青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「了~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~ 亀~ 亂~ ~了
了~
~予 予~ ~予定 予定~ ~予想 予想~ ~予期 予期~ 予言~ 争い~

「了~」 5792, 63ppm, 1829位

▼ 了った~ (829, 14.3%)

66 のである 51 のだ 50 のです 15 のであった 14 んです 13 のか 12 ので 11 ように 10 んだ 9 のでございます, のでした, のは, ような 8 方が 7 ということ 6 ことは, というの, のだろう 5 からである, ことが, のかも, のだった, ものだ, ようだ 4 ことを, と云う, と言う, のでしょう, のを, よ, わけだ, 余は

3 [17件] かの如く, かも知れない, が其の, ことだ, そうである, という, と見え, のであります, のであろう, ので私, ものと, ようである, 後で, 様に, 此の, 私は, 訳な

2 [26件] かの感, からその, からだ, からであり, からもう, が何, が実は, が私, ことです, じゃない, という事件, という方, と同様, と思いました, のかね, のが, のでございました, ので有ります, ものである, ものを, 上で, 形でした, 様な, 次第である, 社会的な, 秋田の

1 [353件] あげく七台の, あとの, あとイオプは, あの気の毒, いや殺され, お初は, お歴々の, か, かという, かということ, かと云う, かと地, かと思う, かと見える, かのよう, かも知れぬ, かも知れません, からあと, からこれ, からさ, からであった, からな, から何, から余, から能, かわからない, か其, が, がこの, がそして, がその後, がそれ, がそんな小さな, がまざまざ, がまだ, がもう, がやがて, が不思議, が之, が仕事, が仕様, が代数, が何だか, が何卒, が兎, が収まらない, が叔父, が向こう, が坂口, が学生達, が実に, が実母, が恋しき, が我, が斯く, が暫く, が松, が此, が独り徹夜, が考え, が肝, が茶色, が薄い, が蛇, が調べ, が軈て, が雪江さん, くらいだ, けどまだ, けれどもお, けれどもこの, けれども純, けれども都会, けれど何, けれど余, ことさえ, ことで, ことである, ことであろう, ことでした, ことでしょう, ことな, こと之等が, ころを, ころ漸, し書, し汽車, そうして死, そうだ, そうで, そうです, そこで一般読書子, それが, ぞ, ためもはや, ため東西の, つもりで, と, というその, というわけ, という外, という得意, という点, という痛恨事, という眼付, という解釈, という記事, という話しである, とか何とか, ときに, ところだ, ところへ, とさ, としてもその, とて少し, とて此, とでも思う, とのこと, とはどうにも, とはわが, とは何ぼう哀れ, とは如何にも, とばかり思っ, とも云う, とも云った, と云います, と云っ, と思う, と思え, と思っ, と恨ん, と橘南谿, と異, と私, と聞く, と見, と見ね, と見込んだ, と言った, と認められ, と賢しら顔, どうだろう, どうにも芝居, に, に反し, に相違, ね, のかと, のかという, のかとも, のさ, のじゃ, のだい, のであり, のでありまし, のでご, のでとうとう, のでね, のでアルンス, ので人々, ので何人, ので僕, ので唯, ので夫, ので安全ピン一本, ので引き上げた, ので彼等, ので日, ので早速, ので更に, ので有った, ので概念, ので決して, ので金剛石, ので難破, のに, のに一人あと, のに相違, のね, のね今度, のも, のをも, は如何にも, までで, ものが, もので, ものであろう, ものとは, ものな, ものなれ, ものに, ものは, ものも, ものらしい, ようで, よと悔み, よよもや, わ, わが樹庵次郎蔵, わけで, わけである, わだから, わね, を亦, んでしょう, アメリカ印度人は, サア余は, トタンに, バッグパイプの, ピアニストの, ブルジョアジーは, ブルジョア社会幹部の, ラ氏は, リッケルトは, 一つの, 一事である, 一人を, 一条だ, 一番初めの, 三十五の, 主人は, 主体が, 事が, 事であろう, 事を, 事件であった, 人の, 人達の, 今急, 今更どうして, 今更らもう, 以上女の, 件も, 位いである, 位さ, 位である, 位の, 体格の, 何たる人, 何でも, 何と見上げた, 何時間経った, 何者である, 余, 余の, 併し, 例の, 傷は, 僅かに, 先生は, 全面の, 公式の, 其のうち, 刀の, 到底私, 叔父は, 問題である, 問題でも, 夕飯の, 大月は, 大野順平は, 夫だけが, 夫の, 存在では, 官軍は, 宮木裁判長の, 尤も夜, 幾等泣い, 影とも, 彼は, 後, 後だ, 後ち, 後である, 後で余, 後な, 後に, 後の, 後も, 思想をも, 悪魔なんて, 慢心和尚は, 戸は, 所から, 所へ, 探偵は, 政友会だ, 数々の, 時である, 時に, 時には, 時の, 時は, 時三吉は, 時上野の, 時分には, 時深井少年の, 時間に, 暁には, 桑畑の, 楚の, 楼蘭だの, 様子だった, 様子でした, 残留物としての, 母親こそ, 毒薬の, 滋味も, 為に, 無残な, 然し直ぐ, 燕尾服の, 物らしい, 状態を, 狆は, 男の子の, 男女には, 直也は, 相だ, 相である, 神経を, 秀子は, 私にとっては, 程だ, 程でした, 程の, 程彼, 積りである, 竜之, 竹を, 米友が, 結果に, 考え方も, 者も, 者共が, 良人を, 花房一郎静かに, 茶碗に, 西の, 親不孝の, 訳だ, 訳です, 認識の, 読者は, 責任は, 足だ, 郊外まで, 重太郎は, 頃です, 頃は, 頃漸く, 顔を, 駒井は

▼ 了~ (508, 8.8%)

18 ことが, ことは 17 ことに 14 ような 10 かも知れない, ということ, のです 9 からである 8 ことも 7 外は 5 と云う, 処の 4 ぞ, ものだ, わけだ, 他は 3 かそれとも, ことによって, ことを, というの, と今度, わけである, 事は

2 [39件] おそれ, かも知れぬ, から困る, がその, がそれ, ことで, ことであろう, ことです, ことと, ことにも, ことの, それは, とあと, という意味, という結果, とどこ, ともう, と今, と火鉢, なんてそんな, のだらう, ばかりである, ものが, もので, ものな, ように, わけで, 事が, 他ない, 代りに, 場合が, 方が, 方法は, 様な, 気には, 理由は, 癖が, 筈だろう, 訳にも

1 [262件] あの第, かそれ, かとも考, かもしれない, かも知れなかった, から, からこれ, からそう, から作風, から到底, から単に, から後, から機械, から甚だ, から読まぬ, から買手, かを見よう, か単なる, か左, か或いは, か知らん, か知れない, がいい, がいの, が今, が全, が可, が天保時代, が宜, が小説, くらい嫌い, こと, ことこそ, ことさえ, ことだ, ことであり, ことである, ことな, ことなんぞは, さて男釣り人ども, じゃない, そして夜, それが, ぞと怖, たりした, つもりであったらしい, であらう, と, とある, という, というよう, という事件, という事実, という仕組み, という処, という心配, という方法, という極めて, という次第, という法, という点, という質, という風, とかヒューマニズム, とか云う, とくず, とこれから, ところだった, ところであった, ところまで, とそう, とその, とその後, とそれ, とちらりと, とは, とはおかしい, とはそれ, とみんな, とやれやれ, とら, とウヰスキー, とヘタ, と下, と下女, と不快さ, と云っ, と云われ, と仕方, と余, と信じ, と共に吾, と其当座, と又, と友達, と同時に, と四辺, と女の子, と学校, と実際, と小舎, と彼, と思っ, と悲観, と我々, と松村, と正一, と直ぐ, と直ちに, と私, と続い, と薄気味悪く, と蟇, と見なけれ, と言う, と警告, と鈴, と雪江さん, と面倒, と馬子, な, など怒鳴った, なんてそれ, なんてどこ, なんて迂, なア, ね, のでいずれ, のでさえなけれ, のでその, のでどこ, ので其の, ので少し, ので御座います, ので早慶自身はと, ので父, ので示される, ので私, ので筋, のに不思議, のに之, のに相違, ばかりか彼, ばかりか私, ばかりだ, ばかりでなく, ほどの生物識, までつくねんと, までであろう, までに専門的, まで命がけ, まで売り込み, まで帰れまい, まで彼, まで知らず, もの, ものかね, ものであります, ものである, ものでしょう, ものと, ものとも, ものなら, ものは, やり方だ, よ, ようで, ようである, よどんな, よりはまだ, より外, より小説家, わけな, わけには, イデオロギーなどという, エネルギーを, サ, ッて, 一種の, 事かたが, 事なぞが, 事に, 事も, 事私は, 今更農, 位でございます, 位なら, 位に, 位は, 何が, 具合と, 処が, 処だ, 処に, 則ち, 前に, 剥げて, 勝負に, 即ちそれ, 又ある, 可きである, 国家財政は, 場合である, 場合も, 場合を, 夫婦なら, 始末に, 尤も今, 彼の, 心を, 必然性は, 所で, 所でした, 所の, 手段としても, 数年前迄は, 日を, 時には, 時勢では, 松も, 様だ, 様に, 権利を, 歴史形而上学の, 氷の, 無人境が, 然うだろう, 特別な, 癖を, 白髪小僧の, 程でした, 程になった, 程も, 程強毒である, 程耻辱, 積りだった, 積りで, 立場に, 筈である, 等と, 結果に, 結果にさえ, 結果却って, 者で, 者も, 若し水, 訳で, 訳です, 訳には, 迄それ, 迄は継続時間, 迄煮る, 速さ, 運命に, 道徳判断だ, 限りの, 限り文芸は, 雪の, 頃に, 頃にも, 頃は, 魂胆は

