青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

世人~ ~世界 世界~ 世紀~ ~世話 世話~ 世辞~ ~世間 世間~ ~丘
丘~
~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方

「丘~」 4600, 48ppm, 2446位

▼ 丘~ (2027, 44.1%)

287 上に 135 上の 45 上へ 42 上から 38 上で 34 方へ 31 中腹に 29 上には, 上を 20 下の 19 ような 18 麓に 14 ように, 下に, 頂きに 12 かげに, 斜面に 11 上, 上まで, 下へ 10 上にも, 斜面の, 裾を, 頂上に 9 上は, 下まで, 裾に 8 ふもとに, ふもとの, やうに, 中腹を, 斜面を, 頂に 7 うえに, やうな, 向ひ, 間に 6 下には, 道を, 間を, 麓を 5 すそに, すそを, 下から, 下を, 方を, 端に, 腹に, 草の, 間から, 陰から

4 [16件] うえを, ふもとで, 一つの, 上では, 中腹, 中腹の, 方から, 方へと, 根の, 端へ, 草も, 裾の, 間の, 雑木林の, 頂には, 頂の

3 [31件] うえの, うしろの, ふもとを, ほうへ, 上が, 上なる, 上へと, 上より, 上下に, 中に, 中腹で, 中腹まで, 傍の, 別荘へ, 向うに, 向うへ, 向こうに, 所に, 斜面で, 根に, 蔭に, 路を, 雪の, 頂きから, 頂きで, 頂きの, 頂きへ, 頂上には, 頂上は, 頂上へ, 麓の

2 [90件] あたりから, いただきに, うえには, うしろに, かげから, かなたへ, ことを, すがた, てっぺんに, なだらかな, はざまの, はずれの, はづれ, ふもとへ, ほうを, ほとりに, まはり, むこうの, 一つが, 一番てつぺんに, 一番高い, 上からは, 上だ, 上水色に, 下は, 中には, 中ほどに, 中腹には, 前へ, 半腹, 向うで, 向うの, 向う側には, 周囲には, 墓地に, 多い地勢, 姿が, 家に, 家の, 家は, 家居に, 小高い所, 岬, 彼方へ, 彼方を, 後ろが, 所まで, 斜面から, 方に, 木立の, 松の, 松林の, 林の, 栗の, 森の, 様に, 櫟林の, 此方側の, 無い, 疎林の, 石の, 石段を, 祷ること, 稜は, 端れ, 端を, 細道を, 縁を, 背を, 脊を, 芝に, 花, 花と, 裾から, 裾には, 裾まで, 裾をめぐって, 赤松霧と, 起伏に, 起伏の, 辺に, 陰に, 雪に, 靄ひむ, 頂で, 頂は, 頂まで, 頂上を, 飛移る, 髪毛の

