青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一緒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一目 一目~ 一瞬~ ~一種 一種~ 一端~ 一等~ 一筋~ 一節~ ~一緒
一緒~
~一致 一致~ ~一般 一般~ ~一行 一行~ 一見~ ~一角 一角~ ~一言

「一緒~」 19701, 183ppm, 571位

▼ 一緒~ (18216, 92.5%)

585 なって 202 行って 179 して 154 来て 122 歩いて 120 連れて 104 出て 100 暮して 88 なつて 75 住んで 72 なつた 69 死んで 64 なった 55 帰って 51 行こう 49 食事を 48 いて 39 働いて, 遊んで 36 いるの, 仕事を, 寝て 35 暮らして, 東京へ, 行くこと 33 なること 32 なると, 来い, 逃げて 30 なるの 28 出かけて, 自分の 27 外へ 26 成って, 遊びに 25 いると, 來た, 家を 24 おいで, 乗って, 手を, 行こうと 23 つれて, 持って 22 やって, 参りましょう, 成った 21 なってから, 並んで, 歩くの, 行くの, 連れ立って 20 いた, お茶を, ゐるの, 伴れ, 家へ, 生活し, 酒を 19 お帰り, したよう, 来た, 行く 18 それを, なったの, 笑った 17 すること, やつて, 來る, 散歩に, 旅を, 歩いた, 私の, 行きましょう, 飯を 16 来たの, 来るが, 行くか, 行つた 15 お酒, 來て, 入って, 入れて, 出かけた, 居て, 死ぬの, 行かないか, 見に, 飛んで 14 すると, 立って, 風呂へ

13 [11件] いたの, そこへ, 乗せて, 夕飯を, 散歩し, 暮すこと, 江戸へ, 汽車に, 行かう, 行くと, 行った

12 [13件] そこまで, なりました, ゐて, 何か, 出た, 往って, 御飯を, 泣いて, 私は, 行つ, 見て, 走って, 附いて

11 [16件] あるいて, いること, ここに, されて, なる氣, なれば, 付いて, 声を, 来たん, 棲んで, 死のうと, 自動車に, 茶を, 行くん, 行っても, 食卓に

10 どこかへ, なる気, 坐って, 帰る, 彼の, 暮すの, 東京に, 置いて, 行かうと

9 [21件] いって, するの, そこを, なる, なろうと, 世帯を, 住むこと, 出かけました, 動いて, 学校へ, 帰ること, 彼女の, 暮らすこと, 歩いたこと, 立つて, 育って, 自分も, 落ちて, 行ったの, 訪ねて, 送って

8 [43件] いらっしゃい, いるところ, くらして, ここへ, ここを, ついて, なったが, なったこと, なった時, なっても, なるつもり, なるといふ, なるん, なる前, ゐると, 乗つて, 來い, 先生の, 外を, 大阪へ, 家の, 寝るの, 戻って, 探して, 散歩を, 来いと, 来たよう, 来ないか, 来る, 歩きながら, 歩くと, 死ぬ気, 流れて, 生きて, 腰を, 船に, 行きたいと, 行くが, 行けと, 行こうじゃ, 身を, 集って, 顔を

7 [47件] いたこと, いては, いるん, くっついて, ここで, したもの, しようと, たべて, なるという, なる約束, 一人の, 住むよう, 入つて, 出して, 勉強し, 勉強しよう, 家に, 寢て, 庭へ, 或る, 旅に, 旅行した, 日本へ, 暮したこと, 暮せる, 朝の, 本を, 来るよう, 死ぬこと, 死のう, 殺して, 泊って, 生活する, 立った, 笑って, 自動車で, 芝居を, 行けば, 表へ, 這入って, 降りて, 雪の, 頭の, 頭を, 飛込んで, 飲みに, 首を

6 [46件] いらつし, いる, いるとき, お出でなさい, お風呂, きて, この家, されちゃ, したいと, したの, する, するよう, する奴, ついて行って, なったん, なりたいと, まいりましょう, 二階の, 云いました, 何処かへ, 力を, 参りました, 学校に, 居ること, 持つて, 散歩した, 朝飯を, 来た時, 来れば, 来給え, 東京の, 次の, 此の, 歩いたり, 歩き出した, 歸る, 死ぬと, 海へ, 焼いて, 眼を, 行かない, 起きて, 踊って, 部屋を, 飲んで, 駈け落ち

5 [108件] いた女, いないの, いれば, かえる, ここの, ごはんを, さがして, されては, した, そこい, そこで, なったとき, なったもの, なりに, なるはず, なる事, なる場合, なる筈, やって来た, やって来て, やるの, ゆく, ゐる時, 一と, 上京し, 並べて, 今まで, 休んで, 例の, 僕の, 出かけよう, 出かける, 出かけること, 出よう, 出る, 叫びました, 呑んで, 埋めて, 夜の, 子供を, 学校を, 宿屋に, 寝た, 寝るん, 居た, 席を, 帰りましょう, 帰ろうよ, 座へ, 庭に, 彼は, 彼を, 成った時, 成つた, 戻つて, 房州の, 日本の, 映画を, 時を, 晩飯を, 晩餐を, 暮すよう, 暮らすの, 来たこと, 来ると, 来るの, 歩くこと, 死なせて, 残って, 汽車で, 消えて, 湯に, 煮て, 玄関へ, 生活を, 田舎へ, 私を, 笑い出した, 箸を, 考えて, 舟に, 行きませんか, 行くから, 行くよう, 行く気, 行こうよ, 行つても, 裏の, 話して, 話しながら, 警察へ, 近所の, 逃げようと, 進んで, 遊ぶこと, 部屋の, 阿波へ, 階下へ, 雑誌を, 電車に, 風呂に, 飛びました, 飛び込んで, 飛出して, 飛出しました, 食べて, 食事する, 驅け

