青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「争い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

了~ ~予 予~ ~予定 予定~ ~予想 予想~ ~予期 予期~ 予言~
争い~
~事 事~ ~事件 事件~ 事務~ 事務所~ ~事実 事実~ ~事實 ~事情

「争い~」 1249, 13ppm, 8213位

▼ 争い~ (229, 18.3%)

20 して 5 するの 4 やって 3 したこと, したの, 起して

2 [11件] しなければ, つづけて, はじめた, やめて, 始めた, 忘れて, 拭い去ろうと, 物語りながら, 知らないの, 続けて, 避けて

1 [169件] いつか確かに, いどむよう, うまく停める, うれしがっ, おこした, おっ取り囲んで, かくすこと, くりかえして, こえて, ここに, さっきから, した, したが, したくなかった彼, したって, したと, したほど, したらしい, したり, したハギ, した揚句私, した癖, しちゃあ, しつづけながら, しては, してる者, しながら, しようでは, し狂気, する, すること, するに, するもの, するよう, する時, する暇, すれば, せずと, そつと, そのままの, つ, つづけた, つづけた人, つづけなければ, つづけましたが, つづける方, つづけ私たち, とめようと, なしため, なすったと, なす者, なせしこと, なだめながら, はじめたが, はじめたの, はじめたら奇妙, はじめて, はじめて取組み合い, はなれること, また東京, やったと, やって来て, やめさせる力, やるので, やる決心, よそに, 今夜の, 仕かけようとは, 仕に, 仕りまして, 仕掛けて, 仕掛けませねば, 何の, 停止する, 克服する, 冗談で, 初めたか, 初めて今, 助成し, 各時代, 和らげるの, 大きくする, 失って, 始めたらしい, 始めました今度, 始めワグナー, 婉曲に, 平次と, 廻って, 彦兵衛は, 心苦しそう, 心配し, 思い出すと, 思出したかった, 急速に, 想像する, 承って, 挑むところ, 挑んで, 捲き起したの, 描きだして, 最上の, 未然に, 構え, 構えて, 止めたいもの, 止める役, 止めんとも, 武芝の, 求めませぬ, 決すること, 済ますと, 演じては, 演じ出す野盗山賊, 無限に, 生じこの, 生じたもの, 生じて, 生じ一人, 相互の, 眺めて, 知らなかった, 知り尚また, 私は, 続けたなら負けた方, 繰り返して, 聞いて, 聞きながら, 聞きました, 聴いて, 自分一個に, 致して, 致しました, 致します, 致すよう, 蒲団の, 行って, 裁き無料, 見た, 見ると, 見るとき, 見るよりは, 見守りながら, 解決しよう, 詳しく告げた, 誡めた, 調停する, 謳うという, 讃美する, 起こす, 起こすの, 起こす者, 起させまいと, 起さぬ工夫, 起したによって, 起しては, 起し四人, 起し得る固執状態, 起し追いつ追われつ無軌道, 起す事, 起そうと, 逐一聞い, 遠く見物, 避けてか, 避けるため, 避けるつもり, 重ねて, 重ね血, 集中し

▼ 争い~ (143, 11.4%)

5 あって 3 起こった, 起って 2 あったに, つづいて, 人間の, 嵩じて, 起こる, 起るの

1 [120件] あった, あったが, あったと, あったの, あったよう, あまりにはげしく, ありおそらく, ありますよう, ありもう, ある, あること, あるの, あるばかり, あれば, おこつて, おこるという, おっぱじまったそうでげすよ, かくされて, からんで, この戦争, さまざまな, さまざまの, しばらく続く, すっかり知れ渡っ, そんなに私, たえず興る, たえないと, たき事実, だんだん人目, だんだん深刻化, だんだん激しく, つづくか, つづくもの, できて, とまった, どうあろう, ない, ないかと, なかったら, なく真に, はじまった, はじまって, ひそんで, ほとんど宗教戦争, ほとんど戦争, またいろいろの, またもや突発, まだ続い, もちあがって, もともとない, よく見えます, 一番激しかっ, 下の, 乱麻の, 互に無意味, 交わされて, 今日の, 他の, 入り込むの, 出来た, 出来て, 出来るもの, 初まった, 動機と, 募って, 原因さ, 又と, 始まった, 始まったと, 始まった時, 始まって, 始まってから, 始まりかけたとき, 始まること, 始り出した, 年々絶えない, 当然起ります, 持上りました, 昂じて, 有って, 有ろうかと, 深夜まで, 演じられたか, 激しく憎悪, 激烈で, 激甚と, 烈しくなる, 爺さんの, 生じた, 盗人と, 真剣らしく聞えた, 突発した, 絶えずあった, 絶えませんでした, 続いたのち, 続きました, 起きかねない, 起きた, 起きて, 起きる, 起こっては, 起こらなければ, 起こりたちまち, 起こり互いに, 起こること, 起った, 起ったという, 起ったもの, 起ったよう, 起ったらしくあろうこと, 起ったり, 起つて, 起りました, 起りましたそこで, 起ります, 起るたび, 起るに, 連続し, 長くつづい, 頻出する

