青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人数~ ~人格 人格~ ~人民 人民~ ~人気 人気~ ~人物 人物~ ~人生
人生~
人目~ 人種~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~

「人生~」 8136, 93ppm, 1194位

▼ 人生~ (2863, 35.2%)

22 ための 18 中に 13 目的は 12 はかなさ, 上に 11 ために 10 問題に, 意義を, 目的と, 見かた 9 味を 8 底に, 深処, 無常を, 真の 7 姿が, 従軍記者, 或る, 目的を 6 ことは, 一つの, 外に, 幸福, 幸福を, 真理を, 道を

5 [20件] うちに, ことが, 不幸を, 可能を, 大道を, 大部分, 姿を, 実際の, 希望を, 悲しみを, 意義は, 断片を, 最後の, 最高の, 生活の, 目的である, 真味, 苦悩を, 行路に, 行路を

4 [27件] ことを, こと恋愛の, 下り坂を, 中へ, 事は, 他の, 大問題, 寂しさ, 幸福は, 快味, 悲しみは, 悲哀を, 意味が, 旅は, 機微に, 歌, 歴史の, 淋しさ, 為の, 現実に, 理想を, 目的が, 経験を, 花だ, 観方, 重大な, 重要な

3 [45件] いろいろな, 一部分である, 上で, 不如意を, 中で, 価値を, 問題を, 多くの, 大なる, 大事件, 大道に, 姿として, 幸福が, 幸福に, 必要品及び, 恐ろしさ, 意義, 方向を, 旅路を, 日常の, 晩年に, 曙に, 最初の, 最大の, 本当の, 橋を, 正面へ, 永い悲哀, 無常が, 片隅に, 現実の, 理想は, 目的, 目的の, 相を, 真実, 真実の, 経験が, 苦を, 複雑な, 複雑なる, 評価は, 象徴でなく, 重大事, 間に

2 [230件] あらゆる問題, あらゆる方面, うちから, うちで, うちには, うちの, おもしろさ, かどで, がらくたを, ことも, さまざまな, すべてだ, どの位, なかで, ほんとうの, やうに, ような, オモチャであり, サイコロの, テーマは, ディフォーメイションが, 一大事の, 一角に, 一角を, 一部を, 上において, 不平に, 不幸かや, 不当な, 不思議と, 中では, 中道に, 主題眼目は, 事ばかり, 事を, 事務である, 事実だ, 事象の, 伴侶を, 価値に, 倦怠を, 偉業成ら, 傍観者で, 働の, 免るべからざる, 全般に, 再現と, 写真を, 凡ての, 出来事は, 切なさ, 前に, 創造という, 勝利者に, 勝者にも, 半ばを, 半を, 厳しさ, 味が, 味だ, 味は, 問題から, 問題が, 問題は, 外道である, 大事に, 大事業, 大半を, 大呼吸, 大殿堂, 大法則, 大真理, 天然に, 奇蹟に, 奥義を, 奧に, 始よりも, 姿である, 姿に, 姿の, 実相から, 実相を, 家郷を, 局面が, 展望は, 岐路に, 岩壁に, 常である, 常として, 常な, 常に, 常事, 幸福で, 幸福と, 幸福という, 幸福の, 幻影を, 底流に, 心得は, 心細さ, 必要事では, 必要品便利品及び, 快事と, 快感の, 恨事寧ろ, 悟道, 悦楽を, 悲劇の, 悲哀が, 悲哀に, 悲哀の, 悲惨な, 悲惨を, 悲痛も, 悲観に, 意義が, 意義と, 意義という, 意義に, 意義も, 戦争に対する, 批評としての, 掟である, 断片, 断片なり, 断面が, 旅に, 旅の, 旅愁を, 旅路の, 明暗に, 春の, 暗澹たる, 曙の, 書物に, 最も崇高, 最も神聖, 最深処の, 最高な, 本ものという, 本ものを, 本質の, 本道を, 根幹を, 楽しさ, 横町と, 横町許り彷徨い, 機微を, 歸趣に, 段階, 段階として, 求道家では, 泉から, 波の, 波瀾の, 活相を, 流れの, 深い悲哀, 深さ, 深みに, 深所, 為に, 烽火の, 無常さを, 煙だ, 現実と, 理想の, 生活という, 疑ひを, 疑問が, 疲労に, 疲労は, 目標を, 目的だ, 目的でなく, 目的では, 目的な, 目的全部が, 真実な, 真実に, 真実は, 真実を, 真景, 真理に, 真面目な, 矛盾が, 祕奧に, 神秘な, 神秘を, 秘機を, 種々の, 競技場に, 競技場を, 終局に, 経験の, 縮図を, 至楽は, 舞台に, 航海を, 芸術を, 苦しみをも, 苦味につき, 落伍者の, 行路の, 行路は, 表現である, 衰亡だけを, 裏路を, 裏路許り走つ, 裏道で, 見方に, 解悟に, 解決は, 設計を, 詩人であった, 諸, 諸問題, 譬喩を, 趣味を, 路を, 路上で, 輸血路だ, 途に, 道づれを, 醜悪を, 重さ, 門出の, 関係でも, 闘士の, 首途

1 [1821件 抜粋] あいだに, あらゆるもの, あらゆる事物, あらゆる局面, あらゆる營, あらゆる精神的発想, あらゆる苦難, あらゆる道程, ありのままを, ある事件, ある特殊, いかなる不幸, いきさつとして, いやな, いろんな苦難, うまさ, おもしろうたて, かがやかしい受難者, きわどい笑い, くらしを, ことである, ことなんか, こと日に日に, こんな瞬間, さなかにおける, すばらしい真理, すべてな, ずれたところ, たのしみを, つねあえて, どこに, どんな部分, どん底に, なかへ, ぬかるみを, はらむ虚無, ほかに, ほんとうに, まわりの, めぐり合わせに対して, よりよき, よろこびだ, わかった人間, オリジナルな, キイ, コースを, テーマ, トラジディさえ, フェア・プレイの, ムダだ, リミットです, 一事件を, 一内容と, 一大不幸だ, 一大善根に, 一大悲哀だ, 一局部, 一断面であっ, 一日一日が, 一歩を, 一現象でも, 一端の, 一臠を, 一身一家の, 一部である, 一面である, 一齣では, 三分の一を, 下の, 不可解が, 不可避的法則により, 不幸として, 不幸悲しみ苦しみという, 不測は, 与えられた事実, 与へる苦しみ, 中から, 中断面を, 中腹を, 事お, 事と, 事務であり, 事実と, 事実的顕象を, 事業いまだ, 事相に, 事象に対する, 二大, 些事の, 享楽を, 人間性情の, 仮構を, 伴侶とは, 何かの, 何の, 何処を, 余剰価値とも, 使命の, 価値が, 俗悪そのものの, 修業は, 個人的方面に, 偉大と, 偶然事にも, 價値寧ろ, 先輩老人既婚の, 光景に, 全てを, 全局面, 全般にわ, 公約数的な, 内容から, 内的要求から, 再現人生の, 冒険も, 冷ややかさを, 凋落の, 出来事を, 出発点から, 切実の, 初年兵である, 到る所, 前方ばかりを, 創造が, 力頼みの, 務めを, 勝利者です, 勤めでございます, 十字街頭に, 半分は, 卑小で, 原則と, 厳粛とは, 參考や, 古来の, 可能は, 各方面, 名誉を, 味, 味いは, 味の, 哀感について, 哀歌を, 唯一目的と, 問題においても, 喜びのありかがやっと判った, 喜怒哀楽は, 営みが, 四分の一を, 図絵は, 圧威を, 執着も, 報告を, 場面を, 墓場は, 声々が, 夏も, 外は, 外塀を, 多方面から, 夢想家で, 大きな時期, 大不調子, 大事の, 大出発, 大本を, 大礼なりと, 大道です, 大飛行, 奇抜な, 奥底は, 奮闘も, 奴隷では, 如何なる現実, 妙味という, 妙通を, 姿で, 姿なら, 姿ほど, 孤独で, 孤独感から, 完成では, 実感に, 実相が, 実践的疑団でなく, 寂しいまでの, 寂寥は, 寒冷なる, 實行的文學に, 審判が, 尊さ, 少年時代を, 局面に, 屈託も, 峠の, 崇高な, 嶮路は, 左道たる, 希望と, 希望は, 帰趣を, 常と, 幅に, 平凡を, 幸不幸に, 幸福とは, 幸福についての, 幻滅として, 幾峠かを, 広き経験, 底なき, 座席を, 廻り舞台を, 当初において, 影ながき, 徳義の, 心理, 必要品便宜品及び, 快ここ, 快楽まことこの, 思いが, 怱忙を, 恐るべく寒冷, 恨この, 息抜きを, 悩みを, 悲しい方面, 悲しみも, 悲劇幾度か, 悲哀と, 悲喜劇は, 悲喜明暗ふたいろ, 悲慘と, 情けなさ, 惨禍は, 惨虐さ, 意味だ, 意味を, 愚かさを, 愛すべく又, 感じかたは, 感覚について, 態度などという, 憂きといふ, 懸賞, 或一面, 戦いにおける, 戦ひに, 戦利品を, 戦士であった, 所望この, 手ほどきを, 批評のみを, 指針たり, 掟に従って, 描写の, 支えと, 敗残者などが, 教師である, 文学的香具師以外の, 断面を, 新主題, 方が, 方法なり, 旅が, 旅人なる, 旅行者, 旅路は, 明るい彼岸, 明暗喜怒哀楽を, 晩秋の, 景品に, 智徳を, 智慧を, 暖みと云ふ, 暗い襞, 暗黒面から, 曙より, 曲折を, 最もよき, 最も大切, 最も悲劇的, 最も温良, 最初から, 最大不幸なら, 最大悲惨事である, 最大至重の, 最深の, 最終の, 最高唯一の, 有爲轉變, 木陰を, 本もの, 本有相, 本然だ, 本當, 本質一般に, 果敢なさ, 栄枯盛衰にかけて, 根本と, 根本義から, 森羅万象あらゆる, 極めて些細, 楽しむ可, 楽事亦, 構図を, 樂事は, 樹に, 機微も, 欣しい, 歓びや, 正面側に, 歩みと, 歴史を, 殆ど素ツ裸な, 殻を, 気の毒な, 氷河の, 汚辱を, 沙漠, 波を, 活力の, 流よ, 浪費とも, 海が, 涼しい青田, 深い味, 深い悲喜哀樂, 深き諦視, 深奥に, 渡り方, 温室なり, 準備期とも, 澎湃極みなき, 火を, 無常, 無常は, 無駄の, 煩累から, 片側を, 片隅において, 物語りを, 猛者であり, 現実として, 現実を, 現象でない, 理想である, 理想標榜という, 甘えん坊が, 生き方について, 画家という, 疑惑に, 痛苦を, 発展的モメントを, 発達その, 皮肉だ, 目標であるらしい, 目的だらう, 目的という, 目的に, 目的時代は, 相と, 眞, 眞相を, 真只中へ, 真実自然の, 真相が, 真相は, 真紅の, 真髄は, 瞬間的危機を, 矛盾や, 短きと, 砂漠の, 磨, 禍福の, 秘奥が, 秘密である, 種々なる, 究極絶対の, 窓であり, 笑い声との, 第一義に, 算梯を, 精神を, 精髓を, 紅の, 終り, 終りまで, 終点へ, 終焉老いの, 経験から, 結局の, 絵巻は, 練達者で, 缺陷, 罪悪にも, 美しさ, 美感は, 美醜を, 考えは, 職務に, 肯定者ならざる, 脈搏に, 自然と, 至宝に対しては, 至楽男子の, 至醇なる, 興味は, 航海に, 艱苦を, 花ざかりである, 花盛りな, 芸術家である, 苦しい道, 苦と, 苦労という, 苦彼らはた, 苦楽相半し, 苦痛といふ, 苦痛を, 苦闘と, 荒波に, 萬波を, 落伍者が, 落武者が, 薄明よ, 虚妄に, 血路を, 行手を, 行路さながら, 行路においても, 術は, 表層に, 表現としての, 表裏であるまい, 被害者, 裏家住ひ, 裏道ばかり, 裸とは, 複雑微妙世の, 覊旅半に, 見方では, 見本から, 視野が, 観照には, 観照者として, 解釈で, 記録と, 設計としての, 詩の, 誠の, 説明者は, 諸事諸相には, 諸有経緯, 諸相を, 謎は, 象徴にもな, 貧しき慘苦, 起伏する, 足取りを, 躁宴に, 辛労の, 退屈さと, 途は, 造営を, 進歩と, 進行だ, 進路を, 遊戯でない, 遍歴について, 過程の, 道として, 道は, 道具を, 道職業の, 達人と, 部分を, 醜惡, 重大面を, 鋭い, 長い旅路, 長い行路, 長途まだ, 門出を, 間違いない, 關門は, 陰暗, 隠微なる, 離合の, 需要から, 霊現なる, 静かな, 音楽も, 順序に, 頼みがた, 風当たりの, 風波の, 首途に, 高尚な