4 [166件] あるき出した, いかがです, いつまでも, いても, いら, いらっしゃるの, いるという, いるよう, おなりに, お伴を, お供を, お勝手, ここまで, この土地, これを, したが, しても, するつもり, する筈, する約束, そこに, そこらを, その家, それに, たべること, どこかに, どこまでも, どっかへ, なったと, なったという, なったので, なつたり, ならずに, なりたさ, なります, なるもの, なるよう, めしを, やって来ました, ゐたの, ゐるとき, カーテンの, ドライヴ, 一つの, 三人で, 上方へ, 上陸し, 二人の, 二階に, 二階へ, 云った, 何処へでも, 働くこと, 僕は, 其処に, 其処まで, 其處に, 写って, 写真を, 出掛けた, 参って, 参りませう, 向うへ, 呟いた, 四年の, 外に, 夫人の, 奥の, 女の, 子供の, 宿の, 宿へ, 居りました, 居ると, 居るの, 岸本の, 崖の, 帰った, 帰つて来た, 帰るの, 帰ろうと, 店の, 廊下へ, 待って, 後の, 心の, 忘れて, 成ること, 手紙を, 抱いて, 揃って, 撮った写真, 敷居を, 旅し, 旅行する, 暮すと, 暮らすよう, 朝から, 本郷の, 来るん, 東京で, 横浜の, 此処に, 歩いても, 歩こう, 歸つて來た, 死なう, 死なうと, 死ぬつもり, 死ぬ氣, 死んでも, 沖釣に, 河内屋へ, 浅草へ, 湯へ, 父の, 片付けて, 玄関まで, 町へ, 登って, 相談し, 私も, 窓の, 笑いながら, 笑つた, 置くわけ, 聞いて, 肩を, 胸に, 舞台に, 航海した, 船の, 花を, 行かないかと, 行きなさい, 行きました, 行きましょうよ, 行くよ, 行く事, 行け, 行ったが, 行った時, 行っては, 行らっしゃい, 読んだ, 読んで, 足を, 通って, 連れ立つて, 連立って, 遊ぶよう, 遊んだり, 道を, 酒の, 釣に, 銀座を, 門の, 階段を, 静かに, 食事した, 食堂へ, 飯でも, 馬に, 馬車に, 馬車へ, 駆けて

3 [309件] あるきながら, いたんじゃ, いた時, いった, いつもの, いらして, いるため, いるので, いるよ, いる時, いる時分, うちへ, うつした写真, おきて, お出, お出でな, お出でに, お前が, お暮し, お祈りを, お茶でも, お連れ, お遊び, こっちへ, ご飯を, されるの, したこと, したやう, してやりたい, する氣, する積り, そこから, そこの, そっちへ, その上, その中, その場, その日, その足, その辺, それは, それらの, たそがれの, たべた, つけて, なったとか, なつたら, ならない前, なりたいの, なりましたが, なりましょう, なり度, なるか, なるため, なるやう, なる人, なる時, なろう, なろうという, なろうなんて, ねて, のんだ, ぼんやりと, まいりました, まとめて, もって, もとの, もどって, やること, やると, わたしの, ゐた時, ゐても, ゐること, ゐれば, アメリカへ, モスク, 一夜を, 一日を, 一目散に, 三度目の, 世帶を, 並べた, 中へ, 乗り込んだ, 二階で, 五六人の, 京都へ, 今の, 今は, 伴って, 俥に, 俺の, 俺は, 停車場へ, 元の, 入つて來, 入口の, 其処を, 写した写真, 写真に, 出かけましょう, 出たの, 出ては, 出ると, 出るの, 出掛けて, 出掛けました, 勉強した, 勉強する, 動くの, 参りましょうよ, 参りますから, 双手を, 叫んだ, 叫んで, 叱られて, 向うの, 向ふ, 唱歌を, 国の, 坐つて, 壁に, 夕食を, 夕飯でも, 夕飯の, 外の, 大阪の, 天に, 天国へ, 奥へ, 姿を, 宿を, 寝ずの番を, 寝なければ, 寝ました, 寝ようと, 寝ること, 寝れば, 小屋の, 小脇に, 少しの, 居たこと, 居たの, 居たん, 山へ, 山を, 帰ったの, 帰ったん, 帰るから, 帰るん, 帰ろう, 帰宅, 店を, 座敷で, 座敷へ, 庭の, 廻って, 引揚げました, 引返して, 彼女は, 従いて, 心中し, 心配し, 急いで, 息を, 成ったこと, 戸が, 戸口の, 戸外へ, 手伝って, 教会へ, 散らばって, 旅する, 旅行し, 日本に, 昨夜の, 暮したが, 暮すため, 暮すやう, 机を, 来たが, 来たので, 来たまえ, 来た男, 来なさい, 来やれ, 東京を, 案内し, 楽屋へ, 此処へ, 歩かうといふ, 歩かんわ, 歩く時, 死にます, 死ぬか, 死ぬん, 死のうとまで, 水を, 江の島へ, 池の, 沈めて, 泊めて, 泣き出して, 泳いで, 浜へ, 海の, 海を, 海岸へ, 海岸を, 涙が, 混ぜて, 温泉へ, 游いで, 溺れて, 焼け死んで, 玄関に, 現場へ, 生活した, 田の, 田舎に, 町の, 町を, 番屋まで, 疎開し, 眠って, 眺めて, 眼の, 石の, 石を, 私と, 窓から, 立ち上った, 竹川へ, 笑いも, 縛られて, 置くこと, 育つて, 背負って, 脱走し, 腹を, 膳に, 自分を, 色々な, 芝居へ, 苦労し, 蘆屋の, 蚊帳の, 行かなければ, 行かんか, 行きたいの, 行きますわ, 行くかい, 行くかね, 行くかも, 行くつもり, 行くわ, 行こうか, 行こうでは, 行こうなどと, 行こうねえ, 行ったり, 行ったん, 行った人, 行つてお, 行つて下さる, 行つて見た, 行方不明に, 街を, 裏口で, 西瓜を, 見せて, 見舞に, 言って, 買った, 走り出した, 起った, 越えて, 車を, 載せて, 退出した, 送つて, 送ります, 逃げては, 連れだって, 遊びました, 遊んだ, 運ばれて, 道に, 遠いところ, 門を, 降りましょう, 随い, 隠れて, 電車で, 電車を, 風に, 食べた, 食べます, 食べようと, 食べると, 食事し, 食膳に, 飮み, 飲まないか, 飲む, 飲もう, 飲んだり, 飼って