▼ 了~ (379, 6.5%)

29 のだ 25 のである 22 のです 17 やうな 16 のが, のは 12 のであつ 7 やうに, 事が 6 ことが, に違, 様に 5 ね, のを 4 ぞ, のも, 方が, 程の 3 のか, ので

2 [22件] あの女, が恥, ことで, ぜ, でせう, には, に過ぎぬ, のだつた, のであらう, のであります, ので其度, までに二里, までに夏, 事に, 二人対手の, 前に, 十時十一時まで, 工夫は, 男とは, 程に, 程頬骨の, 葉書一枚書く

1 [134件] あの場面, あの霧, あんな怖い, いは, がどう, が併, が其の, が可, が好いだ, が平安朝, が残り, ことだ, ことの, ことを, この家, これを, それから活, だけの事, ぢや, で, といつた, といふ信仰上, といふ心細, といふ類, と夜中, なんてあんな, なんてこと, なんて云, にちがい, には七時間, には今, には餘, にも拘らず, に忍びなかつた, に相違, ねえ, のかい, のさ, のだらう, のであ, のでありました, のでいくら, のでこれ, のでせう, ので仕方, ので其為, ので十五六, ので岩, ので有, ので株, ので泣き, ので石, ので私, ので表面上, ので話, ので遮二無二, のと, のに, のやら, のよ, のらしい, の謂, ばかりぢ, ばかりです, ばかりよ, ばかり実に, ほどね, ほどの激しい, ほど心構, までには考, までの間, まで自ら涅槃, まで離れない, やうだつ, やうにと, やらわからず, よりはその, わけだ, わけには, わたしなら, ア, スパイ制度に, 一と, 一節を, 事である, 事の, 事を, 人が, 位なら, 側な, 傾きを, 処な, 又ある, 場合が, 夜だ, 大変化, 奴な, 婿といふ, 弊も, 彼の, 必要が, 料簡だらう, 方向に, 日が, 早く言, 時は, 楊千郎の, 構ふ, 様な, 樣に, 権利は, 此を, 気に, 氣な, 湯本の, 為で, 爲めで, 生活と, 癖に, 程重く濃く, 積りらしい, 筈な, 等と, 者とは, 者も, 芳坊は, 言を, 訣である, 訣には, 訳に, 訳文を, 譯には, 騒音だつた, 齢ぢや

▼ 了って~ (366, 6.3%)

40 いる 17 いるの 6 いた 5 いたの, いるという 4 いること, いるので 3 いるから, いると, いるよう, いるん

2 [11件] いるが, いるに, しまった, その代り, それを, ねる, 一と, 今では, 何等の, 居る, 彼女は

1 [251件] あとで, いいだろう, いきなり米櫃, いたあの, いたから, いたこと, いたし未だ, いたらしい, いた涙, いつもの, いつ両親, いて, いなかった, いました, いるか, いるからばかり, いるし, いるそう, いるそれ, いるだろう, いるであろう, いるでは, いるとも, いるならば, いるもの, いるらしいと, いるわ, いるわけ, いる中, いる今日, いる処, いる技術家, いる教養, いる時, いる点, いる竹, いる良人, いる達人, お三どん新参, お前の, からからと, こうやっ, これを, さあ寝, さて五千尺, しばらくは, しまうと, しまふと, すぐ様教育, せめて死ぬ, そこでかく, そこには, そして恐しい, そのままつき切ろう, その人, その時, その時間, その物音, その頃, その顔, それからこの, それから何, それから屡々, それが, それこそ, それでは情けない, それ等の, ただもう, だんだん加わっ, ちょっとも, つぎ目が, どこに, どれも, なんだか亢奮, なんの, はては多く, また余, また猪口, また高く, まだ充分, もう仕方, もう何, もう絶体絶命, もはや誰, やる, やろう, よその, ゐた, シッポを, ポタリポタリと, ロクに, 一も, 一呼吸入れた, 一寸小腰, 一寸見た, 一応固定, 一里の, 三島中洲先生の, 不当に, 中で, 主人は, 之を以て, 二階の, 五等を, 人々に, 人民戦線と, 今度は, 今目の, 他に, 他の, 仮令内幕, 住田嘉久馬に, 体に, 体中を, 何か, 何の, 何も, 何処に, 余に, 余り出なくなる, 依然不安, 借金なんぞ, 側へ, 傍え, 僕が, 元通りに, 充分に, 全く悲しい, 全員賛成する, 六畳の, 其から, 其の代り, 其の後, 内証話の, 再びもと, 再び二人, 再び第, 動きの, 半年計り寝た, 単なる擬似カテゴリー, 単に文献学的, 又始まった, 取り扱うこと, 吾は, 周章て左, 唯其方, 商売でも, 地獄に, 壇を, 多少は, 夜具の, 大衆どころで, 好いという, 学校の, 学者としては, 実に卑劣, 客席は, 室は, 寺に, 専ら挙国一致, 尤もそれ, 居た, 居ながら, 居るが, 岡嫉き, 市街地へ, 席に, 常識の, 平気で, 幾日かの, 広々と, 広田外相だけが, 底力の, 廃物に, 彼は, 後には, 後は, 感性は, 懐中の, 戸坂君は, 扉を, 手が, 手紙で, 折角の, 担いだ若い, 文学や, 斎藤が, 既に従来, 書風まで, 最う之, 最後に, 月は, 本当に一時, 本当に論理的, 村はずれの, 来て, 松ばかりを, 検事が, 極めて神聖, 横浜へ, 歩き出した, 歯の, 死んで, 殆ど一昼夜, 殆ど心丈けが, 段々詰らん, 洗面所で, 清々したくなる, 火の, 煉羊羹の, 父の, 独立し, 現世に, 瓶丈け, 甚だ困る, 的に, 目に, 眠られない, 眠られないと, 私の, 種は, 笑声を, 第七, 翌日は, 考えられた存在, 而し, 肝心な, 能登守の, 腹の, 自分の, 自分は, 自然を, 苦しんだこと, 苦痛は, 荘重な, 表現し, 西行の, 言うべき言葉, 訊問に対しても, 話し手の, 話手の, 読者を, 貰っては, 貴所の, 足押腕押など, 部屋の, 重い負担, 針金の, 鍬を, 馬鹿の, 魔術だの

▼ 了つて~ (219, 3.8%)

12 ゐる 10 ゐた 5 から, 居る 4 ゐたの, ゐるの

2 [14件] おくみ, この頃, た, ね, ゐた村, ゐて, ゐるといふ, 別に街, 又し, 居た, 歩くと, 淋しくて, 緩んだと, 起きようかナと

1 [151件] ある, ある晩私, あんな葉書, お係り同心, お在, かう註, かう静か, からしばらく, からでした, からでなかつた, からなら, からにある, からに有る, からの事, からの作, からの正三, からも場合, からも暫く, からガラツ八, から二人, から川上, から斯, から狂人, から私, この商売, さ, さうし, さて言, しまつ, しまつて, そしてもう, そして二十一二, その失望, その家, その朝, その次, それからもう, それにしても何とか, たまるもの, とある料理屋, どんなにか, どんな心, な, ないので, は, は到底, は国家, は堪らない, は妾, は平次, は或, は此先生活, は直す, は配偶, は開かせる, は駄目, ほの暗い軒燈, ほツ, また新, も, もう人生, もう言葉, もそれでも, も別に, も困る, も少し, も廂, も矢張パラオ, やあ風呂, よく分らなかつた, ゐたから, ゐたけれども, ゐたし, ゐたそれ, ゐたでは, ゐたので, ゐたらしい, ゐた舌, ゐないならば, ゐなかつた, ゐまして, ゐます, ゐますよ, ゐるからかも, ゐること, ゐるでは, ゐると, ゐるに, ゐるのに, ゐるものぢ, ゐるん, ゐる事, ゐる今, ゐる彼等, ゐる気持, ゐる物語, ゐる用法, 久しい以前, 久しく出, 但この, 何もかもやり直さなけれ, 全く可, 再び獨逸, 再び雑煮, 出て, 到頭ボロボロ, 勝誇つた様, 半焦げ, 唯もう途方, 唯浮ついた, 固い冷たい手術台, 固くなり, 大抵腕, 好いので, 好んで, 始めて山, 小さくなつ, 少し経つ, 少し經つて, 居たが, 居たと, 居て, 居るが, 居るけれども, 居るもの, 居るらしいの, 御呉なん, 心から歡迎, 悉くが, 愈, 愛する友人, 改めて貫一さん, 既に久しい, 最早正, 未だに残念, 未だに殘念, 歩き出した, 歩くの, 殺した人, 漸くに, 穢い室, 考へぬ様, 考へぬ樣, 聞苦しい土弁, 聞苦しい土辯, 肝膽, 若し是雪, 衝いて, 見ると, 遂に自ら眞人, 遣る

