しつ, 盛り上がった下腹部, 目ざめはじめて, 目下全国いたる, 直接達しうる, 眉から, 真剣な, 瞑想し, 短い外国滞在, 祇園精舎に, 神戸を, 私どもの, 秋蘭の, 穴が, 突きだされた, 立ち, 立ち働いて, 立った人間, 立つるに, 立つ主, 立てこもり形態, 笑いさざめく福引, 筆が, 納得の, 素人芝居が, 結ばった感じを, 結び平滑, 絶えずその, 続々と, 網引く, 編成する, 繁榮し, 置いた, 置かぬこと, 置かれた, 置かれる, 置かれるに, 群がって, 考えて, 考へるとしても, 聯なれり, 肥前の, 腹を, 自分たちが, 至って, 至るまで, 舞の, 色彩的な, 芸談仕事の, 茶碗を, 華美を, 落ちて, 蒐集したる, 藤氏の, 蟠り苦悩, 行けば, 行はれ, 行われて, 衣服は, 複雑な, 西の, 見た一切, 見ると, 見出した時, 見送りの, 観れば, 触れないで, 触れ様とは, 試演劇場だの, 話して, 誤って, 調べて, 諸國, 謂わば, 貴所の, 赤が, 起き直って, 身を, 車窓の, 軽格士族, 輪を, 近いもの, 近い所, 近からむとするものなることは爭, 近くまた, 近づくに従って, 近づけば, 迫って, 迫り來, 進んで, 過ぎず自分自身, 過ぎない, 達してる段梯子, 達すること, 遠くに, 鄙びた遊び風呂屋, 酒井松平高力大久保天野などの, 銃器を, 鎮城の, 開発し, 附近数哩の, 陰鬱で, 陽気に, 随分沢山, 集まつて, 集められて, 雑然たる食卓, 雑談を, 雷門も, 面白く話し合った, 顔全体に, 飛込んで, 食事を, 館長の, 馳け, 馳駆し, 駿甲相, 高く低く並ん, 鳩首談合の, 黄金の, 齎らした

▼ 中心~ (936, 15.0%)

77 なって 31 なつて 24 して 11 したもの, する 10 なるもの 8 するもの 7 した, なるの 6 する世界, なった 5 しなければ, すること, するの, するよう, なつた 4 する一団, する諸, 黄いろな

3 [16件] したこの, した一団, した土地, した時代, した神, するこの, する一帯, する一派, する事件, する文化, する新, する時代, なったの, なりて, なる, なること

2 [43件] いっても, しそれ, したある, したいろ, したから, した一帯, した中央語, した古い, した地方, した安倍氏勃興, した文化, した明治, した村, した正月, した深い, した物語, した行列, した説明, しようと, し本義, するから, する一つ, する円, する労, する地, する山, する文学サークル, する生活, する築地座, する若い, する血, せざるの, せる第, ならなければ, なりぬ, なりました, なり必要, なるに, なる民族, なる神, なる者, なれり, 心得自分

1 [567件 抜粋] あおぐ大人諸氏, いい古, いうだけ, いうべきもの, いって, いわなければ, おぼしい下界, さへ, しあるいは, しここ, しこんど名古屋新聞, しその, したこれら, したその, したそれ, したの, したまんま, したやや, したるもの, したる公黨, したる思想, したる我文学, したる私党, したる私黨, したイントリイグ, したサークル, したネブタ流し, した一つ, した一切, した一家, した一燈園, した三人, した三十余名, した三国山, した上下, した上下一里位, した中枢的, した中枢的把握, した久慈川, した京都地方, した令嬢ら, した作品, した元禄, した八箇國, した写真, した利根本流, した前代, した前後一切, した労働者階級, した北支那, した北海道, した千秋万歳, した半円, した南, した南ウェールス地方, した唯一, した啓蒙的, した四囲, した団体, した図解, した国語, した大海, した女子教育, した娯楽設備, した子供芝居, した宗教, した宗教神, した家, した小さい, した小笠原騒動, した左右, した席, した常磐会, した幾つ, した庄内, した座談會, した庭, した弟子, した当時, した従来, した心理, した感想, した戦時中, した所謂秩父盆地, した手紙, した探検活動, した政治, した政治上, した数人, した新, した日本民族, した日本軍, した書簡集, した最, した東京技芸者協会, した東方, した根本一家, した機械文明, した此日, した武相甲, した水郷地方, した江戸絵図, した浅草一円, した海底都市, した漢文学, した狩野川, した現代, した現在, した町, した短篇, した確率誤差, した神経細胞, した置賜, した美術館, した群衆心理学, した群行, した色々, した芝居, した花園, した芸術, した行事, した西方, した見方, した親, した話, した談話会, した貴族, した越部, した近接空間, した近海, した連山, した釣り, した釣り人, した釣り場, した鎮魂術, した関東, した関西, してる線, しない一切, し三方, し下谷, し中心, し之, し人, し人類, し伯耆, し出発点, し北, し北原白秋, し南北アメリカ, し周公, し多く, し夫人, し学問, し安永年代, し宗盛, し小規模, し常に, し幕末時代, し散文生活, し東京以外, し武人, し燧岳, し至仏岳, し英国中, し許都, し起点, し道理, し頭脳, し麻布, すなり, すべきである, すべきでは, すべき点, するあたり, するかたまり, するかの, するが, するごく, するすべて, するそこ, するたて, するだろう, するとき, すると共に, するに, するの講習会, するりんり, するウクライナ, するカターニア, するキリスト教排斥運動, するジェネ, するジダーノフ, するジャーナリズム現象, するフランス, するペエア・ギュント, するユネスコ協力会, するヨーロッパ旅行, する一党, する一分隊, する一切合財, する一区画, する一国家, する一帶, する一座, する一廓, する一日旅程以内, する一派等, する一群, する一般社会, する一部上流貴族, する三万, する下諏訪, する世界統一, する世界観, する世直し, する中枢的把握, する中流婦人たち, する中臣鎌子, する中部, する丸の内一帯, する五畿内, する交流, する京都, する人々, する人士, する人的, する以後, する信徒, する信義, する元禄, する光秀直属, する全, する内外, する円形, する劇場, する労農派, する勢力, する勤労生活映画, する北九州, する北支那, する医員学生, する十万, する参覲交代, する反動勢力, する反動組織, する叛乱, する右翼学生, する同じ, する国体明徴主義, する国維会, する圏内, する場合, する堺, する多数, する夜店, する大, する大きな, する天然現象, する天童禅院, する太平洋, する女, する妄想, する娯楽, する婦人, する学派, する安永天明, する官軍方, する宮廷婦人, する家族, する少数, する尾, する山地, する崩壊, する工場内, する市政, する常, する幕僚たち, する平家, する平軍, する幼稚園, する座, する座談会, する当時, する彼, する心理遺伝, する必死, する忠義, する怪事件, する惚け話, する愛, する我劇, する戦争協力作家, する戦争犯罪者, する戦場, する所謂九州浪人, する所謂位置解析, する排幕派, する探偵小説, する摂河泉, する政変, する政府, する政治経済, する整理案, する敵, する敵勢力, する敷地, する文人, する文化圏, する文士達, する文章, する文芸科学社関係, する新日本建設国民運動, する新春以来, する日本経済, する早春, する時, する時間評価, する未, する本能, する東亜民族, する東亞諸國, する東北, する枢機, する楊朱, する歴史的世界, する死者, する残党, する民兵赤誠隊, する池田勝入, する津軽平野, する活動家, する浪費階級, する満, する源平, する源氏, する演能, する点, する烏合, する無頼漢, する犯罪, する現代人, する璽宇教, する生活環境そのもの, する男女労働者, する町割, する界隈, する研究者, する社, する社会的森羅万象, する社会科学一般, する祖師伝, する立ち場, する立場, する米州, する素人演劇, する経済的, する総体, する総合的圧力, する美術館, する義仲, する者, する職業劇団, する肉体主義, する脅威, する自学自修主義, する自然科学者達, する自然観, する舞台装置, する航空戦隊, する荒木村重, する荒陵, する西洋戦史, する語尾, する説話, する調査局, する谷山家, する貴族生活, する赤本雑誌, する赤爛会, する軍需工業地帯, する近世式, する近代劇, する進歩的インテリ, する部落, する重厚, する鉄壁, する鉾, する関東, する限り, する院政, する随筆感想集, する雑談, する青年男女, する青年組, する青年達, する頼朝その他, する駿, する黒土地方一帯, すれすれに, せざる唯一, せずして, せぬもの, せらるるよう, せられたもの, せられて, せられ生駒, せる一方里, せる一落, せる其場, せる天, せる政治的団体, せる明星派, せる時期, せる附近, なし己, なす, なったという, なったので, なった不思議, なった幸福, なった流行ッ児, なった物, なった頃, ならねば, なりあまつさえ, なりおりしかも, なりしたがって, なりし鎌倉時代, なりそこ, なりハドリアヌス, なりルイ十四世, なり一つ, なり一九三一年十一月, なり一時近郷, なり作家, なり其, なり宗教家, なり尤も, なり明史, なり更に, なり武士, なり逍遙院, なり頂点, なるおと, なるは, なるべきもの, なるべき事実, なるべき勘所, なるべき四五人, なるべき境, なるべき重要, なる主神, なる人物, なる人間, なる劇場, なる原点, なる情景, なる柱, なる神聖, なる親子, なる軸, なる題目, なれり本書是, なれること, われわれ法律家の, 両極を, 云うだけ, 云は, 云ふ, 他の, 名くる, 奧行とを, 定めた樹木, 思しき小金井橋畔, 感ずるよう, 成てを, 折合が, 接觸を, 為って, 為つて是れ, 爲つて是れ, 申しますの, 目され, 目せらる, 目指さるる日本橋, 称するも, 称せられて, 結びついたもの, 考えて, 考えられる新聞紙, 考えること, 考へること, 致したもの, 見て, 覚しきあたり, 解決への, 言われる巴里, 認められて, 顯は

