青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上野~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

上京~ 上人~ 上品~ ~上手 上手~ 上方~ 上流~ 上海~ 上等~ 上衣~
上野~
上陸~ ~下 下~ ~下げ 下げ~ ~下げた ~下さい 下さい~ ~下さいまし ~下さる

「上野~」 2981, 29ppm, 4078位

▼ 上野~ (993, 33.3%)

23 山の, 鐘が 17 森の 13 山に, 方へ 12 山を, 森を 11 音楽学校の 10 森に 9 図書館へ, 山下で 7 動物園で, 動物園の, 山へ, 音楽学校で, 音楽学校に 6 図書館に, 子刻, 広小路で, 戦争の, 森は, 鐘を 5 動物園に, 山下へ, 杜の, 精養軒の, 音楽学校を

4 [14件] 停車場で, 停車場に, 停車場へ, 山で, 山内の, 山内を, 広小路を, 彰義隊の, 戦争が, 方へと, 森には, 池の, 精養軒で, 美術学校の

3 [26件] お山の, お花見, 一番汽車は, 停車場から, 公園の, 博物館に, 博物館へ, 博覧会で, 圖書館に, 寛永寺に, 寛永寺の, 山から, 山が, 山下から, 山下まで, 山内へ, 御用を, 新坂下, 方から, 森が, 森へ, 科学博物館へ, 精養軒に, 美術館に, 老杉, 鐘

2 [56件] ほうへ, 三宜, 三橋の, 不忍池, 五つ, 停車場まで, 動物園前の, 午刻が, 午刻の, 博物館を, 喫茶店で, 図書館には, 図書館は, 図書館へも, 大師へ, 寛永寺と, 寺内に, 山は, 山まで, 山も, 山より, 山下の, 広小路あたりに, 広小路へ, 広小路まで, 広小路浅草の, 彰義隊に, 役僧が, 役僧を, 役僧某に, 御山の, 悪口を, 戦争で, 方で, 方を, 時の, 暮れ六つの, 暮酉刻, 杉の, 松坂屋の, 桜は, 森だ, 森話に, 正午が, 町を, 絵の, 美術学校へ, 美術展覧会に, 美術館で, 花の, 草津に, 輪王寺宮に, 鈴本で, 鐘です, 電気燈が, 音楽会の

