青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「事実~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

予期~ 予言~ 争い~ ~事 事~ ~事件 事件~ 事務~ 事務所~ ~事実
事実~
~事實 ~事情 事情~ ~事柄 事柄~ ~事業 事業~ ~事物 事物~ ~二

「事実~」 15009, 162ppm, 646位

▼ 事実~ (2709, 18.0%)

45 知って 33 発見した 18 語って 17 事実として 16 説明する 12 明らかに 11 ありのままに, 示して, 私は, 見ても 10 あげて 9 否定する, 指摘し, 発見し, 発見する, 知った, 証明する, 認めて 8 云えば, 伝えて, 忘れては, 教えて, 考えて, 話して 7 もって, 忘れて, 挙げて, 知ること, 見て, 観察する, 言えば, 認めること, 述べて 6 どうする, 曲げて, 歪曲し, 目撃し, 綜合し

5 [15件] 叙し, 報道する, 承認する, 明かに, 書いて, 無視する, 知らせて, 確かめて, 立証する, 自分の, 見ると, 見逃しては, 述べた, 雄弁に, 集めて

4 [27件] いえば, そのままに, われわれは, 云うと, 否定した, 告白し, 土台として, 少しも, 承認し, 指摘した, 指摘する, 明瞭に, 有りの, 無視し, 発見しました, 知つてゐる, 確める, 耳に, 自白した, 見せて, 見落しては, 記して, 証明し, 認めた, 語るもの, 説明し, 隠して

3 [57件] あからさまに, いうと, いへば, 事実と, 云うの, 人々は, 信じて, 冷静に, 列挙し, 十分に, 叙した, 君は, 否定し, 否定しよう, 否認し, 否認する, 告げた, 報告した, 報告する, 如何に, 平気で, 彼の, 彼女は, 承認した, 抹殺する, 指したの, 挙げた, 提供し, 教へる, 明白に, 根拠として, 概念によって, 決定する, 無視した, 眼の, 知ったの, 知らずして, 知らずに, 知らないの, 知るため, 知ると, 私に, 考へて, 聞き出した, 自白する, 虚構する, 見たり, 見よ, 見るが, 見逃すこと, 言って, 記したもの, 記録した, 話した, 認めざるを, 認めないわけ, 調べて

2 [167件] いうならば, いって, さして, して, それも, たしかめようと, たしかめるため, つきとめること, どこまで, まげて, みて, ゆがめて, よく考え, ヌキに, ハッキリと, 一つの, 世間に, 主張する, 事実の, 云うだけ, 云って, 人に, 今から, 他に, 伝へて, 余の, 信ずる能はず, 僕は, 先生は, 切に感じた, 初めて発見, 判断する, 前に, 前提として, 包んで, 即座に, 双方共に, 収集し, 君の, 否定できる, 含んで, 吾, 告ぐるの, 土台に, 基礎として, 夢にも, 如実に, 学んだ, 対象と, 広くお, 得て, 御報道, 忘却し, 思い出ずるま, 思えば, 想像する, 戯曲化した, 打ち倒す正義, 打ち明けて, 打明けた, 承認しない, 抂げて, 抹殺し, 指すの, 挙げなければ, 挙げること, 捏造した, 描いて, 描写した, 教えられた, 日本の, 明に, 明るみに, 暗示し, 暴露し, 暴露した, 暴露する, 曲げたり, 曲げること, 曲げ嘘, 材料に, 根拠と, 楯に, 正直に, 殆ん, 注意しなけれ, 注意する, 物語って, 理解し, 申上げ, 申立てた, 発表した, 的確に, 目の, 目前に, 看破し, 眼に, 知つ, 知つた, 知つてゐた, 知らないから, 知らないで, 知らなかつたの, 知らぬ者, 知りぬいて, 知るもの, 研究する, 確めさせられる, 確めた, 確定する, 確実と, 確実に, 確証する, 確認し, 示すもの, 私たちは, 私も, 私共は, 端的に, 簡単に, 統一的に, 綜合する, 総合する, 聞き出す事, 聴いて, 聴かせて, 肯定した, 能く, 脚色した, 自由に, 蔑に, 裏書きし, 見れば, 見落して, 観察し, 解釈しよう, 解釈する, 記すに, 記述した, 記録し, 証拠だ, 証明した, 誇張し, 認めず, 認めなかつた, 認めまいと, 認めるの, 認める事, 認識する, 誣い俺, 誤って, 説明すべき, 誰が, 誰も, 諸君の, 述ぶる, 述べはじめたの, 過小評価する, 選択する, 除外すれ, 陳述した, 集めたいと, 集めた上, 離れて, 露骨に, 頭の, 顧みると

1 [1622件 抜粋] あかしす各国共, あげれば, あとから, あばき出されては, あやまって, あること, あれこれと, いかに説明, いちばんよく, いとも儼然, うけとった, おいて, おもしろがらない, お伝えした, お目, お話し下さいません, お通さん, かぎ出して, かくすこと, かためてから, きいた後, きくと, きわめて柳, ここに, こともなげに打明け, この眼, こまかく自然主義ふう, これらの, ご存じない, さも或, しいて無視, しみじみと, じっと見つめ, すっかり自白, ずっと想像, そこまで, そのままはっきり言う, そのまま叙, そのまま捉えた, その性質, その調査記録, それが, それに, たしかめその, たしかめるに, たしかめる外, ただすと, ただ細かく, だんだんと, つかまえそのうえ, つきとめて, つき留めずには, つねに念頭, とらへるか, とり入れる時カント, どうして知らない, どう利用, どう片づける, どう語っ, どんなに私, ならべて, なるべく多く, なんらの, はじめて覚つて, はっきり会得, はっきり知り, はなれては, ふくんで, ほぼ知っ, まげる事, まだ実感, まったく棚, みんなが, もう一歩, もっと多く, もつて, やっと意識, ゆがめたり, よく感じる, よく知, よろこびとして, わざと秘密, わすれて, わたしは, われわれ以外の, スタインベックが, ノートに, モッブという, 一つでも, 一つ述べ, 一個の, 一同一向に, 一応省察, 一般に, 一見すれ, 上層部に, 与うるに, 世間の, 両女史, 中井猛之進博士に, 主と, 主題と, 予期し, 事実, 云いはじめたの, 云い表わすに, 云うん, 云わなければ, 人々の, 今に, 今日が, 今更の, 以上の, 仮定的な, 伝えた記録, 伝える史書, 伝ふる, 伴うて, 体系に, 何で証明, 何人よりも, 作り上げる一人一人, 併せ考, 例証しました, 信じまいとして, 信じ得る理由, 信仰したい, 個人的当為と, 偽って, 備えたもの, 元に, 先刻御, 入手した, 全く考え, 公平に, 公開の, 再び書い, 写生する, 切り縮めたもの, 初めてしかも, 前後し, 加える重大, 十九世紀後半欧州各国に, 単に彼等一流, 危く忘却させる, 参考すれ, 反映し, 収集する, 取り違えたの, 受け容れました, 合点する, 同業人は, 否むわけ, 否定は, 告げたいの, 告げなかつた, 告げること, 告白しない, 呑み込んで, 唯一無上の, 問題と, 喜べり, 回顧し, 地球内に, 基点と, 報じこれ, 報告かたがたつけ加え, 報告せる, 報知する, 塔十郎に, 変える訳, 多少でも, 多計代, 大倭の, 天, 契機として, 妖怪報知書類中に, 孕んで, 学んで, 安らかに, 実に意味, 実証した, 寛先生の, 尋ねただけ, 小使の, 少しでも, 尽く採録, 巧く, 平生からの, 幾たびかの, 度外視した, 引ッ繰り返さなけれ, 引用する, 強めるであろう, 当時の, 彼女自身が, 後人に, 御存じであろう, 御承認, 循に, 徹骨徹髄に, 忘れたか, 忘れた優越感, 忠実に, 思いあわせれば, 思いだして, 思い出したん, 思い合わせねば, 思うに, 思ひ出したの, 思ひ浮べた, 思わなければ, 恐怖し, 悟ったよう, 想い起し, 想像したらう, 想起する, 意外な, 意識せね, 感じて, 慥めて, 憚らず語っ, 我々の, 手放すには, 打ち明けられ途方, 打ち消す気, 打明ける心, 批判しきれなかった, 把握した, 抜きに, 押して, 拾い集めるの, 指して, 指摘したい, 挙げる, 挙げる事, 捉えたもの, 捉え来りて, 捕える観測網, 捨象すれ, 探り出すこと, 探究する, 推理し得た, 掴まなくては, 描いたの, 描く肉欲, 提出したい, 握つて, 改めて証明, 教えられたならば, 教えるもの, 敬太郎に, 整理し, 新らしく聞き出した, 日々の, 日本と, 早くも, 明さ, 明晰に, 昔から, 暈す手段, 曲げずに, 曲げてまで, 曲げまたは, 曲げろと, 書いた書物, 書かないの, 書く, 書く時, 最もよく立証, 最初に, 有つ, 有名な, 本然の, 本質の, 枉げる事, 根問い葉問いされる, 検閲官は, 極度の, 概念, 次から, 欲するまま, 正しく人民, 正式に, 歪めて, 歪曲する, 毀さない限り, 氏は, 求めようと, 決して打ち消し, 決定し得た, 注意しよう, 注目すべきだろう, 洩らせば, 深い, 深そう, 満座の, 演説者たちの, 無条件に, 無視せず, 煎じ詰めると, 熟視すれ, 父親は, 物語りあの, 特に念頭, 率直に, 現在財の, 理解しない, 理解し得なかった, 生んだの, 申します, 申立てなかった, 疑うならば, 疑ふならば, 痛切に, 発展させよう, 発表したる, 発見されるであらう, 発見するでしょう, 発見せり, 白状した, 皮肉に, 目撃する, 直截に, 直覚し, 相手の, 真帆子が, 眼で, 知ったからとて, 知ったならば, 知ったら何, 知った私ども, 知ってるからって, 知つたのであります, 知らされた, 知らしめ一方, 知らせずにおいて, 知らせると, 知らないか, 知らないので, 知らない人々, 知らない科学者, 知らなかったの, 知らぬ外国, 知らば, 知りえたのみ, 知りそれ, 知りたい気, 知りません, 知り当日, 知り得たの, 知るに, 知る主体, 知る由, 研究され, 確かめいよ, 確かめたいつもり, 確かめなければ, 確かめること, 確かめ至急, 確め得た, 確認した, 確認する, 示しました, 示すが, 示唆し, 秀吉は, 私等は, 秘密に, 積み重ねて, 究め尽くしたる, 突き止めた愚, 立証せね, 答えました, 簡潔に, 紅子が, 素通りし, 紹介する, 結果せしめね, 絶対に, 繰り返し述べる要, 羅列する, 考えさせるもの, 考えに, 考えると, 考ふる, 考へれば, 考究説明し, 聞いたばかり, 聞いて, 聞かされた時, 聞きたださなくては, 聞けば, 聴き取った田宮特高課長, 背景と, 胸の, 自分で, 自分へ, 自然が, 自白せしめた, 興味深く粉飾, 芸術化し, 蒸溜し, 蔽い隠そうと, 表明し, 表面的に, 裏付けて, 裏書きする, 覆えすか, 見あきる程, 見ずには, 見せる, 見たこと, 見たろうと, 見て取った, 見ぬいて, 見まわして, 見るたび, 見るべし, 見る外, 見ればこそ, 見出さないわけ, 見出したりなど, 見出し得る, 見初めて, 見感情, 見聞した, 見近代, 見遁, 覚えて, 観測し, 解剖し, 言い当てて, 言ったつもり, 計算に, 記さんに, 記憶し, 記述する, 記録せね, 証しうるが, 証するに, 証明しよう, 証明せ, 詐欺した, 話し道子, 話す間, 詳しく説い, 誇張的に, 認めさえ, 認めさせられて, 認めたくないよう, 認めた以上, 認めないから, 認めない訳, 認めなくては, 認めねば, 認められるもの, 認めるべきでありさらに, 認定し, 語つてゐる, 語り事柄, 語り合った結果, 語るかの, 語るの, 語る高貴, 誣る, 説明してやろう, 説明しよう, 説明せり, 読む人, 調べたわけ, 調べに, 調べるに, 談ずること, 諸君が, 貴ぶ, 貼り合わせたよう, 身を, 辛うじて物語る, 述べたいと, 述べたもの, 述べるの, 逆に, 途ぎれ途ぎれに, 速報せず, 適用し, 遺書にまで, 重く視た, 鋭利に, 開いて, 除外する, 陳述すれ, 隠蔽し, 隠蔽せ, 離れたる空想, 静かに, 須永さんから, 顧みても, 風間女, 驚嘆し

▼ 事実~ (1784, 11.9%)

12 ない 10 何を 9 そうで, 小説よりも 8 ないの 7 これに, それが, 私の 6 そうでない, 事実だ, 事実です, 事実として 5 これを, どうだ, 今の, 全くその, 彼が, 彼の, 私が, 自分の

4 [13件] ある, これと, そうでなく, どこまでも, 一方に, 事実である, 何と, 何も, 反対に, 少しも, 日本の, 決してそうでない, 私たちに

3 [25件] いくらも, その正反対, その通り, それを, どうでも, ないと, なかった, アベコベに, 一つの, 一つも, 世界の, 之に, 今日の, 何よりも, 全くこれ, 別として, 右の, 多くの, 容易に, 次の, 注目すべき, 真の, 私は, 私も, 非常に

2 [94件] あくまでも事実, あるまい, いつでも, いつまでも, こうだ, こうであった, こうである, こうです, こうな, このよう, この男, この通り, この際, これで, これらの, さう, さうなの, すべての, そうだ, そうだった, そうな, そうなっ, そうは, その事実, その反対, それに, そればかり, それより, それよりも, どうかと, どうする, どうだろう, ないで, また批判者, やはりその, 一人の, 一定の, 一滴の, 事実で, 事実に, 人口が, 人間の, 人類の, 他の, 何人も, 俳優の, 僕が, 僕の, 全くこの, 全く反対, 印刷され, 友人の, 反対で, 反対の, 君の, 吾, 夢の, 大和の, 天明の, 小説より, 左に, 当時の, 彼に, 彼れ, 彼女の, 彼等の, 後に, 必ずしもそうでない, 必然的に, 我々に, 戦争の, 文学の, 方程式, 日本では, 日本人の, 昔から, 歴然として, 決してただ, 注目に, 然ら, 知らない人, 確かでない, 確かに, 私たちにとって, 私を, 見のがされては, 証明する, 誰しも, 誰も, 逆で, 遺憾ながら, 際限なく, 館林の, 麻油に

1 [1336件 抜粋] あいまいに, あったそう, あったよう, あながちそうで, あまりに明白, あまり具体的, ありは, ありますまい, あり得ない, あるの, ある人々, あんなの, いかなる疑い深い, いかにも反語, いかに無邪気, いささかそれ, いつたい誰, いつも明るかっ, いま初めて, いよいよ明白, いろいろある, うそでも, うれしくも, おととし一九二八年の, およそ柴田家, お延, お重, かえって正反対, かなり泡, かの国, がぜんここ, きわめて短い, けっしてお, けっしてそうで, こう思われなく, ここに, このとおり, この世から, この人, この地, この時, この無考え, この画期的意味, この見解, これが, これだけ, これほど, これら二つの, さうでなく石塊, さうは, さすがに, さまで私, さらにそれ, ざらに, しからず土台もう, すぐに, すつかり, すでにその, すでに申し上げた, すべてその, すべてを, すべて虚構の, そういう発生期, そうかも, そうじゃ, そうでなけれ, そうならなかった, そう簡単, そこで水中, そのままに, その一人, その事実さ, その以外, その十五年間, その国, その境遇, その心殻, その時, その終り, その銀行, それだけです, それとは, それは, それらとは, それ以上の, それ程の, それ自身前科者と, そんなどころ, そんなにアツサリ文字通り, そんな筈, たしかだ, たしかにあの, たしかに美男美女, ただそれ, ただなつかし, たとい一々の, たまたまロスタン, だから事実, ちゃんと残っ, ついに事実, つねに新た, とうてい説明, とにかく幼時, ともかくとして, どういう事, どうしてどうして大いに後悔, どうしても残ります, どうして探り出した, どうで, どうなる, どうも一ノ谷城, どう言っ, どこの, どの方面, ないし, なか, なかなかそう簡単, なくは, なく皆私達, なにを, なるべく単純, なるほど話, なんとし, はたして自分, ひどい欠乏, ふみ子の, ほとんどその, ほとんど蒸発, ほんとうは, まことにみ, まことに慶賀, まさに反対, まだ一般, まだ全く別れ, まだ文学, まったくそうである, まったく反対, まったく敵, まったく逆さ事, まつりの, まるで夢, むしろもっともっと民主作家, むろん大佐, もう余程酔つて, もう立派, もし悪政, もっともっと私, もっと奥深い深, もとより薩長同盟その他, もはや何, やがて曹操, やっぱり野良犬, やはり不思議, やはり別, よい事, よくわからない, わかったけれども, わからなかった, わが演劇史, わたしたちの, われわれに, われわれ人間が, アメリカ, イギリスの, カリフォルニヤ金鉱の, ザラに, ジャーナリズムには, ツマで, ナターシャの, ビジテリアンたちの, フェライラと, プロレタリアートの, マタ・アリは, モット簡単な, ラップを, 一刻一刻鮮明の, 一国或いは, 一度成立, 一応概念, 一方の, 一点の, 一種の, 一般に, 一見物的証拠が, 万, 万治四年出版の, 上述の, 不可思議なる, 不幸に, 不思議と, 丑松の, 世界が, 世間的な, 丸で, 乃公の, 之を, 予期に, 争われず二人, 事件の, 事実な, 二つの, 二十分と, 云ふまで, 五カ年の, 人口と, 人生の, 人間存存の, 今なお, 今までの, 今云った, 今日に, 今更ここ, 今迄, 仙之, 以前は, 仮令彼等, 伸子にとって, 何という, 何とも仕方, 何と不思議, 何と見たら, 何一つ見て取れなかった, 何人の, 何時の間にか洩れ, 併し, 例の, 保証を, 偶像破壊の, 偽だ, 僕にとって, 兄以上の, 先ずなかっ, 先朝に, 先験的, 全くさうでない, 全くどうだ, 全く津山君, 全く独特, 全体として, 全然不可能, 全然間違つて, 共謀でなく, 其為めに, 其許に, 内海達郎の, 出来て, 分らないが, 初めこれを, 別段私, 到底あり得ない, 前論を, 動かないから, 勝手な, 十一人の, 千里の, 半兵衛の, 単なる感覚, 単にそれ, 単に自然科学的, 即ち新劇, 又その, 反つて政党, 反対でした, 叢雲が, 古今世に, 古代埃及人の, 史上に, 各人の, 同人の, 否定し, 否定は, 吾国民の, 周知の, 商品の, 嘘の, 図書運びの, 在来の, 基本的な, 多くは, 夢にも想像, 大して人々, 大に, 大満洲国承認よりも, 大違ひで, 夫が, 女大臣は, 如上の, 如何とも, 妖婦でも, 妙に, 子供の, 存在する, 学問として, 実に, 実につまらない, 実に多い, 実は文学作品, 実際とてもこの, 実際上, 家主八百屋電燈水道そういう, 寝て, 寧ろ之, 寺院備えつけ, 尊くかつ, 小心といった, 少くとも, 少し私, 少数だ, 山村の, 市内警察に関する, 常に, 常に研究, 幸子が, 幾分かかる, 当事の, 当時文芸評論が, 彼には, 彼らの, 彼リンピイは, 彼女も, 往々逆説, 従来まだ, 復興を, 心を, 必ずしもそうばかり, 必ずしも事実, 必ずやその, 応用科学すなわち, 怒火, 性教育とか, 恐らくこれ以上, 恐らく何人, 恰も没落的契機, 意外な, 感情を, 我々の, 我邦で, 或は各, 才能の, 批評家にも, 抹殺し, 掴めやしない, 改修せられ, 教育の, 散漫に, 数分のあいだ私に, 文学にとって, 文学美術等と, 斯の, 既に他, 既に説明, 日本が, 日本人は, 日本以外にも, 日本朝野の, 明々白々掩はむ, 明である, 明らかに, 明治大正昭和の, 明治維新に, 明瞭に, 昨今新聞に, 是非も, 時局の, 暗合以上の, 曲げなくても, 曲げ難い, 書かれること, 書類の, 最後に, 最高階級から, 朗廬全集井上通泰さんの, 本人が, 本稿と, 本願寺のみに, 果してどうか知らん, 案外たくさん世, 案外不合理, 極く, 極めて自然, 権利を, 正しき古, 正反対で, 正直の, 此れ, 歴々発見する, 歴史的に, 死亡表を, 殆ど無く, 残って, 毫も曲げずし, 水, 永久に, 決してあと, 決してそれほど簡単, 決してほめた, 決して些, 決して厭, 決して変る, 決して挙げさせない, 決して珍しく, 決して皆無, 法を, 洋紙の, 派手に, 海外からの, 深くわたし, 無いか, 無くならずただ, 無意味な, 無論の, 無論先刻承知, 父も, 特に昨今何, 犬の, 独り右の, 王冠擁護の, 現在に, 甚だしくこれ, 生活力が, 生涯の, 田之助には, 留さんの, 異います, 病院だけ, 発音です, 皆あとかたも, 目下審議中の, 直接の, 相互に, 相違の, 真に小説, 真直な, 瞞着する, 知らないが, 知りませんが, 石の, 確実に, 社会に, 神の, 私たちの, 私どもを, 私にとっては, 秋三や, 科学の, 秘されて, 空間表象が, 竹童と, 精神科学すなわち, 純粋科学, 素人の, 結局返事を, 綺麗な, 総領の, 老いぼれた人, 考えるまでも, 肌膚の, 肯定した, 脳中の, 自分一人の, 自然的事実の, 興味ふこうございます, 興福寺や, 花顔玉容に, 苟くも一般的な, 菅公の, 藤吉郎たちが, 表面には, 複雑な, 見られないよう, 計らずも, 証明された, 詩人の, 認めなくては, 認め得たと, 誠に至難, 調書に, 論外としても, 論理的な, 諸国に, 貰った物, 資本制度の, 跡かたも, 辺土の, 近松の, 追, 遂に伝説, 過去と, 違うよう, 違ふらしい, 都会に, 鉄蹄の, 除外された, 随分と, 雄弁に, 韻文の, 類推し, 馬道の, 高品さんの, 鷹など

