青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「乳母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~
乳母~
乾~ 亀~ 亂~ ~了 了~ ~予 予~ ~予定 予定~ ~予想

「乳母~」 1753, 19ppm, 6062位

▼ 乳母~ (412, 23.5%)

10 お波, お浜 9 お咲, お福 7 お元, 家に 6 ように, 手に 5 おたみ, 宰相の, 手を 4 お沢, お霜, ところへ, 思ひやりから, 背に, 胸に, 計ひで, 語に 3 お槇, やうに, 乳が, 乳房を, 口から, 家へ, 家を, 背中から

2 [21件] お安, お島どん, お繁, そばへ, ような, 乳で, 女房は, 姿を, 娘である, 娘は, 子で, 家です, 家の, 手から, 手で, 方は, 方へ, 方を, 死を, 良人が, 首に

1 [235件] いったこと, おしの, おたつ, おふき, おふき婆さん, おまん, おりき, お乳, お兼, お杉, お波さん, お淺, お清, お磯, お種, お米, かおは, かぶるよう, ことを, この五月ごろ, これに, ごとき, するよう, たみも, つるが, つるの, とこからの, ところで, ところに, はなちし池, ふところと, ほうが, ほかに, ままが, やうな, カミイに, クドクドと, ビクトアルが, ヴィクトワールの, 一人が, 一件なども, 三人で, 下人, 世話を, 両乳, 中でも, 乳く, 乳は, 乳を, 乳房に, 乳首に, 云うこと, 云うことほか, 云ふ, 亡くなったの, 亡骸を, 人が, 今刀自, 他は, 代りに, 伜に, 伜の, 住む所, 何人目の子じゃ, 作り話だ, 信じて, 倅の, 傍に, 元の, 兄で, 兄である, 兄唐草銀五郎が, 児で, 処を, 出すぎた考え, 出た家, 前に, 劇場なかまで, 力も, 助けに, 勧める言葉, 十郎権の, 厚意だ, 叔父が, 名は, 呆けた, 周章てたやう, 喉から, 在所は, 墓, 声, 声が, 声は, 外に, 大輔が, 大輔は, 夫が, 女房が, 妹の, 姉が, 姓なり, 姿は, 姿も, 娘が, 娘だった, 娘で, 娘では, 娘な, 娘などは, 婿の, 子, 子か, 子が, 子であっ, 子であり, 子です, 子などにて, 子なら, 子の, 子までを, 実家で, 家しか, 家で, 家は, 家族と, 小供, 弟が, 役に, 役を, 彼に対する, 後へ, 後任も, 心を, 心配も, 心音か, 必要が, 忘れ形見でございました, 思いやりから, 恨みに, 息子で, 息子です, 息子の, 意に, 愛とともに, 懐に, 懐ろに, 懐育ちの, 戒名は, 所で, 手によって, 手一つに, 手紙は, 才覚で, 持病は, 文, 方が, 方の, 望み通り姫君の, 末子であった, 来るの, 棺は, 次に, 歌う子守唄, 歌に, 死それから, 死んだという, 母親に, 比企の, 気持が, 浅香が, 深い頬, 為めに, 父津山喜内と, 理窟であった, 病気が, 目からは, 目は, 真似を, 眼は, 短慮と, 称号と, 税所敦子が, 税所敦子は, 竹, 粗忽とか, 老女なり, 者さまで, 聲にて, 聲より, 肩に, 肩を, 背なかから, 背なかに, 背を, 背中に, 胸の, 胸へ, 胸肌を, 腕に, 膝なる, 自慢を, 良人, 芳醇な, 表情は, 袂を, 袖の下に, 言いつけどおり, 言葉は, 言葉を, 言葉通りやさしい, 計い, 計らい, 訴えによって, 訴えること, 話から, 話では, 話を, 語れるに, 踊り, 身により, 連れ子で, 遺物と, 部屋は, 里だった, 里でも, 里へ, 里梨寺に, 頬に, 額に, 顔とを, 顔は, 顔色を, 願って, 饒舌を, 魂ぎりし聲

▼ 乳母~ (272, 15.5%)

