青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~上手 上手~ 上方~ 上流~ 上海~ 上等~ 上衣~ 上野~ 上陸~ ~下
下~
~下げ 下げ~ ~下げた ~下さい 下さい~ ~下さいまし ~下さる 下さる~ ~下され 下され~

「下~」 52634, 506ppm, 190位

▼ 下~ (17030, 32.4%)

151 立って 149 置いて 102 して 91 落ちて 74 なって 64 置いた 62 隠れて 54 あって 48 敷いて 47 あるの 46 住んで 44 降りて 41 あった, 隠して 39 立つて, 身を 38 於て 37 ある, 入れて 35 手を 34 来て 33 置かれて 32 おりて 31 寝て 30 いて, かくれて 28 置くと 27 何か, 腰を, 見て 26 坐って, 見えて 25 あっては, かくして, 落ちた 24 あつた, うずくまって 23 眠って, 着て 21 佇んで, 立った 20 あつて, 見えた 19 倒れて, 沈んで 18 働いて, 向けて 17 あるもの 16 あり, いるの, おいた, おろして, 居て 15 おかれて, おちて, 一人の, 両手を, 寢て 14 あったの, つきぬけたもの, 一つの

13 [11件] あること, おいて, すわって, たたずんで, 出て, 分類せられた, 坐つて, 待って, 書いて, 顔を, 首を

12 [12件] ころがって, それを, ついて, 入って, 出た, 垂れて, 彼は, 於ては, 火を, 生きて, 自分の, 落して

11 これを, なりして, もぐりこんで, 二つの, 彼の, 隠されて, 隱れ, 頭を

10 [13件] ありて, あるん, もぐって, 下りて, 並んで, 何が, 向って, 埋もれて, 眼を, 穴を, 繋いで, 膝を, 見える

9 [19件] いると, いる人, おりた, 一枚の, 人が, 伏せて, 動いて, 埋めて, 埋められて, 女の, 没して, 流れて, 石の, 立つこと, 置く, 行って, 見ながら, 足を, 集って

8 [11件] あると, あるという, くっきりと, さがって, それは, 人間の, 例の, 入れた, 敷かれて, 横たわって, 私は

7 [26件] あてがって, いた, うづく, おろした, なった, なる, むけて, 二人の, 人の, 姿を, 晒して, 暮して, 机を, 来た, 死んで, 水を, 潜んで, 生れたの, 穴が, 突っ立っ, 置きました, 落ちたの, 跪いて, 降りた, 集まって, 髭を

6 [36件] あっても, ありながら, あるよう, かくした, これらの, しゃがんで, すべての, つけて, ひとりの, もって, 下って, 不思議な, 之を, 人を, 人間が, 分類せられる, 坐った, 埋まって, 大きな穴, 座を, 或る, 持つて, 於いて, 来ると, 枕を, 潜り込んで, 現われたもの, 生活し, 眺めながら, 着いた, 突っ込んで, 立てば, 筵を, 落した, 隱し, 頭が

5 [69件] ありと, あるから, ある者, いる, いること, いろいろな, いろいろの, うごめいて, おくと, かくされて, さげて, しまって, そこに, なったり, はでな, ぼんやりと, やつて, 下りた, 云く, 仕事を, 付いて, 仰向けに, 休息を, 何かを, 使われて, 僕の, 光って, 入つて, 口を, 在って, 在りて, 埋められた, 女が, 子供が, 小さい痣, 小屋を, 属して, 巣を, 座って, 彳んで, 彼等の, 投り込ん, 持って, 控えて, 斬って, 於ても, 気を, 水が, 沿って, 消えて, 無数の, 物を, 発達した, 眺めて, 眼の, 突つ込ん, 立ちて, 立つと, 置きて, 肩を, 背を, 腰掛けて, 薪を, 誰か, 轉が, 逃げ込んで, 這い込んで, 長々と, 黙って

4 [110件] あぐらを, あらず, ある大きな, ある家, ある小さな, いたの, いても, いる男, いれて, いれば, おきながら, おちた, かすかに, かたまって, これは, しいて, したまま, したり, しるす, どんな顔, なつた, のぞけたの, はさんで, ひそんで, ひろげて, ふたりの, ぼんやりふだん, もぐり込んで, やって, ゐて, ベンチが, 一の, 一匹の, 一本の, 三人が, 三人の, 二本の, 仆れ, 何を, 其全文を, 出づ, 出る, 向いて, 呻吟し, 喘いで, 多くの, 夜を, 大小の, 如何に, 妹が, 家の, 寝ころんで, 屬し, 山の, 庵を, 弱卒なし, 張って, 影の, 彼女の, 待たせて, 心を, 抱いて, 捨てて, 於ける技術, 本を, 横たえて, 横は, 横わっ, 残って, 汗を, 海が, 海中島ある, 渦を, 火が, 犬の, 現われたの, 生えて, 生れて, 畫きたる, 白い岩, 眠つてゐる, 眠るの, 秘密の, 立ち, 立ちつくして, 立ったの, 立つ, 立つた, 立つもの, 組敷かれて, 緑色の, 置いたの, 置きながら, 置くと共に, 置くん, 肋骨が, 自分を, 落ちる, 葬られて, 行われたの, 見えたの, 見下して, 記して, 転がり落ちた, 輝いて, 這入って, 通して, 連れて, 閉じこめられて, 黒いもの

3 [241件] あったという, あった時, あつまって, あります, あるかの, あるが, あるその, あるベンチ, ある鍵穴, ある間, いたから, いたもの, いたり, いるん, おくこと, おしこんで, おろされた, おろす, お通, お銀様, かかって, かくしました, きて, これも, しかれて, しや, しょんぼりと, しよんぼりと, すえて, すくんで, それぞれの, それらの, た, ちがいない, ついた, つっこんで, つづいて, つないで, では, なつたり, なつて, なりて, なると, のまれて, ひざまずいた, ひざまずいて, ひそかに, ひろげた, ぼんやり佇ん, ぼんやり空, もう一つ, ゐるの, クッキリと, ピタリと, 一と, 一面に, 下に, 二人を, 井戸が, 人々は, 伏して, 休んで, 住むこと, 住む例, 体を, 何の, 使はれ, 働くもの, 光つてゐる, 入る, 入れると, 出ると, 分けて, 叙せられた, 口の, 吊して, 向けた, 向けながら, 向けると, 向つて, 呼んで, 四角な, 図する, 圧迫され, 在つて, 坐して, 坐らせて, 坐りながら, 垂れ下って, 埋つて, 墜落し, 夜の, 天下の, 存在する, 寝台が, 寝床を, 居た, 居つて, 居るの, 居ろ, 川が, 差しか, 差入れた, 店を, 引き出して, 影が, 彼らは, 息を, 感じられた, 投込ん, 折れて, 押し込んで, 据えて, 掌を, 掛けて, 接して, 掲げるの, 敷いた, 敷くの, 於けるもの, 日本の, 日本人の, 曲げて, 書いた苗字, 束縛され, 楓の, 極めて恥, 横た, 横に, 横倒しに, 次の, 残して, 毛だらけの, 水の, 永久に, 汝の, 沈んだ, 浮いて, 浮かんで, 涅槃仏の, 滑り落ちて, 潜って, 灰色の, 煙草の, 照し, 現れて, 生れたもの, 生れた女, 痣が, 目を, 真の, 短刀を, 神に, 私が, 私と, 私を, 種々の, 突き出して, 立つの, 立派な, 箱の, 紫の, 統一し, 絵画が, 続いて, 綺麗な, 緋の, 置いたが, 置いたこと, 置いてから, 置かうと, 置かれた, 置かれたの, 置かれると, 置き, 置きそして, 置きそれ, 置くこと, 置くの, 置けば, 置こうと, 耳を, 聞えて, 背の, 胴体が, 腰かけて, 腹を, 至りて, 至る, 舟を, 舫つた船の, 船を, 若干の, 苦しんで, 草履を, 莚を, 落ちました, 落ちも, 落ちること, 薄ら髯の, 藁蒲団を, 蝙蝠の, 行なわれて, 行は, 行はれ, 行われた, 襷を, 見えるの, 見おろされる, 見おろして, 見た, 覗いて, 説く所, 誰かが, 起き臥しして, 踏まえて, 踏んで, 身体を, 轉がり落ちた, 農家の, 近づいて, 近づくと, 迫って, 連なって, 運んで, 過去の, 金を, 金助の, 針の, 附いて, 階梯の, 雪を, 電燈の, 青々と, 静かに, 音を, 額を, 顔が, 骨を, 鰌は, 黒

2 [938件 抜粋] あいて, あったため, あったので, あった浅草紙, あてて, あなたを, あらは, あらわれて, ありし門人, ありますが, あるため, あるので, あるべき筈, あるらしい, ある一つ, ある人間, ある国, ある我が, ある武芸者, ある眼, ある私, ある若者, ある重要資源, ある長い, いたお, いた猫, いつでも, いふべし, いるから, いるので, いる二人, いる犬, いる青年, うって, おくに, おさめて, おったもの, おどり出して, おります走り使, おろうっ, お六, かう云, かがみ込んで, かくしてるん, かけた, かけて, かすんで, かなりの, きしる雪道, くぐって, こ, ここに, この世の, この手紙, これが, ころげ落ちた, ささやかな, さっきから, さらした, されて, した手, しなって, しんなりと, じっと立っ, すべり台の, すんで, その事業, その惨状, それに, それ等の, たぐった, たちどまって, たらして, ちょっぴりと, ちよつ, ぢつと, つく, つくばって, つながれて, とどまって, どうと, どんな害心, なったの, ならんで, なり下, なるだけ, ぬかずいた, はいりました, はさみ堅く, ひげこと, ひれ伏した, ひろがって, ぴったりと, ぴったり身, ふくらんで, ぶらさがって, ほそぼそと, まだ一時間位, まんまる, むきだしに, もがいて, もぐりこみその, もぐりこんだ, やった, やられたらしく脇差, わたしは, われわれが, ゐても, アザの, キリキリと, ソッと, ネルを, ハミ出し, パリは, ポツリと, 一つ違いぐらいで, 一人, 一個の, 一切を, 一所に, 一片の, 一箇所霜柱の, 一輪の, 三把を, 下, 下にの, 下ろした, 下駄を, 不気味な, 並べたの, 久しく眠っ, 二つに, 二条城の, 互の, 五六十人も, 五字を, 京都の, 人間は, 仄白く, 今日は, 他の, 伏せた, 休息し, 伸べて, 住み同じ, 住むの, 体の, 何やら黒い, 作られて, 使って, 使はれる, 俄に, 修善寺駐在所が, 倒されたり, 停って, 傷を, 働くこと, 僕は, 兀として, 入り込んで, 入れたまま, 入れた財布, 入交り, 内職らしい, 円陣を, 冷めたく白き, 出して, 列火が, 別の, 前から, 労働する, 包まれて, 匿し, 十人の, 十人扶持を, 午後の, 半分水, 卵を, 厚く儉, 又貞世, 叔母の, 古い樋, 古ぼけた本, 台を, 右に, 各種の, 吊した提灯, 同一の, 向かって, 否決せられたる, 吸ひ込まれ, 和毛の, 咲き誇って, 唸る劇烈, 国家の, 圧しつぶされて, 圧倒される, 在る, 在るの, 在るやう, 在る者, 坐つた, 垂れます, 埋めら, 埋没し, 堂内に, 墓の, 墜として, 壓し潰され, 変に, 多数の, 夢を, 大きな獣骨, 大勢の, 大学の, 大隈伯と, 女学生が, 婆さんの, 存在し, 安かな, 宗助は, 家が, 寄った, 寄つた, 寝るには, 寢そべつて, 寢る, 尋常の, 小さい二人, 小さく, 小さくなっ, 小さな眼, 小さな親仁, 小学生の, 小砂利, 尚周囲, 居りました, 居る主人, 居る八五郎, 屋台の, 展げられた, 山の端は, 左右せらる, 布かる, 帳場が, 平打の, 平等であっ, 幽かに, 広がって, 底知れぬ, 廻って, 引き出されて, 引用する, 当りて, 当る二階, 当時の, 影を, 彼が, 彼を, 待たして, 待つて, 御主人, 忍ばして, 忠助は, 急に, 房の, 打ちおとし車輪微塵, 打ち倒されて, 投げた, 投げ込むよう, 折り曲げて, 抛り込んで, 抱へて, 押さえられて, 押し寄せて, 押し込んだ, 拝を, 挟んで, 捉えられて, 捨てられて, 据えた, 捻り辛, 掘られて, 掲げる通り, 支配する, 收容され, 散って, 散りてを, 敷いた時, 斜めに, 斬り仆, 斬下げた見事, 新たに, 於ける多, 於る, 旅の, 明かに, 晒されて, 曝け, 曲つてる, 更に, 書き記して, 最後の, 月が, 本の, 村は, 来るもの, 板の, 枯草を, 案遷年四十二歳と, 梯子を, 棄てて, 椅子に, 楽々と, 此の, 歯を, 死んだよう, 死刑執行人や, 母の, 毛糸の, 池が, 沈みこんで, 油で, 泉が, 波打つ幾線, 泥鰌が, 流れる水, 消えた, 消えるの, 涼傘を, 添えて, 温かい紅, 湧いて, 滝が, 漕ぎ寄せて, 潜り込んだ, 無言の, 煙って, 父から, 犬が, 猿の, 現れた, 現れたの, 現われて, 甍, 生きながら, 生れし者, 生れた人, 生を, 生活した, 生活を, 生長し, 男女二人の, 町家は, 當る, 瘤の, 白, 白い波, 白木の, 白泡を, 白襟を, 目の, 真黒な, 着々と, 着きました, 着け身, 睥睨し, 睦まじそう, 短かく, 石と, 示して, 私達の, 秘めて, 突っこんで, 突込んだ, 窒息し, 立たされて, 立たなければ, 立ちますと, 立ったとき, 立った者, 立つ道, 立てかけた植木, 立上る, 章子を, 笛の, 箱を, 紙を, 紛れ込む筈, 細々と, 組みしいて, 組み敷いて, 組織された, 網を, 緑色に, 縊れて, 繋くべき, 置いたまま, 置いた乾物, 置いての, 置かれたもの, 置かれること, 置きその, 置き犬, 置くに, 置く婦人, 肉の, 育って, 育てられて, 脂肪が, 脚速き, 腹巻を, 腹這ひ, 臥さしむと, 自然の, 自註し, 至り, 茫と, 草の, 萌黄に, 萩の, 落ちこむこと, 落ち沈むを, 蒐めて, 蓆を, 薬舗を, 虎耳草の, 血の, 行くと, 行った, 行はれた, 表現の, 裸体の, 襦袢を, 見えました, 見えるよう, 見える小さい, 見える流れ, 見つけて, 見られて, 見る, 見るに, 見る時, 見れば, 観音堂あり, 記さうとお, 読む, 警官が, 貢賦は, 赤い吹出物, 起るかと, 足跡が, 踏みつけて, 蹲つてゐた, 車を, 転がって, 転がり落ちて, 近づいた, 迫った, 這いこんだ, 這入つた, 造ったの, 遊んで, 達した, 郷が, 鄭重に, 重って, 金の, 鉛色の, 銀色の, 鍵を, 降りたの, 降りた平次, 降りよう, 降りる, 陣取った, 隠したので, 隠すよう, 隠れること, 隱した, 隱す, 隱れる, 集むるごとく我なんじ, 雨やどり, 雪の, 雪袴と, 電気じ, 青どろん, 青葉が, 静かな, 静脈の, 靴ばけ, 項を, 頭の, 飛び飛びの, 首が, 馬を, 髭など, 黄いろい膏薬, 黒の

1 [10355件 抜粋] ≪坂本君は, あたります, あった庭草履, あった長い, あのおじさん, あらば, ありさ, あり宗教的, あるちいさな, あるブラジル, ある仲山, ある唇, ある孤立無援, ある彼, ある時計, ある潜航艇, ある祖父, ある薄暗い, ある長椅子, あれ見, いくたりも, いたん, いた河内兵, いったいどんな, いともしづか, いよいよこの, いるかい, いる三人, いる女達, いる細君, うすい髯, うずもれいったい, えんえんと, おかめ煎餅, おきキリスト教徒, おこなわれた事業, おそらくガタピシ, おとしたろう, およぎもえせじ, おりるにつれて, おれ馬, お召し, お盆くらいの, かき更に, かくれたり, かすれて, かわいそうに, きらめいて, くっきり赤い, こうしてあなた様, この上, この家来, この種, ころげおちた, ごたごたと, さげるよう, さも徒然, しがらみ, した仰向いても, しのびてとゞまることをせざりき, しめやかな, じっとし, すぐ脚, すばやく帯, する気, せせらいで, そっと忍ん, その千年前, その御, その蠅, それぞれ適当なる, たくさんたまる, たった一つディヴァン, たらしそれ, だんだん憂鬱, ちら, つかなくては, つくりつけられた木, つっこんでは, つまり藩主, ところどころ活版ずり, とまるの, どしどし新しい, なお二三筆, なされて, なった怒濤, なにか敷い, なりふたり, なり水, なるが, なわば, のけぞって, はいりながらも, はっきり答えた, ひきこまれて, ひそかな, ひらひらと, ふさふさと, ふんだの, べたべたと, ほんのりと, ぽつんと一軒, また一, まだ二人, まるで都腰卷, みんな集まった, めぐりめぐってあちこちの人へ, もえぎの, もったこと, やさしい子守, やや網羅的, よく匂います, わが眼, ゐたせい, ゐる彼, インクが, オルガンが, ガンダーラで, クリストフは, コンクリの, ジッとして, チヨイと, トランクや, ハネつけ, ヒタヒタと, フサフサと, ホメロスの, メリーが, ローマ軍団の, 一つ湯槽の, 一党四十七名の, 一寸見には, 一時人界に, 一瞥した, 一間や, 三びきの, 三四郎の, 三角の, 上靴と, 下れば, 不明な, 世を, 両者を, 中って, 丸太ん棒の, 乱闘の, 二ひきめは, 二本芽の, 五万何ぼ, 交わりを, 人家を, 仆れたる, 今日なほその, 他念なく, 仲間に, 伏滅せしめ給え, 佇みながら, 低い岩, 住むは, 何かの, 何んの, 余を, 來れる, 俯せた, 倒れたが, 偶然目を, 働くという, 充す, 光る凜, 入りきり, 入れ置くそう, 全国の, 公費の, 其産声を, 冒涜を, 冷笑され, 出すは, 出る或, 刀法道場を, 切開し, 別に一軒, 刺しと, 副院長, 劫を, 動くこと, 匂へる, 十二代五郎兵衞養母と, 千両箱が, 協力し, 却って増, 去らしめた件, 及ぼし次第, 取り上げられる, 口かも, 叫ぶ声, 合祀する, 名ある, 向けたので, 吹きだした黒い, 呼び出した, 哲学の, 喚起され, 四つ五つの, 団欒から, 国運の, 圧し潰され, 在りと, 地上の, 坐する譯, 垂がりました, 垂れ霧, 埋められますでしょう, 埋葬, 塊って, 売却する, 多感の, 大いに賞め, 大きなまるい, 大きな白膠木, 大タライ, 大寺が, 大穴が, 天狼の, 夫婦は, 女子の, 始終一貫, 子どもも, 安倍さんや, 定限ある, 客人格の, 宿取れ, 富士川の, 寝ないこと, 實は, 射出す大蛇, 小さい稲荷, 小さく見える, 小さな石, 小屋かけ, 小舟に, 少年は, 居た一人商人風, 居るか, 居る首陀羅, 屈従せしめる, 展べ, 属する平, 岩でも, 工場の, 差置いた, 帰すという, 干時帝留心玄牝, 幸子が, 広い河原, 底深く, 廻った, 引き据えつ, 引据ゑ奔流を, 強ち, 当るひとところ, 彳みつ, 往つて懐を, 従えながら, 微妙な, 忍び寄る, 思わず胸, 恐しい目, 悲しい, 意識し, 憂き目を, 成仏の, 或書云高市連黒人, 戰き, 手帖を, 打拾ら, 投げだされた女, 投影した, 抜け道, 押しかくされ眠らされて, 押し込んだ早業, 拘束され, 持つた全体, 振舞って, 据えた俎板, 据付けた金庫, 掘り拔, 掴まりあるいは, 援けられ, 撲りつけた, 改進黨を, 敗けて, 数町離れ, 敷いた新聞紙, 敷き敷島, 文字を, 斬り落され滝口, 新しく氷, 於けるその, 於ける生産技術家, 日の目も, 明るい火, 春ごろ空の, 普通の, 暮すか, 曝されるよう, 更に新, 書けなくなって, 月夜さし, 望む大, 木葉枝の, 朽ちて, 来ました, 松前なき, 枯れ松葉, 栄えるの, 梅枝という, 植えて, 概念に, 横たわる猪苗代湖, 樹木の間から, 次第に自己, 正一位六百戸, 歯二つ生え, 死人が, 殺されたという, 毛脛屋敷の, 水中の, 永く圧制, 決定的に, 沈める者, 没しましたか, 泛べ, 注げ血, 活発に, 浅ましく曝される, 浮んだそう, 浸入する, 淡色の, 混説し, 温和に, 溶け合つた囚徒, 漂流者が, 潛り込ん, 潜るの, 濡れた椅子, 炯々たる, 無期懲役に, 煙つて見ゆる, 熱い愛情, 父を, 物の, 犬という, 獨りで, 現われるかを, 瓦の, 生じた必要, 生れし同じ, 生れ帰っ, 生産物の, 田島が, 画面の, 異つた内容, 痛々しく骨張つた身體, 白いブラウス姿, 白い野菊, 白伊万里の, 皮肉そうな, 盲従し, 眞つ, 真精神, 眠ること, 着く, 着込んだらめつき, 知って, 石筍が, 示すあの, 神田川を, 秘密が, 稲の, 空洞の, 突立つた, 立ちきり, 立ち宗教, 立ったり, 立つた平次, 立つ数, 立て之, 竹刀を, 箒と, 米国に, 納められる時, 細い皺, 紺の, 組織する, 絞め襟, 絹の, 総長の, 縦ままに, 繰りひろげた, 置いた円滑, 置かぬうち, 置かれなど, 置きましたの, 置き捨てたまま, 置く処, 美しい八字髭, 群を, 老いたる盲, 聞えたが, 育ち不可思議, 胸甲また, 腸が, 臥しむるといへり, 自分のと, 自身の, 舞ひ, 芋刺にな, 若松市街が, 茫然と, 荒神様の, 萩野に対して, 落ちたとき, 落ちるが, 落とさした, 葬られること, 蓄え頭, 薄白く, 虐げられて, 蝟集する, 衆民に, 行なわれたの, 行われるという, 行為, 袷の, 西堀の, 見えます, 見える村, 見え窓先, 見て取るの, 見る封建的, 見出でた頃, 視たる意, 解決し, 記せり, 詠まれたもの, 説明し, 諸国の, 豪勢で, 貼りこめて, 赤い毛糸, 走りよりました, 起立を, 踊る国家, 踏んだ時, 蹲る色, 車などを, 転げて, 軽蔑される, 辛抱し, 近代化した, 追ひつめ, 這いこみ長く, 通りか, 進むべきだという, 運ばして, 達して, 遠退い, 配偶者間の, 重ねる衣, 金縁の, 鉄で, 銭形平次の, 鎮つてゐなけれ, 長さ四フィート, 開けた障子, 阿鼻叫喚し, 降り立って, 陥った者, 際限なく, 隠す所, 隠れねば, 雄雌, 集まり候え, 集合下水道を, 雫で, 露出させ, 青黛を, 鞠投げあそぶ, 顧る, 飛び込んだ間一髪, 養成され, 馳せ参じて, 駿足の, 高度に, 魏農と, 鰭伏て, 黄いろい嘴, 黒い毛, 黒く起伏, 黙して

▼ 下~ (8403, 16.0%)

242 方に 151 方へ 125 方から 105 方の 98 方で, 方を 54 方は 48 ところに 47 かたより 45 方が 41 ほうに 37 かたへ, 方には 35 ような 32 ほうから 27 ほうへ, 如くである 24 ほうの 21 方まで 20 ところで, 道を 19 かたの 17 段に 16 あたりに, 如くに 15 ほうを, ように, 部屋に 14 ベンチに, 土を 13 ほうで, 者が 12 かたには, 往来を, 所に 11 ところを, 家の, 方へと, 水の, 関の 10 あたりで, ものが, 座敷へ, 方も, 火を, 部屋で 9 かたに, 下の, 二人の, 子は, 平次の, 枝に, 町の, 石の, 者は, 部屋の

8 [13件] ところへ, 下だ, 人に, 室に, 岩の, 庭に, 弟の, 文が, 様子を, 段の, 者に, 通りを, 道の

7 [18件] お姫さまは, ほうは, 処に, 家に, 家へ, 広間の, 座敷の, 弟は, 村の, 棚に, 波の, 男は, 穴を, 者の, 草に, 農家の, 道に, 隅に

6 [40件] あたりを, ほうが, ほうには, ものに, ものの, 世話まで, 人の, 六畳に, 半分は, 土に, 地面が, 地面に, 奥の, 如し, 妹の, 床板を, 座敷で, 廊下に, 所を, 抽斗の, 方より, 暗いところ, 柔かい土, 水は, 池の, 河原に, 真暗な, 細道に, 者へ, 道路を, 部分は, 部屋には, 部屋へ, 関へ, 階級の, 隙間から, 雨戸を, 顔を, 食堂へ, 髭を

5 [36件] かたを, ひいさま, ほうまで, ものは, やうな, やうに, 入口の, 力持ちを, 地の, 壁に, 女の, 如き記事, 子が, 子の, 岩に, 広間に, 座敷に, 往来の, 方にも, 机の, 横棒が, 段には, 沼の, 流れを, 海の, 男の子は, 町を, 穴の, 空地に, 空地まで, 者を, 草の, 間へ, 青人草と, 静かな, 食堂で

4 [77件] あたりから, あたりは, お稚, ところから, ところが, ところまで, どこかに, ひげ, 下である, 世界を, 二つの, 二重丸は, 井戸端で, 人々に, 人が, 人は, 光景を, 単衣, 口から, 台に, 合歓の, 四畳半へ, 土は, 堰を, 壁の, 夫婦を, 如くで, 如く記して, 姉の, 娘の, 子供が, 室へ, 寝台で, 寝台に, 寝台の, 川の, 川へ, 席に, 広間には, 床に, 床の, 床板が, 廊下の, 往来から, 往来で, 往来に, 数字は, 方のは, 暗い処, 木の, 村に, 村へ, 椅子に, 様な, 水が, 水に, 水を, 流れに, 男の子を, 男を, 畑に, 私の, 穴に, 穴へ, 端を, 級の, 者も, 腐った奴, 臭い奴, 街, 通りへ, 道まで, 関まで, 階に, 階段に, 雪を, 鬼と

3 [160件] あたりへ, うつくしい村, おかみさん, お上さんの, きりぎりす, ところには, とこを, と同じ, ひきだしを, ほうにも, まちまでが, まつ川, ものも, ものを, ドイツの, ベンチで, 三段に, 上に, 下です, 下に, 世界が, 世界も, 事を, 二階の, 人たちに, 人と, 人家の, 六畳で, 六疊に, 力持ち, 唇が, 土の, 地面には, 地面へ, 地面を, 墓地へ, 声が, 夜の, 大広間の, 女の子は, 如きもの, 如く云つて, 娘が, 字が, 學問の, 家々の, 家から, 小さな家, 小橋を, 崖に, 川を, 巻に, 広い河原, 広間で, 床几に, 庭で, 庭の, 廊下を, 引出しを, 弟が, 弟である, 弟を, 往来へ, 戸棚から, 所で, 所には, 扉が, 抽斗から, 方, 方からは, 方へは, 日当りの, 暗い部屋, 暗がりに, 有様を, 机に, 村まで, 板を, 板敷の, 枝は, 枝へ, 枝まで, 棚の, 棧が, 棧は, 樣子を, 段へ, 水へ, 沢で, 河原の, 泥の, 洲を, 流れの, 流れは, 海には, 海を, 滝の, 灰までも, 物が, 物の, 物まで, 物を, 狐は, 男が, 男の子が, 町から, 町は, 町へ, 畑へ, 畳の, 皮膚に, 眼は, 石を, 石垣に, 砂が, 確信から, 空地で, 窓の, 窓は, 窖に, 端に, 箱の, 級に, 素人屋の, 細道を, 組の, 綺麗な, 者には, 自分の, 舟に, 茶の間には, 茶屋の, 草むらに, 草を, 萱を, 血の, 街路を, 街道を, 谷に, 谷を, 谷間の, 資本と, 通りである, 通りでは, 連中は, 部分に, 部屋が, 部屋は, 間で, 関と, 関に, 闇の, 闇を, 隅から, 隅の, 階級に, 雪の, 青いぬるぬる, 風呂場へ, 騒ぎを

2 [501件 抜粋] あたりには, おばさんが, お内儀, お姫さま, お姫さまが, お婆アさん, かみさんが, くぐりを, くさむら, ことだ, こんもりと, さか, したたる朝露, しめった空気, すみに, それへと, とほり, ない病人, ぬかるみの, は大, ひきだしの, へやから, ほらあな, みちが, みちまで, ものだ, ものとして, ものにも, ようすを, グリルで, コップが, コンクリートの, タンスの, テーブルに, テーブルの, トンネルの, ブタ小屋の, ベッドを, ベンチ, ベンチへ, ホールが, ランド下の, レストランに, 一つの, 一枚も, 一水に, 一筋道を, 三洲園という, 三畳の, 三階に, 下水に, 下水を, 世界へ, 主人を, 乾いた土, 二つは, 二人は, 二十一である, 二本の, 二隅を, 井戸の, 亡骸を, 人々は, 人々を, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人だ, 人通りも, 人道を, 人達に, 人間は, 位置に, 低い民家, 低さ, 住民の, 便所へ, 倉の, 停留場から, 先生の, 入口に, 八字髯が, 八畳で, 円い穴, 処から, 処の, 別が, 別なく, 別を, 力持ちに, 勾配の, 北上川の, 区別が, 叔母さんが, 叔母さんに, 叔父さんの, 叔父の, 古巣まで, 台には, 台所で, 台所では, 右側の, 合計では, 品物を, 噴水の, 四人の, 回廊に, 図を, 国民の, 国道から, 国道を, 土には, 土俵場から, 坐席, 塀の, 墓を, 壮快を, 夜道を, 大きな眼, 大八車に, 大地に, 大地主, 大廣間, 大掃除, 大河を, 太陽に, 女の子を, 如く傳, 如く語つた, 妹が, 妹に, 妹は, 妹真喜が, 娘は, 娘も, 娘を, 婆さんが, 婆さんに, 婆さんは, 子ほど, 子を, 子供たちの, 子供は, 子供を, 字は, 字を, 孤山は, 室, 室には, 室の, 家では, 家は, 宿に, 寝室に, 寸の, 小さい眼, 小さな室, 小さな眼, 小さ黒子, 小学校で, 小屋に, 小汚ない, 小粒の, 小道を, 小部屋, 居間の, 屋根へ, 屋根を, 屋根船には, 屑籠の, 山の, 山を, 山寺は, 山林の, 岡っ, 岩へ, 岩を, 岩蔭に, 岸には, 川に, 川二間四方ほどの, 川原で, 川原に, 川原には, 工業であっ, 差別なく, 巻, 巻の, 帝都, 帯の, 帳場へ, 平原の, 平次でございます, 広い空地, 広間では, 床が, 床は, 床を, 床屋, 店へ, 座に, 座敷から, 座敷を, 庭を, 廃れたる池, 引き出しの, 弟や, 弟妹が, 影の, 影は, 影を, 彼の, 往還に, 応接室に, 怪塔王の, 意識が, 戸の, 戸袋の, 扉の, 扉を, 抜け道を, 抽出を, 抽斗も, 掘割へ, 提灯は, 敷石の, 文句が, 文字を, 斜面は, 新らしく, 新日本, 方でした, 方よりは, 方地獄谷から, 日当りに, 日本で, 日本は, 早馳, 明るい色彩, 時計が, 普請小屋から, 景色を, 暖い, 暗い所, 暗い草原, 暗がりで, 曲者の, 曳出から, 月の, 木箱の, 村, 村では, 杭に, 松林の, 板が, 板壁に, 枝の, 枝を, 柱に, 格子戸が, 桟が, 桟は, 桟敷の, 棒が, 棚へ, 棧も, 棺の, 植木鉢の, 植込みと, 模様を, 樣な, 樹の, 段から, 段は, 段まで, 段を, 比較的に, 民である, 民衆は, 水際に, 水際の, 氷を, 汀に, 池は, 沓脱に, 河中から, 河原で, 河岸の, 泉水へ, 泥を, 洞の, 洞穴の, 洞窟の, 浅貝, 浜辺に, 海が, 海岸を, 涼しいところ, 淵へ, 清水を, 渓流に, 温泉の, 湖を, 湯女の, 溝川の, 潛り, 瀧のみを, 瀬と, 火が, 火に, 火の, 火鉢に, 灯籠の, 灰まで, 炬燵に, 煤を, 燃えさしを, 父が, 犬潜りの, 猿の, 玄関の, 玄関わきの, 王の, 王を, 生活を, 田圃を, 甲板から, 甲板に, 畑で, 畑の, 畳を, 白木の, 皮膚が, 真っ白な, 真喜は, 眼が, 眼瞼が, 着物は, 石, 石に, 石垣の, 石材に, 石炭が, 石畳の, 砂の, 磯を, 祭壇に, 秀吉などは, 空中に, 空地には, 窓から, 窓には, 窪みに, 立たば, 端は, 端れ, 竹筒は, 箱に, 箱には, 箱を, 紅蜀葵の, 紙に, 紙の, 級から, 素人屋に, 紫檀の, 細工などは, 結核デー, 絵の, 線路に, 線路の, 縁に, 縁台に, 缶には, 群集を, 者にも, 耕助が, 肌着と, 脚を, 腰つきから, 腰掛に, 自然石の, 舟の, 船に, 船の, 船室に, 船室へ, 船艙から, 芝生に, 芝生の, 花の, 花屋の, 若草の, 茱萸の, 草叢の, 菖蒲は, 菰の, 葦の, 蓆の, 蓆を, 蓋の, 薄い髭, 藁の, 藪に, 藻草の, 虫の, 行啓を, 街道に, 衣を, 袋に, 裏庭に, 角で, 記事が, 語に, 語の, 語を, 諸大名, 諸将, 谷から, 谷の, 谷中道を, 谷底へ, 谷底まで, 谷間から, 谷間に, 谷間は, 谷間を, 財布を, 資本は, 賑やかな, 賤民と, 赤い黒子, 足を, 路の, 路を, 路地を, 踏み板に, 辻に, 通に, 通りに, 通りは, 通路から, 逞しい梁, 連中の, 道から, 道で, 道へ, 道へは, 道路に, 道路の, 道路は, 部分から, 部分だけで, 部屋, 部屋から, 部屋まで, 部屋も, 部屋を, 部落で, 部落の, 酒屋の, 野原では, 釦を, 錺屋由五郎の, 長さ, 門の, 門まで, 間の, 間は, 関, 関から, 関で, 関より, 関を, 闇に, 陽だ, 隅を, 離れ座敷, 雪が, 雪どけで, 雪渓に, 雲の, 青い草, 頬の, 顏は, 願書を, 風の, 食卓に, 食堂では, 食堂の, 駒木野の, 騒ぎが, 骨を, 骨組みを, 高氏は, 髯を, 鮎の, 鰌を, 黒い瞳, 鼻の