▼ 了つたの~ (216, 3.7%)

48 です 43 である 3210 でした 6 だつた, でせう 4 だから, では 3 か, だと 2 ださうな, だらう, はこの, は奈何

1 [49件] かい, かと暗い, か乃至, か其處, が多, さ, その外紫色, だくら, だぞ, だつたが, だよ, だらうか, だらうと, だ今夜, だ弟, だ罪悪, であらう, でありたま, であります, ですから, ですからね, ですすると, です刮目, です前名, です因, です小栗風葉, です尤も, です此, でも了, で御座います, で頭, に僕, に未だ, に比べる, はそこ, はもう, は十一時半, は即ち, は彼等, は必定, は故, は窕子, は自分, もこれ, もみなお雪さん, よ, を却つて, を知つた, を自ら悔い

▼ 了つた~ (190, 3.3%)

96 でせう, のぢ 5 かのやう, といふやう, のであつ 4 がその, ぞ 3 し, であらう, と云, と思ふ, と見え, に違, ので

2 [11件] かに見える, かも知れない, が又, が肉, といふ, といふこと, といふの, のであと, のでそれ, ので此夜, らしい

1 [103件] おやあれ, か, かと思ふ, かどう, かな, から, からその, からだ, からだつた, からである, からにはもう, から僕, から怨んだ, から黄金, か忘れ, が, があの, がしかも, がそれきり, がな, が何, が入, が其始, が思ふ, が桜, が此年, が残金僅か六銭五厘, が殘金僅か六錢五厘, が私, が自分, が赤い, が顔, が馬酔木, けれど, けれども一時, けれど男, し是方, し本, そして彼女, その次ぎ, だ, だけで, だらうか, と, といつ, といふ事, といふ考, といふ言葉, といふ話, といふ進行, といふ顔つき, とか言つて, ところでした, ところで店, とさう, としか考へられなかつた, としても必ずしも, との事, とは云, と云つて, と全く, と思, と思ひ浮べた, と権七, と見える, と言, と顏色, などとは無論まだ, なら何卒, なら奈何, ねえ, のでかの, のでこの小さな, のでその, のでただ, のでよんどころなく, ので丑松, ので今に, ので今にも, ので多く, ので女郎買, ので此, ので石橋, ので私, ので精神生活, ので自分, ので詮方, ので馬右エ門, よそんな, らしいですね, らしいとの, らしいの, らしいよ, らしい所, らしくその, らしく部屋, んぢ, 出したくも, 同じ年, 故とう, 荒涼たる島, 親雀, 鳴いたの

▼ 了うの~ (160, 2.8%)

38 である 1612 であった, では 7 でした 6 だから 3 は惜しい 2 だが, だった, だと, であるから, であるが, でございます, と同じ

1 [52件] かしら, かそんな, かと思う, かと自分, かナア, か一寸, か知らん, が何, が何時も, が例, が多い, が常, が惜しい, が残惜しく, が現代, が自然, が至極, が許し, だそう, だという, だね, だよ, だ必ずしも, だ此, であったから, であったが, であって, であり術語, であること, であると, であろう, でない限り, でも, とで少しく, はあたり前, はあまりに, は不合理, は今, は余りに, は勿論, は却ってそう, は可, は此, は甚遺憾, は相, は私, は科学, は自然, も無理, を恐れ, を毎, を見

▼ 了~ (127, 2.2%)

7 ばそれ 5 ば私 4 ばいい 2 ている, てしまう, ばもう, ばもはや, ばカント, ば夫, ば文学

1 [97件] かつ大方印刷, この批評, これが, そのままベッド, だの死んだ, て, ていた, ていない, てしまい, てはそこ, てわが, てボンヤリ, て二年兵, て二階, て再び, て出獄, て家, て手水, て秀吉, て私, て華やか, というわけ, という意見, とうござる, ないじゃ, ないと, ないので, ないよ, なかった, などと蔭, になった, ねえか数, ねえや, はした, ばいくら, ばこそ, ばさも, ばそのもの, ばどうしても, ばよい, ばわかりゃしない, ばブック・レヴュー, ば一切, ば何, ば併, ば依然, ば倫理上, ば充分, ば内済, ば再び, ば別だ, ば別段, ば動物心理, ば取りも, ば可, ば善い, ば好い, ば子供, ば存在者, ば実に, ば家庭問題, ば寧そ楽, ば当然, ば彼, ば彼等, ば怖く, ば恐らく, ば感性, ば斯, ば日本ファシズム, ば此上, ば此度, ば氏の, ば無, ば無造作, ば生, ば直観, ば真理, ば科学, ば科学的批評, ば自分, ば親達, ば訳も, ば誠に, ば資本主義, まい, ません, ませんぜ, やえい, よ, わが領国, 乃至は, 云わなければ, 供養を, 大倉書店より, 校門を, 貴様の

▼ 了~ (126, 2.2%)

4 そうだ 3 爾し 2 そうに, だ, むろんインチキ, 度い, 度いよう, 最後に, 相な

1 [105件] いざと, いろいろ様々, この隊伍, さ, さえせ, さてその, そうで, そうである, そうな, そなた, その代り, その後しばらく, それを, たった一人, つつあった, とうとう向う, どうにも身, になった, には警視庁, はしない, もう物語, やり方も, よ, エイッ, ジャーナリズムと, 一として, 一個白痴の, 一日一日と, 丁度いい深, 三粁乃至, 上から, 上にも, 上海在留の, 下には, 不動明王を, 丸呑に, 二粁位から, 今や私, 今日も, 仮令附近, 何人と, 何時まで, 何時寝た, 信用させ, 俯向い, 候これにより, 其の死骸, 初めから, 又其処ら, 只五六人の, 同時に今, 唯辛く, 地球征服は, 塔の村の, 夢中に, 大会不参加の, 夫で, 夫婦とは, 如何に, 客は, 尋で, 店は, 度い様に, 度い程に, 度く, 度くなる, 引き返し度いと, 役所の, 彼は, 彼等の, 後方へ, 忰の, 意志を, 我々は, 手を, 手拭を, 捜査に, 散々な, 早速近づい, 明治政府は, 有賀と, 機が, 檣は, 殆ど生き, 毎晩の, 氏の, 水仕事と, 汽笛が, 現在の, 生活社という, 産業の, 画界の, 相です, 私の, 立派に, 第二, 細君は, 統一的な, 通行人が, 遂に自分, 道は, 部屋は, 非常に, 頗る失望, 顔も

▼ 了~ (110, 1.9%)

7 のを 3 とすぐ, と彼 2 とはじめて, とフト後ろ, のである, 事が, 外は

1 [87件] あたり奔湍の, かも知れない, ことに, ことも, ころ常に, ころ戸の, ために, だけだった, だけだつた, だけであらう, だけであります, だけであろう, つもりで, という様子, といへ, とお松, としたなら, とそれなり, とまた, とわれ, とコツプ, と一昨夜, と一杯, と一行, と二つ三つ氣休め, と云, と云う, と人通り, と今度, と共に呆れた, と共に棺, と其儘, と再び, と又, と同時に, と大急ぎ, と女, と子供達, と将軍家, と小太郎, と帯褐色, と平次, と幾度, と彼女, と後, と漸く, と熊谷三郎兵衛, と白綸子, と直ぐ, と石津右門, と舟岡山, と言っ, に当っ, に至れ, に近し, のかと, のが, ので詩歌, の日, ほかは, までには尠, までに相当, までは同じ, までも来ざるなりき, もその, ものと, やうで, やその, や京師, より外仕方, を常, を待, アイアース, 事を, 後, 意気込を, 感服でない, 明るき断崖, 時宴の, 此より, 毎に, 者あり, 者か, 譯は, 間その, 頃友吉の, 頃更既に

▼ 了~ (100, 1.7%)

4 た姥, ません 3 さうも, ぬ, ばい

2 [12件] さうもない, ず, ずけり, た, たが, たところ, たの, た許, ないよ, なきや, ねえが, ば

1 [59件] いふたか, さうも御座いません, し, し大輪向日葵日, し我が, し葉鶏頭, ず現場, ず續, ず蕗の薹, たるわか, たる後の, たる明日は, たれ向日葵, たヂプシー, た人々, た多く, た巡査, た時分, た結果社會主義, た處, た頃, ついで軍裝身に, ない, ないから, ないが, ないそこで, ないと, ないの, ないほど, ない上, ない位, ない心, ない純情さ, ない隠者, なかつたらさ, ねえだ, ねえや, ばそれつ, ば万慮空く, ば可かり, まい, まいよ, ました, ましたので, ませんぜ, ませんよ, やがておのれ, られる古い, ケエラに, ツ, 今直ぐ, 何も, 俺は, 其様な, 同校音樂專攻科第, 明夕は, 無え機嫌上戸, 菓子を, 連れて