▼ 人生~ (991, 12.2%)

11 見て 9 愛して 8 幸福に 5 享楽する, 見る眼, 豊富に 4 悲観し, 批判する, 生きて, 生きようと, 舞台の

3 [12件] まじめに, 僅に, 大切に, 歩いて, 殺した, 經驗し, 經驗した, 織り行く梭, 考えて, 見る目, 観察する, 達観し

2 [72件] くみたてて, すてて, そこに, のがれること, もとめて, よく知っ, ドラマと, 人生と, 作って, 俗世界と, 修正する, 写さなければ, 十分に, 卑俗なる, 呪って, 味は, 味ふ, 味気ない, 営んで, 増盛する, 如何に, 完う, 己が, 建前と, 建立する, 恨んで, 愚に, 愛すの, 批評する, 支配し, 救うと, 暗澹と, 暗示する, 未来に, 求めて, 清潔に, 渡って, 甘く見, 生きねば, 異った, 発見し, 白眼視し, 眺めさせる, 眺めて, 知つたのは, 知らうと, 知るには, 知る為, 研究する, 社会を, 突き進むこれ, 立派に, 簡単に, 経て, 考えなければ, 脱離したごとく考え, 自分の, 藝術の, 見る, 見ること, 見ると, 観て, 観ること, 観察し, 語るに, 語るもの, 論じて, 送ること, 通訳する, 遊戯視し, 達観した, 隠した雑色

1 [748件 抜粋] あきらめて, あきらめ悟った人たち, あなた自身の, あまり暗く, あらしめた指導者, あるいて, あわれと, いくらかでも, いっぱいに, いとおしみます, いとわしく思い, いひ信仰, いやな, うがって, おくったに, おくったもの, おまえ達の, おもち, お終え, お送りに, かき回す理屈癖, かりそめ, くり返して, こしら, こしらえ出し幼稚, ことさらいとわしく, これ凸凹と, さぐりそのもの, しかも自ら, して, しめくくって, すごすこと, すっかり変え, すてた大, するの, せい一ぱいに, そう観, そこまで, そのままで, そのまま少しでも, その物本然, その習慣, たたかって, たのしみたい無邪気, たのしむこと, たのしむ力, たのしんで, つかみ取りそれを, つくつたり, つくりあげる, つくる最大, つくろうと, とつて, とぼとぼ辿り, とらえる俊敏, とりまいて, どうしよう, どうする, どんなにいためつける, なが, ながめる務め, ながめ得る者, なんとかし, はかなく心細く思っ, ばかに, ひっくり返し翻筋斗, ひらくん, びっくりさせ, まざまざと, まず頭, まだ半途, みずから招く, みる目, もちそれ, もって, もとめるもの, ゆめみながら, よりよく, りっぱに, わしづかみ, アンデルセンは, グイグイと, モオパスサンの, 一つの, 一代限りの, 一個の, 一歩前進させた, 一生を, 一連の, 七十と, 与えたの, 与えよという, 二度くり返し, 二度目に, 五十と, 享受する, 人間の, 今世に, 仮構し, 何か, 何時までも, 作りだすこと, 保つこと, 保つと, 信愛する, 俳句で, 僻んで, 光の, 全うする, 全き, 全然考えない, 六十年と, 其或る, 具象化する, 再現する, 写したり, 写し得たもの, 凝視した, 出直そう, 判断せず, 刹那に, 前に, 割りきってるだけの, 創っても, 創造精神で, 勇敢に, 動かして, 包まず露, 包み隠す影, 卑しみ, 単に機智的, 厚くする, 厳粛に, 又新しい, 受け入れよ, 只食っ, 司配する, 向上せし, 否定し, 含んで, 吸収しよう, 呪いますまい, 呪うこと, 呪ふ, 味おうとし, 味はずし, 味ひたかつた, 味わう程度, 味わう者, 味得し, 味解させる, 呼吸する, 呼吸ぬき, 善と, 喜劇的に, 嘆いた, 噛み味, 回想できない, 圧搾し, 堪え得るの, 報告しよう, 変えて, 変えられて, 変へて, 変幻極まりなき, 多く学ん, 夢に, 夢幻と, 大きく深く經驗, 失ったその, 奏でる大, 如何せんや, 如實に, 学び取るため, 学んで, 守り主張, 完うし, 完了し, 実によく見る, 寂しく思い続け, 寝ざめのわるい一場, 居心地よく, 展開する, 希望するなら, 幸福ならしめる, 幾つかの, 底まで, 弄んで, 形づくるいくつ, 得たいため, 微細な, 忘れたい, 忘れて, 思うにつれ, 思はせる様, 思慕し, 思議する, 悟らないから, 悟りきった尼, 悲しく恨めしく思っ, 悲しみたくなる, 悲観なされ過ぎ, 想う機縁, 想像する, 想見し, 愉快なら, 意味するなら, 意義あらしめる, 愚弄する, 愛さなかつたの, 愛さなくては, 愛した布地, 愛しつつ, 愛しはぐくみ育てること, 愛しました, 愛し子を, 愛し宇宙そのもの, 愛し斯, 愛し求めて, 愛し自分, 愛し行, 愛するから, 愛するからこそ, 愛するという, 愛する心, 愛す心持, 愛す気質, 感じずには, 感じた, 感じましたそういう, 感じる, 感じ始める十八九, 感ずること, 感受する, 感謝する, 慰むる者, 慰め人生, 慰保する, 慷慨悲憤し, 憂鬱な, 憎んで, 成すの, 我々は, 我等に, 戦って, 打算し, 托して, 抹殺せよ, 拒否する, 指して, 指導し, 指導する, 捨つべきだ, 捨てやすく, 掘り下げる俺, 探し求めようと, 掴まず視点, 掴んで, 描いて, 描き美妙, 描くところ, 支えて, 支配せん, 改めてその, 教えられて, 文学によ, 新聞が, 旅と, 明るくされ, 明日に, 暗くし, 暗くする, 暮して, 暮らして, 最も完全, 望み見て, 棒に, 楽しくする, 楽しく見る, 楽しみませう, 楽しむと, 楽しむという, 楽しむ努力, 楽しむ要素, 楽しもうと, 楽しんだという, 楽ましめ能く, 構成しよう, 樂しみあふ, 樂しむであろう, 横切つて, 橋渡りに, 欲する, 歌いながら, 正しく深く美しく, 正しく生きん, 此の, 此の世界を, 歩み出せるやう, 歩むの, 歩めと, 歪んだ鏡, 殺して, 毒する, 気絶させた, 氷に, 求める航路そのもの, 汚濁穢染の, 泥土に, 浄める, 浪費した, 浪費する, 深くいとわしい所, 深くとらえ, 深く広く客観, 深く見つめ, 深めたいと, 清くせん, 滅ぼすもの, 滑稽化する, 炎に, 無味だ, 無雜作, 無駄に, 照らして, 照覧する, 熱愛し, 熱愛する, 現して, 現わし, 理づめに, 理想を, 理解した, 理論で, 甘く楽しいもの, 甘く考へ, 甘く考へる, 生かして, 生きたから, 生きた人, 生きよこ, 生きよここ, 生きるという, 生きるとは, 生きんと, 生き多少, 生き抜くため, 生き様, 生の, 生地で, 痛感し, 発明工夫し, 発達し, 白眼視の, 眞面目に, 真直ぐ見立て, 眺めた時彼等, 眺めなければ, 眺める態度, 眺める方, 瞰下し, 知ったと, 知らざる青年, 知らないうち, 知らなかつたか, 知らぬ人間, 知りあまり, 知り従つて, 知るため, 知るの, 知る時, 知る材料, 知ろうと, 知覚したる, 砂浜に, 砂漠の, 研究し, 確保しよう, 示唆する, 社会の, 祝福しよう, 私は, 積んで, 空虚な, 空費し, 空費する, 簡単化する, 精いつ, 素朴に, 終えるの, 終った, 終ること, 終るには, 経理する, 経理せんで, 絶望し見限, 經驗する, 美しいと, 美しいもの, 美しく強く自由, 考うる, 考えた末, 考えないこと, 考えるもの, 考え取り扱って, 考へるそして, 耐えに, 肯定する, 脱離し, 自己の, 自然の, 芭蕉以下の, 苦々しく情象, 茶化して, 薔薇色の, 行旅と, 表現する, 見きわめた世界, 見せて, 見たかを, 見たら彼, 見ないで, 見なおしはじめた若い, 見るの, 見るよう, 見る至高, 見下すの, 見感ずるかに, 見捨てて, 見殘, 見渡しても, 見直さなければ, 見直したかつた, 見自分, 見返る時, 視ること, 視る眼, 観ずる為, 観た戯曲, 観よくも, 観るか, 観るには, 観るもの, 観察した, 観察せし, 観得なかったの, 観念の, 観測する, 観照する, 解き黒岩氏, 解するの, 計画し, 計算する, 詠いまた, 詠う場合, 詠う詩, 詠じた句, 語る, 誤魔くら, 論じ社會, 論じ自然, 諦めると, 謳歌した, 超絶し, 超脱した, 超越した, 趣味的に, 踏みしめる足, 踏みだしたの, 蹂躙侮辱し, 辿る人足, 送った人, 送って, 送らせたい, 送らなくて, 送るため, 送るだけの, 送るのに, 透して, 通過し, 進みましょうね, 進んで, 遊ばず人, 醜殺す, 野原に, 銅貨にかへて, 鋭利な, 閲して, 隙見し, 離れた人, 離れた地位, 震蕩, 静かに, 面白が, 頭から, 高く評価, 高調させ, 麗らかに, 黄昏化する, 鼻唄に

▼ 人生~ (670, 8.2%)

