青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「並べ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ
並べ~
~並ん 並ん~ 並木~ ~中 中~ 中国~ ~中央 中央~ 中学~ 中将~

「並べ~」 3547, 37ppm, 3154位

▼ 並べ~ (2948, 83.1%)

87 ある 67 あった 64 いた 60 いる 36 あるの 30 おいて 28 歩いて 27 見ると 25 いるの 24 みると, 置いて 23 あって 21 寝て 18 ありました 17 みて, ゐる 14 あつた, 書いて 12 あるが, 寝た 10 みても, ゐた 9 いたが, いて, 歩きながら 8 あるところ, いると, おく 7 いました, 売って, 寝に, 見て 6 あったの, いるところ, その上, それを, 寢て, 居る, 眠って, 見せた, 見たり

5 [17件] あったが, あつて, あります, あるので, ある中, ある洋書, おくと, みますと, みる, ゐるの, 出て, 敷いて, 立って, 置いた, 考えて, 見た, 遊んで

4 [14件] あるから, いるが, いる店, くれた, ございます, しまった, みた, みれば, 掲げて, 歩いた, 私は, 立つて, 見せて, 食事を

3 [38件] あるし, あるだけ, ある店, ある諸, いった, いても, いるので, いる処, おいた, おけ, お飯, しまうと, そこに, その中, ねて, みたところ, やって, ゐて, 乾して, 事務を, 仕事を, 出して, 喜んで, 坐って, 寝る, 寝ること, 帰って, 待って, 横に, 神田へ, 考へて, 腰を, 自分の, 自分は, 行つた, 身は, 身動きも, 飯を

2 [151件] あったもの, ありその, ありますが, あり人, あること, あるそう, あるその, あると, あるは, あるばかり, あるもの, あるよう, あるわけ, あるん, ある人形, ある大きな, ある書棚, ある書物, ある棚, ある笊, ある道具, あツ, いたから, いたこと, いたの, いたり, いたん, いた四皿, います, いるという, いるに, いるのに, いる前, いる同僚, いる時, いる芝居裏, いる間, おきました, おくん, かけて, この朝, これは, これも, これを, ご覧に, しまつ, その下, その頭, それが, それに, どこが, ないで, ぶら, みせた, みたくなるの, みたと, みたり, みました, みよう, みろ, ゆきますと, ゐます, ゐるが, ゐるので, ゐる畝, イルミネーションを, バターと, 一斗飯は, 一緒に, 世に称, 主人の, 二人とも, 二人の, 人の, 人相でも, 今もっ, 他に, 付けさした足跡, 何する, 優雅に, 出かけて, 出すん, 勉強した, 双方に, 号令を, 壁に, 外に, 外へ, 夜の, 客を, 寝たが, 寝たの, 寝てからも, 寝ながら, 寢た, 寢る, 少しでも, 巻を, 帰った, 廂の, 心の, 扉が, 手を, 敷かれて, 斉しく, 断雲の, 机に, 村田の, 来たが, 来て, 来ると, 架けた丸木橋, 梟された, 歩きだした, 歩きながらも, 歩き乍ら稀なる, 歩き始めました, 歩くの, 歩みを, 涼みながら, 火の気の, 病臥し, 私に, 突出した, 窓の, 立つと, 立てて, 箸を, 細々と, 置いた丸い, 置かれて, 置くと, 置くの, 芝居の, 行こうと, 見せたと, 見せる, 見せると, 見たが, 見ても, 見ました, 見ましょう, 見る, 見るたび, 貴重な, 起伏した, 過した数時間, 静かに, 首が, 首を, 鯉や

