青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「並~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~
並~
~並べ 並べ~ ~並ん 並ん~ 並木~ ~中 中~ 中国~ ~中央 中央~

「並~」 1714, 18ppm, 6435位

▼ 並~ (773, 45.1%)

3 して, アカイアの, 他の, 意外なる, 挨拶を, 樺太アイヌの

2 [26件] いえば, うどん店, かくし置き他, すると, その家來, ならなければ, アキリュウス, カストリ侯爵, ヘクト, 其の修行場, 囁きぬ, 売って, 売れば, 夫人, 夫人予は, 彼の, 火山灰, 私が, 私の, 肉体的に, 自分が, 興味ある, 蝋燭製造の, 諸君の, 諸將軍, 貞潔なり

1 [703件 抜粋] ある大門通り, いうの, うれしいこと, おのが, お照, お針に, お鳥, この家自体, この愚, これを, しなくちゃ, しなければ, すべて拷問と, するため, その一派, その下々, その与力共, その中, その事務, その作家, その前, その囘復策, その完成, その弟子権大納言公継, その會計主任森本春雄, その武裝燒, その筆法, その系図, その美術的価値, その融解, その質量偏差, その運用等, その遺族, その錦絵, その附近, その階級, それぞれふところ工合に, それについての, たかが継母, つれない挨拶, とりがたし, なった漆喰, なりたいもの, なりたい世間, なるとしても, なれば, もろ, やや遅鈍, わが国の, われわれが, アテーネー助くる, アルゴスの, アンポンである, イスラエルの, イチヤンゲムシの, イリオンの, オリュンポス, ギンナン草二三十圓ナマコ三四十圓ぐらゐの收入を, ストラチイまた, ダンチェンコの, デーイピュロス, トロツキイズムとの, ドイツの, フィルム現像複写業, フリュギエーヘレースポントス悉く, ヘクトール, ヤースリ, ラッキョーの, レースの, レース製作指導, 一万円という, 一人ある, 一般状況の, 三十杯量らなけれ, 三法師丸を, 三鞭酒の, 上級学校への, 下げよとは, 世の, 世界観の, 両親は, 中国の, 丹波一国に, 主君と, 久保氏の, 事業に関して, 二九五カラットの, 二人の, 二枚続, 二百俵の, 五十万石は, 五百人乃至, 亡妻への, 人に, 人事に対する, 人口集積, 人名地名を, 人生を, 仁義の, 仏教の, 仕事に, 伊勢の, 伏樋の, 休戰, 会員外の, 会館当事者の, 伝を, 伴奏音楽, 余説, 佛教の, 作家であった, 作家活動と, 作者の, 俗な, 信濃奇勝等, 俳優は, 個人なる, 儒教と, 元人抄本, 先祖書を, 八年を以て, 公家の, 兵士六七八九十, 其の密教的宗教, 其の批評者, 其の門下, 其の附近地方, 其以外の, 其傳統を, 其子何程の, 其船を, 其裔の, 其資財非, 其部隊, 其首領, 冬の, 凹巷が, 出来上った男, 分配し, 分離を, 判官贔屓の, 別啓, 創立五十年の, 劇団は, 劇場の, 劇場関係者取締及び, 力ある, 化學的研究を, 北山へ, 卑賤の, 博士の, 原子スペクトルに, 友人竹友虎雄君所蔵の, 友軍の, 取扱って, 取扱つてゐやがる, 取扱ひ, 古典的因果律の, 古美術品, 史が, 史実は, 史家の, 各所に, 各部との, 同時代, 同業各, 同胞の, 君臣關係の, 呑気なる, 唐の, 唐人お, 唐以前の, 四里の, 国器なり, 国民の, 国際学友会館を通じて, 國文法の, 在勤中家来を, 地の, 地色, 地處等は, 地質の, 塔の, 壘壁を, 外から, 外の, 外国の, 外的な, 多数の, 大勢の, 大政翼賛会支部職員を以て, 大般若経一部, 天上の, 天女の, 夫人こは, 夫餘にも, 奉行所役人通詞出島乙名その他友人蘭館出入りの, 好尚は, 好尚を, 姻戚と, 威力にて, 嬰児にまで, 孟子に, 孤児院を, 学壇にも, 孰へ, 宏大の, 定常状態の, 定義は, 宮中の, 