▼ 事実~ (1092, 7.3%)

58 ある 27 あるの 13 あります 109 あった, あるから, 明らかに 8 あって, あると, 発見された, 証明し 7 あったの, あつて, 彼の 6 判明した 5 あったこと, あつた, 如何に 4 あるか, あるに, あるん, わかって, 明瞭に, 潜んで, 現われて, 私の, 証明する

3 [16件] ありありと, あること, あるという, あるので, そこに, それを, ないと, なかった, わかった, 分って, 判明する, 含まれて, 次から, 示して, 記されて, 起って

2 [61件] あったという, あらゆる不快苦痛, あらわれて, ありは, ありました, あるが, あるそう, あるわけ, ある以上, あれば, あろうか, この世に, これまで, これを, すべての, そうなっ, その中, それだろう, それである, たくさんあります, ないでも, なければ, ハッキリと, 一つある, 不思議に, 之を, 今は, 伝えられて, 何よりも, 出て, 分った, 判って, 判明し, 後に, 必然でなかった, 持って, 推定される, 明白と, 概念によって, 決してあり得べき, 現れた, 現われたの, 発表され, 発見され, 発見されます, 発見される, 発見せられ, 発覚した, 眼の, 確かに, 私に, 私を, 私自身の, 突き放されたあと, 自分の, 認められる, 語って, 語られて, 重要である, 間違って, 非常に

1 [677件 抜粋] ああも, あいまいな, あげられたくらい, あったか, あったから, あったため, あっただけ, あったと, あったもの, あったらさぞ, あったん, あった事, あった限り, あとから, あの一年, あらかた察せられる, ありうべきでない, ありうるよう, ありさうな, ありますこれ, あります事, あり一方, あり之, あり天文暦術, あり尚, あり被告杉沢清次郎, あるいは, あるからこそ, あるこれ, あるだけの, あるとか, あるとしても, あるならそれ, あるばかり, あるひと, あるもの, あるらしく想像, ある上, ある人間, あろう, あろうと, あろうとも, いかなる点, いくつもの, いちばん大切な, いっそうあからさま, いつも政江, いよいよ著しい, おいよさん, おかしい, おもしろい, お互いに, お前の, かえって神, かくある, かつてあった, こういう点, ここに, このよう, この上, この事件, この力, この口碑, この差別, この記録, この説, この際大切, これに, これに対する, こわいと, ごろごろ転がっ, さうなつ, さらけ出されて, しみじみ腹の中, じきに, すべて係り役人の, せっぱつまった資本主義経済, そうさせた, そしてその, そのため, そのままに, その型, その夕方, その後どの, その本分, その法則通り, その理由, その背後, その頂上, そもそも私, それで, それであろう, たくさんある, たくさんに, たしかにある, たとえば顕微鏡, たびたびある, だんだん判つて, ともに中世, とりのこされて, とりも, どう変化, どこからか, どこに, ない, ないから, ないとは, ないの, ないので, ないもの, ない以上, ない処, なかったら, なくては, なく真個うに私, ぬきさ, はからざる病, はたしてあった, はっきりし, はっきりしない, はっきり分らなくなっ, はっきり示される, はっきり示し, ほかに, ほとんど忘却, ほんとうに, またお, また世, また新年, みつけられて, むきだしに, もう一つ, もし我郷土, もって, もつ吾, もつ明白さ, やむを得ないから, ようよう姿, よく証明, わかったころ, わかりかねる, わかりました, わかりやはり, わかること, わかると, わかるまでは, われわれの, タクサン手もとに, ダルガス父子によって, ハッキリしました, ピョンピョン跳び出し, モウ東京の, 一つ, 一つあった, 一つの, 一つ発見され, 一人一人の, 一向に改ら, 一向新聞, 一国社会主義の, 一方には, 一目瞭然する, 一般に, 丁度裏表, 七人比丘尼の, 万が一にも, 三つありました, 三度目には, 上がって, 不合理だ, 不明だ, 不道徳な, 与えられ之, 与かって, 世人の, 世間に, 世間へ, 九官を, 事実として, 事実とな, 二重にも, 人々の, 人に, 人間の, 人類の, 仁兵衛の, 今でも, 今の, 今度の, 他に, 他にも, 伝えられ今, 何となし, 何の, 何物にも, 何等の, 余りにも, 作者の, 依って, 価値に, 偶然あつ, 僕に, 僕の, 僥倖の, 先で, 全然一場, 公然認められ, 公表され得る, 内的な, 冬子や, 出るだろう, 出遇って, 分かった, 分かつた, 分かると, 分かるの, 分けられねば, 分ったと, 分つた, 分り目的, 判った, 判ったこと, 判ったの, 判った時, 判つ, 判りました時, 判るだろうと, 判明しなかった, 判明更に, 判明致した, 別に存在, 前述の, 割合実感され, 加わって, 動かぬ以上, 動き流れて, 十分に, 卑屈の, 単に事実, 単純でない, 印象され, 原則を, 厳然として, 又もや世間, 口から, 可能である, 司直の, 同乗の, 同時に有名, 吐かれたの, 否定されたなら, 否定出来ない, 否応なしに教えた, 吾人に, 吾輩には, 問題として, 国家の, 土台を, 在ったの, 在り得るとか, 執拗に, 基礎と, 報道され, 増加した, 増加する, 多々ある, 多い, 多くみいだされる, 大いに人口, 大切だった, 大衆性を, 大隈, 女性も, 始終繰り返され, 婦人の, 子供の, 実は句, 実際に, 客観的に, 家に, 容易に, 小説の, 少い, 少からず証拠立てられる, 己を, 帆村の, 常に人間, 平安末の, 平明に, 平穏裡に, 度重なるうち, 引かけて, 引出されようとは, 当時としては, 彼を, 彼女の, 彼等を, 後から, 従前には, 必ずしも真実, 志村氏の, 急に, 性格に, 想像され得る, 意味も, 感じられて, 成立すれ, 我々を, 折々あった, 持ち主に, 挙がって, 挙がりました, 挙がるに, 控えて, 推測され得る, 政治上想定されね, 教えられて, 教へる, 数えられる, 数多く行われ, 敵方へ, 文学者自身の, 文明生活の, 斎藤さんの, 新聞紙上に, 既に数限り, 日々刻々に, 日英両国を, 明かに, 明かにせられないという, 明瞭し, 時間の, 暗中から, 暴露される, 暴露する, 曝露し, 曝露した, 更に一層深刻痛切, 書いて, 書いてない, 最も明瞭, 最高の, 有ったと, 有ったろうが, 有つ, 有つた, 有り得るであろうか, 東京では, 果して存在, 横は, 横わっ, 次々に, 次第に確かめ, 欲しい, 正しいか, 正確だ, 此世に, 此島での, 歪曲される, 歴史的に, 歴然として, 残つてゐる, 氏郷の, 気に入らないの, 水戸藩に, 決定的な, 法文に, 深刻な, 漸く分っ, 無いから, 無いで, 無いと, 無かつ, 無意識の, 物語って, 珍しく不思議, 現れたらしく鑑識, 現れて, 現れましたので, 現われた以上, 現われませぬから, 現われれば, 現われ始めた, 現代を, 現出した, 現出する, 現実に, 現状と, 理想の, 理解できかねる, 理解出来ない, 理論の, 生々しいん, 生じかかって, 生じました, 生ずるの, 生まれたと, 産業の, 甦って, 男子に対する, 疑いようの, 発表された, 発見されるなら, 発覚せなかったなら, 皇室には, 皇室の, 目の, 直ぐぴんと来る, 直ちに一目瞭然, 直接に, 相ついだ, 相手方の, 真実である, 眼前に, 知られなかったならば, 知れて, 知れ渡ったこと, 知れ渡ると, 知識人の, 研究の, 確定し, 確認された, 確認される, 示す如く工藝美, 示す通り, 示す階級社会, 科学的に, 秘められて, 突発し, 窺われ北国, 窺知される, 立証せられざる, 素晴しい, 結局押潰され, 続々と, 縦ま, 織り込まれて, 聞きたいの, 肯定されるなら, 背景と, 著しかつ, 行われた, 西洋という, 見えて, 見えるが, 見つかります, 見つかるかも, 見つかるから, 観念として, 解説の, 解釈出来ない, 記録に, 訣る, 許さないの, 許すでは, 証拠だ, 証拠立てて, 証明された, 証明した, 証明してる, 証明せられ, 証明せられざる, 証明せられる, 評判の, 詞章を, 詳しく知れぬ, 認められるだろうか, 認められるん, 語る, 説明され得る, 読者には, 論理的にも, 譬喩の, 貴方の, 起こったと, 起こったという, 起ったの, 起らなくとも, 起るの, 軽くまた, 近世に, 逃げかえって, 違って, 違つてゐる, 違つて来る, 遠い過去, 遠くから, 適用される, 重なりあって, 間へ, 間違いない, 附け加えられて, 附帯し, 除外された, 陸続として, 集まったの, 露見した, 頭に, 頻々と, 麗な

▼ 事実~ (1025, 6.8%)

44 上に 20 中に 18 ように 13 真相を 12 前に 10 ために 9 上で, 方が, 有無を 8 中から 7 なかに 6 うちに, ようだ, ようです, 上では, 上において, 前には 4 あったこと, あること, やうに, 内に, 存在を, 性質を, 有無は, 真相は, 重さ

3 [16件] あつた, あるの, ほかに, 外に, 奥に, 如何に, 意味を, 描写を, 有り得べきこと, 根拠が, 正確な, 真相が, 解釈を, 選択の, 選択は, 関係は

2 [81件] いかんは, ごときは, ほうが, ままに, ようである, 一つに, 上から, 上にこそ, 上にも, 下に, 世界を, 世紀, 中には, 中にも, 事実たる, 伝説化せられた, 前で, 半分も, 半面には, 問題だ, 問題であります, 問題でなく, 問題と, 問題として, 問題を, 因果づけ, 基礎の, 報告では, 場面は, 大部分, 如く確, 如く視らる, 如何を, 御報道, 性質から, 或る, 持って, 方から, 方を, 棒杭が, 様な, 正確なる, 正確は, 決定では, 決定を, 理論が, 発見, 発見に, 真の, 真偽は, 真相と, 知識だけ, 知識は, 研究に, 示す所, 穿鑿を, 羅列の, 肯定に, 興味に, 表現は, 裏には, 裡に, 要求に, 観察に, 解釈は, 記憶から, 記録とは, 記録は, 証拠が, 証明する, 説明に, 調査に, 謂にては, 起こるに, 間に, 間には, 関係を, 除外である, 除外を, 面に, 骨組を

1 [584件 抜粋] あやしさ加減, あらわれる瞬間, ありのままに, ありよう, あるが, あると, あるところ, あるべくも, あるもの, ある松, いくらかが, うえで, うちにおいて, うちには, うちにも, お尋ねが, お話に, ことごとく証明, こと私は, これと, ごとく考えたの, すべてが, すべてと, すべてにわたる, すべては, それに対する, つながりを, ところを, ところザックバランに, どうにもできない, どこが, ないこと, なかで, なによりの, なんらかの証拠, ほかには, ほんの一部分, まえに, まちがいです, ままを, まま十一日の, まま書く, もう一つ, もつ意味とは, もつ意味を, もので, ものの, やうである, やうです, ゆえに, ようで, ようにさえ, りっぱな, アナロギーを, ホントの, 一つである, 一つであろう, 一つの, 一つ一つの, 一例には, 一切を, 一定段階の, 一片が, 一節一節は, 一般化だ, 一般性や, 一見全然, 一部, 一部を, 一部分に, 一隅に, 一面を, 一面観に, 上からは, 上には, 上よりも, 不思議さは, 不明な, 不調べ, 不調和に, 世界は, 中へ, 中核に, 主なる, 主原因, 主要なる, 云い表わしであって, 人間と, 代りに, 代弁者であるなら, 余りに意想外, 例を, 供述から, 価値を, 保証は, 働きなき, 先生で, 全く合法則的, 全体を, 再成, 分析に, 分疎, 切れ端を, 判定は, 判決を, 前では, 前にも, 前後と, 前後錯誤と, 劇し, 効果の, 午後の, 半分か, 半面であっ, 半面は, 単なる収集, 単なる羅列, 単純化によってのみ, 印象を, 危険性は, 原因の, 厳しさ, 厳粛と, 参考を, 反対を, 反映が, 反証を, 反面に, 叙述でない, 叙述は, 古く存在, 古来より, 合成による, 名に, 否定とは, 否定を, 否認に, 否認は, 告白である, 呑込めない, 問題であっ, 問題である, 問題です, 問題としては, 問題なら, 問題なり, 因って, 圧力が, 圧迫, 域を, 執政は, 基礎が, 報告が, 報告であった, 報告のみで, 報告のみに, 報告らしい, 報道として, 報道者記録者では, 場合には, 変化では, 外いっさい異状なし, 外には, 外の, 外何も, 多かった, 多きこと, 多きに, 大きさ, 大きな理由, 大要が, 大要は, 奥底に, 奥底には, 奥底まで, 如き夢, 如くに, 如く考へられて, 如く説くこと, 姿である, 存する, 存するあらん, 存在す, 存在する, 存在は, 存立を, 完全な, 定期的な, 実体を, 実用的価値には, 実際的処置, 客観的存在の, 客観的真相を, 審理に, 尊重と, 岩頭が, 工事は, 差でございます, 差異によってのみ, 已に往事, 幻し, 底に, 底には, 底の, 底を, 当否以外に, 形式的類推から, 影を, 彼方という, 後から, 後へ, 復原を, 忠実なる, 思い違いが, 急場には, 性質が, 性質と, 性質について, 性質上閣下が, 怪奇なる, 恋は, 情景が, 意味である, 意味の, 意外さに, 意識に, 愛好家で, 感じが, 成り行きが, 成果について, 所因を, 手の, 批評である, 承認は, 承認を, 技巧的な, 抽象一般化個別的現象の, 指摘です, 挙げられたこと, 排列に, 探究にのみ, 推歩を, 描写に, 描写によって, 描写の, 摘発で, 故のみ, 数々が, 数学的表現を, 断片が, 新しい確認, 方である, 方に, 方へ, 方へのみ, 方則, 日光に, 早晩現出すべき, 明治の, 明瞭な, 暗合を, 暗礁の, 暗示が, 曲解であろう, 最も正直, 有つだろう, 有機的関係を, 有無が, 有無に, 有無よりも, 材料と, 果して, 根底には, 根柢には, 根源は, 検討から, 概念が, 概要である, 様である, 様に, 模型化である, 横顔の, 機微から, 正しさ, 正直な, 歪曲でしか, 歪曲とを, 歪曲を, 歪曲否, 歴史家の, 歴史的政治的把握の, 歴史的由来を, 歴史的背景と, 歴史的運動を, 比較し, 民譚化した, 決定が, 決定は, 法則は, 滑稽な, 激動し, 為め多くの, 無い事, 無視に, 無限なる, 片鱗も, 物語が, 現前に対して, 現在性, 現実性なら, 理由を, 理解では, 理解を, 瑣末な, 甚だ多, 由って, 異なった二方面, 疑うべからざる, 痛ましさ, 発展によ, 発展によって, 発生を, 発見される, 発見である, 発見と, 発見を, 発見前幾年に, 百分一にも, 目前に, 相違を, 真を, 真偽の, 真偽を, 真実を, 真実性を, 真理が, 真相, 真相なぞは, 真相に, 真相について, 真髄に, 知識を, 研究が, 研究と, 研究の, 研究科学的の, 確たる一つ, 確否は, 確定と, 祖父の, 神聖の, 科学的表現である, 立場から, 竟に, 端緒が, 競争から, 符合適中する, 第一系列, 第七, 筈であった, 精査批判を以て, 細要より, 組み合せからは, 組合せから, 組織的研究に, 経過によって, 経過は, 結婚を, 結婚式を, 結果が, 結果としては, 綜合の, 網の, 線から, 縞柄は, 羅列だけが, 羅列では, 羅列に, 考証に, 考証は, 考証何ぞ, 背後に, 背景に, 胚芽を, 興味が, 興味による, 良験, 若干は, 蒐集思ふ, 行われざるを, 表に, 表面しか, 裏から, 裏づけとして, 裏に, 裏書きであります, 裏面には, 裏面を, 裡にこそ, 裡には, 裡面に, 要点だけを, 要用において, 見落しを, 見通しが, 観察から, 観測が, 解明を, 解釈という, 解釈に, 解釈の, 言い表わしであって, 記念物である, 記憶の, 記載を, 記述だ, 記述では, 記述に, 記述の, 記述は, 記録, 記録が, 記録である, 記録と, 記録という, 記録な, 記録の, 記録みたいだ, 記録を, 許す如くしばらく, 許す限り, 証人は, 証拠は, 証拠よりも, 証拠を, 証明によっての, 証明も, 証明を, 話であろう, 話を, 詳細などは, 詳細に関しては, 詳細を, 誇張としても, 認定が, 認定は, 認定を, 認容は, 認識として, 認識は, 誤謬や, 説明には, 説明以上に, 調べに, 調書を, 調査という, 調査を, 論理とを, 論理的解釈を, 諸条件, 諸関係, 責任を, 質と, 起つたと, 軽重に, 輪廓である, 輪廓を, 退化した, 通り無, 通り皆無と, 通信を, 連続等を, 進みを, 進行を, 違って, 選択を, 配列は, 重大さにおいて, 鏡であっ, 間の, 間違は, 関係, 関係が, 関係に, 除外は, 障礙を, 隠蔽によって, 集まり方, 集積で, 集積と, 集積以外の, 非常に, 響きが, 領域に, 題材, 顔は, 類型化, 食い違いが, 骨であり, 骨子は

▼ 事実~ (985, 6.6%)

65 於て 21 して 17 なって 16 徴し, 相違ない 13 於いて 9 於ては 8 即して, 違いない 7 合する, 過ぎない 6 ちがいない, 就て, 気がついた, 直面し, 背いて 5 なった, もとづいて, よりて, 就いて, 於ても, 眼を, 立脚し

4 [12件] ある, 合せざること, 基いて, 基づいたもの, 当って, 拠って, 照し, 目を, 相違なかっ, 興味を, 近いと, 近いもの

3 [18件] なつた, ぶつかって, 何の, 合わない, 基づいて, 変りは, 就いては, 就ては, 帰する, 気がついて, 的中する, 立って, 立脚した, 見ても, 逢着する, 過ぎなかった, 違ひない, 適中する

2 [56件] あらず, あるの, こだはりすぎる, ちが, なったよう, なつて, なろうと, ぶっつかると, よると, ゴーリキイの, 他ならない, 似て, 依つた彼, 依りて, 反する, 反すること, 合わないの, 合わないもの, 外ならない, 就いての, 属する, 帰着する, 当面する, 徹して, 忠実であろう, 想到する, 拠り我国開国, 於いては, 気がついたの, 気がついたん, 気が付いたの, 注意を, 注目した, 注目しなけれ, 照らして, 相違する, 相違なかつた, 相違は, 着目し, 私は, 符合する, 触れないの, 近いよう, 近かった, 逢着した, 過ぎないと, 違いなかった, 違ない, 適合したる, 適合する, 適合せざりし, 遭遇し, 非ず, 非常に, 面した時, 驚いて

