青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「予~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~ 亀~ 亂~ ~了 了~ ~予
予~
~予定 予定~ ~予想 予想~ ~予期 予期~ 予言~ 争い~ ~事 事~

「予~」 3806, 41ppm, 2827位

▼ 予~ (1180, 31.0%)

15 予の 7 これを, 予が 5 彼の 4 ここに, 之を

3 [16件] ここで, その時, 一切の, 万人を, 今に, 又た, 君の, 如何に, 実にこの, 少しも, 彼女の, 抽象の, 此の, 汝の, 汝を, 自分の

2 [72件] ことさらに, この句, この遺書, さう, その車, それに, ただこの, たと, まだそれほど道情, むしろ予, マリユス・ポンメルシーという, 一介の, 一種の, 不幸にも, 予自身の, 今予にと, 今尚, 今度, 今日に, 何時までも, 余りの, 俄に, 僅に, 先に, 其處で, 前述の, 勿論彼等, 又いつ, 君に, 外に, 子爵と, 子爵の, 孑然たる, 常に懐疑主義者, 常に確信, 幽霊あり, 幾度か, 彼が, 彼女を, 後から, 従来公務の, 心霊的生活に, 怪しげな, 憎悪を, 教育の, 教育家として, 文人趣味を, 既に過去, 曾て, 杉本氏に, 梅花を, 汝が, 汝らの, 決して幽霊, 父母を, 独自の, 甞て, 生活する, 目撃せり, 知って, 筆を, 翁が, 老年に, 腹の中で, 自分で, 自殺せざりし, 茫然として, 諸君と, 足下に, 過去二年間海軍機関学校で, 遺憾ながら, ANDERSENを

1 [946件 抜粋] あえていおう, あとに, あらゆる偶像, ある二, いい気持, いただくやう, いつも半, いま上代的紅顔の, いや後天的, いよいよ俊寛, いよいよ現世, おまえから, お繁さん, かえって幽霊談, かかる事, かぎりなく喜んだ, かつしろしめされ, かねて, かの肥大豕, こ, こう思う, ことばを, この一肉塊, この世を, この事, この何事, この信義, この宅地, この川, この推定, この早朝, この景色, この現存, この生物, この皮肉, この第, この驚絶, これと, これにて, これまでにて, これより, これ以上予の, これ幸の, さきに, さらに思う, しばらく一人, しばらく背, すぐに, すでに予, ずいぶんその, そのあまり, その一日, その人, その例証, その句, その夜, その当時, その成るべき, その時首, その燈影, その理由, その臣, その苦, それだけが, それとなく探り, それを, そんな事, たおやかな, ただご, ただ勝利, ただ周, ただ水子, ただ翁, つくづくと, とかく女難, どうかし, どうして此, なお懇切, なお活動, なほなほもつ, なんとなく落ちつい, はたして青年時代, ひたすらに, ひやりとし, ふかく感謝, ふらふらと, ほとほと自分, まあちやん, まさかに怒る, まずこの, まずゾラ, またもやそなた, また此絵画館, また診察, まだ単, みずから役に, もうこの, もう帰館, もう泣きたくなった, もとの, もと貴族, よい学問, よほど神経疲労, わが襟, インノセンスと, エホバよ, セント・ヘレナの, チベットにも, ドイツ国会において, ノラの, フイイレンチエの, マクロンと, ラフワエルの, 一人なり, 一八九四年ドイツの, 一年に, 一手を, 一時の, 一汎に, 一点の, 一言提議したい, 三つ飲ん, 三十年前から, 三年間の, 下に, 下車の, 不幸に, 不思議な, 不相応に, 世上多くの, 世間の, 久しい前, 之に, 之を以て, 予なる, 予みづか, 事業なる, 二三不審の, 二十年ほど, 亦突然, 人生の, 人知れず医学, 人間として, 今こ, 今ここに, 今これ以上又, 今の, 今も, 今や予, 今世の常の, 今初めて, 今夕本多子爵と, 今日大連病院の, 今日本多子爵を, 今朝に, 今汝, 今病人, 今茲, 今門前, 他の, 以下に, 伏沈みぬ, 何が, 何とかいうべき, 何とも返事, 何の, 何事も, 何処までも, 何故か此, 余りに偉大, 余り好まなかった, 便宜上この, 信じる, 信ず人, 信ず本年, 倍, 偏に支那政府, 健康である, 元来恋, 先づこれ, 先づ支度に, 先づ日の, 先年, 先日某誌に, 入るにも, 入院以來着, 全く自分, 全然正気, 八月という, 公羊學説を, 其の立場, 其れ, 其以前の, 其実際, 其後に, 其時思つた, 其頃まで, 再び上京, 再び君, 冬籠り, 凱旋の, 出獄以来何事も, 函館から, 切にその, 切に希望, 初めて予, 初めて真, 初めは, 別て, 到底茲, 前日沖なる, 前者を, 勝つか, 北門の, 十一監に, 十八歳の, 単に氏, 即座に, 却て, 原文の, 去月二十五日早朝東京を, 又其空模様, 又此頃, 叫ばむとするに声, 各人が, 同情を, 同行する, 否認する, 和蘭派の, 唯に, 唯予, 單に, 嘗て病氣, 嘲うの, 四年目に, 土器い, 地獄と, 坂上より, 坐りも, 多くを, 大いに字句, 大喝, 大望無し學成り, 大胆にも, 大阪の, 天下爲すあらん, 天子の, 太祖高皇帝の, 如しであると, 如何にも我慢, 妙に, 始めより, 姫君が, 子の, 子路の, 存在する, 実にうれしく, 実に一般婦人, 実に不思議, 実に女学子, 実に昨, 実に父, 客冬, 寝られないまま, 寝室に, 寧ろこれ, 寧ろ幽霊, 専ら観測, 将に, 小原女に, 少しく叱る, 少なからず, 少時, 尚ほこ, 尚武的分子の, 屡々聞いた, 屡此門前, 山を, 岡村の, 岩壁生の, 左様に, 帝釋が, 帰着後未だ, 常に疑う, 常議員, 平生日本の, 年來此事に, 座について, 廿九歳の, 強し己, 当日やむをえざる, 当時を, 当時十六歳の, 彼女が, 後に, 従来の, 御病身, 心得て, 必しも, 必ず末森, 忘るる, 忘れても, 忠通じゃ, 忽ち同, 思う, 思うた, 思はず吹き出した, 思わずそう邪険, 思わず呟きぬ, 思わず歎息, 急いで, 急に, 恐らく予, 恰度予の, 悦んで, 想像を, 意外な, 感じた, 慌しく書斎, 懸巻, 懼れる, 或る, 戦後君に対して, 手を, 打ち消そうと, 折々日蓮, 持て居た双眼鏡, 支那の, 故ら, 教育に, 敢て, 散歩の, 數日前に, 文章は, 断定しつ, 斯う, 新たに, 新富座に, 新潟から, 新聞紙の, 既に明子, 既に記憶術, 早速野口君, 明子の, 明治四十四年十一月八日に, 昨夜子爵を, 昨年入獄の, 是に, 是を, 暗い心持, 曲げかけた膝, 書物は, 曹操である, 最も無邪気, 最近数ヶ月に, 有害無益なる, 未だ嘗つて, 未だ学文, 未だ此, 未一人, 本多子爵と共に, 札幌を, 李氏に, 東京では, 柏崎停車場を, 椅子を, 植物の, 欲せざる, 歐陽修とか, 正直に, 此人が, 此日只一人嬉しく, 此時近くの, 武人だ, 殆ど毎日十八時間労働, 殆天使と, 殆帰趣を, 残りて, 母公に, 毫も之, 気分が, 氷を以て, 永遠に, 汝に, 江戸に, 決してそうは, 決して今日, 決意した, 沙翁が, 泣くまいとしても, 洋燈を, 深くこれ, 深く悲しむ, 深沢にも, 清姫の, 渠が, 渠を, 漢の, 漢室の, 潮田さんの, 無論唯々, 熟視せり, 父の, 爾来数ヶ月, 物覚えよく, 特殊の, 独り新富座に, 独行する, 猶この, 猶更平気, 現に帝國, 現実を, 甚しく, 生来かつて女, 画師たるが, 病に, 病院の, 直ぐには, 直ちに是等, 真の, 眼を, 知らぬ, 知らん顔し, 確かに, 祖先崇拝を, 禅と, 稚ない, 突然ビョルゲ氏夫人, 突然打ち消し, 窮巷の, 立ち留つて, 竟に, 第一審, 答へ, 終夜眠らずし, 終日御, 絵は, 群馬の, 翁の, 老体を, 聊か密, 腰を, 自から, 自らも, 自ら知れる, 自ら誓えり, 自害し, 花井邸の, 英国で, 草葉の, 荊州を, 萬朝報の, 虚無では, 虫が, 袁紹の, 覚えず涙, 角なき, 言つた, 記憶力乏しき, 記憶術を, 診察の, 詩人が, 詳しく知らぬ, 語らぬ戦争, 誰やら, 諸同人, 議場において, 財なき, 資本家が, 越後三条の, 足尾の, 路頭に, 身を, 近日本多子爵と共に, 遂にその, 遂に全く知覺, 遂に彼, 遂に憲政, 遂に造化, 過去の, 道義を, 遠大な, 酒といふ, 鉱物学を, 長子の, 間が, 闇夜の, 闥を, 隣りの, 雨戸を, 面目なく覚え, 頗る不思議, 顔の, 飯二十六椀井林も, 首を, 驚きたり, 驚きて, 高い声, 魏帝から, 默つて受付から