1 [499件] ある仲間, いとう松坂の, お孃さん, お寺は, お寺へ, お山, お山から, お山とは, お山下, お山中, お成街道, がん鍋も, くにへ, くに八ヶ城の, くに沼田城の, こみよう, さる中華料理店, しづけさ, じゃんじゃんは, すそから, つくったワナ, とあるレストラン, とある酒場, はなれに, ほうから, ほうがくで, ほうは, ほうを, も淺草の, ようであります, ような, ように, カッフェー以来と, コンサルトに, ステイションから, ステイシヨンから, ステーションから, ステーションへ, テント旅館を, デパートメントストアの, パーク劇場で, ピアノ科に, プラットフォームに, プラットホームを, ホームに, ポンチ軒まで, ミルクホオルで, 一部を, 一重桜が, 万国博覧会にも, 三枚橋の, 三枚橋を, 三橋側の, 下あたりに, 不忍, 丑刻の, 丘で, 丘では, 丘と, 丘に, 丘の, 丘へ, 丘まで, 丘陵を, 両大師, 中堂が, 九太の, 乳児園行きでしょう, 二科会展覧会場の, 二科展を, 五代廟に, 五号館時代に, 五重の塔の, 交番と, 亥刻, 亥刻が, 人が, 人千種太郎鬼澤幸介眞家の, 人達の, 人長尾春斎である, 人間と, 仁徳を, 仇討の, 仏和女学校の, 仕事, 令名は, 休息所か, 会場へ, 何とか博覧会, 何処へ, 停車場ぢや, 停車場の, 停車場までの, 停車場を, 停車場及倉庫の, 停車場附近の, 僧も, 僻地だ, 先の, 先生の, 先生を, 全景とを, 八百善へ, 公園, 公園で, 公園である, 公園における, 公園も, 公園側を, 公園前で, 公園地は, 写真を, 処士高山彦九郎は, 出品ものと, 出生者だった, 助教授だった, 勇将田道を, 動物園から, 動物園だ, 動物園という, 動物園にも, 動物園へ, 北に, 十時の, 午刻, 午刻だ, 南画展に, 博物館が, 博物館で, 博物館などの, 博物館において, 博物館へでも, 博物館や, 博物館同じく, 博物館員の, 博物館見物です, 博物館長に, 博覧会である, 博覧会にでも, 博覧会の, 博覽會で, 口から, 右の, 名は, 四つぞ, 四方を, 図書館ぐらい, 図書館で, 図書館での, 図書館とかにでも, 図書館にも, 図書館の, 図書館へでも, 図書館へは, 図書館まで, 図書館入口の, 国へ, 国境を, 国界の, 国立図書館に, 國の, 國吾妻川に, 國宇都宮, 國府から, 圖書館の, 地が, 地下道に, 地下道の, 地下道へ, 地籍に, 坂下の, 坊さんの, 坊さん達だった, 堂坊の, 塔から, 境なる, 境内へ, 墓地を, 夜景を, 大きい埃, 大仏あたりを, 大仏は, 大公園, 大師さまへ, 大師樣へ, 大真間, 天王寺辺の, 奥に, 如く桜, 始て, 姿を, 安否を, 宮の, 宮様の, 宮様を, 家まで, 宿屋かたの, 宿屋へ, 寒松院ヶ原で, 寛永寺が, 寛永寺にも, 寛永寺を, 寛永寺樣に, 寛永寺浅草の, 寛永寺裏の, 寺侍だった, 寺侍の, 寺侍杉田大, 尾崎村の, 屋敷から, 展覧会, 展覧会に, 展覧会の, 展覧会へ, 展覧会場に, 展覧会場へ, 展覽會で, 展覽會とか, 山々濃く, 山か, 山である, 山では, 山と, 山などに, 山には, 山ね, 山の端が, 山や, 山下かけ, 山下だって, 山下に, 山下にも, 山中を, 山内でも, 山内にまで, 山内のみ, 山内は, 山内清水の, 山蔭に, 山裏の, 巳刻, 巳刻じゃ, 市設職業紹介所には, 帝国図書館では, 帝国図書館に, 帝国図書館にも, 帝國圖書館や, 帝國圖書館前庭に, 師匠, 常盤華壇で, 平和博覧会で, 幼児園へ, 広小路あたりさえ, 広小路あたりで, 広小路から, 広小路じゃ, 広小路と, 広小路なる, 広小路松坂屋へ, 広小路牛込の, 廟に, 式場に, 彰義隊, 彰義隊で, 彰義隊と, 彰義隊一件を, 彰義隊一件江戸中は, 彼岸ザクラと, 彼岸桜が, 彼岸桜に, 彼岸桜も, 彼岸櫻が, 往復にも, 後側, 後方に, 御固め, 御城下, 御山内四軒寺町, 御消防, 忍川にて, 慈善音楽会で, 戌刻, 戌刻が, 戦いの, 戦さが, 戦ひの, 戦争から, 戦争と, 戦争とは, 戦争に, 戦争を, 戦争下谷の, 戦争以来の, 戦争後徳川様も, 戦争新, 戰爭が, 披露会の, 揚げ出しとか, 文展の, 料亭山下に, 新田義貞殿も, 方からは, 方に, 方は, 方へでも, 方へは, 方向に, 方寸に, 方面を, 旗上ゲは, 明け六時の, 春の, 春景色を, 時鐘とが, 暗いところ, 暮れ六つ, 暮れ六つが, 未亡人ばかり, 本科二年生で, 杉を, 杉山を, 杜から, 杜だの, 杜で, 杜では, 杜と, 杜に, 杜は, 杜を, 東京音楽学校に, 東叡山寛永寺は, 東叡山輪王寺御, 東照宮に, 東照宮の, 松に, 松坂やへ, 松坂屋で, 松坂屋へ, 松坂屋まで, 松坂屋辺で, 松源という, 桜が, 桜まだ, 桜や, 桜を, 桜木町に, 桜木町まで, 棒を, 森その他の, 森であろう, 森では, 森などを, 森にも, 森まで, 森やらが, 森迄, 森離れ, 構内に, 権現様へ, 機嫌を, 正午刻の, 正子刻の, 武尊山其他尚, 池で, 汽笛が, 汽車に, 汽車の, 汽車最後の, 法親王には, 浄明院石占寺の, 浮浪者だ, 浮浪者を, 清水の, 清水堂と, 清水堂に, 清水堂の, 烏凧から, 焼けるの, 猟夫が, 町が, 町と, 町にも, 町までは, 町やら, 町小田町へ, 発明博覧会場から, 盆地遠く, 着物の, 祖父を, 秋に, 秋は, 秋や, 秋色桜平川天神の, 科学博物館と, 科学博物館裏を, 竹の台で, 竹の台では, 米久に, 精養軒へ, 精養軒第, 美術倶楽部で, 美術協会陳列館で, 美術協會で, 美術学校に, 美術学校には, 美術学校を, 美術學校出の, 美術館において, 美術館の, 美術館へ, 翠松園へ, 職を, 背面を, 背面谷中, 自働電話, 自宅に, 花が, 花でも, 花も, 花よりも, 花を, 花をも, 花山亭で, 花見かたがた目下開會中の, 花見に, 花見の, 茶亭に, 草津の, 落ちた後, 表慶館を, 袖を, 袴腰を, 袴越, 裏山の, 裏座敷を, 裾を, 西部飛騨の, 西郷さんを, 西郷銅像の, 見晴しの方へ, 見晴で, 親王中納言源の, 諸国を, 講堂に, 護国院芝の, 踏切の, 車坂の, 車坂を, 軍兵が, 輪王寺に, 輪王寺へ, 辰刻, 辺が, 辻で, 近くに, 運動会の, 邑楽常陸の, 都美術館に, 鈴本, 鈴本へ, 鍵屋の, 鐘だ, 鐘なら, 鐘ならん, 鐘の, 鐘は, 鐘声は, 電気灯が, 電車通りへ, 音楽会でなけれ, 音楽会へ, 音楽学校では, 音楽学校にかは, 音楽学校には, 音楽学校は, 音楽学校最後の, 音樂學校に, 音樂學校の, 頭に, 顔色で, 風は, 風景を, 養育院の, 館林までも, 駅から, 駅だ, 駅で, 駅にでも, 駅まで, 駅を, 駅頭に, 駈け方, 騒動が, 驛に, 鳥料理で, 鳥料理へ, 麓を, 黒川氏に, PPといふ

▼ 上野~ (256, 8.6%)