1 [519件 抜粋] あたりを, あった, あって, あてはまらぬもの, あてはまるやう, あは, あまり気, あらが, あらざるを, あらずと, あらわれたと, あらわれて, あり, あり得ないと, あるらしい, あわせて, いくらか, うそは, お, おし宛て, おどろかされた今, お気付きない, かくの, かんがみて, くっ付けて, この事実, この哲学者, この女, この趣意, こまやかな, これからも, ござります, ござりまする, さへ, さほど遠く, したところ, してからが, しても, しろ蜂谷良作, し現に, すぐには, せよ夢幻, そういう欠点, その嫁, その強い, その瞬間自分, それを, ぞくすから, ぞくすの, ぞくすもの, ぞくする, ぞくするの, ただ茫然, たって, たよるの, ちがいなかった, ついて, つき心理上, つけ加えら, つながって, でなく当為, とどまって, とんじゃ, ないこと, ない嘘, なぜ気, なったに, なったので, なってしもて, なりかけたので, なりかけた事, なりこれ, なりました, なりまして, なる, なると, なるの, なるまで, なるもの, なれば, はじまったの, はなつた健全, はんする, ひけめ, ふさは, ふれて, ふれないで, ぶつかった, ぶつからねば, ぶつかりながら, ぶつかるごと, ぶつかるたんび, ぶつかると, まったく反した, もっとも近い, もとづいたもの, もとづいた想像, もとづかない根拠, もとづかない考, もとづくもの, もとづく意見, もとづく海賊派, もとづけば, よく知る, よらず作者, よりますれば, よる, わたくしと, われわれは, ゴツンと, ハッと, ハツと, ブツかる, ミジンも, 一百余米突群峰の, 一種の, 三たびうちおどろき, 不平な, 不平を, 争うべからず, 二十年もの, 人類の, 今さら私, 今更の, 代行し, 仮託し, 伴なう, 伸子は, 何人かの, 何度も, 依って, 依つた理智的建築, 依つて, 依り犯人, 依るに, 係るに, 偽りは, 充足するよろこび, 免じて, 全く打, 全然依存, 内心びっくりし, 冷やかな, 処するの, 出くわした, 出て, 出逢, 到達した, 動ぜざること泰山, 即した作品, 即した公正, 即した叙事気分, 即した想像, 即した粗, 即した複雑, 即しての, 即してを, 即し意気揚々, 即し物そのもの, 即応する, 原因し, 反して, 反するって, 反すると, 反するまでも, 反するも, 反するもの, 反するよう, 反抗せず, 反比例し, 口惜し涙, 可笑しからずや, 合う悲し, 合したるもの, 合しなかっ, 合せざるを, 合ったこと, 合って, 合わぬもの, 向かうとき, 向けられて, 向って, 含まれた不思議, 含まれて, 吾, 呆然と, 和を, 哲学的祝聖を, 囚へ, 因って, 因ること, 困る者, 囲まれて, 国の, 圧服され, 圧迫され, 執しすぎて, 基いた説, 基き公平, 基く処, 基く幾何学, 基づきここ, 基づくいろいろ, 基づくもの, 基礎を, 堕ちて, 変更を, 多少の, 多少時代的, 大なる, 存し, 存する, 存するであらう, 存するなくついに, 存せじ是, 安心し, 対比する, 導かれるゴルドマン, 就いてのみ, 就てすらも, 就ても, 属するだろうと, 左右される, 帰着いたします, 引きずられて, 引きつけて, 引きなおして, 当たって, 当った上, 当つて, 当つてぶつ, 当つて相手, 当てはまって, 当てはまるべき法, 当ると, 徴する時, 徴する時私, 徴すれば, 心を, 心強くされ, 忍従した, 応ずるよう, 応用せり, 忠実に, 思いいたるとき, 思い当りまして, 思い当る, 思い当ると, 思えるの, 悪と, 想い至るならば, 意義を, 意識した, 愛を, 憤慨されまし, 戦慄しなけれ, 拘泥する, 拠ったの, 拠ったもの, 拠りて, 拠り一文, 持って, 指一本さへ, 捕われて, 接近する, 推しつけたがるが, 掩うべ, 斯くの, 於ける, 於ける因果関係, 於ける戦時体制, 於ける諸, 於ける関係, 施さざるべからず, 施して, 施すの, 施すべからざる, 暫くは, 更にさだ子, 本づいた, 本づき, 来るべき工藝, 根拠し, 棒を, 楯つい, 極楽世界で, 構はずに, 欠陥ある, 正確である, 正確忠実であろう, 此歌の, 死ぬ程, 殆ど奇蹟的の, 比べたら君, 比較する, 気が, 気がついたから, 気がつかずには, 気がつかないもの, 気がつきそこで, 気がつく, 気がつくであろう, 気がつくと, 気がつくや, 気がつけば, 気が付いた, 気が付いたもの, 気が付きはじめた即ち, 気が付く, 気づかなかつたの, 気づかねば, 気づくこと, 気の, 気付いたの, 気付かなかったの, 気付くべきだった, 気附か, 求めたこと, 求めること, 注意しなけれ, 注意すべし, 注意せよ, 注意せられたい, 注目し, 注目する, 注目せよ, 深く思い, 深刻な, 混じやすい, 満ちて, 溯りて, 演劇当事者は, 潤色を, 無神経である, 無関心, 照します, 照らしあわせると, 照らしても, 現はれ, 現はれたる, 現れて, 現わし, 現われたこと, 現われたわけ, 現われた例, 現われた結果, 理解と, 生きるよりは, 疑いない, 益なき, 盲目に, 直接なる, 直接触れた, 直面しなけれ, 直面せね, 相当させる, 相当訂正すべき, 相応する, 相応わしい, 相違なき, 相違御座いません, 瞞され, 知って, 確かな, 示されないうち, 示して, 示すこと, 示そうとして, 私たちは, 私の, 立ち向かうだけの, 立った母性, 立つもの, 立つ報道, 立つ実験的, 立脚する, 符合す, 等しい明, 籠って, 約言される, 置きかえられた, 考え至りました, 背くこと, 背反し, 胸を, 至るまで, 興味が, 苦しまなかったであろうが, 苦しむの, 茫失した, 行なうの, 行われて, 衣を, 裏切られるの, 裏書きされた, 襲われて, 要約される, 見えるの, 見これ, 見られる, 見るに, 観る想ひがし, 触れず, 触れたもの, 触れて, 触れること, 触れるでも, 触れる事, 訴うる, 証明し, 証明してやろう, 話を, 該当する, 誤まり, 誤りは, 説明された, 読者は, 論及し, 論拠し, 越すイタズラ, 較ぶれ, 較べたら今後, 較べて, 近い, 近いが, 近いこと, 近いだろう, 近いであろう, 近いという, 近い一つ, 近い気, 近かし, 近かつ, 近きこと, 近そう, 迫って, 追ふ, 通ぜざるべからず, 逢着し, 逢着しました, 逢着し得た, 逢著した, 進み一転, 過ぎないが, 過ぎないので, 過ぎない生産機構, 過ぎなかったであろう, 過ぎなかったという, 過ぎぬ, 違いありますまい, 違いありません, 違いないいう, 違うというは, 違ったこと, 違って, 違なかっ, 違なかろ, 違無い, 遠いこと, 遠いやう, 遠くなっ, 遠ざかりたる抽象的概念, 遡るまでも, 遥かにより, 適うなれ, 適せずし, 適中し, 適合すべき, 適合せざる, 適用し, 適用する, 適用せらるべき, 遭つて財産を, 遭遇した, 酔わないこと, 重点を, 間違いは, 関したこと, 関わりない, 関聯させる, 附随し, 降参した, 限られないならば, 陥るか, 非ざる事, 面した観照, 面して, 面接し, 面接しなけれ, 頭を, 顔を, 顕わる, 顕われたる, 驚いたの, 驚きたいという, 驚きはじめたの, 驚きますよ, 驚くの, 驚異し, 驚異せず

▼ 事実~ (517, 3.4%)

78 なって 28 すれば 8 なった 5 なつて 4 なつた, なると, 衝突する 3 およびそれ, なるの, 科学的概念構成との, 違って

2 [27件] いわねば, したらいかさま, する事, なったとき, なりそう, なりて, 一致し, 一致しない, 云うの, 云うもの, 云えば, 今の, 信じて, 合わない, 少しも, 思うこと, 暗合する, 相俟, 相違し, 相違した, 知ると, 符合し, 符合する, 結合し, 考えて, 見えた, 見て

1 [320件] あきらめる事, あの殺人, あべこべで, あまりに懸隔, あらば, ある文学, あれば, あわんところ, いえば, いえよう, いって, いつたところ, いひ国民的訓練, いわざるべからず, いわざるを, いわれるの, おそらく関係, お艶, この事実, この法理, これを, し, したところ, したなら相手, したら, したらいかにも, したらこりあ奇妙, したらその, したらなるほど, したらもとより, したら何処, したら何者, したら八丁堀, したら実にどうも, したら親方殺し, して, す, すべきに, すべきには, すること, すると, するならだいいち, するならば, するならまさに, するの, する以上, する者, す可, せば, そこから, そのかくした, その方則, その時, その犯人, その理由, その遺言書, その関係, それが, それだ, それほど違わない, それらの, それを, ちがう憶測, ちがう誹謗, ちがった月並, ちがって, どこかで, どれほど離反, なすに, なすもの, なす年, なったこと, なったの, なったらしいから, なった場合, なった時, ならずに, ならぬよう, ならんと, なりしもの, なり今, なり力, なるとか, なるなり, なる形勢, によつて, ひとり解釈し, ぴったりあっ, ぴったり符合, まつたくその, まるで正反対, みなされて, みなして, わかった, わかって, わかるや, わが国において, クラムとの, シックリ合う, トーキーの, ピッタリ一致, ブルジョア, マルクス主義は, ロゴスとが, ロゴスとの, 一切の, 一緒に, 一致する, 一般に科学的概念構成, 主張された, 九州あるいは, 事実が, 事実でない, 二つの, 云い条, 云うのほか, 云う独断, 云っても, 云ふ, 人口実測とに関する, 人間の, 今日の, 仏書中の, 他の, 伝承した, 似て, 信じられないよう, 信じる人, 信ずる, 信ぜられたもの, 信仰上の, 信念とは, 偶合せし, 光景は, 全くおなじ, 全く相違, 全く違っ, 其の固定, 其他の, 分ると, 判定された, 前記の, 前述の, 募り事実, 化した怖, 即して, 及びそれ, 反対に, 史実の, 合する, 同じくらい, 同じく社会的富, 同じこと, 同じで, 同じに, 同じよう, 同じ程度, 同じ長, 同時に, 同時の, 名刺に, 向いあいながら, 呼ばれるが, 呼ぶの, 呼んで, 固執ある, 土と, 堯舜の, 変化せし, 外来者の, 完全に, 実際とを, 実際関係, 対応した, 対照する, 差う, 当為との, 彼らの, 後に, 御承認, 心とは, 心理以外その, 必要とを, 応用経済学とについて, 思い合せて, 思う, 思うか, 思えなかった, 思って, 思つた, 思われぬが, 思われるばかり, 思想とを, 思想経験と, 怨恨とを, 恐しい恋, 想像とが, 想像との, 感じられたか, 成って, 戦おうと, 所謂モダン, 撞着する, 改むべきである, 数字とを, 文字と, 文飾との, 方則とが, 方則とを, 方則を, 時計の, 暗合し, 暗合を, 更衣を, 架空的な, 概念構成とが, 権利との, 正反対な, 比較が, 比較できる, 法則との, 法理とを, 深い関係, 混じて, 混合し, 混同し, 為らしめたり, 照合し, 照合する, 照合せ, 牴触する, 独断し, 理由の, 理義に, 理論との, 理論的認識との, 異った, 相容れない, 相結合, 相違するらしい, 相違せる疑あり, 看て, 真実, 知るべし, 社会経済学とについて, 私が, 私の, 秋川一家の, 称した, 空想を, 符合せざる, 納得させる, 純粋経済学について, 組み合せると, 組み合って, 組み打ちを, 経験とに, 結びついて, 結び付いて, 結んで, 結合する, 統制ある, 考えあわせて, 考えた, 考えなけりや, 考えねば, 考えられます, 考えられるかは, 考えられるもの, 聞きとる習慣, 自分の, 花の, 虚偽とを, 表言とに, 見あるいは, 見える, 見なしあるいは, 見なしたり, 見ねば, 見ようと, 見られて, 見るならば, 見るより, 見白石, 覚醒後の, 観察と, 観察との, 解釈された, 言うだけの, 言は, 言わねば, 計算, 証する程, 誇張とで, 認めたと, 認めたもの, 認めて, 認めなくては, 認められる, 認められるの, 認めるほか, 認める裏, 認定したがる, 語と, 誤る探究者, 説明とを, 逆であり, 連関させ, 違うところ, 違ふも, 適中する, 適合しない, 鋭くにらみ合わされる, 関係するであろう, 関係とを, 離れないいうに, 離れること, 風聞が, 首肯する, 馬鹿げて

▼ 事実である~ (346, 2.3%)

11 がそれ 10 ことを, とすれ 8 がその 7 ことが, ことは 6 と思う 5 が, という, 事を 4 かのよう, か否 3 からである, がこの, と思われる, にし, のを

2 [20件] か, かということ, かない, かもしれない, から, からそれ, から仕方, がしかし, がそれでも, が学者抔, けれどもしかし, ということ, と云, と云う, と考えられね, にせよ, にも拘らず, のです, 以上は, 歴史的社会の

1 [209件] かがわかりかねる, かどう, かの如く, かの様, かも知れない, かも知れぬ, からこれ, からこれから, からそこ, からそもそも, からだ, からどうにも, からほか, から事実解釈, から今, から今さら, から今後自分, から他, から何とも, から或いは, から持ち出し, から民俗, から決して, か知らない, がかよう, がここ, がこれ, がこれら, がさすが, がさだ, がすべて, がそういう, がそこで, がそれなら, がそれら, がどういう, がなほ, がなんと, がまた, がもともと, がゆえに, がわれ, がケサ山千光寺, がワジュロ, が一体, が一身, が世にも, が人類, が今日, が他, が他方, が何, が何故, が併, が俗説, が全く, が其中, が其人, が史料, が合掌, が向こう, が土地, が夫, が姓名, が宝塚, が少なくとも, が常に, が故に, が日本, が時計, が晶子, が本能的, が殊に, が省作, が自然主義, が言訳, が階級的大衆作家, けれどしかし, けれどその, けれどもかく, けれどもしかも, けれどももし, けれども元来, けれども国民一般, けれども私共, けれども第三者, ことこの, ことだけが, ことに, ことも, こと母は, この事実, しこの, しまた, し天性血, し恐らく, し日本, し社会理論, し蘆花, そして次, それは, だから空間, だけそれ, だけに二百年, と, というの, というべきだ, という信頼感, という報告, という意味, という所, とした, としたなら, としてその, としても, としても彼ら, としても私, としても稀有, とする, とせられた, とともに理性, とは思えなかった, とみえ, ともいえよう, とも事実, と云い得よう, と云っ, と信ずる, と共にまことに, と共に極めて, と共に物語, と分っ, と判った, と判定, と利兵衛, と幸次郎, と思います, と思案, と感ずる, と故老, と知っ, と私, と裏書, と見えまし, と言われ, と証明, と認めなけれ, と認める, と謂わね, どこまでも, にしろ, にはちがい, には相違, に相違, のか, のが, のだ, ので, のである, のでそれ, ので前述, ので忰, のにそれ, のにひとり, のにまた, のにわれわれ, のに多く, のに浅はか, のに貧民法, のに頭脳, のは, のみか司法主任, ばかりで, ばかりでなく, ものは, やうである, やうに, ゆえいかなる, ようだ, ように, よりもぼんやり, 一事が, 三里あまり歩い, 以上もはや, 以上人々が, 以上少く, 以上彼は, 以上拠なく, 以上楸字は, 併し, 剰余価値は, 場合も, 左れ, 所の, 政界や, 故にそれ, 時には, 様に, 現に尾州藩, 私は, 而し, 著者は, 要するに刑, 酒は, 銭を, 限りその, 限り人間は, 雨が, 領地には

▼ 事実~ (345, 2.3%)

5 の現象 4 ないもの, に於, の問題 3 の制限, の区別, の根拠, の結果, 持って

2 [18件] そんな物, では, なんらの, においてはけっして, の, の世界, の原因, の反逆, の困難, の変化, の条件, の相違, の社長, の首領, は, は決して, 信ぜられない基督, 有って

1 [277件] あまり確実, ありそう, あり得ない世界, あるの, いわゆる部落, か, かかる怪獣, かくある, から見た, このノルム, この怪婦人, この男, この身売防止, この関係, しみじみ不便, すこぶる困難, すっかり打切った, すでに義貞, そうある, そういうこと, そういう効果, そういう隊形, そうした作, そう思った, そのまま保全, そのよう, その例証, その名, その殺害, その登山口, その解放, その記事中, その音, その首, ただ発句, だんだん区別, でも高僧, とう, とうてい不可能, どうあろう, どの事件, どんなに圧迫, なお大きな, なして, なり立たない, なるだろう, にあり得る, においても彼ら, にこの, にのみ存在, には一向に, には仏像, には殆ど, には行われ, にもまた, にも身体, に亡び, に平民主義, に有り得ない, に本当に, に表示, に解放, に証拠立て, に証明, に高潮, のあるじ, のつまらな, のまたは, の一夫多妻, の一妻, の不利, の主人公, の事, の事実, の人質, の何, の侍史, の優勝戦, の共同便所, の兵制, の円満離縁, の再, の分裂対抗, の分類, の副, の功労者, の勢力, の反, の反逆者, の可能性自身, の名字, の君主, の啓蒙現象, の四角航路, の国境, の在, の執政者, の執筆禁止, の壊滅直後, の夫婦生活, の夫婦関係, の女房, の婚姻予約, の宇宙, の対校試合, の差異, の帰農, の年代, の弊害, の彼ら, の後家, の御, の心理, の指導機関, の推移, の放浪, の政治的君主, の時間的, の普遍妥当, の極位, の歴史的発達, の殺人者, の法皇, の海水浴, の消滅, の深山幽谷, の満, の無, の特色, の状態, の生滅, の皮肉, の研究, の社会的勢力, の立おやま, の細かい, の縁故, の織田家, の習慣, の自由, の自由民, の良人, の覇王, の解放, の証拠, の証明, の誤謬, の調停者, の責任者, の賃銀, の質的相違, の軍権, の連絡, の遊行僧, の選挙, の都大路, の長官, の関係, の限界, の陥落, の階級意識, の面, の領土, の顧問, の餓鬼大将, の鳴物入り, の鼻下長, はかよう, はこうした, はこの, はほとんど, はやむ, は世間, は之, は入学志願者総数, は制作, は労協, は単に, は合法的, は問題, は大, は官僚, は小さい, は常に, は意識的, は政府, は歩み, は相互, は結局問題, は結局承認, は鈴木君, ほとんど全く穀物, また胆吹, まったく権威, もしそれ, や理論上, わずか一箇年, 与えられた体験, 与えられ得ない, 両民族, 何とかし, 使われねば, 依然として新, 優れて, 全く別物, 全く失われる, 出来ない, 出来ないので, 出来ない之, 別れたこと, 又は名目上決定, 又啓蒙家的, 同じ過程, 同人種, 善い意味, 多少裏切られた, 如何なる差違, 守られない空文, 少なくも心理的, 常に一種, 常に事物, 常に出来る, 常に彼, 常に正しい, 常に裏切られ, 常に選ばれる, 往々たとえば, 必ずしも実現, 必ずしも評論, 必ず聞こえる, 忘れて, 成り立って, 我が古代, 我が古墳, 或る, 持たれる群衆心理学, 持つ階級意識, 振舞い得るという, 掴んで, 支払わないでも, 散所法師, 最も重大, 有り得べからざる事, 未だに取り返し, 極蒙昧, 止むを, 殆ど採られなかった, 毫も田畠, 決してこの, 決してその, 決してより, 決して十分, 決して消滅, 決して静止, 決めて, 深い関係, 演じる役割, 生きて, 産むの, 益々安定, 真に密集部落, 知って, 知り悉, 短いもの, 示して, 立たれたわけ, 考えられて, 良い享受家, 色々の, 若いもの, 荒らし果てたあと, 行なわれて, 行われて, 許され得なかったの, 起こり得る, 起こる著しい, 跡絶えたわけ

▼ 事実~ (287, 1.9%)

13 とすれ 12 から仕方, と思う 9 とする 8 からである, ということ 76 がその 5 と云う 4 としたら, と思います, ね 3 が, がこの, がしかし, がそれ, が併, と云っ, と仮定, と信じ

2 [13件] から云う, がこれ, がそれにしても, が実は, し, しまた, つた, という, といっ, といふ, と云, と思ひます, と思われる

1 [145件] あれほど, お父, かどう, かどうか, からいい, からいよいよ, からけっして, からこう, からここ, からしかた, からしようが, からそれ, からです, からといつ, からどうにも, からな, からね, からの, からもし, からやっぱり, からやむをえない, からウソ, から之, から乱暴, から仕様, から何, から偽らない, から多少, から彼, から彼女, から書かない, から為, から致し, から議論, があれ, があんまり, がいずれ, がいまさら改めて, がけっして, がこれら, がそうした, がそれでも, がとたんに, がとにかく, がどうしても, がマターファ自身, が今度, が以前, が信用, が元来, が兎, が八〇パーセント, が内面, が前, が又, が反, が君ら, が姉, が従来, が復活祭, が概念, が海亀, が知られる, が私, が稍自由, が試み, が読む, が鏡, が顔見知り, が食品, けれどこの, けれどこれ, けれどそう, けれどもだ, けれども其, けれども通例, けれど勧業債券, けれど十一月, し分け, ぜ若し, そうです, そして近眼, つたと, つたのだ, つたのに, つたらしい, とあった, とある, というよう, といわね, とおも, としてある, としても, としてもこれ, としても幾分, としてわたし, としてフランス, として其, として好かろ, とします, とすり, とつかまえよう, となる, とのこと, とは信じない, ともいわれるでしょう, と云つて, と云われ, と信じた, と信ずる, と判明, と彼, と思い込む, と思っ, と思つて, と思はず, と断言, と気がつく, と申した, と申します, と知る, と私, と老爺, と聞く, と見られる, と言, と言つた訳, と記憶, と証言, と謂わね, なあ, のに, ほんたう, もし何, もの, 事実だ, 事実を, 冷淡な, 君は, 少くとも, 正確に, 現前どう, 真実だ, 私は, 私も

▼ 事実~ (280, 1.9%)

39 あつた 15 あつて 10 あるならば 7 あらう 5 せう 4 あらうが 3 これは, どこからが 2 あつたの, あらうか, あらうな, ござります, しかも今, その点, それを, 席の