▼ 中心として~ (619, 9.9%)

5 一つの 4 考えて 3 一切の, 世界の, 八方へ, 彼の, 生きて, 附近の

2 [23件] ここに, そこから, その付近, まき起されて, 他の, 動いて, 周囲に, 多くの, 大隈伯に, 幾多の, 描かれて, 昔から, 東は, 椅子や, 構成され, 発達した, 精巧な, 組織したる, 組織せられた, 西は, 見ると, 語られて, 起りたるに

1 [546件 抜粋] СССРの, あたかも波浪, あの付近一帯, あの附近一帯, あまねく各, あまり明らか, いえば, いくつかの, いつて, いて, いられたよう, いわゆる, いわれて, おいでに, おこったファシズム, おそらく未曾有, おもに東北地方, かかる議論, かかれて, かかれる随筆的傾向, かくこと, かなり固く, かなり広い, くるり, くるりくるりと, ぐるぐると, このごろ停車場の, この作者, この研究, この磯辺, この辺り, この長論, この階級, これに, こんがらやせいたか, ごく客観的, さまざまの, さらに新しい, すこぶるよかろ, すべてが, すべての, そこに, そのまわり, その前後, その周り, その周囲, その周圍, その命脈, その大略, その家族, その小さい, その影響, その打撃, その文化, その歴史, その近所, その関係, その附近, それから, それぞれ更に, それをめぐって, そろそろ歩ける, ただならない, だんだんと, つくつて, つまり一君万民です, であるが, できるだけ大づかみ, どうしてこの, どっちにも, どんなに盛ん, ひとしく織田信長, ひろがって, ほ, ほぼ円形, まう少し, まことに凡事, ますます光輝, みんなの, めい, めぐれり, もう盛者必衰, もしくはそれ, やつた, ゆるぎなきものとなつてゐるやうであるが, よく運座, ゐるもの, アメリカ中国フィリッピン濠州諸国の, イオン層の, シベリヤアラスカカムチャツカなどという, ソシアリスティックな, トロイア落城の, パレスチナにのみ, ベタ一面に, モスクワ河の, ヨーロッパに, ヨーロッパアメリカには, ヨーロッパ中を, リアリズムという, 一かたまり, 一グループの, 一圓形を, 一字残らず写さしめなかった, 一層ひろい, 一斉に, 一族の, 一時は, 一町か, 一羽の, 一隊の, 一首を, 丁度ヨーヨー, 七時半から, 万有趣味の, 三上於菟吉などが, 上下いずれにも, 上下十町許の, 上流は, 上流下流の, 上海に, 下流が, 世界が, 世界に, 世界は, 両親や, 中立的な, 丹羽長秀の, 九州の, 九月の, 事件が, 二つの, 二人の, 二六時中たぎり立っ, 二十万坪六十余町歩の, 二十里ばかりの, 云って, 五六十の, 五年間程, 今年は, 今日に, 仏教が, 仕事を, 以前の, 伊田後藤寺に, 伊達藩の, 伝へたもの, 伸子は, 作られたもの, 作られた集團, 作用する, 信じられて, 俳優作者演出家批評家装置家その他演劇関係者を, 俳優劇評家作者装置家その他の, 俳句の, 備中安藝の, 働こうと, 儼然存立する, 党員でない, 全国に, 全国数百人の, 全宇宙, 全山, 全生産, 全篇, 八方の, 八月中旬過ぎには, 六坪許り, 其周囲に, 其進路の, 凝集した, 処々に, 出発した, 分析し, 初めて吾, 初めて最後的, 前に, 前後の, 創設せられ, 勃興し, 動くよう, 北満, 北陸関東から, 十字形の, 十文字に, 千七八百米の, 午前八時から, 半島の, 半径が, 半径四五尺の, 南洋貿易を, 南都高野天王寺園城寺等京畿諸山諸, 去年秋満州掠奪戦争が, 反時計式, 取り上げたの, 取り扱われない限り, 叙述される, 古歌, 可なりの, 右には, 右は, 各国が, 各市が, 合理的に, 吉備平の, 同じ仕事, 同時代, 同氏の, 君臣の, 問答を, 嗜まれる宮廷文学, 四囲に, 四方に, 四日間植物の, 回って, 囲炉裏という, 図書館は, 国を, 国民の, 国維会が, 国際的に, 圓く, 地方の, 地理学, 大いに武威, 大きな泉都, 大なる, 大勢の, 大峡氏, 大爆発, 大爆發, 大神宮を, 夫人なぞとは, 好意を, 妙心寺と, 存在する, 学界という, 安住し, 実業家役人学校経営者などによって, 宣傳せられる, 室内の, 家族的の, 対立し, 封土と, 専門の, 對岸の, 小さいの, 小浜, 居るから, 山東の, 山賊を, 工夫を, 左側に, 左右に, 左右も, 左右対称である, 帰趨する, 常に行動, 幼い女の子, 幽鬼の, 広い意味, 広汎な, 当って, 形成される, 彼等が, 後の, 後方に, 従前から, 心ゆくまで, 必要である, 思い思いに, 急劇, 急激に, 急設文化都市の, 恰好な, 悪地主, 愛を, 感化院の, 態度を, 成りし者, 成り立って, 成り立つ, 成る成牝, 成立する, 或ひ, 戦前の, 戯曲の, 所謂, 手わけを, 打ちとけた集り, 扱った最初, 技術が, 把握される, 拡張する, 拵えた, 挙げられたこと, 振りわけに, 描かれた, 描かれるべき長篇, 描きつづける幸福, 撰定の, 数万の, 数十里に, 数学の, 数百の, 数百艘の, 文化一般に, 文化的な, 新時代, 新生活, 施無畏, 日々の, 日本文化の, 星子武穴馬頭鎮等の, 時が, 時には姻戚関係, 暫く昔話, 更に多く, 書いたもの, 書かず自分, 書くなり, 本月, 東京の, 東西に, 松島の, 栄えるが, 梯子芸に, 楠氏の, 極めて僅かの, 榛名をめぐって, 次第に色濃く, 此人々の, 此長論を, 歩みを, 残る留守組, 比較宗教を, 民主的勢力は, 気ままな, 水の, 水は, 水路は, 江に, 沸くが, 治安維持法と, 活動し, 活動する, 活溌に, 海道の, 混乱し, 渡海場から, 渦巻き起ったらしい, 渦巻き起る, 渦巻くピンク色ローマンス, 漸次に, 濃く彩っ, 焔並びに, 無意識に, 無限に, 焦点を, 煮えたぎった生活経験, 熱心に, 熱意を, 猛烈を, 現れつつ, 現在では, 現在を, 生じた空間, 生成発展し来つた, 生活し, 生活する, 畑にも, 當時の, 疾き, 発動し, 発展し, 発展し得べき, 発行され, 発達し, 目まぐるしい感情, 直に世界, 真黒な, 研究を, 社会主義的建て直しを, 祝福の, 祝言を, 神事に, 神田の, 秀吉の, 私たちは, 科学の, 種々なる, 種々の, 突然近付き, 竹内式部山県大弐その, 筆を, 箱根伊豆の, 築かれおそらく, 築かれまじめ, 約四, 約百二十度, 組の, 組み立てられて, 組織された謂わ, 経済的財政的動員政治的動員社会的動員等々が, 結束し, 統治を, 絶えずごたついた, 絶えず何, 絶世の, 緊縮せられた, 編年体に, 縦横に, 羽毛の, 考えると, 考えるという, 考えるなら, 考えるべき個人的問題, 考へて, 考へられなければ, 考へると, 考察する, 聞かせて, 自分の, 自我の, 自由な, 舊藩主に, 舟橋聖一豊田三郎田辺茂一等によって, 良識ある, 色々文書等, 英雄の, 荒蕪地として, 萬事を, 薩摩日向の, 藪が, 行なわれた, 行はれる, 行われる階級闘争, 複雑な, 西に, 西へも, 西方地中海沿岸の, 西部の, 見えるよう, 見た展望図, 見られる, 見るべき情勢, 見物かたがた歩くべき, 見物の, 規矩を, 解決する, 計画されなけれ, 記述を, 詠んで, 説いて, 講義を, 議論し, 起った, 起ったいろ, 起ったイタリア, 起ったルネッサンス時代, 起った悲劇, 起った日本, 起つた, 起れる此, 身の, 転廻する, 較世人に, 農村の, 述べたの, 述べられた心理學史, 進められたの, 進められて, 進展し, 進歩的な, 部分的に, 酒宴を, 重んぜられ次第に, 野枝さんの, 釣りめぐれ, 鉛筆で, 錘り, 鎔岩を, 開拓された, 関係各, 関東一円にわたる, 附近一帯に, 附近一帯を, 陶磁器製作の, 隣りから, 集つて貰ひたいの, 集まる女達, 集り相談, 集会所倉庫病院郵便局購買組合などの, 雑草を, 雪の, 雲の, 頓にその, 顕れて, 飛び違うため, 魚類精神を, 鳥甲吾妻鉢巻等を