18 於て 16 對する 11 向って 10 對し, 相渉 6 とつて, 於ける詩 5 必要な, 相渉ら, 触れて 4 必要なる, 要ある, 触れるの

3 [13件] ある, 何か, 何の, 処して, 処する道, 於ても, 根を, 横はる, 渉る, 生きて, 疲れて, 触れた人, 触れると

2 [37件] ありよう, ままある, 一つの, 一種の, 二度とない, 価値ある, 倦怠を, 向う態度, 夢が, 夢を, 存在する, 害が, 就いて, 希望を, 持って, 擬して, 於いては, 於けるよりも, 於ける一, 於ける恋愛, 於ける意義, 於ける最も, 於ての, 明けか, 有用なる, 欠くべからざるもの, 沈潛する, 深い印象, 演ぜられたかも, 疲れ切ったよう, 目的あり, 社会的価値とも, 積極な, 臨む態度, 若干の, 触れ方, 酷似し

1 [453件] あいそを, あっては, あつた, あつたい, あらずして, あります, あるかと, あるがま, あること, あるに, あるの, あるサーカムスタンス, ある目標, あろうとは, いかなる地位, いかなる誘惑, いかにも似つ, いくらか知識, いくら距, いつ正義, いて, いや私, うちかって, およそ無縁, お座なりな, お禮, かえって来ない, かかわって, かかわる幾つ, からみついて, きわめて重く, くい下る粘り, くみとられて, こうして入っ, これほどの, こわいもの, こんな意外, さよならを, さらされたの, さ程, したところ, しても, しばしばある, すじさえ, すべての, せめて潤い, そっくりじゃあ, その全, たつたひとつ, たとえるなら前者, ちゃんとした, ちよつと, つながりの, つまらないもの, どんなたいへん, どんなに稀, どんな目あて, ないと, ないという, なにか, ならないの, なりますので, なるかも, なると, なるまで, なんの, なんらの, はね, ひきこむよう, ぶつかって, まともに, むけて, めざめそめて, めつたに, めめしく執着, もうキメ, もし信, もたらして, もたらすうるほひも, もっとも必要, もっとも重大, もっと厳しい, もてあそばれ生活, もとめて, やる仕事, よいこと, よれば, アルバイトが, カリが, バイバイ, プラクティカルに, プロジットしよう, ムダや, 一の, 一文も, 不抜の, 与えるものの, 与える影響, 与ふるに, 与ること, 乗り出して, 予想し, 二つの, 享楽の, 人間の, 人間性に, 他の, 住んで, 何かが, 何かを, 何する, 何事かを, 信念を, 倦みつかれた卑怯者, 倦んだとでも, 倦怠しよう, 備ふる, 傷つけられて, 傷を, 先立った人生そのもの, 克つた皮肉, 入った彼, 入って, 入つたやう, 入る第一歩, 入場する, 入込み来つた, 全く愛想, 全然役に立たない, 共通の, 其の人, 処すると, 処するには, 処する上, 処する人間, 処する正当, 出たくとも, 切實な, 別れませう, 利益を, 到る処, 功ある, 加える大きい, 勝ちぬく, 勝ったこと, 勝つたとも, 包まれたる力, 及ぼす影響, 取って, 取つて, 取つて真価値, 取残される, 受け身な, 同化する, 向いて, 向うべきで美, 向う心持, 向かっての, 向かっては, 向けて, 向った角度, 向っての, 向つて, 向つていや, 向つて意欲, 向ふ, 君臨し, 喩へる, 四期あり, 地歩を, 地獄のみを, 執着する, 執着を, 執著すべきでない, 基礎を, 堪え得ないだろう, 堪へないもの, 堪へられないで, 夕べの, 多くの, 多大の, 夢は, 大したこと, 大切な, 大切なる, 大変調, 大転換, 失敗し, 失敗した, 失望すべきで, 存在し, 学び取つた, 安ん, 安心を, 寂寞を, 寂滅の, 寄与し, 寄与しよう, 対処する, 專ら共鳴を, 導くもの, 就きての, 就て, 年処を, 幸福を, 幾分の, 幾度味わえるでしょう, 引きもどされそして, 役に, 従順なる, 徹して, 徹し得ると, 必用だろう, 必要ある, 必要の, 応用し, 忠告を, 忠実な, 思えるの, 恋に, 恋愛を, 恐怖が, 悩みながら, 情熱を, 意味ある, 意義あり, 意義ある, 意義が, 意義も, 愛する人, 愛と, 感傷し, 感謝すべきである, 憂愁を, 懐しさ, 懐疑を, 或る, 戦け, 投げ出されたの, 抗し, 抱いて, 抱くならなぜ, 持つ深い, 捉われず, 掛ける最も, 接して, 接触する, 揉まれるなり, 救いは, 敗れた大人, 文学などは, 新しい真理, 於いて, 於けるあらゆる, 於けるその他, 於ける一切, 於ける万事, 於ける不幸, 於ける二, 於ける他, 於ける個々, 於ける偉大, 於ける價値, 於ける全て, 於ける動き方, 於ける唯一, 於ける地位, 於ける天国, 於ける実験, 於ける悲劇中, 於ける或, 於ける暗, 於ける最大, 於ける最後, 於ける歡喜, 於ける火, 於ける犯罪, 於ける真実, 於ける第, 於ける言, 於ける遊び, 於ける非常事, 於ける魂, 於ては, 日本の, 明らかな, 明日という, 昼という, 暖いところ感じ, 暗合は, 暗示の, 曙が, 最も煩, 最も貴い, 最も酷薄, 最初から, 有り勝, 有用な, 有益な, 望を, 本質的な, 植えつけて, 横わる代赭色の, 欠くべからざる要素, 欺かれてる精神, 正当なおき, 正面から, 此の, 歩み入るところ, 残って, 残り惜しいもの, 比べたらそれ, 気の, 永遠な, 永遠なる, 求むるところのものはただ生きる, 求めるところ, 求める人々, 沿ひ, 洗練される, 活きた, 消極的な, 深い深い傷, 深い連関, 深く刻みつけられ, 深入りしない, 混線し, 添えるもの, 渇きあこがれて, 満足する, 滋情を, 漬かって, 潤いという, 災難という, 無死の, 無用である, 無計算, 無限の, 熱意ある, 片時も, 珍しい美, 甘いよ, 生きるべき意義, 生きるもの, 生き経た年, 生まれて, 生命の, 生命を, 用が, 疲れたやう, 疲れといふ, 疲れ欺かれた人, 疲労と, 疲弊した, 疲憊した, 発言したい, 目的を, 目覚め, 目覚めること, 目覚める第一歩, 目醒めた, 相亘る, 相違ない, 真の, 真摯な, 真理と, 矛盾は, 禁物じゃ, 私たちが, 稚くそれ, 積極的に, 突っこみの, 突入する, 立ちむかつて, 立ち帰った, 立ち迎, 築きあげて, 糸目を, 素晴らしいこと, 終止符を, 経験は, 絶望し, 絶望する, 絶望せず, 縁を, 縁遠い愚劣, 考える価値, 脈絡は, 自分が, 自分たちの, 至大至重の, 興を, 芽ぐみつつ, 苦楽相伴う, 薄眼, 行われる掴み合いの, 衝當る, 表裏ある, 補ふも, 複雑な, 見切りを, 解決が, 触れたくても, 触れたもの, 触れた心持, 触れなきゃ不可, 触れなくては, 触れるという, 触れる触れぬとの, 触れる触れぬの, 触れろと, 触れんと, 触れ自然, 評価され, 評価を, 認め得ざる一画工, 読者が, 貢献する, 責任を, 貸が, 起りかかって, 起るもの, 趣味を, 身を, 近づき外, 迷って, 退屈した, 送りこまれて, 通じるテーマ, 過ぎなかったの, 遠い閑生涯, 遠かる, 遠くおきざり, 適用する, 選択する, 避くべからざる, 酔いを, 醒めた人間, 重きを, 重大な, 関与する, 関係を, 關し, 附加する, 露の, 靜か, 非常に, 面しながら, 音楽が, 響きわたって, 飽いて, 飽きて, 齎し来る福音

▼ 人生~ (663, 8.1%)

5 地獄よりも, 彼にと 4 成程 3 そういうもの, そんなもの, つまらないもの, ないの, ふしぎな, 一つの, 彩られた影, 斯の, 短しと

2 [33件] いつも淋しく, こうしたもの, これを, こんなもの, さう, つくるもの, わからぬと, ドラマでなかった, フィクショナルな, 一番勝負の, 一箱の, 不断の, 何事をも, 到底住, 四十二から, 地獄の, 実用の, 常に複雑, 彼の, 悲しいもの, 断じて面白, 死に, 狂人の, 生きるに, 生活は, 短しそんな, 終りな, 苦である, 苦です, 苦なり, 落丁の, 長い暗い隧道, 隧道だ