1 [178件] あたりまえの, あつたな, あつたらう, あらうと, あり得よう, あるだろうか, あるなら将来, あツ, いかなる場合, いずれが, いたし方が, うちには, おざろうか, かれは, ここが, ここにこそ, この月初め, これが, これに, これには, こればかりは, さう, しかも一平方センチメートルごと, しかも吾人, して, すでに南下, すらが疑い, せうその, せうね, そういう時, そうして上方, そうして読み進む, そこから, そしてその, そして其の, そのうち, そのどちら, その一人, その事実, その基, その後各, その肉, その証拠, その間に, その関, それからさき, それから又, それが, それだけ腕, それと, それには, それは, ただそれ, ついにそれ, つまりキー, ところどころ拾っ, とてもこの, どうも縁, どこで, な, なかなか捕まり, なくして, なにか事, ね, はっきり示され, ひとり金華山の, また彼, むしろこん, もしこういう, やはりその, われわれは, ゼノアで, ニューヨーク・クーリエ紙の, ポケットナイフを, 両方とも, 二人の, 二人は, 云は, 人形の, 人見も, 人間と, 人間を, 仕方が, 他の, 伝承も, 伸子を, 偶然を, 僕も, 其の所業, 其事実と, 兼ねて, 分って, 十分確めてを, 博士自身は, 去年私の, 同時に時節柄, 夢だ, 大がかりな, 大戦争, 女の子一人という, 妾が, 嫡子の, 察せられる, 少し気難しい, 山草, 差支えありませんが, 差支えの, 市電は, 弁護士も, 当九郎, 彼が, 彼は, 心ゆくまで, 思いも, 思想では, 支倉が, 改めて言, 教えて, 斬ろうと, 斯う, 日本式の, 明かに, 昔から, 春の, 暗殺終了後午前九時ごろに, 最早彼此, 有ったか, 有ったので, 有りまして, 村の, 正造に, 此, 此から, 此の, 氏から, 満洲地方, 満足する, 炊事場の, 無いとしても, 父も, 父娘の, 特に注目, 現にその, 現在これを, 現実の, 生命まで, 発明する, 相続者としては, 真実でない, 瞬間の, 破壊されべき, 示されたの, 私は, 答える責任, 素人の, 終いには, 自ら興味を, 自分と, 自然的事実では, 芝居と, 英語で, 裏書きする, 言葉を, 記紀万葉あたりにも, 証明すりゃ, 証明する, 詐る, 評判の, 評論雑誌は, 誰一人否定し得ない, 貞を, 軽々しく進退, 近年の, 近所でも, 道徳的事実では, 長篇小説なら, 頭は, 頼家の

▼ 事実として~ (257, 1.7%)

3 これを

2 [13件] その論, それが, では, みれば, 二三の, 人が, 伝えるため, 僕は, 現れて, 社会は, 肯定した, 行なわれて, 見て

1 [228件] あたえられて, あなたに, あらはれて, あらわれたとき, ありかねない, ありのままを, あるべからざること, あるべからざる虚偽, ある事実, いわゆる明晰判明, うんと強く, お分かり, お分り, かくれて, かれの, ここに, この事, この唯一実在, この機会, この鈴木, これにだけは, すべての, すべて尊重し, するの, そういうこと, そういうふう, そうで, そこから, その惨状, それを, だ, だれでも, どのよう, ひとの, また一方, また赫々, みずから全部を, みなくては, よい, わかったの, われわれに, エンゼルに, オッペルト遠征隊事件の, シャーマンの, ソヴェト同盟の, プロバブルな, ロシアには, ローマ法王ピオ十三世が, 一寸話す, 一般に, 世人の, 世間に, 世間は, 之が, 之を, 予想し, 予言は, 事実上かく, 云へば, 人間の, 今でも, 今日やった, 伝えられた, 伝へられたれども, 伝記に, 例えば作者, 信じられない, 信じられなかったそう, 信じること, 信ずるごときは, 信ずると, 信ずるという, 信ずるには, 信ずるよう, 信ずる事, 信ぜられて, 個人の, 全集に, 公表された, 具体的に, 列国に, 勝手に, 勢力付けた, 半永久的に, 取り扱ふよ, 取るべきもの, 受けとらねば, 受けとるの, 受け入れて, 受け取れる, 受入れるやう, 受取らなければ, 可能な, 各方面, 同胞の, 吹聴し, 吾, 在り得るかも, 報じて, 報告しない, 報告的に, 外の, 天皇の, 女が, 存在し, 存在した, 存在する, 孤独で, 学説そのものを, 安定を, 安政元年正月に, 安里さんも, 実感され, 客観的に, 彼の, 得とくとして, 思い出された, 意外な, 意識したる, 愛されなくとも, 感じたところ, 感じて, 成り上, 成り上がった夫婦関係, 我は, 扱うこと, 承認されるべき, 承認しなけれ, 承認せざる, 承認せられ, 把握される, 採らなければ, 接触を, 掲げたるも, 描写しなけれ, 支那や, 教え込んで, 新聞が, 映るよう, 時間は, 普遍性と, 正確に, 此所には, 歩を, 残って, 残るの, 段々はっきりし, 決定せしめる, 汽船による, 汽車は, 浩が, 深い意識, 照し出された, 率直に, 現はれる, 現れざるを, 現れぬとも, 現わるべき, 現われた, 現われた時, 現われて, 現実化する, 直下当面に, 直接に, 真実であっ, 眺むべき, 眺めるにも, 眺めるの, 眺めれば, 知って, 知られ後日, 知ろうと, 知識が, 研究する, 示すこと, 示すまでには, 社会と, 私たちに, 立証する, 素直に, 絶対的真理は, 綜合すれ, 考えられて, 考えられないこと, 考えること, 聞えぬわけ, 聞きてに, 肉情より, 自ら負担せざる, 自分の, 自然なる, 蘇我入鹿天皇の, 見させては, 見よという, 見ること, 見るならば, 見るの, 見れば, 観るという, 解釈し, 解釈しよう, 解釈する, 記録し, 許されねば, 許して, 許容する, 証拠立てられない或, 証拠立てられるもの, 証明しよう, 話し出すよう, 認めさせ一稼ぎ, 認めつつ, 認められて, 認められないと, 認めるの, 認識し, 語らないわけ, 語られて, 説明する, 迫って, 述べるに, 野本氏の, 鏑木さんこそは, 階級意識が, 青春の, 顕はれた, 顧みられるであらう, 食える

▼ 事実~ (227, 1.5%)

63 のである 49 のだ 29 んだ 19 んです 17 のです 5 ので 4 のか, のでしょう 3 のであった 2 のだった, のだつた, のだろう, のであります, んで, んでそれ

1 [22件] のかい, のぢ, のであっ, のであったろう, のであつ, のでありまし, のであろう, のでこうした, のでこの, のでございます, のでしたい, のでちやん, のでのう信じまい, のでぼんやり, ので与兵衛, ので何, ので御座います, ので私, のは, んでしょう, んで現在, 論理に

▼ 事実~ (186, 1.2%)

13 ある 3 あって, あるの, その通り, ないの 2 あった, あったもの, あります, あるから, ない, なかった, 心得て, 挙がって, 知って

1 [143件] あがって, あまりに残酷, あらうが, あらわれないで, ありません, あるからな, あるし, あるそう, あるだろう, あるであろうそうして, あるでせう, あるでは, あわせて, かなり多い, こういう研究, こうして女子, この男, これを, さもこそと, そう不思議, そう軽々, そのとき, その書面, それが, それは, たしかめました, なくは, なにも, はじめて明白, ひらめき出さなかった, ふと思う, またそう, またその, またジャーナリズム, まるっきり跡形, もう歴史, やはりこうした, やはりその, よく知っ, セエラは, ヂユマを, 一つの, 一旦睡, 七夕に, 世には, 予想せず, 争われないの, 事実として, 事実も, 事実ファウスト博士の, 事実上様が, 亦あり得ない, 亦其伝記中, 亦原理上, 亦私, 亦誰, 人間史の, 今日の, 伝えられて, 伝えられては, 伸子を, 何だか不思議, 係官が, 俄に, 僕自身が, 共に真実, 凡俗生活を, 初めて理解, 加えて, 加わって, 勿論当然の, 北川千代でない, 単独な, 古来決して絶無, 史料の, 否定できない, 多く遺された, 多少は, 奇怪でした, 子供の, 存在も, 学んだ, 少なくない, 幾らか伝えられ, 弁えずして, 彼に, 従来の, 必ず十分, 忘れ難い, 思い出されて, 思い合わされる, 恐しい事実, 戯曲家の, 所詮は, 明白である, 未だ曾, 歌舞伎座見物の, 決して少なく, 決して忘れ, 注目される, 洩らさない鏡, 漸くその, 無いという, 無視され, 無視する, 理解できるだろう, 生理学的唯物論の, 略正体が, 皆つまらぬ, 盛時の, 矢張りその, 知った, 知らずに, 知らないので, 知らなくても, 確かに, 確に, 私たちに, 私たちの, 私の, 私は, 精密に, 絶えず洞窟, 続出するでしょう, 考えて, 耳目を, 聞きました, 聞き出されない, 行為の, 裁判長の, 見おとしては, 見逃しては, 記憶し, 証明し, 認められなかった, 認めるには, 認め得るかも, 語っては, 説明は, 調査された, 貴様には, 集めて, 首肯かれる訳

▼ 事実から~ (184, 1.2%)

10 して 8 推して 6 見て 4 出て, 出発する, 推しても, 考えると, 見ても 3 みても, 帰納する 2 でした, 出発し, 判断する, 想像する, 産児の, 眼を, 考えて, 見ると

1 [118件] あなたの, いうと, いうならば, いかにもそうだった, いかに人生, いっても, いわゆるジャーナリズム, うばを, お互に, きりはなして, さらにこの, しても, つよい影響, である, では, なにを, のがれること, はじまって, ひき去つた後, みて, 一切の, 一般的理論, 三峰は, 与えられたろう, 云えば, 云っても, 人生という, 人類の, 何処かに, 傑出した, 出た心持, 出る理論, 出発しなけれ, 切り離すこと, 割りだして, 割り出される結果, 博士が, 原則を, 受けるこの, 各一結婚, 各一結婚当り子供六人, 同じ東洋, 吾, 変な, 実証しよう, 察して, 察すると, 導かれた想像, 少し違った, 巨勢博士が, 帰納した, 帰納せられた, 怖しい, 思うに, 思付いた, 想像し, 成立する, 我々は, 我国に, 把握せられる, 抽出され, 抽出された, 捜索の, 推し考えれば, 推すと, 推すとき, 推測する, 推測せられる, 推論し, 推論し得る, 推論せられる, 新聞が, 新聞の, 来るぼく, 段々近く, 殺人事件が, 湧上る, 独立した, 独立な, 独立に, 生ずるそして, 生み出された考え方, 生れたかも, 生れる, 生れると, 申しても, 発生する, 発見される, 発言の, 直ちに先王オスカル三世陛下, 直に感得, 確実に, 私は, 秩序ある, 立派な, 立証される, 純粋と, 考察する, 聞え出した, 自分は, 船乗りや, 裏切られる恐れ, 見るとき, 見れば, 言ったら蟻, 言って, 論理的に, 諸恒星, 身請けの, 逃避する, 逆説出来る, 逸脱しない, 遠ざかると, 遠のく, 順々に, 類推する, 驚くべき推理, 鷙鳥類の

▼ 事実では~ (141, 0.9%)

31 ない 15 ないか 12 あるが 8 ないだろうか 5 ないの, なくて 4 ないかと, なかった, なかろうか 3 ありません, なくして 2 あったが, ある, あるまいか, ないが, ないと

1 [37件] あった, あったけれど, あつた, あのおろか者, あのやう, ありませぬ, ありませんが, ありませんでしょうか, あるまい, あるまいかと, ないでしょうか, ないという, ないにも, ないのに, ない歟, なかったろうか, なかろうという, なくその, なくって, なくなるであろう, なく僕, なく又, なく実は, なく宮本武蔵黒狐退治, なく数, なく権利, なく産業的事実, まだ断定, ニューヨーク・ブラザー・ジョネーザン紙, 出来なかつた, 到底解し, 吾, 教師の, 決してそんな, 決してない, 立派に, 苦しんでも

▼ 事実その~ (92, 0.6%)

7 ような 3 通りだ, 通りであった, 通りな 2 とおりで, 姿は, 油絵には, 物の, 通りで, 通りである, 通りに, 通りの, 頃は

1 [58件] ことが, ことに, ころは, すりむいた傷, ために, とおりだった, とおりな, とおりに, とおり安い, ま, やさしい恍惚, ように, ペン書きの, 上賃銀が, 不合理も, 中に, 事実を, 伯耆国淀江村の, 写生的に, 勢力は, 危険に, 友人が, 同志は, 周囲に, 問答は, 境地へ, 夜田中技手補は, 夫人の, 娘の, 怖ろ, 放免囚が, 政治そのものから, 時は, 時分から, 東洋学者は, 極端に, 様な, 渦の, 物が, 物で, 物に, 物は, 男は, 秘密を, 紛議は, 絵からは, 覆面を, 言は, 辺には, 通りだった, 通りだつた, 通りだつたらう, 通りであったろう, 通りと, 遊びぶりは, 選び方の, 鉄砲が, 音が

▼ 事実この~ (88, 0.6%)

2 ように, 二人の, 人は, 矍鑠たる

1 [80件] あわび東京とは, くらいのこと, たびの, とんがり長屋, ほかに, まちへ, ような, ダアト暗殺事件の, ワラタ号の, 一本槍は, 三人は, 世界に, 世界の, 両方の, 中へ, 中老助役は, 事件とは, 事件は, 二つの, 五六年来雪斎は, 人類以前の, 仕事は, 作は, 六百人の, 出来ごとを, 古典的な, 問題に関して, 四月十四日日曜日の, 国の, 国は, 国三千万の, 地方には, 地球そのものの, 型の, 塩野は, 夏大庭常子に, 女自分を, 対立と, 帰属関係が, 後の, 批評が, 支配人が, 数年来書物らしい, 新お代官, 日において, 映画は, 時お, 時すでに, 時に, 時刻には, 書物の, 書面に, 条件は, 東京で, 流行力が, 点に, 熊を, 物語には, 狭い急峻, 王国に, 男には, 男は, 目の, 目的の, 税案が, 種の, 蓮弁は, 蜂の, 訪問期間を通じて, 転化を, 連中が, 道を, 野心に, 長兵衛という, 門神柱の, 階梯は, 際も, 際百両を, 音公は, 頃の

▼ 事実~ (80, 0.5%)

2 はお, はこの, はそういう, れ豈

1 [72件] がこちら, が不能児, が仮に, が味方, が戦国時代, が最も, とてもこの, と伯父, と山吉新八郎, にとって再度, にとって眼前, にはいまだかつて, には乾児, には余裕, には孔子, によって非常, に感謝, のまつげ, の一味, の主張, の仕事, の仕事ぶり, の作品, の前, の口, の名, の商売, の妹婿, の心, の拵, の拵えた, の日々, の秘か, の経験, の評論家, の銀行, の顔, はいかなる, はいくぶん, はいろんな, はここ, はじ, はたえず, はねむい, はひどく, はミイラ, は今, は優れた, は勇気, は動物学, は単に, は同一, は名文家, は哲学者, は子供, は少し, は形態座標, は彼一流, は文字どおり, は日本, は昨夜, は未だ, は涙, は現代, は病後, は秀吉, は綾子, は胸中, は農学校, は述べた, は鑑賞家, を先鋒

▼ 事実において~ (74, 0.5%)

2 これが, これらの, 然らざる

1 [68件] あなたは, あるいはその, おおいに然ら, おさとり, けっして然ら, さうし, しばしば矛盾, すでにその, すでに純粋自然主義, そういう見方, そういう雑誌, その中心, その人間, その矢, その能力, その試合内容, それに, それらの, では, みなさんに, もっとも日が, わがラテン精神, わしは, フョードル・パーヴロヴィッチは, 不正不便の, 中等学校だけの, 人間生活を, 今と, 今日相当の, 仏教の, 入って, 叙述能力を, 品部雑戸なる, 唱導文学は, 問題が, 善美を, 多くの, 子供が, 少いの, 左翼批評界における, 廃って, 我々が, 敗軍の, 敵が, 日に日に土手, 明らかに, 明白なり, 服装でも, 極端に, 民衆と, 注意すべき, 監房は, 真の, 確かに, 示して, 示すもの, 私の, 笹に, 至難なる, 見るよう, 解放され, 解決され, 言って, 証明した, 近代の, 長く迷わね, 階級意識よりも, 非常に

▼ 事実です~ (73, 0.5%)

116 か, がそれ 4 から 3 からね 2 な, ね, もの

1 [37件] からどうも, から仕方, から何, から叔父, から右, から情ない, から略させ, から致し方, から間違, から間違い, が, がこれ, がしかし, がそういう, がそこ, がその, がとにかく, がね, がまだ, がよりいけない, が三浦政太郎, が人間, が十六世紀, が千次, が専門医師, が煙草, が物, が腹立ち, が見掛け, しそれ, し激しい, とも, とも事実, まず欧羅巴, ものそれを, ものね, 第一僕

▼ 事実であり~ (72, 0.5%)

2 この事実, そしてこの, 稀少性は

1 [66件] ことに多数, これからなお, これが, これこそ, これは, さらに一そう, しかも誰, そこから, そしてやがて, そして知識, そして美しい, そのあと, そのこと, その印象, その原因, その場, その裏, それだ, それに対して, それゆえに, ながら今, ながら言う, またお, またしたがって当然, またしばしば, またそれ, また中流, また実際, また愛蘭, また真実, われ, われわれの, アントニオ, 三つの, 之とは, 之に, 之を, 今や我々, 作中に, 供給は, 十六世紀の, 又そう, 又よく, 又必ずしも, 又聞かされる, 古代式の, 同時に職業的ダームスキー, 堂上には, 天然の, 学問の, 従って所有権, 心中の, 必然の, 明日の, 最後的な, 権利である, 正義の, 現在の, 目的である, 真実であり, 知識階級の, 私が, 科学者に, 而も, 近くは, 院長の

▼ 事実によって~ (72, 0.5%)

2 それが, であるか, 減少する, 示されて, 証明される

1 [62件] あの人, いたわり敬愛, いっそう色濃く, この偏見, この大きな誤り, しかもその, そういっただけ, その是非, その直覚, その考え, その背後, それを, どれほどの, みても, ゆらいで, スタアトした, 下から, 二重三重に, 人々は, 人の, 人民を, 仲介者と, 何か, 例えばエールリッヒ, 修正され, 充される, 公衆が, 判定しなけれ, 判断される, 加重される, 十分に, 単に貴方, 宇宙の, 完全に, 家族の, 広大な, 惹起された, 支持され, 教えられた経験, 明かである, 明かであるのみ, 明かに, 明らかに, 検証する, 法則を, 津村と, 流動を, 相殺され, 確証される, 示された, 稀少と, 空間の, 考えの, 裏書きしよう, 見事に, 証明された, 証明されるでありましょう, 証明せられた, 詠んだもの, 説明が, 説明され得る, 限定せられ

▼ 事実であった~ (66, 0.4%)

3 がその, ことを, のだ 2 か, かどう, とウィダーシャイム先生, にせよ, に相違

1 [47件] かと落胆, かのよう, かもしれない, からここ, からであります, からわざわざ, から仕方, から能静氏, か何様, か分かりません, が, がしかし, がそれ, が今日, が思いがけぬ, が恐ろしい, が氏, が私, が誰, が逃げ, けれども二つ, けれども今日, ことかも, ことが, し今日, というの, ところで, としても上野介, としても全く, としても西瓜, と見る, と言う, と証明, と身, のか, のかと, のでありまし, のである, のでございます, のです, ので弟, ので綾子夫人, ように, わけです, 為では, 神聖な, 証拠に

▼ 事実とは~ (59, 0.4%)

2 このよう

1 [57件] いえない, このこと, このとおり, これによる, すでに発生, そうかけ離れた, ちがったもの, ならない外的情趣, なりぬ, まるで別, ロゴスとの, 一体何, 一体何事, 一見矛盾する, 事実として, 云ふ, 云われぬテ, 何か, 何だ, 何です, 余りに相違, 信じかねるらしく泣かんばかりの, 信じられないほどの, 信ぜられないから, 個人的当為の, 兄弟である, 全く別にただ, 其物の, 別な, 吾, 多少違う, 幾分か, 思えない, 思って, 思つてゐない, 思わないか, 思わぬ, 思われない, 思われない事実, 思わんの, 最後の, 正反対の, 死である, 特有な, 独立とも, 相当意外, 矛盾する, 考えられないこと, 考えられないというまで, 考えられぬもの, 聞かなかった, 違うその, 違って, 違ふべき, 違ふも, 関係なく, 非常に

▼ 事実には~ (57, 0.4%)

2 何の, 少しも

1 [53件] あまり目を, いつもその, いろいろの, おかまいなく一, かないません, かに薄暗く, じつに驚かされる, そのまま法規, それだけの, それより, それらの, そんなに驚かなかった, ちが, もう驚きません, やっぱりそこ, 一度も, 不可思議な, 今だに, 余程深刻, 充分に, 充分の, 全く信, 全く無頓着, 全く目, 勝てないの, 単純な諦め, 変わりは, 大いに注目, 大きく言え, 彼も, 必ず隠れたる, 慥に, 打ち勝てないで, 日本の, 普通の, 歴史的意義が, 比較的無頓着, 毫も気, 気がつかなかったの, 決してなれなかった, 決してなれなかつた, 無知であった, 現われなかった, 盲目同然であった, 相違ない, 相違なかっ, 自分も, 行われ難から, 詳しくとも, 近代日本という, 過ぎなかったに, 違いない, 違ひあるまい

▼ 事実~ (55, 0.4%)

4 はこの 2 はすでに, はその, は日本

1 [45件] が手, が知っ, が私自身, という存在, としては白日, にはその, には断片作者, の例, の友人, の方, の短靴, の神経, の胸, はいい, はここ, はそう, はちんちくりん, はどの, はどんな, ははじめて, はまだ, はバー・ハーバア, は一睡, は中央執行委員会, は今, は今全, は全部, は卑屈そのもの, は口, は右, は吸, は告発, は周さん, は夫, は御覧, は憤怒, は東京湾, は留学, は神, は結婚, は読まなかった, は返る, は難無く, は驚嘆, も昨年