5 の首級 4 の姿, の寝所, の身, の首 3 のす, の前, はその

2 [14件] が, その人, のよう, の一身, の代, の在, の帰国, の方, の身体, の身辺, の隠居所, の顔, は今, は首

1 [198件] からこう, から申し出た, か上杉家, がいつ, がうけた, がこれ, がそれほど, がひそか, がよろよろ, が三州吉良大浜, が主人, が云う, が何日, が六十, が内匠頭, が出, が口腔いっぱい, が四十, が存ずる, が小細工, が式台, が来春, が東照権現様, が横合い, が殿中, が母, が浪士, が登城, が米沢, が自邸, が船, が討てる, が逃げる, が連れ込まれ, が邸外, だ, っ, とが私交上, としばしば, との関係, とは思わず, とわかれ, と上杉家, と左兵衛, と左兵衛佐, と摺れちがった, と稱, どの見つけ, などいう, などへ世辞, なる者内匠頭, におさしず, にし, については唯今, にはまったく, には却って, には気, にも吾等, に一杯, に仰いだ, に任官, に似, に嘆願書, に対して信, に心, に意見, に浴せかける, に聴かね, に詰めよる, に随伴, のため, のみならず, のよく, の一代家来, の一行, の乗物, の事, の人徳, の住ん, の倨傲, の側近, の到着, の口, の多年, の夫人, の奥方, の奥方富子, の好意, の嫡子吉良左兵衛佐, の嫡男, の子息左兵衛佐, の存在, の官位, の実子, の室, の家臣, の寂し, の居間, の帰り, の恩, の意中, の意見, の愚痴, の愛撫, の態度, の憎悪, の戒告, の所在, の眼, の立場, の笑い, の符牒, の策謀, の精神分析, の耳, の背, の自邸, の血, の行く先, の行為, の貌, の身近く, の酷薄貪慾, の錆声, の長男三之助, の隠居願い, の駕籠, はあふるる, はこの, はこれ, はすぐ, はそら耳, はそれ, はほとんど, はまだ, は上杉, は上杉家, は上杉邸, は下検分, は何, は何処, は俯ツ伏せ, は傲慢不遜, は元来, は先, は内匠頭, は初めて, は利右衛門, は利慾, は勿体らしく, は只管, は吉良家, は唐沢, は喪神, は天英和尚, は宗匠頭巾, は実父, は寒, は居間, は急難, は想像, は最後, は本家, は浅, は浅野家, は無意識, は無造作, は父子, は片, は片手, は眼鏡, は立ち, は義定, は耳, は肉, は身, は達人, は長旅, は陸, は飄然, へあの, への感情, へは刑, へも刑, へ刃傷, もこの, も犬高家, や家中, よりも彼等自身, より厳しい, をあの, を介抱, を切らん, を本所, を殺したる, を討ち取っ, を討つ, を陥しいれる

▼ 上野~ (153, 5.1%)

7 出て, 着くと 6 行って 3 ついて, 入りて, 着いて, 行く, 連れて 2 出かけた, 甲州街道への, 着いた時, 行くと, 行くん, 送って

1 [106件] おやり, お花見, かけて, それから, ついた, ついた重吉, つくと, つくの, つく汽車, ですか, ぬけてよ, やるあいだ, やろうと, ゆく, ゆくため, わたる長い, 乗って, 作を, 來た, 侵攻し, 入れば, 入んなすって, 出かけたか, 出かけて, 出かけましょうか, 出かけると, 出かける途中, 出たらば, 出ても, 出るの, 出掛けたが, 出掛けたん, 出掛ける, 出鶯谷, 切符を, 参りそれで, 参りましよう, 参り寛永寺, 只ポスター・ヴァリュー, 向う積り, 向う途, 向けて, 向った, 向ったが, 向って, 向ふ, 将門等は, 展覧会を, 差しかかった, 帰って, 廻つてアパートに, 廻つて動物園へ, 彰義隊が, 御成りの, 御集り, 微行で, 急いで, 急ぐ辛, 抜ける寛永寺, 押し襲, 持って, 持つて, 文展を, 旋風を, 朝着い, 来た, 来たこと, 来たとき, 来たわけ, 殺されに, 母の, 直通の, 着いた, 着いたの, 着いたばかりの, 着いたら十五分前, 着いた山形県, 着かなければ, 着きました, 着き上野, 着くの, 着くまでの, 着く勘定, 着く筈, 着けば, 絵を, 繰り出すの, 虎の, 行き秋, 行くの, 行くわ, 行く前, 行く電車賃, 行けば, 行った, 行ったって, 行ったと, 見送りに, 逃げて, 遁が, 遊びに, 遣られその, 集まる本来, 駆けつけるつもり, 駈けつけ日, 駈け込んだ選手

▼ 上野~ (141, 4.7%)

4 の印象 3 まで送っ, を出発 2 では東北, で偶然小林秀雄, に帰着, に見送っ, のコンクリート, の改札口, へつく, へ着く, を午後十一時, を立つ

1 [111件] からアトリヱ, から一番, から公園前, から出, から出発, から朝, から栃木県, から汽車, から青森, から高崎, だそう, ちかくに, でお, でおりた, でお迎え, でもつ, で久保田氏, で人, で別れ, で別れた, で原, で岩井, で帰り, で彼, で彼女, で待ち合わせよう, で捕まった, で汽車, で発車前, で落ち, で落ち合っ, で迎える, で逢い, で逮捕, というもの, にいそぐ, につきます, にはじめて, にはふるさと, には一冬, には車夫集会所, にまいりました, に下車, に充満, に着いた, に着き, に着く, に著い, に行, に近い, に近い大きい, に連れ, に集合, に駈け込ん, のあたり, のなか, のまえ, のよう, の九時四十分発, の人力集会所, の出口, の列, の向かい側, の夜, の大, の広場, の方, の朝, の混雑, の電車, の風物, は一時, へかけつけた, へついた, へと急がせました, へは冬子, へまわっ, へわざと堂々, へ三等, へ出掛けた, へ列, へ急いだ, へ来た, へ現れ, へ着い, へ着いた, へ行き, へ行く, へ行っ, へ行った, へ見送つた, へ見送り, へ馳せつけ, へ駈けつけ, まで我慢, まで自動車, まで見送っ, まで見送り, もともかく, や新宿駅, より好摩駅, をたっ, をたった, を一歩, を一番列車, を出入り, を午後九時, を夜行, を溢れた, を発つた, デ落チ合ッタ

▼ 上野~ (119, 4.0%)

2 しょんぼり自分, 着いた, 着いた時, 着いて, 着く, 着くと, 絵の

1 [105件] あつた, ありき, あります, あり京水瑞長系, ある観覧車, あれだけの, いた, いった, いました, いますそれ, いらっしゃるの, いる頃, おって, かういふもの, きくの, しますか, しろ向島, そんな会, たちよって, ついた, つくという, つぐもの, つれて, ないもの, なかった, なり一ッ橋, にげたの, ゐる生きものたち, パノラマ館が, 一個の, 一軒モデルを, 七時に, 三十六番斬, 上る, 乱入した, 二カ所浅草に, 住んで, 何が, 何故同情, 何時に, 例の, 催された, 入ったので, 入って, 入り同, 出かけた, 出て, 出るか, 匿れ, 博覧会の, 博覽會が, 向かう, 向かう下谷, 向ふ, 在学中の, 夜店を, 夜明けの, 大戦争, 好く見掛けた, 居るけれども, 引っ越して, 戦争が, 戰死したる, 投げ附けた, 抛りこまれて, 散策し, 於る, 来て, 来る, 毎土曜日, 火が, 着いたの, 着いたらやるからネと, 着きて, 着く予定, 着せんと, 礼をも, 移された墓, 立って, 立籠っ, 立籠りました, 籠らぬ前, 置こうが, 美術協会という, 群盗が, 蜂起した, 行くと, 行く途すがら, 行って, 訪問した, 赤城山甲斐に, 赤松則村は, 身を, 迎に, 迎へ, 近いほう, 近い御, 近く初, 近付くと, 通いました, 遊んだ際, 開かれた, 隅田に, 集まつて, 電車を