1 [1618件 抜粋] あげたくなったの, あったおもとの, あったという, あった事務机, あった本, あった沢山, あった草履, あった魚, あつたり, あはや, ありながら, ありますから, ありますよ, あり左, あり椅子, あり置物, あり酒肴, あるきながら, あるしかも, あるそれ, あるであろうが, あるという, ある一室, ある中庭, ある入口, ある前, ある台, ある四角い, ある外, ある安直, ある小家, ある形, ある整頓, ある時事写真, ある本, ある沢山, ある狭い, ある私, ある箪笥, ある絵, ある薬瓶, ある装飾法, ある銅板画, ある雑居房, ある高い, あゝしろ, いかねば, いそう, いたけだか, いただきましょう, いたところ, いたのに, いたよ, いた友人, いた味方, いた小舟, いた楼閣, いた聖, いっしょに, いつも小鳥, いねえで足元, いましたが, いよいよ鶉, いるある, いるお, いるたくさん, いるでしょうね, いるばかり, いるわけ, いるメイフェア, いる人相, いる内, いる圭介, いる小, いる弥, いる悦子, いる方, いる朋友, いる父, いる町, いる者, いる読者諸君, いる隣りの, い道, おいたの, おいたらそれで, おいてから, おきながら, おきますので, おきゃ札, おくの, おこうと, おります, お伺い, お前に, お滝, お置きなされ, お銀, かたわらの, きざ柿の, くださった, くる関羽, くれても, くれ俺, こう反, ここへ, こっちを, このご, この場, この方々, この随筆集, こんどは, ございまさあ, ご成敗, さもさ, さらでだに狹, しかも落ち付き, しずしずと, しまう, しまった結果, しんみりと, すくすくと棚, すこしでも, する色々, すッ, そうした現在, そして一夜漬け, その中央, その席, その真ン中, その近く, それから見事, それにいっぱい, たおされて, たっぷりと, ちょうど実際に, ついに駒, つないで, とても大変, とりとめも, どれを, なぜ面白い, なるだけ, ぬけぬけと, ねても, のせて, はりつけ其下, ひとり遊びし, ぼつぼつ商い, またたく間に, また大根, みい, みせるので, みたくなっただけの, みたの, みないと, みましたところ, みるが, みるに, みる事, み至当, もう一つ, もとの, もらったので, やっと, ゆく, ゆく事, よくよく分量, ゐたお, ゐた二人, ゐた物, ゐなかつたの, ゐるだけに, ゐるん, ゐる他, ゐる処, ゐる店, ゐる理由, ゐる蟲眼鏡, グツスリ寢て, ジャナリズムと, ソロソロと, ドイツ音楽の, ヒソヒソ話し合っ, ポタポタ落ちる, 一つの, 一つ蚊帳の, 一ツ残らず, 一人相撲を, 一向に大衆, 一客が, 一度でも, 一廓を, 一歩も, 一種独特の, 一言も, 一軒茶屋, 七つの, 三崎町の, 下げて, 下を, 下界の, 世に所謂三, 両者を, 主人と, 乗った時, 乾した, 事務所を, 二つ三つお, 二人で, 二軒ある, 云った, 互の, 人に, 仏蘭西語を, 仮祝言, 休らって, 住みなして, 何という, 何千坪か, 使つてゐる, 価格を, 停車場へ, 僅に, 儼然と, 先へ, 兜岩の, 兩國の, 其れ, 其晩寄席へ, 円山公園を, 出した, 出すと, 出せば, 出席しない, 切りに, 別にチース, 前に, 勃興し, 