▼ 事実であっ~ (53, 0.4%)

3 てその, てそれ, て自然的事実, て見れ 2 てそして, て産業的事実

1 [37件] て, ていかなる, てお, てくれ, てくれる, てこの, てこれ, てそう, てそういう, てその他, てそれら, てどこ, てなお, てほしい, てほとんど, てもか, てもこの, てもそれ, ても事実, ても弘法大師, ても絶対秘密, てツマリ頻繁, てニュース映画, て之, て事実, て事新しく, て作り話, て偶, て土佐, て実際, て押川春浪氏, て新聞, て暫らく, て横浜, て機械, て社会主義, て道徳的事実

▼ 事実なら~ (51, 0.3%)

2

1 [49件] あるいは中国, いかに信雄卿, おそらくまわり, さよう, そして勅使, その彼ら, その相手, と感心, なぜ貴君, ばある, ばいかにも, ばおよそ, ばこれ, ばたちまち, ばロッテナム夫人, ば何, ば何ん, ば取りしまる, ば妹, ば彼, ば惜しい, ば書い, ば男, ば終止, ば解釈, ば赤裸々, まだしも, まだしも二人, やっぱり呉羽嬢, やはりいかに生活, んか, タタミの, チョビ安は, ッて, ハルミは, 不可解という, 別段恐るる, 又事軍機, 反対派は, 大内の, 奇々怪々なる, 有難いな, 洛中の, 無論許すべからざる, 男として, 確かに, 秋に, 要だ, 誰も

▼ 事実について~ (51, 0.3%)

2 である, です, むずかしい言葉

1 [45件] いちいち説明, これを, であった, でありますが, ではなかっ, ともかくも, どうしても納得, どんな感じ, なんと感じた, のべること, ほとんど一つ, われわれの, 一つの, 今一つ注意せね, 今更めかしく疑いを, 儒者は, 初歩的な, 厳粛に, 口を, 多くの, 大いに満足, 彼は, 彼らの, 必ずしも知らぬ, 物語る, 看取するでありましょう, 知らないもの, 研究する, 確かな, 確信を, 筆者の, 考えさせられたこと, 考えるとき, 考へて, 色々と, 苦労を, 見れば, 言ふと, 詳細を, 認識を, 語らうと, 読者諸君の, 諸君が, 鋭い好奇, 餘り

▼ 事実そう~ (50, 0.3%)

7 なの 6 なって 2 だと, であった, であろうと, では, 見なくても

1 [27件] あるべき筈, かも知れない, して, たやすいこと, だったらあちら, だよ, だろう, であったと, であったの, であったろう, である, であるという, であるの, でないのに, でない場合, でも, でもあった, で無いの, なったらお, なん, にちがい, もしかねない, 信じたの, 信じて, 多数であっ, 見えること, 覚ってからの

▼ 事実それ~ (50, 0.3%)

6 に相違 3 に違い

1 [41件] から先, から間もなく, がどう, が不可能, が原因, が幽霊, が時として, が私, が秘密, が立派, が街道筋, にち, には微塵, に法水, に間違い, は, はこの世, はそう, はその, はととのえ, はどうしてもそう, はもし, はエホバ, は一つ, は伝説, は出来ない, は唯一, は屡々, は恋愛, は海員手帳, は疑い, は米友, は船材, は莫迦げ, は間違っ, を危ぶん, を実現, を楽, を申してる, を目的, を試み

▼ 事実としては~ (50, 0.3%)

2 与えられて

1 [48件] あり得べからざる日常経験, あるでは, かくの, そんなこと, そんな二つ, そんな人, ただ大きく黒く, つじつまが, ないこと, なる程事実, 他の, 何の, 兎に, 別に疑, 勿論没交渉, 受取れない, 史記に, 同行の, 君が, 外部からの, 存在しない, 寺の, 尤も千万, 文学上の, 明らかなる, 普遍妥当的な, 決してあるべからざる, 決して別々, 決して単なる, 無いところ, 無根であっ, 物理学程, 皇室は, 真実を, 知らなかった, 知るという, 知識は, 知識も, 私は, 組織立てられる, 結び付いて, 絶対的真理の, 絶対的真理は, 自分からでも, 自分が, 警視庁の, 青流亭の, 非実在的

▼ 事実そのもの~ (43, 0.3%)

2 が物語る

1 [41件] からは独立, がさも, がそう, がつまり, がばかばかしい, が今日, が劇的, が始め, が彼女, が曲げられ, が自己, だけが大抵ありのまま, にのみ実際, には一点一画, には之, にもまして, に個別的因果, に働き, に戻っ, に斧, に本質的, のうち, のまま, のもつ, の中, の性質もと, の逆説的, はかうである, はどう, は人間, は同じ, は始め, も人, やそれから, をし, をとつて, を引きくるめ, を知る, を示す, を見た, を離れ

▼ 事実でも~ (43, 0.3%)

5 あった 3 ある, ない 2 あり大地, なければ

1 [28件] あったの, あつた, ありかつ, ありました, あるから, あるが, あると, あるの, あるらしい, あろう, いいじゃ, つかみたいと, ないもの, ない事, なく真, なにかの, よく分る, ウソと, 万有引力の, 主人の, 何でも, 壮年の, 実際は, 有るかの, 物質に関しては, 私の, 自転車が, 船長が

▼ 事実という~ (39, 0.3%)

5 のは, ものは 3 ものに, ものの 2 ことに, ものに対する, ものも

1 [17件] ことである, ことは, ことよりも, のが, ものが, ものくらい, ものでなけれ, やつが, 事は, 代りに, 意味であっ, 意味を, 概念の, 概念を, 第一, 言葉で, 資格を

▼ 事実に対して~ (38, 0.3%)

2 私は

1 [36件] あまりにも, うつぎ, とし子は, どれほど目さき, どんな反響, ひそかな, 上から, 不満足, 人々が, 人々は, 何となく心, 何を, 何物をも, 何等の, 兄が, 叮嚀に, 右か, 少数の, 山田常夫君と, 彼等は, 忠実で, 怒りを, 毎日毎日の, 涙ばかりが, 直接証拠を, 眼を, 積極的であり, 索寞の, 考察を, 自分の, 若しも根本, 若林博士が, 証拠は, 諸君は, 階級的文化という, 青年は

▼ 事実~ (38, 0.3%)

1 [38件] あらゆる推理, いやな, さっき言った, その出身地, その方則, それを, 一方で, 事件の, 事実を, 事情に, 些事や, 人物や, 何かまでも, 例証や, 全財産, 動き出した車窓, 勢力ある, 否やも, 国民の, 地理的事実を, 実際の, 宿命と, 想像の, 感情と, 新学説, 方則は, 気持の, 現象の, 現象やを, 理論でも, 真実の, 経験せる, 考へ方, 聞こえなかった事実, 自分が, 蜂須賀巡査の, 計算については, 論理の

▼ 事実にも~ (36, 0.2%)

3 増して

1 [33件] あえて気が付かない, あてはまりまた, いろいろな, おのづか, かかわらずたいてい, かかわらず首里, その真相, ともかくも, ともすれば感謝, まして工藝, もちろん彼, やはり同じ, よるもの, 不拘, 何かの, 何にも, 勿論彼, 単に理性, 叶うもの, 合わないし, 変りは, 外ならぬ, 影向の, 拘らずこの, 拘らずその, 気が, 気がつかずただ, 漸く目ざめかけ, 目を, 衡吉は, 表われ, 認め得るの, 馴れた

▼ 事実また~ (35, 0.2%)

1 [35件] この真暗, しばしばハステラー, そうであった, その出没, その趣き, それだけの, それを, そんな気, たいがいの, どう考え, ほんとうに, キャゼリン嬢が, デューマの, 何か, 作って, 個人の, 再建の, 前回の, 嘘だった, 変えられも, 外曾祖父の, 尋常の, 幸福である, 当人も, 従来の, 志士の, 憤然と, 日本中の, 狼に, 瓜を, 私の, 自然科学の, 親房も, 道庵の, 魚の

▼ 事実~ (34, 0.2%)

3 である 2 がある

1 [29件] がはやる, が人心, だと, でご, ですよ, ではありません, として紹介, なの, なり, なれば, にうつりましょう, にならぬ, になる, はそう, はどんな, ほどに私, をここ, を一つ, を一つ報告, を世間, を多く, を挙, を私, を紹介, を聞い, を説い, を読んだ, を集め, を集めたる

▼ 事実だった~ (31, 0.2%)

4 のか, のである 3 のだ, のです

1 [17件] かどう, から全く, がそれ, がフリーダ, が植民政策, ことが, としてもそこで, としても彼, と云っ, にも拘わらず, のかなあ, のでしょう, ので私, ので誰, ので道子, のは, ように

▼ 事実だけを~ (29, 0.2%)

2 知って

1 [27件] さも決定的, それも, 一口に, 中心に, 云うならば, 伺いましょう, 列べたに, 報告の, 忘却し, 持出すの, 指摘したい, 捉えて, 採り人物, 断片的に, 気付いたならば, 理窟も, 田口に, 簡潔に, 紹介し, 見ても, 言いきって, 記すという, 話して, 語った, 語れば, 諸君の, 述べられないもの

▼ 事実をも~ (28, 0.2%)

2 忘れるの, 承認せざる, 語って

1 [22件] その一般物, 亦思い起こそう, 叙し, 否定しよう, 大いに重要, 律しようと, 忘れたるが, 忘れては, 暴露し, 正木先生は, 無視した, 発見する, 知って, 知らぬもの, 示して, 等しく承認, 考えさせると, 言わずして, 記憶せられるであろう, 認めなければ, 認識する, 説明し得る

▼ 事実であろう~ (27, 0.2%)

7 と思われる 4

1 [16件] かと思われる, か夢, があながち, がその, がとにかく, が日本, ことを, しいま自分ら, し又, とも仮説的, と信ずる, と思う, と息吹き, と或は, な, もっともその

▼ 事実との~ (27, 0.2%)

7 間に

1 [20件] ことでした, 争いは, 二つを, 今の, 区別が, 区別である, 同一, 境界が, 対質, 数々でありました, 照合が, 相違だ, 相違は, 辻褄を, 間には, 関係が, 関係も, 関係を以て, 関連で, 齟齬の

▼ 事実でない~ (26, 0.2%)

4 ことを 2 ことが, ことは

1 [18件] かどうして, かは色んな, ことです, し世間, ということ, という断言, とすれ, とも決定, と否定, と言, と誰, のかも, のは, のを, ものとを, ような, 事は, 事を

▼ 事実だけは~ (24, 0.2%)

1 [24件] あったの, あとあとまで, こうしてすこし, とうてい否定, どうした, どうしてもあきらめきれません, やっと知れる, やつと, ドウカお, 一つの, 一度も, 何人も, 僕が, 夢想する, 思い出すと, 掴んだ, 明らかに, 流石の, 牢記する, 確実です, 認められるが, 誰が, 誰の, 間違いない

▼ 事実~ (23, 0.2%)

5 どうかを 4 どうか 2 事実でない

1 [12件] あるいは好事家, かろくとも, その真偽, それは, どうかは, どうか知りません, まあ話し, わが邦, 今の, 否は, 虚構か, 象徴で

▼ 事実だけ~ (23, 0.2%)

5 では 4 だった 2 であった, なの 1 お話し致せ, そしてもしも, だ, で其, で大人, ならさしたる, なん, 云えば, 申しましょう, 科学的な

▼ 事実に対する~ (23, 0.2%)

3 憎悪美と

1 [20件] 一つの, 僕の, 反逆が, 同志の, 因果律の, 多少の, 妥当性を, 当事者周囲の, 当人たちの, 彼女の, 感じが, 感激を, 憎悪が, 権利の, 深い悩み, 私の, 評価であっ, 認識の, 警告が, 辻褄を

▼ 事実より~ (22, 0.1%)

3 して, 外に 2 推して

1 [14件] かく帰納, これらの, これを, ほかに, 以上に, 以前の, 低すぎた, 前に, 恐るべきこと, 発する, 発達し, 確かです, 見れば, 遅れて

▼ 事実よりも~ (21, 0.1%)

1 [21件] さらに真実, その器物, それを, もっとずっと悪質, もっと厳粛, もつと, 一つの, 事実の, 人間の, 今朝抱い, 創作的自由或, 千人針の, 印象を, 思想を, 明らかである, 明暸な, 更に有力, 根本的である, 立派に, 誇大に, 重大な

▼ 事実なる~ (20, 0.1%)

3 がごとし, ことを 2 ものを

1 [12件] がこの, ことが, によりこれこれ, に漫, ものとを, も之, や否, を知る, を示せり, を見る, 事あり, 事を

▼ 事実とを~ (19, 0.1%)

1 [19件] お知らせ出来ます, よくよく比較研究, よく統一, 仔細に, 何が, 取合せたの, 学的良心を, 対照し, 峻別しなけれ, 接ぎあわせたとき, 比較し, 民衆に, 照し, 照合し, 眺めわたしたとき, 示して, 結びつける有能, 結合し, 綜合したら

▼ 事実については~ (19, 0.1%)

1 [19件] お, どんなに否定, なにぶんにも, もつと, ゆくりなくも, ミウレ氏自身多くの, 他日適当な, 専門の, 正しいこと, 火野葦平のみ, 無関心, 知らないから, 知るところ, 維新史料編纂委員を, 考えられなかった, 若い人々, 菅原には, 説明し, 誰れ

▼ 事実~ (19, 0.1%)

3 なもの 2 に存在

1 [14件] であり又, でなければ, では, ということ, なるもの, な内容, な結論, にそれ, になん, には受取りかねる, には表現法, にも西洋, に打破, に証明

▼ 事実ある~ (18, 0.1%)

2 ことは, のだ

1 [14件] が如く, ことなし, においてをや, に於, のである, のは, のみである, のを, ものなら, を幸い, を知り, を見る, 以上は, 地方では

▼ 事実彼女~ (18, 0.1%)

2 はその

1 [16件] が稀, としては今, に勝てない, の下宿人, の天性, の姿, の寄宿舎生活, の心, の母, はいかなる, はそれ, はどこ, は何, は力, は考える, は追われ

▼ 事実これ~ (17, 0.1%)

1 [17件] がある, がわれわれ, が焦土, こそは君等, に合, は予定, は何, は何とか, は大して, は妙, は小さな, は蝦夷, ほど連続的, まで何回, まで無, まで無数, を明示

▼ 事実なり~ (17, 0.1%)

1 [17件] これには, ご判断, その言葉, や悉く, よって鬱勃, 之に対して, 事件なりの, 云々という, 何ぞや, 国家若し, 大岡氏は, 実践的な, 必ずその, 感情なりに, 或は鳥吟, 日本国民は, 此の間属僚中にも

▼ 事実だろう~ (16, 0.1%)

5 と思う 21 が, がそれ, が別け, と否, と思っ, な, よ, 併し, 統計的な

▼ 事実としての~ (16, 0.1%)

1 [16件] 事実という, 修道院, 公理を, 効力を, 名だけを, 国家の, 姿を, 必然性具体性を, 政治, 日貨排斥に対して, 机と, 歴史社会的事実は, 経験の, 諸関係, 資格を, 関心が

▼ 事実らしい~ (16, 0.1%)

4 のです

1 [12件] が井戸, が前後, が必ずしも, という, ものが, ものを, わね, んです, 先生は, 夢, 夢という, 警察の

▼ 事実あの~ (15, 0.1%)

1 [15件] ころは, とき, 人には, 人影一つだけ, 出来事には, 大震災に, 室に, 家へ, 方には, 時調べられた, 杜へは, 男が, 胴体は, 虹は, 音楽浴の

▼ 事実そのまま~ (15, 0.1%)

1 [15件] だったという, だつた, でないこと, では, と断じて, に語っ, の叙述, の現在意識, の認識, の資料, は発表, を人, を叙, を語っ, 書きつらねたもの

▼ 事実問題~ (15, 0.1%)

3 と権利問題

1 [12件] である, でここ, でひと, で事実, としてああ, としては考えられません, として危険, として大きな, として該法, として重大, なの, にぞくする

▼ 事実かも~ (14, 0.1%)

3 知れない 2 知れぬ 1 しれません, しれませんので, しれん, 知れないが, 知れないけど, 知れないしかし, 知れないと, 知れないわ, 知れんけど

▼ 事実~ (14, 0.1%)

4 ういふ 1 うした, うであるに, うでも, うはつきり, う云, う思, う書いて, う言, もあろう, を増す

▼ 事実そういう~ (14, 0.1%)

2 ことに

1 [12件] ことが, ことは, 例が, 場合が, 場合に, 夢を, 実例も, 意味での, 状態に, 現象が, 皮肉な, 風にも

▼ 事実においては~ (14, 0.1%)

1 [14件] さえの, そう思っ, その豊富, もう滅亡, 世の, 主客の, 人間は, 外交の, 日本の, 昔の, 漠然とし, 筆算は, 絶対の, 遅すぎ

▼ 事実ばかり~ (14, 0.1%)

2 だ, では 1 だった, でありそれ, である, です, ですからね, でなく広く, で御座います, なんだ, 申上げる, 説いて

▼ 事実をもって~ (14, 0.1%)

1 [14件] するならば, ヨーロッパと, 今日の, 他の, 充満したる, 各一結婚当り, 君に対する, 吾, 地球は, 審判された, 法廷に, 目に, 社会の, 絶対的に

▼ 事実さえ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あったと, ある, あるの, あるほど, ある程, つかまるもの, 分って, 存在し, 実感に, 疑わずには, 疑われるほど, 知らずに, 確めれ

▼ 事実を以て~ (13, 0.1%)

1 [13件] お詫びの, かえってその, しようと, その異, アグリパイナの, 作れり, 国家統一の, 外国人に, 太子御, 揚々と, 直に新劇, 示さなくとも, 罹災の

▼ 事実以上~ (13, 0.1%)

1 [13件] でもなく, になに, にも誇張, にリアル, に宣伝, に憂鬱, に拡, に更に, に種々, に飛躍, のこころ, の好奇心, の真相

▼ 事実だけが~ (12, 0.1%)

1 [12件] すべてである, 何時までも, 厳と, 必要だ, 悪かった, 正確で, 特異な, 知りたいの, 確かである, 胸に, 苦しいほど, 解ったの

▼ 事実~ (12, 0.1%)

2 を維持 1 から判断, が知識, でなければ, とかの明白性, にある, の内, の原理, はそれ自身一つ, は多い, は存在

▼ 事実自分~ (12, 0.1%)

1 [12件] がどう, が読ん, で問題, には行き届かない, に攻めよせ, の子, の恋, の意図, の日常生活, の疑ひ, はそんな, は千鶴子

▼ 事実自身~ (12, 0.1%)

2 の活路 1 がまさに, が一つ, で証明, に対して責, の性質, の捨象, の行なう, は間違い, を今日, を抽象

▼ 事実あり~ (11, 0.1%)

2 や否や 1 そうにも, としてもその, とすれ, とせ, のま, やと畳, や被告, 曰く娘を, 舞台俳優としては

▼ 事実としても~ (11, 0.1%)

1 [11件] いわば私事, それが, まだ何らメネルー, 其れ, 尚更の, 新しいだけの, 日本人に, 本当の, 知識の, 神代乃至, 誰かの

▼ 事実人々~ (11, 0.1%)

3 は或 1 がよく, が之, はこの, はこれ以外, は内在的批評, は学問, は法, は自然

▼ 事実今日~ (11, 0.1%)

1 [11件] に於, に於い, のあらゆる, の世間, の政務, の数学, の日本, の百姓, の道, まで両国, まで盗んだ

▼ 事実~ (11, 0.1%)

1 [11件] あ中隊長その他, が引っ, なんぞそんな, にはまだ, の幻聴, はその, はワイフ, は未だ, は柳江, は自ら, も喬村君

▼ 事実決定~ (11, 0.1%)

7 の真理 1 とは異, と呼ばれ, と呼ばれる, の手段

▼ 事実解釈~ (11, 0.1%)

7 の真理 1 が之, の当否, はただ, も亦

▼ 事実たる~ (10, 0.1%)

2 ことを, しかも今日 1 に止っ, に近, の点, を証明, 人間の, 所以が

▼ 事実に関する~ (10, 0.1%)

1 ある一局部, ことで, ものである, 何等の, 彼れ, 真理は, 知識を, 研究とを, 限りそれを, 風説又は

▼ 事実そこ~ (9, 0.1%)

1 には何, には安堵, には手紙, に今, に大穴, に腕, は岩角, へ通じ, まで徹底

▼ 事実そんな~ (9, 0.1%)

2 ことが 1 はずは, 事が, 噂が, 場合も, 目に, 錯覚に, 風にでも

▼ 事実であります~ (9, 0.1%)

2 がその 1 から智, から詳しく, がそれにしても, がなお, が工業, が然し, しなお又

▼ 事実なれ~ (9, 0.1%)

2 ば記しおくべし 1 どもその, ばこの, ばなり, ば今回, ば従つて, ば私, ば聖徒イノセント

▼ 事実ほど~ (9, 0.1%)

2 我々の 1 われ, 俺の, 多種多様に, 強いもの, 恐しく嫌, 私を, 絶望的な

▼ 事実真理~ (9, 0.1%)

2 を事実解釈 1 とは何, とを区別, と呼ぶ, と永久真理, の世界, の問題, を成立

▼ 事実~ (9, 0.1%)

2 である 1 かということ, であった, の価値, らしく九世紀, らしく語つて, を披瀝, を話し出された

▼ 事実あった~ (8, 0.1%)