▼ 上野から~ (85, 2.9%)

5 汽車に 2 だと, 下谷へ, 日本橋まで, 浅草へ, 海岸線の, 電車で, 青森へ

1 [66件] おなかぺこでかえって来, ここまで, する登山本路, つづけて, はいって, メイタク浅草公園は, 乗って, 乗つて, 五十六分しかか, 仙台迄, 信越線に, 先は, 八時間ほど, 円タクを, 出たので, 出発した, 列車がは, 北海道へ, 十二時頃家まで, 吉祥寺まで, 向島それから, 君たち何處へ, 団子坂へ, 土浦までの, 夜汽車に, 宮城までに, 小石川林町の, 山へ, 崩れ落ちて, 帰った晩, 帰らなかった, 日本橋へ, 早朝立て, 来たか, 来たの, 来て, 来る道, 東北に, 東北へと, 松本奎堂らの, 林町へ, 浅草にでも, 浅草まで, 浅草までは, 淺草の, 湯島あたりまで, 片方は, 田舎へ, 発って, 発つた日, 省線で, 省線電車に, 砂子屋書房主や, 碓氷を, 碓氷峠を, 私の, 精養軒へ, 落ちて, 谷中への, 道灌山飛鳥山へ, 鉄道馬車に, 銀座への, 長野まで, 青森に, 青森行の, 高崎妙義山を

▼ 上野~ (80, 2.7%)

4 出て, 抜けて 3 立った 2 中心と, 出発した, 発って

1 [63件] おともという, おひろいの, さして落ち, その名, はじめ墨田川へ, ひかえて, ふりか, ぶらぶらした, めざして, イワノと, スッポカし, 中心に, 出たて, 出たばかりで, 出たらうと, 出でて, 出るあの, 出ると, 出発し, 卒業し, 卒業したての, 去りそして, 大分過ぎた, 店を, 廻ると, 思うたび, 抜けると, 撃った弾, 散歩し, 散歩したら, 歩いて, 歩しぬ, 歩で, 歩行い, 玄関口と, 発す, 発った, 発ったの, 発つた, 発つて, 發し, 發ち, 發つて日光から, 立ったの, 立った彼女, 立った時, 立って, 立つたの, 立つ前, 終列車で, 経て, 聯想する, 落ちるくだり, 見たから, 討ちに, 討取って, 訪れたこと, 辞めて, 追放に, 通ろうと, 選んで, 都と, 限って

▼ 上野~ (63, 2.1%)

2 じろ, 内匠頭が

1 [59件] あわてて, おやっと, この真直ぐ, そういっ, その弾, そんなに大勢, だまって, どうだい, はにかんで, また別, もうよそう, よろめいて, ブラリと, 世間や, 中止以来競馬の, 人さし指を, 内匠頭にも, 内匠頭の, 冷えたお茶, 呟いた, 呟くの, 大に, 大半以上落ち, 天王寺の, 好印象, 婿舅の, 守らなければ, 幕府の, 引続い, 後の, 後へ, 旧藤堂侯, 有明の, 東叡山三十六坊と, 桜ヶ岡待乳山洲崎なんどいずれ, 横に, 櫻に, 浅草へ, 混乱した, 炭を, 異国だ, 異国であり, 砂子屋へ, 碓氷相模は, 笑って, 筋の, 腕を, 花盛学校の, 落ちます良人, 行き過ぎようと, 裸足の, 赤くなった, 足が, 遠く芝, 電灯も, 青葉が, 頷いて, 首を, 黒焦げに

▼ 上野~ (56, 1.9%)

1 [56件] ある展覽會, おじゃるという, お乗り, お会, お腰元衆, お鳥, きいて, この娘, その友達, ねばって, のろうと, ほとんど満員, デモが, 一緒に, 下りたが, 下りた三人, 下りた時, 下りると, 乗換えて, 乗換えると, 会った時, 初めて第, 別れた日, 勉強する, 危害を, 図らずも, 天誅組の, 官兵に, 平和博覧会が, 戦争という, 戰死し, 教鞭を, 散々官兵を, 暮して, 望遠鏡で, 清水の, 焼け出された私たち, 竹内先生が, 芦野公園の, 袂を, 見つけて, 見て, 見ました, 討死を, 調練の, 逢うまで, 遭って, 開かれたが, 開かれた内国博覧会, 開会されました, 開催する, 開催中の, 降りて, 電車を, 食事を, 高橋の

▼ 上野まで~ (53, 1.8%)

3 送って 2 来ながら, 見送りに

1 [46件] つれて, どうして通学, のせて, はや, ゆく, わたしの, チッキを, デモったこと, 五十六分しか, 來て, 僅か七八時間, 出て, 出迎えに, 切符買った, 大急ぎだ, 尾を, 廻って, 引つ返した, 往復し, 忽ちに来られ, 来た時, 来て, 東照宮の, 汽車に, 立ち通し, 自転車で, 茫ん, 行き着いて, 行くん, 行く方法, 行ったが, 行って, 見送つて來, 見送り二十円, 辿り着いて, 送ったその, 送つて, 送らせられた, 送る, 送るから, 連れて, 連れ出させよう, 里子を, 鉄道馬車, 馬車鉄が, 黙って

▼ 上野広小路~ (35, 1.2%)