▼ 予~ (698, 18.3%)

9 ために 6 前に, 心を 5 命を, 心は 4 全集は, 方を, 腹に, 顔を 3 嗜好は, 家に, 心に, 方が, 方へ, 為に, 生命を, 病を, 考ふる, 頭を

2 [52件] ことを, ような, 不徳の, 交友は, 側に, 入社を, 同棲せる, 呼吸し得た, 声よりも, 外に, 如きは, 如きもの, 如き不良教師, 妻は, 始めて, 存在が, 宅に, 寡聞を以て, 希望は, 庭園に, 意見を, 手を, 手製でなく, 手許に, 持って, 文に, 明子に対する, 机の, 机は, 梅花を, 死後の, 死骸を, 母は, 渡江に, 現在の, 生涯を, 病気は, 知るところ, 秘蔵せる, 秩序は, 考うる, 胸を, 蒙れる悪名, 見るところ, 言を, 記憶に, 身體と, 軽蔑する, 邂逅したる, 釣を, 陣に, 頭の

1 [517件 抜粋] あとを, あやまりであった, あわれみを, いかにみすぼらしく, いのちを, いまおる, いわゆる活ける, うちに, おそるるところ, お病気, かういふ, かく称讃せし, こけんにも, ことなり, ことは, この怪事研究, この感じ, この手紙, この論文, この金, ごときわれ, さる家の, すべてを, その悲しい, ためついに, ためには, とらざるところ, とりし道, はじめこれを, ひそかに, ほうを, まえで, まえに, みじめなる, もっとも気, ゆるしなく左様, ゆるしを, スプレー・ワルドに, ノラの, 一切の, 一命が, 一族は, 一歌集に, 一歌集を, 一片の, 一身を, 七手組の, 上に, 上官たる, 上述の, 不安は, 不徹底さが, 不敏いまだ, 不明に, 不毛婦女に関する, 丞相旗を, 主張は, 予想が, 予想と, 事を, 二十一歳に, 亡い, 享けた損失は, 人格予の, 人相を, 仁愛の, 今に, 今まで, 今日では, 今茲, 今覺, 仕事を, 代に, 代りに, 仮寓は, 任務である, 住所を, 体躯は, 使いとして, 侍女なりと, 供に, 信ぜざるところ, 信義に, 俳句に, 健全を, 健康が, 健康の, 側には, 側近く居る, 傍に, 傍へ, 先き, 先に, 先生に, 入れられたの, 入社した, 全身を, 全集表帋見本を, 兩眼に, 分を, 初めて先生, 初め俳句に, 前には, 前へ, 前面を, 劇賞せし, 力が, 動くこと, 勝ちである, 勝手に, 北海放浪の, 半生は, 半生中に, 半生将死の, 卓子の, 卓子を, 卓見と, 危急を, 危難を, 去りし後, 友人を, 叔父が, 受けた刺激, 口が, 口に, 召使と, 右の, 右座は, 合図を, 同君に関する, 名誉心の, 命が, 命令と, 問責を, 善く忍び得る, 喜びくらい, 嗜好の, 国を, 国境近くに, 土星型と, 土足に, 坐像を, 堪へ得可, 場合と, 境遇を, 夢は, 大に, 大嫌ひな毛虫, 失恋の, 奕に, 女児真柄が, 好かぬこと, 好みし句, 好める豆飯, 如き凡人的愉快, 如き大きな, 如き好き主人, 如き暢氣, 如き田舎漢, 如くに, 妹は, 妻とともに, 姉などは, 姉の, 始めてこの, 嬉しさ, 学的良心を, 宅の, 宅前に, 宗教的生活史に, 宛名には, 実力の, 実力を, 室に, 室へ, 害に, 家とは, 家まで, 家を, 家庭は, 容態は, 宿に, 宿の, 宿星である, 寓居を, 寝て, 寝房, 寢臺を, 寵愛に, 寸志である, 小心なる, 少しばかり, 屡繰返す如く, 左右に, 帷幕に, 帷幕へ, 平生親しく, 幸甚と, 幼時和歌山で, 幼時和歌山に, 幼時飯の, 庶幾する, 弁の, 張良である, 彼地に, 後に, 後ろを, 從兄が, 御沙汰が, 微力を以て, 心から, 心もちには, 心付いた事, 心臟を, 忍耐にも, 志も, 志を, 忘れ難き, 忙が, 怒った顔, 思慮は, 性格である, 性質として, 患者を, 悲み, 悲痛苦痛此処に, 愉快と, 意に, 意を, 意中と, 意志と, 意見と, 意見を以て, 感じたる, 感ずる所, 感情を, 慰安の, 憂いを, 懷い, 成功を, 或友人, 房に, 所へ, 所見に, 所謂, 手に, 手の, 手足と, 扮装を, 持病は, 捌きようについて, 文を, 文房具を, 新床, 方に, 方にも, 既に述べたる如く, 日記には, 日記の, 時間を, 晝寢, 書牘を, 書簡が, 書簡を, 書翰に, 書齋へ, 曾て, 最も喜ぶ, 最も好みたる, 最も嫌悪, 最前の, 最近の, 有する語彙, 望外なり, 本党, 本質を, 村も, 枕もとへ, 校を, 業欲に, 欧洲に, 死を, 殺人の, 気短き, 氣付いた, 決心を, 泣くの, 注意を, 浮腫は, 浮腫も, 涙を, 深く感じ, 湖畔に, 潔白は, 為す任, 無聊を, 熱情と, 熱情を, 熱誠是れ, 父は, 物を, 特に氣, 特性を, 狭量を, 獄中生活を, 玉璽を, 現住地の, 現住地田辺町と, 現住地紀州田辺近き, 甚遺憾と, 生き証人, 生ける魂, 生に, 生れし頃, 生命に, 生活に, 生活の, 生涯に, 留守に, 留守にて, 留守の, 疑いが, 病について, 病妻は, 病気より, 病氣についてのみ, 病氣の, 発見発言の, 目ざすの, 目には, 目の, 目を, 目前にて, 目的を, 真でも, 眷属残らず, 眼に, 眼には, 眼は, 知らぬ他, 知れるうち, 知れる料理屋, 知れる限り, 知人に, 知己の, 研究したい, 確信し, 確信する, 祖先来数百年奉祀し来った, 神は, 神経は, 科である, 称号を, 立つて, 立つ大地, 立脚地として, 立腹を, 童身を, 竿先は, 第一段, 第二, 筆元を, 細説を, 結論に, 經由せる, 縄目を, 署名に, 義弟に, 翻譯に, 翻譯の, 翻譯は, 考えは, 考えも, 考は, 考へた儒家思想發展史, 考へは, 考を, 考違であった, 耳には, 耳の, 股肱の, 背後には, 胸には, 胸は, 胸も, 胸一つで, 胸底に, 腹が, 腹の, 腹も, 膨れた腹, 自ら禁する, 自由だ, 自由には, 自覚せざる, 自覺, 自説だ, 舟は, 若き其頃, 苦しみを, 苦戦を, 苦衷がのう, 英吉利より, 草鞋を, 荷を, 菌学を, 著述を以て, 葬儀を, 蔵本では, 蔵本には, 衷心悲む所である, 製作は, 西遊を, 要港と, 覇業は, 見たの, 見たる夢, 見たる所, 見る所, 視察記に, 視察記は, 視感, 親愛なる, 親戚の, 観るところ, 觀察の, 言として, 言の, 言はんと, 言葉を, 記事が, 記憶に対し, 訪う孔明, 許に, 詞に, 試みし作, 話した柳田國男氏, 誤じゃ, 説に, 誰なる, 論ぜんと, 論題たる, 警告は, 負けであった, 責任を, 趣味で, 足もとに, 足音が, 身の上を, 身ぶりに, 身を, 身辺を, 身體には, 軍勢を, 軍門に, 軍隊を, 近処, 述べたところ, 通学せし, 進歩は, 過ちであった, 過去の, 過情, 道を, 道徳予の, 遠征軍が, 遠江に, 郷里では, 金陵を, 鈎を, 長く忙, 長技, 閲したるは, 陣を, 陣中に, 陣営へ, 陣地は, 隣の, 隣りの, 隣座に, 雨戸を, 面を, 面前で, 面前へ, 音樂の, 頑硬を以て, 頭痛を, 頭腦には, 額を, 顏は, 顏を, 顔に, 顔面に, 體が, 體の, 體内の, 鮫崇拝論は, 鯉提げ来りし, 麾下の, 鼻先き