2 ことだった 1 ことか, ことだ, とし, として報告, ものという, 事か

▼ 事実~ (8, 0.1%)

2 銀様は 1 君の, 糸は, 絹の, 身近な, 銀様その, 飲物は

▼ 事実からも~ (8, 0.1%)

1 このこと, フランスの, 了解されるであろう, 推定する, 理解されるであろう, 登山の, 考えられた, 考へられると

▼ 事実こうした~ (8, 0.1%)

1 大衆の, 性悪の, 批判の, 新しい未知, 江戸文華の, 破局に対する, 種類の, 限定を

▼ 事実すら~ (8, 0.1%)

1 あるの, はっきり認識, ハッキリと, 何だか曖昧, 彼等に, 思い出さなければ, 書いてないのに, 理解しないらしい

▼ 事実とが~ (8, 0.1%)

1 おそらくヨオロッパ, くっきり出, へたに, アイデンティファイされる, 余りに対立, 全くかけ離れ, 混同し, 矛盾し

▼ 事実なりと~ (8, 0.1%)

21 いって, すれば, せば, なし幽霊, 云う, 信じて

▼ 事実のみ~ (8, 0.1%)

3 では 1 であった, であって, でいずれ, で文章上, まめまめしく書きつけ

▼ 事実のみが~ (8, 0.1%)

2 残る 1 ありありと, 或る, 残された, 空間量の, 経済的産業生産の, 語りつくされ文章

▼ 事実らし~ (8, 0.1%)

31 かつた, さから, さに, さの, さは

▼ 事実らしく~ (8, 0.1%)

1 しかもこの, ていつかだれ, も成る, 之は, 京大教授坂口博士が, 加之も, 描出する, 自歌合

▼ 事実~ (8, 0.1%)

1 のやう, の世, はまだ, ほど幸福, までこの, までの千枚, までの洵吉, 迄の道具噺

▼ 事実日本~ (8, 0.1%)

1 には温泉, には農民, に於ける, の古い, の国, の家族そのもの, の新劇, の野生

▼ 事実相違~ (8, 0.1%)

1 しても, ないか, ないという, のこと, の廉, の点, はあるまい, 之廉並

▼ 事実米友~ (8, 0.1%)

1 がこの, としてはそう, なればこそ, は弁信, は従来, は心から, は風景, をし

▼ 事実さえも~ (7, 0.0%)

1 ある, あるらしい, 包括されなけれ, 無視し, 知らぬ英国人, 筆者は, 聞き落されるくらい

▼ 事実じゃ~ (7, 0.0%)

1 ありませんか, ないか, ないかも, ないと, ないの, なかろうともかく, よ

▼ 事実すなわち~ (7, 0.0%)

2 人格と 1 人の, 古代には, 古代の, 地方の, 革命中の

▼ 事実といふ~ (7, 0.0%)

2 ものを 1 ことで, ことより, ものが, ものは, よりさ

▼ 事実においても~ (7, 0.0%)

1 その山賤, また全く, もしお, 新古今, 易介を, 普通の, 賢不肖の

▼ 事実二人~ (7, 0.0%)

1 がここ, ともこの, とも美しかっ, の思っ, の話, の間, ばかりである

▼ 事実以外~ (7, 0.0%)

1 にこまかい, には何等, にわざとらしい, に或は, のもの, の事, の何物

▼ 事実存在~ (7, 0.0%)

2 して 1 しつづけたこと, しないこと, しないし, する, するが

▼ 事実彼等~ (7, 0.0%)

1 のある, の哲学, の木造, は一切, は悪人, は文化, は皆紳士

▼ 事実あまり~ (6, 0.0%)

1 こうしたこと, ないらしい, 国民精神総動員的な, 存在し, 容易な, 経験と

▼ 事実あれ~ (6, 0.0%)

1 が, で小遣い, ならさしも, ばこの, ばなり, ほどぴったり

▼ 事実かと~ (6, 0.0%)

1 作者に, 反問した, 思いまたは, 思うよう, 聞いた, 聞いたので

▼ 事実からでも~ (6, 0.0%)

1 はっきりと, 容易に, 察せられる, 想像される, 推測される, 説明される

▼ 事実ここ~ (6, 0.0%)

1 でも統制, に現れた, の太守陶謙, の領民, へくる, へは関所

▼ 事実こそ~ (6, 0.0%)

1 わが国の, 同時に僕, 最も明白, 本当の, 真理の, 緊急事であり

▼ 事実だけで~ (6, 0.0%)

1 たくさんな, なしに, 十分だ, 十分判明しました, 独立し, 読者の

▼ 事実であれ~ (6, 0.0%)

1 どもその他, ばある, ばこそ前述, ばまた, ば一層, ば米軍

▼ 事実でしょう~ (6, 0.0%)

31 か単なる, けれどもその, ね

▼ 事実でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばなるまい, ば承知, ば本当

▼ 事実とな~ (6, 0.0%)

3 つて現れ 1 つてしまつ, つて公表され, つて現れた

▼ 事実とも~ (6, 0.0%)

1 かくも, なった, 云うべきもの, 完全に, 片の, 繋りの

▼ 事実などは~ (6, 0.0%)

2 伝説化し 1 どうあろう, どうで, 度外視し, 警察ご

▼ 事実のみを~ (6, 0.0%)

1 とって, とらえて, もって, 申し上げて, 真実と, 記載する

▼ 事実まったく~ (6, 0.0%)

1 この事件, その位置次第, その対照, クォーダー侯の, 犯人の, 迷濛たる

▼ 事実もう~ (6, 0.0%)

1 出て, 去ったの, 明早暁, 積荷を, 船に, 駄目でしょう

▼ 事実~ (6, 0.0%)

1 ハッキリ突キ止メテシマウトカエッテソウイウ快感ガ, 其筋ニ急報シ至急, 指摘セラレタリ, 枚挙シ之, 詳ニシ速, 認ムルヲ得ベシ

▼ 事実上不可能~ (6, 0.0%)

1 だったん, であるよう, です, では, の事, の場合

▼ 事実~ (6, 0.0%)

1 されて, されると, して, する可能, なの, を早く

▼ 事実~ (6, 0.0%)

1 そうした哲学, 之が, 其痕跡は, 夫に, 夫は, 私的な

▼ 事実~ (6, 0.0%)

1 であるが, の一部一部, は疑う, より推し, を確かめる, を綜合

▼ 事実~ (6, 0.0%)

1 かれにも, がその, でも行儀, も現品, も真面目, も追う

▼ 事実ありのまま~ (5, 0.0%)

1 に見ない, の状態, を書い, を示し, を言った

▼ 事実だけでも~ (5, 0.0%)

1 これは, すでに動かす, ほぼ明らか, 今日顧みられる, 幾らか私

▼ 事実としか~ (5, 0.0%)

1 受取れぬもの, 思えない, 思えなかった, 思えなくなったお, 思われぬ

▼ 事実と共に~ (5, 0.0%)

2 始まる 1 更に刑台, 私の, 良好なる

▼ 事実によ~ (5, 0.0%)

1 つて判断される, つて夢の, つて愛を, つて説明せられる, ッて

▼ 事実に対しては~ (5, 0.0%)

1 いまだに深い, 彼一流の, 殊にうとい, 深厚の, 英雄豪傑も

▼ 事実に関して~ (5, 0.0%)

1 多くの, 比較的この, 私は, 観察する, 議会で

▼ 事実をば~ (5, 0.0%)

1 実は始め, 打消し不和不順, 抽象的文字を, 民衆が, 確実の

▼ 事実カント~ (5, 0.0%)

1 が, などは啓蒙活動, などは感覚, の空間, は第

▼ 事実チェーホフ~ (5, 0.0%)

1 にあっ, の好物, の手紙, はしばしば, は屡

▼ 事実上それ~ (5, 0.0%)

1 が区別, は大衆, は都市, を反駁, を道庵先生自身

▼ 事実上存在~ (5, 0.0%)

2 しない 1 して, しないの, するか

▼ 事実上彼ら~ (5, 0.0%)

1 がその, の一人, の中, の教えた, はパノラマ的

▼ 事実乃至~ (5, 0.0%)

1 現実が, 現実なる, 現実を以て, 風評さえ, 風評さへ

▼ 事実~ (5, 0.0%)

1 の生活, の貧富, の集まり, は家, ばしら

▼ 事実~ (5, 0.0%)

1 が意味, になっ, の不思議, もしない, も無い

▼ 事実及び~ (5, 0.0%)

2 暗愚と 1 その女, 一時間後数時間後または, 理由を

▼ 事実あり得ない~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことである, のが, ばかりでなく

▼ 事実からは~ (4, 0.0%)

1 どうしてこれ, 人間の, 独立に, 遠いけれど

▼ 事実こそは~ (4, 0.0%)

1 工芸の, 工藝の, 明かに, 来るべき社会

▼ 事実こんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, のが, はずで, 面白い商売

▼ 事実すでに~ (4, 0.0%)

1 この河原, 不審な, 先頃からの, 明大体育会は

▼ 事実そんなに~ (4, 0.0%)

1 も人材, 急激に, 悲しくなかった, 感情を

▼ 事実でございます~ (4, 0.0%)

21 からその, がそれでは

▼ 事実でなく~ (4, 0.0%)

1 ちゃなら, て何, て作者, て誤った

▼ 事実とともに~ (4, 0.0%)

1 この稀, さらに刑台, 総合し, 考えさせられる第

▼ 事実など~ (4, 0.0%)

1 何あらう, 到底満足, 空ふく風に, 聴く

▼ 事実などが~ (4, 0.0%)

1 その輪郭, それでしょう, 嘗てノウスカット, 多い為

▼ 事実についても~ (4, 0.0%)

1 これに, 僕は, 日本の, 述べて

▼ 事実による~ (4, 0.0%)

1 のである, わけで, 何の, 転覆である

▼ 事実に対しても~ (4, 0.0%)

1 一通り方程式の, 分配の, 彼女の, 自由に

▼ 事実はたして~ (4, 0.0%)

2 天下に 1 幸福な, 違うこと

▼ 事実または~ (4, 0.0%)

1 少なくともその, 概念は, 社会の, 私が

▼ 事実まで~ (4, 0.0%)

1 判明した, 教えて, 現れて, 透かさずキャッチ

▼ 事実らしからぬ~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 こと, ことなり

▼ 事実らしくない~ (4, 0.0%)

1 不合理な, 話では, 話に, 話を

▼ 事実わたし~ (4, 0.0%)

1 のその, の新しい, は滅びる, は隣り

▼ 事実一般~ (4, 0.0%)

1 にラジオ, に増加, に承認, の観衆

▼ 事実七兵衛~ (4, 0.0%)

1 が泥棒, にとっては世間, の前, は百姓

▼ 事実~ (4, 0.0%)

1 が信濃, で動い, は個人, も姑

▼ 事実学問~ (4, 0.0%)

1 がなく, に於, の方法, もある

▼ 事実小説~ (4, 0.0%)

1 とする, と云われ, と銘, なん

▼ 事実~ (4, 0.0%)

1 にうたれる, に私, を, を与える

▼ 事実我々~ (4, 0.0%)

1 が渡っ, が詩作, は文字通り, は高い

▼ 事実~ (4, 0.0%)

1 らしい地方総督, 学説と, 政体の, 長官の

▼ 事実明白~ (4, 0.0%)

1 となつ, となる, なるにより, にし

▼ 事実~ (4, 0.0%)

1 にも人生, の巣, の脚本, の舞台

▼ 事実知っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていない, ている, ておる

▼ 事実~ (4, 0.0%)

1 ですから, としても面白い, は簡単, もある

▼ 事実いろいろ~ (3, 0.0%)

1 と見た, な意味, の名

▼ 事実からの~ (3, 0.0%)

1 引例であっ, 無言の, 結論に

▼ 事実その後~ (3, 0.0%)

1 の市民, の数年間, も二三回

▼ 事実それら~ (3, 0.0%)

1 の堆積, の小, は完全

▼ 事実だけしか~ (3, 0.0%)

1 期待できない, 知らないの, 見て

▼ 事実だけに~ (3, 0.0%)

2 拠っても 1 依って

▼ 事実だけの~ (3, 0.0%)

1 ほうが, 問題に, 進行を

▼ 事実だったら~ (3, 0.0%)

1 そうし, ば何, 今度沈む

▼ 事実だって~ (3, 0.0%)

1 この世の中, 世の中には, 証明し

▼ 事実であったら~ (3, 0.0%)

1 それは, 大事件, 武士は

▼ 事実できない~ (3, 0.0%)

1 ことさへも, ことである, 事を

▼ 事実でした~ (3, 0.0%)

1 が, がしかも, が同時に

▼ 事実どう~ (3, 0.0%)

1 だろう君, 出来るもの, 算え

▼ 事実なし~ (3, 0.0%)

1 てい, と簡単, にかかる

▼ 事実などの~ (3, 0.0%)

2 後世に 1 聞かされること

▼ 事実なども~ (3, 0.0%)

1 なかった, 多勢に, 社会悪が

▼ 事実にて~ (3, 0.0%)

1 その証拠, 候, 古河新

▼ 事実により~ (3, 0.0%)

1 はたしてかれ, 幼年期を, 最高可能の

▼ 事実に対し~ (3, 0.0%)

1 われわれは, 教育の, 過去において

▼ 事実~ (3, 0.0%)

1 眼を, 私の, 解消される

▼ 事実までも~ (3, 0.0%)

1 序に, 皆彼女の, 私自身に

▼ 事実やむをえない~ (3, 0.0%)

1 としてももし, 仕方が, 涙を

▼ 事実~ (3, 0.0%)

3 アル

▼ 事実一度~ (3, 0.0%)

1 しか行かない, ならずあった, ジャックは

▼ 事実上これ~ (3, 0.0%)

1 では逆, を一般普通民, を容認

▼ 事実上一般~ (3, 0.0%)

1 にはまだそう, に学問, に評価

▼ 事実上問題~ (3, 0.0%)

1 が定義自身, の核心, はどう

▼ 事実上彼~ (3, 0.0%)

1 の予言者的天才, は世俗, よりもお

▼ 事実上意味~ (3, 0.0%)

1 して, するの, を有

▼ 事実~ (3, 0.0%)

1 を例, を愚衆, を裏書き

▼ 事実何人~ (3, 0.0%)

1 がその, にせよ, も争う

▼ 事実博士~ (3, 0.0%)

1 が停年未満, に一目, はひそか

▼ 事実又は~ (3, 0.0%)

1 虚構でさえ, 認識に, 資料として

▼ 事実哲学~ (3, 0.0%)

1 に生き, の実質, の発生

▼ 事実大抵~ (3, 0.0%)

3 女部屋の

▼ 事実如何~ (3, 0.0%)

1 とも致し, にフラーゼ, に万葉

▼ 事実尊氏~ (3, 0.0%)

1 がついやし, の幕僚中, はいま

▼ 事実少年~ (3, 0.0%)

1 にはもはや, に再会, の印象

▼ 事実~ (3, 0.0%)

1 と谷, には一目, の河川

▼ 事実当時~ (3, 0.0%)

1 のロンドン警視庁, の初め, の最も

▼ 事実東京~ (3, 0.0%)

1 で若い, において消耗, へ行った

▼ 事実果して~ (3, 0.0%)

1 この漁場, 今の, 然るべきを

▼ 事実江戸~ (3, 0.0%)

1 へ出た, へ参り, を出

▼ 事実矢代~ (3, 0.0%)

1 はこう, は氷河, は疲れ

▼ 事実秀吉~ (3, 0.0%)

1 の姿, の容子, は最大

▼ 事実群盗横行~ (3, 0.0%)

2 し地頭 1 し旅人

▼ 事実自体~ (3, 0.0%)

2 は立派 1 に反撃力

▼ 事実~ (3, 0.0%)

2 を吐かう 1 が熱く

▼ 事実調査~ (3, 0.0%)

1 の動議, の直後, を電請せり

▼ 事実~ (3, 0.0%)

2 事実の 1 ユークリッド幾何学が

▼ 事実~ (3, 0.0%)

2 が聞こえる 1 高く釘

▼ 事実いかん~ (2, 0.0%)

1 に拘らず, は問わず

▼ 事実いくら~ (2, 0.0%)

1 でも研究, 痩せ我慢を

▼ 事実および~ (2, 0.0%)

1 その説明, 彼が

▼ 事実お雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の年, はこの

▼ 事実かく~ (2, 0.0%)

1 のご, の如き

▼ 事実かの~ (2, 0.0%)

1 女は, 女自身も

▼ 事実かれ~ (2, 0.0%)

1 のいう, らの

▼ 事実こういう~ (2, 0.0%)

1 家は, 考えかたからのみ

▼ 事実こそが~ (2, 0.0%)

1 二十万年の, 優れた専門家

▼ 事実この世~ (2, 0.0%)

1 に起った, の日本

▼ 事実さうだつ~ (2, 0.0%)

1 たかも, たが

▼ 事実さちよ~ (2, 0.0%)

2 は色

▼ 事実しか~ (2, 0.0%)

1 上って, 存在しない

▼ 事実しかる~ (2, 0.0%)

2 大きさ

▼ 事実すべて~ (2, 0.0%)

1 の社会的破壊作業, は疑わしい

▼ 事実そうした~ (2, 0.0%)

1 現象に, 理論上の

▼ 事実それから~ (2, 0.0%)

1 後に, 梯子を

▼ 事実それだけ~ (2, 0.0%)

1 かな, の人間

▼ 事実それほど~ (2, 0.0%)

1 ナオミの, 険悪な

▼ 事実それ自身~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に具わった

▼ 事実たとえば~ (2, 0.0%)

1 アストージェンカの, 神聖なる

▼ 事実だったなら~ (2, 0.0%)

1 まだ地上, 日本へ

▼ 事実だれ~ (2, 0.0%)

1 かもそれ, よりも直接

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 事実であったであろう~ (2, 0.0%)

1 から, が

▼ 事実であったなら~ (2, 0.0%)

1 たとえ技巧, 父母は

▼ 事実であったろう~ (2, 0.0%)

1 と思います, と認める

▼ 事実であるらしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, のを

▼ 事実であるらしく~ (2, 0.0%)

1 お雪, 足掻きを

▼ 事実でさえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 最も雄弁

▼ 事実でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なくなったこと

▼ 事実でなかった~ (2, 0.0%)

1 ようである, ような

▼ 事実というか~ (2, 0.0%)

1 リアリティーとして, 出来事と

▼ 事実とうてい~ (2, 0.0%)

1 不可能である, 行われない

▼ 事実とに~ (2, 0.0%)

1 あらず之, どういふ

▼ 事実どの~ (2, 0.0%)

1 くらい出来る, 位まで

▼ 事実ない~ (2, 0.0%)

1 ことで, と弁解

▼ 事実なき~ (2, 0.0%)

1 十六万円借用の, 限り立証不能の

▼ 事実なくし~ (2, 0.0%)

1 て生, て私

▼ 事実なぞ~ (2, 0.0%)

1 が一般社会, みじんも

▼ 事実なぞを~ (2, 0.0%)

1 考え合わせると, 重ね合わせて

▼ 事実ならびに~ (2, 0.0%)

1 考証によりて, 解釈は

▼ 事実にか~ (2, 0.0%)

1 かかわらず彼女, へる単なる

▼ 事実にこそ~ (2, 0.0%)

2 高貴な

▼ 事実についての~ (2, 0.0%)

1 いくとおりかの, 嫌疑を

▼ 事実にのみ~ (2, 0.0%)

1 ぶっつかって, 支配されず

▼ 事実にまで~ (2, 0.0%)

1 幾多の, 思い及んで

▼ 事実によっても~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, 証明せられ

▼ 事実にんじん~ (2, 0.0%)

1 はそれほど, は水

▼ 事実に関しては~ (2, 0.0%)

1 後年必ず, 本人の

▼ 事実のみによって~ (2, 0.0%)

1 自らその, 行為の

▼ 事実はさ~ (2, 0.0%)

2 にあらず

▼ 事実ばかりは~ (2, 0.0%)

1 どうにも致し, 私の

▼ 事実ばかりを~ (2, 0.0%)

1 申上げ, 述べたの

▼ 事実への~ (2, 0.0%)

1 単なる解釈, 歎息ね

▼ 事実ぼく~ (2, 0.0%)

1 は現実, は蜃気楼

▼ 事実までが~ (2, 0.0%)

1 数かぎりなく, 無視される

▼ 事実までを~ (2, 0.0%)

1 現実に, 陳述した

▼ 事実みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, になっ

▼ 事実もしくは~ (2, 0.0%)

1 事件の, 吾人の

▼ 事実らしくなっ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行った

▼ 事実わが~ (2, 0.0%)

1 中世においては, 国情を

▼ 事実をすら~ (2, 0.0%)

1 感じない, 認めない

▼ 事実を通じて~ (2, 0.0%)

1 人生の, 各個人

▼ 事実アラスカ~ (2, 0.0%)

1 の氷河, の空

▼ 事実グレ~ (2, 0.0%)

1 ゴールの, ゴールは

▼ 事実一つ~ (2, 0.0%)

1 の社会的誤謬, はあの

▼ 事実一方~ (2, 0.0%)

1 ならぬ遠い, に於

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 けで, である

▼ 事実上一つ~ (2, 0.0%)

1 の文学至上主義, の重大

▼ 事実上之~ (2, 0.0%)

1 に反対, を

▼ 事実上京都~ (2, 0.0%)

1 ご守護, だけといっ

▼ 事実上今日~ (2, 0.0%)

1 各部面, 最も読まれる

▼ 事実上何~ (2, 0.0%)

1 が我々, を指し

▼ 事実上多数~ (2, 0.0%)