3 の方 2 の山崎, の角

1 [28件] から切通下, から御, でモーロー車夫, で買物, で電車, と仲町, にあった, にお, にちかい, に徙つた時期, に救い, に杉山勧工場, に移つたの, のビール, の吹ぬき, の呉服店伊藤松坂屋, の喫茶店, の大通り, の小笠原左京, の教会, の裏, の雁鍋, の雑沓, の雑閙, は火事, へ出, へ御, を通りました

▼ 上野山下~ (30, 1.0%)

2 に拡がる, の闇

1 [26件] である, と広小路, に大きな, に屋敷, に廣告係, のある, の三枚橋, の伊勢屋, の伊勢屋幸右衞門, の呉服屋伊勢屋幸右衞門, の商家, の商店街, の国学者神宮清臣先生, の奇遇, の小料理屋, の旧, の知り, の道具屋, の青石横町, は景気, へ着いた, まで來, まで平次, まで来た, をすぎた, を飛ぶ

▼ 上野~ (29, 1.0%)

1 [29件] あって, ある勝安房, きいた, こういっ, すべて心得おる, はいって, ひとりで, 一人引きは, 一時の, 中心で, 五時半頃でしょう, 信濃と, 元禄十三年の, 北条領で, 向うから, 四郎左衛門を, 大声を, 安住の, 官軍の, 引き受けます, 思ったとき, 承わりましょう, 斬られて, 混乱した, 着用の, 私より, 見えると, 近づく心持, 関東の

▼ 上野光子~ (28, 0.9%)

2 が与え

1 [26件] がどう, が上京, が大鹿, が引ッこぬき, が連行, が関西方面, だろうか, である, というプロ野球, といえ, とのイキサツ, とは外, とレンラク, にぶつかっ, にぶつかった, にプロポーズ, に会っ, に負けたくありません, の名刺, の話, の返事, は今夜, は誰, をだしぬく, をのせ, 計五名

▼ 上野~ (26, 0.9%)

2 云う処, 越後の

1 [22件] いうと, いまの, その知友喜多村瑞, 一しよ, 三四日し, 下野の, 中洲で, 云えば, 仁木の, 信濃の, 向島と, 変って, 少からぬ, 新橋との, 新銭座, 柘植とで, 此処とは, 浅草と, 芝公園の, 衝突する, 越後との, 違って

▼ 上野~ (21, 0.7%)

9 の電車

1 [12件] が出る, で須田町, にやっと, に乗りこん, に乗り換え, に乗る, に乗込み, の上り汽車, の急行, の汽車, は嘘, も新宿行

▼ 上野~ (17, 0.6%)

2 全図

1 [15件] から登山, から相, で獲た, と越後国, にては東, にても同名, にも, の国境, の国府, の御家人, の御家人薗田太郎成家, の新田, の新田小太郎義貞, の新田義貞, や能

▼ 上野~ (16, 0.5%)

1 [16件] から京大阪, なる名主, にいた, に一坪あまり, に団子屋, に壕舎, に居りました, に居ります, に居る, の名主佐久間某, の名主佐久間某方, の城代藤堂家, の方, の越後屋さん, は爆発点, へ遊廓近く

▼ 上野~ (15, 0.5%)

2 向島の, 浅草の

1 [11件] 京橋筋に, 向島は, 向島や, 向島よりは, 浅草が, 淺草かいわいで, 筑後の, 芝など, 芝の, 芝山内の, 道灌山の

▼ 上野~ (15, 0.5%)

2 を發

1 [13件] から高崎, にて一時間餘, には手荷物, に下り, に迎へた吾, の改札口, の食堂, へ出掛けた, へ送っ, へ駈けつけた, より汽車, を午前七時二十分, を立つた

▼ 上野あたり~ (14, 0.5%)

1 [14件] から来る, ではタビヨコ, で会おう, で催される, に催されます, に出かけ, の大通り, の楽堂, の街, の雪景色, へわかった, まで, まで散歩, まで見送っ

▼ 上野~ (13, 0.4%)

5 浅草か 1 向島, 早稲田の, 浅草かと, 浅草かの, 溜池三宅坂の, 芝か, 花の, 隅田又は

▼ 上野さん~ (13, 0.4%)

1 [13件] が私, と争論, と大塚さん, に宮古, に診, の命, の説明通り樟, の頭, は, は私, も来会, や園さん, を東道役

▼ 上野介様~ (13, 0.4%)

2 のお, の御 1 おひとり, とここ, とはまるで, と御, にはお, の御代, は, もきっと, を斬りくさった

▼ 上野では~ (12, 0.4%)

2 幅の 1 しのばず池, ない, ピアノの, プロレタリア美術展が, 一寸珍, 先に, 官軍と, 暫く見た, 江戸へ, 絵の

▼ 上野ジャングル~ (12, 0.4%)

2 の夜景 1 というもの, には茫然自失, に於, の動物, の平和さ, の方, の構成, はそんな, を深更, を無言

▼ 上野~ (12, 0.4%)

2 を散歩 1 じゃもう, でポン引き, で茶屋奉公, に住ん, のある, の広い, の裏町, へいらっしゃる, まで一しょ, まで散歩

▼ 上野には~ (11, 0.4%)

1 [11件] あると, はじめてである, オシの, ソーダ水あっ, 内国勧業博覧会が, 博覧会が, 御承知, 新しい本, 柳生様みたいな, 現存し, 秋の

▼ 上野より~ (11, 0.4%)

1 [11件] しても, 一番汽車に, 万世に, 他は, 日光線に, 日暮里などへ, 林町へ, 水戸線に, 汽車にて, 汽車を, 浅草へ

▼ 上野停車場~ (11, 0.4%)

1 [11件] とその, に集り, の待合室, の方, の構内, へと向つた, へ行, へ行こう, より各地, を発した, 前集合

▼ 上野山内~ (11, 0.4%)

1 [11件] から不, から伽藍, に彰義隊, の五重の塔, の東照宮, の黒門, は一品親王輪王寺宮, は治外法權, へと急ぐ, を根岸, を通行

▼ 上野~ (11, 0.4%)