▼ 了~ (90, 1.6%)

13 うと 10 なければ 8 うか 3 う, ねば 2 うかとも, うかと思つて, うといふ, うとか, ないの, ぬものぢ, ふといふ

1 [39件] うかしら, うかとすら, うかと余程さう, うかと思ひました, うかと思ひます, うかと思ふ, うかと思ツ, うかなど, うかなどとすら, うかも, うぜ, うと片, うなど, さう, せたとは, その時, つてから, ないうち, ないで, ないと, ないもの, ない以上, ない剛健, ない手腕, ない訳, ない限り, なかつた, なかつたこと, なかつたの, なくちや, なけア, ぬ工夫, ねば死なれぬ, はつた, 何が, 年久しく, 特に渋江氏, 眼病の, 韮山へ

▼ 了~ (84, 1.5%)

7 になつ 4 給へ 2 そうに, 私は

1 [69件] いつでも, えにだけにな, があん, この邊, そのうち三千兩, その儘, その限界, ちよいと, にならなかつた, になる, には何, には思ひつめた, に我慢, はからずも一夜, はしない, はしないだらう, はしなからう, また勧工場, やがん, やはれや, 一般の, 且次第に, 中旬にな, 主婚者, 二重にも, 亭, 人々も, 今度こそは, 今朝陽が, 仮面の, 仲, 何だか知らぬ, 何にも, 何の, 僞善の, 初めから, 勅使と, 又その, 又もや海, 唯一人の, 土地と, 夕飯が, 女に, 女は, 室が, 川も, 巫女祭文の, 幾度か, 度い, 後世学者は, 快い忘却, 日に日に重る, 是まで, 最初の, 最初は, 朝晩は, 此行事以後御子を, 灯火の, 直接そのものの, 自分の, 自分は, 自分も, 葉末に, 見事敗北の, 話の, 跡には, 霊岸島の, 食事を, 高足を

▼ 了~ (67, 1.2%)

322 たぢ, たん, て

1 [29件] たからよ, たさて, たならば, たの, たので, たのも同じ, たもん, たやう, たら何, たら其, たり謂ツ, たわよ, た先, てこそ美觀, てついぞ, ては學生等, ては血統斷絶, て代, て何, て何時, て四方, て悲観, て斷, て椅子, て獨其, て腦天, て自分, て螢籠, て闇

▼ 了ふと~ (63, 1.1%)

4 云ふ 2 いふこと, それ以来また, 私は, 言ふ

1 [51件] あたりは, いふので, いふやう, いふ事, いふ始末, いふ容子, いふ祭り, かう言つて, かの女, かんさんは, か云, すべてが, それから暴れ出した, それ以上私の, でも思ひ込ん, どん, ね夢, ぽつ, みのるの, みんなは, ガラツ八に, 交替に, 僕の, 公園を, 其物の, 冬が, 利助も, 却つてきまりが, 寒くは, 待つて, 後が, 思つて気が, 思ふの, 折角の, 毒に, 泡の, 照子は, 片膝, 皆無に, 私の, 立派な, 臆病らしい, 花は, 覚悟しました, 言つてる, 言ひ残し, 謂ふ, 鏑木さんのか, 雄蕋, 高村軍曹は, 龍子は

▼ 了~ (59, 1.0%)

52 たり, て又, 秋も

1 [48件] お辰素性, し篠田, ていざとばかりに, てこの, てただ, てま, てもなほ, てクレオソート三嚢, てチャリネ, てヘクトール, て一種, て下る, て京都, て仰, て伝承者, て元, て先生, て新, て暫し, て歎息, て此一通, て汝, て湯浴, て熾ん, て燃えぬ, て立ちあがり, て端嚴, て観音丸, て辭, とします, に改めて, の日, 今また, 墓に, 夢から, 大なる, 客は, 将に, 山田多賀市, 彼れ, 後日まで, 徐ろに, 思量する, 我かつて, 校正および, 歌を, 自分は, 退屈も

▼ 了へば~ (53, 0.9%)

4 何でも 2 後は, 心ならずも疎く, 明日幾何か

1 [43件] いいと, この人突き騷ぎも幕, すつかり, それが, それで可, それで市, それ迄, たと, また人, めいめい向きが, もう二度とこの世, もう來, もう来なくなるだらう, われらは, 一切訣らなく, 三百円は, 主人と, 今度は, 今頃は, 何う, 何でもありません, 何でも無, 其れで, 原因動機発端経過は, 又とお, 又厭, 大概棄てる, 好かつ, 宜い, 宜いのです, 岡崎屋の, 彼には, 忽ち煩惱, 恐らくその, 旦那樣や, 明日は, 最早國府津, 會つてゐる, 橋といふ, 直ぐ木村, 結局此方の, 綾さんの, 赤の

▼ 了~ (45, 0.8%)

9 の方 2 で決闘, の秘密, の頂き

1 [30件] で, での無慈悲, で二人, で勘兵衛, で息, で汝, とその, のほとり, の上, の下, の林, の濫觴, の穴倉, の縁起, の背後, はいわば広々, はその, は罪悪, は陸, へ参り, へ来, へ着いた, へ行か, へ行っ, まで辿っ, まで辿りつい, まで辿りついたなら, も過去, を巡っ, を附近

▼ 了~ (44, 0.8%)

15 なければ 12 ざるを 3 なかった 2 ないと

1 [12件] ずと, せること, ない, ないうち, ないこと, ないで, ないでは, ないとは, ない処, ない限り, ねば徹底, まいか

▼ 了~ (37, 0.6%)

7 ぬうち 2 ず元, ない裡, なければ, ぬあ

1 [22件] うかの, うと, ざる宿縁, しめた, しめぬよう, ず, ずに, ず又, ず真に, ず驚きあきれて, せて, で捨てやられ, で老女, ないうち, ないとも, ぬこと, ぬに, ぬ人々, ぬ土人形, ぬ間, ねば, わず

▼ 了せる~ (35, 0.6%)

5 もので 2 ことは, ためには, のは

1 [24件] かどう, かによって議論, ことが, ことの, つもりだつた, つもりで, とは思わなかった, と彼, と思, と思ひ込んだ, にし, ほど賢く, ものだろう, ものぢや, わけは, 一方に, 事が, 事の, 人は, 機会は, 氣に, 相手では, 終止形だ, 見込は

▼ 了ひました~ (33, 0.6%)

1032 がそれでも

1 [18件] から私, が, がいくらか, がお, がどうか, が元, が夜中, が恐ろしい, が手文庫, これで, し手頃, のね, もう一歩, も同じ, よ君, よ親分, わ, 哩

▼ 了~ (32, 0.6%)

2 と小坊主

1 [30件] がうすい, がちょっと, が八朔, が鋤, が顔, という納所坊主, とによって一同, と云う, と定吉, に云い付けられた, に番, の方, の自信, の顔, の鼻, はうなずいた, はきれい, はそれ, はぶつけられた, はまた, は下, は慌て, は指さした, は更に, も手伝いまし, も渋り, も相手, をよびとめ, を例, を追い立て

▼ 了~ (32, 0.6%)

1 [32件] あと幾日の, か, がその, がふところ覚え, が簿冊, だった, とはそこ, と二, と八木, と桐山小六, なども, など六, の名, の手, の筆, の返事, はさっそく, はさらに, はよろい, は信じられぬ, は誇っ, は駒横, もうよい, もなん, や八木法達ら, や新, ら二十余名は, をふりむい, 久子の, 八木ノ, 宇佐美南江など, 神宮寺正師なども

▼ 了うた~ (30, 0.5%)

3 のであらう 2 のが, のであつ

1 [23件] か, からである, からもう, から弘文天皇, かわからぬ, が, がでも, がアノ様, が元, が元来, が古く, が昔, といふ, と其船, と為れ, と言, と言った, ので根本, ので残念, もの, らしく偽作, わ, 済んで

▼ 了いました~ (29, 0.5%)

3

1 [26件] あね, から, からな, がこの, がその, がたしか, が今, が吹屋町, が天保年間, が標本, が気付い, が確, が若し, と云う, のじゃ, ので, のでこれから, ので其の, ので未だ, ものの何分, ネ, 何でも, 其だ, 秀子の, 私の, 私は

▼ 了つたやう~ (27, 0.5%)

3 な気, な氣 2 な心持

1 [19件] でも, なところ, なもの, な安らか, な実に, な幸福げ, な感じ, な温室, な知らない道, な訳, にじ, にケロリ, に冷たい, に思はれる, に気軽, に氣輕, に私, に言ひつ, に誤解

▼ 了へて~ (27, 0.5%)

2 帰り来て, 弟と共に, 明日の

1 [21件] さうし, ぼんやり女達, ゐる, ゐること, ボンヤリと, 二階から, 二階の, 以前の, 去りし時黄, 天國に, 家へ, 居らぬこれ, 後一章を, 憐むべくもおも, 故國, 真夏なり, 私の, 蓐に, 西日暑, 部屋に, 院長は

▼ 了~ (27, 0.5%)