宮島詣, 密売を, 實驗物理學者が, 審査員は, 審美観と, 対ドナチストの, 小さい躯, 小さな, 小川部隊の, 小法師, 小生は, 小説書類の, 尚同伴, 山上に, 山岳文学者は, 山本有三氏に, 山風の, 岩れんげが, 左團次一座の, 巴絵さんの, 帝乙の, 年齢を, 庁内主, 店の, 度量衡を以て, 引き上げなさい, 当人達も, 役者の, 彼処に, 彼等の, 待遇し, 従つたまで, 御寵愛, 御者の, 御者を, 心理に, 必ず反抗, 思想を, 恐らく同, 恐るべき運命彼, 想像の, 感情を, 慇懃な, 應援の, 應用に, 成長し, 我々と, 戦線各, 戯曲の, 戯曲創作について, 手帳を, 手紙に, 扱うから, 扱つたのである, 扱はにや, 扱わにゃ, 扱われるだろうからねえ, 扱われる位, 持ち堪えるため, 持ち堪へるため, 推結文身人と, 推進者を, 改善は, 政治的關係, 故国に, 文報会員, 文学上の, 文學界の, 文稿を, 新しいジェネレーション, 新協劇団当事者に, 新女大学, 方角など, 日の, 日本帝国の, 明春建国祭を, 明治四十五年七月一日発行の, 映画界の, 春秋両, 是れ, 時を, 時計台の, 暮したでしょう云々, 暮して, 曖昧に, 木挽に, 朱唇綻ぶ, 材料が, 村田氏から, 来年度彼の, 板倉重矩等は, 板木師金六の, 校長先生, 校長先生願わくは, 格上げされ, 椎結文身し, 検証調書添附図面及記録等を, 横と, 横町が, 樺太方面に, 機械軍の, 欄外書等は, 歌を, 歌舞伎劇愛好家の, 正成の, 歴代志略下の, 死刑制度は, 気質に, 水に関する, 水雷駆逐艇より, 江南地方の, 江戸出版物の, 池上と, 決鬪の, 波斯以西の, 洪水の, 流水の, 浪人等を, 浮世絵研究者に, 混乱しない, 演出馬詰丈太郎, 演劇界の, 瀧口豐後守が, 火山灰に, 無数の, 燈火を, 片附ける, 物質的の, 物部氏といふ, 狐馬に, 狩谷氏俊の, 猿の, 獨逸帝國に, 王妃から, 現在の, 理論の, 理論物理學研究に, 生命それ自身までも, 生徒将来の, 生活も, 生理学的に, 田伯養孫孟綽の, 男の, 町会議員は, 画の, 画風の, 異人上陸接待の, 異国風の, 発行者の, 百円の, 皆これを, 皆保さん, 皆允成, 皆富士川氏が, 皆昌平黌, 皆枳園, 皆米庵, 皆貧, 皇帝の, 相盗, 盾かつぐ, 看護婦諸, 真名古, 真名古の, 社会の, 社会状勢に, 社長の, 神仙的英雄の, 祭事を, 私など, 税金の, 第一, 篆字朱文である, 篠悲嘆の, 精神的錯乱に, 糸隙の, 納めの, 素直に, 経済の, 結婚する, 結婚を, 絵本, 綜合の, 緑園の, 縁取られ, 縮少, 美しい着物, 美しく, 美術の, 群臣百僚を, 翻訳の, 考えると, 考えれば, 耆宿碩學の, 肉体的の, 肉刀で, 胸甲と, 胸部の, 脊丈と, 脱出の, 腕足類に関する, 興行者側に対し, 舞台指揮に関して, 船で, 船に, 船賃を, 芸術局長が, 若い女, 茶碗蒸, 菅茶山と, 華麗なる, 菴室に, 落して, 著書, 葡萄酒の, 蟹, 行為を, 衣服を, 製作の, 視野の, 親子の, 言って, 言語學的の, 訪づれると, 証拠歴然の, 詩人の, 話しかけられるの, 説明が, 諸の, 諸入用共, 諸國, 諸姉よ, 諸嬢, 諸將ら, 諸王諸, 識者が, 警察医の, 象形文字研究の, 財産取得編中の, 責任で, 貴衆両院, 費用など, 贅沢なる, 起たせる方, 軍艦奉行, 輪金より, 辛酉の, 進み六年七月, 遊女の, 過ぎないと, 過去の, 過敏中江は, 都市当局に, 量ると, 金の, 金龍館笑の, 鉄筋コンクリートです, 鋏, 錦橋が, 錦絵摺物秘戯画等と, 長壁に, 長閑な, 開港以来貪り取る, 間接被害者たる, 閨房の, 陣營を, 陪審教授から, 陰陽二気の, 随行員二人であった, 隣国の, 電話の, 青少年隣組の, 面並べけり, 音楽の, 風習慣例とを, 風防ぐ, 颯爽の, 餓鬼ヶ岳及び, 餓鬼岳及び, 香華燈燭を以て, 香葎君の, 馬に, 骨折で, 高が, 高館の, 髪を, 魏の, 鱒箱を, 鶴の, 黒髯風に