1 [4221件 抜粋] あいだの, あたり一寸ばかり, あの臭い, ある家, いつもの, うす暗い片隅, おうち, おちご様, おひめ, お喜代, お嬢様で, お煙草入, かがみに, かたにかけて, かの狂人, がけっ, くさったところ, ぐあいはどんなものですか, ことである, この深い, ごとく余して, さかまく泥水, しもたやの, すぐ隣り, せまい三畳, その小流, たたかい半日余, ちっぽけな, つま戸が, とこ, ところは, どこよりも, ない蛇, はいもせ, はなん, は日月星辰, ひとが, ふくだみ, へんに, ほうとで, ほの, まっ暗な, みぞが, もっと奥, ものへまで, やつを, よく乾いた, アスファルト路を, オーケストラ, キャタピラで, ケチな, サロンで, スイッチを, スペイン人の, チャブ台で, トタンの, ハツチの, パリで, ピヤノの, プロイセンを, ベツドに, ペトラの, ボツクスに, ミスも, ユビまでの, レンズを, 一, 一万余人は, 一匹が, 一室で, 一本道だけを, 一番て, 一角で, 一階だけは, 三とな, 三十三であった, 三層が, 三浦が, 三階の, 上屋敷へ, 下で, 下水穴から, 下策だった, 不忍池, 世間の, 中共軍パルチザン部隊の, 中房へ, 主な, 乞食の, 乳飮兒を, 事実を, 二三の, 二十一歳で, 二印は, 二間で, 五六十名という, 五町田の, 交戦は, 人々にも, 人とかには, 人心も, 人群の, 人間どもの, 今の, 仕事を, 仮庵室なども, 会堂に, 佇立をも, 低い所, 何万戸という, 例に, 便所らしい, 傷が, 僧院内に, 先生も, 入口を, 全部に, 八畳に, 六畳から, 共同浴場の, 内庭で, 写真棚には, 凡愚, 凹みに, 出身かも, 切断の, 利島川辺両, 前歯を, 力持ちばかり, 力持の, 労働者の, 勘太も, 十の, 十二段家へ, 十字街路を, 半分が, 卓に, 印章についても, 原っぱで, 参議であった, 受付で, 口入, 古池の, 台へ, 史料を, 右端から, 吉田へ, 名前丈を, 和楽を, 喜八郎の, 四人義太郎を, 四畳半の, 図に, 国民は, 土中から, 土壌に, 土管から, 土饅頭の, 地下室で, 地球を, 地面は, 坂本まで, 埃の, 堀には, 塞いだ爐, 墓石の, 壇の, 夕も, 多賀和田木の, 大きなバケツ, 大きな滑らか, 大土間, 大島村に, 大木の, 大鯰, 太い枝, 夫婦が, 奥が, 女は, 女中部屋が, 奴でない, 如き文, 如く答, 妹, 妹を, 姉さんは, 娘だけが, 婆アさんも, 子なぞは, 子規居士の, 學校へ, 宗七も, 室で, 宮に, 家と, 家族が, 寄席の, 寝床に, 将が, 小さい瀬戸, 小さな村, 小さな顔, 小商人, 小屋住い, 小径を, 小母さんの, 小牧の, 小路を, 少将と, 居室へ, 屋根看板が, 山ノ手づたいに黒けむり, 山添い道の, 岩は, 岩陰には, 島, 崖まで, 川岸を, 工事場の, 左右に, 巴里の, 帆から, 帳場や, 干潟へ, 平地には, 幼い眼, 広い板敷, 広瀬といった, 床屋気質と, 店の, 座敷からは, 庭では, 庭園を, 廊下まで, 建立が, 引出しに, 弟さん駒場出た, 弟妹たちを, 役だ, 彼女が, 往生をは, 従妹を, 御祖母さん, 微粒子を, 忍耐強く, 思想に, 息子の, 感情を, 成長か, 戸棚に, 扉に, 技術, 抜け穴らしい, 抽斗を, 掘割を, 支配に, 救命艇へ, 敷居に, 文吉を, 料理屋へ, 新聞である, 方ごく, 方でし, 方のが, 方一町ほどに, 方岸から, 日かげ, 日本人民に, 日蔭で, 明るい場所, 時計のみ, 暗い机, 暗え, 暗黒は, 書斎で, 最初の, 木や, 木蔭に, 本箱の, 杉木立をも, 村は, 東京へも, 板きれ, 板も, 枝から, 柏屋に, 柱にも, 栗の, 格子の, 桟橋から, 梧桐の, 森林の, 椿の, 権勢家でも, 横柱から, 樹林地帯には, 櫛を, 歓呼の, 武田家の, 死と, 段からも, 毎日新聞社の, 毛布を, 水なき, 水戸様の, 水紅色に, 水道栓に, 氷原が, 池に, 沢では, 沢道に, 河原を, 沿岸の, 波を, 洋服屋に, 洞窟へ, 流れへ, 浪人達は, 海と, 海上を, 海面が, 淋しい場所, 深い深い海上, 深見重左へ, 混沌と, 渓谷の, 渚近くを, 温泉だ, 湯呑み所の, 溝の, 漁夫の, 漢詩人で, 濁流と, 瀧の, 火力が, 火鉢の, 炉傍へ, 炭加減にまで, 焚き落しを, 焼け砂の, 燃え残り, 爺俟てども, 物入れに, 犬くぐり, 狭い庭, 猟師目がけ, 玉場に, 現代から, 瓶には, 生活の, 用例を, 田舎へ, 男女よと, 町には, 畑打つ, 畳は, 病に, 発光路という, 白い梅, 白っぽい西洋作り, 白裸が, 皮が, 監房へ, 相貌を, 眞白な, 眼光が, 瞼とを, 石だの, 石楠花や, 石畳から, 砂山の, 硝子戸が, 磯や, 社会を, 神沼河耳命は, 私服刑事が, 秘密は, 穴倉の, 空にも, 空気と, 空間を, 窓との, 窪みを, 竈の, 端た, 竹筒が, 笹まで, 篠な刈り, 粘土を, 級だった, 細かい印刷文字, 細道をめぐって, 組織に, 絹糸の, 緑鬱葱たる, 縊れるばかり, 置物が, 群集の, 老人は, 者とが, 者共が, 肉, 肘枕花神は, 脣が, 腰を, 腹輪の, 臣が, 臺所に, 舞ひとを, 船室の, 艸の, 花やで, 花畑の, 若者たちが, 茶屋で, 草という, 草地へ, 荒川の, 萱草を, 葉に, 葦北郡辺りにては, 蓮根は, 薄明るい, 薄黒い, 藍色の, 虎を, 蜘蛛の, 行手は, 街へ, 衣裳箱類を, 裁判官の, 製図室に, 西班牙人は, 見証, 観念は, 記念かき認め, 諏訪と, 警護の, 谷まで, 谷川を, 谿間で, 貯炭場を, 赤いの, 赤松越しに, 足クビ以下が, 路傍の, 車庫ささう, 輪に, 農民どもに, 辻, 通りをば, 連想によって, 運動に, 道には, 道路から, 遭遇でなかつたなら, 部分, 部屋い来, 部落からは, 酒井の, 重苦しい空氣, 金は, 金魚屋の, 鈴木十郎と, 鉄道駅まで, 錘に, 鏡には, 長い堤防, 長きこと, 長屋裏へ, 開口能の, 間には, 関ニ参候時節人なく, 関償金三分の二を, 関行きの, 陶器作りの, 階より, 隔ては, 雅称我国にて, 難作業, 雪見灯籠に, 電気煖炉に, 露台に, 青い眼, 青石横町に, 靴下は, 頸筋には, 顔へ, 飛び込み台から, 食糧統制時代で, 馬方だ, 騒ぎは, 高い書架, 髭と, 髯二分程, 鳩も, 麥を, 黒い地面, 黒ん坊に, 黒鯉は

▼ 下から~ (3996, 7.6%)

76 出て 47 上へ 22 声を 21 見上げて 19 見ると 17 手を 15 覗いて 14 あらわれたの 13 それを, 上って, 現われたの 11 登って 10 現れたの, 聞えて 9 のぞいて, 上へと, 上まで, 女の, 彼の, 見あげて, 見上げた, 顔を 8 上に, 上を, 何か, 匕首を, 見て, 見上げると, 頭を 7 では, 出た, 彼を, 発見された, 首を 6 はみ出して, 出して, 声が, 眺めて, 私を, 聲を, 見えて

5 [19件] のぞくよう, ニューッと, ムクムクと, 一人の, 一本の, 一通の, 上がって, 二番目の, 人間の, 仰ぐと, 例の, 持って, 水が, 濛々と, 突き上げて, 見上げるよう, 足を, 身を, 逆に

4 [22件] きこえて, ちらと, ながめて, はい出して, 二つの, 二人の, 二本の, 仰いで, 彼は, 水を, 湧いて, 火を, 現はれた, 相手の, 眼を, 私の, 自分の, 血が, 覗くよう, 近々と仰ぐ, 這い出して, 響いて

3 [55件] あがって, して, その顔, のぼって, はいって, はい出て, ほの, ほんの少し, むくむくと, わずかに, 一枚の, 三番目の, 今度は, 光が, 出るの, 刎ね, 吹き上げて, 呼んだ, 呼んで, 大きな声, 少年の, 崩れて, 平次は, 必死の, 急に, 息を, 押し上げて, 昇って, 春が, 犬の, 現われたもの, 生えて, 男の, 目の, 目を, 石段を, 突き上げた傷, 紙入れを, 聞えた, 背中へ, 胸へ, 脱兎の, 見あげた, 見上げたまま, 見上げても, 見上げる, 見上げるもの, 覗き込ん, 覗くと, 誰か, 道を, 鍵を, 頂上まで, 順々に, 飛び出して

2 [254件] あらわれた, あらわれた顔, あらわれて, おふさ, お松の, かけあがって, こちらへ, ささえて, すぐに, するどいひとみ, せき込んで, その面, だ, つきあげた, つづいて, でも, とみちゃん, どなりました, どやどやと, のそ, のぞくと, はみ出て, ぱッと, ひびいて, ふたを, また一人, むっくりと, よくその, ガラッ八, ジーンと, スッポリと, チラと, チラチラと, ヌッと, バスに, バスの, ピストルを, 一つの, 一と, 一匹の, 三つの, 三四段目の, 三尺ほどの, 三本の, 三階へ, 三面の, 上から, 上の, 上への, 両眼, 中の, 中へ, 云う, 云った, 五寸ばかり, 五寸程の, 人が, 人影が, 伝わって, 保子の, 僕の, 先刻の, 其解職願を, 冷え出した, 冷水を, 出した手, 出たの, 出る, 出ること, 出れば, 切り揃えた, 切り揃へ, 切れの, 剃立, 助けを, 匍いあがっ, 匍い上がる, 匍出す, 北に, 半分ほど, 厚い紙, 反射する, 取り出して, 取出して, 受けて, 受ける柱, 口を, 古びた下帯, 叫んだ, 合図が, 吐き出されるスチイム, 吸い上げられ氷, 吹きあげて, 吹きつけた吹矢, 吹き上げる風, 吹き込んで, 吹矢を, 呶鳴った, 呶鳴って, 嗚咽が, 土と共に, 坂井の, 塞いだ奴, 大きな籠, 大きな鍵, 大家の, 大島紬の, 女中が, 室外に, 富岡を, 小判の, 小皿に, 岩の上へ, 左に, 左の, 平次を, 庭の, 廻りながら, 彼女は, 微かに, 心の, 怒鳴って, 懺悔を, 抜け道を, 押し上げる, 持ちあがって, 持ちあげて, 持つて, 持前の, 掘り出した, 掛けて, 撫で上げました, 救い出されたとき, 数えて, 斜に, 斜めに, 昇らなかつた上, 智的な, 本妙寺の, 来るもの, 柄へ, 根津に, 桃色の, 梯子を, 梯子段を, 槍で, 樫の, 橋の, 歯の, 死んだ三枝, 母の, 母を, 母親が, 毎晩て, 汲んで, 流れおちる血, 流れて, 涙が, 湧出する, 湯が, 潜って, 火が, 灰色の, 照し, 現は, 現れて, 現われた顔, 現われて, 瓦を, 生地の, 由良の, 白い繃帯, 百花妍を, 盛り上っ, 眺めると, 睨み上げて, 石と, 石を, 空を, 突きを, 突き上げられたの, 突き上げるよう, 竹筒に, 竹筒を, 笑ひ, 笠の, 答えて, 粗末な, 紐の, 紙きれを, 紙を, 綺麗な, 耳を, 聞えたの, 聞こえた, 聞こえて, 胸まで, 脇差で, 腰に, 腹へ, 舟を, 茶壺の, 草が, 草鞋を, 蓋を, 蚯蚓が, 蛇が, 裸の, 見あげると, 見あげるよう, 見えたと, 見える左首筋, 見ても, 見れば, 見上げたが, 見上げました, 見上げるの, 見上げる悪女, 見上げればこそ, 見事に, 覗きました, 覗き込む, 覗き込んだ, 言う, 訴えるよう, 話したの, 賽が, 赤いもの, 起って, 足の, 足場を, 透して, 這いだして, 這い出て, 這ひ出し, 這入って, 金の, 銀の, 銀色の, 鍬を, 鏡を, 長持を, 雑器を, 露出し, 音も, 頤へ, 顎の, 顏を, 顔の, 飛付いて, 饒津へ, 鮮かに, 黒い血, 齒の

1 [2634件 抜粋] あえぎあえぎ相手, あかりが, あざやかに, あどけなく見あげ, あらため初めた, あらわれた女, あんのじょう小林少年, いじらしい手, いや岩, うけとめさ, うっかり見上げた, うまそう, えぐり気味, おがまんばかりに, おもむろに萌え出, おろおろ声, お秀, お贈り物, かすかで, かみさんの, かわいらしい緑色, きまって靴下, ぎゅッと, ぐい, ぐるぐると, こう妹, こっそり鶏卵, この女王, こみ上げて, ごそごそはいだし, さけんだ, さし出すの, さっと血, さッ, しずかに, しぼり出すよう, じっとその, じっと前方, じっと見まもっ, すかして, すぐこうした, すぐ違反事件, すべって, ずるずると, そう答え, そっと持ち上げ, そっと覆, そのものを, その太, その柄, その空洞, そばかすの, ぞろぞろと, ただちに, たつまきみたい, だらしなく, だんだん海女, ちらりとけわしい, つきあげると, つまみ上げるよう, てらしたの, とって, とりだしたタタミ, どんどんと, どんな怪しい, なにか渡した, にっこりうれし, ぬけだしました, ぬつと, のぞいた鬚, のぞき込んだ雛妓共, のどかな, はいだして, はずして, はねかえそうと, はね返した, はらいあげて, ぱりぱりという, ひき出し, ひっぱられたひには, ひもを, ふいに, ふっと抜けた, ふらりと, ぺこんぺこんと聞えた, ほんとうの, ほッ, ぽうっと光, まず御, またにくにくし, また保子, また盛り上る, まっ白い, まほうはかせ, みょうなものがあらわれてきたではありませんか, むつくりと, もう一つ顔, もえ上がる, もやもやと, よく聞こえた, よびました, わが足, わらわらと, オラウスを, ガスピストルの, キャッキャッと, クックッカラカラ, グングンと, ゴトゴト押しあげ, ジロリと, スーと, ツイ袖に, ドンドンドン, ニヨロリと, ハンドバックを, パンツの, ビュルゲルを, ブッツリ切断され, ポチが, ポンポンと, メリンス友禅の, ローリーさんの, 一ツでも, 一包みの, 一時間以上かかっ, 一歩出た, 一言また, 一面に, 三つ目に, 三四人の, 三尺程の, 三段目に, 三間とは, 上そんな, 上は, 上眼使いに, 下士が, 不安そうに, 与八が, 両手を, 久政の, 乱れた眉, 乾雲を, 二人は, 二尺ほどの, 二番目で, 云うと, 五分も, 人を, 人骨と, 仰いだ, 仰がれる橋袂, 仰ぎ視て, 仰向いて, 会陰部へ, 佐渡の, 何んじゃ, 侵入し, 倉田さんと, 働きかけ武蔵を, 先刻と, 入つて, 全身に, 六七間の, 再び始まり, 出かかった頭, 出した本, 出たといふ, 出た手, 出た黒い, 出ました, 出るなら一臂, 刀の, 切れ目を, 初さんの, 前掛けを, 力を, 動かない, 勝助は, 匍い上がっ, 千余騎いちどに, 半分はみ出, 半面ほど, 厭に, 友達の, 取り出した十字架, 取出しそれ, 古河君は, 叫びましたが, 右の, 同じよう, 向直って, 吸い上げられて, 吹き上, 呑気に, 呼び寄せたもの, 呼ぶ多吉, 咽び出た, 唐本が, 嘗めるやう, 噴き出す何, 四五尺までの, 國名目的附加額を, 土間の, 地下戦車は, 地獄の, 坂東声で, 城太郎は, 声かけられ, 外れて, 夥しい小犬, 大きなコウモリ, 大きな旗, 大きな眼鏡, 大きな雪田, 大勢の, 大学生が, 大工の, 大黒鼠, 天井裏土蔵納屋の, 太い声, 夫婦は, 女師匠の, 妙な, 姉の, 娘を, 嬰ン坊を, 室内は, 密と, 射すくめら, 小さい声, 小さい鐵葉, 小さな蛇, 小僧の, 小林君の, 小粒と, 少し洩れ, 山刀が, 巌流の, 左門を, 差し覗く, 帯まで, 平三爺, 幾つ出, 床を, 延すの, 引きずりだし目, 引き出して, 引き離されて, 引出して, 弟の, 弾き出された者, 彼女の, 後亭, 徳川幕府が, 忍びよる, 怒り罵り, 怖ろ, 怨ずる, 悠々と, 情火を, 憂鬱に, 懷中煙草入を, 戒刀で, 手で, 手紙の, 打ち抜きさえ, 抓り上げられて, 投上げ, 抜こうと, 押しあげようとしても, 押し出された空氣, 拙劣な, 拾い上げると, 拾ひあげ, 持ち上げる力, 持上げられたよう, 振って, 掘り出された, 掬って, 揺すぶり出した, 支えて, 救いを, 数へて, 敵が, 斬りあげて, 新田先生が, 日なたへ, 昇つた人は, 明大裏手にあたる, 時々真面目くさった, 暗い海, 書が, 朗かに, 木立の, 本船に, 来た, 来る船, 枕を, 柿を, 梅玉堂が, 横へ, 欄干の, 歎息を, 此処まで, 死んだおやじ, 死體にな, 毒薬でも, 気軽に, 水兵が, 氷に, 汪然, 油の, 泣き声が, 洩れて, 流れ出て, 浮ぐ赤い, 海老蔵を, 涎掛の, 深き眉, 渦を, 湧き上り, 湧き出る水, 湧立つ, 滑って, 潜り出たどくだみ, 濠端に, 火吹竹が, 炉の, 無数の, 煖か, 照らしあげるお, 煽られて, 熱する, 爆発し, 父君を, 物々しい噂, 独立しよう, 現れた二つ, 現われたあの, 現われましたの, 環帯の, 生まれて, 申し上げました, 異様な, 登つて来た, 白い封筒, 白い眼, 白い蒸汽, 白く飛びだした, 白夜を, 白骨や, 皮の, 目も, 直と, 眉の, 真鍮の, 眩しさうな皮肉, 眼が, 眼の, 睨みつけて, 矢みたいに, 石垣の, 硝子の, 祖父の, 秋日和で, 空は, 突きあげて, 突き上げたの, 突き上げた左, 突き上げると, 突き破ったもの, 突然とろりと, 立ち上るから, 立上った, 竿の, 第六天, 答へて, 約百歩, 素性を, 素足を, 細工物の, 絶えず物, 緋縮緬に, 縄で, 美しい鶉色, 耳へ, 聞えるん, 聲が, 肉色の, 肩順々に, 背負い上げたの, 脚を, 腹にかけて, 自分で, 自暴ぎみの, 舞台を, 船を, 若々しい女, 茨や, 荒繩を, 落款の, 蓬, 薄色の, 蘇生し, 蜘蛛の, 蠅が, 行こう, 衣笠久左衛門も, 袖を, 裾の, 襲われては, 見あげた俺, 見えてる限り, 見えるの, 見える深い, 見える髪, 見たいから, 見たよりも, 見た所, 見やって, 見るため, 見るやう, 見上げたらこれ, 見上げた視線, 見上げる彼, 見物人が, 覗いたよう, 覗かせた時, 覗きこん, 覗く, 親父が, 計って, 認めたまでには, 誰かが, 警官の, 谷を, 財布や, 貰って, 赤い火, 赤ちゃけた頭髪を, 赤黒い引吊, 起った, 跪いて, 跳び出して, 躍り出しましょう, 転がり出したもの, 轟き出した, 返事を, 追っかけて, 逃げこんだ家, 逃げようと, 逆しまに, 透過させ, 這い上って, 這ひ上がる, 通すこと, 逼ひ出し, 運び出して, 遠く様子, 遺臣の, 郵船会社の, 醜い正体, 野口が, 金紋の, 釣りあげる, 鋭い唸り声, 鎧通しの, 長い紐, 長さ一丈, 門前の, 隆起する, 雜記帳仕立の, 雪渓で, 震えるばかり, 青い汗, 青山一丁目へ, 面だけ, 項へ, 頤を, 頭蓋骨の, 顎にかけて, 顔には, 風に, 飛びあがつた, 飛ぶが, 飯田町通を, 馬鈴薯の, 駈け上がって, 駒平に, 高いタラップ, 高射砲で, 魂を, 鸞帯の, 黄金の, 黒いマント, 黒い眼, 黒の, 黒衣を, 鼻へ

▼ 下~ (3937, 7.5%)

307 向いて 80 見ると 73 くぐって 62 見て 61 覗いて 54 通って 50 歩いて 45 のぞいて 43 潜って 36 向いた 33 流れて 31 向いたまま 29 見た 2421 むいて, 覗くと 20 長くし 19 のぞくと, 過ぎて 15 掘って, 通ると 14 覗いた 12 焚きつけて, 見おろして 11 のぞいた, 通る時 10 流る, 見れば 9 一と, 焚いて, 見ながら, 覗き込んで 8 向いたきり, 眺めて, 経て, 走って 7 くぐると, 指さした, 通るとき, 通る人 6 くぐったり, 向いたま, 流れる水, 見つめて, 覗きました, 這って, 通りか

5 [21件] あるいて, くぐつて, くぐりぬけて, のぞきこんだ, のぞきました, むいたまま, 向きながら, 向くと, 彼は, 横に, 水が, 潜らせて, 潜り抜けて, 目がけて, 見おろした, 見たが, 見る, 見下して, 見廻して, 覗きながら, 離れて

4 [33件] かいくぐって, くぐりながら, さぐって, どこまでも, みると, 包んで, 向いた儘, 向く, 往っ, 抜けて, 指した, 掻いくぐって, 歩いた, 歩きながら, 水に, 流れる川, 眺めると, 縫って, 見ましたが, 見ますと, 見下すと, 見下ろして, 見下ろすと, 覗いたり, 覗けば, 通りかかると, 通りますと, 通り汽車, 通り過ぎたとき, 通る, 通るの, 長くしました, 音も

3 [72件] あちこちと, ごらん, しずかに, すかして, ぞろぞろと, ながめて, のぞきこみながら, のぞきこんだり, まわって, むいた, もぐって, 一人の, 中心に, 伝うて, 伸して, 俯いて, 出て, 向いたなり, 向いたり, 向き, 向きました, 向くに, 向ひ, 大黒傘肩に, 実に何万, 少し居退き, 左へ, 帰って, 廻って, 往来する, 急いで, 抜けると, 掃いたの, 探って, 掻きながら, 歩けば, 気に, 潜りて, 潜りながら, 潜れば, 焚付けて, 照らして, 煽いだり, 煽ぎながら, 眺めた, 穿くり蚊いぶ, 臨むと, 船が, 行く水, 西へ, 見おろしながら, 見おろすと, 見ないで, 見下しました, 見下ろした, 見降ろした, 覗いたが, 覗き込むと, 覗き込んだ, 覗く, 走る車, 這ふ, 通った, 通ったり, 通つ, 通りかかりました, 通り抜けて, 通ること, 通るので, 通る人々, 過ぐれ, 静かに

2 [171件] あのウ舟, あるく, うかがうと, うかがって, うねうねと, うろうろし, かけぬけて, かすめて, くぐった, くぐらするに, くぐりて, くぐるの, こき上げました, こすりました, さぐった, すべって, そっと通り抜ける, とおって, なにごころなく通る, ぬけて, のぞいたり, のぞいては, のぞきながら, のぞき込んで, はいて, ひたして, みて, みれば, やられて, ゆく美人, グイと, ツクヅク眺め, 一つは, 一散に, 下駄の, 丸出しに, 人の, 使って, 例の, 俯向きながら, 出して, 出ると, 切り取って, 初め奉り, 力任せに, 動いて, 北へ, 南へ, 去って, 右から, 右に, 同じ地, 向いたまま口, 向いてるか, 向て, 吹いた覚え, 吹いて, 呼んで, 埋めて, 塞ぎ大急ぎ, 大手を, 字余りに, 宿に, 射抜かれて, 山を, 川が, 巻いて, 廻ると, 影の, 往来の, 御詠歌を, 心の, 悠々と, 悲痛に, 抉って, 抜けようと, 指しました, 指で, 振り向いて, 掃いて, 掘ると, 掻い潜って, 描き宮川長春これ, 散歩し, 敲き, 根よく, 横断し, 歩きました, 歩くと, 毛布で, 水上警察の, 沈んで, 沒し, 没して, 流れる, 流れ洗濯女, 深々と, 深い堰, 湯に, 潜り上, 潜り橋を, 焚きつくれば, 焚きつけたり, 焚きつけ乍ら, 焚き附けて, 焚つけ, 煽いで, 燃して, 燃やして, 狐が, 目懸け, 私が, 突き上げたもの, 繞って, 脇差か, 脱け, 自分の, 行く, 行く蟻, 行ったり, 要求する, 見い見い飛んで, 見おろしました, 見たまえ, 見たり, 見た時, 見ては, 見ても, 見ないこと, 見るとも, 見下すの, 見下ろし, 見下ろすの, 見廻した, 見降して, 覗いた時, 覗き, 覗きこんだ, 覗きに, 覗き歩いた, 覗き込みながら, 覗くでも, 調べて, 讓り, 越後に, 車は, 迂廻, 退きながら, 逍遥し, 這い出して, 這つて向うへ, 通っても, 通つた, 通つてゐる, 通らなければ, 通りかかったとき, 通りながら, 通り過ぎて, 通るよう, 通る女, 通過した, 遊び廻っ, 長くした, 長くします, 関氏遺族一同は, 隠して, 離れた, 飛んで, 馳け, 黒い人影, 黒くし

1 [1866件 抜粋] あおぐ団扇, あても, あやうく逃げ, あるき出した, いくつか, いただきましたが, いま正成の, うごくなかれ, うつむいて, うろついた, おもしろく見せる, お外しな, お歩きなさい, かいくぐること, かい潜り九十郎, かしこここ角の, からめば, かわして, きょろきょろと, くぐったか, くぐったらしくわたし, くぐらねば, くぐりぬけそしてまた, くぐりぬけ生々しい, くぐり台所, くぐり徳二郎, くぐり抜ける燕, くぐる, くぐること, くぐれば, くすぐるよう, ぐっしょり濡らし, ぐるぐると, こうした当時, ここから, こするよう, こつこつと, こわごわのぞい, ごらんなさい, さがすこと, さぐりましたが, さし覗くと, さまよい木の葉, ざぶざぶと進ん, しづ, しらべましたが, すぎて, すっかりよみ切る, すべり越して, すりぬけて, すれずれ, ずんずん, そつと, その青い美し, ぞくぞく町屋, ぞろぞろ通る, たきすすぎせんたくも, たぎちゆくの, たどって, ちょっと覗いた, ちらと, つきぬいて, つたうよう, つつましや, つまんで, とびまわって, どうする, どんどんおり, ながくし, ながめました, ながる翼, なにし, ぬいで, ぬけ出そう, のそのそと, のぞいた弥生, のぞかせました, のぞきこみましたが, のぞき込む, のぞき込んだとき, のぞく途端, のぞみ大声, はいくぐっ, はうよう, はくとき, はったり, はるかに, ひょこひょこ歩い, ふいて, ふく熱風, へんに, ほじくり返す泥, ほとばしり流れる水, ほり返すと, まくって, まだ掃き清めた, まっすぐ棒, まはっ, みたり, むいたとたん, むかない, むくと, めざして, もう少し短く, ものとも, やけにこする, やり延喜式神名帳, ゆく水, ゆるやかに, よろめいて, アフガニスタンに, グッと, コツコツと, ゴソゴソ匍, ザルツァハの, スポリと, ズルズル引きずる, チョコチョコと, トンネルで, バタバタと, ブツブツかがり, ミューズよ, ランデ・ヴウの, ロアイヤル橋から, 一台の, 一尺離れ, 一晩お, 一歩踏み出したら, 一群の, 丁稚を, 三国へ, 且つ蔽う, 乾かすのに, 二人が, 二条の, 交わして, 人夫達が, 人間が, 今日半日歩い, 伝つて峡湾の, 伸ばして, 低く歩めり, 住居に, 何処までも, 來る, 俯き真赤, 借りて, 傷つけたの, 働く下女, 充ちたりて, 八マイルも, 冒して, 凄愴, 出しな, 出づる, 出る頃, 出離れるまで, 切断され, 制しいわゆる, 刺した, 前後に, 力まかせに, 動こうとは, 匍う, 匕首で, 千早川が, 単衣一つ, 去りました, 双腕, 叡山颪し, 叩きながら, 同じく純白, 向いたこと, 向いたまま丁寧, 向いたまま首, 向いた瞼, 向いても, 向かないで, 向き俯伏, 向き姦通, 向き過ぎましたね, 向くこと, 向くより, 向けば, 吹きつけて, 吹く, 吹ッたける, 四ツン, 土で, 堰かれて, 壁土の, 夥しき足音, 大溝が, 奇妙な, 妻君が, 字餘り, 宇遲の, 宿の, 實に, 尋ね廻って, 小さい流れ, 小ぢんまりと, 小走りに, 少し富ヶ岡八幡, 岩壁から, 差し入れて, 市場町として, 延して, 廻り日本海, 引擦って, 張り詰めた綺麗, 当ても, 往き返るため, 待ち焦れて, 待機し, 徐行し, 心得て, 忍ぶ小舟, 思いやって, 急がず騒がずひいて, 惜しげも, 懸命に, 手さぐりで, 打って出た, 折れて, 抜け丸の内十三号館, 択って, 拝した, 拭きやがったん, 持て來, 指さすの, 指します, 挙げて, 捜したが, 捜しても, 捜索した, 掃くの, 授けまつりき, 掘ったところ二つ, 掘つたとか, 掘りすすんで, 掘り出した, 掘り起し, 掘るか, 探させると, 探したけれど, 探し出し金力, 探ったり, 探るよう, 掻いく, 掻きさぐつてゐたのだ, 搜した, 搾取ろくな, 撫でおろした, 擦ったよう, 擽って, 放れたと, 敷石伝ひ, 斬られ左, 旅館の, 明けて, 星よりも, 暴風が, 望むと, 朝早く, 木枯の, 来られるさま, 東から, 柱づたいにこっそり, 梢を, 検べたが, 横ぎり玄関の, 横樣に, 此方が, 歩きたいと, 歩き又は, 歩く, 歩く時, 歩みつ, 気を, 水づかり, 汗が, 汽車が, 泡だらけに, 泥まみれに, 流るるさえ, 流るる透明, 流れはじめた, 流れるほろ苦, 流れる北上川, 流れる川面, 流れる海底, 流れる谷, 流れ泉水, 流れ饗宴, 涯てしも, 深い淵, 深海魚の, 渠の, 湿っぽい風, 滑らせさえ, 漸と, 潜ったが, 潜った強か者, 潜つた一條の, 潜つて大廻りに, 潜つて狐の, 潜りしきり, 潜ります, 潜り五, 潜り抜けたり, 潜るかたち, 潜るのに, 潜る露, 濡らして, 炊いて, 烈しい風, 焚きつくべき火吹竹, 焚きつける日, 焚きながら, 焚き出した, 焚付け, 無事に, 無意識に, 焦げながら, 煽いだ, 熊笹の, 燻して, 物とも, 猛獣は, 用事あり, 略するは, 白く化粧, 百日でも, 目指して, 省線電車が, 真白に, 眺めおるを, 眺めながら, 着出來, 睨めっきり, 瞰いた, 矢が, 石の, 硝子戸の, 神田橋の, 私共は, 穿いて, 突いたん, 突かれたの, 突きましたの, 突込んで, 立去れないで, 第二工場, 紅見せ, 細々と, 経総武鉄道汽車, 緑の, 練り出して, 縫われ紅, 美しい人, 背後へ, 脱れ, 腰を, 臨んで, 舞姫たちが, 芝生から, 茫と, 草を, 著て, 薄い翅, 薙ぎられて, 蚯蚓ばれ, 蜒蜿長蛇の, 蟻田艇が, 行き見れば, 行くアフガン人, 行く犬, 行進しました, 裂いたか, 覆う黒い, 見えないよう, 見おろしそれからまた, 見おろしますと, 見きはめるわけ, 見たとき, 見たやつ, 見た光景, 見てから, 見なかったし, 見なさいと, 見まもった, 見まわすと, 見ようと, 見りゃあ, 見るに, 見る足許, 見上げます, 見下したとき, 見下すどころ, 見下ろした時, 見定めてから, 見廻す監督官, 見給, 見込む, 見降ろしながらも, 視廻して, 覗いても, 覗きこみました, 覗きて, 覗き加減に, 覗き込む, 覗くの, 覗くよう, 試みて, 語りつ, 誰か人が, 調べさせて, 警戒しつづけ, 貫いて, 貴王, 贈られ元, 走った, 走らせて, 走りつづい, 走り通した, 走る潮騒, 距る, 踊るが, 身籠った, 軽く手, 轟々と音, 迂路つい, 退却せる, 逃げ惑ったの, 透かした, 這いまわるの, 這つてヌイと, 這廻る, 通ずる細道, 通ったとき, 通った人, 通った船頭, 通つてた, 通つて來る, 通つて行つた, 通らされるぜ, 通りかかった一人, 通りかかりし一人, 通りかかれば, 通りすぎたの, 通りだんだん, 通りぬけるとき, 通りますので, 通り冬宮わき, 通り抜ける今度, 通り過ぎその, 通るころ, 通るときそれ, 通るトンネル, 通る多く, 通る控室, 通る自動車, 通る貨物列車, 通れば, 通ろうと, 通過する, 進行し, 遊泳する, 過ぎしが, 過ぎ右, 過ぐる, 遣って, 避けること, 鈍くくろぐろ, 鋭どき, 長方形の, 防ぐこと, 除いては, 隠れ場所, 離れたかと, 離れようと, 離れる思いのほか, 離れ電馳, 雲は, 露出し, 鞍屈みし, 顔まで, 颯と流れ, 飛び交, 飽きずま, 首の, 馳ける, 駆け抜けて, 駈けて, 駈けめぐって, 魚の, 鹿の, 黒奴の, 黙々と帰っ