▼ 争い~ (135, 10.8%)

5 ために 3 ような 2 うちに, 不幸を, 最中に, 武力や, 種子を, 結果は

1 [115件] あった事, あの玄長様, いきさつを, うるさい万七, お耳, ことで, ことには, ごときその, ためとか, ためには, どちらに, ないこと, ない旅, ない理想的, なかから, ままどちらからとも, もとです, もとに, もとは, ゴタゴタそういう, 一つの, 一部しじゅう, 一部始終を, 両花形, 中で, 主体では, 事を, 事件でも, 事情が, 仲裁まず, 仲裁者と, 余波が, 元なる, 公事を, 出来ない質, 初めは, 動機を, 原因が, 原因について, 原因は, 口論からと, 合い間, 和解, 問題が, 因に, 均衡どっちつかず, 場処である, 場所だった, 場所である, 声が, 声で, 外へ, 大喧嘩, 如く観える, 嵐の, 巷と, 当人達です, 形を, 後いかばかり, 後に, 後には, 徹底が, 意味に, 支度を, 敗北の, 敵として, 方から, 方が, 日の, 時を, 最後の, 末とうとう, 末何楼の, 根は, 様を, 比では, 深刻化する, 渦巻へも, 烈しかった, 焦点を, 発端は, 的と, 真ん中へ, 神話と, 種に, 種は, 種も, 種を, 端を, 経過が, 結末は, 結果が, 結果とも, 結果ドチラが, 結果到達した, 罵りと, 舞台たる, 舞台の, 裁判は, 裡に, 言葉が, 記憶が, 説話と, 説話として, 説話とは, 説話にも, 説話の, 跡である, 跡でしか, 跡へ, 通則である, 鎮まったひっそり, 鎮まりかけたもの, 関係から, 音も

▼ 争い~ (113, 9.0%)

2 やめて, 一層激しく, 日本の, 本流を, 道徳に

1 [103件] あったので, あっても, ありながらも, ありませぬよ, あるけれども, いつおわるとも, いつでも, いよいよその, この姫神山, したくないもの, したくなかった, しない, しないまでも, しばしば外国, しばらくつづきました, する, ずいぶん長く, その典型的, その時, それより, それ丈激しかっ, たちまちいずれ, ちょうどこの, できぬ, とてもわたしたち, どこにも, ない, なくなる, なしに, なんの, ぷっつりと, ほとんど宗教戦争, もうお互い, もうこの, もっと深い, よき教訓, トルコの, 一日も, 一般に, 争いましたが, 二十年の, 五分, 何時が, 何時までも, 儼に, 兄弟と, 先生が, 光一にとって, 出来なくなるに, 前よりも, 去年の, 古いもの, 執拗な, 多分夫婦間独自, 大へん猛烈, 姉の, 宗教や, 実に重大, 実際上, 少しも, 度々所々, 延い, 彼らにとって, 後で決めよう, 後の, 恐しく亢, 恐怖の, 手控えようと, 敵の, 最後まで, 本来これは, 果てしが, 次第に激しく, 次第に荒々しく, 止めようつまらない, 止んだ, 武器でも, 武器を, 毎年毎年その, 永続する, 深刻でした, 漁夫の, 激しくその, 火花が, 烈しくなる, 無駄と, 生活の, 短い時間, 社会の, 私と, 私の, 紙帳の, 終る事, 絶えなかった, 絶ゆる, 繰り返されました, 能く, 至って元気, 言論の, 負けに, 起こらぬが, 起って, 長くは

▼ 争い~ (92, 7.4%)

