青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人情~ ~人数 人数~ ~人格 人格~ ~人民 人民~ ~人気 人気~ ~人物
人物~
~人生 人生~ 人目~ 人種~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類

「人物~」 8732, 99ppm, 1107位

▼ 人物~ (1270, 14.5%)

18 ように 11 やうに 9 一人である, 名を, 性格を 8 ことを, 名前が, 姿が 7 やうな, 中に, 名前を, 顔を 6 うちに, 中で, 存在を, 性格や, 或る, 方が 5 ために, 性格の 4 一人に, 価値を, 名が, 名前は, 性格と, 生活が, 生活を, 言葉に

3 [26件] うちで, それぞれの, ような, 一人だ, 一人であった, 一人と, 一人一人が, 一人一人に, 上に, 主觀, 使ふ, 出現に, 口から, 名前の, 外貌を, 姿は, 姿態の, 心なり, 心の, 心理の, 性格が, 性格に, 性格は, 映像が, 輪郭が, 顔は

2 [87件] うちから, ごとく, ための, ところへ, なかに, なかには, もので, ようだ, イメージを, コンディションを, 一人, 一人だった, 一人です, 一人として, 一人を, 一人一人を, 上にも, 中から, 中の, 伝記を, 価値の, 価値は, 個性としてよりも, 個性を, 僅かな, 全部が, 出入りが, 創造に, 動作に, 印象を, 取扱いだ, 取扱いに, 取扱ひ, 名と, 名前などは, 名前をも, 境遇と, 変名につれ, 大小は, 存在は, 学問や, 影が, 役割を, 心理は, 心理を, 思想と, 性格から, 性格には, 性格まで, 愛吟を, 手が, 持って, 描き方, 斡旋に, 方に, 方は, 方へ, 正体を, 決して日本一, 特徴ある, 特徴には, 生活や, 生活環境を, 白を通して, 真価を, 眼に, 第一, 範囲を, 精力は, 肖像を, 背後の, 行動に, 行動を, 行為は, 言葉を, 跡を, 間で, 關係甲が, 面影を, 面白さ, 面目が, 頭の, 頼み難き, 顔, 顔が, 顔の, 風貌を

1 [832件 抜粋] あなたに, あらかたは, あらゆる特徴, ありさま, あるもの, ある一面, ある色彩, いかなる者, いかんに, いたずら書きと, うえに, うける苦悩, うしろ姿を, うちの, うち二番バスつまり十時四十分, うち帰っ, おそろしいたくらみ, おのづか, こういう行動, ことごとくは, ことごとくを, ことだ, ことだろう, ことである, この程度, ごとく事件いっさい, ご子息, すがた, すべてを, すること, その組合せ関係, それぞれに, それぞれを, つかみ方, どこかにも, どこが, どんな一言一行, なかで, ひとりだった, ひとりに, ほうが, ほかに, ほども, また自分自身, まぶたの, ものとして, やうです, やったこと, ようであった, ようでした, ようにも, アクションが, アントニオの, イダンチテー即ち, カーキ色の, ギセイに, クランチャー夫妻とについての, コンポジションに, シチュエーションも, スケッチ類の, タイプの, ディレッタントが, ドアを, レヴェルが, 一である, 一人かも, 一人で, 一人とな, 一人な, 一人一人は, 一人二人は, 一枯一栄一窮一達は, 一言半句は, 一銚子を, 三人目と, 不思議な, 中では, 中わたくしは, 中間的に, 主義の, 事から, 事蹟として, 事蹟の, 二人目であった, 云った黒い, 云ふ, 交錯の, 人柄そのものによって, 人柄に, 人間的特徴が, 仲間に, 会話だけで, 伝記も, 似而非言論, 位置の, 住居な, 体を, 体格及活動の, 何故に, 作品であろう, 使う言葉, 価値という, 個人的な, 個人的表現に, 倫理的性格であり, 偶然の, 傑れた, 價値を, 元日を, 全体を, 全貌は, 其十二として, 典型が, 内には, 内部へ, 円滑さで, 出し入れが, 出し入れクロオズアツプや, 出たこと, 出入などが, 出入りの, 出入りは, 出現によって, 出現を, 出現伊藤整氏の, 分析に, 判断を, 別宅である, 刻され, 前に, 剛直を, 力である, 動きと共に, 動きに, 動きを, 動作とか, 動作や, 半分だけは, 厳粛素朴な, 取るべき態度, 取扱ひなぞでも, 口を, 台詞を, 右頬から, 同伴者にもな, 同異, 名だけでも, 名となり, 名とも, 名の, 名刺が, 名前だけを, 名前で, 名前なども, 名前なる, 名前に, 名前に対する, 名残を, 周囲の, 品定めを, 品行高く, 問題に, 善悪を, 善良さとか, 噂を, 四人目であった, 囲り, 国籍という, 在りかたを, 型などを, 型に, 型を, 型紙みたいな, 場合の, 境遇等に, 境遇職業年齢教養並に, 声だろう, 売国奴じゃ, 変質的な, 多いある, 多い所, 多かつ, 多くにわたって, 多少機械的, 多様さよ, 大きな所以, 大小の, 大小論を, 好きな, 好奇心の, 如くい, 如く批難攻撃する, 如く無, 如く綺麗, 如何に, 如何には, 如何も, 姓名の, 姓名を, 姿だった, 姿勢が, 姿勢と, 姿顔表情身振, 娘だ, 娘の, 嫌疑を, 存在し得た, 存在によって, 存在的退場を, 宜い, 実在性が, 容姿が, 容貌と, 容貌に, 宿命である, 實在, 対話に, 対話は, 対話を, 対話を通して, 對話を, 少ないと, 居ない窓, 展開の, 幅も, 年輩は, 年齢性性格教養職業環境境遇国時代などを, 幾らかの, 幾人かに, 底を, 弁舌を, 引立てが, 彫像を, 役を, 後に, 徳不徳と, 心でなく, 心もちである, 心情が, 心持ちと, 心持ちへ, 心理が, 心理に, 心理にまでも, 心理動機などを, 心理的リズムに, 心理的発展がや, 必要を, 思想や, 思想性格感情それ以外に, 急死から, 性格, 性格づけ, 性格なぞも, 性格よりも, 性格一, 性格描写も, 性格教養趣味などに対する, 性格生活と, 性格的不具乃至, 性格的心理条件を, 性格的発展に, 性格表現に, 性行については, 性質いづれ, 悪癖の, 悲願を, 悲鳴で, 意思と, 意見で, 意見と, 意見其の, 意識しない, 感じて, 感情の, 感情を, 感情性格を, 感想として, 戟と, 戯画化を, 所業として, 手によ, 手によって, 手もとに, 手中に, 手紙を, 才能に, 扮装も, 批判を, 抱いて, 持味の, 挙動を, 捜査願が, 探査に, 推薦には, 描写が, 描写の, 描写も, 描写よりも, 描寫を, 描線に, 数が, 数や, 方を, 明白なる, 時を, 時代の, 最も得意げ, 最も親密, 有る無し, 末裔を, 本名仮名を, 本名假名を, 来た時刻, 来歴が, 桜の, 検挙につれて, 極く, 構成が, 構成など, 構成や, 様子か, 様式化が, 標本に, 模型で, 横顔を, 欠亡, 正面向きが, 段が, 毅然たるきびし, 気持が, 氣持や, 求婚は, 活きて, 活動とを, 活躍が, 浅薄な, 消長といふ, 清盛が, 滑稽な, 激発を, 点が, 点彩を, 為めには, 無い風景写真, 片方の, 特徴の, 特徴習癖などが, 特性を, 特殊性に, 特異の, 独白だけで, 甚しく, 生き方やら, 生れ育つた, 生命とを, 生命について, 生活の, 生活及び, 生活姿態と, 生涯が, 癖として, 発見を, 白であります, 白科その他一切の, 目論んだ恐ろしい, 相互関係又は, 相違は, 眼や, 着物を, 石面彫刻物有り, 硬直と, 称呼であっ, 種類を, 立像を, 立場と, 範に, 範囲が, 精神的条件は, 素性などを, 細かい気持ち, 紹介では, 組合せに, 組立は, 絵姿が, 絵模様の, 絵葉書が, 練れて, 群れと, 習いとして, 職掌が, 肉体を, 肖像畫は, 肩ごしに, 背後にも, 背後関係つまり, 背負つてゐる, 胸中の, 胸像は, 膝の, 自然発生な, 自白によって, 良否や, 色彩を, 色調が, 落著をも, 行動と, 行動との, 行為心術が, 衣裳の, 表も, 表情には, 表情までも, 表情以外さほど, 表裏功過ともに, 袂を, 裾が, 見えなくなるまで, 見定めという, 見本の, 見透しが, 親は, 観察にても, 解釈から, 言った言, 言動などは, 言葉すく, 言葉などより, 言葉乃至, 言語動作唐突な, 記述は, 記述よりも, 評を, 試合ぶりとも, 試胆戦不戦の, 話が, 話に, 誘かいを, 説明が, 説明だけが, 誰が, 謂に, 謎を, 資格に対して, 足の, 足を, 足音が, 身の, 身の上話を, 軽蔑出来ぬ, 輩出奨励の, 輪廓を通じて, 輪郭を通じて, 退去まで, 逸事として, 遁辞のみと, 運命やら, 運命を, 選択が, 遺跡が, 邸なら, 部分が, 配合は, 配置から, 配置より, 重さ, 重量で, 鑑識が, 鑑識法を, 長所でも, 間の, 関係を, 関係上博士に, 關係を, 陰深, 階級性なんかまで, 雄大という, 集合からは, 雌雄の, 非凡な, 面白い組合せ, 面相に, 面相を, 頭脳では, 頭脳をすら, 頼母し, 類だけが, 類の, 風俗及び, 風采性格から, 食えない甘酸ッぱさをまた妙, 養成, 養成という, 養成は, 高さ, 高低を, 高慢臭く, 魅力には, 黒い頭, 點出ぐらゐが類似或

▼ 人物~ (1213, 13.9%)

29 ある 23 あった 15 出て 7 いて 6 いる 5 あります 4 いるもの, そこに, 多い, 如何に, 登場し, 登場する, 隠れて

3 [15件] あったが, あって, ありました, いた, できて, ゐる, 一堂に, 何か, 多いの, 少くない, 居るの, 気に, 現われて, 現実の, 誰である

2 [63件] あったの, あるから, あること, あると, あるの, いたの, いないでは, いると, いるわけ, ここに, それぞれの, それを, ちらちらと, ついて, つぎつぎに, どこかに, なければ, ひとりとして, みんな自分の, チェーホフの, 一人も, 中心である, 二階に, 五尺二寸と, 交って, 何の, 何を, 入って, 出たの, 出るもの, 出入し, 出来て, 出現し, 反つて益, 可なり, 多いもの, 多數, 夜具を, 姿を, 存在する, 完成する, 小さい, 居て, 彼らの, 描かれて, 斷續的に, 日本の, 書いたと, 棲んで, 次々に, 次から, 物珍らしく, 現はれ, 現はれた, 現れて, 現われた, 現実には, 相手では, 私を, 立って, 腰を, 訪ねて, 陰気だ