1 [647件 抜粋] あいだに, あがりたて, あたりは, あたりへ, あたりや, あとについて, あなたの, あなたへ, あの松の木, あるの, いかりは, いた, うえから, うえにおいて, うえへ, うえまで, うしろと, うしろにがく, うしろは, お仲間, お前の, お弟子, かげが, かげでは, かげにあたって, かげの, かなたに, かなたの, かわりに, きりぎし, きりぎしとであった, ぐるりに, ぐるりを, ことの, ごとく, ごとくに, ごと盛上る, さびしさ, さらに向う, しだれ桜は, しんと, すぐ前, すこし高い, すそと, すそ三方面は, そこかしこそれから, その上, その側, その形富士, そばに, そばを, だらだら坂, つづきの, つらなった外景, てっぺんまで, てつぺんまで, ところどころに, なかほどに, ながめにも, なし得たその, なぞへ, なぞへには, はなの, ひら, ふところと, ふもと左翼方面へは, へりに, ほうには, ほとりの, ほとんど頂上, ほんものの, まわりには, まわりを, むこう, もと露西亜軍, やうです, やうには, クリーム色の, サルポセルカそれに, スロープの, 一つに, 一つは, 一つ家隈無く, 一なる, 一帯は, 一所が, 一所へ, 一本松, 一本松が, 一本松の, 一本松を, 一端から, 一端は, 一端見, 一軒家は, 一部に, 一部を, 一面に, 三方にわたる, 三本松は, 三角畑, 上そこに, 上だった, 上である, 上です, 上でも, 上とか, 上なぞに, 上にぞ, 上にて, 上にと, 上にまで, 上の町は, 上の空は, 上または, 上までを, 上も, 上や, 上をの, 上ヂオーニソスの, 上・橋の, 上一面に, 上古い, 上君が, 上四辺の, 上昔は, 上相当歩かされ, 上神女パラスに, 上空を, 上道の, 下, 下いっぱいが, 下からは, 下からも, 下で, 下や, 下より, 下一面に, 下滑川のむ, 下落合には, 両側に, 中ほど, 中央に, 中復, 中景とが, 中腹から, 中腹です, 中腹ほどの, 中途で, 丸山の, 二人は, 二階の, 仲間だ, 仲間だけ, 会句会, 低くなる, 住宅地は, 住居は, 作った曲線図, 傍へ, 傾斜に, 傾斜の, 傾斜面には, 先に, 先端で, 公園の, 公孫樹, 六個の, 六百メートルばかり, 兵舎にまで, 兵隊屋敷は, 具合から, 円味を, 円屋根は, 凹みの, 凹地を, 出ばな, 切れ端に, 刑場である, 別荘で, 別荘に, 別荘の, 前の, 割れ目から, 十字架に, 十字架の, 半分以上は, 南の, 南向の, 南蛮寺へ, 南蛮寺を, 古会堂, 古跡や, 名で, 名では, 名にて, 名和殿です, 向うから, 向う側の, 向う裏, 向かふへ, 向こうから, 向こうを, 向側から, 向側を, 向方に, 周囲の, 周囲は, 周囲を, 周囲全体で, 周瑜と, 周瑜は, 命名を, 四本の, 土人軍を, 土民小屋に, 地位も, 地名に, 地平線上に, 地肌を, 坂を, 坂路を, 坂道を, 報告は, 場合の, 塊り, 声と, 外れまで, 大分離れた, 大岩塊が, 大麦は, 奥が, 奥の, 女の, 如きは, 如き相貌, 如き素焼, 如くその, 如くに, 如し, 学を, 学校の, 宮城と, 家々は, 家を, 宿に, 寺が, 小さなぶどう, 小さな栗, 小屋で, 小径を, 小徑, 小畠には, 小道を, 少女, 尖端, 居留地緑に, 山から, 山懐や, 山腹は, 山頂, 崖から, 崖で, 崖や, 崖下谷に, 崖端から, 嶮し, 巓には, 平座するあり, 幻惑カーバイト倉庫コバルト山地霧と, 広い道, 影が, 影の, 彼方から, 彼方の, 彼方は, 径道に, 後に, 後へ, 後ろから, 後ろに, 心が, 思想よりも, 愛染堂で, 懐に, 所へ, 手前に, 折りたたまれた曲線, 斜面や, 方の, 方角へ, 日曜学校では, 日照る, 昼餐, 景勝に, 暗い小道, 書棚に, 木々の, 木も, 木末の, 木立ちより, 木立に, 末に, 朱門, 村ソヴェトの, 松には, 松小山田の, 松林に, 松蔭に, 松蔭の, 林へ, 果樹園から, 栗や, 根と, 根について, 桜花の, 梅林には, 楢の, 榎木に, 横の, 横腹などに, 横腹に, 横道を, 樹, 樹の, 樹木や, 樹間に, 櫟林に, 櫟林谷の, 死の, 死後二ヶ月経った, 段々の, 段々畑から, 段々畑には, 段々畑や, 殺風景な, 河上の, 淋しい生活, 深緑の, 灰の, 照りかへ, 熔岩の, 猪鼻台に, 畑, 畑で, 畑と, 畑へ, 畑を, 病状は, 病院からは, 登り口に, 登り道にな, 白雲, 眞中の, 真下に, 真下には, 真正面に, 眩惑, 眺めから, 眼が, 石に, 石神堂を, 石神堂高麗村の, 硲から, 稜線に, 稲荷の, 空際を, 突端の, 窓に, 窪みや, 立秋, 端で, 競馬場や, 紅葉火の, 細道や, 絵も, 続きが, 縁に, 縁の, 繚乱な, 聖心院の, 肌は, 肩の, 肩を, 背が, 背に, 背後から, 背後に, 背後の, 背後へ, 脈の, 脊を通して, 脚下から, 自分たちの, 船問屋の, 良馬日に, 芝生である, 芝生の, 花を, 花園の, 芽麦の, 苔むした路, 苹果の, 茂みにも, 草にも, 草は, 草むらに, 草原に, 草原は, 草庵を, 菜園には, 萠黄と, 蔭から, 蔭には, 薄は, 薄陽, 薔薇の, 街マドリッドを, 表面には, 表面の, 袂を, 裏の, 裾で, 裾は, 裾遠く, 襞の, 西が, 西裏から, 見晴しのいい, 観音様の, 言葉に, 談や, 講堂に, 谷を, 赤屋根を, 起伏が, 起伏し, 起伏する, 起伏にも, 起伏も, 起臥の, 辺を, 近くに, 近くには, 迷路で, 途中の, 遊園地へ, 運動場の, 道湯の, 道路には, 邊の, 部屋に, 酒屋にも, 長い登り道, 間で, 間は, 間へ, 間まで, 附近である, 附近を, 陣地だった, 陰の, 陰や, 陰謀から, 陽当りに, 隅にゃ, 雑木二三本赤く, 雙生しよ, 雲, 霊, 青い草, 青き蜜柑, 青草の, 鞍部を, 頂きを, 頂だけが, 頂と, 頂へ, 頂上まで, 頂上近くに, 頂辺に, 頂辺の, 頂部近くで, 項き, 頬に, 風を, 高い部分, 高きに, 高さ, 鷺が, 麓から, 麓で, 麓には, 麓へ, 麓や, 麓道と, 黒い建物, 黒い影, 黒樫の, 鼻を

▼ 丘~ (528, 11.5%)

17 越えて 15 下りて 14 下って 13 登って 11 降りて 8 のぼって 6 なして 5 登った 4 おりて, こえて, 越えると 3 おりました, 上って, 下りた, 下りると, 走って, 越して

2 [26件] かけのぼって, くだって, つくろうぞ, のぼった, のぼりながら, 下った, 下りながら, 削り木, 向こうへ, 崩し, 巡って, 巡ると, 左に, 思ひだす, 指して, 明暗の, 歩きながら, 繞って, 超えて, 越えたあたり, 越えなければ, 越すと, 降りてから, 降りると, 隔てて, 駈け下りて