4 なって 2 なりました, なるの, 争いを, 変化する, 引き続き戊辰以来, 身を

1 [76件] あまり感心, あらず勝負, いたるまで, くたびれて, すぎなかったから, せば, とどまらず穴穂部皇子, ともなって, なった, なったから, なったと, なったの, なったよう, なったり, なっても, ならねば, なりましたが, なりますよ, なりませんでした, なりシムソン, なると, なるわけ, ほとほと神経, もとづく, 人倫を, 今なら, 似たよう, 余念ござらぬ, 先方の, 兵を, 動員し, 勝目が, 固執し, 国家の, 夢中に, 始まって, 安達ヶ原は, 彼の, 急で, 悩んで, 惹き込まれて, 揉まれて, 敗れた俊成, 敗れた宮内, 敗れて, 敗北した, 於ても, 時刻を, 暮らして, 来ようとは, 来るの, 気の, 汗に, 火が, 熱中する, 生理的に, 発したこと, 直接の, 眉が, 破れた水干, 義憤を, 胸を, 苦しむが, 血まなこで, 血を, 行かなくとも, 負けた, 負けた恨, 負けた方, 足を, 踏み迷うなよ, 転化し, 連枝連枝が, 関心が, 静けさと, 驚かない不死身

▼ 争い~ (41, 3.3%)

2 一段落を, 起こる

1 [37件] あった, いつの間にか忘れ, おさまったよう, お前が, かならず不利, これで, したか, しなかった, しなかったが, し平等, ずっと後, せず溺れて, そうであった, たいしたもの, だんだん僕, どちらも, なく平和, なく真に, なく行われ, なければ, なさそう, ひそひそ声, ひとりの, また多かっ, 一瞬に, 他人事, 和解という, 始まろうという, 当分の, 忘れたよう, 忘れて, 抵抗も, 止まった様子, 殆ど起らなかった, 沈黙と, 私闘に, 絶えぬありさま

▼ 争い~ (30, 2.4%)

2 なりました

1 [28件] いうても, したが, であった, なった, なったの, なった程, なって, なりなお, なりましたが, なり右内, なり姉川, なり結局, なるもの, なれば, なろう, 一つに, 主義においては, 云おうか, 他人には, 何の, 勝敗とを, 同価値, 擬装の, 救われない虚脱状態, 棺を, 磁力の, 解すべきであります, 違って

▼ 争いながら~ (29, 2.3%)

2 出て

1 [27件] この広大, その天下, よく天地, 入って, 八分がたしまりかかった, 出羽は, 同じ, 売り払ったり, 夕べに, 夜に, 小さな尾, 帝大の, 平左衞門, 彼女が, 数寄屋橋へ, 日吉は, 次第, 歩み続けた, 池の, 活躍し, 生活し, 男爵夫人と, 硝子盃を, 通るの, 進みよって, 駆けつけると, 騒いで

▼ 争いから~ (23, 1.8%)

1 [23件] あわてたん, あわや腕ずく, お雪, ごたごたが, ついにフランス, はじまります, まぬがれること, 丁髷を, 主義の, 何百万という, 分別盛りの, 天下の, 幼心に, 忽ちに喧嘩, 悲惨な, 揃い衣裳の, 気持の, 源氏と, 荒むまま, 親たちが, 起ったこと, 酔っ払って, 飛んでも

▼ 争い~ (18, 1.4%)

2 しかもその, 遂に矢田部教授

1 [14件] おっつけっこ, お駒, それが, やり合うらしいん, 両親は, 佐々木が, 受けたこの, 国々で, 塩の, 家出し, 家庭の, 対決した, 斬合いが, 殺されたもの

▼ 争いという~ (17, 1.4%)

4 ような 3 ものは 2 ものも 1 ことは, ものが, ものを, やつでも, 小さいこと, 意味に, 程の, 花相撲で

▼ 争い~ (17, 1.4%)

1 [17件] 何かでは, 個人的反感などを, 再び回復, 利害本位の, 功名争いでなく, 厩者の, 呪いの, 御息所の, 戦いが, 新しく権力, 旗本の, 民衆を, 涙の, 生霊の, 財産争いも, 閨閥の, 陰謀に

▼ 争いでも~ (14, 1.1%)

3 したの 2 して 1 あった, あったと, したよう, やって, 仕た事, 起したの, 起しては, 遊ばしましたか, 鳰に

▼ 争いでは~ (13, 1.0%)

2 ない

1 [11件] ございますまいか, どちらの, なくいずれ, なくて, なく不如意, なく身体, みごとに, 一ノ関が, 不可能であり, 敵わ, 非常に

▼ 争い~ (10, 0.8%)

1 ついに例, ナポレオン帝に, 中川を, 毫も譲る, 甲板に, 販売する, 遂に二人, 酒に, 飛移れり, 馬車に

▼ 争いつつ~ (6, 0.5%)

1 あった二人, いつしか渾一, 必死に, 片はじ, 科学者として, 衆望を

▼ 争い~ (5, 0.4%)