▼ 並~ (312, 18.2%)

5 ことを 4 事を, 女と 3 家の, 挨拶を, 良い男

2 [22件] もので, ものなら, 人と, 人より, 人間と, 人間とは, 人間には, 人間の, 品に, 女に, 女の, 小さなの, 山の, 平凡な, 泥棒は, 生活は, 生活を, 者なら, 話でない, 遠慮と, 金持は, 雁首で

1 [246件] あたりまえの, いいこと, うねりて, えらさ, お世辞, お世辞上手, お方の, お母さんであった, お百姓, かけ足さえ, からだ, ことで, ことでした, こととして, ことなら, こと疝癪で, しきたりの, たしなみだけでも, ただの, ところが, はなしの, ものであった, ものであり, ものである, ものに, ものよりは, もり, やうな, ような, よしあしと, わけを, を二丁くん, アンマを, ヨタモノである, ロースは, 一人である, 一人と, 一般的批評は, 三尺です, 上に, 下宿に, 事誰でも, 交際などは, 交際を, 人, 人じゃ, 人という, 人とは, 人なら, 人に, 人の, 人品で, 人間じゃ, 人間ぢや, 人間で, 人間に, 人間らしく戻す, 企業会社として, 会社づとめやそこでの出世などに, 会費を, 使用人より, 依頼事件とは, 保護の, 修辞を, 個人享楽に, 値で, 健康人の, 働き方, 入りに, 内儀さんなれ, 力仕事も, 匕首では, 医者の, 医者らしく, 半切と, 半紙に, 友人づき合い, 友人関係が, 収入が, 召使ひ, 台所に, 台所を, 噂とは, 囲われ者, 国粋流者の, 坊ちゃんで, 型より, 大きさ, 天ぷらを, 失費が, 奇談では, 奉公人でない, 奉公人の, 奥さんに, 奥様然, 女で, 女では, 女子が, 女房に, 女房の, 奴では, 姉妹以上の, 娘そして, 娘で, 娘の, 娘よりは, 嫁入り支度を, 子供です, 子供と, 子供へ, 學生の, 客人のみ, 客衆よりは, 小さい家, 小説家以上には, 少年の, 尼女房達が, 屋敷越に, 山に, 岡つ, 市民の, 席より, 席よりは, 常識で, 常識に, 平袴, 年寄と, 形式で, 形式に, 役を, 役者とは, 彼方に, 彼方田端一帯の, 往きの, 後が, 御姉妹, 御挨拶, 御飯を, 恋の, 息子だ, 悔みの, 感情に, 戸の, 手當と, 才人が, 挨拶でも, 挨拶など, 挨拶に, 挨拶は, 接待が, 料理店で, 方で, 方とでも, 方法で, 春夏秋冬の, 時間という, 時間の, 書物を, 本でなく, 札は, 正月気分に, 正月氣分にな, 武者振りを, 殺されやう, 殺されよう, 気持を, 派手さなどは, 流行感冒に, 湯治と, 漁師原は, 火山礫などとは, 牛肉を, 物で, 物の, 状袋に, 状袋にも, 生活に, 