▼ 下~ (3816, 7.3%)

145 降りて 118 おりて 82 下へと 71 行って 67 落ちて 49 置いて 43 来て 32 下りて 31 手を 28 降りた 26 入れて 20 向って 19 出て 18 持って 17 落ちた 16 沈んで, 身を 15 敷いて 14 向けて, 寄って 13 さがって, 行くと 12 いって, かけて, 入って, 置いた, 落して 11 おちて, おろして, はいって 10 下って, 下へ, 流れて, 首を 9 おりた, もぐり込んで, 下りた, 落ちました 8 出た, 来た, 落した, 連れて, 隠して 7 おいて, おりると, かくして, 出ると, 押し込んで, 持つて, 消えて, 行った, 降りると 6 きて, 來て, 向いて, 帰って, 往った, 往って, 来ると, 落ちる, 降りようと, 隠れて

5 [13件] おろした, かけての, もぐって, もって, ゆくほど, 下から, 垂れて, 火を, 眼を, 自分の, 降って, 集まって, 馳け

4 [23件] おちました, おろされて, かくれて, つれて, むかって, 下がって, 両手を, 入つて, 垂れさ, 寄った, 戻って, 押し込んだ, 掛けて, 来た時, 置く, 行こうと, 近づいて, 逃げて, 這いこんで, 降りた時, 集って, 頭を, 1を

3 [52件] あてがって, おいた, かって, さがると, それを, もぐりこみました, やった, やつて, やると, ゆくにつれて, パッと, 下った, 下りなければ, 入れた, 印を, 向かって, 墜落し, 心が, 投げて, 投げ込んで, 抜けて, 捨てて, 潜って, 潜ろうと, 潜んで, 点を, 白くけぶった, 目を, 移して, 穴を, 立って, 立つて, 置かれた, 置くと, 置こうと, 自然に, 落ちそう, 落ちたの, 落ちると, 落として, 行きました, 行くの, 行ったの, 見ながめて, 走って, 足を, 逃げこんだ, 逃げ込んで, 降つて行, 降りる, 音を, 飛んで

2 [219件] いった, うずめて, おく, おりのびのび, おりれば, おろす, お出でお前さんに, かかった, かけよって, くぐって, さがり過ぎた, さぐる事, さげて, さし入れた, さし込んで, しいて, すべりおちて, ずっと両脚, ずれたよう, たれて, つきました, つくと, つづいて, でると, どんどんと, にげ入りば, ねろと, はいる, はさんで, ひっぱるよう, ぴたりと, ぶら下って, またまいもどる, もぐりこんだ, もぐり込みました, もどって, ものが, やって, やって来て, ゆっくりと, ドタリと, ネルを, パクリと, ポツリと, 一つ一つ屍体が, 一匹の, 一塊の, 一寸端を, 下げて, 下した, 下して, 下りたが, 下りたの, 仰向きに, 休みました, 伴れ, 伸びて, 來た, 例の, 傷が, 入った, 入りこんだ, 入ると, 入れた鱧, 入れる, 入れると, 出して, 出た時, 出る, 出るよと, 匿した, 卸した, 去る, 参ります, 取りに, 向つて, 坐った, 坐って, 埋めて, 墜ちて, 外れる小径, 女の, 姿を, 寄つて夫人に, 寄つて行つた, 将棋盤を, 屈んで, 差し込んで, 床几を, 座蒲団を, 延びて, 延びようとしても, 廻って, 引いた, 引っぱった, 往くと, 忍び寄った, 念仏を, 手紙を, 投げると, 投げ下ろした, 折り込んで, 押して, 押しやって, 押し下げた, 押込も, 押込んで, 指して, 捨て, 救いに, 敷く二枚, 斜めに, 曲って, 曲りました, 書かねば, 机を, 来るたび, 次の, 歩いて, 歩みよ, 泥坊が, 流されて, 潛込む, 潜り込んで, 潜ること, 濡れに, 火鉢を, 灯の, 片袖, 着くと, 私達は, 移した, 突き落した, 突き落す, 突っ込んで, 突墜し, 突込まれた, 立たせて, 立った, 細い竹, 続いて, 綱を, 置かないの, 置き, 置きました, 置き忘れて, 置くか, 置くこと, 脱出したい, 自分一人の, 船を, 落したの, 落ちてからも, 落ちないうち, 落ちましたが, 落ちます, 落ち頭, 薪を, 蜘蛛の, 行く, 行くこと, 行くほど, 行く階段, 行けば, 行こう, 行つたら, 視線を, 走つて, 蹴落されて, 蹴落した, 転がって, 転げるよう, 転げ落ちるが, 軽舸, 轉げる, 辷り落ちて, 辿りついた, 辿りつくと, 近づきました, 近よって, 逃げ込んだ, 這いこんだ, 這い込んで, 這入って, 這入つて, 這込んだ, 通して, 遁げこんだ, 運ばれて, 運んで, 遣って, 鎖帷子を, 関八州の, 附いて, 降して, 降りたところ, 降りたり, 降りたん, 降りた者, 降りなかった, 降りましょうか, 降りるの, 降りる途中, 降ると, 降ろすと, 隠したの, 隠す, 隠れたの, 隱し, 順々に, 顔洗いに, 飛び下りたり, 飛び降りそこ, 飛込んで, 飛降りましたが, 駈けて, 駈け出した, 駈け降りて, 骨を

1 [1866件 抜粋] あき箱, あつまれとの, あねって, あるいは手, いくほど, いったり, いひました, うずくまって, うつむいて, おいたまま, おかれるやいな, おくの, おしこんだ, おちた, おつこ, おはいりなら, おりきったもの, おりたくなったからと, おりてる路, おりましょう, おりられたらなんにも, おりるところ, おりるコンクリート, おりんと, おり姉, おろさなくては, おろしました, おろすと, おろせ, お伴れし, お置きなさる, お降ろしした, かい蛇, かえってきた, かがむ, かくしたの, かくすこと, かくれたらしく見えたから, かけおりて, かけ川, かっちり纏っ, きた時, きれいな, くずれ二三度床板, くび, ぐっと両脚, この家, こぼれません, ころがった, ころがりそして, ころがるよう, ころげ落ちたところ, さうい, さがるので, さしおいて, さしこむやう, ざんぐり一太刀よう, しっかと, しのびよった, じっと抑えつけ, すぐに, すべって, すべりついたとたん, すぽ, すッ, ずらりと御用提灯, せまって, そっと腰かけ, そのお嬢様, その帽子, その棒, その頃都で, それて, たいた煙, たたきすてる, たらし何, だし, だんだんに, ちらしの, ついに落ち着く, つきぬけなければ, つき飛ばすところ, つけたの, つっこみたくて, つないで, である, でること, とじこめられて, とびかかって, とり落とした, どたどた, どッ, なげた, なにか言いかける, にげたの, ねじるとか, のびて, はいりたたずんで, はりが, ぱらりと落ちた, ひざまずかせた, ひっこんだと, ひらく, ふらふらと, ぶら下った偉大, ぽた, まいた, また二字, まつすぐ, むやみに, もぐった, もぐつて, もぐりこむと, もぐりこんだり, もぐりなされ, もぐり込んだまま辛抱, もっとも近々とせまっ, もどるつもり, もんどり打っ, やる, ゆき両手, ゆこうと, ゆるく流れる, よろめきそう, アルコオル・ランプと, ガッ, コップに, シャツだの, ジリリジリリと, ゾロゾロと, トラックの, ハイロが, ヒョロ, ブラ下がっ, ボートを, リの, 一ツ, 一尺と, 一武者が, 一筋流れ, 三寸も, 上から, 下げた, 下った時, 下りたとき, 下りました, 下りるだろう, 下りるべき手がかり, 下りる事, 下ると, 下ろさあ, 与里を, 乾草を, 二人し, 人々は, 付いて, 伏せた父親, 伸ばされて, 伸びた皓々, 住まわせて, 何よりも, 供えるの, 傾け差し込み全体, 入し, 入りたい, 入り込んだの, 入れたらチビ, 入れば, 入れる奴, 八年が, 写つて居ります, 出したの, 出たらどう, 出ながら, 出ること, 刎返る, 別に, 刺し通した, 力いっぱい投げつけた, 動かしたばかり, 北から, 半分身体を, 卸しつつも, 厄介者を, 参りましょう, 参れっ, 取って, 叩きつけられた, 召すの, 右の, 名前を, 向くと, 向けての, 向けわざと, 向つて数, 吸ひ附いた, 吹たまつてパツと, 呼ばれ若林, 呼ぶ, 喰入っ, 四角の, 囲碁倶楽部といふ, 地ひびきを, 垂らして, 垂らすと, 垂れる, 垂れ下がって, 垂直的に, 埋めた, 埋める或は, 壁深, 外れて, 大きな洗面器, 大湖, 女の子を, 孫策の, 寄りたかつて, 寝て, 小さく髭, 小忰, 少佐は, 屈むよう, 山内竜平と, 崩れて, 左手を, 差込んだ, 布巾を, 帰る夕焼頭, 幾分下げ, 廻し乍ら彦兵衞は, 引きおろすの, 引きずり込もうと, 引き出すと, 引き摺りおろさなければ, 引くその, 引くやう, 引つ張られるやう, 引寄せ, 引据え, 引摺寄せる, 引附けた, 強請し, 当てがった, 彼が, 彼女は, 往ッて, 御客様, 忍ばせまして, 忍び抜身, 怒鳴った, 急ぎ灯, 態と手, 懸けて, 手で, 投げおとし同時に, 投げました, 投げられた花束, 投げ捨て駒井, 投げ込まれると, 投り込み, 抗議の, 抛げ, 抛り込んで, 抜け出しちまった, 抱いて, 抱き下ろして, 押しこんだ, 押しつけたり, 押し下げるよう, 押し込まうと, 押すとば, 押込むように身を, 持出される言葉, 振向いたと, 捕りかご, 捺しますけれども, 捻ぢ, 掘って, 掲載された, 握拳, 支えるもの, 散ったもの, 敷かないらしい, 敷く, 斜に, 斬り落して, 昔は, 暗い影, 曲りあの, 曳きずって, 有合せの, 来たこと, 来た新九郎, 来ては, 来るきり, 松吉が, 案内させ, 梳いて, 槌で, 機関車に, 歩きこみました, 歩みよったが, 歩むの, 死骸が, 段々這入ります, 毛氈を, 水汲み, 沈みそう, 沈めた, 油の, 泳ぎ出た, 流れないで, 流れ寄って, 浴衣を, 深く刺し込んだ, 深く見える, 湖水の, 滑った, 滑り下りた話, 潛つ, 潜ったかと, 潜りこんだという, 潜り入っ, 潜り込んだ, 潜込ました, 火筒を, 焚きつけたの, 煙を, 片手を, 猿の, 現れたという, 白い小さな, 百両入れました, 眞つ, 真っ直ぐに, 着いたとき, 着いてから, 着けまいと, 着るワイシャツ, 矢を, 短く横, 福々しい顔, 移され貴族, 種々な, 突き抜けるほどの, 突っこみそう, 突っ込んだ棒, 突落される, 突込み一端へ, 突込んで, 立ち寄りながら, 立派に, 箱を, 組み敷かれて, 組敷いた神尾主膳, 綿など, 縄を, 纜を, 置いたの, 置いた一冊, 置いた笠, 置かずに, 置かないで, 置かれる, 置きながら, 置き屹度それ, 置き肘, 置ぬ, 羽が, 聲を, 脚絆を, 腹壁まで, 膝を, 臭いと, 舟を, 花を, 莚を, 落されたこと, 落しました, 落す, 落ちかけた, 落ちたから, 落ちたので, 落ちたよ, 落ちた本, 落ちても, 落ちは, 落ちようと, 落ちるまでに, 落ちる様, 落ち去るよう, 落ち彼岸, 落ち肉, 落っこと, 落としたこと, 落る, 蕗の薹が, 蟠ったの, 行かうよ, 行きつくと, 行きましょうよ, 行き口, 行くが, 行く工夫, 行けさ, 行ったお, 行ったらいちばん下, 行った方, 行つ, 行つてお, 行つて二人で, 行つて見, 行火を, 襲ねたどくどく, 見せて, 言ひ下された, 誂えたよう, 貨車が, 赤いもの, 走りこんだ選手, 走り出て, 跣足で, 踏台を, 蹲踞る, 蹴落して, 蹴飛ばして, 車座に, 転がり落ちた事, 転げおち海岸, 転げ落ち泥池, 軽くとんとん, 辷って, 辷り卸したという, 近く来る, 近寄って, 返したの, 追いやって, 退がって, 送られて, 逃げころんで, 逃げだしました, 逃げ込みました, 逃れて, 透いて, 這い拡がって, 這入ったなり, 這込みます, 通りかかった時, 遊説に, 運ぶ, 適宜な, 重ねて, 針を, 鏡台を, 長な, 附け髭, 降しては, 降りさせた, 降りたが, 降りたら階段, 降りた帰り, 降りた男, 降りてるらしい, 降りられる穴倉, 降りるや, 降りる時, 降りる積り, 降りれば, 降り始めた, 降り自分あと, 降るに従って, 降る階段, 降ろしました, 降伏し, 階段を, 隠した事, 隠し剰え, 隠れたか, 隱れた, 離れたの, 雨宿りに, 静かに, 頼んだ, 顛落させた, 飛びこんで, 飛び込む人, 飛び降りるよう, 飛び降り草, 飛降りたって, 首と, 駆けおりた, 駆け下りた, 駆け寄つた, 駈けよった, 駈け出して, 駈け込んだの, 駒井は, 高氏は, 髯の, 鰯が

▼ 下~ (3231, 6.1%)

18 働いて 16 私は 14 待って 13 手を 11 仕事を, 彼は 10 見ると, 遊んで 9 何か 8 静かに 7 暮して, 見て 6 かすかに, 一人の, 彼の, 彼女は, 眼を, 私の, 見た時 5 待つて, 息を, 眠って, 結んで, 聞いて, 自分の, 足を, 顔を, 首を

4 [18件] あつた, いつまでも, この男, これを, それを, たくさんの, 両手を, 二人は, 口を, 夜を, 新聞を, 死んで, 火を, 生活し, 生産される, 話して, 誰かが, 雨に

3 [29件] いっしょに, する, ふるえて, 一心不乱に, 一緒に, 主人と, 二人の, 伸子は, 何を, 例の, 僕は, 反転し, 夕飯を, 大勢の, 安らかに, 小さくなっ, 急に, 手紙を, 本を, 机に, 生活する, 眼が, 私たちは, 私を, 落着い, 薪を, 酒を, 面を, 食事を

2 [155件] あっ若旦那, いうには, うっとりと, うつらうつらし, おっかさんが, お杉, くずれて, こうして踊り, これは, これ等の, ござります, ごそごそ人声, さへ, じっと両手, すぐに, そつと, その形, それは, とみ, ね, ほえて, ほかの, みると, もがいて, ものを, よく見る, ハーモニカを, バタバタと, ブランコに, レコードを, 一つ釜の, 一と, 一心に針, 一心不, 三人の, 三時の, 下りて, 下駄を, 主人の, 二つの, 交叉し, 人も, 人影を, 使って, 働くこと, 光子さまに, 初めて社会的, 刺されて, 剃刀を, 勉強し, 午睡を, 変な, 夕刊を, 大きな口, 大勢が, 大地が, 大砲を, 大福帳へ, 女と, 子供が, 富江は, 寝て, 寝起きを, 小舞貫, 平気で, 幾十貫とも, 床の, 心の, 掌に, 明日をも, 書いて, 最初の, 最後の, 朗らかに, 朝食を, 村の, 林檎の, 横に, 正造は, 殺人鬼の, 毅然として, 気の, 気味の, 水音が, 永久に, 洗濯を, 消えると, 涼しい顔, 漸と, 焚火に, 無智, 燃えて, 父の, 牧夫は, 物思はし, 獨り, 生きて, 生産された, 男が, 白樺の, 皆んなに, 目を, 短刀を, 砂が, 研究を, 私達は, 空気は, 竜之, 箒を, 箸を, 納屋の, 網受けを, 考えると, 背中を, 自ら筮竹を, 自分達二人を, 花を, 茶を, 薔薇色の, 薪が, 虫の, 見たよりも, 見は, 見ること, 見張って, 覚悟し, 誰かを, 調べて, 諸人の, 起ったの, 起つた, 踊って, 踏切に, 身もだえを, 身を, 身體を, 輝いて, 酒宴を, 金を, 針仕事を, 難解な, 雨やみを, 雪の, 電車を, 霜に, 靴の, 頁を, 額の, 食べて, 飢に, 飴を, 鳴いて, 鳴った, 鶏が, 黒い人影

1 [2541件 抜粋] あいさつした, あの人, あは, あらゆる物, いかにも男らしく, いそがしい仕事, いつもほんの, いろ, うたうこと, うねうね動い, うんと土竈, おいしい酒, おこなわれた怖, おばあさんは, お光, お夜食, お客と, お弁当, お極り, お目, お絹, お見掛け, お陀仏に, かかる場景, かつ想い, かんかんに, ぎゅっと両手, くりひろげました, ぐしよ濡れ, ぐらりと, こき使われるよりも, このボール紙, この品, この手紙, この瞬間夫婦, この間二十人もの, これまで, ごちゃごちゃと, さえも猶, さくさく, さわいで, しきりに入木道, しばらくの, しゃべりこんで, しんと寝しずまっ, じっとながめ, すこしきまり, すぼんだ年増, せつせ, そこから, そして次第に, そのとき, その声, その晩, その眼, その葉緑素, その顔, それでは前, そんな風, たった一点, だらしの, ちょっと薄暗かっ, ついに言った, てんでの, とっくり相談, どこか, どなりました, なおその, なも, なんべ, ねむつて, のら猫が, はすかい, はみな世, は中年, は靴音, ひさしぶりに, ひねくられた物語りよりも, ぴたぴたと鳴る, ふと思ひ出された, ぶら, ぺしゃんと濡れ雑巾でも, ほのぼのと, ぼつぼつ食べ, まぎれも, またたく本, まだ勉強, まだ空, まるで瘧, みな目ざましい, むしろ莫大, めぐり合った二人, もう一人, もう宿, もぐらの, もらい集めた飯, やってる筈, やろうと, ゆったり二つ, よく役に立っ, よんだ保, わたくしが, われも, アスファルトが, エンジン係を, カルカラの, ガチャンといった, キミ子を, ギイギイと, グシャッと, コソ, サクサク骨, ジッと, ソッと, チシマフウロを, ドイツ文学を, ハンカチを, バタリと, ビシッビシッと, ピリピリと, ブラブラさせられ, プロレタリア作家が, ボリスに, ポケットが, マンドリンを, モゾモゾやり, ルルが, 一たい刈る, 一人で, 一夜を, 一寸見掛けた, 一晩この, 一泊した, 一篇の, 一週間未, 三人共まだ, 三月くらした, 上き, 不思議さうに聞い, 中世の, 主として装置, 久し振りに, 乗降に, 了現が, 二三杯の, 二行に, 云った, 京奉, 人が, 人声が, 人間の, 今一つの, 今村の, 以て, 伊太夫はじめ一族が, 休息しよう, 会議を, 低く小さいよう, 何してる, 何物かを, 例によ, 停った様, 働いたもの, 働くの, 僕達の, 先生は, 光子の, 全国民, 八犬伝の, 共同社会の, 其悲しき, 円滑に, 写真を, 凄惨な, 出会ったが, 出来上るの, 切ない男, 初て, 初めて正当, 別れた, 前田氏の, 力強く生きぬく, 助教授を, 勉強する, 勘定が, 北山さんと, 十分で, 千穂子の, 半日焼け, 卒した, 却って似合う, 又も, 双眸が, 受ける方, 口小言を, 古里の, 右の, 吊り上った眼尻, 向いあったが, 呉絽を, 呶鳴っ, 呼んで, 和装洋装とりどりに, 唇を, 問答を, 喧嘩相手に, 囃子の, 四足で, 土いじりを, 土煙り, 地虫の, 坐禅を, 堰き止めて, 壮い, 壺を, 夕食も, 夕餉を, 夜おそく, 夢を, 大きい黄金, 大きな白文字, 大仕掛, 大抵二毛作, 天人が, 太郎が, 夫の, 女の, 女学校の, 如何に, 始終明るく, 婆は, 子の, 存分に, 守宮か, 実に強烈, 実験を, 宮本武蔵という, 家族に, 寄り集まった, 寝かされる, 寝りゃたくさん, 寶搜し, 小さい私達, 小さな咽喉仏, 小さな酒屋, 小兒, 小母さんが, 小野子山と, 少し濁っ, 居催促を, 屍体が, 山岡大夫に, 山陽の, 崖から, 左右に, 帝政ロシアの, 平和に, 幸福おぼえ, 幾組かが, 店の, 弛んだ筋肉, 強力磁場の, 彼に, 彼等は, 待ちかねて, 待ち合わしやがて, 待つてを, 御免安が, 御覧に, 心地の, 快く熱, 恐ろしい懊悩, 悠長にも, 悲しみ沈ん, 意外な, 懇ろに, 我我の, 戦線統一を, 手の, 手許暗く, 投げ銭を, 拳銃の, 挙げようじゃ, 振仰いだ頬邊, 掴み出した大福餅, 握りしめた, 揺れ始めた男女, 放す, 教育を, 數名の, 斬られて, 新聞紙の, 旋律は, 明かさうと, 昨夜通りの, 昼寝を, 智恵を, 暮すの, 暴風雨の, 書いた日記, 書くの, 月に, 朝の, 木之, 本当にそこ, 村ソヴェトを, 松の木は, 枝が, 栄之の, 桜桃が, 棒を, 楽々と, 樹, 次々に, 歌が, 止まるよう, 歩いて, 死にかかって, 死神が, 残念そうに, 母と, 毎日毎日ね, 民さんを, 気狂ひ, 水兵帽子の, 水面に, 永く夢みる, 汝等は, 汽鑵の, 河野は, 波うつて, 泣き叫ぶの, 注意深く調べた, 洗髮の, 流れは, 海を, 涼んで, 清々しい大気, 測って, 湿気を, 溝の, 演じられる犯罪方法, 漬物の, 瀬戸物の, 火薬に, 炬燵の, 烏賊の, 無恥な, 焼けた家, 煙草に, 熟視る, 燃えてるカルヴァン, 燃すの, 爲される, 牛が, 物影の, 犬と, 狗ころの, 獲得され, 玻璃越しの, 球皮に, 生れたげに, 生血を, 甲斐は, 留守中に, 疲れるん, 白, 白い紙, 白飯を, 皺だらけに, 盛に, 目録を, 真夏の, 真裸の, 眠つてゐた, 眠りを, 眺めたならば, 眼球が, 瞑想し, 石ころが, 研究実験の, 碁を, 祝詞を, 私かに, 種々の, 空氣と, 立ち止って, 立つて, 立派な, 竹が, 笑う声, 笠原の, 答える, 篤とこの, 粒子の, 紅の, 素裸の, 細かい細かい面相, 組み合せたまま, 経験は, 統轄され, 総司と, 編物や, 縦の, 美しい眼一パイ, 美女を, 羽織の, 而も, 聞いてよと, 聞澄し, 肩を, 背戸の, 胴体を, 脳髄どころか, 腕時計を, 腹の中が, 膝をはたり, 自分自身が, 自由に, 舞踏する, 花園の, 芽立って, 苦い顔, 英信が, 茹って, 荒い息, 落会っ, 蓄音機の, 藤村の, 虐殺された, 蚯蚓でも, 蜂谷良作は, 蠢く下駄, 行なわれたのに, 行われるから, 街角に, 裸の, 西湖の, 見たとき, 見たらこの, 見た女, 見まもって, 見るよりは, 見合いの, 視線に, 解かすまい解かすまいと, 詫びまする, 語るべき種類, 誰も, 諸戸が, 警視庁の, 貪ぼる程味, 賭試合の, 赤や, 起居を, 踊つてゐた, 踊るわけ, 蹂躙と, 身体の, 軋む凍てた雪, 輝やいた, 轟然たる, 迅衝隊半, 返事し, 通用する, 遊ぶ時間, 避け難い, 野宿を, 針を, 鉢合せを, 鍛え直して, 長いこと, 閉ぢる, 闖入者が, 降りよう, 隆ちゃんが, 雑談に, 雨露を, 雪渓を, 震えて, 青い痣, 静中に, 音に, 音樂を, 頸を, 顔色すこし, 風船屋が, 食卓の, 飲む葡萄酒, 餌を, 馬車を, 駝鳥を, 驚歎をもって, 髪について, 鯉が, 鳴き初めた, 鶴は, 麻川氏が, 黒い褐色, 鼠の

▼ 下には~ (1476, 2.8%)

12 いって 6 下が, 何が, 屍体が 5 二つの, 例の 4 もう美しい, 女の 3 いこんで, 一人の, 大きな眼, 幅の, 春の, 炭火が, 誰も, 雪が

2 [97件] あなたの, あるが, いつでも, いつもの, いろいろな, おじいさんが, かう云, くもの, こおろぎが, この男, すべての, たくさんの, なにが, また西, まだ見物人, まゆと, みえないし, もう一つ, ヒタ, 一つの, 一匹の, 一本の, 一枚板が, 不細工な, 二枚の, 人の, 人間の, 住めない, 何にも, 俺に対する, 力松が, 古い創だらけ, 古い石臼, 唯青い, 喇叭を, 四句, 大きな目, 大きな谷, 大便が, 大勢の, 大地が, 妹が, 妻ばかりか, 家の, 小判で, 屠牛場や, 山吹色の, 彼の, 我が姿, 所々に, 手負の, 掛花生に, 日本の, 枯れ枝や, 枯蓮の, 桂川の, 桜の, 次の, 母の, 水の, 水を, 波が, 洞穴の, 清水が, 濛々と, 珍らしい, 用心棒の, 番頭の, 白い小倉服, 石が, 石や, 石を, 私と, 稍小さく, 窓が, 細い溝, 縞縮緬の, 羊の, 背の, 自動機械が, 花の, 草の, 薪が, 蟻が, 血に, 見えなかつた, 遮るもの, 鈴の, 長い年月, 長い柄, 隅田川に, 階段が, 雑多な, 頭大の, 香几が, 高い門柱, 黒い隈