2 [1013件 抜粋] あさましい姿, あなたの, いくわ, いたが, いたって, いたん, いた人達, いた深山, いた間, いつでも, いないん, いましたか, いよ, いらっしゃいませんか, いるが, いる中, いる気, いる訳, うしろの, おいでなされ, おります, お休み, お入り, お出でなせ, お出で下さい, お国, お増夫婦, お始め, お帰りなさい, お役所, お月見, お泊り, お米, お茶の間, お送りいたしました, お邪魔, お願, かえった, かくれたって, くっつけて, くるくると, こちらへ, この事件, この部屋, こみ上げて, こんにゃく売り, させて, させるの, されたの, され越前屋, したよりも, した様, しないさしあたり, しまって, するという, するやう, すれば, ずぶ濡れに, そのビル, その寄宿舎, その手紙, それへ, たしかに歔欷, たべましょうよ, ついそこ, つかんで, つぶやいた, です, どうかする, どうだ, どこか, どこへ, どこへでも, なったお, なったところ, なったり, なった仲, なった男, なってからは, ならうか, ならない時, ならなければ, ならんで, なりそれ, なりましたの, なりません, なり又, なり立て, なるだらう, なるって, なるには, なれずに, なれないの, なれませんわ, なれるし, なれるよう, なろうか, のんびりした, ふざけて, ほっと吐息, もう一人, やった, やらかしても, やるよ, ゆきましょう, ゆけと, よろめきながら, わらった, ゐた, ゐたといふ, ゐる, ゐるもの, ゐるん, ジャガイモの, ドブンと, バスに, ビイルを, ムキ出しに, 一室に, 一直線の, 一高の, 三宅島へ, 三輪の, 上って, 上るとき, 上原へ, 上総を, 下の, 下りて, 下宿したら, 下流へ, 両国の, 中央公民館の, 中途まで, 乗った, 乘つてゐる, 事務所で, 二十尺も, 云つた, 交り, 今でも, 今度は, 仕事場に, 仲吉を, 伊那の, 伯林の, 低い声, 住む, 住むの, 住む事, 住む家, 何より先, 來いと, 侍つて鶴は, 信一郎の, 借りて, 働き一緒, 僕と, 先へ, 入った, 入る, 入るの, 入浴し, 入道さまの, 公園の, 兵糧の, 写して, 出かけ, 出かけると, 出た兄弟分, 出ました, 出ること, 出來, 出懸けないか, 出掛けると, 出歩いて, 切符を, 別離の, 前の, 勧めて, 千葉の, 卒業した, 原の, 参りまして, 参りましょうと, 参れ, 叔母を, 叔父に, 取る場合, 口へ, 召上りません, 台所で, 吉原へ, 同じこの棟, 名古屋へ, 向うから, 吾妻屋の, 呑むと, 呑んだ正月, 呑気な, 呼吸し, 商売を, 喜んで, 噴火の, 国へ, 土蔵の, 堤の, 墜ちて, 壕に, 外から, 外出する, 多摩川へ, 夢中に, 大きな布, 大事な, 大学へ, 天国に, 妻と, 婦人の, 学校の, 宙を, 客の, 室の, 室内へ, 家族やら, 寄寓し, 密閉し, 寝かせて, 寝たり, 寝るか, 寝起きを, 寢る, 小屋を, 少し足, 居た政男さん, 居ても, 居ます, 居る, 居る時, 居れば, 崖を, 川の, 巴里の, 巻き込まれて, 帰ったと, 帰らねえか, 帰りましょうよ, 帰るつもり, 帰れと, 帰れよ, 帰郷の, 平次の, 広島へ, 床に, 店へ, 庭や, 庸三の, 弓町まで, 引き返して, 役人達に, 彼女を, 後から, 御飯でも, 微塵に, 怒られて, 愉快そうに, 感じながら, 成ったという, 成った頃, 成りに, 成るの, 戸前を, 手に, 抱きあつ, 押し込められたん, 押込みを, 招待され, 捕りに, 掛守りと, 改札口を, 故郷に, 散策し, 料理屋を, 新宿へ, 方々借金を, 旅籠屋を, 旅行しましょう, 旅行を, 日光に, 早駕籠, 昔の, 昼飯を, 晩の, 暮した, 暮したい心, 暮した伊勢屋, 暮す以上, 暮す気, 暮そうと, 暮らしたいと, 曳いて, 月給の, 有頂天に, 朝夕お, 朝飯の, 本町まで, 机の, 来いって, 来たという, 来た友達, 来ちゃ, 来な, 来ませんか, 来るという, 東京から, 板橋の, 棚に, 森彦の, 植芳へ, 楽しそう, 横に, 横浜を, 次兄の, 歌を, 此處に, 歩いたらどんな, 歩きました, 歩くん, 歸つた, 死なせるの, 死にたいと, 死にましょうと, 死ぬという, 死ぬよ, 死んだ方, 殺されて, 比治山に, 水に, 水茶屋に, 永遠に, 江の島に, 河を, 泥棒に, 流れ込んで, 海に, 涙を, 淋しく留守, 清川の, 渋谷の, 温泉に, 溶けて, 潮の, 火を, 燃え上がりました, 牛を, 猟に, 玄関の, 生活が, 生活しなけれ, 生玉へ, 甲府へ, 甲田へ, 留置場へ, 番所へ, 疲れきって, 病人の, 登校させる, 白い樺, 盥に, 相手に, 着いた, 瞼を, 石原町まで, 祈った, 神田から, 私が, 私へ, 移り叔母, 穴の, 突いて, 立ち上って, 笊を, 笑ひ, 策動し, 結びつけて, 絢子夫人の, 締めるの, 縛って, 繋がって, 置いては, 置くの, 美しい虹, 老いて, 聞えて, 育ちました, 育った娘, 自動車の, 自動車を, 舌の, 舟で, 芝居見物に, 苛めるの, 茶の間で, 茶店に, 落ちたの, 落ち合って, 蚊帳を, 行かないの, 行きたいよう, 行きな, 行きます, 行きますと, 行き給, 行くがね, 行くわけ, 行く約束, 行けばよ, 行こうかな, 行ったこと, 行つたのは, 行つてや, 行つて下さらない, 行つて見, 行つて貰ふ, 街中に, 被入つ, 裸足で, 見えるの, 見つけたの, 見る, 見物し, 見物の, 言葉を, 話を, 読んだり, 調べて, 講義を, 貧しい生活, 買物を, 起って, 跪坐い, 踊つてゐる, 踊りを, 身体も, 転々した, 軽部に, 農家に, 辻馬車に, 送りましょう, 逃げましょう, 逃げるの, 逃げろと, 這入つて, 連れられて, 連立つて, 遅くまで, 遊ばない超然たる, 遊びたいの, 遊ぶの, 遊べば, 過ごして, 過すべき機会, 遠州屋, 避暑に, 部屋へ, 都を, 野良へ, 釣って, 銀座の, 銀座通りを, 銭湯へ, 鍛冶町の, 鎌倉の, 長野へ, 附き添って, 階下に, 雜誌, 雨の, 電車の, 音羽へ, 頂くの, 頸を, 風呂には, 飛び出して, 飛沫を, 飛込むと, 飛込んだガラツ八, 食って, 食ふ, 食べましょう, 食べるの, 飯も, 飲んだ, 馬小屋の, 馬道から, 駈けて, 駕籠を, 鬼頭の, 鳴り出したん, 麻布の

