青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~ 並木~ ~中
中~
中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~ 中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心 中心~

「中~」 178048, 1843ppm, 44位

▼ 中~ (56584, 31.8%)

463 入って 372 入れて 292 あって 233 立って 203 ある 193 身を 180 出て 162 住んで 153 して 144 何か 140 隠れて 137 生きて 133 消えて, 自分の 130 あるの 129 入つて 121 私は 115 あった 111 於て 110 書いて 107 いて 104 落ちて 103 かくれて 100 立つて 97 這入って 93 いるの, 含まれて 89 彼の 81 姿を 79 残って 78 あるもの, 一人の, 手を, 沈んで 76 交って 75 私の 74 あつて, 坐って 73 あつた, 顔を 71 彼は 70 入った 69 はいった 67 まじって 66 一つの 65 いた, 寝て 64 浮んで 63 飛び込んで 62 置いて 61 ありて 58 交じって, 隠して 57 入ると 56 何が 55 倒れて 53 それを 50 這入つて 47 あり 44 いるよう 43 いる, 入れられて, 没して, 混って, 自分を, 頭を 42 あっても, しまって, 埋めて, 腰を 41 人間が 40 あること, 潜んで, 現われて 39 包まれて, 持って 38 あるよう, かくして, 人の, 次の, 首を 37 はいりました, 入れた, 隠されて 36 いたの 35 人が, 浮いて, 見えて 34 足を 33 いると 32 あると, 二つの, 入りました, 多くの, 死んで 31 一種の, 動いて, 生活し, 眼を 30 二人の, 埋もれて, 眠って, 私が 29 とびこんで 28 あったの, はさんで, ゐて, 入る 27 いれて, たった一人, 女の, 或る, 隱れ 26 もぐり込んだ, 人間の, 埋まって, 居て, 挟んで, 横たわって 25 とじこめられて, ぼんやりと, 一本の, 彼女の, 横に, 流れて 24 ひそんで, もぐり込んで, 坐つて, 描いて, 漂って 23 これを, じっとし, それが, 加へ, 吸い込まれて, 彼女は, 於ても, 根を, 棲んで, 納めて 22 佇んで, 入つた, 存し, 居た, 溶け込んで, 無数の, 籠って, 自分が 21 あります, こもって, もって, 二人は, 入りて, 就いて, 水を, 現れて, 這入った, 這入ると 20 あっては, いるん, 他の, 入ること, 入れると, 水が 19 いろいろな, うずくまって, さへ, ひとりの, もぐって, 収められて, 在って, 存在する, 居るの, 飛び込んだ

18 [14件] ありました, あるという, ゐるやう, 光って, 在るの, 彼が, 暮して, 此の, 浸って, 置かれて, 自分も, 誰か, 身体を, 閉じこもって

17 [15件] ありながら, あるん, いること, もぐりこんで, 一人でも, 並んで, 何も, 加わって, 埋められて, 戻って, 於いて, 浮かんで, 生れて, 自分は, 自己の

16 [15件] ありありと, た, 一人も, 何の, 例の, 入れる, 在った, 帰って, 彼を, 映って, 来て, 混じって, 火を, 育って, 自己を

15 [13件] あるが, どこか, はっきりと, ゐる, 入るの, 在る, 急に, 持つて, 没入し, 目を, 私を, 納まって, 飛びこんで

14 [25件] いても, このよう, ころがって, すわって, すんで, なって, 一人で, 伍し, 僕の, 入れたの, 加えて, 収めて, 心を, 投げこんで, 投げ込んだ, 投げ込んで, 捨てて, 描かれて, 書かれて, 溶けこんで, 溶けて, 突っ立っ, 誰も, 隱し, 響いて

13 [25件] あったこと, あるから, ある物, いつまでも, いろいろの, しまった, ぢつと, つかって, つけて, ほの, ゐた, 三人の, 何かが, 何を, 僕は, 出た, 坐して, 存在し, 巻き込まれて, 残して, 涙を, 渦を, 納められて, 落ちた, 逃げ込んで

12 [37件] あらわれて, いる人, うごめいて, おかれて, かすかな, かすかに, その姿, とびこんだ, なかった, 人を, 何時か, 働いて, 入り込んで, 入れるの, 包んで, 咲いて, 在り, 在りて, 埋れて, 家の, 居ると, 建って, 彷徨し, 挾んで, 於ては, 日本の, 早くも, 消えた, 穴を, 立った, 見えた, 見出して, 連れて, 閉じこめられて, 閉じ込められて, 非常に, 飛込んで

11 [35件] あなたの, あるか, いるもの, しまつて, すべての, なにが, のこって, もぐりこんだ, ゐるの, 一個の, 住むこと, 何かの, 埋って, 多少の, 女が, 待って, 感じた, 抱いて, 押し込んで, 数へ, 毒を, 流れ込んで, 浸つて, 溢れて, 点々と, 犯人が, 生えて, 発見した, 石を, 立ちて, 立派な, 起って, 踏み込んで, 陥って, 黄金の

10 [51件] あったもの, あるに, いては, いながら, おさまって, くっきりと, それは, ただ一つ, つきて, つつまれて, はいって, はいりこんで, まざまざと, まじつて, ゐると, 二三の, 交り, 交る, 今は, 仰向けに, 入れば, 在つた, 在ると, 大なる, 妙に, 孤立し, 完全に, 居たの, 居る, 左の, 巨大な, 悠々と, 散らばって, 殘つてゐる, 浸して, 湧いて, 満ちて, 潜り込んだ, 無限の, 父の, 発見する, 紛れ込んで, 自然に, 若い女, 蘇って, 見て, 述べて, 隠れた, 響き渡った, 顏を, 飛んで

9 [67件] あるので, ある言葉, いなかった, いるから, いるという, うずまって, おりて, かくれました, しゃがんで, そつと, その人, とじこもって, はいり込んで, まぎれこんで, みょうな, 一と, 不思議な, 仕掛けて, 体を, 僕が, 充満し, 入ったよう, 入れました, 入れられた, 入ろうと, 君の, 唯一人の, 在つて, 夜が, 夢の, 子供の, 子供を, 家が, 寝ころんで, 寝そべって, 寝転んで, 就て, 巣を, 引込んで, 彼らの, 微かな, 忍び込んで, 投じて, 拡がって, 指を, 斯う, 日が, 気を, 泳いで, 涙が, 現はれ, 異様な, 石の, 神の, 突入し, 色の, 蔵し, 見えなくなって, 蹲って, 転がって, 進んで, 運んで, 金が, 金の, 長々と, 限られて, 飛び込みました

8 [86件] あり心柔, いました, かくされて, くつきりと, これだけの, これは, しや, すがた, すっぽりと, たつた一人, だれか, とけ込んで, ねて, はいったの, はいり込んだ, ひろがって, ぽつりと, パッと, 一の, 一切の, 一筋の, 下手人が, 乗って, 人は, 人影が, 人間を, 今まで, 入れても, 入れること, 叫んだ, 呟いた, 唯だ, 唯一つ, 埋つて, 大勢の, 女は, 小さくなっ, 山の, 幾つかの, 引っ込んで, 引用され, 影の, 彼と, 彼等の, 忍んで, 思って, 息を, 感じて, 放り込んで, 数えて, 月が, 本当の, 横わっ, 残されて, 母が, 沈み込んで, 没頭し, 消える, 消え失せて, 溺れて, 潜って, 潜伏し, 火が, 火の, 生命を, 用いられて, 種々の, 自然と, 落して, 落ち込んで, 葬られて, 行って, 見た, 誰かが, 誰が, 身動きも, 酒を, 金魚が, 閉じ籠って, 降りて, 雑って, 雨が, 静かに, 響いた, 馬を, 駈け込んで

7 [94件] ある小さな, ある筈, ある者, いくつも, いるに, いるはず, おいて, お前の, かかって, こう云う, これが, しまひ, たくさんの, ちやんと, どうと, なつて, はいろうと, もどって, やつて, やつと, わずかに, ゐても, チャンと, ポツンと, 一つだけ, 一基の, 一夜を, 一条の, 一杯に, 三つの, 主人の, 今も, 住する, 侵入し, 僅かに, 入ったの, 入つて行, 入りこんで, 入りぬ, 出來, 名を, 四人の, 囲まれて, 在っては, 埋没し, 墜ちて, 妙な, 婦人の, 宿って, 引用し, 彼女を, 戰ひ, 投げて, 数えられて, 敵の, 早や, 映つて, 書いた, 有名な, 横た, 母の, 毒が, 水の, 永久に, 沈めて, 沈んだ, 活きて, 混入し, 漲って, 潜り込んで, 灯が, 燃えて, 生活する, 用意し, 発見し, 真白な, 私と, 私自身の, 突つ立つ, 突立っ, 竹の, 筆を, 紛れこんで, 自らを, 自分自身を, 色々な, 蔵され, 處し, 見える, 見る, 詰めて, 輝いて, 雪の, 鼻を

6 [176件] あったと, あったので, あらわれたの, ありましたが, あり或は, あるやう, あるを, ある一つ, ある大きな, ある時, いたこと, いっぱいに, いる人々, いる人間, いる時, いれられて, うずもれて, おいでに, おさめて, おぼれて, おれは, かう云, くるまって, この家, こんなこと, さう, さし込んで, さまざまの, しっかりと, しょんぼりと, その顔, それと, それらの, たった一つ, だん, つ, ついて, つっ立って, とけこんで, とけて, とびこみました, とらえて, どれだけの, はさまって, ほんとうの, ぼくは, ぼんやりし, まぎれて, もぐり込みました, チラと, チラリと, 一点の, 一緒に, 両手を, 並べて, 之を, 事を, 今日は, 住みながら, 作者の, 俺の, 先生の, 入っても, 入り, 入りながら, 入りまた, 入れたり, 入れなければ, 出ると, 出来て, 出没し, 分け入, 別の, 割り込んで, 半身を, 収めた, 向って, 含んで, 吸いこまれて, 在て, 在るもの, 夜は, 大きな石, 大変な, 子供が, 寝た, 少しの, 居るん, 己れ, 年を, 幾つも, 幾度か, 座って, 往来する, 心の, 我々は, 投り込ん, 收められ, 散って, 散在し, 散見する, 日を, 明かに, 昔の, 春の, 時間が, 暮らして, 暮れて, 本物の, 横は, 残つてゐる, 求めて, 沈み込んだ, 浮んだ, 浸み, 消え込んで, 湧き上って, 漂ふ, 物を, 現はれた, 生きつつ, 生長し, 男が, 男の, 眼の, 磅, 私達は, 秘められて, 秘密の, 突き出て, 突っ込んで, 突入した, 立ちまじって, 立てて, 精神を, 縦横に, 置きて, 置く, 美を, 老人の, 聞えて, 聳えて, 肩を, 膝を, 自から, 自己同一を, 船を, 若干の, 薄れて, 處て, 融け込んで, 蠢いて, 血が, 見えなくなった, 見ること, 見出した, 見出すこと, 語られて, 貯えて, 賊の, 起きて, 起つた, 身も, 載せて, 這入つた, 這入て, 通じて, 遊んで, 過ぎて, 閉ぢこもつ, 集められて, 青年の, 面を, 飼って, 驅け, 魂を

5 [267件] あり人, あるかという, ある石, いたが, いたので, いたり, いつでも, いつまで, います, いる一人, いる者, うつって, おいで, おちて, お立ちに, かくの, こ, こと切れて, この種, こびりついて, こめられて, こんな事, こんな話, ございます, さしこんで, しのびこんで, しばらくは, すくんで, その身, そびえて, そんなもの, ただひとり, たって, だつて, だれも, つめて, である, とび込んで, どんなこと, ない, ないもの, なにを, なると, はいったよう, はいりながら, ひそかに, ひたって, ひとりで, ふと其, ほかの, ぼうと, まぎれ込んで, もう一つ, もぐり込む, わいて, わたしの, わたしは, ゐたの, 一匹の, 一定の, 一枚の, 一片の, 一生を, 三の, 三人は, 不意に, 世を, 五六本の, 交ぜて, 交つてゐる, 人々の, 人と, 人生の, 仆れ, 今でも, 今日の, 伏せて, 休んで, 伸びて, 住む, 住めば, 何とかし, 何んか, 何度も, 何者かが, 余の, 作者が, 保存し, 候, 兄の, 先生は, 全身を, 出して, 出没する, 加えられて, 加は, 加へる, 加わった, 包括され, 千兩箱が, 取り入れて, 取入れて, 叩きこんで, 同じよう, 含めて, 吸収され, 囲んで, 坐り込んで, 埋まつて, 埋沒, 声が, 声も, 声を, 多分に, 夜の, 夫の, 姿が, 娘の, 婢女ばかり, 子を, 存在した, 宮遷し, 家を, 寢て, 小さくな, 小判が, 少しずつ, 少しばかり, 尾を, 居ながら, 居ること, 居るに, 居る人間, 居る女, 居れば, 届けて, 崩折れた, 幽霊の, 幾多の, 座を, 引き入れて, 弟の, 影が, 微かに, 微笑を, 忍びこんで, 悄然と, 悪魔が, 我を, 投げこんだ, 抱かれて, 捨て, 据えて, 握って, 支那の, 收めた, 收めて, 旦那が, 明らかに, 映して, 時を, 曰く, 最も多く, 有を, 朦朧と, 木の, 枝を, 様々の, 次第に高く, 歩いて, 歸り, 死の, 死んだ, 殘し, 母は, 気の, 汝の, 沈潜し, 沒し, 沢山の, 流して, 流れた, 浮き上って, 浮き出して, 浸りながら, 混り, 漂うて, 漂つてゐる, 灯の, 灯を, 灯火が, 無数に, 無理に, 父が, 猫の, 現れる人物, 現わし, 生きながら, 生を, 生活を, 異常な, 異彩を, 白, 目立って, 眠つてゐた, 眠つてゐる, 矗立した, 確に, 私も, 種々な, 穴が, 突つ込ん, 突立った, 突込ん, 突進した, 立ちすくんで, 立てり, 納めました, 編入され, 織り込まれて, 繰返して, 置き忘れて, 美が, 考えて, 耳を, 聞いた, 船の, 花を, 草の, 落ちたの, 落ちました, 落込ん, 融けて, 行われて, 行儀よく, 複雑な, 見えるの, 見た一首, 見つけて, 見出そうと, 見覚えの, 記されて, 詰められて, 誰にも, 走って, 迫って, 送って, 道を, 郎女の, 重大な, 金を, 閉じこめて, 閉じこもった, 隠れたり, 雀が, 集まって, 電光の, 震えて, 非常な, 頬を, 頭が, 風が, 飛びこんだ, 飛び込んだの, 飾って, 鮮かに, 鳴いて

4 [448件] あったが, あったよう, あまたの, あらはる, あらはれて, あらゆるもの, ありても, あるだけ, あるだろう, あるとき, あるとは, あるはず, ある何, ある大, ある或, ある所, ある文句, ある日本, ある様, ある種々, ある美し, ある自分, ある顔, あれば, いたん, いた者, いやな, いるうち, いるだろう, いるとき, いる女, いる虫, いれました, いろ, うつら来て, おしこんで, おって, おりまする, おれが, お前が, お糸, お菊, かくも, かくれた, かこまれて, かなりの, かれは, がんばって, くるんで, ここの, この事, この男, こめて, こもつて, これほど, これも, ころが, ころがして, こんな言葉, さう云, しみ込んで, じつとして, すべてを, すべりこんで, そなた, そのこと, そのま, そのよう, その名, その時, その男, それぞれの, それに, たがいに, たくさん光る, ただ一人, たったひとり, たった二人, たまって, だれかが, だんだんと, ちらちらと, つかつて, つかれて, つないで, つッ, では, とじこめて, とどまって, とどめて, どっしりと, どんなもの, なにか, なにも, ふくまれて, ふしぎな, ふるさとの, へんな, ほのかに, ほんのりと, ぽかり, まきこまれて, また何, まっすぐに, みなぎって, めり込んで, もぐりながら, もつと, もまれて, ゆったりと, ゆらゆらと, わしの, わたくしは, ゐたもの, ジッとして, ヒョイと, ピストルを, ボーッと, 一き, 一ぱいに, 一人や, 一度は, 一通の, 一週間も, 一道の, 三つも, 上半身を, 下の, 不図, 世界の, 丸めて, 交つてゐた, 人物を, 伏して, 伝わって, 伯父の, 伸び伸びと, 住し, 体が, 何にか, 何処か, 何処と, 余と, 保存され, 保存せられ, 俺は, 僕等の, 充分に, 充分の, 光が, 入つたの, 入らなければ, 入ります, 入り込みました, 入れては, 六人の, 再現し, 再現する, 出た時, 出ました, 出る, 分散し, 初めから, 前に, 割って, 力を, 加えた, 加わりたるもの, 加わること, 動物の, 包含する, 卵を, 又も, 反響した, 取り入れられて, 取り残されて, 右に, 右の, 含み入れた, 吹き込んで, 呑まれて, 呟きながら, 問題の, 土地の, 在るよう, 坐りながら, 埋めた, 埋めるよう, 変な, 多数の, 多量の, 大事に, 奇妙な, 女王の, 妻の, 子供も, 存するの, 孤立した, 安置し, 寝そべった, 寝ること, 寝るの, 寝起きし, 實現せられたる, 實驗の, 少しでも, 居たって, 居た者, 居ります, 居るから, 居るよう, 岡の, 己が, 幽かな, 幽かに, 幽霊が, 幽霊を, 幾度も, 床を, 建つて, 強ひ, 当って, 彼らは, 彼女が, 忘れて, 思つた, 恍惚と, 悪魔の, 我々の, 手紙が, 手紙を, 打倒れ, 打込んで, 投げ込みました, 投入し, 抛り込んだ, 抛り込んで, 抱えて, 押しこんだ, 押し込められて, 挙げられて, 挟まって, 捲き込まれて, 掌を, 掲げて, 揉まれて, 描きながら, 握りしめて, 擴が, 数々の, 数人の, 於いても, 於ての, 日も, 日本人の, 早一月, 書いたもの, 最後の, 月の, 月長石ででも, 有るもの, 机の, 机を, 来たの, 東京に, 松の, 果して, 桜の, 棲息し, 棲息する, 極く, 横たえて, 横はる, 次から, 歌を, 止まって, 死ぬかも, 残った, 殘つてゐた, 殘る, 毅然として, 母を, 毛が, 氏の, 求めた, 求めること, 汗を, 汝は, 池が, 活動する, 活躍し, 浮きだして, 浮べて, 浮出して, 消えうせて, 消えると, 涙の, 深く根, 混入する, 渦巻いて, 湯気を, 満ち満ちて, 溶け入って, 漂わせて, 漬けて, 潜入した, 無意識に, 無言の, 無造作に, 熱い涙, 父は, 父を, 牛の, 物の, 特別な, 犇, 犯人の, 現して, 現はる, 現わ, 現われた, 現われたもの, 生かされて, 生きようと, 生きること, 生まれて, 生命の, 生埋めに, 生存し, 生活の, 生長した, 甦って, 病人は, 病気で, 発見された, 発見される, 白いもの, 百本の, 真実の, 真実を, 眺めた時, 眼が, 知れ渡って, 石見銀山の, 示されて, 神を, 祭って, 私に, 秋の, 秘めて, 移した, 穴の, 立ちつくした, 立ちつくして, 立ちながら, 立ち黄金, 立ったの, 立つと, 立て, 立てかけて, 立て籠って, 籠められ, 紅毛人の, 紙を, 紛れて, 細君が, 組織を, 綺麗に, 緑色の, 置いた, 置いたの, 置くこと, 置けば, 美くしい, 聞いたこと, 聞いて, 聞こえて, 育つて, 胸, 腕を, 腹ばいに, 自分と, 自由に, 舟を, 艶や, 花が, 芸術の, 若い娘, 苦しんで, 茫然と, 落着い, 虫の, 蛇が, 蝋燭を, 融けこんで, 行つて居た, 行はれた, 襤褸切れの, 見いだして, 見えるもの, 見たこと, 見つけた, 見るところ, 見出したの, 詰め込んで, 起き上, 起ったの, 路が, 身は, 車を, 転んで, 載つて, 逃げこんで, 逃げ込んだ, 這入つて來, 避難し, 重要な, 金色の, 鉛の, 鉛筆を, 銀の, 閃いた, 閃めいた, 閉じ籠め, 閉じ込めて, 閉ぢ籠められ, 闖入し, 限りない, 隠した, 隣の, 隱れる, 電燈を, 電車の, 霞んで, 静止し, 響き渡るよう, 頭から, 頭まで, 風に, 風の, 飛び込むと, 飼われて, 馳け, 駆け込んだ, 魚の, 鳴り響いた, 黙って, 鼠の

3 [910件 抜粋] あえいで, あざやかに, あったという, あってさえ, あの人, あらは, あらん, ありながらも, あり汝等飛躍, あるある, あることば, あるその, あるよ, ある事, ある二つ, ある人間, ある家, ある彼女, ある手紙, ある普遍的自我, ある樹木, ある社会, ある離屋, いくつかの, いたと, いたとき, いっしょに, いって, いふ, いらっしゃるの, いるよりは, いるわけ, うかんで, うづく, うようよと, おくと, おしこめられて, おちこんで, おはいり, おります, お前は, かいて, かざって, からだを, きょとんと, くすぶつて, ぐったりと, こちらを, この, この事実, この頃, これらの, ごろごろし, さ, さしこんだ, さへも, しずかに, しようか, じっと坐っ, じっと寝, そこに, その, その不思議, その娘, その家, その道の, たくさんある, たつた一つ, ち, ちよつと, ちらついて, ぢつ, つっこんで, つぶやいて, つるして, とじこめられたの, とびこんだの, とり入れて, どこかに, どこからか, ないこと, なくては, なにか黒い, なんの, のって, はいったまま, はいれば, ひつそりと, ひびきわたりました, ふくみぬ, ふと私, ふみこんで, ほうりこめ, ほうり込んで, ほのぼのと, ぼやけて, ぼんやり立っ, ぽつん, まぢ, みずからを, めりこんで, もぐつて, もどしました, ものの, やみよりも, よみが, わかって, われわれは, ゐること, ゐるん, チヤンと, チラチラと, ヒラヒラと, フッと, ポカリと, 一つある, 一つも, 一人いる, 一名の, 一寺あり, 一度も, 一日を, 一本大きな, 一知は, 一羽の, 一般に, 一輪の, 一頭の, 丁寧に, 三人が, 上って, 上衣を, 並べられて, 乗り込んで, 二十一二の, 二十面相の, 云われて, 五色の, 人ある, 人知れぬ, 人類の, 仄白く, 今の, 仕事を, 他人の, 仰向, 伸子は, 住す, 住まって, 住むと, 住むよう, 住む人間, 何かしら, 何かは, 何ともいえぬ, 何時まで, 侵入する, 俯ッ伏し, 偉大な, 傘を, 兄が, 充ち満ちて, 兎の, 入ったもの, 入つて來, 入り來, 入るには, 入るる, 入れそれ, 入れたまま, 入れながら, 入れれば, 内在する, 冬の, 凝と, 凝然と, 凡ての, 出入し, 出現する, 分けて, 到るところ, 刻々に, 割りこんで, 労働者が, 匿し, 半日を, 原因の, 厳重に, 又と, 反響する, 収まって, 収められた, 収容され, 取入れられて, 口を, 吉里が, 名状し, 含有する, 吸い込まれるよう, 呟いて, 呻吟し, 呼吸する, 唐の, 唾を, 囚われて, 在りながら, 坐ったまま, 坐りて, 垂れて, 埋まった, 報じて, 外の, 大川一つ横た, 天下の, 天井から, 夫人の, 女と, 女中が, 姉の, 子の, 存する, 存せず, 学んだ, 安置した, 宵の, 宿を, 寂しさ, 寝かされて, 寝せて, 寢か, 封じて, 封じ込められて, 射て, 小判を, 少しばかりの, 就きて, 居りますので, 居るもの, 居る時, 居眠りを, 屋根の, 展開する, 山が, 崩折れ, 巨大なる, 幕が, 幸福を, 幾つか, 幾分か, 引いて, 引き入れた, 引っくり, 彳んで, 彼あり, 彼れ, 往々に, 得意の, 忍ばせて, 恍惚として, 息が, 悶えて, 意外な, 愛ちやんは, 感じられて, 感情を, 成就せられ, 成長した, 戦争に, 投げた, 投げ込まれて, 投じた, 投込まれ, 抛りこんで, 押しこめられて, 拙者の, 持たれて, 挟まつて, 挾まって, 捕えられて, 掛けて, 描き出された, 描き出した, 提灯を, 揺られて, 收められた, 放って, 救ひ, 散らばつて, 数えること, 斃れ, 斜に, 新らしい, 新奇なる, 新鮮な, 日本を, 明滅する, 昔から, 星が, 時計は, 曰ふ, 最上の, 有って, 朝から, 朦朧として, 未練がましく後, 朱の, 来ると, 某と, 案内した, 桑の, 棟を, 椅子を, 模索し, 横へ, 横わり, 横倒れ, 次第に微か, 止って, 歸る, 死体が, 死骸を, 残ったの, 殷の, 母と, 求むれば, 沈思し, 沈澱し, 没入した, 泊めて, 波を, 注いで, 泰然と, 活かして, 流し込んだ, 流れ込んだ, 浮び上って, 消えたの, 消えました, 消え去つて, 深々と, 温泉の, 溜って, 溶けこむよう, 滑り込んだ, 漂は, 漲つて, 潜りこんで, 潜在し, 潜在する, 火事を, 点々として, 煙って, 燈火が, 燈火を, 片足を, 牢死しました, 犬が, 独特の, 猛烈な, 猿の, 玄関の, 現はれる, 現れ来る人物, 生きた人間, 生き埋めに, 生の, 生息し, 男と, 男を, 留って, 疲れて, 発見され, 白の, 百両の, 盛られて, 監禁し, 目と, 相手の, 真赤な, 真逆様に, 眼に, 着いた, 矛盾を, 短刀を, 確かに, 社会の, 神田の, 祭壇を, 秋は, 秩序が, 積んで, 空気が, 空虚を, 突き出して, 突如と, 突込む, 突進し, 立ちどまって, 立ちながらも, 立ち交じって, 立ち止まって, 立つもの, 竦んで, 端坐し, 篝を, 籠ツて, 紅の, 納れ, 紫色の, 細々と, 絶対に, 繰返しながら, 置かれた, 群集の, 考へて, 聞えた, 聲を, 背を, 腰かけて, 臨き, 自分たちの, 自分で, 自然の, 船が, 草が, 菊の, 落した, 落ちたり, 蓄えて, 薄ぼんやり, 虫が, 蜘蛛の, 蝋燭の, 蟄伏し, 行は, 表われ, 西洋の, 見えたの, 見えない, 見出された, 親の, 記した, 記載し, 詰まって, 話は, 詳説し, 認めて, 誰だ, 謙譲の, 赤いもの, 赤や, 起こって, 起つて, 跡を, 跳び込んで, 輪を, 近代の, 迷いこんで, 退院する, 送るからとて, 逃避し, 這入ろうと, 遊びに, 運命を, 過去の, 釘づけ, 鉛を, 閃めき, 閉ぢ込められ, 開かれて, 間々ある, 降って, 階級の, 際立って, 隠見する, 集まりしは, 集中され, 雑多な, 雪と, 電灯が, 電車が, 青銅の, 靴を, 音も, 響き渡って, 響き渡るやう, 顕れて, 顫へて, 飛びこもうと, 飛込みました, 飛込んだ, 飛騨の, 食い入って, 養われて, 館の, 駈け込む, 魂が, 鳥の, 鳴り響いて, 黄色の

2 [3036件 抜粋] あおのけに, あちこち散らばった, あった書物, あなたが, あの夜, あの死骸, あまり激しく, あらわれるなんて, ありですな, あり火花, あるため, あるべし, ある不純, ある作家, ある大理石, ある建物, ある植物, ある流星球, ある砂金, ある自分以上, ある訳, あれほど, いたそう, いたんじゃ, いっぱいの, いなくなって, いるあいだ, いる事, いる様子, いる黒い, うかんだ, うずめられて, うつ伏して, おしんの, おふみ, お前を, お定, お見え, かうしるし, かくしたの, かなり大きな, くぐって, くりひろげられ私, こうも, こっくりこっくり居眠り, この三つ, この少女, この本, こめられる, こんな悲しい, ござれば, さらされて, しても, しまいました, しょんぼり立っ, じっと生き, すずめ焼, すわった, そこらに, その光, その建物, その種子, そらんじて, それ等の, たたえて, ただひと筋, たつて, ちゃんとした, ちらりと見え, つくって, つみこんで, とぐろを, ともって, とりつけて, どうもナポレオン, どんな事, なくて, なにごとか, にんげん, ねむつ, はいったと, はいりこませ縺れさせさえ, はえて, はたき落す, ばらまいて, ひたして, ひと塊, ひろまった, ふすま, ふと一人, ぶちこんで, ほんとうに, ぼんやり蕎麦屋, また, まだ若い, まづ, みなぎらして, めぐらして, もぐった, もとめて, やみ, よみがえって, わけ入って, ゐたこと, ゐる小さい, ウサギが, クララの, ザラザラと, ダンテの, トルコ風の, バタを, プロレタリアの, ボールが, ムク, 一けん, 一つ古い, 一人が, 一人立つ, 一切夢で, 一容を, 一條の, 一筋西に, 一軒だけ, 万人の, 三本の, 上段の, 不安の, 不純な, 中学を, 主人を, 事実と, 二宮尊徳の, 五六人の, 亡びること, 亦多少, 人声が, 仆れた, 介在する, 以前から, 伏す, 佇んだ, 住みて, 住む人達, 何でも, 何らの, 何処へ, 何物かを, 使って, 保って, 俯向きに, 借馬屋, 僕には, 兄妹二人の, 先刻から, 入ったが, 入っての, 入らず, 入りその, 入り交じって, 入るといふ, 入れさせて, 入れた鳥, 入れられたよう, 入れるため, 入学した, 六雄蕊あり, 円くなっ, 冠の, 出かけて, 出来ること, 分解され, 刻みつけて, 割込んで, 加筆され, 勝手に, 包有せらる, 千兩箱を, 南と, 厚く白粉, 又一ツ, 又関藤, 反響し, 叔父が, 取囲んで, 句あり, 右手谷の, 吐いて, 君は, 含めんには, 吸収し, 呼びかけた, 唄の, 唱名の, 喰ひ, 四十面相が, 土蔵の, 在る弟, 地方長官の, 坐つたまま, 埋めたり, 埋もれました, 基督の, 塩を, 壁が, 変装の, 外国人が, 夜を, 大きくなっ, 大きな箱, 大急ぎで, 大金を, 夫人は, 女神が, 妾の, 姿は, 孔を, 季節が, 安心し, 客は, 寂と, 富永仲基の, 寝に, 寢ころん, 寿座の, 封じ籠め, 導いて, 小さい雄, 小奴, 小粒も, 少し斜, 尚お, 居たのに, 居ないの, 居る様, 屈み込んで, 屏風を, 岸へ, 崛起せる, 工藝の, 差し込まれて, 巻いて, 巻き込めて, 師匠は, 帽子を, 平気で, 幸運の, 幾日かを, 建てた妙, 引き籠って, 引越さないと, 強いて, 彷徨す, 彼自身に, 徐々に鎌首, 復活し, 必然に, 快い明るさ, 思ひがけ, 急が, 恐ろしいもの, 悩みもがく肉慾吝嗇, 意味が, 感じたの, 懸かって, 我も, 戦闘の, 手に, 打ち倒れて, 投げ出された木樵, 投げ込むの, 投り込め, 抱一と, 押し込めて, 拡がった, 持ち込んだ物, 挟んだまま, 捕虜と, 探した, 掲げたる第, 描いた古人, 描き出すの, 揺曳する, 收める, 教育に, 數へ, 新しい時代, 方々の, 日は, 旧式な, 明言し, 春が, 時計の, 暁の, 暮らさなければ, 書かれたもの, 月は, 朝の, 未知の, 村, 東京の, 林檎の, 根本的に, 桜島の, 森閑と, 様々な, 機関の, 次第に力, 正当に, 歩を, 死んだこと, 歿した, 残るは, 毎日幾つある, 民主主義傾向を, 氷と, 求むべきもの, 汗が, 汽車が, 沈めたといふ, 沈潛する, 没すると, 河岸の, 泉邸の, 泣き崩れて, 注意すべき, 派して, 流れ出して, 浮きつ沈みつして, 浮びあがって, 浮沈する, 浸る, 消えさる, 消されて, 深く入, 深入りし, 清浄に, 渦巻いた, 湧き起って, 満月の, 溶け込むよう, 滲んで, 演劇の, 漲つた, 潜む, 澄みきつて, 濛々と, 火種を, 無いもの, 無理な, 煙草の, 熱心に, 燒かれし, 片付けなければ, 犇と, 猪の, 珍らしく, 琴の, 生かしたもの, 生きた困難, 生き物の, 生れた一個, 産む子供, 田圃の, 画を, 病を, 痺れが, 発見します, 發見する, 白髪の, 盛られたもの, 目も, 相對, 看取せられる, 真直に, 眺めながら, 睡って, 知人の, 砂利を, 神が, 秀子の, 秋霜の, 移り住んだの, 穏かな, 空間が, 突き立って, 突伏し, 突然恋人, 立ちあがって, 立ち上って, 立ったという, 立てた線香, 第一, 築かむとするのみ, 籠を, 糸の, 納めると, 素晴らしいの, 結婚し, 絶叫し, 綺麗な, 縡切れ境の, 置いた湯呑, 置きざりに, 置くやう, 群がって, 老人は, 聞える, 肩から, 胡坐し, 脚の, 腹痛を, 自伝めく, 自分達の, 自由を, 舞台を, 芝居の, 芽ざし, 苦闘し, 茶碗を, 菓子の, 萌して, 落ちること, 落ち込んだ, 葬って, 蓄積し, 蕩けさうに, 藁を, 蚊が, 蜘蛛が, 螢が, 行き渡って, 行われた, 裾は, 見いだした, 見えるよう, 見せて, 見ても, 見るも, 見出したと, 見捨てて, 角の, 記して, 許り, 詳しく書い, 認められる, 誰やら, 諸君は, 谷が, 貴女の, 赤い太陽, 走り出て, 起した, 起る, 跡方も, 跼蹐し, 踏み込むと, 身うごき, 輝く光, 辷べり, 返すの, 迷い込んだ, 追い込まれて, 逃げこんだ, 透して, 這入りますと, 通して, 進み出よう, 運命の, 遙かに, 遺つて, 都下の, 野原や, 金魚を, 銀色に, 銭が, 鏤められた変化無限, 長崎の, 開放され, 限って, 陷り, 際立つて, 隠れエキゾス, 隱れた, 集録する, 雨水が, 雷の, 静かな, 韜晦する, 響き渡つて, 預けて, 顎を, 飛び下りると, 飛び込んでも, 馬の, 駒次郎が, 高い美, 鬱陶しく頬冠, 鳴り渡った, 黒い人影, 鼓動し

1 [28930件 抜粋] ああし, あったならば, あった政治, あつむ, あの老婦人, あらゆるクリスマス, ありましたから, あるいは今, あるなどと, あるパスカル, ある今日, ある受信機, ある家数, ある憧憬, ある機械, ある現金, ある紅, ある軽侮, ある高, いい性質, いくら持っ, いたポケット小僧, いだいてる思想, いつしかすっかり一通り, いつも閉じこめられてる, いません, いるとは, いる小池助手, いれたこと, うく男, うたわれて, うま, おかしな連想, おしこめ戸, おどりこませた, おぼろに, おろして, お尻, お綱, かかえられて, かくれいったい, かぞえられて, かほどの, きっと元, くいこませ本国, ぐうぐう眠っ, こうした気持, このから, この夜, この灯明皿, この馬, ころがった, こんな深遠, さがった舌, さつと, ざつと目を, しっかと蔵, しばらく居たら, しょんぼり坐っ, じっと身, すすむと, すでに備わっ, すーっと, そういう方面, そっと匕首, その二三日目, その夫, その昔漂浪楽人, その糞詩泥歌, それぞれ形のかは, たいていスケッチブック, たたずんだの, ただ清吉爺, たつた二人, だいぶ河豚料理屋, ちゃんともう誰か書き, ちらりと見えた, つくられた四角, つまみ込まれた蟇同様, ですが, とじこめられその, とび込みました, どういうこと, どことなく殺気, どんな傑出, なかなか意味, なにかいる, なんだかえたい, ねたきり, はいったダフネ, はいりませんでした, はえた青白い, はたらく隱坊たち, はや半ば, ひそむとか, ひとりと, ひょいと気, ふかく睡つ, ふと閃く, へばりつくので, ほほえみながら, ぽっつり離れ, まごまごする, またはいり込ん, また鉄, まったく箱, みえる人名, むす子, もう一段, もぐりこみそれから, もだえ死, もんどりうっ, やはり聖霊, ようやく芸, よどんで, わきあがって, ゐた一人, ゐる肥つた母親, アントワーリース, オキキリムイの, キビキビと, グレエトヘン, サンタクロスに, スクリューで, ゾーッとは, チラチラ出, ドーッと, バルザックの, ピンセルチンなんて, ヘロデアと, ポケットなどに, メキシコに, ラーペの, ローマに, 一つ拙い, 一二も, 一人千葉県人が, 一人長方形の, 一国としての, 一廓島原傾城町の, 一杯つめられ, 一町村を, 一致和合し, 一際輝いてる, 万葉集ほど, 三尺も, 上り込んだ, 不幸に, 世間が, 中房, 主将勝頼は, 九乃ち巻を, 事業といふ, 二人と, 二引両, 互いに連絡, 五月雨は, 交ぜこんで, 京都で, 人肉を, 今再び, 仕上がるの, 以前は, 伏せって, 似た草, 住み慣れた地方, 住んだ当座, 何だかえらい, 何やらグチヤ, 何千と, 余りせち辛い, 使われる文字, 信奉せる, 候う, 傳へられた, 元兢, 先輩から, 入ったので, 入らしめん, 入り問い, 入るかも, 入れたいと, 入れましたけれど, 入れるやう, 入終る, 八百屋で, 其の主人公, 典薬寮に, 再び忘れられ, 冷たくな, 処女の, 出会った時, 分け入るの, 列せられねば, 制作し, 割りこもう, 加つて彼は, 勃々として, 動物に, 包みこむそれ, 北紺屋署へ, 十四五名の, 千鳥と, 協会の, 卿を, 又元, 収むるとは何という, 取り入れること, 取残されし時, 古びたカンカン帽, 可也複雜, 合理的な, 名人紀昌は, 君公の, 含まれるの, 吸殻を, 味噌を, 咲きたいといふ, 唯一人心の, 喘ぎながら, 噛み爭つて, 四方八方から, 固定し, 在った今日, 在る慾望, 坐し聴き且問, 垂込ん, 埋め込んで, 堀立小屋を, 墜ちる, 夕景に, 多彩な, 大きい蛾, 大きな眸, 大勢人が, 大胆に, 天幕を, 失われないであるすべて, 女史の, 妻に, 婆の, 孔明は, 学校へ, 安慰, 実に何, 宰相の, 寂しそう, 寝そべってると, 實現せざる, 射影する, 小さい蛇, 小さな植物, 小心な, 少しく品, 尻尾が, 居ては, 居る仏様, 屋敷まで, 山田を, 嵌って, 巨木が, 巻込まれたよう, 帰京しなけれ, 平衡を, 幾人ある, 床に, 廊下で, 引きずりこむの, 引つ込みその, 弥生さんという, 弾を, 彼ら自身を, 後妻を, 御本丸, 徳子さんへ, 必ず書ける, 快さそう, 思い浮べた隠徳, 怪しき巨人, 恐ろしい悪魔, 悪戯を, 惹込む, 感じ得る許, 憩ふ, 戒め合いながら, 戻ったという, 手錠を, 投げこまれて, 投げ込み魚, 折々雲, 抱きすくめられるよう, 押し込むやう, 招じ入れ, 持ち込まれた新, 振撒いた, 捩込んで, 掘り出されて, 揃いも, 描き出そうと, 搖れる樹, 攝收され, 放り込む事, 敢えて屍, 数えられないであろう, 整い過ぎたほど, 斑に, 新しくまた, 於ける小分, 既に女性, 日羅という, 明るい硝子窓, 映る彼女, 時々白い, 晴れたり, 暮らしだして, 書いたよう, 書て, 最も興がった, 有名の, 未だ傷痕, 李司馬の, 東北の, 枯草や, 根強い一つ, 棄てられて, 植ゑてあるものは慥に, 榛名の, 横着な, 次第に天皇, 正しく含まれ, 武功を, 死し去りたる証拠, 死者を, 残る快い, 殿様の, 毛玉を, 水槽に, 求めむ, 決心し, 沈んだと, 没する女師匠, 泊りこむ覚悟, 注がれるの, 活かせとか, 流れ込む快, 浮かみ来たる道理, 浮び村ぢ, 海に, 浸りつ, 消え込んだ樣子, 深い壕, 深志が, 淺く, 温良貞淑の, 満つる, 溶け行く雪塊, 滲透し切れなかつた, 漕ぎ出した, 潜っては, 潮霧は, 火は, 点いて, 無理を, 照らしだされて, 燃えるやう, 父安房守といった, 物置でも, 犬を, 狷介に, 玉兎の, 現れた女, 現代精神すなわち, 甚助も, 生きるため, 生じるもの, 生動する, 用いた場合, 男二出しぬけに, 異形なる, 病死した, 発見せられました, 白い目と, 白鍍金が, 盆栽の, 目もとの, 相撃つ, 真摯公正な, 眠る夜, 睾丸を, 知れ渡りました, 砂場で, 磨墨以上の, 神秘を, 私への, 移し己, 積荷が, 突き落し散々詫び, 突然彼, 立ちつくしました, 立ち現われて, 立つた夏蜜柑, 立交らひ, 競漕水路を, 答辭の, 籠ってなぞ, 紀州田辺の, 納められるの, 細い塵, 組み込まれて, 絶えずこの, 緑いろ, 縹渺たる, 纏付る, 置き後, 美しく紅潮, 翻って, 聞いたとき, 肌の, 肺炎で, 脱落した, 臥し沙, 自力の, 與八郎が, 色々援護, 花果を, 若しや, 茲に, 菜漬を, 落ちた水兵, 落つる迄, 葬られ去らんと, 蔵い込ん, 薩摩に, 蘇らして, 蜒り, 蠢くの, 行ったこと, 表は, 襟を, 見えずなつ, 見え難き, 見も, 見出さるべきであり略言, 見失うまいと, 覚えよい, 触れ合うと, 記代子の, 試験によりて, 認められる誠意, 読んだ時, 謎が, 豐臣方の, 貴婦人は, 赤い金魚, 起きると, 起る一つ, 跳び出しては, 蹴とばされて, 軍神の, 載せられたる三枚, 辰子の, 述べしが, 追ひ込まれた, 逃げこんだとき, 透きとおって, 這入つて貰, 通用した, 進むれば, 運んだ, 遠ざかって, 郵便箱ほどの, 重々無尽に, 金五郎が, 鉄が, 鋳かためて, 長い年月, 門外不出の, 閉じ込められてる悪鬼, 関の, 降り来り海, 陳べて, 隠させたが, 隠れるところ, 集注され, 雪で, 霧の, 青磁色の, 響いた名前, 頭をも, 風洞を, 飛び込むもの, 食べおわった五人分, 餓死する, 駆け付けた三人, 骨立つた, 高沢寺の, 魚籠の, 鶏を, 黒い口髯, 黒子うしろ鬢に

▼ 中~ (20437, 11.5%)

127 私は 95 何か 88 呟いた 86 彼は 70 自分の 57 それを 55 あつた 49 私の 47 叫んだ, 眼を 37 彼の, 死んで 35 呟いて 33 云った 32 つぶやいた 31 目を 28 一人の, 思って 27 手を 25 言って 24 生きて, 私が, 繰り返して, 身を 23 言った 22 何を, 叫んで 21 いって, 働いて, 思った, 泣いて, 考えた 20 暮して 19 いった 18 彼が, 或る, 自分は, 静かに 17 かすかに, 一つの, 仕事を, 何が, 女の, 彼女は, 考えて, 自分が 16 それが, 二人の, 呟きながら 15 くり返した, 二人は, 云って, 呟やいた, 寝て, 彼女の, 殺されて, 笑って 14 僕は, 動いて, 彼を, 急に, 日本の, 酒を

13 [11件] 人の, 声を, 息を, 書いて, 煙草を, 眠って, 私に, 繰返して, 誰か, 顔を, 首を

12 じっとし, 次の, 知らない者, 繰り返した

11 [12件] いつまでも, そんなこと, たった一人, 一番の, 不思議な, 叫びました, 夜を, 答えた, 聞いて, 自分に, 見て, 返事を

10 [14件] どのよう, どれが, ひそかに, 一番美しい, 何かが, 彼女が, 新聞を, 横に, 此の, 物を, 生活し, 自分を, 遊んで, 頭を

9 [24件] いろいろな, くりかえして, その人, それは, ただ一つ, つぶやいて, でも, 人を, 他の, 例の, 半蔵は, 唯一の, 夢を, 家の, 岸本は, 幾度も, 消えて, 父の, 知らないもの, 私と, 誰が, 誰よりも, 非常に, 鳴いて

8 [21件] いろいろの, くり返して, これは, ころがしながら, つぶやきながら, わたしの, 一人で, 一緒に, 何かの, 何の, 妙な, 子供の, 待って, 最後の, 有名な, 特別に, 男の, 発見された, 矢代は, 第一, 話を

7 [30件] いちばん大きな, これほど, これを, こんなこと, さへ, そう呟いた, それらの, なにを, 一番よく, 三人の, 不意に, 二つの, 人が, 人間の, 休んで, 呼んで, 小説を, 成長し, 暮らして, 最初に, 最大の, 松の, 泳いで, 渦を, 火を, 膝を, 読んだこと, 誰かが, 述べて, 面白いの

6 [42件] いいました, いつた, いろいろと, お経, このよう, これらの, それに, たった一つ, 一夜を, 一番大きい, 一番高い, 云つた, 今でも, 僕の, 呟く, 呟くよう, 声が, 大きくなっ, 念仏を, 思つた, 想像し, 揉まれて, 書物を, 最も古い, 最後に, 歌って, 気を, 法水は, 生れて, 発見した, 笑った, 絶叫した, 繰返した, 苦しんで, 行われて, 見たこと, 見ると, 言いながら, 話して, 足の, 足を, 道に

5 [89件] あなたの, あなたを, あばれて, いひながら, いやに, うつらうつらし, うつらうつらと, お前の, きれいな, くりかえした, この作品, この娘, この男, この頃, こんな智慧づかぬ, ござりまする, さへも, そつと, そのよう, ただ一人, ぢつ, ね, は彼, ひとりの, ものを, やって, わたくしは, わたしは, われわれが, われわれの, ブツブツ言っ, 一本の, 一番よい, 一番大きな, 一番有名な, 主人の, 二三の, 二人が, 云いました, 人に, 人間が, 今の, 俺は, 僅かに, 先生の, 光って, 君は, 唯一つ, 夢の, 妙に, 婦人の, 小さな火, 平気で, 彼らは, 待つて, 思いながら, 我々は, 揉んで, 描いて, 日が, 明かに, 最も純粋, 最も美しい, 最も重要, 本を, 死んだ, 母の, 泣いた, 涙を, 熱心に, 燃えて, 生活する, 目が, 眼が, 着物を, 私も, 私を, 立ちはたらい, 育って, 自然に, 自由に, 舌を, 誰れ, 踊って, 金を, 雪の, 飯を, 魂を, 黙って

4 [163件] あつて, あなたは, いいながら, いつでも, いろ, うつとりとして, おた, かすかな, かれは, こう呟いた, この, この歌, さけびました, さっきから, しっかりと, しばらく青く, そう叫んだ, そのこと, それと, そんな事, ただ一人の, どういう風, どんなこと, ねて, はあった, はある, は最も, ぶつぶつ云っ, ぼんやりし, よ, ニヤリと, パッと, 一つに, 一人が, 一人だけ, 一番偉い, 一番儲かる, 一番姫君の, 一番若い, 不思議に, 不自由な, 云いながら, 云つて見, 云ひました, 人々は, 人と, 今まで, 今も, 今日まで, 体を, 何時までも, 何遍も, 俄に, 働くこと, 僕を, 先生は, 刀を, 別れて, 勝手に, 口を, 叫びながら, 叫んだの, 可なり, 右の, 吾, 呟いたが, 呟きました, 呼吸し, 啼く, 喧嘩を, 四十分間焼きます, 多くの, 夜の, 夢中に, 大声に, 姿の, 子供が, 存分に, 完全に, 寝返りを, 小さくなっ, 小鳥が, 帽子を, 幾日も, 彼と, 彼に, 彼らの, 彼女に, 彼女を, 微かに, 思うよう, 思ったの, 恥を, 我々を, 手に, 揺れて, 整理し, 日を, 日本人の, 最もすぐれた, 最も優秀, 最も多い, 最も有名, 最も興味, 最も顕著, 板の間の, 植ゑ初めの, 歌を, 死の, 殺されたん, 氏の, 決心した, 沢山の, 火が, 煙の, 父に, 特に私, 犬の, 現実を, 男を, 盛に, 目の, 石の, 竜之, 第一等, 第二, 答へ, 絞殺され, 綺麗な, 繰りかえして, 罵った, 考えながら, 考えました, 考へて, 耳を, 聞えた, 自己の, 苦笑し, 苦笑した, 虫が, 虫の, 裸に, 見たの, 見るの, 言いました, 言葉を, 評判の, 読んで, 輝いて, 辛抱し, 透して, 野宿を, 際立って, 静かな, 音が, 音を, 音楽の, 頭の, 風の, 魚の, 魚を, 鳴つて, 鶯が

3 [343件] あなたに, あの男, あれだけの, いくども, いっしょに, いろんなこと, うごめいて, うとうとし, うなずいた, おのづと睫と, お君, かう云, かの女, からだを, がすが, くりかえしながら, ぐずついて, こういっ, こういった, こう言っ, この問題, この時, これに, これも, こんな話, こんな風, ごそごそと, ごろごろし, さう, さうし, さけんだ, さまざまな, しずかに, しづかに, すべてを, その名, その声, その子, その手, その言葉, た, たつた一人, だ, だれか, だれの, だれも, ちらと, つく, つぶやいたが, つぶやきました, どうした, どれだけが, どんな風, なしに, なんの, のびのびと, はっきりと, はなく, ひとりごとを, ひとりで, ひとり言を, ひろ子は, ふいに, ぶつ, ぶつぶつ言っ, ほかの, ほんとうに, ぼんやりした, ぼんやりと, まごまごし, まっ黒に, みんなが, ゆつくり, わたしに, われわれは, アメリカの, ゴーリキイは, ハモニカを, ピストルを, ブツブツと, ベースボールを, マッチを, ランプの, 一しょに, 一人でも, 一体何, 一定の, 一斉に, 一生を, 一番いい, 一番えらい, 一番に, 一番大切な, 一番好きな, 一番小さい, 一番得意な, 一番早く, 一番重い, 一番面白い, 一種の, 三つの, 三人は, 上の, 世界の, 主人公が, 二つに, 二つにも, 二十五分間焼きます, 二十分間焼きます, 人々が, 人々の, 人間は, 今夜は, 今度の, 今日の, 仕事が, 他人の, 伸びを, 伸子は, 何かを, 何と, 何も, 何十人という, 何時でも, 作曲した, 俊夫君は, 俺の, 倒れて, 僅に, 冬を, 凍えて, 出来るだけ, 前の, 割合に, 半蔵が, 半蔵の, 南は, 同じよう, 君に, 命を, 咳を, 唯一人の, 唱えて, 唱えながら, 唸って, 喜んで, 団扇を, 坐禅を, 変な, 外の, 外套を, 大勢の, 天の, 天井を, 太い声, 夫に, 奇妙な, 女に, 女は, 女を, 妻の, 安心し, 実験を, 寝たり, 寝ること, 寝る女たち, 少しでも, 山を, 岸本の, 己の, 己を, 平次は, 年上の, 幾多の, 幾度か, 底の, 当時の, 彼等の, 後に, 後ろから, 御一緒, 微笑した, 必要な, 思いました, 思わず, 恋を, 悪魔の, 感謝し, 戦って, 探して, 揺られて, 故郷の, 数を, 文化の, 文学の, 斯んな, 昔から, 時を, 普通に, 普通の, 暮すよう, 暴れて, 書かれて, 最もよい, 最も偉大, 最も優れた, 最も多く, 最も大きい, 最も新しい, 最も有力, 最も深く, 最も目, 最も立派, 最も聡明, 最も見事, 最も重大, 最初の, 最古の, 最良の, 朝から, 本当の, 村の, 楽しんで, 様々な, 機を, 此恵美屋敷ほど, 歯を, 母は, 比較し, 水に, 水を, 汗を, 波が, 泣きながら, 注意すべき, 活動する, 涙が, 渦巻いた, 湯の, 湯を, 溶けて, 灰に, 炭を, 焚火を, 焼いて, 焼け死ぬの, 煮られて, 熊の, 物が, 物の, 特に目, 狂気の, 独言を, 獣の, 生きなければ, 生活を, 生育した, 男が, 相手が, 相手の, 知って, 知合に, 石を, 石炭を, 祈って, 私たちは, 私どもは, 私には, 私達は, 立働いて, 紙を, 絵を, 続けて, 繰りかへ, 繰返しながら, 罪人と, 考えたの, 耳に, 聖書を, 肩を, 育った女, 胸の, 腰を, 臆病な, 自分たちの, 自分で, 自分自身の, 自然の, 自身の, 船の, 船頭の, 良人の, 色々と, 色々な, 花の, 花を, 芽を, 苦しそう, 茶を, 蘇生し, 蘇生した, 蛇を, 蝉の, 蠢いて, 血を, 衣服を, 表の, 見た, 見ること, 言つてゐる, 言つて頭を, 言ひ, 評判に, 詩の, 話し声が, 認めて, 語って, 読んだ, 読んだの, 誰かに, 誰の, 誰やら, 調べて, 起った, 身体の, 身体を, 車を, 近所の, 途方に, 過去の, 醗酵し, 雨に, 雨の, 電光の, 非常な, 靴を, 頷いた, 顏は, 顔の, 顫え, 餓死する, 首に, 鬼が

2 [1188件 抜粋] あくまで高雅, あたしが, あつたら, あなたと, あのひと, あやめ咲くと, ある恐ろしい, あれほど, あれ以上詳細に, いかなる位置, いたずらに, いちばん力の, いちばん奇麗な, いちばん高い, いつもの, うずくまって, うめいた, おくみ, おじいさんは, おれが, お前に, お園, お母さんの, お生まれ, お詫びを, お逢, かくれんぼを, かみしめて, きいて, きらりと, くすくすと, ぐるぐると, こう云う, こう思った, こちらの, このお嬢さん, このカチカチ山, この二人, この小屋, この辺, この騷ぎ, ころがして, こんな事, ごうごうと水, さう言, さちよは, しかとは, しつかりと, じっと眼, じつと, すすり泣いて, すべての, せう, そういっ, そう云う, そう思った, そう決心, そっとその, その事, その時, その頃, それだけが, それも, たがいに, たしかに泳げる, たつた御, だれよりも, ちらちらした, つぎつぎに, つけ足した, つぶやくの, でもお, とてもやさしく, ともすれば撓み, どうして自分, どこが, どこまで, どれだけ, どんな形, なにが, なら夫人たち, にこにこ笑っ, ねむって, のたうって, はあります, はっと気, はなかっ, はまだ, ばちや, ひそひそと, ひどいぼろぼろ, ふいと, ふやけて, ふッ, ぶつぶつ呟い, ほかに, ぼしゃぼしゃと, まご, まず煙草, まだ若い, むす子, むやみに, もがいた, もっともいちじるしかっ, もみ合って, やっても, やりました, ゆっくり聞い, よくは, よく大きな, よんで, わがルナアル, わずかに, わたくしの, アッと, カチリと, カンテラを, グッスリ, ケッケッと, コツコツ無限, ゴーリキイの, シャンシャンと, ソクラテスは, ソヴェトの, トロ, ドンドンむれ, ニヤニヤと, ハラ, バスの, ビールの, ブツブツ言う, ベートーヴェンは, メチャメチャに, リーヂアは, 一つは, 一ばん大きな, 一了簡あり, 一人言を, 一句私の, 一夏ぐらい, 一生懸命に, 一番たのしい, 一番位の, 一番古い, 一番威張っ, 一番幅の, 一番強い, 一番気の, 一番私を, 一番背の, 一番軽い, 一番頭の, 一葉丈は, 三味線を, 上から, 不審に, 両手を, 主なる, 主人公は, 亀に, 二人で, 云つ, 云つて見た, 云われて, 人間と, 今にも昏倒, 今日は, 仙太に, 休みたいの, 低唱した, 体が, 何かに, 何度も, 何点が, 作って, 作者は, 信一郎に, 倒れでも, 偶然な, 働らい, 元気の, 先刻から, 光の, 兎も, 全快した, 再び眼, 冷笑し, 凝と, 出版され, 切腹を, 初めて松脂の, 別れた, 前に, 助けて, 動かして, 勝利を, 十九の, 十分に, 半分は, 卒倒した, 卵から, 去年死んだ, 取り敢えず百話, 口説かれるなんて, 叫びつづけた, 台所の, 各自に, 同行の, 君の, 呟いた時, 呟やく, 呻る, 命がけで, 哀れな, 唸つたの, 問題に, 営まれて, 嘔吐を, 嘲笑つた, 噛んだり, 四人が, 回って, 土人の, 地方, 坂井から, 声高に, 変装し, 夕日の, 大きくなった, 大きな声, 大きな眼, 大変でございます, 天が下の, 失礼だ, 女が, 好惡, 妾は, 姉は, 娘の, 嬉しが, 孔明に, 安息したい, 宗助は, 家には, 寒素, 寝こけて, 寝せて, 寝る事, 寝込んで, 封筒を, 小さく平, 小僧の, 少くとも, 少年に, 尤も有力, 屠腹し, 嵐の, 己が, 布団の, 幅を, 年かさな, 年も, 幾分か, 床に, 床板を, 建築の, 強烈な, 彼には, 彼らが, 彼女と, 彼自ら最も, 後の, 復習し, 微笑し, 心に, 心臓を, 忘られた, 思う, 思ひました, 恐れ入りますが, 恨みを, 悟りを, 悲しげ, 悶々と, 意志の, 愛らしく笑っ, 感じながら, 感歎した, 慟哭し, 成立する, 我々の, 戦争の, 戸を, 手さぐりに, 手も, 手足を, 打ち殺しやり損じたら一, 拳を, 持って, 捨石の, 探偵小説の, 描いたもの, 敏感に, 敵と, 文学は, 料理が, 斯う, 明暸な, 昔が, 昼寝を, 時ならぬ, 時計の, 時間を, 暮した, 暮すに, 暮らした, 書いたもの, 書くもの, 最も中心的, 最も古く, 最も大きな, 最も憎ん, 最も敬太郎, 最も正しい, 最も秀でた, 最も精密, 最も著しい, 最も貧弱, 有数の, 木は, 木枕に, 本沢温泉こそは, 朽ちて, 村中で, 枕を, 桜の, 楽に, 次郎吉は, 歌祭文を, 此丑之助にだけは, 此惠美屋敷ほど, 武と, 死ぬかと, 死ぬの, 死んだこと, 死人の, 殊に私, 母と, 気に入ったもの, 気象の, 水が, 水蜜桃を, 決闘が, 沸, 泣きつづけは, 泣き声を, 活, 消えました, 渦巻いて, 源氏は, 準備したい, 澱んで, 灼けつくよう, 焚火が, 煙草の, 熱い息, 父母の, 牛は, 特に注意, 特別の, 狂ふ, 独語ちた, 狼狽し出した, 現実の, 生き残って, 生れたもの, 生れた気, 生命の, 生長した, 用を, 男と, 界隈の, 病死し, 発達した, 白, 目に, 相互に, 真先に, 眠ったらしい, 眠りに, 眼玉を, 知つてゐる, 石と, 礼を, 祈る, 神を, 神経の, 秋の, 穏かに, 空想し, 空想的な, 突然に, 窮屈な, 立てて, 立小便を, 立往生し, 笑ひ, 笛を, 第一ばん, 答へる, 箸を, 細鱗を, 絞め殺したの, 絶望的に, 縊れて, 縷々と, 繰り返しながら, 美しいもの, 老婆の, 考へ, 而も, 聞いた, 聞いた悪評, 聞える, 聴いて, 育ちました, 育ったせい, 育てて, 背のびを, 背中を, 胸算用を, 腕を, 腕足類に, 腹を, 自分だけが, 舌打ちを, 船を, 芋を, 芸を, 苛立し, 若い娘, 若者は, 茂太郎が, 荷物を, 葉子は, 蛤を, 行って, 行われた, 行者の, 裸体に, 見た事, 見た美留女姫, 見付けそれ, 視線が, 角力を, 言つた, 記憶に, 詩を, 認めた, 誰と, 誰にも, 誰知らぬ, 調子を, 赤面した, 起こった, 越して, 足踏みを, 踊りを, 身じろぎを, 身もだえを, 輾転し, 遊んだ, 過して, 遠くに, 酒の, 金で, 金銭の, 釣を, 銅の, 鑿岩機を, 陰々と, 雪に, 震えて, 霧の, 静に, 響いた, 頭に, 頷いて, 頻りに何, 風車の, 食べます, 飼はれ, 首尾よく, 馬は, 騒いで, 高い所, 鯉の, 鶏が, 鷹にも, 黒煙を

1 [12825件 抜粋] あああの, あざわらった, あてが, あの女優, あばれ出しでも, あらゆる危険, あれ以来, いう, いきなり貴子, いたいけな, いちばん下手だろう, いちばん暑い, いったん文学, いつも硝子窓, いまにも, いろんな用, うす絹, うなり出したもの, うんと遊ん, おじさんは, おとなしく待っ, おもいがけない見当, お互いに, お妙, お染, お破らせ, お酒, かくありし, かなり重大, かんで, きっとやさしい, くずれる燠, くり返す時, ぐるぐる廻し, こういう道, こう感嘆, こだまが, こね返して, この二, この声, この江戸芸術, この這, これぐらい, こんなお手数, こんな陽気, ごわりまし, ささやいた, さも愉快そう, ざわめき立ち, しきりに思い出した, しばしば見当る, しゃがんで, じゃけん, すぐ賛成, すっかり発明, すら彼女, ずいぶん会いました, そういう女, そう感じ, そっとひらい, その一つ, その半眼, その後ろ, その現象, その若く, その頃青年, それ以来私は, たいへん高く, ただ一つ質素, ただ独りままごと, たつた一, たツ, ちやんと, ぢツと, つぶされて, できる限り, とてもぎらぎらと, とろけて, どうして娘たち, どう形象化, どなりかけると, どれ一つ十分の根拠を, どんな矛盾, なぜ彼女, なにか起こる, なんとも説明, ねばって, はあはあ笑っ, はござりまするが, はっきりわかった, はらはらし, は容易, は江戸, は高所, ひとうねり, ひとり戯れ, ひょいと, ぴちゃぴちゃ音, ふと旅, ぶつかった, べたべたに, ぼうっと明るく, ぽつねんと妻, またあなた, また烈しく, まだ青, まどろんで, みて, むつまじく語らいました, もう一度そう叫んだ, もう電車, もぞもぞ動きだした, もみまくられて, やっぱり櫛田さん, やるの, よくもひどい, よく見分, よろめいたと, わざと大きく, アサマリンドウトウヤクリンドウオヤマリンドウハルリンドウフデリンドウコケリンドウなどは, イヤと, オホタラシ彦オシロワケの, ガアガア鳴き立て, キョロキョロと, グウ, コトリという, ゴバウヌキと, シャフトが, スウィッチを, セザンヌを, ダンビラだけ, デカダンスエロティシズムの, ドタンバタンと, ニューヨークに, バーンズを, ビスケットを, フウラリフウラリと, ブツブツ言った, ペチャクチャと, ポツンと, ミツキイは, モーゼスの, レエヌの, ヴォルテエルの, 一ばんに, 一万枚の, 一人正木作左衛門は, 一回転した, 一度この, 一方には, 一本だけ, 一番つまらない, 一番下劣な, 一番先に, 一番好く, 一番年上の, 一番慾の, 一番泥棒と, 一番立派な, 一番落着き拂つてゐた, 一疋の, 一言に, 丁度眠っ, 三人前位より, 三度ばかり, 上覧桟敷は, 不屈の, 世間的には, 中書省は, 主婦として, 乱れた鳴声, 争闘が, 二三度パチパチ, 二十五分間焼いた, 二等運転手が, 云つてもう一度, 五ツを, 亢奮し, 人家なぞの, 人間像を, 今にもつかみ合い, 今日やかましい, 仕切られた時空, 仲間同士大きな, 会えなかったが, 伸びたり, 低唱する, 何ぜとも, 何もかも許し, 何億何万何千何番目に, 何色を, 作曲家に, 侯生, 修正され, 個性を, 傑出した, 働く労働者, 兄さんが, 光ったね, 克明に, 八五郎は, 六条清輔顕昭法橋は, 典型的だ, 写真に, 凍え死するよう, 凶暴な, 出征前と, 切ない暮し, 初子は, 前後に, 助郷, 動けないよう, 北岸の, 十勘定し, 半分ほども, 単に文学, 原始的な, 友情の, 取りのぼせると, 口惜しさ, 叫ばずには, 可能な, 合致しました, 同衾し, 君江は, 告白した, 呟や, 呼びかけた, 咲子が, 唯一人日本の, 啄木鳥の, 喜望峰を, 嘘を, 四五人卒倒者が, 囮に, 土佐に関する, 地層だけを, 城兵五千の, 増上寺の, 夏の, 多少でも, 夢みる人, 大きく舳, 大トバ, 大変あぶなく, 大概消え, 大量の, 太郎だけは, 奇怪なる, 女優ばかりは, 好きだ, 姉が, 威張りさらすかも, 子は, 孜々として, 宇喜多の, 宙返りした, 実行されました, 宮本百合子について, 密告した, 寝ながら, 寢入つた, 射殺され, 小さな子供, 小山ほども, 小魚, 少女に, 尻尾を, 屡々出逢う, 岡田さんに, 川添富彌, 已むを, 幕府が, 幸徳が, 幾匹かの, 廉子が, 弄り殺し, 強くいいました, 当然父, 彼等が, 後立山, 御馳走に, 心あたりの, 志賀直哉の, 怒り何故, 思い付いた例, 思つてゐた, 思わず両手, 怪しい青火, 恐ろしい凄い詞, 悪夢の, 情ないとは, 愛する男, 愴た, 憶測した, 我が槍ヶ岳, 所員の, 手毎に, 扱い胸, 折角拾っ, 拡声器は, 指折り数え, 捕まへて, 揉まれこづかれ傷, 握りつぶし静か, 攀登らう, 教訓を, 文字が, 斯う呟いた, 新聞読んでる, 日光に, 旦那の, 明るい焔, 昔風の, 昼寝でも, 時折翼の, 暗い台所, 暮した時, 曖昧漠然と, 書きなおして, 最もふつう, 最も傑, 最も堅忍, 最も必要, 最も手数, 最も活動的, 最も磁石, 最も製作, 最も長期間, 最単純, 月光に, 木の根に, 本当にお, 村民の, 松本から, 柳が, 桂子様から, 棲んで, 楽しみながら, 樹は, 次第に明, 歌つたのに, 正面に, 歪むの, 死ぬ程, 死狂ふ, 残りの, 殺害され, 毎日それぞれの, 比較的末席, 気に入らないの, 水音を, 江戸ッ子が, 沙魚が, 波うって, 泥グツを, 洪水を, 浴室の, 消化される, 清江は, 湯煮, 滋養に, 漢軍は, 濟まして, 為朝は, 無頼漢の, 焼けた屍体, 煮えくり返つた時, 熱っぽいだるそう, 爪弾きを, 牛鍋を, 特に一章, 特に目立った, 犬塚信乃と, 独りに, 狭苦しい退屈, 玉の, 現実感を, 生きた人, 生れたの, 産業の, 男に, 留守だつた, 病人が, 発見され, 白く美しく笑っ, 百度も, 盗賊に, 直接外光の, 眞實と, 真黒い尾, 眠れれば, 睡るにも, 知りあった少年, 石か, 破局に, 社会生産の, 神霊と, 私に対して, 秩父山脈と, 空車が, 突然陣痛, 立ち舞つ, 競子は, 笑婦の, 節ちゃんの, 精神的仕事に, 紙札を, 紺絣の, 経済学の, 絞め殺されて, 絶命する, 締め殺して, 繪の, 繰返し繰返し, 羊飼を, 義満は, 老樵夫夫婦, 考えなければ, 考へたか, 聞いたから, 聞くの, 肉眼には, 育った生い立ち, 胡麻油の, 腐つてしまつて, 自ら首刎ねた, 自己に, 與之, 船長を, 芭蕉は, 若い女主人公, 苦しがっ, 英語と, 草屋根の, 菱川だけ, 董荼奴を, 薬を, 蚊が, 蠢き躍って, 行はれる, 衣紋を, 襲われた嵐, 見かけた女, 見た婆さん, 見つけよう, 見る事件, 見張つて, 覚醒した, 解決し, 言つてい, 計らずも, 訝った, 試驗し, 話に, 語音の, 読み飽いたもの, 誰か手にせる, 諸々の, 讀んだ, 貴方も, 赤い実, 走るところ, 起りました, 跳ね上がったり, 躍り狂って, 軍楽を, 農民という, 返辞が, 退屈しのぎに, 造作も, 遊ばしたもの, 過去へ, 遣っても, 酒盛の, 重く手, 金属的な, 鉱山から, 鍛錬せられ, 長く立たせ, 閉口する, 闘って, 陶酔し, 隣り客, 雑談を, 電球が, 青白い顏, 韻をば, 頭巾を, 顔色は, 食えるかな, 飢え死させる, 餌を, 馳け, 骨に, 高見順が, 鮨を, 鳴らして, 鸚鵡が, 黒曜石製を

▼ 中~ (19624, 11.0%)

183 一人が 110 君は 92 ものを 80 一人は 79 様子を 72 一つの 54 君の 49 人の, 或る, 者が 48 物を 46 ことを 45 ような 43 血が 37 ものは, 自分の 36 一人の, 女の, 者は 35 道を 34 ものが, ように, 人が 33 人に, 人は, 人物の 29 人物に 28 あるもの 27 ことは, 人と 26 一人で 25 人々は, 人物を, 評判に 24 一つを, 一人に, 人を, 君が 23 ことで, すべての, 君を 22 水を, 者に, 郷の 21 ものと, 人間の, 第一 20 どこかに, ひとりが, 一つである, 一人であった, 女は, 重要なる 19 ことだ, やうに, ようすを, 一つに, 君に, 物が, 空気が, 者を 18 一人である, 一人を, 二人の, 人物が, 女を 17 二人は, 人物と, 人物は, 空気は 16 人間を, 品物を, 方が, 誰かが 15 一つが, 事で, 人気を, 人間が, 人間は, 出来事の, 話を 14 君へ, 多くの, 様子は, 私の, 空気を 13 もので, ものに, 一つは, 一人だった, 方へ, 様子が, 者で

12 [12件] ある者, 一つで, 手紙を, 最後の, 樣子を, 水が, 水は, 男の, 者の, 路を, 金を, 顔を

11 [16件] ことです, どれが, 一本の, 一枚を, 中の, 主なる, 事を, 二人が, 人物, 他の, 大評判, 大部分, 方に, 火は, 者も, 自分を

10 [12件] あかりを, ことである, やうな, 事である, 人々の, 八九は, 出来事を, 暑さ, 生活を, 筋肉が, 蛙が, 重要な

9 [11件] 一人として, 一流の, 二つの, 人も, 人間に, 女が, 家に, 小道を, 彼の, 最初の, 空気に

8 [23件] どれか, ひとりは, 一人, 一人も, 一節を, 一首である, 事に, 人, 人々が, 作, 君も, 品物が, 品物は, 子供の, 模様を, 湯の, 火を, 男は, 町, 船の, 蛇を, 郷へ, 金の

7 [42件] いろいろな, ことが, ところを, どこに, ようすが, 一つであった, 一二の, 一人だ, 一人と, 一商品の, 一小, 二三の, 人氣を, 人物で, 光景は, 子供を, 客は, 客を, 小径を, 彼女は, 径を, 新聞に, 方を, 日本人は, 最も大きな, 有様を, 気配を, 火が, 炭酸ガスの, 物と, 物の, 物は, 生活は, 神経を, 私を, 秘密を, 花の, 若い男, 評判と, 誰も, 酸素が, 闇に

6 [43件] いろいろの, ことに, ただ一つ, たった一人, どこかで, どこにも, どれかを, ものも, 一番の, 一節に, 主な, 事は, 二三を, 仕事は, 仕事を, 八九まで, 半分は, 君であった, 唯一の, 声, 声に, 声は, 夢の, 寒さ, 小判を, 彼女に, 文句は, 最大の, 有名な, 様な, 様子に, 武士は, 男女の, 秘密の, 空気の, 筋肉を, 者と, 血の, 言葉を, 誰よりも, 道の, 酒を, 魚の

5 [67件] あらゆるもの, ある物, ある部分, お金を, ことも, さまざまの, 一つ, 一人です, 一匹が, 一軒家に, 一軒屋に, 不思議な, 事件を, 二人を, 二本の, 人物だ, 人物である, 人達が, 何処からか, 俗なる, 光の, 光景を, 兵を, 出来事だった, 出来事に, 出来事は, 到る処, 多くは, 夜の, 女, 女に, 妻の, 家の, 容子を, 少数の, 幾人かは, 新京城, 日本の, 暗さ, 月, 村へ, 歌を, 死骸を, 灯が, 熊の, 物に, 犬の, 生物の, 男が, 男を, 私は, 空氣を, 絵の, 者だ, 若い女, 若干の, 蛙の, 評判です, 詩人は, 話だ, 誰が, 道が, 道に, 部屋の, 顔が, 顔は, 騒ぎに

4 [182件] あき地, こと, ことであった, ことな, ごみを, ために, ところどころに, どこの, どれかに, ひとたちは, ひとりの, ほうが, ものだ, ものだった, ようで, ドン, 一つとして, 一に, 一人か, 一人でも, 一人物に, 一人物の, 一同は, 一夜, 一室で, 一本に, 一本を, 一枚は, 一番高い, 一種の, 一節である, 一篇, 一羽は, 一軒家が, 三人の, 三人は, 三人を, 三角標は, 下等なる, 不安は, 世界が, 世界を, 主人公の, 九までは, 九十九までは, 二三人が, 二三人の, 亥の, 人々を, 人たちの, 人たちは, 人だ, 人影を, 人物にて, 仏様の, 仕事の, 何かの, 何かを, 何処かに, 傑作, 傑作と, 傑作の, 僕は, 優秀な, 先生は, 光景が, 光景に, 兎の, 写真を, 出来事で, 出来事であった, 品を, 噂に, 四人は, 四角な, 堤を, 変な, 女主人公, 妙な, 姉の, 姿を, 娘に, 娘を, 婦人の, 子供が, 宝物を, 客の, 小林君は, 小路を, 少女の, 山の, 岡っ, 岡つ, 庵の, 当該箇所の, 彼を, 得意の, 戸を, 捕繩, 文句である, 文句に, 文句を, 方から, 旅人たちは, 景色の, 景色を, 暗い処, 書類を, 最も幸福, 有様が, 村に, 村の, 条の, 枝に, 棚に, 樣子が, 機械を, 歌の, 毛が, 水に, 汽車の, 液体の, 火の, 灯は, 燈の, 物で, 物音に, 物音は, 生活には, 用事を, 町を, 目を, 石の, 石を, 研屋を, 私が, 私に, 種子を, 空地の, 空氣の, 空氣は, 紙を, 細い道, 絵を, 美人の, 美女を, 肉が, 自分が, 自分に, 至難と, 興奮で, 色々な, 苦悶を, 草が, 草の, 虫の, 血液が, 血潮が, 街道を, 評判で, 評判を, 詩は, 詩を, 話である, 誰かに, 貧に, 趣を, 足跡は, 身を, 軍艦に, 部屋で, 部屋に, 金が, 銭を, 錚, 雪駄直しを, 電灯が, 馬賊の, 騒動に, 鼠は, 鼠も, 鼠を