1 [357件] あえぎながら, あかあかと, あがりつめて, あちこちに, あちらをも, あばいて, あんなに楽し, うしろに, うねりくねつて, おもむろに下ろう, おりたの, おりはじめた, おりると, かくまでに, かけあがって, かけおりて, かけて, かけ下って, かけ降りた, かけ降りて, がたがた登り, がたごとと, くだりとなり村, くだりました, くだる呂宋兵衛, くだる時, くねくねと, ぐんぐん登っ, こえるよりも, さしてかう, すこし向う, ずんずん下り, その禿げた, ちらりと見る, つくって, つくる黒土, つたは, つなぐ瓢箪形, ときどき見, とびこして, なかほどまで, のぞむ, のぼったとき, のぼったところ, のぼらう, のぼりきった, のぼりはじめました, のぼりました, のぼりましたが, のぼり切ると, のぼり墓場, のぼり始めました, のぼる, のぼると, のろのろと, はさんで, ひかえ岩壁, ひかえ街路, ひきよせて, へだてた竹叢, ぼんやり眺め, また朧げ, また頂上, まはつ, まわったとき, まわって, みつめた, めぐらして, めぐらし中間, めぐるその, もう一度はつきり落, もう馬, やうやく, やたらに, よぎり, よじ登って, よじ登り始めた, われわれ二人が, フラフラと, 一つ越え, 一つ越えた, 一つ越える, 一つ越した, 一周しました, 一散に, 一方は, 一緒に, 上つてずつと, 上つて行く, 上りきり向う側, 上りつめると, 上り小, 上り海岸, 上り谷, 上り谷を, 上ると, 上るの, 上る途中, 上下し, 下つた, 下つて, 下つて家, 下つて東, 下つて耳, 下つて行, 下らうとして, 下らんと, 下りかけて, 下りかけ大きな, 下りき, 下りたの, 下りどこ, 下りようと, 下りようとして, 下りるの, 下りわかれて, 下り四つ, 下り巴町, 下り彼ら, 下り赤塗り, 下り野, 下ると, 下る道, 下ろうと, 中心と, 中心に, 乗りぬけて, 二つほど, 二つ三つ前景に, 今私は, 仰ぎ合った, 伝うて, 余す, 作りあげて, 修飾し, 傍丘といふ, 傳つて來た, 先頭に, 兵隊が, 写し始めた, 出て, 切りひらい, 切り崩した赤土, 切り崩して, 切り開いたところ, 切通した, 刈りたちまち, 利用し, 削って, 包んで, 卜し, 占領した, 去った私, 去り菊, 取り巻いて, 取り巻いてる芝生, 受け持つ事, 右に, 向うへ, 向う側へ, 呼ぶの, 四つ越えました, 四方に, 回ったとき, 圧して, 圧するかの, 夕暮時に, 大股に, 奔せく, 寄切り山を, 寫し始めた, 少しく登っ, 少しのぼる, 屏風と, 山と, 山原を, 川岸へ, 巡った空地, 巡ろうか, 左右に, 巧みに, 彼は, 後に, 或はもと, 截つて, 手中に, 打つまね, 押し出しそれ, 指さした, 指さして, 指さしながら, 指さすので, 指す様, 指で, 振り返つて, 捜して, 掩うて, 描きそこ, 揺がすばかりに, 擁して, 攀じながら, 攀じ登った, 攀じ登って, 攀登し, 斜に, 斜めに, 昇つてゐた, 昇つて行く, 昇りきつ, 昇りは, 望むと, 望むやう, 林を, 横ぎりナターリイの, 横ぎり丘を, 樹を, 正午過ぎた, 歩いて, 死守し, 殘し, 殺人者と共に, 流れ下りて, 滑り下っ, 熟視し, 用いようと, 登つてこつ, 登つてその, 登つて修道院の, 登つて文化村に, 登つて降りにか, 登りきったとき, 登りきると, 登りしな, 登りそして, 登りそれから, 登りつめて, 登りはじめたが, 登り丘, 登り谷, 登り降りして, 登るため, 登るみちみち, 盛り上げ風, 直視した, 眺めて, 眺めるホテル, 知らんと, 築き上げて, 築き日々数百人, 縦に, 繞らした, 罪せん, 翔け下る, 背に, 背後に, 背景に, 背負って, 舞台に, 菩提山と, 蔽う凡て, 蔽って, 血染めの, 襲えば, 見あげると, 見つつ, 見て, 見るは, 見わたすと, 見上げた, 見上げて, 見出したので, 見捨てて, 認めまた, 調べに, 谷を, 買いとって, 走つて, 走らせたから, 走りおりて, 走り下りて, 走り下るに, 走り下れ, 超えるの, 越え, 越えかれこれ, 越えたその, 越えたところ, 越えたばかり, 越えたり, 越えた葡萄畑, 越えつめぐりつ日本左衛門, 越えなくちゃ, 越えゆく, 越える避難民, 越え戻つて, 越え林, 越え森, 越え橋, 越え沼地, 越え私, 越え谷, 越え野, 越したところ, 越し林, 越て, 越へ, 越へた森の, 越ゆる, 距る, 蹴り畑, 躍りこえ来る, 辱しめ, 辷り落ちそう, 這って, 通って, 通りすぎました, 通るとき, 連れて, 遊歩する, 過ぎながら, 過ぎるころ, 過ぎ微妙, 降って, 降つた人人, 降りかけて, 降りた, 降りた所, 降りた重い, 降りようと, 降りる途中, 降り今度, 降り野, 降る, 降る合間, 隔てた海, 震わして, 霜氷に, 非常な, 非常に, 額に, 飛び越え, 馳け, 馳せ下った, 馳せ登った, 馳下りるなり, 駆けおり既に, 駆けたと, 駆けのぼりはじめた, 駆け下りて, 駆け下りました, 駆け降りたの, 駆け降りはじめた, 駈け下って, 駈け昇つて行, 駈け降りた, 駈下りた, 高く築い

▼ 丘~ (388, 8.4%)

12 なって, 立って 6 のぼって, のぼれば 5 登れば 4 来て 3 ある, のぼると

2 [20件] あった, あるムウドン, こだまする, なりその, のぼりて, のぼりました, 上って, 出たところ, 出て, 向って, 坐って, 建って, 日あし立ちたる, 来た, 沿ひ, 登ると, 立ち, 立つ, 腰を, 響いて

