青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「上っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

上~ ~上がっ 上がっ~ ~上げ 上げ~ ~上げた 上げた~ ~上げる 上げる~ ~上っ
上っ~
~上った 上った~ ~上り 上り~ ~上る 上る~ ~上下 上下~ ~上京 上京~

「上っ~」 7740, 74ppm, 1520位

▼ 上っ~ (7250, 93.7%)

305 来た 214 行った 213 いた, 来て 153 いる 114 きた 100 いった 99 来るの 83 いるの 76 来る 69 しまった 67 行く 65 来たの 63 行くと 52 見ると 48 きて, 行って 44 くる 37 行くの 35 下さい 33 くるの 31 みると, 来ると 30 いたの 29 来ました 28 行きました 27 しまいました 26 いって, いて 24 来るよう 23 しまって 22 ゆく 20 いるよう 19 きたの 18 ゆくと 17 ゆくの, 見て 16 いました, いるが, いると, 行ったが 15 います, ゆきました 14 見た 13 しまったの 12 いるん, くると 11 叫んだ, 来た時, 自分の, 行ったの 10 いたが, いるところ, いるので, しまう, みた, 居る, 来たので, 行こうと 9 いるもの, 来ること, 行きます, 行くよう 8 おいで, しまうと, 来たが, 来たところ, 来る足音, 来る音, 着物を

7 [13件] いきました, おります, 出て, 奥へ, 彼の, 手を, 来たこと, 来たん, 来ては, 来る人, 私の, 私は, 顔を

6 [18件] いくの, いったの, いるから, いること, いる間, きました, くるよう, それを, みて, 元の, 来たと, 来たよう, 来たり, 来ない, 来るもの, 行くこと, 行くので, 部屋の

5 [21件] きます, それが, みますと, 下さいまし, 二人の, 二階の, 例の, 向うの, 奥の, 居た, 彼女の, 待って, 来たもの, 来ます, 来れば, 眼を, 行きますと, 見ますと, 見る, 障子を, 頭の

4 [38件] いく, いたこと, いても, いない, いなかった, いるという, いるに, いる事, おくん, くるもの, くる足音, くる音, しまうという, その辺, 中央の, 了った, 何か, 参りました, 喜びました, 喜んだ, 外へ, 大急ぎで, 帯を, 廊下へ, 彼女を, 急いで, 扉に, 来たお, 来た彼, 来た頃, 来るところ, 来る時, 窓を, 行くうち, 行った時, 見たが, 見ました, 見れば

3 [88件] あたりを, いくと, いただいて, いたん, いた時, いったが, いなかったので, いるお, いるか, いるし, いる所, いる者, おいて, おりました, ください, くること, こい, しまいそう, しまったから, しまったもの, しまったよ, そこに, その中, その方, それから, まいり, まいりました, やる, ゆきます, ゆくこと, 了う, 二階へ, 仕舞った, 休んで, 傍の, 入口の, 刀を, 卓子の, 地団駄を, 坐った, 夫人の, 室の, 家の, 居て, 居りました, 居るから, 居るの, 帰って, 廊下を, 戸を, 机に, 机の, 来い, 来いと, 来そう, 来たから, 来たという, 来たのに, 来たばかり, 来た人, 来てから, 来なかった, 来ましたが, 来るかも, 来るが, 来るまで, 来るん, 来る様, 来る者, 棚の, 様子を, 橋の, 済みません, 玄関に, 真直に, 私を, 窓から, 窓の, 腰を, 膝を, 行くという, 行ったもの, 行ったん, 行った崖, 見えた, 見えて, 雨戸を, 驚いた