3 [336件] ある日, いずれかを, うちに, お職, ことだった, ことだつた, ことであり, ことと, こととて, ことの, ことまで, さまざまな, すべてを, せいか, それと, たくさんの, たった一つ, たまり水, ところで, どこかの, どれかが, ひとつの, ふしぎな, ふたりの, ふたりは, みんなが, ものであり, ものである, ものとして, ものの, ようだった, ようであった, ようです, ゴングは, ニユースを, ベンチに, 一, 一つです, 一つでは, 一つには, 一の, 一ツの, 一二を, 一人だって, 一人なり, 一個の, 一冊, 一切の, 一句を, 一室は, 一方が, 一方の, 一枚の, 一番大きな, 一篇である, 一篇に, 一軒に, 一部に, 一部を, 一部分に, 上, 上に, 上の, 世界と, 両眼, 主は, 主人公が, 主人公たる, 主要なる, 事であった, 事です, 事とて, 事件は, 二つは, 二枚の, 人々と, 人々に, 人たちが, 人で, 人でも, 人として, 人形の, 人形を, 人気が, 人物では, 人物として, 人物にも, 人物も, 人生を, 人間どもが, 任意の, 体験から, 何人が, 何人も, 佶屈なる, 例外で, 侍が, 侍は, 傘なし, 兄の, 光景, 八九までは, 出来事が, 出来事である, 出来事な, 出来事や, 列車から, 力が, 力を, 動作は, 十まで, 卯の, 取締りが, 右手を, 君で, 君と, 君にも, 噂だ, 噂を, 地は, 報告を, 塩を, 声が, 多数の, 夜は, 夢に, 大事な, 大先輩, 大名の, 大商人, 奇怪な, 女で, 女と, 女子供, 女性は, 女房が, 妹の, 妻を, 子供, 字を, 孰れ, 宝の, 宝石の, 宝石を, 客も, 家で, 家や, 寺, 小仏, 小坊さん, 小坊主, 小島の, 小径に, 小徑, 小箱, 小道に, 屋根の, 山道を, 山里とも, 岡っ引きが, 岩の, 峠の, 嶮しい, 巨人である, 幸と, 幾つかの, 床几に, 建物は, 張魯が, 張魯と, 彼は, 御用の, 御用聞を, 恋人に, 恋人の, 悪魔が, 感情は, 或日, 或物, 或者, 所々から, 指紋を, 文字は, 新築の, 新聞が, 旅を, 日本に, 星の, 暖かさ, 最も美しい, 最も重要, 最も高い, 最大な, 最大なる, 最高点を, 有様は, 木の, 木を, 村, 村が, 条から, 松の, 枝の, 核を, 案内を, 桐の, 棚の, 椿の, 様々の, 樣子は, 機械が, 歌が, 歯車が, 死骸の, 毛を, 毛穴から, 気配が, 汽車と, 沢山の, 沼の, 浅草の, 海螢が, 涙を, 液体を, 深さ, 湖の, 湯が, 灯の, 灯を, 灰を, 煙草の, 父の, 物として, 物も, 物語は, 物音や, 物音を, 犬を, 獣の, 王子の, 王様が, 珈琲店である, 珠の, 珠を, 生活が, 生活に, 生活の, 男と, 男という, 男女を, 町の, 畦道を, 白い粉, 真の, 礼を, 神経が, 秘密で, 秘密は, 種々の, 空地に, 空氣が, 空虚さに, 空間に, 窓を, 立派な, 第一流, 節, 米を, 精鋭を, 紙幣を, 細道を, 美しさ, 者だらう, 者です, 肉を, 至剛なる, 花, 花を, 若い者, 苦痛を, 茶の間の, 蓮とやら, 薫香の, 藻の, 虫を, 蜜を, 血は, 血管が, 解らずやが, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 記事を, 評判だ, 詩人に, 詩人の, 話に, 誰とも, 誰に, 誰にも, 誰もが, 誰れ, 調度は, 調度も, 賑やかな, 赤い月, 通路を, 連中が, 道具は, 部屋, 郷で, 金で, 金は, 鏡に, 闇を, 隅から, 階段を, 雑用具にも, 難である, 難事である, 雪の, 電灯を, 電話で, 青や, 静かな, 静物の, 非難を, 風の, 飛行島の, 騷ぎは, 骨が, 魚みたいに, 魚を, 鳥は, 黄金の, 鼠だ

2 [1238件 抜粋] あちこちで, あの, あらゆる時間, ある一つ, ある温泉宿, いくつかの, いちばん大きな, いろ, おじいさんの, おぼろな, お客さんに, お慰みにと, お金には, かすかな, かの男, かやから, ことこれも, ことであっ, ことなら, ことや, ごたごたと, ささやかな, すべては, そのまた, それが, たいを, ためその, だれよりも, つらい模様, どういうところ, どこかへ, どちらか, どっかに, どれにも, なるべく古, ふかや, ふたりを, ほかの, ほそ道, もっとも大きな, ものには, やつが, ようである, ろうごく, わたしの, アメリカの, イザコザは, イリユウジヨンを, カナリヤの, ガスは, スキー部の, フィルムが, ローウッド學院の, 一つだ, 一つであっ, 一つと, 一ツは, 一人から, 一人であります, 一人という, 一個として, 一冊である, 一切万事実に, 一句である, 一名句である, 一大原因である, 一字から, 一役を, 一抹の, 一本路を, 一構が, 一番大きい, 一番美しい, 一種と, 一竿は, 一節だった, 一興なり, 一軒の, 一軒家で, 一軸を, 一通に, 一部は, 一隅に, 一鶴と, 七箇所から, 万年筆それから, 三つは, 上位の, 下の, 不愉快さを, 世界とは, 世界は, 主人公や, 主要人物, 九は, 九ヶ月を, 事でございます, 事件である, 二つ三つが, 二人である, 二品を, 二枚は, 五日と, 交番の, 人々へ, 人だかりを, 人では, 人には, 人へ, 人形, 人影と, 人民に, 人民を, 人物にでも, 人皆, 人達の, 人間と, 今の, 仕事場から, 代物を, 代表者と, 体に, 何と, 何処か, 何章か, 何行かを, 作である, 作者には, 俗語を, 個々の, 傑作で, 傑出した, 僧侶, 兄が, 光を, 光景も, 公子を, 内部の, 冬薔薇の, 凡作ぢや, 出来だ, 出来事と, 刑事の, 別の, 動を, 動静は, 医者の, 十六篇が, 半身像に, 取締りは, 古井戸, 古靴, 句に, 同僚を, 同愛病院, 君との, 君自身も, 品物の, 噂の, 四人が, 四角の, 国の, 土は, 土間に, 地獄へ, 埃を, 場合には, 壁の, 多數, 夢は, 大きな橋, 大なる, 大半を, 大問題, 大家を, 大師恵美朝臣の, 大捜索, 大理石の, 天地に, 奇と, 契りを, 女だ, 女なる, 女性と, 奴が, 好きな, 妖婆の, 姉は, 娘達が, 子が, 子供さんたち, 字は, 孤島に, 宝石は, 客と, 室は, 家が, 家を, 寄附が, 寺で, 尊敬を, 小さな水溜り, 小さな祠, 小みち, 小僧の, 小天地に, 小屋の, 小猿, 小途, 小銭を, 少女, 少女達は, 尤物たる, 尾を, 屠竜, 山道だ, 岳, 巡査に, 市街の, 年が, 幸だった, 幸とも, 幻影の, 幾人かを, 広告ビラの, 庭に, 廊を, 建物と, 当然, 影に, 影は, 彼女とは, 彼女を, 得意だ, 御様子, 御礼を, 心を, 心臓の, 怖ろ, 怪物は, 恋の, 悪魔は, 悲惨な, 意外な, 感覚が, 憤懣も, 或殿下, 手が, 手の, 手紙で, 挿画の, 捕縄を, 掏摸の, 数人が, 敵意を, 文句の, 文章では, 文章を, 文銭を, 新らしい, 日で, 日を, 明るい光線, 明智は, 春の, 時間を, 晴天の, 暑苦しさ, 曲者である, 書物の, 書籍は, 最も古い, 最も大切, 最も新しい, 最も楽しい, 最も高貴, 最大事件と, 最高の, 最高峰である, 有名なる, 木に, 朱塗の, 材料だ, 村から, 村には, 条で, 来客という, 東西南北何れを, 柏の, 柱に, 柴小屋に, 棚には, 棺の, 楢の, 極刑を, 槌の, 模様が, 樹木の, 橋が, 機織る, 檸檬を, 歌祭文にも, 死体の, 死骸に, 殿様を, 母親が, 毛穴が, 気の, 気勢を, 氣は, 水も, 水蒸気が, 汐溜りに, 汚水の, 江戸の, 河内の, 河内木の芽峠湯の, 泥棒の, 洞穴の, 混乱が, 温度を, 温泉場で, 湯に, 瀬戸物に, 火も, 火焔は, 灰は, 為来りで, 無双の, 煙草を, 燈火が, 燕麦の, 父と, 父を, 父親を, 爺婆でも, 特殊な, 状況を, 猛獣の, 獣が, 玉まで, 王子を, 珍だ, 珍と, 生垣を, 生徒は, 生藥屋, 用語, 男, 男の子が, 町で, 町という, 留守の, 異類異形が, 病人の, 白眉である, 白骨の, 百姓に, 皮膚が, 相当な, 看板を, 眼が, 矢田津世子の, 石ころ道を, 石畳の, 砂の, 研究室に, 神の, 秋の, 秘図を, 秘密といった, 税関吏を, 種子は, 穴を, 空気と, 窒素を, 竹の, 第一人者として, 第一座, 第三階級, 筋が, 粗末な, 紙屑の, 細い畦道, 結晶形の, 絵絹を, 総ての, 罪悪である, 美しい娘, 美人として, 美留女姫が, 群衆の, 老功中山寛六郎氏, 考えの, 者から, 者でしょう, 者にも, 聖霊の, 背の, 脇差を, 自分は, 至難である, 至難事である, 船宿茶店その他盛り場の, 良い娘, 芝居で, 芸者と, 茶屋で, 草地を, 蓑と, 薄明が, 薬品を, 藻草の, 虻か, 蛇の, 蛙という, 蜘蛛の, 蝋燭の, 血を, 血洗う, 行乞相は, 行李を, 衣桁へ, 複雑なる, 見知らぬ人間, 言葉では, 記憶を, 評判な, 詩が, 詩人を, 話な, 話は, 話題に, 誰かの, 誰の, 調度の, 諸がかり, 諸恒星, 警官も, 象の, 貧乏神として, 費用は, 資格は, 赤い町, 足を, 身の上でございます, 車夫の, 辰夫は, 返事を, 道から, 道へ, 道場を, 遠くの, 部で, 部屋は, 酒が, 酒や, 重立った者, 野獣の, 金, 金庫の, 金箱の, 鈴と, 銀の, 鏡の, 長男の, 阿片を, 陵と, 隅々から, 隠れ家を, 難に, 難儀は, 雪には, 電子の, 電車と, 霧の, 青年の, 青年を, 静けさを, 靜かな, 音を, 音樂會, 頑冥派なりとの, 頭領は, 顔に, 飛行機が, 食事は, 飯を, 首席を, 馬は, 騒ぎは, 鬚を, 魔力たり, 魚である, 魚は, 鮒を, 鳥の, 黄蘗を, 黒い鞄, 鼠の

1 [11119件 抜粋] あいて, あのわびし, あまりに侘し, ありとあらゆる草木, ある場合, ある特性, いいもの, いずれに, いつまでも, うごきと, おかげで, お一方, お子さまは, お父さんに対する, お金が, かびくさい臭いとの, きまりの, こうした私, ことなどを, この事件, この魚, ごとく無, さわぎに, しんに, せがれ常, その中, それ等の, たつた一本, だれにだって, でも機械, とどけもの, どちらからか, どの私娼窟, どんな日, ねむりだけでも, は脛, ひとりへ, へやで, ほんの一部, まま顔も, めぼしい一つ, ものか, ものらしく解せられる, ややあがめられる, よからぬ, わずかの, アイサツ, アフンルパ, イザヤ書, エミール・ゾラを, カステラを, ガラス板の, クマは, コロコロと, サビエルを, ジーグフリートブリュンヒルデは, セルビス・ド・シュウルテという, チョコレートは, ドアアの, ニッケル箱を, バザーロフなんて, ピオニェールが, プロペラの, ホームズ, マルクシスト学生の, モーメントである, ルンペン大将は, ヴァンテミイユを, 一つだった, 一つ色を, 一丘陵である, 一人な, 一人斎藤掃部助は, 一個であった, 一匹は, 一名と, 一埠頭と, 一孤島に, 一居士の, 一挺の, 一景として, 一枚に, 一灌木の, 一番にぎやかな, 一番巨大な, 一異彩なり, 一章句と, 一統は, 一要素なる, 一軒家の, 一部分と, 一銭活動の, 一類の, 七八まで, 三カ月間に, 三叉路に, 三百両は, 上役の, 下女が, 不孝を, 不用物を, 世界何という, 中程から, 主人公という, 主目に, 乗客たちの, 乱筆也, 事か, 事スツカリ人に, 事情より, 二三に, 二人という, 二年目ぐらい迄, 二階級の, 五分間は, 井上少年と, 京都へと, 人たち皆が, 人をのみ, 人工的の, 人民も, 人物について, 人生は, 人達や, 人魚は, 仕事だろう, 代理を, 伊藤源次郎という, 伝記の, 佐幕党は, 何れが, 何千人という, 何誰か, 作品集を, 侍を, 俘虜の, 個性という, 傑作が, 働に, 兄さんと, 先頭を, 兎仏とも, 兩眼を, 公園を, 共有の, 具体的事象の, 円が, 凄じ, 出來事とか, 出来事について, 分身また, 初めの, 刺戟や, 劇中劇, 労働を, 動きこそ, 勝者は, 医学生ローベルト・クロップシュトックと, 十八番なる, 千本へ, 卑怯者の, 博多ッ子湊屋仁三郎の, 原子動力機の, 友人を, 取沙汰に, 古い絵, 古手紙など, 句なども, 各分譲地, 同じよう, 名だかい宝石, 名流婦人に, 君様の, 味方を, 品だ, 唐物屋は, 善蔵さんが, 嘘字や, 四五は, 図書館から, 土, 地たる, 坊さん全体という, 基督に, 塚田巡査が, 墓石は, 声だった, 夏舞台で, 多量の, 大きい焼肉, 大きな鍛冶屋たち, 大入道, 大変立派な, 大悪党, 大火なる, 大立者で, 大騒動, 天才が, 太陽と, 奇談は, 奔走で, 女として, 女同士, 女王海地獄を, 好日だつた, 妖精達や, 姪を, 娘にが, 嫦娥を, 孔に, 孤丘を, 学者である, 安珍, 宜い様, 実験から, 家々の, 容貌を, 寂寥の, 寒防は, 寺院に, 小さいの, 小さな石, 小判は, 小店十一軒と, 小火鉢, 小説であり, 小高い砂丘, 少年は, 居間に, 山一つ, 山野大, 峠を, 巡査へ, 巨なる, 巻物とか, 帝王として, 平原で, 年少者で, 幸福だった, 幾つか, 幾部分や, 床に, 庭を, 弓なりの, 張魯を, 当直であった, 彼自身を, 得意なる, 御所の, 御門に, 徳市に, 心理的動作を, 忠信利平のは, 思想作用の, 恋, 息苦しい女, 悪暑, 悲泣は, 惰気も, 愛児である, 慈善箱に, 懇意な, 或人間, 所々で, 手先御用聞を, 手紙は, 抒情部分言ひ, 持寄りで極めて, 掃海船サンキス号は, 援けを, 政宗を, 数々の, 数立方メートルに, 數人には, 文字も, 料理屋に, 新型だ, 新造つ, 旅人めいた, 日あたりの, 日本商人は, 早起, 明治四十三年処女作, 時, 景では, 暖か味が, 暮しは, 書斎へ, 曾呂利で, 最も名高き, 最も旧式, 最も老いた, 最も非常識, 最大不祥なり, 最強者と, 最高峰であり, 有名の, 木こり径などは, 末子で, 本職の, 材料は, 来, 松雲和尚から, 架空の, 栗鼠とは, 案山子なんかより, 梨は, 椎の, 極微量の, 構想で, 標識が, 橋だの, 次男千里が, 歡を, 武士, 歯車の, 死体は, 殺ばつな, 比較的僅少, 気分を, 水分が, 水銀の, 池です, 河内までは, 泡です, 泳ぎの, 活字の, 浮舟の, 涙, 混乱と, 渡瀬ドクトルの, 温泉宿に, 溶液をも, 漫歩は, 灌木や, 灯りの, 炭酸ガスを, 無意識的理智の, 焼け石と, 熔岩が, 燈火に, 片端で, 物あれを, 物差しと, 物體を, 犬ころは, 狂女オフェリア姫の, 狭い洲, 猿に, 玉子酒に, 王様で, 珍獣とも, 理屈の, 甚だ大切, 生物と, 用語の, 由布院とも, 男女二三名を, 畝うつり, 異性の, 病人であり, 発行主任古, 白い洋服, 白眉として, 百姓夫婦を, 目あかしが, 相当数の, 真ッ, 眼, 矛盾である, 石か, 石灰分に, 破滅は, 磯五が, 祈りに, 神田にも, 禁が, 私たちは, 科学者の, 秘語を, 穀象虫の, 空想の, 空襲に, 立廻りなどは, 竹ぎれの, 第一奇才, 筆や, 管区受持警官ペードロ・デユゴ氏は, 粉つ, 精力が, 約半ば, 紙には, 紫色の, 細菌を, 絢子先生の, 綿を, 縁側に, 羊皮紙を, 美代子も, 羨望の, 老主人公, 考へを, 聖者とも, 肥った一人, 脚本係長に, 膜や, 自然な, 至難であります, 舟其他種々雜多な, 船舶では, 色紙形を, 花散る, 若い人ら, 若様といった, 苦難と, 英雄豪傑に, 茶屋へ, 荒ら屋だ, 萩の, 蒙古人, 蔦紅葉と, 薄藤色, 藁屋の, 虎みたいな, 蛇にねえ, 蜂の巣に, 蠕虫も, 行動に, 衛生法すら, 補刻数葉が, 西寄りに, 見はり, 見聞を, 親族席を, 言葉に, 記述に対して, 評判も, 話で, 読者の, 誰一人も, 諸古社, 諸船, 警察には, 豚が, 貧しさ, 費用の, 贅沢粋と, 赤裸々な, 足跡を, 身である, 車の, 軍隊は, 辣腕早坂勇の, 追懷, 造像に, 逸話の, 道, 道路を, 邪悪と, 部屋を, 都合で, 醫者に, 重苦しい思い, 野道の, 金持の, 金魚は, 鉄道従業員組合が, 銭十文ばかり, 鍼灸の, 長老として, 閑散無事を, 阪谷男爵を, 陽は, 障子は, 雌猫らしい, 離れた場所, 雨戸は, 雲右衞門の, 電燈と, 霊魂と, 青みがかった白目, 静かさを, 面白い噂, 頃までは, 頭領とも, 風に, 飛翔でした, 食料不足や, 養子の, 馬小屋の, 騎兵守備隊の, 騷ぎになるぜ, 骰子を, 高等女学校に, 魂という, 鮒は, 鳥籠の, 鶯鶯が, 黒いつぶ, 黒子の

▼ 中~ (13814, 7.8%)

576 入って 570 はいって 312 入れて 138 這入って 99 飛び込んで 94 入つて 92 消えて 91 入った 85 入ると 84 手を 79 はいった 76 姿を, 身を 61 落ちて 60 入れた 58 出て 52 とびこんで 50 入りました 48 はいると 45 投げ込んで 44 足を 43 這入つて, 顔を 42 隠れて 41 首を 40 はいりました 34 飛び込んだ 29 かくれて, 頭を, 飛びこんで 28 沈んで 27 這入った 26 這入ると 25 もぐり込んで 22 下りて 21 入り込んで, 馳け 20 はいったの, 来て, 落して 19 入れました, 行って, 降りて 18 入つて行, 連れて, 飛込んで 17 いれて, 入れると, 投げ込んだ 16 入つた, 帰って, 戻って, 抛り込んで, 指を, 落ちた, 隠して 15 おりて, とびこんだ, 入る, 押し込んで, 進んで

14 [12件] はいろうと, もぐって, もぐりこんで, もぐり込んだ, 何か, 入れたの, 入れられて, 割って, 投り込ん, 投り込んだ, 落ち込んで, 踏み込んで

13 出た, 埋めて, 水を, 消えた, 突っ込んで, 逃げて

12 しまって, ふみこんで, 入れても, 入れようと, 眼を, 逃げ込んで, 這入つて行, 飛び込むと

11 つれて, 入ったの, 入れる, 溶け込んで, 潜り込んで, 私を, 駈け込んで

10 [15件] かくして, はいること, もぐりこんだ, もどって, 今の, 入ったが, 割り込んで, 持って, 流れ込んで, 石を, 私は, 置いて, 自分の, 走り込んだ, 駈けこんで

9 [21件] おはいり, かけこんで, はいるの, 入っても, 入ること, 投げ入れて, 押しこんで, 流れこんで, 流れて, 流れ込んだ, 火を, 突込ん, 紛れ込んで, 落ちました, 逃げこんで, 這入つた, 隠れた, 飛び込みました, 飛んで, 駆け込んで, 駈けこんだ

8 [16件] お入り, すがた, すっぽりと, それを, はいりこんで, はいる, 体を, 入れます, 平次は, 往った, 抛りこんで, 毒を, 混ぜて, 這入りました, 運んで, 静かに

7 [32件] あけて, しのびこんで, しまった, とけこんで, とびこみました, はいり込んで, パッと, ポンと, 両手を, 入つたの, 入るの, 入れるの, 出かけて, 向って, 吸いこまれて, 平次と, 引き返した, 投げこんだ, 投げこんで, 投げ込まれた, 投込んだ, 捲き込まれて, 放り込んで, 案内した, 立って, 腰を, 自分を, 走り込んで, 連れ込んで, 飛びこんだ, 駈け入った, 駈け入って

6 [39件] おしこんで, かけこみました, かけて, とじこめて, はいったが, まぎれ込んで, もんどり打っ, 一人で, 一人の, 一緒に, 入らうと, 入れば, 入れられた, 加えて, 吸い込まれて, 吸ひ込まれ, 巻き込まれて, 引込んで, 急いで, 投げ入れた, 投げ込まれて, 投込ん, 押し込んだ, 捨てて, 案内された, 歩いて, 没入し, 突入した, 納めて, 落ち込んだ, 躍り込んだ, 身体を, 逃げ込んだ, 這入ったが, 這入ったの, 通って, 運び入れて, 馬を, 駈け込んだ

5 [51件] おちこんで, きて, とじこめられて, はいってから, はいりますと, ほうりこんで, 中へと, 仰向けに, 伴れ, 侵入する, 入りこんで, 入るよう, 入れ, 入れたん, 入れること, 入ろうと, 出ると, 収めて, 叩き込んで, 坐って, 往って, 投げた, 抛り込んだ, 押込んで, 持つて, 放して, 来ると, 棒を, 没して, 浸って, 潜りこんだ, 玉子の, 突入し, 突込んで, 立つて, 米を, 自分が, 落ちると, 落ち込んだの, 行こうと, 走って, 踏込んで, 迷い込んで, 逃げこんだ, 這入り, 這入るの, 通ると, 隠れたの, 顏を, 飛び出して, 飛び込もうと

4 [83件] あがって, いっぱいに, いれました, いれられて, おいでに, かくれました, からだを, ころがして, さしこんで, しのびこみました, そつと, つっこんで, つッ, はいらずに, はいりましたが, はなして, まっさ, スルスルと, スルリと, 不意に, 交じって, 交って, 何の, 來る, 入ってから, 入ります, 入り込んだの, 入れたもの, 入れるん, 全身を, 分け入った, 分け入って, 割込んで, 包んで, 向かって, 吸い込まれた, 堕ちて, 声を, 引き込まれた, 忍び込んで, 投り込まれ, 抛げ, 抛りこんだ, 抱え込んだ, 斬りこんで, 横に, 水が, 沈めて, 注ぎ込んで, 浮んで, 消えると, 消えるの, 漬けて, 潜って, 無理に, 片手を, 片足を, 登って, 目を, 真逆様に, 矢の, 移って, 突込んだ, 突進し, 落し込んで, 落ちたの, 落ち込みました, 豚の, 踏みこんで, 躍り込んで, 転げ落ちた, 返して, 追ひ込ん, 逃げこみました, 逃げ込みました, 逃げ込んだもの, 逃込んだ, 銭を, 音も, 響いて, 飛び出した, 飛出して, 駈けて

3 [201件] おちて, かえって, かくれた, かくれたの, かけこんだ, かけだして, きえて, くべて, これだけの, ころげ落ちて, さし込んで, さまよい出た, しまいこんで, しまつ, しまつて, しまひ, しゃがんで, すうっと, すぐに, すてて, するすると, その姿, つめこんだ, でて, とびこむよう, とびこんだの, どぶん, なだれこんで, のめり込んで, はいるという, はいるん, はいれば, はまって, ばたり, ひとりの, ふらふらと, まぎれこんで, まじって, もぐり込みました, もぐり込む, もどったの, ヌツと, バラバラと, パンを, 一文字に, 一本の, 上って, 二人は, 二人を, 云った, 人間が, 仆れた, 伸びて, 來て, 侵入し, 光が, 入ったところ, 入つた平次, 入つた者, 入つて來, 入りながら, 入りましたが, 入りやがて, 入り込んだ, 入れたり, 入れてから, 入れては, 入れといて, 入れながら, 入れようとして, 入れられたの, 入れる事, 入れろ, 入ろうとして, 出ること, 出来るだけ, 加へて, 卵を, 収めた, 取つて, 右の, 右手を, 向けて, 吸われるよう, 墜落する, 寝て, 射し込んで, 射込んで, 引き込んだ, 引き込んで, 引っ込んだ, 引込んだ, 弾丸を, 彼を, 彼女の, 御飯を, 忘れて, 戻った, 手紙を, 打ち込んで, 投げて, 投げ出して, 投げ込みました, 投げ込むと, 投げ込もうと, 押し込むよう, 担ぎ込んで, 招じ入れた, 指して, 捨てた, 捨てたの, 捲込まれて, 掻き消えて, 斬り込んだ, 朝の, 来たの, 来ること, 棄てて, 沈没し, 洩れて, 流れ込むよう, 消える, 消え込んで, 深く入っ, 深入りし, 混じって, 溶けこんで, 滑り込んで, 漂って, 潜り込んだ, 潜んで, 潜入し, 火が, 牛の, 物を, 猫を, 現われた, 現われたの, 男を, 石ころを, 突きさ, 突き落し, 突き落した, 突き込ん, 突っ込んだ, 突つ込ん, 突込む, 立てて, 箸を, 紛れ込んだ, 編入し, 聲を, 脚を, 色々な, 草の, 落した, 落たと, 落ちこんだ, 落ちこんで, 落っこちて, 落込む, 薄藤色, 藁を, 行くん, 行った, 角を, 詰めて, 詰め込んで, 誰か, 贄を, 走りこんで, 跳び込んで, 蹴落して, 転がった, 追い込んだ, 追い込んで, 逃げ出した, 這い込んで, 這入ってから, 這入りかけたが, 這入り込んだ, 這入る, 這入れさあ, 這入ろうと, 陥没し, 隠した, 隱れ, 顎を, 飛びこむ, 飛びこもうと, 飛び込むの, 飛び込んだの, 飛び込んだもの, 飛出しました, 飛込みました, 飛込もうと, 駆けこんで, 駆けて, 駆け込んだ, 駈け出して, 驅け

2 [689件 抜粋] あの夫婦, いって, いつもの, いれようという, いれられました, うめられて, え肴, おしこむと, おずおずと, おっこっ, おとしこんだ, おとして, おどりこんで, おどり込んで, おはいりなさい, おりようと, おれの, お入れなさい, かかえ入れた, かくしたの, かくれるつもり, かれの, くると, これを, ころがって, ごつ, さそいこまれて, ざぶざぶ這入っ, しっかりと, しのびこんだの, しぶきを, しみ込んで, しゃがんだ, すいこまれるよう, すつぽ, すべりこみました, すべり込んで, ずかずかと, ずれて, その人, それが, そろそろと, たたき込んで, たった一人, つ, ついて, つきだして, つれこまれました, つれこみました, です, ですか, とけこむよう, とびこむと, とびこんだよう, とび込んだ, とり入れて, とんで, どこか, どんどんはいっ, なくして, ねむり薬, はいったと, はいったもの, はいったり, はいった後, はいってでも, はいっては, はいっても, はいりこんだ, はいりこんだの, はいります, はいる気, はいれ, はじめて足, はまりこんで, はめること, ひっこんで, ひろがって, ひろがりました, ふきとばしました, ふみこみました, ぶちこんで, ぶち込んで, ほうりこまれたの, ほうり出されて, ほうり込んで, まっしぐらに, みんなを, むかって, むぞうさに, めりこんで, めり込んで, もぐりました, もぐり込んだの, ものを, もんどりを, やって, よたよたと, らくに坐り, わが新婚, ガラスの, グングンと, サツと, ザブリと, ジャガ芋を, ズルズルと, ソッと, ツと, フワリと, ブラリと, メリケン粉を, メリケン粉二斤を, モルヒネを, 一枚の, 一歩を, 上がって, 上つて来る, 上等の, 両手の, 並べた, 主人笹野新三郎と, 乗りこんで, 乗込んで, 二人が, 交ぜて, 人が, 人形を, 人間の, 人間を, 仰向きに, 伴れこみ, 何かを, 何も, 何を, 倒れて, 倒れました, 元気よく, 入ったきり, 入ったもの, 入ったり, 入ったん, 入った事, 入ってるん, 入つた人, 入つて行つて, 入らなければ, 入りましたよ, 入り込むと, 入るなり, 入るなんて, 入るのに, 入るもの, 入るわけ, 入れこみました, 入れこんだの, 入れたから, 入れたまま, 入れた時, 入れないと, 入れますと, 入れますよ, 入れるが, 入れるとき, 入れるよ, 入れるよう, 入れるわけ, 入れ鬼, 入んなさるから, 八五郎は, 凡ての, 出した, 出たの, 出たやう, 出ました, 出入を, 刀を, 割りこんで, 割り込むと, 割り込んだ, 加えた, 加わって, 包むよう, 十手を, 半身を, 取りこめて, 取り入れた, 口に, 合図を, 君は, 吸いこまれるよう, 吸い込まれそう, 吸い込まれたよう, 吸ひ込まれる, 吹きこんで, 吹き込んだ, 喰い込んで, 四歳に, 土足で, 坐り込んで, 垂らして, 埋まって, 埋める様, 埋れて, 墜ちて, 墜落した, 大きい口, 大匙二杯, 寝かして, 寝た事, 寝るの, 封じるつもり, 尋ね入るに, 導いて, 少しの, 少し水, 少し疲れた, 山の, 岩見銀山を, 嵌め込んで, 左の, 巨大な, 引いて, 引きこまれ私, 引きずり込まれそう, 引き入れられて, 引き摺り込んだ, 引き摺り込んで, 引き込もうと, 引っ込んで, 引張り込まれて, 引返しました, 影を, 彼女を, 往くと, 忍ばせて, 忍び入る, 忍び込むこと, 忍んで, 思い切って, 思ふさま, 息を, 悠々と, 悲鳴を, 戻して, 戻つて來, 手で, 打込んで, 投げこまれて, 投げすてた, 投ぜずに, 投り込まれた, 投入れた, 投込まれ, 折れたところ, 抛った, 抛り込むやう, 抛り込もうと, 抱え入れた, 押し入れた, 押し入れて, 押し入れられた, 押し込まれて, 押し込み自分, 押し込むと, 押入れよう, 押立て, 持ちこんで, 持ち込んだもの, 持ち込んで, 挿し込んだ, 掌を, 探しに, 放します, 放って, 放りこんで, 放り込みました, 放り込んだ, 文字を, 斜めに, 旅の, 暗ましその, 書き物を, 来た, 来るの, 林檎の, 栗を, 桃色の, 案内され, 案内しました, 案内を, 次の, 此の, 歩み入った, 残して, 殺到した, 毒薬を, 水に, 水音高く, 汚い風呂敷, 沈み込んで, 沈んだ, 注した, 流し込んだ, 流れ込む, 流れ込むと, 浮いて, 浸けた, 浸けて, 浸して, 消えたかと, 消えたの, 消え去って, 消え込んだ, 深々と, 湯煮, 源氏は, 溶け入って, 滑り落ちたん, 滑り込まして, 滴り落ちたが, 潛り込んだ, 潜りこんで, 潜り込んだの, 潜入した, 無事に, 無雑作, 熊の, 犬を, 猿を, 現れて, 生れて, 生埋, 番傘を, 眞つ, 眞逆さまに, 眠って, 石の, 石炭を, 砂糖を, 礫か, 秘して, 移された, 種々の, 突き入っ, 突き出して, 突き出て, 突き落されたあの, 突き落されて, 突き進んで, 突っこんで, 突出し, 突落した, 立つ呉服屋, 立て, 筵を, 米と, 素人が, 紫玉は, 絞り込んで, 縫い込んで, 織り込まれて, 繰り込んで, 置き去りに, 置き忘れつまらぬ下級品, 置くと, 置くの, 老人の, 聞えて, 肩で, 肩の, 自分から, 自然的に, 花の, 若い女, 草を, 落しては, 落し込んだ, 落ちこむ, 落ちこんだの, 落ちこんだよう, 落ちますよ, 落ちるところ, 落ちる繊, 落ち込むと, 落っこちた, 落とされた, 落として, 落としました, 落下した, 落込んだ, 葡萄酒を, 蝋燭を, 蠅が, 行けば, 行こう, 行っても, 袂を, 見えなくなって, 見せびらかすの, 訪ねて, 詰まって, 譲り渡す方, 賊が, 走りこんだ, 走り出て, 跳りこんだ, 跼みに, 踏み込むと, 踏み込もうと, 踏込みました, 躍りこんだ, 躍りこんで, 身軽に, 車を, 転がして, 転がり落ちた, 転がり落ちる, 転がり込んだの, 転げこんで, 転げ落ちて, 転げ込んだ, 転倒するなら, 辷り込んで, 辻斬を, 返した, 追い込まれて, 退いて, 送って, 逃げこむと, 逃げこんだの, 逃げた, 逃げ込みます, 逃げ込もうと, 逆さに, 逆ま, 這入た, 這入っても, 這入つたが, 這入らずに, 這入りながら, 這入りましたが, 這入ること, 這入るや, 這入れて, 連れ込まれて, 進んだ, 運び入れ戻って, 運び込んだ, 避難した, 邪念の, 野見の, 針を, 銀貨を, 錢形平次と, 閉じこもって, 閉じ籠め, 閉じ込めて, 閉ぢこめられた, 闖入し, 陥ちこんで, 陥って, 陥るの, 隠しました, 隠れました, 隠れまして, 隠れ去った, 隱した, 隱れた, 雪が, 雪を, 霧が, 青化加里を, 面を, 順々に, 頤を, 頭の, 風の, 颯と消え, 飛びこむよう, 飛びこんだが, 飛び下りた, 飛び込まれて, 飛び込みます, 飛び込んだが, 飛出したの, 飛出しましたが, 飛込む平次, 飛込んだ, 飛込んだ奴, 首まで, 駆け込むと, 駈け去った, 駈け込みました, 駈出した, 魔法で, 魚を, 鮮かに, 鯨を, 鳥か, 鼻を

1 [6203件 抜粋] ああした, あたしを, あばれこんだという, ある夏, いきなり滅法綺麗, いそいで, いま左右太の, いわしを, うち浸つた, うなだれて, おいで, おさめて, おしよせて, おちたよく, おとしはじめました, おはいんなさい, おれが, お入りなさい, お前みたいな, お招き, お祝ひ, お這入なさる, お雑布, かかること申上候, かくれこんで, かけあがったと, かたまりが, からから足音, きちんと入っ, くべました, ぐっと上半身, こう言いふらし, この, この独楽, こもる気, ころがり込む, こんな掛物, さう, さし入れ, さらけ出して, ざらざらと, しっかり巻いた, しのびこんだかも, しまい出した, しまッとくのそして, しるして, すう, すっぽり入っ, すべりこむところ, ずっとつきだした, ずんずん引きあげられ, そそぎこむたび, そっと降ろし, その先触れ, その烈々, それの, たずねた, ただ一人で, たッ, ちゃんと感じ, ちょっと落ちた, つきこみました, つき進んで, つづいて, つめたい風, つれこんでを, とおした, とじこめられた山形警部, とてつもない考え, とびこむだろう, とびこんだらどう, とりのこされて, どうやらそれ, どっと喚き込んだ, ないこん, なげ入れける, なにか神秘的, なんでも, ぬぎすてて, ねじ込んだの, のめりこんで, はいったばかり, はいった新蔵, はいらないうち, はいりかけました, はいりそう, はいりましたら全く, はいり客席, はいり込みこちら, はいれるかね, はこびいれた, はすつかり入り切つて, はやくも, ひきあげた, ひきずり込まれて, ひっこむ, ひとまとめに, ひらき得る予想, ふたりきりで, ふり撒い, ぶっ倒れた, ほうりこまれ死刑, ほうりだされて, ぼちやん, まきこまれると, まぎれ込んだの, また矢代, まりを, むんずと坐り込み, もうぎつしりとつめ, もぐりこむなり, もぐり込むなり, もぐるわけ, もらいうけたもの, やるとも, よびかけたが, わいわい入り込ん, わざわざ身, われわれ人間の, カタメテつみこまれなかったろう, グイと, サッと乗り入れました, シッポを, スッポリと, ズイと, タバコの, トップリと, ドッと, ニョロリと, バイキンも, ヒョッコリ出勤し, フラリと, ペーチャの, ポトリと, ヨ, 一つ宛棺を, 一人一人手を, 一層傍目, 一服盛ってる, 一行を, 七人と, 三四時間漬け, 上らなかったかね, 下りる, 不用意に, 中腰に, 乗りこませて, 乗り込むと, 乾杏子を, 二三町も, 二足三足と, 交ぜても, 人かげ, 今取っ, 仕込んで, 伝わったの, 住むか, 何十部と, 便を, 俺に, 倒れ込む, 働いただけの, 充ちると共に, 先祖代, 入ったなと, 入った帆村, 入った途端, 入つた人達, 入つて多勢, 入らう, 入りかけて, 入りたい, 入りまるで, 入り彼, 入り込んだやら, 入るばかりに, 入れこんだもの, 入れたと, 入れた人間, 入れちやつたて, 入れないの, 入れますが, 入れられました, 入れるな, 入れる餡, 入れ好色, 全く沈ん, 八郎太が, 其魂を, 写し出すの, 出されては, 出つ張つて, 分け入, 切り込まれたの, 刺しに, 前進しよう, 割り込んだの, 加えます, 加わりました, 包まれたよう, 十メートルも, 半分かくれかけた, 原稿を, 反れて, 収容し, 取り容れられるの, 受取りこれ, 叩き込みそうして, 同化され, 向った, 吸い込まれも, 吹きこむ, 吹き込むから, 呑込んでしまつた, 呼び立てる, 哀れな, 噴き上げて, 土や, 坐り込んだ, 埋めた儘, 埋葬しよう, 塩塊と, 売りさばくの, 大きなもの, 大急ぎで, 天守の, 女を, 娘の, 孔を, 容赦な, 寝かしまして, 寝れば, 射し穴倉, 導き彼女, 小判を, 小鳥を, 屈み込んで, 岡つ, 嶮峻な, 差し入れ中, 差入れました, 巻き込むの, 帰った, 帰る気, 平次を, 広まっただね, 建てに, 引きずり込みました, 引き入れつかつか, 引き取りました, 引き込まれたり, 引き返すと, 引っぱり込まれた, 引つこんで, 引受けて, 引越しますと, 引返しましたが, 当日銀行から, 彼方から, 御はいりなさろう, 御飯大, 忍びこまれて, 忍び込む気, 怒鳴ろうかと, 怪物を, 愛人を, 戻された, 手の, 打ちこんだ, 打って出たおまえ, 技師が, 投げこみますと, 投げすてました, 投げ入れられた, 投げ捨てた, 投げ込まれたボール, 投げ込むから, 投げ込んだやう, 投ずれば, 投り込みました, 折れて, 抛り出すよう, 抛り込んだの, 抱いて, 押されて, 押しすすめその, 押し入れると, 押し込みながら, 押し込んだから, 押込みそれを, 拐され, 拳が, 持ちこみ自身, 持参の, 振向けて, 捨たり, 捨てましたから, 捩ぢ, 捻込みましたので, 揉込まれ, 搜る, 播けば, 放りこむよう, 放り込まれる心配, 放り込んだり, 散らばって, 敵兵と, 斬りこんでは, 新しい野菜, 旋風みたいに, 明けて, 暴れ込んで, 更に熱っぽい, 書き水, 月より, 木魂し, 来い, 来問, 柄先を, 案内しよう, 棄ててさえ, 植え込んだ, 横たえて, 機械を, 武術の, 死の, 殺倒した, 毛を, 水素と, 江戸育の, 沈めるとかいう, 没し去った, 泛べ, 注ぎました, 泳ぎ入った, 流しこんだ, 流れ出して, 浮かみ出したよう, 海水着着, 浸る事, 消えた駕籠, 消え去ろうと, 淡い水蒸氣, 深入りも, 混りこむ, 湧き上がるやう, 溜まって, 溺れるよう, 滑り込んだので, 漕ぎ入れたでご, 漬物の, 潜り度い, 潜り込んだという, 澤庵石が, 灯を, 焚火が, 無限の, 煙硝を, 燦爛と, 片足踏込で, 犇めき入った, 猿の, 現れる筈, 生あるごとく舞いこん, 甲斐を, 瘢面を, 白米を, 盛るため, 真っ白の, 眸を, 知れ渡った, 秀子にも, 移される金魚, 積上げその, 突きとばし往来, 突き出した武庫川, 突き落された一日, 突き進ませ, 突っ込もうと, 突出した, 突込で, 立ち上って, 立ち昇るといふ, 立てたり, 笑いながら, 簡単なる, 約二百, 納めたの, 紙片か, 素直に, 経帷子を, 締めこまれ, 繋ぎ下, 置いてきぼりに, 置き散らして, 美和子が, 聞えるじゃ, 胞子を, 腰をか, 自分も, 舁ぎこまれました, 船の, 若旦那を, 荷を, 落しこみ, 落し込む時, 落ちさうに, 落ちた古び, 落ちるの, 落ち込み父, 落っこって, 落入りました, 葬られて, 薄い虹, 藻繰り込ん, 蜘蛛の, 行かないうち, 行くな, 行懸りぬ, 裸体で, 見失, 触れ立てた, 詰め込もうと, 読人不知として, 貯えこんで, 走った, 走り込んだが, 跳びのって, 踏みこむ, 踏み出すの, 踏み這入った, 蹣跚き込んだ, 蹴込んで, 躍り込むなんて, 転がし込んだが, 転げ込んだので, 輪切に, 辷り込みまする処, 迎え込まれて, 迷い込んだよう, 追い込まれたくない, 追ひ込まれ, 送りこむこと, 逃げかえりました, 逃げたもの, 逃げ込みますから, 逃げ込んだなら一月, 逆戻りし, 這い込み濡れた衣類, 這入ったけれども, 這入つたやう, 這入らぬ訳, 這入りも, 這入り込んで, 這入る癖, 這入ろうとして, 通すよう, 連れられた, 連れ込んだ, 進化させよう, 運ばれたもの, 運び込んで, 遠ざかって, 還せ, 重吉を, 鈴虫が, 銅の, 長々と, 閉じこもった日, 闘牛記を, 陥して, 陷沒する, 隠したの, 隠れこんだ, 隠れよう水垢, 集まりました, 雪踏が, 静かには, 響いたが, 頬ばった, 額灯を, 飛こん, 飛びこんだかれは, 飛び下りて, 飛び去つて, 飛び込み直ぐ, 飛び込むより, 飛び込んだこと, 飛んだが, 飛込みましたが, 飛込んだ者, 餅を, 馳せ入るまえに, 駆け込む, 駈けこんだと, 駈け込み, 騒ぎ立つ狼狽, 魂まで, 鴨の, 黒檀柄の

▼ 中には~ (11682, 6.6%)

440 いって 48 いると 44 自分の 42 何か 40 いつて 39 私の 38 誰も 36 ひつて, 何が 31 何も, 彼の 22 いろいろな 21 非常に 18 たくさんの, 人の 17 それを, 女の 16 一人の, 人間の 15 日本の 14 いるの, だれも, 一人も, 次の, 私が 12 二つの, 多くの, 彼が, 無数の 11 いること, なかった, 一つの, 僕の, 稀に 10 ない, なにが, 例の, 或る 9 なにも, 人が, 何の, 此の, 立派な 8 二人の, 何にも

7 [14件] ある, いる, いろ, さう, つきり, どうかする, 一枚の, 一種の, 今は, 女も, 彼女の, 手を, 生きて, 私を

6 [25件] あれは, いつまでも, いないの, それが, それは, どこか, ないの, ひる, 人間が, 他に, 入って, 多少の, 夫人の, 女が, 後に, 急に, 明かに, 極く, 母の, 珍らしく, 私に, 種々な, 自分が, 色々な, 電燈が

5 [35件] あった, あなたの, いなかった, いろいろの, かくの, きれいな, このよう, この種, そこに, その人, そんなこと, どうかし, どこにも, はいって, ふたりの, 今の, 他の, 先生の, 右の, 多数の, 大事な, 大勢の, 妙な, 妙に, 彼女が, 早くも, 殆ん, 水が, 燈火が, 確かに, 私と, 種々の, 自分と, 若い女, 電灯が

4 [59件] あかあかと, いっても, いるよう, かなりの, これも, こんな事, そのよう, その時, なくて, なんの, ひりました, ぴかぴか青びかりを, ほんとうに, ほんとうの, もう一つ, 一体何, 一匹の, 三人の, 不思議な, 二三の, 五人の, 五六人の, 今日の, 何かの, 何でも, 作者の, 千兩箱が, 外に, 多分に, 娘の, 子供の, 子供も, 少くとも, 少数の, 悪魔が, 意外な, 新たに, 木の, 東京の, 毒が, 沢山の, 火の, 無かった, 父の, 犯人は, 生の, 相当の, 眼の, 眼を, 知って, 純粋な, 綺麗な, 老人も, 腹を, 自分で, 草の, 血の, 誰が, 馬を

3 [151件] あつた, あの様, いけないもの, いたいけな, いったり, いつた, いて, おのづか, お酒, かすかに, きっとこの, きつと, この, この事件, この類, これと, これらの, こんなこと, さまざまな, それに, それらの, ところどころに, どのよう, ひつた, また, まだこの, まだ昼, まれに, もう何, もつと, わたしの, 一つも, 一人や, 一羽の, 三等の, 上に, 世を, 世間の, 事件の, 云ひ, 人を, 今までに, 今までの, 今も, 今日まで, 他人に, 以上の, 何う, 何度も, 何物も, 停止し, 元は, 先客が, 光線が, 入つて, 六人の, 内地の, 出て, 前に, 前の, 千両箱が, 卒倒する, 参詣人が, 名も, 含まれて, 唯かすか, 四五人の, 声を, 変な, 夜の, 大きな石, 夫婦に, 女は, 子供を, 実際に, 家の, 富豪の, 小判が, 小判で, 小粒が, 小鳥の, 少しは, 山の, 己の, 床が, 往々に, 悪魔の, 我々の, 手に, 手前の, 手紙が, 支那の, 敵の, 日本に, 日本一の, 日本人も, 明らかに, 昔し, 昔の, 昼の, 月の, 有名な, 机の, 材料の, 松に, 様々な, 様々の, 死人の, 残って, 気の, 江戸中の, 火薬の, 灯が, 無い, 無かつ, 無限の, 煌々と, 煙草の, 熊の, 珍らしい, 現在の, 生木の, 男の, 男も, 異常な, 目の, 直ぐに, 眞に, 確に, 祖先の, 神の, 私達の, 秋の, 稀には, 絹の, 美しい少女, 自分も, 自分を, 色の, 裸体の, 見事な, 誰一人として, 身にも, 酒の, 金と, 長い間, 静かに, 非常な, 頭の, 頭を, 顔を

2 [621件 抜粋] あっても, あでやかな, あなたは, あの人, あの壮烈, あの樣, あの男, あるが, あること, あると, あるまじき恐ろしい, いかなる物, いくたりか, いくつも, いくらも, いったいどんな, いったい何, いっては, いつでも, いつもその, いつもの, いつも大きな, いない, いらうと, いるという, いるとき, いるには, いろいろと, おれが, おれの, お前さんほど, お絹, お袖, お銀, かすかな, かんじんの, きれいに, こういうこと, こういう非常時, ここで, ことにこの, この寒空, この本, この男, これに, これを, こんどの, こんなに日, さうし, さきに, さすがに, さまざまの, すでに幾篇, そういうこと, そういうもの, そのため, その原因, その当時, その日, その時代, それさえ, それぞれの, それだけの, たうとう, たくさんな, ただ一本, ただ穴だらけ, だんだんと, ちょうどあなた, つきりと, つねに一物, どうしても, どうやらその, どこかの, どこの, どこを, どれも, どんな物, ないという, ないよう, なか, なくなって, なんらの, ひって, ひとりの, へんな, ほかにも, ほかの, ぼくの, またそこ, また屹度, まだその, まだほんのり娘, まだ二, まだ健在, まだ新しい, まやの, まんなかに, もうこの世, もう一度血潮, もう一片, もう一通, もう半ば, もう死ん, もう珍, もう秋, もう誰, わけの, わざと薄暗い, わずかに, わたしが, アイヌの, アメリカの, イワンデミトリチは, ミイラの, ライオンや, ヴォードヴィルの, 一と, 一ぴきの, 一ぴきも, 一個の, 一冊の, 一向珍しから, 一基の, 一年前から, 一度も, 一滴の, 一言も, 一通の, 一銭も, 一面に, 万一の, 三四十人の, 上を, 上部の, 不幸に, 不思議そうに, 不思議に, 不純な, 世にも不思議, 世界の, 両側に, 中, 主人の, 之を, 事実逃亡し, 二つ三つ出, 二六時中怒りっぽい, 些性が, 交じって, 亦多少, 京都を, 人のけ, 人間は, 人間自体の, 今度は, 仕事という, 他人は, 代助, 仲, 住込みの, 何とかいたしましょう, 何らの, 何を, 何処と, 何時でも, 何本もの飛ぶ, 作者が, 侯を, 俺の, 倒れたまんまの, 偉大な, 僕が, 僧侶も, 兄と, 兄弟の, 入らない, 入りかねて, 入るべからず, 全く含まれ, 内閣を, 再びこの, 写真機を, 冬の, 凡ての, 刃物も, 分家の, 別にこれ, 別にそんな, 制服の, 刺青にまで, 前にも, 劉向, 動かす事, 医者の, 十年も, 半九郎, 卓抜な, 印度の, 原子弾を, 又あの, 反抗的な, 口に, 口の, 古い穴だらけ, 古綿, 各種の, 同窓の, 君と, 咲いて, 咳枯れたる, 哀れな, 問題の, 喰べ, 囁いて, 図書館が, 固より, 垢じみた, 埃が, 夏外套を, 外国の, 多分の, 多智多才, 夢の, 大きな俎下駄, 大きな岩, 大工や, 大抵の, 大理石の, 大砲万右衛門の, 太田を, 夫婦の, 奇妙な, 奇石も, 女や, 女御更衣にも, 女性も, 奴殺しの, 始めから, 始めて, 嫉妬や, 嬉戯する, 学者も, 定めて, 容易に, 宿の, 富山の, 寒い風, 小さい竹笛, 小さな円い, 小指の, 小桶, 小鳥が, 少し瘠せた, 少年が, 山羊の, 岸本の, 巴里の, 平気で, 幾つかの, 幾つも, 幾らも, 幾分の, 幾多の, 弁当持参で, 当時の, 彼と, 彼れ, 彼等が, 後から, 徒弟の, 微かに, 微妙に, 徳松と, 徳行に, 応援弁士として, 思ひの, 思想が, 恐ろしい反抗, 悲しみも, 態, 慥に, 憲法政治を以て, 我の, 戦争が, 戦場を, 所々に, 手の, 手品の, 手紙の, 手足を, 振袖を, 掻く片端, 提灯の, 攘夷の, 政治家の, 敷島の, 文字の, 斉彬の, 斯う, 新玉集, 新聞紙が, 方々に, 日本人の, 明日の, 明白に, 昔から, 星氏の, 昨夕の, 昨夜の, 昨日まで, 是非とも, 普通の, 景色を, 暗い影, 更に進ん, 曾て, 月日と, 月輪殿, 未だに大きい, 未来の, 杉の, 村長も, 東京に, 東京へ, 松本市の, 枕と, 果して何, 枯松葉が, 柱が, 格子や, 案外, 棕櫚の, 椀形の, 槍や, 樅が, 樫の, 次第に意志的, 次郎が, 歌を, 正当な, 毒に, 比較的智慮, 気味の, 水に, 水の, 永久に, 求めること, 決して人, 決して出, 沢山な, 泥に, 洋紙の, 流石に, 涙が, 涙を, 清子の, 湯気が, 激情の, 瀬戸物の, 火が, 火も, 灯も, 無いが, 無數, 燈火の, 父親が, 片時も, 牛が, 牛の, 物音が, 特にこの, 狐が, 狡い者, 猿を, 獣の, 獺とか, 珠の, 瑠璃子夫人の, 生憎一本も, 用事がねえ, 田舎娘の, 町の, 番頭や, 異様な, 異様に, 疑いも, 發光する, 白娘子が, 目に, 相国寺の, 相客がを, 相当に, 真似ること, 真実に, 眼鏡を, 着物の, 石を, 石經を, 私は, 秘密の, 穴の, 空気が, 突き飛ばされて, 立って, 立木と, 立派に, 米国の, 素朴な, 細々と, 紺の, 絶対に, 絹裂く, 綿が, 緑色の, 美濃の, 考えて, 耳を, 耳朶に, 職業と, 肉も, 肺病の, 背に, 胸の, 腰の, 膿を, 自分でも, 自分に, 舌を, 色々の, 色々変, 色も, 花の, 芽を, 茶いろ, 草木の, 蓮の, 薄く酸化鉄, 薄紫の, 藩閥と, 虫が, 蚊遣の, 蛇が, 見当らなかった, 見覚えの, 言葉以上の, 詩も, 誤りが, 説明し, 誰か人が, 誰れ, 諸国の, 諸大名, 負けたくやし, 貴方の, 貴族の, 質の, 赤十字の, 起ちあがって, 足を, 身許の, 近所の, 近江屋の, 迷惑がる, 進んで, 邪な, 部屋の, 酒に, 酩酊し, 金が, 金色の, 金色燦爛たる, 金音も, 鉄砲を, 長いの, 閃く海神鉾, 閣下への, 随分お, 隠れて, 雀は, 雪の, 雪を, 電気が, 霜の, 露が, 露骨に, 青い腰掛, 青い顔, 青年に対する, 青銅の, 頓狂な, 頭巾を, 顔も, 顔見知りの, 餘り, 馬の, 驚きの, 高位高官の, 黄金色の, 鼻紙と

1 [8069件 抜粋] ああいう, あっとおどろき, あの城山, あまりない, あらゆる感情, あるいはきわめて, ある力, あんまり残酷, いくら掘, いってからは, いつしかぼんやり電燈, いつの間にか夜具, いつも盃, いまだ明瞭, いるから, いる筈, いろんな魚, うまくすれ, おおきな甲羅, おそらく良い, おばさんの, おれ一人しか, お宝が, お正, お辞儀する, かえって往々立派, かつて特務機関, かなり暢気, かるいくすぐったい様, きっとどうかします, きょう一日の, こういう人, ここまで, このとし子, この世界, この地, この意味, この温厚, この船夫一人, こびり付いて, こんなに気, こんな魔もの, さきほどから, さっき見た, しかしまだ, じつに不思議, すでにその, すばらしく大きい丸太, ずいぶん粗悪, せまいたて穴, そういう横暴, そう云う, そのため項, その先祖, その寄贈, その燃焼性, その誘惑, それぞれ活発に, それよりも, そんな意気張り, たくさん枝道が, たたかうどころか, ただ少し, たと, だれか, ちょっとした風采, つばさの, とうに誰, とても只笑つて, どういふ, どうも西洋楽器, どの一つ, どんな女, なお一層ぴちぴち, なかなか面倒, なんとなく変, のそのそと, はとが, ひとつの, ひりそして, ふ, へえシロつての, ほとんど如何なる, ほんの二, まぎれも, またあらゆる, また一刻, また外夷取り扱い, また赤裸々, まだところどころに, まだ人いきれ, まだ存, まだ沢山, まだ蜂, まとまりそう, みな強い, むろん漸, もうとうに, もう偽り, もう昼間, もう西洋劇, もちろん緊張, もとよりファシズム, もろ, やはり昔, ゆきなりとは, よく教育, わがオマル・ハイヤーム, わざわざ反り身, われらと, アラージャの, イタリア復興時代だ, エネルギーの, カントヘーゲルケルケゴールハイデッガーサルトルなどの, キリスト教の, ゲールラッハの, サンタ, ジフ寄りの, ソフトの, チリツバキと, ドュフランの, ハンカチを, ヒマラヤ山中に, フランスを, ポッゲンドルフの, ミス, ヤキモキし, ルッソオも, ローマが, 一つ二つ成功する, 一人と, 一切にわたって, 一夜の, 一年もか, 一日の, 一村皆, 一瞬氣違ひ染みた, 一見低, 一降り來たら, 七円入っ, 万物が, 三人連の, 三四日前に, 三萬兩の, 上衣を, 下着だの, 不愉快な, 世界を, 両方の, 中腰に, 主權, 乳離れを, 事実に, 二三疋の, 二十人の, 二回か, 二筋も, 五つ六つの, 五助が, 五月に, 人々は, 人工重力の, 人類の, 今はげしい, 今日でも, 今燃やしつけた, 仏葬の, 以上二つの, 伏原半蔵も, 住居まで, 何かしらが, 何とない, 何なら, 何ら動く, 何処に, 何時か, 何萬兩の, 作者自身の, 俗の, 信者と, 倒れた者, 傷つけられた自尊心, 元から, 先代の, 先頃から, 入れて, 全く未知, 全村, 八分めほども, 六七人の, 兵力や, 其方ほど, 内で, 冒涜を, 凶なる, 分る, 別にお, 到る所, 前々からの, 創作にまで, 労に, 勝ったという, 勿論慎しま, 医学的見地や, 十二円五十三銭の, 十哲とか, 千種や, 半紙に, 単に筋, 即刻入院させね, 参加しない, 又山師的, 友人ジョンスと共に, 叔父も, 古い友達, 古学の, 台詞廻しの, 同じ夢, 同情に, 君五万円という, 味わうべき何, 哀憐を, 商品らしい, 喧嘩まで, 嚇し付ける, 四匹の, 四雄蕊が, 国家社会の, 在つた, 地球に, 執拗な, 塵一筋も, 変った人間, 外界の, 多寡を, 多年愛し, 夥しい瓶, 大きな島, 大きな衣裳戸棚, 大人まで, 大和の, 大将旗を, 大智勝観氏の, 大臣の, 天使から, 太平洋沿岸最古の, 失神の, 女の子の, 女性としての, 如何程焦, 始終腰, 婦人を, 子供で, 学問の, 安全と, 定律詩, 実に私たち, 客が, 家族中の, 寡婦を, 尊を, 小さな可愛い, 小判なんか, 小諸から, 少しぽ, 尚数多, 居眠って, 山吹色の, 屹度歸る, 川の, 市の, 席を, 常識としては, 平生好きな, 幾たりか, 幾坪か, 広い廊下, 座敷着姿の, 弁護士の, 強ひ, 当然地震, 彼等の, 往来で, 従来作家の, 御老人, 心得ませぬが, 必ず平田門下, 忍び込む事, 怒って, 思念の, 怪人団に, 恐らくはアンジエラ, 恐怖と, 悪ふざけに, 惚れこんだ所, 愛の, 憎悪の, 成化戊戌の, 或いはお, 戦争中に, 手ぬぐいで, 打ち消すこと, 抱合って, 拾って, 捨てた女, 播州の, 政府の, 散見する, 数日前お松が, 文字が, 料理用の, 新しい顔, 新聞の, 既にそれ, 日ごろ客たち, 日本人よりも, 早くから或, 明らかな, 昔ながらの, 昨夜見た, 時々ああいう, 時にはなはだしく, 景教碑の, 暗紅色の, 更紗だの, 最も賤, 最早美しく, 有機的音律の, 木の葉ある, 未來の, 本當, 村長の, 東西南北到る, 果して小さく, 柴田の, 桂次という, 桜貝の, 極めて精巧, 槍を, 橘姫よりも, 次第に不思議, 止むを, 此懷疑主義といふ, 此頃京都における, 死が, 死者の, 段々その, 毎年こちらまで, 毛色の, 気持ちが, 永い時日, 汝の, 決定的と, 泊り込みの, 泥を, 洗盤で, 浮島が, 消えたの, 深い人生体験, 渾沌として, 滂沱の, 澤山さう, 火打が, 炭酸ガスでも, 無季題, 無論ロミオ, 焼岳の, 熱を, 爆薬が, 爺やの, 物々しい鏑, 特に道義, 狂歌狂句俗謡の, 猪牙を, 珍しいもの, 現在でも, 瓦と, 生きる力, 生死の, 田山白雲茂太郎金椎柳田平治お松その他の, 男に, 異つた言, 疎らに, 痩細りし, 發見出來ぬ, 白い藻, 白砂糖を, 百合子達の, 皆河底の, 盛るに, 直接私の, 相手を, 真に国家, 真珠も, 着物や, 知己友人の, 石見銀山と, 碌でも, 祝儀を, 神社に, 私たちが, 私服らしい, 移るもの自体, 穀物が, 窓の, 章の, 笑い話の, 筍形を, 簡素で, 精も, 約一千億個, 納めて, 紛失物は, 細い鋼, 組み合わさっ, 絶えず生活, 緋縮緬の, 縛に, 置きたくないとは, 美なる, 義勇と, 而かも, 聴覚が, 胚胎を, 脱衣場の, 臍の緒書が, 自分自身に, 自然と, 至るところ, 船から, 色こそ, 花札のまん, 若いころ, 若し神許宥, 英語読みも, 荷車が, 葉巻の, 蒲団係りの, 薄ら明るみが, 薬草も, 虎痴許, 蜜が, 血だらけに, 行灯が, 裸體で, 西洋で, 見えませんでした, 見るからに, 見当らなかつた, 覚えず声, 覿面その, 記憶し, 詩人として, 説話との, 諸君も, 議論文も, 貧しいとは, 買った物, 赤い泉, 赤裸な, 跡をも, 軌道を, 辞世の, 近衛公爵の, 逗子や, 通用門から, 過去現在の, 遠い昔, 郷土的色彩の, 酸素の, 野本君その, 金椎を, 針状角柱状鼓状など, 銀色の, 鏡台が, 長さ, 間もなく酒, 阪急の, 陰イオンが, 隆治さんが, 随分勢力, 随分独断, 隨分愚にも, 雑多な, 雷が, 露に, 青笹を, 頗る貴重, 額縁も, 風邪を, 飮みかけた, 首に, 駄目です, 高定, 鬼子母神の, 魚卵中に, 鶉の, 黄な, 黒い味噌, 黙りこくった仏像共

▼ 中~ (11574, 6.5%)

252 歩いて 169 のぞいて 151 覗いて 73 見廻した 64 見て 62 通って 51 見廻して 50 見ると 47 覗き込んだ 42 覗くと 41 見せて 40 探して 35 走って 33 流れて, 見まわした, 調べて 31 覗いた 30 覗き込んで 29 のぞくと, 分けて 28 歩き廻った, 泳いで 27 のぞきました, 見た 26 しらべて, 抜けて, 探って 25 歩いた, 見ま 24 のぞいた, 出て 23 歩きながら, 飛んで 22 くぐって, のぞきこんだ, 開けて, 馳け 21 あちこちと, 帰って, 静かに 20 あけて 19 歩くの 18 うろついて, 見まわして 17 のぞきこんで 16 歩き出した, 潜って, 眺めて, 覗きこんだ, 進んで 15 あちらこちらと, どこまでも, 歩きまわって, 見つめて 14 さまよって, 一と, 歩きま, 歩き廻って, 私は, 見まわしました 13 ぐるぐると, ぐるりと, すかして, 割って, 行く, 見廻しながら 12 のぞきこみました, 彼方此方と, 登って, 縦横に, 見廻すと

11 [14件] あるいて, のぞきながら, 廻って, 念入りに, 急いで, 散歩し, 歩きだした, 行ったり, 見廻しました, 見込んで, 覗きこんで, 透して, 通り抜けて, 開いて

10 一人で, 往来し, 手探りで, 捜して, 泳ぐよう

9 [18件] うろうろし, のぞき込んで, 動いて, 往っ, 往来した, 手さぐりで, 掻き廻して, 歩き, 歩きまわった, 歩き回って, 照らして, 真直に, 見, 見廻したが, 覗きました, 貫いて, 這って, 隈なく

8 [21件] いつまでも, うかがって, さがして, たどって, てらして, ながめて, ぬけて, 下って, 察して, 彼は, 掃除し, 検べて, 歩いたり, 縫って, 自動車で, 衝いて, 走った, 走つて, 通りぬけ, 開けると, 駈けて

7 [33件] かきまわして, かき廻して, く, さまよ, のぞき込んだ, ぼんやりと, まっすぐに, グルグルと, 一散に, 二人は, 人に, 傘も, 彷徨し, 往来する, 探った, 検めて, 歩きまわりました, 片づけて, 縦横無尽に, 縫うて, 行くと, 行くよう, 見ますと, 見廻わ, 覗き込みながら, 覗き込む, 読んで, 調べました, 跣足で, 車で, 辿って, 開くと, 騷が

6 [36件] くぐりぬけて, くまなく, くるくると, さぐって, じろじろと, のぞきこみながら, のぞきますと, グルリと, 一人の, 一直線に, 例の, 山の, 徘徊し, 悠々と, 改めて, 早足に, 検べ, 歩き廻つて, 歩く, 求めて, 漂って, 眺めた, 窺いて, 自分の, 行くの, 見たが, 見ても, 見回した, 見詰めて, 覗いたが, 覗きながら, 覗き込むと, 覗くの, 透かして, 隅から, 驅け

5 [61件] あっちへ, かき回して, ぐるぐる歩き廻った, のぞく, のぞくよう, はって, ぶらぶらと, まわって, わけて, フラフラと, 一とわたり, 一文字に, 一杯に, 下へ, 人が, 何時まで, 傘なし, 冒して, 取って, 口に, 大股に, 奔走し, 平気で, 往つ, 抜け出して, 指さした, 指さして, 掻きまわして, 搜し, 散歩した, 散歩する, 歩きました, 歩きまわる, 歩行い, 汽車は, 泳ぐやう, 流れる, 照し, 片付けて, 片附け, 物色した, 疾風の, 眺め廻した, 突破し, 窺った, 窺って, 自由に, 船は, 表した此頃, 見れば, 見入った, 見回して, 見廻してから, 見渡した, 覗き込むよう, 覗くよう, 蹈んで, 逃げて, 這い廻って, 過ぎて, 驀地に

4 [104件] いろいろな, うかがった, うろ, お前は, かきわけて, かき分けるよう, かけて, ぐる, しかめて, しらべましたが, どことも, どこを, のそのそと, のぞいたり, のぞきに, のぞき込みながら, ふらふらと, まっしぐらに, まるで海, みて, やたらに, ゆっくり歩い, よろめきながら, 下から, 二つに, 二人の, 俥で, 傘を, 僕の, 勝手に, 右に, 右往左往に, 向うへ, 嗅ぎ廻って, 天の川の, 宿の, 導いて, 小走りに, 彷徨する, 我れ, 持って, 指して, 捜索した, 探しまわった, 掻き分けながら, 掻廻し, 搜しました, 支配した, 明るくし, 明るくした, 棒で, 歩いても, 歩きまわりながら, 歩め, 注意し, 流れた, 流れましたし, 涙に, 濡らして, 煮えくり返らせました, 熱心に, 生きて, 眺めま, 眺めまわした, 眺め廻して, 眼を, 睨んで, 矢の, 突きぬけて, 脱け, 行つ, 見おろして, 見たり, 見ながら, 見ました, 見ましたが, 見まわすと, 見ようと, 見るが, 見ること, 見るよう, 見下ろして, 見入りながら, 見廻し, 見廻す, 見詰めた, 覗いても, 覗き, 調べた, 走り廻っ, 走る, 通つてゐる, 通り過ぎて, 通るの, 通過し, 門の, 開いた, 雨に, 非常な, 風が, 風の, 飛び廻って, 馬車が, 駆けて

3 [229件] あげて, あちこち歩き, あても, あらためて, うろうろと, うろつき廻って, おきの, かけまわりました, きれいに, くぐつて, くぐりながら, くり抜いて, くるくる廻っ, ぐるぐるまわっ, ぐるぐる歩き出した, こいで, ごそごそと, さまよった, しずかに, じっとのぞき込んだ, じっと見つめ, すかすよう, すすんで, ただ一人, とぼとぼと, とんで, のぞいたが, のぞくの, はうよう, ひた走りに, ひとりで, ひとりの, ひと廻り, ひらいて, ぶら, ぼんやり眺め, まつすぐ, みつめて, めがけて, やって, ゆく, よいよいし, よく見る, りれば, ウロ, ウロウロし, ガサガサと, キョロキョロと, グルグルまわっ, グルグル廻っ, ザツと, ジロジロ見廻し, タタタタと, トボトボと, ブラブラと, 一心に, 一時間も, 一本の, 一生懸命に, 一目見る, 一筋の, 三人は, 上下に, 下の, 人々が, 人の, 伝わって, 何か, 何の, 入念に, 凌いで, 出かけた, 出かけて, 出ると, 前後に, 割いて, 動き出した, 去って, 去らなかった, 固くし, 外の, 夢の, 大手を, 大跨, 女の, 子供たちが, 家へ, 容赦なく, 少しも, 巧みに, 帰つて行つた, 帰る, 幸いに, 廻り出した, 彷徨って, 彼らは, 徘徊した, 急いだ, 急に, 態, 手探りする, 押して, 押しわけて, 押し分けるよう, 押分けて, 拔けて, 拭いた, 指さしました, 指した, 捜し始めました, 掠めて, 探したが, 探しま, 掻き, 掻き分けて, 揺れて, 改めると, 整理し, 整理する, 斜に, 斜めに, 旅し, 曲って, 東へ, 案内し, 横切った, 横行し, 歌って, 歩いたの, 歩きはじめた, 歩きまわったり, 歩きまわること, 歩きまわるの, 歩き回った, 歩き始めた, 歩き廻りながら, 歩き廻りました, 歩き廻ること, 歩き廻るの, 歩き続けて, 歩くこと, 歩くと, 歩く人, 歩んで, 歩行く, 泳いだ, 泳いだり, 泳ぎま, 流る, 源七が, 滅茶苦茶に, 滑って, 漁って, 潜り抜けて, 濡れながら, 煙が, 照らした, 照らしました, 狙って, 独りで, 疾走し, 疾駆する, 目がけて, 眩い光, 睨んだ, 知って, 笠も, 箸で, 綺麗に, 縫うよう, 縱横に, 繃帯で, 聞いて, 荒して, 血だらけに, 行きながら, 行って, 見つめた, 見つめながら, 見まわしながら, 見まわしましたが, 見まわすの, 見廻って, 見渡しました, 見込むと, 覗いたの, 覗きこみながら, 覗きこんだが, 覗こうと, 觸れ, 訪ねて, 誰か, 走りま, 走りまわって, 走り廻つた, 足早に, 転げま, 近づいて, 逃げた, 這い廻った, 通つて行く, 通りすぎる, 通りながら, 通ると, 通行する, 通過する, 遊びまわって, 過ぎる, 道の, 野良犬の, 隔てられて, 雪の, 音も, 頭を, 飛び廻った, 飛行し, 馬で, 馳けて, 駆け出して, 駆け廻って, 駆け廻つて, 駆け廻る, 駈け, 駈けまわって, 駈けめぐって, 駈け抜けて, 高くし, 鮮かに, 鳥の

2 [611件 抜粋] あかあかと, あさり歩く犬, あちこちし, あっちこっちと, あばれまわった, あばれまわって, あらためました, あるきまわりました, あるく, あるくの, あわてて, いずこ, いろいろの, うねうねと, うねって, うろうろした, うろうろ歩き廻っ, うろついたり, うろつきま, おどって, おのぞき, お改めの, お文, お葉, お邪魔, かきわけるよう, かき回しながら, かき廻しながら, かけあるく九疋, かけま, かすかに, かの女, がたがたと, きいて, きよろきよ, くしや, くりぬいたの, くりぬいて, ぐるぐる回っ, ぐるぐる廻った, ぐるぐる歩き, ぐるぐる歩き廻っ, ぐるっと指さした, ここから, こちらへ, こっちへ, こつこつと, こと更に, ころがりまわって, ころげまわって, ごらんなさい, さがしま, さがしまわって, さがしまわりました, さぐった, さまよい歩いて, さまようた, さわがしい響, ざぶざぶと徒渉りし, しきり, しずしずと, して, しらべますと, じろ, じろじろ見回し, すうッ, すみからすみ, するすると, ずいずいと, そっと覗い, たずねて, ただよって, たど, たびたび白く, ちょっとのぞい, ぢつと, つ, つっきって, つついて, とびこえるん, とびまわって, とぼとぼ歩い, とんとんと, どうして御, どこでも, どんな気持, ながめ回した, なんの, のぞいたとき, のぞかせた, のぞかせました, のぞき, のぞきこむ, のぞきこむよう, のぞきましたが, のぞき込む, のぞき込むやう, のぞこうと, のたうって, のぼる, はだしで, はねまわって, ひそかに, ひらいた, ひらひらと, ひろげて, ぶらついて, ぶらぶらし, ぶらぶらする, ぶる, ぼんやり見廻し, また二人, まるで卍, まんまる, みつめました, みると, むちゃくちゃに, むやみに, もぐって, ゆうゆうと, よく知っ, よく見, りを, わがもの顔, わずかに, ウロウロする, ウロツイて, カンテラで, ギロギロ見廻し, グル, グルッと, グルリグルリ私は, コロコロと, ジロ, スタスタと, ノコノコ歩い, ハイヤで, ブラブラ歩き, メチャメチャに, 一ぴきの, 一めぐりし, 一わたり見廻しました, 一回した, 一廻りしたい, 一日に, 一目みる, 一目散に, 一眼見る, 一筋に, 一艘の, 一軒ごとに, 万遍なく, 三つの, 上に, 上へ, 下駄で, 主人の, 乗りつけの, 二人で, 二台の, 人も, 今の, 仔細に, 代助, 仮に南都, 何時までも, 何處へ, 何處までも, 修行し, 先に, 兎に, 全速力で, 八幡村へ, 八幡知らずに, 冷い, 出た, 出来るだけ, 分けるよう, 割つて, 動きまわって, 動物園に, 匍って, 半の, 占めて, 占領し, 占領する, 去來, 反対の, 叩いてるよう, 右往左往し, 向こうへ, 吟味し, 吹き廻った, 呼んで, 四ツん, 夢中に, 奥へ, 妙に, 威勢よく, 宛も, 宿屋の, 少し歩いた, 少し歩き廻り, 少女と, 少年は, 山名方は, 川が, 左から, 左に, 巴の, 帰つて来た, 帰りけり, 幅の, 平次の, 廻り始めた, 引かれて, 引き摺られるやう, 引揚げ, 強行し, 彷徨した, 往たり, 往復した, 得れば, 徹底的に, 必死に, 忙しく見廻し, 快い音, 急ぐ, 恐れ入りますが, 悲嘆の, 想像し, 愉快そうに, 懐中電燈で, 或る, 戻つた, 手さぐりし, 手で, 打ち明けること, 折角はじめた, 披い, 押し分けて, 拝見する, 拭いて, 指します, 捜すと, 捜索し, 掃除する, 掘って, 探が, 探さしたよ, 探させました天井, 探し出した, 探し回って, 探し廻って, 探し歩いたこと, 探りながら, 探るよう, 推量し, 掻いて, 掻きわけ, 掻き廻す, 掻き廻すよう, 掻廻す, 揺られて, 改めてみる, 方々へ, 旋回する, 日吉は, 昼間の, 暗くし, 朝から, 朝の, 来たの, 林町へ, 染める火, 棒を, 検めると, 検分に, 横ぎった, 横切って, 檢べ, 檢べて, 正直に, 此樣な, 歩いたこと, 歩かなければ, 歩かねば, 歩きつ, 歩きプイプイ堰, 歩き出しました, 歩き回ったり, 歩き廻ってるうち, 歩き廻つた, 歩き廻る, 歩き続けた, 歩く事, 歩めり, 歩るき, 歸る, 毎日の, 気密列車が, 気狂いに, 永久に, 汽車が, 汽車に, 泉水の, 波の, 泳ぎまわって, 泳ぎ廻ります, 泳ぐ魚, 流して, 流れた泥溝, 海馬が, 渉って, 渦巻いて, 潜ったとき理助, 潜ると, 濡れて, 火の, 点検した, 焔の, 無事で逃げ, 無暗に, 煙に, 照らす日, 熱くする, 燕が, 片息で, 牛頭馬頭の, 牽くの, 犬が, 犬の, 玉の, 珍しそう, 甚伍左と, 用心深く進む, 発って, 登るので, 盗人の, 目が, 直線に, 真っすぐに, 真っ暗に, 真直ぐに, 真空に, 眺め, 眼に, 礫の, 神田一番の, 私と, 私一人は, 私達は, 空に, 突き抜けて, 窓ガラスご, 窺いた, 窺うと, 窺く, 窺ふと, 素通りし, 経めぐっ, 絶えずチヨコチヨコ, 絶間なし, 繰合せて, 股に, 肩を, 背後から, 背負って, 自分が, 自動車が, 自在に, 自由自在に, 船が, 船尾を, 若僧に, 草を, 草履の, 荒し廻る不思議, 荒らし廻る黒雲五人男, 荷物で, 蛇の目の, 行きつ戻りつして, 行きつ戻りつしながら, 行き来した, 行くこと, 行くとき, 行った, 行進し, 街へ, 裸体で, 見え透く溜池, 見せた, 見せた揚句, 見たの, 見た時, 見つめる, 見ないうち, 見なかった, 見に, 見まわすとして, 見も, 見るという, 見るに, 見るん, 見ろ石, 見下して, 見入って, 見合った, 見廻したり, 見廻しまた, 見廻し隣室, 見廻すとも, 見渡して, 見渡すと, 見続けた, 見透すと, 見透すよう, 覗いたり, 覗いてから, 覗いては, 覗かせて, 覗きこみました, 覗きて, 覗きに, 覗きは, 覗きます, 覗き込み, 覗き込むやう, 覗き込ん, 覗つてるらしい, 調べた上, 調べ始めたの, 谷中の, 貫きて, 賊は, 走りまわりました, 走り出した, 走るの, 走る汽車, 走る電車, 足に, 踏んで, 踏分けて, 車は, 辿つて, 迷って, 退いた, 送って, 逃げるわけ, 透かした, 這, 這いまわらなければ, 通つ, 通つて登場, 通つて行かなけれ, 通りかかりました, 通り出した, 通り拔けた, 通り越して, 通り過ぎた, 通り過ぎるの, 通る, 通るとき, 通る人, 通る時, 通過しなけれ, 進むので, 逶つた路が, 道が, 遠くまで, 遠ざかって, 鏡に, 門野に, 開けたら曲者, 降りて, 隔てた, 雲が, 電光が, 電光の, 電車で, 霧の, 静かな, 静に, 領した, 頭上だけ, 飛び廻っては, 食い破って, 飾りつけました, 首尾よく, 駆けずり, 駆けま, 駆け回って, 駈けた, 駈け出した, 駈け廻って, 駈け歩いて, 駕籠に, 騒がしたの, 魚の群が, 黙って