1 にある, の乗客

▼ 事実上思想的進歩分子~ (2, 0.0%)

1 が続々, は続々

▼ 事実上戦争~ (2, 0.0%)

1 は少なく, をした

▼ 事実上日本~ (2, 0.0%)

1 などで特に, の枢軸

▼ 事実上日本一~ (2, 0.0%)

1 の幇間, の美食大家

▼ 事実上歌壇~ (2, 0.0%)

1 の北極星, の棟梁

▼ 事実上武士~ (2, 0.0%)

2 すなわち

▼ 事実上消滅~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 事実上淡島屋~ (2, 0.0%)

1 から別, を別

▼ 事実上社会的~ (2, 0.0%)

1 な権威, に成立

▼ 事実上鼻~ (2, 0.0%)

1 の表現, はヒクヒク

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 必要な, 昧公自身も

▼ 事実不正~ (2, 0.0%)

1 では, な事柄

▼ 事実与件~ (2, 0.0%)

1 の手, は

▼ 事実世間~ (2, 0.0%)

1 でいわゆる, の事柄

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 に活, の最も

▼ 事実事件~ (2, 0.0%)

1 の当夜, の纏まり

▼ 事実事物~ (2, 0.0%)

1 の性格, の或

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 国造は, 当時の

▼ 事実京都~ (2, 0.0%)

1 と宋国, に於

▼ 事実人間~ (2, 0.0%)

1 が想像, の精神生活

▼ 事実作品~ (2, 0.0%)

1 に依れ, を書

▼ 事実個人~ (2, 0.0%)

1 が自覚, の基本的人権

▼ 事実偶然~ (2, 0.0%)

1 このお山びらき, にそろう

▼ 事実僧侶生活~ (2, 0.0%)

2 と無関係

▼ 事実全く~ (2, 0.0%)

1 歴史的な, 美味い

▼ 事実全くそう~ (2, 0.0%)

1 であった, で黒田

▼ 事実到底~ (2, 0.0%)

1 このよう, 出来ない相談

▼ 事実半兵衛~ (2, 0.0%)

1 の容体, の病状

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 にも僕, の妹

▼ 事実否認~ (2, 0.0%)

1 が行われた, で閉廷

▼ 事実塩野~ (2, 0.0%)

1 の勇敢さ, や千鶴子

▼ 事実増大~ (2, 0.0%)

1 しつつ, するもの

▼ 事実壬生~ (2, 0.0%)

2 と産湯

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 の主, をかけられる

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 から見た, にあっ

▼ 事実多き~ (2, 0.0%)

1 を聞取する, を見

▼ 事実多く~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の座員

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 の見廻り, は高い

▼ 事実大いに~ (2, 0.0%)

1 博識だった, 買って

▼ 事実大した~ (2, 0.0%)

1 区別を, 相違では

▼ 事実天下~ (2, 0.0%)

1 の政治, を政治

▼ 事実容易~ (2, 0.0%)

1 ならんこと, ならん予言

▼ 事実平凡人~ (2, 0.0%)

1 はかやう, はかよう

▼ 事実年齢~ (2, 0.0%)

1 から云, より十歳以上

▼ 事実幼稚~ (2, 0.0%)

1 なもの, な文学

▼ 事実形跡~ (2, 0.0%)

1 と照, に対照

▼ 事実必要~ (2, 0.0%)

1 であったの, なこと

▼ 事実性説得力~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 事実或いは~ (2, 0.0%)

1 苦しかった, 青春は

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 だけを使っ, の打ち

▼ 事実文学~ (2, 0.0%)

1 という言葉, には文学様式

▼ 事実時々刻々~ (2, 0.0%)

2 の眼前

▼ 事実最初~ (2, 0.0%)

1 のうち, は法水

▼ 事実検事~ (2, 0.0%)

2 の追及

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 の上, ふ場合

▼ 事実正しい~ (2, 0.0%)

1 ものである, 生活を

▼ 事実死んだ~ (2, 0.0%)

1 としたら, ものや

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 の技術的概念, の芸術境

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 が騒ぐ, が騒ぐ騒ぐ

▼ 事実水島~ (2, 0.0%)

2 の態度

▼ 事実決して~ (2, 0.0%)

1 容易な, 意識の

▼ 事実浅吉~ (2, 0.0%)

1 にあっ, はそう

▼ 事実滝人~ (2, 0.0%)

1 には一つ, はそれ

▼ 事実物理学~ (2, 0.0%)

1 の学問性, の方法

▼ 事実物語~ (2, 0.0%)

1 の魅力, はまたとない

▼ 事実犯した~ (2, 0.0%)

1 罪を, 覚えが

▼ 事実現代~ (2, 0.0%)

1 の日本, の日本人

▼ 事実現在~ (2, 0.0%)

1 のよう, の事実

▼ 事実琢磨氏~ (2, 0.0%)

1 は考え, を愛し

▼ 事実田舎~ (2, 0.0%)

1 で門口, の子供

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 の歯, の神人

▼ 事実男尊女卑~ (2, 0.0%)

2 は日本

▼ 事実発見~ (2, 0.0%)

1 すること, の一歩

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 で見る, に入る

▼ 事実目撃~ (2, 0.0%)

1 したの, した者

▼ 事実直義~ (2, 0.0%)

1 はもう, は兄尊氏

▼ 事実相手~ (2, 0.0%)

1 のご, の好む

▼ 事実真偽~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 にする, の下

▼ 事実私共~ (2, 0.0%)

1 は, は国家主義

▼ 事実空間~ (2, 0.0%)

1 に大きく, は体系

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 一回参照, 二は

▼ 事実精神~ (2, 0.0%)

1 については医者, に対する物質

▼ 事実素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 剣術の, 美人だった

▼ 事実経験~ (2, 0.0%)

1 され感受, は決して

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 あるもの, を犯し

▼ 事実考え~ (2, 0.0%)

1 ている, てもいる

▼ 事実考えられ~ (2, 0.0%)

1 ている, 易い

▼ 事実蜀軍~ (2, 0.0%)

1 が出た, の大

▼ 事実要求~ (2, 0.0%)

1 されつつ, されるという

▼ 事実許可~ (2, 0.0%)

1 があった, はない

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 から離れかけ, といへ

▼ 事実認定~ (2, 0.0%)

1 には噂, の証拠

▼ 事実認識~ (2, 0.0%)

1 からの拡大, すべからざる現象

▼ 事実逃亡~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 事実~ (2, 0.0%)

1 さえあれ, だして

▼ 事実飛行機~ (2, 0.0%)

1 が飛んだ, はかの

▼1* [1345件]