1 [556件 抜粋] あたしたちにとって, あまりに詰らない, あまりに貧弱, あらまし斯う, あらゆる耐えられない, あるの, ある事件, あわただしい, いかにも短い, いかに住み, いかに味氣, いかに寂寞, いかに暗黒, いかに気楽, いけないもの, いつもタカ, いつも暗澹, いやな, うすみどり, うつくしい, うまくゆく, うるおいの, かぎりなく, かくこそ, くいちがった歯車, こういうもの, こういう突き詰めた, こう云う, ここにおいては, この憎悪, この音楽, これからという, これぐらいの, これだけ, これまで, これまでの, こんなに予期, こんなに変る, こんなに早く, こんな醜悪, さとるの, さびしい, さほど慕うべき, さまざまである, さまざまな, しばらく狂言, じつに寒い, すぎつつ, すなわち旅, すべからく夢, すべて新開地だ, すべて秋風万里信じられない, すべて行列だ, そういうふう, そうしたもの, そう深く, そう無限, そこで, そっくり正直, その日, その程度, それが, それぞれに, それだけ豊富, それだった, それの, それまでの, そんな問題, そんな擦過傷, たかがそれ, ただもやもや, ただ醜い暗い, たったこれ, たった一度, たと, だれが, つまらないわ, つまらんもの, つまり実に, とって, とても予測, どうある, どうなるだろう, どうも重苦しい, どう考へ, どこへ, どこを, どのよう, どんなにつまらない, どんなに価値, ない, ないと, ないよう, ない生き, のんびりと, はじまったばっか, はじまつたば, はたして夢, ひつきよう, ひとつの, ひとり生まれ, ひどく退屈, ひらかれないわ, まことに説明, まさに後者ぢ, また一期一会, また希望, また雨模様, まだこれから始, まだこれから始つた, まだまだよい, まだ始, まだ封鎖, まだ彼, まだ無傷, まつくら, ままなら, ままならない, まるで今日, みな相対的だって, もうすっかり終った, もう作者, もう暗闇, もう終り, もっと別, もっと神秘, もはや深淵, やがて彼, やっぱりその, やっぱりまだそのまま生き続け, よくできてる, よく遊ぶ, よろしきこと, わからない, わりあい平和, われらの, われわれの, クリストたちを, ゴクゴクむせん, チャンスだ, フ, フィクション, ラツキヨの, ラツキヨウの, リズミカルに, ワイルドの, 一人の, 一個の, 一定不変の, 一巻の, 一度しか, 一本の, 一歩も, 一目下に, 一編の, 一行の, 一面から, 万朶の, 不可能である, 不可解の, 不思議だ, 不満が, 不満と, 中学校入学の, 事も, 二つや, 五十から, 京の, 人と, 人工的でなけれ, 人為だ, 人生さ, 今夜十八歳をもって, 今日ずっしり, 仮令え, 何か, 何たる平凡, 何も, 何事か, 何倍も, 何処までも, 何物でも, 何處までも, 余程便利, 侘びし, 信吉にとっては, 俺が, 個人生活国民生活世界生活の, 倦怠と, 假説的でない, 僕に, 僕の, 儚いもの, 元来そうした, 元来平凡, 先ずお伽噺, 全く別, 全く水もの, 八方フサガリの, 六月の, 円の, 冒険である, 刎ね, 到底逃れられない, 割り切れるものぢ, 努力です, 努力なり, 単に人, 単調だ, 即ち民衆, 厳しく厳粛, 厳格である, 厳粛也芸術は, 又結局孤独, 取り返されやしない, 吾人の, 吾等が, 味わわれるの, 味気ない, 哀れ寂しく, 品数の, 唖です, 唯意志, 唯長い, 商用に, 善いも, 善でも, 善幸福へ, 喜歌劇に, 嘆きそのものである, 嘘を, 四苦八苦どころか, 堪えられない苦痛, 堪へがたく, 墓まで, 夢だ, 夢である, 夢ならず, 夢の, 夢らしくない, 夢見心地の, 大きい, 大方枝葉末節, 太陽に, 奇蹟では, 如何に, 始めて夢, 存在し, 孤独の, 学生, 安楽だ, 完全としか, 実に奇, 容易に, 容赦なき, 寂しすぎる, 實驗である, 寧ろ一種, 小説か, 少々心細い, 少くとも, 左様都合, 己れ, 希望である, 常に二面, 常に唯物的, 常に若い, 常に變轉, 平凡な, 平和であり得たであろう, 幸福だ, 幸福不幸の, 廷, 形成作用である, 彼に, 彼には, 彼らの, 彼れ, 彼女にとって, 彼女の, 往々ひからび, 微妙な, 心理的解剖を以て, 必しも, 必ず武者小路氏, 必要と, 快楽なく, 快楽を, 忽ち全く新奇, 怖いもの, 恐ろしい否認, 悪縁だけさ, 悲しい醜いもの, 悲しく冷酷, 悲哀な, 想像にも, 意の, 意味が, 意味深く, 意地の, 愚劣な, 愛以外に, 憂うつなり, 成りたたぬ, 或は自然, 戦いであり, 戦いである, 戦ひである事, 戦争の, 戯曲なり, 手紙です, 手紙な, 手習いと, 救いが, 散歩, 散歩の, 文学の, 文学者だけが, 断じて, 斯う, 斯うし, 斯ん, 旅である, 旅とは, 日常茶碗の, 旧市街, 明朗だ, 是等の, 時々ブランク, 時に応じ, 暖かい太陽, 暗いの, 暗く冷たい, 暗黒なる, 曲輪の, 有りや, 有限なり, 朝露の, 未だ浅く, 未知の, 束の間に, 果してそんな, 森厳であり, 棺を, 極めて簡単, 楽しいこと, 楽しかった, 樂しく, 次第に向上, 歴史以前の, 死と, 死によって, 死ねば, 死刑の, 死灰では, 残酷すぎる, 水の, 永久不断の, 永劫の, 永遠なり, 永遠の, 決してこんな, 決してより, 決して興奮, 泡沫の, 活きる價値, 流れる, 涙の, 淋しいの, 深くひろい, 混沌, 激しいもの, 無い, 無常である, 無意味だ, 無意義なり, 無慈悲な, 無数の, 無窮に, 然し彼, 現に, 現世なり, 理想化せられ, 生きて, 生きるため, 生命を, 生活される, 生活の, 由来あんまり, 畢竟競爭, 異様に, 百年に, 皮肉だ, 相当に, 眞の, 矛盾撞着に, 短い, 短いの, 短いよう, 短い故, 短かく, 短く人生, 短しとは, 短し芸術, 砂漠の, 確に, 確實な, 神が, 私たち自らである, 私に, 私にとって, 空想に, 突然二つ, 突然私, 競争だ, 笑へ, 終えて, 結局さう, 結局は, 結局外観は, 結極, 絶えずコマ, 絶えず彼等, 総て幻滅の, 罪悪的な, 美しく浄ら, 美しく生甲斐, 美であり, 義務の, 翁自身の, 老年期中に, 自分の, 自然に, 自然に対する, 至る所, 興味に, 舎利頭に, 舞踊と, 色つ, 芝居じゃ, 芝居では, 芝居に, 芸術な, 芸術の, 芸術を, 苦しすぎるだろう, 苦しんでるの, 苦だ, 苦の, 苦ん, 苦勞の, 苦悶と, 苦痛の, 苦難と, 茶番じゃ, 草葉の, 華麗なる, 蒔き直し, 蓋然的な, 薔薇を, 虚無ただ, 表現の, 複雑である, 複雑極, 西片町の, 観念よりも, 解脱の, 説明では, 誰でも, 謳歌すべき, 賭けだ, 賭である, 走馬燈の, 身も, 退屈しない, 送れません, 逆境の, 進歩する, 運命である, 運命と, 運命な, 過去るであらう, 過失なり, 過失なる, 過程だ, 遠いしかも, 重き荷, 金より, 長い, 長い運命, 陰鬱な, 零である, 静態の, 面白い, 面白いね, 面白いもの, 面白くない, 順風に, 骨折りも, 鳴る

▼ 人生~ (284, 3.5%)

6 の上 4 である 3 だとか

2 [20件] が飾り, だから, ではない, という, というもの, と生活, に立っ, に立脚, の一部, の方向, の相違, や宇宙観, や宗教観, をもっ, をもつ, を一変, を作り, を抱い, を持っ, を論ずる

1 [231件] から云ったら, から社会, から見れ, が, があった, があまりに, があり, がある, がころり, がずーっと, がそこ, がどう, がなく, がはっきり, がばか, がまったく, が一変, が世の中, が仮想, が作中, が土台, が変, が変っ, が変りました, が変る, が容易, が新しく, が浅薄, が無い, が珍しい, が生れ, が異, が硬化状態, が織りこまれ, が自然, が違っ, ぐらい明快, さえ自分, たる莫らん, だという, だとかいう, だとかいふ, であ, であったわけ, であるという, でしばりつけられ, では実在, でもあった, でも兄弟, で紛らかし, というべき, というよう, という奴, という言葉, といつた, といふもの, とかいうこむずかしい, とか仕事, としての立場, として取り上げる, とで固まっ, とどこ, とまた, とを有す, とを音楽, と世界観, と同じく, と哲学, と感想, と早変り, と生活様式, と目標仕事, と芸術論, と言っ, なかでも貨殖, などこんな, などそのまま, などで潤色, などという言葉, なども余し, なども従って, などを語った, なり世界観, にある, にたいして反抗, についての苦悶, になる, になんらかの, にはこの, によつて, に一層, に与える, に似た, に依っ, に冠した, に呆れ, に呆れかえった, に就, に帰命, に影響, に新しき, に於ける, に準じられなけれ, に私, に立ってる, に関して是非, に革命, のいかん, のしからしめる, のため, のよう, のイデヤ, のハイカラ, の一片, の中, の低下, の別, の問題, の土台, の基点, の基礎, の大, の差異, の本能論, の材料, の根本問題, の根柢, の横行, の真理, の確立, の立場, の自己崩壊, の裏, の裡, の飛躍的, の高下, は, はあまりに, はすこぶる, はすなわち, はそれ自ら浪漫主義, はなん, はわが, は伝統的, は吾, は多く, は婚姻以前, は広げられ, は性的関係, は時間, は極力, は異, は私, は空間, は自分, は陰鬱, は魅力, へも惻々, めまぐるしい気分, もそう, もまた, も三人, も変, も変っ, も得ない, も社会観, やまた, やらをよく, やイデヤ, や世界観, や主観, や信条, や倫理観, や創作方法, や哲学, や宿命観, や生活知, や社会観, や道徳観, より云, をあらわし, をいだいた, をいよいよ, をいよいよ実際, をたった, をたつた, をつくり上げる, をも持っ, を一寸, を以てし, を作り出す, を句, を含む, を問う, を土台, を基礎, を増補, を導き出す, を布衍, を平凡, を強, を強め, を彼是言, を彼等, を悲しい, を持たず, を持った, を持つ, を暗い, を有し, を有つて, を根柢, を歌っ, を発表, を盛った, を知らない, を示唆, を禁慾主義的, を築く, を織り込む, を聞かされ, を育てる, を芸術, を解剖, を評論, を話す, を誘導, を誤, を論じ, を講釈, 著しい宗教的傾向

▼ 人生~ (205, 2.5%)

6 ある 3 どうの 2 あると, あるん, いやな, いやに, われわれに, 全部で, 又彼, 好きだった

1 [180件] あついよう, あまりに寂しい, あります, あり何, あり生活, あり題材, あるか, あること, あるすばらしい, あるの, ある全一, いかに愉しい, いっそうこのごろ, いつもその, おかれて, おわかり, このまま, このよう, さげすみの, さまざまである, すっかり変っちゃう, すつかり, そういうもの, そうと, そこに, そのものに, その人, その素朴, ただ動く, たのしくなっ, だから批評, つまらなくなった, とつた, どんなもの, ないと, なくては, なくても, なって, はかなくなる, ふみにじられること, ほのぼのと, ますます駈, また同じ, まだ花, まとってる覆面, もはや堪えがたい, やって来るの, わかったよう, わかって, わかってるもの, わからないこと, わかりかけて, わかる, わかるはず, わかるまでは, キュークツに, ナチ軍の, バカげたもの, フィクションである, 一本の, 一樣に, 一進展しなけれ, 不安な, 不滅で, 二倍の, 二度とくりかえされる, 人と, 何か, 何だ, 何ものでも, 何物でも, 假説の, 假説的な, 偉大である, 備えて, 全體, 分からぬくせ, 分ったと, 分るもの, 割りきれたらと, 割り切れるという, 割り切れるもの, 劇の, 動いて, 単一無二の, 厭わしく感じられた, 受け身だ, 同時に実在, 呪いたくなります, 味気なく思われる, 圧縮され, 変った, 変りでも, 変るの, 好きな, 如何ぢ, 妄想であり煙りであり, 始まった, 始まつたか, 始まつて, 始まろうと, 実りかけようと, 寂しい, 寂しくって, 展開し, 引くり覆るもの, 形而上的に, 形造られてる, 彼に, 彼にとって, 彼の, 待つて, 微ながらも, 念流そのものであり, 思ひに, 恨めしくばかり, 恨めしく念誦, 悲しいの, 悲しく思われ, 悲しく見え, 悲しまれて, 感じられた, 慰められ, 成立ちましょう, 控えて, 数学的に, 新しくはじまった, 旅の, 旅を, 明るいと, 暗い幕, 暗くなった, 暗くなる, 暮れて, 望みどおりに, 未来には, 束の, 楽しいだろう, 楽しいという, 楽しくばかり, 模倣する, 横は, 次第に向上発展, 次第次第に, 此の世の, 灰色でなけれ, 片づけきれるもの, 理性に, 生きられて, 生活が, 発見せらる, 眠ってるかの, 砂っ, 破裂し, 私たちを, 私には, 空想小説でなく, 終りに, 終るの, 終始した, 織りなされて, 纏綿し, 耐へ, 自分の, 自己弁護である, 色と, 芸術を, 苦患の, 虚無的に, 要約され, 見えはじめて, 見せられたから, 解らない, 解らんものだ, 解る, 豊かである, 豊富に, 運動場の, 非常に, 面白を