1 [1210件 抜粋] あずき粒くらいの, あたらしいめ, あのおそるべき海底牢獄, あの優しい, あまり多く, あらず, あんな力づよいものもよせて, いくつかの, いこむと, いたくも, いつどこで, いつも屋根船, いづれも, いま一つ同じ, いる, いわゆる烏有, うずたかく盛り上がっ, おおぜ, お婆さんと, お客様が, お祭り, お銚子, かならずさうし, かなり真面目, きっと火, きわどい瞬間, この世ほど, この段, ごうごうとひびく, さっきから, さまざまの, さらに一段, しかつめらしいチビ髯, しばし引く, すぐ小波がちゃばちゃばと微か, すべっこく柔らかい無数, そのほか, その星, その顔, それぞれ地下室が, たくさん藻や, たくさん集まっ, ただ服従, ただ私, たびたび往, ちび髯が, ちらちら閃く, つねにぼく, とがった塔, どういう人たち, どうしても死んだ, どこに, どんな犠牲, ないこと, なにも, なり得ないから, なんにもない, はしこい娘達, はたしてどんな, ひとき, びっくりする, ほそながい人間の, ほんのりと, また旌旗, まだまだ坑夫, まだ残存, まだ頑是, まったく異なった, むかしの, むろん黒い, もうホゴ, もう一部屋, もう従兄弟たち, もう足, もはや世界, やつぱし婦人用の, やはり念入り, やはり氷塊, やや必要以上, やらんとは, よごれた大きい黄色い, わが名将末山大将, アイヌ時代の, アヤメシヤガなど, ウラジオから, カサコソと, ガス灯が, ガレージよりも, クマの, クルマの, コンクリートの, シエナの, シラッカリの, ジプシイが, ジュウタン側面と, ダフォディルの, チャンと, ドラム缶の, ハンドルを, ピカデリイ・サアカスから, フライ鍋や, ブリューヘルが, ボートが, ミツシヱルが, リノリウム張りの, レールが, 一体どんな, 一個の, 一切れ二銭三厘に, 一尺あまりの, 一時見物人が, 一種神秘な, 一艘の, 七人の, 三人の, 三十ぐらいの, 三本勝負一本どり, 下っ引, 下ぶくれ, 下便所, 不可能である, 両手を, 中村警部を, 主人平兵衞より, 乗合馬車が, 乾草を, 事務室へ, 二メートルの, 二十人ばかり, 二坪余りの, 五六十個の, 五家宝という, 井も, 人一人が, 人参の, 人種の, 今お湯から, 今は, 今や少く, 今月の, 仍ほ, 仕事机が, 他人の, 伜の, 住んで, 何かよほど, 何とも抗議, 何やら金襴, 何一つ残つて, 何時刺された, 何百匹とも, 依然たる, 倉地さんが, 僅か五六人, 先刻平次に, 先頃まで, 全文を, 八九歳より, 公設市場さえ, 六条家が, 共和政治に, 兵馬を, 其等の, 冑が, 凶猛な, 別に御, 刻々と, 労れた, 十の, 十センチも, 十五枚の, 十四五人も, 十坪ほどの, 半ば膝を, 半坪, 博多縮緬の, 卯黄の, 厚い板, 又四, 反乱は, 古い修辞法, 古い石地蔵, 古い箒, 古板, 古道具屋の, 可憐な, 各の, 各命日, 各道号, 同じよう, 同一の, 同封の, 同様に, 名ばかりの, 君主政治に, 味噌の, 哀愁が, 四寸位の, 因はれ居た, 地と, 地下室が, 地方によっては, 坂下の, 堀の, 堅炭の, 塵一つなく, 壁を, 壮二君が, 変な, 多分お, 夢で, 大きく横文字, 大きなポケット, 大きな波, 大さ針, 大分ご, 大地を, 大抜け穴, 大江戸の, 大蝦, 太く, 奈落の, 女將の, 妹の, 姫路茸なども, 嫌悪すべき, 子宮が, 存を, 宋万杜選と, 官吏らしい, 客を, 宵闇に, 小さい徳利形, 小さな川, 小さな犬小屋, 小人衆の, 小名木川の, 小窓裏, 小紋らしい, 少しずつ, 少壮時代の, 尚無数, 居らぬの, 屡, 山吹が, 屹度蟹が, 島の, 左右田学派の, 市を, 平静とか, 幸いに, 幾所にか, 広い堰, 床板が, 建附の, 弟妹の, 張物板の, 当然もっと大きな, 彼を, 御占場, 必ずその, 必ず現われず, 必ず鰌, 忽ち三十余名, 恐らく一つ, 恐竜が, 想像以上に, 愛サレタイといふ, 或る, 手ぬぐいで, 手先が, 手織の, 折り重, 掘りかえした土, 揺らめく小舟, 教団信徒の, 数丁にわたる, 数字が, 文遠, 新しき夫婦, 方正や, 日ごろ見覚え, 易者の, 昨日その, 時ならない, 暗い夕潮, 暗きさざなみの列, 書役が, 會堂の, 月光に, 未だそこ, 朱の, 材木が, 東京の, 松が, 松葉の, 枕ぐらいの, 果断らしく引しまった, 枯れない葭, 柑子檸檬などの, 柱を, 柴薪焼き, 桃われや, 桑畠の, 棟割長屋が, 楼閣が, 樵夫が, 次ぎに, 此処にも, 死あり, 死骸が, 殿の, 民衆による, 水も, 水泳は, 水田が, 氷枕が, 永遠に, 汝の, 池が, 汽車の, 波打ちぎわに, 泥溝板が, 洋服を, 流るる河, 浅黄色の, 海に, 海水浴を, 淡水河が, 深いほら穴, 深い深い崖, 深い谷底, 深さ, 淵の, 淺黄無垢を, 清水の, 清流が, 渦を, 湾の, 源内に, 潮に, 澄み渡つた水, 濁流が, 濠を, 火の, 災害について, 炭俵が, 焼けない釣舟, 煙草の, 煮ゆる脂, 熊蜂の, 燃ゆる, 牧草が, 特に彼女, 狂暴な, 独逸や, 甘熟, 生き生きと, 生徒たちの, 生洲, 用人が, 男の, 男女の, 畜生, 異常なる, 病める乞食, 白いひ, 白い快い肉, 白い直, 白く黄いろい石, 白巴旦杏が, 白無垢を, 白色葯の, 百人の, 百萬の, 皇后が, 目も, 相変わらず女もの, 真の, 真白なる, 短い髭, 石で, 石の, 石垣と, 石材を, 砕けちった白い, 碧玉を, 礎も, 神田川が, 私が, 私達は, 稍肉感的な, 穴倉の, 空気の, 立者扱ひ, 筏もちや, 米国を, 紅葉が, 紙切が, 紫色の, 細君の, 紺碧に, 結び状が, 絶えざる嘲弄, 緑の, 緑青の, 罪悪の, 置きたくなかったの, 置き度, 美女が, 羽目へ, 聖霊を, 胴が, 脊の, 膚着も, 自ら品川板橋等の, 自分より, 舟板を, 色々の, 色地の, 花すみれが, 苔が, 若い林, 若草の, 英才が, 茶色の, 荒れ狂う白浪, 荒縄で, 莚を, 萱や, 落葉が, 葵の, 蒼黒い, 薄いシャツ, 薄氷の, 薄黒く, 薩摩芋と, 薬師本願経一千部を, 藥師寺にや, 虹猫が, 蟋蟀の, 血が, 裳の, 襦袢の, 襯衣も, 見事な, 見物席の, 親以外の, 諸仏諸, 谷が, 豊臣秀次の, 貝殻が, 赤い敷石, 赤い牝牛, 赤く爛れた, 赤石沢が, 足の, 足駄の, 踏み台に, 車が, 迅い, 近海通ひ, 通常枝が, 遥かな, 遺髮, 酢い, 重石が, 金銀や, 鉄道工夫の, 銭形の, 鋤また, 鎧の, 長い根, 長方形の, 門通る, 闇と, 降りつもった花びら, 隠伏奏楽所, 雨妻川の, 雪解の, 露店が, 青い浮草, 青葉の, 須雲川の, 頭を, 飛び出せない我身, 香り高い, 驕って, 高さ一尺, 高瀬川の, 鬘が, 鱗が, 鳴き弱った, 黄いろい落葉, 黄色い南瓜, 黒い土, 黒ずんだ水, 黒板が, 黒羽二重紅裏の, 鼠色の

▼ 下~ (1146, 2.2%)

5 一面の, 庶民に, 紅葉が 4 一面に, 山の端に, 急に 3 すぐに, 万民の, 意外に, 敷石に, 暗かった, 水が, 水だ, 深い谷, 田の, 行水きたなき

2 [67件] あの通り土, いつも忍び足, いつも流れ, いよいよ暗く, すぐ海, そんな繁華, だらりと, まだ生れた, まっくら, まっ暗で, むき出しに, ジメジメした, 一層暗く, 一帯の, 一般庶民に, 上を, 二条より, 人民に, 例の, 俗謡に, 切立てた, 則ち, 千尋の, 半地下室, 台所の, 地が, 地獄, 地獄である, 地獄と, 地獄に, 大きな木, 子孫の, 山県有朋に, 崖にな, 市井の, 幾松さんが, 庶人に, 手も, 暗くなっ, 有福の, 村の, 橋の, 死の, 殆ん, 水流は, 汽車の, 海だ, 深い, 深い池, 深い淵, 滑らかに, 石の, 竹行李が, 葦原の, 血に, 裸で, 道が, 野良犬除け, 長くなります, 陽に, 雪解けで, 馬丁下女に, 駄目だ, 髢だ, 黄泉に, 黍畑, 4から

1 [955件 抜粋] ああ旗男たち, あたいや, あまりに暑し, ありとも, ありやしない, いっこう肉, いっぱいに, うすぐらくて, うっすらと, えらい崖, お前に, かえって今, かたいコンクリート, かなり広い, からっぽだった, がらんどうだ, ぐらぐらと, ぐるっとコンクリート, げつ, こうな, この宴席, これ以上複雑に, ごつごつした, しいんとした, すいて, すぐズボン, すぐ勝手, すぐ小笹, すぐ屋根, すぐ河, すぐ眼, すぐ諸戸道雄, すぐ駅, すこし紅らん, すごい岩壁, すべて精鐡なれ, ずっとあき, ずぶ濡れに, そのままで, そのザーザー, その母親, たしか因業旦那, ただ鹹沢, だんだん奥深く, つまり怪塔, とても探し切れませんでした, どうしてこんなに掘っ, どの位, どぶ, どろどろの, なんにもなくなっ, ねえや, ひっそり閑, ふんの, ほとんど水音, ぼつぼつ偃松, ぽうっと月夜, また同, また長く, まだそのままに, まだ乳, まだ其の, まだ夜半, まだ朝霧, まっしろに, まるでからっぽ, みかん箱の, みな十名未満という, みんな薪だ, むきだしに, めくるめくばかりの, もうほの暗かっ, もう寝, もう水肌, もう渦, もちろんたいへん楽, もちろん濡色, もちろん部屋, もとより中, やつても, やはり水, よくぐしょ濡れ, よく覚え, われわれ蒼生に, エリサベツト夫人と, クーロアールの, コンクリートです, ゴルフパンツだ, シャツの, ジュウタンを, スッパダカの, ズッと, ズボンを, セメントで, チベットの, チャント革張りの, ノー, ハワイに, パールバックの, ホラこの, 一つの, 一パイの, 一万石の, 一卒一夫まで, 一家を, 一日何十銭の, 一本花の, 一杯の, 一歳であった, 一筵掃清めた, 一般庶民の, 一面山懐に, 一體幾つあつ, 丁度地獄, 七宝焼擬の, 三囲祠前の, 三河萬歳の, 三角に, 上中下様々で, 下でも, 下男女中に, 下駄で, 与力岡ッ引の, 中庭で, 丸見えの, 乞食に, 乞食まで, 二三年前大, 二人立三人立等と, 二十三夜もしくは, 二寸ほど, 二年生ぐらゐででもあらうか三人の, 五ツとも, 五監から, 井戸です, 京橋の, 人形の, 人界の, 人間の, 今でも, 今や汗みどろ, 今掃いた, 仕うる個々, 他人の, 以て, 仲間小者の, 伍長上等兵に, 住みての, 何だろう, 何十呎か, 余が, 余程早川, 俗諺に, 俺らじゃ, 働らきどで, 元日の, 全くの, 全部が, 全部個人広告欄だ, 六尺あまりの, 写って, 冷え切つて, 冷めたい風, 切りすてます, 利根川に, 削りなせる谷, 前褄, 副本を, 動物という, 勿論両側, 十二階下に, 十六十八の, 半白の, 卑劣もしくは, 原っぱで, 友人達まで, 各藩, 呉服屋の, 喧嘩の, 四五十人坐し, 四方を, 四角な, 国造から, 土を, 土中に, 土蔵を, 土龍の, 地へ, 地よりも, 地獄だ, 地獄の, 地獄まで, 地理武芸十八般伊尹両道陰陽の, 地面まで, 坎の, 堅牢地神殊には, 塵埃まみらし, 壬に, 夕靄に, 外套の, 夜に, 大きな石蔵, 大きな鼻, 大に, 大体に, 大変多勢の, 大川が, 大床, 大江に, 大河に, 大規模, 大陽気, 天保九年に, 天雲の, 太鼓に, 奈落なる, 如何なる阿呆, 姿が, 宋, 宗党に, 家なき, 小さい竹藪, 小具足ことに, 小壺, 小学校に, 少許, 山一杯が, 岩石である, 岩石多く, 峡江に, 川だった, 川です, 巡査や, 左に, 左右を, 巻ゲートルに, 席を, 常よりも, 常設館の, 幕府の, 平ヶ岳に, 平民に, 幾條と, 広い応接間, 広い空地, 床の, 底つ, 底知れぬ, 庶民まで, 廊下が, 影の, 徒士足軽勘定下組の, 御影石の, 微生物類の, 怖しいと, 急である, 性の, 息子の, 意外にも, 或ひ, 戸棚に, 押入れに, 指導者の, 掃除する, 支流が, 數丈の, 料理場の, 断崖絶壁だつた, 既に感覚, 日盛りにも, 日覆の, 暗い, 暗かつ, 暗くし, 暗くひっそり, 暗渠に, 暗闇と, 暮れやらぬ, 望月さんの, 木が, 木津川や, 木舞や, 未だ法恩, 末流凡下の, 本陣問屋庄屋組頭それから, 朽木の, 東堀, 松原続きであります, 板に, 枯木林で, 栗鼠啼き, 棄てられた児, 棚の, 極めて昏, 機関室から, 歌舞の, 此場合問題でなく, 歩けぬ世, 死に直面, 殊に東南越後沢, 毛虫の, 水です, 水の, 水を, 水溜に, 水門に, 水面に, 永代橋に, 汚点の, 池です, 決して平, 河の, 沼地で, 泥だらけにな, 泥坊市の, 流れです, 浮いて, 海, 海です, 海辺にでも, 涯が, 淮南子の, 深い底, 深い海, 深い谷間, 深うし, 深さ千仭, 淵にな, 渓川の, 渓流に, 游民に, 湖水へ, 湿っぽい土, 湿地と, 溝の, 漫々と, 潜れんば, 激流が, 火に, 火夫や, 灰色で, 炭俵が, 焚きつけて, 無給の, 無限の, 煉瓦だけが, 牛飼の, 物置で, 狭い平, 猥本映画雑誌相撲の, 獣類の, 生洲, 生濕, 田舎娘に, 男の子で, 男女の, 町家その, 畦の, 白いハンカチ, 白支度で, 白蝋の, 百伊尺の, 百姓の, 百姓上は, 百尺以上も, 皆石である, 皆青色を, 盜賊に, 直ぐに, 直ぐ溝, 直ちに上諏訪市街, 相当しっかりした, 眞白な, 眞赤で, 真平御免, 真暗に, 真白に, 真蒼, 真青な, 眩いほど, 矢を, 短かし, 石崖から, 石造の, 砂だ, 硬そう, 磨き抜いた御影, 神事に, 神儒佛の, 私には, 穴に, 穴ぼ, 空地で, 空気が, 空白と, 穿いて, 立込んだ廂, 第二, 筒に, 紅蓮白蓮の, 紫で, 絨毯です, 絹仕立らしい, 緩い流れ, 羅生門あたりに, 美しい文代さん, 群小レヴューガールに, 義足に, 羽目板に, 聖賢の, 股引の, 腐った枯蘆, 腐葉, 自分の, 舗石で, 色事四十八手に, 花の, 花を, 花筒と, 茶の間の, 茶色に, 草の, 荷舟なぞの, 葦など, 蓮池だった, 蕭何であります, 薄暗いが, 薄暗くちら, 薄暗く確, 薄赤い, 虐待暗殺地獄の, 蛮殻な, 血の, 袴の, 裏街の, 裾まで, 褌一つの, 西家に, 西谷田村大字除川字大巻の, 見えないが, 見と, 見通しだ, 解けて, 読者も, 諸藩, 警察によって, 谷底まで, 貧乏画家青年その, 赤くなった, 赤城より, 赭っと, 足までね, 路上に, 身体に, 軟い, 転石や, 軽輩の, 近代仏蘭西の, 連歌俳諧謠曲淨瑠璃に, 醉人騷客所狹まで, 重い物, 野心ある, 金剛山の, 鉄道線路だ, 銀杏の, 錠口に, 鏡の, 長くなりました, 長堤十里白く, 門番小使から, 関の, 閻魔法王五道冥官天の, 闇と, 陋しき一室に, 隣から, 雑兵に, 雑貨屋という, 雨でしょう, 雪がなかった, 雲が, 電熱で, 震えけり, 霜が, 露出した, 露出で, 青い衣, 青銅の, 静かに, 靴棚で, 韃靼風に, 顔が, 颯々と, 駱駝の, 高貴織り, 鱸に, 鷹を, 黄色い短靴, 黒っぽい水, 黒暗暗として, 黒部の

▼ 下すった~ (817, 1.6%)

38 んです 37 のは 32 のです 19 の, んだ 18 お手紙 16 のだ 13 ことが 12 のが 11 のね 9 そうです, わ 8 のでしょう, のを 7 ことを, のである, わね 6 じゃありません, ので, のよ, よ, んでしょう, 方が 5 か, ことも, のも, もので 4 かしら, ことと, ことは, そうで, ということ, のか, 時は

3 [14件] あの甘し, いろいろの, お礼を, がその, がそれ, というの, ものです, ものを, ような, んじゃ, 事が, 事は, 事を, 御親切

2 [30件] あなたの, お礼です, お礼に, かどう, から, からその, から私, が私, ことでした, その時, と云う, と思う, に違い, ねえ, のかしら, のかも, のじゃ, のでございます, もの, ものだ, もんです, ようです, ように, んでどんなに, 事と, 大恩人, 御恩, 手紙が, 手紙の, 方は

1 [361件] あの仁清, あの卒業免状, あの進物, いまの, うえに, おいしいプディング, お前さんも, お叔父ちゃん, お師匠さま, お庇, お方だ, お方は, お気象, お浚いの, お蔭で, お薬, お話で, お酒, かい, かお前, かそれ, かたはござりませな, かということ, かとうれしかっ, かはその, からそれなり, からだ, からでした, からです, からと云っ, からね, からわたし, から一月, から何, から取, から妾スッカリ安心, から本当に, から頂い, かわかりません, かんない, か有難う, があと, がその同じ, がそんな, がやす, が今日, が何, が多分, が彼, が斯様, が申, きりちっとも, ぎりぎりにつき, けれど私, ことそれだけで, ことそれを, ことだ, ことなんか, ことに, ことについて, ことの, ことばも, ことみんなそれは, ことやら, こと私は, この花, この通り, ご恩, しお金, しその, し今度, し和幸, し昨日, じゃない, ぜ, そうだ, そうでございます, そうでした, そのおかげ, その御, その手紙, その証拠, それが, それはね, それを, それ故, ぞ, だから水車番, とありがたく, という, というお, というもん, というわけ, という事, という今日, という騒ぎ, といふ事, とおりの, ときさっさと, ときね, ところな, ところを, とつたえました, となあ, とはなんと, とは全く, と伺った, と同じ, と思います, と思わねえで, と父, と記憶, どの言葉, ない田舎, なんてそいつ, にお茶, にも係らず, ねえ何, のありがとう, のきり, のけさ, のじゃあ, のださうだ, のだって, のだろう, のであたしたち, のであぶない, のでありがたかっ, のでお前さん, のでお腹, のでご, のでございましょう, のでした, のでそれ, のでまた, のでみんな, のでもしや, のでやっと, ので一同, ので中央局, ので乗っ, ので二度目, ので二言三言, ので何卒, ので僕, ので嬉しかっ, ので有難い, ので次, ので瀬越さん, ので父, ので発見, ので私, ので私ゃ, ので第, ので自分日露協会, ので舞台稽古, ので覚え, のに, のにあいにく, のにあの, のにその, のにどうして, のになぜ, のに何, のに何故直に, のに私, のに虚言, のに違い, のねあたし, のねありがとう, のねえ, のねそして, のね有難う, のみか同時に, のやら, のより, のネ, の嬉しい, の長吉さん, はずだ, はずでございます, は日頃, ままでした, ものじゃ, ものだった, ものである, ものでございます, ものと, ものな, ものの, ものゆえ, もんだ, よお前, わけだ, わけで, わけであった, わけです, わねえ十何年, わねエ嬉しい, わね有難い, わよ, わ肩, んだって, んでお, んでございます, んですっかり, んでね, んで泣く, んで真実, んなら, エハガキは, タオルは, トルストイ小話ね, フランボーさん, ブランコに, マネキン人形が, ルイ, ルス嬢でございます, ワ, ンじゃ, 上に, 上にね, 上の, 上御, 上私にまで, 世間の, 両親にも, 中国の, 事か, 事である, 二十四日の, 人が, 人たちは, 人な, 人は, 今お前お, 伯母も, 体だ, 例の, 先生は, 先生御, 其の御, 処で, 処は, 分は, 分入れた分と, 勇士は, 化石の, 口を, 同じ手, 同氏の, 品でございます, 因果に, 坊さんね, 外交上の, 大奥様, 天文機械学の, 天道様の, 夫人は, 奥さまに対して, 委託金について, 娘でした, 子供な, 子供に, 字で, 実に御, 宿題は, 山の芋を, 川辺氏にも, 平尾氏の, 幾干, 弁当屋の, 後お前を, 後コゼット自分を, 後姿を, 御主人, 御用という, 御礼の, 御礼も, 御返事は, 御隠居様, 志は, 忠実な, 感想が, 手紙けさつきました, 手紙つきました, 手紙では, 手紙な, 手紙に対して, 手紙八日朝そちらへ, 故園長, 教訓を, 方々の, 方で, 方でしょ, 方です, 方と, 方な, 方に, 方には, 日野朝臣も, 旦那な, 旦那様が, 旦那様に, 時でございましょう, 時に, 時にゃ, 時の, 時何という, 時分どこかへ, 時分は, 時本当の, 有難いお, 有難いお方, 本は, 本を, 松茸は, 標準で, 此の, 母様は, 水飴甜め, 炭が, 点の, 物やら, 物を, 甲斐が, 番町の, 百幅の, 皆さんに, 皆様の, 県庁の, 礼を, 祈願の, 神様が, 福の神で, 私は, 第三信, 紳士の, 絵巻物を, 花は, 衣類という, 西洋の, 親方に, 訳である, 詩だ, 読者諸君に, 誰だって, 貞之助さんに, 身体無闇と, 辻説法の, 返事に, 通り, 通り一日午後のと, 通り女の子が, 郷土の, 醤油が, 電報勿論, 非常に, 香奠が, 鴨打先生の, 麦も

▼ 下まで~ (733, 1.4%)

30 来ると 26 来て 14 行って 8 くると, 来た 7 来たとき 6 送って 5 つづいて, 下りて, 垂れて, 落ちて, 降りて 4 来た時, 迫って

3 [13件] いって, おりて, お出よ, きた, きて, 屆か, 戻って, 持って, 水が, 続いて, 行くと, 行った, 走って

2 [29件] きたとき, たどりついた, やってくると, やって来ました, ダラリと, 下って, 伸びて, 墜落し, 寄つて来, 引っぱって, 彼を, 恐ろしく丁寧, 押し寄せて, 来たところ, 来ました, 歩いて, 申分の, 落ちないうち, 行きついた, 行つた時繁は, 行つて見えなく, 見たが, 覗きましたが, 走りつ, 進みて, 降りた, 雪が, 響いて, 黒ずくめの

1 [504件 抜粋] あらけ, ある, あるいて, あるの, あわただしい足音, いくらか仕, いった, いったあと, いつも高い, おいで, おっこちた, おりそこで, おりたとき, おりたらぼくたち, おりないうち, おろして, お送りし, お連れ, かけつけました, かけつけると, かけ顔, きたところ, きました, きれいな, ぎっしり花, ぎっしり詰っ, くぐり抜けて, くまなく, くる親譲り, けさの, ころがりおちて, ころげて, ころげ落ちて, ころころと, こんなこと, さけて, さげたの, さして, さしてゐた, したやう, しみ通るの, じつと, じろじろと, すっかり亀裂, すっかり水, すっかり着物, すっかり調べ, すっかり踏まれ, すっぽりと, すつかり踏まれ, すべての, すり込んで, ずっと両側一面, ずっと流れ去り流れ来る, ずらせて, そして北, そっくり一重ね, ただ一刀, ただ歩き込ん, たどりついた時, たどりつきました, たどり着いた夜中, だから, つき出して, つづく長い, つながって, つなげたもの, つれて, でこぼこの, とどかない, とどかなかったが, どこにも, なで下ろすやう, ぬいで, のこして, のぞき込んで, のび上る勘定, のぼって, のぼりつきました, はりつめられて, はれて, ぱっと明く, ひ, ひきかえし五郎, ひたひたと, ひたひた迫り襲っ, ひと通り開け, ひびいて, ひびが, ひびだらけでした, ひろがる, ふつくらと, べた塗の, まくれあがって, まッさ, みんな借物だ, みんな平げて, むらがり駈けた, もと, もどりついた, やって, やってきた, やって来た, やって来たとき, やって来た怪し, やって来た時, やって来て, やって来ると, やはり灰色, ゆきあれ, ゆきそこ, ゆきました, ゆきましたが, よく見えなけれ, よく見ました, ゴロゴロと, トンネルを, バッテンバッテンの, ホウタイが, マフラを, 一つづき, 一つらに, 一ぱいに, 一刀に, 一堂に, 一杯に, 一気に落ちなけれ, 一気に転がり落ちた, 一瞥し, 一緒につれて, 一行を, 一面の, 丁々と, 三十尺以上は, 三吉は, 三角に, 上って, 下げた, 下りきると, 下りるの, 両手を, 二人が, 二里それから, 五人の, 五人は, 五六寸あまりも, 五寸以上も, 五条総門は, 人間力の, 今松, 伝って, 伴った, 伸ばさせて, 何間かの, 來たら, 來て, 來ぬ, 來る, 倒れずに, 充分声がと, 全部が, 全部食っ, 全部食った, 全部食べる, 六十尺も, 六条院の, 六波羅兵を, 再び検分, 出かけて, 切り下げられて, 切り割られた, 切り裂け, 刺したもの, 削かれまた, 割れた海水着, 動かして, 勢いよく落ち, 匍い廻り, 医官を, 十四五町か, 参りましたが, 参りますと, 叩き落ちたという, 召使の, 合わせも, 同じ太, 吹き落して, 吹き飛ばされないで, 固めた社会, 土は, 坑道を, 垂らします, 垂れ下, 垂れ下がり風, 垂れ袖, 垂下つてはち切れ, 垢ぬけ, 墮ち, 多くの, 夜具を, 大勢の, 大和の, 大崩石で, 天井から, 失業した, 始終動き回っ, 定かに, 定めた, 寿平次を, 少年を, 屆く, 届きそう, 届くその, 届くと, 届くほど, 届くよう, 帰って, 幾人も, 幾階の, 広々と, 広くなっ, 延長拾五丁甘草の, 建物の, 廻させます, 廻して, 廻って, 引きあげて, 引き出して, 引き戻した, 引つくり返し, 引ッ立てる, 引上げた, 引出した時, 引卸されました, 引揚げ, 引返して, 引返しました, 張られて, 強制疎開に, 影が, 彼は, 忍びよった, 念入りに, 急いで, 急転落下し, 恐しい, 戦い迫って, 所謂警察式捜査法で, 手を, 抛り出されたといった, 押しつめられて, 押し合いへ, 押し進み逆茂木, 押寄せて, 持ち出して, 持ち運んで, 捲れた袖, 掘り下げそれから, 掘り起した畑, 掘り返したはず, 掘り返した筈, 掘り進んで, 掘入, 掛かって, 探が, 探して, 探しに, 搬ばれる, 撫で廻されるよう, 攻め寄せて, 斬って, 斬り下げました, 斬り下げられて, 昇って, 明るくなった, 最上の, 木で, 来い, 来いだよ, 来かかった, 来かかった結綿, 来たから, 来たこと, 来たという, 来た人, 来た盲法師, 来とる下り, 来ぬ, 来ましたが, 来ましたわ, 来る, 来るの, 来るや, 来る電車, 来会者が, 棒を, 検べて, 次第, 歩き通した我慢強, 歩みかけた, 残らず受付, 残るところ, 残る所, 殘る, 気を, 水に, 汐が, 沁みこむよう, 泥だらけだ, 泳ぎついた, 洞海湾の, 流れて, 浚えやした彦, 海岸伝いに, 浸ったため, 浸って, 浸み亘るよう, 深さ, 湾入し, 満々と, 滑って, 滑りおちて, 滲み通って, 漕ぎつけられる, 漕入っ, 漕入つてから, 漸次に, 濁水がたうたう, 無學, 犇い, 現れて, 生活し, 登つてほ, 登り切ったところ, 白, 白髪を, 百姓たちの, 皆が, 皮が, 直ぐ這, 真直に, 眺めはじめたの, 眺め廻した, 眺め廻して, 着いたん, 着物に, 着込んだの, 短き髭, 石垣の, 石階が, 空壕の, 突き出て, 突き抜かれて, 筑前が, 精密な, 糸を, 紅葉し, 細密な, 結んで, 続く, 綺麗に, 総がかりで, 縦に, 縫い目なし, 羨しさ, 羽ぶ, 聞えたと, 聞えたろうが, 聞えて, 腐敗し, 自分では, 船が, 花の, 落ちきった夢, 落ちたそう, 落ちたん, 落ちない中, 落ちました, 落っこち左, 落とせたもの, 落着か, 蔓る, 血で, 行かれたもの, 行きたくなって, 行きつくと, 行きて, 行きました, 行きまた, 行き公子, 行き再び, 行き渡ったよう, 行く, 行くには, 行けば, 行ったが, 行ったの, 行つ, 行つた八五郎は, 行つて, 行つて呉れる, 行つて居る, 裂けて, 裾野を, 襲って, 見た, 見つめて, 見て, 見わたす限り人, 見上げ見下ろし十分, 見下した, 見下ろしながら, 見抜く不思議, 見抜く事, 見送って, 見透かすごとくじろりと, 見通して, 見通せるほど, 貫くほどに, 蹙めて, 蹴落して, 車で, 転がして, 転がり落ちた, 転げて, 転げを, 転げ落ちたの, 転げ落ちるの, 転った, 転って, 轉げて, 轉げる, 辷り落ちて, 辿つて行, 辿り着き王様, 辿り着くには, 迎えに, 近く牛の, 迫ったの, 追いつめて, 退いて, 送つて, 送りに, 送りました, 送りますと, 送ろう, 逃げだしたが, 逃げて, 透き通るよう, 透間なく深く, 這いこんで, 這い連, 這った, 這って, 通しに, 通じて, 通って, 連れて, 進んで, 進出し, 運ばせたが, 運ばれぬこと, 運んで, 道案内を, 重げに, 長々と, 長くたらした, 長く垂れ, 附き合った, 降りきらない裡, 降りること, 降りるだけ, 降り切って, 降り切らない先, 降り切ると, 降り込んだ, 隈なく, 障壁を, 集まって, 雨は, 雨戸を, 雪に, 雲が, 頬を, 頭を, 飛ばして, 飛びあがり唇, 飛び下りた身, 飛んで, 食って, 飽きずに, 首筋から, 馬を, 馳けだし, 馳けて, 馳せめぐった, 駆けて, 駈けて, 鮮血を, 黒い布

▼ 下~ (580, 1.1%)

20 つてゐる 15 つて居る 9 つてゐた 6 つた 5 若い父母 4 つて居た, わの 3 ある, つたと, つて居ります, 急に

2 [21件] あるもの, つたぜ, つたり, つては, つてるし, つて歩く, つて死ん, ない, ないの, なかった, ひの, ッて, 三ツ身その, 妙に, 寒天の, 崖で, 最も安全, 短かく, 裏へ, 見えて, 釜淵だ

1 [463件] あいて, あった, あって, あっても, あの海, ありその, あるかの, あるだけじゃ, あると, あるの, いいわ, いきなりで, いちめんの, うなってる, おたき, おばあ, お坊, かえ, かつた, かるくなった, がやがやする, がりがりごりごりと, ぎしぎし鳴る, くさったので, くずれだした, くりぬいて, くり逝く, くれ, ぐっと落ちこん, ぐにゃぐにゃし, ぐらぐらする, ぐらぐらと, こうごうぎ, こわされた時, こんなからくり, こんなにりっぱ, ごしよでえ, ささげた太刀, さざめいて, しまりが, しんしんと, すぐに, すぐばらばら, すぐ湯殿, すぐ田圃, すこしあからんだ, すこし長, すっかりふくれ, すっかり冷え, すっかり汗, すっと切れ, すなわち通路, すらりと, すり鉢状の, ずたずたに, ずんどうで, そうだ, そうでござる, そうでない, その丘, その教場, それでございます, だるくて, だんだん伸び, だんだん更け, つたあの, つたことだらう, つたのは, つたばかりの, つたるん, つたんだ, つた主人の, つた人間は, つた位では, つた六疊萬年床は, つた外には, つた太繩が, つた字で, つた字を, つた左の, つた我が身が, つた扱帶を, つた木の, つた椅子の, つた樣子です, つた死骸を, つた水準では, つた猫背も, つた由徳川夢声君が, つた眼尻も, つた穂波が, つた紐に, つた絢爛たる, つた繩に, つた繩の, つた赤い, つた逆さまの, つた頭を, つて, つてある, つていろ, つてから, つてき, つてくれなき, つてしつかり取り込ん, つてその, つてゐ, つてゐず, つてゐます, つてゐれ, つてキリ, つてサイダーの, つてブラブラぶらぶら, つて來て, つて全身に, つて北窓へ, つて大蛇の, つて宜, つて寒い, つて居り, つて居りました, つて居るで, つて幕の, つて年の, つて後ろへ, つて思はず, つて牛屋の, つて疊の, つて突つ立つ, つて行く, つて貰はう, つて足で, つて逃げよ, つて釜吉と, つて銅壺の, つて飛んだ, つて齒が, どうも自分, どたりと, ないこと, ないと, なくなって, なにも, なんだかもくもくしました, なんにもなくなっ, にわかにチクチク痛ん, ぬかるみに, はなはだ短い, はれ出して, ぱっとあかるく, ひっそりと, ひどく重かった, びっしょり濡れ, ぴくんと跳ねる, ふくれて, ふらつくの, ふらふらに, ふわふわと, ほそ長い空洞, ほの, ぼったり, また段梯子, まだある, むき出しに, むくむくと, むずむずし, もう今, もう揺れ, もの凄い大, よく乾い, よく動く, わにしかけ, わについ, わには, わにまるい, われると, イヤに, オレンジ園です, キラキラ光っ, キラリと, クシャクシャに, グイと, コツク場に, コンクリートの, ゴム工場へ, ゴリラの, ヂヨウゴ形の, ッてるこた, テニスコートの, ドキドキドキと, ドップリと, ハッキリ見える, ハヤイナハゼボラスズキカイヅと, ハレぼ, ヒョロヒョロ顔ばかり, ビッショリに, フリッツと, ミシリと, ラ・エー・サントである, レッテルの, 一枚板の, 一番な, 一番哀れの, 一間の, 一面に, 一面の, 三人ありますだ, 三四尺崖に, 三寸ばかり, 三尺の, 三畳に, 上に, 中入れで, 中太夫, 二本所謂味噌っ歯という, 二畳六畳に, 二間なる, 二階と, 些かの, 仙之, 仮りの, 何ほどの, 何十人と, 何千尺の, 修飾し, 倉の, 先に, 先客によって, 入る位, 全く失われた, 全部開いた, 公人として, 六・四半, 六分だって, 六尺ばかりの, 六畳に, 円く掘下げられ, 冷えて, 凍って, 切れて, 切れてるから, 切断され, 刻刻過去, 助三, 十で, 十三橋な, 十二丈幅各, 千畳敷二重が, 南の, 危いと, 可い, 吉浜鍛冶屋郷, 問題に, 四尺一寸も, 土間にな, 地の, 地下電車の, 地獄なら, 地震で, 坂下唐崎三井寺, 堅いこと, 外国の, 多い, 大きくひんまげられ, 大きな穴, 大白川白山の, 大震動, 好適な, 安徳天皇の, 寒むさうな, 寸の, 将門の, 小さな船, 少し糜爛, 岩波新書から, 岩石で, 岬の, 左右等しく, 幅の, 干上がるじゃ, 平たく色, 平でない, 平安の, 広いお, 床張り, 店の, 庭に, 廊下に, 当時自由党領袖等と, 往来だ, 御安全, 御座いませんが, 急傾斜, 怪しいな, 恐ろしく大きく作られ, 我々の, 手にかけて, 抜穴そこに, 押し入れだ, 敬語的屈折を, 斜めに, 断崖状を, 日々の, 日光という, 日光な, 明るいので, 時計の, 暗いので, 書斎上が, 朝散, 朝議太夫従五品上が, 朝顔形に, 朧に, 本場な, 朴の木で, 材木の, 来て, 東京の, 東京市だ, 柔い, 横に, 櫨木だ, 正にその, 死んでも, 殘つてゐる, 段々伸び, 毎度お話し申す, 気に, 水である, 水なら落ちる, 水気で, 氷って, 氷に, 汚れないよう, 池で, 池袋駅の, 法界橋上流へ, 泥だらけに, 流れ出した血, 浜に, 海で, 海と, 深い淵, 深い皺, 淵な, 渡瀬の, 温まるので, 湖水に, 湛慶川その, 湿地平田等何であっ, 澤山ありました, 無いこと, 無残にも, 物置に, 犀川に, 犬に, 玄関の, 甲板よりも, 男で, 當時自由黨領袖等と, 痒くて, 痺れて, 白い, 白いぢ, 白いという, 百人の, 目的という, 目立って, 県道だ, 真弓で, 短くて, 石に, 石の, 禹より, 稻田である, 空洞に, 窖への, 窮屈で, 粘土ばかりの, 紫暗色に, 紫色に, 続々だ, 網行燈の, 緋毛氈に, 羽目板に, 脂蝋燭の, 脆い砂礫, 脛の, 脹れて, 自然と, 自由に, 至らないところ, 船の, 草地草地の, 萩市に, 落ちたかけはし, 薄い日蔭, 薄着だ, 薄黒く, 藪に, 蚯蚓腫に, 血塗れに, 裂けて, 裂け破れたが, 裙に, 裸である, 裸体に, 見えた, 見えないや, 見えるか, 見えるかい, 見通しだ, 詰って, 賑かに, 赤児用の, 赤兒用の, 起きて, 足頸を, 踏み荒されて, 蹴出しに, 載って, 辻番で, 近江国で, 追分駅だ, 透いたから, 通れるもの, 通れるよう, 通儀太夫従四品上が, 通路に, 道路で, 重臣たちの, 鉄道線路に, 銀貨だ, 鏡の, 鐵砲で, 長い, 長いの, 長くなります, 長けれあ, 長すぎる, 開けて, 防空壕に, 陸に, 階段の, 雪田で, 霧の, 露出しで, 青縞, 非常に, 飛行機事故で, 馬鹿に, 騒々しくなっ, 騒がしいので, 高く二階, 高簀子, 魚に, 鳴りはじめました, 鶏小屋の, 鷄の, 鸚鵡の, 麦畠で, 麻痺した, 黒羽二重の