6 今の 5 一口に, 人に, 其前に, 郎女の 3 こんなこと, どうした, 乳を, 唯気長, 激しく田舎語部

2 [13件] おいそ, そう云う, それを, どうし, 唯氣長, 姫君の, 彼女が, 激しく田舍語部, 登を, 目を, 章の, 語るの, 途方に

1 [205件] あさましくこれ, あたしを, あの後見, あぶら汗, あわて, あんまりずけずけした, いきなり走, いふ, いろいろな, おきまり, おれの, お亡くなり遊ばした, お守を, かえってはげしい, かぜけがあり, かれが, かわいそうに, きいて, けなげにも, こう告げた, こう言う, こう言っ, こないばかりか, このこと, このわたし, この廊, この飾磨, こぼして, これが, さきほど私, さっきから, しかたなし, しっかりと, しんみりと, じっとあたし, すっかりおとろえた, すっくと起った, そう云った, そこに, その方, その石橋, それに, だまって, とうとう大, どこへ, どんなにもし, どんな大きな船, はやくも, ほかの, ほっと太い, まごつきながら, また丁寧, また済まない, まだだまっ, まだ娘, まるで気, みまかり, もう五十, もう胸, やっと気, やはりいつも茶碗, やはり身体中, よう, ようやっと答えた, わがか, わたくしを, わたしが, ウッカリ口を, ガラ, スケートに, スケートを, ソッと, テーブルの, ハッと, フロルスの, 一人で, 一人も, 一人旅の, 万寿を, 上から, 不安がる, 二の句が, 今どうして, 今は, 今日の, 今更の, 伏目に, 何か, 何かの, 何とも返事, 何処行った, 俺が, 六十ばかりの, 其処へ, 内舎人, 冥土から, 別れの, 前から, 前よりも, 勝手な, 勿論以前, 勿論男さ, 半信半疑な, 又, 又真赤, 受取ろうと, 口を, 右枕に, 否定した, 変った父, 夏を通じて, 夜の目ろく, 夜露に, 大臣に対して, 太くお, 太って, 女君が, 妙心寺南門前下頼浄圓と, 妹に, 妹を, 姉達について, 姫君を, 娘を, 子供たちを, 子供を, 家を, 寝返りし, 少くとも, 居なかった, 帳台の, 年の, 幼い姫君, 幼児の, 幾度か, 幾度も, 得意に, 心を, 心配を, 怒るやう, 思ったが, 急いで, 恥ずかしくも, 恨めしくて, 悲しがっ, 悲しみと, 感動し, 日に, 早速男君, 明石へ, 昼間は, 時どきこんな, 時折こんな, 時計の, 横へ, 此の, 歯の, 母と, 母上と, 毎日世間の, 気が, 気の, 気を, 汗と, 涙に, 涙を, 湯に, 源氏の, 焚き物, 熊手婆で, 物語を, 狂は, 狂気の, 田舎に, 田舎には, 相変らず, 相手が, 眠ること, 眼を, 私を, 笑いながら, 終始私, 肘掛椅子に, 胸へ, 胸を, 膝を, 自分が, 興奮する, 蒼皇犬が, 行者が, 見送ると, 言いにく, 言うの, 言った, 語りつづける, 車の, 近くへ, 送られたの, 部屋を, 里へ, 重明が, 随へる, 頸の, 顔を, 驚き猫の, 骨の

▼ 乳母~ (180, 10.3%)

5 叱りに 4 言つた, 言ひ出した 3 あわて, ついて, 私を 2 主人の, 提げて, 病気で, 連れて

1 [150件] あたしの, あった, ありえようとは, ありました, ある手段, あれを, あわてて, あわて求めるだらうと, いましてな, おどろいたの, おりますゆえ, お側へ, お母様に, お附, かくれて, かけつけました, さし出して, さっそく出, しばらくの, すゝめた, せしやう光, ぜひ召使, そつと, その時, たずねて, たび, つきそう, ところまで, ととのえて, どうかし, どうしましょう, なければ, はだしで, ぼんやり突っ, まだたっし, まだ其の, もらって, やつて, やるよう, わざわざ機道具, ピーターを, 三味線を, 両方を, 両親の, 丹精し, 乳のみ, 云つた言葉が, 亡母の, 交代された, 京都から, 今じゃ, 今でも, 住みこんで, 住む下谷池, 住んで, 何か, 何かを, 信用しない, 先に, 出て, 取りかえしに, 召使を, 名古屋に, 和枝を, 大切な, 大勢集まる, 大声で, 大弐の, 好いん, 妾が, 始末を, 子供に, 実母であった, 寝敏い, 寝間着の, 小さい姫君, 小さい針, 小窓小雨, 居たが, 居て, 居りまするとの, 居り一日中面倒, 居ると, 左近少将への, 幼子を, 得意に, 怒つて, 思わず詰め寄る, 怪しいで, 怪しいの, 恐ろしくさ, 慌て, 慌て確乎, 懼れ, 戦士の, 手を, 抱えて, 抱へ, 指した, 捜しに, 掻巻を, 早く, 昼飯の, 朱雀院の, 来たこと, 来るまで, 来書生, 柏を, 此方を, 死んで, 気の, 永い間, 涙の, 申し上げましたこと, 番頭の, 登を, 登様同様に, 真実を, 眼を, 着物や, 笠の, 美濃安八の, 背後から, 背負って, 茶を, 葉子の, 藁の, 虚弱な, 衣服を, 見張りの, 言い出した, 言うよう, 言った, 言ったもん, 訪ねて, 話した, 話合っ, 読んで, 赤ん坊を, 起きて, 通って, 遠国の, 遺言した, 長火鉢の, 陪乗した, 雇って, 雇われて, 駆けこんで, 駆け込んで, 驚いて