▼ 予~ (647, 17.0%)

9 家に 8 子は 4 そなた, 殺人の, 顔を 3 傍らに, 家の, 心を, 意を, 手に

2 [37件] ここに, この種, この肉親的愛情, 上に, 丙戌以前の, 予の, 今までに, 今日の, 夢中に, 妻に, 始めて, 子に, 子の, 宅に, 官立学校教師として, 家は, 寵愛の, 彼女の, 心に, 所蔵の, 日記を, 曩に, 父の, 父は, 畏友の, 眼よりは, 知るところ, 祖父ジルノルマン氏の, 老体には, 耳には, 自身で, 茲に, 草堂の, 見たる所, 詩集を, 負けたら予, 頼みと

1 [529件 抜粋] いかなる苦しみ, いかにこの, いつか於福から, いわゆる偽, うしろを, かかる危険, かかる言, かくたたずみ, かく浄土教, くるたび, このまま, この地, この家, この拳銃, この菌, この行, この話, この谷, この高位, これへ, これほど, これまで, これを, ごとき浅学, さきに, そのあと, その折, その方, それ相当な, たしなみに, なした如く予, なんという, なんの, のこした次, のぼりし陽春, はからずもこの, はじめて, ふと予, まじめに, まだ何, まだ入院, もしビョルゲ夫人, わざと兵糧隊, ハイド・パアクの, パルマルの, ポケツトの, ロンドンの, 一々例證, 一々所拠, 一名にて, 一夕の, 一日一題, 一生の, 一疋の, 一身の, 一身一箇の, 七歳の, 三絃の, 上文において, 下屋敷へ, 不審がる, 世尊金口の, 之に, 九つの, 九錫の, 予自分の, 事じゃと, 事に, 事を, 二三日前学校の, 二十年前に, 二十年来の, 云さてさて, 云我, 云是須磨の, 交友中尤も, 京都で, 人の, 仄聞した, 今この, 今に, 今の, 今まで, 今日まで, 他の, 代に, 令を, 休養の, 住に関しては, 住む所, 俳句に, 側を, 側近くへ, 傍に, 傍へ, 先に, 先夜吾妻橋にて, 先年寒中滞, 先生の, 先立ちて, 先考は, 先輩に, 児女の, 入塾の, 入門の, 入院する, 全心, 全身は, 共に沈衰, 兵を, 円覚寺へ, 再び尋ね, 再明子, 初めて兆民先生, 初めて見出したらしく, 別に言, 前で, 前では, 労れ, 十八の, 十年の, 十萬石勝手に, 千両負いおる, 半体以上, 半生の, 卓上には, 厚く信ずる, 友の, 友は, 友人に, 受け合うた, 口へ, 口より, 口を, 同窓の, 向けた兵, 君に, 君を, 否と, 吾黨の, 告白せん, 告白は, 呪ふ, 命などを, 命を, 命令と, 咳を, 嗜好の, 嘉峪関を, 嘗て三田文学誌上, 嘗て聞知, 四十五年前に, 国は, 在來, 在英中親交, 堪忍づよくてもこれに対して, 報国の, 壯時の, 声の, 声を, 外に, 多く飼う, 夜分咳の, 大満足, 好きだ, 好みし中, 好みし所, 如き入獄者, 如き愚, 如き頑魯, 如何に, 妹を, 妹明子を, 妻ワーフルという, 始めから, 子爵を, 学び知るところ, 実に忘, 家にては, 家を, 家中での, 家僕たり, 寄宿生と, 寝し衾, 寝ねたる室, 寝台に, 封鎖されたる, 小沢という, 少年の, 尚書の, 屋敷へ, 山上に, 巴里に, 希望する, 師太史公と, 帰朝後旬日に, 常識の, 平生の, 平生絶間なく, 年少の, 幸に, 幼き日, 幼時の, 幾枚かの, 弟の, 彼に, 彼れ, 彼を, 彼女に, 彼女を, 彼等の, 往き始めた頃, 後へ, 従前の, 従妹たる, 従来の, 従来学界に, 徳性の, 心の, 心境を以て, 心既に, 心汝に, 心豈, 怖れた, 性来の, 恋の, 恋愛の, 悪かった, 情想は, 意は, 意気豪ならざる, 意識は, 意識予が, 愛したる句, 愛の, 愛を以て, 房総を, 所蔵に, 所藏に, 所謂自然派の, 所謂薔薇色の, 手を, 手許へ, 承諾した, 披講する, 拒んだので, 持って, 掟を, 提供したい, 改めて其方, 教育及び, 数年来失却したる, 数年来研究せる, 数日来の, 文章の, 文部に, 斧初めの, 新銭座, 方へ, 日本に, 日記には, 日記の, 日頃乗る, 日頃乘る, 明子と, 明子の, 明治四十一年六月の, 易の, 昼寝を, 書き付けおく板, 書斎を, 曹操だ, 最も愛する, 最も趣味, 最初の, 最初彼女と, 最後の, 最期に際し, 有名な, 服へ, 望の, 朝寢を, 期待し, 未だ彼女, 未だ恋, 未發程, 本多子爵, 本篇の, 本草学を, 本誌へ, 本質さへ, 村は, 枕頭に, 某に, 某處, 案じ様たとへば, 案内する, 楽しみに, 横奪, 此塾に, 此実際, 此文を, 殊に今日, 殊に茶の湯, 殺人後の, 殺害の, 殿づとめするのを苦しく, 母乳に, 毒竜の, 氏より, 氏を, 気がかりな, 池に, 治下に, 法王の, 洋学の, 渡して, 満村恭平, 漢中に, 漸次浮腫, 為めに, 為ること, 無かった, 煩悶の, 熊野參籠の, 爲した, 物語すべき, 特に嗜好, 特性予が, 狐憑的妖怪に, 猶ほ, 現に畜, 現に記憶, 現住する, 現在かう, 現在身に, 現存の, 現状を, 理窟を, 甘麪麭, 生れてから, 生存すべき, 生意気な, 生活を, 生涯の, 生涯中最も, 産地は, 申したよう, 画師たるを, 畏友萩原を, 疑団いよいよ, 病躯を, 発明せる, 発見せし, 目には, 直々逢っ, 直きじ, 直轄する, 看護中の, 眼からは, 眼に, 知っただけの, 知ったの, 知ったは, 知りたる人, 知り及んだところ濠州, 知る騎手, 知れる支那小説中, 知れる誤訳, 知人中新聞記者を, 社会よりは, 神を, 神樣に, 神秘の, 禅僧に対する, 禿筆その, 禿筆の, 種々の, 空想に, 窓下に, 立つ處, 立てる前, 立置きたる, 第一, 筆の, 答えたは, 答えた二, 答へる, 精神的破産に, 紅の, 経歴, 絶叫せる, 老いたる父母, 老父良鉄に, 耳に, 聞いた事なき紅色, 聞いて, 聞き及ぶところ, 肩に, 胸には, 胸は, 胸も, 胸を, 胸中反, 胸底に, 脳力偏僻に, 腸を, 腹心予に, 自から, 自然に, 自負ここに, 舎弟も, 航海の, 良心の, 苦しさ, 茸狩らむとして来り, 著は, 蔵する二, 蔵する物, 血で, 行手の, 衷心を, 衷情を, 裾に, 見たところ兎, 見た所, 見た此国, 見て取りしを, 見るところ, 見得た限り蛇, 見神の, 見聞する, 見送ると, 視聴に, 覚えし頃, 親友の, 親戚医官桂川氏を, 言の, 言ふ, 言を, 訊きたいと, 記憶乏, 訪いしニューゼルシー州, 許しを, 訳する間, 詐術なりと, 詩の, 語らんと, 説くの, 説に, 請を, 諸友, 講義を, 謝罪したなら, 警告を, 譬喩の, 負うであろう, 貧困多忙で, 賞讃し, 超絶驚絶駭絶の, 身を, 身寄りの, 身辺の, 車を, 辞去の, 辺りにては, 近くに, 近く友人と, 近づき瞰め, 近年の, 近頃切りに, 述べたの, 述べた如く班, 迷いたる, 速記法を以て, 連日連夜の, 進歩の, 過去を, 選び挙げて, 遺書を, 遺言に, 遺言状を, 遺跡なるべし, 避客牌を, 郷里備後の, 醜悪なる, 采地愛知郡本地村民の, 鉢植の, 門前まで, 阿婆, 隆国じゃ, 難儀な, 頼みを, 食事の, 飲食起臥の, 馬上に, 馬超を, 馬車に, 馬車を, 鳥居なら

▼ 予~ (223, 5.9%)

9 して 3 とりて, 告げて, 對し

2 [19件] とつて, とりては, 一種の, 人並の, 今日この, 代って, 伊勢物語の, 力を, 取つて, 向うて, 否認すれ, 命じて, 教師の, 於て, 毒を, 示して, 見せて, 話して, 話せば

1 [167件] あらせられた時, あわせる顔, いいて, いわれたこと, おじぎを, くれぬか, ことばなぞを, ささやきて, させないと, すすめたの, すすめる, そういうこと, そういう弟, そういったこと, そなた, そむくとは, とうていできぬ, ないの, なられその, なり代って, なんの, まかせろ, むかいて, よれば, 一大軍を, 一日の, 一礼したる, 一通り仔細を, 三ヵ条の, 不満を, 与へて, 与へられた, 仁愛を, 介して, 仕えて, 仕えないか, 仕えぬか, 仕える如く長男, 仕える気, 会いたいという, 何事をか, 依頼された, 先むじて, 先立ちて, 党外に, 全く翻譯, 出会いしかど, 分らぬ, 力ない, 勝つ, 匿まえと, 半分くれた, 印象を, 厚かった, 厚かつ, 及ぶ者, 友人らを, 取っても, 取りて, 叛い, 右様の, 同行を, 向いて, 向かいて, 向って, 向っても, 呂布の, 命じた, 四人の, 在ては, 失う, 寄せた, 寄せたるもの, 寄せたる書面, 實驗者から, 対した仕向け, 尋ねられたは, 尋ね行くべき美知代, 属せざるもの, 引渡して, 彼を, 従って, 従わないか, 忠勤を, 忠節を, 思案が, 恋の, 恐る可, 恨みを, 悪いこと, 悪い事, 懇切に, 成り代わって, 所望させ給え, 扮し, 接せん事, 援苦を, 教へる, 教化を, 断りも, 於いて, 於いては, 於ては, 明子を, 暴行を, 期待する, 楯を, 構はず仕れ, 槍でも, 此の, 此書面を, 殘せる, 殘り, 気脈を通じて, 水を, 注意しなかった, 活動を, 物語った, 生せり, 生命の, 申渡す事, 画を, 相談し, 相談しなけれ, 短所が, 示した, 示す, 聞くまで, 背く者, 臨む行末, 至つては, 與ふれ, 色々の, 薦めて, 見せい, 見つけられたので, 親しみ易い, 訴えたが, 証言を, 試みしめよ, 語った, 語ったは, 語って, 語つた, 語つた処である, 談議を, 謂つて曰く透谷は, 謂て, 讀んで, 賜う予印刷, 賜わるという, 質問する, 贈らる, 贈られたり, 贈れり題して, 近づいたの, 迫つた, 逓与し, 過ちあったとき, 酬いた, 金を, 附与した, 降服せよ, 面会せん, 面会を, 願いとは, 飛び掛かるごとく樹