1 [8567件 抜粋] ВОКСから, あたしの, あった美しい, あの妙, あの馬車, ある地蜂, いい日和, いたいな, いたところ, いた仲働き, いた時間, いつもオセロ, いましたよ, いらしつて, いられないの, いるか, いるほど, いる笠原, うずめた, うろうろしてる, おかえりに, おなりなさいます, おりて, おゐで, お出かけでございます, お前に, お姫様が, お座敷へ, お昼頃おいでに, お熊さん, お綱, お詫びしませう, お送りします, かう云つて庭口, かける船客, かれは, きっと今夜, くらすこと, こういう思いがけない, このお, この友人, この席, この眺望, この隣り, これまた, ごたごたした, さすがに, さらけ出しました, しかも彼女, したらいい, した日本再建, しない事, しぶとい反抗心, し夕方, すごした時間, するだろうという, する心算ぢ, せがんだ, そこへは, そのころそこ, その冥土, その奥, その時夕立, その白い, その葡萄酒, そばの, た, たべいろいろ, たよりない, ちょっとゆうべ, つかわすぞ, つろうて, とぼとぼ歩い, どうなる, どんな風, なぜか, なったまでの, なった凄, なった日本橋辺, なつたんです, ならないが, ならんでも, なりたいばかりに, なりまして, なり一緒, なり息, なるこいつア無理, なるまでには, なる様, なれたこと, なれぬならむしろ, なろうかしらとも, のこぎりの, はしや, ひそみ一本, ひらひらと, ふんで, ほとんど夢中, まいるつもり, また叩き交ぜ, まっさきに飛ん, むしり取るには, もう少しやろう, やさしい模樣, やって来たり, やつと, やり乍ら, ゆう飯, ゆつくり飲みまし, よく混ぜ合せます, よろこんで, ゐたい, ゐた何とか, ゐられたものぢ, ゐる友だち, アブサントに, エノケンを, カフエ・シヤノアルに, キングス・パイランドの, ゲヘナの, ゴルフを, シーンと, ソッと, ダイヤモンドの, ツイ口に, ドリアンは, ハイカラ町の, バブカ遊びでも, ビルディングを, ブリストルサウセンドウォルサムストウロンドンと, ホテルに, マジョルカ島へ, ムーラン・ルージュを, ラヴィーザ・イヴァーノヴナの, ロンドンへ, 一ケ月も, 一寸仰向き, 一旦帰っ, 一生懸命に, 一階に, 三人で寝よう, 三条堀川の, 上まで, 上總屋へ, 下らない遊び, 下諏訪宿の, 世話に, 中央線で, 乃木坂へ, 乗つて行つて荷物, 乗込むわけ, 乱れて, 事業し, 二間餘り, 五番目の, 京大阪から, 人力車に, 今では, 仏蘭西から, 仕舞って, 仲好く, 休息と, 伴れ立つた, 住まって, 住むという, 住もうもの, 体も, 何処に, 佛壇の, 俗世間から, 倒れそう, 停車場まで, 働いたり, 働くもの, 儲けを, 先生として, 入りました, 入來し, 兩手で, 共産団を, 其後から, 再び小袋ヶ岡, 冷えきつて, 出かけましょうこちら, 出かける筈, 出たので, 出ようでは, 出掛けたらしいの, 出歩いた事, 分類された, 初冬の, 前後も, 加へて, 動きつづけて, 勢いよく駈けおり, 十一年ぶりで, 千鶴子も, 南洋へ, 原始林の, 参った友人, 参りやしょうかね, 參内する, 取っといたの, 取纏めて, 古いもの, 叱られた仲間, 吉ちやん, 同じ部屋, 向うでは, 吹き上げて, 呼吸を, 唄ひ, 喜べるだらう都合, 嚥み, 四谷へ, 在ったわい, 坐つて食事, 城門の, 塩胡椒を, 売ろうと, 夕餐の, 夜も, 大きくなりました, 大仕事, 大急ぎで, 大講堂, 天国もしくは, 奈世は, 女優と, 始末を, 子供と, 孫兵衛, 宗介は, 室内に, 寄せて, 寝かさうと, 寝とったん, 寝ようとも, 寝起きする, 寺島君と, 小さい車, 小屋に, 小遣も, 就寝し, 居たはず, 居ちゃ, 居らっしゃる筈, 居るその間母虎, 居酒屋へ, 山小屋へ, 岩亀に, 川越の, 差入れに, 市中第, 師範校の, 帰つても, 帰らへんの, 帰るという, 帰ろうにも, 平らに, 広太郎, 座敷に, 廻るの, 引っかかえ, 引揚げ, 張切って, 役所の, 往くなら私, 後へ, 御成道, 御詠歌を, 徴兵検査を, 応接室の, 思い出すか, 怪しげな, 悪化く, 愛情が, 懷へね, 成つて一層, 成らず, 戦車に, 戻りました, 手傳ひました, 打球板を, 抛りこんで, 押し込められて, 招魂社に, 持ち込まれた泥, 振切って, 捨値で, 探さぬかな, 提げながら, 摘んだ野苺, 放浪しよう, 散歩したい, 数えて, 文王の, 新しき兄弟, 旅の, 日にあたる, 早々引払, 明かした吉原, 映畫, 晩餐の, 暮さうと, 暮しただけで, 暮した最後, 暮しませう, 暮すという, 暮せないという, 暮らすよりは, 書肆の, 朝食, 末ながく, 本野公使を, 来いや, 来たところ, 来た主人, 来た手紙, 来ては, 来や, 来る事, 東京まで, 松戸へ, 柔い, 根津の, 梯子段を, 椅子に, 楽園を, 橋寺さんを, 歌ったかも, 正午近い, 武器を, 歩いちや, 歩きましょうよ, 歩く範囲, 歸つ, 死なねば, 死ぬとも, 死のうけれども, 死出の, 殺さうと, 母が, 毎晩飲む, 水の上に, 水飯を, 江戸詰めに, 沼の, 泌, 泣きたいくら, 泣けないこと, 洛邑に, 流浪を, 浮上つて来た, 消え失せて, 深く押寄せ, 済ました, 港まで, 溶いたもの, 演壇へ, 澁紙張に, 炭俵に, 焼かれたこと, 煮た人参, 熱海で, 片方ずら, 特高課に, 猫を, 現れた初対面, 生き, 生活される, 由は, 畑仕事なども, 病院から, 発表されなかった, 白壁町の, 監獄の, 相談に, 眠ること, 睦まじそう, 石巻へ, 硫黄の, 祀を, 祭日の, 移って, 積み出される, 突然卓子, 立ち上り二人, 立山温泉まで, 笑い出して, 第一工場, 築地の, 納戸で, 結ばれるやう, 練習を, 纏めて, 美保の, 習つても, 聖堂裏へ, 聯隊本部一週の, 育ったけれども, 育てて, 脈打って, 膝を, 自殺します, 致しません, 舷の, 芝崎町の, 苦しい中, 茶が, 菊屋で, 落会った, 蒐めた, 藁草履穿女は, 血も, 行かれたが, 行きたいけれど, 行きてえの, 行き度い, 行くもの, 行けない, 行こうちょい, 行ったって, 行った小次郎殿, 行つたげる, 行つた諸君も, 行つて一風呂浴び, 行つて貰ひたい, 行水を, 裏から, 西岡の, 見たって, 見る方, 見送りたいと, 観賞を, 記されるはず, 試験勉強などを, 話し合つて, 読むが, 談話室へ, 警視庁の, 豚油を, 買いに, 赤化宣伝ば, 走るの, 越後の, 跳ねとばして, 踊る, 蹲踞み, 車坐, 転ぶ様, 辷ること, 返りたいと, 退きましょう此, 逃がすなどは, 逃げました, 逃げ場を, 通った, 逢ひませう, 進発した, 遊びましょうよ, 遊べないから, 遊山に, 過すばかり, 遠いお, 遣るよ, 都会の, 里宮の, 金龍姐さんが, 銀ブラを, 鎌倉町に, 長ん, 開け放した土間, 防ごうにも, 降車し, 階級の, 集まったが, 雛菊を, 雷門から, 青葉でも, 靴下を, 預かって, 顏ばかり, 風呂敷包を, 飛び込まうか, 食い七時過ぎここ, 食べたかつたら出て, 食べるが, 食事は, 飯田の, 飲むなんて, 飼われて, 館を, 駅の, 駈けるだけの, 騒いだり, 骨壺を, 高輪で, 鳴尾へ, 麩屋町から