▼ 乳母~ (107, 6.1%)

8 抱かれて 5 問うても, 手を, 相談かけ 2 して, なって, 上がって, 對する

1 [76件] あずけいそいで, あずけられた, あった, あてて, いきなり, お尻, かしづかれる, かわって, こっそり仕立て, しがみついて, せがんだの, そう云われた, そえ乳, たのんだ人, だかれて, なつかないで, なる女, ひどく叱られた, ほか世話を, よりながら, わかれて, 上ったまま家, 上って, 上つて以来の, 付き添った, 任せたった, 任せとくの, 伴つて連れ, 傭われて, 八ツ当りし, 出たいと, 出たの, 出るの, 化けて, 受取らせました, 叱られたこと, 叱られる種, 委ねること, 守りされながら, 度々宣言, 引取られ, 打ち明ける恋, 抱えられた, 抱かせた若君, 抱かれた赤ん坊, 抱かれ三つ, 押し出されて, 支えられて, 暇を, 枕でも, 榛軒を, 死に別れてからは, 気を, 添い寝される, 添えられた, 添って, 源氏の, 百磅送っ, 耳うちを, 聴いたら詳しい, 育てられて, 育てられ父, 行かましもの, 言おうと, 言った, 言って, 訊いた, 託されたの, 託して, 詫ことを, 跟い, 連れて, 連れ出されて, 関聯した, 養われ父親, 養育を

▼ 乳母~ (96, 5.5%)

6 して 4 つけて 3 連れて 2 相手に, 雇うこと

1 [79件] いたして, いつも母, お呼びに, きめたり, さえも, さがしたらよい, したって, せびって, たしなめるの, たづね, つけ刈込垣, つとめて, はじめとして, はじめ新しい, もとめて, やとうと, やること, 一人雇う, 上に, 二人も, 伴れ, 使いに, 便って, 便りたいと, 傭えないで, 前に, 勝手へ, 勤めたこと, 呼んだ, 呼んで, 国の, 妻に, 娶合せて, 定め御, 寝ませること, 師匠の, 忘れは, 恨みました, 慕ったよう, 慕って, 憐んで, 手伝わして, 抜く手, 招いて, 探しに, 搜し, 殺すため, 添えて, 田舎から, 留め置いて, 目がけて, 相手の, 神に, 置いて, 置く程, 職業と, 要した, 見て, 見ると, 訪ねようとして, 訪れて, 訪れるつもり, 責めるの, 逐ひやる, 選んで, 附けて, 雇いその, 雇い入れたところ, 雇うて, 雇うと, 雇うも, 雇って, 雇ふ, 雇ふか里へ, 雇わないで, 雇わなければ, 頼んだ, 養うこと, 養ふこ

▼ 乳母~ (71, 4.1%)

5 今一人若人の 3 その娘, 一緒に 2 一しよ, 入る

1 [56件] あかんぼ, いって, いへば, ごいっしょ, その母親, であった, なった, なって, なる, よくその, ピーターと, ピーターとの, 両親の, 並んで, 中国の, 乳兄弟に, 二人で, 二人力を, 二人寂しく, 云うの, 云う名, 云う者, 云ふ, 他の, 侍女とは, 出る, 別れて, 勘違いを, 召使いに, 右近侍従だけは, 同じ疫病, 向き合つた儘葛の葉を, 夫とは, 女が, 女中が, 女達が, 子供とを, 子供は, 子供を, 定めたの, 少将という, 教師に, 殘り, 殘る, 母の, 病みやすき, 登と, 私とを, 私について, 童と, 老媼は, 若い女房二, 見えて, 見えました円髷, 見た月蝕, 都合八人いずれも