2 [259件] あたふたと, あとを, いざと, いたから, いたそう, いたため, いただきたい, いたと, いたという, いたよ, いたよう, いた伸子, いったところ, いってから, いないから, いないという, いないの, いましたから, いますから, いやな, いやに, いらしった, いらっしゃいまし, いるかと, いるため, いるだろう, いるでは, いるとしか, いるよ, いる品物, いる大きな, いる娘, いる訳, いれば, いろ, おいでに, おりましたが, おりますと, きたと, きたところ, きたので, きたん, きた彼, きては, くる感情, くれ, くれば, こっちへ, こないの, こなかった, これも, これを, しては, しまい, しまいましたよ, しまいます, しまうぜ, しまうの, しまうまで, しまえば, しまったが, しまったん, しまってから, しまわなければ, すぐに, せかせか息, そのあらゆる完全性, その下, その短刀, それは, どこへ, みたいと, みたが, みたり, みても, みましょう, みましょうか, みよう, みれば, ゆくもの, ゆこうと, ゐる, ズボンの, 上を, 下さいな, 下さいませ, 不安そうに, 並んで, 中を, 二人は, 云った, 人を, 今度は, 他の, 以来の, 仰向けに, 伝通院の, 伯母の, 倒に, 僕の, 内を, 利息だけでも, 助けを, 参ります, 参りまする処, 参ると, 叫びました, 叫び出した, 右側に, 向うへ, 喜んで, 坐って, 声を, 外に, 大きくなっ, 大声を, 夫人を, 室から, 寝て, 寝室の, 将来の, 少しキョトキョト, 居ます, 居ります, 居るという, 差図を, 帰り仕度を, 帰ると, 床の, 廊下に, 彼は, 往った, 後を, 従来の, 御飯を, 急に, 悲鳴を, 手拭で, 拝んで, 挨拶も, 教会の, 星と, 曹操に, 朱を, 来そうな, 来たか, 来たかの, 来たさっき, 来たじゃ, 来たたくましい, 来たに, 来た一人, 来た夫人, 来た女中, 来た姉, 来た方, 来た階段, 来な, 来ないが, 来ないの, 来ないので, 来るある, 来るだろう, 来るにつれ, 来る感動, 来る新しい, 来る物, 来る筈, 来る跫音, 来る途中, 来る間, 板場の, 案内を, 欄干を, 次の, 次の間の, 欣んだ, 歯を, 気を, 水を, 浴衣を, 炎の, 炬燵に, 煙草の, 煙草を, 父の, 物静かに, 玄関の, 珍らし, 瓦を, 甲板へ, 目の, 目も, 眺めると, 眼の, 空を, 空中に, 第一, 続いて, 縁の, 縁側へ, 耳を, 色々な, 蒲団を, 蝋燭を, 蠅の, 行かれたの, 行きそう, 行きながら, 行くお, 行くから, 行くし, 行くとき, 行くところ, 行くらしい, 行く中, 行く人, 行く時, 行く男, 行く途中, 行く音, 行けば, 行ったかと, 行ったその, 行ったと, 行ったという, 行ったとき, 行っても, 表の, 見える, 見えるの, 見せる芸当, 見ても, 見よう, 見廻したが, 親烏, 話して, 話を, 護摩を, 足の, 足を, 足音荒く, 跣足の, 身を, 転任する, 逃げようと, 逃げ出して, 遙か, 長火鉢の, 隅の, 階段を, 随って, 障子の, 雨の, 電燈の, 電燈を, 顔が, 風呂水を, 髪を