▼ 下では~ (411, 0.8%)

3 なかった, 子供が

2 [20件] あるが, お美代, その一本, ないと, ねむれない, 丁度水晶, 何か, 六畳の, 手拭を, 昼でも, 殆ん, 水の, 社会は, 紳士が, 総江, 老年の, 船頭が, 虫が, 誰も, 鉱物どもが

1 [365件] あたしたちは, あったが, あつて, あの曇った, あめんぼが, ありますが, ありません, ありませんか, あんなにも, あッと, いたるところ, うかがいよう, うだつも, うるさいからか, おさな児, おとなしい繊細, お母さんが, お求め, お葉, かういふこと, かえって居, かえって重荷, かっこうの, かならずしも無視, がりがり噛, こういうこと, こうして折助, こおろぎが, このジャーナリズム, この一般新聞, この半島, これらと, さきの, さすが青畳, さぞかし塵埃, さっき追い出した, しかたが, すでに呼吸, すべてが, すべての, そういう行動, そういう道, そう何時, そのご, その出生, その力づよい脈搏, その従僕, その時, その跫音, その顔色, それが, それは, そんなこと, そんなボロ, ただちに敵前上陸, たちまち混乱, たぶん氷, だめだ, ちょっとお, つづきますまい, つぶやくよう, どうした, どうしても宗教, どうどうと, どうにもなるまい, どっち側にも, どんなもの, ない, ないか, ないここ, ないの, ない筈, なお呼ぶ, なくて, なく真っ昼間, なく面白い, なににも, ひときわワアハハ, ひと際柔らかい, ほかの, ほとんど不可能, まずいかなる, またほ, また卜斎, まだが, まだ誰, まったく失意, まなざしの, まるで問題, みんなが, みんな寢て, むき出しに, もうあかり, もうがやがや云っ, もう味方, もう寝静まっ, もう短兵急, もう魚, もぐら先生が, よく地平線, キシキシキシと, ドシンドシンと, ヒソヒソと, マイナスの, ラジオが, ワイセツを, 一切を, 一時たじたじと, 一般の, 万が一でも, 三人の, 三十六度であった, 上と下とに, 上中下の, 不審に, 世界観に, 並大抵の, 中村警部たちが, 主観的真実の, 久米之, 之に, 二つの, 二ヵ所ばかりの, 二艘ボートが, 五人の, 五割や, 人々は, 人は, 人種的偏見位い, 人間の, 今も, 代表的な, 任意の, 伯爵が, 伯父の, 佐伯祐三の, 何と, 何ともいい, 何の, 何を, 何方かと, 何時頃婆さんが, 依然として液体, 僅の, 全人口, 八五郎が, 再び血液, 凛凛たる, 凡てが, 到底この, 剣がが, 動きようの, 勢いの, 勢いを, 勿論想像, 十八と, 十分に, 単にロシア国内, 却って紛れ, 反当り二十二俵, 反抗出来なかった, 只人殺, 同人雑誌を, 名目上高賃金の, 呉竹の, 味わうこと, 商人が, 商業資本の, 四人狙つて三人は, 国々の, 土佐八と, 地に, 地球が, 堀木の, 堅い大理石, 士気も, 外国市場と, 夜に, 夜も, 大変いい, 大手を, 夫妻が, 女の, 如何に, 妹や, 婆や, 子供らが, 学生層の, 実用的の, 対局が, 対立物として, 対象を, 小さな子供, 小さな鳥, 小猿共, 山将の, 岩石の, 川自体が, 工業が, 市場に, 布教の, 平年作の, 幾流れと, 当然観念論的, 当直の, 彼が, 待構え, 後から, 徒爾に, 微笑んでも, 必ずしも増大, 忍剣近よる, 意地の, 戦うべしと, 戸口へ, 房枝は, 手に, 扮装が, 折助と, 折助どもが, 拝田村の, 接骨木や, 提灯を, 支那らんち, 数カ所の, 数字が, 数百人の, 敵味方枕を, 文化講演会の, 文学も, 文學美術工藝個々の, 斧が, 日も, 昨夜の, 時々どっと笑う, 最う戸, 村の, 東京裁判の, 枝も, 校長が, 梵妻と, 椅子が, 権現堂山が, 機嫌の, 死んじゃ, 母を, 水が, 水ぎわの, 水晶で, 水深腰の, 水車番の, 決して行われ, 波が, 浪人が, 浮浪の, 海面から, 湯の, 源二郎爺が, 溶解した, 滑稽文学にも, 濡れた灰色, 火が, 無い筈, 無視され, 父の, 牧草の, 物に, 特に, 犠牲と, 犬が, 狂太郎が, 甘い水, 生きた血, 甲板から, 甲板では, 町の, 病人やら, 白い泡, 白と, 百姓が, 皆が, 皆よく, 睡げ, 矢張り一種の, 石清水八幡の, 確かに, 磁石まで, 私が, 私にとって, 私は, 竹林の, 笑ひ, 笑んでも, 精力的な, 細かい薄い氷, 結構な, 統制経済も, 纔に, 羊歯状の, 美しいひとつ, 美しい制服, 羽根を, 習得する, 聊か作者, 肉と, 肉体の, 肌の, 胡麻塩髭を, 自分が, 自由主義的な, 自転車坊さんの, 色よく, 色色の, 苦しんで, 葉煙草は, 蒼白い顔, 薄青く幽, 薪が, 虫の, 蜘蛛の, 蟹が, 行坊わめい, 見違, 言論や, 諸支流, 警部の, 谷が, 赤い小, 赤ん坊が, 軽佻な, 農民にとっては, 近所の, 連れて, 運命は, 道中師の, 邑楽郡の, 那覇の, 重々しく動く, 金が, 鈍い灰色, 銅は, 銅線が, 鋳鉄の, 陽氣な, 隅ッこの, 離せませんな, 雨が, 雪子学士が, 電波の, 霜柱が, 青ざめた甃石, 須く, 頸を, 頻りにこおろぎ, 風が, 飲料水タンクの, 馬は, 騒いで, 騒然と渦, 髮の, 鬼婆が, 魚の, 鰻を, 黒いまつげ, 黒い両

▼ 下~ (312, 0.6%)

69 引を 37 引が 32 引の 30 引に 12 引は 7 たりした 6 たりし, 引と, 腹を 4 たりする, てゆく, 引で, 腹に 3 てしまふ

2 [17件] たま, たり右, てき, てしまひました, ぱの, 卷, 引, 引きを, 引だ, 引や, 引二人を, 毛の, 瀬に, 端の, 腹が, 腹の, 菟上の

1 [54件] たりおなじ, たりの山路, たり倒れ, たり搖れ, ちやつてな, ていた, てくる, てみたく, てる様な, に, ぷくれの情熱的な, 人コロポックル, 卷と, 国原, 引がく, 引でした, 引です, 引などが, 引などの, 引も, 引三人に, 引二三人が, 引二三人と共に, 引二三人は, 引二三人を, 引二人に, 引五人に, 引五六人を, 引交り, 引任せ, 引全部を, 引勘六の, 引富坂の, 引柳原の, 引達が, 引達に, 引達町役人まで, 枝に, 毛に, 毛野に, 毛野の, 瀬ぞ, 瀬には, 瀬は, 瀬遙かに, 界に, 空大き, 端女優として, 腹では, 腹と, 腹へ, 葉記者で, 道の, 鬚

▼ 下にも~ (283, 0.5%)

5 置かないよう 4 二階にも 3 上にも, 人の, 置かぬ待遇

2 [11件] そんなもの, やつて, 位牌堂にも, 何も, 履物は, 庭の, 敢て, 皮膚に, 置かぬよう, 誰も, 1が

1 [243件] あったはず, あるいはまた桟敷, あるよ, いくつもの, いつもぎらぎらと, いつも外部的, いばらの, いまは, いろいろ人形, おかずお供, おかずもてなされて, おかずやがて, おかないもてなしぶり, おかぬよう, おかれて, おかれぬ不自由, おちずお, おとらぬ死闘, おりまして, お志保, お風呂場, かなりの, かなり生命, きつと, ぐったりし, ぐつてしまふ, ぐりこむてんとうむしのむすめや赤い, こんな毛, さらさらと, さらに悪気, せよ天井, そのこと, そのやう, そのよう, その名, その焦燥, その石, たれ一人, とどかない, どこみ, なお小さい, なお昔, なお根本制約, なかみのない, ひとつ羽織を, ひるまず闘い, ますます数, またいっぱい, また二重, また多く, また村落, まだ八畳, まだ幼い, みこまれて, やって来た月見船, やはり権右衛門, やはり親, よくその, ゐられないので, コンクリートが, 一々松, 一つも, 一ヶ所めらめら, 一方の, 一種の, 一面に, 三津子君の, 下情しか, 不思議な, 並んで, 二人女子を, 互に有る, 井戸端の, 人声が, 人知らぬ, 人間の, 人類の, 今にも散らされ, 以前の, 休まなかつた, 住んで, 住居の, 來て, 俺の, 充満の, 光る千萬, 入口から, 別動隊, 別本, 千両箱などは, 千兩箱などは, 却て, 又斯, 反乱や, 受けが, 古い風呂場, 同じよう, 同じ安定度, 同僚にも, 名代の, 四五人の, 困難を, 圓頓の, 地蔵菩薩と, 埋れず何等, 塗ったまま, 多く缺, 夢の, 大きなかがみ, 大太刀, 天窓にも, 子供が, 家が, 封緘が, 小さい机, 小虎, 尻に, 居られないので, 屋根にも, 布団が, 幸福原理から, 幼弟が, 幾本と, 幾組か, 幾群か, 床の, 強い, 戸棚の, 手段として, 折れて, 押し寄せて, 拘らずいつしか, 拘らずなおかつ, 措かずしばらく, 措かずもてなし銀子十五両, 敵は, 既に説き及ん, 明治初年ごろの, 昔ながらに, 昔常陸坊が, 星ほんとうに, 是より, 来て, 果物や, 桟が, 武勇にかけて, 決してこの, 波打って, 浅草寺の, 涙を, 湿け, 満ちては, 漁夫達は, 無数の, 特別に, 犯人の, 狭い露地, 狼藉が, 猶暖, 玉藻の, 番頭佐吉だつた, 疎らに, 白いところ, 白い石だたみ, 白蓮の, 百足だの, 真実は, 真紅な, 真綿の, 神官が, 福山と, 究極する, 立たず神, 立って, 立つて, 端倪され得ない, 紅葉あり, 結晶した, 締めて, 置いて, 置かずもてなされ甚だ, 置かずもてなして, 置かずやっぱり, 置かず両, 置かず待遇, 置かず歓待, 置かず相, 置かず相不, 置かないで, 置かないマゼ方, 置かない茶, 置かぬもてなし, 置かぬもてなしぶり, 置かぬやう, 置かぬ扱, 置かぬ款待, 置かれるが, 置きませんよ, 置き直す, 置れず, 聞いた, 肺と, 腐敗は, 自分の, 自由は, 色の, 草が, 草の, 落葉だらけで, 薄の, 薫った, 血は, 行われること, 街, 見当らなかった, 見物の, 言い知れぬ気兼ね, 諸祖帝, 財力の, 貴公は, 足跡は, 身を, 転移し, 追, 重い洗濯物, 重ねて, 金庫の, 針葉樹の, 鍵穴が, 長いす, 長い機械, 長椅子の, 附くもの, 雑然と書物, 電気が, 青空を, 頬にも, 顎にも, 馬が, 髯の, 鮎を, 鳴く, 鼠は

▼ 下へと~ (175, 0.3%)

8 降りて 6 沈んで 5 おりて, 流れて 3 下って, 下りて, 落ちて 2 おちて, こんがらかって, 動きます, 泳いで, 降って, 騒いで

1 [130件] あっはは, いえば, いたして, いひつぐの, うごめく将士, おそろしいいきおい, おち行く光景, おどったの, おどりくるうの, おもしろそう, おりた, くだって, ごった返して, さがって, さながら三羽, さまよ, じろじろ眺め, ずり下っ, その逃亡芸者, それを, たった一人, たつた一人, たれて, つづいて, ながめおろして, はきおろして, ひっくりかえされて, ひっくり返したよう, ひっぱりつづけて, ふって, まちが, もぐって, ろうばいした, ゴッタ返, 一気に視線, 上げ下げする, 上へと, 下りつつ, 下りもはや, 下るにつれて, 下ろうと, 下ろされた, 下ろして, 云う結構, 伝へる人, 余呉湖の, 俯向い, 入り乱れる私, 出かけた, 切りひらかれた, 危くも, 四方に, 土を, 坂を, 少しの, 届ける事, 差しかかって, 帰って, 平野の, 延びて, 引きおろして, 引きさげられるの, 引っぱられて, 引っぱられるから, 往って, 往復しなけれ, 急ぐ急, 悦んだり, 押え付けるよう, 押しもみこの, 指で, 振り下すので, 捏返した, 掘られて, 掘り下げて, 掻い潜って, 揉み合う有様, 揺れて, 撫でて, 攻めよせて, 放逐され, 敵を, 末の, 果物を, 汗を, 沈みはじめた, 流されて, 流れ去る樣, 混乱を, 混雑し, 渡し合った, 渦巻き流れて, 漕ぎ上って, 漕げ, 潜りて, 爆け, 疾く流れ, 着きました, 突きおろして, 絶えずきょろきょろ, 続いて, 舐め廻して, 舞いおりて, 落ちまた, 見上げ見おろして, 調べて, 走った, 走り廻り, 走るうち, 辿る, 返しけり斯, 逆上し, 通りすぎて, 進む, 進んで, 重みが, 降すべしと, 降りる, 降り初める, 順繰りに, 飛びはねるので, 飛んだ, 飛交う, 駈け下りました, 騒がせたこと, 騒ぐの, 騒動し, 騒動した, 騷動し, 騷動しける

▼ 下~ (162, 0.3%)

22 さい 8 さいます 6 さいません 5 さいました 4 さいな, ね, よ 3 さいまし, さいませう, さるの 2 から多少, が, さるで, さるなら, さるん, しやう, という, と云う, のと

1 [82件] かにまだ, からいくら, からな無理, から二十才, から廿二, から心持, から抜け道, から数え年, から明るい, から明治維新, から薄暗い, から音, がその, がもう, が何, が兵力, が己, が年上, が昨夜, が直吉, が私, が重役, けれどそれにしても, さいと, さい良さん鳥渡, さらない, さらぬ, さらぬです, さらね, さらん, さるからとの, さること, さるでございましょう, さると, さるとは, さるな, さるもん, さる事, さる平生, さる御, さる様, さる義, さイ, しその, し加勢, し廻り, し才, し盃, ぜ, そうだ, ぞ, ぞなに, つたにも, つてもう, つて他人の, つて肩の, つて行く, つて露領の, ということ, とおそらく, とかへ大きな, とする, となる, とは思わない, とは思われない, と云っ, と思います, と思う, と朝露, と知っ, と諦め, どほくそ笑み, なと思い, のという, のには, のは, もんだ, わいと瞼, ンべ, 下だ, 胸中未, 葱の

▼ 下~ (160, 0.3%)

2 [14件] くろければ, すつかり, その列中, よく計らず, 二階も, 右も, 同じ, 広く部屋, 念入りに, 手の, 深く姿, 第六段目, 見えぬけれど, 計らないよう

1 [132件] あって, あの時分, ありは, いけねえと, いっぱいの, いないん, えとを, お開け, お隣りです, からっぽです, がらんとして, くぐつたげ, この噂, すっかり調べ, すっかり黒ずくめ, すつかり腐, すべての, すべてまた, そこから, ただひと, でこぼこの, ない, ないところ, なく知らずしらずの, なつかしい, なにものも, にぎやかに, ぬいで, ぬれ縁, ひっついて, ふみわけて, また同様, また賑やか, みな行きどまりどこへ, みんな抽斗を, むっちりと, めずらしかった, もうてんやわんやと, もうなか, もう蒲団, よく解らない, わが家に, ギッシリと, コンクリートで, ステテコも, 一度に, 一斉に, 一杯であった, 下水の, 不屈の, 主人筋も, 乞食非人まで, 亦身, 仏壇で, 伽藍堂たまたま, 何となく騒ぎ立つ, 何んの, 健三の, 八畳二室の, 前も, 勝手元も, 十五に, 同じこと, 喉も, 喚声と, 嘗めたやう, 埃溜の, 堂宮の, 大きな荷包, 天井裏も, 天地の, 家中みんな留守と, 尾越しに, 庇の, 往來した, 御臨場, 徳の, 怪しからん世の中, 息苦しくな, 手に, 手ぬくめ, 折悪しく, 抜けて, 捜して, 掘り下げて, 探しましたけれど, 探りましたなれど, 斉しく見る, 智慧が, 暗い, 暗く艶, 板らしい, 桜天地は, 次第に明るく, 毎日灰を, 水の, 油断の, 濡れ兵糧, 火だ, 無造作なつかね, 無邪気に, 無限の, 煤けた壁, 煤だらけ水びたしの, 男も, 白麻ずくめ, 百五六十アル上ト下トノ差ガ少, 真ん中も, 石がちに, 穿かずに, 胸も, 草紅葉, 草草むらの, 被りものと, 襤褸の, 見ずに, 見ましたけれど, 調べたん, 負傷者の, 軒の, 遽に, 酒を, 鉄管土管の, 閂を, 静かに, 頭髪の, 風呂の, 駈けすぎたが, 騒然たる気配, 驕慢に, 高慢に, 黙って

▼ 下なる~ (158, 0.3%)

7 人は 6 七つ森の 3 奴に, 小机 2 ものの, を卑し, 刀掛に, 火も, 端へ

1 [129件] おやぢ, が我名, ことを, この人生, この演説, この辺, ところを, どくだみの, はいよいよ, は丈, は上, は百五尺幅拾五間, もの, ものにも, ものを, もの之を, を会得, を外苞穎, ソフアには, タナイも, ペツポのを, ローマ若しくは, 一半を, 一大勧工場に, 一間にて, 七の, 丸髷は, 乱杭に, 二人は, 人に, 人の, 他の, 低い家屋, 僕の, 内の, 円き食卓, 円卓を, 円葉に, 冷やかなる, 切長の, 卓子に, 國の, 地の, 地は, 地上には, 塵の, 壁に, 大地に, 大深谷, 大蔵流, 天の, 太陽面の, 孫堅と, 小き, 平地で, 幸なき, 底に, 廂屋根の, 彩色の, 影がまことか, 心城院の, 怪しき土室, 戸に, 戸外を, 数行の, 敷石を, 新たな, 明子を, 春の, 暗い処, 杭に, 杯を, 某婦人科病院, 権之, 民, 民のわ, 水, 汐留の, 河鹿の, 流に, 流れには, 浅い横長, 浜辺は, 浮動病室には, 淪落の, 溪間恐らくは, 火口に, 無力な, 無窮の, 焼板, 物に, 玉窪の, 監物と, 石垣に, 秘密造船所の, 空氣燃ゆる, 窓を, 納戸に, 素人屋の, 網に, 緑の, 罪人の, 群集の, 者に, 者は, 自我が, 花, 芹沢めがけ, 苛責の, 茶屋の, 虹の, 袱紗包の, 西軍にも, 諸, 諸獄, 谷を, 谷間に, 輻は, 道を, 邑として, 邦の, 野を, 長き廊道, 雜沓甲板に, 雲は, 首の座に, 駕籠の, 鰹鮪と, 麓時の

▼ 下より~ (152, 0.3%)

2 [11件] して, ものの, 上を, 叫ぶ, 坂泰の, 増上寺の, 手先の, 放つやう, 竹, 聞ゆ, 蒸て

1 [130件] あきらかに, あふぎ言葉, お呼びしましょう, こぼれでる涙, すぶり, つき殺されたるは, ぬっと出, はか, ひかれたるも, ほかに, まず上, タヽき落し, ランスロットの, ランスロットを, ルウドヰヒ町を, ヴィテリウスの, 一体の, 一声, 一尺ぐらいの, 一通の, 三百五十兩の, 上す, 上の, 上へ, 下界を, 二の, 人の, 人代りなき, 仰ぎ見候, 仰げば, 件の, 來る, 公園第, 其美人の, 出で, 出でし鬼共みな, 出来り歯, 動る, 十分の七の, 十歳許の, 午飯の, 取巻く, 同心ばら, 吾心は, 呼び起して, 嗅ぎ慣れし白檀, 土饅頭の, 大型潜水艦と, 奴は, 妾を, 安からぬ, 寄せ来る気勢, 小川町に, 少しづつ下流, 岩石流れ出, 巡査の, 左右に, 巴里の, 廻りて, 弦を, 径を, 御削り, 忽ち平, 急ぎ足に, 怪き箱, 愛宕山を, 押しあ, 押上ぐるように, 押上る, 掬いて, 提燈の, 数えたり, 明に, 最も眺望, 朗に, 望み見るべからざるもの, 未だ小, 来る敵, 東に, 横に, 浪子は, 涙は, 清さんが, 清水流れ出で, 渡し船に, 溢るる, 珊, 現われて, 申上候儀は, 男の, 異彩を, 発して, 皆起っ, 目安方役人書面を, 直ちに乗込ん, 眺めたるのみにては, 眼に, 空さまに, 突き上げ上, 立って, 筒ぬけ, 続きけり, 繃帯したる, 耀く眼, 蒸し物の, 蓋を, 蔑まれても, 衝き上るが, 見え候口もと顋の, 見るべからず, 見上げて, 見上げ何, 見上げ茶亭, 覗くやう, 解て, 讀み返へ, 起こる, 起し少しく, 軽井, 輩出した, 這ひ, 這ひ出, 這出づる, 進め, 遙かに, 遙に, 酒を, 露れたる, 騎兵二騎何事をか, 黄金出づ

▼ 下からは~ (128, 0.2%)

4 貝がらも 2 すに, ひ出して, よく見えません, 口を, 狩衣の, 色美しい, 足掛りも

1 [110件] あえぐよう, あの様, いったいなに, いろいろの, おういおう, かれの, くまと, ぐるぐる巻, ごったまぜ, しつきりなし, すがた, その卷毛, その奥, それが, それぎり何の, それには, ちす, ちょうどゴム長, ときどきじっとりと, ところどころ修, ふさふさした, ぶうぶう云わせます, また二十本, まだ誰, まだ鳴りやまぬ, よく見えなかった, ッた, マリ子とは, 七面鳥の, 下僕らしい, 世間の, 二つの, 二本の, 二間以上も, 今まで, 低い支脈, 冷たい汗, 出て, 力の, 四階ぐらいに, 土や, 土台石, 塩気を, 夏の, 夜陰に, 大きな放電管, 大きな灰, 女の, 寒くない, 寿江子の, 小やみも, 届かず, 幽かに, 応ずる声, 念入りに, 思いの外若い, 急先鋒索超, 意外とも, 救護用として, 数十人の, 明りが, 更に谿川, 本当の, 植え移さなければ, 楽しげ, 槍を, 毛髮の, 水が, 汗が, 海潮瀧の, 漆黒の, 濕つ, 火鉢が, 炊事の, 瓦屋根が, 白い煙, 白か, 私に, 窓は, 竹が, 筋肉や, 絹の, 罵る声, 若い女, 蒸すと, 見えない, 見えなかった, 見えなくなって, 見えぬ木の葉, 見えませんでした, 見えるの, 見事な, 赤味の, 赤黒く汚れた, 足利方でも, 追, 逞しい子分, 遊びに, 遠目にも, 野蛮人もしくは, 雫が, 青年らしい, 青銅の, 駈けつけた大江山課長等, 驚くべき精緻さ, 鳶色の, 黄ばんだはれぼったい, 黄金の, 黒い土, 黒い山羊

▼ 下~ (128, 0.2%)

3 顎の 2 あみあげの, いえば, する, なった, 位置を, 思われるあたり

1 [113件] あつく茂つた下生, ありとあらゆるすみずみ, ある, あれば, いっても, いひ上, いふ, いふべきを, いわず, いわず耳, いわれても, およそ人, かわる, すらすら読み下す, せしも, その向う側, それからその, それぞれ味が, ついて, なしその, なったの, なった手綱, なって, なつた, なりその, なり土地, みや, みる者, もぎツしり人, アンタン大道の, サルペートリエール救済院の, 一尺ばかり, 一方は, 七つの, 万創膏の, 三段に, 上と, 上脣との, 下顎, 二階を, 云うと, 云えば, 云って, 云っても, 云へる, 人と, 今ぞ, 共通に, 分ったもの, 動揺し, 南窓の, 右の, 同様な, 周囲の, 哀調を, 唱る, 四階段にも, 大きな口裂, 天井裏とに, 天井裏の, 存候, 定められた, 家中の, 小屋の, 左の, 床板との, 序録一巻とが, 御思召, 思って, 思つてゐた, 思はれる廣, 思われる地点, 戸口を, 手首の, 指さ, 据風呂の, 控への, 揃って, 教えて, 書し, 書し蘭軒, 桐の, 波間の, 益々情意, 眞鍮の, 社会主義の, 祕術を, 稱する, 緑色の, 聞こゆるならば, 背中とに, 背中へ, 腮に, 草の根分ける, 袴の, 見られて, 見做, 訳するとき, 読むの, 譯する, 讀むの, 越中褌とを, 軒から, 連絡の, 連絡を, 違って, 釜の, 鎧の, 頤の, 頼候時武清申候には, 顎とには, 顎に, 駒か

▼ 下において~ (121, 0.2%)

2 である, 生産される

1 [117件] ある宇宙図, ある煙草入, あわてて, いかに速, いっそう悪い, かつかく, かれら, きれいな, くた, こう開き直った, この夜, これが, ごろりと寝ころがった, ざぶざぶと顔の, しずかに, ぜひとも行われね, そうして諸方, その村邑, その生産, その畳付, その貨幣価値, それが, それは, それを, たち上った, たとえ英蘭銀行, ちょうど停止的人口, つかつかと, なされて, ぬっくと, ひとつひとつの, まさに発酵, みたり, もしある, もし耕作者, やむなく祕密結社, わずかに, ゐる荷物, アメリカが, ドイツ人民が, フトコロから, フランスの, 一気にさらに三カ年, 万人が, 万兵衛, 不慮の, 両時代, 人口の, 人身を, 他の, 何やら考え込んだ, 何らかの通商上, 価値を, 価格変動の, 保たれる, 個人主義の, 全農支部に対し, 各人の, 否応なしに連絡, 咳き込むと, 商品を, 国内の, 国民は, 地主達にとって, 多少にても, 夫の, 始めて成り立ち, 少しく恐怖, 帳面を, 当然起るべき, 彼は, 従前の, 得意に, 必然的に, 急な, 慌てて, 我国で, 我国の, 我国を, 戸口へ, 扉を, 日々夜々しのぎを, 日本全, 日本画も, 更に嫌悪, 棲息を, 検討された, 極めて大きな, 極秘の, 横に, 流行病が, 特殊の, 生産された, 生産されるなら, 真実な, 眺めたり, 示して, 社会が, 社会の, 私の, 穀物は, 等しい価値, 算術級数以上に, 考へられなかつた, 腰に, 自ら落付くであろう, 若い人間, 行われたこと, 行われたの, 行動する, 調べたが, 貨幣が, 貨幣地代貨幣労賃及び, 農業者が, 釈迦如来の, 食物を, 香港の

▼ 下へも~ (116, 0.2%)

5 おかない 4 置かぬもてなし 3 おかぬもてなし, 措かない, 置かぬやう, 置かぬよう, 置かぬ款待, 降りて 2 おかずに, おかない歓待ぶり, 置かない扱い, 置かない歓待, 置かぬあしら, 置かぬあしらい, 置かぬ待遇

1 [75件] おかずもてなしした, おかずもてなした, おかず客殿, おかず酒飯, おかないあつ, おかないほど, おかないもてなし, おかないよう, おかない待遇, おかない歓待, おかなかった, おかぬもてなしよう, おかぬモテナシ, おかぬ侍, おかぬ優遇, おかぬ待遇ぶり, おかぬ歓待, おかぬ歓待ぶり, おかぬ花族, おりられないん, きこえるの, ぐつておいきなさい, どつて, なんとか手段, ひらひらと, 一つ持っ, 動かばこそ, 吹きつけて, 忽然と泥, 措かずもてなした, 措かずわし, 措かず歓待, 措かで朝な夕な打, 措かないばかり, 措かないほど, 措かない扱い, 措かない歓待, 措かない騒ぎ, 措かぬよう, 横へも, 燃えて, 穴が, 置かずお, 置かずもてなされた, 置かずもてなしだすと, 置かず席, 置かず彼ら一同, 置かず手, 置かず若旦那, 置かず頭, 置かないで, 置かないという, 置かないもてなし, 置かないよう, 置かない持てなし, 置かない歓待ぶり, 置かない気持, 置かなかった, 置かなかったお, 置かぬもてなしぶり, 置かぬ喜びやう, 置かぬ扱い, 置かぬ送りよう, 置かれずに, 置けぬほど, 置けぬほどの, 落ちは, 行き置戸棚, 行って, 身動きが, 通らぬので, 閃いて, 降りず滝, 降りられねえ自分, 降ろしたこと

▼ 下~ (116, 0.2%)

4 口の 3 両頬 2 うしろの, たんすの, ドブ板の, 割れたコンクリート, 台所の, 垣根の, 耳の, 蛇籠の, 軸の

1 [91件] お代官地, しきの, しゅろ, そ, その他家の, それぞれ異, だんろ, どに歸, ひきだしの, また段, まわりの, もしくは町, ろか, シートの, 不動堂の, 仏壇の, 何かを, 六区に, 冬青の, 前足や, 勝手の, 古い材木, 唇の, 四囲を, 土藏の, 多くは, 大木の, 家具の, 寐台の, 寐臺の, 寝室の, 尾裏に, 屏風の, 広場の, 店さきに, 庭に, 廊の, 廐の, 彼が, 押入れに, 敷物まで, 暗幕の, 木の, 本ば, 本棚の, 本箱の, 朱衣の, 村はずれや, 東西南北の, 松菊猶, 果実の, 柿の木の, 桐畑や, 桜の, 横と, 横腹を, 此方の, 水面を, 池の, 泥底に, 物置などを, 物置小舎の, 目の下や, 稲むらの, 空気の, 窓ぎわの, 縁先や, 腋の下を, 腹に, 茶の, 荒壁と, 荷物の, 藪の, 複雑な, 西石垣の, 象嵌を, 赤い蹴出し, 足の, 足柄明神から, 軒の, 辻には, 運動場や, 道具の, 長靴の, 阪大の, 陳列棚の, 顎に, 首筋の, 鼻の, 鼻毛が, 鼻毛の

▼ 下あたり~ (96, 0.2%)