勉強する, 十歩攀じ, 半三郎, 卵を, 又コンダクト, 反映せし, 取つて, 口へ, 古道具屋を, 吉弥を, 同門たちに, 吹聴し, 呉郡に, 呼吸を, 商ふ, 善き場所, 噛みついて, 四条通りの, 図に, 圧を, 地面から, 坐らせて, 埋めて, 塩を, 売ったらいい, 変な, 夜学を, 夢中に, 大きく先王, 大声で, 天鵞絨張りの, 夫人の, 女房と, 始終肝, 媒介する, 宮の, 寂しい, 寐た, 寝せられたが, 寝た人たち, 寝た筈, 寝るという, 寝る六畳, 寝起きした, 寢ました, 対峙した, 射ると, 局面転換を, 居た小, 居て, 居るの, 居る処, 居れるが, 屍を, 山奥へ, 嵌めた窓, 左右に, 差支へ, 帰途に, 干す, 年末の, 床に, 庭を, 廻りました, 引き揚げて, 弦歌の, 張飛へ, 彼が, 彼らを, 往来へ, 待ちかまえて, 待つて, 御一泊, 御覧な, 忘れられないの, 恥ずかしくない, 悦に入ること, 懸けて, 戦死した, 戸口の, 手に, 投げ出して, 拝殿横の, 持ち先ず, 持出しコップ, 掛けました, 推称し, 描きあなた, 教うれ, 教授の, 敷かれた部屋, 敷詰めたら, 斬られるそう, 新居へ, 日和田まで, 昆虫採集に, 明神下から, 昨夜の, 晨起の, 暮れかけた, 書いたもの, 書きたてられた, 書く, 朝から, 末っ子の, 杙を, 来た連中, 来会者に, 松の内正月二日の, 果たすもの, 柄手を, 植えつけたよう, 植ゑられてある, 楼婢を, 楽は, 楽屋用の, 止宿中の, 此た, 歩いた例, 歩きだすと, 歩き出した, 歩き出した時, 歩くこと, 歩くはず, 死ぬの, 死んだか, 残したの, 母から, 比較し, 永く兄貴, 河勝に, 泣かれること, 浮べながら, 涙ぐんだの, 減少し, 溢れて, 火の, 点検を, 無理な, 焼香し, 燈火の, 独りで, 獲物を, 生きて, 生姜の, 甲らを, 男つ, 畏まって, 疾走した, 白の, 百も, 皆一同の, 直立し, 眞つ, 眠ってる頭, 眺めるだけの, 眼路はるかという, 短い自己紹介, 磔刑柱を, 私が, 私も, 称ゆらん, 穏かな, 突撃させ, 立たせる, 立ってること, 競馬を, 第一, 籠と, 紫外光線写真でも, 綱領と, 縛つたに, 縷々として, 置いたり, 置かなければ, 置きそうして, 置きました, 置く, 置くそして, 置くん, 美くしい, 義雄の, 考えた, 考えるの, 考へると, 聞かしたら如何, 肩を, 腕ぐみを, 腹這に, 臥床を, 自分一人祖母の, 自由に, 舞台化する, 色彩を, 若干流行を, 茶なぞの, 莞爾し, 菓物帖に, 落着払った, 薄く切った, 蘭語を, 衆庶に, 行かれた, 行く, 行く事, 行く無意味, 行ったの, 行つてし, 表へ, 見せ, 見せようと, 見せるよう, 見ただけ, 見ましたゆえ, 見ようか, 見る以上, 見れば, 見物し, 見給え, 覗きこむ, 観たもの, 討死, 討死を, 訴状に, 話されるの, 話し続けた, 読むと, 誰を, 諸人に, 豊富で, 賣つた, 走ってる所, 足を, 路傍の, 車に, 辟易させる, 逃げ廻る鯨, 通り越すとき, 遠近の, 避難民式に, 郵便物を, 酒の, 金を, 銅壺に, 鏤めたとしか, 長脇差を, 闘争した, 降りて, 階子を, 隠れて, 隣町の, 霞の, 静坐を, 面伏そう, 頂戴, 食せしに, 香を, 駿河台下の, 騒ぎ立てるだけ, 魯達が, 黙々と宿