2 の汽車 1 が午後二時二十分, で宇都宮, で霞浦行, の, の列車, の急行, の急行列車, の本線廻り, の青森行急行

▼ 上野介殿~ (10, 0.3%)

2 の御 1 に一番槍, の意見, の指図, の身辺, の首級, はその, は四位, もその

▼ 上野図書館~ (10, 0.3%)

1 が定期休日, が近年, で女, にある, の廊下, は有数, は遙, を支部図書館, を見た, を訪

▼ 上野~ (9, 0.3%)

2 忍池で, 忍池畔に 1 忍池に, 忍池の, 忍池まで, 忍池付近は, 忍池畔雨月荘

▼ 上野~ (9, 0.3%)

9

▼ 上野動物園~ (9, 0.3%)

2 で貘 1 に贈り, に飼う, のお, のゾウ, の園長さん, の杉木立, の熊

▼ 上野谷中~ (9, 0.3%)

2 の方面, の森, の高台 1 に連, の花, 切っての

▼ 上野までの~ (8, 0.3%)

2 切符を 1 乘車券を, 切符七八枚も, 往復とも, 往復は, 汽車みち阻礙なし, 汽車賃さへ

▼ 上野下野~ (8, 0.3%)

1 と次第に, などが現れます, に最も, の三国境付近, の両国, の諸国, の連山, を席捲

▼ 上野~ (8, 0.3%)

4 の物 1 が今後私, のお気, の手, の敵本対象

▼ 上野博物館~ (7, 0.2%)

1 にある, に在り, に訪問, の後, の構内, の門内, へ行った

▼ 上野浅草~ (7, 0.2%)

1 と少し, の広小路, の間, は託, へと駈けまわる, へ行, 両方面

▼ 上野という~ (6, 0.2%)

1 ふうに, 人の, 地域や, 町に, 老人は, 部落では

▼ 上野へでも~ (6, 0.2%)

2 行って 1 出掛けたに, 秋の, 花見に, 行こうかい

▼ 上野~ (6, 0.2%)

1 いらないあらゆる, やつぱり山だらけ, 互に近づきました, 奥へ, 近いしね, 通つた

▼ 上野方面~ (6, 0.2%)

1 では尾瀬, にも延長, の利根川, の火事, へ行かね, へ行く

▼ 上野仙駕亭~ (5, 0.2%)

2 に催された, の詩会 1 であらう

▼ 上野行き~ (5, 0.2%)

2 の電車 1 の急行列車, の終列車, の馬車鉄道

▼ 上野音楽学校~ (5, 0.2%)

1 で遠藤ひさ子女史, などの官僚趣味, の演奏会, への通学, を卒業

▼ 上野~ (4, 0.1%)

1 かほか, がそれだけに, つて博覧会も, とかラクチョウ

▼ 上野でも~ (4, 0.1%)

1 どんなに人, ぶらつこうと, 途中でも, 鶯谷でも

▼ 上野へは~ (4, 0.1%)

1 敏行さんに, 来ないので, 白田と, 薄暮に

▼ 上野先生~ (4, 0.1%)

1 がお, の姿, の言葉, はにっこり

▼ 上野~ (4, 0.1%)

4 や川崎家

▼ 上野廣小路~ (4, 0.1%)

1 の停留場, の卜者四明堂, の夜店, の雜沓

▼ 上野~ (4, 0.1%)

1 と行け, の山奥, へ入れ, より出

▼ 上野殿~ (4, 0.1%)

1 だにもお, の指料, への返書, らしく

▼ 上野~ (4, 0.1%)

3 の端 1 の堤

▼ 上野界隈~ (4, 0.1%)

1 の低地, の町家, は昼, 立ち退かない家

▼ 上野精養軒~ (4, 0.1%)

1 で開かれた, に招ぎて, の藤棚, へ正餐

▼ 上野です~ (3, 0.1%)

1 からお, かハイ, よ

▼ 上野なる~ (3, 0.1%)

1 新公園, 日本美術協会の, 東照宮の

▼ 上野三枚橋~ (3, 0.1%)

2 の場 1 の畔

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 にあう, に相談, の方

▼ 上野国高崎~ (3, 0.1%)

1 の城主松平右京亮輝延, の城主松平右京亮輝聡, をさして

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 の濠際, を分捕り, を改築

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 なの, に, に常

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 家来衆の, 橋際へ, 隠殿下

▼ 上野探訪~ (3, 0.1%)

1 で一番心, にでかけたら, の風流心

▼ 上野未亡人~ (3, 0.1%)

2 の姪 1 の方

▼ 上野東照宮~ (3, 0.1%)

2 の修 1 の拝殿

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 と勝安房様, のおや, を御存じ

▼ 上野浅草間~ (3, 0.1%)

1 に鉄道馬車, の地下鉄道, は五分位

▼ 上野竹の台~ (3, 0.1%)

1 に開催, のあの, の入り口

▼ 上野~ (3, 0.1%)

1 に留置, の豚箱, へ一晩留置

▼ 上野駅附近~ (3, 0.1%)

1 にわたる間, に寄り集まっ, をうろ

▼ 上野黒門~ (3, 0.1%)

1 にて五人, の彰義隊, より池

▼ 上野からは~ (2, 0.1%)

1 正しく僅, 碓氷峠を

▼ 上野との~ (2, 0.1%)

1 境を, 界なる

▼ 上野とは~ (2, 0.1%)

1 ちが, 幸先が

▼ 上野などの~ (2, 0.1%)

1 あの繁華, 諸国に

▼ 上野における~ (2, 0.1%)

1 プロレタリア美術展の, 綜合美術展出品を

▼ 上野にて~ (2, 0.1%)

1 これらの, 夜の

▼ 上野にも~ (2, 0.1%)

1 三老職が, 行けば

▼ 上野へと~ (2, 0.1%)

1 本郷通りを, 走った

▼ 上野ゆき~ (2, 0.1%)

1 にのりかえる, の電車

▼ 上野よりの~ (2, 0.1%)

1 帰途三枚橋において, 車にて

▼ 上野下野道~ (2, 0.1%)