2 といわるる, に相違, は実

1 [21件] がその, が一期, が力, が樋田, が経文, が逃げ, という六尺豊か, とやらいかに, と実, と法名, にめぐりあっ, に言, の僧形, の前, の大, の姿, の朦朧, は, はさすが, は身, 討たるべき覚え十分

▼ 了~ (26, 0.4%)

2 ていた, てしまう, て今

1 [20件] たりとの報, たりと思ふ, てあたかも, ている, てこそ個中, てこれから, てしまった, てゐる, て共に, て命じ, て宿冤, て日本国, て曠如, て此, て立身, て言, 同年四月に, 必ずしもモリエエル, 殊に革命亂以來, 風化を

▼ 了ふか~ (24, 0.4%)

3 も知れない, も知れぬ 2 するで無ければ

1 [16件] さらずば, しなければ, それとも重大, でなければ無, と思はれ, と思ひました, どうだ, ね, ねえ, のやう, もしれない, もわからない, も知れません, も知んねえだ, 若しくは好意, 解らないのね

▼ 了うて~ (22, 0.4%)

1 [22件] からに手, さ, そこには, の, のお前, はまれびと, は余りに, は信仰, も元, も居る, 一つとして, 他の, 其国の, 唯は, 四五日も, 後に, 支那の, 木の, 水神迎へと, 男は, 群臣が, 襷を

▼ 了ひます~ (22, 0.4%)

72 からね, とも, ね, の, わ 1 から, からな, が, が柄, わその

▼ 了~ (22, 0.4%)

181 ぬと, ぬるの, ぬ狂態, 他人の

▼ 了うたの~ (21, 0.4%)

13 である 31 であるが, です, です顔色, は何処, もあり

▼ 了つたん~ (21, 0.4%)

5 だ, です 2 だよ, ですの, ですもの 1 ださ, だわ, ですか, ですが, ですよ

▼ 了~ (21, 0.4%)

4 の刀 3 の一刀

1 [14件] がおのれ, が空, さえ抜い, とはいう, にもいかに, のあざやか, の一腰, の切ッ, の大刀, ほどな, をにぎりしめ, を仕込ん, を抜い, を膝

▼ 了した~ (19, 0.3%)

2 のである, のは

1 [15件] あとで, か, こと喜びと, と云, と思ふ, と見え, ので愈々, のも, ものとまで, 上は, 後先づ篇中の, 旨の, 時には, 法華経の, 長蔵さんは

▼ 了~ (19, 0.3%)

2 数を

1 [17件] この働き, 下に, 塚を, 女姪, 嫡子が, 子かと, 子が, 数の, 数二十三に, 数八甲組廻了の, 日附を, 時は, 最も近い, 森の, 籠下に, 紹介で, 美男と

▼ 了わねば~ (18, 0.3%)

5 ならぬ

1 [13件] ならないだろう, ならないであろうこと, ならないの, ならなかった, ならなくなる, ならぬであろう, ならぬと, ならぬ人物, ならぬ理由, なりません, なるまい, 成らぬと, 止まない乃ち

▼ 了っては~ (17, 0.3%)

1 [17件] いけない, いけないから, ならぬ, ドーあっ, 不可よ, 余りに他愛, 余りに私, 全く何, 全然手, 大半の, 文部省の, 早速其日, 本屋が, 真面目に, 結局行き処を, 解決では, 駄目な

▼ 了~ (17, 0.3%)

1 [17件] がいかに, が岡寺, たる一身, といふ坊主, ならざりし形, ならず, はお, はこちら, はんが, はんの, は思ひ, は馬鹿, も纔, や, やつたら, 好く解る, 尼という

▼ 了います~ (16, 0.3%)

32 から, の, よ 1 からね, がね, し天井裏, サア私が, 今私の, 何に, 爾し

▼ 了ったら~ (16, 0.3%)

1 [16件] すこし裏, そろそろはじめます, と思う, どうだろう, どうなる, もう心配, 人間は, 何うだろう, 俺は, 先生に, 却って延々, 夫人の, 好さそう, 寧ろ僕, 母も, 直ぐ焼く

▼ 了つたら~ (16, 0.3%)

2 可いでせう

1 [14件] と我輩, どうしよう, 何か, 何が, 何だつた, 何ん, 却つてどうにも, 合圖を, 嘸さ, 奈何し, 家が, 形無しだ, 私の, 私は

▼ 了ふん~ (16, 0.3%)

2 ですもの

1 [14件] だから, だからね, だからネ, だが, だもの, でしたのに, です, ですな, ですね, ですよ, でせう, ではあるまい, やさかいな, やろ

▼ 了~ (16, 0.3%)

4 の目 2 と云つて村長, の右, の耳, は目, は遂に 1 の声, の聲

▼ 了へる~ (15, 0.3%)

2 と渠

1 [13件] か, かも知れない, から宜, くらゐ, とすぐ, と一休み, には少く, のに, のは, までには離屋, やうな, 人間では, 頃いろいろな

▼ 了えて~ (14, 0.2%)

1 [14件] からチョコレート, から詳しく, 事務所に, 人が, 僕は, 完器と, 後は, 後満足げに, 故国にでも, 来たばかり, 父の, 疲れて, 自分の, 鞍馬に

▼ 了つたこと~ (14, 0.2%)

1 [14件] か, だけは確か, だらう, である, などかれ, になります, にも気づき, は甚だ, もおの, も有りました, を後悔, を思出, を感じた, を誰

▼ 了つた後~ (14, 0.2%)

3 では 2 ですから 1 さすがに, で, で独り, で番頭, で都合, に女気, の事, の感激, の蜂の巣

▼ 了ふこ~ (14, 0.2%)

2 とは先輩, とは出来ない 1 とになつて, とになる, との方, とは余りに, とは出, とは出来る, ともあるまい, とも勿論度々, とも必要, とも有りました

▼ 了~ (14, 0.2%)

2 そっくりの, の塚, へお, を屋敷内 1 と思い, と思われ, なの, へ, へは行かね, まで参りまし

▼ 了えた~ (13, 0.2%)

1 [13件] ところであった, のか, のは, 上に, 処へ, 姥は, 巡査が, 平民どもが, 後に, 新子に, 時わらい, 畑は, 看護婦さんが

▼ 了おうと~ (13, 0.2%)

2 するの

1 [11件] した, したの, したウェブスター博士, して, するもの, する処, する幾等抵抗, 思う, 思ったと, 思って, 焦りながら

▼ 了ひたい~ (13, 0.2%)

1 [13件] と存じます, と思はぬ, と思ひました, と熟, と申した, と考へた, のだ, のだから, ので御座います, の誰, ほど腹, ものだ, 程の羞

▼ 了~ (12, 0.2%)

2 ちやどう 1 たこ, たりし, たり詩, ちやこの, ちや何んにも, ちや可哀想ねえ, てい, てしまふ, てみる, て下さいまし

▼ 了つたもの~ (12, 0.2%)

2 である, と思つて 1 だ, だから, であらう, です, ですから, は今, は仕方, も亦

▼ 了~ (11, 0.2%)

3 たりする 1 たりし, たりそれ, たり云わず, たり張合, たり或は又, たり私, ちゃどう, ちゃ御

▼ 了ってから~ (11, 0.2%)

2 では 1 お前を, この六, であった, はっと思った, カツレツそれから又, 女は, 彼は, 徐ろに, 森田の

▼ 了つたさ~ (11, 0.2%)

5 うだ 3 うです 2 うである 1 うだから

▼ 了ません~ (11, 0.2%)

2 よ秀子 1 よ唯, 丸部さん私は, 今の, 先ずお, 此の, 第一, 谷間田より, 貴女さえ, 足の

▼ 了おうか~ (10, 0.2%)

2 と思いました, と思った 1 しらん, しらんこんな, だがそう, と彼女, と心, と思います

▼ 了える~ (9, 0.2%)

1 からだっだ, ためには, と, と妻, と東京, と立っ, と裾, と間もなく, に当っ

▼ 了っても~ (9, 0.2%)

2 それを 1 あんたがたは, いいと, いいどうせ, 好いと, 宜いのです, 差支えない, 根さえ

▼ 了ふも~ (9, 0.2%)

2 のだ 1 の, のか, のが, ので無い, のな, のなら, のも

▼ 了へと~ (9, 0.2%)

2 二三十人もど 1 お言ひで, 教へて, 有仰つ, 決議した, 犇めきましたが, 言ふ, 言ふしある

▼ 了~ (9, 0.2%)

1 ば何, ば八歳, ば即ち, ば又, ば多少, ば大分他, ば残る, ば男子, ば直ちに

▼ 了~ (9, 0.2%)

3 の智 1 いたしまして, から心意上, ではない, によってのみ得られる, は必ずしも, へ飛躍

▼ 了うに~ (8, 0.1%)

1 ある, きまって, は勿体ない, 堪えられなかった, 決って, 至っては, 限る, 非ざる

▼ 了おう~ (8, 0.1%)

1 かなあ, じゃア, ということ, というわけ, という自慰的, と云う, と専門家, と無事

▼ 了はう~ (8, 0.1%)

2 ぢや, と思つて 1 とさ, としてふと, として両足, とそれ

▼ 了ひさう~ (8, 0.1%)