▼ 人生~ (187, 2.3%)

9 文学との 7 云うもの 5 文学の 4 芸術への 3 文学とを, 自己との, 芸術の

2 [16件] なつて, 云ふ, 云ふも, 交渉を, 四ツに, 文学とに, 歴史の, 現実とに, 現実の, 甚だ密接, 社会の, 自己とを, 自然とを, 芸術との, 見做, 遊離し

1 [121件] いうものの, いうよりも, いえば, かけはなれて, こまやかな, するもの, その實生活, その芸術, その苛辣, ちがうこと, ちがって, である限り, なります, なる, なるであらう, 二つは, 云う問題, 云って, 交渉する, 人性との, 人生の, 人間とに, 人間とに対する, 人間とを, 人間の, 人間生活との, 人類と, 休養を, 何らの, 何等の, 偉大なる, 出発, 別れるなら, 取組み合, 各々の, 同時に社会, 向ひ, 君の, 呼ばしめて, 呼ばれるもの, 呼ぶところ, 呼んで, 国家興亡の, 境遇の, 学問との, 実在を, 実際の, 小曲, 幸福と, 幸福とについて, 幸福なる, 幸福の, 思えない, 恋愛とが, 惡戰苦鬪を, 愚劣きわみなき, 成長とに, 批評との, 抽象, 持ち合つた, 文化との, 文学とにおける, 文学とに対して, 文学とに対する, 文学とに関して, 文学について, 文学に関する, 文学への, 文学上の, 文芸とに対して, 新たな, 根くらべよ, 植物, 歴史とにとって, 歴史との, 歴史への, 没交渉なる, 深い交渉, 深い関係, 爭は, 玄蕃盛政が, 生活の, 生物学, 相容れぬ, 相渉, 真に密接, 真向きに, 真理とを, 眺めて, 社会と, 社会とに, 社会を, 絶縁され, 考え将棋, 自己とに, 自然から, 自然そのものの, 自然とに, 自然との, 自然とは, 自然とへの, 舞踏, 芸術とに, 芸術とにおいて, 芸術に関する, 落語の, 見たりき, 見た昔, 言う意味, 訳するも, 道への, 道義的人生との, 醜悪な, 闘いつつ, 闘いながら, 闘うこと, 闘う要, 闘ひ, 闘ふ, 隔たって, 題する短い

▼ 人生に対する~ (124, 1.5%)

4 愛と, 態度の 2 悲哀の, 態度が, 態度だ, 態度を, 態度乃至, 自家の, 観念を

1 [102件] あらゆる愛, あらゆる考, ある心持, いは, おぞましい幸福, ことも, この派, さまざまの, ところの, どこまでも, のが, まともさ暖か, ものの, よりどころ, イリュージョンは, ハッキリした, 一番傲慢な, 一種の, 事を, 二人の, 作者の, 価値を, 信念を, 修業を, 偉大なる, 冒険心を, 冷眼を, 前提の, 厭世的な, 反抗心の, 哲学, 執着が, 大きな野心, 大げさな, 娘さんの, 対手の, 尊い愛, 希望が, 幸福な, 怨は, 恐怖を, 悲哀と, 情熱によって, 愛惜の, 愛撫に, 感を, 感情に, 感銘の, 態度, 態度であり, 態度である, 態度とは, 態度には, 態度によって, 態度は, 態度までが, 態度人間に対する, 態度教養を, 憎悪は, 或決意, 抗議に, 挑戦が, 新しい対象物, 智慧で, 智識は, 暗示や, 最もエゴイスティック, 有用性と, 気の, 求道が, 沈着な, 温和な, 煩悶と, 現下の, 生きかた, 疑いだ, 疑問とが, 皮肉反逆嘲罵の, 直観力を, 眼を, 私の, 私達の, 積極的意志的理想主義の, 考えいわゆる, 考えが, 考えそんな, 考えなどには, 考えを, 考え方と, 考え方の, 自由の, 葉子の, 見方や, 見方を, 観かたを, 観察は, 解釈が, 謙遜な, 路傍の, 透徹なる, 都会的な, 高貴なる

▼ 人生への~ (107, 1.3%)

4 態度を 3 希望を 2 信従は, 態度として, 態度の, 理想と

1 [92件] ある態度, いとおしみを, かぎりない, つきない愛, つながりが, ときめきを, なだらかな, まじめな, プリンシプルの, 不満と, 人の, 何かの, 価値未来への, 健全な, 入り口で, 共通態度は, 冒険の, 処しかたを, 出発の, 可能の, 告別だ, 味附けだ, 哲学が, 哲理が, 善意を, 奮闘を, 尺度を, 希望, 希望が, 希望をも, 強引文学への, 律気さ, 心持の, 志向を, 念願とは, 思いを, 意欲と, 愛, 愛と, 愛という, 態度から, 態度が, 態度とともに, 態度との, 態度にまで, 態度は, 態度現実への, 慾は, 懐かしい思慕, 懷疑, 或る, 探究心を, 控え目な, 敗北である, 敗恤と, 断り状だ, 欲望が, 正しき導き, 歩みぶりに, 気力の, 無興味, 熱意が, 熱意に対して, 理解の, 理解は, 理解愛認識が, 発言を, 知性という, 確信を, 穏やかな, 立ちかたを, 第一歩, 翹望が, 考察とか, 肌寒い侘び, 要求の, 要求を, 要求一般と, 角度が, 角度な, 誠実は, 負けじ魂を, 責任は, 責任を, 責任感が, 贈物は, 道は, 郷愁の, 門出は, 関聯これを, 願いが, 願いは

▼ 人生には~ (84, 1.0%)

2 試みなんて

1 [82件] ありがち, あります, ありません, ある, あるの, あるのに, あるもの, あるよう, あろうじゃあ, いつも幕間, いろいろな, おかしなこと, おそろしいこと, きっと抜け道, こんな一刻, さまざまの, そういう迷妄, そうしたお, それから, ただ上ずみ, つねにこうした, ところと, どっさり不思議, どんなにし, ないかも, なお広い, なんらの, ひらうと, また意外, まッ, もうなに, もうロマンス, よくある, ツイデ, ネゴシエーションという, 不安の, 不思議な, 予期せぬ, 享楽できない, 人生としての, 今や霞, 何か, 偶然らしい, 卒然として, 吉事も, 單に, 奇怪な, 實に, 常に難関, 平凡事の, 当然もっと積極的, 愉快な, 意表に, 敵味方が, 斯の, 明らかに, 更にまた, 最後の, 此淋し, 殆ど何, 永久に, 没交渉であり, 理屈を, 確かに, 科学以外にも, 経験した, 絶えずある, 聰明の, 苦も, 苦悩を通しての, 誰か間の, 退路という, 遊戯が, 重大な, 金と, 金や, 長く続い, 限らなかった, 限らなかつた, 限りが, 雨が, 面白いこと

▼ 人生~ (70, 0.9%)

4 なもの, な意味 2 だった, なこと, な態度, 深さ

1 [54件] であり生活的, であり真に, であること, です, といふこと, といふ言葉, なそよぎが, なよう, なる一切, なモティーヴ, な何, な作品, な価値, な共感, な努力, な危険, な味, な大望, な実感, な思い, な性質, な感動, な救い, な教養, な映画, な時代的, な様々, な欲求, な気力, な気持, な深, な発展的鑑賞, な目差し周囲, な瞬間, な社会的, な笑話, な経験, な良心, な芸術家, な落着き, な運命的, にそして, にみしみし, にも出来, にも様々, にも藝術的, にやさしく, にリアル, に一人, に一個, に何処, に収穫, の感激, 乃至社会的

▼ 人生という~ (67, 0.8%)

19 ものは 10 ものを 5 ものが 4 ものの 3 ものに, ものに対して 2 のは, ような, 盃から

1 [17件] ことについて, この不可解, もので, ものに対しての, もの生涯という, 丈夫そうな, 事を, 処は, 大地に, 大富籤, 奴だ, 愚かな, 杯に, 氣が, 牢獄世界という, 船の, 非常な

▼ 人生~ (58, 0.7%)

2 半ば近くに, 文学も, 楽しいもの

1 [52件] ああした人, あり得るという, ある, あると, あるの, いつか済ん, お終ひだ, これと, さうだよ, し吾人, すでに黄昏, それは, そんなもの, ない, ないから, なく, なくお前自身, ひとつの, ひとの, ふと忘れ, またおもしろい, またかく, また大きな, また無垢, ようやく裏, わかったつもり, スッキリと, 万人なみに, 五十の, 亦モオパスサン, 亦禍, 人間てえ, 作品も, 併存し, 同じだ, 地球も, 或る, 旅行です, 歪めて, 歴史の, 浮き彫の, 涙の, 現在の, 生活も, 知る筈, 社会も, 自分も, 自然の, 芸術も, 覗かれない, 論議じゃ, 類ひ

▼ 人生~ (57, 0.7%)

3 並びに藝術觀 2 の上

1 [52件] から云, から正, から豁然, がこの, がその, が少し, が菊池氏, が變, が變つた, が道學先生, が違, たる莫らん, である, ではない, といふの, といふもの, とか世界觀, として取扱, とでも云, との如き, との間, とは離れたくなかつた, とを以つて, と同じく, などと話題, などを手がる, なるもの, に一變, に現, に肉迫, のみをと言ふよ, の凡て, の思想, の晩年, の根本問題, の發足點, の發露, の視角, の面白味, は平次, は菊池的處世法, また處世, や禪宗, や脚本, や藝術作品中, をばピュローン, をもうた, をもつ, を以てはつきり自然主義, を現, を見る, 乃至それ等

▼ 人生とは~ (55, 0.7%)

5 こんなもの 3 何ぞや 2 何か, 銘々が

1 [43件] いつか復讐し, おそらくその, かくの, くだらなく朗, くだらなく朗らか, こんなに寂しい, そのよう, そんなもの, だれかが, ちがうし, つねにすべて, どことなく違っ, なんだろう, もたらされないし, もともとかく, 云わないが, 人生を, 何かなどという, 何でしょう, 何と嵩, 何のか, 何を, 各人が, 実に陰気, 実に離す, 実際の, 当人には, 意志する, 戦争である, 斯う, 流転であり, 現実の, 異っ, 私にとって, 私の, 苦難苦闘の, 衆生の, 複雑に, 詩人にとって, 違う, 違つた別な, 関連の, 食べて

▼ 人生そのもの~ (53, 0.7%)

3 である

1 [50件] から生きた, があんな, がさながら, がすでに, がそう, がつい, がわたし, が不安, が大体小説, が實, が盲動さ, すら存在, だ, である人, とピッタリ, と人生, について考えさせる, には必ず, にも土着民, によって生活そのもの, に似た, に対して燃え立っ, に対する感じ, に對, に對立, に根ざし, に関して圧巻, のうつし, のよう, の不首尾不如意, の大, の姿, の現実, の芸術化, の表徴, の象徴, は人生, は支離滅裂, へのくい, までがいとわしく, よりかも, よりも猶, をさえ忘れさせ, をも, を味わい, を經驗, を芸術, を見る, を説明, を通して過去世

▼ 人生に対して~ (52, 0.6%)