1 [297件] ありいま二, あるくり, あるもの, あるサン・フランチェスコ, あるトラピスト女子修道院, ある南山城址, ある墓地, ある女子修道院, ある真間, ある薄汚い, いた, いたため, いろんな草, かかった時, かかると, かくれて, かけあがって, かけ上ったの, かこまれた玉門, かこまれた長い, かこまれて, かや葺の, きて, くり抜かれて, ころびながら, さしかかりますと, さながら, さわやかに, して, すぎない, すくすくとして, そびえ釈迦, たたずみ, ただ一人とりのこされた, たちて, たつ町, ちらばり残余, ついたそこ, つづいて, とりかこまれた擂鉢型, なった, なったり, なった櫨林, なった灌木, なった耕地, なりきたった, なり丘, なり代って, なろうと, のぼりかけた, のぼりつ, のぼり松, のぼり落葉, のぼる利根川, のぼる小, はさまれた小, はさまれた小径, はさまれて, はせる, ふさり手, むけて, もみじの, やすんで, ゆきそこ, ゆきて, わらびを, サッと駈け上がり, サーカスがは, スカンセンなる, デツサンを, トラピスト女子修道院の, 一の, 一度は, 一軒の, 七昼夜の, 三四人の, 上った, 上ったら新子, 上ったら此方, 上つたら, 上らんとて, 上りかけて, 上りしほどに, 上りて, 上り我は, 上るとき, 上ろうと, 上杉方の, 下小屋, 並んだ白い, 久我之, 二基の, 云ひたく, 人の, 人間と, 今さら, 今朝から, 仮の, 仮定, 伸びて, 住む人間, 何か, 何時か, 例の, 倚った, 傾いて, 傾きつ, 光線の, 内藤さんの, 凭つてゐる, 出ようと, 分れやがて, 別荘を, 劃られ, 十字架を, 十数人の, 南蛮寺の, 反射してる, 反射する, 古い禅刹, 只今床几を, 向い代々, 向かっては, 咲いた花茨, 囲まれた小さな, 囲まれた盆地, 囲まれた私達, 囲まれてる小さな, 圃に, 土塀を, 在った, 在る四阿, 坂谷に, 坐すれば, 坐つたつもり, 坐りこんで, 坐りと, 埋れて, 堅固な, 墓地が, 壕を, 変らうと, 変わろうと, 夏侯楙の, 夕方から, 夕風が, 夢では, 大小取交ぜ, 天保山の, 寒ぞ, 審判所が, 小さな渓谷, 小高いところ, 少しのぼせ, 就いては, 展望を, 岩の, 崩ぜり, 巍然たる, 席を, 帰ったら距離, 幽閉され, 建てられた新しい, 引越して, 張り出されて, 徐栄の, 復員兵が, 忍び出ること, 忘れられた小犬, 懷かれ, 成って, 或る, 抱いて, 持ち上げられるよう, 掛けたる初夏, 搾裂, 擬えて, 教へ, 散らばった兵士達, 散在する, 散点する, 明治時代の, 映る, 木垂り, 木魂し, 村の, 来り火, 桃の, 桜散る, 森に, 気高く立った, 池所々に, 沢山の, 沿うて, 沿って, 浮かんで, 浮き出て, 海に, 添うて, 添った村, 添って, 満ち快い, 漂う早春, 炎を, 無数の, 無遠慮に, 煙管を, 照つたこと, 燃ゆる, 王城の, 現れた, 現れた兵士, 現われた敵軍, 生れその, 男たちは, 発見された, 登った, 登って, 登つた, 登つて宮崎平原を, 登つて海を, 登りついた麦畑, 登りぬ, 登る, 登る予言者, 登る時, 白雲の, 眞青に, 石垣を, 砲を, 砲台を, 私も, 移るに, 程近い, 突当ると, 立たせ, 立ったミケルアンジェロ, 立った咲耶子, 立つた時, 立つて, 立つ馬, 立てる馬上, 紫の, 細く道, 群れたり, 自生し, 葬らせた, 葬られました, 蝶飛ん, 行き橇遊び, 行つ, 行手を, 見え隠れし, 見当を, 言はせる, 話した, 谷から, 谺した, 貝が, 走り丘, 足を, 近いところ, 近い河原地, 近く滝の, 近づくと, 追われて, 透いて, 通じた丘陵地帯, 通ずと, 連り, 過ぎずと, 過ぎない, 遮られて, 還つて, 還ろうとは, 鐘楼を, 長く海, 閉じ込められて, 開いた新開, 陽が, 陽の, 隠れ弦四郎達, 集合し, 雪が, 面して, 面と, 音楽堂は, 響きあたる荷車, 飛ばせたるシーワルド, 飛び上り辻堂, 飢人を, 馬を, 駈け上つて行, 高く聳え, 鳴らせども, 黄色な, 黄金色の

▼ 丘~ (188, 4.1%)

10 あって 9 あった, ある 5 あつて 4 あつた, ありその, 見えて 3 幾つも

2 [13件] ありそこ, ありました, あります, あり川, あり林, あり麦畠, いくつか, いくつも, ゆるい角度, 出来ようぞ, 横たわって, 見えた, 黒く横たわっ

1 [114件] あったが, あの病気, あやしい, あり夢, あり辰巳, あり遥か, あるぢ, あるので, ある其丘, ある来る時, ある樅林, ある訣, ある許, あれば, あんまり立派, お尻, ぎざぎざに, こんもりと, ごとき者, すつかり, その上, その声, そびえて, それから, だらだらと, つ, ついて, つづいて, つづきまた, つらなり丘, つらなり臥牛, できた, できて, とび出して, どこまでも, どれほどの, どんなに大きく, ほとんど肩, ほんのりうす, みえました, もう一ヶ月, もつれるよう, わなないた, ゐると, ピトロクリの, 一つあっ, 一列に, 一座その, 一面の, 上は, 丘の, 今めづらし, 今日又, 傍に, 内壁かの, 出来て, 出来ると, 向うに, 呉子さんに, 呉子さんを, 大變, 好です, 如何に, 安全だ, 完全に, 家を, 山砲台その, 山鹿の, 岩窟な, 島の, 彼の, 御座居ます, 微かに, 思い出された, 扉を, 手際よく, 早くも, 望まれるの, 森の, 汐見山とも, 波の, 波状に, 海に, 海を, 海中に, 無ければ, 町の, 盛り上って, 盛り上つた, 目も, 眺められた, 私に, 立って, 続き森, 聳えて, 聳え西, 背景を, 苔むした庭, 蜜柑畑で, 見える, 見えるだろう, 見える城, 見え島, 見え海, 見え燕が, 見ゆる, 視界を, 起るまでの, 起伏し, 遠く續, 門に, 陣館の, 隣字の, 駱駝の

▼ 丘~ (149, 3.2%)

2 た, ない, むざんに切り崩され, 声を, 砂の

1 [139件] あるけれども, いつもとは, うしろで, おそらく山, かれ草, きいた念, この間だけでも, さして高く, さすがに, しきよし, すっかり緑, すべて鈴蘭畑であった, そこでヒョコリ, その低く, その場, その広い, その音, ただ砂, だんだん下っ, どこか, どこな, なにかしら, にこにこし, はつきりと, はや日没, ぼうと, ぼうぼうと, まだ斑雪, むかし小さな, むつくり立ち上が, もうすつかり紫色, もう早春, もと天上, やがて瞳, わけても彼, わずかに, アブラハムが, サラサラサラッと, ツと, ニコニコ笑っ, ホッと, マグロのどてを, 一つずつ, 一帯に, 一軒の, 一面の, 上つた, 上手に, 丘の, 九百フィートを, 乳房, 今安らかな, 今日は, 低く後, 何か, 何となく全体, 何んで, 僕の, 六浦越え, 出て, 出鱈目の, 前者が, 化物の, 北が, 北と, 北の方を, 十分間ばかりも, 博士の, 叫んだ, 叱るやう, 右手の, 図の, 天地も, 室内を, 展望が, 庄屋の, 彼には, 彼の, 恣に, 恰度木の, 新芽を, 昔その, 昔ながらの, 昔の, 暗い地平, 更に哀願, 机の, 林に, 横手の, 浅草行きだ, 浦上天主堂である, 消え何, 深い溜息, 渋い好み, 火鉢の, 狭いけれども, 町の, 町場の, 皆これ陶土であっ, 目の, 秋風に, 程遠くの, 積み上げ石, 竹藪と, 紀念堂林園といふ, 自分の, 舞ふ, 苦笑した, 蝉の, 街の, 言つた, 諸説あっ, 起伏し, 近く頭に, 近国の, 退がって, 遂に言葉, 遥かの, 遥の, 避暑地とや, 部屋中を, 針の, 長野県上伊那郡龍丘村青年会の, 雛段の, 電車が, 震動し, 霜の, 青みば, 静に, 頬っ, 頭が, 顔を, 馳け, 高くその間, 髪を, 鬱蒼として, 鳥の, 黙つた, 黙つて