▼ 中心~ (404, 6.5%)

24 なして 23 失って 13 なすもの 8 置いて 5 失った, 成して 4 うしなって, 取って 3 發見する

2 [15件] おいて, とって, なします, なすところ, 一直線に, 取りながら, 外れて, 失いそう, 失うと, 失つた, 支えて, 有する円, 求めて, 逸すること, 離れて

1 [285件] いいかげんに, いいかげんの, うしない鉄格子, うしなったよう, うしなった歌舞伎, うつして, おいたところソヴェトアジ, おかず対立, おきかえて, おくならば, おくよう, おけば, おつう, きり離し, ぎゆつと縮める, この山上, さぐって, すかし見たが, すこし離れた, その一点, その科学的検討, ついた為, つかみ得たよう, つかむね, つがへ, つこうという, つつくと, とらなければ, とること, とるひま, とる技術, とる方法, とればと, どこにおいて, なしたの, なしてると, なすの, なすべき父子, なす一行, なす三棟, なす国庁, なす大津町筋, なす天城山, なす天守閣, なす形式的, なす新しい, なす最終戦争, なす有機的形成力, なす棒, なす生活, なす調査官十五名, なす雄山, なせる姫, のぞくと, はずして, はずれた, はずれて, はずれると, はつきりと, はなれた都, まとめ色彩上, むけて, もたず又, もったもの, もって, ゆるめて, よぎる直線, 一つきめ, 一区内に, 一間程, 上下に, 中心と, 中心として, 中心点として, 二葉亭以来の, 京都よりも, 他人によ, 作らぬよう, 作りたいという, 作る, 作る諸, 保たせて, 保って, 保つて, 保てない姿勢, 元の, 全く缺, 兩手だけで, 冥想盲模し, 出来るだけ, 出現する, 動かした著, 占めて, 占めるよう, 占めアジア, 反省する, 取っては, 取りかつ, 取りかねて, 取りました, 取り直すので, 取るかの, 取ろうと, 取返すの, 古手の, 名聲, 向けて, 喪った不幸, 因果の, 堅固に, 墓という, 外した嫌, 大分出は, 天守閣に, 失いかけたところ, 失い思わず, 失うこれ, 失うの, 失えば, 失して, 失ったかたち, 失ったん, 失った事, 失った今, 失った幕府, 失った石像, 失った結果, 失った途端, 失った道夫, 失つてよろけ, 失はんと, 失ひかけたほど, 失ひかけて, 失ひて, 失ひ生, 失へる, 守り自己, 守り超, 定めて, 寄切る, 密に, 射たるを, 巧くとれ, 市内へ, 帝国劇場に, 廻って, 引離すもの, 形づくつて, 形づくる, 形作り生彩, 形成し, 彼女の, 得て, 得れば, 微妙に, 徹して, 徹底的に, 愛せら, 感情の, 成すもの, 扼する重要, 抑えるため, 抜きに, 押して, 拵へる, 持って, 持つ円, 持つ楕円, 捉えるの, 捉へる, 捉み, 掌握する, 探して, 揺られ或は, 摘出する, 支持し, 改め始めた, 攻撃する, 新しく変え, 最後に, 有しその, 有した圏, 有し中心, 有すること, 有するもの, 有する小, 有せず, 有せぬ, 有つこ, 東方に, 横たえて, 横たへ, 横切つたり, 欠いた興味, 次第にぼかし, 次第次第に, 欧州と, 歩いて, 残して, 氷の, 求むるの, 求めそこ, 求めること, 求めるため, 求めるという, 求める中谷, 河へ, 流れるいのち, 漂はせ, 無くし出した, 照らすとき, 熱心に, 爭ふ, 狂わした, 独楽の, 生産労働区域に, 異にする, 發見すべき, 目ざして, 目差して, 真中に, 研くため, 破壊しよう, 私は, 科学方法論に, 移して, 移す一つ, 空襲し, 突撃し, 紙で, 缺いた, 缺く, 置いたこと, 置いたり, 置いた上, 置くこと, 置くの, 聳動し, 自分一個の, 與へて, 舞台効果に, 芸術的な, 衝くだろう一つ, 衝撃する, 襲うの, 要求する, 見すてて, 見たの, 見つけたがる, 見つけること, 見て, 見出したもの, 見出して, 見失った魂, 見失はれようと, 見徹して, 覓めて, 覗き見ること, 貫いたの, 貫く繁華, 距る, 踏み外すやう, 輪なりに, 退いた, 通って, 通りまする, 通過する, 造ったの, 造ったフランス, 造って, 遠ざかった端, 遠ざかるに, 選び毘沙門, 避けわざわざ, 鎭めその, 陷れなけれ, 集めて, 離れた内談, 離れない, 離れる時, 需めたくなる, 食事の, 首都に, 高速モーターの, 麻糸で