1 ということ, というべき, という畏怖, と気がつく, 笑いごとや

▼ 争い~ (5, 0.4%)

1 と人, の利, の子, の犠牲, を罵っ

▼ 争いする~ (4, 0.3%)

1 な, のでございましょう, の厭だ, 相手も

▼ 争いその~ (4, 0.3%)

1 ための, 新旧二分子の, 独自性を, 雑踏は

▼ 争いである~ (4, 0.3%)

2 ことは 1 から両者, しもう少し

▼ 争いとは~ (4, 0.3%)

1 また別, 良人の, 言えない, 言えなかっただけに

▼ 争いには~ (4, 0.3%)

1 こうした恋, ほとほと疲弊困憊, 困惑し, 最後まで

▼ 争いみたい~ (4, 0.3%)

2 なもん 1 な調子, な論争

▼ 争いやら~ (4, 0.3%)

1 あって, 何やらを, 数々の, 紀州材の

▼ 争い~ (4, 0.3%)

1 から其の, のよう, はやまない, を起しまし

▼ 争い難く~ (4, 0.3%)

1 て明応五年, やはり渦巻, 平次を, 現われて

▼ 争い~ (3, 0.2%)

1 しらぬが, 何かで, 男を

▼ 争いこれ~ (3, 0.2%)

1 もまた, を羨み, を解決

▼ 争いであり~ (3, 0.2%)

1 ながら人知れず, 兵の, 処理した

▼ 争い~ (3, 0.2%)

1 だった, は決して, を仕た

▼ 争い難い~ (3, 0.2%)

1 ものであります, 一物です, 領野は

▼ 争いあっ~ (2, 0.2%)

1 て一碗, て駒

▼ 争いいわゆる~ (2, 0.2%)

1 筋の, 運行の

▼ 争いかと~ (2, 0.2%)

1 悲しまれて, 見れば

▼ 争いがたい~ (2, 0.2%)

1 ことで, 落着きが

▼ 争い~ (2, 0.2%)

1 ていかがわしい, ている

▼ 争いそして~ (2, 0.2%)

1 子供が, 書きつ

▼ 争いたる~ (2, 0.2%)

1 や君子, を見ざりし

▼ 争いであった~ (2, 0.2%)

1 といわれる, と見たい

▼ 争いとか~ (2, 0.2%)

1 特に死, 金が

▼ 争いとして~ (2, 0.2%)

1 古の, 表面は

▼ 争い~ (2, 0.2%)

1 のにそんな, んだ

▼ 争いなど~ (2, 0.2%)

1 うるさそう, 穢き戦

▼ 争いなども~ (2, 0.2%)

1 それでしょう, 知るところ

▼ 争いなどを~ (2, 0.2%)

1 声高らかに, 知って

▼ 争いにも~ (2, 0.2%)

1 負けないほどに, 関係が

▼ 争いまで~ (2, 0.2%)

1 したが, して

▼ 争い合っ~ (2, 0.2%)

1 たりする, たり殺し合っ

▼ 争い戦う~ (2, 0.2%)

1 を見, 心に

▼ 争い拾う~ (2, 0.2%)

1 のを, 人達の

▼ 争い格闘~ (2, 0.2%)

2 すること

▼ 争い~ (2, 0.2%)

1 も興, を調べ

▼ 争い集まる~ (2, 0.2%)

1 書肆の, 者前後踵を

▼1* [214件]