▼ 乳母~ (71, 4.1%)

5 そちらへ, 口を, 子古 3 遠くな

1 [53件] あったかも, あの人間以上, いつし, いつの間にか眠りたくなった, いなくなった, さすがに, そなた, だんだん年, つけて, つらく思った, でて, なく老い, またその, もとより結構, りっぱな, 一ツ大いに, 下僕も, 乳母だ, 二人が, 先着何だか, 共々私, 出たお, 女中たちも, 宵の, 小さくなっ, 巾着に, 心からそう思っ, 心配で, 故人に, 明石の, 明石へ, 書生も, 此の, 毎日泣い, 泣きながら, 無邪気であった, 登も, 窮屈で, 紅も, 老いる筈, 腹が, 自然に, 茂太郎も, 見つかるでしょう, 見のがしては, 親たちに, 言うの, 話して, 達者で, 遠くなった, 長の, 附いて, 髪を

▼ 乳母~ (67, 3.8%)

5 さんは, 若人が, 若人たちも 4 嚼母たちの 2 さんが

1 [46件] あまり人の, いうも, おこってる, お菓子を, か, からだに, から亡くなった, が切支丹屋敷, ごらんなさい, そなた, その母, だったから, だったという, だと, でしょう, ですもの, ではたっし, とにかく家, どうぞそれ, どころです, のと, のを, まだやめない, まだわかんない, よそうよ, アノお前に, 下僕に, 伜だ, 侍女に, 女中などは, 女中に, 女中は, 子守を, 家臣や, 小間使いに, 尼の, 母上と共に, 津山甚内と, 父や, 看護婦や, 私一人じゃ, 聞えるだろう, 荒々しい旅廻り, 誰彼に, 負けるって, 面目ない

▼ 乳母さん~ (34, 1.9%)

1 [34件] かえ, から教えられた, がお前さん, がまた, がポケット, が一人, が出, が小, が店, が来ました, が死んだ, が話好き, が附い, が駈けつけ, だえ, とか, とは異う, にお前さん, にそれ, に負, のお, のさつと, の事, の体, の児, の処, の方, は, はまだ, は私, ほどには心配, らしい肥, 何だつて, 小粋

▼ 乳母やの~ (33, 1.9%)

3 家に 2 おかげだ, おかげで, ような

1 [24件] いる部屋, うち一等好きな, おかげかな, おかげさ, おかげです, おきまり文句, おっぱいを, お子さんに, お寺は, ことが, だい, まだ知らない, 使いが, 好きな, 子じゃ, 家から, 来るの, 母が, 気持と, 考えてること, 考えてるよう, 部屋は, 顔では, 顔を

▼ 乳母たち~ (30, 1.7%)

3 がいまだに, が聴い 2 が聽

1 [22件] がいまだ, が今, が密, が近く, さえ腹, だけは不快, でいっしょ, といっ, とか昔, に, にかしずかれ, に対して納言, の受ける, は, は乳母たち, は哀れ, は大宮, は恨めし, は母君, は気づい, は皆はなやか, へもまた

▼ 乳母やは~ (20, 1.1%)

3 僕が

1 [17件] ああいう, いつまで, これから正木, しかし何, そう思ってる, どんなふう, ほんとうに, もういない, 人の, 今夜は, 今度の, 今日学校の, 大きらい, 後に, 行かなくても, 誰よりも, 駄目だ

▼ 乳母~ (16, 0.9%)

5 あつた

1 [11件] ありえたわが, でも, オセキという, モウ四十を, 二条院に, 子供が, 用事に, 私の, 縁故が, 髪の, 髪の毛が

▼ 乳母として~ (13, 0.7%)

3 置いて 1 お清さん, 一と, 大功が, 屋敷へ, 幼い時分, 明石へ, 温かく湿った, 通って, 附きそっ, 雇われたもの

▼ 乳母という~ (12, 0.7%)

5 ような 1 のが, のは, のを, ものが, んじゃあ, 人が, 意味も

▼ 乳母から~ (11, 0.6%)