▼ 丘~ (134, 2.9%)

8 のぼって, 登って 5 上って 3 出た, 出て, 向って 2 たけの, のぼる小径, 上がると, 下りた, 来て, 通ずる一本

1 [92件] あおりつけた, あが, あがった船上, あがって, いって, お出掛け, かえってゆッくり, かけあがるより, かけのぼった, かけ上って, きて, こんな馬車, せり上がっ, なだれ打っ, のぼったとき, のぼりだすと, のぼり道, ひびいて, ふたりは, ぶつかった, ほおりあげると, むかいまする, むかって, むけて, ゆきましょうか, ゆく, ゆくと, よもやとは, 上がって, 上がっても, 上がりますと, 上がる, 上った, 上つ, 上ぼり, 上るかと, 上れば, 二頭の, 仕事を, 付けとどけ, 出かける, 出た時, 出る, 出掛けて, 半ば攀じ上った, 向かった, 向かって, 向つて, 向つて私, 坐って, 射し渡る秋, 居住する, 帯から, 往って, 急いだ, 振り落としたの, 昇つて行き, 歩んで, 水音を, 燈火を, 発掘に, 登つた, 登つて焼跡を, 登りつめると, 登りに, 登りました, 登り港, 着いて, 神様が, 立ち寄った, 自由に, 蟇が, 行きました, 行け, 行こうか, 行った, 行って, 行つて異人館の, 谷から, 走り去った, 辿って, 近づくと, 送って, 逃げのぼった, 遊びに, 陸産の, 集まれとの, 飛ばすより, 馳け, 駆上ると, 駈け上ッ, 駈け昇つたり

▼ 丘から~ (90, 2.0%)

3 丘へ 2 その村, 丘に, 丘へと, 降りて, 駈けだした

1 [77件] いきなり声, お城, こちらの, この堅固, すぐ下, ずっと下がった, だらだら下り, シトシトと, ジジたちの, ムシャブリつい, 下って, 下つて, 下へ, 下りて, 丘と, 丘を, 二人し, 写して, 北の方を, 十四五町手まえ, 十貫坂と, 十間も, 南の, 合図いたしました, 吸い込みます, 囁く声, 四方を, 地続きの, 堤を, 射放つ矢, 岩を, 帰って, 府中の, 彼は, 敵の, 桑名の, 桑名城へ, 浪打際まで, 源を, 溢れ出たもの, 滑り降りること, 熊野灘が, 町の, 百ヤードぐらいの, 目を, 直ぐ目の, 眺めても, 石が, 石舟斎の, 立ちあがりながら, 立ち上る烟, 立昇る, 約一里, 見えなくなった, 見おろした高千穂, 見て, 見ると, 見降すと, 誰やら, 谷谷から, 谷間にかけて, 赤い屋根, 走せ下り森林, 逃げて, 道を, 遠くに, 部落に, 降りた, 降ろして, 雌雄の, 音匣でも, 頂天だけ, 飛び散って, 首里郊外の, 馬で, 駕に, 鶯の

▼ 丘~ (87, 1.9%)

7 丘との 3 丘の 2 いうと, なって, 広場を, 桑畑台が

1 [69件] いうほど, いうよりは, いえば, いつた, いふに, おだやかな, そっくりの, ただ平ら, なくふかし, なつて, なりて, なりやがて, なり丘, なり原, なり芝生, なり谿, よばれて, よび小山, ビーチェン崖と, ビーチェン崖の, 丘とで, 丘とに, 丘とを, 丘に, 云って, 云ふ, 云わず谷, 仲尼とを, 同じく雑木, 同じよう, 同じ様, 名づけたらなむ, 名を, 向うの, 呉子さんとの, 呼ばれるハムステット, 呼ばれる丘, 呼ぶ, 呼んで, 大教会, 奇妙な, 孔雀や, 岩と, 庭の, 彼方の, 思われました, 海との, 深い谷, 玉突台の, 申した方, 男の子, 白樺の, 相対し, 窪地との, 草木と, 薄暗い茂み, 言い得るな, 言うたの, 言ふ, 谷が, 谷とに, 谷の, 谷合に, 辻堂を, 遙かに, 郷里の, 野原が, 雪子とが, 麦畑ばかりの

▼ 丘~ (77, 1.7%)

5 色々な 3 林や, 谷を 2 林など, 森に, 森の, 森や, 耕地や, 野原の

1 [54件] こちらの, せいぜい高く, その他昔加賀公が, その間に, ほの暗い街道, 凹地や, 原始林の, 城の, 山が, 山の, 山の上の, 山は, 岩は, 峠を, 崖を, 川に, 幾筋もの, 最も並外れ, 朝陽を, 木立ちや晴れわたった, 木立の, 村や, 森などを, 森は, 櫓を, 水辺から, 沼や, 泉の, 涼しい蔭, 深い谷, 渓流が, 玉川へ, 畑などの, 畑には, 畑は, 畑や, 畑地ばかり, 築山の, 美しい森林地, 芝山内が, 警報球を, 谷に, 谷や, 豊饒な, 赤い壁, 部落などの, 野づら, 野や, 野原が, 野原に, 野原王子たちの, 野草の, 陽の, 雑木林や

▼ 丘~ (63, 1.4%)