1 なお光, なイヂケタ気持, な人, な症状, な華やか, になる, に悲觀, に覺

▼ 了ふだらう~ (8, 0.1%)

1 がねまあ, が雨, とかう考へた, とかモスクワ, と云, と思つたの, などと信代さん, よ

▼ 了~ (8, 0.1%)

1 と定生, の後, の父母, の祖母, の祖母知性, は寛政八年七月六日, は過去帳別本, を以てし

▼ 了うだろう~ (7, 0.1%)

1 か余, し哲学, と思った, と言う, などと考え, に, 爾し

▼ 了さま~ (7, 0.1%)

3 のお 2 より遠く 1 と塩竈さま, のお山

▼ 了つて自分~ (7, 0.1%)

2 が怎 1 の一生, の部屋, はお寺, はこれ, よりも若い美しい

▼ 了ふから~ (7, 0.1%)

21 さうお, だ, ださ, つまり夏, であります

▼ 了~ (7, 0.1%)

1 がった, しないか, アがった, アしまい, ア彼奴は, 好かった, 鸚鵡が

▼ 了~ (7, 0.1%)

1 が, であった, と入れ代る, はよく, は余, は感心, は遠く

▼ 了いたい~ (6, 0.1%)

2 ような 1 と思っ, と思った, と記された, ものさね

▼ 了うてゐる~ (6, 0.1%)

1 がこれ, が猿, ので, のである, のに, 事が

▼ 了うであろう~ (6, 0.1%)

2 から 1 と思われた, と思われる, と時雄, 何となれ

▼ 了つた方~ (6, 0.1%)

2 が宜 1 がいい, がはるか, が何, が可

▼ 了つた様~ (6, 0.1%)

2 な気 1 だ, であつ, で右, で暗い暗い

▼ 了~ (6, 0.1%)

1 いけません, 式が, 来栖勘兵衛と, 決闘し, 決闘した, 立ち合い雌雄

▼ 了~ (6, 0.1%)

1 会ひ, 候, 分って, 異ならじ, 言切ッ, 逢ひ

▼ 了ふところ~ (6, 0.1%)

1 だつた, だつたの, であつ, に一種微妙, を, を見

▼ 了~ (6, 0.1%)

1 がいた, が渋江家, と号, の親戚, の身の上, はこの

▼ 了~ (6, 0.1%)

1 か, であった, について禅門, の上堂, の会下, は筆

▼ 了~ (6, 0.1%)

3 されて 1 がその, されるでしょう, され難い

▼ 了海様~ (6, 0.1%)

1 のお, はこの, は塗炭, をなんと, を存分, を討たさせ申そう

▼ 了解る~ (6, 0.1%)

2 人では 1 から自然家内中, ことは, 人である, 綉工とか

▼ 了うたもの~ (5, 0.1%)

1 が可, が多い, だと, であらう, と思ふ

▼ 了うん~ (5, 0.1%)

1 だからね, です, ですな, ですの, ですよ

▼ 了えと~ (5, 0.1%)

1 いう, いわぬ, 云う積り, 仰しゃっても, 呶鳴りました

▼ 了され~ (5, 0.1%)

5 て居る

▼ 了ったなら~ (5, 0.1%)

1 どんなにすばらしい, ばその, ば之, ば兵糧, ば彼

▼ 了つた樣~ (5, 0.1%)

2 な氣 1 だ, で右, で暗い暗い

▼ 了つて何~ (5, 0.1%)

1 かの前兆, の夢, も爲, も知らん, をつまらない

▼ 了~ (5, 0.1%)

1 いう, 利右衞門の, 慌てて, 猿山の, 逢って

▼ 了ひまし~ (5, 0.1%)

1 て, てな, てね, て三千円, て夜分

▼ 了へに~ (5, 0.1%)

2 けり夜ふけかすか 1 けり, けり輝, し

▼ 了れり~ (5, 0.1%)

1 されどその, という, とし, としてゐる, となす

▼ 了われた~ (5, 0.1%)

1 か, ことでしょう, ものである, ものと, 閣下は

▼ 了~ (5, 0.1%)

1 が事, の事, の伝, は三箇所村棲雲庵, は棲雲庵

▼ 了~ (5, 0.1%)

1 がこれ, が四十一歳, の代, の諡, 深廣

▼ 了いなすった~ (4, 0.1%)

1 とか, のです, のは, ようでした

▼ 了いま~ (4, 0.1%)

1 さあ, すると, でにこにこ, でみんな作りごと

▼ 了~ (4, 0.1%)

1 ある立ち合おう刀, いつか救った, 六十五歳に, 飛んで

▼ 了~ (4, 0.1%)

2 ぬと 1 ぬから, ぬ私

▼ 了ったらしい~ (4, 0.1%)

1 のである, ので有ります, 大月と, 頬桁の

▼ 了つたあと~ (4, 0.1%)

1 では兄, の, のやう, はお

▼ 了つたぢ~ (4, 0.1%)

21 やありません, やない

▼ 了つた事~ (4, 0.1%)

1 が義男, である, を知, を考へ

▼ 了つた私~ (4, 0.1%)

1 として一番, は事, は千代子, は恐く

▼ 了つて私~ (4, 0.1%)

2 は相 1 の尻, は実に

▼ 了ない~ (4, 0.1%)

1 よ, よ其方, よ東京, 是ばかりは

▼ 了ならしめ~ (4, 0.1%)

4

▼ 了~ (4, 0.1%)

1 と思っ, 了ぬ, 俚諺にも, 是も

▼ 了はれた~ (4, 0.1%)

2 ものです 1 のである, 續きで

▼ 了ひで~ (4, 0.1%)

2 もしたら 1 せうから, 亡くなつたが

▼ 了ひな~ (4, 0.1%)

2 すつた 1 したの, すつたもの

▼ 了ひませう~ (4, 0.1%)

1 から, か真に, ぢや, 無論然云

▼ 了ふし~ (4, 0.1%)

1 そして可, 寒さ, 或は記憶, 活かしちや

▼ 了ふつ~ (4, 0.1%)

1 て言つて, もりであつ, もりであると, もりです

▼ 了ふまで~ (4, 0.1%)

2 も渠, 夢中に

▼ 了ふんだ~ (4, 0.1%)

1 かや月, つて言はれた, よ, 使へる

▼ 了らん~ (4, 0.1%)

1 とす, とする, まして嬉し, をばいと

▼ 了~ (4, 0.1%)

1 がまだ, となる, 如きが, 御噂

▼ 了休禅坊~ (4, 0.1%)

1 とは在俗中, の御, はおとなしい, 御懇親

▼ 了~ (4, 0.1%)

1 には人, には手, に那奴, は口返答

▼ 了現に~ (4, 0.1%)

1 は聞き馴れ, みちびかれて, 一文を, 願書を

▼ 了義経~ (4, 0.1%)

1 たる法華経, であって, である, を依拠

▼ 了いなさる~ (3, 0.1%)

1 ことも, 御積, 方が

▼ 了いなす~ (3, 0.1%)

1 って人, って御, って芝居好

▼ 了うため~ (3, 0.1%)

1 には同じく, には物自体, にヒューマニズム

▼ 了うた事~ (3, 0.1%)

1 であらう, である, と思はれる

▼ 了うた様~ (3, 0.1%)

1 だ, な態度, に見えた

▼ 了うて居た~ (3, 0.1%)

1 であらう, と思はれる, のだ

▼ 了うなら~ (3, 0.1%)

1 ば夫, ば存在判断, ば社会

▼ 了ってからの~ (3, 0.1%)

1 ことである, 正三は, 母の

▼ 了つたところ~ (3, 0.1%)

1 でせう, へ伜, 忽ち高

▼ 了つたわけ~ (3, 0.1%)

1 だ, でした, ではありません

▼ 了つた時~ (3, 0.1%)

1 でなければ, にもああ, 或人

▼ 了つてそれ~ (3, 0.1%)

1 からの騒擾, の転売, も崩れた

▼ 了つて他~ (3, 0.1%)

1 の二本, の醫師等, は興味

▼ 了での~ (3, 0.1%)

1 斬り合い俺, 決闘, 決闘俺は

▼ 了といふ~ (3, 0.1%)

1 人の, 四十年輩の, 男が

▼ 了にも~ (3, 0.1%)

2 余を以て 1 早船を

▼ 了はん~ (3, 0.1%)

2 ければ 1 かと或は

▼ 了ひたく~ (3, 0.1%)

1 なつた, はない, もあつ

▼ 了ひよる~ (3, 0.1%)

1 し, し何, なんて

▼ 了ふで~ (3, 0.1%)

2 はない 1 なあ

▼ 了~ (3, 0.1%)

1 えば, えばいいん, 含んで

▼ 了~ (3, 0.1%)

1 寺男の, 本山派に, 来るが

▼ 了りたる~ (3, 0.1%)

1 か闇中, ときは, 束の間に

▼ 了れる~ (3, 0.1%)

1 に会, 也, 時婢は

▼ 了~ (3, 0.1%)

1 つれて, 引き取ること, 生ずること

▼ 了~ (3, 0.1%)