▼ 中心~ (366, 5.9%)

7 國は 5 ような, ように 4 方へ 3 まわりに, 世界, 人物を, 物の, 生活を

2 [18件] そのまた, やうに, 冀望と, 冀望を, 力が, 問題に, 國に, 國を, 如きもの, 思想を, 方は, 深さ, 移動を, 要求を, 話題は, 説は, 貴族院内閣でもが, 農民運動は

1 [294件] あたりから, うごきと, うごきや, うちに, その又, それとは, ところが, ところである, ところに, ところは, ないよう, ない大きい室, ない寂寥, ない目つき, ない社会, ない考え方, ない葬式, ない読書, ない顔, まさに移動, まはり, まわりの, もの, ものに, ものは, キールに, グランブウルヴァル近くの, ゴシップみたいな, サン・モリッツの, ゼネストは, 一つであった, 一人は, 一公園から, 一味にとって, 一大家族でない, 一旗を, 三里塚附近は, 上へ, 不可思議は, 世である, 世界からは, 世界の, 世界を, 世界的遊楽地だ, 丸の内で, 主要なる, 事件に, 二十三日の, 人たちである, 人を, 人物と, 人物として, 人物に, 人物の, 今日の, 仕事ゆえ人を, 付近に, 付近には, 伽藍と, 位地を, 位置に, 位置を, 低俗な, 信仰を, 偏向が, 充空に, 全国的な, 公卿謀議が, 円に, 円より, 凹みに, 分立を, 利益が, 到來, 刹那主義を, 力たるを, 力に, 動力と, 動向は, 動機は, 勢力なる, 勢力の, 勢力も, 勢力を, 北側の, 即ち藤原時代, 厳粛が, 参覲交代の, 取れぬ不安さ, 古い型, 句の, 周囲を, 和歌の, 唱えられたこと, 商店街も, 問題であった, 問題であり, 問題と, 問題として, 問題にとって, 問題は, 問題を, 善美あり, 国家といふ, 土地を, 地位を, 地図が, 地軸から, 型に, 場合です, 境界線に, 変化を, 外に, 大地震, 大市, 大無人境, 大移動, 大都会, 天才教育が, 太陽が, 如きを, 妙な, 存在の, 定家主義が, 定家主義に対して, 実力が, 宮廷文学を, 家を, 小説に, 局所に, 山彙から, 峻烈な, 希い念, 平安文化的な, 平穏, 座談會では, 建物は, 徒である, 御方である, 心情, 心棒みたいな, 必要に, 忠君思想を, 思想が, 思想と, 思想に, 思想は, 恒星も, 態度を, 成功に, 戦争が, 据えどころ, 推移する, 推移によりて, 攻撃に, 数に, 文化でなけれ, 文化を, 文学, 文明で, 文藝雜誌, 料理屋へ, 新政黨を, 方に, 方角へ, 日を, 日程に, 時だ, 時は, 時代で, 時代に, 時代には, 景気を, 書物を, 有様と, 望樓に, 本だ, 本所であった, 柱が, 柱には, 核の, 核は, 権ある, 機関が, 正座が, 歯車と, 歴史が, 歴史に, 歴史は, 歴史を, 残忍性丈が, 毒悪あり, 気持には, 永遠の, 波瀾それをめぐっての, 深い穴, 深度が, 深淵では, 渦は, 渦中に, 温度は, 演劇, 演劇という, 火が, 火は, 無き存在, 無風帯とも, 爛熟は, 物語には, 特殊の, 状態に, 猿女叙事詩が, 生気を, 生活と, 生活との, 生活伝統と, 生活記録に, 生物に, 由, 百貨店にでも, 皮椅子に, 目標物に, 真上の, 真理である, 真理を, 石亀が, 研究に, 確立は, 社会主義体系に, 祖承, 神社と, 神送りの, 神道に, 私利私欲を, 移るにつれて, 移動, 移動する, 空中襲撃に, 空気が, 空洞に, 端まで, 統御ある, 締りにだけ, 考えかたは, 考えを, 考へ方, 肝要な, 自由社会に, 興味に, 興味は, 舊信仰を, 舞台である, 舞台に, 芝居に, 花園の, 芸術的文化を, 芸術的雰囲気である, 衝動を, 要求とは, 覇道主義である, 見方から, 観を, 観点が, 説より, 読者は, 諸計, 讀物として, 象徴に, 軸を, 輩が, 輪が, 通りから, 通俗小説も, 通俗的な, 通路は, 連中が, 進行速度と, 運動をも, 過剩文明, 邦夷に, 醜拙を, 重みと, 重大な, 野望に, 間に, 間を, 関係事項等は, 隠れた心核, 集りから, 集団だ, 面白い書物, 風格を, 髷物時代物小説である, 黄なる

▼ 中心~ (194, 3.1%)

3 何と 2 洛北との, 皇室に

1 [187件] あの男, あるの, いつでも, いつも彼女, いつも極った, おそらくここ, かくされた土中, ここだひと目, ことごとく王家, この丁種, この中里, この武士階級, この賊, この青年, さる薩長, すでに江戸, そういう様式上, その価値論, その論理的価値, たちまち江戸, どういふ, どうしたら, どうしても動作, どうやらあの, どこに, はぐらかされ全体, ほとんど不明, まずその, ま南, もうオホツク海, もう水浴, もとよりの, ものの, もはやそこ, もはや今日移動, もはや江戸, もはや浮動, もはや遠心的, やはり, やはりパスカル, やはり明治十七年, やはり道, わずか十名, イタリアである, オルガだった, ガンベッタ廣場の, キミ子である, ギルド即ち, ツルゲネフの, トラファルガー・スクエヤーで, ナイフです, ニルヤの, ブエノスアイレス市なり, ヘクトール又, 一朝の, 三田井を, 丸ビルに, 主として附和, 主體, 久しい間, 事件の, 云わば, 京都に, 仏蘭西伝習隊で, 他者の, 低俗感傷な, 何であつ, 何といつ, 何と謂つて, 何処でありましょう, 何処に, 何時までも, 依然として大阪, 価値論に, 信長の, 八女郡であります, 出来て, 初めは, 労働者, 勿論宣命, 十月の, 即ち世間, 却ってこの, 参政権問題では, 又柳糸子, 古めかしい家, 呪詞を, 土佐の, 塾長である, 多く地中海方面であっ, 大会議, 大阪で, 太平洋であろう, 夫人が, 子供と, 季題の, 官僚に, 家庭から, 尾張名古屋の, 局部的に, 屡々移動, 山を, 岸の, 帯と, 常にその, 常に移動, 常陸芹沢村の, 幸福で, 幸福であった, 強ひ, 当然帝国議会, 彼だ, 後継内閣の, 徹底せる, 心臓よりも, 必ずしも京華文雅, 必ずしも西洋文明, 応永, 恋愛であった, 悠々と, 政治であった, 政治家に, 文学サークルが, 文治派に, 新日本文学会, 新聞紙の, 既に欧洲, 日本に, 日本文化に, 日本橋京橋へ, 昼間行はれる, 本邦を, 東天紅の, 桃山時代で, 次第に参政権問題, 次第に文学書, 次郎が, 此処に, 此生活を, 歴史的社会的諸, 母君の, 毒殺とかという, 永久に, 江戸を, 決してただ, 法華寺と, 流星という, 流石に, 深い穴, 演劇文化を, 無論浅草, 燦く, 片岡先生では, 相対的無限な, 矢張り東京だ, 矢張り細君にも, 矢張揚子江の, 確固として, 磨上らしい, 祖先崇拜に, 私より, 移動し, 程なくこの, 絶えず傾い, 經書に, 經驗に, 臨邑又は, 自分であり, 自分という, 自分の, 自分自身が, 自我で, 自然哲学を, 舞台の, 菅の, 薩摩と, 西ヨーロッパに, 要するにそこ, 言うまでもなく正行, 論理学である, 講堂である, 谷筋や, 近松自身云つてゐる, 速くに, 適当の, 零でしょう, 魔の