2 あれば, 染みて, 森も, 谷も, 野原も

1 [53件] あった, ありました, ある, かなり青み亘り, そして歩い, それからお, どうやら見よう, どの斜面, どの谷, ない, はざまも, ほっとした, ほつと, ほとんど焼, ぼんやりと, まだみんな, まだ新しい, みな, みんなひたされた, みんな浸された, ナツハゼという, 一つの, 不愉快に, 亦恥づ, 兵隊も, 冬枯れの, 出現し, 変りは, 大河も, 実は博士, 家も, 山も, 峠も, 川も, 平らされ, 平野も, 後方の, 木立も, 林も, 極北の, 水際も, 沼畔に, 泉も, 畑も, 空も, 見えない, 見えなくな, 越えられなくなるほど, 顔色を, 馬も, 馬具も, 黄色い陽ざし, 黙つて自分

▼ 丘には~ (50, 1.1%)

2 師団の, 穂の

1 [46件] あの細々, いつの間にか華やか, この邊, さつきが, そこにも, その川, その頂, それがよ, とても登れない, なお昔, なお点々, ひあるく二尾, また先, やはり砲軍, アイヌの, 一兵も, 一面茶の, 処々草叢が, 到底人間, 北の, 又八や, 大きな風車, 大体その, 小幡信貞信秀その他が, 弩弓台あり, 徳川方の, 恰度月見草が, 旦那の, 明かるい, 春も, 昼夜兼行で, 木という, 松が, 松の, 栗の, 橄欖が, 櫨の, 点々と, 狐棲み, 登れない, 競馬へ, 花も, 貧弱な, 躑躅が, 躑躅の, 陰影も

▼ 丘~ (47, 1.0%)

1 [47件] が歯刷子, であった, とが冗談, と似た, にもこんな, にもどうやら, に却って, に普通以上, のあけすけ, のその, のそれ, のよう, のコンビ, のツン, の一挙一動, の体, の内股, の口元, の姿, の方, の死因, の死骸, の殆, の病室, の眼, の背, の胸, の胸元, の薄, の裸心, の透き, の透通る, の長い, はあの, はいつも, はうるんだ, はする, はそう, はそんな, はハデ, は光った, は最近, は矢ッ張り僕, もそれ, を殺した, を殺っ, を誰

▼ 丘~ (46, 1.0%)

3 あつた

1 [43件] あそんで, あつたの, いつも午後, かた方, かれら, ずいぶん深い, それが, はるか遠い, また始まる, キリストとともに, ビッグ, 一つは, 何人の, 其処の, 嘯く豹, 囲ませて, 図らずも, 安宅先生に, 山手組を, 崖の, 幼い者, 戦のも, 折り取った一枝, 日なたぼっこを, 本城出城の, 松島湾の, 桜井元夫という, 橇滑りを, 活曜を, 狐の, 相変らず, 看護婦さんが, 美しい風の音, 自ら自分の, 蛾次郎と, 血薔薇の, 街を, 逢った女, 遊んで, 隔て間, 雑草の, 馬上に, 鳴る森

▼ 丘田医師~ (46, 1.0%)

3 のところ 2 だったの, のこと, の家, は不機嫌

1 [35件] から聞きだした, があらわれた, がこの, がどんな, が洋服, が直ぐ, が金, が魔薬, だったけれど, というの, には違い, に声, に掴, に訊ね, のもと, のらしい, の大変, の態度, の手, の欄, の玄関, の眼, の話, の顔, はあの, はかね, は今, は忽ち, は次第に, は盗みとった, は立った, は脚立, は鍵, は顔, をよん

▼ 丘秋郎~ (30, 0.7%)

2 の奇怪

1 [28件] がこんな, が企てた, が恩人, が自邸, こそは世の中, と云った, と白石博士, と白石博士夫人雪子, にちがい, にとって彼女, には普通, に委細, のとろう, の地位, の場合, の正体, の輪廓, の関係, の魂胆, はかつて, はその後, はその間, はなんと, は室内, は彼, は恩人, は捉えた, を永らく

▼ 丘ダリア~ (24, 0.5%)

1 [24件] がやって来た, が出, が十時, が夜, が嫌い, だった, です, という女, といったん, とが並ん, とに先ず, とは何, とを調べ, と伯父, に違い, の入所後, はこの, はそれ, は一向, は先刻, は口, は朗らか, は益々, も大いに

▼ 丘助手~ (24, 0.5%)

2 の前, は博士

1 [20件] が入っ, が呼びかけた, にとって博士, には暫し, の望み, はあまりに, はニヤニヤ, は一生懸命, は三つ, は先ず, は午前中大学, は大きく, は室, は恐縮, は改めて, は監禁室, は突然, は頓に, を睨みつける, を訪ねた

▼ 丘との~ (19, 0.4%)

7 間の 4 間に 2 間を 1 中に, 境界近く, 対比に, 距離が, 重り合つた処の, 間には

▼ 丘署長~ (17, 0.4%)

2 はこの, はそれ

1 [13件] が先登, が尋ねた, が居, と話, の一行, の声, の遅い, はやりかえしたい, はフーン, はブツブツ, はリューマチ, も田熊氏, らしい

▼ 丘みどり~ (16, 0.3%)

1 [16件] がたやすく, が便所, が死んだ, が真, が真紅, が麻雀倶楽部, に対して大分優越権, に拾われた, の三人, の真白, の顔色, は十九, は降りる, をスポーツ, を引出し, を第

▼ 丘という~ (15, 0.3%)

2 丘が, 人間は

1 [11件] ところで, 丘を, 人と, 人間が, 先生は, 小高い丘陵, 所まで, 方です, 神話の, 聖地に, 風景の

▼ 丘~ (11, 0.2%)

1 [11件] があの, が今年, と大智勝観氏, にはすこしも, には不, の右胸部, の手, の日記帳, の結核空洞, もまた, を殺した

▼ 丘つづき~ (10, 0.2%)

1 どう見, になった, にフエアリイ・ランド, に参られます, のにも, の下, の傾斜, の森, の穀物畠, 空と

▼ 丘~ (10, 0.2%)

421 から谷, に, の向, は

▼ 丘あり~ (8, 0.2%)

2 谷あり 1 断層あり, 橋あり, 橋あり流れあり, 池泉あり, 河流あり, 草野あり

▼ 丘からは~ (8, 0.2%)

1 あの大溝渠, その声, 弱い光, 津軽海峡の, 港の, 盛んに, 遠く放れ, 鶯の

▼ 丘にも~ (8, 0.2%)