男だ, 男の, 男を, 男一匹の, 真人間に, 眼から, 眼からは, 眼を以て, 磯貝十郎左衛門美男な, 礼であった, 礼儀は, 立派な, 粗末な, 紫じゃァねえ, 給料を, 縁談には, 縫いかたと, 者で, 者に, 職業に, 腐敗, 良い年増, 若様の, 若樣, 茅葺屋根には, 草根木皮の, 行商の, 裏を, 親達の, 観察ネ, 言ひ, 言葉を, 評價から, 話でも, 話なんか, 誤字假名遣, 諌めは, 責任は, 貴族らしく, 費用と, 跣足である, 身なりの, 身体では, 躯であったなら, 辞世に, 返事しか, 返事を, 道楽でも, 道樂でも, 遠慮を, 醜い女, 醤油を, 野心家だ, 金を, 金持らしく, 金魚は, 阿魔ッ子, 隠し場所では, 雇人の, 雷同か, 食卓で, 食料や, 食物を, 飯の, 飯位は, 駒下駄は, 駕籠屋と, 黒靴の, SOSが

▼ 並~ (44, 2.6%)

5 の間 3 の下 2 だよ, の松, の樹下闇

1 [30件] がぐるり, がしつ, がわれわれ, が匂い, が聳え, さては処, さては処嫌はず無遠慮, で縁, なら, にし, になつ, になつた, の, のかげ, のよう, の下路, の土堤, の土堤下, の如く, の左側, の影, の柳, の美しい, の若葉, の黒い, はある, は蒼空, をくら, を植付け, 暗くし

▼ 並ならぬ~ (38, 2.2%)

2 ものが, 眼が

1 [34件] お世話に, お心入れ, お方と, くらいであった, ご立腹, にある, ものに, 三月であった, 世の常ならぬ, 修行が, 億劫な, 優しさ, 努力は, 大敵と, 好意と, 御苦労わけ, 心がけが, 心交の, 悪寒は, 敬愛も, 旅でありました, 構えであった, 死に, 毛利方の, 深いツナガリ, 理由を, 眼と, 緊張を, 興味を, 苦悶を, 茶道において, 華々しい能力, 風懐だ, 魅力を

▼ 並~ (33, 1.9%)

8 ずれて 2 づれて高い

1 [23件] くぎられて, ずれたヨット狂, ずれた勇敢さ, ずれた巨躯, ずれた胸, ぢかれ, づれた好奇心を, づれた胸の, づれて大きい, づれて廣い, づれて立派な, づれて骨を, づれて黒い, づれのよさと言葉に, なれて, 一目で, 一面の, 割合に, 妙に, 存外の, 小川原という, 注視され, 皆大きな

▼ 並木の間~ (31, 1.8%)

2 に冬, の人道, を往, を通る

1 [23件] からちらちら, からは馬車, から人, から遙, から阿蘇, にサン・テチエンヌ寺, に石屋, に聞え, に葭簾, に這入つ, に雪, に青黒い, の短い, の雪どけ道, や墓地, を出で, を家, を影, を次第に, を歩い, を町, を皮外套, を織る