▼ 中心~ (171, 2.7%)

3 どこに 2 あって, これまで, 大弓の, 必要である, 氏の, 自我に

1 [156件] あった, あったの, あったはず, あの沖合, あまり高い, ありまして, あります, あり要, あり闇中, ある, あるから, あるそれ, あるだろう, あると, あるはず, あるやう, あるらしい, ある事, いる, おせい, おのおのの, こ, この産業革命, ございましょう, ございますの, すべて個人に, そこに, そちこち, その一事, その古い, その株, その犯罪手段, つぎつぎに, できあがったうえ, とれた時, どうしても能登守, ない, ないから, ないからの, ないため, ないの, ないやう, ないよう, ないん, ない処, なかったら, なくては, なくなりました, なければ, ひとりでに出来あがる, むしろそちら, よく定まらない, よく掴まれ, わかつて, カトリック教会の, カラカラに, ガランと, パナマに, ブダペストの, 一つの, 一元化し, 一部に, 上だ, 不確かに, 二ヶ所に, 京都に, 代官お, 何かの, 何である, 作品に, 儒学に, 全く腐敗, 全一体, 全然ない, 兩, 出來, 出来たわけ, 出来て, 出来るよう, 分裂し, 創設せられ, 動きやすく, 単に外見上, 双方から, 取れずまるで, 取れなくなって, 喰ひ, 国体明徴だ, 在りは, 地上特に, 外れて, 失われたと, 奪われた今, 妖女と, 存する限り象徴, 完全に, 客観的な, 客體的他者性において, 室戸岬附近に, 対岸の, 嵐山な, 常に動い, 形づくられそう, 微風に, 意識の, 憲法を, 成立し, 戸まど, 手薄に, 掴めない, 政權と共に, 日本共産党へ, 晩年の, 朝廷を, 東京を, 東都に, 武士と, 焼け落ちたの, 現実につき, 球に, 生れるの, 町人の, 痺れそこ, 益々技巧専一, 盲目で, 直線だ, 確立し, 社会的勢力としての, 移つて來る, 移動し, 移動する, 空間的に, 窪んで, 細君には, 緊張し, 置かれ, 置かれて, 置かれては, 腹に, 芳賀先生だ, 藥研に, 裸像の, 西岸の, 赤く紅緑相雑, 足ばやに, 通り過ぎたやう, 遊楽である, 違うわけ, 遞次に, 適当なる, 適当の, 集った, 集まりやすい, 靈魂に, 鬼であり, 齊に

▼ 中心~ (145, 2.3%)

9 である 6 となっ 5 となった 3 だ, となる 2 があっ, とて遠い, となり, とも言うべき, にあっ, に於ける, は必ず

1 [105件] からわずか, から一里半, から二粁以内, から僅か, から浦上, から馬, があった, が石巻, たる都市, たる長野, だから, だつだの, であった, であったが, であったこと, であったため, であったという, であったアゼン, であつ, であらね, でありながら, であります, でありますけれども, であり大体, であり宛然一国, であり将門館, であると, である和田, である証拠, である谷合, でこの, ですから, でそこ, ではすでに, で地面, で始むるか, で最も, で米国, で集, といはれる, といわれた, とされ, として知られた, として続く, として記録, として馬場先, とする, となろう, との連絡, ともいうべき, ともなる, とも称すべき, と言い, にいる, におり, にこんな, にさえなる, になった, になつ, になりました, になる, には起っ, にもなっ, に位置, に入り込み, に名声, に当っ, に盛ん, に見出された, に踏み込ん, に鎌倉, のいずれ, のごとく見られ, のまんなか, のよう, の北端, の市街, の沙汰, の町, の街上, はいくつ, はそんな, はまさに, はアナワク, はパラティーノ, は小, は成都, は月給とり, は朝鮮, は永田町, は近く, は鳥上, へガマ, へ没入, もどことなく, も相, をすこし, をもって永く, を成し, を潰滅, を目指し, を行乞, を見立て, を避けた, を離れなかった

▼ 中心~ (101, 1.6%)

2 が自我, になっ, のまわり, の周囲, より妻, を失う

1 [89件] からの距離, から少し, から考え直し, から語り出したらしい, があっ, があるだろう, がかわっ, がこの, ができ, がはじめて, がはっきり, が大塚, が太平洋, が明快, が決定, が無い, が特異点, が移動, こそ即ち, たらしめん, たり, だけを非常, だ人間, だ車, であったから, であり従って, であるごく, であるそう, であるだろうという, であると, であるプラーグ, である士地ゆえ, である被告, であろう, ですでに, ではある, ではない, といふもの, として云わ, として廻転錐, として考えれ, となさん, となし, となった, となり, とも見るべき, とも解すべき, と見る, なり, になった, になったらしい, に位する, に向け, に向っ, に注意, に立ってる, に立つ, に触れ, に集める, のため, のない, の傾斜, の欹傾, の温度, はいは, はと言え, はラジオ, は中央アジア, は何処, は再び, は恋愛, は次, は黄色人種, へ引き戻した, へ思念, へ送込もう, より分散, をぐるぐる, をそらした, をつくる, を固う, を定め, を意志, を持った, を明らか, を求め, を狙い, を異に, を疑問

▼ 中心から~ (82, 1.3%)

5 離れて 3 遠ざかって 2 六出し, 円周に, 半径の

1 [68件] いくらも, かなりずれた, かなり隔たっ, すでに二里以上, それたつまらない, つづいた棒, どのくらい, ふらふら二着, ややはなれた, 一吋も, 一番奥の, 一番遠い, 一飛びに, 不断に, 傍に, 全く置き忘れられた, 八方に, 六出する, 六本の, 勉強心が, 動いて, 北に, 右の, 同時に出発, 吐出されて, 四千哩隔たった, 四方へ, 地球表面に, 地理的に, 垂直に, 外れた小料理屋, 外れるやう, 外辺へ, 外部へ, 少しでも, 少し下, 彼を, 感心し, 抹消され, 新しい芽, 末端に, 東に, 枝が, 梅干が, 檣が, 流れ出たこと, 測るべきもの, 溝が, 町役人と, 相當, 私を, 細い六本, 細い鎖, 總括した, 自分に, 自分の, 薄卵色, 西へ, 見て, 角を, 起る, 跳ね出して, 遠い所, 遠くせまい威力, 遠く離れ, 遠ざけられた, 離れる事, 非常に

▼ 中心~ (82, 1.3%)

16 あつた 3 あつて

1 [63件] あとは, あらねば, いわゆる美術, かいたもの, こしらえて, この中心, この家庭, これと, さながら燎乱, さへ, その祖廟, それから峡, それが, それに, どんなに栄えた, ね, ふたたび庶民, ふだんは, やった, やった蕪村講義, 一座の, 三百年も, 其の仕事, 出会って, 動いて, 名を, 団十郎と, 大きな背景, 始むるかまた, 家庭の, 少しでも, 山県森井上などの, 廻転し, 急速な, 戦国以後も, 戰爭を, 極く, 江戸時代には, 沿岸に, 満足し, 煙の, 片山潜高野房太郎など, 現実的な, 生活し, 生馬の, 田舎漢の, 相会おう, 石だけの, 破裂する, 立って, 自余の, 自分の, 行わる, 行われる, 試みた, 起こったもの, 起った事, 軒を, 郊外は, 部落の, 重要な, 青山方面にも, 魅惑の

▼ 中心~ (69, 1.1%)

6 な課題 5 なもの 3 な問題 2 な力, な勢力, な考

1 [49件] でありあくまで, であり多少, なあらんかぎり, なところ, なの, なる世界, な一, な主役, な交叉分岐点, な人物, な仕事, な代表者, な位置, な俳優, な努力, な動き方, な動機, な命題, な地位, な執筆, な娯楽本意, な存在, な孤立, な形態, な役割, な意味, な感じ方, な感情, な態度, な手続き, な指導者, な本質的, な根柢的, な構成分子, な機構, な男子, な目的, な磁力, な箇条, な色彩, な観念, な論点, な部分, に扱っ, に考えれ, に語られた, に長々, のもの, の魔力