2 で鳥, と思われる, には年, に凹み, に梯子, に腰, に鋸, を掃い

1 [80件] からつむり, から一群, から再び, から出た, から口笛, から喨々, から楽し, から次第に, から水, から蜘蛛, がいい, がくす, が青々, だった, だらう, であつ, でいちどに, でこんど, でその, でもあちこち, でもボーイ長, でモゾモゾ, で主税, で唸る, で彼, で揉み廻す, で昇, で朽ち, で緑, で買った, に, にえらい, にお, にさしかかっ, にだけあった, にはきまり, にはしきり, には一団, によろけ, にリサ, に二三軒づつかたまつてゐる農家, に幾条, に据え, に据ゑてあります, に来る, に沈ん, に泊っ, に潜っ, に目白押し, に秋, に腰掛け, に見た, に見当, に触れ, に誰, に這い込んだらしい, に集っ, に黒い, のところ, のよう, の動悸, の地下, の地点, の地面, の掛茶屋, は墓, は寄せ集めた, は矢張私達, まで歩い, をぐるぐる, をのぞい, をはたはた, を余念, を幽, を木の葉, を歩い, を歩き廻る, を隈, パッと, 暗い廊下

▼ 下すっ~ (96, 0.2%)

16 ている 8 て, ていた 3 ています, てよかっ 2 たっていい, てお, てもお, て有難う, て誠に

1 [48件] たって, たって話したら, たって頂いた, たりお, たりし, たりした, たりしました, たりする, たりでも, たりと有難がった, たりまた, たり何, たり到来, たり坊ちゃん, たり家中, たり我儘, たり良い, たり落語, たり詩, ちゃ, ちゃあ, ちゃ困ります, ちゃ私, てありがとう, てありがとうご, ているでしょう, ていろいろ, てお話, てまア, てもいい, てもかまいません, てもむだ, てもわかる, ても失礼, ても宜しい, ても少し, ても御, ても最早, てよろしい, て一挙手, て今年, て何卒, て安心, て御, て斯, て私, て結構, て葉巻

▼ 下においては~ (86, 0.2%)

2

1 [84件] いは, おそらく生産力, おそらく貧民, かかる価格, この不, この反対論, この家主, この結果, これを, すべての, そうし, そうなるであろう, それは, ほとんど労働, もし労賃, より高い, ポウランドに関する, 一国の, 一国は, 一方に, 下層階級の, 人口が, 人口の, 人口は, 人為的に, 再び増加, 出生及び, 到底理想的社会, 到底維持, 労働と, 労賃の, 労賃は, 取上げての, 右の, 各人は, 各国は, 土地から, 天下の, 奨励金のみが, 工業による, 常にフランス, 平等主義の, 弾圧を, 彼は, 彼らの, 必ずそうなる, 忍耐は, 急速に, 愛は, 我国の, 推理や, 救貧法の, 暴君の, 最劣等地, 最大満足の, 消費され得べき, 混合的存在としての, 物を, 狩猟者の, 現在と, 生活必要品の, 生産技術の, 生産物の, 産業は, 異常な, 発明は, 知力が, 確かに, 社会の, 穀物は, 穀物供給の, 絶対に, 自ら1に, 自由市民の, 苦しまねば, 英蘭は, 葡萄酒と, 課税の, 貨幣は, 貨幣以外に, 貨物は, 資本の, 購買曲線は, 青年期に

▼ 下でも~ (85, 0.2%)

2 君の, 吹いてや, 階下に

1 [79件] あって, あなたの, あぶないもの, ありません, ある, あるいは大極殿, あるならば, いいちょい, いやがる, お前と, お噂, ここいらの, すゞし, その地位, とけるひま, どこであろう, どこへでも, どんな時間, どんな高, なお二十三夜, なく上, なんの, ふと, みんな眠りこん, みんな茅葺屋根に, みんな騒い, もぐるの, よい, よろしいでしょう, イデオロギーに, 一町内の, 一穂に, 交通機関は, 人が, 伺って, 何か, 何でも, 何んの, 俗に, 充分に, 兎家ひょうたんこと末弘春吉の, 叫んだ, 同じ氷雪, 名高い二つ, 吹きとおす風, 呻吟け, 地主の, 多くを, 宇和島大洲方面には, 工事を, 幻灯会が, 庄原は, 彼には, 性質の, 成勢の, 抑圧され, 拝借しましょう, 拝借しよう, 明かである, 本妻の, 樵小屋の, 毎日を, 比較的よく社会, 犬と, 砂丘の, 秩序の, 穿いてたらいい, 紛れやすい, 素裸の, 見いだすこと, 道路や, 遙と, 陽光を, 雪白の, 顔は, 駄目な, 駈けて, 驚いた, 黄金の

▼ 下への~ (83, 0.2%)

6 大騒動 3 大混乱, 大騒ぎだ, 大騒ぎと, 大騷動, 騒動で

2 [13件] 大さわぎであった, 大騒ぎだった, 大騒ぎで, 大騒ぎに, 大騒ぎを, 混雑で, 混雑です, 混雜です, 顛倒ぶりです, 騒ぎでした, 騒ぎです, 騒ぎに, 騒動です

1 [36件] そうどうを, のるでは, 乱雑な, 大さわぎ, 大さわぎです, 大そうどう, 大乱闘, 大動乱, 大混雑, 大騒ぎが, 大騒ぎであります, 大騷ぎ, 浮かれ調子, 混乱に, 混雑でありました, 混雑と, 組み打ちと, 運動や, 遠慮の, 騒ぎその, 騒ぎで, 騒ぎであった, 騒ぎでしょう, 騒ぎの, 騒ぎを, 騒ぎ何べ, 騒ぎ隊長の, 騒動である, 騒動でした, 騒動に, 騒動の, 騷ぎその, 騷ぎだ飛込ん, 騷ぎでした, 騷ぎです, 騷動です

▼ 下治らしめ~ (66, 0.1%)

64 しき 1 さむとせしほどに平群の, む御

▼ 下つて~ (62, 0.1%)

8 ゐる 6 ゐた 3 居たの 2 もい, 居た, 居る, 居ると

1 [37件] すずしい風, そして下, その紙, やがて野, るよ, る樣, ゐました, ゐるあつ, ゐるから, ゐるが, ゐるの, ゐるもの, ゐるやう, ゐる指環, ゐる真下, ゐる苧屑, ゐる鱒二, をり, 居たかも, 居たと, 居つたが, 居つた爲替, 居つた爲替相場, 居ましたが, 居りました, 居ります, 居るところ, 居るの, 居るやう, 居る中, 居れば, 引いて, 行きました, 行くが, 行くと, 見る気, 逆樣

▼ 下~ (61, 0.1%)

39 の右ダブル引用符

1 [22件] から着陸用, から見た, がはらわたで, が狭く, にその, につい, には陰影, にコビリ, に三本, に入っ, に取り付い, に沿う, のほう, の地面, の方, の狭い, の腰骨, は一面, は褐色, を匐, を線, を走る

▼ 下さります~ (57, 0.1%)

95 よう 3 か, かと朝, なとて拭, な私, ように 2 な其やう, な夫

1 [24件] お人たち, かと怪し, かな, さうで, そして親方, と, とあの, とは何, と彼, なその, なそれでも, な何, な家, な弘子さん, のか, のなら, ものを, やう, やうに, ようまた, 故お蔭, 樣御頼み申上ます, 而し, 間も

▼ 下つた~ (52, 0.1%)

3 やうに 2 ことは, ところに, と思ふ

1 [43件] か知らぬ, がその後, が到底, が間もなく, が駿介, くちひげ, ことぢや, ことである, ことも, その年, その態度, というの, といふ話, ときには, とき地割れが, ところが, ところを, としても別に, ともなく, と見られませう, ので暑, ので私, まま全, まま寝ち, まま頭を, もので, ものである, ものです, ものも, ものらしい, よ, らしい, をさり, んだ, んです, 其の放れた, 小さい指環, 小さな手提革包, 小瓢箪, 御様子, 悲しげ, 為ばかり, 見臺

▼ 下れる~ (52, 0.1%)

2 ものは, 世に, 世の, 時は, 梁を, 森林の

1 [40件] が全, が雪, ことに, ことを, こと前に, そうである, とこまで, と思っ, なり, にあらず, はた, も單純, や, ようにって, わがはや, をも知らず, を着し, アルノは, ゼデオンが, マリヤの, 一支峰に, 人類欧羅巴人に, 個物を, 大絶壁, 姿, 岩あり, 斷崖の, 時はか, 時彼等すでに, 時我等の, 最大の, 筈が, 者なり, 蜘蛛や, 間に, 限り下つたのも, 雙腕とを, 頬の, 馬の, 魂等は

▼ 下にて~ (49, 0.1%)

2 大河に

1 [47件] あらたに, おのおの顏, おん身の, お待ち申すべき, すゝり, その力, その根, ゆるぐとも, フランシス・ド・サール書簡集秋元巳太郎氏の, 一夜に, 二匹の, 切結ぶの, 勝ちつ, 叩鍋僧和南, 大橋文右衛門に, 奴等の, 家族相集まり働きおる, 崇めら, 待て, 微笑せん, 快き風, 我死なんと, 手を, 手品使ふも, 打ち殺すを, 拜み, 春死な, 春死なむ, 暫漂う, 曳かれ罪, 月琴を, 本所側の, 燃えるであらう, 狗の, 答えたり, 舊新二つの, 花を, 葵山子に, 見し彼, 認む, 認めおり候ところ, 論理学哲学を, 踊るよう, 身を, 述べたる一例, 隅田川に, 首を

▼ 下ぶくれ~ (46, 0.1%)

6 の頬 3 のした, の顔 2 の丸顔, の柔和, の豊か, の顏, の鼻

1 [24件] になっ, のうりざね顔, のふっくら, のよく, の下, の優しい, の円顔, の可愛いい, の和やか, の品, の唇, の垂れ頬, の大人びた, の子, の形, の忠相, の愛くるしき, の瓜実顔, の短, の細面, の美人, の顎, の顔立, 横顔ばかり

▼ 下へは~ (46, 0.1%)

2 ひつて, 白練の, 車を

1 [40件] いこむくらい, いつたきり, おかずに, お前さんと, かなりの, くもの, こないやつ, ごく僅, だれも, どんな風, ひつた, ひるや, もう一枚, もう尨犬, チョッピリ附髭まで, 一合の, 一足でも, 下りっこ, 今まで, 卸しきらないで, 墜ちること, 外部から, 太平洋の, 容易に, 幸に, 幾丈幾十丈あり, 時折來て, 村の, 枯草だの, 燃えないで, 父さんも, 罫紙を, 置かぬ待遇方, 置かれない, 置けなかったの, 落さん怪我, 落ちなかったという, 警官が, 逃げられない本堂, 降りて

▼ 下からも~ (40, 0.1%)

2 出て, 吹上げ左右からも

1 [36件] ありありと, いつか春が, お孝, きまってお, その砕けた, その音, むくむくとも, わかる顱頂部, コードや, ミイラの, 上からも, 二人を, 人が, 仰がれた, 余儀なくされた, 傾斜の, 十年も, 叫んだ, 吹き上った, 呼び返し, 宿屋の, 左からも, 引き上げさせたり, 或は風の音, 抱き締められて, 是非受け, 晃って, 滲み寄せて, 火焔が, 答える声, 絶対に, 臭い瓦斯, 血が, 西坂本の, 買われて, 近寄れないよう

▼ 下~ (39, 0.1%)

2 の分際, の子供

1 [35件] がうごかし, しいたげ易く, でもそれ, と儼然, などが茶, にし, にはそれ, に不平, に対してはほとんど, に徹底, のこと, のせがれ, のその, の与り知った, の仲間入り, の力, の尊敬, の怨恨, の情, の気楽, の直訴, の聚合, の苦, の阿片, の首, は一般, は常に, は救, は服中, も故, より生ずる, を御し, を悩ませ, を苦しめ, ノ娘ニテハ不都合ユヘ

▼ 下~ (35, 0.1%)

2 わからぬが, 何かで, 道ばたの

1 [29件] あるいはも, いや墓, さもなければ曲げた, そんなもの, でしょう, どこかに, どちらなんだい, どっちに, どのへん, なにかで, なんかに, なんかには, ぶとの, 上か, 上かさえ, 上かと, 中の間には, 二つ三つ上かも, 二階か, 出店か, 天井か, 小次郎の, 庭の, 廂合かな, 方角が, 松の, 母屋の, 若衆髷に, 風呂場の

▼ 下~ (35, 0.1%)

6 のだ 3 のです, んだ 2 くせに, のかも, のである, のよ

1 [15件] が, だらしゃが下, のが, のでその, ので嘘, ので床, ので正季, のと, のに光秀, のねと云った, んで, 修養の, 婦人を, 百合子の, 若い叔母さん

▼ 下からの~ (34, 0.1%)

2 光の

1 [32件] このこと, ように, ファシズムな, ファシズムの, 処置で, 力の, 合図と, 圧力が, 圧力で, 声で, 嫉妬で, 庶民, 悲しい叫び声, 意見を, 手が, 権利を, 民意を, 水の, 決定を, 焚火の, 照明が, 畏敬なき, 発起です, 発達とは, 統一戦線が, 統一戦線の, 綱を, 裁判官警察官林務官といふ, 要求は, 逆光線に, 風で, 鼻の

▼ 下すったら~ (32, 0.1%)

2 ねえ

1 [30件] あたしもう二度と, いいの, きっとよろこぶでしょう, きっと御, きっと私, すぐに, ずい分お, そうねがい, ちっとも心配, と思います, と思う, どう, どうです, どんなだろう, なあ, 何もかも分ります, 僕だって, 其の日, 助太刀も, 否とは, 好いでしょう, 必ず何とか繰り合わせ, 怪我にも, 折角の, 町はずれの, 私だって, 私の, 素通りに, 若草も, 面白いでしょう

▼ 下~ (32, 0.1%)

3 をし 2 しました, であった, の方

1 [23件] こしらえて, だ, だけする, である, として書きはじめ, なるもの, に親しむ, の束, の燒, の画, はひと, もせず, らしいもの, をいじくり散らし, をする, をつくっ, をつくりはじめ, を作っ, を作りました, を国男, を持っ, を蔵, を読み聞せられ

▼ 下における~ (31, 0.1%)

3 利己心の

1 [28件] あわれ民ぐさ, その国造, わが國, アイヌの, オサキの, 世界から, 人の, 価格決定の, 労働階級の, 原形質の, 国民生活の, 國會は, 土地の, 平和が, 忍耐力及び, 権家としての, 欲望の, 武門の, 歴史の, 生活形態中世に, 研究も, 第一, 結婚に関する, 翼賛文化運動実践の, 自分の, 芝居の, 近世的屈從は, 領主と

▼ 下暗し~ (30, 0.1%)

32 という

1 [25件] さ, それに武州, だこの, だぜ, だの妙, だらう, で, でおま, でかえって, でと, でやっぱり, でわたくし, で沼南, で知らなかった, で鎌倉, というの, という世, という譬え, とか云っ, と世, にも何, のこと, の傳, の因縁, の譬

▼ 下~ (29, 0.1%)

2 は, や, より葬儀

1 [23件] ても可, ても急, て則所, て御, とも其上幾層倍, には及不申, に付, はばなまじ, はば今頃, はば大, はば小生, はば慥, はば未来, はば末梢頭, はば此身, ば本懐, へかし, やかく, よし忝奉存候, よふ奉, 実は愚老懐旧, 得ば, 本ハ

▼ 下です~ (27, 0.1%)

92 つた

1 [16件] か, から, からわたし, から彼, から私, から背恰好, が, がじ, がそれだけ, なお嬢様本当, ね, のに呉, や, よ下, わ飛騨, ーんと

▼ 下ばかり~ (27, 0.1%)

8 向いて 4 むいて, 見て 2 では, 見詰めて 1 で空, みながら, 向くなよ, 捜して, 擦って, 明るくし, 見廻して

▼ 下~ (25, 0.0%)

2 やみたりとぞ, 貰ひ

1 [21件] あるはず, いるあの, とう, なむ見え, 二里尾道駅なり, 其処ら日あたりの, 前垂で, 可愛く之, 嘆息の, 土の, 居給へ, 庭口と, 控られ, 来た由緒, 来て, 来まして, 用達に, 申上らる, 行く女房, 豊前中津藩からも, 金給の

▼ 下だす~ (24, 0.0%)

2 ことは, つた茲に, に至ら, に過ぎざるなり, や常に, を憚りたる, 場合に 1 ことも, つたで, つた弁護士の, とこの, と云, と刺激, は我輩, ように, ツて, 殘酷なお

▼ 下~ (24, 0.0%)

1 [24件] から五挺, その少し, だ, では不思議, で後, で死んだ, としてゐた, にい, にただ今, には由縁, にも昨日, に入っ, に尾張侯, に火事, に遷つて, のよう, の事, の土塀, の夜, の新築, の松, の清正公門前, へも出入り, へ移転

▼ 下~ (23, 0.0%)

3 の中, の人 2 の仏, の男, を奇麗

1 [11件] が人, が絶えず, とした, とで隠され, に枯葉, に至る, の上, の極楽, の痛苦, の羊歯, を待つ

▼ 下さりませ~ (22, 0.0%)

2 で一分, 天に

1 [18件] こうしてい, と先, と申, と訪, どうぞ奥さま, どうで, なあに年はと, なにしろ音, ほんとうは, よ, 一寸こうお, 侯爵さま, 届け先は, 憚りながら先, 我夫は, 此家は, 縁を, 閣下

▼ 下にでも~ (21, 0.0%)

1 [21件] かくして, この気儘, つかはれて, びつこになるのもかまはずに大胆に, ゐるので, 休息し, 住む様, 住んで, 俺は, 埋まって, 寝たほう, 忍び込んで, 放して, 潜って, 立ったならいかに, 紛れこんでは, 組みしいて, 聞こえたと, 落としたの, 蹲んでるかと, 附いて

▼ 下~ (21, 0.0%)

3 敷の, 敷へは 2 舗で, 舗へ

1 [11件] について母, に弟君, に着く, に身, の姿, の民, をした, を受け, 敷で, 舗での, 舗の

▼ 下~ (20, 0.0%)

4 つても 2 りょうか

1 [14件] あい, いっちく, いつちく, うして, つたに, つたのも, つて, つてお布施を, つては, りょうなら, りょうなれ, りょう事は, アい, 血だらけで

▼ 下においても~ (20, 0.0%)

2 そうであり

1 [18件] かかる額以上, そうである, その言語者自身, それが, 三歳以下の, 人口は, 信ずること, 多年の, 失敗に, 幾千幾万が, 必ず外国貿易, 戦争たる, 教育家として, 草間氏が, 課税は, 資本の, 農業に, 開催する

▼ 下ゆく~ (20, 0.0%)

3 子守りが, 水の 2 人を

1 [12件] ときは, 人待つら, 子も, 水た, 水とでも, 水に, 水は, 水も, 河に, 流れであっ, 流水痩せ, 路赤く

▼ 下~ (20, 0.0%)

1 [20件] せしめ給, にかぎる, になり, に下, の人, の礼, の端, はモンパ, は野伏, まだ其の, まできちんと, もそれ, をきた, をそれぞれ, をひろげる, をみ, を取り出し, を取り出した, を重ね, 御仕た

▼ 下などに~ (19, 0.0%)

2 置しめ

1 [17件] いるもの, いる陸産, その毎年, ちらちら動い, もぐって, コブの, 入れて, 巣を, 立たずんで, 立って, 繪具か, 長く棲ん, 限られて, 隠して, 隠れて, 集って, 霜げ殘り

▼ 下~ (19, 0.0%)

4 の周吉 2 の幾松, の松

1 [11件] から剃刀, が腰, さん, などの新, のこの, の小僧, の愛吉, は流し元, へ吩咐けた, を濡らす, 一人を

▼ 下~ (19, 0.0%)

1 [19件] から素頓興, から透し, では哄, で電話, どの教場, に, にいる, に座敷, の八疊, の六疊一杯, の出窓下, の女房, の病室, の部屋, へ下り, へ下りた, へ駈下り, も臺所, を窺

▼ 下かげ~ (18, 0.0%)

2 に, に小さく, 世にあさましき

1 [12件] うすに, で次第に, にある, にとる, には落葉, に今, に壁, に豊島氏, の沈丁花, の道, 行く兵士, 迄照りかがやく

▼ 下である~ (18, 0.0%)

1 [18件] お客様に, から当然, から新しく, から日本全国, か無い, が同時に, が商家, が縁, ことの, ことは, ことも, すべからく関, というちがい, とか一樹, のにこんど, のは, 中臣, 限り

▼ 下~ (18, 0.0%)

3 の古河

1 [15件] から出, でも握り拳, との國名, などの國名, に出かけ, のなか, の二字, の國名, の國境, の眞間, の知行所, の農兵, の領地, へ行つた伜, へ行つた留守

▼ 下四宿~ (17, 0.0%)

4 の宿役人 3 の総代 2 への当分 1 から京都方, から奥筋, から都合四, といい, に連帯責任, はいずれ, へ五百人, へ繼立て

▼ 下さりまし~ (16, 0.0%)

3 ても私 2

1 [11件] さしづめ来月, てある, てうれし, てお, ては多分, ても, と只, なるたけお, へい, 成たけお昼寝の, 直ぐと

▼ 下~ (16, 0.0%)

1 [16件] から見られる, がある, が全く, が附きませぬ, との間, と合し, に見える, の変化, の抒情, の緊張ぶり, は, は今, は明治, も活溌, を思出, を附け

▼ 下だらない~ (15, 0.0%)

2 事を

1 [13件] 事に, 交際は, 仕事を, 何にも, 動機から, 奴から, 奴との, 奴に, 奴の, 文芸雑誌の, 遠慮も, 遠慮や, 遠慮を

▼ 下なら~ (15, 0.0%)

2 どんな怪談

1 [13件] あんなにはっきり聞えない, お前が, なおよかろ, ばいっそ, コロリと, 何うなさる, 安全と, 家臣と, 水は, 汽車へ, 涼しかろう, 畳の, 誰にでも

▼ 下にまで~ (15, 0.0%)

1 [15件] お金が, かくれて, 住む蚤, 出られる, 利用せられる, 及ぼすこと, 平民化し, 延びた三寸, 打ち出されること, 敷波に, 旦那様の, 泥棒が, 溢れ出して, 遺す様, 騒がれて

▼ 下までも~ (15, 0.0%)

2 伸びてつゞいてゐた

1 [13件] あつて, いって, おし寄せ, おびたゞしい人数, はいつて來, ぼんやり照, 咽び泣かしむる人間, 所々の, 水が, 紅味を, 続いて, 行かぬうち, 詮索した

▼ 下~ (15, 0.0%)

2 になる

1 [13件] から上, があつ, での合戦, で急, で捉, に突立, の七ツ, の上, の辺り, はドカ, へかかりました, へ走っ, へ足

▼ 下~ (15, 0.0%)

1 [15件] であって, である, で言葉, で青写真, には湿気, に店, に殘, のその, のよう, の彼, の方, の東, は物理實驗室, への階子口, へ行つて逢つて來よう

▼ 下~ (15, 0.0%)

2 を描いた

1 [13件] が八分通り出来上つた儘, と云う, に巧, のため, のまま, の中, や粉本, より陶器, らしいもの, を好く, を書き, を示され, 多し年四十八

▼ 下~ (14, 0.0%)

2 さゆる, をく, 町と 1 から見える, がきを, ことも, 下等人種の, 処後前草が, 向きで, 書きを, 眼に

▼ 下という~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことである, ことは, ところに, ところの, のは, のも, ものは, もんだ, ような, 天狗だけは, 意味であったろう, 所は, 現象が, 言葉を

▼ 下~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] で用事, に二台幌型フォード, に向っ, に行く, に買物, のあすこここ, のゴチャゴチャ, の様子, へつく, へもどる, へ近づく, らしく真黒

▼ 下~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] が発生, とする, とは別々, にあっ, になっ, にも多い, に臨む, に至っ, に至る, の先進篇, の性質, の諸

▼ 下~ (14, 0.0%)

2 のもの, の生れ 1 なところ, な地下人, な夫婦, な文字, の僧, の小切れ買い, の者, の衆生, の説, の魂胆

▼ 下さらば~ (13, 0.0%)

2 幸甚小穴君龍之介

1 [11件] それが, よいが, 丁度旦那樣, 事故委細御, 云々と, 假令私し, 光栄の, 尋ね出し御, 幸甚に, 本望でござる, 金千兩位は

▼ 下~ (13, 0.0%)

2 御恩

1 [11件] かやう, とて願出, との文, と存候, 伏して, 又はヱゲレス船, 奉希候, 奉願上候, 実ニヘチヤクチヤ別, 尚当夜あたり, 尤も御

▼ 下深く~ (13, 0.0%)

1 [13件] つうずる, に潜っ, へ入っ, 匿した, 喰ひ占めた, 埋もれて, 大きな洞窟, 掻き切りぬ, 掻切りぬ, 眠つて居る, 突き込みぬ, 身を, 逃げ込んで

▼ 下照る~ (13, 0.0%)

4 道の 2 土は, 比賣 1 土に, 姫が, 姫の, 姫を, 篁子影二人笑む

▼ 下さり~ (12, 0.0%)

2 非常に 1 かたも, さうな者ぢ, さへ, そうかい, そうな, そうは, それにあのお, 生干しの, 裾模様を, 誠に有難う

▼ 下だけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あけて, あとは, だった, では, で前垂, で間に合うて, ならよい, 充分やらせる, 椽側に, 痺らせ, 雪がなく黒土, 黒くって

▼ 下だった~ (12, 0.0%)

1 [12件] から私, が何事, が矢代, それが, という其処, と四十年前, な, にちがい, ので遊んだ, はずです, 北, 男ながらも

▼ 下とか~ (12, 0.0%)

2 いうよりは, 建物の 1 上野公園で, 下の, 台所の, 土手の, 天井裏とか, 微風が, 手足は, 邸内の

▼ 下にな~ (12, 0.0%)

3 つてし 1 つてこれと, つてつぶれ, つても, つて上に, つて居た, つて死ん, つて水に, つて水の, つて溺れ

▼ 下にのみ~ (12, 0.0%)

2 明かして 1 一定の, 二人の, 動いた, 取り扱われて, 媒介的に, 存在する, 成り立ち得たところ, 欠けて, 漆黒な, 起こること

▼ 下二段~ (12, 0.0%)

4 に活用 3 の動詞 1 で見る, にはたらかし, に働く, のゆる, の働き

▼ 下半部~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一面, が非常, だけを地中, に白い, に纏っ, に雪, の下積み, の隅々, の顏, は真青, へ鎖帷子, をその

▼ 下~ (12, 0.0%)

1 [12件] からは想像, から見れ, な雑人, に照らし, のこと, のもの, の下司ばり候こと, の子供, の子供達, の眼, の者, の身なり

▼ 下じゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの男, あろうけれど, こういうとき, その合図, ぞ, ない, ないか, ないの, 一部屋ずつの, 急げよ, 耐らない

▼ 下とは~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいながら, いえあざやか, いえ眼, こんな手筋, まったく反対, 云いながら, 云えこの, 云へ, 氣が, 知らねえな, 違う

▼ 下までは~ (11, 0.0%)

1 [11件] 三間足らずで, 三間足らずでしょう, 届かなかった, 届きかねて, 帆を, 斬り下げられるもの, 次第下りに, 落ちずどこ, 蔽わないで, 路も, 馬で

▼ 下二番町~ (11, 0.0%)

1 [11件] に住み, の兄上来訪, の立派, の高原織衛, は裏二番町通り, へ, へ久々, へ寄る, へ年始, へ秋子, へ見舞旁

▼ 下六番町~ (11, 0.0%)

2 の自宅 1 から通, に住居, の十二番地, の名物, の白鷹先生宛, の邸, へ越した, を燒, を通つて

▼ 下~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある長い, すーっと, 來た, 垂れさ, 引張るの, 御料局の, 来た時, 来て, 眞二つに, 聞えたと, 行つて用を

▼ 下ごころ~ (10, 0.0%)

1 があっ, があった, があつ, があり, がある, だった, であった, には春雨, に於, を知り抜い

▼ 下する~ (10, 0.0%)

1 と, とショベル, に彼, に脚, ものが, 北条征伐に, 姿を, 弘前城主津軽侯の, 早しと, 水に

▼ 下であった~ (10, 0.0%)

1 かもしれない, から妹, が四年生ごろ, けれども金五郎, な, に違い, のかと, のには, はずの, 由すっかり

▼ 下にあたる~ (10, 0.0%)

1 処に, 同心の, 味を, 妹で, 最上の, 母家の, 浜辺の, 真白いの, 神流川上流の, 舗石の

▼ 下までの~ (10, 0.0%)

2 深さ 1 人間を, 名目だった, 着物, 組織の, 行政機構が, 通りだって, 通りには, 間に

▼ 下二句~ (10, 0.0%)

2 が理窟, は理窟 1 が理屈, には理窟, に利く, の内, の言い様, は理屈

▼ 下五字~ (10, 0.0%)

1 とを直接, にまた, に擬人的作意, に置いた, は, はどう, もものしずか, を, を制限, を案じ

▼ 下化衆生~ (10, 0.0%)

1 か孰, と云, の, の二句, の大願, の活動, の菩薩, の逸る, の願ひと, は二つ

▼ 下渋谷~ (10, 0.0%)

3 に住ん 2 の家 1 にいる, の内藤家, の某, の田舎道, の近く

▼ 下~ (10, 0.0%)

21 がむら消え, の方, は深草, も旅行, を枯れた, を校門, を行く, を通り

▼ 下にかけて~ (9, 0.0%)

1 あるの, いたる所, そこを, それより, ぢろぢろと, わずかで, ザックと, 何時も, 胸部一面に

▼ 下~ (9, 0.0%)

1 かまを, きとの, きは, きばかりの, きも, きを, ひに, 邦家中等教育の, 随て

▼ 下へでも~ (9, 0.0%)

1 うつるよ, 入れて, 出ようかという, 坐って, 巣を, 押し込むか, 近づいて, 隠れたらいい, 隠れて

▼ 下~ (9, 0.0%)

1 不忍池ニ発生シタ灌園, 世界カラ, 侍従六万千石の, 呼ヲ, 如シ, 時毎ニ黒色の, 涼シキトコロニ, 脂肪富贍ナルガ為ニ形態豊満ニシテ男子ニハ筋肉腱骨ノ, 袖ニ隠

▼ 下伊呂村~ (9, 0.0%)

2 に於 1 にて切, にて石川安五郎妻并, にて石川安五郎妻并びに馬士松五郎, の堤, の外れ, の河原, の辨天堂の前

▼ 下~ (9, 0.0%)

4 や仕 1 として余り, のくせ, の者, や仕え, を招い

▼ 下調~ (9, 0.0%)

2 がある, も手 1 の勉強, も母, をされ, をし, をした

▼ 下からと~ (8, 0.0%)

2 上からと 1 いって, いろいろの, くすぐったく視線, 沁みこんで, 白いゴム布, 網の

▼ 下さりました~ (8, 0.0%)

3 辱なう 2 と言 1 お方に, か, のにどう

▼ 下しらべ~ (8, 0.0%)

1 がし, などをキチン, に当っ, の, もやって来た, をお, を仰せ, 下ごしらえじゃあ

▼ 下すったでしょう~ (8, 0.0%)

41 かと云う, な, ね, 初めの

▼ 下だけが~ (8, 0.0%)

1 どうやら人間, なま白く, のこって, 亂世とは, 明るくなり, 無暗に, 身を, 隠れて

▼ 下だけは~ (8, 0.0%)

2 浪の 1 まだ股引, りっぱであった, 大急ぎで, 小さな噴火口, 残す事, 牧の

▼ 下にと~ (8, 0.0%)

2 降りしきる 1 した, まつた, 博多の, 思ったが, 決って, 身構えして

▼ 下~ (8, 0.0%)

41 せね, だりから商売, だりから擔ぎ, と刀

▼ 下~ (8, 0.0%)

1 ポツリと, 出デ, 前浜御, 手猪, 投ゲ出シテヤッタガソノ時銭座, 罷リ, 許シコノ事ヲ, 降リテ行ッテ

▼ 下~ (8, 0.0%)

1 としては足りる, の品々, の蔭, はある, はちょっと, は有る, を, を運びてた

▼ 下肥え~ (8, 0.0%)

3 のにおい, の代り 1 のかわり, を汲み

▼ 下あの~ (7, 0.0%)

2 牛込見附で, 葛木の 1 低い窪地, 火の, 鶯谷の

▼ 下さりまする~ (7, 0.0%)

31 とああ, とあゝ, ようつつしんで, ように

▼ 下さりませぬ~ (7, 0.0%)

41 か及ばぬ, とこの, ので

▼ 下での~ (7, 0.0%)

1 出版と, 労働である, 十六世紀の, 奇観である, 懇親会だ, 民主主義を, 生活の

▼ 下として~ (7, 0.0%)

1 上を, 人に, 又はブルジョア産業合理化, 新免伊賀守貞重貞宗宗貫と, 治められて, 漸くに, 穿ちは

▼ 下ながら~ (7, 0.0%)

1 ここの, なんとなくもののあわれ, 仲よしの, 地上は, 東西南北に, 私は, 醉ひ過ぎ

▼ 下にこそ~ (7, 0.0%)

2 おれ別に 1 ぷつと虱を, まぼろし, 不思議な, 味が, 無関心な

▼ 下について~ (7, 0.0%)

1 あの細い, いる細い, この神尾, そうし, ゐた事, タップリと, 出陣した

▼ 下よりは~ (7, 0.0%)

2 ひいで親 1 ふり落つる涙, 悪臭を, 横の, 火, 稍や

▼ 下をも~ (7, 0.0%)

1 あさりたらむ, 一二度口鬚の, 憚らず, 木偶坊に, 潜り抜けなど, 直して, 覗いて

▼ 下を通して~ (7, 0.0%)