1 [5731件 抜粋] корш, あさって居た, あちこちよじ昇る, あちこち歩む, あちらこちら歩き廻った, あっち行き, あの根気, あらし模様, あるかせたり, あわただしく掻き, いくども, いたわって, いつまで, いよいよ帰る, うごく時, うち明けたがっ, うねり曲っ, うろうろ歩きまわる, うろつき廻ったり, おずおずと, おも, お去り, お眼, お馨さん, かきまぜつつ, かき分け踏み分けやっとの, かき廻すの, かけぬけて, かけ乍ら銀座, かすめ行くの, がう, がらがら空車, きよとき, くぐりくぐり平気, くぐるよう, くりぬきその, ぐるぐる一, ぐるぐる歩きはじめた, ぐわっと潮みたいに, こうしてさ迷い, こそこそと, この夜久慈, これへ, ころげ胸, ごそごそ云わせ, さがしたとき, さがし回り樽, さぐり身, さし覗いたが, さまよい小山, さも自分, ざっくりと, しきりにのぞい, しつかりと, しや, しらべるため, じっとりさせた, じゃぶじゃぶ歩き, じろりと眺める, すごいスピード, すっかり見, すまして, すゝんで, ずんずん先, せっせと歩い, そこここに, そっとのぞきました, その方, それとなくお, たぎらせまた, ただ一騎, たった紙一枚, だれか, ちゃらちゃらさせて, ちらちらと, ついて, つくろうため, つぶして, ですか, とくと見る, とびぬけること, とりに, どうどうめぐりし始めた, どこまで, なおも見, なにか大きな, ぬけたり, のこのこ逃げだしたら, のぞいてでも, のぞきこみましたが, のぞき死体, のぞき込んだ時, のたうちまわらなくて, はいずり廻って, はじめ唐朝鮮の, ばと, ひそやかに, ひとこと姉に, ひどい勢, ひろ子と, ぴよんぴよん跳ね, ふたり並ん, ふらりゆらりくっつい, ぶらぶらした, ぶらりと銭湯, ほとんど掻き分ける, ぼんやり見詰めた, またぐるり, まだ寝ぬ, まづ, まわります, みますけれども, むっつり右門, めぐるありその, もう一遍, もぐもぐさした, もまれながら, やって来て, ゆがめて, ゆすって, ゆる, よくこその, よく調べ, よみとろうと, わかせるよう, わざわざギタ, わたくしにとって, アッと, オヴァシューズで, ガバガバと, クラゲの, グルグルグルグル輪, グングンのぼっ, ゴシゴシ拭く, ジャブジャブ進みます, スポンジボールが, タキシードを, テクる, ノソノソ歩い, ヒタ歩きに, ブラリブラリと, モグモグさせ, ルゾン号に, 一つ, 一ヶ月ほど, 一人陰に, 一寸のぞく, 一廻りくるり, 一應調べ, 一時間余りも, 一渡り見渡し, 一種異様の, 一路東支那海を, 一郎は, 三人の, 上って, 下らんこと, 下ろうと, 両断する, 丸い形, 乗りまわし乗りまわし鯨, 争闘の, 二三間ほど, 二組に, 互に手, 五色に, 人知れず倉川家, 今更の, 仲に, 伸歩行く, 何にも, 何心も, 來る, 停車場に, 僅に, 光弱げに, 全部見る, 其処此処から, 凍ったよう, 出すと, 出でて, 分けつつ, 切劃って, 前後左右に, 劉備は, 動物園の, 匐い, 区別なく, 十里ずつ, 半周した, 原宿の, 又小, 取り調べたが, 叩き散らす音, 右往左往睾丸が, 名に, 吹き始めた, 吹雪の, 唸らせること, 嗅いで, 嚇しあるくの, 四五町先を, 圧されて, 垂髫児等が, 堤から, 売って, 多少迷はず, 夜鴉の, 大きなもの, 大声あげ, 大河は, 太田は, 奧へと, 奴等は, 婦人と, 孫立と, 家々へ, 察したと, 尋ねて, 小さい鬼, 小次郎に, 少しのぞき込ん, 尾行し, 屠殺場へ, 山車も, 川下へと, 左の, 巻煙草を, 帰宅, 幸い君, 庖厨の, 廻ったり, 廻り歩いた, 引きずり行かん, 引っぱり廻された, 引繰り返した, 当て途, 彷徨いて, 彼女は, 往来いたし, 後ろの, 得た世界, 御苦労さまだ, 徳本に, 志村未亡人は, 思い出しましょう, 急ぐの, 恋人どうしの, 悠々王宮, 愉快に, 懐中電燈を, 戸外へ, 手さぐりに, 手招きに, 打ち明ける迄には, 抜けずに, 押しわけ押しわけ行きますと, 押分けながら, 拭い上げる, 指さします, 捜ぐって太い, 捜し回り古びた花立て, 捜っ, 掘るやう, 探したらまだ色々, 探しまわったの, 探し廻り漸く, 探ったが, 探り行くに, 探偵しよう, 掻きま, 掻き廻し, 掻分け, 搜さし, 撫で廻したり, 攪き廻す, 改めた上, 改めるその, 放浪の, 散歩を, 敵地へ, 斯様何の, 旅籠屋へ, 日本橋まで, 明かるく, 昨夜に, 時計の, 暫く下る, 更に小分け, 朝倉先生夫妻を, 朱鷺色が, 来たん, 板裏の, 桃色の, 椅子に, 検め見さすよう, 横ぎってるがようであり人の, 横切り墓地, 機関室へ, 歌志内まで, 歩, 歩いた証拠, 歩かせられて, 歩きたくなって, 歩きまわったが, 歩き出し廊下, 歩き廻ったが, 歩き廻りはじめて, 歩き物悲しい, 歩くよりは, 歩けるだけ, 歩み行く十四五, 歩武堂々, 殆ん, 母屋から, 毬の, 氣狂ひのやうにな, 水際立って, 汝許り, 沢田の, 泣かせました, 泳ぎまわる, 泳ぐと, 津輕海峽に, 流れながら, 流れる河, 浅草みや古へ, 浮動し, 淋しくなし, 清水の, 渡瀬村の, 源氏が, 漂ふてゐました, 漕ぎ抜けられそう, 潜つて草深い, 濡れた灰, 火傷した, 無提灯, 焦躁の, 照らしながら, 燃えさ, 片づけようとして, 片附け初めた, 犬や, 狩りつくしても, 狼は, 甘い口づけ, 田中は, 畳の, 療養所から, 登りつめるので, 白や, 皺だらけに, 目迎える, 看破られたよう, 真転び, 眺め廻すと, 睨みつめて, 瞰く, 短槍刺撃, 硫黄臭く, 神田の, 私達の, 空虚に, 突き拔, 突切って, 窓ぎわから, 立って, 競走しなけれ, 篝火焚きつ, 紅も, 紫色の, 絶間ない, 締め縛って, 縞の, 縫つてやつと, 縱横十文字に, 美しいしぶき, 羽虫の, 考えてたっけ, 肩で, 脚を, 腰縄を, 自活し, 舞ひめぐる, 花から, 苦しみながら, 荒したもの, 荒らした三人組, 荷馬車の, 落葉の, 蓑笠の, 虹が, 蟒は, 行ききする光, 行くが, 行く人々, 行く芳野, 行脚し, 衝と, 裏口から, 襲ふて, 覆うて, 見すくめたまま, 見せ給え, 見たという, 見た一同, 見ないで, 見ましたけれど, 見まわって, 見ようとして, 見ろ, 見世物の, 見廻しあらためて, 見廻し乍ら, 見廻わし, 見直す, 見返りも, 視廻して, 覗いた事, 覗かせ私, 覗きこんだり, 覗き込みました, 覗く看守, 親愛する, 訪ねここ, 語ったり, 誰やら, 調べようと, 警官と, 貰い乳し, 賽の目に, 走った糸重, 走りまわり行く先々, 走り新聞, 走馬燈の, 足が, 跳び出して, 踏みくずしたの, 蹴ころ, 躑躅ヶ崎の, 転々と, 転げ廻りノタウッ, 輝らして, 辿つて行, 迷いも, 逃げたが, 逃げるひとり, 逃げ走って, 透く青田越し, 途中で, 這い廻り乍ら, 這わして, 通ったり, 通つてゐた, 通つて絞首臺へ, 通りぬけた, 通り抜ける, 通り過ぎるよう, 通れる道, 連戻し, 進んだり, 遊び暮した, 遍歴った, 過した, 遠慮深く, 選んで, 都会の, 野兎が, 針目博士が, 銀蠅が, 長々と, 長髪鬼の, 閥族に, 降ろうと, 随分さがした, 離れて, 雲は, 震駭させた, 青年の, 響いて, 頻りと, 風を, 飛び回った, 飛び術, 飛行する, 養生館という, 馬車で, 馳廻っ, 駆けまわって, 駆け回る様子, 駈けだしさ, 駈け出すと, 駈け老いては, 駛って, 騒がせて, 驚かせました, 鳥毛の, 黄色く光っ, 黒煙が

▼ 中から~ (10838, 6.1%)

289 出て 61 一人の 36 何か 35 聞えて 33 飛び出して 32 顔を 31 一つの 30 出して 29 声を 28 出たの, 私の 26 一枚の, 声が 25 不意に 24 首を 23 自分の 19 聞こえて, 覗いて 18 ひとりの, 手を, 生れて 17 鍵を 16 それを, 一本の, 女の 15 とびだして, 二人の, 人の, 頭を 14 一冊の, 発見された, 私は, 身を 13 外へ, 消えて, 誰かが 12 取り出して, 戸を, 起って 11 かぎを, 叫んだ, 現れたの, 現れて, 金を 10 とび出して, 何かを, 姿を, 彼は, 現はれた, 現われたの, 生れたもの, 開いて

9 [11件] かぎが, これも, のぞいて, 一人が, 人間の, 急に, 現われて, 男の, 眼を, 自分を, 飛んで

8 [19件] パッと, 二つの, 人が, 例の, 出たもの, 半身を, 小判が, 平次は, 或る, 抜け出して, 拾って, 次の, 湧いて, 私に, 私を, 立って, 脱け, 誰か, 響いて

7 [18件] いろいろの, これを, でも, まっ黒な, 一匹の, 一通の, 二本の, 取り出したの, 子供の, 水が, 煙の, 目を, 自然に, 見て, 返事が, 錠を, 顏を, 飛出して

6 [23件] あらわれた神, こんなもの, それに, でて, ヌッと, ヌーッと, 一羽の, 取出したの, 取出して, 四五人の, 外を, 彼の, 微かに, 扉を, 現れた, 異様な, 白い煙, 眺めて, 聞えた, 若い女, 選んで, 鍵が, 飛びだして

5 [43件] あなたの, いろいろな, かすかに, さっきの, それは, とびだした, ふいに, むくむくと, わいて, 一つを, 一切の, 三人の, 三四人の, 不思議な, 両手を, 他の, 何の, 何を, 僕の, 出した, 取り出した, 大きな声, 小型の, 形の, 彼女の, 探し出して, 水を, 洩れて, 流れて, 浮んで, 漏れて, 無数の, 発見した, 真黒な, 紫の, 自分に, 見ると, 足を, 金の, 銀貨を, 開けて, 飛び出した, 首だけを

4 [62件] あらわれたの, いいもの, お前の, こっちを, そつと, たくさんの, である, です, どやどやと, なにが, はいだして, ひびいて, ふたりの, ぼんやりと, もれて, ドアが, ドアを, ボーッと, 一人を, 一個の, 一束の, 一歩も, 丁寧に, 二三人の, 何が, 出た, 匂ひ出た, 匕首を, 外の, 多くの, 大きな大きな青じろい, 奇妙な, 小判を, 少しばかり, 山越し像の, 巨人の, 彼女を, 抜き出して, 抜け出て, 救い出して, 書類を, 朦朧と, 本を, 来て, 此の, 無理に, 直接に, 短刀を, 竹の, 笑って, 老人の, 聲を, 若干の, 落ちて, 見えて, 言葉を, 走り出て, 返事を, 逃げて, 進み出て, 飛出したの, 首だけ

3 [150件] あがって, あれこれと, あわてて, いくらかの, いつでも, お通, した, して, じりじりと, そういった, その人, その時, そろそろと, ちらちらのぞい, では, なにかが, ぬけでたよう, のそのそと, へんな, もうひとり, もう一つ, ズルズルと, ニューッと, ヒョイと, フラフラと, 一と, 一冊を, 一刀を, 世辞が, 二三の, 云った, 五円札を, 五十両の, 人間が, 今日に, 伝わって, 伸びて, 何かが, 何者かが, 出る, 出ること, 切れ切れの, 博士の, 取って, 口を, 叫んで, 右の, 右手を, 呼びかけるもの, 呼んで, 唄が, 問題の, 四つに, 四人の, 四代続い, 奇麗な, 如何に, 妙な, 娘の, 小さく疊ん, 小判で, 小銭を, 山の, 左の, 引き出した, 引き出して, 引出したの, 引張り出して, 引用した, 御様子, 必然的に, 必要な, 思いも, 意味を, 戸に, 手が, 手に, 手紙を, 掘りだして, 掴み出して, 救い上げて, 昔の, 最初に, 木戸を, 来た, 桐の, 沢山の, 浮き出して, 消え失せて, 湧き上って, 火の, 火柱が, 灯が, 無理を, 煙が, 煤を, 犬の, 猿が, 現はれ, 生まれて, 生れ出た, 発見し, 発見する, 白い手, 目の, 真白な, 真直に, 眼に, 石を, 砂を, 種々の, 空を, 突然に, 竜之, 答えた, 答へ, 紙幣を, 考えて, 聲が, 背の, 自分が, 自分で, 舌を, 色々な, 蝉の, 血の, 裸体の, 見えた, 見下して, 見覚えの, 言った, 記事文の, 誰でも, 起こって, 起った, 躍り出た, 身に, 透して, 進んで, 鉄の, 銭を, 雨戸を, 電報を, 静かに, 面白いもの, 響くの, 飛び出すと, 飛出したよう, 駈け出して, 髪を

2 [671件 抜粋] あけて, あなたが, あなたを, あの方, あらゆる具体的, ありありと, ありたけ, ある朝, いくつも, いった, いつぞやお前, おそろしいば, おばあさんに, おりて, お拾い, お札が, お松を, お菊, お酒, お雪ちゃんの, かけ出して, かすかな, かわいい少年, きこえた, きこえて, きみの, こう声, こちらを, この物語, これまで, これらの, さッ, ざらざらと, しずかに, しまり, しゅうしゅうと, じっと眼, すがた, すべての, せいの, そうした声, その方, その裸, そんな声, ただ一つ, ただ一人, たった一枚, だ, だして, ちょこちょこと, ちらと, であった, とんで, どれだけの, どんな物, ぬけ出て, ぬっと姿, ぬつと, はっきりと, はでな, ぱッと, ひかげ, ひたひたと, ひときわ高く, ひとりが, ひょっくり現われ, ひらひらと, ぴかぴか光る, ふいと, ほんの僅か, また, またその, また男, まっ赤, みょうな, やさしい声, よく見える, わずかに, オーイオーイと, キリキリと, コスモスの, スーと, スーッと, セロの, ゾロリと, ダイヤモンドを, チョコレートを, ツツツと, ドアに, ナイフを, ニューと, ハッキリした, ビスケットを, ピストルを, ブツブツ怒り声, ポスターを, ロチスター氏の, 一ぴきの, 一人でも, 一円札を, 一包の, 一巻の, 一挺の, 一本を, 一条の, 一滴の, 一片の, 一組の, 一葉の, 一部分を, 三つの, 三本を, 三枚の, 三葉の, 上がって, 上へ, 与えられて, 与一は, 丘の, 乗り出して, 二三を, 二三通の, 二枚の, 二箇の, 云つた, 五六枚の, 五十銭銀貨を, 五百句を, 人声が, 人形の, 人影が, 代表を, 伊兵衛の, 低い声, 何でも, 何ともいへぬ, 何やらを, 何物かを, 何等かの, 便箋を, 俄かに, 信一郎丈を, 僕は, 僕を, 元結を, 光るもの, 光を, 兎に, 全く理由, 八五郎の, 写真を, 出したの, 出しました, 出すこと, 出たよう, 出たり, 出た物, 出ようと, 出るの, 出る訳, 出発せしめ, 初夏の, 刺すよう, 力の, 助けだされた官兵衛, 助け出して, 勝手に, 勝手口を, 化けて, 十円札を, 十四五人の, 十数人の, 半分は, 半死半生の, 半紙一枚に, 南へ, 厚い本, 取りだして, 取り出した書物, 取出されたの, 叩き出して, 叫んだの, 同じ柄模樣, 吹いて, 呂布の, 呼び出した, 呼んだ, 嚴重に, 四代續い, 声の, 多量の, 大きな灰色, 大きな青い, 大きな黒い, 大声で, 大抵の, 大粒の, 大蛇が, 天女が, 太い毛生欅, 夫の, 女が, 女を, 好きな, 妻の, 姿も, 子供を, 学生の, 客が, 家の, 対岸の, 小刀を, 小粒を, 小蛇, 小説を, 少しばかりの, 少年の, 山を, 岩の, 巨眼を, 帰って, 幾つかの, 庭へ, 庭を, 引きあげて, 引きずり出しながら, 引き上げて, 引き出したの, 引き抜いて, 引つぱり, 引出されて, 引出して, 引揚げ, 影を, 彼が, 彼に, 彼女が, 彼女は, 待ち兼ねて, 必死に, 必要に, 忽然とし, 恐怖の, 悪口を, 悲しげ, 慰安が, 我々の, 我戀は, 戦後にかけては, 戦後へ, 手紙の, 手頃な, 手頃の, 抜身袷すそ取りたすき掛け, 抱いて, 拔け, 拾い上げて, 拾い出して, 拾い集めて, 挨拶した, 振り向いて, 捜して, 探しその, 探しだしたいと, 探して, 搬出費用の, 敬遠の, 数人の, 敵が, 新らしい, 新様式, 新聞紙を, 日本の, 明治以後の, 書きさしの, 最も優れた, 最後に, 最適当, 月が, 月に, 朗々と, 本物の, 本當, 材料を, 村の, 来たの, 松毬を, 松泉寺へ, 松葉を, 桃太郎が, 桜の, 棧が, 森さんが, 椿三千麿を, 機会が, 檣が, 次第次第に, 歯を, 死体を, 残りの, 汚れた男持, 池の, 汲み取って, 沙漠の, 泊る勇士, 波の, 洗ひ去られた, 洩れた手紙, 流れ出て, 浮き上る, 浮き出したよう, 浮び上って, 海上を, 消えうせて, 消え失せた, 湧き出して, 湧き出て, 湯の, 滲み出て, 火が, 火を, 火花が, 灯の, 灰色の, 煙を, 煙草と, 煙草の, 燦として, 爪弾きされ, 特に自分達兄弟, 犬が, 犯人を, 猿とも, 玉の, 玉葱を, 現れた一人, 現われた, 現在の, 瑪瑙の, 生えたと, 生まれた, 生れた, 生れた噺, 生れるもの, 生成する, 用意の, 男が, 男を, 異様な呻き, 疳癪玉を, 発して, 白いもの, 白い歯, 白娘子の, 白蛇の, 白骨が, 盗み出して, 盗んで, 目立って, 真黒に, 短刀まで, 砂利や, 硝子戸ご, 神の, 神戸を, 種々な, 穀物を, 突如と, 突然きらびやか, 立ち上った, 立ち上るの, 立ち現われた, 立った, 笛を, 笠の, 筋を, 答える声, 箱を, 箸を, 純粋芸術の, 紙に, 紙を, 絵に, 絵の, 絵具箱を, 絹子が, 続々と, 綺麗な, 緑色の, 線香の, 美くしい, 聞えるの, 職業組合を通して, 肉の, 脱出した, 自己を, 自由に, 舞台に, 船宿, 花嫁は, 若い男, 苦しそう, 苦心し, 荷物を, 莫大な, 菓子箱が, 菩提心を, 葉を, 蜥蜴の, 蝋燭や, 蟋蟀の, 街頭へ, 褌の, 見えだしたとき, 見たの, 見つけ出した, 見つけ出して, 見るも, 見付けたお, 見付けたの, 見付けて, 見付けました, 見出されたもの, 覗って, 言いました, 訊ねた, 話声が, 誰だ, 誰れ, 護摩を, 豚の, 豹に, 赤い印紙, 赤い毛糸, 赤い紐, 赤や, 走り出して, 起きあがった, 起った声, 起つた, 起つて, 足が, 足の, 跳り出し, 近づいて, 返事も, 追, 追ひ出された, 逃げだしたん, 逃れて, 逆に, 這いだして, 這い出すよう, 這って, 這ひ出し, 過去の, 選ばれて, 選み出された, 選り出された兄処女, 選り出したの, 選り出したん, 重そう, 金が, 金包を, 針が, 鉄人, 鉢に, 銅貨を, 鋭い声, 錦の, 鏡を, 長い手紙, 長井直記は, 門を, 開けたの, 降って, 雲が, 雷を, 電人, 静かな, 非常に, 響きました, 響く声, 頻りに自分, 顔だけ, 顕われた, 飛び出て, 飛び立つ雉子, 飛上った, 飛出した男, 駄菓子を, 駆け出して, 駈けて, 鴫らしい, 鷹揚に, 黒い塊, 黒い服, 黒い畑, 黒い背広, 鼻の

1 [6829件 抜粋] ああいう, あごを, あの宿屋, あらはれたたくさん, あらわれました, あんな綺麗, いきなり火焔, いたみかけたの, いつも玩具, いろんな紙片, うすぎたない女, うめき聲, おしあけ, おどり上, おまわりさんの, お光さん, お客が, お由, お豊さん, かきはじめるの, かたパンを, かほどな, がちゃがちゃという, きらめく色, くされものの, ぐつすり寝入つた, こうした場合, こちらに, この世の, この文, この遠近, これだけの, こんどは, ごく綺麗, さしも循環論, さみしい別れ, しごきを, しめやかに, じっと瞳, すくいだされ妖人ゴング, すっかり気, すばらしい機会, ずしりと, せり上がっ, そして頭, そのいい, その人格, その女, その戸, その箭, その電気, そろそろ現れ, たくわえの, たちまちけたたましい, だいぶよごれた, ちゃんとした, ちらりと投げた, つかむ, つまみ上げたの, でなきゃひらかないん, とつじょとして, とび出した潜水艦, とんでもない, どう見られ, どれでも, どんな過去, なぜ火柱, なにか黒い, にこにこし, ぬきとって, ぬっと恐竜, のぞかせて, はい出した, はためき昇って, ぱっと風, ひっぱりだしたの, ひとり脱け, ひょいと彼女, ひよろひよろした, ぴゅうっと飛び出した, ふっと落ちた, ふわりと, ほがら, ほり出されて, ぽっかりと, またたびたび私, また起った, まだ空, まるで夜鳥, みのるは, むっくりと, もう夜, もっとも適任, もれ始めた, やっと手捜, ゆうべ女首領が, よく光る, よろこぶこと, わざわざ自分, アシと, ウィムパーの, オイデオイデを, カスリを, ガラス管を, ギラギラ光る, グロテスクな, コントに, サンゼリゼの, スウッと, スルスルと, ソヴェト見学団の, チビチビ貯め, ヂリ, ドッと, ニンガリと, バツト吸殻を, パリの, ビニールで, フラウ・ゾルゲを, ペタペタペタペタ沢山の, ポロポロと, マリユスに, メガネが, ヨチ, ワラワラと, 一つキヤラメルを, 一二枚の, 一体どうして雪子学士, 一升徳利を, 一寸細長い白い, 一度二度浮かび出た, 一本とつて, 一生懸命である, 一疋の, 一緒に, 一銭でも, 七人の, 三人が, 三卿饗応の, 上って, 下宿料十五円家へ, 不気味な, 中学へ, 丸が, 久光を, 亀戸の, 二三歩あがった, 二体浮び出た, 二十人以上の, 二揃ひ持ち出し, 二階を, 五六人の, 五十両包みを, 五臓六腑を, 人とも, 人間らしい心情, 今の, 今日までに, 他吉, 仲間の, 伸びでて, 何かしら取り出し, 何なり, 何らか, 何者が, 作者が, 侏儒の, 倉庫の, 傷薬を, 僧の, 先住の, 光明を, 八五郎は, 六匹の, 其処へ, 再び人民, 冷たい風, 出された外国, 出した札, 出たと, 出た一名, 出た拳, 出た髪の毛, 出られません, 出る鏡, 刀が, 切出し代りに, 別にもうもうたる, 前線へ, 創作に, 助け出したばかり, 勝利を, 匂ふ, 十三四の, 千円だけ, 半ば燒けて, 半襟一つでも, 南蠻物の, 原稿の, 又し, 反物を, 取り出した一本, 取り出し得たもの, 取出した貴金属細工, 口だけ, 古卓, 叫ぶ, 可愛らしいお, 吉野紙の, 君臣の, 呑介連の, 呼びかけて, 和服の, 哀哭の, 商ひ, 喜七いのちという, 嚠喨として, 四寸程の, 団平の, 地を, 坪内逍遥などが, 堀部弥兵衛老人が, 壜を, 夏服シャツ銘仙の, 外記が, 大きいもの, 大きな人, 大きな男, 大きな黒斑ら, 大型の, 大方在方の, 大錦一枚刷, 天人の, 太史慈を, 奈良人形の, 女房の, 妻が, 婦人作家を, 孔雀が, 孫引する, 官展の, 室生犀星萩原朔太郎芥川龍之介の, 寅之助だけ, 寝室へ, 射出された, 小さい支那渡り, 小さなビロード張り, 小さな紙片, 小屋の, 小藤次, 少しわけた, 山下組の, 岩井杜若の, 巧みに, 巻紙を, 師匠は, 平次, 幸内を, 幾分かずつを, 庄吉が, 延び上って, 引き上げられたあさ子, 引ずり出されて, 引戻そうと, 強く眼, 当番の, 往々に, 従四位に, 御選定, 心細そう, 快速力, 思いの, 恁やうな, 患者を, 情慾が, 感ぜられる底, 應じた, 我に, 戦後を, 所望の, 手弱女が, 手燭を, 抗議を, 抜き出たの, 抜け出した彼女, 抜出したよう, 抹殺し, 抽き出し, 拝みつつ, 拾ったとて, 拾ひ集めた, 指で, 振向くと, 排斥される, 掘り出した木の根, 採つて來, 探し出した価打, 探偵的な, 提出し, 摘んだと, 支払つた, 救いだすには, 救つたといふ, 数知れぬ, 料理代を, 新しい材料, 新時代, 日に, 早くそれ, 明快な, 昨日の, 時々電気, 晴れやかな, 曇鸞道綽善導懐感少, 書ぬきを, 最も有名, 有り合う天秤, 朝廷でも, 本家紅屋の, 来た失意, 松岡小, 果して復興, 栄之, 桜貝を, 棺を, 橇や, 次第に勁, 歎声だけが, 此豪華に, 歴史的事實らしい, 残って, 毛の, 気に, 水兵帽を, 汝は, 沢山持つ, 法螺貝の, 洋紙を, 洪水が, 流れ出る明るい, 浮き上つて見え, 浴衣を, 涙が, 温かそう, 湧き出る溢れ出る転がり出る飛び出るそれら, 溜めた金, 漁夫たちの, 潜戸を, 濡れた樣子, 灰色っぽい, 無惨にも, 煩わして, 燃え殘つた竹馬, 爺やの, 物凄い喊声, 特に喧, 犬に, 獲物を, 現れただけの, 現われたのに, 現実を, 生えいでたレンブラント, 生じたもの, 生れいでながら, 生れなくとも, 生気に, 田丸主, 男女が, 異臭が, 病気に, 発砲さえ, 發見せられる, 白い朝鮮服, 白く浮ん, 白紙を, 皺びたいぼいぼの, 目ざしたネタ, 相当の, 真っ赤な, 真面目に, 着換, 矢代は, 短く仕立てた, 研究の, 確実な, 神経を, 私達に, 稲吉を, 突き上げられる度毎, 突然ひとり, 突然老婆, 立ち上がった, 立てて, 竹杖を, 筆を, 簡単に, 糸杉槙の, 紙屑を, 細い手, 細身の, 結束し, 続いて, 締めて, 繰り出して, 美しい女, 美味さうな, 義太夫の, 老女と, 聖母を, 聞くよう, 職業婦人が, 胸に, 腐りかけた死骸, 臍まで, 自分や, 舌で, 良人の, 花が, 若々しい女, 若草の, 茶碗ほどの, 萌して, 葱の, 薄紫の, 藁筵を, 蚯蚓を, 蝗の, 血を, 衝いて, 襤褸の, 見える, 見たやう, 見つけ出すこと, 見る牛, 見出したこと, 見放された十兵衞, 覚えるとも, 觀念もしくは, 計畫, 詩人的でない, 読経や, 警吏とも, 豪傑連中が, 費用を, 赤い毛布, 赤黒い異様, 起きると, 起った小田原, 起出し, 跳ね上り, 身体を, 転がり出した, 輝き出た, 辷って, 迸るよう, 退散した, 逃げ出せたん, 這いだしてから, 這わせた, 進歩的なる, 運動に, 遠霞んだ, 選ばれた至誠, 選び齎し帰った, 選んだわけ, 部厚い, 酒色の, 野獣と, 金太さんが, 針で, 鉄槌を, 銀紙に, 錠がか, 鑑賞し, 長靴を, 開けるもの, 降りる妻子, 陸上を, 雉子の, 雪白に, 霊魂の, 青い焔, 面と, 順々に, 頭椎の, 顕れて, 飛びだしたが, 飛び出した二, 飛び立った鶫, 飛出す金太郎, 養成される, 馬道師匠が, 驅け, 高い口銭, 鬼の, 鳥獣の, 麦焦しの, 黒いまん, 黒い頭, 黒覆面の

▼ 中~ (4223, 2.4%)

27 ひっそりと 24 急に 22 まっくら 20 暗かった 14 しいんとし, しんとして 13 がらんとして, ひっそりし, 空つ 12 薄暗かった 10 からっぽです, 森として, 真暗で 9 暗かつ, 眞つ 8 暗い, 暗くて 7 もう暗く, ガランとして, 妙に, 思ひの, 火の, 空っぽ, 血の, 静かであった, 非常に 6 がらんと, まっ暗です, 上を, 何か, 少しも, 真っ暗で, 真暗だ, 綺麗に

5 [12件] からっぽでした, しんと, ひつそりとして, シーンと, 一パイの, 一面の, 前よりは, 煮えくり返るよう, 真の, 真暗だった, 自分の, 静まり返って

4 [24件] からっぽだった, しぃんとなりました, しいんとしずまりかえっ, ひっそりかん, ほの暗かつ, ほんた, まさに血, まっ赤, もう半分以上, 一時に, 人の, 例の, 外から, 寒かった, 煮えくり返るやう, 真ッ, 真暗に, 私が, 私は, 空っぽだった, 薄暗い, 藻抜け, 誰も, 静かで

3 [72件] いつでも, いつもの, いろ, いろいろの, お祭の, かなりの, からっぽだ, がらんとなっ, がらんどうで, がらん洞だ, きれいに, くぼんだお, さすがに, しばらく机, しーん, すつかり, それが, たいへんな, なかなか暑い, ひっそり閑, ひつそりし, ぼんやりした, またもと, まっ暗に, もう真暗, 一と, 一面に, 中, 人目が, 今の, 仕方が, 仕方も, 仲, 何も, 何んの, 俄かに, 全くの, 国低し, 夏の, 夜の, 大変な, 子供の, 広い土間, 春の, 暑いけれど, 暗いので, 森と, 森閑として, 水びたしだ, 涙で, 煙草の, 熱を, 父の, 真っ暗に, 真昼の, 真暗であった, 私も, 空っぽです, 空っぽに, 空に, 笛末は, 花の, 薄暗くなりかけ, 蘭方相用候儀御, 見違えるほど, 言ふ, 闇に, 陰気に, 電灯が, 静かである, 静かに, 鹿島の

2 [264件] いつもからっぽ, いろいろ, いろいろ御, うすいうすい霧, うす暗いの, うす暗くて, お内儀さん, かなりに, からっぽで, からっぽに, がらくたばかり, きれいで, くもの, こみ上げて, これで, ささやかな, ざわ, しぃん, しいんとなりました, しずまりかえって, しゃぼんの, じめじめし, すっかりからっぽ, すでに暗く, すべて見すかす, そうで, そう云う, そのこと, その代り, その日, そんなこと, ただの, ただまっ暗, だれも, だん, とても暑かっ, どうかする, どこも, どんなもん, どんよりと, なかなか巧, なんだか私, なんでも, にわかにさわがしく, へんに, ほかの, ほとんど闇, まあどんな, またひっそり, まだ三々五々の, まだ人肌, まだ夜, まだ射, まだ相当, まだ香炉, まったくからっぽ, まっ暗で, まっ暗であった, まっ暗な, めちゃくちゃに, もうまっ, もうまっ暗, もうボロ, もう大, もう薄暗く, もちろん庭, もっとつらい, やまなしの, よく見えない, よく見える, われるよう, カラだ, ガラクタと, ガランと, ガラ開きだ, シンと, シーンとして, パッと, ヒッソリし, ヒッソリとして, ビュロオ伯夫婦も, 一ぱいに, 一パイに, 一坪ほどの, 一杯に, 一種の, 一間の, 不安と, 予想の, 二た, 二人の, 二人家の, 人々の, 人が, 今は, 今日も, 何と, 何事も, 何時か, 傍からは, 僅かに, 元の, 兎も, 全く空っぽ, 全く血, 六疊と, 内弟子と, 冬の, 別に, 割合空い, 勿論の, 区役所の, 又しいんと, 取りに, 可なり, 呆れるほど, 唯風を, 喧しい蝉時雨, 國低し, 地方の, 夕方の, 外よりも, 夜であった, 大へん, 大丈夫だ, 大變, 大風の, 天井裏から, 天命に, 女やもめの, 好かった, 家の, 家内の, 寂として, 寒々と, 寝しずまって, 小さい居間, 小大名, 少くとも, 嵐の, 左程, 平熱で, 弾丸雨飛だ, 彼は, 御察し, 御通夜, 微暗かっ, 恐ろしく深閑, 悲歎の, 扇を, 押し返しも, 放縦なとりとめ, 旋風の, 日の, 日曜月曜と, 明るかった, 明るかつ, 明るくて, 昨日の, 是非が, 昼の, 昼間でも, 時々失笑, 晴れて, 暑かった, 暑くて, 暑く石灰粉, 暖かかった, 暗いでしょう, 暗くつて, 暗くは, 朝から, 東京で, 東京の, 案外に, 森然, 殆ん, 気味の, 水で, 水の, 氷の, 洞穴の, 涙だらけだつた, 深いところ, 混乱し, 温かで, 湯気が, 湯気で, 湿気に, 滅入つたやう, 滅多に, 滅茶滅茶に, 濕氣が, 火が, 焙炉の, 無人の, 燃ゆる, 父が, 物恐ろしい, 猛烈な, 甘味し, 目の, 目も, 目を, 眞暗, 真っ暗, 真暗である, 石炭酸の, 砂利が, 砂利と, 確かに, 社会の, 私の, 穏か, 空いて, 空っぽじゃ, 空洞に, 空虚に, 窓を, 竈の, 立って, 立派な, 築地の, 綺麗な, 縮みあがるが, 羊腸たる, 老人の, 胸での, 自然に, 薄暗いから, 薄暗かつ, 薄暗くて, 薄暗くなっ, 藍いろ, 藻抜の, 見なかつた, 親の, 話も, 誰にも, 貝であろう, 貧乏に, 貴君に, 身動きも, 農村文化へ, 近よらない, 通行を, 都一中の, 酒も, 釣人の, 鈴だらけ主人の, 鈴だらけ召使を, 開けて, 闇と, 院長が, 雨宿りの, 青い天蚕絨, 青い天鵞絨, 青空天上不思議は, 静かだった, 静かだつた, 順平にも, 馬糞紙の, 麻の, 黄金いろ

1 [2976件 抜粋] あいかわらずしんかん, あき家, あったかよ, あの, あの通り, あまり姿, あれだけの, いいが, いかにもがらん, いささか気丈夫, いっそうまっ, いっぺんに光, いつもあの, いつも外, いつ行っ, いへば, いやに蒸し暑い, いると, うすぐらい電灯, うす暗かった, うす暗く小, うっとうしいくらいの, おいて, おそろしいほど, おなじ枯野, おろか台湾支那を, お婆さんの, お父様, かうし, かなり力を, かなり荒れ, からっぽな, がらんとなつ, きちんと机, きびしく監視, きれいにからに, くらくらする, こぎれい, ことにひどかっ, この二人きり, この建物全体, この間にも, こわれた薬莢, こんな昔, ごみっぽくっ, さして住, さぞ暑かっ, さながら地獄, さもない, ざしきの, しいんと鎭まり, しずまり返って, しばらく指, しよぼし, しんと寂しく, すっかり, すっかり昏, すっかり白, すでに赤く, すみからすみまで, ずっと新聞, せわしいであろう, そうぞうしくなりました, そっくり汝, そのエキス分, その名, その心配, その間慟哭の, それに, そんなよう, たいてい探した, たいへん広く, ただこの, ただむせび泣く, ただ薄, たちまち笑い, たとえ時化, だいぶ暗い, だんだん忙しく, ちょうど神経, つねにかわいた, できるだけ俳優, とてもベントレイ, どうかこう, どうだった, どこからとも, どっちかと, どろ水, どんなであったろう, どんなに切ない, なお封建制度, なかなかむす, なぜか, なるべく兄さん, なんとなくうすぐらい, にわかにあかるく, はっきりと, ぱっと花, ひつそりと, ひどく亂雜, ひろびろし, べつの, ほとんど煙草, ぼうっとなっ, まきが, まさに毒瓦斯, ますます引っ掻きまわされる, また作者, まだいい, まだゆうべ, まだ人間, まだ宵, まだ暑, まだ真っ暗, まだ闇, まったくの, まっ暗だった, まつたく夏, まるで人氣, まるで津波, まるで赤貧, みんなこう, むし暑いほどの, めきめき明るく, もうお, もうひっそりと, もうビショ, もう暗かっ, もう狐, もちろんの, もちろん家じゅう, もっと暗く, もはや無一文, やっぱり冷やか, やはり不愉快, やはり昔, やや色褪せた, よくこれ, よく見えません, りっぱでした, わけの, わるい奴, イギリス製の, カラであった, ガラッ八, キヨと, サンマース氏の, シャンデリアを, スチィムの, ダメでした, ドウモ安心なら, ハノイで, ホンの, マニア作家の, ムンムンし, 一しきりソヨリ, 一ぱいの, 一人で, 一切外国人の, 一対の, 一年中草木が, 一日々, 一歩も, 一瞬深い, 一脈の, 一面燦々たる, 三尺四方ぐらいの, 上中下の, 不安の, 不潔で, 中立的立場に, 主人と, 乱闘の, 亂離骨灰土瓶も, 二人で, 二名の, 云えん者, 亜剌比亜数字で, 人を, 人気なく, 人間で, 仄蒼く, 今日の, 仕事に, 仲間への, 伯耆安綱を, 何かか, 何だか地震, 何です, 何となく鬱陶しい, 何にも, 何んな, 何分にも, 何者だ, 余程粘り気, 依然として動かなかった, 依然蜀, 倍も, 僕の, 先生が, 全くからっぽ, 全く灯, 全然空っぽ, 八ヶ月ばかり, 六月の, 兵隊の, 内で, 冷えるし, 冷たい水, 凍るやう, 出来そう, 初江が, 別天地だ, 前よりも, 劇烈に, 勇躍護国の, 動揺した, 勿論庭, 勿論羊羹, 半ば闇である, 博物館を, 却つて驚きませんでした, 又大, 反響が, 口を, 古鏡の, 可なりに, 各官庁, 同じ会社, 君の, 周囲の, 哀しそう, 啓吉にとって, 四月半ばの, 図書館で, 土に, 土間に, 地獄の, 堪らえ, 墨を, 変らないの, 夕方だった, 外出したがる, 多少着飾った, 夜色が, 大きな石, 大丈夫, 大勢で, 大宮氏の, 大抵キャビン, 大概熱海の, 大騒ぎ, 大騒動, 天竺と, 女の, 好い工合, 姉さんと, 婿養子との, 存分に, 学校の, 宛然玩具箱を, 実に眼, 害多く, 家人悉く, 寂く, 寂然し, 寛永十一年に, 實に, 専門家が, 小さい穴藏, 小型の, 小暗いので, 少し暖か, 居ないも, 山の, 山野を, 左様な, 幅も, 平安だらう, 幾室にも, 広いアトリエ, 広くない, 広重ゑがく河岸の, 庭先へ, 引っくり, 強き革帽子, 役に, 後宮の, 御覧なさったでしょう, 微動も, 必ず泊まり込ん, 念入りに, 思いの外広かっ, 怪少女の, 恐ろしく狹, 悉皆空洞, 惨憺たる, 愛犬を, 憚り乍ら俺は, 戦争に対する, 戦場の, 打ち合, 折角うつした, 括枕, 掌の, 揉合う, 敗戦の, 数名の, 斉彬の, 断たれず, 旅館から, 日が, 日本使節一行の, 旧の, 明らさまに, 明るくなった, 昔来た, 昼飯時に, 晩春の, 暑いくらい, 暑ければ, 暖かいから, 暖かった, 暖簾の, 暗くてね, 暗くなりかかっ, 暗く露路, 暗黒であった, 最も炎熱甚, 月に, 月花の, 朝で, 未だ雪, 札幌に, 来年の, 枝道が, 案外すい, 棺を, 楽み, 樹の, 次第に落ち付い, 止めると, 此の, 歯が, 死を, 殉教者で, 段, 毎夕明月天に, 毎日宿に, 比較的明かである, 気味悪いほど, 水を, 永遠の, 汚く煤け, 決して良人, 沸き返るよう, 油の, 泥足で, 津田生の, 浮気を, 涼風入り来, 深い谷底, 混雜し, 湿っぽくなる, 満員である, 溶けて, 漸, 火の気一つあかり一つない, 火鉢も, 炉火の, 無事だつた, 無礼講です, 焼けッ, 照りつけるだらう, 煮えこぼれそう, 熱いから, 燈り, 片仮名の, 物足りなさ, 特権階級で, 狹い, 王水でした, 瓦重なる, 生の, 田沼という, 甲板の, 男ばかり, 留守宅の, 疎開者が, 白いう, 白粉と, 百種の, 皆寝静まっ, 皇大神宮に, 盛んな, 相変らず, 相当ビクビクもの, 真っ暗だった, 真っ暗誰かが, 真ツ黒, 真暗く, 真暗です, 真赤, 眠いの, 知らずその, 短波長通信には, 砂ま, 硫黄と, 礼を以て, 神秘だ, 私人が, 秘扱に, 穢れが, 空っぽも, 空ろで, 空気が, 空虚, 突然人, 笑いに, 第三国人は, 米に, 精神不滅なり, 素晴らしい点, 給与も, 絶対に, 総金箔, 罷り越し稲, 耕作午後から, 背広服に, 自分以外の, 至って静穏, 色々の, 芋を, 花見船で, 英蘭銀行の, 草ぼうぼう, 荷物を, 蒸し暑いに, 蔵の, 薄明り, 薄暗い冷, 薄暗くひっそり, 薄暗く見える, 藥で, 虱だらけだ, 行先を, 袷で, 西は, 見えない, 見えませんが, 見なかったという, 見舞い客で, 親切に, 言ふまで, 該地面の, 読書執筆に, 調べも, 護謨糸の, 豫て, 販路の, 贅を, 赤っぽい, 足を, 身分不相応なる, 軟らかく暖まっ, 農業者の, 近所を, 透いて, 遊んで, 遠い旅行, 遣りませんでしたが, 酒でも, 重なる變事, 金魚売り, 銭湯にだって, 開け放ちたる窓, 闇であった, 院長の, 陰慘で, 険呑だ, 隈なく, 随分酷い, 雑念の, 雪どけが, 電気灯で, 霧の, 静かな, 靜かに, 面会させない, 面白か, 頗る混沌, 風が, 食物さへ, 首を, 駄目, 騒がしかった, 驚いて, 鬼神に, 鳴るよう, 黒い霞

▼ 中にも~ (3293, 1.8%)

16 ある 14 書いて 13 出て 12 それを 11 何か 10 彼の 9 それが, 見えて 7 多少の, 私の, 自分の 6 あるの, 人間の 5 これは, どこかに, 一人の, 入って, 同じよう, 彼は, 私は, 種々の

4 [16件] あつた, いた, これと, これを, それに, ひそんで, ゐる, 人が, 何処か, 喜六郎君などは, 幾つか, 無数の, 自然と, 色々の, 見出される, 誰も

3 [38件] あるが, あるやう, いる, いろいろの, お互, さうし, それらしい, 一つの, 一種の, 世話好きの, 人を, 今日の, 他の, 例の, 分けて, 含まれて, 品の, 女の子の, 如何に, 幾度か, 彼女の, 或る, 日本の, 明かに, 森の, 歌は, 此の, 流れて, 潜んで, 現われて, 発見出来ない, 私が, 紅矢は, 自から, 自分は, 蚊が, 身の, 述べて

2 [172件] あった, あったの, あなたの, あらゆる他, ありますが, ありませんよ, あるまいと, あれほど, あんな良い, お丸薬, お定, かう云, かつては, きつと, こういう奴, この国, この夜, この曖昧, この歌, この男, これに, こんな化物屋敷, せいの, その事, その作家, その家, たくさんある, だ, とりわけ臆病, とる, どこか, ない, ないこと, ないで, ないと, ないよう, はいって, はっきりと, またこれ, また革命, やはりこの, よくその, わけて, モーニングや, 一つずつ, 一脈の, 三日だけ, 世間にも, 二つの, 二つを, 二三の, 二人とは, 二人の, 亦た, 人ぞ, 他人の, 何も, 何んの, 入つて, 入り込むの, 六箇所の, 内外陣左辺右辺の, 内外陣左邊右邊の, 凛とした, 分裂を, 半蔵の, 卒業後の, 危岩が, 同じくまた, 同様の, 名高いの, 咲いて, 在る筈, 外にも, 多くの, 多分それ, 大分容子が, 夫人の, 夫人を, 女の, 妙に, 妻が, 妻の, 存在し, 宗教上の, 左の, 平安朝の, 幾人かは, 当時の, 彼が, 彼に, 彼を, 御米, 心の, 必ず夢, 思ふま, 恐縮を, 息子の, 感じて, 感情趣味に, 或ひ, 手工業的な, 才女らしく, 描かれて, 支那の, 支那人の, 散在し, 日の, 智恵の, 書かれて, 月影が, 有名な, 木綿物で, 梅野といふ, 次の, 次第に筋道, 残って, 水の, 滅多に, 滅多には, 滝の, 烈しいの, 無論に, 熱を, 特にその, 猶模倣, 発見され得ない, 登場を, 皮革業に, 目立って, 睡眠に, 確かに, 稚みつ, 種々な, 種類が, 立派な, 統一を, 絶えず繰り返され, 絶類抜群にて, 緑水の, 縁側にも, 美奈子は, 聞えた本草家, 自然に, 至るところ, 色々な, 花が, 花壇は, 若い沢, 落込むめり源七はむ, 蕪村は, 蝋燭を, 袖を, 西洋の, 見えた, 見出されるの, 言葉の, 豆電球を, 貴族的品格と, 軽しめら, 這入ると, 遂ぞ, 道の, 道徳律や, 酸素が, 金の, 除外され, 隠れて, 雪は, 静かな, 非常に, 面は

1 [2604件 抜粋] あたりに, あったよう, あの女, あまりに理想, あらぬを, ありありと, ありましたよ, あるかと, あると共に, あるよう, あれは, あを, あんな麗人, いくらか与, いたと, いちばん喜ばしい, いつか思う, いつの間にかやっぱり, いなかった, いました, いるはず, いろいろ派が, うららかな, おかしなもの, おのずから, およそ人間, お作, お夏さん, お竹, かう言, かかる類い, かくの, かなりな, からだの, きっと赤い, くりと, ぐもぐしてゐると, こういう神社, ここのは, こども服の, この亀, この前後, この唖々氏, この宗派, この意味, この物語, この虚栄心, この頃, これだけの, これより, こんなに用意周到, こんな崇高, さすがに, しかし長い, しばしば聞く, じっと我慢, すぢぁ, ずいぶんこの, せめては, そういう人々, そういう目, そうたくさん, そっくり持っ, そのま, その他いろんな, その婦, その数, その民族, その職業, その身, それぞれ認められる, そんなの, そんな經驗, ただよって, たった一部, たびたび遅刻, だもだして, ちゃんと史料, ちょっと区別, ちらちらと, つくづく自分, できるだけは, ところどころに, どうしても, どっかしらん, ないもの, なお人生, なお幾つ, なかなか立派, なにか手探り, なんだかいた, はじめてお, はっきり娘, はつきり錢形平次の, ひそむ宇宙, ひどく嬉しかった, ふくまれたり, ほ, ぼくは, また, またほとんど, また多少, また憲法, まだしも幸運, まつと, みやびな饒舌を, めいめいの, もう十一, もちろん恋, やがては, やはりない, やはり矢代, よい嗜み, よく現れ, よろこんで, わっという, ゐないで, イワンの, オランと, ガラスばりの, サタンが, ステパンは, テムプル先生は, ネパールの, パリスが, ファラデイの, ヘタも, マンカム, ユダス・イスカリオツトは, ルシファや, ロースが, 一二の, 一人上った, 一向見当らない, 一度しか, 一月ばかりの, 一生懸命に, 一番取乱した, 一種冷静の, 一道の, 丁度近くっ, 丈夫らしき, 三条西家の, 上方の, 下等な, 不景氣さ, 丑松の, 中世には, 主観的態度の, 之等は, 事実か, 二三獄死した, 二心疑わしき, 五島清太郎博士藤井健次郎博士は, 亦, 亦積極消極, 人々の, 人間が, 仁田四郎忠常は, 今は, 仕事小屋の, 仙台藩の, 件の, 伝えられて, 似よりを, 住み度, 佐比は, 何かしら多少, 何とかいう, 何となく迷信, 何やら飛躍的, 何人が, 何物も, 作品の, 侍が, 保胤は, 偉大なる, 備つてゐた, 僕の, 元は, 光明は, 入れたそう, 入口から, 全体に, 八田は, 公平な, 其五尺の, 内心の, 凄味あり, 出る, 刊行を, 別に一旗幟, 前夜招待された, 剰一術, 加入しない, 動きたいのぞみ, 北山にて, 十人ほど, 千鳥の, 卑近なる, 南日君の, 卯の, 厳めしい構え, 又バラモン教, 友にたいする, 収穫が, 口へ, 古く分れた, 可成り, 同じやう, 同じ話, 同行し, 名馬が, 吾, 命を, 唐以來相傳の, 唱歌の, 善良な, 四ツ本を, 国民として, 土民狩と, 城山寢釋迦山鳶の, 塩気の, 声は, 外国種に, 多いの, 多少僕, 夜更の, 大乗の, 大抵は, 大衆という, 天照皇大神の, 太平の, 奉公人の, 女は, 女教師らしい, 妻は, 威厳の, 嬉しいに, 存命覚束な, 学校の, 安死術によって, 定めて, 実感の, 容貌秀麗と, 富岡先生は, 対話の, 小さな電灯, 小次郎に対する, 小舟が, 少しずつ, 少なからず広まった, 居なかった, 屈指な, 山を, 山頂に, 島崎藤村を, 左右太の, 帆村探偵は, 常に何もの, 平次は, 年寄らしい, 幾人か, 幾分それ, 幾多の, 庄屋と, 座を, 引續き, 強いもの, 影も, 彼ほど, 彼等は, 往々生々し, 往診し, 従来すでに, 御荷鉾山, 心に, 必ず難易二種, 忘れずその, 念仏者は, 思ふまま, 怪しいところ, 恐るべき争闘, 恥かし, 悲歎に, 愛人や, 感じられるこの, 慎ましげ, 我國新, 或は喫茶店, 所々に, 手紙を, 技術者も, 抽斎の, 拘らず左, 持ち続けて, 挙げて, 採録せられた, 擧つて座中の, 敏感で, 数ヶ所同じ, 敵を, 文化的に, 文談会の, 断わって, 新しき意味, 旅僧は, 既に巨万, 日本人純粋の, 早くも, 明るい感じ, 昔の, 時々先生, 時々晴れた, 時刻移り候ては, 普通民に, 智慧の, 書いたが, 書かれたよう, 最もりっぱ, 最も手近, 最も重い, 月光は, 有中は, 未だはっきり具現, 本当に泣いた, 本軒以下四半軒, 東京人某は, 某県, 案外かなり, 梓川が, 極が, 極楽寺の, 様々な, 権次は, 機轉よき, 歌の, 正確には, 此を, 武蔵野の, 死なないの, 殊に目, 母の, 毒惡な, 毫も医学, 気の毒な, 気軽の, 永く住ん, 決して示さない, 沢山そう云う, 河童が, 法家パウルスの, 泳ぎの, 洲股城の, 流れとは, 浅間な, 消えずに, 淀の, 清楚な, 満ちた, 溶け合って, 漂う朝, 瀬尾孫左衛門の, 無論の, 熟して, 父と, 片附けられる, 物音は, 特に早道早飛脚, 狂信的な, 猶本性, 王族とは, 現に死牛馬, 現われること, 理念を, 生きなければ, 生き生きと, 田楽能から, 略は, 當時足利時代に, 発見せられる, 發見出來ない, 白米に, 皆様は, 皮革業などを, 目次に, 相当具眼者, 看取せられる, 真中に, 真実価値の, 眼に, 眼科を, 知らないもの, 知己の, 石根の, 砂糖は, 確実に, 社会の, 祖父の, 神授の, 秀吉於義丸等を, 私たちは, 秘密が, 稍信頼出来る, 空家は, 竊に, 竜之, 笑止の, 第四斥候隊, 算盤を, 納めて, 細君の, 結晶が, 絶えず新しい, 絽の, 繰返された, 置かずひとり舞台, 美しい小舟, 美の, 義王を, 考え出されないほど, 聞いて, 肉桂の, 胸を, 腰に, 自ら現われ, 自国かぎりの, 自然なる, 自若として, 興福寺所属と, 良寛の, 色紙と, 芸衛的詩趣が, 若干支那及び, 苦痛の, 草が, 萬作は, 葉鶏頭, 蕗が, 藁屑が, 蘇って, 蛇は, 血が, 血縁共同体地縁共同体精神共同体などが, 裁判の, 見いだすこと, 見えると, 見たかつたの, 見られない真情, 見事なやり, 見当つた, 見物の, 親の, 解剖台上に, 記し置きたる通り, 話題の, 認めること, 説き及ぶところ, 論じて, 警察官の, 豚吉と, 貢税の, 資格の, 赤褌一貫で, 身を, 軽はずみの, 輕業の, 農村にも, 述べた通り, 連山の, 道貞殿には, 選ばれた, 都合よく, 里から, 重要な, 金瓶梅は, 銭形の, 長く続いた, 開鑿道路を, 限りない, 階級の, 随所に, 隨分澤山出, 雍の, 雷とも, 青々と, 青麟の, 面には, 音が, 頼政だけは, 類似の, 風俗の, 飛入ろう所存に, 食道楽が, 餌が, 馬が, 駈け寄って, 高い柳, 鮮かに, 黄昏の

▼ 中でも~ (2640, 1.5%)

19 私は 13 彼は 7 他の, 屈指の, 群を 6 私の, 自分の 5 一と, 一番の, 又廬堂, 彼の, 指折りの, 最も重要 4 代表的な, 信一郎の, 女の, 彼が, 有名な, 特別誂え

3 [29件] あるし, これは, 一二を, 一番古い, 一番大きい, 一番美しく, 一番静かな, 二人双つて育てる, 京都の, 何でも, 前に, 大事件, 平気で, 歩いて, 物を, 特に私, 特別に, 特別の, 私が, 私などは, 立派な, 第一, 自分に, 自分は, 評判に, 隙を, 面白いの, 音に, 食物の

2 [148件] あるが, あれは, いい, いいし, いろいろと, いろいろな, お見, ここが, ことに難解, この, これが, これを, すぐれて, すこしは, すすきで, その最も, それが, それぞれの, それと, そんなこと, たれる彼等, のびたり, はばききらしく, ひとつの, ほんとうに, また特別, よく物, わけて, ゲエルほど, バスの, レンズと, ヴイナスを, 一ばん重い大きい, 一本の, 一段と立, 一番に, 一番厄介に, 一番大切な, 一番小さい, 一番恐ろしい, 一番最後に, 一番立派な, 一番面白い, 下等に, 下級の, 不思議な, 不思議に, 世才に, 人が, 人に, 人の, 人間に, 今では, 他処, 何か, 何処か, 僕の, 優秀な, 兄い, 兄は, 入山形, 割合に, 取分け甚, 右の, 名代の, 女好きの, 姉の, 姉は, 子供の, 家柄その, 家柄の, 対手が, 封じ込まれても, 少しは, 平次を, 彼を, 彼女は, 後に, 忘れられないの, 文字だけは, 日本の, 最もこの, 最も不便, 最も人, 最も僕, 最も優れた, 最も印象, 最も多く, 最も大きく, 最も恐し, 最も日本的, 最も気, 最も短い, 最も神聖, 最も精巧, 最も美しい, 最も著しい, 最新最, 有名である, 未開な, 殊に, 殊に一つ, 殊更お, 民藝が, 水の, 水蒸気が, 流石に, 消滅し, 滅多に, 物の, 特に目立っ, 特筆すべき, 珍しい程, 生きて, 留さんの, 皮革を, 目に, 眼が, 眼の, 私たちは, 私に, 秋の, 立派に, 第一位, 筆が, 聞えて, 背の, 腕利きと, 自由に, 芸術的価値の, 見て, 触れて, 評判の, 足の, 踊を, 身分の, 道徳の, 重要な, 金の, 隣の, 隣家でも, 面白かった, 顔の, 駅から, 魂は, 鵲とか, 黒い白鳥, 黙って

1 [2138件 抜粋] あった, あのはげしい, あの紅い, ありません, あり私, あるまいし, あんまり客足, いけない部類, いちばんだいじな, いちばん大きな, いちばん普通だった, いちばん良く, いちばん重要, いつもと, いまだに忘れ得ぬ, いるよう, いろいろ問題, いわゆるエタ, うんと怨ん, おそらく一, おつみ, お互, お前が, お宮の, お父さんおっしゃっ, お話を, かけぬけられるよう, かならずどこ, かなり職務, かの虹, きっと洋服, きわめて貴重, くびのまわりの, ぐもぐやつてゐたするめの噛みかけ, こういう文句, こうした種類, ここだけが, ことによる, ことに僕, ことに有名, ことに複雑, このあたり, このチセイコロカムイ, この人一人, この子ども, この方面, この玩器, この絵巻物, こほろぎが, これまで, こんなに御馳走, ごく熱心, さすがに, しなんらかの, すぐれた人物, すぐれた者, すべての, せめて一つ, そういう不思議, そうでした, そのこと, その中堅, その夜, その矛盾, それからすっかり, そんなに足, ただ深い, たとえば何事, だん, ちょいちょい逢う, つねにできなかった, できるだけ, ときどき思はぬ, とくに圧巻, とっちゃ, とりわけて, とりわけ怒, とりわけ重要, どこまでが, どんな客筋, ない限り, なお引, なんでも, はっきりした, はなはだ小さい, ひとり違つてどうしてこんなに, ふと笑っ, ほとんど別人, ほの暗くした, またこの, また私たち, まだまだ切られる, まれに, もう皆, もっともモデレェト, もっとも勇気, もっとも曹操, やくやも, やはり一貫, やや古風, よく何, よく遊ん, わかつたこと, わけても, わたしの, アヤメ咲く, オナリ婆さんの, キャフェ, ゲーテの, サツフオークを, スケッチ風に, タッタ一つ正体の, ナマコを, パンと, ピカ一は, ヘエゲル左党の, ポーと, メイテルリンクは, ラマでない, 一そう悲劇的な, 一ばんの, 一ばん自慢の, 一人も, 一姓ただ一名のみの, 一度それ等, 一日に, 一段と野蛮, 一番いい, 一番がっかり, 一番むずかしい, 一番タチの, 一番上手な, 一番下等な, 一番不思議だった, 一番二番の, 一番凄みの, 一番古参の, 一番地味の, 一番大切に, 一番好かれる, 一番年層らしい, 一番強力な, 一番怠惰な, 一番新しく, 一番毒の, 一番熱心な, 一番男ぶりの, 一番美味い, 一番自慢に, 一番荒れた, 一番誤解を, 一番重い, 一番頭が, 一番高価い, 一等謹ん, 一際優れ, 三代といふ, 上座に, 下地が, 不健康を, 並ぶもの, 中学時代からの, 主として獣類, 久米島の, 乱暴者の, 二十三夜の, 二番目ぐらいに, 云ひ得ぬ, 五本の, 亦特別, 人は, 人気者の, 人間が, 今夜これから, 今猶, 仕繰夫, 伶人らしく, 何でも彼, 何時も燃え, 余程悪い, 例の, 偉い奴, 傑出した, 優等な, 兄弟中で, 入浴ほど, 兵隊を, 其處等が, 冬の, 出來, 出来るん, 分業が, 別だ, 利の, 剛の者と, 割合顔の, 労働者の, 勢いその, 北海道には, 十字架を, 千鶴子と, 半襟屋を, 博物館の, 厚葬する, 又一番活躍, 反省した, 口へ, 古い御代, 古来最も重視, 古風であり, 可笑しいの, 吉田監物の, 同じよそ行き, 同胞なる, 名君の, 君は, 呼び物に, 和歌に, 哲學などは, 唯一無上の, 商売には, 器用な, 困難な, 国際間の, 地球を, 売る店, 変わり種の, 多くの, 多数は, 大きな四方硝子, 大へん, 大原右之助は, 大小いろいろな, 大空の, 天つ, 天文や, 失恋させられた, 女を, 好いから, 妖婉華麗極まる, 姉さんの, 嫁時代の, 子供ばかりは, 孔子の, 存在を, 学生に, 定められた宿舎, 実に宴会, 実感を, 家族の, 寂しい時, 寒そう, 封蝋だろう, 小さな児, 小池との, 少し度, 尤も跋扈を, 屡, 山女魚が, 島の, 左翼的で, 帝国ホテルは, 常陸の, 平氣, 年長の, 幹部級の, 床の間の, 廟の, 当節五十両と, 彼こそ, 往來でも, 御き, 御馳走の, 心配し, 思う人, 思慮に, 性的経験だけが, 悦んで, 感じの, 懸りが, 或人, 所の, 手を, 才子其角は, 折々話しかける, 捨てなかった, 支那人が, 故人が, 敬意を, 文は, 断ち切られること, 新しいほど, 日ごろ厚く, 日本人の, 明らかに, 時々そういう, 時雨さんは, 景気に, 智略に, 更に分類, 書物を, 最もしげしげ彼, 最もノンセンス, 最も利者, 最も勢力, 最も名声, 最も型破り, 最も大切, 最も寒い, 最も平凡, 最も恥ずべき躓き, 最も新しい, 最も根本的, 最も深刻, 最も異色, 最も目立った, 最も秘奥複雑, 最も罪, 最も許し, 最も軽く, 最も醜い, 最も音楽, 最も高く, 最大な, 最後まで, 最貴重, 最高潮した, 有力な, 木々高太郎氏の, 末頼もしく思った, 本郷の, 村山は, 松や, 林でも, 柳橋などは, 格式の, 植物一般は, 業平橋の, 極めて値段, 構えの, 構わない勝手, 橋玄とか, 歌詞を, 武士の, 武部先生らしい, 歪んだり, 歸つてからも, 殊にもてはやされ, 殊に哀れ, 殊に新, 殊に木立, 殊に王柏, 殊に眉山, 殊に飛騨山脈, 母の, 毎年二百駄ずつの, 比叡尾山の, 比較的売行き, 比較的熱い, 比類なき, 決して名句, 泊めて, 泣き明かすよう, 泳いで, 流されずに, 海には, 淋しい野, 渡船者と, 源之助は, 滅切暖かく, 澤山は, 濃淡式でない, 無地羅紗が, 燦然と, 父帝は, 特にあなた, 特にそうでない, 特によく出来る, 特に一本, 特に優れ, 特に動き, 特に各地, 特に大, 特に安産, 特に悪, 特に手, 特に死牛馬, 特に生物学科, 特に短い, 特に細い, 特に西側, 特に鑑別, 特に陽気, 特に高く, 特別弱虫泣き虫小僧であった, 特殊の, 犬の, 猩々や, 猶音楽, 王座を, 珍しい大, 生け捕られた北条残党, 田の, 町方で, 異彩を, 異色を, 発頭人に, 白河戸郷と, 盜賊方と, 目ぼしい, 直義の, 眉目の, 矢代は, 石川光明氏とは, 破壞, 祇園町が, 神経質な, 私たちが, 稀だった, 空いた席, 突然恐怖, 童貞型がま, 笠井が, 第一級, 簡単ながら, 粟島即すくな, 紅蓮大, 紙包を, 紹介され, 結城孫三郎あやつり, 絶えず労働, 網棚の, 纏うたま, 羨まれる魚問屋, 考へたこと, 聞える, 肉十三ポンドすなわち, 育って, 腕利の, 自分より, 自由詩に関する, 興奮が, 色々の, 花の, 若い元気, 若君は, 英雄は, 菊池寛は, 葛城の, 薬局と, 藩論に, 蝋燭屋一蝶という, 行くこと, 被害者が, 裾野を, 見えるの, 見られた, 見知り越しの, 親しく思われる, 言文一致で, 記録として, 評議が, 読者の, 議論が, 豊世の, 貫之以後を, 貴方月々送る, 贄川藪原二か村の, 走るよう, 身づく, 輝く未来, 近い十五年, 追放人の, 通人の, 進化の, 過去へ, 違うもん, 遠距離に, 遺失しなかつた, 重立った頭, 金翅は, 銀行家や, 長火鉢の, 陽が, 障碍に, 離さずに, 雪を, 非常な, 音楽の, 頭かぶ, 頸巻を, 風呂屋でも, 飛んだ清玄, 首領の, 駮馬一帯は, 高山は, 鬼の, 鳥の, 鶴岡市中の, 黒姫は

▼ 中では~ (2248, 1.3%)

13 私は 12 何か 9 あるが 7 彼の 6 それが 5 それを, 人の, 人は, 彼は, 明王像の, 母, 自分が, 非常に

4 [12件] あったが, あの黒服, この男, これが, すべてが, すべての, どんなこと, 一つの, 一番の, 人間の, 何の, 誰も

3 [15件] ありません, お前が, このこと, こんなこと, どれも, 一人の, 人が, 何にも, 僕と, 少くとも, 息が, 此の, 私の, 自分の, 誰が

2 [118件] あの若い, あるし, いつもの, いつも互いに話しあっ, こそこそこんな, これは, こんどは, さっきから, その方, その晩, それも, そんなこと, そんな事, つきり, どう思っ, ないで, なかった, なにを, なんだかかう, ほとんど喋舌ら, まだ一心にその, まだ絶えず拳銃, オペラの, ローソップ島の, 一層心配, 一時に, 一番小さい, 一番年の, 一番年長者だらう, 一番高い, 一見さらに問題, 上下を, 二人の, 二番目娘の, 井上君と, 人々が, 人間が, 何かが, 何が, 何を, 何んと, 例の, 反対に, 可なり, 右の, 品吉が, 唯一の, 器物を, 固くその, 塔を, 夜は, 夜天候では, 大抵の, 大明遠征を, 嫂も, 年嵩らしい, 御新造だけ, 御米, 心に, 心臓が, 思って, 恐ろしい事件, 想像も, 或る, 新橋柳橋の, 昔の, 映像が, 晝の, 最も古い, 最も大, 最も幼稚, 最も彼, 最上種の, 東京に, 案外スリ, 極めて特異, 此青年に, 決して不調和, 沢山の, 火が, 火の, 焚火が, 無数の, 燈心の, 父は, 珍らしく, 生きて, 異例だ, 病人達の, 相変らず, 真実を, 眠くて, 眼が, 矢田津世子は, 祈って, 私が, 私を, 私以上に, 秋である, 種々の, 第一, 第一等, 細君が, 美奈子の, 義経が, 若い女, 誰れ, 軽蔑し, 返事が, 銘々に, 閭が, 院長アンドレイエヒミチが, 青年, 顔を, 飛ぶこと, 飽足らず眺めた, 鮒の, 鶯が

1 [1832件 抜粋] あいかわらずきん, あとから, あなたの, あの人, あの生一本, あぶないと, あらくれで通って, あり主要, あれくらい, いい声, いくつもの, いささか退屈, いちばん古参の, いちばん新参でも, いちばん身分が, いっこう返事, いつも全面, いつ爆発, いと答え, いよいよ事件, いろいろに, いわれの, うまくいかなかった, おかしいほど, おたかはん, おどろくに, おもいながら, お互に, お引立, お母さんと, お絃, かいこを, かえるが, かすかな, かなり変った, がたがたと, きみが, こうしたもの, こう考えました, ことによく知られ, このところ, この二つ, この奈良原翁, この点, この芝居, この野口君, こんなにも悲しまれる, こんなふう, こんな冬, こんな評定, ごくおとなしい, ごっちゃに, さぞ癪, さてどちら, しのぎを, しめたと, じりじりし, すぐれて, ずいぶん苦しん, ずっと寝, ずゐぶん, そういう言葉使い, そうし, そうは, そこに, そのひと, その人, その加勢, その少女, その横顔, その百穗, その美しい, その過程, それぎりしか口を, それほど性, それ以上立ち入つ, そんなもの, た, たくさんの, たしかに有頂天, ただ一点, たちどころにその, たとえば蝋燭, だいぶふる, ちぢめて, ちゃんと生き, つねに, ですね, とかく爆発, とにかくお人好し, どういう気持, どうしてかう, どうしよう, どうにか葉, どこも, どの方角, どんなに口惜し, どんな声, ないかと, なおあらゆる, なかなか寝つかれ, なかなか用, なくして, なくどこ, なしに, なまぬるい水いっぱい, なんと思つて, のべつに, はっきり電燈, ひとつの, ひみつなこと, ほかに, ほとんど文学, ほんの微か, まさに萎縮, まず共謀, また生存, まだしも少しまし, まだ駆逐, まとまって, まるで電光, むかしの, めずらしい異材, もうこれ, もう日暮, もう漫画的, もちろんその, もっとあの, もつと, もんと, やっぱり私, やはり一番眞劍, やはり義元, やや色あせ, よく分らない, わあわあと, わからない人間成長, わたくしに, アンシオ氏と, インテリで, キリストも, グズで, ケーキなぞに, ゴロツキや, ジユリエツトに, ストーブの, ダンスの, ディレッタントが, ドイツ人らしい, ニンフの, バカが, パリで, フアウヌスに対する, フランクリン博士サア・ジェイムズ・スチュワアトアーサ・ヤング氏及び, プロス嬢を, ベートーヴェンこそは, ミケルアンジェロの, ヤマの, リクが, ヴォードレイル伝という, 一つに, 一例を, 一千六百四十幾日という, 一尺も, 一抹清涼で, 一時間程, 一概に男子, 一生けんめいです, 一番むずかしい, 一番よい, 一番価値の, 一番好ましい, 一番年上らしかった, 一番幸福な, 一番怪しい, 一番旨い, 一番相撲は, 一番親切だ, 一番電力が, 一般の, 丁稚が, 万更で, 三太夫が, 上々の, 上記の, 不埒な, 不憫で, 不精らしく, 世の, 両方の, 中津に, 主将格で, 久米が, 事面倒で, 二人だけ, 二倍三倍の, 互いに顔, 些細な, 人工重力が, 人間は, 今の, 今度のが, 今日吾, 仕方が, 代地の, 伊代を, 佐藤の, 何かしら恐ろしい, 何と思, 何ものに, 何より烈しい, 何人かの, 何方かと, 余り珍, 依然その, 値打で, 働きよう, 僕ばかり, 兄弟子どもを, 先づ一番近い, 先生が, 児玉榕子という, 全く破, 全編の, 冒険し, 冷たかろう, 出て, 分かり好い, 切支丹の, 初江さんが, 別にそう驚い, 到るところ, 創作の, 勿論儒家, 北口が, 北野縁起の, 十二年前に, 十人の, 千両函を, 半永久的な, 南天の, 原因と, 友達の, 反対である, 古い豪傑, 叫んだの, 右側の, 吉岡方の, 君に, 君長は, 呼吸が, 和歌が, 問いと, 嘘も, 噂話の, 団子を, 土を, 地主の, 坊ちやんが, 変化なく, 外国人を, 多勢同居致します, 大きかった, 大体出来上っ, 大変な, 大膽, 大雨か, 天皇御, 奉子, 女は, 女性の, 好奇心と, 妖怪変化は, 妾の, 姦通は, 嫁に, 子供たちも, 存外お, 完全に, 定子の, 実に彼, 家鴨の, 寝入りばなを, 尊敬せず, 小原小春原光代の, 小林少年が, 少しも, 尤も英語, 山の神は, 島根県史六巻の, 巨鳥が, 市之丞が, 帳合が, 平凡な, 年を, 幸福の, 幾層にも, 弁当箱だ, 強く, 影の, 彼女の, 御柳を, 微風の, 志賀直哉と, 忘れないで, 思いながら, 思ってるに, 思想も, 性格とか, 恐ろしい暴風, 愍然に, 愚かな, 感謝したい, 我々二人しばらく, 或夜, 所天の, 手挽の, 手足を, 抹殺される, 損を, 故郷が, 数人の, 文化映画何本教育映画何本劇映画何本ニュース幾本と, 文學の, 断篇化は, 新参の, 旗本の, 日待と, 旧い書生たち, 早くから形式, 昔風に, 春が, 昼間とは, 暗い電灯, 書き尽せない, 最もコスモポリタン, 最も啓発, 最も心境, 最も活気, 最も生産能率, 最も迷信的, 最も雄大, 最初から, 最古参, 有刺胞類の, 有頂天の, 木端屋根が, 未知の, 机が, 果して少女小説, 柔かい筆, 桜井, 検束された, 楽しみを, 機も, 歓喜の, 正確な, 死んだ種子, 殊にそれ, 殺されたつて, 母親の, 毒蛇が, 比較的上席, 比較的足, 水の, 求められないの, 決して人, 油絵が, 泡鳴氏よりも, 注意ぶ, 浅田は, 浮の, 深く相島, 済まなく思っ, 渦が, 漠然とそれら, 烈しい物音, 無し黙っ, 熊が, 父が, 牝牛が, 特にゆき合う, 特別の, 狂ひ, 猫背の, 玉村君の, 王城の, 珍しいん, 珍らしい, 現在の, 現実の, 瓦斯を, 生活の, 田山が, 男と, 男も, 男自身女自身の, 異彩を, 痰の, 百五十円以上の, 皆上陸, 盛子一人だつた, 目標を, 相川一人が, 相手を, 真珠たちが, 眼だちます, 矢張り自分の, 知って, 破壊者の, 神は, 禪を, 私も, 秩序がも, 空色のが, 窒息し, 竜宮という, 第四回目, 精神も, 納まれず或は, 純粹, 結局一個の, 絵の, 絶対の, 繰返し繰返し念ぜられ, 美しい女, 美奈子は, 義家が, 羽前の, 老父が, 考へたが, 聖地で, 肉体の, 能芸術だけが, 腹を, 自分等の, 自然と, 與へ, 芥川が, 花巻からの, 苛いらし, 英語ばかり, 莫大な, 萼の, 薄気味悪い文字, 藻掻いた, 蛙が, 血管が, 見えず夜, 見事に, 視線を, 親しくひびく, 角柱平板組合せの, 詩こそ, 話は, 誠実な, 誰でも, 誰一人として, 謝りも, 豆潜水艇の, 負けず劣らず温い, 赤シャツに, 躍つて, 車大工と, 辛いの, 近藤と, 返事を, 通用しない, 道に, 選抜き, 部下の, 酒宴の, 酔いの, 里好と, 金売吉次が, 鈴木重造安部井磐根寺田彦太郎田中正造等の, 銭形平次に, 鑓取る, 長く生き, 隋史で, 随分お前さん, 隣りの, 雑種児が, 電池が, 電球が, 青天井を, 靴みがきに, 音楽と, 頭が, 頻に, 頼られて, 飛びたつほどに, 飴チョコを, 首を, 馬賊が, 驚くべきもの, 高等学校の, 鮭どもが, 鶯駒鳥大, 黒ん坊が