1 [929件 抜粋] あちこちへ, あったこと, あったと, あったらその, あったら教示, あつて, あの小説, あまりにも, あらわれた後, ありと, ありました等, あり大和郡山, あるが, あるだけ, あるに, ある別に, ある場合, ある大杉一味, ある機構, あんまりエラ, いかなる人物, いかに文学者, いたかと, いたという, いたもの, いたよう, いたら金, いた筈, いったい男, いつの間にか潜入, いないから, いないと, いないの, いなければ, いまして, いまに, いよいよ工事, いること, いるでは, いるという, いるの, いるらしい, いわば壁一重, うつつと, うろうろし, うんといる, えらいと, おいでに, おりましょう, おるか, おるよう, お話を, からかうよう, くぐつて, こうも, こしかけて, こっそりその, このお, この九州, この場合, この家, この町, この邸内, これを, こんな病気, ございます基督教徒, さういふ場合, さう言つて, ざらに, しちや, しのばれるの, じっとこちら, すくなくない, すぐ眼, すっかり狼狽, すべてそして, そういう大がかり, そう言っ, そこを, そのときそれ, そのまま抜け出し, そのベッド, その半面, その小説, その道の, その門下, それぞれ一番興味を, それだけの, それに, それほど人望, そろって, そんな事, た, たくさん参加してる, ただ銀時計一箇, たとへ, だんだんに, ちょッと, つき従って, できると, どうかする, どうして偉い, どうであろう, どうのこうのと, どうも頼り, どこかで, どこに, どんなに卑俗, どんなに私, どんな性格, どんな愚劣, ないという, ないなあ, ないよ, なかなかそれ, なかなか見当らない, なにを, なれるもの, にこにこ笑い, のっそりと, はじめの, はなはだしく小粒, ひとりいる, ひとり至急に, ひとり舞台に, ぶっ放した, ほんとの, まじめに, また僕, まるで影, みかどならぬ, みんな冠を, もうあと何人, もしやと, もつと, やって来た, ゆっくりした, よくわかる, よく喋舌, よく濃絵, りっぱだ, わかって, わかるまでと, われわれにと, ゐたこと, ゐたらさぞ, ゐても, ゐないので, ゐるかといふ, ゐるが, ゐるぢ, ゐるらしい, アパートメントへ, キザな, クラリネットと, シノギを, スクリィンの, ソッと, ドウあろう, ドタドタ作品の, ニタニタ笑い, ニヤニヤし, ビールを, フランス大, ラインの, ローレルの, 一人ある, 一人でも, 一人ニョッキリと, 一人殖えれ, 一心同体の, 一方からは, 一服もる, 一種蹣跚たる, 一質し, 丁度バルザック, 三十人なら, 三日に, 上下される, 世に, 世の中に, 世間に, 両手を, 丸卓を, 主人公として, 乗り合せて, 事件を, 二つとも, 二三人, 二人あっ, 二人まで, 二人現われる, 二十年後の, 云ってること, 云つてる, 五六人浴槽の, 人々に, 人間として, 人間の, 今の, 今ゐない, 今迄は, 他人の, 代々かかっ, 仮にその, 伊庭八郎と, 住みついて, 住田でない, 何かを, 何れも, 何者である, 作品中に, 作者に, 例外なく, 保の, 保護する, 倍に, 傍白を, 優に北方, 元来大阪京都で, 光一である, 入れか, 入用である, 全面的に, 其力量識見徳行の, 典型である, 出さえ, 出ても, 出ないよう, 出なければ, 出ると, 出征し, 出来とるから, 出来上って, 出来上るか, 分らないから, 利己主義者なる, 割り込んで, 劇中人物に, 動作の, 匍い出し, 千葉ウジなる, 占領し, 参ったもの, 双方へ, 古今東西を通じて, 各国の, 各自独自の, 同心なら, 名古屋城下へ, 君の, 味方に, 和算に, 咎めた, 唾棄すべき, 善玉, 喋舌る, 四五名並ん, 四十を, 囲み息, 国家の, 土を, 地上に, 坐り脇息, 塚に, 声も, 多々浮ん, 多いこと, 多いので, 多いん, 多かったらしい, 多く殆ど内攻, 多く登場, 多数を, 夢の, 大きうございます, 大きく立ち, 大きければ, 大半以上です, 大嫌いだ, 天の, 奥さんと, 好きなら, 好んで, 子に対して, 学問に, 学生に, 安岡批判を, 実在の, 実際に, 実際の, 客に, 家康で, 容疑者の, 富士山麓の, 寝室に, 寵愛する, 封じ込められて, 專門の, 小さくおもわれる, 小さくって, 小柄過ぎる, 少くとも, 尖つた冑, 居たが, 居ったという, 居なかったの, 屑な, 工場の, 左伝次であった, 常に必要, 平井村の, 年老いて, 幾らも, 幾度出あっ, 廊下に, 彼の, 彼等の, 往々座興, 待つて, 得意の, 御承知, 必ずしも架空, 必要だ, 忍び込んで, 怖しい, 怪塔王の, 悉く自己, 悪魔の, 惜しまれて, 惨殺若しくは, 意外にも, 戦災で, 手習子であれ, 抹殺された, 持ついろいろ, 持つ弱点, 指揮に, 描きたければ, 援けて, 擡頭し, 教壇に, 教父として, 敵では, 文学の, 新平民, 日夜たずさわっ, 日本という, 日本人の, 日毎に, 明らかに, 明智邸の, 昔の, 時々出た, 時の, 時代を, 時代時代に, 暴悍で, 有りようはず, 有力で, 朝と, 木剣を, 未知の, 本当に紙, 杉本を, 来て, 東京の, 東洋製作会社の, 果して三浦, 果して幾人世人, 架空的に, 格闘し, 構想を, 横行する, 次第に劣りゆく, 武士である, 歩くよう, 歴史上の, 歴史的タイプの, 死んだり, 殆ん, 残酷な, 民俗の, 気に入らぬ位, 気に入る入らないは, 江戸入りされた, 決定する, 活, 活躍し, 活躍しない, 洽く知られ, 派遣され, 浮き出して, 消滅し, 混つてゐ, 渋面を, 潜んで, 澤山居る, 炬燵を, 無いが, 無い為, 熊本に, 物を, 犯人と, 狂人なら, 狂人なる, 猥雑の, 王様で, 現れた, 現れたね, 現れないこと, 現れる事, 現れ三味線, 現れ帝王, 現われたと, 現われたら, 現下の, 現在この, 現存し, 理想的な, 生々と, 生まれ出るはず, 男性である, 画面の, 留守に, 異なった場所, 疑わしいこと, 病んだ足, 發憤の, 白紙の, 監禁された, 相対し, 相手なら, 相継いで, 真実に, 眠がる, 破邪検非に, 磨き出されたの, 神つどい, 福地桜痴の, 穢多の, 空想の, 突っ立っ, 窺われる, 立並んで, 立身出世を, 竹内式部だ, 筋肉の, 精神的に, 統一も, 罪の, 考へる以上, 能を, 自ら参加した, 自分に, 自分勝手に, 至るところ, 舞臺に, 若い人たち, 著しく働く, 蒼ざめた顔に, 行住坐臥造次顛沛何に, 行方不明と, 裏づけられて, 覆面し, 見える仕掛, 見当らなかったため, 言うよう, 言つてゐる, 言ひだした, 語り行, 説いてこそ, 誰かという, 論じられたが, 貴殿を, 跋扈する, 身を, 輩出し, 輪舞的に, 近頃は, 途中で, 進むにつれて, 運命の, 違うよう, 遠征した, 選ばれて, 配せられたといふ, 野に, 長く彼, 集まって, 集りましても, 面白かつ, 頭に, 類型的だ, 飛び廻って, 養鶏家に, 駄目なら, 高いから, 麗人国へ, 黒紋付きの

▼ 人物~ (1056, 12.1%)

19 して 10 描いて 7 もって 6 見ると 4 よく知っ, 主と, 惜しんで, 知って, 表現する, 見て, 見るに, 養成する

3 [11件] 中心に, 主人公に, 如何に, 崇拜する, 崇拝する, 発見する, 私は, 自分の, 舞台の, 見たこと, 評する

2 [73件] こしらえて, さけて, さよう, それか, つくって, とおして, まざまざと, ピエルと, モデルと, 代議士と, 作り上げて, 作者が, 作者は, 偉なりといはむ, 出して, 創造した, 十分に, 取り扱つた作品, 呼ぶ時, 失ひたり, 好いては, 妙に, 完全に, 巧に, 平等に, 心に, 悉くせり, 想像し, 批評する, 抑へる, 指して, 指名し, 描いた, 描いたの, 描かうと, 描かうといふ, 描きわけて, 描き添えて, 描くに, 描くの, 描く方法, 描こうと, 描出した, 正解した, 正解し得, 比較せ, 活写せず, 活写せずし, 煮ても, 物色する, 生かすこと, 疑り蔑むこと, 登場させ, 相手に, 知るに, 知ろうと, 置いて, 見るの, 見れば, 見出して, 見込んで, 評価する, 評論する, 論ずること, 造り世人, 連れて, 進行させる, 選んで, 非難し, 領解したる, 頭の, 髣髴し, 髣髴と

1 [803件 抜粋] あげつらふので, あの船, あの記憶, ある人, あれほどに, いうの, いたわって, いつまでも, おいて, おどけた人形, お求め, かいて, かくすため, かなりに, かりた作品, かんずるやう, くらべたら, こう重視, こまかく書い, こんな片田舎, さう, さし向けねば, さす言葉, さへ, しげしげと眺めた, すすめて, ずばりと, そちも, その仕事, その志, その眩, それぞれの, それの, たくみに, たずねて, ただながめ, ついでながらに, つきとめる目安, つくりあげて, つくりだした, つくりました, つれて, とらえて, とり囲んで, どういふ風, どうする, どう見た, どんどん書かない, ながく中等教育, ならべ脚色, はじめ平田篤胤没後の, ふと心, ほんとうに, ほんとに活かす, まだはつきり捉, みたとき, みとめたの, もっと勉強, もとに, やって, やる, よう聞かせ, よくよく吟味, よく抹殺, よく理解, よりによつ, わが家へ, エライエライと, ギリシャ人に, ザンバの, スタニスラーフスキイに, モデルによ, 一ヶの, 一人ずつ, 一人の, 一人は, 一人加えた, 一変させ, 一度見た, 一段と立派, 一生懸命で, 一目見ます, 三十人だけ, 上役に, 両眼充血, 中心と, 中核として, 主人公と, 主体と, 乗せて, 乱暴に, 予想する, 二つに, 二人に, 交換した, 人選中であった, 今は, 今村氏とは, 仕上げるため, 代表する, 以つて学士の, 仮定し, 仲に, 仲裁に, 会社の, 伴って, 伴つて京野家を, 作らんと, 作り上げたこと, 作り出すといふ, 作者の, 使ったの, 使用する, 例に, 俗才に, 信じる心, 信ずるので, 俳優は, 偉いとか, 偶然ぼくが, 僕は, 先ず自分, 全部何故, 典型として, 典型的という, 内側に, 再度帰参, 写し得て, 凝視し, 処女作以来の, 出したこと, 出したり, 出しまた, 出すの, 出だしたという, 出来事それ自身の, 切ると, 判断しない, 利用しなくつ, 前に, 加えたの, 加へ, 助けたとて, 動かし進める可能, 勿体らしく演じる, 化身として, 区別する, 単に, 単に思想, 厭ふこ, 厳粛な, 反射させる, 反逆人と, 取り違え祖父, 取扱ふ, 叮嚀に, 同じやう, 名指したいと, 吾人は, 周旋します, 唯者でない, 嘲評, 嚥下せり, 在来の, 地の, 坐らした作品, 士という, 変形する, 多く集め, 大いに認める, 大きく描かず, 大勢出した, 大臣とか, 失って, 失わなければ, 好むこと, 宗祖として, 定むる必要, 宛名の, 実在の, 客観的に, 家中に, 容れなければ, 容れ置くと, 尊敬し, 尊敬した, 小さくし, 小さくせざるべからず, 小牧の, 山の, 山吹に, 巧妙自在に, 幻影の, 引きたてるため, 彫り下げること, 彷彿する, 彼は, 彼らの, 待って, 後に, 徒らに, 得なければ, 得ようとして, 御存知の, 御記憶, 御話しし, 必要として, 思いつきツルゲーネフ, 思うとき, 思ひ浮べたの, 思ひ浮べて, 思想や, 思想的に, 悉く自信満々, 悲惨の, 惜しんだが, 想うとき, 想像する, 想像するであろう, 想到せし, 想見する, 意味しない, 意識的に, 愛してか, 感じて, 憎む情, 払い魔, 扱ふ, 扱ふべき, 批判しよう, 批判する, 技術家の, 抑える機関, 抜きさ, 択ぶの, 択んだらば, 押込めて, 拉し來つて, 拉し來つて叱責罵倒, 招致する, 拾ふ, 持ち合せて, 持つこと, 指した, 指すばかり, 指摘した, 挙げて, 排した構図, 排列し, 探し出して, 探し出すだろうとね, 探し或は, 探すため, 探りだすこと, 推挙すれ, 描いたリアリスト, 描いた鼈甲, 描かんと, 描きたいの, 描き出して, 描き左右, 描き得れば, 描き資本主義社会, 描き込んだの, 描くと, 描くといふだけで, 描くとき, 描くよりも, 描く場合, 描ける東海道名所絵, 描写する, 揣摩せず, 撒いて, 撰びしかも, 支配しすぎ, 放逐し, 政府の, 数へる, 数多く吾, 断頭台に, 明確に, 明言したる, 時と, 時に戦はさう, 書いたため, 書き分けること, 書き生かして, 書く場合特殊, 最も正確, 月旦し, 本艇や, 東京会館の, 柱で, 標榜致します, 欽仰し, 歴訪し, 殺損奪掠, 比較し, 求めて, 求めるほか, 江戸表へ, 決めて, 活かし, 活動さし, 活動せし, 派遣する, 浮出させること, 海外に, 測って, 測る標準, 演じながら, 演ずると, 演ずる時, 点出し, 無制限に, 物色し, 特別に, 犯人らしく見せ, 狙って, 狩り出しながら, 理解する, 理論よりも, 生かして, 生かす, 生ずるに, 生み人物, 田舎城一つに, 甲斐の, 疑惑視する, 発見し, 登場させた, 登場させなけれや, 登場させる, 登用した, 發見する, 監視し, 目のあたりに, 目的の, 看るに, 真面目に, 眼に, 知つたのは, 知つてゐる, 知つて居る, 知らない, 知らないので, 知らなかったので, 知らぬはず, 知りし上, 知ること, 知るには, 破毀すべき, 碁会所の, 示すもの, 私たちに, 私はよう, 称讃し, 種として, 空しく逸し, 窺うと, 立たせその, 筆誅する, 筋を, 精いっぱいに, 素直に, 紹介したい, 組ませて, 組み合せて, 組立てること, 統御し, 統御する, 絶讃し, 網羅し, 縦横に, 織り出したる錦旗, 置かうと, 置く場合, 習い次に, 考えると, 考へだしたためし, 考へて, 聚める, 育てたくらいの, 能く, 腐った古池, 臂を, 自分らの, 芟除し, 芭蕉が, 葬って, 蘭軒に, 表現すべき, 表裏二様に, 被害者に, 襲撃し, 要す, 見かけたこと, 見かけなかったかと, 見こまれて, 見そく, 見た, 見たいもの, 見たわけ, 見つけた, 見ても, 見ますと, 見よう, 見よゴリオ, 見るかの, 見るよう, 見る思ひで, 見る眼識, 見出され頼み, 見出した時, 見出すこと, 見出すよろこびを, 見分ける明, 見失うまでも, 見守って, 見抜くからの, 見抜くの, 見抜くもの, 見損, 見損なったの, 見直すと, 見素性, 見込んだとて, 規定する, 視て, 親しくみたい, 観ぬいて, 観る, 観るにかけては, 解く二つ, 訊ねた時, 記載する, 訪ねるため, 訪ねる時, 訪れた, 評して, 評し何, 評し史, 評論し, 詠んだ, 話して, 認めること, 誘引する, 説明し, 説明すべき, 読むもの, 論じ時雲, 論ずと, 論ずれば, 論ぜず明治文学, 論ぜんと, 識って, 識り, 警戒よりも, 讃歎し, 貴殿が, 買いかぶって, 買っては, 賞揚し, 踊らせて, 軸と, 軽重する, 載せた汽車, 近づける時, 送るから, 逃がしては, 造り事件, 造り出すべき是, 造る事, 連想し, 適当に, 選び以, 選ぶもの, 選りわけて, 選択する, 配したいの, 配置し, 重く見, 釣り下げた儘, 鑑別する, 鑑定が, 長くか, 間近くで, 限定しない, 除くほか, 陶冶し出だすべし, 集めた点, 雇いあるいは, 需要し, 領しそれら, 頭に, 馬琴が, 験めそうものと, 驅逐し, 體現する, 魔の