2 桜の 1 はざまにも, 処々青い, 林にも, 谷間にも, 赤いつつじ, 野にも

▼ 丘~ (8, 0.2%)

2 に二つ 1 に到り, に起り, の山, の木, は一大明鏡, へ返した

▼ 丘~ (8, 0.2%)

2 の冬, は刈田, 明るけど 1 の刈田, の棚田

▼ 丘~ (7, 0.2%)

2 か雪けむり 1 が此方, とせっせと, と云う, よ, 煙突だ

▼ 丘では~ (7, 0.2%)

2 あるが 1 かえって散々, その兎, ない, なかつた, 追

▼ 丘小一~ (7, 0.2%)

1 がまだ, で, という行者, の仲間, の影, はむかし方丈, へ向っ

▼ 丘とを~ (6, 0.1%)

1 つなぐ所, ながめた, へだて, 往復する, 急いで, 馬車で

▼ 丘ひとつ~ (6, 0.1%)

2 越えたりけむ 1 の争奪戦, 越しただけ, 越した向う, 高き森

▼ 丘より~ (6, 0.1%)

1 くだる水, また海濱, アルノに, 丘に, 成る順登り, 高い高所

▼ 丘数夫~ (6, 0.1%)

1 の席, の頭脳, はこの, はもう, は口, は折り

▼ 丘~ (6, 0.1%)

4 お照 1 お照さん, はチェリー

▼ 丘田氏~ (6, 0.1%)

2 のところ 1 が行っ, に云った, は幸い, は自分

▼ 丘~ (6, 0.1%)

1 ありて, は謀画, を尤め, を漠北, を都指揮僉事, を騎兵

▼ 丘~ (6, 0.1%)

1 である, にあり, に接する, より昇る, を利用, を背

▼ 丘かげ~ (5, 0.1%)

1 の, の泉, の茶褐部落, の足許, へこの

▼ 丘~ (5, 0.1%)

1 にある, に光明, に相, の城, の町

▼ 丘~ (5, 0.1%)

1 この感情, はと彼, も上りたま, よ僕, 御両親

▼ 丘~ (5, 0.1%)

1 からの合図, など言, の松, の裸木, を過

▼ 丘~ (4, 0.1%)

1 それの, ジュトーか, 炊煙か, 産表に

▼ 丘だの~ (4, 0.1%)

1 それから真正面, 松林だの, 森などの, 水車だ

▼ 丘であっ~ (4, 0.1%)

1 てその, て一夜, て人家, て人間

▼ 丘です~ (4, 0.1%)

1 あの柔道, かい, からそれ, ね

▼ 丘とも~ (4, 0.1%)

1 あろう山上, つかない空地, 見えると, 見わけ

▼ 丘一帯~ (4, 0.1%)

1 さらに四方, の取りしまり, の宅地, は松

▼ 丘~ (4, 0.1%)

2 は恥じ 1 と云, は恥づ

▼ 丘~ (4, 0.1%)

1 である, の上, の中, をう

▼ 丘いちめん~ (3, 0.1%)

1 に, にふりそそぎました, に風

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 のだ, ので下, んでございます

▼ 丘など~ (3, 0.1%)

2 みゆ 1 言ふ

▼ 丘などの~ (3, 0.1%)

1 側に, 間を, 青い樹

▼ 丘なみ~ (3, 0.1%)

3

▼ 丘にかけて~ (3, 0.1%)

1 一帯に, 棘の, 麦と

▼ 丘にな~ (3, 0.1%)

1 つてその, つてまつ黒な, つてゐました

▼ 丘のうへの~ (3, 0.1%)

2 墓地に 1 榛の木の

▼ 丘まで~ (3, 0.1%)

1 つ, 会いに, 見送ろう

▼ 丘よりも~ (3, 0.1%)

1 一年前に, 二つ歳上の, 高く小さい子供達

▼ 丘をの~ (3, 0.1%)

1 そりの, ぼつたり, ぼつて

▼ 丘をめぐって~ (3, 0.1%)

1 たって, 水平線に, 雑木林が

▼ 丘此方~ (3, 0.1%)

2 の林 1 の畑

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 の如き, はその, や明末清初

▼ 丘田さん~ (3, 0.1%)

1 というの, にうまく, のところ

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 に行かされた, の山, の山奥

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 の脱穀塔, の部落部落, を担いでる

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 に足, の玄関, の門

▼ 丘~ (3, 0.1%)

1 という農政家, といふ農政家, に止る

▼ 丘お前~ (2, 0.0%)

1 の勝利, は何でそんなに

▼ 丘からも~ (2, 0.0%)

1 林からも, 櫟林の

▼ 丘さん~ (2, 0.0%)

1 といっ, とお

▼ 丘その~ (2, 0.0%)

1 平野その, 急忙

▼ 丘だけが~ (2, 0.0%)

1 依然として闇, 城の

▼ 丘である~ (2, 0.0%)

1 が其孔丘, ことの

▼ 丘といふ~ (2, 0.0%)

2 風に

▼ 丘として~ (2, 0.0%)

1 思い出に, 止る場合

▼ 丘とは~ (2, 0.0%)

1 そのお, まるで縁

▼ 丘などが~ (2, 0.0%)

1 まことによい, 非常に

▼ 丘なる~ (2, 0.0%)

1 傍丘山, 陣指す

▼ 丘にの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 丘によって~ (2, 0.0%)

1 区別され, 囲まれて

▼ 丘のうへ~ (2, 0.0%)

1 はしだり, 人ゆく

▼ 丘のうへには~ (2, 0.0%)

1 一棟の, 四阿が

▼ 丘ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくこういう, で見渡しても

▼ 丘へと~ (2, 0.0%)

1 つづく路, 縫つて行く

▼ 丘への~ (2, 0.0%)

1 ぼつて, 道を

▼ 丘ほどの~ (2, 0.0%)

1 小山を, 高さ

▼ 丘また~ (2, 0.0%)

1 丘むせる, 谷

▼ 丘までも~ (2, 0.0%)

1 公園の, 彼を

▼ 丘やら~ (2, 0.0%)

1 草藪やらが, 谷やら

▼ 丘ダリア嬢~ (2, 0.0%)

1 には秘密, はどう

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 ヲ恥ヅ, 上望之

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 が書いた, は上条八太郎

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を傍丘

▼ 丘入江~ (2, 0.0%)

1 の, の岩

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 から来る, に

▼ 丘地方~ (2, 0.0%)