▼ 予~ (175, 4.6%)

2 いづれの, ここで, それを, 亦同じ, 知って, 聞いて, 豫て, 軽燕, 餓うる

1 [157件] あわてて, うれしく思う, お互, かつてある, かねて, ことしは, この器械, この庵, この頃, これに, これを, しばらくは, そう思う, そう考え, そう観, その吉報, その意味, その通り, そんな孝行, たいしたこと, ただ舟足, とっさに, なお無言, なるほど, ひそかに, またかかる, またこの, またそち, またそんな, また三日前, また久しく, また今年, また何, また同, また子, また常に, また所用, また浮腫, また苦しん, また詩人, まだ知らなかった, やがて漢中, よき将, イタリア書に, 一二回訪し, 一緒に, 一鞭, 久々で, 久しくこれ, 二三遍尋ねた, 亦いつか, 亦不思議, 亦定, 亦席, 亦彼, 亦明晩, 亦桑間濮上, 亦無, 亦答, 亦返答, 亦遂に, 亦銃猟者, 亦魅せられ, 人並に, 人情の, 今に, 何となく後顧, 何時其処に, 共々同道, 共に, 共にうれしい, 共に憂, 其にて, 其の一人, 冗漫を, 初めは, 前から, 十数年研究し, 又胸, 同く, 同じ決心, 同感なり, 嘗てこれ, 噴き出さずには, 四十五では, 均しく人間, 夏中屡々, 夙に知っ, 天下の, 始めて, 嬉しき事, 子どもを, 実は疑っ, 寝るぞ, 小さな枝, 少しくぼんやり, 尻の, 席を, 帰朝し, 平気なれ, 幼稚園には, 幾分か, 庭へ, 強ち, 形体は, 彼らを, 後ろの, 徳の, 心付きて, 思わず岡村, 愈図, 愚痴を, 慌た, 招かぬつもり, 挨拶し, 数個持ち居る, 敵国の, 新聞を, 早く浜, 早駕籠, 最早舞踏時代, 未だ精確, 枕を, 枯川も, 欠点の, 此年を, 此處にて, 死する迄として, 気づよい, 洛中に, 涙を, 満足ぢや, 滿足ぢや, 無言である, 無言車屋も, 直ちに渭水, 眠る, 知らざるに, 総べての, 考案し, 聊かきまり, 聞くであろう, 肉動きて, 腹に, 腹の, 自ら発憤し, 自刃せん, 荊州へ, 袁紹に, 親しく聴いた, 詞も, 試みて, 誘はれて, 論じて, 跡について, 頼もしく思う, 鰐鳴

▼ 予~ (174, 4.6%)

28 して 2 喪せり, 如何せん, 思うて, 扶けて, 男爵に, 目し, 見忘れて

1 [132件] いかんせんや, うらむだろうか, ご存じか, ささえて, さな, そちは, たずねんと, たばからんと, とがめし事無し, なだめに, なつかしがっ, ねらって, はじめ家臣一同この, また車夫, むごいと, もって, わずらわすこの, 一吏事の, 不義の, 与しやすし, 乘せた, 予が, 余程厄介視, 便りしなり, 偉大な, 傾けよう, 凝視した, 凝視むるやらむ一種の, 制圧する, 助けたであろうか, 助けよ, 助ける, 助けんには, 北門に, 叔父の, 右手に, 問われたが, 喜ばしめた, 嘲弄いたす, 嘲弄致す, 壓迫した, 奈何する, 奉じた者, 如何せんと, 子供の, 守護し, 安静なら, 宥めたれど, 害そうと, 尋ぬる, 導いたの, 導いてかの, 引き立て, 待ち給うお, 待ち給え, 後から, 思うての, 恥か, 恨んで, 恵みたるかを, 悪口嘲弄する, 愛して, 愛するの, 感ぜしめずやや, 感動させた, 慕うが, 慰む, 戒めた, 戒めて, 戒め人, 戸口に, 手を以て, 押へて, 招き杯盤, 拝し, 捨てて, 文弱と, 案内した, 正面に, 死地に, 殺さうといふ, 殺害した, 殺害しよう, 殺害致そう, 濁れるもの, 物々しげに, 狙う刺客共, 産んだ, 疎外する, 発病に, 瞻り, 祭れ, 秀才といふは, 箱根に, 置いて, 翻譯者の, 舎い, 芝居や, 蔑に, 虚無の, 見くびるであろう, 見たならば, 見たり, 見て, 見れば, 見向きて, 見捨てて, 見捨てては, 見棄てずば, 観察し, 解して, 訪ねて, 訪れて, 診察した, 試みんと, 詩人だ, 誣ふる, 諫め自ら死んだ, 讒毀せり, 讒誣し, 責むるものありき, 責めても, 起す, 軽ん, 載せようと, 迎う, 迎えて, 迎えようと, 追跡し, 醒まさざるよう声, 駆りて, 驅りし

▼ 予~ (60, 1.6%)

4 雖も 2 違って

1 [54件] いえども, いずれが, お兄様, お光さん, そなたと, だ, フ氏とは, モ一人外交専門の, 一しょに, 三人番神堂に, 予の, 云うの, 交わりの, 兄弟も, 共に在れ, 其許とが, 函館との, 前後し, 同じに, 同じ場合, 同心に, 同情を以て, 同時にフロリダ, 同県, 同車なり, 同齢, 向ひ, 如何なる土地, 妻とは, 年齢も, 徐州の, 懇親を, 握手し給う, 札幌との, 枕を, 某との, 某とは, 水火の, 玄徳とは, 生と, 相対す, 相目し, 相見た, 称して, 絶つに, 船を, 艱難を, 親交あった, 語るもの, 論戦に, 足下の, 違つて全, 雖鎌倉時代の, 高津とに

▼ 予~ (39, 1.0%)

2 て愛する, て聞いた

1 [35件] てから定評, てから職業, てから色々, てこの, ての居士, ての愛人, てまた, てより, て他, て先生, て勉強, て和郎, て噂, て待っ, て御, て手配, て打合せ, て承, て殿様, て源次郎, て玉江嬢, て珠子, て用心, て用意, て知り合っ, て約したる, て約束, て聞い, て良, て苦心, て草したる, て言おう, て話, て貯蔵, て頼ん

▼ 予自身~ (30, 0.8%)