▼ 中~ (1648, 0.9%)

35 急に 14 妙に 9 熱くなっ 7 まっ暗に, 火の, 熱くなる 6 からっぽに, パッと, 変に, 明るくなった, 暗くなっ, 熱くなった, 真暗に 5 いやに, がらんと, カッと, 一杯に, 俄に, 怪しい, 時を, 暗くなった, 空に, 見える 4 まるでざわざわ, よく見える, 察せられる, 明るくなっ, 明るくなる, 空っぽに, 見えた, 賑やかに, 騒がしくなった

3 [29件] いっぱいに, うつろに, ざわついて, じーん, ぱっと明るく, まっくら, むずむずし, もつれて, ガタガタと, ガランと, スーッと, 一ぱいに, 一時に, 一目に, 俄かに, 冷たくなっ, 宜しう御座います, 寒くなった, 暗くて, 暗くな, 混乱し, 火に, 焼けるよう, 燃えるよう, 真昼の, 眼の, 空虚に, 見えるの, 静かに

2 [88件] いいの, いつに, いつぱいになつてゐた, からに, きゅうに, くりぬいて, こんがらかって, さっぱりと, さながら野原, ざわめいて, しずかに, して, しびれて, しんしんと, すうっと, すくむよう, せいせいと, だん, ちよつと, なんでも, はっきりし, ひっそりし, まるで空っぽ, めちゃめちゃに, ガアンとして, ガーンと, シインと, シーンと, ヒッソリと, ボンヤリと, ムズムズする, ワクワクする, 一つの, 乾いて, 何か, 何となく熱く, 何となく華やか, 余りに明るかっ, 危険だ, 夢の, 娘の, 宛然火事と, 少しずつ, 幾年かの, 引締められるやう, 惡く, 慄え, 掻裂かれる, 明るくな, 明るくなつた, 明るくなりました, 暗いので, 暗かった, 暮れて, 森に, 森閑と, 死んで, 水を, 泡立ちます, 洋燈も, 洗ったよう, 渇いて, 溶けて, 濡れる, 灰に, 熱くな, 熱くなつた, 熱くなり, 猛火の, 痛む, 真白に, 私の, 穏か, 空つ, 薄暗くなっ, 血で, 見えて, 見えない, 見たくて, 見たくなった, 見と, 読みとれて, 軸物である, 金の, 隅から, 震えた, 震へ, 顫える

1 [1178件 抜粋] あいてるから, あけて, あったか, あつくなった, あの野辺山, あまりに見苦しい, あまり美しかっ, あやしいわい, あわただしい気配, あんまり寂しい, い, いいと, いくさに, いっちええ, いつとも, いつぱいであつたのが, いつもと, いつも不安, いて, いろはで, うす暗いので, うづのやうな血, うるおうて, うるんで, おそろしくしん, おのずから暈され, おもしろい, お使者, お掃除, お見渡され, かゆくなった, からっぽで, からっぽと, かわいそうな, がらんとして, がらんと洞, がんがん鳴っ, きちんと片づかない, ぎゅうぎゅうで, ぎらぎら燃え出しちまった, くびれて, くらくらと, ぐらぐらする, ぐるぐる廻る, こっちへ, この噂, この様, こほりつき足が, これ以上男くさく, こんなこと, こんなに明るい, こんな浅ましい, さざめき渡りました, さむざむとして, ざぐざぐにくだけたようになって力の, ざわめき出したと, しいんとして, しいんとなりました, しいイん, しずまったので, しっかりし, しつかりとして, しとどの, しびれるよう, しんと静まっ, じくじくと, じめじめしてる, すきとおるよう, すぐ見える, すっかり温まっ, すっかり真っ暗, すっかり見え透い, すっきりし, すっとした, すつと, すッ, そうなっ, そして蚊帳, そのす, その時, その爪, それで, ぞくぞくし, ぞっとした, たしかに空っぽ, たちまち炎, だんだんと, だんだん蜜蜂, ちくちくと, ちらかってね, つくられる誘因, ときめき立つた, どうあろう, どうかした, どうして彼女, どう滅茶苦茶, どことなく物騒, どんなである, どんなに苦しく, どんな具合, なんだかあき, なんとなく緊張, にぎやかで, にわかにざわめい, にわかに明るく, ぬくぬくと, のぞけるよう, のびのびし, はつきり解る, ぱっと華, ひっかきまわしたよう, ひっくり返るよう, ひっそりと, ひつくり返るやう, ひととおり片づいた, ひどくこんぐらかっ, ひどく武装, ひょっこり今夜御機嫌伺い, ふたを, ふらふらし, ふー, ほかほかし, ほとんど夜, ぼうとして, ぼんやり意識, ぽうと, ぽかぽかする, ぽーッ, ますますむなしく, またみごと, またガサガサ, また胸, まだ温まっ, まっ赤, まぶしいほど, まるでお, まるできらきらした, まるで空家, まるで腐っ, まるで違う, みるま, みんなお客に, みんな集まっ, むかむかし, むしゃむしゃし, むつと, めいるばかり, もう悲しみ, もぞもぞと, もやもやしてるらしく, もやもやと, やはりどうにも寂しく, ややすがすがしく, ゆがんだま, よいか, よう似, よく見えます, よごれちゃって, わいわい集っ, わかれば, わけも, アガったの, オレンジ色がかった, カーツと, ガサガサする, ガランガランと, ガンガン云う, キリキリと, コって, コンクリート大仏の, サッパリと, ザッと, ザワめい, シュルリアリズムの, ジャリジャリし, ジンと, スッカリに, ズーンと, ゾク, ゾクゾクと, ダブダブに, チカチカチカチカし, ヅタ, ドキンドキンと, ノビノビと, バサ付い, バラ色にな, パーツと, ビッショリと, フツフツと, ベトベトに, ポケットです, ムチャクチャに, ムンムンと, モヌケの, ワクワクし, ワーンと, 一しょに, 一人と, 一層朗, 一層陽気, 一斉に, 一時賑やかの, 一望の, 一杯にな, 一段と昂奮, 一番たしかだ, 一番論争が, 一致し, 不安と, 不愉快だつた, 中元を, 久方ぶりに, 乳白色の, 乾きました, 仄かな, 今の, 今度は, 何かとさわぎ立っ, 何だかもやもや, 何だか薄暗く, 何となく恋しくっ, 何となく青白く, 何となく騒がしく, 何んだ, 何処と, 何畳か, 余計な, 俄然ざわめき, 傷で, 入つて, 全然覺め, 内廓で, 再び煽動的氣分, 再び騒がしく, 冷えて, 冷さの, 凍ったよう, 凍るよう, 出來, 分れて, 前の, 割れて, 動いただけ, 動きます, 動けないほど, 半流動体, 即宗教, 又違っ, 口に, 古くな, 叫喚と, 同じ騒ぎ, 呆けた, 唸り渡っ, 四つに, 四対三で, 固くな, 地下へ, 執拗く粘り始めた, 塩っぱくなる, 変って, 変な, 変調を, 夕闇に, 夜が, 大きくふくれ, 大そう, 大分騒がしく, 大騒動, 天では, 夫, 奥向きの, 好い, 好きな, 好くってねえ, 妙な, 嫌に, 子供みたいに, 宜って, 宿屋で, 寂寞し, 寄り合つて, 富岡には, 寒くなっ, 寒くなり, 寝静まった時間, 寝静まつたやう, 少うし, 少くなった, 少しも, 少し賑やか, 就職口を, 山の上に, 干涸らびて, 幾つかの, 座敷の, 引きつるよう, 引っ繰り返って, 張りさけるほど, 彼女らにとっては, 復た, 忙しくなる, 忽ち空, 思いがけない静寂, 怪しいぞ, 怪しいなあ, 怪しいの, 恐ろしくザワ, 息苦しくて, 悪い腫物, 悪くなる, 悲しかった, 悲嘆の, 愚鈍に, 戦に, 手の, 投げ槍小六, 掌程の, 掻きむしりたくなるよう, 掻き廻わ, 揉め合って, 改められた, 斯う, 日も, 日本間に, 明く燃える, 明るいだけ, 明るかった, 明るく不安, 映った, 晩年, 晴れませんで, 暖まるの, 暗いもの, 暗い渦巻き, 暗くなりまし, 暗くなる, 暗く淋しい, 暫しの, 朝鮮の, 朱雀通りで, 松ばやしである, 森閑した, 椅子席だった, 次第に干く, 次第に賑やか, 正妻だ, 此町まで, 歩けると, 気がかりでなく, 気味が悪い, 気持よく, 水だらけ, 水浸しに, 氷の, 汗みどろに, 江戸城中に, 沸る, 泡立つよう, 泥ダラケな, 洞穴の, 流行性感冒に, 浮くか, 涙で, 涼やかに, 深い海底, 清左衞門, 渋くなる, 温かい住心地, 湖水の, 湧き返るよう, 湯気の, 満ち溢れ幸福, 溶けるよう, 滿員なり, 潤んで, 激怒し, 炭坑だらけで, 無性に震えあがる, 焦げさ, 焼け野に, 煮えくり返るやう, 煮え返るやう, 熱いという, 熱くほてっ, 熱く渇いた, 熱つうなります, 熱臭い, 燃え狂って, 父さんの, 片づかないとか, 物倦く, 物騒でござる, 狼藉を, 生焼, 甥の, 畑へ, 病気な, 痛むやう, 痺れて, 痺れ上っちゃ, 発起な, 白く皮, 白茶地古, 皆謡本さ, 真っ暗だ, 真ッ, 真白くなっ, 真紅であった, 真黒に, 眼には, 知りたいん, 砂を, 硝子の, 確りと, 私に, 空だって, 空洞で, 空洞に, 窒息者の, 窮屈で, 笑い出しそう, 笑顔で, 粘り酔い, 紅いの, 紫の, 統一し, 続くばかり, 緊張に, 総出に, 縦横無尽の, 繁華で, 美味しそう, 肝心です, 腐って, 腥くて, 膨れ上って, 自分の, 芋を, 花で, 花籠に, 苦くなる, 苦しけりゃ苦しい程, 茫として, 荒れだした, 萎縮し, 蒸れて, 蒼く澄ん, 薄暗くなりかけた, 薄桃色, 虚ろに, 血だらけで, 見えそう, 見えなかった, 見えますから, 見えるだらう入, 見え過ぎて, 見たいから, 見たかつたら寺社, 見られぬよう, 見るだろう誰, 見廻わ, 見透せた, 覗かれた, 解ったらあるいは, 試験に, 賊の, 賑わった, 赤くなる, 足の, 軽くしびれる, 輪に, 近寄つて來, 透通って, 通れるだろうかと, 酢く, 銀行へ, 銭湯の, 開けてからは, 闇に, 随分と, 集まつて, 電燈の, 静かだらう, 静まりかえって, 面白くない, 順八の, 飢饉に, 餘計に, 馬鹿に, 騒がしい, 騒然となった, 骨を, 鳩の, 鳴り響いた, 鹽つ, 黄色いなあ, 黄色くなる, 黒こげに

▼ 中より~ (500, 0.3%)

5 して, 一人の 3 之を, 出でて, 救ひ

2 [20件] ただの, われ声を, 一の, 仰ぐ, 出で, 半天に, 君等を, 多くの, 幾多の, 御新造灰吹き, 抜擢し, 抽出したる, 新たに, 有を, 清浄の, 生産される, 発源す, 葡萄酒の, 血を, 除去する

1 [441件] あなたの, いつに, いでしとき, いでしを, いでて, いでなば, いわゆる秀才, おのれは, おふと, かおり高き, ここの, ことに歌, こんな港, さけびて, さして, さし覗く, さらに今, そっちの, その一人, その一節, その代表者, その娘, その本, ただひとり, ただ一人選抜された, ちらと, とある聲出, によつと, ひきいだしたま, ひとりを, ふと竹, また火二つ出, よく発見, わが現在, わしを, わずかに, わたくしの, わたくしは, エレーンの, ギニヴィアの, ギボンモンセンスミス等諸家の, チヤムポロなる, ハワイ島を, ヒロイツクを, ヤガて, ヨブに, 一つの, 一ひ, 一人たり, 一人悠々, 一人進み出, 一切の, 一封の, 一思想を, 一片紙を, 一老, 一葉の, 一通り検討しつくし, 一部分を, 一銭二銭積み置き, 一際質素, 一頭の, 三五郎は, 上りけり, 世界の, 中風相煩歩行相成, 二三の, 二三名の, 二三節を, 二匹の, 五百五十一首を, 人の, 人家の, 今年は, 今日の, 伸べて, 何か, 何だか空気, 何となく光, 何やらん, 余が, 作者, 作者の, 來り, 來る, 価引なされた, 先に, 光り出づるを, 兵ト音し, 其内容文章共に, 其子救ひ出す, 其父の, 凉しい, 出して, 出し得る者, 出し與, 出ずる, 出ずる毛髪, 出ずる神, 出たること, 出だし欧米人を, 出づる, 出づるあらばこれに觸, 出づるものならぬは, 出づるよし, 出づる事, 出でしは, 出でし不思議, 出でたもの, 出でたり, 出でたる如く赤き, 出でたる結果, 出ながら, 出るところ, 出入する, 出現した, 出現する, 別れ来りし彼, 削除すべき, 力を, 勇士救ひ出せ, 勇士来集し, 動物園入場者の, 匂坂式部同じく, 化生せる, 千円取, 半弓を, 友禅縮緬の, 取つたもの, 取り出, 取り出して, 取り出しめさる, 取り去る事, 取り落し, 取出て, 取外せしもの, 古布と, 只の, 只四人にて, 右に関する, 各自に, 同一の, 同氏を, 同社販ぐ所の, 吹き捲くる大風, 吾をか, 呼び出し, 呼び出す創造, 呼び起こし銀座頭街, 和歌の, 四頭選び取り, 城楼直, 声を, 夕煙, 外には, 外の, 大きな火二つ出, 大なる, 大勢の, 大枚一歩が, 奪いがたき, 奪ひ, 奮発みたる, 始て, 学事保護の, 家を, 家計の, 寂寞として, 富士を, 寛政の, 封書に, 射掛けたるなり, 小き, 小形の, 小虫, 屋の, 左に, 左の, 差し出でたるめづらし, 己に, 市川左団次病む, 市街を, 帽に, 幕閣の, 幾分を, 幾片かの, 引き出し其軍裝, 引続き滞, 影を, 彷彿として, 彼の, 彼地に, 徒らに, 得たと, 得たという, 得た資料, 得来りたる, 得来れるや, 御大葬の, 御旗, 復活し, 復活せしめ得べき, 微かなる, 微なる, 心痛まぬ, 忽ち邏卒, 意に, 意識界に, 我を, 房中, 手前の, 技術, 抄出し, 抄出した, 折れて, 抽き出した, 抽出されました, 拔けて, 拙者の, 拾い集めんと, 拾って, 捉え来られたの, 掘り出した屍肉, 採録した, 援ひ引き出し, 摘録を, 撰み出し, 支出する, 救いたるルーファス, 救いまいらせた, 救い出し人道, 救い出し伴うて, 救はんため若干の, 救はんと, 救ひいだ, 救ひこ, 救ふ, 教育の, 数個の, 数十頭の, 数枚を, 新しき性質, 新月を, 既にこの, 既にその, 既に一切, 既に当時西遊途上, 既に清川, 日の, 日本に, 旧分子, 星など, 時に銅鼓, 暮れ初めて, 更に, 朗読し, 木雕の, 来たる, 来たる祖宗, 松の, 案じいだす是, 梅の, 正しいと, 此押入に, 武鑑寄合医師の, 殆ど一の, 毒矢を, 水素酸素を, 水蛭の, 水際立って, 求め之, 泰助を, 洩りますが, 流れ出でたる句, 浮び上る如く見える過去, 浮び出た主, 海中の, 消失する, 温かいやう, 湧くに, 湧く温泉, 湧出したる, 火の, 火星の, 火遠, 炎暑甚し, 烟草入を, 無数の, 煙の, 煩ひ, 爆然と, 父兄弟に, 物の, 物静にて, 特に慎重, 独り順のみを, 狼の, 珠を, 現はれ, 現れて, 現れ出でたの, 現今アイヌの, 現實, 甘露を, 生ずるが, 生ぜしめたれば, 生ぜしもの, 生まれ変ると, 生まれ宗教, 生み出せる女主人公中, 生れたもの, 生れたりとの, 生れ出でし, 生れ出るであらう, 生出し, 生活の, 甦えらせ給いし父, 用意に, 申しましたとおり, 男女二人の, 町の, 疝積其上足痛相煩引込罷, 発すること, 発するわが, 発せざれば, 発掘せられた, 発生せる, 登壇したる, 發見さるるなり, 發見する, 發見せられ, 白字を, 白縮緬の, 目に, 相起り, 破って, 破る栗, 磯田湖龍斎出で, 福慈筑波の, 種々の, 立ちて, 立置日の, 笑い声, 第一, 筋骨の, 精確に, 糯米三俵を, 紅白縮緬の, 納経を, 紙屑を, 素破らし, 絵具を, 經驗ある, 維新に, 緑色の, 縹色絹の, 罷出鎌倉, 美しき女, 聞ゆ, 聲いで, 聲を, 育て上げられしし今宵, 脱け, 膏薬を, 自分の, 自家の, 自己の, 自我を, 自由を, 色白き, 芸術の, 若き女, 若干の, 英文の, 茶屋女二人は, 萌え出でて, 落ち散りたり, 落る, 蒸し暑く蜘蛛, 蕊を, 蜿り, 蝙蝠の, 血に, 衣を, 見下ろして, 見出されたの, 見廻さずに, 観音経を, 設けの, 語を, 語格の, 誰ぞと, 象徴としての, 賞を, 走り出でて, 起きあがる, 起き出でて, 起たしめよ, 起る, 起るムク, 躍出, 身を, 転がり出, 軽便懐中電燈一個を, 迸る處, 退くとき, 這ひ, 這出し崖下, 進み出で, 進み出でたる一人, 逸し去る, 過剩, 選びて, 選び信じ懐かし, 選み出され, 選定せる, 遽に, 那智山事件ごとき, 重出者を, 野天の, 金銀若干を, 鎗太刀の, 鐘が, 鐘起る, 間々鐵器, 除去せ, 雷鳴りきこ, 電光の, 露われ来る, 青火を, 青白い火, 韓浩先頭に, 音と, 頻に, 顧みて, 飛べる東風, 飛散し, 香ばしき匂い, 麪粉類御用相勤, 黒衣を, 齢五十ばかり

▼ 中~ (443, 0.2%)

3 それに, まっくら, やくやして, やくやとして, 胸の

2 [20件] からっぽだった, 人は, 何となくザワ, 夕方も, 外も, 夜の, 山の, 常々言つてゐた, 庭の, 彼は, 明るい, 母親の, 私の, 私は, 羽目板の, 荒れて, 見ました, 覗いて, 闇であり, 院長の

1 [388件] あらためぬまま, いくらかは, いつもグラムダルクリッチ, いつも本, いろいろの, おもむろに, おやすみに, お一人, お前さんの, お殿様, お角さん, お金を, かくやとばかり, きちんとなった, きっとこんな, きれいに, きわめて神妙, ぎやふんと參つて了つたと, くらかつ, けさから, こうして湯気, これで, さがしましたが, さっぱりと, しいんと静まり返っ, しきりに痛む, しだいにいわゆる, しばしば敵陣, しらべること, しんとなった, すこしは, すこぶる熱し, すっかりほん, すーっと, そういう研究, そうかも, そうであった, そうでした, そこに, そのまま慎しん, そのや, そのゴタゴタ, その数, その男, その通り, その飛び降りるべく, それ以前からも, たいていは, たえず照彦様, たくさんの, ただ安閑, ただ灯, ただ聖書, たちまち人間, たちまち酒蔵, たびたび無心, たべもの, だんだん遠く, ちょっと泣き, ついに吹雪, ときどき豪州, とても寒, どうやら一, どのくらい, どんな箱, なく夕方, なほ上手の, なるべく隈, にわかに雑沓, ぬけだして, ひそかに, ひととおり聞い, ひまを, ひツそり, ふらついて, ぶん, ほとんど人通り, ほとんど口, ほとんど部屋, またその, またデンマーク, また同じ, また察すべき, まだたてこまない, まっ暗です, まっ赤, みなよく, みょうな, みんなが, めずらしく疲れ, もう少し茂っ, もしや彼, もつと, やっぱり真っ暗, やる, よううけたまわっ, よかろう, よく掃除, わなわなと, オレが, カサカサし, カルモチンが, ガラス戸を, キャラメルを, クソも, ゴミ箱も, シーンと, ズッと, テラスの, ビスマークモルトケ間は, ブフェートの, ワイ, 一しきりはまるで, 一向ぶさた, 一度に, 一度も, 一廉の, 一應見せ, 一面に, 不安らしい, 不景気だ, 不破平四郎の, 世話は, 丸松の, 主として金属, 事変後も, 二人の, 井戸の, 井戸端へ, 亦広場, 人けがない, 人気が, 人氣が, 人通りが, 人間は, 今と, 今は, 今日だけかしらと, 伊藤は, 会つてゐた, 住居と, 何となく穏やか, 何となく賑, 充分すかし, 入れて, 入念に, 全然雨, 其の中, 兼実や, 再度縁, 冷い白い, 冷たい物, 出家後も, 出来るだけ, 刀も, 切り盛りしますれ, 別あつかい, 別段細か, 前も, 前回等に, 前垂の, 勝手に, 十分に, 卒業後も, 卯木家に, 卵や, 原っぱも, 又激しく, 可なり, 右等の, 同じ事, 同志うち寄っ, 同断です, 名古屋へ, 唯人間, 四つ位に, 固くなっ, 均平は, 夕食後の, 外界の, 外部に, 夜中と, 夜半だった, 大きな宴会, 大変な, 大好きな, 大船を, 天守閣を, 妙に, 姉さんは, 学業の, 学資を, 家に, 寂れて, 寒かった, 寛かに, 寝るには, 察して, 察します, 小仏峠で, 小屋の, 少しの, 尾根の, 山崎の, 平和で, 平気で, 平穏でなく, 幾分見えました, 床を, 店頭も, 庭も, 弔旗は, 彼と, 彼の, 彼等と共に, 往来も, 徐ろに, 御母堂, 心の, 心臓も, 息を, 情ない人, 慶長の, 戦争以外何を, 戸の, 打ち解けるよう, 押入も, 捕虜に, 掃除します, 掻き廻わし, 攘夷の, 支配し, 教会堂に, 新橋の, 日本の, 早いうち, 昌一君や, 明け暮れつぶやいて, 明るくて, 明るく輝き渡っ, 昔と, 春の, 時々彼, 時々来, 時折仰っし, 暑かつ, 暖かに, 暴風雨の, 曇って, 最う沢山, 朗らかに, 本箱も, 机の, 東京に, 柴田の, 根岸の, 梟が, 森と, 検めずに, 構はず六千兩の, 樂しみだつた, 歩いて, 歩きわずか, 残らず惨憺, 母君への, 毎日の, 毎日用い, 毎食の, 気がついて, 水道斷水の, 永遠の, 河東も, 注意し, 洗ったよう, 洗って, 活気づいて, 海水で, 涸あがっ, 涼しかった, 涼しくなる, 湯槽の, 湯気と, 滅茶, 漸, 漸く平靜, 熄ま, 片づいたらしいので, 特に自分, 特別を以て, 珈琲ばかり, 略ぼ, 病の, 監視は, 盥の, 直りました, 相かわらず, 相変らず, 相替らず, 真っ暗闇, 真の, 真空に, 眠静まっ, 睦み合, 石疊の, 石陸も, 硝子は, 私たちは, 私能く, 種々お, 穏か, 空である, 空箱では, 空虚に, 突き抜けて, 立合ひ, 立派な, 紙帳の, 細君の, 終始陣頭, 終戦後も, 終戰後も, 絶えず俳優, 絶間なく, 続く雨, 綺麗に, 繞れ, 能く, 腹の中も, 自ら会心の, 舎居らず, 芥で, 若き助手, 落ち着いて, 著しく変った, 蒼黒い, 蔵の, 薄明く, 薄暗い, 薄暗い森続き, 薄暗かった, 血の, 行く意気, 表も, 裸なら, 見え, 見えない, 見えなかった, 見せて, 見たいな, 見透せる程頭, 親孝行の, 誰憚る, 調べて, 諸国を, 變つて居ました, 財布も, 赤くもえ, 身を, 身体の, 身体中が, 車と, 近海捕鯨は, 通って, 通りも, 連れ歩いて, 遠くなっ, 門口も, 閑靜で, 間が, 附近の, 降りた駅, 陰氣な, 随分さびし, 随分毎日, 雑草が, 雑踏し, 雨桐はじめ烏金の, 電灯を, 霊魂と, 静かであった, 非常に, 鞴の, 須磨口から, 頗る謹直, 顛動惑乱為す, 骨牌を, 鷹の, 黄色い皮

▼ 中での~ (431, 0.2%)

16 ように 7 やうに 4 できごと, ような, 一つの, 方が 3 死亡数を, 為事は

2 [23件] いろいろの, ことだった, ことである, たれ死, みじかい会話, 一番立派な, 傑作だ, 出来ごとな, 原始人である, 呟きである, 女の, 最も美しい, 段の, 爲事は, 生活が, 生活は, 生活を, 私の, 美しい明るい存在, 自由という, 褒めもの, 貴族であり, 金持ちの

1 [340件] あの始末, あらわれです, ありよう, いささか頭分, いちばん上等だ, いっさいの, いろんなこと, いろんな挿話, えりぬきなの, おかしい話, おちつき苦悩, おばあさんの, お客が, お景物, かなり高く, きわめて辺鄙, ことだ, ことよ, ことを, ごたごたや, さびしい時, さまざまの, それは, ただ一つ, たちまちの, たれ死にを, ちょっとした陰謀, ちよつと, つつましい生活, のびのびと, ばかな, まことの, むずかしい課題, ものと, やさしい人間, よい楽人, んだ, んだり, ティパーティの, デエヴィッド・カッパアフィルド, トナカイと, パイナップルの, ピカ一の, フェレラとの, フランスその, 一プログラムとしての, 一会も, 一夫三妻の, 一年ぶりの, 一族左馬介光春が, 一波瀾であった, 一番大きな, 一番大切な, 一番苦しい, 一番華かな, 一番賑やかな, 一異, 一種の, 一際すぐれた, 上品であった, 上役らしい, 世俗的目安の, 両性生活の, 主役で, 主題と, 乱痴気さわぎも, 乱筆よろしく, 乱闘である, 事を, 交渉である, 人と, 人気ある, 人物撮影は, 人間の, 仕事に, 仲好しとは, 何事も, 作業これから, 作者の, 佳品である, 便宜から, 倉地との, 傑作である, 傑作は, 僅かな, 優良な, 先端という, 六番目の, 具体的妥当性の, 典雅という, 出来ごとであっ, 出来事で, 出来事に, 出来事も, 刀の, 切腹は, 制約から, 努力を, 動きから, 勢力の, 化学変化を, 千鶴子との, 友人に, 名品キャリコは, 名所の, 名門であり, 名門である, 哩数も, 問答が, 問答に, 喧嘩は, 器用な, 墜落高度の, 大, 大きなやまである, 大人と, 大声は, 大大名, 大族, 大漁だ, 大物は, 奇妙な, 奇怪な, 女娘の, 好ましいもの, 娘さんたちの, 婦人の, 婦人作家の, 嫉妬の, 子持ちの, 孔雀だった, 季娘で, 學生々活である, 宗家へ, 富である, 寵児だった, 小地主, 小変化, 小屋の, 屈辱を, 希望について, 幅利きの, 平均温度は, 年寄だった, 年少者であった, 幸福な, 強者らしい, 彌次の, 形式派と, 彼と, 彼の, 心の, 心もちとを, 心理的の, 必要な, 忙しい時, 思い出し話, 急流下りの, 性格相剋の, 恐るべく根づよい, 悪者は, 感情は, 感覚は, 感覺が, 成長が, 成長の, 戦闘に, 打開だ, 提案が, 攘夷論の, 支柱でも, 放埒者だ, 数えきれないほどの, 新人と, 日々が, 日本の, 日本も, 日本人に対する, 日盛りに, 昂りでなく人間生活, 最たるもの, 最も丈, 最も伝統的, 最も偉大, 最も危險, 最も合理的, 最も呪, 最も呪わしく, 最も寒い, 最も徹底, 最も有名, 最も熱心, 最も穏, 最も純粋, 最も醜悪, 最上層, 最価値, 最大驚異に, 最年長者であった, 最年長者であり, 最年長者でも, 有機的な, 東京で, 柔らかな, 業苦遁れ, 楽しい晩, 機能の, 歌の, 歌は, 正統主義であった, 歴史的な, 死にもの, 死者は, 殺人, 殺人に, 気分の, 氣分の, 活動で, 活動を, 流言蜚語は, 浮き沈みという, 深さ, 渋い喉, 滝だけの, 火花の, 災難を, 物語は, 特に秀, 狂い咲き, 狸頭竹一名, 猫の, 王, 王宮や, 現像の, 生命と, 生存, 生活という, 生活に, 生活も, 男たる, 男女の, 病み煩い私, 目立つ特徴, 瞑想にも, 瞑想は, 知合らしく, 硬外交, 礼を, 神経の, 祭日だ, 稀代の, 竹本役者には, 符牒である, 第一, 第一人者その, 第一人者であったらしい, 第一着, 簡單な, 精華と, 純詩, 細かい違い, 経験をは, 絶景である, 絶景であろう, 罰当りが, 美少年が, 美男でも, 美男磯貝十郎左衛門は, 羨望の, 習慣の, 老巧者として, 老武士, 腕利として, 腕白者お, 臥竜である, 自働扉, 自分と, 自分の, 自然な, 自由を, 良い處, 良質の, 色々な, 花でした, 花形に, 若い侍, 茶目だった, 蘇生の, 血みどろの, 血気の, 被注目者, 製作である, 褒められ者, 親しさ, 親玉は, 言である, 言葉はかは, 記憶が, 証人として, 評判だ, 評判だって, 評判でし, 詩と, 話だ, 話では, 誉者妙齢に, 警視総監を, 豪傑たちさえ, 豪傑は, 身辺描写に, 退屈な, 遊びだ, 遊びに, 重力を, 重要な, 重鎮だ, 重鎮だった, 釣し斬り, 錚, 長い稲妻形, 長男として, 限度に, 雄なる, 難所に, 難物でした, 面白い場面, 音であった, 音楽, 音楽の, 頭に, 頭らしい, 頭領らしい, 顔役は, 飛び切りの, 食い頭三上, 食事も, 首長と, 高級に, 魔所と, 鶯です

▼ 中~ (376, 0.2%)

1811 という 8 ということ 65 そうです, とのこと, と云う, もの 4 から, がその, そうだ, ぞ, といふ, な 3 からしばらく, からそれ, からな, が, つた, とある, といっ, と云

2 [19件] からそして, からその, からといっ, から大, から気, から誰, が君, しとても, しアルキメデス, し動く動く, そうで, つたから, つてそんな, つて酸素が, とか草ツ原, と云っ, と思つて, のに麻油, わ

1 [227件] あすこの, いつどこで, かそれ, かでおも, からあっし, からあった, からあつし, からあまり, からいい, からいる, からかね, からか知ら, からこれ, からこんな大きな, からさぞ, からそろっ, からそんな, からちょうど, からちょっと, からとて無電, からと言う, からと言われ, からなあ, からね, からほんとに, からまあ, からまじめ, からまだしも, からみんな, からザクロ, からダメ, からメートル調べ, から二人, から人通り, から低い, から何, から出来る, から又, から君, から喜び, から婆ア, から安く, から安生某, から尚更, から左様, から帯, から後刻, から心配, から思いだせない, から思い切った, から手, から明り, から明治四十二年, から是, から暗い, から暫く, から次, から毎朝宿賃, から水蒸気, から汝, から泊り, から物騒, から理科大学, から直ぐ, から知れまし, から確か, から空気, から警官たち, から踏みこん, から逃げだす, から雪洞, がこちら, がこの, がこれ, がこんど, がごめん, がさて, がなかに, がな八, がね, がね八, がね小原君, がめざす, がよけれ, がイ, がネ八, が二階, が今一番, が俺, が十月, が日本人, が業腹, が犯人, が現在, が盛大, が経過良好, が菊, が見, が部落, が長政, が馴れる, けれど, けれども虫, けれど思っ, けれど時々, けれど私, この国, しあいつ, しもう, し一つ一つ, し又, し愚図, し日光山志, し明日, し朝, し軍病院, じめじめしてる, ぜ年紀, そうである, ぞ迎え, つたかも, つたが, つたそうだ, つたと, つたとしても, つたので, つたのです, つたのを, つた司教の, つた私は, つてあの, つてこの, つて厭ひは, つて斯ん, つて眞つ, つて飛び込みます, でね道, でタンボ, で思出, と, というその, というの, というふう, というわけ, という事, という報, という現実, といった, といってるで, といつ, といつた, とお答え, とかいうリテイナヤ街, とかいう噂, とかいや, とかどこ, とか他, とか余りに, とか机, とか湖, とか澪がらみ, とか誰, とさすが, とさっき, とそう, とそれ, との噂, とは知っ, と不服, と云った, と云つて, と伝えろ, と家, と思いこみ, と思います, と思っ, と思はせる, と思ひます, と思ふ, と思わせる, と思われる, と承知, と気がつい, と煙草, と申すで, と白梅, と答える, と聽, と言ってる, と面白い, どうする, なあまあ, なこの, など, なんて, なんていわれる, なんて思わせ, なんて本当に, なんて警報, なんて過, ね, ね表, の, のにそんな, のにひろ子, のに褞袍, のに隱, はやく江, ものうまれ, ものです, もの何処にでも, もの兎だって, もの阿, もんだ, よお家, よやかましい, よスウィス, んまで, ア絶対間違え, ッ, 事も, 岩窟のな, 気に, 満身の, 私の, 自然に, 袋棚に

▼ 中まで~ (373, 0.2%)

4 入って, 調べました 3 くまなく, 出て, 吹き込んで, 沁み込んで, 真赤に, 続いて

2 [25件] かなり冷え込ん, さし込んで, ついて, つづいて, のぼって, ほとんど夜っぴてのぞきまわった, よく訪ね, 入れて, 尋ねて, 意地悪が, 探したが, 探して, 探し廻りましたが, 来ると, 案内し, 流れて, 浸潤し, 聞えて, 聞こえて, 調べた, 赤くし, 赧く, 這入って, 運んで, 響いて

1 [297件] あらしたの, ある, いて, おしらべ, おっかけたり, かかる商売, かきまぜて, かっかと, かっと明るい, かっと燃え, きれいに, くいこんで, こちこちに, こちらの, こびり付いて, こみ上げて, さがしたが, さしこんで, さして, さし拡, さし込むので, さらに二十七マイル, さらに足, ざらざらし, しなければ, しみ透るよう, しらべて, しんと透き通る, じいんと響き, じゃりじゃりに, すきとおって, すさまして, すっかり冷たい, すっかり探っ, すっかり爽やか, すっかり調べ, ずっと広がっ, ずんと突き, そこに, その紅, それが, ただよって, つかって, つきまとって, つたわらなければ, つづいてを, つづくこと, つれて, とおる感じ, どうにかし, どこから, どんどん吹き込みます, ぬれたの, のばして, はいりおったか, はいり込んで, はっきりし, ひっくりかえすよう, ひびき枕もと, ふうわりし, ぼんやりと, ぼーっと白み渡っ, まあず, まだそうだった, まっすぐに, もう薄暗く, もぐり込んで, もって, やって来たか, やって来る筈, ゆきステーション, ようく, わかったよ, わざ, アンダーセンと, カラ, カラカラに, ザツと, ザラザラする, ジャリ, ニッケルだった, ニッケルです, ハタハタと, ブラブラやって来る, 下つて, 両側に, 並べ立てた小さな, 乱入した, 五羽の, 会釈も, 何かしら混雑し, 來て, 借金取に, 優しくなる, 先方から, 光が, 入った, 入つて, 入つて行, 入らず多那川橋, 入りて, 入りましたろうね, 入り込んで, 入れさせると, 入れますで, 冷え冷えとして, 冷たくなる, 出かけて, 十四五挺一ツずつ, 口惜しさ, 同じよう, 吸い込んだ, 吹雨が, 味わって, 味を, 唄が, 噛んだ, 固い方, 土が, 射し込むやう, 射し込んで, 届いて, 届かない, 延しか, 延したこと, 延び東京, 延長出来る, 引きこんで, 引っぱって, 引っ張り出して, 引擦って, 強烈な, 往った, 往診した, 従いて, 忍び込んで, 思い遣られてな, 感じられる, 感じられる冷, 手の, 手を, 打ち解けること, 押しこんで, 押出して, 担いで, 拡がる, 持ちこんで, 持ち込むかも, 持ち込んで, 持って, 捜しに, 掘割に, 探って, 掻きさ, 掻き分けた, 掻き廻して, 斬られて, 日記に, 書けるん, 村人に, 杖に, 来かかると, 来たとき, 来て, 来るかしら, 染まるかの, 染み込んで, 機械で, 機械人形に, 此処に, 歩いて, 歸つて來た, 気に, 水びたりに, 水を, 水力電気でかき, 沈めない工夫, 流れ込んだ, 海辺らしい, 湿っぽくなった, 満ちて, 溢れ込んで, 滲みて, 滲み込んで, 潜っても, 潜りましたし, 潜り六尺棒, 潜り込む事, 潜り込んだ処, 濃霧に, 濡れるん, 点検には, 猛然突貫しよう, 珠玉珍宝を, 異常な, 登って, 白くなっ, 盛りあがり狹, 眞赤です, 真暗に, 真紅な, 眼を, 石のは, 磨硝子を, 私が, 私の, 秋子の, 移轍を, 穿き込まなかったの, 突きと, 突き刺すよう, 立たしむると, 立ち上らして, 竹の, 筒ぬけ, 紛れ込んで, 続く, 綿密に, 聞こえてよ, 腐って, 自転車で, 舞い込む余, 舞い込む砂あらし, 舞い込んで, 船を, 花江と, 茂り込んで, 荒れ込んで, 落ちて, 薄い煙, 蜘蛛の, 血の, 行くと, 行ったから, 襲われちゃ, 要求が, 見えるの, 見たいと, 見たが, 見て, 見ぬきそう, 見ましたが, 見廻した, 見廻るなんて, 見送って, 見透かされて, 見透しだ, 見通すよう, 覗いて, 覗きに, 覗き廻って, 解剖する, 読める, 調べずには, 調べてないと, 諸氏の, 讀みやが, 變へ, 赤くなっ, 赤く髪, 足を, 軽くなる, 辿り着いたの, 追いついて, 追つて來, 送れるは, 逃げ込んだの, 透かし見られて, 透視される, 這入り込む, 這入り込んで, 這入るところ, 通じた, 通って, 連れ出して, 進む, 進出し, 道は, 達して, 達しなかったの, 金で, 金の, 金鍍金が, 針を, 闖入し, 陣十郎を, 雨と, 雨は, 雪は, 電鉄, 青々と, 青くなる, 飛び込みました, 飛び込んで, 飛んで, 飛沫ました, 黄金か

▼ 中からは~ (338, 0.2%)

7 なんの, 何の 5 返事が 4 オーケストラベルや

2 [16件] しゃれたレッテル, また大きな, ボロボロの, 其処に, 外が, 小判が, 干物の, 採りたて, 新聞紙包みが, 猛火の, 空想よりも, 苦しそう, 蝉や, 身動きを, 返辞が, 錆の

1 [283件] ≪お得意さん≫の, あいかわらずぐうぐう, あちこちに, あのゆりかさん, あらゆる意味, あらん限り, ある限り, いいかおり, いつぞやの, いつまで, うつくしいバイオリン, うめき声ひとつあがっ, おいしそう, お京, お線香の, お雪, かれの, ことりの, この賑やかさ, こんな声, さっきも, しきりに激論, しばらく誰, そこまで, そのたび, それと, それを, たそがれ色の, だかの, だれも, ちからいっぱいおし, どうかする, どうしてもこの, どうする, どっと悦び, なお私, なかなか奮い起せない, のそのそと, のっと, ひくい話し, ひっきりなしに強力, ひっきりなしに腕っこき, ひらかぬよう, ひらくこと, ふたたび絶え入る, ぷんといい, ぷんとかんばしい, ぷーんとかびくさい, ほんた, またし, まぶしい光線, みみずも, むうっと霧の, もう大分, もう自家, やさしく, わずかに, アイルランド中の, アメリカ人らしい, カビ臭い, カンカンカンカンと, ガラッ八, ゴーリキイを通して, シューッと, スハーノフの, トマトの, ニコライ・セルギエヰツチユを, ボロに, ボンヤリした, 一せいに, 一人の, 一度に, 一斉に, 一本の, 一条の, 一枚の, 一番最初の, 一種の, 一種異様の, 丁度藤棚, 三味線が, 不思議な, 不意な, 中, 丸く膨らんだ, 乙女の, 予期した, 事務的な, 二人の, 云い争うよう, 人声などが, 人声は, 今日の, 今義弟が, 仏壇の, 令嬢が, 仲よしの, 低い悲哀, 何べ, 何ものとも, 何やら小さい, 何んにも, 何んの, 例が, 依然たる, 依然として何, 元七, 出て, 勇ましい弦, 勝久が, 包紙が, 卵色の, 厳粛な, 又堪え得ざる, 又堪へ得ざる, 反対し, 取つて, 口々に, 古い長い細い鉛筆, 古藤のも, 同じやう, 同じよう, 名を, 味噌汁や, 呼吸困難の, 噛み殺したやう, 四つに, 四つの, 四の, 四五枚の, 図太い声, 圖太い, 声が, 夕餉の, 外へ, 外を, 夙に蒸発, 夜な夜な変, 大きな声, 大釜や, 天使の, 太く錆びた, 奇怪な, 女の, 婦人が, 孔雀経が, 密書が, 導き出せない, 小判は, 少しも, 少女の, 岸本が, 巻尺が, 平次も, 幽かに, 幾多の, 当然生じ得る, 彼女が, 往々に, 怪しき一本, 意外な, 意外にも, 成功し, 我々に, 戞, 戦闘中の, 手が, 手に, 手燭を, 折々余燼, 折り折り蛙, 抱え上げた, 挨拶が, 採掘具が, 故郷を, 数名の, 新聞紙が, 日出雄少年楓の, 明らかに, 春が, 春さきの, 時々神代杉, 時々風, 普通の, 暫く返, 暫く返辞, 最前まで, 月の, 有難さうに, 期せずして, 木村から, 木棺内の, 村の, 松だけしか, 果して解剖器具, 桃谷にきびとり美顔水の, 楊枝だの, 機械の, 此山は, 死の, 毛皮を, 気味の, 水滴が, 治郎君の, 泡が, 渋紙色に, 湧き出なかったもの, 演者の, 漢時代の, 漸く涼しい, 潜りかねた, 灯が, 焔も, 燈光が, 物音の, 猛烈な囃し, 生きた鳩, 生きて, 生れて, 生れないぞ, 男の, 白いタイプライター用紙, 白い歯, 白い紙, 皆に, 知恵の, 短い木片, 確かに, 禁止品が, 福神漬が, 私の, 答えが, 簾を, 紙に, 細そり煙が, 紳士が, 絵具箱や, 綿の, 総一郎の, 美しい櫛, 美しい涙, 聖像のか, 自然な, 自由行動が, 艶や, 若い女, 苦情を, 草花の, 葡萄酒と, 藤村露伴を, 藪鶯が, 蝉の, 血だらけの, 表装の, 見えるの, 見る見るマーブル球, 見物人の, 親に, 誰かの, 誰かのわ, 誰一人として, 貝殼や, 返事も, 返辞の, 遠濤, 遥に, 醜悪恐るべき, 銀杏椿山茶花藤肉桂沈丁花なぞの, 長い竿, 開かずそれ, 除いて, 陽気な, 雇人達が, 音楽と, 首の, 馬糞や, 骰子が, 高輪時代の, 高野長英大村益次郎清浦奎吾という, 鳥の, 麻袋や, 黄色い枕, 黒い二つ

▼ 中にて~ (283, 0.2%)

4 悔ゆ 3 或る, 朝夕を, 第一, 羽根つく

2 [11件] 一人塔の, 主要なる, 五分は, 最も偉大, 最も古く, 最も多く, 最も大, 此の, 汝に, 空しく心, 能く

1 [245件] あきたるが, いつぱいやらずや, いと正しくいと直, いはむわが, うなり声, かなたこなた, がらがらと, くだりと, このとき靜寂, この夢, これが, これを, さよう, しば, すぐれて, ずっと遠い, その一例, その夢心地, その疾, た, たが, ただ僅か, たふと, だれの, つくづく思う, どんどんどんどんと, はるかなる, ひとりで, ほぼ三里, まえを, また新版, まづ質, やや変化, よく見, エムベドクレースの, オイリピデスが, グルッペの, ヨブの, ワグネルに, 一の, 一人が, 一人だけは, 一夕音曲会を, 一番早く, 一種変わりたる, 七人やけ死申候, 七轉八倒す, 上段の, 中田邦行大久保初男の, 久しく物集高見君, 乗客の, 人の, 人目を, 今は, 何う, 何となるべき, 何とも面目, 何事をか, 作りしは, 信用状の, 候ひき, 優れる者, 八支を, 其自然の, 凡ての, 出色の, 分業制度を, 切符と, 初対面を, 前年亡せし, 力竭き, 却て, 口の, 名の, 吾人は, 和姦の, 單獨に, 嘲笑う, 売婬, 多數, 大切なる, 妹とも, 存外の, 孝養を, 実視したる, 寐覺を, 寒気する, 寶を, 小波先生は, 尤も人々, 尤も自然, 己の, 已に幾分, 弟子たちの, 彼眠る, 彼等の, 彼等は, 御休息, 心ある, 心を, 志賀直哉の, 念仏を, 思わぬ失礼, 怪き呻き, 怪霊に, 息絶えん, 悔い, 懺悔し, 我に, 手を, 抜群の, 拜せる, 接唇しました, 政治は, 救い給う七, 教育を, 明治の, 春野と, 普通有害無, 智, 曰ふ, 最も信, 最も大いに最も高き, 最も廢, 最も意義深遠, 最も木ぶり枝ぶり, 最も深く, 最も神変不思議, 最も著しき, 最も重要, 最も高き, 最も高く, 最初日本人に, 最大いなる, 最大なる, 最大切, 最後の, 最眞面目, 最高緯度の, 未だ還らず, 末尾の, 来られぬとの, 杭州の, 極楽と, 楽器は, 橋上の, 次第に幽, 此奴中, 死したる鱒, 死の, 殊に肝要, 民間から, 水ぎわの, 水の, 水無瀬宮に, 永久に, 求むべきもの, 汝の, 汝は, 泣きわめき苦しみ相果て候由, 泥の, 消火の, 湯さへ, 火気の, 無料巡回文庫の, 無遠慮なる, 然やう, 然るべき人, 熄むをおぼえき, 熟睡する, 熟読の, 牛の, 特によろこばしく, 特にマリア, 特に或, 特別なる, 独り頬鬚の, 理屈めきたる, 産まば, 田舍人を, 發火した, 真の, 眠り込んで, 知盛教經の, 礼拝式を, 祈りが, 神に, 神の, 福を, 私に, 称名を, 穢らは, 突つ張る, 答へたり, 絶えず大石, 罪悪の, 聞きし歌, 胸壁の, 至極大切, 臼井君と, 苦労する, 荒幡の, 葬儀を, 蘇生する, 蛙若しくは, 衰へ, 袂を, 襲ひ, 見るに, 見るべし, 見定め夢, 視官, 親子妹脊打語らひ, 討たれた死人, 誇りたる事柄, 説明説話の, 變らざりし, 貴殿の, 賣買, 輝く愛, 逃げ走る者, 運動会を, 邊を, 酒店なく, 酪もて, 銃把を, 閉鎖す, 閉鎖せり, 阿祁尼, 除夕を, 随分難儀そう, 面会を, 頭屋を, 題と, 飛びつ, 飴屋風情が, 騎兵の, 魚も, 鱗の, 鳥を, 鳴くもの, 鳴る音, 鹿を, 黄金, 鼻紙に

▼ 中~ (281, 0.2%)

9 いえども 7 同じよう 5 あって, 云ひ 3 いうと, いひ誰, 同様に, 少しも, 聞えて, 雖も

2 [12件] いえば, いって, なりしは, 云ふ, 他には, 夜間は, 後の, 押入の, 来客を, 表とに, 見えて, 言って

1 [213件] あくる日の, あったから, あつて, ありて, あり保証金, ある, あれば, いいどうも, いう, いうので, いうよりは, いえこれ以上, いえ急使, いえ近々と, いっちゃあ, いっても, いつたらあゝ, いひ又, いへば, いま目の, いわずとても, いわず何処, いわず寂しい, いわず書棚, いわず火, いわれ内外倉庫, かこたん, きたらまるっきり, きた日, きめた, した処, する考, すれば, せし時猛, そして晩, そっくりな, その汚濁, その道中, それから, それからゆうべ, ちがって, つて葦毛の, てんじょうの, どかどか燃え, なす, なった, なって, なつた, ならはねど, なら別に, なりしに, なりしより, なりぬ, なりました, なり圏, なると, ふもと村との, みえて, みえる, よく似, ろから, わかつた, わかれわかれに, シバイが, パイパンが, 一寸も, 三次の, 不調和な, 世の中だけの, 主人の, 云い人, 云う, 云うので, 云うもの, 云う温泉場, 云える, 云ったの, 云って, 云つた方が, 云つても, 云ひたく, 仰せあって, 休業中とに, 休業中とにおける, 伝えられおりし同, 伝えられ結局数万人, 似たよう, 保吉とは, 全く変り, 八幡神社の, 公に, 分りました, 判つた, 化した城内, 十国峠を, 午後少し, 同じこと, 同じだ, 同じ可憐, 同じ挨拶, 同じ様, 同じ樣, 同じ気持, 同じ表現, 同数の, 名告, 味方にまで, 唇の, 土手の, 変りが, 変りなく, 変りは, 外とに, 外との, 外廻り, 夜の, 大空と, 妻の, 存候て, 定めて, 家の, 府中の, 庭とを, 庵室の, 待たせて, 心との, 思いましたが, 思うから, 思ったが, 思ひ違, 思わせるほどに, 思われまするが, 思われるところ, 恐怖で, 戦っても, 戦争後の, 承つたが, 旅人宿の, 日本文学の, 書いて, 東山に, 正面の, 歩道から, 殻の, 水中とにおける, 決めて, 洩れ聞きました, 深夜前後数回にわたって, 演って, 照し合せ, 玄関とを, 王洪吉の, 申したが, 申しても, 申すので, 異った, 目玉は, 睨めつこ, 睨んで, 知って, 石版に, 社会とは, 神や, 秩父の, 称して, 称する諸, 稱する, 答えて, 練習帳の, 美しい唇, 考えたの, 聞いたから, 聞いたので, 聞いた其大佐, 聞いた霧島京弥殿, 聞いて, 聞えさては, 聞えた, 聞きましたが, 聞くから, 聞くが, 胸を, 自分の, 花遊小路を, 荏原中学が, 葛籠の, 號し, 西安との, 見えたり, 見たの, 見當, 親しくし, 言いたいが, 言うだけ, 言うならだが, 言えよう, 言っても, 言つても, 試合を, 詩の, 話して, 認る, 調理台の, 逃げるところ, 違いますか, 違い四方, 違って, 違つてあまり物騷な, 違つてね, 違つて事件は, 陸の, 頻りに引つ, 鼻と

▼ 中~ (268, 0.2%)

5 にある 4 にあっ

2 [12件] に朱能, に立っ, の使番, の士気, の外, の校尉袁紹, の陣地, へなだれ, へ突撃, をもっ, を割っ, を率い

1 [235件] およそ二万余, か, からで, からほぼ, からもう, から出さなかった, から埠頭, から大, から展, から次, から火の手, から赭ら顔, から車軸, がそこ, がつづき, がよく, が山, が敗れた, が筥崎, すら危うく, すら筏, たる曹真, だけを率い, ではさかん, という編制, として玄徳, とてもたか, となった, との間, とはまるで, とは両断, とへだたり過ぎ, と入れ代った, と合し, と合した, と同日, にあった, にあり, にいた, にいる, におる, にことごとく, にし, について前進, につけ, にとどめ, にははるか, には孫権みずから, には彼, には御坊塚, には曹丞相, にぶらりと, にまで及ん, にまで波及, にも宋先生, に五部門, に付け, に伺候, に先んじ, に典韋ら, に凌統, に在った, に坐し, に大, に持っ, に捧げ, に曹操, に来, に禅寺, に立ち, に纏まろう, に連れ, に酷く, に陣, に高々, のあたり, のいた, のうしろ, のお座船, のさし, のまっ, の一端, の丘, の中之丸旗, の主持, の主簿, の令, の佐々成政, の先鋒, の内, の前, の勝頼, の卒, の司馬懿, の営門, の嘱託, の大敗, の寺院附近, の将士, の将旗, の小高い, の崩れ, の帳, の帷幕, の幕, の幕将, の幕舎, の幾将, の御, の旗, の旗本七百, の旗本群, の曹仁, の牙旗, の目印, の篝, の精兵一万余, の精鋭, の総, の義貞, の諸, の謙信以下, の警戒, の軍監楊柏, の近く, の門, の陣, の陣幕, の馬, の鼓隊鑼隊, はおなじく, はおろか, はその, は一大喊声, は一手, は上諏訪, は井伊谷, は例, は八日, は出動, は動揺, は勝ち誇っ, は四, は堂々, は敵, は早く, は深く, は空家, は算, は貧民, は蹂躪, は通っ, は間断, は騒ぎ立った, へいきなり, へこんど, へてまえ, へまぎれ込ん, へまで迫りました, へみちびき入れた, へやって来た, へ不意討ち, へ二人, へ入っ, へ分け入る, へ前線, へ割っ, へ割り, へ向っ, へ呼びかけた, へ変, へ帰った, へ引かせ, へ張繍, へ当り, へ急報, へ戻れ, へ斬込む, へ消えこん, へ猪突, へ目がけ, へ知らせた, へ突入, へ請, へ錐揉み戦法, へ馳, へ馳せ入られ, まさに殺到, までお送り, まですでに, まで皆, まで通っ, めがけて, もいま, もかき乱され, もぞくぞく, もみな河, も一夜, も前進, も徐晃, も来た, も突かれ, も関内, や後陣, よりも後陣, より一宿先, より後, をあと, をかため, をひきいた, をふい, をまん中, をもこの, を会場, を側面, を出, を前, を固め, を固めた, を完膚, を引い, を形造り軍目付馬場利重, を思い, を指揮, を挙げ, を攪乱, を望む, を猛襲, を置いた, を荊州, を衝かれ, を衝こう, を退い, を進め, 近くまで

▼ 中なる~ (264, 0.1%)

4 人の, 人は 3 人を, 嫉妬や, 欲ばりども唯には, 諸

2 [17件] ものを, 一枚とても, 人に, 人間に, 四十円を, 夢の, 夢を, 女郎花其一と, 山羊の, 悦びの, 秋の, 緋葉の, 自動車に, 自然も, 蛇の, 鐺かな, 鸚鵡かねて

1 [210件] があと, が故に, ことも, ことを, このドロウ, その根元, と小, にもかかわらず, にマリア, に係らず, ねじの, は今, は兎, は手, ひとりが, ひとりを, ものが, ものの, も列車, も好意, も渓山, も現在, わが机, をや, を以て小林, を見れ, インド人をも, エリザベス, エレーンの, トラヤヌス及び, パオロ及び, フラミニアを, ポー川の, ランプの, レアの, 一人が, 一人の, 一切の, 一輪の, 一點の, 丈さけたい, 三人の, 上に, 主は, 事疑, 二三の, 二人のみと, 二種の, 京を, 人々は, 人々悉く, 人が, 人も, 人をも, 人名等に, 人性は, 人間が, 仏性の, 他の, 何某は, 個々の, 僧侶の, 兒は, 兵営と, 創造の, 古き蛮人, 古墳の, 可く, 可し, 司法当局の, 君と, 土蔵では, 多くの, 夜が, 夢心地は, 夢路かなという, 大伽藍哉, 大宮人の, 大赦の, 天を, 契を, 女とばかり, 女は, 女を, 女神の, 威三郎方へ, 官兵衛孝高を, 寝ぼけ声で, 將士一齊に, 小刀撈り, 小羊, 小野さんは, 巌かげを, 帯は, 常陸の, 年かさの, 幸徳傳次郎外二十三名に, 幻影を, 廊下續きだ, 彼の, 彼亡人を, 徑を, 心靈を, 性悪な, 悲哀, 惡魔ならずや, 戀人等の, 我等の, 手尖, 日本も, 書を, 書類を, 最初の, 最後の, 最神々しき, 月の, 本質の, 松脂環飾に, 林の, 枯木と, 桜貝, 構成の, 樟腦の, 母の, 母は, 民なほ多かりき, 民を, 水の, 水の上, 水を, 水外または, 永遠の, 法行王の, 法術士ロナルド, 淳樸なる, 火を, 火燒く, 然るに月宮殿, 熟睡を, 狼は, 猿類の, 王なり, 玻璃または, 琵琶を, 生活を, 甲に, 男ぞ, 男は, 町の, 白き芽生, 白骨を, 白鷺の, 真言なり, 社會主義者堺枯川大杉榮等に, 祈誓の, 神に, 神來の, 私の, 秘密室の, 穉き, 第一, 第五潜水艦隊, 米友は, 精神を, 納物を, 罪人の, 羅馬の, 美しき人, 美しき影, 群を, 羽ある, 者だった, 者の, 者は, 聖母の, 肉体氏は, 自然に, 自然の, 船の, 船頭が, 芦の, 苜蓿人踏む, 茶色の, 薄命の, 藁屑の, 藤袴, 衆多を, 諸聖徒, 豚の, 車上の, 通俗性は, 逢瀬の, 遠柳, 野狐の, 銭を, 錢をば, 鐺といふ, 門番に, 雜草の, 雪衣の, 露国皇太子殿下, 響の, 額堂を, 風景の, 馬上の, 魂が, 鳥の, 鳰鳥も, 鷲風に, 鸚鵡が

▼ 中へは~ (259, 0.1%)

26 いつて 23 ひつて 7 ひつた 4 誰も 3 いこんで, いつた, 這入って

2 [15件] いつでも, いるなり, ひって, ひる, ひると, 一歩も, 一種の, 他人を, 入って, 入らずに, 入らないで, 入れない, 入れないの, 恩を, 河岸の

1 [160件] あがらうと, あまりよくは, あらわれないの, いくらかの, いこみました, いこんだ, いったって, いってるらしいよ, いってるん, いつたぞよ, いつたとき, いつたの, いつたもの, いつたら玄関, いつたり, いつたわけ, いつた時, いつちや, いつてる, いつの間にか北原ミユキ, いらうと, いらうとも, いるかも, いるが, いること, いるって, いるところ, いる前, いる口, いる口実, いる家, いる扉, いる様子, いる活字, いる程度, いる積り, うり込んだ, うり込んだの, ぐゎんという, ころげ込まなかった, さまざまな, すぐその, そのよう, どうどうと, どこからとも, どんな考, ねこまれそう, ねこんだ, はいらずに, はいらず足早, はいらないから, はいらなかった, はいらなかったの, はいりませんから, はいれない, はいれまい, はいろうと, ひった, ひったって, ひらうと, ひらずに, ひり, ひりました, ひり白く, ひり込まなければ, ひるん, ひれといふ, ふつて, ふりこみました, めったに, 一と, 一人も, 一通り雑作を, 一遍も, 上らなかつたが, 何物も, 何百人の, 何者の, 僕の, 光線も, 入つて行, 入らずあたり, 入らない, 入らないよ, 入らん, 入りゃア, 入ると, 入るまいが, 入るまいと, 入る事, 入れて, 入れなかった, 入れなかったという, 入れぬ事情, 入れねえぞ, 入れません, 入れること, 入れ度, 入ろうと, 出ずいつ, 出ない, 初めて来た, 刹那の, 加えなかった, 加えられねえ大道芸人, 古城の, 大学の, 太陽の, 射し込まない, 小さいビスケツト, 小次郎たち三名の, 屍を, 広い四手網, 徳川無声林家正蔵, 必ず顔, 投り込めない, 持ち込めない, 新吉の, 有用な, 朝から, 毎日の, 水が, 水素を, 泊らない, 法王あるいは, 流星が, 清い空氣, 清水が, 炭の, 無数の, 熊笹の, 犬の, 現われたの, 男の, 盗んだ紙幣, 私を, 突き入らぬ, 細菌も, 絶対に, 罪悪深, 自身を, 茄子や, 行けないだろう, 足を, 這入らなかった, 這入りそう, 這入るなと, 這入るなよ, 這入れそう, 這入れなかったから, 遠慮し, 酒めしに, 隠せるわけ, 隱せる, 音作の, 飛び込むまいぞ, 飛び込んで, 飲水を, 髯を, 鳥さえ

▼ 中~ (202, 0.1%)

3 庭を, 林の, 縁の, 駅の

2 [11件] みんなの, 人里の, 岩の, 川で, 机の, 森の, 畑の, 神楽坂や, 絶えなん, 道の, 野の

1 [168件] あぜの, いい匂い, いつ通りぬけられる, お宅, かきねの, さかいよう, しきの, しめ切った客間, そいでも, そこらの, その他で, その他に, その奥, それ以前には, たへせん云々と, つてを, であんまり, なにかで, なんかへ, なんかを, ひどく汚れた, ひらいた窓, オシメの, ズボンの, ハリ箱の, バラックの, ホームや, マーケツトに, 上の, 不正や, 乾草の, 二つ星, 二階の, 五六本並木の, 井の, 人ごみの, 人の, 人家の, 何, 例の, 保吉は, 光霧の, 其処らを, 冬つづく, 凍った樹皮, 劇場や, 南富山から, 又は森, 名誉の, 周囲にも, 唇の, 土手の, 垂れ幕の, 堂の, 堤を, 大通りに, 如丹と, 室内の, 家の, 家や, 宿の, 将士の, 小の, 小山の, 小抽斗, 少し遠く, 尾根は, 山の, 岸の, 巌の, 巖の, 川から, 川の, 川端へ, 工事場で, 市外の, 帝劇の, 帯の, 床屋の, 庭さ歩き廻っ, 弟の, 当の被害者, 往来の, 御本人, 戦後の, 戸棚の, 新聞などに, 昼食の, 晴れた夜, 暴徒らの, 木の, 木蔭に, 枕の, 枝の, 梱の, 森陰に, 植え込みの, 榛と, 樹蔭や, 橋の, 死去に際しても, 民衆の, 水の上へ, 汁の, 池の, 汽車の, 泉の, 泥の, 洞窟床下等をも, 湖の, 灯取, 熱帯の, 牧師の, 物陰に, 田舎で, 甲板を, 盃の, 着物の, 砧うつ, 私達を, 稲田の, 空の, 空気の, 窓越しの, 筆入れの, 等に, 美しく塗り立てられた, 耕した土, 能登をも, 腹の中に, 自分の, 臺所の, 花壇の, 草原には, 荒れた庭, 菊の, 蒲団の, 薄暗いところ, 行李に, 表紙の, 袖や, 裏の, 言葉の, 諸国で, 谷や, 谷を, 谷底に, 谷底や, 豁を, 路傍に, 路地の, 軒端で, 近在には, 近所には, 近郊において, 都という, 配給品を, 野原を, 鉱山で, 長椅子の, 陽溜りの, 雪の, 霜解けの, 革嚢の, 飲み物の, 駅で, 黒い背景, 黒髪の

▼ 中最も~ (185, 0.1%)

7 大なる 4 純粋な 3 有力なる, 重要なる 2 古いもの, 奇矯に, 新らしき, 有名なる, 活動的な, 神の, 美しいもの, 美しい九月下旬, 重要な

1 [150件] いいもの, すぐれたる汝ら猛, たのしいもの, よきもの, インテレクチュアルな, クリストを, ロシアらしき, 上乗なる, 上乗の, 世間の, 主なる, 余輩の, 偉大な, 僕に, 僕の, 優れたもの, 優れた娘, 優れた脚本, 優れた花色, 優美崇厳を, 先輩として, 光栄ある, 公益的色彩を, 写生に, 出色の, 力ある, 勝れ苦行, 包容力に, 北側で, 南に, 危険な, 厭ふべく忌むべき, 古いの, 名声ある, 名迹, 商業的な, 国際化され, 多きは, 多くの, 多く病床, 多數, 大きい山, 大きく身長二十五フィート, 大切なる, 大形の, 天に, 奇抜なる, 女に, 完成された, 完成した, 定住する, 富めるもの, 尊敬すべき, 工業の, 巨大な, 年少なり, 幸運なる, 廣く, 廣く仕切られ, 強く人, 強大なる, 彼自身に, 得意の, 恵まれない人々, 悩むところ, 惨忍, 愚と, 愛すべき女, 愛らしく聰明, 憎む可, 拙陋, 教養あり, 日本的性格を, 早期の, 明るいアルファ星, 智慧あり, 書写年代の, 有力の, 有名な, 有意義な, 梅花の, 植物に, 構成的な, 権威ある, 正系に, 武勇の, 民間に, 永く後世, 浩瀚に, 温暖な, 特異な, 特筆すべき, 特色の, 玄妙なる, 珍奇な, 現実の, 現実性を, 甚しく, 異彩を, 登り易い, 盛り秋冬, 相似たる, 短いもの, 福運が, 私の, 純粋に, 緊張した, 繁榮で, 美しきもの, 自らなつかし, 自己の, 興味ある, 興味の, 興味ふかく, 興味多き, 若しとて, 著しい特色, 見るべきもの, 記憶すべき, 詩に, 話數の, 読み難い, 読者の, 豊かな, 象徴的なる, 貴ばれたの, 賑やからしい, 赫耀たる, 距離長く, 運動の, 道徳的癇癪の, 遠距離よりの, 適切なる, 醜惡, 重いの, 重きもの, 野蛮な, 長大な, 長大の, 難しいこと, 露骨に, 静かな, 非芸術的, 顕著なる, 類似の, 顯著なる, 高く最も, 高尚深遠なる, 高貴なる, 麥の

▼ 中~ (162, 0.1%)

17 んです 15 んだ 14 のだ, のです 7 ので, のである 3 のでその, のを 2 の, のか, ので省略, のね, のも, のよ, ものです

1 [68件] のかい, のかしら, のじゃ, のださうです, のだろう, のであった, のでありました, のであります, のでうしろ, のでお, のでこの, のでこらえた, のでご, のでございました, のでございます, のでさだか, のでしばらく, のでしょう, のですぐ, のでぜひ, のでそれ, のでなおさら, のではたして, のではばかった, のでふたり, のでまだ, のでもう, のでスキー, ので一般, ので丁度もう, ので三十分, ので主婦, ので何, ので出来る, ので出発, ので勢い, ので又, ので君, ので外出, ので大体朝, ので彼女, ので手ッとり, ので手持, ので教務課, ので木村さん, ので用達, ので直通電話, ので自分, ので自分丈, ので見えなかった, ので話, ので誰, のにこの, のにその, のにわざわざ, のにソフト, のに立ちどまっ, のに良致男, んじゃ, んであります, んでございます, んで本当は, んにも, んの, んべ, 事で, 処が, 暖気で

▼ 中です~ (151, 0.1%)

15985 から 3 もの 2 からその, からはっきり, ね, わ

1 [103件] うすうねむる, かと政子, かね, からいく, からいつお帰り, からお, からかりに, からくるくる, からこちら, からこれ, からすわる, からそこ, からそれ, からたくさん木, からどんな, からな, からねこの, からひじょうに, からまた, からガーン, からサーカス団員, からナ, からパッ, から一度, から一郎さん, から両側, から兩側, から其處, から別に, から又, から口惜いが, から商船自身, から坐っ, から声, から夕方, から外部, から幽霊, から懐中電灯, から手品, から早速, から時々, から止め, から殊更, から浮いた, から袋, から裁判所事務局間, から足場, から逃げる, から通る, から面白い, から髢, から鯉, があなた, がありません, がいつそれ, がうまく, がおそらく, がけさ, がこれ, がこれら, がその, がそれ, がだいたい, がところどころ, がどうか, がまさか, がわれわれ, がジャン, が今, が今夜あたり, が会社, が伯爵, が小林君, が当分, が慣れた, が戦場, が明朝, が未だ, が東洋情緒, が検査, が片, が至急, が蔵, が裴宣, けど構いませぬ, しほか, し奥, し少年助手, というの, とかかれ, とコソ, と申し上げましたら, ねはい, の, のをぢさま, ものそれはね, もの娘の, もの幾人も, もの座敷の, よ野原, 大丈夫ごまかせます, 昔の, 近所で

▼ 中へでも~ (146, 0.1%)

8 はいって 4 はいったよう, 入れて, 水の 3 入って 2 出て, 埋めて, 消えて, 落込んだ, 踏みこんだよう

1 [113件] あずけたらという, いっしょに, うっちゃって, おしまいに, お寺の, かくれたの, かくれて, こっそり吹屋, しまっちまえッ, すてて, つまみ込んで, とびこんで, なんでも, はいったかな, はいったら, はいりたい気持, はまり込むの, ひきずり込まれるよう, まぎれこんで, まぎれ込んだらしく姿, また水, みんな固まっ, もぐりこんだよう, もぐり込んだん, 何んで, 倒れて, 入つてブラ下, 入りたいよう, 入る, 入るよう, 入れたいよう, 入れたい始末, 入れとかないかぎり, 入れときたいね, 入れられたよう, 入れられて, 入ツ, 匿しとい, 叩きこんで, 吐き捨てて, 地震の, 埋けて, 堕ち込んで, 大急ぎで, 失敬できる, 寝たいと, 引きずり込まれるよう, 引籠んで, 急速度, 打ち込むよう, 投げ込まれたの, 投り込むだ, 抱えおかれ, 押し込むよう, 押込んで, 捲き込まれて, 曳き込むやう, 来た時, 棄っちまい, 棄て, 構わずどんどん, 母親とさえ, 沈めて, 潜って, 潜り込んで, 火の, 無理に, 自由自在に, 落ちたかの, 落ちたよう, 落ちて, 落ち込んだに, 落ち込んで, 蔵った, 蔵って, 行ったん, 行って, 踏み入ろうもの, 迷いこんだよう, 追いこんで, 送ろうもの, 逃げお, 逃げおおせて, 逃げ込まう逃げるついで, 逃げ込み思う存分, 逃げ込み思ふ存分苦勞, 逃げ込もう逃げるついで, 這入った様, 這入りたいよう, 這入る, 進み入るが, 避けて, 避難する, 閉じこめられて, 隠したらと, 隠して, 隠れたいやう, 隠れたいよう, 隠れて, 青空へでも, 飛びこまれては, 飛びこむだろうな, 飛び出したやう, 飛び込み度くなる, 飛び込むと, 飛び込むやう, 飛び込むよう, 飛び込む男, 飛び込んで, 飛込まなければ, 飛込むの, 飛込む精神, 飛込んで

▼ 中である~ (142, 0.1%)

5 ことを 4 ことが, ことは 2 からその, ために, と聞い, と自然, にも拘らず, のだ, のと

1 [115件] かぎり裁判所の, からおっしゃる, からここ, からそれなら, からたびたび, からで, からできあがったなら, からには形, からはっきり, からほどなく, からやがて程なく, からわたくし, からオナカ, からストリップファン, から二三日, から出来上ったら, から判らなかった, から向, から多分, から帰らない, から彼ら, から思う, から明瞭, から朱, から無論, から自分, から適当, から部屋, から錘, から難解, が, がそれ, がまだ, がもし, がガソリン樽, が上総ナマリ, が両人, が何時, が弁才坊ただ一人, が従来, が東海道筋, が為, が物理學者, が現在東京市, が自殺者, が遠距離, が避妊法, が関白, けれども和算, こと, ことも, ことや, こと今日松島で, こと申す, この可, さうだ, し兵庫, し幕府, し戊辰前, そうな, それは, ぞ, ぞっ, ためガンガン, だけが違, だけに私, だけに観客群衆, という, という警鐘, とかそんな, とか乳, とする, と云, と取沙汰, と報道, と書い, と検事, と結ん, と聞いた, と都留氏, にかかわらず, にもかかわらず, にも関わらず, によって物価, のです, ので其, ので手紙, ので朝鮮, のも, ように, ようにも, わけだ, 七人の, 上に, 主人公には, 二家族のみが, 云々, 人に, 人の, 以上は, 作物を, 其から, 再興されたら, 勇壮な, 女と, 家の, 尾瀬原と, 感興に, 戰爭中タツタ一ヶ村を, 日思いがけず, 洲股の, 特別な, 特定の, 老人の, 集会を

▼ 中において~ (142, 0.1%)

2 これを, では, 初めてその, 占めるならびなき, 毎年一枚か

1 [132件] ある, あるとき, あるもう, ある丈夫そう, ある改良, ある面, いったんお, いわゆる万歳氏, かくの, かつこれ, この事実, この真理, さえそう, さへ, さらに混沌, した, その全部, その勢力, それが, たえざる創造発見, たしかに木製おもちゃ, ただ一人, ただ一部分話者も, だった, であった, でありその, である, どうしておのれ, はじめて光彩, またその, またドイツ社会学派, みて, もっとも損, もっとも普通, わが地球人類, ビウキャナン氏は, リット提督や, 一人の, 一方には, 一旦私度, 一番貧乏籤を, 三四人の, 不思議に, 不意に, 二万八千人の, 人生全体が, 今の, 今回の, 今日英国の, 何らかの事情, 作って, 八日が, 初めて物, 卒爾として, 単に二つ, 又特殊, 嚇怒した, 四五カ所以上ツシヤという, 土饅頭の, 大いにおどり, 子の, 実用を, 封建の, 小林翁の, 平均を, 建設的革命家たる, 彼は, 彼らの, 彼を, 息が, 或る, 批判される, 択び取らんと, 既に人類, 旧勢力, 明らかに, 昏迷し, 易く自在, 是非を, 書物など, 最も大, 最も美妙, 最も豊か, 最も高尚, 有機的に, 朝敵謀反人切取, 止むるべからず羝羊婢とともに, 武器を, 歴史を, 求むべきでは, 泣いて, 清濁相対する, 源氏が, 無限者と, 燃焼する, 特許を, 現実的に, 生かされるの, 生存し, 畦塗り底堅めに, 異彩を, 発表する, 瞬間に, 磯野靈山を, 私は, 結局単に甚だ, 継父の, 美しい最後, 考えさせるよう, 考えられるべきこと, 聖人が, 腹切る, 膝ぐみで, 自から, 自ら一つの, 自己を, 自然に, 行はれる, 見る, 言葉は, 読みかえすと, 読んで, 速やかに, 遍ね, 道ならね, 道窮まりたる, 達せられ得る魂, 適宜の, 附合すなわち, 陰暗, 非常に, 首斬

▼ 中ほどに~ (139, 0.1%)

3 佇んで, 立って, 立つて 2 あって, 一人の, 坐って, 無人の, 置物の

1 [120件] あたつ, あたる所, ありて, ありました, ありますが, あり打者, ある, あるとある, あるピアノ, あるベンチ, ある一軒, ある会所, ある大きい, ある年歯, ある所, ある擦硝子張, ある政岡, ある昔, ある棧敷席, ある橋, ある銀杏, ある麦積山, いかめしい鉄, いた小, およそ一尺, かかって, きたとき, きた時, きちんとし, きわめて細い, くっきりと, さきが, それを, たしか少しくぼんだ, つなぎました, とつぜん開いた, ひもで, また右, やや大きな, りつぱな家を, ゐるところ, 一けん, 一本の, 一種の, 一線を, 一軒料理屋を, 一面の, 三つの, 三浦の, 亀屋という, 二の膳出づと, 互ひ, 今でも, 仙人の, 佇みながら, 佇立むと南の, 來る, 出しお, 出ずこ, 出て, 十尺四方ほどの, 厚い褥, 向ひ, 四つ辻が, 坐り直した, 壊れかけた小屋, 大きな家, 大きな松, 大きな榎, 大きな湖水, 大きな穴, 大きな荒物屋, 大なる, 天野北山の, 妙な, 宿って, 小さい稲荷, 小さな急流, 小屋根, 小袋明神という, 巣を, 差しかかると, 帯深く, 座頭の, 形ばかりの, 彼は, 彼女は, 思われます, 悠っ, 押しやって, 据えた, 掛け茶屋, 掛け行燈, 新しい精巧, 杉の, 歩みを, 沈み再び, 煙草盆を, 燃えて, 石で, 碇を, 私たちは, 突っ立った, 立ち止まったあるいは, 立ち止まって, 立止つてそれらの, 立止りました, 節の, 紅に, 紅筆で, 脚の, 自分を, 落ちました, 血が, 西洋造りの, 車井戸が, 金泥が, 陣どって, 高い土手, 鵜殿甚七と