▼ 一緒~ (227, 1.2%)

7 船で 6 家に, 方が, 部屋に 5 車で 4 ようでした, 室に, 時に, 汽車で, 生活を, 食卓に 3 ことも, ときは, ところを, 電車に

2 [20件] お家に, ことは, ころから, ように, ステージに, 写真を, 家で, 寝床に, 床に, 方を, 旅は, 時で, 時には, 時は, 時代の, 机に, 母が, 筈だった, 船に, 車に

1 [121件] うちは, うちも, おかげで, お仕舞, お客さまと, ことが, ことと, ご婦人, しらべを, ちゃぶ台に, ときに, ときには, ところだ, はいろいろ, はしけで, ひとが, ほうが, ものが, ものと, ものとして, ものな, ものに, もの二葉, もんで, やうです, や一人, ゆうべ隣り, を見つけ, ステージで, セットで, テエブルに, ハイヤで, バーデンと, 下宿に, 乗物で, 二人だった, 人が, 人は, 仕事に, 仕事を, 仲間が, 仲間だ, 会社に, 俺を, 僕さえ, 列車に, 医者か, 同志が, 名で, 場所で, 墓に, 女の, 女郎買いは, 学校に, 客だった, 室では, 家の, 寝台に, 岡田君とも, 布団に, 席だ, 幾島さんが, 御飯たべる, 快さ, 感じで, 所に, 手に, 教室に, 方がよ, 方向に, 方向を, 旅行の, 日が, 日に, 時だけ, 時なんか, 時にも, 時も, 時よ, 時代にも, 時以外はと, 時間が, 時間に, 桶で, 母親には, 毛へ, 気に, 汽車であった, 汽車なら, 汽車に, 活動を, 物を, 生活に, 生涯を, 穴へ, 窮屈なる, 筈ぢや, 箱で, 細君が, 者, 自動車で, 船だ, 船でございます, 船なら, 蒲団に, 行動とる, 行動を, 袋で, 誕生日の, 車だった, 運命に, 部屋で, 部屋でも, 部屋には, 間瀬君だった, 電車で, 頃の, 順助に, 食事の, 餉台に, 高座へ

▼ 一緒にな~ (194, 1.0%)

6 つて 4 つてから 3 つたのは, つてからは, つてこの, つてし, つてその

2 [17件] つてしかも, つても, つてゐ, つてゐた, つてリヽーを, つて三足揃つた完全な, つて出た, つて引き止め, つて彼の, つて手を, つて眼に, つて私を, つて自分を, つて茶室に, つて酒を, ッた, ツた