1 が掘った, が掘つた, が高瀬川

▼ 了得する~ (3, 0.1%)

1 こととは, 余裕を, 程に

▼ 了来り~ (3, 0.1%)

1 初論じ, 又, 色々批評

▼ 了海どの~ (3, 0.1%)

1 に御意, に騙かされ, は染衣薙髪

▼ 了蓮寺~ (3, 0.1%)

1 が錦町, といふ寺, の今

▼ 了解せられ~ (3, 0.1%)

1 師資相傳する, 氷釋する, 難いこと

▼ 了解せられた~ (3, 0.1%)

1 か否や, こと, であらう

▼ 了達した~ (3, 0.1%)

1 か聞きたい, と申す, のじゃ

▼ 了いたく~ (2, 0.0%)

1 なった, 思う事

▼ 了いまし~ (2, 0.0%)

1 て妻以外, て息子

▼ 了うかと~ (2, 0.0%)

1 心配した, 思ふ樣

▼ 了うから~ (2, 0.0%)

1 ね, ばかりで

▼ 了うこ~ (2, 0.0%)

1 と即ち, と第

▼ 了うたこと~ (2, 0.0%)

1 が幾度, を考へる

▼ 了うたぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ 了うたやう~ (2, 0.0%)

1 だが, になり

▼ 了うたら~ (2, 0.0%)

1 どうする, 島人を

▼ 了うたん~ (2, 0.0%)

1 です, どす

▼ 了うてゐ~ (2, 0.0%)

1 て我々, て訣ら

▼ 了うてゐた~ (2, 0.0%)

1 ので, のである

▼ 了うで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 了うに相違~ (2, 0.0%)

1 ない, 無い

▼ 了うに違い~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 了うま~ (2, 0.0%)

1 では見る, で彼等

▼ 了えん~ (2, 0.0%)

2 でいかん

▼ 了さん~ (2, 0.0%)

1 と一緒, も引込んだ

▼ 了せず~ (2, 0.0%)

1 とやらで, ンば

▼ 了せない~ (2, 0.0%)

1 のが, 父の

▼ 了せぬ~ (2, 0.0%)

1 土の, 素姓を

▼ 了せり~ (2, 0.0%)

1 と言, や

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 が彼, もんだ

▼ 了っただろう~ (2, 0.0%)

1 と思います, 全体探偵が

▼ 了ったらしく~ (2, 0.0%)

1 呼吸をぜ, 見えた

▼ 了つたお~ (2, 0.0%)

1 志保と, 米は

▼ 了つたな~ (2, 0.0%)

1 ア, 大事な

▼ 了つたわ~ (2, 0.0%)

1 と言, ね

▼ 了つた山内~ (2, 0.0%)

2 には無論

▼ 了つた平次~ (2, 0.0%)

1 は座下駄, は改めて

▼ 了つた店~ (2, 0.0%)

2 をやう

▼ 了つた後悔~ (2, 0.0%)

1 とイヽ気, のため

▼ 了つた樣子~ (2, 0.0%)

1 であつ, です

▼ 了つた渠~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 了つた煙管~ (2, 0.0%)

2 を下

▼ 了つた立見君~ (2, 0.0%)

2 の半生

▼ 了つた者~ (2, 0.0%)

1 が急, が昔教

▼ 了つた頃~ (2, 0.0%)

1 にひよく, に小父さん

▼ 了つて一言言~ (2, 0.0%)

2 はれる

▼ 了つて二人~ (2, 0.0%)

2 は暫し

▼ 了つて些~ (2, 0.0%)

2 と首

▼ 了つて俺~ (2, 0.0%)

1 の手帳, はかう考へ

▼ 了つて其上~ (2, 0.0%)

2 に薄く

▼ 了つて宿~ (2, 0.0%)

2 の内儀

▼ 了つて彼女~ (2, 0.0%)

1 が伝票, の思ひ

▼ 了つて後~ (2, 0.0%)

1 にはた, に殘つたの

▼ 了つて心~ (2, 0.0%)

2 は上の空

▼ 了つて援助~ (2, 0.0%)

2 を朋輩

▼ 了つて昌作~ (2, 0.0%)

2 も挨拶

▼ 了つて横~ (2, 0.0%)

2 に臥

▼ 了つて氷~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 了つて渠~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 了つて炭~ (2, 0.0%)

2 をついで

▼ 了つて無理~ (2, 0.0%)

1 に思, に思ひ出す

▼ 了つて眼~ (2, 0.0%)

1 が廻つて涙, に見え

▼ 了つて肩~ (2, 0.0%)

2 をすぼめ

▼ 了つて隅~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 了つて霜~ (2, 0.0%)

2 も降るべく

▼ 了はれ~ (2, 0.0%)

1 て居る, て程なく

▼ 了はれる~ (2, 0.0%)

1 と坊ちやん, のである

▼ 了ひさうで~ (2, 0.0%)

1 どうも申分, 一種食慾に

▼ 了ひたいやう~ (2, 0.0%)

1 な狡い, な言

▼ 了ひたい逆上~ (2, 0.0%)

2 した血

▼ 了ひだ~ (2, 0.0%)

1 けれども眞箇, とも考へた

▼ 了ひです~ (2, 0.0%)

1 なと主人, ね

▼ 了ひなさいまし~ (2, 0.0%)

1 な, よ

▼ 了ふかどちら~ (2, 0.0%)

2 かであ

▼ 了ふかみんな~ (2, 0.0%)

2 さらけ出して

▼ 了ふか手拭~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 了ふけれ~ (2, 0.0%)

1 ども, どもよく

▼ 了ふし机~ (2, 0.0%)

2 も何

▼ 了ふとまだ~ (2, 0.0%)

2 何か

▼ 了ふともう~ (2, 0.0%)

1 他の, 私達は

▼ 了ふもんです~ (2, 0.0%)

1 からつい, から沢庵樽

▼ 了まひ~ (2, 0.0%)

1 ます, ますよ

▼ 了わり~ (2, 0.0%)

1 て限り, 直ちに位

▼ 了われ~ (2, 0.0%)

1 ばたちまち, ば可

▼ 了~ (2, 0.0%)

2

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の努力, も大

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の方, をはじめ

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の祇園名物香煎, 然として

▼ 了~ (2, 0.0%)

2 し終に

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の二童子, は別

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の力, 約之辛

▼ 了見方~ (2, 0.0%)

1 が情, が情け

▼ 了解す~ (2, 0.0%)

2 可から

▼ 了解らない~ (2, 0.0%)

1 やうだ, 聖書を

▼ 了~ (2, 0.0%)

1 の春嬌, も一人伴

▼1* [422件]