▼ 中にでも~ (137, 0.1%)

11 いるよう 5 はいって, ゐるやう 4 ありそう, 出て 3 あるよう 2 はいったよう, 入れて, 生きて, 隠れて

1 [97件] あつた, ありさ, ありさうな幽暗, あるかの, あるもの, あるん, ある探偵心, いいから, いくらでも, いたんだな, いるの, いるん, いれば, いろ, いろいろなやり, い合せたの, お姫さまの, かくしたの, くべて, ここの, こしらえられてたらりっぱ, この発作, これと, ごろりと一睡, しいて, しまい込まれるほどの, その素性, とびこもうと, なく聞えて, はいったらしく影, はいり込んだの, ふら, ほうり込まれて, やっと歩ける, ジウラが, ドンブリこいたら, 一人で, 不思議な, 人民が, 住んで, 何かの, 偉大を, 備えて, 入つて, 冷っこい隅, 実はその, 家の, 尋常に, 居るよう, 居る様, 引き込まれるよう, 形は, 彼を, 往々に, 戦争に, 押しこめられたよう, 拠り所を, 持つて, 止めませんでした, 永久に, 浸って, 潜り込んで, 潜在し, 現はれる, 留まりましたか, 秀の, 私は, 突き倒されたよう, 立ち暮れたよう, 立って, 納って, 続々お願い, 綱手の, 聡明な, 自殺しよう, 良寛さんの, 落されては, 落ちこむやう, 落ちて, 落ち込んだなら牛, 落っこちそう, 行きなさい, 語によって, 起します尋常, 踏込んだよう, 身を, 迷い込んだ後, 鎖されたよう, 鎖じ込められ, 閉ぢこもりたい, 隠れこんだかと, 隱れ, 雲隠れしたい, 非常に, 飛び込ぶと, 飛び込むよ, 黒人は

▼ 中その~ (120, 0.1%)

2 ことを, 事件を, 辺に

1 [114件] お墓, お祠, ことばかりを, つけ根その, ほか出入りの, ま, アパートの, テクが, 一つは, 一つを, 一の, 一僕その, 一即ち, 一部, 上ふたを, 上演を, 下に, 主流を, 主義に, 事が, 二〇が, 人に, 位置に, 偶符合し, 僕大木の, 儀式の, 八分までは, 公表を, 別荘で, 前半の, 前半は, 勢いの, 勲功を, 史進には, 四本の, 団体は, 地へ, 報告の, 大部分, 奇人館の, 妻の, 妻を, 妻鉄をも, 姿特に, 娘を, 子たちの, 実習を, 家の, 家族が, 寝室の, 居邸の, 年八十七件の, 廃刀を, 廉子が, 従来の, 徳を, 思想を, 情に, 所言を, 手が, 教養と, 方を, 日より, 最も傑出, 最も優れたる, 最も古い, 最も古き, 最も名, 最も多く, 最も悲惨, 最も有名, 最荒凉, 木かげに, 本郷の, 根調と, 樹の, 水は, 深所, 状態の, 瓦の, 生むべき子, 画題を, 盛況を, 眼が, 知徳なお, 種類の, 稽古を, 窮乏は, 竜蜥蜴の, 端緒を, 第一パラグラフ, 第九章中, 精神と, 約三割, 美的内容の, 翌日か, 老婆と, 職業的訓練に, 芸術的価値の, 薬にも, 蜂須賀村に, 記事を, 財力の, 責に, 郷里の, 重なるもの, 金倉を, 鉢たたきの, 雑誌の, 頃の, 頃日本領事だった, 類例を, 食料の, 高慢な

▼ 中~ (106, 0.1%)

5 の生徒 4 の教師 3 の制服 2 でも凡, にゐた, に入, の二年級, の寄宿舍, の校庭, の課程, を出る, を卒業, 生時代

1 [74件] から一高, から上, から大, から高等學校, でこり, でした演説, では, で二十五圓貰つて, で倫理, で教頭, で物理, といふこと, と漸, どころか二度と, にゐ, に合格, に明治十二年, に與田, に行つて, に通, の一年, の三年, の三年級, の二年時分, の先生, の先輩, の初年級, の助教諭, の半途, の同窓, の四年頃, の大きな, の學生, の庭, の文藝愛好家, の方, の方ぢ, の時, の時代, の東洋史, の校長, の畫, の講堂, の門, の體操, の體操教師, は何番, は去年閉校, へはいる, へはひるんださうだ, へはひれる, へやつ, へ入, へ入れ, へ這入, へ進む, へ開校式, ももつ, も其生徒, も出た, も半, も卒業, より高等學校, を中途, を出, を卒, を終, を終る, 在學, 生ぐらゐのことにそんなに目, 生じぶん, 生生活, 生諸君, 退學

▼ 中へと~ (103, 0.1%)

2 入つて, 入つて行, 歩み出しました, 絶えず出入, 這入つて行, 降りて, 飛んで

1 [89件] おりて, かくれて, きまった, くぐり込んで, こぼし入れられる, すばやく影, ただよって, だ, ぢこめ, とびこんだ, どんどん流れ込ん, なだれ込んで, びこんでくるばかでもないでしょうからね, びこんでしまったのにちがいありません, びこんでゆくわけにもいきません, ふみこんだの, べつに五十両, もぐり込むの, スクルーコンベーヤで, ナスリつけ, 乘込んだ, 乱入では, 何やら低, 入って, 入り下草, 入り込んで, 勇ましい姿, 動き出した, 召集した, 向けられたよう, 吸いこまれて, 呑まれて, 味いた, 引っ込んで, 引摺り込まれ, 彼は, 徐かに日に, 忍び込んだ, 思って, 急いだ, 投げ入れて, 抱き合って, 掘りすすむほど, 撓まずに, 数えて, 暫くは, 案内した, 次第に展開, 正しく踏み出した, 歩を, 沈んで, 没入し, 注いで, 流れ込んで, 消えうせた, 深入りを, 私の, 突きのめされた, 突き飛ばされた, 突進した, 突進めて, 納めました, 紛れ込んで, 自分を, 落ちこんで, 落ちた, 融け去って, 融け去つて, 融合同化し, 行きました, 解き放つた, 路を, 身を, 退いた, 逃げ入った, 逃げ失せた, 逃げ終せる覚悟, 進みごく, 進み入るより, 進んで, 進入つた, 逸れて, 運んで, 閉んだ, 雪は, 静かに, 飛び出した, 飛び出して, 飛び込む

▼ 中であった~ (98, 0.1%)

3 ことは, ために, のだ 2 がこれ, のでそれ

1 [85件] かに一寸, かの逆, からです, からボース, から川田, から彼, から折々, から非常, か或は, か犢鼻褌, が, があくまでも, があんまり, がいつか私, がこのほど使命, がそこ, がその, がほか, がようやく, が一昨夜深更, が一艘, が于禁, が但馬, が何, が冗談, が博士一行, が口上, が右, が同, が忽ち, が或, が書肆, が氏, が獄中, が病弱, が直ぐ, が眼, が米国, が遂に, こと, ことだけは, ことと, ことを, せいか, という, ところ室内に, との事, と見えます, なハッハッハッ, にし, にも拘らず, に拘らず, のが, のでいつも, のでした, ので半蔵, ので土岐, ので日本, ので頼朝, のに, わが汽船, ジョアンは, 下村為山君を, 事を, 余に, 八畳の, 兵役法違反事件が, 同門の, 外国公使館の, 寄宿舎が, 年頭の, 所の, 技手土岐健助一人は, 故か, 斎藤博士初め同窓や, 星野直樹氏, 時代には, 江戸川乱歩が, 田中正造は, 石坂洋次郎氏の, 私は, 英国の, 部屋部屋が, 長男と, 長男及び

▼ 中からも~ (96, 0.1%)

4 出て

1 [92件] うかがうこと, その第一歩, それを, たくさんの, ほぼその, また各, また杯, また矢叫び, やがてそこ, よく見えます, わたくしが, アンリエットの, キリシタン武士たちの, トントンと, 一人の, 一人位は, 一文も, 一本の, 世間からも, 二人ほど, 亦湧き出し, 人生の, 仔細に, 以前は, 何かの, 何も, 何んの, 何本と, 作品の, 出た, 出る可能性, 別の, 前のよりは, 十五匹ほど, 又何ん, 取り又, 受取れた, 古い要素, 同じよう, 后の, 吾, 喀血し, 善きもの, 嗄声で, 土地の, 外からも, 多分に, 大樹が, 宮廷の, 容貌の, 射して, 小判が, 幾人か, 当然新, 彼の, 想像されるであろう, 扉が, 掴むべき線, 方言反対者が, 来るもの, 歔欷の, 油紙の, 洗礼を, 消え去って, 湧くよう, 献身的に, 生れます, 盛んに, 相当の, 知らして, 私は, 窓の, 窺うこと, 結構いい, 続々と, 罪と, 自分の, 落伍者が, 襖が, 見えて, 見えない, 見出された, 読人・方人を, 誰かが, 起こった, 起こりかく, 起こり逆賊, 過去未来を通じて, 重大な, 鏡花の, 階段を, 驚きと

▼ 中~ (91, 0.1%)

35 一の 7 一に 3 一第, 二の 2 一と, 一位に, 一流の, 二流以下である

1 [35件] 一である, 一は, 一作であり, 一例を, 一味, 一回は, 一巻第, 一年月日, 一流, 一珍書, 一等の, 一緊要事, 一舅姑に, 一説と, 一類の, 七獄は, 三に, 三の, 三位の, 三版で, 二位を, 二回の, 二学年の, 二班に, 二編第, 五, 五と, 五ヶ条に, 五番に, 六位を, 六月目の, 十三章及第十四章ノ, 十二章は, 四と, 幾株いづれ

▼ 中にまで~ (88, 0.0%)

3 はいり込んで, 入って

1 [82件] ある, あるさ, いっぱい吹きこん, この本, さして, しみとおって, その匂い, その工夫, その眼, その花粉, その香がた, つきまとって, どんな子供, にじみこんで, はいって, ほのぼのと, 上り込んで, 二百円に, 五町ほど, 交って, 侵入し, 入つて, 入りやや, 出て, 出家は, 制令を, 北条は, 及ぼし明智家, 吸収する, 吹き入るの, 喰い込んで, 夕闇が, 大きく見た, 天川に, 子分を, 寝たという, 射し込んで, 少しは, 屆きました, 広がったよう, 引き入れるの, 忍び入って, 怪しい唸り声, 易々と, 時としては, 根を, 植え付けられて, 残って, 沁みこんで, 沁みて, 沈んだよう, 泌み, 泥が, 注いだ, 浸み, 浸潤させ, 深刻に, 満ち申し行く処, 滴り落ちて, 現はれ, 現われて, 白い鉄道草, 立ち入らなければ, 続く, 織り込まれて, 考えられた, 自我心が, 自身の, 落ち込ませたか, 蚕糞が, 行き着けたの, 襲来し, 見えつ隠れつして, 見えつ隱れつ, 踏み込みつつ, 追っかけて, 隠れて, 雀を, 雨が, 雨音は, 響いて, 風の

▼ 中へも~ (80, 0.0%)

3 はいって 2 ぐつてしまふ, 消えて, 溶け込み衣桁, 遊びに, 霰

1 [67件] あらわれて, おしおしに, ぐずりこんだ, ぐつてしまつた, ぐつてしまつたあひるさんをベツドから, ぐりこむではありませんか, ぐりこんでしまったのかもしれません, ぐれなくなるわけ, つけて, なかなかたくさん, ひびきわたって, またいかなる, まだかなり深い, やって, よく仕事, シャバの, 一人で, 一基二基三基と, 交れ, 入ったろうし, 入って, 入らずそのまま, 入る微笑, 入れたが, 入れない顔, 入れなかったのよ, 入れぬ臆病, 入れば, 入れられず物置, 冷めたい土, 出て, 加えられて, 叩きつけさうだつ, 吹き籠った煙, 喰ひ込ん, 好んで飛び出し, 必らず, 慈悲深く, 披露を, 敵を, 書いた通り, 枝なりに, 歓んで, 流れ込んで, 溶け入, 溶け込むいわば, 田圃の, 知れわたって, 自由に, 舞い込んだ, 送って, 這入ったらしい, 這入らず人一人, 這入りませうして, 金粉を, 関東ビルジングの, 青白い月, 響いて, 飛びこむ意気, 飛び込みかねない男, 飛び込む, 飛び込むという, 飛び込むよ, 飛び込もうという, 飛込む肚, 飛込もうと, 馳せ入

▼ 中老人~ (78, 0.0%)

9 です 8 ですが 2 でした, で立居振舞, の額, は積極的, を引入れました

1 [51件] がそれ, がふところ手, がハム, が一人, が吐息, が呟いた, が年甲斐, が死骸, が白, が着, が貧乏, が顏, だが, だけ, だとばかり, であった, である, でまだ, でもあります, で丈夫, で半面, で成, で柔弱, で算盤, で羊羹色, で胡麻鹽頭, で誰, で里見屋, で金, で高梨, とが頻りに, と下女, と言つて, になった, になり, に憫, のたしなみ, の強かさ, の死骸, の社長, の面, はなかなか, は出, は奇妙, は平次, は答えた, をひどく, を捕へ, を捕まえ, を見ました, 頻りに甘粕

▼ 中二階~ (77, 0.0%)

2 である, で簡素, の下あたり, へバア

1 [69件] いや三階あたり, からはその, から一雪, から五間, から幾つ, で, でお, でその, で何, で昼飯がわり, で私, で蒔絵, で鯉こく, ともいえる, などことに, などとくらべる, にあった, にある, にいる, になっ, になつて, には又, にグランドピアノ, にベッド, に住ん, に余, に引越した, に美人, に色蝋燭, に転がし放し, に遊ん, に達した, に電気燈, のどん底, のなか, のドア, の一間, の下, の南, の危ふさ, の小, の小座敷, の居間, の手すり, の朽, の朽つた手摺, の梯子, の横, の段々, の気配, の突上窓, の窓, の裏, の部屋, の障子, の青, はこの, は好, は川, へあがっ, へ上っ, へ世話, へ引っ越した, へ戻る, へ昇つて寢, へ来, へ移った, を仰向い, を自分

▼ 中~ (76, 0.0%)

2 は何, は日本映画社

1 [72件] が, がそんな, がどんな, がトンキン, がパン, が先生, が凄い, が学校, が色んな, ぐらいだらし, とおなじ, と同じ, と娘さん, にとって最も, には意地悪, にも何となく, によびかけ, のひいた, のクラスメート, の一番沢山, の今, の助手, の命, の大切, の子, の家, の巫山戯た, の帰庵, の従弟, の手本, の方, の最も, の目, の知人, の願, の髪飾り, は, はいそい, はいつ, はいろんな, はそうした, はその, はそれら, はたびたび, はなんだか, はユニバシティカレッヂ, は不幸, は井上家, は初めて, は加津美, は多忙, は夢にも, は子供部屋, は幾度, は彼, は彼女, は早稲田美術研究会, は毎日一つ, は気持, は汽車, は煖炉, は眠られませんでした, は眠りませんでした, は身体, は退屈, は隨分, も暑い, をい, を愛し, を慰め, を案内, を閉ぢ

▼ 中からの~ (72, 0.0%)

3 そりと, ようです, ように

1 [63件] いきさつの, このこと熊, ご指揮どおり, それも, どんな主題, ものを, やうに, ソヴェト・エジソンの, ッそりと, 事で, 事実的記録だ, 使者による, 光が, 出口は, 労農通信員こそ, 取調物を, 合図につれ, 合図を, 合圖を, 名残りの, 命であった, 嘲りに, 嘲笑は, 執筆者に, 声, 声が, 夫人の, 奥様の, 妻の, 婦人作家が, 少数の, 引用, 役員を, 応対である, 手紙を, 抜きがきを, 抜き書を, 文化活動は, 文学的萌芽という, 新鮮な, 暖かい日, 様な, 様子を, 止むべからざる要求, 活溌な, 浪人として, 消息を, 灯が, 生粋の, 発起で, 直接の, 研究事項だった, 私が, 空襲計画, 緊張も, 落ちこぼれが, 行きとどいた待遇ぶり, 言葉が, 言葉表現の, 計画で, 連戦で, 銃火を, 関心が

▼ 中だった~ (72, 0.0%)

5 のです 2 がその, が彼女, ことを, んだ

1 [59件] からだろう, か参禅, がいま敵, が信長, が山, が彼, が聞く, が誰, けれどふと, けれど物, ことに, そうで, だけにもう, という病人, とおもう, とのこと, と云う, と思う, と見えまする, に拘らず, のか, ので, のである, のでただ, のでドレゴ, ので又, ので友人麻川荘, ので四人, ので宮子, ので少し, ので思い掛けず, ので或いは, ので火星人, ので長官, のに各地, ように, んです, デニー博士も, ロシア大使を, 三男が, 事実を, 伊豆の, 保も, 公使大島圭介を, 公卿僧侶へも, 博士は, 同志が, 大江山捜査課長は, 妻は, 学士が, 宮本の, 平牢, 彼の, 彼は, 桐庵先生が, 武者小路氏の, 母が, 母をも, 皇后の

▼ 中~ (72, 0.0%)

5 枝の 4 國に, 國は, 國を, 日子の 3 比賣 2 卷, 国に, 国は, 枝に, 瀬の, 王, 王と, 王次に

1 [32件] ぎになつたのにと, でもいが, へを設け, 卷と, 国へ, 国まで, 国を, 国悉に, 國, 國と, 國の, 國も, 國大, 國悉に, 土, 土を, 宮に, 日賣, 枝は, 王に, 王を, 王大殿に, 王天皇を, 神と, 空に, 腹で, 腹でした, 腹と, 腹の, 臣即, 若子が, 邊に

▼ 中における~ (69, 0.0%)

2 永遠の

1 [67件] あまつのり, あらゆる臨時, ある点, かなり重要, この妖教, この惨め, これら諸, ごとく下水道, ごとく活かして, ような, マルクス, ロシア文学と, 一大関鍵に, 両種, 人間の, 位置も, 余の, 侵入者によって, 先生の, 光の, 効果を, 勝安芳の, 原因の, 原子結合の, 古代殿堂の, 各ショット, 各組織活動, 問題の, 地球の, 小島であった, 役割を, 彼らの, 後期建築の, 微粒子の, 恐ろしい眠り, 恒星の, 愛欲の, 感応は, 或は唯一人, 放電による, 書物の, 最初の, 極少数の, 楽園だった, 渾沌たる, 溶質分子の, 特定の, 生活とが, 生活も, 相互平等の, 眺望の, 私の, 窮極の, 絶対の, 絶望的な, 総降水日数, 緩やかなる, 腸の, 自分の, 葉子の, 解體的要素の, 詩の, 調和されない, 貨幣価値の, 述懐と, 遠近錯覚に, 鶴の

▼ 中年男~ (67, 0.0%)

4 です 2 が丁寧, でした, の生首

1 [57件] があつ, がいた, がいや, がつけ添, がふと, がやって来る, がやつ, が云う, が仔細, が仲間, が平次, が病人, が肩, が膝, が自分たち二人, が自転車, が足駄, が近づい, が酸漿, が闇, が風流, だが, だった, だったの, だつたの, で今に, で名前, で紫琴女, で誰, という奴, として町, とその, と共に群衆, と山登り, と駈落ち, に介抱, に廊下, に相, に相対, のところ, の和久井献作, の声, の家, の寅松, の旅人, の様子, の自尊心, の逞, の醜, はこの, は中村勘五郎, は事毎, は全く, は良, をまく, をカツ, を漠然と

▼ 中~ (65, 0.0%)

2 なんかに, 何かで, 氷で

1 [59件] ありゃあ女物, あるいはベッド, あるいは森, あるいは氷, あるいは田舎, いづれそんな, いやいやいつぞや, かつたり, かつて出来した, しらん, そうでなけれ, その近く, それとも牢獄, それは, どこか, どこかで, どこからか, なぞの, ならず虫, なんかだって, または横丁, もしくは直ぐ, らくうくう, らちゃらちゃらと音を, らちょっき姿の, われ知らず, ウォルテルの, ウオルテルの, シーニュの, ムンムンつかえ, 何かに, 何っ, 何処かで, 何処かに, 分からないが, 堂の, 墓の, 声の, 夕方に, 外か, 小松谷の, 島へでも, 往ってる, 或いはその, 或はもつ, 或は二月, 有の, 来年の, 森の, 水の, 氷へ, 無縁墓地の, 玻璃瓶の, 生蕃が, 縁の, 聲の, 裏の, 遅くとも明後日, 野原を

▼ 中とは~ (61, 0.0%)

2 云いながら, 思われないほど

1 [57件] いえかく, いえ夜ふけ, いえ接近, いえ素直, いえ辱めるに, いっても, お話に, ことかわり, じっと睨み合い, だいぶ樣子がち, ちが, ちがうぞ, ちがうん, なりし身, びっくり, まるきり反対, 世界が, 云え見よい, 何れの, 別に京二郎, 反対の, 同種同文唇歯相依る, 呆れ果てたスシ食い族, 夢にも, 存じまするが, 完全に, 心着かで, 思えない位, 思えない豪奢ぶり, 思えなくなって, 思えぬ清寂, 思えぬ程, 思はれない程, 思はれぬのどけ, 思われない温か味, 思われぬ程, 恐縮です, 承りましたが, 振ってる, 新撰組の, 比べものに, 気がつかないだろう, 気がつかないもの, 洞窟の, 申しても, 異って, 病氣が, 聞えて, 見えぬ静か, 言いながら, 違うぞ, 違って, 違つてめつきり, 違ふんだ, 限りませんけれど, 雪と, 面目ない

▼ 中この~ (57, 0.0%)

2 馬の

1 [55件] あたりにては, あなたと, お玉の, ことで, とおりなかなか, とおり鎧戸を, やうな, ような, 一小, 一点を, 上の, 上も, 中山の, 九四歩の, 二階は, 人と, 人に, 人を, 作品の, 作者に, 像の, 北寿の, 報に, 女の, 妻子たちに, 家に, 家も, 寄席の, 寒気或いは, 尊さ, 尼院の, 島あての, 島が, 島にて, 年よりの, 幽霊船の, 手紙を, 書を, 村へ, 歌の, 歌一首は, 狐を, 矢追村だけ, 種の, 老人だけは, 見苦しい様子, 覚一から, 言葉を, 辺の, 部分の, 郷, 金額を, 長唄に, 難局に, 飛行艇を

▼ 中ほど~ (55, 0.0%)

2 で上, で赤い, 作爺さんの, 目がけて, 若い二人

1 [45件] あさましく物, である, でことに, でただ, では, ではじめて, でも, でやや, で一人, で博奕, で吻, で呀, で師翁, で幸次郎, で引き抜き, で息, で朝日, で男, で私, で立ちどまると, で若い, で頻りに, とある小意気, ひときわ人間, 位に, 厭な, 外からは, 夜気は, 太子の, 小高い丘, 彼と, 浜崎街道に, 清潔な, 眼抜きの, 竹脚の, 約三間, 脱落し, 良いところ, 芸者屋二軒の, 軽い身心, 近くまで, 過ぎまで, 錢座寄りに, 隠居の, 黒き土器

▼ 中だけ~ (54, 0.0%)

14 では 2 で兄哥

1 [38件] お願, だから, で, であった, ですね, ですん, でなく近所, でもう一度, でもの, で仕事場, で八十回以上百回近く, で哀れ, で小さく, で幾何学, で鏡台, ぽかぽかと, やったって, ソファに, 仲好く, 働いた, 勉強した, 動くの, 差額二千石を, 帶刀御免を, 平常妙, 才取りの, 新らしい, 歩くよう, 殘し, 母様なんか, 狸に, 神保町の, 穴に, 自宅で, 貴方の, 通って, 通用の, 野良に

▼ 中ほどの~ (52, 0.0%)

8 ところに 4 ところを

1 [40件] あたりの, ある農家, こけの, すぐ前, ところには, ところまで, ものも, 一枚を, 古い仏像, 右側を, 土間に, 場所に, 大溝, 尾を, 岩かげに, 巖ああ, 席に, 床板の, 所には, 所を, 曲角で, 木の, 枝は, 枝へ, 枝を, 柏屋という, 柱に, 欄干から, 欄干ぎわに, 河岸通りに, 溝の, 瀬に, 硝子戸を, 窓から, 細くなる, 草の, 辻の, 道程にあたる, 電球が, 鴨川の

▼ 中ほどまで~ (52, 0.0%)

4 来ると 3 来た時, 来て 2 来たとき, 渡って, 煽られて, 登って

1 [34件] おりたとき, おりますと, かかって, きたとき, くると, すすんで, ひいた時, やって来ると, ゆくと, 一行を, 下って, 二条の, 二騎は, 出たとき, 左右から, 帰った時, 引きかえしますと, 往きかけ思ひ出したる模様, 掻いて, 来かかると, 来た頃, 来ました時, 歩いて, 歩まれて, 流れだした頃, 渡りすごした, 渡り越えたとき, 登った時, 登ると, 色様々な, 行かないうち, 足を, 達するころ, 飛んだ

▼ 中~ (52, 0.0%)

3 の頭 2 は長い, れの

1 [45件] ありと, が他, が占めたる, が多少, が自ら, こそは小説壇, とあまり, とは口, と離れ, に多少, の傍, の右, の妻子, の學校, の家, の寝室, の屍體, の情熱, の手助け, の耳, の衣服, の観音, はしばしば, はつねに, はわが身, はイスクラ編集者, はビレラフォン, はヨーロッパ漫遊, は一度, は何, は夢中, は屋敷, は屡々, は明日遠く, は殆, は種々, は窓, は細君, は自ら, は駿河台, よりも不, をば最も, を強要, を推し, を苛ん

▼ 中なら~ (49, 0.0%)

2 お上の, 一時間で, 大丈夫だ

1 [43件] いいん, いつでも, おれには, かえって通り, きっと知れる, さしずめ君, すっかりしらべた, それも, ともかくちよい, どこに, どこへ, ば, ばそれほど, ばなほ, ばひるま, ばまるで, ば干戈弓鉄砲, ば必ず, ば手控えいたすべく, ば斜面, ば時, ば籾, まだしも夜陰, まだ警視庁, わたし一人でも, カンに, 一軒一軒当っ, 何とか味, 俥が, 修業中の, 兎であろう, 別に申, 国民に, 大が, 妾たちが, 広いぜ, 心配する, 捕縛の, 書斎の, 無論断りました, 直ぐ人, 逃げ伸びた, 邪魔に

▼ 中までも~ (49, 0.0%)

2 覗いて, 陽気に

1 [45件] いたわって, いっぱいに, えぐられるよう, かすかに, がらりと, しかと片手, しのびこんで, じめじめと, その自分, ついて, はいって, まっ赤, ゆすぶって, よく存じ, キメの, 一時に, 之れ, 入り込んで, 包まれて, 押し及ぼされて, 持主の, 捜したの, 捜したん, 掃くよう, 探した, 探し廻りましたが, 搜した, 明るくなった, 沁み込むと, 深く尾, 煮えたつ思い, 煮えたつ思ひが, 熱いところ, 燃えんとして, 続いて, 舞上る, 見ましたが, 見通しさ, 覗こうと, 赤くにじん, 遠く響い, 開けて, 静かに, 骨髄の, 鳴り響きました

▼ 中からでも~ (48, 0.0%)

3 抜け出して 2 聞えて, 響いて

1 [41件] あの錠, これくらい, なお幾つ, なお江戸中期, ひびいて, ものを, われ, 世間の, 人を, 他人の, 仰ぐよう, 光り輝くよう, 出て, 剣が, 幾多の, 引つこ拔, 拾いだしたよう, 拾って, 掘りだした木の根, 来るやう, 来るよう, 湧いて, 烏が, 特別な, 生れたかの, 眼に, 翼に, 聞えるよう, 聞くやう, 聞くよう, 聞こえて, 自分の, 芽を, 見いだし得る, 見どころの, 見抜くこと, 迷うて, 逃げたい本能, 降りて, 飛んだよう, 魅りました

▼ 中學校~ (48, 0.0%)

3 を卒業 2 の門前

1 [43件] から高等學校, が新しく, である, です, で演説, にはひる, に入, に入る, に入れ, に四年, に至り, に行く, に赴き, に道徳會, のとき同級, の先生, の先輩, の始め, の宮西君, の寄宿舍, の教師, の教科, の教科書, の時, の校友會雜誌, の校長, の終り, の英語, の話, は, は縣, へなどそれほど, への受驗勉強, へはひる, へは小, へ受驗, へ演説, へ通, も卒業, や大, を休ん, を出た, 小學校

▼ 中という~ (45, 0.0%)

6 ものは 2 ように

1 [37件] うまい条件, ことか, ことだ, ことでした, ことな, ことに, ことを, ところだ, ところの, のに, のは, のはね, のより, はなはだ情けない, ものこの, ものの, わけだ, わけです, 一村落が, 不自由な, 事情ばかりも, 事態は, 人の, 口実で, 報告であった, 境界で, 大勢から, 奥州の, 字と, 完璧な, 役に, 感じは, 札が, 札のか, 村が, 経歴を, 言葉が

▼ 中にこそ~ (45, 0.0%)

2 本当の

1 [43件] あらめ貴族仲間にては, ある, あるかも, あるの, あれ, いっさいの, かえって敵愾, この現代美人風景, それらの, なかった, みなぎり溢れて, むしろ彼, より多く, わたしは, われわれが, キッドの, ベートーヴェンの, 一切の, 中道が, 各人の, 大勢います, 工藝の, 平穏, 平穏の, 幸福を, 彼の, 成立すべけれ, 成長する, 我が, 打つべきだ, 日本の, 曰くが, 未だ汚されぬ, 案外に, 深い芸術, 濃厚で, 目指す相手, 純粋研究として, 自然の, 苦しめるもの, 見出されるもの, 金博士の, 静かな

▼ 中ほどを~ (45, 0.0%)

2 歩く, 浮き沈みし, 開いて

1 [39件] いッさん, おりかけて, きわめてゆるく, くは, ちょいと, ちょっと横, つねに上下, ねらって, ぷっつりと, むしって, よこぎつて, ギユウと, 円く曲げ, 南北に, 大きな影, 大きな蛍, 射た竜王, 小指と, 底の, 彷徨っ, 彼は, 悠然と歩い, 握って, 握り右, 杉箸が, 格子摺れ, 灰色の, 祥瑞の, 紐で, 練つて歩いた, 背部で, 蝦蟇が, 貫通し, 走って, 足で, 過ぎた頃, 開けて, 隠して, 高くし

▼ 中どこ~ (44, 0.0%)

7 へ行っ 3 の地主 2 からどこ, にいた

1 [30件] かいく, かでその, かで人, かで逢うだろう, かで道, かに置き忘れた, かへ出かけた, からか救い, からでもその, から来る, ででもねらい打ち, でもうたわなかった, でも大, でも歩く, でも眼, といはず, と云わず, にでも生き甲斐, にもある, にもいる, にも至る, にも身, に行っ, の宿屋, の紺屋, へいっ, へも行き, へ行つて, をさがし, を尋ね

▼ 中にのみ~ (43, 0.0%)

2 今日生, 見しこと, 閉ぢ籠つて門外へは

1 [37件] あるの, ほんとうの, 之を, 可能である, 含まれて, 変革の, 夢みさせて, 天堂ある, 存し, 存すること, 存するもの, 存する世界, 存在する, 学び得る大きな, 学生を, 實在し, 引込んで, 彼の, 必然の, 成立し得る, 揉まれて, 数月間を, 有る, 求めなければ, 求める場合, 満足する, 潜んで, 生き得るの, 生甲斐が, 見られるという, 見る事, 誠実さを, 調和と, 跳梁する, 酩酊の, 閉籠つた, 限られん

▼ 中にても~ (42, 0.0%)

2 ただ自己

1 [40件] いろ, その一部, その尊, その紫, もっとも喧しき, ニュートンの, 一ト風異り, 一切の, 一際目立っ, 上州の, 下等の, 久しきに, 人々驚嘆せざる, 人は, 何百と, 夜中熟眠の, 妻子は, 姿清らに, 少数の, 山水畫の, 心一方ならず, 悲しき時, 技の, 既に廃れたる, 東京附近げに, 桃隣が, 殊に松, 殊に簡単, 災禍汝に, 眺望の, 種々親切, 群を, 肥前肥後方面に, 荘子列子は, 誠に我が, 貧民の, 車に, 重きか, 陳腐なる, 隣より

▼ 中じゃ~ (40, 0.0%)

2 ありませんか, ない

1 [36件] あの時, ありますまいね, ありませんからね, ありません表, あるまい, くれに, こう思っ, しょっちゅう春子さん, そうな, その筈, そんなこと, ないか, ないし, ないだろう, ないん, ねえから, もう皆, わかんね, アなめきっ, ボートは, 一番先へ, 一番早かっ, 一番普通な, 一番足の, 二人で, 何ぼ, 僕を, 先を, 大騒ぎだ, 始終忘れっこなし, 手を, 最後の, 油が, 見られなかったん, 身顫いの, 鉄砲の

▼ 中などで~ (40, 0.0%)

3 よくつぶ 2 人に

1 [35件] お上さんや, お隣の, くらさないで, こみ合, しゃがんで, やれば, よくつぶつぶ, クリストフが, 一夜を, 乗客の, 会うと, 何者とも, 切り売りを, 友千鳥浴衣を, 変装を, 寸暇を, 平然と筆, 弥市老人に, 彼が, 文学者と, 新地などと, 時々, 時々穴, 時に喧嘩, 母娘らしい, 水鼻洟を, 男の, 発見する, 目を, 空気が, 考えるべきこと, 苦行し, 遊ぶ子供, 隣席の, 顔いっぱいに

▼ 中~ (40, 0.0%)

4 大兄の 2 大兄が, 湯, 証書ヲ, 谷の

1 [28件] 一洗旧, 上, 丸丙六〇号, 事ヨロシク, 兵糧ハ知レタモノナリ, 処病勢御, 大兄, 大兄であり, 大兄にも, 奴ハ泣イテバカリイル故, 宝石, 或者, 敵超重, 時間ヲ, 最モ, 犬舎ニ入, 狼藉ノ, 現役將卒ト雖モ何等ノ, 生活費ノミ, 第一ト為ス, 舊教一派ガ一度結婚シタル者ノ, 著明ナル物ハ石器及ビ土器ナリ, 誰ダ, 谷を, 阿嬌第何番, 雑談ニ浄吉ガ二三日中ニ札幌ヘ, 願書詮衡ノ, 鰐口文明年中

▼ 中學生~ (39, 0.0%)

2 のやう

1 [37件] がじつは, が十五人, だか, だと, だの母親, であつ, であらう, でせう, でも職工, で如何にも, としての最後, との文壇, などに分る, などよりどれ, なら解けるであらう, なんて云, なんて分らない, には中學生, に三宅, のころ, のセンチメンタル, の出來, の列, の姿, の寢言, の心理, の息子, の時分, の禁欲生活, の私, の隱, は一向, まで時々, も行く, や女學生, や青年雜誌, らしい大勢

▼ 中ながら~ (38, 0.0%)

3 硝子ご 2 取調べが, 藍を

1 [31件] あの縫着はけ, かねて, そこだけは, その希望, その機微, どうかし, どうやらこうやら, どうやら斯, ほの, 予など, 予は, 二十年目の, 今どこからとも, 以ての外の, 何卒御, 唯一の, 四人とも, 夢では, 師匠の, 幾山河が, 彼は, 想像で, 手文庫の, 月代を, 淨瑠璃を, 猶予は, 目やにの, 笑声が, 筆取りま, 薄寒い日, 鳥渡お伝えする

▼ 中などに~ (38, 0.0%)

1 [38件] あるから, いくに, いて, おまえの, これと, そういう雨乞い, それか, そんな虫, たどれば, ぢつ, ところどころわずかに, どうかする, はいらずに, まつりこまれたら全く, よく仰いだ, よく生え, 一二ヵ処出, 二人もの, 入るなよ, 入れた, 入れ子供, 出て, 多く生れ, 封じ込められた不時, 思ひがけ, 捨てる品, 掘った横穴壕, 棲んで, 潜みおり人, 火を, 無数の, 百日紅の, 紙帳が, 群集に, 至っては, 身を, 輕, 隠れて

▼ 中にさえ~ (38, 0.0%)

1 [38件] あるもの, こんな母子, そういうもの, そういう老人, そぉ書く, そんなの, とびきりの, なお帽子, まざまざと, まま露呈, ヒューマニズムを, 以前と, 反映し, 各自勝手な, 子供めいた, 実に無量無辺, 崇高な, 幾度と, 待ち合わさぬロンドン, 快感を, 恐怖と, 憲兵と, 掴みゆくもの, 明日の, 時代の, 普通の, 槍の, 残って, 沼沢の, 神は, 立ちこめて, 竜が, 蒋介石よりも, 読まれた, 醜聞を, 閣下の, 非常な, 食えるもの

▼ 中にと~ (38, 0.0%)

4 ほうも, 思って 3 普通の 2 ぢこもつ, 消えた若い

1 [23件] いう, いうか, そう思っ, ぢこめられ, ぢこもり, ぢ籠つた, にらむの, ほうに, ほつて, ぼとぼと深く, もしびをかこんで, 云うてな, 云っても, 同じく, 家に, 思いながら, 思つて朝飯を, 急ぎます, 直に頂上, 自分は, 親切そうに, 言いて, 運びます

▼ 中世紀~ (38, 0.0%)

2 の人々, の僧侶

1 [34件] じみた市街, そのままの, なりとす, において工人たち, にギルド, に於ける, に突如, に紙, に長い, の伽藍, の作品, の修道院, の健康, の坊さんあたり, の大, の巨大, の怪石像, の文明崩壊, の暗, の架空談, の歐洲人, の武士, の無銘, の草双紙, の記念物, の遺風, の間宗教, の騎士, の魔教サバト, はまだ, めいた物語説, やあの, らしい発案, を通じて封建諸侯

▼ 中にばかり~ (35, 0.0%)

4 瞑つて 3 生きて

1 [28件] あるの, ある訣, いて, いること, いるせい, いるの, い過ぎるん, おいでに, おとなしく竦ん, ついて, ゐて, ゐてはと, ゐる気, 住んで, 坐って, 居られるもの, 引っ込んで, 押し据えられて, 瞑って, 空しく求め, 立ち働いて, 育って, 育ってるよう, 自分を, 閉じ籠って, 閉ぢ籠つてゐる, 隕ちる, 頭を

▼ 中ででも~ (34, 0.0%)

2 見て

1 [32件] ありましたら御, あるいは春, いいちやん, ござったか, しゃべって, そのやう, ところどころあけ, なぐったり, ホテルでも, 一人の, 人間の, 仲間の, 冷し固めます, 宗麟は, 対世間の, 少しばかり, 死んだら偉い, 活きられるの, 源氏を, 目に, 真先に, 眠って, 考えたの, 聞くよう, 自分の, 自由に, 芽を, 見たの, 見られる生きもの, 言って, 遊んで, 頭に

▼ 中人物~ (34, 0.0%)

3 の主, の意見 2 に成り切る, の關係, の關係甲

1 [22件] が実際, が筋肉, です, とおなじ, になった, になつ, のあらゆる, のある, のまぶた, の中, の主義, の對話, の性格, の性格一, の抱い, の末裔, の行動, の行為, の衣裳, の顔, をし, を表現

▼ 中だけで~ (33, 0.0%)

1 [33件] あとは, いろんな女性, おぼろげに, おわるとは, お暮し下さい, かたまり儲け, きまりを, すんで, せう, もてあそぶ真理, やったの, 五六十軒は, 五組の, 作りあげて, 問題を, 外へは, 家に, 帰って, 常に見下す, 悶々と, 我慢し, 浄げに, 生活し, 着用し, 知り合いに, 笑って, 結構だ, 色々な, 見ても, 解決しない, 追い詰め過ぎてると, 過ぎ去って, 金持ちに

▼ 中にゃ~ (33, 0.0%)

1 [33件] あおかね, あお前さん何ん, あお前勾引, あ今真盛, あ公方さま, あ勝ち, あ悪口, あ抱き込まれる, あ直ぐ, いないん, だいぶわざと負傷, びくついた奴, ほかの, まさか届くでしょう, ゆ幽霊が, アそいつに, アねえ, ア様子も, カブトムシの, ビルに, 乱暴な, 人間の, 何万人いる, 十万円も, 少しっきゃ, 慾得離れ, 有るわい, 木挺を, 浜村屋の, 独言を, 立派な, 自分から, 金が

▼ 中ばかり~ (33, 0.0%)

4 では, 歩いて 2 あるいて, ころんで, 覗いて

1 [19件] あるいたよ, だつたが, でありません, でなくす, でなく一天下, でなく実験室内, でなく日常, でなく普通, でなく枯れかけたあたり, でなく池, で膨れて, で通じなかったって, のぞいちゃ, 一人で, 売つて, 搜し, 眺めて, 睨んで, 覗き込ん

▼ 中年女~ (33, 0.0%)

2 の手, は誇らか

1 [29件] がその, であること, でこれ, でした, ですが, で何, といふ印象, にでくわした, にとっては前夜, には秋, に押し返しました, に逢うた, の三人連れ, の上, の哀れさ, の図々し, の寝室, の寢室, の山, の身體, はこの, はわめく, は何, は何ん, は平次, は愼まし, をつれ, を慰める, を雇った

▼ 中だけに~ (31, 0.0%)

2 言つて挨拶を

1 [29件] あったこと, あるの, ある観念群, かなり深刻, したいそれゆゑ, しまったが, しまって, しまっといて, じっとし, そして今, つい鼻, とても東海道筋, もしそれ, やりきれないよう, よけい見劣る, 妙であります, 始末が, 巣くったよう, 引込んで, 押しあい揉み合いして, 水が, 狭められたこの, 生きた, 秘めてること, 籠らないで, 通用する, 閉じこもるならどこ, 限られて, 領民の

▼ 中よりも~ (31, 0.0%)

1 [31件] いっそうめいった, いっそう恐ろしく, ずっと熱い, ずんと詳しく, それらの, つと彼, つと明るく, どこよりも, むしろ空間, もっと深い強い, もつと, よくわかっ, 今その, 却って本当, 却て, 問題の, 外の, 外皮に, 弾手歌ひ, 怖ろ, 戦争的であり, 明るいよう, 暗かった, 更に紛糾, 朝夕が, 板の, 硝子の, 荒剣の, 遠見に, 靜かに, 顔の

▼ 中~ (31, 0.0%)

2 か他

1 [29件] ういう, かあった, かにつけ, かにつま, かにつまずきどしん, かまだ, か一つ, か否定的方面, か揺蕩, か若気, か西洋, か起った, にか惡, にも食べなかった, のこと, の見当, もする, もない, も云わず, も作さず, も変り, も彼, も變, も遠慮, も食べず, も食べる, も食わず, をしてる, 当茶

▼ 中~ (31, 0.0%)

2 もお前, 知らぬ者

1 [27件] か, か川上糸子, か貸し, が, が柏軒, が生き, が真, が秀吉, でもいい, でも宜, でも是非, でも最初, とも言葉, と誰, にてもひとり, にも悪感, にも遣り, もこの, も中, も嫌, も来なかった, も来なかつたらしい, も真紀子, も知らない, も窓, れあ, れか

▼ 中てられた~ (30, 0.0%)

3 のが 2 からで, のか, 肺病患者が

1 [21件] からこの, これは, せいか, でせう, といふ話, とか下痢, としたら, と見え, に違, に違い, ので, のも, ものだ, ものを, んです, 一人に, 本人も, 苦しみやうが, 苦しみようが, 菓子だ, 菓子だって

▼ 中一人~ (29, 0.0%)

2 のみ導師, は非常

1 [25件] がその, が何, が枯枝, が眞, が自分, が鞭, くらいは手, ぐらいは手, だけ一生交替, だってそんな, でも日本, でも福岡, で旅行, として之, の女, の小, はほとんど, は婦人, は怪我, は情なく, は負傷, もなし, も屋外, も非, を安

▼ 中~ (28, 0.0%)

3 の名 2 に即

1 [23件] が孔明, たる妾, でいらせられます, とあなた, との君臣, にお, にご, にまみえ, に仕え, に昇る, の内殿, の劉玄徳, の命, の太子たる, の室, の御, の王旨, の頃, の驚愕, へ直々, をこの, を称えた, ノ実子ガ継グコトニナッテイル

▼ 中をも~ (27, 0.0%)

1 [27件] いとわず予て, いとわず共産青年同盟員, いとわず皇后, おそれぬ氣魄, かまはずに, すぐる天文十二年の, せきて, ながめて, 厭わずまた, 吹きぬけて, 回って, 大手を, 察して, 巴渦の, 忍, 恐怖の, 探したの, 楽しくした, 歩き, 洛中をも, 突き通って, 言妨て, 調べて, 辞さぬであろう, 通つて来た, 静かに, 駈けまわるの

▼ 中でございます~ (26, 0.0%)

1 [26件] か, からお, からもうしばらく, から外, から御, から折々, から折りおり, から景色, から立つ, から遠く, があっし, があつし, がお気, がこれ, がまだ, が三千七百町, が司令官閣下, が明日, が目, が目見え中, が言, それに皆, な, ので何かと, よ, よ可愛

▼ 中など~ (26, 0.0%)

2 でなければ, わからぬお

1 [22件] くまなく, この種, すべてに, それとなく注意, ですと, 処かまわず, 外に, 大声を, 始終これ, 少々足手, 山田は, 忽ち帰る, 思いめぐらせば, 怪しいところ, 有るか, 無視し, 相手の, 眠るに, 知らう筈, 調べなかったの, 通つて行つて見る, 邪魔し

▼ 中にだけ~ (26, 0.0%)

1 [26件] ありフツカヨイ, のこって, もぐりこもうと, ゐなければ, 人間性の, 人間的実在を, 住む事, 吹き荒れて, 在るの, 天使ミカエルは, 存在する, 宝石は, 実在し, 実在を, 実感されるなら, 彼の, 文字化され, 毒茸が, 法則が, 畳みこんで, 自分の, 見えたの, 見出されなければ, 込み上げて, 養はれ, 養われて

▼ 中ほどから~ (26, 0.0%)

1 [26件] あらわれて, うとうとと, これだけ, とつぜん白い, ぽっきり, ぽつ, また元, もう自分, やめて, ザブザブと, 下まで, 二つに, 北へ, 北後ろの, 取って返した, 大分端折っ, 急に, 曲がったまま軒下, 曲るあたり, 横丁の, 此方へ, 西寄りの, 見物に, 謡う声, 雪が, 首を

▼ 中いっぱい~ (25, 0.0%)

6 になっ 2 に拡がっ

1 [17件] じゃない, それから午後, にいる, にさしこん, にたて, になり, になる, にほこり, に充満, に大がかり, に広がった, に広がりはじめました, に張りつめ, に恐怖, に沈ん, に湧き返っ, に満ち満ち

▼ 中~ (25, 0.0%)

1 [25件] たずねに, とりに, め, めへは, らくに, 主にも, 久美さんの, 仕事を, 内儀さんが, 君が, 困りの, 寝みの, 屋形の, 弟子さん方の, 清の, 目に, 祖母様と, 祝の, 藤さんが, 處刑を, 邪魔に, 関の, 雪の, 静かに, 高声は

▼ 中でし~ (25, 0.0%)

4 きりに, ている 2 ていた, てゐる

1 [13件] きりと, ぜんに, ていれ, てちょうだい, てね, てゐた, て他, て奥, て居る, ながらそれでも, ほらしく, ゃべくってるのが楽しみでし, ッかと

▼ 中なれ~ (25, 0.0%)

2 ばとて, ば烏

1 [21件] ど, ども暗澹, ど今, ど少しく, ど此の前, ばかの, ばこそ帰り, ばさすらう, ばその, ばそれ, ばとて愛娘, ばなりけり, ば各, ば吏, ば問いただす, ば大, ば失礼, ば子供ら, ば拙者, ば此水兵, ば矢張

▼ 中また~ (25, 0.0%)

1 [25件] お伺い, この奨励金, この正午, しても, わるくなっ, 一つ私の, 一個の, 一年生き, 一晩中子供にばかり, 一晩中穴蔵の, 上陸後誰一人病気に, 丹羽長秀の, 之と, 亂れし, 余り悟り, 実にそれ, 寺中と, 山, 山の, 御相談, 本件を, 焼棒杭, 礼あり, 聞いて, 苺など

▼ 中にすら~ (24, 0.0%)

1 [24件] この主人, こんな疑い, それに, まだ反, みどりという, ルミよりも, 一二に, 上人の, 住まるを, 住むこと, 半ば信じる, 占有せられたる, 女を, 宣命式の, 少ないもの, 局促たる, 廃仏の, 彼は, 新参者である, 浮かみ来たらざる新, 留針半ダース程の, 自分もが, 見つけること, 語り草

▼ 中こそ~ (23, 0.0%)

1 [23件] お許しを, つるぎ山の, まだ姿, アバズレであった, バカな, ヤンヤと, 一寸熱心, 二人並ん, 人の, 何でお前ら, 何でも, 多少の, 床しけれ君, 怪しけれ, 怪しけれと, 新体詩を, 更に匹, 気恥しくも, 清淨な, 百歳が, 莟ならずや, 訪問や, 高射砲や

▼ 中ほどで~ (23, 0.0%)

1 [23件] しぶきを, ちょっと振返っ, ちょっと止まった, ひらめいて, 一つの, 一人の, 何かに, 切れて, 外科と, 引き抜きに, 待ち合せてさ, 束ねられて, 森の, 棹を, 疵は, 立ち停まる, 自分は, 行き合って, 見つけたお, 見れば, 道を, 音が, 馬に

▼ 中一杯~ (23, 0.0%)

2 に拡がっ

1 [21件] にお, にとぐろ, になった, になる, にはし, にはしゃぎ廻りました, にもやもや, に剣, に匙, に反射, に反響, に大きく, に家財道具, に広がる, に政府, に残念さ, に漂い浮び, に漲, に自分勝手, に蔓, に訴えたい

▼ 中~ (23, 0.0%)

1 [23件] から一丁半, だから, でも下りた, で燒, といっ, とかのその, について最う, にも明治, に住ん, に在る, に社, に縁, のこの, はグレート馬琴, は文豪馬琴, は武蔵鐙, まどきであっ, を乗, を冠する, を半分, を同朋町, を特記, 近く

▼ 中~ (22, 0.0%)

1 [22件] ういふ, うした, うしば, がし, はいってろ, びしげな老母とに, へえずり廻, へ覗け, までの賑ひも, まで持っ, タタキ落す, 入れさしった, 入れて, 山ん, 御病間, 徳利おしこめ, 突倒し, 置ぐべすさ, 落こちつかん, 行ぐだい, 這入って, 隠れて

▼ 中との~ (22, 0.0%)

2 こと, ことで

1 [18件] ことだ, ことだった, ことである, 事で, 区別を, 區別を, 報らせでございました, 報らせでございまする, 字を, 戦端を, 知らせを, 秘密外交は, 聞えです, 触れな, 触れに, 觸れ, 評判だった, 隔てが

▼ 中にては~ (22, 0.0%)

3 年長なる 2 第一

1 [17件] そこまでの, そのし, その力内包的, アンティゴネデイフィレアルジア及び, 事を, 先に, 割合に, 各週日曜朝夕二回礼拝式が, 大體, 小売の, 東京に, 毎週木曜と, 白く見え, 自然を, 見分け難し, 領知の, 黒みて

▼ 中までは~ (22, 0.0%)

1 [22件] いつて, おとなしく閉門謹慎, ずいぶん, その魔力, はいって, はいっては, はいり込まない, はいれまい, わからない, 一里近く, 到頭入れなかった, 吹いて, 大して匂, 射し込んで, 届かなかったもの, 感じなかった, 探さなかったの, 朧ろに, 町方の, 見えなかったの, 見えぬが, 見られませんからね

▼ 中につき~ (21, 0.0%)

4 入りさうに

1 [17件] おとされて, おとして, 入りそう, 入ること, 戻すが, 百日草は, 立てる, 落された, 落して, 落すこと, 込まれ刻々, 込みあれ, 込み目, 込み袴野, 込んで, 進んだ, 酒は

▼ 中八九~ (21, 0.0%)

1 [21件] いるだろうと, おけかかめ, が, この指, それでご, のよう, はかならず, はガッ, まず, までお, までが灯, までその, までともかく, までと彼, までのところ, までは我国, までは難しい, まで世道人心, まで男子, 取り返して, 迄は私

▼ 中~ (21, 0.0%)

1 [21件] が不覚, が肥後, ただいま卒中, で老中筆頭, というの, と協力, などの諸, などもいた, の中屋敷, の藩中, の邸, はこう, はその, は戦死, は焚火, は蒲生贔負, は青竹, も又, も稲葉対馬守, を攻め伏せ, 同将監

▼ 中折れ~ (21, 0.0%)

2 鞄を

1 [19件] が飛ん, という街頭, という馬鹿馬鹿しく, とを買った, に文, の下, の茶, はいくら, はペコペコ, は何, も御, をふり, を冠, を片手, を被っ, を頭, 帽が, 帽の, 帽を

▼ 中深く~ (21, 0.0%)

1 [21件] はいって, へ忍ん, もう, わけ入っ, 入って, 入つて行, 入らしめ我, 入ると, 分入り川の, 吹き込めば, 喰い込んだ苔蓬, 埋って, 埋めて, 浸み入, 浸み入って, 潜つた上漸く, 画工さんの, 知恵と, 秘されて, 進んで, 駈け去つて

▼ 中だって~ (20, 0.0%)

3 こわくない 2 そう引っ込ん

1 [15件] いうが, いうこと, うっかり歩行, おじさんこちらにも, おんなじこと, そうだ, そうでしょう, 僕が, 八十も, 味噌と, 少しも, 斯んな, 燃やさなけりゃあ, 真っ昼間の, 立派な

▼ 中であっ~ (20, 0.0%)

1 [20件] たりした, たり他, ていろいろ, てかなり, てこれ, てそこで, てその, てまだ, てもいい, てもそれ, ても悪い, ても開き直っ, てやはり, てクリストフ, て押絵, て自分一人家, て詳しい, と云った, と言った, ぷあっ

▼ 中でさえ~ (20, 0.0%)

1 [20件] いらいらし, こうろぎ, すでに近, その禁欲主義哲学, なお得る, もうその, もと蛙という, もはやただ, 一呎くらいも, 不機嫌な, 事業を, 他の, 力を, 境遇の, 変れば, 彼の, 私の, 私は, 私を, 苦しんだ

▼ 中においても~ (20, 0.0%)

2 それは

1 [18件] いない尊氏, この矢追村, そうな, その実, その職業, ときどき俗務, ひそかに, 一派を, 人間の, 写真撮影と, 小刀は, 山中においても, 我々に, 是非善悪を, 最も注意, 特に皇族, 生存できる, 虚言者であった

▼ 中~ (20, 0.0%)

2 に一語

1 [18件] と同じく, に尤も, に知らせよう, のおふくろ, の外唯二個, の幻覚, の影, の書生, の最も, の歌, はこの, はふと, は一夕大将, は帝大, は毎日人形, は特に, は雲, を受持つ

▼ 中廊下~ (20, 0.0%)

1 [20件] があつ, が地震, だけが隔て, にし, には人, に七歩, に判然, の向う, の暗がり, や橋廊下, をうろつい, をかけ廻り, をこし, を伝う, を抜け, を腕ぐみ, を越え, を通, を通っ, を酒

▼ 中~ (20, 0.0%)

2 邪魔に

1 [18件] まち被, 不快でございました, 出軍の, 切腹遊ばされた, 呼入に, 報告に, 大儀たるべし, 屋敷へ, 恩返しする, 扶持方拾人扶持被, 断念に, 本御, 用命を, 病中を, 衰微の, 評定所です, 近所の, 遠慮なくおい

▼ 中であり~ (19, 0.0%)

1 [19件] この女, これを, そのなか, ながら, ながらこういう, ながらも守られ, ながら士卒, ながら大島, ながら数十海里, ながら見れ, また彼, 不日其の, 修理も, 折あしく, 江戸の, 油断は, 生きかへ, 造船所やら, 邦夷の

▼ 中~ (19, 0.0%)

1 [19件] からは一月, すぎた頃, で不意, にやつ, に不, に急ぐ, に留む, に自分, に観る, に達し, に静, のこと, の事, の熱帯国, の生, まで参る, まで掛る, まで積荷, 引裂いて

▼ 中へまで~ (19, 0.0%)

1 [19件] かかった, その光り物, つくられるよう, はいって, 入つて, 反映される, 宣言し, 尋ねて, 持ち込まぬやう, 放ったの, 散りこんで, 本を, 流れ込むの, 舞い込んで, 路地の, 連れこんだ, 連れて, 雨が, 響きわたって

▼ 中よく~ (19, 0.0%)

3 して

1 [16件] ここの, したよう, その容貌, 介抱も, 使った体, 働いて, 小耳に, 新喜楽や, 日を, 晴れて, 栄えました, 目が, 眠れない, 自分の, 致し新吉, 遊んで

▼ 中一パイ~ (19, 0.0%)

1 [19件] になつ, にみちみち, にコダワ, にコダワリ, にシンカン, にセリ, にハダカッ, に光, に取散らかし, に拡がっ, に渦巻い, に渦巻かせ, に湧き出した, に漲, に漲っ, に爆発, に籠, に籠った, に雄姿

▼ 中~ (19, 0.0%)

1 [19件] が木, が段々, が立山山上, という一階級, と会話, と話, にあやまり, に恥じざる, に這入っ, のため, の噂, の悪き, の最も, の称呼, の顔, を慰め, を見付ケ且, を誹り, ヲシテ喜意

▼ 中~ (19, 0.0%)

1 [19件] などは殆ど應仁, に侵寇, に到, に居住, に移住, に行, のみである, の世族, の大藩, の禮教, の若い, の首都, は蒋介石氏, は黄河, を經, 之宗教, 之經書, 未だ嘗てこれ, 若くば

▼ 中婆さん~ (19, 0.0%)

1 [19件] がやとっ, が上つて, が昨夜遲, だが, だと, で, であの, で一人娘, で御座いますが, で縞, なの, はいつも, はすぐ, は微笑, までがいい, をつかまへ, を慰楽, を相手, 別當

▼ 中日本~ (19, 0.0%)

1 [19件] で出版, などは特に, のすべて, のわたしたち, の事, の作家, の出版界, の学者, の幼稚園教育, の放送, の政府, の文学, の文学者たち, の歴史, の練り, の船会社, の読者, の超, の青春

▼ 中~ (19, 0.0%)

1 [19件] がおります, がかく, であった, である, に気に入られ, はあくる日, はいつか夢中, はわざと, は副官その他, は白銀, は蔡夫人, は護送者, は輝く, は驚き, もまた, も今年, も獄中, も考えた, も蔡夫人

▼ 中ぐらいの~ (18, 0.0%)

2 停車場は, 息で

1 [14件] ところであった, ものだろう, もの小さい, 人形を, 仔犬か, 体つきの, 健康で, 大さ, 熊そっくり, 犬ほどの, 血管が, 農民に, 運動場を, 高みに

▼ 中これ~ (18, 0.0%)

2 で押入

1 [16件] が一番形, だけは大丈夫, という気, なる無宿衆バルトリ君, にまし, に驚かぬ, は恐ろしい, ばかりは何とも, ほど物淋しい, ほど精巧, も旧知, よりゆたか, より低い, をきいた, を己, を止める

▼ 中~ (18, 0.0%)

2 悠々と

1 [16件] させる, させる遊戯, しに, しにその, そこなっ, たるもの, て両人, て今日, て死にました, 主人が, 厄を, 召された, 四方を, 彼の, 矢を, 見ましょうね

▼ 中でした~ (18, 0.0%)

2 かと思ふ

1 [16件] か, から帰った, から知らない, から自由公債, か全く, があなた, が夜, が彼, と言, のであります, のでかわり, のにようひとり, 刺繍な, 振舞や, 考え事は, 隙見ではじめ

▼ 中ほどへ~ (18, 0.0%)

1 [18件] くると, すすみ出た観世清次, すすみ関羽, すわって, 内匠頭は, 出たとき, 出た頃, 向かって, 引込むよう, 投げだしてあつ, 来た頃, 移して, 積み上げる, 行き刀, 行くと, 蹴仆, 進み出で, 進んで

▼ 中到る~ (18, 0.0%)

6 処に 3 處に 2 ところに, 処の 1 処で, 処語を, 処魔窟ならざる, 所に, 所蝦夷の

▼ 中~ (18, 0.0%)

8 の中 3 の底 1 でふい, でゆすがなくつ, にぬれた, に浸し, に見える, を浴びせられた, 汲んで

▼ 中ある~ (17, 0.0%)

2 ひは, 人妻と

1 [13件] ものは, 交流的律動に, 医者から, 山中の, 日晩餐の, 日清高は, 日磬を, 時の, 特定の, 窟に, 絵家が, 茶碗ある, 軍人は

▼ 中くらいの~ (17, 0.0%)

1 [17件] ものが, 体格の, 倉庫ほど, 商人の, 場所は, 大さ, 奴で, 成績な, 横町で, 歯車小さい, 男でも, 程度であろう, 窓が, 訴訟に対しては, 部屋に, 隕石では, 鮒を

▼ 中だけの~ (17, 0.0%)

3 ことで 2 もので

1 [12件] ことであった, ことを, むずかしさ, ものであった, 主従関係に, 事に, 印象では, 小康だった, 恋愛そんな, 法則である, 走り使いを, 飯を

▼ 中だけは~ (17, 0.0%)

1 [17件] あまり波, お謹みなさい, これを, そこらじゅうに, もう秋, 別でした, 学術研究の, 家に, 暖かくなっ, 潜り抜けて, 犬の, 男も, 畑へ, 落語を, 見せられない, 解けねえが, 遠慮しまし

▼ 中でだけ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いつもの, この十年間, だ, だ不遜, である, 世の中を, 可能な, 希望し, 恋愛を, 描かれ組立てられて, 文化の, 生きて, 生活し, 男と, 着て, 解決した, 読むため

▼ 中といふ~ (17, 0.0%)

3 やうな

1 [14件] ことです, ことに, ところ, のは, ものが, ものは, 事態は, 劣等に, 字と, 感じが, 手製の, 老住職, 話です, 風なり

▼ 中について~ (17, 0.0%)

2 奈良の

1 [15件] いわゆるエタ, たまたま皮革業, まず以, ゐる魂, 家人は, 島の, 往時両者の, 我が国普通の, 日本の, 最も僕, 来るが, 特に所謂特殊部落, 自分が, 飛騨の, 鼠を

▼ 中への~ (17, 0.0%)

3 交際も

1 [14件] このこと, せい一ぱいの, その墜落, そりと, ように, 入学を, 受験準備を, 墜落すべてそれらの, 墜落との, 引揚げを, 総引揚げ, 転向し, 進学を, 遊離は

▼ 中もっとも~ (17, 0.0%)

1 [17件] ありがたい期節, この村, ポピュラアな, 乙な, 保守的な, 勇烈な, 名高い物, 大切な, 急激なる, 怨恨の, 戦争協力を, 構造の, 物議の, 畏懼, 色彩の, 謹慎すべき, 讃えられたは

▼ 中~ (17, 0.0%)

2 眼ヲ

1 [15件] アル, スカ, スカラアタシミタイナモン始メッカラ眼中ニオアリニナラナカッタロウケレドアタシノ方ジャ決シテ忘レッコアリマセン何シロアノ方ハ一度見, ソレヲ知ッテイルノハ颯子ダケダ, 乳母ニ抱カレテイルヨウニ感ジル, 五六丁離レタ所ニオ誂エ向, 友禅, 恥ヲカカシオッタ是カラオレガ相手ダサア小吉出ロトイッテソノ身御, 手ヲモッテ触, 手習ヲハジメテソレカライロイロ軍書本, 涙ガ堰ヲ, 着ケテイタ, 聞エテイルノニ違イナイコトニ心ヅク, 自分ガ今, 雨モ降

▼ 中以上~ (17, 0.0%)

2 のところ, の家, の成績

1 [11件] であるらしい, できる方, のよう, の人々, の学徒, の客, の家庭, の恒産, の血管, の連中, を語れ

▼ 中~ (17, 0.0%)

4 重く見られ

1 [13件] と靜, モ近, 上位の, 困つたの, 愚鈍な, 早く花, 特殊な, 美と, 著名の, 霊威の, 風致に, 高等の, 高貴なる

▼ 中特に~ (17, 0.0%)

1 [17件] お嬢さま, 一四は, 以上の, 優れたもの, 南部地方に, 問題と, 外国人の, 徳義深し, 拔ん, 柏軒に, 男の子の, 神秘な, 第二, 終戰近くの, 評判作に, 陵戸と, 陶器の

▼ 中自分~ (17, 0.0%)

2 に及ぶ

1 [15件] が一旦, が一番, が折々, が殆, だけ帰宅, のこの, の一枚, の受取る, の寝床, の小屋, の手, の父親, の膳, の鼓膜, は床

▼ 中あの~ (16, 0.0%)

2 女は

1 [14件] ままに, やっかいな, 人は, 名取川の, 四人の, 子を, 幾百枚の, 後家さんに, 最初の, 滑, 犬が, 病人にも, 綴れ錦の, 船室昇降口室の

▼ 中だけでも~ (16, 0.0%)

2 三ヶ所の

1 [14件] それほどに, ほんとの, もつて, 一人として, 三千百四の, 主人の, 二十七の, 南條さんに, 好きに, 家庭教師を, 従兄信成伊賀守仙千代又八郎信時など, 生活を, 行って, 達者な

▼ 中とか~ (16, 0.0%)

1 [16件] あるいは一番近く, あるいは地面, そういうところ, でございます, ですぐ, ベッドの, 何んとか, 北極とか, 大樹深山の, 後とかを, 溪澗の, 聞いたが, 聞いて, 銀座何丁目とか, 電車の, 風の

▼ 中などを~ (16, 0.0%)

1 [16件] かきまわしてること, しらべた, 下つ, 品よく, 思出し, 散歩した, 検めたまえ, 歩いて, 片付けてを, 眺めても, 素足の, 考えてるの, 見て, 詮索なさる, 調べはじめた, 通りました

▼ 中においては~ (16, 0.0%)

1 [16件] うち騒いでる, ただ沈黙, どうして民間, どんなもの, わずかな, 善良さは, 均衡価格は, 塔を, 崇高な, 思想は, 方向を, 求められない一種, 決して鼻持ち, 甘いもの, 追放を, 音楽家の

▼ 中よりは~ (16, 0.0%)

1 [16件] いいわな, さっぱりし, ずっと楽, もっと明るい, 十万磅に, 反対の, 反對, 古器物, 埃つ, 幾分か, 広々と, 戸外の, 濛々たる, 用に, 笑声洩れ聞え, 軍樂の

▼ 中屋敷~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, が四百坪, が売, が高燥, で私, と寛永寺, に訪ね, ねあすこ, は元, は薩州, ほどの豪勢, を代り, を出, を取り壊した, を本邸, を買受け

▼ 中~ (16, 0.0%)

2 は北支那

1 [14件] があり, が依然, が孝道, であつ, となつ, にて熊本評論, に一歩, に使, に大, の移動, や心臟鼓動中樞, をなし, を成し, を貫く

▼ 中てられ~ (15, 0.0%)

1 [15件] てさすが, てさつき, てその, てとうとう, てウンウン, て友人, て慌て, て此, て死んだ, て病気, て眠っ, て苛, て負傷, て這, 重態に

▼ 中でなく~ (15, 0.0%)

2 空の

1 [13件] てはならない, てまだしも, てもいい, ともいつ, ば恐らく, 地上を, 外から, 夜中でなく, 小鳥の, 山や, 故人の, 陸地に, 風の

▼ 中にしか~ (15, 0.0%)

1 [15件] あり得ないと, いないのよ, いない人物, きこえない名, ない, ないだろう, ないと, ないという, ないドリア語, 今は, 友だちを, 母を, 用いられぬこと, 考えられなかったの, 表現されない

▼ 中にだって~ (15, 0.0%)

1 [15件] おれたちの, そんな女, みんな神学博士ばかり, やはりいくら, ヒドラや, 一人一人見れ, 二三の, 俺れ, 右腕ばかりを, 女の, 愛は, 手近い, 生きようと, 真中に, 食虫植物も

▼ 中何処~ (15, 0.0%)

2 にも無い

1 [13件] かに住ん, か古京, か斯, でも歩い, ともなう或, に行つて, の国, へでも運ん, へも出ず, へ往, へ行っ, を捜し, を見

▼ 中戦争~ (15, 0.0%)

2 が始まっ, のとき

1 [11件] が始まり, が昭和十二年, が終っ, が終った, が起っ, で七機, にあった, において英国艦艇, の中心地帯, の徐州攻略, の時

▼ 中それ~ (14, 0.0%)

1 [14件] から歩い, がとった, がぱったり, が割れる, が第, に似た, はいくら, は恰も, も終戰前後, をつぶさに, を引い, を心がけ, を見得る, を通っ

▼ 中~ (14, 0.0%)

3 らの 2 らには, らへ, ら高く 1 くっと, くるしかりける, らに, ら近くか, 長閑けき舞

▼ 中~ (14, 0.0%)

5 門西の 4 門まで 1 ていました, てえ, は入れかえなけれ, をお, 門が

▼ 中二人~ (14, 0.0%)

2 とも食事

1 [12件] が居ます, が生後, ですっかり, でよく, で死人街, の伯母, の間, は何, は往き来, は率直, は若い, 今何事

▼ 中~ (14, 0.0%)

2 川を

1 [12件] お前さんを, の間奥州下野, 一つの, 一晩中穴藏の, 不自由夫れ, 家へ, 山の, 川の, 新しい作品, 相州小田原辺に, 秋ヲ, 願いに

▼ 中殊に~ (14, 0.0%)

1 [14件] その心, 余の, 北支那留學中には, 南の, 吉原遊女の, 品位を, 思ひ設けず発見, 敵を, 注意を, 泰西人の, 目を, 縁の, 義太夫物の, 言語伝承の

▼ 中あたり~ (13, 0.0%)

1 [13件] か或いは, でもどそう, で何, にいくら, にまことに, にシッカリ, にナワ, に四五人, の靜, は廣, まで来た, を煽ぎ, を頬

▼ 中いたる~ (13, 0.0%)

5 ところに 2 所で, 所に 1 ところただ, ところの, ところ石油びたしに, 所景色の

▼ 中こんな~ (13, 0.0%)

2 ところに

1 [11件] ことで, ことを, ですの, ばかげたこと, ふうに, 例が, 噂で, 家の, 所に, 美しい山, 車の

▼ 中ただ~ (13, 0.0%)

1 [13件] この菩薩, すわって, その噂, の一度, の一時間, の一語, ひとり肩を, みずから兵士の, もう植物, 一人生き残った, 一度倫敦塔, 人民ある, 雲を

▼ 中だの~ (13, 0.0%)

2 山奥だの

1 [11件] 人の, 岩石が, 往来だ, 待って, 押入の, 枯木の, 萱の, 路上だ, 針箱だ, 離座敷みた, 食堂だの

▼ 中どころ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だった, で引いた, に位置, に鎹, の味, の商人, の地主, の席次, の成績, の武家, の看板, の紳士, を勤め

▼ 中にを~ (13, 0.0%)

1 [13件] かしな, かせ給, かれたこの, くやう, さまり, さむる, さめられて, どりこみました, り, りお, りを, る売買, る感じ

▼ 中わたくし~ (13, 0.0%)

2 の身

1 [11件] には最も, の註せ, はふと, はやがて, は二首, は土手下, は天保七年池田京水, は女中, は既に, は次に, は此

▼ 中~ (13, 0.0%)

1 [13件] 二錠素早, 借倒シノワケヲシテヤルト, 入ッテイタガ, 入レテヤル, 参加スル気ニナッタ, 唾液ヲ, 投ゲ込マレテシマウデス, 注入シナイヨウニ一応, 漬ケタヨウニ無感覚ニナッテイル, 突ッ込ンダヨウニ手ガツメタイ, 触レテ, 這入ッテ行ッテ, 飛ンデアブナク怪我ヲスル所デアツタ

▼ 中一つ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だけはその, でも二つ, でも眼, として著者, として非, の燕, は平民發展, は老人, も実らなかった, も欠かさず, も行, を選ばんけれ, を随意

▼ 中~ (13, 0.0%)

1 [13件] で, ではソヴェト同盟, で妻, として五日替り, として外国, として插入, などと逃げ, など馬鹿, の公達, の場面, の幕, の終局, の菊之助

▼ 中~ (13, 0.0%)

1 [13件] が風邪, ちかくの, でお, ではじめて, では約束通り, で解説, と称した, の社中, の角座敷, の連中, の門人, へ行っ, へ連れ

▼ 中~ (13, 0.0%)

1 [13件] から六条院, が, が講師, が重々しい, で亡くなった, などが御前, などだけを招い, の某, は言う, へした, またその, を兼ね, 正経

▼ 中でしか~ (12, 0.0%)

2 泳ぎませんでした, 見たこと 1 何事も, 在りえない村, 戦争を, 物がいへ, 知らない鵜飼邦太郎, 行動しない, 親しみの, 逢えない妻

▼ 中ほどには~ (12, 0.0%)

2 家の 1 古びた木橋, 川が, 弁当の, 弦之, 忘れて, 紅勘, 華やかな, 鉛の, 鐵で, 骨ばかりに

▼ 中~ (12, 0.0%)

2 同一目散 1 かたまりにな, か八, に過ぎず, の交易場, の大, の手利, の美人, はドナーティ家, を取ら, を選ばなけれ

▼ 中七字~ (12, 0.0%)

3 を埋める 1 によく, に用, に用いられ, はその, は作者, は現在鶯, は考えよう, も存外, を拈出

▼ 中~ (12, 0.0%)

1 [12件] 勝又, 図した, 図の, 図一つ講演の, 図何所からとも, 図私の, 図誰かに, 奉御, 正常な, 洩可, 逢候を, 飲漿

▼ 中~ (12, 0.0%)

2 も尚 1 の南, の市川団十郎, は世界的大家, は海軍將校, までの話, 初めて医学, 初めて醫學, 生きて, 矢代の, 試みに

▼ 中以下~ (12, 0.0%)

1 [12件] であって, になり, の事, の公家, の娯楽, の子供, の学徒, の家庭, の日用品店, の生活, の諸侯, の銀行会社員

▼ 中多く~ (12, 0.0%)

5 出た虻 1 の場合, の女, の者, の花, の記録文学, は宿泊, 情と

▼ 中彼女~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこうむった, が危く生命, が強調, が誇っ, には思いだす, に演奏, のはたん杏, の真意, の集め, はあの, は来た, は沈鬱

▼ 中~ (12, 0.0%)

1 [12件] る一部, る兵器, る夜同窓生, る方面, る病院, る者, 人の, 夾冊子内経歳不, 日の, 日一人でう, 日市中の, 日突然

▼ 中或は~ (12, 0.0%)

2 堀の 1 一年中の, 兄若い衆の, 小川の, 山の, 掌の, 日本が, 時としては, 活動に, 神話の, 立ち舞ひ

▼ 中でこそ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれ彼, い, しっかりし, とこしなえに, リーズが, 娘への, 幸い金吾, 気焔も, 生きること, 私は, 遇然

▼ 中にね~ (11, 0.0%)

2 丁度今みたい 1 あなたの, ぢ込む, ぢ込ん, キリストが, サムギンが, 伊右衛門と, 動という, 又変, 私は

▼ 中ふと~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたりを, ある疑い, そのこと, どんな男, んの, 一茶室に, 其かね, 旅情に, 足尾銅山の, 遊びついでに, 高橋虫麿の

▼ 中みたい~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃない, である, です, な天地, な所, な暗い, な生活, にぞろぞろ, に声, に暗く, に歩いた

▼ 中~ (11, 0.0%)

2 思ふやう 1 きびしいです, にまきちらし, よみたいもの, 弱りませんこいつ, 忙しい, 泣かない子, 然うでない, 離れなかった, 面白いもの

▼ 中~ (11, 0.0%)

1 [11件] が二人, が仆, の乗客, の手, の綺麗, の話声, はあんなに, は安火, は荒川あさ子, ばかりの処, 及び成年式

▼ 中既に~ (11, 0.0%)

2 油絵を 1 その論文, アラスカの, 三百何枚かの, 初唐, 散逸し, 沒却理想ならざる, 発達したる, 蟲聲を, 騷然たり

▼ 中最初~ (11, 0.0%)

1 [11件] にこの世, にし, に來, に流行, のもの, の二巻, の二章, の四週間, の長者, は毎日一物, まず開国問題

▼ 中最大~ (11, 0.0%)

1 [11件] なるもの, なる者, のクーデター, のロマンス, の人, の人気者, の出血, の強敵, の画工, の疑問, の結婚率

▼ 中~ (11, 0.0%)

32 賣の, 賣次に 1 から刀, で国, になっ, 彌阿

▼ 中~ (11, 0.0%)

4 将盧植 3 の楊 1 将牛輔, 将董和, 将蘇武, 将諸

▼ 中~ (11, 0.0%)

2 が降っ 1 がふつ, が降り, すい, に隱, の荒池, の音, はほとんど, ばかりだ, ばかり降っ

▼ 中する~ (10, 0.0%)

1 がごとき, が如き, ことある, といふ達人, に至つた筋道, を以て冬至, を以て夏至, を以て春分, を以て秋分, 日も

▼ 中そこ~ (10, 0.0%)