1 [135件] つた, つたあんた達がさ, つたから, つたので, つたのも, つた所で, つた東京灣汽船の, つていち時に, つていろいろ, つてうつ, つてうれし, つてお, つてお客さんに, つてからの, つてからまでも, つてすぐ, つてそこらの, つてた, つては, つてふら, つてや, つてやつて, つてわあ, つてゐたら, つてジョンは, つてパラ, つてメソ, つてヤレツヤレツ, つて一軒ちやんと, つて三人し, つて三人占めした, つて上總屋の, つて下の, つて不平を, つて世帶を, つて二人し, つて云ひました, つて五反田驛で, つて人の, つて今そこに, つて今日の, つて仕合せに, つて他の, つて伯耆に, つて佐渡屋を, つて何か, つて何といふ, つて何處へでも, つて來た, つて働い, つて働きに, つて共通の, つて動い, つて勸める, つて取, つて吠え, つて呼吸を, つて哀しく, つて國を, つて堅く, つて増長し, つて大, つて大きな, つて女の, つて孝行したい, つて家へ, つて寐床の, つて寢ころび, つて小な, つて居た, つて居ます, つて居らう, つて居られる, つて居ります, つて嵩を, つて幕府の, つて幸福に, つて幾月も, つて庭に, つて弟を, つて形づく, つて得意に, つて悲しい, つて憤慨する, つて成長し, つて我ながら, つて戸を, つて数千年前から, つて本所で, つて棟梁の, つて次から, つて歸つて來た, つて歸つて行く, つて母の, つて決して, つて波濤の, つて溶け込ん, つて火の, つて燃え, つて理想的な, つて病氣一つした, つて私ちやんと, つて立ちなほりたい, つて立働いた, つて答へ, つて絡れ, つて縁側へ, つて置い, つて習つたの, つて胸を, つて自分の, つて芝居の, つて見え, つて變な, つて賑は, つて走, つて踊つてゐる, つて農村とか, つて送り, つて送り臺を, つて遊び出した, つて運動を, つて遥かに, つて鍵屋の, つて面白, つて面白が, つて飛び歩いた, つて飛び込んだ, つて飯事遊びを, つて飲ん, つて馬橇を, つて高声に, ッちゃ, ツて, ツてから

▼ 一緒~ (131, 0.7%)

18 あつた 32 あつて, いらっしゃいましたが, それは, なしに, 同じ事, 牧場へ

1 [98件] あたしとても, あらうか, あるならば, い, いいじゃ, いいです, いいなあ, いいねえ, いいよ, いらっしゃいます, おお見よ, お早, けっこうです, こざいます, この頃, ござりました, ごぜえます, さア, しょげて, すって, すでにもう怪し, すら嫌い, そういうとき, だいたい七時半前後, とてもよく出来, どんなに面白う, な, はなれず, ひどく怒っ, ほかに, またこの, よくよく食物, よろしゅうございましょう, サロン春から, バラバラと, 一と, 一家内中が, 一日の, 一月ほどの, 一番先に, 丁度いい, 丁度好かっ, 中には, 中州の, 中津川へ, 事に, 仁術ぢや, 今度も, 他人を, 仮に敷島, 先刻から, 八分目でござんす, 出かける, 却つてそれいい, 国民会館で, 地所が, 場所柄らしい, 境から, 大さわぎ, 大飲み, 婦人席に, 小浜へ, 少くも, 御飯は, 或日, 拙宅へも, 日英独の, 有った, 東京が, 極く, 橘の, 此の, 江戸へ, 湖水から, 病気を, 監督し, 石段が, 私共は, 競馬ファンも, 竹馬の, 第二発目, 筆記も, 米国力士の, 結構長野近く, 美くしく, 自慢する, 自身の, 花は, 草履は, 補足的な, 訪の, 話しつ, 誰も, 軍艦へ, 都合で, 間髪の, 随分通つた, 隠れん坊を

▼ 一緒~ (115, 0.6%)

95

2 [11件] から大丈夫, し, ちらりと見た, といい, ということ, とお, と云う, と思え, と思っ, もの, 晴れの

1 [79件] から, からいい, からこの, からでしょう, からです, からね, からやき, から事, から仲よし, から全く, から円光寺, から少しも, から是非逢つて, から此邊, から海, から淋しく, から芳夫さん, から面白い, がこの, しする, し外出日, し後, そうだ, そうです, ぞ, ぞ一, つたが, つたそうです, つたぢや, つたつけ, つたと, つたといふ, つたのか, つたのです, つたのに, つたもので, つた兵隊さんが, つた友人が, つた時には, つた男の, で可愛い, とあなた, という, というの, という信念, といった, といつもびくびく, ときっと, としてもそんなに, とする, とどう, となに, とパンパ, と三四年, と云, と伺いました, と分った, と安心, と心丈夫, と思う, と思うまい, と思ひます, と煩い, と百円, と笑つて, と聞, と若やぎます, と言え, と誓い合った, と雨, な, なあお, なぞと申しましたら, などといい加減, なんて, ものだ, もんで, わ, ナア

▼ 一緒には~ (84, 0.4%)

4 いって 3 いつて, ひつて 2 なりませんよ, 住んで, 居らなかつた

1 [68件] あなたは, いたさぬ, いっては, いません, いらうと, いらっしゃらないの, いられない, いられないわ, いられないん, いるか, いること, いると, いる大きい, うまく包めない, おもて, おられません, させない積り, ぢけ, どうしてもはいれない, ならずに, ならないかも, ならないが, ならないけれども, ならない結婚, ならなかった, なりません, なれませんからね, はいらないね, ひらう, ひりたかつたが, ひり込んだ, ゐない, ゐないの, ーっと, 一秒と, 云はれない, 住まない積り, 住みがたい, 住みますまい, 働かないもの, 入らなかつた, 出しません, 出來, 切れないよ, 参りましたが, 参りません, 参れません, 居ないの, 居られないん, 居られなくなつ, 帰られないの, 書けぬけれども, 来たものの, 歩かない, 歩かないと, 歩かん, 死なない, 水に, 私を, 置かれぬ, 考へ, 行かなかった, 行かれないと, 行けねえところ, 言へ, 遊ばなかつた, 遣って, 駈けきれまいし

▼ 一緒だった~ (83, 0.4%)

5 のです, んだ 4 んです 2 のか, よ

1 [65件] あのモダン, かい, かどう, かね, から, からうっかり, からおれ, からやられ, から何, から別, から時々, から特別関係, か念入り, が, がこの, がそこ, がその, がどこ, がふと, が井野老人, が奴さん, けど, ことは, ことを, しあの, し君, し李, じゃない, そしてそれ, その家族, といいます, というの, というもの, という以上, という侯爵, と思う, ね, ね入った, のかい, ので両方, ので何, ので子供たち, ので子供達, ので正三君, ので漸く, のなら, のに, のよ, のを, ほうが, ものだ, ような, ように, ペレペンジェフの, 人々と, 人たちは, 児玉さん三菱の, 岡一様, 日にゃ, 時でしょう, 時に, 朝鮮の, 気軽さ, 町役場に, 相だ

▼ 一緒なら~ (52, 0.3%)