▼ 並~ (20, 1.2%)

2 揃へて, 眺めながら, 足を

1 [14件] したり, ねらつて, はずれた所, もとに, 四五囘やつた, 外れて, 外れとる, 揃えその間, 水平に, 狙って, 眺めさせながら, 買って, 走って, 速めて

▼ 並~ (19, 1.1%)

2 ことを

1 [17件] その青年, のが, のを, 下心も, 事を, 因習と, 年輩染みた, 忠告を, 感受は, 批評は, 気に, 気持で, 生活を, 白い産毛, 立身出世に対する, 話ぢや, 道義心の

▼ 並たいてい~ (18, 1.1%)

5 では 2 の事, の苦業 1 なわけ, な厳し, な気苦労, な軍旅, な馬鹿, のこと, のもの, の仕事, の老婆

▼ 並~ (15, 0.9%)

1 [15件] あるん, いろいろな, さつと一, やっと見えます, パッと, 出発したら, 急に, 悪いわけ, 惡い, 星の, 潜んで, 直りさえ, 眺め得られるので, 見えた, 見渡せた

▼ 並いる~ (13, 0.8%)

1 [13件] もの誰彼の, 一同の, 人たちも, 印度人ことごとく, 印度人一同の, 姿の, 文武官に, 百官も, 神, 群臣は, 萱原准尉その他の, 被告は, 諸将

▼ 並~ (12, 0.7%)

1 [12件] あつた, います, 一日も, 京都の, 何んの, 平凡過ぎる, 本庄とは, 東西に, 篠田の, 銀三貫目だ, 駈附けま, 駈附けるなぞと

▼ 並~ (10, 0.6%)

32 て御 1 てとよみあひ, て早稲田大学秋, て朝, まゐり, り

▼ 並はずれ~ (8, 0.5%)

1 であろう離れると, なところ, な奇怪, な点, な生き方, な縦横, に思われる, の陽気さ

▼ 並より~ (7, 0.4%)

1 大きいもの, 少し背, 強いアクセント, 或はず, 變つた人間だ, 高い, 高いほう

▼ 並~ (7, 0.4%)

2 べて男 1 ぶ電燈, べて歩き出した, べて歩く, べる, べ書ける

▼ 並~ (7, 0.4%)

4 ていの 3 底で

▼ 並~ (7, 0.4%)

2 副領事 1 に長文, に電話, はわたし, は磊落, は自動車

▼ 並~ (7, 0.4%)

2 の, の白 1 と堀割, の屋根, の朝

▼ 並~ (6, 0.4%)

2 されて 1 したらしい彼独特, して, すること, せられる例

▼ 並~ (6, 0.4%)

1 である, な状態, には入っ, の竈, を教, を通り抜けた

▼ 並よりは~ (5, 0.3%)

1 小さいし, 手當を, 物柔かで, 長い顔, 高く気性

▼ 並よりも~ (5, 0.3%)

2 早く到着 1 低いくらい, 寧ろ高く, 身体の

▼ 並~ (5, 0.3%)

21 デ歩ケルホドノ廣サデアル, デ足, デ鼻ガ二ツ

▼ 並以上~ (5, 0.3%)

1 のもの, の大男, の崇敬, の披露, の興味

▼ 並から~ (4, 0.2%)

2 言えば 1 いうと, 見れば

▼ 並~ (4, 0.2%)

1 つたのだ, つたのです, と縁起, 家は

▼ 並~ (4, 0.2%)

1 なりそう, 云う者, 云って, 愛と

▼ 並~ (4, 0.2%)

2 に夏 1 と新しい, の上

▼ 並~ (4, 0.2%)

1 城御, 家中学問世話是迄, 屋形御, 花砌之

▼ 並記し~ (4, 0.2%)