1 弦四郎を, 貰い自分, 貰うか, 貰えば, 貰ひ, 貰ふか猿の, 貰へば

▼ 下二母上~ (7, 0.0%)

1 と成之さん, と暫く, と貞子さん, のとこ, も見物, を招待, を送っ

▼ 下向け~ (7, 0.0%)

2 にし 1 てしきりに, て下界, て見れ, て雀, にその

▼ 下~ (7, 0.0%)

2 を突き出し 1 がぶるぶる, に小, を噛ん, を尖らした, を舌

▼ 下~ (7, 0.0%)

3 をもっ 1 に基づかずし, に基づく, の則, の風習

▼ 下~ (7, 0.0%)

6 をし 1 をします

▼ 下熱剤~ (7, 0.0%)

1 として効, として特効, のある, の薬袋, の造り, を一ポスラム, を置い

▼ 下かと~ (6, 0.0%)

2 思われる婦人 1 ひどく心配, 思う所, 思われるあたり, 途中で

▼ 下からでも~ (6, 0.0%)

1 たとえば足利水墨, わき出したよう, 其を, 拾つて来や, 聞えて, 音さえ

▼ 下こそ~ (6, 0.0%)

3 地獄なれ 1 いつも彼, けしきことなれ, よきかくれ

▼ 下たく~ (6, 0.0%)

41 三日三夜なり, 右科中に

▼ 下だけに~ (6, 0.0%)

1 どんよりと, なり足, なる, 光の, 杜若が, 烈しい争闘

▼ 下って~ (6, 0.0%)

3 身を 1 桂川見物を, 肩の, 足掛りを

▼ 下であろう~ (6, 0.0%)

1 がこんな, が身の丈, ともこの, とも竈, どちらも, 東北の

▼ 下といふ~ (6, 0.0%)

1 こと可ならざる, ところ主人は, ので, むしろ低位, 意味から, 所に

▼ 下とも~ (6, 0.0%)

1 あるべきで上分, いうべき組立鉄骨, いわず浴びせかけて, 一杯で, 云うべき近所, 判断の

▼ 下など~ (6, 0.0%)

1 七冊に, 四方から, 土は, 焚きつけて, 焚きながら, 覗いて

▼ 下などを~ (6, 0.0%)

1 さりげなく, 任せて, 入念に, 填めて, 漫歩する, 誰が

▼ 下においてのみ~ (6, 0.0%)

1 であるから, であろう, 全国の, 増大しうる, 始めてその, 意義の

▼ 下にしか~ (6, 0.0%)

1 この問題, 届かない, 彼らは, 本当の, 行なわれて, 見たこと

▼ 下にを~ (6, 0.0%)

1 かれて, きて, りて, れ, れ下, 読む小野さん

▼ 下~ (6, 0.0%)

2 見て, 鎮もり 1 る妹, 紅せり水漬かぬ

▼ 下をば~ (6, 0.0%)

1 上林行の, 土手に, 渋団扇で, 無用の, 監獄署から, 絶えず動い

▼ 下三尺~ (6, 0.0%)

1 ぐらいの鯛, ずつの間合, の鯉, ほどの位置, も掘る, 下りゃ何

▼ 下半分~ (6, 0.0%)

1 が炉, においていかに, の名刺, の獣的, は土, は真珠貝

▼ 下度候~ (6, 0.0%)

1 しかし毎度新聞雑誌, とあった, という注意, まずは取り急ぎ, 若し私, 追

▼ 下~ (6, 0.0%)

2 の悪い 1 が悪かっ, が悪く, が悪くっ, を直す

▼ 下~ (6, 0.0%)

1 が届いた, が新田, には, にはこう, をたずさえた, を握り

▼ 下~ (6, 0.0%)

1 とおっしゃる, との間, のお, のところ, はそれ, を殺し

▼ 下行く~ (6, 0.0%)

1 と穴穿, 子も, 山道である, 水の, 町の, 群は

▼ 下~ (6, 0.0%)

1 が全然, が有ったら, だけで, には充分, は以前, もございました

▼ 下うけ~ (5, 0.0%)

1 をやっ, 仕事を, 工場が, 工場という, 工場の

▼ 下その~ (5, 0.0%)

1 呉羽の, 場に, 扉を, 朝廷の, 相距

▼ 下たる~ (5, 0.0%)

1 ものも, 會津黒川即今の, 跡にて, 間部詮勝と, 頭少し

▼ 下だし~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, ており, て実際, て實際上

▼ 下だの~ (5, 0.0%)

1 しまいには, 下駄だの, 暖爐の, 暗の, 更に下

▼ 下つまり~ (5, 0.0%)

2 根戸川の 1 テノヒラである, 庶民の, 首に

▼ 下でした~ (5, 0.0%)

1 からね, がこの, が骨格, よ物音, 叔父は

▼ 下とに~ (5, 0.0%)

1 かくれて, 一八一一年には, 下水道を, 封金が, 瀬鳴り

▼ 下との~ (5, 0.0%)

1 仕切りは, 兼用に, 対面は, 間に, 間は

▼ 下などで~ (5, 0.0%)

1 お今, 啼いて, 大変に, 寝空腹, 巡邏の

▼ 下にか~ (5, 0.0%)

2 くる, 知れぬけれど 1 かつてゐる

▼ 下によって~ (5, 0.0%)

1 このエネルギー, その読まれ, 佇みながら, 室内を, 最も気

▼ 下ぶくれで~ (5, 0.0%)

1 古樸端麗, 唇が, 目尻の, 眼元が, 蒼黒く

▼ 下~ (5, 0.0%)

3 の可否 2 の時

▼ 下左膳~ (5, 0.0%)

1 いまし奮迅, が, でもほどこす, は乾雲, を取りまく

▼ 下~ (5, 0.0%)

2 の穴, の面型 1 のよう

▼ 下描き~ (5, 0.0%)

1 で終っ, のやう, のよう, や描きかけ, をした

▼ 下民百姓~ (5, 0.0%)

1 から教えられる, の分際, の目, は言う, を教える

▼ 下湯島~ (5, 0.0%)

1 の対岸, の方, の村, の猟師, へ一里

▼ 下總屋~ (5, 0.0%)

2 を覗いた 1 に立寄, の若い, の表口

▼ 下~ (5, 0.0%)

2 厚き奉蒙 1 れ一々, 表御医師本科, 追て

▼ 下見れ~ (5, 0.0%)

2 ば, ば早 1 ば一側並木

▼ 下~ (5, 0.0%)

2 を願う 1 が沙汰, の旅券, を受け

▼ 下~ (5, 0.0%)

1 にはたった今, に頭巾, の女房, の裡, を動

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 て刃渡り七尺, て少年, て来, 行って

▼ 下からに~ (4, 0.0%)

1 きに, つと笑, ゅうと腕を, ょっきりと正体を

▼ 下さりましょう~ (4, 0.0%)

21 ただいま, なァ

▼ 下さりますまい~ (4, 0.0%)

1 から打明けた, から段々, もしもお上人様, 若も

▼ 下すったなら~ (4, 0.0%)

1 ば, ばまた, ば私, 明後日午後二時から

▼ 下すれ~ (4, 0.0%)

1 ば槓, ば球, ば直に, ば石山本願寺

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 それが, ていた, てゐた, て衣袂皆

▼ 下つたの~ (4, 0.0%)

2 である 1 もあり, を透してる

▼ 下でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ば云, ば商店, ば永続, ば行われ

▼ 下でのみ~ (4, 0.0%)

1 可能なる, 実現する, 成立する, 知り得る動き

▼ 下どこ~ (4, 0.0%)

1 か好き, か遠く, が右, にい

▼ 下ない~ (4, 0.0%)

1 で下さい, のを, 声を, 風情を

▼ 下などには~ (4, 0.0%)

1 その虞, われわれの, 幾つも, 諸処に

▼ 下などは~ (4, 0.0%)

1 よく濕つて人間, 旅館も, 最も恰好, 皇帝監禁の

▼ 下なり~ (4, 0.0%)

1 小僧さん調子は, 小僧さん調子はずれに, 越前守の, 青侍二人を

▼ 下なれ~ (4, 0.0%)

1 と, ど分別, ばこそのこと, ばこそ勤まった

▼ 下なんか~ (4, 0.0%)

2 猫が 1 うろつけない, 気味が

▼ 下にかけ~ (4, 0.0%)

1 おりて, おりるなり, つらねられて, 入り溝

▼ 下にね~ (4, 0.0%)

2 ぢ込みました 1 むることはさしてむずかしいことではなかった, 死んで

▼ 下へまで~ (4, 0.0%)

2 激しい雨 1 手を, 温い液体

▼ 下べの~ (4, 0.0%)

2 しめり踏めば 1 その家我, 使おひてと

▼ 下よりも~ (4, 0.0%)

2 きゆる 1 また次第に, 資本制度下の

▼ 下らしい~ (4, 0.0%)

1 からまた, ここから, 無味乾燥な, 着物を

▼ 下一面~ (4, 0.0%)

1 にまいくるっ, に温泉, に黄色く, は雲

▼ 下三段~ (4, 0.0%)

1 ぐらいに別れ, に分れ, の料理, の相手

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 こそは至上, は来るべき, まぜも, をし

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 から湧き出る, は遊, は飛び立つ, を斜め

▼ 下候え~ (4, 0.0%)

1 ども少々, ば光栄, ば喜, ば幸甚

▼ 下候様~ (4, 0.0%)

1 奉希候, 奉希候以上, 奉願上候, 御頼

▼ 下候由~ (4, 0.0%)

2 難有仕合 1 にて難, 宜御礼

▼ 下冷え~ (4, 0.0%)

2 てい, て額

▼ 下剃り~ (4, 0.0%)

1 に使った, 奴で, 奴の, 金学甫客近所の

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 に曲線, のふっくり, は休みたい, 特ニ枝葉ナク人家庭院ニ栽植ス枝葉扶疎清陰地ニ満

▼ 下即ち~ (4, 0.0%)

2 脛の 1 如何な, 表の

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 廻廊云々と, 按摩の, 法師原, 溝が

▼ 下座敷~ (4, 0.0%)

1 なる竹, に居, に平伏す, まで出

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 広間番被, 恩儀の, 近状も, 通行の

▼ 下或は~ (4, 0.0%)

1 中の, 従五位下と, 社会外の, 陰鬱たる

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 に, の示達, をいただき, を申し

▼ 下暗い~ (4, 0.0%)

2 木立の 1 洋燈から, 耕地を

▼ 下~ (4, 0.0%)

2 の文句 1 が済ん, を終り

▼ 下民ども~ (4, 0.0%)

1 に対して生殺与奪, の寄る, まで口々, を追っぱらっ

▼ 下町人~ (4, 0.0%)

1 までが平気, らしい, らしい不, らしい人達

▼ 下石垣~ (4, 0.0%)

2 の崩れ 1 にし, の隙

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 の十巻, の巻, を読み, ノ一

▼ 下~ (4, 0.0%)

1 に入らん, に当る, の主題, はすなわち

▼ 下薬湯~ (4, 0.0%)

2 え三廻り 1 へ三廻罷越, へ湯治

▼ 下越後~ (4, 0.0%)

2 の方, を歴遊

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 いつも水びたし, 焚きつけろすべた野郎, 焚きつけろ足

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 兼が, 堂の, 蝶は

▼ 下かも~ (3, 0.0%)

2 知れない 1 い床の間

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 に就く, ゃつは上足場において, 者は

▼ 下この~ (3, 0.0%)

1 國の, 正成も, 近距離で

▼ 下さえ~ (3, 0.0%)

1 一旦此, 泣いて, 穿いて

▼ 下さっき~ (3, 0.0%)

2 の救助区域 1 の鳥打帽

▼ 下さむ~ (3, 0.0%)

1 ことは, と欲する, やうなし

▼ 下さらば相~ (3, 0.0%)

1 分り申べく, 分るべしと, 分る儀

▼ 下さん~ (3, 0.0%)

1 して, にこの, に若し

▼ 下すっかり~ (3, 0.0%)

2 山の上に 1 ちぢんで

▼ 下すってる~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 しそこ

▼ 下すでに~ (3, 0.0%)

2 おほひ 1 覆ひて

▼ 下そう~ (3, 0.0%)

1 すれば, と手, にも揺れ

▼ 下そこ~ (3, 0.0%)

1 かここ, には見上げん, にもここ

▼ 下だけを~ (3, 0.0%)

1 幾つとも, 残して, 白く残し

▼ 下だすつた~ (3, 0.0%)

1 のでほん, もんです, んだ

▼ 下だつた~ (3, 0.0%)

1 から, か知ら, けれどもん

▼ 下だり~ (3, 0.0%)

1 けり, 出した, 裏玄關に

▼ 下つたら~ (3, 0.0%)

1 松の, 用意いたしませう, 私の

▼ 下であっ~ (3, 0.0%)

1 ても法門, て交通, て彼ら

▼ 下であり~ (3, 0.0%)

1 その辻, ながら何物, 正宗白鳥より

▼ 下でしか~ (3, 0.0%)

1 ない, 行なわれない, 解決出来ない

▼ 下ででも~ (3, 0.0%)

1 あったなら彼女, ただ単に, ボルシエヰキ国家の

▼ 下とを~ (3, 0.0%)

1 往来し, 手に, 見つめて

▼ 下にかが~ (3, 0.0%)

3 まって

▼ 下につき~ (3, 0.0%)

1 出た屋根, 落すと, 進んで

▼ 下にの~ (3, 0.0%)

1 さ張らせ, 下座触で, 触れ声で

▼ 下にばかり~ (3, 0.0%)

1 日を, 気を, 理解する

▼ 下ひろがり~ (3, 0.0%)

1 になった, の石膏像, の角張った

▼ 下ふかく~ (3, 0.0%)

2 燃ゆる 1 しずかに

▼ 下ぶくれな~ (3, 0.0%)

3 顔に

▼ 下までを~ (3, 0.0%)

1 ズタズタな, 眺めて, 見た

▼ 下みち~ (3, 0.0%)

1 から所領, を子供, を行く

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 さし奉りし, 延へつつ, 錨をと

▼ 下サイ~ (3, 0.0%)

1 ヨイヽ機会ダカラ, ヨ何デモサセマスヨ, 怒ルノガ一番体ニ

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 接吻シテ貰ウ, 距ル甚ダ遠, 離レ槍ヶ岳洞窟内ノ

▼ 下~ (3, 0.0%)

21 ところがぴくぴく

▼ 下一寸~ (3, 0.0%)

1 でなくなつ, にし, の距離

▼ 下一尺~ (3, 0.0%)

1 ばかりを此岸, ほどのところ, もあろう

▼ 下一杯~ (3, 0.0%)

2 にひろ 1 に拡がつた

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 階級の 1 保遐年同

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 くれの 1 の上

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の下

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 願上候 1 恐入

▼ 下寄り~ (3, 0.0%)

1 についた, に寝た, に寢

▼ 下広く~ (3, 0.0%)

2 して 1 理想的の

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 の前 1 へ五十銭

▼ 下度此段~ (3, 0.0%)

1 奉願候, 御相談申上, 貴答

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 がかぶる, で宿屋, で田舎

▼ 下折れ~ (3, 0.0%)

2 て我 1 笹に

▼ 下水夫部屋~ (3, 0.0%)

1 とに続い, との間, の梯子

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 をたい 1 の中

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 ほ後人, ほ聞く者, 多情ノ

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 の上 1 よ氷

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 かねて, に敬礼, に殺害等

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 一の 1 の秀才

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 七〇キロメートルの, 七八メートルの, 八坪の

▼ 下細り~ (3, 0.0%)

1 に細ってる, の頬, の顔

▼ 下背中~ (3, 0.0%)

2 の下 1 と浴衣越し

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 して, の用意, をもとめよ

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 なり萩, の無い, はかれぬ

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 になつて, の料, や壁

▼ 下近く~ (3, 0.0%)

1 さし寄りました, まで掘りすすん, 山畠の

▼ 下附願~ (3, 0.0%)

1 につける, を出し, を書いた

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 儒上, 攻上同中同, 樂上同中

▼ 下~ (3, 0.0%)

2 時歌 1

▼ 下~ (3, 0.0%)

1 と咽, に髯, は長く

▼ 下いっぱい~ (2, 0.0%)

1 が色とりどり, の原野

▼ 下いつ~ (2, 0.0%)

1 せいに, でも死ねる

▼ 下いや~ (2, 0.0%)

1 ってしもてから何ぞ, もうたいへんな

▼ 下かに~ (2, 0.0%)

1 大地下室, 開くこと

▼ 下からぞ~ (2, 0.0%)

1 つくりと, ろ

▼ 下くう~ (2, 0.0%)

2 でんの

▼ 下げっ~ (2, 0.0%)

1 振りが, 振りでも

▼ 下さりましたら~ (2, 0.0%)

1 もう御, よろしかった

▼ 下さりますれ~ (2, 0.0%)

1 ば仮令, ば有難い

▼ 下しか~ (2, 0.0%)

2 見えない

▼ 下すったです~ (2, 0.0%)

1 かね, ね

▼ 下すったろう~ (2, 0.0%)

1 か, ものにね

▼ 下それ~ (2, 0.0%)

1 が今, に今度

▼ 下たれ~ (2, 0.0%)

1 ば何, 共足縮

▼ 下だけしか~ (2, 0.0%)

1 つけて, 買えませんでした

▼ 下だけで~ (2, 0.0%)

1 歩く時折首, 立って

▼ 下だけでも~ (2, 0.0%)

1 かなりの, 三四千人は

▼ 下だって~ (2, 0.0%)

1 他人の, 来て

▼ 下だつ~ (2, 0.0%)

1 たりし, て行かない

▼ 下だる~ (2, 0.0%)

1 や愈々, 騷ぎです

▼ 下だろう~ (2, 0.0%)

1 がいま, と推察

▼ 下つた態度~ (2, 0.0%)

1 で斯, も妙

▼ 下つた膝~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 下つて來~ (2, 0.0%)

1 た, た里

▼ 下つ脹れ~ (2, 0.0%)

1 で眼, の顎

▼ 下でだけ~ (2, 0.0%)

1 おとなしくし, 生きて

▼ 下で泣き~ (2, 0.0%)

1 ながら寝入った, ながら男

▼ 下とが~ (2, 0.0%)

1 全く別々, 非可逆的

▼ 下とて~ (2, 0.0%)

1 いつ修羅, いや高き

▼ 下とでも~ (2, 0.0%)

1 いいそう, すべきか

▼ 下とともに~ (2, 0.0%)

1 たちまちもより, 三段に

▼ 下なお~ (2, 0.0%)

1 憎まれ者, 桃園の

▼ 下ながなが~ (2, 0.0%)

2 と見えさせ

▼ 下などの~ (2, 0.0%)

1 あまり目立たぬ, 穴に

▼ 下なりと~ (2, 0.0%)

1 もぐって, 承って

▼ 下なんかに~ (2, 0.0%)

1 かくれて, 潜りません

▼ 下においてすら~ (2, 0.0%)

1 その失敗, エジプトの

▼ 下にかの~ (2, 0.0%)

1 三巻の, 女の

▼ 下にさえ~ (2, 0.0%)

1 こんな佳い, 隠されて

▼ 下にすらと~ (2, 0.0%)

1 立って, 立つて

▼ 下にだって~ (2, 0.0%)

1 あの化け物, 部屋は

▼ 下にに~ (2, 0.0%)

1 こが, ほへる

▼ 下により~ (2, 0.0%)

1 多くの, 深い恐慌

▼ 下に対して~ (2, 0.0%)

1 云ふも, 威張る奴

▼ 下に対する~ (2, 0.0%)

1 唯意気相, 束縛が

▼ 下のに~ (2, 0.0%)

1 びツくりした, 異形な

▼ 下のみ~ (2, 0.0%)

1 づ, まつりごとあらたまら

▼ 下ばかりは~ (2, 0.0%)

1 フカフカと, 益々グロテスク

▼ 下ばかりを~ (2, 0.0%)

1 向いて, 眺めて

▼ 下ばっかり~ (2, 0.0%)

1 俯向い, 見て

▼ 下ひる~ (2, 0.0%)

2 の鳥

▼ 下ふくよか~ (2, 0.0%)

2 な線

▼ 下ふらし~ (2, 0.0%)

2 たりすごく

▼ 下ぶくれした~ (2, 0.0%)

1 この人, ところまで

▼ 下へとかへ~ (2, 0.0%)

1 すにぞ, せしが

▼ 下へばかり~ (2, 0.0%)

1 ゆくよう, 沈んで

▼ 下へもべ~ (2, 0.0%)

1 ッとり泥が, ツとり泥が

▼ 下べく~ (2, 0.0%)

2

▼ 下ほど~ (2, 0.0%)

1 それは, 凍えて

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 ぶち然, よひ

▼ 下まえ~ (2, 0.0%)

1 のえり五つ, の中

▼ 下まつ川~ (2, 0.0%)

1 の上がり口, の夢八

▼ 下までが~ (2, 0.0%)

1 殆ど同じ, 電灯でも

▼ 下までしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 来ないで

▼ 下まわる~ (2, 0.0%)

1 のは, ような

▼ 下わずか~ (2, 0.0%)

1 に一メートル, 百メートルの

▼ 下をめぐって~ (2, 0.0%)

1 いて, 下の

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 グツスリネムリコミマシタ, 蹈ンデイル

▼ 下リテホトンド零ニ~ (2, 0.0%)

2 戻ル

▼ 下一寸二三分離~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 下一帯~ (2, 0.0%)

1 にかけて広範囲, を占領

▼ 下一日~ (2, 0.0%)

1 とて守備, もはやく

▼ 下一枚~ (2, 0.0%)

2 の抜け落ちた

▼ 下丁度~ (2, 0.0%)

1 庇から, 梯子の

▼ 下三冊~ (2, 0.0%)

1 になつ, 送られました

▼ 下三字~ (2, 0.0%)

1 を塗抹, を求めた

▼ 下三寸~ (2, 0.0%)

1 に銃口, の辺

▼ 下三間~ (2, 0.0%)

2 ほどのところ

▼ 下三階額~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ 下下水~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 に歴代志略下, に錦絵摺物秘戯画等

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 あるべし未だ, と制し

▼ 下二三十間先~ (2, 0.0%)

2 の二階縁側

▼ 下五寸~ (2, 0.0%)

2 ほどのところ

▼ 下五文字~ (2, 0.0%)

2 に何ぶり

▼ 下井戸端~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 下京都~ (2, 0.0%)

1 に幕府的, に馳せ

▼ 下人間一人姿~ (2, 0.0%)

1 を隠せる, を隱

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 なら西郷さん, 熊野の

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の変化, を覗く

▼ 下何百メートル~ (2, 0.0%)

1 のところ, の深海

▼ 下使い~ (2, 0.0%)

1 のもの, の実

▼ 下侍従~ (2, 0.0%)

1 にも進み, に任

▼ 下候はず~ (2, 0.0%)

2

▼ 下候事~ (2, 0.0%)

1 を懇望, を相

▼ 下候儀~ (2, 0.0%)

1 ヲ同国人ニテ, 若しかくし

▼ 下候段今更~ (2, 0.0%)

2 に御礼申上候

▼ 下僕ら~ (2, 0.0%)

1 にも相当, を集め

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 ふかし春, ふかし春來

▼ 下凍み~ (2, 0.0%)

2 かそけさ

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 でもてにをはぐらいは心得, の者

▼ 下剃りで~ (2, 0.0%)

2 二十三助七は

▼ 下十条~ (2, 0.0%)

1 に住ん, へ出かけた

▼ 下十米~ (2, 0.0%)

1 の位置, ばかりの所

▼ 下千呎~ (2, 0.0%)

1 のところ, の深

▼ 下参議~ (2, 0.0%)

2 に補

▼ 下右手~ (2, 0.0%)

1 の方, の高台

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 三年四月十日叙従三位五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同, 二十九日任右中将兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承

▼ 下同じ~ (2, 0.0%)

1 麻縄に, 麻繩に

▼ 下吹く~ (2, 0.0%)

2 椎の

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 か宿

▼ 下四五尺~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 といわれた, の下段

▼ 下土手~ (2, 0.0%)

2 の若草

▼ 下坐し~ (2, 0.0%)

1 ていた, 頭を

▼ 下垂れ~ (2, 0.0%)

1 て出た, て流れ

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 のお茶の水

▼ 下大地~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 下大川~ (2, 0.0%)

1 の川波, の水

▼ 下大沢小屋~ (2, 0.0%)

1 の付近, の附近

▼ 下太り~ (2, 0.0%)

1 のかぼちゃ, の血色

▼ 下富良野~ (2, 0.0%)

2 で青い

▼ 下尅上~ (2, 0.0%)

2 する成出者

▼ 下小机~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 又保養仕度, 同上同中同

▼ 下属する~ (2, 0.0%)

2 ことによって

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 に高く, の草土手

▼ 下左近衛少将~ (2, 0.0%)

1 に任官, に叙

▼ 下度且御同人~ (2, 0.0%)

2 之御

▼ 下度御免~ (2, 0.0%)

2 し被

▼ 下弱卒~ (2, 0.0%)

1 なしで, はない

▼ 下後方~ (2, 0.0%)

1 の両, へ同じ

▼ 下徳十郎氏~ (2, 0.0%)

1 なりあるいは, に宛て

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 濤の

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 ひは, 復塚間露地居

▼ 下戸袋~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ 下括り~ (2, 0.0%)

2 の袴

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 とある, はじまる

▼ 下於私~ (2, 0.0%)

2 も拍悦

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の光, の照る

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 別而雀躍, 御掟候事

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 にて相, は今

▼ 下枯れ枯れ~ (2, 0.0%)

2 の雑木

▼ 下梳き~ (2, 0.0%)

1 から癖直し, が癖直し

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 に到る, 繁る

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 たり猪汝速やか, メテ密ニシテ上漸

▼ 下母家~ (2, 0.0%)

1 と土蔵, と土藏

▼ 下水ぐる~ (2, 0.0%)

2

▼ 下治ら~ (2, 0.0%)

1 さむとおもふは如何に, さむとす

▼ 下治らしめしし~ (2, 0.0%)

1 天皇に, 天皇の

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 との二流

▼ 下深沈~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 下清水~ (2, 0.0%)

1 とはともに, の地

▼ 下準備~ (2, 0.0%)

1 され精神, のよう

▼ 下濃い~ (2, 0.0%)

2 茄子色の

▼ 下焚きつけ~ (2, 0.0%)

2 ながら気

▼ 下燃え~ (2, 0.0%)

1 て戰, というもの

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 は本年

▼ 下版後紙型~ (2, 0.0%)

2 にまでわたくし

▼ 下物思い~ (2, 0.0%)

1 のひるさがり, の午後

▼ 下物置~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 下特恩~ (2, 0.0%)

2 之命

▼ 下率土~ (2, 0.0%)

2 の浜

▼ 下画家~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 や田, を越え

▼ 下百メートル~ (2, 0.0%)

1 という範囲, の地点

▼ 下直ちに~ (2, 0.0%)

1 戦闘機は, 武器を

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 つ黒, 白き脛

▼ 下真っ黒~ (2, 0.0%)

2 な水

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 に睨み

▼ 下短刀~ (2, 0.0%)

2 で深く

▼ 下石垣川~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 と共に文明, に際して眞

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 の便

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 下紅白~ (2, 0.0%)

2 の鈴

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 なもの, な真似

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 であった, の衆

▼ 下置候~ (2, 0.0%)

1 は, へば有難

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 に見え, の濃

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 臟つき, 臟を

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の四ツ, の間

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 から上

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 にぽ, を逍遙

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の武蔵, の蔭

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の時, 之界也

▼ 下行政~ (2, 0.0%)

1 はいや, をおのずから

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 した, は此

▼ 下谿~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 が少し, の柔和

▼ 下赤坂~ (2, 0.0%)

1 の城, まで降りろ

▼ 下赤塚駅~ (2, 0.0%)

1 から塾, から徒歩十分内外

▼ 下透かし~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 ひに, を向う

▼ 下通行~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 であるそして, は快く

▼ 下那州~ (2, 0.0%)

1 多陀用弊流, 多陀用弊流之時

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 と旧, に新屋

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の料, の方

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 で大事, の車輪

▼ 下~ (2, 0.0%)

2 に床

▼ 下降る~ (2, 0.0%)

1 ような, 石の

▼ 下離屋~ (2, 0.0%)

2 の血だらけ

▼ 下難有~ (2, 0.0%)

1 奉深謝候, 存じます

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 下電柱~ (2, 0.0%)

1 の横, の立ってる

▼ 下青い~ (2, 0.0%)

2 縞の

▼ 下静か~ (2, 0.0%)

1 に吐息, に我

▼ 下~ (2, 0.0%)

1 だろうと, へ向っ

▼1* [1470件]