2 口移しに 1 他人から, 口ずからに, 安否を, 度々きかされた, 或お姫様, 聞いて, 聞かされた女, 聴いた, 離れると

▼ 乳母やが~ (11, 0.6%)

1 [11件] おこったからって, おっぱいを, こんなにおこっ, それを, ついてて, 今日は, 勝ちだって, 嘘ついてる, 居る, 悪く言う, 来たよう

▼ 乳母~ (10, 0.6%)

3 のが 1 あんまり気, が恰度朝子, つたお, つたといふ, とある, という, と聞いた

▼ 乳母にも~ (10, 0.6%)

1 云われないくらい, 何か, 十分の, 死別れ, 聞えて, 言い適当, 話しまして, 逢った, 預けずに, 鳥打帽子を

▼ 乳母やに~ (10, 0.6%)

1 おきき, なら何, やった手紙, わかれて, 一度あやまっ, 懐いては, 言うこと, 話して, 逢いたけりゃこの, 預けて

▼ 乳母らしい~ (9, 0.5%)

1 のが, 四十ぐらいの, 女が, 女に, 女の, 女は, 老女と, 老女へ, 言葉で

▼ 乳母~ (8, 0.5%)

1 いったい誰, 伯母さんの, 侍女かの, 女中頭といった, 媼さんが, 家庭教師か, 息絶えし, 誰かに

▼ 乳母だった~ (8, 0.5%)

1 ことも, の, のさ, 人でございます, 女な, 女主人岩太郎は, 寡婦と, 者に

▼ 乳母では~ (8, 0.5%)

4 あつた 1 あった, ない継しいなか, なかつたかと, 無かつ

▼ 乳母やも~ (7, 0.4%)

1 あの時, いらっしゃいな, そこに, 好きだ, 威張るのに, 安心し, 泊って

▼ 乳母なる~ (6, 0.3%)

2 人の 1 信者の, 大婆, 女が, 老婆は

▼ 乳母日傘~ (6, 0.3%)

1 でお, でハトポッポー, で大きく, で育てられました, の, の蔭

▼ 乳母ぐる~ (5, 0.3%)

1 まの, ま停め, ま傘, ま押し, ま買はん

▼ 乳母には~ (5, 0.3%)

1 低い節操, 別しての, 秘密です, 貴族の, 隠れて

▼ 乳母やと~ (5, 0.3%)

1 一緒だ, 二人同じ, 二階に, 今までそこ, 今度の

▼ 乳母一人~ (5, 0.3%)

3 の声 2 の聲

▼ 乳母どの~ (4, 0.2%)

1 が坊さま, におぶわれ, に誂え, 湯尾峠の

▼ 乳母どん~ (4, 0.2%)

1 が焦, じゃある, でたしか, で大

▼ 乳母などは~ (4, 0.2%)

1 その声, 云って, 新しい人, 車一輛に

▼ 乳母奉公~ (4, 0.2%)

1 に出, に出た, の決心, をし

▼ 乳母その~ (3, 0.2%)

2 ほかの 1 かの一人

▼ 乳母たちさ~ (3, 0.2%)

3 へ腹

▼ 乳母とは~ (3, 0.2%)

1 こう語っ, 感触の, 毎日三条の

▼ 乳母とも~ (3, 0.2%)

1 あたる人, いまは, 定子とも

▼ 乳母とを~ (3, 0.2%)

1 ここへ, 相手に, 隠すため

▼ 乳母と共に~ (3, 0.2%)

1 出養生に, 別に, 度々お供

▼ 乳母なれ~ (3, 0.2%)

1 どいま, どせち, どわれ

▼ 乳母にでも~ (3, 0.2%)

1 お妾, 会ったよう, 預けたいん

▼ 乳母に対する~ (3, 0.2%)

2 反感も 1 反感が

▼ 乳母~ (3, 0.2%)

1 一言書きの, 手紙を, 黙って

▼ 乳母やよりも~ (3, 0.2%)

1 だから僕, もっと遠い, 偉いん

▼ 乳母やを~ (3, 0.2%)

1 うんと叱っ, 悪く言う, 母さんの

▼ 乳母~ (3, 0.2%)

3 いて

▼ 乳母~ (3, 0.2%)

2 をば 1 とつぐら

▼ 乳母これ~ (2, 0.1%)

1 も気, を与うれ

▼ 乳母さえも~ (2, 0.1%)