1 [3132件 抜粋] あすこの, あっけに, あの洗練さ, あれは, いきますと, いくん, いく追, いただきたく案内, いただくほど, いたので, いたら夕方, いた二三人, いた土, いた平馬, いた浪人共, いた老女, いったそう, いっては, いないが, いない狼藉者, いなすった, いますぜ, いようとも, いらっしゃいましたろうが, いらっしゃるから, いらッ, いるこういう, いるぞ, いるとは, いるらしい様子, いる一方, いる人たち, いる偃松, いる厚, いる大次郎, いる幸子, いる文学作品, いる本所, いる気, いる煎薬, いる畑地, いる私自身, いる肉太, いる船体, いる遊園地みたい, いる面, いる高い, うまい工合, おきたいと, おとうさんの, おやおや, おらん事, おります有様, おッ, お出で南瓜煮えた, お堂, お市の方と, お待ち下さいませ, お歌を, お詣り, お関所, かまいませんか, きたか, きたという, きたもの, きた伊助, きた所, きた遠い, きなされたの, ぎゃっと啼く, くださいましよ, くるそれ, くるとかいう, くるまではと, くる場合, くる後悔, くる感激, くる水面, くる白衣, くる衝動, くれたら私, こいとの, こちらへ, こない, この日, この老婆, こられるもの, ご覧に, さらに深い, しっとりと, しまいこんな, しまいますからな, しまい面白く, しまうもの, しまおう, しまったらしく傍, しまった赤字破局, じっと動かず, すぐ花, すばらしいお, そうしてああ, そうだ, そこには, そして主税, そっとメネルー, そのころ, そのイーチャン, その友人, その小さな両方, その本拠, その猟, その縄, それから下, それに二人, たった一人, だまって, ちょっと次の間, つかれた心, とうとう二百五十円, ところ嫌わず踊る, どうかする, どっと笑い囃す, なりません, のし懸る, ひざまずいた, ひとりで, びっこを引き引き走っ, ふんどし, ほ, まいったの, まいる東西, また, また下りました, また明い, まだねむい, まるで死んだ, みたこと, みましょう千隆寺, みんなに, もう一度周囲, もう歩けない, もらいましよう, やがて神さびた, ゆかなかった, ゆきちら, ゆき大急ぎ, ゆき途中, ゆくじゃ, ゆくどころか, ゆく何, ゆく煙, ゆけば, ゆっくり遊ん, よく検, よろめく玄白斎, わいわい見, ゐたの, ゐる僕唯一, カステラを, ガーンと, キュリー夫人は, グルグルと, サンゼリゼへ, ジンの, スルスルと, ソヴェト同盟の, テエブルの, バッタリと, ピストルを, ヘトヘトに, マダ半年と, メヅサは, リイを, 一つ, 一分も, 一寸居ずまい, 一日も, 一畝り, 一陣の, 三人に, 三畳ばかり, 上帝近く住む, 下さいませんか, 下ったと, 下座敷, 両側から, 中へ, 丸沼湖畔に, 乗着い, 乱杭歯般若の, 二三度体操を, 二十四丁目の, 井戸の, 人が, 今しがた仕事部屋から, 今まで, 仏の, 仕事師大工達の, 仰向, 会場の, 低い天井, 何だかわけ, 何やかや用, 何者とも, 供待ちの, 倶に, 僧院に, 光って, 全見物, 兵馬を, 内陣の, 凶い, 出鱈目の, 初日を, 前日来の, 動も, 勝手許へ, 十二三の, 午餐を, 南玉の側へ, 参った, 参りますと, 又山, 叔父の, 口も, 叩き落さなかったら南さん, 可愛がられて, 叱られるもの, 向い合って, 吾輩を, 呼んだ, 唇から, 喜ぶの, 喪心した, 四五千両せしめ, 四辺は, 土を, 地続きの, 坑の, 場割梗概と, 売って, 外の, 夜具の, 大に, 大悦び, 大鐘を, 天子に, 奥に, 女中が, 妻に, 娘の, 子供達を, 宙ぶらりんに, 客引が, 寄って, 寝ること, 寝衣, 小僧も, 小田原攻の, 少し歩き, 居たが, 居ない未来, 居るが, 居る北条, 居る萱原, 屋根ほどの, 岩の, 島めぐり, 左へ, 布団を, 帳の, 年を, 底から, 座敷へ, 廊下から, 弾機仕掛の, 彼一流の, 待つと, 後ろで, 御蝋, 御迷惑, 心覚えの, 念仏を, 思わず小, 恐れ入る, 悦びました, 悪口雑言ゆるさん, 慌てて, 戸の, 手のひらへ, 打つ事, 拙者が, 挨拶できる, 捨て去ろうと, 摂津難波, 散って, 斜め横から, 方角を, 日暮に, 早朝より, 春子を, 昼飯の, 晴れ渡った春, 暗い森, 暫くは, 更に幾匹, 書架の, 月も, 朝倉先生に, 机や, 来さしった時, 来たけれど, 来たため, 来たひとり, 来たらとなり, 来た一個, 来た乱暴, 来た佐原嘉門, 来た叔母, 来た大層, 来た安兵衛, 来た年紀, 来た感動, 来た日, 来た水死人, 来た熔岩, 来た続いて, 来た船, 来た路, 来た長州侯, 来た黄金, 来ないじゃ, 来ない程, 来なければ, 来ましたけれども, 来ます単に, 来ようと, 来られた田の神, 来るお, 来るだから, 来るにつけ, 来るまでに, 来る一つ, 来る人々, 来る元気, 来る収入, 来る存在, 来る恐怖, 来る手, 来る松明, 来る汽車, 来る理論, 来る米, 来る聯想, 来る裏口, 来る靴, 来度, 東又南又, 柊の, 案内された, 棕梠箒の, 椽側を, 樹皮の, 次の間へ, 止まなかった, 歯なみよい細かい, 殺しに, 毛利先生の, 気球捜査に, 江南を, 河童に, 泥棒の, 洞穴の, 浪華へ, 涙を, 混血児めそんな, 湧き出して, 溶けかかる霜柱, 瀕死の, 火鉢越に, 烏賊に, 煌々たる, 熱し眼, 父が, 牛馬や, 狂うばかりに, 玄関横の, 球台の, 生えて, 男が, 畳二畳を, 白い両, 皆と, 皿の, 目立って, 真鍮の, 眼瞼軟骨の, 矢張お, 硝子の, 祖先の, 私が, 秋波を, 空の, 突然恐ろしい, 端坐し, 筮竹を, 米国に, 細い格子, 終って, 綺麗な, 縁側で, 置けば, 考え込んで, 職人が, 背中に, 胸や, 腕に, 自ら法典立案の, 自分をば, 舌が, 船酔いしねえ, 花の, 若旦那の, 茶店の, 荒れきった大きな, 落ちると, 蔀を, 虎を, 蝋燭の, 血走った目, 行きだした, 行きますの, 行き雪上, 行くじゃ, 行くより, 行く二人, 行く学士, 行く惣平次, 行く真名, 行く足音, 行けませんでした, 行ったくらい, 行ったまでは, 行ったろう, 行った折, 行った雨, 表へ, 裏口から, 襯衣を, 見えるその, 見たもの, 見たんで, 見つめて, 見ます, 見るから, 見上げようと, 見物しよう, 覗きながら, 観念の, 訴えると, 話し給え, 誰にも, 谷口を, 貰いましょう, 赤い眼, 足早に, 踊り出したかも, 身が, 軒先を, 近くに, 迫り来る, 追っ駆け廻るの, 逃げ出し相, 逆立ちを, 進みはじめた, 遊べ茶碗, 遠く行く, 都会の, 野良を, 銅像の, 長い卓子, 長屋の, 間も, 降参し, 隅っこの, 隣りの, 雲雀の, 電話の, 青天井や, 頂きましょう, 頓狂な, 額で, 顔中の, 風呂場に, 食べものを, 駈けだすこと, 骸骨島の, 髪に, 鯰の, 黒門を