▼ 人物~ (864, 9.9%)

7 何れも 4 一人も, 人物を 3 あなたの, いずれも, ない, 当時の, 彼の, 最も貧しい

2 [51件] いつの, いなかったの, いるもの, この方, たと, ちよつと, どれも, ないと, なかった, ほかに, よく知っ, ハタと, 万事信用の, 二人の, 作家の, 先き, 先づゐない, 出て, 十人の, 多いが, 天下に, 学生時代の, 孰れ, 実際は, 小説中の, 少いと, 必ずしも常に機智, 必らず, 成功すれ, 所謂る, 日本に, 日本の, 果して有り, 極度に, 概ね, 此の, 殆ん, 無いと, 男爵本多政以氏と, 私の, 紛れも, 素描では, 緑いろ, 自分で, 舞台の, 落したもの, 言ふまで, 誰だったろう, 面白い人物, 靴音高く, 麾下の

1 [729件 抜粋] あっては, あとから, あの時奈落, ありません, あるに, あるまいかと, いうまでも, いかがでしょう, いくらでもある, いずれの, いったい何, いったい何者, いったん権勢, いない, いないと, いないらしい, いなかったわけ, うまいこと, おおよそその, おのずから描き出され, おもむろに車, おりますまい, お前の, お富, お揃いでございましょう, お描き, かつて存しなかった, かならずその, かなり多い, かねて, きいた, きっと全然呼吸, けだかく詩的, こう左衛門, ここへ, ことごとく戦乱, ことごとく物語, ことごとく非, このあたたかい, この映画, この脇坂, これぞ市会, これだけで, これ等の, ごく稀, さもおかし, しかしあの, しつかりして, しばしばこの, しばしば史上, すこしも周章てず, すこぶる丁重, すでに全員, すでに各位辱知, すべてに, すべてわれわれの, すべて俳優の, すべて明るく, すべて痩せ, そういうもの, そう沢山, その伴造, その効果, その思想, その性格, その犯後, その生きた, その詩中, その説話, それぞれ特色ある, それぞれ異なった, それとは, それほど複雑, それまでの, それ自身として, たいてい断崖, たくさんいる, たしかについ今し方, ただこれ, ただの, ただ才能, たった一人, たぶんツナガリ, たれか, だいぶん遠く, だれな, ちっとも浮い, ちゃんと鬚, ちやんと, ちょっとほか, ちょっと出まい, てんで花, とうていあり得る, どういう種類, どうかよ, どうしても一時, どう動い, どう呼ん, どこへ, どしどし登用, どの位心臓, どれほどおる, ないとも, ないの, なお更, なかなか二人, なかなか油断, なくて, なくては, なぜ五万年, なにかの, なるべく実在, なるべく要約, ひどい淋しがり, ひどい目, ほとんどすべて登場, ほとんどみんなプロレタリア義太夫, ほんとに生き, ぼっつり, まさしく五人, まさしく地上, まさに彼, まず英雄豪傑, また, まだ若い, まったく一点, みなこんな, みなゆるやかな, みな重罪によって, みんな一とか, むろん不明, もうあなた, もちろん彼, ものおもうお, やっぱりニヤニヤ笑い, やはり実業家, やはり百年, ゆっくりと, よい参考, よくお, よく犯罪, わけて, わたしは, われわれの, ゐなかつたもの, ゐるしかし, オカカの, ガラリ一変, キリストの, ギラリと, クリヴォフ夫人を, サイモン・ブレイスブリッジ氏の, トガキに, トテモ生やさしい, ドチラに, ニコ, ハッと, バッタリ大地へ, パイプを, ヒューメーンだ, フイと, フッと, ブラウンという, マスクを, モウモウたる, モンジュその, ロンスヴァルや, 一せいに, 一九三五年の, 一体ほんとう, 一個の, 一党の, 一勢に, 一向にパッと, 一層あなた, 一樣に, 一種異国風な, 一種非凡な, 三十代の, 不思議な, 世の中の, 両足を, 中世の, 中年の, 主觀, 乙の, 乙鳥音吉独りだ, 事業で, 二人きりといふ, 五人しか, 人々が, 人前でも, 今の, 今度は, 今日加藤勘十が, 今日此際断じて, 仏領印度支那に, 他の, 以て, 以前から, 何だか人為的, 何を, 何故に, 何物とも, 何者, 何者だろう, 何者であろう, 作者山本有三が, 依然達者, 俗物から, 保証する, 僧形である, 元来素人ストリッパーである, 兄の, 兆殿司の, 兇悪無慈悲殺人狂すなわち, 光線の, 入国し, 全く作者, 全く違つた世界, 全巻を通じて, 全部個別的に, 公孫, 六人であった, 凡そ彼, 出ないであろう, 出獄した, 分らないそれ, 前に, 前夜の, 前田利家だ, 創立当時の, 加えて, 労働階級の, 動力, 勿論現在, 北国の, 卓子を, 単純ね, 博士に, 友情を, 受動的の, 右の, 右手を, 同じこと, 同感的に, 名探偵明智小五郎, 君とともに, 呼んだ, 和歌山県田辺町の, 和気清麿で, 唯作者, 喜兵衛さんで, 四馬頭目に, 団結する, 在る, 地上に, 坊主の, 堂々と, 外国人である, 多く維新以後, 多少あわてた, 多少とも, 多過ぎる, 大きい, 大仰に, 大別すれ, 大抵その, 大抵教育, 大森君を, 大衆から, 天竺の, 奇妙な, 女です, 如何に, 始めて, 婦人科の, 嫌ひである, 子供の, 学者中百に, 學問藝術の, 完全な, 宗矩と, 宛然たる, 実にさまざま, 実に多種多様, 実に愛すべき, 実に溌剌, 実は隣人, 実世界, 実在し得る, 実在の, 宮の, 家庭的習性という, 家来の, 容易に, 富国生命の, 實に, 寧ろ單純一徹, 将校生徒として, 小では, 小氣味, 少いん, 少しも, 少なくない, 尠なく, 尠なし, 居ないといふ, 屡々この, 差し当り学校, 巴里の, 常に, 平凡の, 平清盛であります, 幸ひ, 幻燈の, 幾島に, 広重と, 当分史蹟天然物保存会の, 当時ほかには, 彼では, 彼を, 彼女が, 待つてる, 御客, 徳川どのを, 心構えが, 必ず会計書記等, 必ず真理, 忽ちスッ, 思慮は, 性格の, 恋愛において, 恐らくは山縣公爵, 悉くわが, 悉く或, 意外も, 感に, 感心しない, 或は憐憫, 戸籍なき, 所用が, 打見たところ, 押川と, 指の, 振返りぬ, 探せば, 擬造的, 政事社会上流の, 敏腕で, 敵ながら, 断じて日本国, 新興コンツェルンの, 昔西洋の, 昨年のより, 時処の, 晋の, 暗然たる, 暗黒に, 書記室に, 最後に, 最早作者, 本当にそこ, 本質的には, 東の, 案外その, 極めて, 極めて少かっ, 極めて沈著, 極めて深謀遠慮, 概して男, 概ね類型的, 構想などには, 歌と, 正直そうに, 歴史の, 死んだもの, 残らずその, 決して好ましい, 決して観念的, 沢山ある, 河上徹太郎氏である, 活発溌地に, 流暢な, 漫然とした, 火ぶくれ, 無かつ, 無事に, 無窮なる, 無言の, 然諾を, 煙が, 片っぱしから, 牧野信一の, 特に意識的, 独自の, 猿鹿的な, 珍しい, 現代社会制度の, 現在まで, 理想を, 生涯こんな, 男だった, 男女とも, 當時珍重された, 疑いも, 病まで, 病気で, 百年に, 皆ヒューメーンである, 皆微笑し, 皆有徳の, 皮肉にも, 皺枯れ, 相寄り相, 相当な, 知って, 知ってるから, 知れば, 私たちには, 私である, 秘密主義という, 秦の, 第一, 筑水と, 細君を, 終戦後この, 綱宗の, 網羅され, 締めて, 習えないもの, 老人青年女房娘子供等部落民の, 考え出せなかった, 考へただけで, 聯想できる, 背が, 臆病の, 自から, 自分たちには, 自分として, 自分を, 自分達の, 至って純情, 船長殺しの, 良人とか, 茶山が, 茶色の, 藤木理学博士四十七八歳, 藤田と, 蚤について, 蜀陣営の, 蟹江を, 衣裳さへ, 製作の, 西南にのみ, 西郷吉之助だろう, 見えてない, 見て, 見ましたが, 見る人みずから, 見当らなかった, 見当らなかつた, 親父の, 解らなかつたが, 記代子で, 認めて, 誠に寥々, 誰と, 誰な, 誰も, 誰よりも, 調和しない, 諸家でも, 謂わば, 谷中の, 赫灼として, 赭顔の, 身に, 身動きした, 軽井沢の, 近江の, 近江殿と, 途方も, 遂に架空, 遠慮会釈も, 酒井俊蔵であった, 鉄扇様の, 鎌倉以後の, 長谷川雪旦である, 長身を, 陵下に, 雪五郎父子を, 雪太郎の, 非行動的, 頭の, 顔を, 風体や, 高貴な, 魁偉な, 龍造寺主計であった

▼ 人物~ (604, 6.9%)

25 して 21 なって 8 依て 7 なつて 6 就いて 5 しても, なると, 扮する俳優, 見えて, 限って 4 ちがいない, 似て, 對する, 扮し, 於て, 相違ない 3 なつた, なり切って, なること, 扮した, 接して, 過ぎないの, 違いない

2 [41件] あらずと, あるの, したの, してからが, すぎないの, なりきろうと, なりすまして, なりすまし朗吟, なりて, なるの, なれば, むかって, わがま, 会ったこと, 何を, 傾倒し, 出逢っては, 向つて, 変ること, 変装し, 對し, 就いては, 御座候, 感服せず, 扮し得る, 扮する場合, 於ても, 独自の, 眼を, 私淑し, 納得させる, 自殺させる, 良く似, 見出, 輳つてゐる, 近きの, 違いなかった, 重きを, 限るもの, 非ず, 非ずして