3 ある交渉 2 真摯な, 露骨な

1 [45件] いっそう親切, さまざまな, どうでも, はっきりした, また現実, また現実生活, まるで僕達, より人間らしく, デリカシーを, バトラー流の, 一つでも, 亳も, 何の, 何も, 受動的な, 底知れぬ, 強い執着, 心持の, 憎悪し, 憤りを, 懐疑的に, 或る, 批判と, 抱いて, 持ってるイデヤ, 敏感な, 日影の, 最も聡明, 最後に, 楽天的で, 欲情し, 殆ど泣きたい, 深い味, 熱情し, 片意地に, 理解も, 甚だ冷淡そのもの, 相当の, 積極である, 積極的に, 経験も, 芸術に対して, 親切熱烈誠実なる, 誠実げな, 超越し

▼ 人生から~ (48, 0.6%)

2 先の, 眼を

1 [44件] あらゆる楽しみ, かくも, このよう, こんな復讐, さらにすすん, のがれた, のがれながら, ほろゑひ人生へ, もぎ離され人間, 主観の, 何も, 偶然という, 傷つけられた小鳥, 傷つけられてる痛ましい, 出て, 切りすてて, 切り離されるため, 受け取って, 夢うつ, 夢を, 学ぶべき何もの, 少し遠のい, 引き離して, 得るその, 得る経験, 感得する, 教訓を, 期待し, 期待する, 流謫させた, 滴るつゆ, 無限の, 無限を, 私たちは, 絶縁する, 脱して, 脱出する, 逃が, 遠く隔離, 遠ざかったこんな, 隠退する, 離れて, 食物を, 駆逐する

▼ 人生問題~ (46, 0.6%)

4 の解決 2 がたくさん, であって, に就, や社会問題

1 [34件] が包まれ, であり道徳問題, として映るらしかった, として考える, なぞは苦, なぞを考へ, などにふれた, などを考察, についてあれ, に悩み, に没頭, に行き悩んだ, に蹉き傷, に近, に関しては飽, の一部, の如き, の方, の根元, の氣持, の研究, の紛糾疑惑, の話, の関門, はすべて, は死, をゆたか, を性急, を暗示, を演説口調, を考え, を論じ, を論じ合った, を論究

▼ 人生において~ (44, 0.5%)

1 [44件] あまりにも, かかる態度, たいせつな, と同樣, なし得るところ, もさうである, より惜しい, われらは, 一に, 事実は, 人間は, 今夜カフェの, 何が, 出会うの, 前に, 単純率直に, 占有する, 合理的な, 多くの, 大なる, 大切な, 容易に, 實證的である, 實驗といふの, 小説において, 得を, 恋愛が, 我々は, 或る, 戦う気持ち, 新意義, 智慧と, 最もよき, 最も人, 最も実現困難, 無駄花とは, 眞に, 空虚無, 経験は, 美しい友情, 美食に関する, 自分たちの, 證明する, 閑暇は

▼ 人生における~ (44, 0.5%)

2 やくわり, 一つの, 種々の, 立場なんか

1 [36件] ある道義, この味, しなやかで, すべて崇高なる, そしてこの, その作家, ただ一度の, 一切の, 不幸そのものと, 不幸の, 何か, 作文の, 別離には, 受持は, 地位について, 天国とも, 婦人の, 幸福な, 座の, 強者の, 情熱と, 敗残の, 新しい出発, 最も深い, 最も深刻, 最上の, 本質的実在を, 現実である, 現実の, 男女の, 職分が, 職業の, 背水の, 自分の, 貴い芸術, 重大なる

▼ 人生~ (37, 0.5%)

3 あつて 2 あらう, たった一つ

1 [30件] あつた, あらうか, いちばんじれったい, ぐずりは, この男, その代り小説家, それを, たつた一つ, たつた一つ美, たのまれない智恵, どういう生き方, どんなひと, もとめあぐんで, トクばかり, マリアの, 一番つらい, 何が, 値打ちが, 割り切つた, 味わうもの, 大切な, 必要な, 最もたのしい, 最も優越, 最も惨, 最も順調, 第一, 羞恥心などといふ, 逢ったこと, 顔も

▼ 人生~ (33, 0.4%)

2 から家康, というよう

1 [29件] から, か御, が貧乏, けれどもか, つた愚劣だ, つて云ふ, ということ, とかある, とすれ, とその, とは大袈裟, とは思われない, と云, と口, と思った, と承知, と言つて, と認め, と諦め, と騒い, なんて東洋, ね, へべれけ人生では, よく飲ん, よと喜ん, 人生だ, 智慾だ, 歩, 私は

▼ 人生態度~ (30, 0.4%)

2 に時々, の根幹

1 [26件] であった, で人生問題, で訳文, というもの, としてもなかなか, として一応, と作品, と文学的様式, にあきたら, にあきたらなくなっ, にしたがっ, についての架空会見記, について不十分, にも服さない, に迄せまっ, の分別, の動き, の卑屈さ, の底, の慎重さ, の枠, の芸術性, は一朝一夕, は芸術的, へのあき足り, を描かせた

▼ 人生といふ~ (29, 0.4%)

6 ものは 3 ものの 2 ものが, やうな, 都の

1 [14件] ことを, もの, ものさへ, ものだらう, ものに, ものに対して, ものほどの, ものを, もの運命と, やつだ, 一字を, 沙漠中の, 猶麕身牛尾馬蹄, 處は

▼ 人生案内~ (28, 0.3%)

2 を乞う

1 [26件] が読めなく, して, だ, てえもの, てえんだ, とし, なんてえ, に凝った, に没頭, のその, の中, の先生, の投書, の投書狂, の指南, の無力さ, の熱狂的, の解答, の諸, はその, はやめとくれ, はニセモノ, へ投書, へ解答, を読む, を読ん

▼ 人生~ (25, 0.3%)

1 [25件] その人生, 人間について, 人間の, 偉大な, 友情に対する, 国家の, 在るべき文学, 境涯の, 大きな思想, 宇宙の, 愛や, 文学を, 概念と, 歴史の, 永遠や, 現実やの, 生命を, 社會について, 自然に, 自然における, 芸術に, 芸術に対して, 芸術や, 藝術だ, 藝術の

▼ 人生では~ (24, 0.3%)

3 ないか 2 ない, ないの, なかつた

1 [15件] ある, あるが, あること, いつも危険, これは, そうは, ともかく最も正常, ないね, なからう, なく美しく甘い, 一切避け, 人が, 困る, 常に何, 甲の

▼ 人生行路~ (24, 0.3%)

1 [24件] と孤愁苦鬪, と思ひこむ, において切実, におけるこの上ない, における運命, にもあり, に横たわる, に歩みつかれ, のところどころ, の上, の処々, の勇ましき, の図, の恩人, の掟, の敵, の氷雨, の苦し, の蹈始め若盛り, の輩, の途上, は一ところ, を突き進まん, 決して左右

▼ 人生である~ (23, 0.3%)

2 かも知れぬ, とはどんな, わけも

1 [17件] かといふ, かといふ興味, からそれ, からと源氏, からまた, がそれ, ことが, ことを, その時, とし, とはどうしても真に, と思う, と知っ, と解する, などと薫, ように, 阿修羅の

▼ 人生について~ (20, 0.2%)

1 [20件] とりとめの, なにひとつ知っ, 不安を, 厳粛な, 宗教について, 思惟する, 情欲し, 我々が, 殘つて居る, 深く思う, 深く考へよう, 無感覚でいられない, 知つてゐる, 社会の, 考えずに, 考えその, 考えるという, 芸術について, 話しかけて, 論議し

▼ 人生にとって~ (20, 0.2%)

1 [20件] おそろしいもの, かつて私, この答え, たいして効用, はるかに, 之れ, 何よりも, 何物である, 切っても, 大衆の, 如何なる地位, 実際上相当, 意義ある, 最も痛切, 有用である, 欠くべからざるもの, 畢竟いかなる, 肉体的な, 過誤であった, 飛躍的な

▼ 人生との~ (19, 0.2%)

1 [19件] 両像に, 交渉の, 和睦を, 接触を, 接近といふ, 最後の, 根本的な, 痛ましい苦鬪, 直接の, 組織を, 絆が, 統一の, 間に, 間には, 間の, 関係教育ある, 限りなき, 髣髴に, 鮮新性を

▼ 人生~ (19, 0.2%)

7 のだ 4 んだ 3 のである, のです 2 ので私

▼ 人生~ (17, 0.2%)

1 [17件] おくりもの, おろされて, くり入れて, しびれを, のいたわり, ふみ出して, もたらされて, ズカズカ入っ, 人間らしさ, 何かの, 侵入し, 再び浮きでる, 出て, 向って, 導かれるよう, 帰還する, 本氣

▼ 人生哲学~ (17, 0.2%)

1 [17件] からすれ, がどこ, だけにそろ, というの, としては僕, とエムペドクレス, にも似た, に相違, のうち, のたまもの, の奥, の奥義, の方面, はある, は可, めいたこと, を蟹

▼ 人生においては~ (16, 0.2%)

2 何事も

1 [14件] たいてい事件, たえずわれわれ, たとえどんな, まったくだれ, デューラーの, 個々の, 各人それぞれの, 恐るべきもの, 意志が, 罪悪が, 自分自身にさえ, 蓋然的な, 詩を, 誰もが

▼ 人生~ (15, 0.2%)

1 [15件] が出来上っ, が難解, ちょっと笑わせる, でもある, として皆, となり, と裏合せ, などする, には獨特, の倫理学, はそこ, めいたこと, めいた感想文, や下層研究, を交換

▼ 人生にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] かういふ靜, かく幕, きょうの, たいへんな, なかなか深い, シャレたこと, 一日位こんな, 凋落期の, 利口な, 大きな場所, 意義と, 救いなんか, 暴風が, 疲れたよう

▼ 人生意気~ (12, 0.1%)

7 に感ず 3 に感じ 1 を感ぜず, を重んず

▼ 人生~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある程度以上, から文芸, に煩悶, のいろいろ, の価値, の労苦, の問題, の欲望煩悶, の歴然たる, の苦悩, の議論

▼ 人生とを~ (10, 0.1%)

1 忘れること, 根本的に, 照し合わせた, 眺めしめるの, 結んで, 見る, 見る時, 見んこと, 観れば, 関連する

▼ 人生五十年~ (10, 0.1%)

2 過ぎても 1 その五十年, というよう, としてその, にくらべ, の夢幻, の自分, の貧しい, ゆめま

▼ 人生観上~ (10, 0.1%)

4 の現実主義者, の自然主義 1 のリアリスト, の心法

▼ 人生記録~ (10, 0.1%)

1 が尊重, である, でもない, でよし, という奴, としてもまことに, の保持者, の尊重, は既に, は義仲

▼ 人生とか~ (9, 0.1%)

2 信仰とか, 自分の 1 ふりまわす, 人間性とかといふ, 社会とか, 運命とか, 運命とかいふ

▼ 人生社会~ (9, 0.1%)

2 の中 1 についてのあこがれ, のこと, の真相, の諸相, を書い, を統制, を論じ

▼ 人生~ (9, 0.1%)

2 がやりきれなく 1 あり以, から素早く, のすべて, の深み, の血, の顔, をもっ

▼ 人生であり~ (8, 0.1%)

2 趣味であり 1 なければ, また子ども, 料理屋の, 現実である, 真実である, 運命だ

▼ 人生でも~ (8, 0.1%)

2 ない 1 あれば, なく文学者, 一貫する, 後者である, 恐れずめげない心, 意味の

▼ 人生全体~ (8, 0.1%)

1 がこんな, が含まっ, さえ感じ出した, としての指導原理, に対して公平無私, に騒々しく, の生理, を通観

▼ 人生~ (8, 0.1%)