СССРの紋章, 下、枚をふくん, 下、艇は静か, 下あかきに染まり, 下あげもの, 下あたり札をかかげ, 下あたり緋の長襦袢, 下あたり膨りと, 下あり寝場所に, 下あるのみだ, 下あるいは芝地の, 下いかな彼, 下いかで新しいこと, 下いかにも雄大な, 下いつしか知己が, 下いつも京都に, 下いづかたも, 下いますな僅か, 下いませんか, 下いもぐり込んでた, 下い降りて行たこ, 下うけさせるのであった, 下うたれ倒れし彼れ, 下うつむいて嘆息, 下うつむき彼女の, 下おしたぢを, 下おのおのその奉, 下および三の, 下お腹のあたり, 下かいくぐって逃げ込んだ, 下かさえ見わけ, 下かなと訝つた, 下かなんぞへ一時隠し, 下かねてこんなこと, 下かの抽斗を, 下からか小松原の, 下からがぁんとつきあげてやりたいがなあ, 下からしか現れないという, 下からすら一歩も, 下からずつと左右東西に, 下からだけ見たとき, 下からとから圧して, 下からとて其社中の, 下からともなくしつ, 下からのみ物惜しげに, 下からばかり見て, 下からべんべら者が, 下から迄コンフエツチが, 下かを切つた, 下かんばしく花に, 下がかりの宝生, 下ががつしり發達, 下がけの裾, 下がてまえども, 下がをらんと, 下くぐりに小さな, 下くぐることなら, 下くっきりとした, 下くゆらす煙草の, 下くらいなご家来, 下くらいの家柄であっ, 下くらしという, 下くるくる舞うやら, 下ぐいぐいとその, 下ぐらいに減った時, 下ぐらいのヨオドバ, 下ぐるの姿, 下ぐれ冬ぐもりするペチカの, 下てこの, 下ければお, 下こういった編成, 下こがれ葉が, 下こそは部下の, 下こつち岸に, 下ことに埠頭船渠荷馬車お茶場工場などの, 下こねをし, 下これにならふ, 下これからすぐ第七十七回目, 下しらへを, 下ごころ看破されぬよう, 下ごとに背, 下ごろもかへし, 下さすが悪い気持ち, 下さっそくな行政, 下さながら白楊の, 下さびしげに, 下さまに靡い, 下さらいをせね, 下さりたい為に, 下さりっこありませんよ, 下さりますたとへには三歳兒, 下さりますならば一番あいつら, 下さりませやとおさな, 下さりませんでしょうか, 下さりませ思い出せないのでございます, 下さる分にはいっこう, 下さんずる曉には, 下て下さんせ, 下しかるに今では, 下しだいで十手吟味, 下しなかったと云う, 下しなければならない, 下しめられたとしてもその, 下しゃれた白い毛織, 下じゅばんの模様, 下すぐ旗竿は, 下すぐさま起上っ, 下すったげな, 下すっただかこっち, 下すっただろうと信じます, 下すったなれども自害, 下すなわち花の, 下すゝけた簾ごし, 下候て, 下ずつとすでに麻痺, 下せったらあのとんちき野郎, 下それからずらりと五人, 下ぞと思うと, 下たくいづれ近々参堂御機嫌伺上たく先, 下たしかに野伏追, 下ただ自由主義と, 下ただちに散開の, 下たんすのうしろ, 下だかんなあ, 下だけにはまだ雪, 下だけの英雄で, 下ださりまするならば之, 下だされましては遺憾千万, 下だされ切りのごとき, 下だしたような, 下だせイ, 下だたアいいた, 下だましだまされ草の, 下だらうと思ふ, 下だりにはまた腕, 下だりの旅人や, 下だりまでそりゃ十年, 下ちっと横手繰っ, 下ちょいと蹲む, 下ちょうど上がり框の, 下ったらしく感じられた, 下ついで曲が, 下つせの落合, 下つたせゐもあらう, 下つたカアテンを隔て, 下つたグリーン色の, 下つた傾斜面に咲い, 下つた処にありし, 下つた口髭も名物, 下つた可憐な草花, 下つた圖は殘酷, 下つた女である, 下つた小作りの姿, 下つた帷を掲げ, 下つた当座一度会ひに, 下つた御輿が屋根, 下つた所に丁度, 下つた時このまま大地, 下つた木樵がやがて, 下つた枝を幾つ, 下つた淡紅色の花瓣, 下つた煙草の煙りで, 下つた王といふ稱號, 下つた琵琶は鳴る, 下つた甕をあけ, 下つた男ぢやない, 下つた皮の無い, 下つた着物の幕, 下つた葡萄の實, 下つた藤蔓をたより, 下つた處で曲りくねつた, 下つた譯である, 下つた距離が五六町, 下つた部屋の中, 下つた隣席の人, 下つた髪の毛を無, 下つた麻繩を平次, 下つつまれた大きい盛り上つた二匹, 下つて地橙孫居を訪ねた, 下つて垢だらけの男, 下つて往つた, 下つて日の暮れる, 下つて柿坂へついた, 下つて水にびつしより浸染ん, 下つて水面の月, 下つて溪流に注い, 下つて町内中の見世物, 下つて當分は講中, 下つて窓の格子, 下つて糸の露, 下つて自分の首, 下つて蠅が飛び, 下つて行つた, 下つて行つて景色の變化, 下つて裾のよぢ, 下つて踏臺が無い, 下つまり店の方, 下つんざきて酷く, 下つ張れの可愛らし, 下であざけるように, 下でありますけれども途中, 下であるべき人間でさえ, 下であれこれと, 下であれ許された限りの, 下でいくども熱い, 下でうむとこたえ, 下でおしつぶされるよりももっと, 下でおののくように, 下でかちや, 下できゆつきゆと, 下できゆつと結ぶ, 下でぐしゃりと, 下でこけつまろびつ悲鳴を, 下でございましたからいま, 下でございますの, 下でござるということ, 下でしていた, 下でしなしなと光っ, 下でじつと息, 下ですれちがッ, 下でずうっとこの白根, 下でたるんだ顔を, 下でつまずいて転び, 下でとつくりと, 下でどっかしらみんな身体, 下でなかまと, 下でないとほんとう, 下でなくては通じない, 下でなく並べてか, 下ではぞつとする, 下でもがきあえいでいる, 下でもと自身奔走し, 下でやすを訊問, 下で下りて参詣, 下で働かせていただきたい, 下で凍えた草の, 下で出会ったことが, 下で分れ際に, 下で動き出したぞ, 下で吹きまわる風に, 下で吹き飛ばされそうな, 下で囁きつれると船頭, 下で壊れたコンクリートの, 下で始めて彼女, 下で寝転んで新聞, 下で居眠っている, 下で崩れる小石の, 下で待っています, 下で御座いましたろうか, 下で御座んす此前の, 下で散りかかったダリアだの, 下で横たわりながらそう, 下で死んでゐる, 下で死んだものと, 下で流れ出る血が, 下で浮かぬ顔を, 下で消えかかった二本の, 下で演じられた光景を, 下で濡れた青色に, 下で燃え立つように, 下で生きながら腐爛, 下で痩せ細った王子の, 下で考えている, 下で聞いてゐた, 下で茂った梧桐の, 下で落ちて来る, 下で行き惱んだ, 下で行きかけた体を, 下で詫び入るばかり, 下で読んでみたく, 下で買って来た, 下で這わせてみ, 下で遊んでいる, 下で隠れた膝を, 下で青ざめた灰色の, 下で黙ってうつむい, 下といったものです, 下といふだけのことです, 下とかいう話である, 下とだけだった, 下とだけは何にも, 下とで意氣揚, 下とでは別である, 下となつた村は, 下どう身柄の, 下どれともつかぬ, 下どんな寿司を, 下なく顔色など, 下なとお貸し, 下などがあの目, 下などにも咲いて, 下などへ入る奴, 下なども調べたの, 下なほ法燈の光, 下なやましも, 下ならしに楽器, 下なら寝ることも, 下なりき故に被害者, 下なりし机の, 下なりとも一夜の, 下なりに焚いて, 下なるべき左の, 下なる窪みというの, 下なんかとはくらべもの, 下なんかには蚯蚓の, 下なんかよりずっと立派, 下なんぞに座を, 下にあたってゴム毬の, 下においてこそなかんずくそれ, 下においてに外ならぬ, 下にかけてのところだの, 下にかへつて来た, 下にさえも蹂み, 下にじっとしてはいない, 下にずつと桑畑が, 下にぞありける, 下にだけあった, 下につれ込んだ妾, 下にての見参せ, 下にては心の, 下にてもあれ法門, 下にてんでんバラバラ, 下にとして判断される, 下にながらへんことを, 下になんかこりの, 下ににおいてはそういうこと, 下にはからだが, 下にはと思いますが, 下にへちゃへ, 下にもと云うの, 下にもはひよった, 下にゃあ付きたくありません, 下によこに, 下に対しては皇軍の, 下に対しても徹底し, 下に当たるきたない路頭, 下に従って居るという, 下ぬりのまま五六年, 下ねの夢ぞ, 下のくびに, 下のけんぶつ人を, 下のさざなみの列, 下のずつと左寄りに, 下のね建部裏まで, 下のはだかな, 下のべの水光見, 下はから脛の, 下はからになって, 下はずつと水が, 下はては額の, 下はのての片田舎としては, 下はらぬ位なら, 下はりまッせ, 下はるし皆, 下はるか遠く下, 下はるなら寧そ手に, 下はるばる江を, 下ばかりへ船が, 下ばなしでもあり, 下ぱたりぱたりと弾きますれ, 下よいと, 下ひっそりした部屋, 下ひとり深夜の, 下ふくれの青白い, 下ふみますから, 下ふむ露の, 下ぶしに思ひ, 下ぶせに真中, 下ぶる妹, 下へけえるが, 下へしもへと歩いて, 下へだってはねること, 下へといふ形容詞の, 下へとの大騷ぎとなり幸, 下へどどどと, 下へほどよくそれ, 下べよりちり, 下ほどの明るさ, 下たんの, 下まさにそのトラック, 下まして今外敵を, 下まじく候, 下まず噴射艇彗星一号が, 下または大黒柱の, 下まっくらな, 下までくらいコッヘルを, 下までずつと眼を, 下までと決めた, 下までになつて子を, 下までには余程な, 下までのは胡摩塩状斑点が, 下まとまるというよう, 下まぶちのまつげ, 下まわっている, 下みごとな隊形, 下に帯, 下めッたな, 下もの也, 下やうやうさわがしくなる, 下やかべの上に, 下やでうろ, 下やはりその責任, 下やら土手の, 下ゆくべき道を, 下よい子うまれ, 下よと御申可, 下よりの死あり, 下よりのみ出づる者, 下ら事までが渦巻い, 下るる所は, 下るれば車, 下れた大空洞, 下れるならば知るべ, 下れるよし御鳥見役, 下わあっと警官隊, 下わが耳朶に, 下われに怪, 下われわれ臣下はかの, 下ゑましさとが, 下をずつとあちらまで, 下を以て招安された, 下エオシーン期の馬, 下エシャルプ街の下, 下エジプトの大, 下オモリを取っ, 下カンヅメ石ケンタオルこれを中国人, 下カ都ベテ即身, 下ガリラヤの平原, 下グル即ち人, 下ゲタカラ帯ガ切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガソウスルト伝法院ノ辻番カラ, 下ゲタガ本ノケイコニ三ツ目所, 下ゲ唇ヲコーラル, 下ゴロタ石の中, 下サイアナタワキレイデカシコイ人, 下サイオ嬢サンガスベテ御存ジデス, 下サイコノ通リ血ガ交ッテイマス何処カノ毛細血管ヲ突イタンデショウナ, 下サイサウシテワタシヲ此所カラダシテ下サイアナタワキレイデカシコイ人, 下サイト低ク哀願スルアリ, 下サイト婆サンガ予ヲ呼ビニ来タ, 下サイト泣クヨウニシテ頼ンダガ予ハ聴キ入レナカッタ, 下サイドウセ僕ノオ見立テダカラ例ニ依ッテ悪口, 下サイマシタガコレハ重イトイエバ, 下サイマシタソウデ誠ニ有難ウゴザイマス, 下サイマシテホントウニ有難ウゴザイマシタ, 下サイマセト頼ンダカラ一カ月三文三合ノ加入ヲスル人, 下サイ毎朝怠ラズ尿, 下サイ船ヘ戻, 下サチ子がみつけた, 下サツタ方ニハオ礼ヲ一円サシアゲマス, 下サルコトヲ望ムガ, 下サレタク願ヒ奉リ候, 下サレツツアル事ヲ拝承, 下セエヌ州にある, 下ソファの下, 下ダルダニエーの子ら, 下チョビ髭の人, 下てどんな, 下ツ端の小, 下テナーの渡部康三さん, 下トノ差ガ少イノガ, 下ナラ一度ダケ許ス一度ダケヨ, 下仰向, 下ニハレ物ガ出テイテ寝テ居タガ, 下ニハ浅黄色ノ軍服ラシキモノヲ着セリ, 下ニ一同潜ム, 下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 下ニ台石ヲ据エテ, 下ニ妻ノ全, 下ニ於テハ人工モ自然ト同ジク現象サレタ, 下ニ滑車ヲ入, 下ニ至リ杖ヲモッテ一死野狐ヲ挑出シ, 下ニ行ケバ華ガ無事ニ一夜ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 下御羸疲甚シ, 下バスの山本正夫さん, 下バブーフより下, 下で下方, 下ブーロンネー産のかわいい, 下ペナは上, 下マイカ防衛兵団は全力, 下マイュ街の下, 下マホガニー塗の寝台, 下ラナイト見エル, 下長イ, 下リテ消エテナクナレバイヽ筈, 下リテイタ故幸イ外科, 下リテ脈ヲ取, 下リノ時ハブリッジヲ沢山登ラナケレバナラナイノデコレガ甚ダ億劫デアル, 下リ諸国を遊ビ, 下ルナオ恐ル児孫, 下ル二時過ル頃, 下ル和久屋町という所, 下ル堀川の小さな, 下ル瓢箪之図子, 下ル瓢箪図子から各, 下ル町及び上立売下ル瓢箪図子, 下ル車道酢屋に宿申候, 下ロアイヤル広場の下, 下一つの噺, 下一万八千が来襲, 下一二分のところ, 下一二里或は深く, 下一令天下を驚かす, 下一分のところ, 下一切の仕事, 下一同の技, 下一寸五分も白い, 下一寸位の所, 下一尺あまりもあろう, 下一尺二寸もあろう, 下一帶に梅, 下一方は上, 下一望甍の谷, 下一望際限なく唯, 下一段さ行変格, 下一町余にし, 下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 下一管の尺八, 下一金磚と歌いきっ, 下一閃のさけび, 下一間四方の石床, 下一階級のため, 下七ツ釜などの名, 下七五の主観的形容, 下七八メートルくらいのところ, 下七八里の所, 下七字は文時, 下七尺細キジをよっ, 下七百メートルぐらいの所, 下万人衆目のある, 下三つの珠, 下三冊二編春夏秋冬四冊都合七冊から成つて, 下三分の一が雲, 下三十尋あるいはそれ以上, 下三十度にくだる, 下三千の人馬, 下三千將足るも, 下三厘のナイロン, 下三四尺は土中, 下三字急に出, 下三尺下りや何, 下三巻六冊を参考書類, 下三度より降る, 下三方板囲いされた中, 下三本立った白茶, 下三百呎のした, 下三間六畳三畳二畳二階二間四畳六畳家ねじれて, 下三階級である, 下上がり框に近く崩, 下上之社に行幸, 下上半身は枝, 下から上, 下下方釧路國仙鳳阯及び厚岸邊, 下且御土産に預り, 下はそのかみ清かりき, 下両脚が切断, 下並んで重, 下中上の番町, 下中央公論社小瀧穆氏來話, 下中村時蔵が二つ歳下, 下中洲病院を訪, 下主人の書斎, 下上仙国也汝国之上還, 下九台駅の附近, 下乾いた土の, 下事盛なる時, 下た間, 下二インチぐらいにし, 下二メートル乃至十数メートル下, 下二一同浜尾方の親戚, 下二三尺のところ, 下二三里内に横, 下二人になる, 下二十何呎の倉庫, 下二尺あたりのところ, 下二段上一段下一段變化, 下二段活か, 下二父上の命日, 下二番町加藤へ女房, 下二百四十尺の低地, 下二百米の間, 下二箇大垪和村大字大垪和東の如き, 下二米には水, 下二見の浦, 下云馬八尺爲龍月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 下に入れ, 下五六寸の処, 下五十センチもある, 下五十メートルに達する, 下五十三次半ば迄懷ろ, 下五十尺に及んだ, 下五十沢上五十沢の部落, 下五千フィートにまで達し, 下五名の賊徒, 下五字等の制限, 下五寸位がいい, 下五度における性質, 下亜米利加を指し, 下人あしの絶え, 下人声なく天地万象, 下人影とおぼしき, 下人民にある, 下今にもつんのめりさ, 下今後小生ヲシテ尊台, 下今日に於, 下の方, 下付き小文字4文字目の, 下仙川村浅尾兼五郎の家, 下代東代西代などと対立, 下代金を以て費用, 下令するとともに一夜, 下以外にです, 下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 下伊呂村引廻の上獄門申付, 下伊呂村辨天堂の前, 下伊呂村辨天堂前に待伏, 下伊奈の下条兵部, 下伊耶那美の神, 下伊藤の両氏, 下伊藤山中等の諸氏, 下伊藤山中野田等の諸氏, 下伊藤渡辺等の諸氏, 下伊藤渡辺諸氏の尽力, 下伊賀亮に向, 下会計局より受取, 下伯太椿社を出す, 下伯林の夕, 下低頭平身して, 下佐原より上, 下何となく怪し氣, 下何千米尺の底, 下何寸かに垂れ下っ, 下何度或は十何度, 下何時どんなところ, 下何百尺くらいな深, 下何階かの品等, 下使イーリス潛り行き, 下侍従兼肥後守にせられ, 下の物, 下侯事と愚考, 下便所の前, 下俗称野麦と称した, 下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 下俯きになる, 下俯向いて, 下候うゆえついに, 下候わば両得, 下候上は御, 下候事必然之道理ト相聞, 下候先は右, 下候先ハ早々謹白候, 下候処俄にから, 下候半昨年出京, 下候右御報道, 下候字は痛, 下候寸報迄此引幕壱帳, 下候就ては昨年九月只今思い出候, 下候左候而幸に二三年, 下候彼御屋鋪, 下候得バ実ニ大幸, 下候得バ双方会計の者, 下候得共此節一向ニ銭切ニ而困, 下候御礼も奉, 下候慥に届可申候, 下候旨大目付海塩忠左衛門殿御談被成候間, 下候時に御, 下候時ハ右よふ, 下候時ハ臣下之君, 下候様ニと訴ニ付, 下候様岡西玄亭を以及, 下候樺直八, 下候此趣を以而, 下候段深く感謝, 下候而不叶候故迷惑, 下候覧と奉, 下候貴著瘠我慢中事実相違之廉並, 下候賜もあり, 下停車場の待合, 下側海底などの割れ目, 下傳法川と木津川, 下傷者を捜し, 下働く奴が, 下僕たちは頭, 下億万代の人類, 下光る比賣, 下全員は攻撃機, 下全身冷汗でビッショリ, 下全農へ密, 下八位まで記憶, 下八十フィートのところ, 下同町内, 下六人は死骸, 下六兵衛店藤助並びに妹, 下六十尺の深, 下六尺ばかり通路, 下六番町あたりの暗闇, 下六番町泉様方にて, 下其の上可然, 下其段はゆめゆめ, 下兼候ヘバ其通り仰被, 下兼愛上同中同下, 下円形の石, 下を呑ん, 下凄惨目もくらむ, 下凍むかやの, 下出戻りですが, 下出来土の, 下出版困難の際, 下出血多く一見, 下出馬して, 下刄物で切り捨て, 下は合し, 下分けて清水, 下切っての素封家, 下刈りにいった, 下列立焼香の礼, 下初狩へ泊っ, 下初狩上花咲に下, 下別れの杉, 下利根川の水源地, 下前嶼, 下前浜あたりへ一せい, 下剣閃槍光のはためく, 下勇卒なしとは, 下動物の糞, 下勢力とが事実上対立関係, 下勲六等という位階勲等, 下化衆生老人は言葉, 下北秋田郡の黒滝, 下十フィートにある, 下十一字亦以音, 下十万貫の宝財, 下十二字を聞い, 下十條にい, 下千早へ敵, 下千里流血君は頡利, 下半句を聞いた, 下半年の間, 下半頁に, 下の日, 下智恩院演劇の, 下を受取る, 下厚く御礼申上候, 下原宿の嘉助, 下厳重に閉, 下吟来, 下去年から侍従, 下及び第一回, 下取りて互に, 下受け家業を, 下受けしたものだ, 下口びるを噛みしめ, 下青城, 下句のをさまつ, 下句ハソレニ依テ細民, 下叫喚数十合まだ相互, 下相成儀, 下可也にとりつづきゐ, 下台座の裏, 下史乗にその, 下大辨, 下右京大夫となり, 下右兵衛督へ任命, 下右岸には古, 下右衛門佐に叙, 下各自血路を開い, 下合せて四間, 下合唱の群, 下同朋町といふ處, 下名立と二つ, 下后土の上, 下ふの, 下向いた其顔は, 下向うの泥, 下向く癖が, 下向けられたランプも, 下呂布自身もまたがれる, 下の旗色, 下和田堀水衞所まで約, 下品川信健を殺した, 下であ, 下を射, 下噴行艇アシビキ号は休む, 下嚴重な腰張板, 下四分の一にだけ邪魔もの, 下四十七人という女, 下四宿総代の庄屋, 下四方すべて滑らかにし, 下四條の生れ, 下四百年殉教の血, 下国先生がずかずか, 下国氏の伝, 下土人の男女, 下土出村を越本村, 下地上の本隊, 下地下数尺の下, 下地中海の荒波寄, 下地面の上, 下坐する民も, 下垂れ罩めた河靄, 下埋立てられ雑草, 下城中からも寄手, 下執事と書い, 下堅田の石打, 下堕落の傾向, 下の片, 下塀續きなぞ, 下の裡, 下の周囲, 下の上, 下で低く, 下壱岐島のある, 下夕映や扁桃腺, 下多くの捕虜, 下多摩川の岸, 下夜着のかげ, 下取小, 下大和橋東詰で三色, 下大土の神, 下大夫判官とよばれる, 下大小橋梁無有孑遺, 下大沢専助旅店に投宿, 下大海の上, 下大溝通りを折込んだ, 下大竹藪に囲まれた, 下大納言様御手筋, 下天井裏のばけ, 下天志上同中同下, 下天水桶の蔭, 下奈落の底, 下奉行の小林祐三, 下奥方様へ御, 下女らしいものが, 下女らしくしちゃ, 下如此之案紙, 下より上, 下婦人の悪徳, 下を結び, 下学校豈分, 下安房守となり, 下安政五午八月より馬, 下宋代概皆係明清両朝重修, 下宗七と川俣伊予之進, 下宗七宅の場, 下官之内船大工之者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 下官愚昧短慮を以て縦, 下官百五十四人総人数二百六十九人, 下近, 下との二軒, 下家司でもあった, 下家司級の人, 下寄合の席, 下寄手の軽, 下富士川の上, 下毛竦立し, 下寢衣など無く, 下将校歩卒にいたる, 下将軍の御, 下尋常の足どり, 下小さくかなしや甘茶仏, 下小さな流に, 下小学校の五六年, 下小民より生ずべからず, 下小生は筆, 下許に, 下少々空虚ある, 下少しばかり出たら, 下少将まで進んだ, 下を設け, 下居ならぶ役人の, 下屈指の蚕業発達, 下屋根普請に三四人, 下属して説明, 下を結びぬ, 下の皺, 下山城守と造酒, 下山門の蔭, 下島田へかよう, 下崩れた土から, 下過大原, 下を噛む, 下のほとり橋, 下工事が始まっ, 下左寄りの隅, 下左権中将になっ, 下左膳白日下の独擅場, 下左近衛権中将の昇進, 下左近衛権少将に任じられ, 下席大臣らしいお方, 下を買, 下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 下常呂原野の竪穴, 下常陸大掾, 下常陸介朝宗どのに出, 下幕僚は直ちに, 下の竹竿, 下幸わいのこころもち, 下幹部将校がすぐさま, 下幼稚園に至る, 下趣迫疎林, 下幾フィートもの深い, 下幾許ならずして, 下庄屋に至る, 下を据ゑ, 下床板を剥い, 下店繁昌仕ありがたき, 下度三日三夜なりとも, 下度事ハ御国にて流行申候長剣ハ兼而, 下度以下御不審, 下度候さ候へば三個月以内, 下度候以上とかい, 下度候先は右申入度, 下度候小生も何, 下度候新橋にての別離, 下度候本人に直に, 下度候此段御案内申進候也, 下度候段奉願候処, 下度候田に棲む, 下度右御報告申上候, 下度右重々御手数, 下度外粗大なる冬瓜一つ, 下度大体はもとより, 下度小生の本心, 下度尤も拙者宅迄御, 下度川田金平などには猶々, 下度希上候石状紙之内本木昌造樣へも御, 下度希望の到り, 下度引越車が通り, 下度御願申上候様拙者共ヘ委任, 下度此の度はまことに, 下度為国家奉企望候頓首, 下度貴殿にも御, 下度鳴雪翁宛にてもよろし, 下庫裡への出御, 下のあたり, 下庭園の隅々, 下の陰, 下廊下の真, 下廊下隣の書院, 下き洞窟, 下弁地方はいまや, 下弁方面に張飛, 下になっ, 下式木骨コンクリートの食料庫, 下引くところの, 下張巡傳に當時, 下強犬なし, 下弾正忠という微, 下当年燭照到天人造化心, 下役人へ十兩, 下往生というの, 下径茅萱のなびいた, 下後藤新平や奏任五等珍田捨巳等々, 下御手洗の屋根, 下御殿場附近に近年別, 下徳十郎という人, 下心臓の真っ, 下心臟の眞, 下志賀部落より三戸, 下忘れたる心ゆ来れり, 下思ひ出だすまにまにかくなん, 下怨みを負, 下入, 下恐れて驅, 下恐ろしき迄に黒み, 下悠然見南山, 下悩ましも, 下情熱に燃えた, 下惨めにも痛め付け, 下愚ナル者ハ孔孟之ヲ教フト雖モ無益也, 下慈眼堂の前, 下に謹領, 下式呂張を, 下戦時体制下に於ける, 下戦車砲は天地, 下少輔, 下房総の山々, 下の前, 下扇ヶ谷南はきのう, 下の蔭, 下扉一切合切をあけ放っ, 下に手, 下打撲痛甚, 下元々年正月五日従四上, 下把書看, 下抱いたりおんぶ, 下拭きをし, 下にてエンジン, 下振り下ろす鍬, 下掃除口引窓そんなところ, 下掘割の中, 下掛りのこと, 下推し奉行は, 下掲國民ノ生活保障, 下開きて, 下揉み合う軍兵の, 下描きしては描き直し, 下提灯の火, 下摂津守とある, 下を内職, 下支配の儀, 下政友会中島派というあたり, 下教育博物館の所在地, 下数十人が皆, 下数千坪の土砂, 下数町にし, 下整然と林檎の, 下文化運動の目的, 下新しきものなし, 下を惟任, 下日出雄少年は私, 下日川峠へ通ずる, 下日暮里の線路, 下日本に時めく, 下日本服の着流し, 下日本橋浜町蠣殻町辺に白首, 下日没と共に余, 下日部辺の一種複雑, 下穏坊部落, 下早くしないと, 下早田へ来た, 下明るなり, 下明日は上, 下に彩られ, 下春江戸より京ニ上リ, 下春照村を通っ, 下を移さず, 下時に登る古城, 下晴朗とした, 下の輩, 下らしとは, 下暗かった粕谷, 下暗くして, 下暗澹たる空, 下曲前のサシ謡, 下更に下はるか遠く, 下書さへし, 下書ヲ書イテ是ヲ甲州, 下書会計上の諸, 下書候梶原平兵衛も既に, 下曾我というところ, 下月中の角声馬, 下月前に快眠, 下有栖川宮殿下と立ち, 下朝臣の格, 下木挽町の陋屋, 下木目の荒れた, 下木立の中, 下本丸があっ, 下本箱をその, 下の下, 下村中村など諸, 下東大寺の長, 下が反, 下板倉家累代の父祖, 下の下, 下果して虚しからず, 下柄手に露, 下村の, 下染めには紅, 下染屋上染屋に至る, 下かな喉, 下柳原同朋町及新地と称せり, 下栃内に普請, 下栃木町開業医某のもと, 下の肩, 下桜田に至っ, 下梯子の中段, 下椅子の陰, 下極まる猪汝速やかに, 下様々で到底, 下様重々御願ひに, 下の人情, 下権中将に昇す, 下から縦, 下の, 下にあり, 下橋杭に水, 下を突如, 下機械は, 下の欠けた, 下次第段々あり, 下次第に三人の, 下家伝之, 下正面に優美, 下武庫川では宝塚, 下武道は未熟, 下歩き吉原散歩など, 下歳の市の売り出し, 下死すべき運は, 下殊に無存, 下残るくまなく, 下徳の, 下殺ぐ雌は, 下殺げした頬に, 下殺人の意, 下毎日斯ういう, 下毛受勝助は討死, 下とに出す, 下に漬か, 下水野越前守の屋敷, 下も膾, 下求めればかく, 下の潮流, 下を拭き拭き歩い, 下汗里の窯場, 下江州下甲賀名馬の事, 下の端七軒町, 下とぶとり, 下沓脱のまえ, 下の面, 下河津村の谷津, 下治らすべき御子ましまさず, 下波うって居る, 下勝負丈尺, 下洋服だんす, 下浅草側を西, 下浅草文庫の旧跡, 下に近い, 下海神町凌霜子の別宅, 下涌く白雲に, 下しを, 下涼しい石の, 下さの, 下深い谷底から, 下深淵の底, 下清くはらひて, 下渋りな米, 下渋谷伊達跡の岡田三郎助, 下渋谷宝泉寺内の隠れ家, 下渓流のへり, 下渡されて拘留所, 下渡された五千両の, 下渡し得たのである, 下渡し願いたいのであります, 下温習を為る, 下湧別というところ, 下湯島村から一里, 下滑川のむこう, 下滴りにけり, 下漁戸數十浮世を山, 下から生まれ出, 下漢土でないところ, 下漢皇二十四帝にまみえる, 下潜りつつ月, 下潺湲の流れ, 下の渚, 下炎煙之中, 下炎熱の中, 下炭焼であるが, 下焚き付けたまふ, 下終に, 下無人の地域, 下として気品, 下ヶ岳の, 下の中, 下照らす柿の, 下照りて紫金, 下照りてにほふ, 下照岡初音の林, 下熱して初めて, 下燈籠のまわり, 下飛び交, 下のおしえ, 下片原町は山, 下版後でぼく, 下の御前祠, 下牢関皆な山水清絶, 下物静かな女中, 下物靜かな女中, 下犬小屋の中, 下の一群, 下狩野村字佐野の梶山, 下の分かれめ, 下王者迹熄而詩亡の章, 下珍味の食卓, 下瑣末に流れ, 下生いのしげみ, 下生したもうべし, 下生すと江淮, 下生村石橋の杭打場, 下生真面目な厳粛そう, 下甲板へ馳, 下申請中の開墾地, 下はづれなる林巒, 下町中としてある, 下町余にし, 下町切つての良い, 下界隈には御, 下留めを用, 下の上, 下痛める体も, 下発きて衆, 下白い路を, 下白く小さく咲いた川藻, 下白圭曰吾欲二十而取一何如の章, 下白日でその, 下白衣は朱, 下白銀十枚を被, 下百尺くらいのところ, 下なもの, 下直右衛門と云, 下勤候処長, 下になり, 下真一文字にむすんだ, 下真正面に通ずる, 下真白き脛に, 下睦びて事を論, 下の線, 下は川, 下石材や材木, 下石燈籠の陰, 下砂場の上, 下の撮影所内, 下になり, 下碧玉の海面, 下碧落の十方, 下示唆を受, 下へ阿礼, 下の壇, 下秀吉より一つ年上, 下空しく兩の, 下窈然として内院, 下に大師, 下のステッキ, 下笑ましさとでも, 下笑めるかに, 下また流暢, 下筆造文用意詳審尚未可, 下筆頭の土佐八, 下等身の書棚, 下筑前守であつ, 下に述, 下節用上同中同下, 下村塾, 下簡単にし, 下紅く仏は, 下は許さじ, 下紙はつひに, 下素張つた真似をする, 下紺碧の海原, 下の官吏, 下続け打ちに, 下緊張した肉, 下編上靴ソフト帽などでいかさま, 下緩急疾徐の相, 下總其他に傳, 下總國沼森八幡の別, 下總國葛飾郡吾嬬森碑とあり, 下總守といふ人, 下總神崎の雙生, 下總銚子在の百姓, 下繩雙雙去作雲間戯とある, 下繰りひろげられた海岸の, 下に貳百金丈, 下置かれる旨月番老中本多中務大輔から, 下置不易の蹤蹟, 下置候様奉願上候, 下置候禄高之内, 下置大目附格御儒者, 下置子供二人の解死人, 下置段申上ける時, 下美麗の軍鞋, 下群臣万兵城頭に旌旗, 下義経たち七百の兵馬, 下仁平元年正月六日従四位下, 下習えという, 下耀く眼を, 下が何で, 下者也月日承之, 下のもと, 下聞きをし, 下と背中, 下胸板脇腹相手かまわず敵, 下能登守と叙爵, 下脇の下こめかみ足のひら, 下脚麻痺が起り, 下脛部を打ち, 下脹れた豊かな, 下と十二指腸, 下腫れのその, 下腺炎とかで死んだ, 下突けば, 下臥す野は, 下自分は非凡, 下至大なる清栄, 下に棹, 下しビスカヤ灣, 下舷側並びに船底, 下を押す, 下へ入っ, 下艦橋の下, 下艮上大畜とも山天, 下色々糸縅の, 下色とりどりな玩具箱, 下芝浦埋立地にじっと, 下芭蕉也有の碑, 下室葛根の, 下若くは都率, 下苦戰の血地, 下英国の暴圧裡, 下英雄は無尽蔵, 下茅草や苔, 下の中, 下草原なぞの到る, 下草地数弓荷を卸し, 下をノート, 下青し早すずろ, 下萌えず日は, 下萠雪解春浅し残る, 下落っている, 下葉末の露, 下葎生ひ茂りて, 下著し今日御所に, 下著縮緬の胴著等, 下葛城連峰から飛ぶ, 下葺きもすべて麻柄, 下蒋奇の兵一万, 下蒼生の一藩, 下蓬莱橋の上, 下蕭瑟なる林, 下薄暗き深宮に, 下藍色灯を片手, 下藤甲の蛮勢, 下藤紫の衣裳, 下蘆花雪を吹く, 下しながら, 下血だらけになった, 下血潮の飛散つた中, 下血紅色の埃及大理石, 下の立てる, 下行き電車に乗っ, 下行燈の蔭, 下街道を歩き出しました, 下衣裳戸棚の抽斗, 下の上半, 下をかけ, 下裕仁親王と名, 下褪せつ雪降り, 下の合せ目, 下西欧の多く, 下要求運動の時, 下見事な豹, 下觀者の眼, 下記念碑は凡そ, 下りでなく崩壞, 下話しも纏まっ, 下誠に感謝の, 下読も一字一句小歌の, 下れか, 下が結ばれよう, 下論中の斉人所伝, 下論初頭の先進篇, 下論十篇においても堯舜, 下うて風俗, 下将の, 下諸州の精鋭, 下警士の哨舎, 下警官隊は議事堂, 下に当る, 下谷底のよう, 下へ下, 下贅沢なこと, 下赤くはなり, 下車道に沿, 下輝いていた, 下輝勝より一つ歳上, 下辞気藹然感じ, 下辺りに編入, 下迄は達せざりしならん, 下迄も達して, 下近き鍛冶屋にて, 下返しに返した, 下者觴茶山先生於品川楼, 下這いありくのら猫, 下須佐の, 下五百踰繕那乃有地獄と, 下過ぎてゐる, 下道行く袖には, 下津山岬帶の, 下遠く黒い岩浜が, 下はす, 下選股肱之將, 下邊津甲斐辨羅の神, 下邸巣鴨の山番, 下邸跡である, 下釉薬を流した, 下重りつつとどめたる, 下野天風呂の中, 下金屋である, 下鉄砲百合の花香, 下の矢, 下銭座町などの名, 下の陰, 下鎌倉の将士, 下長さまのお, 下長上竹箭或鐵鏃, 下長田の祖, 下長者町に居た, 下閉ぢたる廣間, 下間なにがしといふ信徒, 下間もなく真暗な, 下間敷ただただ合掌願上, 下間敷候哉然る, 下間敷哉但自炊にても差支無, 下間某といふもの, 下間近まで正行, 下閨房に, 下闇御津羽の神, 下關行きの汽車, 下阿久津家がある, 下附すというもその, 下附せられて永世保存, 下附願タルニ語ヲ左右ニシ指令モ下附セズ, 下陛下が宸襟, 下階段の蔭, 下随一の人物, 下から一吋, 下際限なくつづく, 下隣りに見える, 下隣人互いに助け合っ, 下雅俗正邪曲直の区別, 下に斑皮竹, 下雑木林の落葉, 下に濡れた, 下の中, 下雷鳴と風, 下電動機は重くるしい, 下霊山山麓の総門, 下青山長寿丸同本所菊川町, 下非常にいそがしい, 下靴靴下までもぬがし, 下満甚, 下須卷小太郎ヶ淵玉簾の瀧, 下を圧さない, 下頼浄圓と云う, 下が弛ん, 下顎脱臼です, 下の前, 下顔子狗の最期, 下の無い, 下風雲の児, 下飛び出す兎それを, 下って半生幾多, 下は粟糠, 下飼人の役, 下飾りがついてる, 下は四尺, 下首席幕僚が, 下首都の地, 下馬麟は簫, 下駈けださうといふ, 下高い杉の, 下高射砲は一斉, 下高麗若光, 下の端, 下の, 下でございます, 下の罐詰, 下鳩尾窪みに, 下鳴物の音, 下黎民ヲ救ワレヨ, 下黒い建物に, 下黒光りのする, 下黒白黒の釘貫, 下黒筋違いの旗, 下黒門町の近く, 下黒黒の処, 下とあれ, 下鼻孔には綿, 下鼻隆く髭