1 てある, ている, てゐる, て色彩

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 てこの, てまた, 然る

▼ 並でない~ (3, 0.2%)

1 ところが, ものが, 事情を

▼ 並ならず~ (3, 0.2%)

1 その質, 心を, 細やかだった

▼ 並には~ (3, 0.2%)

1 ぼくにも, 少し変わっ, 良い総領

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 ヴォージラールの, 大抵じゃ, 通途の

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 ニ属スル家屋, 通拝借金被, 通被

▼ 並叙法~ (3, 0.2%)

1 から発生, が発生, とも言

▼ 並在し~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 調和する

▼ 並大名~ (3, 0.2%)

2 を見る 1 などに扮

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 らしい立派, 年賀式用器具一揃ヲ, 役仙波阿古十郎

▼ 並樹道~ (3, 0.2%)

1 で裸, にある, を一人

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 である, ではうつらぬ, を二十匁

▼ 並~ (3, 0.2%)

1 として売ります, の朱, より悪い

▼ 並~ (3, 0.2%)

3 にてい

▼ 並除け~ (3, 0.2%)

3 物の

▼ 並じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, ないか

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 居る中, 進歩発達せるなり

▼ 並です~ (2, 0.1%)

1 がお, わ

▼ 並でねえ~ (2, 0.1%)

2 泥棒が

▼ 並では~ (2, 0.1%)

1 ないか, 尋常で

▼ 並とは~ (2, 0.1%)

1 大分違う, 言わない

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 に, の蛇皮

▼ 並びのいゝ~ (2, 0.1%)

1 白い歯, 白い齒

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 なされ夫, 眼を

▼ 並へる~ (2, 0.1%)

2 妹を

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 で居る, で見えた

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 到ラントスル有史未曾有, 重リテ蓮花

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 というの, に寄っ

▼ 並以下~ (2, 0.1%)

1 に鈍感, の人物

▼ 並博義~ (2, 0.1%)

1 が三年, の口添え

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 で表現, の位置

▼ 並打擲~ (2, 0.1%)

2 いたし候者

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 伯益柏翳分二人之, 恙

▼ 並短歌~ (2, 0.1%)

1 とある, の中

▼ 並~ (2, 0.1%)

1 される, して

▼1* [192件]