3 の為 2 に対しても済まない

1 [25件] が打ち向った, が率い, にとり, にもしか, に対して名状, に於, に此遊仙窟, に郵便局, の手, の歴史, の目賭, の絵馬, の軍, はそれ, はなお, は予, は甚だ, も本多子爵, も翁, を憫, を救はん, を殺さざる, を殺す, を殺害, ノ呼吸音ダッタノデアル

▼ 予~ (27, 0.7%)

1 [27件] 一家ハ本所割下水ニ数代前カラ住ンデイタガ父, 今日マデノ観察ニヨレバ明カニ軍事的施設ヲ作リツツアルモノノ如シ, 先祖ハ遠, 入浴ハ午後九時過, 前ニシャガンデ背中, 同窓ニ山田湿, 報道ヲ, 場合ハ近頃ドコロデハナイ, 好ミガアルカラ, 左側ニ並ンデイタ彼女ハ突然, 希望ハ叶エラレタガ首尾ヨク同衾シ事ヲ, 幼少時代マデハソウデアッタ, 心中ハタマニハ寝室モ彼女ガ勤メテクレルコトヲ望ンデ, 愛読書ノ, 拒絶ニ会ッテカラ彼女ハスッカリ予ニ愛想ヲ, 日課ハ左, 案内人, 案内人ト別, 生命ハ只今ノトコロ安全ナリ, 目的ハ山岳地方跋渉ニ在, 耳元ヘ, 見ル所, 言葉ヲ, 記憶ニアル最, 趣味デハナカッタノデタッタ一遍好奇心ヲ, 遠ク漢中ニ, 高飛車ナ

▼ 予~ (24, 0.6%)

1 [24件] 今コノ瞬間ニ死ニ直面シテイルノダト思ウト, 今デモ覚エテイル, 今ヨリ七日前, 今甚ダシキ危険ニ臨ミ居レリ, 何故カ実, 全ク平気ダッタ, 出来得ル限リ声, 助六, 勿論颯子ヲモデルニスル, 又一ツノ楽シミ, 又喉, 又喚イテ佐々木, 又寝室, 又浴室, 実ノトコロ, 実ノトコロ予, 寝タフリヲシナガラ, 怒鳴ッタ, 殊更ニ悲壮ラシク云ウ, 直グ寝室, 貴局ニ驚クベキ報道, 貴局ヨリ, 近々ニ婆サンニ無理ニ承諾サセテ壊シ屋, 鳴リ

▼ 予~ (16, 0.4%)

1 [16件] 仰向, 信用シテイルカラト云ウノカ見, 倒シテカラ次ニ佐々木ニ戯レカヽッタ, 力ヅケルタメニコノ時期ヲ, 叱ッタ, 呼ビニ来タ, 喜バス所以デアルコトヲ心得テイル, 囲ンデ, 失フハ日本国ノ, 寝室ニ送, 寝室ヘ, 往来デ, 揶揄スル積リナノカモ知レナイ, 歩行困難ト思ッタノカ歩カセテハナラヌト考エタノカ運搬車ガ来テ待ッテイル, 無理ヤリニ寝室ヘ, 窺ウ

▼ 予を以て~ (14, 0.4%)

4 所謂文人と 3 多く学び 2 見れば, 詐偽師と 1 俳句を, 夫子を, 言ふ

▼ 予には~ (13, 0.3%)

1 [13件] その当否, それが, そんな望み, まだ書生論, 今は, 何だか分らなかつた, 何の, 作戦以外に, 彼の, 従姉に, 快い, 聞こえる, 能く

▼ 予~ (9, 0.2%)

2 め自分の 1 めその, め二三本の, め五月一日と, め企ん, め其千太郎の, め念を, め資格を

▼ 予かつて~ (8, 0.2%)

1 夢む, 庭に, 故土, 数これを, 生きた品, 虫類を, 見ないが, 高等哺乳動物の

▼ 予にも~ (8, 0.2%)

1 一つの, 三子あれ, 他の, 好い思案, 眼は, 筆を, 考えが, 覚えが

▼ 予~ (8, 0.2%)

1 と五人, と磯, にはなおさら, に面会, のごとき, の家, は屈せずし, は毎朝毎夕浜

▼ 予これ~ (7, 0.2%)

2 を視 1 に賛, は歌川派画工, を信ぜな, を忖度, を詳悉

▼ 予との~ (7, 0.2%)

1 あいだに, 交わりの, 交友を, 交情は, 因縁薄う, 女の, 最後の

▼ 予一人~ (7, 0.2%)

1 だけ茫然, でありこの, なれば, のみの事, の愉快, の関係, デアル

▼ 予この~ (6, 0.2%)

1 事について, 事を, 十二年間数千の, 文を, 時貧骨に, 頃何事に

▼ 予その~ (6, 0.2%)

2 事を 1 出処も, 場に, 所以を, 拠り所を

▼ 予~ (5, 0.1%)

1 今專ら述, 决し, 奧が, 考ふる, 講する

▼ 予にとって~ (5, 0.1%)

1 下, 人間生活の, 何という, 決して不快, 白頭と共に

▼ 予より~ (5, 0.1%)

1 一年遅れ, 奪えり, 年長でも, 重きこと七八貫目, 長ずること一歳

▼ 予よりも~ (5, 0.1%)

2 先に 1 先き, 多いなら, 数等優れる

▼ 予とが~ (4, 0.1%)

1 わずかに, 二人きりで, 杯を, 議論を

▼ 予とは~ (4, 0.1%)

1 主筆排斥の, 同郷の, 幼年からの, 漢室の

▼ 予と共に~ (4, 0.1%)

1 あまり重く, 再生せん, 病院を, 都へ

▼ 予に対して~ (4, 0.1%)

1 叛心歴, 祖父の, 鄭嚀に, 隻脚にて

▼ 予~ (4, 0.1%)

1 この一剣, 元来夢想に, 明治十二年以降某, 此日未だ

▼ 予~ (4, 0.1%)

1 亦ラジオ, 亦後, 亦話シカケナカッタ, 恐ラクソウデハナイカト

▼ 予米国~ (4, 0.1%)

1 で一種見出し, で解剖学, にあっ, にあった

▼ 予とともに~ (3, 0.1%)

1 あがって, 力を, 戦い燃えるが

▼ 予~ (3, 0.1%)

1 借らんと, 渡されい, 見せようと

▼ 予みづか~ (3, 0.1%)

2 らの 1 らは

▼ 予~ (3, 0.1%)

1 今の, 言ふ無から, 豈辯

▼ 予ハ彼女~ (3, 0.1%)

1 ノ二ツノ足, ノ素足ニ, ヲ盲愛シテイタ

▼ 予ハ彼等~ (3, 0.1%)

1 ノ小屋, ノ結婚, ノ貪

▼ 予から~ (2, 0.1%)

1 出した招待, 眼を

▼ 予しばしば~ (2, 0.1%)

1 目撃した, 見た

▼ 予すなわち~ (2, 0.1%)

1 これに, 抱腹絶倒せり

▼ 予だけ~ (2, 0.1%)

1 でなくみんな, では

▼ 予としては~ (2, 0.1%)

1 必然の, 毫も汝

▼ 予など~ (2, 0.1%)

1 乗らぬが, 二日歩い

▼ 予などの~ (2, 0.1%)

1 巧さとは, 批評を

▼ 予などは~ (2, 0.1%)