1 [385件] あう, あつて, あらざりき, あらざるも, あらざれば, あらず, あらずや, あらず彼, あらわされて, ありと, あるかが, ある議論, いくらかでも, いたく同情, いたるまで, いとふさ, いろいろの, うってつけに, おじ気, おなりに, お前が, かういふ行動, かぎって, かくまでの, きめその, くれるより, こういう行動, こちらで, この書物, これを, ございますな, ござりまする, させまた, されて, した, しつこい興味, しては, しとつたんぢ, しばしば出会っ, しろ一片, しろ何, しろ無駄, しろ相, し山内容堂, すぎない, すぎないん, すぎなかった, すぎまい, するつもり, するもの, せよその, そのままと, それが, それくらゐ, そんなの, そんな軽蔑, たいし認識, たのまれたの, たのみを, たまたま実在, たよること, だれを, ちかい女, ちが, ちがいあるまい, ちがいは, ついて, つかふた, とても迂, ともかく今, どこか, どの位感動, なしたいと, なすとは, なぜか, なぞらえて, なった, なったかを, なったと, なったところ, なったもの, なったよう, ならなくッ, ならなければとか, なりかわること, なりきると, なりきるという, なりきる努力, なりきれる俳優, なりは, なり了せた, なり切ったほう, なり切る, なり切ること, なり同時に, なり社会的, なる, なるとは, なるに, なるよう, なる資格, なれ, なれないといふ, なれますぞ, なれると, なろう, ねらいを, はからずもここ, はげしい羨望, はなはだしく愛想, ばけたか, ふかく感じた, ふさわしいもの, ふさわしい名, ふさわしくない, ますます不信, ますます新, まず物, ままある, めぐりあったもの, めぐりあふとは, やや近い, よく現われる, よりて, われわれの, シンボライズした, ピストルで, ピッタリと, ボクを, モデルが, ルナンは, 一つの, 一図に, 一段の, 一種の, 万事を, 下らなくおだてられた, 不服が, 不服だった, 与へると, 乏しい, 乏しい僻村, 云わそう, 交はらしむ, 交際を, 人を, 人間全体を, 人間性を, 仕立てたこと, 仕立てて, 仕込んで, 代りたく思つて, 仲間入りを, 会いたいの, 会う方, 会ったの, 会つ, 会つた京野等志は, 会つた時彼は, 会見し, 会見を, 似たところ, 何か, 何等の, 作者を, 依って, 依ってさえも, 依存する, 個性的な, 候, 偶然邂逅した, 優れたもの, 共通する, 写つて困る, 出て, 出会いました, 出会して, 出会った事, 出会つた, 出会つたのである, 出会ふ, 出来る筈, 出逢ったよう, 分散せしめられた, 創りかへて, 加ふる, 加へた, 勘考し, 即し個々, 及ぶといふ, 取りいって, 取り入れようと, 同化させ, 同情し, 同情を, 向かわざるべからず, 向って, 向つて同感, 向て, 吾, 土地を, 城主に, 基く思想, 変つてしまつ, 変化させ, 大小は, 好意と, 媒介を, 嫁ぐよりは, 学生時代から, 審判を, 対抗の, 尊敬される, 尊敬を, 對談など, 小さく窓, 就いての, 就きて, 就ては, 届けること, 属し架空的, 山木を, 引きつけられて, 当るという, 彼を, 御不満, 御座候え, 心理解剖家としての, 必要な, 思われた, 性格が, 恋して, 恐ろしさ, 惑わされて, 惚れたので, 想いを, 感じられたらしい, 感じられる, 感ぜられ愉快, 感心した, 成りきると, 成り切るだけの, 成り切るまでには, 成り変, 成り済まして, 成り給, 成るの, 我が大志, 手わたす, 打衝, 托して, 扮する, 扮するという, 扮する役者, 扮する樣, 扱ったという, 扱ったもの, 投げつける, 拾われて, 持たせ送り届けるに, 接したこと, 接しても, 接し到底, 接すると, 接触し, 推服する, 描いて, 支配される, 教えられたから, 教へ, 敬意を, 敵ながら, 於ける, 於ける正, 於ける正当, 施して, 明瞭でない, 普通な, 普通の, 書生, 會つて知つてゐる, 東方語や, 楯つく, 標準語を, 欠点が, 殴り殺されたその, 殺すとも, 水石を, 沢山入り込まれ, 注入すべく, 注意した, 注意を, 注目し始めた, 津々と筆路, 活躍させる, 深い関係, 添へては, 為たい, 現実に, 現物を, 甚しく, 田舎で, 由ること, 異ならざる自由自然, 異彩が, 當てて, 直接会へと, 直接話しかける, 直面し, 相当すべき, 相違なかつた, 着せたと, 砕けて, 磁力の, 私は, 種々の, 空想し, 端を, 結び付けること, 縁が, 肖ずこれ, 臍を, 自らを, 自ら扮し, 自分を, 自己を, 自然が, 自由な, 至りては, 與へ, 虹を, 行逢う, 複雑で, 見えた, 見えなかった, 見える技師, 見切りを, 見張, 見込みの, 親しみを, 親睦すれ, 触れその, 触れる必要, 言わせる自由, 訊し, 誇大妄想や, 読者の, 誰かれとなく, 誰が, 調和する, 變る, 負けないくらい, 較べて, 辛辣に, 近い生活, 追い詰められ切羽詰って, 追わせては, 逅遇, 逢ったもの, 逢わず失望, 過ぎざるなり, 過ぎない, 過ぎなかった, 過ぎなかつた, 違いあるまい, 選ばれて, 邂逅する, 重量感を, 金剛石を, 鍔競合なんて, 関係が, 関係の, 關し, 限ぎって変物である, 限られて, 静物に, 非ざる, 非ざれ, 非ずや, 非凡の, 面会を, 面白いところ, 頭上から, 風化され, 食指を

▼ 人物~ (383, 4.4%)

8 なって 6 いえば 5 して, 云うの 4 なること 3 いうよりも, されて, した, する, なった, なる, にらんで, 云えば, 同一人, 見て

2 [26件] いえよう, いへば, いわれて, その関係, それが, なったの, なつて, なりき, なると, みえて, 一緒に, 人物とが, 信じて, 各階級, 心得あの, 思われた, 思われて, 握手を, 東京で, 考えて, 見ても, 言っても, 認むるものなきに非, 違って, 雖も, 非常に

1 [273件] あいびき, あらゆる悪名, いいながら, いい見識, いう, いうだけ, いうと, いうべき人物, いうよりは, いえども, いっしょに, いって, いっても, いふと, いわざるを, いわれる南江備前守正忠, いわれる者たち, おなじ口調, おなじ幻想, おもって, お吉, きょうの, こうも, される, したの, したら当然, した所謂唯美主義, し皇室, するちょっとした, するも, する日本, する有名, すれちがって, すれば, そして麦畑, そっくりの, そのモデル, その映像, その置かれ, その行動, ぞんじますが, ちがって, ちよつと, なす名誉毀損, なす点, なったが, なったこと, なったわけ, なった人, なった作家, なつた, ならしめたれば, ならしめ適, ならなくては, ならんと, なり, なりため, なりもっとも, なり又は, なり得たその, なり精神, なり終せて, なり近来日向, なり陛下, なるという, なるに, なるには, なるべく教育, なるもの, なるよう, なる事, なれり, なろう, なんの, にらんでは, ふとしたきっかけ, みえる, みて, みなして, もてはやされき, わざわざ生硬, キミとの, ハッチソンの, 丞相とを, 並べて平気, 丸木小屋乎, 事件とが, 事件に, 事変とが, 事物との, 二人の, 云うと, 云う他, 云ったらどう, 云っても, 云つた, 云ふ, 云ハ, 交わる危険, 交際し, 人事, 人物との, 人間関係を, 今まで真面目, 仕事が, 仮りに, 仮定し, 会って, 会見する, 作刀を, 作品, 作品とを, 作物とを, 作者その, 作者とを, 作者の, 保との, 信じ切って, 信を, 俳優が, 俳優この, 俳優とが, 俳優との, 俳優此の, 倶に, 僕とが, 僕の, 共感者に, 共通した, 其背景とは, 出来事と, 出来事は, 分って, 化した, 化したの, 化す, 同じくらいに, 同じく否時, 同じく極めて単純, 同じく粗, 同じ生活, 同じ程度, 同じ顔, 同一でない, 同一系歴の, 同化し, 同化するしない, 同棲を, 同様の, 同車する, 同郷同姓である, 名声を, 后に, 周囲との, 喜怒を, 国情とに, 場面の, 境遇と, 大弐や, 妻美津子との, 学問とは, 実によく似, 実社会の, 實景を, 山と, 差向いの, 引合ふ, 当時の, 形崩るる, 彼とを, 彼を, 彼女との, 心得て, 心理とは, 応対し, 思い込んで, 思う, 思えば, 思った, 思って, 思ふ, 思わせずには, 思われたの, 思われる, 思われるよう, 思想とは, 情景を, 想像し, 愚考仕り候わ, 感心する, 所説とを, 手腕には, 扮装と, 承知の, 接すること, 推奨し, 握手しよう, 文学, 斉しく, 早合点した, 時代とを, 書画と, 正しく同等, 比較する, 氏の, 流水と, 深い深い関係, 為さざる可, 爲さざる, 爲す, 物と, 物品とが, 生活とを, 申すこと, 申すべきかも, 申上げた, 疑って, 白髪白髯の, 相交わり, 相対する, 相見る, 相識の, 知られ度, 知りながら, 知り合う, 研究法との, 立派な, 考えたん, 考えた様子, 考えられて, 考へたん, 考へた様子, 考へる癖, 聞いて, 背景との, 背景とを, 能文家である, 自分との, 芭蕉の, 藝術とに, 裸で, 見えたので, 見えも, 見える, 見こんで, 見なされたもの, 見なされ自身それ, 見なし決して, 見ゆ, 見られたの, 見られて, 見立てたらしい, 視て, 観て, 観るの, 言い過分, 言う, 言うこと, 言うべきであった, 言つ, 言はれた, 言われたって, 話を, 認めざるを, 認めなければ, 語り合い多様, 読者の, 誰それとは, 調和せる, 謂は, 軽い誘い, 霄壌だ, 顔を

▼ 人物~ (244, 2.8%)

29 あつた 3 あつて, せう, ね, 彼は 2 あつたなら, あつたらしい, あらねば, いながら, 前者は, 彼の, 私が, 能く

1 [187件] あつたの, あつたらう, あつたり, あまりに深く, あらう, あらうか, ありすぎるの, あるいは大老就職, あれでは, あんまり利発, あツ, いわゆる利口, おしや, おわすならたった, お銀様, お鞘, かつてこういう, かつ金銭, かりそめ, こう低能, この世に, この公園, この気性, これほど, これまでも, これも, ごいした, さえなかったら僕, さへも, すこし青白い, すでに私, すら容易, すら風守, そうかと, そこに, その夫, その実力, その強か者, その発する, その素姓年代, そんなこと, たしかあの, だれの, ちょうど支那事変, つつましき木綿着物, でも, どういふ, どうにも, どのよう, どんな書質, どんな風, なかなか隅, ほかの, まああの, また異常, まだ國訛, むしろ久慈以上, むやみに, もとより信ずべき, やっつける必要, よくスパイ, りっぱな, わが子は, わが道, わしの, カフカに, ギラリと, グラチアと, ズボンを, ネ, ブリュヌゾーと, ペルセウス, ムッと, レジオン・ドヌールの, 一生独身であった, 丁寧に, 且つ博学, 世間からは, 乱陣の, 事大主義で, 京焼の, 仁義なども, 今なら, 今までに, 何か, 何の, 何事も, 俗気の, 僕に対しては, 僕の, 充分です, 其風俗は, 兼ねて, 凡そ世の中, 分りきったこと, 判然と, 勝つため, 北へ, 又実際, 友人間には, 取り圍まれ, 口数も, 叮嚀に, 台湾高等学校の, 各種の, 名を, 和服が, 商人離れが, 噂に, 坐り方, 墓や, 大橋流の, 大計の, 天気の, 学才も, 安心の, 室内監禁を, 家内の, 市会の, 平民社の, 年は, 張薦はかの, 当時の, 当時は, 役人たちが, 彼に, 後光さえ, 恥でも, 我々が, 我々に, 我国大, 政治にも, 教育なんぞは, 文学は, 新宮で, 日本語も, 早く家, 景色の, 未完成, 東洋へ, 機才ある, 檀家の, 正直なる, 武帝の, 武蔵と, 無くては, 無論に, 物事の, 生まれながらの, 田舎の, 異国の, 百姓の, 相当の, 相手は, 真に英雄, 眼に, 神出鬼没を, 私とは, 細木の, 育ちが, 腰低く, 臍で, 自分を, 自己の, 自身の, 興ふかき, 英五郎と, 親しみも, 親父の, 言ひ, 証拠と, 話相手に, 話題に, 読者も, 貞固, 輿論の, 通って, 通例一般の, 進士の, 郡内きっ, 隠れた社会政策家, 難事件を, 零落せる, 非常に, 頸に, 駿遠, 高坐

▼ 人物~ (227, 2.6%)

11 ということ 87 と思っ, ね 6 から 5 からである, と思う, な 4 といふ, と思います 3 がこの, がしかし, という, と云っ

2 [12件] からその, からな, からね, から名字, が, そうです, とされてる, とばかり思っ, と言っ, なア, のが, 茫然と

1 [129件] あまり優遇, からこと酒, からでも有ろ, からよく, からナニガシ, から一ヶ年三万円, から一ヶ年三萬圓くら, から久々, から今頃家, から信用, から先生, から参議院議員, から名, から四万四千, から始末, から官位, から才気溌剌, から文化勲章, から流石, から白衣, から私, から蒲原夫人, から話, から酒月, から酷い, かを申し上げましょう, か一週間, か最後, か詳しく, か読み終っ, がこんな, がそれ, がた, が久しく, が其烱眼, が初め, が又, が周馬, が彼, が或, が政子, が英国下院, が要するに, が金, けれどとりつけ, さうだつ, しその, し丹念, ぜ, そうだ, そうで御座います, ぞ, だから完全, つた, つたと, つたといふ, つたに, つたらしく, つた彼は, つた昨夜の, つた研屋さんも, つた若, というの, というよう, という事, という危険, という同義語, という考え, という表現, といえるだろう, といっ, とおもっ, とかいっ, ときいた, とこの, とされ, とする, とすれ, とのこと, との評判, とは, とはっきり, とは思, とは思えない, とは思えなかった, とは思わない, とは思わなかった, とは思われない, とは恐らく, とは教えられ, とも考へられる, とわし, とオレ, と云う, と云わなけれ, と以為つた, と仰し, と信じ, と信用, と其の, と失礼, と尺蠖みたい, と思いました, と思うなら, と思った, と思つて, と思わせる, と持ちあげ, と持て囃される, と断定, と私, と答, と聴い, と見, と見なし, と言, と言いだしました, と言い張っ, と評し, どうも疑わしい, などと毛頭, などは至極, ゼ, 友達に対してすら, 外国との, 完全に, 容易の, 聚楽からの, 革手袋かうもり