1 から劇, から立てるなら立つ, が一番, ですごす, で逢った, にある, には文, にもここ, に寝起き, へ全身

▼ 中であれ~ (10, 0.0%)

5 これと 2 ば将来 1 ばある, ばなおさら, 山の下であれ

▼ 中であろう~ (10, 0.0%)

1 が一向, が草, とそういう, と思います, と水, と笑っ, と飛び込ん, どこかで, ものなら, ゆえ蔭乍ら御

▼ 中でなけれ~ (10, 0.0%)

1 ばきっと, ばならない, ば一緒, ば勉強, ば本名, ば母性, ば決して, ば無い, ば見られない, ば隠し切れない

▼ 中なぞ~ (10, 0.0%)

2 でよく 1 でうそ寒い, では, でも, で或, 何も, 杖の, 歩るいたせゐ, 調べなくたって

▼ 中などは~ (10, 0.0%)

1 いいかげんに, お構いなし, 夜中に, 少しも, 居合わせた客交じり, 手が, 東京一の, 道さへ, 霞が, 頗る閑散

▼ 中なり~ (10, 0.0%)

1 あるいは近所, けれど本意無げ, しならん, とて来, と与謝野氏, 山小屋なりで, 楽屋うちなり, 谷陰なり, 貴官, 馴染の

▼ 中にさえも~ (10, 0.0%)

1 あった, ある, ちょいちょい見受けられる, クリストフが, 新しさ, 現われまた, 私が, 私などよりは, 稀には, 音楽上の

▼ 中ばかりに~ (10, 0.0%)

2 いて, 引つ込んで 1 あるの, いた私, もぐって, ゐて, 寝て, 気を

▼ 中または~ (10, 0.0%)

2 窪地の 1 下に, 人家の, 戸毎の, 楽屋の, 語尾には, 酸素中に, 雨の, 青空の

▼ 中らしい~ (10, 0.0%)

1 お話です, ぜ, ね, 和服姿で, 声で, 景色の, 耳の, 芝生の, 話を, 面構えを

▼ 中をば~ (10, 0.0%)

2 廣き 1 ちゃばちゃ, 世に, 引越の, 膝せり合せ, 血の, 過ぐる, 重い松, 飛び飛び小

▼ 中~ (10, 0.0%)

1 すんで, て参上, 入レテアルノデアロウ, 又あ, 在り今, 在リ, 在ルノ虚, 戻ッテ, 見レバ既ニ家ハ壊レ, 隠レテイタ

▼ 中一番~ (10, 0.0%)

1 だろう, の豪奢, の豪華版, 動かぬもの, 古い大萱窯, 好い勢, 愉しく眺めた, 楽しかった, 遠いところ, 驚かなかったの

▼ 中何れ~ (10, 0.0%)

2 が瘋癲者 1 かに属する, かの者, かを発想, か一つ, が魅惑的, の方法, も同様, を指せる

▼ 中唯一~ (10, 0.0%)

2 の慰め 1 のロマンス, の勝れた, の国, の外国人, の年少処女俳人, の正しい, の活火山硫黄岳, の貧困

▼ 中~ (10, 0.0%)

1 が明けかかっ, な, なの, にこれ, のこと, の秘戯, の都会, は全く, は白, も大分

▼ 中~ (10, 0.0%)

1 である, にじっと, に送りし, の中, の内, は中家, をあけた, を出, を明け, ん中

▼ 中~ (10, 0.0%)

1 で源三位, といふ合評, に当る, に紫琴, のよう, の役目, の御, の評者たち, をとびとび, を二人

▼ 中~ (10, 0.0%)

1 が一度, が降りまし, に埋もれ, に封鎖, に被われ, の上, の中, の余り, の降っ, の降る

▼ 中いろいろ~ (9, 0.0%)

1 お世話を, なこと, な人, な意味, の困難, キリシタンの, 理屈を, 見て, 責められて

▼ 中くらい~ (9, 0.0%)

1 しかしほお, である, であるが, ですか, な処, な松, な背丈, な鞄, のと

▼ 中そんな~ (9, 0.0%)

1 お人, ことが, ことばかりは, ことを, 事を, 余裕は, 愚痴を, 顔ばかりを, 類の

▼ 中~ (9, 0.0%)

1 や, やが, やない, やア, や容易, や有, や無い, ゆう踊り, りぢ

▼ 中てた~ (9, 0.0%)

2 のだ 1 と讃め, などある, のである, ので半, 白竜天に, 結果いったい, 者が

▼ 中であります~ (9, 0.0%)

21 から手, から発言, がいくら物, がその間岩波茂雄氏, がまず何より, と若殿, ので無電

▼ 中でと~ (9, 0.0%)

2 同じやう 1 つくに, まつて, ッくり考えよう, 云うならわかって, 何段にも, 同様に, 同様の

▼ 中でのみ~ (9, 0.0%)

1 住んで, 友らを, 往々に, 心臓の, 戦争は, 抹消し, 書かなければ, 生きて, 見られる幸福

▼ 中でばかり~ (9, 0.0%)

1 いきさつを, ださうだ, 働いて, 勉強した, 物を, 生きて, 空を, 遊んだ, 騒いで

▼ 中なりし~ (9, 0.0%)

2 が二人 1 がただ今, がダンケルク, が何時, をその, をもって即刻附近, 岡野敬次郎博士を, 金丸刑事に

▼ 中にか~ (9, 0.0%)

2 くる 1 あるいは別, それとも四通八達, どこかに, 声の, 白雲の, 翌日の, 自分の

▼ 中をの~ (9, 0.0%)

2 そり, た打ち廻って 1 そりの, た, たくつてゐる, たの, た打ちまわる長崎屋

▼ 中一度~ (9, 0.0%)

1 だけ私, は必ず, もまち, も不親切, も何, も客室, 君にも, 大戦争, 通った処

▼ 中七八~ (9, 0.0%)

1 ぐらいに進ん, までかく, までは日本, までは罪人, までは虚偽, まで人為的, まで来たるべき, まで迷信, を知り

▼ 中~ (9, 0.0%)

31 小林君君代劍帶刀, 幸なるべし, 庭を, 日誌を, 第一, 第二

▼ 中~ (9, 0.0%)

2 品の 1 にいまだ, にはない, に優り, に反対, の人々, の妻達, の男

▼ 中何人~ (9, 0.0%)

1 かがヴィユウ・コロンビエ座, かの同僚, か彼, が特に, が遂に, の手, も戰利, も未だ, をし

▼ 中少し~ (9, 0.0%)

1 の間断, はくつろぎ, ばかりのお世話, ばかり食べし, も汚穢, ボトボトという, 欧州戦史の, 耳の, 険難だ

▼ 中尤も~ (9, 0.0%)

2 胸を 1 よきもの, 傑出した, 後世の, 快活なる, 悲むべ, 文に, 早く自覚

▼ 中~ (9, 0.0%)

2 の店 1 という, にゐた, に居た, の玄関, の金六, へ戻っ, へ訪ね

▼ 中~ (9, 0.0%)

1 にも先, に貽さざら, の三回, の板ツキ, の界也, の食事, へ四枚, を跟けた者, 幕は

▼ 中~ (9, 0.0%)

3 の中 1 がまとまらない, にかかりおりました, にかけて習っ, のなか, も空, を同じ

▼ 中探し~ (9, 0.0%)

2 て歩いた 1 ているらしい, てもありますまい, てもこんな, てもなかろう, て廻る, て歩い, て歩かなけりゃ

▼ 中探した~ (9, 0.0%)

1 が尻尾, が見当らぬ, ってありゃしません, っておよそ, ってもう, って二人, って他, つて二人と, に違い

▼ 中~ (9, 0.0%)

3 の人 2 なし, ナシ 1 のまま, 十文字は

▼ 中~ (9, 0.0%)

2 に曰く 1 と考えられます, にても出だせ, は隠然自国, をとり, を採っ, を採用, を漢

▼ 中考え~ (9, 0.0%)

1 て, ていた, ている, ておりました, てから是非とも, てなぞいる, て寝られませんでした, て見た, に考えぬい

▼ 中~ (9, 0.0%)

1 から和らぎ, から径, から日本人生来, から独立, 惚と, 楽といふ, 療法とは, 観法とは, 鳴鐘

▼ 中至る~ (9, 0.0%)

4 ところに 1 ところで, 処に, 処黄金が, 所が, 所に

▼ 中いずれ~ (8, 0.0%)

2 が最も 1 かだ, かを恋し, がこの, に属すべきや, の部分, を選ぶべき

▼ 中かと~ (8, 0.0%)

3 呆れて 1 察して, 思いつつ, 思つてのぞい, 疑うほどの, 笑う私

▼ 中かの~ (8, 0.0%)

2 二谷を, 地の 1 上, 夜痛飲の, 官職世襲の, 露国陸軍少佐は

▼ 中ぐらい~ (8, 0.0%)

1 であったが, でいい, なの, ならまだしも, なりおら, な合資会社, のが, のと

▼ 中ここ~ (8, 0.0%)

1 で山の手, で猟, におっ, に何万, に幾分関係, に書, に降っ, もあぶなく

▼ 中こと~ (8, 0.0%)

1 さらに僕, におもしろく, には白昼, に奨励, に感触, に戦後, に経済学, に群

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 もっともながら, もり南, 注意遊ばす, 減禄仰せ出され, 老師にも, 補習の, 警固くだされ, 迷惑でしょう

▼ 中さえ~ (8, 0.0%)

1 こんなに緊張, よく解る, 一歩も, 修められずに, 天上の, 宜けれ, 店を, 薄暮の

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 きりの, てもろもろ, て万戸, て居た, て市人, て門, 分とを, 緋や

▼ 中しばしば~ (8, 0.0%)

1 不適当, 国許の, 対局場を, 屠場近く, 清廷の, 経験ある, 繰返されたその, 診察を

▼ 中じゃあ~ (8, 0.0%)

1 あるまいしと, いつか一度は, ないか, なんにも返事, 一番うつくしい, 堪らねえ, 局の, 道に

▼ 中じゅう~ (8, 0.0%)

2 に拡がっ 1 あるきまわって, かぎまわって, がブンブン, が火, 見廻してから, 這い廻って

▼ 中ずっと~ (8, 0.0%)

1 よみかけの, 元気に, 島野と, 着ずに, 続いて, 降り通すかも, 静かに, 顔の

▼ 中てる~ (8, 0.0%)

1 ことが, ということ, と水血, と海中, はすこぶる, ように, んだ, 方術秘伝も

▼ 中でもが~ (8, 0.0%)

5 いて 2 きながら 1 いてるその

▼ 中とて~ (8, 0.0%)

1 さすがこれ, つい疎漏, よく分りません, 中, 人目も, 山でも, 母子に, 疲労は

▼ 中などには~ (8, 0.0%)

1 ことに方便, まだ山百合, 僕に, 出て, 時々仏蘭西語, 沢山に, 行かずに, 鼻持ちも

▼ 中にとり~ (8, 0.0%)

1 入つて終, 残されたから, 残されたこと, 残されたの, 殘させる, 籠められる, 込められそう, 込められて

▼ 中へへ~ (8, 0.0%)

4 えって 1 いお, いっちまったぞ, いんねえな, えるん

▼ 中ほとんど~ (8, 0.0%)

1 一人の, 一般に, 一言も, 人の, 休業同様に, 十の, 口を, 夫れ

▼ 中まんじりと~ (8, 0.0%)

4 もしなかった 2 もしない, もせず

▼ 中やや~ (8, 0.0%)

1 さむい, デラクロワメイソニエーを, 後向に, 炎暑を, 読むに, 酒を, 長くかつ, 馴染に

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 取ッテ, 日記ニ費スコトガ多, 歩キ廻ラナイヨウニ工夫シタ, 流シテ, 流ル, 覗クト妻ガ不安定ナ, 進ミ川上, 開イテハ見

▼ 中仕切り~ (8, 0.0%)

2 をあけ 1 に前場, に懸け, の暖簾, の陰, を叩く, を廻っ

▼ 中何時~ (8, 0.0%)

5 までこの 1 とはなく, ともなし, 行って

▼ 中~ (8, 0.0%)

2 の最も, は不幸 1 に伴, の愛誦, の面識, は日本

▼ 中~ (8, 0.0%)

2 も後ろ 1 にもきいた, に述べた, の者, を行く, 一首は, 二者の

▼ 中匙一杯~ (8, 0.0%)

2 とを加え 1 とを入れ, とを茶碗, とアンチョビ中匙八分目, と塩胡椒, と玉子, を加え

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 に七つ破損, までのわが, まで土左舟, まで捨て子, まで日本人, まで築城修理, まで舟, 迄悉く

▼ 中同じ~ (8, 0.0%)

1 ですから, 地上である, 女を, 室で, 所に, 病名で, 部屋に, 音である

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 が便所, が牢獄, との情話, の事件, の知力, は臥さん, も今, 主殿

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 がもう, で働い, には何ん, に買物, の大, の日, の町, へ遁

▼ 中~ (8, 0.0%)

2 部分は 1 の鉦, は座敷, 投手たらん, 泣きに, 破損を, 軍需会社の

▼ 中學時代~ (8, 0.0%)

1 からその, からの仲, から剽輕者, にストライキ, に友人, の無二, の面影, も同じ

▼ 中~ (8, 0.0%)

2 の床 1 との境界, になっ, の中, の周壁, の天井, の奥

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 というところ, に吊られた, に太刀柄, の店, の楼, の百姓, の窓際, 嫌わずぴしゃぴしゃ

▼ 中死亡~ (8, 0.0%)

1 が三千二百五十五人, したるとき, し又は, す, せる者, の疑い, を免れた, 夥しき事

▼ 中登山~ (8, 0.0%)

1 がやっ, が行われる, で遭難, の可能性, の唯一, の書物, の程度, をし

▼ 中~ (8, 0.0%)

3 を明き 2 の覚め 1 となり, について居た, をわるく

▼ 中突然~ (8, 0.0%)

1 にお, 京子の, 何物かに, 大きな声, 彼の, 彼は, 悪寒を, 横から

▼ 中郎将~ (8, 0.0%)

2 に任 1 だった霍峻, と敬い, に封じ, の栄職, の都亭侯, の韓嵩

▼ 中部屋~ (8, 0.0%)

1 にい, に閉ぢ, のなか, の中, の者総出, は開け, へ引籠, を入れ

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 が呑める, が廻つてす, だけはつつしめ, でプンプン, に飢え, の気, の酔, 満友芳情

▼ 中非常~ (8, 0.0%)

2 に多く 1 に中傷, に多大, に好, に恐ろしい, に特異, の窮境

▼ 中~ (8, 0.0%)

1 の方, は三九対一〇, は三八対一〇, は三年四分の三, は九, は約, よりも年死亡率, をもっ

▼ 中いつ~ (7, 0.0%)

1 しよだつた, の時代, ぱい, ぱいに, ぱいにひろがり, ぱいに展げ, までもその

▼ 中かかっ~ (7, 0.0%)

1 ても出来る, ても折合, て凍らし, て強いられ, て微か, て慰問袋, て拭き

▼ 中ぐらいな~ (7, 0.0%)

2 大きさ 1 商業都市の, 大さ, 身代へ, 駅の, 鯉幟を

▼ 中さん~ (7, 0.0%)

1 という学生, という母, の, のお, のところ, の夫人, もここ

▼ 中~ (7, 0.0%)

2 きりの 1 きりを, ぶんの, や力, ゅうおっそろしく臭っ, ア旦那が

▼ 中すっかり~ (7, 0.0%)

1 たたき直して, 人間と, 旅行で, 火傷を, 緑いろ, 繃帯を, 馴染に

▼ 中だつた~ (7, 0.0%)

1 かな何, か解らない, が猿樂町, ので其會議, ので又, ので暫く, んだ

▼ 中だろう~ (7, 0.0%)

21 が雨, し, となん, と思いました, に

▼ 中どれ~ (7, 0.0%)

1 か一つ位, だけ沢山, にしよう, よりもすぐれた, を使っ, を撮る, 程無

▼ 中などでは~ (7, 0.0%)

1 とても書けない, ない, 予言者として, 小声ながらも, 岩に, 眞つ, 金の

▼ 中などへ~ (7, 0.0%)

2 散歩に 1 お入り, こないだろうかと, しんしんと, 入り込んだの, 放棄つた

▼ 中なども~ (7, 0.0%)

1 人の, 今思え, 念入りに, 未醒伝, 檢べたが, 注意し, 隈なく

▼ 中ばかりは~ (7, 0.0%)

3 有るまじ身一つ 2 まだ歔欹 1 全く閑静, 神様でなきゃ

▼ 中みんな~ (7, 0.0%)

1 がワーワー, といっしょ, といつ, に御馳走, ズタズタに, 焼けるが, 知って

▼ 中やら~ (7, 0.0%)

1 あっちこっちと, でお, で思うざま, 地下室やらに, 川の, 文庫の, 田舎道をぞ

▼ 中らしく~ (7, 0.0%)

1 姿が, 後向きに, 朝晩に, 玄関先には, 皿小鉢の, 私達は, 草や

▼ 中わずか~ (7, 0.0%)

2 に一 1 な落度, に三二九人, に八疋十疋, に畦, 一カ所に

▼ 中わたし~ (7, 0.0%)

2 に取っ 1 がどんなに, の家, の胸, はいつか, はそれ

▼ 中一同~ (7, 0.0%)

1 が喜ぶ, に向っ, に呑, に御, の感激, の無聊, の者

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 くらくし, けで, けなら, でお, で色, の後姿, は畑

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 が上江, が来, が顔, にその, は不思議そう, は大いに, もそれ

▼ 中九人~ (7, 0.0%)

1 ですが, はそう, までは丸ごと, までは小人, までは霊魂滅亡論者, まで若, まで霊魂

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 がフラ, が一斗釜, が口, である, の二人, の詩, よ

▼ 中何處~ (7, 0.0%)

2 へ行つて 1 の土, へでも小屋, へも出ないだらう, までも聽, よりも進歩

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 が無精, でぼんやり, と言つて, などと十二三, の労作, の頃, 似雲

▼ 中全体~ (7, 0.0%)

1 が冷や, が照り返されてる, にさえ承認, にその, に此組織, を殺風景, を見まわした

▼ 中六番町~ (7, 0.0%)

1 から黒煙, に速成学館, の宅, の家, の庭, の火, の通り市ヶ谷見附

▼ 中多少~ (7, 0.0%)

2 の泰平 1 その地方, の熱, 動揺する, 此行者の, 確実性を

▼ 中大阪~ (7, 0.0%)

1 で買取, におりました, に到着, に来, に遊ビ, へ立寄る, をぶらぶら

▼ 中好く~ (7, 0.0%)

1 お前さんは, して, しようぜ, すること, 交際が, 暮らしたければ, 酒盛を

▼ 中~ (7, 0.0%)

3 の一節 1 の一項, の下, の數種, の箇条書

▼ 中常に~ (7, 0.0%)

1 た, 乞食と, 人に, 分隊の, 彼可憐の, 手足を, 村童を

▼ 中~ (7, 0.0%)

2 はくれ 1 がへり, の神, は天心, は過ぎ, 映に

▼ 中早く~ (7, 0.0%)

1 すでに師弟, も報い来つ, も深夜, も秋, も絶え果てたれ, も課長, 取払

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 のテルモピレー, の作者, の孤鳳皇, の日, の観音様, の身, の題

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 が武彦さん, に約した, の一派, の作, はこれ, は昔瓜上, も微醺

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 でしたが, で杖, で死ん, で身動き, にやられた, の病人, 病みにな

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 で育った, に入り, に落ちた, のどよめき, の中, の色, をわたっ

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 が一つ, と大皿, と鵞鳥, に湯気, に葱, の半月形, へ装

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 でね, で女, で髪の毛, といふ言葉, の屈強, の背広, 凄いほど

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 から出, が榊, が此, の家, の氏, の聖職, の職

▼ 中~ (7, 0.0%)

3 の家 1 であった, と高田圭吉, は三田, は長

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 てい, ている, て居た, て置いた, というは同じく, の市, 廻役として

▼ 中~ (7, 0.0%)

1 兀, 宜被, 濡れるん, 自動車が, 落ちて, 遣つて來, 飮込んだ

▼ 中重要~ (7, 0.0%)

3 なもの 2 の地位 1 ならさる, な料理

▼ 中~ (7, 0.0%)

5 含経 1 や南, 非利加土人

▼ 中飛行~ (7, 0.0%)

1 とかの問題, と農業物理, に関係, に關聯, の場合, の研究, の研究所

▼ 中あまり~ (6, 0.0%)

1 に暑い, 人間性を, 変化は, 水を, 浮気する, 無視され

▼ 中あるいは~ (6, 0.0%)

1 執務中の, 壕を, 山間を, 無人の, 花園, 言語を

▼ 中いづれ~ (6, 0.0%)

1 か, か最も, にか取極めたき, の國, の管轄地, も朝寢

▼ 中ごろ~ (6, 0.0%)

1 から替っ, だそう, に又, の僧尼, の折助, までにも生じた

▼ 中さして~ (6, 0.0%)

1 殺到し, 深くも, 総引揚げ, 行かんと, 転び落つ, 逃れんと

▼ 中すでに~ (6, 0.0%)

1 その兆候, アイルランドに, 姦徒輩出し, 確実と, 解消し, 骨董品として

▼ 中そう~ (6, 0.0%)

1 して, たくさんある, だったよう, であったごとくわれわれ, でもしなけれ, なん

▼ 中だけが~ (6, 0.0%)

1 人間の, 以後彼の, 呑気で, 明るく而, 照りか, 自分に

▼ 中でか~ (6, 0.0%)

1 あん, あんか, けっくら, そっくりこの, ぶとを, 一致しかけ

▼ 中でさえも~ (6, 0.0%)

1 それらは, 五ヵ年計画完成の, 僕の, 優秀な, 女主人公と, 綢繆纏綿する

▼ 中とりわけ~ (6, 0.0%)

1 大事な, 対話風に, 神秘に, 著しいもの, 著しい一人, 重きを

▼ 中どう~ (6, 0.0%)

1 したこと, したら南方先生, した機会, なる事, 動くかという, 気が

▼ 中どちら~ (6, 0.0%)

1 かといへ, か一つ, で出, に傾い, に類似, を愛し

▼ 中などにも~ (6, 0.0%)

1 かなりの, これを, 二天の, 使って, 落ちて, 表面に

▼ 中なに~ (6, 0.0%)

2 となく, をし 1 かかわったこと, も食べられやしません

▼ 中なんぞ~ (6, 0.0%)

1 だったら何処, でそいつ, では, で生きて, はっきり判る, 入りたくないん

▼ 中にな~ (6, 0.0%)

3 つてゐた 1 かばうづもれながら, つて頭の, 入りそ

▼ 中により~ (6, 0.0%)

1 よく刻み込まれるらしい, 善き生活, 多くの, 多く西洋が, 多く見出される, 添ったよう

▼ 中のが~ (6, 0.0%)

1 うその, こちらへ, そうじゃ, それだ, それで, 毒酒である

▼ 中へという~ (6, 0.0%)

1 ことは, ことも, ことを, モットーが, 執拗な, 表現も

▼ 中ツ国~ (6, 0.0%)

2 につかわした 1 で大国主, という天孫降臨, へ降り, を平定

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 とそれぞれ味, と四階段, にわかれた, の社会, を何で, 甲板の

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 までが甲賀流伊賀流, までが薩隅日三ヶ国, まで手, まで材料, まで確信, 迄諦める

▼ 中九十九人~ (6, 0.0%)

2 の夢, までは 1 は字, までは月

▼ 中何かと~ (6, 0.0%)

1 一しよ, 世話に, 世話を, 御心配, 御懇意, 手間が

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 が一軒以上, です, にペン, に落ち, の山腹, の検査

▼ 中僅か~ (6, 0.0%)

2 に一二音 1 にその, に二, に四, に四五日

▼ 中及び~ (6, 0.0%)

1 その表面, 下の, 右下, 帰航の, 近郊でも, 近郊を

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 の上 1 に摘出, に述べた, の五月二十二日以後, の腕

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 処の 1 一人を, 交換者に対し, 本に, 道の

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 この一画藁, ひとつ無疵の, 一つの, 坪井博士一人のみ, 天圧神の, 悲しんで

▼ 中塗り~ (6, 0.0%)

1 のま, のまま, の赤土, は大勢, めぐる, をします

▼ 中大騒ぎ~ (6, 0.0%)

2 である 1 であるらしい, でございますよ, となっ, になりました

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 の里 1 の出産, は一層, は一言, は御

▼ 中実に~ (6, 0.0%)

1 四千五百九十一万六百五十一人が, 四百八十三人までは, 容易ならぬ, 松陰を, 第一流, 重要の

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 で焼かれた, の便り, の裂けた, へ上らせた, を取りまく, ん中

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 がしとやか, が泣き疲れ, という娘, とすやすや, はこれから, を中心

▼ 中最後~ (6, 0.0%)

1 に打ち勝った, に現, の五年間, の優勝者, の最も, の末位

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 から黙 1 から晩, とは我が, と稱, の食事

▼ 中東京~ (6, 0.0%)

2 に於 1 に居, の元, の碁会所, の者

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 から落し, に直径一寸五分, の固着法, の隅々, は皆, まで歩き

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 でも壱岐, といったということ, に寄り, のほう, を織っ, を織る

▼ 中次第に~ (6, 0.0%)

1 その堅い, つかれて, 去る者, 明を, 眠気が, 詳しくあります

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 から北, に独歩, の山国, の文化開明期, の青, らしい橋

▼ 中残らず~ (6, 0.0%)

1 ぐつすりと寝込ん, で五両, とは思う, の木戸, 先月から, 浪人し

▼ 中比較的~ (6, 0.0%)

1 に最も, 小さな州, 晩く, 等閑に, 重大であり, 静かであった

▼ 中江戸~ (6, 0.0%)

1 において何, にゐ, に下っ, に行われ, の風景, も目抜き

▼ 中生活~ (6, 0.0%)

1 の吟詠, の器具類, の無聊, ほどこの世, をし, を叙

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 のない 1 ありげ, にゃあ, の無い, も多い

▼ 中甲板~ (6, 0.0%)

1 に立っ, の五六百人, の手すり, へ出, をみる, を血

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 なん, にちらつい, になった, の前, の奥, もあ

▼ 中禅寺~ (6, 0.0%)

1 に大, の奥, の湖船禅定, の走り大黒, の避暑地, まで行った

▼ 中~ (6, 0.0%)

1 にピアノ, に月経, に有為, に英山, に見る, れにも

▼ 中立っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ていなけれ, ていました, ている, てばかりいる, てみ

▼ 中~ (6, 0.0%)

6 無ん

▼ 中~ (6, 0.0%)

2 の宰 1 に置き, の字, を治めし, を離れし

▼ 中あれ~ (5, 0.0%)

1 が, ほどの犠牲, ほど捜索, ほど書きたかった, をやり

▼ 中いつも~ (5, 0.0%)

1 お, 上着の, 同じ類, 唇が, 安煙草

▼ 中かつて~ (5, 0.0%)

1 一の, 幽月, 旱す, 木部孤, 見ざる所

▼ 中かに~ (5, 0.0%)

2 小説中の 1 きまって, そうし, 而し

▼ 中かも~ (5, 0.0%)

2 知れない 1 知れずまたは, 知れぬ, 知れません

▼ 中からか~ (5, 0.0%)

1 あか, ぎをかけてゆだんなく見張りを, 個人道徳の, 分らぬほども, 置き物の

▼ 中からこそ~ (5, 0.0%)

1 ぎ取る, これまでと, さう, 恐しい, 産み出される

▼ 中からと~ (5, 0.0%)

1 その外, 傍流マルクス主義文学の, 急に, 言うふう, 黒髪が

▼ 中からに~ (5, 0.0%)

1 ゅうっとあらわれました, ょこにょこと出, ょこにょこと動きだした, ょこりと起ち, ょっきりと奇怪な

▼ 中そして~ (5, 0.0%)

1 ガロ爺やが, 今春大東学園病院に, 夜が, 朝も, 現実の

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 えておも, がいを, がひ, ので誠に, ような

▼ 中つねに~ (5, 0.0%)

1 かの狗子, コノールの, 愛弾し, 法あり, 静謐なる

▼ 中でしょう~ (5, 0.0%)

21 がどうしてこんなに, と思います, 鼻息が

▼ 中として~ (5, 0.0%)

1 あるからね, あるが, これに, 刑事の, 宮中の

▼ 中なぞに~ (5, 0.0%)

2 昔の 1 たまたま温室, 住んで, 見いだされようか

▼ 中なんか~ (5, 0.0%)

1 そのままに, でなくて, では, で全く, で女車掌

▼ 中なんかに~ (5, 0.0%)

1 あるん, ピストルを, 一体どうなすった, 入れて, 投り込ん

▼ 中なんぞに~ (5, 0.0%)

1 あなたと, いたの, 入れて, 思いがけない空地, 潜んで

▼ 中においてすら~ (5, 0.0%)

1 すぐお, すでに老人, ややも, 我国の, 次第に或

▼ 中にかの~ (5, 0.0%)

1 女の, 影を, 村名産の, 絵草紙屋の, 老嫗

▼ 中についても~ (5, 0.0%)

1 エタは, 両性の, 恩知らずの, 日本の, 著しいの

▼ 中にや~ (5, 0.0%)

1 どつて, ドブも, 何だ, 六つだらう, 随分娑婆気

▼ 中のみ~ (5, 0.0%)

1 たされない唇, で動いたり, ならずその, ならず夜, ならず幕間

▼ 中はじめ~ (5, 0.0%)

2 の一週間 1 の二個, の者, はもっぱら

▼ 中ほどが~ (5, 0.0%)

1 くびれて, ふくらんだ半月形, スーと, 一ヶ所開い, 一段低く

▼ 中もう~ (5, 0.0%)

1 それは, なんちゃ, 何も, 何處にも, 秋風が

▼ 中もし~ (5, 0.0%)

1 こんなていた, 一方は, 小児に, 風邪でも, 馬車に

▼ 中よき~ (5, 0.0%)

4 友と 1 友とも

▼ 中われ~ (5, 0.0%)

1 に敬いたす, の最も, もまた, も亦, 今二つ

▼ 中をと~ (5, 0.0%)

1 いっても, びまはりすり拔ける, ほりぬけて, ぼとぼとむこう, ぼとぼと足

▼ 中インド~ (5, 0.0%)

1 のグプタ朝, の方, の最も, の美術, まで達する

▼ 中一二~ (5, 0.0%)

1 に過ぎない, の例, の例外, の徒, の文人

▼ 中一日~ (5, 0.0%)

3 を丸潰し 1 くらいの余裕, くらいは傍聴席

▼ 中一面~ (5, 0.0%)

1 にユラメキ, に大きな, に広がっ, に松茸, に着け

▼ 中三人~ (5, 0.0%)

1 がまた, でうなぎ, の長男十六歳以上, までは日本人, も殺す

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 に述べた, の番町, の部屋, は氣むづかしく末, を下

▼ 中主人~ (5, 0.0%)

1 のすき, の娘, の家, は隈, をたずね

▼ 中~ (5, 0.0%)

2 の奴め 1 かな, と再び, は事もなげ

▼ 中二三~ (5, 0.0%)

1 の事実, の学者, の画家諸君, の難解, を標本的

▼ 中今日~ (5, 0.0%)

1 でも東京, なおかく, の日本人, は私一人, までその

▼ 中~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 な顔立, のしゃくれた, 気圧に

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 に無断, の中, の真実, は奇妙, は或

▼ 中働い~ (5, 0.0%)

1 たり世話, ていた, ている, てどんどん, て深夜

▼ 中先生~ (5, 0.0%)

1 が黒板, ご自分, であるところ, のこと, のため

▼ 中入牢~ (5, 0.0%)

2 申し付ける 1 とある, を申しつくる, 仰付

▼ 中初め~ (5, 0.0%)

1 から最期, から終り, の三語, の六桁, の第

▼ 中初めて~ (5, 0.0%)

2 の語らい 1 おぼえる冷氣, きいたさわがし, 建てたといふ

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 に一真理, に不謹慎, に変, に新しい, に異状

▼ 中勉強~ (5, 0.0%)

2 の出来る 1 して, のふり, らしい読書

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 が一杯, で叫んだ, で詩, はりあげて, をした

▼ 中子供~ (5, 0.0%)

1 にばかり煩, は少量, は留守中, を抱い, を産まぬ

▼ 中寝ず~ (5, 0.0%)

1 にも看護, に待っ, に心配, に爪, に考え

▼ 中川瀬兵衛~ (5, 0.0%)

1 と, とその, の二将, の部下, は小面憎く

▼ 中~ (5, 0.0%)

21 いやう, き船, き軍船

▼ 中改正法律案~ (5, 0.0%)

1 すなわち議員, の修正案, はまだ, を日程, 即ち議員

▼ 中~ (5, 0.0%)

2 に腰 1 になった, の戸, の障子

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 された鎖, した橋, して, ち割つて, もなし

▼ 中最高~ (5, 0.0%)

1 の地位, の文化, の民族, の町, の者

▼ 中果皮~ (5, 0.0%)

3 と内 1 の部, 内果皮

▼ 中~ (5, 0.0%)

2 を見る 1 あり枯木, にかかってた, ぬるも

▼ 中残る~ (5, 0.0%)

3 隈なく 1 ところなく, ものは

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 からさらし, の病気, の眼, を慕う, を罵しった

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 の勵, の識, も亦, より腕力, 認め得て

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 で三人, で川口, で思い出した, の天ぷら, の息子

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 いさんが, がいた, がせっせと, ですが, にたずねた

▼ 中爺さん~ (5, 0.0%)

1 が来る, が気, と例, の御馳走, は首

▼ 中申し上げた~ (5, 0.0%)

5 滋賀津彦は

▼ 中病人~ (5, 0.0%)

1 の世話, の介抱, の夫, の脳, 多く僅

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 きつと, なが, な悉く, な私, 笑わせる面白

▼ 中私たち~ (5, 0.0%)

1 が意識, はいろいろ, は冬, は随分, 全日本人

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 から飛び出し, がある, が窮屈そう, には灯, をしめ

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 てふ, の炯眼, の金色, を見た, 住むべし而

▼ 中紅一点~ (5, 0.0%)

1 という碑, ともいいつべく, のあでやかさ, の趣, 悪旗本

▼ 中考へ~ (5, 0.0%)

1 てなぞゐる, てゐた, てゐなけれ, て見る, て貰

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 の上, を切る, を取つた, を締め, を締める

▼ 中血だらけ~ (5, 0.0%)

2 にし, になっ 1 に撲たれた

▼ 中行乞~ (5, 0.0%)

2 で一皮 1 かなり長い, つらいこと, をした

▼ 中行方不明~ (5, 0.0%)

1 となった, となり, になった, になつ, になりし

▼ 中~ (5, 0.0%)

1 にちょっと, に述べ得ぬ, もそれぞれ, も起原, を制し

▼ 中読む~ (5, 0.0%)

2 本を 1 ようにと, 事に, 本まで

▼ 中関係~ (5, 0.0%)

2 の不幸 1 した仏蘭西生まれ, の打開, の改善

▼ 中あなた~ (4, 0.0%)

1 の内, の御, へもお話し, をほったらかした

▼ 中あらゆる~ (4, 0.0%)

1 仕事を, 地下電車ステーションの, 日本の, 種類の

▼ 中いちばん~ (4, 0.0%)

1 おもしろいの, ささやかな, 怖ろ, 狭い所

▼ 中いちめん~ (4, 0.0%)

2 にひろがり 1 に濛々, の大

▼ 中いと~ (4, 0.0%)

1 多し, 悲しく銭あら, 暗き芝生, 秀でいと

▼ 中いや~ (4, 0.0%)

1 世界中この, 二晩でも, 千万人の, 毬彙内に

▼ 中およそ~ (4, 0.0%)

1 七八分より, 三千万人の, 六七十日の, 政治ほど

▼ 中および~ (4, 0.0%)

1 周囲において, 終にある, 終において, 語尾の

▼ 中ことごとく~ (4, 0.0%)

1 氷に, 苦手かも, 黒いの, 黒ければ

▼ 中さがし~ (4, 0.0%)

1 ても一年中さ, ても一現, て御覧, て歩い

▼ 中さらに~ (4, 0.0%)

1 一句, 家学を, 幾倍の, 空中征服の

▼ 中ずつと~ (4, 0.0%)

1 小爬蟲類, 新聞ばかり, 被古, 辺土の

▼ 中たった~ (4, 0.0%)

1 のを, 一つでは, 一度だけは, 三人四人しか

▼ 中たれ~ (4, 0.0%)

1 かその, か百頭, ひとりま, も知る

▼ 中だけを~ (4, 0.0%)

1 廻って, 想い見ても, 抱くだけ, 貴方に

▼ 中でありました~ (4, 0.0%)

1 がよびだし, ためはっきり, のでそれ, のでわたくし

▼ 中でう~ (4, 0.0%)

21 よ, よめく

▼ 中でかう~ (4, 0.0%)

2 叫んだ 1 して, 考へた

▼ 中でござる~ (4, 0.0%)

1 が, がここ, ぞ, ぞ見苦しい

▼ 中でだって~ (4, 0.0%)

1 やはり随分面白い, やりかねやしないよ, 一度も, 寒い冬

▼ 中でない~ (4, 0.0%)

1 と反, ほどでせう, 圏外にでも, 総軍

▼ 中とかに~ (4, 0.0%)

1 書いて, 洩れ承る, 私の, 雇はれ

▼ 中とても~ (4, 0.0%)

1 このこと, 油断が, 血の, 雪波立てたる

▼ 中とも~ (4, 0.0%)

1 居処とも, 思われぬ程森閑, 思われるほど, 言はず毎日の

▼ 中どんな~ (4, 0.0%)

1 だい, 事件を, 人間の, 風だ

▼ 中なんかで~ (4, 0.0%)

1 そいつに, よせば, 殺さなくたつて, 行き倒れに

▼ 中なんて~ (4, 0.0%)

1 ことは, まるで分りゃしません, ものは, トッテモひどい

▼ 中にぞ~ (4, 0.0%)

1 っくり, ろっと, 人ぞ, 道は

▼ 中につつ~ (4, 0.0%)

1 こみしや, 立つて, 立つ林, 轉んだ

▼ 中にはと~ (4, 0.0%)

1 ほく聞け, 思って, 書いて, 水陸から

▼ 中にぶ~ (4, 0.0%)

1 なの木, ッぶ, ツつかるです, ツ倒れ

▼ 中にわ~ (4, 0.0%)

1 づかに, ーっと, ーんと, 海に

▼ 中のむ~ (4, 0.0%)

3 こうの 1 ーっと

▼ 中はさ~ (4, 0.0%)

2 のみ不潔 1 ほどにも思はない, ほどに心細く

▼ 中はと~ (4, 0.0%)

1 いえば, びらの, 医師も, 見ると

▼ 中はなはだ~ (4, 0.0%)

1 お気の毒, 失礼です, 恐れ入るけれども, 穏か

▼ 中ひとり~ (4, 0.0%)

1 この日, でも食べられる, 叫びて, 小宰相

▼ 中ふい~ (4, 0.0%)

2 と家 1 にお, に持病

▼ 中ふかく~ (4, 0.0%)

1 入って, 出来るだけ, 突きこんで, 身を

▼ 中へす~ (4, 0.0%)

4 がたを

▼ 中へまでも~ (4, 0.0%)

1 いかなければ, それ等の, 毛髪の, 浸み透って

▼ 中ほどにて~ (4, 0.0%)

1 前面より, 小金吾に, 町家の, 留り向

▼ 中ぼく~ (4, 0.0%)

1 の名前, はその, は自分, を君

▼ 中までが~ (4, 0.0%)

1 まるで水晶宮, 一ぱいに, 明るくなった, 燃え出しさ

▼ 中まるで~ (4, 0.0%)

1 ヒビの, 御来迎を, 神がかりに, 私が

▼ 中もつとも~ (4, 0.0%)

1 大きな誤り, 新しい事實, 歌舞伎劇の, 芸術家肌で

▼ 中ゆっくり~ (4, 0.0%)

1 会って, 拝聴致す, 昼間に, 歩くこと

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 かりしが, ですから, 椰子の, 構や

▼ 中よし~ (4, 0.0%)

3 成けれど 1 にて何ごと

▼ 中わが~ (4, 0.0%)

1 嘴に, 日本では, 日本要塞の, 道を

▼ 中を通して~ (4, 0.0%)

1 しだいしだいに, みのるは, 五千人の, 立てて

▼ 中アメリカ~ (4, 0.0%)

1 が集積, の前線報道員, やイギリス, 全国民

▼ 中一寸~ (4, 0.0%)

1 したもの, でも話, よんで, 頼んで

▼ 中一枚~ (4, 0.0%)

1 だけがえらばれ, の莚, はあまり, を懷

▼ 中一般~ (4, 0.0%)

2 の取り沙汰 1 からこれ, に流布

▼ 中二度~ (4, 0.0%)

1 か三度行, ばかり会った, も三度, 迄も裁判所

▼ 中井戸~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の方, の水

▼ 中人間~ (4, 0.0%)

1 には人間, のよう, の肉体的存在, ほど境遇

▼ 中何となく~ (4, 0.0%)

1 恐ろしいよう, 桜が, 熱病人の, 落つか

▼ 中使用~ (4, 0.0%)

1 した匿名, して, すると, せぬとか

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 に景, に暗く, に物騒がし, に雨

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 に訊かれ, の傍, の啓司, は洋画家

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 存在が, 山の, 軍を, 部落の

▼ 中其の~ (4, 0.0%)

1 一株去年より, 幾人が, 日に, 最も悲惨

▼ 中劇場~ (4, 0.0%)

1 に出演, はもとより, へ出る, を借り

▼ 中~ (4, 0.0%)

2 もすれ 1 ありとか, ありの

▼ 中~ (4, 0.0%)

4 の隅

▼ 中十兵衞~ (4, 0.0%)

1 から改めて, と一緒, は人柄, は脅かします

▼ 中半分~ (4, 0.0%)

1 が叫び, はこうした, は家, は板の間

▼ 中又は~ (4, 0.0%)

1 卒業時の, 夜分に, 時として都会生活, 近郊から

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 なり古代的, なり苦しい, もなし, 成りに

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 がめづらし, として, の外, を見せ

▼ 中和尚~ (4, 0.0%)

1 によってまた, の, の著, はその

▼ 中四人~ (4, 0.0%)

2 までがドキドキ 1 の者, も知らない

▼ 中國碑~ (4, 0.0%)

1 に就い, に就き, は唐時代, よりも約

▼ 中坂上~ (4, 0.0%)

1 に看板, の南側, の子供, を

▼ 中外出~ (4, 0.0%)

1 して, せず自室, なさること, はまだ

▼ 中大変~ (4, 0.0%)

1 です, な有様, に暖い, よ

▼ 中女中~ (4, 0.0%)

1 が飯櫃, にある, は極, を庇っ

▼ 中女主人公~ (4, 0.0%)

2 が戀人, の王妃

▼ 中婦人~ (4, 0.0%)

1 が喪服, の犯罪, は一五人, を駆りたて

▼ 中學出~ (4, 0.0%)

1 ですか, でね, の職工, をたしなめた

▼ 中學程度~ (4, 0.0%)

1 の學歴, の英語教師, ノ兒童一二年ニシテ完成スベキコトハ, ノ男生徒ニ制服トシテ靴洋服

▼ 中守忠利~ (4, 0.0%)

1 との道縁, と柳生但馬守宗矩, は地白, へ

▼ 中守忠興~ (4, 0.0%)

1 の夫人, の邸, を会津守護, を頼ん

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 てはいけません, てばかりいた, て夜, て居る

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 たりし, だか, の, の一行

▼ 中將姫~ (4, 0.0%)

2 の事, の物語

▼ 中屈指~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 の古い, の眺望

▼ 中山越え~ (4, 0.0%)

1 では恐ろしい, にかかった, にかかる, 行けば

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 とみみ, まあ詳しい, 取つて番, 送候

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 につい, に入る, に就, に就き

▼ 中座敷~ (4, 0.0%)

1 でお, に板つき, へ押し出し, まで大

▼ 中彷徨~ (4, 0.0%)

2 して 1 だつたさうな, の果て

▼ 中徒然~ (4, 0.0%)

1 のあまり, のあまり筆, を慰める, を慰めん

▼ 中~ (4, 0.0%)

2 た進歩派 1 た区々, た區

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 である, に腹痛, に進路, に陽気

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 に若く, はただ, は唯, は汝

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 から途中, で見つかった, の温泉, へ行きました

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 が空いた, にかけぬ, に書, のかかっ

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 に, を引い, を最後, を編む

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 でやっ, に於ける, のどの, の健全

▼ 中時々~ (4, 0.0%)

1 このホメロス, コックリコックリやりだし, 彼は, 持合せの

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 にかじりつい, にかじりついてれ, に凭, の中中

▼ 中果して~ (4, 0.0%)

1 どっちでしょう, 何れが, 衣服を, 誰が

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 な女, の大きい, の男, の矢

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 く嚴重, く小さな, く少数, にし

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 だとよ, のお, のが, の海鼠塀

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 から江戸橋, などは通, のない, を渡る

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 のごとき, の人, の侍たち, をし

▼ 中歩い~ (4, 0.0%)

1 ている, てもいい, て怖い, て来た

▼ 中~ (4, 0.0%)

3 の下駄 1 をくいしばる

▼ 中殆ど~ (4, 0.0%)

2 は棄てず 1 やられる, 滑稽に

▼ 中~ (4, 0.0%)

3 る隈 1 り衆

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 ぐっしょりに, になっ, びっしょりに, をグッショリ

▼ 中汽車~ (4, 0.0%)

2 の中 1 に乗っ, に揺られ通し

▼ 中流人~ (4, 0.0%)

1 の女性観, の根性, の間歇遺伝, の魂

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 が沸騰, が湧かし, は沢山, を使う

▼ 中~ (4, 0.0%)

2 に火, を入れ

▼ 中~ (4, 0.0%)

2 に浮かされた 1 の中氷, 未去らざる

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 のため, の死, の王, は機嫌

▼ 中~ (4, 0.0%)

4 虫あり

▼ 中番頭~ (4, 0.0%)

1 から二十四五, のなんと, の五助, も手代

▼ 中皺だらけ~ (4, 0.0%)

2 に笑い出し 1 だが, でどこ

▼ 中確か~ (4, 0.0%)

2 に居た 1 に一般, に行き過ぎ

▼ 中私達~ (4, 0.0%)

1 が諸国各地, の海辺, の鼻, は部隊

▼ 中~ (4, 0.0%)

4 の男

▼ 中繃帯~ (4, 0.0%)

2 をし 1 して, で包ん

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 によつて佛法僧, に當つて, の幕, は實

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 があっ, その中央, でその, は葉

▼ 中臣女~ (4, 0.0%)

2 の奉仕 1 が, の起原

▼ 中臣自身此山~ (4, 0.0%)

4 へ汲み

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 から陸, に乗りおくれ, の中, の動搖

▼ 中評判~ (4, 0.0%)

1 でございます, のこと, の中心, の少年

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 の神祇, 体の, 文化の, 機関の

▼ 中起き~ (4, 0.0%)

1 ていとうございます, てでもいた, て出, て居り

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 などは顴骨, に故障, はもう, よりも此人

▼ 中遊び~ (4, 0.0%)

2 戯れた 1 あるいて, に行っ

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 であった, である, には余り, 及び雪上霜

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 の中いっぱい, を圧する, を壓, を跨い

▼ 中~ (4, 0.0%)

2 とか尻尾, を抜い

▼ 中~ (4, 0.0%)

1 になる, の中, も頬, を山

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 ドンドン此の方角, 出たくねえ, 思うと

▼ 中あんなに~ (3, 0.0%)

1 世話に, 涼しくって, 激して

▼ 中いささか~ (3, 0.0%)

1 も行い, 新年を, 荒れ模様

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 右出入の, 置くだ或, 這入り出刃庖丁

▼ 中おそらく~ (3, 0.0%)

1 九〇〇〇は, 増大した, 第一

▼ 中おも~ (3, 0.0%)

2 へば此女 1 へばこの

▼ 中お母さん~ (3, 0.0%)

1 からさらし, が塩梅, なり他

▼ 中お母様~ (3, 0.0%)

1 のご, の瞳, も亡くなっ

▼ 中かき廻される~ (3, 0.0%)

3 やうなる

▼ 中からばかり~ (3, 0.0%)

2 出て 1 出るもん

▼ 中がらす~ (3, 0.0%)

3 の障子

▼ 中ぐし~ (3, 0.0%)

1 という, のふた, をとっ

▼ 中これら~ (3, 0.0%)

1 の外国婦人たち, の町村, の証

▼ 中これ等~ (3, 0.0%)

1 のこと, の人員, の踊り場

▼ 中ころ~ (3, 0.0%)

2 にし 1 まで直訳的

▼ 中さぞかし~ (3, 0.0%)

1 と思いやられまし, と気の毒さ, 御迷惑

▼ 中しつ~ (3, 0.0%)

2 とりと 1 れいでございます

▼ 中しばらく~ (3, 0.0%)

1 ついて, 小姓溜りの, 日本語を

▼ 中じっと~ (3, 0.0%)

1 して, 家に, 息を

▼ 中ぜんたい~ (3, 0.0%)

1 がこい, が厭, に手

▼ 中そこで~ (3, 0.0%)

1 絃を, 織田明智の, 船の

▼ 中たいへん~ (3, 0.0%)

1 だつた, な人出, 毛深かった

▼ 中たっ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ても土中, て音

▼ 中たまたま~ (3, 0.0%)

1 九カ村の, 妹を通じて, 疱瘡が

▼ 中たり~ (3, 0.0%)

1 っこなし, で将士, 南の

▼ 中だんだん~ (3, 0.0%)

1 判って, 狭まつて, 香具師は

▼ 中ちょっと~ (3, 0.0%)

1 以下であった, 変な, 逢いたいと

▼ 中ついに~ (3, 0.0%)

1 お重, これを, 善蔵さんは

▼ 中つた~ (3, 0.0%)

1 かね, とも, ね

▼ 中でありまし~ (3, 0.0%)

1 て, てもそこで, てもその

▼ 中でが~ (3, 0.0%)

1 あが, ちゃんとガラス, ぼうという

▼ 中でき~ (3, 0.0%)

1 みょうな, やつき, ゅうにそれをさがすわけにもいきません

▼ 中でございました~ (3, 0.0%)

1 か, からあれ, ので鐘

▼ 中でじ~ (3, 0.0%)

1 がいなすった, つと考え, ぶんから

▼ 中でとなへ~ (3, 0.0%)

3 ますと

▼ 中でなきゃ~ (3, 0.0%)

1 ア居廻りに, ア水の, 塀の

▼ 中とかいう~ (3, 0.0%)

1 ことで, のは, 意味に

▼ 中とが~ (3, 0.0%)

1 ある, 白々しく削つ, 耐水性に

▼ 中とに~ (3, 0.0%)

1 ふたりは, よりて, 鮭の

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 つちか, つちと, ろたんぼの

▼ 中どっち~ (3, 0.0%)

1 かの者, か死なず, が死んだ

▼ 中などから~ (3, 0.0%)

1 よくうかがわれます, 子供の, 立ちのぼるでしょう

▼ 中などでも~ (3, 0.0%)

1 らくに寝られる, 昔の, 薄の

▼ 中なん~ (3, 0.0%)

1 ですよ, のなん, の音

▼ 中においてこそ~ (3, 0.0%)

2 発生し 1 最も偉大

▼ 中においてのみ~ (3, 0.0%)

1 である, 存在する, 特定の

▼ 中にかけ~ (3, 0.0%)

1 ならべた黒ずんだ仏画, 出して, 渡し自然

▼ 中にかけて~ (3, 0.0%)

1 人を, 僕は, 重慶政府へ

▼ 中にが~ (3, 0.0%)

1 あんと, つくりこと切れる娘, つくりと

▼ 中にすらも~ (3, 0.0%)

1 なおこの, なお家, 皆は

▼ 中にという~ (3, 0.0%)

1 事件が, 約束通りに, 言葉を

▼ 中にとって~ (3, 0.0%)

1 かえって行き, よりどころ, 置いた

▼ 中にとの~ (3, 0.0%)

2 相談十年の 1 両親の

▼ 中にはも~ (3, 0.0%)

1 うさつきの, ひとり, 少しぼんやり

▼ 中にまでも~ (3, 0.0%)

1 お入れ, 生えて, 砒石の

▼ 中にもの~ (3, 0.0%)

1 いふ戀は, のたたまる, 足らなさ

▼ 中のの~ (3, 0.0%)

1 方が, 赤ちゃんの, 赤ん坊を

▼ 中へでは~ (3, 0.0%)

2 なくその 1 なく

▼ 中へなど~ (3, 0.0%)

1 入れて, 参ったの, 持出したかと

▼ 中へなんか~ (3, 0.0%)

2 入れません 1 押込めて

▼ 中へはは~ (3, 0.0%)

2 いること 1 づかしくて

▼ 中ほどまでも~ (3, 0.0%)

1 きりあけ, 射し込むの, 截りあけ

▼ 中ほどより~ (3, 0.0%)

1 やや上手, 裏口に, 西へ

▼ 中まだ~ (3, 0.0%)

1 ましな, 入棺の, 小夜子が

▼ 中まつ~ (3, 0.0%)

1 さきに, ケイオーに, 黒に

▼ 中までの~ (3, 0.0%)

1 交渉経過について, 人事などの, 掃除を

▼ 中やがて~ (3, 0.0%)

1 お戻り, ハタと, 折革包を

▼ 中やつ~ (3, 0.0%)

1 と二人位, と命, と私

▼ 中ゆえ~ (3, 0.0%)

1 かえって失礼, 詳しくは, 遂大屋さんに

▼ 中ゆく~ (3, 0.0%)

1 てに立ちふさがる, 私の, 響かな

▼ 中よそ~ (3, 0.0%)

1 の殿様, の課, へ旅

▼ 中れる~ (3, 0.0%)

1 や否や, よう答えられた, を知れり

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 がつく, くるなり, づかに

▼ 中を通じて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 彼らを, 異る

▼ 中インド式~ (3, 0.0%)

1 であるに, の彫像, の影響

▼ 中ッ腹~ (3, 0.0%)

1 でお, となっ, は無知

▼ 中ワンカット~ (3, 0.0%)

1 で昼, で昼めし, で昼休み

▼ 中一ばん~ (3, 0.0%)

1 の智恵者, 多いの, 暑いとき

▼ 中一ぱい~ (3, 0.0%)

1 に生やし, に色, 漲り溢れて

▼ 中一切~ (3, 0.0%)

1 が乱暴世界, の沖積荷役, をやる

▼ 中一回~ (3, 0.0%)

1 は現に, もプラス無し, も泣

▼ 中一等~ (3, 0.0%)

1 美しくて, 良いの, 長く従って

▼ 中一緒~ (3, 0.0%)

1 に居よう, に居る, に觀音さま

▼ 中七八分~ (3, 0.0%)

2 くらいはあたる 1 は余

▼ 中上人~ (3, 0.0%)

1 にもわかっ, の, もすでに

▼ 中下女~ (3, 0.0%)

1 が茶, などが泥坊, の不人情

▼ 中下方~ (3, 0.0%)

1 には僕, に這入, の一花弁

▼ 中不幸~ (3, 0.0%)

1 ならせめて, にし, にも君

▼ 中不思議~ (3, 0.0%)

2 な事 1 な箱

▼ 中世紀的~ (3, 0.0%)

1 な欧羅巴, な物語, な眺望

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 国民にとって, 国民の, 国民は

▼ 中二つ~ (3, 0.0%)

1 か三つ, の独楽, ばかり申し上げましょう

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 閣下が 1 自有經

▼ 中人以上~ (3, 0.0%)

2 の地位 1 の改革者流

▼ 中仕事~ (3, 0.0%)

1 がなく, して, のこと

▼ 中他人~ (3, 0.0%)

1 に監視, に近づきたい, の空似

▼ 中以来~ (3, 0.0%)

1 のこと, の会見, の挨拶

▼ 中伊藤松雄~ (3, 0.0%)

1 のとこ, の家, を訪問

▼ 中休む~ (3, 0.0%)

1 から手紙, ひまが, 暇も

▼ 中何と~ (3, 0.0%)

1 云つても, 無く薄暗し中程, 言つても

▼ 中何所~ (3, 0.0%)

2 を見渡した 1 にも其記事

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 山島爲國邑, 山島爲居凡百餘國, 山島而居

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 さして, さして小, をさす

▼ 中優れた~ (3, 0.0%)

1 ところの, もの程, 天分を

▼ 中全く~ (3, 0.0%)

1 つぶされて, 原因不明で, 日常生活から

▼ 中六つ~ (3, 0.0%)

1 がおも, も諳誦, を食い尽し

▼ 中再び~ (3, 0.0%)

1 われに, 呼び出されたるもの四人, 起ちがたき

▼ 中剃り~ (3, 0.0%)

1 がひどく, の上手, やじじ

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 がある, で一寸買, で食糧品

▼ 中十日~ (3, 0.0%)

1 おも, の短い, は必然

▼ 中十首~ (3, 0.0%)

1 が出はじまつた, が出る, の時期

▼ 中印度~ (3, 0.0%)

1 が一番, の根本, の那爛陀寺

▼ 中取り~ (3, 0.0%)

1 といっ, に持ち, に持つ

▼ 中各所~ (3, 0.0%)

1 において妖怪, の慰問演奏, の案内

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 塾生の, 技師が, 樣の

▼ 中同人~ (3, 0.0%)

1 が卓子, の出版, よりは何方

▼ 中吹雪~ (3, 0.0%)

1 にさらされ, のため, の中

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 から首尾, だ, を出た

▼ 中四五行~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 なしほつかり覚め, を載せ, を道具

▼ 中大きな~ (3, 0.0%)

1 まっ赤, 事に, 断崖を

▼ 中太り~ (3, 0.0%)

1 の女, の快活, の躯

▼ 中太陽~ (3, 0.0%)

1 の下, はふとした, を見る

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の子, の親友, は数

▼ 中始終~ (3, 0.0%)

1 くり返される様, 示指にて, 秋雨の

▼ 中婆アさん~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の歓心, の間

▼ 中學教師~ (3, 0.0%)

1 であつ, の檢定試驗, をし

▼ 中安心~ (3, 0.0%)

2 のため 1 である

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 のこと, を気, 濫

▼ 中実際~ (3, 0.0%)

1 あったと, の神事, 問題に

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 さに 1 暑計

▼ 中寝床~ (3, 0.0%)

2 の中 1 にてシヨコラ

▼ 中小屋~ (3, 0.0%)

1 のすぐ, の空, の蔭

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 から四番目 1 から十六番目

▼ 中居る~ (3, 0.0%)

1 か居ない, と道子, 事も

▼ 中山家~ (3, 0.0%)

2 へ御入 1 へ縁

▼ 中山越~ (3, 0.0%)

1 にか, にかかる, を上下

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 であるなと, と岩, を稱

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 をこい 1 の宿り

▼ 中帰国~ (3, 0.0%)

1 し得たもの, する者, の話

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の如く, 侍である, 居七ツ過ぎ会読

▼ 中年輩~ (3, 0.0%)

2 の牧夫 1 の紳士

▼ 中幾人~ (3, 0.0%)

1 あつた, かの人物, かの詩人

▼ 中幾度~ (3, 0.0%)

1 か知れません, となく, もない

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 に研ぎすました, を分け出で, を引き出した

▼ 中張均~ (3, 0.0%)

1 であった, はそう, はそういう

▼ 中思ふ~ (3, 0.0%)

2 やうに 1 ところを

▼ 中悉く~ (3, 0.0%)

2 馬鹿に 1 漢学の

▼ 中悪く~ (3, 0.0%)

2 成り家乱 1 ない

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 ありなどという, は此, より出

▼ 中我々~ (3, 0.0%)

1 の東京, は意識, は旅行

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 あらばと, あるごと, わるく諸

▼ 中攻略~ (3, 0.0%)

1 のとき, の後, をなさん

▼ 中教室~ (3, 0.0%)

1 で働き, に一人, に行き

▼ 中散歩~ (3, 0.0%)

1 の事, の記事, は醜く

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の上陸, の艇, はしばしば

▼ 中新聞記者~ (3, 0.0%)

1 が来る, を入るる, を業

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 に出たい, の宿屋, をなす

▼ 中早川~ (3, 0.0%)

1 が宇都宮病院, に便所, はそれ

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の通り, の風, は或

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 が輝い, は狂, を横切ろう

▼ 中昨夜~ (3, 0.0%)

1 のつづき, 脅かされた小, 脅かされた小田卷直次郎

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 に見る, を経, 各有

▼ 中時に~ (3, 0.0%)

1 あるいは不, 牛の, 賞すべきもの

▼ 中晴天~ (3, 0.0%)

1 が少なかっ, が続きましょう, の日

▼ 中暴風~ (3, 0.0%)

1 いまだやまず, に吹かれ, に遭っ

▼ 中曲輪~ (3, 0.0%)

1 と称され, の密房, は信玄

▼ 中書いた~ (3, 0.0%)

1 てふ, のが, 戯曲が

▼ 中最上~ (3, 0.0%)

1 の愉快, の点, の點

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の出る, の白, 満て産声

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 勝概奇絶之, 嫖子数人来叱, 數の

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 た高等, の歳, 解の

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 の, の奥, の奧

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 官吏の, 紳士を, 軍需会社の

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 にそばめる, に寄り添っ, へゆったり

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 を散歩 1 という

▼ 中~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ 中段々~ (3, 0.0%)

1 と生徒, 原書に, 月日が

▼ 中毎日~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 釣る場合

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 になっ, の冷えぬ, をつけ

▼ 中気持~ (3, 0.0%)

1 がよかつ, が悪い, よく人力車

▼ 中水だらけ~ (3, 0.0%)

2 の圓朝 1 にし

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 のとけない, のよう, の中

▼ 中泥だらけ~ (3, 0.0%)

1 だ, にし, になった

▼ 中洗っ~ (3, 0.0%)

1 ては乾かし, てやる, てブラシ

▼ 中流行~ (3, 0.0%)

1 の半, の感冒, の麻疹

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 川町行乞巡査が, 建昌軍に, 艸元政を

▼ 中為切~ (3, 0.0%)

1 があるいはすなわち, ということ, とする

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 一樹, 新聞寒尽不知年, 関心は

▼ 中無事~ (3, 0.0%)

1 な顔, にペンギン鳥, に三年

▼ 中無聊~ (3, 0.0%)

2 のあまり 1 を慰め

▼ 中特別~ (3, 0.0%)

1 なもの, の一科, の者

▼ 中特異~ (3, 0.0%)

1 な地位, の存在, の状貌

▼ 中疵だらけ~ (3, 0.0%)

1 だから, で夜露, の奴

▼ 中病気~ (3, 0.0%)

1 になっ, になり, に罹り

▼ 中病院~ (3, 0.0%)

1 の先生たち, の舟, へ行っ

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 が声, の壺, の目

▼ 中直接~ (3, 0.0%)

1 に人類学, に疾病, に見聞

▼ 中真赤~ (3, 0.0%)

1 になっ, になりました, にはれ上っ

▼ 中眠らず~ (3, 0.0%)

1 じまいであった, に泣き明かした, に見張り

▼ 中硝子~ (3, 0.0%)

1 から弟, の障子, を透し

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 なご馳走, な仕事, に眠られなかった

▼ 中突破~ (3, 0.0%)

1 に成功, の決死的, をこころみた

▼ 中窪み~ (3, 0.0%)

1 な御, になつて, に垣

▼ 中立ち~ (3, 0.0%)

1 て宣んし, て飛揚, 通したか

▼ 中童子~ (3, 0.0%)

1 が嚏, である, なぞは講堂

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 はれた事, ひしを, を一

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 をとっ, を執り, を採る

▼ 中箪笥~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の引手

▼ 中米国~ (3, 0.0%)

1 で結婚, で製作, の思想界

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 に染まり, に染り, に腫れ上った

▼ 中細君~ (3, 0.0%)

2 は知つて 1 は子供

▼ 中絶え~ (3, 0.0%)

21 てウィリアム

▼ 中絶えず~ (3, 0.0%)

1 口に, 心配を, 第三

▼ 中臣天神寿詞~ (3, 0.0%)

2 は飲食 1 も古い

▼ 中自然~ (3, 0.0%)

1 と瀑布, と解るだろう, または技術

▼ 中船室~ (3, 0.0%)

2 に閉じこもっ 1 を同じく

▼ 中芸術的~ (3, 0.0%)

1 では, な点, に何等問題

▼ 中若い~ (3, 0.0%)

1 三人が, 男が, 野沢富美子の

▼ 中若干~ (3, 0.0%)

2 はすでに 1 のもの

▼ 中英語~ (3, 0.0%)

1 に堪能, の訳解, を教

▼ 中蘭貢~ (3, 0.0%)

1 で投身, で身, においてテレーズ

▼ 中行く~ (3, 0.0%)

1 として地口行灯, わ, 水の

▼ 中行軍~ (3, 0.0%)

2 に擬し 1 もしばしば

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 かで水, で飛び込ん, になる

▼ 中見聞~ (3, 0.0%)

1 せしマジナイ, せる事, の種々

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 する所, であるが, ともいふべき

▼ 中語尾~ (3, 0.0%)

1 に来る, のガ行音, のハ行音

▼ 中身長~ (3, 0.0%)

1 である, でございます, の調った

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 トコトンさん, トコトンです, トコトンの

▼ 中辞典~ (3, 0.0%)

1 から平素, の達成, はなんにも

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 だと, の一部分, よりも高い

▼ 中近所~ (3, 0.0%)

2 の物置 1 の耳

▼ 中都市~ (3, 0.0%)

1 が日本, の写真, ほど健康

▼ 中~ (3, 0.0%)

2 いろで 1 の器

▼ 中閑打~ (3, 0.0%)

21 坐は

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 があたっ, のあたった, の当らない

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 なく探, なく探し廻っ, なく探す

▼ 中随一~ (3, 0.0%)

2 の能弁家 1 の見物

▼ 中隔梗塞~ (3, 0.0%)

2 を疑わせる 1 の疑い

▼ 中電車~ (3, 0.0%)

1 に飛び乗らう, のうごかない, の上

▼ 中飛ん~ (3, 0.0%)

1 だりはね, でいた, でもない

▼ 中駈け~ (3, 0.0%)

2 ずり廻っ 1 ずり廻った

▼ 中髭だらけ~ (3, 0.0%)

1 で髭, のコック長, の青年

▼ 中~ (3, 0.0%)

1 で一杯, は十尋前後, を五六匹土間

▼ 中黙っ~ (3, 0.0%)

2 ておいで 1 ていよう

▼ 中あがる~ (2, 0.0%)

2 紋白蝶の

▼ 中あちこち~ (2, 0.0%)

1 と見物, 歩き廻ったが

▼ 中あなあはれ不尽~ (2, 0.0%)

2 の高嶺

▼ 中あはれ~ (2, 0.0%)

2 をかくる

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 ぢくらず, づれかにきめたい自分一個としては

▼ 中いくら~ (2, 0.0%)

1 牧野が, 逃げまわって

▼ 中いそがしく~ (2, 0.0%)

1 働いた, 往来し

▼ 中いっぱい空~ (2, 0.0%)

2 にはもう

▼ 中いつか浅草公園~ (2, 0.0%)

2 の裏手

▼ 中いらい~ (2, 0.0%)

1 らしい気持, 窓辺の

▼ 中うすい~ (2, 0.0%)

1 微妙極みない, 蒲団の

▼ 中うたつて~ (2, 0.0%)

2 歩きました

▼ 中うち~ (2, 0.0%)

1 でぼんやり, にいらっしゃる

▼ 中うつらうつら~ (2, 0.0%)

1 とし, と睡つ

▼ 中うとく~ (2, 0.0%)

1 なる, もなら

▼ 中うまく~ (2, 0.0%)

1 檀那にとり, 立ちまわるよう

▼ 中えがらっぽい~ (2, 0.0%)

2 匂いで

▼ 中おかれ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 中おのずから~ (2, 0.0%)

1 この寺, 政治の

▼ 中おのれ~ (2, 0.0%)

1 の詩稿, を責め

▼ 中おれ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の外面生活

▼ 中お前~ (2, 0.0%)

1 のところ, のよう

▼ 中お日様~ (2, 0.0%)

2 は西

▼ 中お話~ (2, 0.0%)

1 して, は早い

▼ 中かけ廻っ~ (2, 0.0%)

1 てあの, てようやく

▼ 中かすか~ (2, 0.0%)

1 に意識, に聞き得

▼ 中かなり~ (2, 0.0%)

1 のもの, 苦痛で

▼ 中からさえ~ (2, 0.0%)

1 そして従来何等, 役に立つもの

▼ 中からだけ~ (2, 0.0%)

1 とやかくいわれました, 生ずるもの

▼ 中からとも~ (2, 0.0%)

1 なく一種, なく空

▼ 中からよりも~ (2, 0.0%)

2 噂の

▼ 中がか~ (2, 0.0%)

1 あと熱く, ッと

▼ 中がから~ (2, 0.0%)

1 っぼでそれ, であるという

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 ぃんと

▼ 中きっと~ (2, 0.0%)

1 厭に, 逃げて

▼ 中くま~ (2, 0.0%)

1 なく経文, なく調べ

▼ 中くら~ (2, 0.0%)

2 ゐの

▼ 中ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 かいて, けっこうだ

▼ 中ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 大目に, 若しか

▼ 中こそは~ (2, 0.0%)

1 殆ど理想通りに, 睫毛の

▼ 中こまごま~ (2, 0.0%)

2 と飛べる

▼ 中さかい~ (2, 0.0%)

1 でが一番, には今

▼ 中さき~ (2, 0.0%)

1 にその, に木沢医師

▼ 中さ立ぢ~ (2, 0.0%)

2 あがる

▼ 中しきりに~ (2, 0.0%)

1 僕に, 首を

▼ 中しつれいです~ (2, 0.0%)

2 がじつは

▼ 中じゃから~ (2, 0.0%)

1 どうじゃろう, 斯うし

▼ 中じゃが~ (2, 0.0%)

1 小切手を, 相談うけた

▼ 中じゅう引摺り~ (2, 0.0%)

2 まわし殴ったり

▼ 中すぐれたる~ (2, 0.0%)

1 君誰なれ, 青春の

▼ 中すつかり~ (2, 0.0%)

1 緑いろ, 難渋し

▼ 中ずぶ~ (2, 0.0%)

2 ぬれに

▼ 中そのまま~ (2, 0.0%)

1 放任し, 陳列する

▼ 中たいてい~ (2, 0.0%)

1 の平地, 夜は

▼ 中たえず~ (2, 0.0%)

1 勉強し, 彼女と

▼ 中たそがれ~ (2, 0.0%)

2 かけたとは

▼ 中ただ一人~ (2, 0.0%)

1 だけ黒小袖, の佐藤垢石型

▼ 中たる~ (2, 0.0%)

1 も先ず, 実によく

▼ 中だけしか~ (2, 0.0%)

1 存在しない, 現われて

▼ 中だったら~ (2, 0.0%)

1 いいと, お坊さん

▼ 中だれ~ (2, 0.0%)

1 かこの, にも知人

▼ 中つぎ~ (2, 0.0%)

1 に残し, をし

▼ 中つたの~ (2, 0.0%)

1 が一人, である

▼ 中つづい~ (2, 0.0%)

1 てくれれ, て旅寝

▼ 中つとめて~ (2, 0.0%)

1 ゐた会社, ゐた軍需会社

▼ 中つめたい~ (2, 0.0%)

1 中に, 水の

▼ 中てよう~ (2, 0.0%)

1 と勝手, と思え

▼ 中てられる~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, ものです

▼ 中てんで~ (2, 0.0%)

1 僕を, 相手に

▼ 中であるらしく~ (2, 0.0%)

1 そこらに, 猪野は

▼ 中でから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 中でございまし~ (2, 0.0%)

1 てまもなく, て私

▼ 中でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, が

▼ 中でしたろう~ (2, 0.0%)

1 そこへ, と思います

▼ 中でしん~ (2, 0.0%)

1 と仕事, と落

▼ 中でぞ~ (2, 0.0%)

1 っくり伸び, つとする

▼ 中でです~ (2, 0.0%)

1 か, よ二つ

▼ 中でといふ~ (2, 0.0%)

1 意味で, 風に

▼ 中でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, としたら

▼ 中でなき~ (2, 0.0%)

1 やア, ア水の

▼ 中でなり~ (2, 0.0%)

2 と逃避的

▼ 中でなんぞ~ (2, 0.0%)

2 くらして

▼ 中でに~ (2, 0.0%)

1 しろそれ以前, やり歯

▼ 中ではわ~ (2, 0.0%)

1 づかに, ーと

▼ 中でまで~ (2, 0.0%)

1 彼女は, 精も

▼ 中でもと~ (2, 0.0%)

1 いって, こやさんでも

▼ 中でもも~ (2, 0.0%)

1 だ, 一人の

▼ 中でもより~ (2, 0.0%)

2 よい人々

▼ 中でを~ (2, 0.0%)

1 かしく思ふ, どりま

▼ 中とうとう~ (2, 0.0%)

1 柏木未亡人方にも, 蠑螺堂は

▼ 中ところ~ (2, 0.0%)

1 によつちや, 嫌わず踏みつけるその

▼ 中とそ~ (2, 0.0%)

1 とで何かと, ととの連絡

▼ 中とつぜん~ (2, 0.0%)

1 水平線に, 行手に

▼ 中とでも~ (2, 0.0%)

1 いいましょうか, いうよう

▼ 中とばかり~ (2, 0.0%)

1 思われて, 言いたい三昧

▼ 中とを~ (2, 0.0%)

1 いく度も, 調査に

▼ 中どうして~ (2, 0.0%)

1 しのいで, 送るか

▼ 中どころか~ (2, 0.0%)

1 万発万中という, 海を

▼ 中どころ以下~ (2, 0.0%)

1 が低き, の取引

▼ 中どなた~ (2, 0.0%)

1 かが血, も出合わず

▼ 中どんなに~ (2, 0.0%)

1 社会的, 貰い笑

▼ 中なかなか~ (2, 0.0%)

1 味を, 立体的使途の

▼ 中なぞは~ (2, 0.0%)

1 特に催す, 随分雪

▼ 中なぞも~ (2, 0.0%)

1 まるで物置きのよう, 序に

▼ 中なぞを~ (2, 0.0%)

1 そことも, 行く時

▼ 中などにおいて~ (2, 0.0%)

1 あるの, 日本的に

▼ 中などの~ (2, 0.0%)

1 愛詩を, 掃除を

▼ 中なべて~ (2, 0.0%)

2 変るところ

▼ 中ならず~ (2, 0.0%)

1 かかる処, 蒼海原に

▼ 中なりに~ (2, 0.0%)

1 入れて, 子供の

▼ 中なるある~ (2, 0.0%)

1 歌に, 物を

▼ 中なる剃~ (2, 0.0%)

2 手と

▼ 中なんかへ~ (2, 0.0%)

1 曲者は, 誘い出したん

▼ 中なんぞへ~ (2, 0.0%)

1 だらしが, 入って

▼ 中なんぞを~ (2, 0.0%)

1 かってに, 調べて

▼ 中なんとなく~ (2, 0.0%)

1 ざわめいて, 具合が

▼ 中においてさえ~ (2, 0.0%)

1 あらゆる巻, がむしゃらに

▼ 中においての~ (2, 0.0%)

1 尊氏と, 秀吉である

▼ 中にかが~ (2, 0.0%)

2 まって

▼ 中にしも~ (2, 0.0%)

1 級長われは, 腕を

▼ 中にだけは~ (2, 0.0%)

1 そうしたふ, 一部分は

▼ 中にでもは~ (2, 0.0%)

1 いること, ひつて

▼ 中になど~ (2, 0.0%)

1 大志は, 底の

▼ 中になんか~ (2, 0.0%)

1 いたん, 入る柄

▼ 中にの~ (2, 0.0%)

1 こしつ, た打ち廻り乍ら

▼ 中にはな~ (2, 0.0%)

1 売薬や, 画を

▼ 中にばっかり~ (2, 0.0%)

1 いたんじゃ, 育って

▼ 中にへ~ (2, 0.0%)

2 なりて

▼ 中にほど~ (2, 0.0%)

1 よく安, よく膨れた

▼ 中にもと~ (2, 0.0%)

1 師匠の, 驚かる

▼ 中にもを~ (2, 0.0%)

1 ちこち知人, られるの

▼ 中によ~ (2, 0.0%)

2 こに

▼ 中にをの~ (2, 0.0%)

2 のい

▼ 中ぬり~ (2, 0.0%)

2 の泥鏝

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 中ねも~ (2, 0.0%)

1 ごろ人の, しないで

▼ 中のうが~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 中のけ~ (2, 0.0%)

1 はいが, はいを

▼ 中のね~ (2, 0.0%)

1 女用文章の, 蕃蛇剌馬

▼ 中のもやだ~ (2, 0.0%)

2 もやもやもやもや

▼ 中はから~ (2, 0.0%)

1 つぽ, 屋敷に

▼ 中はだし~ (2, 0.0%)

1 で砂, を浸まさない

▼ 中はねあるく~ (2, 0.0%)

1 小さなみそさ, 小さなみそさざい

▼ 中はも~ (2, 0.0%)

2 ぬけの

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 げだらけの, ょうばんのきりょうよしであった

▼ 中ひどく~ (2, 0.0%)

1 暑い処, 照りつけられたよう

▼ 中ひょっと~ (2, 0.0%)