▼ 中心人物~ (64, 1.0%)

3 の一人 2 であった, とした, として長い, となっ, となる, なの, になっ, は四半刻, を養成

1 [43件] がなくなった, が今, が具, が居ない, が御, が王様, たるノラ, だったらしいの, で, であ, であったマリー・アントワネット, であつ, でありますが, である, であると, であるプリスィプキン, である如く初め, ではない, としての記述, として多く, として書い, となす, となった, となり, と共に鼓動, なるカイゼル, なん, になり了せた, のよう, の人柄そのもの, の死に, はあの, はやはり, はモンジュ, は島, は平清盛, は綱宗, もこれ, や指導者, を, を呼ん, を知る, 乃至重要人物

▼ 中心問題~ (64, 1.0%)

3 とする 2 であるばかり, として二年, となっ, となる, なの, は意識

1 [49件] が併, が存, が那辺, だ, であ, であった, であったが, であったという, であったの, であつ, でありその, であり芸術的真理, である, である生産拡張五ヵ年計画, でなければ, で触れれ, とされた, とし, とした, としての教養, として根気, として檜舞台, として理解, として選ぶ, とならね, ともいうべき, と婦人, になつ, にまで反射, に結び付けられる, に関しては我々, の一つ, の轉移, は, はイデオロギー論, は予算, は今, は何時の間にか, は如何, は雑器, へいきなり, へ移っ, も經驗, をその, をもって一致結合, を大衆, を文学, を無条件, 即ち超

▼ 中心主義~ (48, 0.8%)

3 または愛国運動等

1 [45件] あるいはさまざま, が中途半端, が依然として, が日本精神, が近代市民的, っての, である, であるが, でかえって, できたといふ, でなく寧ろ, では曲学阿世, では無い, という弱点, とかいうよう, とかに一生, とか孝道中心主義, としたい, としての人間学, とは根本的, とは稱, と日本孤立主義, と結びついた, なるもの, に対する判然, に立っ, のもの, の偏見, の右翼, の哲学組織, の國史家, の宗教団体, の教育法, の明治憲法, の根本, の研究法, の確立, の罪, は絶対, や愛国主義, や文学至上主義, を主張, を実行, を發見, を組織的

▼ 中心~ (45, 0.7%)

4 向って 2 行くと

1 [39件] かたまって, はいって, 出て, 出勤し, 反射され, 向いた, 向いては, 向うバス, 向かって, 向けて, 向っては, 向ふ, 引っ張り出して, 投込まね, 押しな, 押し戻されさえ, 来た, 来て, 来なくても, 来るほど, 来る事, 毎日通勤する, 生命の, 立入ること, 胸を, 舟が, 船が, 落ちたであります, 虚空を, 行き思い思い, 触れて, 誘われようとして, 近づくまま, 近づけない工夫, 迷い込んだ, 這入るの, 逞しい体, 遠く退い, 飛び下りたもの

▼ 中心である~ (42, 0.7%)

3 ように 2 がその

1 [37件] かという事, かのよう, からこそ哺育, からその, から外来語, ことを, こと即ち, この息子, だけにここ, という気, といっ, といふなら, といふ印象, ときに, とともに人間, と云う, と同時に, と言う, にもかかわらず, のだ, ので半, のに対して, 下町の, 以上母に, 伊勢の, 動作は, 四平街へ, 國, 戯作者達の, 東京へ, 此等の, 母性に, 祖先崇拜は, 警備司令室では, 赤身ばかりを, 通り, 雲仙を

▼ 中心たる~ (37, 0.6%)

2 ことあり, を求めざる, 大久保利通の, 首領を

1 [29件] お人, これでこそ, すべての, それらの, に恥じない, の説, をもっ, を止め, 万字楼の, 中岳は, 京都や, 北京の, 名古屋の, 名詞だけ, 地位は, 地位を, 女房時代以来の, 好機会, 拷問の, 東京に, 東京の, 東京を, 欧州諸国を, 此の, 氏上が, 神, 自然の, 證劵市場が, 鬘物は

▼ 中心としての~ (35, 0.6%)

1 [35件] ことであるらしく, ものであった, ものであり, ように, 一団の, 一家の, 一時代の, 仕事である, 價値が, 共進会であり, 古仏教美術関係, 各地の, 和算が, 営みの, 地形を, 地理は, 学生会である, 實在, 方が, 書齋一つは, 會合で, 流れや, 生活を, 神話は, 考えである, 自己を, 言説である, 話だ, 話に, 話ばかり, 話題も, 身辺観察の, 遠近の, 都市, 野戦の

▼ 中心には~ (30, 0.5%)

1 [30件] いつでも, いつもみだら, いつも穴, かまわずに, しながら, なって, やはり此闊達性, プログラムを, 一人の, 上の, 中央体すなわち, 中学に, 例の, 侵蝕的な, 傘の, 光る銀灰色, 刎ねつけあう, 吉原遊廓の, 地球を, 多くの, 宇都宮の, 床と, 深くこれ, 発光物質が, 直径五十ヤードばかりの, 約二五〇〇万度, 考へたが, 角帽を, 言うまでもなく中野卯三郎, 鉄の

▼ 中心~ (29, 0.5%)

2

1 [27件] から山, が出来, が静か, だね, であった, であったところ, でその, で罹災, にあっ, に何, に向っ, に相寄っ, に近い, の, のあかあか, の位置, はどこ, は動かない, へ向かっ, へ突入, よりも微弱, をなすべきだ, をなせる, を南北, を占領, を歩い, を航空写真

▼ 中心であった~ (21, 0.3%)

3 ように 2 という

1 [16件] がこの, ことから, ことが, ことについては, ことは, だけに今, のである, のに反し, アテナイの, 太陽の, 安宅先生が, 武士の, 活動の, 自分自身が, 近畿の, 近藤氏の

▼ 中心より~ (21, 0.3%)

3 出で 2 生き又

1 [16件] この部分, して, もっと隔たった, 動作する, 各三十間, 少々西, 振り来る円周, 挺出し, 新たなる, 最も隔たりたる, 無偏, 生きる存在, 生き働くとは, 画き去る, 約二千米半径以内, 縁に

▼ 中心課題~ (21, 0.3%)

3 とし 2 とする

1 [16件] があり, がストライキ, だと, である, とした, としてたたかっ, としてみっちり, として導き入れられた, とすべきだ, とすべきである, にてい身, のあり, の一つ, は世界観, をなした, を文学

▼ 中心にな~ (20, 0.3%)

3 つてゐた

1 [17件] つたのは, つてその, つてそれに, つてを, つて世話を, つて五六の, つて其外に, つて其宣命, つて出來て, つて居りまする, つて戯曲よりも, つて時時, つて来た, つて活働しなけれ, つて眷屬の, つて私も, つて組長を

▼ 中心~ (19, 0.3%)

3 のだ, んだ 2 のか

1 [11件] けむ甲斐, のであります, のである, のでございます, のでその, ので早い, ので樽野, のに前, んだろう, んです, 信条に

▼ 中心~ (19, 0.3%)

2 を排す

1 [17件] から見れ, である, となつ, とならざる, に甘心, の支持者, の第, は世界, へ引付け, へ達せね, も陽根本位論, をも紹介, を以て我々婦人, を加味, を唱, を排する, を適用

▼ 中心勢力~ (18, 0.3%)

2 となっ

1 [16件] がある, が変り, たる地歩, たる薩摩, であった, であった田原親堅, でありその, で指導, として神事, とは派, と見るべき, になっ, になつ, は空疎, をかたちづくる, を持つ

▼ 中心であり~ (16, 0.3%)