▼ 人物~ (194, 2.2%)

6 ある 3 いる, 出て 2 あつて, あります, しっかりし, 事件も, 亦大抵, 実在の, 幕府方に, 所も, 話の, 風景も

1 [162件] あたかも実, あたる, あった, あって, あつた, あまりよろしく, ありました, ありましょう遺憾, ありますし, あり彼, あるかと, あるらしく想像, ある点, あれば, あろう, あろうけれど, いっこうに明らか, いないこと, いないらしい, いなくては, いまは, いよいよしゃべる, いるの, いろ, おりますので, おるうち, お艶, かく諸侯列座, かず多く, かれ独特, こう目先, ことばなく, この前, この程度, これに, これには, そのものとして, その力, それぞれ自分同様に, それを, たくさんいます, たしかに顔つき, ちがうせい, つい最近, ないし, ないの, なかった, ひととおりは, ふたりの, ふつくらと, ほんの一二週間前, まず一, まず少い, また仏画, また嶄然, また極めて, また稀, みな立派に, みな虚偽的な, もう出払っ, もう昨日, やがてみな菊水帖, やって, りっぱであった, ゐない, ゐます, ゐるの, 一度見たい, 一般に, 丁度それ, 三十分の音楽浴で, 事実も, 亦不幸, 亦北支那, 亦恋すれ, 何か, 何もかもが, 作家の, 信長や, 光俊は, 全体が, 其処此処に, 出ては, 出る, 出來, 出入し, 出没し, 分って, 勝れて, 同様に, 呂布の, 多少は, 大きくは, 大抵知れ, 大概は, 大胆な, 子に, 寡くありません, 實際に, 少くない, 少くは, 少なくない, 居るん, 常に変転交錯, 年とる, 幾人か, 彼自身では, 心理描写の, 必要さ, 怜悧で, 性質も, 悉く繪, 悉く輪廓, 悪くは, 悪くも, 手堅く教授, 技術も, 推し量られ申し候, 描かれて, 敢て, 文化や, 日本人全部の, 来る人物, 案外さうで, 案外そうで, 植物も, 武骨で, 洋服屋の, 温厚着実である, 滞在し, 火消装束に, 無視しよう, 狂医師の, 独自の, 當時の, 皆褐色, 皆西洋人臭い, 真知子も, 知りぬいて, 確かに, 立派で, 糸子であった, 素性も, 経世の, 老来やや旧年, 考えて, 耶蘇教信者だ, 背景も, 自らた, 自分には, 見あたらぬでは, 見ようが, 警察の, 貴公以外には, 趣向も, 農村へ, 通り女連れ, 非常に, 顔は, 驚異には, 高尚でした, 齒の

▼ 人物である~ (176, 2.0%)

10 ことは 7 ことが, ことを 3 がこの

2 [12件] か, かそれ, かのよう, からこの, から一旦, が歴史家, ということ, と御, にかかわらず, に拘らず, のか, のだ

1 [125件] かという残し, かと云う, かどれ, かのやう, かは他日, かは貴下, かもわからない, からうっかり, からこれ, からさだめて, からそれら, からたちまちはたと, からだ, からよく, から世に全く, から世間, から交際, から兄分, から外交, から彼, から杉山英樹, から物分り, から狂人, から縦, かを判断, かを知った, かを知つて, かを知らなかった, かを知ろう, かを素早く, か人間, か召使共, か御, か或, か探偵, か無い, か言えなかったろう, が, があるいは, がその, がそれでいて, がただ, がもとより, が先ず, が妙, が室戸博士, が彼, が東軍流, が涙, が渠, が福沢氏, が私, が秘伝, が結局, が自宅, が道三秀龍, が長崎あたり, けれどもいったん, けれどもその, ことなどを, ことに, ことも, ことをも, こと世間の, こと猟人は, こと等々であるらしい, この二人, し自分, そういう一族, というところ, というの, という態度, という断定, という点, といふことさ, といふやう, といふ態度, ところから, としてさえ家庭, とする, とすれ, とは僕, とも云い得る, と同時に, と好い, と思う, と思っ, と思ひ直した, と思われる, と教え, と敬服, と源氏, と考え, と見, と言う, と言った, と証言, にすぎない, にちがい, のでふだん, ので初対面, ので外出, のにどうしてそんなに, また平凡, やうには, ような, アーサが, フォーシュルヴァン氏を, プリスィプキンが, 一徴と, 事も, 事を, 云々, 以上主人公たり, 優秀な, 唯一の, 場合その, 平瀬氏は, 彼は, 彼女の, 是非善悪は, 爲めに, 獅子の, 腰元弥生の, 面だけを

▼ 人物では~ (129, 1.5%)

33 ない 14 なかった 7 ないか 6 ありません 5 なくて 4 なさそう 3 あるまいか, ないと, ないの 2 ありませんか, あるが, ないから, ないが, 決してなかっ

1 [41件] あった, あったが, ありませんその, ありませんでしたが, あり得ない, あるまい, あるまいと, あるまい小松帯刀, あろう, ございませぬが, ないかと, ないし, ないに, ないね, ないよう, ない彼, ない筈, ない自分, なかつた, なかつたかも, なからう, なくその, なくなって, なくヴェネチア, なく三人, なく同じ, なく商売, なく実在, なく家, なく海神, なく穢いみすぼらしい, なく聊か, なく虎ごぜ, ねえか, 宇治山田の, 少しも, 無い, 無いと, 無く実に, 組合も, 頼みに

▼ 人物として~ (90, 1.0%)

2 描かれて, 書いて

1 [86件] お招き, こしらえて, これに, その持味, その生活, なくては, みても, われわれは, チェックされた, ハルミの, 一生を, 一番古い, 一門の, 上下より, 不明であった, 世に, 事件の, 人々に, 人からも, 他の, 佐太夫と共に, 何か, 何事につけ, 偉くない, 働いて, 僕自身を, 凡庸なら, 出るの, 別に自ら, 劉玄徳の, 北条譲四郎の, 取り扱うこと, 名は, 名高かった, 吸収し得る, 喜んだに, 図面に, 多くの, 学生教授間の, 完成する, 定型した, 対蹠的に, 帰った私, 平常それとなく看, 彼の, 彼は, 後世の, 感じられるが, 扱はれ, 扱われるよう, 抱えられたの, 擧げるの, 敬服に, 数え挙げられて, 日本の, 映ずるふし, 柄の, 此小學校を, 活動すれ, 湘楚の, 現れて, 生きて, 畏敬され, 登場し, 登場した, 目され, 知られて, 石川貞白及上原全, 空想した, 立ち現れ, 義雄は, 考え後, 聞いたこと, 聞えて, 腹案中の, 自分の, 自然の, 見えるの, 見たる活差別相, 見て, 見られ一種のけもの, 認められたし, 逮捕する, 遠巻きに, 長い間一味, 養竹立之

▼ 人物~ (84, 1.0%)

13 のである 12 んだ 11 のだ 7 んです 6 のであろう 3 のだった 2 のか, ので, のであります, のです

1 [24件] のかな, のかね, のかも, のだらう, のだろう, のぢ, のであっ, のであった, のであまり, のでございます, のでその, ので到頭, ので手古摺っ, ので磯五, ので裁判長, ので読者, ので誰, ので顔つなぎ, のにプラトン, のね見かけ, んじゃ, んでし, んでねえ, 処に

▼ 人物~ (76, 0.9%)

4 事件を 2 動物や

1 [70件] お上の, が真に, これを, その他に, その社会的勢力, その間の, そんな思想, テーマに, パリで, 一つの, 一条公爵など, 七人の, 世界を, 事件から, 事件など, 事件に, 事件によ, 事件によっても, 事件の, 事件や, 事実などが, 事情の, 事物などは, 事物にたいする, 事物の, 事象は, 人望から, 仕事に関する, 代表的時事問題の, 仮面を, 何かは, 作品の, 作品を, 内情を, 勇将を, 動物の, 同場面, 場合が, 境遇を, 変った木, 山水などが, 径路や, 忠功を, 思想といふ, 性格その, 情景のみを, 態度対談の, 或は後代, 手足服飾などに, 抱負を, 指導者を, 演出者を, 獰猛な, 生活の, 生活は, 目に, 盾矢筒などの, 美しい花鳥, 背景を, 花鳥では, 花鳥の, 若者を, 行為の, 街頭の, 資産状態などを, 身振りや, 運動を, 道具などが, 風景や, 風景を

▼ 人物~ (76, 0.9%)

4 が好き, の参考 3 といふもの 2 に於い, を描い, を描きし

1 [59件] がある, が三枚, が多く, が宗匠帽子, が描きたく, こそ珍しけれ, だけを純粋, である, では布袋図, で一派, としての婦人画, としての批評的方法, などそれ, などにさ, なども集め, にある, にすゝ, について見れ, につきる, になる, には人物画, には只, に心, に止め, に精進, に近い, のコツ, の中, の制作以外, の区別, の大, の焦点, の背景, はあまり, はありました, はお, はとにかく, はどう, は一番, は写真, は寥々, は江戸絵, ばかりで, への方向転換, もつと, もない, も山水画, も新聞, よりいい, よりもむしろ, らしいこと, をもよく, を主として, を売りはじめ, を好い, を描かなかつた, を描く, を教え, を集めた

▼ 人物であった~ (69, 0.8%)

2 かもしれない, にちがい, に違い, ように

1 [61件] か, かではなく, かとあと, かという, かということ, かと思う, かなどということ, かはまもなく, かも知れぬ, からかえって, からこの, からで, からです, からギンネコ号, から一人, から世間, かをよく, かを狡智, か其の, がさりとて, がしかし, がちょうど, がどこ, がまた, が家庭的, が晩年, が根, が民選議院設立, が決して, が燕枝, が私, が若い, が遂に, が酒, こと, ことだ, ことは, ことを, そうである, ために, ということ, という事, と一方, と信じられ, と見えます, な, のか, のだ, のでしょう, ので取り立てた, ので恋人, のを, はこの, ばかりでなく, ものと, わい, マリー・アントワネットは, 乎, 図書を, 多くの, 非常に

▼ 人物には~ (49, 0.6%)

1 [49件] ありそう, あるかも, いつも気づまりさを匂宮, しっかりした, それが, それとは, ちがいありません, ほんとにこの, もはや会, やはり同じ, わからない, モデルが, 一体どれ位, 一切架空な, 不思議にも, 人の, 人間として, 今どき珍しい, 今後薬は, 他の, 何が, 何でもかでもが, 何らかの方法, 傾倒し, 兜を, 共感出来る, 分らないに, 厳しすぎる, 困りましたよ, 外国少女も, 夢みる必要, 大して関心, 大抵逢っ, 定つたやう, 宮本武藏の, 感心する, 更に統一, 最高の, 有害な, 本当の, 栄螺とか, 気を, 津多子夫人の, 誰でも, 讀者の, 貪婪さや, 隨分眞面目な, 頓着なく, 驚かされたけれど

▼ 人物でも~ (48, 0.5%)

3 あった, ない 2 なく作家自ら, 皆その

1 [38件] あつた, ありました, ある, ある理由, いい風景, ただそれ, ないが, ないの, なかった, なかつた彼等, なく平凡, なく読む, なさそう, なんらかのすぐれた, ひそかに, ほしくなつた, やはり肉親, 一たん堕落した, 事件でも, 人気といふ, 人氣といふ, 何でも, 公家本位の, 内心には, 再び氏, 周圍の, 大きな組織, 完全には, 官給品の, 引受けなければ, 往々物, 普通人は, 毎日, 演ずるの, 生れて, 究極は, 虚栄心の, 鼻ばかりは

▼ 人物だった~ (44, 0.5%)

4 のである 3 のだ 2 ということ, のか

1 [33件] かもしれない, かも知れない, からその, からだ, からだれ, からである, か僕, が, がその, がその後咽喉病, が余りに, が割合, が大巻先生, が宗教的, が特に, が甚だ, ことを, といいます, には違い, のだろう, のでこの, のでこのごろ情心, のでどん底, ので人々, のにそれ, のには, のは, ように, わけである, わけです, んじゃ, んです, 由ミシュレーが

▼ 人物という~ (39, 0.4%)

8 のは, ものは 3 ものも 2 ことに

1 [18件] お上の, ことが, ことと, ことについて, ことは, のが, ものが, ものには, ような, わけに, デマが, 一条について, 信用を, 分類には, 帆村の, 注釈付きで, 範囲でだけ, 視点から

▼ 人物とは~ (39, 0.4%)

2 ならじと

1 [37件] あらゆる点, いかにし, うまく調和, おもえない, すこしも, すっかり変わっ, まったく違った, まるで異, みえない, 事に, 云うまでも, 何物であります, 余人では, 同じ人間, 喧嘩ばかり, 思えませぬ, 思ったが, 思はれないほどの, 思わなかったし, 思われなかったが, 思われません, 成熟せる, 比ぶべく, 特殊な, 甚しく, 異った, 疑いませぬ, 疾くから, 皆それぞれの, 知らなかつた, 聞いて, 見えずに, 見受けませなん, 誰か, 通例ある, 関係が, 顔を

▼ 人物にも~ (36, 0.4%)