▼ 上ったり~ (249, 3.2%)

64 下ったり 28 下りたり 16 して 9 降りたり 6 した 54 すること 3 である 2 するの, するので, だと, 縮んだり, 踊ったり

1 [104件] おりたり, がたつかせて, ぐうッと, したが, したこと, しても, しながら, しました, しますの, すっかり自分, する, するじつに, するって, すると, する一種, する二人, する午後, する度ごと, する程, ずうと, だぜ, だそう, だろうぜ, だろうなぞと, だわ, だ元, つかまったり, で, でいよいよ, でがん, でげすから, でさあ, です, ですよ, ですわ, どうも様子, どす黒い灰燼, なさること, なわけ, なんです, または望遠鏡, また倒れる, また落ち, また象嵌, グッと, ローマ時代の, 一二歩あるき出し, 上から, 上ろうと, 下ったりという, 下へ, 切りに, 向こうから, 多勢声を, 宙返りを, 寝転んだり, 屈みこんだり, 屈み込んだり, 岩組みの, 崩れたり, 崩れ去ったり, 広いお, 店へ, 庭に, 後を, 或いは長持, 手を, 持ち上ったり, 掘り出されたり, 揺れ下ったり, 晩餐に, 月見草ばかり, 木戸口から, 横へ, 気怯れ, 沈み込んだり, 沈み返ったり, 泣きの, 深い谷, 玄関の, 神経的に, 空中へ, 窓口に, 縁ばな, 聳え立ったり, 肩の, 自然科学が, 舞い下ったり, 芸者の, 落ちたり, 諸君の, 走ったり, 跳ね廻っ, 蹴落されたりの, 醜悪な寝ころび, 金に, 門口に, 降りたりは, 霜解の, 靡いたり, 食うこと, 首を, 駈け下り, 高天原から

▼ 上っては~ (69, 0.9%)