2 がある 1 がうまれ, といったもの, と自然味, は中腹, を先, を感ずる

▼ 人生最高~ (8, 0.1%)

3 の理想 2 の表現 1 な会心事, のよろこびだ, の教科書

▼ 人生~ (8, 0.1%)

2 の芸術 1 だ, というよう, と称える, の詩人, の論客たち, はいふ

▼ 人生観照~ (8, 0.1%)

1 が秋声, の態度, の或, の抒情性, の眼, やをそのまま, や性格描写, をも共に

▼ 人生なる~ (7, 0.1%)

3 ものが 2 ものを 1 かな, 旅路は

▼ 人生にたいして~ (7, 0.1%)

1 いろいろの, たいへん我まま, どういう眼, 十分の武装を, 忘恩者である, 燃えるよう, 自分の

▼ 人生よりも~ (7, 0.1%)

2 一行の, 長いもの 1 はるかに, 天国を, 尊い蠱惑

▼ 人生経験~ (7, 0.1%)

1 というもの, といったよう, とがあった, に対する自信, の角度, をもち, を積ん

▼ 人生だの~ (6, 0.1%)

2 文学などは, 藝術だの 1 凡てあんな, 或はその

▼ 人生って~ (6, 0.1%)

1 ありますか, つまらないのね, どこの, ほんとうに, 妙な, 面白いわね

▼ 人生なんて~ (6, 0.1%)

1 どっちを, ものは, コンナものかも, 僕には, 凡そ糞, 寂しいもの

▼ 人生にたいする~ (6, 0.1%)

1 信念を, 信頼の, 嫌悪パリーにたいする, 自分の, 興味も, 軽蔑的な

▼ 人生についての~ (6, 0.1%)

2 問答は 1 あらゆる可能, 教師の, 智慧の, 考え方生き方で

▼ 人生及び~ (6, 0.1%)

1 個々の, 宇宙の, 社会を, 自然から, 自然の, 芸術的骨格を

▼ 人生批評~ (6, 0.1%)

2 とまでは行かない 1 とか主観, に向け, の内, や文藝批評

▼ 人生最大~ (6, 0.1%)

2 の悦楽 1 の不幸, の幸福名誉, の権威, の荘厳

▼ 人生かし~ (5, 0.1%)

1 という商売, ばっかりし, をし, をしちまう, を稼がせる

▼ 人生として~ (5, 0.1%)

1 きょうの, 勿体ないもの, 多彩多感で, 得意な, 有意義に

▼ 人生ほど~ (5, 0.1%)

2 つまらぬもの 1 実際なる, 淋しいもの, 見続けて

▼ 人生一般~ (5, 0.1%)

1 に対する考え, の事象, の対象物, の見方, を順直

▼ 人生居家~ (5, 0.1%)

1 の大, の大事, の実際, の徳義, の細目

▼ 人生至上~ (5, 0.1%)

2 の楽しみ 1 のもの, の価値, の幸福

▼ 人生観世界観~ (5, 0.1%)

1 が違っ, に関すること, の特色, の革新, を表現

▼ 人生それ~ (4, 0.0%)

1 がすべて, ですよ, はわからん, 自から

▼ 人生つて~ (4, 0.0%)

2 そんなもの 1 くたびれるところ, そんなに意味

▼ 人生であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, てみれ, てもやっぱり, て作品

▼ 人生です~ (4, 0.0%)

31

▼ 人生での~ (4, 0.0%)

1 敗残者などが, 経験や, 身ごなし自身の, 過ちを

▼ 人生に対し~ (4, 0.0%)

1 又は宗教, 唯一無二の, 真理に対し, 社会に対して

▼ 人生に対しては~ (4, 0.0%)

2 最も的確 1 ひどく虚無的, 芸術家一般を

▼ 人生を以て~ (4, 0.0%)

1 人性人情を, 夢と, 文學を, 死に誤つこと

▼ 人生体験~ (4, 0.0%)

1 が多少, と将来, と思索, の外

▼ 人生~ (4, 0.0%)

2 體の 1 體が, 體人生そのものを

▼ 人生探求~ (4, 0.0%)

1 ということ, というよう, というタテマエ, の態度

▼ 人生研究~ (4, 0.0%)

2 の為 1 に憂身, は詰り

▼ 人生究竟~ (4, 0.0%)

2 の價値 1 の地, の目的

▼ 人生終に~ (4, 0.0%)

3 奈何 1 奈何是れ

▼ 人生航路~ (4, 0.0%)

1 に旅立とう, に立たせなかった, の方向, を決め

▼ 人生観論~ (4, 0.0%)

1 とは畢竟, の程度, を立てる, を裏づけする

▼ 人生~ (4, 0.0%)

1 でありそして, といはれる, といふ言葉, に見える

▼ 人生いたる~ (3, 0.0%)

2 ところに 1 ところ木賃宿ばかりの

▼ 人生からの~ (3, 0.0%)

1 濃厚な, 疑問を, 雑多な

▼ 人生からは~ (3, 0.0%)

1 すでに燃えつくし, まるで阻隔, 目も

▼ 人生こそ~ (3, 0.0%)

1 何よりも, 平凡に, 生き甲斐の

▼ 人生そして~ (3, 0.0%)

1 わが社, 或る, 方法が

▼ 人生その~ (3, 0.0%)

1 物である, 物に, 起伏が

▼ 人生~ (3, 0.0%)

3

▼ 人生だって~ (3, 0.0%)

1 あって, ほんとに気の毒, 同じこと

▼ 人生でなく~ (3, 0.0%)

1 そういう一部, てどろ, て何

▼ 人生とが~ (3, 0.0%)

1 いかにかの, 屋根の, 此の

▼ 人生に対しても~ (3, 0.0%)

2 又予自身 1 社会に対しても

▼ 人生より~ (3, 0.0%)

1 尊い, 退いて, 高く飛翔

▼ 人生一切~ (3, 0.0%)

1 がリャボーヴィチ, にはたらきかける, の事物

▼ 人生万事~ (3, 0.0%)

1 そんなもの, ともかく金, にもっと

▼ 人生~ (3, 0.0%)

2 が故に 1 の色味

▼ 人生修業~ (3, 0.0%)

1 というもの, にとって否むべからざる, の機会

▼ 人生修行~ (3, 0.0%)

1 である, の一つ, の道場

▼ 人生勉強~ (3, 0.0%)

1 という意味, をし, を怠っ

▼ 人生半ば~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ 人生唯一~ (3, 0.0%)

2 の目的 1 の己

▼ 人生実に~ (3, 0.0%)

1 測るべからざるもの, 無辺なり, 知るべからざるもの

▼ 人生幸福~ (3, 0.0%)

1 そういうもの, の敵, の真

▼ 人生~ (3, 0.0%)

1 の窮極, を持っ, 且つ人物完成

▼ 人生感情~ (3, 0.0%)

1 として變, の基調, を經驗

▼ 人生~ (3, 0.0%)

2 にされ 1 逆井村にて

▼ 人生~ (3, 0.0%)

1 一の, 一課から, 二期の

▼ 人生自体~ (3, 0.0%)

1 がなくなる, と同じ, の悲劇性

▼ 人生自然~ (3, 0.0%)

2 の順序 1 の零細

▼ 人生苦難~ (3, 0.0%)

2 が感じられる 1 の世界

▼ 人生観察~ (3, 0.0%)

2 が宿っ 1 も深く

▼ 人生ある~ (2, 0.0%)

1 がま, こと

▼ 人生いくばく~ (2, 0.0%)

1 ぞや早く, もあらず

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 めざめたる暁, わからない

▼ 人生~ (2, 0.0%)

2 へ笑つて

▼ 人生さながら~ (2, 0.0%)

1 に, の小説

▼ 人生しか~ (2, 0.0%)

1 ない, 生きること

▼ 人生だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 人生であった~ (2, 0.0%)

1 と云え, のである

▼ 人生でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 人生なし~ (2, 0.0%)

2 に成立

▼ 人生などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 人生なり~ (2, 0.0%)

1 景色なりを, 社会なりの

▼ 人生についても~ (2, 0.0%)

1 またクリストフ, 好事家な

▼ 人生にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つて根本的な

▼ 人生にとっても~ (2, 0.0%)

1 ましな, またこの

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 げに一口噺, 汝が

▼ 人生サイクル~ (2, 0.0%)

1 がぼく, に妙

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 活動ニ於ケル一小, 理解ヲ

▼ 人生七十年~ (2, 0.0%)

1 いろいろさまざま, を使っ

▼ 人生万般~ (2, 0.0%)

1 に万, に於

▼ 人生三十一武田信玄~ (2, 0.0%)

2 に三方ヶ原

▼ 人生五十年化転~ (2, 0.0%)

1 のうち, の夢

▼ 人生創造~ (2, 0.0%)

1 のよろこび, の愉快

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 にとっても困難, をいと

▼ 人生劇場~ (2, 0.0%)

1 の出世, は時間

▼ 人生即ち~ (2, 0.0%)

1 是れ, 民族精神の

▼ 人生哲学的~ (2, 0.0%)

1 な根本問題, な課題

▼ 人生哲學~ (2, 0.0%)

1 だから, といつた

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 だよ, を展開

▼ 人生奇異~ (2, 0.0%)

1 を好み, を好む

▼ 人生建設~ (2, 0.0%)

1 のため, を全く

▼ 人生意氣~ (2, 0.0%)

1 に感じ, に感ず

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 がもえ, だと

▼ 人生我々~ (2, 0.0%)

1 の兄弟, の父母

▼ 人生戸外~ (2, 0.0%)

1 の公徳, の道徳

▼ 人生批判~ (2, 0.0%)

1 なき市井生活, をつ

▼ 人生既に~ (2, 0.0%)

1 自由競争の, 自由競爭の

▼ 人生最上~ (2, 0.0%)

1 の天職, の幸福

▼ 人生最後~ (2, 0.0%)

1 の盃, の酒

▼ 人生~ (2, 0.0%)

2 來の

▼ 人生甚だ~ (2, 0.0%)

1 簡単だ, 長くし

▼ 人生生活~ (2, 0.0%)

1 のアルファ, はまだ

▼ 人生的意義~ (2, 0.0%)

1 の総合, や人物そのもの

▼ 人生目的~ (2, 0.0%)

1 としてむろん, の実現

▼ 人生看得~ (2, 0.0%)

1 幾清明, 幾清明と

▼ 人生科学~ (2, 0.0%)

1 と文学, の追求

▼ 人生紙芝居~ (2, 0.0%)

1 の第一歩, の記事

▼ 人生終極~ (2, 0.0%)

1 の理想, の目的

▼ 人生肯定~ (2, 0.0%)

1 の態度, の歌

▼ 人生自身~ (2, 0.0%)

1 であつ, も味

▼ 人生至る~ (2, 0.0%)

1 ところた, ところただ

▼ 人生表裏~ (2, 0.0%)

1 に相当, の判断

▼ 人生観的~ (2, 0.0%)

1 な思想活動, な詩人情熱

▼ 人生觀上~ (2, 0.0%)

1 の主義, の惱

▼ 人生~ (2, 0.0%)

1 を通じて先づ, 見たいな

▼ 人生設計~ (2, 0.0%)

1 に於, を心

▼ 人生評論~ (2, 0.0%)

1 である, の類

▼ 人生課題~ (2, 0.0%)

1 というもの, をじかに

▼ 人生論的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 人生過程~ (2, 0.0%)