2 チェーホフの, 性情にも, 性格が

1 [30件] し勢, せよ細君, その分身, どんどん命令, なりさ, よったであろうが, クラナッハや, 乗じられる隙, 似たる悄々, 出会うが, 去って, 外面に, 小さい愚, 巡り会うが, 慊らなく, 扮し得る, 挙動にも, 接した事, 既往の, 時々たいへんすぐれた, 朋子という, 朋子といふ, 望めないかも, 正確な, 洋傘や, 異論は, 老臣の, 英雄豪傑は, 観どころ, 通じて

▼ 人物であり~ (35, 0.4%)

2 累の

1 [33件] いかに相手, しかもその, そうして隅田, そしてアン, その臨終, その鍛えた, それを, ながらこうして, ながらこの, ながらしかも, ながら全く, ながら初め諸君, ながら大人, ながら往生ぎわ, またおそらく, 一面には, 下役では, 且つ遺棄, 人望も, 作者自身の, 北に, 又欠点, 国民学術協会の, 岩石ヶ城の, 後の, 書影は, 権勢と, 氏郷と, 然も, 現存縁故者も, 第四人称的人物, 部落守備の, 非常な

▼ 人物について~ (35, 0.4%)

4 たずねた

1 [31件] きいて, これを, その例, なされること, なんにも, まずみんな, 一の, 一言し, 二三の, 例えば五人, 困惑される, 市の, 年齢職業身分人柄など, 彼等の, 後藤君からも, 我観論を, 申上げた, 相当突, 知るところ, 私だけが, 考証された, 若い作者, 若干の, 言えば, 語ること, 説明を, 誰が, 調査を, 論じた, 論ずるの, 貞之助が

▼ 人物です~ (34, 0.4%)

43 な, ね 2 か, からね, から五郎兵衛

1 [18件] からしたがって, からただ, からどうか, からセラダ, から其様, から反対, から始終, から娘, から描きたい, から腹, から郷土史, がこの, が不思議, が少し, が翁, しその, な奥さん, 忠孝の

▼ 人物から~ (33, 0.4%)

1 [33件] いう時, いくら小さん, いつて, かなり細々と, して, しても, です, なるこの, 並べて, 云うと, 今日の, 他の, 円遊を, 報ぜられて, 奪取した, 始めて, 強制された, 彼等の, 心服されたい, 恨みを, 成り立つて, 我々の, 是非金を, 最も微小, 来たもの, 流れ出て, 眼を, 私の, 見ても, 親切に, 遠ざかりながら, 重大な, 離れて

▼ 人物~ (33, 0.4%)

2 が主, である, に及ぶ, をやっ

1 [25件] あり經濟策, がある, がかなり, が下し, ださうだが, などで, に, に入り, のし, の好き, はただ, は唯, もい, もなかなか, や戀物語, や行状, や逸事談, をきっかけ, をし, をする, をやつ, を下す, を書い, を聞かされる, を試みた

▼ 人物~ (27, 0.3%)

1 [27件] からはじまっ, から時世論, から着手, が実に, が比率, こそは最も, であるという, ですね, といっ, としてのそれら, と呼ばれる, などには興味, について次, にはつきり, に帰, に於, に花, に詳しい, の交つたの, の新聞雑誌, は手許, は論理学, も起りません, よりは乗り気, を他, を書く, を興味

▼ 人物たち~ (24, 0.3%)

2 ばかりである

1 [22件] がその, が何ん, が我知らず, であるかを, と永い, と語り合っ, などですでに, のつかふ, の人柄, の性格, の生活, はその, は典型, は動物的, は大味, は実は, は心, は昔風, は神話的人間像, は自ら, もなんとなく, を眺め渡し

▼ 人物に対する~ (24, 0.3%)

2 作者の, 評価が

1 [20件] ので, べき私, ような, 伊東氏の, 信頼の, 即座の, 反感が, 奇怪な, 好奇心期待は, 思慕の, 我慢の, 敬虔の, 無意識の, 直接の, 直接的批評が, 答え方, 興味の, 衝突なき, 観客の, 観照の

▼ 人物でない~ (23, 0.3%)

4 限りは 3 ことは, ということ 2 ことを, と馬琴 1 から癪, ことが, と云う, のが, ばかりか日本人, ような, 奴でも, 所か, 限り自分に

▼ 人物~ (22, 0.3%)

2 それが, どうかという, 知らんが

1 [16件] いっこうわからん, うちあけたところ, さもなければ浮世, どうかは, または私, よくは, わからんが, 会って, 何かの, 儂には, 区別が, 只の, 善悪も, 知らないが, 茶道に, 見当も

▼ 人物なり~ (21, 0.2%)

2 乃ち此般の, 事件なりの, 今こそ, 彼は, 是れ

1 [11件] か, この始末, しなれ, 事件なりが, 事件を, 僕は, 彼れ, 或る, 然るに謫, 言動なりを, 身分の

▼ 人物らしい~ (21, 0.2%)

1 [21件] が, がそれ, が易者, ことです, という評判, といふ, と堀部君, と思われる, な, のには, ものは, 人に, 人物たちは, 人物は, 私と, 者は, 臭いの, 貫禄を, 貫禄を以て, 身の, 隅田の

▼ 人物との~ (20, 0.2%)

2 間に

1 [18件] うちで, ゆえに, コンビが, 二つの, 何れを, 区別は, 対比, 平和古い, 技術的一致といふ, 接触と, 横の, 解剖を, 調和の, 関係と, 関係の, 関係を, 関聯をも, 関連を

▼ 人物なら~ (20, 0.2%)

2 私の, 自分の

1 [16件] あちこち適当な, お目見得と, この不名誉, どうか, ばなんで, ば掃く, ば確か, ば綾, んと, 一番上等の, 五百石でも, 国が, 大臣にでも, 娘を, 決して私, 誰でも

▼ 人物であっ~ (19, 0.2%)

1 [19件] ていつも, ておのれ, てその, てどこ, てみれ, ても孤児, ても彼, てやがて, てラランデ, て労働者ら, て天, て当時, て彼, て時, て無闇, て自分, て至当, て軽佻, て革命思想

▼ 人物としては~ (19, 0.2%)

2 加茂五郎兵衛が, 彼は

1 [15件] いいモデル, その色彩, もっと上品, やはり篤と三郎, 勝海舟が, 太閤が, 山陽なんぞは, 幸徳秋水と, 日野資朝といふ, 相当な, 禹を, 第一, 胆力が, 諷刺的存在だ, 金茶金十郎のろま清次新撰組の

▼ 人物たる~ (18, 0.2%)

2 ことが, ことを

1 [14件] ことなり, にいずれ, にふさわしい, に変り, やまったく, を確言, イエスの, イヱスキリストとを, ドミトリイ・フョードロヴィッチは, ノラの, 小町の, 彼女の, 某私立大学生, 雁金八郎と

▼ 人物よりも~ (18, 0.2%)

2 自然装束の, 自然裝束の, 講談師や

1 [12件] むしろ自然, より生命, 一歩進んだ, 人爵の, 兵馬の, 其無資産を, 山水花鳥を, 油断は, 活き活きと, 浮世絵固有の, 草花果実に, 誰からも

▼ 人物性格~ (18, 0.2%)

2 の問題, の発生, を説明

1 [12件] がしっくり, が描かれ, が現われ, につき当る, によって一種, に出逢う, のそれ, は旅行, をぬき, を形成, を捉える, を詳しく

▼ 人物に対して~ (17, 0.2%)

1 [17件] ああいう, いかなる愛情, である, でさえ, ややもすれば作者, 企画せられたる, 作者の, 倫理的批判を, 傍の, 同感し, 抱く, 敬畏, 更にそれ以上, 自分は, 著作者の, 軽蔑的な, 頗る無愛想

▼ 人物といふ~ (16, 0.2%)

5 ものは 3 ものが 1 ことだつた, のは, ものと, ものを, 一個の, 人物に, 注釈付きで, 言葉で

▼ 人物なる~ (16, 0.2%)

3 ことを 2 かを見よ, が故に, 乎 1 ことは, は論, や或は, カイゼルであった, 左衛門, 水野弁護士の, 者法を

▼ 人物なれ~ (16, 0.2%)

2 ども一, ばなり

1 [12件] ども党首, ども唯, ども実は, ども實, ども黨首, ばいかなる, ばなにか, ば卿等, ば女王, ば如才, ば少しく, バよろしい

▼ 人物こそ~ (14, 0.2%)

1 [14件] この, この怪老人, さっき二階で, われらの, アクチニオ四十五世に, ミス黒焦, 尋ねる速水輪太郎氏, 御当家, 怨みの, 恐るべき殺人犯, 時限爆薬を, 最も望み, 目明しな, 真の

▼ 人物あり~ (13, 0.1%)

2 て市長, て自然, と雖, やさしく彼 1 これぞ夜, てこの, とする, と思わ, やと伝法

▼ 人物でなけれ~ (13, 0.1%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばああ, ばできん, ばならず, ばなりません, ば世, ば出来る, ば西郷

▼ 人物をも~ (13, 0.1%)

2 包容し

1 [11件] 一つの, 一種独特で, 加へる, 同情を, 帰依せしめ, 延い, 愛して, 感情で, 理念で, 行為をも, 責める態度

▼ 人物かと~ (12, 0.1%)

1 [12件] いうと, いうに, おもわせるほど, ややしばし烱, 問えば, 思うので, 思ったら, 申しますと, 申しますに, 聞くならば, 訊いて, 訊くと

▼ 人物じゃ~ (12, 0.1%)

2 ない 1 ありませんか, あるまいかと, で少し, どうも顔, ないだろうか, ないですか, ないですよ, ないの, ないらしいって, ないん

▼ 人物であろう~ (12, 0.1%)

41 か玄徳, ということ, とお, となかろ, とは決して, と云っ, と思う, と見た

▼ 人物としての~ (12, 0.1%)

1 [12件] イエスに, フーシェの, 入道相国を, 川越は, 彼は, 彼等の, 相場は, 細君との, 記述なら, 釈迦の, 釈迦を, 重量という

▼ 人物によ~ (12, 0.1%)

4 つて 2 つては 1 つていかに, つて人間観を, つて構成される, つて決められ, つて神代および, つて違ふ

▼ 人物とが~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるのみ, ここまで, ばらばらで, 一時眩惑され, 並んで, 互いに傷つけ合う, 影の, 無言の, 知れて, 起伏する, 颯爽と

▼ 人物ばかり~ (11, 0.1%)

2 描いて 1 だという, であります, であるといふ, であろう, で私, なんだ, 出来るの, 揃え人間, 来るこの

▼ 人物~ (11, 0.1%)

2 の第 1 で大久保長安, で最大, で誰, には舞台, にも少なから, に磯九郎, の人物, 第一類, 離れて

▼ 人物なりと~ (10, 0.1%)

2 信ぜら, 尊崇し, 東京市民は 1 いえども, 為す乎, 爲す, 称したの

▼ 人物~ (10, 0.1%)

1 が馬鹿, と自分, に意外, に面目, のこと, の生活, の自殺, は全然, は岸田劉生, は着物

▼ 人物その~ (9, 0.1%)

1 ほか一般に, 事柄が, 人の, 人は, 動作言葉たとえば, 四人の, 研究の, 識見を, 関係その

▼ 人物については~ (9, 0.1%)

1 いろいろ考え, 一通りの, 何の, 全く五里霧中, 武蔵は, 申し分は, 系図は, 自分の, 読者は

▼ 人物にて~ (9, 0.1%)

1 その子弟, ゼロントは, 奸知に, 巧妙快活なる, 扮装は, 此人之, 汝等と, 滑稽なる, 裳衣の

▼ 人物かも~ (8, 0.1%)

2 知れない 1 しれない, しれないぜ, しれないと, 判然しない, 知れないが, 知れないのに

▼ 人物でした~ (8, 0.1%)

31 からどういう, からなおさら, から馬上, が惜しい, が清盛

▼ 人物とも~ (8, 0.1%)

1 いえましょう, ぜひ一度, なるらん, また物語, 御交際, 水魚の, 縁が, 見えずその

▼ 人物とを~ (8, 0.1%)

1 あげて, はつきり書きあげる, ふかく思い, 両方共よく, 書いたなら, 混同する, 語るその, 較べて

▼ 人物などは~ (8, 0.1%)

1 いくら方向, そういう作者, そっちのけに, ひどく咳, 不快な, 以後は, 宝物であった, 当時の

▼ 人物ほど~ (8, 0.1%)

1 どうも支那, どこの, デタラメでは, 恐ろしいもの, 有の, 薬の, 説きよい, 長い手紙

▼ 人物~ (8, 0.1%)

1 ありしが, が出来上る, のなか, の彫り上げ, はどれ, をどんな, を異様, を自己

▼ 人物だけ~ (7, 0.1%)

3 あって 1 あつて, であったのに, で荒稼ぎッぱなしの野武士, 迷惑にも

▼ 人物だけが~ (7, 0.1%)

2 素面で 1 いったいの, そこに, とくに主人公, どこやら, 其処に

▼ 人物だけに~ (7, 0.1%)

1 いっそ口重, この出来事, すぐ家督, ケンシキ張つたところの, 思い直して, 思ひ詰めた氣魄, 興味も

▼ 人物だろう~ (7, 0.1%)