▼ 並べたり~ (70, 2.0%)

12 して 8 した 3 する 2 しながら, しようとは, その合間, 賽の目や

1 [39件] あさりや, いは, いろんな用, ぐるりと, こんどの, しようがない, するだけ, するの, する外, する役, またいろ, またその, アルミニュームの, 七字づつ並べ, 免職され, 動かしたり, 千切っ, 又緡, 哲理を, 大きな鏡, 子芋, 御ざぶとんを, 恩人を, 悲観し, 或いは多少, 或る, 手籠から, 批評らしく書い, 承ったり, 拡げたり, 歩き, 歩き廻つたり, 海水着の, 独り天狗に, 積まれたり, 積上げたり, 色紙短冊を, 訴へたり, 重ねたり

▼ 並べながら~ (68, 1.9%)

1 [68件] あちこちの, きのう聞いた, これは, ずんずん先, そろりそろりと, ひどく気取った歩き, ぶらぶら炎天, ぶらりとその, また戻っ, もう軽佻浮薄, やっぱり若衆歌舞伎, ゆつくり, ウットリと, ガツガツと, ワクワクし, 丁度そこ, 云った, 互に決して口, 仔細に, 低い声, 俊彦と, 刑場の, 力一ぱい弓を, 動物学者が, 北川氏は, 吸物を, 土間に, 境内を, 夜の, 女を, 彼に, 彼女が, 往来を, 徳市に, 怱卒として, 悦に, 手ずから髪, 松並木を, 松井の, 此処が, 歩いて, 母親の, 海を, 済したま, 爽, 相手の, 眠られない一夜, 睦じ, 私たちを, 私は, 結局その, 考え込んで, 聞き耳を, 胡桃割で, 落胆しない, 薄明い, 薬飲みまし, 見まわるしきたり, 言った, 言って, 話しも, 誰だつた, 賑やかな, 越前福井の, 足に, 都の, 鎹釘で, 黙って

▼ 並べその~ (32, 0.9%)

5 上に 4 上へ

1 [23件] あたりに, うちに, くせ自分は, そばに, また並み木, 上で, 中に, 人垣の, 何れもが, 傍に, 傍には, 先を, 又並み木, 大行燈, 大部分, 家賃だけでも, 左に, 左右に, 本棚には, 楽しそう, 附近の, 頭へ, 首を

▼ 並べても~ (25, 0.7%)

4 やって

1 [21件] いいが, お互いに, しばらく経つ, それは, なお, なんの, ほんとうに, まあまあ不自然, ヒケを, 仕方が, 同じこと, 向うへ, 意の, 支那では, 比較しよう, 芝居には, 見られませうが, 見劣りの, 言いたり, 認めなくってよ, 足りなかったろう

▼ 並べては~ (15, 0.4%)

1 [15件] いるよう, ならず, びこつて行く, やがてまた, わけの, 云えない, 塩を, 少なくも展覧会, 帰る, 歩けずその, 獨り, 紙が, 絵の, 通れないよう, 高笑いを

▼ 並べそれ~ (14, 0.4%)

2 に因縁, へ世話人 1 からは金輪際, が同じ, に汚い, へ洗濯物, へ薄縁, をながめ, を白い, を真, を眺め, を透き寫した

▼ 並べ~ (7, 0.2%)

2 して 1 なつた, なりました, 仕切って, 行かなくては, 行くといふ

▼ 並べ~ (6, 0.2%)

2 した, へすり 1 したこと, アさア鯛の

▼ 並べ~ (6, 0.2%)

2 するの 1 すること, する時代思想, する考, せらるるに

▼ 並べつつ~ (5, 0.1%)

1 ひたすらに, 従いて, 近附い, 鑑賞し, 飛箭の

▼ 並べ~ (5, 0.1%)

3 朋輩に 1 いそいそと, もう仕事

▼ 並べてや~ (4, 0.1%)

2 がる 1 あがるな, がって

▼ 並べ同じ~ (4, 0.1%)

2 字を 1 文字を, 洋燈の

▼ 並べこれ~ (3, 0.1%)

1 が主人押川進, に訳語, を酒

▼ 並べその間~ (3, 0.1%)

2 に水茶屋 1 には水茶屋

▼ 並べてから~ (3, 0.1%)

1 また彼, 一つづつ封を, 頭を

▼ 並べながらも~ (3, 0.1%)

2 金の 1 夢を

▼ 並べまた~ (3, 0.1%)

1 どういふ, 一般の, 焔の

▼ 並べ~ (3, 0.1%)

3 を争

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 内儀の, 袖を

▼ 並べさえ~ (2, 0.1%)

1 すりゃ天下, すれば

▼ 並べそこ~ (2, 0.1%)

1 の石段, へかけ合った

▼ 並べその後~ (2, 0.1%)

1 から植田良平, に気

▼ 並べそれで~ (2, 0.1%)

1 屋根の, 屋根のか

▼ 並べてと~ (2, 0.1%)

1 いうか, 申すの

▼ 並べての~ (2, 0.1%)

1 夕飯で, 大殲滅

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 ほした, ほして

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 いやです, したが

▼ 並べほし~ (2, 0.1%)

2 たる靴

▼ 並べやう~ (2, 0.1%)

1 としてゐた, と為

▼ 並べハイ~ (2, 0.1%)

2 ヨ杉

▼ 並べ一人者~ (2, 0.1%)

1 の気楽, の氣樂

▼ 並べ不動尊~ (2, 0.1%)