1 怪しげな, 書き出して

▼ 中びしよ濡れ~ (2, 0.0%)

2 の汗

▼ 中びっしょり~ (2, 0.0%)

1 して, 汗を

▼ 中へだけ~ (2, 0.0%)

1 ためて, 入り込んで

▼ 中へとは~ (2, 0.0%)

1 考えたが, 考へたが

▼ 中へなんぞ~ (2, 0.0%)

1 捨てちま, 隠まひ

▼ 中へぼ~ (2, 0.0%)

1 ちゃんとたたきこん, ちゃんと尻餅

▼ 中へや~ (2, 0.0%)

1 躍込むよう, 雷電が

▼ 中へを~ (2, 0.0%)

1 さめようとも, どり込んで

▼ 中へん~ (2, 0.0%)

1 から道, に当っ

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 いを

▼ 中ほどにも~ (2, 0.0%)

1 小さい池, 所々洲肌が

▼ 中ほどは~ (2, 0.0%)

1 火焔の, 紅く柔

▼ 中ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 しては, 見えた男

▼ 中ぽかんと~ (2, 0.0%)

1 眼球を, 虚脱状態だった

▼ 中まさか~ (2, 0.0%)

1 禽獣じゃ, 自宅へ

▼ 中まっ白~ (2, 0.0%)

1 だけれど, な長い

▼ 中まっ黒~ (2, 0.0%)

1 だから, でした

▼ 中までを~ (2, 0.0%)

1 赤くさせ, 風に

▼ 中みの~ (2, 0.0%)

1 えった包, にんげん

▼ 中むだ話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 中めちやめちや~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 中もしくは~ (2, 0.0%)

1 床上に, 真昼間の

▼ 中やっ~ (2, 0.0%)

1 たり英介氏, てくれる

▼ 中やはり~ (2, 0.0%)

1 この二代将軍, 遠藤の

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 仰ぎ見るカント, 湧きくるらしも

▼ 中ゆえそれ~ (2, 0.0%)

2 が終り

▼ 中よう~ (2, 0.0%)

1 おとなしく遊ん, 睡りも

▼ 中よしや~ (2, 0.0%)

1 この身, 他の

▼ 中よりか~ (2, 0.0%)

1 涼しいくら, 矢っ

▼ 中よりぞ~ (2, 0.0%)

1 出で, 現れいでたる

▼ 中らしかった~ (2, 0.0%)

1 が茅村, が遂に

▼ 中わけ~ (2, 0.0%)

1 ても, もなく

▼ 中わけても~ (2, 0.0%)

2 御庭

▼ 中われわれ~ (2, 0.0%)

1 の受けた, を追いつめ

▼ 中をつつ~ (2, 0.0%)

1 ぬけて, 突いた

▼ 中をでも~ (2, 0.0%)

1 歩くよう, 行くやう

▼ 中をのぞ~ (2, 0.0%)

1 ぎ込ん, ゐて

▼ 中をめぐって~ (2, 0.0%)

1 いるし, 歩いた

▼ 中を以て~ (2, 0.0%)

1 始終の, 村を

▼ 中エイエイ~ (2, 0.0%)

2 苦労し

▼ 中ギラギラ~ (2, 0.0%)

1 して, 光つてゐた

▼ 中クリストフ~ (2, 0.0%)

1 の要求, はオーロラ

▼ 中グリークラブ~ (2, 0.0%)

1 の設立, は特色

▼ 中ゴロゴロ~ (2, 0.0%)

1 あばれ出さないよう, 転がって

▼ 中チャブ台~ (2, 0.0%)

1 のま, のまわり

▼ 中テパーンタール砂漠~ (2, 0.0%)

1 のはるか, の遥か

▼ 中ハムレット~ (2, 0.0%)

1 と恋, の一齣

▼ 中パリ~ (2, 0.0%)

1 のパストゥール免疫所, の食料品市場

▼ 中ブルジョア的環境~ (2, 0.0%)

2 はむしろ

▼ 中ベッド~ (2, 0.0%)

1 での空想, の上

▼ 中ボンヤリ~ (2, 0.0%)

2 と屈託

▼ 中メチャメチャ~ (2, 0.0%)

1 ですよ, の時

▼ 中ランプ~ (2, 0.0%)

1 の下, の灯

▼ 中リテ死スルモノ~ (2, 0.0%)

2 亦年々

▼ 中ヶ岳~ (2, 0.0%)

1 が三角, が屏風

▼ 中一体~ (2, 0.0%)

1 どちらが, に脈動

▼ 中一匹~ (2, 0.0%)

1 の方, 生き殘つて

▼ 中一方~ (2, 0.0%)

1 ならぬ世話, に於

▼ 中一日快晴~ (2, 0.0%)

2 を卜

▼ 中一時~ (2, 0.0%)

1 に寂然, は五ヶ月以前

▼ 中一時間内~ (2, 0.0%)

2 の消費熱量

▼ 中一点~ (2, 0.0%)

1 の紅, ぽとりと滴り落ち

▼ 中一番六~ (2, 0.0%)

1 かしい原書, つかしいと

▼ 中一番簡単~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 中一番興味~ (2, 0.0%)

1 ある時代, を覺

▼ 中一言~ (2, 0.0%)

1 もいわない, も口

▼ 中一郎~ (2, 0.0%)

1 の部屋ワンカット, はもうどうにも

▼ 中一部~ (2, 0.0%)

2 の期限

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に苦悩, 迄絶望

▼ 中七人~ (2, 0.0%)

1 はゴンクウル, まで雄

▼ 中万遍~ (2, 0.0%)

1 なく刺される, なく掻きたくなる

▼ 中三分の一~ (2, 0.0%)

1 は, はもう

▼ 中三分の二~ (2, 0.0%)

1 しかない, はふつう

▼ 中三味線~ (2, 0.0%)

1 の稽古, を持った

▼ 中三婦人~ (2, 0.0%)

2 の像

▼ 中三度~ (2, 0.0%)

1 も烈しき, 訪ねた

▼ 中三時間許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 中三浦~ (2, 0.0%)

1 は当時, 両郡

▼ 中上下~ (2, 0.0%)

1 の間, 消魂云々

▼ 中上陸~ (2, 0.0%)

1 から北支派遣, しても

▼ 中下宿~ (2, 0.0%)

1 の人達, の火鉢

▼ 中下駄~ (2, 0.0%)

1 の出し入れ, の緒

▼ 中不精鎌~ (2, 0.0%)

2 と俗

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の上, の上相当

▼ 中両国~ (2, 0.0%)

1 を返, 第八

▼ 中中国~ (2, 0.0%)

1 にもずいぶん, の某

▼ 中主として~ (2, 0.0%)

1 倫敦に, 師家の

▼ 中主要~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 中乗っけ~ (2, 0.0%)

2 てもらった

▼ 中乗客~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 中九十九~ (2, 0.0%)

1 までむずかしい, 迄助からない

▼ 中九十五人~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは読ん, まで生き返らせる

▼ 中九州~ (2, 0.0%)

1 から師隠元, まで逃げ

▼ 中九年~ (2, 0.0%)

1 に至り, までが五十七年

▼ 中二〇~ (2, 0.0%)

1 が結婚, ちかく勤労者自身

▼ 中二三十人~ (2, 0.0%)

1 の友達, ばかりを持ち来たし

▼ 中二三度~ (2, 0.0%)

1 お目にかかり一度, 飲んだこと

▼ 中二人共~ (2, 0.0%)

1 うつらうつらし, むっつりと

▼ 中二名~ (2, 0.0%)

1 の男子患者, まで水戸派

▼ 中二君~ (2, 0.0%)

1 ですか, は今夜

▼ 中二回~ (2, 0.0%)

1 は朝, ほどまわる

▼ 中二回目~ (2, 0.0%)

1 の大, を終えた

▼ 中二時間~ (2, 0.0%)

1 は厚狭裏町行乞, ばかり家

▼ 中五十本以上~ (2, 0.0%)

1 の当り, の當

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 からきた語, の発掘

▼ 中京都~ (2, 0.0%)

1 で彫金家, の祇園

▼ 中人民~ (2, 0.0%)

1 から集めた, は彼

▼ 中人知れず~ (2, 0.0%)

1 向島の, 隠して

▼ 中仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 のフレデリック, の田舎

▼ 中以外~ (2, 0.0%)

1 ではない, ひやや

▼ 中伊達~ (2, 0.0%)

1 の大木戸あたり, の言葉

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 などの革命党, に出席

▼ 中会社~ (2, 0.0%)

1 の中, の方

▼ 中位牌~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 中何とも~ (2, 0.0%)

2 口には

▼ 中何ん~ (2, 0.0%)

1 という事, の異議

▼ 中何一つ~ (2, 0.0%)

1 御気, 悪臭の

▼ 中何事~ (2, 0.0%)

1 も懈, も無き

▼ 中何分~ (2, 0.0%)

1 宜敷, 頼む

▼ 中何者~ (2, 0.0%)

1 かに鉄砲, が飛びかかる

▼ 中作敵~ (2, 0.0%)

2 の計

▼ 中使~ (2, 0.0%)

1 と称し, なり相州

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の如く勉学, の気作

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に封じ, の庭園

▼ 中保たない~ (2, 0.0%)

2 かも知れません

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 で移っ, を待たした

▼ 中倒れ~ (2, 0.0%)

1 て四肢, て土

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 怪誤

▼ 中傾斜~ (2, 0.0%)

2 した岩

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 お園, の下婢

▼ 中僧さん~ (2, 0.0%)

1 にたのまれ, らしいの

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は香り, 鼎元

▼ 中兄さん~ (2, 0.0%)

1 が引っぱられ, は疑いだした

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の車, へ行く

▼ 中先づ~ (2, 0.0%)

1 死んだの, 第一

▼ 中先生逍遙遊之圖~ (2, 0.0%)

1 にいた, をみ

▼ 中全部~ (2, 0.0%)

1 が大きな, で十三軒

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は蟲, まで選者以下当代人

▼ 中六人~ (2, 0.0%)

1 はすでに, までが泣き出し

▼ 中六略~ (2, 0.0%)

1 だけが本, だけの目録

▼ 中兵営~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ 中兵隊~ (2, 0.0%)

1 にとられ, に行っ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は有機身体中, を論ずる

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 復波を, 芋数千株に

▼ 中分け~ (2, 0.0%)

1 ても私, て刈る

▼ 中切っ~ (2, 0.0%)

1 てのお初, ての天下

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の十五卷, 發以來の

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 の洋罫紙

▼ 中別に~ (2, 0.0%)

1 一詩を, 是ぞと

▼ 中別人~ (2, 0.0%)

1 です, です酒中別人

▼ 中前後~ (2, 0.0%)

2 に比類

▼ 中前者~ (2, 0.0%)

1 は, は人口

▼ 中労働~ (2, 0.0%)

2 の価格

▼ 中勝手~ (2, 0.0%)

1 な事, に逸走

▼ 中十三年忌~ (2, 0.0%)

1 が三世, には袈裟一領家元

▼ 中十人~ (2, 0.0%)

1 ぐらいで, までが丸出し

▼ 中十文字~ (2, 0.0%)

2 に襷

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 にし, の日

▼ 中半数~ (2, 0.0%)

1 は定, は日本人

▼ 中即ち~ (2, 0.0%)

1 攘夷論全盛の, 饑渇の

▼ 中厄介~ (2, 0.0%)

1 な道連れ, になっ

▼ 中双里~ (2, 0.0%)

1 から山越し, から望見

▼ 中取り出~ (2, 0.0%)

2 ては大

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 を封じる

▼ 中古代~ (2, 0.0%)

1 にて織田氏, の勇士

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は置かねえ, 独りの

▼ 中召集~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 中同市~ (2, 0.0%)

1 の人伊勢崎君, の敏腕

▼ 中同郷~ (2, 0.0%)

1 の友, の者

▼ 中含蓄~ (2, 0.0%)

2 するところ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 をあずけ, を亡

▼ 中唱歌~ (2, 0.0%)

1 その主, の課目

▼ 中啼い~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ 中善く~ (2, 0.0%)

1 なりぬ, 識れる

▼ 中嚢中無一物~ (2, 0.0%)

1 なので, 寒いこと

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 えて置く, はれし月數算

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 より人種, 疾の

▼ 中国交回復国民運動~ (2, 0.0%)

1 と日米安保条約体制打破, と日米条約体制打破

▼ 中国家~ (2, 0.0%)

1 が認め, の情報網

▼ 中國國民黨イタリア~ (2, 0.0%)

2 のフアツシヨ

▼ 中地主~ (2, 0.0%)

1 の家庭内, は五百万

▼ 中坐し~ (2, 0.0%)

1 て来た, て退っ

▼ 中坐する~ (2, 0.0%)

2 といふ法

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の縁, らしい辺り

▼ 中執筆~ (2, 0.0%)

1 には大, 第六回配本

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 とはこの, の人

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 だそう, の作法

▼ 中壮麗~ (2, 0.0%)

2 なる古代

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に樫, は滅多

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の一夜, の日

▼ 中外套~ (2, 0.0%)

1 と黒狐裏表, ね黒狐表裏

▼ 中夜分~ (2, 0.0%)

1 な海, もおち

▼ 中大いに~ (2, 0.0%)

1 かかる結果, 文芸論を

▼ 中大体~ (2, 0.0%)

1 どう言, に於い

▼ 中大徳~ (2, 0.0%)

1 に話, の

▼ 中大抵~ (2, 0.0%)

1 その方, の和本屋

▼ 中大臣輔弼~ (2, 0.0%)

2 の責任

▼ 中大陸~ (2, 0.0%)

1 の田舎, まず開け

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 つ祝詞, の高

▼ 中天皇~ (2, 0.0%)

1 が女帝, は神

▼ 中失礼~ (2, 0.0%)

1 した, でした

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 車都尉霍光が, 願上候も

▼ 中女主人~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 中女子~ (2, 0.0%)

1 の恥, の生れた

▼ 中好し~ (2, 0.0%)

1 で何時, の友達

▼ 中如何~ (2, 0.0%)

1 に多く, ほどか騒立つやらん

▼ 中如何なる~ (2, 0.0%)

2 事情が

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 とおんば, 娶とか

▼ 中學以上~ (2, 0.0%)

1 になつて假名, の人

▼ 中學教員~ (2, 0.0%)

1 としての資格, となれる

▼ 中學校女子部~ (2, 0.0%)

2 の生徒

▼ 中學校女學校~ (2, 0.0%)

1 で運動會, に出し

▼ 中學高等學校~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 中守斉護~ (2, 0.0%)

1 の四子寛五郎, の子

▼ 中守様~ (2, 0.0%)

1 の, のお

▼ 中宗教~ (2, 0.0%)

1 を以て第, 最も其功力

▼ 中家中~ (2, 0.0%)

1 にひっこしひっこしし, の者

▼ 中家事~ (2, 0.0%)

2 は元

▼ 中宿屋~ (2, 0.0%)

1 に彼, の風呂

▼ 中寝た~ (2, 0.0%)

2 ふりを

▼ 中寝ない~ (2, 0.0%)

1 で, で待った

▼ 中小僧~ (2, 0.0%)

1 にドンナ事, の言葉

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 府に, 稀と

▼ 中少く~ (2, 0.0%)

1 とも三四回, も五十秒間

▼ 中少なくも~ (2, 0.0%)

1 一度は, 各一回

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 この風習, 此年には

▼ 中山帽子~ (2, 0.0%)

1 の頂, やその他

▼ 中山谷~ (2, 0.0%)

1 の敵, の糟谷弥次郎重行

▼ 中岐山~ (2, 0.0%)

1 に関しては, は野州

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 の火口

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に延び, のま

▼ 中川瀬兵衛清秀~ (2, 0.0%)

1 は光秀軍, をとりかこむ

▼ 中差し~ (2, 0.0%)

1 とって, との照り映えた

▼ 中巴蜀~ (2, 0.0%)

1 に雄視, に非常

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の地, も解かない

▼ 中帰郷~ (2, 0.0%)

1 したある, した或

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に一度, 若き女飛び込み跳

▼ 中年寄~ (2, 0.0%)

1 の声, は寄人

▼ 中年配~ (2, 0.0%)

1 の相当, の立派

▼ 中幾十日~ (2, 0.0%)

1 にわたる船中, の習慣

▼ 中広間~ (2, 0.0%)

1 で小さい, は書院窓

▼ 中序跋~ (2, 0.0%)

2 は十二册

▼ 中度々~ (2, 0.0%)

1 お手紙, くり返されたもの

▼ 中引摺~ (2, 0.0%)

1 ってねえ, 廻したり

▼ 中当時~ (2, 0.0%)

1 に至る, のこと

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 ぐらいな, の小

▼ 中彼ら~ (2, 0.0%)

1 は, は全く

▼ 中彼岸~ (2, 0.0%)

1 の寺, の来る

▼ 中彼等~ (2, 0.0%)

1 はずっと, はひたすら

▼ 中往々~ (2, 0.0%)

1 好き處なき, 文体を

▼ 中徴用~ (2, 0.0%)

1 されたんで, で軍需工場

▼ 中忙しかっ~ (2, 0.0%)

1 たし, た裁板

▼ 中忙しく~ (2, 0.0%)

1 働かねば, 働く

▼ 中快晴~ (2, 0.0%)

1 な日, の富士

▼ 中思い出し~ (2, 0.0%)

1 ては格子, 考え考え辿った

▼ 中急い~ (2, 0.0%)

1 で家, で東京

▼ 中恐縮~ (2, 0.0%)

1 ながら左記条項, に存じ

▼ 中患者~ (2, 0.0%)

1 のどんな, の最も

▼ 中悪夢~ (2, 0.0%)

1 にうなされ, は彼

▼ 中情報局~ (2, 0.0%)

1 からおどかされた, によって考え出された

▼ 中意識~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, するか

▼ 中慟哭~ (2, 0.0%)

1 した, しつ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 から添え書きよう, 淡きこと水

▼ 中或いは~ (2, 0.0%)

1 ささやかなる, 歩行中の

▼ 中戦場~ (2, 0.0%)

1 にて負いたる, の墓地

▼ 中所々~ (2, 0.0%)

1 に散見, の家

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 が開いた, のカット

▼ 中抽斎~ (2, 0.0%)

1 に先, の最も

▼ 中持っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て歩け

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は霜, を噛まね

▼ 中挙っ~ (2, 0.0%)

1 て信じ始めたろう, て是非

▼ 中掛っ~ (2, 0.0%)

1 て千葉先生の, て荷物

▼ 中揚幕~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ 中揚底~ (2, 0.0%)

2 で折

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 したつて滅多, し廻つた

▼ 中撫で~ (2, 0.0%)

1 廻は, 廻わして

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 二に, 鶴

▼ 中政府~ (2, 0.0%)

1 から勲章, の処分

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 ヤメテ居ルト云ウカラソレカラソレハ小量ノコトダ煙草ヲスウトモ修行ノ, 御無音申候

▼ 中散々~ (2, 0.0%)

1 荒した上, 駈け廻った後

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 ならぬ我, れば

▼ 中数ヶ所~ (2, 0.0%)

1 に撮影用, の芸者

▼ 中数万~ (2, 0.0%)

2 の氏人

▼ 中数婦人~ (2, 0.0%)

2 の像

▼ 中敷窓~ (2, 0.0%)

1 から何, から見る

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 において斷然, 知れぬ牝羊

▼ 中數萬~ (2, 0.0%)

2 の氏人

▼ 中文化~ (2, 0.0%)

1 の交流, は鉄砲

▼ 中文学出精~ (2, 0.0%)

1 に付, 之段達

▼ 中文部省~ (2, 0.0%)

1 に出頭, は敵性語

▼ 中料理~ (2, 0.0%)

1 の粋, をこしらえ

▼ 中方々~ (2, 0.0%)

1 でおっ, に膏薬

▼ 中旅行~ (2, 0.0%)

1 だつて, による布教法

▼ 中日本人~ (2, 0.0%)

1 の独創能力, は数千

▼ 中日本橋~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, の家

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 自由党より, 著冷笑を

▼ 中明り~ (2, 0.0%)

2 の洪水

▼ 中明るみづみづし燈~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 中映画~ (2, 0.0%)

1 が変, に題材

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 という額, はおの

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 のごとき, を摘み

▼ 中是非~ (2, 0.0%)

1 とも聞い, 伺います

▼ 中時には~ (2, 0.0%)

1 夜まで, 泥濘の

▼ 中時代~ (2, 0.0%)

1 からの友人, の最も

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の種類, 未回

▼ 中普通~ (2, 0.0%)

2 の道理

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 とが描い, になる

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 なしでゐ, を取っ

▼ 中暗く~ (2, 0.0%)

1 しなくては, なるから

▼ 中暮し~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 中更に~ (2, 0.0%)

1 各位の, 泣くもの

▼ 中書い~ (2, 0.0%)

1 ては消し, てゐた

▼ 中書斎~ (2, 0.0%)

1 に寝床, に座っ

▼ 中曾夫人ロウ人形館~ (2, 0.0%)

1 へやってき, もそれ

▼ 中最古語~ (2, 0.0%)

1 を使, を使う

▼ 中朝夕顔~ (2, 0.0%)

2 を見し

▼ 中未亡人~ (2, 0.0%)

1 が店, も没し

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 のころ, の頃

▼ 中本山~ (2, 0.0%)

1 の玻璃台, の長

▼ 中本書~ (2, 0.0%)

1 に引用, を携

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の家, は親切

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の中, の老媼

▼ 中来た~ (2, 0.0%)

1 ときの, 時には

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 を出し, 高く

▼ 中楊柳~ (2, 0.0%)

1 の間, を折り

▼ 中極めて~ (2, 0.0%)

1 小なる, 少数で

▼ 中様々~ (2, 0.0%)

1 な修正推敲, な問題

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の中, の木

▼ 中歓呼~ (2, 0.0%)

1 したもの, して

▼ 中歓楽~ (2, 0.0%)

1 に浸, に浸っ

▼ 中止宿~ (2, 0.0%)

1 したの, の用意

▼ 中歿~ (2, 0.0%)

1 した木村精君, す

▼ 中気の毒~ (2, 0.0%)

1 であるが, なこと

▼ 中江口氏~ (2, 0.0%)

2 は凍傷

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に青色, の水

▼ 中決して~ (2, 0.0%)

1 生徒を, 睡っちゃあ

▼ 中泣い~ (2, 0.0%)

1 たり笑, てきた

▼ 中泣き~ (2, 0.0%)

1 どおし, ながら考えた

▼ 中津々浦々~ (2, 0.0%)

1 までも伝わっ, まで響け

▼ 中流れ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 中流民~ (2, 0.0%)

1 は知る, らしい

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 でぬらし, に濡らした

▼ 中清秀~ (2, 0.0%)

2 深穏

▼ 中渡船~ (2, 0.0%)

2 なる古雅

▼ 中渡頭~ (2, 0.0%)

1 で居合抜き, を徘徊

▼ 中湖水~ (2, 0.0%)

1 に溺れ, の岸

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 一年未満の, 洲に

▼ 中漢字~ (2, 0.0%)

1 に通ぜざる, を組入れた

▼ 中潔白~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 から遠い

▼ 中炎天~ (2, 0.0%)

1 の下, をお

▼ 中無人~ (2, 0.0%)

1 となる, にて遂に

▼ 中無礼講~ (2, 0.0%)

1 で遊ぶ, の札

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 傷を, 爛れた日光

▼ 中燃され~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 中燃料~ (2, 0.0%)

1 がなく, が不足

▼ 中父様~ (2, 0.0%)

1 と松坂屋, に申し

▼ 中牢死~ (2, 0.0%)

1 した, し根岸

▼ 中特有~ (2, 0.0%)

1 の優, の孤独

▼ 中特筆~ (2, 0.0%)

1 すべきは, すべきもの

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 につままれ, に化かされ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 とある, 吹雪に

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に尿, 鳴く至って

▼ 中珠数生~ (2, 0.0%)

1 になった, になつたの

▼ 中瑞雲斎~ (2, 0.0%)

1 がある, でこれ

▼ 中甚だ~ (2, 0.0%)

1 新に, 良きもの

▼ 中生命~ (2, 0.0%)

1 あるものすべて, の危険

▼ 中生層~ (2, 0.0%)

2 の岩質

▼ 中田圃~ (2, 0.0%)

1 とは今日, の妹

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の方, は五

▼ 中男女~ (2, 0.0%)

1 が衣服, 尽く来り

▼ 中番頭たち~ (2, 0.0%)

1 が, と友達

▼ 中疎開~ (2, 0.0%)

1 して, に来

▼ 中発見~ (2, 0.0%)

1 された観念, され手当

▼ 中白く~ (2, 0.0%)

1 なるを, ほの

▼ 中百六十一人~ (2, 0.0%)

2 は女学生

▼ 中皇命~ (2, 0.0%)

1 が斉明天皇, と同じ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 である, にし

▼ 中直に~ (2, 0.0%)

1 僕は, 始まるであろうから

▼ 中直り~ (2, 0.0%)

1 があった, の弓

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 変らず森閑, 済まぬが

▼ 中相合傘~ (2, 0.0%)

2 の図

▼ 中相手~ (2, 0.0%)

1 になっ, は出

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の道中, 赧に

▼ 中真っ白~ (2, 0.0%)

1 にし, の歯

▼ 中真に~ (2, 0.0%)

1 描かねば, 重要な

▼ 中真黒~ (2, 0.0%)

1 な鉄, に下った

▼ 中眠っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 中眠り~ (2, 0.0%)

2 もしない

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は新形, 通されたこと

▼ 中着物~ (2, 0.0%)

1 も財布, をはたはた

▼ 中睡っ~ (2, 0.0%)

1 て居る, て房中

▼ 中知らず知らず~ (2, 0.0%)

1 に浅草公園, に陥っ

▼ 中神田~ (2, 0.0%)

1 の創, 向柳原

▼ 中祭り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 中禪寺~ (2, 0.0%)

1 からお, からの郵便

▼ 中秀吉~ (2, 0.0%)

1 の身辺, の頭

▼ 中稀有~ (2, 0.0%)

1 の人物, の大

▼ 中種々~ (2, 0.0%)

1 の形式, 捜索する

▼ 中空襲~ (2, 0.0%)

1 がはげしく, でこの

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 として新田方, として逝去

▼ 中突如~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 なくも, にある

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 が一つ, とを取りのけさせられた

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 を満載, 尽くれ

▼ 中米八~ (2, 0.0%)

1 が来た, を連れ

▼ 中糖分~ (2, 0.0%)

1 全く去りし, 多しと

▼ 中納言慶喜~ (2, 0.0%)

1 の下, をし

▼ 中納言敦忠~ (2, 0.0%)

1 である男子, に対しては餘所

▼ 中純然~ (2, 0.0%)

2 たる大隈派

▼ 中紛擾~ (2, 0.0%)

1 の事, もあり

▼ 中紫外線~ (2, 0.0%)

1 の多い, の研究

▼ 中細い~ (2, 0.0%)

1 毛に, 道が

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 を引, を釈き

▼ 中綺麗~ (2, 0.0%)

1 な女形, にし

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 へ首, 附いたの

▼ 中美事~ (2, 0.0%)

1 であつ, に指定

▼ 中美人~ (2, 0.0%)

1 ならざるなし, の衣服

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の住家, は長知公

▼ 中老人霰小紋~ (2, 0.0%)

2 の裃

▼ 中老人鬢~ (2, 0.0%)

2 に霜

▼ 中考えた~ (2, 0.0%)

1 事の, 末思いついた

▼ 中聖なる~ (2, 0.0%)

1 レームノスの, 素質の

▼ 中聞い~ (2, 0.0%)

1 てゐれ, て歩行たん

▼ 中肺患~ (2, 0.0%)

2 のため母

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 く暮, く長育

▼ 中脇息~ (2, 0.0%)

2 に凭れ

▼ 中腹這い~ (2, 0.0%)

1 になっ, のまま

▼ 中膝栗毛~ (2, 0.0%)

1 なんぞと大きい, のこと

▼ 中臣祝詞~ (2, 0.0%)

1 とは違ふし, にも中

▼ 中臣間人連老~ (2, 0.0%)

1 という名, のこと

▼ 中自ら~ (2, 0.0%)

1 出語, 和ぎ行末永つれ添

▼ 中自動車~ (2, 0.0%)

1 の洪水, は早く

▼ 中自己~ (2, 0.0%)

1 に擬せる, の義務

▼ 中興味~ (2, 0.0%)

1 あるもの, の極

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 という者青州城, の孫

▼ 中航行~ (2, 0.0%)

1 した, しなくては

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の純美, 赤き草花凋

▼ 中色々~ (2, 0.0%)

1 な人, 観察見聞した

▼ 中苟も~ (2, 0.0%)

1 人住む, 書を

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 シ此, 先生を以て

▼ 中若し~ (2, 0.0%)

1 や源太, 僕の

▼ 中英吉利語~ (2, 0.0%)

2 を勉強

▼ 中茅屋根~ (2, 0.0%)

2 の物静か

▼ 中茶山~ (2, 0.0%)

1 が独り寛斎, の筆

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 が繁げつて, の中

▼ 中荒れ~ (2, 0.0%)

1 て狩人狩犬, 放題に

▼ 中華人~ (2, 0.0%)

1 の先代李彩, の墓石

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 だの鮑, 付きませんでした雨

▼ 中落着~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 中落馬~ (2, 0.0%)

1 が原因, をし

▼ 中蔵経~ (2, 0.0%)

1 と云, を引い

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 曇って, 蒼く暈

▼ 中薄暗い~ (2, 0.0%)

2 中に

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 にくわれ, に食われ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は啼きしきる, は啼きしきるなり

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 は化す, を見

▼ 中行っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て午後

▼ 中行事~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の唄

▼ 中行氏~ (2, 0.0%)

1 の乱, の亂

▼ 中衛府~ (2, 0.0%)

1 の兵士これ, を組織

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 に入, を謂

▼ 中裁判所~ (2, 0.0%)

1 に提出, の職員

▼ 中西北~ (2, 0.0%)

1 の一州, の富士

▼ 中見た~ (2, 0.0%)

1 の, 樣に

▼ 中見世~ (2, 0.0%)

1 で買っ, は角町

▼ 中見廻し~ (2, 0.0%)

1 て言いました, ながら

▼ 中見物~ (2, 0.0%)

1 に往く, のダービー以来

▼ 中見舞~ (2, 0.0%)

1 に來, に行き合う

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 が亡, に孝行

▼ 中親しく~ (2, 0.0%)

1 交際し, 見て

▼ 中語りあかし~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 中誰一人~ (2, 0.0%)

1 として, 知るもの

▼ 中誰一人笑~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 中諸家~ (2, 0.0%)

1 の記憶, や諸

▼ 中議論~ (2, 0.0%)

1 はさて, ばかりし

▼ 中議論二派~ (2, 0.0%)

2 に分かる

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 かな歌, な露店

▼ 中赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 が泣く, の側

▼ 中路地~ (2, 0.0%)

1 のなか, へ乗り入れた

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 をうごかし, を隠した

▼ 中軍事目的~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 中軍旗~ (2, 0.0%)

1 であった, もすぐさま

▼ 中軍秀吉~ (2, 0.0%)

1 のいる, の前後

▼ 中軍部~ (2, 0.0%)

1 のため, や情報局

▼ 中輪の~ (2, 0.0%)

1 とを買っ, と白

▼ 中近く海外~ (2, 0.0%)

2 より歸來

▼ 中途中~ (2, 0.0%)

1 で帰国, で発病

▼ 中逗留~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 中通貨~ (2, 0.0%)

1 の増発, の膨脹

▼ 中遂に~ (2, 0.0%)

1 一匹も, 承諾せざる

▼ 中運動~ (2, 0.0%)

1 をさせない, を見合わせる

▼ 中過ごした~ (2, 0.0%)

1 南満の, 塹壕の

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 に大患

▼ 中重吉~ (2, 0.0%)

1 は女, も一

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の端

▼ 中釣り~ (2, 0.0%)

1 だと, をした

▼ 中銀座~ (2, 0.0%)

1 に羽, へんでバア

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 を巻きつけ, を巻きつけた

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 のこと, の上

▼ 中門口~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の如く

▼ 中閉じこもっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 中閉ぢ~ (2, 0.0%)

1 こもつて, 込めた家

▼ 中閉口~ (2, 0.0%)

1 したの, した西日

▼ 中開い~ (2, 0.0%)

1 たりしまっ, ている

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 にたゆ, に近い

▼ 中降り~ (2, 0.0%)

1 ていた, ながらふ

▼ 中陰気~ (2, 0.0%)

1 でね, な物淋しい

▼ 中階段~ (2, 0.0%)

1 に奇妙, の位置

▼ 中障子~ (2, 0.0%)

1 に映る, を明け

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 し, し去り駿馬

▼ 中雑木~ (2, 0.0%)

1 の奥, は時

▼ 中雑草~ (2, 0.0%)

1 やさ, を食わね

▼ 中雨後~ (2, 0.0%)

1 の光線, の草色

▼ 中震え~ (2, 0.0%)

1 て窓, 言葉は

▼ 中青ざめた~ (2, 0.0%)

2 看護婦長一人を

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 人間的な, 存在の

▼ 中面白から~ (2, 0.0%)

2 んこと

▼ 中響き渡る~ (2, 0.0%)

1 ほどのでつかい, やうに

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 をツルリ

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 を見合せ, を見知っ

▼ 中~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ 中風邪~ (2, 0.0%)

1 に罹つた, の気味

▼ 中飛ぶ~ (2, 0.0%)

1 に, は単葉機我

▼ 中食堂~ (2, 0.0%)

1 で私, へ列席

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 とかの下, とその

▼ 中騒々しい~ (2, 0.0%)

1 だけだ, ような

▼ 中騒い~ (2, 0.0%)

1 でた, でやれ

▼ 中高き~ (2, 0.0%)

1 聖なるイ, 頭靜かに

▼ 中高等~ (2, 0.0%)

1 なる者, なる階級

▼ 中髯だらけ~ (2, 0.0%)

1 にし, の大男

▼ 中鬢糸添~ (2, 0.0%)

1 ひにしか, ふ

▼ 中魚崎~ (2, 0.0%)

1 の味方, の陣

▼ 中~ (2, 0.0%)

1 の村, の立場

▼ 中黒奴~ (2, 0.0%)

1 に化, はゴア

▼ 中3項~ (2, 0.0%)

2 は時代性

▼1* [4586件]