いかけた見世物小屋の, 了いさえしたら, 了いたまえ, 了いという時, 了いなされたのじゃ, 了いはせぬか, 了いひきちぎった襦袢の, 了いましょうよと重ね, 了いません兎に, 了いやしたそれゆえ粂の, 了い度い取り調べ, 了い待っても待っ, 了い成さって, 了い気がついて尾根, 了い込んで煙管筒, 了うけえ好いです, 了うしそれでなければ, 了うし一人は前額部, 了うし慶喜は朝議, 了うし社会科学では文化闘争, 了うし私が寝, 了うし胸は酸っぱく, 了うたあとで母屋, 了うたそれから直ぐ, 了うたらうが太古, 了うたんじや, 了うた世の中である, 了うた伊勢の大神, 了うた処が土橋, 了うた原因もこ, 了うた四月廿一日ごろと決した, 了うた地方が多い, 了うた堀川の芝居, 了うた形さへある, 了うた後になつ, 了うた後心安らかに元旦, 了うた後馴染の親分, 了うた感がある, 了うた歌も本歌, 了うた武家頃のある, 了うた為に祝詞, 了うた為大抵の国々, 了うてたらよかつ, 了うて出て来ない, 了うにちがいないと, 了うのみでありませぬ, 了うわよ, 了うんだもの, 了えず続いて百人町, 了おうと努力しました, 了おうと決心したの, 了おせないことを, 了おせる計画だった, 了から二月あまり, 了に追付く, 了されたものが, 了しましたのでずかずか, 了しませぬけれどもこれ, 了し得るに至る, 了し終るということ, 了すべきにあらず, 了するを得, 了せざる的の, 了せるだろうと思われた, 了ったかれを勇吉, 了ったではない, 了ったであろうか夫, 了ったらせえぜ, 了った倒れる拍子に, 了った押入れの前, 了った見得でダンビラを, 了った降って行っ, 了ってからはもうお, 了ってからもじっと其場, 了ってさえもいるよう, 了ってるんだ, 了つかまつりたき志望に, 了つたこれがそもそも, 了つたそれを掴み出さう, 了つたためであつ, 了つただらしなく横座, 了つたつけね, 了つたもんですからね, 了つたやうでした, 了つたやうにすら感じられた, 了つたらうと言, 了つたわれとわが, 了つたコックが二階, 了つたピアノの顫音, 了つた一行の通り過ぎ, 了つた上先の主人總兵衞, 了つた事実などが多い, 了つた人なれば, 了つた人間の数, 了つた今からおよそ, 了つた今日になつて悔悟, 了つた俺の弟, 了つた僕の躯, 了つた僞善の花, 了つた兄の苦痛, 了つた六十八九頁に, 了つた処もあるらしい, 了つた十二日の夜, 了つた唯一つのプロセス, 了つた場合は残り, 了つた太郎どんの犬, 了つた女房が可哀想, 了つた娘は其の, 了つた己は, 了つた座はもう, 了つた形であつ, 了つた惡魔なんてほんとに, 了つた所からお, 了つた手帖もあつ, 了つた本所の御用聞, 了つた気がした, 了つた為め新家の家, 了つた爲め新家の家, 了つた田の中, 了つた田舎ものてき, 了つた直也は最後, 了つた笛を流儀, 了つた精髄的なもの, 了つた羊は脇, 了つた翌朝のこと二人, 了つた老翁の茶摘み水汲, 了つた訳だ, 了つた詞句を生かし, 了つた語にもと, 了つた謂はば私, 了つた譯だ, 了つた谷底の中, 了つた赤楊の王樣, 了つた赤犬が一疋坐つて, 了つた身體も精神, 了つた頃マリヤンが口, 了つた風がた, 了つた馬を, 了つた髮かたちを見, 了つてあとは一瞬時前, 了つてこの間から西洋髪, 了つてさあの日, 了つてさし向何, 了つてそつと額, 了つてだらしなく横座, 了つてコンニチハイイコダネといふ, 了つてハツとした, 了つてホツと息, 了つて一休みしながら, 了つて一年餘り新聞社, 了つて一日も休まず, 了つて一枚の花弁, 了つて一番の能, 了つて一番下等なの, 了つて三等室にも林檎一つ, 了つて不安な気, 了つて之を桑野, 了つて乳長く流る, 了つて今では却つてサバ, 了つて今回の, 了つて今日では皆個人主義, 了つて何一ツ悲惨を連想, 了つて何処へ行つたつて気, 了つて何方へ行つて可, 了つて例の充分, 了つて修業する時, 了つて僅に西, 了つて僅かに見えつ隠れつし, 了つて僕の本箱, 了つて先づ第一, 了つて入口の扉, 了つて八五郎の手, 了つて其処の場図, 了つて其答を考へる, 了つて内部の生命, 了つて十分云ひ現すこと, 了つて半信半疑で繰返した, 了つて半分は西岡, 了つて半日位夢中になつ, 了つて口を噤む, 了つて右の頬, 了つて唯一人育つた娘, 了つて四五日位ひお, 了つて塵になつ, 了つて大声に笑, 了つて大正二年に北山清太郎, 了つて妙に悲しい, 了つて妹のお, 了つて客のない, 了つて室内に菊, 了つて家と家, 了つて屋外の運動, 了つて履物が取れない, 了つて平凡小説を捻くる, 了つて平次と八五郎, 了つて庭のかなた, 了つて廂の出た, 了つて彼に絵, 了つて得体の知れぬ, 了つて從つて墨子の事, 了つて応接間向きの趣向, 了つて恰度其処へ俺, 了つて恰度其處へ俺, 了つて悔ゆるところ, 了つて我々はプラットフォーム, 了つて損をした, 了つて操は膝, 了つて改作しなくなつ, 了つて數ある卓子, 了つて旋て地殼, 了つて日曜日発行に間, 了つて昨日から稼業, 了つて昼飯はにやご, 了つて最後に, 了つて最近一手に寄進, 了つて朝から夕方晩くま, 了つて柱頭につく, 了つて此方も会, 了つて此程度で訓め, 了つて歸らうと, 了つて殆んど, 了つて母とお, 了つて油手を拭く, 了つて浜のいちばん静か, 了つて浜辺のいちばん静か, 了つて温泉宿の亭主, 了つて濱主の奏し奉つた, 了つて煙草をぷかぷか, 了つて物を言, 了つて珍らしくもさつぱりと, 了つて生の原子, 了つて田毎に宿る, 了つて疲れ果てた顏, 了つて盛んな精進料理, 了つて真暗になつ, 了つて真面目な顔, 了つて穢ない室, 了つて緑の騎士, 了つて而して, 了つて肝胆を披瀝, 了つて船の垢水, 了つて茫然して, 了つて虫の音, 了つて行方を搜, 了つて裏へ出る, 了つて誰かに持つ, 了つて貧乏し老年, 了つて赤土のやう, 了つて身動きも為, 了つて釧路十勝二ケ國を勢力範圍, 了つて釧路十勝二ヶ国を勢力範囲, 了つて雨淋げども竹, 了つて靜かに煙草, 了つて音だけが配石, 了つて顏を擧げる, 了つて鰒を河豚, 了つとるんです, 了という二十一歳の, 了というは正方形を, 了んだ荒び, 了などと答えて, 了ならずとの故, 了なることを, 了ていったん, 了ねい道楽者に, 了のうのう致し候, 了はうではない, 了はずにいつかそれ, 了はせる代物ぢや, 了はらず隨逐し, 了はらぬ小説の, 了はるにき, 了はれぬ様である, 了ひかうした人間の, 了ひさうだぞ, 了ひさうだつた, 了ひさうなのが, 了ひたい様な気, 了ひたい樣な氣, 了ひたい男もある, 了ひたくないけれども兎, 了ひたくなかつた為である, 了ひたく思ふのです, 了ひたく無いね, 了ひなさいと景気, 了ひなさるよ, 了ひますですから間さん, 了ひやしないでしよう, 了ひ書いたものは, 了ふかいね, 了ふから一滴の血, 了ふから何時でも綺麗, 了ふから塔は少し, 了ふから盾の鏡, 了ふくらゐだつたさ, 了ふしそれは静か, 了ふしやつぱり戀は向う, 了ふし唯一人杉山ばかり自分, 了ふし旦那取は為ろ, 了ふし根本は家, 了ふし此頃では殆ど, 了ふし蝶の浅, 了ふだでな, 了ふであらうか, 了ふですア夜も, 了ふとほんとに清々する, 了ふと余り愉快な, 了ふと唯二つしか, 了ふと少し酔つたと, 了ふよつてよう覺, 了へたでは, 了へたり葉鶏頭の, 了へた後母の郷里高知縣佐川町, 了へてはそこへ, 了へても香ひ, 了へなど云ふ, 了へねえちよいと, 了へるほつと安心, 了やがつた, 了らざるにはしなくも, 了らしめんと, 了らむとするに当り僅か三週, 了られ満面に, 了らんことのせめて, 了らん乎この傾向, 了りけり真砂積む, 了りける後奇しくも, 了りたれば恋愛, 了りましたがその, 了り参ります丁度用も, 了り恐しい感動の, 了るならば人類, 了ろうとする, 了わし今日まで同地, 了わせよと命じ, 了わせられるもので, 了わると果実, 了わる時刻だったので, 了われなかったのでしょう, 了われましたがただ, 了われ身の処置, 了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 了セザルコトヲ私は若い, 了セバ総テ僧ニ輸セン, 了た時, 了ツたんぢやない, 了ルト同時ニ其ノ終結, 了ルニ若カズ, 了大塔, 了人薄暮詩成天又雪與梅併作十分春, 了に背負わせる, 了介中山良三と千代岡, 了介殿御出ニ候得共今少し御, 了介殿御同伴上坂も致候, 了仏壇に線香, 了と言, 了休禅坊同道相伺い御礼, 了を得, 了しか話せる, 了の作, 了八幡宮邊方徘徊兒童相見共相語, 了和尚さんが玄関, 了哲らがその, 了塚近くの林, 了塚附近の林, 了塩入亀輔来訪帰りにマルヤ, 了薩, 了寿居士御夫婦, 了居士元祿七年甲戌十一月二十三日, 了居士といへり, 了居士明和六年己丑七月遠州舞坂人, 了山中で狸, 了庵上堂の大会, 了得し以て, 了得せられたことで, 了にあらざるなり, 了心信士と申し, 了して, 了戒一刀と同じ, 了戒二尺三寸斗の御, 了の裔, 了是了などと答え, 了普学書於真栄以其善書世亦直, 了智教名明光親鸞の孫唯善, 了更相携遊于八瀬受博士之饗應於平八茶屋, 了以, 了期色相世界現狂癡, 了の御利益, 了権現の向い側, 了を拭き, 了泰了の子, 了海さんはまだ, 了海めが罪亡, 了海様一生の大, 了海等である中, 了海身を果, 了などは思い, 了矢部巽明子青年二人次ぎ次ぎに現, 了がある, 了できるもの, 了節法眼奥御医師三百五十石, 了範たちの法師, 了縁家の祖, 了の権経, 了を生ぜざる, 了臆断に付, 了蓮寺伊藤祐晃師の示された, 了蓮寺大坂の伝光寺, 了解せられぬが傳燈阿闍梨, 了解らぬやうな, 了解りでもする, 了解りました能く, 了誉上人が解脱, 了誉上人始祖家康の生母, 了の宿屋, 了軒以來西村氏の後, 了軒唯譽深廣連海居士と法諡, 了軒自身であつ, 了は此, 了院性譽一鎚自聞居士は明和六年四月二十四日, 了といふ, 了齋覺え書