2 の掛物

▼ 並べ二人~ (2, 0.1%)

1 はどちら, は茶碗

▼ 並べ公明選挙~ (2, 0.1%)

2 といわれる

▼ 並べ其所~ (2, 0.1%)

2 に腰

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

2 なる石卓

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

2 テーブルを

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 つた, つたらもう

▼ 並べ向う~ (2, 0.1%)

1 の左手, の方

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 にはメリー・ピクフォード, は荒壁

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 はその, は遅く

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 をひく, を呼ぶ

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 に, には寒中

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 と親しく, の方

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 に陣刀, を挙げ

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 らしいカンヴァス, 年頃は

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

2 えた

▼ 並べ画家~ (2, 0.1%)

2 はろくに

▼ 並べ薄茶色~ (2, 0.1%)

2 の粉

▼ 並べ藤づるでからめ~ (2, 0.1%)

1 それで街道, それで道幅

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

2 を書い

▼ 並べ静か~ (2, 0.1%)

2 に話し

▼ 並べ~ (2, 0.1%)

1 の三方, の餌

▼ 並べ鳴戸~ (2, 0.1%)

2 のお

▼1* [248件]

並べある時は, 並べいくつもの学寮, 並べいよいよ自分に, 並べうすのろだ, 並べおおあわてに, 並べおばさんどうです, 並べかたわら居酒屋をやってる, 並べかた色の配合, 並べこの一室は, 並べこんな独言を, 並べさまざまな器物, 並べさらに肉を, 並べしかもどことなくゆったりした, 並べしばらくそこに, 並べしまいにはそこ, 並べそして唄の, 並べそれから厳かな, 並べそれからまた船に, 並べそれこれとくらべ, 並べそんなのを, 並べだるまという女, 並べちゃいられない, 並べちゃあ悪いから, 並べちょっとした摘み物に, 並べてかむろみと考へ, 並べてだけはみること, 並べてね蚊を, 並べてばかり知りん, 並べあつた, 並べどこが大阪, 並べどれを買おう, 並べながらしもうた家ばかり, 並べぬくぬくともぐり込ん, 並べはるかその涯, 並べほとんどわき目も, 並べまたは方形に, 並べままごとをし, 並べまんまと大金を, 並べまん中に置いた, 並べみんなはその, 並べむ冬の山里, 並べしたでしょうけれど, 並べもし院の, 並べやうものなら眞赤, 並べしずの, 並べろうそくを何本, 並べわきに貝殻, 並べわけても一つは, 並べアルファベットの平方, 並べギリシャ売笑婦の一人, 並べゴム糊を塗る, 並べスカートをふくらまし, 並べストライキと小作争議, 並べテーブルの向, 並べドンチャンドンチャンと大変, 並べ一つ蚊帳に寝, 並べ一列横隊で進ん, 並べ一方には時計屋, 並べ一番二番の席次, 並べ七月の末, 並べ万峰肩を連ね, 並べ丈夫に床, 並べ三個の小石, 並べへほどよく, 