1 にある, の迷信

▼ 丘~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 丘夕かげ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 丘外れ~ (2, 0.0%)

2 なので

▼ 丘夫妻~ (2, 0.0%)

1 はもう, は共に

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 は日かげ, またあるいは原野

▼ 丘方々~ (2, 0.0%)

2 の丘

▼ 丘浅次郎博士~ (2, 0.0%)

1 と京大, の

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 になつた町, の毒塚

▼ 丘病院~ (2, 0.0%)

1 というの, となりました

▼ 丘続き~ (2, 0.0%)

1 からちょっと, の崖

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 冉荘周と, 来訪三人で

▼ 丘見る~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 丘越え~ (2, 0.0%)

1 て見, 沼踰え

▼ 丘越し~ (2, 0.0%)

1 に使われた, に通り過ぎる

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 に之, に至れ

▼ 丘~ (2, 0.0%)

1 の住民たち, の片側町三十何戸

▼1* [196件]

あるも概して, 丘いっぱいに下っ, 丘かきね疾く, 丘かと見られる, 丘かの松林その, 丘からの景色に, 丘くらいはありますから, 丘ここにし立て, 丘へ微温底, 丘さんあなたお一人, 丘しか歩いたこと, 丘すなわち大坂城の, 丘すべては秋, 丘すれすれに爆音, 丘そこへキリスト, 丘そしてあの丘, 丘だったがここ, 丘ちかくの所, 丘ってとこへ, 丘つだひに松, 丘つまり氷川台の, 丘づたいに出て, 丘づたいに入江をぐるり, 丘づたいに多摩河原を辿っ, 丘づたひに左は林右, 丘であったから, 丘であり丘は, 丘でなくともどの, 丘でも望むよう, 丘とが起伏し, 丘としか思われないに, 丘としてはサン・タントアーヌの, 丘とても何時までも, 丘とで睨み合えるよう, 丘とに對ひ, 丘なかなかズルイ, 丘なく沃野千里無限の, 丘なぞによくこの, 丘などは白っぽく輝い, 丘などをぽつりぽつりと, 丘ならばここ, 丘なり墨の, 丘なんかいくら築かう, 丘にかけあが, 丘にすら住んで, 丘にて心ゆくまで, 丘にとり巻かれた盆地, 丘にまでやって来た, 丘にまでも行き着かないうち, 丘あなたが, 丘のみを見しが, 丘のむこうは, 丘のやしきに, 丘ふところの平地, 丘へでも上ったらどこ, 丘へは普通の, 丘べの霜ぐもり常にもがもな, 丘ほどな高い, 丘までがひろびろと, 丘むせるやうな, 丘もさやうなら, 丘もしくは山と, 丘やに住んで, 丘君お, 丘らしいものも, 丘をも耕地に, 丘アリ下ニ小祠, 丘ヒビスカスの花, 丘越エズの, 丘一つ河一つ隔てて, 丘一つ距てた日本海, 丘一帯波のごとく, 丘一杯を花, 丘一砂嘴の突出, 丘上りに段々, 丘上文殊菩薩の危坐, 丘丘十郎のペンネーム, 丘が花, 丘主陰主陽主月主日主四時主の八, 丘予審判事大江山捜査課長帯広警部をはじめ多数, 丘二百メートル施先生もつい, 丘仁義の道, 丘は氣さく, 丘以外には世界, 丘伏したる谷お, 丘先生さぞや腰, 丘全体が吹き寄せられた, 丘全部をこの, 丘八谷に這, 丘譯昭和十一年及び, 丘は傍, 丘前面右方に温泉岳, 丘助手のには無かっ, 丘十郎のペンネーム, 丘博士訳の進化論講話, 丘原小径そういうきれ, 丘又は里の, 丘君それぢや, 丘君僕は実に, 丘君勝利はたしか, 丘君君には妹さん, 丘呉子を此後, 丘咲きかけている, 丘四方を眺むる處, 丘図巻や山居図巻, 丘に於ける, 丘となし, 丘で各, 丘壇毎に九つ, 丘の富, 丘壟之上採蜃食, 丘大きな森耕された, 丘夫人から依頼, 丘夫人呉子さんを援, 丘姫子沢の谷, 丘は仲尼, 丘宗匠の取調べ, 丘寂びし杉生の, 丘に入りし, 丘将軍の功, 丘小学校の教員川村コウ女史, 丘小山とでも云いたい, 丘を訪ね, 丘山峰が黒, 丘岩九郎はその, 丘若くは, 丘崎逸作先生だと, 丘とまた, 丘に仮, 丘戦場を虐遇, 丘遂に丘, 丘數百年來の老樹, 丘や目, 丘曉靄の外, 丘未だ達らず, 丘村青年会のため, 丘林中におびただしく, 丘の裾, 丘森林畦や小川, 丘楠木とて何, 丘樹林を隈, 丘欝蒼として横, 丘次郎その他二十六名の者, 丘氏易の梁丘賀, 丘氏死亡の責任, 丘氣狂多く陵氣貪, 丘草ことに, 丘浅次郎氏の進化論講話, 丘へかけ, 丘淺次郎氏に從, 丘ひの, 丘濃い影と, 丘牧場松花江の水, 丘田畑など遠く, 丘に住ん, 丘を生じ, 丘疹癩に眼球癆, 丘白壁そして宇佐飴, 丘直太郎です, 丘真実の勝頼公, 丘に避け, 丘神社で神前結婚, 丘福王寧等の武臣意, 丘福等の勇烈, 丘秋郎殺害犯人として貴方, 丘突如とし, 丘立樹河沼小独立家屋, 丘の地勢, 丘が茂っ, 丘の地勢, 丘署長犯人は一体, 丘に, 丘を波, 丘自身もかねてから, 丘の方角, 丘花菜の畑, 丘という所, 丘行きの乗合自動車, 丘行者と崔坊主, 丘が丁度, 丘ゆる道, 丘越す電線や, 丘迄も公園の, 丘近くの普通民家, 丘通りのほう, 丘遊ぶ童の, 丘道徹氏および山名, 丘に富士, 丘遠賀山の字伊波手井, 丘のニューラリア, 丘釋迦其他古今の哲學者, 丘門馬行街などはわけ, 丘に一小湾, 丘は輝き没入, 丘高山の屏風, 丘高津の宮