1 その細く, 年役に

▼ 乳母それ~ (2, 0.1%)

1 になった, に猥褻

▼ 乳母だけに~ (2, 0.1%)

1 とどまる, ほか心の

▼ 乳母であった~ (2, 0.1%)

1 からこの, というお婆さん

▼ 乳母であり~ (2, 0.1%)

1 僕の, 母である

▼ 乳母とが~ (2, 0.1%)

1 口々に, 話す桃太郎

▼ 乳母とともに~ (2, 0.1%)

1 寺に, 継母の

▼ 乳母とに~ (2, 0.1%)

2 小児を

▼ 乳母などが~ (2, 0.1%)

1 これと, 近い所

▼ 乳母などと~ (2, 0.1%)

1 寝るもの, 若君の

▼ 乳母などに~ (2, 0.1%)

1 命じて, 囲まれて

▼ 乳母なども~ (2, 0.1%)

1 あった, 初めからの

▼ 乳母にや~ (2, 0.1%)

2 出けん人

▼ 乳母までが~ (2, 0.1%)

1 それではわたし, 彼是と

▼ 乳母やには~ (2, 0.1%)

1 ちがいない, 僕ほんとうは

▼ 乳母やより~ (2, 0.1%)

1 もっと遠い, 偉いん

▼ 乳母以外~ (2, 0.1%)

1 には誰, の人

▼ 乳母帽子~ (2, 0.1%)

1 やスカート, をかぶっ

▼ 乳母~ (2, 0.1%)

1 の常に, をかぞへ

▼ 乳母関係~ (2, 0.1%)

2 の名

▼ 乳母~ (2, 0.1%)

2

▼1* [93件]

乳母あるのみ忍び, 乳母の如何ぞい, 乳母りきは, 乳母お手伝いさんたちからいじめられ, 乳母へ腹, 乳母さえ前後を, 乳母そうして, 乳母その他五六人居て, 乳母たち女房たちは責任, 乳母たるその婦人, 乳母だけなの, 乳母だけがお供を, 乳母だけは知つ, 乳母え人, 乳母であってやはり, 乳母であることは, 乳母でしたが, 乳母ですの, 乳母でもありましたので, 乳母といふ金喰ひ, 乳母としての功と, 乳母との前で, 乳母なく侍女なく, 乳母など一群に, 乳母などからひどい小言, 乳母などという後見役の, 乳母などにも適当な, 乳母などへくばりもの, 乳母などをその家, 乳母ならむ走り來て, 乳母なりきこれなく, 乳母にだって面を, 乳母にて雇った女, 乳母によッぽ, 乳母に対してあの御方, 乳母のちち首, 乳母のみぶの, 乳母はと見るとねに, 乳母また共に幼兒, 乳母まで此れ, 乳母までを呼んで, 乳母もうよい, 乳母もさは添, 乳母もはや余程な年, 乳母やとはあれっきり一度も, 乳母やなんかいなくても, 乳母やにも解らない, 乳母やまでが一緒に, 乳母よと見ると, 乳母らしく思われる声で, 乳母ちょいと, 乳母ア乳母アちょいと, 乳母ア始めの内, 乳母ア山口屋の音羽ざま, 乳母一同は殿様, 乳母一家があやしい, 乳母一族が存在, 乳母七兵衛入道が押しつけられ, 乳母乳母といへ, 乳母すぐに, 乳母代りの女中一人, 乳母任せ身の, 乳母入來る, 乳母兼帯のおもり役, 乳母即ち的場左衛門の, 乳母即子守りである人, 乳母出る, 乳母樣に, 乳母夫妻やセンチョーサン, 乳母夫婦の手, 乳母女中保姆里親などに任せる, 乳母女中逢曳の男女等, 乳母子供犬が路面ごと灰色, 乳母導者衛士たり, 乳母小間使と子守, 乳母并びに下人甲, 乳母に取立てられた, 乳母戻り來る, 乳母朝香塩原多助と青, 乳母ておくれ, 乳母と称え, 乳母比夜叉御前が自ら, 乳母のつく, 乳母父正木一家春子恭一そして最近, 乳母献金して, 乳母腰元台所働きの女中, 乳母船頭さん金椎さんまでがどんな, 乳母荒井の四人, 乳母行きかくる, 乳母引き取つて, 乳母部屋に於, 乳母附添で実隆邸, 乳母風情の子