1 の現象, の閃き

▼ 人生風景~ (2, 0.0%)

1 を美しく, を語っ

▼ 人生~ (2, 0.0%)

2 に生れるべし

▼1* [413件]

人生あっての文学, 人生あなたにも私, 人生いっさいのこと, 人生いつの場合, 人生いづれにし, 人生いとも暗澹の, 人生いまの自分, 人生いや人生の, 人生いろんなことが, 人生および芸術の, 人生かくの如し, 人生かと哀れみたい位, 人生かも知れませんが, 人生からのみつくされて, 人生からも獲られる, 人生こそは私を, 人生この地球が, 人生これはなかなか, 人生これからが大いに, 人生これ別れ辛き事, 人生じゃないか, 人生すなわち火なりという, 人生すべてはいずれ, 人生すべてこれ白骨ではありません, 人生すべてたくさんの荷物, 人生すべてチャンスに乗ずる, 人生すべて金であると, 人生すべて飛花の境地, 人生すら分らないの, 人生すらも忘れさせて, 人生せっぱ詰らぬ人生, 人生そのままが既に, 人生そのものみたいに見事, 人生そのもの宇宙そのものを經驗, 人生それだけのもの, 人生それらを詠う, 人生それ何て食, 人生ぞやなどと悟りめかし, 人生一体何だ, 人生たるべくは人間, 人生だったとも言える, 人生だ死ねないのに, 人生だ泣くやうな, 人生つてものは彼ら, 人生ふ経験, 人生であったならば恋, 人生であるならば随分, 人生であろうと心理, 人生でさえもそんなもの, 人生といへる言葉, 人生とかいうことの, 人生としての共通の, 人生としては従の, 人生としてもことに私, 人生とでもいったもの, 人生とに現われた微妙, 人生とにたいしていっそう新鮮, 人生とにまで広がって, 人生とに関して意見を, 人生とめっぱりこな気持の, 人生ともちがう, 人生と共に浮沈上下せん, 人生どうやらかうやら, 人生ながらにして, 人生なくんば, 人生などがあろうとは, 人生などの事に, 人生などは見たこと, 人生などを予想しない, 人生なら俺は, 人生なんでも商用, 人生なんかじゃなくて, 人生なんぞというものは, 人生においても演劇においても, 人生におけるよりもはなはだしと, 人生にすら不案内かも, 人生にたいしても決して空, 人生については全く無, 人生につき何を, 人生にて止むべきに, 人生にでもめげたり, 人生にとっては重大な, 人生にのみ心酔し, 人生にまで達せざるべからざるもの, 人生のけはしい, 人生のねうちとして, 人生のみを目標とは, 人生はずつと幸福な, 人生ばかりが社會に, 人生ばかりはどこで, 人生てわれ, 人生へまで近づくから, 人生るるも, 人生まして皆君, 人生ましたのだ, 人生また自身が, 人生または自然の, 人生まっくらだ, 人生まつくらだ, 人生までが思い浮かんで, 人生まるに通ずる, 人生みたいなもの, 人生みぬ髪ながけれ, 人生めったに行き詰まらない, 人生もしくは宇宙その, 人生もねこうして自分, 人生もろもろの悩み, 人生ゆとりのある, 人生らしい人生, 人生るる時は, 人生われを愚弄, 人生をというこころもちから, 人生をのみ見たろう, 人生をまでも観る, 人生をも生活をも, 人生を通してかなでて, 人生を通じて只一回それも, 人生コレ以上の悲惨事, 人生と訳した, 人生てもの, 人生ハ勞働ノミニヨリテ生クル者ニ非ズ, 人生ハ百万台ノ, 人生ファンで取柄, 人生ミミック物真似芝居の間違い, 人生ユカイなもの, 人生ヲシテ別離セシム老翁ハ孫ヲ哭シ, 人生一杯のところ, 人生一泡滓とかいう文字, 人生一瞬の夢, 人生一路の旅, 人生七十を稀, 人生万事元は一つ, 人生万端駄目に駄目, 人生三十一年好ましいと, 人生上芸術上ともに一種, 人生上面ばかりな, 人生不動だけは長兵衛, 人生不如意は知りすぎる, 人生不思議の思い, 人生に人事, 人生主義家連中が常, 人生之を以て盡き, 人生二十何年かの悪運, 人生二度とは生れ, 人生五十ねん, 人生五十七十古来稀れなり, 人生五十年のよりよき, 人生五十年タカが知れ, 人生五十年歳月人を待たず生き, 人生五十年空の美し, 人生人情世態に通暁徹底, 人生人間の心, 人生人間らしい生命の, 人生人間生活上の問題, 人生人間社會と言う, 人生以前でそれ, 人生何すれぞ常に忙促たる, 人生何物の至樂, 人生作家にならう, 人生価値がある, 人生価値批判の後, 人生修養の金言, 人生俳句のグループ, 人生せだと, 人生値打ある人生, 人生出発は, 人生冒険者が各々, 人生凡そ金の無い, 人生切り紙細工は大, 人生初めて要求あり, 人生到るところ青山青空愉快な, 人生前期と提出, 人生と武士道, 人生劇場大好きよ青成瓢吉みたい, 人生加工の態度, 人生十五にし, 人生半ば以上を過ぎ, 人生文藝の, 人生又は事件の, 人生をもつ, 人生双六の骰子, 人生只一度の機会, 人生の象徴的記録, 人生史觀によつて救, 人生同じ土ながら, 人生呪咀でもない, 人生哲学事業哲学であり翁, 人生哲学者を捉え, 人生唄いたいだらけだ, 人生問題なんでもやる, 人生問題研究であるの, 人生問題社会問題として正面, 人生喜びを感じない, 人生喜劇の道場, 人生四不格好な女, 人生四十から, 人生四十年を過し, 人生四時の運行, 人生図絵の感興, 人生を描かう, 人生在るがまま, 人生変化も感じられる, 人生多事蜀へ帰られ, 人生の如し, 人生大名となる, 人生としての人生, 人生を識, 人生完成の途中, 人生に居る, 人生寿ヲ享クル能ク幾時ゾ, 人生就中政治の極致, 人生展望の大, 人生の言, 人生の子供, 人生なく喩え, 人生にこの, 人生の如し, 人生幾千年を経過, 人生度胸があつ, 人生当然の喜び, 人生に向, 人生徒事の多, 人生必需の具, 人生思想芸文学問というもの, 人生を曝した, 人生多き四月, 人生悟道の研究, 人生悠々たる人生, 人生悠久の流, 人生悲劇の場面, 人生の如くならずだ, 人生意外はつきもの, 人生感人生への哲学, 人生感想はここ, 人生感銘の精神, 人生態度全体に妙, 人生を鎖, 人生懐疑とかニヒル, 人生成績に満点, 人生る時, 人生戦闘の世界, 人生批評家でなければ, 人生批評家諷刺家論客滑稽作家皆それぞれ快活なあるいは, 人生指導の根據, 人生指標となれ, 人生捕っていました, 人生探検者がおのおの, 人生探究ばかりでなく, 人生搗き砕かれた心が, 人生改造には当り得ず, 人生敗北を味, 人生教育の極度, 人生教訓のやう, 人生散歩者を笑, 人生文学は生れ, 人生断面をとり扱った, 人生最も苦しき處, 人生最終の安息, 人生与無, 人生有生死安得類古人, 人生朝露感慨深いもの, 人生未熟の致す, 人生本位の露西亜, 人生本来の意義, 人生本能の発達満足, 人生栄枯の大, 人生根本原則が顛覆, 人生案内狂ついにチョビヒゲ, 人生欠く可から, 人生死に所を, 人生死処を得る, 人生死活の問題, 人生水の泡の如き, 人生永久の面目, 人生永遠の生命, 人生決して乱を, 人生活動の機, 人生活発の気力, 人生派人道派自然派象徴派等の全部, 人生派文学の逸品, 人生派的傾向が思わぬ, 人生に言, 人生流離の極み, 人生浪費者だ, 人生漫画を描い, 人生漸く半を, 人生災禍多く些か, 人生無上の愉快, 人生無常といふ外, 人生無常年齢十代で死す, 人生無数の憂患, 人生無理をする, 人生煩悶みたいなもの, 人生熱情や生活体感, 人生理想はた秘密, 人生生きてい, 人生画家が出, 人生発掘ではない, 人生発育の分裂, 人生発見のいきさつ, 人生発達の点, 人生百パアだ, 人生百般すべて紋切型がある, 人生的テーマが現代, 人生的モメントをふたたび, 人生的位置を即ち, 人生的作品としての発展, 人生的哀感の表現, 人生的対照をつくり出し, 人生的意味をもたす, 人生的感想は充ちみち, 人生的態度並びに文学作品評価, 人生的教養は逆, 人生的文学的な自己省察, 人生的文学的程度である, 人生的深みゆたかさが加, 人生的糸です, 人生的経験に俟, 人生的興味の焦点, 人生的観察の心, 人生的詩人に近い, 人生的迫力も到っ, 人生的難航をかたっ, 人生相渉論ならば, 人生看るを得る, 人生社会等の探究, 人生社会観の背骨, 人生社會について考え, 人生の生命, 人生究極の帰趣, 人生すれば, 人生箇々の裏面, 人生終焉図の見本, 人生統一上深浅の相違, 人生經驗の多く, 人生習練の心, 人生老いたくは無き, 人生自然全体を包括, 人生至奥の鐘, 人生至奧の鐘, 人生至極の幸福, 人生至楽の季節, 人生至樂の境地, 人生至高の歴史, 人生も実, 人生芸術家倉田博文先生この手腕, 人生苦悩とそこ, 人生茫漠たる自然, 人生に至っ, 人生蒔直しの構想, 人生行きと帰り, 人生行楽の秋, 人生行路上の教訓, 人生行路争つて交りを, 人生行路難の暗喩, 人生へ出, 人生衝動がひそん, 人生覊旅の別れ路, 人生學にも, 人生観そのものの二元性分裂, 人生観たるに過ぎない, 人生観どころの騒ぎ, 人生観めいたような, 人生観もろもろの抽象的煩悶, 人生観全部を缶詰, 人生観哲学で自分, 人生観思想問題としてなら, 人生観恋愛観がレンズ, 人生観文芸観というよう, 人生観的見地からくる, 人生観相を暗, 人生観社会観にもかなり, 人生観自然観倫理観が存在, 人生観芸術観を支配, 人生観説を持, 人生観道徳観がどれ, 人生觀そのものに於, 人生觀ガ半面ヨリ最モ有力ニ説明シ盡シタルハ人, 人生觀上藝術觀上ゲエテに大, 人生觀上非常に異, 人生觀世界觀を求める, 人生觀或ひは, 人生解決の資料, 人生のかくれた, 人生読本の一頁, 人生か自国, 人生論的神道の新, 人生論的起源を求め, 人生論者たらんと, 人生諦觀とする, 人生諷刺の微風, 人生問題に, 人生貴婦人となる, 人生足別離の一句, 人生踏破も経ない, 人生辛酸を幾多, 人生迷悟の境, 人生追求をも折, 人生途上の何, 人生途上まこと行路の一奇遇, 人生遂に何の, 人生運命の泰否, 人生道中と苦悶, 人生あるかな, 人生となっ, 人生じて, 人生あるの, 人生限りあり歓楽, 人生階梯を順々, 人生面白し面白し然し彼, 人生願望を表象, 人生驀進の意気余り, 人生體驗とを可