1 か, かと大, かと思った, か人, しいわんや, と思う, と考えられる

▼ 人物であります~ (7, 0.1%)

1 からその, がこの, がこれ, がこれら, がまさに, が二人, だけにこの

▼ 人物でしょう~ (7, 0.1%)

51 が, と思います

▼ 人物についても~ (7, 0.1%)

1 いわれぬ愛着, また彼女自身, まったく同じ, 一様に, 何の, 同様である, 甚しく

▼ 人物によって~ (7, 0.1%)

1 人類の, 代表された, 何事が, 判断する, 城廓めいた, 訪問された, 進行させられ

▼ 人物を以て~ (7, 0.1%)

2 ただちに日本人 1 し従来, 充され, 幾多価値, 組織せられ, 著作上の

▼ 人物評論~ (7, 0.1%)

1 でいかなる, とかあるいは, と同様, などに於い, の対象, や連載よみもの, をされ

▼ 人物試験~ (7, 0.1%)

1 して, と身元調査, にパス, に出頭, は落第, をした, をやり

▼ 人物風景~ (7, 0.1%)

1 がクッキリ, が浮彫, の大半, の素描, を出す, を悉支那風, を描い

▼ 人物それ自身~ (6, 0.1%)

2 をし 1 が勿体らしく, が印象的, によつて, の具象的

▼ 人物でなく~ (6, 0.1%)

2 てはなりません 1 てはあしらい兼ねる, てはならず, ともおよそ, とも草

▼ 人物なき~ (6, 0.1%)

2 に非 1 か, がゆえなり, においてをや, の小説

▼ 人物らしく~ (6, 0.1%)

1 も見える, も革命家, ラルギエーは, 太い眉, 慶長十八年すでに, 推断し

▼ 人物~ (6, 0.1%)

2 の衰 1 の盛, の盛期, や風景畫, を見る

▼ 人物評価~ (6, 0.1%)

1 が漂っ, の力, の基準, の標準, の規準, を得

▼ 人物~ (5, 0.1%)

2 う云 1 うした, へ, ような

▼ 人物とか~ (5, 0.1%)

1 どんな素晴らしい, また戰國, 大作の, 舞臺の, 非常に

▼ 人物はと~ (5, 0.1%)

2 いうと 1 いえば, 云つても, 自分たちが

▼ 人物~ (5, 0.1%)

1 あいそを, 一つの, 両方から, 新しい嫌疑, 行くべきもの

▼ 人物より~ (5, 0.1%)

1 一応きい, 以上に, 動物の, 成立ちし共和政治, 文明の

▼ 人物をば~ (5, 0.1%)

1 せいぜい尋ねられた, 女監取締りと, 憎いほどに, 憎い程, 草莽に

▼ 人物性行~ (5, 0.1%)

1 にかかっ, に関する細大, は下, や日常生活, を傳

▼ 人物本位~ (5, 0.1%)

1 だという, ということ, という目, にと仰せられる, の時

▼ 人物~ (5, 0.1%)

2 の外廓線 1 と共に同じ, に渡っ, を断面的

▼ 人物~ (5, 0.1%)

1 とも異, などにも常に, に於, もちと, も至極

▼ 人物これ~ (4, 0.0%)

1 ありや, がまた, が源助町乱暴者, また相当

▼ 人物さえ~ (4, 0.0%)

1 それを, よかったら, 保証し, 確かなら

▼ 人物そのもの~ (4, 0.0%)

1 につき, の在, の性格, の性格的興味

▼ 人物たら~ (4, 0.0%)

2 むなり而し 1 んより, んを

▼ 人物であれ~ (4, 0.0%)

3 ばある 1 ば将来

▼ 人物としても~ (4, 0.0%)

1 どこか, 将来そう, 当然選定, 恥かしい

▼ 人物ども~ (4, 0.0%)

1 から斬首, と緊密, の上, の怯懦

▼ 人物など~ (4, 0.0%)

1 いうもの, 思い思いの, 自由奔放に, 見当らなかった

▼ 人物などが~ (4, 0.0%)

1 きわめて古風, さかんに, それである, 現われた

▼ 人物ならざる~ (4, 0.0%)

2 可から 1 はなく, はなし

▼ 人物に対しても~ (4, 0.0%)

1 そう離れられない, その人物, その輪郭, 永く敬愛

▼ 人物のみ~ (4, 0.0%)

1 である, ならず作者自身, ならず全体, ならず其外

▼ 人物のみが~ (4, 0.0%)

2 登場する 1 またべつに, 充満し

▼ 人物のみを~ (4, 0.0%)

1 何故に, 指す, 現はし, 画き文鳳

▼ 人物やら~ (4, 0.0%)

1 さっぱり分らない, コッチも, 場面やらが, 大馬鹿

▼ 人物~ (4, 0.0%)

2 少なきに 1 豈観察, 豈觀察し得可

▼ 人物以上~ (4, 0.0%)

2 に物 1 に事件, に作者

▼ 人物例へば~ (4, 0.0%)

1 すぐれた劇評家, ハムレットの, 張作霖段祺瑞馮玉祥と, 管仲の

▼ 人物及び~ (4, 0.0%)

1 市街の, 生活の, 経綸に, 經綸に

▼ 人物批評~ (4, 0.0%)

1 という形, に対して, は是, や移動

▼ 人物月旦~ (4, 0.0%)

1 となり, に始まり, やめよという, を集めた

▼ 人物画家~ (4, 0.0%)

1 として祭り上げよう, の難, より下位, 殊に上村松園氏

▼ 人物~ (4, 0.0%)

1 な相違, に, に印象, に詩人

▼ 人物経済上~ (4, 0.0%)

1 の低能さかげん, の利害, の愚劣さかげん, 惜しみても

▼ 人物そして~ (3, 0.0%)

1 いま一人の, わが子の, 一貫した

▼ 人物だったら~ (3, 0.0%)

1 いっそ利休, おそらく誰, どんなにいい

▼ 人物でありまし~ (3, 0.0%)

1 てそれら, て入会, て普通

▼ 人物でさえ~ (3, 0.0%)

1 この巻, そうである, 助けたいお

▼ 人物とて~ (3, 0.0%)

1 みだりに廃, よろこび候所, ゐない

▼ 人物とともに~ (3, 0.0%)

1 その名簿, 思考し, 見飽きない効果

▼ 人物と共に~ (3, 0.0%)

1 やはり例, 研究中である, 鼓動し

▼ 人物なし~ (3, 0.0%)

1 という評, と心得, と雖

▼ 人物などの~ (3, 0.0%)

1 すべてが, ものが, 関係が

▼ 人物なりし~ (3, 0.0%)

1 がこの, が此話, ことの

▼ 人物なりに~ (3, 0.0%)

1 なり切って, ヒューメーンならざる, 成り切つて

▼ 人物についての~ (3, 0.0%)

1 おたずね, 人物評論と, 可見

▼ 人物にても~ (3, 0.0%)

1 ひとたび官途, ひとたび迷信, 一事一業を

▼ 人物にな~ (3, 0.0%)

1 つてお目にかかります, つてし, つてを

▼ 人物にまで~ (3, 0.0%)

1 こうキッパリ否定, ねじけて, 此の

▼ 人物に関して~ (3, 0.0%)

1 これだけ, 嘗て自分, 重ねて

▼ 人物への~ (3, 0.0%)

1 一場の, 信頼も, 聯想である

▼ 人物まで~ (3, 0.0%)

1 わかったに, 書き表紙, 総て新開地の

▼ 人物までが~ (3, 0.0%)

1 まじって, ガラクタ屋の, 次々に

▼ 人物みたい~ (3, 0.0%)

1 だ, ですね, な気持

▼ 人物もしくは~ (3, 0.0%)

1 現象は, 現象を, 直観資料の

▼ 人物例えば~ (3, 0.0%)

1 ルウズベルトの, 東郷大将の, 近藤勇の

▼ 人物即ち~ (3, 0.0%)

1 わずかに, 棺桶が, 看板の

▼ 人物場面~ (3, 0.0%)

1 ことごとくが, を現在, を頭

▼ 人物情景~ (3, 0.0%)

1 がさながら, の描写, もよく

▼ 人物描写~ (3, 0.0%)

1 に成功, のどこ, をし

▼ 人物~ (3, 0.0%)

2 一流の 1 一号の

▼ 人物証明~ (3, 0.0%)

1 の問題, の成る, を書い

▼ 人物養成~ (3, 0.0%)

1 に向, の必要, の方針

▼ 人物ある~ (2, 0.0%)

1 がため, も官途

▼ 人物あれ~ (2, 0.0%)

1 ばすなわち, ば政府

▼ 人物かという~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことを

▼ 人物かといふ~ (2, 0.0%)

1 ことなど, 問題と

▼ 人物からは~ (2, 0.0%)

1 あまり好い, 遠いかが

▼ 人物がを~ (2, 0.0%)

1 るです, ると

▼ 人物こそは~ (2, 0.0%)

1 お露, 女王であった

▼ 人物しか~ (2, 0.0%)

1 ありません, 描けなかつたこと

▼ 人物すなわち~ (2, 0.0%)

1 毬栗頭の, 蛭田博士に

▼ 人物その他~ (2, 0.0%)

1 の方面, を扱い

▼ 人物それ~ (2, 0.0%)

1 が若し, は独創力

▼ 人物それから~ (2, 0.0%)

1 様々な, 美人画といふ

▼ 人物それぞれ~ (2, 0.0%)

1 の中, の性格

▼ 人物たとえば~ (2, 0.0%)

1 ウィルヘルム・マイステル中の, クロンウェルもしくは

▼ 人物たり~ (2, 0.0%)

1 し, と雖

▼ 人物だけを~ (2, 0.0%)

1 尊敬し, 書いて

▼ 人物だつた~ (2, 0.0%)

1 が兼, ので翌年四月

▼ 人物だの~ (2, 0.0%)

1 しひて, 無双の

▼ 人物つまり~ (2, 0.0%)

1 こういう取引, この私

▼ 人物であったなら~ (2, 0.0%)

1 どっちかと, ばどうして

▼ 人物であったれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ上杉謙信, ばこそ北辰一刀流

▼ 人物でございます~ (2, 0.0%)

1 が, しまた

▼ 人物でござる~ (2, 0.0%)

1 と自慢, よ

▼ 人物でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことが, と知る

▼ 人物としか~ (2, 0.0%)

1 みてないが, 取って

▼ 人物としてのみ~ (2, 0.0%)

1 活きて, 観察しなけれ

▼ 人物とに~ (2, 0.0%)

1 活き活きと, 逢った

▼ 人物なく~ (2, 0.0%)

1 して, た

▼ 人物などと~ (2, 0.0%)

1 思い比べると, 言は

▼ 人物などに~ (2, 0.0%)

1 オサオサつかまる, 似通ったところ

▼ 人物なども~ (2, 0.0%)

1 実質の, 審らかに

▼ 人物などを~ (2, 0.0%)

1 まったく埒外, 配置し

▼ 人物にさえ~ (2, 0.0%)

2 時代の

▼ 人物にしか~ (2, 0.0%)

1 知られて, 関心しよう

▼ 人物にでも~ (2, 0.0%)

1 なったよう, なった様

▼ 人物にとって~ (2, 0.0%)

1 あまりピンと, このよう

▼ 人物にとっては~ (2, 0.0%)

1 それが, 共産主義の

▼ 人物によりも~ (2, 0.0%)

1 その人物, ルイ

▼ 人物による~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことながら

▼ 人物に対しては~ (2, 0.0%)

1 邪推の, 露骨に

▼ 人物に関する~ (2, 0.0%)

1 事実に, 調査依頼の

▼ 人物ばかりが~ (2, 0.0%)

1 一家団欒し, 四人集まっ

▼ 人物ばかりと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 云ふ

▼ 人物まこと~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 人物やらを~ (2, 0.0%)

1 それに, 全力を

▼ 人物~ (2, 0.0%)

1 の妥協, はたいてい

▼ 人物らしき~ (2, 0.0%)

1 精神的条件を, 肉体的条件を

▼ 人物をばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく敵役, 描写しよう

▼ 人物を通して~ (2, 0.0%)

1 作者その, 日本人と

▼ 人物一たび首領~ (2, 0.0%)

1 と為れ, と爲

▼ 人物一人一人~ (2, 0.0%)

1 のうち, の動き

▼ 人物事件~ (2, 0.0%)

1 の順序, は何となく

▼ 人物~ (2, 0.0%)

1 に怨まれる, に逢っ

▼ 人物以外~ (2, 0.0%)

1 ではあり得ない, の一人

▼ 人物~ (2, 0.0%)

1 かにつけ, から何

▼ 人物個々~ (2, 0.0%)

1 の心理的ニュアンス, の生態

▼ 人物博士~ (2, 0.0%)

1 とやらいう, の失踪

▼ 人物又は~ (2, 0.0%)

1 生きものの, 裝飾人物に

▼ 人物及其政策~ (2, 0.0%)

2 に敬服

▼ 人物同志~ (2, 0.0%)

1 でありこの, の事

▼ 人物如何~ (2, 0.0%)

1 とわれら, を問わん

▼ 人物山水~ (2, 0.0%)

1 のきらひなく, をも画いた

▼ 人物批判~ (2, 0.0%)

1 の尺度, をされた

▼ 人物批評家~ (2, 0.0%)