1 少時人, 毎度多くの

▼ 予なる~ (2, 0.1%)

1 この一肉塊, ものは

▼ 予にと~ (2, 0.1%)

2 つての

▼ 予に従って~ (2, 0.1%)

1 兵糧運輸の, 幾年の

▼ 予のみに~ (2, 0.1%)

2 あらず大方

▼ 予はか~ (2, 0.1%)

1 へつて予, へつて知識

▼ 予ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 貧乏する

▼ 予また~ (2, 0.1%)

1 幕末の, 漁夫が

▼ 予ら四人~ (2, 0.1%)

1 はいま雲, を中心

▼ 予ガコノ家~ (2, 0.1%)

1 ノ主人, ヲ訪ウノハコレデ二回目

▼ 予ガ何~ (2, 0.1%)

2 ノ目的

▼ 予ガ治療~ (2, 0.1%)

1 ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, ヲ済マス以前ニ

▼ 予トハ~ (2, 0.1%)

1 元ヨリ仇デハナク, 反リガ合ワナイデ喧嘩バカリシテイタガ

▼ 予ニハ~ (2, 0.1%)

1 取レル, 見エナイガ

▼ 予ハ寝台~ (2, 0.1%)

2 ヲ下

▼ 予先ず~ (2, 0.1%)

1 語らんなど, 諸君に

▼ 予未見~ (2, 0.1%)

2 の書

▼ 予自ら~ (2, 0.1%)

1 勤めるであろう, 飼い試みるに

▼1* [304件]