あいつ等のこと, 中あくせくまるで日向, 中あけられない戸に, 中あげての大, 中あざやかに魏, 中あしたもう一ぺん上海, 中あそこから出入り, 中あたい一人と踊っ, 中あたたかうたどる, 中あちらこちらと飛ん, 中あったことなどを, 中あっちへ走り, 中あつちへ, 中あつくてかけ, 中あとより向井, 中あなた山刈と草刈, 中あばただらけの男, 中あばれていた, 中あぶくだらけ, 中あべこべ砲にやられまし, 中あまねく問ふ, 中あまり人通りがなかっ, 中あやしい手紙の, 中あやまって武神, 中あやめは縁, 中あらたに関所, 中あらましは任務, 中あらわるる意識, 中あるいはまた卒業の, 中あるきまわった末とうとう, 中あわただしい旅の, 中あんたのこと, 中いい日を, 中いいえ唐天竺に, 中いいふらしてやる, 中いかなる場所を, 中いかに兄の, 中いきなり正面を, 中いくぶんか合中, 中いたッて, 中いちにち, 中いちばん暗黒のもの, 中いっぱいそれぞれの名, 中いっぱい手の施し, 中いっぱい板の間または庭, 中いつか公然と, 中いつかうと, 中いつかしんみりした心持, 中いつか会社のひける, 中いつか四十を過ぎ, 中いつか姿を見せなくなった, 中いつか松竹座前の大通, 中いつか死の事, 中いつか自分にも気, 中いつか足袋はだしになった, 中いつしか我を, 中いつ呼んでも伝声管, 中いつ行ってみ, 中いばっておき, 中いま私につくづく, 中いらざる処に, 中い捲き込まれてしまいます, 中い捲き込まれとうないのん, 中い這入るのん, 中い駈け込んで, 中か, 中うけた傷に, 中うごいて蛙, 中うごきやまずに動い, 中うしろ向けるは, 中うす暗かつた, 中うせたとな, 中うって廻ろう, 中うっすりと光明, 中うつつない机, 中うつむいてばかりいらっしった, 中うとうとして, 中うなっていた, 中うねる大波に, 中うらさびしさに, 中うりますが, 中うれしさで, 中うれしく秋の, 中うろこが浮い, 中うろついて歩く, 中うろついたがついに, 中えらい評判で, 中え被仰出候, 中おかあさんをいじめ, 中おきすゑつ, 中おくの身体を, 中おくられる行進曲に, 中おしやべり仲間, 中おしなべて変りの, 中おちつきはらって何, 中おできの出来た, 中おできだらけになり, 中おどろかされてあわて, 中おのが部屋, 中おまへのふとい, 中おめにかかりたいと思っ, 中おもに連續の, 中お世話になりました, 中お互いの顔, 中お先へ失礼, 中お前たちに私, 中お宅へ伺っ, 中お客が来, 中お尋ねしませうよ, 中お産をし, 中お立ちだわ, 中お談義を聞かせた, 中かがられる何だか擽い, 中かき集めた銅貨だった, 中かく今彼は, 中かけずり廻つてやつと, 中かげゆれて, 中かじかむほどになっ, 中かそけき燈を, 中かたではあ, 中かつ子の家, 中かで見つけなければ, 中かなど思ふに, 中かねて世話, 中かは分らぬが, 中かへ転がり落ち, 中かまえてその, 中からかしらそれとも, 中からからだが, 中からがなり出したので, 中からげーと, 中からしか求め出されぬよう, 中からじゃ手を, 中からすがたを, 中からすらも女性を, 中からずつと東京において, 中からぞうすいの, 中からだけしか掛けられないカギ, 中からだって探し出せるん, 中からとして兄と, 中からとにもかくにも, 中からなど誰の, 中からなどは必ず卿, 中からによこりと, 中からねむがっているしゃがれ声が, 中からのみ生れ出るやう, 中からばくちを, 中からべツトリ血の, 中からべんとうを, 中からほどの好い酸味, 中からまで無造作に, 中からまん円い太陽, 中からデロス島を, 中かれは大胆, 中かれこれと探っ, 中かわりはなかつた, 中かを男女みな相携え, 中かんばしき甘き眠の, 中ががあーん, 中がずつとあつたかくて, 中がっくりと爺さん, 中がらがらと鳴り始めた, 中がらんとしていました, 中がわあっと沸いた, 中がんばっている, 中きいていた, 中きいんと鳴る, 中きびしいですね, 中きまって北東から, 中きゅうに気持, 中きり時間が無い, 中くぐりまで送っ, 中くさむらの, 中くしゃみすれば, 中くずれざるものわずか, 中くたびれ果て, 中くだらないおしゃべりを, 中くっ付いていた, 中くぼみのある, 中くらいに焼けて, 中くらいにでも食えようが, 中くらいのがみんな兄弟で, 中くらいはかかって, 中くらやみの地上, 中くるあまき風, 中くわッと, 中ぐうたらな生活, 中ぐくりはどうして解けました何と, 中ぐしで一本たのむ, 中ぐじゃぐじゃだ, 中ぐずぐず管を, 中ぐずついてい, 中ぐらいでも下の, 中ぐらゐの間はこの, 中ぐらゐ立派な家, 中ぐるになっ, 中ぐるぐる廻わっ, 中ぐるりと竹, 中けたたましい何の, 中げんげの花, 中を噛み伏す, 中こうして歩いて, 中こがれて附纒ふた, 中こごんで肝臓, 中こぞってそのほとんど, 中こちらで大事, 中こっそりと大八車, 中こっちからも誰, 中こつこつ叩いて, 中こづき廻され番兵の, 中ことに強硬に, 中ことばを改める, 中こまかい和毛の, 中こまやかな愛情, 中これどころじゃありません, 中これ程感激に, 中ころがしまわるのも, 中ころがり出たところの, 中ころげるように, 中ころころかさかさ石かけや, 中こわれることも, 中こんなに集まるものぢ, 中ごく単純に, 中ごそごそ言わせて, 中ごちゃごちゃ散乱し, 中ごろついている, 中ご苦労であった, 中さあ入れたいほど, 中さがし廻るからだろう, 中さしわたし二尺あまりも, 中さしもの雷雨, 中さすようです, 中さすらい尽した魂, 中さまざまの感情, 中さまよい続けて何, 中さらった丈で, 中さるつてを, 中されたが〇・五分の登記手数料, 中さんざん荒らした上, 中さん孫をつれ, 中さん抔も描い, 中さん西さんと呼ん, 中ざあと音がし, 中ざしキラキラと, 中ざらざらしても, 中しか運転されない, 中しずかに喉, 中したいと思っ, 中したしく之を, 中しっぽり何処ぞで, 中しばし明るくなりし, 中しびれて, 中しみじみ考えさせられました, 中しゃべることから, 中しょい歩く絵箱の, 中しわだらけになっ, 中じくじくと眼, 中じめじめして, 中じゃに無理も, 中じゅう妻を引き摺り廻し, 中すいて塔婆, 中すうっと涼しく, 中すきなどももう, 中すくひ出してと, 中すぐった大大名, 中すぐれて目だつ, 中すぐれし牝牛引きとらへ, 中すこし気に入らぬ事, 中すこぶる顕著なる, 中すごしたほどはずんだ, 中すなわち蛇ある, 中すべき者を, 中すべての戦争反対, 中すみの方, 中すみれの歌, 中すれば則, 中すわって店番, 中ーと, 中ずいぶんさまざまの, 中ずゐぶん燒けも, 中せつかく仕事をやらう, 中せわしい思いを, 中きの道, 中そいでも私, 中そうこうするうち, 中そうそうの容列, 中そちこち蚊, 中そのものにし, 中その他到る処, 中その冠たるものなり, 中そばにだれ, 中そむかせたまふ, 中そりゃモウ今に, 中それから広島へ, 中それぞれ自分のホテル, 中それだけのもてなし, 中それとなく密偵の, 中それほど執心した, 中それらのたえざる, 中それ以外の姿, 中それ巡拝札を貼り散らした, 中ぞくぞくして, 中ぞっとするよう, 中たぎり立っていた, 中たくわえられた反抗心が, 中たしか鶯団子の, 中たずさえて句, 中たずね回っても裏, 中ただ一人気性がちがい, 中ただ一人無期懲役を求刑, 中ただ一枚の端書, 中たちどころに修羅と, 中たといこの臭気, 中たとえ一個でも, 中たのむと言, 中たびたび催促した, 中たらないという, 中たりと京都の, 中たりともその日, 中だいたい仕事の, 中だけででもゆっくり名残り, 中だけといふ約束で, 中だけにはいろいろな, 中だけにも見たいの, 中だったりし, 中だつてこはくない, 中だまりとおしたせせらぎが, 中だ会わないぞ帰れ帰れ, 中だ打っても叩い, 中だ覗いてみる, 中ちっともすがた, 中ちっとも誰もの, 中ちつぽけな, 中ちやんと机, 中ちょいとの間, 中ちょいちょいお茶を, 中ちょうだいできない月給分月, 中ちょくちょく芝居を, 中ちょッとばかり山, 中っていうんだ, 中ついて廻っ, 中つきまくって勝敗, 中つきまとっていた, 中つたら牝牛は, 中つた事は中, 中つちうたつていろ, 中つないでおく, 中つひに姿, 中つべし第一長者, 中つめたくなったの, 中つやのない, 中つやつやして, 中つゆ草の花, 中つれてゆく, 中つれ來る, 中つんぼのよう, 中づっと苦しいでも, 中てたいのです, 中てたりなどしたので, 中てて御覧, 中てなどした, 中ても死んで, 中てられたれば食はず, 中てられなすったのじゃ, 中てんやわんやで見当, 中であったろうことは, 中であるべき時刻に, 中であるらしいことを, 中でいつ帰京する, 中でうたつてるのは, 中でうづくまつて, 中でおそれいりますが, 中でかうしてゐる, 中でからに飯を, 中でくびをのばしてだ, 中でぐらい権利が, 中でけふは, 中でこんだけ工合, 中でございまするが, 中でござったで暫時あれへ, 中でござろうな, 中でしおえた圭介は, 中でしつかりと根, 中でしつかり捕へようとする, 中でしょうありふれた詩人たちは, 中でしょうだもんだ, 中ですつかり自分の, 中ですつかり組立ててしまふ, 中ですわかりますか, 中でずゐぶんお, 中でたうとう出なかつた, 中でだけのモラルです, 中でだけは彼女たちも, 中でだらほんとに死ん, 中でとなへました, 中でとにもかくにも, 中でとはいえ何, 中でないだろうか, 中でなくって私, 中でなくなってしまいました, 中でなんてのどかに, 中でのうてそんな, 中でのみは私は, 中ではと云ふ, 中でべんとうを, 中でほど良しと, 中でもかまはず, 中でもさくさして, 中でもずつと坂の下の, 中でもねえ先生, 中でもはつきり, 中でやしなはれた, 中でより出するり頬赤, 中でらしい鋭い懸, 中でるすを, 中でわッと, 中で出てきた, 中で寝ねがてた, 中で朽ちた床板が, 中で死んだ人間が, 中で泊るに旅館, 中で知らなかったものである, 中で考へて見る, 中で舞っている, 中で誤って出迎え, 中で辱めたのは, 中で近寄ることも, 中とあるいぶせき農家, 中というだけの意味であった, 中とかからお選び, 中とかくがんりきが, 中とかにも隠して, 中とかへ行く時, 中とからひしと相, 中ときおり一月前までは, 中ときどき卜筮は, 中とくと思案致す, 中とくにその後半期に, 中ところどころ片仮名の, 中とさえ見えた, 中としては思の, 中としてもあまりに白い, 中とてもそうでフッ, 中とでいろいろ話し合った, 中とでの速度の, 中とにおける所要熱量の, 中とのみで追い返されたが, 中とばかりにて遂に望, 中とめどもなく, 中ともされていた, 中とやらへも白い影, 中とりことして扱われ, 中とりちらかして寿, 中どうしのよう, 中どうしても舶来には, 中どうぞ福島へ, 中どうにかして, 中どうやら男の, 中どこそこにお住い, 中どっさりの反, 中どっちかお取りなすっちゃ, 中どのような, 中なおしばしば奈良近傍, 中なかった, 中ながめていた, 中ながらに東西交通の, 中ながらも上位に, 中なぞで行き合うと, 中なぞへおいでに, 中などでをとなしくとりすまして, 中などとともに第一流, 中などよりお持出, 中なにかサンボリストの, 中なにごとかあった, 中ならえばって借りられ, 中ならぶ樣なし, 中なら居ますと云う, 中なら飛ぶ心配は, 中なりしかば其, 中なりとは今日まで, 中なるべきを信ずる, 中なるべく早起きの, 中なる恋いしい人に, 中なる異なる血の, 中なんかも殊に僕, 中なんすはなさん, 中なんだか家の, 中なんとも相すみませんが, 中なんどか話, 中にあたって確かに, 中においてすらもほとんど姿, 中においてにしろ濁らしたり, 中におきましてはとてもだめ, 中にかぞふる都, 中にかへつてほ, 中にかべにつくりつけ, 中にぎやかにし, 中にこそと朝餉済ます, 中にずつと低い所, 中にだけしか武蔵の, 中にだけだって十人や, 中にだけで秘密に, 中にだけでもこころの, 中にちゃにちゃさしながら, 中につけまとって, 中につれ歸らう, 中にてしか思ひながら, 中にての財産家なる, 中にといふことが, 中にといふは殊更に, 中にとかしこんで, 中にとてまた車, 中にとよが傘, 中にとよの姿を, 中になどと云ふと, 中になんぞいられるもの, 中ににつきしろが, 中にのみと号する一種, 中にのみは知性の, 中にはかぞへ切れないほどの, 中にはからをにぎつてゐるのです, 中にはけはいを, 中にはじゃないや, 中にはずつとそれよりも, 中にはとにもかくにも, 中にはにいるを以て, 中にはのこ, 中にははひり切らぬの, 中にまでもはひつて, 中にもはッは, 中にもばさっと落ちる, 中にももいろの, 中にもわつといふ, 中にやにや笑ふ, 中にわかに思い立ち北極海観光, 中に対しても僕は, 中に対するがゆえに説い, 中に従って共々お, 中に関して道徳を, 中ぬけめの, 中ぬらぬらと濡れ, 中ねむくなるなんて, 中ねむるのは, 中ねられやしませんでしたよほんとう, 中のうはさに, 中のきはめてわづかな, 中のきまつた井にも, 中のくらい庭に, 中のけものでも見る, 中のけものさ云われなくっても, 中のこたあ何, 中のこのこ出られますか, 中のこるくまなく, 中のさういふ空氣は, 中のそのそ歩き廻るだけ, 中のぞいて見た, 中のち切れた足, 中のてっぽうそっくり, 中のとある小さな, 中のどつちが, 中のにぎはやひの命は, 中のほど面白からぬ, 中のみか鬚髪まで, 中のみに限ったこと, 中のみを通過する, 中のもひとつの, 中のんびりした気分, 中はからずも尊氏の, 中はけぶつたやうな, 中はしゃぎ合ってまるで, 中はじつとうつむき聞き居り, 中はつきりその特殊性, 中はねくり廻っ, 中はほどよい温度度, 中はやくも化石素堆積説, 中はれたり降っ, 中はれあがり背中の, 中はれ上り背中の, 中はをかしき物也, 中はをとなしいかと, 中ばあさんが髪, 中ばかりが戦闘準備の, 中ばかりじゃない縁, 中ばかりの芝居は, 中ばかりを駕籠で, 中ばすぎといふ, 中ばたばた鳴って, 中ばっかしで, 中ばと思う, 中ばとはいっても, 中ば頃から深々, 中ぱったり襖を, 中ひそかにそれ, 中ひたすら御書見, 中ひだだらけで馬鹿, 中ひっそりと静か, 中ひとに知られずふい, 中ひとつでも松蟲, 中ひとり家をまもり, 中ひとり胸の中, 中ひとり路を失ひ, 中ひどい暴風雨に, 中ひまのない, 中ひょいとここの, 中ひりひりしたり, 中びくびくして, 中びしゃアりという, 中びっくりする程, 中がいも, 中ふさぎこんで口, 中ふしつまろびつあと追う, 中ふた夏を, 中ふたたび単独で, 中ふたりは準, 中ふったきりでした, 中ふとしたことから, 中ふるえていた, 中ふるさとのまち, 中ぶしでもサ, 中ぶらりに右, 中ぶらんりんな, 中ぶるの箱, 中へかいちゅうでんとうをむけてよんでみました, 中へからみこみつつ, 中へけこんだの, 中へさえ入らんけりゃどこ, 中へしか姿を, 中へずつと入る途端, 中へそッとチャタレイ夫人, 中へそーっと入れ, 中へちゃくりく, 中へつつ立つて, 中へてまえからの, 中へでもといった気組みが, 中へでもはいるよう, 中へとては立入らず唯, 中へとへとになった, 中へなううう, 中へなどは申し出られん, 中へにゅッと, 中へね火の粉の, 中へのみ落ちた, 中へばかり意を, 中へまでのこ, 中へまでははいりませんでした, 中へよ一足も, 中べちゃべちゃと, 中べつにいきり立ちも, 中のおの, 中ほうぼうにかかげ, 中ほうり込まれたかも知れなかったです, 中ほか見ないほど, 中ほこりがに, 中ほじくつたりもぐつ, 中ほっつきあるい, 中ほつとりとおさ, 中ほどくらいまで金色に, 中ほどぐらいを走って, 中ほどともなく上面, 中ほどなく筆を, 中ほどにあたって物凄い透明, 中ほどにかかつて少し黄いろ, 中ほどへつつつつと進み出し小, 中ほどよきところへ, 中ほどよりずつと後の, 中ほんとうに沈黙, 中ほんとにもうじきお, 中ほんの数時間前には, 中ぼうっと燐の, 中ぼくらみんながゴマカ, 中ぼりぼり掻きながら顔, 中ぽっと紅を, 中ぽつりぽつり咲いて, 中づ一等古い, 中まあ当分静かに, 中まことに優良なる, 中まさに行われん, 中まし紙と称し, 中ますます教師を, 中まず土州軍は, 中まっさきに超国家主義, 中まつ赤に切られ, 中までにという命令を, 中までもと言った手前, 中までやつて來ようとは, 中まとめたもので, 中まま宿場に等しき, 中まれに見る, 中まわり小まわり, 中みしみしと鳴る, 中みずからもその, 中みだしなんかスッカリ真物, 中みだらなる歌, 中みち隔つとも, 中みっしりやって, 中みな案じて, 中みなさんは何, 中みな気を揃え, 中みな諸業を休み, 中みな頭ええわ, 中みんな赤痢にかかっ, 中むしゃくしゃして, 中むすめ, 中むっとする草いきれ, 中むつかしい局面に, 中むやみに塗, 中むろん際立って, 中がそう, 中めがけて旅立つ, 中めったにあるまい, 中めまぐるしく遊びまわって, 中もうす明く見えだし, 中もしや源太が, 中もすつかり綺麗に, 中もちよつと, 中もっぱらの取り沙汰, 中もとのやう, 中もとみさかえて楽しい, 中もとよりその説, 中ものがたりもありし, 中もや絶えて, 中もれ出でたらん, 中やあさん来訪私が帰る, 中やかましい問題と, 中やけどをした, 中やすみの風, 中やす子さんわざわざ来訪, 中やたらに黄いろい, 中やったらもっともっと大きな, 中やってきたばかりにかつて, 中やっと命を, 中やっぱりそんな風, 中やなんかでさんざん, 中やなんかで死ぬんぢ, 中やに来た由, 中ややもすれば句切り同然, 中やるのである, 中やるせないま, 中やれると思っ, 中ゆえ万事届きませんで, 中ゆえ拙者の姓名等, 中ゆえ獄中に留め置く, 中ゆえ鋒鋩が肩, 中ゆけば燃え, 中ゆらがば餘香天上, 中ゆゑ遊べよと, 中ゆゑいたって, 中ゆゑ幕府へは憚り, 中よい物悪い, 中よっぽどでなくて, 中よといふやうな, 中よみたいものが, 中よりの神來には, 中よりや出し, 中よんでいられる, 中も招飲致候間, 中らしかつた, 中らしくいじくりまわしている, 中りっぱにやっ, 中りつこはありやしない, 中ろくろく家財や, 中わきざしを引きよせ, 中わけて太守の, 中わざわざタコを, 中わしに生きうつし, 中わたしたちは度々, 中わりに短い形, 中われらはこ, 中わろくならば, 中をからまわりした, 中をこそいで通るの, 中をぞそっと寄った, 中をだってだだっ広い草原, 中をねあっちこっち三四人大きな, 中をばかり通るとは, 中をまで一度ならずうろつい, 中をよけて通つてゆかね, 中をわたつて, 中球取っ, 中アイヌという言葉, 中アカメニアン朝の遺跡, 中アキルリウスの船, 中アパートの表通り, 中アフリカのバグダラ河, 中アメリカ人が二十五人, 中アメリカ人渡来せしより, 中アメリカ軍の首脳者, 中アルカーシカのやつ, 中アルプス地方に見る, 中アロハとパンパン, 中イギリスの総理大臣, 中イギリスフランスドイツロシアアメリカは富強, 中イザホワケの命, 中イダルゴの全身, 中イッパイにフトン, 中イライラした何, 中イルカとクジラ, 中イングラム孃の夢, 中インド式仏菩薩像に至っ, 中インド様式とその, 中インド行軍の記, 中ウィーンから突然, 中ウイルヘルムスハフエンへ入港, 中ウクライナの夜, 中ウロウロして, 中ウワゴトの中, 中エスさんが二階, 中エリザベスは間断, 中オキナワで死にかけ, 中オスカア・ワイルド及びバアナアド・ショウ, 中オホヤマト彦スキトモの命, 中オリンピツクのこと, 中オレの説教, 中カションこれを聞き込み, 中カシワデのよう, 中カシワ手をならし, 中カッサンドレー最美, 中カブトムシも五十センチ, 中カンゴクの中, 中カンバラはアガ, 中カーテンのかげ, 中カール十二世伝を書い, 中カ下カ都ベテ即身, 中大騒動シタガ, 中ガスの気, 中ガスビルの永田氏, 中ガタガタになっ, 中ガッドとウグッチオネ, 中ガラスの上, 中ガランドシンの大, 中ガーイウスの説, 中ガ寄ッテ無イコトマデ大兄, 中キラキラ陽に, 中キリシタンの法, 中ギター用に編曲, 中ギリシア人の殘, 中ギリシア軍がトロイア, 中クエーカーと称する, 中クラクラする不安, 中クラスでもよく, 中クリームびんのクリーム, 中クレムリン外壁に沿う, 中クロを乗りまわし, 中クロオデルの, 中クロク・ムシウといふパン, 中グショグショになれ, 中グリにあてる, 中グルグル案内し, 中グンテル王の代り, 中ケイサツでいっしょ, 中ケサ又はアサ, 中ゲロゲロの慘状, 中ゲーテは考え込ん, 中コゼットの小さな, 中コロムボと新嘉坡, 中コングレゲーショナル宗バプテスト宗等は各, 中コードを身体, 中コーヒー沸しは, 中ゴルドン将軍伝を書く, 中ゴルフで暮し, 中帰る気, 中サーヴォナとアルベンガ, 中ザンギバール人の酋長, 中シェパードを訓練, 中シドニー市にてその, 中シナの大官, 中シナ軍が退却, 中シネマの中, 中シホホロ迄来り, 中シヤトルに近く, 中シンサツします, 中ジェネストは大阪, 中ジットリと汗ばん, 中ジャマイカ島に起つた, 中スクルージに親しく, 中スペインおよびポルトガル, 中スポーツマンとなっ, 中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 中セザンヌは観照, 中ソクラテス史料として価値, 中ソビエットが最初ナチス, 中ソファで寝, 中ソモジトノ永キ縁モ, 中ゾクゾクして, 中タクシがやって来た, 中タスマニア州および西豪州紀行, 中タッタ一度でも彼女, 中タツタ一ヶ村を防ぐ, 中ダレないやう注意, 中ダンスの会, 中ダンテの名, 中ダンテ自らいへること, 中チイチイと鳴い, 中チカチカあついよう, 中チクチクチクチク出て, 中チャンドを見る, 中チューインガムに包む, 中ッ腹式の威勢, 中ツラナルクモノと訓ん, 中ツヰンクルツヰンクルリトルスターをうたつて, 中ツ腹へ干し, 中ティラルリに垂れ, 中テレマークしましょう, 中デスク前の廻転椅子, 中デフォーの作物, 中デモ平気デブラシニ水ヲ含マセ, 中トテナムコートロードの怪しげ, 中トナリ変幻出没ヲ同, 中トミを連れ, 中トルストイほど自分一人, 中トロといいたい, 中ドイツ人ウルリヒ氏とともに船橋上, 中ドゥニ・アミエルとオベイ, 中ドクタア・ビゲロウに言及, 中ドクトル・プラーゲに関して, 中ドンチャカ音の絶え間, 中ナオミを監視, 中ニともに宜, 中ニオケル彼女ノ態度, 中ニコニコと笑つて, 中ニセコの山頂, 中ニテ同物, 中ニニハ御出関, 中ニハ戻ルノデアルガ, 中ニハオ返シシマスト云ウ, 中ニハ外ニあるべからず, 中ニ一切政刑を挙, 中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 中ニ一顆或ハ二三顆アリ形小ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, 中ニ世界的常識ヲ得, 中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 中ニ乾青魚二ツヲ入, 中ニ事すミ, 中ニ六千貫ヲ与, 中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 中ニ徒跣シテ獄門ニ到ルノ際, 中ニ於て何, 中ニ於テ御加療中, 中ニ於テ我国人ヲ捕, 中ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, 中ニ来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, 中ニ百二十両もなけれ, 中ニ結婚シ結婚後ナオ避妊ガ可能ナル時ハ為シ得ル限リノ手段ヲ取, 中ニ而格別はぢ申事ハ, 中ニ隕ツルニ及ベバ其軍破敗, 中ニ青海四川甘肅, 中ニ順蔵さんが私, 中ハイチの経営, 中ハムを頬張り, 中ハリキリすぎて, 中ハ人丸赤人など時, 中ハ湿気ガ多イノデソノセイモアルガ, 中ハ風浪ノ危険ヲ犯シ, 中バアスにおいて巡, 中バアナアド・ショオは例, 中バイエルン国は全国, 中バクダンに追いまくられ, 中バクーの大, 中バケツで池, 中バナナの行商, 中バラバラの感じ, 中パタパタと上下, 中パトロクロスは座, 中パナマに債鬼, 中パリーを離れる, 中ヒイヒイ泣いて, 中ヒトノシニスルの訓, 中ヒヤリと寒, 中ビフテキ食って, 中ピイチクピイチク鳴いて, 中ピオニェール小僧と心理的, 中ピストルの弾丸, 中ファキイル僧のよう, 中ファシズムの暴力, 中フイと姿, 中フト気がつく, 中フランスの大学, 中フランスベルギーの三四百, 中フランス政府が巴里, 中フランス文にて編, 中フランス文化人たちがドイツ占領軍, 中フランス語を使っ, 中フンドシひとつで暮した, 中ブツブツこぼし通し, 中ブラリンをつとめ, 中ブルジョア層を主題, 中プロイセンの新教者, 中プーンといや, 中ヘイリテ段々八太郎ガ, 中ヘクトルのため仆, 中ヘハイッテイロイロ云ッテオレヲツレテ, 中ベトベトに濡れ, 中ベラン氏の外, 中ベルを鳴らし, 中ベルギーオランダドイツなどでしばしば, 中ベルナルドオが去りし, 中ベルリンでこの, 中ペテロに亜, 中ペリクリース時代の雅典以後, 中ペリクリーズ時代の雅典以後, 中ホントの病気, 中ボウツとしてゐる, 中ボックスにはお, 中ボーシュレーなるもの, 中ボーブール街で殺された, 中ポアンカレの, 中マス君は右腕, 中マターファが私, 中マッチセン氏の厚意, 中マドリッドでパティ, 中マルダイブ群島から數千里南方, 中マルトン原と呼ばれ, 中マルヌの勝利, 中マレンゴはあやしい, 中ムウドンの庭, 中メイン州のイーストポート, 中メスで掻き廻し, 中メソジスト宗は会議組織, 中メルジイ夫人は一ツ, 中メロディの消, 中メーンストリートは道路, 中モスコーの町中, 中モ夫婦デ旅行シタコトナドハメッタニナイ, 中ユタ州内に蔓延, 中ユニテリアン宗は当時日本, 中ヨブ記を手本, 中ヨリ取外シ, 中ヨリ於菟ヲシテ志げ喜美潤三郎ト協議シ親戚故旧ニ贈ルベキ遺物, 中ヨーロッパの文明, 中ラザルヲ逆トイフ, 中ラザルヲ野トイヒ勇ニシテ礼ニ中ラザルヲ逆トイフ, 中ラジオが鳴りつづけ, 中ラトナの水盤, 中ランチか入港船, 中ランニングの選手, 中リオ教会が第, 中リマを出立, 中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, 中ルリが, 中ルート氏が座長, 中レエザンという村, 中レニエーの部, 中ロシア共産党への組織率, 中ロシア文藝ほど日本, 中ロトゥアヌウからの砲声, 中ロンドン在留同胞有志の懇望, 中ワシントンのボスたち, 中ン条のおばさん, 中一〇〇ばかり本, 中一〇〇〇磅は利潤, 中一〇八家族が残っ, 中一〇六行より一一七行, 中一たびは自ら, 中一つさだ子の所, 中一つ二つつまむきり, 中一つ変事があった, 中一ばんロシヤ人と接觸, 中一ばん信任のあつかっ, 中一ぴきは生まれつき, 中一ノ沢二ノ沢衝立沢の方面, 中一ヶ所で止め, 中一七名が前, 中一九四五年にアメリカ, 中一二名まあ, 中一二度実験室をのぞい, 中一二度小用に立った, 中一二指を屈する, 中一二私の小説, 中一五七六年の復活祭, 中一亭王震が蘆雁, 中一人二人OKする, 中一人夜は三人, 中一人慧鶴だけが騒ぎ, 中一人是非出京して, 中一人馬より落ちたる, 中一個の蒲団付き, 中一八一四年ごろから初, 中一八二四年にローヤル・ソサイテー, 中一円に向かっ, 中一分ごとに電話口, 中一切積極的に仕事, 中一卷が校讐, 中一台だけが正常, 中一名は宿屋, 中一員だけが, 中一堂上に會合, 中一夜でも外, 中一学年の生徒, 中一定の時間, 中一室を占領, 中一寸申上候東京表へ転住, 中一年の収入, 中一年以上ほとんど二年近く, 中一年半も私, 中一年間ばかりそこ, 中一度まさに発刊しよう, 中一弥神保朋世などの方々, 中一張羅の着物, 中一必然にし, 中一応これを, 中一抔に大, 中一日タコマと名, 中一日公用にてソオン河上, 中一日赤谷川の渓谷伝, 中一日走り通したこと, 中一日饑えなけれ, 中一旦下船帰国の, 中一時行方不明になった, 中一時間でも二時間, 中一時間毎に家, 中一晩でもお, 中一晩中魔神の手, 中一朝一夕には出来ぬ, 中一条を奉承すべき, 中一杯台所道具でつまり, 中一根八竿の竹, 中一條より南, 中一樽の価七, 中一歩足を踏み入れた, 中一流の人民, 中一片のパン, 中一牝蛇を選立, 中一猴過って海, 中一町をへだてた, 中一番上手の分, 中一番信頼出来るの, 中一番價値の少い, 中一番勇敢に溌剌, 中一番危険なの, 中一番大なる慾, 中一番年長のお, 中一番弘く行, 中一番形式の単純, 中一番最初が富永, 中一番有名なヴエスヴイアス, 中一番此句が熱, 中一番気持のよい, 中一番氣持のい, 中一番深切でした, 中一番目につく, 中一番船員の間, 中一番見事なもの, 中一番面白かりしは, 中一番食器に適した, 中一番鮮美な紫花, 中一睡もしない, 中一種の昏睡状態, 中一等優品で濃紫色, 中一等点が辛かっ, 中一筋ずつ黒髪, 中一統で稽古, 中一般にこれが, 中一般平均に影響, 中一見デンマーク街の常盤本店, 中一貫して, 中一走り御様子, 中一足しかない, 中一軒は美術書専門, 中一通り見巡わ, 中一週の日, 中一週間ほど後, 中一部分は労賃, 中一降魔杵を置く, 中一露西亜人の暗殺兇行, 中一面真赤に腫れ, 中一頁ごとに米鬼, 中一點の紅, 中一%を含ん, 中丁度甲信の, 中丁度一ヶ月前九月四日午後二時に咯血, 中七〇〇〇磅は固定資本, 中七つを殲滅, 中七八人行きました, 中七八度続けて, 中七八遍も小, 中七六〇〇〇は成人, 中七分の一だけ減少, 中七十七八度夜間七十四五度なりしが, 中七十六パーセントの二百七十人, 中七十餘度の難, 中七問以上が確実, 中七夕の飾り, 中七巻は補遺, 中七日マデノ間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 中七日餘は張り, 中七月九日に暴風, 中七機まで射ち落され, 中七等と称えた, 中七転八倒して, 中万一の事, 中万事不如意のこと, 中万二市木公太書を貴, 中万人中いや千万人, 中万作は仙人, 中万巻の書, 中万端の心得, 中丈白色である, 中丈露店を開く, 中の焔, 中三つまでは明かに使つて, 中三七九家族は二世紀, 中三九名の, 中三五郎殿行つて訊ねて, 中三人扶持を売っ, 中三人死し他, 中三分一即ち二度目, 中三十の死者, 中三十メートルも上, 中三十一回御譲位後一回, 中三十七歳から六十三歳, 中三十九字を同, 中三十九本まで一度, 中三十六戸からは煙, 中三十度以上の蒸し暑い狭い, 中三千四百五十七万六千百二十八人は文字, 中三名は婦人, 中三回程の窄胸術, 中三年四ヵ月の間監禁生活, 中三年生として下関, 中三日位は随分, 中三日斎法を受, 中三日間引き続いて, 中三時さがりやや, 中三時間も子供たち, 中三時間駅附近を行乞, 中三月八日のこと, 中三木との二軒, 中三枚は乾草商人, 中三権頭兼遠の人物, 中三池から白仁秋津君, 中三百万人の女子人口過剰, 中三百両の不足, 中三百人は女学生, 中三百円乃至五百円, 中三箇年は凶作, 中三郎さんを離されなくなっ, 中三重に橋, 中三階へ行く, 中三階事務所へ, 中三馬一九の社会観察, 中上げる下手人の, 中上京する, 中上場の人物, 中上方から二つ目, 中上海では某々国, 中上演を禁止, 中上田の妻, 中下げというの, 中下されおくといふ上意, 中下ノ関の商人風, 中下女下男の預り, 中下新川二郡及信濃の北安曇郡, 中下新川界の山稜, 中下等の客, 中下諏訪の陣所, 中下邸の新築, 中下部以下が三倍, 中下風に立っ, 中不在の由, 中不快ないきさつ, 中不念入というかどで, 中不愉快の度, 中不意に踏ま, 中不慮の災難, 中不明なるもの一枚, 中不景気と云, 中不服更相誅殺當時殺千餘人, 中不満を感ずる, 中不眠が介抱, 中不眠勝のわたし, 中不眠勝ちのわたし, 中不謹慎なるもの一, 中不都合がある, 中与えられた紺絣を, 中与力町が眼, 中に誇り得る, 中世塵に穢れざる, 中世界最美, 中世界中は臍, 中世界中乞食して, 中世紀人である, 中世紀以来の旧家, 中世紀君主の権力失墜以前, 中世紀文学の最も, 中世紀的様式の城壁, 中世紀薩珊王朝の時代, 中世紀頃の型, 中世紀騎士道文学までの最も, 中世良田先生が巴里, 中世間の目, 中丞宋若思や武勲赫々, 中両手を後, 中両親も歿, 中之通, 中並ぶ者の, 中中でも鮮麗な, 中中一朝一夕には出来ぬ, 中中入り切れぬ, 中中公から電話, 中中力がある, 中中国人です, 中中国征伐の大将, 中中大変です, 中中央なるは, 中中急である, 中中承知せず, 中中文学好で僕, 中中村何様の若旦那, 中中相手は出, 中中絶されて, 中中美事であつ, 中中西屋へ行く, 中を二ツ, 中丸いテーブルを, 中丸焼けにならねえ, 中なるもの, 中主上上皇の車駕, 中主人公の煩悶, 中主任が死んだ, 中主立った者を, 中主要動のため, 中主部が縮小, 中乍らお市, 中乍臥書す, 中乗りが三人, 中乗り合の衆, 中りま, 中乘客に氣, 中と丙, 中九なりと雖, 中九分はまた, 中九分の九まで来ない, 中九分九厘まで疑う, 中九十七人は睦, 中九十両までがやれ, 中九十九人半まではお, 中九十九人彼の人, 中九十二首は, 中九十番ぐらいのところ, 中九十郎が第, 中九名を断首, 中九州説は白鳥博士, 中九年八月二十六日より遠く, 中九年八月十三日窟寺に安着, 中九年北朝の明徳三年, 中九年閏十月十五日夜御壽四十九歳御崩百重原に葬, 中九番目のものヤペツス, 中九點までがみな此, 中乞丐の間, 中乱暴な奴, 中乱筆の失礼, 中乾坤坊良斎などの人々, 中亀井戸辺震災の状, 中予福州に在り, 中予算のこの, 中の時, 中事件の性質, 中事務所には七時, 中事実は最も, 中事実報告の参考, 中事実相違之廉並, 中事情の許す, 中二〇〇〇磅は自分, 中二〇人の割合, 中二の丸にい, 中二シリングであった, 中二シーン終る, 中二・二六事件が起った, 中二万株ハ既ニ三井組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 中二三ヵ所に火災, 中二三人を除い, 中二三句づつ雑詠に載る, 中二三名はまったく, 中二三尺位の深, 中二三度松山に帰省, 中二三時間だけ聴い, 中二三間先は嫁, 中二二十二三歳洋服に中, 中二体焼けて, 中二十七日の昼頃, 中二十三四日以後に会う, 中二十三回は勝利, 中二十五万以上は女子, 中二十五日ほどの間, 中二十個大隊を大半, 中二十度を超える, 中二千円台の由, 中二反だけ別機, 中二夏助手として働いた, 中二女を載せたる, 中二將はすでに, 中二州とは豪州, 中二巻分位の試写, 中二年薨去七十三四歳位であらせられた, 中二度落城の悲惨事, 中二日間彼は用件, 中二時間内に巴里, 中二月二十七日海上においてフランス, 中二本か三本, 中二枚が自分, 中二梃には槍, 中二町余りというも虚妄, 中二畳ばかり黒い, 中二疋は死んだ, 中二百九十九人は現状, 中二科にあった, 中二葉亭がガルシン, 中二通計三通分, 中二里以上三里近くもあろう, 中二階みたいな室, 中二階造りになっ, 中二音が後, 中二頭はあ, 中二題だけはどう, 中二首を選ん, 中云々の文句, 中云いつけておきました, 中互いに知って, 中互に鼻を, 中五たび六たび編輯長をその, 中五つを前, 中五つづつ並べて, 中五三五七六すなわち, 中五人はあ, 中五件のうち四件, 中五体のどこ, 中五勺ぐらいは誰, 中五十二万人近くが婦人, 中五十五人が一時, 中五十人までが國家, 中五十八名は無事, 中五十有余年は潜心, 中五名が銃, 中五日ほどは雑記帳, 中五本は彼, 中五段目の三役, 中五百の乞児, 中五百人を欺いた, 中五百歳で死す, 中五祖像にし, 中五郎は松井, 中井伊谷の菅沼治郎右衛門忠久, 中井水は下, 中些かさっぱりとする, 中亜梵語のブラーフミー, 中亜米利加の警察, 中亡くなったけれど決して, 中亡くなられたということ, 中亡友野口駿尾氏と一日亭, 中の加茂, 中京畿を対象, 中人々がこれ等, 中人中で式, 中人以上紳士貴女をし, 中人以下に至り, 中人使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 中人口は適度, 中人命ほど貴重, 中人家あるは, 中人家柳を栽, 中人心動揺ワアつらい, 中人心恟々とし, 中人有人不語, 中人熊氏妄混体裁恣換書名遂使後学不能見其原, 中人生活に送らん, 中人込みがすこし, 中は渡邊織江, 中仁兵衛だけが調べられる, 中仁左衛門特有の素, 中今にも泰子が, 中今ひと目と見, 中今夜も佐竹, 中今更のよう, 中今木神といふの, 中仏前唱名の間々, 中仏国政府の命, 中仏教のごとき, 中仏英蘭公使いよいよ来たる, 中仕舞ひ込みたる押入, 中他家の手伝い, 中他方よりも遥か, 中他日小説の資料, 中代りに得意廻り, 中代君あたりが誘っ, 中代筆なる旨, 中代表的なもの, 中令所競者探之, 中以下俗士族の多い, 中以不仏言亦在, 中以前の侍足, 中以来大王のご, 中仮にわずか二百万が, 中仮りにこしらえる, 中仲よしになったら, 中仲間同志で喧嘩, 中の女, 中伊十郎が例, 中伊太利をばことごとく, 中伊平屋の阿, 中伊江王子は童名金千代金, 中伊良子光通の刻, 中伊藤松雄訪問一時まで何かと, 中伊藤松雄訪問先日のラヂオ, 中伊豆山の方, 中伊香保から弟, 中伏したるは己, 中伏せる間は, 中休憩室で本, 中休止状態にある, 中会寺を訪, 中会所であ, 中会計役へ相, 中会議区七十三小会議区, 中会議区八十四小会議区, 中伝承の上, 中伝聞したる点, 中伝記文学の傑作, 中伯父のくせ, 中但し性病科故御, 中低くなって, 中低音がこの, 中佐々木邦の, 中佐藤博士が書かれた, 中の中, 中体中の脂肪, 中何かしら新しい物, 中何くれとなき, 中何ものか汝, 中何らかの形で, 中何トナク重キヲナシ, 中何トナク心ヲ安, 中何ヵ所か着手, 中何万の人, 中何卒御遣し, 中何年も前線, 中何度となく, 中何程の迷惑, 中余りに劇しく, 中余分の食糧, 中余裕派文学発生の原因, 中デアル, 中作って見せる, 中作った唯一の, 中作りかたを知らず腐らし, 中作一首あり, 中作例数を全く, 中作品の発表, 中作品集を出す, 中作家たちはわれわれ赤軍, 中作戦が開始, 中作用を人間, 中作詩歌あり, 中使っとくもんだ, 中使用禁止とあり, 中例月の通り, 中供出して, 中侠客狩りのあった, 中侠客狩り以来いまだに残る, 中侶伴となる, 中便乗したわけ, 中便所の中つて, 中俊基朝臣にぜひ, 中も坊主, 中俗法師の方面, 中が家, 中保健のため, 中保証人のところ, 中保護者の下, 中保護貿易派とは相反, 中信ずべき者は, 中信之と女, 中信州追分にて死去, 中信玄動くと, 中俺等の所, 中個々のabc, 中個人の少量製作, 中個人檢査は田中寛一, 中個性に重き, 中借り上げるほどの苦境, 中倦怠に倦怠, 中偉大なるバアンズ, 中偏見を有, 中側面より撮影, 中偶作の詩, 中偶然古本屋で買った, 中偶然電車の中, 中傀儡をあやつる, 中にいた, 中と合したなら, 中催したやうな, 中催眠薬で雀, 中傲然として何等, 中傷められ瘢痕づけられた, 中働いた一切の, 中働きが矢張り時計, 中僕等を戦争, 中僧若衆たちに気, 中儒者には山本北山, 中兀立するは, 中元旦の日, 中先ず第一, 中先づ人に多く, 中先代軍からいわせれ, 中先住國民ノ大, 中先住者がいち早く, 中先日の大火, 中先生逍遙遊之圖十七卷の山吹, 中兎角貧生が, 中児童が老人, 中入り切れぬ, 中入りびたっている, 中入れでそうして, 中入日のあと, 中入牢申付ける權六, 中全員検挙一ヵ月検束された, 中全然の商工業国, 中全身純白な鵠, 中全集第四巻校正摺, 中兩度まで戴冠式, 中八万四千衆生皆発無等々, 中八九そこいら, 中八九ただの盗難, 中八九むだ網だろうよ, 中八九コンナ場合に限っ, 中八九二三春にちげ, 中八九兄妹ふたりして, 中八九皆ソレであったその, 中八九確実であろう, 中八九細君は五フィート, 中八九逐電中の三人, 中八九間違いなく奨励金, 中八五郎たつた一人, 中八人がやおら, 中八代町行乞午後は重い, 中八位までそう, 中八十万は水上生活, 中八十二戸潰れ六十五名, 中八十幾歳で亡くなった, 中八名までは日本出版協会, 中八日または十一日, 中八時三十分の銅鑼は通常朝食, 中八百四十万坪の中, 中八組まではああ, 中公園の中, 中六〇〇〇〇〇が一時, 中六カ所で同時に, 中六ヶ月はマウント・アソス, 中六七は当たる, 中六七割マデハ軍服ヲ著, 中六割五分だけの者, 中六十七家は嗣子, 中六十二首あるのみ, 中六十以上の老人, 中六十余州の反抗, 中六十哥が税, 中六左衛門の家, 中六度は外套, 中六月エトロフにつき, 中六番町富士見町と十八年間, 中六百台の偵察機, 中六首までが呪, 中共通または著しく, 中兵粮の実務, 中兵馬の巷, 中をやっ, 中其はじめに於, 中其一を此, 中其三分の二を全, 中其中庵で働ら, 中其何れを必然的, 中其例少しと, 中其兩頭を御, 中其処からも此処, 中其名の偶曾能子刀自, 中其市民より受けたる, 中其心肝をかきみだす, 中其最も主要, 中其處からも此處, 中其裁判手續及び公判, 中其頃は女子英學塾, 中だけは常, 中兼ねないのは, 中兼太郎はいつか, 中兼松も段々, 中内乱を生じ, 中内地部隊で彼, 中内懐深く仕舞い, 中写し取った古エジプト, 中写真まで撮っ, 中写真機を紛失, 中写経ばかりし, 中冥々の間, 中凄い月が, 中凌霜子來りオランヂ砂糖漬, 中凍ったやうに, 中凍てた土の, 中凍死せる者四人, 中嫌わず打, 中になった, 中凹みのある, 中て来ない, 中出かけ久しぶりに, 中出はいりして家事向き, 中出るところ夥多の, 中出席して, 中出征致しました, 中出直して何, 中出精相勤候に付, 中出色の文士, 中出身者の顔触れ, 中出雲国造の分, 中に声, 中刀傷や矢傷, 中分家の人々, 中切り傷だらけの男, 中刈り残しの, 中初夏になりました, 中初発以来の患者百二名, 中判然無政府黨, 中判物その大小, 中別れに一杯, 中別居して, 中別段のお話, 中別而不知徒然生涯妻子に勝る, 中利益にありつく, 中到着の分, 中の芸妓, 中を入れない, 中剃りしている, 中前後兩節に分け得る, 中前後数名に過ぎず, 中前栽に降り, 中前田家本はやや, 中前田父子の陣地, 中前記三カ村の有志たち, 中前述の横浜貿易, 中を払, 中とか実際, 中創だらけになる, 中創作に没頭, 中劇場あたりへ何, 中劇映画でありおまけ, 中力説したこと, 中功勞のあつ, 中加藤勘十と鈴木茂三郎等, 中加賀能登越中佐渡は鎌倉時代, 中努めて快活, 中労働階級に支払われる, 中勃起します, 中勇猛のすぐれし, 中動かなくとも黙っ, 中動き分化しつつ, 中動乱シテ恐怖流言極マリナシ, 中動員されて, 中動物の毛, 中動物心理の遺伝発露, 中勧進聖訓職人歌合せといふの, 中勿論何と, 中北条泰時の故智, 中北緯二十度から三十度辺, 中北部で山, 中匙一杯玉葱の細かく, 中匙八分目と塩胡椒, 中匙半分と牛乳中匙一杯, 中匙半分メリケン粉中匙半分塩胡椒少しと, 中匙半分塩胡椒少しと, 中区御器所町字北丸屋八二ノ四, 中を得るで, 中医学がその, 中医治に関する事, 中医者らしい医者, 中医院へ寄っ, 中十万の商店中毎年代がわり, 中十九節に, 中十二万円が谷中亡滅費, 中十二人まで郷里, 中十五万円を政江, 中十五人三分と記し, 中十五日がまいる, 中十人以上の人影, 中十余人仮装して, 中十八日間も毎日世田谷, 中十八歳の娘死, 中十分に信, 中十名ばかりの若い, 中十四呎以下に沈んだる, 中十四篇だけを選び出し, 中十四頁目のところ, 中十年を経, 中十日風呂へ這入らね, 中十箇十色という有様, 中千二百人まで鉄砲, 中千八百八十七年即ち明治十八年, 中千日前新世界界隈, 中千田氏が止宿, 中千種万様の兵備, 中千葉先生のところ, 中午前十時開館というハナバナ, 中午後三時半の定, 中午後四時頃になっ, 中官的な, 中半分以上はあった, 中半分位までは劉, 中半分私が顔, 中半球がさらに, 中卑彌弓は卑彌呼, 中卒業の時, 中卓子に坐つ, 中協議中で庄屋側, 中南北穂高涸沢奥穂高前穂高, 中南海園の楊柳, 中南西に岐, 中南軍に糧餉大, 中南部にのみ限り, 中博士であり三輪田, 中印度洋で眺めた, 中印度迦毘羅城に釈迦族, 中印象雜記として出, 中危篤の有様, 中厚顔とでもいはう, 中原因の発覚, 中原稿用紙を汚し, 中厩監蘇子卿の俤, 中厳格な母, 中厳重に道徳的, 中去りて皓腕, 中去来して, 中正池田家譜善直, 中及ぶだけ純粋, 中及四近根室國野付村標津西別間, 中友だち二三人と奈良, 中友人秦敏之氏とともに自由島, 中友田喜造のいなかった, 中双生児の足首, 中双里附近から塩沢村, 中叔母は大きな, 中取り散らかしていました, 中取払いになっ, 中取持って貰え, 中取次をする, 中取返しがつかねえ, 中受けてしまふ, 中受けた教育が, 中受取ったあの怪しい, 中受持監督教師が一度, 中塔の, 中古いものなる, 中古くからあ, 中古世に行, 中古今の大, 中古今稀である, 中古来名勝の地, 中古谷綱武の, 中古賀氏住宅附近の空屋, 中叩いてゐる, 中只一人しか見受けなかった, 中只今でもその, 中台北で死ん, 中台座から追放, 中叱られ通しな, 中叱責され土間, 中右ら妖怪御取り調べ相成る, 中右翼の暴力団, 中右胸上部に洋剣, 中号外第四面全部, 中各種の間, 中合戦が起る, 中吉十郎を押しとめ, 中吉原の遊女扇屋歌扇, 中吉崎様のお嬢さん, 中吉本の林正之助氏, 中吉本君は校庭, 中吉田大次郎とある, 中同乗の紳士淑女, 中同人内縁の妻管野す, 中同君の逝去, 中同地の識者たち, 中同士はさのみ驚かない, 中同志諸君より寄せられた, 中同校の明星, 中同棲すること, 中同様に住み暮す, 中同権平同米八, 中同氏はやはりポツリポツリ, 中同行の中, 中名犬もみんな, 中ふ側, 中向うへ這入る, 中君たちは一体どうして, 中君勇につきまとった, 中君巫社巫祠族人炊の屬, 中吟一首あり, 中吟行神戸大阪の同人, 中否や申し入れべく候, 中吸えないというの, 中吸わねばならぬ, 中吹かしつづけ換気の, 中吹きこんだ粉雪は, 中吹き通して夜中, 中吹出ものの出た, 中吹出物だらけの田舎者, 中呂竹居に推参, 中んやり, 中呉郎さん十郎さん来訪寝たり, 中周囲の林, 中周視一巡以祓除不祥初生小児将渠含至獅子口中, 中呪術を行, 中味岡正造という名刺, 中味覚通らしいの, 中鳴られて, 中呼んで野, 中呼出しに來, 中咄家も国民服, 中和布を刈る, 中和歌山市有志の招待, 中和田さんを訪ねる, 中和田兵庫殿にお, 中和解の場面, 中咯血をし, 中咲ける罌粟の, 中の感傷, 中品上生の人, 中品下生の人, 中品中生の人, 中品川のはじめ, 中哲人を思慕, 中哲学や精神生理, 中の詩人白楽天, 中唐律に次いで, 中唐晩唐と無理, 中唐櫃の中, 中唯一人の不徳漢, 中唯一度母君に対してや, 中唯三人身分の高下, 中唯心を動かす, 中唯慶應義塾のみ此方, 中唯数人に過ぎない, 中唱門事は七郷, 中商工大臣に小林一三, 中問屋十組の株, 中問答を葛卷, 中啼き継ぎ声速し, 中啼くそれを, 中善き人に, 中善く楽しげに, 中善詩善画を以て聞え, 中喋舌り続けること, 中喧騒を極めて, 中に服し, 中を襲, 中嘉吉は襯衣箱, 中嘔氣少々, 中嘗て陸軍当局が, 中嘱託をし, 中嘸かしと気の毒さ, 中がたちます, 中器物に手足, 中が寝, 中四たびこの家, 中四五題出すん, 中四八四一は鰥夫寡婦, 中四分の一なら私, 中四十になる, 中四十万猶太人, 中四十九人までがこの, 中四十名が死歿, 中四卷を出版, 中四卷半ばかりは昔, 中四四〇〇〇〇が結婚, 中四年間朝鮮語を習ひと, 中四庫全書提要の成つた時, 中四拾両ほど取出し, 中四方から急, 中四日間の消息, 中四月二十日にやす, 中四枚が門歯四枚, 中四段連用形に用いられる, 中四番ともまかされた, 中四百七十五所を罷, 中四筋は昔, 中四肢で立っ, 中四角な新聞包, 中四輌目客車内に人事不省, 中四隣に戦, 中回って歩い, 中回つて歩いて, 中回轉運動のため, 中団七・権太においては相当, 中団扇で追っ, 中困窮はしたろう, 中困難の体, 中図小図の三種類, 中図書室の中, 中国交回復の国民大会, 中国交回復正常化のため, 中国内にエセックス, 中国境の小, 中国木田独歩君の生涯, 中国民の幸福, 中国民学校上級生から中学, 中国男さんとオートバイ, 中国訛りをこの, 中国際聯盟の仕事, 中國一圓の策源地, 中國三十餘國皆自稱王, 中國人は一般, 中國化粧法を朔北, 中國友大助は危險, 中國大陸のその頃, 中國征下は大, 中國攻略が行, 中國書院といふ若い, 中國碑文を撰述, 中國筋の大名, 中國聖人之世, 中國魂の成否, 中に筆, 中圏点を附し, 中圓朝の頭, 中土中水中でその, 中土人から南方, 中土壌の本来的, 中土手の横腹, 中土牢にし, 中土用半には早く, 中土竈の下, 中土蔵の鍵, 中在住の内地人官民, 中在院して, 中激しく震ふ, 中地下室に監禁, 中地中海方面へ派遣, 中地味も便利, 中地方へ疎開, 中地方文化にとって義務教育法案, 中地震を第, 中地響と共にゴ, 中坂昌功は壽, 中坂本というの, 中坂道を上りきった, 中坊井上源五に宿, 中坊津に行く, 中坊陽之助がそこ, 中容を, 中坐したことは, 中坐っていられる, 中坐ったまんまで, 中坐つたまま書い, 中坐り通して, 中坐りこまれるんです, 中坐りつづけていた, 中坪井博士一人のみと云, 中垣根越女の姿, 中埃及考古學の權威, 中埋葬地の最も, 中城中から脱出, 中城外の治安, 中執り持ちて仕, 中執務して, 中埼玉県下から徴用女工, 中堂上の屬, 中堂上華族即ち公卿華族, 中堅気に見込み, 中堤防修築費と称し, 中喜千年後猶, 中堯舜に触れた, 中の外, 中塩攻めになった, 中も二度, 中塾堂の諸, 中境野黄洋高嶋米峰たちの新, 中墓地の間, 中墓石の上, 中増加したけれども, 中墜落しかけた男, 中の排水孔, 中のよう, 中壞血病に罹る, 中士下士に班, 中士官がはい, 中士格ながら羽振り, 中壬生の勢, 中の婆酒珈琲, 中売れ残っていた, 中売宅記とでも題し, 中な現象, 中変りがなかろ, 中変化と云つて, 中変型遺伝の部参照, 中夕日の加減, 中夕景近いと, 中夕照収星光波際見点点去来舟, 中夕靄星月の下, 中夕食がすんだ, 中外人関係の訴訟, 中外国から手, 中有諸, 中多分会心の, 中多勢の人, 中多大の楽しみ, 中多年私は武田, 中多忙に追, 中夜すしづめの兵隊, 中夜色忽ち迫り, 中夜露に濡れ, 中夜食の御, 中夢醒の状態, 中大三個の錨, 中大事発覚して, 中大儀であったの, 中大兄の訊問, 中大内が, 中大分助かるはず, 中大切な部分, 中大勢寄つて来て, 中大名にあっ, 中大学に出勤, 中大宮の規模大, 中大山に残, 中大島へ行っ, 中大島あたりに落つべし, 中大庭春吉と藤本家, 中大徳以来の慣用, 中大悟法君と二人沼津中, 中大戦が勃発, 中大抵其悪行の結果, 中大杉から遠く, 中大村領戸根村脇崎の塩焼き, 中大森氏だけは後者, 中大橋訥庵兄弟がおり, 中大泉旅店の番頭, 中大破ニ相成候, 中大磯へ着く, 中大空を神, 中大笑いをした, 中大胆に怪業, 中大西洋上で撃沈, 中大路の, 中大道具とどなり合, 中大関をとっ, 中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 中大食黨の巨魁, 中天下よりたばこ, 中天台と慈恩, 中天台等をもっ, 中天國押波流岐廣庭の命, 中天文臺の諸, 中天智天皇九年以前の物, 中天智朝以前の物, 中天気を善く, 中天王山一番駈けは, 中天竺の, 中天竺マカダ国浄飯王のお子様, 中太いというについて必ず, 中太医に補せられた, 中太史令の王立, 中太平洋の水屑, 中太陽以外の星, 中太鼓の音, 中の留守, 中夫人が何, 中失われたと海軍省, 中奇しくも明き夕立, 中奇書といふはエドガー・スノウ, 中奉公人どもの飼い, 中奉書は卯, 中奉行所の拷問倉, 中奔波の図, 中奥さんに事情, 中奥向の庭口, 中奥様が吉蔵, 中奥歯を噛みしめ, 中奥深く送らなければ, 中女一人の処, 中女事務員が公務, 中女君の身, 中女学生の方, 中女客と思い, 中女性の愛情, 中女房持ちは長兄, 中女衒と交代, 中女郎を買っ, 中女郎屋ガ三日戸ヲシメタガ, 中女髪結は浮気, 中好うなにさ, 中好きな物, 中好んで滞在, 中好古ノ名, 中如意宝珠最も勝る, 中如意示之とある, 中妄りにお, 中妄執次第に晴れ渡り, 中妊娠ということ, 中妖婆を描き, 中妖怪不思議にし, 中にそわそわ, 中のお, 中妻妾を蓄, 中妾宅と云, 中妾腹に生れ, 中は関根氏, 中姉ちゃんとこに置い, 中仕大府, 中始まりて日, 中始めて相識, 中始めて悄然と, 中委会で処分, 中委員付託による四つ, 中の調伏祈祷, 中姫君も弘徽殿, 中姫草ユリ子をこの, 中姿を變, 中を大きな, 中やの耄碌, 中婦人たちは何, 中婦人サークル員は百四十五人, 中婦女の衣服, 中婦女どもへこの, 中嫁御が, 中嬉しそうに, 中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 中子爵の胃痛, 中孔子が天, 中字典よりも重い, 中坐, 中学び得たる航海術, 中学内の寄宿舎費, 中学問の社会, 中学課において彼, 中れを, 中學ぐらゐの女の子が自分, 中學一年の弟一人, 中學一年生の時, 中學三年の頃, 中學世界へ青年訓, 中學中學より高等學校, 中學二年の時柔道, 中學二年生の最後, 中學出身地方を以て集まつた, 中學卒業ではどう, 中學卒業生は辭書, 中學四年から高等學校, 中學地理教科書に教, 中學女學校舍ハ或ハ此レ, 中學女學生間などのグループ, 中學教科書の地理書, 中學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, 中學教育程度にて嫁, 中學時分に買つた寫眞器, 中學服で通, 中學林の校舎, 中學校女子部時代の舊校舍跡, 中學校教諭古事類苑編纂委員などに移り, 中學校時代からの友だち, 中學校長田代善太郎氏の通信, 中學校高等學校專門學校現に本校, 中學生たちの姿, 中學生みたいな文字, 中學生等がやつ, 中學程度終業ヲ以テ國民タル常道常識, 中宇津木矩之丞と出会った, 中宇都宮丹靖氏とか黒田, 中守一分二朱といつた, 中守上田主水, 中守以前の十五代, 中守依願帰国被仰, 中守信照と生駒八右衛門, 中守嫡子運之助, 中守守信が市中町法, 中守宗孝侯でございました, 中守宗孝薬用叶わず卒中, 中守宗教を殺害, 中守定信の執政, 中守定永であつ, 中守富永伯耆守など今川軍, 中守屋敷の少し, 中守忠利法名を妙解院台雲五公居士, 中守忠興入道宗立三斎殿御事松向寺殿を始, 中守手疵養生不相叶致死, 中守松平肥後守が連署, 中守様御免の相撲場, 中守樣ぢや, 中守殿の下屋敷, 中守稲葉能登守中川佐渡守の領地, 中守稻葉能登守中川佐渡守の領地, 中守綱利と黒田右衛門佐光之, 中守羽仁越中守同将監, 中守金森法印有馬法印佐竹備後守其他五六人の大名達, 中安全進航の表, 中安房の夷隅郡, 中安部磯雄片山潜の二人, 中宋史の藝文志, 中宗旨を定めざる, 中宗蓮寺で地獄極楽, 中官以下に鳥目五百貫, 中官位御ま, 中官八十四人下官百五十四人総人数二百六十九人, 中官吏相互の等級, 中官軍の勝, 中定めて静謐, 中宛然の姿, 中宝石で出来, 中実現のできる, 中実行可能なもの, 中実験した欧人輩, 中実験室で暮した, 中客室へ降りました, 中客席に子供, 中客来敬君と樹明君, 中室内に居る, 中室生さんから, 中室生犀星が前橋, 中宮島に往つた後, 中宮島沖で沈沒, 中宵月勤めまする役人, 中家人など言, 中家庭教師がなくっ, 中家持の長歌, 中家来を一人, 中家計はひどくつましく, 中宿を捜した, 中宿し得るもの絶え, 中宿舎を変更, 中として声, 中寂しくてたまらない, 中寂滅為楽の妙境, 中寄ってたかっ, 中寄ると触る, 中といふ經師屋, 中に妻, 中密生して, 中密航に関していろいろ, 中密閉されて, 中富士山に次い, 中富士山麓にアヘン密造工場, 中富士迎へ筑波, 中富森助右衞門, 中富高町行乞それから門川, 中寒くむなしくて, 中寒暑とあるは, 中寒燈の下, 中寒肥を撒く, 中寝そべつて細君と, 中寝られやア, 中寝巻姿でゾロリ, 中寝込んで居りました, 中寢そべつて居られ, 中寢床の中, 中に第, 中寧子の身まわり, 中の三番室, 中は神社, 中対峙して, 中対座した, 中対手の欠点, 中対流は不安定, 中寿阿弥が死に, 中封切しないやう, 中専門の一課, 中将来ある人々, 中将校たるべき者, 中将校下士兵の各, 中将行房が大, 中將プーチヤチンはじめ半ば素人が總がかり, 中將君はこの, 中將知盛を初め, 中將維盛年二十七歳壽永三年三月十八日和歌, 中としてこの, 中尊者トメ最も長旅, 中尊重すべきもの, 中で陷, 中尋ねて来る, 中尋ねたってある, 中まめに, 中小さな農家を, 中小三十七種の齒輪車, 中小作が六割, 中小包郵便で前記, 中小夜子が死ん, 中小学校が一番, 中小山内先生の指名, 中小生まで内々申出で, 中小舟勝二氏の作, 中小野も立腹, 中小長谷の若, 中少女らは華麗, 中少女一人の故, 中少女中心のもの, 中少将弁官などは皆一族, 中少尉仲間であった, 中少尉時代には戦術, 中少年であり青年, 中少年等は一斉, 中尚書などの職, 中尚書長史参軍これことごとく貞亮死節, 中尤も注意すべきは, 中尤モ用ヲナセシハ兵卒, 中尺蠖黄を食え, 中尻尾を出し, 中尾行をつけ, 中ても立っ, 中居りたる雲の, 中居士の机, 中居間でしんと, 中屋根に寝, 中屏風を背景, 中者猟師の, 中屠蘇の方, 中屡々目撃し, 中山井博士や牟多口氏, 中山内監物殿御盗被, 中山北の雄勝, 中山口の六七年間, 中山国建設以前からあ, 中山地中将が分捕, 中山奥の疎開, 中山本の家, 中山水を手, 中山王尚巴志の手, 中山王ホテルへ池永浩久, 中山田刑事は病気, 中山車を煽ぎ, 中山野来り一緒, 中山野来訪笑の王国, 中岡田がぼく, 中岡西氏は既に, 中岩井半四郎が座頭, 中岩名は土地高燥, 中岸本がこの, 中岸辺で蝮, 中島々方面から徳本峠, 中島山の山姥石, 中島田の荷, 中崇拝するという, 中嵌めきつてゐた, 中のつづい, 中嵯峨天皇の御製, 中嶄然一頭地を抽, 中しさ, 中の頂き, 中巌桂頗多因乞一株八月十三日静宜亭宿題, 中川べりに遊行, 中川上音二郎の一行, 中川口のお, 中川島は木蔭, 中川瀬兵衛池田信輝高山右近などからさえまだ何ら, 中川田とミルクブラザース, 中川筋へ夥しい, 中川魚の王, 中巡回の折, 中へ向っ, 中巨人の足下, 中巨人的な鼾声, 中を褒めざる, 中已にカントの, 中巴人太白廟前の大松, 中巴里の名, 中にいわく, 中巻あたりにピグミー, 中巻応神天皇御製歌に麻用賀岐許邇加岐多礼, 中の内外, 中市内の見物, 中市街は曹軍, 中布哇の風俗, 中布引山を除く, 中布教会神典出版会等あり防護, 中希有絶少の, 中帝室より支弁, 中帝鬚の事, 中師吉井勇が旅行, 中師範に学び, 中師範出の県下, 中から追出される, 中帯封を書い, 中帰らない日さえ, 中帰りはかご, 中帰る方が, 中帰れば下宿屋, 中帰依したる基督教, 中帰省する学生, 中は, 中常作国王発願求於無上菩提心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 中帽子ただ口ばかりがその, 中帽子唯口ばかりが其口, 中幕下のもの, 中幕間に楽屋, 中干割れつつ光る, 中平定の祝賀日, 中平林さんは手塚さん, 中平気な人, 中平生たしなむ水泳, 中平田篤胤門に入り, 中平等が大, 中年々結婚する者, 中年月づけの, 中年男俎板の傍, 中なる哉君, 中幸いなこと, 中幸徳は方向転換, 中幸福は其目的, 中幸運を享, 中幽かに燈, 中幾たび嘆いたか, 中幾ヶ所もない, 中幾万の人, 中幾何良書として後世, 中幾分古風な, 中幾多の徴証, 中海屋を, 中広しといえ, 中広島と長崎, 中庄司利喜太郎戸塚新蔵を証人, 中床下など穀類, 中床屋へ行く, 中店先にい, 中府中城のうごき, 中を失った, 中に着けり, 中座光寺源三郎の家, 中座席を独り, 中の内そ, 中庭先にはアメ屋, 中庵某夜雪庵誰およそ今日, 中廷議冗兵をはぶき, 中建てられた陸軍病院が, 中建築に交渉, 中弁侍従なども大臣, 中弁大伴家持の作った, 中弁将末に殺され, 中弁藤原在衡, 中弁長房朝臣の奉書, 中引きまわしの, 中引きのばしてみ, 中引き廻しの上, 中引き掻いたのだ, 中引けが過ぎる, 中引っ掻き回してといっ, 中引廻しのうへ, 中引用の寺田志齋, 中引籠の機会, 中弘中三河守等の勇将, 中弛んだ顔は, 中弟たちに聞け, 中弟子どもが皆それぞれ, 中弥助とお里, 中弱き者ならず, 中弱りませんこいつの, 中張りとか又, 中張りきっていた, 中強く植えこまれた人種的偏見, 中強力が, 中強羅へ出掛けた, 中強豪を以て聞えた, 中弾圧されて, 中弾圧禁止を乱用, 中騷動諸人競集云々, 中当地の特産, 中当夜客席に出, 中当時一馬夫人だった宇津木秋子, 中当時私の見る, 中当然他に, 中当番ノ一婢出, 中当直の夜, 中当路の大臣, 中当面の関心事, 中彩色板刻の最も, 中彫刻を志望, 中影山某三浦某と云つて, 中彷徨きまはつ, 中役向きのこと, 中役所を辞し, 中役者舞台絵姿と題する, 中彼女自身の選んだ, 中彼邊にて聞し, 中ったり, 中往時の戦役, 中往来の真中, 中待つてゐた, 中待機の姿勢, 中待遇の最も, 中の旧友, 中後ろと話す, 中後世まで国造, 中後略のまま, 中後者は第, 中徒士町に居た, 中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 中従二品より従五品下, 中従来国文学が最も, 中も知れぬ, 中從兄弟の倒, 中御家内様へお, 中御意のまま, 中御殿ではその, 中御法度はねえ, 中御無沙汰を致した, 中御返事まちまちでは, 中御門祭の祝詞, 中燈閃鑠之際則殊見, 中微塵ばかりも善, 中微温湯をテピダリウム, 中微量のもの, 中徳川大猷公, 中徳川勢稍後退した, 中徴兵にとられ, 中心持ち痩せた悧巧そう, 中心肝の命ずる, 中心臓麻痺を起した, 中心配もあるまい, 中しもかう, 中忌むべきを忌む, 中忌わしい行為の, 中志築村の太田六助, 中志賀玄蕃同苗内匠の母, 中志野原土の大, 中忘れざりしがごとく, 中忘れることの, 中忙しいので少女達, 中応召されたの, 中応援たのむ, 中応答しなくては, 中忠義の炎, 中忽ち富士見町の, 中忽然と急病で, 中忽然わが家の縁先, 中忽雷雨に逢, 中怒鳴りちらして暮らし, 中思いがけない人に, 中思いきって左近, 中思いだせなかったということ, 中思い思いの仕事, 中思い続けていた, 中思想上に動揺発顕, 中思慮を要する, 中思案と共に世間, 中思索だつた, 中急死して, 中急病にて遷化, 中性愛の淫欲, 中怪奇な仏像共, 中怪獣が泣き喚いた, 中恋していた, 中恋愛を自然, 中恐らく八幡系統の, 中恐れ入りますがちと, 中恒吉は未詳, 中恒同なもの, 中恩賚脛衣新たなり, 中もたえだ, 中息子の梧郎, 中息子どもには負けじ, 中恰も雁の, 中悄々地忽然揺出一隻船来, 中悪魔とは交際, 中悲しんだりいらいら, 中悶々として森木はとこ, 中情報局外務省その他の役所, 中惡魔のやう, 中意味なく太鼓, 中愚劣とわかり, 中愛ちやんは兎, 中愛妾の神鳥みさほ, 中愛嬌をたた, 中感じるゆとりの, 中感傷品を超え, 中感銘したこと, 中慣れもしない, 中慰みにもなる, 中慶州の南山, 中憂鬱だった, 中な人, 中懇意になりました, 中沈井中, 中成金さんにうけだされ, 中我が臍の, 中我らひっ攫う, 中我慢がしきれなくなっ, 中我等を誘惑, 中我輩は関西, 中にでも出る, 中戦争以後英国が日本, 中戦争協力者であった清瀬一郎弁護士, 中戦争遂行に協力, 中戦傷者の発表, 中戦死傷あわせて, 中戦火でキレイ, 中戲曲の標準, 中戸外に何事, 中をし, 中房山に温泉, 中所作を主, 中所感の小, 中所携の帽子, 中所狹きまで, 中所見一首を掲ぐ, 中所詠の五言絶句, 中所詠五絶二首あり, 中所謂甲の部類, 中扁石の上, 中手元に預かった, 中手出しをし, 中手勢の者, 中手拭で拭き廻した, 中手榴弾を投げつけられた, 中手許の用, 中才色兼備の噂, 中打ちつづくところも, 中打ちやられてあった, 中打明けて相談, 中打明けしことあらざりき, 中托鉢に歩い, 中批評家は一口, 中承知せず, 中技師は結婚, 中抄以来の袋, 中把酒看, 中折れした形, 中折れと同じ程度, 中折半紙に御家流文字, 中択ばれてのろ, 中にならう, 中押せば開らく片折戸, 中押入が不恰好, 中押川春浪黒田湖山井上唖々梅沢墨水等の諸氏, 中押廻したって, 中担いまたは差担い, 中担子菌門の多孔菌科, 中拙者の計画, 中診被, 中拝礼して, 中拭廻した, 中持ち渡しの, 中持ちこたえ得る見込みが, 中持ち帰る訳にも, 中持つかどう, 中持てあまして困っ, 中指揮者となつて, 中挫ゲーテ的なもの, 中振上げる度に, 中振袖もれてぞに, 中挺身隊やなんかで働い, 中挿しをいつ, 中捌いてる知事の, 中捕虜とした, 中捜して歩いた, 中捜したって八五郎, 中捜し廻ったんです, 中捨値に売り出された, 中掃除させられて, 中の上, 中掘つたといふはさ, 中探し廻ったとて昔三百年前, 中探し廻りましたが十八娘, 中探らむとす, 中推し計るばかりであった, 中掲げられた影像の, 中掻きまわしたわ, 中掻毟って目, 中揃って写真, 中揃つて鍬をふりあげ, 中提灯を点け, 中揚屋入りを申, 中援助のこと, 中振って, 中揺れ廻つて居る地震, 中摂津一人を特異, 中撫子の花, 中の糸, 中操縦席からサンドウィッチ, 中操觚に没頭, 中擦り込んで布團, 中攘夷の真盛り, 中攘夷運動が最大, 中支一帯の地域, 中支従軍を通じて現実, 中支払ふべき規定, 中支旅行の印象, 中支派遣でハガキ, 中支行きはその, 中支那の女, 中支那古器ヲ多, 中支那婦人の服装, 中支那派遣隊司令部付となった, 中支配役になる, 中支離滅裂であるという, 中は大森義太郎, 中改悔の七篇, 中改正法律案籾貯蔵助成法案産繭処理統制法案蚕糸業法中改正法律案肥料業統制法案その他であったが, 中改正法律案肥料業統制法案その他であったが, 中放してあります, 中放つて置い, 中放り込まれることが, 中放電の研究, 中政党解消がなされる, 中政子を妻, 中政治が其最, 中政治経済芸術哲学ノ分類目録, 中故主信長をのぞい, 中故国に大震災, 中故郷に居る, 中敗北三回で十回, 中教会の中, 中教区とす, 中教員室でお目玉, 中教壇から追われ, 中教授自らの屬, 中教科書の無断採録, 中教院小教院, 中てする, 中を一服召, 中散らかしたまんまに, 中散る氣の, 中散歩図書館まで途上二句拾, 中敬君来庵すみませんでした, 中数えきれぬほどの同, 中数えるほどしかない, 中数え尽されぬほど沢山, 中数カット六さんが家, 中数処に桔槹井, 中数十個所の唱門, 中数十日のその間, 中数千の氏人, 中数千円の大穴, 中数多如来正, 中数片の骨, 中数羽ずつ群れ, 中敷きなどに三毛, 中數人を指示, 中永元年十月, 中文壇に縁, 中文壇藝苑の華やか, 中文士は未亡人, 中文字のこと, 中文学の両極, 中文学報国会として戦争協力, 中文学好で僕, 中文房堂に行っ, 中文政九年丙戌二月三日の條, 中文明の魁, 中文書を以て比較的, 中文治以前の小説的記事, 中文身を散らし, 中斎藤君が大声, 中衰は, 中断髪嬢が, 中斯んな風, 中斯様な処, 中斯波氏先ず衰え, 中新しく上って, 中新たに産せし, 中新作の大, 中新太郎は金, 中新子がいた, 中新宿との往復, 中新宿駅で逢った, 中新潟行の汽車時間, 中新聞の報道, 中新聞関係で中, 中新進作家として既出, 中方面に爪先, 中旅先でそれ, 中旅店その他において毎日, 中旅館の私室, 中旗下は徳川, 中既婚者は僅か, 中日出雄少年とは極めて, 中日暮螢は光る, 中日曜日の夕方, 中日曜日毎に欠かさず, 中日月移る, 中日本人二名あり, 中日本人八名あり, 中日本人民は正確, 中日本全国に日刊新聞社五十四社, 中日本古来の精神歴史, 中日本女子大学校長としてどの, 中日本映画社の嘱託, 中日本水兵の為, 中日本神話に混入, 中日本移民をとにかく, 中日本要塞より締め出されたる, 中日比谷へ行き, 中日照時間が三時間, 中日蓮様を信心, 中日野資愛卿より竹屋殿, 中旦那がどうも, 中起成何事遥向, 中早々に部屋, 中早世して, 中早寝をする, 中早川さんに大, 中早足に歩いた, 中早速に手, 中昌造がで, 中明るくなるやう, 中明峯と明極, 中明日にも城, 中明日子がぼく, 中明智小五郎の意外, 中明治七年片山淳吉中村寛栗同訳, 中明治維新後に起こりし, 中明白に確証, 中明眸皓歯の人, 中昏睡状態なん, 中については古, 中昔夕方ゴットフリートと話し, 中春三郎が竊, 中春夏は積極, 中春子が二, 中春章が暫, 中昭和二十年七月まであった, 中も過ぎた, 中昼間は手紙, 中時々バラバラと雨, 中時世といい, 中時代同期だった作家, 中時代物としての感覚, 中時分に絶頂, 中時局的任務に関する研究, 中時折の不作, 中時時姿を, 中時次郎が傍, 中時間のいつ, 中晉書北史の如き, 中に告げた, 中晦冥咫尺を辨, 中晩年の作風, 中晩稲のいずれ, 中普通一般に用, 中晴やかな気分, 中晴れわたつた壮厳微妙の, 中晴次を月野博士, 中晴雲なし, 中暁台は蕪村, 中さを, 中暑い日が, 中暑くてたまらぬ, 中暑し名古屋駅立派に, 中暗いのにあした真直, 中暗うなりつる頃, 中暗黒面に属する, 中という一月, 中暴れ廻つて居る, 中を帯び, 中曇ってしまい, 中曝されている, 中曲輪三分の一が曝涼, 中更に更に新しい第, 中書きたかったのである, 中書きものをする, 中書さまのご, 中書信禁止中は立合看守, 中書様のご, 中書生は客, 中書籍を売り, 中曹操から貴君, 中最もよく人の, 中最も古くからあ, 中最も実際的で, 中最下方に在る, 中最下等に属する, 中最南端にある, 中最古のもの, 中最多回數を搭乘, 中最多数を占める, 中最大傑作の一つ, 中最大部分を占め, 中最小の天, 中最年少栃木村太郎さんをロボット, 中最強のもの, 中最悪の労働条件, 中最愛の, 中最新の事實, 中最近まで行う, 中最長距離なり, 中最高位にゐる, 中最高峯と言, 中最高度に発達, 中會場から度々, 中月日の徴, 中月経を用, 中月給全額支給して, 中月給百円以上約五十名, 中有ることで, 中有功の者, 中有志のもの, 中有志家を以て任ずる人, 中有水水中有魚三頭九尾不食人間五穀, 中服部君は消, 中にどうせい, 中朗明であって, 中朝夕篤と注意, 中朝日館と云う, 中朝顔鉢にしちまいました, 中朝食を執りたる, 中朝鮮に伴, 中朝鮮人あり一寸, 中期間なりと考, 中朦朧の一興, 中の中, 中木下池田の二隊, 中木戸を開け, 中木樵の群, 中を読ん, 中本人まったく回復, 中本位田家のばば, 中本文では比較的, 中本木はいろんな, 中本章で考察, 中本箱や夜具, 中本誌の余白, 中本邦祀るところ, 中村ソヴェトのまわり, 中村人の行動, 中庵の, 中来たいものだ, 中来ようと思った, 中来客は, 中来書の約, 中を離しません, 中の空白みか, 中東京堂へ本, 中東京大学文学部の著者, 中東京帝国大学の御用出張, 中東京帝大の特別講演, 中東宝事務所へ行く, 中東条が民衆, 中東海道に鳴りひびいた, 中東海道線を利用, 中を替え得る, 中松井の女房, 中松柏を高吟, 中松浦潟や豊島, 中松蔭大藏の家来有助, 中の, 中も有る, 中枚挙に堪へぬ, 中果して真に英雄的だった, 中果実を描いた, 中某氏とハンプトンコート, 中柔術の妙, 中柳以下荷拵への手伝, 中が重い, 中栃木県では中山丹次郎, 中栄誉の得べき, 中栄養ということ, 中よりも小, 中校友會員は校友會館, 中校尉梯儁等奉詔書印綬, 中格言のよう, 中桃色の媚, 中案内を連れ, 中を切る, 中桜樹躑躅最多ク亦自, 中の中, 中桶狹間の戦, 中の三坊, 中梅型のガラクタ小説, 中梅柳頗有春色故詩中及之, 中梨枝子を退屈, 中梯子の降, 中梵授王の世, 中梶川与之助と申す, 中棋局の前, 中か何, 中棚鉱泉とした, 中椅子の中, 中植木はほんの, 中植物の姿, 中植込の間, 中のぽん, 中検めてみた, 中検挙によって中絶, 中業平と並べて, 中極端に外国語, 中概念となる, 中の磐彦, 中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 中槍ヶ岳山脈へ登山, 中槍影の守り, 中樟脳の供給, 中模索を行つた後やつ, 中権威ある野球部, 中はらねば, 中横断の挙, 中横浜で戦災, 中樹明君やら敬治君, 中樽前は明治四十二年, 中橇車を牽い, 中機体に故障, 中機嫌が悪く, 中檣帆をこの, 中櫛田大明神祠あり, 中櫻木大佐に此事, 中欄干へも出られず, 中欠乏品を売る, 中欠課や欠席, 中次には能美郡波佐谷, 中次女千種さんは, 中次男三男何れも中学, 中次豆田螺は右巻, 中次郎が即刻召喚, 中し泣き, 中欣二さん一体どんな風, 中欧あたりの貴族, 中欧最強の新興国, 中欧死神口碑の中, 中欧米人の浮世絵, 中欧諸国で皇国, 中欷歔すること頗妙, 中の方, 中歌人與謝野晶子氏と小説家樋口一葉女史以外, 中歓喜の中, 中止まないで一方ならず, 中止観の空仮中, 中正午前後はちょっと, 中正常な意味, 中正座に来る, 中此上の思案, 中此両部頻りに御, 中此事件に連座, 中此年の下, 中此往反に関する文, 中此田川の畔, 中此男ばかりは聊か, 中此町の青年, 中此箭保忠大瞋兮取件箭, 中此繪島の寺, 中此處に來, 中此雲の風情, 中武器を執る, 中武帝の壽盡, 中歩いたせゐか寒, 中歩きまはり, 中歩きまわり暁方に, 中歩きまわる用の, 中歩くと云え, 中歩こうものなら, 中歩行等にて運動, 中歯ぎしりをする, 中歯下駄で踏み, 中歯医者へ行っ, 中り去れ, 中死す六十五歳, 中死する者十二人傷者三十六人と, 中死ぬかもしれぬ, 中死ぬる覺悟で, 中死んで, 中死んだ女は, 中死人の膏血, 中死刑囚の肉, 中死去の生徒, 中死生の間, 中死骸を見, 中死體を收め, 中殆ど一人も南支那, 中殆ど休みなしに, 中殆ど戸外にい続け, 中殆ど教育らしい教育, 中殆ど毎日のよう, 中殆芸能の出発点, 中残らず揺り倒されて驚く, 中殘つた木の葉が青々, 中殘暑猶甚, 中氣は, 中殺生厳禁の二見ヶ浦, 中母堂の訃, 中母親であるもの, 中毎夜夕涼に出あるい, 中毎年代がわりするもの, 中毎度発熱して, 中毎度話をした如く, 中毎日パァティをし, 中毎日必らず三度, 中毎日毎日毎日毎日静かにヂッ, 中毎日毎日行ききして居, 中毎日読書に耽りし, 中毎日靴や締具, 中毎日風雨または曇天, 中毎晩のよう, 中毎晩編物をした, 中毎朝欠かすこと, 中比類のない, 中毘陵に猿曳, 中毛だらけでしたから, 中毛糸を織っ, 中毛虫よろぼひ歩きけり, 中氏名不詳とせし, 中気がかりはたくさん, 中気分が重っ, 中気温は普通零下十度以下, 中気病みになっ, 中気色悪る, 中氣象の觀測, 中水がわりに葡萄酒, 中水勢が和んだ, 中水引は牧野家, 中水田のところどころ, 中水谷準氏, 中水道橋辺より, 中永く狂歌の, 中永久に土地, 中永住の動物, 中求法華経無有, 中汗ばんで来た, 中汗まみれになった, 中汚い泥染れ, 中汚水の中, 中汚物搬出馬車請負賃として計上, 中汝らの食うべから, 中汝激浪の洗, 中江刺に入, 中江戸城の本丸, 中江戸川乱歩の, 中江戸市中より富士, 中江戸時代に刊行, 中池上はわたくし, 中汽船のごとき, 中沈欝いで居た, 中沈沒などの出來事, 中沖縄の民俗, 中沖縄諸島ばかりは語序, 中河畔の群鶴, 中油断なく見物, 中油絵の手ほどき, 中治め難いこの, 中治山事務所長の太田重良君, 中沼名倉太玉敷の命, 中沼田を入れ, 中泉水のある, 中泊りに来, 中を立て, 中法官の手, 中法恩寺橋上の出会い, 中法水は絶えず, 中法然を配した, 中法院より竹井検察官, 中波斯の名, 中波間に声, 中泣かない子でも, 中泣かぬように, 中泣きとおしたので翌朝, 中泣き明かして眠らず, 中泣き明かすのです, 中泣き続けに泣いた, 中泥棒が入らう, 中泥酔せる男, 中注ぎて弱る, 中注意すべきは, 中泰西頼見義侠人, 中泳ぎつづけても大丈夫, 中洋学の中心, 中洋楽の日本化, 中洋次郎は図らず, 中洋行しないかという, 中洗った様な, 中洞穴の中, 中津々浦々どこに寄っ, 中津上氏は古賀氏, 中津津浦浦まで知れわたっ, 中津軽家の継嗣問題, 中活動して, 中流れ灌頂の有る, 中流人たちでどれ, 中流人らのうち, 中流民的泥濘のうち, 中流産なされ候, 中流石の師直, 中流行感冒猖獗を極め, 中流行歌をうたっ, 中浅草寺の裏, 中浅間の煙, 中浅間山焼燃セシ災難ヲ追懐, 中浜子は新, 中に沿, 中浪上一生ノ観, 中浪華亭の養女, 中浮いてしまった, 中浮世絵と流行, 中浮木がグイ, 中海上ニ關スル事ハ君ノ不, 中海兵の靴, 中海城邊の戰爭, 中海幸山幸の一段, 中海浜より七, 中海神突然オクゼ, 中海軍の特派員, 中海防軍備の話, 中海鳴りが町, 中浸る風呂うれし, 中消えないのであろう, 中消火の演習, 中淮南子の中, 中深夜の物淋し, 中深夜人家なき所, 中深川に於, 中深海底の響きこ, 中深見新左衞門, 中を右手, 中混亂して, 中混戰のた, 中混雑と込合っ, 中清元などに含まれ, 中清国に対して異, 中清天勇天芳大黒屋天忠がある, 中清新の気分, 中清浄の境, 中清清水天藤の天ぷら, 中清見他二名, 中渇くを第, 中渋江抽斎は二十四, 中渋発哺上林地獄谷熊の湯, 中渋谷行新宿行水天宮行の円太郎, 中の間, 中減少するよりは, 中渡し合ったり先生, 中渡し置き候処当時何に, 中渡辺はま子はビクター, 中渡辺橋のところ, 中渡辺篤のとこ, 中温柔の, 中温泉に取材, 中湧き立っていた, 中満月が木立, 中満足によめた, 中源吉の頭, 中源氏を読ん, 中だけになっ, 中溝渠の景いよ, 中溺死し非業, 中滅亡の上, 中滅多に読まれない, 中滝田君に初対面, 中滞留幾週間にわたる旅舎, 中滞陣の一ヵ年, 中滿開の花, 中漁船に乗っ, 中漏れなく触れ歩く事等なり, 中演劇に關, 中演壇の横手, 中漢九郡のうち, 中漢字音によって日本, 中漢文先生最中に高嶺さん, 中漫歩九段の妓窩, 中とのこと, 中み去る, 中潜伏して, 中の二三百兩, 中濁音のある, 中濃霧の中, 中濱島氏夫妻は此軍艦, 中のあたり, 中瀧田氏来る山水号, 中と煙, 中火事場の騒ぎ, 中火山岩に次ぎ, 中火消しにら, 中火災に遇, 中火災さへなけれ, 中火燵荒涼のけしき, 中火薬の臭い, 中火鉢なきも, 中灯りの屆, 中灯火がつきます, 中になる, 中炊いたり煮, 中炬燵にあたって, 中炭酸ガスの含有量, 中点線をもっ, 中切にした, 中為蛤か, 中の出, 中無くてはならぬ, 中無事事々妙好である, 中無事大阪に着た, 中無二の親友, 中無学無識, 中無惨にやられた, 中無故在物念謀反之, 中無料配達を致しまし, 中無気力な嫉妬, 中無為に待ち, 中無碍に走り, 中無粋な話, 中無辜の小, 中焦躁や不安, 中うでないの, 中焼けあとに, 中焼けるように, 中焼払いの火元, 中焼魚の腥, 中煖房のこと, 中煖炉を焚き止めず, 中煙客翁の書, 中煙草は許し, 中煙草銭もなし, 中煤けし紙に, 中煤だらけになっ, 中煤びたれども天井の下, 中照りつけられた石が, 中照り出されながら来た, 中照彦様は首, 中煩うてお供さん, 中煮えくり返るような, 中熊谷よりする, 中熔岩の上, 中熟睡できなかった, 中熱海磯八荘なる永見徳太郎, 中熱病の予後, 中燃えてき, 中燈下に書, 中き拂, 中燕尾服を脱いだ, 中爆撃の翌朝, 中爆音の下, 中爆風で塵, 中爪皮の高, 中でか, 中父上から来た, 中父母食の語, 中片づいたけれど何しろ, 中片方に深, 中片時も手許, 中片足を使えない, 中は逐, 中牛津で御, 中牛馬の男, 中牛馬会社の事業, 中牝犬最も食, 中の関門, 中で, 中物化を観る, 中物故せられ居候, 中物生心の三, 中物置の中, 中物語をし, 中物資豊富である, 中物質的な聯想, 中特攻隊がよく, 中特筆大書すべき価値, 中を相手, 中犯し入る思を, 中のせい, 中狂乱の巻, 中狂死したの, 中狂気染みた真似, 中独りでおもしろ, 中独り稿を継い, 中独り繍仏の前, 中独坐に堪へかね, 中独坐自責に堪へない, 中独居の生涯, 中独断で福岡, 中独演会で小著, 中独立の覚悟, 中独絃哀歌あたりの作品, 中独臥閑々寂々水のやう, 中独身者で居る, 中独酌待つて, 中狭い裸の, 中狭く動けば, 中狭けれども一茂林, 中いながらも, 中猛攻また猛攻, 中猛然と力に, 中猫島に行つて, 中獣形を成し, 中獨墺軍と聯合軍, 中玄照の傳, 中玉江といふ令嬢, 中王トハ養父子ノ間ニナッテイルガ, 中王念孫引之が次, 中王玄徳は成都, 中王自ら進んで, 中王領大司馬, 中珍しく家に, 中に例, 中現今行わるるところ, 中現在開講中のもの, 中現存結婚は一九, 中とある, 中に立つる, 中甘口辛口二つの壺, 中甘藷畑の側, 中甚しき誤無きを, 中甚だしく機動主義に, 中生け贄になる, 中生れて七日, 中生れたま, 中生れる子供の, 中生れ在所の西多摩郡, 中生傷だらけで何だかしきりに, 中生国播磨の武士, 中生娘とでもいふべき, 中生存者は地下室, 中生活誘惑に勝てない, 中生涯を終った, 中生理上当然の, 中生理学の理, 中を失, 中用事に逐, 中用器画の時間, 中用心をせよ, 中用意の品々失策, 中田一亭童徳宝等の如き, 中田丸先生はほとんど, 中田屋杉之助, 中田舎の妻君, 中甲州街道をまだ, 中申し合せてやめる, 中申訳ないこと, 中男子にし, 中男子百十五人女子百三十九人となる, 中町中を気ちげ, 中町内預けになっ, 中では同級生, 中へ出, 中留つて居て, 中留りて, 中留守であるが, 中留守ために少し, 中留守居をし, 中でとんぼ, 中では同級生, 中異人のお, 中異国の婦人, 中異状はなかっ, 中異色のある, 中異議のあろう, 中の目, 中當分休の札, 中疎開先の埼玉県, 中疑わしき人物の, 中疑問の人物, 中疲れた丸い脚, 中疲労の恢復, 中疲労困憊のさま, 中に罹り, 中病中といっ, 中病中唯一度母君に対してや, 中病床日誌を公, 中病用相勤候儀難相成者勿論又, 中病身の細君, 中病間に訳した, 中に罹った, 中痛くてたまらない, 中瘤だらけになりました, 中に似た, 中発作が起つた, 中発売禁止となった, 中発狂して, 中発表しますが, 中の鹿子雫, 中白き羊の, 中白毛の交った, 中白胡麻の油, 中白花は奈良公園, 中白蓮会からは分派, 中白面の甲府, 中白馬を忌む, 中白鶴の趣, 中に十, 中百三十度ぐらいだ, 中百両しか下げ, 中百五つの豪壮, 中百人二百人と殺され, 中百円を葬儀, 中百姓を憐れん, 中百姓屋だ, 中百射をつづける, 中百日を暢心静居, 中百済野で鶯, 中百町も植, 中皆んな怪しい, 中皆んなぢやありません, 中皆シンとなった, 中皇后の次, 中皇命時代の御作, 中盆蓙の上, 中盗むわけには, 中盗賊に見舞われ, 中に書論, 中盛丸山とのコル, 中盛況を現す, 中監禁され打つけるなぐるほとんど, 中の上, 中盧植の軍務ぶり, 中目がけて乗り出し, 中目ざしながら放たれました, 中目星しいもの, 中目立たぬよき演技, 中目立ったものである, 中目貫の場所, 中目録一二十四十五十六十七十八十九計九巻, 中盲汁の仲間, 中直垂紋であります, 中直接ヨブの疑問, 中相州箱根から京阪, 中相当の高級, 中相当数の辞任者, 中相談をかさね, 中をひそめ, 中眉山は一番詩人, 中花館と, 中看守盗の罪, 中看病に遣した, 中主靈性理證, 中眞青な夏草, 中真っ白けに, 中真っ青になりつくし, 中真先に南日君, 中真心でお, 中真暗で気温, 中真柄父子の勇戦, 中真田山東間田山と小, 中真白に米, 中真鍮の望遠鏡, 中かすかにて, 中眠たさを, 中眠らなかった美奈子の, 中眠らなかつた美奈子の, 中眠られぬままに, 中眠ることが, 中眩暈嘔逆に而難儀, 中眺めてい, 中眺め耽って何, 中眼ざわりの個所を指摘, 中着緋紗綾に黒繻子, 中睡ったために, 中睡らさないように, 中睡らない訳に, 中睡るかどう, 中じく無く, 中睨みあっていた, 中瞿曇仙人釈の身上, 中瞿曇族の一人, 中瞿麦花盛開云是先人竹亭先生遺愛之種, 中の助字, 中といえる, 中知っている, 中知らない人が, 中知りあいになった, 中知り合った人々に, 中知るものは, 中知れ渡って捕っ, 中の櫓, 中短い関西旅行を, 中短波放送の受信, 中の物, 中石井兵助を勤むる嵐璃鶴, 中石器を使用, 中石田先生回診もう大丈夫いつ, 中砲撃した, 中破産廃業の者, 中碇泊するので, 中碓氷峠を境, 中といっ, 中碧梧桐君と余, 中磁気の研究, 中磯山逃奔一件に就き, 中ばかり云っ, 中礼拝所の多き, 中のこと, 中社会の進運, 中社務所の建物, 中社員が交代, 中社殿の中, 中祀とて二等祭祀, 中祈り歌ひ明かすので, 中祈祷専門のもの, 中祖母は僕, 中神仙の四通り, 中神仙説の分子, 中神判を待つ, 中神奈川県高座郡に疎開, 中神戸大洪水の号外, 中神楽殿の影響, 中神経がたかぶっ, 中神経衰弱にかかり, 中神聖な物語, 中神酒を充たし, 中祠堂に真佐子, 中祭壇にし, 中禁じられていた, 中禁厭の境, 中禁術の名人, 中禁足を命ぜられし, 中福井丸の広瀬中佐, 中福岡県出身の男, 中福沢先生の親しく, 中福沢氏は私, 中福神の像, 中禪寺湖の長篇, 中いづ, 中私ぐらゐだらしのない男はめつたに, 中私たちみんなの小さい, 中私ら知己だ, 中私共の知りました, 中私徳のこと, 中私法の規定, 中私立大学などに籍, 中秋山下冰壮夫, 中秋晴半里, 中秘かに男装, 中秘密の中, 中に事欠き, 中秦淮あたりの酒家, 中程度の損傷, 中稚気を帯びたる, 中稜鏡羅針儀を借り, 中種籾一粒取れまいと, 中で傷だらけ, 中稻垣小三郎が自殺, 中稼がせて居りまする, 中稽古の客, 中穀物の平均価格, 中穂高行の同志, 中かならず, 中穴だらけにし, 中穴一レースだけ本命通り, 中穴蔵の中, 中穴藏の中, 中が真, 中空気中土中水中でその, 中空虚な響き, 中空襲警報が睡むそう, 中穿たざる女も, 中突入への, 中突進の動機, 中に崩れた, 中止って, 中立ちならぶ木の, 中立ち上って籃, 中立ち去るのは, 中立ち戻るのである, 中立つて内地, 中立派な本, 中竜子を敷, 中竜泉寺町の沢村源之助宅, 中竪穴の存する, 中端午の節句, 中端席の真打, 中竹の子生活をした, 中竹内式部どのが京, 中竹藪の中, 中竿をふつ, 中竿頭にだし, 中笑い通した, 中笑った事なく, 中笑劇と云, 中笑顔を見せつづけ, 中笠間さんが泊り, 中笠間由子に留守居かたがた泊り, 中笹川方の鬼剣士, 中筆者はとくに, 中だの役者, 中筒男命上筒男命の三人, 中というの, 中箒だらけでどれ, 中箱崎町の大工銀次郎麻布普請, 中を屈しない, 中節社や改進政学党, 中築地二丁目引越先の家, 中の寝, 中によつてテラモニデース, 中米八権平等を座敷, 中粉だらけになりました, 中粒選のエライ書生, 中粘き脂煮ゆる, 中粘液を, 中粛然として声, 中精密な病毒検査, 中精神の朦朧状態, 中精神錯乱したといふ, 中の田圃, 中糞土の中, 中一割の, 中紅き旗振る, 中紅一点婀娜な柳橋, 中紅点々たり, 中紅雨という人物, 中納屋の蚊, 中納言宗春と連れ, 中紙芝居の群れ, 中紛糾混乱の絶頂, 中素人探偵がうようよ, 中素盞嗚尊の行為, 中素直なもの, 中紫薇花盛開乃折数枝贈菅先生, 中に調べられ, 中細々と書き入れ, 中細かい皺が, 中とも水流足, 中終に雨が, 中終止符近くになっ, 中の商家, 中組合のなか, 中を宮中, 中経世的手腕ある建設的革命家, 中経済と哲学, 中結えもある, 中結婚数が増加, 中をかい, 中絵画的効果を収, 中絶えたお妻, 中絶えまなく寄せ, 中絶ちて, 中絶対の実在, 中經その他南朝の書籍増減, 中經新簿宋王儉の四部書目録, 中継母がお寺, 中維新前外国通商, 中維長立敬は適斎, 中綮持つた右の手, 中総掛かりになり, 中の絹, 中緘口令をしかれ, 中の両方, 中緞帳が下ろされ, 中編纂のもの, 中緯度地方は歴史, 中練りあるき出した, 中縁側でサッと, 中縁先に張, 中も釘, 中縊死した実業家某, 中縮みながら考え, 中縮めてゐた, 中縮図して, 中ひ束の間, 中繁華の屋根, 中繁華街の人道, 中繊弱なる女子, 中繊維は如何, 中繰り返さなければならない, 中繰り返す真理は, 中なき人, 中羅馬に就, 中美しい作を, 中美妙は社幹, 中群神よれば, 中群要に見え, 中羽織など新調, 中となく少, 中老人二人の話し声, 中老人口をきわめて, 中老人市太郎といふの, 中老妓だった, 中老婆が掃除, 中老媼の一家, 中老嬢ですが, 中考えさせられていました, 中で毎日店頭, 中者有之可, 中而亦尋物故矣今茲天保丙申秋九月十日, 中も早けりゃ, 中聊か騒動す, 中聞き耳を立て, 中あげて, 中聴きに行った, 中聴音機のヨッちやん, 中なる語, 中肌身に着け, 中肝腎のこと, 中股ぐらをごしごし, 中肥後の熊本, 中で押す, 中を煩, 中胃カイヨーのシンサツ, 中背丈だが, 中背広に関してはいつも, 中の中, 中をおろし, 中脅迫めいた注意, 中脊例の卅二番, 中脊戦慄とする, 中脊色白く鬚無し, 中脚註に墓誌, 中腐り易いので, 中から頭, 中腫れ上ることも, 中腰掛けを聯ねた上, 中膨れのした, 中臣その他の上達部, 中臣一族だけを考へる, 中臣寿詞の, 中臣朝臣臣麻呂巨勢朝臣多益須, 中臣氏が別に, 中臣祓は此祝詞, 中臣祭主正四位上神祇大副大中臣清親寿詞, 中臣習宜阿曾麻呂, 中臣連是忠三の御殿, 中臣金連蘇我果安臣巨勢人臣紀大人臣等, 中臣鎌子の子孫, 中臥龍をお, 中臨時の頂戴物, 中自ずから金象を, 中自らヤソ教の信徒, 中自ら可憐の情趣, 中自ら教訓あり, 中自分たちの家庭, 中自宅の寝室, 中自殺して, 中自殺法といふの, 中自然元気が出, 中自然法則から不可避的, 中自由にされ, 中自由党二五人を擁する, 中自習をさせられ, 中至剛の者は誰, 中至極睦じ, 中臺所で鼠, 中興すと載す, 中興世王も加わっ, 中興奮のため, 中舊自由黨より擧げたる, 中舗石の上, 中舞子まで足, 中の掃除, 中航空隊に属し, 中船五十列小船はその, 中船医の船室, 中船場町の医師, 中船客が戯れ, 中船室内の温度, 中船舶が入港, 中艦長が玩具半分, 中良井の髯, 中色いろ取持ちする, 中色青箔常色等, 中芝居へ往く, 中を密陀僧, 中花盛開遂攀樹折花誤墜園中, 中芳一の寺, 中芸能の輩, 中芹沢は得意げ, 中芹沢光治良の, 中若しくは他の, 中若干原素の偶然相抱合, 中苦々しくなる, 中英吉利が幾ら, 中英吉利婦人のナース, 中英国際の紛争, 中英蘭の価格騰貴, 中英訳になった, 中茄子を食べない, 中茶の湯の稽古, 中荊州王になりたがっ, 中荒れたし大, 中荘重に聖歌, 中荷抜屋仲間の隠れ屋敷, 中莊子の中, 中の如き, 中菊田又例, 中菊石なので, 中菓物が欲しい, 中菩薩が乗った, 中華人たちが日本, 中萎縮させられた人間性, 中え始めたばかりの, 中の方, 中落丁欠本のもの, 中落付きがない, 中と記し, 中著しいのは, 中著名な一草, 中葡萄鼠縮緬幕女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 中を取つた, 中蒋奇の前後, 中蒔画師の如丹, 中蒲原有明に対する評, 中蓄得たりし, 中蓉子が目, 中の前, 中蔵前に移った, 中を開く, 中薄く晴れしが, 中薄ら光る銀, 中薄曇りなのに, 中薔薇の花, 中薩将貴島清中島健彦等が熊本隊, 中薩摩の大島沖, 中を焚い, 中藍藻類に属, 中藝術學問會社經營生産政治になお, 中藤孝には会わなかった, 中藥師これぞ鹿野, 中の家老どころ, 中藩公の御前, 中と流れ, 中蘭学医の総本山, 中蘭学社会の人, 中蘭軒の最も, 中を斬った, 中を傳はりてこ, 中虚偽の大本営発表, 中虚弱なるもの, 中虫ケラだらけさ, 中虫歯につめた, 中蚊睫の間, 中蚊群襲来のうれ, 中の面だらけ, 中蜃気楼の名所, 中蜑小舟ゆたに, 中蜘蛛の巣だらけ, 中蝋燭を捧げ, 中蝦夷尤も強し, 中蝦夷是れ尤も, 中蝶々夫人が日傘, 中螺旋階にて登りし, 中に呑まれ, 中竜回天の, 中はがさ, 中蠢いている, 中血まみれの男, 中血液の減少, 中血縁戸主に最近きもの家督, 中行かれるでしょうか, 中行きとどいた看護, 中行つても晩方行つて, 中行乞午後は休養, 中行五十歳前後肉と菓子, 中行伴の最多, 中行住念々汝とともに処し, 中行列は次第, 中行手に立ち塞がった, 中行方のしれなかつた, 中行装を観, 中行軍凍死問題鉱毒事件二号活字は一面, 中街衢の光景, 中衛少将となり, 中衝きゆく我が下, 中せるに, 中つたカンカン, 中裁縫をし, 中裁者の否運, 中見から, 中裏両国のしもた, 中を沾す, 中裸足の足, 中から火, 中褒州の地方, 中褥中に在り, 中西へ漕ぐ, 中西山君に伴, 中西廂記と琵琶記, 中西新八郎以下の人たち, 中西新八郎渡辺勘太夫そのほか, 中西村重長の寛保三年, 中西洋で見た, 中西瓜の日蔽, 中西蜀あたりの情報, 中西門から十五里, 中の石, 中見あきるほど見せつけられた, 中見せられている如く見える, 中見ゆる地名は, 中見る人を, 中見取圖は九枚, 中見崎屋へ泊る, 中見廻したけれども手桶, 中見張って居, 中見渡すが釣竿, 中見知らぬ人が, 中見舞いにいらし, 中視察に歩い, 中親しみの最も, 中親交したロバート, 中親父を頼みます, 中親爺のその, 中観世座の観阿弥, 中観哲学と瑜伽行哲学, 中観念の傾き, 中観派と瑜伽行派, 中観物化しずかなること林, 中観論などを読ん, 中解ける筈なし, 中解消の一幕, 中言人者必是其人嘗占得此卦といひ, 中言葉のわからぬ, 中言語不通なるに, 中を, 中記載の事項, 中訪ねて来, 中許都郊外の南原, 中評論について勉強, 中試みしことある, 中詩人たちの多く, 中詩賦略の子目, 中が煙り, 中話して置きたい, 中話し合うので電話, 中詳細なる偵察, 中誇りと嫉み, 中語君に聞い, 中語者の職分, 中語部の口, 中語録相ひ半ばせり此, 中語頭以外に用いられない, 中誠に有難う存じました, 中誤謬にし, 中誨淫の譏, 中説明を略し, 中説法という妙辞, 中読んで一月, 中読んだ室生犀星の, 中読書しづかなるよろこび, 中誰かが掃除, 中誰一人これを, 中誰一人私に失礼, 中誰人も, 中課出をなす, 中課出金を以て祖考祖妣, 中誹諧を除け, 中調子と叙景態度, 中請地村の長兵衛, 中特にその, 中論ずべき文少から, 中諦めを付け申さず, 中諷経は修證義, 中諷経念経夜座も日常, 中諸国を流離, 中諸子同分韻得肴, 中諸州のうわさ, 中諸所の林下, 中諸方の卒業式, 中諸般の上, 中講和条約が締結, 中譚冀御史曾鳳韶, 中警衛の爲當村百姓共千人許手分入口入口, 中議員アルガン君は政府, 中讒者の為, 中谷川で瀬戸, 中の莢, 中豊島氏が通訳, 中かに鐵, 中豪州人と南アフリカ人, 中豹一が帯封, 中貝蛸オシメエ・トレモクトプス等諸属, 中負け角力は僅, 中負傷の際, 中貧民の起り, 中貯蓄した四十円, 中ひ泣き, 中貴下の印象, 中貴報耳早々申上候, 中貴女の母様, 中貴方がこの, 中買いをし, 中買って来, 中買勘造とに命じ, 中資料的に十分, 中資金の返済, 中賑やかな街, 中にでも入れたい, 中ひたる旅革包, 中贅沢と快楽, 中赤トンボが三度, 中赤味をさした, 中赤坂吉野は落ちた, 中赤毛布式な失敗, 中赤羽根の図, 中走っている, 中走りゆく六七人の, 中起って消え, 中越後にはほうぼう, 中趣味尤津々たれども, 中足場板もろともドツク, 中足弱きもの少なからず, 中足袋相用申度奉願上候, 中跫音もせず, 中はさばかり, 中路易はさ, 中踊りを踊っ, 中踊り抜くというの, 中の分れ割れ, 中蹲った儘で, 中躍って歩いた, 中身体だって手, 中身動きもしない, 中身投げの本, 中身長血色よく病身, 中車中の夢, 中車掌が次, 中車馬が往来, 中車馬馳走の間, 中軍一団をまん中, 中軍三千余は武田信廉, 中軍三好孫七郎秀次には, 中軍両翼が正攻法, 中軍中軍よりも後陣, 中軍二十一流の旗, 中軍五千騎弦を離れた如く, 中軍信玄のいる, 中軍先鋒へ当っ, 中軍兵力は約, 中軍前衛隊の許, 中軍医から肺尖カタル, 中軍司令の于禁, 中軍各部の部将, 中軍国主義の短歌, 中軍地域に着いた, 中軍報道部からの徴用, 中軍左軍右軍は彼, 中軍幡や司令旗, 中軍後陣の配備, 中軍曹操の陣, 中軍治は物珍, 中軍監視隊などの総勢一万八千, 中軍船隊である, 中軍艦乘組員の最も, 中軍護尉に趙融, 中軍護衛として皇帝親征, 中軍閥や財閥, 中軍隊生活を強いられた, 中軍需工場でみんな半可通, 中軍需生産のため, 中軒並みに, 中軒雲月と対談, 中軟禁されて, 中春夏秋冬夢裏過, 中転がってる従姉の, 中軽井沢のホテル, 中や特色, 中輪白菊の大, 中輿論の趨勢, 中辛毘からこう, 中辨兼左衛門権佐豊房は清閑寺家, 中農夫の糞桶, 中農家が目立つ, 中農村町ソヴェトの中, 中農民を主題, 中辻川を通った, 中辿ることありし, 中迄はすっかりあの, 中望, 中近在を歩いた, 中近衛尚通の子, 中などに関する条項, 中述出一通書状披覽之處, 中追い回されるので腹, 中追い立て追い立て仕事に, 中追われ通しで御座います, 中退院して, 中尽春, 中逃げ廻っていた, 中逃げ廻ったバカ野郎, 中逆境にい, 中逍遙時間を絶, 中透いて板, 中かけて, 中逗子で懇意, 中這い廻っていた, 中通り過ぎメネスチュウスの, 中通れば脚もと, 中通夜の問答, 中通常比率の年結婚, 中造船所の中央, 中があっ, 中連合軍の俘虜, 中連想との関係, 中進んで曰く, 中進出は西蜀, 中進攻のとき魏, 中遂ニ本日午後七時二十七分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 中遅くなったの, 中遊ばせて置かれる, 中遊んでゐる, 中遊牧民の布屋, 中運命と人力, 中運転手の喧嘩, 中冬近く, 中過ちを犯す, 中過って爆発, 中過分なおもてなし, 中過労のため結核, 中過激な者, 中道修町の森, 中道具が倒れ, 中道子の自, 中道徳を諷する, 中道理の正しい, 中道草の中, 中道衍金忠の輩, 中道頓堀の場, 中かに年, 中遠くに小川, 中遠山藤と申す, 中遠慮なく食べて, 中遠眼に馬, 中遡行最も容易, 中使齎金入, 中に一炬火, 中遥々上京仕り, 中遥かな島, 中適齢に達した, 中遺業の一つ, 中避寒のため, 中作渓中雨, 中邪魔だったとおり, 中である, 中郊外の鉱区域, 中郎將の官, 中郎將掖邪狗等二十人送政等, 中郎將牛利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 中である, 中部屋湯殿が附い, 中郷里にて未来, 中都会で平和, 中都合六名が合格, 中都広安宮に幽せられし, 中酒井も姿, 中酒井石川は譜代, 中酒屋云々徳利云々は勘考, 中酔っ払いの囈語, 中酬いられずじまいの, 中酷暑の砌, 中うて歩いて, 中醴泉寺の僧般若, 中釈迦多宝, 中重井は数, 中重複して, 中野上氏のところ, 中野天門談などがある, 中野宿の道場, 中野州の山水, 中野良犬のよう, 中のみおす, 中金三万円の損害賠償, 中金子ゆき子氏来訪座へ案内, 中金子押掠の節手引致, 中金銭をおしまず, 中鈴木という寄席, 中鈴木氏のもの, 中鉄路のほとり, 中鉄鉢た, 中と太鼓, 中銀主三与吉の家族多勢, 中銅化合物を存在, 中も十六文, 中五を, 中へ買い出し, 中錦字若無, 中錦帶橋の知人, 中をつけ, 中錯覚のスリル, 中鍾愛したと, 中鎌倉からはるばる, 中鎖攘タップリ何, 中鎭守の森, 中鎭魂の作, 中鎮子は図書室, 中鎮魂の古式, 中鎮魂祭は大倭宮廷, 中鏑木を東宝, 中鏡川原の納涼場, 中鳴鶏, 中長唄などの師匠, 中長女千登世さんは神戸青木商会, 中長崎の領事, 中長崎絵師兼唐絵目利に任官, 中長崎通詞らをとほし, 中長左衛門ね掃溜衛門, 中長者の大, 中門外不出絶対カンヅメという条件, 中門燈を背, 中閉されてあった煤けた, 中閉められたままだった, 中開国の以来, 中開場する芝居, 中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 中開放しの, 中開演しないこと, 中開閉を繰返す, 中閏正月のあつ, 中なるを, 中閑寂盆のたのし, 中に合せます, 中関係打開の基本方針, 中関取が出る, 中関東の騒乱, 中関東地区を飛びまわった, 中に着いた, 中くべからざる人物, 中關雪老と二人, 中防戦したが, 中防火用水として造った, 中防空室に使っ, 中阿仏は鎌倉, 中降雨量が極めて, 中限られた者の, 中限りという特別, 中の特別, 中陥落した, 中より詣する, 中陸前赤沼長老阪で西行, 中陸地に於い, 中陽気に騒い, 中隈部叔父死去大番町の家, 中階下からとんとん, 中随分仲好しに, 中の着際, 中ゆく月日, 中隙間もなく, 中障害の中, 中隠士戸田茂睡老居此地, 中隣室に泊りこん, 中隣家の美人卞非雲, 中隨一の名港子ープルス, 中隴右の米作, 中隻脚義足の僕, 中雁丸元祖身禄宿坊そういった名, 中蝶は, 中集まっては祈り, 中雑司ヶ谷の墓参り, 中雑炊食堂に行列, 中雙鸞の圖, 中雜記の書, 中離れて坐つ, 中離座敷のお, 中難路を伝えられた, 中雨だれの音, 中雨ふりしが, 中雪洞の灯, 中雲州松江の恒藤, 中雲雀ぶるぶる昇天, 中零陵の太守, 中雷光が走る, 中の発電所, 中電灯をつけ, 中電燈をもっ, 中電話を聴かされ, 中電車中食後散策後架上就眠前等々, 中電車通の裏手, 中電車雑沓の中, 中霜柱が立っ, 中の霽, 中露出しの齒, 中露身を見, 中霽雪を賦, 中青山君が私, 中青年部の佐々木, 中青眼につけた, 中青銅は君, 中静かであった, 中静けさの中, 中非人と言われた, 中面会は一切, 中面倒をみ, 中面白いものであります, 中と先革, 中を脱ぎ, 中韓凹巷河敬軒の二人, 中音絵は独, 中をきかれた, 中韻文で書かれた, 中頂点に達する, 中順々に風邪, 中須らく登臨を, 中預けてお, 中預けおくといふ上意, 中預ったのだ, 中頭痛がする, 中頸城郡板倉村大字横町の何右衛門, 中に林忠正, 中頻りに軍帽を, 中頻発した天災, 中頼みもしない, 中頼朝の坐像, 中頼隆はわが子, 中の吹く, 中風呂敷を持っ, 中風早柳原西の下, 中風景が続く, 中風浪暴くして, 中風貌の中, 中風邪ひき大流行り, 中風邪一つ病まず元気一杯, 中颱風に遭つて沈沒, 中走の, 中飛ばちりを, 中飛びまわっている, 中飛び離れて挺, 中飛んだ目に, 中飛騨の牛丸摂津守, 中飛鳥末から奈良初め, 中に窮, 中食盡きた時, 中食糧薪水の補給, 中も食わず, 中飯粒だらけ汁や佳肴, 中飯食い地蔵の祠, 中飲まず喰わずの退却, 中飲み歩いている, 中飲んだり歌っ, 中飲んだ酒代を, 中飲んだくれのチンドン屋, 中飲饌の事, 中の爲, 中餅つきをなす, 中養生をさせられなかった, 中首尾略全きもの, 中香具師一流の望, 中香烟肘を繞, 中香織も縁, 中を打っ, 中馬方はシャン, 中馬術の達人, 中馬車ごつこだ, 中馬鈴薯字面の非, 中け廻ってるらしかった, 中馳せ廻るものぞ, 中駄菓子と荒物, 中駆け廻っても物, 中駆廻ったげでござります, 中駈けまわって喚きちらし言いたて, 中駈け歩くのと, 中駒井はこの, 中駒井能登守の一行, 中駒八海荒沢大鳥岳の連嶺, 中舁きさ, 中駿河台付近の人々, 中して, 中騒々しく賑って, 中騒乱の巣, 中騒擾の様子, 中いで一泊, 中驚いて坐起せ, 中驚き醒むること多し陰部, 中驛又は宮地驛, 中驢馬と牡牛, 中骨中の血液, 中商生二名来訪ちよつと, 中高名のある, 中高岡郡大野見郷島の川, 中高松の居城, 中高校生達を, 中高氏の慎み, 中高等学校も三高, 中あかきダフウト, 中に埋まっ, 中鬚茫々でその, 中鬚髭の有無, 中が出る, 中鬼狐を説い, 中の抜ける, 中に交通, 中魔神の手, 中魘されて全身, 中の臭, 中魯韓二派及び古文毛傳, 中鯛一貫目から二貫目以上, 中鯰だらけになっ, 中鰐口を憚ら, 中と鮭, 中の姿, 中鳥形の左, 中鳩舎のまわり, 中鳴くのを, 中鳴り物を随所, 中鵬斎を刺, 中鸞鳳の栖む所, 中鹿児島へ疎開, 中黄一点という, 中黄丕烈依宋木重刊, 中黄二点全船, 中黄色になった, 中の曲線, 中黒い長い髪の毛で, 中黒く見えたの, 中黒井さんも手, 中黒板の横, 中黒石町にいちど遊び, 中默つてゐるの, 中つてきい, 中黙々として, 中黙つて一人, 中黙りこくっている, 中の沸く, 中は大黒天神, 中鼠色の鳥打, 中鼻カゼをひき, 中の下駄, 中1年1組の副, 中の数字, 中STEGOCEPHALIAを象徴