2 の記

▼ 上野中堂~ (2, 0.1%)

1 に於, の縁

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 介が, 介樣の

▼ 上野介どの~ (2, 0.1%)

1 ならば, にいたる

▼ 上野介正純~ (2, 0.1%)

1 が石見守, は私

▼ 上野介父子~ (2, 0.1%)

1 の姿, はすぐ

▼ 上野介義央~ (2, 0.1%)

1 が江戸城内, なの

▼ 上野介藤原厚~ (2, 0.1%)

1 載も, 載武蔵守高向利春

▼ 上野伊三郎~ (2, 0.1%)

1 がい, がいた

▼ 上野停車塲~ (2, 0.1%)

1 に着く, に行け

▼ 上野光子さん~ (2, 0.1%)

1 の自動車, もそう

▼ 上野共同墓地~ (2, 0.1%)

1 に存する, に立てた

▼ 上野出入り~ (2, 0.1%)

2 の商人

▼ 上野勝教~ (2, 0.1%)

1 にタップ, 来り大いに

▼ 上野太忠氏~ (2, 0.1%)

1 の斡旋, や内山書店

▼ 上野太郎~ (2, 0.1%)

1 というん, という名前

▼ 上野家蔵の~ (2, 0.1%)

2 も相好

▼ 上野家藏の~ (2, 0.1%)

2 も相好

▼ 上野宿坊~ (2, 0.1%)

1 の院代, を初め

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 の親類, へ雨外套

▼ 上野山下一葉茶屋~ (2, 0.1%)

1 で一人, で怪しい

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 かけて, から乃至

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 の国境山脈, の平原

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 の久保文雄氏, より芭蕉三百年祭

▼ 上野広小路辺~ (2, 0.1%)

1 でよく, ノ洋風酒肆近年皆競ツテ美人

▼ 上野戦争~ (2, 0.1%)

1 がかい, のはなし

▼ 上野攻め~ (2, 0.1%)

1 で狼狽, の全

▼ 上野松坂屋~ (2, 0.1%)

1 で開かれた, へ丁稚奉公

▼ 上野榛名山上榛名湖~ (2, 0.1%)

2 にて

▼ 上野永藤~ (2, 0.1%)

1 へ寄っ, まで食事

▼ 上野浅草芝山内江戸~ (2, 0.1%)

2 にて此塔

▼ 上野淺草~ (2, 0.1%)

2 から丸の内

▼ 上野清水堂~ (2, 0.1%)

1 の秋色桜, の観世音

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 に乘, の

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 この三泊, とある

▼ 上野耕三氏~ (2, 0.1%)

1 による, に対す

▼ 上野藤堂~ (2, 0.1%)

2 新七郎殿

▼ 上野街道~ (2, 0.1%)

1 から井戸田, 忽ち馬塵

▼ 上野~ (2, 0.1%)

1 行かうと, 送りに

▼ 上野近く~ (2, 0.1%)

1 に取っ, を歩く

▼ 上野~ (2, 0.1%)

2 の直行

▼ 上野隅田~ (2, 0.1%)

1 の花, も人

▼ 上野駅前~ (2, 0.1%)

1 の宿屋, の旅館大和屋

▼ 上野高女~ (2, 0.1%)

2 の生徒

▼ 上野鶯渓~ (2, 0.1%)

1 なる鍛工組合事務所, の塩原温泉

▼1* [268件]