2 お勝手から, ば, 何でも, 兎に, 心配は, 秀吉と

1 [40件] いつでも, お酒, かまはんと, この瓶, こわくは, どこででも, どこへでも, どんな無人島, なんとか言つたぢ, ねえ, ばまだ, ば江戸, ば畜生谷, わたしには, サハラだの, 何うせ, 何処へ, 僕は, 地獄の, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大玄関, 大玄關, 天国までも, 宜いわね, 宜しいが, 島流しにも, 怖くは, 料金の, 映画を, 此瓶だけを, 氣が, 深山の, 猶好い, 私も, 空気銃を, 結構だ, 絶対安全な, 間違いあるまい, 面倒を

▼ 一緒です~ (39, 0.2%)

73 かね, ね 2 かえ, から, ってね, もの

1 [18件] かそれ, かとあなた, からちっとも, から三輪さん, から執, から疑う, から疑ひ, から疑ふ, か中学校, が学校, が小豆澤, し逢った, つてね, といった, の, ものね, よ, わ

▼ 一緒について~ (39, 0.2%)

4 来たの 2 きたが, 来い, 来て

1 [29件] きたの, きた番人, きた者が, くること, くるんだ, こい, この垣, まいりました, 來た, 來たまへ, 來る, 出るので, 帰ること, 来い三太, 来そう, 来た, 来たが, 来たね, 来たサーシャ, 来た八五郎, 来た半, 来てる鍵番, 来ないか, 来ること, 来る同じ, 江の島へ, 行かないと, 行つた, 遊ばうと

▼ 一緒~ (35, 0.2%)

3 のだ, んだ, んです 2 のが, のである, んだろう, 位何でも

1 [18件] だけだ, だけ恥, のかい, のかね, のでそれ, のでもじもじ, ので七瀬, ので彼女, ので恐く, ので麻川氏, のにお, のになあ, のは, のも, のや, んだらう, ロシア婦人党員と, ンです

▼ 一緒じゃ~ (34, 0.2%)

6 なかったの 3 ないん 2 ないの

1 [23件] ありません, ありませんが, いやだ, ござりませんでした, で此家, な, ないと, ないよ, ないわ, なかったんで, やりきれませんもの, ア困る, 仕方が, 信用が, 到底お, 厭な, 奥さんあぶない, 居られないわ, 手間を, 行かれないところ, 辛いな, 面白くねえ, 頭が

▼ 一緒では~ (32, 0.2%)

4 なかった 3 あったが 2 ありません, おいや, 何彼と損

1 [19件] ありませぬ, あり日頃, あるが, あるまいな, ございません, ございませんか, ございませんかな, ございませんでした, ないかと, ない俺, なかつた, なかつたの, なく二個中隊, 仕方が, 嘸困り, 工合が, 窮屈で, 親類や, 録な

▼ 一緒でした~ (31, 0.2%)

4 か, よ 3 から 2 よ親分

1 [18件] あれから, からとうとう, からネ, から分つた, から誰, がねえ, が八時, が向う, が途中名古屋, し弟さん, そこへ, っけ, つて, ね, ねあれ, の, のね, ものです

▼ 一緒にと~ (27, 0.1%)

2 親同士の

1 [25件] あれほど, いうので, いつたの, この人, さあらぬ体, それだけに要約, それだけの, つと, つとと, ひきとめられたが, まつたと, 云いてえところ, 云うことづて, 云って, 光代が, 勧めたの, 強って, 思うの, 思ったが, 憎い口説, 手を, 申しあげましたの, 申しますが, 考えて, 親達の

▼ 一緒でなけれ~ (17, 0.1%)

32 ばお, ばどこ, ば無論 1 ばうんと, ばこうして, ばなどと駄々, ばならなかつた, ばならぬ, ば外, ば徳五郎, ば滅多

▼ 一緒でない~ (13, 0.1%)

2 ことは

1 [11件] ことが, だけでも高輪, ということ, とどこ, とわし, と出せしません, と夜分, のが, ようにと, んでせう, 場合に

▼ 一緒につれて~ (13, 0.1%)

2 江戸表へ

1 [11件] 三人で, 下りて, 來た, 來ても, 帰ろうという, 来た日本人, 行けるからね, 行つ, 行つた, 行つて百人町で, 行つて訊き

▼ 一緒~ (11, 0.1%)

1 [11件] いうと, いうので, いたしましょうさあ, いたしませう, 云う事, 云う訳, 思えば, 思って, 思詰めたる, 承わりましたわ, 考えて

▼ 一緒~ (10, 0.1%)

2 やなかつた 1 やあ, やいけない, やな, や信用, や寝られない, や居られない, や迷惑, や面白く

▼ 一緒でも~ (10, 0.1%)

2 宜い 1 さしつかえないと, よろしゅうございます, 今の, 構わぬよ, 決して人前, 煙草は, 私には, 見られるもの

▼ 一緒にも~ (10, 0.1%)

1 いなかったし, お手紙, すこしで, なって, なれず死なず生きずの, なれず親しく口, なれないやう, なろうが, 出ません, 彈い

▼ 一緒だつた~ (9, 0.0%)

1 から元気, か念入り, が二人, が井元, が梅原さん, ことは, ね, んだ, 筈です

▼ 一緒であった~ (9, 0.0%)

1 が一年, が畑大将, ことは, し五分, ということ, ので互いに, ようである, 堀越氏であった, 貞之助は

▼ 一緒である~ (9, 0.0%)

1 から心強く, こと, ことまで, し雪子, ぞ, というの, といふこと, ので半, 余の

▼ 一緒でなく~ (9, 0.0%)

1 ては, てはいけません, ては分らなくなる, ては私, ては行かない, ッちゃ, 一人で, 今まで, 女中も

▼ 一緒~ (8, 0.0%)

21 えア, これは, どうかは, どうだ, なし, 珍らしい

▼ 一緒という~ (8, 0.0%)

3 ことは 1 ことも, ことを, のであった, のは, わけにも

▼ 一緒~ (7, 0.0%)

2 ねん, わ 1 で, で株内, のんで

▼ 一緒だったら~ (6, 0.0%)

1 いいわ, お前だって, お母さまも, そこに, その償い, どんなに楽しかろ

▼ 一緒~ (6, 0.0%)

1 寝テクレタッテイヽジャナイカ, 寝テミタイ, 寝ル夢, 御城, 近々軽井沢ニ行ク豫定, 這入リマスカラ

▼ 一緒にという~ (5, 0.0%)

2 ことに 1 ことで, んじ, 後に

▼ 一緒にを~ (5, 0.0%)