いまだこれを, 予うるに五十万, 予噂の, 予かつおどろきかつ, 予かの地に, 予ここにてはじめて, 予ことごとく忘れて, 予ごとき貧生は, 予はりありて, 予さきに天子, 予さんは二階, 予て下さい, 予したまふ, 予じゃ対馬じゃ, 予ただ一人である, 予たちとうわさ, 予たちどころに柳生流の, 予といっ, 予だけが心得て, 予でしたがようやく, 予でない事だけは, 予として冬川を, 予とに對する, 予とを永しえ, 予などには思いも, 予なにごとの出来せしや, 予なり外に, 予なればこそ容捨, 予なんぞは努めて, 予においては充分わかっ, 予にすら一言をも, 予にとっては非常の, 予にとっても幸福である, 予によってというお達しの, 予に対する教誨であった, 予ねがね聞いてゐた, 予のずつと下腹の, 予のてがみを, 予のみならず友人グリェルマ・リスター女, 予ふと指で, 予ほどこの事, 予ほどに精力が, 予まで嬉しい心持, 予むしろ豊臣氏に, 予もくろんで置いた, 予もとより某爺, 予死んで, 予よりは隠すべきに, 予らはさほどに寒気, 予ら親子の浜, 予をば彼女に, 予ガケシカケテ左様ニシムケタ気味合イモアル, 予ガ子々孫々誓ッテ守ルベシ大和田八郎次病気平癒ノ祈願致セシトコロ, 予ガ家名ノ続, 予ガ寝室デ午睡カラ覚メ, 予ガ廊下ヘ出, 予ガ廊下ニ現レタリ, 予ガ戸口マデ辿, 予ガ日記ヲツケテイルノヲ見テ佐々木ガ云ウ, 予ガ書斎カラ寝室ニ戻ッテ, 予ガ書斎ニイルカ寝室デ治療, 予ガ死ヌ時ハイッソ彼女ハ薄情ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, 予ガ死ンデカラ骨ヲソノ石, 予ガ治療中ノ時間, 予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 予ガ縁側カラ庭ヘ下, 予ガ腹立タシソウニ拂イ退ケル, 予ガ蟋蟀ト聞イタノハ蟋蟀デハナク予自身ノ呼吸音ダッタノデアル, 予ガ身動キヲシタ途端ニ上半身ヲ跳, 予ガ隣室ニ監禁セラレタル予ノ案内人, 予ガ颯子ヲ愛スルノハ, 予ガ食堂ノバアノ方ヘ捜シニ行コウトシタ時, 予ガ髯ヲ剃, 予ク公の言, 予サンフランシスコへ着い, 予ソノ隣ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, 予ソノ隣ニ颯子通路ヲ隔テ, 予テノ願ヒニ依, 予テ船医ニ於テ流行性脳脊髄膜炎ト診断船中ニ於テ御加療中, 予ト佐々木トハ一等五子ハ二等デアル, 予ト佐々木トハ夜ガ晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, 予ト同様デアルト考エテイタガ, 予ト石屋トハ五子ト佐々木ヲ傍ニ置イテ三時カラ五時頃マデ, 予ト顔ヲ合ワサナイヨウニシテイタ, 予ト颯子デアル, 予ナンカニハ到底一度デハ覚エキレナイシ, 予疑ワレテイルコトヲ知ッテイル颯子ハ, 予ニコトサラニ素足ヲ見, 予ニソノヨウナ機会ヲ許シ, 予ニソレヲ誇示スルタメニ浴室ヘ招イタラシイ, 予ニハ予ノ好, 予ニハ気ニ入ラナイ, 予ニモ全然ペデラスティーノ趣味ガナイトハ云エナイカモシレナイ, 予ニモ責任ガナイコトハナイガ浄吉ノ奴ハ亭主, 予ニ光線ガ当ラヌヨウニ, 予ニ愛想ヲ盡カシテイタ, 予ニ神様カ佛様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, 予ニ背中ヲ向, 予ノオボロゲナ遠イ記憶ニハ一ツニナッテ残ッテイル, 予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, 予ノソウ云ウ気持ヲ実, 予ハアンナニマデ怒ッタノカ, 予ハイツモノ癖デ依怙地ニナリ, 予ハコレ以上生キナガラエテイタトコロデ格別ノコトモナイノダカラ, 予ハコヽマデ思イ詰メテコヽニ一ツノ可能ナ方法ガアルカモ知レナイコトニ気ヅイタ, 予ハソウ云ウ性慾的楽シミト食慾ノ楽シミトデ生キテイルヨウナモノダ, 予ハソウ思ッタガ困ッタコトニ, 予ハソットドーアノ把手ヲ廻シテ, 予ハソノ下ニ仰向, 予ハソノ時ノ彼女, 予ハソノ涙ヲゴマカスタメニ慌テヽ眼鏡ヲ取, 予ハソノ足ヲ自分, 予ハソレニ答エテ云ッタ彼女ト春久ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 予ハソレヲ取リ壊シテ近代建築ニ作リ, 予ハタオルノ上カラ両肩, 予ハタヾ水ヲ呑マサレタ気ガシタヾケダッタ, 予ハトテモソンナ窮屈ナ姿勢ニハ耐エラレナイノデ, 予ハノックノ音ヲ耳ニシタガ, 予ハヒソカニ期待シテイル次第デアル, 予ハマダ颯子ハ寝テイルモノト思ッテイタ, 予ハモウ少シ, 予ハモウ一遍耳ヲ澄マス, 予ハ一切ヲ直, 予ハ七月二十八日ト同ジ姿勢, 予ハ三十分グライ一人デ寝室ニ待タサレテイタ, 予ハ三時ニナルト再ビ寝室, 予ハ二三回支那ヲ漫遊シタコトガアルガ, 予ハ二十分以上モ所謂ネッキングヲ恣ニシタ, 予ハ云イ直ス, 予ハ五子ノ紹介, 予ハ五子ノタメニ自動車ヲ一日買イ切リニサセ, 予ハ何カシラ安心シマア今日ハ助カッタト胸, 予ハ元来健康ナ体質デアッタ, 予ハ先ズ第一ノタンポニ朱, 予ハ其ノ小, 予ハ別ノコト, 予ハ十時ニハ寝ル習慣, 予ハ口ニハ出サナイガ原因ハ分リ過ギルホド分ッテイル, 予ハ和服デ来, 