1 だよ, であるが

▼ 人物技倆亦松田氏~ (2, 0.0%)

2 と同日

▼ 人物技量とも~ (2, 0.0%)

2 に井上

▼ 人物政府~ (2, 0.0%)

1 を離, を離れな

▼ 人物樹木~ (2, 0.0%)

2 が此方

▼ 人物次第~ (2, 0.0%)

1 で病中, にておのずから

▼ 人物氏邸~ (2, 0.0%)

1 の門前, を大廻り

▼ 人物浅薄~ (2, 0.0%)

2 なる恋

▼ 人物的価値~ (2, 0.0%)

1 がある, 要するに人物本位的国政

▼ 人物相互~ (2, 0.0%)

1 の間, の関係

▼ 人物経済~ (2, 0.0%)

1 であります, の上

▼ 人物花鳥~ (2, 0.0%)

1 を能くす, 皆細画

▼ 人物~ (2, 0.0%)

1 が主題, の對象

▼ 人物評伝~ (2, 0.0%)

1 に見られる, の一徳川夢声

▼ 人物調査~ (2, 0.0%)

1 ですか, なら

▼ 人物~ (2, 0.0%)

1 へ乗りこんだ, をとびだした

▼1* [433件]

人物あにそれ知り, 人物あらんや, 人物あるべきを信ぜざる, 人物いかんにお, 人物いづれも活写, 人物いわゆる国ツ神と, 人物かのようで, 人物かは御判断, 人物からの大事な, 人物かをまるで解, 人物がったりする, 人物がと驚いて, 人物くらいのものに, 人物ぐらゐ架空的でしかも, 人物ことに若い女, 人物さえもそれぞれ時代の, 人物しかし彼等が, 人物じゃったけに, 人物すぐれた女性に, 人物すべてを作者, 人物すらも茫々然, 人物そいつの發展, 人物そういう人物を, 人物そしてまた今運転手から, 人物そつくりで一人, 人物そのままに突拍子, 人物その他すべてを打ちあける, 人物その他貴婦人令嬢等いずれもただ, 人物それに三人の, 人物それらももはや, 人物ただ一人, 人物たるべき用意を, 人物だけのことは, 人物だけは一人も, 人物ださうで四十年配の, 人物だったらしいのである, 人物だったろうか, 人物だってみんなが, 人物だつて叫んださうです, 人物ついて居た, 人物であったら智恵子さんは, 人物であったらしいのです, 人物であったろうことは, 人物であるならば彼, 人物であるらしく娘は, 人物である如く初めは, 人物である如く考える人が, 人物でございましょうね, 人物でございますれば大概, 人物でござんす, 人物でさえも一通りの, 人物でしてな, 人物でしかあるまいが, 人物でなかつた證據を, 人物でなかつたらしいから綱宗, 人物でなくっちゃ駄目, 人物といつては少し, 人物といふほどでも, 人物とかがそれである, 人物とかは彼等の, 人物とかを貼付けたのも, 人物とさえ思われた, 人物とでもして, 人物となツて, 人物とについて書いて, 人物とやら柳生小野も, 人物とより他には, 人物なかりせばわが輩今日, 人物ながら静的に, 人物なぞという物騒な, 人物などには自分の, 人物ならず無何有郷裡, 人物なら怒ったであろうところが常陸介, 人物なら見よいまにその, 人物なりが進歩的である, 人物なりとして遇ふ, 人物なりとてその人物, 人物なりのどれだけを, 人物なりを読者自身の, 人物なり云う意味が, 人物なるべきを推した, 人物なんて大した代物, 人物なんとか組の, 人物なんめり, 人物において遺憾なく, 人物においては生の, 人物にかはるに, 人物にたいしてはかねて, 人物についてよりも室や, 人物にでもなつた感が, 人物にばかりかう云, 人物にや緞子の, 人物に対してこそ実は最も, 人物に対してのみ用いられる形容詞, 人物に関しましては詳しく詳しく詳しく詳しく従来, 人物のみと限られて, 人物のみは自分が, 人物はね自分の, 人物ははあ本当, 人物はめッたに, 人物ばかりじゃねえ千歳村の, 人物ばかりを以て催された物, 人物ばっかりを信用し, 人物ふたつながらに師, 人物ほどの人物が, 人物まぎれもなく, 人物まさか砂利の, 人物まだ若い男, 人物までも暗に配所, 人物までをけなし去った, 人物みなこの名物, 人物みなみな愛嬌, 人物めいています, 人物やに事実以上の, 人物やらが刻まれて, 人物ゆえ無一国, 人物ゆえこれまたいっさい黙殺, 人物よい人物を, 人物よとかえって村重, 人物よりはというので, 人物らしかったがとんでも, 人物らしくいわれてい, 人物らしくないものだ, 人物らしく思われている, 人物らしく思われるが全体, 人物らしく描き出す努力を, 人物らしく聞こえようが実は, 人物らしく見えていた, 人物らしく語られたかといふこと, 人物らしく語るかによつて, 人物をこそクリストフは, 人物をさえ好むもの, 人物を通してもこれに, 人物ウェスレー教会でのよう, 人物カツ然と, 人物ガ三五六六五号ノ自動車, 人物クリストフをしか尊敬, 人物クロード・ディグスビイをウエールス生れ, 人物グレンジル伯は十六世紀, 人物ゴーの重い, 人物スパイ陣の組織者, 人物てあり, 人物徘徊セルヲ, 人物バラオバラコによび出され, 人物パッとかつぎ, 人物フエル博士の講義, 人物ポーニンに相違, 人物ミネがかかる, 人物ミュッセの人物, 人物メンデルスゾーンと相識, 人物ヤ物ノ名称, 人物求ム, 人物も生人, 人物一人の例外, 人物一方稲富喜太夫は, 人物一時代を代表, 人物一様に怪しから, 人物一私個人にとってどの, 人物丈けが押絵細工で出来, 人物上方の絹商人ひとり, 人物不道徳なる事件, 人物にその, 人物並びに学業の, 人物中二人の伯母, 人物丹頂のお, 人物乃至重要人物に, 人物九人と, 人物事件以外をなるたけ, 人物事務所の受, 人物事物を彼, 人物事象の取扱いかた, 人物二三十人の中, 人物二人の交響曲, 人物二枚も随分, 人物二階の山口さん, 人物人事に就き, 人物人品のごとし, 人物人物といっ, 人物こそ内科, 人物今一人は津下正高, 人物他人には暢気, 人物仲間の者, 人物何者であろう, 人物倉庫船舶等の輪廓, 人物の觀方, 人物兒玉進五とて小, 人物全てに宝塚調, 人物全体が名声, 人物公平入道常見といふもの, 人物に頭巾, 人物其上博識に御座候, 人物其物と信じられ, 人物出を, 人物写真の美人, 人物出来る限り手を, 人物出迎えの土部父子, 人物初めから存在, 人物判定の標準, 人物判断の目安, 人物剣道無類の達人, 人物劇的な事件, 人物を尽くさざる, 人物動物などを形, 人物動物家屋の圖, 人物動物鳥などになかなか, 人物勝安房守も又, 人物勝憐太郎殿という人, 人物十人を選ん, 人物十重二十重に車, 人物博司は海外, 人物厄介になる, 人物その容貌等, 人物及抱負については特に, 人物叙景を想, 人物各人の尽く, 人物樣讀者まで, 人物同じ店の, 人物同士が互に, 人物同様で一挙一動, 人物同様いつ帰って, 人物同様神秘に感じた, 人物唯一の証拠, 人物器具思想環境を主導旋律, 人物器量声望もある, 人物四人の身もと, 人物国民的性格を作品, 人物型的非論理性, 人物報告書として本官, 人物場所物品などはすべて写真, 人物声望の如何, 人物ならぬ千葉定吉, 人物多きがゆえに, 人物蘆原, 人物大概の罪人, 人物大阪までの切符, 人物失敗致そう貴殿, 人物奮闘の状, 人物でいえ, 人物女房のお, 人物好んで漢詩, 人物學問に重き, 人物完成というもの, 人物実は加十と, 人物宮殿その他いろいろの, 人物家俗浪華の小, 人物家屋に比し, 人物専門家が出来てる, 人物小田切久之進については次, 人物少くとも必ず多少, 人物少なしとせず, 人物展覧場の中, 人物山口を殺さない, 人物山水等を描く, 人物岡崎十次郎が主人, 人物工場の煙突, 人物の方, 人物年格好は五十五, 人物年齢四十五六になる, 人物幽霊鶴亀竜の類, 人物庭園のすべて, 人物弓之助にとっては叔父, 人物の性格, 人物当てをやっ, 人物彼女の楽器, 人物後醍醐帝の朝覲, 人物に多く, 人物心身を労し, 人物必ず主觀, 人物必ずしも筆が, 人物思ひ込んだら雷が, 人物思想の全幅, 人物思想本領を併せ得, 人物悪党でないこと, 人物或は理想に, 人物所謂捨てて, 人物所謂アミーになろう, 人物所謂外交家の見本, 人物才幹はまたとなかっ, 人物才幹一癖も二癖, 人物才能を愛する, 人物才識その修業, 人物払底が唱, 人物扱いされたこと, 人物批評風のもの, 人物技藝一世に秀でた, 人物振りは寧ろ当然, 人物ひの, 人物描寫について述べ, 人物撮影はいふ, 人物故人といふもの, 人物教育はさう, 人物文章を引用, 人物文芸等を主, 人物料理場の生乾き, 人物料理産物など時に, 人物新聞の経営方針, 人物日本史などもそれ, 人物時代といつた, 人物景色事件を想像, 人物最良な顧問役, 人物月旦はなやかである, 人物月旦再転しては, 人物本人は文士, 人物本位的国政の立場, 人物本木の生涯, 人物材料を多く, 人物板画がその, 人物架空とは云, 人物植木屋の甚吉, 人物構成で扱われ, 人物構成上の注意, 人物様々時としては, 人物標準語を使, 人物模様の上, 人物模様みたいに頭尾相, 人物樹お寺などの書い, 人物樹木家屋瓦等に何となく, 人物歐洲では日本研究家, 人物正直一轍の吝嗇漢, 人物死しても瞑すべきで, 人物死ぬと云ったら死ぬであろう, 人物比較からも, 人物障な, 人物気取りでゐる, 人物汝南のこと, 人物ヲ海北氏ニ習フ, 人物活けるがごとく写しだされ, 人物海上より来る, 人物深く激しく錯綜葛藤してる, 人物漆黒の髪, 人物特に女性を, 人物独りでは画, 人物独特の微笑, 人物玄関の間, 人物はれ一緒, 人物理想を描いた, 人物環菊のお, 人物田所町の丁字屋, 人物画発達の後, 人物画美人画の世界, 人物疑いかかったその千種屋, 人物的作家よと称し, 人物的風貌の表象, 人物わが構, 人物盲人の琵琶法師ダミヤン, 人物相応に其辺, 人物確めて下され, 人物神仙に求めず, 人物神仙婦女あらゆる画題, 人物禽獣は皆紙上, 人物禽獣山水楼閣舟車之状至花時都人看者為群, 人物に負けた, 人物秋山要介, 人物立像は構想, 人物立花カツミ先生であった, 人物竹石支那楼閣山水のみ描い, 人物ばかりの小説, 人物策動磯屋の内幕, 人物簿に朱點, 人物紹介をごく, 人物経歴共に未だ, 人物経済眼の卓, 人物經歴共に未だ, 人物美人であり天平, 人物群集の状, 人物老若男女貴賤賢愚一, 人物考えがあっ, 人物考査の本質, 人物背後の装飾, 人物自体動作自体が地, 人物自分と全く, 人物自然淘汰の網, 人物色々な角度, 人物花卉を描いた, 人物花鳥動物雲鶴竜蔬菜図等が描かれ, 人物若しくは欠点なき, 人物行状の巨細, 人物には安徳天皇, 人物表現にごまかし, 人物製造の好, 人物見たいな様々, 人物見届け役に, 人物解題となっ, 人物言つてほしい人物, 人物証明書なるもの, 人物評ぐらゐ虚誕で固め上げた, 人物評判などに及ん, 人物評吉川英治についての書き, 人物評論的おもしろさ, 人物には村卜総, 人物を二つ, 人物に移つた, 人物論そのものは大きく, 人物論大小合せて, 人物論風である, 人物謂わば他人, 人物の人物, 人物のよう, 人物財閥たちは手持ち, 人物赧ら顔でデップリ, 人物足利尊氏が一三三六年, 人物這入口に, 人物道代という娘, 人物道徳時代相などを書く, 人物達識決して見劣り, 人物選定の問題, 人物選択を政党自身, 人物配役も少く, 人物重宝人物何かにつけ, 人物野上豊一郎氏を始め, 人物鑑定癖のある, 人物鑑定眼を裏づける, 人物鑑識法のよう, 人物をしめて, 人物の事件, 人物雅俗折衷之助, 人物集まることあら, 人物の如く, 人物雲鶴等が描かれ, 人物頼遷が稍明, 人物顕れたり, 人物の言い方, 人物風体から先入観, 人物風俗あるいは汽船, 人物風守さまを一見, 人物食いながら来かかる, 人物養成所とも称すべき, 人物高潔なる紳士, 人物鬼形仏像などを周り, 人物鳥獣其の他, 人物黄いろい幽霊の, 人物黄色い鬘, 人物,年齡などが