上野あそこが唯一, 上野おろしは闇, 上野お山詰め同心たちが追いかけ, 上野かと外記は, 上野からずつと一緒で, 上野がたじろ, 上野くんだりへ出掛け, 上野さまのお, 上野じゃなくて, 上野じゃあ菅糸の, 上野その他のバラック, 上野それから陸軍省それからまた, 上野だの本郷だの, 上野つたの二人, 上野つづきだけに涼しく, 上野であったようにも, 上野でしょうか天竺, 上野での話は, 上野とか芝公園とかいう, 上野とかといふやうに, 上野とつはた, 上野とも書く, 上野の, 上野などにまさりたり, 上野なら上野で, 上野なんか西郷の, 上野にだけは結局いろはの, 上野にだに見送りしは, 上野にては赤はげ山と, 上野に対する愛情の, 上野のけむりでもみたまえ, 上野のやま下野, 上野ばかりでなく僧院, 上野ひどかったでしょう, 上野へというような, 上野への汽車に, 上野へまゐり只今, 上野へんにこんな, 上野まではバスで, 上野ジャングル探険記を語る, 上野ステーションの駅前, 上野パーク劇場へ, 上野ヨリ直越ニ松, 上野ヶ原井手野富士の裾野, 上野一円と聴く, 上野宜亭, 上野三十六坊も文珠閣, 上野三枚橋夜更の体, 上野上総下総安房の諸国, 上野の青石横町, 上野下谷の町, 上野下谷あたりまで手, 上野下野両国の曠野, 上野下野信濃越後の六ヶ国, 上野下野常陸が所謂關八州也, 上野下野常陸下総など五ヵ国, 上野下野方面にてはオサキ, 上野下野武蔵常陸安房上総下総相模と股, 上野下野武蔵相模たちまちにし, 上野下野甲斐信濃の諸国, 上野下野相模武蔵伊豆上総といたる, 上野両国ニ跨リ, 上野両国向島だんだんと, 上野両道で戦い勝っ, 上野中務大輔まで申し出た, 上野中条鏡田中矢徳等のごとき, 上野主石上主こんな塩梅, 上野九段神田本郷の寄席, 上野乱入にかかった, 上野二ツ堂浅草雷門の如き, 上野二州に塩原碓氷霧積, 上野二科会展招待日の見物, 上野介めが無礼沙汰, 上野介め当家を騙かり居った, 上野介ト云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御番, 上野介同左馬之助, 上野介在宿に極まった, 上野介在邸らしい, 上野介忠順である, 上野介殿十分に討取, 上野介殿印揚候者も警固一通, 上野介殿御屋敷へ押込働, 上野介相当の誇, 上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 上野介義央様まで十八代七百余年, 上野介自身がそこ, 上野介親子を逃がし, 上野介護衛のため, 上野以前の方, 上野以外に図書館, 上野以来の恨み, 上野佐波郡剛志村大字小此木から出た, 上野信州の二郡, 上野信濃を經, 上野信濃国界の碑, 上野信濃越後越中能登加賀越前を風靡, 上野倶楽部というの, 上野場車から, 上野停車場前の, 上野光子女史が現れ, 上野八ヶ城の人数, 上野出立ちからこ, 上野利根郡後閑村には八掬脛社, 上野十二月二日正午發列車中の清水, 上野右衛門, 上野南城の話, 上野博覧会たしか今日あたり, 上野参詣の接伴, 上野友次郎松村金三郎の二人, 上野古田黒姫山を取り巻い, 上野の丘陵, 上野名跡誌には安倍貞任, 上野向島を見る, 上野向島飛鳥山これは今, 上野吾妻郡嬬恋村大字田代なども浅間山, 上野品川道灌山からとうに, 上野団子坂東京駅と循環, 上野国三ヶ国ニ跨リ, 上野国上久方村医師村岡善左衛門常信倅善次郎が養子, 上野国佐波郡芝根村沼之上の産, 上野国利根の庄藤原, 上野国利根郡水上村の境界, 上野国利根郡片品村大字東小川村の地内, 上野国司となっ, 上野国境に跨っ, 上野国大館二千石を加増, 上野国岡部の寺, 上野国志によるに貞任, 上野国東口の追貝村, 上野国東村大字上新田に生まれ育った, 上野国桐生の人村岡善左衛門常信, 上野国界ヲナシ, 上野国藤岡に移り, 上野国館林に茂林寺, 上野国高林の松本文粋, 上野にて廿萬石下總國, 上野國群馬郡白井の城主, 上野の農家, 上野地方から新田与党, 上野多胡の全, 上野天王寺の森, 上野寄りは焼けない, 上野寫眞館へ出かけた, 上野専一氏に面会, 上野小石川のバラック, 上野屏風坂外の場, 上野に就い, 上野山下あたりの往来, 上野山下そこで逢った, 上野山下池ノ端美しい夜景, 上野山下浅草境内両国広小路芝の久保町, 上野山下邊など見物, 上野山内それから少し, 上野島ヶ原大川原と夜, 上野州下野州ニ山栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, 上野州国境山脈の山々, 上野帝国図書館の前身, 上野帝室博物館で私, 上野常陸越奥州などが皇威, 上野広小路黒門町のうなぎ, 上野彦馬翁が同じく, 上野彰義隊の戦闘, 上野待乳山などに初日の出, 上野共隅田成, 上野戦争後諸藩引払, 上野房聖賢のもと, 上野播磨を下さる, 上野支店金杉支店という順序, 上野敬助の両人, 上野旅館にてアララギ歌会, 上野札の辻品川と一晩, 上野村万場方面へ行く, 上野村大字宇留野の山奥, 上野村大字船津川の小野熊次郎, 上野村字中沢集落には喜六, 上野東照宮霊廟づきの, 上野松坂やへゆき, 上野松坂屋七階食堂の食卓, 上野次郎男君など当時大学, 上野武蔵相摸, 上野武蔵下総の諸国, 上野殿母尼への消息, 上野浅草手を携, 上野浅草明治神宮日比谷エノケンからデパート, 上野浮浪児記について日本小説, 上野淺草邊の繁華, 上野淺草隅田の花兩國川, 上野と合同, 上野清さんの数学院, 上野清中条澄清山本信実などという人達, 上野清水寺客殿に催す, 上野湯島天神聖堂筋違橋向柳原浅草茅町南は神田, 上野父子の現在, 上野独特の旅客, 上野王子間を進行中, 上野田端あたりの情景, 上野甲斐武蔵の下, 上野町竹町向柳原両国橋と円周, 上野に認めし, 上野発仙台行の列車, 上野発十月十五日帰着二十七日ということ, 上野発水戸行の汽車, 上野直昭君にし, 上野着円タクで家, 上野着四時十八分發の汽車, 上野着家へ帰り, 上野着日劇の地下理髪, 上野科学博物館の陳列函, 上野一の, 上野筑波日光の諸山, 上野精一さんが来る, 上野精一君といっしょ, 上野総領事とともに自動車, 上野義民というの, 上野翠松園へ行き, 上野の東京音樂學校, 上野虎雄氏の, 上野衆北条ト一味故, 上野行き列車の出發, 上野行急行に乗った, 上野行浅草行五六台も遣過ごし, 上野の坂, 上野西郷銅像畔また向島堤, 上野谷中台との間, 上野谷中道灌山かけての木立, 上野赤井今村石田勝又等の諸氏十余名, 上野越後の堺, 上野車坂の条, 上野車坂下にて大橋文右衛門, 上野輪王寺の宮, 上野輪王寺宮に仕え, 上野邊の, 上野近所の宿屋, 上野であったが, 上野邑楽郡のアクト, 上野邑楽郡多々良沼では万寿二年宝日向, 上野に田地二十石, 上野鈴本亭はさっそく, 上野鈴本演芸場喫煙室内に掲げられ, 上野銀座を飛ばす, 上野長岡間の距離, 上野雄図馬が, 上野青ヶ原へ農兵, 上野青山と廻っ, 上野音樂學校の入, 上野須原の凹凸神, 上野頼兼の両, 上野顕彰の意味, 上野である, 上野風月の洋食弁当, 上野飛鳥山或ひ, 上野の一室, 上野首無しの段, 上野駅あたりの構内, 上野駅九時発金沢行で富山, 上野駅到着は犯人見物, 上野駅地下道の入口, 上野駅発の夜, 上野駅発一番列車夜明けの五時十分発, 上野駅発明石行の列車, 上野駅頭の大, 上野駅頭岩井達夫を送り, 上野驛以來の乘合客, 上野驛近くの宿屋, 上野や花驢, 上野高崎の松平右京亮輝聡, 上野黒竜山不動寺は山, 上野龍玉院の僧