予ハ四面佛ハ必要デナイ, 予ハ図ラズモ幼年ノ頃, 予ハ土蹈マズニ唇ヲ着, 予ハ夕食後俄ニ一念発起シテ外出スベク自動車ヲ命ズル, 予ハ婆サンニ突然急所, 予ハ婆サンニ窘メラレテ一層依怙地ニナッタ, 予ハ婆サンノイナイ所デハ颯子ノコト, 予ハ嬉シソウナ顔ヲシタラシイ, 予ハ寝台カラ立チ上ッテ彼女ノ前, 予ハ寧ロ蛇柳ヲ以テ此種, 予ハ尿道ガ非常ニムズ痒イノデ眼, 予ハ左手ノ運動ガ不自由, 予ハ布団カラ顔ヲ出, 予ハ座敷ヲ汚, 予ハ彼女トタッタ二人差向イデ食事スルコトガ出来ルノデアル, 予ハ思ウトコロガアッテソノ日ヲ特ニ今日ニ選ンダ, 予ハ感ジテ見セル, 予ハ手ノ痛, 予ハ手洗イニ行ク振リヲシテ便所ニ, 予ハ押シ倒サレテ芝生ニ仰向, 予ハ持ッテイルスネークウッドノステッキノ石突ヲ示シ, 予ハ新築ノ隠居所, 予ハ早寝早起キデ, 予ハ明治三十七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 予ハ昨日一日ノ無理, 予ハ書斎ニ戻ル, 予ハ最初予ガ何ノ目的, 予ハ案内人ヲシテ夜, 予ハ決死ノ覚悟, 予ハ洋式便所ヲ可, 予ハ涙ト泣キ声トヲ胡麻化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, 予ハ滝川ドウフノ他ニ晒シ鯨, 予ハ眼ガ晦ンデ倒レソウニナッタ, 予ハ神佛ヲ信ジナイ, 予ハ竹翠軒デ求メテ来タ硯, 予ハ竹翠軒ニ電話ヲカケ直チニ色紙ヲモウ四十枚届ケサセタ, 予ハ糊ノ硬, 予ハ聴キ入レナカッタ, 予ハ薬ガ利イタト見セカケテ, 予ハ行カズニシマッタノデ委シイ様子ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, 予ハ袂カラ小サクタヽンダ札束ヲ取, 予ハ起キ上ッテ洗面ヲ済マセ, 予ハ跪イテ足ヲ持チ上ゲ, 予ハ部屋ニ戻ッテ按摩, 予ハ鈴木氏ニ体ヲ預, 予ハ鏨彫リト云ウ彫リ方ヲ委シクハ知ラナイ, 予ハ随分長イ月日ヲ生, 予ハ颯子ニ媚ビル気持カラ彼女ノ前, 予ハ颯子ニ異存ガナイバカリカ少クトモソレヲ面白ガル気持ガアルコトヲ認メタ, 予フィダーに著い, 予の書, 予ベダイ輩を護身卒, 予之ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上, 予モアダリンノ利キ目デ二度便所, 予モコノトコロ痛苦ノタメニ寝ツカレズ, 予モツイ若イ者タチノ中, 予モレスリーガ餘リ好キデハナイノデアル, 予モ何トカシテ居残ル算段ヲシナケレバナラナイ, 予モ四五年前マデハソノ爽快味ヲ満喫シテイタノニト思ウト, 予モ彼女ノ食イ残シガ廻ッテ来ルコトヲ豫期シテ, 予モ掌ニ載セテ, 予モ明治生レデアルカラ背ガ低ク, 予モ浄吉モ元来犬好キノ方ナノ, 予モ浴槽デ足, 予モ美人ト云ワレタ時代ノ彼女, 予ロンドンに著い, 予ヲグウノ音モ出ナイヨウニサセソレカラ颯子ト春久トノ関係ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 予・判きのう行ったが, 予一人ダケガ鱧ノ附焼, 予一人ニダケ全ク予一人ニダケハッキリト感ジ, 予一人ニダケハッキリト感ジ取ラレルヨウニスル, 予一人二階の火, 予一個の追悼, 予三軍をひきい, 予下戸ノ五子, 予乃ち食はんと欲, 予久しくこの所, 予五子佐々木ノ三人ハ瓢亭, 予今年は病, 予今年七十六歳の知人, 予以上戦っても, 予伝達すべし, 予先年取り調べて, 予先生を三田, 予全く異論なき, 予六歳にし, 予再び家を, 予劉劭の諸, 予十三四の頃中学校, 予十三歳のとき入京, 予十郎が手飼, 予十郎どのの手下, 予半信半疑す, 予卜居峨阜宇清蔚偕来助事, 予印刷して, 予即ちナポレオンの, 予只今記臆惡く成, 予和歌山近傍岩瀬村の街道傍, 予喜んで会員酒井昇造氏, 予宜法竜師, 予英の, 予多くの支那旅行家, 予夜半より発熱, 予英博物館の, 予大学予備門で習うた, 予天下に謝す, 予れは, 予奇怪なる人形, 予始めて渡英, 予委しく之を, 予宋白尚書の玉津雑詩, 予実例を挙げ, 予寄附金集めに三十六年ぶり, 予尋常の紙, 予少きより日, 予少年の頃, 予岡崎君に返事, 予帰朝の直前, 予帰朝後この田辺, 予平民社に入る, 予年来奇異の, 予幼時より勾当, 予幼時棟裏に順禮札, 予弱冠時就中浜氏習学英語座上得与鹿城西先生相識当時既以同志相期許焉先生時, 予当時動物心理学などいう, 予を顧み, 予の内, 予思ふらく一字不可, 予推察するに, 予サー・ウォラストン・フランクス, 予日々遊びに行ける, 予日本に生し, 予日高郡妹尾に在, 予を告げ, 予曰く子の言, 予本邦の猫, 予村山某と庭, 予欧州にあった, 予死せば汝, 予注意して, 予深く其の去るを, 予深山で夕刻, 予父祖の餘惠, 予生来口訥にし, 予留学した頃, 予示すと, 予神田錦町で鈴木万次郎氏, 予米国ミシガン州アンナボアに佐藤寅次郎氏, 予自身ここにい, 予自身休養ノ必要ガアルニハアッタガ, 予自身半年もい, 予に入る, 予記憶せる事, 予試みにミナ, 予詩文算數法醫工技皆之を能くせず, 予読書之次, 予謂うにマルコ, 予近日の飲食, 予那智の一の滝下, 予那智山に住, 予重らせられた御容子, 予長崎に居る, 予頃日商用のため越後国高田, 予食べて見る, 予高野登山の途次