2 いないが, いないの, どうかと

1 [63件] いけないと, いけないよう, いけまいとの, いたいけな, いないこと, いなかった, いなかったの, いまいかと, いるが, こなかったでしょうけれどね, こまるな, ちらちらと, ひそかに, またひとしきり, また三階, また右左, また後, また発足点, また空, また群衆, みないが, やがて自分, 下さいませんか, 下る紫, 不味い, 中庭ご, 人間として, 仕方が, 休み休んでは, 体力の, 劉禅皇帝の, 動くその, 匍い下り, 又グウウ, 反りかえり, 困ります, 困るから, 変化する, 宙で, 小突き廻され真に, 居なかった, 居られません平常, 床の, 思い出したよう, 手拭で, 投げ出され何, 挽き下ろし伸, 挽き下ろす大鋸, 掛物と, 政治的工作に, 来ましたが, 来る, 椰子の, 横に, 水の, 泥と, 消えた, 罰が, 見るけれども, 迷惑だろう, 遊びました, 鋭い鋒先, 陛下に

▼ 上っても~ (64, 0.8%)

2 いいの, 下っても, 自分の

1 [58件] い, いい, いいか, いいけれど, いいです, いいと, いいん, いろいろな, うい, お宜しい, お腹へ, かまいは, こうやっ, これとともに, ご馳走は, すぐ酔いつぶれ, その胸, それに, それを, そんなこと, どこへ, まだ, もう伸子, よくって, よろしうございます, よろしかろう, 上っても, 上らなくっても, 上れやしねえ, 下りること, 五分だ, 人に, 今度は, 其れ, 出られない, 半間な, 同じである, 困ること, 寝て, 平素一二の, 影さえ, 心臓の, 怖ろ, 息が, 柔軟な, 正気を, 灰だらけに, 為方, 皆の, 知情意の, 行かないの, 見えたし, 誰も, 資本主義的矛盾が, 赤い葉, 都合が, 電気天井で, 飽き足らねえ奴

▼ 上ってから~ (38, 0.5%)

2 褄を

1 [36件] お種, ここで, これで, しばらく坂, そろえて, だね, でなけりゃどっち, はや二月, また何, まだ一年, やんわり地上, 一しょに, 一門の, 三箇月ばかりという, 下りに, 二日ほど, 今度は, 以来引続き, 光子さんに, 北海道の, 十年に, 厚い絨毯, 始めて, 左へ, 平気な, 手早く鏡台, 曾根崎署よりも, 水を, 私たちは, 私は, 繰返し繰返し引っぱった, 胎毒を, 血を, 見せて, 身体を, 轢死事件の

▼ 上っちゃ~ (12, 0.2%)

1 [12件] いけないと, いけねえし, いそう, いないん, いました, アいけない, ア駄目だ, 大変です, 居ない, 悪かろう, 運賃も, 間尺に

▼ 上ってからも~ (5, 0.1%)

1 ぐずぐずし, それらの, どこか, ややしばし遠ざかる, 右衛門七が

▼ 上ってさえ~ (5, 0.1%)

2 いて 1 いたの, クリストフは, 甲武信方面への

▼ 上ったって~ (4, 0.1%)

1 えからにゃ, えらい者, そこまで, 脇坂様は

▼ 上ったりに~ (4, 0.1%)

1 して, なった, なりは, なる

▼ 上ってからの~ (3, 0.0%)

2 ことである 1 足跡だけが

▼ 上っ~ (3, 0.0%)

1 がある, をきた, を着

▼ 上ったりなんか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 上ってからと~ (2, 0.0%)

1 心掛けて, 思って

▼ 上ってからは~ (2, 0.0%)

1 上品な, 浴衣一枚の

▼ 上ってしも~ (2, 0.0%)

1 うた, てたの

▼ 上ってでも~ (2, 0.0%)

1 来ようもの, 来るよう

▼ 上ってと~ (2, 0.0%)

1 その仮名, 逆捩です

▼ 上ってね~ (2, 0.0%)

1 あの上の山, 後から

▼1* [20件]

上っかわにかぶせるべきでは, 上っかわのかすれた様, 上ったりのうるさ方, 上ったりは大禁物, 上ったりをくりかえした, 上ってからというものは, 上ってなんかいないの, 上っての岡沙魚という, 上ってやと懸声, 上っ呼んで, 上っ上っ, 上っりするの, 上っ叔父上のお, 上っの八十三郎, 上っの罠, 上っ滑りになっ, 上っ上っ, 上っが一所, 上っを着た, 上っ裏山へ逃げよう