1 [16件] さえの, ながらそれ, ながら剣術, ながら市中, 且つ又, 中核である, 今も, 国民的精神の, 思想はも, 数字上の, 根本である, 標準で, 肝心な, 自足し, 西北境では, 詩を

▼ 中心では~ (16, 0.3%)

3 ない

1 [13件] あったよう, あり得ない, いましも, ないし, ないという, なかつたにも, なくて, なく冷静, はやすばらしい, まだ子供, 別の, 欲望は, 無いの

▼ 中心思想~ (16, 0.3%)

2 とする

1 [14件] がヤトラカン・サミ博士, である, といふもの, なく迷い, によって敷衍, に接触, は, はおくれ, は凡て, は封建的農業主義, は自己超越, は藝術, を基, を知ろう

▼ 中心地帯~ (15, 0.2%)

1 [15件] だ, であったらしく均平, でありながら, とをさした, と関連, においてやや, についての記録風, になっ, に生き, の真中, の資本家兼地主, は人間その他, は大, へ這入る, を境

▼ 中心~ (15, 0.2%)

1 [15件] が, があり, であつ, となツ, なり, なりしなり, にし, は多く, より開展し, をつまん, をなし, を捉, を目がけ, を置く, を讀者

▼ 中心~ (13, 0.2%)

2 常に動く

1 [11件] いよいよ崩れへたばっ, この都, ない調和, またアリストテレース, やはり大河, 亦ある, 亦下, 使用人に, 出來, 自己も, 遊興街温泉旅館街で

▼ 中心~ (13, 0.2%)

2 のまわり

1 [11件] から再び, となる, に最も, の位置, の周囲, の外側, の引力, の運動, は, は強く, を成し

▼ 中心~ (12, 0.2%)

3 つたのだらう 1 という, ということ, といふ, といふ考へ, と云う, と思ってるらしい, と考へ, のに何故こんなに, 江戸の

▼ 中心という~ (10, 0.2%)

1 ことが, ことだった, ことを, ものが, ものの, ものは, ものを, 事に, 意味に, 銀座通りが

▼ 中心からは~ (9, 0.1%)

1 これも, だいぶん離れた, だいぶ遠い, なれたエスモンド街あたり, ますます反対, 見のがされるほど, 遠く離れ, 遠つて男, 離れて

▼ 中心とも~ (9, 0.1%)

2 なって 1 いうべきこの, なったこれら, なるべきもの, 根源とも, 称すべき姿, 稱すべき, 言うべき大

▼ 中心~ (9, 0.1%)

1 が生れる, たり得る, だった, となっ, を失い, を失っ, を失った, を持たぬ, を新

▼ 中心要素~ (9, 0.1%)

1 であり女性, であると, というもの, とせね, となり, となる, の起伏, は母, を批判

▼ 中心であっ~ (8, 0.1%)

1 てあらゆる, てかの, てこの, てしかも, てその, ても決して, てヒダ中心, て見れ

▼ 中心なる~ (8, 0.1%)

1 ことを, ものが, 地球より, 大殿祭を, 大英雄, 宇宙の, 宮廷古く, 霊魂を以て

▼ 中心まで~ (8, 0.1%)

1 くだらでは, くだりその, 一瞬間に, 出て, 泌み渡らせ, 無であり, 続いて, 船員相手の

▼ 中心行事~ (8, 0.1%)

1 で其儀式次第, で土地, に人形, は夜半鶏鳴以前, は夜半鶏鳴以前とき, は必, は神, を執り行うた

▼ 中心~ (8, 0.1%)

2 の雑音 1 にうまい, に集中, は火, へ入りこん, を建設, を長い

▼ 中心だった~ (7, 0.1%)

1 が関一, と思います, と見え, のだろう, ように, んだ, 摩頭羅国の

▼ 中心において~ (7, 0.1%)

1 かくの, その中心, たたかい婦人有権者, 何とか方法, 便ぜられたもの, 実によくやっ, 幾段かの

▼ 中心地点~ (7, 0.1%)

1 につくっ, になる, にふみ, にふみとどまる, に進ませる, を出外れたくなかった, を出外れたくなかつた

▼ 中心題目~ (7, 0.1%)

1 であった天皇制, である, といわね, としてのマジック, として科学, にし, は民族

▼ 中心からの~ (6, 0.1%)

2 距離に 1 喚びで, 気魄に, 線を, 距離の

▼ 中心実に~ (5, 0.1%)

1 侯の, 孤独の, 感服する, 政党の, 此点に

▼ 中心~ (5, 0.1%)

1 に侯, に感服, に政黨, に此點, 在的中心

▼ 中心~ (5, 0.1%)

3 のまわり 1 の代り, の周囲

▼ 中心生命~ (5, 0.1%)

2 とする 1 として今日, は藝術品, を支配

▼ 中心でなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばならない, ばならなかった, ばならぬ, ば見られ

▼ 中心でも~ (4, 0.1%)

1 あるから, なかった, 主題でも, 目貫の

▼ 中心といふ~ (4, 0.1%)

1 のは, ものが, ものの, 現在事實を

▼ 中心とは~ (4, 0.1%)

1 いったいどんな, はたして何, 地域を, 神事に

▼ 中心にも~ (4, 0.1%)

1 いないし, いないと, なって, 言葉を

▼ 中心的人物~ (4, 0.1%)

1 とした, としての入道相国, となった, は網羅

▼ 中心~ (4, 0.1%)

1 が正しく, に合致, の上, の方

▼ 中心観念~ (4, 0.1%)

1 から装身具, が日本精神, は皇室, 即ち俯仰天地

▼ 中心です~ (3, 0.0%)

1 からこれ, からね, から窓

▼ 中心としてのみ~ (3, 0.0%)

2 存立を 1 ならず八重山群島

▼ 中心とを~ (3, 0.0%)

1 結び附ける線, 結合し, 與へ

▼ 中心へと~ (3, 0.0%)

1 はいって, 吸いよせられる, 這入つて

▼ 中心への~ (3, 0.0%)

1 侵入であります, 信頼だった, 新しい結合

▼ 中心を以て~ (3, 0.0%)

2 生涯を 1 宇宙の

▼ 中心人格~ (3, 0.0%)

1 に帰一, は団体, は絶対的

▼ 中心物体~ (3, 0.0%)

1 から著しい, となるべき, のまわり

▼ 中心的意図~ (3, 0.0%)

2 や善意 1 と善意

▼ 中心舞台~ (3, 0.0%)

1 で信乃, に較, は安房

▼ 中心舞臺~ (3, 0.0%)

1 であ, であつ, として世

▼ 中心ある~ (2, 0.0%)

1 がため, ことを

▼ 中心それ~ (2, 0.0%)

1 の本質, はあらゆる

▼ 中心たらし~ (2, 0.0%)

1 むるに, めんが

▼ 中心たらしめむこ~ (2, 0.0%)

2 とを計れり

▼ 中心たるべき~ (2, 0.0%)

1 御飯の, 所に

▼ 中心だけ~ (2, 0.0%)

1 でした, 白紙に

▼ 中心だけは~ (2, 0.0%)

1 夫の, 想像が

▼ 中心だつた~ (2, 0.0%)

1 かある, やうである

▼ 中心つまり~ (2, 0.0%)

1 その幅, その採炭場

▼ 中心でありまし~ (2, 0.0%)

1 てヒッ, て即ち

▼ 中心であります~ (2, 0.0%)

1 が少し, けれども之

▼ 中心でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, 私の

▼ 中心とが~ (2, 0.0%)

1 何処に, 離れて

▼ 中心としては~ (2, 0.0%)

1 各営, 静岡地方

▼ 中心なく~ (2, 0.0%)

2 又勢力

▼ 中心における~ (2, 0.0%)

1 気流大, 温度は

▼ 中心に対して~ (2, 0.0%)

1 反対側に, 放射的である

▼ 中心はずれ~ (2, 0.0%)

1 とを矯正, の子

▼ 中心はずれこれ~ (2, 0.0%)