1 られたん, ります, りますので, りませう, ると

▼ 一緒クタ~ (5, 0.0%)

2 にし 1 にされ, になっ, に表象

▼ 一緒~ (4, 0.0%)

1 いい, よし, 却ってうるさい, 嬉しかった

▼ 一緒でしょう~ (4, 0.0%)

21 お椀, が

▼ 一緒につれ~ (4, 0.0%)

3 立って 1 あるいたの

▼ 一緒にでも~ (4, 0.0%)

1 いたしましょう, なりたいと, 自由に, 行きたいと

▼ 一緒になんか~ (4, 0.0%)

1 いたの, 出られない, 来やしませんよ, 隠れて

▼ 一緒やったら~ (4, 0.0%)

1 あれ僕の, いつまで, 気イ付か, 雪子ちゃんの

▼ 一緒らしい~ (4, 0.0%)

1 ね, のう, のよ, よッ

▼ 一緒~ (3, 0.0%)

1 てね, て下さらなく, て居りあん

▼ 一緒した~ (3, 0.0%)

1 が岡さん, のでいかにも, のも

▼ 一緒であっ~ (3, 0.0%)

1 てももし, て彼女, て止む

▼ 一緒でございました~ (3, 0.0%)

1 が, が八時頃, のよ

▼ 一緒でございます~ (3, 0.0%)

21 とも

▼ 一緒といふ~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 やうな

▼ 一緒とか~ (3, 0.0%)

1 で顔, 言ったが, 言って

▼ 一緒なら死ん~ (3, 0.0%)

1 でもかまいません, でも本望, でも本望ぢ

▼ 一緒にか~ (3, 0.0%)

2 なぐり上げて 1 へる筈

▼ 一緒にね~ (3, 0.0%)

1 ぢ込ん, 一緒にね, 此の内の

▼ 一緒~ (3, 0.0%)

2 なって 1 なったん

▼ 一緒かも~ (2, 0.0%)

1 わかりませんから, 知れぬ

▼ 一緒だって~ (2, 0.0%)

1 ちっともかまわない, 敏行さん御存知だ

▼ 一緒だつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 一緒だつたら~ (2, 0.0%)

1 その償ひと, それこそ

▼ 一緒って~ (2, 0.0%)

1 ことが, わけね

▼ 一緒でありました~ (2, 0.0%)

1 が明治, よ

▼ 一緒ででも~ (2, 0.0%)

1 あらうもの, あれば

▼ 一緒でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, のよ

▼ 一緒でなき~ (2, 0.0%)

2 や嫌

▼ 一緒とは~ (2, 0.0%)

1 いうものの, 存じませんでしたさ

▼ 一緒ならでは~ (2, 0.0%)

2 としばし

▼ 一緒にかへ~ (2, 0.0%)

1 つて來た, つて来ました

▼ 一緒にこそ~ (2, 0.0%)

1 住んで, 住んでは

▼ 一緒にだけ~ (2, 0.0%)

1 暮して, 食べ犬

▼ 一緒につき~ (2, 0.0%)

1 まぜて, 混ぜたよう

▼ 一緒にとは~ (2, 0.0%)

1 云わぬ, 景員が

▼ 一緒になど~ (2, 0.0%)

1 思ったけれど, 死ぬもの

▼ 一緒にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ出来ない, 行くな

▼ 一緒~ (2, 0.0%)

1 お願, どっちが

▼ 一緒右真向~ (2, 0.0%)

2 に斬りつける

▼ 一緒~ (2, 0.0%)

2 膝立ての

▼ 一緒開いた~ (2, 0.0%)

2 ままに

▼1* [87件]

一緒いますがみんなお母さん, 一緒かいというだけの, 一緒かと思ったに, 一緒かのように, 一緒こたにお, 一緒されてしまった, 一緒したいんだ, 一緒しましょうか, 一緒じゃあなかった, 一緒じゃったりする, 一緒する下心では, 一緒そして前に, 一緒だけになんだか係り合い, 一緒だしね, 一緒だったりいろいろ, 一緒だらうなと私, 一緒だらずお前は, 一緒だろうと思いやす, 一緒つかれて蚊帳, 一緒であり途中からは, 一緒でありませんから兎角, 一緒であればそれ, 一緒でございましょうねえ, 一緒でござったがそれ, 一緒でさえあったら本望, 一緒でと其れ, 一緒でないなら僕達は, 一緒でなかったら私は, 一緒でなきゃ嫌だって, 一緒でなきゃ生きていられない, 一緒ではといふので, 一緒でもよかありませんか, 一緒で無きやろくな, 一緒なら占めたものよ, 一緒なら死ぬよ, 一緒なら行かねえで構わねえで置いたら, 一緒なら行ってもいい, 一緒なら願ったり叶っ, 一緒なるを見, 一緒なればうれしゅう, 一緒においてもらうこと, 一緒にかけ出そうと, 一緒にかけて故国の, 一緒にかの兜を, 一緒にくッつい, 一緒にけづられ, 一緒にさえすれば, 一緒にしか外出した, 一緒にって田圃の, 一緒にってんで丘の, 一緒にとり巻いた, 一緒になぞなりゃしない, 一緒になどとは申さる, 一緒にのみ藤山大いに, 一緒にははははと笑い合って, 一緒にはもの照り焼きを, 一緒にばかり喋って, 一緒にやアできない, 一緒にネそこまで, 一緒有難い, 一緒やってん, 一緒やったら間違うて死んだ, 一緒やつたら沈んだか, 一緒そこで出遇った, 一緒よと賣場, 一緒よりは若い女, 一緒願えませんでしょうか, 一緒ニツイテ行ッタノハ今マデノ慣例ニヨッタノダロウガ, 一緒ニ出テ行ッタノカソレトモ流石ニバツガ悪イノデ一人, 一緒ニ帰ッテ来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, 一緒ニ附イテ来給エ五分カ十分デ直, 一緒万一私が, 一緒不幸も一緒, 一緒以外に写真, 一緒何方か病気, 一緒で遊ぶ, 一緒出来ますから, 一緒出来るといい, 一緒十一時すぎに彦根着, 一緒同士には歓楽, 一緒商売も一緒, 一緒の方, 一緒座敷も一つ, 一緒映画昔ばなしに夜, 一緒時分ですし, 一緒らしくビール, 一緒願うとして悠くり寛ろ