うどんにきまつ, 並て諸君, 並しるし吹きちかづきぬ, 並その左どなりの, 並って女郎屋する, 並つた初段級の腕達者, 並つた読書家だつた, 並でなくなつて, 並といへない, 並というところに, 並とかはつた, 並として余り繁華でも, 並なみならぬ寵愛, 並ならマア避暑という, 並なんじの霊魂, 並にしか見て, 並にだけ見ても, 並にの意, 並にもなって, 並てあった, 並ばかり紅白の, 並ひでお出かけですかね, 並ひよく並へる妹, 並びあひながら何やらしきり, 並びしてふちん門並の附合, 並びつくばいたれば左の肩, 並びにあるおびんずるの前に立っ, 並びにかんだちめについて説かうと, 並ぶれば皆錚, 並へて新吉の, 並へん冬の, 並みそろへて繰出, 並むだ視線の前, 並むで植はつて, 並む鉄兜眼には堪ふる, 並む雁の一機先, 並め殿づくり朝日夕日の押し, 並あるべきか, 並ものとてなかった, 並よき友に, 並よりはネすこし低い, 並らび駈けあがる我と, 並ゐる婦人の, 並アらんで, 並アラんでエ, 並遠ク聴クベシ, 並ニ動産ニ対スル課税ヲ免セラルルモノトス, 並ニ政庁ニ送達尚御, 並ニ清初ノ諸家ニ於ケル, 並ニ瑣細ナル事ニ就テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, 並ニ近世諸大家ト雖ドモ, 並ニ酒家ニ入ルマジキ事, 並ニ重臣一同浪花ヨリ分散, 並ハズレテタクマシキガ故ニ, 並ビニ深津金次郎トイウ者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 並ビニ美濃部大慶直税, 並ビニ衣服又ハ髪形マデ, 並内ニハ資財雑具, 並ベあっちからもこっち, 並ベ衣紋竹を掛けつらね, 並ロースの方, 並ンデイタ彼女ハ突然右側ニ廻ッタ, 並一ツ折れて, 並一人前の日本婦人, 並一番の老舗, 並一萬二千里在會稽, 並一通のこと, 並三左衛門茶道珍斎先代左団次の伊達安芸, 並三階の部屋, 並个岡の隠者, 並九曜の紋, 並亀甲万が七万樽以上, 並二儀澤流四海以王慕化故遣, 並五人掛り有之, 並五六十銭より上玉一円どまり, 並は少し, 並人生の切な, 並令廢罷京師女末尼七十人皆死在回, 並佐渡守の辞世, 並作品の現実, 並侵審論始識適幽襟, 並信常と書い, 並先生があつ, 並人類の, 並公卿社寺に配当, 並だ, 並出來と別誂, 並出来と別誂え, 並出納のため, 並勝れて御, 並の大きく, 並天三処相思汝尤遠寒燈応独不, 並同心で江戸, 並の三倍以上, 並商売見世等を出し, 並商家はすっかり, 並士官之内, 並売主を其在所, 並太郎氏の皮肉, 並夫人ひどく下手, 並夫妻に会い, 並妻女を縛りあげ, 並大乘寂定, 並守清不食葷, 並実際所見非, 並害悪良人と妻, 並尋常では, 並就遂泯斯懷とある, 並帝国に奉仕, 並年賀は自分, 並式部烝時房主等兩客被申云, 並彼自身の生き, 並待ちて天下, 並御召出の御, 並御酒御吸物, 並懸けたるやうなり, 並或は一頭角を, 並扱いにし, 並敬仰之恆通使往來, 並施設の不充分, 並日本のため, 並明寺などがあつ, 並の學者, 並最高五百円まで, 並の十, 並にし, 並は切腹, 並樹ざくらの天狗巣, 並樹みち水際には高い, 並樹土堤から今度, 並樹疎らな街燈, 並樹舗を一人, 並樹芳香馥郁として万花繚乱, 並樹越しに見えつ隠れつ, 並樹路を駈けぬけた, 並で庭先, 並殊に婦人の, 並浜宿の主人, 並渡部長七唱猪野隼太勝吉, 並温泉の宿, 並為禍害之藪, 並は一歩, 並父五平次先代芝翫の松前鉄之助, 並のこと, 並獨神成坐而, 並用共存の習慣, 並痩せ形髪くろく, 並目見得格に取立てられ, 並相州御第警巡頗嚴密云々, 並知人の事, 並哥集, 並社会的問題に関する書籍, 並祇園の生活, 並私人的周囲に強い, 並統一し整理, 並綱手当座当屋敷, 並の説, 並肉位よりは区別, 並背後の方, 並胸抔之痛も少く, 並能員滅亡事給不堪其鬱陶可誅遠州由, 並臥したり, 並自分の名声, 並芸術家というもの, 並と云つて, 並は夏, 並藤田子同所, 並行われて候, 並製本の, 並記せられた介比乃神楽, 並証文役たり, 並豊かに歩い, 並走させて勉強, 並走して居る, 並走せる数条の, 並たるに, 並ったそれら, 並過ぎ上手過ぎて, 並遠く楽みぬ, 並金帛を賜, 並長局金蔵等に忍入り, 並阻雨不果, 並附録三卷があつ, 並降魔神業存候爾来如斯悪戯, 並して, 並頭蓮といっ, 並を食うとる, 並馬ハ戦場ニて人, 並して, 並すべきもの, 並鳥二十銭に対して三倍半, 並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世