事実てっこを, 事実あちこちののろどん, 事実あって伸子, 事実あつたといふ, 事実あなたの手柄, 事実あまたの生涯, 事実あらゆる種類の, 事実あらんにはその, 事実ありがたくこの款待, 事実ありしは豈, 事実あり得べくもない, 事実あり得ることで, 事実あるいは方則の, 事実あるだろうか, 事実ある程度まで中堅, 事実あろうはずない, 事実あんたは泰平郷, 事実いかに道阿弥の, 事実いけない点が, 事実いずれの村, 事実いたのだ, 事実いつよりとなく, 事実いつぞや雨の, 事実いま東野の話, 事実うつてつけ, 事実うぬぼれからにもせよ, 事実えらいと思っ, 事実おくびにも出さなかった, 事実おこなっている, 事実おそくも公判, 事実およその成行き, 事実おれの悲劇, 事実お互いに汲む, 事実お前が署名, 事実お客様方もまた, 事実お玉が着物, 事実お祭りなの, 事実お腹が弾力, 事実かいそれとも幻想, 事実かういふ都会が, 事実かうした病気で, 事実かかることに, 事実かつその孤立, 事実かて遠慮なし, 事実かなわなかったのだ, 事実からかう言ふ, 事実からこそ生まれるの, 事実かわってもいる, 事実かを疑う間, 事実がちやんと, 事実がっただけ違う, 事実がよつて, 事実がらないで嘘, 事実きのうから三度, 事実きょうはお, 事実くらゐにしか, 事実こう云う顔つき, 事実こうして夜歩きを, 事実このごろの社説, 事実これから当分あの, 事実これこれだと, 事実これらの船, 事実こんにち, 事実こんどの事, 事実さうなんだ, 事実さきほど弁信に, 事実さしものいかもの揃い, 事実さっきからよい, 事実さ君も承知, 事実しんしんと更けた, 事実やない, 事実じゃがそれは, 事実じゃねそれは, 事実すくなくも老教授自身, 事実すこしかたむいて, 事実すばらしく腕の, 事実することも, 事実ずいぶんあったこと, 事実ずきずき胸が, 事実ずくめでひどい, 事実うだつた, 事実なたは, 事実そう展開すれば, 事実そしてその, 事実そっくりの夢, 事実そっくりそのまま残って, 事実その他警察の意見, 事実その後出入の左官屋, 事実それなら進行し, 事実それ丈けの罪, 事実それ以上は知らないらしく, 事実それ等の特性, 事実ぞくしている, 事実とひ, 事実たいへん便宜を, 事実たくさんいないよう, 事実ただ時々古めかしい, 事実たとへば水星の, 事実たまに繁夫などが, 事実たらむのみ, 事実だけから推定し, 事実だけからは出て, 事実だったろうかと自ら, 事実だつたが途中, 事実だつたらうし家々, 事実だまってゐる, 事実だらうか, 事実ちゃんとそれが, 事実つまり放蕩者の, 事実であったごとく乙もや, 事実であったらしく善吉は, 事実でありましたけれど尾張, 事実である如く僕達は, 事実でございましょうな, 事実でさえもこれら民族の, 事実でしたら大伴夫人は, 事実でないであろう夢では, 事実でなかったら許さんよと云いました, 事実でなくって自分自身, 事実とうとう到達した, 事実とかいうものと, 事実とから彼を, 事実とさえなる, 事実としてのみ存在するなら, 事実としてばかり眺めて, 事実とても苦しかった, 事実とにおいてソヴェトの, 事実とによってききてに, 事実どういうことな, 事実どうにも目ざわりだった, 事実どおり家康の秀吉, 事実どこの国, 事実どちらにもみられる, 事実どれが自分, 事実どんな仕事でも, 事実どんなに空想に, 事実なお中に, 事実なかなかそうでは, 事実なかば気質的にさ, 事実ながら猶併, 事実なくなったんで決して, 事実などで割り切られては, 事実などを持ちだす限り, 事実なにかしら, 事実ならずや, 事実ならぬこと普通に, 事実ならんことを, 事実なら取り消して貰いたい, 事実なら困りましたな, 事実なりしと仮定, 事実なりに書くん, 事実なるべしと思はる, 事実なんでもない, 事実なんか全然君, 事実なんかも彼女自身の, 事実なんだか分りません, 事実なんど咬まれて, 事実なんびともあらそうべからざる事実ではない, 事実にさえ気が付かずに, 事実にしか過ぎない歴史的必然性, 事実にたいして一般の, 事実にたいしてはすこしも遺憾, 事実につき説明を, 事実にでつくは, 事実によつてたしかに, 事実のうはつらだけを, 事実のみに幸福を, 事実のみは争うべからざるもの, 事実はかの直, 事実はかうだつた東京, 事実はさようにうまく, 事実はじめて気がついたの, 事実はっきり認められるぐらいに, 事実はつぎのとおり, 事実はなはだ困難である, 事実ばかりが歴然と現前, 事実ばかりに捉われ, 事実ばかりのように, 事実ひとりでは動き, 事実ひるまえ海辺, 事実ふたりは必要以上, 事実ぶらぶらして, 事実ほのかで甘く, 事実ほんとうに病人, 事実まかなっただけの金, 事実またさうした綿密な, 事実まだ開けては, 事実まちがっている, 事実づ, 事実みじんも知らず, 事実みな必死に働い, 事実みんなも聞い, 事実めいた話其儘である, 事実もう少しのこと, 事実もさうであつたらしく, 事実もし生きて, 事実もつと早くから, 事実もはや通用しなくなっ, 事実やってみた, 事実やつは純然, 事実やのんか, 事実ゆえその災, 事実そりや, 事実よくよく目を, 事実よりは理想を, 事実よろよろとふた, 事実らしいですな, 事実らしく伝えられたのは, 事実らしく思われて暗い, 事実らしく成って来る, 事実らしく書き流してある, 事実らしく物語ったものであろう, 事実らしく考えられて来る, 事実らしく見える三人である, 事実らしく見せかけたつくり話である, 事実きわめてし, 事実わかるわからないは別, 事実わが国の論文作家, 事実わたしたちはそれ, 事実われわれがここ, 事実ゐないのだらう, 事実をさえ知らせなかった, 事実をずつと使つて来た, 事実をのみ述べられて, 事実をまでも否定するなら, 事実アインシュタインは空間, 事実アマーリアは急い, 事実アンナ・カレーニナがわれと, 事実イプセン的主題はこれ, 事実インテリゲンチャはその, 事実インテリゲンチャ論は現在, 事実インドの乞食, 事実ウルランド氏の靴, 事実エセックスの凱旋姿, 事実オットセイは海, 事実オランダ人はこの, 事実カスミ女史はなみなみ, 事実ガ右ノ調和ウンヌンニ, 事実キャリフォルニアンの無, 事実クイロス教授が持ち出した, 事実クイーン・メリー号を中, 事実グリーンランドの大, 事実ケーテ・シュミットはケーテ・コルヴィッツ, 事実コップの水, 事実コブシは甲武信, 事実コロームナのある, 事実サア・ウィリアム・テンプルは自分, 事実シェクスピアがシャイロック, 事実シェリングやヘーゲル, 事実シカゴへ出かける, 事実シンガポールのスマトラ材, 事実ジイドのこの, 事実ジャックが近づく, 事実ジャン・ヴァルジャンの首筋, 事実スイスイギリスアメリカなどの民主国, 事実スカンジナヴィア地方では近代, 事実スティヴンスンの原稿, 事実ストキは質, 事実セワードはある, 事実ソヴェートに於ける, 事実ダアウィン自身文章をかく, 事実チューブは吹雪, 事実テムポが速い, 事実テロルその他を最も, 事実デハナク僕ノ単, 事実ドコまでが迷信, 事実ナオミは此処, 事実ナリ仍リテ本願ハ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, 事実ナルカ近時諸外国人, 事実ニ基ケルモノナル時ハ凡ベテノ約束ヲ無効トス, 事実ニ試とせり, 事実バラの花びら, 事実パンゼラとプロティエ, 事実ヒゲがいなくなった, 事実ヒューマニズムは特に, 事実ファウスト博士の隠, 事実ファシズムと結び付い, 事実ブレシントン氏は非常, 事実ヘーゲルに於, 事実ホンの噂, 事実マドロスとてもその後, 事実マルは山, 事実ミハイローフスキイの, 事実ミヤ子は自分, 事実メモだ, 事実メリイ・カルヴィンは亜米利加人, 事実ユークリッド幾何学の円周率, 事実ヨタモノはヨボヨボ, 事実ヨーロッパにおけるよう, 事実リーズは初め, 事実ルウィス・マンフォードは彼, 事実ロイスの熱情, 事実ロックやヒューム, 事実ロッツェは, 事実ロムブローゾが称讃, 事実ローマ人とても久しく, 事実ワイトマンは憤怒, 事実ととおり, 事実一冊の雑誌, 事実一切の材料, 事実一向にまとまりが, 事実一層大きなほとんど, 事実一座には刻々, 事実一抔啖されたので, 事実一日じゅう雪の中, 事実一日一日封建的文化は崩壊, 事実一時は当惑, 事実一栃木県下の地方問題, 事実一段と高い立場, 事実一生を通じて物質, 事実一瞬のあいだ, 事実一等にあたって二十万円, 事実一見して, 事実一通り共通な諸, 事実一面において肉, 事実一頃幾つかみも, 事実丁髷をつけ, 事実三カ月かかっても, 事実三人とも中, 事実三分とはたたない, 事実三十分も経たない, 事実三宅三郎も今日, 事実三宅島の歴史, 事実三州からこっち, 事実三本のストランド, 事実三次元でなければ, 事実上お前さんのもの, 事実上お流れになっ, 事実上すべて何かの政治的制約, 事実上そこに支配, 事実上それ自身技術乃至技術学, 事実上つじつまを合わせ, 事実上どこかへ蒙塵, 事実上どちらが本当, 事実上ぼんやりして, 事実上クリストの悲鳴, 事実上シンガポールを中心, 事実上ゼロである, 事実上デモクラシーが極度, 事実上ドイツ文化を代表, 事実上フランスの専制君主, 事実上ブルジョア乃至プチブルジョア, 事実上ブルジョア社会幹部の候補者, 事実上プロレタリアの世界観, 事実上ローマ皇帝であった, 事実上一大躍進, 事実上一人の人間, 事実上一代の棟梁, 事実上一種の言論統制, 事実上一般普通民に比較, 事実上一般的に認め, 事実上七兵衛はわが, 事実上三次元である, 事実上三男の家, 事実上三軍にわけ, 事実上上級の役人, 事実上不滅である, 事実上不首尾におわった, 事実上世間の多数, 事実上両者は同時に, 事実上主に都市住民, 事実上主体のこういう, 事実上二つは如何, 事実上仏教の一付属たる, 事実上会の成立当初, 事実上住居と営業, 事実上何びとにも多少, 事実上価格及び利潤, 事実上個人的な集団的, 事実上停止せられ農業団体, 事実上健三は彼ら, 事実上僕が海底, 事実上六年間からさらに, 事実上内地雑居の自由, 事実上出来の悪い, 事実上分化の過程, 事実上到来して, 事実上制度をくずし, 事実上剰余生産物の一定部分, 事実上労働の価格, 事実上労働者以下の生活, 事実上効力を失うた, 事実上区別され或いは, 事実上十座唱門のみがこれ, 事実上半官半民の法人, 事実上反つて容易では, 事実上反乱罪は殺人罪, 事実上反軍の汚名, 事実上受動的にしか発動, 事実上叛逆者は決して, 事実上口先でどんなに, 事実上可なりの程度, 事実上同伴者作家団だった, 事実上四君四派にもわかれ, 事実上国家としては我が国以東, 事実上国民としての権利, 事実上地主も農民, 事実上地方の過剰出生, 事実上地獄を歩い, 事実上地球全体に等しく, 事実上城郭は二の丸以内, 事実上報道不可能だし, 事実上増大したこと, 事実上変化するでは, 事実上多くのもの, 事実上多分に文学的, 事実上大勢の子供, 事実上大衆はその, 事実上天国にはひる, 事実上夫はまだ至極, 事実上夫婦でないという, 事実上夫婦関係を結ん, 事実上如何に非, 事実上妥当するもの, 事実上婦人のサジ性, 事実上子供でないこと, 事実上学問としてで, 事実上官報のよう, 事実上客観的に歴史, 事実上室町時代における二条流, 事実上寄与して, 事実上密接に結合, 事実上対立関係におかれる, 事実上対象による分類, 事実上専断力モノポリーの力, 事実上小学校中学校高等学校其の他, 事実上少女でなかった, 事実上屍体を焼く, 事実上山県内閣に反対, 事実上島の方針, 事実上工藝品で一番, 事実上差別される者, 事実上平安期には既に, 事実上平靖号はまんまと, 事実上幽閉されて, 事実上弁証法的なもの, 事実上当局が勝手, 事実上性格的な, 事実上意見の大同, 事実上意識されたかは, 事実上成立して, 事実上我々は別離状態, 事実上批判し去られること, 事実上批難を呼び起こす, 事実上技術家の生活, 事実上提供されて, 事実上改善救済を要する, 事実上改正されたの, 事実上政友会の大, 事実上政権をもっ, 事実上政治運動となった, 事実上教育の程度, 事実上文字に書く, 事実上旋回すると, 事実上日本人も朝鮮人, 事実上旧作になった, 事実上明らかなこの, 事実上時代は何, 事実上普遍的に通用, 事実上暴れ馬を一頭, 事実上暴露されて, 事実上曾禰の主催, 事実上東京の市政, 事実上栄蔵もそういう, 事実上校長が採用方, 事実上検閲当局の出店, 事実上様が八代将軍様, 事実上歌界の元締め, 事実上正当の地位, 事実上正造には定, 事実上殆ど匙を投げ, 事実上殺人罪を犯した, 事実上毎年一五〇〇〇〇の新兵, 事実上民衆の平均常識, 事実上永久に相容れない, 事実上法律改正の目的, 事実上海へ来, 事実上海洋と孤島, 事実上混乱しましたけれども, 事実上濃厚に残っ, 事実上無人なの, 事実上無抵抗だった事, 事実上独立な座標, 事実上現実に対して何, 事実上理性は物自体, 事実上生まれ出たもの, 事実上皆の上, 事実上監督して, 事実上知識社会学によって代表, 事実上社会生活の上, 事実上社会部の実権, 事実上社会階級を形成, 事実上禁止されて, 事実上私たちの発意, 事実上稀少であったという, 事実上種々の点, 事実上穀物の耕作, 事実上空疎無用なもの, 事実上立場の批評, 事実上符節を合わせる, 事実上米友がどちら, 事実上粘土いじりの職, 事実上精神的にこの, 事実上紀元後五〇〇年より以前, 事実上純然たる戦時体制, 事実上経験は私, 事実上結婚して, 事実上結局上述のごとき, 事実上結果するの, 事実上継続せられ能わなかったもの, 事実上維持すること, 事実上総崩れとならざる, 事実上胃壁を伸長, 事実上脱走して, 事実上自分の持てる, 事実上自然と文化, 事実上自然科学が科学的精神, 事実上自由競争の正, 事実上芸術の否定, 事実上荒地となっ, 事実上藩閥の勢力, 事実上表われて, 事実上表明しつつ, 事実上解放されて, 事実上解決し得る客観的条件, 事実上記録簿は明, 事実上評論家の世界観, 事実上認識されうるの, 事実上読者一私個人の利害, 事実上諸君は理想, 事実上諸科学の現実, 事実上賠償請求の目的, 事実上賤者階級のもの, 事実上身にしみ, 事実上軍務をも帯び, 事実上近藤勇は精悍そのもの, 事実上逆説的にも正に, 事実上野公園あたりの彼岸桜, 事実上階級的利害を反映, 事実上雑色の職務, 事実上零に近い, 事実上非人階級から解放, 事実上音が違う, 事実上高級な科学的知識, 事実上高級社員確かな人物, 事実上鹿踊りというべき, 事実上黙認の形, 事実の水, 事実不可能では, 事実不完全に相違, 事実不愍と思いやる, 事実不空羂索観音を拝, 事実不遇な人, 事実与八の眼, 事実に卦, 事実世にも美しい若い夫婦, 事実世の中に存在, 事実世界は彼, 事実世界空間の形式, 事実世評のごとく, 事実両者の性格, 事実中央からは漢朝, 事実中学でやる, 事実中毒というもの, 事実主人公が受けとった, 事実主任は警察, 事実主膳という男, 事実之は一方に, 事実がなんら, 事実乞食にならん, 事実乱国につかれた, 事実乱暴で莫迦気, 事実予ハ嬉シソウナ顔ヲシタラシイ, 事実事件問題などを具体的, 事実二つとも可能, 事実二十万円といふの, 事実二度ほど百瀬家, 事実二日か三日, 事実二次の分倍河原, 事実二階に人間, 事実は, 事実云うに云われぬ, 事実五十人の愛妾, 事実五十年後より流行, 事実些程の出血, 事実享受も出来ない, 事実京大全体の問題, 事実人気ほどの英雄, 事実人肌地蔵の台石, 事実人間社会の歴史, 事実人魚というよう, 事実今にまだ法廷から, 事実今にも源三郎が, 事実今のは面, 事実今日日本などでもジャーナリスト出身, 事実今日資本主義国家の完全, 事実今時そんなこと, 事実今晩の宿, 事実仏教徒の行動, 事実仕事をする, 事実の人々, 事実他方に於, 事実以下なの, 事実伊豆の, 事実伽藍嶽とか硫黄嶽, 事実佐伯歳男は治療, 事実佐渡の行動, 事実体力としては八分通り恢復, 事実体験するに, 事実体験的のもの, 事実何もかも心得て, 事実何らかの意味で, 事実何事も知らない, 事実何列も移植, 事実何大学だってその, 事実余りに強く, 事実作者も幼少, 事実使われている, 事実保たれている, 事実信長の見まわし, 事実を愚弄, 事実値段によっては居抜き, 事実働き抜いて来た, 事実僧侶の懐, 事実優越して, 事実はぼく, 事実充満して, 事実先刻の陳述, 事実先日の大火, 事実先生はよく, 事実は遅から, 事実と幌骨, 事実入るかもしれない, 事実財産を, 事実全身に刺青, 事実全部を起訴, 事実公生活のため, 事実だけの変化, 事実其ものとして感ぜられ, 事実其痕は十分, 事実其証拠として神武記, 事実内外を通じて私, 事実冬子のこと, 事実魚には, 事実て来る, 事実出来もする, 事実出来ないだろうと云う, 事実がこの, 事実分って来た, 事実分るのだ, 事実切れ味はどんな, 事実も軽く, 事実列挙主義ならば, 事実初めのうち, 事実判断の形態, 事実判明せば, 事実利害の打算, 事実刻一刻とその, 事実則重の驚いた, 事実前科者であるところ, 事実剣術の名人, 事実創造という観念, 事実力量を欲, 事実労資の分配率, 事実動機になっ, 事実勘助を女, 事実勝負の相手, 事実化石学上の事実等, 事実北条家では以来, 事実区別され又, 事実匿名であっては, 事実十七世紀の後半, 事実十六世紀の終り, 事実十六歳の兵庫, 事実十日に一度ぐらゐづゝ, 事実千代田の大奥, 事実千早城さえ持て余し, 事実千歳の家, 事実千里眼は正に, 事実半年ちかくも, 事実南海の賊, 事実南竜軒なるもの, 事実単にこのオルガノン, 事実単一劇団の結成, 事実博奕の罪科, 事実行為, 事実即ち疾う, 事実原書はつとに, 事実とは云う, 事実厳顔が説い, 事実友松であったに, 事実友達の誰彼, 事実反映して, 事実古今未曾有の意想外, 事実古来幾多の範, 事実古顔同士の場合, 事実なりルーズ, 事実史学とか考古学, 事実史的唯物論による文学史, 事実右翼諸団体, 事実右門がみずから折り紙, 事実司令官ケレンコは対日戦, 事実各国が腐り出し, 事実同じ老年でも, 事実同時に実際上の, 事実名人の卓抜, 事実名古屋の天守閣, 事実名称だけは俳優学校, 事実名立町老梅, 事実吾が国の, 事実呂布がふるえあがった, 事実周囲も, 事実呼吸は無, 事実品質がそれだけ, 事実唯一の通り, 事実唯一正当な事実, 事実唯物論はそれ, 事実ひを, 事実啓蒙という概念, 事実喜代太郎はさほど, 事実嘗て島木健作が, 事実回帰すると, 事実困難で夫, 事実国民は大統領, 事実土居三津子は旗田鶴, 事実地方の秋祭り, 事実地球では大, 事実地球上には何万年何億年, 事実坊主の子, 事実を抜けた, 事実執拗でもある, 事実報告の参考, 事実報道の全面的自由, 事実場所人物について説明, 事実増税たるの一切, 事実壇上の正造, 事実変ったようには, 事実外国の図書館, 事実多少懐疑的にも, 事実多少なりとも国家に, 事実多彩で重量, 事実多数の読者, 事実にも思い及ばぬ, 事実大きくはなかっ, 事実大して珍しいこと, 事実大人の道楽者, 事実大原御幸の翌年九月, 事実大師に関係, 事実大槻玄卿も知っ, 事実大正の末期, 事実大衆を低める, 事実大衆自身の観念, 事実天井は墜落, 事実天目山で討死, 事実太洋を航海, 事実太田はそう, 事実太陽は地平線, 事実夫人は同情的, 事実夫婦なの, 事実失敗の事実, 事実奇談を運ん, 事実もああなる, 事実女神達よりも美しい, 事実好奇心から来た, 事実への慈しみ, 事実は平気, 事実姿を消した, 事実娘達の消息, 事実婆羅門僧の修行, 事実婦女に欠乏, 事実嬉々たる童心, 事実子どもを無心, 事実子供も随分, 事実子供扱いにし, 事実季題を軽視, 事実の部門, 事実学問分類の問題, 事実学的もしくは法律社会学的, 事実完全な幸福, 事実宗悦殺しにはじまっ, 事実実在と通路, 事実実在論という名称, 事実実験乃至数学的操作, 事実宣教師を保護, 事実宮方のうごきだ, 事実家中の武芸熱心, 事実家内の飢寒, 事実家屋の強制破壊, 事実富士の雪, 事実対比の上, 事実対象が単に, 事実対象論は意識, 事実寿美子が身, 事実封建制度と武士, 事実将軍としての彼, 事実会社でございます, 事実小六への影響, 事実小学校を改築, 事実小説家玄竜にし, 事実少し廻り路を, 事実者すなわち, 事実屠殺を業, 事実山口はアムリ, 事実川中島の辺, 事実巡回図書館なの, 事実工場との区別, 事実ういふ不足, 事実師直は天龍寺落慶, 事実常磐どののお, 事実常識は例えば, 事実幕府では回天, 事実幕府時代の能, 事実幕末明治はあれ, 事実幸福であり又, 事実幾何学はクライン, 事実庄次郎も女, 事実庶物の精霊, 事実建物の一つ, 事実建設以来三度にわたって怪奇, 事実弁信の耳, 事実弱者の味方, 事実強右衛門の眸, 事実弾正に会う, 事実当って居る, 事実当世にいわゆる, 事実当人の練吉さ, 事実当初のいきさつ, 事実彩色もし, 事実彼らは依然, 事実彼女自身さえ, 事実彼等権力者もしくは金力者, 事実彼自身が提出, 事実待ちこがれている, 事実になっ, 事実後半生には殆ど歌, 事実後者は前者, 事実報道に, 事実御利益になっ, 事実復古主義者達によって与えられ, 事実必ずしも明白である, 事実思いあわして, 事実思想善導と云っ, 事実急ごしらえの出あい, 事実急用だったん, 事実性欲詩である, 事実性物質性即ち歴史性, 事実ふべき過去, 事実恋仲になろう, 事実もつかせず捲く, 事実悪人であったには, 事実想像もつかない, 事実感じられているだろう, 事実感動した己, 事実感情の上, 事実感想そのま, 事実感謝して, 事実慶長の昔, 事実成功でもあった, 事実成長した才能, 事実我輩はこういう, 事実る人々, 事実或は物と, 事実戦争がはじめられた, 事実所謂括弧づきの, 事実所謂政治は良い, 事実扉一つ距てた向う, 事実手縫いのほう, 事実才人であったかも, 事実技術学乃至技術理論, 事実技術的精神によるの, 事実投票による, 事実折目の所, 事実折竹には, 事実持つことが, 事実指名をされなかった, 事実振りかえる余裕も, 事実捏造者で偽証者, 事実捕獲をしよう, 事実捜索中なれば, 事実掛算などできなく, 事実探偵事件にぶつかっ, 事実探偵小説の様, 事実描写されて, 事実支倉君あの間, 事実支店の数, 事実故郷セーラムの静か, 事実敗戦に敗戦, 事実教科書は科学, 事実数多く思想家達は, 事実数学的認識は根本的, 事実の捨て, 事実敵影はない, 事実文化の相当真剣, 事実文学青年の古手, 事実文編を繙閲, 事実新しい観念環境支配の, 事実新たな芸術創造, 事実新九郎自身が告白, 事実新撰組の京都, 事実新柄の共進会, 事実新聞紙は売れない, 事実方法論の名, 事実方言を使つて, 事実して, 事実既にもいった, 事実日々実行して, 事実日常品であった民藝品, 事実日本人は文句, 事実日本座敷の美, 事実日本民族の精神, 事実日本語解釈の上, 事実早期において深く, 事実早馬早打ちには鎌倉, 事実かにその, 事実明らかになりしか, 事実明治十年代から微か, 事実明治時代になっ, 事実春日野ゆかりの襲撃方法, 事実春琴の門, 事実昨日までのセエラ, 事実時々いいイデー, 事実時によると, 事実時代というもの, 事実時代そのものがそれだけ, 事実時平が此の大納言, 事実時間乃至空間, 事実晩年の画, 事実晩春から仲秋, 事実普通の生理学, 事実景色を諷, 事実智者といわれる, 事実暮しのよ, 事実曙覧の作物, 事実曝露の探偵恐怖劇, 事実更に進んでは, 事実書かない作家を, 事実曹操の威, 事実最も簡単な, 事実最近ではこの, 事実月曜の朝, 事実有つて見れば, 事実有りのまま, 事実有りうべき事だろう, 事実有りました人で, 事実有り得るものか, 事実有名な人, 事実朝廷の行事, 事実朝臣すべてもこの, 事実木の根においた, 事実未だにその理由, 事実を一冊訳, 事実本人もあと, 事実本位の読書法, 事実札幌と途中, 事実の上, 事実材料をディッギング・アウト, 事実でも屈指, 事実村正を差し, 事実村重の顔いろは, 事実村長はやめ, 事実条件が同じ, 事実東京並びに各, 事実東京商大にどの, 事実東海岸への探検, 事実林さんはもろ, 事実柚木はもと, 事実はその, 事実に失敗, 事実桔梗の方, 事実桜林は私たち, 事実検察当局は研究, 事実極めて整つた素晴らしい, 事実極端な場合, 事実概念である, 事実様々に解説, 事実権謀乃至欺瞞, 事実横行して, 事実機敏な映画会社, 事実のよう, 事実次にすべての, 事実次第に益々高く評価, 事実欧洲の演劇, 事実して, 事実歌風は全く, 事実正に然りだから, 事実正義を愛する, 事実正銘の孤児, 事実此事なし又, 事実此処の市民, 事実此頃既に動い, 事実此風が盛ん, 事実武内宿禰がしかく, 事実歪曲を生命, 事実歳神の棚, 事実歴史を単に, 事実歴史家は或, 事実歴史的にその, 事実歴史的必然として一部, 事実歴史的感覚とは正常, 事実歴史社会的必然性によって決定, 事実歴然たるものが, 事実に兼ねまじき, 事実死んでいる, 事実死骸には一面, 事実残された四人の, 事実残党のうごき, 事実残雪は鶏, 事実殺したのだ, 事実殺す気は, 事実殺生を悪事, 事実と幾, 事実毎晩出て, 事実比島兵が発見, 事実気狂を装う, 事実水中に潜った, 事実水呑百姓の状態, 事実水棲人とはまったく, 事実江戸屋がかかる, 事実沖縄の暴風, 事実河合はねだられれ, 事実河竹に杏丸, 事実油絵師山田右衛門作を江戸, 事実泊っていた, 事実法水の透視神経, 事実法皇は最後, 事実法螺丸の法螺, 事実波瑠子の身元, 事実泳いで速い, 事実津雲はいくらか, 事実流行化した文芸復興熱, 事実浅草の千束町, 事実浮浪的生活をなし, 事実海驢はそういう, 事実消費を減少, 事実淀屋の独楽, 事実深夜のベンチ, 事実混乱し易く, 事実清姫の帯, 事実清洲という名, 事実は病気, 事実測候所の観測, 事実湯島で会った, 事実湯川さんも奥さん, 事実湿地でもある, 事実漁夫の子, 事実漁家の子として生れられた, 事実演者がその, 事実潮水を汲もう, 事実の消えた, 事実無かった, 事実無二無三に押し出し, 事実無学であり低能, 事実無理な強, 事実らず, 事実や白く, 事実熊城が云った, 事実熊谷と逃げた, 事実燃えるがよう, 事実は彼等, 事実爆弾事件発生以来も彼, 事実の失敗, 事実物の数が多く, 事実物語っている, 事実特に吾が国, 事実犯せる罪であっ, 事実犯人は至極, 事実犯人ホテリングが移送, 事実犯罪そのものの数, 事実独自の全, 事実独逸が遺産, 事実には似, 事実玄洋社の乱暴者, 事実らしくいい, 事実珍しくないよう, 事実珠数の緊縛, 事実現に人々の, 事実現場にもエルブ反射, 事実現象を述べ, 事実理論の整合, 事実生じて来るだろう, 事実生れたしまた, 事実生徒になっ, 事実生活して, 事実生産技術はその, 事実産物を増加, 事実は持ちこたへ, 事実男女老幼を超越, 事実町人と百姓, 事実画家は物象, 事実留守師団長という, 事実疑うべからずとする, 事実疑問嫌疑指紋を分け, 事実病弱こそは静養, 事実病気の為め, 事実痴人のやう, 事実発揮するならば, 事実発狂したかと, 事実発生したスキャンダル, 事実発生学上の事実, 事実登山行動にはスポーツ的感興, 事実白雲が絶叫, 事実百倍も楽, 事実百姓の難儀, 事実的内容よりもはるか, 事実的場面の按配, 事実的存在の世界, 事実的情勢である, 事実的根拠を与, 事実的発見については英独, 事実的知識を伝える, 事実的統一とこの, 事実的記録だ, 事実的革命における関係, 事実的革命外に発作, 事実的顕象を離れ, 事実皇室或は国体, 事実皇帝が所有, 事実皇族出の巫女, 事実として明, 事実盗んだので, 事実盤得尼の云う, 事実直義自身もそれ, 事実相互の間, 事実相当なもの, 事実相違有無の世話, 事実の猪, 事実真剣になっ, 事実矛盾が生じ, 事実石炭は最早, 事実碓氷川の川瀬, 事実確かなん, 事実磯五に傾い, 事実社会に於ける, 事実社会党の首領, 事実祝詞を見る, 事実神尾があの, 事実神尾主膳は母屋, 事実神楽は道楽, 事実福田氏や吉岡氏, 事実秀子が愈々, 事実秀郷の後裔, 事実私たちの電車, 事実科学者としてそうした, 事実科学論的な検討, 事実秘密は保たれ, 事実稀代の才物, 事実市には, 事実種子の行動, 事実積り積りてわが, 事実空文の上, 事実空気は沈静, 事実空間表象に於ける, 事実立派な死ぐらゐ, 事実立脚して, 事実之助, 事実竜介が杵, 事実笠井さんは良い, 事実筋肉の能動的, 事実筑前は長浜, 事実節子は風間, 事実をつくる, 事実を食べた, 事実米国の舞台, 事実粗野の稚気, 事実約束よりも半月以上, 事実紋也は女, 事実素姓も家, 事実細民ならぬもの, 事実結婚を予想, 事実結果は諸君, 事実維新直後から能楽, 事実線香花火は日本独特, 事実編み出してゐる, 事実練習するの, 事実美味いのに, 事実美術からのみ論じられた, 事実画師が, 事実老人は老人, 事実考えた結果起きた, 事実考え方としての方法, 事実考証の已むなき所以, 事実もそれ, 事実に入る, 事実聞えるのである, 事実聞くところに, 事実肌身はなさず持っ, 事実能憲はなに, 事実が弱い, 事実のある, 事実腫物などというもの, 事実を錐, 事実斎と, 事実自殺を計っ, 事実自然科学の研究方法, 事実自由でありどこ, 事実臭草紙は勿論, 事実良将が少なかっ, 事実良心がない, 事実色々の名, 事実芭蕉その人, 事実を見, 事実芸者のうた, 事実芸術的印象の正直, 事実若しくは製作物と, 事実苦しい言いわけ, 事実苦しみぬいていた, 事実苦悩とも何, 事実英国人ぐらい文筆上, 事実茂太郎は猛獣毒蛇, 事実荒川や阿部達, 事実葉子は昨夜寝台, 事実葛岡は声, 事実薪左衛門は有賀又兵衛, 事実虚名のため, 事実蝦夷ならぬもの, 事実蟾蜍は谷, 事実行かれもしなかった, 事実行われているで, 事実行われるものじゃ, 事実へ向かっ, 事実被告は酔漢, 事実被害民たちの無知, 事実補うてたのん, 事実ていつ, 事実見られる如くに, 事実見るからに紙幣, 事実見出されるのを, 事実見出すことが, 事実見分けがつきかね, 事実規模の雄大, 事実親類へ供え, 事実解散命令がどれ, 事実言葉の調子, 事実言語以外に喰, 事実言語学は現今, 事実記事や予報記事, 事実記憶して, 事実るの, 事実話す言葉だけを, 事実語学的翻訳と文学的翻訳, 事実誤謬を指摘, 事実説明はなかっ, 事実説話なりや或はまた, 事実諸々の問題, 事実護衛の必要, 事実谷山はそれ, 事実谷村は林檎, 事実貧富暖寒の差, 事実貴ぶべき人も, 事実資本主義の中, 事実資本主義下に於ける, 事実資本家の方, 事実贋物は随分沢山, 事実赤坊の叫び声, 事実起こったりあるいは, 事実越えられもしまい, 事実越前の国, 事実といふ感じ, 事実身分も格, 事実軍人ではない, 事実辟易したけれども, 事実迎春館主の和歌宮鈍千木氏, 事実近代小説の発達, 事実近江屋には背め, 事実近衛内閣によって, 事実近頃のわが国, 事実追放された人々, 事実逃げても駄目, 事実逓信省当局はこの, 事実途中の二カ所, 事実這入っている, 事実通りに確かめられ, 事実通用して, 事実連続した読みやすい, 事実逮捕になる, 事実進んで主, 事実運動はこの, 事実過去の民器, 事実過去十年間を通じて東京, 事実道庵は好ん, 事実適用出来ないの, 事実避けて行く, 事実避難バラックの住民, 事実郡領になつて, 事実部屋の壁, 事実部屋全体にうすく, 事実都会の公園, 事実酔つて懐から取り出される, 事実醜きもの, 事実重大では, 事実重病だった曹真, 事実重要なほう, 事実野上氏を官僚的, 事実野良仕事などやり, 事実金兵衛は大, 事実金助の前, 事実の生えた, 事実釣道楽食道楽勝負道楽などとこの, 事実鉱毒運動が地方青年, 事実を目, 事実に変わる, 事実さ三十フィートの, 事実長崎の生れ, 事実長老によってなおされた, 事実門前には播磨, 事実の連絡, 事実間接に課税, 事実間聴音手の判断, 事実間違いはなかっ, 事実間違って居る, 事実関係と見ない, 事実闘志に満ちた, 事実ほど本質的, 事実随時には行なわれ得ない, 事実離反者は名のり, 事実電極の間, 事実霊媒を通じて奥さん, 事実非常に紛らわしい, 事実面白いといわれた, 事実順慶は三十人, 事実頭山翁を平凡人, 事実頼みうすい政党, 事実の浅黒い, 事実風俗習慣言語服装食いもの飲みものの細, 事実風土を無視, 事実食事の場合, 事実食膳に向う, 事実食通はかつお, 事実の美味い不味い, 事実飲めようと飲めまい, 事実飲んだ気は, 事実餓えた者は, 事実馬耳塞でもリスボン, 事実駆使に任じ, 事実駒井のこのごろ, 事実騎西一家は最初滝人, 事実騒音も聞き, 事実髑髏の図, 事実高氏と彼, 事実高等学校時代の吾人, 事実高調せずには, 事実の心臓, 事実黄金色の軽快, 事実然の, 事実龍造寺主計は庄内十四万石