並べ上機嫌で, 並べから見上げ, 並べ中程のところ, 並べに価格, 並べ乍らそっとこんな, 並べ乍らすすきの径, 並べ乍らパカパカと三, 並べ乍らブルンブルンプロペラアを唸らせ, 並べ乍ら三つの影, 並べ乍ら下へもおかず, 並べ乍ら土手の方, 並べ了つたのは十一時半, 並べを写す, 並べ二分銀は二分銀, 並べ交通機関が速力, 並べ亭主を呼べ, 並べはそこ, 並べ人形の首, 並べ他方に大, 並べのあんころ餅, 並べ伏眼加減に人眼, 並べ何一つ証拠の, 並べ何条通りかのカフエエ, 並べ作業場へ運ぶ, 並べの法界坊まがい, 並べが見, 並べ借金の話, 並べのとおり, 並べ共にそこから, 並べ其上に此噐, 並べ内々は闇取引, 並べ分類して, 並べ初めている, 並べからあった, 並べ前者を固定, 並べ匹夫同様なご, 並べ十ドルを銀貨, 並べ十二ヶ月の晴雨吉凶, 並べ十枚の爪, 並べ半襟と前垂, 並べ卓子の代り, 並べたくさんの, 並べ又は小玉銀を, 並べ古い風呂敷と, 並べ各々扁平銅條を, 並べ各自自分の塩塊, 並べ向う側へ斜め, 並べ土手を埋め, 並べに沿っ, 並べ士居を築き, 並べ壽司屋の鮨, 並べ外国物の鑵詰ファグラ, 並べ多くの漕手, 並べ風呂敷を, 並べ大きくなれば, 並べ大体の手順, 並べ大小の鍔際, 並べ太陽がピカピカ, 並べのつまらな, 並べ媒妁なり親, 並べ存分に万引, 並べ御家人や, 並べ宮家ご一行, 並べ家名小さく書きたる, 並べ小さい胸元に, 並べ小さくなって, 並べ小遣いを借り, 並べは少し, 並べ屋内も寝所, 並べ市場諸工場, 並べ干したる暇ある, 並べ店先にも見事, 並べでは鶏, 並べをつらね, 並べ彼女はその, 並べ菓子に, 並べ御家人やお, 並べ徳利の尻, 並べ心霊学者深井博士の話, 並べをひそめ, 並べ悠々漫歩した, 並べ或はそれを, 並べ拡声器が, 並べ据ゑられ鋪板には芻秣, 並べふ, 並べたせたならば, 並べ擧ぐるときは左, 並べ日覆より松, 並べ暫くすると, 並べ更にその上, 並べ之候, 並べ朝夕に礼拝, 並べ木戸も潜戸, 並べ本家かまどの順, 並べ本箱を置い, 並べを横, 並べの前, 並べ柱時計におじぎ, 並べを積ん, 並べ楽しい足取りで, 並べ横町の郵便局, 並べ次に取り出したの, 並べ正月重ね正月二正月ともヒシテ正月, 並べ武器としてはギロチン, 並べなどは三個一山, 並べ残り物があれ, 並べ氏自身はマルクス主義者, 並べ沙漠を的, 並べ浮世雜談に諷諫, 並べには逆茂木, 並べのない, 並べ火事の心配, 並べ焙烙の勝, 並べ特に抜き出て, 並べ独り偉そう, 並べ狭い横丁から, 並べ玄関には三太夫, 並べ甚しきは医者, 並べ用心棒や猛犬, 並べ男女共に守る, 並べ自街道, 並べ看板の宣伝かたがた札びら, 並べの来る, 並べ秋日かなの筆, 並べ稲束を平たく, 並べには灰白色, 並べの上, 並べ笠被衣頭巾など忍び, 並べに組ん, 並べ箏笛鼓太鼓の音, 並べ終つてこれからお客さん, 並べ結局使って, 並べ絨毯を敷い, 並べ綺羅叢をなす, 並べ纏絡植物それより生え出でる, 並べず, 並べ老人が二人, 並べを張っ, 並べを几, 並べをまじえ, 並べ自分の店, 並べを活け, 並べ若い客などが, 並べ苦情を云っ, 並べ茣蓙を敷き, 並べかぶり一樽, 並べ葉巻をくわえ, 並べ著者の主張, 並べ薬剤師の様, 並べを敷い, 並べを飾り, 並べ螢火の飛ん, 並べ行李を解いた, 並べには舶載物, 並べ街路整斉と立っ, 並べ衝立の蔭, 並べ襟巻きを裳衣, 並べ西方には中尊寺, 並べ親愛恭敬孝悌忠信礼義廉潔正直など記し, 並べ証拠を揃え, 並べ商人諸, 並べ財産名義の書き替え, 並べ資生堂の化粧品, 並べ赤い花模様の, 並べをさしちがえ, 並べ足音を忍ばせ, 並べ跫音のする, 並べを連ね, 並べ軒下には看板, 並べ連句の柱掛, 並べの小売, 並べ酒店娼家喫茶店など到る, 並べ釣りをやる, 並べの手, 並べ鎗戟を耀かせ, 並べ陣十郎に向かっ, 並べ陸上の陣稽古, 並べかに默祷, 並べ面白く書いて, 並べ順序をそろえ, 並べ頬杖をつき, 並べを切っ, 並べ食堂に常緑樹, 並べ餉台の上