争いあらゆる醜悪の, 争いあれば云う, 争いいま流亡して, 争いかくして別れた, 争いかつ地域も, 争いがたく深まって, 争いきたりて老婆, 争いきたれるもこれ, 争いぐらいでこんな内輪げんか, 争いこいつがコジレル, 争いこのおとし穴, 争いごとは好き, 争いさえ避けられるなら, 争いさんざんに賊, 争いしかもその諸侯, 争いした事も, 争いすなわち生活の, 争いすべからず, 争いすべて四囲の人間, 争いせっかく立てし教育, 争いそれは十九世紀後半, 争いそれらももはや, 争いたかぶる心の, 争いだけが真理の, 争いだったからです, 争いでありましたが地理的, 争いであり負ければ市民全体, 争いです私は, 争いでなくて今, 争いでなければ争い, 争いといったのを, 争いとうとう居合抜きが, 争いとかいうことは, 争いとが伴った, 争いとともに公表された, 争いとばかりあとを, 争いともいって, 争いどころの沙汰, 争いながらも新子は, 争いなく不公平なき, 争いなぐり合い殺し合おうとし, 争いなすったそうです, 争いなぞもはや彼, 争いなぞはどこに, 争いなどと云うおかしな, 争いなどという事は, 争いなどに巻き込まれるな, 争いなどの起こる時, 争いなどは自分たちで, 争いなめている, 争いならいいが, 争いなりいわゆる欧化主義, 争いなるものが, 争いなんかにあくせく, 争いにだって利害関係は, 争いについて話して, 争いについては何百冊も, 争いによって解決が, 争いに対しては私は, 争いに対しても明快な, 争いに際してともすれば乱暴, 争いのという強い反抗心, 争いのみ当時東西相敵し, 争いはては結婚さえ, 争いばかりじゃありません見るもの, 争いひざまずきてこれ, 争いへと吸い取られて, 争いほとんど争い続けて, 争いほど彼の, 争いまけて傷, 争いまでが見えすぎて, 争いむごたらしい不吉な, 争いもっと広い言葉, 争いもつれたその接点, 争いやがてはそれ, 争いより外には, 争いよりも戦争は, 争いをも苦々しきこと, 争いグツグツ喧嘩ヘボ野心ヘボ周旋ヘボ才子馬鹿運動, 争いパトロンの貴族, 争い一家の中, 争い一進一退す喊声天, 争い図立聞し, 争い且つ叫ぶ, 争いに知られぬ, 争い両統の帝位争奪, 争い主婦の権力, 争い乍ら死んで, 争い乍ら裏屋根伝いに逃げ走った, 争い乍ら金を送っ, 争い乱れて味噌汁, 争い事出兵といっ, 争い二人の教主, 争い互角に一生, 争い亡君の逮夜, 争いの政党, 争い他方では永遠, 争い伝説歌の一つ, 争い何らの責任, 争い何らかの逃げ道を, 争い其為に親子, 争い出している, 争い出したのが, 争い出すのを, 争い唐の, 争い別れをした, 争い劇場支配人と争い, 争い努めたのは, 争いは調和, 争い双方ともにかえって, 争い叫ぶ若者の, 争い商品の取引違い, 争い問われて答, 争い喰っている, 争い地方官へ訴え, 争い墺国と交戦状態, 争い大きなことにも, 争い太陽のよう, 争いれっ, 争い奪うように, 争いを妬みあっ, 争いた功, 争いは人々, 争いを蹴っ, 争いい儘, 争い付かぬ内, 争い彼女を引き止め, 争い彼自らをも世間, 争い往来して, 争い後宮争い両統の帝位争奪, 争い得ない議論によって, 争い目付部屋の, 争い急転する, 争い愚劣な罵詈讒謗, 争い或は親しんだ, 争い戦った事は, 争い戸口から外, 争い打ち克たんとする, 争い投機的な現在支那, 争い掛けたけれど後, 争い控えたらよかろう, 争いめいせん, 争い日月と光, 争い思想と, 争い時として是れ, 争い智者と闘い, 争い猶太風, 争い果し合いの末, 争い果ては剣に, 争い槍隊は槍隊, 争いもない, 争いの中, 争い次にこの先生, 争い水喧嘩追剥ぎ, 争い水面をぬい, 争い漸く二十七年たっ, 争い激甚であり一度, 争いらざれ, 争いをやらせ, 争い物部氏は破れ, 争いを殺し, 争い猜疑心を燃やす, 争い王侯の出生, 争い理想と欲望, 争い登る屈強な, 争い真暗な街道, 争い破れ電車に命, 争い破門されて, 争い立てる峰々は, 争い笑って見, 争いの事, 争い結婚以来七年のあいだ, 争い続くる半十郎, 争い続けそうに, 争い練達して, 争い群雄みな覇王を僭称, 争い聴こうとする, 争い能役者の封建的養成法, 争い自得するところ, 争いを沸かせ, 争い荒くれた汚い, 争い落つる滝の, 争いと住居, 争い行くのは, 争い親戚陰に謀り, 争い訴訟に及んだ, 争い訴訟事は寺社奉行様, 争い語学で競争, 争い臣の, 争い負けて大, 争いを投じ, 争い責任のなすりあい, 争い走ってゆく, 争い起こりてこれ, 争い起ったが彼ら, 争い迎えたのだった, 争い迷惑失意せざるはなし, 争い退校させられてから, 争い逆らう感情の, 争いの遠き, 争いるるを, 争い之丞, 争い闘い何物をも支配, 争い闘わせる手段が, 争い隣人と争い, 争い集まって来た, 争い難き事実の, 争い難ければ腕力, 争い非常に憤激, 争いにそこ, 争い食うのである, 争い食ってかかる, 争い騒ぐところで, 争いいだ末