1 はエクセントリック, をちよ

▼ 中心みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, にその

▼ 中心をは~ (2, 0.0%)

2 づれた枝葉末節の

▼ 中心をも~ (2, 0.0%)

1 なして, 失ひ實質

▼ 中心テーマ~ (2, 0.0%)

1 として期待, となっ

▼ 中心トリック~ (2, 0.0%)

1 とし, にこれ

▼ 中心主義的~ (2, 0.0%)

1 なアカデミシャン式, 乃至学術中心主義的

▼ 中心主義者~ (2, 0.0%)

1 いっこくな, たる孔子

▼ 中心乃至~ (2, 0.0%)

1 出發點, 標準として

▼ 中心~ (2, 0.0%)

1 させ自, し動物化

▼ 中心~ (2, 0.0%)

1 ハ分子タリ, ハ分子トシタル小社會ヲ

▼ 中心~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 中心団体~ (2, 0.0%)

1 たる縦横倶楽部, と目

▼ 中心~ (2, 0.0%)

1 に大, はシンビールスク

▼ 中心市場~ (2, 0.0%)

1 たらしめん, たる英米

▼ 中心~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 中心忸怩~ (2, 0.0%)

2 たらざる可

▼ 中心時代~ (2, 0.0%)

1 を作らう, を全く

▼ 中心~ (2, 0.0%)

1 から遮断, をなす

▼ 中心概念~ (2, 0.0%)

1 たる範疇, である

▼ 中心機関~ (2, 0.0%)

1 の在る, を動かす

▼ 中心民族~ (2, 0.0%)

1 と生活様式, の祖先

▼ 中心的位置~ (2, 0.0%)

1 に持っ, を占める

▼ 中心的勢力~ (2, 0.0%)

1 が乱, にはなり得ない

▼ 中心的指導者~ (2, 0.0%)

1 そして特に, として舊藩主

▼ 中心目的~ (2, 0.0%)

1 は果された, を見出す

▼ 中心眼目~ (2, 0.0%)

1 であろうと, ではない

▼ 中心~ (2, 0.0%)

1 であって, と合体

▼ 中心興味~ (2, 0.0%)

1 にした, の存する

▼ 中心觀念~ (2, 0.0%)

1 である, といふべき

▼ 中心近く~ (2, 0.0%)

1 へ出なけれ, まで来

▼ 中心部分~ (2, 0.0%)

1 が等しい, を既に

▼1* [194件]

中心あたりにいた, 中心いわゆる日本アルプスの, 中心およびこれに, 中心かと思うところ, 中心これを苦, 中心じゃないか, 中心その枢要の, 中心そのものではない, 中心そのもの主體性實在性そのもの, 中心たらしむべきもので, 中心たらしめ自己たらしめる, 中心たり無神論者に, 中心だったら踏絵などという, 中心だの芸術本位だ, 中心やから, 中心であったごとく今日なお, 中心であった如く評判され, 中心でありましたから, 中心であるべき理由が, 中心であろうし又, 中心ででもあるらしい場所, 中心でなかった事を, 中心でなかつたことに, 中心でなくなるとともに武士, 中心での気温が, 中心といつてもよかつ, 中心とかいったよう, 中心としてさえ考えられるべきもの, 中心とでも云いたい浅薄さ, 中心となつて所謂人民自治自治し, 中心どうしてそのよう, 中心なしに別々, 中心なぞと一口に, 中心なら子供の, 中心なれば地獄, 中心にかけてだんだんに, 中心にこそあたらなかったが, 中心にて近来年一年より, 中心にまで入込んで, 中心によつて統べ括られる, 中心により弱いもの, 中心ばかりでなく八王子市, 中心へも程遠からぬ, 中心までの距離は, 中心よりの働き掛けが, 中心よりは西側に, 中心よりも遠い線, 中心らしい部分が, 中心らしくたとえば乗合自動車, 中心ゴルロフカを見学, 中心ディーテの座所, 中心トシテノ意義ヲ以テシタリ, 中心ニ体ガ一方ヘ傾クノデアル, 中心外レタル, 中心中央の思想, 中心中央気象台とその, 中心中央集權になり過ぎた, 中心中心が赤く, 中心丸の内を僅か, 中心主力が弱っ, 中心主義的愛国主義的な広義, 中心主義而も低, 中心予算を編成, 中心であると, 中心事件のよう, 中心事務所中心の農民運動, 中心交叉点に大, 中心が新鮮味, 中心人物メンデルスゾーンと相識, 中心人物小田切久之進については次, 中心人物振りは寧ろ当然, 中心人物盲人の琵琶法師ダミヤン, 中心人物野上豊一郎氏を始め, 中心人物養成所とも称すべき, 中心以外の他, 中心任務とする, 中心を占める, 中心体付近にある, 中心何處にある, 中心傾向としてフロオベル, 中心で王党, 中心全体をいう, 中心内容にした, 中心内輪だけがなお, 中心制度が生まれる, 中心制度都会商工業制度から来る, 中心即ち首都や, 中心及び自己自身の, 中心をなし, 中心商工業の中心地帯, 中心圏内に侵入, 中心地これを, 中心地コロール島には既に, 中心地三箇の城主, 中心地上流人士の集, 中心地付近には直径三十センチ, 中心地以前にはロマンチスト, 中心地区を併合, 中心地大通りの真中, 中心地小金ヶ原へ一夜, 中心地方に移る, 中心地波高島と身延, 中心地点たるに適した, 中心地点丸の内に東宝芸能本陣, 中心地甲府は上, 中心地福島の駅路, 中心執筆者であり天下, 中心基地の本城, 中心堡塁をなす, 中心娯楽中心なぞと一口, 中心娯楽的即ち事件, 中心完全なる天文台, 中心家庭でたのしむ, 中心實在者としての中心, 中心将軍絶対主義は勤皇思想, 中心市揚であった, 中心彼等のすべて, 中心征韓の非, 中心従って読書, 中心得ノコトモ有ルカラソレヲ手紙ニ書イテ送ッタガ, 中心從つて實在性, 中心思潮となっ, 中心情熱によってさまざま, 中心情調をなし, 中心意義を離れ, 中心感情があり, 中心態度は茲, 中心或は不平不愉快の, 中心指導部の強化, 中心支那文明を崇拜, 中心改造という大, 中心文化が東京, 中心文芸を掲載, 中心日本橋油町に法律家, 中心映像を確定, 中心時期である, 中心有為転変のるつぼへ, 中心材料となられた, 中心松山町の上空五百五十メートル, 中心様式を示す, 中心標示になっ, 中心機関タル会館ヲ設立経営セムトス, 中心止まんと欲, 中心は未来, 中心潮流は此意, 中心点これを離れた, 中心理想に縁遠い, 中心當時の科學, 中心的争点に注意, 中心的地位を持つ, 中心的役割をもっ, 中心的急務なること, 中心的文芸批評が却って, 中心的活動をし, 中心的活動家である犬養健, 中心的点でしっかり, 中心的物語をこのむ, 中心的生命に触る, 中心的組織は, 中心的興味が繋がっ, 中心的課題になります, 中心目標でなければ, 中心示度は七百十粍, 中心祖国民衆主義これならあなた, 中心移動の時, 中心種族の間, 中心精力を自分, 中心経済中心は徹底, 中心線上にいる, 中心を奪, 中心だったらたとえ, 中心自分本位にしか考へられぬ, 中心芸術中心の天才教育, 中心要求と云う, 中心論点がう, 中心議題の周囲, 中心變動の説, 中心転た寂寞の, 中心はあった, 中心ははるか前方, 中心冷えきった時, 中心運動から引離し, 中心部あたりのゴミゴミ, 中心都市に仕立てる, 中心都府の学問知識, 中心配しておりました, 中心闘士が余りに, 中心附近に必ず, 中心青年協同施設であって, 中心項目としての呪術, 中心頭脳である, 中心飾りが出来る, 中心鶴巻町通りの繁華, 中心齊昭の頑張り